「さ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ さ[動詞]
唆かさ  手伝をさ  青年論がさ  ところ大なりとさ  生活にさ  表はさ  事実は全くさ  融はさ  邪魔をさ  お父さんですよ。それはさ  のけ者にさ  凶つのまみをはらはんとかへさ  西日にさ  ようにさ  実験をさ  起草をさ  報道をさ  四週間置放しにさ  内をさ  手入れをさ  二の次にさ  時にはどうさ  割引を余儀なくさ  ホントにさ  設立を余儀なくさ  忽にさ  何もさ  使駆さ  口授筆記をさ  白目をぎょろりとさ  莫迦にさ  目玉をパチパチさ  それをさ  音をさ  あれを読まさ  目をぱちくりさ  ものを呼んでさ  眼をぱちぱちさ  顔をさ  玉葱のにほひをさ  教科書として讀まさ  みんな釘づけにさ  吹つかへさ  癪にさ  神がさ  ものであるとさ  力でなくそうさ  ふうにさ  犠牲にさ  安心立命をさ  煩はさ  電線のもつれをなをさ  誰でもがさ  たまがさ  塩とさ  中耕、なるほどさ  電燈から子蜘蛛がさ  言葉は、強いられ余儀なくさ  事情から余儀なくさ  味気ない思ひをさ  手もとに置いて、できるだけしたくを長くさ  ことを余儀なくさ  尻から火あぶりにさ  お金もうけをさ  精神的には更にさ  屏風にさ  孔雀とさ  私がさ  美智子にさ  震へさ  夢心地に入らうとまでさ  従者にさ  為にさ  不思議にさ  明瞭りさ  曖昧にさ  関心にさ  問題にさ  政治問題とさ  多分にさ  諒とさ  ためにさ  生産労役をさ  ちもと、さしずさ  ことはさ  おともさ  記事を書かさ  油断をさ  方々はなんとさ  杯をさ  詞にさ  一とさ  噂をさ  菊池氏がさ  於てはさ  ところにさ  ものとさ  それを思えば随分ひろげられもし強くもさ  考へさ  冬夜の音をさ  庵もさ  なまけものにさ  つて正しくさ  好機である、しばらくさ  椿とさ  生捕にさ  一人生捕にさ  ふみかへさ  大切にさ  誰か死にさ  日はさ  日のべをさ  田舎住ひを余儀なくさ  場合には、出くはさ  庄作はさ  方でさ  まつゑがさ  勝太はさ  利国さあたりもさ  新蔵はさ  誰も思ったがさ  連中はさ  仕事をさ  蔭ではさ  親爺はいきなりさ  中から誰かがさ  矢先にさ  負はさ  時折志津にさ  瞬間にさ  ば何んでもなささ  まきはさ  やうにさ  女房達はさ  志津がさ  夏蚕になるとさ  叩き買ひにさ  やうやくをさ  源吉はさ  囲爐裏がさ  日のさ  鉢の子をさ  月はさ  奴等とさ  学校を出て間もなく暫くさ  それも、まあさ  それはさ  先生にさ  変へさ  ほんたうにさ  非難でもさ  そこにさ  人間にさ  海辺をさ  口をもぐもぐさ  飢ゑも朽ちもさ  屹とさ  地響きをさ  裡でさ  お家はんがさ  のかも知れぬとさ  下級層ではさ  夢にさ  明かにさ  調練などを頻りに遣らさ  これでさ  私はさ  狂犬に追つかけまはさ  道徳的にさ  任意自由にさ  神経にさ  さけとさ  てゐて、こんなにさ  後始末をさ  私ではあるまいかとさ  ら頭がさ  野球をさ  誘惑なんかさ  選手にさ  予言者たちを殺し、遣さ  思いをさ  ひとさまから馬鹿にさ  玄関払いなどさ  眼をぱちくりさ  筆記試験をさ  余り人に愛しもさ  我儘をさ  馬鹿にさ  其様なにさ  冷りとさ  丸呑にさ  想をさ  事務を執らさ  客扱いにはさ  話を長々と聴かさ  掃除をさ  書生にさ  書生扱にさ  種々と説き聴かさ  ものだ、とか聴かさ  宝となる、とか聴かさ  真髄が動く、とか聴かさ  其他まだ種々聴かさ  触れもさ  撼がさ  雑巾掛までさ  貴女は一杯喰わさ  大喰わさ  目に逢わさ  芸をさ  仲間にゃさ  犬を戦わさ  喧嘩をさ  一つきにさ  思いはさ  鉄棒にさ  退校させるならさ  退校にさ  判断をさ  呼び捨てにさ  目をうっとりさ  ばかにさ  出入りする、そうさ  届けに及びましたが、さ  呼捨にさ  事をさ  勘当をさ  手打にでもさ  手打にさ  家捜しでもさ  家捜しをさ  立合をさ  馬鹿にもさ  化粧でもさ  隠しだてをさ  お仕置にさ  前にさ  後へさ  何者がさ  情に引かさ  返事も遣さ  必しもさ  豐けさをおもはさ  おろそかにさ  感觸からだけでもあつたらうとうなづかさ  コチコチとさ  態度とさ  ポーズとさ  ふもとにさ  ほとりにさ  相手にさ  祝福をさ  生活はいつもさ  摸ねさ  赦るさ  喰はさ  顔にさ  文学的にゆたかにさ  戦争だとさ  勝利したと信じこまさ  奴隷的賃銀とさ  非国民とさ  国賊とさ  赤とさ  本質をはっきりさ  一五〇〇万人とさ  明瞭にさ  苦痛によっていくらか賢くさ  犯罪とさ  風にたをさ  兵を強くさ  かぎりなく出喰わさ  塩にさ  検事局にまはさ  嫌なおもひをさ  生活を最も美しくさ  死もさ  短冊一枚書かさ  彈きかへさ  頭をさ  あんなまねをさ  気持ちをさ  逆撫でさ  女はさ  歳子にさ  虜にさ  歳子をも促してさうさ  あなたに溜息をさ  悔恨にくやまさ  気持はさ  駭かさ  胸をわくわくさ  名誉とを握らさ  印象を鈍らさ  誰もがさ  一員にさ  座ぶとんにすわらさ  逐字的解釈をさ  微笑をさ  話をさ  もっと長生きをさ  しんじつ頭がさ  謹慎を余儀なくさ  秋をさ  手紙を読まさ  声に引かさ  理由だとさ  氷柱をさ  誇りにさ  繋にさ  手によって再び立ちあがらさ  癒やさ  さを悟らさ  悲しみを味わわさ  いつまでも待ちぼけを喰わさ  苦労を味わわさ  自棄的にさ  主題そのものをさ  演奏をさ  思い違いをさ  お待ちんさ  たじたじとさ  一箸ごとにさ  なかでさ  押へられて、大弱りに弱らさ  皿にさ  生きることを余儀なくさ  気持にもさ  激論を戦わさ  気にさ  一時雅号をつけようとさ  迷信家扱ひをさ  異例的にさ  後見をさ  肉体化さえさ  いま、はっきりさ  守をさ  手足をピョンピョンさ  自然にさ  ことにさ  一様にさ  本気でさ  間違へさ  成程多分さ  厭がられ、出て行けがしにさ  一杯食はさ  彼はさ  擒にさ  配達をさ  僕はさ  冷然とさ  女嫌いだとさ  年寄りにさ  ウイスキーにさ  素っ裸にさ  篠藪でさ  糸には弱らさ  父兄であるとさ  様に思いこまさ  それがさ  上をさ  神から遣はさ  原因までさかのぼって、つきつめようとさ  一切考えてみようとさ  あきらかにさ  指紋をはっきりさ  いたずらをさ  蛇がさ  ことをさ  からだをさ  春のあをさ  留守をさ  注意はさ  耳にさ  悪魔に似たりとさ  警察にさ  僕もさ  誰にでもさ  談話がかはさ  氣にさ  やうにも聞いたが、果してさ  確かにさ  養子にさ  肴にさ  交はさ  終局にさ  現はさ  番頭さんにさ  好奇心にさ  本人がさ  ものを汚がさ  怒りもさ  お正月をさ  石段をのぼらさ  人とに満さ  役目とさ  準備をさ  詫びをさ  靴音をさ  目をぱちぱちさ  英国海軍がはっきりさ  足どりにさ  眼玉をぐるぐるさ  潜水艦隊に生けどりにさ  砲口はひくくさ  宇宙線粒子にさ  きみにさしずさ  毛にさ  貴方がさ  それは、本当にさ  我子にさ  着物にさ  代へさ  着代へさ  良縁をさ  心にさ  牛でうようよさ  検討がさ  ハヽヽヽなるほどさ  今日物わかりのよいとさ  恐怖さえさ  なおざりにさ  中にさ  生産をさ  条件つきでさ  姿に蒙らさ  ことが、はっきりさ  世人から殆ど特殊扱いにさ  断食をさ  為めにさ  ことがさ  場所が開いても、見に行かうとさ  寄送さ  儘にさ  下の子にいい当てさ  目隠しをさ  くしをさ  彼らに頼んでさ  数をいい当てさ  数を当てさ  指を出して当てさ  なぶり殺しにさ  香に酔わさ  なぶり殺しにでもさ  ほうでもどんなにひどくさ  大事にさ  お稽古日とさ  ほんとうはさ  可能にさ  唇から洩さ  心のさ  下にさ  気を悪くさ  生活をさ  空っぽにさ  釘づけにさ  ゴールもほったらかしにさ  じゃまなんかさ  食事をさ  手傳ひをさ  皿洗ひまでさ  彼れにさ  餘處にさ  陛下にさ  士にさ  約束をさ  休み、なんにもさ  ものにさ  夜告鳥にさ  五分間でさ  眼にさ  母にさ  換へさ  通りにさ  父親がさ  仙二郎は突然さ  私にさ  私自身にさ  幸福にさ  憂鬱にさ  あらはさ  かなしみにさ  岡のうへにさ  くちばしをさ  はたはたと羽ばたきをさ  鼻にさ  馬にさ  風にさ  32けはひにさ  かいにさ  消毒をさ  一人ずつ歩かさ  壁にさ  しろへさ  組合わさ  水浴をさ  まねをさ  辞儀をさ  性質としてゆるがせにさ  今度そうさ  紙幣が掴まさ  ような、悲しくさ  力が働いていてどうしてもそうさ  心がさ  感傷的にさ  女中奉公をさ  息子一人にさ  学問をさ  気持にさ  愛嬌にさ  比較なんかさ  方にさ  不愉快にさ  おもちゃにさ  研究室と呼びならさ  星野でもいるとどうにかさ  渡瀬にでもさ  隠れ家だとさ  得物をさ  それを伺っておくだけにさ  挨拶をさ  器官が弱らさ  今井は黙ってさ  払いはさ  お世話していますが、それほど踏みつけにさ  図をさ  子平もさ  切つて遣はさ  蹙め面をさ  一つ公にさ  ように強いても握らさ  髣髴とさ  雅号とさ  肘を突っついたりさ  写しものをさ  性格をはっきりさ  感覚をさ  封印はさ  壊はさ  上機嫌にさ  女にちやほやさ  それが実際さ  私は立ち止まらさ  のか、をさ  一ねじりさ  周圍をさ  手段とさ  それを当然さ  継続してさ  存在をさ  勝手にさ  ように余儀なくさ  書物は並べ放しにさ  非常に気強くもさ  恋女房とさ  偶像にさ  意識をとろりとさ  調印をさ  意に読まさ  問題とさ  ソヴェート自身も余儀なくさ  のだろうか、さがる、さ  下へさ  溺愛にちやほやさ  釘付けにさ  気がさ  奮闘を余儀なくさ  公にさ  少年は、そうさ  明らかにさ  代表とさ  仕事を大きくさ  女給をさ  顔をニコニコさ  競争をさ  蟹にさ  佐々木氏にさ  親戚もさ  薪にさ  命をさ  らをこたるにさ  心を慰むるにさ  方へのみ引かさ  女房にさ  夢見心地にさ  そのままにさ  私もさ  カアテンにさ  時からそつくりそのままにさ  眼が始めて開けたとさ  累はさ  劫かさ  隨分道具あつかひさ  仕打をさ  音もさ  逢はさ  気がするので、引つかへさ  めちゃめちゃにさ  根本から覆えさ  手術をさ  感応がさ  衣服にさ  べつにさ  のではないかとさ  気息を盛りかへさ  やうにうねうねさ  惑はさ  由がさ  文がさ  顫はさ  身體を下すとさ  力がさ  眼かくしさ  二人はさ  澤山本が積まさ  母親がさ  わしなんぼさ  母がさ  終ふことさ  こツ恥かしくて見せもさ  小作料を納められないので、立退きをさ  石山自身にさ  皆んなにさ  あちこちに置き捨てにさ  一途にさ  構ひなしにさ  聲でさ  言葉咎めをさ  鼻をひくひくさ  好き放題にさ  忠誠を誓わさ  夢中にさ  接吻ぐらいさ  なにをさ  テゴメにさ  死をさ  無理にさ  しまつてからさ  のだらうとさ  気持になれば、案外さ  時であつたので、ええ、戴きますとさ  気持もさ  様な、さ  礼状でも書かさ  盲目にさ  介抱もさ  のか、さ  不安にさ  言葉をもって云いくるめようとしても、眩まさ  加勢をさ  掠奪をさ  歓迎をさ  丹生川平をさ  私刑にさ  気絶をさ  文句を書かさ  感じにさ  自分にさ  話などさ  酔はさ  妃につかはさ  水ばかりである、とさ  つて必ずさ  人達ばかりで、まださ  此麼商賣までさ  鉛筆一本にさ  いつか會へさ  物にさ  心でさ  袖たたみにさ  證據とさ  やうにをさ  懸念と、さうさ  釘打にさ  火箸をぐるぐるさ  陰氣にさ  すがさ  なほ寂しくさ  厭な思ひをさ  たびも繰り返へさ  ちやがちやさ  私をしみじみさ  法律によって行なわさ  重労働をさ  真似をさ  肉体をさ  旅をさ  服装はさ  お祭りをさ  者が偉いとさ  常識にさ  粒子説が正しいとさ  波動説が正しいとさ  中堅どころとさ  善とさ  神から善とさ  不意打でもさ  人とにさ  作を甚だ讀みづらくさ  怪我をさ  から賓客扱いをさ  只食いをさ  ボートをつかまさ  系統づけてさ  方式でさ  島とさ  軍事基地とさ  修業をさ  者から聴かさ  毎に降り迎えをさ  食物にさ  雲をさ  弁護釈明をさ  念仏をさ  筆をさ  智者たちのさ  勤めをさ  人殺しをさ  自殺をさ  刺客にさ  死刑執行人にさ  岩そっくりにさ  鑑定課に廻わさ  體もさ  それにさ  燗をさ  町にさ  憂欝にさ  寢かさ  抱へさ  中でさ  氣もさ  氣がさ  敗かさ  盃をさ  時に讀まさ  程度にさ  補償金が背負わさ  取調べをさ  山々にさ  僕たちがさ  匂いをプンプンさ  不思議だとさ  皿洗いをさ  賞め方をさ  素気なくさ  はじめて親切にさ  想いをさ  河豚料理をさ  置き去りにさ  ここまで届いたとさ  しづかみにさ  ダフネから訊かさ  しろにさ  羽音一つにさ  殻はさ  誰方もさ  これほどさ  二人はこんなにさ  はりをさ  それもさ  帰つてお父さんにさ  お前にさ  米代にさ  一緒くたにさ  芝居でなくたつてさ  役者がさ  コロロホルムを嗅がさ  ために悲しく、淋しくさ  心配をさ  間心配ばかりさ  生活がさ  結婚がさ  犠牲とに教えならさ  ことは弱くむなしくさ  関係をはっきりさ  やみに練らさ  必要とさ  臆病にさ  公けにさ  彼をそうさ  まきにさ  綱にさ  一たび垂直にさ  エレベーターがさ  巻にさ  昼めしを早くさ  要求でもさ  ものであるとさえさ  思いをしばしばさ  事からさ  ポーズをさ  失禮をさ  画など掴まさ  尾をヒラヒラさ  竹串にさ  人間に図々しくさ  新聞紙をひろげて、ゴソゴソさ  目をしばしばさ  男に殺ろさ  質問をさ  待遇をさ  仲間外れにさ  凧にさ  結婚をさ  彷彿とさ  特に一まとめにさ  担当者にでもさ  定価六百三十万円とさ  さとさ  沈滞を余儀なくさ  常識とさ  受信可能とさ  一緒にさ  客にさ  葬式にさ  人質とさ  次項回しにさ  今度笑いものにさ  たっぷりとかがさ  マシンをつかまさ  標準規格とさ  標準とさ  削減を余儀なくさ  次項送りとさ  千回は読まさ  気もないし聴かさ  匂いをぷんぷんさ  代りも時にはさ  乱暴をさ  鉄拳制裁をさ  即座に、じゃあ、そうさ  暗誦をさ  眼をパチパチさ  太鼓を敲かさ  没にさ  宛名を書かさ  帯封を書かさ  自由にさ  女にさ  北山をげっそりさ  夕方まで掛ったりさ  まり必要とさ  佐古をぎくりとさ  罎にもさわらさ  二重取りもさ  味わさ  決心をさ  病人扱いにさ  記事を読まさ  店番をさ  酒に酔わさ  栄華もさ  風に舞わさ  葉掘りさ  身構えをさ  蜂須賀阿波守にさ  根こそぎにさ  ニッコとさ  音を淋しくさ  ヒヤリとさ  眸をキラリとさ  包みを抱かさ  子供らにさびしい思ひをさ  馬賊に弱らさ  原書で読まさ  詩がさ  患はさ  キミ子がさ  それを訝るよりも、実際にさ  物音にさ  音だけさ  キミ子にさ  真犯人にさ  私とさ  こはさ  意気地なしにさ  昔からさ  静かにさ  ときから予想はさ  目的とさ  なんど読まさ  頭がさ  宿をさ  時にさ  未にさ  インクだらけにさ  秘密にさ  むしかへさ  見合ひをさ  見学だけさ  絶交したりさ  用意をさ  向上をさ  気分からだけさ  感情的だとさ  イプセンにさ  帯をさ  足腰たたなくさ  手によってさ  キツスをさ  顔をてらてらさ  工夫がさ  一ぱい喰わさ  我々を愉しくさ  絶望とさ  箇に忘れたとは云わさ  ために著わさ  由て著わさ  事にさ  当時は、実際にさ  目をパチパチさ  発表しようとさ  腕をさ  やうですさ  宵闇にさ  椅子にさ  風に飛びさ  つくりかへさ  生づくりにさ  瞑想をもいきいきとさ  天氣はさ  見事に溶け込まさ  自分をさ  なかにさ  自然にそうさ  洋服にさ  飲食をさ  易えさ  会場にさ  楽屋入をさ  催促をさ  詳ならさ  事を繰り返へさ  一馬力のにさ  水汲みまでさ  自分は決してさ  覚へさ  一見明らかにさ  無数にさ  ますます彼を眠りがたくさ  一瞬間うっとりさ  夢から自由にさ  怯かさ  きよときよとさ  彼がさ  うちにさ  叔母はさ  ことを誓わさ  宿泊を余儀なくさ  検挙をさ  最期をさ  張りをさ  君をさ  世間からビリケン呼ばわりをさ  力に余儀なくさ  物乞いをさ  おじゃまはさ  勉強はさ  芬々とさ  ものをさ  旗をヒラヒラさ  急に鋭くさ  すべてはさ  自覚的にさ  感慨を深くさ  妙にさ  唱歌組をさ  風にひたひたさ  世間から狂人扱いにさ  水雑炊にさ  退屈をさ  服装がさ  親が優しくさ  耳を揃えて頂かさ  験のある祈をさ  金子を頂かさ  彼女にさ  くせ運動を少くさ  余り贅沢をさ  女からお辞儀をさ  電気の光りに輝らさ  扮裝をさ  から母にさ  口調でさ  事でさ  主婦さんにさ  確にさ  後でさ  注し藥をさ  押へさ  藥をさ  繃帶をさ  なぞをさ  しづかにさ  厭さうにさ  冷吉はさ  罨法をさ  後からさ  辛つとさ  片方が開いたらどんなにさ  目かくしさ  團子にさ  営業のさ  再建はさ  体験が、そうさ  試合をしたりさ  胎内からさ  皆から馬鹿にさ  手伝はさ  眼をまじまじさ  これまでいつもさ  嵐に揉みくちやにさ  後向きにさ  顔を見ると、すぐにさ  一杯喰はさ  ままにさ  心地がさ  気もさ  証書をも書かさ  ことばかしさ  から聴かさ  幾度聴かさ  気が強くさ  豊後守から指図をさ  收採さ  道家にさ  態度をさ  教育はさ  水の都とさ  絶勝とさ  氣持にさ  僕にはさ  君はさ  から聽かさ  幾度聽かさ  氣が強くさ  合はさ  ぐつと癪にさ  khaluna_makastam.〕||女子は生れたりとさ  土塊だとさ  私はしかし必ずさ  文学者としてさ  迷はさ  諷刺にさ  クタクタにさ  雑用を手伝わさ  揉みくちゃにさ  満洲ゴロに一杯喰わさ  返事をさ  城下の誓いをさ  暴挙をさ  小村侯によって、覆えさ  下仕事をさ  邪魔扱いにさ  奈落へ投げおとさ  行方を探がさ  軒に釣るさ  私にはさ  真向きにさ  砂をさ  勇気はなささ  答へさ  戦死をさ  新たにさ  希望さえさ  境にさ  馬鹿にされ、小突きまはさ  刑をしょわさ  出入り出来なくさ  美とさ  はなし鈍らさ  体操をさ  呆然とさ  ッぱって、わくわくさ  打合わせはさ  私どうにかさ  徹夜をさ  ことでもさ  愕然とさ  顔をくしゃくしゃとさ  生活を余儀なくさ  うちはかへさ  課題とさ  おしゃべりをさ  口に出していいもさ  刺にさ  ユーモアに微笑まさ  飢ゑてゐ乍らもさ  奉行から遣はさ  商売をさ  罪人がさ  比較をさ  お上から廻はさ  傷口にさ  引剥がさ  わしがさ  日本にさ  ちやんとさ  彼にはさ  弟にさ  二人にさ  腹を立てて取り還しに行かうとさ  つて此方がさ  前でさ  妄想に病まさ  打ちにさ  宮部がさ  いふ風にさ  足台は覆えさ  耳さえ借さ  飴色にうきうきさ  縁談からきめてかかるべく余儀なくさ  置きざりにさ  感じを強くさ  姉にさ  こととさ  池かへさ  物ねたみさ  隊附はさ  声をさ  爆撃機にさ  裏返しにさ  私の嘗てさ  乗心地はさ  千年前からそこにさ  資格はなささ  つて大便をさ  性格とさ  面喰わさ  能弁家にすっかり弱らさ  言はないとさ  笑声を漏さ  響をさ  上に散りかかりたるに、をさ  吾独知るとまをさ  自分自身にさ  寒い目をさ  喰べさ  何かをさ  水もさ  あかしや粟をさ  食はさ  俺はさ  誰にどうさ  裸にさ  髪にそおつとさ  顕はさ  上にさ  氷と、さ  眼をきょとんとさ  ぼけを喰わさ  赤坊に飲ませろとさ  裸身にさ  養生をさ  目をおどおどさ  梢にさ  口にさ  目標にさ  理窟はさ  女中にさ  らへさ  神にさ  お巡りさんでないばかりでなく、なかなかさ  床上げをさ  人が、なかなかさ  まり問題にさ  清がさ  兄さんがさ  叫泣をさ  髪もさ  くるくると着替へをさ  心配がさ  弟がさ  三度程も替へさ  のがさ  頬をむごむごさ  ぢもさ  二時間ばかり喋らさ  吸はさ  底へ引きずりこまさ  やうにぴんとさ  かえるにさ  建国記念日とさ  理由とさ  軍事官報を読まさ  取扱いをさ  活溌にさ  指名をさ  選定がさ  働きを余儀なくさ  寄附をさ  ことと信じこまさ  遊戯とさ  文相とさ  難解にさ  基準とさ  把握しにくくさ  典型とさ  上演禁止をさ  仕事とさ  補充をよぎなくさ  一パーセントとさ  任命するとさ  ようにつとめなければならないとさ  目にあはさ  命にさ  誰にさ  何をさ  みんなにさ  小さな目をパチパチさ  ひとり置去りにさ  横づけにさ  諸家によってさ  人に読ませたら、おそらく読まさ  数行を読まさ  当りかたから角度を鈍らさ  可能とさ  自分達に蒙らさ  愚かにさ  それをもじやもじやにさ  手つだひをさ  下積みにさ  娘にさ  おれにさ  姿を全く見えなくさ  毛髮をもじやもじやにさ  あなたつて、どうしてさ  のにさ  わたくし、さ  転調をさ  突起にさ  感を一層深くさ  講演をさ  縮少さ  青年がさ  面目にさ  研究もさ  恰好はさ  働きをさ  方をさ  時代はまさにさ  ゾツとさ  女房子供にひもじい思ひをさ  向うから挨拶でもさ  去年から試作をさ  彼のさ  文献そのものをさ  引用そのものをさ  賊を滅せよとさ  飜へさ  時間口にさ  常識のものとさ  業を継がさ  学生にさ  性質がさうさ  事実を見究めれば、決してさ  蓋をさ  根こぎにさ  按摩をさ  留守番をさ  何かさ  食事もさ  心持にさ  退潮とを余儀なくさ  不安であるとさ  すべて自明とさ  不安を激しくさ  ぼんやりとさ  当時問題作とさ  ぬきにさ  モメントとさ  努力がさ  方面から明かにさ  提案がさ  夢想だにさ  選がさ  注意人物とさ  滅茶滅茶にさ  店へさ  ただではさ  手の平を引込まさ  無心をさ  金貸をさ  さを深くさ  身受けをさ  身受をさ  理窟詰めにさ  作文を作らさ  研究仕事を手伝わさ  着物にきかへさ  豊富にさ  仮装をさ  それを余儀なくさ  づれにさ  鳥とさ  仇をさ  ホロリとさ  丞のものにさ  袋詰めにさ  切ッ尖をブルブルさ  香気に、酔わさ  胸をドキッとさ  ッこい、そうはさ  ことが、かれを余儀なくそうさ  足を早くさ  胸騒ぎをさ  試し斬りにさ  稼業をさ  ンかさ  稼ぎはさ  綱がさ  茫とさ  ビクとさ  支度をさ  仲間はずれにさ  書見をさ  唖然とさ  母から意地悪るをさ  仇うちをさ  声のをさ  引越しをさ  私をたしなみ深くさ  僕は惹かさ  女は、そんなに惹かさ  誰とさ  胴あげをさ  云はさ  つて脱け出るべく余儀なくさ  威厳を保たうとしてさ  二三日口にさ  屍をさ  校正をさ  足踏みはさ  急にさ  独身だらうがさ  静にさ  お祝いもさ  下流へさ  ものをぴかぴかさ  実写的とさ  二人は座らさ  私自身がさ  足をじたばたさ  縁無し眼鏡をチカチカさ  文子のしたいようにさ  判をさ  家督相続をさ  奥書をさ  事を余儀なくさ  足をもじもじさ  影響が、そうさ  抱負がさ  戯曲がさ  声高らかにさ  普通とさ  感銘されればさ  智にさ  誰がさ  死ぬ決心までさ  つて相手にさ  感じを深くさ  匂をぷんとさ  すべて郡領と呼びかへさ  女性とさ  あれ程に困らさ  つても、やはりさ  つてもさ  あれほどに困らさ  開け閉てをさ  部屋へさ  更へさ  手續をさ  案内をさ  見せ物にさ  気をわるくさ  手続きをさ  返辞をさ  物の数にさ  体裁にさ  手傳をさ  者とさ  惡い思ひをさ  證にさ  帰宅はさ  ものが余儀なくさ  それに引かさ  ハレモノにさ  良妻なりやといへば、必ずしもさ  人にさ  わざとさ  誓言をさ  世の中からちやほやさ  心に沁み込まさ  文句に酔わさ  明かりがとぼさ  唇をもぐもぐさ  空想をうっとりとさ  あけび巻きにさ  山野へ放ち飼いにさ  自由所領とさ  島流しにさ  わしをそうさ  女をさ  人違いをさ  ガンとさ  四方にさ  競走をさ  努力はさ  靭められ、逞しくさ  索漠とさ  おいの、さ  世話をさ  間違はさ  気違いにさ  裏打ちをさ  不快にさ  灯にさ  頼りにさ  射撃をさ  狂人扱いをさ  使い分けをさ  持久戦争を余儀なくさ  劉祥に縁づかさ  先までをぞっとさ  言葉をさ  迎へさ  京童にさ  それにはさ  巧妙さをさ  作者のさ  實にさ  背負はさ  世間から款待やさ  愉快にさ  国民国家全体が背負わさ  署名をさ  味はさ  積極にさ  頭で起きあがるべく余儀なくさ  六つかしく私が書かさ  廻はさ  私をさ  玩具にさ  衣にさ  一パイ喰わさ  仲間は遠慮なしにさ  輪番をさ  足蹴にさ  ぱな気持にさ  小便をさ  外からさ  式部はをさ  歌どもにさ  身をさ  低下を余儀なくさ  無分別がさ  木の下にさ  身体にさ  これもさ  統一しようとさ  生存意義とさ  私をぞっとさ  かざしにさ  水あたり食あたりなどさ  中から根こぎにさ  自然から根こぎにさ  横がかえにさ  説明をさ  病はさ  妾からさ  母さんもさ  顔をあかくさ  西岡にさ  食卓が新しくさ  何時もさ  蹣跚とさ  耳をも借さ  冗談にさ  仲間呼びさ  男から冷淡にさ  タブって並ばさ  式をさ  動き方をさ  趨勢はそうはさ  あなたと仲好しにさ  マイナスにさ  真鍮色に明るくさ  泛べさ  精神から見放しにさ  あなたがさ  アデノイドがさ  髪をばさばささ  家扶にさ  和歌にさ  免るさ  庭男とさ  屆きたりとも、つれなく返へさ  取次するなとさ  願ひたきなり、さ  この辺はさ  感じがたのしくさ  あんたにさ  耻を掻かさ  夫博士によって覆えさ  思をさ  用事をさ  のか、なぜそうさ  心を痛くさ  かさかしたりけるに久しうかへさ  勅使をさ  手をさ  景物ばかりがさ  生埋めにさ  部分引はがさ  落書さえさ  相続者にさ  身を売らさ  短評がさ  人がさ  怪我でもさ  主人公とさ  不貞をさ  命令をさ  丸彫にさ  グルグル巻きにさ  愛がさ  桜花あかり廚にさ  日光をさ  長生きをさ  物音をさ  人ならばきつとさ  是とさ  モノにさ  呉絽を織らさ  青坊主にさ  仕業だとさ  気保養をさ  二歳鱚なみにさ  検死などに立合わさ  つたのもさ  のである、果してさ  人気にさ  徴と見ならはさ  優勝杯をさ  ジャッキーにさ  邪魔にさ  顎をぶらぶらさ  先でヒラヒラさ  按摩鍼などをさ  御神灯のさ  横啣えにさ  あれあれ峠を見さ  こいつ嗅がさ  歎息をさ  飜えさ  清潔にさ  嬲り殺しにさ  容赦なくねらい撃ちをさ  骨を折らさ  水あびをさ  母さまにさ  黄色にさ  底にさ  盃がさ  縄にがつちりとくわへさ  酌をさ  ねえさん芸者そうはさ  格式はぐっとさ  方もさ  足をふわふわさ  馬の足をさ  かしこでも追ひ散さ  むざんなる哉かばかりのもよほしにさ  知らない人からコンナ目に遭わさ  芽にさ  錆は磨いてもさ  ざまにさ  たしかにまっぷたつにさ  水攻にさ  綽名をさ  足音をさ  コケにさ  グルグル巻にさ  百叩きにこそさ  代りをさ  怪談を聴かさ  笑いものにさ  手柄をさ  目に遭わさ  大衆にとって、買って読まさ  骨格になじみにくくさ  発展はさ  不具にさ  聰明にさ  自覚されるさ  用心をさ  加持をさ  頬かぶりをさ  対象とさ  得意とさ  涙をしぼらさ  ものではあるが、未だにさ  丸腰にさ  思いなりにさ  いつか禿狸をつかまえたらかならず埋めあわせをさ  応用もさ  両手をぶらぶらさ  数百種にさ  のものであるから粗略にさ  於てさ  ぱりしてるやうで、案外さ  お守をさ  愛に惹かさ  代償とさ  ボックスにさ  毒でも盛られて弱らさ  彫物にさ  相手をさ  再会は必ずさ  狂人にさ  祝儀酒を狙うまでにさ  二とさ  簀巻きにさ  渦を巻いて掻き廻わさ  ッたんでさ  自分をとりとめなくさ  ひと掴みにさ  二列縦隊に並ばさ  心をうきうきさ  キンとさ  菊人形にさ  叔父さんのさ  つた二人から大事にさ  とげがさ  足をさ  云ふと、決してさ  眼をさ  木虱にさ  蟻にさ  間では、何時もさ  十分にさ  計算をさ  一ぱいにさ  正直に本当にさ  お前達だつてきつとさ  叔父さんがさ  鉄もさ  錫はさ  錆がさ  金はさ  私しもやはりさ  靴下もさ  織物にさ  パルプにさ  損をさ  幼虫はさ  胸を悪くさ  匂をさ  生物がさ  はな蜂もやはりさ  蜂にさ  私共をぞつとさ  内にさ  坊主にさ  駄目にさ  今はさ  後しざりさ  雲がさ  電気が満さ  クレエルがさ  影はさ  怪我もさ  あれは何故さ  粉がさ  小さな旅をさ  着かへさ  事もなささ  涼しい気持ちをさ  層がさ  ちよつと見るとさ  苺もさ  たばこがさ  風鈴草もさ  花がさ  促がさ  生埋にさ  房がさ  人間をさ  必然的にさ  変化すべく余儀なくさ  検べさ  丸刈りにさ  から、どうさ  なんでさ  気働きをさ  城をさ  肌を寒くさ  毒を呑まさ  血をおののかさ  輪にさ  迷子にさ  必死にさ  うろおぼえをはっきりさ  金創を巻きかえなどさ  立ち用をさ  気もちにさ  他人にさ  乗りをさ  胸に抱かさ  船検めをさ  発見をさ  歓喜を大きくさ  拇指をジリジリさ  闇を濃くさ  子供に引くりかへさ  始めからさ  此処でさ  眼を、しきりにパチパチさ  声がさ  僕にさ  運動をさ  扱いをさ  西日にチカチカさ  物云いをさ  物によって富まさ  無電技師がさ  心もちにさ  名にさ  故にさ  原稿料でかせがさ  義務を背負わさ  使つてうまい芝居をさ  用をさ  眼は見えなくさ  水音をさ  細大漏さ  惡を作さ  應作を作さ  修正をさ  膝にさ  斜めにさ  膝からさ  これがさ  たかえさ  編輯がさ  世界中で云いふるさ  一つ靴みがきをさ  ことを面倒くさ  変転から次第にさ  筆を執るべく余儀なくさ  横にさ  電燈にさ  教へさ  一般にさ  貯金までさ  分類され、又さ  事実区別され又さ  記述され得、又さ  楽しみにしてると見えて、出かけにさ  音がさ  作家はさ  心遣ひをさ  やうにもあるひはさ  陽がさ  晴々とさ  一文なしがさ  胴上げをさ  これでいっぺんに覆えさ  はじめて明らかにさ  花子がさ  じゅうをさ  あなたが落っこちでもさ  何だか馬鹿にさ  制度がさ  手を空しくさ  心をも寒くさ  半死半生にさ  歯がみをさ  道案内をさ  丞を憂暗にさ  音を重苦しくさ  いをさ  地ひびきをさ  力は、同時に抱かさ  ころがさ  空を打たさ  鼻祖とさ  疑問にさ  テーマにさ  クリテリウムにかけてハッキリさ  目にさ  ものを描かさ  控へさ  みじめな思ひをさ  肥つた體をよちよちさ  靜にさ  嚴肅にさ  くらをさ  赤シャツから口留めをさ  手際はなし、さ  栄耀をさ  呼ばわりをさ  授業にさ  わきに立つちをさ  根本条件がそうさ  感謝されればさ  必然にさ  一緒クタにさ  そのまま是とさ  文学以外のものをさ  有名にさ  反逆をさ  愛用語とさ  自然だとさ  制限は、ハッキリさ  放送をさ  内容とさ  於て、ハッキリとさ  ことをハッキリさ  習慣がそうさ  疑問とさ  今時必要とさ  武装をさ  類とさ  編成がえさ  事情から引退を余儀なくさ  分裂を余儀なくさ  題で思い思いに話しをさ  一遍ハッキリさ  一部分をさ  固有名詞でなくさ  者にはさ  故意にさ  茫然とさ  奴等にさ  軒先きにさ  矢鱈にさ  礼などさ  独りでさ  ウヰスキーがさ  心を明るくさ  心を白くさ  気嫌好くさ  娘がさ  何がさ  あいつ等がさ  たてにさ  胸を戦かさ  餌食とさ  孤独にさ  張り出しがさ  日本人尽くがさ  許るさ  仕事などさ  話にわづらはさ  手足をじたばたさ  女事務員だけが何ぞというとダラダラ居残りをさ  クビきりをやたらさ  引込思案にさ  かたはさ  検閲をさ  チルナウエルにさ  大損をさ  がらにさ  彼にさ  根問ひに弱らさ  裸体にさ  五里霧中にさ  手先に踊らさ  もっと栄耀をさ  指もさ  それさえハラハラさ  袈裟がけにさ  実験がさ  賛をさ  素ッ裸にさ  ちょっと検べさ  事尼にでもさ  手習をさ  桜がさ  意地めなさりはすまいかとも思われたが、そうされたらばさ  心待ちにさ  気色をお悪くさ  そのまま勝手にさ  ために思いがけず蘇らさ  涙ばつか出たとさ  胸にさ  私達はさ  勃凸にさ  気分にさ  冷やりとさ  ように聴かさ  いくら独り歩きをさ  眼に感じないとさ  張番をさ  注射をさ  ダラリとさ  猟奇趣味で読まさ  気持ちとピッタリさ  説明はさ  限りでさ  捕虜にさ  暈かさ  要諦とさ  大けがをさ  目見えをさ  皆あさ  女中もさ  針付けにさ  別々にパチパチさ  からちょっと眼をぱちぱちさ  おじぎをさ  くれなゐ牡丹床にさ  種にさ  発見をしたとさ  翻訳をさ  摸寫をさ  目出たいものにさ  つては居よいとさ  婚家は、どうしてさ  言ひあはさ  見合をさ  氣でさ  大騒ぎをさ  囲りが明るくさ  それから胴切にさ  頃ではさ  愕はさ  んとて遣はさ  保証をさ  一日居るのみで、追ひ返へさ  夢とも知らずにさ  熱がさ  賤民とさ  わたしがさ  時代錯誤をさ  心が牽かさ  四五日前まで、久しく引かさ  三昧にさ  一人でさ  我ままをさ  楽をさ  昔売買をさ  耳をぴんぴんさ  椰子蜜採りもさ  よせふと申して、えるさ  情熱をさ  負担を背負わさ  熱心さがさ  吃驚りさ  加へさ  光もさ  国を睨みさ  釈迦誘らへさ  歪曲はさ  歪曲などさ  位置をハッキリさ  釈清妙童女とさ  マラソン競走をさ  素裸にさ  苦労ばかりさ  古典名作とさ  小鼻をヒリヒリさ  不治とさ  邪魔にもさ  対立感情が失はれるかといへば、決してさ  変革はさ  意義を生ずるかといへば、必ずしもさ  咢堂はさ  拍子にさ  ここにさ  皇帝陛下を、うっとりとさ  日本皇帝のさ  ほんもののさ  ふさのさ  考えが、ぐらつかさ  無にさ  神聖にさ  亭主にさ  夜具にぐるぐる捲きにさ  尻をもぞもぞさ  ちゃらちゃら音をさ  臥かさ  目をぎろぎろさ  女中から聴かさ  混合にさ  匂いをさ  家でさ  着替えをさ  顎をがくがくさ  療治をさ  風をさ  後援をさ  見合いをさ  頭髪に挿ささ  ことを聴かさ  お袋にちやほやさ  いろいろに言って聴かさ  輪にでもさ  悪戯をさ  胸をそわそわさ  研究をさ  川にさ  証拠とさ  上損でもさ  一冊にさ  しまつたのかとさ  まぢかにさ  そつとさ  味瓜を盗みにさ  これはさ  検査をさ  から好きにさ  尋常とさ  小説で讀まさ  訓練をさ  里芋を擂りつぶしてどろりとさ  周さんが、どうしてもそうさ  説教をさ  落語にさ  醫學生から意地惡をさ  心をゾッとさ  安来節とこないと、どうしてもをさ  だいなしにさ  丸のみにさ  自分はどうさ  誰にもどうもさ  幾回もさ  そこにあるとさ  犠牲とさ  きよらかにさ  苦心をさ  手取りにさ  指一本でもさ  酌などさ  火傷をさ  状態にさ  間にさ  浮気をさ  裸おどりでもさ  振りをさ  雲の上でそわそわとさ  足を重ねてぶらぶらさ  急にぶらぶらさ  動悸をさ  所へさ  頭をハッキリさ  無理やりに書かさ  女房がそうはさ  皆がさ  親方がさ  夫はさ  批評をさ  話題にさ  男は、しみじみさ  妻にさ  幾何學的構成であるとさ  額をさ  ひとりむすこである彼にさ  國人にさ  耳も借さ  彼等はさ  眼上にさ  云へさ  相手にはさ  パツとさ  ロココ風にさ  笑はさ  ラツキーを勝たさ  書を著わさ  経済にさ  なつてゐて、まださ  衝突させ、そして殺合いをさ  うまい日本語でさ  苦労をさ  男のさ  手をぶるぶるさ  声に弾まさ  主人をおろおろさ  無理に読まさ  締めにさ  乞食から呼び捨てにさ  中によろこびを感じようとさ  客観的真実に立ってさ  意見をさ  猪之さ  もの顔にさ  体をうねうねさ  たちなので、まして悪あそびをさ  渉らうとさ  教訓でもさ  時によっては、はっとさ  別れをさ  煮物でもさ  一冊として著わさ  知識階級から直接にさ  樣にさ  独り歩きをさ  母は少しも面倒くさ  却って白々しくさ  御用はないとすげなく振り放しはさ  讐敵にもさ  朦朧とさ  式部さんをさ  ところでひやりとさ  變へさ  歸りたいとさ  心を深くさ  温泉地らしい思ひをさ  起りとさ  妹であるとさ  見事に覆へさ  無礼をさ  術をつかってさ  ようにがくがくさ  安心をさ  真直にさ  嫁入さ  がんじがらめにさ  傍にさ  眉をぴくぴくさ  お前もさ  会話がとりかはさ  彼をハラハラさ  相違をはっきりさ  なにがそうさ  形式ばって引合わさ  火曜日にさ  わたしもさ  人をしてぞっとさ  能面にさ  肌脱ぎにさ  においをさ  無力にさ  人達にはさ  無理強ひにさ  愛をさ  例とさ  下世話にさ  凧をさ  苦心を余儀なくさ  得意にさ  戀心がさ  眠気にさ  月夜にさ  痕にさ  平次にさ  繪にもさ  手籠にさ  かいほうさ  ッかへさ  流罪にさ  犯人にさ  ことも思ひかへさ  次から次へと重くさ  臆病がさ  聽かさ  ゴルフをさ  ように描かれたり考えられたりさ  シェパードを扱わさ  のだが、殺されてバラバラにさ  から殺されてバラバラにさ  ギョッとさ  カンキン状態にさ  バカにさ  イナリ界隈は安いとさ  異とさ  漫画にさ  神棚へさ  考違へをさ  言はさ  横づけにもさ  から心配をさ  辛苦をさ  世間一體から馬鹿にさ  別物にさ  化粧をさ  幾度も危ない思ひをさ  平等であるとさ  半分にさ  働らかさ  稽古をさ  祝言をさ  細工をさ  日にさ  遠慮もさ  喰へさ  物哀れにさ  ガラツ八がさ  平気でさ  著作だけはさ  屋号にさ  十九を見さ  二度添にさ  月にさ  日暮れまでにさ  乙姫様がさ  わしはさ  ひとから老人あつかひをさ  雨宿りをさ  逃げ隠れをさ  あたしにはさ  贈物をさ  姿を見て覚えずほほ笑まさ  栖をさ  子供にまでさ  気もちがさ  葉がさ  手水などさ  料理人などをさ  見方をさ  夫にさ  由もさ  此方をさ  三番とさ  たいぎそうにさ  者にさ  煩さがらさ  家庭教師に就かさ  他人のさ  肌質をさ  のはさ  釜うでにさ  捻出にさ  女房をビクビクさ  平次はさ  平次がさ  八五郎がさ  水はさ  手ごめにさ  こともなささ  一本食はさ  野郎もさ  懷ろをさ  木偶坊扱ひにさ  備へさ  構けはさ  殘にさ  石を抱かさ  例証はさ  同情のさ  親父にさ  父がさ  話をよくさ  建設的推進力が見にくくさ  非常にさ  強靭にさ  決戦をよぎなくさ  かたわにさ  有罪とさ  任意とさ  国有にさ  夫がさ  それがみつともないとさ  真似なんてさ  川瀬はさ  同情をさ  迷惑にさ  お仕事だけをさ  勉強をさ  公平にさ  世の中にさ  発展史もよまさ  論拠とさ  餌じきにさ  お互いにさ  裾さばきと、短くさ  細井和喜蔵氏によって著わさ  社会事情から必然とさ  規準とさ  マリアが見たとさ  女らしさで息づまるばかりにさ  企業としてさ  踵をかへさ  膜にさ  そとさ  歌枕とかをさ  先代は御さ  出世をさ  世間ばなしをさ  手習がさ  道切りをさ  手にさ  唇にべにさ  魔神の手なぐさみにさ  ほか世話をさ  あかりをハッキリさ  人をしてゾッとさ  身顫えさ  線を引いたりさ  講義をさ  座談をさ  心当りをさ  考慮せずにさ  不平もなささ  づそれまで、しばらくさ  ものまで嫌いにさ  笑を繰返へさ  気持ちにさ  力できつとさ  焚火がさ  何者にも耕し古るさ  身元照会をさ  侵かさ  泣きかたをさ  語調がさうさ  妄想にさ  中断を余儀なくさ  密偵部にさんざん踊らさ  全裸にさ  失礼はさ  不自由はさ  心事の当然さ  十分はっきりとさ  力がそうさ  私をぎょっとさ  慰み物にさ  古浴衣一枚にさ  庄吉の聴かさ  ように踊らさ  であるから、どうしても逢わさ  末節にさ  更えさ  つれをさ  作品を歪まさ  拘禁生活をさ  題材にさ  尊とさ  ザアザア水音をさ  駭然とさ  ファシストになるべきとさ  卑屈にさ  転向をよぎなくさ  毛虫あつかいにさ  装をさ  入目をさ  笑種にさ  大半はさ  環境からしみこまさ  逆立ちするを余儀なくさ  趣を保とうとさ  気力も失わさ  事実は見知らさ  さし入れさえさ  明確にさ  かたではっきりさ  二十数年がけみさ  的とさ  経験がさ  当時伏字にさ  實際はさ  つて明らかにさ  串にさ  笑へさ  貧乏ばかりさ  軍法会議にさ  うご不自由はさ  壇をさ  機嫌をよくさ  あいそづかしをさ  子守をさ  丁稚奉公に遣らさ  重役に引かさ  土地にうろうろさ  風格をさ  制作のさまたげをさ  仕事を楽しくさ  供をさ  関係かさんざ焦さ  唇をぱくぱくさ  芸当をさ  闇討ちさ  気絶でもさ  お産をさ  ありがとうございます、どうかつけてやってつかあさ  貯金をさ  半殺しにさ  偽札を掴まさ  ロシア人も、掴まさ  今日から下水掃除をさ  意嚮の洩さ  事実指名をさ  新次はことにくらくさ  言葉とさ  傘もさ  特別地帯とさ  不能者にさ  総立ちにさ  かたでさ  愛に満さ  前進をよぎなくさ  心臟をどきんとさ  醉はさ  複雑にさ  コンナ話をさ  芝居ばかりさ  モノスゴイ芝居ばかりさ  呉羽とも親しくさ  本読みをさ  女房から踏み付けにさ  加減ドンキホーテ扱いにさ  こをさ  口止めをさ  後にさ  私はまたさ  井上友一郎がさ  井上がさ  小説を書かさ  目もさ  エッセイを書かさ  時事に書かさ  河田誠一にさ  三軒ぐらゐ門前払ひをくはさ  その他すっかりさ  ともにさ  足げにさ  惠はさ  物事にさ  氣持からさ  惠にはさ  差押へをさ  ツ返へさ  横付けにさ  片隅からさ  戰鬪的だとさ  ムキ出しにさ  渡はさ  初めはまばゆくさ  カリツとさ  見合はさ  勞働組合がさ  意識がさ  轉がさ  めに、かうさ  しまつた、とさ  不良少年がさ  心から慘めにさ  目隱しをさ  一握りにさ  演説をさ  粧をさ  人間でさ  憂慮をさ  つて掻巻にさ  学校から兵隊にさ  確立がさ  試みがさ  心痛とをさ  必然とさ  過程をはっきりさ  無知にさ  文学的検討がさ  老父は聴かさ  仕度をさ  上三人の子まで産まさ  思いのさ  一杯喰わさ  社会とさ  筆者はさ  まま品切れ扱いとさ  前で読まさ  関東大震災で失われたとさ  当時最先端とさ  束を読まさ  ことに気づかさ  日課とさ  議論が戦わさ  つきあいなんかさ  それをそうさ  ことをはっきりさ  皮膚をすこしぴりぴりさ  法螺にさ  いつそうさ  内応でもさ  二つにさ  身軽にさ  見劣りがさ  小鼻をびくびくさ  風呂敷包みを、ぶらんぶらんさ  またまた愕かさ  愕かさ  隋に遣はさ  大化元年とさ  京畿にさ  出でさ  無効にさ  一にさ  舞台にさ  源とさ  難解とさ  魁首とさ  尤もらしく振りまはさ  一使者が遣はさ  誘いに耐えきれなくさ  内側からさ  釘づけさ  予想もさ  神秘が、いちだんと濃くさ  錯綜とさ  抹殺をさ  真裸にさ  恐怖はよりいっそう濃くさ  確実にさ  条件が満さ  騷ぎですつかり臺無しにさ  感じでさ  有無を云わさ  兵隊にさ  洗錬さ  春風タイトウとさ  荒巻にさ  開業医がさ  現象かと申しますと、決してさ  巨木からさ  コナゴナにさ  んだから、どうさ  神月に会って、はっきりさ  贅沢をさ  相手にもさ  代襲相続をさ  ものごとをはっきりさ  事情をはっきりさ  苦労はさ  語序をとり替へさ  義はさ  別にさ  近衛公とさ  学校にさ  軍などさ  鑑定人にさ  犬死にさ  死刑にさ  慾望の満さ  みな殺しにさ  通りに通らさ  納品が片づかねえので、やきもきさ  秘密を背負わさ  挨拶したり、ちやほやさ  姙娠までさ  創作話をさ  指導部でさ  一人とさ  危険とさ  日程にのぼさ  デモクラシーによってさ  眼目としてさ  ためにのみさ  梗概ばかり聴かさ  聴く可く余儀なくさ  能もなささ  あんたをさ  方で、まださ  医者がさ  つて怪我をさ  身動きもさ  何ひとつ明らかにさ  地獄穴とさ  目をさ  ために、ちやほやさ  指先にさ  お話をさ  父様がさ  んがさ  試合をさ  胸をさ  引摺りまはさ  一のをさ  あとおしをさ  涙をこぼしたりさ  事はさ  謄写刷りにさ  こととは、さ  問題ではなく、もつとさ  最初から明らかにさ  奥様然とをさ  自然がさ  心に悲しくさ  気分を悪くさ  考えをはっきりさ  故宮へ入御さ  留守とさ  物とさ  訓練とについて屡々語り聴かさ  それが観取さ  中道がさ  病的な膨らみが観取さ  たまにさ  平素から教えならさ  半ば無意識状態にさ  わけにはゆかなくさ  アカだとさ  軍御用とさ  戦争犯罪人とさ  もとに、とびちらさ  足をムズムズとさ  十時頃まで、打ちつづけにいろいろさ  上品にさ  私に対してさ  非常に動かされたが、又そうさ  彼もどうにかさ  邦枝史朗氏のさ  苦茶にさ  粗末にさ  論点をはっきりさ  楽にさ  発展的にさ  対比的にさ  服装をさ  思いでもさ  悔恨に満さ  ぴちやつと音をさ  云ふことさ  芝居をさ  事とさえさ  簡単にさ  直ちに破門をさ  事が繰り返えさ  人物をさ  出発をよぎなくさ  からがさ  水源とさ  様子をさ  のだとさ  準備がさ  犠牲をさ  此転換をさ  遠慮をさ  ことであったと認めようとさ  慰問をさ  枕を出して当てさ  枕をさ  光尚にさ  暇乞いをさ  ように思われるであろうが、全くさ  縛首にさ  恩報じをさ  養子をさ  裏道ばかり歩かさ  黄苞車でぐるぐる引きまはさ  他へ往かさ  頃はさ  其問題をさ  非人として世間から仲間はずしにさ  軽重があるとさ  エタとさ  歓迎もさ  のがよいとさ  報告をさ  援助をさ  理解はさ  のみこにさ  此殿をつかはさ  餘儀なくさ  一體何時頃から言慣はさ  此時代にさ  歌にさ  ヂュープとさ  めには遭わさ  何度も聴かさ  後方にさ  んやが、さ  演説でもなささ  雷鳴にさ  同情はさ  善行とさ  うにかさ  ものが満さ  私を一層苦しくさ  口実とさ  処でピンさ  安心がさ  死にさ  怪我迄さ  非難はさ  分家をさ  憾みがあつたとさ  あなた方にさ  つて居ても売つてくれないかとさ  手でさ  クビにさ  姙娠中養生をさ  仲間割れをさ  方へさ  身装もさ  取引きさ  除名もさ  奴隷にさ  漬物屋をさ  憶病にさ  事で一杯喰わさ  紅茶に酔わさ  国辱ではないかとさ  西洋人がさ  言ふまでもない、果してさ  翻訳を読まさ  今日は往々さ  元来日本がさ  町ではさ  肉はさ  山はさ  ことにあるとさ  響きをさ  色がさめたのにぶらりと長くさ  風に少からず酔わさ  把握をさ  組織的にさ  姿態をさ  方法とさ  きれいにさ  位にさ  通しに読まさ  釘付にさ  睾丸がぶらぶらとさ  居催促をさ  ところを起たさ  気持を抱かさ  接吻をさ  努力によってさ  おとをさ  ほのぼのとさ  僕がさ  一色をさ  あの花合せにさ  身で、とさ  自分などは必ずしもさ  処置をさ  紹介とさ  映画にさ  芝居はさ  一番広いとさ  飼犬にさ  きぬ玉ひかるべにさ  われ寝ねさ  怒りをなお甚だしくさ  ようにお見うけさ  天の与さ  行いをさ  遍歴もさ  朝をさ  役にさ  礫刑とさ  真っ裸にさ  捕虜とさ  対手にもさ  鼓を打たせて辱めようとさ  舌長なくさ  旨とさ  病を篤うさ  借金をしょわさ  心を悲しくさ  奴等から仇をさ  伴作はさ  一時本気でさ  方はさ  家出をさ  一年近く前からさ  蕗子もさ  蕗子がさ  物はさ  棚あげさ  楽にたのしんでさ  室へさ  一番ひどく困らさ  自殺がさ  ゲーテがさ  女をさうさ  窮屈にさ  真実にさ  大衆から歓迎をさ  気がひけていらいらとさ  みな読みふるさ  何ものかに唆かさ  身分までをハッキリさ  筋からハグラかさ  八ツ切りにさ  癇癪をたかぶらさ  台なしにさ  お辞儀をさ  念力はさ  岩壁に突き当たって跳ね返えさ  心を惹かさ  苦笑いをさ  ショボショボと閉じたり明けたりさ  披露をさ  一度溜め息をさ  いそぶりをさ  宅でゆるゆるさ  所作にさ  証拠にさ  病気をさ  光に輝らさ  川邊にさ  品種改良がさ  気恥ずかしくさ  遁がさ  夫婦にさ  唾を呑まさ  鵜呑にさ  看板にさ  批難でもさ  実現はさ  試験をさ  目標とさ  恍惚とさ  手ほどきをさ  罪とはさ  見習小僧をさ  何でもさ  つぶしにさ  店からは軟かい、甘ったるい、うっとりさ  幾度かさ  仕事をうまくさ  細工のさ  払い下げをさ  私が話しをさ  監督をさ  仕事ばかりさ  わが輩はさ  状況がそうさ  雨ざらしにさ  罪悪とさ  家宅捜査をさ  質がわるいとさ  一番とさ  原料とさ  右左へふらふらさ  のではあるまいかとさ  標準としてさ  神からさ  ひとはさ  からしあわせにさ  みんなしあわせにさ  くまんばちにさァさ  めうしにおきざりさ  錘がさ  顧問をいつよさ  札幌にさ  業をさ  冒かさ  正則科はさ  自分などがさ  気狂いにさ  前で踊らさ  きし両足をぶらぶらさ  手柄にさ  秘し隠しにさ  贈物とさ  毎日決つて彼がさ  詭弁とさ  一つもさ  零にさ  邪魔物扱ひにさ  常にさ  早合点がそうさ  引き合はさ  女性になり得るとさ  下で始終明るくさ  もっとしっかりさ  さらさら音をさ  もっと後へさ  不仕合せにさ  薄割きにさ  四つ裂きにさ  落著かせてしっかりさ  今日命拾いをさ  うまい食事をさ  同情されたり泣いてもらったりさ  彼をびくりとさ  問題に決して触れようとさ  私たちにもぞっとさ  もう一度見て遣しもさ  臭いをさ  貧乏にさ  柔順にさ  黒焦げにさ  秣架をがたがたさ  あたしがさ  のをさ  因縁話しをさ  工夫をさ  一度にさ  兄弟を仲よくさ  無茶をさ  生き埋めにさ  餓死もさ  物笑いにさ  地とさ  凶馬とさ  興もなげにさ  少女がさ  納戸に寝さ  あちこち手入をさ  意嚮を洩さ  全然除けものにさ  ことを学ばさ  音などをさ  得意先まわりをさ  頭脳をくさくさ  口吻を洩さ  内輪揉めをさ  こともさ  水商売をさ  腕をむずむずさ  指環などをぴかぴかさ  心臓をわくわくさ  計画を鈍らさ  眉をぴりぴりさ  邪魔もの扱いにさ  頭脳をむしゃくしゃさ  働きが鈍らさ  もどかしい思いをさ  子供にさ  共にさ  手伝いをさ  出来心がさ  かいをさ  少年はすっかり弱らさ  ちょっと眼をぱちくりさ  小さな靴を穿かさ  頤をもぐもぐさ  さみだれあうたりわかれたりさ  ちの風がをさ  空想を逞しうさ  つぎをさ  移つた、とさ  さをさ  袖をヒラヒラさ  真似なんかさ  胸をワクワクさ  荷物を背負わさ  炭を挽かさ  間苦労をさ  見解であるとさ  はじめにさ  貴族院でさ  お祈りをさ  生態までがさ  背広姿を見上げ見下しさ  ほう使はそうはさ  きょう婚礼をさ  塩ぬきのりょうりをさ  責任を背負わさ  前をさ  波にもまれながら、とうとう、おき去りにさ  不自由をさ  王さまにさ  島におき去りにさ  人からちやほやさ  なんだから、そうさ  足をぶらぶらさ  ますます目をぱちくりさ  簡明にさ  關係をさ  屈辱を蒙らさ  邪魔扱ひにさ  会話がさ  鎖づけにさ  文学者こそさ  先どうさ  たまを、ぼうっとさ  上目かくしまでさ  水をあたえて、いきいきとさ  博士はどうさ  じょうぶにさ  百円は、ただどりをさ  私にお手つだいをさ  家畜とさ  ため家畜とさ  んをさ  頭をぐらぐらさ  ため電気帽をかぶらさ  反対に、ぶらりと、さ  火星人たちから、ちやほやさ  潰走を余儀なくさ  本国へさ  炎とさ  仇にさ  一指をさ  ために踊らさ  身が、ずたずたにさ  ことを、そう惜しんだり怒ったりさ  躍起にさ  至宝、そうさ  都督、なんとさ  ように、さ  自由にはとっくにさ  阿呆にさ  話を云い触らさ  面汚しとさ  出入禁止をさ  本舞台にさ  投資金丸損とさ  値で買取らさ  かたをさ  先生はどうさ  野村がさ  私もたぶんさ  不良にいたづらさ  風の音にひつくりかへさ  胸がをさ  無理をさ  我慢がさ  身体をさ  こはいものにさ  時はさ  眉毛をぴくぴくさ  口論でもさ  女をほろりとさ  訴人をさ  口をモゴモゴさ  確とさ  首にさ  乱闘を余儀なくさ  小事にさ  疲労をさ  御機嫌にさ  転地でもさ  気さえさ  薔薇色にさ  二人きりにさ  中は薄暗くさ  私がまだはっきりさ  急に明るくさ  用意だけさ  おれ達をやきもきさ  飜訳をさ  先生をさ  オモチャにさ  野放しにさ  気持をはっきりさ  もう少し後へさ  馬鹿にされさ  お母さんがさ  もう少し邪魔をさ  ものまで受け継がさ  ハグらかさ  時勢がそうさ  公然にさ  礼装をさ  絶望であろうとさ  空前絶後とさ  事として語りあわさ  世間から馬鹿にさ  社会から馬鹿にさ  寒いめもさ  煩らわさ  作品にさ  後ろからさ  書物さへ既にさ  そりや実際さ  つまつた時にさ  人生にさ  介抱位ゐはさ  時廻り河風にさ  私をうろうろさ  身動きも出来なくさ  もみくちゃにさ  姪達がさ  丸坊主にさ  皮をむかさ  殆ど毎日繰りかへさ  反動をさ  程理解はさ  必要に応じてハッキリさ  今日自分自身をさ  所産にさ  取引きをさ  批判され得る又さ  利用もさ  ように云い振らさ  相違をハッキリさ  頼みにさ  そのままでは満さ  敷衍さえさ  苦悩とさ  ここで初めてハッキリさ  特徴をハッキリさ  常識をさ  特徴だとさ  政治的出発はいくど新たにさ  材料にさ  女客はさ  社交的儀礼にさ  極秘にさ  爆発をさ  炬燵にさ  知識階級がさ  能芸術だけがさ  シエークスピヤがさ  上でさ  舞台でさ  親密にさ  部門でも繰返へさ  部門でさ  如くであるが、実はなかなかさ  一つ置きざりにさ  両親が未だに時々困らさ  日々もやはりさ  まん中でさ  日本がさ  討議がさ  自分にはっきりさ  足もとをふみわけようとさ  文学が、はっきりさ  ことにも、与みさ  上をばかり、踏まさ  東京市民がさ  教育のさ  下手にさ  彼をさ  配達もさ  仕組みにさ  ひらりひらりとさ  諸々方々から大分問題にさ  のであると観破さ  以ってなさ  土着民族に浸漸さ  日本紀以前にさ  明経博士等のさ  犂きかへさ  かたへとさ  此のさ  たか人間であるからに恥ぢよとけろりとはれあたらしく痛痛しいほどさ  あたりにさ  ちやにさ  杖でさ  墜とさ  花見をさ  きみたちにさ  自分がさ  欠伸をさ  休息もさ  孔明に一杯喰わさ  名残りを篤うさ  足も出なくさ  姿を思いだささ  こと、さ  面会はさ  大井君が死んだとさ  これがよいとさ  落第を余儀なくさ  玄関でさ  だんだん明らかにさ  云ひふるさ  欠陥にありとさ  者がさ  全部がさ  常態とさ  無理に受けとらさ  一人から押売りさ  味気なくさ  残念であるが、およそさ  封建性をさ  於てすでにさ  全身を撫でまはさ  国はさ  づした記事にさ  絶望的とさ  時がさ  つて利を占めようとさ  気分をさ  言葉がさ  つて負はさ  子供に多いとさ  人をはらはらさ  すべてがさ  なつてゐるかといふと、決してさ  対決を余儀なくさ  互がさ  不注意とさ  周囲にさ  事実、時によるとさ  つねにさ  標榜しながら、案外さ  それについて聴かさ  人々にさ  慄然とさ  豊かにさ  交渉にさ  損はさ  部類にさ  云へば必ずしもさ  正直にさ  短縮を余儀なくさ  言はれてゐても、なかなかさ  意味がさ  上ではさ  しまひにはさ  主人がさ  言つたが、実にさ  周一さんにさ  同情もさ  殺し合いをさ  胸をぎょっとさ  一人にさ  大阪をさ  世話までさ  肩をぴくぴくさ  ところがお見うけさ  刎ねさ  完うさ  自陣へさ  不可能にさ  監視をさ  テーブルに坐らさ  本職にさ  有罪にさ  執行をさ  間に闘わさ  そのまま放免はさ  植民政府がそうさ  小役人にさ  言論の自由を許さなければならないまでに、余儀なくさ  つたものだが、なんにもさ  読者には観取さ  連想ばかりをさ  煙草の煙をもうもうとさ  詩人自らがさ  新劇がさ  日本人がさ  自主的にさ  ことを考えずにはいられなくさ  惰力に引かさ  糶売りをさ  裏書きをさ  荷を背負わさ  今まで閉じこもってばかりいるとさ  邪魔物扱いにさ  ぱたんと音をさ  木村とさ  悪者扱いにさ  木村にいったりさ  事がさ  不名誉とさ  ただ取りにさ  祓をさ  礼節とさ  策略におどらさ  暗澹とさ  後詰にさ  張苞を走らせて、万一の救けにさ  馬をおとなしくさ  夜遊びをさ  所業とさ  姓にさ  鍋から串にさ  大人たちもさ  叶へさ  戰死をさ  自由自在にさ  日もさ  旗がさ  私は恐らくさ  其はさ  外苑を歩かさ  パンパン宿にさ  交渉などさ  出版もさ  長平はさ  思いにさ  決意をかたくさ  時間またさ  料理のさ  気持できいていられなくさ  愛想づかしをさ  片棒だけをかつがさ  ものに患わさ  情操を正しく優しくさ  娘には、踏んだり蹴ったりさ  ワタシにさ  背延びをさ  態度でさ  強制貯金をさ  御覧じ遂げなさ  迎へに遣さ  ことが繰返えさ  対手をさ  お手伝いをさ  一座をさ  のを待つべく余儀なくさ  動揺から解散を余儀なくさ  型とさ  経営なるかな、さ  職分とさ  於いても尚さ  感じをさ  歴史にさ  之にさ  民族にさ  煮え湯を呑まさ  莫迦げた道化師にさ  黒髪をてらてらさ  唇をくっきりさ  魅力に惹かさ  彼女から聴かさ  誓文を書かさ  口から聴かさ  印刷職工から相手にさ  工芸品がさ  惰性がさうさ  方が少し可笑しければきつとさ  人間が大きくなるとさ  教養とさ  日本以上にさ  心持がさ  ことが、最も美しいとさ  恥とさ  日本人はさ  素人にはさ  無駄足をさ  云ふんだとさ  申上げるとして、とにかくさ  學問をさ  講釋をさ  御書風において最もさ  内部にさ  やうではさ  身請をさ  置去りにさ  紋付にさ  饑じいめをさ  商法でもさ  から気儘いっぱいにさ  暖とさ  ジャーッとさ  一つ撲さ  心持をさ  切腹をさ  為に余儀なくさ  みんな馬鹿にさ  吟味をさ  支配を受けるべく余儀なくさ  虫眼鏡などを振り舞わさ  乙に移るべく余儀なくさ  会見をさ  眼付をさ  こともあって、大いにうなずかさ  定説をさ  自然とさ  前に坐らさ  海は全くさ  声をきいて居まして、しんみりとさ  動乱を蒙らさ  立ちん坊をさ  上にすわらさ  ように思いこまさ  洗濯をさ  番をさ  殴り合いをさ  無意識にさ  かばにさ  手前がさ  ことで唸らさ  あいてをさ  出発点がさ  興隆にさ  定家が既にさ  歌風を貫かさ  電燈に輝らさ  引き上げなさろうとさ  膝枕をさ  眉をのんびりさ  数字を書かさ  ように書かさ  逆磔刑にさ  土蔵造りにさ  浄罪とをさ  勝負をさ  討にさ  先鋒へまず当てさ  計に陥さ  功にさ  常とさ  顕わさ  病気にさ  牛馬にさ  たよりなくさ  ものに満さ  却って楽をさ  取りをさ  釣ばかりはさ  不孝をさ  一通送って遣さ  自害をさ  女房にあげて、又生埋にさ  女房にやって又生埋にさ  女房に遣って又生埋にさ  伝へさ  特別癇にさ  芸術家然とをさ  心掛けはさ  無性髭をぼうぼうさ  ぢめな思ひをさ  おかあさんの顔にさ  通過を待つべく余儀なくさ  おれを、キッとさ  勘にさ  放言をさ  標題に惹かさ  決心を固くさ  運命を背負わさ  一晩中自由にさ  小郷を一層たまらなくさ  鯛を、にらめさ  歩かさ  発言をさ  あらわにさ  口をさ  点をはっきりさ  意志をはっきりさ  お参りをさ  顎をさ  ますます幕府から袖にさ  麻酔薬を嗅がさ  一しょにさ  おいてけぼりにさ  光秀をガッカリさ  給仕をさ  箱根丹沢にさ  家康にさ  三奉行はさ  疎略にさ  将はさ  撤退もさ  日本へ遣はさ  行長にさ  切つて霊前へさ  手筈をさ  つもり、とさ  軍をさ  領地にさ  ちぐはぐにさ  立ち話をさ  から両親を失くなさ  運命を好くさせるか、悪くさ  億劫にさ  家にばかり閉じこもらさ  お前のまえで生き生きとさ  だんだん窮屈にさ  じゃまをさ  探検隊員たちをほっとさ  お先まわりをさ  水光りをさ  骨折をさ  コケコツコーほんとにさ  ほんとにさ  私を漠然と生きさせ、生きぬこうとさ  一呑みにさ  ところはさ  猟をさ  漁をさ  蚕飼をさ  機織をさ  為事をさ  出帆したが、わけても困らさ  照明を暗くさ  なぶるままにさ  たましいを、さ  逢引をさ  密会をさ  旅立をさ  腰へさ  手討にさ  別家えさ  おやまさんにさ  義理に引かさ  向う岸とさ  トゥロットにさ  拘引でもさ  悪意をこめてさ  心待ちがさ  意趣に思ってさ  そうはさ  心さびしくさ  ふき掃除がさ  心持ちをすがすがしくさ  心を未練がましくさ  束にさ  あなただけにそうはさ  のを余儀なくさ  手を経てさ  除け者にさ  葉子はそうはさ  台所などをさ  用事でもさ  葉子をもどかしくさ  倉地とさ  束髪にさ  内々監視までさ  刺青をさ  香いをぷんぷんさ  中から飛び出して来て、そうはさ  冷淡にさ  顔ばかりはさ  胸をどきんとさ  葉子にさ  胸をひやっとさ  顧慮してさ  溺愛もさ  寵児ともさ  狼狽をさ  朝じまいをさ  祭壇とさ  さがさ  言葉に引かさ  情けに引かさ  目をちかちかさ  つて面白くさ  払はさ  入れ研究してみようとはさ  売物にさ  透明にさ  お守りをさ  抱つこさ  徳とさ  洗煉もさ  いまはさ  神話にさ  鈴の音をさ  いつまでも子供扱いにさ  洗濯などをさ  さからではなしにさ  腕組をさ  一つのしごとをさ  んだとさ  引きかへさ  焼味噌のさ  インタービューがさ  抗議もさ  測定がさ  船中にてさ  二条に細く分れ、尖がさ  苦患をさ  話を聴かさ  赤裸にさ  散々味わさ  者をして、ぞっとさ  自分を楽しくさ  練習をさ  負担にさ  自分を淋しくさ  空中分解をさ  社会的意識の鋭くさ  必要なだけさ  中が掻き廻わさ  天網疎にして洩さ  ものだとさ  拵へさ  母は弱らさ  我慢をさ  ッとさ  ドングリ眼をパチパチさ  オシッコをさ  私たちを苦しくさ  基点であるとさ  存在しないとさ  山籠りをさ  脚を止めたり、乗りてをふり落したりさ  食器にさ  ことをされるよりは、公然とさ  私だって、そんなに踏みつけにさ  不具者にさ  人間性を忘れんとさ  不問にさ  それには刈込もさ  植替もさ  睛るかさ  特に紹介もさ  環境がそうさ  目を眩まさ  ますますゆたかにさ  今日大事とさ  下に坐らさ  経験をさ  むき出しにさ  歯を食いしばらさ  主観的にさ  つて表はさ  古典とさ  典拠とさ  時代が既にさ  父をさ  やうになると遂にはさ  帰らないやうにしたいとさ  知つたかぶりをさ  おふくろがさ  継母にさ  存分にさ  草原の掘り返へさ  妨害をさ  手伝にまはさ  爺さんは頻りにさ  人間扱ひにやさ  お前えがさ  あてばんをさ  私は一々さ  父もさ  父のさ  前まで来るとさ  本式とさ  ますます私を淋しくさ  寝顔にさ  名をさ  領域とさ  ことにさえさ  観念とさ  認識ではない、とさ  ことをもハッキリさ  精神とさ  弁証法であるとさ  勢威がをさ  裾をチラホラさ  餓やさ  魂に満さ  寺にさ  さま/″\の思ひに満さ  ぎをさ  翻訳だけさ  嚇かさ  代までさ  奴をさ  様にさ  いかほどこの世を去りがたくさ  年のさ  気持をさ  斯うさ  私をハッとさ  空想を逞しくさ  文部大臣にさ  平和とが危うくさ  なかへ押しこもうとさ  最近二倍にさ  三倍にさ  実行もさ  のものとさ  ばらばらにさ  宮詣りはさ  総のさ  まま奇妙に惹き付けられて読まさ  胴上げにさ  スッカリ面喰らわさ  私もハッとさ  今一度ギョッとさ  外から勝手に掻き廻わさ  骨抜きにさ  襦袢を着替へさ  世間並にさ  魅力と信じ込まさ  傾向が強いとさ  質問でもさ  耕やさ  国賊取り扱いにさ  会話をさ  礼をさ  よし子から子供扱いにさ  女からばかにさ  人から親切にさ  親切にさ  お談義をさ  あとへさ  独身を余儀なくさ  いっしょにさ  新造にさ  悸えさ  引返へさ  背後から靴音をさ  間置きざりにさ  悲哀に満さ  胴切にさ  賺かさ  跣足にさ  辺を一層もじもじさ  楽しい感情に満さ  千代が、さしずをさ  関森がさ  宙にさ  収監などさ  さにさ  氣さへさ  患者にさ  軽蔑にさ  真面目でさ  聯想をさ  けが盥を動かなくさ  技巧にさ  桐の花とにさ  斜陽に輝らさ  抜萃にさ  羽音をさ  於いても既にさ  一度書き表はさ  意識にさ  全然椅子生活にさ  釈然とさ  ピヤノを弾かさ  僕たちにはさ  顔をぽつとさ  あたしのさ  それでさ  日だけは、楽々とさ  あいなれさ  巴投げにでもさ  未明から追い廻わさ  ビッコにさ  シャツ一枚にさ  不貞寝をさ  横倒しにさ  身体をゴロゴロさ  廻わさ  内地でそうさ  南部センベイよりも薄くさ  一なぐりさ  月二回にさ  方へ廻わさ  落書がさ  カムサツカ体操をさ  残業をさ  蟹たたきでも、さ、さ  要求されるのでとてもさ  赤禿げにさ  才女にさ  鈍感にさ  守りをさ  お礼をさ  辞退はさ  破産までさ  役目にさ  両手はブラブラさ  所有にさ  指にさ  ひまにさ  愛情をもえたてさ  のぼりのさ  袋叩きにさ  過敏にさ  應ずるにさ  お前がさ  正にさ  内容にさ  凡庸人にさ  我執にさ  要求にさ  場合にはさ  場合にさ  赤ん坊扱いにさ  のを手伝わさ  歌を唄わさ  口止をさ  最後じたばたさ  眼を眩まさ  病気欠勤をさ  私もどきんとさ  如く訓戒をさ  売国行為をさ  混合酒に酔わさ  しんとさ  明晰さに酔わさ  オムレツにさ  私ははっとさ  文字通りに一杯喰わさ  手配をさ  物は云わさ  二三度ぱちぱちさ  隆鼻術をさ  楽しい家庭をバラバラにさ  左右にぶらぶらさ  反古にさ  最敬礼をさ  一座とさ  最少限度八人とさ  一番古いとさ  神話であるとさ  特殊部落扱ひをさ  賤扱ひにさ  つて明かにさ  闘鶏をさ  常習者にはさ  御者にさ  後ろにさ  手抜きをさ  貧困にさ  古典扱いをさ  襟元にさ  幸福にもさ  囲いがさ  茂みにさ  白黒しながら聴かさ  のとに呑まれて、聴かさ  累わさ  まともに嗅がさ  肉がうまいとさ  飄々とさ  らつて眼をパチパチさ  君にさ  おふくろさんはもともとさ  ぢさんにさ  糠悦びばかりさ  洋行をさ  職業がさ  勝手に選んでさ  根柢をはっきりさ  思想をはっきりさ  入をさ  限界をはっきりさ  把手をさ  愛着に牽かさ  身もふるはさ  密かにさ  私をじりじりさ  枕もとをさ  約束はさ  過去にさ  やつぱり出ますか、とさ  寒い四疊半にさ  音にさ  順吉にさ  無下にははねかへさ  口などをさ  親のさ  ひまはさ  彼はもみくちやにさ  おのれにさ  青春を取り戻したかにさ  だまつて引きずりまはさ  昔からおちかはさ  すにさ  顏をさ  現実追求がさ  身支度をさ  夢現にさ  心竊にさ  君がさ  トルストイにさ  貰へさ  一群にさ  俺がさ  聲がさ  奴だなあとさ  啓發のさ  つて苦々しくさ  彼自身にさ  ことは、まだどうにもはっきりさ  居間のそうじまで、さ  偽物をつかまさ  見物にはらはらさ  片手をあげてヒラヒラさ  苦にさ  文学的教養のさ  墨をすらさ  六枚もそうさ  教えかたをさ  世の中へ送り出そう送り出そうとさ  一度もさ  おらもさ  化身にさ  肱枕をさ  手を、組んだり放したり、もじもじさ  これには全く、すっかり弱らさ  手をもじもじさ  室にさ  懲役刑とさ  啣えさ  感情とさ  窓外にさ  彼もさ  妾もさ  軽蔑でもさ  こと女の子にさ  女の子にさ  療養をさ  実行はさ  多量に買い込まさ  役目をさ  関係もありますがさ  楽しい正月をさ  裏はさ  静かにをさ  酒のにほひをぷんぷんさ  ぴたぴた水音をさ  袖の下を掴まさ  がさがさ  一番馬鹿にさ  先程とさ  現実は必ずしもさ  言葉をうしなわさ  母国語を失わさ  予見さえさ  存在をはっきりさ  全部鉄筋コンクリートにさ  裸體にさ  巻きにさ  陸あげさ  僕をいつそう悲しくさ  形をさ  三十五秒とさ  一字を大きくさ  一字を小さくさ  ひでにさ  臥床にさ  一念にさ  重量をさ  疾患體にさ  つてはさ  わたしはさ  わけもなしにさ  場合がさ  交渉もなささ  とりこはさ  ゼイタクをさ  便所掃除をさ  何かおたずねになろうとさ  カルルにそうさ  ツグナイとさ  請求をさ  思いにもさ  秩序をハッキリさ  検しても既にさ  づ酔はさ  アメリカニズムにさ  生命を永くさ  恋愛をさ  酔状態にさ  愉快さで満さ  周旋でさ  一人きりにさ  宣誓書を書かさ  あなたにそうさ  天辺から梨子割りにさ  酷使がそうさ  まりをさ  六韜三略をさ  目を細くさ  有様がさうさ  新規にさ  いふに、決してさ  展覧ものよりさ  自分でさ  根拠にさ  ブッチョウ面をさ  場所とさ  曖昧だとさ  好奇心は満さ  ピエロにさ  見物だけでもさ  二軒目がさ  道徳的ではないと、さ  散切りにさ  悪いことをさ  後から呼吸をせかせかさ  同一にさ  言訳をさ  茶かさずにさ  一所にさ  天窓から叱りつけでもさ  縁をほんのりさ  其奴を煽がさ  話なんぞさ  正月をさ  物音もさ  頬冠りをさ  身祝いをさ  境目をはっきりとさ  使者だからと、言って聴かさ  本を読まさ  元興寺伽藍縁起併ニ流疏記資財帳などを読まさ  親たちからさ  母も度々さ  つたのかといふとさ  父はさ  女がさ  眼をきょときょとさ  のには、げっそりさ  殺人的演説を聴かさ  予知に満さ  種子とさ  影響がみとめられるとさ  室生さんはいつもさ  氣待よくさ  方法を採るべきであるとさ  心を暗くさ  心を暗く重くさ  一夜坐らさ  啖べさ  肺病といへば、あゝさ  度にさ  みんながさ  時代の風潮がさ  祖先が嘗てさ  喫緊事とさ  彼等がさ  私共日本人がさ  疑問を抱かさ  周囲がさ  位をさ  悪者退治にだして殺そうとさ  野蛮人扱いにさ  供物をさ  頭にさ  儂にさ  故の、さ  わたしはハッキリさ  これは大きにさ  墜落もさ  理論的には必ずしもさ  馬鹿にはさ  飼殺し同様にさ  飼殺しにさ  的にさ  小作をさ  から小作をさ  ねんごろにきいてくれるにさ  私をかあっとさ  ざらい吹きさ  けんかをさ  其話を洩さ  まことにさ  さうだが、実は決してさ  つて蝕まれ醜くさ  そこにありありと観取さ  心配だけはさ  佐伯某から聴かさ  取柄もなささ  どこにさ  料金もさ  患者がさ  代表作とさ  壮麗に酔わさ  白粉をさ  むだ骨折りをさ  見張りをさ  手配りをさ  将にさ  私は少からず悦ばさ  無罪とさ  わたしにそうさ  薬問屋を駆けずり回さ  用意がさ  報道がさ  あいだ勝手気ままにさ  材料とさ  現実通りにゴチャゴチャさ  容赦なく自然消滅をさ  恰好をさ  小馬鹿にさ  ニセ札をつかまさ  ニンゲルをとらえて引き返えさ  あれがさ  中にはさ  のかといふとさ  尊敬をさ  此頃はさ  合ひにさ  上乱暴をさ  業とさ  前にはさ  無理に呼び帰らさ  気持を暗くさ  皆なに馬鹿にさ  本位にさ  襟にさ  捨賣にさ  茶番にさ  日本をごたごたさ  降伏などをさ  和平調整をさ  南瓜畑にさ  面目にかけてそうはさ  食い逃げをさ  機関銃でひと薙ぎにさ  水仙にさ  むにやまれぬ国民感情のさ  それをヒラヒラさ  顔はさ  慰問などさ  眼なんかぎょろぎょろさ  のは、さ  ほうはさ  ぶんがさ  なんにでもさ  あいがられ、だいじにさ  邪魔なんかさ  作者がさ  引越をさ  衣服をさ  なかった事実に心強くさ  尭雄僧都話に見えて居るとさ  大に手古摺らさ  入札をさ  麾下に立つを余儀なくさ  人質にさ  元服をさ  別に咎立もさ  如くにさ  前からして多分さ  様に情深くさ  除けものにさ  ようをさ  花瓶にさ  水は汲まさ  所為のをさ  姿が眺めたやさ  御前をさ  身なりをさ  調髪もさ  姿をさ  婚礼をさ  席へ坐らさ  つけだとさ  苛なみもさ  蝋燭もとぼさ  私をやきもきさ  展ばさ  つて嫁入をさ  嫁入をさ  観察をさ  魂に向ってさ  彼女等をそうさ  同等にさ  事を滲み込まさ  価値比較をさ  色づけをさ  充分にさ  ユーモア小説とさ  克服されればさ  からざる点は漏さ  満足はさ  陰祭りと、否応なしにさ  浴みもさ  蛙めを掴まさ  これまでにさ  一文なしに掴みどりさ  宵越しをさ  菅ぬいにさ  心は惹かさ  それも、すぐにさ  中空をさ  車夫にさ  浚へさ  いやだつたが、考へて見るとさ  気さへさ  意味であるとさ  のとさ  基とさ  山人だとさ  此清浄にさ  罪とさ  罪である、とさ  意だとさ  牛頭天王にさ  しろから突然そうさ  時計をさ  あとかたもなくコワさ  豆ずれをさ  手籠めにさ  所持品などはどうさ  久女山駕にさ  特色とさ  合図をさ  ばく破さ  右手をさ  四方八方ひろがるので、ぬすみ聞きさ  あなたに大金儲けをさ  人ごろしをさ  錨索は、繰り返えさ  行つて皆なに馬鹿にさ  收載さ  あてながらさ  就てつくづく考へさせられ、実際さ  者、更にさ  それがどうしてさ  十分明瞭にさ  今まで実際にさ  軌道に乗つて来れば、勿論さ  掠奪りさ  ごとをさ  いつまで楽はさ  心配顔をさ  うちではさ  名村にさ  笑い話させたりさ  朱傘をさ  調子で繰り返へさ  召集でもさ  光をぴかぴかさ  女たちにさ  総浚いをさ  眼玉をウロウロさ  先生には弱らさ  瞼をふっくらさ  持をさ  細君などに引合わさ  境涯をさ  咬えさ  厚着をさ  客に引かさ  絶食を余儀なくさ  人から馬鹿にさ  成程さ  私にはまださ  夢中になっていたりさ  近松門左衛門がそうさ  一条件とさ  サインでもさ  山積し、改められ、手古摺らさ  私は度々読まさ  ものを買ってみたくさ  迎い方をさ  フランスにさ  知らないのではないだらうかとさ  足もとをふらふらさ  皺くちやにさ  ところがさ  から見たらさ  換はさ  さへさ  どろんとさ  お前ボブロフにさ  競をさ  今度はさ  己もさ  くりかへさ  僕を少しぞつとさ  ここを読まさ  二合ずつ買いに遣さ  そうに、しかも少しそうはさ  朝食をさ  随一とさ  包丁にさ  買ふことさ  歌人となるとさ  心配はさ  血はさ  従来不可能とさ  墓参をさ  めに逢わさ  楽でもさ  法事供養をさ  密通をさ  私通をさ  反故にさ  から楽をさ  何にさ  綽号をさ  マア殺すべいとまでに悪企みをさ  寒い思いをさ  なつたら、少しはさ  兄達と並んで坐らさ  下駄を穿かさ  天明にさ  これを打つにさ  腹のさ  結果を見ようとさ  爪弾きをさ  場合にも、眩まさ  無意味にさ  位はさ  翹望けた娘達をガッカリさ  工面もさ  洋行でもさ  真似はさ  音なぞをさ  親類を気まずくさ  会見なぞさ  置去にさ  思もさ  弱点を探がさ  辨ぜさ  御用係にさ  身体検査をさ  やり方で誓わさ  窓はわざと開け放しにさ  資格がないとさ  人民は決してつれて行かないと誓わさ  八つ裂きにさ  見世物にさ  見世物なんかにさ  前でなぐさみにさ  滅茶苦茶にさ  毎日、忙しく動きまわらさ  教師にさ  気をはっきりさ  みんなから馬鹿にさ  気持にはさ  花を悲しまさ  終りとさ  職につけようとさ  餌にさ  商売だとさ  放し飼いにさ  家来にさ  僕を少しぞっとさ  串ざしにさ  舌をぴりぴりさ  ドキリとさ  間は弱らさ  荷わさ  から手を引かさ  主張は観取さ  妹君にさ  平素留守番許りさ  受け身にさ  反射に眩まさ  顔をただまじまじさ  稽古台にさ  立札をほとんど見えなくさ  木立にさ  頭に挿したり、抜いて眺めたりさ  ものに酔わさ  取沙汰をさ  熱湯を呑まさ  主と申すよりさ  がらは忍び来ぬさ  これやに呵られぬさ  胴震いをさ  邸奉公なんぞさ  殺人事件だとさ  引返えさ  ひとにさ  枕を高うはさ  与八、引合わさ  悪縁に引かさ  腰をふらふらさ  棚おろしをさ  相談をさ  江の島をさ  依頼をさ  素通りにさ  縦覧をさせるか、さ  自分がどうさ  ふゆかいにさ  金を使わさ  チャラチャラ音をさ  びっくりさせもし、つまらなくもさ  気ちがいにさ  金もうけをさ  遊びをさ  独りぼっち置き去りにさ  質問にめんくらわさ  手紙をやったりさ  有頂天にさ  気晴らしをさ  無理から相手をさ  下男にさ  気易くさ  季節をさ  暗渠にさ  気をさっぱりさ  奴隷に代ってさ  含嗽をさ  手込にさ  後ろへさ  盗賊呼ばわりをさ  地蔵尊、ゆるぎ出でさ  金縛りにさ  展べさ  みたいにさ  猫なんぞにちやほやさ  余計者扱いにさ  わたくしは、ゆくりなくさ  意識家にさ  ひどい仕打ちをさ  人好きのさ  左う思ひ込まさ  誰かに書かさ  人だちはさ  子供だちにさ  のだ、とさ  何とさ  思案を回らさ  お伴をさ  話はさ  足を引かさ  案内にさ  おいてきぼりにさ  両手は組合わさ  本気にさ  好きになんぞさ  教育も、さ  感傷に満さ  伸子をぞっとさ  外に洩さ  むきにさ  誰かにさ  気を重くさ  易々のさ  指導をさ  赤恥を掻かさ  だれにさ  心をじっとさ  そっちばかり見ていずにさ  夫とさ  云わず無理にそうさ  むら気、面倒くさ  ことには、そうさ  幻滅したりさ  伸子は止むなく坐らさ  人からどうさ  眠るものとさ  死刑囚のものとさ  宙踊りをさ  私をはっとさ  徒刑囚とさ  絞首刑にさ  あまり後にさ  人をぞっとさ  歓迎はさ  腰かけに座らさ  私は酔わさ  断腸の思いをさ  懺悔をさ  刑を重くさ  全然秘密にさ  エキスキュースにさ  瀕死にさ  仲間でいひならはさ  もの、さ  喫べさ  翫弄にさ  ゲーム取りにもちやほやさ  坊ちやんにさ  私達もさ  晴代も引かさ  静枝は附けまはさ  晴ちやんがさ  金博士からメンタルテストをさ  斯うして縛り放しにさ  同然にさ  半分焼け焦さ  人をさえうっとりさ  ことはないが、弱らさ  蛇になったりさ  腕枕をさ  取り調べはさ  書替をさ  為立物をさ  飯炊だけさ  ことこと音をさ  給事をさ  身綺麗にさ  廻転をさ  萎やさ  手水をさ  洗物をさ  雑巾掛をさ  手で引き受けてさ  所でさ  後妻に直らさ  子まで産まさ  塀板塀にさ  通はさ  嗽ひをさ  言つて書類をさ  児玉院長もさ  ことでもなささ  見え得意であるかにさ  澄江もさ  探偵眼に酔わさ  嫁がさ  槍をとらさ  責任をしょわさ  さらいをさ  けいこなどめんどうくさ  キッスをさ  うちで少しさ  ろぼうにさ  これほどひどくさ  立ち聞きをさ  昔はさ  気力とてもさ  分をハッキリさ  から別してさ  つては、まださ  時偶然にさ  慾無し児とさ  差図をさ  ものもある、なあーにとさ  表向きにさ  狂犬にさ  一歩一歩とさ  米友並みにさ  置放しにさ  簀捲きにさ  手紙は思わずほろりとさ  文展などにさ  規則とさ  蔽布が取りさ  滿載さ  体操ばかりさ  子には、なんにもさ  あたしもさ  一緒につかまへさ  綱渡りをさ  お前はさ  二重どりをさ  洋燈も明るくさ  叩頭をさ  一見新しくもなささ  いふ音をさ  出版をさ  餌じきとさ  浮彫りさ  背負投げを喰わさ  失望を、味わわさ  あれにはさ  言葉を探したが、とてもさ  見張り番にさ  案内者にさ  参考品にでもさ  失つて根こぎにさ  時期だとさ  人達がさ  文化団体はさ  実質的にさ  人はさ  方法で、どうかするとさ  目標としてさ  施設を通じてさ  愛情を一層強くさ  厳粛にさ  ところ大切にさ  暫らく保養をさ  舟に酔わさ  笑い物にさ  言い方をさ  介に喰らわさ  何事もはっきりさ  皆はっきりさ  意図をはっきりさ  森とさ  さんがさ  きりやうでじやらじやらさ  薫にさ  首領とさ  龍子がさ  龍子にさ  ポケツトをさ  内縁の妻にさ  話をしたら後であゝさ  軽蔑をさ  声でさ  龍子は直ぐにさ  小声でさ  仕度ばかりさ  もっともっとどうにかさ  瞞かさ  エに黙らさ  一語も洩さ  機嫌を悪くさ  宿直をさ  剥製にさ  真綿で、撫で廻わさ  花を見にさ  頭を回らさ  のは、聴かさ  拳突を喰わさ  創作をさ  教育をさ  彼らはそうはさ  身體にはまださ  前から多分さ  オナカを悪くさ  嘆きを深くさ  島もない思ひをさ  僧ひとりにさ  猿秀呼りをさ  良秀にさ  元よりさ  時とさ  私どもにさ  通りに致して遣はさ  火をかけて見せて遣はさ  女を見せて遣さ  ほか供えものをさ  屠蘇をさ  此処にさ  鱚庵老の話しでしたが、実際さ  火傷でもさ  下痢をさ  先でさ  神経をぴりぴりさ  入墨をさ  追放しにさ  舟改めをさ  理窟攻めにさ  入夫をさ  寝床から引きはがさ  考案をさ  所詮はほろりとさ  友達にさ  父さんもさ  ひとりがさ  表情をさ  腰を撫でながら、さ  伝道文学者がさ  手入さ  却つて頭を痛くさ  女のさ  殺しにさ  嬰兒を抱かさ  漾はさ  魚もさ  胴切りにさ  首をさ  後廻しにさ  勤務に廻わさ  因縁に引かさ  面喰らわさ  途連れにさ  生け捕りにさ  僕自身もさ  水泳ぎをさ  尊敬はさ  風に吹きまはさ  小遣取をさ  劇化もさ  話相手にさ  身動きも出来ずにしばらくさ  お供をさ  世間がそうはさ  頭を痛くさ  浮彫りにさ  きものとさ  支那人ですらさ  から変り者にさ  んだか、さ  贔屓にさ  繋ぎ放しにさ  洋装をさ  ヒッソリとさ  学士とさ  ステパンがさ  番人をさ  帳面附をさ  云ふにさ  己にさ  後押しをさ  弥次馬根性がそうさ  情緒によってほどよく縁どりさ  樹に縁どりさ  丸裸にさ  一時戸まどいをさ  気違い扱いにさ  評判ほどよまれていない、むずかしい、わからないとさ  仕官どころのさ  鉛硝石共買入さ  みんな肝臓にさ  不審なさ  研究熱心がさ  人たちにはかかり合いはさ  危険区域とさ  見かけ倒しにさ  物にでもさ  嗾かさ  上ばかにさ  顏見合はさ  責任をはっきりさ  ヒラリと転わさ  飢ゑた虎にさ  娘以上にさ  松原にさ  方ではらはらさ  頭もさ  のですが、よく見るとさ  手伝ひをさ  てゐたことさ  聖障にさ  兒がさ  誓ひをさ  因つて惑はさ  の理法ありて、洩さ  すべてを戦ひにさ  和を求むるべく余儀なくさ  幾たびも繰返えさ  幼稚園へゆかさ  おしまいには、そうさ  神童呼ばわりにさ  名取りにさ  おかげで生きているとさ  英雄気分にさ  悲劇的にさ  五分聞演説をさ  音楽学校へゆかさ  世界に飛びこまさ  私をそうさ  場処にさ  毎に必ずさ  恋をしたり、又さ  結婚はさ  ことは当然だとさ  まり問題とさ  赤裸々にさ  振舞でもさ  桂川見物をさ  軽業をさ  俺にああさ  許をさ  悪者にさ  説明を聴かさ  居心地はさ  午後がさ  癇にさ  のかも知れないな、とさ  茶色にさ  感服もさ  着附けをさ  風俗をさ  鶴見でさ  明りのさ  郎女自身に贖わさ  おん子を遣さ  其父君から遣さ  昔代の物語りをさ  あきらめがさ  兵法者とさ  名人とさ  メルボルン航路に廻わさ  幸内に引合わさ  落馬をさ  胴斬りにさ  感を深うさ  つたものにさ  番人にまはさ  穴だらけにさ  無造作にさ  あるかの如く思はれはしまいかとさ  根底からくつがへさ  なつたら弁へさ  人から剽窃呼ばわりをさ  細大洩さ  何遍となく弱らさ  充分嚇かさ  魂とさ  一巻をなさぬとさ  問題にもさ  幾らそうさ  様に云いつけたほど、用心深くさ  ふつとさ  贖はさ  語り傳へさ  意趣、とお思ひつかはさ  棘にさ  変化をさ  ところでは、必ずしもさ  美点にさ  当時ハイカラとさ  勘違ひをさ  招霊をさ  自首一つですっかり覆えさ  考へがさ  翼賛会がさ  思つてゐたが、必ずしもさ  訴へさ  妻にはさ  証言をさ  近所にさ  稽古ごとをさ  私をしてそうさ  自殺でもさ  語り伝へさ  のにゃ、随分手こずらさ  自己を離れて観取さ  仲間のものから袋叩きにさ  忠告を喰わさ  幼児はそうさ  叔父さんは、そうさ  側と、そうさ  まちがいを、さ  身動きをさ  仰向けにさ  もの扱いにさ  物語をさ  意趣と思ひつかはさ  替りにさ  唇にさ  まこと衰へさ  折助なんぞをさ  泳ぎをさ  窮命をさ  岡焼をさ  ふんわりと重くさ  クリクリとさ  無能呼ばわりをさ  ガチャガチャ音をさ  こいつは一杯喰わさ  仲間に一杯喰わさ  誘拐なんぞさ  反駁されればさ  指摘されればさ  パパがさ  女の子には弱らさ  稽古までさ  方にはまださ  何度一ぱいにさ  揃へさ  方ではさ  外にさ  云つたり、したりさ  毎にさ  しづかに寢がへりをさ  寢がへりをさ  減退を余儀なくさ  それをさうさ  弟につれさ  のであるとさ  表現がさ  わしにさ  ものうくさ  リルケがさ  煙にさ  僕自身にさ  於ては必ずしもさ  事實はさ  これは決してさ  つぎ合はさ  機敏にさ  ときにさ  拂はさ  夢を裏返しにさ  格鬪などがさ  菊池さんはさ  傍観者を笑わせたりはらはらさ  ろひをさ  謀計が回らさ  磔にさ  腫れ物にさ  警手達にはさ  世間を騒々しくさ  第二義とさ  君にそうさ  感じを鈍くさ  城主にさ  者、さ  珍味とさ  ものとはさ  きたまえてことさ  露わさ  命に換えてもさ  底から覆えさ  立場から考えなくさ  そこをはっきりさ  美徳とさ  表現をさ  敢てさ  絵具などさ  荷送さ  生捕りにさ  私どもはさ  利己主義者にさ  禁慾主義的とさ  顏ぢゆうを明るくさ  冠をさ  合理的精神とさ  検証、さ  認識であるとさ  帰するとさ  ためにあるとさ  仮象とさ  手出しをさ  隙見をさ  黒ん坊にさ  存在を蔑しろにさ  功者に当てさ  二人をじっとさ  見物をさ  見物を同じにさ  場をさ  手法をさ  もう少しハッキリさ  活動をそれだけ鈍らさ  一問題にさ  稀薄にさ  限定されていたか、又さ  失業をさ  狂乱よりなりし、さ  傷だらけにさ  まりなおざりにさ  扱いかたがさ  日本の悲劇を描くとさ  無理はさ  薬屋でさ  解雇はさ  初めからさ  なにがさ  俺はしようとさ  心に引かさ  ーんと喰らわさ  たびにひやりとさ  時分私はさ  眉をさ  車前草にさ  かをりに悲しくさ  予言までさ  日本沿海航路をよたよたと稼がさ  主取りをさ  食を細くさ  世話をさせるにはさ  伽をさ  化物屋敷にさ  山越しをさ  タジタジとさ  偏向をさ  役割をハッキリさ  点とをハッキリさ  無意味とさ  関係をハッキリさ  対立をハッキリさ  鵜呑みにさ  相即のさ  制限をハッキリさ  媒介はさ  発見によって打ち振わさ  俗物科学だとさ  荘厳にさ  問題にさえさ  から何処でどうさ  応答にさ  仲間入をさ  非人扱いにさ  っきりにさ  臨時運転をさ  法則が覆えさ  旅行をさ  却って愕かさ  演説までさ  蠅男はそうさ  帆村はそうさ  公表でもさ  連発を喰らわさ  華族様だけは長いきさ  夜廻りをさ  張華も弱らさ  空にさ  官奪さ  跫音をさ  妻君にさ  振舞をさ  合奏をさ  何事をさ  張札をさ  溜飲が、初めてグッとさ  犬をどうしてじっとさ  仕掛けにさ  レエモン・ラディゲがさ  汁粉を奢らさ  情緒のうるおわさ  先生とさ  論文を読まさ  さいそくをさ  方をじゃがじゃがさ  屋根看板をつい書かさ  十六夜ぢやないかとさ  やうなかんじがさ  カツキリとさ  富豪とさ  ムズ痒くさ  顏をあはさ  言葉でさ  奥様にさ  身の上に、さ  今夜はさ  口を開かさ  顔付ではいひ訳しても、とてもさ  いやといはさ  無理往生をさ  手引をさ  性男子がさ  一等卒でさ  隊をさ  他人から人違いをさ  会釈をさ  相伴をさ  みんな弱らさ  行方をさ  癒るとさ  謀叛人にさ  禁厭をして遣はさ  禁厭うて遣はさ  手の撓ふにさ  つて拝をさ  日通つた坂にさ  拝をさ  仇敵とさ  からにさ  我点でもさ  /″\標本にさ  不思議とさ  あと押しさ  休業とさ  柳行李一パイ百円ぐらいで掴まさ  そのまま眼をパチパチさ  盃責めにさ  吾輩イヨイヨ舌を捲かさ  実演をさ  巻添えを喰わさ  餌食にさ  潮水を呑まさ  時にハッとさ  云はれるとさ  念を抱かさ  それに惹かさ  清元を聴かさ  持ち逃げでもさ  草鞋を湿らさ  ことを云い触らさ  何百度と読まさ  無作法者にさ  労働をさ  返事もさ  えこそは起たぬけはひなりさ  ひねもすをさ  練へなければならないとさ  返答をさ  いやな思ひをさ  性質一ならさ  犯人とさ  人物とさ  痙攣的に細くさ  私なんかにはまださ  息子をかたわにさ  病気でもさ  さ気にさ  頭上にさ  途とさ  不覚にさ  魔力がさ  看病をさ  名実共にさ  くらくらとさ  一足後へさ  クルクルとさ  値がさ  時間とぼさ  蝶も、酔わさ  どちらかがさ  主人はさ  毎日浪花節を唸らさ  靴を磨かさ  話がさ  根絶やしにさ  からざる話を聴かさ  こころを暗くさ  山岸から口止めをさ  望みどおりにさ  向にさ  年初に仕えたので、こうさ  北から南へ引くりかへさ  四阿をさ  条件にさ  文化的創造力は高めようとさ  明白にさ  ジャーナリズムをさ  廻り途をしなければならなくさ  ものから問題にさ  判然とさ  直吉にはさ  子守ばかりさ  千葉へ追ひ返へさ  直吉は覚えさ  ひそかにさ  取りたててさ  ひともさ  逢へさ  ぼくにさ  醫者にさ  道徳問題にまでさ  心迷いがさ  人々から震怖さ  重大視はさ  通せん坊をさ  大手柄をさ  準備はさ  意味を洩さ  後ろを向かさ  ちょび髭をぴくぴくさ  ときホッとさ  いつまでも黙ってそうさ  駆け足をさ  近距離を行くにさ  一くぎりさ  ためには困らさ  私自身も随分さ  いふにさ  繰り返し繰り返し、旨く行くまで彫らさ  散々酒浸りにさ  ぼくにそうさ  板挟みにさ  所はさ  注意をさ  逆落しにさ  身体を悪くさ  お土産にさ  注意を引かさ  支那は必ずしもさ  今日とてもさ  誠にさ  他人よりさ  於いては多少さ  何處かにさ  人々とさ  者同様にさ  孔子以上とさ  こっちで頼んでさ  ひいきにさ  時などに困らさ  咎めはさ  礼拝をさ  經典とさ  灰にさ  御難に逢わさ  胡兵五而當二漢兵一一とさ  特に尽力をさ  有様で随分手古摺らさ  輿入れをさ  高村にさ  ものを背負わさ  明にさ  それは無論さ  祝意を述べなどさ  右手をしばらくもじもじさ  っぱなしにさ  見学をさ  尻拭ひをさ  掲ぐるに及ばぬかとさ  義務とさ  奉答をさ  推察もさ  家持ちにさ  弟子入りをさ  心づかいをさ  宅にてさ  宅でさ  意地悪をさ  なりをさ  軽蔑のさ  他所目にはさ  面白い思ひをさ  ためにこんなにさ  つまり酒がさ  人相をさ  指一本もさ  近いうちに身請けをさ  身請けをさ  縁に引かさ  当人たちは、そうさ  ようにも考へられますが、必ずしもさ  法律としてさ  遺憾とさ  明載さ  證人にさ  むづかしく云うと必ずしもさ  禮であるとさ  差支ないとさ  已むを得ないとさ  離縁しなければならぬとさ  ことであるとさ  義絶になるとさ  多分桜の木をさ  香りをさ  囃やさ  伴をさ  みな胸をワクワクさ  社旗をヒラヒラさ  まりめくら扱いにさ  めくら扱いにさ  ためにも、せめて、そうでもさ  秘密の結婚をさ  宙釣りにさ  眼ばかりパチパチさ  語とさ  これは必ずしもさ  太史公自序などがさ  總括さ  體とさ  七録もさ  元祖たる二劉にさ  隋書がさ  五行傳などはさ  それ以後、段々さ  有色種族にさ  のをめんどうくさ  居心地よくさ  喰べさせられないが、せめてさっぱりさ  日本人以上であるとさ  つて織物とさ  意を聴かさ  のでもなささ  相手をどきっとさ  ピクンとさ  自棄にさ  蹠をヒラヒラさ  いつか姉さんの子を抱かさ  香代にさ  ケダモノ野郎にさ  鞍替へもさ  事で一々踊らさ  から呼び捨てにさ  コメカミにさ  バイ償金がさ  仲間入りをさ  頭をうっとりさ  ムザムザ犠牲にさ  ゆっくり喰べさ  氷凍さ  魅わさ  あなたをうっとりさ  ひとまとめにさ  大人にさ  あしが踏まさ  凡そ客観的にさ  手伝ひばかりさ  移つたと聴かさ  考えは、一応覆えさ  繼子を孵へさ  足にさ  釣緒にさ  都のさ  田楽刺しにさ  鼠で困らさ  処分をさ  助は酔わさ  方々をくらくさ  ニーナ嬢から握らさ  船長、どうさ  手配を、すぐさ  信号をさ  日本人ばなれをさ  種あかしをさ  安静にさ  お通夜をさ  もっとおとなしくさ  一緒にあるかさ  報告がさ  負債を背負わさ  買はさ  ナポレオン自身にさ  声を聴かさ  面白い恋愛談を聴かさ  はけばに弱らさ  当ものをさ  深切にさ  何だって優しくさ  校長にさ  姉様がひどくさ  じきをさ  旦那にさ  技師がさ  催うさ  片腕ブラリとさ  幻影にさ  父は面倒くさ  総合とさ  君子とさ  現象とさ  ように唄わさ  枝をさ  期望しても満さ  衣装道具を、失わさ  彼を心強くさ  硫黄狂人にさ  相間にさ  おばあさんがいたってさ  島田をゴロゴロさ  騷がさ  息をも次がさ  忠實にさ  樣子をさ  家へ行くとさ  お前だけにはさ  沢山仕事をさ  上から釣るさ  嫁入りをさ  眼を丸くさ  だんだん後へさ  下獄に困らさ  待ち呆けを喰わさ  別に同情なんかさ  呆けを喰わさ  批判なしにうけとらさ  講義はさ  曖昧をはっきりさ  中途から拾い読みをさ  特に内容からさ  内容からさ  形式からさ  却って客観描写とさ  非実在とさ  教訓にさ  賤民扱いにさ  意味としてさ  観照によってさ  大胆にさ  音楽から遠くさ  奴隷に売られたりさ  誤解をさ  調練をさ  さな細君に、どんなにハラハラさ  つて素通りはさ  詩も多分さ  手離しにさ  舂米屋をさ  氣分にさ  感銘を深くさ  家業をさ  ごととさ  この世に遣さ  ピラピラのさ  我をさ  一大事とさ  樣子でさ  醫師がさ  慇懃にさ  残りをさ  縫い直しをさ  部屋用にさ  母はいよいよ悦ばさ  來がけにさ  小さな足音をさ  珈琲を奢らさ  担当流れにさ  理想とさ  経験を積まさ  男とさ  しまつた夢をさ  本ばかり読まさ  重荷を背負わさ  常識的にさ  答は、どうさ  始末書を書かさ  大工左官をさ  満足してゐるかといふと、必ずしもさ  押し売りをさ  新派がさ  場合には多少さ  のは、お互にさ  上に実際さ  對してはさ  子供はさ  金にさ  學術研究にさ  决してさ  供は度々さ  つて一度禁制はさ  双璧と思ひ込み、或は思ひ込まさ  何れもさ  原稿を読まさ  事業とさ  ものには、そうさ  愛には引かさ  佐野次郎左衛門にさ  寝泊りをさ  鼠なきをさ  気ままにさ  傷がさ  ともをさ  興にけをさ  こはくてこはくて弱らさ  楽しみもさ  お粥ばっかり喰べさ  身投げでもさ  其に出くはさ  ぐつすりいそいで眠つたのをさ  赤ん坊にしつこをさ  添寢をさ  急がしく開けたてさ  何となく神祕的なまよはさ  二等にさ  さうにみえて案外さ  秘密とさ  拵えをさ  幕にさ  標題とさ  犧牲をさ  ゲエテにさ  心地にさ  鎔かさ  毎日鉄鉢をさ  人間がさ  私も時々さ  弐十銭以下だとさ  谿声がさ  爪をかくす、なるほどさ  赤字がさうさ  小川がさ  いふよりも書かさ  毎日がさ  肥臭くて困るといふさ  不可能とさ  厚意に涙ぐまさ  遍路をさ  感謝とをさ  囲が張りまはさ  コウロギはまだをさ  鉄鉢をさ  蛙をさ  身心もさ  聞けば聞くほど頭がさ  勉強がさ  翌日から張紙がさ  張紙をさ  身体をどうさ  演技で酔わさ  花のように盛りが短いとさ  留守居をさ  しらえをさ  オドかさ  夭死をさ  標本とさ  沈黙をやむなくさ  一緒に、とさ  仲をよくさ  能くさうさ  歸つてもさ  端へさ  虱だとさ  言葉にさ  筋かひにさ  メッヂイがさ  チェプロフなんぞにさ  たけにさ  使ひをさ  結婚などさ  ぶんとさ  臺なしにさ  下手人とさ  無理死をさ  必要事とさ  一つにさ  眼を拭わさ  独り言にさ  火にさ  詫びにさ  政所へさ  誰よりさ  子にさ  反り身になるまで、振返らさ  仙人扱いにさ  母様また黙って居らっさ  彼自身がさ  しかにさ  銘々がさ  意味をさ  出しもさ  めもさ  座敷のさ  涙聲にさ  強ひてさ  ものが善いとさ  きまりの悪い思ひをさ  逆用がしのびこまさ  頭から掩いをさ  口留をさ  ギロリとさ  勘違いをさ  眼に遭わさ  口止めでもさ  雑用もさ  お気にさ  押えにさ  文通でもさ  合図でもさ  微笑だにさ  同情に惹かさ  宣誓をさ  支倉にどうさ  宣告をさ  日まで、犯したとさ  身装をさ  なんだって怪我などさ  手当てをさ  口辺をもぐもぐさ  無理にでもさ  ときだ、とさ  梁木を渡らさ  梁木に昇らさ  隙見さ  ブクブクと沈んで、否応なしに泳がさ  心臓にとって、泳がさ  終りにさ  面目なげにさ  何物でも満さ  覆いがさ  一心にさ  波多野文化研究所とさ  恣にさ  傾聴を余儀なくさ  応接して、酔わさ  から悪人にさ  気質にさ  同意をさ  勘定をさ  人にちやほやさ  焚付にさ  思想とさ  なます斬りにさ  見世物とさ  潔白を立てんとさ  譲位をやむなくさ  素むしろに坐らさ  美肉とさ  発狂沙汰にさ  プンとさ  半ば期待もさ  自分を弱くさ  さはさ  四日とさ  意味を背負わさ  需要がそうさ  名誉を背負わさ  すべて用をさ  マルクシズムにさ  方向にさ  ように考えざるを得なくさ  ムダ足をさ  沈黙せざるを得なくさ  難解なことを読まさ  いつまでもゴタゴタさ  物を読まさ  痣蟹に一杯喰わさ  トランプ競技をさ  相続はさ  看護をさ  誓約をさ  誓約書を書かさ  痴人にさ  装束をさ  団結を強くさ  言葉を聴かさ  お客さんに引かさ  男に引かさ  旦那にでも引かさ  なつたりすると、踏んだり蹴つたりさ  クシャクシャとさ  場面でも覗き見さ  盜み寫しをさ  男から何かさ  何なりさ  方でそうさ  ルリさんからそうさ  ケガをさ  ものが察していましてね、そうさ  意志からそうさ  女に逢わさ  出征はさ  團長格にさ  袋にさ  整理は、案外さ  もみくしゃにさ  趣意とさ  娘はよろしくないとさ  実行をたやすくさ  のを当然とさ  ゆたかにさ  時間を延ばさうかとさ  ただ一人供をさ  警固をさ  気とがさ  妹をさ  から匂いをさ  癖にさ  困難にさ  苦しみを背負わさ  坊んさ  眼までを、生き生きさ  虫蝕いやカビにさ  えりにさ  爽快にも、うら悲しくさ  手入れなどさ  一人一人裸にさ  ッ、退さ  しゅんとさ  宣房に、はっとさ  理由は、こうだとさ  不安がさ  茂時とさ  例外とさ  一たん下屋へさ  気持ちが惹かさ  一言一句を剰さ  晏起はさ  目を丸くさ  玉太郎君にさ  目でながめられたりさ  固定でもさ  胸を悲しくさ  宝島に葬りさ  泥だらけにさ  酒がさ  玩弄にさ  暇つぶしをさ  女共にちやほやさ  食卓にさ  脱走でもさ  ここへさ  番人にさ  発達さえさ  子供扱いにさ  出版はさ  ことによって、ようやく強くさ  心持で酔わさ  島にさ  居眠りをさ  シーンとさ  身にさ  肉体化さえ、さ  充分にうっとりさ  パッショネエトにさ  雑用ばかりさ  意見を伺わさ  裸形にさ  資とさ  迷信ではないとさ  精神にあるとさ  碩學にさ  誇りとさ  期会にめぐまさ  力に引かさ  興奮させたり、うっとりさ  お気を悪くさ  庭へ惹かさ  なるたけ婦人にさ  尻拭いはさ  苦労もさ  迷惑をさ  癩もやはりさ  私もやはりさ  さつき病院で聴かさ  死ぬまでさ  見本にさ  つて涼しくさ  永劫悪人にさ  一郎もさ  まま眼をパチパチさ  真剣の立会いをさ  扱いにさ  空もなく逐い廻わさ  高飛びをさ  うち出でさ  掛腰にさ  責任感がさ  紹介わさ  場とさ  白粥なとさ  秋風にさ  ニコとさ  説得にもさ  自分も聴かさ  大膳寮では見もさ  捕虜収容所とさ  タダ飲みさ  運命に吹き舞わさ  目には遭わさ  のらしいが、そうはさ  厳禁とさ  手入れ掃除などさ  血がさ  猿ぐつわを噛まさ  対面をさ  清浄にさ  作業をさ  読書をさ  代用をさ  調整をさ  あれをああさ  名所とさ  気兼ねをさ  かいかぶりをさ  屋敷へさ  戦争をさ  岩上にさ  ジタバタとさ  娘はそうはさ  兇暴性をたくましうさ  一撃でよろめかさ  思いもさ  冷かしにさ  出張をさ  ばなしにさ  相当に履き古さ  用意、がそうさ  ですよ。それはさ  たかな、たぶんさ  文学も勿論さ  住わさ  のを強いても握らさ  此は勿論さ  方がさ  手加減をさ  土橋をさ  合戦にも居残らさ  一番槍にさ  辺にチラチラさ  俵ば担がさ  加減にさ  チョコナンとして坐らさ  君もさ  客分扱いにさ  木乃伊にさ  受け渡しをさ  宣言をさ  ニッタリとさ  まことしやかに取り換わさ  一寸一杯喰わさ  頭をイライラさ  グンニャリトロリとさ  役人なら一杯喰わさ  標準にさ  執拗にさ  桑子にはさ  闘志にさ  声だけ淡々とさ  幸運にさ  結果にさ  阿難がさ  存在がさ  邪魔者にさ  粋にさ  恥を掻かさ  幕府処置には、ずいぶん、はらはらさ  長居をさ  傅育をさ  戦場にさ  情を感じやすくさ  塗りかえをさ  眼に甦えさ  二陣にさ  羞らいにさ  隣室へさ  エホバをさ  ふうにでも、さ  私は、どんなにさ  歌舞酒地とさ  仙臺樣になぶり斬りにさ  はじめはさ  のかといへばさ  隅田川筋一帶がさ  無慾にさ  千代がさ  悪戯でもさ  ステゴミイアにさ  ふたをさ  冷水で清め、ちやほやさ  翼をかへさ  紅はさ  後悔なんかさ  厭に蒸暑くさ  棒読みに読まさ  名残りを追はさ  ものを書かさ  羞かまずにさ  事情でそうさ  跡とりにさ  願掛けをさ  恵送さ  此処へ坐らさ  酌でもさ  場合、ああさ  筋にさ  機嫌にさ  亂雜にさ  膽にさ  幾ら夫につらくさ  幾ら辛くさ  間男をさ  耳こすりでもさ  松五郎に踏んだり蹴たりさ  刃物三昧でもさ  再縁をさ  交際をさ  見送りをさ  飯喫べさ  奉公をさ  娼妓にさ  言附けてさ  角を円くさ  隠居をさ  嘘にさ  証拠をさ  漂はさ  赦いてとらさ  うず髪をさ  まま捨て子にさ  乳をさ  感じがいつもさ  返事を書けなくさ  互ひにさ  母は実際さ  親類はさ  利己的とさ  場に居たたまらなくさ  空気にさ  とき彼女に惹かさ  みな母にさ  五分おきぐらゐに繰りかへさ  さのさ  一枚にさ  蒲団にさ  人に話したって本当にさ  いつまでも満さ  斜にさ  階上にさ  家族がさ  そん時しみじみさ  葡萄酒を呑まさ  忍さを、まざまざ味わわさ  不渡手形をつかまさ  母はさ  中へめりこまさ  すべてをさ  前がさ  海では、さはさ  敵が来るとも、さはさ  御所をさ  分別をさ  毒味をさ  ぎくとさ  帝はぎょっとさ  後醍醐はにっとさ  所とさ  一等史料とさ  ごろしにさ  縫物をさ  なまくら者にさ  尻拭いをさ  真似ばかりさ  思い立ちをさ  心持にはさ  鼠にさ  近江の国のさ  人気者にさ  食物とさ  五つにさ  酔眼をとろりとさ  快適もいいが、こうなってみると、なんだか置いてけぼりにさ  あとをつけるのに、ずいぶん弱らさ  立聞きをさ  犬には弱らさ  先生扱いをさ  身売りをさ  奴だが、さ  奴もさ  ジヨバンニがまださ  眼鏡をきらつとさ  規則以外に暗くさ  からきつとさ  ぼくはきつとさ  實驗をしたいとさ  流儀にさ  昼寝をさ  根を張ったとさ  立番をさ  のもさ  宗論をさ  魚をこうさ  ほうはどうさ  依怙地にさ  ちゃりちゃり音をさ  脳天を喰らわさ  金兵衛から引かさ  のには弱らさ  大分前にさ  能く調べて見ますと必ずしもさ  頓とさ  のでありますが、唯さ  ふさにさ  僅かにさ  それを讀まさ  成るほどさ  それを読まさ  作家がさ  作品がさ  人でも出はひりをさ  音に引かさ  池田良斎に引合わさ  焦躁をさ  ワザとさ  たか下へさ  深甚なのに酔わさ  あたりをさ  エロサービスをさ  政治がさ  しか夜鷹もさ  しゃくにさ  死人がさ  眠るようにさ  小使にさ  礼讃をさ  芸術がさ  眼玉をぱちくりさ  うっちゃり飼いにさ  むやに終らさ  とき真佐子に喰わさ  代理をさ  魚たちにさ  同伴にさ  突出されをさ  何となく気が急いて、出て行けがしにさ  片手を軽くぶらぶらさ  簀巻にさ  出入りをさ  黒札のさ  悪人にさ  妙境にさ  閑古鳥をさ  父から贈さ  キリスト様が死んだとさ  浮彫にさ  残像をはっきりさ  人から聴かさ  無理に掴まって踊らさ  さがそうさ  決議文を握らさ  功に在り、さ  礼式をさ  所作をさ  其噂がさ  誤解でもさ  誤解はさ  ばたりとさ  空とをさ  目をはらはらさ  生活に纏わさ  可なり痛かろうとはらはらさ  靴音をざくざくさ  偏執に困らさ  生活には陥さ  自分を怖えさ  黄肌鮪にさ  けがきをさ  もう一度怯かさ  不格好に削り落とされて円くさ  かたわ者にさ  目はさ  見かけもさ  周囲はなおハラハラばかりさ  腹をさ  そこをさ  質とさ  停頓をよぎなくさ  そばのさ  裡に甦らさ  悲喜劇的登場をよぎなくさ  リアリスト芸術家とさ  好きにさ  健康恢復をさ  強固にさ  低劣とさ  整理もさ  自然発生的にさ  何だか本当にさ  裏切でもさ  恢復はさ  各自申告をさ  選挙がさ  ぜんたいにさ  臨終にさ  たしかにわたくしはさ  ひかりにさ  道と書いてあるにさ  それだのになぜさ  子供アシライにさ  裏書きすべく余儀なくさ  開設されるにはさ  まま捕虜にさ  名乗りをさ  三だとさ  ももをさ  通りまったくさ  ぎくっとさ  から一しょに組んで作らないかとさ  朧ろにさ  病気になるとさ  影がさ  香気もまたよく凍らさ  かすかにさ  あれつきみさ  ざけるやうなうつろな声でさ  防火線とさ  はいちめん氷凍さ  花とをさ  あやしい火にさ  んだりするどうしてさ  いちどにさ  ロヂウムから代填さ  十一月末にさ  人をも困らさ  鍬に掘りかへさ  野郎をさ  未練に引かさ  事を、そうさ  わたしは酔わさ  ようにばかりさ  淫奔をさ  元来がさ  説がどうも本当にさ  借金したら、必ずさ  宿六は実際さ  ドッチだ、あゝさ  ボリをくはさ  色ッポクなくさ  数へさ  みんな神様にさ  みんな酒店にさ  酌だけさ  神前へ坐らさ  つてグイとさ  悲劇をさ  線がさ  近頃はさ  ヒックリかへさ  手段にさ  定法とさ  老人にさ  人から相手にさ  女房にうんと優しくさ  私にはらはらさ  心変りをさ  顎をぴくぴくさ  人間がまるで踏みくちやにさ  咄嗟にさ  中天にさ  者の余儀なくさ  娘を悦ばさ  つき合いをさ  きんはさ  ゴクリゴクリとさ  ために安っぽくさ  誰もさ  合金にさ  人ちがいをさ  気絶なんかさ  ネタにさ  手薄にさ  てんどうさ  これへ遣さ  手当もさ  軍旗かと、あきれもさ  足止めをさ  すべて軍費にさ  みなごろしにさ  しかないとさ  道具にさ  用にもさ  一大苦戦をよぎなくさ  気丈にさ  義貞のきもを寒うさ  色彩を鈍らさ  表現は、誠に難しとさ  先づ簡單にいへばさ  精神としてはさ  藝術にさ  單にさ  李鴻章などはさ  つまり社會がさ  のへさ  ミイラにさ  狂気にさ  古物に弱々しい光りを投げながらとぼさ  役をさ  奥さんから贔屓にさ  心が惹かさ  周平はさ  気を惹かさ  誰にそんなに酔わさ  お清の方へ惹かさ  心惹かさ  電灯の光りに輝らさ  眼を惹かさ  僕は云わさ  それはきつとさ  僕も無論さ  床をさ  女にはさ  子供をさ  ものでも無し、さ  世間から蝮扱いにさ  七に嚇したり賺したりさ  金がさ  断罪にさ  それゆえ、そうさ  宿所へさ  後醍醐もハッとさ  奉行でもさ  膳のしたくをさ  八ツ裂きにさ  旦那取りなどさ  番頭に引かさ  部だとさ  負傷をさ  ちょっと手ずさ  手ずさ  わたしから忠告をさ  ものにまでさ  不自由のさ  詳かにさ  躍起とさ  ままをさ  腰をさ  扇子をパチパチさ  縁がそうさ  師匠をさ  面白い旅をさ  病気のきざしのさ  怠りが、そうさ  ばかになりません、それほどにさ  食い物にさ  十分円満にさ  今までジリジリさ  余徳がさ  水倒しにさ  口吻がさ  保護をさ  役を背負わさ  戸惑いをさ  居合わさ  親分だけがさ  廻し者のさ  建議をさ  白骨へと引かさ  子之さ  雨にさ  鞘音をさ  期待だけさ  接見をさ  アラ拾いをさ  蝶はいよいよ酔わさ  おぼろにとぼさ  猿轡を食まさ  眼利きをさ  厭気がさ  はつきりとさ  永久にさ  心中でもさ  補足にさ  惚気を聴かさ  手討ちにさ  一札を書かさ  透き視をさ  スープ皿は引込まさ  大原がさ  拵らえさ  眼配せをさ  休息をさ  空想がさ  咎め立てをさ  くせ神経をイライラさ  空気が、そうさ  者、そうはさ  力があってそうさ  茸のさ  宣伝をさ  睡眠をとろりとさ  疲れがさ  気合のさ  ここでも、みんごと、置いてけぼりにさ  手込めにさ  四苦八苦をさ  ピリリとさ  一人置去りにさ  駕籠屋が余儀なくさ  尾鰭を添えて云い触らさ  変死をさ  手間費えをさ  御託宣を聴かさ  明巣ねらいにさ  読書ばかりさ  大食をさ  金儲をさ  結構とさ  道程も明かにさ  事実を云い触らさ  書置を読まさ  狂い死にさ  何だか仔細ありげに云い触らさ  抽象的に引き回わさ  明らかとさ  変動をさ  五寸ばかりさ  方面から空襲をさ  支度でもさ  玉無しにさ  将士にさ  想いを余儀なくさ  意識無意識にくべつさ  勅使へさ  直義にまで水臭くさ  関四ノ宮河原にさ  年号とさ  予測はさ  守勢を余儀なくさ  心を熱くさ  帰洛を余儀なくさ  肺腑をドキッとさ  笑いぐさにさ  闇討ちにさ  歌を書かさ  破談にさ  以上は云い抜けはさ  せいにさ  手引きをさ  嫁入り支度をさ  噂を聴かさ  馬鹿扱いにさ  それからそれへと聴かさ  袋叩きにでもさ  ふたりを肌寒くさ  老人から聴かさ  彼女をこうさ  天邪鬼がさ  縁の下の力持ちばかりさ  眼ざしにさ  御旗上げをさ  途上で余儀なくさ  面白い昔話を聴かさ  何だか嚇かさ  意趣返しをさ  帰らないのをさ  首実検をさ  隠し立てをさ  悪いたずらをさ  深呼吸をさ  釘づけにでもさ  姐さん被りにさ  二尺押返えさ  蒸し焼きにさ  紙幣が、バラバラと撒き散さ  中佐殿は、これから、どうさ  猿轡を噛まさ  空襲をさ  一艦一機を剰さ  アメリカ主義に患わさ  言へさ  同格扱ひにさ  消化されても、さ  奴がさ  恐怖がさ  剣客とさ  浪士とさ  白雲がまた白まさ  大作に余儀なくさ  うたたねをさ  ものに余儀なくさ  おばさんにつき纏わさ  気絶もさ  逆上もさ  夜道をさ  空気がさ  わけではないにかかわらず、そうさ  胸をカッとさ  自分はこんなにさ  面にさ  弁信から暴力をもって、そうさ  乗打ちをさ  坊主共が、こうして生曝しにさ  格闘をさ  仕組みだが、あんなにさ  信仰心がそうさ  涙をためながらも微笑まさ  どこだって大事にさ  ぐるみにさ  身震いをさ  ものもよみがえらさ  心にだけはさ  土をさ  偽物を掴まさ  巳之さ  眼配せさ  高飛びでもさ  伊之さ  道連れにさ  掘り出し物をさ  ちのあなた方から議論をさ  植疱瘡をさ  白雲堂から嚇かさ  何かを喰わさ  番狂わせをさ  仮り埋めさ  所をさ  口説き文句を聴かさ  二人にごたごたさ  二度のかたき討ちをさ  分は追い足しをさ  一件を聴かさ  釣り場所とさ  養生はさ  持来らさ  チャプンチャプン水音をさ  ストライキをさ  磔刑にさ  むかし話を聴かさ  浮世床を読まさ  教練をさ  旦那に引かさ  落ちなんぞをさ  縄抜けをさ  下部女にさ  命がさ  挽回をさ  花山院をさ  らくをさ  大将足利直義も、あぶなく斬獲さ  犬死にはさ  無意義にはさ  正成をしてこうさ  釘ヅケにさ  麓へさ  御池殿へさ  礼儀咎めをさ  冷かしものにさ  辺りにさ  誰に引かさ  芸者をさ  伊勢屋に引かさ  から謎とさ  張り手を喰らわさ  女の子にちやほやさ  読売りさ  係合いにさ  物を背負い込まさ  匿したり絡んだりさ  揺ぎもさ  詮議をさ  じゃりじゃり音をさ  ちょっとぎょっとさ  文身をちらちらさ  真似だけはさ  髪の毛はさ  アカンとさ  台所へさ  姉にでも立ち聴きさ  唯取りにさ  余り癪にさ  自炊をさ  眼ばかりぱちぱちさ  私は実際さ  さっきから置いてきぼりにさ  目もまはさ  驕慢心がさ  現実味をしみじみと味わわさ  気分がさ  銀様は、またしても、ついついこうあしらわねばならなくさ  面揃いをさ  身に纏わさ  尼さんにさ  仕返しをさ  尼にさ  役目まで背負わさ  落雁を背負わさ  開けっ放しにさ  神隠しにさ  ひとり遊びをさ  魂もわななかさ  筆写をさ  圧迫がさ  本能がさ  引はさ  大戸をがたがたさ  一斉射撃をさ  おまじないをさ  筒切りにさ  目のかたきにさ  足ぶみを余儀なくさ  安閑とはさ  予想がさ  過剰にさ  代筆をさ  苦役はさ  あらたにさ  複写もさ  交渉をさ  侍医にはさ  思いがさ  従来から乞食扱いにさ  盲がさ  どこでもさ  頭から醉はさ  為様がないとさ  倶にしようとさ  罵倒のし方をさ  外国文学者にさ  辛抱して向き合うべく余儀なくさ  得心もさ  ぐさと釘付けにさ  事を、さ  等はさ  それに、まださ  輪姦でもさ  心をのんびりさ  雲を焦さ  ためのものでなければならぬとさ  植物採集をさ  卑俗にさ  調印がさ  祈祷をさ  不具にまでさ  自動車がふっとばさ  差入れをさ  海面にさ  とおりにさ  特にしげのを、おどおどさ  日炊出しがさ  ひきはがさ  赭むけにさ  杜撰にさ  ことを、さ  赤道を通ったりさ  あなた、どうさ  小一年監禁生活をさ  篠笹山にさ  和やかにさ  キユーをさ  先づ自分がさ  千代子はさ  他人からさ  狙い撃ちにさ  繁子がさ  新にさ  老婆を見るとさ  有難迷惑にさ  戸間口からさ  かめよにさ  うちがすこしをさ  墓標にはさ  別に珍しくもなささ  財産がさ  威力のさ  米友にさ  胸をむしゃくしゃさ  街道筋から毒虫扱いにさ  荷拵えをさ  あなたに引かさ  身を置かさ  水びたしにさ  身に引かさ  人間性にさ  吊し斬りにさ  今はじめて聴かさ  商売はさ  のを聴かさ  無邪気に喜んでさ  観察がさ  怪異があるといい触らさ  引負をさ  茶受にさ  眉も焦さ  目鼻をくしゃくしゃとさ  道づれにさ  から向う阪をさ  災難を聴かさ  生存に堪えがたくさ  話を聞いて、実際さ  ことを、はっきりさ  はじめて貴とさ  事とさ  言葉に酔わさ  一端だけを読まさ  其處がさ  母君はさ  三太夫にもさ  會計などがさ  會計をさ  洋行までさ  行つたのもさ  葉でかこいをさ  間漢方医がよいをさ  使い走りをさ  拭き掃除をさ  慣わしとさ  子供たちにさ  刺繍をさ  顔を紅くさ  毎日薪とりをさ  かたちをさ  我にさ  水仕にさ  不徳義はさ  平にさ  法術比べをさ  あたりをムズムズさ  力較べをさ  オッと、そうはさ  私も随分手伝わさ  不通がさ  出船を余儀なくさ  失礼をさ  反抗心があってそうさ  永徳に惹かさ  悪戯心がさ  自分に引かさ  ようにまでさ  びらかさ  仲を一味さ  女郎買いにさ  つた生活が全く覆へさ  演説もさ  皆をはらはらさ  振りかへらずにさ  芬とさ  配慮がさ  お寺まいりをさ  事情のするなりにさ  ものは、決してさ  眺望を利かなくさ  恥でも掻かさ  刑死をさ  熱狂にさ  ナンセンスにさ  急激膨脹をさ  評釈をさ  考察をさ  記述をさ  慴えさ  説明されるとか、さ  計算しようと思えばさ  掘出し物をさ  久保田氏はさ  数へてみるとさ  主人が亡くなりましたので、だとさ  二の句がつげなくさ  銀様と同じこしらえをさ  手ごめにかかってそうさ  予告をさ  楽土にさ  苦しみをさ  私をハラハラさ  そなへさ  一部だけさ  此處がさ  姿だ、とさ  整へさ  小太郎だとさ  ものから根こぎにさ  以前から一つもさ  発禁にさ  合理化的解釈をさ  前例にさ  物売りをさ  対象にさ  場にさ  低能留学生をさ  大事にはさ  期待をさ  自分がどうにかさ  栄転を余儀なくさ  から馬鹿にさ  小さな仕事欲がそうさ  寄付をさ  列車顛覆掠奪等をさ  校長さん達が背負わさ  まり落第はさ  試験準備をさ  イデオロギーにさ  対策にさ  鮨づめか刺身づめにさ  点を予めはっきりさ  貫徹が、さ  ちりぢりにさ  感を懐かさ  自然さを失わさ  綜合的にさ  歌のはなぜさ  火とさ  傷ものにさ  人々がさ  眼隠しをさ  体をきたなくさ  のには、少からず弱らさ  朋輩連中からシミジミ意見をさ  吾知らず身ぶるいをさ  天にさ  私のさ  近代都市にさ  扇子を書かさ  勝負事だけは決してさ  恋がさ  皆恋がさ  途中から引き返そうと致しましたが、よもやに引かさ  目に遇わさ  現にさ  採用されると、さ  今日課外を休まさ  慥かにさ  職にさ  貧乏がさ  國へは直ぐさ  値踏みをさ  乞食なんぞさ  修正したりとさ  手持ちぶさたがさ  嵐にさ  凭つて耳も借さ  キヨトンとさ  酒をさ  私にさうさ  汝にさ  友にさ  注意と鋭くさ  興味はさ  客席をうっとりさ  住宅にさ  四要品とさ  階にさ  道を明けようとさ  線を乱したとさ  音が聞えるかとさ  彼女がさ  祈祷しようかとさ  逢つた時にさ  のがせつないほどにさ  ものかも知れないし、或ひはさ  相手はさ  弟様にさ  議論をさ  必然関係がボヤかさ  コポオはさ  ごとはさ  心をぼおつとさ  始めから終いまで漏さ  下でぶらぶらさ  友達に置いてけぼりにさ  一人ここに置いてけぼりにさ  一杯に背負わさ  塗したりさ  見世物にはさ  引廻わさ  ここで出会わさ  捨り放しにさ  七度にさ  悲しみを深くさ  命を薄くさ  ヨイトマケまでさ  畑仕事などさ  すきなようにさ  三十七度にさ  火葬にさ  パッションに、酔わさ  私自身にも、なぜそうさ  私は、どうしても、そうさ  ために、どうしても、そうさ  姫にさ  木の葉のしたにさ  義務があるとさ  巨頭であるとさ  変更を余儀なくさ  理想をさ  小父はまっさきに笑いだし、さ  物笑いにまでさ  結はさ  往つて湯治をさ  面吟味はさ  つて訴へさ  萬一右衞門佐殿配所へ遣さ  役人に捕へさ  腰湯をさ  草葉にさ  芳正君がそうはさ  必要以上にそうさ  粋とさ  挨拶などさ  君たちによって富まさ  叔父にさ  ことだけはさ  不満にさ  紅にさ  とき彼をぐったりさ  打首にさ  釈放はさ  心臓をどきりとさ  写真にのぼさ  酒を呑まさ  煉瓦にさ  野菜畠にさ  もどきりとさ  思いに責め苛まさ  胸をはっとさ  からから足音をさ  場面はさ  信仰としてさ  中をさ  せいとさ  豊かにされ又暗くさ  跳躍にさ  天井にさ  あなたにちよつと悪いかとさ  それに困らさ  返辞をされようとさ  心は酔わさ  美男子とさ  夫人から置きざりにさ  歯をがたがたさ  一人ぽっちにさ  頭が酔わさ  彼はまっ先に笑い出して、さ  頭が満さ  皆から大事にさ  非難をさ  横着けにさ  口をひくひくさ  ますます窮屈にさ  くらがさ  怪我あさ  弁明もさ  銭勘定をさ  記憶をよみがえらさ  またたびはばたきをさ  空虚にさ  座をさ  道理を知り過ぎるほど知り、味わい飽きるほど味わわさ  火焔を背負わさ  従前とさ  連合いがさ  怪我をしても、さ  立身出世をさ  眼前にさ  弁信に引合わさ  ように引合わさ  何れもの旦那衆にさ  目出たいこととさ  わたしにこうさ  小遣にも困らさ  左にさ  遠島をさ  官兵衛にさ  次の間にさ  懸念を濃くさ  言には、哭かさ  真顔でさ  即座にさ  ぢめはさ  由良は間もなくさ  前進にさ  認識するにさ  のでもあらうかと思へば、恐らくさ  存在にさ  引据えて跪かせようとさ  間一人置きざりにさ  粉微塵にさ  握手をさ  眼孔にさ  まり丁寧にさ  知ってるにもかかわらず、酔わさ  筈だが、万一さ  独り歩きなぞさ  殆ど音もさ  命乞いをさ  それからプレッスをさ  生活もさ  ら中で捕えられて喋らさ  足はどうしてさ  足はさ  肉とさ  実証とさ  勝手に引掻き廻わさ  一晩中弱らさ  匍わさ  過労を余儀なくさ  孰れも白くさ  六本の白くさ  やつぱり野良仕事はさ  ですよ。別に百姓をさ  のかさ  肌寒い思いをさ  あいつをやきもきさ  美佐には、どうしても、そうさ  おれにはさ  宗重君はどうさ  心配なんかさ  彼は、そうさ  均衡をさ  包帯をさ  光に酔わさ  みずからそれをはっきりさ  攻勢を激しくさ  善良だとさ  通行人などをたがいにさ  彼女はさ  彼は恐ろしく困らさ  エルンストはさ  呼棄てにさ  花とで満さ  いようにさ  お前さんに優しくさ  のであるが、優しくさ  存分療治をさ  から断りもさ  苦労しもする、さ  大将を見殺にはさ  見殺しにさ  字をブルブルさ  行為がくり返えさ  原料だけにさ  思つたから駅長さんに訊ねたらさ  樣に聞えるかも知れないが、決してさ  鏡にさ  一生懸命にさ  上にのぼらさ  疑惑をハッキリさ  福引を引かさ  ぢりさ  ぢつとさ  維がさ  一人前にさ  氣を重くさ  法則は覆えさ  ホーツとさ  脊中でさ  支柱にさ  イメーヂはさ  牽強附會とさ  策略をさ  獄門にのぼさ  全部長崎奉行からおくりかへさ  昌造時代ももちろんさ  船とさ  昌造とさ  ジツとさ  地位がさ  帶刀御免をさ  海底に沈みたり、さ  阮甫などはさ  貴重にさ  阮甫が既にさ  中心とさ  成功できなかつたとさ  云へば決してさ  悲願がさ  完全にさ  適地とさ  いまでもまださ  用立とさ  公表にさ  公にはさ  作りもさ  間何をさ  腹を立てるかといふと、決してさ  一般皆さんがさ  胡坐をさ  子とさ  捉へさ  ほんにさ  而もさ  かってにさ  彼をホッとさ  ケガはさ  挽歌にさ  批難さえさ  物がさ  ますら雄のさ  其内容をさ  大廻りをさ  言はずにさ  根はさ  サツを割込まさ  そつちがさ  おふくろ面をさ  先刻階下でさ  パンのし棒でのさ  不純にさ  やうに余儀なくさ  昔とさ  姿勢を立てなをさ  娘ではさ  無駄骨折をさ  流石にほろりとさ  自然主義作家がさ  ドオデがさ  対話をさ  主題がさ  前途を暗くさ  画材とさ  考が新しいとさ  世界にさ  ポオから小僧扱ひにさ  単純主義にさ  如くにして、決してさ  ひとりでさ  戯曲創作熱がさ  意味にさ  アーク灯の光りに輝らさ  うちにそうさ  きもちにさ  劇作家がさ  註文をさ  上々とさ  通行をさ  覺えさ  礎石を覆えさ  気狂い扱いにさ  呼びすてにさ  言動を余儀なくさ  観音様がさ  峯子をはっとさ  グリグリとさ  当てにさ  返事はさ  帰つて母様にさ  母様がさ  其時先生にさ  から心服はさ  皆お前がさ  慰にさ  ト始終さ  つた母様は、とさ  勿体ないとさ  獣とは思はれないで、優しくさ  おもしろさうだとさ  鮟鱇博士とさ  お前には分らない、とさ  怪我なんかさ  したらばと、よもやに引かさ  獣とは思われないで、優しくさ  金無駄にさ  者には聴かさ  三歳まではさ  細君にさ  俺もさ  部落にさ  云ひたい事だけさ  訊問をさ  通り講義を始めようとさ  言葉に出して、ちやほやはさ  海とさ  躄音もさ  黄色紙にさ  本人にさ  矢張首をグラグラさ  格づけさ  フイにさ  メッタ刺しにさ  そこまではっきりさ  ギックリとさ  身ぶるいをさ  ためにそうさ  もう二度とコンナ事をさ  初めにも貴重品を盗んだりさ  一番美味いとさ  婆さんにさ  時間にさ  息をさ  方へとさ  却ってそれよりひどいぐらいにさ  ブルジョア婦人参政権論者をガッカリさ  幾度も出喰わさ  彼女をさ  様に羽ばたきをさ  足掻きをさ  気のさ  作家一人によってさ  其処へさ  ちよつとさ  本心で終始さ  失笑を余儀なくさ  鍔音もさ  のをすげなくさ  四段とさ  名に引かさ  衣食をさ  境遇がさ  骨董いじりなどをさ  のだ、こうなってみると、そうはさ  ヒヤかさ  輪切りにさ  犬につけつ廻しつさ  かけを抱かさ  小指を包んで、一方にさ  白状でもさ  好き自由にさ  返答にさ  露払いをさ  感心をさ  うつらうつらとさ  極めつきにさ  さらしものにさ  めちゃくちゃにさ  岩見重太郎呼ばわりまでさ  褌をさ  勇士をさ  人をゾッとさ  宿酔のさ  うつろにさ  手込めに遭わさ  それから下へさ  農奴呼ばわりをさ  役人がさ  無理に抱かさ  所がさ  つて生埋さ  柱をさ  出し入れを洩さ  時牲にさ  屋根に白くさ  よみうたにさ  一生懸命にそうはさ  歌を見れば必ずしもさ  巧くそうさ  性質がそうさ  生理がそうさ  キスをさ  繍取をさ  数をかぞへさ  ムキだしにさ  直にさ  相手にされなければさ  斬罪にさ  徳蔵もさ  遇はさ  話でもさ  みんな目隠しをさ  酒飲みにさ  蹇えにさ  落ちはしまいかとはらはらさ  事をはっきりさ  まま逃げようとさ  がめもさ  まんまそうっとさ  そばでさ  イノチがさ  心臓に当てさ  トキ子がさ  昔話を聴かさ  心を寂しくさ  騒音攻めにさ  普請をさ  真似事をさ  不幸にさ  米養生までさ  興味を惹かさ  つて望ましく、案外さ  うつとりと涙ぐまさ  視野を歪めてふるへさ  何処にもなささ  心を虚しくさ  月の光りに輝らさ  音に踊らさ  雑嚢をぶらぶらさ  ようにどうさ  ここまでさ  理由には少しも困らさ  ために、凍らさ  関心にはさ  愛してるふりをさ  鋭利にさ  骨折りをさ  自費出版をさ  申出をさ  つもりなら、さ  内心ホッとさ  自分たちと話しをさ  主人にさ  それはまた同時に永く満さ  暗然とさ  夢をさ  継子扱いにさ  誰かがさ  事をよく呑み込まさ  思いきりをわるくさ  彼女は、さ  時代のさ  星にさ  役所をさ  反ぱつをさ  一枝をさ  酔心地にさ  折つてまくらにさ  ピヤノはどうさ  宿へさ  かばつてやりたいとさ  よそほひをさ  涙声でさ  茶の間へさ  捨にさ  船よそおいをさ  面負けをさ  いやで添わさ  誘惑してそうさ  ように、心ならずも引かさ  調べに酔わさ  降服を余儀なくさ  非凡がさ  ぺがさ  流しをさ  動座をさ  頭が丸くてさ  から、ハッとさ  何も作さ  目の敵にさ  世間から貧乏神扱いにさ  治療をさ  馬丁をさ  よそおいをさ  世に示そうとさ  芸術的表現を余儀なくさ  後ろから足蹴にさ  音楽全体をさ  丸飲みにさ  不幸にはさ  彼女らから必要とさ  愚鈍にさ  対談をさ  政府的享楽主義に弱らさ  ために覆えさ  舞台にのぼさ  地から根こぎにさ  彼から気を悪くさ  彼をたがいにさ  足踏みもさ  夜にさ  演説などさ  自由廃業をさ  夢路にさ  つて、左様さ  血にさ  講釈をさ  黴菌でも呑まさ  靜かにさ  翌朝がいつもさ  グッタリとさ  破門はさ  横から手出しはさ  貸元にさ  から拭きさ  錆とさ  立聞きでもさ  心をイライラさ  ただ恐ろしく、ただ凄じく、さ  破門をさ  ッ二つにさ  政治的勢力が覆えさ  情勢とがそうさ  身をひるがえすにさ  輾転反側をさ  懶惰性が、さうはさ  代理までさ  独りを淋しくさ  燒討にさ  太刀打をさ  煩いだとさ  仕掛けがさ  きまり悪くさ  いじめ方をさ  今度はずっと広くさ  続きをさ  ことがわからないでよこしたりさ  まりがさ  人から冷淡にさ  過失をさ  召使にさ  物怪にこうさ  自身がどうさ  驚きをさ  源氏は顧みばかりがさ  用などをさ  侮蔑から変物扱いにさ  思いさえさ  大病人扱いにさ  一隅に並ばさ  のが、一層重くさ  八裂きにさ  ことを考えると、憤りもさ  借金をさ  頭を、ちょいと出ると押し込み押し込みさ  価踏みをさ  のんきにさ  間泣き放題にさ  禁厭がさ  人並みにだけさ  神経過敏にさ  半身土埋めにさ  雀はさ  者から大事にさ  攻撃をさ  ふうをさ  秘所をつとめてあばこうとさ  身の上話を少しさ  健康とさ  気分をはっきりさ  ために、酔わさ  豫もなしにさ  遊なのでせうか、いえいえ決してさ  坊でさ  吹聴などをさ  気ばかりがさ  恋人扱いにはさ  一部でさ  想像をさ  恋をさ  幻滅を味わわさ  愛を深くさ  なかった歯を黒くさ  住居にさ  参内をさ  煩悶をさ  寺でさ  心をいっそう暗くさ  ようにもさ  光を青白くさ  狂人扱いにさ  さに酔わさ  以外にいろいろとさ  修法などをさ  大臣はさ  祈祷などをさ  皆きれいにさ  役人たちにも命じてさ  泪とさ  さつて母様はさ  先生がさ  前駆をさ  躊躇はさ  討論をさ  修法などもさ  ことはよろしくないとさ  流れを深くさ  修理をさ  侍臣たちにさ  仏勤めがさ  話のさ  禊いをさ  襟飾を赤くヒラヒラさ  源氏をより心細くさ  八百会にさ  罪人にさ  浦でさ  蓋がさ  予測がさ  迥かさ  至味とさ  上等とさ  隣がさ  産をさ  微笑がさ  建築をさ  不快にもさ  悲しみをさ  歓喜とに満さ  装飾品になどさ  あなたを楽しくさ  躊躇がさ  あなたに苦労をさ  足でけちらさ  口をぱくぱくさ  さわやかにさ  汗でてらてらさ  煩悶がさ  返歌をしようとさ  絵にさ  ほうをさ  ほうでさ  尼君をはかなくさ  饗応をさ  物思いばかりがさ  生活をしいてさ  袴着をさ  姫君だけでもそうさ  院でさ  占いをさ  先まわりをさ  ことから、はっきりとさ  あなたがたにさ  ちょっと戸惑いがさ  だれが勧めてもそうしようとさ  返歌をさ  雪まろげをさ  服直しをさ  設けがさ  皆から問題にさ  そばへ呼ぼうとさ  祓いをさ  女官などにはさ  ぼうとさ  笛竹にさ  工作がさ  敵対をさ  八幡詣りをさ  失望をさ  願果たしもさ  心配ばかりさ  身ぶるいがさ  同情がさ  先廻りをさ  加速をさ  ちょっと歯噛みをさ  体勢にこそついたが、眠れなんぞさ  腰にさ  回向下の人にさ  回向をさ  ものを呑まさ  不足はさ  苦労なんかさ  縦にもさ  座を白まさ  反問をさ  御馳走でもさ  修行をさ  行儀をさ  言葉づかいをさ  それをそうはさ  調練をみっちりとさ  戦をさ  棄児にさ  気持がさ  何等驚破さ  試食をさ  永持をさ  散々手こずらさ  通水路にさ  集金をさ  づまった生活はさ  桑園とさ  そこから緩和もさ  解消もさ  六つかしいとさ  自家用産卵をさ  休養をさ  休養はさ  いふ自分とさ  装飾などをさ  胡蝶をさ  用意もさ  贈り物がさ  熱心にさ  空薫きをさ  手で染め織りさ  調子にさ  興奮をさ  介添え役をさ  行方不明にさ  どこにいるかもしれなくさ  夢占いをさ  清掻きをさ  躊躇をさ  娘らしくさ  取り沙汰などをさ  お仕事だって私はさ  から冷淡にさ  まりなれなれしくさ  者は面倒くさ  底でさ  退潮を余儀なくさ  から出仕をさ  ものだと思いますほど親しくさ  笑いもさ  宮仕えをさ  活動をさ  責任条件とさ  経を読まさ  嫉妬をさ  解釈をさ  訪問者として取り扱おうとさ  ものですから、こうさ  片端、ひやとさ  みつき、すがりつき、にかわづけさ  着がえをさ  爪弾きがさ  お母様を悲しくさ  心がそうさ  らいをさ  玉鬘にさ  源氏に逢わせまいとさ  物思いをさ  ことではっとさ  物はもう見ようともさ  復活さえさ  合奏でもしようとさ  習つたとさ  何となく暗くさ  ために酔わさ  ヴァトレーから養女にさ  聖書に酔わさ  東方から根こぎにさ  奔走もさ  キリスト教徒とさ  無為閑散を余儀なくさ  話に酔わさ  権利をさ  人からさ  失はさ  僕にだつてきつとさ  兎に角僕はさ  生き方をさ  申し入れをさ  準備をいろいろとさ  心がこうさ  縁組みをさ  苦痛にさ  善意で見ようとさ  急に立って行こうともさ  新婦を得ようとさ  がちにさ  歎息がさ  国宝とさ  院は避けようとさ  内廷からさ  酔い泣きをさ  ことが証しさ  反省もさ  長命をさ  失敗をさ  遠慮がさ  ものを見ようとさ  蹴鞠をさ  追っかけさせまわらさ  二十度以下にさ  封筒一ツに覆がえさ  一ツ一ツ急にさ  上から下にさ  誰しも、やさしくさ  体を凝っとはさ  積極的にさ  どれほどか短くさ  論文で讀まさ  爲めにさ  モデルにさ  眠る所をさ  眠るところをさ  ものかとさ  欄干にさ  窓にさ  指図をさ  驚きもさ  秘密は隠しおおさ  教訓をさ  すべて精進でさ  殿上勤めをさ  噂にさえさ  服装はことによくさ  音楽家とさ  纏頭にさ  稽古はさ  気をつけてさ  加持などもさ  院はさ  お世話をさ  容体がさ  返辞もよくさ  それをくわしく聞こうとはさ  顔を向けようともさ  思い劣りさ  煩悶もさ  行為をさ  場合に臨んで、さ  返事を書かせようとさ  稽古などをさ  恐縮なさ  光を洩さ  ズート以前からさ  ズツト以前からさ  名物扱いにさ  ここに書けもさ  のなら、そうさ  翻えさ  整理がさ  大納言は持っていて、美しくさ  人をはっとさ  出家をさ  夜ふかしをさ  誦経をさ  否定もさ  弟子にさ  外出をさ  修法をさ  狩衣姿にさ  お送りをさ  糧秣をやったりさ  人を心細くさ  物思いばかりをさ  心をさらに苦しくさ  良人にさ  絶息をさ  取り次ぎもさ  いつまで自分をこうさ  噂もさ  遺言をさ  女房たちからさ  ものを見せようとさ  だれかにさ  ゆるやかにさ  女王にさ  気持ちがさ  発明をさ  用意を少しずつ始めようとさ  気持ちばかりがさ  吸殻だらけにさ  いかほど醜くさ  遊びになろうとさ  計をさ  観察しようとさ  白梅に劣るとさ  まじめ顔をさ  朱房のさ  姫君たちをどうさ  院参をさ  化粧がさ  苦労ばかりがさ  遠慮はさ  突ッぽがさ  中座をさ  代えしようとさ  出家はさ  研究して行こうとさ  薫はさ  話し相手をさ  寄贈もさ  思召しでそうさ  女王がたはとがめもさ  帰りになろうとさ  爪先をぶらぶらさ  餌を喰わさ  土産話しをさ  枝折をさ  気を替へさ  出だし候てはと、呑まさ  私のをさ  大抵はさ  使いにさ  罪が深いとさ  薫を親しくさ  断じてそれはさ  人から批難をさ  ように心安くさ  手をふれたら焦げただらさ  持続させて置こうとさ  否定などはさ  口気を洩さ  至当とさ  詰問をさ  落着かせようとさ  当分絶対安静を余儀なくさ  戦争を見に行って随分殺ろさ  可憐にさ  自分達だけさ  吾兒にさ  批難をさ  姫君はさ  恋だったとさ  身代わりにさ  結局物思いをさ  後悔がさ  将来の誓いをさ  世間から非難をさ  哀れにさ  話などをさ  煩悶したりさ  そば仕えをさ  比較がさ  女王はさ  遊びぶりを見せられただけで、立ち寄ろうとさ  物思いを深くさ  教育をよくさ  夫人にさ  感じのさ  のではないながらも、逢いに行こうとはさ  読経をさ  隙なくさ  介抱をさ  道へ深く入れようとさ  恐怖もさ  ことなどを命じてさ  故人にさ  忠告をさ  差し上げたりさ  想像もさ  吾児にさ  階下にさ  新調などをさ  慰めにさ  わけ役をさ  雪でしめらさ  蚤にもさ  話談をさ  ドイツにたいしていだいてるとさ  監禁でもさ  香りで酔わさ  社会生活から根こぎにさ  勉励とにさ  気楽にさ  無断でさ  彼女から親切にさ  脂肪太りにさ  破壊したりさ  理解しようとはさ  腹を剥きだしにさ  まり相手にさ  大観堂がさ  お答えなどさ  否定のさ  妻になろうとさ  今から習慣を少しつけさせようとさ  なじみのゆるりとさ  晩年出家をさ  誓いをさ  調製をさ  美酒に酔わさ  自分とせねばならないなどと思い上がりもさ  支配ばかりさ  人妻にさ  夫人を糺そうとさ  想像のさ  誤解もさ  冷嘲さ  ほうぼうでさ  設備を美しくさ  茶かさ  つきあいはさ  ア栄華をさ  勇気に満さ  競売にさ  美装をさ  新調をさ  師匠にさ  手に載せるばかりにさ  誹謗はさ  縁談を定めようとさ  娘付きにさ  后にもさ  御所へまいろうとさ  妻などにさ  禊をさ  妻とさ  卑下がさ  思いを味わわさ  安心はさ  装飾がさ  起居はさ  別居をさ  申しわけをさ  心ときめきはさ  侵略戦争へさ  研究でもさ  下請をさ  うちから別れ別れにさ  兄弟名乗りをさ  同情心がさ  異常のさ  脳髄がさ  肩身を広くさ  いたずらがさ  運命がそうさ  不足をさ  勇気に酔わさ  ヘイヘイあやまり奴同様にさ  ように申し触らさ  皮肉がさ  訣別演説をさ  移住すべく余儀なくさ  から厄介者にさ  躊躇もさ  韻塞をさ  山荘住まいをさ  心をおさえようとさ  きれいに新しくさ  姿にさ  注意もさ  いつものように先払いもさ  使いはさ  読経とかをさ  禊もさ  私もそうさ  移転をさ  計画ばかりさ  風に追はれて散さ  かざりがさ  過去をちらちらさ  人相書をさ  羽がさ  余にさ  名声に眩まさ  大発見をさ  しらへさ  由つて表はさ  滑稽文学は概ねさ  思いばかりをさ  きしでのたをさ  歎きがこうさ  指弾もさ  誘惑をさ  自分を苦しくさ  心づかいのさ  自分へも娶らせようとさ  正宗さんがさ  やうですが、とにかくさ  しろいくぶんさ  つて、当然さ  作家たちがさ  読者にさ  仮りにさ  冷静になればさ  僕らもかなりさ  岸田さん自身もさ  日本人にさ  意識的にさ  場合ではまださ  無邪気とさ  たか、といふとさ  選択もさ  日本人のさ  女優がさ  理解もさ  統一が観取さ  茶をさ  鶴石がさ  留吉がさ  ちやつたンだとさ  二日宿泊をさ  炬火を明るくさ  人に置き捨てにさ  世話焼きをさ  何がこうさ  うち健康にさ  ことを言ってたびたびお詣りをさ  歎息ばかりさ  言葉で断わっているのに、しいて勧めて食べさせようとさ  授戒をさ  気おくれがさ  仏事をさ  私を導こうとさ  尼にはさ  何がそうさ  解釈がさ  使いをよくさ  無量とさ  以上にさ  通り、数えもさ  大望に引きまはさ  間に取かはさ  前途にさ  樂がさ  所謂暗記物ではないとさ  抜きにさ  若しくは裸にさ  らくがさ  彼女は実際はさ  印象がさ  思つたが、忍んでうかがふとやはりさ  人心持にさ  苦みを長くさ  苦しみを長くさ  最大権威とさ  副大統領とさ  いふに、なかなかさ  お正月はさ  旦那様にさ  もとよりさ  此所迄引っ張ってぴんとさ  解決をさ  詞章として、繰り返へさ  後に、数多く、まをさ  いるかがはっきり観取さ  チヤーンとさ  眼をオドオドさ  制作をさ  五郎はんは、なんぼさ  わけでさ  復讐をさ  余分にさ  天から私にさ  二度繰返へさ  つて行つてもさ  絶対にさ  美緒もさ  社会にさ  容態にさ  社会がそうさ  心は満さ  心が満さ  鍵とさ  海もさ  ひろ子までを切なくさ  気まかせにはさ  内部設備がさ  つり革にさ  重吉が坐らさ  十数年間濃くさ  こにさ  やけどをさ  告発がさ  大うつしにさ  新道のさ  茶碗にて呑まさ  髯月代人手にさ  付てさ  老幼芽出度とさ  下級船員から馬鹿にさ  男便所へ入ったりさ  カネーはさ  跛にさ  オリヴィエにさ  人から話をさ  老人の飲んだくれだとさ  酔いに酔わさ  オリヴィエはさ  人々からちやほやさ  弾丸にさ  何をなしたか、またどうさ  危険人物だとさ  人物だとさ  街燈に、輝らさ  人物から親切にさ  思いをはっきりさ  火に輝らさ  人間から犠牲にさ  理解され得、又さ  意味自身をさ  真理は常に覆えさ  区別され得るか、又さ  把握のさ  読者大衆自身は、云って見れば読まさ  ことを、愈々余儀なくさ  代りに引き返えさ  大写しにさ  行動を余儀なくさ  和歌の浦へ行って見ると、さ  発展を余儀なくさ  変化を余儀なくさ  珠数繋ぎにさ  商売敵にさ  詰開きにさ  爺穢くさ  ようがさ  白眼をきょろりとさ  結果によって終始さ  そいつをさ  推測をさ  幕府にさ  合圖をさ  結び合はさ  いちばんえらいとさ  ものはだいじにさ  わがままをさ  はじめて勉強をさ  身分からかいほうさ  頓才的飛躍がさうさ  君いまさ  任意にさ  ところから、さうさ  上体をふらふらさ  退職を余儀なくさ  問題にされるそのさ  重臣にさ  機関説擁護者にさ  挑発されればさ  社会で善しとさ  廃刊を余儀なくさ  一つとさ  問題にされたそのさ  魅力に引かさ  夜更かしをさ  袋たたきにさ  特色はさ  無毒とさ  人々をぞっとさ  呶鳴りつけて黙らさ  指をむずむずさ  秘密が洩さ  非常に洩さ  眼をとろんとさ  窃み聞きさ  ブリストルにさ  仲間を仲よくさ  人に洩れ聞きさ  それ以上になりもしなければさ  咳をさ  のを、さ  己がそうさ  快楽とをさ  お前に一杯喰わさ  オールを取らさ  陰気にさ  御世を早うさ  つてスピーチなんてさ  私たちをぎくりとさ  悲壮にさ  心が清められ、高められ、美しくさ  お祖母さんが呼びにさ  疳にさ  破損をさ  軒まで運ぶにさ  圖星をさ  ようが無い、とさ  正太とさ  許レ之さ  衣裳をさ  路用にさ  かなへさ  仕事をわけてさ  相続をさ  名物とさ  失意のものにさ  破約にさ  祖国にさ  秘書なんかにさ  二列に並んで坐らさ  半平にさ  半平たちから距てさ  荒稼ぎをさ  ガマにさ  同列にさ  角度を浮き上らさ  ツケ目にさ  あれでさ  ビラにさ  肩幅を広くさ  暮しをさ  グウだらにさ  造田さえさ  クシャクシャにさ  血書ばさ  百姓ばジッとさ  用でも出来たら、さ  世の中のしくみがそうさ  家は、置き捨てにさ  片意地にさ  皮切りでもさ  鼻をグズグズさ  面会をさ  ドカッドカッとさ  ものと思いこまさ  大衆がさ  八つ裂にさ  非合法とさ  屍とさ  ものをいわされず、書かさ  愛をおどおどとさ  芸術であるとさ  芸術とさ  雖もさ  神経過敏がさ  野心をさ  全部をさ  精神によって富まさ  動作をさ  嫉妬でもさ  ために惑わされ酔わさ  激発によってたえず暗くさ  無駄にさ  信号はさ  道を輝らさ  敵意に困らさ  敵だとさ  はいかに自分にさ  空に輝らさ  もの云いにさ  それはたいしてさ  武器とさ  はじめてなりいでさ  品とさ  ことを取失わさ  頼みとさ  一つにはさ  生活苦へさ  其処にさ  フラフラふらふらとさ  一瞥にさ  様子でさ  無愛想にさ  吸盤をぴちゃぴちゃさ  幌にさ  飾り凧とさ  鉢巻をさ  底をさ  鶯がさ  関係がそうさ  錦子は、そうまでさ  明にはさ  孝行をさ  仲直りをさ  作用をさ  そもそも問題にさ  同格にさ  展開を余儀なくさ  所産のさ  形を以てではあるが、再び繰り返えさ  還元はさ  太政官は始終さ  息子がさ  ラリにさ  聴えて、ハッとさ  大阪へ走るべく余儀なくさ  写生をさ  時に、更に新しくさ  カラカラ音をさ  のは、なかなかさ  文章には既にさ  教へてさうさ  つた感がさ  敢へて為さうとさ  つて考へさ  単にさ  地主がさ  ますます鋭くさ  道を見出そうとさ  馬場がさ  さうだな、とさ  ひとつうろたへさ  線でさ  さうにさ  身ぶるまいをさ  気持を悪くさ  餓死をさ  さらされて白くさ  戯曲をさ  愛に眩まさ  僕に陥さ  黒髪にさ  ちょっと弱らさ  ものを読まさ  ねんごろにさ  火あぶりに逢わさ  つた結果がさ  あてにさ  緒にはのぼさ  づしほの中にさ  地にさ  轍にさ  深入りはさ  会はさ  不可能だとさ  自尊心に蒙らさ  頃兵法座敷には渡らさ  苦笑を洩さ  八劈きにさ  つたといふが、必ずしもさ  恋文を読まさ  訳か、とさ  筆ずさ  紹介されよみがえらさ  主流とさ  表現であるとさ  角度から注目をさ  形成してゆくかを描こうとさ  歴史的道ゆきを辿ろうとさ  今日も決して踏みやすくはさ  先天的にさ  盥にさ  ものにしようとさ  承認はまださ  区画とさ  自慢をさ  種とさ  気持でさ  心持をからりとさ  批評がさ  仕事を受持たさ  うちに握らさ  毒食をさ  我儘跋扈をさ  しあわせにさ  気分をのびのびさ  ペン先で縫わさ  寝台から足をぶらぶらさ  金儲けをさ  身体をぶらぶらさ  乞食をさ  いらいらばかりさ  あたしたちがどんなに困らさ  君から馬鹿にさ  あなたなんかに悲しまさ  お礼ぐらいはさ  柳から鈍重に蹴返えさ  完全に支払わさ  椅子から足をぶらぶらさ  支那人にさ  仲間から銃殺されたとか、さ  まま居候をさ  下手人にさ  細君同伴でさ  霜除けのさ  気を多少やきもきさ  次へさ  婆さん母子にちやほやさ  気が惹かさ  時代からのものとさ  火除地蔵とさ  人類をガッカリさ  求心力に引かさ  目をまはさ  目をばまはさ  蒔繪をさ  添へさ  俺らにさ  得意気にさ  裸火にさ  調べに向かわさ  ことが云い触らさ  しるしにさ  日からさ  姉さまがさ  釣り場とさ  たしかにホッとさ  唯序を書けば、長くなり過ぎさ  国学者がさ  其とさ  事もあらうし、又元々さ  新古今風だとさ  待ちむかへよろこべりし、をさ  いふ約束は、さ  わたくし生命の縮まる思ひがさ  小作達はさ  我乍ら唾棄の思ひがさ  顏はさ  氣持にもさ  眼をうっとりさ  沈み入り気重にさ  奉行所をさ  王様につかまつたりなんかして、そのしたくが、まださ  鶉はさ  期待の満さ  大気を黒くさ  滑らかにさ  ドカ落ちをさ  満足にさ  祖父にちやほやさ  費ふ割に余りちやほやさ  から相手にさ  涙につかへさ  土地のさ  表情でさ  から、さ  而も、さ  八つのさ  偶然にも、さ  三谷二渡らすとさ  云つてもさ  下男たちにさ  人とさ  甘言にさ  心掛けのさ  粥釣りをさ  面前にさ  慈愛がそうさ  二役掛け持ちをさ  思いで叫ばさ  醜業をさえ余儀なくさ  胴ぎりにさ  懐疑から稀薄にさ  作文を読まさ  風にも見られますが、どうかするとさ  居間にさ  色別けをさ  ごっちゃにさ  客間然とさ  穂高岳とさ  視神経をチクリとさ  荷物とにさ  たしかに呑まさ  心をさ  いたずら書きはさ  賞めるばかりでさ  誰しもさ  冗談にでもさ  楽だらうと思ふと、決してさ  花にさ  お花見をさ  バケツをかぶらさ  ゴタクに踊らさ  車掌にさ  興奮にさ  笑顔をさ  考え方をさ  上暑い日に輝らさ  もの可愛い子にはさ  眼をくるりとさ  胸をさっぱりさ  ガラス目だまをきょとんとさ  大好きにさ  わたしになさけないおもいをさ  のであるが、一旦さ  想像はつくが、実際さ  建物がさ  づ順序としてさ  難民区内にさ  十分の用意をさ  宙をさ  情況がさうさ  連中がどうしてさ  自分のにさ  別になにもさ  のかといへば決してさ  以上どうさ  美人多しと聞くけれども、果してさ  端から無駄にさ  戦争がさ  茫漠とさ  存在であるが、実際はさ  面前でさ  民衆的に飽きあきさ  御馳走責めにさ  私をのんびりさ  ふたりわかれたりさみだるるはてしなくさ  むざんやミイラにさ  狐にまはさ  水の泡にさ  かに低くさ  引取つてからでも充分さ  結ひかへさ  チョールヌイ君といふさ  一寸戸惑ひをさ  此点を思ふと必ずしもさ  力弱くさ  顔を逆撫ぜにさ  ゴソ音をさ  家にさ  スパイにさ  悪口をさ  統計を作らさ  加入さえさ  お腹を大きくさ  似顔にさ  手を喰らわさ  しろ細大洩さ  拍手がさ  胴締めをさ  例外なしにさ  重しがさうさ  おおっぴらにさ  犯罪であるとさ  位莫迦にさ  袖にさ  乳房にさ  顋にさ  髪にさ  気持ちを悪くさ  悲哀に酔わさ  見張り番をさ  日本語で、それだけ一層さ  友人たちからひどい仕打ちをさ  ごとにぎくりとさ  暮しにさ  ヴアニテイ・ケースが欲しいとかとさ  晴れやかにさ  此方をぽかんとさ  もっと事態をはっきりさ  風に持ちさ  手当をさ  可怪しくさ  見事に覆えさ  学問なんかさ  敵とさ  文章をよまさ  はじめて可能にさ  芸術理論はつかもうとさ  道とさ  のは当然であるとさ  社会的貧弱者であるとさ  自覚さえさ  環境からしみ込まさ  劇作家が生れ難くさ  仕組みとさ  否や民法上無能力者とさ  着眼はさ  積極的とさ  一組とさ  女工にさ  自身野ばなしにさ  正当とさ  過去ははっきりさ  根拠を失わさ  手によってはさ  濃厚だとさ  理解しがたくさ  漢口一番のりをさ  情報局が、そうさ  のびやかにさ  特徴とさ  消極的にさ  さ肩身のせまい思ひをさ  空白にさ  過程でさ  役目をも背負わさ  遠慮さうにさ  硝子皿にさ  男だとさ  たんびにゾッとさ  骨ぬきにさ  ガク然とさ  批判的答弁をさ  取り沙汰をさ  根元が掘り返えさ  おとなにさ  店中をさ  通中をさ  つたと思ふにさ  皆を重苦しくさ  憚りがあるとさ  みな内密にさ  のが、最もよいとさ  気持ちをつまらなくさ  地鳴りをさ  習慣がさ  もてなしをさ  自分一人置きざりにさ  辰のさ  稽古事をさ  倦きさ  狂的に洩さ  から餘儀なくさ  闘争を余儀なくさ  肩にさ  蝮蛇咬むをさ  阿片に酔わさ  足なしにさ  基礎とさ  車牽きとさ  懼るるを見るとさ  禽にさ  太鼓に合わせて踊らさ  美人とさ  内地へ帰らさ  七八十円で売らさ  のが当然とさ  子供たちから除け者にさ  皆からのけ者にさ  晒し首にさ  坐り直らさ  ッぱしから生埋めにさ  塩を喰わさ  急激にさ  赤化宣伝をさ  尻押しをさ  ますます強くさ  感情に満さ  武装解除をさ  ことまでさ  人物のさ  殆ど無意識にさ  述懐をさ  哀訴をさ  退屈はさ  生活を気安くさ  神に孕まさ  敬もさ  場合に間に合わさ  冠を戴くとさ  蛇にさ  養蚕をさ  生まれるから弟子にさ  息もさ  香水を嗅がさ  影にさ  たよりさえ遣さ  話をだしぬけに聴かさ  それに焦さ  祈りくらべをさ  源二から聴かさ  翁から聴かさ  近ごろ筑紫から召しのぼさ  あたりを明るくさ  問題にはさ  講評をさ  ころ前途有望とさ  もう少し長生きをさ  リマークをさ  もちやにさ  心をすがすがしくさ  たけをさ  炊事をさ  郷中へさ  野飼いにさ  道を借さ  豕を愛すとさ  奴にさ  後室から告げ聴かさ  待遇のさ  至にさ  嫉妬のさ  利用しようとさ  血のさ  悵然とさ  真個にさ  氷詰めにさ  障碍とさ  近代劇運動がさ  ウソからまことをつくろうとさ  吸物を喰わさ  贋銀貨をつかまさ  象をさ  鼠から咬まさ  蔑にさ  一時間も歩かさ  そこがさ  伴奏をさ  てんでさ  代弁をさ  んですが、ついさ  奥さんにさ  根本保枝から聴かさ  保枝はさ  安定をさ  否認がさ  多く組合わさ  道路にさ  喜びに満さ  魂をさ  ゆふ月のさ  姿が見えないが、どうさ  二十四時間働きつづけにさ  どころをさ  寝顔をさ  御身にさ  心遣ひいたさ  其衰へさ  告白文などにさ  私は決してさ  万葉さへさ  前後にさ  滑らかでさ  たつきを知らにさ  つど婚姻をさ  寒天でごちゃごちゃにさ  沖縄がさ  ユラリとさ  者でも、むずかしいとさ  生き死にの騒ぎをさ  のち、あとずさりにさ  旅立ちのしたくをさ  穴埋めにさ  萩乃さまとさ  むだをさ  携へさ  歸へさ  人のにほひをさ  髪をもじやもじやさ  大都会でもさ  こと、ちやほやさ  パーマネントをかけて、もじゃもじゃさ  冒険をあえてさ  奴等がさ  目下問題とさ  頭もなく、ちやほやさ  相互にさ  除にさ  戸外遊戯をさ  意地悪くさ  別のに頼んでみるとめんどうくさ  支配され、さ  箝め玉ばかりさ  餒じい思いをさ  踏台にさ  たびにちやほやさ  絆に引かさ  彼女をもほっとさ  手切れに引き取さ  商売とさ  帳面をさ  真相をはっきりさ  給仕などさ  額をてかてかさ  不具にでもさ  一年も稼がさ  方とさ  妓は、あるいは引かさ  鴨にさ  たいようにさ  臆病のみがさ  違へさ  相手とさ  代役をさ  しらにさ  若松屋をそうさ  女房にやたらになさけぶかくさ  えな顔をさ  ちょっとすねてみたくさ  三昧をさ  高をじっとさ  一隅へさ  借金を背負わさ  応対さえさ  仕立てものをさ  女をたまらなくさ  保養をさ  邪魔だてをさ  人の力にさ  挑戦をさ  そばで見てもはらはらさ  自分を、振り返らさ  背後へさ  松屋惣七をにっこりさ  貼り紙をさ  名人だとさ  手拭でさ  テーマをはっきりさ  エジスにさ  一枚喰わさ  我知らずはっとさ  切れ切れにさ  腦力にさ  會つてみると、お互にさ  知己にさ  心からさ  返事にはさ  健吉君なんぞはさ  私を見るとさ  根柢から覆へさ  發音をさ  反抗でさ  揃へてさ  ものでもゾッとさ  お前をそうさ  歌謡類もさ  天津神に近づかさ  面白い話をさ  實際にさ  複雜にさ  空気に押し被さ  純情のさ  強迫観念のさ  不様にさ  いろいろに組合わさ  ものばっかり読まさ  打ち水がさ  結局裏がえさ  裏がえさ  おしゃれをさ  ですよ。何をさ  それをはっきりさ  文学的後光そのものをさ  こころに立ってさ  手入れのさ  外国旅行はさ  前かけをさ  検分をさ  子供をおとなしくさ  依頼者から画料について、みみっちいほのめかしをさ  準備ばかりがさ  アントニイもさ  熊掌にさ  やうに投げかはさ  光景は夢みるにさ  頼家にさ  面をさ  眼を開いて、白く焦さ  軍曹に殺ろさ  叔母上にさ  限り安静にさ  荷物が取散さ  道がさ  羞恥を見せず、さ  外国でさ  ものだとをさ  枕にさ  心地をさ  今度だけさ  三通手紙を書かさ  俺はあえて書かさ  一足飛びにさ  独創の貴とさ  義理合上余儀なくさ  卑自屈を余儀なくさ  圧迫に余儀なくさ  筆を操るべく余儀なくさ  方便として余儀なくさ  友人から余り対手にさ  聞棄てにさ  二篇の著わさ  帰朝すべく余儀なくさ  苦情を聴かさ  頭から対手にさ  ここらで聴かさ  放送までさ  場合も、もうそろそろさ  点になるとなかなかさ  役目をつとめなければならぬとさ  斡旋をさ  手製のさ  生き方がさ  娘たちへさ  顔色にさ  組長をただ忙しいばかりにさ  やうにも思はれたが、考へてみれば、まんざらさ  矢代初瀬がさ  膝をがくがくさ  道徳だとさ  却つてそばからなだめずにゐられなくさ  食べものにはさ  実費にさ  田丸はさ  形はさ  教育者をしてさ  近頃ではさ  弟子がさ  お母さんみたいにさ  ご飯焚きをさ  涙をさ  いふ議論を聴かさ  言ふことさ  行つてもさ  役割をさ  むづかしい顔をさ  落籍かさ  手に握らさ  彼を気むずかしくさ  ぐにやりと潰れやしまいかとさ  仕置にさ  喧嘩口論をさ  噂などさ  明らさまにさ  天井から糸で釣るさ  千疋屋ぐらいはおごらさ  さ、わびたりさ  慈悲にさ  プレトオを読まさ  半月でも思い通りにさ  古びなばこのごときをさ  わたくしを寝苦しくさ  なにしろ怪我をさ  読売りでもさ  意趣がえしをさ  樣にさうさ  今まではさ  うたものにさ  慾を考へずにさ  凡人なかなかさ  事實は甚ださ  毒なおもひをさ  翁もさ  大塚窪町にさ  胡麻鹽とさ  爺さんもさ  問ひかへすとさ  掃除でもさ  今でもまださ  すべてにさ  奇異の思ひをさ  當でせうか、どうしてさ  直接にさ  自然をさ  繍をさ  拝もさ  芸者を引かさ  水あげをさ  これを聴かさ  手つづきをさ  男ッぷりがいいとはかねて聴かさ  闇打ちを喰らわさ  向うをおこらさ  小言を聴かさ  催促はさ  若作りにさ  袋だたきに逢わさ  蔓草をさ  北の方はどうさ  成親殿はどうさ  串刺しにさ  別人種扱いにさ  草川巡査は又もゾッとさ  魘えさ  愛情に引かさ  現象をさ  思惟をかへさ  執着をさ  仕事任務をさ  非難攻撃をさ  損もさ  清純を保たさ  無駄をさ  自由に、大きく、かつしっかりさ  仕度をしてあげようとさ  利己的感情がそうさ  体験に響いてそうさ  ことは洩さ  色気狂ひをさ  コマ切りにさ  文部大臣自身裏書をさ  一般観衆にさ  擅にさ  方向にはさ  やう餘儀なくさ  解釋すべくして、まださ  一例とさ  丸呑みにさ  程度までさ  平生それで困らさ  出入をさせなけりゃ、さ  かんちがいをさ  松茸を取らさ  すべてを余儀なくさ  値打がさ  ことはないかといへば、決してさ  悲惨であるが、何故にさ  新劇をつまらなくさ  生硬にさ  場合には、必ずさ  講釈をとくと聴かさ  楽寝がさ  腰をピンとさ  あれでは、はっきりさ  直ちに追随はさ  一般妥当とさ  役目を余儀なくさ  力を尽すべく余儀なくさ  余り自由にさ  弁解をさ  像のまえにさ  おまえに息をさ  花嫁面をさ  みな目隠しをさ  つりをさ  廻りをさ  夕食をさ  在来不能とさ  道楽者扱ひにさ  之進は唸さ  人の唸さ  寝床を敷きますと、必ず唸さ  夢を見て唸さ  物を云わさ  むかしをしのぼうとさ  公園とさ  からくりではないかとさ  のけものにさ  組み合はさ  感動し酔わさ  手とり脚どりさ  屹度ケチをつけて安くさ  焼肉をさ  包囲攻撃をさ  ごとを回らさ  共同的にさ  好みをさ  乗換をさ  幾度繰りかへさ  たよりにさ  焼増しなどさ  植林でもさ  文書を受取らさ  快調にすっかり酔わさ  肩をもじもじさ  口留めをさ  火傷はさ  意見に執さ  実現させようとさ  性格をどうさ  著はさ  取捨をさ  大師がさ  四聲指歸から全部拔書きをさ  澤山拔書きをさ  他日私がさ  小用をさ  母上のさ  我慢もさ  尾をパチパチとさ  フローラはじりじりと酔わさ  ばたばたとさ  魔術に、愉しく魅せられ酔わさ  懐手をぶらぶらさ  心神消耗者だとさ  人違ひでもさ  衝動にさ  涌はさ  伴侶にさ  綴り合はさ  私たちとさ  石五枚を抱かさ  石六枚を抱かさ  石七枚を抱かさ  石八枚を抱かさ  圧倒もさ  殆ど旧態をとどめぬまでに歪まさ  仕上げをさ  野心につよく惹かさ  私を用心深くさ  食慾にさ  絵の極めてをさ  奥はさ  病臥を余儀なくさ  娘とさ  地響をさ  うちへ行ったり来たりさ  勧告をさ  飲み手とさ  めにさ  癌とさ  旅へ出て手厚くさ  ほうにしたってさ  邪慳にさ  何にもさ  たかがよくさ  畜生にさ  死絶えた、さ  ことについては、はっきりさ  人々からさ  一概にさ  吹雪にさ  観台をおこさうとさ  両足をつきだして履きかへさ  塩だちをさ  贈り物にさ  夫人にはさ  鋭敏にさ  具体的活動をさ  周公をしてさうさ  それは必ずしもさ  ふところをさ  ダメにさ  思い出話もさ  そのまま裏がえさ  聲をさ  支へさ  刺がさ  高がよくさ  頭をぼうぼうさ  片々でもを読まさ  田舎に止るべく余儀なくさ  美事背負投げを喰わさ  詮議だてさ  ヒョイとさ  試をさ  角面はさ  要ありとさ  私をじっとさ  便利をさ  点を、はっきりさ  ハツとさ  畑にさ  霊前にさ  溜息をさ  水底をさ  競争などさ  横奪さ  襟頭少し弛めつ、さ  腕から脱れようとするが、そうはさ  両手をさ  借り出しをさ  成功的にさ  自立をさ  鉛筆を握らさ  数年前から問題とさ  理想的統一をもってさ  生産経済計画によってさ  生産拡大をさ  強制徴発をさ  参考にさ  作品に対してさ  軍事教育を受けるだけで満さ  どこにもさ  半植民地とさ  中にそうさ  青木が原をさ  んだからとさ  つもりであるかと尋ね、頑としてさ  怕れに戦かさ  つもりでさ  張をさ  わたしを悲しくさ  さへするとさ  何か知ら、ゆがんだ、ゆがんだ、とさ  注意を惹かさ  茶道また難いかなとさ  気もちをさ  ぱりとさ  やう、とさ  仕方なしにさ  人間はさぞさ  やうな思ひをさ  葉にさ  のではないか、とさ  まり勉強をさ  ことりとも音をさ  先頭に歩かさ  巧さには、つい酔わさ  金具を磨かさ  上げ下しをさ  雑巾がけをさ  脚をぶらぶらさ  上を飛び越えたりさ  用までさ  さらい、さ  寝室にさ  ことちやほやさ  仲間入りもさ  学校の誇とさ  先生らしくさ  皇族方がさ  時も、さ  音はさ  こと接吻などさ  召使になどさ  私に施しをさ  つて荷車を引かさ  内容まで読まさ  国がさ  彼はちやほやさ  彼はちやほやされればさ  人間テキにさ  ぴちんと音をさ  六回も繰返えさ  ことは、最もはなはだしい悪とさ  武士とさ  別人かも知れないなぞと云う疑をさ  白眼をはっきりさ  留置場でさ  四十八時間勤務をさ  水を使わさ  却って対立をはっきりさ  つてあらはさ  他ではさ  それ等がさ  全体にさ  擬古文を作らさ  背中をさ  顔色を、一層蒼白くさ  傭兵とさ  国々とさ  過労にさ  ためにだけさ  ここに泊らさ  淫売をさ  からにひいやりとさ  ばたばた羽ばたきをさ  眉をびくびくさ  通信をさ  狙撃でもさ  幾度ぞっとさ  愛子がさ  ひじめにさ  バタバタと羽ばたきをさ  幾度目をさ  正月にさっぱりしたなりをさ  休みにさ  裏がえしをするか、するならさ  始めはさ  文学的努力はさ  医師法違反を敢えてさ  医師法違反までさ  窮地に陥れて行くべく余儀なくさ  衷心から舌を巻かさ  彼女に一杯喰わさ  姫草ユリ子に一杯喰わさ  笑い顔をさ  コンナ問答をさ  御覧になるとニッコリさ  もう一度ニッコリさ  朗らかに、正しく、強くさ  親孝行をさ  正当にさ  柔軟な突こみがさ  霧がさ  傘をさ  言葉に余儀なくさ  つて惑はさ  テンテコ舞いをさ  祭をさせるとか、さ  別々にさ  譴責でもさ  やつぱり生埋めにさ  人を頼んで探がさ  腰斬さ  のかとさ  彌生にさ  反面に、さうさ  外形が概ねさ  あるがままに容るさ  諦らめならさ  世界が概ねさ  アメリカ精神にさ  つて許るさ  冷え冷えとさ  罪びとのやうな悲しい思ひをさ  惨めな思ひをさ  今時はさ  控え目にさ  卓一にさ  全部許るさ  澄江にさ  男は屡々さ  ときはきまつてさ  お爺さんにつれなくさ  これ以上せつない思ひをさ  左門はさ  形式にわづらはさ  真意がさ  家もさ  私をさうさ  寝言を否応なしに喋らさ  場合になるとさ  一部にはさ  由子を何より気強くさ  立合人にさ  野々宮がさ  卓一がさ  木村重吉すらさ  それが概してさ  文学すらさ  場合がほぼさ  我々のさ  結局自分をさ  意志でさ  道を歩かさ  心理を孕んでとりかはさ  調子がさ  必要にさ  退屈感にわづらはさ  言葉があるとすれば、恐らくさ  あとでさ  ものが当然さ  心を重くさ  方でなくて、さ  引合はさ  こと葉もまだかはさ  ただよはさ  城のさ  こなたへさ  なつたらとさ  一がさ  親身にさ  日当でポカポカさ  堅固にさ  ほんとうに、そういうよろこびもさ  大広間とさ  一つ背中をぶってハッとさ  貴方とさ  私に向ってさ  会員にさ  野天生活をさ  婚約をさ  十束一からげにさ  関係が少しも明かにさ  客観的情勢に余儀なくさ  心をうっとりとさ  眼を細くさ  奥をいたくさ  拭き掃除さえろくにさ  うち人びとが掴まさ  病らはさ  惑かさ  ほとりをさ  注意によって一層鋭くさ  標的とさ  視角から明らかにさ  逆にさ  怪奇映画にしたりさ  小僧にさ  その後始末ばかりさ  のやむなきに至らさ  中に終始さ  ひとり坐らさ  圓太にさ  匂いでも嗅がさ  落語家修業をさ  曲突きをさ  さだとさ  捌け口にさ  生殺しにさ  その後始末をさ  動悸を早くさ  大急ぎでさ  猪口にさ  鼻つまみにさ  先くぐりさ  披露までさ  ノホホンとさ  詫ったりさ  ものをハッキリさ  第一人者とさ  眼を、段々はっきりさ  躍如とさ  ぼやぼやとさ  袂下にさ  子供扱ひにさ  粹にさ  氣持かといふと、必ずしもさ  來るだけ生き生きさ  於いて明瞭にさ  風呂場の焚きつけにさ  笑い草にさ  かけ引きをさ  彼は歓ばさ  餓え死にさ  慄えさ  御存じなしにさ  深入りしたり、さ  境遇に余儀なくさ  音さえさ  妹分にさ  幾度となく聴かさ  教員室を生き生きさ  母さんを呼び出してすっかり話しさ  婿入さ  真面目にとらさ  自分をそうさ  地図にさ  火烙りさ  磔つけにさ  根柢から覆がえさ  二三度眼をぱちぱちさ  どこにうたさ  病人にさ  いちばん面食らわさ  美俗とさ  悲しみにさ  昼間にさ  みな父によってさ  静かな生活を余儀なくさ  間気づまりな思いをさ  留守にさ  無理やりに吐き出ささ  葬式をさ  父から聴かさ  草取りをさ  ゆ友達からバカにさ  耳こすりばかりさ  帰宅つてくれなくてもよい、とさ  客がさ  滿更戲談ばかりでもなささ  自分は直ぐさ  思いやりでのみ、終に解けるとさ  鼠とさ  一人しっかりさ  紙片をヒラヒラさ  恩恵的にさ  頓馬をさ  とき、向い合って座らさ  十分にはっきりさ  指をさ  潔癖であるとさ  時折はさ  本で一層はっきりとさ  如くつかみ出してはっきりさ  模糊とさ  キライナモノとさ  真面目にさ  補強工作がさ  彼に見せようとさ  魂をうっとりとさ  感情を揺さ  奇蹟かそうさ  両側にさ  絶壁にさ  ように、おりおり裂いたりちぎったりさ  気を晴ればれとさ  炉にさ  あいてにさ  下敷きにさ  それから足をぶるぶるさ  帳消しにさ  あなたは、よくさ  それを聴かさ  脚本にさ  気はさ  下座にすくまさ  生涯楽をさ  写真を押し隠し、起きもされず寝もさ  絶交はさ  白磁瓶にさ  剛情にさ  灰皿にさ  今日はゆっくりさ  月東にさ  左右よりさ  裁縫をさ  それに、さうさ  手帳にさ  時何とはなしにさ  屋敷がさ  うえに、至って面倒くさ  変にさ  やうに、一々さ  身二つにさ  お雪さんはさ  お雪さんがさ  方を継がさ  信さんはさ  工合にさ  故だとさ  信さんがさ  眼を鋭くさ  つた田舎町とさ  傍にも寄りつかずにさ  実行すべく余儀なくさ  一眼見ただけで、ゾッとさ  二三度眼をパチパチさ  恩がえしをさ  顔を赤くさ  処にさ  途中でさ  毛程も洩さ  我儘放題にさ  女将にさ  常々父をさ  ものは可笑しい程さ  仲間脱れにさ  者から馬鹿にさ  悸かさ  酔つたひとりがさ  父にさ  父にはさ  一ひねりにさ  節用集類のさ  岩のさ  処女航海をさ  時にはさ  感じがさ  その間にさ  服裝をさ  學校を休まさ  幾晩も睡らさ  何しろ不良少年には弱らさ  ところだつたので、多分さ  新聞へだけは書かさ  感じを抱かさ  岩に、また一杯喰わさ  ためにうまく一杯喰わさ  あなたにさ  周子は必ずさ  脚をさ  前へすわらさ  きらきらとさ  使い用とさ  トランク詰めにさ  寝台もさ  靴底もさ  ものをべらべらさ  遭はさ  のち少年にさ  香りをぷんぷんさ  口を拭かさ  銅線をつかまさ  裸体をてらてらさ  乳房をぶらんぶらんさ  われわれはさ  事物がひとりでにさ  八釜敷いうて遣らさ  プルウストが、どんなにさ  舟によるさ  五枚書かさ  ウタヒを書かさ  之を又つきあはさ  一席喋らさ  歌はさ  眼ばりをさ  ピート一等兵は、そうさ  満員といへさ  此うなるとさ  寅吉に泣きついてさ  診断をさ  ボビーと話しをさ  上相当歩かさ  心附もさ  ために爪弾きさ  八ツ裂にさ  喫茶店でさ  細部に亙ってさ  石ころにさ  権勢に酔わさ  点もさ  寝所へ連れて行こうとさ  聡明を、眩まさ  疲労させて、そうさ  釜茄にさ  内省がより鋭くさ  究明がさ  苦情を鳴さ  一条を洩さ  家捜をさ  心を引き止められ、患わさ  おれもさ  愛情がさうさ  環境が段々さうさ  腰巻を取つて、着替へをさ  伝達などさ  証拠ぢやないかとさ  習慣的にさ  ごろつきを雇って殴りこみをさ  丸顔を一層くしゃくしゃさ  間へさ  口実にさ  話もさ  日光浴をさ  ようなのはよくないとさ  ひろ子をぞっとさ  職場でさ  却って不自由にさ  下でぐずぐずさ  返事をさせるか、さ  食器をだせとさ  博士は又歩かさ  上を歩かさ  冬眞中にさ  卷莨をくはへさ  雪はさ  用ひなければならぬかといふと、必ずしもさ  一面がさ  いふ欲求の満さ  問題としては、必ずしもさ  さなかにさ  現在すでにさ  樣に繰り返へさ  はつとさ  富之助がさ  富之助にさ  警護方にさ  潔癖性が、そうさ  相違がそうさ  ことが、そうさ  目吟味に逢わさ  胴顫いをさ  お爺さんにさ  陰鬱にもさ  後から後からと書かさ  準養子にさ  暁には嗅がさ  幾廻転をさ  へとへとにさ  隙なく引きずられこづき廻わさ  真岡に上げ棄てにさ  老人そうはさ  胴上げはさ  反感を抱かさ  食にさ  中心地であるとさ  国とさ  若返りをさ  読みとりかたがさ  前掛けをさ  髭をにやにやさ  禁物にさ  色彩は一層濃くさ  そこで満さ  気まかせにさ  実例とさ  一としお寂しくさ  反対にさ  興味に引かさ  海水にあらいさ  手柄はさ  これにしげきさ  不浄とさ  支那のものとさ  二つの手法が観取さ  宣伝具とさ  訳文になるとさ  つて現はさ  私自身もさ  私はまださ  国民にさ  原因とさ  辞典にさ  整理のさ  悪漢にさ  価値とさ  下足番をさ  ぱじめっちまった訳でさ  時候見舞などを書かさ  墮落呼はりをさ  のだが、そんなにさ  下村にさ  焦燥にさ  鷄にでもかへさ  幾分犠牲にさ  ことは、さ  上席に座らさ  堕落呼はりをさ  カツ気にさ  もぬけの殻を掴まさ  多年貧乏苦労をさ  僕はあんまりさ  行動として、さ  全然見おとさ  のはさけがたいとさ  本質が新しくさ  精巧なかたわにさ  原野にさ  カンヅメにさ  全部神様にさ  心魂をさ  私自身のさ  オ茶、とさ  耳をぴくぴくさ  鐘であったとさ  空想をさ  獄中生活を余儀なくさ  一字もゆるがせにさ  文学的表現とさ  基準を失ってさ  断言はさ  無駄に読まさ  訂正もさ  展開がさ  擡頭以来とさ  漠とさ  見方とさ  説明案内をさ  ことは、もう云いふるさ  渾沌とさ  作家をして書かずにはいられなくさ  我知らず洩さ  興奮もさ  空気に酔わさ  陰欝さが観取さ  新らたにさ  文学はなぜさ  文学をさうさ  文学がさうさ  何がさうさ  新聞種にまでさ  災わいさ  文学であるとさ  不可解だとさ  態度であるとさ  客観的にさ  面から描こうとさ  展開はさ  意味深くくり返えさ  ッこをさ  唐竹割りにさ  立てかえをさ  隠居などさ  扮装をさ  繖をさ  女房に煮焚きをさ  ことすらさ  あるかのように思いこまさ  日本語としてさ  関係はなささ  細工がさ  ところは決してさ  なかへ生け埋めにさ  空明きにさ  選り好みをさ  中もやし扱いにさ  一そう完全にさ  常識がさ  日本人全体がさ  打合わせがさ  侮辱をさ  前提とさ  家根のつくろいをさ  模倣呼はりをさ  代作をさ  児童読物もさ  美徳がさうさ  心理がさうさ  問題であるとして通り過ぎようとさ  ものであり、且つさうさ  マルクス主義文学者をさ  偉大とさ  規定されてゐるし、又さうさ  問題であるとさ  功を積むべく余儀なくさ  世間にさ  食糧事情が悪くて弱らさ  皆からだんだん厄介者扱にさ  営みをさ  連作をさ  指図ばかりさ  ことは決してさ  免がさ  波間にさ  未来をさ  反省がさ  故人もさ  世間は必ずしもさ  磯にさ  から不自由はさ  切り抜き等をさ  通信すべてアメリカ経由でさ  神曲を書かさ  蠱わさ  屈伸運動をさ  顎にさ  本質的興味とさ  作品を解りにくくさ  室生さんがさ  豐かにさ  貧乏暮らしをさ  のだが、同時にさ  長生をさ  てゐたら、なかなかさ  殆ど問題にさ  予備智識をはっきりさ  使いふるさ  性質をはっきりとさ  自らみがきととのへさ  作者とさ  点が特にえらいとさ  川田氏のさ  ものは居たたまらなくさ  流れはそうさ  肩すかしを喰わさ  抜きうちを喰わさ  家柄がさ  眼をおどおどさ  支配のかせを喰わさ  画然とさ  初めにさ  ようまでもぎすぎすさ  一図にさ  置いてきぼりにさ  水にさ  こと勝手なりとさ  換えをさ  蔑ろにさ  言葉などは揉みくたにさ  口ひげをさ  げをぴくぴくさ  咥えさ  鉢合せをさ  二三歩後にさ  文教をさ  喰べつ喰べさ  やり方をさ  声々にさ  頭をしっかりさ  ウットリとさ  アワヤ袋叩きにさ  あれをさ  仲をさ  君はハッキリさ  王様にさ  橋渡しをさ  下見をさ  麻酔剤を嗅がさ  クロロフォルムを嗅がさ  首実験までさ  栓をさ  ゾックリとさ  王様のさ  替玉にさ  一人が置いてけぼりにさ  心をもとりとめなくさ  情に満さ  上から首ッ吊にさ  素振りをさ  新橋から山手へ帰ろうとさ  惨めな殺されようをさ  私達がさ  経験した実際はさ  一言返事をさ  壁畫などがさ  慄へさ  毎朝必ずさ  仕事にさ  やうをさ  朝酒にほんのりさ  色にさ  皇居とさ  間違つた態度ではないかとさ  逸子にさ  ちやそれもさ  逸子はさ  反抗的にさ  生活を眩まさ  会話が取りかはさ  考察にわづらはさ  ばっかり話をさ  おかみさんって呼ばさ  民さんはそうさ  断やさ  わたし達は作らさ  御免蒙りたいなどとは云わさ  ツブができるとさ  吹きさらしにさ  友らにさ  一酷にさ  曲を弾かさ  課目とさ  誰かに出逢ったならば、うむを云わさ  学校でさ  ような羽ばたきをさ  経済的にもあたったとさ  痛みよりも、より鋭く味わわさ  比、さ  そこでいみじくも、掴まさ  蛙を掴まさ  胸でさえ躍らさ  ガタガタ音をさ  衰へさ  ブタバコ暮しを余儀なくさ  医やさ  吻とさ  僕をふらふらさ  中学生にさ  とりかはさ  二度ばかにさ  苦笑をさ  千代は、居竦まさ  更わさ  世話でもさ  薬が強いとさ  主人によっていろいろ話して聴かさ  味とさ  記るさ  わらはのあるに、さうぞきかへさ  ゆらゆらとさ  ままにもさ  水草にさ  以上に満さ  直観力に思ひ到らさ  素質にさ  眩暈をさ  宝物にさ  雪責にさ  框にさ  目的にさ  一安心をさ  脚にさ  出立を余儀なくさ  ぼくもさ  不明とさ  安らかにさ  反感がさ  手紙にさ  新人号へ書かさ  ものからノケ者にさ  一杯にさ  私は突然さ  すべてを生き生きさ  巧みであるとさ  盛装をさ  居間へさ  子供たちはさ  空想にさ  岩ばかりでもなささ  二にさ  犬死をさ  繃帯がさ  九度以下にさ  胞衣に引かさ  微光がさ  實はさ  好例とさ  先生なんてさ  私が弱くさ  持主をさ  赤に易えさ  三ヶ所がさ  女性がさ  旅にさ  家をさ  歌もさ  女性によって著わさ  自由さで満さ  大学生に引かさ  有田さんにでもさ  奥様のさ  辭儀をさ  唱へさ  例にさ  自堕落にさ  国であるとさ  角度から話題とさ  文学とさ  中心問題とさ  石にさ  年限を長くしなければならないとさ  爽快にさ  歴史的屈折をよぎなくさ  水商売はさ  辟易とさ  彼女をそうさ  配列は、はっきりさ  から邪道扱ひをさ  表現ゆゑに名人とさ  表現ゆゑに邪道とさ  不潔感を少くさ  脚をがたがたさ  あたしたち女にさ  男がさ  女性であるとさ  要求がさ  身じまいをさ  一生を通じて、屡々さ  根をチクリとさ  身分違いをハッキリさ  泥棒扱いにさ  スッカリ馬鹿にさ  一束にさ  懲役にさ  道具だてがさ  処を見さ  すべにさ  枝をぶるぶるさ  びらがさ  秘密は少しも明かにさ  把持とさ  物語には、何等はらはらさ  許りにさ  被告がさ  今から思ふとさ  どなたもさ  私はどうさ  破産をさ  両替えさ  うちで疲れ汚がさ  読みかへさ  者すべてがさ  跳ねかへさ  あたりをもぐもぐさ  くりくり坊主にさ  尻つぽをくるりとさ  手をぶらんとさ  あたりを痒くさ  以前からさ  住民ではなかつたとさ  さつきからどうもさ  相沢がさ  床が敷きつ放しにさ  親父がさ  顔を生き生きとさ  身軽るにさ  瞬間本気にさ  支払はさ  彼女自身はさ  男はさ  打水がさ  上塗りをさ  何となく小莫迦にさ  腕にさ  わたしにはさ  意識がさうさ  家持ちをさ  医者にさ  息をつかせない思ひをさ  極端にぱちぱちさ  房一がさ  下から切れ目をぱちぱちさ  上半身をぐらりとさ  身体をぐらぐらさ  身ぶるひをさ  笹鳴りをさ  見込をさ  気を遠くさ  口ももぐもぐさ  切れ目をぱちぱちさ  顎を生き生きとさ  練吉はさ  年ごとに絶えず繰り返へさ  はしをびりびりさ  容易にさ  投票をさ  札を貼らさ  樽野はさ  飾り代へさ  仲間達がさ  警察から促がさ  人間にさうさ  彼をぞつとさ  今でも多分さ  私をぞつとさ  万事やり方がさ  動機にさ  お腹を揉まさ  三度引き逢わさ  傘なんかさ  道のべにさ  我身をもみくしゃにさ  気が引かさ  子供から親切にさ  自暴自棄にさ  残忍にさ  沙門にさ  平静にさ  考えで悲しまさ  荷造り迄さ  釘附けにさ  板囲いをさ  カリカリ音をさ  直ちに暗室にさ  さを味わわさ  作中人物がさ  男をさ  怒りがをさ  遊蕩をさ  誘惑に行き、すげなく追ひかへさ  病気に罹りやすくさ  揃いにさ  間食をさ  一そう心細くさ  ぱッとうしろへさ  仕事のお手つだいをさ  目はどうさ  実習をさ  横どりさ  地上三百メートルにさ  室生犀星にさ  禮儀にさ  ひつぺがさ  事でむしゃくしゃにさ  今までさ  ポーッとさ  勝手になんかさ  身の上話をさ  聯関してさ  弁論をさ  田舎もの取扱にさ  さんづけにさ  盲腸炎にさ  何だか汽車から置き去りにさ  霞で薄くさ  博士呼わりをさ  首をふらふらさ  ことが出来るかも知れない、きつとさ  私はハッキリさ  人間の美しいとさ  香をぷんぷんさ  仕方をさ  盤子につかはさ  本質をさ  一番火入でもさ  わたしばかりでもなささ  歌がさ  君等にさ  性格的にさ  心ひそかにさ  何であるかをさ  當然それをさ  等閑にさ  一切をさ  吾家にはさ  末にはさ  問ひ質しなどさ  一人がさ  内職をさ  寒斉と申すにさ  永遠に伝へさ  頌辞とさ  紐をさ  民謡故、さ  癒らなければいいとさ  裸かにさ  不機嫌にさ  方を見えなくさ  玉をさ  台無しにさ  彼等から仲間はずれにさ  最低四五〇円とさ  庭にさ  此情緒に惹かさ  寒い思いはさ  想像を逞しうさ  ぐあひに問題にさ  のなどと組合わさ  さのをが、さうさ  乗換へさ  生命をさ  顔がさ  政治家がさ  一生飼い殺しにさ  日光にさ  山をさ  親元根引きにさ  陶然とさ  釣瓶打ちにもさ  だこにさ  丁寧にはさ  家庭でそうさ  あんたがさ  ものと、さ  石屋さんにさ  迷惑でなかつたら、さうさ  幾島がさ  相手のさ  車もさ  サーヴイスをさ  のでないかとさ  娘のさ  姉たちのさ  間には、もうちやんとさ  間にはもうちやんとさ  答弁をさ  安藤がさ  手伝ひはさ  そいつがさ  事務所でさ  爺さんがさ  年越しをさ  喬にさ  僕のさ  僕みたいにさ  頭をふらふらつとさ  やつとさ  沈鬱にしたかといふと、必ずしもさ  弥生がさ  植物学者がさ  候補者つていふ方がさ  そばへ坐らさ  そのまま谷をさ  腸を悪くさ  一切口にさ  土下座をさ  批評家にさ  特に優秀とさ  絶対信頼をさ  御覧とさ  行つてしまひたいとさ  追手がさ  筆者にはさ  そればかりとさ  答えのさ  内容もひろげられ、明るくさ  溌剌とさ  ほうふつとさ  屑とさ  機械でさ  満足がさ  天皇陛下にさ  眼つきを荒つぽくさ  内側にさ  音楽にさ  木端微塵にさ  わたしにさ  わたしは弾きかへさ  わたしに弾きかへさ  別に騒ぎもせず、さ  これをさ  灯がさ  平面にさ  縱がさ  事を考へて見る、とさ  胴上げでもさ  一日二食主義を採るべく余儀なくさ  中に座らさ  眼つきを荒っぽくさ  ぺちゃんこにさ  紹介がさ  手法でさ  味方にさ  うしなひしをさ  山路にさ  おどけ悲しもをさ  値引きをさ  行為はさ  屋鳴りをさ  いま明らかにさ  ゴトゴト音をさ  川上直吉がさ  遲くまでさ  意見としてさ  本署へまはさ  ことはなく、ましてさ  玄関番をさ  足をムズムズさ  様にばかりさ  女の子と並ばさ  てゐはしないかとさ  郷愁がさ  飲み食いをさ  奥さんはちやほやさ  女房に牽かさ  感謝をさ  発表する、さ  違ひだけはハッキリさ  瑞西へ行かうとさ  滅多にさ  はりがねをぷりぷりさ  ドラ猫なんてさ  眼を丸く大きくパチパチさ  嗽をさ  お笑い草にさ  地面にさ  ドキンドキンとさ  コンナ事をさ  表情をビクビクさ  惠送さ  男にさ  継子扱いをさ  耳許で嘲笑いさ  眼をチラチラさ  悚然とさ  三浦老人から聴かさ  顔もさ  仏も見そなわさ  身売をさ  討をさ  ときに聴かさ  なかった連中ばかりですから、初めて聴かさ  屋敷をさ  木刀をさ  折をさ  大小をさ  疵物にさ  鍵がかかっているのに、どうさ  あなた気を悪くさ  荒削りにさ  めはさ  一つも聞き洩さ  敏感にさ  これなどは、実際さ  人肌にさ  客から当然さ  色を出そうとさ  藪をかき分けて行くと果してさ  ものでさ  のに引かさ  告口などさ  もの憂くさ  北上山脈にさ  天気にさ  近代的とさ  二も無くはねかへさ  おだやかにさ  途中でかへさ  こんどは、かへさ  ぢやないかとさ  東北人は概してさ  特に津軽百姓がさ  これ一つがさ  言葉であるとさ  さかりとさ  飼ひにさ  ちのものにさ  腕を組んで川ふちをさ  間に取り換わさ  廃嫡にまでさ  上修業をさ  膳立をさ  儲け方をさ  千人針がさ  会計報告がさ  意味をはっきりさ  支那語にさ  私も宜しくとさ  約束とさ  拡張を余儀なくさ  自然に持ち来たらさ  金策をさ  学問を少しさ  反目も余儀なくさ  子供たちにもそうさ  毀わさ  詩材とさ  千々にさ  此池かへさ  赤繪類がさ  狂人あつかひさ  餘計な心づかひをさ  氣のある思ひをさ  所謂唐三彩がさ  多く宋代のものとさ  染付にさ  自意識だとさ  仲間にさ  四五日程苦しい思ひをさ  告口がさ  食事はさ  無駄使ひをさ  期待は満さ  遠巻きにさ  私を愉しくさ  手を当てさ  おいてけぼりを喰わさ  裸にでもさ  骨にさ  工場監督にはらまさ  これははっきりさ  貴様はいつでもさ  シグナルがさ  軍歌にもちやんとさ  姿さへも、見洩さ  縁をふわふわさ  内容を読まさ  銭を出したり読まさ  自然彼をそうさ  御用をさ  否とは云わさ  横づけさ  豆買いでもさ  教科書にさ  是は必ずしもさ  娘として引きあはさ  白糸をさ  源之助がさ  他にさ  きりんさ  カブキが躍らさ  妙に酔わさ  敵にさ  ぢにさ  左横にさ  守護神とさ  陽炎にさ  靄にさ  共犯的責任者にさ  文化的活動をさ  資産とさ  構造をはっきりさ  文字を読まさ  人が悪くさ  溝川にさ  漂ふことさ  親父自身さう思ひこんでゐたにしても実際はさ  古代からすでにさ  上にも悲しい思ひをさ  帰つてみなにさ  言葉が通じないので困らさ  中が見廻わさ  おかみさんにさ  部屋一ぱいにさ  母もさ  虚偽だとさ  彼もあたらしくさ  役所勤めをさ  切りとさ  それから鹿島屋清兵衛さんに引かさ  あなたに贅沢をさ  侮辱されれば、さ  一突きにさ  意志をハッキリさ  手間は取らさ  あとでと思うであろうが、そううまくはさ  両足をぶらぶらさ  眸をさ  ぢいつと注いだりさ  一番上等とさ  祝詞にさ  備るにさ  ぐら造りのをさ  ロダンにさ  緊張を余儀なくさ  やうな思ひを、正しく生きつつさ  ものであるとうなづかさ  影響にわづらはさ  つてみんなにちやほやさ  馴染客はさ  手を取らんばかりにさ  賑かなだけにさ  西洋人を見るとさ  時には、思わず、ほろりとさ  奧さんにさ  後生願ひにさ  しょぼしょぼとさ  全部藁包みにさ  終つたのではないかとさ  行路難いかにぞや、さ  前からさ  烏もさ  刺青さえさ  代り刺青をさ  一ぺんハナヤをおごらさ  危く刺青をさ  花人かへさ  撫子がさ  下をさ  無げにさ  ここはさ  努力こそさ  なおざりのものとさ  プロレタリア作家によってさ  清閑を待たずにさ  喜歌劇にさ  校長がさ  私も多分さ  野菜にさ  新劇役者とさ  訳読をさ  ペシャンコにさ  そこへ、破ろうとしても、さ  ことで、ああさ  一人置いてきぼりにさ  私をかへさ  あなたをさ  つて躓かさ  つて不快にさ  餘所見をさ  狂暴にさ  いつかわたしのめんどくさ  巻返えさ  鼻つまみをさ  樂をさ  盡かさ  何となく考へさ  言らず、また書かれもさ  二千九十一万七千五百九十三人とさ  気まかせに組合わさ  つたポーズをさ  楊樹にさ  黒鬼がさ  ほりわりへさ  顔をして、さ  鬼のさ  中てさ  採用されたりさ  あたしにさ  巧者とさ  咽喉仏をがくがくさ  お婆さんとさ  上まぶたをぽっとさ  標準でさ  独りにさ  素直にさ  始末をさ  ものを出さなければならないからとさ  人気をうきうきさ  袂をヒラヒラさ  目をまるくさ  前おきをさ  ホーホを聴かさ  いま世間から大騒ぎをさ  仕方を全く新しくさ  学的価値をさ  組織された又はさ  私的生活をさ  何度も読まさ  腰をグラグラさ  眼をもかへさ  記述された又さ  支配されており又さ  選択され又さ  形式が、往々そうさ  ことが出来、そしてこの鋭くさ  強度を大きくさ  組織化されればさ  付け通りにさ  仲を悪くさ  わたくしどもにさ  梅を遣はさ  中からさ  親類から変人扱いにさ  うちをもぐもぐさ  時分いくら手習をさ  出入をさ  働らくべく余儀なくさ  から邪魔にさ  追憶を辿るべく余儀なくさ  みんなから相手にさ  彼らから大事にさ  問答が取り換わさ  文通などさ  彼らから余儀なくさ  意志を捧げべく余儀なくさ  驚愕で丸くさ  時間を費やささ  付にさ  光線に触てさ  会話が取り換わさ  我慢すべく余儀なくさ  拷問でもさ  文句を繰り返すべく余儀なくさ  言葉で突然悟らさ  己を構い付けなくさ  給仕になんぞさ  辞職を余儀なくさ  前に、再び坐るべく余儀なくさ  なりたけ気がねをさ  中身受をさ  目ばかりぱちぱちさ  間を遠くさ  お客様にさ  人もさ  村は円くをさ  五拾銭値上げをさ  養子婿をさ  静けさに酔わさ  いろいろに縺れ合って繰り返えさ  ひらひらと裏返えしにさ  呆然にさ  伝説的存在にさ  江東梅園前にさ  調子でさ  おしおきをさ  つて見るとさ  云つたつて病はさ  それが凍らさ  主張はさ  寝坊を余儀なくさ  感を深くさ  釣りをさ  論理的準備をさ  無遠慮にさ  教父がさ  話だけでもさ  何ひとつ手出しをさ  その間にこつちをさ  中をうろうろさ  真白にさ  尻押でもさ  ソローハから懇ろにさ  ぼうつとさ  コンドゥラート神父にさ  冷やかにさ  袋を取りかへさ  弁舌を聴かさ  ぱらひ婆さんがさ  彼女自身にさ  祭日にさ  窕子がさ  せせらぎにさ  此方がさ  世間がさ  のだが、やはりさ  世では、とてもさ  窕子はさ  父君にさ  空に貼さ  身がさ  身もさ  澤山にさ  光がさ  半ばもみくちやにさ  やつぱり女はさ  男子にさ  室毎にさ  皺にさ  心をたまらなく悲しくさ  殿がさ  間はまださ  御門にさ  宮はさ  三つも貼さ  涙にさ  距離を近くさ  氣持でもわるくさ  男の子がさ  いふ男の子にさ  殿はさ  異性がさ  ものについてさ  初めはさ  向うでさ  世間に知れわたつてゐるので、一層さ  威光がさ  顏もさ  興味を持つたからこそさ  あれはさ  つて怒つたりするので、一層さ  てつかはさ  氷塊にでも塞がさ  行つて寢かさ  霜よけをさ  波蘭人等から有無をいはさ  釜茹でにさ  踊つたとさ  邪念からさ  オメーリコにさ  カシヤンにさ  うじやさ  草を食まさ  兄がさ  強制労働をさ  わしなら、さ  二度に減らしてまで弾かさ  ヴァイオリンを弾かさ  がかりをさ  瓶にさ  復活祭にさ  誰か一人だけにさ  何うさ  人形とさ  生活破壊者とさ  恥辱とさ  もっと良人教育をさ  かたがよみがえらさ  手腕とさ  連れがあるかと思へばさ  足踏みをさ  溝掘りをさ  悪戯にさ  尻を追つかけまはさ  疾つくにさ  つてことをさ  鴉を掴まさ  しかと代官がさ  四番目もまださ  彼につかはさ  少年にさ  噂がさ  私をどきりとさ  民主化がさ  めをさ  おれがさ  彼れにはさ  氣象のさ  簡單にさ  表情などさ  芝居がさ  思いつきもさ  定理にさ  女には守らさ  べりをさ  十人並とさ  匂ひをさ  出仕をさ  偶像とさ  亀鑑とさ  恋心のさ  付け噂をさ  狼藉をさ  肥料にさ  同士討ちをさ  微塵にさ  茴香剤を嗅がさ  丹砂剤を嗅がさ  あごをがたがたさ  りっぱなさ  方へ越えて行く、とさ  不思議に思ひながらさ  稀にさ  心を躍らさ  餌をさ  中には孵へさ  洋傘をさ  火をかけて落さうとさ  論戦が戦わさ  美くしくうるおおさ  実録とさ  未練がさ  いやでも嗅がさ  ビイツの多くさ  勉強を勧めてさ  ほうにさ  ゆうべ置き去りにさ  用事をいいつけようとさ  さっき弟にさ  横眼を使いながら、さ  のだが、どうもさ  さしこまれたりさ  ことははっきりとさ  あとになってやっとはっきりさ  約束がさ  転嫁しようとさ  確認もさ  推察などさ  けがをさ  質問がさ  経験を味わわさ  つぐないをさ  埋め合せをさ  不利にさ  顔を明るくさ  言葉がそうさ  バスにさ  感覚をにぶくさ  弁護なんかさ  罪をはっきりさ  めぐりが悪くさ  あちこちと歩き始めても、さ  スパイなんかさ  気を軽くさ  話なんかさ  中止はさ  聴取をさ  ほんとうにあっさりと背負いこまさ  一たび口にさ  室内へさ  反対なんかさ  幸福を味わわさ  彼女が頼んでそうさ  ときからにがくさ  あくびをさ  思いを味わうべく余儀なくさ  髪をぼうぼうさ  たましい音をさ  林にさ  面喰はさ  力を借さ  んのさ  中止すべく余儀なくさ  なるたけ口にのぼさ  頭髪をぼうぼうさ  色彩をつけて語り合わさ  仮構をさ  鏡台をさ  狩り手にさ  結局美和子に、うまく送らさ  間の手ずさ  ムリをさ  新子とさ  横腹にさ  小太郎は面倒くさ  紙をヒラヒラさ  ご用だとさ  顔色を蒼白くさ  生々とさ  彼女とさ  者達から邪魔にさ  題とさ  仕方に書きかへさ  つて思合はさ  安楽椅子に坐らさ  共鳴をさ  お母様にさ  オモチャを抱かさ  間をさ  発展させ新しくさ  封鎖をさ  利用しようともさ  何かしらヒヤリとさ  山にさ  食物になんかさ  薬にさ  つて目からさ  かけをさ  お客にさ  者はさ  公衆に解りにくくさ  しどろもどろにさ  身体をグラグラさ  首をグラグラさ  皆ゾッとさ  食道鏡を出したり入れたりさ  紙とさ  逆立ちをさ  クツみがきをさ  袂をさ  繪島がさ  時代がさ  斬首にさ  出しにさ  臆測がさ  事実それは、どうしてもそうさ  仕草をさ  私がもつとさ  のか、と思ふとさ  紛かさ  能弁にさ  てゐたりさ  いつかはさ  横附けにさ  家宅捜索をさ  眼くばせをさ  眼をクラクラさ  黒幕として終始さ  心持を新しくさ  お目見得をさ  住宅敷地とさ  まわりだのさ  ぜんにさ  性分からさ  蒼ぐろい顔をにやりとさ  朝っぱらからむり強いさ  心をくさくさ  塗板拭きがけしとばさ  ものわかりの鈍いとさ  間学校生活を余儀なくさ  背負い投げを喰わさ  瞼をぱちくりさ  瞳をきょとんとさ  感覚がそうさ  白痴にさ  犬にさ  自由結婚をさ  茶にさ  時に追つかけまはさ  くりくりとさ  トーキーでことごとくさ  ひょっと下へさ  声もろともに、まるで弾きかへさ  事が思ひあはさ  眉をもぐもぐさ  外套掛けにさ  ッ赤にさ  あなたなら、どうさ  そないさ  ハおまへさ  製陶窯を築かんとさ  人身御供に上らさ  最初仁清ふうを作らんとさ  絵付けをさせてみたりさ  慨歎に値するとさ  織部時代とさ  太刀打ちできない思ひをさ  コペルニクス的転回によって覆えさ  胸をいっぱいにさ  板がこいがさ  ひとりきりにさ  僕たち二人きりにさ  自分自身に立ち返えさ  復習をさ  けいこをさ  昔から言いふるさ  頭のさ  仕事をはじめようかとさ  こともあるが、思ふとさ  ものから身をかはさ  叙述にさ  気をさ  欣ばさ  醢にさ  枠づけをさ  手をつかまさ  郎を遣はさ  つて火炙りにさ  取調べにさ  マストリリもさ  宗門をさ  家に帰らさ  常世神がさ  警察でさ  話題とさ  蜘蛛にさ  縫物もさ  さがおもひかへさ  克巳はさ  知らん顔をさ  非難しようとさ  あれにさ  女中たちにさ  殆ど無自覚的にさ  ッこりさ  上臂突きにさ  信切にさ  返辞がさ  見立て替えをさ  網一線剰さ  体をふらふらさ  手拭紙にもさ  慈悲はさ  限り養生をさ  食膳にさ  朱実にもそうさ  前触れはさ  通さんだけは、そうさ  手本にさ  山狩をさ  権力がそうさ  つけまはさ  只がさ  慰みものにさ  んざあ解らねえがさ  ぱにやまあだ自由にさ  噺をさ  一先づ安心をさ  こと納得をさ  からざるものとさ  ものが良いとさ  手仕事を忙しくさ  練えさ  ものが多いとさ  眼を忙しくさ  何かに甦らさ  それを更に美しくさ  立派にさ  技もよいとさ  磯がそうさ  湖水がそうさ  歴史がなおそうさ  利得をさ  品物にさ  糸にさ  気丈夫にさ  名木とさ  生活を暗くさ  健全にさ  本格ものとさ  年甲斐もなく置き捨てにさ  つて外出をさ  精密にさ  謎とさ  所在を探ねさ  それを度々聴かさ  持ち前であるとさ  根拠をさ  耕作をさ  害を作さ  神をさ  山かずらをさ  端にさ  返報をさ  追想はあまりにしばしば繰り返えさ  大黒柱をぴかぴかさ  非常識とさ  相互に等しいとさ  意味も明かにさ  真理とさ  活発にさ  性質から明かにさ  とき問題にさ  認識をハッキリさ  名称にさ  どっちかさ  カントがさ  フッサールがさ  蟲いつぴきにさ  將棋にさ  男もさ  女もさ  煙草をさ  泡をふきつつさ  表現であつたりして、要するにさ  結婚にさ  遊蕩にさ  妙に鋭くさ  感じで、はっとさ  スパイをさ  特殊扱いをさ  方はもちろんよくないがさ  ピュトワのしわざにさ  尽力とがそうさ  冒険をさ  現実性をハッキリさ  偏見に患わさ  学問なんぞさ  高をくくって軽く動かそうとさ  歴史的退潮を余儀なくさ  のでは無いかとさ  のか、呑まさ  横附にさ  天主にさ  世界をさ  板にさ  案内なんてさ  提灯をさ  沾はさ  赤はだかにさ  雑誌に分載さ  抜書きさ  給ふぞとさ  淡泊なるにさ  運命はそうはさ  皆んなにちやほやさ  真ん中に坐らさ  香気を嗅がさ  一生卑怯者にさ  びりにならばさ  膝をもじもじさ  私が押しつけてさ  喉をわくわくさ  関節をぴくりとさ  だてをさ  考え通りにはさ  心を一層悲しくさ  仂きもさ  何だか置きざりにさ  思いばかりさ  ことは当然とさ  下郎扱いにさ  人間扱いにさ  私を寂しくさ  私をわくわくさ  下駄にさ  リンゴ酒をさ  人でも憎んだり、避けたりさ  音響学的研究をさ  お祭騒ぎをさ  応援演説をさ  堀氏とが話しをさ  適用出来ない、とさ  眞とさ  傳承さ  清十郎を強くさ  道をこうさ  中に、ぎらぎらさ  文句をさ  びりっとさ  あんたも飛びんさ  一しょに来んさ  鉱山学をさ  貰いんさ  から、来んさ  今日あたりは又来んさ  是非洋行をさ  唖にさ  医師にたのんで、その行くへをさ  表彰をさ  説法を聴かさ  実にさ  てゐたかといふと、必ずしもさ  武力そのものにさ  ひとまことにさ  鉄則とさ  手伝いでもさ  我儘なんかさ  樹を伐らさ  顔赤うさ  心配もさ  なかに凍てたるが、透せば見ゆるにさ  人物にさ  自分をぎょっとさ  空想のさ  ちょっとむっとさ  破滅をさ  奴隷扱いにさ  感覚を鋭くさ  だんだん覚らさ  電車に揉みくちやにさ  往来を歩きたいと思ったとしても、なかなかそうはさ  身にしみるまで味わわさ  至つてはさ  安楽もさ  せいせいと明るくさ  巷にさ  一つ意外な思ひをさ  ゆう留守をさ  それを、さうはさ  戲畫化さへさ  唸りごえで満さ  そこに描こうとさ  編入したり、さ  ならずもの扱いをさ  そんをさ  とりこにさ  眼を細くしてさ  想像は覆えさ  タイルにさ  前へさ  構へさ  止惑はさ  まり人から相手にさ  やり方はさ  生あくび混りにさ  銀ちやんはさ  きみはさ  來ず、さ  離ればなれにさ  生き餌とさ  店へ坐らさ  きみがさ  主人からさ  前借四百圓で住み替へさ  周三へさ  つて死にさ  四人もの男から値ぶみさ  升屋がさ  厚化粧をさ  顎から胸へさ  気ままもさ  神から背負い投げを喰わさ  意地にさ  心支度をさ  孫だけでもしっかりさ  芳とならんで坐らさ  俊亮をほろりとさ  のけ者にでもさ  尻まで拭かさ  忠告でもさ  ぱちんと音をさ  中央にならばさ  お客あつかいにさ  注意を余儀なくさ  伝授をさ  隠居させるならさ  提灯をぶらぶらさ  私も恐らくさ  臆説をさ  記憶すべく余儀なくさ  参加をさ  艦長はにこりとさ  食卓に坐らさ  戦闘をさ  提督、どうさ  提督、ど、どうさ  喉元をごくごくさ  送還を余儀なくさ  男に馴れ馴れしくさ  皆目をきょとんとさ  忠利に観破さ  美風とさ  涼やかにさ  彼を気強くさ  空地で斬り捨てにさ  兄が斬り捨てにさ  眼をぎらぎらさ  ガサともさ  院長もさ  ア、あゝさ  絶對必要とさ  あとなど一層さ  句がさ  中御門中納言宗行卿もさ  手足を、じたばたさ  舌をぺろぺろさ  船を軽くさ  形式とさ  形でさ  成長がさ  神経質にさ  坂上田村麿をさ  事実をはっきりさ  円座から少しさ  変り者扱いにさ  乙にさ  任かさ  一番びりに並ばさ  馬卒にさ  どさくさ紛れに失くなさ  殊にしみじみさ  世にさ  洗礼をさ  一しよにさ  花とさ  聖女はをさ  附載さ  ピクリピクリとさ  最上とさ  厳重にさ  なつてしまふ、さ  まりのけ者にさ  顔なんてさ  かなたに光り、掘りかへさ  表面のさ  そなたがさ  線を引く、さ  父さん胸をさ  電線にさ  路次にさ  頁にさ  額にさ  顔なくさ  免職にさ  容るさ  粋にも似合わないなさ  押廻わさ  香をさ  文三と親しくさ  安目にさ  勝心のさ  安楽をさ  瘋癲でもなければ、それほどにさ  あれほどにさ  爾はさ  劫えさ  留守はさ  封をさ  介抱などさ  逃亡はさ  いま物音をさ  彼奴め復讐をさ  主にさ  切り売りをさ  議論をよく聴かさ  姿の破さ  シコタマ掴まさ  スッカリ英雄扱いにさ  皆は又ハッとさ  モウ一度ゾッとさ  海上をさ  輪者にさ  がさはさ  佐兵衛から禁物にさ  百叩きにさ  何となく除者にさ  読み方をさ  イキとさ  点燈夫のさ  自らコーモリ傘をさ  手順が早いかといふのに、必ずしもさ  土地についてさ  手がさ  損害を被らさ  左程に弱らさ  考へでもなささ  やうに喚びかへさ  せいは置き去りにでもさ  心理主義にわずらいさ  シンとさ  半裸にさ  種疱瘡をさ  目をくしゃくしゃさ  労働なりをさ  あとへと払込みさ  ふりをさ  これは実際さ  私は既にさ  避寒地だとさ  狙つて來て見ると案外さ  荷打ちをさ  焚木にさ  知つて居る、あゝ愈々さ  分明にさ  それを美しくさ  民藝品を美しくさ  民器を美しくさ  肯定のみさ  沈黙を余儀なくさ  器を美しくさ  価値がないとさ  顏にさ  つて兄へさ  兄さんもさ  仕掛がさ  お父さんにさ  まま、つとめてのろのろとさ  彼等にさ  彼等はいつもさ  葉藏はさ  下品にさ  無能力とさ  年七月一日とさ  警告をさ  幽囚でもさ  引をさ  目をはっきりさ  農作がさ  時皆んながさ  梨をさ  喞ったりさ  思いに耽らさ  拒絶もさ  研究がさ  虫眼鏡でさ  概念がこうさ  観測をさ  立体的に組合わさ  波紋もさ  全盛期とさ  紹介はさ  立聴きさ  神妙にさ  イヤらしくさ  貰い乳をさ  おしっこをさ  さきでも面倒くさ  円め、びくびくさ  服薬だけさ  家をひっそりさ  しなを作ったが、そうさ  為たりさ  所が、実際さ  人のさ  わたくしがさ  さはすでにうたいふるさ  想出話を聴かさ  信もさ  いふ心遣ひをさ  忘却から蘇らさ  無気力にさ  素裸体にさ  たきをさ  何かそわそわさ  周囲がそうさ  源平織りにさ  くねくねとさ  釘附にさ  愛想づかさ  相手はしていられない程、美しく、ちやほやさ  冷遇されればさ  露出しにさ  次男とさ  裁判をさ  丁稚替りをさ  応神天皇壱岐誕生説を組み立てよう、とさ  為遣さ  右乳からすこしさ  中に、たずねもさ  難儀をさ  神経的にぱちぱちさ  血判をさ  意味をもたせようとさ  主謀者にさ  みんなをはっとさ  前提にさ  気狂いあつかいにさ  まぶたをぱちぱちさ  反対もさ  お仕事をさ  後退を余儀なくさ  そのまま釘づけにさ  判断力をにぶらさ  彼を一層さびしくさ  お父さんはどうさ  足をぴくりとさ  靜さうに轉ばさ  足を動けなくさ  それを面倒くさ  ますます有頂天にさ  変梃にさ  けがそれからのけ者にさ  うつる影ではないかとさ  お前のさ  變梃にさ  臭ひをさ  惡いとさ  鑑定だけさ  鰻丼の臭いだけを嗅がさ  ギュウギュウ云わさ  深刻さで闘わさ  非道いのには弱らさ  かけらのさ  がまんがならなくさ  おまえにさむいおもいはさ  これを読まさ  われをさ  中央線にさ  成行を案じていたので、どうさ  延び延びにさ  折檻をさ  道中はさ  それから稀らしいとさ  手附をさ  太鼓にさ  私のそんなにさ  玩弄物にさ  子供達にもさ  熱度さえ低くさ  力とさ  写真を廻わさ  本質をハッキリさ  彼奴等に潜らさ  非合法にさ  ワザとにそうさ  カラクリをさ  みんな支配階級がそうさ  署に廻わさ  タライ廻しにさ  拷問をさ  ッ裸にさ  コヅキ廻わさ  私がそうさ  バク露さ  生活が知らずにそうさ  ビラ撒きをさ  母ア様へさ  ア母にさ  かば、直ぐにさ  父母がさ  アにさ  妾同様にさ  論判をさ  縁故に惹かさ  手伝いなどさ  都落ちをさ  手伝ひなどさ  紛らはさ  しんからさ  ため将軍家の眩まさ  搦みにさ  あなたがたは一体どうさ  後悔もさ  落目にさ  立話をさ  お前程さ  のものにさ  フラフラ音もさ  遊びにさ  ふりして、投げ込んで置かうか、とさ  面がはたらき出すとさ  島もなささ  事實がさ  一體どうさ  却って観破さ  於て書かさ  無意識に書かさ  ものだと聴かさ  私は振りまはさ  胴あげさ  きり味はさ  形にさ  一生後家暮らしをさ  頬をもぐもぐさ  万事まかせてくんさ  饒舌には弱らさ  りょう好いのについ誘かさ  め、起きされ、起きさ  気を落ちつけて聞きんさ  よう聞きんさ  付け人にさ  俺のさ  あいだ苦労をさ  鍔音をさ  粗相をさ  そこへ、捨て売りにさ  啓蒙がさ  敷布がさ  言つて苦笑をさ  猿から猿にさ  海へさ  私たちにさ  私たちにはさ  将軍家からさ  父母君とさ  武骨者をうとんじなさ  景季さまはさ  私共にさ  父母君にさ  船腹をさ  和卿などにさ  贈り物をつつかへさ  人から馬鹿にされようがどうさ  悲しい予感にさ  方へ仰せ遣さ  事は無くとも、漠然とさ  詩人は決してさ  この世につかはさ  素材とさ  攻撃論を聴かさ  心臓をさ  亢奮でもさ  直感的にさ  頭にはさ  青木さんはさ  青木さんのさ  眼をしばしばさ  塩漬けにさ  巨勢に借さ  無事奉公しています、とより書かさ  成功をさ  甚しきに惹かさ  人、寧ろさ  僕をわくわくさ  態度に、ぞっとさ  廻転までもさ  あとは置いてけぼりにさ  東京見物をさ  犯罪をさ  慎重にさ  卓子台にさ  隣席にさ  方が可い、とさ  手術もさ  無用にさ  腹にさ  よういをさ  とき口をもぐもぐさ  洗ふことさ  やつとさうさ  長男がさ  非常警戒をさ  水夫部屋へさ  げをぴんとさ  妙薬とさ  考えちがいをさ  もう一度見合いをさ  添えものにさ  此問題はさ  動物とさ  たくさん版にさ  血眼にさ  服を縫わさ  文学者が使わさ  任務が、はっきりさ  今日でもまだくり返えさ  足取りをさ  張りまはさ  喜びをさ  そのまま鵜呑みにさ  習慣が、そうさ  追従笑いをさ  人間になると信じこまさ  うのみにさ  角をまがると、一段さ  かたを余儀なくさ  それにおどらさ  低能あつかいにさ  間で戦わさ  間に戦わさ  失言をさ  たいせつたいせつにさ  一筋にさ  つて自然とさ  手伝いだけは、さ  根にさ  ことさえさ  村にさ  陋屋とを余儀なくさ  らかしにさ  形なしにさ  ヒステリーにさ  揣摩臆説が行われるんで困らさ  嫌疑は覆えさ  無駄足をふまさ  電燈の光りに輝らさ  興味に惹かさ  悪夢に酔わさ  虚無をさ  ものがさ  ホテルだけにさ  筋道に牽かさ  目が眩まさ  心を牽かさ  コップ飲をさ  実践力が鈍らさ  光明に眩まさ  憑いてさ  著のさ  方法しか剰さ  むやみにひっ掻き廻わさ  妙説に牽かさ  無知のさ  同宿をさ  首尾よく踊らさ  呼声に酔わさ  性慾のさ  要求されればさ  から抱かさ  かやうに磔刑にさ  多分お上より触れまはさ  下駄屋にさ  推定もさ  それからふきげんさ  みつをさ  あやしい男をさ  わしもさ  クロはだいじにさ  鍵がさ  はりまはさ  から、かつてにさ  船によこづけにさ  生徒から名前の呼び棄てにさ  一番よけい強くさ  訪問などさ  殺害をさ  陳述がさ  過去がすでにさ  つてはじめて可能にさ  過程として絶えず繰返へさ  實現され得る乃至さ  傾向であるとさ  問題が繰返へさ  必然的歸結とさ  性格によつていかに歪められ醜くさ  どこへさ  瓦斯通路を歩かさ  瓦斯患者とさ  あたりが明るいばかりでさ  記憶にはさ  週期的にさ  あれを嗅がさ  批べればさ  伴侶とさ  時には、そんなにさ  別に呼び棄てにさ  二度目にさ  縦にさ  学校に残らさ  飛躍しようとさ  マゴコロをさ  女中なんかはさ  医者らしくさ  マツ毛をパチパチさ  全てを切なくさ  左右にさ  間に取り結ぶべく余儀なくさ  元素とさ  昔にあったとさえさ  ことができたとさ  カントのだとさ  しか発展はさ  根拠とさ  ビリとさ  道化にさ  何がいったいそうさ  土下座までさ  仕事はさ  身体をもじもじとさ  告白をさ  世間から邪魔をさ  拒絶をさ  野心ばかりを逞しゅうさ  国換えをさ  思案変えをさ  太刀もひっぱずさ  竹刀で喰らわさ  無理強いをさ  焼き討ちにさ  焼き討ちをさ  侮辱でもさ  心を奪おうとさ  紋也にさ  軽快にさ  講演もさ  空間で満さ  最初にさ  区別をさ  仲間とさ  穢多仲間にさ  処に坐って読まさ  活字にはさ  毎度話題にさ  しずかにさ  左右へさ  世の中がさ  舌上におどらさ  掟に従わさ  気持になってさ  ふさはしいとさ  柳にさ  本を読めば必ず賢くさ  折竹をそうさ  録音をさ  盛んに闘わさ  本日出口をさ  人影をほとんど見えなくさ  音ばかりさ  こっちからは見えなくさ  気軽にさ  髪の毛をくしゃくしゃにさ  私たちをほっとさ  先占宣言をさ  死温程度にさ  何かうっとりさ  ひとりでおろおろさ  水晶体によってさ  無言にさ  事は今更取かへさ  読書が当然とさ  華かにさ  生命に甦らさ  死者に甦らさ  首尾をさ  めえにさ  目にばかり逢わさ  嬲り殺しに斬り苛まさ  水仕業ばかりさ  給侍をさ  原稿を、読まさ  最初はよもやに引かさ  もっとはっきりさ  一つ火鉢にさ  顔をにたにたさ  解剖までさ  行つた友達がさ  静けさが観取さ  今ではさ  しかし、そんなにさ  みんなでさ  はしにすわり、だいじにさ  それは勿論さ  己れを偉くさ  人々もさ  非難さえさ  時著わさ  まり明らかにさ  論拠に代えようとするので、大いに困らさ  通用範囲をハッキリさ  総合はさ  哲学をさ  語原が、あまり説き散さ  方法がさ  芥川さんもさ  芥川さんはさ  通弁をして遣さ  作品をさ  物識りになんかさ  兼六公園にさ  船繕いをさ  同情がそうさ  所持金の受取りをさ  独房でさ  締め込みでもさ  ことをいう、そうさ  漁夫たちはそうはさ  同情さえさ  不幸がさ  バカにされさ  學問上ではさ  人を使って、さ  縁切りをさ  釜焚きにさ  魔神とさ  行事とさ  行李詰めにさ  ヤスがそうさ  腕を高々とさ  静平さをとりかへさ  お次もさ  ほりにさ  のを、さうはさ  顔をてかてかさ  塀越しにさ  みをさ  時間がさ  開幕時間がさ  ゴメにさ  一人占めにさ  簀巻きにもさ  家探しをさ  小作にさ  開墾をさ  気違扱いにさ  意匠をさ  昼じたくをさ  自由林とさ  仕事を手伝わさ  やつにしたくさ  金兵衛とさ  容易でないとさ  一番火入れなどをさ  ゆっくりしたくさ  若い夫のほれぼれとさ  自分をはっきりさ  七郎左衛門をじっとさ  退却を余儀なくさ  隠退を余儀なくさ  用意なぞをさ  和解をさ  境界をはっきりさ  窓に住むほど女らしいとさ  珠数つなぎにさ  そこに戦わさ  化身だとさ  改変を余儀なくさ  薬種とさ  若衆たちにもさ  龍体を危うくさ  棹にさ  船のをさ  方向を指さそうとさ  文字に記してはいけないとさ  責苦に遇わさ  鬼どもはさ  父母に痛い思ひをさ  世界の秘密とさ  ソッポをむいたりさ  心理的に鋭くさ  国土にさ  屋外のみをさ  文化的意義は、決してさ  粗暴にさ  キチガイにさ  筆記をさ  身請けはさ  何を呑まさ  肺炎にさ  肴とさ  シクジリをさ  日に輝らさ  仕舞つた、何故にさ  我日本國中にさ  世の中にない、何故にさ  此通り水浸しにさ  水責にさ  刑法にさ  氷ヅメにさ  天候に弱らさ  噂などがさ  体当りをさ  別に選挙をさ  ホロロに追い返えさ  訳ぢやありませんが、何時の間にか、さうさ  目をむしゃくしゃさ  サッサッ音をさ  さんにどうさ  地にをさ  彼よりをさ  裡にをさ  天より遣はさ  神宮にさ  斷崖のさ  頂にありき、さ  塞にさ  中にをさ  障礙にさ  言によりて明かなり、さ  心にをさ  皆様をハラハラさ  散々人々をハラハラさ  中味をとりだしたりさ  心までも軽くさ  苦痛であるとさ  官有地なりとさ  寛恕すべきでないとさ  定めとさ  人でなしにさ  珍事であるとさ  同僚から邪魔にさ  時世おくれとさ  文句ももはや眠たいとさ  後指をさ  のが思ひかへさ  土井家からかへさ  幾に対してさ  鳥羽家からさ  支払済だとさ  他人から呼び捨てにさ  是非人々をさ  笑談にさ  おれはさ  それがそうさ  昨日困らさ  くず扱いにさ  火だけを、時々明るくさ  傘がさ  毎月強制積み立てをさ  一様に抱かさ  血みどろにさ  困難さにさ  彼らが鈍らさ  ゴロツキにさ  目だけをパチパチさ  ねじ釘にさ  芸者買いをさ  デッキまでも上がらさ  雪粉によって湿らさ  足をピンピンさ  負傷はさ  生徒が読まさ  両手でさ  薬まで呑まさ  国にさ  人を倦まさ  おまえをさ  感じもさ  分解をさ  原料にさ  代用にさ  ガクゼンとさ  何をつかまさ  クズ糸をつかまさ  粗悪品をつかまさ  キズモノにさ  お伽をさ  整理して、殺されてバラバラにさ  特に化物扱いをさ  職工にさ  尻をモジモジさ  ちか乍ら年にさ  のは、やはりさ  かのぼらしたので、恐らくはさ  あて字からまよはさ  瞼をほんのりとさ  種痘をさ  忠実にさ  智的享楽性に乏しくさ  自活を余儀なくさ  尽力をさ  汗に眩まさ  申合わせをさ  分与しようとさ  帯にさ  ものを歌おうとさ  鼻は引込まさ  角刈にさ  お稽古を聴かさ  観客をはらはらさ  から禁酒をさ  上手とさ  先方へさ  幹事をさ  世間からバカにさ  踊りをさ  筋肉をぴくぴくさ  発頭人にさ  珍らしく居残りをさ  母がやはり居残りにさ  底をぐらぐらさ  橋にさ  くぎづけにさ  さらし首とさ  から手討ちにさ  ふくしゅうのさ  私にそうさ  一人ぼっちにさ  しかめ面なぞをさ  ばらがきにさ  ぱっさりと袈裟掛けにでもさ  あかりがとぼさ  中からくくさ  ねじ向けさせられるにはさ  なんだとか、ちやほやさ  喜びとさ  誘拐をさ  まねなどをさ  もっといかものをつかまさ  人一人身投げをさ  松葉燻しぐらいにはさ  女たちをうっとりさ  自尊心がさ  錯覚にさ  耳をあかくさ  一日中電話を聴かさ  ひとから優しくさ  さびしさがさ  銀造をぽうっとさ  番入りをさ  贅沢もさ  両親に知れて、うむを云わさ  手を湿らさ  はじにさ  かたわらにさ  女どもからちやほやさ  クリ音をさ  京見物をさ  詫をして取らさ  小出しにさ  暑い思いをさ  目をぱちくりとさ  長じゅばんをなまめかしくちらちらさ  ように、くくさ  涜がさ  尾崎君はさ  遅鈍にさ  底をすっとさ  汗びたしにさ  殿さま扱いにさ  生徒にさ  軒燈に輝らさ  気性のさ  おらとこでどうさ  樹幹にさ  村外にさ  人から別物扱にさ  閾にさ  私はをさ  ものは、をさ  君をそうさ  占取さ  なつてつかはさ  鐘がさ  足をひくひくさ  きりとうさんくさ  驚きを味わわさ  困難とさ  我々はさ  手もとにさ  赤面し、しかし、いくぶんさ  横すわりにさ  蝋色鞘をさ  心をはらはらとさ  活字にさ  あからさまにさ  彼女の満さ  すべてみな空しくさ  評価が覆えさ  変化がさ  んが、さ  昔青山にさ  相撲をさ  かまされようとまでさ  自白を余儀なくさ  節鳴りをさ  一切は考えなくともよいとさ  娘たちなどを、入びたりにさ  狂人とさ  上にはおらせ、やっと引き入さ  目をきょときょとさ  右門にさ  親分ののさ  平生先生呼ばわりをさ  各自巧みにさ  高手小手にくくさ  じい地響をさ  勉強部屋にさ  雨も洩さ  詰責でもさ  首にさし廻わさ  差遣わさ  彼に遣はさ  足あれば足る、さ  左を照さ  御前にさ  とくにさ  皆岸にさ  自ら身をさ  新婦にさ  搖がさ  志よりさ  神より遣はさ  ため天使ガブリエル神より遣はさ  詩神等にさ  祈願をさ  一刻千金もなんのその、ひとり寝をさ  チョボにさ  病気にまでさ  胸をぎくりとさ  努力をさ  中ごろ北国にさ  称へさ  卒へさ  遠出をさ  道中をさ  かのう身分がそうさ  今無用にさ  あだ名をさ  災難がござりまするか、つまらぬあだをさ  正気にさ  場所をさ  御馳走をさ  頃にさ  帯のさ  一たん水中へさ  子細でさ  裳裾をちらちらさ  以後きっとかようなまねいたさ  叙べさ  八つ橋がさ  悦惚とさ  手がふるえてうまくさ  浮き彫りにさ  蒼白にさ  供べやへさ  速記本で読まさ  高坐で聴かさ  毎日読まさ  雪ずきんもさ  火炙にもさ  弄殺しにさ  銃後を明るくさ  鳥かごをさ  がらをさ  町は淋しくさ  新たに深くさ  事を訊かさ  チョッキをがたっとさ  むかではさ  友だちはさ  婆アからでも、ちやほやさ  散歩をさ  涼みをさ  上にも聴かさ  仕事だけはさ  座へさ  痛切にさ  それ以上のものにさ  事だらうとさ  とも余にさ  暗鬱になるだらう、とさ  猛犬をさ  げにさ  捨て子をさ  まくらにさ  とんとん足音をさ  伝六がくくさ  ひとつなわにくくさ  十四人みんながくくさ  片思いが、ついさ  目ばかりさ  続けざまにさ  買つたのではないか、とさ  中はさ  狼狽へさ  虱にさ  丁稚扱ひはさ  大袈裟にさ  のが聞えるかとさ  お雪伯母がさ  伯父もさ  なつてさすがにさ  殆ど泣き声でさ  場所に於けるよりも一層しつくりした、心ゆくばかりの思ひをさ  兎に角先生にさ  大手術でもさ  光線にほの暗くさ  丁稚にさ  つてからさ  言葉半ばにさ  そでにさ  とくにちらちらさ  旅行がさ  佛學をさ  氣を保たさ  敏活にさ  餘儀無くさ  問題から国外生活を余儀なくさ  お茶なとさ  欲がさ  所業をさ  子供がさ  びんた一つ喰はさ  狂奔でもさ  脚蹴にでもさ  自由気ままにさ  前だれをちらちらさ  こつてもさ  時分はさ  踊りなんてさ  ものがちやほやさ  紙屑籠が肥らさ  名人はだがそうさ  念願がそうさ  希薄にさ  厄介もの扱いにさ  下手人だといって、おなわにさ  とおりおなわにさ  始末もさ  父親をおなわにさ  逃げでもさ  やつらにしたくさ  目違いもさ  これだけずぼしをさ  桂馬ばかりでさ  責め折檻でもさ  虫のさ  征服もさ  飛車落ち程度でさ  方を正しくし、鈍らさ  活躍をさ  番所をさ  勘当でもさ  宿もとへさ  音蔵にさ  かしらがさ  ことを云わさ  ハダカにさ  うの天井にさ  後ねだりなどをさ  鬼ごっこから置きざりにさ  急に若返らせでもさ  関心のさ  要求をさ  腹を立てさせるどころか、そうされればさ  不治のものにさ  彼女もときどき手古摺らさ  間生き生きとさ  雪がさ  雪煙がさ  世間話をさ  世間話でもさ  何かを、さ  お稽古をさ  指名にさ  顯はさ  如くいたはらず、さ  帶をさ  言現はさ  運行にさ  祈りをさ  聖母にさ  敗者に被はさ  否知るに近しとさ  法王シルヴェステル一世にさ  一日となる、さ  藍にさ  陽気にさ  如何に悲しくさ  一つ喰らわさ  家がさ  話材にさ  相手からさ  標本にさ  つて自由にさ  構成がさ  神とさ  統はさ  古典劇作家とさ  近代劇作家とさ  ところでは必ずしもさ  果実を実らさ  主流をさ  日本だけがさ  必要だとさ  世辞的拍手を送るかといへば、決してさ  蔭干しさ  体をのびのびとさ  供出のさ  眼を丸くぱちぱちさ  訓練とさ  部とさ  一緒に聴かさ  彼から一番困らさ  冷静に考へてみるとさ  文化的現象がさ  上演はまださ  断じて沈まないとさ  彼をしてそうさ  動きをさ  働きを強くさ  心臓を強くさ  便利とさ  了解されようとさ  四倍にさ  子供を産むに適しなくさ  御馳走にさ  愚とさ  転化をさ  心を最も淋しくさ  人違をさ  人に洩さ  満洲軍にさ  うつとりとさ  疲れた心をうっとりさ  彼をハッとさ  至難とさ  問題として生きながら干ぼしにさ  八六〇とさ  非難もさ  信吉をふと寂しくさ  好奇心がさ  伊都子にそうさ  人を気障っぽくさ  決然とさ  向こう側でさ  筋書きを読まさ  戸まどいをさ  予想だにさ  上に並ばさ  ちょっと小さくはさ  呼吸の深くさ  地点にもち来らさ  みぞにさ  一番槍とさ  何事にさ  感をいだかさ  いふ仕事をさ  回わさ  採用はさ  太子なりと遣はさ  帯ばさ  あとはさ  附合をさ  佛にさ  穗にさ  ふもとへさ  尾をさ  羽をさ  雁にさ  叉手をさ  妹とさ  もの妹とさ  牛が放ち飼いにさ  心持ちがさ  労役によってさ  独身生活をさ  養育をさ  予期もさ  緩慢にさ  採用せざるを得なくさ  窮乏はさ  必要であるとはさ  泥にさ  樹群のしげきうへにさ  霜にさ  來とさ  さきつくしけるにこそとさ  水をかへさ  髪をさ  北蔭にさ  これには頗る困らさ  対手にさ  楽しみにさ  花をさ  眼を覚まして、ぱちぱちさ  みなから馬鹿にさ  緒言を読まさ  荷物をはこんだりさ  規則ずくめにさ  文献だとさ  さに眩まさ  夢心地にさ  レ恨矣とさ  實父とさ  少年達もさ  猫可愛がりにさ  たじたじにさ  眉をぴりっとさ  主婦が、ふみつけにさ  目下に見られてさ  書き換えをさ  小平太もそうさ  艱難辛苦をさ  おまけにさ  飴煮にさ  順順にさ  いつか鈍らさ  角をまるくさ  而して実際にさ  而してさ  解説とがさ  陰翳、また誤ってさ  通りでさ  メッセンジャーボーイなぞにさ  空転りさ  私は固よりさ  耳をぶらぶらさ  村中引き廻しにさ  学問でもさ  キリストがさ  世界も亦さ  放恣とてもさ  餌壺が満さ  話風を偲ぶよしなしとさ  効果的だとおもわさ  物語に酔わさ  一目瞭然とさ  浮彫りとさ  ことなど、さ  明治二十一年出版とさ  詳にさ  子を刺し殺そうとさ  舌をとおして聴かさ  目頭を熱くさ  佐野槌から引かさ  相手になんかさ  神田一山なりとさ  深刻にさ  穏当とさ  平塚らいてう氏たちによってさ  眼目とさ  表面から退潮を余儀なくさ  上で賢いとさ  魚雷を喰わさ  アッパーカットを喰わさ  三りんぼう扱いにさ  彼を生き難くさ  九時時分にさ  スッテンテンにさ  報復をさ  素干にさ  連中だとさ  職業上からエタ仲間にさ  ように優しくさ  瀬踏みをさ  夫には優しくさ  鬮引きをさ  夫婦二人きりにさ  算用をさ  一句も洩さ  聞放しをさ  特殊扱いにさ  興味に釣られて一気に読まさ  ところで開け放しにさ  歯を黒め得ざりしと言えるをさ  ガランドウがさ  裸参りをさ  周旋をさ  家でのみさ  留守居でもさ  公家方から談判をさ  面白い遊びをさ  特許をさ  から一つ按摩をさ  気になって、さ  漢学ばかりさ  断えにさ  昇級をさ  そこでさ  修養をさ  何事もさ  五日ばかりもさ  入湯をさ  事にもさ  一歩も踏込まさ  平民扱いにさ  説諭をさ  留任をさ  仕出しをさ  外学問をさ  教えをさ  伝習はさ  運動してそうさ  面倒をさ  卒業はさ  選句をさ  不作をさ  盃の取やりをさ  解決もさ  人々にもはっきりさ  学徒出征をさ  ために、いっそう強くさ  意識をはっきりさ  身につまさ  風景を描くにさ  福をさ  ボオイがさ  髭をさ  往生をさ  喋舌りをしはじめさ  家中をさ  作品を生き生きとさ  にのたまつたまなじりをぱちぱちさ  安楽にさ  みがきものでもさ  なりにさ  みんなから、ちやほやさ  おばさん、どうぞなにかさ  一生らくにさ  顔をなぜあかくさ  ちょっと口をもぐもぐさ  間もないほど弾かさ  安来節を踊らさ  無理に握らさ  愛にも惹かさ  借銭をかへさ  昼間はないたり、さえずったりさ  夜にかぎってないたり、さえずったりさ  なかはさ  エミリアンへさ  混乱させ、どうしてよいか分らなくさ  ツモリでも、そうさ  名を呼びずてにさ  洪水にさ  ドンドン音をさ  探偵小説を読まさ  壞はさ  心をわくわくさ  全身を押し詰まさ  七月号に分載さ  通り、さ  後日爆撃が始まつてみるとさ  誰でも、当然さ  風のしらべにさ  もう一度讀みかへさ  糸瓜とさ  依存的にさ  道にさ  豊富にもさ  時苦労をさ  生活のたしにさ  伝承がさ  天井へ釣るさ  乱暴なさ  染料とさ  悪病のさ  天井から釣るさ  宙に釣るさ  染料にさ  処刑をさ  晒し物にさ  歓迎などはさ  瞞くらかさ  妙にだるくさ  殺生をさ  泥道にさ  馴らわさ  テーブルスピーチをさ  大あくびをさ  手法をまず覚えるべく余儀なくさ  舟というか、よもや引かさ  開眼をさ  人はハラハラさ  落書きをさ  声とさ  体中をブルブルさ  水車場多し、さ  国は治らさ  川もをさ  國は治らさ  一杯に満さ  ギヨロリとさ  一度はさ  独りぼっちにさ  器用に手早にさ  うしにさ  ピリピリッとさ  すき見をさ  風に酔わさ  何だか若い命を短くさ  ポカリと喰わさ  事もさ  決断をつけようとさ  連想に追ひ被さ  なつてしまふかも知れないなどとさ  ヤマにさ  俺にはさ  震いをさ  私もよもやに引かさ  敬虔にさせ、しみじみとさ  考え深くさ  究明発展はさ  新にもさ  無腰にさ  嫌いにさ  シミジミ味わさ  配給したり、さ  強制したりさ  正系とさ  一軒づつ別にさ  二日酔をさ  ひとり歩きをさ  今考へるとさ  豊有にさ  私達にはさ  ムツとさ  念の為にさ  つて不愉快にさ  一巻を著わさ  過去のものを蘇らせ、生きながらへさ  ものを蘇らせ、生きながらへさ  宗教がさ  倫理學がさ  支柱であるとさ  半分であるとさ  人間的にさ  嫉妬においてすらさ  敬虔なとさ  敬虔にさ  濫費においてすでにさ  秩序はさ  ドゥリームはさ  僞善者とさ  想像はすっかり覆がえさ  鞏固にさ  一網打尽にさ  薬が含まさ  らとさ  安東とさ  中では最もうまいとさ  胸のふくらみを感じるのであつたが、同時にさ  目をわるくさ  はしにさ  周圍にさ  態度もさ  ら目つきもさ  人間によつてまはさ  蓋を明けたり閉めたりさ  ために余儀なくさ  火炙りにさ  鼻をふんふんさ  彼等を呼びかへさ  鷲掴みにさ  時から百姓をさ  全然目かくしさ  坑夫がさ  華美とさ  伏魔殿とさ  賭物とさ  不義とさ  名で呼ばさ  病気を一層重くさ  私達人民一般は、さ  勤労動員がさ  必要でないとさ  特殊預金とさ  みんな秘密にさ  真実の償いがさ  供出をさ  しろ支払わさ  封鎖洩れとさ  子供数五人とさ  人民投票をさ  ためであるとさ  仲間われをさ  面前で闘わさ  邸を出ようとさ  人造人間エフ氏からさ  入場をさ  話相手をさ  べりべりとさ  用もなささ  競馬にさ  エリザベス女王をうっとりさ  値ぶみさ  驚嘆し、そして、うっとりさ  越権者にさ  相手を充分ぎょっとさ  決定的にはっきりさ  立場を、はっきりさ  倚りかかってもよいとさ  心境をはっきりさ  彼女をはっとさ  場席にいたたまれなくさ  順ぐりあと廻しにさ  誰しもがさ  色あげをさ  死骸にさ  心痛をさ  三日で書かさ  大量輸出をさ  とおり消灯もさ  スパイ扱いにさ  博士はこれから、どうさ  覚悟をさ  胴あげにさ  震動をさ  上向きにさ  岸にさ  露知らず、冷たくさ  唱門師がさ  中で焼け死なうとさ  皆祝詞がさうさ  力が、さうさ  言をさ  ちがいをさ  こなごなにさ  まわり道をさ  一定額以上兄さんに立て替えをさ  誇張もさ  キョロリとさ  プラスとさ  ひとり占めにさ  膝おしすすめて喋ろうとさ  早おきがずっとさ  ところを一層はっきりさ  代筆させない、さ  愕きが新たにさ  ものは全くさ  猫とさ  から人にさ  脚をびくりとさ  不明瞭にさ  ニャーニャとさ  足元をさ  価値を低くさ  部門から駆逐しようとさ  かきかたがさ  縁談とさ  青年たちがひよつとすると、あのえるさ  いふ人がさ  人が現れて来るだらう、おそらくさ  にがりを啜らさ  神道にさ  堕胎をさ  心労をさ  死神は、えてさ  山の下からさ  傳統的美風とさ  お前さんもさ  判断するかといえば、描こうとさ  包括されればさ  消毒はさ  こちらではまごつかさ  下へとさ  後始末がさ  強制的にさ  子守のみさ  仕事のみをさ  お嬢さん達が面倒くさ  水を一杯汲まさ  こちらでさ  加減なみかたをさ  はたをハラハラさ  邪険にさ  速力を鈍らさ  静粛にさ  会員にはさ  僕なんぞは頻りにさ  拵へたいとさ  文学がさ  事柄から私を縁遠くさ  ときでもさ  かんしんさ  全然患わさ  こころを寂しくさ  言にさ  連続映画に引かさ  昔話にさ  戸籍とさ  日労系とさ  小作争議をかけ回らさ  一しょくたにさ  子守りばかりさ  監督などを手伝わさ  ナタ豆まできざまさ  こを作らさ  自白などをさ  もっと立派にさ  私たちを淋しくさ  皆から相手にさ  笛に踊らさ  分析がさ  親類にさ  実地検査をさ  サロンがあるかと思へばさ  己がさ  あなたに迷はさ  つてあなたに迷はさ  昔から動悸をさ  わたくしにさ  嚥込み嚥込み眼をパチパチさ  タメ息をさ  生活を送りたりしにさ  百姓をさ  匂つて來て胸苦しくさ  彼等のをさ  やり直しをさ  総監督をさ  高橋にさ  言つたのはさ  言ふとすると、まあさ  先方もさ  今は必ずしもさ  老人はさ  母なんかさ  日劍持がさ  働きかけがさ  代表があつまってさ  仕事がさ  出版物を守ろうとしてさ  上から危期とさ  点でも明かにさ  やうに思はれますが、決してさ  人物がさ  平凡にさ  戯曲とさ  一部門とさ  舞台がさ  彷徨を余儀なくさ  本分とさ  起源だとさ  やうに仕向けたとさ  先駆をなしたとさ  問題としてはさ  誤りからさ  趣味的見栄にさ  効果とさ  傑作とさ  程度に満さ  困難であるとさ  異国情調に富むを以てよしとさ  標準にすれば勿論さ  デッサンがさ  席亭にさ  晩年にさ  今日は必ずしもさ  それは慎まねばならぬとさ  俳優がさ  鎖をさ  貼り紙がさ  開眼はさ  心構えすらぐらつかさ  人間から大事にさ  仔細を聞くと、さ  御供を御さ  縛り首にさ  特に大きくさ  自然であるとさ  ことを云い、その、さ  経師屋でふちどりをさ  可哀想、さ  うちにしっかりさ  余りエハガキなどにさ  レンブラント伝とさ  眼もはっきりさ  選択はさ  肥沃にさ  研究はさ  感じをくっきりさ  満々とさ  だって大した骨折りをさ  波及はさ  ところでちらちらさ  力以上のものをかつがさ  ぺしゃんこにさ  みんな魚にさ  荒野にさ  逮捕なんかさ  机にさ  落着きを失わさ  眼をちかちかさ  思いがそうさ  下宿人たちによって味わわさ  完全にはっきりさ  接吻がさ  まり有頂天にさ  邪魔もさ  さではなく、むしろこもった、息苦しくさ  さを思い出ささ  相談はほとんどさ  そうにぴくぴくさ  区別できなくさ  きりにさ  一歩とさ  役目からおはらい箱にさ  世界秩序にさ  口もとをぴくぴくさ  つぶやくままにさ  一まとめにさ  支店長代理にまかせざるをえなくさ  決定をさ  理解している、と言って、そうさ  特別扱にさ  仮綴にして配られなどさ  見舞として遣さ  設計などをさ  御返事にさ  候しるしまでにさ  森さまへさ  扱ひにさ  世上にさ  作家とさ  ふんですとさ  本にさ  感心なさ  使いとさ  大半虜掠さ  遠慮深くさ  母から何か切りかえさ  體其時代においてさ  打ちをさ  言つて居りますが多分さ  其一面においてさ  僕等もさ  使者を遣はさ  經典であるとさ  打破しようとさ  處からさ  ぶんあなたに苦労をさ  ひだにさ  実相をさとらさ  鳥籠をさ  口真似をさ  王女はよく口惜しい思ひをさ  新京へさ  殆ど人間大にさ  目をぎょろぎょろさ  線をはっきりさ  ことをよぎなくさ  政論をさ  作家気質がふっとばさ  判断によってさ  一つでしょう、ピョンピョンはねろよチクリとさ  独立をさ  米とさ  テカリとさ  必然があり、又そうさ  スイセンはさ  貧弱にさ  車輪の入れかえなんかさ  もっともっと大切にさ  ますたうべさ  単純です、ふっとばさ  反省はさ  丸刈にさ  わたしをのんびりさ  さこそさ  はいとヒラヒラさ  年寄から気違い扱いをさ  女とさ  愛慾に惹かさ  押っ被さ  印象記憶がさ  まま乞食をさ  徳市にさ  易へさ  家に到るまで果してさ  据ゑる樣にさ  事へさ  闘はさ  つた人にさ  外出にさ  封印だけがかたくさ  一度も聴かさ  男をおろおろさ  頭を暗くされ続けにさ  飾りのさ  用を多くさ  妾は別段に怪しみもしないで、さ  ようにニッコリさ  何度もハラハラさ  云つて眼くばせをさ  古語も蘇らさ  新聞をひろげてゴソゴソさ  救済をさ  集合をさ  一寸でも優しくさ  房のさ  頭をふらふらさ  店いっぱいにさ  不運がそうさ  飯のしたくをさ  沙汰にさ  スウとさ  薄情にさ  公儀にさ  居続けもさ  一杯喰べさ  間男でもさ  子どもまで生まさ  晒し者にまでさ  後々、あだをさ  怪我はさ  愛執がさ  越前守から、それとなく訊かさ  お姫様にさ  専にさ  封だけさ  音楽的でうっとりさ  體がさ  來はさ  調べをさ  スポットライトを当てさ  根柢にさ  芸者にさ  市民から馬鹿にさ  発達をさ  注意がさ  丁打をさ  天神橋はこはさ  襲ねさ  信貴越をさ  交尾をさ  研究さえさ  顔でもさ  幸福は覆えさ  なにさなにさ  後手へ廻わさ  背後から猿轡を噛まさ  先廻わりをさ  桔梗様は廻わさ  來てさ  揺かさ  様子をそわそわさ  時から今日まで背負わさ  死ぬまで背負わさ  思い通りにさ  事情に余儀なくさ  一生を薄暗くさ  材木を背負わさ  出血を余儀なくさ  要因に重くさ  ずる音をさ  世をさ  好き正月をさ  止めをさ  松にさ  飯喰べさ  ソッとさ  形象がさ  日も漏さ  忘れ物をさ  暇を遣さ  爪印をさ  國家を大きくさ  樹にさ  俣にさ  神に副えて遣さ  誤謬が多くなり正しい傳えを失しているとさ  一〇三うずにさ  三わにさ  奮闘をよぎなくさ  らいでもさ  スキーで歩かさ  姿は眩まさ  大鵬と存じたにさ  役までさ  トゥロットは、では、あゝ、きつとさ  子がさ  三日月パンをしめらさ  罪悪だとさ  彼はあくまでさ  反射的にさ  不親切な面倒くさ  権威が踏みつけにさ  一時隠退を余儀なくさ  見返りもさ  のではあるまいか、とさ  願いはすげなくさ  のかと一々たずねて困らさ  蛇たちのさ  御供をさ  お話まで堂々とさ  議論としてさ  二人炬燵にさ  歯にさ  子供を委すべく余儀なくさ  運動とさ  項目を加えようとさ  ことを考えれば、いろいろ気づかさ  一にはっきりさ  作者もありますまいが、万一さ  事、さ  ビクッとさ  ビクンとさ  ものに押されて、ジリジリとさ  馬差し遣はさ  がやがや話声をさ  砂浜にさ  印刷にさ  それすらさ  親切をさ  病はしたりさ  使として遣さ  市もさ  母だとさ  鬼にさ  磔に遇わさ  発見しながら、強いて探そうとさ  コンナ忠告をさ  隠れ遊びをさ  御膳にさ  介抱ばかりさ  気持ちを一層はっきりさ  心持ちにさ  舞人まひけれども、さ  文答師とさ  むしろにすわらさ  ところだとさ  あり得ないとさ  具体的にさ  点づけさ  使いをさ  鬱憤を洩さ  半にさ  井尻村にさ  ように白くさ  見物にさ  めはどうさ  塀外にさ  先刻のさ  廻り路をさ  心遣いがそうさ  切断せさ  上程をさ  扉にさ  不渡りにさ  においを嗅がさ  肩身をせまくさ  心を染まさ  合点致しておりまする、さ  命令けてさ  内々含めてさ  婆はたといどうさ  妾がさ  病人あしらいにさ  三つの意味を有するとさ  本願をさ  類は、剰さ  百夜夜ごもりさ  弟子さんとさ  無我夢中で書かさ  當過ぎてゐるのに登校をさ  間牛にさ  しようもなささ  側にさ  客ひき番頭をさ  小杉さんはさ  旅はさ  目をハッキリさ  禍をさ  ため息が、さうさ  感覚によつて蘇らさ  凍死でもさ  鉄砲は避けもさ  みんな反古にさ  我々にさ  其以前にさ  人々をさ  其間にとりかはさ  乳牛は、どうさ  雨たたきにさ  毎年くり返へさ  様にしようと考へ、又、実際にさ  言はれるが、決してさ  語であると信じて居るが、恐らくさ  襟巻にさ  暁はくりかへさ  批判にさ  上にも苛苛さ  承知をさ  訃音を聴かさ  其艶なるにまよはさ  俄にさ  袂にさ  兄さんだとさ  仕様なければ、どうにかしてかへさ  今宮にさ  お側にさ  足音もさ  季節にさ  万葉では既にさ  格子戸を開けるにさ  苅株のみが鋤きかへさ  舶来品扱ひにさ  店先にならばさ  出来事をさ  山塞でさ  牛はさ  ピク、さ  ときとさ  さびしい思ひをさ  置換をさ  紳士にさ  教授をさ  出品もさ  見取りもさ  制御されればさ  はつきり知らずにさ  はつきり理解せずにさ  危ふくそれを信じようとさ  追跡をあきらめようかとさ  法師円寂とさ  彼をしてやむなくさ  覚悟はさ  焼鳥にさ  愚にさ  偶像義貞にさ  回顧をさ  所だとさ  爼上にさ  邪道とさ  襲つてクシャミをさ  ちよいとさ  身びいきにさ  ウヤムラにさ  却つて成功をさ  南風氏をさ  一見写実的方法には見えるがさ  女に決してさ  十回通はさ  二十回通はさ  松園氏自身もさ  作品を描かなかつたのであらうか、否、決してさ  つた気分にさ  画中の人物を、時に戦はさ  人柄がさ  曾つてはさ  概念とさ  美術雑誌にさ  徳岡氏はさ  道筋は当然さ  放庵はさ  福田氏はさ  構図にもつてゆかさ  観覚をさんざんもち運ばさ  つた批評をさ  一見幼稚さうに見えて決してさ  団体はさ  橋本氏はさ  向もあるが決してさ  やうに見受けられる、しかし決してさ  日本画評はさ  誠実とさ  扱つたものにさ  人気がさうさ  退位を余儀なくさ  まり重用はさ  さも余儀なくさ  義仲にさ  乱賊にさ  合載さ  献金までさ  悲劇を余儀なくさ  不審ともさ  註考もさ  事蹟をはっきりさ  づれば世にさ  飾り傘をさ  御陵とさ  絵を描かさ  女たちにはさ  一三四〇年ごろとさ  要塞地帯時代にビクビクさ  あと戻りを余儀なくさ  心理がさ  奪回をさ  云つて眼を覚まささ  穴を掘らさ  ことだわねさ  へんだわさ  んだわきつとさ  んだなあさ  計算してゐるでせうほんとにさ  生へるとさ  火星にさ  わけぢやきつとさ  床にさ  なんでも見られるわさ  具とのみさ  骨法をとっているとさ  定規とさ  殆どないとさ  修行法とさ  座右の銘とさ  筆にさ  助け合いがさ  なるたけじいっとさ  関にひどくさ  装もさ  仲違いをさ  頑なにさ  此那仕事をさ  思いやり深くさ  歯をチラチラさ  おりをさ  胸まで熱くさ  水銀を呑まさ  芸惜しみをさ  めあはさ  らはさ  守りとさ  音響をさ  たびか聴かさ  味を決して愉しくさ  除者にさ  応援をさ  口鬚ひくひくさ  秘密をさ  ひらひらとさ  自殺かをはっきりさ  研究費に頼ろうとさ  肉付けをさ  泥棒がさ  一方にさ  沈痛さは軽くさ  行動がさ  反抗でもあってさ  自在にさ  溝水を呑まさ  今時都心をさ  じい地響きをさ  ともよにそうさ  やす、早く帰してやってつかあさ  實世界は無論さ  一串にさ  五月にさ  岩にさ  内でも引っこぬきなんかさ  ポーとさ  素通りはさ  ピオニェール分隊でさ  共学なんぞさ  身に抜け駈けさ  それに牽かさ  血に酔わさ  幹事がさ  憐む材料にさ  上方者はさ  與へさ  宿帳を書かさ  そのしやくにさ  いふが必ずしもさ  國民扱ひをさ  話なんてさ  医者さまにさ  皆に欺かさ  合にさ  君にはさ  世間一般にさ  マイナス十五点をしよはさ  感情が潜まさ  弟子入をさ  恐怖ばかりに満さ  勘当までさ  寒い心持をさ  大人たちにさかだちをさ  聖者なんかにさ  聖者にさ  首領にさ  手づかみにさ  全部女によってさ  夜業をさ  教室においてばかりさ  驚き方をさ  來たが、どうかするとさ  どこかにさ  鳥打をかぶらさ  河風にヒラヒラさ  イガミ合いをさ  山道にさ  生のさ  本当のものにさ  感覚的要求ばかりが日に日に強くさ  眼をぐるぐるさ  中央にさ  言葉をしゃにむに読まさ  紅つけたとさ  お母さん美濃縞織りにさ  嘗つて實際にさ  涼しい音をさ  ようはさ  歓びに満さ  邪魔はさ  智慧を得てひくくさ  ことをして、又どんな祟りをさ  そう感心をさ  瞬をさ  眼ざしさ  時儀をさ  仏前にさ  卑屈がさ  勇気がさ  自覚がさ  本能のさ  お座敷でも聴かさ  ことも本当にさ  単純にさ  附文位はさ  手つづきまでさ  知らんぷりをさ  おきから母にやさしくさ  世間から後指をさ  様子を聞くと、まださ  にわか盲にさ  贔屓になって、とうとう引かさ  報告を聴かさ  クビにでもさ  つていくらでもさ  皆から笑い草にさ  人工流産をさ  流産をさ  一存によって生かしも殺しもさ  治安はこうさ  ビリッとさ  張り番をさ  推定をさ  人物批判をさ  歪曲が余儀なくさ  確信をもってさ  要求が満さ  ものをつかまさ  価値少しさ  私達はすわらさ  毛髪をくしゃくしゃにさ  彼にうまくさ  そのまま一人きりにさ  ちょっと不安にさ  裏がえしにさ  青年にさ  思做でさ  夫人をさ  くしやにさ  めちやくちやにさ  裏がへしにさ  外れにさ  妾にさ  力にさ  救助をさ  膏薬代をさ  身の上話さえさ  心を、わくわくさ  顫えさ  ハンモックが釣るさ  酔がさ  晩にさ  云ふことはさ  たんぼにさ  王子は帰ろうとさ  溜飲がさ  亀はさ  狸汁にさ  色白にさ  兎はさ  噂にさ  世話を受持たさ  お婆さんにさ  そんなのは気焔にさ  誰かにいたづらさ  ぢがいつかさ  まんまるい眼をぱちくりさ  浦島も、或ひはさ  溜飮がさ  氣持はさ  龜はさ  そんなのは氣焔にさ  みんなからばかにさ  姫御輿にさ  否応言はさ  払ふことさ  主とさ  心臓をぞっとさ  提唱がさ  面で貧しくさ  廊下をさ  事もなげにさ  お母様もさ  幻惑にまどはさ  それよりさ  受難を余儀なくさ  近眼をぽかんとさ  何本もの赤布が長くさ  猫をさ  水漬けにさ  昂然とさ  へんに吐きたくさ  群集がさ  音にぞっとさ  私をどきんとさ  片端から悩殺し、やきもきさ  横ちょにさ  腹当てをさ  すべて仏蘭西語でさ  両脚をぶらぶらさ  原因に過ぎないとさ  適当とさ  島流しにでもさ  オナラぐらいはさ  津軽貧乏見さ  煙草も吸わさ  言ひまかさ  亡霊に苛まさ  脚どりさ  賛を入れたりなどさ  履音をさ  氣もちにさ  自分勝手にさ  女房から頭ごなしにさ  無用扱いにさ  計画的にさ  一度馬鹿にさ  寸断寸断にさ  魔術に酔わさ  霧に酔わさ  衣裳盗みをさ  滑かにさ  よしあしでさ  罪でさ  性格がさ  一寸見違へさ  感動に満さ  胸を満さ  道草を食うべく余儀なくさ  注意すべく余儀なくさ  標題に引かさ  真中に並ばさ  天から余儀なくさ  自宅でさ  以前はなかなかさ  脊負はさ  覺えなどさ  前にきちんと坐らさ  書生のさ  應用問題などに困らさ  みよにさ  刈株のみが鋤きかへさ  舶來品扱ひにさ  解剖をさ  なほ心をさ  都大路をさ  そも知らね、なべてをさ  一夜あてにをさ  目を伏せて恐れながらにさ  腫物にさ  外掃除をさ  軽打をさ  計画がさ  朝子からひた隠しにさ  混淆から自然とさ  もつとさ  亡き人のさ  何氣なささうにさ  小犬とさ  いふ行動をさ  人物も案外さ  庄吉がさ  芸術はさ  ガチャリとさ  心事はさ  土地が掘り返されて作づけさ  どっちかというと暗くさ  あとから訂正なぞはさ  議論もさ  のを穿かさ  職業を通してさ  保険がさ  幻影に惹かさ  上に組合わさ  暇乞をさ  操縱をさ  體力的にさ  眞實にさ  先もさ  生涯にさ  獨身をやむなくさ  茶摘みをさ  分業から、すでにさ  個性にさ  本質がさ  消化もさ  世界が知らず知らずにさ  どれ程強くさ  惡筆がさ  殊にさ  竹田にさ  はりは、まだまださ  ぼくなどにさ  吉屋信子さんにさ  男から相手にさ  繪にさ  コースにさ  讀者はさ  小さい人がさ  永遠に新しいかといふと決してさ  いふに決してさ  つて次第にさ  もの、あるひはさ  愛好にさ  演出をさ  一つ足蹴にさ  あいさつをさ  プランをさ  勝負師にはさ  ぼくらにさ  家へさ  わけでもなささ  怪訝な思ひをさ  標準語にさ  結婚式をさ  應接間でさ  ほころびをさ  食いものにさ  入院でも、さ  はいをさ  イィをさ  脚をぶらんぶらんさ  体臭をぷんぷんさ  身体をもじもじさ  臭いをぷんぷんさ  インタアカレッジで漕がさ  フランソア君もさ  夫だけにさ  前で、さ  恥かしい思ひをさ  処がさ  秋小口はさ  療法をさ  機会によって覆えさ  余り往訪外出はさ  牢門のさ  溪に向かって回らさ  ことをいい触らさ  断片もさ  内容はさ  思想がさ  コクトオですらさ  好みがさ  牧野信一がさ  ドストエフスキーがさ  つて文章にさ  方向がさ  彼が当然さ  さんもさ  儲をさ  かんぬきをさ  本心を、はっきりさ  招待もさ  のが観取さ  薄情だとさ  物品扱いをさ  別物扱ひにさ  つた仇打ちをさ  冬子がさ  冬子が突然さ  藤棚のさ  シェクスピアにさ  市井婦女子をうっとりさ  努力がちっともさ  運命にさ  表現はさ  手いれさ  領域であるとさ  私はあんまりさ  開国にさ  枝にさ  春ちやんをハラハラさ  幸ちやんはさ  非常に悪くさ  それをぱっとさ  虚とさ  給仕だけはさ  片手にさ  記事に迄さ  支拂はさ  不快な思ひをさ  餘計者にさ  ことばかりさ  父母にさ  らるるにはあらざるかとさ  子のつつがなくかへさ  一大事にさ  一人だとさ  月評にさ  小説にさ  落第でもさ  社員にさ  貴方樣もさ  自殺しようかとさ  船長にさ  誰やらがさ  主義がさ  手下にさ  水葬にさ  怪老人に、一杯喰わさ  不満とは云わさ  試験台にさ  運命的とさ  ゴオチエがさ  多く支払わさ  模範にさ  辛抱をさ  響にさ  のらくら者にさ  弔るさ  所にさ  飴玉でもしやぶらさ  これはもう当然さ  殆ど全くさ  仇討をさ  みんな根こぎにさ  話はかつて聴かさ  位信任をさ  敵がさ  厚硝子を破さ  海水浴をさ  温浴をさ  それとさ  あまり声をたてようとさ  南京ねずみにさ  ひとりだとさ  サミユル先生は、どうさ  内外にはっきりさ  運動を縮みさ  鉢がさ  まり趣向を凝さ  仕上げはさ  

副詞

[副詞] ~ 1
さア  さうさ  さびしきすさびするゆゑに  さうしてゐて  さうして  さアて  さうに  ささの  さむうゆれだした  さほさ  さかさまで  さつては  さびしさにたへて  さびしいとばかりはいひきれないものが  さしみも  さうに背後へ  さうに母を  さびしいといふよりもかなしい散歩  さあい  さあみんな  さあいこ  さあゆこ  さア此方へ  さア申訳が  さよう  さア殿様スッパリと  さア百両の  さア余り不思議  さアお前に  さア源次郎  さ丹  さてこ  さはいへど  さ迷  さかしら  さびしさにおうおうとふるへる二ひきの  さびしさにくひしばる犬は  さびしいこほろぎのなくのをききます  さやぎを  さすすめら  さうだつ  さうに私の  さいさきが  さめんほど  さア此處へ  さアここへ  さ加減を  さうに舞つて  さツ  さつて  さうに娘の  さうし  ささかも  さしわ  さこれを  さ加減に  さびしがつた  さうしては  さへた  さア鍵は  さつて目星  さうになつ  さように  さアこれより  さア子  さア子は  さむがためなり  さやう  さびしくまはつて  さうにかかへて  さ頭ば  さ遊びに  さうしてゐ  さ行げ  さ行ぎたい  さ行げば  さアが  さアは  さア呼ばら  さうの様で  さかさに  さうしたま  さうに言  さ加減は  さうに髪の毛を  さ姿  さッと  さッさと  さッ  さッぱり影が  さッぱり  さアさア  さアみんなも  さア一大事  さア子供達  さしみの  さざめ雪かと  さうに顔を  さうにくすりと  さうに彼女の  さ自身の  さうしてこの  さうに風早學士の  さはいへ  さざら  さうどすえなあ  さうに老人を  さこれは  さあれ  さホッホ  さ行ぐべし  さうに云  さうに鏡子の  さ加減が  さッきの使屋の  さア御前  さアさアお先へ  さアこちらへ  さ加減と  さはつ  さうにフツと  さ位胸糞の  さうさね  さア此処を  さ限り  さはかにて  さ方雪子  さあそこ  さうじや  さアと  さやうに  さアその後が  さつた貝が  さむら  さびしききはみ  さうに何べ  さうにそれに  さア使の  さいつお  さうだつたら  さ加減にも  さ來て  さうさ此の  さア今夜は  さやぎ  さお前さん  さうにジロ  さうに目を  さ驚いちや  さうに答へ  さうに氣  さ行ぐのに  さ行ぐん  さアお前らぼんやり  さうに首を  さはい  さあいか  さうだつたか  さ夜  さうにおん  さーッと  さうさへ  さッキ十二時を  さうに一方ばかりを  さ隱  さア喜捨  さ霧の  さア神戸  さいさき  さあいつでも  さあとは  さーツ  さーッ  さア遠慮  さうだつてね  さア一と  さうに笑つて  さア刃物を  さアね  さうに笑  さほか  さうだつたらい  さうに店へ  さうに赤子を  さうに良人は  さマルや  さ引ツ  さア村の  さアおやすみ  さうだつけ  さアそれから  さア丸が  さうに答へて  さうに傍目も  さ加減  さうに舌を  さざるを  さア使賃に  さッきのセリフには  さッそく支度を  さ新鮮さが  さあれそこの  さかいに  さかいである  さかいにすら  さかいには  さかい  さ此方へ  さア皆  さびをさうした  さ牡鹿の  さざん花や  さア此奴が  さア何  さア立ちねえ  さア是じゃ  さアこれで  さア此の  さア訳を  さア馬に  さア其処が  さア友達に  さア挨拶を  さア此奴らア  さア坊主  さア小兼覚悟しろ  さア蝋燭が  さア一緒に  さア小兼  さア皆は  さア女の  さア悪性男此方へ  さア速かに  さ周玄これへ  さア手前の  さそくに  さうしてこ  さからわず  さうだつけな  さ程  さ泣面  さア此処へ  さア案内しろと  さア山平殿  さア奉公人は  さア正太  さア一つ災が  さア一杯  さア私も  さア出ろ  さア奥へ  さアこれは  さア誰が  さア出ろと  さア是から家まで  さア是  さア此処に  さ私は  さ己が  さア金を  さア此処は  さア金  さア是から  さこれ能  さア汝も  さア兄様  さうに鍬を  さうだつたかなあ  さうにのぞき  さあそこで  さうにも  さ程に  さ程平常を  さ行ぐんだで  さ何ん  さうに吐息を  さびしげにかれは笑つた  さ青に  さあま  さ沼森め  さア貰  さア何が  さアどうでしょうかな  さアこっちへ  さ行ぐと  さあおりて  さびしくてかないません  さア自分  さしか  さそのものの  さうしようとは  さうに空を  さッきのアレ  さあと土に  さあと  さかさにな  さうに順吉の  さア名主へ  さ一緒に  さア手前は  さアお前さんは  さア旦那様を  さア山国では  さア突出  さア同道  さア樽屋さん  さア其人は  さ来年に  さア民さん  さアとの  さアお上ん  さア政夫さん  さアさ  さアさ日暮れぢや  さーっと  さあそこへ  さア明日は  ささば  さうに違  さうに背中をか  さうし給へ  さあれ如此に  さッぱりと  さあれ人間  さッこれいくら  さア大変秋山を  さ程不思議  さ程気に  さ嫁に  さ行ぐより  さしみに  さうに主人の  さあいいが  さツさと  さうしたみ  さうに木節が  ささへ  さぎぬに  さいやの  さア祝杯  さア乾杯  さーん  さあと声が  さうしたかの  さびしかるらむ  さびしいたましひのほほゑみでの  さあれなほもの  さざら波  さあれ葦  さうに泥が  さ加減さえ  さア美智子  さ形木綿等  さうに吾  さ僕が  さハハハハ  さびしうございますでな  さうつ  さうに何か  さうに傍に  さあゆ  さア寿子  さうしようと  さうさねえ  さおの北側へ  さうにあたりを  さア初めろと  さ加減ぐらいは  さッそく返事を  さうに私を  さあと慨嘆  さア出発  さア静かに  さ以上のものの  さうだつて  さー  さ庭べの  さもの  さうに相違  さうしちや  さ加減の  さあいけねえ  さア餅  さアーて  さあと阿賀妻を  さ以外  さア一つ  ささも  さうだつてねえ  さうに房一を  さうに大小の  さあれ兵庫の  さうします  さうに直吉の  さ惨めさが  さうさナ  さ行つて二人で  さアーンと  さ湯を  さアさアと  さうに眺め  さ今までは  さぐりさぐり米友の  ささおりの  さうに花環を  ささが  さアそれが  さびしくなつてやり  さそくの  さしそ  ささら河門水  ささら波輪形の  さむひたひ髪  さしみが  さびしさにたへきれないので一洵居を  さいちゅうの四年前で  さあいつごろ  さぬきや  さびしいよろこびだ  さ床に  さアこっちで  さア食事  さ雨ふりふるさとの  さしみと  さあれ一心に  さうにガスパールは  さざめ言白梅や  さざめ言筋か  さざめ言ほととぎす平安朝を  さッそく神田正彦を  さッそく突ッ  さッそく達也に  さッそく牧田さんに  さッそく留守宅を  さッそく  さッそく仏間に  さッそく仕事に  さッそく塩竈へ  さ知らせに  さびしそうにぽつねんとひとり机に  さぎごげ  さぎごけ  さッきの名  さッそく身支度  さうに子犬を  さうに彼の  さ雀の  さすずめの  さッきの石に  さア旦那からの  さッそく初音サンに  さッそく旅行の  さア皆さん採りッこを  さア嬢様  さッさッと  さア事  さアあちらへ  さア善さん  さア献げ  さアお笑い  さア私  さあれ絶対無限て  さア昼飯に  さ加減以上  ささらと  さ加減で  さ加減も  さーぁ  さうに編物へ  さうに口  さぐりにか  さうに応  さなんどは  さア頂戴  さいさきは  さア二人  さア何処へでも  さアそれを  さア其処  さア乗  さアこれを  さア警察署へ  さア一口召上って  さ旦那さま此方へ  さうに母の  さつたとき  さうずけしきに  さはか  さアそいつは  さうしよう  さぎも白鳥も  さぎというものは  さぎといふものは  さうに窓の  さうには  さうにわらつて女の子に  さしづを  さぬき  さア行き  さ今の  さア大変  さ霧絶え絶えの  さうに大越さんは  さ稼ぎに  さ働きに  さうにねえ  さはかに  さアぼんぼん  さ半分に  さからはずに  さうしていざ  さびしくなりにけり  さうしてる間に  さうに小言を  さアそれは  さ心も  さぎ  さ勤  さ行が  さうに二三度頭を  さみどりに  ささらの  さびしくてさびしくて  さうに女の  さあと二叉に  ささらがた錦の  さもと  さからめんと  さうに何かの  さ飯を  さアここで  さぐりさぐりおりて往  さーんと  さびしそうなようすをして  さぐりさぐりに  さア私は  さびしくてたまらないからはしゃいでるんだよ  さうた  さかしらは  さうかつて  さはくりかへ  さあれなほ梢はにほ  さ言  さ加減より  ささだ男に  ささだ男と  ささだ男も  さうだつたかしら  さいふを  さいちゅう  さしみにも  さアさアお上りや  さア一本  さあな  さあれ我は  さあれ今は  さはとて  さあれ式こそ  さあじゃ  さア其処で  さうに正吉を  さぎが  さぎだか烏  さ程驚きも  さア大  さみゃく  さうに口を  さアに  さびしげだつた  さ顔向けが  さやうの  さ夜ふけて  さアいまの  さ行がれ  さうに一郎を  ささら  さうに建物を  さやぎて  さつてにでも  さ婚  さ夜は  さ野  さみねの  さぬやまに  さ伴  さがん  さ膝を  さうまたつ  さ彦七さん  さッそくその  さうずらのう  さうたづねかけながら  さ誰かの  さアも  さアてとか  さ候は  さア裏の  さ程子供も  さうしてゐても  さア処の  さ手を  さうに眼を  さうに手を  さうだつたかも  さざんざ松の  さ以上のものが  さうそりや  さあれ風声鶴涙に  さうに新聞の  さア白状  さはりと  さウ  さやうには  さうに空二を  さうにちよ  さみどりの水は  さ蕨が  さ加って  さうに僕の  さッきのかい  さアー  さ母宮と  さゆの名詞法が  さうにニヤ  さ夜中に  さうに講義を  さア飯  さうに蔓を  さうに土瓶  さうさかんに  さ程の  さのは  さあれ予は  さうに見物  さののわたりに  さ置ぐからつて手紙  さ行  さ行つても  さ行つて來  さ行つて  さうしますかな  さうだつけかなあ  さ温順  さあそこの  さ先日ほかの  さア東京へ  さびしいけれどあたゝかい家庭  さびしいけれどやすらかな寝床が  さあと蝙蝠傘を  さうどすえな  さうどすか  さ金吾  さ足を  さ来年まで  さ清らかさを  さうに滝尾に  さうにこちらを  さうに指で  さうど  さうどすえ  さうにニツコリ  さうに美緒を  さぐもり雨は  さかしらを  さうに突立つて  さ加減という  さアや  さうに身構へ  さ/″\  さうに青丸の  さうに質  さッそくでも  さッそく出発  さッそく一同は  さッそく幹部に  さうに彼等を  さうしたかけ  さくりと  さはつて  さはかでは  さいふの  さいふに  さ行ぐってな  さ行ぐものばかりが色々  さ力瘤ば  さ行ぐごとに  さ肩  さ手ば  さ楯  さ夜更けに  さア今度は  さわいでは  さびてだめになるだけです  さしづ  さうしてゐながら  さ来年  さッそくお出かけに  さッそく東京へ  さッそく手術を  さッそくシナ研究所という  さッそく某誌の  さつて関ヶ原の  さ秋の  さアーと  さそのものこそ  さうにそっぽ  さおとバケツ  さうに喧伝  さいちゅうの曠野  さ暢気者は  さあそこに  さアーン  さ母さんに  さうに差し  さうに笑つた  さうに少年を  さつたの  さあれ当時の  さ霧  さうに對手の  さうさのう  さぢ  さざなみのひろがるようにむせびなきがおこった  さかさの  さうしてへんに  さつても  さうしようといふ  さうに北を  さうに輝や  さ向うへ  さむぞら  さぎ師  さあみん  さうに青年の  さびしくてもさびしくなくても  さア旦那  さアたくさん  さア百遍云つて  さア云へ  さア俺が  さア今の  さア地底機関車に  さうしちやか  さア一しょに  さアこれが  さア此文字は  さア君  さア時が  さ霧に  さぐりついてやっとひろ子の  さアてネ  さうに俺の  さ平凡さを  さはりが  さうしますとこの  さかいにと  さあいかにと  さうに珍  さうしてつ  さーア手を  さうだつたかと  さうに小生の  さアとしか  さざら波の  さうに外へ  さ話の  さうにひとりで  さうに腹を  さうに奴め  さ青  さ日帰り  さうに此方を  さうに振り  さツと  さざめ雪  さ庭べに  さぎのような羽の  さぎの  さうに小走りに  さびしゅうしてならんけん  さにしが  さ湯の  さはりの  さうだつか  さアユリは  さきざ  さようじ  さうに唄など  さ雑物  さゆらぎも  さうに首をかしげてゐ  さうにフチたちは  さうに夏休みも  さうに真志保  さ婆さんの  さかきさまと  さぐつてみませう  さびしくなつたりかなしくなつたりしたら  さかのぼつては  さざき  さあめの  さぢは  さ飯の  さうに頤を  さうに覗き込で  さア來  さとき嚮導の  さざるほどに  さ心を  さいや  さうしと  さア旦さん  さうに酒を  さア次は  さうに糸子を  さ様  さ月  さから  ささら波の  さ程まで  さア何處へ  さアずつと  さアそこが  さア男の  さびしくなつた  さ緑や  さそいつ  さうだつたよ  さツさツと  さうに車の  さアン  さアん  さ何卒  さうにホホホヽと  さうしてる間にも  さうにホホヽヽと  さあてね  さ小一郎殿  さぐるには  さぐりさぐって父  さ蕨の  さ穗かも  さうの花  さびしゑ病みて  さびしくあかしけるが  さうに独語  さうに省三の  さあし  さぐらむと  さいちゅうに  さうに問  さぎほのめくゆふそらに  

[副詞] ~ 2
ささぐ  さなり  さあれひん  さうです  さう  さうだ  さういう  さつ  さうらう  さうなる  さうでした  さうら  さしずされ  さうらしい  さしみ  さり  さうめん  さはる  さうだった  さうで  さうだらう  さすれ  さうだす  さだ  さ思ふ  さうとう  さあらぬ  さつた  さはられ  ささめ  さ残る  さうなるなら  さまとお  さによつ  さうきい  さうなれ  さうならさう  さうも  さうかうし  さかる  さ及び  させらるる  さ来  さ行った  さいかなく  さ行っ  さうで御座います  さむしい  さ行きてえ  さあげ  さうせ  さ行く  さ納めねえ  さうせまい  さ来た  さ通る  さ這入っ  さ寄る  さ貰いました  さうならなけれ  さしず  さうかさう  さうせられ  さ黙りこん  さうでございます  さでなく  さあれ  さいおんじ  さであろう  さである  さかむ  さし込ん  さうでない  さづかつ  さうすれ  さうれ  さはらざりけり  さやる  さしむ  さだった  さういた  さうもゆかない  さうであれ  さあん  さつき見  さいっ  さうでなく  さうせん  さ乗れ  さはれ  さうすれや  さうすれやい  さあおい  さねんじあへ  さひ  さうでなけれ  さつき始めた  さ濁  さする  さ劣らない  さ出てるき  さうだ死ん  さういはれ  さうだろう  さくり切れた  さつきだすやろ  さうだからむ  さつき見た  さついた  さくる  さ出よう  さ坐れ  さつちやん  さつき  さ入える  さ寄っ  さ行かれねえ  さ行かねえで  さ寄れ  さ来ん  さ行ったら  さ逃げだべっ  さみ  さあかずへ  さいく  さいくどり  さうなら  さ結び  さうとも  さうかねえ  さはるまい  さしゃれ  さであった  さうめ  さうもいかない  さ寝  さきく  さいました  さ隠れた  さうであるまい  さしのばす  さうで御座い  さねみである  さうなっ  さ帰る  さうであり  さうめつた  さあきた  さ起き  さうかうする  さうもできない  さうでございませう  さうも行かない  さうならぬ  さへぎられ  さとる  さあっ  さうせざる  さはいる  さつけでるだ  さいふ  さ入る  さ来る  さうならない  さうならざる  さうみられる  さはらぬ  さねばならなくなった  さもどれ  さうや  さいめ  さうなり  さある  さうも仰有らない  さうだん  さくり  さうなります  さあけ  さばかし  さうかう  さ帰っ  さ帰ったら  さ拾い  さほ  さうと  さ来やがっ  さづかり  さつく  さづかつた  さした  さふ言う  さうでなかつたら  さうきつ  さかった  さうもなかつた  さかしげな  さうせね  さうたん  さづけ  さかて  さ入っ  さ従いで  さアテ  さつしゃい  さばれ破  さばれ  さ劣るまじき  さうでなからう  さふら  さ言う  さもさうあらう  ささがし  さほひめ  ささぐるこもり  さ来まい  さかさまなら  さあもう  さ持っ  さにごり  ささとし  さ罹っ  さしょえ  さ罹  さはらず  さすこつ  さむれえ  さうでなけり  さまがいらした  さくり上げ  さうも参りません  さつき起きた  さつき倒れ  さうもない  さち  さまとおつ  さうもし  さうきまつたら  さ染る  さなれ  さうけえ  さうかや  さまお  さうで無い  さ帰った  さ帰りましょう  さはるなら  さうせぬ  さうなりたい  さしのばし  さ持つ  さうも思はなかつた  さ売った  さつきどつ  さうせかない  さつきゐました  さうも考へられた  さつきい  さしがみつい  さいまし  さうでござる  さはりみよ  さはりみ  ささぐる蟠  ささぐる  さはら  さかき  さしっこでこしらえた  さまなんだ  さ候え  さうろう  さこんた  さ行こう  させらるるごとくふるまい  さうもいはれる  さつきとり落した  さうすれあ  さなら  さうせず  さしっ  さ切る  さいい  さであっ  さくれ  さうこだ  さやい  さかげる  さかけねえで  さうかさうし  さなくなつ  さし合っ  さうむ  さうなるであらう  さまよわす  さ騒ぎたくっ  さつき落ちた  さつき寝入つ  さうだらしなく  さうらし  さうらしく見せかけ  さいしょ  さ出てる  さつきなかつた  さうだんします  さつき知らせ  さであるらしかった  さうなるで  さうもあらう  さかがった  さくっ  さうなるべき  さ怠らず  さゑもん  さこし  さむけ  さつき差入れ  さめとられた  さひし  さ付けん  さ読ん  さ這入る  さ起きあがっ  さつき入れ  さもさつ  さうですつ  さはつたら  さ寝てる  さうきかされ  さはるべからず  さで  さじゃ  さしぬ  さならず  さかさま  さ出ました出ました  さ上れ  さのぼれ  さ上る  さ渡る  さいきん  さはぎ  さすぎ  さすまい  さむれ  さえまどろ  さであり  さいう  さきくや  さのみほそ  さつき出かけた  さ行こ  さあっき  さうだない  さけどろ  さかかわる  さ掘付けねえ  さうも思へない  さうならさうで  さ戻れ  さうでないなら  さつき申しあげませんでした  さるれ  さうでし  さあらず言う  さあらず  さ入んねえばっ  さ行かう  さあら  さ曇り  さやらず  さうかう致す  さ迷い  さうき  さうらしうございます  さはぎつかれ  さうも思はれません  さ出張り  さ迷い込んだ  さ寝し  さぬる  さはらなかつた  さしちまった  さうならず  さへた  さ漕い  さうも思はれる  さうもせず  さうも疑つ  さはりし  さ泣く  さでしょう  さいえ  さ入れるでなえ  さちなる  さくむ  さふ  さうだろ  さっし  さ聞き  さつき慌て  さ頼まね  さかぶせろ  さうも無い  さうえ  さうどす  さまよいこん  さよばひ  さ行きとう  さなった  さけり  さうたいし  さうまるつ  さつき訪ね  さあっと  さゆらぎ止まぬ  さ知る  さもぐり込んだえんた  さ行け  さ乗る  さ出る  さうである  さうなるべきだ  さはらない  さなくなりぬべし  さかさまだ  さはり  さほひめよ  さ上った  さいとおつ  さへ  さはらう  さやいた  さあるべき  さはむ  さ阿  さ聞い  さまどう  さうなりや  さわめき  さうだら  さ言え  さかっ  さうしない  さうならなく  さつき申しあげた  さゆるぎ  さなる  さ戻  さふらん  さのみ  さうなりませう  さつくり  さ抱える  さうこ  さ入った  さうなるだらう  さうも思ふ  さならずや  さよこすです  さはられる  さう無いだろ  さでした  さ嘗め過ぎた  さ見  さあった  さつきつめ  さ戻っ  さでよじ  さうならねえ  さうめい  さ這入れ  さ濁る  さうなりましたら  さしぶ  さづくる  さうならね  さまたぐ  さしむべし  さ納まるし  さでじ  さわたるき  さ祭る  さ行くだ  さ通っ  ささけた  さつてる  さふらはめ  さふらふべし  さやらね  さわたる  さへぐ  さふる  さわたれ  さゆらぐ  さはお  さへず  さうだんし  さあげられ  さあげられた  さ出  さ書かれたら  さつっこん  

( ~ )さ( ~ )
さつと  さうし  一寸さ  さうい  さうかと  さない  ないばさばさ  さぬく  いつもさ  さうとう  さるる  最もさ  しきりにさ  つくづくさ  もうきっとさ  常にさ  さういふと  勿論さ  ばさばさばさばさ  多分さ  さうかとおもふと  必ずしもさ  同時にさ  再びさ  いよいよさ  どうしてさ  そそくさとく  さなく  さ黒い  どうもさ  むろんさ  何せさ  本当にさ  かさかさ薄い  もし本当にさ  ささ  いさく  ゆめさ  やはりさ  あらかたさ  折角さ  宜いさよしんば  さあっと  さあさう  何卒さ  さつと白い  案外さ  単にさ  ころころかさかさ  忽ちさ  どうせさ  いさるる  さよ  きっとさ  決してさ  すでにさ  いさくさい  さういふと遠い  いいかげんくさくさ  寧ろさ  一々さ  そうさ  まあどうしてさ  さうす  時々さ  ちらりとさ  さう  げにさ  やがてさ  それほどさ  まだまださ  さてはさうかと  いさまだ  さ程遠く  いまださ  さつと強い  さういふと大層  唯さ  いつもばさばさ  無理矢理さ  はっきりさ  とにかくさ  遂にさ  一体どうしてさ  ほとんどさ  むりやりさ  むしろさ  然るにさ  恐らくはさ  既にさ  一体さ  わんさわんさ  やっぱりふさふさ  後でさ  すかさずさ  時々さつと  已にさ  さういふとき  ぬっとさ  まあさ  いささ  まださうい  ほんとにさ  一向さ  さうき  さういふと同時に  かつてさ  忽ちさつと  ちっとくさくさ  いさ深  恐らくさ  もつともさ  どうぞさ  暫くさ  白いふさふさ  まるでさ  直にさ  そうさ随分  さつと青じろく時々  余りくさくさ  さうしつと  ふさふさ紅い  さつと暗い  必ずさ  さまだ  ふさふさ白い  がさがさ高い  幾らかさ  さ早く  さうしたた  現にさ  そうさ少し  さまあ  もしさ  さうしてあつ  さはかな  さあつき  我とさ  いかにもふさふさ  さかつて  時時さ  すぐさうい  果してさ  どれほどさ  実際さ  無論さ  暗にさ  大きにさ  せめてさ  さうとし  さつと軽い  さつと素早く  何やらぶつくさ  真にさ  最もいさ  今にさ  せいぜいさ  さけだる  全くさ  屡々さ  只さ  ひとりでにさ  屡さ  さしてさ  ささっと  余程さ  ほんとにくさくさ  さうるさい  さうかとおもふと実に  どうしてさうかと  さああ  なかなかさ  さいつも  なぜさ  一旦さ  益々さ  ついさ  しいてさ  次第にさ  且つさ  もちろんさ  わざとさ  さ気味悪  往々さ  さ恐ろし  段々さ  当然さ  さうしつと大抵  いきなりばさばさ  こうさ  どことなくがさがさ  さっぱりさ  未ださ  いざさ  さるる口惜し  いさほし  いきなりそそくさ  絶えずさ  さえぐ  すばらしくふさふさ  まさにさ  一気にさつと  おしてさ  さ互いに  さ何卒  さやっぱり  さふらふら  たえずさ  すこしくさくさ  いさ細かい  さ更に  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
さへしらにながれたり  さへしらにながるれば  さうな危惧を覚えた  さで叱る  さを覚  さへ見えるから  さがある  さへ感じられる  さうな気持がした  さへ心ある  さが多少救はれてゐると思はしめるほどの曲りくねつた  さがあるといふ  さによつて人を打つ  さを良く知つてゐるといふ  さがあるばかりである  さをやめし  さをかざして  さこそつちかひはぐくみし  さの余りその場に立すくんでしまい  さに腫れ上っていた  さに歌う  さを感じ出した  さは深まるばかりで  さを見ていただきたい  さが確立すれば  さも生れてくる  さをも失つてしまふ  さを失ひ  さによつて逆に内容の発展を自由ならしめ  さを調へる  さを失ふ  さを我物としてゐる  さ高さ大い  さに於て傷しすぎる  さに呆れた  さが漂つてゐる  さがその極度に達して  さに転化してしまつてゐる  さうなモジヤモジヤした  さが分つてくる  さへなつてくる  さに轉化してしまつてゐる  さうなモジャモジャした  さ過ぎる態度に嫌な気がして遠のいてしまった  さを増して来る  さを今更ながら痛感した  さと云う  さを発見した  さを持っていた  さがっている  さになった  さへてワーワーと泣きました  さがつてゐる  さ積んでありました  さうな氣もする  さうな氣もします  さうした方面には向かはずして  さを地面に置いて  ざを敷いて  ざから立ち上がりますと  さへ情趣に富んだ  さを増すばかりの  さを友としていた  さ過ぎる金から見たら  さのために凍み裂ける  さに加えて  さを感ずる  さまであります  さのみはいわじ  さで生きる  さしたりしている  さが違うと思う  さのみが歩いていた  さへ見えてゐるが  さうしなければいけない  さを堪えてゐるなど  ささうなものではないかとどなたでもお思ひになるでせう  さへ思ひました  さでせう  さへて云ひました  さうして最も清らかな少女はアブサラの神女になる  さが湧く  さと悦ばしさとに感ずる  さへ切れなくな  さへすればい  さへ許されぬ  さに於て到底この孔雀の姫の一筋の髪にすら及ばぬ  さへ思はる  さへ見へた  さへ思はれた  さを称へる  さはやかな悲しみと悦びとが烟りの  さうな顔をして居りました  さであるなら  さへすれば  さが生じる  さへもある  さの隅々が変化をうけつつある  さに憩わせる  さまして来ている  さが失われてゆく  さだのを求めている  さに目をとめて来た  さを生活の中にもちたい  さに一きわむき出されている  さについて云うならば  さの生々とした  さに敏感な心と云えるだろうか  さのよろこびで  さがこもっているかという  さをも捉え創り出してゆく  さがうかがはれるばかりではない  さを思い出した  さで顔がほてってきた  さというものに汚点がついた  さを売り物にする  さの上塗りをするだけである  さを与へる  さについて物語る  さを知らないので  さは知らない  さを創り出す  さを貫く  さもしからずや  さを感じながら言った  さまつてゐると  さと百舌鳥の声の鋭さとは正比例する  さを雨が落ちだした  さ旨さを味ふ  さはまた畑を打つ  さが指先からしみこんでくる  さ干しならべてある  さうがほつ  さうだから畑のものに肥料をやる  さにひたる  さを感じつ  さを知らない  さは心の底から湧く  さを忘れるな  さとぬくさとが飽和して  さの半分を無くして  さうな空からこぼれる  さうのおしたし  さを身に感じたから  さに束ねた  さの束にするには  さに較べれば  さの金具に排列し  さにそのまま目をとじてしまって  さを思った  さのために蒸発してしまって  さを忘れてしまう  さとちがって  さを感じた  さも記憶の中に際立って残っている  さというものを覚えなかったが  さで道路のアスファルトは飴のようになり  さに冬服を着て  さにぴったり調和しているので  さが美化され  さの記憶は実に美しい幻影で装飾されている  さを忘れるという  さ寒さの感覚そのものも記憶は薄弱であるように見える  さの記憶は相当に濃厚なものになるであろうと思われる  さへします  さをつよく感じながら生きていた  さがやる  さへに称へしなるか  さこそ心におもひすつとも  さにつくづくと考えると  さに君の御事を思い出されて  さにさそわれて  さを感じられた  さは声に出て叫ぶほど  さに障子のすきまから見たらば  さやまきをさして舞った  さがこみ上げて来る  さをしのんで  さとしてやった  さを知る  さが海の底までしみ通る  さで過ぎねと人は云へ為す  さよ晴れし  さに震えながら  さいと思いましたが  さがつた小枝を引き折る  さへ考へられる  さは酒を飲まんで  さへすりゃ  さの湧く  さもああやって  さへ痩せ切ってゐるので  さへ居りゃ  さはある  さはたしかに生きてゐるよろこびの  さうを摘む  さうらしい草がほうれんさ  さがほんとうに解らない  さが身にしみるであらう  さの歯にしみる  さりと落ちてきた  さがわかる  さうな匂ひ  さをよろこびながら寝た  さへてさむいぬかるみもどつてきたか  さへろく  さこらへてゐて春めいた  さのつもる  さが破られる  さうを食べる  さがないのが何よりもうれしか  さを見よ  さうとはつきり云へば好いのに男らしくもない見得  さも現れてゐない  さうもない気がして来る  さへも知らない  さし指に嵌めた  さうな顏をした  さな欠伸を一つした  さな膝の上へ眼を移しつ  ささうな顏をして  さな手を長火鉢に翳した  さに涙を拭いてゐたが  さうな高笑ひが聞えた  さの特徴からもたらされるよろこびと  さへ来る  さを解しない  さがのぞけないからである  さうな顔をしてゐる  さが解らない  さや月かげいつ  さが身心のつかれを  さも家いつ  さうとして走つてくる  さはこたえた  さが今更のやうに身にしみる  さは山のどこから枯れた  さが家いつ  さがこんがりふくれ  さは握飯のそれに匹敵した  さは昼の暖かさとなる  さをおもちやにして  さで牛をあそばせて  さうな歯が少々邪魔になる  さできりぎりすもう生れてゐたか  さうではあるが  さを味ふ  さわるさが妙に神経にこたえる  さは月のさし入りて  さをすする  さへあるが  さへあると自惚れてゐる  さがよい酔となる  さは鶯のなくしきり  さを持つてゐる  さもふるさとにして  さがハツキリ解る  さははだかでたべる  さへつけては  さへかじる  さに僕の知己飯島平左衞門の別荘へ立寄りましょう  さに彼の飯島の別荘に立寄り  さに一膳半ぐらいの御膳が上れんとは  さま片手なぐりに  さのお中りでもなければ  さを堪えて  さまグッと突返す  さま飯島目掛けて切り付ける  さに縄を掛けて引渡すは  さに折々お出になる  サ初めての時三分やって  さを賞する  さへ溜息が出る  さをしみじみ生き伸びてゐる  さは水音をちこち  さへ神経にさはる  さのやり  さを感じる  さうでぬけなかつた  さはりんだうひらく  さをよろこぶ  さが同時に心の平静を持続せしめてゐる  さを最もよくあらはす  さにすわる  さにかへる  さをあまり味はせないで  さが朝酒のあた  さがくっきりと浮き出て見えた  さの上にうっすらと白い色が重なって見えていた  さで降り注いでくる  さが頂点に達する  さに自分の体の動きを同調させているからだ  さと腕の長さに注目しつつ  さにかかげてみせた  さが完璧に宿る  さを持続させた華やぎが  さを獲得していた  さや体とのあいだに出来る  さされた  さによって増幅されている  さの基本として存在していた  さを感じるほどの  さを覚えたからでもあった  さが充分にあり  さがあった  さを好ましくたたえた  さになると  さのある  さへあまり注意されないからであらう  さほどの役柄でないからとでもおもふ  さへも羞らふ  さうな近視眼ごしに  さを腹いつ  さの誰もこないで  さり飲んで  さの死ねないからだ  さりして  さうな歯のぬけないな  さもふるさとでふきのとう  さをたたへて  さうな曇りだつたが  ざあーといふもの音の中にはつきり耳にきき  さまじい勢で妹が駈けつけて来た  さへ汲みとれない  さにも大分馴らされてゐるものの  さもわずらはし  さへしなければ  さり飲んだ  さを机上にうつす  さを観た  ざあーというもの音の中にはっきり耳にきき  さにも大分馴らされているものの  さといったら  さが残るばかりだ  さには敬服しても  さと来たら  さに席を蹴って帰りたかった  さを知っている  さに絶望せず  さに呆れている  さだけが残った  さを体内に感じて  さはいへど  さをとめも  さはにもあるか  さは相等しなどと  さは今に忘れぬ  さが身に染みて  さの余りに前後を忘却したので  さを持つからである  さの内にさえそれに類した  さにぷりぷり腹をたてていたかも知れない  さは雨露に錆びた  さが身心にしみとほる  さりしてゐる  さに目が覚める  さが続いて来る  さを愛する  さに辟易して  さをもまだ経験しない  さを思ふばかりだつた  さは戦いのある  さのいもの重さが異なる  さにおいて一斤と二斤の差がある  さをふやす  さをしみじみと知る  さは首をのこぎりでひかれるより  さをわすれて  さと悲しさと全身のいたみが  さは寒し不平は不平なり  さをおかして  さがしたてた  さのあまり手塚をだきしめたが  さはよその見る  さにたえかねて  さを感ぜしめる  さが弛んで  さを信頼すると共に  さうな冷たく幽邃な匂ひのする  さを植物性にした  さの物憎い痒みが  さから来る  さと矛盾してゐる  さだけは感じられた  さうな肉体を二つ野の上に並べて  さを感じたので  さを受けとりたい  さもあらばあれ  さとを恥じないではいられない  さを感じていた  さを思わせるばかりで  さを感じないではいられなかった  さの下にすぐ消えて行く  さとをかくまで力強く鮮明に描いた  さをきわ立たしめる  さを見た  さを超脱する  さを自分自身の目で発見する  さも自分だけで先生を独占していたかの  さを今更のやうに感じる  さはマイナスに苦しんだ  さを心ゆくまで  さうで降らない  さに堪へる  さに相当するだけの  さに飽き飽きした  さを身にしみている  さを東條英機に可能だと信じさせただけ  さが自覚されていない  さうに遊んでゐますとの  さうと氣づいて  さに充ちてゐたか  さを抱いて  さうな議論を喋舌り廻り  さを感じなければならない  さを覚えたらしく  さに違ひない  さへあれば  さを越えねばなりません  さうな気持も浮むで来ないでもない  さが酒のうまさを凌がうとする  さがゆるんだ  さには堪へきれない  さを覚える  さが逆戻りした  さうな草の実一ついただくよ  さと旨さとは違ふ  さを表現した  さが籠つてゐないならば  さがなければならない  さへなる  さをまぎらすべく  さすらひの  さは煤で塗られた  さもあったが  さは見かけ倒しで  さに於いても  さに於いては  さにわれはゆくゆく汽車の窓はるばるときや  さを感じながら  さと珍しさをめでられたが  さもなく新年のことも知る  さを送り  さまなれども  さに夜が更けるまで  さに立ちすくむ  さうな眼をチラリと投げたが  さを恥ぢないではゐられない  さはたまるほど  さは酒を惜しむよりも  さでお前はよろよろする  さな鍵もまたつかひ  さな傷のある  さにもがく  さのさとよこばひをする  さはひとつひとつをとめとなり  さの髪のやうにうかんでゐる  さなかごをさげて  さをな鉤をひらめかし  さに遍路の旅にたち  さをふりこぼす  さをおさへつける  さあの人はわたしたちとわかれてゆきました  さがあはくわたしの胸のそこにながれてゆきます  さにほほゑまずにはゐられませんでした  さをわたしはわすれない  さな風がゆく  さな鐘むらさきのつばきの花をぬりこめて  さと夢とひかりとでしなしなとふるへてゐる  さをおぼえる  さにおぼれてゐる  さをひとつひとつに消してゆく  さをよぶ  さがつて歩かうとしない  さが印象される  さを発揮さすべきだと思う  さ醜さを見せつけられた  さを考へる  さが老の骨身にこたえる  さをしのぐ  さへある  さばかりを歌つてゐる  さを極く粗い譜に取  さに對して持つて居りまして  さと言ふ  さには出て  さにも暑さにも堪へる  さをうたつてゐて  さを与えて  さに従って活動する  さの中で次第にルイザが不快に重苦しくなって来た  さで腹の頑癬を掻き始めた  さの上を這い廻った  さを眼前に見た  さを誇る  さの堪えか  さを感じ  さのくつきりと眼にうつるは  さで逃げまわった  さにくらべて  さに立帰って  さを加えただけの  さが見える  さうな荷物を脊負てゆく  さうだツたら何卒怠惰屋の弟子といふことに願ひたい  さが加わってくると  さにジタバタする  さを観賞する  さすぎても困る  さで死ぬるとは  さを思い  さを測る  さをたたえて  さを加えようとして  さがろうとした  さが六ルーブルに価する  さに唸りながら  さによって偉大だったとすれば  さを冷却させていないが  さとメランコリーとの籠もった  さを君に知らせる  さを悟らされ  さがやがて憂鬱を帯びた諦めの  さは今始まりかけたばかりな  さと迫力とに打たれる  さを示している  さが幼な児の無邪気な遊戯と軽やかな気まぐれとに溶け合っている  さを認めて  さはおんみが  さとを感じて  さに包まれた  さと混同したくないと思う  さと同盟している  さすらひに  さを二倍にも感じさせられて  さを秤りにかける  さを感じない  さに対する趣味との惨憺たる摩擦から生ずる  さに免じて  さうであらう  さが足りな過ぎる  さは今ようやく始まりかけた  さは少しも狙喪してはゐない  さがつてるの  さをかこつ  さが忘れられない  さと誇りとを持つてゐましたが  さをもつて  さがあるかと思うと  さをだすには  さをだす  さがそのまま伊良の細君の肌の色に見え  さは躍如としているし  さに通じる  さと強固さも実はその点に在る  さや自然さの証拠になるかもしれない  さと明らかさとの度合を異にするだけの  さにまで達するが  さが云われても  さを庇う  さもあり  さを忘れて居る  さと結婚した  さを知らぬ  さが襲いかかる  さのため男おんなに愛されていた  さを彼等自身の美を誇り合う  さに見える  さと情けなさとで涙がにじみ出た  さではしゃいではいけない  さへ耳にした  さへあなたは私の疲れた  さがつてゐたが  さをな顔をして  さの茶碗ならば数千円位で出来るだろうと思います  さということが漸次識者にだんだんと分りつつある  さへ罪悪の意識を抱いてゐる  さを感じるのであらう  さのみ繁くもない樺のほそぼそとした  さうな氣がしてならなかつたよ  さうしてしばらく氣まり惡さうに二人は默つて歩いてゐたが  さへ不思議に思はれ  さにウンザリして  さが歴々漂ふ  さといふものを僕も薄々感じる  さと向ふへ  さまようてゐる  さうだと思ふだけである  さを堪えながら  さもまたそれだけはっきりしている  さは必ずしも目前の成果のみで計量する  さは一般の世人に分り  さを如実に估価するには  さにはそのために少しの疵もつかないだろうという  さでなければならない  さによるものと考えなければならない  さが滲透している  さなどはあまりに空虚な幻に過ぎないかもしれない  さのために男から顧みられず  さの旧皇城がある  さは持たない  さへあります  さや悲しみを共に味ふなどいふ  さを覚えねばならなかつた  さが私を引きずり  さに責められて  さが全身をつつんで  さはどこでも主婦の胸にこたえて  さや角度や三角函数などの概念を注ぎ込むよりも  さを測り得たという  さの腹癒やさんずと向うから  さへ負けては  さに眠れぬ思ひのする  さとそれがもう予定されて動かせない  さと時間とが測定されていた  さと時間とが急にちがう  さにどなる  さわいでいたが  さいている  さをはかってみれば  さでもって  さをまして  さになり  さに胸がぐーっとつまった  さとを増し  さにわずらわされている  さへ枯れれば  さへ沖の小島に身をやつす  さは枯れて  さうしてゐたが  さうな穴を掘りあげた  さへ白き目を疲らすに  ささても生きつつ飛んで  さをもって叫ばれている  ささうにジャンヌにもたれか  さををしへると  さうもありません  さをふり  さを充たしてくれる  さへも怕れ戦くほどの  さへも覚えなかつた  さとなつてゐる  さがつてゐるので  さを味はひ尽してゐる  さといい  さをジッと耐えながら  さに胸が一杯になる  さに堪えかねて  さが一時に込み上げてきて  さとびんの中へ入れさせました  さは浮世万人おなじかるべきを  さは浮世萬人おなじかるべきを  さを附け  さにつけ入る  さによつて伊曾の強さにつけ入つたと言ふべきだらう  さで彼女を見た  さが見えるの  さへした  さも見えない  さを滑らかにする  さを凝視してゐた  さの漂つてゐる  さのやうでもあるし  さに驚嘆した  さへ発見してゐた  さを自分で見抜いてゐた  さを味ふと言ふ  さへ素足では歩かない  さで彼女自身を懶くした  さに花咲いた  さを帯びてゐた  さから一たび風が吹き出すと  さと変った  さや滑稽さを加へる  さを包まず  さの中にもある  さを感じさせました  さを感ぜずにはいられなかった  さを深くする  さになだらかな血潮が逆流しまする  さをもたない  さうな大海原だ四国まで一本筋の航路だ毛布が二十銭お菓子が十銭三等客室はくたばかりかけたどぜ  さに迷った  さと労働者の力づよい群像で飾られている  さから足でもぱたぱたやりたそうに云った  さが光のように室をながれた  さを現した  さまでおしつけ  さから吻としたいと  さうな本を五六冊書棚から抜いて  さの感激を新たにする  さの對象になつてゐます  さで眞に過去の惱みから  さへ得なかつた  さに堪へられなかつた  さのみがわたしの周圍を閉ざす  さは身にしみるばかりでした  さに戰慄して  さをも物語る  さを禁じ得ませんでした  さへ囚人の役は骨が折れます  さへ堪え  さのあまりに戸を開けて見た  さに揃えられて  さまであった  さが身に沁む  さをあわれみ  さが残った  さにそつと出て見る  さはいつきて見ても  さなものをい  さに伴って  さを感じている  さと溶けあわさせたりして  さを探ねる  さを結果してきている  さというか  さがどんなに言葉から生気を奪い  さしならぬ感覚につかわれる  さであると思う  さに遭遇していて  さを語る  さとか弱さとかいうような関係であらわれるとすれば  さに感奮し  さにひいひい泣けば  さにしても  さに堪えなかった  さうして自分達で作つた自分達の楽園で永遠の悦びに浸らう  さを子供の時分から楽しむ  さと部屋をとびだす  さに驚く  さが残り  さうな知人の名を思ひだして  さに居眠りして  さに気をよくして  さに充ちて居ります  さであらう  さを覚へました  さもやわらぎはじめたので  さをあらわす  さを意識しただけにすぎない  さを思いだす  さを吹聴して  さで横に走る  さにしか思われず  さにつけこんで  さのおのずからの妖しさもあったが  さにうんざりする  さが仮に形をなした  さに見た  さだと私はいつもそんなときに思いついた  さで泥沼へ落ちてしまう  さをとりもどしていた  さを憐れんで  さは分りますとも  さを思いだして  さを覚えた  さをなつかしむ  さは幸福でなければならないと思う  さというものに対してすでにそのような本能をもつ  さをほとんど失っていなかった  さに面を挙げ得なかったほどの  さすぎるようにさえ感ぜられた  さと脆さとをもっている  さなどを想像しながら言った  さをこらえきれないという  さに赤面する  さがよわくなったので  さをつよくして  さでないことに僕はすぐ気がついた  さを歌ったり  さを通り越して  さよりはるかに上にあった  さの距離でいって  さに比べると  さを保った  さをこめた  さで二度くり返される  さというものはもう起こらなかった  さこそふさわしいのだと見なしているという  さに対する怒りだけが彼の心をみたしてしまう  さがまじっていた  さの方へ面向ける  さは味わえなかったろう  さの方は子どものみが相続している  さを忘れる  さに気を取られて  さは百円の金を返せと  さのみ嬉しそうな顔もしていませんでした  さや陰気さで縮んでいた  さうして眺めてゐる  さを覚えました  さうして悲しみに濡れた  さにかてて加えて  さはやはり僕には失望に近い感情を与えたのに  さを感じはじめた  さも六ヶ敷い  さにおびえずには居られない  さした短剣が用意されてゐた  さうして黙つて  さが全身に響き渡る  さに向ふ  さが頭に映つて  さうですと云ふ  さを感じると  さをさえ何のためとも自覚し得ない  さに向う  さが頭に映って  さへ西洋人の学校を卒業したといふので  さを見る  さと感じられて  さまである  さに腹をたてたり  さから日輪のようにかがやかしく開いた  さの整いを持っているが  さにまかせて  さの相違で縄は動く  さがひとりでにその樹に与えた  さをもって  さわりなく軟らげ崩して  さを染めだす  さにも似ず  さを知っていよう  さまそのままを誰を相手ともなくいい放った  さで暮してきた  さが増してくると  さの手を延ばしてすがり寄った  さに沈んでいく  さの中から中腰に立ち上って  さに感心したか  さに興奮している  さも持ってはいないが  さというものが感ぜられるほど  さとが重くよどんでいた  さに応じて  さを一つずつ計りながら  さを一度に思い起してみた  さが思い起される  さもそう気にならなかったが  さをそそられるばかりだった  さを臆面もなくはだけて  さを冒して  さも忘れはてて  さのように燃えていた  さを覚えて  さと悩ましさとのために戦いた  さを彼は知らず知らず  さに欺かれかけた  さをさえ感じた  さはとても渡瀬には我慢ができなかった  さでこれだけの事をやり上げようという  さといっても  さのせいかと思って  さと無気味さに気息がとまった  さを思うと  さばかりが募るという  さから浅田さんに頼んで  さと快さとに誘いこんだ  さも感じてはいないという  さのためばかりでなく冷えきっている  さを誘う  さに似て  さが胸の奥底に濃く澱む  さをじっと堪らえる  さに呆れるほどだった  さを持て  さが胸にきて  さを具えていて  さをまぎらしたい  さに足をぴんぴんやって死んでゆく  さになっていた  さでたっていった  さがするわ  さへて上げたつて  さへて置くわ  さに羽が生えた  さうな八ツ手などを眺め暮してゐた  さが反對に壁の上から這ひ出してくる  さへい  さやみえもいらなかつた  さへ曲りくね  さのなかで弱り切つた  さを感じ出したので  さうな彌次り  さをかんじた  さへ居れば  さへ人がいいのか惡い  さをふくんで  さを夢のやうにぽうつと現はしてゐた  さがこんもりと顏にあらはれてゐた  さを見せた  さを今は私にかんじしめた  さなどを凝然と見つめた  さを有つてゐた  さうな顏をして  さうな昂奮の色を見せた  さへなれば  さがかんじ出された  さを彼女から感じ出した  さうした緊張された  さを感じ出して  さに輝いた  さと渇きとを同時にかんじ出した  さ柔らかさに充ちてゐる  さをもつてゐた  さが澄んでゐる  さへつけて  さにかはって行く  さが起る  さと速さが絶頂に達したと思ふ  さになって  さによって初めてはっきりと声を立て得る  さに苦しみながら  さに目をうるませて  さと悲しさに捕へられた  さや悲しさに捕へられながらも  さを考へた  さを眺めて居た  さうな瞳をして  さで赤くなった  さとなつかしさのある  さも喜ばし  さへ稽古しなければならないとは  さに慄へながら茫然とその女の顔を見た  さに驚いた  さと云ふ  さの表現されてゐる  さりと書ける  さういふ  さと飢えとにガタガタふるえて居りました  さえすると私は認めておりますとはいえ  さの権利とによって己れに愛着している  さは増し  さによってこの新しい認識がいっそう深く私の記憶に刻まれる  さ広さ及び深さにおける延長を有せず  さが私のうちにある  さが二直角に等しいということが分離せられ得ず  さや形体のものであるとする  さを承認しなければならない  さへ脱がれようとするだが  さを孕む  さうしてひとたびは身を起したが  さを切に疾むなり在るべき  さ悲しき一筋の知られざる  さに狂奔するものの傷ましきかな  さは一望の山河いつ  さのみわが全身に打ちかかる  さもわるに烏龍茶をかなしまし  さを樹木は知り  さに糧も惜まず鳴いてゐる  さにかなしさになみだ  さにさみしさに瞳を削げ  さが冷気となってたちのぼる  さばかりとも思われず  さと競争する  さに立っている  さで次のように表現している  さを感じなかった  さを上眼になって味わった  さえ頭脳に課さないで  さがもどかしく思われた  さが判った  さ恋しさをかこつ  さで再び座禅思惟に心身を浸した  さを彼の表情の下に隠しているか見れば判る  さに却って眉を顰めたかも知れない  さに淡く酔いつつ  さにいつまでも  さと共に大地へ音もなく浸み徹るだけであった  さにひたり  さを見れば  さがこみ上げて来ました  さも恋しいがまた同時に青磁にも自然の同情がある  さに浮かれてゐる  さうな模様の見えてゐるのに  さがあるといふの  さを解決するには  さがこみあげてきた  さを埋めあわせるほどの  さで見られる  さよりもっと根本的な事情がある  さはあった  さもあらうずなれど  さを思ひ知らさうと  さのみの苦労をせずに  さのみ意も牽かれぬが  さうした夫婦関係をも言ふ  さうと言ふ  さに鉄棒体操のできないほどの  さに息もつまり  さを見るにつけ  さを知った  さは今だに目から消えない  さの情がたぎり湧いた  さが消える  さはいつまでも続く  さを案じている  さをしのいで咲く  さは一キロ以上もあるだろう  さをしのいで生き抜かねばならぬ  さにたびたび目をさましたから  さをごまかす  さは知恵と自由意志とを持っている  さで過ごす  さを訴える  さを文章に簡単に書きあらわす  ささえ骨にひびく  さすると骨にこたえる  さが語られているとともに  さを売りに行く  さで苦しむ  さが癖になった  さの度を越して  さのみやはみ  さへえやみうち  さまよのつねにも似ず  さをこぼす  さがうるおい  さり兜が脱げる  さにしろ  さに水溶きした  さがそれに似た  さを中和する  さをさらけだす  さは永代橋の二倍ぐらいある  さに胸がおどって  さで静止する  さを保ち  さは下る  さを感じてゐたにも  さを感ずるのみならず  さが頬に触れる  さへ思はれるほどに  さを感じてゐます  さに見惚れたりしながらも  さへならしめた  さにたえかねたらしく  さのあまり檻を足で蹴ったので  さでびゅうびゅう飛んでいく  さでだんだん上昇速力がおちてきた  さにして  さに切った  さがってまいります  さにぽっかりと穴があいています  さにおそわれずにはすみますまい  さかさまになっておちる  さの床をもっていました  さの見なれない  さといったらありません  さと美しさとを犠牲にした  さと長さとは雌蕊を思わせる  さには参っておられる  さがあって  さがあれに似ている  さを犠牲にして  さで送られて行く  さに魅せられて  さを備えた  さも神聖さも完全にある  さに充たされていて  さを加えた  さと備えた  さをもって聞こえてきた  さへ出て  さ行くツて云ふのに  さを覺えてきた  さうな雲が垂れ  さ働かして置いて  さへ百姓が朝四時か五時から起きてさ  さにもつ  さうとさへした  さのためにかじかんだ  さのために爪先などが感覺のなくなる  さがせまつてきてゐた  さうでたまらなかつた  さにかへつてゐた  さが一丈もある  ざを引いて  さに盛りあがっては砕けた  さを増していきつつあった  さの抜けきっていない  さほどの変化をともなわない  さをきわめた  さを持った  さを超えているのに  さの空中にのしあがった  さにそそり立っていた  さまで占められている  さを言う  さに他愛なくサーフボードからほうり出される  さを覚えてしまうほどの  さを増していく  さを増す  さは四十フィートを軽く超えていた  さにあわせて  さまでのびあがると  さでいっぱいになった  さまでせりあがり  さがまだ十数メートルはある  さのピークが出来る  さにつながる  さの限度をきわめた  さを得た  さと区別のつかない  さが消えると  さを増しつつ  さのピークをつかまえてはなさない  さに体ぜんたいに鳥肌が立った  さを増していた  さを失っていた  さなどに絶妙に溶けこんだ  さが気絶し  さを表現する  さを想像してみた  さにかまけて  さに惹かれている  さをきわめていく  さとおなじほどの高さがある  さと見分けがつかない  さをもてあました  さを九十八・五センチに変更した  さに決定されていたという  さに気づき  さを禁じ得なかった  さの底から沸きあがって来る  さを必要最小限以上には感じさせない  さの波が虚しく空間に張り出した  さに立ちあがった  さが不思議なおだやかさと溶けあい  さとなって  さを自覚しました  さはよくわかる  さに仰天する  さはのびなかったが  さと量を増す  さは僕の背丈の三倍に少し足らないだろうか  さに気をとられていると  さを自らに加えていく  さを見逃す  さをつきあわせ  さを超える  さから濃いオレンジ色へ落ちていき  さと立ちあがって出かけた  さが胸に来ました  さを持つていました  さとひき出しから抜いて来ると  さがつとくれよ  さを台なしにして  さは四に相当しますが  さである一・〇〇八を四倍しますと  さが減るという  さに相当する  さという面で青春が語られている  さのうちに華やぎが  さが湧いている  さを痛いように思う  さでいつもゆるんだ  さを仄めかした  さに堪えぬ  さでメレジェコフスキーの小説やトルストイとドストイェフスキーという評伝などを読んだ  さに恍惚とした  さを増すばかりか  さのなかに浮出して来る  さが思ひやられる  さを避けて  さへしたら  さが募つた  さへ巧みに乘り越え  さがその中に見出されるであろう  さへ思はれる  さに気の付いてる  さや温度や気圧を知るのみならず  さは一定しない  さを与える  さは決定する  さなどという言葉自身が既に無意味ではないまでも漠然たるものになりはしまいか  さを精密に測ろうと企てた  さ約一寸といえば  さという言葉の意味もほぼ定まって来る  さに制限のある  さへ読んだ  さうして更に到達する  さまでに目新らしくも思へず  さましく  さを怺へてゐた  さへ添うて来た  さを取りかえした  さを嘲笑する  サ引張ってゆかれたは  さは此処い  さうなあんばいにも見える  さはその三倍ちかくもあって  さを競うかの  さを見ても判る  さと初夏の爽かさとをこき混ぜた  さに閉ぢ籠められてゐた  さを感ずると共に  さを増した  さへたゆげに肩を落し  さへはつきりと響くほど  さはいや増しぬ  さについては既に一つの定評をなしている  さによつてモリエールを咎める  さが不マヂメだと云ふ  さを悪徳と見る  さが分らない  さはすぐれた  さがあるべき  さの最大なる一つは娯楽を悪徳と見る  さと寂しさとに打たれつ  さが込み上げて  ささうな眼をしながら  さの物好きと睨んだから  さうな樣子をした  さへ感じた  さは會つて知らねども  さに面くらうばかり  さもあるし  さ低さにかかわらず  さの上に立って  さに当面し  さの威脅を感じ  さに戻ってしまう  さを知らなかった  さをはっきり知らせる  さへしたので  さを感じ出す  さに打たれるより  さは彼女の洋装において一等皆さんの笑いの的となる  さが込み上げてくる  さを覚えて来て  さを持っている  さと絵の出来と題材と偶然とのデリケートな関係を味う事が最も必要だと考えます  さのガラスをのせ  さに切って当てます  さに切ってすて  さされたら困るには困るが  さされても  さを充分に発揚しております  さと金の光を発揚する  さが堪らない  さがグラビヤ版となって  さを増して来た  さと裏皮の厚さを考えて  さに引よせて  さに奈良へまいりまして  さから頗る深酷に手古摺っている  さの木と家と人と山とが横様に並び  さが表わせない  さを表すだけの  さは皆同じ大きさで揃ひ  さにがたっと顫えた  さへまた如何にせ  さに斯様な内証は秘密にして置いた  さのさ後をついて  さは通例五六尺位なり多くの年月を經て斯かる有樣と成りしもの  さにて深きは人の丈位なるが  さを六尺位にせしとする  さは八疊より十五疊迄を常とす  さを定め  さは少くとも三尺位は有るべし  さの半に達したる  さの土器中に貯へられし  さは共に二三尺の間を常とすれど  さにするかして  さの火山石を拾ひ  さのものを撰び凹み  さの向きに孔有りて  さは種々なれど今日迄に知れたる  さうなる事ならずや  さへもした  さへた長靴のあともぞろっとついてゐた  さへ行くなら  さの葉に育つと  さと室の広さとがぴったりと合う  さから何から青梅の萬年橋に似て居り  さとを含んで居る  さの中に包んでゐる  さはおほ  さは前よりも一層音量を増している  さうもない末の松山を誓ひに立て  さでもあらかた推測される  さが一層ヒドい  さを暗示する  さを代表し  さが日本の文化を今日まで背負って来た  さます事が出来なかったらしい  さもある  さと嬉しさを感じさせられる  さを凌ぐにゃ  さに血迷った  さもなくともボーナスの減少と来るから  さに溢れてゐた  さうな舟木が妙にからんできて  さをかきたてられるので  さを嘆いた  さで出かける  さを全身に吸つてゐると  さも鬼の目も顧慮しなかつた  さに堪へ  さを測つてゐる  さばかりを意識した  さに絶望した  さと肉慾の暗さに絶望し  さに一瞬気を失ひ  さへ何里も離れてゐる  さに戦くので  さかひがつかぬほど  さうな手つきで娘の祖父から盃をいた  さだと思った  さを自らまぎらす  さを減じたるべき  さを減じたが  さが欠けている  さが反射する  さから脱して  さにはなれてるから  さ醜さ愚かさはだれにもある  さを感じなすった  さを人々に慰められる  さも寒さも燈火のなつかしさも犠牲にする  さや働きのない懶惰な気分のなかに住む  さを持っています  さであなたほどのタレントに達し得た  さに和訳のほうを読みました  さになっている  さに沈んでいます  さから生ずる  さなども語りました  さを忍んで下さい  さをなくする  さの増して行く  さと悦びを保ち  さが気にかかり  さが眼に立つから行きたくありませんというので困っています  さを察せられます  さはしばしばいろいろなことで渋い表情をあなたに見せました  さを重荷に感じている  さまでこの手紙を書いた  さが続いています  さを私は見せられました  さはどれほどまでか私などの思っている  さにあきれます  さと魂の孤独の奥には詩人としてのすぐれた  さが内攻して  さを表わします  さが読む  さだと思って  さを分かっていた  さを描こうと思う  さなど想像いたします  さを訴えました  さがさわりはいたしませんか  さが再び帰って来た  さるる幸福を享け楽しんで  さと拙なさとが痕つけられてあるとはいえ  さに似ず  さりと立った  さうな苦笑を浮べて  ささうなのを看て取つて  さかひの  さに口をへの字にしながらも  さにわくわくしました  さで千萬の言葉を語る  さと云ふも  さつぱりしたものに少しも氣がつかないで  さがありありと見えて  さで早足に歩いた  さも覚えていた  さは勝手の違う  さは随分と目立つ  さも通らなかった  さがあってみれば  さに馴れず  さをたたえていた  さへもこれを昨今の内外情勢に照して  さかっている  さがあり  さを覚えていた  さと言わなくても  さにある  さを増し  さしかひつつ  さなわれかかはらず  さは経験と素養とを観れば  さが強すぎる  さとはかない希望とがあったかを思い出しましょう  さからの解放は現実生活の一つ一つを実際に解決してゆける  さうもなくなる  さうして居る  さうもないと思ひながら  さを見せてはいるが  さは肉体さえも抱え竦められる  さに慄えて魅着する  さに伸し  さにさもしく老衰して行き  さを感じて  さに堪へられなくなる  さを失はない  さへもすつかり棄てた  さうなので跳ね起きて  さで輝く  さの中では私は物象があまり速く流れる  さに釘づけにしてある  さがあると思う  さと鋭さと熱情とをもって  さは少し嚴しいと  さは感じたばかりで  ささうなのを一ツ呉れ  さと職員室を出て  さには気づかずに食っていた  さの判断にあたってやはり一朝一夕でない伝統の理解がものを云う  さを失っているという  さどさ人々の走る  さにかえったが  さも安心したという  さを示すばかりで  さに此の旅館のランプをも島原の風景と同じやうに熱心に讃美して長く記憶に留めて置きたいと  さの海上の気層に比べて  さの点より低くなる  さにかわっている  さで傍にいた  さと悲しさの交った  さのままにほぐれた  さで云った  さと苦しげな表情とが混った  さで悌二の心持に元気を与え  さほどに人が怖くて恋がなろか  さもあるべし  さは音なき時の淋しさにも勝る  さも優れながら  さは玲瓏といいたいくらい  さも知らない  さがこたえてきます  さを意識しながら  さがジメジメと感じてくる  さを覚えたが  さへペッタリとついている  さ悩ましさにじれてみても  さの物騒ぎを押さえている  さだけがこぼれていた  さだと思う  さを感じたが  さに吐き捨てようとする  さの前にちぢこまって  さに身をふるわしながら  さのさと図抜けて  さがひしひしと答え出して  さは一入に募って来た  さを一わたり満足そうに見やって  さに疲れ果てて  さを掴んで  さに顔の色を変えてしまった  さが漲って  さが襲って来て  さ可愛さが焼く  さと静かさとの中にかすかな虫の音がしていた  さりと額に垂れて  さで聞いていた  さにはじきへこたれる  さした初ちゃんが店の灯を消して  さがりやの私にはちょいとわかりかねた  さで母の多いしわを見た  さあ男とも別れだ泣かないぞ  さしそうにキリキリ迫って来る  さ食べると云う  さそこで私は貧しい袂を胸にあわせて  さよ柳なよかに揺れぬれ  さを噛み殺していた  さした洋傘を取って  さではち切れ  さと町へ出てしまった  さがビンビンこたえて来る  さした百貨店の屋上のように寥々とした  さに関係する  さしく遇してくれた  さを愛している  さが思はれて  さうでもない事が分つて来た  ざァと云う  さうだとおもひ  さの十本ばかり集った  さの広場に座って  さも型も大分ちがふから拵へ直さないと  さの向ふからはづかし  さうな顔をして  さも型も大分ちがうから拵え直さないと  さの向うからはずかしそうに顔を出しました  さではあるし  されるような仕事なのだから屍体の始末などもふて  さから來てゐた  さうな氣がする  さうな顏をしてゐた  さが出て居たり  さも感じられる  さりやつてのける  さうな笑ひをふくんだ  さが光を放つて  さが身内にせまつて  さに落ちこんでゆく  さに落ちてし  さを慰さめる  さをとりはらふには  さうした惱みには  さに思ひ到り  さに切り  さに掘り抜かれた  さがって来る  さを考えれば  さから困難に面している  さで貧困化しつつある  さに定着してしまった  さで魅力をもっている  さを自由にして  さよりもむしろその低さをあらわす  さあまる身震いをする  さが身にこたえる  さが現れているばかりでなく  さましている  さにすぎない  さを求めるとも見えるが  さが読者大衆から要求されているという  さを罵った  さは空想に生き得る  さであるかを知らんと  さの感に堪えない  さもあって  さについて関心を示している  さがあるらしい  さとの相会うべき  さの中に美を求める  さの美に客観性を与える  さからその打開策として言われて来た  さにも見る  さという風に言われている  さが消滅するという  さはかえってそのために深められるばかりである  さを感じさせる  さへの感動が人間感情のどんなに高揚された  さには自身気づかない  さを否定する  さと美しさとの独自な本質の理解が私たちの生活にゆきわたって来るにつれて  さを懐しく想起させずにはおかない  さの程度を明らかにする  さや感動があり得ただろう  さを恥じていた  さが増した  さをしみじみ感じさせた  さだけは認め  さがはっきり分るからだった  さを彼は気にしていた  さで高等学校へはいる  さで自分を呼んでいると  さを甘やかしていやがる  さに苛立っていた  さは消えなかった  さにぶら下げてあり  さの余り醜いまでにどぎまぎして  さを痛感した  さだと言う  さにちょっと微笑ましいものを感じた  さに辛いことを我慢して来た  さは存分に感じて来た  さから免れた  さは未だ残っていた  さに物を言わせてしまった  さだと思われた  さ過ぎると思った  さが隠せると思った  さと来ては  さすぎるかも知れない  さが想いやられた  さと不安に堪えかねて  さが想出された  さがわからぬという  さに心を揺すぶられる  さでわかったという  さには歯の立たぬ  さもあった  さを囁いて  さがあたりに漂うと  さに冴える  さの中に最後まで残っていた  さはまるで腹の中ではしゃぎまわっている  さを一層深めていると思い  さといって  さにうっとりとした  さのため腹を立てんばかりに  さに絶望してしまった  さがそれを救っていた  さが想い出された  さを忘れてしまった  さが感じられた  さと紙一重の裏あわせになっている  さに恥しくなった  さにすがって  さに比例した  さをまず僕はあらゆる日にとらねばならない  さにもまれている  さを文体にまで反映して  さを思わしめる  さとを感じさせた  さを与え  さが一層身にしみて来るという  さは一般文化人の胸にありつつ  さということはこのような現実のあり  さを追い込む  さを印象づける  さの溢れた  さが痛感せしめられる  さを求めている  さを持ち  さのために過去の歌でさけられて来ている  さは僕の頭を離れぬ  さで僕は愛読している  さを持っているかに思われ  さにことごとく感服した  さというものを痛感した  さを身につけているにしても  さに打たれた  さに惹かれざるを得ぬ  さ激しさに武芸者自身が精神的に抵抗し  さがあるが  さというものは比すべくも  さがあるとは思わないが  さには及ばぬ  さで藁の奇蹟を追うているだけの  さを一生涯持続する  さに堪えられない  さにビックリして  さの中から何等かの価値を見出してくれているかも知れないなどと  さに震える  さも狐火に溶けて  さと云ってはない  さと申す  さと深さとを明確に看取する  さに現われんとする  さを持てあまして  さに堪えよ  さを思はせる  さを過ぎた  さを強調し  さが自然にそうさせる  さに虚を衝かれた  さに期待をかける  さを彼女は中和させている  さに切っておくと  さがかなり濃くあるけれど  さが体のいろんな部分にほのかにあった  さがひとつに集合して  さと対応している  さがまだ残っていて  さのなかに猛々しいものをはっきりと感じる  さをどこにも感じる  さのヒールのある  さがいつもある  さをいつも感じている  さを描いてみせた  さを確認し  さをぼくは覚える  さによつて人を動かす  ささうな顏をしながら  さに憔悴し  さもあって逃げ切ってしまう  さは寒し人は怪しむ  さと商品の豊富さとは驚嘆に価する  さを感じないでは居られない  さをまぜた  さと一緒に惨酷さがわたしの体をふるわせた  さははっきりした  さが鮮明に感銘されればされる  さや無智にされている  さで国と称した  さ過ぎたと云った  さが分った  さを増して  さにも打ち克たねばならず  さを凌ぐ  さの匂いをふりまいている  さも強さも人間らしさの骨頂でもたれている  さに咽せるばかりである  さを誘ひます  さへしてゐれば  さを木之助の心に曳いた  さが足元から上って来る  さもかく  さどさと並びますと  さにあらず  さを見ているらしかった  さの織  さに曝される  さに蔽うに足るという  さは色々あるが  さうな態度をしてゐる  さを見せて働いてゐた  さを感じるほど  ささえない死へ無言で入らせる  さに反する  さと考えられている  さを認める  さが生じている  さであると勘ちがいしている  さに馴れ合ってしまったら  さましてゆく  さというものを少しも知りませんでした  さに堪え得られない  さを持っても打ち克つ  さで結婚した  さを刺戟するので  さに唇を噛みしめたが  さまで精根を費やしている  さに堪えぬかの  さを思わせる  さにみちていた  さは一散になるであろう  さをこらえながら  さも際だつ  さをからませる  さをうった  さを吸って散らすかとばかり  ささえていた  ささうにプラツトフオームを往つたり来たりする  さもあらうと思ふ  さで私は恐る恐る名刺を差し出した  さを飛ぶ  さを思はせ  さへする  ささうなものだと思ふ  さは別にしても  さつぱりした人物だといふから  さを思はせるばかりである  さへおいてないとは  さを苦さとして永く記憶する  さを減ずる  さは今日の日本よりも狭いように感ずる  さも十分に摂取し  さはますます小さくなり  さがししたか判りません  さしてやるさかいきばって描きなさい  さがまぶしく目についたばかりであった  さにふるえながら  さと厭わしさに耳をそめて  さに満たされてしまった  さや不安に沈みながらも  さや恥しさや不安を持たねばならない  さに少女はたえられなかった  さを暗くしたいと思った  さと限りない自由とによって想像された  さを夢のようにしてしまった  さとうれしさとに輝く  さに涙がこぼれる  さに私は衰弱した  さを憐れみ  さから配給の二重どりしていた  さの余り長い白い脛を一寸あらはして  さとが一緒になつて堅くなつた表情を向け  さに自ら上気した  さを見ろ  さが重い黒雲の様に上から彼の頭を抑へつけてゐた  さが全でちがひますわ  さうして彼女は杉箸を裂き  さうして滅入りながらも  さうかも知れないが  さはられなかつたら  さの為めに自分で考へ出した  さへなり  さに滅入  さが眼につく  さへゐれば  さを求める  さを遺憾なく発揮し尽した  さを示さなくてはならない  さと憤慨の為めに死ん  さを感じたであらう  さを慰めたであらう  さを感じずにはゐなかつたであらう  さを欠いてゐたものの  さに満ちた  さと地獄へ行きたい  さを籠に植ゑて来し病める  さは走り車の輪には薄墨にぬらせ  さのほどやなどしるしには墨をにほはせ  さのほどやは見え侍る  さを紛らかして居る  さをごまかして居たのに  さひづるや唐国人にへつらふな  さにとりし  さうで死なぬ  さうで始まらぬ  さに肉を噛みとり  さに行かなくたつて  さの夫れよりは稍長い古ぼけた  さに出  さへも眺める  さに見えてくる  さにあるので  さうな階段をのぼつて薄暗い廊下の方へ来ると  さもあらばありけれ  さうな三平を大いに軽蔑してゐたばかりか  さへ来れば  さに息を屏めてゐる  さつて来る  さへ下されば  さのことを話したい  さへ秘かに期待してゐる  さ正しさにある  さを理解しなければならない  さにおもねる  さを現わす  さを彼女に見せつけられた  さが余計胸の中に来ると  さを増すばかりで  さを加減しながら  さが足の下を流れてゐたと  さを湛えて  さの交わった  さ過ぎて厳めしく見えた  さを見せて  さにしばらく茫然としていた  さ美しさに富んでいた  さを見せていて  さに閉されはじめた  さが度を増して  さが踵裏から全身につたわってきて  さを頬にもっていた  さを湛えていた  さから重さから言っても  さをもつ  さが少し寒さを感じさせるほどになっていた  さは何処よりおとづれて来るや  さに触れんとは  さのみ感じられるだけで  さを気にしながら  さをも感じた  さを交えて考える  さが日暮れ近くにしたかと思うと  さを含んだ  さを私に思わせた  さをおぼえた  さから燃える  さがやまない  さをもよおしたらしく  さをつかんで  さうもない気持に焦かれて  さうかも知れない  さに陥  さに追はれながら  さに自分だけを瞶めて居られる  さと焦  さとに混乱して  さのみに浸り得た  さを覚えながら  さうもない香水を要求する  さうもない外国語を云はうとしたが  さに覆はれた  さを見せかけた  さを装はなければならなかつた  さで覆  さうな機会があり  さで運ばなければならなかつた  さが頭の中をぼんやりと照して  さを変えながら  さへ唯にハ申分ケ難レ立候処を又出崎の上彼是と周旋仕り  さまこの穴にはいって行け  さとなやましさに自分のつまさきばかり見て居た  さと男気の有る  さをとり戻させる  さは婦人の賃金が騰る  さを裏書する  さま一同の方へ歯をむき出した  さをこめて  さまで挙げ  さへ捨て  さにまとめあげた  さに溢れているだろう  さもわかった  さに通ずる  さが語られた  さというようなものは極めて複雑な光りであって  さを見るが果して  さは歌ふをきけや  さにそっと見に出る  さ思ひまゐ  さににて嬉く  さににて懐しい物思をおぼえそめた  さが信じられないので  さがなにか信じられない  さで帰ってきたのよ  さを手で示す  さとをもつて  さすらひ  さはこれだけあつたら凌ぎおほせるだらうと位に考へてゐたらしい  さに顫へてゐようとも  さの故に何人からも愛される  さを活かす  さの見すかされる着飾り  さを褒めた  さにもよりますが  さを胸で感じ  さがあります  さを伝へる  さには台所にも鼠が出ないくらいである  さまわたくしの肩を撲った  さを忘れて思う  さに取り合ってくれる  さに複刻した  さが感じられて来る  さを歌っているのに  さが又むし返されて来た  さと蚊の群とを恐れて  さかる人は押合いながら歩いている  さの甚しい  さに或夜同宿の女給すみ子を連れ  さに係らず  さを深くさせる  さとに堪えかね  さが早く来た  さと蠅の多いのとを恐れて  さが漲って居る  さに心も動く  さ無くなったインクの瓶に水入れて使って居るよ  さ夜もすがら久しかぶりに語らいて  さを慰め合って  さを呼び  さ招くか蝦夷の九月は尺八を吹けば  さに於て異る  さをもつてゐない  さのもつ  さとでも云ふ  さを忘れし  さに堪えられなくなった  さと苛たし  さへ明るくなつてる  さへなつて来た  さらしの時自宅の前に連れゆき  さと苛だたし  さを思ふにつけ  さに目のなかが涼しくなる  さに脊骨がぎゅっと縮み上がりました  さと嬉しさとが一緒になって  さかさまに下の方へと落ちはじめました  さされて  さうな口調で言つて目礼し  さと畑を二つにわけて  ささうなしやれた  さに震へながら正座してゐた  さのみ気のきき  さがつたスクリーンを正面に見下ろす  さしもに重たげな  さに安心して  さがつたりした  さともつかぬ  さに打たれましたが  さに驚きました  さがこみあげ  さに吸いよせられて動かなくなってしまいました  さに盲滅法たまらなくなる  さに当惑し  さに苦しみました  さを対比しました  さの自覚の上で多少の苦手と見られる  さで頭を斬りました  さに泣いて  さが残っていました  さで口があいている  さも馴れてしまうと  さを逃れて  さに吾を忘れ  さを察しておくれな  さを恨む  さは男の胸にしみました  さにつつまれて  さきと噛みながら  さが思い出されてきて  さが湧いて来た  さがあって困るって  さは飛び越える  さほどに関係のないのもあるかも知れぬ  さほどに遠くまで中心地を離れなかった  さを感じてゐたが  さうな顔をしてゐるだらう  さへ云へば事足りる  さを覚へたので私は傍らの水桶をとりあげると  さを浮べた  さの木の上で行ふ  さで漁場の櫓が悄然と聳えてゐた  さうして口もきかないでゐると  さがなくなる  さに呆気にとられてゐた  さが確然と目にしみ渡る  さは今でも私の目にしみてゐる  さで回転し  さを保たせずして終らせて  さへ酒を呑ませると  さへて置いて取って帰って来る  さへ思った  さにつれて二つの唇が触れ合おうとして  さつさ行きましよ  さりとしてる  さがまわりを明るくするほど  さだから大概の処は見える  さに切り組む  さへみゆる  さへ危きをプロメエチウスは知ると  さもこそ似たれ  さに河岸の手摺に身をもたせたが  さうな容子をして  さうでもあり  さうな古びた  さが不足して  さへ叔父さんのお話がはじまつてからは  さに啼いてゐます  さうな腹の中につまつてゐる  さうなお腹が空になるまでわけてやる  さへもやつきになつて戦ふ  さにちつとも断れ  さの小麦の床で覆ふ  さうした飢ゑた奴等が岸で彼等を待つてゐる  さの処をも覆ふてしまふだらうか考へられるかね  さは十五丈よりはもつと  さで其の齢を見積る  さを我慢する  さへもなる  さに関する特典だと考へた  さは年の数を数へる  さも持たないし  さへもならない  さに慄えてゐます  さを防ぐのに  さの糸が出来る  さに比べる  さに達すると  さの虫がある  さにすつかり包まれた  さの糸をつくる  さと同じになる  さの蠅の何処かを一ヶ所私達の持つ  さへもする  さを感じたり  さだけをすつかり  さも疲れも忘れて  さではあるが  さの相違は次の実例で説明が出来る  さが分る  さに萎んだ  さの加減で多く飲んだり  さは水を眼に見えない  さは此の水蒸気を固めて  さが減り  さが加はつて来て  さまで上る  さに裂けて  さに熔岩が敷きつめ  さに押し下げられて  さが愈々恐ろしさを増した  さ程水を入れ  さのものを曳く  さのものを曳いて行く  さの荷物を同じ速力で同じ距離だけ行くとすれば  さ程の直径の毬だとし  さになるか分るかい  さとは比べものにならない  さで掩ふてゐる  さはお前達の想像の外だらうと思ふ  さを載せたら  さを量るには  さを遊び  さは地球の周りの三千八百倍に当る  さで道が後ろの方へ飛んで行く  さで走る  さの眩しい円盤だ位に思つてゐるよ  さはあるんでせうね  さを描き出す  さの百四十万倍もある  さに比例して  さとを想像して  さで空間を駈けながら  さのいろいろと違つてゐる  さの違ふ  さになる  さで空中を走つてゐる  さ程の大きな叢になる  さの実がなります  さの実のなる  さを防ぐ  さや寒さや雨に当てない  さに当てない  さの膨らみを持つてゐる  さは花が十分開ける  さで落ちる  さに声も出なくな  さを避け  さに震へてゐる  さに息も窒まりさうになる  さにびつくりして  さの土と同じ温度を持つてゐる  さがあるか分らない捩れた  さで跳び出して来て  さに噴き上げられて  さは十二里もある  さに見積ればい  さの違つたのが二対ある  さまで放さなければならない  さを示す  さの島になりますわ  さを増してゆく  さの処までゆくには  さを保つてゐる  さの一様な水の層になるだらう  さが二メートルか三メートルを超える  さで大きな船をも打ち砕いてしまふ  さの層ですつかり包んでしまふに  さを支へる  さを調べ  さを確かめる  さの蜜窩一つをつくるのに  さでお互ひに触れ  さの四角を書かう  さうなブンブン云ふ  さ激しさに依る  さを喪失した  さでもあったと  さがつよく現れている  さを克服しきれないで  さののこされる  さのほうがもっと物理的であろうと思われた  さでないことは私にも分かっていた  さを再び思い出すと  さを保っていた  さと平ったさ  ささえ明確にはつかめない  さについてうんぬんした  さは作者の意識の悠々たる落ちつきとは度を違えて周章ている  さが思い出される  さに苦しむ  さが必要とするだけの  さに顫えながら彼の話に耳をかたむけていた  さのあまりに思わず叫んだ  さに見ゆれど  さに沿うて  さも喜びに堪えないといった  さにおどろいた  さで断食して死ぬ  さに比べれば  さかならず父母が寐間をうか  さは出来た  さが続きましたが  さに物の言えない  さでもある  さへ思ふ  さ立寄つたホテルの露台の籐椅子にもたれて  さへ見える  さへなるであらう  さに比べ得る  さとに充ちる  さへてる  さが規定どおりか否かを一々物尺で計って  さわれるぐらいに近く思われて  さで光っていて  さと区別がないほどに黒い二頭の馬が門外に待っていました  さのために顔をかくし  さと嬉しさとにふるえながら  さをさまたげず  さが沁み透って  さは眼に見えるほどにいや増して  さに逆立ちました  さにいつこう  さに蒸気をふいて  さの場所までたどり着いて  さを忘れた  させまいための心遣いであったように思われる  さを獲得する  さを帯びて来るであろう  さを真実から区別する  さの規定も亦省かれねばならない  さをその最も深い規定としなければならない  さの感覚はこの場合にどう処理されたか  さを得ると  さを以て学問性を規定しようとすれば  さを獲得するであろう  さに他ならない  さを弁護する  さを非難する  さでなければならないであろう  さではなくして  さ約八寸青き柄の鋭利なる短刀心臓を見事に貫き  さの切創があり  さを責めずにはいられません  さが熱鉄のように彼の掌に感ぜられると  さないと云う  さも関はず出かけて来た  さがった枝はその像をすっかり掩っていた  さをあたえながら  さを超えない  さで彼女の面長に豊富な顔立ちを引立てている  さには凍った  さは主としてのこっている  さで吸い込んでしまう  さで見え  さに合わして  さとが交り合って  さが肩や頸のあたりに現れている  さが地べたから湧いて迫って来る  さを形成するならば  さも籠っていた  さで計らず  さで計る  さとが妙に混淆した  さでまた解氷するであろう  さうもないには違ひなし  さに帰着するならん  さと逆比例する  さが残つてゐるかも知れぬ  さを決定する  さに相手が思わずあっと言ったほどに  さと苛立たし  さのあまりに後ずさりをしようとしたが  さにちょっかいを出しているな  さに高鳴りする  さが残っていた  さが判らなくな  さが早く来る  さの頂点に達した  さを計ってしまった  さのやうであるが上部も下部も枝に遮られて見えぬ  さがつて蓙が前へこける  さを禁じえなかつた  さを感じていたらしかった  さのあまりに口もきけなくなった  さが大氣の中に漂つて居ました  さへ寒くなりました  さを住む  さを表はしてゐる  さは高さ三四尺もありませうか  さへ暗い建築の家は締切りになる  さえよくなって  さと痛みにおののきながら  さが新たになってくる  さに結んだ  さかねじをくれてゆくと  さも苦にならなかったが  さが迫った  さには見ている  さがあったから  さを病魔が彫り削った  さを描いた  さを一緒に知った  さをよそにして  さに唾をのんだ  さを感じてどよめいていると  さを向うへ当って  さいつづらの中が覗かれた  ざの上へドッカリと腰をおろし  さを持っていなくてはならない  さに較べて  さを保証するという  さを豫想して  さの用意はして  さと長さと同じ位に見える  さへ一杯に詰め込まれた  さと暗さと嵐との豫想が心の上に重い壓迫を加へてゐるにしても  さのために枝ごと死んでしまふ  さのうちに暴露された  さの余りに初めの意気組などはどこへやらで  さを感じて来た  さも愚かさもないことを識った  さが彼の胸を貫いた  さすりながら泣いた  さへ怒つて吠えるでせうに  さをならひ  さと區別して  さは新潟市よりも西になつてゐる  さよりももつと  さの方が男で待つ  さは男のやうに思はれます  さをどりをせぬ  さをどりを  さをどりて  さ及び柏崎おけさとよく似た  さの譜を取  さをどりし  さを知らず  さをどりを知る  さふとうたはまほしくなりにけり  さをどりをせざる  さをどらぬ  さはや一人をどらじひとりして踊れば  さをどりひようげしをどり踊れども  さをどり  さて旅立た  さが絶えず私の心に残っている  さと悲しさは言うまでもありません  さはおそらく誰にもわかりますまい  さの前には降参してしまいました  さへいつしか過ぎて  さは免れず  さから逃がれて  さのあまり夢中になった  さを増してはいなかったが  さを見せていた  さを示していた  さを見せる  さを見せなければならない  さにくらべれば  さと悲しさが胸いっぱいになって  さを示し得る  さを偲ばしめると思う  さを持て剰した  さなかったむす  さに今度は身体が痺れて来る  さが増す  さに驚かれる  さや悲しさが身悶えさせる  さが口の端から洩れる  さを急に掻き乱し  さに堪え兼ねる  さに多くの女が無力になって  さを前歯でぐっと噛んで  さが込み上げて来る  さがこみ上げて来て  さとが心の中に触れ合うと  さを青年に対する義務にかこつけようとする  さするのを想った  さがかの女を襲った  さを想わせる  さがらしていた  さに啜り泣いていた  さも私の何処かに漠然と潜んでいたには  さが中心になった  さを抑え  さを味わっている  さに熱して  さを示して  さへありき  さうな塩梅さすがに古今の名優と楽屋中にても人々驚嘆せざるはなかりけり  さの竹の皮の間に蜘蛛の死骸が挾んである  さになつてゐた  さのかぎりを探りだします  さを瀧子の心に感じさせる  さと教室内の静かな活動とはお互いに作用しあって  さは既に村でも定評がある  さで瀧子が落付いて  さをあらわした  さをやっと堪えた  さのためにリョーマチがついた  さは専吉の膝の骨までしみとおっているであろう  さで赧くなった  さが感じられる  さが襟元を襲つたやうな氣がした  さといつたら  さに刺戟されて  さには全く思ひもかけぬ  さうだといふ噂が世上に流れた  さを憐れみ蔑んだ  さが顎から下へ延びて垂れてゐる  さ見ぐるしさに沈鬱な魂をわづかに波立たせた  さを見つめてきた  さが泌みついてゐた  さがその激しさの切なさ故に自らむせぶ  さに当つて居るからである  さを混同して  さは着物を供へる  さが布帛の方にばかり傾いて来た  さを献るべき神とを混同させる  さと米とがうち撒かれる  さと米とを与へる  さうであつたにしても  さといえば  さにワクワクする  さとに堪えかねて  さを叩き鳴らしていた  さを手で示した  さまでした  さが思いやられる  さまで驚く  さで泊めてはくれるが  さじゃ寝つかれやしません  さで救うね  さを夢みる  さが胸に消えない  さをふと気にしていた  さにのめりながら  さを眼に描いた  さにうたれて見つめあった  さの増すにつけ  さに耳を澄ますと  さまで隔てませぬ  さまで案じずにいましたげな  さのさと顕われ  さと云ったら  さまでとも思わなかったに  さが思い遣られる  さが俤立って  さへづつて星の女にをしへました  さがしなさい  さは表現できぬ  さに凍えて  さのあまり泣きあかしました  さに文雄の手を堅く握りしめました  さの疣が一面に簇生していて  さがあるであろうと思うが  さは四百五十キロメートルに達した  さの概念が確実に認識されて来る  さがつてはばあと覗いた  さにおいて多少の差等がある  さをさへ語る  さの蔓がくしゃくしゃにその木をまとい  さを凌ぐとは見えないで  さに振返った  さと比例するとしても  さに専念祈  さまでは切符の期間も切れ  さも感じなかつた  さかひもなくへだてなく  さにふるへながら立ちあがらうとすると  さはいえ  さうな題材を捉へて却つて反対に楚々たる清い感じをそそる  さが目だち  さに水しぶきが白いからだに降りかかって  さのものがいつか空いっぱいに伸びて  さで奉公人たちの眼にはむしろ蓮っ葉じみて  さをしのんでいた  さにまるで燃えていた  さや寂しさを訴へる  さうもない気がしました  さに打たれるであろう  さを追究する  さと強さとの二次元を認める  さで存在せぬという  さへ風が吹かなきや帰られぬ  さと水汲め水なし畑に畑がなるまで  さと水汲めお日さま高いぞお日さま高いぞさつ  さでがたがた震えながら  さで管理した  さが声から溢れた  さに心を奪われている  さで花に近づけた  さは人生の幸福をはかる  さはいうまでも  さと腰をあげ  さと諦めとを知らぬ  さ程の平らかなる処あり  さにてはなくて蕨のみ並び立ちたり  さに触れて  さに追われながら  さを忘れていた  さを知ると  さを取って話すなら話してやろう  さにうたれている  さをふるわせる  さがこみ上げてきた  さまでに急がなかった  さに驚いて  さに研がかかって  さに狎れやがると  さかと思われた  さいなんでも飽きたら  さに結っている  さを示してきた  さを骨身に沁みてよび起こされても  さと見る  さに由来し  さは敗戦日本の肺腑を抉る  さのみを原因とするか  さを意味するならば  さを意味しないか  さに由来するどころか  さと共に激化せられる如き  さをもつてゐるけれども  さとには心のしずまる  さだのを工夫したりして  さとでもいうべき  さを附与している  さにもかかわらず聴かれ  さえも見出す  さではどうなったか  さに思わず  さに堪えず  さに堪えねば  さをしのぐあたわず  さは凌ぐあたわず  さの増すにしたがい  さはなおやまず  さをいかにして忍ばんと  さを防がん  さにたえずして  さにたえずその前に走り寄れば  さうな帷を垂らしてゐた  さうな横坐りを改めなかつた  さました為であらうか  さをこらえて逃げ去る  さに堪えられないでしょう  さはなんという  さずにおく  さには同情する  さにそれこそ気絶してしまうだろう  さに身顫いした  さはそれだけではすまなかった  さと不思議さとはレザールにとって生涯忘れられない  さを思いやると  さなどには無関心かも知れないが  さに堪えられず  さに胸をドキドキさせ  さでは解るまい  さでその商船へ彼らの一団は乱れ入った  さは言葉で説明なんか出来ません  さと喉の乾きとで誰も彼もみんなへばった  さというものは思わず閧の声をあげたくらいだ  さは何んと云おう  さに私の体は一時にゾッと鳥肌立って  さが身を襲うので  さのために赧くなった  さで廻っている  さのあまり雀躍した  さから判断して  さによって彩られてゐる  さを守る  さに造らせていただきたいと頼んだ  さに堪へたる  さに堪へてすむ  さに堪へて住めとや  さの極みに堪へて  さに煙をだにも断たじとて  さを何にたとへ  さにあはれもいとどまさりけり  さに浮世をかへて忍ばずば  さはその色としもなかりけり  さも住みこし  さはみ山の秋の朝ぐもり霧にしを  さに世をこふらむか帰りせく  さで乗り切つて行く  さうな顔付で起きあがつてくる  さはたちまち数噸も増すにちがひない  さがあるだけで  さに彼の指をやけにこづいた  さを与えた  さを顧みて  さを積重ねた  さを削った  さも身に染みて  さかひなく  さに兄は其庭には入って  さを思い出すと  さを一層甚だしいものにしていた  さを思えば  さもあろうと云った  さを感じます  さが私をよく喜ばしめました  さな唇をとがらして  さうな眼で私を眺めてゐます  さを手で示します  さにエビルは大声を出して  さも本文中に述べた  さが成立する  さの成立条件を発見した  さを感じるらしい  さとは少しちがう  さの生じる  さの第一条件でなければならない  さと涼しさとは互いに排他的な感覚ではなくて共存的な感覚であることに始めて  さは感じ得られないという  さを知ったという  さもうまそうに飲んでいる  さから考えても  さに親しい友人迄裏切る  さと戦いつづけている  さうな才能をもつた  さにもなるほどの  さと熱心さがさせる  さを思う  さ苦しさも知らずに  さで死んだ  さを惜しみ  さなぞに竦み上がる  さを読書とその空想によってのみ知り  さに興奮し  さを嫌った  さには平然として堪えられた  さが続き  さにぼくは堪えられぬ  さ哀しさ孤独さに支えられ  さも死者の眼で生の世界を眺めている  さすられる  さうもありませんので  さへました  さを胸に描きながら  さにはその若党も恍惚とした  さまで従いて行った  さも軽蔑した  さが三四丈もあるであろうか  さりところげ落ちて  さをののしってみた  さまであがめ  さにて麦を粉にする  さまで愚なるにあらず  さに痩せていた  さに掲げ  さを隠しましょうと  さにしてくれるわ  さに馴れて置け  さにたまりかねて  さが売  さをかくしてくれようと  さが身にしみて来て  さものびのびと飛びながら  さにめったに妾宅では御膳を食べる  さにつるした  さで断ったか  さと商売上のこつと  さが手伝っているので  さを何かで償いたいとの  さの黒い体をうねうねさせて  さが思われる  さが汲まれて  さで壕の方に飛んで来て  さにまけないくらいの  さうな土氣色をしてゐたよ  さに胸が早鐘のやうに皷動を打つてゐた  さだのは泡のやうに消えてしまつて  さまでございます  さを恥かしがらずに  さや通俗を気にせず  さを憎んだ  さに顔をそむける  さを漂わしていた  さがこみ上げて来た  さは私を切なくした  さや通俗を氣にせず  ささうに豫言して置いて  さに顏をそむける  さへ見えながら  さで喰い込んだ  さ行かれねえ  さりとした  さでは着物はきられまい  さに仕切ってある  さは立って  さな字が二十八字かいてある  さを測定したり  さを人にわかって貰おうとして  さだけは信じている  さとし  さにあの人について歩いていた  さがありました  さのみ驚くべき  さうなリユツク・サツクを背中につけてゐた  さに恍惚としてゐた  さに堪へられぬ  さに襲はれる  さに襲はれてゐた  さへすれば済む  さうしてゐると  さを湛へた不意の新しい血潮が激しい勢ひで身内を流れはじめたかの  さに駆られたりした  さに追はれて  さうな顔を出して  さへ幻滅に富む  さを覚えてゐました  さに驚かずにはゐられぬ  さうな二つの登山袋を運び込んで来た  さを極言して  さを詰ろうかとも思ったが  さに腹の底から憎悪を感じると  さを尽く勘次に投げかけてやりたくなった  さにゃ叱られる  さから執拗に迫つて嫌はれてすげなく  さは身を引き裂いても足りなかつた  さで手足を思ふ  さを覺えた  さへも二十までの加減算は達者に呑み込んでゐるのに  さうした自分の過ぎ去つた  さは較ぶる  さに見震ひした  さを直ぐに見せる  さが胸に悶えて返す  さへすればと  さが自覚され  さも物うげに立てる  さに劉りなしたる  さにあすの山路に肩の痛さを増さん  さとを感じた  さから人さし指の爪が白くなる  さもちがう  さを深く感じさせた  さかつてゐる  さに一驚した  さをも感じさせる  さまそうとしている  さます熱量をはらんでいる  さへ思はれて来るではないか  さを紛らす  さを身うちに覚えた  さなどの点では許されない  さに打たれる  さを嫌つて見るので  さを持つてゐた  さうした辛辣な反語を好んだ  さは地獄に達し  さは天に届く  さの磁石が載つてゐる  さに並ぶべき  さのあまりにした  さも具え出して来てはいる  さを残していた  さのためにどうかしてしまいはせぬかと  さと撫子を求める  さをお訴えなさる  さを除いては  さを私に教えてる  さに首を縮めながら歩き  さで熱を吐いてゐるだけだつた  さうした声を聞くと  さうだから飲むわ  さうな気勢を示した  さは未だに忘れられない  さうな頬ぺたを視つめながら  さに康雄は泣く  さうな笑みを浮べた  さが窺はれるであらう  さに堪能するだろうと感じられた  さにかえった  さが残される  さに足をとられてゆく  さを覚えたばかりの  さとにかかっている  さをもたらすだろうけれども  さうな山村でもある  さつぱりとした浴衣に着  さと疲勞とを忘れさせる  さも忘れて  さへも聞かなかつた  さがその奧にあるとは  さを凌いで  さに苦しんだ  さを僅かに慰めて  さを探  さで私達をその深い力の中に引き入れる  さをも厭はず宿まで來て呉れた  さは驚くばかりだ  さの笠が眼についた  さが身に迫る  さの花の番号を数えて行くという  さのあかりがついたよ  さの花があっちにもこっちにもならび  さの灯をしらべて云いました  さのともす  さにぼんやり注いでいて  さのあかりがつきはじめていました  さのかおりやら何かさまざまの果物のかおり  さのあかりを数えて来た  さま一人の野原のように威張り返っている  さまやれ  さのあかりのなかを急ぎました  さのなかに黒い影を長く引いて  さが感ぜられる  さが少しけ抜けた  さという事のデモンストラチオンに使用されるに  さと云うのに  さと愉快さがある  さな枝をぶらんこのやうにゆすぶったりしながら  さへた六角形の巣にはひって  さの靡くと  さが過ぎたので  さが一団残って  さまで痩せもせず  さが増すと  さで目覚まされて行きました  さのいちめんに咲いた  さま一人の野原のやうに威張り返ってゐる  さの花がともす  さのあかり照らされ  さに取紛れて  さを踏みしだいて  さもこの三階では感じなかった  さで膝のあたりががくがく喰い  さがじりじりと襲って来た  さに茹だる  さが丁度大正十二年九月一日の二科招待日を想い出させた  さつの物語を聞いている  さをもっている  さは自覚していないが  さは感じないが  さで読み  ささうな者が通つたら抱へて参れと  ささうな所があらば  さに打たれ  さのために学校へ行く  さがこもっている  さを少しでも軽くしようと冀って  さにふくらんで居ります  さを意とせず  さつぱり判らない  さと夕食を喰べると  さは永い間に造り上げられ  さを忘れかねてゐるし  さうな場所だけでもと思つたがそれも分らずじ  さへ行ければ  さにとりまぎれて  さをやがて苦痛にかえる  さまでに高く築き  さへ念仏踊りと言はれてゐた  さのつのって来る  さに丁度このような場合を想像に描いて見た  さを蘇らせた  さを溜らないほど覚えたが  さうした作家につき添ひ  さを持つた  さう言ふ  さをたのしむ  さうした見方からいつて  さうな讀者の多い本誌へ書くといふ  さを好む  さへなつてゐた  さはみんなよく知つてゐるが  さへ千枚ばりといつたが  さましてやると  さにあいそのつきる  さは例年よりも身にしみて  さが身にしみる  さは衣服に染み入ってしまっていた  さだけを覚えた  さが漂っている  さに押された  さのこもった  さ帰って来たって  さと馬鹿らしさがこみあげた  さがとまらなくなって  さ高さから附近一帯の家並の小ささが今更感じられる  さで演説の邪魔をしてはならないと知ってる  さに合せて  さの澱粉質の匂ひに  さには雪子も呆然として息を吐いた  さが気に入つてもゐた  さへヒステリカルに感じた  さを一層深めた  さによつてかの女の神経の肌質をさ  さへ書き物のことは全然黙殺しき  さに丹念に千切つてし  さうな様子になり  さに比べて  さ愉しさ心細さがあげて  さがむしろ傲然とおし流され  さが残つてゐた  さへするならば  さが肌に沁みる  さの残る  さは空に流れて残るだけで  さに襲はれた  さを甘受する  さしならぬ感情的な思考がある  さを嘆いていた  さの中に死んだ  さうだが名は解つて居らぬと  さと胴の間へ入って  さがって往った  さだけポタリと落ちる  さは腰にも及ばぬ  さに周章てた  さからいえば  さに堪えかねる  さが薄らいで来た  さが薄らいで  さは経験のある  さは睡し  さにたえないので  さと慰める  さのみは愛想の嬉しがらせを言ふ  さへ逃げ出す  さうだわなと言ひながら  さとて膝の上で撥を弄べば  さの時分をこれが時よと大汗になりての  さにでも障りはしませぬか  さうな眼をして  さうな顏してゆくは  さへ私の若く成しに呆れて  さの身にしみて  さに思ひ  さも分りはすまい  さへ行けば  さを目前に見た  さを知って  さぐらいに舞上ると  さをここで話した  さが堪らんわい  さを教えた  さに夜も碌々眠られなかつた  さが沁み渡る  さを打ち消すには  さも見限った  さがひしひしと迫って来た  さのみむずかしいことも言うまいかとも  さに自滅したと  さりにくければ  さを思い知らしてやれと  さに一時の不平を抑えて  さを失つてゐない  さに堪へられない  さを正確に計る  さはほ  さが結ばれた  さをこの三年間身にしみて感じてゐるせゐもある  さよりも花むこの  さや豊かさはなかつたのであらうと思はれる  さが私たちの心に浸みこみ  さうな書院の襖をあけた  さから千五百米に減じ  さも次第に増して行くが  さが想像せられる  さは直徑一米程であつて青く光つたものであつたといふ  さと学校へいつて  さを見せまいと気ばって  さはしないよ  さに目をさました  さと興奮に身をひきしめながら  さをいだかせ  さのあまり声をたてる  さがつづくと  さにうち込んで  さを忘れよう  さとやさしい思をこの胸にたたんで居る  さをきわ立たせた  さをしのばする  さは云いつくされるかと思われる  さにその若さをほてる  さをたとえて居たが  さにおののいて居る  さの目立つと  さのましてかがやかしくなって来る  さをねたんで  さに光君はこんなぶっつけた  さと悲しさの三つの思の乱れにふるえながら  さとかなしさに涙をながして居た  さを思って居た  さが身にしみて来たけれ  さを思いながらゆられて居た  さにまぎれて居たが  さが身にしみて  さはなおます  さばかりのまして行く  さを嘆いて居る  さはますますひどくなりまさって行く  さや悲しさを云わなかった  さは若々しい力のこもった  さにかがやいた  さはまして行った  さに満ち満ちた  さを持って居た  さがしておくれ  さを司る  さの身にしみる  さを同情して居る  さを御察し申上げて  さは光君の御心を狂わせてしまいました  さをしのんで申しあげます  さにいっしょう  さを内面に集中する  さがわかっているので  さと共に深さがある  さというものは結局人間の豪さであると考える  さというものは模倣し得る  さは先生の人間的な豪さに基いている  さがさわやかに流れておるという  さとも苦笑ともつかない  さが新次の体の中を流れた  さに見とれて居る  さうに叫びました  さのお裾分を私にもして進ぜようといふので  さへあるといつた  さへも充分に人を感動せしめる  さへが今日では見てくれのために着られて来てゐる  さが作品の上に感じられます  さとかを意識させず  さを少しも感じさせないほど  さになりおる  さがありません  さがつづいた  さを支えていると  さに僕もいささかドキンとして多少とも陳弁の形を取らうとする  さうな矮躯のくせに厭に傲然と腕を組み  さうした忙しい合間にも広漠たる森から草原へかかつてゐる  さ図らずも霊感の宿る  さに身も世もあらぬ  さを持てあまし  さの中にも善が住む  さをさとるにつけて  さに徹する  さと林の中にはひりました  さに絶へかねて  さになぶられてゐた  さひませ  さを蒙りながら  さうな長屋がズラリと並んでゐて  さに引き延ばされている  さを軽蔑する  さの中に生きている  さを嘲笑しながら  さを美徳のように考えたがる  さを堪える  さ不味さの大部分を支配している  さをもっていて  さからいうと  さに指先でほぐし  さが先に立つ  さの比が甚しいので  さに追いつけないので  さとで気がいら立って  さのまじった憤りが湧き立って来た  さに胸がドキドキする  さをまぎらす  さはおののく  さに泣き  さりと垂れていた  さもあらん  さこそと思わせる  さを抱いておりますが  さに胸を打たれるに  さに手折り  さほどに思うなら  さが微笑となって浮かんで  さが先に立って  さにわれを忘れて  さにやっとたえていた  さは塔全体から考えると  さが違う  さも不安も知らない  さが流れた  さで飛んでみよう  さは地球で一番高いといわれる  さは十メートルぐらいはある  さで四方八方からわっと艇へ殺到した  さが火星の大気と同じくらいか稍重いかの瓦斯と見え、艇よりはすこしあがるが  さで廻っているので  さが三分の一に感じられる  さがあったが  さに截って  さに耐える  さであってもこうまでは愕かされはしなかった  さに打たれたらしかった  さが一パイに浮き上る  さを冴え返らせて行く  さにカマケていたばかり  さを含んでいるのよ  さを感じていたらしい  さになつてしまふ  さを思ひだす  さを深めた  さは云へ降参抔とは男子として忍ぶべからざる  さへも知らぬ  さにまなこもくらみ  さからひをしたとて  さも残りて在り  さ誇らむプライドのみにて仕事するから  さされる  さに涙が腹の中で雨の様に降った  さに呆然とした  さに脹れている  さつしやる  さへ遠い処に聞えるが  さを増したが  さつしやれ  さが増すので  さに投げ出した  さへ見えて  さに腹が立つよりも  さよさと通って行く  さにつき金一円さしあげ  さに切ってあった  さを加えてきた  さは一定してゐるし  さのみツキアイも深まらなかった  さなるにあらず  さや並び方に一定の統計的な相違がある  さでガラス面に沿うて流れおりて来る  さに不安を感じて  さへはえてゐた  さには勝てなかつた  さから救われた  さも語るに足りない  さを越えていた  さを甘く見て  さにすぐ跳び乗って  さを吹き込んだ  さの混じった  さがそろいます  さを覚え  さはどの程度にするか  さに変わり  さに驚かされました  さに似た  さを細かい刻みで自由に変えられる  さを望みたいという  さにうたれ  さに胸を焼かれました  さや肌身に染み込んだやせ  さに注目するか  さを実現しようと考えました  さという決定的なポイントで紙に負けている  さを補いたいと言った  さも印象に残ります  さといった受け取る  さが配慮できません  さという点を無視できないと思う  さを欠いた  さとリンク力の双方を備えた  さという問題は残しながらも  さを象徴している  ささえ覚えます  さが窺はれる  さうした語原を交錯した  さうした形をも明らかに見る  さにおいて嶄然として優れていた  さの効果の上に注目した  さと合わせ  さうした生活に入る  さを人に見られる  さがあたへられます  さすぎる事だと思って  ささうに思ほ  さ有難さに泣いて  さかさまに谷底へ落っこちたりしなければならぬ  さを目のあたりに見せつけられて  さまであらう  さと貴さで空と土との間を色どって居る  さはとけこんで居た  さにあとおしをされて  さが有るネ  さをもちっと倹約して  さにあてられて  さは御やめにするが  さなんかを思うと  さといぬはりこの色の様に平凡なものでありながらはなれ  さについて書いた  さは私の笑う  さや涙をこぼしたい  さはまして夜は更け行く  さのみ恋しき心山にすみ居て  さへ尚灰色の影をもつ  さを持ち得ない  さがただよって居ても  さがしみ出して来る  さ悲しさを考える  さがおそって来た  さがほの見えて居る  さが羨ましいように感じられる  さに身を引きしめながら  さを味わせる  さがむき出される  さが流れる  さを知って居る  さを痛切に思わずには居られない  さは誰も知る  さを痛感せずには居られない  さに対して戦う  さを攻めはしない  さを察して下さいと叫びながらして下さる  さから云うと  さで時は過ぎて行く  さが自分の胸に湧いた  さが彼女の心を襲った  さに唇をかみながら  さますように抱擁を強めた  さに泣いて居られる  さなければならない  さに涙こぼるる  さで目があくと  さのさんの訳された  さに凍り  さだと云う  さのみに原因すると感じて居る  さでとけ燃える  さにつかれた  さとが光に混って感じられる  さで此雪が来ようとは  さで違う  さほどの意味を有しない  さの快感を知った  さとの努力を混同する  さのさんに送ってあげよう  さが如何に自分の神経にさわるかなどと云う  さはよき趣味の欠乏に於て明に現代を示して居る  さに喜悦している  さに考えたい  さいなんで目にものをみせてくれる  さを覚えさせてくる  さを表す  さを与えて居る  さも痛感した  さを我からアドミットした  さと意義深さとを心魂にまで銘じさせ  さで鼓舞される  さに食い殺されても  さも曲げる  さで子供に還る  さを味ったからだ  さのわかる  さは忘れてしまう  さや独立的な心の領域を持たせて居る  さが開拓し  さを恥じて  さを心に覚える  さの加った  さを正面に承認し  さと相半ばした  さを持つ  さをちゃんと見ない  さを見ず  さから自由になるには  さを細かく解剖して見る  さに食われた  さにする  さを強調して  さを照り返す  さが満ちて来る  さが日夜のものになった  さに心を焼かれる  さなどを狙って居る  さで一方から云うと  さの点から云うと  さに圧せられた  さを知らされ  さ迄達する  さに堕そうとする  さに有頂天に成っては居られない  さを感じつつ  さすぎるような気も致します  さへ容易に自分の秘密を赤裸裸に告白する  さは事件そのものにあると  さへ甚だすぐれた  さに切つた硝子板におもひ  さで僕の眼に幻灯のやうに映じた  さの賭けをしたろう  さは實にこの大谷の峽谷を以て最とした  さうした原始の状態が殘つてゐた  さをもらして  さを覚えずにはいられない  さを慕う  さに顫えていた  さがこみあげると  さとか健康さを直感して  さうな眼つきを改めなかつた  さの名残をいくらか蘇らせた  さと抽象表現に堪えぬという救い  さがひそめられているという  さへ爾く  さとでもいった  さだけを頼みにしていた  さがないとは云われない  さが分かれば  さ面白さの深まり行く  さにもめげず  さが五六寸もある  さに眼を惹かれて  さうして牌の音の高いのを喜ぶらしい  さはやかにも聞え  さで僕の耳を樂しませたのに  さも想像されて  さの中でもこの木目はこの牌とすぐ分る  さも以て察すべきである  さをもち  さもまたこの不如意のうちにある  さまでの好意を寄せるか  さかれていた  さにぞくぞくしました  さがし申しておる  さもあらんといわぬばかりの  さはあらじと思へど  さに怠らず学びし  さにたゆみ  さへ余が為めに手づか  さを忘れて  さを思ひ  さは王城のごとしと知りぬ  さぶらひ  さよ君を見て  さをおぼえさせずば  さと慄へ美くしと笑み髪ながきおんかげ渓を深う落ち流に浮きぬし  さな寄るなるを  さにやらで別れし  さり船見ゆ下総の浦絽の蚊帳の波の色する  さに酔へる  さなりかしこき二心こそ月を生みけ  さに怠らず學びし  さへ余が爲めに手づか  さま脱き  さま平太郎は刀を抜いて起ちあがると  さほどに感じなくなった  さの分る  さうな情熱に燃えて語る  さは見受けられず  さは極めて明瞭に分る  さがいささかも隠されてゐない  さしか分らない  さへもついて来る  ささうな顔をしてゐますね  さは少くありません  さにこづきまわされつつ  さを覚えさせる  さに合わせて切りちぢめて置かないと  さとの混りあった  さが常に極度にまで緊張させられる  さの感じがいつしかゴーリキイの心を鎮め  さから脱しようとし  さとに対し不撓な闘志を抱き  さを取戻した  さに思い到らせる  さから逃げ出して  さを理解し  さと愛の源泉であった祖母が死んだ  さに置かれながら  さの測り知られぬ  さとに自分の荘重さと寿命の永さとを競わせるかの  さでは見透す  さはひどくなった  さは哀れでもあり  さと言っても  さにすこぶる敬服する  さに耐えられなかった  さかさまに跳び下りてゆきまして  さと細心さと嫌悪とを強く集中させて  さうだといふ  さうな芝居を書いてゐれば  さが消えてしまう  さを一二寸の厚さに遮  さが二間ばかりあるよ  さをわらった  さと変る  さを示しながら  さもあらば  さをましていったが  さへと移り変わった  さが本当に気になって  さを謳う  さでがんばれば  さを笑え  さの奥にある  さの背後にある  さを謳われようと  さとされ  さまで行き付ければ  さを置き忘れてきた  さが乱立して  さというやつもまったくもって  さはほとんど桂枝雀の落語を思わせる  さを目指したい  さを念頭に置けば  さを表に立てる  さを歴史のタコ壺にこもって楽しもうとする  さを目指しつつ  さが伸びたり縮んだりする  さに悩んでいた  さと対比した  さが身にしみるとの  さはこの世のものとは思えなかった  さで増加しているにもかかわらず  さのCDをかける  さを覚えている  さが良く考慮されています  さへの配慮を欠いた  さを考慮した  さ御身丈より二尺なおあまれりとあるが  さのためになかなか泣きやまなかったよ  さもようしえぬ  さの巻紙に何か書いて来た  さとは少し違う  さとそしてその何かがあると感じる  さからあたくしを泣かせた  さがあったからって  さが漂っていた  さは分っても  さに耐えられなくなってしまった  さという感じとは少しちがった  さは二百米ばかりあるとか聞いた  さを競うて飾り立てた  さを感ずるぐらいでした  さに耐えず落ちてしまった  さのなかへひとつの素朴な琴をおけば  さに耐えかね  さの奥にしずかな響がある  さまで倦怠を感じてゐる  さを語つたことがある  さへ思はれるだらうなど  さも愉快さうにはし  さへなつて居る  さとを感ずる  さにかじかまる蠅のなきごゑぶ  さな手足をもつ  さうしておまへは私に話しておくれ  さな青い魚類のやうでやさしくそよそよとうごいてゐる  さをその鮮血のやうなくちびるはここにかしこに私の青ざめた  さなるぞこの青ざめた  さよさよと草地に生えてる  ささうにそのなかの插繪を見たりしてゐた  さな町で孤獨な生活をしてゐる  さり夜浪によごれた  さな岱赭色をした  さな煙突の下に住んでいてくれたなら  さがあるといふ  さの順で机の端につみ重ねた  さがナースチャを恐れ  さにつり合った  さしかありませんでした  さのために葉を巻いていた  さしてもらいたい  さに泣かるる  さの中で私の思想は芽吹きつつある  さ恐ろしさに堪えて  さんとじゆん  さを注いで置いて  さとが籠っていた  さとがこもっていた  さとを示し得たであらう  さもやはり病気が手伝つてゐた  さへいまいましくてならない  さで蹴つて  さへなつて来てゐた  さへこの感じが来る  さへああいふ深い感じを受けたといふ  さを備えている  さが見られるという  さを感じたよ  さは十畳敷くらいでもあったろうか  さと複雑さと設備のよさに感嘆し  さに魂も身に添わぬか  さは云え  さの人もある  さに涙を催した  さしずでもあります  さのみ嘆き給い  さを見せていたが  さは今日まで忘れ  さをした  さうして夕ぐれが夜に変る  さで赤く熟れる  さに跳び上がりました  さを吹聴と誤解されぬ  さへ呉れれば  さも小気味好ささうにふき出した  さなのであるから愚痴にもならなかつたが  さうな顔して  さへも留守したら  さへ収入の期日があやふやになつて来ると  さが可笑しくなつて来た  さなどについて一言もふき子に話す  さに溶ける  さと一緒に小さい鋭い悲しさが貫く  さに震えていました  さを感じました  さも迷惑さうに顔を顰めた  さが湧きあがつた  さと湯に入つて来ないか  さう六ヶ敷い  さへ思へば  さうな声で呟いた  さを覚えてゐた  さうをしたのであらうと  さな砂丘をだらだらとおりると  さな川が流れてゐて  さなバスケツトを一つづつ持つて歩いた  さを避ける  さうな眼つきをした  さうな眼を挙げて  さひろごれり  さのやる  さいくばくとも量られぬ  さへ思はれぬ  さこそ比らべられて  さに物は言はれで  さをもう取り返しのつかない  さに仕舞って置く  さが次第に薄れて行く  さに劣るまい  さほどに際立つた  さと健康の有難味を思う  さであるといふのであらうか  さうな古網に同情した  さへ感ぜられる  さすりたい位の見事の出来でもある  さと奥行を与へて居る  さなどは少しも見られない  さの身にしむ  さへ今私は死ぬほどの思ひをしてゐると  さを汲てもつきぬ  さのいつ迄もかくてぞあらん  さがの桜はいみじかるとも  さへ知るは  さと汗に蒸される  さの黒味に移るいく  さはやかならば  さうな顔付をして居るので  さうな気色を示して  さも身に泌みなれた  さへもその後を追ふ  さへすれば立ち行く  さがはじめて分った  さで横たわり  さに水を湛えている  さの平均した  さに堪えぬが如く押し黙っている  さに独り苦笑して  さが葉を振り落した  さま手にした  さに止っているので  さの加わる  さに硬ばった手足を暖める  さにいつと  さに横から眺めて  さに駆られて  さうしてゐる  さにおどろいて  さまだとは思ったが  さに私達は一入早暁の涼味を覚える  さうな花房をしつかりと抱き締めつ  さしか感じさせない  さに夢中で薄の穂をもぎ  さに向って  さへも闇を招いてはゐない  さにうかぶ  さのほ  さぞそそくさとくひければ  さたひらかな  さがほの  さぶしいだらうな  さにうづく  さと競った  さで宵の山の端にかかりました  さへ殆ど自分達の前身は忘れはてた  さりした  さうなへうきんな  さうな機運を意識して  さうな身体を見つめた  さうに叫んだ  さを強ひられる  さうなうめき声を発しながら  さへ可笑しくなる  さも覚えた  さに同情した  さを凝  さしよれへん  さというものをふと感じた  さはかく  さを感じないので  さを紛らしぬ  さに窓をあけて  さにも優るべく  さに三奈木の青物店に立ち寄り  さには膳椀を借り  さほどに迷惑をかけたりとて  さと長袴の裾を捌き  さまで疲労して  さを隠して  さに戻すと  さが燃え上って来て  さもいつの間にか脱れて  さにも耐えて行く  さがしみる  さにおそれを抱いた  さがこみ上げて来たが  さを驚いて居る  さは少なくとも二十呎はあったし  さよりもいっそう濃く黒く見えた  さと力をかけて  さに夢中になっていた  さが手伝ったとはいえ  さが身に沁み  さくらいに思われていたといっても  さの余り彼の絹袴を趙太太の処へ持って行って  さと垣根を越えて  さの象徴とでも申したい  さしならぬものとなる  さしならぬものとなり  さのせゐとすれば  さの三分の一は確にあまる  さで重く重くと育って来る  さの混った  さと一緒に少なからず心を動かされた  さで眼が覚めた  さに急に気がつきなすった  さはアスフアルト敷く  さや逗子驛頭の冬のたそがれたたき賣る  さがした  さがつてゐた  さとは打つて  さとにうだつてしまつてゐた  さは二メートルか三メートルもあって  さの中でこれは又若々しい主婦が生き生きと皿の柱を蹴飛ばし  さを日毎の此の丘の上で習わねばならなかった  さに圧倒されて立ち停った  さが光る  さが襖の際まで迫って来る  さを先んじられて  さは条を揃えたばかり  さには喘ぎ  さには悩み  さっしゃるに就いて  さっしゃる事になって  さとでも云ふべき  さを初めて傍聴したが  さを持っていたから  さを見せてやろうという  さをみきわめた  さに取りまぎれて  さはにほ  さを見てゐる  さを以て描き出された  さが重大であることを見ない  さを論じ  さはに多かりでげす  さを巧妙に描いた  さを描く  さに作者は人間を見た  さと思へる  さを味はつて行く  さに何よりも先づ打たれる  さを感じるだけだつた  さうな眼を挙げました  さとその家の中へはひつて行きました  さうな鉛筆の跡があります  さに区切ると  さと矜りを感じた  さは恰度好いかも知れないが  さを覚えて飛び出す  さを防いだ  さが又と外にありませうか  さといつたらありません  さに自分ながら恐怖を感じた  さがしみじみと身にしみました  さへ避けなければなりませんでした  さとなった  さにまぎれて  さを読んで記さなくとも  さかさまに落ちていく  さをあたえない  さがれる  さを加え  さに涙をぽろぽろと落した  さが知れている  さがわかって来るとともに  さも何も忘れて  さが約三分の一に減る  さになるじゃろう  さとともに増していった  さで這出した  さのものになると  さを加えていった  さは月をはるかにしのいでしまった  さにふるえていた  さをくわえていった  さにくらべると  さがました  さまよく逃げおったな  さを知っているから  さに襲われるより  さの中に自分を省みました  さを思わない  さの真只中にいる  さから逃れよ  さをもって居たなら  さをして困り  さを覚えてきた  さを肉体的にまで覚え初めた  さを覚えないで済んだであろう  さが漂っていて  さが湧き上ってきた  さに眼をつぶっていると  さも百尺はあった  さよと計り敏は燈下に腕を組みしが  さへせば  さに呆れ  さを歌い  さ広き砂上の月薔薇羽ならす  さを強く現さんとの  さに消されて  さに変り出した  さは消え失せていた  さがそんな風に思われて  さのためにすっかり食慾を失い  さのために思わず大きくなる  さに変り出していた  さに思わず足踏みしながら  さで暮らす  さに目が馴れてくると  さにノスタルジイのようなものを感じていた  さというものは二十の私の始めて見た  さは実在する  さは自分を苦しめる  さを原因の幼稚さで片づけてはいけない  さは七ツの子供も四十の男も変りのある  さに対する郷愁めく  さがこみ上げてくる  さを計って現われる  さだとした  さに於て国際的に用いられている  さに過ぎなかったという  さと信用とを保つ  さを以てしても  さを計る  さを感じるからである  さを失う  さの照れかくしに道徳振りで対手をおどしつけようという  さを鹿爪らしく文化的理由を挙げて  さにテレながら大上段に振りかざしている  さを追い求めるという  さを感じるという  さから発生する  さを仮定する  さを利用したり  さをマスターした  さと戦って  さのためにも婦人は自分と愛する  さを恐怖した  さでふりかかっていたかという  さを強調した  さを異にする  さがまるで違う  さが戦争突発以後ますます物狂おしく高まって来る  さをのんきに傍観している  さにもよる  さにおいてはいうまでも  さは分らないで  さでそれに気分を引き入れられる  さが感ぜられます  さの在る  さにまごつく  さに呆れました  さに負けた  さも薄らいで  さに呆れて  さにあこがれて  さを訴えて  さを一生涯わすれる  さ程厳重に束縛せられないと云う  さを忘れずにいて  さも思いやられる  さを割りつけ  さがありますから  さにひかされて  さ降りだら馬も人もそれっ  さかさまに水にとび込んで  さは二尺三寸あったとか  さがってくる  さしならないことになる  さを持つという  さを量る  さを取り除く  さを感じさせるだけで  さを見せている  ささえ持っていれば  さは相当信用して  さを以て埋める  さと弱みとを有っている  さの一例に出合わす  さを嘆く  さや錯誤に就いては  さを今一寸説明しよう  さに一ぺんぶるっとしながら  さにしくしく泣いていましたが  さなら北極とくらべたって  さをかけた  さで海面を南西へかけて行く  さや形がみなちがっています  さも長さもちがうし  さのために徒らに西洋映画万能を唱へる  さまで船蔵におさめてある  さを圧縮し  さには限りがある  さに打たれて  さを口で話す  さ或は花道をつけると  さう云ふ  さと淋しさを持った  さを気にしていた  さに逆上たと見えて  さは今も忘れる  さにあれ  さに生きろ  さその音が人間を力づける  さに立て  さをみせて倒れろ  さつぱりした黎明の蒼天をあふぐにひとしい感覺が烈しくも鋭く研がれる  さがいまはこの木の性となつたのか風のはげしい此處の曲りくねつた  さにあつて感ずる  さだ穀物の種子のふくろをだきだす  さへわたしにはどんなによろこばしいことかそれをおもつてすら  さだそれがいいかうしてだんだん大きくなれかうして  さだ此のうつくしさは生きてゐる  さを堆積ねる  さへ生き  さてゆみをとつたがいつしか調子はくる  さに於て靜におもへ海はただ轟轟と吼えてゐるばかりだ  さよ人間の無力を知れ溺れた  さかその腕をおもへその腕をおもへば  さにひとしほ  さうな此の力それをまたけふもけ  さを自分も愛する  さよ黄金色に匂ふ  さは生きてゐる  さだどこか深いところで啼いてゐる  さよ農夫は世界のたましひである  さを骸骨のやうになつた木のてつぺんにとまつて  さだ人間であることをわすれて  さに獅子のやうだちらちらと落ちてくる  さを頬張り貪りくるへ  さを知れ  さはどうだ此の大きなうつくしさはどうだ此のうつくしさを知る  さよ硝子のやうな手でひつつかんだ  さは齒をたてむごたらしくも肉體に喰入る苦しむ  さうな此の何ともいへないいみじさふゆを愛せよ  さをじつと耐へて感謝のあたまを低く垂れ  さああおそろしいああ睡い  さはどうだ迅速に推移しろ  さを人間にみせてゐる  さです仕事はあなたにあなたの欲する  さにあれのろのろと蝸牛のやうであれそしてやすまず  さみよ而も大地を確りとふみしめて  さにあつてしみじみとりんごは一つりんごのやうに自分達もあれ  さへて消えかか  さで一ぱいになるぞ  さもしのばれて  さに止めておく  さな鉄管工場に働いていて  さに無性に腹が立って  さが感ぜられるという  さも忘れ  さに刻めば  さにもつくづく感服する  さで物が見えるという  さにあっしは生きた  さの赤痣が出来ている  さの匂いが滾れ出す  さをもつくづく感じた  さうだ蛙もどうやら負け  さを出す  さというものに偏した見  さがあると思います  さを御覧なさい  さがすべてに行渡つてゐる  さを以つてその暖簾をく  さにふらつとします  さが鋭い対照をなして浮立って来て  さはわからないから  さの抑えられない  さに繁った  さの感情へまでつきぬけて行く  さとして愛着する  さがサヨをつきうごかして  さが強調して感じさせる  さや鬱屈や感情の上すべりした  さがほとばしって  さと心持よさとを与えた  さをわずかの時間の間に客車の腰掛に腰かけた  さの代りに心安さがある  さを信じて呉れるね  さにも似たる  さほども燃え上がっている  さを耐えて  さもあらんか  さのあまり召し還したまでで  さと力と真実とが籠ってる  さへすれや  さうした二人の兄弟仲からまたいい感じを僕はうけと  さと同時にある  さを発散する  さしたりしてる  さといふものを最もよく感じる  さがあるのでせう  さを主張して止まなかつた  さを愉しんでゐる  さを感じるので  さがつて行く  さへおけば  さが彼の身のまわりに和らかい光を与えた  さの中に落ち込んでゆくかと見えた  さはとても我慢できぬでしょう  さで何やらさかんに騒いでいる  さの淵源がひそんでゐる  さと美しさとで蔽われている  さが流れ込んで来た  さは十丈もあらう  さでは人間の感ずるよりは  さの一面を思出す  さ或は丈余なるあり  さは予が馬上にあるの  さを増すのみならず  さに耐うる  さにより圧されて  さに困る  さにも耐えて  さに堪へられなくな  さと腹立たしさに燃えてゐるので  さに鳥は鳴いてゆくので  さをなげき悲しんだ  さのうちに解放されたる  さへてて上げようか  さうな涙は容易に瞳をうるほさなかつた  さを考へたので  さと佗し  さがって洞の入口をふさいでいた  さがして見たが  さは思いうかべられる  さではそとに隠しきれる  さというようなことを強く感じながら  さを感じさせた  さがわからん  さを抑えて  さに染めあげていた  さを加えました  さに満ちていたが  さを持っていました  さは来ず  さを調べたりする  さにさしあげ  さが合うではありませんか  さから推して考えると  さへ巫女を信じ  さに打ちひしがれている  さだと長平は考えるが  さしならぬハメになるには及ぶまい  さがひそんでいる  さがしみのこるばかりである  さに見とれていたが  さを殺さなければ  さをそそられる  さが伝わってくる  さがしのばれる  さするように這い降りる  さが浸みるばかりである  さや悲しさにとまどった  さを持ちこたえる  さにおしつぶされ  さ悲しさはどうにもならない  さをこらえれば  さをのぞけば  さで逃げる  さに愛想をつかして  さが失われていた  さというものを全然感じなかった  さにヘキエキしている  さを感ぜずにもいられなかった  さを対等に受けとめられたら  さや盲点がよく分る  さに苦しめられた  さのせいもある  さと絶望があるだけであったが  さを消す  さにはついて行けない  さがハッキリ増してる  さが場内に拡がった  さの満ちた  さにいきなり声を懸けた  さが気になって  サ何卒此方へお掛け遊ばして  さによって異なった  さは日本アルプスの深い山の中も別あつかいにはしなかった  さを思い出す  さになります  さとなったので  さが減った  さの空気がはいっている  さの中天に輝いていて  さが六分の一に減った  さでたまっている  さの六分の一にしか感じない  さになやませるだけだ  さが富士山くらいある  さは正吉ぐらいある  さをしばらくおあずけにしておくと  さは日本アルプスの深い山の中を別あつかいにはしなかった  さの影のようにとぼとぼとした  さと嘆きを思いやり  さから思うさま油を搾ってやろうと  さを箔でゴマカそうとする  さを殺がれていた  さは事新しくここに書きたてるまでも  さが一尺八寸あるいは八分だから尺八だというという  さがいろいろあると書いてある  さが漸く分かつたので  さを一途に嘲殺していたかも知れない  さに依存して  さは気付いていたが  さ悲しさにみちた  さに逆上的な怒りを燃やす  さを知りながら  さを見せかける  さときては  さにあたった  さの切り身にする  さに煮る  さを私は想ったが  さがないと言われる  さのない作品しか書けぬ  さは小説は書かず  さについて深刻に悩む  さがわかったと  さを嗅ぎつけた  さが表現出来ると思った  さを慰める  さからつい僻みが出て  さが一層こたえた  さと空腹と蝨でまんじりともせず  さを人間の相と見て  さは世相を生かす  さは天辰の主人をびっくりさせた  さが知れる  さと廣さとは歴史上比類なきものといはねばならぬ  さを感じないでも  さや生命の短かさやについて感じ  さを与えられた  さと読者としての不満とをはっきり語られても  さを感じただけで  さのそれぞれの典型として歴史の中に評価され直さなければ  さの描写にしろ  さを感じたい  さに胸をおどらせて乗った  さかさまに海に飛び込んだ  さばかりが胸にあふれて  さを持って来たかと思う  さの錫杖を衝いている  さがつてゐて  さが先に立つて  さを主張する  さの竹垣で仕切られていて  さは分らなかった  さを感ぜし  さが違ふ  さで一昼夜つづいた  さと独特の矛盾をも醸し出し  さをつくり出していた  さうな表情して  さに望んで  さするに指を髻に三本入れた  さ起きなくっても宜いわ  さいすれば力に成ると思って  さ又昨年蛍沢にて殺害したる  さがそれにあった  さを加えて  さとか調和とか云う  さを感じて来る  さから彼女はそれを夫に秘していた  さぐらいのすべすべした  さは降る  さへ湯加減程よき一風呂に我が身体も亦車上の労れを忘れた  さこそ思ひやらるれ  さが手足の爪先まで沁みて来る  さにわなわなと骨髄から震動した  さで穿いてから  さで心に浮びあがらせた  さへて立つてゐる  さうな面相が四人とも皆違つてゐて  さはつて退いたるは  さには尚ほ堪へられまい  さへ破れようとする  さから颯と大瀧を搖落す  さを隱さうと  さにはなお堪えられまい  さから颯と大滝を揺落す  さを隠そうと  さもそんなに違いませんが  さが外海の倍にもなる  さが外海の満干の高さの倍になる  さが時刻によって著しく違う  さが五尺ほど違います  さといふものはありません  さは一通りではありません  さうもないと見て  さした女があるだらう  さといふものはありませんでしたよ  さうで心配でたまらないと言ふんだよ  さへ馬鹿にされた  さが冷たい風のやうに吹き入ります  さあのところへ時々送るという  さしてやるというこんだから  さに弱い叔母が赭い  さの比翼の枕などがあった  さに苦笑し  さにふいにしや  さと勢ひこんでくる  さとならべて  さであつたので男は思はず  さで立ちたりき  さと大玄關から入つて來るが宜い  さを見せますけど  さの判別がつかなかったり  さにつられて  さつぱり分らなくなるので  さにゃならぬワ  さに老いた  さをもって居ると見える  さと美くしさの盛の年をして居る  さとうでの白さを夢見ながら  さがうかがわれる  さはこれまで見た  さは蒲公英の茎から出る  さ美しさ優しさは何といって  さに童子の白い額をなで  さ冷たさを感じた  さのあまりに気が狂うた  さがこめられている  さのために卒倒し  さを持っていません  さは灯火を圧倒し  さ過ぎた品物は四面から彼女を圧迫し  さにかじけた  さに息がつまる  さと見ず  さで圧す  さほどのを採って来て  さのみ大した事でも有りますまいから  さを描いている  さをまもり  さからは幾歩か身をはなしておいて  さを見つけた  さで句稿をまとめあげた  さを保持せよ  さへづりを聞いた  さうな草萠ゆる  さが身ぬちにしみいる  さを持してをります  さうとしてあるけ  さをよく覚えてゐる  さがどうしても少し劣つてゐる  さの手提金庫が開かれて  さにがたがたふるえている  さも一と通り見て  さうな八五郎の顏をチラリと見ました  さで緩和されて  さは救ひ  さと赤い鼻緒を突つかけます  さと美しさを發揮する  さがこみ上げて  さうな嬌聲を發する  さから見て  さうな顏といふものはありません  さに感じた  さが齒痒くてならなかつたのでせう  さにツイ殺す  さはいくぶん救はれるであらうか  さを発見する  さをあまり気にかけぬ  さへもあり  さで相手を途方に暮れさせ  さは誇張されてゐるが  さを説く  ささうなものがあるのに  さを内心感じてゐない  さへあるばかりでなく  さり一行の意見を述べてゐる  さを手痛さと感じない  さを私は想ひ出す  ささうに思はれる  さや醜さのために軽くなりはしない  さりそばの女の子の一人を膝へ抱きあげた  さをむきだしにした  さにのみ原因してはゐない  さとして飽くまでも尊重したい  さうだと感じました  さと真剣味が含まれてゐる  さへ西洋人に分らない  さとは違ふ  さが込みあげた  さを現したがる  さへならなけれ  さへ異常さを誇らうとした  さを覚えずにはゐられなかつた  さうな足どりで階段を降るので  さを威嚇されたくない  さを漂はして  さに対しても忽ちに癇癪を起さうとし  さへ立て  さを以て終る  さに溶け  さにもはや激しい動悸さへ覚え  さを今でも稍感傷的に思出す  さに差を生ずる  さを感じ始めた  さを目がけて  さのためだと思った  さに対する感覚を助長する  さ恐ろしさが身にしみて  さも感ぜられた  さなどでも南国と北国とではいくらかそれぞれに固有な特徴が見られる  さについての話をしたら  さを縮め  さがありはしないかと思ふ  さうな顔をした  さのためによく眠れなかったが  さを齎せていた  さの雰囲気がそこはかとなく漾っていた  さの三須藤子を近づけてみたい  さを恐れる  さが薄闇のなかに匂いやかに仄めいた  さは解っていたが  さを感ずるらしく  さで往ったり来たりする  さが次第に胸に這いひろがって来た  さを増して行く  さの痛ましい自覚に根ざしている  さが襲いかかって来た  さを紛らせに行った  さを遮  さを十分知りながらも  さを胡麻化していた  さを失ってしまった  さが彼の頬にも触れた  さを怺えなければならなかった  さも感じない  さに葉子と顔を見合わした  さもしらずに  さに岩を伝って  さで葉子が帰って来た  さにも翳しが  さがわかり  さに打たれながら  さを包みきれないで  さに引き入れられた  さだとも思えた  さをもちろん彼女自身に見る  さの魅惑にも引かれた  さに魅せられた  さをもった  さにも想い到ったが  さで話す  さを充たすに足りなかった  さのあまり涙に震へてゐた  さへ驚いて  さに釣られて  さうな嗤ひを浮べて  さに襲はれて来て見返る  さに釣り合っている  さがいちめんに広がってきた  さは美禰子を離れている  さの薄い円盤を作って  さは六尺もある  さは二倍と云え  さした竹光を突き  さは子供を連れて  さをまずその態度で斥けてしまった  さにちゃあんとできている  さや長さを人類学的に調べた  さまでも計った  さぐらいの上の方から始まってはいたが  さの紙を持って来て  さの手紙やハガキの束を引きずり出して  さは十分にあった  さについて云っているが  さもさも感心した  さは注目に価した  さの用心にスウェーターを包んだ  さが身にこたえはじめた  さを意味する  さへその頽れたる家家より火起り熾に燃えあがりて  さに於いて  さに適応してくる  さはさすがであるという風に評価された  さを買わないで  さという風にポーズされ  さだけを切りはなして  さを見ようとせず  さをとりあげる  さが溢れ出したという  さを苦しく思う  さ来るさしているではないか  さに身悶えしたからであろう  さが少し加わって来た  さに女猿廻しは叫んで  さに煮える  さをさえ感じさせる  さのあまり飛退いた  さの花が咲いた  さに見えた  さにはもう慣れた  さをたたえた  さを認め  さを示し  さも亦人格の深さと始終する  さを樂しまうとする  さを以つて迫り  さを感ずるを得よう  さを持つてゐ  さへ氣の毒な程新鮮さを缺き緻密を缺き眞實を缺いてゐる  さあることを感ずる  さに森を出で  さによつて世間から忘れられてゐる  さを指す  さを人に伝へる  さに堪えられなくな  さの鋭い刀できられる  さをかくす  さ脆そうさなどで情慾をけされる  さに火をいじる  さが増すにつれて  さを見せて居る  さの自己満足にひたりたい  さには槍を立てる  さなどにほっこりしない  さもあるだろう  さつまらなさを理解出来るから  さの自覚される  さを感じてなり  さは男が知って居る  さの本当の程度が巧く  さというようなものあり  さがのこって居て  さがもがく  さが堪えがたくなり  さをきかせて寄る  さで寄る  さがあれば使えるから  さでとびだし襲いかかってくる  さはおどろくべき  さで物語の筋は単純きわまる  さのタネになるらしい  さが違うとる  さは金魚屋を驚倒せしめた  さが身にしみて分る  さを感ぜずに過す  さといいネジのついた  さにたとえて  さを噛みころす  さでくるか分らない  さが憎めない  さへゐた  さに堪えてきた  さうな亂暴と狂燥は何んにもならない  さが滲みこんできた  さうで内心困つた  さなぐられたら  さを洩らした  さと深さとを加へなければならない  さがあるか  さを償ふに足る  さは温かい氣安い寂しさであらう  さと低さとを反省する  さへそのうちに或る物の光を認めて  さはこの節奏の中に融かされて始めて  さに對する  さを如何にせ  さと此世に生きる  さを以つて押し迫  さを比較すれば  さに導かれて  さによるので  さへゐない  さうでないとすれば  さを看破するであらう  さを想起し  さを認めずにはゐられない  さを證明する  さを此處に發見して  さうしてこの不一致の要求から何物をも産出する  さに過ぎない  さの最も近づく  さが與へられてゐない  さを缺く  さを恥づるよりも  ささえ奪われて育った  さがのこっている  さも認めている  さで盛り上る  さにも堪へられなくな  さを訴えた  さはいっそう度を増した  さも長くなった  さも見えはじめた  さとして描き出しています  さで鼓舞されるという  さをいっていられます  さにこころよく感銘される  さに襲われた  ざなりであることを彼等は十分知りすぎている  さが今では夢のように淡く薄れてしまった  さのあまり躍り上りたかった  さで兄の帰宿を七日の間空しく待ち明かした  さに幸太郎殿の祝宴から逃げたぞよ  さは一応理解できたけれども  さにはどこかなじまぬ  さの全幅をもって  さじゃそう勉強しちゃ  さの思い出に変って行く  さを電流を通じて赤熱した  さと比較して  さの塊を射出し得るくらいの  さは単に炭素の粉が赤熱されて  さを自慢してやろうかな  さを悲しみ  さを見ると  さから云えば  さがハッキリする  さを現代に伝えてくれる  さが分り  さではあっても  さの向うから進んで  さから湧き上る  さはどこにもない様に思える  さと謙譲と希望に満ちて  さをしみじみと感じたならば  さを感じたりして居る  さは私の行く  さへ現代語訳を必要とする  さに業を煮して  さうで悪口を云ふ  さへ居なければ  さに煽られて  さがつた白けた  さだと首をすくめたが  さを誘はれるので  さに移つてゐる  さうな小屋にもぐ  さと恥しさとを覚えた  さを追求する  さに止ってはいない  さから出発している  さにあわないです  さを競ふつもりに  さもない心でいる  さだけを眼目とする  さの旋律が想像出来るであろうか  さに残っている  さに盛り上っていた  さの堡塁のように死骸が積重ねて在って  さもなくとも仏軍の弾丸と吾軍の弾丸は先頭の形が違う  さをしのぎつ  さで三つのトランクをぽんぽんぽんと開いてみせた  さの源である重力を打消す  さがあると見えますなあ  さを思へ  さを證しする  さで自分の自信以上に認められてゐる  さへならないと  さを感ぜずにゐられる  さに堪へ得なかつた  さうして彼は妖婦アンジエラの美しさの中に人間以上のものを見た  さと空しさに就いて  さを以つて現はれて  さと淋しさとを感ぜずにゐられぬ  さを恐れない  さに登る  さの中に在る  さが淋しく映つてゐる  さが堪らなかつた  さを十分に否定し  さを懺悔する  さに床にもぐり込んで  さを洩す  さに砂の上を躍り歩いた  さに涙ぐんだ  さの中に神を求める  さと卑しさとをその儘に看過する  さに惱む者は他人の弱さにも思ひ遣りが  さでも假借する  さうして人類に對する  さを以つて一度捨てた  さした處に指を挾んで  さうでい  さとは固より意味が違ふけれども  さを感ぜずにはゐられない  さを幾分なりとも少くする  さを恥ぢても恥ぢても足りないと思ふに  さの點に於いても  さと自分自身の神經質から逃れたいと思ひながら  さに苦しめられながら  さへも憤怒と憎惡とを感ぜずにはゐられないほどの  さをどうやって守ってゆこう  さうな眼はどこかへ行くなら  さへ昼学校では大抵まぎれて忘れてゐる  さがまだ浸  さにだまされて  さで刺戟されてゆく  さは同時に美しさとして感覚される  さとなる  さのあらわれている  さに心づかなくなって来る  さを与えるであろう  さというものについて女自身はどう感じて  さというような表現が日常生活の感情の中に何か一つの範疇のようなものとしてあらわれはじめた  さが社会の感情の中に流動していた  さという観念を女に向ってつくった  さの観念をまとめて来た  さは一番家庭生活と結びついた  さは紫式部が描き出している  さにますます忍苦の面を強要している  さといわれる  さの掟にしたがって  さとはまるでちがった  さが発揮されなければならなかった  さの含んでいる  さの矛盾に苦しんでいる  さというものの観念はやはり日本と似たりよったりの社会の歴史のうちに発生していて  さの基準で神への近さがいわれた  さに生活の受動性が強調された  さで息づまるばかりにされていたかという  さの掟への憫笑を意味している  さの定義に反対するというだけでは  さの観念がつみとられ消え去る  さというような社会感情の語彙が存在しつづける  さというようなことで女が苦しんだのね  さの魑魅魍魎にとりまかれていると思う  さの感覚を自ら意識して  さだの悪い意味での女らしさだのを感じる  さの定義のまま女は内を守る  さの中に呼吸して  さの対照に女をおいて  さという呪文を思い浮べ  さというものの曖昧で執拗な桎梏に圧えられながら  さが慎ましさを外側から強いる  さに花咲く  さを見出し  さより自覚を伴っているだけに  さの故に女の本心を失っている  さを喰い  さが認められなければならない  さというものを生み出して  さの範疇からもあふれていた  さで裏づけされた  さよりもわるさを助長している  さに従えば  さをも何かと凌ぎよくしてやるだけのひろい科学的な工夫のできる  さの日常の要素として加って来る  さから何と大きい幅で踏み出して来ている  さの小舟はすでに難破していると思う  さや悩みを救い  さからはなれる  さへられた  さする奴がある  さから誤謬は犯しながら  さへ滲みだし  さがあるばかりで  さだけが残るだらうか  さに苦笑せずにゐられなかつた  さがつて男が必死にもがいてゐると  さの醜怪に気付くほど  さがつていつた  さしつこさに身の毛のよだつ思ひをする  さでお綱にまきつけた  さとがあるばかりである  さとを人一倍深く感じ  さや健康を再び見る  さは寒しするから  さの時分では有るが  さ余って憎さが百倍で殺す  さが通じないからだよ  さうした話を凝  さの綿花の木が見渡す  さの一例にすぎない  さは尚末節にすぎない  さによって毒されすぎた  さは此の如き末梢的装飾によって瞞着さるべきでない  さの全てと誤解し  ささえ背を向け去った  さには若さの果実がある  さによつて毒されすぎた  さには違ひないが  さは此の如き末梢的装飾によつて瞞着さるべきでない  さ或いは意味が感じられず  さを感じないでも  さを公衆が理解し得ず  さに我慢が出来なくなって  さに惑わされ過ぎる  さが大分和らいで来た  さを思い出して下さいという  さが倍になったという  さしなされたという  さしなされた  さの二丈もある  さより倍にもなったというので  さは五丈ばかりしかありませんが  さくらべをした  さを測って見ようとしたりすると  さの自慢から喧嘩をしたといっております  さが半分ばかりにも減ると  さにあり  さと思索の弱さと他方ではこうした仕事に専念する  さと思索の弱さとは真の仕事の基礎となって  さと思索の弱さとをしみじみと感ずる  さと思索の弱さとに本づいていない  さと弱さとの真の自覚は私たちをよき生活への憧憬と精進とに向わせずにはおかないであろう  さに盈ち溢れつつ  さや悩し  さの中に自己の醜悪を感ずる  さは盲いたる  さは萎えたる  さをもって感じた  さに似ていたであろう  さを破って輝く  さも深さももっていない  さを身近に感じるとすれば  さが潮のやうに込みあげて来て  さ過ぎて屡々酷い失敗を繰り返した  さに胸を踊らせた  さへたりした  さに吃驚して  さの全幅が実に真率に表現される  さに帰る  さに私は感心した  さまで自分のをまたエレヴエーターのやうにおもむろに持ちあげ  さつたうで玉子をとり出して  さで言う  さと美しさとではたとえ  さで夢中になって逃げ出した  さをもつてゐる  さしかもつてゐない  さうした心理のはたらかなかつた  さの絨氈の上で夕方までいろいろ踊るといふ  さを書いた  さもひときわ立ちまさっておりました  さが募る  さをじっと忍びながら  さりと捨ててしまいました  さが上ってきた  さに群れてきているが  さと中途半端な新しさとの矛盾から生れている  さは二尺にも三尺にも及んだ  さを感じて居た  さほどは居ぬ  さがうそでないことがすらりと共感される  さとたのしみと  さかさまの内容に逆用されている  さまけから病気になって死に  さも通り越して  さからではなしにさ  さは忽ち抑え  さで案内人の手からトランクを取り上げると  さはうつらなかった  さがあるだろう  さが永久に水にうつらなくなったと  さとを展げている  さも驚いた  さに触れる  さをかもして来ている  さが残っているけれども  さがのぞかれて見えた  さがそれとなくこめられてあった  さをあらわし  さに安んじて闊達自在の活動をする  さまであったらしい  さにせき上げて来る  さを描き出している  さに伸ばした  さに截つて  さに比すべきでは  さを表現するには  さを示さうとしたに過ぎなく思はれる  さはあっという間に私の躯をさらって  さと違います  さにうっとりして  さにももうそろそろ飽きてきた  さのあまりその男にふと女心めいた  さを教へられたからである  さまつかつかと入ったが  さへあるに  さへ甚だしく憔悴に及ぶ  さへうる  さがつて居る  さへ思はせた  さをかんずる  さに身を悶えた  さで突き進んだ  さうした惡傾向にはたまらない不快を抱いて居る  さは大抵想像されるであろう  さは一間半ほどに達しているらしく  さの一番の運転手は自分が通った  さすらひ歩く  さがこの庭と一つの世界に見えてゐた  さのものを見出した  さに反撥しながら  さに張り詰めた  さからのがれた  さを以って進んだ  ささうな表情をして黙ってしまった  さに興を催した  さからだけ来る  さを承認するならば  さで夢中になって  さがないのが野村には好もしく思はれた  さが溢れてゐた  さをむさぼるといふ  さほどの大金も持たない  ささうにしてゐる  さが感じられるので  さまでわいてきた  さではありません  さかさまに転げ落ちました  さを加える  さが有るかというと  さが目立たない  さをむしろ不快に思ったばかりで  さから逃げる  さから逃れる  さで僕の心を惹いている  さとは全然違う  さを補わなければ  さは僕の魂をゆりうごかした  さの正体を思いだしていた  さの相違がある  さの点では比較にならない  さういふ風に日本文化といふものが出  さにふさわしい屑が出たかという  さり頭をさげてくれば  さへありますが  さや正しさだけで満足する  さも要求されませう  さの一つはたしかにそこにある  さに脅かされる  さへも油が必要なことを思へば  さうだとしたら  さを味ふこと  さの程度があり  さを逃れるとかいふ  さに触れ  さに自分たちの方から亢奮して  さを求めました  さを如実に示す  さへしなけれ  さといふやうなものが感じられます  さへ一括してはゐません  さとさへ評してゐる  さを消してゐる  さを自分で認めてゐる  さを忘れてゐるかの  さで立ち竦み  さがろうと態度をきめた  さを加へる  さも苛ら立たし  さとどこかへ行つてしまひました  さへ感じました  さうな一匹が申すに  さとをそれなりに肯定した  さと低さとを歴史の光に照らして  さから生じた  さの序歌から整うて来た  さでと言ふ  さとは必ずしも一致してはいないからです  さは何よりも直観に依らねばなりません  さの世界はどんなに変化を受けるでしょう  さを有つもののみが真に美しいのだということを示したい  さが分っているべき  さの標準はそれがどれだけ美術的であるかによって評価されてきました  さに入っているかで  さの密意を解く  さにも模様風な様式化が見られる  さの半を失うでしょう  さもあらうか  さを伝へた  さに堪らなく  さの赤松が一面にむらだち  さを痛感します  さにたぶらかされていた  さにあえいでいる  ささうに浮かれて  さに馴れている  さをこらえている  さと生活力を湛えた  さの程度にいくらかのちがいがありはしないかと思われる  さうと知つてした  さは幾分消えて  さのなんと気の毒なことよといわんばかりに  さを感じないではいられないではないか  さは描かれているが  さを奪う  さは絶えやせん  さき渡がついてるだけにこ  さもあらんという  さを身に感じて  さ寒さにゃあお見舞を欠かした  さはそう容易くは抜け切らなかった  さがなくなりはしたが  さの変形した  さの秒数を数えたり  さがいつ  さがまた堪へられなく  さに由来する  さ過ぎることを自覚してゐるし  さを感ずるのみであった  さが矢島さんの心に寄せて来た  さうした神を迎へる  さを思いかえす  さと寥し  さにし  さでまた新しく甦って来る  さで感じていたに  さの四体の人形を積んで  さのない爽やかな日が再び私にある  さが毒舌になってゆき  さえも覚える  さが突発して  さに似たる  さを眺めて立つて居た  さへ見へぬ  さと気味悪さとに体が顫えてゐた  さと冷汗と烈しい痛みのなかにふるへてゐた  さの為めにふるへる  さは我が隠  さにほくそ笑みして読み  さを憎みつつ  さのまざまざ見ゆる  さよりは暑さのほうがしのぎ  さを夢見てる  さで紅く輝いた  さはみんな持っている  さで縮み上って  さを持ちたい  さを恥ずかしく思う  さも忘れた  さと自分のわたった  さや悲しさが私の心の中に渦巻き立つと  さに細い育ちきれない  さは私の心の中を荒れ廻って  さに震きながらも  さを一つも味わわずに逝った  さのために私は恐れた  さのために私の顔は青く眼が赤くはれ上って居た  さと安らかな気持が渦巻き返る  さが私の指の先を震わし  さにまで被われて仕舞った  さを被うて居る  さはまぼし  さに満ちる  さを見出して来たのに  さが動きはじめて来た  さが目の前に迫っている  さが終った  サの字に申しあげますが  サの字に申上げますが  さがなきゃいけない  さやタシナミに欠ける  さにゆがんだ  さねばならぬし  さでこおどりする  さを考へ出して  さがこの戦争の中途ごろまでは続いてゐた  さで走っている  さが始まった  さと長上衣を着ている  さに首をすくめる  さは数倍に達した  さに敬服する  さを感じ始めたので  さを貪りながら  さが物の見事に裏切られた  さを笑いつづけた  さは私の骨身にこたえた  さと憎さがこんがらがって  さまで調節せられる  さに導く  さを加へて来てゐる  さうした概念で考へられてゐた  さへ起きて居るぞ  さう喜んで  さがるんかと思た黒い影があるやないか  さがろ思てよく見ると  さに驚くだらうよ  さへも相反撥してゐるといふ  さも覚えなかつた  さに亢奮して  さのために挙げる  さを与  さで轟々と唸りを挙げてゐた  さも蔽われ  さに堪えなかったが  さに慣れる  さにそなえて  さは彼自身の神経も乱れている  さに打ち勝って  さに対する自分の嫌悪の念にまだうち勝っていなかった  さかさまに跳びこむ  さがだんだん失われる  さを私の心の中に起こさせた  さがだんだんに消えかかると  さにあきれている  さに襟を正す  さについて考えてみた  さがわからなければ  さを軽蔑している  さを解る  さを語れ  さは二千尺もあらん  さは挙ぐる火に消えたり  さを競わんとす  さを忘れたるが  さを記さ  さでニーナの頬っ  さとはうってかわった  さが身にしみた  さにかられた  さをまぎらすにも  さのせゐだと  さに憎さと怖れを感じる  さを羞じ悲しむ  さを露骨にみせた  さがほのめいてゐた  さを崩さなかつた  さで迫ってきた  さをました  さが我慢ならなかった  さに気がついて  さまそうとする  さを生かしてくれる  さほどにも感じなかったが  さが先にたって  さうな顔してるね  さとあの世に行つてし  さへも得られない  さをテエマにしている  さを解していながら  さも覚えない  さを見せながら  さへさけ  さを話したくってならなかった  さを共有する  さを持って  さや清さは見られなかった  さが目についた  さの方が先に立って来た  さが入りみだれて来た  さに過ぎなかった  さにめげて  さに振ってみせた  さが刺し込んできて  さに堪えられなくなって  さの跛な二つの影が佇んでいた  さにかざして  さでキチンと平べったくなって  さに耐えよ  さからワザと見当を失った  さのなかでかの女を怒らせたほど  さからかの女を移して  さが駈け込んで来た  さを失望させまいとして  さは確かに判りませぬが  さの違う  さだけをつよく局部的にうちこまれる  さを味い  さよりも憎らしくなる  さに戻ったと思う  さをときどき話していられました  ささうな顔をして  さと共に還つて来る  さがしみじみ情なく感じられた  さということを尊び  さと近代性を認めてくれた  さがあったとでもいう  さを持っていながら  さというものが近代の息吹をもって  さでいつた  さや知性や熱情にかかわらず  さをうち出そうとした  さを計算する  さが何の役にも立たない  さをの室へ行った  さをの眼がその時ちかりと光りました  さをは私を愛している  さをの室へ飛んでゆきました  さをは生きていました  さをの室をノックしている  さをの愛している  さをのところへ来て  さをの面倒をみる  さをの室の左側の隣の室を借りて住んでいた  さをの室の右隣の室は空いていた  さちゃんとわたしとは人に羨まれるほど  さをの室から出ていった  さをの室を出ていきました  さをがいつか言っていましたから  さをとわかれる  さをの室へはいってみると  さへられると思ひますか  さ程困難を感ぜないからである  さが体には徹えません  さが早く来ますから  さになったと  さばかりが感じられた  さに乙女子は見ぬ  さと繰出すカメレオンの舌の肉色瞬間に見つ  さや肋骨も翠なす  さで鋭り切った  さの雨の音をじっと聞き  さした本を置いて  さもあわれまれよ  さにつけても思う  さを探ろうとして来る  さを感じて居る  さを抱かせるでございましょう  さに心の歪けさせられた  さを思わせられる  さを持って居る  さに目の覚める  さは我を忘れさせます  さに総てを委せて  さを思わずには居られません  さで櫂を動す  さり釘をさされたけど  さに身をうちこんでいる  さとが直接の共感となって  さとでもいう  さに就ても太閤の如くに楽天的では有り得ない  さへ足利義満が国辱的な外交を行つて日本の威信を失墜してゐる  さり帰順朝貢しをつたか  さが彼といくらも違はぬくらゐ  さをどうする  さをはねのけ  さへきれず  さに圧迫され  さういふもので  さを彼は考へてゐなかつた  さかも知れないが  さを羨むなんて  さがひしひしと感ぜられて来た  さを何か身にしみる  さとも怒りともつかない  さから正体もなく寝入ってしまうと  さに対する態度はちゃんと申し合せた  さで光の色をあらわす  さとか云う  さに耐えられなくなって  さに不相応なる大型の金具及び把手を備え居り  さを急に感じたという  さが一枚の羽毛ほどの重さに変わってしまう  さを検出する  さを放送する  さは最大となるから  さへ慄然とするが如き  さにとり逆せて  さを髣髴とさせるおどけて  さうな姿で駈け降りて  さに堪へられなく  さに思わず両手を高くささげた  さは見られず  ささえもある  さまで掘り下げた  さを持ち始めて来た  さの細い金棒に紐を結びつけた  さを物語る  さに亘つて信教に関する力強い訓戒が語られ  さを発揮する  さは支那流の形容でいえば  さだけを見せて置いて  さは無いなど申しまして  さを想像する  さを帯びていた  さをこらえた  さを漂わせている  さを要求し  さが伝わった  さを持っていたし  さに眼をとめた  さを思い浮べた  さに思われた  さで永久にと思つて捧げる  さは亡ぼされ  さは消え  さへおもひました  ささうに早足で歩いてをりますのにあきれて  さへとき折りは  さを想ふだけでも  さが涌立つて来る  さに充ちてゐました  さが蟠り  さを知らないか  さがはっきりと判る  さに至るまでの  さにおいて一幅の中に収めてしまい  さを想像させる  さをも最もよく了解する  さを感じさせ  さと地球の存在の確実さに驚かされる  さをまだ一度も感じた  さというものに似た  さは他の凡百の弱き画家の上に作用して  さを発散して  さは如何ともする  さを詳細に知る  さを知り  さをさえ持つ  さにおいて執着を感じる  さにおいて裸体ことに裸女の相形に興味を持っています  さの現れを私は昔の春画において最も味い得る  さでは競争が出来ないかも知れない  さがあれば  さの上に立って動く  さに臥裸婦となった  さに描いた  さや忙しさに堪えるほどの  さやおもしろさを見  さうな声を発した  さを何とかして下さい  さへも見  さうな気分も動き  さうもありませんでした  さの蜥蜴もゐました  さもわかりました  さや深さをはかり  さを見せていたという  さは洗い去られてしまった  さ判って居る  さもどかしく思い  さうな学者と曰ふに過ぎません  さを覚えてくると  さに充ちていた  さがとうてい測りえなかった  さに乗じ  さに並べられてある  さもほんとうに度を越しているよ  さも忘れられてしまう  さかれるような痛みをかんじました  さりとこく  さかれるようにかんじました  さかれる痛みをせつなくおもいました  さに存在していた  さえ他人にさきだって  さま駈け出す  さうでならない  さを全身に漲らして  さつしやるかなう  さと形を持つた  さを以て雲の中へ引込まれました  さり白状してしまはう  さり認め  さこそとうなずかれる  さといつてよ  さをしのぐにも  さの力説せられ  さに先づ酔はされる  さこそ父母も悦び  さをふせぎ  さと体力とに自信があったので  さを知ってる  さわらないようにする  さの折からおからだをお大切に願います  さだけに多少の興味を見出し得た  さに与えられているばかりか  さで自己の本心をつきつめようとしない  さうした具合に賢かつた大學の博士達は天津教側から首音の濁つた  さう聞かされても  サと取る  サと同知し得たは  さのみ近しく出入りをするという  さを笑いながらも  さに中った  さにあたって死ぬという  さは想像がそこに生々しく参加するからだ  さがっていた  さを感じないほどに  さに悩む  さあるいはむしろ無理なさをさえ感じない  さを多少でも認め味わう  さあるいは不安を感じる  さが一時に消滅する  さの程度が一段上にある  さで接してゐた  さに行く  さへ自ら筆を執つて  さと同時に手の皮膚が感じる  さは百尺竿頭を極め尽した  さの中に美わしさを求めい  さをも知った  さで眼が金色に光ってるという  さで金色の眼をしてるという  さはあらためて男湯で問題になった  さをしみじみ感じさせ  さで体が震えていた  さが苦しいまでに同情された  さと思われた  さに屈して居る  ささうな女にねらひをつけ  さも続くまい  さを洗ひ  さに何の気紛れからして  さがつてゐるが  さに歯をガチガチと打鳴らしながら  さがつてゐ  さへ思へた  さを子供は感じた  さが溶けて見える  ささうな煮  さを語っています  さを持たず  さを感じないか  さとすらいう  さであるとはいえても  さに思い切って  さを脱ぎすてた  さうな気配になつたところで急に又舌に油がのりはじめ  さうもないと決まつてしまふと  さへあのほのぐらい線路へ今から横はりに行く  さうとしてゐる  さに激しい遠さへ運ばれた  さまではとどくまいと思はれた  さを漂はしてきた  さの深まりゆく  さとなり  さには悪魔さへ辟易するだらう  さは改めて男湯で問題になり  さにふと眼を覚まして  さに抗ったが  さを恥じている  さのまして行く  さを賞讃した  さに毒づいていた  さへの同情が湧いて来た  さしたのだと豹一は思った  さと弱い輝を持った  さに向かいました  さを一心に吸い込もうとする  さが沁みて来る  さに穴が出来ると  さがなければ醜いのであつた十一月の電話十一月が鳥のやうな眼をしてゐる  さを想はせるので  さが六百尺だと云つて女車掌が紹介する  さを見せてゐる  さ約千米の岩壁の下から上に残らず  さが六百尺だといって  さ約千メートルの岩壁の下から上に残らず  さがつた木が一本立つてゐた  さがつた木の方に眼をやると  さと一杯御馳走になつてから帰らうと  さへ出れば  さを愛すとすれば  さに号泣する  さを憎むだろう  さをこめて云っても  さがった木が一本立っていた  さがった木の方に眼をやると  さや青春があるという  さも青春も持ち合せていない  さがないと言われていた  さも大急ぎで私から去ってしまったらしい  さというものはいやらしいもんだと思った  さに飽き果てて  さは私を憤死せしめる  さは増すばかりである  さに暗然とし  さにがたがた震える  さに堪える  さ寒さを知らぬ  さのために狂う  さを装える  さと苦痛を与えた  さにキチッと握れない  さを軽蔑した  さへの恐怖感はあっても  さとが知れるぜ  さとたよりなさを感じた  さを見ない  さはのぼる  さが波から波にうごいて  さがその山に夢を見ながら寝ている  さが巧みにも彼を捕えた  さは母に似て  さをグラッドロンの眼が見つけた  さを以って再び現われた  さは新しい乳にも鳩の胸にも似ていた  さの溢れるかがやきを持っていた  さと言へるが  さを充分に知悉し  さにも見えた  さを愉しむやうな秘密臭い厭味も感じられた  さを漂はせながら  さで無礼なくらゐ  さが漂ふばかりで  さが目立つて  さへ知らなかつた  さへしはじめたが  さを示さうとする  さがあるだらうと  さと本を閉ぢて居ります  さが潜んでいると思う  ささうに云ふので  さや甘さが批判されなければならぬ  さは槍ヶ岳を圧し  さを呼び物にして  さにあっていると  さを感じませんでした  さの奴を選べば  さは日本の三倍もあり  さに自分から陶酔している  さは見られなかった  さに気がついた  さの花瓶に蝦夷菊の花を山盛りに挿した  さが濃度を増して  さに足を早めていた  さを思い出させる  さした一万に近い金を拐帯したとの  さの余りつかつかと歩み寄って  さに引きかえ  さをギュッと噛んだ  さが百尺もある  さのあらゆる隅々に溢れる  さの差別のある  さを全く奪われた  さを喜ぼうとする  さを青春の精神から奪ってしまった  さにもかかわらず  さを心の中で平手打ちにしている  さまでちぢめ  さを自分の心の中で殺さないで  さを喜び合う  さから性的に失墜した  さを持つて居た  さを持つて居ると  さは即ち彼れが持つて居た  さを考えて止してしまった  さを身震いしながら感じた  さが急に自分の部屋を訪れて来たかの  さの葉を浮かべて下さい  さの葉を浮かべました  さは暗し分らないから  さい時から一つ村で生立って  さま囲炉裏の端へ倒れる  さして国出た  さを凌げるから助かりやす  さへ始めて聞いた  さうだと云ふ  さが一層に引き立ててゐる  さの余り云い出したり  さが増して来る  さに追はれ  さがたまらなく弥増した  さがヒシヒシと身に迫って来て  さがあとからあとからこみ上げて来た  さをマザマザと思い知る  さを色々に加減して  さに紙巻を啣えて火を点けた  さがみやもまたいままでの店舗を二つに仕切って  さがみやの露地と朝倉屋の露地とをさす  さにむかっての  さをもっていなかった  さをわたしたちは何とみたら  さをいたずらに美しく咲きみだれている  さに見ていますんで  さに不審を打ちました  さがしなされては  さどさ入っていくと  さほどにつるして  さに近寄れるでしょうか  さの一つの要素に欠く  さを見失う  さも持って居る  さがわかるまいといふ  さをはかる  さと鋭さとにおいて却つて減退する  さへも絶えずその根柢に人間の存在についての一定の解釋即ち一定の人間學をもつてゐるといふ  さは必しも一定はして居らぬが  さうな微笑をして見せました  さを謙虚な気持で正視している  さが二寸ぐらいで塗りつぶすべき  さに同じ向きの像を何十枚もかいてみる  さの画布を枠に張った  さというものに対しても正当な観念を得る  さはもはや眠けを誘うだけであって  さが至る  さにはホトホト吃驚しちまいましたよ  さの余り身も細る  さこそと首肯ける  さずにこの事件のドンヅマリまで交際い  さをつくづくと拝ましてやる  さに合せ  さの同じ形のダイヤモンドのイミテーションを作れまいか  さならば何カラットぐらいあるかね  さのダイヤモンドが日本にあるかね  さを感ずると  さで捜査を進めてゆく  さで一度敬意を表しに行ったら  さで出来上った  さで前の方へ垂れかかるか  さするような憂鬱な真名古の声がほのぼのと続く  さを示していて  さしならぬところを押えつけて  さにたまっているが  さはさすがに見上げた  さの持って行き  さを誇示する  さはまあどんなでござんしたでしょう  さ遣瀬なさを多分お察し下さるでしょう  さが一層目立つ  さの一つに数えてしまう  さもありなんと私は思った  さを台なしにしてしまう  さのほどを想像する  さのものを洗いにすると  さは志賀氏の作品の底に流れている  さから言うと  さを知ろうたって  さを得意になってよろこぶ  さと清々しい大気が通うていた  さに明け放たれる  さはそこにある  さはどういふ  さが病気の悪くなりつつある  さなどのためにやがては死なせねばなるまいとの  さを感じようといふ  さを以て爛々と燃え  さの底に何か暖い  さでヂェラニウムはまだ鮮かな紅い花を着けてゐる  さは考へ  さばかりを想つてゐた  さい家は出て  さを感ずるので  さと茶の間に這入  さへ浮べてゐるので  さを耐へかねて  さうした態度に怒  さを呼び戻すので  さうな方法がとれ  さと不愉快な重くるしさが押しよせて来た  さりとした話し  さのみ遠くない武家の為事に到  さをしみじみと身に感ずる  さと苦笑とを柚子に与えている  さは高い香気となり  さに溜らな  さを紛らせるのに  さで同じ恰好に成長する  さを測ってみようともしない  さにこしらえなさい  さのうちは老予言者ででもある  さをかき乱そうなどと  さをよろこび  さの水桶でこれだけの水を運ぼうとするには  さを人に見られまい  さした木綿機があった  さをのみ見ている  さを御覧に入れる  さるる由目黒の叔母より伝へ聞き  さの笑ひを浮べた  さの段になつてゐて  さへいきまくので  さへ芝居の舞台面沁みた  さに喘いでいる  さと深さとの測り知られぬ  さからいへば  さからいつたら  さになつてゐる  さにをる雪ふる  さうな窓あけて  さは落葉し  さうないつもつながれてほえる  さへよい宿でどちらも山で前は酒屋ですわれば  さは鶯も啼く  さなんぼう考へても  さうな歯で竹のよろしさは朝風のしづくしつつ霽れて  さがつて雪ふる  さもふるさとの蕗のとうゆらいで  さも木の芽草の芽人声のちかづいてくる  さがうらも  さへ死のしのびよるおもひおく  さはましろなる  さはのんびり尿する  さはみな芽吹く  さはしぐれつつ  さはどこを爆撃してゐる  さのいよいよ青く馬も召されて  さは晴れて  さよ朝の雨の石をしめすほど  さういふ句境から抜け出したい  さを蛙鳴く  さもたのもしく洗ふ  さうなおとなりも大根蒔いてゐるむす  さはたばこやにたばこがない月は澄みわたり  さに驚かされた  さの限りをなめた  さに浮き世をはかなんだ  さを伴わずにだ  さに帰して  さを失っている  さの間にやっぱりルネッサンス時代の人間精神の暗さと野蛮さとを感じる  さが思遣られる  さはやかな夜が参りました  さう見えるのよ  さは二丈あまりもありましょう  さすりながら歩きだしました  さや径路を述べもしない  さよりも薄気味わるさが感じられる  さかさまにおちて来ました  さにするいろ  さの甘い快さの中に溶け入らうと努める  さに浸つて居る  さを私は味はふ  さと玄関の戸を閉めに出る  さに見向きもしない  さを愛す  さが感じられなかつた  さの厄をのがれる  さうした形をとるに到つたかといふと  さうした雑多な差違を判別する  さへ含める  さうした関繋がある  さへ聞える  さへ見えるが  さが思はせる  さうでもある  さうな冷えた  さも大して違わない  さを測り  さを観察して  さからやる  さだけが符号している  さうな顔をしながら  さに掴みあひの  さをさ  さに負けて  さも通越し  さもあきらめ  さはつきぬけに  さへして置けば  さがしたが  さうもないと言ふので  さの情を含む  さへのぼせて  さは愛するけれども  さ切なさを忍ぶ  さと尊さに胸を一杯にし  さに涙をこぼす  さといふはした  さと其核の苦さとを味ふ  さをあたふる  さを吹聽す  さまいかなるべき  さむこと然るべしと辨ぜしめたり  さをさ劣るまじき  さをさへ打ち忘れて  さに宿の名に念を入れた  さへ知らぬ  さと見るまで  さうであるから遠慮した  さに胸はりさくばかりに候えど  さばかりを讚へてゐて  さの中で次々に抒情味を感じてゐれば  さが俺は腹が立つ  さとやらがある  さで脱けて行く  さしたりして  さうな思ひで凝  さだけが闇の中に華麗なステージとなつて浮き出してゐた  さは何事にも換へられぬ  さを味わったが  さなければ薪炭など与うる  さのみを以て民に臨まなかった  さはせぬ  さが壱尺八九寸もあった  さで今後も甲斐なく年を経るであろうかと  さが乗懸ったので  さに半ば枕に埋んで  さが倒に襲った  さが増して  さへも自働的に活躍する  さが襲つて来て  さにさ  さへ判るほど  さに浸されてきた  さを思いながら  さに引きずられて  さの溜息を吐いてゐた  さにかへりました  さがこもっているし  さに怖気がついた  さ余って今では憎らしくて堪らぬ  ささる思いがしましたよ  さにも似て  さに腹が立って来た  さは言葉につくす  さは幾百由旬ということが解らなかった  さでこの接点がまだ接触するほどまでになりませんが  さに家にじっとしていられず  さの余りについ手荒なこともする  さなどと平気で友人等に答えながら  さで頑張っていた  さとも淋しさともつかない  さを浮べ  さが彼の胸へ喰い込んでいった  さのうちに何処か緊りのない爛熟した  さの余りに小憎らしくなって  さにはっと我に返った  さまで働かされた  さの傷があった  さの傷が両方の頬にもあった  さに作られた  さとが見える  さと寝返りを打つ  さと尻を卸す  さを地に印する  さを感じるであらう  さを忍びこます  さを感じるばかりである  さすらふといふ  さがつて死ぬ  さう考へてを  さうして死んだ  さを感じるとともに  さで一杯になって来る  さほどの区別をつけられない  さで彼の心を支配している  さが残るので  さは止度もなく流れこんで  さがあまって  さが争われない  さもいいことずくめらしい言葉から多大の好奇心をそそられた  さも思わず  さと物足りなさがある  さで真青になりながら  さにしっかりと包み込まれて  さで夢中になっている  さ乗ってんべ  さも堪えきれな  さで有頂天になってしまった  さで鳴って居る  さえも感じて居る  さが彼の中にはある  さを考えて居た  さと柴を刈つて束ねてくれました  さへられようとする  さかつた火も見る  さが漲りわたっている  さなんだからあかん  さのなかに谺して  さへ運搬される  さで鐘を二つ鳴らした  さに掻乱されていた  さと不安とを感じた  さが腹立しかったが  さが感ぜられて来た  さに浸っていた  さに倦み果てた  さすっている  さに向って来る  さで運転しはじめた  さとを欠いた  さと痛さとに悶えていた  さを蹴散す  さが襲って来たと  さと馬鹿丁寧さにはいつも伝三郎の妻は困る  さを頼りなく腹に感じて  さが先ず眼につく  さを固くいましめた  さに然るべき式典を経ずして結婚するなど  さに彼女にそのことを告げる  さだけに飛びつく  さを読者に報道し得るを  さをして  さをはじめたら  ささえしなければ  さうな男が出て来てかう  さと御殿を出て行きました  さうな顔をして聞きました  さになれるまで  さほどの寒さとは思えないが凍てた  さのございます  さが過ぎております  さが忘れられません  さすっていた  さで勝つ  さに水涸れして  さは微塵も感じない  さをその青眉に感じる  さと光沢を失うまいとして  さを予期する  さで黒い小型機が飛んできた  さを憎んでゐたのに  さと激しさにいつ  さを考へてゐた  さを空想してゐた  さ激しさいとしさを感じてゐた  さうな世の中に生き  さによって処理しておるので  さかさまに堕ちねばならぬ  さも二千五百米突以上はある  さはその暗さを蔽うてしまう  さを感ぜざるを得なかったであろうと思う  さに今更ながら驚く  さで答えなければならない  さを今更美事だとまたここでも感服する  さを自覚した  さを求めていたのに  さも艶を失い  さの正體がそれと知れてくると  さを堪へる  さを胡魔化さうとして  さに先づ敬意の幾分かを傷つけられた  さに醉はされた  さに氣が附いたらしい  さに苛立つ  さに醉つてゐた  さを語つてゐた  さに堪え切れず  さも知っている  さや活動性を知る  さを背負って  さは五分と十分の間にある  さとねらいの  さと広さを忘れて  さしならず入ってしまった  さとがあった  さで私はおりおりの  さが年若な娘の内に潜んでいようとは  さはもとより知らなかった  さを繰り返していた  さうな古代的靜けさのみがひとり眞實なもののやうに感じられ  さへ私には思へた  さが二個のでこぼこした  さが再び彼を襲ふ  さはそこに存してゐる  さに我しらず  さといったらありませんでした  さと忙しさに取りまぎれて  さに眼が眩んだといいながら  さのみ遠くない青山の権太原の夏草を枕にして  さが二人の間の心理的関係を複雑に押し進めては行くものの  さに邪魔されて  さを肯定すればするほど  さうな顔つきを思ひ出した  さだが毛が生えていないとある  さうな掛守りの銀鎖もちらつく  さに咽喉を痛めた  さうな腕を組んで  さがこみ上げての  さと敏捷さを示していた  さが見えだして来た  さと口惜しさにとうとう泣き出しました  さのあまり床べたをころげまわって  さのあまり笑いだし  さないように聞いていた  さはもとよりあった  さはあたかも情郎の情婦におけるが如く  さにかけた  さは膚に浸  さが消えていないがごとく  さの中に濡れて  さとの中根氏の寓居にひと先ず落着かれた  さが出ているかもしれないと思われる  さを描いてゐる  さのあまりに不思議な一日を送るといふ  さの余り苦笑した  さう云つて了つてハツとした  さなんて通り越して  さがカツカツと身体中を駆け  さうな顔付で眺めた  さを思へば  さの償としたかった  さの償としたかつた  さといってはありません  さに夢中になってしまっている  さにいてもたってもいられなくなった  さを一層切に感じ出しながら  さをいよいよ切に感じ出し  さがって夕月に光って見えた  さを紛らせようとでもする  さも僕の夢見心地を快くゆすぶるばかりだ  さを感じはじめる  さから倒れ  さを見て来てから考えた  さが蟠  さで渚ちかくを進んで行くと  さへも返答しないよ  さへメガホンを執つて呼ばれてゐる  さうな歌だと思つて彼女は耳を傾けた  さうもない唖の情熱の始末が解らなかつた  さを超えて  さうしたことにたづさはつてゐる者に見うけられる如き  さへそれを無稽な話と思ふ  さへなつて渚を駆けながら  さへしない  さうな面もちをして坐つた  さを與へてゐた  さをさらけ出して  さまでさし上げ  さはすっかり忘れて  さのあまり気をうしなってしまいました  さだったと思います  さをそこに立ちながら考えた  さが誰の目にもつくくらいに  さは事実を教えてくれたからの  さが直径二寸以上もあった  さかさまに落ちかかりました  さがって来て  さすぎると考えた  さも弱っている  さと限りなき愍然さを心ゆく  さだと誇る  さに深いよろこびを感じた  さで活きている  さにうたれる  さに人間らしく熱中する  さもなかなか如何して  さで息を弾ませつつ  さうな風の音ばかりが発して  さを一層濃いものにしてゐる  さで廻っていたが  さを増していって  さの穴になり  さうなピッチャは相も変らず  さへ思はぬ  さを凌ぎながら  さがしみついて居る  さを覚えさせるほどの  さとは又違う  さが素直に出た  さによる侮蔑に近いものを感じた  さなかったことの意味もよくわかる  さから招かれも  さの比以上に廓大して描いたり  さを味わわされる  さに震ひながら  さを微かに見せてゐた  さにい  さで赤くなつてゐる  さが頭をもたげる  さに難儀したりする  さへさうですね  さへあるなら  さが少しゆるんで  さが四分の三アルシン位ある  さへ思ひ始めれば  さへ直ぐに流浪人だといふ  さが薄らいだらしい  さを以つて大地を一面に覆つてゐる  さと闇と沈黙との全幅の画図が己の胸へ悲哀と係恋とを吹き込む  さに誘はれる  さにふらっとします  さに牽き付けられなさる  さは別に普通の鷲と変つたところはなかつたと答へます  さが怨めしくもあり  さには暁天方になって  さうしたヂェスチュアや表情などがあつてこそ年齢といふ言葉もぴつたりと板についた  さうしたものが一切なくなつてし  さが輝いてゐた  さへ喉頭癩にやられた  さへゐなかつたら  さうな大犬を一頭連れてゐて  さに至り  さに近いものを感じた  さの話などをした  さわがないで居ませう  さが深く湛えていた  さといふものを知らない  さうなるには心付かねど  さへお腹をふくらしておくれなら  さは忘れねど  さにおどろかれるだろう  さを強力に反映する  さばかりで眺めて暮して来た  さは内地と変らないが  さとはこういうものかとわかる  さが目立って来た  さをもって行く  さにかかずらってもおられた  さとつよさにまでは表現されていない  さがちと木戸になった  さは媚かし  さにすれば  さで同じ色合いのものを印刷して  さのものに縮小し  さにかかわらず  さをもってきた  さであったろうと思う  さを感じはしなかった  さと憤激とを覚えた  さの余りそういう空想に縋りついていった  さに鋏で切った  さで起ってきた  さにぽっと白光を出していました  さと執拗さとにはどうしても眼をつぶる  さを我慢して  さが抜目なく働き出してきました  さを発揮してきました  さにおそれをなして  さを思いやって  さで押しつけました  さを初めて知った  さをしきりにほめ上げました  さと自惚れは  さうもありませんから  さうぢやありませんか  さで心が痛んだ  さに尻込みばかりしてゐた  さは得も言はれなかつた  さうして葵の紋の附いた  さは鉄嶺丸とほぼ同じぐらいに思われるが  さは豚の子ほどある  さの裡に星の光を認めた  さも将棋の飛車角ぐらいに当る  さが一尺余りになった  さと傍から余計な事を云う  さとかいろいろな口を出す  さが一尺ほどあったので  さは畳から一尺に足りないから  さは五六寸もあろうと思われた  さは八寸ぐらいある  さに仕切って  さが地面とすれすれになるほど  さが日本の倍もあって  さは忘れてしまった  さうでならぬ  さうした本義は失はなかつた  さが思はれる  さに思ひ到  さき或は中宮など言ふ  さうした観念を底に持つてゐた  さうした解釈を主として居り  さを讚美した  さとして遺されて  さにした  さがして  さと倦怠にグッタリと疲れきって  さされただけで  さで憎んでいる  さうしてまた山口さんの驚きの顔を見る  さと微笑するには  さとにおどろかされた  さと深さとにおどろかれる  さを現代生活に交流させ  さの筧の水が滾れ落ちてゐるのみで  さへ廃した  さをかき乱さうなどと  さのみ栄養にもならぬ  さのカテドラルがありますわ  さと奥へ引きこまうとした  さを湛えていて  さをも誘う  さと一緒に身も心も溶ける  さで減退し始めた  さが私の心の底に食い入った  さとも云える  さが恋しくなった  さに牽きつけられた  さより何かの苦しさで泣いている  さや気位や人みしりが  さっと捕縄を忍び返しにかけてスルスルスルスルとよじ上った  さに飛び上がった  さにいった  さとを冷笑ふが  さを知つて居る  さの剣が下っておりました  さを見せてやろう  さからつけられた  さからいっても  さを聞いてみました  さをほめ  さをはかってゆく  さの肉はめったにありません  さがこみあげてきました  さが六フィートもあって  さくらいはあり  さにつまみ上げられている  さは象の四倍ぐらいありました  さから眺めてみると  さはマスティフ種の犬ぐらいあって  さは包みきれない  さに驚いたり恐れたりしなくなりました  さによるものではありません  さで遠くへ飛ばす  さの女を妻にさせて  さで前へ走って行く  さとは違っていました  さは二マイルばかりあり  さの似た  さや暑さを防ぐ  さを感心しました  さは別に普通の鷲と変った  さに対して抱かれている  される音が聞こえ  さのあまり目を閉じた  さはしだいに消えてゆく  さだけに伸び  さとに歯ぎしりしている  さで開かれた  さをやってる  さとで胸がいっぱいになる  さでさがっていた  さのあまり私は床板の上に寝て  さを髪のなかに感じた  さにふるえていますね  さを女どもが憐れんでくれた  さしてやろうと欲する  さでは不安心だというならば  さへといてやらうよ  さしたりした  さの妄執にある  さをどん底の零落において情なく眺める  さをからかつてゐる  さを背景にした  さを一種の冷嘲で打消して  さを味はふ  さを見せ  さと日光とが交ぢつて寒天のやうな色をしてゐた  さを漲らしてゐた  さから逃れるといふ  さが何所からともなくみのるの耳の傍に集まつてくる  さとで新たな世界が動いてゐた  さは人の前髮を吹く  さを感じなかつた  さのとつつきのこの空虚な座敷の中は唯お互の心を一層荒し  さまァまだ卒業しない  さうにさけびました  さでぶくぶくと泥が幾度も湧き上った  さのうちに女らしさがあり  さのうちに狡滑らし  さや角度を目測していた  さに対する尊敬とは少しちがった  さが思い出され  さがだんだんに種類を増して来たからであった  さの度のちがう  さを苦にしなかったというだけである  さはまだ精確にはわからぬが  さを守護しようとした  サの月のサンバイサンとはどういう関係にあり  さにそれを事実でも有るかの如く  さがつづくので  さに顔が合されぬ  さまでございました  さが十糎ぐらいの輪切になって居りますので  さについてのお話がありましたが  さを見出している  さの厳しい日に父は若者を督促して働いた  さうだなどと云つたことがある  さつしやい  さをそれで紛らしたといふ  さを覚えてをかし  さを加へて行くであらう  さを受けておるという  さの三分の二まで下がって来た  さをもとめる  さがはっきりわかるであろう  さもさもだいじなものを捧持している  さ高さが納得できる  さに自己陶酔していても  さを讃美していたが  さうな調子が思ひ出された  さはなく荒れ果てた  さを匂わせている  さに笑つて見せる  さよりも寧ろはかなさを感じた  さとを皺の目立たぬ  さが過ぎると  さうな若者などもゐました  さうな話をしてゐました  さよりもむしろはかなさを感じた  さを語り  さこそと思へども  さうしてこの永劫の海は眠つてゆく  さうして眼前の熊野は心の中で泣いてゐる  さへあるとは思はれない  さが解らないだろうと思いながら  さは実例を見なければ  さはそこに根底を置いている  さを出来るだけ避けて  さから子供の内に世の中の廃りものが出来た  さにのびて  さを堪えた  さに見て  さに飽満していた  さと浅間し  さを啜る  さをおもう  さは約四尺も有う  さの二倍もあり  さうだと伯母が言ふ  さと自動車で帰つて行く  さが考への邪魔をする  さが判ってきた  さが満ち満ちて居ました  さを見せて居た  さを感ずるであろう  さに覚えず  さにからだがすくむ  さも奥行も知れぬ  さへ毒の花罪の花みな紅からむ  さへ花ぢやものお十七ではまだ蕾花の蕾の身であろになんで浮世が嫌ぢややらほんに去年のわづらひは  さよ日は永くして  さに忘れ  さこそ思も清からじ嗚呼有情の萬象の子よ慰藉に唄ふ  さを持って輝く  さを表わす  さを讚美しない  さになれて  さがつまって仕舞って  さあ行って  さに何となく輝いた  さを私に打ちあける  さい時から深い馴染のある  さの中へ飛び込んだ  さは一月に一度か二度ほか魚のたべられない  さが下へ下へと流れて来る  さに私達を取りかこんで居る  さなどと云う  さから二三寸も高くはさまった  さにつかまえられて  さを持って来た  さでもあるし  さを嘆じて遂に彼を泣かせてし  さかといふことだけは間違なくわかる  さを情なく思つた事も度々ある  さに堪へ兼ねて  さを経験した  さを延長されては  さの裏庭がついていて  さの百日紅もあれば  さを僕たちはお互いに感じ合っていた  さが一尺くらいの石膏の胸像がひとつ置かれてあった  さで部屋から飛び出た  さまでささげ  さもない一層息ぐるしい結果にいたった  さの見当はつく  さにクスクスわらったりした  さがいっそうひどく感じられた  さだけは忘れている  さをうわさし合った  さからそっと赤ん坊を葉子の乳母の家に引き取る  さを計って  さをさえ感ぜしめた  さに思わずほほえませられて  さがって見ている  さすりながらきっぱりといい放った  さに返って  さと親しみとの交じり合った  さに心がわくわくして  さから激しいいとわしさに変わって行った  さの所からでもそこに来て見ると  さがしんしんと頭の中にしみこむ  さが盗風のように葉子を襲った  さはいや増すばかりだった  さがこもっていた  さを感じさせるばかりだった  さを装って見せたりした  さ心安さは葉子をすっかり夢心地にした  さが潜んでいない  さが耳の付け根までみなぎっていた  さは持っていなかった  さを知りぬきながら  さと醜さとを加えた  さが小おどりしつつ走せめぐった  さとをこめて打ちながめた  さをその顔に与えた  さも忘れてしまっていた  さに両手で顔をおおいながら  さに驚かずにはいられなかった  さすってやりたいほど  さにひたりながら  さにまどいながら  さに心をときめかせながら  さを引き裂く  さも木村を疎んじた  さがさらけ出された  さが胸いっぱいにこみ上げて来る  さには葉子は吹き出したいくらいだった  さを煌々と照らしているだろう  さに似合ふ  さが真珠の床のやうに冷たくかすかに光り  さをかつちりかの女がをとめの  さはそこに根柢を置いている  さに依って  さも亦幾層倍する  さが解かっていながらに  さに結び付けるかという  さとに観る  さは経験した  さを和げる  さを内心に蔵して  さの距離が急に縮まった  さの源をさぐった  さにあげて歩いている  さを持てあましていた  さが違うというが  さと強度を持った  さに正確に裁断して  さをよく知っている  さへてくれと  さうな顔を見に行く  さをなさる  さへる様な声をして  さと個性が関係する  さとを加へる  さのみにやかましく云いませんでしたから  さに我を忘れて  さの失はれた  さなどを省みる  さを誇らんが  さとをねらって  さが幾分か作品の中に生かされようとしていた  さうな顏をしながら  さなどと申す  さう云ふい  さに脅かされて  さへ裂く  さうな顏は致しますまい  さへさうでございます  さに御驚きなす  さにはもう我慢できなくなりました  さでぼくそッとつけた  さのみ変化のある  さや様式について語り合う  さがはっきり見える  さとして己れを現わして来る  さであるとも言えるであろうし  さであるとも言えるであろう  さに味到した  さを湛えている  さうな顔を致しますまい  さを考え味わいつつ  させつなさを感ぜしめるに  さのかぎりなし秋ふかく分け入るほどは  さが解ってくる  さよ脚のいたさも海は空は日本晴秋もをはりの蠅となりはひあるく  さで明日からは野に臥し  さがあらわれる  さは認めて貰った  さにまじまじと見詰めてしまった  さを意識して  さ過ぎると思いますわ  さが平凡な眠りに墜ちて行く  さを晴らす  さが身に迫った  さに堪え兼ねた  さを一時飲み隠した  さに堪えて  さをさらけ出して争います  さをあの娘に植え  さを与へた  さを感ぜさせる  さを採り  さの遣  さを堪へて  さに面あかみて此膝なる文を取かくすべきか  さへたやうに丸いお月が三角に山ほととぎす茶の樹畑にや茶摘み唄この日の永いに姉さまよ菜の花畑にや子守り唄夜は明け  さに夜中のお星が出る  さよ火鉢の中にや燃えた  さに竹で目を衝いた  さの花の青さよつゆくさの花が咲いた  さに前後も忘れて  さがまぎれましたわ  さで六年の歳月をおくった  さにぶるぶる顫えながら口ごもった  さに息もつけない  さうな顔をしてゐるからをかしい  さに角帽をかぶって歩いても  さなる街をゆびさした  さに殺したと云う  さうしたかの女を完全にわたくしは失つてゐた  さ心細さをどこにむかつて  さうした意味のことをはツきりいつた  さもがっかりしたらしく  さや頼りなさを追い払う  さに堪えられぬほどの  さが我々に対して大いに物を言う  さなどはまるで無いものであったろうと思われる  さは今思い出しても  さと味いと豊かさと気品とが備っていて  さとが幾分うかがわれるかも知れない  さまで登れる  さに入れておいて  さをうまく調節すると  さや寒さに対して室温並びに衣服の調節を怠る  さを逃げ廻っては  さを感じてきた  さと云った  さを彼は感じた  さすって過ぎた  さ寂しさを慰めて呉れるかを  さに変っていた  さうとしましたが  さへおもはれ  さに対する嘆賞に似た  さもかえって判らなかったし  さを嗅いだ  さは疑いはじめている  さにふるへるばかりで  さに似合はず狼狽してゐる  さを表示してゐる  さに汗を絞  さうに遊んでゐる  さに浸  さに慣れた  さがつく  さにすらりと見えるが  さや毛並は土佐犬に似た  さに澄み渡つてゐるばかりで  さいすりゃァ随分見つけ出す  さと快さとを絶えず夢みて  さとを買いたまわずや  さを想わするほど  さるるその懸け  さを買うに  さもサラリと忘れた  さは山谷堀から清元の北洲に誘られた  さで諸足縮めて  さは酔った  さを味うことが出来る  さもあるべきである  ざァ江戸ッ児に持ってこいの  さと東京へ飛びだしてしまひましたけれど  さへ感じないです  さうした点を一つ一つかぞへあげて  さへするでせう  さへして  さのせゐばかりでもなかつた  さ馬鹿らしさはまあそれとして  さが始まりました  さうな笑顔がちらつく  さへしてをります  さを身につけさせるだけの  さなのかも知れません  さへひつそりしてゐる  さうな尿温がありました  さうな嗄れた  さと自分でおむつの処置をして寝せつけてしまふと  さだつたと言ひます  さをしんしんと感じさせた  さとガラス戸の方へとつて返す  さも心外だといつた  さが目につく  さり別れを告げました  さう申します  さが感じられます  さで天秤の両方にぶら下っていた  さで浮んできた  さとがあるからね  さりと活けたるを  さの堪へ  さまでに父様を慕へるものの  さい御目もじの上申上たく  さを感じさせたとすれば  さが片肌脱ぎになっている  さが口を尖らせて言う  さを呼ぶ  さが裸の腕を出した  さとも入った  さはすっかり消えた  さは少年達にも解る  さがよく判る  さかも知れない  さが加わり  さを痛感する  さが違うだけです  さにも因ろうが  さを避けるより  さを凌いでやろうと  さから言って  さによって再び現実の生活を突き動かした  さにも拘わらず  さが光った  さで自分も外界も見えぬ  さに立腹したりした  さには較ぶべくも  さうな顔つきをしてゐる  さうな目つきをします  さにみちた  さをただよわせている  さと事が運んでい  さと深さとを増してゆく  さうな大根を一列二列吊り下げてゐる  さつしやるこつたらうてば  さに襲われる  さで背負って立ち  さが気になってきた  さを包みきれぬといったようすで  さを性命にしている  さに赤くした  さに動されて  さも意外な事に遭遇したと云う  さが込み上げて来て  さの入口を開けて  さをも寒さをも夜闇をも雨雪をも厭わずに  さに顔を真っ赤にしている  さに折れて  さとかに入る  さと打遣る  さが顔の幅に比例しないとか  さやらを全然痳痺してしまった  さと弱さとを見た  さに付け入る  さが四尺足らずあるとか  さに剪り詰めた  さま平岡はぐいと飲んだ  さを増してくるべき  さにさえ打ち勝つべき  さに溺れ尽す  さに自分の身体を持ち扱っている  さを冥々の裡に打ち崩しつつある  さの一部分を曇らす  さを度外に置いた  さを忍んで這う  さと涼しさのうちに始めて  さの余り馳け出した  さに脂肪が焼けて  さりした死に  さへ見えてしまふ  さのあまり哄笑する  さへあつたであらう  さが益々病的なすきとほる  さを表はしてゐた  さうな幼い少女の顔付をしたが  さをおさへる  さが表れてゐた  さが泌みる  さが河のやうな心となつて戻つてきた  さに包まれながら  さへ彼女の顔から又言葉からそれ以外の隠れた  さのちらめく  さを合すと  さに五体が震える  さの再び春に返った  さに延びてしまいました  さの限り振り捌いて  さを蔵している  さを悲しんだ  さを照し出した  さは唯息を呑むばかりであった  さを尽した  さを失わぬ  さを知り初めた  さが匂い出た  さを捨てたくない  さの五倍くらい離れないと  さへあればといつたが  さであらうが  さが五六寸に及ぶ  さうな垢があつても日中は近よらない  さが悲しそうに変化ってゆき  さを感じなかったのに  さに負けてしまって  さは次第に大きくはなったが  さがひそんでゐたには  さを指でかいさぐって  さへ汲めば  さとに締つけられる  さは唯息を呑むばかりで  さすらひでやつれては居ても  さを失はぬ  さつしやるには  さうな氣のする  さが匂ひ出た  さへもつかなかつた  さの渓に沿って上って行く  さが甚く  さの渓に沿つて上つて行くので  さにもめげずに  さが身に沁みて  さがひるみそめて  さを覚えしめる  さえも見られない  さでコンブ見たいに  さうした空気にも慣れて来たので  さを自分のすぐ行く  さに平行して  さとやはらか  さに真弓は眼が覚めた  さにびつくりした  さにも感じられた  さうな笑ひで彼女の顔はぼ  さでぢつと聴澄してゐた  さへ見えるので  さありがたさは何物にも代え  さの雪が積もる  さを持ってくる  さを感ぜずには居られない  さに打ち溶けてゐる  さへ欄干から波を見降ろしてゐる  さを救はれもしたが  さしきたりまたひき  さを感じ捕り  さが漲っていて  さ深さにも依りますが  さうして最も品位の高いものにして行かなければならぬと思ひます  さ良さが十分発揮して居る  さと憤りと  さにしたたっているかの  さというものが判らない  さを持て余していた  さの情をそそる  さに燃えている  さと古さの奇妙な交錯といえば  さというものがエキゾチズムと一脈相通じているからだろうか  さがありすぎるよ  さを考えると  さを持っているが  さがいつまで続くかと思うと  さにしびれながら  さがこみ上げていた  さを蔵してゐる  さを打ち消す  さを自分で軽蔑した  さの方がオボツカナイような気持になる  さを知らなかったので  さがこみあげて  さがころげまわり  さをいたわってくれる  さがこみあげた  さが深まるにつれ  さへあゝだから他の人達は何んと云つてるか知れないわ  さが現はせないまでも  さへすれやい  さへ随分怠  さなのを了解した  さは顔や科に隠されぬ  さはおよそ一丈半くらいにも成長し  さと狂気とをもった  さを許さない  さがだんだん速くなって行く  さに注意を向けさす  さも覚えぬらしい  さという感覚をとりおとした  さに見廻せば  さの形容がつき纏うてゐる  さへ無くば往きたし  さは海まで続いてる  さうもない時に来るから  さと家へお帰んなさい  さの形容がつき纏うている  さを汲み得る  さにおいて及ばざる  さに截っている  さを覺えて  さと稍似た  さを感せしめる  さが手答へがなくて厭にペン先が震へるばかりで  さのあまり顔から火が出る  さは少しも感ぜられず  さに築いた  さに海から眼を外らして  さを恐れた  さなどといふものは全然見られぬ  さうだと思はれた  さうな顏をして眺めてゐたに  さを感じなくな  さうな赤銅色の太い腕が逞しく出てをり  さを再び感じた  さにやられて  さが薄らいでくる  さうな氣がして  さを味ははねばならぬだらうし  さと一圓五十錢で其のバスケットを買上げて了ふ  さかづきに映る  さへたまへな帰る  さても緑の野にふさふ  さへし  さへ神秘のとばり  さへぬるかな  ささうな顔に笑ひを浮べて  さを我慢していた  さを想うと  さでそこに池がある  さが変る  さにどろっと固まって  さが佐伯の胸をうった  さは讃歎の声すら立たなかつた  さを追想して居た  さすらひでやつれて居ても  さうした大伽藍が焼けて  さを一つに感じた  さを憤つて居る  さつせる  さうした後の気持ちの爽やかさはどうした  さうな高音を段々張つて来る  さを思ひもしないで  さがさせる思ひ  さに溺れてゐる  さの何處をとつて見ても  さに歸せぬ  さを思ひ起させる  さとも違つてゐる  さが湧き起つた  さを示してゐる  さが彼をとらへたのであらう  さを覺えて自分の胸を抑へました  ささうな顏を意地惡く見つめる  さに滿ちて  さを覺えて考へ込みます  さともの足り  さを殘してゐる  さには慣れて  さは何から來るのだらうと頻に考へ耽  さをこらへて  さへわたしがうたつてゐた  さだまつた星の宿りだ最初の星がかがやき出す  さを忘れない  さなどというものは全然見られぬ  さを感じなくなってしまい  さを味わわねばならぬだろうし  さを歌つてゐる  さうな身体を支へて呉れ  さうな姿を巷に晒してゐたが  ささうに座敷をのぞいては  さに手廻りかねてゐるであらう  さを思ふと  さつぱりお母さんにはわけがわからない  さによっては決まらない  さが葉子にはひどく気になり出した  さのために少し涙ぐんで見える  さしずした  さなつかしさを余計感じさせる  さが自分の胸にもこみ上げて来た  さに引きかえて  さと共に冷えて行った  さをそのままな寒い感じがシーツから逼って来る  さと愛着とから葉子を追い立てて  さとうれしさとを感じた  さするようにして  さに高く声をあげて笑いこけずにはいられなかった  さがたわいもなく一週間ほどはなんの故障もひき起こさずに続いた  さは岩戸のすきから世の中をのぞいて見るのよ  さにも霜にもめげず  さを見せないで  さにも係わらず  さで花びんの花のしおれかけた  さのために頬をまっ紅にして  さに有頂天になっていた  さほどにも思わないに  さなどに繊細すぎる  さでひどく冷え込んだ  さもしんしんと募っていたには  さの中を区切っていた  さが感ぜられた  さが感ぜられて行った  さを強烈な電気のように感じているらしかった  さを葉子はよく知っていた  さと若さとが互いにきびしく求め合って  さから置いて行かれる  さとさびしさとを見せた  さに見惚れる  さとを示してやった  さを恐れて  さ恐ろしさを感じた  さのために声も出ないくらいになっていた  さがらしたその黒い影は見る見る  さから自分は思わず背たけの低い女の幻影を見ていた  さ悲しさがこみ上げる  さを感ずるまでになりながら見続けた  さとを持っていた  さでひしひしと感ぜられた  さがそのまま残っていた  さ悲しさで胸も腸も裂ける  さ恐ろしさに悔いても悔いても及ばない  さが少し過ぎている  さに息気を引いてしまった  さと闇とが葉子の心におおいかぶさって来た  さがぞくぞくと四肢を震わした  さのあまり自分のほうから宿直室へ駆け込んで行ったかもしれなかった  さの間にも自分を粉飾する  さをしみじみと思いやった  さが想像される  さます事はし得ないで  さを予想させる  さが青葉の軽いにおいと共に部屋の中にみちあふれた  さかさまに浸って行った  さが痛いほど感じられ出した  さとも区別のできない  さが心には残っているばかりだった  さとは脳心にしみ通る  さが起こる  さまで今まで通して来たと驚くばかりだった  さはいっそう葉子の心を憤らした  さにして使いこなす  さをつかもうとした  さに目をつぶりながら  さのわからない  さにおびえて  さだけが秋の水のように果てしもなく流れているばかりだった  さのために蒸れた  さが葉子の手に伝わった  さが総身に伝わって  さに慣れて来た  さに引き入れられて  さがしみじみと胸に逼った  さが生えぎわかけて漂っていた  さをしみじみと思い知った  さは急に冷え冷えとなって  さうして彼女等の家庭の眞ん中にどうにも仕  さうしてもつて始めて  さなどから無感覚になる  さなどを尊ぶ  さへ思つてゐる  さを増してゐる  さから免れてゐる  さを避けて居る  さへゐなければ  さらした単衣を着てうつむきながら立つてゐて  さと上品さを充分に表はしてゐました  さへ間に合ふも  さねばならぬ  さに打わなきながらも明るみを求めて  さにも暗さにも徹しえない  さとを覚えた  さに縮み震えながら  さには自ずからな最大限が存在するだろう  さと深さと正直さによつてはつきり決まる  さに自分としても苦しんでいる  さが彼の骨までも滲み徹った  さもいくらかゆるんで来た  さじゃ堪りませんナ  さを思い知った  さや腹立し  さをつくづく思い知って  さだの言う  さだに悦ばれなかった  さだはよく言ったが  さだの眼は光った  さだは口走ったが  さだの眼は眼面におげんの方を射った  さだにも詫びようとしたが  さだを叱る  さだの方でも事もなげに笑って  さに心を悩まされて  さを彼女に偽る  さを加え出すと  さには気がつかなかった  さをひねったり  さと眼のたしかさを思はせる  さは地表下二三里内に横たはつてゐる  さは半徑二千七百粁の球であることが推定せられて  さの所に起る  さの地下では起らない  さに比較していふ  さで進行するのに  さで進行する  さをもつてゐるから  さを持つてゐるが  さを十糎と假定すれば  さを示したならば  さを器械觀測の結果に比較する  さに非常な相違がある  さに出て  さに觀測せられたから  さしか持たないから  さを以て海岸に押寄せたならば  さが増してくる  さが著しく増大する  さの洪水となり  さが數倍の程度に増す  さを以て馳せ下る  さは次第に衰へてし  さは計測する  さに噴出し始めたので  さを計つてみたら  さに相應する  さと物の広さとを詳記して止む  さを感じてゐる  さを人工で補強する  さや喜びをともなう  さがまだ続いて  さも見えないから  さへ見えるほど  さを包んで  さを散々味わされた  さが胸に一杯になる  さこの上もない光を放って  さに堪えられなくなりました  さがこもり  さを伝えた  さでいじけ  さと忿とを感ぜずには居られない  さと忿と悲しみとの混じった  さと病とに対して闘っている  さのなかで孫が働き  さを肌に感じさせる  さも自分は物解りの  さを醸した  さのあまり斯う叫んだ  さが跼っていた  さを恐るる  さの妄執に由る  さを考えた  さも自殺者の心理が他人の推測をゆるさぬ  さから起こった  さのみ不快を与えるほどの  さがあると  さにキャッと叫んで  さとを感じている  さを是認する  さに安んじたくありません  さのために他の運命を傷つけ  さをもしみじみと感じました  さを指摘しようとします  さを悟れば悟るほど  さに嘆く  さというものの価値を深く感じます  さと粒の大きさとには一定の関係がある  さまであるらしい  さを験する  さの公算曲線には数箇の山を見出すべし  さに比して  さが比較的大ならず  さと全く異った  さにもられた  さをすてても  さが熟していない  さによりかえられた  さを待望いたします  さを消すほどに  さうな息を吐く  さうな息を吐き吐き  さに又かえって恨が深まる  さも理解し得ないであろう  さを賞するより  さをそのままに感じ得ない  さへすれば足りると  さを増さない  さが顫えている  さがあたまの熱をだんだんに醒ましてゆくに従って  さはこの中にあっては  さをもって見返した  さと憤怒とを同時に感じた  さ卑しさこそ掘り出して責めなければならない  さを伝えて貰える  さを示したりなどした  さと淫蕩さを有っている  さをさえ私の胸につたえた  さ親しさがあった  さを感じるに  さも一層深いような気がした  さすらひや  さを拝みたる  さにもあらず  さよと呟やくあり  さの方を大きく見積り過ぎる  さと形をした  さを変えるか  さを緩める  さがこの外の更に多くの原因によって緩まるという  さと意識されている  さと汚れとのついた  さより一歩ふみ入って  さうした妹に対する嫉妬的な心理を知れば知るほど  さへ私には見え出した  さ過ぎてきまりが悪くて顔をそむけた  さへあつたことを思へば  さうもない文字を指して  さうだから我慢してゐる  さま善作さんはかみさんをも続け  さも割合に感じなかつたが  さうしたことの出来ない  さうな男達ばかりだつたので私は多少安心した  さへすれば分ると  さで廻転してゐる  さかさまに墜落し  さがいつも変って  さをかき抱きました  さ弱さがあったとも言えましょうか  さうな人物もゐない  さがって眺めている  さへ眉の蹙められる  さうしたことがある  さを以てかれの  さうした生活以上に我々人間の大切なことがある  さと艶やかさとが残つてゐて  さうした予定があつたらしい痕跡も残つてゐない  さの花にぞこころひかるる  さに全身こまかにふるえ始め  さが保てなくて  さは私の可愛いい子供から私をそむかせて  さに身震いがした  さで逝かれた  さの時は却って泪など出ない  さのあまりすっかり夢中になってしまいました  さも段々と薄らいで行くかと思いました  さうであれば公然とそれを云ふべきだ  さういふところもあるには  さはさういふところから来る  さをのこしてゐる  さにうつむいた  さうつていふんで  さを隣に腰かけている  さへ頂ければ  さうな話ぢやありませんか  さに心を躍らせながら  さといっしょにすべてを失って行く  さが目立つ  さを意に介しない  さを発揮していた  さが見えすいているばかりでなく  さと重量とを益々加えていった  さが加わる  さで私を捕えた  さが私の胸に沁みて来た  さをもつて眺められるので  さを唆られた  さをおぼえて  さのうちに一種の淋し味さえ感じた  さも悪らしそうな語気を用い始めた  さを回復する  さん待ってたほい  さんどうした  さん私から健ちゃんに一応その顛末を御話しする  さもくさくさしたといわぬばかりに  さいすりゃいくらでも欲しいだけの御金は取れるしさ  さを感じ得なかった  さは何時までも辛抱した  さが遠くに働らいていた  さを四尺ほどにして  さで凍えてしまうだろう  さと共に襦袢胴着の類でも重ねた  さの唯一の記念とも見るべき  さも怖ろし  さを以て急に彼の眼を刺撃した  さと倦怠を凌ぐ  さを消しながら  さを増して追いすがろうとする  さを忘れ切れず  さの中へ突き落とされた  さで駆け回  さが二時間も続いたら  さは斯んなに激しいとは思はれない  さに覆はれました  さが心に迫つて来る  さへ機関車の自由にはならない  さほ子の胸にはびこった  さを嫌う  さに父に無断で名古屋に行った  さを知りすぎている  さとが彼女の全身に漲っていた  さを持つてゐない  さうな想像に耽  さに大方圧倒されてゐる  さを感じたらしく  さを煽りたてて  さへ恍惚とした  さには辟易せずには居られなかつた  さに凝  さを振り  さには何の抵抗力も持たない  さにはふるへるし  さうな息使ひをして  さに気づくと  さに曇らされる  さを感じさせたと見えて  さに慣れています  さに驚きはしません  さが私の心の隅々にまで浸透してきた  さといふ概念が何時の間にかわれわれ日本人の頭に植ゑつけられた  さと力とをもつて  さも調べずに  さに声を挙げた  さと重々しさとをそなえていた  さは分らないでしょう  さにせき込んで尋ねた  さにその身体はわなわなと慄えている  さに浮彫になっている  さが四十間以上もあり  さだけの紐をつくって  さに感心してしまった  さに身をもがくばかり  さを以て論じるなら  さうもない戯曲がざらにあるから  さのみ淀みなく筋が運ばれてはゐるが  さを残してゐる  さは失はれ  さを強調する  さを生かしてゐた  さへ含ませながら  さはに罪を贖ひた  さに混ぜ  さを覆  さを見  さへ起つた  さを抑えながら  さを僕はここでも感じた  さを見せてくれる  さのために傷んで  さのために凍ってしまった  さまで応えない  さに堪え兼ね  さに業を煮やした  さに行った  さに気がつかず  さは話した  さに慄えた  さに釣合のとれぬ  さが背から覆被さる  さが少しづつ緩み出した  さが緩み出すと共に  さうだと考へる  さうだとか云ふ  さうな顔をして居るから  さを痛感させられたので  さへ治外法權を認めさせてゐた  さに慣れて  さで流れている  さのつたわって来るほど焼き  さを空想して  さを驚歎して  さとうす気味わるさとのまじりあった  さが菊人形のどこかにある  さにより多く心が惹かれぬでも  さに私も心から栽培を促される  さに打たれるといふ  さを抱かぬ  さを知るであらう  さはいつか世間に知られて  さはないとまで言はれ  さ美しさの日毎に喪はれて行く  さといふことだけをその武器にして  さうした積極的な心持から離れて  さとにでも住んで居れば  さ心細さに心が亂れ  さに越す  さが深く深く考へられて  さと不安さと物悲しさと心細さとが感じられた  さをひろげてゐる  さうな母親が竝んで坐を取  さが添つたりして  さやら悲しみやら悶えやらを忘れたいと  さと眞面目さとがあたりに滿ちた  さやらもだえやらの  さうした取  さがまさつてでも  さへしてゐる  さも自分のことでもある  さを感ずるけれども  さをそこに深く深く感じただけで  さと歸つて行つたのを呉葉は心配した  さうしたいろいろな事件から離れた  さが歌はれてある  さが窕子にもつくづく思ひ  さうして雨の夕暮の空氣の中に相對して立つてゐるだけだつた  さがそれでよほど除れた  さへ自分で自由にならないのに  さうな顏をしてゐる  さを悔ゐる  さを感ぜすにはゐられなかつた  さうして清くひとりで住んでゐる  さの度を増して  さもくやしさうに礫をそれに打突けた  さうな感激した  さうした戀愛の話をする  さを嘆き  さが次第に飮み込めて  さがその時あたりの眼を惹いた  さうな頭を抱いて  さの腹慰せが  さと創造の力とは誠に近世に双びない  さを催す  さに眼がさめて  さを見たりしは  さを紛らわさんと  さに引き替えて  さを感えたりしが  さを憶い出でて  さにびっくりした  さということが問題になり  さというものは文学の芸術的価値と一致しなければならないと云う  ささえこもっていた  さと俗っぽさと美しさとの混りあった  さが照りかえしている  さで頭へ閃めかせながら  さにひかれる  さを漂わせはじめる  さとお藥を召し  さうもない子息達は凡て離籍して  さのこもつた  さで二本の煙突を持ち  さとは比べものにならなかつた  さとひとりで先へ寝なさい  さを感じたる  さ深さに於て全く類似してゐるから  さと喜びがそこに誕生しつつあるかの  さを嗅ぎ出そうとする  さは両方の肩を氷のやうにしてゐた  さに身を慄はしながら  さの中に自分一人だけ起して置いて  さうについてゐた  さも感じさせて置かなければ  さの為めに存分にひしがれてゐた  さで瓦斯燈がぼんやり灯っている  さと淋しいところへ紛れこんだ  さ楽しさを持ってい  さに伸子が驚いたほど  さからぶっきら  さと興味とを覚えた  さと可哀そうさの混った  さと辻の中央に運ばれた  ささえ交った  さから逃れたい  さと切なさを持っている  さの感情を伴う  さに苦しみ  さにつり込まれ  さを破りたい  さの増した  さに思わずそこで棒立ちになった  さも抜けて来た  さの加わった  さが心や体にしみこむ  さを説明しはじめた  さが心を苦しめる  さと遠慮との混り合った  さが募り  さであったように思われる  さがお分りになってよ  さで聞える  さを一緒くたに感じた  さというようなものが朧気ながら感じられ  さを感じて笑った  さでつけ足した  さのようなものを感じた  さが加わった  さで伸子の定りが半月も遅れている  さの足らぬ  さの中に漲っている  さも蟠っていて  さというものを感じた  さは十分知っていた  さで体が震える  さで伸子は云った  さに充ちて見えた  さの漂う  ささえ含んで  さを増すばかりであった  さで有頂天な伸子の心が見  さに捕われた  さの中にあっても  さで亢奮した  さが伸子の心を通った  さも薄墨色にぼんやりした  さを気づかないとも考えられない  さで日本語を話す  さを撥ねかえす  さを照した  さから笑いながら云った  さが新たに彼女をしめつけた  さを不快に感じる  さを曇らした  さを曲解した  さを知っているかもしれぬ  さで煙管をはたきながら  さで胸が苦しいようになった  さで伸子の感情はそのせきを切った  さを心で罵りながら  さを許して  さで硬直し  さと自由さを信じ得ない  さを持っているか  さを感ぜずにはいられないだろう  さがそこにある  さに対比して  さや苦がさを持って来る  さや苦がさも亦陶酔の対象となる  さとなるかについては  さの意味に理解されている  さはその独特のモーラリティーにある  さに身を竦めて  さですぐ背後にくっついてくる  さでがらがらついてくる  さとも苛立ちとも分らない  さを感ず  さはその時代には理解し  さに輝き始めた  さの差が彼と他の少年等との価値の差のやうに思へるので  さと元氣よく先に立つて行く  さにそれを断って  さに均して塗りつけた  さに気がつくと  さが先立つ  さがどこかへ行ってしまった  さと典雅さと懷しい  さがひしひしと感じられた  さのものがとんで来て  さとを説いていた  さを南国的湿気の中に漂はすもので  さで生活の苦しみを嘗めて来た  さと侮辱とを感じてゐたので  さを紛らしてゐた  さうだと思ふ  さだとも解釈されない  さがあるから  さうして彼らはいま遠く離れてゐる  さうしていつかお  さが彼の肩から落ちて  さに堪へない  さに氣落がして  さに歩行き  さに見えました  さとひびきとをともなってうかんでくる  さに輝きました  さが溢れて居たので  さというような心持であたりを眺めていた  さを感じ直させられる  さとして出されているだろう  さからもたらされる  ささうな眸を放つてゐる  さが失われます  さが幾哩にも渉っていた  さは幾百間四方に及ぶので  さほどに禍の姿が見えた  さは先ず四倍とも云うべき  さが湧くばかりだ  さは前よりも更に強くして  さがもう日頃より幾十倍に膨張している  さで全天に広がった  さが常の真昼の明るさと似寄っている  さが漸く手を着けられるほどに冷めて  さが膝の辺まで来る  さを耐えて来た  さもたまらないと思わずにはいられなかった  さは前と決して変りはありませんので  さにも比べられない  さは宵の明星にも負けない  さがこたえた  さのために体が弱っています  さに目を惹かれて  さに痛ましい思いをさせられたが  さのものを欧米的だとした  さがバクロされており  さといふもんに自信がなくなります  さの去つていく  さもやりで  さで駈けこんでしまった  さに溢れたつている  さのみ雑踏はしていなかった  さだと記し  さこの枯野猪も出でぬか  さうな危い  さに心は躍  さを思ひながらも  さは湯あがりの後の身體に浸みて  さで一帶に流れて  さがいよ  さでずつと茂り  さをさして  さで山腹を走つてゆく  さうも行きましね  さを自分で引き受けて  さに死のうとした  さは裸体写真などの場合などは有りうるが  さは彼らが舞台で女になっているからだ  さも死んだ  さは生れやしない  さを最も端的にあらわしている  さがよくわかる  さを想像せしめる  さをあらわさずに  さが除かない  さを見せてくれた  さを如実に示している  さの比率を争う  さと独特さとがある  さだったと記憶するが  さを歩幅ではかるという  さへもありきと  さは余人の能く知る  さしならぬような結論がでてくる  さしならぬ物的証拠をあげるという  さを感じるが  さの大粒の雨が文字通り盆を覆した  さをヒシヒシ感じる  さをかくして答える  さを愛し  さを求めずにいられない  さは先ず同格であるにしても  さは予想外でしてね  さもだいぶ肌ざわりが遠のいたが  さうなると九百人からの仲仕が暇になる  さを押し  さへ腰がフラフラしてゐる  さに順風を得たるは  さに気がちがわずにいられる  さや面白さが身にしみるでしょうね  さにいじけ  さから察すると  さとは全身の調子をひどく不愉快にした  さの証拠であると課長は判断して  さを思ひ出させる  さがわれわれを困らせる  さがわれわれを困らせると  さはわれわれを寂しくする  さとともに眠る  さと暗さとをおそれる  さをおそれず  さを悩む  さにうたれます  さ貧しさに同情した  さは申すまでもありますまい  さを失い  さはなおさらに眼に映る  さと云われる  さなじゃ困ったな  さの原稿がのっている  さは天が下を射れど  さまでに心を動かす  さがはびこって  ささえ感じていた  さを楽しむ  さで全神経を蔽われた  さに釣り込まれない  さに胆を潰した  さにぼんやりと煙草ばかり吹かしていた  さをあらわしていて  さと歩幅であらかた推測出来る  さだけで推定すると  さを示した  さに身も世もない気持になりまして  さと悲しさの遣る  さに堪えかねました  さに魂も身に添わず  さも通り越した  さは実に驚く  さと尊さがわかりました  さと恥ずかしさを感じた  さのハンカチを軽く口の処に当てている  さに呆れ返っているらしい  さで椅子を蹴飛ばして立ち上ると  さが次第次第に深くなって来た  さに差し上げて  さで名刺を取った  さに襲われながらも  さとに包まれているらしく  さを感じさせられつつ  さにも呆れましたが  さをとめが出て来る  さをとめの出ない  さの深まりを照らしている  さの猛威もようやくおとろえ  さがまず起こり  さをしのぐに  さなお減ぜず  さを送ってきたので  さこのうえなしという  さをしのぐに適して  さは欧州より十分の一小なるのみ  さを破る  さを目にせず  さはわが国の二倍ありて  さよりも浅く見えるかも知れないが  さに仮死状態だったかも知れない  さを身にしみ知る  さは誰にも分ってもらえない  さを死にかえて  さと感謝にあふれる  さだけにも堪え切れなくなって  さの感じを取り除いてしまえば  さに途方に暮れながら  さで逃げ出しました  さに震え上ってしまい  さは日々にひどくなって来ました  さと思いやりは切なくなるほど  さのためにわれわれの惱みと切ない腐りを  さかるやかさの上に又はいきいきしたる  さが夕暮の匂ひとともにしんめりと身にながれる  さこそ自然の中央で誰もこの大きさに不服をとなへる  さあらゆる小さい世界の最もはづれのああその無形な孔雀いろにかがやいた  さて水無月の灯を膝のほとりに引きよせて  さに耐へられず  さを光らしてゐるから  さをどんなに私は身に沁ませて  さへあるだらう  さと風をはらひ  さや樓船のやうな古い木の山門をわれわれの感覺の觸冠でこすつたり  さに打たれるだけだつた  さに身ぶるひして  ささうに青木に訊ねた  さを持つらしい  さで馬車は小川のふちを駆けてゐた  さが込みあげて来て  さへ彼奴には恐れてゐる  さへ逆さまになつてゐる  さが増すという  さ美しさに理解できない  さに於てのみ相許さるべき  さはすでにバカげた  さのアカシと見た  さの現れ  さで発せられたかも分る  さと繋った  さで返事している  さの中から感ぜられる  さなどを計っている  さの肯定となって現れてもいる  さがつきまとっている  さの幾許あるか知れない  さがじっと身に沁みる  さ来るさの市井雑爼は今日もまた寝巻的散歩服の令嬢にあらざれば  さに烏啼は目をやって  さに顫えていると  さが空腹の模様でもある  さはやまないとみえて  さしならぬ構成に要する  さも知らないで  さがあるよ  さや断定の怖しさを知りすぎるからだろう  さが分るし  さの目立つ  さがって来た  さで今日といふ一日の重さが感じられた  さがそこにはこめられてゐた  さうな聲でいつた  さへかねて  さのなかに落ちこんで行くばかりだつた  さに眼を射られ  さへがたい喜びをかくさうともしない  さが先に立つたが  さでおもひおこす  さが時々歸道し  さは傍人に語つてあるいたが  さは順吉らの事件のいきさつを寫眞入りで巨細に報道した  さを言葉の陰に感じたとしても  さの許に身をおくにいたつたが  さが家ぢゆうには充ちてゐた  さのゆゑに一入こた  さから一通の手紙を受け  さうな息づまる  さうで盡きない  さとを同時に感じた  さに堪へて  さうであつた情感の泉は溢れ  さやいきいきとした  さと輕蔑したい  さのあらはれで  さへ一度は胸で調べて見て  さに氣づいた  さに向つていひだす  さの機嫌は眼に見えて  さが何かの拍子に二人の居間に足を踏み入れ  さが座敷にゐる  さを呼び慣らされてゐた  さは顏をあげた  さは眼を一時もそらさなかつた  さはおちつき  さがいひだした  さが感じられたが  さまで主張された  さがありましたし  さというものはもっぱら大工場のサイレンかと思われるばかり  さに掻き乱され  さのあまり涙ぐんできた  さで唇までが引き攣って言う  さを訴えたり  さを堰き止められて  さを呼び出す  さは沁みて  さが今更のように綾衣の心をいたましめた  さから風邪の心地で寝ているので  さはまだ水売りの  さはなくなって  さとはこういうものと思わせずにいない  さを高めた  さがありはせぬか  さがちがうね  さが鯨にまけない  さが違うね  さは仙台に比較しても  さな手を見ると  さをたのしまうとしたので  さが三十七間四尺五寸あった  さに積み上げた  さの発生の根源を人類の生活の歴史の流れの只中から見出そうとする  さを耐えかねたという  さの机が置いてある  さがおなじい  さが骨肉にしみこんできました  さなどは身に感じなかった  さの判断の正確さは始めから断念してかかっている  さもそうらしく聞かせる  さの調節をとる  さはハッキリしすぎるほどでしょう  さだけでも呆気にとられるね  さに照らされて  さこよなう堪へ  さを見ぬ振に  さがほに  さが三百四十ミリから三百九十ミリあるというのに  さは二百二十五ミリで嘴峯は九十五ミリに突き出し  さは五十ミリほどあって  さの外輪山で壁をめぐらしているから  さで沙漠に溜り  さは平均して  さはせいぜい二三百米にすぎず  さは五百米位にすぎない  さにあらずだ  さに埋めた  さがっていました  さで持ってる  さとなっていった  さにのびた  さの中に入ってしまった  さに感じていた  さになってしまったから  さが急になくなって  さがはじめからきめられてある  さと引張り出された  さの火星人を十人つれて  さに眼をやられぬ  さしならぬ人間関係は全く描かれてはゐない  さはいつまでも続いて  さ約五糎の遊離端を持つ  さ約五糎程の撥形に開いた  さは少しも変っていないのに  さの穴に気付くと  さに作る  さで毎晩自分が抱く  さにさえ云いあらわせない  さとでうち靡かせる  さに共感をもつ  さを私に感じさせる  さな雑木しか生えてゐないでせう  さへてやるかな  さの石段を登り  さが胸底にあった  さを浦上の人家や山河や樹木や畑の物にまで感じた  さが五間ぐらいもある  さと同じぐらいのものが上へ盛りあげられており  さをかなり信用して愛するに足る  さうした規律が僅かでも乱れ  さに身を委せてゐたが  さうな敵意をこめて睨みつけてゐる  さを私に対する怒りに代へるので  さを発揮しているかを  さは一層人の神経をいらだたせて  さを拡大した  さを覚えたよ  さと美しさとに満ち満ちた  さを悟った  さの円筒の両端には紙の蓋が貼られて  さとその運命に対するまじめな相互責任についての考え直しであった  さと用心深さとを以て話を為掛けてゐると  さにその顛末を前の僧院の長老に打ち明けて  さを忘れようとしては  さや底の深さがあったから  さと味にはしょせんかなうまい  さの余りに作った  ささえていたが  さは何遍繰返しても飽きない  さを生んでいる  さが阿  さを意味しているという  さが益々鍛錬されて  さから作家として把握し得なければならないという  さも喉へは通り兼ねます  さうな籔畳のかげには  さでも知れてゐるので  さをも厭わず  さに顫出す  さの子供がよく見える  さでまわしながら  さの水流が落ちている  さかさまにこっちを狙い  さに盛りあがっている  さは穴の中にかくれたいくらいの  さと樂し  さは抑へ切れぬ  さに惹かれてゐたので  さにうちふるへてゐました  さを感じて叫んだ  さだろうと思いましたし  さだと思いましたね  さでグッと見物人にのしかかる  さがなければ何よりの娯楽の一ツに数えうるであろう  さを狙う  さの方が天下の奇観なのかも知れない  さが目につくばかりで  さ暗さがジットリ影を落している  さが宝塚のものではあるが  さを忘れている  さに伴れて  さを測量する  さは見受ける  さ悲しさに目をうたれる  さ悲しさが一そう甚しく  さ悲しさにウンザリせざるを得ませんでした  さや貧しさに打たれない  さを見よと言えない  さや国民全体の貧乏を悲しむ  さは万人の物としなければならない  さや侘しさがフルサトの町に似た  さに積んで見せたって  さに当り  さへ眼に立つ  さまでにはあるまじきが  さへ業が沸えて  さのみ先立ちて  さんした  さよと振向け  さに甚しく  さをたたえている  さをはかって  さは全く見当らない  さを具へてゐる  さに富んでゐた  さうした場合が昔から繰返され  さは何の遠慮もなく一所に寝るを  さを耐へ居る如き  さに耐へぬ如く殆ど酒に酔ひたる人かと見ゆる  さうしたまごつきの  さを要すとも  さえも持ち合わせない  さなり不安なり  さいって云って  さにかわった  さされたりして  さを一人前に知った  さを呈していた  さがうすらんで来  さに欠けており  さを喜んでいた  さがほしいと思った  さに自分の存在がなくなれば  さの方を私は好んでいた  さと女のする  さだとか献身的な愛情をこれっ  さに未練をもつ  さを無理にカヴァーして  さを保持しようと  さが一種のメランコリイの幸福感でもあった  さあるいは一種のはかなさとでもいった  さへゐなかつたなら  さを感ぜずにはゐられなかつた  さをはかりました  さが胸をつきあげた  さが晴れない  さを嫋々と愬えている  さは癒せる  さがうッすらと見えだして来た  さを見ても  さがりやが多いやうに思はれた  さうしたところのある  さが現はれてゐる  さうな青年が一人で受持つてゐる  さを想つてみる  さを感ぜずにはをられなかつた  さが輝き  ささうな生返事のほかは聞えない  さうな配膳台にぎつしり並べてある  さを通りこして  さに誘はれて  さうな気持もする  さうな村に出た  さについては喋々を要せぬ  さは敢て問題とするに足らぬ  さへ欠けてゐるであらう  さ寒さにも増して  さと讃美の気持でいつ  さと町の片側を脇目もふらず歩いて  さうしたむら気から心の動揺は始まるので  さうな匂ひの  さま頓狂な声を出した  さへしなきや  ささうな男を想像に浮べてゐた  さを彼は今気づいた  さへ彼には見えた  さうもないので家にゐる  さうな二三の低級なバーを覗いて見て  さは彼女の良人自身が経験しなければならぬ  さに今度は自分を嘲笑つて見た  さへ今日は気のりがしなかつた  さうな気分が常になつかしく漂うてゐたから  さうな口吻だつたので自分も不覺氣が急いて  さうな日蔭の冷い  さがそのまま輪郭の明確さとなっている  さの区画に仕切られていた  さとは相反する  さが違うし  さの印画紙にプリントした  さの玄関ホールに立っている  さがぜんたいに対して陰影を作っていて  さが微妙に落ちていく  さは十二畳ほどだと彼女は言っている  さの窓がある  さとあいまって  さは骨格の良さからくる  さを表現しなくちゃいけない  さを自分はどう受けとめれば  さは一を聞いて  さのなかで守るべき  さの印象が強くある  さのなかにのみこまれ  さに満ちていたからだ  さを深めていた  さの性欲であることを認めてしまうと  さはなぜか少しだけ緩和された  さで立つ  さの窓が間隔を置いて  さを正面から受けとめた  さが発揮されていく  さを彼は確認する  さにくるまれて見えないのよ  さはあって  さしたものもあった  さでいふ  さとで胸を一ぱいにふくらませながら  ささうに黙つて  さへ見えました  さは想像が出来ませう  さかさまに下へおちました  さをかんじて来ました  さに観照を進めた  さに反比例する  さを要する  さをもっていなければならない  さを凌ぎ  さが濡紙のやうにフワリと覆つて  さうしてまた彼はそのテレた気持を回復しようと努める  さに駆られた  さを装うて  さがここに見られる  さうですけれどもなんとい  さかひをまどろみし  さは云へまことかの文に三たびぞ記し置かれける  さこそはしづに居りた  さうしなければならない  さうして何か意地悪の気持を感じた  さは左程でないであらう  さへ喘げる  さも考えなければなりません  さを感ずるとは云え  さで通読してゐる  さを具へた小動物が無邪気に生きてゐる  さを和らげる  さを失わずにかかっている  さに甘え  さを眼にえがく  さがわかって来て  さを胸からはだけ放している  さを殆ど知らなかった  さとを深く頭に植えこまれて来たので  さをせず  さをもすこし撓めぬといかんのう  さが舌に残っているだけで  さをいう  さいものが漲ると  さを自負してゆくと  さや偉大さを少しも考えてみない  さも持たなければ  さが一点はあって  さで膝の上に置いていた  さとギョッとする  さが結局日本人全部の低さじゃないかしらと思う  さかな秋さびし皿みなわれて  さを要求する  さがいっそう強調される  さがいったん俳句に入門すると  さを観察し  さが隠されずにある  さに切ろうと試みた  さに切れば  さも尋常の話のように宗蔵が言出した  さ程旅を急がなかった  さの部屋があって  さを嘲られたくて来た  さに垂下っている  さが戸の内までも侵入して来た  さや引越せし  さが格別に感じられます  さが残っておりました  さに無用の廃物となって  さの青い一つの葉が夢のように浮いていた  さを閑却している  さに重きをおいた  さに属する  さの感じがある  さへ心得てゐる  さを想像した  さと可懐しさが透通る  さがコンガリと鼻を突いて  さと切なさと恥かし  さに落ちたと見えて  さに思われましたわ  さはあったが  さは忘れられなかった  さのみ往来の妨害にもならなかった  さは掻き消されてしまう  さを感ぜずにはいられない  さが募るにつれて  さは身にしみて来た  さを呼び出すばかりでなく  さした口に水をふくんで  さも思いやられたが  さ寒さに祟られては困るというので  さのみ私の酔わぬ  さうでゐて  さを測定する  さを比較する  さをとり  さよ土の世界をはるかにみおろしてゐる  さがおもい出される  さ憎し白拍子花の幕兼好を覗く  さよ手に草履鮎くれて  さを凌ぎたる  さ想いやるべし  さよ更衣八瀬の里人ゆかしさよ顔白き子のうれしさよ枕蚊帳五月雨大井越えたる  さよ手に草履小鳥来る  さよと長く言わんは  さよといわねば  さかな飛騨山の質屋鎖しぬ  さはいつたい  さがしして居た  さも自らの落ちぬ  さへすればよ  さうして僕は一人でやきもきしてゐた  さうしてた  さは刻々に胸底へ滲んだ  さかさまに投げ込む  さに向っての  さと喰いついたら  さに比較して  さに煽られた  さが大規模にあらわれていて  さの生れる  さを新劇に取り入れるには  さうとすれば  さへも常識を缺いて居る  さうなので私も折々遅ればせに出かけては  さでまつし  さで空を蹴  さに向つての水雑炊と来ては思ふだに  ささうな自惚を持つたりした  さと喰ひついたら  さと手前えの家へ帰るが  さを引いたり  さにしても引き立てですと  さが抜けて来ます  さを引き立ての新しい絹に描いてる  さなりの涸れた  さの代りに湯引きします  さに書き約める  さが欠けていた  さにしびれた  さにたまりかねた  さに打たれてゐると  さを印象した  さではなく味のよさに着目するとしても  さや喜びを感じつつ  さに馴れた  さの神聖さをデッチあげ  さに於て欠けていた  さに君が音をあげるよりも  さに僕は泣いている  さを押し切って言わなければ言えない  さといってはありませんでした  さに堪えざるごとく言う  さうな棚から飛出した  さで細かに調子よく継ぎ足しては  さが伏在している  さに富んだ  さに圧倒せられて  さに静まりかへ  さにしびれるが  さが随分気になつたものだと想ひ出しながら  さからいきなり変つたその暗さに私はまごついて  さに私はあまくしびれて  さがたたへられてゐて  さは終り  さを餌食にして  さというものがつまり芸術を生み出す  さを与えられ  さを持たなければならない  さをあの泣き  ささえあるという  さがどこにあるか  さだという風に云う  さというものを見物にみせる  さはその痩せ衰えた  さを見るに付けても  さの爲めに眠れないので  さうな縞縮緬の褄を投げつ  さは鼠も鳴かぬ  さを感じていった  さというものかも知れなかった  さが恢復していった  さになっているらしかった  さによって決定されるだろう  さや広島のアビ叫カンの惨状について自由講話をした  さもなかったら陸軍はパパのためにみな殺しにされてしまう  さがってきて  さの劣等感に悩んでいる  さまでひきさげようと企てるなんて  さにじぶんもつながっているという  さで辿りついたと思うと  さにまいってしまったが  さになるに  さはなにか胸に迫る  さでふらふらになり  さが察しられる  さもなかったら憲兵隊本部の中庭で拳銃で始末されていた  さに敬意をはらわない  さになってしまった  さうした不吉の相があった  さうした記事も出てゐなかった  さうした表現は不自然でもあったし  さを目測してください  さで廻っていた  さに不機嫌な表情をつくった  さで君臨する  さに澄み返り  さに聳えてゐる  さに心を打たれるので  さを覚えていたから  さを感じていたというまでです  さもさも憎々しそうにいってやりました  さで出て行った  さも安心した  さと呪ってやるからな  さには深く感心しながら  さと情緒を含んでいた  さは想像以上と申さねばならぬ  さを種々の場合に実測し  さが仮定できれば  さがわかるし  さを瀬踏みする  さへも安き眠りを許さぬ  さはこの夏の土用にも勝って  さ中りしたらしい  さぐらいに肱がつける  さ中りで  さに落着いている  さほどでもござらぬ  さがしになる  さにかかる  さに硬ばって  さを共にしながら  さを忘れていたかの  さをもあわせて認めている  さを思いくらべると  さをふくませながら  さを頬ばっていた  さをしまいながら  さを出して寝そべっている  さは言語に絶した  さの母とおまつり申しあげてある  さを縮むることにのみ考を集めて居る  さが身にし  さへあるではないか  さを想見した  さが彼の頭の中を駈け  さへなくなれば  さうだから死ぬ  さま彼は笠で顔を蔽うた  さもさも寒そうに首筋をすくめた  さであってオランダげんげが敷きつめられ  さと二つ三つの芸をした  さであつてオランダげんげが敷きつめられ  さと二つ三つの藝をした  さがしで  さがった雨雲の間から薄陽がもれはじめ  さをつくりあげていた  さに耐えながら  さのせいもありますが  さの見舞を書いて  さを想像しながら  さが納まった  さを起させた  さが有った  さとは年を取っても失われなかった  さが思いやられた  さが爪さきから背筋のほうへ駆けあがる  さがって行った  さで電光形に上のほうへ走りあがってゆき  さでのしかかってくる  さで洞道の上に倒れかかり  さが決まつて居る  さへ今話した  さより云えば  さから匍い  さに耐え兼ね  さをつくづくと感じた  さと謂った  さなり諷刺なりが理解されない  さが重大な役目を持つ  さが半ばなくなる  さから一歩抜け出た  さに結い  さに対する反動として生れて来  さは日本の一般の大衆文芸には発見出来ない  さを増します  さに変って居ました  さに変って居るので  さに捕われない  さはもう二丈ほどになり  さがよく似て居て  さはあちらにも負けなかつた  さと卑屈とをはきちがえない  さとやさしさの夢に満ちていた  さだけはわかる  さのほうが先に立って  さを誰れも知らない  さがひやりと膚に迫る  さで胸をしめつける  さを失うであろう  さと色が違うだけで  さを知っているからで  さを知っていた  さの何層倍だったか知れないわ  さがわからなくなってしまってね  さが忘れられなくって  さといったらありませんでしたわ  さはたしかにある  さと単純さに満ちている  さにも耐えないという  さと善良さがうかがわれるので  さになつたのであらう  さだけの処へ標をつける  さや苦しさと戦っていた  さはどんなだったと思うと  さを感じ出したらしい  さの湧いてゐる  さをつけ加へてゐる  さは遣り  さへ魅力などを覚えた  さが頼もしく思はれてならない  さに傾倒したが  さから解かれた  さもびっくりした  さと等しい空を見あげて  さが大人以上の一途となって  さがやたらに着きまとう  さに馴れてからは  さはあっても  さに善処する  さが淋しくなるほど  さを笑いに紛らして  さを何等の修飾なしに投げ出している  さ悩ましさが交錯した  さ逃れがたい運命観をさえ裏付けているが  さを主観ぬきで叙している  さをのこすや  さや髪ゆひなほす  さにこごみつつ  さをしみ出させ  さにもこころひかるる  さをうたっている  さがわかりました  さへ一人の力では到底手におえぬ  さもちがいますが  さと人々は情けを認容し  さへするなら  さに戦きながら  さが狂ほしいほど眼に沁みた  さだけでも精魂こめて描きたいと  さと窶れ  さは臺の龜趺を除いて  さ約十一インチといふ  さといひ  さとの野山の唄は忘れませう  さに醉ひつれと  さしつる唐獅子の圓き頸をかきなでて  さやぎにささと鳴りぬ  さに堪へじか  さ暑さに遭って  さが二尺あまりの卓子にのぼって吊り下げ  さのために躊躇をしたり  さに悲鳴をあげた  さが湧いてくる  さに泣きだしてしまうかも知れない  さの中に瞳が慣れると  さも考えねばならない  さと格好をした  さの何かの球根らしいものがいっぱいはいっている  さや格好は今度のと似た  さま往来にはい上がって  さは増す  さで先ず若葉ごしの日光を受ける  さをしみじみ感じた  さへてゐるので  さへ四苦八苦してゐるのに  さにむしろギヨツとしてゐる  さうな眼で睨んでゐたが  さの事を言つてゐる  さを支へるに足る  さと言ったら  さも口惜しさも醒めて  さを考えました  さで輝いて  さに私も随いて参りました  さもやううしろは町の透明な灯と楊や森まだらな草地がねむさを噴く  さで線路はよれて  さを青い神話としてまきちらしたけれども  さへるためにわたくしはいまこの夢のやうに縁辺をまばらに消やす豪華なアラベスクを削ってゐる  さへすればわづかな  さへてやらう  さが喪はれてゐた  さで押しつけている  さをして見せるので  さに一きれ切って  さりと肩まで垂らして  さの黒い頭をして  さまで切ってしまった  さの小板を十二本こしらえた  さもこわいのでえんり  さをも暑さをもしのぐ  さに分ける  さをするかもしれなかった  さはバルブレンのおっか  さと雨とで苦しめられながら  さでひどく弱っている  さもゆるむだろうと思った  さになるからな  さの中でうろつき回るよりは  さがあれにはなにより効く  さはいよいよひどくなった  さをもってかがやき始めた  さにできない  さで血の気のなくなった  サ食うものは一粒幾価と言い  さと哀しさとを知りました  さに病的な感じが濃くなっていた  さや汚ならし  さを知らせるには  さにボンヤリしていた  さが憂鬱をもってくる  さとうまさを何時までも忘れなかったと言った  さのつづく  さってったら  さの顔に見えた  さと小ささからくる  さが小蒔屋へ行く  さを従姉にむけて睨めつけた  さにおよぼしている  さの地所へ隅の方に焼け  さは充分に私を悦こばせ  さを厭うからでなく  さが直ちに思い出された  さではなく心は常に晴々としていた  さを持っていなかったのに  さは初秋の空白を示している  さは間違いもなくやってくる  さを太陽が落ちて  さを早く覚えさせたくはない  さと同時にその不思議な丈夫さに驚いている  さと退屈を感ぜしめた  さを感じさせられ  さにまで縮む  さによって心の動きもはっきりと放散出来る  さ小ささ等を発見して  さに惚込み  さを常に愛している  さの甚だ足りない  さとともに美しさを感じさせる  さ醜さというよりは  さをその言葉のうちに含んでいる  さを常に感じている  さにおいてはまったくくたびれるだけの  さは街灯によって増したけれども  さは徳川時代の暗さをそのままに備えていた  さを忘れ  さを増したかを見るに  さは殆ど二メートルと見えた  さから車道へはみ出した  さを呈した  さを嘆いて見た  さを放散する  さが現れず  さに馴れてしまったといっても  さに躍り上がる  さが許さない  さは丁度神戸東京間位と思う  さも人の云う  さに似ている  さがあるので  さを歎くより  さの肩掛けをかけたり  さがこみあげてくる  さが水のように忍び寄ってくる  さで四里下って  さが籠っている  さを増すと  さで眼も眩み  さに堪え切れずに  さが感じられて  さだけが眼に焼き付いて  さを気の毒にお思いになった  さは感じるが  さを断って  さも偲ばれる  さに閉じこめられてしまう  さりと包まれて  さと歸り支度をした  さと歸つて了はれた  さへ仍且尻から四番目だと言はれる  さ浅さによるは論をまたない  さを失なった  さを顔から払った  さがあったので  さと大きく揺れたかと思うと  さと違って  さもいちどに袂を払って  さと朝夕闘っている  さと帰り仕度をした  さへ猶且尻から四番目だと言はれる  さつしまゐ  さと山へ上つて行きました  さを拵らえて置いて  さとまでぶちわって  さにしずもり  さを形容した  さの杉の木立ちも残っていた  さに棄児をした  さを模索し始めた  さを避けてかれ  さを三百六十五倍すると  さしならぬこととなる  さがうそのやうに思はれた  さうな表惰で會釋をする  さういつてゐた  さまで砂嚢を積み立て  さに対して烏とよばれ  さに眩惑されて  さから負った  さと楽しさと得も云えぬ  さで平野を横切りながら  さにじっとしていられなくなった  さを守りつづける  さの中に奪いかえす  さに輝いてる  さの大きさにも亦様々のちがいがあると思われます  さの微妙な意味がひそめられている  さにうたれたり  さはそういうどちらかというと  さも雪なれば  さが着いては居りませぬか  さの消えないばかりか  さに念を押すと  さが加わってきた  さがわたしの年を取ったからだには  さにこごえて死んでしまうだろうと思うからだ  さははとの卵ぐらいあった  さまであろう  さと空腹で死にかけた  さで続いた  さを人一倍感じる  さと飢えのために死んでいたかもしれなかった  さまでまる一晩置かれた  さがほとんど全く認められていないからです  さがあるにもかかわらず  さを忘れました  さはあります  さに心を引かれます  さを美の最後と解してくださるでしょう  さを説いてくれている  さに準じて変えて  さとかが器にあり得るでしょうか  される時は来るでしょう  さを失ってしまいました  さは見えます  さに向って競い得る  さを越え得たでしょう  さのために作った  さもありません  さにおいていよいよ技巧への係わりがなくなってきます  さにおいて廻りつつある  さが説かれました  さを表してゐると見ても  さに堪へかねて  さのために彼の心中ひそかに圧迫せられる  さで死んだが  さとうそぶいた  さが横溢してゐる  さに気附かずに  さが籠る  さを思うた  さなどによつて  さばかりであるのに気がついた  さにどうすれば  さが着いてはおりませぬか  さというが  さの釣り場で試してみたが  さは切ないほどに募って行った  さであることは汽車の速力と比較すれば分かる  さうな役者の真似を演じたりした  さへ私の科白には従順の見  さで天へ消えてゆく  さを窓の外にきいて  さへ平気で享け流してゐるにも  さへ黄昏時になる  さへもが音無宿まで赴かぬと拝まれもせぬ  さへも気づきもされぬ  さを回想するなれば  さに遥かである思ひだけで  さへも忘却したかの  さはみじんもお客に見せず  さに呆然となると共に  さへゐたら  さへ不快でならぬ  さよりも寧ろ自然の醜さを目のあたりに見せるばかりだった  さの為にいつか自然を愛し出した  さに次第に彼の目を開かせた  さをまだ至る  さの為に彼を生んだ  さを恥じた  さよりも更に彼の憎んだ  さの潜んでいる  さをも発見した  さを教えなかった  さを伝えている  さを感じだした  さを理解しないで終るであろう  さとがある  さうな空模樣になつてきた  さにこそげとって  さでよく判る  さうもないものが時々ある  さよりも寧ろ自然の醜さを目のあたりに見せるばかりだつた  さを恥ぢた  さの潜んでゐる  さを伝へてゐる  さへ招いだ  さまで踏みに  さへ取扱ふべき  さというようなことも承  さが意識的な軽口に化けてしまつてゐる  さに溶く  さが描かれている  さを親船の舳のように仰いで  さを取って  さはさけ  さのあまり吹矢の首にとびつき  さに夢を破られて  さに眼が醒めていたらしい  さほども雪は踏み固められて  さがプウンと鼻を衝いて  さで一遍崩れ立った  さが身に徹えてきて  さとその戦慄に噎ぶのみ  さは泣くや  さちらぼひぬ  さは近づくは  さに地の歔欷ふけつつ  さに大ぞらながめ  さへ云ひます  さにジリジリして来たらしい  さというものがあった  さとのなかではあったが  さとして私に報いて来る  さは我々がすべての活動に追い求めている  さの知れぬ  さを心に浮かべた  さにまでひき上げる  さと闘いながら  さの原因となっている  さのみ怪しむべき  さにきめを  さを呈している  さを嘆かずにはゐられまい  さうして力強い痛みをズブリと感じた  さの空気ぬきがございます  さが一層加わるばかりであった  さも恥かし  さの程度は不明であるが海嘯を伴った  さにオドオドして  さで刈る  さを告げて  さに又責められる  さに油断して  さにふるえて  さが五臓六腑にしみわたって  さが私をまねいて  さがわからなかった  さに襲われて居た  さをいやすべく  さが現われて居る  さへ思ひ  さを比較した  さを見つけるまでは  さの似合わない  さを持ち合わせている  さが隠せでもするかの  さになったら  さによって咄嗟の間に見計らいを付ける  さの試掘願いだと云っても  さと深さを持っているかは  さはそこい  さはよく分つてゐる  さの池は第一日で三分の二ぐらゐ掘り下げられた  ささうな返事をした  さうな手紙ばかり送  さうな樣子に見えたと  さが隱せでもするかの  さりと揶揄はれた  さうな樣子をしてゐた  さよさらさらと握れば  さは感情の深さに比例し  さは認識の深さに比例する  さを尽している  さうな姿を羨しく見つめてゐた  さにのめり  さうですので御迷惑でも行つてみていた  さうだから駈けつけてくれといふ  さとがあり  さを訴たりする  さへ思はなければならなく思ふだらう  さりとかう  さを経験したに  さもなければ一行の実感すらもない架空の文章に憂身をやつし  さから救われるなら  さが溢れ  さもないもので女の横ッ面を殴りつけて  さに蒲団をぬけだすという  さにも拘らず  さで生きて光っているだけだ  さにふくれあがってもがいている  さに伊沢は逆上し  さだと言った  さだとは言わなかった  さは減じなかった  さは依然として減退しなかったので  さしこめられ  さのために激増した  さは呼吸困難を起させるくらい  さにその辺を駈けまわって見たい  さに失心した  さにたまらなくなる  ささうにまたその長い緒を巻きはじめました  さで思い出しました  さを押し退けました  さも目に浮かんで  さうな聲がする  さがつたたつた  さへ敢へてする  さにつまされて泣きだしたりした  さくらいのことはたしかにあったのに  さと調和して  さを汚す  さに一種の驚きに近い喜びをおぼえた  さの筒にまとめて  さに調子を合わせている  さが差し込んできた  さの中にいた  さを以て巍然として聳えてる  さがかうじて  さまでおじゃるわ  さはだんだんと脳を噛んで来る  さまでおじゃるのに  さが人に迫る  さのみ不思議とも思いませんでした  さが身に沁みます  さが一層こたえる  さが身にしみて来た  さはかかる  さまで珍重するに足らないだろうと  さいいつくされず  さが解るだろう  さが見え出した  さうした点に対するものぐさから出た  さりして居て  さうもない処に居た  さうした苦い経験を積まされてもゐたからである  さうな辺にある  さ浅さを表す  さうな暗示にはなる  さへ賞めてゐるのに  さうした翻訳を読まない  さが一尺ばかりだから男でもチョン髷に結て居る  さねて摘んだ  さに引され  さに引されしなり  さに堪えざれば  さずに一泊を乞いたるが夜明けて後ちも  サと落て  さよ勘平さんにはあらねども  さはなくなつてゐた  さが卑下される  さによく耐へて生きてゐた  さと荒んだ  さと変り  さに驚いてゐた  さうな水色の着物を着て  さを感じてもゐる  さに気づいてきた  ささうに話した  さを見せつけられる  さを観察してゐた  さでゐる  さに押しつぶしてし  さにもなつてゐた  さからいって  さかさまに落ちて行った  さかさまに落ちた  さに生えしげっている  さがこみあげる  さを十分に備えている  さがわかるといふ  さにさらされても  さを飛び上がって  さの緑を残す  さに眼が眩み  さを信じている  さにがたがた震えている  さに啼くという  さのあまり動いてみたまでで  さを押し隠して  さをくぎりくぎり  さを思い遣り乍ら室内のストーヴの火に暖を採り  さのために縮んで  さん夫婦の位牌を仏壇に祭り  さの箔が出来ていて  さを十分に備へてゐる  さほどの興味も与えまいから  さはたとえ  さは変らない  さをも懷し  さほどにせはしなく鳴きしきりはしない  さに蟋蟀もまた夜遊びに馴れた  さに勇気も百倍し  さがありましたが  さに澄んでくる  さい時に草角力に出るので拵えた  さを競う  さは子供心にもふかく肝に応えた  さうとする  さのうちにさへ  さのうちに醜さを見出す  さで息が止まり  さはまるで自分の體が地の涯から涯へつながる  さほどに影響を受けもしません  さは死ぬるばかりの  さへもう神経衰弱になつてゐる  さをよばれる  さへ脱離しえない  さうもないので朝の汽車に乗つたが  さを味はひえない  さで土に寝る  さもひとりかみしめて  さとを持つてゐる  さうもないので出かける  さとくるしさとを毎日感じる  さとわるさとを感ぜずにはゐられない  さと秋のおごそかとを持つ  さも観た  さで来て別れる  さを十分に味ふ  さが紛らされた  さとくるしさとを話しつ  さをのぼる  さが悩む悶えを聞いた  さが精神の安けさを妨げない  さで寝つかれなかつた  さよさを感じないではゐられない  さうな怕れに他ならなかつたが  さで引きあげて来るので  さを想はせるかの  さを音無の太十に見せたくない  さでメイ子が打ち狂うてゐる  さに毒気を抜かれて  さは持つてゐるよ  さがつてしまふし  さに溶けて  さのものを彫っていた  さできまる  さを何とも思わず  さに震えている  さと下駄のおもさとを考へる  さにもめげない  さを思ひ出さずにはゐられない  さに触れた  さを逃がす  さつを話して置きます  さつの中へ無論這入っておらぬ  さつから勢いとして生じた  さい位耳を離れず  さうな不平をこぼす  さうな時計の響が味もなくあつち  さに自分の身の暗さを感じ  さが胸一杯に滿ちてくる  さなり合つてちらばり  さに自ら笑ひが  さうな健康な呼吸よ沈默の聲よ幾多の人が集ひ  さを生む  さがつて逃げて行く  さが一杯涙とまじつて見える  さ充ち滿ちて溢れる  さをにまよはす  さに云い  さに対して剛柔の対比にもなるし  さが先きに立つて  さに向つてではありますし  さうな白樺のひよろひよろした  さが四丈八尺あった  さを見出さない  さえ明らかにしていられない  さをエンヂヨイし  さは書き  さを潮風にまかし  さと気高さとを兼ね持つてゐた  さはというと  さは前申した  さもおおよそ察せられましょう  さ寒さ盆暮には必ず挨拶にきてくれます  さいぜんの武士のやった  さに響きましたので  さは勝ち誇った  さに変っておりました  さに変っているので  さを嫌い  さに震えます  さが胸までこみ上げて来る  さは与八も気がつかずにはいられなかったので  さがいま知れた  さにこの団体に入ったくらいでしたから  さは全然取れていました  さと焦燥と矛盾した  さで歩いてゐた  さを装うた  さを更に感じたらし  さうな顔をし  さうもないので机の前に坐  さをほんとうに感じた  さが襲つて来るだらう  さう云つた隆造はハツと気附いたが  さを予感のように感じた  さをいっそう際立たせ  さをいっそう際立たせている  さが湧いて来ます  さにダラダラと落ちて行く  さが骨身に徹って  さ余っての憎さはまた鼠の方へ廻る  さが沁み込んで  さと卑しさとは仲のよい隣同士であることを体験した  さを超えてゐる  さも永久に見られない  さすらふ  さが身心にしみいるや  さうな歯がある  さといつしよに  さうで建たない  さよりも暑さに対して抵抗強いからでもあるが  さのためでもあらうが  さはうるさいにまさる  さは水を飲んだり  さを今更のやうに教へられた  さが好晴を保證してゐる  さをきく  さうであがらなかつた  さはよく解る  さも眠さも忘れて  さに蜂がゐる  さやいつかねむつてゐた  さを考へずにはゐられない  さがあたらしく身にしみる  さうなたべ  さ赤さのもつれてはゆれ  さうもない草のむしられても  さは植物にもこたえる  さで寝る  さをいた  さうでこない  さには日本的老心といつた  さは木が茂り  さへすました  さがすこし解つた  さへつくり  さを見直した  さは行乞してから  さは雀もきてあそぶ  さはないと信じてゐる  さや訪ねてくれるといふ  さはもぎ  さは山の奥からもらつてきた  さで埋められてゐる  さがつてきた  さがまだ残つてゐる  さを忘れてはならない  さは青栗もおちた  さとおごそかさとを持つてゐる  さはそこらあるけば  さがいまだに眼前をちらつく  さとわるさとを味解した  さうでふらない  さが全心全身にしみいる  さがほとこんがらか  さを恥ぢる  さは枯れてゐる  さがしみじみとわかる  さに眠れないので  さに加勢に頼まれて来ていた  さは急に増した  さから傍へ寄った  さをはかってみると  さが一メートルもある  さをはからせると  さまではかれる  さをますにつれて  さをはかったが  さをあざ笑う  さをはからせてくれ  さをはかっていた  さをはかっている  さでたれさがって  さと草のしげり  さまでをフィートではかり  さって行く  さと山の高さとをくらべると  さの方がまさっている  さまで見える  さがわいてくる  さがわかったので  さに走って  さからつき出す  さのまえには  さにはかぎりがある  ざなどを作る  さが擽られる  さを見せて来た  さをこの子から感じたかった  さで咲いている  さで擦り切ってしまった  さを感ぜざるを得ぬ  さとして居る  さに堪へません  さを恢復する  さりとしていつた  さにおよぶであろう  さを腕に感じながら  さを四十時間思い続けて来た  さの陰影に欠けるけれども  さが暗く漂っている  さがしみじみ感ぜられて  さの用意は相当にして来たけれど  さわいでいるばかりだ  さの方がこみあげて来た  さのものを入れ  さと酸の濃度からして  さに我と慄えてしまった  さを厭い  さも恐  さほどに我々を見縊り給うか  さに若い男の萎れた  さも旅行者に倦怠を覚えさせない  さが六哩近くもある  さもなかなかある  さつぱり譯の分らぬ  さつぱり分らない  さに危なく悲鳴をあげる  さを愛するが  さよりも苦しさを感じ  さに古いレエン・コオトをひっかけていた  さがジリジリと倍加して行く  さがわからない  さが二丈もあるか  さを感じてくる  さになってゆく  さが込み上げて来ます  さも清々しさも無残に塗りつぶされた  さでこの太った  さに笑いを禁じ得なかったが  さなら時候の挨拶やし  さともとの道を引き返して  さとこのカツフエを後ろにして  さに古いレエン・コオトをひつかけてゐた  さをあらはす  さによる  さうですけれどもなんといい風でせう  さが骨髄に沁みる  さにはお園の少さき胸に何を感ぜしか  さや暗さやどうどつしやろ紫の空のいろ  さで美しい紅色をした  サ酷く擽った  さもかなりあって  さが想像できるだろう  さへたシャツを着たり  さを追想する  さに育った  さを満喫する  さはちょっと言い  さに堪へざれども  さに前後忘却したればなり  さは希望のそれに似ている  さを湛えてはいないだろうか  さが一際目立つ  さの長いのは一尺七寸もあったとある  さに引かれて  さをモティフとした  さはそういうところにある  さというものを生かしている  さを日本妖怪の作者は掴んでいる  さの実想より先に見えるからだが  さが違い過ぎると云って笑った  さに三十センチの処まで持って来て  さがぼんやり分かる  さのおおよその概念が確定する  さとが渾然と融和した  さに噴き上げている  さへ懷かし  さにゐた  さへ懷かしい  さうして私は湯に浴つて散歩の輕い  さを胸一つにおさめて  さうな友人がちよつと頭に浮ばない  さうな様子をするの  さが身に沁みる  さんせ  さに触れんとならば  さに堪え  さがお玉の胸を突いて  さを噛み殺さずにはいられませんでした  さへあつたにかかはらず  ささうに呟いた  さを募らせるばかりだつた  さへ感じられた  さうな返事をしたが  さへ思はれ出した  さの中に見つけた  さがほや晝は鎖おろす  さへあるを  さで自分の部屋へ入っていった  さをもって渋りながら  さに全然無頓着だつたとすれば  さも殆ど半ばしかのみこめぬであらう  さに溢れてゐる  さと耳に訴へる  さやすぐに野松の枝のなり夕顔や酔て顔出す  さの芭蕉の発句に現れない  さにも鋭い感受性を震はせてゐた  さはと石の塵を吹くという  さの象徴は感覚として活きている  さと現代の寂寥の質の違う  さに襲はれて  さを沈めており  さは案じるな  さをおおう  さが灯を霞める  さを覚えずにいられない  さが気づかれる  さが人の口端にのぼりだすと  さで走った  さしずにある  さに耐えつつ  さしずを伺う  さと野性を平和な日に持て余して  さともいえる  さを紛せている  さと野性の奔放がある  さも知らる  さは言に尽し  さに清書し  さにしかならず  さには敵わないとあった  さは二十八丁あって  さで歩いて行かれる  さのあまりにお君はこう言って訴えました  さが増してきました  さをおれの身体で埋めようという  さがし下されまする  さが湧いて来ない  さと凄さとを見せている  さが物語られているし  さにぼかされて  さがって逃げたと思わせておいて  さを感じたらしい  さを味わいます  さと暗さとのハッキリした  さに捉えられたり  さを保っているばかりであった  さを聞いたが  さうとして練習に余念のないドリアンの姿を見うけてゐた  さに就て書く  さを与えて居た  さに息もつきかねる  さを感じずには居られない  さしています  さに声はふるえています  さに何も忘れたとは云いながら  さとその筆の動とに思をうばわれて居ました  さがみちみちてあの様な立派な詩人をもって居る  さを包んだ  さして涙にうるんで居た  さした頬は白い歯を出して  さは底入れとなれ  さに接して居るべきであったという  さで一杯にした  さを聞いて  さで心地足を引ずる  さにみたされた  さから一枚なり一枚なり読む  さするものとすれば  さで悩まされました  さほどでもないことを嫉ましく思ったり  さにいちいち感心してしまう  さに舌を鳴らして  さは優にあり  さを見て  さかさまに階段をころげ落ちる  さの涙が夜更けの逢う  さ恋しさが一そうつのる  さのあまり赤くなったり  さがこれに数倍している  さを覚えし  さを暴露した  さに愛想が尽きる  さにとらわれる  さを持っているに  さがひしひしと俺に迫ってきた  さがって行ってみます  さならタカが知れている  さを自ら物語っている  さは彼から失われるだろう  さがして見る  さとつらさに泣き  さとつらさを忘れて行く  さかさまに落ちて死ぬ  さにまで引きあげ得る  さに対して悪意を持つ  さと低さを痛感し  さと言う  さという問題がある  さの中に現われている  さを知らな過ぎます  さに不感症であり過ぎます  さにまでお前自身を低くしている  さでは人間像は浮び上って来ない  さについて言うが  さが生まれて来る  さに立って  さの平面に立っている  さを引起している  さと完全さを破壊される  さにまで鍛えられた  さの平面で自然にフルに自分を展開する  さで生きていたとは信じられない  さがあるだろうし  さで垂れた  さが漲っていた  さがひとしおとは察せられますが  さに駆りたてられて  さと同じ思いになる  さがながれ  さに堪えて下さい  さまあなたの涙を再び見ずにすむ  さの来る  さを見せつけて  さを怺えて  さにも向ひ  さに胆を冷し  さを抱えてみました  さの心が湧いて来る  さは恰度彼の乳あたりに及ぶ  さでゆるやかに曲りながら  さうした日が続いた  さを私達はよく顧みてゆくべきだと  さを顔中にあふれさせてゐました  さへとめ  さをもってうちひらけ  さを考へてゐる  さが怖ろしく  さや好人物の一面を知つてゐた  さに襟元をつかまれて  さに堪え切れなくな  さうだから大急ぎで仕度をして  さり悶絶し  さへきれずにゐた  さと呼ばれる  さへ学校へ顔出しを憎む  さのあまり思はず  さのあまり身体の自由がきかなくな  さの思いで物につかれた  さをこちらから想像すれば  さでいっぱいになりました  さかひもつきかねる  さの流される  さを認めました  さに近づく  さをゆり動かされる  さは荒れてゐる  さへたものであらうと  さに首を縮めている  さに今日も寄った  さを増していった  さで飛びだしてくる  さにはぐずぐずしていると  さと嬉しさとが肚の底からこみあげて来る  さも永くは続かなかった  さで気が狂うという  さのあまり気狂いのようになって  さからとはいえ  さから自分の手で死を撰ぼうと  さが腹の底からこみあげてくる  さがうごいた  さを始めた  さの上に悲しい驚きに打ちひしがれて  さにあきれたが  さだというところも買っている  さがあるだけだった  さを抱かせられて  さを怺えていた  さで与えた  さをするし  さはさせじと  さを取らせて  さを叱る  さに燃え  さとはちがう  さも底が知れなかった  さに見とれていてはならぬ  さから出ている  さを解脱する  さを咎めつつも  さに顔が痙攣するかと思うほど  さに身体がふるえていた  さであれだけの不正を働く  さに益々敬服の念をかため  さで警官たちの方へ進んできたが  さによって幾つかの階級があり  さにみちみちている  さにかこまれた  さに眩惑された  さに敬服し  さで宙を歩んでいる  さに包まれて  さに堪えられないで  さのみ浮き立ちません  さから返事ができないで帰った  さで揉み合いました  さを耐えている  さな音を聞いていました  さで手先がふるえて  さけ見れば  さの感覚にも欠けているべく見受けられます  さがしました  さほどには心配しておらぬ  さでもあり頼もしさでもあります  さに見とれ  さで小手を後にまわしたと思うと  さ苦しさを察してもらいたい  さが秘められていると思えば  さに堪えるべきではないかという  さにひきこまれて  さでもあった  さにたよる  さするようにあたりの地形を眺めまわしていた  さは思いやられる  さと共にすさまじくなって来る  さを語っている  さを仰ぎたい  さを競っていた  さを味わった  さは兵站部の強さにある  さに舂いた  さしならぬ反逆の塊りとしてそこに転っていた  さもあろうと思いやっていた  さと吹きすぎる  さにうちひしがれ  さに耐えてうなる  さしならぬ堅さに締っていた  さの刺激はじっとしていられない  さの感ぜられぬ  さに思わず惹きこまれた  さが燃え立つ  さとは云え  さと歩き  さでめまぐるしいほど揺らめいていた  さに焦立つ  さがった粗朶を草鞋ばきの  さに映していた  さががくがくと咽喉につかえた  さが胸一ぱいになる  さこそと思われますのう  さには乗りこえねばなるまいが  さを見あげ  さは一日ごとに強くなっていた  さと見た  さに泣く  さはうすれた  さを見送る  さがぞく  さと肌寒さを防いだ  さでさえあった  さが煮えくりかえっていた  さがはっきりした  さでそれだけ密度をたかめていた  さを掻き立てる  さに耐えきれない  さと平かさとがそこを川と判断させるに過ぎない  ざの模様がちらッと見えた  ささうなのを一つ取  さを憎む  さな膝に詰め寄つたが  さな胸は考へ始めた  さがお伊勢參りする  さな座敷を覗く  さうな顏とから推し測つて  さに足が來てゐる  さから下方は淡緑色に蔽われて  さのうちに一脈滑稽じみた  さやぐ音をたてている  さの入りまじった  さに狂い立っている  さに虚空をつかんだ  さに狂った  さはこみあげてくる  さに盲いて  さは何にたとえ  さをくわえて  さは二メートルはある  さを回復し  さから考えると  さがます  さは疊三枚ぐらいもあり  さを知らないから  さがはしる  さと強い湿気にあえぎだし  さに夢中になっている  さがしのぎ  さりと落ちて来た  さの半分もとどかなかった  さに口を開いている  さを見せつけられた  さが残っている  さも浮かべず  さも手伝った  さかさまにたたきつけられた  さが凝りついていた  さを自分の悲しさとして自ら罪を分ち着ようとするに至った  さしならぬ凶事の跫音が不気味になりつづいている  さ物凄さに一同は身の毛がよだち  さに鋭くゆがんだ  さにちかい黒コゲとなって  さを能登守とお君とに濺ぐように出来ておりました  さがいよいよ骨身に食い入って行く  さに身をふるわすと  さも火のようであることを知ったのみです  さな綺麗な二ツの蝶が出ました  さのみ退屈にも感じませぬ  さが烈しいと言わなければならぬ  さに一目だけでも拝顔して重なる  さに身動きができなくなってしまった  さが六尺の厚い板戸によって仕切られている  さが彼女らの背中を水が走る  さがずいぶんちがっていて  さた呆れ果てたとはいえ  さのマンナカに殺されているという  さの中央で後向きに突き殺されているし  さを省みて  さは門弟一同に共通した  さにも驚いたし  さにも目をうばわれたが  さはどうにもならない  さもありぬべきキラビヤカな立居振舞を見ては  さに曇ってもいた  さによって却ってゆがめられている  さで立ち去る  さを味わないで済んでしまった  さに堪えかね  さがにじみ出て居りました  さを主張している  さで書かれて居る  さを感じてならない  さを感じたくらいで  さこそと思いますが  さしたと思われるくらいです  さに散歩と出掛けたので  さを貪らうとは思はないからな  さを嘲る  さに絶叫したけれど  さが静まった  さがよほど徹えると見えて  さもまた三十三尋ある  さは十七間ある  さが一間の余もあるが  さを深く脳裏に彫りつけた  さをまぎらかした  さをまぎらわし得た  さきながら言った  さは雪よりも滋くて  さがッてるよ  さに涙を流した  さも長さも思いやられます  さ寒さには痛むという  さも長さも思ひやられます  さ寒さには痛むといふ  さしならず身に沁みる  さであると言われております  さが身にしみてか  さが彼の身内にブツブツたぎっている  さもないと不忠不義の輩に欺されて  さで一パイになって来た  さが身にしみたのよ  さを想像して  さでオタチアイをガクゼンとさせた  さも比較にならなかった  さが人相にうかがわれる  さのあまりに叱る  さに身を震わせました  さに堪えられないほどの  さは二十間で幅は四間になる  さへ見すてなければならなかつた  さと家の方へ一人で立ち去  さが何となく滑稽な愛嬌のある  さや故郷の山河が何年かの放浪生活のうちで疲れ  さうしとかう  さの色は消えなかつた  さうな水の上を渡つてゐる  さうな水の色はさつきと同じやうに彼の眼の前で光つてゐた  さと上手に歩いて  さと或る物悲しさとが入りまじ  さうな足をひつこめただけで  さで茂みの間に現れ  さを消してしまふ  さは厚ぽつたい  さが満ちあふれてゐた  さを際立たせようとするかの  さで突立つてゐる  さと行つてしまふので  さへ思ひこんでゐた  さと云つた風なものがあり  さを悔んでゐた  さうな恰好で岩の上に腹ばひになる  さうもないと知ると  さで流れてゐた  さのために片手で入口の柱をつかまへ  さへ見えて来た  さの上り店の間に控へてゐた  さにわたつてどつ  さでゆらゆらし  さはなくなつてゐるが  さを明かに裏切  さを感じてゐるらし  さをおよそ知る  さが自分から失はれてゆく  さの岩がによつ  さでそつとのぞきながら通ると  さといつた  さで登つて来る  さの感覚に捕へられた  さと羞みとのまざり  さが現れた  さを保つてゐた  さを残してゐた  さは又ぶり返して  さのために不機嫌さうな顔になりながら  さが正文を不安がらせた  さと一種の潔癖さが現れてゐた  さのために鼻の頭に汗粒を浮かべて  さより何よりこた  さで押しよせた  さがどつかへふつ飛んでしまふので  さだといふ  さに瞬時に変りかねない  さがぶり返し  さも何かの間違ひ  さといふ中に押しこんでしまひ  さのぶり返しを思はせる蒸し蒸しした  さと飯をかきこんで  さと複雑さがそこに動いてゐた  さのすつかりとれ切  さを思ひ出し  さり片づけられてし  さを思ひ出したらしく  さで噎せるほどだつた  さを持つて  さで腕にさ  さに変つてゐた  さが黙り返  さが行きわたり  さが感じられたにか  さがなくてはならぬ  さを訴えなければならぬという  さを自覚させられて  さとは違って  さこそと心が決まりましたので  さまでとも気づかぬ  さをも増すばかりな  さにふと引かれたに  さしずによらねばと  さを増している  さにも慄えて  さをおび  さなどはもうないといわれていたが  さうもない解決で安心してゐてい  さうな挨拶を交換した  さと鞄を運び入れた  さと恐ろしさに包まれて  さうした位置をとるや  さ寒さの挨拶を述べた  さであったことを今でも身にしみて覚えている  さも大人ぶって  さぬ件も光俊の品位を保ちて  さにうんざりしてゐる  さも持たなかつた  さに時々気づく  さを呪文のやうに覚えてゐる  さを知つてゐる  さで破れない  さは全く今と変らない  さは生れた  さを一生の心棒にして  さで子供とすぐ結びついてしまふからで  さがなかつたんだと思はれる  さが嫌ひであり  さを思ふ  さに憑かれてゐたが  さに察せられる  さを私自身の姿だと思つてゐた  さの首なるが  さにて円テーブルの如き  さを追い始めた  さで水を撒くと見えて  さを追ったものの  さうな声を出す  さうしていた  さはお米のことが心配になります  さを僕は愛する  さへも馬鹿にされて叱られます  さへ出来ません  さを見せてくれます  さへその意気地なしに対してさへ腹を立てる  さに堪えられません  さを描いたり  さで見下ろしながら  さがらせておいて  さなどを訴えた  さをわびる  さの本領がある  さをうちこわす  さが一丈二尺あって  さに五体が慄えました  さのみ貧しいというわけではありません  さと一緒にこみ上げてきました  さを加えている  さが影身にまで泌みつく  さだと思ふ  さや馬鹿さ加減が分らなければ  さを眺めてゐた  さにつもつても  さが彼を卑しくしてゐた  さは女にだけは良く分り  さを嫌つてゐた  さは不潔といふ意味が同時にこもつた  さは私の情慾をかきたてた  さを私は蔑んでゐた  さに戻つた  さをアキに見せつけてやりたい  さを更に虚しく噛みつ  さに寒々とする  ささうに寢て了ふ  さとを忘れた  さうな海員の生活を想像した  さのみ立入って知りたいというほどでもありません  さと言いねえな  さと言おうか  さのみ人の耳を喜ばすべき  さがつて来ると  さを示すに役立つてゐた  さとその傍を通り過ぎようとすると  さにも呆れてゐたが  さりこの役目を引受けて下さい  さと奥へ引つ込んでしまつた  さうなお説教がはじまつた  さへてみてゐると  さと若さに値する  さも肌にこたへ  さうな女にみえて  さへるもんなんかありやしないわ  さに心を惹かれ  さましてゐる  さと奥へ引つこんで  さにあとはだまって  さが人間鏡花として掬めども尽きぬ  さだと申す  サ最う斯うぼくが割れたら  さうな岩野泡鳴氏の論文なる  さを少しも顔に現わさないで  さの小ぢんまりとした  さに歯ぎしりをしながら  さに細君に話しかけた  さと降りた  さを隠す  さに醜く脹れ上っていた  さに私は女中の貞に挑みか  さは森々として身に染みる  さ程問題にされていなかったと云う  さで上気した  さを計り  さを量らんとするが如き  さい時から安来節はよく耳にしたし  さと豊かさとはもつともよく現れる  さが身を噛む  さは存じていますが  さにいじけてしまう  さに変るから  さにはかなわない  さはらの上のほうに這い出して  さを嫌って  さともいえよう  さなどについてより多くさまざまに思い描く  さと称される  さからはぬけた  さとして求めている  さから生れる  さのさと熊笹の奥から現れたれば  さへおどろと鳴り  さに圧し  さを良く考えて  さのほうがさきにたって  さに息をころしていたが  さに凍てたか  さうもないことだと思へる  さにこそあンなれと用意す  さのほど言い  さの中にあった  さに耐えなかった  さがしでございますの  さも察しられている  さをおもわせる  さにも自分で泣かれた  さまでにおぼし召したまわるとは  さと畏れに  さなど忘れている  さには耐えても  さは想像が出来る  さの内容をもっと豊富にし得たであろう  さを今日もおぼ  さに真剣になりて  さよあはれこのごとく物を言はまし剽軽の性なりし  さけものめく  さあり息ふかく吸ふつかれたる  さかな友よさは乞食の卑しさ厭ふ  さ叱られて  さよしばしは若きこころもて見る  さとかなしさを知りし  さよふるさとに来て泣くは  さにふるさとの空遠みかも高き屋にひとりのぼりて  さへ日記に残れり  さよ夜もい寝がてに  さを数へみて  さかひに  さよ泣くが  さに飽きたりといひし  さかな水蒸気列車の窓に花のごと凍てしを染むる  さなりきうたふ  さかな死にたくはないかと  さに踏めば  さのみを吸ふごとき  さを物書く  さわかれ来て  さも長くわすれぬ  さあり春の霙降る  さひとしきり静かになれる  さかなよく怒る  さよゆふ  さの中をよぎれる  さよわが児のからだ冷えてゆけども  さが肌に感じられる  さの十分の一でも想像する  さからくる  さが分りながら  さで枝振りが悪くなるからと  さへ非常な慰藉ぢやありませんか  さになさる  さほどに落ちた  さを感ぜずにはおられません  さを喜ばない  さのみ感謝の意を表しているとも思われないからです  さが身に沁みると  さのみ大きな滝とは見えないが  さんせの  さへ帯びて  さにしばしわななく  さを誰か知ら  さが堪らなかった  さはやはり排斥せねばならぬ  さを証明するに役立つだけだ  さへぎるもののない平地を走  さにふるへ  さへるやうにいつた  さのうちにふしぎな統一を見出してゐる  さへるやうな仕ぐさをし  さにおいてその三年間は杉村の過去二十年の全經驗を越ゆるもので  さといふものはどうであらう  さといきどほりとが一緒になつて胸をつきあげて  さで彼の心を占めてゐる  さに釣り込まれて  さを聞くと  さが包みきれない  さんして  さのみ恨みの残るべき  さに息をはずませておりながら  さほどにいうなら聞いてやろう  さも大事そうに両の手に目笊を抱えながら  さをしめし  さほどに申すなら  さで峠をのぼりつめる  さに忍び入った  さも打ち忘れて  さまでには行き届きません  さに痺れて  さが見えなかった  さを追いはじめた  さだけがある  さにも気がついた  さを見ての  さなど見せて  さで交換するという  さで煌々と輝きわたった  さが多くかかれ  さを見向きもせず  さとが一所になった  さに一同が居たたまれずに逃げ出すと  さから文字の恰好まで間違いないように懐紙に写し取った  さにこの世を儚なみ思い詰めて  さを無視してかかり  さと申しますか  さが問題になって来た  さは何程あるかと訊かれましたから  さ心安さを大切にせねばならぬと思う  さになるであろう  さが目立ち  さ懐しさを覚えた  さが身にしみました  さは今の東京人にはもう想像も出来ますまい  さをしみじみと思う  さをもって思い出される  さと嬉しさで胸がいっぱいになり  さを一軒一軒お詑びして歩いた  さにふるえ  さを感じるでしょう  さに涙が溢れて来る  さに燃ゆる  さのみ怪しむ  さえ致せば  さにうっとりとする  さが一時にとれてしまったので  さのみ私をお咎めにもなりませんのでございます  さのみ怖れは致しません  さいてやりたいという  さいてやりたいほど  さはそれとはまた違う  さまなれば  さまなんとなくものすごきように感ぜ  さにあらずして  さの穴になつている  さも頭がつかえる  さはこれでもわかるし  さが一方の方へグッと傾いている  さの事を手を振つたりして話しながら  さが生み出した  さになるが  さと來たらおどろきました  さと言つたような事が僕に少しわかつた  さが行き  さされたの  さもあるけれど  ささえもみくしゃにされている  さを衣服の赤勝ちな色でだけ示している  さを裏がえしに現していると思う  さとばかり鑑賞していては  さにつれて女というものへの何か動物的な偏見の心理が感じられる  さを身につける  さでやってゆけ  さが在る  ささうなやりて  さを輝かしてゐた  さに眼をさました  さに恍惚としてわたくしたちはしばしば立ち止まつた  さを想像しては  さが涙ぐましいほどに胸を突いた  さに涙ぐまずにはをられなかつた  さくしたやうな竹の楽器を見た  さを抱く  さを満喫しております  さをしみじみと心の底まで味わった  さに見えるけれど  さになやみながら  さを見ていった  さに切ったり  さに截断し  さをしている  さにあき  さに感じられてくる  さしずを下したまわりたく  さを抱いて帰った  さをほこり  さに思いいたると  さが廉子のうしろにある  さをましている  さを振り向いて  さをしめされた  さに呆れて帰った  さも食べた  さから考えたって  さを感ぜしめるは  さかッた時のように今もなお抱いたり  さにほとんど夢中となり  さの余り手を叩きたいほどで  さが手の筋へ染み渡  さと一しょに嬉しさも身に染み渡  さが消えぬ  さにすぎなかったし  さますことができた  さに気づいていながら  さりと倒れて  さいろんなことを見せつけられた  さましてくれた  サもさびしそうにまた陰気らしゅう住んでいたが  さのあるか  さを摸ねる  さを此家に感じる  さには尚更幾つものButを続けた  さわいでいる  さとなります  さのみ毒になるまいと  さのみ世をはばかる  さは一丈にも二丈にも及ぶ  さのみ悲しむ  さのみ苦には致しません  さと静けさとを持っています  さはさて置き  さのみ憤りた  さに見え  さを増大し  さをひしひしと感じて  さに悩まされた  さが訪れる  さに顫える  さが再び襲って来た  さにやったという  ざアッと始めから話しておきましょう  さが忘られて来る  さは五六寸あって  さをぶらりと唇の上にぶら下げているではないか  さにぬける  さをこらえていたが  さもめっきり加わったので  さを恐れてはならない  さに気づいた  さが揺り起す  さうな眼つきでのぞき込んだ  さに圧されるので  さを辛うじて隠し得た  さで味方面して  さには泣かされた  さに誘はれたりした  さに大きな傷を負っていた  さへ額に手はあげぬ  さのみ賤しき勤めとも思はねば  さに驚かない  さうかも知れ無い  さへ感じられます  さに驚き  さかひは  さに笑へば玉枝の君もうちほほゑむ  さがしなさいよ  さにならんでる  さで明るく透けてゐる  さと暑さの混り合つたやうな重苦しい感じがそこに淀んでゐる  さだとしか思へなかつた  さにともない  さで駕籠舁きども  さがござる  さも不器用に案内を乞うた  さも驚いたという  さには勝てなかった  さに見ている  さは感じたが  さにニタニタ笑った  さが手足の大さと同じになつてゐます  さが室の内を照らし出すと  さへ殆んど母親らしい愛情を有つて居るとは思へぬ  さを十月革命によって示した  さが手足の大さと同じになっています  さは半ば失せ去る  さに腐る  さい噂を聞いた  さはパリーなどを思わせる  さを消耗している  さを増し行かんとす  さが前に立つた  さは直らないかと思うと  さへおもほ  さにあらじ  さをも感じるらしい  さに似ていた  さに達して  さに見えるらしかった  さは拭いきれない  さは白い弧を描いており  さによく守時は耐えてくれた  さともつかない  さといっては  さはようわかる  さが解らなければ  さがうすらぎ  さが変り  さは五割も長くなり  さが六十フィート余と云えば  さを航した  さに吊した  さに埋められた  さや生長期の長短あるいは病にかかり  さに茹って昼寝でもしている  さ嬉しさを味いつつ食べ始める  さで今更他人の台所を這いずる  さのなかに陥らしめない  さがありはせぬかと  さを一面的に強調してゐるけれども  さを回想しているかの  さを聴く  さはその綿々とした  さのため物憂げに黙っていた  さをたたえているかの  さのために顔を染めてはいたものの  さを明るさに感覚しようと  さに揺れる  さが憶い出される  さと空腹とに壓されて  さを堪へながら  さに舌打ちした  さと寂しさを意識して  さとみじめさを感じて呟いた  さが加はつて來てゾクゾク毛穴がそば立つ  さかさまに落ちました  さかさまに落ちこんでゐました  さもなく極めて自然に右手でナイフを使っていた  さうだと思ひながらも  さうな声を出した  さん見た  さう信じてし  さのあまり自分の姉さんまでも殺してしまいはしないかと  さを思っても  さが足りない  さの炎を交じえて  さは踊りを踊る  さとして振りまはせば  さが出来た  さによろめき  さばかりにあらわれていない  さを高価なグラビア版にうつしたり  さは無意識のうちにこんに  さを示してもいる  さに感動しうる  さもなくとも誰でも一寸気になる  さとあらかた一致する  さが違って行く  さを失って  さに思わず一膝進めたくなる  さに紛れていた  さと恰好に加減して行く  さは世界最初のレコードを見せておりました  さしか感じていない  さなぞもありましょう  さを示しているか  さと空虚さを使いわけて  さや子の可愛さなぞいう  さもあれば  さもあります  さもあるべき  さに就いてのみ  さと人間へ進化して来た  さやお墓の高さなぞに取り付いて行こうとする  さのけはひをうけて  さり掴んだ  さり片付けた  さりしてゐて  さに充たされた  さの人間でないのが気になる  さを示すという  さを旋廻して見せる  さのみ無理ではありません  さとへ帰って  さを見せられていたのに  さわりない他人ばかり残っているという  さのみ気にはかかりません  さに堪えられませんでした  さのみ感心した  さに出来ていて  さも風も苦にはなりませんわい  さがおわかりですか  さとも違いましょう  さに一両の金を出しますと  さをふくめて喋った  さが何であるか発見した  さを発見し  さの絵をかいても  さがあるから生きている  さと哀愁をふくんで  さは決められないわよ  さが極点に達すると  さがいやらしくて堪らなくな  さをジッと見ると  さのせゐで  さにいちづに酔つて堅くなつてゐた  さを表はさずに  さ妖しさの花火には酔へる  さに激動した  さへさせた  さをごまかそうとする  さが明白になって来るばかりであったが  さや憐むべき  さと混同される  さに外ならない  さは自然科学が一つの歴史的存在である限りの歴史肯定の契機から由来した  さにまで組織する  さにまで組織化される  さでとほす  さを嘆じはじめる  さう云った  さは如何にしても得  さへ人間にも美女ありと聞くに  さに眠っている  さ約二十センチメートルの円筒形に丸めた  さがそろわなくて  さだけでなくて花萼から葉から茎までが言葉では言えない  さの中にはおそらく自分の子供の時分のこうした体験の追憶が無意識に活動していた  さをこらふる  さを感じましたわね  さも語りたいに  さ知りて麥笛を霞の丘に鳴らせども  さもあれ  さとではどんな女にも断じてひけをとらない  さをおぼえるまで考えた  さを最も神聖な相手にも移植してしまい  さを無限に増してゆきました  さなギリシャ型の頭を可愛いくて堪らぬと云った  さが堪えた  さな髑髏の印のついた  さは閉めた  さに堪へぬ  さと木葉の緑を眺めながら  さに草苺や桜の実を貪つた  さに堪兼ね  さにつながっていた  さをひめた  さでうす明かりの中にうかぶ  さがいとるのけ  さで残っていた  さで殘つてゐた  さがこれであらう  さを思ひは  さを誤魔化してゐる  さの分らない  さに吹き寄せられた  さで身動きも懶い気持になるので  さに堪えられないと云った  さに両の目から涙が流れ出たほどであった  さのために顔を真赤にして  さを軽くしようなどとは  さが加って来た  さとが殖えるばかりじゃありませんか  さは云うほどの  さも不思議そうに籠の下の男を眺めている  さを押しのける  サと狼狽した  さまでしたが  ささえたりして  さは言い  さを知ってない  さをほしいままにした  さもあったであろうが  さもなくば攻めるに攻め飽き  さに手い  さに加え  さもしのばれる  さかッている  さが襲いかかり  さと煙に蒸されながら  さもいとど澄明なものに見えて  さを一人樂しむ  さを信じようとしながらも  さや引け目を感じる  さうして切れた  さや醜さに罰を与へる  さを信じる  さを感じたと  さうした解釈をしてみた  さや悩ましさを一寸たりとも上げも貶しもできない  さや悩ましさを生きたまでだ  さと信じこんでゐた  さとつて行つたやうに思はれる  さも全く失はれた  さをくどくどと述べて  さへ役立てられてゐたらしい  さが早くも見てとられた  さうな顔を上げて  さの崩れた  さを認めずにはゐまいと思ふ  さを見てゐた  さのさせる  さが次第に何か他のものによつて取  さ遊ぶに来る来ると思ってだら  さに足袋さえ入れてやる  さぬやうにしてゐる  さがたち  さすら感じさせるので  さは堪へ  さが残つてゐる  さが生れたせゐだ  さに驚いたが  さを感じられる  さりと断たれると  さも知らず  さを知るだけだつた  さはオコノミ焼の娘も遠く及びはしないであらう  さを自覚してはゐない  さを悟つた  さしならぬアイクチを突きつけながら  さを納得させられただけの  さや薄汚さを気にもかけずにゐられる  さを我身の切なさの如くに考へる  さの底で見る  さとあまりの軽さに拍子抜けがして  さを女の児が愛していた  さがまた一段と加わってきた  さを楽しもうとする  さにけずった  さを加え算すれば  さをじんと胸にひびかせて  さが短くてお尻が出ているという  さの消えて行く  さにはしを切りそろえ  さから見ても  さに凍っても  さをまぎらし得るという  さはメロンほどもあって  さや形がかんがえ出され  さをもっています  さでそこから足をひきぬきました  さを感じずにはいられなくなりました  さでやっと我を支えている  さはやや欠け  さで寡婦となった  さを風土的にぬいた  さが流れてきた  さに絶望したと  さが隠されてでもゐる  さも忘れてしまいました  さはやかな調子で先をつづけた  さうだと期待した  さが人を圧迫する  さについてはもう到底思い出す  さを彼が為に増すを覚えた  さに紛らして  さかひ  さうな顔をせずに  さを悲しんでゐた  さに当惑した  さをぼかす  さの墓から掘り出されて  さをも想像する  さの公平は時に無視しても  さも格別だったから早く締りをして  さから櫛をやったりして  さが首筋を撫でた  さの半分以上はなくなる  さだけについて測定して  さも手伝ったであろうが  さといくらも違わない  さとを深くするに過ぎません  さに力抜けがしてしまいました  さがわかるじゃございませんか  さに限りがある  さに槍を抱えて  さの極みとしているらしい  さが身にしみると  さを一里坪にして  さに堪らなくなって  さに腹も立たないで  さに立ちとどまって  さのみ悲しいとも思ってはおりません  さのみ嬉しいとは存じません  さしするような工合にして  さのきれいな野ばらの垣根を見ました  さは十二間はたしかにあったでしょう  さと輝きとをより  さに堪え得る  さというものが今更のように考えられる  さは気に入らなかったと見え  さに目を留め  さを覚ゆるので  さに震へてゐるといふ  さの不興に駆られてゐる  さうな点頭きを示すではないか  さに巻き込まれて  さというほどでも  さというような顔を郁治はして見せた  さも熟達している  さにたえぬ  さとわびしさとを痛切に感じた  さは日に日に加わった  さをひしと覚えた  さを思って  さも疲れた  さで網で雑魚をすくっている  さも心配にたえぬ  さを覚えてくるほど  さに酔う  さを持ちつづけて帰った  さと鬱のやり  さがって行く  さしずをうかがっておりますれば  さは前の高時にもなりかねんな  さなどは思う  さとその見識が噛みわけていない  さを見ている  さにござりまする  さから察して  さもこの冬はじめてといって  さに眠りもえず  さしず如何あるか  さいあって  さに交って  さにあらねば  さがあまり自然に感じられたので  さえもう覚束なく思える  さはおみちの平凡なあどけなさとは違った  さを含めている  さに恐れを感じた  さから恋を覚え始めたのよ  さに圧された  さに復讐した  さに整い過ぎている  さの雫が滴っていた  さがそうさせる  さを頭から叩き伏せる  さのあった  さを一層強く示嗾して  さにあとを蹤けて入った  さへ想はれる  さもまた知恵も備えた  さをしみじみ秘めた  さに堪えられなかったと  さを憤ろしく思う  さりとこれを扱つてゐる  さへやれば  ささうに裝ふのに  さに輝いて居た  さが得られるか知れないと  さとはかなさとを續いて思はせる  さに堪えられないからであろう  さを示して居る  さを呼吸していた  さでもあれば  さの上から不安らしい篤介を見下していた  さを添えた  さにまけ  さ臭さ苦しさは今でも記憶している  さに等差があったが  さを今もよく覚えている  さに水に這入る  さほど酔わなかった  さよ蛙の背野の梅や折らんとすれば  さかな涼しさや月に経よむ  さるるものとを感じて  さに至つたものに出  さは五百匁から一貫匁ぐらいまでを上々とする  さうな處女の表情をしてゐる  さうした会話の中に若い美しい細君を発見せずにはゐられなかつた  さは一寸他の作家達には発見出来ない  さに暫らく茫然として居ると  さまであり  さがしいたしましたが  さでその顔を向けた  さで遁げ込んでしまった  さに立ち止まった  さなどを美術的に鑑賞して居るだけで  さに触れられる  さを保って居る  さや極道に陰惨な所業は受けなかった  さは褪せても  さもなくとも頭の方へ血を送っている  さはわかる  さうな氣がされてならぬ  さを論じて見ようとした  さうだから書いて見  さも持つてゐないけど  さが潛んでゐた  さを認めはするが  さと成り  さうな空地と言つては何處を向いても  さと言つたらありません  さへも見えなす  さをほこる  さによじのぼる  さで頭の毛が長く幾条となく前額に垂れて  さについては色々話もあるが  さがかえって鼻について厭でならず  さにつきものの遠慮がちな角ばった様子やぎごちのない気持が取れず  さがってしまったの  さとにぐったりして  さや技術の下手さや智恵の乏しいということもわかるだろう  さは実にいいつくせない  さですんでしまったけど  さを初めてはっきり味わい知った  さに切り出した  さということを初めて自覚した  さで言えば  さかさまに落下する  さで目まぐるしくぐるぐるまわり  さはしだいに減り  さでむくむくと湧き上がる  さは衰えていました  さのために私は思わず眼を閉じました  さで船が走っているので  さで顔を赧らめたと思います  さのため乱暴な狂人になっていた  さのためであったろうと思います  さにあった  さかさまに落ちこんでしまいました  さの思い出のために口もきけなくなっている  さでは骨髄を抉っている  さで模倣者の文章にのしかかり  さを裏うちしようとする  さますようにえんえんと鳴る  さがなんとなしに身にしみる  さに髪が逆立つ  さはたたへて倦む  さに細切りして  さときっぱり言うて  さが去っていなかった  さも我慢出来た  さで対抗しなければならなかった  さが身に沁みた  さを保って  さを加えて来た  さしたことを軽蔑していると  さされていた  さにまず圧倒された  さをまだ保ちながら  さに折れ残った  さは幅の二倍以上とは見えない  さの中に発見される  さは大変派手やかに写真入りで各新聞に語られているし  さの理由を発見し  さのみ遠からざる所に列んでいる  さの擦過は寒さからだけ来た  さまた青さ四月の気層のひかりの底を唾し  さは消えるぞ  さ青さつめたさ  さを吹けば  さへなくてはなりません  さはみな褐藻類にかはられた  さうだ沙漠でくされた  さだおれたちの影は青い沙漠旅行そしてそこはさつきの銀杏の並樹こんな華奢な水平な枝に硝子のりつぱなわかものがすつかり  さな蠕虫が水とひかりをからだにまとひ  さも咲いてゐるし  さこの荷馬車にはひとがついてゐない  さの交つたかれ  さな自分を劃ることのできない  さと悲傷とを焚いて  さな林があるだらう  さま日本の萱の野原をゆく  さうですね雲が駒ヶ岳に被さつた  さへもすくなくわたくしの額の上にかがやき  さけれどもこれはいつたい  さをみんな集めた  さを感じたという  さを感じてしまいました  さをお察しください  さは同じではありませんか  さかのわかるだけは  さもないではありますまい  さのみ憎むべき  さをこらえて  さを感ぜしめられた  さのみ問題にはしていない  さ余ってせっかんした  さを防ぎ  さんたまりや  さを防ぐに足りない  さへ江戸へ来て  さうだがと云ふ  さによつて力つき  さには儒教の行儀で鍛へてきた  さをひし  さに朝露も月見草の花も萎れる  さうな子がみんなのうしろの板の間で座って  さうなその仕事だけれども晩にはそこから忠一がつかれて憤って帰ってくる  さがそこにできるだらう  さを噴く  さちょこっと寝せ  さをきれ  さや風に逆って山の鉛が溶けて来る  さなどを見ていると  さが突き上がって来た  さが良かろうかと考えた  さを眺めていたが  さが妙に白々しく見え出して  さは絶望の大い  さが呪わしく思われた  さを切々と覚えながら  さに圧されながらも怪しむ  さはあなたにはお解りにならないでしょう  さが見えますよ  さに満ちていた  さにても數寸餘あり  さに苦しんで  さをとりもどしてゆく  さり云つてのけられた  さが判るか  さの青い火玉がくるくる廻りながら  さに笑い出さないでいられるでしょうか  さの芽にはもう黄金いろの  さも世界にしられている  さは世界の注目をひいている  さの基本に私たちは健康をもとめる  さが少しわかりかけた  さをもたらした  さを裏書きしている  さに無暗に原稿紙を書きちらしては  さうな湯気が立つてゐます  さがおもひかへされた  さが思い返された  さかさまにつるされて  さもやはら  さをすべって行けば  さな萱ぶきの  さうな黄銅いろの  さうした式の考へ  さや銀の分子あらゆる四面体の感触を送り  さをにらんでゐます  さり火がゆらぎ  さは空明から降り黒い鳥の鋭く過ぎる  さとに泣く  さくうめばちさう  さな蜘蛛の巣だ半透明な緑の蜘蛛が森いっぱいにミクロトームを装置して  さをかけて立ち  さにつれてちがった  さやぐきりたとへばねむたい空気の沼だかういふ  さよ競馬の馬がはうれん  さもゆれ  さうです中学校の寄宿舎へここから三人来てゐましたが  さはし  さにがたがたふるへる  さうですまあパンをおあがりなさい  さうして置いて  さがすきとほるまで  さへ見えた  さこの黒布はすべり過ぎた  さへも来たといふ  さを眺めながら  さを感じようとした  さで音をたてて凍て破れるかと思われるほどでありました  さは人の足もとにうち見  さに淡紫の花をすりつけて過ぎしは  さに拡がる  さがッて室を飛び出した  さもまたひとしおになッて来る  さほどにも思わない  さうな顔しては  さへ覚えぬ  さをよそに見て  さを堪らえてゐれば  さをも覚えしなるべし  さの胸に溢れると  さを分ち得た  さ嬉しさ一度に胸にこみ合い止め  さま三日たてば  さまもとよを斎藤へやる  さはいよいよせまる  さなしの兄はただそういったなり  さに苦しむというほどに至らぬ  さからの事に違いあんめいから  さん急ごう  さなしの気質を丸出しにして  さへさうだとすれば  さに打たれてしまふ  さにみても  さまでにはせんでも  さだけに研がれていた  さのほどはようわかる  さにまず胸がつかえた  さの流れていた  さに思いいたらずにいられなかった  さがし申した  さをなし  さの影もない覚一の痩せは  さがし申すといえども  さがただよった  さは察しるが  さは褪せた  さがついにはわが身の患いとまでなっていた  さを徒らにふたりはいつまで心の外側にむかい合っていた  さがうかがわれまする  さを説き  さを持っていていけない  さを嫌っては  さを平気でやるだけの  さが今に忘れ得ない  さを意識する  さをどれ程増す  さを感じて帰り  さを人一倍苦に病む  さに驚かされている  さを想像させた  さを数倍に見せた  さからタクシーを捨てるに忍びず  さとなってしまったが  さを認めている  さがわけのわからぬ  さをごま化し  さと暑さは増すばかりだ  さと暑さが私にとって  さはわからない  さと広さと長閑さと人情とがわかった  さの近代味を楽しめば  さは増加する  さを食べて出た  さに見惚れた  さを以てあらゆる動く  さを眺めている  さは消え失せる  さを著しく加え  さも田舎らしい女や男や料理に出会った  さはあるだろう  さは彼がややこしい場合とはまったく違った  さを了解しない  さから解放されつつある  さが偶然にも現れているといった  さに飛び上った  さというものについて考えつづけた  さだろと思って  さが心を静める  さを含んでいる  さと美しさが隠されていた如き  さなどは顕微鏡で覗いても出て来ない  さが起こってくる  さというものは汚いものを取り捨て  さが現れて行く  さは胴体の長さよりもよほど短く描かれ  さとともに観賞すべき  さが必要となって来ます  さに幾倍する  さを常々感じてゐる  さと悦し  さを見せて輝いてゐる  さを消してし  さはまさる  さいらしくうなずいてみせたが  さもと言わぬばかりに  さがわかってたまる  さが癪にさわり  さのみ他で心配するほどの  さに呆れ返って  さのみ驚きません  さを心頭から感じて  さもはかり  さのみ注意を払う  さを自ら憐れみ  さほどの名医が来合わせたという  さうな白い灰が小高く積つてゐた  さをかくしきれない  さのために精神に異常を来した  さをふくませ  ささうな田舎への汽車をしらべて見た  さを匂はせてゐた  さへ忘れられ  さのウケを二つばかりかついで  さで近づいてくる  さを八センチ半とすれば  さも幅も分らない  さとがよく調和して  さはその品の高い鋭敏な新らしいタツチの面白さにある  さに常に顫へて居らねばならぬ  さを意識せざる  さうな瞳には涙が潤んでゐた  さを守つてゐる  さや傾城草つむ  さりと打ちつける  さが急に身にしみて  さがぬけぬ  さが漸く催して  さは一層親爺の腹をむか  さはなかつたが兼次は依然としておすがのもとへ忍んだ  さへ村中押し歩く  さがしみ  さういはれると  さは又小春にかへつて人々は岡の畑に芋を掘つて居る  さがあるだけで  さ醜さの底をついているから  さが感じられない  さは報告の値うちがある  さについて随筆を書いた  さの根本条件がなくなった  さももうなくなったと見るべきであろう  さにしょうすいする  さについて書いたばかりであったから  さに戸惑う  さにのぼって  さが千何百尺と数字が決まれば  さによるものであらう  さにふさわしい夕ぐれといふ時間まで読者に教へてくれる  さは言葉となつたために実感を失ひ  さは少しも變らないに違ひない  さへくれれば  さに度を失はずにはゐられなかつた  さを感じながら呟いた  さうな心持がした  さが和ぐ  さがその光の中を爬ふように広がつて来た  さが身にしみて来る  さが広いその水の面にも漂つてゐた  さが湧いて  さが肌を襲つて来た  さを誇示しようと努めた  さに異変を生ずるなど  さで走るか  さを痛罵する  さ寒さが今までになくひどく体にこたへるので  さを貴ぶだけで  さは犬のダニくらいある  さのために我と自ら身を退いて  さは遇って見ねば分らない  さが湧いて来る  さがまして行きました  さにどんなにふるえただろう  さとかがやかしさを今見つけた  さにおそわれて来た  さと悲しさとがこみあげて  さと鼻の高さが気になって  さとにおいがただよって居る  さの違うばかりである  さは段々と勝って来た  さに思わず土にひざまずいた  さの中に吸いこまれて居ると  さに笑い歌い  さにおどって居る  さに植物園にスケッチに行く  さがまわりからヒシヒシとまるで潮のよせる  さに又おそわれて  サと云った  さを打ち開けねばならない  さを味った  サ飛んだのんきでい  さうな處がある  さうな眼を見  さに體を丸めながら  さうした見聞にも幾度となく脅かされた  さを胡麻化しながら生き  さを考へないではゐられなかつた  さにこごえた  さを私に認めさせようとする  さめきつてし  さだけの大きなかめに酒をなみなみ盛って  さで夭折してゐる惜しむべき  さを知らっしゃらねえから  さほどの困難は感じなかった  さに鳥肌立っていた  さが痛々しく見えて  さがありありと見えた  さを仮定して  さを消し去った  さを具象化した  さの表情を類型化した  さは五尺にも足らない  さを僕は感ぜずにはいられませんでした  さに満ち溢れてゐるから  さへきれ  さに縮みあがつた  さのケタの違う  さだか知れやしない  さで伝える  さがどれ位あるか  さの緑いろの  さとたたかって  さまでの苦痛を堪えたな  さとを覚えさせる  さになぞらえ得る  さも少しづつは変化して来ていたし  さの風格が違つて来てゐた  さもあつてはならない  さに唸  さを保つと  さり継がれて  さを思はせた  さも今になれば  さで女が坐つてゐる  さは失せてゐるけれども  さを漂はせて  さを現はしてゐる  さが妙に瞼にだぶつて来た  さはもう二度と再び戻  さをきんは幾度も経験してゐた  さに惹かれてゐたし  さが誤まつて  さに帰るより  さを一定して  さが針になって  さ行っちゃいかねえ  さに王をのけ者にしてしまって  さうな呻き  さのみ臆する  さまでの造詣はないものと見て  さがあろうという  さまで乱れてはいず  さをする  さを歌いたい  さ過ぎるように思って  さが違います  さとの力で作られた  さへてゐた  さに我慢出来ない  さでさして来た  さの違いこそあれ  さで傳へる  さへたふくろふの  さへたやうなすすきの穗がゆれた  さの上に立つて  さへ行ける  ささうに答へました  さうな天をも焦がし  さへなけあいけない  さと壁の色とだけしかちがわず  さを補おうとして  さの川がゆるゆると流れてゐた  さの白象にまたがつてゐた  さうで死ぬ思ひでゐた  さに堪えなければならない  さの記念碑のやうに之を言はしめてゐる  さの隠されてゐる  さが一にかかつて汝の心によつてのみ見出される  さをおさへつけてゐる  さまで辿りつく  さへ相当の労力を要します  さ悲しさが入り乱れて走る  さへてゐる  さへ守つてゐれば  さへ未だ気がついてゐない  さうな息を吐いてゐた  さが含まれてゐた  さへ口もとには浮んで来なかつた  さうもない気勢を示してゐた  さへ考へる  さの余り竦然として立ち止まると  さを堪へた  さと先へ歩いて  さを詫びて  さが稀薄なように感じた  さしならぬ同等の役割で村の反革命分子と闘い  さがどれくらいあるか  さに徹するという  さが現われて来る  さを遺憾なく発揮した  さを抽出して来る  さを無視せられている  さは抽出せられているが  さも画家自身の内にある  さが六月の太陽に照らされたほの  さのすべてであるとは言えないであろう  さを認めたであろう  さから連れ出す  さにも押沈められて  さは何百尋か分りません  さへ釣れない  さに胸をうたれる  さもいつか消えてゆき  さうした欲望を刺戟する  さへづつてゐた雀のこゑも沈まつてゆく  さのなかでうだり  さのせゐばかりでは  さへつけてし  さで物事が進行してゐるので  さへ思ひなしてゐたい  さうした不幸をその目で見た  さへ脅やかされずにはゐない  さの持つ  さがぢーんと腹にまでこたへる  さは理窟ではどうする  さうした場合に處する  さのなかに沒入して  さにも笑へる  さは三丈ばかりもある  さに掘つた  さは私の心臓まで冷たくしました  さを加えていたとも考える  さはこの恐ろしい事が起る  さをかなり誇張せられて  さくる高峰のやうな気がいたします  さが胸をむかつかせた  さほどに多くはありませぬ  さまでさし上げてやった  さをやや誇張した  さが湧いた  さういふ風で大分神社等に注意する  さを考へれば  さと結びつけて  さの中で悪魔の呪文の如くにそれを念願する  さは涙という  さを目立たせる  さほどの船を沈め  さを有するか  さが違うぞよ  さにあこがれ  さばかり食っていた  さを訴えていた  さがるほどな使いなら誰でもする  さと見たら  さを尊氏がよく看破していたという  さも心に加味されていよう  さに頼みをかくる  さからして  さとかえりみて  さのうちに美しさがある  さとそれに伴う  さを感じ知っている  さを殆ど熱情的に愛する  さを見つける  さにも種類があると思う  さが傍観している  さまでの石がある  さを丁度その支台が持っている  さでひとり笑った  さを間違って取って  さを知らん顔をして働かして行く  さがつき上げて来たが  さを見せていようと  さを繰り返した  さは両手の拇指と人差指で大幅に一囲みして  さを想像して見よ  さと蓄音機のさわがしさは驚くばかりである  さに呆れながら  さの揃った  さを一致させた  さをもつた  さの夢の世界を眼前に浮かばせる  さの竹かごを棒切れの先に引っかけた  さはせいぜい五六分ぐらいであったかと思う  さがかの地のいちばん低い家の高さに相当する  さには及ぶまじく  さのあまり平生はさまで信仰したまわぬ  さがやって来た  さしたと云う  さに射込むよりは  さのみにこまかなる物まねをばすまじきなり  さを真正面から見つめ  さと寸分異る  さについて語らん  さに就いて  さがこみ上げて来まして  さで眺めた  さの柱時計が立っていた  さでは張りあう  さが増してくるにつれて  さがそれに比例して減っていく  さに気を配らねばならなかつた  さうな顔が見つかると  さに心を取り乱している  さに覆われた  さを昨日以来体得して来た  さを思いやりながら  さも手伝って  さと夕飯をし  さうぢやと気がついて  さに似合はず少量な血が程よく身体を循環して  さも燃えさからなかつた  さを証拠立てる  さほどあるといはれてゐる  さはいつの間にかすこしゆるんで  さへ示して来た  さう口惜しい念は起さなかつた  さより推測して  さに蒼じろくなって言った  さを我慢している  さとをもった  さと後の寂しさとの沈みゆく  さで一杯になっておりました  さの念が積っていた  さかと思われる  さがなくなって  さの原因を知っていながら  さが静まると  さを以てつっかかって来られると  さが心の底にこびりついて離れない  さがあったけれど  さがしどけないものに被われていた  さを忘れさせようと  さが更に自分の方へ反射してきた  さに浸る  さに和する  さに囚えられた  さをじっと我慢してると  さで静まり返っていた  さが伝わってきた  さが一種の力強いものに感ぜられてきた  さがあるばかりだった  さを思はざるを得なかつた  さしよつてゐるので  さうな顔付をする  さをしみじみ感じてくる  さがもう一倍増してゐる  さだけが目についた  さにみちて  さを想はせる  さうな櫛や笄のたぐひも拾ひ出されなかつた  さかさまに大川の水底に呑まれていた  さが先に立った  ざを敷き  ざの上に寝ています  さに浮かれ騒ぎました  さに無駄な銭を遣いにくる  さが襟にぞくぞくと沁みて来た  さを揺り出す  さは大川の水にも残っているらしく  さが腹に沁み透って来た  さを呼び出した  さまで長い日を暮した  さに女囮もやった  さと浅ましさを見るに堪えかねて  さまであったらば  さえも休んでいるという  さや無防備さは消えた  さが群を抜いているからです  さのカウンターに彼女は右腕を軽く置き  さといい容積といい  さに恵まれた  さをもっとも大きな魅力としていた  さを彼女は彼に対して感じている  さを自分のなかで確認しながら  さも彼は判断した  さだけはきまりました  さがそのままあらわれている  さに切って  さを変えなくてはいけない  さと拮抗し  さをいまも感じながら  さを彼ははっきりと感じた  さのような気持ちを抱くという  さや体の動きかたの美しさに目をとめた  さを込めた言い  さはおだやかにその深みを増していった  さで描きたい  さの日が続き  さのなかにいるから  ささうだつて気がするの  さうとわからない  さをもとめられた  さが求められた  さが何かにつけもち出されていると思う  さにおかれてもいる  さはもっていない  さが遙に複雑な陰翳をなげると思う  さを試みられている  さに混りものがはさまった  ささえ欠けている  さをのりこえて  さに屈伏した  さに敗北して  さを喪失する  さに敗けたとして  さだけがそのひとの身と女の歴史とに重ねられてゆくばかりとしたら  さが腐臭を放っている  さでやってください  さを味解する  さによつて大衆に迎へられながら  さを仕掛けたとしても  さかさまに転げ落ちて  さしたと云いましても  さを内にさそわれてくる  さにしびれ  さには欠けている  さがせ  さが可憐で叔父として何か言ってやりたい  さまアっ  さを一ト筋に駈け出した  さほどにみずからの非を知るなれば  ささッたようでもあった  さでも抱いてる  さにひきかえて  さもやって来た  さは骨身にしみる  さもあらねば  さもあろうかと存じましたなれど  さとこの世の人とも見えぬ粧いとを  さを解かれ  さで二の槍をついて来た  させまいとして片手で女の口をおさえたので  さで女中たちもそっと覗きに来た  さが又手伝って  さのみ気にも留めないで  さのほどが知れるであろう  さの幾層倍かの長い滑走路を走ったと  さに悲鳴をあげて泣き叫び  さをこらえ  さをちゃんとしらべて  さや野蛮さは棚にあげて  さをしみじみと知っている  さの中にきりきり舞をしていた  さに人々も顔を見あわせた  さの家出であろうということに諸人の意見が一致した  さに凍える  さが俄かにゆるんだので  さのみ見苦しからぬ服装をしていたが  さに手足の力が抜けて浮いていられなくなった  さというものは生れて  さというものは天上界だすなあ  さに云いよる  さに生命がけでモートル船に乗って  さがって忍んで行った  さのみ恐れる  さがって蝙蝠のように横手の壁に身をよせて  さに姿をかくすという  さは一丈を越えていて  さが痛いように強く迫って来た  さのみ熱心に勤めている  さがって煙草をすっていると  さまで彼女に食ってかかった  さのみとも思わぬが  さをしやがる  さを歎じていると  さを記憶していない  さを味わう  さを話して聞かせなどしていた  さで船は走って行きました  さのみ恐れるほどの  さだって知れた  さは小一尺ほどもある  さにふるえながら云った  さに物狂おしくなって  さも不憫さも弥増して  さまでございましたと持ち出して来た  さうな一本の小皺も見せず  さといふものだけ見せるといふ  さが全身にしみつき  さに泣いた  さに捧げて持つてくるから  さに捧げ持つて  さを救ふも  さを思ひつめ  さへ一軒のウチを寄つてたかつて食ひ  さは江戸の通人によつてむしろ大いに尊重せらるべき  さは買ひますよ  さを抱きしめて  さと家の暗さを知るだけで  さが違ひ  さとしがある  さが分らぬ  さとふくらみが  さが胸にかくれてゐるせゐで  さに引替えて  さな声で咄し給え  さほどにも思うまいが  さほどに難事とも思えない  さに消えも入りたく思うばかり  さほどに勉強もしない  さの溢れか  さも苦々しそうに冷笑ッてみせるが  さを有っている  さを傷つける  さを高調している  さのみ不思議がるにも当らないかも知れない  さに云うべき  さのみ待ちくたびれるという  さに動かされ  さと雪どけ道の難儀を頻りに話していたが  さが訪れていた  さの海亀が一匹浮き上りました  さに胆をうばはれた  さうかも知れないね  さをするという  さをしやあがった  さに上陸してしまいました  さへついて居れば  さへすると  さの枝をポキポキ折って吹きとばす  さが何より身にしみて  さだけ負ける  さをどうしてもちぢめる  さを抜く  さだけ前へでて  さがつて居ります  さのみ珍らしいとも思われなかったが  さに腹が立ち  さはかな量見であるかもしれない  さに應じて行かねばならぬ  さを一緒に胸に浮かべて見る  さうした町人の手に成つたものの  さうな子孫の末を案じたらしく思はれる  さに就いてである  さを求めるばかりでなく  さうとした  さを失はずに持ちつ  さを避けようとする  さとの混じ  さをつくる  さなぞの約束にもとづく  さに入つて見た  さが窺はれると思ふ  さの足もつれ  さにまで詩の境地を進めて  さと深さとに入る  さ新しさとおもしろい對照を見せてゐる  さを望み見るにしても  さに思ひを潜めるにしても  さにもすぐれてゐたと  さといふものを經驗した  さには堪へなからうと  さうした偉力が認められてゐたので  さんよ音頭とり  さが安永にはあった  さを羨んだ  さうもなかつたからグラウンドを一人で散歩して  さが流れていた  さをみせてはいたが  さもなくなっていた  さだけになり  ささえている  さに似る  さに映る  さや智謀神算の尽きない  さをかろんじ過ぎようがの  さで門のそとへ出て行った  さをなお白く見せていた  さの余り嫌厭になった  さとにくるまれた  さに歯がみさせた  ささえてゆく  さが寒々とそこらに漂う  さや大ざっぱな特質も道誉にすれば  さを見ながら  さは翌日までもつづいていた  さにまで折り畳んだ  さにまで腫れ上がり  さを習得させた  さともいえましょうか  さは十二畳もあった  さが一メートル近くある  さで平らな面を作っており  さでまわりだした  さでラセン回転をしていた  さの黒い箱を胸の前へまわした  さで追いつく  さの金属らしい光沢の物体がのっている  さを感じるけれども  さといふものは何であるかよくわからないといふ  さと多く私に見られぬ  さういふところがありはしませんか  さを透して  さは沈んだ  さは身に泌みるので  さよりも観察の質にある  さは考えを惑わし  さを理解していない  さの棒切れがある  さを持ってはいない  さでよじ登り  さまで行きつくと  さをまったく隠しきれなくて  さに手をおののかせて  さにどうもうまく行かないで  さも憎しと思いながら  さがこたえますね  さのみに貧しい世帯とも見えないで  さのみ珍らしいとも思えなかったが  さはいよいよ夏らしくなったので  さを頂く  さもやや陰翳ったが  さの姐娘の挙動であったろうも知れぬ  さを凌ぐより  さりと巻いた  さも透通る  さに気が違った  さり舞台を見限つたらしい  さと淡白さで平和を捨てて  さうな岩の縁に両肘を突いてゐるので  さ次第に減じて  さの事が言つてあるが  さなんぞを測つた  さう思つてしまふと  さを捜つて見たいと思ふ  さに気が狂つて為たことだとは知つてゐましたが  さを減じて来ます  さがあの人たちを殺した  さは夜生くる  さはすでにうたいふるされた  さに対する抵抗力を奪い去ってしまう  さがしていた  さがしつついていた  さがし  さへ愛とよぶ  さり水泡に変つてし  さへも比較にはならぬ  さで汽車諸共に動きながら  さへも気絶するほど  さをいきなり云われる  さに変わって  さがちがうという  さと形がちがい  さのちがう  さも三尺に過ぎないので  さの凡てを持っていた  さと沈黙の上に輝いていました  さをます  さがどこに這入ってるかを  さうな気持がして  さに手足をすぼめ  さで娑婆の土を踏み  さに至ると  さを教へる  さと手を洗ひに立つて  さに涙ぐみました  さに涙ぐんで  さはまぎれません  さに眼をひからしました  さに於て比較にならないし  さがパッと行手の森の中に現われて  さそのままで行いすまされようとなさる  さを沈黙させ  さ過ぎるほど無神経ではある  さから言っても  さのみ名作とも思われませんでした  さに於ては中段以下が山谷に遮られて見えないから  さのことは華厳に比して  さから下へ落ちては  さかのわからない  さを悔ゆると共に  さほどではありませんでした  さのみ見劣りのしなかったうたい  さはどのくらいに致した  さをきめて  さは一丈六尺八寸となさい  さもおおよそのところはわかっているが  さを曝す  さの予想外なのに驚かされる  さから超越して  さも豆のようになる  さが浮き上って来る  さが増して行く  さから朦朧としてわからず  さがわかってきた  さを教える  さのみ恐れて  さも疲れも感じませんでした  さがと二人で暮らしている  さと憤りとが  さに胸の動悸が躍って  さも胸の痛みに触る  さに耐えられない  さも募る  さと頼りなさとが焦躁しかった  さに堪えかねた  さをじっと耐えていなければ  さに責め苛まれるので  さまでにある  さのブリキ缶を埋めて  さの中で徹夜して  さあればなれよ  さでかしこまって坐っている  さももっともらしく一部始終の顛末を記述し  さにはだれも感心するばかりであろう  さが身に沁み渡った  さほどに驚きもしなかった  さのみ怪しむにも足らないかも知れないが  さを魂の安住の方便として仏が与えてくれた  さかがわからないで  さの滝だかわからないと思いました  さが三百六十間ありまして  さを感じたくらいです  さのみ心に留めてはいませんでした  さを侮って  さのみ怖るるにも足らないが  さにしてしまいました  さほどに横暴を極めながら  さの念に打たれない  さに狼狽せずにはいられなかった  さするような眼つきで葵を眺めていたが  さなりにはっきりと布目がうつっている  さを仕事の面でも十分生かす  さにいつ  さをみせて近づいて  さうしてそれは永久にさうで  さに驚かなければならなかつた  さに追われて  さから云っても  さの中にはたと留まった  さに襲われるとか云って  さが終日人の頭を抑えつけていた  さが浸  さに腐蝕された  さを無理に乗り越して  さに堪えなかったので  さを失なうと  さを横切って  さしてやろうという分別をした  さを照らすには  さ過ぎて希知に見えた  さになったので  さがだいぶ緩んだ  さは飼主の肝臓を食って生きる  さが今からおもいやられている  さがり眼がさめて  さりしてても  さを思ひ出しながら  さを歎いてゐる  さにはあらんとね  さを感ぜしめ  さは線の認識如何に依  さを補ふ  さにあがらない  さが滅びて  さがあるであらう  さ古さをもつてゐる  さを賞し得る  さうして手に觸れるといふ  さに於てロクロで挽いた  さへはつきり見極める  さを多量に具へてゐるが  さに驚くと共に  さは説くまでもあるまい  さはやかさ  さに躍り込んで  さに口も利き得ずして  さでなければいけません  さに打抜き  さと広さ五分位の四角かあるいは菱形に切って  さに車へ乗るという  さから解放された  さが見え  さがきびしいと聞き  さうな氣がした  さは何も知らない  さの見すかされる  さがいけない  さが感じられなかったであろう  さに非常な自信を持って居り  さも兼ねている  さも加っているという  さなどは妙な云い  さがそのまま舞台顔へ乗って  さが襟にしみて来る  さの取  さと不思議さを知った  さこそと思われ  さによって一時間から二時間も湯煮ると  さよりも気支わしく  さに茶巾で絞る  さを堪え得ず  さよりも訝しさに堪えず  さつしやらないで  ささうに笑ひながら  さへ置けば  さとの感情が交つて居た  さに持て余した  さを失わないのみならず  さの峰伝いに安易な心を抱いて  さがいっぱいになった  さとともに凝固させた  さの中でもんぺをぬぎ  さを彼の掌のなかにうけとった  さは十分身にしみている  さは人の身丈の何倍もあったし  さが表現出来ない  さが濃く深く思える  さが想像されなかったので  さが全身に感じられた  さで完成されていた  さが響いている  さをひろ子の心につたえた  さというものに威怖を覚えた  さに水漬りとなった  さを示しつつ  さにほじくりかえされている  さを示すばかりの  さがこぼれて  さの中に感じている  さとともにもっている  さで臆面もなくごたごたした  さにあらがう  さで優しく力づけた  さを気がねする  さと壊れた  さの丸罐も一つ入っていた  さでむこうにかけられている  さに浸水していた  さと世間ていに対する神経とが入るなり感じられる  さを語った  さをとり戻した  さを怪訝に思い浮べている  さにひしがれて  ささえ快適に感じられた  さの感じが段々強くなると  さも消える  さをお求めになる  さり笑つてうなづき  さを以て関東の長者となられ  さりお答へ出来る  さへ私どもの全身がゆゑ知らず畏れをののく  さのほどは推量も何も出来る  さお偉さに就いては  さをほめた  ささうなお諭しも  さをもお加へなさつた  さは故右大将さまにもまさつて居られる  さのほどに就いては  さがその御言動にあらはれる  さと言ひ  さうして今ではあのお方の御俤をしのぶ  さにお心をののいて居られる  さへなりました  さへ見受けられましたが  さへ私たちには思はれました  さと似てゐながら  さを以て怠らず  さと奥へお引き上げになつたさうで  さへそれを聞いて  さうな御様子をお見せになりまして  さをさ怠らず  さへ御ところに火を放つ  さつたやうにお眼を丸くして  さと御判をたまはり  さへ領地もお返しに相成るといふ重なる  さもお察し出来る  さを以て権中納言に任ぜられ  さへ感ぜられ  さへ拝されました  さに打ち  さへなつてゐる  さうな御口調で呟やかれました  さへ見受けられ  さを増すが如く  さだけを感じてゐる  さがムズムズと砂から伝はつて私の五体に滲み込みました  さを夢想して  さを喞ちました  さを味ひました  さに返る  さを書いている  さなどは覚えなかった  さは雜と塀の上から二階家の大屋根の空と見て  さうで成らなかつた  さをもって迎えられた  さをまぎらせる  さの比に還元し  さにおののきつつ  さとを思い出し  さにお堀端の吹き曝しへ出ましては  さに打たれたりした  さのあまりに恍惚とする  さのあまりにわかに胸がふくらみ  さのあまり烈しい頤ばたき  さうな美辞麗句に富んでゐる見たいであるが  さの物が出来ます  さの時に日本では西洋ほど日射病の沢山ない訳は人の皮膚に粘着性が強いからだと申します  さも捏ねた  さに塗るという  さに展したらまた玉子の白身を敷いて  さならば今度は紙五枚の割合になりますから  さの物を捏ねて  さはあれど  さは宮の内にて類なかりきと聞きつ  さの美しささえある  さを女の間にもっています  さを誇張したら  さや悲しさもある  さからぬけ出す  さすらはむ  さよ背後の闇に浮出て美し幾萬年人生れ繼ぎて築きてし  さあさりんごの皮むきだきれずに  さが逃げてくぞ  さうだけれど新聞にや出やしない  さが専一ではあったが  さのみ難儀でもないとお仙は話した  さを測ろうと思いついた  さにこの菊を成敗すると思うたら  さのみ恐れるにも足らないが  さと新しさとを抽き出して来ねばならぬ  さを唆ろうとする  さだけと言う  さに力点を置いた  さを変化させる  さがあまり一様なのもいけないらしい  さは長さに還元出来ず  さは重さに還元出来ない  さは数量を以て何かの意味に於て測定された  さを持つか  さは計量に基く  さの関係となって現われる  さの概念に相当する  さといっちゃあ  さに区分して  さが五十キロ以上のものと決まっている  さのものがある  さの爆弾になると  さも身に沁みる  さなんと言っちゃねえ  さに堪えない  さと言い  さを痛切に味わねばならなかった  さはかえって効果的だと言えるかも知れない  さに自らしびれていた  さをごまかすには  さを感ずるとは  さうして一日が明けて  さとともに滅びゆけ  さうしてその歌が人の心にやすむと  さの扉はひらいてゐた  さならずして  さもやはり熱いからだと思った  さを託つと共に  さを聞かせていたが  さいはむ  さの心持をあらゆる明暮の心づかいに表現して  さでむいて示した  さを与へ  さでまわっていた  さに呆れたよ  さを少しでも君にわかってもらいたくて  さを強調して書いてやっても  さに感心した  さに呆れてしまった  さほどに古調は擬し  さもこれにて大方知れ  さ漕ぐ海人の小舟の綱手かなしも大海のいそもとどろによする  さが忘れられる  さうな痩せた  さに燃え立つ  さへすりや天下第一の者であつて秀逸と稱せらる  さなるべきをそれを麓といふべきや疑はしく  ささうな所を彼らし  さして寢たのであらう  さなり三条君美の君よと振返れば  さと距離をもって  さとをながめて  さが鼻唄となって  さに顫えている  さのほかにはありません  さかさまに沈んで行く  さがしだが  さがしだって  さになったから  さから来ている  さを晴らそうとして  さを伝えてくれる  さがハッキリ頭に入った  さがわかった  さを加えていって  さでそれとわかる  さと変わらぬ  さに裂く  さは筆紙につくされないほど  さとの板ばさみになって  さざりし所以にあらずや  さは鉛筆をすこし太くしたくらいであった  さの空が見え  さかさまに落ちてきて  さをためしてみた  さがひろがっていって  さを失っていった  さで切替桿をひき  さがだんだんに狭くなっていく  さかさまに下へ落ちてゆくではないか  さで動いている  さで落ちていく  さはこわし  さを興じた  さを持ちませんでした  さも短い毛のある  さに共鳴する  さでちょうどよいと見た  さを供与する  さの方が大きな魅力だったかと思う  さを楽しみにしている  さしならぬこととなった  さを払い落とす  さを艇長に伝えて  さに胸を衝かれた  さを加えていく  さを嗤う人があるかもしれない  さで輸送される  さをほんとうに知らない  さを痛感すべきではあるが  さはここにある  さに来たわいな  さかれて死んでいた  さいて殺してくれと云った  さを発見できるか  さはあるけれども  サもっとも小紫は吉原の大文字に居た  さにワナワナと体躯を慄わせていた  さはとても感じられない  さほどに変化も感ぜられず  さへが苦しくなる  さのあまり歓呼の声をあげ  さへたライオンがお礼申すとほえてゐる  さへたたましひが  さに身体がよほど弱って来ている  さを感じるほどであった  さを説明しながら  さでどこまでも延びていた  さは後で困ると思ったので  さについて考えた  さを今さらに感じたが  さにしばらく楽んで歩いていると  さをおかしく眺めて  さの中に発見し  さを一つの場所に感じてゐた  さへ連れていつた  さを怖れ  さを心にともし  さに飽いて  さを歌ひ  さで見えない  さもあろうという顔付をした  さに達した  さによって次々の節を変える  さを以て法則の力を支持する  さが来るぞ  さを忘れたであろうが  さを理解せぬと  さを眺めよう  さ新しさの標準とするに足らず  さほどに幽玄の空想なきに頻に  さほどに知識の要求を感ぜざるに  さほどに生命の活力なきに徒に未来派の美術を迎ふるが如き  さをとめの  さや快さなんかも思った  さが輝き出して  さが体の内におどりくるって居た  さが仙二の胸に湧き出して来た  さで凍えなけりゃ  さで喉がつかえ  さをぶちまけろ  さで再びグーセフめがけて襲いかかる  さを与えるべく  さに苦しまないでいられるか  さを伝えようとする  さの底に隠れる  さを獲得するかは  さを賛美しない  さの次序を制定した  さをこの秒で測ると  さは必ずしも身長だけでは計られないであろう  さで自動車から下りて  さの奥に倫敦の紅い灯火が滲んでいた  さをさして帰ったら  さを借りて  さを開いてながめていました  さをさらってゆきました  さ寒さの何年かを冬は流氷の流れ寄る  さが生んだ  さは子供の時も大人の今も変る  さは分らない  さをかみしめねばならぬ  さを全く忘れ  さであることを知る  さのことを云う  さが失われる  さまでが入学に関係したりしている  さに面をそむけない  さが出て来る  さに帰着するという  さを持って行く  さに無理に追いこまれない  ささえ歪めてしまう  さと金を溜めて  さとひきかえにしてまで溜めた  さとひきかえに  さに喰止めた  サとは違っていたけれども  サの印を入れた  サの半纏を着た  さと申しましたら  さを忘れさせる  さに心を許した  さは妙に女の眼ざし  さこそあれ夢はたゆたひ  さと滴るばかり  さでも実際壮大な感じがする  さがもう再びあらうとは思へない  さを與へる  さいれられねえ  さを云うので  さのようなものを表現したでしょう  さも半分は自然の爲によごれ曝されて居る  さが更に強められる  さうなといふ  さを失われざる  さは推し測られる  さまでに名のない田舎人をも実隆のもとに同伴し  さも半分は自然のためによごれさらされている  さがさらに強められる  さを世に宣伝する  さに変っては  さを訴えはじめる  さに我知らず身震いいたしました  さは驚く  さほどに車中は混んではゐなかつたが  さが伝えられて  さは感ぜられるが  さに捉えられた  さを覚えてくる  さに忘れていました  さに結う  さで君の屋根の樋の中までが一ぱいになる  さに飾られて  さては広く円かに覆える  さのために住み  さはほぼ一二ヶ月に当るので  さの期間で年代を数える  さが全く精密でないために少しの食違いがあるが  さの測定を行ったらしいと思われる  さは四三八〇〇キロメートルになるが  さから春分秋分の季節を定める  さであったのに反して  さの方向はちょうど天の極に向かう  さと周囲との比をもって  さを定めた  さに換算して  さがアラビアの里程で五六・七里に当るという  さを算定して  さを説明する  さが消長すると  さが存すると  さにおいて我が地球を凌ぐ  さに比例し  さがよく知られていた  さは算定され  さに関する新しい材料を得たので  さが強くニュートンの注意を引いた  さについては力学的の原因はあり得ないだろうという  さによってあるいは永くあるいは短い期間灼熱して  さの鉄の球を灼熱して  さにおいてその次に来る  さについては何の説明も与えていない  さはその太陽中心からの距離に反比例する  さが毎年一回ずつ大きくなったり  さが分れば  さは上記の幾百倍のものであるとしなければならない  さの天体が二つ衝突した  さまで行けば  さは太陽の約一〇〇〇倍に当ると思われる  さには達しないであろうが  さがむしろ例外の場合だということの証拠とも見られる  さからも判断される  さは直径の三乗に比例するからである  さになったという  さは二八・九キロメートルということになる  さから落ちるとすれば  さを落ちると  さから落ちるとしなければならない  さは四二一キロメートルとなるであろう  さはかなり著しいものになるであろう  さは三五〇キロメートルとなる  さは前に計算した  さで光り始める  さとともに変化し  さではきっとガス態にあると思われるから  さは約一二〇〇キロメートルに達しなければならない  さを日食の際に測定した  さはリッターの計算から期待されるよりは  さとともに減ずる  さもリッターの数字が示すよりも  さまで収縮すると  さもまた輻射も非常に永い時間ほとんど不変に保たれてきた  さであってこれが同様なガス球と衝突した  さまで収縮するだけで  さの恒星がその進化の種々の段階において経過してきた  さが白光星から赤光星への過渡期に比べて  さは一六〇〇万年に亘ると考えられる  さの余りにしばらくいつもの書き  さにおいて達せられるくらいの  さの最外層だけに含まれていると  さとを増してきた  さの幾分をも伝え得ないであろうという  さがそうと考え  さにかがやかない  さになっただけだった  さというものを考える  さは絶対ではありません  さが二尺六寸ある  さというものが次第に薄れて  さのものをさえ  さで耐えられなくなって  さがよく判った  さに寄りついてくる  さよりも主として精神の美しさを云ふ  さを減少していく  さとはまるで違う  さや数を調べながら  さがこびりついている  さでひととき私の心を奪っていた  さりと髪を肩へ垂らした  さの印しであろうか  さになりだしていた  さりと倒れたらしい  さが身にこたえました  さでよく分ります  さをして見せますと  さほどの羨望と嫉妬を浴せられながら  さほどでもなし大菩薩とぶっつけた  さにおいて適当と見れば  さがしに  さのみ京へ急ぐ  さに喋々と浮れ出す  さを求めても満たされず  さを托し得る  さも水にうつす  さと部屋から出て  さは膚に浸み込む  さと落つき無きが  さは飛出して  さへ植村樣が何だと聞いた  さにふき出し  さを漂わした  さまではわたしも当分は古巣へ戻る  さに勘次はむずむずしていたが  さが現れていた  さもなくて空籠で巣帰りする  さのために死に  さを増して来て  さに襲われ  さに身震いして  さに飛び上って  さに光っている  さが猛然と身のまわりに押し寄せて来る  さに興覚めて  さにひかれ  さなどわかる  さが残っていて  さを与えて下さった  さを汚ない匂いをかいだ  さと悲しみで胸が一ぱいになる  さで糞落着きに落着いている  さになんだってそう潜ってる  さは増してくる  さにふと人心ついた  さにしかり  さを包みきれぬ  さにそのまま蚊帳の裾をはねて  さやる瀬なさに寝つかれぬ  さを押し包む  さに火鉢の傍に寄りつどうていた  さに淫売をしている  さで充分飾られて居なければならない  さのみ遠慮するにも及ばないと思ったので  さの点をひと口にいえば  さが説明される  さからのがれる  さが失われて来る  さに圧迫された  さをも遺憾なく諷している  さにもその藁が切れ  さを過信して  さの光が増す  さに堪えられなかった  さうな豫感さへある  さにあきれていると  さを予告するかの  さを払う  さには容易に腰を上げる  さと柔かさとに羽二重というより  さとは真に眼覚ましい  さとをもって  さ気味悪さは容易の事では忘られ  さに充ち充ちていた  さが八尺もあって  さをその女は持っていた  さは形容も出来ない  さを二倍にした  さの小さな幹ばかりを見てゐた  さうな恍惚の渦巻きに襲はれた  さへ居なかったら  さからお糸がおりき  さにいささか度胆を抜かれた  さもどこへやら  さで毀れる  さを忘れようとする  さに紛れて  さにも嘆息した  さに神ダナにあげて拝んでおりました  さうした比較で片附けて  さうした私の考へは肯定された  さに拡がり  さへ反駁の筆執るに  さまでは驚かず  さばかりに躍  さでブルブルと震へてゐた  さへ正吉は待ち切れぬ  さがありの  さがこみあげて来るので  さと余所へ行つて愛し合つて貰はう  さは想像がつくまい  さに黙った  さに代わって  さをもって思い出す  さが加えられて来た  さと降りつむ  さにはひるまずにはいられない  さと厳粛さとを持っている  さと美しさとに同時に胸をしめ上げられる  さでひた押しに押して来る  さに見えていた  さから一気になだれ落ちる  さまで進んで行った  さに手を海老のように赤くへし曲げながら  さのために凍り果てて  さはしんしんと背骨まで徹って  さにこらえ切れなくなって  さがからだの温みで暖まるまで  さにひびがいる  さに雪でおおわれている  さと豊かさとをもって  さや角度を計ったりした  さも加わって来た  さこのさびしさから救われる  さを退ける  さを今さらに君はしみじみと思った  さに凍って  さをかすかな光にした  さの募る  さかさまに突き落とそうとする  さと苦しさで一ぱいになって  さが漂うている  さも忘れてはならない  さは金をとかすともいうべきほどの  さたを申し上げました  さを考へて見れば  さを考えて見れば  さに身悶えをした  さほどの義心侠血に燃ゆる  さ過ぎるようにも感ぜられないではない  さに堪えられないでいたが  さのみ退屈する  さのみ殺気立っているという  さは覚え初める  さんはね  さに囚はれた  さと威容を直しながら  さは到底いう  さと歩行く  さとで今まで煩悶して居た  さで言った  さのあまり涙を流していた  さのあまり息詰った  さをも認める  さとを籠めて彼女を眺めてやった  さを長引かし  さのあまり真赤になって立上がり  さがいっそう陰気になっていた  さをもっていた  さが身体じゅうをめぐり  さにとらえられてる  さで胸をしぼりながら  さに凍えてる  さのあまり真赤になり  さで話しかけた  さに真赤になっていた  さを非常に嫌った  さはさらに大きくなった  さまでどうしてお目にかけられよう  さでクリストフに呼びかけ  さを自認したくなかったほど  さになした  さに辟易した  さへてゐるが  さな箱のやうなものに変つて草の上に落ちてゐるらしい  さがしている  さは一間半ほどもあらうか  さの思ひをしながらも  さが老紳士の心を捉へました  さといらだたしさとから遁れる  さが立っている  さと楽しさとの混じった  さにわずらわせる  さのために厳しさが足らず  さにもなかなかなれない  さを以て聞いた  さで訪ねた  さを憐れむ  さの象徴のように浮んで来る  さに応える  さを感得した  さがチラと目にしみてしまった  さが出ていた  さの頃なので一せいに扇を動かす  さをつくった  さが彼女にはあった  さにどれ程心をなやましたか  さを催して  さを影響した  さとを感染さす  さを以て話し合っていた  さを学んだ  さなどについて語っている  さで芽ばえていた  さに悩まされるであろう  さは如何にも感覚を通して受けた  さが十分に出ていて  さは認められるだろう  さうな楽しい道をとつてゐる  さが十分に出てゐて  さは認められるだらう  さうな樂しい  さうな氣おくれがする  さは如何にも感覺を通して受けた  さに対する確信がこめられていました  さの失せない  さうな囀りを  さと林の外へ歩き出した  さを感ずるばかりだつた  さに感歎の声を洩らしてゐた  さを感じてゐると  さうな眼を注いでゐた  さへも見えなかつた  さは燕ほどでその尾の一尺位ゐ  さが恥ずかしくなった  さのあまりぞっと寒くなった  さにぞっとしてる  さにひかれて  さにみずから顔を赤らめた  さに縮み上がっていた  さに震え  さをなおもっている  さに浸されていた  さを同様にはっきりとは意識しなかったであろうが  さかさまに飛び込んでゆく  さのあまり涙を出して笑った  さを悲壮な色でいろどっていた  さが高じると  さの細さが細る  さが踏みつけにしてしまった  さだけの自分になる  さの二階なのには興が催おされる  さに掘り抜いて  さのみ大切のものとは思わないが  さに嵌め込んだ  さが一丈あれば  さは庫裏の屋根を抜いている  さを見計って  さうしたことは言ひ出された  さうな顔をして立つてゐた  さを押へる  さをこんなに心にしみて感じていられるだけで  さはすこしも減じていない  さで逃げていった  さに胸をしめつけられる  さがどういうところから来ているかが分かりかけて来た  さはいよいよ切実になってくる  さもさほど苦にしなくなっていた  さに伸びた  さりと垂れた  さはそうひどく感ぜられなかった  さはしのげても  さに気がついてきた  さはいよいよ調子づいてくる  さで一ぱいになりながら  さにはいかない  さえ雪に吸われ  さはようやく強くなって  さはよほど強いらしいが用意をした  さますものがある  さは拭い去られ  さを大胆に造型化していない  さを物語っている  さは消えて  さつぱりと静まつて居る  さから来るには  さでもあり  さで自分を中心に描き出している  さもラジウムに到達する  さで着物も着  さわるさを判断としてもっていてこそ  さます物音をも立てず  さを認められない  さで旅行もできるし  さを催さずにはおられない  さは似ているとしても  さに疼いている  さとを有っていた  さよりも高い所にある  さに光る  さに迄私を塗込める  さを運んで来る  さが一層はっきりして来る  さへながら妙な挙動と一緒に呟いた  さに耽る  ささうにいつた  さに元気づいて  さまで瘠せも見えぬ  さしったものと見えまして  さまで濡れてはいねえだっけよ  さに雀躍をした  さを唄いしが  さと云ったらありません  さのさと曳いて出ました  さまでに思詰めた  さに隠れ  さを引いたが  さに覚悟も弱る  さが劣らずなって  さに眼をつむりますと  さが行ぐ時ぁみんなして送って  さへ行けばい  さに息もつまる  さに声も出ませんでした  さに手をあげながら  さによろめきながら  さを覚えさせた  さで友達などとも誘い合って  さが募ってきてからは  さまで私に開いてみせてくれた  さをまず救いたいので  さは曖にも出さなかった  さい時から別れていましたんで  さも昂じているであろうという  さで行われている  さにけおされていた  さのまされる  さはしもちりぢりにわがおもひ  さを思わずにはいられなかった  さを説いた  さを見せてはいけないと考えていた  さまそうとした  さをいっしょに嘆く  さとに眠られないで  さもなくば彼は局外者となるか  さは饒舌となって現われた  さをまだはっきり知りはしなかったが  さにたいして施す  さのうちに日々を過した  さに唇をとがらした  さと面白さとに声をたてながら  さに口もきけないで  さが二人の身体を流れていた  さをしていた  さに圧倒されて  さを軽蔑して  さに顔を赤らめながら  さは彼を安心さしていた  さで胸がいっぱいになった  さはいよいよ加わって  さのゆえか辺りの寂けさがひとしお澄んで感じとられる  さを見かける  さを師匠は語られた  さを誇っていられただけに  さがきて  さを感じていたし  さに縋り付きたい  さでいびられている  さをみせられるよりは  さが続いて  さを話した  さが四匁七分ある  さが四匁七分ありますが  さは四匁七分あって  さから申しますと  さにも温か味がありますのよ  さがってしまえば  さがこみ上げて来るらしい  さをものともせず  さを我慢して滲み出る  さに押入れの  さの中を来ていただく  さうな孔子様の絵が出来てゐました  さで横に降りまくった  さほどの猛獣のようにほえる  さとに倒れて  さされて来た  さに道中はならなかった  さを読み上げられた  さのように思われる  さをなめ  さの腕を有する  さにはだれでも参ってしまった  さにも飢えにも堪え切れない  さにしてしまった  さの物を引っぱり上げるだけの  さの鉤がついていた  さを目で測量した  さのために凍死し  さのねじ釘にされてしまった  さに凍りついた  さに心を虫食われた  さを競うほども  さをも防ぐし  さが来ない  さだのを除くくふうをしたいと思うと  さだけはどうともできない  さが縺れ  さだけ残る  さに合はせながら  さに半廻転を試みてゐた  さを具えた  さを投げかけてゐました  さで薫りを撒く  さとかへつてしまひます  さが二倍もあって  さるるなれ  さるるなりとか  さを母様の中陰中は堪ら  さのみは勿体ぶりもし  さは添ひゆけど  さこそは身にもしみ  さも添ひゆきて  さまでの困難をも覚えざるなら  さに返った  さのものを投げた  さのものを外に投げたとしたら  さのものだってこの硝子板をとおして飛び出した  さのものをこの室内から外に投げたと思われるのに  さに育ってしまい  さがたちまち溌剌と生きて来て  さは素質から来ている  さほど背丈が高いということは解りきった  さの強い国の菓物は熱帯ほどにはないがやはり肉が柔かで甘味がある  さは口にいう  さには必ず驚歎する  ささえ感じた  さと共に骨身に浸  さのあたまを掻いて  さに結り上げ  さに延び立った  さを繰り返していると  さのみずすましの  さの紙幣のたばを  さ寒さの御見舞だけと申す  さにこんな所まで戦に来て  さかさまに抛り出した  さを運んで来た  さはやはり自分と変らない  さを忘れたい  さに言葉も出なかった  さにすべてを打ち忘れ  さにうちわなないていた  さをしみじみと心に味わった  さに泣いてみたり  さで気が遠くなり  さとそのエーテルみたいに新鮮な衣裳の輝きに魂を奪われてしまって  さを添えている  さには耐えかねて  さは熊よりも速いと称される  さは三寸ほどあります  さもわすれて  さうな穴をさがして歩きました  さの行止まりで  さは忍びがたくとも  さのあまりに親族故旧を誘う  さの六七尺もある  さを畏る  さのあまり気が遠くなり  さの余りに之に謝せ  さに片隅に押しかたまり  さが驚くべく  さは二十余歩とある  さが人少なの新開町を押かぶせる  さを忘れさせ  さに涙ぐまれて  さに私は雨さえ降らなければ  さに胸が迫って来て  さと滝夜叉のように凄いほど美しいわがお鶴をたまらなく嬉しく懐かしく思った  さを私はしみじみと知った  さ柔かさもすべて涙の中に溶けて行って  さに迫り来る  さはすくなくなり  さに焦げた  さが生れるだろうか  さのひろい淵をこさえていました  さと謂える  さが偲ばれる  さしたまま息を呑んで  さに後見を呼ぶ  さが出藍の誉があった  さの処まで上げた  さは能によって違う  さに舌もこかれつ  さが出て来るのに  さの平均をとった  さなどがちらと窺くやら  さが続いた  さをも承知した  さを持ち続けてゐる  さに事寄せて  さうもない奇風が目の前に現れたり  さには微風が吹いてゐると見へて  さで胸が一杯になつて来る  さうな吐息と一処に同感の意を現はした  さが忘れられなかつた  さうだぼた  さけふは  さにいよいよまつ  さを争う  さの窓が並んでいた  さをかみこらえて  さにガタガタとふるえだした  さに眼を見張った  さが見られると思う  さとを感じ得る  さのものとして取り扱われなくてはならないが  さの心構えが押し出されてくる  さりとたしなめる  さが少し突き出た  さとその場を引きあげた  さを十分に保ち  さがこみあげて来た  さがどう違いますか  さと茶を飲んだ  さを補う  さりしてた  さがつて相手にせぬほどの  さを呑みくだす  さに刺戟され  さで探求をくりかえしている  さが働くならば  さが流れている  さに依  さで行かれる  さま今から古着屋へとっ走って  さを信じた  さをはだけた  さがよく分りました  さをひろげて  さを旅の垢につぶしながら  さうといふ  さを足に感じ  さうな気合もなく頬笑んだ  さうもない健康な自分の思索的な生活を祝福しながら  さうなお別れのところ見た  さともつれて  さは山にてこそ見るべけれ  さを忍びて  さても習慣こそは可笑しけれ北風の空にいかのぼりうならせて  さには再び合す  さよ我ならぬ  さよ答へは胸にせまりて  さが増してゆく  さで私の眼を射る  さに見えて  さのなかにまだ鳴りやまない  さに響く  さを證據だてる  さは壞されてしまふであらう  さまこれからお城下じゅうの宿屋という宿屋を一軒のこらず当たって  さがってしまいました  さでどこともなく姿をかくし  さが加わってまいりましたが  さに駈けて行きますと  さで幾らか弱っていた  さででもござりましたろうか  さもそれぐらいのものにすぎない  さを忘却して  さに共産党へ走った  さに縁側の障子に背をもたせて  さに輝いて  さという事を今更のように感じる  さと疲れとで目のくらみかかった  さが五尺ほどの鼠色の四角な石になっている  さが毛糸の手袋をとおしてしみてくる  さうもいかないで  さまわスのあスを踏んだな  さで女の子に知り合いがないとなりゃ  さまですね  さうとすると  さも這裏に宿つて居るかも知れない  サと物音がした  さだったかが想像がつく  さをおぼえまして  さま清水屋にお糸っていう小娘のある  さのごときわがむっつり右門が控えているとも知らずに  さに朱ぶさの  さかさまに大川めがけ  さのごとき眼力で早くも推定がついた  さに傷がつくまい  さに追つつけないので  さりやめた  さうな口を利いて  さで革命の神の石像の様に突立つ  さまでさえもがくぎ抜きに錠をおろしておく  さかりどき  さりとたくわえた  さもあろうと思っておりましたから  さまさった月光を浴びて  さを呪ひ  さと密着してゐる  さには泣いてゐる  さの影を見たからだ  さうな牛の鳴き声を凡太郎が覚えこんだ  さま読め  さがつのり  さを覺えました  さを思うて  さとして見てもらふ  さに切下にしてあった  さを尊敬している  さの涙でもあり  さとは打って変って  さすりながら泣く  さに襲われて  さがその若い心を襲った  さをはらましている  さと侠気とを言外に含めて  さとをその目に物語らせながら  さに右門はいっそう苦笑しながら  さがっていきましたが  さがどの程度のものかわからないといった  さでひ  さに地球を見た  さは次第に増して来る  さちありなんとおもへば世界はあまりに暗くかのひとまことにさちあり  さもない議事堂の絵がついていた  さのあまり冗談をいって尋ねました  さを添えましたので  さを失わない  さはたとえる  さのあまり泣きました  さがるように見える  さに布団を頭から被ろうしたが  さが胸にきた  さを与え知らす  さがわかったとみえて  さを眉宇にみなぎらしながら  さを増したくらいでありました  さへ成る  さへ絶縁された  さを示してゐたが  さへ貴方を嫉むでせう  さへ感ずる  さを感じてゐた  さに姿を残る  さを妨げる  さうした姿を示さなかつた  さへこれが自分とは思はれない  さへも立派な花を持つ  さに敬意を表した  さでも考え  さまこれから大急行でお城まで行ってこい  さであっさり三人をのけぞらしておくと  さまひとりのために命を失った  さというべきですが  さまその覆面をはいでみろ  さのちんばな足を所有している  さもこわくなりましたが  さまとお公卿さまがお召しあそばす  さがるように申し伝えろ  さがるように手配しろよ  さがるよう申し伝えろ  さもうち忘れあと追いかけまして  さりとかけられて  さま何か隠しているな  さ余って仲たげ  さも中ぐらいなり  さがごっちゃになったとみえて  さまでが目に焼きつき  さも寒さもスクルージにはほとんど何の影響も与えなかった  さはいよいよ厳しくなった  さに咬みつかれ  さは十分にあって  さと長さを知りたいかね  さりと投げ出した  さが込み上げて来たか  さで蝋のようになっていた  さを背中に覚えたので  さも愉快そうな顔を揃えて  さと云い  さは死の様に深遠な秘密であるところの未だ知られない  さが彼等の顔をはち切れる  さとを褒めた  さがあるだろうよ  さに水まきして歩いているに  さがっているじゃござんせんか  さにおしゃべり虫がちぢみ上がったとみえて  さしずがあったんでね  さがったのを振り向きもせず  さでいっ  さに手がつけられない  さや何が啼いても  さ踊るなら板の間で踊れよう  さましながら皮を剥いて  さのみ驚くには当らないでしょう  さの打裂羽織が控えている  さがひときわ冴えて聞え出したという  さを三尺にまでもして見せる  さの字も見えず  さないで早くそれをここへ出して  ざの豆煮と見たはひがめか  さがし行ってみるて  さに喘ぎながら  さな路を見付けて  さの茶を徐々にえびの上からかける  さにふるえている  さ行って了ったら  さうに呼ぶ  さうしてゐ  さと踏む  さつぱり判らなくな  さりと幅広の袋ひもになってるだろう  さりの灯影を抱いて  さが腹にたまっているとみえて  さにおどろくべき  さを底の底までさらけだした  さがひどく癇にさわり  さしずにさからったのではござりませぬ  さをしたに  さのごとき名人が見  さにくらべる  さに体を震わして  さを活かし得るだらうと思ふ  さへしてはならない  さを説きすすみながら  さを知らねえ  さに躍る  さが深々と加わる  さをたやすく認めたであろう  さと聴衆の無趣味とが暗々裏に一致して  さとを経験する  さにぞっとした  さとのこもった  さを苦しんでいた  さに怖れを感じた  さを愛してる  さをいつも姉に隠すだけの  さで響いた  さとに陥った  さまで来てる  さもいっしょに食べてやろう  さに真赤になりながら  さも感じないで  さと急な梯子段とを恐れて  さが忘れられた  さで子音を空中にころがしていた  さと雨の日の悲しさとをにわかに感じた  さに憑かれた  さも契り合いでもした  さを押えつけていたらしく  さにしたって  さりと投げ出す  さのあまりにやった  さで伊吉を見ます  さへ渡來してゐると  さにもあらうし  さへておいて  さにおどろく  さだけの穴があいてゐる  さへゐる  さへ容易には是非を論じ  さへ一目おいたといふ  さへ扱はれた  さがあつたのだらうと推察できる  さというものは人々が軽率に嫌うほど  さのように思わせようとする  さのように思う  さから迸  さは我々の時代に始めて  さを私は頭から否定したいとは思わぬ  さのみを極めて地道につつましく育てつづけてきた  さは深まりゆく  さには時々彼の悲しさから鬼気が伝わってゆく  さが単純な甘さで終っていないからといって  さといふものは人々が軽率に嫌ふほど  さのやうに思はせ  さのやうに思ふ  さを私は頭から否定したいとは思はぬ  さり女を買つてしまふ  さとは別の場所に茶番をしてゐるので  さには時々彼の悲しさから鬼気が伝はつてゆく  さが単純な甘さで終つてゐないからといつて  さへ知らない  さをさへ感じた  さにいた  さの白い丸薬が二つはいって居る  さ痛さと闘うのに  さや逞しさも時に青い山を見る  さを今まで思いだせなかった  さとくらべて  さもふきとばそうと思っていらっしゃるでしょう  さしちゃった  さしちまうという  さに堪えられぬといった  さに胸が一ぱいになる  さも救えば  さを抱いていた  さは恋心となった  さをもって消そうと争った  さにほほえまずにはいられない  さとかをる心地して思ひやる  さを思ふに  さを好んだ  させし衣を縫うに  さに弱って  さはただ草を抽いて  さおよそ畳を数えて  さに憩うだけだったら  さに信心をはじめた  さの程度が加はると感じた  さの塗り物の竿が通つてゐて  さを計りかけました  さうれしさ取りまぜた  さをはかってみたら  さかさまに木の葉落しということになったら  さでは自慢にはならなかつた  さを計つて置かなければならなかつた  さを競ふてゐた  さに釣りあげられた  さうだがお前は会つたことがある  さは直径五寸位ひの  さに引き比べて  さうな苦笑を浮べた  さの情に溢れて  さを持つて響いた  さと未来の勝利への確信が何とも云え  さにみとれ  さに二度三度と案内しった  さもなくいつものような澄みきった  さでおどり上った  ささうに店先の二畳ばかりの畳敷に背をまるめて坐つて  さへ立退けば  さうつて言ふんだな  サ実は朝倉家に居る  さに慣れたか  さは舞楽に用ゆる  さに感心し  さが浮かんで来た  さの一つに成ったが  さを忘れて仕舞った  さの一つでは有るが  さは真に察して  さに腹の中から込み上げる  さの想いに堪えぬ  さは直径一丈ほども有る  さも可なり厚いと見え  さは何の値打ちもなくなって  さに似ぬ  さに地団太を踏んだ  さが七八貫も有ろうかと思われる  さは宛かも背中から水を浴びせられる  さと共に俄かに勇気が出  さはあるかと思われる  さが籠って居る  さでも総て自分の胸へ畳み  さも二間ほど有って  さが蝋細工の顔形へ悉く写し取らるる  さは腹立たしさとなり  さと云って  さするに通ずるのみで詰り  さと私の直した  さと何方が優って居るでしょう  さは此の上のない階級でしたが秀子のも矢張り此の上の階級はありますまい  さよりも愛らしさが優り  さよりも美しさが優って居るとでもいう  さは分って居る  さは私自身さえ我が手術の巧妙に驚く  さや怨めしさを毎朝自分の心へ呼び  さとに愛想を盡したと云え  さやら絶望の余りに益々深く彼奴の様な悪人の言葉を聴き  さは又増した  さが増したであらう  さを胸のそこに嚥みながら  さは申せ  さを吹聴し  さと知性の光があった  さも時には示す  さかづきを  さをしたい  さの蝋燭が見当らぬので  さを養はなければならなかつた  さかさまに元の馬小屋に戻つてしまふと  さの余り当分失神した  さの余り海水を飲もうとしたか  さが走っている  さと厚さを持っている  さと眠気を撃退する  さに口を開いた  さでタイタニックを包み去りはしなかったか  さを船首まで走って  さにぼやけていた  さを触れさせない  さが肩のあたりから全身に流れた  さへ必ずしも利不利を与へるとは限りません  さへ前に申しました  さをしのぐという  さで青ぞらにのぼって行きました  さにぼんやりしてしまいました  さを負担してゐたから  さばかりがカンカン張り詰めてゐて  さも場所によつては鳩尾まではある  さになつてし  さを漂はしてゐた  さへ太陽を見る  さに圧しつけられてゐたので  さに堪らない  さが妾にはあき足らない  さで暮れてゆく  さが映えてゐて  さがあるばかり  さを睥睨してゐた  さでは誰も自分の存在を問題にする  さに襲はれてしまふ  さと口を噤んで  さに狂燥を感ずる  さへしなかつた  さういつた芸人付き合ひが止められないので  さうしておいで  さすぎるのに痺れを切らして  さは世界に幾つといふ程の深さを表はしてゐる  さは手の美の事を云ふ  さは仲間たちにからかわれるくらいにきわだっていた  さをわざわざ説明する  さにびっくりして  さは十分あり  さは読者に理解してもらう  さは肉体的災害の怖さとは少し違っていた  さにびっくりしたらしく  さへ食つたものが腹へ溜らなくて  さりしてるね  さから曾遊の地に関した  さだけでも命乞いをされる  さが全身に上ってきた  さが俄に感ぜられた  さに肩をすくめていた  さや恐ろしさが過敏になった  さに満たされて  さうな影法師までちゃんと添へてあった  さが映って感じられた  さの代物をひっぱってゆくという  さの半分に達する  さう成り  さへの筋道を素直に定跡で行つてもたどれる  さの偏奇性はぐつと避けられて  さを愛惜して  さに満たされた  さが溢れていた  さをも語っている  さがうすうすともみ起って  さを水交社と競っていた  さが籠み冴えて透った  さを見過して  さとなり咲いている  さのあまり発狂死亡したという  さを感じて来たが  さも出て来る  さうな空をも恐れず  さに向うと  さでからみ  さを覚えぬ  さの制限を加えて  さを判断しうる  さに拡張される  さが浅くなり従って  さはほとんどなくなっている  さをもつという  さを認めようとする  さに思わずちょっとお頭を撫でました  さは充分にある  さを水平距離で四十尺も一飛びにとぶ  さつを一つ一つありありと思い出させられる  さはさまにレンブラントを想起させる  さはもちろん物語の筋から来る  さはほとんど全く監督の頭の良さによるものと判断される  さというものを発見した  さが見られる  さとかわいさをいくらかでも知らせる  さの少なくも五割以上を占めている  さおもしろさを認識する  さが含まれる  さは銅像の首と相斉しい  さを剰して  さにお綾は恐れをなして  さというハンディキャップを持っている  さした鋤の柄にからすが止まると  さでたいした矛盾を感じさせないで  さが過ぎて  さでうだった  さと蠅取り紙の場面には相当深刻な真実の暗示があるが  さがありごまかしきれない  さを示揚させたりする  さがちゃんと意識されている  さの怪物としか思われない  さは一方に瑞々しい適応性や柔軟性をもっていなければならず  さの底をついた  さは生活力でねりあげ鍛えられていて  さがやや日常性により多く立っている  さがしだけに  さの中へ最も効果的なメロディーをもりこむ  さを減ずるであろう  さに見とれる  さに見とれるだけで  さばかり考えて  さに目をふさいで  さを描いていて  さに対して何か人間としてのむしゃくしゃが胸底に湧く  さまで積まれ  さまで凍った  さに驚異の念をもった  さの固体と思えば  さは多くの詩歌にも歌われ  さから氷晶の形を推論する  さを測定すると  さも種類によってほぼ一定している  さは形容を見出す  さの螺旋形を描きながら舞って来る  さの六角板に発達した  さとを記録する  さによって異る  さによって異るので  さと落下速度との関係を調べて見る  さを推測する  さと落下速度との関係を示した  さとの関係も今までの実験の結果を整理すれば  さと目方との関係をまた別の図として作った  さの銅の筒を作って  さに発達させる  さを具へてゐた  さに移つてゐた  さり片づけられた  さうな二人が選ばれた  さうなといつても  さで回せば  さを適当に評価して  さも質量も見当のつかない  さによって規定された  さの照射時間中に起こっただけの  さに心を惹かれた  さに魅入られてゐた  ささうにうなづくので  さや鮮明度など我々の観賞欲を満足せしめる  さの中を外で遊んでゐますと  さうな人達が火事跡に来て  さとを我慢しなければならなかつた  さをチラリと見せる  さに育て上げた  さと寂しさとには馴れていながらも  さに李太郎はもう口がきけないらしかった  さに襲はれてし  さの人工雪でも作る  さの角板が出来た  さの雪の結晶を作る  さを見抜く  さが想われる  さに不恰好な階段を築き上げている  さに身をすくめずにはいられなかった  さに雪渓の端が顕れた  さに比較すれば  さが早や半は夢のような懐しい味に変っている  さは加わり  さは十坪位で一間位の深さはある  さに帽を振ったり  さを味うが如くに暫く立ち停って  さで何か動き出した  さは其三分の一程もあるか  さに垂れ下った  さま両膝を突いて身構えた  さが胸の奥から湧いて  さに深く刳れて  さがすぐ眠りと連れ立って  さを有している  さとが溢れている  さに大岩が重り合って  さとなるので  さに心をうたれた  さが劣っていると言って  さは疾風に似て  さだけつける  さになっていました  さの知れない  さはあるが  さに湯玉を飛ばしている  さが測られない  さが身にしみて思い出された  さを仮りてと橋の上にかかったが  さだけ高くなる  さでは有るが澄んで  さに取落して  さも苦さも無くなって  さが有ったればこそで  さも図々しさも無くなって  さを貪る  さなどを考え  さへ見ても見ても  さにまで積つてきました  さを感じますが  さの感じがあった  さの度をある  さに至るまで  さにどんよりと黄色く流れた  さほどのものがあらわれた  さを転換しようとした  さに心を惹かるるとも  さの処に並んだ  さを味わいたい  さだって女なぞより早いかも知れないから  さに思わず眼を閉じさせられた  さもなくとも直接事件の調査に立ち会った  さを訴へてやつた人たちが住んでゐた  さを湛へてゐるではないか  さうな予期を持つて  さを追い出したかの  さではある  さへ到底立ち  さはどの位痛切だか知れなかつた  さを持ち出す  さかひをした  さも今日見  さは二百尺位に達する  さのみ気が乗ったでもない  さほどにも思って居なかったし  さほどに感じない  さをしたう  さほどでもあらへんやないか  さに落つきの  さに燃えて居る  さは納まり  さに胸をワクワクさせながら歩いた  さについて居ないと云う  さと自放  さをいよいよつのらせる  さの所を一つの火の玉が水平に飛行したという  さがっていて  さをかんじました  さを感じなくなって  さをすいとってしまったからです  さに襲われたり致します  さで胸が一杯になりました  さがいやでたまりませぬ  さを深く感じました  さも大きかつたし  さを補うべき  さをむさぼるかの  さと書籍の内容は必ずしも伴なわない  さが身に迫ると  さは一入なり  さがった青白いランプの光りで照らされています  さうでないやうでもあります  さへ湛へる  さと静けさと安らかさのなかに万事を止めて  さと思われる  さが雪の研究には丁度良い気温であることが分った  さに対して特に強いとは思われないにもかかわらず  さを感じなくなる  さで破裂してきたので  さがさらにはっきり眼についた  さで叫びだした  さをまた見出した  さをどん底まで感じてみようとした  さを有する  さによって隣人らの邪魔となる  さを忘れるまでには  さをどんなに苦しんでるか  さかであるように見なし  さで批判する  さで刺激された  さのために石ころの間を登ったり滑ったりする  さとうれしさとで震えていた  さからというよりも  さをもっと早く感じなかった  さに苦しんでいた  さなどと戦ってる  さに微笑んでいる  さを恥じながらも出かけていった  さを与えていて  さは二人のまわりから消え失せた  さと大きさとを自慢していた  さは富士おろしの  さを呼ぶが  さを読みとる  さで一杯になった  さに砕かれ  さにめぐり逢える  さがかえってくるに  さは一そう目についた  さにとりこになって  さを忘れるね  さでもありやしないやね  さを大きくする  さをもっていたら  さに行はれんとすと  さをうたった  さに導いて行った  さに身震をせずには居られなかった  さの苦悩が彼の人の胸の中にも横わって居る  さうだとすれば  さが起った  さは最も彫刻的の微妙さを持つ  さで一杯の此の腕白少年たちは手を拍ち鳴した  さうな食物が並べられ  さを見るに見兼ねられて  さと申したら  さは後日人の口より色々と聞き及びましたが  さをいふ  さへいかがと思ふばかりなれば  さこそはこ  さま摺れ  さが見えて  さま整然として坐り直る  さま追い縋って  さの恐るべき  さを表せば  さを僕は今でもはっきりと思い出す  さはその性質の猛々しさを証拠立てている  さを持つかの  さとその辺の石に腰をおかけになります  さに大槻の浴衣を着た  さと嬉しさとが胸一ぱいになって  さを私はつくづく情なく思うた  さを想いやった  さをいたむ  さを凌ぎかねて  さと薄さとを持っていますよ  さの余り顔を赤らめさせなくてはならない  さにも同情を持ってくれるだろう  さと切なさに苦悶してゐた  さが分るけれども  さに堪へ得なくなる  さに当たった  さが十分の一でもあるだろうか  さを想いだしていた  さを想像していた  さは身にしみる  さを割る  さすら覚えた  さや重大性から眼をそむけて  さはただならぬものがあったから  さはもたないが  さを送っていた  さりと落ちかかった  さが凉し  さと健康が羨ましくもあるが  さばかりで肯定してゆく  さに持っていた  さになってきた  さに適応する  さうもないのが聊かもどかしく思はれた  さを紛らせようとした  さと何処かへ行つてしまひました  ささうに溜息をしました  さが甚だ素朴に身に触れて感ぜられるので  さが押し込んできた  さにつけても  さうな歌をうたつて居りましたが  さにうるほ  さとを見た  さすらひ来た  さにかえって心をひかれる  さかえ自分でもなぜやろと思うとってもわからん  さで日光をうしろからうけて  さも暖っ  さに息をして  さに感じて居た  さをもって立って居る  さに包んだ  さの入って居た  さおく光る  さほどの危険を感じていなかった  さに初めて堪能した  さのために上衣も胴衣も脱いだ  さましてくれたからだ  さはさらに衰えを見せなかった  さな汚れた  さのあまり甃石の上に立ちつくした  さの隨分嚴しい  さに軋む  さが身を責める  さうした念想が踵の方まで流れかけてゆくと  さかさまに上を向いていて  さだけがわたしの耳もとで唸る  さを増して熟れすぎた  さかさまに上を向いてゐて  さうな痩男がひらひらと紙幣を屋台に差出し  さでこの世を広く潤す  さなのかを学ぼうとしました  さで優るかというと  さを疑う  さを省みる  さがあるとは考えられない  さへの知識は美しい物への直観と結ばれない  さへの理解の基礎は直観を措いて  さを公衆の所有にする  さに包まれて終るでしょう  さが僕のなかで通り過ぎた  さうで  さを恥かしいと  さもなくとも正体の掴み  さになっております  さを庇はふとする  さを氣遣ひながら  さを出してし  さを切り  さは比喩を見出す  さに浸り込んだ  さとが強く働いていた  さとその資力とを聞き伝えた  さのことや疲労のことなどを言って  さを忍ぶにも  さと窮屈さとに気分が悪くなりかかる  さに心ひかれた  さの情に堪えなかった  さにたまらなくなっていた  さをあまり感じない  さが出て来  さから多少紛らせる  さにとらえられた  さといらいらした  さより苦痛と不安とが次第に加わった  さを追求すべき  さを欠いている  さが充満している  さについて語っている  さを見るが  さを加ふべし  さには弱くて体の自由がきかない  さには事欠かぬ  さが私を自失せしめる  さで鳴らして聴いてみたが  さうな機会を捉へる  さへ読めば  さとかいうことが像そのものの感じを動かすではないか  さや構造やまたは光線の取り  さを求め  さまで発達は見られない  さの余り歯の根も合わず  さまで結ばれても見えませぬ  さが耐えられませぬ  さも物に恐れた  さがもうむらむらと頭をもたげてきた  さるるの種を蒔く  さが増して行った  さにせき立てられる  さを買って来る  さだと言っていた  さは久しぶりに甦った  さを楽みながら  さを色々と話してくれた  さのものが沢山作ってあった  さに当てられて  さかと思わる  さに慣れて来る  さうな鬼のやうな顔をして  さうな哀願の声が洩れて来た  さうな苦笑を浮べながら  さに慣れてくる  さで三十数名の男の社員達は一様に上衣を脱いで  さで上って行く  さにそれを持ち上げた  さと不滿の表情で收斂した  さを口の中にこらへて居たが  さの二倍にも三倍にも延びて  さの厳しい東京のある  さもあったのに  さに妙にこだわらずにはいられなかった  さに近いものを感じていた  さに代へて  さが湧いて居たのに  さのやうに思はれる  さうした毒物の麻醉を借りずに  さを一時に吐き出す  さのまだ十分にぬけきらない  さへ度重ねずにはゐられなくな  さを投げてゐた  さうな表情でいつた  さを装つてゐた  さのきびしい草場を離れて  さにもめげず引きずっていた  さに彼は目をまるくした  さは借金とりのきびしさとは様子がちがっている  さを感じさせて  さが骨格たくましい全身にただよっている  さに横へ彫り抜いて  さに窓の外の地面が見えた  さにみとれている  さで押流されていた  さは見えるが  さのみ分化してゐるとも見られないが  さうした様子がよく見える  さうした表現法が残つて見える  さうした意識を以て見る  さへするので  ささうに笑つて行く  さになっていて  さは略等しいと云って差支えなかったが  さにまゆをひそめている  さでは風邪をひくにきまつていると思い  さがしみるとみえ  さでいつ  さはだれの目にももうなれて来たが  さり思いきり  さがむきだしに  さを読んで  さが痛感されるばかりでなく  さり見せつけられた  さへみえる  さと行つてしまう  さり尾関にそう出られて  さに差しあげながら  さとして軽べつする  さは加わっても  さまで浮ぶ  さへなされは  さの中でも慎しみぶ  さに好意をもつ  さに震え上がり  さを感じていましたが  さに浮いて  さを感じぬ  さには我折れよう  さをたべてゐました  さを以てめぐる  さが六尺ばかりの八角の棒が二本運び出された  さうして疣のある  さがもうちつとあつてもい  さを醜さとして描く  さり云ひ出して見る  さと行つてしまふ  さの臭ひが移ら  さと着物を着はじめ  さうな声でさう  さに負けてしまふ  さが憎くなる  さと廊下に出て行く  さかひなくつかまへて来ては  さや虚無を堪へて  さはどこにあるかといへば  さへなくなるだらう  さもありなんと思はれる  さをもつてゐたと論じる  さの限りであると嫌悪を感じ  さほどのあらも見せず  さをいつも心がけているという  さをつくりだす  さはどこにあるか  さがそこから出てくるには  さで進んでいく  さがしをしたり  さを感じさせたりしては  さの半分を失う  さをへらさぬ  さの性質がちがう  さへもちよつと危険かも知れぬ  さと関係がある  さの臭いが移ら  さに負けてしまうのね  さや虚無を堪えて  さに當るところから望む  さは夏季に勝る  さり瀧の水に流してしまつて  さを考へると  さをもて  さも日本には見ないと説く  さの美がある  さとはまだ世界に本当には知られていない  さにまで到達している  さを春水や種彦のそれと比較されると  さに導いた  さが流れてゐる  さに小さな手を叩きながら  さを語つてゐる  さを春水や種彦のそれと比較されるという  さに小さな手をたたきながら  さを示していない  さを知ってしまった  さとは違う  さが一度に消えてしまった  さを思い出してしまう  さの底に隠れている  さも消えてしまって  さで一層薄汚さの目立つ  さをあらわにしてゆく  さで思いやられた  さを覚えて涙ぐんだ  さに限度がある  さが長過ぎる  さのみ月光に執着を持っておりませんでした  さのみ不自然ではありませんでした  さに我を忘れてほほ笑んでいたと見えた  さすっておりましたが  さ来るさの人が眼の色を変えて騒ぐけれども  さのみ行きいそぐべきにもあらず  さは一尺ばかりあるが  さは五尺ばかりあらうかな  さうだと思へば  さうだとさう  さうな権幕をするから  さりとしもしませぬ  さにまぎれていたが  さを誇るに適すべし  さへ淋しき夜景に一層の閑寂を添へし  さを述べていふ  さはあたかも綾羅を透して見たる  さを示したり  さを忘れざるべし  さで凍った  さを十尺とすると  さと海の青さも此の評価を助けている  さにかけては並ぶ  さに立って眺めて見た  さに欠けている  さはアルプス山彙に属する  さで死んでゐるが  さに声が縺れた  さと光栄とを棄てて  さへ自からの家庭に就て話す  さうな樣子をしてゐる  さやそれを扱う  さの残りを示して居ながら  さや深味の少い淋しさを与えている  さと自立を愛する  さとの間に生じる  さにひかれる  さやもろさから生れている  さも愉快らしい微笑を頬に浮べていた  さを含んで  さを絵に残しておきたいと思います  さが日増に快くなる  さへも彼は眠気に襲はれた  さが頭の中でジーンと鳴  さとの闘ひは  さを現實に結びつけて  さを持ちつつ  さを獲ち  さに泳いだ  さは減殺される  さを友の心で楽しむ  さに襲われました  さとの表情をしていた  さを知っていたから  さや肉体の苦悩を忘れはてた  さと色合いとに富んでいた  さを見てとり  さを乱さない  さのうちにあった  さはやがて人々の同情をひいた  さにうんざりして  さで愛せられる  さしてやると脅かしていた  さで眼覚めてくる  さがあろうとも  さも熱烈さも劣るであろう  さで息子をながめた  さうに遊んでゐます  さうな微笑をうかべてゐます  さへぐらぐらしてゐる  さがることをゆるさぬだらう  さは何よりも体にこたえる  さが込み上げてきたよ  さときたらたまりませんな  さの半を覆われて  さと修錬の深さとを示している  さがよく分る  さのうちにも一つ一つ違いがある  さは分っている  さかって叫んでいた  さと訓ませる  さも相応にあり  さはたいして違わぬが  さが少年の心を弥が上にも刺戟した  さはめでたい記念日の賑いに浮き立っていた  さを見せつけられて  さが縦に列んでいる  さは始から知れていた  さまで八幡社の境内までたどりついた  さまで来た  さや夜の闇までが一しおに募る  さもなくば鏡の前に立って  さを喋々する  さで脳味噌が少々ふやけた  さにはすぐ慣れる  さも空しく過ぎてしまう  さには本当に死に  さを読みとった  さと親切気とでもって  さがあったら  さと褒め  さとして押し寄せる  さと悲哀とで一杯にした  さ言うのはやめにし給え  さで満たした  さがわかって  さと川幅を増している  さとを感じていた  さを息づいていた  さが去ると  さに笑いだしたが  さのあまり危うく玉蜀黍の中で死ぬ  さと太さのみみず腫れが出来ていた  さといふのであらうか  さに腹が立つた  さに捩れからんだ  さが手伝って  さも邪魔物のように自分の頭を下へ幾分下げて  さで聴くと  さに混同されて  さともいふべき  さに恐しく  さを手に感じて  さでついて来ます  さでついてきていた  さを偲ばせた  さは一生涯忘れる  さん抔先達で相談最中なさうですよ  さま跳ね起きたる  さへ先生の誠心に動かされて  さへ愧かし  さに慄ふ  さが御解になりましたでせう  さへも穢はしい  さは厳冬半夜のお月様をして  さへ彼の唇を引ツ裂いてあげたい  さへも自由になられた  さでみんなカゼを引いてしまった  さうもなかつたので半身を乘り出して  さは急いで  さは如何にも八月の高燥な暑さや澱みなき日の光と釣り合って  ささえ感じて  さへお茶づけにする  さと思ふ  さが見る見る  さに呆れさせられた  さにまいっていた  さを倍加して行った  さを冷笑するかの  さを想いたまえ  さのあまりなるべしと  さ推して知らる  さはいかにという  さなりとのみ答えて  さがれるを見出さんもしれずという  さまでならず  さでやむべき  さに堪えざりしか  さも不気味さも感ぜず  さを持ち出した  さを与えるらしかった  さも感じていた  さで一杯になっている  さが踏み止まった  さを予定する  さが表われた  さが辷り込んで来た  さほどの腹癒せもできずにいた  さに迫られた  さを感じて擡げた  さに震えながら立ち竦んだ  さで好い加減冷えている  さに震えた  さうな顔つきで歩いてゐた  さに顔を赤くし  さとうれしさとで息もつけなかった  さをあらゆる夢想に交えてきた  さで人を包む  さをそなえていて  さしたことを詫びた  さはよくわかるけれど  さは一種の強みとなる  さしたあのちょっとしたやさしい皮肉を見せつけた  さで彼女の言葉を聞いていた  さも幻ももたない  さを隠しおおせるほど  さや高さにおいて得ようと  さがまた感ぜられてきた  さがってしまった  さに何ともいへぬ  さ寂しさはどんなであつたらうかとお察してゐます  さに無理な算段をした  さも呑気そうに話していながら  さが勝って  さが過った  さのみちた  さのなりに薄っ  さに亢奮をかくせなかった  さも思いすてようという  さにうたれた  さと逆流する  さで十分に感動する  さ堪えがたくなって  さが最もおそろしいと主張いたしました  さが極限に達した  さで死ぬなんて  さにまさる  さに模型されて  さが在ろう  さの完成だけを願って居ります  さのよろこびだけで生きている  さが出ていると  さと思いちがいして  さからのがれよう  さに限度が出来たとしても  さまで究めた  さとは性質を異にした  さが湖上に流れ出したと見ると  さを避けるくらいの  さのみ執着を持つべきではない  さは駒井の鑑識を以てして  さに終始していたが  さや縁取りの工合を見調べ  さでめり込んでいます  さと円みとを具えていました  さのしみ出して来る  さが短時間減退する  さの適当である時に最大の涼味を感じさせる  さと寒さを与える  さに酔わされた  さといったようなものは見えなかった  さと鋭さに緊張した  さの形をとって現われた  さの中にも何かしら多少の苦みを伴なわない  さとはちがって  さは実はよくおぼえている  さを抱いているといった  さりともたれかかる  さは千年位に私には思われた  さへ老い  さに胸がはりさける  さもなくば名士が相手にならないよ  さであろうと思う  さにあおあおと麦が伸びて  さ入ってちっと休め  さを瞼のうえに見せた  さばかりが先に立ったが  さが一日ずつふえてゆく  さは人間のいのちとすれすれにあるほ  さは絶えて見るべくも  さがのしかかって行く  さが見えるばかりだった  さは二人にとって何か突然な出来事の期待をかけるほど  さの中では一際まばゆいような眼鼻立を見せていて  さを表わしていた  さにいよいよ彼らは心にある  さが倍に見え  さを永い間忘れてい申した  さにしみ入って眺めた  さのなかにいていった  さを申上げたら  さに父の方にすり寄って行った  さを一心にこめていた  さがすると  さと狙いの確かさは二人の精神的に重畳された  さの壇に何の苦もなくのぼり  さうな眼で菊次さんを見るとかういひました  さに向かって  さのあまり夢中になって  さは逞しく燃え上がり  さがちょうど環境の複雑さに適合した  さが鞘のなかに萎み込んだ  さに枕にしがみつくほどだった  さに悩まされなければならなかった  さに陶然とする  さに照り映えて見える  さに拝せられ  さには驚かずにいられなかった  さ大きさを構成しえた  さをときに応じて  さもてこの嫉妬の暴虐から私をお救いくださるならば  さをお示しあそばされ  さが意識に浸み込むにつれて  さを疑わなかった  さがたくさん仄めかしてあった  さを放  さを実感した  さを以て何里となく東へ足を伸ばしている  さ或は草に伏しかくれ  さと蚊に攻められて  さを持って居たが  さは普通木綿の二三倍もある  さは忘れられない  さにこごえたか  さもどこまでも平均され  さを魔法的に考えて居た  さが徹底しているから  さ過ぎる百姓姿を見て  さがキラキラ燦き渡っている  さが強く子供の心を捕えた  さ程深くもなかった交が絶えてから  さは物足りないところで控えた  さに於て作りたい  さに浮ばせる  さと砂ほこりにみんなが倦み疲れる  さを引出して呉れた  さはこんな無理をしきりに考えた  さうな山があった  さを知っても  さを笑うな  さを感じはしたが  さな骨だけは拾ってくれ  さと強さと力とをもって  さい事件でも起こらなけりゃ  さを雑えた  さは何時までも続いた  さに声を亢ぶらせ  さをクッキリ抜いて  さを裂いた  さに連れて  さあ殺せ  さを伝えて来た  さをとりもどしてゆこうとする  さの緩んだ  さうだと報じた  さも知らぬ如く  さい笑に眼は暗ながらギラギラ光つて居た  さまでスウと消える  さが残つて居たが  さが背に迫るので  さへも載つて居る  さとがそれによって感ぜられ  さを示すだけの  さが殘つて居たが  さのひそんで居る  さのする  さが何となく人間の不思議な運命の縮圖のやうに思はれたりするので  さに捉はれてゐた  さをそそつた  さを顏に表しながら  さの中に向う側の八つ並んだ  さは億個を並列して  さをミクロンまで精密に測ろうとして骨折った  さを負はねばならない  さに芸術精神が圧倒される  さを痛感している  さに求職していないと報じられている  さを誇って来た  さも才能も生活の力も使いへらして来た  さをもつと思います  さも感じられていたのに  さを測ったり  さうもないと云ふ  さうで関係のない事が沢山ある  さまで登つて見ると  さを堪えがたく悲しんで  さばかりを帝はお覚えになる  さばかりをお覚えになって  さが味わわれた  さはかな人間でもほんとうに悲しさが身にしみます  さを見せまいと  さも紛れるであろうかと  さがせめて一部分でも晴れますほどの  さも隠していただいて  さをどう始末いたして  さしたのだと思い  さも武装した  さが隠れている  さの理論家たちにも共に加わらなかった  さの腹癒せをし  さから来た  さを見てとりながら  さに驚かされて  さにクリストフは我慢できなかった  さをあまりに感じていた  さまでかは自分にもわからなかったが  さばかりに向いていた  さに圧倒されてるだろうかと考えた  さに叫び出したいほどだった  されるきつい音が聞こえる  さなどを見てとっていた  さを見てとっていた  さで彼を見守りながら  さを見ないで  さに及ばなかったので  さをかくそうとすると  さないうちに見込がないと云い渡されていたら  さとたたかっている  さに肩をふるわせ  さが上から下にさがってきて  さでひびが入らない  さへた上着も着ようといふ  さまこいつだなあの電気網をテルマの岸に張らせやが  さも自身でつとめて補って  さの起こる  さに部屋着だけになっている  さが見えた  さで近づいている  さで自分を征服しようとしている  さをしいてつけている  さを恨みもはてぬ  さを感ぜずにいられない  さを十分に備えた  さのますます明確になってくる  さがかえってくる  さを害するばかりである  さに驚きもしたが  さのせいで垂れは上げて  さかと疑われる  さを幾分か助けた  さが湧くばかりで  さが襲ひ  さを閃めかせて  さが窺はれた  さのみが省みられて  さを妻は哭して止まず  さも随分ときわどいものとおもふので  さへ襲はれ出した  さうな堪らぬ  さに引き  さで身動きも出来ず  さは一通りでないということを想像すればするほど  さは察するに  さに書読み物書くを  さはいはん  さにそを捕へて  さを作っている  さに女がおびえてもいる  さがたまらないものに思われる  さは千夜にもあたる  さを覚えていると  さをおさえて  さに小君を使いにして  さというようなものが感ぜられた  さが源氏にわかったであろうと思われる  さはありませんが  さが慰められる  さを源氏に説いて聞かせた  さを深山の苔にくらべ  さからこれほどまでに誠意を見せた  さなどはおありにならないのに  さの中に生理的な現象らしいものもある  さを宮はお思いになっても  さを源氏は極力おさえていたが  さを人よりも深くしみじみと味わっていた  さがつのって  さが思われた  さから次第に解放されていった  さに二条の院へ車を進めさせた  さが宮のお心を動かした  さがかえって添ったかの  さなどを女王は思う  さの山を誰かたづぬる  さを現わしていた  さからよく桐壺へ来た  さに泣いてもわめいても  さはとても前日の比にあらず  ささうな処が見える  さを厭へる  さへも二人の長所が善く比較せられて居るので  さいぢらしさは何ともいへぬ  さを認識しながらも  さも容貌の美も源氏の心を多く惹いた  さに源氏が行くと  さに汗を流して  さまさる撫子の花花を子のように思って愛する  さも少し感じたが  さに誘われて  さに見せる  さが自分にあると思う  さは増すばかりで  さはなくなったが  さを感ぜざる  さを多く備えていた  さが少なくなりはせぬかと思われて  さを味わわせていただいた  さと美しい感じのある  さの山にまどふかなほの見し  さ迫りひとり來りて園内の木立を行けば  さの昨日にまさる  さの湧きくる如く高まるを忍びて  さに悲しみ  さに臨む  さをも語っていた  さの見舞いに村へ来ていた  さにいる  さが来ていた  さとおそろしさのために震えている  さを続けていて  さだと言われた  さの前に頭をたれた  さに自国の学問と言語の独立を主張した  さはそれを迎えた  さも山の上へやって来る  さが彼の内部に奥深く潜んでいたからで  さで本陣庄屋問屋三役の事務を処理して行く  さは曲がりくねった  さま申し上げ  さに中って  さに伸びている  さにはいって見た  さは寛斎の心を不安にするばかりであった  さでわかるという  さを口にする  さ過ぎると思う  さにも疲れ  さで早くこの世を去った  さは宿の人の目をひいた  さん姿の男にあった  さの恁許りであらうとは  さを競って  さに身のうきほどぞいとど知らるる  さの思われる悲しむべき  さなどが東宮と非常によく似ている  さは男の魂を奪うだけの  さが深く思われて  さにあふれた  さの覚えられる  さを思ってみたりした  さが備わっていた  さは源氏を多く喜ばせた  さは堪えられない  さを添えたと  さであることをみて取り  さには到底比べられないとの  さも痛切に考えられて  さも消えていく  さも今度は特に目を引いた  さを少し加えたら  さもお覚えになる  さと悲しさがかもされていった  さは行幸にも劣らぬ  さに見なれし  さの備わった  さがつのった  さがつのるばかりです  さも感じている  さの頃も経にけり  さが新しく感ぜられる  さが覚えられて  さに堪えられなかったし  さに苦しまねばならぬであろうと  さすらへぬとも  さも強く感ぜられます  さも推し量って  さに昔の追想される  さから思っても  さから癖になりました  さに満たされていた  さはわからないだろう  さはどうなされ  さを惟光たちは思った  さも紛れる  さにあかしかね  さをおさえていた  さが思われて  さも目に髣髴と描かれる  さを添えて  さを見ては  さに恋しい人をのぞく  さの昔に似たる  さも対象とする  さを斎宮は補ってくださるでしょう  さを苦労にしていた  さがふえてくる  さに達するほど  さをだれよりも先に認められようとする  さはひどくなって  さを書いていた  さも比較して考えられる  さが追い追いに見えて来た  さというようなものをお感じにならないであろうか  さをあくまで持っていて  さが誘われた  さにも接する  さが満ちていた  さをよく知っていて  さを切に感じる  さもうれしく存ぜられます  さの見える  さも救われる  さの多く加わった  さがしからしめる  さを顕わに見せる  さを思いまして  さに聞こえた  さがほと  さにはつりあわぬ  さの咎で済む  さに落ちる  さを昔に懲りぬ  さも心づか  さを経験された  さはおありになって  さ悲しさのまさる  さにわれらは東京なる都市に対して始めて江戸伝来の固有なる快感を催し得る  さとやや似た  さに遇わなければならない  さは眼を驚かすにいたる  さに胡粉の色が変った  さが増えているのに  さに萎たとあっちゃ  さでどんなにも出世ができる  さがなくなってはと  さ浅さをも見て  さと恥ずかしさで二人はものも言わずに泣き入った  さはやはり源氏の舞い  さがこうほめられる  さのつのるばかりで  さへづる春は昔にてむつれし  さと高潔さが衆望を得て  さは骨の髄まで知っております  さに切縮めると  さにまで燃え縮まってきますと  さにおとどは慄え声になっていた  さを忍んで  さが切実に感ぜられる  さを味わいながらも  さの価値を十分ご存じでいらっしゃるでしょうが  さを拝見しているだけで  さのあるすぐれた  さの感ぜられる  さを紛らせていた  さがあの人にあれば  さ浅さはそれだけで判断される  さがそのままこの人にもあって  さが見せてある  さが見えるだけの  さへはかなくなりもこそすれ  さから何とも言わない  さかたじけなさが身に浸みまして  さに苦しんでいる  さが記録になるほどの  さ浅さはあるだろうが  さを見せつける  さにこの中将を味方に頼む  さ悪さで態度を鮮明にしないではいられない  さから自分は救われるかもしれない  さは知らず知らずに  さの思われる  さが浮き出して見えた  さと登山口を物色する  さも清水峠の方が二百米突以上も抜いているから  さの欠けた  さに促された  さはこんなものであると思われた  さに顔紅くなり  ささえ覚えました  さを守り通して  さから起る  さはいよいよ光が添った  さに相応して肥った  さがそれに添う  さが想像されると  さの忘られない  さが何層倍するだろう  さうな部屋の扉を叩いた  さも悲しきことも知らぬなり  さがまた加わった  さと今を比較して考えてみたが  さは劇場あって  さとおもたげの振とを  さを嗅ぎ分けて  さ悪さを比較して嗅ぐ  さは浮き世の常になり行くを忘れぬ  さくらべをして見ると  さに窓から首を出して  さしたりなどした  さを演技指導ないし演出で補うなどという  さを俳優に知らせる  さが倍加しなかった  さの過ぎるほどにも出過ぎた  さと落膽した  さに些と横向いて  さへ歩けば  さが白く見せて  さが輝いた  さをも包み込み  さに息もたえだ  さに快い眩暈が交じる  さをふたたび見出す  さを知らなかったら  さや粗暴さにもいらだたせられた  さと滑稽さとがいっそう目立つ  さが胸いっぱいになった  さが彼女から発していて  さとさるればさとさるるほど  さもなくば僕は自分の作を撤回します  さが残っていたら  さを知ってただけに  さがあるには  さに襲われたりするにもかかわらず  さも死にかかってる  さばかりでなく私たちの心をうつ  さを傾けて  さを浄化するという  さで描かれていた  さへも独立して  さへいづれも  さうだのにすぐに医者を呼びに行かん  さが一時に胸を充たしたので  さと落胆した  さとか柔軟な感受性とかいう人道主義的な枠の中で理解するだけでは足りないと思う  さが出てくる  さが彼にある  さが欠けておいであそばす  さを苦労に思った  さであろうと恥ずかしくてなりません  さできれいに整えられてあった  さで振り分け髪に直衣を着せられて来ていた  さばかりが湧いてきた  さからこんな悲しい思いをする  さと差別のつき  さに満たされ  さが恨めしく思われてなりませんよ  さもせき  さを紫の女王に発見される  さを多く含んだ  さも頂天に達した  さのあまりに病室へ来ては  さが明石にうなずかれた  さなどを院は気持ちよくは思召さなかったが  さの制限が設けられる  さが朝子を我にかえらした  さをまして最後の行を書き終る  さを意識している  さであることもわかる  さがこもっていて  さでそれが感じられている  さが通りにみちていて  さからの目立った  さと見物席の若さとが両方から無邪気にかけよって  さもつよく感じられる  さに充たされ  さは分り  さなのであらう  さと露骨さとを撒きちらす  さへできたら  さに芝居に行くといふ  さを知らしめる  さに当時名古屋県の福島出張所から名主見習いを申し付けられたほどで  さに部屋のなかを静かに歩き回っていた  さに妨げられて  さまではあるぞとした  さから受ける  さとした  さにはいって見る  さが彼の胸にわいた  さを持ち続け得たろうかと疑われるばかり  さを想像し  さをも想像して  さと知られている  させらるる帝に同情を寄せ奉る  さであることを思って  さや場面の移り変りが大目に見られる  さとして現代の人々に尊敬される  さより救ひ  さは判らんよ  さが続いている  さが浮き出した  さと先へ飛びながら  さでグングンと下界に墜ちていつた  さへ満足なことも出来ないのに  さうだと思ふが  さにもそれ相応の程度のある  ささうな顏を上げて  ささうな心の漂さへ見られる  さをほ  さにも曇らず  さは何にたとえよう  さと戦争の非人道的な性格を実感させた  さへすりやア些と位人に迷惑を掛けても  さうぢやから登用人材の片岡君と共に残る  さを見つめ考へつ  さで金を払ひ得ぬ  さうで身體が震へる  さが私の心を掻き乱す  さで気がついた  さを多く備えた  さを継娘の不幸として聞いていながら  さから賢明な帝王さえ御位をお去りになる  さが思われ  さに院のお留守の夜の寂しさも慰められている  さに女御は六条院を去り  さが備わり  さの脇息へ寄っている  さというのもまたこうした夜の音楽と虫の音がいっしょに立ち上ってゆく  さなどは少しも受け取りえない  さが何かの場合に見える  さを拝見する  さに一心をこめて  さにあなた様を他へお渡しする  さに取り乱して  さと可憐な美しさがすべてであるような方を目に見てからは  さに過ぎた  さしたままのようにして  さもないお心ではあるが  さをお感じになって  さと艶な趣は備わって  さから長く救われたいと言って  さから訪ねて行く  さをさらに書き送る  さのしみ渡る  さもおさえ  さにさえ反感に似た  さも今さらに思われて  さを忘れつつ  さいまだ目にのこる  さにあらずで  さをなしている  さにお泣きになる  さから恥ずかしくばかりおなりになる  さしたまま院は言葉をお切りになって  さも少し紛れた  さがおありになりますよ  さが倍加されて  さの限りだにある  さに夢の悲しさも紛らされてゆく  さが強く現われては見えるが  さを少し越えていらっしゃいます  さがあっても  さにどんつく  さをそそり立てた  さまでが人からほめられる  さに惚れている  さでうきうきせずにはいられなかった  さに紛れてか  さはつのるばかりであった  さでお話を申し上げようとする  さだけは聞いていただきたいと思います  さに胸のふさがる  さが胸に詰まるほどにも  さほどに意識しない  さがそれでも知れるが  さも消えるかもしれない  さを告白する  さのおさえられない  さはかな人間をさえも  さばかりを歎いていた  さをお感じになった  さの慰めがたき  さも思われる  さより外は知らなかつたので  さに堪へ兼ねて逃げようとしては  さもきわまるかと思われる  さを史上に残す  さになって流れてくる  さは昔今とも思ほえず  さを体験すべく  さをだれも訴えたい  されるのであるがあまり御面会になる  さのお慰めにここへとどめて  さに院も微笑をあそばした  さに院は入道の宮の御殿へおいでになった  さ浅さと故人を惜しむ  さの現われた  さを感じたに  さが深く思われる  さは道理至極であると言わねばならぬと  さとの花橘は今盛りぞと  さに時々夕霧はこうしておそばで泊まってゆく  さに美しい容貌も想像される  さもすぐれた  さを掴んで打った  さまでにも思わずに  さが廂を通し  さにいいわけする  さに悶えた  さを限り  さほどに感ぜざるべし  さするマジナイあり  さまおよび出来事に関したる  さてはぬす人ゆたんはしすな  さを失はなかつた  さうな視線をやると  さうな会釈を返したが  さうな返事をしてし  ささうな葦原醜男と顔を合せた  ささうな声をかけた  さがかすかに湧いて来る  ささうに報じに来た  さを踏みにじりたい  さも堪へ兼ねた  さをに延びました  さはあるといっても  さをたしなめたりした  さが添っている  さに自邸へ下がっている  さをその人も持っているからであると  さとして肯定して書いた  さに止って  さはあるので  さの天然磁石もあった  さに保つ  さの鉄心の周囲に銅線を数回巻きつけた  さを水の電気分解を用いて  さをこめて描かれている  さの可能をもった  さを感覚の上に残して  さと言わなければならぬ  さのみ動揺はしなかった  さほどの乱刃が月光の下に行われた  さまでの同情は持てないらしい  さのみ末節にかかわるべきでもないと  さに呆れるわ  さがるほかには手がなかったと思われる  さということに目頭が熱くなってくる  さがわかって来た  さを感じませんでしたが  ざを外して  さをお感じさせる  さ浅さも御明察くだすったら  さから辞し  さが水の上にさえ見えて  さしかへる  さに向かう  さをいとわしくお思いになる  さ各一尺五寸なる  さを奇数にきるべしといい  さは例え  さを心に持って  さも紛らして  さ脆さをお感じになっておられる  さ脆さを知りながらも  さに心をおどらせて  さが添って見えた  さのみ珍しくない事とみえて  さうで出せない  さなど混じっていない  さみにすがついたさ  さどさ打まける  さは身に染みて  さが感ぜられたので  さは一生を通じて例のないことであつたと回顧される  さで饒舌散らす  さをかこっている  さを覚え出した  さは愚かしくさえ自分を見せている  さもわかりましたし  さも思われまして  さを思っていただけば  さを話題にして語る  さにつけこむ  さの中に沈んでおります  さはこうしていつもごいっしょにいる  さはかな女であるにすぎぬ  さもまったく去っているという  さから冷淡を装っていれば  さを見失わせる  さをお恨みになったが  さをお感じになる  さと飽き足り  さの人のよさがみずから嘲笑される  さを覚えさせられる  さをきわめたく思った  さに馴らされた  さを今以上によく見もし  さに特別なところがおありになります  さをかこっていた  さからつまずいて  さに宮も深い悲しみを覚えて  さはさぞとお察しができて  さまさる木の本を吹きな  さを添ふる  さはまさっていくばかりであった  さをさらに感じて  さは少し慰む  さは見捨てられない  さも紛らされていっても  さに姉を煩悶させ続けていた  さはかにも見える  さがあらわになり  さも苦しさも話し合う  さが寄ってきて  さではあったが  さが心をよく賺して  さに歎息しながら  さを実証した  さのつのるばかりであった  さを中の君は感じた  さとから採ってい  さとへ行ったって叱られちゃった  さもしらないで  さに心が躍る  さを今は自分の総ての感覚にさえかんじていた  さを募らせた  さ寒さをもった  さが私を一層泣きじゃくらせている  さの紫いろの花がぽっかりと咲いている  さを生じさせている  さに圧しつぶされて  さを我慢できる  さであるかを知らない  さを見出していた  さを帯びている  さに驚かないではいられませんでしたが  さがすぐれて  さにたとえられた  さなどは持たぬ  さはまさるだろうと思われます  さにおく  さは覚えながらも  さに愛の言葉などはちょっと口へ出ず  さのせいだとあなたは言っていたから  さを覚えさせられているだけである  さがお思われになる  さがさせた  さに薫の心はときめいた  さが認識されるにつけても  さの少し減った  さを多く覚えて  さをお覚えになって  さの覚えられるという  さはどんなに苦しいものであるともお知りにならない  さを笑うであろうという  さというものは想像以上のものであったと同情を覚え  さに涙さえ落ち  さで御交際する  さにも思われる  さに堪えられなくなるに  さはかにもなったでしょうが  さと高貴さが添った  さなども常陸さんなどと言われる  さうれしさがわいてきた  さは学校でよりも近所の若い男たちの中で問題になった  さがふと胸をしめつける  さをなげきながら  さを味わせた父親への恨みは残り  さがそのまま折井の温さかと見えて  さうして呉れりや  さで家の方向へ走り去つて行く  さの余り少しあがつてゐる  さうだと言ふもんだから  さを隠しきれず  さにならんでゐる  さを考えながら  さに抵抗した  さと真暗な闇の中で起った  さを丁度テーブルの面まで延ばしながら  さを較べられては  さを外人と競争する  さを誇るかの  さが襲って来た  さを俺に呼び起す  さが芽を吹いた  さを嗅ぎつけたに  さに放心すれば  さが匂いのように流れて来る  さをうち叩いた  さのままで疾走した  さに快感を感じて来た  さがぎりぎり湧き上って来ると  さをぶちまけて  さも納まるに  さの極北へ移動していく  さで分裂した  さは前から僕は知っていた  さをひやりと腰に感じながら  さのためであろうと思ったので  さに心を乱された  さにだんだんと胸が冷めて来る  さも凄いまで蒼白く成りつつ  さに感じて  さえしたら宜いんでしょう  さはどうも一ぱん人間の或種の表情に近いやうに考へられてきた  さが第三者の僕までをあんなにも感動させた  さと暗さとが戰つてゐる  さつと落ち入りてしらむ  さも混った  さから見晴した  さだけ上りつくして  さな酒場へ行った  さの典型とも云いたい  さが一時に胸へせき上がってきて  さをやや強く書いて言って来た  さと寂しさを常陸夫人は感じた  さも慰められます  さを持っていて  さを口にしては  さを思っていたが  さにそれきりものも言われない  さには総角の姫君がただ思い出されるばかりであったから  さにも常陸の妻は心の鬼から親子を恥知らずのように見られている  さへなけや  さを見せております  さも弱さもそれらをとにかく全部的に肯定してしまう  さが挙げられるだろう  さが当時の社会に瀰漫したかという  さを示しているとともに  さにも今に思へば  さを常に言葉のなかに含めて  さに多くの悦びを感じます  さへなしに  さうな宝蔵破りを思ひ浮べて  さに二人顔を見合せて  さうな顔をして居た  さがフリント君の心を捕えた  さした物をまとめて  さにあきれて  さをみずからお悟りになる  さまでもそれに添えて  さを品よく言う  さも時とともに加わる  さに別れの苦しさを加えるだけの  さに堅くお胸へすがっている  さも宮はお覚えになった  さに堪えられなく  さで伏し目になっている  さに気のあせる  さを味わうであろうと思い  さに思い迷っただけでも  さは主として眼付と言葉とにある  さが胸にしみる  さに曝されている  さへなされば  さに我家に放火し  さいであつたさうである  さいと聞き  さが来る  さの裡に夜は更けて行った  さというべきだろうか  さが感ぜられてなりませんよ  さをお覚えになる  さがことごとに形となって  さを忘られなく思っていた  さが十分に備わり  さにより多く異彩の添う  さがわき上がる  さが拝見される  さも慰むかと思い  さも出て苦しんだ  さの思われます  さの中に楽しみを見出す  さに絶望し  さの順に並んだ  さに声をたてて笑った  さをひろ子の身にそえて  さを追っぱらう  さでまわした  さを極限まではぎとられた  さも例年とはちがった  さがわかっていても  さと心はずみの混った  さで掌にこたえる  さの増す  さで弱っている  さを知つてゐるとなると  さとをもつた  さであるにも拘はらず  さうな吃音で断つてゐた  さが先づこつ  さをしみじみ感じ  さを第一とする  さと脆さの形づくる  さかなあはれにも宴あらけて  さは彼女をいつまでも執拗なくらいにゆるさなかった  さと人目を避けていると  さが自然にでてくる  さを尼君に覚えさせる  さのまさる  さはかな者にも深く身に沁んで  さがふえました  さなどを話し合ってみれば  さのきわまり  さをいろいろにして  さを薫は告げた  さはどうであろうと浮舟は煩悶して  さま余所の眼さえ是を見て  さま何と悟るべき  さま珠運口惜く  さを奥歯に噛んできり  さあるべきやと截ち  さ羨しく  さに迷う  さうではありません  さと活気にみちた  さの真実な姿を芸術に描き出す  さとして納得され  さうな己れを憐れまずには居られなかつた  さうな土産ばなしばかりを携へては戻り  さへ空怖ろし  さを嘆じた程間もなく着いてしまひましたよ  さを莫迦らしく漫画化した  さかつた堤の青草は霧のやうな乳白色を含んで  さと木戸から這入  さと強さとを感受した  さに屹立している  さは此困難を償いて  さうな人物に田舎で邂逅して  さに焦れた  さは殆ど人の肩を没するばかり  さまで育てる  さうに叫んで  さへ育てれや  さかひも無くなつて了ふも  さなんかドレ位あるか  さを恥かしく思った  さにおどろきを禁じ得ないと思う  さを示さない  さへ人生の恋はむしろ概して先人の型を摸する  さはジュリアン・ソレルをして  さがむしろ我々に生す  さに徹した  さに業を煮やしている  さをいまだに忘れる  さはいまはあとかたなく消えうせてしまひ  さや悔ひを  さまザブリと盤台へ水を打っ  さも心細さも半ば紛らされていた  さは遠近を区別すべき  さを只一人味わいたい  さに煮えかえる  さが消え  さを増してきた  さかさまになり  さもあるわね  さというものが分らない  さの三つでできている  さの外になにもおぼえていない  さの上に一メートルの長さをつぎたす  さというものをぜんぜん知らない  さに接すると  さなのかも知れない  さうして立つてゐる  さも続けて  さを忘れます  さになるのに  さが静まって  さをぞ思ふと書いて見せましたら  さが想像せられます  さに甘えた  さの御障り様もあらせられず  さが続いていました  さ見せてゆく  さには変りがありません  さが一方には読者に或る親しみの念を起させ  さは脳裏に焼きついてゐる  さがそれを許さなかつた  さとでも云つたものが彼の作品にある  さの秘密をさぐる  さのさと座に戻る  さを辿って  さが不可いんだって  さも短かくて面白くありません  さはぼくのせい位あります  さりと投げ落された  さを見出す  さしながら早くも散るや  さなり実相を写生している  ささぎの森厳な空気をよく出している  さを称えるには  さに好感がもてる  さをまず描き  さをあびて  さを魂のそぞろになる  さへゐ  さを説くと  さに背中へ突き  さと口惜さに二階の暗がりで風琴を前へ置いて泣いて居り  さまで念入れに拵らへた袋を見ては  さが腹の底から持ち上がって来る  さの種類がだんだんに少しずつ変わって行く  さで少し肩に力を入れて力んでいれば  さが湿性あるいは女性的になって  さの塊から一ひねりずつひねり取っては付けるから  さとが何かしら相関関係のある  さの集注点をこしらえるという  さが歯に現われるという  さが付随している  さに束ねて  さがたったこれだけのひものようにしか見えなかったと言ってさし出した  さを画して見せた  さに等しい距離において一尺の長さが有する  さがわかっていれば  さを聞いてみても  さに輝く  さを充分に発揮する  さうな果實のそれを思はせた  さを與へてゐる  さと協力して  さが僕のあらゆる感覺を麻痺させる  さしか感じなかつた  さに合っています  さであるならば  さを感ぜずには居よう  さは半畝ばかりもある  さを味わい  さますべきであると思った  さへ十人の食に足らず  さと恐ろしさにかへつて身動きもせず  さへられて  さのみに怖いとも感じなかった  さが人間の本能であるとは云え  さのみの不評をも蒙らずに終わった  さが出て来ると  さにいきは  さや霜がまるで剣のようによだかを刺しました  さだけで読者を釣る  さから思い余った  さの証拠固めをしている  さが自分の心を苦しめた  さは骨に応えるほど  さは耐きれないほど  さに胸がむかつく  さに乗る  さをこらえるのに  さかひもせざる  さをとき  さのために手足のふるえる  さとしながら  さをしかけて  さつしようとしていました  さなければならなかった  さしたがどこへ往った  さへも應仁の亂以前から其土地に土着して居つたといふ  さで己達のひまな時間を慰めてくれた  さも天の色も遙かに劣つてゐる  さを湛え  さに堪えかねて悶え泣いた  さに仕事をする  さにゾッとすくんだ  さにホーソー神も近づく  さにヒメの目は無邪気にかがやいた  さが百尺近い天井を見上げると判る  さまで登っていた  さとを正確に測って来て  さに濡れてゐる  さを感じてゐるだらうか  さはつた手を動かさずにゐた  さが含まれてゐるから  さへきかない  さを披瀝した  さは失はれない  さを我慢をして  さに感ぜられる  さの浮き身となる  さは望むべくも  さはわかっていない  さを理解してもらいたい  さをも作る  さに薪を積み上げ  さうで起らず  さから救ひ  さは表現し  さを極め  さって矢の様に早い河を渡してもらう  さをかんぜしめた  さへしながら  さを夫人の胸にかき立てながら  さを折にふれて確かめ確かめて来はしたものの  さへ思ひなされる  さを一そう加重する  さうな女の腹部のゆるやかな息づきを  さうした点に一々反撥して  さを宿してゐる  さを分つてくれ  さへしてゐてくれる  さが膜の代りに蔽ひひろがつてゐた  さに気づきはじめた  さを辛へる  さを振り切る  さのあまり無性に遣  さを希うて居る  さを増すので  さうな姿が見えると  さも賑はし  さなども一向心を引く  ささうな様子をして  さを堪忍ばねばならなかつた  さに欠伸を噛み殺しながら  さはあつても生活の苦しみや悲しみなどはあり  さうして呉れる  さと闘ひながら  さを伯父やお雪伯母に向つて頻りに説いた  さと気味悪さとでまんじりとも出来なかつた  ささうな姉の声がした  さをも感じる  さを自分で不思議に思った  さを千歳は自分に追求するまでも  さに於て計られる  される心配のない聖域に安置される  さに於て平均され  さに堕し  さで大地を逼ひ  さへその例が多々あるので  さをみせてゐた  さを飽かず眺めてゐた  さが増し  さへさうです  さにふるへてゐる  さで翻訳をし  さつぱりしないものが後に残る  さつぱりしないところを頬かぶりで通つてはいけない  さを住民の頭に刻みこませてゐる  さが頭に応えなかったり  さを有して  さつかの黒ずんだ  さに切ってくれ  さが六フィートあるか  さをたのしんでいた  さがだんだんわかってきた  さなどは忘れ  さへ認められて  さでもないのにまるで脚どりがひよ  さが丁度家全体の広さ程ある  さうな沓には大きい銀の金物が付いてゐる  さが来た  さがあると思った  さ落ちてる  さで上ってきた  さで想像していた  さにハラハラしながら  さに左のみは心も付かざりしが  さに氣が引かれ  さ悲しさ打出し  さへ初めて聞いて  さたとしへも  さやさしく指を眼にあててももいろの  さへしなかつたらば  さと快活な足音とを何処かで失くした様な佗しい  さつそく気転をきかして  さにうつ  さのみおびえるには及ばなかった  さの耳の下をかすめて  さのみ頓着はしていない  さがあるという  さに泣かす  さを知りました  さもありました  さはわからん  さない仕組みになりきってしまっている  さほどの大望を抱いて来た  さのみ意外なものではありません  さほにかけたる  さのみ老いてはいなかった  さを忘れたた  さを致すといわれた  さうな變な樣子をして  さうな喬を引きと  さと埼子の部屋へ引き  さに思はず  さう人が集ま  さうな光をかすかに放つて居るばかり  さにも客まちして居る  さは却て氷川神社のほうが甚いのです  さを讚へる  さを得られる  さのけんどんになつてゐる  さに囚はれてゐる見たいで  さするに至っては  さのみ困難ではなかろうと考える  さには堪へられない  さで漁るに  さにさけぶは  さにつねに氷のゆめをつく  さうで落ちない  さに堪へきれなくて  さにかき立てられ  さの痛み  さに対して心積りというものがある  さを率て実山に宛嵌め眺める  さが見る  さにかなりの相違があっても  さは尽きようともしない  さの心積りはあまりの見込み違いに切って  さと悔いがぎざぎざと胸を噛んだ  さと成長の働をば休めない  さの峠を下り降った  さに感じられた  さとうれしさを始めて感じ出した  さに盛返そうとする  さと権利の娯し  さにいのちの芽を牽出され  さがこもごも胸に突き上げて来た  さに挺身して行こうとする  さにもある  さよりぬけぬけとすまし返っている  さが嵩じて嫉みともなった  さというものより部落の間の噂に遺っている  さすられた  さが嵩じてなった嫉みは  さに日の過ぐるのを忘れていたが  さ醜くさを続けてまで  さだけあって  さが思い遺られる  さが千倍万倍に増長していく  さとを持つ  さうな材料になる  さに堪えないので  さつを感じ  さに顔色を紙のように白くして  さにたえる  さにおどろかされた  さをかけあわした  さというものがなくなった  さがなくなると  さをとりかえしていった  さで公転していく  さの板の間じきのがらんとした  さの三つがある  さとを測る  さはありません  さが大きくなり  さで走って  さにくらべたら  さでとんでも  さなのでおどろいた  さの海でお魚をとる  さのことだと考えて  さが引力をあらわしています  さでおされるから  さが三メートルもある  さへ一匹も取れません  さを唯一無上のものと思つてゐる  さはありますか  さといふものはさう  さへ重苦しいと感じた  さも全体を通じてとは  さがやつぱり精神の娯楽に属すると思ふ  さといふものをしつかり  さで包む  さが気になる  さに生きる  さが少しも通じなかった  さに徹すると  さが増してきた  さで散って  さが生じてくる  さをまして重苦しくなってきた  さがあるな  さでさえぎると  さを甚しく嘆いた  さまでに古るい起こりでなささうに思はれる  さとリュックを降ろしかけた  さにも限度がある  さかさまに落ちて  さは驚くほどの  さは先刻の二倍の速力を持っていました  さはあれ是も亦た我国文学に他界に対する観念の乏しきを証するに足るなり  さは眼も眩むほどです  ささうに眠つてゐた  さへ三分の二だけ隣りの  さをこらえて澄ましてきっていましたが  さがこみあげてきて  さを懐いて  さが私の眼を惹いた  さを感じるまでの  さと惱みの影を見た  さうした自分の背景が雜然と意識の中に浮んで  さをつき詰めて行くと  さの交りあった  さと嫁に対する一種の嫉妬とを感じる  さが伴なっている  さを封じ込めてしまったという  さがだいぶ希薄になる  さがありはしないか  さずつ分け合う  さには及ばない  さに耐えなかったからである  さなんだ事ばかり書く  さほどの臥長一抱えばかりな蛇が舌嘗ずりして向い合うた  さも同情の想ひ  さはてつきり  さの翠も滴る  さは隠れぬ  さを鮮やかに印象している  さの白衣の菅笠や金剛杖に伴って  さは一丈以上に達した  さには達していない  さに達するであろう  さになるであろうと称せられる如き  さから水平に発射されたとして  さの鉄管で続いている  さまで飛び出して来たとすると  さを得ようとする  さを記して  さを比べ記しある  さにすこぶる差違を生ずるから  さを懐うても追い付かず  さえもまだしてない  さの草束を背負う  さをすると  さでただ一つぶら下った  さでくれる  さが雨滴を板の間にしみ拡げてゆく  さしならぬ理窟をいう  さをそのまま持ちつづけている  さに感激して  さのあまりその晩脳溢血でころりと死んだ  さを吹聴し合う  さも結実には役立つ  さずじっと沈黙している  さでもないものをと私はそのとき考え込んだ  さは誰にも一日に一度は来ている  さも含んでいる  さはなかったであろうと感慨も豊かになり  さの極点滲じむがごとき甘さとなっている  さをくらべては  さも想像出来る  さがしっとり夜をこめている  さをこぼし  さりと置いた  さでまた食糧を借り歩く  さの中から咲き出して来た  さがこういう所へ移って来ている  さが冴え静まり  さだったというべき  さの中に立った  さは取れぬ  さの群れにうち対ってくれている  さがしだいに蘇って来る  さに瞬間襲われたが  さから出て来ている  さを漂わせていて  さりと降ろした  さで自分の根の土に張っている  さで身にこたえた  さは孫を失った  さにたちかえって  さに追放し  さはその作品に散見しているけれども  さを示そうとしている  さがくつがえされて  さのままの筆力で描き出して  さのよそおいに  さへ白鼈甲に眞珠を鏤めたる  さを打開する  さや異国情緒でカムフラージュしようとして  さはどんなだつたでせう  さを有ちつ  さとにおいて退歩しつつある  さで知ってしまった  さはさすがに悔恨となっていた  さが身にしみついていた  さに興冷めしたが  さにしびれてしまった  さがひそかに心の底にあった  さも同時に持っている  さを見せない  さをチクチクと感ずる  さに狼狽する  さの表情かも知れない  さをいつまでも胸に抱いているには  さすぎると思ったので  さを嗅ぎつけると  さに愕然とした  さに拘らず  さに駄目を押している  さから例の駄目を押し  さもあらんとて許しつとあって  さを尋ぬると  さを失うを顧みぬ  さに左思右考して  さの羊を生ず  さが先に立つた  さで窓に迫つてゐた  さを誘つて流れた  さが民子の胸を震はした  さに飾っている  さに撓うばかりである  さの一つの流露として順助の肺腑に迫る  さに屈しない  さばかりではなく動かされている  さと熱情のいり  さにひかれて買ってしまった  さに落着いたら  さを求めての  さへ感ぜられた  さうな書物を探した  さの種類も異うように思います  さは事毎に八方へ気兼して  さに打ち紛れて  さに心いよいよ乱れて  さに堪えな  さも異なる  さなるを確かめて  さを舐めて  さを加えていた  さは心へもくいついてくる  さの余りというような狂喜の態を発した  さを取りもどしていた  さを思いえがいた  さもわすれていた  さも覚えず走りに走っていた  さに耐えない  さを抑えた  さをつきあげた  さといわれた  さを年と共に強めるばかりだった  さとを多分にもっていた  さもおぼえない  さしずをうけて来られたか  さをするので  さでも見ると  さは宮殿のどの建物よりも高くなりました  さを感ずるとともに  さとを持っている  さまで忘れやしまいし  さはもはや見られない  さを嗟嘆した  さに胸がつぶれ  さ気高さが骨身にしみこんだというから  さがほの見える  さへあるかも知れない  さを説いてゐるかも知れない  さも実際彼等の吹聴する  さの欠けてゐる  さよりもその声の方がもっと私をおじけさせた  さで私に凭れかかっていた  さを忘れてしまい  さ約一マイルあり  さを擾しているだけだった  さと確かさだと私には思われた  さももっと森林樹らしく見える  さで一本の松の樹の幹の後へ跳び込んだ  さが甦って来た  さも何もすっかり忘れて  さを避けるのに  さで融けた  さの断崖になっていて  さの按排が少し変っただけでも  さで甲板を横切って  さの大檣に掌をあてて  さに静まり  さはしているが  さに対して一言の非難もしなかった  さの高原で画られていて  さの松の樹がたくさん生えていた  さが皆の心にしみこんでいた  さで駆け出して  さと貧乏らしさに同情してくれた  さは村境できれている  さが自覚される  さでわれわれを撃つ  さに詩と慰藉とを与えられた  さの成行を注目した  さでかえって個性が護られ  さがないということはありえない  さが薄れて行き  さだけと言った  さに発展して行く  さが目立って  さは相当文学に年期を入れた  さはかなり生かされていて  さは感じられないが  さが急に発揮される  さを文学に再現したという  さを失ったら  さということになると  さに同志を裏切る  さも持合せていない  さと寂寥とを感じて  さも忽ち古びて  さに火を持ちて  さが舌になじむ  さに魅せられる  さというものがある  さは出盛り  さから魂の位を高める  さにウンザリしたといふなら  さのみでは文学で有り得ない  さを狙ふこと  さは悲しいばかりに眩しいような気がしてならない  さが一層想われる  さが残っているだけで  さだと思い  さに畏敬の念すら抱いた  さというより  さは我ながら程知らず  さへ愧らふべき  さに病餘の身をも顧みず  さも催されて  さも彌増して  さに耐へ得ず  さと我を恨み  さのしつこくない蜜をかぶせて  さにフーフーうだる  さがあるといえばいえるであろう  さのところへ汁を三杯も啜ったので  さからいきなり変った  さのせいかも知れない  さへ感じて  さなりと叫びつ  さで笑顔のちがう  さてもよににつ  さを感じなおす  さは何となし結婚適齢期のぐるりで考えられていた  さの間にゆれながら  さがここにある  さとして社会生活の判断に適用する  さのために震えながら  さを味わってくる  さは書き落し  さに涙の絶え間なしといえども  さにこんな事を触れ散らした  さしむべく賭して  さに威張って  さを愛の量だと思いあやまったりしない  さというものとはちがった  さが肯定されている  さを文学の一つの美として強調された  さも生じる  さの表徴とする  さが遣り切れなくなって来る  さを教え  さほどに犬の気が進まぬ  さの白犬に化けて  さにその灰を貰い帰った  さに就てはその内に書く  さを云わなくてはならなくなってくる  さを見ていると  さを受入れ  さを風呂に流して  さへ手が出しかねたに  さへ頭に手はあげぬ  さも失せて  さのみは長吉をも叱り飛ばさねど  さを噛みつぶして  さも何時しか忘れて  さのみに思はざりし  さこそは當り難うもあるべきを  さに振かへり見る  さまではあるまじき  サと顔を真赤にして  さに磯は大急ぎで新開の通へ出て  さと反撥力をもった  さと父の秀でた  さに磨きがかかり  さまで武家奉公がしたいと訊ねる  さに耐え兼ねて  さをたたえていて  さに尽きてしまっていると  さが人間の本能であるとはいえ  さに比べ見て  さに六代目の破戒坊主が手足をことごとく浴衣で覆ってしまう  ささえ感じられて  さと多様さとをくりひろげている  さに甘えてばかりいないで  さをこの世に求める創ろうとする  さがそこに在る  さではうずめられない  さと暗さがむき出しな貧しい環境の中で人間的な稚い魂が目撃した  さから若さに発展しようとする  さというものの風情の上におかれている  さと見ていられるが  さばかりが際立って顧みられ  さに息をとめられてしまう  さをはねのけようとする  さはしみじみわかっている  さが罩もっている  さねば気が済まぬとは  さであると見る  さを凌いでゐる  さは身に染みる  さに侵された  さに妃に飛び掛かったから  さを心に描いてゐた  さが発揮される  さに終始した  さが加わると共に  さに夢を忘れぬ  さに物も言はれず  さとを保証されている  さに閣下はますますひきつけられていった  さが誰にもわかってくれると思う  さうしてゐて  さに擡げ  さのみの張り詰めてゐる  さが込み上げてきて  さうな思ひがした  さも予想でき  さや苦しさや無意味さも亦それ相応の色彩を持ち  さで消滅した  さは一尺にも尚足るまい  さに起された  さや余裕が目につく  さに吹き  さよ鋭さよ打ち拉がるる  さに寄り  さが耀いてゐた  さを堪能した  さがこればかしも感じられない  さを泣き通して来たのであらう  さも不精たらしく見えるのに  さうな気勢はないのでヂャブヂャブと手を掻き廻しはじめた  さと階段を降りかけたが思ひ直して  さは胸に泌みてくる  さに特別の好感を持つ  さを打ち拉がれた  さをもつて流れ込む  さの波紋に見え  さは詮方もなく寝床の上へ首だけを擡げて  さま指を銜え  さに吐胸の突かれる思ひをした  さが目に泌むやうに思ひつかれて  さも恍惚として述べたけれども  さへ切れずに  さへ見られる  さをビリビリと漂はしてゐた  さを厭ふ  さが寸秒も堪えられぬ  さを飽かず眺めてゐたが  さにかわつて  さへ照りつける嗄れた  さを必要とした  さに襲はれるので  さに溺れ  さの湧いてくる  さがきこえるので  さうな様子をしてみたが  さ重さ等は標尺又は分度器という物体によって物理的に規定される  さの三つの分から成り立っている  さや重さや時間の経過等の多様が統一されて  さを有つか有たないかという一段の規定がある  さを持つかが  さであると云う  さはACの長さに含まれる  さを要求したり  さに就いての  さのせいか知らん  さは忽ち静寂な趣に変ってゆく  さに竦みながら  さまであるから  さのみに愉快とも感じていない  さを語ってはならぬ  さの中でためつすかしつ見ていて  さまでに憂慮あるな  さと坂を下りました  さが続いたので  さにめそめそ泣いたであろうがな  さを見透した  さでも出はるますか  さを罵倒してゐられるが  さへ反対したくなる  さを所謂美辞麗句の空虚な粉飾の中にない事をおのづか  さを私はずつと痛切な同感をもつて聞く  さへも後に幾度か親しく経験してゐる  さを備へようとする  さへ有りました  さが湧きあがった  さに顔中赤味をさしたので  さがすぎるほど  さを抱えて  さをもって来た  さにとけ入って  さで輝やいている  さに身をふるわせ  さは百畳敷もあろうか古色蒼然といいたいが  さに専斎はペッタリ尻餅をついた  さも忘れて組み付いた  さも推察される  さまであったが  さにさては道を間違えたかしら  さぽさとして居た  さを意識した  さに攻められたりして  さをがまんしている  さでうたいました  さをしらべる  さに心がおもくなりました  さへのあわれをみてとり  さをす  さもきびしくなり  さよりもたっといことを知りました  さでくたくたになっていたが  さがし下さい  さをとりに来ました  さをとりにいらした  さと耻かし  さと果敢なさとをしみじみと思ひしめては  さのところばかりに立っているのに  さの為に我我の親しみを呼ぶのであらう  さまでみれば  さは四丈即ち四十尺或はそれ以上あるといふ  さは頂点に達し  さは存在しているというだけの  さのみ怖れてもいない  さが筆をにぶらせ  さばかりをだに命なる歌髪ながうなびけて  さへて胸はし  さを一里わけたる  さの袖にまたも雪風は愛宕の北のおろし  さには相当の個人差があるけれども  さは女房子供以上に親しいことを要しない  さは有り得ない  さから脱出する  さを切りすてる  さうな肉体をした  さにモックリとはるか水平線に向って  さに堆積した  さというものではないかと思う  さに至っては  さに堪へないで  さを競うてゐた  さうな姿を眺めて  さへゐれや  さな箸を拔き出し  さへ行かなければ  さっしゃるが可いぞ  さを愛して  さを酒にまぎらすにしても  さがあったかな  さを覚えたほどであった  さに勉はいやな感情をもった  さを働かせ  さで赤らんだ  さがわかったという  さと身辺の事情から家に毎晩かえるという  さで一どきにそれを頬ばる  さも案外だと云う  サから我知らず  サを恋した  さま直ぐ起ち上って  さを妬んでか  さが八丘八谷に這ひ  さであつたと思はれる  さは何とも書いてない  さで私たちの眼の前を滑り忽ちのうちに陰の方にかくれて  さを持っていたか知れない  さと爽快に調和してゐる  さを谷村は覚えた  さを自ら納得せしめる  さまで耳に沁みる  さが漂ふ  さから低さへ流れ  さを信子は意識してゐる  さがあるだけだつた  さは知つてゐた  さのあげくに思ひ決した  さで床の上に俯伏してゐた  さに困惑した  さから脱けでる  さよりも愛欲の苦しさに惑乱した  さがあるなんて  さも心得ていた  さも晴れ  さにつみ  さのみ神経にも病まなかった  さでしかなくなっていた  さに両の目が明かなくなるまで  さかひができねえ  さうなプルウストをひとつうろたへさせてやらう  さうにさう  さへ讀めるか  さうな顏をしてやらう  さから遁れたい  さでお金がそっちへ行ったり  さを曝露して仕舞った  さがこちらにも伝染し  さがつて十五分の映画芸術論もやらなくてもい  さの一瞬を通りすぎると  さを感じようとする  さがましたので  さが沁みわたる  さが心に薄く雲がかかる  さに支那内地を一瞥せばやと思ひ立ち  さらした藍い  さの中にかえって来て  さと痺れる  さにかえり  さはいかにも広々としており  さ温さに照りはえている  さではどう取乱す  さも大抵は知っていて  さへたシャツを着た  ささうな笑ひ  さに毒気をぬかれた  さを与えている  さは人位で十あまりの花が咲いたが  さを忘れてゐないばかりでなく  さ正しさのために捕へられて  さが彼の壮烈な活動力を気持よくなで  さから全く老けてゐなかつた  さで四辺をとつぷり包んでゐた  さが含まれて居て  さに触れもせん  さも極つて居る  さが五寸の處もあれば  さと激しさを加えた  さの空虚が忽然と作られている  さに襲われて来た  さを植えつけたに過ぎなかった  さが猛然として自分の心身を襲って来る  さが跡を滅して  さに帰ろうとした  さをさえ覚えた  さを自らの心にそそられました  さと悲しさのために気がふさいで死んでしまいます  さに君笛を吹け  さを君がなさけに知りもせば  さへ火炎の宅となる  さでやむべきや  さにことしの秋もはや深しまづその秋を見よやとて  さに酒なぐさめの  さに歌も心の姿なりまづその声をきけやとて  さやみだれて  さをふみかのわきいづる  さにかたちをかくす  さをとめて  さにゆふべの  さをふく  さのみにしあれば  さへ消えて  さは雪に凍る  さへづり狂ふ  さのすゝき尾花にまねかれて  さまあはれ  さへがする  さと他に越いて  さに重味を加へたいやうな気がした  さの余りワクワクと躍つた  さを感じながらも  さうした方面で戦ひを求めて  さを感じたりした  さとにそそのかされて  さで子供二人抱えて  さの紙と一緒にして  さよりも更に遠慮して  さというものだけは認めなければならないと思っている  さをそえる  さまではね  さがひしひしと身に迫りくる  さが目にあふれてみえる  さを忘れかねて  さによるものと思ふ  さのほどに河辺の歌漂泊寧ろ彼らが私のけふの  さのほどに大いなる鶴夜のみ空を翔り  さのほどに明るくかし  ささりょうと頓着しない  さは今宵かなう  さに陶然としていたので  さが一とし  さのしからし  さを指摘して下さった  さと不可思議さを絶対に信じなかった  さにそびえていて  さがあろう  さの無い棒が落ちて行く  さで珍らしがられたり  さの馬をつくる  さが五センチメートル以上もあって  さを見ました  さが一番よく売れるという  さにもへこたれなかったという  さはどこから来ている  さはどこから来た  さと不安とが下駄の足音なんどに交つて迫る  さに古きを忘れんとして  さに蒸せ返っていた  さでも頭角をぬいた  さ重さに圧しつけられていた  さまさりて世に有難き人かなとぞ思ひ寄りぬ  さではない一葉の本質の或る一つのものがここに潜んでいる  さを歎いている  さに集ふ  さの土台をなしている  さが求められる  さのしんにつよいピューリタン的精神をつつんで  ささえ加えてよみとれて来る  さという表現のかげには  さに深くうたれる  さとしてみられる  さに対して示された  さと新しさの混淆を持っていただろう  さを批判した  さというようなものを心に描いて  さから女をその手から弾きだそう弾きだそうと考えている  さばかりはあってもみのるは  さから義男とみのるとを救ったけれども  さに巧につけ入りつづけた  さに照らしてみれば  さとして加わり  さを守りぬこうとする  さのよって来る  さに立ち  さが不足している  さの面で描く  さが手を動かしても  さと立ち上った  さに抗う  さに目をつけて  さに目を見はった  さも生じなかった  さに円を描いて  さに反抗して  さの自意識で題材に面しているかという  さに作用されて  さと文学らしさとを喪って行った  さと憎さとなかば相よりしをかしき  さと憎さの半ばする  さと頽廃を伴っている  さとよろこびとは  さと恐怖をうち消そうとした  さを示すよりも  さを物語っているという  さを云われている  さを基調とした  さとよろこびを  さであることを語っている  さというならば  さを我が肌に痛感しなかった  さは一族中で最も受け身な女性の上に容赦ない反応をあらわすという  さが消えている  さに微笑するという  さによる気品をもった  さ痛さにぶつかったと  さで挑む  さやアカデミックなことでこの作者をきらっていた  さなりに殆ど爛熟してしまっている  さへの追随も文学に於ける  さを呪ひつづけてゐた  さに止めて置こうとする  さに胸がいっぱいになる  さへ怒り得ないで  さにあえいでいるというのに  さを誇った  さをいやさうとする  さにうんざりした  さで押しつける  さという問題で片づける  さを要求されたからです  さまだと思う  さはけっして劣るともまさっていないのに  さを湛へてゐる  さの沁み出た  さへなつて来る  さは忘れて  さうした保護の下にのめりこんで来た  さを持たない  さを戦はせ  さがあるとは思へなかつた  さすぎることを喞つたりすると  さうでせう  さを晴すかのやうに高飛車に舌を鳴すので  さを覚えたり  さを示したりしても  さが眼ぶしい  さのあまり真つ赤になつた彼を待つてゐた  さに堪へず  さにめでて  さを十分補えばい  さを十分に知らせる  さにあきれる  さへ降れば  さが加はりましたが恙もなく  さうな咳聲を聞く  さであつて迚も遣切れなかつた  さうしたものが多量に含まれてあると思ひたかつた  さも努力も向上心も互にわけ合って育ってゆく  さと呼ばれますが  さという名はなんだかあのやさしい若い花をあらわさない  さはその変幻の光の奇術の中で夢よりもしずかに話しました  さに眼のほうたいを抑え  さまで感じわけて下さったでしょう  さの裡に閉じ籠っていたい  さに反った  さが骨の髄まで沁み拡がって行き  さがいつも心を鈍らせた  さと優しさとをもっていた  さと恥かし  さを心に感じた  さというものに改めてわが意を強うしたであろうし  さを通り越した  さに達しているが  さを一層増す  さが次第に減じて  さで繋がっている  さに達し  さうした聖役に当る  さへづりをする  さを誇張して  さの顧みられる  さうしたものもありますが  さしかないものと思つて居た  さの棄て  さを忘れるべくかよい続けている  さにやりきれなくなって  さへ彼らを連れ込んでくるという  さに相恰を崩している  さに私は東京生まれのインテリで五郎劇の女優を経て  さを教えると  さに人々は身をちぢめたり  さから来るうは  さうした方面を託せられてゐたかも知れない  さうした事を託する  さうした事をうち明けて  さまだとする  さを保たせようとするなら  さはあつたに違ひない  さに入る  さうした憂ひを抱いたに  さうした新しい世間を夢想だもしなかつた  さをも味ひ知り  さの柴のかくれが  さを活して来た  さうした概念を述べた  さうした気概の溢れてゐた  さを包蔵してゐる  さとが不自然な対照にならないで  さはあつたであらう  さの致す  さだつたものと信用が出来る  さの一コマづつだと見て  さにさらに驚いたとすれば  さに戦慄するという  さを君自身の責任に於いて  さを測り得ないと感じつつ  さを真に理解していなかったという  さを真に理解していなかったとともに  さを悟っていないからである  さをさえも感ぜしめるであろう  さは少しも減じない  さの嫉妬心から打壊しを遣った  さに気が荒立っている  さのみから生ずる  さを有するに過ぎない  さまで達すると  さから言えば  さえ其処とも判らない  さに石を真四角に積み重ねてある  さも股まである  さを堪えなければならなかった  さの凸起を五つ六つ上下すると  さが急に凝って  さに大方焚き尽されて  さま手早くスケッチを始めた  さを子供にも伝えずにはいませんでした  さを天に訴えているとしか見えません  さと幻滅の半ばした  さはあり  さを漂わせていると言いましたが  さを伝えてきた  さへ称する  さを輝く  さうでしたが私たちが柏の林に入った  さもひだるさも忘れてしまう  さを繰返せば  さを喰たであらう  さうもない此の変テコな現実といふものに静かに腰を下してみて  さの平地へ置き並べて  さには驚ろかされる  さが立体的に表はされてゐるかといへば  さを教へてもらひたいと  さで私の部屋へ這入つてきて  さにせめられるらしい  さに慣れたり  さにも我は我が膓を沸かす如き  さは多くの要求をもつ  さはそれを率直に実現してゆく  さりと弁当をつかはう  さも厭はず細く長く素足に長靴を穿いた  さまで行われた  さまで見るべき  さがほ  さした事件が起った  さや低さはあるかも知れんが  さに引かれる  さで鳴り出している  さりと白状してしまひ  さりと定期を出してしまつたら  さの意地とでも言うべき  さをさえ感じさせた  さに怯ける  さに目を見張り  さに引き換え  さ細かさを生活の末梢にまで反映して  さが哀れまれたり  さとは打って変わって住み  さ美しさに触れるには  さに堪えられなくなり  さを奪って行く  さはこのごろの彼女の心に時々這い寄って来る  さがみりみり  さに襲われたりした  さに怯え  さに向かっての  さを身にしみて感じていた  さが感じられ  さにえたへず  さはしかすがに事もなく夜の明けたるを悦びて  さというものもべつに定めていないから  さに見えるからは  さで大空高く飛び去った  さまよふかなしき航海船四男はしみじみとおのが青春を掌にとり  さまよつたあやしき外触覚の慾情に歩みつかれた  さに坐  さまよふ  さでやがてこの谷間に火のやうな霧が降り  さに秋草の匂ひをかぎて  さに男を探り強くたくましき理智の展望台をもつた  さで丸さで照り返しても  さである街はあんえつの湯たんぽの上気でもうろうとねむつて居る  さに凍えてしまひ  さうだ憂悶の暮色に立つて  さに張りつけられ  さを好む乾いた  さを責める  さで満ち足り  さをかたり  さとなつて輝いてくる  さと云つたらありません  さを両指をもつて  さの幹を目あてにしてゐました  さで語り  さを楽まないわけにゆかない  さの活きた  さが一入際立つてくる  さを抑へる  さに溢れる  さがあるからである  さや美しさや温かさが出る  さを見つめてゐる  さを崩さない  さに含みが宿る  さをもなほざりにする  さを棄てたからである  さを約束する漉き  さと強さとを兼ね与へる  さよりも幅の方が長い橋にさしかかったから  さと云つたらありませんでした  さとはもう言はない啼いてすぎる  さな虹が憩んでゐる  さからつかみ上げて  さに点じている  さをしているが  さと怖ろし  さを噛みし  さと飢えとで震えている  さに祖母の膝へしがみついた  さは耳かきの棒ほどの肉片が二筋でてきた  さへも一枚千円もする  さな体をして  さで出ていた  さもおかししではあるが  さをな死の顔をした  さを与へてくれ  さからは脱け出してしまふ  さとなつて残つてゐる  さを学びたり  さを説いて  さはいわずもがな  さに流石は御ほとけなればこそと  さは絶頂に達した  さに畦道をいそいだ  さを生きた  さと物足りなさとを与えた  さに燃えてる  さに聞き入る  さと寒さとの中に斥候の報告を待って居る散  さにたえられぬ  さうもないに依つて  さも感ぜず  さうな呼吸を感じた  さだと解釋してゐた  さとそれを見て  さへうまく行けば  さうだと云ふんだから  さとそこの停留場の方へ歩み去つた  さと嬉しさと氣遣はし  さにはおよびませんでした  さには限度がある  さにも不拘  さに気付いた  さを嘲笑ふ  さうだとすぐに首になつてしまふ  さへゐればい  さを教へられたか  さを見ようとしてゐる  さがしつ  さを譲るまいと心がけながら云った  さはこれで分った  さで吠えつ  さとなつかしさをかくそうとせずに泣いた  さがされていた  さを好いていた  さがされて散らばっている  さを知らん  さで腐爛していた  さを現今のままにしておいても  さへも感じられない  さへ口にする  さと反対なものを与へる  さを廓大した  さが胸に迫りました  さも頭痛がするといふ  さに憤慨を禁じ得ない  さを与えぬ  さを蓄えている  さと異っていた  さを加えていなければならぬ  さと精力に満ちた  さを匂うばかりの  さやひそかな歓喜の思いを反映する  さを保っているという  さの隙に乗じた  さなどを強調した  さから見れば  さに今日の叡智と覚醒とを添えて  さがきまる  さう想ひ出して見ると  さが胸にまで快くひ  さうしてスポイトを軽く指先でおして見た  さしたりし  さはまつしろなる  さもぬかづく  さはみな芽ぶく  さうな光を投げてゐる  さの花かたる  さの一つがある  さが却つて温情と質実とを与へる  さみだるる旅もをはりの足を洗ふ  さが毬をぶつつけてゐる  さを特長としてゐる  さのところに評価しても  さには及ばないだらう  さに似  さをキイノートとし  さ美しさをもとめていた  さの見当はつくであろう  さを憐れまずにはゐられない  さが事毎にあらはれて  さにあちらへいつたり  さにすっかり昨日の地震のことなどは忘れた  さと冷気が身にこたえる  さを堪えていた  さに打れ  さとしていた  さのかんどころの掴み  さと堪え忍びと  さと味とに富んだ  さをえがきながら踊る  さは私を茫然とさせてし  さに圧倒されたので  さと大きさを持つた  さもあれくらいまで行けば  さを見せてくれれば  さがまつたく  さを痛感するだけだ  さをも考へた  さ大いなる御仏おはす  さうで抜けない  さ仰いでは行く  さで鯉幟うごく  さがゆらいでゐるよ  さも味いました  さを這うてくる  さへわきあがる  さうな歯をつけて  さうな歯がぬけてほ  さとして反映する  さが公然横行するとすれば  さがいよいよ切実に身にしみて来た  さにわれもわれもとお金を払って  さしてやろうと思ったのに  さが一丈八尺もあって  さのためにズバリと破れました  さが当り前の人間の倍もあるのに  さになりました  さと埒外に歩み去るが  さを与へぬ  さを蓄へてゐる  さと異つてゐた  さを加へてゐなければならぬ  さかさまに落してやるぞ  さいときに私の心を励ました  さに急に動悸がして来て  さが体中を戦かせた  さに急に動悸がして  さが體中を戰かせた  さは増しても減りはしなかった  さといったようなものに襲われた  さは西洋へ来て  さうしてそれなり寢ついてし  さうして五月の青い空は私を嘲つてゐる  さは目の廻る  さも気の無さそうな嘆息を洩す  さで眺めさせる  さを瞳の底に湛えて  さに堪へれられぬ  さを忍ぶ  さに沈めてささ  さえようようにうしろにはなりぬ  さに混乱して居る  さから気付き始めた  さを沈め  さから丈は逃がれられた  さの満ち溢れた  さは忘られない  さが失せない  さと先へ行き過ぎた  さに身を震わしていいました  さで谷から谷へ渡らなければなりませんでした  さもそのうちにあれ  さなめげなる  さに会ったいじけとで  さも時にはまたなく美くしいものだけれ  さを知って居て呉れた  さと自由が満ちて居る  さがわけもなく私の心の底に生れた  さに風一つ引かずに  さを顔に浮べて居た  さをすっかり落してしまって居た  さだけがいちばん身に染みて感ぜられた  さが分かっただろう  さも青春も忘れた  さに胸が温まって  さや青春を捨てて  さへずりが群がり起り  さで胸のふさがる  さといったら申し  さを良人にもみせてやりたく  さを思うては  さに良人をかき抱いてすすり上げるという仕  さにおし頂いて  さではとりつく  さうな容子をした  さがハッキリと分った  さと抵抗をもつ  さも感ぜずに  さを見せるが  さも約五十カイリくらいと思われる  さのため減退してゆくと云う  さとこれから先の自分の身の上についてのさまざまな事のもつれを思って  さ遣瀬なさに悩む  さにかすかに胸がおどる  さにおそわれるだろう  さと力強さとによつて一世の視聴をあつめ得た  さへ殆ど正面から論議された  さにも拘はらず  さへもみられる如き  さに日輪もさけびくるめき  さをおもふ  さや死の澄んだ  さの単調なる連続としてしか記憶に残っていない  さに襲われたので  さも前に立つ  さを感じさせるだけだし  さに悩みくるしむ  さで溶かす  さに感動して  さかさまに抱いてくれる  さで街をゆく  さでもう二三枚でお前も忙がしく去つてゆく  さうもないやうな哀れな成り  さうだ私はそれを新芽も青く柔らかく行列をつく  さで寝息をたて  さを放つてゐる  さの辛棒もほんの僅なしげきで眼をさまし  さです私はどんどんと馬橇の中で足ぶみをして  さの中をそれは静かにひつそりと走つてゐる  さだけはふしぎな際涯をもつてゐる  さうな横顏を思ひ浮べた  さに波うつて  さうな讃美歌を大聲で歌ひながら  さと風呂にはいりに  さも云ひ  さうな表情で周次を眺めながら  さうな聲で云ふ  さが川面に暗く石油を流した  さに薄手のコーヒー茶わんを差あげてゐる  さへも見えなく  さだけでも永久に残してやりたい  さを永久に保存する  さばかりでは決してできない  さを聞きこみました  さを考へつ  さり笑ふほど  さとを御別莊へ上げたいと  さぐらいのところに掛けてありまして  さにおいてこそ違え  さも同時に思われる  さを歓迎する  さのみに見惚れて  さにお驚きになりました  さで涙がとめどなく流れました  さと次の街角に行つて了ひました  さとも劣らぬほどの  さにぶる  さに切つてそれをまたたてに割つた  さに酋長の妻が罵  さと入れて  さも潜んでいる  さを脱却する  さまでがした  さに強いと言う  さで花壺が悉く割れてし  さが欠けてゐる  さへなります  さに出会ふ  さうな漢字を好んで書いた  さはよっぽど減った  さを経なければならなかった  さを罵倒した  さを私に感じさせた  さの短篇小説を三つ位ゐ書きたい  さないように気をつけながら  さを選んだ  さと金庫を横目に睨んで  さまで五六分続けたと思う  さに勢い込んで出来るだけ  さに耐へきれなくな  さとを持つた  さを覺ゆる  さうした村の在るといふ  さに慄へながら急いでゐると  さに押寄せた  さで潮流が西に行き  さよ靜かにいま薔薇の花びらに來ていこへる  さよ少女よその蜜柑を摘む  さかづきかはし  さに眺められた  さの石の壁を通してその薄暗い室内には聞えて  さに耐へ得られ  さに耐ふる  さうして居られない  さを宿して咲いてゐる  さを詠んでゐるが  さを知らぬといふが  さの花泡雪の眞白く咲きて  さみじか夜のいつしか更けて  さをうたふも  さをひきしめて  さなども故ある  さはまたどうであらう  さを擅ならしめてゐる  さはこの一二年前まで知らなかつた  さうな顏でもしてゐたら  さよ梅の初花をけふ見つけたり  さがこの靜かな花に向ふ  さうもならず  さであると思つて居る  さとその光の中に疲れて居る  さに於て劣り  さを持つて居るが  さは多くの人が知つて居る  さが含まれてゐる  さをその啼聲の底に湛へてゐる  さ温かさを覺えずにはゐられない  さあれわが凭る椅子腕を投げし  さに昇つたかと思ふと  さをば酒は持つてゐないかも知れない  さ故に飮めるならじか  さもあれとやめ  さを忘れてもをるゆく  さは珠にかも似  さきはまらばみづか  さわが眼の前の砒素にあつまる  さほどには苦にならない  さに私はたうとう立ちあが  さうして醉つた身體を休めて  さよ梅の初花を今日見  さだつたでせう  さで紅色の美しいのもあり  さのきびし過ぎる  さも高く仰がる  さが續いた  さうした大きな野原をば見た  さの斷崖の頭の方は篠笹の原か茅の野になつて居り  さで多少の遲速はある  さを拂はうと急いで  さにただ立ちつくすばかりだった  さから向かいの店のうなどんなどをかけて  さん呼んどいで  さに胸いっぱいになり  さまだからつけ物はてんで売れず  さがふと胸にこたえた  さの瀬を作つて引き始めた  さと何處かへ出て  さま彼女の手から引つと  さのせいだと言ふだらう  さがこもつてゐた  さをボンヤリ眺めてゐる  さに目を打たれてゐた  さを悲しみながら  さに目を打たれた  さは余程失せている  さで幾重かの萼見た  さうした感じを火山の煙に對して  さな瀧のひ  さもまた忘れ  さも私を醉はす  さに掘り  さを背筋に覚えた  さと人生の長さが同じことは当りまえではないか  さを忘れるには  さも次第に消えて行った  さをさして家を出ていきました  さに抵抗しながら  さはいよいよ増して来た  さを免れようとして  さとむしゃくしゃした  さが襲ってくる  さから救ってくれ  さに達していた  さに船を急がせている  さに水が入れてある  さうな様子をして  さが水のように沁みてきた  さのみむずかしいとは思わぬが  さが胸に迫ってきて  さまでに厳しい仕置きをせずとも  さをも覚えた  さがってきた  さに席を動く  さと情けなさに涙がこぼれた  さに毎日さいなまれている  さものうてもこのたびの仕損じに就いて  さか吊って  さと懐かしさとが胸いっぱいになって  さのみ恐るるな  さにその殺生石のそばへなど迂闊に近寄ろうも知れぬが  さが少なからず煙たくもあったらしい  さを教えて下さいます  さには閉口したが  さを笑うけれども  さには気づかないだけの  さの煖をとっており  さに見とれていた  さが咲きあふれていた  さがどこからでも見張っている  さに塗りたくる  さではかる  さも喜びもともにわけ  さする取  さもが発してゐる  さを感じられるに  さに帰して戴きたい  さから救ふので  さに心を吸ひとられてゐた  さが不自然に揺れた  さのなす  さに依る  さの余りに昼の間じゅう死に物狂いに働いて  さも思はれる  さへ忘れると  さがつたきりになつてゐたので  さは到底理解出来ないので  さうな匂は私の鼻をかんばしく衝いた  さうな表情をした  さうな一匹の小犬がクンクンと泣きながら立つてゐた  さから鶏卵の大きさに縮まり  さうな叫びをのせて  さは徹底した  さに考へ及ぶといふ  さうした種類の眉を引く  さに身をすりよせしののめちかき汽車の窓より外をながむれば  さたれかは殺すとする  さり天日直射して  さを告白した  さは今でも忘れる  さが腿から腹にしみ渡って来る  さの素因がいくらか科学的につきとめられて  さへ繰り返されるではないか  さも愉快気な顔をして  さうならなくてはならない  さを嘗めて打ち倒されてしまふ  さがほぐれる  さが一瞬登場した  さから解放され得る  さを構わずに  さを感じ初めたので  さだとか云つてゐた  さ寒さの記録がつけられる  さにあきれるほどですが  さへみえました  さへ保てれば  さのなかにのぞかせる  さに値する  さで物を言つてゐる  さのためだと思ひ込み  さうで届かないとか  さうな眼鏡を神経質に押しあげる  さは次第に増すばかりです  さへもつた  さと駅への道を急ぎました  さり受附へ声をかけて  さは次第次第に忘れたが  さはやはり太郎坊や次郎坊の言伝をして戯れていた  さを初めて知って  さは座敷に満ちた  さに歌はなりてきしかはあれど  さへてあればとて  さ思へゑかたびら山ずみの一人ありて  さへぬはなあやめ  さひるすぎのHOTELの窓にCOCOAのみく  さのさ節かな辨慶の赤き小鼻を晩秋の酒場の軒に見るが  さに暮れそめて降る  さに顔を真赤にした  さに赤くかじかんだ  さのみ怪我していなかった  さに包み  さうした処に気のつく  さを一綴音の平均の長さで割れば得られる  さがどうしたと云う  さへいけぬ  さも味わわず  さを静め  さを競ふ  さへ感じる  さうした境涯を自覚し  さなどが皆過分に含まれてゐる  さの上で変化を示さうとした  さには心惹かれても  さを極度に示してゐる  さうな機運を率きつけてゐた  さを持ちつ  さの所がある  さの箱を橇に取りつけ  さに積った  さなりと思いければ  さを呆れたる  さの遣る  さは死にも優りて  さなりけん  さ悲しさに胸は張り裂くる  さの極みなるかな  さの限り知られず  さを忘るるの慣い  さに堪えずやありけん  さは人に見  さよと涙片手に取り縋られ  さばかり情愁のみどりをふくめば  さを始めて  さと反る  さに立留まって見ていると  さまでごぜえます  さやと言った  さまでにもありませぬが  ささうに笑ふ  さほどにも思はないね  さへ氣羞かしくなる自惚れを  さへ社會主義の要求の幾分を内政の方面では採用してるからね  さうな柔しい  さうな眼をしながら  さがまだ空氣の中に殘つてゐた  さにやならん  さはそれとなく沁みた  さとやむにやまれぬ力を知り  さを感じないで居られ  さっしゃったかも知れましねえ  さに負けない  さには嫌といえねえ  さをみまもるばかりだった  さかって来たって  さがはッきりした  さが分らなかった  さをわれながらつく  さを主張した  さに身うちを引きしめられた  さをはッきりかれに感じさせた  さが急にかれの  さやうかびて  さがかげる  さへながら聞く  さで凍てついてゐた  さがうつつてゐる  さうも思ふ  さの風が正面から吹きつける  さをこの時に萃めている  さに勝たれて思はず  さに指を折りて  さや流動性の乏しさを照りかえしている  さが伸子の胸に鋭く深くきり込まれた  さとまじりあって  さに奪われた  さと微かないい匂いとがのこった  さの横線がひかれている  さでわかった  さがうつらないわね  さを思いおこした  さに感銘されていた  さで発音している  さがあるらしいという  さを救った  さは伸子にわかった  さに蒼ずまして伸子に向っておこる  さでぶつかりながら  さで誇大して  さと時のうつりを計っている  さのために瞳孔を細くちぢめているほどだ  さはそのままくっきり目に映っており  さを心の前に感じている  さが自覚されているに  さは感じないらしかった  さや好奇心が浮んでいる  さは伸子の知らない  さとがみちていた  さと馬鹿らしさを感じさせる  さとたたかいつづけて来ただろう  さで伸子をおどろかせた  さだけで才能はのびやしない  さに深まって感じられる  さにぎっしり両眼をつぶって  さを防衛するの  さを侮蔑して考えたにきまっている  さでひた迫りに  さを伸子に感じさせる  さがしずまってきた  さの中にしまい  さに似あわしくないつよい光をもっていた  さを一つ一つの動作につれて自分でもたのしんでいる  さで小川豊助は答えた  さを代表して  さが気になった  さとの間に激しい軽蔑を感じた  さの沈滞と別なことであり得るだろうか  さが緑に光る  さなどは吸収されて  さに踏み止まっている  さは伸子の胸をしぼった  さの裏ばかりをひとまわりしてしまった  さをおしのけるほど  さをあわれむ  さが感染した  さと痛切さとがまじりあっていて  さの激発が一応はしずまった  さの上に大島のり子の優美に泣きくずれた  さとこんぐらかってしまうだけだった  さをひらめかせはじめた  さの凝集作用ばかり見つめていた  さをみとめた  さと同時に爽快さが伴った  さとのいれまじった  さが呼び出され  さが明瞭になるにつれ  さの解決さえもかえってのばしのばしした  さとあてどなさのまじった  さからのぞきこむ  さに転化させて生きて来た  さと全く事務的ないそがしさをとおして  さに疲れて  さとともに伸子の過去のなかにくっきりと凝固していて  さは谷の相をやわらげるけれども  さをかこった  さをペンに再現する  さにすり減れば  さが眼にも滲み  さがほめられるなら  さが一段身に染みる  さへも人は笑ふ  さをのぞかせた  さを隠そうともしない  さの残っておる  さがしなさる  さがしなさいます  さ寒さとたたかい  さが背すじを走る  さわりないと考えている  さわいでいた  さが走って  さどさもがいていると  さが四方から迫ってきた  さなどはこの場合忘れていた  さと美しさがあって  さによく似合って  さが胸に込み上げて来ました  さも腹立たしさも皆消えてしまって  さは至上のものだろうと私は思う  さがゾクゾクと背を襲った  さに間誤付いた  さが伴って  さあまって憎さが百倍という噴火山的な気魄と焦躁が横溢しているが  さもあるが  さの方が勝っている  さをさえ与えた  さは当然受けなければならない  さから力を汲み取っている  さを感ずるではないか  さのみ感じられ  さうなあの態度は今のこの国の内職組に見せたい  さと落着は今日でも思ひ出される  さよりはずつとはつきり思ひ出す  さをつくづく思い知ったであろうよ  さほどの仕事ではござりません  さはしれている  さにふるえあがってしまった  さまでございますから  さと映る  さもうち忘れ  さに色を失った  さま頭をさげながら  さが涙とともにこみ上げてくる  さが感じられたのであらう  さが浮んで  さが三尺八寸ある  さは中央部は五尺四寸あるが  さに醉つて核の存在を知らぬ  さだといばる  さというものだけによって断食芸人のこんなふるまいが  さは三丈から四丈はあるという  さとは反対に複雑な音を出す  さとに接して  さによほどの割引きをして  さを裏書きした  さなどは抜きにしても  さを見抜いています  さには辛抱が出来ない  さで頭に映ってきましたので  さをふりまいてくれる  さを大変頼みに思う  さまで行かない  さをすっかりあらわしながら  さがその中にある  さにはならない  さにはなるだろう  さと急に重くなった  さにはかないませんでした  さだけの金の値打がある  さだけの金の値打があると言う  さに驚いて言った  さが台なしになりました  さを出し  さは三フィートもあったかなあ  さを味うことは出来なかったであろう  さになるだろう  さが少し静まった  さがはっきりと分ったので  さを忘れてしまいました  さの壺がテイブルの隅に置いてありましたが  さを以て答えました  さで駆ける  さにも劣らぬ  さとに打たれ  さほどもないところまでおりて行きました  さを全部彼等で引受けて  さというものは味わった  さに火がついた  さのために気違いのようになってあばれていたので  さに負けないくらい  さというものに自然に宿った  さでノッピキならぬ  さなどが全くいいかげんにできていて  さかへもつかぬ  さだけあけて  さうであればあるほど  さになれり  さにいつもより稠くなりぬ  さつぱりとしていざござ起らず  さのみは愛し  さに一字一句を翫味研究して  さを賤んじて日記に罵っている  さに下級の生活状態を究めて  さに調査した  さに究め  さ過ぎていた  さに引換えて  さに究めて  さの中を降りしきる  さを枉げない  さを耐えつづけました  さのあまり潤んでいました  さを表したら  さのあまり破れたかもしれなかったでしょう  さのあまり息をはずませていました  さのあまり眼を輝かせました  さりはしない  さのあまり飛び  さもまぎれるだろうに  さのあまり飛び立つばかりでした  さなどは忘れた  さうな心地する  さきびしくなりぬ  さの箱が腰掛ともなりランプ台ともなるらしかった  さに靖国神社近くで夕景となったから  さに味わった  さを包み切れない  さのものが初めから存在する  さを認めた  ささえも頬に感じられて来る  さまできめてから  さを露わに示した  さに見とれた  さになつて荷車を引かされてゐる  さを測られたり  さが立樹や家屋とはくらべ  さうな三角説よりも円形説の方がいくぶん常識的でもあり  さを測り出さうとした  さをはかつてみたり  さを較らべてみたりしてみましたが  さな円を床に画いて  さの国を博士達が測量し  さや金属によつてきめなければならない  さへすでに数へきれないほどの  さもわかつて  さなのか更にけんとうもつかない  さはらないやうにしてゐる  さへ彼の魂を誘惑し  さを嘆き憤る  さにおそはれかけた  さをも早くも今朝は忘れて  さに日は照り輝やいてゐた  さへ彼には思へた  さをもしぼりとる  さに野辺に立ちいて  さに書き並べてみた  さに社会的の地位というものをもっておらん  さに色を失って  さうだと云つてゐたさうだ  さうな髮毛のモジャモジャした  さへどうする  さを与えるだけだった  さにちぎってくれ  さへ追ひ出しとけ  さへ呉れればい  さにちぎって呉れ  さに引き伸ばして  さの空間の中で斧がどうなっているかを考える  さうな仕事らしく見えます  さの味のためには一生その仕事を止めないだらうと  さの味とは何を意味する  さの味を純粹に私達に享樂させてくれる  さは實際にあり得ない  さに近づいてゐればゐる程強められ  さの中に複雜にされると  さが身に泌みる  さに立腹するどころか  さうな小説に似てゐると  さうな眼をぴかりと視開いてゐた  さが思ひやられて  さをたもっている  さり片づけてしまはないで  さうな空気ができた  さがみえるけれど  さを歌ふ  さうな眼を据ゑながら云ひかけた  さもあるな  さと子供の分を皿によそつた  さをもつてゐてくれたら  さの種類なり性質なりを誰かが判定して  さうな消息を簡単に書いて出す  さが勝つてゐる  さもまたひと際と思はれる  さと行つてし  さが彼女を捉へはじめる  さ深さがあるからです  さうな眼をした  さに呼吸が詰る  さでみる  さに却って掻き立てられ  さと可憐さとを持つた  さは何かへ抵抗している  ささえ含まれている  さつに興味をよせ  さを染染感謝しなければならない  さを感ずるであら  さは永久に理解されないだらう  さを伝へようとする  さから来てゐる  さは観る  さに尾いてくるほど  さの持ち  さが勝つてゐたであらう  さを前にして  さを云々する  さを引つ  さを伝へる生きた  さを認めてゐるといふ  さを自慢する  さもはつきりとわかる  さ強さを露骨に示した  さうした作品の手法上の態度に現はれた  さへも描いてゐた  さから生れた  さに極度にヤキモチを焼く  さをさへ観る  さからひ  さへ与へる  さは単純な企てから出発した  さとの関係に於いて認めない  さうしたところに新しい日本画の表現の問題の解決点があるであらう  さをより徹底させるには  さの故に伊東深水氏は世間的には新鮮さを失つてゐる  さを問題にし  さは決して今に始まつた  さを露はした  さは同時に画面の緊張感に於いては  さが去つた  さの魅力にひきずられる  さを加へてきてゐる  さは認められず  さを残念がられ  さなどもその特点の一つであらうか  さうした状態をみせてゐるので  さへあり  さを当てはめてゐるといふ  さを具備した  さと価格とを接触させて論じてをく  さうした人気と価格とを生じたか  さといふより問題点が展開されてゐる  さを認められてゐる  さを盛らうとしてゐる  さり片づけたいであらうが  さが盛り  さに描く  さうした内部的な欲求を温和に隠してゐる  さが連続すると  さは驚ろくべき  さは単化された  さの点では光瑤氏から学ばなければならない  さがあつて気掛りになる  さがあつて気掛りとなる  さうな雪質を巧みに描き出されてゐる  さは人生の奔湍に押しながされる  さを競ひ  さが展開されてゐる  さを現実とみるか  さを表現して  さの究極点を示し得る  さを進められてゐる  さとはちが  さは五雲独特なものがある  さうした人物と共通した  さりと袂別して  さを考へてやらねば  さを我々は認めなければなるまい  さうした言葉を川村曼舟氏が吐き得たといふ  さの中にゐる  さと豊饒さと未来性とをもたらすであらう  さの為めにまた若い仲間の一人の助言としてどんなに歩調がしどろでも屋根がひんまが  さり片づけられ  さを要求してゐるので  さで他人の品物に手をかける  さを彼は軽蔑してゐる  さに騒がなかつたとしたら  さをこの絵を通じて感じられて  さと作者は移転して  さで画面を締めてゐる  さで締めた  さもあれほど出来る  さのみがある  さをとる  さは物事を決してアイマイにするといふ  さと一致した  さや特殊性がかんじられる  さといふものは描けてゐるが  さに表現されてゐる  さを覗ひ  さの点では旺玄社の画家の方がずつと真剣さがある  さと暗さとに就いて  さに時代的な感覚があり  さの強調も辛うじて画面に調和して  さの一つであらう  さにありながら  さも既に商品的な価値の部分へ繰り込まれてゐる  さり画かれた  さは第一に一般人の程度の低い感傷さを生理的に捉へてしまふ  さうした質問がでた  さがあるだらう  さを洋画に新しくとりいれるといへば  さと二つあるので  さうした反撥の作家でありもしダリが現在のやうな態度をつづけて行くとしたら  さを求めるといふ  さに行かうとせずに  さの蓄積された  さに問題を抱含させてゐるからであらう  さが無条件的に作品に現れてゐる  さともいはれるべき  さと技術を指示する  さを発見できるからである  さと現実克服の長い間の聖戦がある  さほどに問題作であるといふ意味で宿命的な価値がある  さうした積極性をもたうとすると  さはそこにこそある  さは青山氏と山下氏とどつちが  さは理解されないだらう  さをかふ  さが判つたら国展の良さが判る  さに閉ぢこもつて  さと観察する  さが不足してゐた  さうな肩などに魅惑的な神経がある  さが汚れのやうにみえる  さで塗りつぶしてゐるといふ  さは出てゐた  さはさらにい  さが現はれてゐない  さが彼にはある  さを表現してゐて  さをねらつても  さといふものがどんなものであるかを諸君は理解するであらう  さを滅ぼすといふ  さうした鼻の先で笑ふ  さの正統な騒ぎ  さの有難さと共に扇面の栖鳳の画風はこの人なりに理解される  さの存在する  さうした恐ろしい観衆を控へてゐる  さの極限をその作品に見る  さといふべきである  さうした出版業者に対する求め  さへすればといふ  さによつて精神状態を硬化する  さや淋しさが積り積った  さと終電車に間に合って  さという感じが伴います  さがほのぼのと立騰る  さのあまりにじみ出した  さを身内で繰返して置く  さを観察する  さと同時に野蛮性があります  さや口惜しさまでが入り  さにおいては釈尊に一目置くだけで  さや家族愛が生れる  さに泣き叫ぶ  さは眼につき  さを運んでくれる  さと家に帰つて行く  さが劇の構成に不可思議な牽引力を与へ  さまで二人の死因だけは容易に判断する  さにうだっている  さをして困りますよ  さが募って来て  さのみ不思議がるにも当たらないかも知れない  さが衰えたといっても  さが又急に加わって  さはだんだんに深くなって来て  さという事の外には本質的の差異を認めない  さは千差万別であってなかなか一定しない  さや数について統計的の規則は見いだされるが  さを発見しうるには  さから定め  さや重さに近いように作った  さを測  さよりはむしろ視角によるが  さは幾何かという問題が起ったとする  さの真趣をすら味ふを許さ  さうな微笑を浮べながら  さうな微笑を酬いながら  さうな相手の視線が折々足もとへ落ちる  さを覚えたかと思ふと  さを振り棄て  さへちょっと降りました  さがなくなったり  さるるを見る  さとして嗤ふも  さを上品におさえた  さは彼女たちの身長を超えていた  さのガレージが下にあり  さがまるでちがっていた  さと奥行きの深さをまえにして  さから外の光景を広く見渡す  さにかかげた  さと量を増していった  さが夏の陽ざしのなかで目にしみるでしょう  さを片手に感じながら  さは蘇って来る  さを失っていきつつあった  さと深さをともなって  さがる浪の音が遠く聴えた  さをつくづく思いやった  さはおぼえさせなかった  さに勧めると  さに耐えかねて巻き  さとが知りたければ  さが頭の中を切って廻った  さが妙に気になって  さがしゅうと減って  さ悲しさを一部の小説と見立てて  さを忘れると云って  さまで上げた  さのみ苦しい思いもしずに  さも長さも似た  さほどにも思わなかった  さは倍も三倍もある  さの好奇心とは思えなかった  さに広がって  さが二の腕を伝わって  さぐらいはあるだろう  さも逼って来た  さは畳二畳敷ぐらいはあるだろう  さを自覚していた  さはどこまで行っても  さがしだいに増して来たら  さを医す  さを増すの  さに堪え兼ねて  さがその身の今の侘しさによく適っていると  さがひしと胸を襲った  さを感ずるが  さの割合からすると  さにくらべては  さに息がふさがる  さが足りないので  さは大地が裂ける  さもありなんとばかりに相好をくずして  さうな運動を始めたりして  さへ示さず  さに落ちてゆく  さうな気配をみせてゐた  さが自分の胸に響いて来たし  さにいきなり打たれた  さに係っている  さは十九キロ以上ある  さの細長い湖水が伸びて  さから同じような形の岩壁が何十と重なり合って  さをも見出して生きて行こうとはせず  さを理解する  さとともにある  さはそのように無視されてきた  さの心まどひが  さがさまたげやしないか  さにみいられて見つめた  さにまだ寝る  さも行くというし  さを較べている  さに掘り下げた  さに穴を明ける  さが影響しているに  さと先にいつて  さしたからでせう  さへてじぶんの外套のすそにおしこんでしまひました  さを納得した  さであることが分つた  さに完成に近づいてゐた  さに蠱惑され  さが高まっていった  さにも余り  さを失ってしまい  さり頼んだ  さへ覚えた  さを見てくれ  さまで釣りあげる  さが身に染みると思ったが  さの売薬の姿も見ないで  さも凌ぎ  さは申すまでも  さまで難儀は感じなかった  さも谷の深さも底の知れない  さというては  さのさと出た  さのさとまた草を分けて入った  さはおよそ計り知られぬ  さは玉を解いて流した  さは他の山では求められぬ  さのため鼻血を出し  さを競い  さ厳しき故水を飲む  さはよくわかりませんが  さが二百尺以上もある  さを保っています  さと三角点の話をしてやる  ささえ感ずる  さのため瞬く  さがしみじみ身にしむ  さを忍び  さを増してくる  さで登高欲をそそられる  さかさまに投げ出されて  さのため目がさめた  さを感じながら眠るという  さのために目がさめた  さのあまりこおどりした  さの余りものもいえないほどだった  さに拡げ  さのために目が醒めてしまった  さが一定していないので  さも身内が痛むらしい  さを通信網の中に競う  さが身内の血をわかして  さと気味悪さがゴッチャになって  さも思い  さ過ぎるのかもしれない  さがなくてはいい俳諧は出来ない  さや重さやその他の特徴がはっきり認識されて来る  さをさして云った  さうな峯があると  さが身に染みると  さうな目覚しい釜の懸  さうな小流があつたから手桶の水を汲まうとして  さうで耐らぬから気臆がして  さも凌ぎよくなつたので気も勇み足も捗取  さうで草鞋が冷えた  さは申すまでもなかつたが  さうにしないから  さへ助を呼ぶ  さといふてはなかつた  さは凡そ計り知られぬ  さへながら腋の下を手拭でぐいと拭き  さへながら静かに土間を出て  さうなといつて  さが骨に沁む  さを覚えたかの  さうな霞の中に立つてゐた  さに留まったという  さとがまじった  さを初めて理解する  さがよほどあせていった  さの身ぶるいが走った  さほどの美男子とも思われず  さが少しも顔にあらわれず  さうもないところに反対する  さと静かさからだんだんに遠ざかつて来てし  さで種々に心の動かされて居る  さを示しました  さを自分達丈で占領して  さの入れ  さの一つの現われに過ぎない  さうな初なりの蜜柑を売つてゐる  さうに呼んでも  さが抜けきらないのでせうか  さうな顔を崩さないでゐると  さを凌いでいる  さというものは声と言葉にある  さが朝ごとにまして来る  さが去った  さを感じる程  さが沈み  さが胸にこみあげてきた  さが計られる  さがいつまでも部屋から退かなかった  さを毎日見せておくだけでもいけないと思った  さは私たち五人の暖みでは間に合わない程  さに力を感じ始めた  さに深くぶつかってみる  さから救う  さな鶯寒むいか  さうなこどもをたべたさ  さや手近い墓地に鳴き交わす  さの中に藪鶯が美しい音尻を引いては鳴く  さうにさせた  さうな板の上で昼寝と読書の一夏をすごした  さうな身振りで振向いた  さを確かめて始めて  さといったような心持を感じた  さといったようなものを感じているらしかった  さのために歯の根が合わぬほど  さに極度に視線を狼狽させた  さと沓脱へ降りて  さで痴川伊豆の葛藤を血みどろの終局へ追ひやらうとしてゐる  さを受けた  さではし  さうしてしまふと  さに倦み疲れた  さうな澱み腐れた  さうな様子で縮こまつたりしてゐる  さのあまり妹に告げると  さうな眼なざしをした  さうな雲がたたずんでゐた  さは明白となり  さに苦悶して  さしならぬものとなっていた  さに酔っている  さの銀玉を作るには  さの白い紙包みをとり出した  さを加えてきていたが  さにしんしんと身内の冷え返る  さに通りもやれず  さでもまたあった  さに苛まれながら  さは天にも上るもの  さにといえば  さありがたさは身にしみじみと滲みわたり  さにみっともないほどガタガタ次郎吉は筆が慄えて止まらなかった  さだとされた  さがしつこくジリジリしてきた  さで気が狂い  さじゃ寄席もお客がこなかろうし  さにかまけててすまなかったね  さに胸ときめかせて  さが五体の隅々にまで浸  さにガチガチガチガチ歯と歯が鳴りも止まなかった  さに恐らく血が騒いで  さはこみ上げてくるばかりだった  さ暑さで飲む  さに小圓太は口も利けなかった  さを圓朝の胸に滲ませないではおかなかった  さを塗り潰して置きたかった  さは影を秘め  さすって圓朝は再び下向いてしまった  さ悲しさ入り乱れた  さをマザマザと感じさせられ  さに何べんも何べんも初代圓生のお寺へいった  さはほとんどその頂点にまで達していた  さのような無気味なものをまんざら誰もが感じない  さかっていった  さにたちまちククと含み上げてくる  さに抜けるほど  さまでの未練はなくなってきてしまっている  さかな暖かや蕊に臘ぬる  さと刃金の硬さとが不可言の調和を持っていて  さだけの活力を発揮し  さを知りゐたる  さもまされと  さをまざまざと眼底に刻みつけられた  さであろうと思われる  さうもなく白けたのに  さが生ずる  さを克服する  さを或る程度縮める  さをもって接し  さは彼には最初からわかりきっていた  さと厳しさがあるからだ  さを見すごしては  さと広さをもって  さと戯曲に書直す  さうもないと考へたので  さも忘れる  さと価値とを生ぜし  さであることを考える  さへその身は僅少の罪に縛められて  さを猜してよ  さへ亡きものにせば  さへなぜか私は泣かれます  さよ聞くに堪へざる  さなり声は又も来る  さを地上と屋根と二人のこころとに感じ  さに世界は息をひそめて  さで僕等のいのちを信じてゐる  さがあなたの痛さである事を感じる  さがあなたのこころよさである事を感じる  さにかがやいてゐる  さの泉を注いでくれる  さかさまにがつと照らす  さを今はすてて  さをわたしはしづかにしづかに味はふ  さには時々驚かされる  さは想像以上のものであつたであらう  さ深さは殆ど嬰児のそれのようであったといって  さはどんなに彼女を苦しめたろう  さを感激を以て語った  さに予は思わず呟きぬ  さうな心持がする  さをも評価している  さで補ってくれた  ささえ知らないじゃないですか  さを追う  さと戦いながら  さを命令した  さが今よりも早く来たし  さを仕出す  さと電車に乗つて  さで湖を突つ切り  さのたねとなりゆく  さの霜柱が音を立てつつ崩れて  さが背すぢを伝うて離れなかつた  さが強いのであろうと二疋並んで  さはまたとあるまい  さをもつてしても  さが指摘されるらしいが  さへゼンマイがくづれさうな気がするから  さを見てゐると  さへ暗過ぎた  さなどについて弁じ  さをきそった  さもわかるし  さよりも恐怖を感じた  さを押包みながら  さのゆるみが感じられる  さが沈んで見えた  さへ面白いこととして暮してきた  さをあぢははずにはゐられなかつた  さがつくづく思はれ出した  さへするとさう考へたからで  さで感じた  さに慣れてから  さの庭を朝夕手入れをするとなると  さを慕つてゐたさうである  さう呟やいた  さつぱりした仕事のやうに言ふが  さは末枯れの  さは稀れに見る  さは四季を通じて冬の初めが一番色が冴え  さにも劣らずに  さも蒼みも好ましくなつてゐたが  さがその約十倍もあって  さのため爪先が見えなくなった  さに人造的に縮小した  さが烏ぐらいもある  さは豚ぐらいもある  さに目をみはるばかりだった  さよりも好奇心が先に立って  さのところに首らしいものがあり  さとがなかりせば  さを知るには  さをメートル原器と比較して  さ即ち基線を十分精密に測っておく  さは普通四粁か五粁位あるが  さを測るという  さと眠たさとでぼっとしている  さがちがって来て  さと期待の混り合った  さを持つて来ます  さふるふと申してをりました  さふるふと言ふ  さとかう  さうだぞいまにどつちかがヒゲをひ  さの鏡をつくると  さはどれ位ある  さうだ早くあのボタンを押さう  さうだぞもしかすると  さより大切なことがある  さも五分ノ二にへった  さにしてみる  さに惱まされたが  さを原因としている  さに輝いたかとみる  さで止めておこうと  さも何にもない年寄が居る  さで迎えたい  さの中に立ちどまって居なければならなかった  さを持って来ると  さはその白い着物の下にも重い洗濯物を持ちあげる  さを幾分誇張してまで話して聞かせる  さをお関に訴えた  さが如何にも若々しい弾力の有る  さを持っていようとは  さがだんだん目に入る  さりと額ぎわまで剪り下げしを  さのこのさきに待つとし思えば  さもいささか慰めらるる心地して  さもありつらん  さにかえて  さ恥ずかしさの狭霧に朦朧とせし  さ恋しさなつかしさのむらむらと込み上げて  さの御さわりもあらせられず  さはさらぬだに強からぬ浪子のかり  さえすりアきっとなおる  さ寒さですぐまた起こる  さをさびしき笑に紛らして  さやるせなく思うほど  さまで重きにあらず  さを添えつ  さの堪え難きまで募りて  さも訴えて  さの切らるるばかり  さがひ  さり持ち  さを引き出すので  さへを忘れて  さに慄えてもいた  さは本当に文字通りの瞬く  さを噛み殺して答えた  さを棚に上げて  さに混乱して  さと苦しさにどうしても目をさまさずにいられなかった  さを伝える  さを証明していた  さに対し畏敬の念を生じた  さ故に泣いた  さに脳髄を変にさせた  さがみられる  さと深みとの上に拡が  さともとむれば  さと退屈さをまぎらす  さは始めから許して  さうした笑ひを  さに別にさわりはないか  さによりて人の心を悩ます  さは知らぬが  さほどでもないかも知れんが  さに痛む  さに満ちている  さにも増した  さうした夢想に耽り出すと  さに看守からかう  さに首を縊る者が折々ある  さにも苦しむには  さを笑ってくれ  さ加わるが大分身体はなれて来た  さがどの位おわかりになる  さが苦にならぬとかきましたが  さに黙りこくって  さのところでも通れるし  さのない世界があると考えよう  さということを全く知らない  さと風当りのつよさで閉口し  さでボーとなる  さに対してなんとなく均衡を失して  さのうちに年が暮れて  さに制限があって  さを味わっているかしれない  さもありなんと私はひとり淋しく首肯している  さに身悶えしている  さうな鐘の音とのあひだに挟まれた  さかる犬が目に見てゐた  さうな顔をつくろふ  さの快感の延長のやうでもある  さへすらした  さを知らねばならぬ  さを知ってもらう  さうな真似をして  さまでしたから  さのにおいをはなっていた  さのためにまだ赤い顔をした  さと寒さがたがいに負けまいとして  さのあまりにいつまでも小供のように思うていたが  させらるるようにも相見えまするが  さのみに珍らしいとも思っていないらしかったが  さいとも感じていないらしく  さに涙がこぼれまする  さと苦しさとを我慢して  さとに弱り果てた  さの身にしみて来た  さと悼まし  さは二十丈を越えているらしく思われた  さは三間四方もあるらしく  さは又更に独特の汗を私にしぼらせます  さで夜中に目をさまし  さで閉口しながら  さにうだった  さは文字でしか描写できぬ  さに興奮しました  さは驚くばかりです  さに満ちて感じられました  さが乾いて吹きとばされて居りますね  さについて感じます  さに動かされないから  さと尽きざる  さもあろうと肯けるが  さを見せてやる  さういふ風に思つてゐます  さを君に伝える  さに成って  さは五里四方もある  さの小梨を見つけた  さに堪えないで  さを言い顕した  さと寒さとの混じ合った  さも大凡想像されよう  さを以て人夫達の烈しい呼吸を聞いた  さの絶頂に達した  さが強くなって  さが私達の骨まで滲透るかと思われる  さを私達の胸中に喚び起した  さから考えて  さに張りさけんばかりであった  さを測ったりした  さに胸をおどらせながら  さかさまに落ちていき  さかさまに谷底へついらくし  さが背筋をながれた  さにガタガタふるえながら  さと悲さをコキ雑ぜた複雑の思いに浸り  さに心うたれ  さと労働の健かさとが彼の心に夜明けと共に忍びこんで来る  さが後で萠した  さと或る神秘な喜びとを心に感じた  さにしくしく泣き出しながらいった  さまで積んでも  さを思ふにつけて  さがみちてゐた  さが胸を流れた  さを愛した  さだけがのつぴきならない  さのひとつであらうか  さを身近かに感じる思ひがして  さに苦しんでゐた  さが表れたので  さはむしろ堪えられぬ  さが消えない  さといふものを何も知らずに  さを妬いてはならない  さを思ふたら  さについて行けない  さでは生きて行けない  さを考へて  さに凭れる  さと同じものでありうるであらう  さをもつてしても医し  さで沢山なのだと卓一は思はずにゐられなかつた  さに気がついたわ  さが戻  さを読むのみだつた  さを憎まずにゐられなかつた  さを宿す  さに倦みながら  さがひどすぎる  さになるばかりだつた  さが目に見えてゐた  さが一段落をつげただけでも  さに悪感を覚えずにゐられるだらうか  さのこれにまさる  さが凝りついてゐるのであらう  さうな頭の始末に困る  さの涯が知れない  さのみが感じられた  さう喚いた  さのみを感じる  さを女達に伝える  さだけ分る  さにすら気付かなかつた  さを伝へるよりも  さ切なさに縁が切れた  さに疲れてゐるであらう  さもない成人ぶつた  さが堪えられない  さに胸をつかれて  さがあるらしいね  さを真実のものと誤解し  さに比べたなら  さがよほど違つてゐる  さを考へても  さが始末のつかない  さがかたまりついてゐる  さを露出しない  さうな話のいくつかをしてみるが  さがすでに語つてゐる  さり答えた  さを一入増してくれるだらうと  さは衰えなかつた  さに気付いてゐます  さを怖れてゐる  さを最も正しく知つてゐる  さを徹底的に露出する  さを憤らずにゐられなかつた  さのみが分る  さが映る  さの中に落込まずにはゐられなかつた  さが先立たずにはゐられぬ  さが百倍といふのであらう  さに落とす  さがこみあげてくるばかりである  さを非道に咎めうるだけの  さを覚えたりしますね  さを自分は感じてゐたらしいと  さを眼に入れながら  さはぐ隙をみて  さから毎日を泣きあかしてゐる  さがいくらかやりきれないが  さねばならない  さを受ける  さで我慢のならない  さが浮かんでゐた  さのために凍てついてし  さに変る  さのせつなげな有様をみて  さが秘められてゐる  さにひき  さが怖れと  さに襲はれる  さや中途半端を冷然と拒んでゐる  さで冷めたく呟いたので  さを覗かせる  さだけを憐れんでゐる  さに惹かれた  さに堪えられない思ひがするので  さに眼を打たれ  さを感じはじめてしまふ  さと狂気を気取り  さが一度はひとつの新鮮を思はせたにも拘らず  さとが表れて  さが澄江の骨を焼く  さと口惜しさのために腸のちぎれるほど  さをとりもどす  さを見出さなければならない  さがこみあげてきてしまふ  さで払ひのけ  さで着物をぐいと引きひらいた  さがどれほど大胆をきはめてゐるか  さで恋の末路を感じてゐた  さが漲るばかりで  さと取り換えて  さが堪らないほどこみあげてくるのよ  さがつてゐたり  さが胸にせつなかつたりする  さが森の中へ行かない  さが際立つてゐる  さを感じさせるので  さが他巳吉にも沁みわたる  さも子供の泣く  さに堪りかねて  さへはいると  さで澄江の面影を断ち切  さだと私は思ふ  さで意識せずにゐられなかつた  さにうんざりする思ひで  さや悲しさや懐しさを静かに語る  さをひけらかす  さうな澱んだ  さうな白け  さが身を切るほどの  さを完膚なく発いてやらうといきりたち意気込まずにはゐられなかつた  さに感動し  さにけぢめがつかないので  さが頭をふさいでくるので  さを見るかの  さから一足退いて考へれば  さも若干察してもらひたい  さに心の冷える思ひで  さをむしろ安らかに感じながら  さに感じる  さより下のものだとも思へない  さに喚きたいほど  さが惨めなぐらゐ歴々と左門にわかつてくる  さはむしろ内部に金属の艤装をほどこし  さを冷然と弾き返す  さを気付かぬ  さから考察しても  さが残つてゐて  さうな顔付でもなくさう  ささうにそつぼを向いてゐる  さに眼の玉がとびでて  さり片付いて  さうな愁嘆場を演じる  さが続く  さのなかへ置き残されてし  さの怖ろし  さの煩労から救はれる  さに置いて  さがあつて人をうつが  さが思ひやられぬ  さを混同する  さに誰より退屈しきつてゐる  さでなければ誤  さがあるだけに  さは失踪しなくともある  さは必ずしも失踪といふ事実が起らなくとも在る  さが解決された  さを漂はし  さが大体暗示してゐる  さは失踪しなくとも  さや抽象的煩悶だけでは人生にならない  さに思ひ耽ける  さが分かる  さには不感症にちかい  さが誇りでもなく又好もしくも思へなかつた  さを常にいた  さに甘んじてついて行きたい  さに堪えられないわ  さや厳しさに泣きたく  さをいたはりたい  さを映させる  さが木村重吉の心を暗くさせる  さは翳もとどめてゐなかつた  さを今更悔いてもはじまらないと  さを表してゐる  さが禁止のはたらきをしてゐた  さを拒み  さを聊かも語る  さを高めうるほど  さを拒む  さであるかの如く信ずる  さとあくどい趣味は感じられても  さや静寂がめだつ  さは相変らずだ  さに近くもうひとつ小さな砂丘がある  さが現実の苦痛を与えた  さのほかの何事を思ひだす  さそして呼吸困難に何分間まで堪えるべき  さのために顫える  さに彼はひととき己れを忘れた  さはそれについて行けない  さを覚えなければならなかつた  さをむしろ厳しく憎みはじめてゐるので  さに苛立たし  さに曠野の雪にも比すべき  さのそれにまさる  さを見出さずにゐられなかつた  さに当惑を深める  さで由子に絡みはじめた  さを強めさせたにすぎなかつた  さとまた公平な内省を与へる  さに欠伸を放つ思ひを感じてしまふ  さの中にその全貌をまるまる浮かし  さを吸ひとつてゐた  さは傷のあり  さに堪えられよう  さに比べたら  さに堪えがたかつた  さを認めてゐた  さを忘れてゐた  さも弱さも偽も真もいってみれば  さうしたならばその人には多少不思議な感じを起したかも知れない  さが一層強くなる  さないで自ら殺さう  さいづれはあらぬに  さに堪へねば  さとあきて  さをあやしみつつ見詰めた  さつせれ  さうな店頭の樣子を眺めて  さに蒸されて  さは淡泊で洒落な大人の思ひもよらない  さを信じて  さをなる  さぞあらん  さいいい  さに震え上りました  さに胸が一ぱいになり  さも極度に達して来た  さに感染して  さに身悶えしました  さで見た  さに捨て  さにや泣かされる  さへも笠松ア恋しわかれ  さへきれない  さへないから尚更あの娘と泣きわかれ  さかる烏と南瓜南瓜畑に烏が来てる  さなど気にしなかった  さにはとても及ばなかった  さに肩でいきをしながら  さが身にしむに  さへ痛む  さとなつて空気の隙間をひそ  さに考へてゐた  さが僕にしみじみする  さで闇の方へ振向いた  さが彼の中へ帰つて来た  さに持ち上げられた  さへつけるか  さが自分を護らうとして  さが分つた  さが彼を満足させる  さが呼吸にまで満ちてくる  さが漂ふも  さが迫つてきた  さが疼く  さも感じなかった  さに牽きつけられたからであった  さを与えない  さも身にしみる  さは古来の思想史の検討によって確認せられていると信ずる  さがまた身裡に甦って来る  さを病妻に語った  さと慣れない  さと云ったらしらずしらずの  さのようだとでも云いたい  さかな古寺やほうろく  さのつもれば  さ打つ波のかけらのほの見えて  さを失って来る  さに駆られながら  さはだんだん私の身体へ匍い込んで来た  さのなかで起る  さは言っている  さを馬鹿にして  さに向い  さがゆるんで居りますね  さの深さなどは又一向通じて居らぬ  さで書いている  さだけで立ちゆく  さの性質とを考え比べて見て  さやさしさを殆ど驚く  さが分ったと仰云っていらっしゃいます  さに堪えている  さをとり戻しますから  さと知に充ちている  さには鬼もカクランを起した  さの中で可笑しい夢を見て  さがそこを引しめたから  さと安らかさとがある  さと澄んだ  さと新鮮な感覚とに身をまかせたい  さから涙をこぼしながら笑って  さなどは何か一つのマイナスとなって  さが拡がってゆく  さに染められている  さを押し隠して言っている  さを一度経なければならなかった  さにも慣れたから  さうな上級生は彼と並んで  さは想像にあまる  さに溢れるかの  さにさそはれながら  さとともに自身の暗さを摘出しようと試みた  さを露出しても  さ明るさをもった  さ暗さにうつし  さには決して堪へられません  さは二枚折の少し大きな位で絹地を用います  さをどう致しましょう  さは眼に余る  さを見るにつけて  さと立派さは眼もさめる  さのためから泣き止んでしまった  さに夢中になってしまいまして  さが十三貫目もある  さで自由にお使いになる  さが一パイになりまして  さに釣り込まれてしまいました  さも本当らしく書いておられる  さをいつもいつも思い出しました  さに比べますと  さで誰にも気ずかれない  さりあきらめろよ  さで菅笠のかげに  さには悪臭と呼ばれる  さが流れて  さの中に沈淪していた  さを襟に感じた  さのあまり白金線を逆につけてしまった  さは絵にもかかれず  さま今もありありと眼に残れり  さにそこにあった  さに歯の根が合わなくなり  さを賦与されるに  さのみの時間をも要しないが  さに堪えぬけ  さに帆桁をおろし  さまでおどりあがっては  さの赤い実をもっている  さを感ずるほど  さと旋回の力を考え  さがきびしくなってきた  さをかんでいる  さにあげる  さまであげようというの  さにまで達したいと思う  さでペロリとたいらげた  さがっていると  さと幅と高さとを点は持たぬと  さをも悲惨さをも意識しないが  さをも持っている  さを強さによって弥縫しようとする  さと弱さとを同時に持ち合わしている  さの生み出す  さがあったなら  さが必要とせられる  さを私は明かに見て取る  さを化合させて  さの蔭には尊さそのものをも冰らせる  さが潜んでいる  さはまた私にも存分にしみ通って  さすってくれたとしても  さから退く  さとを持ちながらも  さとは私を牽きつけるに  さを不満に思うよりも  さを暴露する  さを多く認めないで  さは何処にあるか  さが私をあざむき  さに恐れて  さを補い  ささえ超えて  さを代なしにするに  さに積もっていた  さにのぼったとあるが  さは目撃者の仰角の記憶と山への距離とから判断して  さにおおっている  さと貧しさとの故に嘗て陥った  さの一ときがあった  さを努めて紛らす  さを欲していた  さと家霊の表現の意志を継いでやりなさい  さに見惚れている  さの差を珍らしがったり  さが陽炎のように立騰り  さだけを寵した  さは艶消しとなった  さになりかける  さを語り得ない  さに四辺を忘れ  さに部屋中を充たした  さを現して来た  さを奥さまに差上げて  さは貰った  さまで記するに足るべき  さの島あり  さうもない話であることをこの小説の欠点と見  さを比べました  さを一瞬ぱっと明るく覗かせて  さをそのままぐったりと夢に結んでいる  さが聴えて来る  さが子供の泣き声を聴く  さに燃えていると  さを時に伝えて来て  さに眼をまわしてしまいました  さに蔦葛にすがりながら泣き出しました  さも恥かし  さにあとしざりしました  さに気絶してしまいましたが  さのあまり王子を犇と抱き締められましたが  さにワナワナふるえている  さが眼にしみて  さはまして昔から話にある  さと気持を持って居る  さと重そうに好い髪とで店の若いものがせめてとなりの娘だったら附文位はされよう  さをもって居た  さに自分の気の狂う  さに分る  さにつりこまれて  さにはれやかな  さでその影の持主をさとった  さを一目でも見ずにすごすと云う  さと限りない恐れとかなしみとよろこびにふるえて居た  さにわざわざ出かけて来たのに  さがあたえられた  さの事もおびやかさせる  さと又何とも云う  さと輝きをもった  さに夜の闇の中に光って居る  さはますます女の体にまして来た  さは銀の光りで  さと気のボーッとなるほどの  さの下り坂になった  さが外の奴らには分らん  さのみ怖れてはゐなかつたであらう  さへ語られてゐるので  さがつのるにつれて働く  さいなまれた  さかひをする  さが増すばかりだつた  さうな仮睡に落ちた  さで水平動している  さと性格とを作品に出して  さで益々作品は平たくおしつぶしてゆく  さでは小説の弱さに通ずる  さで絵画としてのおもしろみであるか  さが発揮されている  さとが目についた  さよりもむしろむし暑さを感じながら  さに彼は身震いした  さで指先がむずむずした  さを意識しながらきいた  さへて見ようか知ら  さが菓子に似合わないので  さに向い立って  さという点でいわれた  さの故に評価しようとした  さをおのずから念頭においているから  さと疑問とを感じた  さを一般に与えた  さを身につけすぎた  さであると思わざるを得ない  さで物をいうという  さを合理的に理解する  さのみ珍味佳肴も欲せず  さは四年もいる  さを抱かせられたが  さを持っております  さをなくす  さがすりへってゆく  さがこみ上げて来ます  さが目にしみました  さは九吋の装甲に負けない  さがわかるよ  さに見とれている  さを考え  さまで逃げて  さまで落ちてから  さに圧されて  さも軽蔑する  さうな手を休めて  さうもない氣がして  さばかりが込み上げて来る  さへ思はれて  さへ感じて居りました  さが全身に漲つて  さへ思はれました  さがしんしんと魂にしみ入る  さは還らないか  さに酔うてゐるかの如き  さを綺麗に拭ひ去り  さを生ぜしめていた  さを長田によってはじめて今日知った  さを本当に知っている  さは自分なぞとても比べ物にならないと  さで草木も凍ってしまっていました  さを繰り返しつつ  さが彼に甦り  さに堪えきれず  さに苦しまねばならない  さいた紙に書きはじめた  さがやがて少年の胸に充ちて来た  さは無論彼に迫ったが  さを補わないでも  さよりも怒りの方が勝っているらしかった  さに引きつけられ  さが悪寒のように起きて来た  さに堕す  さと不安とありがたさをしみじみ感じずにいられなかった  さを感じはじめると  さを怒っている  さが彼女にはなつかしい気がした  さに洗い清めていた  さをこらえねばならなかった  さにかえっている  さは咲き乱れていた  さは苦しみであるべき行為をもなお快楽として酔わしめる  さを現わしている  さを種々な取りとめも  さであろうとは彼女達は知るまい  さが人々に知られると  さが彼女を圧して来る  さが一斉に内から輝かした  さに燃えた  さをじっと見逃さずに  さをどう享け入れよう  さが一人の男によって破られてしまった  さは一生お光にはわかる  さをもって迫って来た  さで俯いて  さは三人の子供を親身の母のように愛育した  さを感じずにいられなかった  さはお光に一生忘られない  さが身体にこたえて  さが充ちる  さが身に迫って来た  さに充ちた  さに身を顫わせていた  さを一人は信頼と崇拝を無性に感じていた  さを連想させない  さを繰返して  さにふさわしいように自分自身を偉大な人間としなくてはならないと励んでいる  さがる藤蔓が垂れて  さに襲われていた  さ過ぎるといかな  さを消耗しつくした  さを覚えているよ  さをこうしたグループに慰めていた  さの程度は自分の苦しみに反照して  さに人々は胸一杯に想いは充ちても  さを持って甦って来た  さに胸が一杯になっている  さが静かに湧くのみである  さが少しも落ちて感じられない  さを冬子に感じた  さが絶えず流れた  さに奮いたった  さが滲み出て来る  さに夜の更ける  さも加わって  さの感じられる  さにはどこか陰性な淋しさがつき纏っているが  さが全身を揺り動かして来る  ささげさしている  さと老人のような色艶を見て  さと恐ろしさが迫って感じられた  さに恵まれている  さを感じてならなかった  さに泣いていてはならない  さり片附けようとする  さによつて決定される  さ或は感情の高さこそ芸術的価値の大い  さはつてもこはれる  さへあり得ない  さの影をこの胸にぴったり抱き寄せるべきであったろうに  さが沸いたやら知れな  さを閲した  さの香に似ていると  さで世の偽に欺かれた  さへ与へて居た  さとてなかつた  さうだから近く帰つて来るだらう  さは非常であつたがこの二三日凉しく  さうだが御発展を祈つておく  さうな話ですがこんなことはやはり書きたい  さにふるへながら暮して居ります  さうでこの暮には一度あちらへ行つてみようと考へて居ます  さが烈しくて震へ上つてゐましたが  さま柱の電鈴に手を掛くれば  さに取り紛れて  さはこの科学の島でもいささかも変らなかった  さというものの疑問を研究している  さは一定しているだろう  さでおずおずと覗きこんだ  さを僅かなアンカの暖で辛うじて避けようとする  さがどの客もどの客もであるから何ぼ  さについ釣りこまれて  さを思わしめた  さに陶酔した  さとなつかしさに胸をおどらすという  さの地下街が配置されていたとしたら  さましたような感銘は与えなかったに  さえもする  さへの期待を失わず  さなどものの役にも立ち  さは無いと云い得るだろうか  さと恥ずかしさとに戦慄を覚えます  さえもした  さも色合もすこしも違わない  さを今からなんとなく想わせます  さや飢え  さで吹いています  さと柔和さに輝いて  さが現われていて  さからみてわかったが  さは失われなかった  さがあらわれ  さにめまいがしながらも  さは消えてなくなり  さと人を惹きつける  さにまで引き上げてくれた  さのために集まった  さを強くし  さがともなわず  さを聯想させた  さに燃えていた  さに参って  さもおぼえたので  さにかじかんでいる  さにすっかり喜んだ  さと楽しさの入り  さと品のよい顔色を讃歎したが  さと表情に溢れている  さに紅潮すると  さよりも寒さに堪える  さ苦しさに堪えかね  さで森じゅうをうろつきまわった  さからとても立ちなおれないでしょう  さを無生物に向けた  さ怖ろし  さで強い流れのなかからその娘を助け  さに溢れていた  さが全身を馳けめぐった  さでのしかかり  さを帯びて戻ってくる  さに身の毛もよだつ  さや結果から言って  さを見ては喜び  さを挙げて  さがここより気に入っていたからだ  さを語っていた  さに対して盲になり  さも眼に入らなかった  さと飢えに堪えてきた  さに歯ぎしりした  さまでおれが匍いずりまわっているというのに  さで海をよこぎり  さを利用して  さと同情のこもった  さを楽しみ  さで私たちを吹き送っていた  さで走っていって  さまで私は伴れもどされ  さで凍死したに  さに在る  さが察せられます  さに張出してある  さを耐えた  さに色彩られている  さだって過ぎてしまいます  さを忘れるという  さを飯尾さんに感じたからである  さだけがくる  さがそのままこの身に植えつけられた  さはその性質を変えた  さがその様子に感じられる  さを充分に知っていて  さで日頃の節度をなくした  さかもしれない  さは感じられず  さが誰にも分るとはかぎらない  さうな眼をする  さへ眠くでもなり  さうな毛糸のジヤケトを着て  さうもありませんわ  さをば限り知られぬ  さうな実が赤く熟した  さと精励とで何一つ不足のないやうに家政をやり繰りして  さうなサラダが時を得顔に繁茂してゐる  さの中を政界の巨星連が右往左往した  さに慌てて  さだったのでビックリして見ている  さがイヨイヨハッキリと心に映じました  さに涙をポトポトと落しながら聞いていた  さはかんがえられないほどの  さにむすびついてしまいました  さと言ったらありません  さと饑渇とつかれで  さ寒さも気にとめず  さの銀を出しても変えない  さに咽んでいる  ささえ持っています  さがこたえる  さは一そうきびしくなり  さにはしゃぎまわって  さが骨までしみ  さを思い浮べながら  さがしになっています  さだったらまたいつか戦争みたいなことがおこりかねないね  さだというので  さいっていっても  さうなるわけぢやありませんか  さ切なさをしみじみ感じさせる  さがぞくぞくからだに浸みる  さはからだを刺す  さに眼を細くし  さを一杯に現はしてゐる  さにふるへた  さへ立派な人間になれば  さに揃つてゐたが  さうなお時の家の横へ出た  さほど積み上げた  さな聲をして  さを含して  さのあまり恥を忍んで  される絶望と自棄を感じない  さに胸を噛まれる  さの内容が変り  さの一面では南欧風の趣をもこのみ  さしたり御馳走させたりした  さと外へ出て  さして注意して呉れた  さへされて  さつぱり要領を得ないんで  さうな時計のやうな氣もしますが  さうした不良少年の品物を私たちが家に持つて  さうして二三日縁の下に隱して置いたが  さへて遊んだ  さを現世的におぎなう  さの鍵もあったろう  さうもないやうな小さな作品も出てゐました  さよりも恥しさで赫くな  さへしたが  さうしたものに心を引かれたのであらうか  さうしさうに思はれた  さになっても  さで浮び上っていた  さがしになりました  さうしてゐた  さを増さす  さを樂しむ  さうでもう半分開きかかつてゐ  さを一層生き生きと感じさせる  さを説明してゐますが  さを感じずには居られなかつたと  さを感じたといふ  さを装ふ  さを笑ふ  さへて離さなかつた  さのあまりそんな出たら  さへちやんとした  さばかりが先に立つて  さを厭う  さのやや異なるのみにて  さもあるべしとうけがわる  さは見  さいうばかりなかりしならん  さなど賑える  さうで安心した  さは自分で感心した  さへだとかって  さの受話器をとって  さで一瓲半もあるという  さが湧いて出て来た  さを人に認めてもらひ  さと海の底のお前の住居へ帰れ  さが続いてゐるばかりで  さうかも知れぬとも  さへようたつて  さへ思はれて来た  さのお弁当箱に鼻先を突込んで  さで薬をぬたくり  さのためにつぶれるかも知れない  さにまるで気がついてゐない  さり言はれてゐる  さりしすぎる  さり白状なさいよ  さを装ひ  ささうな気がした  ささうな女に酌をされながら  さには驚いた  さがなくなってゐる  さにたえられないという  さかさまになって  さだけの事であるが知識のdimensionsはこれにとどまらぬ  さを祝する  さい味を不手際に形容して書いた  さへ嫌はれて  さは二寸ないし五寸ばかりもある  さは上述近江のものには及ばないが  さは根元から八寸ばかりのところで周囲まさに九寸を算するから  さが適応で大ならず  さすぎる平凡至極なその名がついている  さは三尺から一丈二尺ほどもあり  さはおよそ一分弱から一分半余りもあって  さおよそ一尺ないし一尺半ばかりもあって  さにふき出す  さにゃならん  さすぎるので大いに怒る  さを味はった  さが出てゐる  さにくさる  さがり床屋の庭に石竹の花咲きて  さを掴む  さのみを感じつづけた  さがしずもっていた  ささえとめられた  さに戦慄を禁ずる  さりとたおれる  さに戦慄するばかりであった  さのために郷里に居られなくなり  さにおかれているという  さが湧いて出て  さを覺える  さが續いてゐるばかりで  さのお辨當箱に鼻先を突込んで  さで藥をぬたくり  さと蒲團を敷いて  さにまるで氣がついてゐない  さが一八〇センチメートル以上にも達して  さはおよそ九〇センチメートル内外に達し  さおよそ六〇センチメートル内外で立ち  さが二メートル以上にも達し  さを増さしめ  さで花を着けている  さとなり枝を分かっている  さ暑さを防ぐだけの  さうなりたいと思ひますよ  さが見えるので  さと違ふ  さを男は持つてゐるといふ  さかと聞かれると  さといふものに対して尊敬する  さでくどくどいっていられない  さと得体の知れぬ  さにも逢った  さや様子を見る  さについて私はひどく思い違いをしていた  さが一フィートほどあり  さえしたら私を餌食にしようと待ちかまえている  さで心臓をぞっとさせた  さならなんでも  さでますます平たくなってきた  さも通越して  さと死ぬ  さが風に動いて  さまでには候わず  さなりと言い  さへあてにならない  さはと氣になる  さの鉾先だけ収まるや  さ過るから詰り  さと吹き過ぎて  さに身ぶるいをする  さうでならなかつた  さに身ぶるひをする  さを充分に満足させる  さに私は喜んで  さの方はもつと  さへ年に何度と数へるほどしか  さつたらうと頭の上らぬ思ひがする  さに頬を火照らせながら  さと猫をとつておくれよ  さに折れ残して枯れ立っている  さを捜ろうとしたら  さを洗い取った  さも煎じつめて考えてみると  さが六七尺もあった  さにあげて透して見て  さがお絹の胸をときめかした  さに堪えないという  さがこみ上げた  さを吹いては  さすりながらうとうとしかける  さ甘くときめかす  さや広さを誇った  さと共に本能の深さを感じ  さや粘りとなった  さがにじんだ  さに心が竦んだ  さうな人だなどとも云ふらしい  さや脆さを感ずるだけでした  さを求めて  さを奨励され  さで周囲の空気を濁らせながら  さを感じずにはいられなかった  さと遠さの無限のうちへ飛翔してしまったけれども  さを添える  さに心を満たされもした  さを感じてゐて  ささうな父親に抱かれて寝てゐた  さが段々しみて来た  さに於てこれも場中に光っていた  さと静かさとあなたの傍にいる  さがかえる  さはなくなったので  さを抑えかねました  さきわまりない女に出逢うと  さがほとばしると  さの中に何か微粒子が動いている  さに困惑する  さを反映していて  さと激しさの混りあった  さで貫こうという  さその中に流れている  さの故の親しみ易さがいるかという  さとその友達で留守番をして居ります  さを体に現しているから  さすっかり冬ものを乾しておいたので  さがありますね  さを感じているので  さを吸いこむ  さを考えます  さから貸をしない  さは汽車から見て  さはこたえるでしょうね  さをもおのずからひき出している  さと又ちがう  さは今夏蚕が三眠からおきた  さとあったかさとに何とも云え  さを欠いているという  さをわからせられる  さある草むらの中でどんなにこういう虫の声がしているかしら  さは失わず  さも凌げて来ました  さない修業を致します  さを続けている  さから湧いている  さを云いたてる  さもなくなるから  さをたっぷりわけて下さい  ささえもって  さがあると感じ  さに感じられます  さは人間の発育の蕊を止める  さを健全に愛の手で粉砕される  さやなにか承認しなければならなかった  さも忘られない  さで前後して追う  さえ不思議に思われて来た  さかと思って  さと思われている  さにとどまっている  さが胸にひびく  さに感歎すると  さというものを主観的に経験している  さのうたに自分からいつか眠らされて  さと力に溢れた  さにむっとして  さの質が推移している  さと思うが  さに逆もどりする  さのようなものがついているが  さをこたえているか  さがまさか判らない  さが一束の手紙をもって来ました  さを中途で切るなんて  さで見えずにある  さを身につけたい  さと感じられる  さで扱うかという  さを云っていた  さが伴った  さを一方に感じつつ  さに心から感謝いたします  さを痛感しました  さで音楽をやる  さと喋っていて  さが上って来る  さに於ては勉学はじまって  さとよろこびを感じます  さに制限がある  さがつづいていたと思う  さで貫きたい  さも錯綜して  さでバランスしている  さのよろこびが  さで叩くだろうし  さのみ時代の隔りを感じさせぬ  さの文章をはこぶ  さに堪へようと  さを出して居る  さに心がついて  さに沈まないで  さを以て塗りつぶして来た  さをまぎらはす  さうした成立に伴ふ  さに身をもてあまして  さのハッチをつけ  さを得たい  さを何處かその底にもつてゐる  さをもつて居る  さで舌の縺れる  さをまして重たそうに見えた  さと一つの声が沈黙を破った  さと蜒々たる長さとを際立たせて  さというようなところもあって  さで椅子から立ち上った  さで腹が震える  サの刑務所と云われた  さとを痛切に感じた  さや望を追ふ  さにここ福井の街に約一ヶ月ばかり滞在せし  さとかなしさとききともなやな雀しば啼けり  さの草雲雀あくびをすれば  さに寺の庭つち澄みうるほひ  さをつたひゆく  さをなり  さよりさいはひどもの遁がれゆく  さに啼き立つる  さには全くふれる  さだの跫音のない婆さんが歩いてゐたなど  さには苦しさだけしか思ひださない  さに就て一例をあげれば  さとともに思はず  さ悲しさに一人涙ぐんでゐた  さう呟きながら  さがそのまま高尚な希望へ変る  さが映っている  さへ彼の心を掻きむしる  さと荒さを極めた  さの籠つた言葉でもつて  さまで足駄穿きの  さうな斜視の眼で何處を見るとも  ささうな微笑を漂はせてゐた  さかつてゐた  さのために焦殺されたといふ  さに胸をときめかしながら  さはよく判るが  さとは違った  さを自覚せず  さを知らないだけに  さに於てもとめる  さが残って  さと違う  さも知っていたし  さで人々の心に飢渇を感じさせはじめた  さでも一つの記録をこしらえた  さは婦人雑誌から遠くも広くもなり  さの一つとしていわれるけれども  さと広がりとのある  さと頭の鋭さとを示す  さがくまなく発揮される  さは心を砕きつれども  さの愛が活写されているか知れない  さにもたえ  さを自分で感じるでしょう  さがお互いの胸に残って  さの波に揉まれて  さの数字を知らしめよ  さを揺曳して飛ぶ  さだけの深いくぼみがある  さと暗さはどういう関係において見られる  さの典型と考えられているが  さを発揮しながら  さだけを描いたという  さで煮えて来る  さをうけみにおそれて  さにきらきらしている  さが閃き出たという  さと深さをもった  さはマチスに見せても  さというものへの抵抗が現われている  さにおいて扱われている  さをもっていたかという  さでなくなっている  さに照らされたろう  さに耐え  さはまだまだ実現していない  さでは等しくしてゆく  さを粧う  さの面白さばかりに止まらない  さに女が苦しんでいるばかりでなく  さから生じる  さを尊重し  さが増して来るし  さを半減せしめたが  さであつたと云へよう  さは理解されず  さが先立つて  さの間にも二つ程の波がある  さの愛着でレクトル・エケクランツを惹くとみえて  さを持ってい  さにしばらく恍惚となり  さを吸い込んでしまう  さに清子はまごついた  さが眼に沁みていた  さに堪へられないで  さを食べる  さが市街を固化する  さ約二吋の穴を二つあけて  さの籠った  さに困じ果てた  さ余って呟いた  さを無気味に思って  さを押しこらえた  さと悲しさに身を刺された  さを又しても  さが真夜中になると  さの情事が想起されぬであろうか  さと憤怒とを感ぜずにはいられませんでした  さいて与えようと思う  さを悔い初めた  さに打たれている  さが擬集して  さが悉く事実であるのを認め得る  さに戻って行った  さで歯を喰いしばり  さに氷結して  さのあまり駈け出して来ようとする  さほどな光は映さない  さに時々襲われた  さに顫く  さを桶の中から味わい分けた  さだけの領土を持とうとする  さを遠ざかった  さと元気を構成する  さはその以前に十五世紀の有名な宗匠紹鴎によって定められていた  さだけから言っても侮り  さは四畳半で維摩の経文の一節によって定められている  さを述べた  さにけがる  さを歌った  さを示してくれた  さが存している  さをかいた  さやねばり  ささえあれば  さに負けてしまったとみえます  さのためパイプが破裂する  さまではまっすぐに上りますが  さで回転する  さを推定している  さが十分理解されるであろう  さを味われた  さはかな愚説のようにしか思われない  さにふるえながら坐って  さの心で現れる  さをその巧妙な手振りでは蔽いかくせぬ  さえが光り耀いていた  さとまたいう  さが染みついた  さが感じられたものの  さは二尺にも満たないであろう  さには驚く  さにも驚く  さもわすれえ  さはその眼にその頬に蕾んでいた  さがつくづく不快でたまらなくなる  さをしたたらしていた  さま自分は問うた  さよが飛び出して来て  さよも眼に一杯涙をもっている  さが忍ばれた  さうな様子でやつて来て  さと室を出て  さつさと通り過ぎた  さへ来るか来ないか疑つてゐる  さらしい沼を前にして  さを感じさせるばかりであり  さはもはや我々に多くのものを教へないといふ結果になつてゐる  さに嘔吐を催せしめるほどの  さは騎馬の人も往来が出来るほどである  さからあらわれた  さにげんなりした  さはどこへ往つたでせう  さで叩いたし  さが閃めいている  さとに逃げて行った  さで祈りを重ねた  さまで賞味するほどの  さのあまりひどいことを言いふらす  さは読者をつよく動かした  さへ駆け出すばかりにする  さを怒って  さを肌に受け取っていた  さにあたって死にましょうぞ  さに苦しんでいるので  さ暑さに頓着せず  さは前に見たと  さは後から粉飾された  さという金縛りを身にうけてはいても  さの全く違う  さで思わず飛びあがる  さ実に幾里であるか判らない  さにのぼっている  さで灌木の間を縫つて行く  さで監視の眼などをそばだてるので  さなければならなかつた  さが演技の魅力を醸し出し  さを持ち合う  さがその創作を裏切る  さが痛切に感ぜられます  さと落付きを見出しえた  さを深めている  さにかじかんだ  さをこころみたい  さを希望してゐたから  さへにも出ないなんて  さで言葉も凍り  さうな悲鳴と変つて来た  さうとでも云ふ  さへの石を想像しながら  さうして潰れてゐる  さは同感に価するので  さうであつたから私は月の在所を行手の丘の上に突き止めて  さすぎるのが悟られて  さを考えるだけで  さへてもらつたばかりよ  さへて下さつたの  さへては下さらないわ  さとお家へ帰つて来ました  さう美しくなりました  さの本質の問題から云わば  さは抱いているであろうが  さを感じるより  さが最も我慢し  さを我慢してる  さと痒さと擽ったさのどれかを我慢してる  さによって神へ近づいてる  さは明日は直ちに旧さとなるやも知れない  さににこにこ顏が現はれた  さうな顏をしてゐるからであらう  さと先に上り  さのあまりそわそわしてくる  さは五石を盛る  さを凌ぐには  さを吸い取ってしまった  さをしぼり出して  さを吸い取り  さを妾自身に証明する  さがむらむらとこみ上げてきた  さでも感じていると  さがやむと  さを救つてゐるか  さは何十丈だか判りません  さうではないかと思ひます  さに対する一種の憧れをもつて  さうかも知れませぬ  さがったように垂れて  さ低さにまで及んでいる  さは一層まさるばかりだった  さと美しさとを含む  さと美しさとがある  さうな作者すらも何んとなく爲合せに見え  さだけは身にしみて  さを通して一層あはれ深く感ぜられはすまいかと思ふ  さしならないやうな氣持ちも私にはいつか生じてゐた  さの覺えられる  さを可成りに  さで困ってしまいました  さに閉じこめられて  さに向ってから  さが来てから  さされています  さや京風髷の魅力を余りおかんじになっていないかと存じますが  さうな言葉を連ねなければならぬ  さと谷は何時も笑っていたが  さの激しい宗谷本線へ向った  さがかえはしなかった  さが作品を燃えさせている  さを書いて来た  さだけはつかんだと思っている  さを見るべきであらう  さを深く覚える  さに堪へ切れない  さを我我に見せる  さを常に変へないものであるがと作者は微笑を含んで  さが現れない  さをわれに与へて  さを自分に持たせる  さと同じものを早春の猫柳は見せてゐると  さをいよいよ深く思はせられるだけである  さも天衣の料となりぬべきかな  さには似ない  さを云ひ遣  さへ百彩の錦をなして居ると信じて居る  さがよく現れて居ると思ふ  さよこの頃おつる髪を見て  さをひき出し  さも持ちあわしているだろう  さを自分の身に添えて  さを発展させた  さを人生の姿としてそれなりに訴えずにいられなくて  さは一層その明るさの環内での人々の輪廓を鮮明にきわ立たせ  さが役に立たずより  さはどうにも汲みとれない  さを意味した  さもなくば作品は低俗に堕する  さは得られず  さを様式化してはいたが  さを満面に漲らせて  さを覚えるであろう  さが拡がっていた  さが失せていて  さに馴れるまで  さへの批判をもって観察した  さのみがこの場合目につけられ  さへ温和しい  さの根源となっている  さの所まで行って見ました  さに我から溺れ込む  さのままに自らを流し従ってゆく  さの沖へ泳ぎでて  さで喋っている  さを救う  さは私のどんな苦痛にも匹敵するであろうぞと  さが通い  さや作者の身についている  さをリアルにつかんでいない  さについて語っているが  さも在る  さうな恐怖の中にゐる  さのたつた  さで喋つてゐる  さを救ふために子供の愛を犠牲にした  さは私のどんな苦痛にも匹敵するであらうぞと  さが通ひ  さをこのままにしておいて  さからみれば  さに浸った  さを堪え  さが漂った  さをそのまま表現し得ている  さで襲いかかってくる  さにまで仕上げています  さが生きる  さは有り得ません  さが生れる  さの余り声を震わして泣いて行く  さもすっかりと忘れてしまって  さに顔を手で隠しますと  さの余りに立ち上って  さ情なさに紅矢は前後を忘れてしまって  さと恐ろしさに堪え切れないで  さに夢中になって  さをお忘れになったから  さの余り身体中の血が凍った  さに満ち満ちていました  さの紅玉が散らばっているではありませんか  さも藍丸王の御眼に留まって  さの余り気が遠くなり  さに気絶して  さの余り呼吸を吐く  さで襲ひか  さにまで仕上げてゐます  さをしの  さと紙数との制限も非常にあづかつてゐるに拘らず  さまでを念願して  さには遠く及ばない  さを生かし  さをも思ひやられる  さから來たものではないかと思ふ  さへも脱帽したといふ  さも感じた  さにも程があろう  さの大崩れに押し出している  さを凌いで寝た  さが何万尺あるか測られない  さに手も凍えて  さがいや増して  さを凌いだ  さは前にも増して  さを覚えなかった  さが全身に伝わる  さを話し  さの尽きない  さと純粋さとをもっていて  さで人生を求めていたとすれば  さはどこにあろう  さの中に生きようとした  さを自分のうちに見出した  さも紛らしていた  さも分らない  さがまだ消えない  さりと打ちやり切ったという  さが紙の裏表のごとく重なった  さ嬉しさの程度を料り得ぬと云う  さが日に日にわれを遠ざかって行く  さが始終わが傍にあるならば  さと重たさとを忍んで  さをどこへか忘れた  さはいまだに忘れられない  さはただの記憶となって  さを紛らしつつ  さもしだいに過ぎて  さと大きさと香から推して  さを辞して  さに達するまでに  さを物憂く思い出した  さに立ち戻っているだろうか  さは六尺もあったろう  さまで上に反り返る  さを思うと共に  さを守らせた  さとでとらえている  さの中の橘をのみたたえている  さがどうして生れたかは  さをうとましく思い  さに手ばなしで媚びる  さを感じ直した  さを感じたし  さも見えぬほどである  さの早くも秋の景色なるかな  さのものとや人のながむらむまつ夜ながらの有明の月いまかりに十首ばかりその歌を掲げて置く  さ大きさが感じられる  さをすぐお感じになって  さを別当公暁のために弑せられた  さのみ美味いとも思わなくなった  さとその平方根との数を加えて  さまで尊ばれた  さまで変化していない  さほどある  さの関係はずっと古くから問題になっているが  さを整数にて得たいとの  さまで疑わないでも  さを測って  さによってその重量を考えた  さまたは面積という場合に限られて  さとその平方根とを加減して  さで通っても  さの変動を測って見ますと  さになれば  さか毛立って  さは何と云えば  さと怒りとに震えていました  さも忘れていました  さはたしかにフランス語などに劣る  さが認められますが  さと並んで  さにもいろいろありますが  さを発揮してゐるに  さへ讀んで居れば  さでちらちら映  さへ私の顏色はよくならなかつた  さにわくわくした  さが私の過去をあまりに平坦にしてし  さにひろがつてゐた  さにめげた  さのぬけない  さをしかりながら  さまで優劣の階段を設くる  さをふと意識した  さをも鑑賞する  さで感心した  さや好奇的な感じが集積して  さとは違つた心の寒さを覚えた  さと底力をもっている  さということをいい  さを記憶している  さがかくされている  さに現実の苛烈さを錯覚している  さの切実なものがある  さと重さとに不足している  さも加味しようと  さんてって  さに弱った  さまでには思わなかった  さにぶるぶるふるえて  さにぶるぶるふるへて  さほどにも見えない  さは彼には求むべくも  さというものがありとすれば  さは青くさい芥子の萼や新らしい蠶豆の香ひに  さを佛のまへに祈る  さを忘るる事が出  さうして癇の蟲のひりひりした  さへ私には恐ろしいある囁きにきこえた  さに俯向いて  さのほめきに  さに老孃の身の薄くナイフ執るこそ  さはもうせん  さに秋も過ぎゆく  さに靜こころなくつく  さに落したる  さすらひくらし  さすらひくらす  さの花の色だにさはひとり求めわぶるなる  さは悲しかりし  さに憎さも憎く睨む  さに幽に幽にその腹部の透いて  さかひしたる  さにひとをどり  さは蝋のほ  さが流れているだろう  さが高まる  さがこの日に集まつ  さにうつかり  さが車窓にくもり  さへなければと思ふ  さが可也影響を与へてゐる  さには随分困りました  さには困らない  さにたえません  さを攻撃する  さにもやはり注意しない  さへ仏陀の夢みた  さを云々するとすれば  さを尺度にしてゐる  さに邂逅した  さはかう  さへかう  さは少しも文壇を動かさずにし  さに数へてゐる  さで目がさまされたという  さと静寂とはそとの往来やこの町いっぱいつづいている  さとよくつりあった  さや悲しさがこうして相通じている  さと強い日に光っている  さの例として家庭のひとつ話にした  さの無さに思え  さうな美人の繪を手本にして  ささうににこにこしながら  さうもない事は分かつてゐたが  さかひもなしに拾つてきては  さも丁度いい  さの汽缶車が一ついました  さうで堪らなくなりました  さうは申しましても  さに於て見た  さに襟のグタグタになるほど  さと静かさを与へる  さでは我慢ができない  さに堪へ生きてゐられない  さは骨身に徹して  さを知りぬいて  さを何処に向つてもらすべき  さにチャンとあるから  さに同情して  さに感づいた  さを見透かされはしまいかと思う  さをつくづく思い知らねばならなかった  さも襲ってきた  さや苦しさを感じる  さへしなければ起きる  さに悩みながら  さ暑さをふせぐ  さなどがおよぶ  さが出て来るという  さまで喜べる  さのあまりから割り出した  さはよほどあるよと云う  さが全然解らない  さへも日常生活を豐かにされ  さをしみじみと感じる  さが巌にして  さなりかしこはし  さと堕ちくれば  さうを軋らしむ  さもなくとも燃え上る  さぐらいある  さを察する  さが血に湧き上る  さに沈んでくる  さを知りぬいていた  さもなくば強制の平和に過ぎない  さを信じ  さや悲しみを含めた  さの美しさがある  さのみが淋しさを慰める  さが産んだ  さを感ぜずにいられよう  さと神秘との絶える  さや情愛が濃いはずであらねばならぬ  さは打者でなくちゃア分りゃしねえよ  さに機械人間の運動にすいつけられていた  さにすぐには声が出なかった  さますことができるか  さが急にこみあげて来て  さにいくらか二の足をふんではいたが  さにがたがたとふるえていた  さがししていた  さが分からないか  さはよく私も知っていますから  さにがたがたと震えていた  さで走りつづけて行く  さ高さを持たない  さが実はこの小説の弱点であることが納得されよう  さは一面たしかに強味となつてもゐる  さを承認しすぎてゐる  さを与へてくれる  さの故に不当に低く評価され  さな幸福に涙がながれる  さうして運命は出帆の汽笛を鳴らした  さうして船腹の浮きあがる  さの香華おとろへ青らみ  さがつて蛇のやうにつるんでゐた  さにつかれて  さなんて一寸だって知らない  さに目のくらんだ  さと考えぶか  さをもって居る  さは潮の様に波立っておしよせて来る  さでのぼせる  さって云った  さ力強さにうす笑いして  さでする  さにてって居る  さと悲しさをあたえた  さに四尺ほどの高さにつまれて居る  さに笑って居た  さが目について忘られない  さばかり大抵はふえる  さが多くある  さの様なもんだからこそ今でも我々の頭の上にかがやいて居る  さに大小はありませんねえ  さの中に生きて  さを間違なく感じ得られる  さを云う  さを非難したり  さは近づいて  さがいる  さと馬鹿にした  さをそえて居る  さの半分はいやな相談から抜けられると云う  さを速く感じる  さをあんまりわすれかけると  さにはかなりな批評が出来るけれ  さは批評をする  さだから批評は入れられない  さを持って居るからだ  さの気違いさんと呼んだほどである  さ又一種の喜びなんかと云う  さから騒がれ  さがつても後から後から押しこんで  さにマネキ猫みたいにかざしてゐる  さしならぬ絶対のコマを指す  さを有つてゐます  さを感じるからで  さと眺めたりする  さから女性美が發達する  さはいつまでも眼に殘つてゐた  さも窮屈な胎内から出て  さをわれわれに信じさせてゐてくれる  さはここにあると思ふ  さういつたやうな要所々々の餘白に對して  さういつた注意を持つてゐる  さを保つて  さを考へさせられる  さでもあらうが  さを持つてゐなければ  さは分つてくる  さが味得される  さすらひにも似て  さにバタバタし  さうな空の下を悲痛に叩きつけられた  さうな婦人をみつけた  さへさう  さが僕の胸を押潰した  さうした抽象観念ももはやわたしにとつて何にならう  さに室内の空気に好奇心を覚え  さはにありてふ  さかりしには  さがに  さがなればこりもせで  さはにとらす  さがのわれ老いて  さなる庵に臥して  さがのわがためにうれしきかぎり世は急変す  さの先づ気遣はる  さが七尺もあって  さをいたしましたが  さに顫いてゐる  さな胸底の暗を照らして  さに分割される  さかさまにひき落とされる  さが又ソロソロと這い出して来た  さが胸一杯になった  さと緊張が胸一杯になって  さに苦しめられると共に  さは段々消えて  さと独り言をいう  さに縮み上りながら  さに縮み上って  さに身をすくめながら言った  さや虚しさや苦しみの根はなくなる  さの退屈千万な骨董性を弄んで  さの中に拡がる  さに彼は驚いてもいた  さが含まれていたが  さを君も自分で見たろう  さのあまり気が遠くなってしまった  さや濃さをたがいに比べ合い  さでやられるので  さのためにこの宿に入る  さのなかをさまよっているってわかっているのに  さの小さなすきまを除いては  さは変わらなかった  さで身体が麻痺した  さから自分の理性へもどろうとするかの  さに凍えていたし  さから逃がれたいというかの  さが耐えがたくなっていく  さと静けさとにすっかり満足して  さも消えてしまっていた  さと衰弱とが気にかかって  さはそれまではけっして信じようとしなかった  さとか当惑とか嘘いつわりといった  さをうちとけた  さも含まない  さでどんなに多くのものを手に入れたか  さを過小に評価していると思わないで下さい  さに打ち勝ち  さを調べようという  さというものがありましたね  さというものによって一家を支配している  さには気づいていない  さますためにやった  さをみくびってはいませんでした  さについていうと  さをいやがらないで  さをもっていただけで  さのためにふるわせ  さは勤めを鉄のように固く守り  さしのばした腕と丸めた  さの高貴さと影響力とについての君の考えとどんなにぴったり合わないとしても  さがあとでは臆病になるっていう  さはほんとうにもういよいよ大きくなっていく  さを印象する  さを乗り超え得る  さを八尺とし  さを十九貫四百匁とすれば  さを見るにつけても  さをまた思うと  さや落ち着きがあって  さをあえてしてまで  さが急に解れていって  さがございます  さを怖れると  さには欠けております  さに打たれたからである  さはあったけれども  さに変ってしまった  さが彼女の眼の位置だとすれば  さという暗さを幾層にも重ね合わせた  ざあーっと雨がきました  さがコンクリートの壁をとおして  さに顔が火照ってきた  さと恥しさとに打たれて  さにいっそういらだっていた  さこんな立派な学校へあげる  さを取り戻して  さを撥じきかえしてやろうという  さを測ってみたりした  さがいっし  さと恋心の混り合った  さに燃えながら  さと慕わしさとで脚を高くあげつつ  さが身に滲みて来る  さに射す  さしむるところだと怨んで死んだ  さを味わせられた  さと一緒になって  さうした大人のしぐさを感心して見てゐる  さうな徴候がみえないでも  さ過ぎるとする  さを示してはいるが  さを感ぜざるを得ない  さにまで感謝されてくる  さにふるへながら  さと國際色に雜閙する  さを知らうとは  さに同調できない  さまでな彼の小鳥に對する  さと愛惜がわく  さも捨て  さなのには驚いた  さと秘密をついて  さへ覺える  さうした文人雅客の愛誦語でもあらうか  さを破つて  さうなクセ毛の濃い額ぎはをした  さうな幾つかの世相や社會斷片を拾つて篩にかけてみます  さういふときの考へ  さをお化粧にも創造してゆく  さとか短所とかといつた  さうなるかどうかはわかりませんが  さへ女性たちは餘りに良識をもつてゐるとは見うけられない  さの千歯が据えてある  さが止らず  さすらんばかりにしているので取上げる  さを知らずにいる  さつっころげて  さなんちう  さにそやされていた  さへ私は思つてゐる  さを描写する  さを失念してゐた  さなどに就いては  さから離れようとして  さへ少しめんくらつた  さへ疑はれた  さと蒲団をひいてし  さつと引かれた  さうな青い色でとぐろを巻いてゐる  さうな顔をして歩いたらう  さで車のやうな黒い鉄の輪のついてゐる  さとバスに乗  さには呆れた  さへ見ゆる  さまで驚くにあれねど  さばかり仕でかして  さへも自分の本名を忘れてゐる  さをもって読んだ  さに於ては元よりも高いコンクリート塀が旧敷地の奥の方へ引込んで  さにすり代えた  さを辛棒出来なくなったらしく  さがこの文面に滲み出している  さや不便やけちくさいような困却がある  さで河風にふかれている  さまで感じなかった  さを保つてゆかれる  さと驚きの眼を以て私は君達のよろこびと  さや頽廃した  さへも身の痺れる  さに自然と涙ぐましくな