「相場」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

相場[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
相場のきまつた  相場は定まれる  相場で万に近い高値を呼んでいる  相場がおのずからつく  相場がついている  相場がついているかというと  相場がきまった  相場を卸し申し  相場に換算して  相場が定ってフラフラと下宿へ帰った  相場で居据わっている  相場がどう上る  相場がだいぶ違う  相場で買って帰らねばならなかった  相場に下して  相場が違う  相場がきまっている  相場に投じた  相場にも手を出して  相場なんかに手を出した  相場で外れたが  相場をやって  相場に大失敗した  相場をやる  相場が決まつている  相場で云えば  相場の当る  相場を大体決めていた  相場を知らざる  相場の景気をも生じたる  相場を談ずべからざる  相場が極まれば  相場が極まってみたら  相場も実のところ味覚に通じた  相場をして  相場のきまつてゐる  相場は決まっている  相場がきまっているから  相場が立った  相場と云ふものに  相場が立っている  相場の呼声ごとに場内は色めきたつ  相場は有りませんから  相場がねえ何うも  相場にかかって  相場にして  相場附けを見たり  相場のついていた  相場が確定する  相場がきま  相場にしては  相場はきまっている  相場が極ってるとおもいますから  相場がきまっているが  相場を書いた  相場を見せる  相場ぐらい詰らない  相場の高低表と見比べて  相場が上っても下っても  相場の上り下りの予感が電話で来る  相場の読み  相場を直接に聞く  相場を聞く  相場に限って  相場の書き取りを  相場をやらせない  相場が当らなくなった  相場をもって  相場に支配される  相場で作った  相場の話をし始めた  相場はいささか下落致した  相場がきまっております  相場は何円彼は何円と決定する  相場というようなものは皆目承知しなかった  相場でなさすぎると思って  相場がきまつてゐた  相場が分らぬ  相場あ見てっと得した  相場づけに眼を通していたが  相場のものを一銭とはと不審に思い  相場が鰻上りする  相場が分り出して来ると  相場がきまっていた  相場はきまらなかった  相場が決まっているのに  相場をきいたと思って居る  相場をやった  相場ですっかりすってしまった  相場をやるなんて  相場で失敗した  相場で僕が何倍かの大金を儲けたら  相場を吊りあわせる  相場のきまった  相場がきまり  相場がすわり  相場も下落した  相場の極ツてる  相場に手を出して  相場に手を出した  相場をする  相場が高くなったと聞いて  相場で金を儲けたし  相場や物価の上下が横光の何より注意する  相場をしたり  相場を初めているらしく  相場を初めたというではないか  相場が出来ます  相場をそれ以上つりあげる  相場なんて方に思想が向いて行く  相場で儲けたら  相場の思惑にすこし手違いを生じた  相場の失敗を語り出す  相場が大変違うので  相場はよし当たらないでも  相場がきまつてゐる  相場づけに極めてある  相場を知らない  相場も此所できまる  相場が暴騰して  相場を視察している  相場があって  相場がきまっとる  相場を聞いて見ると  相場なんかに陷りこんでゐたり  相場かなと思う  相場で巨万の富を積んだ  相場で買い込んで来た  相場がきまっていたからである  相場なら三千億円ぐらいに当るという  相場がきまっていたが  相場がきまりません  相場の動きも顕著であろうと思われる  相場の動きを察し  相場に手を出してからは  相場の落着きを見るまで  相場が上がり  相場が急に暴騰しました  相場がありましょう  相場をきめた  相場というものはどんなかというと  相場は誰が立てた  相場が狂いました  相場は日ごとに変わった  相場で払うので  相場が決っていた  相場は決っているが  相場が下がるであろと  相場も極まつて  相場であるけれ  相場が下った  相場のきまつて居た  相場が立ったらしい  相場を知らなかった  相場をしております  相場で儲けたと云って  相場をしようが  相場で売って来てくれ  相場によっては又幾らかの手数料をやるという  相場を知らず  相場はねえと云っても  相場をせり上げると  相場は決まっているが  相場でも五枚で五十両ぐらいになります  相場はきまった  相場が狂う  相場はある  相場が至当のように思われた  相場で買います  相場が下落したわね  相場が高くなって来ている  相場で売って上げるという  相場になっている  相場にはなっていないが  相場より幾割の高価にて引受け申すべしとの  相場は人気で決まる  相場が決って来ている  相場がついていた  相場を見てみた  相場が上がったとか  相場とて折かへして  相場がつけてある  相場が狂うに  相場の話もした  相場はきまってる  相場が下がらないという  相場が定まっていません  相場をつけて  相場によって違うが  相場はどんなもんか知らんが  相場は決まつてしまふ  相場はきまる  相場が決まっているじゃねえか  相場が決まってるんで  相場が決まってる  相場が決まっているにしても  相場がきまっているのに  相場もグッと上ったからな  相場がきまってる  相場にしくじってあけた  相場をして見ようかとさえ思った  相場をしたく思えど  相場の勝負を争う  相場が西洋人の顧客によって制定されると  相場は極っている  相場を度外視して  相場が極っている  相場の変動を予知しようと  相場を一両に一斗と見込み  相場の噂も聞く  相場のことなどが口に出る  相場を狂わすほどに飲ませて上げますよ  相場を狂わすほどに飲ませて上げますよは  相場は誰が立てる  相場になって居て  相場は上値をたどっているとの  相場もあらわれようとの  相場は三両二朱ぐらいには商いのできる  相場が定つて居るのに  相場が定ツて居るのに  相場に引つかかりまして住み慣れた  相場の失敗で三筋町の方へ転居する  相場に掛つて失敗でもしたか  相場がそれほど違うかな  相場の高低を見て  相場を占わせて  相場が銅と銀との上で飛び上った  相場にも関係なさったらしく  相場のニュースに就いてなど  相場の様な変動を生みつけた  相場を狂わした  相場を狂わすに  相場附けがほぼきまっているから  相場の定まった  相場となっている  相場で製材所の買い  相場よりも安ければ買ってい  相場の上下がある  相場の不況に失敗し  相場の見込みがつかず  相場で近隣へ売り歩いてゐた  相場を知りぬいてゐて  相場を一定度だけ任意に上下させて見たり  相場が賤くなり  相場が何處から立つ  相場を狂わせるでございましょうよ  相場といふことを為して見  相場を考えたという  相場を決められてしまうに  相場に手を出したらしかった  相場を持続していた  相場がはやって来ています  相場なら何でもやるよ  相場で買って行く  相場などときまった  相場とかいう道楽もまずありませんから  相場で儲けた  相場の極れるを  相場の有る  相場をなすって  相場がきまってしまった  相場がきまって  相場の市に見たる  相場に手を出せば  相場が定ってる  相場を喋り出した  相場がきまつた  相場がたたない  相場と遊蕩で蕩尽して  相場の高騰にあって  相場は金解禁と支那問題を目標にして動いている  相場の定った  相場さえ立っている  相場に失敗し  相場が極まっているが  相場は日に日に上るばかりなり  相場がきまっているくらいである  相場によって高低する  相場が騰っているから  相場がよいからといって  相場を自分のほうから切り出した  相場はきまってるぜ  相場がきまつてし  相場に手を出したり  相場の四分の一ぐらいの家賃かも知れない  相場などを長々と説明するという  相場が定まっておりますよ  相場で買つて来た  相場が上る  相場は無論一定しないが  相場に對して  相場が今百円位になっている  相場が自然に高くなって行くのに  相場は下ったも  相場は下った  相場が下ったから  相場がわからない  相場を立てたが  相場から見れば  相場をつける  相場をやり  相場に至り  相場が高くなって  

~ 相場[名詞]1
一生の相場は  春の相場で  古本屋の相場で  三十万とかいう相場が  なにによって相場が  銀六十匁位の相場  葉書に相場を  当時の相場に  十貫目と相場が  市中の相場が  三円以下という相場で  願人坊主の相場が  三百フランといふ相場で  手を相場に  一円も相場が  万金を賭して相場を  ものと相場が  お次は相場の  代金の相場を  米の相場を  事物の相場を  俊雄と相場が  バッタと相場が  いちばん高価な相場の  寿司の相場も  お父さんが相場を  それと相場の  足元をすくわれると相場は  理窟があるに相場が  千両という相場が  雑穀の相場が  方々さまの相場が  今の相場に  新聞の相場  時の相場で  ものであるとして相場が  こと二十年と相場が  下仁田と相場が  ヌル湯好きと相場が  近ごろの相場は  むかしッから相場は  のが相場の  明治の相場で  軽蔑して取合って下さらないと相場が  ワタシと相場が  株の相場を  世の中に相場ぐらい  のは相場の  出米の相場を  地方の相場を  電話を伝わって来る相場に  私は相場の  あなたに相場を  当時の相場を  用品も相場に  安永時代の相場で  妙な相場の  代り人間の相場は  杓子定規で相場が  遥かに相場が  彼の相場は  邦人百圓内外の相場  原稿料の相場という  事に相場が  闇値の相場は  三百円は相場で  連中と相場が  のが相場  素人には相場が  一個二厘が相場  二厘の相場の  金属類の相場が  最初会社側では相場が  小麦の相場は  昔から相場が  桑の相場を  僕は相場で  金で相場を  物価高の相場を  上戸ばかりと相場の  福寿草の相場が  二十円といふ相場  昔から相場は  随って相場を  椿岳の相場が  タレスは相場で  内乱であろうが相場  危険な相場を  大胆に相場が  金で相場が  学問で相場が  金で相場の  見合写真と相場が  最低の相場  仔犬の相場を  三等の相場  私は相場を  彼が相場で  正太は相場の  名古屋の相場で  正太が相場の  糸の相場の  魚の相場が  男にとっては相場を  狸オヤヂと相場が  昔から相場  物の相場を  蜜柑の相場が  市の相場を  もんと相場が  主婦に相場を  それで相場は  辺の相場かなと  ものだと相場が  今の相場  ことに相場が  山の相場が  季節の相場  世間の相場が  何をつかまされるか分らないと相場が  産地でも相場が  実の相場が  七升と相場を  徴組の相場という  相場五両の相場は  誤診と相場が  色男の相場が  前の相場で  ヤトナ芸者と相場が  廃嫡と相場は  失踪と相場も  昔からきまった相場  妻の相場が  三銭で相場が  銅の相場を  十万金などいう相場を  いまの相場に  命に相場は  法外の相場  このごろの相場として  相当の相場で  やうに変る相場を  よその相場の  一両ぐれえの相場  命に相場はねえと  六百両までに相場を  頃の相場でも  英雄の相場は  二年に相場が  差当り五百石の相場は  五両五両の相場は  近頃の相場  道具屋の付けた相場が  切抜いくらという相場で  きのうの相場  夜とで相場が  きのうの相場で  ような相場には  他国の相場より  心配事と相場が  娘と相場が  持株の相場を  久松と相場が  女の相場が  下町の相場とて  適当な相場が  ものに相場が  紙屑の相場が  児の相場  熊には相場が  千五百円の相場  何んだの相場によって  五尺二寸と相場の  凡太郎の相場は  士官に相場は  遊興すると相場が  ほかと相場が  役目と相場が  守り神と相場が  金の相場も  前と相場が  女人禁制と相場が  わたしが相場に  彼女は相場を  一時に試し相場を  浮世絵の相場が  快楽の相場の  言葉で相場の  七騎と相場は  このごろの相場の  酒の相場を  共通した相場に  前代未聞の相場  金一両の相場も  小判の相場は  月と相場が  二度目の相場の  癖に相場も  駒井の相場が  春頃から相場の  これには相場を  金の相場が  娘型と相場が  南洋まわりと相場が  上には相場の  見世物の相場を  律呂の相場を  主人の相場  村の相場と  今の相場で  日の相場の  明治卅三年頃の相場の  作物の相場の  農民達には相場の  初めから相場を  世に出て相場が  一本二百円くらいの相場  世を渡らんと相場を  お話にはならないと相場を  懐にして相場に  金票十二円三十銭の相場を  土台に相場を  政治とか相場とかいう  者と相場が  昔より相場の  最大期間であるという相場  ゲンブツという相場を  娘に相場が  姿をあるまじき相場の  男女と相場が  人の相場  中央文壇では相場が  財産を相場と  銀の相場の  国の相場は  オデオン座の相場  ための相場に  サルオガセであると相場が  米の相場が  市場での相場が  だいたいの相場を  ものといふ相場が  市街は相場の  東京の相場の  鑑定法や相場などを  原稿料の相場にも  貧乏と相場が  時の相場の  殿様の相場  十四内外の相場に  銀十内外の相場で  二十円前後の相場が  貴族も相場は  五両ぐらいから相場を  映画で相場が  今の相場から  野菜ものの相場に  なんでも相場が  

~ 相場[名詞]2
ない相場  ほぼ相場  高い相場  よい相場  そっくり相場  ちょいちょい相場  なぜ相場  すっかり相場  この相場  その相場  こんな相場  なく相場  こうした相場  ちっと相場  もしも相場  随分相場  もう相場  なにしろ相場  たいてい相場  ことに相場  またまた相場  大抵相場  ちょっと相場  まあ相場  こういう相場  幾らか相場  そんな相場  どんな相場  それだけ相場  少し相場  手早く相場  

複合名詞
米相場  繭相場次第  通相場  ルーブル相場  普通相場  暗黒相場  ヤミ相場  公定相場  相場師  為替相場  白米小売相場  相場そのもの  今後相場  相場違い  生繭相場  相場ニュース  大概相場  幾ら相場  毎日毎日相場  相場面  相場新聞浪華朝報社  相場主任猪股氏  相場師仲間  相場式  国定相場  市場相場  相場三左衛門  京都相場  金融相場師  相場ぢ  我相場師  相場通信紙  マルク爲替相場  相場師生活  相場学  相場表  相場屋等  世界中相場  弗相場  洋銀相場  相場上手  担保相場  相場六十円  相場以前  東京相場  相場状  下落相場  相場欄  自然相場  物価相場  相場五両  大阪相場  株式相場  ゃあせの相場  金相場  対外為替相場  世間相場  相場はずれ  大体相場  繭相場  銭相場引き上げ  金塊相場  米棉相場  棉花相場  相場師みたい  相場なみ  銀塊相場  カワセ相場  小売相場  相場師夫婦  つて相場  浜相場  米相場師某ら稲垣  モウ相場  先相場師  株相場  頃為替相場  相場師連  重慶相場  銀相場  



前後の言葉をピックアップ
宗伯  蒼白  創発  総髪  相反  早晩  早晩  曹丕  総評  装備


動詞をランダムでピックアップ
問わ散らばれ跨っ通り越すよろこばし縫わ紛れ込みしまへさしとおす齎さ汲み込もだする乗り組む育むめり込むなごも汗ばん凍り付くとびかう
形容詞をランダムでピックアップ
数多う図々しけれわかかっ細長露けさもしく委しから気強い目ざましくうら淋しい忌まわしちかく優しけれわざとがましく小気味よいさみしくおめでたうらさびしくさかしき