「明」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 明[形容詞]
著明  正しい明  きり明  から明  すばらしい明  うす明  近い明  概して明  つと明  最早明  さん明  爲二明  機明  いくらか明  がたい明  まだ明  樹明  いよいよ明  単純明  なく明  なるべく明  ない明  ぼうっと明  やっぱり明  だんだん明  寒き明  平易明  静明  ぱあっと明  刻明  大抵明  長く明  論明  簡単明  ひどい明  もの明  くわっと明  ぱっと明  の明  がらり明  余りに明  

~ 明[形容詞]
友にも明  光の明  政府が明  秘密も明  夜は明  実を明  夫人には明  取捨の明  日傭人たちの明  古事ヲ明  父は明  止水の明  自分一人手の明  事実を明  内容は明  総ての明  身分を明  何間かの明  三・半の明  夜の明  意志を明  四郎の明  電燈の明  下の明  逆に明  身を明  憲法の明  頭脳の明  心底を明  雲は明  本名は明  年も明  僕は明  夜を明  何れ位ひなものかを明  栂尾の明  月夜の明  字の明  十七歳の明  彼の明  十七まで明  女房にも明  方向さえ明  名を明  本心を明  将軍家は明  理由を明  生活の明  水そのものの明  ランプの明  誰にも明  一夜を明  ころ祈祷の明  私は明  声音迄が明  上に明  所を明  

[形容詞]
明れば嬢  明さ  明澄  明な大著  明暮れ  明くれば五十日  明くる年  明くる朝  明れば六  明なか  明な事実  明カニスルニ  明くれば十月  明顕  明夕  明くれば一行  明以前  明以後  明み  明浄  明麗  明近く  明姜  明時  明末  明くれば九月一日  明す為  明くれば天正  明くれば早暁  明今  明くる夜  明早朝  明っぴろげではなく  明すの  明くれば囚人  明くれば文久  明れば源氏  明了  明早暁  明章  明亮  明くれば六月二十二日  明くれば宝  明くれば慶応  明くる晩  明そ  明くれば四月  明くれば三月  明すこと  明慧  明すことな  明な写生  明妙  明ヶ  明す様  明せるところ  明徹  明な境界線  明渡  明ても暮  明くれば大晦日  明九月  明そう  明くれば元旦  明くれば郷里  明くれば天長節  明月曜  明な言葉  明くる頃  明な放射能  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
明かに興奮しているらしかった  明かにする  明かに急所をつかれた  明かに有罪と信じている  明かに知っている  明かになって居る  明かに清川純という三字がよまれた  明かに示せり  明かにされている  明かに其事實なるを示せり  明の大燭臺の心にして  明かに然うと自認し得なかった  明させて遣りたい  明かるい座敷へ来た  明す夜といえば  明かにせん  明に向かって  明かにその事実なるを示せり  明の大燭台の心にして  明放しになつてる  明かに射していながら  明然に我が情を曰ふ  明かに見られた  明の政府へ日本来寇の報知を為した  明では最初この急報を信じて居なかったが  明の使と会見したかと云うと  明からの正式の講和使を遣わさん  明の先鋒査大受は二千の騎兵を率いて  明の意気全く衰えて  明を征伐せん  明に入る  明かるくなっていた  明かるくなった  明かにしようとした  明な大著を刊行した  明かに村瀬は何かを匿してゐた  明にする  明かにして  明かに一人の不幸な友の身の上を案じ合っている  明かに潜んでいた  明かに渡瀬の神経にこたえてきた  明かに読まれた  明かにそれを感じないではいられなかった  明かに思いだされたばかりだった  明かにそれが出ていた  明かに表明された  明かに殺意を以て頭を割られる  明ぼのを思ひ出す  明かに認めて  明かに私は過つ  明かに見る  明かに知られている  明かに認める  明かになった  明かになるであろうから  明かになつたと思ふが  明かになつたと思うが  明の朱承  明にせず  明にせざるを以て  明くる年は立ちなほるべきかと思ふに  明に照し出すのみか  明かるく電灯がつきました  明かるくなりました  明かるい日光が窓からすうっとさしこんでいました  明かるくなって来ました  明かるい気分にみちています  明かに指さる  明かるい空がひろがつてゐるか  明かに当代に許された  明かになる  明かなる  明にするのみならず  明にせんとするに在るなり  明かに云ふ  明かに裝飾を加へし  明かに知る  明かに知るを得るなり  明かに籠の形を摸したる  明かに美術思想の發達を示す  明な事で有るのに  明にするは  明かに見て取った  明に証拠立てた  明かに煩さがっていた  明かに狼狽の色を見せた  明にして  明かな態度を見せ  明かにした  明かにされた  明かにネガティヴの電気的歪力がかかっているとも考えられる  明となって  明かに指したり  明かになり  明かに肯ける  明かにしようという  明されない  明に幽に映った  明に示し給う  明す事にして  明然之が因をなす  明も点けません  明かに卑怯と見える  明かに違つてゐる  明半暗の廊下を向うに見せて  明かにすれや  明より産の字に作り  明にいはば  明にし  明かにぎくりとして  明かにまごついて  明なきがため  明かに比例を失している  明かに備えねばならぬ  明かに日本東京に居住してゐる  明になるので  明にしている  明の中頃からして  明かるくなるであろうと思われた  明かるく燃えて  明かるく懸かっている  明かるい気分をつくる  明に話さう  明かに澄み輝いて居る  明かに豊子を殺せと叫んで居る  明かに回想し得る  明かに答えた  明かに刑事と思われる  明かるく照らすに  明かるく照らすほどに  明かるいとを問わず  明かるい日中にとやかく言わず  明を取る  明かるい廊下に腰をかけていた  明も分らなかったので  明にこまかい土の選擇に氣を附けてゐるらし  明かに此の問題が證明されて居る  明な意識は私を非常に幸福にした  明の援軍が到着すると  明かに危険であると感じた  明かにして置く  明かに見た  明の瞿佑と云う  明を引いて  明かに此の理を知りて  明と行とを具足し  明にし得た  明なかるべからず  明あるを保すべからず  明かにし  明に映る  明かに凝と視て  明かに云われて居ない  明くるまはいかにひさしきものとかは知る  明されぬて  明かに一人前一銭ずつと書いてある  明かに鶯の声を鳴いた  明を失った  明かにその朱色で描かれた  明の皇帝から受けた  明の遺臣であって今更清朝に仕えようとは思わない  明を欠いて  明に平和の破れしを証する  明かにされていた  明と屈辱外交を結んだり  明かに感じた  明にしない  明かに感じられる  明に現代を示して居る  明を誇る  明かに我が心を励して  明かに増加する  明かに私の精神の弱さがある  明にその傾向を語ると共に  明かな光に照り出された  明かに感じる  明かに現はさせる  明かにするのみでなく  明かに当惑している  明もありながら  明かに見ゆるが  明かに太田の人物を明言したる  明かに示した  明かに強い決意と頑固な意思とを持った  明かにそれは自分を永い間取囲んでいた  明かに思い込んでいた  明かに彼女の父親である一紳士とであることを知った  明かに誰かが言わなければならない  明と解すべきかは知らない  明かになってしまった  明くれば鷄の聲に感傷のはらわたをかきむしられた  明かに過渡期の者と稱して居る  明の束を抱えていた  明の火が舳にとろとろと燃えだした  明かに自覚された  明ぬれば月は空に帰りて  明くれ便りの待わたらる  明にて光をさまれる  明がた寒いと思ったが  明すことにきめてしまった  明に道とも認められるので  明かに即死を思わしめる  明かに灰色の霧が渦巻いた  明かに驚愕した  明かになっている  明があったならば  明かに阿Qであると知りながら  明かに現はれて居るので  明かるくかがやき  明かるい光の中へ押出された  明かるく照らした  明かるい光に包まれながら  明かるくなりますよ  明かるく空を染めているが  明かるい光が外からはいってきた  明かるく光っている  明かるくなる  明かるいところを下りていくと  明かるい映写幕を見ている  明かになってから  明を与え得るならば  明かに敵意を示す  明があった  明を失うと  明放れて居た  明渡さなくてはならなくなっても  明かなり  明かであらう  明かに自国の文化の評価に対して私たちの負うている  明かに知り  明に交通した  明に示す  明との交通に比肩し得る  明にしてくれるけれども  明かにさうだといふ  明を失い  明を失うたる  明かにその相違を見るべし  明との貿易再開ということは秀吉のかねての  明かに興奮してゐた  明に外形上によりして  明に其間に矛盾の存する  明かにせよ  明かるくいきいきとさして  明かにきめてかかる  明かるいやり  明かに解し得る  明の頃から以後は緞子が發達して  明かに會得する  明かに意識されてゐない  明かに平民労働者を其の休養的教養の対象としている  明かになるであろう  明かに観察し  明かにそれを示して呉れた  明かになって居らぬ  明かになりました  明かになります  明を通してきてゐる  明かに認められる  明かには書き  明を見ず  明かに支那文化遺物の變形であるといふことを認めし  明かにして居ります  明かに分る  明かに分ります  明かにして居る  明が起つた  明の使者が九州に到着したが  明の太祖が自分は蒙  明かにしてくれました  明の後へ胸を引いた  明かな歴史的事実をも無視した  明かに説き得られないからでもあったろう  明かな知識に背く  明かにわかる  明かにしなかった  明かに区別せられている  明かな女性の天皇が位にあっても  明かに認識して  明かにせられた  明かにするのみならず  明かにするだけの  明に即刻放逐さるべき  明かにされただけであった  明かにしようではありませんか  明かにしようとする  明の太祖が燕京を陷れてから  明の初世に起つた  明の援軍がやつてきた  明を征服したればとて  明を退治してきます  明とで了解し  明の援軍近しときいて  明の援軍を待つまでも  明の大軍が愈々近づく  明の朝廷は元々和談を欲してゐた  明の朝廷はとりあへず  明の兵力を過信して  明との貿易復活を欲してゐる  明の王女を皇妃に差出す  明へ朝貢して  明の臣下となつて日本国王にして  明かに自然の法則を破っております  明かに矛盾した  明かに独立した  明かな相違点が見られる  明かにその端緒を見せてゐる  明かに小生の言ひ  明を以て之を争ふは  明かになると思ひます  明に所在の地を示さず  明になる  明かに微笑むともつかず  明かに意識する  明かにされ得ない  明せば脊中なる阿  明かにGOLDENBATと読まれた  明がありませんならば  明の度合を明らかにしてくれた  明がこの事件の真犯人として告発した  明は即座にその椅子から放逐すべきであります  明を蹉跌させ  明かに見えるのに  明かにあの女に対する強烈な嫉妬だと云ふことは  明かに避けてゐた  明かに百姓と区別したの  明にするに  明にせ  明にしたり  明なる區別ある  明にわが理想といふものを一の用語として問ひし  明の末が茫と屆く  明かに実証された  明かに聞き取られる  明の下で亭主に見せなどしていたが  明させる  明がついて  明などが能く見えた  明ともいう  明を失ってしまいました  明を恢復する  明かに聞えて  明かに私達の敬意に答へる  明かにされてはいない  明かにされていないばかりか  明かに想像して  明かで何物かが其処に流れて行く  明かに反映している  明かにこなされ切れなかった  明かであらうと思ふ  明かに輝いてみえていた  明がさした  明かにしたいからである  明かに読める  明かな月が出ていた  明かるく坊主山を照らしている  明かなしるしとなると  明と北村がこっちを見る  明の作業服がズタズタに裂け  明は会社をやめさせられて  明へと次ぎ次ぎに目をやっている  明のこともあとで聞いた  明を返しておくれ  明かにするに迷った  明に一種の不愉快を感じた  明に私の気を引立たせる  明に現れていた  明て出る  明かにほかの考へが去来してゐた  明かに云う  明かにきいて居る  明かになったが  明かにされてない  明かになって居ります  明かになってしまいました  明かに好意を示しはじめた  明かにそれが人の声である事をしらせてくれた  明かに刃物が見えた  明かに迫って来た  明かになって来ました  明かにこれを裏書している  明の大軍三十万騎が李如松を大将軍として碧蹄館へくり出してくる  明の三十万騎は先ずこれに胆をひしがれて  明かに記憶しているが  明ありしは賞嘆に値いする  明かにしなかつた  明にその独自な気質の映像を認められると存じます  明放してしまう  明かにすべきだが  明かにギクリとしたらしかったが  明を贏ち得しめたり  明かに衣服の美を羨望する  明を加うというような感がしてならぬ  明かに云ってくれなかった  明くる春よりは芸妓に出ねばならぬ  明のことが私の記憶に残る  明かに不快に近い曇色ある  明かにいっております  明かに説明し  明すことになつて街を引きあげて来る  明かに責を分たなければならないと思ったからである  明かに耳に響いた  明かにブルブルと慄えている  明かに曲り  明に何かを言はうとして  明に心に記臆してゐます  明を失した  明かに不快な表情を示して  明かるくなつて來たことは前にも述べた  明かに理想を見て  明かに何物をも見ずして  明なる者を写すに過ぎざるのみ  明かに狼狽の色を示しながら  明かに天国へ行って居る  明に敵軍隊の所在地を知り得るが  明放されて  明放された  明したりしたほどでした  明すような事があっても  明がさして人声が微かにしてゐる  明かに読んだ  明かにデモクラチツクな相を備へてゐる  明かにしなければならない  明を誇りたいと思ふ  明かに此の八幡宮を中心にして  明かに純藝術的な演技であるが上村源之丞座は未だ全部が純藝術的になり切らない  明かに小勤人の一役を受持っている  明かに云え  明かに自分に好意を持ち  明かに内側から発射された  明かにそうした理由を暗示している  明かに真犯人を区別する  明かにあらわれただけでは  明かに窒息の徴候があらわれて居りました  明かにされたか  明かになってきた  明し下さい  明し下さらないでも  明かに共産党や無産政党の頭の悪さがバクロされており  明かに犯罪にきまっているが  明かに怒りを聲に表はして  明かにしている  明かに軍事的なものを一身に帯びていた  明かにして来ている  明かに暗示しています  明かになし得ない  明かるくならぬ  明かに照る  明かに女の頸筋に落ちて  明かに暴露している  明かに私のこうした妄想を裏切っている  明かにしておきたいと思う  明かに推測される  明かに示している  明かに二つに岐れてしまった  明かに覚られたであろう  明かに首肯さるる  明かに暴露致しておりました  明かに自覚致しております  明かに私の背中に感じられた  明かに作り笑いとしか聞えなかった  明に存したりき  明に平氏に対して反抗の旗をひるがへしたり  明とに於ては入道相国に譲り  明かになるだけで  明にしたかったからであります  明かに急速度を出したらしく  明かに興奮を浮べた  明かに泥棒らしいのとも一しよに  明な色情倒錯と思っていた  明かに鼓動を繰返しておりました  明もなく力もなく  明を誇りとした  明かに捉え得ないが  明かに感じ  明す積りで出掛けたので  明となる  明なきがゆえなり  明の萬暦年間天主教が支那に這入  明かに解る  明になつて元史が出  明の初めに出  明の宦官劉瑾の如き  明の太祖はこの弊風を矯正する  明に彼等の尚古思想が見はれて居る  明の巡撫が清軍に降服した  明に辮髮した  明の太祖が中原を光復するや  明の諸王がよく一致して  明の唐王の許を辭して  明が滅び  明の三百年足らずを除くと  明の太祖は歴代の成敗に鑑みて  明の天下は半ばは宦官に滅ぶ  明の宦官王振の  明の鄭和の如き  明の太祖のいはゆる  明かにされて  明かな失望を抱いた  明と勇とがあるならば  明にされる  明の總督として遼東を防禦したが  明に背き  明の時でも唐の時でも法律でその寸法や大さが決まつて居る  明かに破廉恥罪と考へて  明載されて居る  明かにしてゐる  明かにするに  明かになると  明になると  明かな道理に拘らず  明かで生活力がとけ込んでいる  明ともつかない  明しなさるが  明かに他殺の証跡が残されている  明かに困った  明かに洋吉氏も驚いたと見えて  明を取るに足らざるも  明に上下両等の間に分界を画すべき  明に知るべし  明に原因あるにもせよ  明をほこって  明渡された  明かに窺う  明があって  明かに要求の拒絶を意味する  明かにラジウムは巨万の富をキュリー夫妻へもたらすでしょう  明かに露の色が着いているが  明かにしましょう  明かに一つの位置顛倒が起ってきます  明かな答えを与え得たでしょう  明かに二つの大きな流れがある  明を誇り顔にしきりに合点く  明かに興奮していらっした  明なる處に發すべし  明徹した智慧を悦び  明徹した真実を探している  明かに煩ひ  明かに窃盜の被害は受けてをりません  明かになっていたから  明かるくなって  明かるくして  明だけは両親に在った  明かに書いてある  明渡すが口惜く  明かにうつれる  明を失いました  明かに証明された  明に意識しようとはせず  明かに意識される  明かに分った  明がないから起った  明かに元気づいてみえた  明かに動揺の色が見えたが  明に意識なき時に於ても意識あるべし  明に時間特に過去は一切空間世界を意味する  明に異る  明かにしてやらなければならぬ  明かになつて来る  明かに裏切  明かにそれと知つてゐて見向きもしない  明かに漲  明かに盛子に気兼ねをしてゐるらし  明かに房一にくれようと  明かにそれはさつきの小耳訊きとは  明かにまだ興奮してゐた  明かに變裝してゐて  明かに見ゆる  明かにどぎまぎしながら投げ出す  明かに係官の心証を損ねた  明の永樂帝が建文帝の位を奪つた所謂靖難の役に就いては  明の宮中に呼びかへして  明かに認めてゐる  明かに賊名を受くべき  明にしてゐませんから  明かに分っている  明のある  明かにして呉れない  明かにして頂けん  明かにしてくれるでせう  明かにするの  明にしたる  明あるをも表示せり  明かに其の手段にも乏しきの失体を現はしたり  明を失うてから  明かな失敗を語る  明かにしよう  明かに其の手段にも乏しきの失體を現はしたり  明に取ってかわった  明かに支配階級に属する  明かになるや  明かに知れるなり  明かに彼れの人物を示せる  明の十三陵見物に行って  明の太祖が天下を一統したる  明をそなえております  明かに記憶してゐると  明を失っているから  明が欠けていた  明に説明すると  明かにしてゐるにすぎない  明を以てすれば  明が目を射すので  明かに男の靴跡としか見られない  明かに間違っている  明かに驚きの色を表わしながら  明かにして置くと  明かに見える  明かに覗かれる  明に及ぶまでの  明を失いましたけれど  明を讃美する  明くる期知らぬ  明かに彼は何か言ひに  明かに母から離れて  明かにしたかつたまでだ  明かに変質児の徴候を帯びてゐた  明かに嗣二の所業とともに母の発病の一因になつたであらう  明かに眼に浮ぶ  明かに西洋音楽の約束に従って鋳直された  明の李如松の大軍を撃ち破った  明の大軍が応援に来たという  明かるい夜にはかの嘶きが  明かるくなったが  明渡してそこでさせた  明かにしようと  明にしたなら  明かに分りきってる  明かに分りきってるといっても  明かにしないが  明と入り乱れて  明かに普遍性をもった  明放しにして  明にしたい  明かに與へる  明かに與へて呉れる  明の医術を伝えて  明に西から疾風の響をなして  明に聞き取れる  明に動いてゐた  明を俎の上におとしていた  明かに想像し得るに  明を失したが  明かにわかつてゐる  明に分ります  明がないとおもわれた  明かに我目に観る  明がさしている  明かに跛をひいている  明の点った  明し合ってみれば  明なる形体を備えたる  明くる朝にやっぱり頓死した  明放しの日本本土の南方海面に侵入できる  明し下さる  明に渡つた畫僧雪舟が大陸に見出した  明にはすこし欠けておる  明にしてゐる  明かに語る  明くる年の七年の春が来た  明かにしたので  明かに見えてゐる  明かに聞えたりといふ  明が滅びた  明に仕へた  明かにそれはある  明半暗の道をたどって  明された  明かに雁金に心惹かれた  明の頃燒かれた  明かにしようといふ  明かにさうと  明かに一種の反感の起つてゐる  明かに示されている  明なりといえども  明を奪い  明かるい心になった  明かるい顔をしてもどってきた  明かるい返事をした  明かるさがひろがっていって  明かるい顔があった  明かになっていない  明かにそれから出た  明かにしてくれても  明かに狼狽の色を見せはじめた  明かな数量の上の不釣合に重苦しい圧力を感ぜずにはいられなかった  明かには知れない  明かに老若男女の区別を立て  明にす  明かにしない  明かに見えぬけれど  明は訴え  明かに道破されておらん  明かに指摘した  明かるい放送がはいってきた  明かるくかがやいて見える  明かにそれと読みとれる  明かなデモンストレーションであらうと思ふ  明すけに言ふて除ける  明かにせず行くと  明かに得とくして居る  明放るるころまで幾度となく廁に走りき  明にするの  明を失うていた  明くればまた知らぬ  明を失ったと言う  明を失つたと言ふ  明かに何事をも考えておらぬ  明かな色を出す  明かるい空がひろがっているか  明かに自分が凡ての作中人物の手綱をしっかり抑えている  明渡して嫁を隠居所へ引取る  明も射さず  明は少し俯向いた  明は俯向いて  明が尋ねた  明は恥じたる  明が行燈を提げて来たので  明が預る  明が続く  明の背へ飛縋った  明はすやすやと寝入った  明の夢に届いた  明が書留めて  明が云って  明が魘された  明が呼んだか  明を待つまでも  明が飜然と飛んで縋った  明がある  明は帰って来て  明かに窓から見透く  明かるく照らしだされた  明が何よりも大切であることを教えている  明を得れば  明がありましたよ  明し下さらば  明かに自殺しているが  明を誇つて居る  明かにするを得べし  明かに限られた  明かにされる  明を得た  明かにわしの前に暴露された  明に起きるでしょう  明に絶望の影が動いて居た  明かにこれを裏切って  明に蘇我入鹿の名がでて  明かに結晶生成初期の状態を示している  明かに上空に水蒸気の少い層があって  明かに上空に水蒸気の量が少く角柱状発達を生ぜしめる  明かに放火だと云ふ  明に劈開性が認められる  明に認められたが  明かにニイチエの説にその根拠を有す  明かに同様の意義を表する  明に金錢本來の性質を遺  明かな日光の暖かに照り輝く  明かるい空を見て  明かるい方を背中にした  明かで寂びた  明かに胆を潰したらしかった  明かに浮んで来ない  明かに知って居る  明かにすぎる  明かに致したく  明が射して  明のあつた感謝すべき  明かに白け渡りました  明かな事実を見逃す  明にこの種の死に瀕してゐた  明に乏しければなり  明を研くの  明かに認めました  明がというと  明かに見えた  明を誇つたり  明かにして置かねばならぬ  明かに是は作りごとだと知って居ながらも  明かに記してある  明かにしておいた  明に見られる  明を保有している  明かにせんとするのみ  明かにしたる  明かにせんと欲すれば  明かに一酸化炭素の中毒で死んでいた  明かに鋏なぞで切取った  明かに嘘をついている  明にまだ寒さの残りを示して居ながら  明かにしておく  明をもって  明かにヱズヰオと出て居るが  明かになって来た  明を失って  明にして置かないと  明かに世界に知られ  明かにしないからの  明かに見も聞きも知りもしている  明かにあらわれている  明かに意識せられないほどに  明かに見やぶる  明かにしていると思い  明かにされて来て  明にしたるは  明には描き出されていない  明放してある  明かにあります  明すのが何より樂しい  明かにして置きたいと思ひます  明かにその進むべき  明かになつたと思ひます  明かにし得れば  明かにしておいて  明かに職業を標榜する  明かにして置くといふ  明かに示され  明見したるの後に始めて知り得  明すといふ  明かになると思う  明と暗とが不可分平等に賦与されてある  明を奪われた  明の輸入品であるといって  明かになると思ふ  明かに下の方へある  明かに蝦蟇法師の価値を解したり  明渡しましょうって云った  明かに狼狽したけ  明かな形象を透して  明かな自覚を有っていなかった  明かに将来への希望を示す  明に未に苦しみ続けてゐる  明に内に苦しみつつある  明にその例であらう  明に芸術家芥川氏を背後から強く支配してゐる  明かな夜の色の中に黒くくつきりと際立つて見える  明かに染めて  明かに顕はれて見える  明かに輝いて居るが  明かに恐るべく忌むべく悲しむべき  明に頭に考えられるより  明に個々の行為者に属している  明かに見えるからである  明に映って  明の漏れる  明の点いた  明を俯向いて見透かす  明が漏れて  明かに玄関の三畳から六畳の居間をとおって  明かに肯定してくれたから  明かに示す  明かに頭に映る  明かに入る  明かになるにはなるが  明かに独自の性格を具えているが  明にはされていない  明かにし得る  明かに自分が特殊の世界の中に立つてゐる  明かな責任は持たない  明かに蝦夷を東夷中の一種と説き  明かに一般の武士を指すなり  明かにせざれども  明かにせんとする  明かに仮托に出  明かに理解させますから  明に之に関与されたる  明とも暗とも付かぬ  明の孝陵や石人石獣をみたり  明の王士嘉よく疑獄を決す  明の名将威継光が数百の猴に鉄砲を打たせて  明かにだれかに支払った  明かに感歎しきった  明かに負傷したよりも  明かに酒に酔っていたが  明かに躊躇した  明かに不安を感じている  明かにずんずんとひどくなっていた  明かに今日にあっても  明くればもう明日の夜に迫っている  明の萬暦年間に出  明す民家の燈たしかに見ゆるなりと  明といわん  明かにこれを覚知し  明の時代既に日本にあったと知って  明の代既に日本にあった  明の神宗の万暦四十二年に当る  明にして置きたいからである  明にせよ  明取や建付の悪い戸口から自由に吹き込む  明近い空の遠くに冴え  明かに告白してゐる  明かに記憶に留っている  明かに描くので  明かに口語を土台にして  明かに考へて  明かに意識はしなかつたらうが  明かに体言の職能を示して居る  明を失つたのであらうか  明けむ朝われ愛着す  明に申せよ  明かに邪悪を退け給うた  明かにびっくりした  明かになれば  明かにし得べし  明かに答えている  明かに云えば  明かに男の声がきこえた  明かに大川は断末魔に迫っている  明記せるに拘らず  明に御分りになる  明かな光明を見た  明に思想といふことの出来ない  明かな考はなからうと思はれる  明になつて来る  明かに区別は立て  明かにありながら  明かにしつつ  明かに狼狽の色を見せ  明かになってくる  明の詩人が筍崖と呼んだ  明の統一が打ち立てられた  明は創造力の空疎を特徴とすると言うべきであろう  明かに感ぜられた  明に遣わして  明にせんと務めた  明なやうに思へる  明かに誰かがそれを途中でかもしくは店から持ち出して  明す言ひ  明かに失敗してゐた  明かに誰かを探がしていた  明かに信服しなくなっている  明かにするより  明かな理由のある  明かに推察される  明かるく見えました  明にされたい  明に其に堪えない  明かに聞ゆる  明かに北欧の観念的問題劇の暗鬱な気分をいくぶんその作品の中に示した  明かに見られる  明にした  明かるい光りを  明かるい月の下に眠っていた  明かるく浮き出させる  明に動物的本能の性たることを認め  明に自説を發表せられざりき  明徹した意識を働す  明のなかったのをひそかに恥じていた  明くれば友人の懇ろに引き  明かに自分等の状態を意識してはゐない  明に欠けているからと思われる  明かに不正に襲って来る  明かにして行く  明かにするが  明かに脳症の性質を具えていた  明かにお役所の判のついてある  明に弁え  明に二つの独立した  明かな意識が加えられて来ます  明かに見て進まなければ成らない  明渡す事となす  明かに想像し得られる  明かに推測し得られる  明かに分ち得べき  明かに敵の表情を読み  明かにこれを知る  明かにして置いて  明かるい海の上に小舟をうかべて  明かるく照らして  明かるい月は霜をふらした  明かな外界を明かなりと  明かな夢と見た  明かに自分の人格を認めていなかった  明かに耳に聞えたに  明かに聞きとられべき  明かるくなくっちゃならない  明かに記憶していた  明かるい空気が吸って見たい  明かに代表していなかったから  明かに了解した  明かに燈の光が輝いていた  明かな洋燈の光で見ると  明かに照り渡った  明かに映ったと云うではなく  明かな日光を見ては  明があったよ  明かに御斷りになつて居ります  明かに分つて居ります  明かには分りませぬ  明かに分らぬ  明を掻き立ってもらいたい  明は暗くなっていた  明くるほどにますます寒く顫えながら朝食をなし  明は暗くなつて居た  明かに今まで一度も見た  明に知り  明放した二階の窓から向ひの  明かに不安の色が濃く浮んでいた  明かに存して居る  明かに主格を指定した  明かに感ぜられる  明を待つ  明かに要求されている  明かに一つの非弁証主義的誤りであることが指摘された  明かに此処にある  明が消えて見えなく  明を消した  明かにこの博士邸が狙われている  明かにしてくれれば  明かに憤怒の色が漂って居た  明かに嫉妬を感じ始めた  明かに昨日の話を不愉快に思って居るらしい  明と交通した  明かるい右の眼は燃える  明かるくなって来たので  明かるく映し出された  明かるい土の上に立って  明かに透けて見えた  明かるく照明された  明かに感じられて来た  明かに分つては居なかつたけれども  明に見ゆべければ  明かるく感じられた  明かるいところから暗いところに帰る  明かるいランプに見とれて  明かるいランプをさげていたからである  明かるくしてやろうという  明かるい火を一つ一つともしてゆく  明かるくなったので  明かるい電燈がともっていた  明かるく晴れて来た  明がただよいだした  明かにそれが誤謬であるのを自分の経験から断言する  明かに見て取る  明かに偽善者の一群に属すべき  明かにその影を投げている  明かに主客の関係がある  明かに拒んでいる  明かに自己の保存が保障されただけでは飽き足らない  明かにそれらのものを私自身に与えている  明かに報酬を得ているからである  明かにその獲得に対して感激し  明かに他を愛する  明かに自己を表現する  明かに馬鹿でないことが出来る  明かに感知される  明かにいおう  明かるくした  明かにし得ていなかった  明かとなるであろう  明かになつたであらう  明かにそれはマルクス主義的イデオロギイの卓越してゐる  明かに私の多くの批判者よりもより高度の認識に達してゐる  明てこう云った  明かにされて居らない  明かるい湖畔をさまよっていた  明と云ひますか  明ありと云ふべしだと  明かなその拳銃を預った  明かに照らし出した  明かに興味だけしか動いてゐなかつた  明かに父の噂を聞き  明かに現はれてゐた  明かに見て取られた  明かに印せられた  明かにそれを証拠立て  明は一歩を進め暗も  明かにイチジクと書き  明かにその正鵠を失している  明直にいえば  明かに矛盾を認める  明かに拒絶され  明かに弱味を見せたくな  明かではありますまいか  明かに予知されます  明かにしてゆく  明かに一つの時代を語っていて  明かにそれによって精神と肉体との健康をましつつあります  明表した大きな紙札を首から下げている  明かに公言して  明かに感じられた  明かに私へ恋を打ち明けている  明かに可笑しさのあまり駈け出して来ようとする  明の時代を表わす  明の一訓詁学者は宋代典籍の一にあげてある  明の鴉の鳴く  明って見出しの円が出る  明って揺れて熾った  明って見える  明ってもいた  明渡してくれさ  明と二つの界がある  明かにプロレタリア精神に反抗する  明かに悪意ある  明の明星が空に輝いてゐる  明の瞿宗吉の作ということになって居ります  明かに世に二つの大なる超自然力のある  明かに自身の勘にたよって  明という県令が出張して  明かに解つてゐた  明かに科学の機能に属するので  明かに進歩であるとさへいはねばならぬ  明なことになっていながら  明に留学させたという  明かに示してゐる  明かに諸君の立脚地をわれらに誨えられる  明にある  明かにこのことについてもプロレタリア作家の階級的任務を一段発展した  明かに且つ美しく照した  明にその品性を語り得た  明のついてる  明を目的に駆けつけると  明に分って  明かにこういう方向に流れつつあるという  明かにするは  明かに存在している  明かにさえすれば  明かになるからと云うて  明かにしては  明かにすると云う  明かにしたと云う  明かにその理想に違背している  明かにするにおいて  明かにしなければならぬ  明の磁器と李朝のそれとのどこに類似があろう  明かるく機械人間をながめてはいなかった  明かるくする  明かるい黄ばんだ  明す事は一寸もないと云って  明かな人だったから好い様だったけれ共その夫になくなられて  明かに眺められた  明かに亜太郎の描き残した  明かに白緑色を呈している  明かに残って居る  明にするといふ  明かに駒井さんのことを揶揄した  明が亡んで  明ぬれば月は空に還りて  明がおありだと思いました  明かに地理的にもひろがって居り  明を消して  明にすべき  明かに物品扱いをされますと  明だと私は感心してる  明かになつてしまひますので  明に彼はその弱点を握られた  明かに不安の色が読まれた  明かに欺かれて来た  明の時にも宦官が跋扈せるも  明との宦官にかく  明は遂に東林黨のために滅亡したといはる  明に記憶する  明かに云へば前半に描きし  明かに頭腦の惡い  明かにしたい  明かに認め  明かに懷疑主義を標榜して居る  明放しになっていたが  明放しにして行った  明放した窓から見える  明と暗との対比が似ているからと云って  明かに判断してか  明かるい宵であるにも拘らず  明かに精神的の貞操を破つて居る  明かるく見えていて  明かるくかがやいている  明かるく光ってみえるだけで  明かるく見えない  明かるさがまったく消えたが  明かるく光る  明かるく巨体をあらわした  明かるいものも見えなかった  明かるい街並が見えた  明かるい照明の下に美しく品物をかざっていた  明かるかったという  明かにつかんでいないと  明かにされていなかった  明に見て  明にせられたとしても  明にせられるには  明にこれを意識した  明にせられなかった  明にすべきを  明を曇らせる  明かに語ります  明になったからには  明かにするでありましょう  明かにするでしょう  明かに大根の厚さを計量してゐるらし  明なるを致す  明なる所にして  明かにするという  明かにするにしても  明かにするのみであって  明かになって  明かにされ得るであろう  明かにさるべき  明の儒生が乗  明の援軍には鉄砲が整備してゐた  明かに彼に好意を持っていた  明かにナイフその他の金属類に依って与えられた  明かに格闘に依って与えられた  明かに否定している  明かに大動力の意味を顯して居るでは  明であると思われている  明に分る  明かに寺田寅彦先生の感化を少し変形してではあるが受けた  明に覚えたり  明映すに心細くこそなりけれ  明かにすれば  明かに格闘をした  明かにしていません  明かな見  明かにすると  明かるく乾き切り澄み切  明にしたかつた  明かならしめよ  明かに日本に対して攻撃姿勢をとっている  明と朝鮮の聯合軍を散々に打ち破つた  明かに之を見出す  明かにして居りません  明かにそれを裏切って  明される  明かにそれは私のいたらぬ  明かに汝に告ぐべし  明かにして解し  明の聯合軍を打ち  明の一切経は或いは残っておるであろうと思います  明の時代に明の皇帝が命じて  明かに分らせる  明の方から福の神が舞い込んだと唱えて  明に此の特質を有せりしにはあらざるか  明かに青い水の上に浮んでゐる  明かに認められて  明かにするであらう如く  明かにされるであらう如く  明かにしようと思ふ  明かにすべく力め  明かにされるが  明かであらう如く  明かにせねばならず  明かに存在する  明かに成熟したる  明かにそれと言ひ  明かに看取される  明かに覺るだけの着實さを持つてゐた  明かに斷言しうる  明かになるであらう  明かにならう  明かにした如く  明かに存立する  明を失して  明かに一種の解放手段として役立った  明かにこれが證をなす  明の明星となりて  明ならず近時このマルタをもて  明かに見ゆるにあらで  明ならずペガソスといへる  明に認むるを得る  明に言へる  明かに見  明の宮輕の池輕の孃子輕の大郎女輕の酒折の池輕の境岡の宮輕の堺原の宮輕の太子輕部輕部の臣輕箭かわら訶和羅の前きき聞かし  明かにしておかなければならない  明かにしたいと思ふ  明かに之を信ず  明かに青史に在り  明かに証明する  明かに土地の生産力にとり有利な過程をしてみよう  明かに人性の尊厳を低下する  明かに罪悪の部類に属する  明かに自ら招来した  明かにこの種のある  明かな希望を現わすという  明かに大きな悪影響を有っている  明かにノルウェイの人口増加が幾世紀にも亙って  明かにわかった  明かに立証する  明かに助勢する  明かに説明される  明かに死にかかっており  明かに帰せ  明かに作り出す  明かに例証する  明かに考慮に入れなければならぬ  明かに死亡によって左右されている  明かに長い間かからなければ  明かに類似していても  明かな利点と考え得よう  明かにロマンチック時代のあの懐しい面影を伝へてゐる  明かに説明され得ぬ  明かに確証し得ない  明かな劣等性を証示せんが  明かに確立されたという  明かに立証された  明かに確立されていない  明かに現われている  明かに誤りなる  明かに真実なると  明かにこれらの議論の様子は変ってき  明かに認めている  明かに証示した  明かに後者を相殺して  明かに確証された  明かに云い得よう  明かにされたならば  明かに自分の通って来た  明かに眼に映った  明に於ける  明に三大時期に分つ  明の洪武四年より萬暦四十四年に至る  明かに判っているけれ  明かに青年の顔を見た  明に見へる  明な言葉を出す  明なる法律に正條のある  明なる法律を以て公益の爲に其方の村を買はなければならぬと  明なる法律に正條もないことを以て曖昧の間に此村を打潰して  明に證人のある  明に書いてある  明に示して  明を以て猫の幸福まで考えて居た  明かるくはずむ  明かに心に殘つてゐる  明かに言放つた  明かにしていない  明かにされねばならぬ  明に科学的方法が具わっている  明にされ  明かにす  明になると思う  明に判断し  明かに一大教訓を得る  明なる事實は何を語つて居るか  明を以てし  明は暫く目まぐるしい往来の中に立ち止った  明に肩をぶつけ  明がそれから漸っと立ち直った  明はその宙に浮いた  明は考え続けながら  明はもう為事に身を入れず  明を引きとって育てて呉れた  明と菜穂子とはよくテニスをしに行ったり  明を交じ  明の好奇心を惹いて  明が漸っとそう云う  明の傍にも近づいて来た  明は何だか気まりの悪そうな様子で答えた  明は少し云い  明はそう答えながら  明は一人になると  明である事を漸っと思い出した  明の背の高い姿は人波の中に消えていた  明を見てから  明は正式に休暇を貰って  明の乗った  明がそこで少年の夏の日を過した  明はそんな人達の事を少年の頃から知るとも  明は何となくそのおように対しては前から一種の関心のようなものを抱いていた  明はこんな山国にはこんな女の人もいる  明は殆ど村じゅうを見て歩いた  明はその楡の木かげでの最後の夏の日の事をいまだに鮮かに思い出す  明はこの木の下で三村夫人からはじめてその事を聞いた  明の来た  明はもう叔母が死んだ  明は急に立ち上って  明は頭からびしょ濡れになって  明はそれまでの場所に立っていられなくなって  明はさっきと同じ文句を今度はもっと上ずった  明はそのとき初めてその娘を間近かに見ながら  明に気づいていたらしかった  明はそれを知ると  明はもうすっかり目が馴れて来ているので  明は急に気軽そうに云った  明もそれを見る  明はそう云いながら  明が先になって  明の好きな場所になった  明の心の中ははっきりとは分からなかったけれども  明の気を悪くさせる  明はそう云う  明はふと思い出したりして  明が空けた  明が通り過ぎる  明はこの人の好さそうな若い巡査がいま自分の逢って来たばかりの  明は相変らず  明はますます気むずかしくなって  明はときどき娘の方へ目を注いで  明に自分が見られていると気がついても  明の眼つきがきょうくらい遠くのものを見ている  明とこうして逢っている  明は不意に独り言のように云った  明はなんとも云わずに  明だけを其処に残して  明は早苗をいつものように素気なく帰した  明はひとり心に思った  明はもう意を決した  明は寝台の上の初枝の方をなるべく見ない  明をどう取り扱って  明はちらりと寝ている  明は殆ど二三日隔き  明は傍で見たり聞いたりしている  明と早苗の事はうすうす気づいているらしかったが  明にはいつの間にかどっちをどっち切り離しても考える  明はそれに気がついた  明はそう考えながら  明は自分の下宿に帰ると  明はその色の変化を見ている  明の姿を見かけると  明の病人らしい様子を反って  明はおようや初枝に寂しいほほ笑みを浮べて見せながら  明は戸口に立った  明はそう云われると  明はちらりと彼女の横顔へ目を投げ  明は自問自答する  明なんぞのうちに少年特有な夢みる  明が又さっきのように烈しく咳き込み出したので  明は何か上の空で返事をする  明はそう考えると  明は菜穂子の方を同意を求める  明の後姿をじっと見守っていた  明が不意に彼女の方へふり向いた  明は本当に困惑した  明は考え続けた  明はそんな風な想念を眼ざしに  明はそのとき不意といつか荻窪の駅で彼女の夫らしい姿を見かけた  明が彼女の前に立ち現われた  明も元気そうに答えながら  明が再びはげしく咳き込みながら立ち去って行くらしい  明が帰って行った  明に対して或感情を佯っているかのような漠然とした  明に頭を下げてしまって居たら  明があんなに前途に不安そうな様子をしながら  明が訪れてから  明はすっかり疲れ切っていた  明は目をつぶった  明はせっかく一箇月の休暇を貰って  明は咳き込み  明は自分で小さな鞄を提げながら  明はなんという  明は今も不意と反射的に空いた  明や菜穂子たちが夏を過しに来た  明に向って叫んだ  明の疲弊し切った  明は再び背中を曲げて  明は何かほっとした  明はそのときはじめて気がついた  明は心の弛みが出た  明はただ自分に残された  明はしかし自分では大したことはないと思い込んでいるらしかった  明は口数少く訊いた  明はそう口の中で自分にだけ云って  明はもう今となっては  明はそんな風の音を聞くと  明はそんな考えを一人で逐いながら  明もそうやって  明の何かをじっと堪えている  明かな受用の意志が在る  明の文化に接した  明に知っているが  明な放射能が証明された  明な障害は起こらない  明かに見ゆ  明くれば痛き頭を抑へつ  明かに矛盾しているという  明かに背馳した  明かに自分の頭に纏って出て来ないかも知れない  明かに立った  明かに政府のやるべき  明の朝日が出ると  明極和尚から大悟の一禅をさずかったなどという  明かにされ  明かに提出した  明かに提出されているという  明かに見渡された  明かによめる  明かに今まで見えなかった  明かに熟している  明ぬれば歌よむ  明かに知って  明かに経験した  明に記憶していない  明かに感知せらるる  明かに映る  明かにするべきであった  

~ 明[名詞]1
種を明  件の明  出所を明かに  顔色には明かに  事を明かに  そこには明かに  ことを明かに  限界を明かに  これは明かに  彼は明かに  門は明  鼻を明  大勢車座になっている明  汽車で明  昼の明  誤解を明かに  いつか毀はれて明  日が明かに  我は明  睫毛とは明かに  行長が明の  行長は明からの  如何で明に  ように明  事実で明かに  ことが明かに  不賛成を明に  原因を明かに  二人は明かに  言葉には明かに  色が明かに  渡瀬は明かに  姿で明かに  一つは明かに  兄には明かに  前に明かに  丸山の明  私は明かに  ものが明かに  容易に明かに  説明によりて明かに  便利上逐条的に明かに  便利上逐條的に明かに  否やを明に  有無をすら明に  所在をも明に  外は明  向こうが明  ものにならぬほど明  あなたにも明  法に明かに  三遍それを見ると明かに  文理の明  光の明か  樣を明に  行衛迄も明に  男女兩樣か明かに  事は明  色料を塗りて明かに  比較して明かに  土器形状模様中には明かに  古事を明かに  有たとは明  此事を明に  問いを明かに  兼子は明かに  ことを明に  のだといふ明かな  何かを明かに  出来事が明かに  夜を織り明  鏡の明  のは明かに  不健全性も明と  のは明  点までが明かに  性質を明かに  内容は説き明  疑問を明かに  方面から明かに  たよりない明に  於て明に  所の明に  行為は明  出所進退を明かに  立場は明かに  本質的に明かに  邪推を明に  敗戦を明に  敏子は明かに  権衡を見るの明  組織において明かに  条項を明かに  関係を明かに  ことも明に  暖きにあるや明  これを明に  兆候は明の  それを明かに  非常に明  火は明  そこらが明  しずかに明  月の明  全体を明かに  君に明に  眸ざしの如く明かに  燈は明かに  のが明かに  事が明かに  庭を明  ところを明  天井から明を  日の光りに明  夜の明も  諸子なりしや明  蜂は明に  書物には明かに  模様を明かに  部屋を明  のを明かに  話は明の  提灯の明を  大略を明に  これを散ずれば明  取捨の明  適当の明  構造を明かに  原子構造を明かに  所を明かに  目を明かに  何病とは明かに  夜の明  立札には明かに  眼とも明を  自分は明の  先見の明を  引払は明に  人を観る明が  テレビジョンによって明かに  一夜を起き明  主義さえ明に  息子が明かに  此処に明かに  心痛とを明かに  理を明かに  其意義を明かに  彼女は明かに  一面は明に  主を見るの明  先見の明も  著者が明かに  彼には明かに  後になって明かに  方針を明かに  先見の明と  立場を明かに  目して明かに  一夜を明  切り跡などが明に  潮流を見るの明が  現在これが明かに  顔が明かに  火が明  街灯がほの明  ような明  太陽よりも明  火星塵を通りぬけると明  急に明  人をみる明が  社会認識の明を  それは明かに  ものにあらざるや明か  自らを知る明が  左眼の明を  城を明  さきが明  根本を明かに  例で明かで  港灣の明かに  つて居つて明に  充分に明  存在を明に  足利時代に於ける明との  論拠を明に  家内の明を  ことは明かに  和書は読めるかも知れないぐらい明  雪降りで明  ことは明との  龍吉は明かに  其色彩を明に  官府に存せざりしや明  不完全を免れざるは明  判別を明かに  事理を明かに  本質を明かに  きゅうに明  制度を明かに  論旨を明かに  民主主義は明  仕事に明  綺の如きは明かに  立脚地を明かに  差別を明かに  意義を明かに  精神自身に明かに  表象を明かに  後に明かに  観察し明かに  レントゲン線が明かに  幾分か明かに  唐や明を  先見の明  傾向が明かに  上に明かには  起原を明  把握するの明が  倭寇が明の  態度を明かに  古が亡びて明が  時に明の  今度は明の  それによって知られている明かな  意義が明かに  結果として得られた明かな  ことによってのみ明かに  民とは明かに  ことの明かな  事実を明かに  上代史を明かに  径路を明かに  真相が明かに  理非を明かに  経緯を明かに  啓蒙的立場を明かに  年とともに明かに  當れる明の  創建清眞寺碑記は明の  上に明に  そこへ明の  朝鮮と明を  朝鮮も明も  自分と明とで  日本軍なら明の  飛報に接した明の  朝鮮軍は明の  日本は明との  秀吉から明へ  降伏して明の  上を歩いては明かに  人形が明かに  伝説との明かな  變更は明かに  肉眼の明を以て  自然に明かに  こととを明かに  二十一行に現れるは明かに  掲るのみにして明に  のが明  ことが明に  顔は明かに  ことは明かで  樣に明かに  根據は明かに  これまでに明かに  実を明  痕跡が明かに  彼女自身の明かな  夜を明  先見の明が  差別あるを明に  始終を明に  これのみにても明  哲學者はたとひ明  三資格に明  これにて明  話は明かに  様に明かに  窓の明などが  先見の明とも  完全に明を  靴音が明かに  今に至るまで明かに  出所が明かに  社会が明かに  本意を明  事情は明かで  光景ばかりが明かに  障子に明が  三字さえ明かに  光に照らし出された明の  リクと明へと  弟の明の  理由を明かに  意識が明に  戸を明て  底には明かに  確に明かに  内容が明かに  事は明かに  遺憾ながら明かに  俺に対して明かに  手には明かに  場で明かに  頃は明かに  そこで引き倒しては明かに  例は明かに  なつたかを明かに  點を明かに  語義から明かに  禎輔は明かに  中には明かに  名を明かに  私に対して明かに  動機を明かに  行為は明かに  結果に対して明かに  談話さえ明かに  手が明かに  前で起き明  内容を明かに  キヤラコ足袋を穿ちしは明  それを明に  責任を明かに  敵が明かに  可なりに明  彼れは明かに  彼れ明かに  皎として明  西山は明かに  窓が明  名はありませんが明かに  いた事が明かに  方から明が  表情を明かに  人間性に明  機を看るの明を  今でも明かに  文樂座は明かに  口にこそ明かに  阪部が明かに  卑怯さからだと明かに  反応が明かに  事情が明かに  うちに明かに  ここには明かに  廊下は明  真偽を明かに  事のならぬくらい明かに  日は明かに  唇が明かに  消息を明かに  事などによって明かに  生活程度を明かに  ここで明かに  不足を明かに  秘密を明かに  窓掛は明かに  声は明かに  気持は明かに  一晩を明  此大所を見るの明に  前を観るの明とに  態度が明かに  眞理を語り明  喬介は明かに  方で明かに  使者が明かに  心臓は明かに  晝は明かに  避くるに明も  真相を明かに  識り得るの明を  それと明かに  社会科学的分析によって明かに  弁別の明  事は明の  場所が明かに  おぼろげながら明かに  事情を明かに  元史は明の  司馬光や明の  明末に明の  江南の明の  當時もと仕へて居つた明の  蘭人に明が  朝鮮では明の  午前零時から明までの  本名は明かに  所が明に  彼が明に  刑具に就いては明の  唐律は明かに  主張の明  此人に明の  外篇の如きは明かに  異同を明かに  作つた所以を明かに  所屬を明かに  學術が明かに  打算に明かで  此の明かな  要素を明かに  彼は明の  ボイムは明の  奉呈した明の  前面に明の  日光は明かで  区別は明に  それが明かに  工学と明かに  何処から来るかについて明かな  濫読は明かに  目が明  純美としての明  観照的に明  静かな明  文化的価値を明かに  瞳は明かに  ゼッテルベルグは明かに  人物を見分ける明が  お前今夜も明の  関係が明かに  水平線が明  なかを明  人間は煎じて食うべしと明かに  家を明  眼の明を  地蔵にて明  裡に明かに  総てが明かに  自宅では明かに  塩を見るの明が  障子を明  動作は明かに  事理の明か  壺は明の  此は明に  過去とは明に  之を明に  光子に明かに  潔白を明かに  無実を明かに  形の明かに  さを明かに  後者は明かに  すべてが明かに  悦びが明かに  道平は明かに  徳次は明かに  練吉だけは明かに  雄太郎君は明かに  終りには明の  其事を明かに  順逆からいへば明かに  便宜を明に  紙背に徹する明の  節穴かと思う明も  条章に明に  徴して明  責任を明に  紀律を明に  自ら知るの明  知の明  方針の明かな  關係を明かに  條章に明に  清が明に  締りたるは明かに  北京郊外の明の  人を観る明を  右眼が明を  美醜をみわけるの明を  の厭うべきを知って避けるの明が  点が明かに  答を与える明が  察知の明を以て  夫人は明かに  何でも明かに  やうに明かに  その道に明かに  風采が明かに  ニッポン語が明かに  戦いに明の  戦地には明の  これは明の  三の丸大書院を明  赤心を明かに  事実を明に  郷里を明かに  灯の明と  読者にとって明かに  唐紙は明  姓名を明に  頭に明かに  感情が明に  年四十になって明を  肺結核は明かに  事は明に  ことは明に  生活を眺めると明かに  知の明の  なかには明かに  頭から明の  底を明  七日が済んだ明  娘の死んだ明  われわれは明  鏡が明かに  四十八歳で明に  つて物を明かに  人を観る明には  世界を明かに  旗色を明かに  岸まで明かに  中に明が  お前は明に  屋敷を明  特高刑事だと明  事だけを明かに  作者は明かに  今日ならば明かに  故郷へは明かに  家は明  ところを明かに  これ等は明に  心に明かに  分を明に  主義を明に  蛇足として見るだけの明の  竪坑は明  技術にも明  望月大尉の明  ように明かに  光明の明  報道で明かに  今は明かに  先見の明の  つて社会的生理を明かに  事を明に  これを明かに  史家の明かに  ほか日記には明かに  差違は認められているにもかかわらず明かに  ラジオ・シチーの明  光をうけて明  尾部に明かに  一掃する明かな  年季が明  何事も明  返事を明かに  差を明かに  理性の明かな  下に明かに  つて医師にまさりて明  物を見る明を  現し世の明を  余は明かに  人間をみる明の  意志を明かに  今度は明かに  母屋を明  窓の明も  名は明  僧は明の  竹槍は明が  弾丸は明かに  人を見る明が  やつぱり先見の明が  真意が明かに  中で明かに  眼識の明を  方を明かに  足場は明かに  そいつは明  点迄が明に  波動が明かに  一翼は明かに  顔には明に  講和条件は明かに  本には明に  前者は明かに  素人目にも明に  線が明に  論を明かに  是れ明に  院長は明かに  私が明かに  瞬間まで明かに  たねを明  数において明  高張の明が  座は明かに  三つの明かな  経過を明かに  luminevitaeという明  判断の明に  判断の明を  字が明かに  国ならば明かに  ここに明かに  理由は明かに  彼において明かに  歴史性を明かに  息をするまでに明に  物を見るの明を  たるや明かに  特徴を明かに  誤謬を明かに  特質を明かに  博士が明かに  其は明  意味を明かに  現象が明かに  洞察の明が  衰えが明かに  網膜炎に罹って明を  根拠を明に  存在の明かに  歴史的事実を明かに  ものの明かに  全貌が明かに  年月を明に  襖の明  遺憾が明かに  本体が明かに  特色が明かに  点を明かに  義務を明かに  板戸漏る明を  之を以て明かに  いふ語は明かに  香ぐなどゝいふに徴して明かで  人々は明かに  二階を明  ことは明  別を明に  道を明に  男声のは明かに  之を明かに  様子が明かに  一つの明かな  ことに対して明かな  性向は明に  有様が明かに  一端を明かに  光に明かに  中に明かに  内から明  幽かに明の  節穴へ明が  得失を明かに  左右に明  次第を明かに  部下が明かに  真心が明かに  限界すらも明には  否かをも明に  此字に対して明かな  否やを明かに  状態を明かに  者が明かに  必要を明かに  軍部も明に  真相を明に  山陵や明の  物が明の  七九に明の  先見の明に  額が明かに  一人は明かに  二人とも明かに  呪いを招いたのに明かに  支那でも明の  彼國にて明  是先見の明と  心が明かに  名が明の  末路を明に  空虚を明かに  其責を明に  今日でも明かに  想像を明かに  表現は明かに  軽重が明かに  誰れかが明かに  少女は明を  神に似たれば明けむ  文は明かに  それさえ明かに  排斥すべきにあらざるを明かに  場合は明かに  隣室から明かに  爲したるを以て明  得と明  ぱり一目して明に  根方が明かに  幾分か明を  区別が明に  観念が明かに  意識は明かに  柴田は明かに  眼は明かに  安心すべき明かな  常識から明かに  地理を明かに  考を明に  交る抱いて明  卒業した明  別物かを明に  村は明  奉公に出た明  千枝太郎は明  祈祷の明  南方に位せしは明  日數を明  其点は明  自分に明の  嵐の明  分家を明  考察する明に  時には明かに  ものを明かに  道を明かに  目的を明かに  症状は明かに  買主に明  彼の明を以て  ものの明  一点は明かに  座敷を明  眞僞は明  日蔭から呼びたくなるくらい明かに  長蔵さんは明かに  注意だけは明かに  普通なら明かに  数だけは明かに  世界の明  光が明かに  直覚的に明かに  云ふことは明かに  議論を明かに  實は明かには  朧げに明は  顔には明かに  理論として明に  君と明かに  いねがてに明を  相違は明かに  君は明かに  話を引っぱって困らせてやろうと云う明かに  眼には明かに  恭に対して明かに  使用して明と  空もうす明  あとが明  俄かに明  後景が明かに  煌々と明  山道にも明  彼に明かに  下より明に  誰でも明  生活を明  便利で明  文明開化の明  空が明  きっかけにして明  もとに明かに  物やは明かに  内部に明かに  間には明かに  存在を明かに  要求は明かに  ことによって明かに  理由が明かに  言葉は明かに  体験から明かに  大義を明かに  ヘッドライトが明  灯を明  力を明かに  所在を明かに  機を見る明と  推測する明が  戦争のあった明  人数を明かに  皺が明かに  空気が明かに  一歩を進むれば明は  無限大であって明は  いっさいであって明は  字面は明の  花序が明かに  由来を明かに  品は明かに  実例でも明かの  死は明かに  科学的に明かに  区別を明  ためと明かに  スカートに明って  ように明って  気分に明っても  迚も明  否定されなければならないかを明かに  僕は明かに  保田氏は明かに  張允恭は明の  基調を明かに  つて道理は明かに  説は明かに  適用すべきかを明かに  算家毛利重能を明に  鑑賞上には明  興行政策も明に  のは明に  事が明に  傾向は明かに  抱負とを明かに  関係を明かにさえ  程度までに明かに  不正であるという明かな  月が明  室内を明  千世子に明  自分を明かに  頭の明かな  風景が明かに  記憶に明かに  誰という明かな  のち軽蔑を明に  刻堂内の明を  光に明  恋情を明に  先生は明かに  演奏家は明かに  發見して明かに  所は明かに  方針を明に  原因を明に  昼にして明  道に明に  つぎの明  即答はしたが明に  心は明かに  後に明の  唐と明との  実名を明に  本間氏は明かに  特點を明かに  事は言わずと明  男が明  餘計に明かに  ぼんやりと明  範囲を明かに  其等は明かに  外が明  太陽が明  しんが明  空から明  全身は光りにかがやいて明  なんの明  条件を明かに  区別を明かに  ものをも明に  形式が明に  実在が明に  自己自身を明に  デカルトも明に  相違が明に  相違を明に  心眼の明を  それが明に  役割を演じているかを明かに  ことでも明  事蹟の明  条理を明に  原則を明に  科学が明かに  根拠を明かに  論理的基礎を明かに  ものであるべきかを明かに  ものであるかを明かに  可能であるかを明かに  過程を明かに  何であるかを明かに  普遍妥当性を明かに  論理的に明かに  真理性を明かに  形式的に明かに  これが明かに  道徳的と考えられるかが明かに  根本現象を明かに  性質から明かに  基礎を明かに  一部を明かに  五峯といふ明の  ここが明かに  犯人は明かに  擦過傷が明かに  問題を明かに  上に明かに  歴史を見ても明  様が明に  火を観るよりも明  光景は見馴れて明に  大体を明かに  結果が明かに  花咲くだろうという明かな  天下に明に  人を見るの明  石亀に在りしや明  否やもとより明かに  等級を明かに  大国は明かに  区別を明に  鐵砲で明と  何を学ぶべきかを明かに  事実こそは明かに  素姓が明  問ひをもて明かに  我に明  分類を明かに  時代に明の  水路が明かに  姿を明かに  論述の明かに  論述で明かに  別ち明かにすべきを明かに  一般的に明かに  論述で明かで  程度まで明かに  一事實を明かに  根據として明かに  ことが明かで  事態を明かに  所で明かで  歴史的関係を明かに  人々みな世にむかひて明かに  願ひを明  これを明  歸るをえしやは明  性あるをいへるか明  る説なりしやは明  今わが明に  枯松雁苅杙刈薦獵庭苅幡戸辨苅羽田刀辨輕孃子輕島の明の  特色を明かに  功罪を明かに  去就を明かに  典型は明かに  五碼以上を見る明  以上に明かに  増加し得ないという明かな  拡大せんとする明かな  証拠で明かに  心身に明かに  忍耐を明かに  出生は明かに  子供達は明かに  点では明かに  起尽を明かに  自然的理由が明かに  快楽の明かな  経験に対する明かな  先行命題が明かに  結論の明かに  主張の明かに  要求を明かに  スミス博士の明かに  一の明かな  前者が明かに  ところ以上に明かに  身分を明かに  時彼女は明かに  支出が明に  云ふ明  今日迄明  來つた村を潰すに明  某が明に  之は明に  堤防費と明に  世の中に明に  末を見透せし明  前見の明  先見の明を以て  ものであるという明かな  清々と明  初より明に  根據が明かに  虚妄性を明かに  虚無は明かに  批評的に明かに  それ自身としては明かに  ものこそ明かに  推知するには明に  世論によって明に  混迷を明かに  非と明に  吾人は明かに  君火は明を以て  一人が明に  菜穂子や明を  理由がわからないなりにも明の  所長は明の  それが明  孤独そうな明を  一方は明が  頃の明の  家に明の  先に明に  空地は明の  何か明の  のを明は  傍で明が  帰りがけに明は  相手が明  場合に明を  淹れに立ったので明は  ようは明と  事も明には  のは明にだけ  二人は明には  相手の明なんぞの  ような明の  とき露台から明が  何か明に対して  とき素直に明に  旅に明は  自転車で附いて来る明に  息をしていた明の  事に明は  村で明も  かじかの明かに  優劣上下が明かに  要求を較べると明かに  彼らには明かに  形式が明かに  一昼夜詳細に語り明  詩歌として遺っている明かな  正体が明かに  作品ほど明かに  説明を待たずして明  半面が明かに  ものかを明かに  底まで明かに  鈴木三重吉氏であったか明に  曲亭馬琴が明を  時代は明の  仄かではあるが明かに  

~ 明[名詞]2
ちゃんと明  著明  しかるに明  ぱっと明  ぼーっと明  その明  まだ明  いっそう明  ますます明  高く明  悉く明  うす明  この明  実に明  最も明  一層明  涼しい明  もう明  更に明  ぼうっと明  全く明  既に明  世に明  別に明  直に明  疎明  未だ明  いまだ明  こんなに明  あまり明  いよいよ明  初めて明  互に明  たちまち明  むしろ明  甚だ明  清く明  たとい明  あの明  より明  其の明  ほぼ明  なく明  一際明  正しく明  すでに明  すこし明  すこしも明  もっと明  こんな明  太く明  ない明  はた明  詳しく明  あらゆる明  余り明  充分明  よほど明  益々明  余りに明  決して明  もう一度明  頗る明  極めて明  無い明  暗く明  やはり明  かえって明  割合明  もはや明  次第に明  再び明  且つ明  かく明  すっかり明  いくら明  等しい明  もっとも明  それ程明  少し明  美しく明  ちかちか明  白く明  薄く明  やや明  よく明  ぼんやり明  猶明  恰も明  特に明  おのずから明  薄暗き明  まことに明  もう少し明  段々明  はじめて明  たちどころに明  等しく明  大いに明  同じく明  同時に明  最早明  そんな明  殊に明  

複合名詞
明らさま  明澄  明暮  明經道  明法道  つて明經道  明經家  樹明兄  樹明  樹明兄来庵  樹明さん  樹明如来  樹明菩薩  樹明居  樹明老  樹明君  樹明直伝  樹明来  明かに中  樹明赤ちやん  夕づつかけて樹明来  二月廿一日樹明居  やつぱり樹明  大山さん樹明君  明窓淨几  樹明氏  樹明再来  樹明酔来  なごやかな樹明  樹明両君  といつて樹明君  酔樹明  樹明宿直  如く樹明  夕方樹明来  樹明泥酔  樹明徃訪  明店  明早天出立  明中在  午前樹明徃訪  樹明来訪  つて樹明君  明暢清朗  明取り  明允  陳明允  明允公  明珠  明末  浄机明窓  はじめ明  明国出兵  明使沈惟敬  明政府  明使  明暦  明軍  行長等明  明軍死  明軍来  明晢  明晢さ  明識  こと明  亭風雨夜連明  陶淵明柳子厚  詩淵明  陶淵明  淵明  宮川覚明  宮川覚明殿  覚明様  覚明殿  覚明  教主覚明殿  明匠  明遍僧都  その後明遍僧都  観明房  明師  明遍  法印明禅  覚明房長西  爲サザルヲ得ザルヤ明ナリ  晩頭明兼来  明カニ軍事的施設ヲ作リツツアルモノノ如シ  確占スレハ十分我カ目的ヲ達スルコトヲ得ルヤ明ナリトス  藤田明君  明舟町  明珍  対明館  明さん  明年度  製作者黒沢明  明徹  口明  顕明  顕わし明  明鬼上  昆明湖  御船明光丸  明暸  明部屋  明一色  安部晴明  晴明  明話  明ら様  明す  朗明  紫明館  明州府  狂言幕明幕切  事幕明幕切  脇明  至文至明  明州  百千明珠  明す事  何其易簡而明白也  精明  明かに  明巣  慧明  丸岡明君  聖明  星明  神明様  明末清初  杉浦明平  杉浦明平が僕  杉浦明平が私  明応七年十二月三日  皆明  全部明  浄明  明霊  明州福州  北村礼明さん  北村礼明  やう明  改明墨墨  明詔  明帝  高徳才明  明旦  明后ニ従ッテ嬉遊  明暁天  黒澤明  青明  蒼明  焼明  明国  同心岡引目明  明論  主君明公  明亮  七日明  明室  明透  大変明  語り明  明ルイウチニ  昆明  目明草履  臣ガ明ノヨク及ブトコロニ  ボツボツ店明  明麗  明カニス  明ニス  禁スルヲ明カニシタル者  國家ニ對スル獻金トシテ受ケ明カニ其  如キハ明カニ維新革命  註ヨリ推シテ明ナル如ク幾多  明カニスルガタメナリ  男子ガ淫ヲ買フハ明カニ一夫一婦  刑期ニ加算スル等ノコトアルニテ明カナリ  明ラカニス  經由シタルニヨリテ明ナル如ク  承認セザルノミナラズ明ニ其  誓明  最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ  明スル彼等ハ  ヒテ明カニ  日本ハ明カニ英獨  此名ハ其形ニ於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名  經テ始メテ明カニスルヲ得ベキハ  明ナル物ハ石器及ビ土器ナリ  明ニスルノミナラズ  空明  明経博士等  刻明  明貿易  晶明  明夕景  明日山三郎  明所  神田明神下  目明五六人  明勁  明応三年五月  明応  明暦三年正月十八  明暦三年正月十八日  明兆  明初  明版  明ら樣  後日所令風聞彼時刻也これ明  石決明貝  明算  明ッ  明荷  樹明的手法  明むるにあるといふことを  明め  明ら  明史  高木顯明  鵜澤總明  叡明  沈黒江明妃青塚恨  明巣覗  先見明  明暁野村三田村  明家  明以後  これ明  明證  しらしら明  明法房これ  明征伐  つて明  即刻明  守つて明軍  直接明  明側  左丘明  曉明吉原田圃  曉明  夜菅原明朗氏來話  明徹無類  亞ぐものであることは明  弟子明峯素哲歸化僧明極等  中明峯  明極  其外明空  明法  つて一所明取り  一処明採り  明浄  俟タズシテ明了ナルベシ  明樽買  明樽  明樽買い  明日明樽買い  明樽屋さん  峰野義明  明警部  明末四公子  乍ら星明  明皙  火明命  明暦四年  窓明  明処  明晃  明存  やまだ明さ  明庵  伏テ望ムラクハ聖明矜察  同書明応三年六月十二日条  処分明  明応元年十二月二日  明煌々  明君  片倉明  明ちゃん  明兄さん  小松明  明鴉  窮明  明十日  明珍信家  明暦以来  明屋  自ら明  明つて  頃神田明神前  明清  明三日正午  幕明  明くるみづ色  二江明かなり  明かに一人  明暦大火  明后日  雪明  昔天神橋上月明  明析  帶びて明  明瓶  明画風  明墨  眼明  大夫坊覚明  明かに73号  枝山祝允明  允明  斉明  張首明  張首明妻  張首明夫婦  曰く陶淵明  明賞  明吉  明窓  東漢明帝  明帝以後  趙明誠  なほ明末  爾來孔明  明公  謖視二明公一  明かに人肉食用  明清時代  明さま  明かに店  明時代  明灰色  明律  所司明爲二法制一  用明二典則一  明兩律  唐明律  明制  明酒波  これ明史  明季清初  明史藝文志  明鬼篇  明かに一呼吸中  明末一般  明末支那  明末出土以來  明っぱなし  鵜沢総明氏  昆明池  明午  支那明清  明鑒  目明  目明根性  ホンニ目明  心明  芝明舟町  明レ乎一レ物レ物者二レ  明製  明珍何宗  明珍恒男君  火明ら  樹明兄さ  樹明兄来訪  客賓樹明  樹明来信  樹明居徃訪  なり樹明居  樹明居襲撃  樹明帰宅  待明  端明  明暦三年  湖上ぱつと明  明眼  明三日  今明中  明巳  明頭来  明44・2・1  右兵衛尉斉明  明ちや  明ちやん  明がら  明衣  明一日  明早朝  楼上遠山明  明十九日  明門  丸岡明氏宛  丸岡明  明さん訳  澹台滅明  忠誠明識  張胆明目  二条為明  中将為明  督為明  友文学士花明金田一京助君  盲目千人目明一人  高石庸明老人  明六社  明六社中  安富浄明  やよ浄明  明珠八顆都  明克  明眼達識  明暦三年正月  明暦大火の  明暦後  明め居候處  朝朗明  明窓浄几  左大弁資明  せがれ氏明  明中  延明  介延明  明六月二十二日  明教館  明教館以外  講明  源明峠その他  まま明教館  勝田明庵  勝田明庵氏  明別荘  明進軒  明籌不レ可カラレ摸ス  タリ二晦明ニ一  薄ら明  明早々  赤山明神下  資明  資明二卿  賜ハセラル明  明応七年  花明柳  明陽軒  白明  皆天火明命  天照國照天火明命  矢張り天火明命  天火明命  一夜紫明館  明語  明二十五日兵庫合戦  大館氏明  大館左馬助氏明  明弁  度埒明  明清あたり  明國  哉孔明先生  明巣覘い  明箱  硝子明取り  暁明  明暦初年三月半ば  明教堂  明治三十四年一月一日石河幹明  著明  暁明駿馬  明年度以降五カ年総額六億  明応七年五月十八日  明応九年六月下旬  明応九年  明応五年  明応八年四月  日記明応五年四月  明応ごろ  明応四年ごろ玉泉  明応四年  明応元年  明応五年美濃  明応五年正月  明応七年五月  明応二年  明応五年閏二月中旬  その後明応七年二月  明応七年十二月  翌々明応七年十五歳  明応六年  明灯心  千葉胤明翁  長沼守明一人  苦しみ明  明鯛  明将  皆明了  明月来相照  窮明せん  明暮自分  大方明  夜ぁ明げ  本派本願寺二十一代法主明如上人  明如様  後明  後明人事係  明人事係  明渡  明匠出  征明  明皎  花明庵  明六日夜  神明さま  明十四日  賞罰明  静明  明かに調  明珠百斛  明烱  明あか  明かに別  当時明  意明  明決  明日子  雲原明流氏  師匠明流  雲原明流先生  夕づつのかげの明  明っ放し  つて起つた著明  夜ガ明ケテモカマイマセン  明臣  明暦三年江戸大火  明ルイ作家  明がた  面影明  燈火明  麗明  明応年間  明皇花  度々明  明殿あたり  明檜  明鑑  覚明行者  林明斎  明とり  ら明  明荷葛籠  人皇三十一代用明天皇  いちいち論明  ソレカラ忌命ガ明イタカラ  明ケサセテ  發二明其學一者  越用レ明保二愼其身一也  問明  由つて明  祖父明了軒以來西村氏  祖父明了軒  明了軒唯譽深廣連海居士  明了軒  明了軒自身  位明  生死悟明  明座種子  かまた明  明座ッ  明五日  明樽買久八  明菓  柴明館  明氏  明42・7  明燈  明君明相  自ら明暸  忌明  治経明等  玄明  遂高玄明  明皇呼爲半仙戯  霊明  總明  明藤開山  後光明帝崩御  今夜鶏明道明寺  城明渡し  むるものはこれ明  明旦土人  金光明  国金光明四天王護国寺  レ明  明辨  明暮凶事  明六時  明暦二年板貞室  様明  明43・7  明闇天  明イテル内ニ今一便ヨコシテクレヌカ  朱明  其昌贋徴明ナドニ流涎シテ  明刀錢  鈴木伝明  明導  師明導  師匠明導  幼明  張幼明  張幼明さん  論明  明す訳  明歴  以前明進軒  伝明さん  有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ  明二十五日  明動  高明  一筋明らさま  明ケテ行カバ君ガ名ハアレド  崔明洙  明渡し  明十一日梅吉納会  明がらす  家元明がらす  明二十六日  明緑花  永明年間  永明體  韓方明  韓方明一人  明かに使つて  角韓方明  鈴木伝明一行  思想上明  事明  森華明  明竹  松平明矩  明42・2  勅日本國王主明樂美御徳  程明  明かな差  明朝吹込み  岸井明  時明  江戸城明渡し  うち明  明十五日  その他明  陶淵明先生  白井明先生  端明殿学士  明州昌国  明判官  明孝陵  明門院  明暮子良  明かに三  明机  その後明暦三年  凶明暦二年  明応年中  リナルコト明カナリ  明六社雑誌  明二十日  明碧色  笠神明  明様  氷垣明吉  明珍長門家政作  明珍長門家政  明時代頃  明珍さん  国家ニ尽ス所タルヤ明カナリ  明先  浄明院石占寺  意識上明  評論家李明植  李明植  明菓あたり  昨夜明菓  桃花源記ハ陶淵明ガ己レ  斉明三天皇  ことわれなほ明  明めたま  明截的確  明著  汝なほ明  みな明  なほ明  説キ明シテ塗板  明了  理由明  別ち明  火明  明かに所謂近代劇運動  先づ明  場合明  詩人陶淵明  明衡  金光明経  明清以後  宿明  明碧  厄年明  明らけし  顕明界  陰明門  埒明的合祀  こと明らけし  明二十三日  専門家的明識  事實上明  明状  簡最明  都築明  とき都築明  数年前明  明自身  いま頃明  いま明  間じゅう明  明風建築  みずから明  外川明氏  磐梯明神田植絵巻  明夕  明すか  明応何年  明応文亀年間  明応文亀  其間経路有二極難レ明者一  明暦元年  本郷區臺町二十七番地鳳明館中川芳太郎  明十二日午前八時当地出発  



前後の言葉をピックアップ
  章太郎    明りょう            


動詞をランダムでピックアップ
へりすりつぶし噛みころす縛り上げる見とれ聞きだし乗り通すたけりたっさぐりあいそそら持ち越す慣らそ冲する撃っしりぞかしきら呼び叫ぶ持と打ち砕こ降せ
形容詞をランダムでピックアップ
荒々しかっ浅黒き物足りない生臭い肌寒かっさわがしかっ臭く聞きづらやかましくっ蒼う青っぽくあまねきわかり易から薄い似あわしから目ざましかっあつけれ果てしなきむさ罪深き