「怒っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 怒っ[動詞]
毎日、憎んだり怒っ  兄さんは、とても怒っ  わがままだと言って、怒っ  叔母さんは、本当に怒っ  本気に怒っ  叔母さん、怒っ  こないだは、ずいぶん怒っ  大に怒っ  真紅になって怒っ  父からは怒っ  のだろうと、怒っ  孝助が怒っ  密通したを怒っ  母ちゃんが怒っ  ように怒っ  虫であるが、怒っ  閑雲が怒っ  李如松は怒っ  処分しようと怒っ  俊夫君の怒っ  まま、怒っ  ききめも現われないので、怒っ  場を離れようとしないので、やっと怒っ  顔に怒っ  澄子は怒っ  辰代はまだ怒っ  落胆したり、時に怒っ  者は呆れて怒っ  充分に怒っ  祭酒はひどく怒っ  のを怒っ  吉川も怒っ  迚も怒っ  菊が怒っ  勘右衛門が怒っ  勘右衛門から立ち去らせ、怒っ  あなた様を、怒っ  弟は、すぐ怒っ  肉の厚い怒っ  から、怒っ  ことを怒っ  男は怒っ  久江はほんとに怒っ  ミチ子が怒っ  急にふりかえって、怒っ  のぞきながら、たいへん怒っ  青江三空曹は怒っ  波頭をふりたてて怒っ  大へん怒っ  一子は尚更怒っ  左膳が怒っ  お父つぁん油しぼられて、プンプン怒っ  血相変えて怒っ  本気で怒っ  嫌味をいったり怒っ  これも怒っ  赤井は常になくぶりぶり怒っ  反射的にそう言ったが、むろん怒っ  人の怒っ  相手が怒っ  一分が立たぬと、少し怒っ  手を置きながら、怒っ  きみが怒っ  慄いあがって怒っ  話だから、大いに怒っ  通り小次郎益々怒っ  ことはない、怒っ  彼女は怒っ  のを聞いて、怒っ  故を聞いて大いに怒っ  長官は怒っ  ナースチャは怒っ  女は怒っ  手をかけたなり怒っ  幾代が今更怒っ  彼は怒っ  人はあゝ怒っ  お婆さんは、騙されたと思うと怒っ  おばあさんは、だまされたと思って、怒っ  ちょっとあきれたが、怒っ  僕達は怒っ  妾がふっと怒っ  とんぼは、怒っ  それで怒っ  こっちへ向けて、怒っ  宏子は、堂々と怒っ  涙をこぼして怒っ  団長は怒っ  カイロ団長は怒っ  茂さんが怒っ  姿を見ると、怒っ  世辞をいって怒っ  微笑されるよりは寧ろ、怒っ  口を利かず、ぷりぷり怒っ  ために、嘗て怒っ  のかしらと怒っ  ブン蛙はぶりぶり怒っ  何か怒っ  御馳走になっている、怒っ  人間なれば、怒っ  さっきからよっぽど怒っ  青年が怒っ  冬亭は怒っ  久作は怒っ  お母さんはいよいよ怒っ  自分が怒っ  女神はまだ怒っ  親は怒っ  本能が怒っ  わたしは怒っ  彼の怒っ  叔父はとうとう怒っ  眼をあげて、怒っ  一角が怒っ  大学生の怒っ  条約違反を怒っ  私を怒っ  ッと、怒っ  母が大層怒っ  今日は怒っ  みどりは、こわい、怒っ  歯をむいて怒っ  やうに怒っ  先生は怒っ  蜂谷は怒っ  革むちをもって怒っ  じいさんはぷりぷり怒っ  ミーロは怒っ  デストゥパーゴはいよいよ怒っ  これを聞いていよいよ怒っ  狸は怒っ  従者が、怒っ  雨だと怒っ  姉を怒っ  お婆さんの怒っ  家で怒っ  菊が逃げたと思ったので、酷く怒っ  母は怒っ  私は怒っ  楢夫は怒っ  ほんとうは怒っ  肩がひどく怒っ  安次は怒っ  秋に怒っ  斑紋を浮かばせた怒っ  斯う怒っ  市木さんがほんとに怒っ  私にまで怒っ  母まで怒っ  母はまだ怒っ  一そう、怒っ  小野君は、怒っ  私は涙ぐみながら、怒っ  小野君の怒っ  珊瑚に怒っ  母はひどく怒っ  頬をふくらまして怒っ  お前が怒っ  任は怒っ  三郎は怒っ  うにまるで怒っ  おれは怒っ  族王さまはたいそう怒っ  野獣の怒っ  弟は、いつも怒っ  捕吏は怒っ  関羽は怒っ  朱雋は、怒っ  くれないものかね、と怒っ  眼が怒っ  眼のするどい画かきが、ぷんぷん怒っ  清作が怒っ  ばたばたもがいたり、怒っ  一人も泣いてはゐませんでしたが怒っ  はいませんでしたが怒っ  老父の怒っ  二人とも怒っ  そうかなあ、怒っ  張は怒っ  非常に怒っ  小人をあいてにとって怒っ  面罵して怒っ  呂布は、なお怒っ  地へ転げながら、いよいよ怒っ  なにを怒っ  照れかくしに怒っ  カオルは怒っ  挨拶もしないで帰ってしまったけど、怒っ  天城は、怒っ  なに事もいはず、常に怒っ  違約を怒っ  兄雅楽助大いに怒っ  いまでも怒っ  弘さんが怒っ  肩の怒っ  そこへ怒っ  絵と等しく怒っ  フレウはひどく怒っ  彼女はちっとも怒っ  呂布は怒っ  張飛は怒っ  勃然と怒っ  程普は怒っ  王朗は、怒っ  絵を描いた、仕上がった、あるいはてこずった、怒っ  林則徐が怒っ  今度は怒っ  無電小僧が怒っ  字を寄せて、怒っ  袁術は怒っ  烈火のごとく怒っ  まじめに怒っ  曹操も、遂に怒っ  自分へ怒っ  ものかと大いに怒っ  何んとなく怒っ  むきになって怒っ  外套をぬぎながら怒っ  番頭が怒っ  奥様が怒っ  読みになって怒っ  彼は焦ら焦らして怒っ  ッ蒼に怒っ  これをひどく怒っ  眼をむいて、すばらしく怒っ  一度にさし向けようとすら怒っ  孫策は怒っ  袁紹も怒っ  朱に怒っ  袁紹は怒っ  曹操が怒っ  袁譚は、怒っ  宅ではそう言って怒っ  唐辛は怒っ  何をそんなに怒っ  おしに怒っ  新吉はぷりぷりして怒っ  長湯をしたと言って怒っ  盗賊もまた怒っ  数行見ると、ひどく怒っ  書類をしらべて怒っ  鬼は怒っ  何に怒っ  丸木が、怒っ  かい薬剤師はすこし怒っ  本気になって、怒っ  新田さん、怒っ  怪人丸木は怒っ  いつまでおれを待たせると言って怒っ  博士はたいへん怒っ  蔡瑁は怒っ  彼がひとたび怒っ  曹操は怒っ  ことを、そう惜しんだり怒っ  ので怒っ  自分で怒っ  一人で怒っ  私に怒っ  小役人は怒っ  ようになって怒っ  又三郎は少し怒っ  若い人が怒っ  それをそのぷんぷん怒っ  ように思ったくらい怒っ  耕一はぷりぷり怒っ  ことを言おうと思いましたがあんまり怒っ  ために怒っ  昨日からまだ怒っ  又三郎がすっかり怒っ  耕一はまだ怒っ  耕一が大して怒っ  前田氏は怒っ  人が怒っ  周瑜は、怒っ  なにかに怒っ  御身はなぜ怒っ  金旋は怒っ  理由でもって怒っ  どこか怒っ  大隊長は怒っ  冷淡に怒っ  彼が怒っ  劉璋は怒っ  足ずりして怒っ  官は怒っ  潮が怒っ  自分を怒っ  不人情を怒っ  真剣に怒っ  忘れないで、いいかげんに怒っ  目からほとばしらせて、打ちもすえかねぬまでに狂い怒っ  葉子はなお怒っ  曹丕が甚だしく怒っ  傍に行くと、すぐに怒っ  難儀を救うまではよいが、怒っ  長者は大いに怒っ  村民が怒っ  阿蘇山が怒っ  美彦は大いに怒っ  役目をはたさなかったので、怒っ  稲荷社に対して、怒っ  地蔵が怒っ  記代子は怒っ  婆さん芸者は怒っ  二を怒っ  ことで、怒っ  そこを怒っ  長平は内々怒っ  童女が、怒っ  ヒルネができなくって、怒っ  一様に怒っ  人は怒っ  死ぬ前などは、怒っ  真赤にして怒っ  私が飛びついてもくれなかったといって怒っ  かんかんに怒っ  それから以後ついぞ怒っ  助は無論怒っ  事自身よりは、怒っ  逃げ仕度をすると云って怒っ  父さんは未だ怒っ  父さんは怒っ  アナタ、そう怒っ  主税は怒っ  主税は心から怒っ  馬遵は怒っ  一般概論の、しかもただぷんぷん怒っ  旦那はすっかり怒っ  若者が怒っ  言葉をも含めて怒っ  石田が怒っ  ものは、怒っ  逆上して怒っ  お前さん、そう怒っ  あなたをも怒っ  質素で、心から泣いたり怒っ  自分は怒っ  仏像も怒っ  彼女はなお暫く、怒っ  私情で怒っ  所謂民衆たちは、ほとんど怒っ  世を怒っ  のはひどいと言って怒っ  当分、怒っ  急に怒っ  誰か怒っ  漁夫をなぐりつけると云って、怒っ  弁士は怒っ  一度も怒っ  今まで嘗てこんなに怒っ  煙突は、怒っ  皺と、高く怒っ  とき、少し怒っ  息子も甘酸っぱく怒っ  日常嬉んだり、怒っ  男の瘠せて怒っ  艇長は怒っ  大変に怒っ  酔っ払いは怒っ  丁坊は怒っ  ときには、怒っ  博士は、怒っ  しかし、怒っ  からないが怒っ  ウルサイ奴だ、と云って怒っ  私は大いに怒っ  奴メは怒っ  ところは、怒っ  かわりものなんだけれども、怒っ  愛吉とで請合いましたと謂うと、蒼くなって怒っ  一度と聴きちがえて、怒っ  大侮辱デアル、と大そう怒っ  一人でぷりぷり怒っ  顔をして、荒々しく怒っ  有せずなんて、怒っ  妻は走り出て来て、ぷんぷん怒っ  旦那、怒っ  竹内さんは怒っ  ものと思って、怒っ  ハイド氏はかっと怒っ  私は烈しく怒っ  前からちょッと怒っ  売値がわるかったので怒っ  どころがないほど大きく、怒っ  眼尻が釣りあがって、どうしても怒っ  腹をたてたり怒っ  ブラブラさせながら、怒っ  ママがこんなにひどく怒っ  フレッドさんが怒っ  自分自身に怒っ  うえにおいて、ぷんぷん怒っ  間違いに怒っ  のさ、って怒っ  房は怒っ  母が怒っ  一人が怒っ  アキリスが怒っ  事を思い切って云うかも知れませんが、しかし怒っ  先方を怒っ  師団長も終に怒っ  事を聞かせたら怒っ  ブン大将が怒っ  こんどはほんとに怒っ  ケレンコは怒っ  振る舞いを怒っ  牙を噛むばかりに怒っ  ちょっと吹き出しそうにしたが、直ぐまたむっとして怒っ  のを予て怒っ  大寺に対しても勿論怒っ  ようであるが、怒っ  与八は怒っ  はじめ僕は、怒っ  のを、すぐあんなに怒っ  僕ちっとも怒っ  箸を投げ捨て、怒っ  姉は勿論、怒っ  千穂子が怒っ  武士は怒っ  かつは怒っ  ように進めないと、よく怒っ  声で怒っ  男が怒っ  彼はいきなり怒っ  べつに怒っ  旦那様が焦れて怒っ  かんかんになって怒っ  博士は怒っ  時あって怒っ  だれが怒っ  腹の中では怒っ  いらいらして、怒っ  顔は泣いているともつかず怒っ  カンカンに怒っ  一時に怒っ  先生も、ついに怒っ  明らかに怒っ  こっちへやって来るな、怒っ  ムカッと怒っ  ムクが怒っ  おばあさんは、怒っ  人に対して怒っ  米友さん、怒っ  題字をみて更にぶるぶる怒っ  判事は少し怒っ  先生まだ怒っ  北さんは実に怒っ  但馬守が怒っ  盛政大いに怒っ  伊太夫が怒っ  友さん、怒っ  それが、実は本当に怒っ  米友も、怒っ  米友は、一旦は怒っ  烈火の如く怒っ  せいだとプンプン怒っ  検事も、本当に怒っ  蠅男は、まるで怒っ  灯に照らされた、怒っ  表面では怒っ  ときには怒っ  ことがあってプンプン怒っ  このごろはプンプン怒っ  から嚇と怒っ  粗忽を怒っ  ペンダア君は怒っ  署長もすっかり怒っ  神尾主膳が怒っ  兄さん、怒っ  海は怒っ  彼女もほんとに怒っ  御飯ぐらい炊けなくって、と怒っ  汗だくで怒っ  次郎さんが、怒っ  一ぺんも怒っ  彼女は苛立って、しきりに泣いたり怒っ  区別して怒っ  勝手に怒っ  若い者が怒っ  師匠はぷんぷん怒っ  人ですから、怒っ  一本気で、ぷんぷん怒っ  日本語で怒っ  トクさんは、とうとう怒っ  梓さんは、怒っ  いつになく、怒っ  原田氏が、怒っ  のじゃありません、怒っ  赧くして、すこし、怒っ  ピロちゃんが、怒っ  美しい男は怒れば怒っ  病人は怒っ  上に起こして怒っ  真面目になり、怒っ  とんがらして怒っ  二絃琴はさげてしまうと怒っ  胸を押しつけてばかりいるからだと怒っ  父が怒っ  部屋へはいって来て、大いに怒っ  露骨にぷりぷり怒っ  兵馬の怒るより激しく怒っ  彼はまた怒っ  ハタと怒っ  親方は怒っ  編輯者の怒っ  犬神は怒っ  赫と怒っ  喜平はそう言って怒鳴りながら、怒っ  石倉は怒っ  のを、怒っ  何かに怒っ  何を怒っ  何にも怒っ  自分にも分らないから、怒っ  蟹は怒っ  物に当ると怒っ  のです、怒れば怒っ  おもしろく無くても、怒っ  中には怒っ  勝手に笑ったり怒っ  タイコ焼屋が怒っ  大辻さんがたいへん怒っ  のか、怒っ  検事が怒っ  ような怒っ  あいつは怒っ  松浦の怒っ  弁慶が怒っ  ことを一々怒っ  主人は怒っ  体を震わして怒っ  時も、怒っ  果てに、怒っ  声のつぶれるほど、怒っ  彼は本当に怒っ  アハハハ、怒っ  何でも程があると怒っ  親達の怒っ  アノ祖父ちゃんはね、恐ろしく怒っ  市四郎が怒っ  肩をつかみ、怒っ  石ころと云われると、ひどく怒っ  山根さんはひどく怒っ  大黒サマ、怒っ  のをこらえて怒っ  前へ投げだして怒っ  声は怒っ  親分、怒っ  銀様が烈しく怒っ  おら、怒っ  木川は怒っ  烏が怒っ  烏は怒っ  つけうるさいので、とうとう怒っ  ユダは本当に怒っ  人きっと怒っ  君がそうして怒っ  時親は、ほんとに怒っ  それはけっこうですけれど、負けて怒っ  村にいて、怒っ  はしぎどもがつめたい風を怒っ  から一層怒っ  人はいくら怒っ  親父が怒って怒っ  ばかに怒っ  ちょっと本気に怒っ  肩に飛び乗って、せなをまるくして怒っ  方を怒っ  くちばしは怒っ  くちばしはほんとに怒っ  亀は怒っ  防禦は怒っ  保子が本当に怒っ  此度は本当に怒っ  義貞は怒っ  挑戦を怒っ  腰をかけると、怒っ  富蔵は怒っ  住職はおどろいて怒っ  ふたりは怒っ  冷遇に怒っ  倉田屋ではひどく怒っ  親たちも無論に怒っ  むやみに怒っ  眉を釣りあげて怒っ  時勃然として怒っ  窓から見て、怒っ  三人組は、怒っ  晩、怒っ  本気になって怒っ  狐が怒っ  如くに怒っ  蒼になって怒っ  僕が言うたら怒っ  ガスタンクが怒っ  目を吊り上げて怒っ  彼ら武家が怒っ  かなり激しく怒っ  伊勢の国を怒っ  米友が泣いていいか、怒っ  退治してやろうと怒っ  山が怒っ  ことを見て、怒っ  師泰はかえって怒っ  同化して苦しんだり、怒っ  坊さんが怒っ  私の怒っ  忠之怒っ  輝綱は怒っ  眦の怒っ  意味ありげに泣いてみせて、そうして怒っ  徹底的に怒っ  湯気を出して怒っ  のは、怒っ  人だから、怒っ  ウンと怒っ  叫び、また怒っ  上にあったので怒っ  のだとすれば、怒っ  強制休職を怒っ  告訴すると云って怒っ  不賛成を唱えて怒っ  驚き且つ怒っ  これを聞いて怒っ  カヨはもう、怒っ  母さんは怒っ  傍に怒っ  府尹は怒っ  顫わして怒っ  それは怒っ  ようで、怒っ  生活には、喜んだり怒っ  クリストフは怒っ  併し怒っ  何か呟き、時に、怒っ  左へ行けと怒っ  じだんだふんだり、怒っ  音がし、怒っ  舌を出し、怒っ  姿が控えていて、怒っ  真赤に怒っ  ことに怒っ  ムキに怒っ  与次郎はカッと怒っ  眉毛にやや怒っ  秀吉はほんとに怒っ  彼らは怒っ  貴方、怒っ  そばを離れ、怒っ  振舞を怒っ  冗談に怒っ  イラネエジャナイカ、と怒っ  わけかたいへん怒っ  替え玉になり、怒っ  私が怒っ  鴎外先生はひどく怒っ  自分もよろこんだり、悲しんだり、怒っ  いつか父親が怒っ  先生が怒っ  先生の怒っ  一服クン、青くなって、怒っ  看護婦は怒っ  けしはやっぱり怒っ  肉は、怒っ  姉は怒っ  ままで怒っ  イイダコは怒っ  人々も怒っ  惘然として、笑っていいか怒っ  グリューネバウムたちはたいへん怒っ  記者へ怒っ  初めそれを怒っ  ザロメも同じ怒っ  こんどは、ひどく怒っ  激昂して、その怒っ  僕に怒っ  様子をしたり、怒っ  男はあたかも怒っ  間違いを怒っ  これを怒っ  こんどは怒っ  君、そんなに怒っ  気にして、怒っ  のろいのを怒っ  没落を怒っ  人々は怒っ  あなたが怒っ  美佐子は怒っ  百姓は怒っ  今まで怒っ  威嚇し、怒っ  ことを言っても怒っ  ジャックリーヌは怒っ  役者はひどく怒っ  先刻どんなにか怒っ  男を見たるばかり、怒っ  五分早く怒っ  五分おそく怒っ  美濃狐が怒っ  猛烈に怒っ  飲食し、笑ったり怒っ  仕打ちを恥じても怒っ  アンナは怒っ  腕や、怒っ  手紙で、ひどく怒っ  のだときめこんで、怒っ  遠くで、突然、怒っ  ようにかっと怒っ  医者だってお前にゃひどく怒っ  脱走を怒っ  方で怒っ  健は怒っ  ッて、怒っ  肩が怒っ  家に入れない、と怒っ  余が負わねばならぬか、と云って怒っ  叱責をひどく怒っ  彼はかっと怒っ  奴も怒っ  京子は怒っ  ドクターは、怒っ  何をそんなに赤くなって怒っ  手紙見て、ちょいと怒っ  祖母までが怒っ  のか、笑って見たり、怒っ  十の怒っ  馬場は怒っ  お前はまだ怒っ  僕は怒っ  婆やは怒っ  そうに怒っ  所へ、怒っ  オカミサンは怒っ  ソノ子は怒っ  おばあさんは、ぷんぷんと怒っ  おばあさんが怒っ  首を振り立てて怒っ  彼らの怒っ  柳は怒っ  兄さんは、すっかり怒っ  タネリは、怒っ  お母さんが少し怒っ  ホントに怒っ  彼がいつも怒っ  祖父は、怒っ  朝飯はまだ食わせてくれるかと聞いたら、すこし怒っ  手紙も差し上げず、怒っ  気短く、泣いたり怒っ  先生たいへん怒っ  わたくしに対してまでも怒っ  ことで怒っ  道を問うに答えず、怒っ  人種が尽きると怒っ  牛なり、怒っ  番卒右にあり、怒っ  三月、また怒っ  婦女ども怒っ  そうだったわよ、あの怒っ  冥王これを怒っ  爺大いに怒っ  通り不浄が落ちたので、怒っ  事を述べると、また怒っ  お婆さんは一層怒っ  手が無くなって、プンプン怒っ  烏はもう怒っ  蠍も怒っ  チュンセ童子が少し怒っ  ひとでが怒っ  鯨が怒っ  真っ赤になって怒っ  いつになく怨んで怒っ  忠通は焦れて怒っ  幾千匹のくちなわが怒っ  六十四斤もあって、怒っ  男爵大いに怒っ  支度と心得、怒っ  さん、怒っ  教育を怒っ  ことを、そんなふうに怒っ  せい様は、怒っ  龍造寺主計は、べつに怒っ  杖をふって、怒っ  気になって、怒っ  龍造寺殿は、あまりに行く行くというて行かぬので怒っ  女が怒っ  親父に見つかりましてね、ひどく怒っ  初めは怒っ  多喜子が、怒っ  右肩が怒っ  それを怒っ  慶次郎は少し怒っ  康頼は怒っ  俗物と罵って怒っ  人間よ、笑いたくば笑うも宜い怒りたくば、怒っ  人間よ、怒っ  それに怒っ  耕平はすっかり怒っ  俗語に云う怒っ  単純で、怒っ  唯無意味に怒っ  盗心を疑って、怒っ  法師は怒っ  理窟があるだろうというので怒っ  時には、怒っ  それぞれ表情があって、怒っ  奸計を怒っ  居どころ一つで笑ったり怒っ  彼女が怒っ  あなた、怒っ  金は怒っ  もので、怒っ  最後へ来て、怒っ  忠兵衛が、やたらにプンプン怒っ  誰かが怒っ  娘は怒っ  ドアをしめて怒っ  坪井は怒っ  独りで怒っ  元帥閣下は、なにか、怒っ  王は怒っ  それを見て、ひどく怒っ  からひどく怒っ  夫人は怒っ  王侍御は怒っ  翠も怒っ  ア、怒っ  とき、怒っ  主人を怒っ  お前さんに怒っ  みさ子の怒っ  さを怒っ  冬子は、黙って怒っ  浮気ものだと怒っ  テーブルに叩きつけて怒っ  気持を悪くしたり怒っ  父は怒っ  女たちが逃げ出し、怒っ  眉をひそめて怒っ  片岡中将が怒っ  それはひどく怒っ  事じゃ怒っ  しまッて置けば、帰って来てどう怒っ  まっ黒に怒っ  若旦那はまだ怒っ  そら豆形の怒っ  キチガイめ、と怒っ  三分の一が怒っ  挨拶しなかったと怒っ  人物なら怒っ  頭目は、怒っ  訳も云わないでぷんぷん怒っ  何かを怒っ  五郎蔵は怒っ  久太は怒っ  尻を蹴られたり、怒っ  右肩だけが怒っ  手拭をぶらさげて怒っ  のでしょう、泣いたり、怒っ  顔は怒っ  感心し、時には笑い、時には怒っ  読者は怒っ  遅延を怒っ  王はいよいよ怒っ  彼は大いに怒っ  話をきいて大いに怒っ  陳も怒っ  彼はいよいよ怒っ  韓は怒っ  蒋も怒っ  卒は怒っ  父はいよいよ怒っ  橘少佐は怒っ  真赤になって怒っ  砲は怒っ  昭和遊撃隊は怒っ  信号旗は、まるで怒っ  赤になって怒っ  声が、怒っ  耿は怒っ  外では焦れて怒っ  張先生は怒っ  事があると、すぐに怒っ  通事は大いに怒っ  それを聞いて大いに怒っ  李公は大いに怒っ  真実に怒っ  者はひどく怒っ  水は怒っ  花は怒っ  日ひどく怒っ  助六は怒っ  茂七が怒っ  多数も怒っ  一言で片づけて、そうして怒っ  ウィリアムは怒っ  位置を怒っ  二寸位は離れているが、驚いたり、怒っ  正直に怒っ  それを悲しみ、泣き、悔い、又怒っ  大プリプリに怒っ  てっぺんまで本当に怒っ  外国婦人は、怒っ  それを知らぬというので怒っ  大池が怒っ  号はぷりぷり怒っ  人造人間は怒っ  ゅうで怒っ  谷博士がぷんぷん怒っ  サルは怒っ  一人でうれしがったり怒っ  クーリー団は、怒っ  何か言われて、プンプン怒っ  不機嫌で、怒っ  なんだ、怒っ  あいだ頭を上げないで怒っ  前は何故あんなによく怒っ  影を映して怒っ  封生が怒っ  男が一度怒っ  市川さんはすっかり怒っ  慄えて怒っ  中じゃああるまいしと、大いに怒っ  向うを向いて怒っ  小六さんが怒っ  父があんなに怒っ  獅子は怒っ  些っとも怒っ  神様が怒っ  仁木は怒っ  物は怒っ  忠告すると、ぷりぷり怒っ  方がいらっしゃればよいと、いくら泣いても怒っ  芳子さんたらすっかり怒っ  己れを怒っ  男がどんなに怒っ  先に怒っ  ポロポロ泣きだして怒っ  たまたま先生が通りかかって、怒っ  おかみは怒っ  無礼と思い、怒っ  ことなんかで怒っ  ときにも、まだ怒っ  フリーダはほとんど怒っ  日の怒っ  みなひどく怒っ  アマーリアは少し怒っ  仕事から離してしまったというので、怒っ  ソルティーニがきっと怒っ  ことで少しも怒っ  亭主がひどく怒っ  相手に笑ったり怒っ  口をきかず、怒っ  ママに怒っ  アッハハ、なんかまた怒っ  何かこぼれますよ、と怒っ  詩をけなしていると聞いて、大層怒っ  あぐらかいて坐り、怒っ  平七が怒っ  信長が怒っ  おじいさんは、かつて怒っ  大袈裟に怒っ  総子は、大きな怒っ  時は怒っ  ガタッとあいて、怒っ  孝ちゃん、怒っ  師匠が怒っ  二斎はひどく怒っ  それくらい怒っ  ように、怒っ  王様は大そう怒っ  イワンはすっかり怒っ  浜は、ぷんぷん怒っ  勘作の怒っ  お祖父さんが怒っ  あたしが怒っ  顔は、ぷんぷん怒っ  城太郎は、怒っ  落首を書いて貼らせたと、ひどく怒っ  蔭では怒っ  君が怒っ  宗吉は怒っ  うねりを見せてなんとなく怒っ  波浪は、なんとなしに、怒っ  残り飯でさえ、あんなに怒っ  母親がよろよろと入って来て、怒っ  それを聞いて、怒っ  姪があまり怒っ  お祖母さんは怒っ  それはいかにも怒っ  ことばかり考えて、怒っ  のが、怒っ  次郎は怒っ  先輩は怒っ  如何に怒っ  看護婦マリーの怒っ  リット少将の、怒っ  床を踏みならして怒っ  潜水艦隊は怒っ  恰で怒っ  飯時にさえなると泣いたり怒っ  かえるぐらい怒っ  面と向って、はげしく罵るぐらいに怒っ  所業を怒っ  浦は忽ちに怒っ  様に怒るだろうか、怒っ  牢人が、怒っ  南蛮屋が、怒っ  言葉で言って、怒っ  婆さんが怒っ  玄宗皇帝は怒っ  廷章は怒っ  機嫌に怒っ  彼は、心から怒っ  簾をおろして、怒っ  ブルブルにふるえているほど怒っ  眼は怒っ  新賀は怒っ  本気にそう思って怒っ  真剣になって怒っ  少佐自身では、怒っ  時よりも怒っ  お前は怒っ  一人、怒っ  必要もなければ怒っ  人があっても、ぷんと怒っ  兄様、怒っ  祖父があんなに怒っ  小児たちに囃されて、泣いたり怒っ  ゼフリズは赤くなって、怒っ  あたりから、怒っ  巡査はまっかになって怒っ  灰皿にねじ込んで怒っ  ここへとびこむと、たいへん怒っ  踏潰して怒っ  これは、って怒っ  倉知夫人が怒っ  兄が怒っ  一足後れたが、おくれただけ、なお怒っ  声を出し、怒っ  仏頂ヅラで怒っ  イヤになって、怒っ  代官松の怒っ  ハッハッハッ、怒っ  嘆願をするか、または怒っ  兀然と立って、まるで怒っ  腹も立たないのに怒っ  のか怒っ  頬を抑えながら怒っ  お前さっきどうしてあんなに怒っ  お宮はまた怒っ  もんか、と云って怒っ  カドにより怒っ  眉をけわしくしかめて怒っ  支那人は怒っ  事だし、又喜んだり怒っ  松篁はぷりぷり怒っ  槙が怒っ  清松は怒っ  甚八の怒っ  のを見ると、怒っ  備前兵は怒っ  一ツを捉えて怒っ  駒守は怒っ  倉三はムッと怒っ  兄さんは怒っ  おおっぴらに怒っ  一人で考えたり怒っ  時は、怒っ  栃尾さんが怒っ  オタツは益々怒っ  オタツは怒っ  オタツはプンプン怒っ  小吉も怒っ  彼は決めたほど怒っ  離別を云い出すと、激しく怒っ  眼もかっと見開かれると、怒っ  なかには怒っ  決定て怒っ  小花は怒っ  団十郎がまず怒っ  方を、まるで怒っ  二人ともにっこりともしないで、怒っ  プイと怒っ  老婆が喜んだか怒っ  由兵衛は怒っ  大三は怒っ  三はいよいよ怒っ  顫い怒っ  今度は、すっかり怒っ  鳥箱先生は怒っ  ヒメは怒っ  警部補は怒っ  二人はいつの間にか腹立て怒っ  佐々木は心から怒っ  銀之丞は、とうとう怒っ  愛がないからだと云って怒っ  オカミサンが泣いたり怒っ  ようにお互に怒っ  ようにそう言ったが、べつに怒っ  他人に怒っ  不通線に怒っ  気に喰わぬ、水臭いと云って怒っ  信吉が怒っ  許嫁なんか怒っ  清木先生は怒っ  内藤大いに怒っ  口に出したと、怒っ  与吉が怒っ  王はたちまち怒っ  上役に怒っ  不身持を怒っ  手を振り、怒っ  屁理窟を並べて怒っ  蛸は怒っ  話は黙って聞け、と怒っ  事、高いと言えば、むっと怒っ  急速に、怒っ  けんかしたり怒っ  ジョウがまだ怒っ  ジョウは、怒っ  ことをいわれたので、ぷりぷり怒っ  ネッドは怒っ  なかはおもしろくないやと、ぷんぷん怒っ  聖書を読んだらおちついて、怒っ  いつになく怒っ  マーチおばさんはたいそう怒っ  ことを大そう怒っ  のを大そう怒っ  報らせを聴いて言ったが、しかしもう怒っ  一度は怒っ  交通巡査が怒っ  からおやじは怒っ  暴君だといってよく怒っ  主張するし、怒っ  君は怒っ  島村さん、すっかり怒っ  彼女の怒っ  ひとに怒っ  お菊さんが怒っ  イワノフ博士は、ぶつぶついいながら怒っ  エリザベスは怒っ  女王もまた、怒っ  女王は怒っ  一緒で、ひどく怒っ  エリザベスはとほうもなく怒っ  マウントジョイを持ちだされてさえ激しく怒っ  ように飛びまわり、怒っ  ハンスは怒っ  そばへよって、じーっと怒っ  評語が気に入らないと云って怒っ  ことがあると、怒っ  弟子も怒っ  レヤチーズが生かして置けぬと怒っ  ホレーショー、怒っ  顔をして怒っ  おとな一般に就いて怒っ  お前に怒っ  私が打つほど怒っ  それぞれスケヤクロウを怒っ  しかし怒っ  半分どころまで昇っていて、怒っ  鶏の怒っ  自分を、折角怒っ  清は怒っ  歌寿は泣き且つ怒っ  油をしぼられてプンプン怒っ  待ちぼけを食ったと怒っ  何でもいいじゃありませんか、怒っ  お久さんに怒っ  ッと怒っ  ひとは怒っ  のもおれば、怒っ  野村さんはとても怒っ  もので、どんなに怒っ  最期と知って、怒っ  大阪方が怒っ  ゎっと怒っ  やうにおとなしく、その怒っ  客は怒っ  主人も怒っ  客が怒っ  へん、本当に怒っ  真っ赤にして怒っ  人と話していても怒っ  私も怒っ  真青に怒っ  五郎さんはすっかり怒っ  口許とを歪めて、怒っ  為に怒っ  旦那さん、そんなに怒っ  速水は怒っ  別に愕きも怒っ  小田刑事は、怒っ  源太は怒っ  源太が怒っ  奴と、怒って怒っ  言葉あらそい果てしなければさすがにのっそり少し怒っ  茂手木はとうとう怒っ  八十松が怒っ  糸子は怒っ  見幕で怒っ  家主が怒っ  憤然と怒っ  喜兵衛が怒っ  二斎が怒っ  半が怒っ  なによ、怒っ  仲間に、怒っ  ところまで、怒っ  奴等、怒っ  尾をひき、怒っ  十娘はすなおであったが、ただよく怒っ  崑は怒っ  それを聞くとひどく怒っ  それを聞いたので怒っ  事情を知ったので、怒っ  顔色を変えて怒っ  蝮は怒っ  拍子に怒っ  声を出して怒っ  兄は怒っ  誅求を怒っ  中から、怒っ  子どもは、とても怒っ  頃には直ぐ怒っ  弟子に対して怒っ  何よりも怒っ  奨励し、そして怒っ  紅いきれを見せられてすっかり怒っ  停電を、怒っ  眉をつりあげて怒っ  与右衛門は、かつて、いくら怒っ  おふくろは一寸怒っ  こちらも怒っ  独りで泣いたり怒っ  ヘルンは怒っ  これほど怒っ  お爺さんは怒っ  翁は怒っ  感心していましたが、怒っ  松山さんが、にこりともせず、怒っ  男と怒っ  親方はたいへんに怒っ  主治医に聞かれたいと、すこし怒っ  怪人ガスコは、ぷんぷん怒っ  耳をねじられたので、すっかり怒っ  



前後の言葉をピックアップ
怠る  おこたる  怠れ  怠ろ  興っ  起こっ  起っ  熾っ  オコツイ  オコツテ


動詞をランダムでピックアップ
ききおき老ぼれ押し進めるさげすも根ざし連れ去ろ吊り上がっ言い尽くしはね返っだまくらかさ突きあわせ遇する廻れよ外そぶらさげるしたしむ感じ入っ抜け出せ起きあがる宣し
形容詞をランダムでピックアップ
面倒くさかっきみがわるいむし暑いまずしきこい遅けれ雄々しけれ寝ぐるしくせわしひくくっ安かれ薄ぐらい厳し脆くよわ人間らしくはしこく情け深く古くさ