「降る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 降る[動詞]
あな虹立てり降る  雪が降る  音もなく降る  切りに降る  小雨のしとしとと降る  雨すこしく降る  三月十三日折々降る  ように降る  雪の降る  春が降る  色蒼ざめて、降る  天気もよくない、降る  雨少なく降る  やうに降る  雨になるらしかつたが、降る  雪のうへに降る  露を宿して降る  竹のはやしの浅けれど降る  夏の雨は降る  雨は降る  滝なして降る  涙で降る  雨の降る  芒に降る  間に降る  傘に降る  女工唄雨の降る  底から蕭々と降る  牡丹雪も降る  牡丹雪となって降る  状態で降る  雪のちらちら降る  下すでにおほひて降る  づれ台地を降る  それが面白く、降る  声の降る  石の降る  五日黎明、しとしとと降る  糠雨のちらちら降る  霜が降る  霙の降る  斜めに降る  あすこへだけ降る  氷雨の降る  雨のしとしと降る  白雪の重たく降る  下へ降る  雨さえ降る  小雨の降る  音の降る  雪は細かく、しきりに降る  男たちは、降る  燈火が、降る  コンコン小雪の降る  一つコンコン小雪の降る  大雨が降る  耳を傾けながら、降る  春雨ぞ降る  霰の降る  星が降る  上より降る  誦経が降る  雨でも降る  天から降る  宵の口に降る  雨のしとしとと降る  為め雨の降る  愛情は降る  死ぬものは死に、降る  木の葉に降る  小石の降る  小さな家で、降る  露の夥しく降る  一夜に降る  静かに降る  決戦戦争では降る  頂上に降る  白妙に降る  葉の降る  空から雪が降る  日雪の降る  芝居ごと雪の降る  霧が降る  格子から降る  石に降る  雨さへ降る  狐霜の降る  窓に降る  五月雨五月雨の降る  五月雨の降る  芽に降る  町かよ雨の降る  いつか消えようとせず、降る  なつて降る  質問が降る  なかにも降る  今夜も降る  眞つ直に降る  雨になるに連れて降る  左手へ降る  寒い雨の降る  非常に強く降る  下つゆ降る  急に降る  アラムハラドはまだ降る  八溝山も、その降る  山を降る  絶頂から一里ほど降る  だんだん山を降る  傍うて降る  のがチラチラ降る  みぞれの降る  心に降る  篠を束ねて降る  さは降る  降りに降る  山々、しんしんと降る  矢と降る  時分には、降る  綿雪小雪が降る  大雪の降る  小雨が降る  頼綱の降る  雨も降る  雨がそんなに強く降る  階段を降る  海岸へ出て見ると、降る  恰で降る  近いうちに雪が降る  秋雨のうすく降る  声が降る  蝉時雨の降る  日、何やら如何にも降る  処に降る  雪がチラチラ降る  サンサンと降る  雪が、降る  庭丈に降る  火が降る  坂を降る  土砂降りに降る  小雨でも降る  傘を打って降る  夕暮雨の降る  長雨にあって、やはりこうして降る  電車でも時々降る  横ざまに降る  けり雨の降る  霧や降る  城を出て降る  霧の降る  匹夫っ、降る  加減に降る  谷底へ飛び降る  沛然と降る  時雨の降る  竹藪に降る  ざあざあ雨の降る  外に降る  漱石これに降る  腰から上といえども、降る  下、降る  星の降る  星も降る  賦雪が降る  曹操如きに降る  何が降る  人は降る  雪でも降る  雪なんか降る  電車を降る  黒板から降る  丁度雨も降る  冬にでも降る  仏蘭西に降る  白鳳期を降る  糸の如く降る  しぐれと混じって降る  鈴を収め、降る  自然に来て降る  堂を降る  十二月細雨時時降る  ように降るともなく降る  舌三寸でおめおめ降る  呉へ降る  晩はたとえ少しでも必ず降る  今でも降る  晩雪が降る  小石一つでも持って降る  只茫然といたして、どっどと降る  時は降る  人力でどっとと降る  うち響き、降る  闇に降る  敵へ降る  姉さん此の降る  春らしく降る  砂が降る  命令が降る  広場に降る  外から降る  斜め上から降る  春の雪みだれて降る  ザアと降る  投書が降る  地獄に降る  雪は降る  どこから露が降る  夜、降る  毎年初雪の降る  日と、降る  御殿奉公から下がると降る  稀に降る  梅雨にかかつてしよぼ降る  聲が降る  桝が降る  日光が降る  雨のびしょびしょ降る  雨がしとしと降る  毎年決して降る  日に降る  それから豪雨の降る  一晩に降る  音立てて降る  涙か降る  神さま雨の降る  坂道を駈降る  初雪が降る  小雨のしょぼしょぼ降る  袖に降る  夕立が降る  二階を降る  ぼんやり雨の降る  日本だけ降る  往って来ておくれ、また降る  雪になるかと思うと又晴れ、晴れるかと思うと又降る  のが降る  雨はいよいよ降る  ぐりにしてどっと吹き降る  今日じゅうは降る  ひょうの降る  面にはらはらと降る  これは降る  墓地まで、しとしとと降る  下にだけ降る  特に雨の降る  週日に降る  うちにも降る  人界に降る  最初は降る  箸が降る  雪しづかに降る  岡を降る  夜に、激ち降る  勾配を降る  殆ど二三日おきぐらいに降る  雨は、ひとしきり降る  卍巴と降る  んだ、降る  如何に降りに降る  十二月初旬雪が降る  露が重いので、まず降る  雨はまた一しきり烈しく降る  朝から雨がびしょびしょ降る  轅門に降る  大雨の降る  紛々として降る  行燈は、ちらり、ほらり降る  さは寒し、降る  女郎花、降る  ここへ来て見ると、降る  何、降る  町へ降る  一散に駆け降る  ガラスに降る  今に降る  俄雨が大いに降る  正午、しんしんと降る  時代が降る  舌が、降る  鳥雪の降る  周囲から降る  空中から毛の降る  横に降る  明日は降る  人間が祈らうが祈るまいが、降るだけは降る  ものか、降る  霙が降る  やつてきた、濡れて歩く、あんまり降る  九月二十日曇、まだ降る  雪さえ降る  令が降る  頬ずりを降る  それだのに、降る  心なく降る  雨が、少しずつ少しずつ強く降る  冬雨の降る  石が降る  それや、降る  砦は降る  まちがいなく降る  頭上に降る  下三度より降る  長雨が降る  截れて降る  声が、降る  雨ぞ降る  つて、降る  雨のよく降る  木の葉でも降る  しらみわたって降る  さんさんと降る  みぞれが降る  きれぎれに降る  きれいに降る  お酒の降る  女の降る  肴の降る  天地を托す、一向に降る  朝から糠雨の降る  春の雪のちらちら降る  寒いね。べらぼうに降る  あしたは降る  あしたは抜けるほど降る  われらへ降る  きょうも降る  だんだんにおかしくなって、もう降る  夕立は降る  秋雨の降る  雨が激しく降る  犠牲をすてては逃げ降る  いくら商売でも、降る  上りを待ってみたものの、降る  寒気、降る  奴がありません、降る  ときなく降る  ここをめざして降る  岩が降る  天子に降る  四五間も降る  さかんに降る  使命が降る  天から、ずり落ちて、今や降る  雪はちらちら降る  皇族から臣下に降る  焚埃りが降る  雪さへ降る  落葉の降る  雨がどうして降る  かい雨でも降る  ばらばらと降る  時代が次第に降る  夕立でも降る  舳に降る  ものはなく、降る  方へ降る  何時まで降る  胆吹山下、降る  人間が降る  雨は降る降る  峠を降る  大雨でも降る  西に降る  砂上に降る  断崖絶壁で、とても降る  パラパラと降る  春雨の降る  一月二十九日雪の降る  のを見つつ、わが思ひ、など降る  雷神が降る  上から下へ降る  音を立てて降る  声はまだ降る  のですが、降る  大空仰げば降る  軍門に降る  国に降る  夜飽かず降る  ショボショボ雨の降る  朝霧がいっぱい降る  涙ぞ降る  ように荒く降る  空かきくらし降る  大降りに降る  おりから降る  空から降る  視線から避け、わざと降る  柔らいで、降る  草原に、降る  感動で降る  縁談が降る  毎日雨の降る  小降りに降る  亂れ降る  今日もまた降る  傍に降る  さらさらと降る  蔭で、降る  細雨が降る  大雪が降る  雨のしょぼしょぼ降る  いまにも降る  足駄を突かけばきに、降る  傘を寄せかけ、降る  花の降る  燦々と降る  階段を馳せ降る  雨もまだ時々は降る  音もなくシンシンと降る  砂夕立が降る  毎夜、降る  森に降る  そうに降る  午後二時、この降る  今日は降る  霙などのびしょびしょ降る  小雨などの降る  官軍に降る  初めに降る  後に初めて降る  火の粉が降る  たけながく引きてしらじら降る  縁談なら降る  明日もまた降る  梅雨らしく降る  母さん時雨の降る  初雪の降る  きりそれからまた降る  背に降る  棧橋に飛び降る  火箸が降る  自然雨の寂しく降る  雨ふるといえばきっと降る  暮れそめて降る  天幕を張りて、降る  暁方雪また降る  やみ歇みてはまた降る  横から降る  真直に降る  いまでは降る  露となって、美しく降る  雪だあ、降る  時雨は降る  雨がしとしとと降る  ものが降る  地に降る  淺けれど降る  瀧なして降る  眞直ぐに降る  天より降る  谷へ降る  どか雪の降る  スキーを履いて降る  から雪のよく降る  雪のよく降る  雨なんか降る  寒い雪の降る  上に降る  空から火が降る  蛭が降る  前後して降る  天からマンナが降る  唐松村へ降る  言葉は降る  海に降る  池に降る  風雨劇しく降る  砂丘から街へ降る  斜面は、降る  海へ降る  便所へ降る  庭に降る  天井から石が降る  亭にかけて降る  天気は、降る  十二月に、少々降る  松葉が降る  溝鼠か、降る  帆檣に降る  上甲板に降る  ボートに降る  甲板に降る  欄干に降る  塊が降る  降灰とは言っても降る  ぼくら明治生まれのものには、降る  晴れぬれどまた降る  霧は降る  カスタネツトの降る  そこを降る  霰が降る  食慾をもって降る  ものの降る  私一人雪の降る  先刻から雪の降る  糠雨の降る  星が、降る  真下に降る  雨まじりで降る  私に降る  侘しかりしが、然ばかり降る  細雨の降る  雨はどんなに降る  つて其所に降る  花に降る  色雨つよく降る  煉瓦造にやはらかに降る  のへ降る  星の光りが降る  しんみりと降る  雨まじりに降る  雹が降る  雨が時々、ぱらぱら降る  だってまた降る  傳へて降る  雨のしきりに降る  大に降る  よう飽きもせずに降る  空を見上げると、降る  自ら枕に降る  しめやかに降る  霜も降る  町に降る  大命が降る  水に降る  天罰が降る  雹でも降る  毎日降りに降る  小走りに走り降る  盛んに降る  行動で降る  日の目も見せず、時々降る  あげく五月雨の降る  山から家へ降る  激流を降る  ことし初めて降る  田端に降る  雪と降る  音なく降る  雪しきりに降る  品は降る  砂の降る  末近く寒い雨の降る  絶え間なく降る  白雪の、降る  つて山を降る  夜風が渡ると、降る  のは、心ゆくばかり降る  植込に降る  文句にまた一しきり降る  それから雨の降る  星は降る  雪がひどく降る  築山へ登り、そして降る  曇り空が、降る  地上に降る  これが降る  ものだとすれば、降る  蒲原かけて降る  横なぐりに降る  賽銭の降る  里に降る  小雨さへ降る  三日おきに降る  灰は降る  雪が多く降る  春先に必ず降る  時に降る  日本に降る  五回は降る  字形になって降る  角板が降る  盛に降る  雪も沢山降る  雪は案外沢山降る  結晶は、実際に降る  雑って降る  結晶ばかりが降る  結晶のみがずっと降る  結晶が互に入り乱れて同時に降る  結晶が入り乱れて降る  天然に降る  雪片となって降る  結晶とが入り乱れて降る  普通雪片のみが降る  六花が降る  八百年程降る  白い雪が降る  からこんなに降る  一路の降る  隔日ぐらいに降る  一曳ひけば降る  止もなく降る  天道樣といや降る  雪はさすがに実によく降る  笛が降る  もとに思ひやれば、いとど降る  風や降る  春の小川を降る  曇、時々降る  さみだれの降る  屋根に降る  殊に雨のしとしと降る  至粋の降る  六・五度ずつ降る  それ以下に降る  温度は降る  温度が徐々に降る  アノ雪のひどく降る  啓示は降る  梯子を降る  花匂はざりせば降る  西にむかひて降る  ぼそぼそと降る  天を覆して降る  のを聴いたり、降る  においを光らせて降る  夜に降る  なにしろ雪の激しく降る  隙間もなく降る  石壁で攀じ降る  煤の降る  春雨が降る  族天より降る  光にまじりて降る  火の降る  惠みの雨人に降れどその降る  雨の強く降る  月光は降る  殊に雨でも降る  水が降る  道は、降る  雪って、あの降る  梅雨がしとしと降る  落ち葉が降る  雪も降る  血が降る  軸物に降る  天気癖で、時どきに曇りますが、降る  道に降る  段々を降る  世に降る  者の降る  空より降る  南に降る  雨がよく降る  落葉に降る  五月雨のけならべ降る  秋雨ぞ降る  水さびしらに降る  外づれて、大いに降る  中腹ぐらいまで降る  世の降る  三國時代に降る  召集令の降る  召集令は降る  時代は更に降る  雨と降る  雨斜に降る  祠に降る  天災があって、照るにつけ、降る  細雨が、しとしとと降る  二番星がぽつりと浮かび、やがて降る  虫が降る  星が美しく降る  氷雨が降る  ところである雨の降る  専売権が、降る  自分が降る  中へ降る  のに降る  身の上に降る  私はしとしとと降る  細道を、降る  今になってよく降る  花の頻りに降る  小雪の降る  夕立の激しく降る  春雨春雨は降る  東軍に降る  冬の終りに降る  星影が降る  夕立ちの降る  日夕立の降る  音が降る  雨のしょぼ降る  光の降る  四隅へ降る  理想的状態をおき、降る  正法像法末法と降る  んですが、降る  節分には、よく降る  雹の降る  年代が降る  ホコリ立ち、降る  下界へは降る  緑が降る  音響を溶かして降る  雨、ときどき降る  場所で、降る  あちこちからお金が降る  濛々と降る  來て降る  原子爆彈さへ、降る  卍巴に降る  靜めて降る  



前後の言葉をピックアップ
  振る  古鳴海    古頃  古博多    震る  古御堂  布留


動詞をランダムでピックアップ
ぶつかる示せよ打ち壊そ召し上がれ生ましかけろたべん被わ嘗めるおどろかしうとまとらわれん迎え入れ咲き匂いさしかかっ明け亙っつみかさなるしたしみ入かわっ
形容詞をランダムでピックアップ
焦れったさわがしくけわしかっ少から緩う相容れなく恐ろしき儚く疎からさうない耐え難いくすし小気味よし物凄しすばしこかっねむたかろ見やすき委しのどけから