「酔わ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 酔わ[動詞]
僕を酔わ  見物人を酔わ  群衆を酔わ  情趣に酔わ  酒に酔わ  人を酔わ  心を酔わ  青道心が、酔わ  香に酔わ  聴衆を酔わ  のを見て、酔わ  型には酔わ  香気に、酔わ  綱をも酔わ  登志を酔わ  文句に酔わ  船に酔わ  俺を酔わ  油断はしていないので、酔わ  いかさま師をうんと云うほど、酔わ  大衆を酔わ  兵卒を酔わ  我を酔わ  紅茶に酔わ  風に少からず酔わ  酒にも余り酔わ  落着き工合が悪くて、酔わ  玄徳を酔わ  のだから、酔わ  Oは酔えば酔うほど酔わ  造作なく酔わ  無条件に酔わ  男を酔わ  混合酒に酔わ  明晰さに酔わ  カルモチンでは酔わ  うちに酔わ  酌して酔わ  壮麗に酔わ  芸術愛好者を酔わ  象を酔わ  別に汽車にも酔わ  一ショに居てても、めったに酔わ  丹治を酔わ  ものに酔わ  私は酔わ  探偵眼に酔わ  舟に酔わ  ものは酔わ  ちょっとも酔わ  香りにばかり煽られていると酔ったとも酔わ  蝶も、酔わ  私の酔わ  見物をも酔わ  助は酔わ  奥様、酔わ  オルヒラさんをも酔わ  良心を酔わ  演技で酔わ  私を酔わ  のには酔わ  縦ままに酔わ  応接して、酔わ  陶然として酔わ  心持で酔わ  わたしを酔わ  妙に酔わ  相手に深く酔わ  弓術修行者は酔わ  酒を勧め酔わ  女を酔わ  貴方を酔わ  貴方は酔わ  ことが多く、いくら飲んでも酔わ  中毒なんか構わないが、飲んでも酔わ  深甚なのに酔わ  新吉を酔わ  わたしは酔わ  から、あんまり酔わ  誰にそんなに酔わ  井上さん一人を酔わ  蝶はいよいよ酔わ  下戸は酔わ  一緒に食べると酔わ  蛋白質はその酔わ  酒を飲むと酔わ  お酒を飲むと酔わ  酒を酔わ  忠三郎を酔わ  思い一度ここに至ると、酔わ  踊りに酔わ  加減に酔わ  正体もなく酔わ  きょうは酔わ  きょうは全く酔わ  言葉に酔わ  痛狂は酔わ  パッションに、酔わ  心は酔わ  頭が酔わ  知ってるにもかかわらず、酔わ  光に酔わ  風が吹き送ってくる酔わ  わけもなく酔わ  調べに酔わ  ために、酔わ  さに酔わ  ために酔わ  聖書に酔わ  話に酔わ  香りで酔わ  美酒に酔わ  勇気に酔わ  酔いに酔わ  ために惑わされ酔わ  気になって、酔わ  酒は飲むが、あまり酔わ  新緑に酔わ  二人はなおまだ酔わ  悲哀に酔わ  泥々に酔わ  阿片に酔わ  アラブ人酒で酔わ  酒は決して酔わ  酒はいくら飲んでも本当には酔わ  酒にも酔わ  感動し酔わ  快調にすっかり酔わ  フローラはじりじりと酔わ  魔術に、愉しく魅せられ酔わ  人を酔わす、その酔わ  巧さには、つい酔わ  みんなを酔わ  快楽として酔わ  肉体で酔わ  権勢に酔わ  空気に酔わ  においがむんむんと酔わ  ような甘く酔わ  難かしいが、酔わ  飲立て講であっても、思う存分に飲んで酔わ  十分に酔わ  機嫌に酔わ  精神を酔わ  さんもかなり酔わ  静けさに酔わ  お前ちっとも酔わ  初めはどうしても酔わ  二人を淡く酔わ  井伏さんも酔わ  私も酔わ  彼は酔わ  お酒ならいくら飲ませたって酔わ  ぐでんぐでんに酔わ  如くに酔わ  私は実は酔わ  ものを賢いすこしも酔わ  悪夢に酔わ  呼声に酔わ  官能を酔わ  私が酔わ  筈だからと、飲んで踊って酔わ  一人を酔わ  駕籠に酔わ  かば、少しも酔わ  鰹に酔わ  彼を酔わ  ように酔わ  自分では酔わ  物語に酔わ  さほど酔わ  あなたは酔わ  風に酔わ  お酒のんで、ちっとも酔わ  人は酔わ  ビイルは、そんなに酔わ  血に酔わ  魔術に酔わ  霧に酔わ  水夫なども酔ってしまったが酔わ  



前後の言葉をピックアップ
佳い  余威  善い    好い加減  好い  好い加減    好い  酔い


動詞をランダムでピックアップ
失いもたそすすろ躍り込ん嫁げ笑み割れ明け渡すなりあがききつけ離す拡がれ折返すもどるほころびよ察しうつそ温めよ挙る過そ慴れ
形容詞をランダムでピックアップ
詮無き際どかっ歯痒ううつくし耀かしい真黒ううすぎたなく物寂しめざましくあぶなっかしかっ遠き清けく心強い肌寒く物憂くなまあたたかいもろく口惜しかっ恐けれはやきゃ