「独白」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

独白[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
独白のような感じのする  独白をしていた  独白を述べる  独白をたくさん使いました  独白は古典的な感じがして  独白を別れた  独白を繰返しながら  独白なのかけじめのつかない  独白の種がなくなると  独白でもが止絶れると  独白を呟いでゐたら  独白を読む  独白をしてみて  独白と聞こえた  独白のやうに慌て  独白をつづけていたが  独白で貫ぬく  独白の調子でいろいろ言いました  独白とも感じられる  独白によって見ると  独白をする  独白がある  独白を筆記させていた  独白を書簡集のあちこちの隅からかすかに聴取できただけの  独白すれば済む  独白となり  独白のごとく私たちの耳に響いた  独白とロドリーグの独白はあまり長いので削ってあった  独白している  独白の囁きは絶えず聞えた  独白の囁は絶えず聞えた  独白がはじまる  独白ばかりしていた  独白が行はれ  独白が聞えない  独白していた  独白を述べた  独白にひとり耳を傾ける  独白に似て  独白が耳にきこえる  独白は大きな鼾に変わっていた  独白の感じなのだと彼は信じてゐたので  独白と異る  独白だけで押し通さうと  独白のみによる形式にある  独白される  独白があって  独白は読者の心魂に刻み込まれて消す  独白にきき入る  独白の情熱でかく作家でもありません  独白に動かされたらし  独白を平気で使って  独白をいっては  独白まで聞こえてくる  

~ 独白[名詞]1
広大な独白の  彼は独白  聞えよがしの独白を  暗示的な独白を  私は独白は  ガーエフの独白を  目な独白でもが  あそこで独白を  やうに独白  滑稽な独白を  一人で独白を  これでも死ねると独白を  真実の独白と  深夜の独白の  背を伸して独白  私は独白の  気狂いの独白とも  暗示に富んだ独白を  ような独白が  私の独白を  トリゴーリンの独白を  運命論者の独白と  深刻なる独白の  ドン・ディエーグの独白と  弟の独白の  計を独白  オリガの独白が  勝手に独白ばかり  ハムレットの独白なんぞを  ハムレットの独白において  私に話しかけるともつかぬ独白  饒舌るというより独白の  彼女の独白  そっぽを向いて独白  閣下の独白が  其から導かれた独白の  浩歎の独白を  魂の独白に  ファンタジオの独白に  老婆の独白が  若旦那さまの独白は  一泥酔者の独白と  人物の独白だけで  やうな独白のみによる  凄惨な独白が  漁婦の独白は  自分の独白に  稍彼の独白に  有名な独白を  形式とされていた独白を  

~ 独白[名詞]2
こんな独白  思わず独白  つまらない独白  この独白  たどたどしい独白  あの独白  少しく独白  その独白  ない独白  むしろ独白  ぶつぶつ独白  低い独白  

複合名詞
独白的  独白なぞ  舞台的独白  早春独白一九二四  半ば独白的  多く独白式  独白さ  独白外  独白化  当時独白化  独白体  



前後の言葉をピックアップ
毒々しく  毒毒しく  ドクドクドク  ドクドクドクドク  読破  毒筆  読譜  毒婦  毒物  毒蛇


動詞をランダムでピックアップ
被る聘す評さ突き刺す助けれあわさらいさむたまりひきさい上れん働ける契れ言い表せ濡れそぼっ授かっ押し遣り為そいいはっ笑いかけるかきけし
形容詞をランダムでピックアップ
神々しい血なまぐさくいやらし暗い堆し生あたたかく汚らしかろおしく耳ざとい浅しさわがしきわるうとろい可愛らしき待遠し黒けれ懈いみよく数多い