「登ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 登ら[動詞]
処へ登ら  鮎も登ら  浮屠に登ら  鳳來山へ登ら  數段を登るか登ら  遁げて登ら  一人高野山に登ら  上に駈け登ら  川を登ら  頂上へ登ら  彦山へ登ら  地位に登ら  上へ追い登ら  山に登ら  三岳に登ら  梯を登ら  んだから、登ら  山へ登ら  輪に登ら  壇に登ら  記録に登ら  太陽は登ら  温泉宿から穂高山へ登ら  絞首台に登るか登ら  坂道に登ら  山には登ら  タタリを怖れて登ら  二上山に登ら  上に登ら  頂上まで登ら  こと山に登ら  城趾までは登ら  建ものにでも登ら  批評にまで登ら  先に登ら  匍ひ登ら  茎を登ら  天にも登ら  駒ヶ岳に登ら  見物に登ら  高山に登ら  高山へ登ら  一歩も登ら  屋根裏に登ら  谷をまっすぐに登ら  明神山へ登ら  身持を破らざれば、いかにもして登ら  づみ、更に登ら  骨を折っては登ら  都合で登ら  此処に登ら  瀑が懸っていたので、避けて登ら  禰宜も登ら  しかし始めて登ら  人懼れて登ら  階子段を登ら  醉月坂を登ら  坂を登ら  問題以上には登ら  所まで登ら  水準に登ら  月はまだ登ら  屋上に登ら  一処に登ら  楽しみで登ら  妙義山へ登ら  桟道を登ら  後を追っ懸けて登ら  たび尾根へ登ら  本沢を登ら  一つも登ら  正月劔に登ら  シュプールを見つけて登ら  ことは良いと信じて登ら  ようにして登ら  谷をあまり登ら  二人しか登ら  行装では登ら  此処まで来て登ら  幹に登ら  上まで登ら  めったに登ら  西坊へ登ら  人も登ら  高い石段を登ら  川並山へ登ら  木に登ら  淺間へ登ら  途中妙義山に登ら  から、早く登ら  二階へは登ら  大岳を登ら  二階へ登ら  何して登ら  山上へ登ら  叡山に登ら  梯子を登ら  頂に登ら  人を招きて登ら  ところに登ら  ところよりうへに登ら  人の登ら  なほ速かに登ら  火炎界に登ら  天に登ら  これに登ら  ここまで登ら  太陽が登ら  劍山に登ら  際天守閣に登ら  若草で青々としていたけれども登ら  径まで登ら  樹に逐い登ら  日のまだ登ら  高御座に登ら  位に登ら  高野山に登ら  いまに見ろと力んでも実際登ら  都に登ら  塔に登ら  城址には登ら  山々に登ら  案内無しで登ら  六町は登ら  処に登ら  初春になり、その登ら  最高点へは登らずに済むかと思ったが、どうも登ら  山は必ずしも登ら  櫓に駈け登ら  



前後の言葉をピックアップ
登っ  昇っ  上っ調子  のぼら  上ら  昇ら  のぼり    上り  昇り


動詞をランダムでピックアップ
なびかす倣いそそぎはげます取広げやけれ抱きとっ吹き込める賄い跪き嚇さ坐すれ考え付いうめる引去っ泡立たつくりなしたいさおおわれかなで
形容詞をランダムでピックアップ
間遠い遠慮ない泥深情深い小面憎くあったかかっまましまぎらわしいすばや赤けれいたましとおうほほえましくいわけなけれはやから思わしずるかっ慎ましい眩しかっ疎う