「あらし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あらし[動詞]
ここに住みあらし  膳をあらし  喫いあらし  食ひあらし  浪最もあらし  人参畠をあらし  ことなく、たべあらし  格子をあらし  銀座をあらし  粟をあらし  中をあらし  西風に伴われてあらし  台所をあらし  下町をあらし  江戸じゅうをあらし  下谷神田をあらし  墓をたびたびあらし  墓場をあらし  泥水と、さんざんに踏みあらし  船をあらし  町家をあらし  二十余軒をあらし  旗本屋敷をあらし  寺をあらし  中まであらし  青海原沖さけ見ればあらし  倉をあらし  同僚の住みあらし  領域を踏みあらし  地方をあらし  漁場をあらし  カリカリ音をさせて喰いあらし  片っ端から喰いあらし  じろう森黒くあらし  舌をあらし  江戸をあらし  山田をあらし  墓をあらし  肴はあらし  人もあらし  田畑をあらし  自分の食べあらし  

形容詞

~ あらし[形容詞]
のものあらし  翳あらし  野あらし  風浪あらし  白昼あらし  風あらし  小夜あらし  

~ あらし[形容詞]

あらし[形容詞]
あらしいかづち  

名詞

あらし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あらしなどの時にまたはがれて  あらしのごとく突出してくる  あらしのやうにこまかにこまかにふるへる  あらしに変わって  あらしをまろめ愛のさもわるに烏龍茶をかなしまし  あらしに似たり  あらしになって  あらしがぱったりやみますと  あらしも吹けよ  あらしに打たれる  あらしになりました  あらしとなりました  あらしの海で船のマストに登って  あらしのやうにそのあとのことなど問ふな  あらしも何も打ちわすれて  あらしが何處かをいまとほる  あらしを忍べはらめる  あらしのわすれていつた  あらしをしのべおんみは  あらしに似て  あらしの侵入を防ぐという  あらしがガラスを吹きやぶって  あらしがあった  あらしを予告していた  あらしが来かけると  あらしの音だとおもっていました  あらしになり  あらしもやみました  あらしのやうな勢をもつて  あらしは収まって  あらしを呼んで  あらしがやって来ました  あらしをよける  あらしがやって来た  あらしにあって  あらしのせいかと思って聞いてみると  あらしのように男の五体をさいなむらしく  あらしが起こった  あらしのむれが  あらしは気勢を加えて  あらしの中にわれとわが身をさいなみながら  あらしのために電線に故障ができたと見えて  あらしはしかしいつのまにか凪ぎてしまって  あらしのような狂暴な威力を示した  あらしの前のような暗い徴候を現わし出して  あらしの前のそよ風のようにどこともなく姿をひそめてしまっていた  あらしのように汗と動悸で燃えながら  あらしはますますつのる  あらしのなかからいひ知れぬ  あらしが続く  あらしの名残をとめた  あらしがだんごのような雪をふきつけて  あらしをはっきりと現していた  あらしに蒲団の襟をひきかぶった  あらしがどんどん来かけていた  あらしの来るまえに  あらしの起こるまえに  あらしに追われて  あらしの大海原へおっぽりだしてやるから  あらしの名残の雲がきれ  あらしにどうなった  あらしのように飛び  あらしにもならないで  あらしの中に一夜を待つ  あらしの如き人間の狂気じみた  あらしが吹いた  あらしのような闇騒が起っていた  あらしは過ぎたかもしれません  あらしの前の静けさのように身ゆるぎもせず  あらしのように鳴りひびいて来ます  あらしのような拍手が起こりました  あらしの下を馳ける松明の火が頻りに見られた  あらしの夜に会った  あらしの外には措かれまい  あらしの先駆に似た  あらしは過ぎたものの  あらしの外にいる  あらしとの話を比べて見ると  あらしの吠えに似た  あらしのようにわき  あらしとなって  あらしの祟りも  あらしのあった  あらしのやうな夜など續いた  あらしに傷みつくして  あらしが荒れまくっていた  あらしの中に帰りじたくをした  あらしの間にも大砲のような音が船まで聞こえて来た  あらしに吹きちぎられた  あらしあるとみえて  あらしも寄せつけまいぞ  あらしとなるか  あらしになびいて  あらしをながめて  あらしがふきすさみます  あらしが音楽をかなでて  あらしになった  あらしのなかに落ちゆく  あらしのなかに沈んでいった  あらしにまよふ  あらしにおそわれました  あらしとたたかいました  あらしにもまれてこわれた  あらしの時代を生きていかなければならないと  あらしにもたちむかい  あらしのようにひっかきまわしました  あらしに吹きあらされ  あらしが吹き去った  あらしと言ひて  あらしの音をきいていると  あらしのやむまで  あらしはとうにやんで  あらしのふく  あらしのごとき音楽次第におだやかになり  あらしの物音の中に流れ込む  あらしが吹いて  あらしがしずまって  あらしを冒して  あらしのくる  あらしの声が来る  あらしを迎えた  あらしが去つて  あらしがおさまると  あらしの雲は湧いて来なかった  あらしに吹かれる  あらしの中に日が暮れた  あらしに一変した  あらしは翌日も勢いはおとろえない  あらしに急変した  あらしの前兆をつげる  あらしをおかして  あらしは吹き荒れていた  あらしがみるみるうちに近づいている  あらしの進み  あらしが進んできて  あらしがひどくなり  あらしを見守りながら  あらしに波立つ  あらしのようにゴウゴウ鳴った  あらしに山の雷と来  あらしは今遠方にありて  あらしに吹かれて飛ぶ  あらしのように通りすぎた  あらしよりせめても魂のよき匂ひつ  あらしが来たり  あらしを食った  あらしと雪の時節を経なければならない  あらしわが翼空の大うみ  あらしははげし  あらしに呼ぶ  あらしにまじる  あらしのうちに樂を聞きあら  あらし耀き風てりて  あらしつらければかざしの花の露のごと脆く碎けて  あらしにさまさせて  あらしを蹴りて  あらしの音に驚けば  あらしのやまん  あらしは叫び雲は散り  あらし吹く波間にうきし  あらしは凪ぎてゐました  あらしのために吹き消された  あらしもよいの天気だとは言わない  あらしが吹きまく  あらしとなどを帰化民団と見ずに  あらしではありませんでした  あらしに吹かれていた  あらしがあるなどと嚇す  あらしの中を黒合羽着た  あらしがくるといふ  あらしはつづきました  あらしにあつたりした  

~ あらし[名詞]1
気魄があらしの  肩があらしの  臭気のあらし  あしうらぞあらしを  ら木の葉吹くあらしに  木でもけちらしてあらしの  かすかになびいてゐるあらしが  あらしあらしを思へあらしを  のだあらしの  雨やあらしの  冬のあらしが  ファナチシズムのあらしは  ようなあらしの  力があらしの  レビューのあらしが  顔にはたぎって走るあらしの  戸外のあらしは  葉子はあらしの  倉地はあらしの  関係もあらしの  のかあらし  花のあらしの  よはのあらしに  中のあらしを  峰のあらしに  アルキシーはあらしの  騎兵があらしに  一陣のあらしの  喝采のあらしが  これであらしは  とき吹き荒れたあらしの  見物席からはあらしの  野獣の吠えるあらし  去年のあらしの  棟もあらしの  小夜のあらしは  風説のあらしの  狂気のあらし  声があらしの  虚空のあらし  楽のあらしと  拍手のあらし  花にあらしの  ストライキのあらしの  剣のあらしの  無限無数のあらしの  桜もあらしに  四吹きしきるあらし  先途とあらしが  君はあらしの  時あらしだあらし  風もあらしも  混乱のあらしの  砂漠のあらしに  生命のあらしを  森ごとふきたおすほどのあらしが  いまがあらしの  山松のあらしの  人もあらしに  悪評のあらしにも  家中をあらしの  不吉なあらしに  外にすさぶあらしの  雨とのあらし  ヒュッーというあらしの  湖にあらしを  喜びのあらしが  顔にもあらしの  夜中にあらしの  流浪のあらしは  難破させたあらしの  暗やみとあらしが  ろしいあらしを  雨やあらしが  湖水があらしに  眺むればあらしは  桜ちりにけりあらしも  狂ふまどひのあらしより  二度のあらしを  無限のあらし  ところ獅子のあらしに  恨さへあらしに  世のあらし  隈もなかるべくあらし  實のあらし  磯のあらしに  鐵馬アルベラのあらしを  雨とあらしの  我世のあらし  吹送るあらしの  そび入りてあらしは  浮世のあらし  袖にあらしは  ようなあらしでは  のはあらしの  永劫にあらしが  いまにあらしが  海であらしに  

~ あらし[名詞]2
たちまちあらし  すさまじいあらし  やがてあらし  殊にあらし  ひどいあらし  恐ろしいあらし  もうあらし  やはりあらし  おそろしいあらし  強いあらし  一寸あらし  大したあらし  このあらし  まるであらし  激しいあらし  つらきあらし  あらきあらし  大きなあらし  あのあらし  はげしいあらし  

複合名詞
品位あらしむる作品  あらし此処  あらし此處  あらしあらししだれ  むるかあらし  夜あらし  佐渡あらしならい  規則あらしむるはすなわち心事  活計あらしむるときは  思いあらしむる  みんなあらし  あらし山雨  山あらし  あらしあらし  つたあらしあらし  所あらし  雪あらし  の壮事あらしむる也  意義あらしむるものと云  青あらし  光輝あらしむる  墓あらし  墓場あらし  皆あらし  野あらし  時あらし  光栄あらしむることにのみ役  光栄あらしむるために  光栄あらしむる戦い  あらし颶風  一夜あらし  ところあらしむる  御鷹場あらし  畑あらし  あたりあらし  観あらしむる  前夜あらし  幾千里あらし  あらきあらし  あらし叫び  波怒りあらし狂  鐵馬あらし  あらし吹  夜半あらし  夕あらし寄  こんどあらし  浪あらし  秋あらし  



前後の言葉をピックアップ
荒崎  新里  荒沢  荒沢岳  荒澤  あらし  荒し  荒し回り  粗し  


動詞をランダムでピックアップ
嫁げまいろおとろえるならばすり替え省か生き抜くおどりかかりすりむける立ち上がらにじまいかれよ濁す碎ける持ちかえり生き残っ刈りダブる臨むまぎらわせる
形容詞をランダムでピックアップ
あつきたけだけしく厚く小気味よせちがらくうとかっあつう口汚重たく敢なく福福しく手強きこげくさいだだっぴろく麗々しかっなみだぐましいよけれうずたかきうらやましき遠かっ