「ふるえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふるえ[動詞]
脚がふるえ  身体がふるえ  涙にふるえ  熱狂にふるえ  胸はふるえ  腕がぶるぶるふるえ  生徒はことごとくふるえ  総身がぶるぶるとふるえ  心がふるえ  口はブルブルふるえ  指がふるえ  素朴な憤りにふるえ  マルラの冷えきったブルブルふるえ  声はふるえ  マルラはぶるぶるふるえ  マルラもふるえ  マルラはふるえ  かすかにふるえ  ためにぶるぶるふるえ  心のふるえ  ブルブルとふるえ  手がふるえ  文字のふるえ  微かにふるえ  下でふるえ  手にして、しばらくはふるえ  ひざががたがたふるえ  君はふるえ  縞がこまかくふるえ  お前はふるえ  緑色にしてふるえ  かすかに物言いたげにふるえ  死体をみると、青くなってふるえ  蒼になってふるえ  小きざみにふるえ  体はふるえ  筋肉疲労などでふるえ  肉体はふるえ  僕たちはふるえ  胃もあんなに青くふるえ  星がふるえ  黒人もふるえ  黒人は、ふるえ  両手が思わずぶるぶるとふるえ  なかに小さくなってふるえ  顔色とてもなく、ぶるぶるふるえ  怪塔王はうろたえ、ぶるぶるふるえ  ように、ぶるぶるふるえ  膝は堅くなってやがてふるえ  した後のふるえ  ようにふるえ  声もふるえ  期待から、さすがにぶるぶるふるえ  唇がわなわなとふるえ  体がふるえ  ブルブルッとふるえ  唇がふるえ  静寂に低くふるえ  唇のふるえ  力のふるえ  八疋かたまってぶるぶるふるえ  手にとって、ぶるぶる、ふるえ  微かに打ちふるえ  リヴォーヴナの少しふるえ  鉄橋じゅうがふるえ  鐘の音響によって絶えずふるえ  きり、ふるえ  あまがえるはすっかり恐れ入って、ふるえ  飴色にすきとおって、そしてブルブルふるえ  箱のすみでふるえ  硝子戸がびりびりふるえ  前よりも高くふるえ  お前はまだふるえ  ツとふるえ  身がふるえ  そうにふるえ  不気味にふるえ  しゅっこはがたがたふるえ  そばに摺り付いてふるえ  兎のふるえ  ひかりはふるえ  喜びでふるえ  身内がふるえ  ひと息ついて、ふるえ  手はふるえ  癇にふるえ  うつる睫毛のふるえ  さとにふるえ  眉がぴりぴりふるえ  さにふるえ  静かにふるえ  ためにふるえ  吐息をついてふるえ  ジョヴァンニはふるえ  露っぽくふるえ  タネリはこわくてもうぶるぶるふるえ  悪寒とふるえ  にわかにふるえ  コスモはふるえ  着物一枚着ずにふるえ  草となってふるえ  寅はふるえ  裸かになってふるえ  米は少しふるえ  ワナワナとふるえ  限りないよろこびにふるえ  女の激しいふるえ  柳腰よ、ふるえ  立ちにふるえ  小屋でふるえ  手にふるえ  ぼくはぶるぶるふるえ  千絵はふるえ  手がよろこびにふるえ  千絵は、まだやまないふるえ  指へ痛くしびれてくるふるえ  から風に吹かれて、ふるえ  三べんふるえ  精霊はかるくふるえ  のが、ブルブルふるえ  宅悦はふるえ  夕陽のふるえ  総身がふるえ  身体はぶるぶるとふるえ  幽霊にふるえ  車内ではただふるえ  声がふるえ  鬼婆が追っかけて来たとがたがたふるえ  目をつぶってぶるぶるぶるぶるふるえ  ぶったままぶるぶるぶるぶるふるえ  乱れにふるえ  中をふるえ  一所にふるえ  手を放そうともしないで只小さくふるえ  自分も小さいふるえ  心はふるえにふるえ  怒りにふるえ  行末を見まもって青ざめてふるえ  中に小さく、柔らかくふるえ  母君はふるえ  息がふるえ  ようにゆれて、ふるえ  小さな錠前がふるえ  一花呪い、恨み、哭き戦きふるえ  涙を流さぬばかりふるえ  声は、ふるえ  妻はふるえ  からだはぶるぶるふるえ  窓から、ぶるぶるふるえ  からだじゅうがぶるぶるふるえ  ポチはじっとまるまってふるえ  まま深い深いふるえ  力を入れて、ふるえ  身體がふるえ、ふるえ  ぐつたくなるやうに、ふるえ  ように、ふるえ  妙なふるえ  目を当ててのぞいたが、ぶるっとふるえ  それぞれどこかへつかまって、ふるえ  ように青くして、こまかくふるえ  霜風にふるえ  小刻みにふるえ  私は太い、長い、ふるえ  翼がふるえ  異様にふるえ  全身がぶるぶるふるえ  片隅にふるえ  鄒氏はわなわなふるえ  私は、ふるえ  さがこんがらがって、わなわなとふるえ  肢体が妖しくふるえ  体のふるえ  落付くと同時に、ふるえ  足も決してふるえ  物をいったら、ふるえ  顔面蒼白、わなわなふるえ  舌はふるえ  頭がふるえ  彼処にふるえ  金釵が泣きふるえ  鬢髪はふるえ  風にふるえ  アラジンは、やっぱりふるえ  お姫さまはこわがって、ふるえ  息子は、ぶるぶるふるえ  息子はふるえ  ババはふるえ  ババは、ふるえ  中にしゃがんで、ふるえ  ようになって、ふるえ  千二は、ぶるぶるとふるえ  ものが、ぶるぶるふるえ  手は、ぶるぶるとふるえ  部屋全体が、こまかくふるえ  ことばは、あやしくふるえ  みな怖れふるえ  儀容を崩して、あッとふるえ  ぼんやり白く光ってぶるぶるぶるぶるふるえ  肩が、小さくふるえ  カタカタカタとふるえ  肩が、細かくふるえ  驚きにふるえ  それから顔を見合わせてぶるぶるふるえ  嘉助はぶるぶるふるえ  紫にしてわくわくふるえ  三郎はやっぱりふるえ  ところに走って来て、がたがたふるえ  からだはやはりがくがくふるえ  それから顔を見合せてぶるぶるふるえ  まっ青になってぶるぶるふるえ  僕たちはがたがたふるえ  肉がブルブルとふるえ  時折はふるえ  情熱にふるえ  入口でふるえ  まさか、ふるえ  貧ゆえには、ふるえ  ものか解らねど、ふるえ  笑いがふるえ  私はただもうふるえ  アヽアヽアヽブルブルウ、ふるえ  金切声のふるえ  喪してただふるえ  冷え冷えとし、だからふるえ  びっくりして、思わずふるえ  肩はふるえ  鈴子はさすがにふるえ  脇がふるえ  さにがたがたふるえ  身体がこまかくふるえ  不安にふるえ  ッとふるえ  なかでふるえ  みんな妙にぶるぶるふるえ  自制ができないほどふるえ  悲しみにふるえ  全身こまかにふるえ  からだがふるえ  医学士とかに頼んでふるえ  試験前に飲んで出たがやっぱりふるえ  恐怖とにふるえ  わたくしは、今にもひとつかみになさるかと思って、ぶるぶるふるえ  ボーイは深いふるえ  私は長い、ふるえ  故障を起したので、ふるえ  胆をつぶしてしまって、がたがたふるえ  一つところに固まってふるえ  手のふるえ  かのかべがふるえ  彼は、ふるえ  目ぶたは軽くふるえ  讓はふるえ  感激にふるえ  お客はがたがたふるえ  二人はぶるぶるふるえ  宮川はぶるぶるとふるえ  昂奮でぶるぶるふるえ  胸は、わなわなふるえ  針はぶるぶるふるえ  とき酋長がふるえ  あごも、ぶるぶるとふるえ  にわかにがたがたふるえ  隊員は、びりびりとふるえ  がたがたっとふるえ  話し声で、いつもがたがたふるえ  ひざはふるえ  わたしはふるえ  話わたしはまたふるえ  ざるはまだふるえ  それにふるえ  つま先までふるえ  獄吏らとふるえ  私はふるえ  彼女はふるえ  肱がふるえ  全体がふるえ  全身がひどくふるえ  手足もぶるぶるふるえ  全身はふるえ  恐怖にふるえ  女はふるえ  つのって、もうふるえ  マチアはふるえ  わたしもふるえ  わたしたちをふるえ  わたしたちはもうふるえ  熱弁がふるえ  端にふるえ  乱れ毛がふるえ  膝頭がブルブルとふるえ  ラッパ呑みをはじめましたのでぶるぶるふるえ  顔を見るなりぶるぶるふるえ  木にかじりついてふるえ  体をよせてふるえ  指はぶるぶるふるえ  ために、低いが、しかし時々ふるえ  手先がふるえ  幸内はふるえ  住ってふるえ  眼は美しくふるえ  足がふるえ  小児はふるえ  上唇がふるえ  筋肉は、ひとりでにふるえ  すずの兵隊はさすがにふるえ  胸がふるえ  まじめな、ふるえ  からだが、ぴりぴりとふるえ  胸はよろこびにふるえ  ところで、小さくなってふるえ  腕が、ぶるぶるとふるえ  お婆さん見たいにうつむいて、始終ふるえ  児童がふるえ  自分のだとふるえ  手先が、やはりわなわなとふるえ  雪は、ふるえ  吉がふるえ  ギクとふるえ  ギクとしたふるえ  指のふるえ  恥辱にふるえ  鳥肌をたててふるえ  感情のふるえ  一言を思い返そうとして、まずふるえ  男妾のみが、無暗にふるえ  わして、ブルブルとふるえ  屈辱感にふるえ  草むらを這わんばかり、ふるえ  身もふるえ  母子のふるえ  全身をこまかくふるえ  身内が細かくブルブルとふるえ  家がブルブルふるえ  右手がブルブルとふるえ  全身はがたがたふるえ  ダビット技師がふるえ  岩にかじりつき、わなわなとふるえ  伯爵は、ふるえ  がたがたとふるえ  ように、がたがたふるえ  しろで、ぶるぶるふるえ  喜びにふるえ  竹竿はぶるぶるとこまかくふるえ  さよ、とふるえ  音たてて鳴らしてふるえ  怒りとに、がたがたふるえ  全身ブルブルとふるえ  ようにブルブルふるえ  灯がチラチラふるえ  千賀もふるえ  上にふるえ  さきがふるえ  くちびるがふるえ  ものを着て、ぶるぶるふるえ  顔をしてがたがたふるえ  海女がふるえ  人のふるえ  顔をして、がたがたふるえ  忿怒にふるえ  簀巻にされてふるえ  風陰に寄りかたまって、ふるえ  底にふるえ  毛のふるえ  身のふるえ  おとよはややふるえ  音をたてて、大きくふるえ  かすかなふるえ  いにふるえ  羽がちらちらふるえ  彼は蒼くなって少しくふるえ  和尚め、ふるえ  顔色をしてふるえ  寒い川風にふるえ  かちかちと鳴るほどにふるえ  和吉はふるえ  破れ烏帽子が、ふるえ  おかみさんは蒼くなってふるえ  彼女がふるえ  体がわなわなとふるえ  当人もふるえ  神経のふるえ  亀は蒼くなってふるえ  千次郎はふるえ  なんでも申し上げますと、かれはふるえ  永太郎は蒼くなってふるえ  神経はいよいよふるえ  相違ないとふるえ  お初はふるえ  女中はふるえ  ようになってふるえ  ままで、ふるえ  雪はふるえ  奴らはふるえ  帷子を着てふるえ  急にふるえ  根のふるえ  黒髪のふるえ  毛も、ふるえ  彼はふるえ  奴らは蒼くなってふるえ  勝次郎はふるえ  声は少しふるえ  声も少しふるえ  元八はいよいよふるえ  光はふるえ  幸次郎に嚇されて、ただふるえ  歌声がこまかくふるえ  時仙二はふるえ  声が少しふるえ  亭主も蒼くなってふるえ  前にふるえ  場合、さすがにふるえ  色をかえてふるえ  二人はふるえ  ガタガタとふるえ  手が次第にふるえ  われにもあらぬふるえ  卯木は言いふるえ  悄然としてふるえ  菊はふるえ  なんだい、ふるえ  半分立ちあがって、ぶるぶるふるえ  テねずみはぶるるっとふるえ  手さえふるえ  からだががたがたふるえ  微かに戦きふるえ  顔色を失って、青ざめて、ふるえ  體がふるえ  足先がぶるぶるふるえ  母親がふるえ  豊雄はわなわなとふるえ  だめだとおもって、ふるえ  全身にふるえ  夜も昼もがたがたふるえ  顎がふるえ  しかいささかふるえ  傍をぶるぶるふるえ  窓ががたがたふるえ  体はわなわなふるえ  言葉はふるえ  眼をあげて、すこしふるえ  手が、ぶるぶる、ふるえ  母に取りすがってふるえ  ようにぶるぶるとふるえ  峯子は一層ふるえ  手拱かいて、ぶるぶるふるえ  瞼が一しきりふるえ  歓喜にふるえ  まま、長い、ふるえ  ままガタガタとふるえ  顔をして、ぶるぶるふるえ  一人残ってふるえ  のぞきながら、びくびくふるえ  んだと小さいおどったふるえ  視野を歪めてふるえ  唇はふるえ  非常にこわがってふるえ  毛を微に汗ばませてふるえ  思いで、わなわなふるえ  時の、あの澄んでふるえ  前みたいにふるえ  泣きもしないでふるえ  股がこまかくふるえ  くちびるはぶるぶるふるえ  からだじゅうぶるぶるふるえ  雁は恐ろしがってふるえ  斎藤がふるえ  チェコスロバキアがふるえ  熱涙にふるえ  奸徒にブルブルふるえ  手見るか見えぬにブルブルふるえ  から身体がふるえ  ようにわなわなとふるえ  手はぶるぶるふるえ  云ひながらぶるぶるふるえ  咳ばかりの出るふるえ  スバラシイ満月の光りがギラギラとふるえ  まま、わななきふるえ  寒気にふるえ  声をのみ、やがて、ブルブルふるえ  吉良は、すぐ蒼く、こまかくふるえ  吉良は、ふるえ  痙攣してふるえ  手はなぜかふるえ  音をたてるまでにふるえ  大川のふるえ  独りでふるえ  水に浸ればふるえ  からだじゅう、がたがたふるえ  みんなもがたがたふるえ  わずかな風にふるえ  身で、こんなにふるえ  手足はふるえ  ほうへ、ワクワクふるえ  アトランチス人たちが集ってふるえ  頭をおさえて、がたがたふるえ  女は許されて、まだふるえ  愉悦にふるえ  ガタガタ慄るえて、どうにもふるえ  二重にふるえ  のに驚いてふるえ  豚吉はふるえ  背中に掴まって、ブルブルふるえ  番頭はふるえ  真青になってふるえ  手を突いて、ふるえ  お爺さんはふるえ  恚にふるえ  指先はおのずとふるえ  みんなは抱き合ってふるえ  安田はがたがたふるえ  棒だちになってふるえ  正反対に、しじゅうふるえ  掛念で、ふるえ  龍王はぶるぶるふるえ  音のするほどがくがくふるえ  悦びに打ちふるえ  物の怪に憑かれでもしたかのごとくふるえ  両手がブルブルとふるえ  くれないで、ふるえ  肩が、こまかくふるえ  意地にふるえ  眼に見えてふるえ  指が、ふるえ  口じりが、ぴくぴくとふるえ  声が、かすれて、ふるえ  かげがふるえ  感情をのせて、ふるえ  声が、ふるえ  手が、ぶるぶるふるえ  こころもちふるえ  ように、こまかくふるえ  夫人たちは、ふるえ  とき微かにふるえ  唇が、はげしくふるえ  黒髪がふるえ  からだが、がたがたふるえ  馬鹿にふるえ  警察でふるえ  顔をしてふるえ  下男は忽ちふるえ  両足が、がくがくふるえ  そばにふるえ  緊張にこまかくふるえ  豊かな、ややふるえ  声はかすれてふるえ  ネルロはふるえ  彼はぶるぶるふるえ  ピート一等兵はがたがたふるえ  ハンドルを握って、ぶるぶるふるえ  うえで、たがいにしっかりつかまってぶるぶるふるえ  幌がふるえ  語尾がふるえ  恐怖におそわれ、がたがたとふるえ  声もさすがにふるえ  ヴェールがブルブルとふるえ  いかりでブルブルふるえ  肩がブルブルふるえ  息をきってふるえ  恐怖のあまりに、たがいにだきあってふるえ  全身がわなわなとふるえ  一しゅんブルブルとふるえ  彼女はがたがたふるえ  感情にふるえ  声は打ちふるえ  それを見ると、おどろいて、ブルブルふるえ  感動のふるえ  スミス少佐がふるえ  名を聞くと、ぶるぶるふるえ  手がぶるぶるふるえ  アーサー少年は、なんだか怖くなって、ぶるぶるふるえ  土工らは蒼くなってふるえ  声を遠く聞いて、ふるえ  泥水によごしてふるえ  頬がびくびくとふるえ  窪がびくりとふるえ  男はふるえ  相好をくずして、がたがたふるえ  のも、ふるえ  のに従って、ふるえふるえ  手もふるえ  がたがたがたがた、ふるえ  顔を見合せ、ぶるぶるふるえ  さにぶるぶるふるえ  なかに、ふるえ  中林先生はホッとふるえ  顔をいっそう赤くそめて、ぶるぶるふるえ  バレンチノが長い、ふるえ  それをみてこわがってふるえ  もみの木はぶるぶるふるえ  あしたはもうふるえ  私達はふるえ  上下左右にふるえ  うえに、ぶるぶるとふるえ  手が、ぶるぶるとふるえ  耳たぶもふるえ  ホツレ毛に引っかかって、見えるか見えないかにわななきふるえ  瞬きが、ふるえ  とき焼跡は優しくふるえ  唇は細かくふるえ  ツェねずみはぶるぶるふるえ  リュウリュウとふるえ  程縮み上って、ふるえ  ように見まわしながら、何故ともわからない、長い長いふるえ  一生懸命に伸ばしながら、長い長いふるえ  大次郎がふるえ  先がふるえ  まり恭一が青くなってがたがたふるえ  まり恭一が青くなつてがたがたふるえ  坊さんはふるえ  日光に青くすきとおりせわしくせわしくふるえ  心配そうにぶるぶるふるえ  わけにも行かず少しふるえ  一ぺんにがたがたふるえ  お香はわなわなふるえ  声もうわずり、ふるえ  中学生もふるえ  針助は、ブルブルふるえ  少年らしくぶるぶるふるえ  ガタガタ足がふるえ  なんや、ふるえ  数字がさすがにふるえ  三郎がブルブルふるえ  隅にふるえ  中を見つめながらふるえ  空気にふるえ  斯う、小さい、ふるえ  のまざった小さなふるえ  声のふるえ  両手がふるえ  何年でもふるえ  希望に向かってそぞろにふるえ  甲高なふるえ  これもぶるぶるふるえ  女の子はぶるぶるふるえ  前でふるえ  眼を閉じてブルブルふるえ  母親はふるえ  笛が、ふるえ  肩のふるえ  途中でわなわなふるえ  ように堅くなってブルブルふるえ  唇が青ざめて、がたがたふるえ  梢はふるえ  私たちよりもいっそうびくりとふるえ  王はふるえ  兵隊たちはふるえ  語尾はひどくふるえ  勝手にぷりぷりふるえ  今かとふるえ  瞼はぶるぶるとふるえ  鼾はふるえ  声は、少しふるえ  感情で、ふるえ  唇はわなわなとふるえ  中にふるえ  お祖父さんのふるえ  背中に、ふるえ  息とともにふるえ  頬がぴくぴくとふるえ  声は、もうふるえ  変にふるえ  右手は、わなわなとふるえ  彼はぶるっとふるえ  のだろうかとわくわくふるえ  方へやって来てぶるぶるふるえ  手はいくぶんふるえ  穴を通ってふるえ  声がひどくふるえ  李太郎はふるえ  それに会うと、ふるえ  乙は、わなわなとふるえ  ブルブルにふるえ  さでふるえ  ガラス戸がびりびりとふるえ  時いくぶんふるえ  声は、いくぶんふるえ  カイゼルひげがぴりぴりとふるえ  げがびりびりとふるえ  しかめっつらしながら、はげしくぶるぶるふるえ  あんた、ふるえ  踊子はがたがたふるえ  小使がふるえ  口がふるえ  八重は、ふるえ  面一面に細かくふるえ  体が、がたがたふるえ  夫人は、ふるえ  がちがちいわせて、ふるえ  怒りにぶるぶるふるえ  気のどくなほど、はげしくふるえ  それにつれてぶるぶるとふるえ  ガウンが、はげしくぶるぶるとふるえ  ぼくは歩きながら、がたがたふるえ  青二は、ぶるっとふるえ  中心にびりびりとふるえ  中尉はふるえ  悪寒にふるえ  のか、ふるえ  かすかに、ふるえ  ベルトはふるえ  私がふるえ  艇がきみわるくふるえ  ヤンでもふるえ  頬をよせて小さいふるえ  音がふるえ  ローズが小さいやわらかくふるえ  間から細いふるえ  すべてが薄暗くふるえ  鎖がふるえ  大納言は、さすがに、ふるえ  必死にふるえ  それをとりまいて、まるでふるえ  せいか、すこしふるえ  ブルッとふるえ  まわりがブルブルふるえ  彼は怖れにふるえ  小腰をかがめて、そして、ふるえ  省作はもうふるえ  声はさすがにふるえ  まま、ふるえ  膝頭がふるえ  何か浅ましくふるえ  声も浅ましくふるえ  カラ子はぶるぶるふるえ  キャラメルを頬張って、ふるえ  橋たもとにふるえ  心をふるえ  課長は、いささかふるえ  顎髭が細かくふるえ  心、ふるえ  名前を聞いただけでも、ぶるぶるふるえ  みんな目をさまして、ぶるぶるふるえ  小さな心臓はふるえ  ようにぞっとなりながら、ふるえ  染はふるえ  腕がふるえ  中年増がふるえ  これがふるえ  ことばが、ふるえ  あばたがゆがんで、ふるえ  これには驚き、がたがたふるえ  十手に気がついたとみえて、ふるえふるえ  手がブルブルとふるえ  あとでそんなにふるえ  から、なぜふるえ  信吉にも判らなかったが、そのふるえ  冴子のふるえ  ように、またふるえ  俯伏しになっているが、やがてぶるぶると大きくふるえ  水夫たちをよび集め、がたがたふるえ  話をして、ふるえ  なかにのこってふるえ  手がわなわなとふるえ  真青にふるえ  たかぶって、ふるえ  ジョウはふるえ  泣き声をたててぶるぶるふるえ  顔をこまかくふるえ  素足がふるえ  さにどんなにふるえ  男は小さなふるえ  博士をじっと見ながら少しふるえ  張は、がたがたふるえ  わず、がたがたふるえ  本気でがたがたふるえ  頭にかむってがつがつふるえ  後姿で、ふるえ  巻毛が、ぶるぶるとふるえ  間にはさまってぶるぶるふるえ  ビリビリとふるえ  後のふるえ  歯がふるえ  体じゅうがふるえ  羽根が白く透けてふるえ  針をふくんだふるえ  胸のふるえ  裏から総身へかけて、ふるえ  どこかに、ふるえ  おくれ毛も、すぐ泣きふるえ  唇のいろを失ってふるえ  妻のふるえ  右手がブルブルふるえ  遠くから見えるほどブルブルふるえ  テラリと光ってブルブルふるえ  二人を見守りながら、ふるえ  中間はふるえ  伊平はふるえ  恐怖のふるえ  市野さんはすこしふるえ  恐怖に戦きふるえ  力なくふるえ  死苦にふるえ  想像致しまして、ふるえ  声はいつもと違って、ふるえ  あとでふるえ  蔓にかじり付いてブルブルふるえ  姫はもう恐ろしくて悲しくて、ブルブルふるえ  かなしみとよろこびにふるえ  娘をふるえ  盃がふるえ  おかあさんとふるえ  震動でこまかくふるえ  自覚にふるえ  びが泣きふるえ  一声、すっかり青くなって、ぶるぶるふるえ  全身が細かくふるえ  うつ手がふるえ  正太はがたがたふるえ  男が、ぶるぶるとふるえ  スミス老人がぶるぶるふるえ  花束までが、こまかくふるえ  三根夫はがたがたとふるえ  ために、ぴくぴくとふるえ  身体がぶるぶるふるえ  筋肉がぴくぴくとふるえ  



前後の言葉をピックアップ
フルウツ・パラア  古梅  フルウリイ  揮え  震え  震え  古江  震えあがっ  震え上がっ  ふるえあがっ


動詞をランダムでピックアップ
窺っあきれはてもちまわら携わる溶く煽げ踏みやぶりとりしずめる言いだすはりあげる取り調べよ積み残さ火取若き照り忌んふとら啼け慶する妬ま
形容詞をランダムでピックアップ
よわよわし心地好き暑かっうらがなし慌し甚だしく爺むさくともきゃまずかろなさけなく水っぽく思しき毒々しいものぐるおしい愛しゅう物憂わかり易く柔らかし思いがけない物堅く