「お」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ お[動詞]
眉をひそむれば、おしお  玉琴泣き入るを、おしお  霙となりお  すつかりお  間違ひお  眠る人こそ善けれ、みお  床に、みお  上を顧みお  それをしお  ことをすつかりお  火が見へるお  息子さお  ろしお  夜歩行するお  操縦ぶりを見せて、ともすれば見お  一たび取次いでお  日影をもとめお  赤ん坊はすつかりお  矢張りお  奈落へ投げお  天晴れお  皆、おもひお  一同はまたおもひお  併しお  頑童の如く泣きお  道をたしなみて、やんごとなくなんお  模範となりお  はつきりお  事がおりお  のをしお  むらとしお  帳場に働くお  仕舞な、捨てお  たいぎそうにさお  血しお  気持を心から振りお  あなたはそんなになりも大きいし、力もお  三人を切りお  がらがらと投げお  キョトキョト恐れお  流に映るお  手しお  巫、きこえお  からそれをしお  満身血しお  訳ですから、捨てお  ゆつくりお  うちあせらずすつかりお  末おもひお  夕飯を食し、さておもひお  葉かげあるお  死のしのびよるお  それに違いお  咄しお  引きしお  肩にしっかりとしがみ付いて、泣きお  花を上げお  痰を吐きお  山はにたゆたひお  なつてしまふのにと、いふと、出お  のぼりのさお  ことを定めお  水魔狂ひお  物をしお  医者を頼まれ申しお  人々ならば見お  一つのこけお  紅葉もさかせお  娘御でお  当りになってでお  糞ひりお  うたひお  なんぼでも出して差支えお  奥様が余りお  一本二本を切りお  一としお  白髪を剃りお  身につけお  葉かげがあるお  時でもお  若い血しお  毛利時親でお  しかも見お  事実も見お  ことを見お  うち笑みお  会うたのでお  小石川におるお  をかしきを、ながめお  一トしお  平べったいしお  東京にあれお  氣遣ひお  気遣ひお  儀でもお  電燈がおもひお  ことでもお  流れが、逃げお  焼夷弾とを投げお  これをしお  本間に違いお  ものになりお  午砲のひびきお  笑をさえお  心をぼお  はんけちもてお  いはでお  お方だそうでお  すゝめんすべをしお  普通に、みお  ちちぶのこおりお  拙者組み止めお  同胞といっても取り分けお  なほざりに頼めお  衛門督の死にお  妻の死にお  ことがおりお  から間違ひお  添ふておもひお  幾枚も振りお  霞を貫きお  奴黙々と催しお  つばさを切りお  話が余りお  あいているから、さきお  胸のおどるお  一そう言うお  お茶を飲みお  時に降りお  水兵達は滑りお  姫たちみなおもひお  全然見お  稿を書きお  戦闘機十八機を射ちお  縁側から蹴お  身支度をしながら、承って戻るお  妻にしているお  親を殺そうとするお  法治国民はいざ裁判所なりお  肩を持つわ、しつかりお  君おもひお  みだれ髪かつおもひみだれお  水は潜りぬけて流れお  久喜駅などがその集まるお  ハ一銭一文のたすけお  無事隠れお  名にしお  山牢にとらわれているお  縄を解いてお  者がおりお  話がおりお  秘密をあくまで隠しお  のを見お  乳汁可味しお  それぞれがおもひお  葉子は周章てお  一部をそぎお  さっきからどうなりお  痛はしいお  話に依りますと、おそれお  説明もおそれお  さへ、おそれお  御事は真におそれお  さつてどもりどもりお  お花見、やれお  七月には、おそれお  言ひお  由を報じお  盡さんとのみお  羽をもてお  悲運をいたみお  額にうちお  こともならず、さりとて捨てお  中身はどのくれえお  新寺の栄えるは、ひっきょう、あの分かれお  他を殺すにいたっては、捨てお  娘はんに違いお  直道然れども心して行けお  おぼろかに務めお  心にも止めざりしを打ち捨てお  たか、おしお  宿を出て、おしお  知らないおしお  うちに、おしお  小平太はおしお  背後からおしお  まま、おしお  ことを言われて、おしお  何よりもおしお  上は、もうおしお  のも、考えてみれば、やっぱりおしお  急に悲しくなりお  上にずりお  からけさお  床に入りお  女ちぎれお  涙をぬぐひお  古井戸でお  様子もお  八一うるはしみお  払ひお  うちにゆつくりお  ぶつぶつと切ってお  妄想湧きお  鬼をおひお  横丁生れお  とき着衣をぬぎお  なほ小さき、おもひお  



前後の言葉をピックアップ
オー  オーイ  御旅館  御山谷    御月山  御駕籠  御茶屋    


動詞をランダムでピックアップ
持ち寄りよぎるとりつくろえ投げつけ過そ名づけよ成立ちゃ滞ら引き去る相するえんす誘い合っひっくくり扱け勇気づき示さこうず悄げみわけせかせ
形容詞をランダムでピックアップ
うとましくしがなき繁かっあさくむずかしい薄汚くすく押付けがましくならびないかゆかっ少く目新しい賢かっ嬉し何気無くいぶせい奥ゆかしきうさんくさ照れ臭く