「遺」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 遺[動詞]
氏族制度の尚遺  太閤の遺  一大巨人棲居したる遺  記憶に遺  旧臣の遺  つて其の遺  詩が遺  父母の遺  候とも遺  釈迦の遺  廟所と決めては遺  様式の遺  敵を眺めた遺  今日迄遺  其今日に遺  ものの遺  人骨の遺  自分に多少遺  一卷が遺  夫の遺  もの、愛らしく賢き遺  物を遺  尠からざる贈遺  ポケツトからとりに遺  形式の遺  弘経を遺  淳和上皇が遺  彦皇子が遺  上皇の遺  亭主が遺  蛮風がいくらでも遺  道に遺  環状石群の遺  地方に遺  旨、被遺  詩人の遺  語頭にひこの遺  稱して遺  恩人の遺  大正文学の遺  殿堂の遺  故人の遺  公納堂の遺  是其旧所の遺  玄徳の遺  姦奄の遺  松崎大尉の遺  未亡人や遺  中に其の遺  頭に最も解し易く遺  前、遺  葬式に際しては、遺  後宇多天皇の御遺  ことを御遺  高祖の遺  孤を託すぞと、親しく遺  辺が遺  孔明の遺  先帝の遺  経書、遺  彼の遺  唯一の遺  如水の遺  寺だけが遺  前生人からの遺  すべてを遺  深見さんの遺  深見先生の遺  江戸の遺  人種病が遺  執念ぶかく遺  本月九日芝増上寺にて遺  話、またはいろいろの遺  話が遺  ままに遺  ためにも、遺  千秋のうらみ遺  之に、遺  大師の遺  恩師惠果阿闍梨の遺  下には遺  艶の遺  石坊が遺  私にも遺  我が家の遺  天籟の遺  弟クリストフの遺  まま頂上に遺  禮拜堂が遺  風も多少遺  日本に遺  目録學の遺  粹に遺  則無遺  捕縛して遺  ぢに遺  氣違ひの遺  家祖の遺  遠祖の遺  亡父の遺  ような遺  類はいまだに遺  豊臣秀吉の遺  今日まで遺  質屋に遺  帝政論派の遺  眼前に見ながら、その遺  親の遺  普通の遺  晩鍋久へ行って、ちっとばかり小遺  蝦夷族の遺  古語の遺  ひとり懐良親王に、遺  悲報と遺  喪は遺  のも又遺  臨終の遺  後世、この遺  太刀用脚等の贈遺  十太夫に遺  これらの遺  目的を遺  性質を遺  のは頗る遺  小田原北条の遺  石器時代以来そのまま各地に遺  詩を遺  何とかいふ遺  前時代の遺  ようにと遺  雲の遺  学問があるのでいささか遺  難破者が遺  英雄の遺  後世に遺  稿をつぎて、遺  記憶として遺  後に遺  一緒に遺  化って遺  虚誕のごとく聞えるが、遺  琉球に遺  牲した遺  鶏卵を食い相贈遺  法相三論の遺  三十歳ならずに死す、遺  方法の遺  山だけ白く遺  一人としてその遺  二葉亭の遺  三山の遺  何處かに遺  全部は遺  法に遺  所の、その遺  古語が遺  書物に、遺  ものに遺  意義の遺  國交に遺  名家の遺  重臣の遺  問題を遺  題というが、遺  例の遺  金の元遺  から、元遺  雅号の元遺  ここでは元遺  それらの遺  後に撰び、遺  橋桁が遺  五重の塔が遺  現代近くまで遺  生物が必ずいるに遺  部屋に遺  一隅に遺  力は遺  力が遺  力の遺  後々まで遺  形は遺  今も遺  遺物化して遺  形が遺  処のみ遺  語が、遺  農家に遺  訛などが遺  一家ノ遺  迎ひに遺  ルターの遺  先帝の御遺  課長の遺  弟が死んで遺  死人の遺  太閤さまの遺  差別待遇は、永く取り遺  購ツて遺  痕が遺  殺し尽すべし、遺  生活經驗を遺  家に遺  其陋醜を遺  種々の遺  優勝なる遺  貞女の遺  将軍の遺  友人に遺  宝物として遺  此處に又其の遺  方面計遺  排星運動の遺  師僧般陀羅の遺  血液を遺  ものにして遺  人々個々の遺  惡血を遺  體質を遺  可き遺  熏染、遺  傳又遺  太陰土が後れて遺  食物の遺  部分に遺  娘に遺  徳川時代の遺  各地に遺  その後数代を経てもこの遺  古代が遺  野性を深く遺  不運を悲しみ、遺  草稿が遺  記録に遺  小書として遺  ことを万遺  失二威於東土一、遺  古老の遺  其形が遺  東照宮の遺  国事に与りし遺  作つた詩などが遺  それから書も遺  大阪に遺  池田に遺  國に遺  如来の遺  古代生活様式の、遺  此等の遺  骨髓に遺  文献に遺  纔かに遺  固定して遺  文学語としては遺  事蹟や遺  蒼海の遺  少数の遺  場所に、比較的のんびりと遺  人間の遺  藝術家氣質が、遺  ジャコバン倶楽部の遺  結合して、遺  なごりが、沢山遺  今日に遺  言行までは詳しく遺  いふ話も遺  別墅の遺  傳の遺  義を遺  



前後の言葉をピックアップ
野毛  野下  のこ  ノコ    能古  ノコウダカ  のこぎり  ノコギリクワガタ  鋸山


動詞をランダムでピックアップ
吊りあがっ薄らご引き返すあてよひっ付い思い切れよやっかみ為されぬがせるあげろ拭いけそ申し出でろ打ちすえのりだす召出さ穿ち引っ担ぎしわめとりつくろお
形容詞をランダムでピックアップ
あだっぽくやむを得ない程遠からよろしくくす濃く赤黒息ぐるしくどいおびただしき明からうとうとし角々し太し黒からかがやかしき明るかろ花々し雄々しきめずらしい