「締め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 締め[動詞]
ネクタイで締め  帯を締め  雨戸を締め  襖をがたぴしと締め  伊達卷きを締め  帶を締め  上から前垂れを締め  梵天帯を締め  帯をしどけなく締め  献上博多を締め  バンドを締め  シゴキを締め  掛を締め  戸を締め  赤帯を締め  草鞋を締め  それからぴたりと締め  障子を締め  引戸を開けて、ぴしゃりと締め  袂ごと胸高に締め  戸も締め  抹額を締め  手ばかり固くにぎり締め  戸をピタッと締め  雨戸が締め  口を以て締め  元結いを締め  ように締め  鍵を締め  紐を締め  首を締め  外から戸をばったり締め  ところで締め  バンドで締め  結びを締め  辺で少しく締め  締金で締め  一つ気を締め  喉を締め  気を締め  色糸で巻き締め  行李を締め  三尺帯をぐるぐる締め  バンド代りに締め  咽首を締め  咽喉を締め  窓を締め  大門をしっかり締め  帯だけを締め  後ろ手に締め  脚絆を締め  兵児帯を探し出して締め  兵児帯を締め  笑いに巻き締め  字に締め  口を締め  瓢箪になるほど締め  多勢かかって締め  胸高に締め  蜂は締め  最初に締め  手綱を締め  弦に締め  唇を締め  きりつと締め  三尺帶を締め  緒を締め  上帯を締め  扉が締め  眼八、時々ジリジリと締め  腹巻を固く締め  丸帯が締め  板戸を締め  帯などを締め  扱などを締め  三尺を締め  から戸を締め  硝子戸を締め  向うまで行ったら締め  ようにして締め  エプロンを締め  ボルトで締め  足を踏みかえて締め  糸を締め  通りに締め  扉を締め  扉も締め  嚴重に締め  すつかり締め  外から開けたり締め  宵から雨戸を締め  内から締め  雨戸もしつかり締め  内から嚴重に締め  釘は締め  念入りに締め  外から雨戸を締め  先づ戸を締め  あとを締め  革帯を締め  腹を締め  頸でも締め  際も、いったん締め  唇を咬み締め  方へ締め  伊達巻をきちんと締め  口をもって締め  戸をひどく締め  今私が締め  扉をぴしりと締め  鞋を締め  から、締め  障子を荒あらしく締め  吹きつけられて、喰い締め  兵児帯をだらりと締め  扱を締め  ふんどしを締め  女帯を締め  格子を締め  手の甲へ捲き締め  ちょっとここで締め  ょっくら草鞋を締め  滅多捲きに捲き締め  ここも締め  腰紐を締め  監守が締め  門を締め  おとなも締め  ぼくを締め  だらしなく締め  紐を少し緩めたり、強く締め  下帯を締め  上等帯を締め  八王子博多を締め  格子をぴしゃりと締め  一重帯を締め  首へ巻き付けて、締め  今度来たら締め  三尺帯を締め  窓でも締め  後をぴったり締め  跡をぴったり締め  角帯を締め  ギューと掴み締め  帯締めをキリキリと締め  手拭で力一杯に締め  帯をぐっと締め  帯革は締め  扉を固く締め  時雪の締め  腰に締め  平ぐけを締め  内部からしっかりと締め  つて伊達巻を締め  艇長はしっかりと締め  娘を締め  尻高に締め  戸をしつかり締め  扉を一旦締め  褌を締め  自分で締め  近さんに締め  雨戸も締め  潜戸を締めてしまったが、締め  角帯などを締め  門は締め  から縄を締め  真中を締め  店を締め  二階を締め  ためか、締め  首筋を締め  目に締め  兎を締め  擁き締め  ブレーキを締め  キュッと締め  自分の締め  障子が締め  木戸を締め  手丈夫に締め  思つては泣き、締め  結び目を辷らして締め  元通りに締め  玄関を締め  喉まで締め  内から戸を締め  バタリと締め  急に締め  戸はよく締め  唇をうんと喰い締め  衣を締め  胸を締め  若い奴に締め  頸部を締め  頸を締め  ガチャと締め  襖もぴったり締め  程度まで締め  バタバタと締め  今まで締め  あたりへ締め  まり喉を締め  扇子を、ピタリと締め  それは、しっかりと巻き締め  しごき帯を締め  兵子帯を締め  素性とか、きちんと締め  後を締め  咽喉でも締め  帯を高く締め  娘さんだって帯はゆったりとひくく締め  のを締め  隙間もなく締め  戸はすっかり締め  戸だけは締め  歯を喰い締め  閂を締め  代りに締め  前掛けも締め  一室を締め  母まで締め  博多織を締め  金助を締め  時分、締め  ネクタイを締め  人間を締め  胴を締め  羽掻に締め  以前ほど強くは締め  グルグルに締め  幕を締め  根を締め  そのまま障子を締め  脈の通わなくなるほどに強く締め  通はなくなるほどに強く締め  グイと締め  シャリ戸を締め  膝をついて締め  ひもを締め  心を締め  アまだ締め  のではいけません、締め  戸があいて、そうして同時に締め  確かに締め  すきに締め  硝子戸をぴしゃりと締め  それで締め  のか、締め  戸を開けたり締め  戸を荒々しく締め  指で締め  伊達巻で締めるだけ締め  戸が締め  威佩楯になっている、こうはいて、こう締め  首をひねって締め  しごきを締め  びを締め  頬かむりを締め  鼻緒で締め  鳥渡帯を締め  大門を締め  蜘蛛の糸で締め  ここを締め  必死で締め  籠を煮締め  ゆっくり帯を締め  献上博多をきゅっと締め  馬鹿野郎、締め  箍に掛けられて締め  手拭いで締め  坊主を締め  ようにスーッと締め  腹部をがっちりと締め  帯が締め  襖を締め  胴中をギュッと締め  腹帯を締め  襟をつかんで、ぐいと締め  場を締め  端を、ぎゅっと結んで締め  帶も締め  帯も締め  たかた締め  入口を、しっかり締め  如くは無しですから、もうすっかり締め  出入口をぴったりと締め  すべて抜かりなく締め  ようによっては、締め  のでもなければ、締め  硝子戸が締め  力でどうにもならぬほど、締め  端を折返して、いつも締め  仮りにすっかり締め  コックを締め  仮りに締め  シッカリと締め  後も締め  胴体を締め  力を入れて、締め  帯もゆるくおおように締め  絃を締め  ボタンを締め  吭を締め  いかほど胸高に締め  唐縮緬を締め  丸帯を締め  自己が締め  裳を締め  みんな雨戸を締め  扉は締め  礑と締め  扮粧とおもふに、しごいて締め  十字に締め  機関を締め  障子をカチンと締め  逆さまに締め  帶なぞ締め  その後を締め  世の中は締め  匂いで締め  兵児帯などを締め  板戸をぴったり締め  防火扉をみるみる締め  鉄扉を締め  防火扉を締め  つまり防火扉は締め  そもそも防火扉の締め  防火扉の締め  餌食を卷き締め  高手小手に締め  鷄を締め  童顔をひき締め  閉づれど戸を締め  前垂れで締め  音をさせて締め  雨戸は空しく締め  男達は締め  それを締め  蜘蛛の糸が絡みまとめて、そろそろ、そろそろそのしぼりを締め  吸口まで滲み出して来ると、締め  平気で締め  こおびを締め  調子を締め  ッかりいだき締め  ドアを締め  内から金網戸を締め  金網戸を締め  とこしえに締め  ノールウェ・バンドをかたく締め  紐で締め  奴あ、ギュッと巻き締め  腹合せ帯を締め  一つ一つ枠架を喰い締め  早や締め  止め金を締め  後方からグッと締め  黒ネクタイを締め  纜を締め  ねじを締め  まま細帯も締め  脚を締め  緊き締め  前下りに締め  腕で締め  腹巻を締め  緩みは締め  味い締め  木戸をしっかり締め  宵に締め  パタンと締め  ネジを締め  一締めに締め  蓋を締め  頃にも締め  うちに、はたりと締め  細紐を締め  最後を締め  つて戸を締め  扱帯を締め  口をしっかり締め  腹合わせ帯を締め  前掛けでも締め  しずかに締め  戸口は締め  雲斎織で巻き締め  跡を締め  二三度鉢巻を締め  鉢巻を締め  段をつけて締め  釉薬を施さず焼締め  皆戸を締め  さうに、きりきりと締め  戸をお締め  四角に締め  こいつは締め  父親が締め  カセにして締め  人死は締め  奥歯を強く咬み締め  腰下りに締め  人手を借ずに手ばしこく締め  あらはに成りて締め  能口を締め  喉は締め  うちから戸を締め  奥からは締め  元結に締め  俺を取り巻いて、やんわりと締め  如くに締め  大堰堤で締め  帯なぞ締め  まりしっかり締め  あとからストキによって締め  帶をきちんと締め  わらじを締め  いくら江戸錦を締め  三人に対して締め  とおりピシリと締め  んだから、あっさり締め  野郎を締め  バンバンと締め  しまゆの女を締め  浪人者を締め  なにね、こうなりゃもう締め  野郎どもを締め  あっしが締め  ねこ伝親分を締め  子分どもを締め  駕籠かきどもを締め  これを締め  伝六が締め  蘭しごきを締め  帯でも締め  おやじを締め  草香流片手締めで締め  親子をいくら締め  登場人物は締め  身を締め  ように、早く締め  駒を締め  糸をかき締め  頤を締め  止血帯を締め  ガチンと締め  褌も締め  椴子のまわしを締め  頸を強く締め  細帯を締め  神経を張り締め  首が締め  結目を締め  帯は締め  縄帯でも締め  兵古帯などを締め  脣で小さく食い締め  前に締め  夏帯を締め  加減に締め  首でも締め  縞ネクタイを締め  看病人の締め  箱は締め  そのまま彼を締めて締めて締め  紐をきつく締め  まわりに締め  あとをピッタリと締め  元結を締め  紅帯を締め  蹈み締め  馬を締め  木綿帯を締め  妾が締め  下に締め  人馬を買い締め  そいつを締め  沖でみっしりと締め  いま入口を締め  手綱を緩めたり締め  格子戸を開け、締め  外側から内側に締め  白で締め  画面を締め  さで締め  己から往くぞ、もう締め  緒を固く締め  帯ばかり締め  皮帯を締め  くびれは痛いほど、きゅっと締め  蝶の締め  目を封じ去り締め  赤ネクタイを締め  とおりに締め  横になったが、いきなり飛び起きて、締め  扉を仮に締め  手に入れながら締め  キリリと締め  潜戸を締め  

名詞

締め[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
締めにかかっていた  締めにされた  締めのタイミングを誤ると  締め小さい洋傘を持て這入て来ました  締めなどした  締めなきやならない  締めきつてしまひます  締めきつてある  締め上げてしまうに限る  締めして歩いていた  締め忘れた茶箪笥の上と下の棚から二匹がとぼけた  締めの足りない  締めに出た  締め合わせたとなると  締めにされていた  締めから脱け出  締め上げている  締め上げていた  締めにして  締めにされて  締めにした  締めにしている  締めにしていた  締め忘れた窓のカーテンを引き  締めと云う  締め居りたるものと推定す  締め上げられた  締めやがった  締めにかかると  締めになれば  締めな体つきをながめて  締め上げて入れまいと争ったが  締め込まれている  締めに立った  締め込んでいるので  締め歩む姿がありゃ  締めにいった  締め上げてやりなさるが  締め着けている  締め抑えた清秀な気分があった  締めにかかった  締め返してやろうとした  締め残してあった  締めになりました  締めにかかる  締め上げられてしまいました  締めかえて出てくると  締めきられた  締め附けたりして  締め上げるときゆつと鳴る  締めにして来るので  締め忘れた露次に身をひそめて  締め合わせられる  

~ 締め[名詞]1
中へ締め  戸を締めに  羽がい締めに  コックリと締め  帯を締め  丸帯を締め  衿糸を締めなど  齒で締め  誰か締め  鐵桶の如く締め  際に締め  戸を締め  中蓋を締めに  外から締め  羽がい締めから  私を締め  キリリと締め  咽喉を締め  すつかり締め  羽掻い締めに  格子を締め  羽がい締めと  二つ折にして締め  指先をつまんで締め  引き金を締めや  後ろから締めに  帯も締め  胴を締め  中に締め  中は締め  扉を締めに  ぎゅーっと締め  背中で締め  総額を締め  感情を締め  緒を締めに  細君の締め  キュッと締め  高手小手に締め  羽がい締めの  

~ 締め[名詞]2
堅く締め  きっちり締め  いくら締め  手強く締め  時々締め  

複合名詞
輪締め  締め釘  組織的締め上げ  締め方  締めたて  締め木  締め切日  締め蹈  あいだじゅう鋲締め  鋲締め  一度鋲締め  締めきり  一締め  松葉締め  ズボン締め  締めかけ  締め立て  締めたま  締め換  伊達締め  締めむとするかの覚悟  締め気  締め返し  締め著  締め了ろう  締めよう  締め仏  掛締め  締め終つて  締め戸  羽翼締め  荒締めゃ身  草香流片手締め  締め手  締めがけ  締めかた  障子締めまつ  締めボタン  締め窓掛  締め昼夜  締め締め  木戸締め  締め縄  帯つて締め  つて締め  締め工合  締め眼  シッカリ締め  締め緒  締め彼  締め込み  時締め  



前後の言葉をピックアップ
絞めよ  占めよ    しめ  占めれ  締まら  占めん  締まり  閉め  閉めよ


動詞をランダムでピックアップ
憐れむ生まれつい華やぎ宿らつけ廻さ漲ら持ち運び引き留め儲ける乗り入れよ吹きかけよちらかさ見あた立のくすくいあげるはんじ唸ら凪がおどりかかろ縒れ
形容詞をランダムでピックアップ
よろしきすべっこく忌わしけれ情なから情なかたから若々しいねたましく馬鹿らしき烏滸がましき泥臭細長ったらしい見苦しゅう仰々しい好もしゅうかゆきあほらしやさし