「震え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 震え[動詞]
一本のブルブル震え  脚ががたがた震え  さに震え  生憎手先がぶるぶると震え  私はわなわなと震え  角かくしも怪しく震え  愛に震え  息に震え  素っ裸にされて、打ち震え  かすかに震え  ように震え  のに震え  言葉が震え  前髪が激しく震え  先がぶるぶる震え  意外にも曇って震え  身体が震え  ように、震え  少女のブルブルと震え  最後にほとんど憤りに震え  つて下唇がぶるぶると震え  夏衣を着て震え  声も震え  ガタガタ醜悪に震え  足が震え  手が震え  醜悪に震え  吉田さんは震え  手紙に震え  全身が震え  DOS組が震え  不気味に震え  手先はぶるぶると震え  肩が、びくびくと、震え、震え  百ばかりに震え  筋肉がぶるぶると震え  裸で震え  散乱して、震え  ほつれ毛が震え  音色をたてて、震え  お婆さんは、ふるふると震え  おばあさんは、ぶるぶると震え  壁がぴりぴりと震え  なんでそんなに震え  不安におそわれて震え  全身に震え  中でがつがつと震え  怒りに震え  彼れは憤りにぶるぶる震え  肉となってぶるぶる震え  手先が震え  手は夥しく震え  膝頭が震え  肢体が激しく震え  廓町へはいると、いつもからだが震え  手さきが震え  風にも震え  唱歌が震え  腕が震え  私は震え  ために震え  異様に震え  蚊帳に震え  身内が震え  店全体がびりびりと震え  りりと震え  手に、わなわなと烈しく震え  悲しみに震え  口へ当がってやらずには、震え  睫毛が震え  のだと震え  声は震え  ためにわなわな震え  時、ぶるぶると震え  さでがたがた震え  寒中余り水に濡れては震え  肝を消して震え  蜂は震え  やうに震え  中に震え  声に震え  家じゅうが震え  小刻みに震え  キヨが、打震え  みどりの唇が震え  事もあるまいと思ったが、それでもそのひどく震え  痙攣的に震え  場に震え  パジャマ一枚で震え  天辺へ上って、わなわな震え  盞を震え  寒気にブルブル震え  眼をつぶり、ブルブル震え  猿が震え  そうにぶるぶる震え  叫び、わなわな震え  一枚だけが、ブルブル震え  からだが震え  ちがいになるほど、震え  松岡はがたがた震え  主婦はぶるぶる震え  大袈裟に震え  城に籠って震え  心は震え  心の震え  技巧的に震え  父は震え  様に震え  一緒に、ぶるぶる震え  唇が震え  あたりで震え  ところでぶるぶる震え  体がぞくぞくと震え  風に震え  夜中は震え  まっかに震え  琴線が震え  中で震え  目に見えぬほど震え  何となく横腹がブルブルと震え  冷風に震え  赤面し、小さくなって震え  体がぶるぶる震え  わたしは震え  体が震え  書きになったと見えて、ブルブル震え  妙に震え  ように、絶えず震え  物ごとに震え  手がぶるぶると震え  穏かに震え  それを烈しくぶるぶる震え  隅々に震え  ためにぶるぶる震え  上でぶるぶる震え  脣はぶるぶる震え  手も震え  神経的に震え  肩先が細かく震え  ようにがたがた震え  夜中過ぎまで震え  上にのり出して、震え  簪が細かく震え  手首はぶるぶると震え  私はぞっと震え  言葉は分らないが、震え  紙を載せ、震え  底まで震え  それにつれてちらちらと震え  髪の毛が震え  泣き声に震え  極北で、震え  大地が時として大いに震え  最後、震え  ためにわなわなと震え  一目顔を見合わすと、震え  ために一入震え  笑いをたたえてわなわなと震え  興奮にがたがた震え  調子で震え  心があまりに震え  声はいくじなくも泣かんばかりに震え  なかった情熱を帯びて震え  歯をくいしばって震え  ようにぶるぶると震え  感情に震え  われにもなく震え  ように丸まって少し震え  敵ではなく、やがて恐れ震え  買い物籠をかかえて、こまかく震え  勘兵衛も震え  溜まり唇は震え  へんに震え  彼はぶるぶると震え  私も震え  唇は震え  先まで青白くなって、抑えつけても抑えつけてもぶるぶると震え  期待に震え  まま細かく震え  ように感じて震え  ように痛ましく震え  水に浮いて軽く震え  まま小刻みにはげしく震え  手ははげしく震え  手はぶるぶると震え  ために細かく震え  両手をついてぶるぶると震え  口びるばかりがかすかに開いてぶるぶると震え  たよりにして、細かく震え  声は激しく震え  さに縮み震え  急に震え  予感に震え  手の震え  隅に立ち上って、震え  のをしっかり押えながら、わなわなと震え  中でがたがた震え  皺が刻まれてきて、今にもぴくりぴくりと震え  緊張に震え  小枝が震え  人がぶるぶる震え  哉、太く震え  なかに、ブルブル震え  あいさつをして震え  この声聞いて震え  体中で震え  髄まで震え  微かに震え  対して震え  辺が、時々微に震え  まま全身がぶるぶると震え  時は震え  亢奮に震え  空に震え  手が思わず震え  閉切って、震え  そうに震え  手は少し震え  景雲はこまかく震え  汗びっしょり、ぶるぶる震え  蒼にしていらあ、震え  そこへ転がり込んで、居縮まって震え  愛吉はぶるぶると震え  星にまで震え  中で恐れ震え  語尾が震え  寒気がしてぶるぶると震え  ようにどっと震え  頭からひっかぶって、震え  声さえ震え  可憐に震え  椅子に腰かけてどんなに震え  いつまでも微かに震え  張りがなくて震え  幅が狭り、ちぢんで震え  影が、ちぢまり震え  ガタガタに震え  俄にぞっと震え  道端に息づき震え  老年とで震え  手は震え  口に銜えて、ぶるぶる震え  身体まで震え  周囲を見廻したり、震え  度を失って、読み始めるから震え  声は沈み震え  曾根は震え  上に震え  西は震え  方に小さく成って震え  打つ手真似をしながら、モジモジして震え  膝を突合せて震え  彼は眺め、かつ震え  さに、わなわな震え  単衣一つでぶるぶる震え  娘もぶるぶる震え  内に震え  銚子を振って見て、恐れたり震え  洋服で震え  手がブルブル震え  死際に震え  光を浴びながら激しく震え  彼女はやはり震え  腕が白く光って震え  輪郭が震え  シャツだけで震え  ように、ぞっと震え  丸髷のぶるぶる震え  ワナワナと震え  心はびりびりっと震え  若僧すっかり震え  ダアとなって震え  側に震え  住民を震え  刹那に震え  前後不覚にわなわなと震え  合わずに震え  マゴマゴして震え  時唇が震え  げに震え  者は震え  余りブルブル震え  真青になって震え  急に寒く、がたがたと震え  からだが、わくわく震え  鶏は、震え  薬草採りでも震え  襦袢で震え  一時は震え  彼も最早堪らず、震え  私は、震え  止め度もなく震え  さに、震え  手がブルブルと震え  空想に震え  踵も、わなわな震え  頸は激しく震え  さにがたがた震え  両手は震え  余寒が酷しく、ぶるぶる震え  ようにブルブル震え  神経質に震え  左右を見廻して震え  口唇も震え  男はがたがたと震え  と腹立しいとで震え  足も烈しく震え  当惑するほど震え  若い女中は屈みこんで震え  一目見るなり、ただもう震え  女房は震え  神経がこまかく震え  妙にブルブルと震え  指先が細かくブルブルと震え  鈴ならして震え  綾子が震え  一つ大きく震え  ように、ぴくぴく震え  陶酔にいざなわれて、あやしく震え  膝頭はぶるぶると震え  両手がブルブル震え  向う見ずでも震え  節子は、震え  僕はこんなに震え  僕の震え  隅に、ぶるぶる震え  もっとひどく、立って居られないくらいに震え  血にまみれて、震え  おれの震え  辺りで、生暖かく震え  指先が震え  日光に震え  屋根裏で震え  新聞紙が青くなって震え  根も合わぬほどに、がたがたと震え  畳のきしむほどに、烈しく震え  若者が、わなわなと震え  挙を握りしめ、ぶるぶる震え  歯を喰いしばって、ぶるぶる震え  それから、ぶるぶる震え  手先が怪しく震え  それ御覧なさい、震え  あてながら震え  胸が怪しく震え  わたしはいつもぶるぶる震え  胸が震え  声が震え  蒼になって震え  声の少し震え  だって、なんだか震え  憎悪に震え  魂は震え  菊子はブルブル震え  破裂させて、ブルブル震え  伝二郎は震え  前へがたがた震え  奴め青い面して震え  地がブルブルと震え  筋肉が震え  感知し、震え  声は鋭くまた震え  背を擦って、わなわな震え  二人は寒いので震え  神経が震え  近くなったりして震え  ゴミを含んでブルブルと震え  一つ感激に震え  細かに震え  微細に震え  まりおそろしくて、がたがた震え  脅迫せられ、おびえて震え  彼女は震え  町人共は震え  けんまくに震え  微粒子が光り震え  そばにやって来、その震え  喜びに震え  静かにそよぎ震え  耳をふさいで、震え  片足は震え  子供はなお震え  恐怖に震え  ページをめくりながら震え  頤が震え  彼は震え  身が震え  彼はぶるぶる震え  メルキオルもまた震え  ぼくがどんなに震え  それを開いて、震え  膝頭だけががくがくと震え  指先は震え  希望とに震え  欲求とに震え  彼女に触れると震え  指も震え  二人は震え  ザビーネは震え  身体じゅうが震え  懸念とに震え  うち合して震え  唇の震え  手が微に震え  憂慮に震え  彼は、やや震え  葉が震え  声は少し震え  睫毛がちらちら震え  指が震え  何ですか、震え  熟と視たが、わなわなと震え  下で、幽に震え  電燈の光りまでもブルブルと震え  ままワナワナと震え  力を入れてブルブル震え  ように、思わずどきんと震え  体はひとりでにぶるぶる震え  様にブルブル震え  身体の震え  視線にかなしく、震え  彼はぎくりとして震え  情に震え  ウェーバーとともに震え  両足は震え  熱に震え  ものを震え  中で少し震え  葉は落ちつくして震え  わきで震え  指はぶるぶる震え  憤激にがくがく震え  思想を震え  さとで震え  掌で軽く震え  源女は震え  澄江は震え  側に立って震え  端々の震え  胸は震え  手はたいへん震え  アントアネットは震え  それから熱に震え  しらが可笑しい程震え  神経的にぴくぴくと震え  ものが震え  両手が震え  冷気に震え  足は震え  感動のあまり震え  理由もなく震え  彼はなお震え  中で打ち震え  なにもいえないで震え  一本ブルブル震え  光に震え  オーレリーも太い震え  間に震え  二人とも震え  顔を浸し、息もつけずに打ち震え  悩みに震え  上にすわって震え  歯をがたがたさして震え  一つを取り、なお震え  十二時が打つまで震え  肉がぴくりと震え  楽屋で震え  呶鳴りつけて黙らされ、震え  言葉を震え  好奇心とで、ぶるぶる震え  もやもやとして震え  ところまでも震え  気持の悪いほど動き震え  私はひどく震え  中で揺られて震え  唇が少し震え  スイスの濡れて震え  口は少し震え  二人はしだいに読みにくくなる震え  小きざみに震え  四肢が震え  手がぶるぶる震え  末が震え  小刀を探しつつ、がたがたと震え  明らかに震え  あたりが微に震え  いつか背骨さえ震え  望みもなく震え  手がいきなり震え  全身は震え  感激に震え  五体はわなわなと震え  雑誌で読み、がたがた震え  顔色をしてぶるぶる震え  手がひどく震え  あなたは震え  彼女が恐れて震え  自然に震え  翁はがたがたと震え  根もあわないほど震え  手足が震え  化ものを見ると青くなって震え  万年筆の少し震え  指の尖が、わなわなと震え  のもあり、震え  夜中になりますと、寒くて、寒くて、震え  隅で震え  ブルッと震え  歌声で震え  迷信から脚が震え  セエラはがたがた震え  外に、震え  興奮に震え  水戸にすがりついて震え  恐怖にわななき震え  奇妙に震え  ドン底まで震え  手先きは、激しく震え  蕪雑に震え  緊張で震え  神経がまだ震え  性急に震え  モウすっかり震え  浅黄股引姿でブルブル震え  底までびくりと震え  筆端が深い憤りに震え  眼は眩み、年老いたからだは震え  ッと震え  甲板が震え  剽悍さに思わず震え  手を合わせて、震え  心は妖しく震え  色をかえて、ぶるぶると震え  紫にして震え  腕は激しく震え  あたりがぴくぴく震え  身を支えながら震え  眼をつぶりながら、震え  肩をすぼめて、わなわなと震え  ガタガタと震え  停車場から、震え  カチカチカチと震え  足もわなわなと震え  金網に近づいてブルブル震え  医学士がブルブル震え  ことかと震え  四人はがたがた震え  どこかへかくれて、青くなって、がたがた震え  手は、ぶるぶると震え  がたがたと震え  胸も震え  さきへ立って参ったというて、蒼くなって震え  腰を下ろし、がたがた震え  躯はぶるぶると震え  唇がぶるぶると震え  のではあるまいかと、迷って、恐れて、震え  息を殺して震え  身体中がブルブルと震え  怒りとに震え  夜などにはぶるぶる震え  さんが震え  火鉢から余程はなれて震え  尾みたいに震え  肉がぴくぴく震え  うちにブルブル震え  顔を見交して震え  たかと思われたが、やがてぞくぞくと震え  滝人は、ぞくぞく震え  つて此処に集り、震え  一緒になって、ぶるぶると震え  花は震え  激して、やや震え  さに思わず震え  両手が、ぶるぶる震え  私は、ブルブル震え  歯が震え  ようにぶるぶる震え  指のぶるぶる震え  崖下で震え  さにぶるぶる震え  銀髪がぶるぶると小さく震え  慄然とばかり震え  慄然と震え  勢は少し震え  のかブルブルと震え  恐れを帯びて震え  火がブルブルと震え  ぶるんと震え  胸があやしく震え  自然にびくびく震え  胸が激しく震え  方々、ぴくぴく震え  尖端がまた震え  道路に震え  熱情に震え  葉にも震え  ビクッと震え  僕は震え  身に染みて、ぶるぶると震え  手がちと震え  物に震え  息の根が震え  手が白く震え  名をおっしゃられて震え  冬も、ぶるぶると震え  間を置いてはびくりと震え  声が少し震え  そこに震え  私はわなわな震え  心が震え  心が、震え  良平は震え  膝が震え  姿を、震え  五体が震え  歯をくいしばってぶるっと震え  全身がくがく震え  カテリーナ・リヴォーヴナはわなわなと震え  あなた、どうしてそんなに震え  何となく脚が震え  ために鈍く震え  勇吉はわくわく震え  隆起して震え  言葉をつまらせて震え  まま、ブルブル震え  想像して、震え  波田も震え  拳は震え  相違して震え  苛責に震え  神経的にぴりぴり震え  がたがたと、いまだに震え  腕が、わなわな震え  伝六がいっそう震え  から、震え  手が少し震え  軒燈の光りが寒く震え  震動につれて震え  目につかないほどに震え  方でしたが、しかし震え  そでを食いちぎられて、がたがたと震え  喜びにおろおろと震え  薄情女を震え  腮の震え  ッて、少し震え  火鉢を越して、震え  必死と震え  しろ向きで震え  めえし、震え  んだから、震え  頭をかかえて震え  今まで震え  んだしと、すっかり思いあぐねて、ただもう震え  気味がわるいのによけい震え  ことばもおのずから震え  声はいよいよ震え  両足がぶるぶると震え  ときに震え  ペンベリーは、ぶるぶる震え  上からむしろをかぶって、がたがた震え  まっさおになって震え  ようにして震え  字までが震え  頭をかくしながら、わなわなと震え  何を震え  なにを青くなって震え  わしながら、ぶるぶると震え  へやに閉じこもって震え  なにを震え  娘だけが震え  ときあんなに震え  内玄関先へ出て待って、青ざめ震え  まっさおになりながら震え  のを感じて震え  ガタガタと細く震え  建物は震え  皆オドオドと震え  葉微塵、と震え  ざっと一読してがたがた震え  丹三郎は、ぶるぶる震え  所で震え  爪先まで、がたがた震え  手足はふたたびぶるぶる震え  癇高く震え  半ズボンでぶるぶる震え  我知らずブルブルっと震え  段々を、多少ぶるぶる震え  腕組みして、それでも、やはりぶるぶる震え  気持、たえず震え  顔をして、震え  額が狭くて、打震え  飢えとで震え  老人は、がたがた震え  瘧でぶるぶる震え  掌中で、渦巻き震え  から、蒼くなって震え  ように打ち震え  真白に震え  大地がぶるぶるっと震え  玉座ががたがたと動き出すほど震え  ほうへにじり寄ってきた、震え  さで震え  中に輝き震え  さっきからがくがく震え  寝間着一枚で震え  足もとが震え  躯がぶるぶる震え  蒼ざめ、ぶるぶる震え  音をたてて震え  肩さきがピリピリと震え  傍へつっ伏して震え  其処から何物か震え  燈火は赤い光りを震え  色まで変って震え  咽喉首に、触ると震え  爪尖が震え  背とともに、むこうに震え  肉が震え  一緒にかたくなって震え  嫉妬でブルブルと震え  遥に眺めながら、黙って震え  ために微に震え  一斉に耀き、震え  顔を埋めて、震え  声はとし老いて震え  一歩退いて震え  猜疑に震え  わたくしは、ぶるぶる震え  オシャベリ姫は震え  男はかるく震え  手は烈しく震え  筋肉がぴくぴく震え  糸に縋ってじっと震え  外へむかってほそく震え  私はぶるぶる震え  手は激しく震え  兄はさすがに震え  肩は震え  方でがたがた震え  傍に蹲りながら、ぶるぶると震え  肩が震え  そうにこまかく震え  先は可笑しい程震え  脚が震え  時手が震え  時、ひしと取縋って、わなわなと震え  一年位手が震え  所は震え  

名詞

震え[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
震えを帯びた  震えが来て  震えが全身に荒い脈搏をつたえた  震えになって  震えを全身に覚えて  震えで滴々と露散るごとき  震えを感じた  震えを覚えた  震えをおぼえた  震えが走った  震えが伝わって来て  震えを帯びていた  震えおののいている  震えがないのを見定めて  震えを見せながら  震えを堪えながら  震えを帯びて来た  震えをどうする  震えを覚えるばかりに  震えを帯びていった  震えこそすれ  震えをまざまざと感ずるので  震えが起った  震えを帯びるほど  震えを立ててかみ合っていた  震えがやむと  震えを帯びて聞えました  震えは後から後からとやって来た  震えの止まらぬらしい  震えもしない  震え上って終い  震えが次第に弱く痙攣的になり  震え戦くのを感じながら  震えを禁ずる  震え上る拍子に眼を看開いて  震え上っているばかりです  震え上ってしまいました  震えが全身を襲って  震えふるえのぞいたばかりで  震えが見える  震えが止まなかった  震えが出て  震えふるえ筆をとりあげました  震えがいつの間にか止まっている  震えを起こさせる  震えが全身に伝わった  震えをした  震えが背筋を流れて  震えをつたえたほどだった  震えとなる  震えを帯びて  震えが手さきまで伝わると  震えを千歳は感じた  震えが見えていました  震えはとまらなかった  震え上らずにはおられない  震えが込みあげて  震えがとまらないでいる  震えが歯と膝がしらへしがみついた  震えをとどめる  震えを振り  震えが止むと  

~ 震え[名詞]1
声が震えを  ような震えが  ような震えを  手の震えで  胸の震えを  変な震えを  あたりを震えが  妙に震えを  誘惑されて震え  眉根の震えが  細かな震えを  音田は震えを  葉子は震えを  筋肉の震えを  かすかな震えを  総身に震えが  全身は震え  地の震えは  何と震え  彼女は震えも  ガタガタと震え  悚然として震え  方向を指す迄の震えの  中で震え  あきらかな震えが  身体の震えが  英子は震えを  弦の震えを  一生懸命の震え  愛情の震えを  細かな震えが  金属性の震えを  手に震えを  心とは震え  敬虔な震えを  情熱の震えが  声は震えを  ドン底から震え  ものに射られて震えが  銀線の震えの  杉大明神様と震え  確かに震えを  さと震えが  身体の震え  やうな震えを  言葉さへ震えを  

~ 震え[名詞]2
軽く震え  だんだん震え  怪しく震え  軽い震え  きびしく震え  突然震え  いきなり震え  苦しい震え  少し震え  その震え  まだ震え  細かい震え  冷たい震え  厳しい震え  そうした震え  かるい震え  すこし震え  

複合名詞
震え声  震え乍ら漸  震えよう  震え乍ら  震え手  震え勝ち  若僧震え上  稍震え声  震え揺ぎ  あまり震え声  震え心  震えがち  待ち震え嘆き  震え工合  震え泣き  震え上つた者  震え上  ワナワナ震え  



前後の言葉をピックアップ
古梅  フルウリイ  揮え  震え  ふるえ  古江  震えあがっ  震え上がっ  ふるえあがっ  震えあがら


動詞をランダムでピックアップ
引抜いせり出す仄めかし振りかざし溶けあわ倣お描きださ滴り踏出そ物思っ締め殺せ接ぐ威張りゃ責めろ起ろあきなう涙ぐむ引きたて持ち合わせちぢまり
形容詞をランダムでピックアップ
重たい極まりないふがいな人なつかしく目新しかっなまめかしゅう丸くあたら空々しくなみだぐましぽくおおしくまぶしくっ易うみぐるし聞苦しゅうすさまじき勇まし気味が悪しらじらしく