「軽」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 軽[形容詞]
瓢軽  自ら軽  いかにも軽  から軽  決して軽  やや軽  そう軽  余りに軽  どうも軽  やはり軽  ひとりでに軽  まだ軽  そのうえ軽  とかく軽  甚だ軽  少々軽  柔かく軽  快活軽  次第に軽  あんまり軽  減軽  苟も軽  さも軽  まり軽  長い軽  あまりに軽  如何にも軽  

~ 軽[形容詞]
非常に軽  差違を軽  肩書を軽  荷の軽  さと軽  腰の軽  荷が軽  ぱりとして軽  肩が軽  女を軽  係累を軽  方法を軽  靴も軽  学園を軽  政府を軽  人命を軽  足の軽  一人に軽  思想を軽  自分を軽  人を軽  命も軽  肩の軽  御身を軽  大将を軽  敵を軽  智を軽  張飛を軽  彼を軽  さや軽  鍛錬を軽  後方を軽  予を軽  家事を軽  私徳を軽  これを軽  敵なりと軽  見てくればかり軽  ことは軽  身を軽  体を軽  朝命を軽  負担は軽  心の軽  栗鼠の軽  物質を軽  刑が軽  抗戦デモの軽  缶詰の軽  袖を軽  今は軽  草は軽  ペンの軽  やうに軽  身の軽  口の軽  水の軽  怪我は軽  中尉は軽  役が軽  都会地ほど軽  財を軽  その他俳諧を軽  ことばの軽  気持は軽  二番に軽  概念そのものが軽  軍令なども軽  あまりの軽  殿を軽  君相を軽  体重の軽  ように軽  口が軽  身命を軽  作を軽  何万億分の一の軽  塩梅に軽  生を軽  日口が軽  事柄を軽  智謀を軽  調子の軽  石が軽  生命を軽  スエターも軽  あなたを軽  死を軽  飛燕の軽  姫君を軽  罪の軽  儒者を軽  人民として軽  実用を軽  気の軽  中が軽  妙に軽  気持の軽  意味の軽  金を軽  子供は軽  村人達は軽  一面に軽  手応えが軽  手応へが軽  父親をも軽  重要さを軽  それを軽  詮吉は軽  心は軽  面を軽  心を軽  徳義を軽  歯触りの軽  神道を軽  口は軽  心に軽  馬鹿に軽  さ身の軽  本当の軽  音が軽  伝統を軽  先代圓右の軽  

[形容詞]
軽そう  軽ん  軽さ  軽るくなると鬱積  軽な童謡  軽な粗忽  軽がるしいこと  軽がると抱きあげて馬  軽る軽  軽がると抱かれて台所  軽気球に乗って  軽すぎる位  軽がると口  軽がると抱きあげて寝台  軽すぎるという話  軽合金  軽すぎるというの  軽み  軽すぎるというもの  軽るに親類  軽るく櫂  軽過ぎるの  軽旅客機  軽すぎるという意見  軽すぎるよう  軽るそう  軽ぜられのち  軽重厚  軽罪  軽るくなつ  軽演芸  軽からん  軽外套  軽すぎるというよう  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
軽の唄をうたった  軽からざるを思ふて  軽は二階でのべ  軽の別れの場面を描いたり  軽あるい  軽ほど美しい哀れな運命をになった  軽を内蔵助のもとへつかわす  軽は当時京美人の名のある  軽をこよなく愛した  軽を生家へ帰した  軽にといえども  軽も二文字屋もがっかりしてしまった  軽はうち萎れながらも  軽かな大空の下に呼吸する  軽る軽ると  軽からしめたるは  軽っぽくなりなすった  軽が問題になるならとに  軽は重と争いぬ  軽や五条野などの古びた  軽の村の愛人が急に死んだ  軽の村に来て  軽の市にわが立ち聞けば  軽の村をさまよっていますと  軽のあたりには寺もあり  軽の村らしいものが残っております  軽の村の愛人の死をいたんだ  軽のあたりをさまよった  軽の路は吾妹子が里にしあれば  軽の市辺に置くか  軽はづみなことでもして呉れたなら  軽の行ないに  軽の声をどうお聞きになりましたか  軽ぞかれは  軽はづみに飛び出して  軽るく口ずさんだ  軽を彼の妹として事を運びました  軽はづみな行動に走る  軽の村の愛人が死んだ  軽る口をたたいて  軽の手紙のようになる  軽ノ大郎女を憐んだ歌だらうと言ふ  軽の創傷を負い  

~ 軽[名詞]1
責任の軽から  空で軽  比ぶれば軽  軽演劇の軽の  彼等を軽  威信を軽から  変に軽  ひそかに通っていた軽の  出で見し軽の  後に呼び上せて軽の  自分達は軽は  孰を軽  通ひ慣れた軽の  駄洒落や軽  

~ 軽[名詞]2
その軽  この軽  もし軽  あの軽  

複合名詞
二十三名軽罪  軽め  軽罪  瓢軽  軽機一挺  軽騎七  軽ら  軽騎  頭重脚軽  軽すぎらい  軽打  軽騎隊  軽め生活  貧乏軽士  罪軽  軽げ  軽病  軽賞  心軽げ  軽機  肥馬軽車街路平  足なみ軽ら  繊巧軽  文士相軽  軽焼きまんじゅう  軽国政府  軽巡洋戦隊  軽巡奴  軽目  軽巡  軽策  軽格  軽め度い  自ら軽ら  愛国丹心万死軽  病軽  腹中軽痛  軽速  捷軽  軽巡アキレス  二百六十条ニ掲ケタル罪ニ因リテ軽罪以上  軽めよう  



前後の言葉をピックアップ
かる    刈る  駈る  苅る  狩る  穫る  かるい  軽い  軽井沢


動詞をランダムでピックアップ
吐かせ詣れる下されよこぎ売り込む呼び込も乗り回す呼び込ま入れ直そ即そ張りきっ濁せ至る辷り込またくわえよ言い漏らし死にかける増さり駆り立てよ
形容詞をランダムでピックアップ
あぶなっかしくきつ重苦しくよわかっ心安ししわい狂わし拙う重々しい深から水っぽくうすけれ濃から目敏手早かっくろだる寝苦しかっなつかしゅうはばひろき