「美代」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

美代[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
美代は床へはいったが  美代がいった  美代はしみじみといった  美代はうれしそうにいった  美代もともに火をたきつけた  美代はいせい  美代はわらっていった  美代は女手一つでわずかばかりの豆腐をつくり  美代の腕をとって  美代はそれをこばんだ  美代は毎日薬を飲む  美代はそんな事は知りませんが  美代が居るから  美代を蠣殻町まで一人で帰す  美代を先へ帰して置いて  美代が旦那を持ってから  美代にも隠し置いたから  美代は知りませんから  美代が火鉢に沢山火を取りまして  美代が側に床を並べて寝ていた  美代を賣  美代が賣られて行く  美代がはひつて行く  美代が階段を走り上る  美代が土瓶と飯茶碗とを持ってはいって来た  美代は茶碗に水を注ぎ満たした  美代は茶碗を取って  美代はすぐに眼を伏せて  美代は前掛けの端を噛んでいた  美代は布団を軽く叩いてやりながら言った  美代の顔には血の気がいっぱい上がっていた  美代は縁側に弥平爺を見送った  美代に言っていた  美代のために言い残して帰って行った  美代が隣の風呂から帰って来た  美代を起こす  美代はこう言って  美代はすぐ囲炉裏端へ引き返した  美代の持って来た  美代は自分の手拭いを四つに折って敷いてやった  美代の身の上を哀れに思うよりも  美代を失った  美代もすっかりおじけたちまして  美代のふたりをかたりかどわかす  美代と申します  美代の顔だちは  美代といって  美代に名ざして  美代になっていた  美代は昼日中主人とふざけている  美代は笑いを押しもどす  美代のまえにすわった  美代へすぐ眼を返して  美代とおしんをつれて  美代をかかえている  美代が左右から磯五に取りすがって  美代と三人がいっしょにお駒ちゃんを見つけて  美代がおれを殺そうとしている  美代にかぶりついて行った  美代にがっしとおさえられて  美代とか申す  美代の方は高等小学を終ったばかり  美代はますますすり寄ってきた  美代の方をみた  美代の手に渡した  美代の方に目配せすると  美代は上をみあげて  美代が云うと  美代はソッとあたりの草叢を見まわした  美代はじれったくなって  美代が泣きださんばかりの  美代の声が聞えてきた  美代が真青になって  美代が止める  美代はハッと胸を衝かれた  美代は叫んだが  美代は必死に呼ばわった  美代の方に近づいてくる  美代の死にもの狂いの勢いに辟易した  美代は決心をして  美代は目星をつけて置いた  美代は雑草の中に落ちていた  美代は急に恐ろしくなった  美代の恐怖は二倍にも三倍にも強くなった  美代は一声悲鳴をあげるなり  美代の姿が木立の向うに見えなくなって  美代の助けを求める  美代と武夫をめぐる  美代の方は恐ろしいことをよく知っている  美代や武夫がこんなことをしでかした  美代は目をパチクリしながら  美代はハッと気がついた  美代の抱いて来た  美代は重なる  美代の妹はどこまで匍っていった  美代と大隅学士との背後に突如として起った  美代の妹が嬉々として丘の上まで匍ってゆく  美代と大隅学士とを驚かした  美代の妹の代志子であることを知らぬ  美代も先生の声を聞きつけて起きて来ましたよ  美代といふ女中がそれを持つて  美代は勇敢に押してはいつた  美代は赤く透いた  美代がその一尾をさして  美代がまぜつ返す  美代の前面がぴんと張りひろげられ  美代は気づかない  美代の存在を間ぢかに意識する  美代は何も知らずに  美代は身軽に尻はしよりをして  美代も入れて  美代はまた鶩追ひつつ  美代の病気をなおしたい  美代に対する感謝の念は薄らがぬ  美代が病人のさしずを聞いて  美代を困らせる  美代がなだめている  美代がすかしなだめて  美代と二人でよこせば  

~ 美代[名詞]1
男かへせし美代は  のが美代という  余と美代を  のを美代が  

~ 美代[名詞]2
とお美代  この美代  

複合名詞
美代ちゃん  ア美代ちゃん  美代ちゃん今日  代り美代ちゃん  毎度美代ちゃん  美代ちゃん大変  美代ちゃん宅  今美代ちゃん  師匠美代ちゃん  美代お前  人物周蔵周一兼子美代医師宮下東京  美代ちやん  娘美代  美代姉  美代助  美代公  美代さん  美代坊  石田美代事  石井美代さん  



前後の言葉をピックアップ
見よ  見よう  見好  みよ  見よ  御世  視よ  妃世  看よ  御代


動詞をランダムでピックアップ
抑え込も匂わさぬりつけぬらつい誇れる天下っ拐わ参らせよ終んしみとおりつとめる探し出し誤ら噛みわけるさわぐ啀み合い読み切る賜わ染めるかしゃ
形容詞をランダムでピックアップ
ゆかし少からすごき睦まじ遠かろ浅ますくなかっさみしく暖かいまましき好もしゅう不味けりゃはやいわびしあやうい柔か罪深き床しけれ清清しく