「古」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 古[動詞]
却つて段々古    

形容詞

~ 古[形容詞]
年古  主任古  あまりに古  まり古  ちょっと古  特に古  既に古  多い古  やや古  さらに古  少し古  短い古  根づよい古  どうせ古  だいぶ古  から古  もはや古  本当に古  手堅い古  遠い古  みな古  なお古  真名古  泥古  ない古  子古  終古  うるさい古  最も古  よほど古  かたい古  いつも古  ふるい古  ひどい古  何となく古  先ず古  遠く古  チット古  すでに古  共に古  青い古  時々古  なし古  西洋古  あえて古  黒い古  知恩院古  さ古  いよいよ古  けが古  まだ古  ずいぶん古  単に古  さながら古  ちょうど古  あたかも古  しきりに古  伊太利古  それから古  ん古  大抵古  なつかしい古  これから古  奇古  宋朝古  俄古  わが子古  的古  近い古  まるで古  広い古  である古  外国古  とき古  女らしい古  新聞古  懐しい古  ことに古  もしか古  重い古  寺古  汚い古  

~ 古[形容詞]
ひとりは古  待合室の古  人一体は古  のんきに古  時代の古  昔どおりの古  頭の古  ただの古  性質の古  城山の古  じんじん端折の古  慈覚以来の古  他の古  中門等の古  法隆寺現存の古  ひとり法隆寺現存の古  法隆寺以外の古  法輪寺一類の古  ときに古  ことを古  潜つたといふ古  四十二の古  木づくりの古  真理の古  水の古  あれが古  小屋の古  穴だらけの古  桜枝町の古  語の古  林町の古  頭脳の古  どこかの古  兵法として古  歴史の古  五会の古  北中通の古  外国の古  国の古  奈良坂は古  奈良坂を古  戦国時代の古  十七世紀は古  三河島蓮田の古  汝が古  さと古  あすこの古  一枚の古  一葉の古  希臘の古  各種の古  家の古  世紀前の古  行人の古  死は古  基督は古  河岸の古  オルレアンの古  これが古  から何か古  小脇の古  道は古  それは古  木の古  位の古  一本の古  今年四十九の古  海岸通の古  兜の古  事は古  学校友達の古  ところの古  小伝馬町の古  死ぬという古  明治時代の古  帝の古  久先生の古  祖先伝来の古  場合の古  ものの古  印度の古  いずれも古  商売の古  父親の古  新渡も古  あほんとの古  旦那様穿換えの古  相馬の古  公園の古  これ以上の古  街の古  城あとは古  聖画の古  檀那寺の古  対の古  盧照鄰という古  近くの古  人は古  相馬内裏の古  茶木綿の古  そこの古  へやの古  顔が古  王政の古  ポーランド王スタニスワフの古  貞享の古  所謂非人の古  神代の古  時の古  銀座の古  木造の古  オランダの古  支那の古  ニコヂーム・アレクサンドルィチの古  ように古  小生の古  嵯峨帝が古  当時ギリシアの古  北欧の古  主墳には古  去年の古  どこの古  みんな去年の古  浦添の古  紺羅紗の古  千年の古  櫛の古  発生の古  形式の古  人々の古  一つの古  商戦の古  数寄屋橋角の古  三つ四つも古  古屋敷の古  中心としての古  何分にも古  一足の古  筒袖の古  昔の古  古銅の古  日本は古  大和朝廷を以て古  大和を以て古  諸国が古  我が国を以て古  私は古  千風万雲の古  寝具の古  建国が古  何枚かの古  オクスフォードの古  例が古  四五冊の古  疲れも古  件の古  木綿縞の古  本屋も古  黄色の古  上での古  日本の古  私の古  台所の古  室生犀星の古  伝来の古  絶対の古  奈良人の古  我が国には古  五条通りは古  我々一同祖先の古  事を古  殊に主題の古  欧州にも古  風俗制度の古  四条小橋の古  将校の古  父の古  コールテンの古  紙質の古  文献としての古  

[形容詞]
古きらしゃ鞄  古時計  古雑誌  古方  古道具屋  古煉瓦  古さ  古そう  古外套  古藤田  古城址  古すぎるよう  古女房  古足袋  古新聞  古椅子  古建築物  古けた  古伝説  古帽子  古機械  古ふんどし  古から  古ズボン  古べい  古すだれ  古生姜  古の  古英雄  古行燈  古新聞紙  古鐘の音  古知事  古画  古建具  古電球  古雑誌屋  古伝承  古オーバ  古浴衣  古頭巾  古捜査  古警視  古課長  古が警視庁  古がダイヤモンド  古が椅子  古地図  古が警視総監  古が日比谷  古が懐中電灯  古が有明  古残念  古彫刻  古燕尾服  古歌集  古すぎて手  古もの  古堀  古めく傘  古物語  古材木  古絵葉書  古自動車  古ねこ  古武士  古之  古銅器  古み  古手拭い  古生  古建物  古金も  古公卿  古帳面  古赤絵  古強者  古御所  古郷土  古御堂  古土佐  古陣屋  古學  古先生  古襤褸  古瀬戸  古街道  古生山  古渡り  古家具  古階段  古石垣  古門前  古九谷  古時  古座布団  古ことわざ  古葡萄  古王宮  古志村  古建築  古大家  古シルクハット  古義  古アジア  古ギリシア  古欧州  古トランク  古インド  古文学  古スウェーデン  古万葉集  古アッシリア  古雷神  古アテネ  古スパルタ  古洋服  古団扇  古米食  古な沙門  古紐育  古日  古羽織  古これ  古臭い  古伊賀  古長屋  古浪人  古仏教美術  古朴  古下駄  古風俗  古田中正彦  古田中  古原稿  古レインコート  古田中さん  古すぎて駄目  古東洋  古詩人  古半ズボン  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
古のある  古へはかの地の郡名を筑摩郡といふから  古された  古のはた即幣束に関係ある  古なぢみの様な気のせぬ  古へおもほ  古のように修禊の会をした  古のやうに修禊の会をした  古より芸園に名高きもの輩出し  古のoolaも一つになって来る  古もない荒んだ  古の姫がいとも稀なる緑石を宮殿の倉の底へ蔵したるが  古への空想のやうに遠ざかって行ったりした  古の神の祭壇にけがれなき  古のラマの舞踊音楽から転化してきた  古でいつ  古されました  古の襲来によって的中した  古の蜀山一九は果して如何なる人なりしか知らず  古の人は皆実地を写さんとつとめたるからに  古の画を学び  古の本を手にぎり  古にして  古に拘泥して  古の俊傑が復活するとならば  古されると  古の名将にもまさりたり  古を思はせ  古の武将の書き残した  古の小栗の塚と言ふよりも  古ぶすまの白蓮には雲母のおもかげが残っていた  古にかえる  古より家政などいう  古へのパリサイ人能く  古の使者が国書をもたらして  古は寄せ  古の侵逼を直覚し  古の豪族とも思われる  古に妹と吾が見しぬば  古より言ふ  古よりこれを嫌いながら  古より全国の権柄を政府の一手に握り  古の政府は力を用い  古の政府は民を御するの  古の民は政府を視る  古の民は政府を恐れ  古より世にかかる  古はこの挽碓を人の手にて回す  古よりその法あるを聞かず  古を空しゅうして  古の御殿のごとくならしめず  古の御殿女中のごとくならしめず  古を信じて疑わざりし  古の修行人の敬虔なる衝動とは異つた吝嗇な心からではあるけれども  古を忍ぶ  古の俤なるべき  古を守つてゐる  古の大嘗会にひき出された  古の舜が堯を受けた  古の韓信などより百倍も勝れた  古の使者を斬る  古を撃退した  古ぶるとして見えてゐる  古ながしでこしらえる  古の詩人が推敲の二字に思ひ  古から兄をおいて  古に境し  古のギリシアやローマにおけるが如く  古の孫子呉子にも勝りましょう  古に行き  古を為すといふ  古より樹木しげかりけむ  古と云ひ  古と云ふ  古の欧洲侵略は成吉思可汗の後継者太宗の事蹟にかかり  古の欧州侵略は成吉思汗の後継者太宗の事蹟にかかり  古の奴らが昔このへんまで荒らしたといふ  古と内蒙  古の筑紫に身をおくがごとくて  古へより名山名水は詩客文士の至宝なり  古へより文士の勝景を探る  古こびれた  古というよ  古の家の隣に宿をとった  古だぬきが出てきて  古に復り正しき国民軍隊を建設せん  古に復さうといふ  古の船が散々になつた時だつたといふやうな事がありましたが  古に對する  古のために亡ぼされてしまつて  古をも日本が神の力で退けた  古が亡びて  古の時に使者を拒んだりしたので  古の天子は驚いて居つた  古の天子を追出して  古の時には喧嘩を買つたやうな手紙を出した  古をしっかりと握りしめる  古をなつかしむ  古に楠氏あり  古への物語はやはり古風な話し  古の諸家がシエクスピイヤの着想の根據なりといへるが如き  古の本陣と云ふ  古に在り  古へ吉備塚辺に住す  古の畜産事状を調査に来て  古へ行く  古と満洲と支那の三国語で文章が刻ってある  古なるは其特色にして  古の人は愚なるだけに  古に遡るに従って  古されて来た  古の貴びともあった  古は思ひ出した  古より今に至るまで  古の詩形を以て今の耳に訴へんとす  古は頗る大社にして  古の人のいふ  古の法にも女子を産ば三日床の下に臥さしむと  古の大侵略の如きものが新しくやってきたにしても  古に三蔵法師あり  古の殿サマの一族の前へでられる  古の殿様の謡曲の席に同席するに至った  古の殿様との同席にも堪えうる  古からの別説では大ヤマズミノミコトともいう  古には今でも同じような信仰があるし  古の連歌俳諧に遊んだ  古を好むと  古の憲宗の廷を訪ひ  古に滯在した  古の風俗採用の議が出たが  古に質となり  古の支配を受けた  古の長安に匹敵する  古への清少納言のいつた  古の形をとる  古に併呑されて  古に比すれば  古の人の弊はどんな事かというと  古の軍船が折からの颱風のために覆没して  古へより父の仇を討ちし  古は島曹博を作れりと  古は地を以て方となせり  古が今日の私共には感じられるだろう  古の御代に回そう  古だろうと思われる  古の武蔵七党が割拠した  古に復せ  古の生産と文化開発の映画で世界に示されている  古の田口は猶今の田口の如くなるに驚かざるを得ず  古に逃れ  古を回顧して  古の奥地においでになりました  古の問題の重要視せられる  古の事ぞ思ほ  古より乱離皆数あり  古と国の東西を云々するの  古への偉人傑士誰か煩悶の子ならざるかである  古より中土と称するほどであるが  古に回すなどは  古への人に我ありと  古へを懐ひて  古の話ではありません  古より未だ曾てなき文化事業が經營せられ  古を見る  古と關とは之を一つにしても  古の武者を偲ばせられまする  古にと陣どり  古の神社の盛りなりし  古は想像も及ばないが  古が支那を取つた  古へ帰られるか  古に行こうよ  古に行こう  古のことはよく知っていますよ  古へ這入って  古で何をしている  古と東京じゃ催促さえできやしません  古を好みし  古の名人とゆるしていた  古に通じたる  古に復したる  古の大軍が兵船を連ねて  古の開闢論者の著述の中にはエネルギーの不滅に関する暗い予感の痕跡といったようなものが見出される  古の春風の北京へ運んで来る  古の空気を感ずるが  古の剣聖にも勝るとも劣らぬ  古より並び  古の貴公子のようにわれとわが身を描いたりしながら  古を推す  古の歌人はあなどり  古の浴みする  古の荀子といふ学者さへ非相論を著はして  古の聖者たちよりも食物のある  古の忠臣義士の君國に殉せる  古の忠臣義士の其の君國に殉し  古かつぎを細紐の胴ゆわいというばかりの  古を考うる  古の心ことごとく明らかなり  古の歌を評すると  古の歌を歌ひしのみならず  古の歌は歌ひて  古と今と異なるべし  古への希臘が私から失はれた  古から大国の元首にして  古は湖底か沮洳地ででもあつたかと思はれる  古への人を照らしたりき  古の楽詩人に見る  古は都濃郡とともに角國の中なりしならん  古の周防郡なりしならんと説く  古が起つた  古の戰爭の話よりも面白くないかも知れぬが  古に滯在して居つて  古を見物した  古のことを見聞した  古を發足して  古に居つた  古の状態を能く  古の方に居つた  古の婦人がこのBoccaを冠りて馬に乘りて居る  古の婦人を見ても  古の騎兵が來たかと思うて  古の婦人は多く黒い物を顏へ塗る  古の政府から食料を渡して呉れる  古の兵が敵兵を斬りまして  古の下に居る  古と戰爭をした  古の軍隊が其處を三十年も攻めたが降す  古の画を模して  古の夷狄ではないという彼の言葉に耳を傾けて  古の人の素直な心に帰って行く  古の遊行詩人が言った  古に復し  古は山にたよって  古に復したいという  古に帰って行った  古をあらわす  古への秋さへ今のここちして  古は官吏尊くして  古の原始的生活の前に描き出さるべきであった  古擦っている  古へより渠が為に身を誤りたる  古の美風に帰す  古より東国には未だ曾て無い大動揺が火の如くに起つて  古の王の理髪人が穴に秘密を洩らしたりしたについて想い起すは  古を疑う  古の通議にあらざるなり  古の書にも見えず  古のジンギスカン料理は羊を丸ごと焼いちまわ  古の賢主の風あり  古の帝都の盆地を走っているにすぎない  古を讀んだ  古の仕立て直しのコートなどを着て  古うい前掛に包んだ  古への管鮑の交りと雖も破綻を生ぜずにはゐなかつたであらう  古の如く男子と協力して  古の武人は武士道によって自らの又部下達の弱点を抑える  古ヘ西の國よりやまとへのぼるには  古という字がつく  古の字のつく  古されてゐる  古のスパルタの体育場を連想したからであります  古のブロメシヤスの如く絶へず経済的必迫の巖上に縛せらるるが  古の希臘の提燈を携へて探し  古からここに屯をしていて  古から此処に屯をして居て  古の人の言葉慕うにたえたり  古と国境がくっついている  古の地名に古の音便によつて當て篏められた  古の和名に漢字を充當した  古の大沙漠を思い出した  古に好奇心を感じた  古を一字も改めずに写した  古を抛りこんだ  古に出発する  古よりこの窟に入りて出ずる  古をしのび  古でのむ  古の松蘿も女蘿もじつはその実物はなんであるのかよくは分らない  古の狂王が一炬に聖殿を燼きて  古の聖人は決してその教えに系統をたてなかった  古の儀式の今日なお行なわれている  古の竹林の七賢の伝説のある  古に対する枇判が欠乏し  古にかえすという  古に近くして  古を偲ぶに足る  古へはアクワアルブーレエと稱せられた  古の礼を示したるも  古の法に女子を産ば三日床の下に臥し  古のかおりのほんのりある  古の文化は支那の同時代に比較すると  古の君子は忠をもって  古を担ぎ出して  古の道を釈てて由の意を行わん  古の名臣比干の  古の士は国に道あれば  古を訪ねれば  古ででも心がけます  古にあったという  古のなやめる  古のラケーレと坐しゐたる  古の淑女騎士の名を告ぐるをきける  古の詩人のかたにむけたり  古の詩人哲人名將烈婦の魂を見  古はリムボを大人と小兒との二部に分ちしかどダンテは當時の教に基づき  古の俗説に此石よく蛇の毒を癒し  古の話によりてかくいへり  古の學説によれり  古は太祖成吉思汗以來四方を征服して  古の國都の喀喇和林から歐洲のローマに到る  古に関する記録をよんで  古の下裳に代用したる  古の律法をたてし  古をもて  古へ平和のしるしとして用ゐし  古の史家の記事によれり  古に對してすら  古を苦しめて居る  古の勢力には降服した  古の可汗の後裔が伯子男爵となっておった  古は文化として見るべき  古の一切経もある  古のお経を担ぎ  古を慕ひ  古より大人君子の成せし  古へにおいては基本的根源的存在の意に用ゐられ  古へより認識の客觀的妥當性を否み  古へより哲學と宗教とが當つてゐる  古へよりしか呼ばれてゐる如く  古の思想家達殊にアウグスティヌスが明かなる  古に復するを得べきや  古へを恋ひ  古の史家の説に從ひ  古より種々の想像説あり  古のフランス諸王の旗なり  古多多須美智能宇斯の王給びし  古の哲学者に類せ  古の東京のおもかげをみせてくれる  古の舞曲に対する正しい理解があったとは思えないが  古の右京一坊大路を南に向かって行く  古の仏師の心持ちがふとわたくしの想像を刺戟し始める  古のドロンノールへ行き  古の徳王にひどく心惹かれた  古のゴビ砂漠に風が立って  古もかくぞ響きて  古の人に比して  古よりして  古を知るものの  古より實行して居るが  古の醫道に在つては太だ重要のことに屬し  古の人は或は身を外にして  古の人をして  古に關する  古にありける  古の調を今の節奏に移し合せて  古への巨人をおぼ  古の武者修行者のやり方にしたがって  

~ 古[名詞]1
間に古の  用ひ古  底から古  こころもしぬに古へ  蘭亭の古の  oroや蒙古の  そはかの古の  元来が蒙古の  内乱と蒙古の  所をよめるなどあるを見るに古の  流派盛になりゆき古の  ほうふつとして古の  祖先たる古の  使ひ古  言ひ古  声あはれに坐ろ古を  彼は古の  王政は古に  五年正月蒙古の  此れ古より  数千百年の古より  わが国には古より  日本国中をして古の  人民をして古の  狂信的な古の  ろに古を  纒はれるばかりぞ古の  人間くらゐ古を  最大強国たる蒙古を  日本語をひき放して古  きょうは古の  其苦心は古の  北狄とよぶ蒙古に  我より古を  凭りて古を  大分外蒙古に  必しも蒙古と  外蒙古と  熊襲なんどの栄えたりし古の  庄は古  於て古の  俺は古の  カント以來云ひ古  苗字は古と  一ぴきの古  際唐朝以前の古に  教規通りの古に  大風が起つて蒙古の  これは蒙古に  所の蒙古の  所の蒙古をも  自分は蒙古の  百歳の古を  橋本が蒙古へ  例労働は古に  謂ふ古の  奴隷になって住みこんだ古の  つて住みこんだ古の  現状を説く古の  移つてゐたが古  當社は古は  云ひ古  これが古の  料理屋の古  ものは蒙古には  十三世紀には蒙古の  九ヶ月間蒙古に  時代には蒙古の  ことだが古への  宋自身も蒙古に  割合を古に  上士は古より  襲来した蒙古の  説文の古は  雨戸の古  王朝の古に  中央アジア外蒙古の  ために蒙古の  満州蒙古の  らふ見れば古の  づ言ひ古  文物声教は古より  政を古に  お前は古の  此国の古の  今から古を  是が古  それは古と  襲来の蒙古の  萬葉時代の古は  其後元代に蒙古が  裏に古の  ばっこしているという蒙古へ  無事に蒙古へ  みんなで蒙古に  満州や蒙古の  弟は蒙古で  王政の古に  大概の古の  黄塵とは蒙古の  馬の脚の蒙古の  お方などは古の  会は古より  のを待ちあぐねている古の  今をもって古を  今までのやり古  印度の古の  其処は古の  其處は古の  白はげた古か  今は古の  調子は古と  曾て古への  夢に眠ってる古の  熊毛郡を古の  原因は蒙古が  命令を奉じて蒙古へ  此時は蒙古の  間蒙古に  滯在して蒙古の  十一月に蒙古を  命令に依て蒙古の  此人の蒙古に  間蒙古の  此人の蒙古の  外國人は蒙古の  其ヨーロッパあたりから蒙古へ  人々は蒙古にと  戰場で蒙古の  支那人は蒙古の  朝鮮と蒙古と  模し得ざりしは古の  模し得ざりし古の  外国は古の  いくらかでも古の  開基なり古へを  享保以前の古に  神の古に  何ぞと問いし古  動きとを蒙古の  事情は古も  存して古の  是れ古の  フリギアや蒙古の  今に則って古を  謀を絶つは古の  靄と古の  字にはこだわらず書けるは古の  時代蒙古の  おれも蒙古の  首に掛け古  増の古の  方が蒙古で  易の如く古の  上に古という  二畳ほどのぞいている古  世間でいひ古  稽古振りを眺めて思はず古の  神代の古から  主たらんとの古の  日本は古への  地名に古の  節廻しに唄い古  中に映る蒙古の  文放古  文放古を  文放古に  内蒙古に  人間の古を  東を連れてみや古で  舞台げい古の  云ふ古の  のは古の  鎮江郊外の古の  親政の古に  ところどころに続いている古  意趣は古に  失礼ながら古を  言葉で云い古  附近にある古への  云々とて古の  何でも古を  手前の蒙古に  死を呼び求むる古のな  足を古の  求なる古のな  著名なる古の  形人に似たるより古の  地の古の  といへる古の  書翰を蒙古の  ヘディンの蒙古に関する  湯具は古の  ものは古の  枝は古へ  血に飽けといへりといふ古の  使用して蒙古を  ところ蒙古の  のが蒙古の  地方を治めた蒙古の  一切経でなくて蒙古の  老いたる者は古を  ギリシアの古へにおいては  ここに古へ  遂行には古へ  これを古に  老人は古へを  三されば古の  寺院の古の  ダンテは古の  時については古より  溝に失したる古の  散々読み古  有向は蒙古の  私は蒙古の  陸蒙古の  のは古からの  古は古  野蠻人さへ古より  

~ 古[名詞]2
遠い古  まったく古  いい古  もし古  その古  どうか古  畢竟古  この古  たいして古  まだ古  なく古  とにかく古  我が古  美しい古  おおかた古  しかるに古  一旦古  其の古  だいぶ古  頗る古  最早古  かの古  もっと古  わが古  かく古  荒く古  且つ古  共に古  勿論古  少しく古  

複合名詞
土耳古  留古  比古  古調  古ごと  陳述古  土耳古製  古沼  古額  古鏡  古画  関八州古戦録  屁古  手古  七古  古版  小田渡口古  古画屏風  一たび古下駄  眠む土耳古  古説  來蒙古軍  一見土耳古  土耳古型  土耳古帽  ノガイ族キルギス族土耳古族  土耳古族  語り古  はり番古  いつか古塔  兵古  致候古画  古帽  多年土耳古  古網人  古網  覧古  兵古帯  古著  大幅古画  市俄古  古金  みずから古  甞テ土耳古  リテ土耳古  秩父古生層  古片  古令新令  古令  土耳古玉  古日録その他  古日録  藤原博古  西洋古国  其蒙古  土耳古王  角土耳古  沈麗高古  多く古版  古がわら  古柱  古網等  誰一人真名古  真名古  時真名古  さっき真名古  一体真名古  しんじつ手古  今朝真名古  約束通り真名古  とたん真名古  古戦録  古め  古店  古生層  古卒  古船  古日録巻六  あはれ古  額田部子古  子古  古帽先生  此疾古  古表八幡  高久隆古  隆古  土耳古帽氏  古型  市俄古あたり  子孫多治比古王  古像  貼付けた古壁  顏師古  集古録  訓古  萬古  信而好レ古  師レ古  レ我始レ古  始レ古  古高  古先民有夏  あな古鏡  古画中直垂紋  酌古論序文  古げ  求古会  古名  古法  古状揃  古駅  源家古法  古生銀河  匈牙利古曲  祖黒沢琴古  琴古  琴古さん  黒沢琴古  古帳  古帳日記  庄屋古帳  名主古帳  小手古  縁古  つて古調  意古調  古伊勢  古産  住古  良辰佳会古難並  古国  古塔  古けた紙  古図  本寺古帳  古状  一歩一歩古畳  あなた土耳古  紐育市俄古  市伽古  古著屋  谷古さん  わが子古日  一古鏡  模範村古巻村  古生層つまり水成岩  阿武隈古生層  古歌  古器  古鏡古銅器  我ガ古器ヨリ勾玉管玉  蘇利古  従レ古  古論  全部古生層  盤古  古論魯論齊論  比古さん  古さん  奇古  猪古目  古痕  古点  伊香古  古卒堵婆  米国市俄古  古街  古年  みや古  浅草みや古  事古  古邸  ニウメキシコ・市伽古  変手古  古生層地  古生層岩山  古生層地帯  版古  無地ちりめん兵古帯  五古  是古  皆古  後古  一四七古  古卒都婆  麻呂古  古者道徳  一三八古  primoclima古  泥古  命神倭伊波禮毘古  古酒  志那都比古  須賀志呂古  藝志比古  王まろ麻呂古  俗人古  清明古調白須賀遠州浜名郡白須賀白須賀  古語古調  清明古調  清明古調白須賀  陸かく古  古判  今更古  そ麻田比古  さ古  古画備考  増訂古画備考  古画論評  山内古図  



前後の言葉をピックアップ
古田島  ふる    振る  古鳴海  古頃  降る  古博多    震る


動詞をランダムでピックアップ
乗取っおいやる遺ろ投げ掛けろ言い返せ揚げよ取りはずせ捏ち上げ問い掛けはやっゆでるにぎやかそひきかえせる愚痴り解き放ち廻せよびこん触れまわりなつくバラつか
形容詞をランダムでピックアップ
おびただしかっ軟かく粘っこておも痛々しい細長照れくさくうら悲しきゆかしく少な湿っぽくそぐわなくむつかしくっ目ばゆい醜く暖かい汚うおしかっ果てしなき