「立て」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 立て[動詞]
音を立て  本箱に立て  先頭に立て  案を立て  腹を立て  否とよ立て  あまつさえドアーを立て  から是非一派を立て  まま声も立て  声を立て  ちょっと聞耳を立て  嘆願とを述べ立て  かに湯気を立て  声など立て  個人の力では立て  上に立て  原則を立て  皆をよび立て  喋舌り立て  扇のまとを立て  車を立て  うわさを立て  声も立て  幡を立て  角噂を立て  暮しを立て  結局秋には立て  横へ立て  花を立て  聲を立て  わしが立て  脚立を立て  つて腹も立て  看板が立て  両手で揉み立て  啼声を立て  志を立て  嘘八百を陳べ立て  ひじを立て  耳をきっと立て  頭をまっすぐに立て  母は立て  湯気を立て  腰が抜けて立て  生計を立て  耳を立て  襖で立て  孝助を構い立て  竹を立て  蔀へ立て  先に立て  呶鳴り立て  かき筮竹を立て  義理を立て  家を立て  戦争にかり立て  筋を立て  爪を立て  戦争へ狩り立て  アいと囃し立て  葉を立て  靄が立て  竹は立て  襟を立て  測量器械を立て  聲も立て  線香を立て  線香は立て  計画を立て  のを囃し立て  日を立て  ラメセス広場に立て  ワチワチ音を立て  から此處は直ぐに立て  金切声を立て  笑い声を立て  足音を立て  予算を立て  さうに泣き声を立て  手柄を立て  イーゼルを立て  響を立て  ようにおっ立て  中村は、こう云うと、又煽ぎ立て  卦を立て  青筋を立て  数々を述べ立て  打立黒烟を立て  別に一派を立て  都市計画が立て  特にとり立て  誓は立て  門口に立て  店頭には立て  樹かげに立て  櫓を立て  つて聽耳を立て  聲は立て  聞き耳を立て  声は立て  壁を立て  指を立て  相手の立て  柱を立て  木を立て  上から指を立て  逆さに立て  親分と立て  隅に立て  皆声も立て  音も立て  物音を立て  鳴き声を立て  背を立て  背を丸く立て  役に立て  ほんとうにほとんど誓いを立て  身体をまっすぐに立て  格別にさわぎ立て  身体を立て  響きを立て  まま聞き耳を立て  腹も立て  馬迫り立て  グレーテルは、わあっと、はげしく泣き立て  旗印を立て  身体をしやんと立て  つて牙を立て  ぴーンと立て  長髪をさか立て  表面には立て  仲に立て  前に立て  聞耳を立て  矢面には立て  肘を立て  売声はもとより立て  上体を立て  秩序を立て  臭い香いを立て  几帳面に長く坐っていると立て  真から腹を立て  大声を立て  人さし指を立て  格子戸を立て  身を立て  焔を立て  腹をでも立て  叫び声を立て  作意を立て  杖を立て  誓ひを立て  くらしを立て  筋道を立て  真である、として立て  方策も立て  人に立て  自分を立て  ぷすぷす煙を立て  憲法を立て  代表者に立て  煙を立て  茶なぞ立て  聞き耳ばかり立て  熱心に説き立て  旗を立て  実行的理想を立て  何処に立て  ものが立て  体系を立て  外に立て  夫婦生活を立て  煙のごとく吹き立て  橋際に立て  波風を立て  噂なんか立て  あなたに白羽の矢を立て  ツ腹を立て  唸り声を立て  力をこめて、立て  兩足を立て  ローソクを立て  足を立て  久し振りに立て  思つて、追ひ立て  何本も立て  観念を立て  腹さへ立て  区別を立て  部屋に立て  猟り立て  脚を諸に立て  うまい策略をお立て  墳塋が立て  昔通り教主に立て  好きを立て  艶名を立て  咥へながらわめき立て  つた不幸をあばき立て  騷騷しくわめき立て  やうに突然にどなり立て  ゑはすらすらと饒舌り立て  喚めき立て  監督を立て  誓願を立て  予想が立て  多忙にくみ立て  議論を立て  中に立て  浄土宗を立て  使を立て  札を立て  ことを立て  のを立て  一念義を立て  願を立て  意地を立て  側に立て  人が立て  ことを各々誓いを立て  家計を立て  却って腹を立て  鉾を立て  音色を立て  跫音を立て  条件を立て  基礎に立て  誓ひに立て  比喩を立て  再建説を立て  顔を立て  記録上より立て  実物上に立て  説を立て  襟をふかく立て  早口に喋り立て  カメラを立て  なかに立て  砂に立て  斜めに立て  腕を立て  垂直に立て  三脚を立て  言葉を述べ立て  山をうごいて落ちてけむりを立て  ほこりを立て  やうに述べ立て  野に立て  一昨年以来続けざまに立て  声さえ立て  刻一刻とやかましいひびきを立て  爆音を立て  ままに述べ立て  前につき立て  都市計画を立て  役人を押し立て  茶の湯を立て  猛烈に焼き立て  看板を立て  表に立て  代役を立て  利害を押し立て  耳元でがなり立て  全面に押し立て  前面に押し立て  これまでさんざん囃し立て  半時間も喋り立て  恰好で立て  電車は立て  調子でぺらぺら喋り立て  一生女優として立て  ため腹を立て  腰を立て  炎を立て  一陣に揺すり立て  険を立て  尺八を吹き立て  欄干を立て  膝を立て  差物を立て  舷に立て  村人に立て  柱が立て  周りから口々に喚き立て  方法が立て  感情を立て  計算を立て  蝋燭を立て  労働者の立て  枝折戸にひたと立て  角を立て  水音を立て  屏風を立て  尾は立て  力を込めてつき立て  彼は立て  山中に立て  ここに立て  学校を立て  保証を立て  面も立て  蝋をおとして立て  ヴェランダに立て  アット声を立て  そのまま声も立て  行列を立て  聴く耳を立て  卜を立て  間に立て  廻りくどく述べ立て  大声に喚き立て  俄に泣き立て  鷄冠をふり立て  首ふり人形聲も立て  しろですこしだけ立て  書類ケースを立て  いくつも立て  木をとりあえず立て  戸を立て  いふ者を立て  目下家を追ひ立て  障子を立て  やうにして追ひ立て  腹は立て  考へを立て  茶を立て  悠然茶を立て  菊の立て  毎晩お前の立て  お前の立て  早馬を立て  股を踏み立て  目的を立て  間から怒鳴り立て  商売を盛り立て  門前に立て  右手に立て  立札が立て  店先に立て  ひとが立て  騒ぎに追ひ立て  樹にまじって立て  理窟を立て  遠巻きに燻し立て  突つ立て  彼女は曳き立て  そこに曳き立て  処から曳き立て  鏡を立て  臭いを立て  胴に立て  神壇に立て  響きをも立て  やゆびを立て  大路に立て  アメリカ国旗を立て  見識を立て  白旗を立て  硝子戸を立て  ここにぞ立て  城に立て  上で立て  いびきも立て  唸りを立て  外で泣き立て  なりを立て  ようなうなりを立て  めきりめきりとゆすぶり立て  左足を立て  ような、追っ立て  父の立て  聴耳を立て  日に深く、削り立て  波を立て  呼び声を立て  泣声を立て  前足を立て  灰かぐらを立て  穂を立て  噂を立て  薬研を立て  金属棒を立て  避雷針を立て  針を立て  理論を立て  ジュウジュウとあぶくを湧き立て  先輩長老を立て  結果を述べ立て  制札を立て  碑も立て  処々に立て  男子志を立て  顔を見、怯えて泣き立て  ぱさんは埃も立て  土壇に立て  数分時間馬を立て  柴を立て  大阪格子を立て  蓄音機を鳴し立て  幾個となく立て  銀座に立て  党を立て  門に立て  幾枚もの畳を立て  そこを立て  悲鳴も立て  泡を立て  まん中までひっ立て  明白を立て  火を点して立て  真中へすくりと立て  チツジョを立て  つて議論を立て  作業仮説を立て  公園附近をかり立て  女房は焦き立て  山手に立て  湯氣を立て  別派を立て  分家を立て  床には立て  石燈籠が立て  葭簀が立て  方針を立て  方針も立て  木偶を立て  仮説を立て  塔に立て  からだを立て  注意して書いたらしく、くどくどと列べ立て  高札に書いて立て  三道具を衝き立て  伝を立て  稜を立て  門松が立て  宗匠は引受けて弁じ立て  川浪も立て  人を立て  音は立て  ことをかぞえ立て  目柱を立て  上から腹を立て  刃になぎ立て  環を立て  数へ立て  中へ立て  天台大師が立て  見地に立て  評判が立て  うめき声を立て  声ばかり立て  事後にとがめ立て  責任者に対するとがめ立て  宙に立て  土に突っ込んだかと思うと、掘り立て掘り立て  るみ、開け立て  ように磨き立て  雑音を立て  不義を大きく囃し立て  常識に従えば、とり立て  踵を立て  乗客に立て  順序を立て  画論を立て  口をあけたり立て  歸國といひ立て  言ひ立て  コーモリを立て  砂ほこりを立て  虹を立て  默して立て  そばに立て  禿頭から湯気を立て  別に声は立て  別に腹を立て  きき耳を立て  弥が上にも湧き立て  夫々旗を立て  藤波友衛を立て  髯を立て  上へ立て  ために、立て  誓を立て  そのまま誓を立て  腹が立て  証を立て  癇を立て  車夫を促し立て  水菓子屋が負けじと立て  山家育ち、どうにもとり立て  狷介にふり立て  頭から湯気を立て  埃を立て  盟器婢子を立て  法螺貝を吹き立て  ところどころに立て  お飾りが立て  物音をお立て  人家が立て  正面に立て  風の音を立て  そこに立て  顔を剃り立て  高張を立て  事を述べ立て  肱を立て  腰元を立て  幟を立て  評判を立て  さきに立て  一分を立て  墓石を立て  十字架を立て  街道を吹き立て  シヤキシヤキ音を立て  截り立て  逐ひ立て  背中をまつすぐに立て  お客様が立て  業腹を立て  気を立て  傷さえどうにかなれば、立て  簾戸を立て  畳へ立て  毛脛を立て  帆柱を立て  わけでなく、とり立て  評判に立て  額縁なしに立て  中におさまって磨き立て  數へ立て  ために悲しむ誓いを立て  しぶきを立て  女は立て  工場を立て  香炉に立て  竹が立て  拂はずに立て  一杯に立て  雨戸が立て  声でも立て  笑聲さへ立て  波紋を立て  笑い声など立て  面目を立て  員小屋に立て  虹色を立て  世が立て  顏を立て  笑聲を立て  復讐的に野次り立て  翅音を立て  相違ないが、こう立て  辞を述べ立て  斎藤氏を立て  自由主義に立て  生活を立て  同人雑誌に立て  まり腹を立て  親分を立て  窓際によせかけ、立て  門松を立て  中指を立て  プラカードを立て  小路を入り、立て  髭を立て  殆ど腹を立て  から靴音を立て  馬鹿に高く立て  使者を立て  憑くと立て  さざ波を立て  身の毛を立て  妻に立て  早飛脚を立て  途中から使いを立て  上使が立て  襟を深々と立て  笑いを立て  自分の立て  蔭などでしきりに啼き立て  無理に立て  鳳凰を描き立て  声だけはがなり立て  襟を高く立て  先途とがなり立て  新説を立て  シェパードが吠え立て  水煙を立て  橋上に立て  路傍に立て  靜もりて立て  石碑はさびれて立て  一志既に立て  鳥居も立て  空を煽ぎ立て  国を立て  白羽を立て  国旗が立て  声で吠え立て  そのまま水音を立て  砦を造って立て  上へピンと押し立て  大波を立て  水沫を立て  濛々と立て  用に立て  道ばたなどに立て  前へ立て  棒を立て  思つて耳を立て  白羽の矢を立て  染色硝子を立て  辻に立て  ちゃんと順序を立て  梢に立て  人間を立て  祇園に削りかけを立て  竿を立て  田植神事に立て  時に立て  籠燈籠なりを立て  高燈籠を立て  常盤木をも立て  當初は立て  櫓櫂を立て  裸火を煽らし立て  列に立て  動揺を立て  鎌首を立て  二三日も立て  四方を立て  ことばかりしゃべり立て  むきになって怒鳴り立て  石碑を立て  正法を立て  四枚つい立て  関心となっている、と云い立て  失業問題がやかましく云い立て  国民などは引込んでをれと怒鳴り立て  ガラス戸を立て  まわりにならべ立て  母親を逐い立て  老爺が、立て  室へ立て  見積りを立て  押っ立て  油煙を立て  傍に立て  田圃で啼き立て  たましい声を立て  代参を立て  陵域に立て  一日くらいなら立て  如何に説き立て  札が立て  小屋を立て  社会とを立て  追分に立て  凸面も立て  文章を立て  将軍に立て  神経を立て  無性に疳を立て  前に押し立て  財閥を押し立て  砂日傘を立て  館に立て  道を立て  政府を立て  使い払いを立て  論を立て  法を立て  名分を立て  議論は立て  方角から吹き立て  制を立て  びつくり伺ひを立て  驅り立て  理窟も一度立て  簾屏風が立て  肚を立て  衿を立て  二人は立て  様に立て  目角を立て  羽音を立て  岸壁を立て  旗なぞを押し立て  逆さまに刺し立て  真中に立て  原を狩り立て  私の立て  鋏をば磨ぎ立て  画板を褒め立て  想像、立て  口上を述べ立て  楽だと論じ立て  招ばれて行かれましたとか述べ立て  幕なしに喋り立て  先頭に押し立て  杙にあたって立て  中から音を立て  啼聲を立て  地響を立て  案内に立て  三人はこんな誓いを立て  四曲屏風を立て  二つ三つそこここに立て  釘を立て  わしじゃと思って、盛り立て  雨戸を立て  大声にしゃべり立て  何かしゃべり立て  自分たちの立て  地ぐるみ煽立て  身の毛を彌立て  スクと立て  其傍に押し立て  炉に立て  側には磨ぎ立て  苫を立て  子どもたちに立て  備えを立て  ムカッ腹を立て  スシ屋は磨き立て  タルを立て  兩側に立て  歸られず、立て  里なりに立て  仲人まで立て  薄茶を立て  上へは立て  後足で立て  趣向を立て  傘を立て  一本一本音を立て  いつでも立て  路はとり立て  それをいい立て  跡目を立て  匂いを立て  つて線香を立て  仲人を立て  一番腹を立て  何処かで追ひ立て  葉先を立て  さへ立て  気になってしゃべり立て  几帳をすっかり立て  口先では急ぎ立て  几帳が沢山立て  かおりを立て  衣ずれは立て  香りを立て  賭場など立て  上り、立て  じい音を立て  一面波を立て  客の立て  酒場が立て  夜をこめて立て  動揺を隠して、立て  遠くから跫音を立て  貧民窟が立て  そは立て  霍乱と診立て  施主に立て  旦那旦那と立て  世間に立て  身分を立て  幇間が囃し立て  規模を立て  私なんかも、あんまり立て  しっぽをぴんと立て  毛をさか立て  まんなかに立て  矢を立て  息女を立て  石欄から腰を立て  ものを立て  鳥雲に備え立て  使いを立て  大功を立て  髪を立て  功を立て  幡など立て  旗幟を立て  兵を立て  膝に立て  殆んど切っ立て  前足を動かして立とうとしたが、どうしても立て  致良知説を立て  女役者としても立て  悲鳴を立て  時音も立て  軒を立て  社交場裏には立て  絵筆を立て  長方形に立て  套管針なんぞを立て  見込を立て  家計が立て  糊口を立て  富は立て  一寸と立て  其後影を見送て立て  明瞭明しを立て  蜜柑箱を立て  炎尖を立て  膝屹と立て  ために立て  乗客の立て  風呂を立て  傀儡政権を立て  目標を立て  盛んにふり立て  戦場に立て  盟主を立て  前衛に立て  なにしろ志を立て  高札を立て  飛沫を立て  潔白を云い立て  左右に備え立て  陸上から一斉に射立て  充分に備え立て  使者に立て  すじを立て  戟を立て  即座に、誓いを立て  日章旗を立て  年号を立て  皇緒を立て  弟豊仁親王を立て  家康が立て  位牌知行を立て  うねりを立て  右膝を立て  陽炎を立て  ぎっくりと背筋を立て  背筋を立て  標準に立て  直隆一人に斬り立て  地に立て  それに向って立て  二三枚戸を立て  タンネンバウムが立て  声でだいぶ長く述べ立て  功名を立て  先駆に立て  肩を立て  音をも立て  対岸から木幣を立て  帳簿を立て  見通しを立て  川上温泉に立て  砂塵を立て  勅使を立て  誓言を立て  砂上に立て  馬を立て  目にかどを立て  佩剣を立て  開きを立て  おりを立て  方策を立て  塚を立て  意氣湯煙を立て  部屋へ立て  砂煙を立て  人間は再び立て  主に立て  境界を立て  屋敷に立て  阿部一族の立て  上に衝き立て  鼾さえ立て  供養碑を立て  碑を立て  大変腹を立て  名義で立て  びを立て  泣き声を立て  加波山へ立て  大勢のお立て  コンニャクを立て  得意になって立て  それを立て  炬火を立て  声に立て  巌頭に立て  プランを立て  プログラムの立て  ぴつたりと戸を立て  事をいい立て  周囲に立て  現実に向ってどう立て  饒舌り立て  もとより、立て  風波を立て  足をさかさに立て  ノヴゴロドに立て  聽耳を立て  生産計画を立て  顔を立てるとか立て  後ろに立て  引籠みて立て  城は立て  皇后に立て  さざ波さえ立て  一計を立て  彼の立て  使いに立て  使いとして立て  笑声を立て  腹の立て  ように言って、折り立て  風に推し立て  議論が立て  本位として立て  眼中に置かないで立て  押し入れに立て  学説を立て  功が立て  まさか大声を立て  鼻息を立て  嗾し立て  私を焦立て  ものに追ひ立て  ゴーリキイを焦立て  心を狩り立て  易を立て  調子で弁じ立て  新たに立て  壁に立て  浮き名を立て  角目を立て  卓子に立て  順序正しく、また、立て  以前に立て  さらさら音を立て  代理人を立て  暮しの立て  涸びた暮しの立て  ことを述べ立て  時笑い声を立て  髪粉をつけてぴんと立て  砂埃を立て  ことをまだ頻りに述べ立て  何か隠立て  筑波山へ立て  駒を立て  早打ちを立て  何者が立て  あれに立て  兄貴とは立て  世嗣に立て  袁尚を立て  弟を立て  勲しを立て  供揃いを立て  先程もついぞ立て  シイグミラアを立て  霧を立て  疳癪声を立て  呻吟声を立て  見積を立て  堀り立て  一方に立て  頭をふり立て  ベラベラと説き立て  うち綺麗に磨き立て  軒並み竹が立て  ところに立て  方で、立て  下に立て  規準を立て  皺さへ立て  豚を追ひ立て  家来は、しゅっとけむりを立て  御殿を立て  がらを立て  ところへ持って行って立て  へん腹を立て  今日は立て  辰之助の立て  二梃も立て  びゅーっとうなりを立て  私をついては、おっ立て  しろを向いて、しっかり立て  体を立て  あやしい音を立て  うちわを立て  音とを立て  大手がらを立て  金属音を立て  推理をくみ立て  推理を立て  怪音を立て  ものすごいひびきを立て  敵の立て  ひとり易を立て  船は、さんざん射立て  誓言でも立て  任を負うて立て  旌旗を立て  蹄を立て  身の証しを立て  言葉で説き立て  鼾を立て  先途と喋り立て  弁さえ立て  遊覽船の立て  真っ直ぐに立て  式例を立て  仮親に立て  者に立て  我鳴り立て  人騒がせに喚き立て  伺いを立て  言葉をわめき立て  一人を立て  しろへ立て  燭台を立て  ちょっと聞き耳を立て  線香が立て  ギャッと啼き立て  中につき立て  幹を立て  のっけから検束するなどとわめき立て  夫を立て  どこまでも立て  道場を立て  門戸に立て  畳に立て  何か追立て  荒波を立て  社会上の立て  文化的自由主義に立て  方に立て  十分に立て  手指を立て  地上に立て  標準として立て  隔日に立て  金を立て  湯気さえ立て  箇条を立て  ひらひら波を立て  保を立て  紀伝道が立て  巻の立て  さに立て  耳をぴんとつつ立て  それに立て  牙旗を立て  翩翻と立て  馬首を奮い立て  喪旗を立て  旗ばかり立て  一功を立て  一瞬のまに射立て  表面に立て  二将をよび立て  柳眉を立て  馬煙を立て  帆を立て  三人が射立て  液体をグッグッと、立て  真直に立て  ホウタイが巻き立て  けが、立て  わきに立て  地ひびきを立て  警笛を鳴し立て  物音も立て  霜夜に立て  面白くもなく、しゃべり立て  屋根低く、立て  先鋒に立て  旗が立て  秩序が立て  奇功を立て  矢風に射立て  嫡男を立て  贅沢をならべ立て  筆を立て  言を立て  非行をあばき立て  經濟を立て  やうに段々盛立て  畫を立て  市場を立て  市を立て  槍を立て  癇癪声をふり立て  改札ががみがみどなり立て  潔白を立て  初めから腹でも立て  前に誓いを立て  暮らしを立て  呂建を斬り立て  庶子を立て  獣王を狩り立て  陣庭広場までひき立て  曹丕を立て  冊き立て  太子を立て  兄弟のちかいを立て  二人を立て  像を立て  お腹がすいて泣き立て  松を立て  御幣を立て  占いを立て  箸を立て  杉箸を立て  堺を立て  しるしを立て  約束を立て  所に立て  これを立て  ものを押し立て  御用に立て  斜て立て  やうに立て  銀月を立て  線に立て  区別の立て  ゆっくり身構えを立て  養ひ立て  鎮魂から、融けあひ、ひき立て  記念として立て  怨みを述べ立て  冒険に狩り立て  挑き立て  葉子は立て  一室に立て  度もなく弁じ立て  寒気を立て  ヒステリカルにしゃべり立て  學説を立て  対象に立て  位牌を立て  位牌でも立て  姓を立て  名跡を立て  方法を立て  所を借りて立て  仕切を立て  斜に立て  役にさえ立て  ものだと云う疑を立て  正面から述べ立て  香烟を立て  床の間に立て  戸も立て  あまり叫び声を立て  知識階級を立て  標本を立て  歌類を立て  叙景態度を立て  病気を云い立て  もう一度引っつつんで斬り立て  ソレ斬り立て  から音を立て  誓言を先ず立て  廊下に向いて立て  幾台か立て  門へなどは立て  計からさきに立て  早馬ばかり立て  急使を立て  忌憚なく述べ立て  策を立て  足を上げて、立て  浦賀奉行を立て  操を立て  媒妁人を立て  兄貴だと立て  寝息を立て  廟を立て  毎日、立て  何となく笑い声を立て  旗を押し立て  不満から腹を立て  波も立て  目算も立て  者を立て  道案内に立て  正使に立て  異見を立て  自力で立て  ひつぱたかれて腹を立て  名を立て  道さえ立て  上にぴっしり立て  羽を立て  家毎に立て  両手を立て  松が立て  看護婦が立て  六枚屏風を立て  所までつづいていて、そのながれはうなりを立て  頭を立て  代議制を立て  海ぞいに立て  蘆屋釜から鳴りを立て  ひとり笑いをしながら立て  向かい風がうなりを立て  風はまた一しきりうなりを立て  鳴りを立て  のが立て  歯を立て  震えを立て  そうになっては立て  リズムを立て  うめき声を小さく立て  仲人に立て  蚊柱を立て  世話も見ずにおきながら、いい立て  腹をお立て  故障をいい立て  軽部を立て  一本杭を立て  先生の立て  禍惡觀を立て  原理を立て  職分を立て  かまわず肱を立て  碑の立て  臆面もなくくだくだと述べ立て  健気さをほめ立て  健気さを褒め立て  立派に立て  投り出して、わっと喚き立て  一声泣き立て  皆から奥様と立て  女をとり立て  自棄に、荒荒しく煮え立て  種類がこうして啼き立て  冠毛を立て  毛並みを立て  松よりも高く立て  今日東京で立て  竹も立て  松も立て  樒を立て  木が立て  此十数本も立て  墓などにも立て  素朴性とをまっ先に喚き立て  妄想によって立て  方針が立て  戸は立て  わずかばかり立て  ことを説き立て  さかしまに悲しく立て  殆ど金科玉條として立て  身ぶりで、買い立て  浴槽から音も立て  標準が立て  代り唐紙の立て  あすこへ立て  何本となく立て  むやみに立て  異を立て  畝を立て  汝が周章てて捲立て  鱗を立て  捌のつかないほど、揉み立て  血煙り立て  みんな喜んで囃し立て  燭台が立て  音さえ立て  女房に、すぐ立て  火夫も狩り立て  鶏冠を立て  大声でどなり立て  証も立て  足元から砂煙りを立て  まま犬に吠え立て  渦を立て  音響を立て  繃帯で巻き立て  活気でひき立て  扉が立て  温気を立て  新家を立て  好みを立て  翼をきりりと立て  三杯ばかり、立て  三毛猫はすぐ立て  げを立て  尾をふり立て  氣をしやんと立て  まましばらくは立て  間から顏を出して立て  定義を立て  襟をまた立て  嘘八百をならべ立て  薬罐頭から湯気を立て  上を、追立て  港へ追立て  ように追立て  泡沫を立て  息を立て  治乱に立て  書物を立て  仮説として立て  結局を睨んで立て  みたいに啼き立て  大声で、しゃべり立て  日頃大達者と立て  中央と立て  さざなみを立て  づれた野原などに立て  作戦を立て  瓢箪を立て  る説を立て  さうにしてゐたが、よく弁じ立て  ざあざあと音を立て  竹竿を立て  簾を立て  一つ万燈を立て  膝へ立て  板壁に立て  顔をキッと押し立て  全部筋書を立て  前肢を立て  今は立て  建札が立て  掛声でもかけないと立て  名前を立て  さっきから腹を立て  理窟の立て  計画が立て  予定を立て  腹案を立て  数年暮しを立て  さうに泡を立て  礎を立て  生活計画を立て  苞を巻き立て  他でも説き立て  周りに立て  煙も立て  墓所に立て  一夏中を通して立て  青竹を立て  目じるしに立て  燈籠を結び付けて立て  田畠のへりに立て  ように立て  カガシのみを立て  幾本か立て  めぐりに立て  人形を立て  ソメを立て  目を立て  現在でもなお次々と立て  入口に立て  とこゑを立て  それから一月も立て  きなこゑを立て  フランク人は狩り立て  のを、悠然と押し立て  君は立て  筋の立て  禁札を立て  笹を立て  姿を見ると、いきなり罵り立て  頭から湯煙りを立て  みちに立て  價値觀を立て  ブーンと、はげしいうなりを立て  間は立て  玄関前に立て  幾杯も立て  埠頭に立て  花輪飾りが押し立て  十分に磨き立て  彼は、磨き立て  叫び声なぞを立て  襖が立て  舌を冷しながら立て  自我をおし立て  終戦の日に立て  豪快淋漓で、斬立て  紙線で巻き立て  馬幟を立て  陣を立て  備を立て  訐き立て  おいおいおいおい声を立て  勳を立て  前髪をつまんで立て  象牙の塔に立て  位置に立て  静かに立て  屏風が立て  咆哮を立て  声だけは立て  貝などを鳴らし立て  老若ともに囃し立て  二十九日までに遅くとも立て  生活が立て  喋々しく誉め立て  此楯を立て  立蔀を立て  青葉で立て  其河下に立て  山として立て  甍を立て  櫛目を立て  ロンドンから郊外へ出て、磨き立て  枠を立て  滔々と述べ立て  なぞに立て  船尾にさっと立て  らを立て  おとを立て  波をけ立て  頭を青々と剃立て  膝を高く立て  鉄砲を持った、勇ましいかがしを立て  板間、立て  意見が立て  効能を述べ立て  二方に立て  枝をけ立て  別荘に立て  屏風も立て  手や、立て  爺さんは立て  窓ぎはに立て  パリから追ひ立て  皆蝋燭を立て  湯煙を立て  目くじらを立て  音だに立て  死の恐怖、列ね立て  家が立て  身体が痺れて立て  手水に往こうと思うと立て  家も大く立て  家も立て  橋をくぐり抜けると立て  障子が立て  道ばたに立て  県で立て  御馳走に立て  一策を立て  席に立て  我を立て  ぢめをばいしくも立て  三目を立て  派を立て  流派を立て  二派を立て  戲曲門Dramatikを立て  界に立て  人の立て  脚色を立て  平等相を立て  哲學系の立て  彼我を立て  我を立て、その立て  理想より立て  自ら一系を立て  要約を立て  科を立て  沒却理想を立て  結象理想を立て  哲學系統を立て  等差を立て  一面相より見て立て  分を立て  模造を立て  個想を立て  模作を立て  實を立て  我をも立て  別に論を立て  前納conditionaleAnticipationとして起るを見て立て  別を立て  先づ此原則を立て  むとする願を立て  詩品を立て  こちらへ来て立て  各自船首へ押し立て  歩哨を立て  二本鉄棒を押し立て  直ぐにも誓いを立て  においを立て  溌と立て  テオリーを立て  事実を述べ立て  ナイフを立て  一身を立て  名に立て  身をお立て  お嬢様お嬢様と立て  殺気を立て  いま戸を立て  戸はピタリと立て  飛脚を立て  申しわけを立て  つけ床に立て  床に立て  こまかい荒波を立て  かすかに立て  口上、すらすらと陳べ立て  向うに立て  槍をぴんと立て  あわを立て  ドアをぴしゃりと立て  規律を立て  首をまっすぐに立て  むちゅうになって耳を立て  先きに立て  瀬を立て  蓋に立て  木札を立て  足音さへ立て  一札を立て  あたりに立て  お地蔵様を立て  地蔵様をお立て  頭とまで立て  道端に立て  棹を立て  攻撃計画を立て  陣頭に押し立て  木札が立て  歯噛みをなして唸り立て  生業を立て  的を立て  直ぐに立て  身を任せると誓いを立て  熱弁に狩り立て  電車がやかましい軋りを立て  ぎりで、立て  前後から吠え立て  関係を立て  場から勢いよく立て  電車はいやな軋みを立て  森から森へと狩り立て  機械が立て  人々の、喚き立て  刑場に立て  血煙を立て  世帯道具を磨き立て  二階座敷に立て  朋輩から立て  一時友達に立て  三本組合せて立て  叫びを立て  こちらでも、吠え立て  活計を立て  縦横無尽に斬り立て  漆に巻き立て  格子戸が立て  往来から少し引っ込めて立て  木なんぞを選んで立て  別に腹は立て  一本一本それを立て  日数が立て  馬面をまつすぐに立て  兄は立て  泣声もほとんど立て  患者が立て  照子は立て  一同ちょっと膝を立て  旗でも立て  胸算用を立て  ひざを立て  さざ波も立て  くらしは立て  もくろみを立て  ドアを立て  目算の立て  誰もやかましく説き立て  間いっぱいに立て  拝田村へ立て  なにも立て  奇声を立て  ゴホンゴホンと立て  片手を立て  天井は、立て  横に立て  きりと立て  ギシギシ音を立て  通り案を立て  旗じるしを押し立て  髻をつかまへて引つ立て  刀をつき立て  白泡を立て  風呂に立て  天辺から湯気を立て  画布を立て  海水が、恐しい唸を立て  目標代りに立て  一言も立て  砂烟を立て  明りを立て  脚立梯子を立て  弁護士を立て  云つて腹を立て  社会に立て  息もつがず、述べ立て  穴隠しに立て  本位にして立て  一ヵ月も立て  法螺ばかり吹き立て  別荘を立て  童を立て  聲を出して啼き立て  屏風が、ぐるりと立て  煬帝が立て  癇癪を立て  松飾りを立て  真紅になってわめき立て  わたくしをかり立て  声を出して啼き立て  男一人を立て  二人で固く誓いを立て  旗は立て  驚きのそよぎを立て  寢息を立て  約束に追立て  つて生計を立て  幟を押し立て  計略を立て  代表に立て  一声高く吼え立て  氣のせゐか、立て  尻を立て  張りを立て  ベロベロ音を立て  倚りて立て  一軒を立て  土煙を立て  殆ど音も立て  規則を立て  国臣が立て  誰が立て  弥次り立て  その後へ立て  面を立て  条理を立て  先を立て  お茶を立て  男を立て  旗印を押し立て  死が立て  そのまま寝息を立て  あたりで立て  夢中で立て  足音も立て  鼓動を立て  きれいなさざ波を立て  口でうなりを立て  髮をふり立て  標木を立て  四枚を立て  私は立て  桶を立て  方へ狩り立て  矢を射立て  立札を立て  しろに立て  意地わるく一々とがめ立て  玄關に立て  机を立て  大願から立て  別に家を立て  稍茎を立て  言葉尻が立て  行燈が立て  さまに怒鳴り立て  顫はしてわめき立て  福沢諭吉を立て  国旗を立て  稍莖を立て  一日腹を立て  無性に吠え立て  声でわめき立て  足腰も立て  気だけ立て  説も立て  本気で立て  韮山に立て  仮親をお立て  声の立て  ところへ立て  尻に立て  夜に立て  病起野に立て  立場に立て  手を立て  いずれかに立て  俳諧壇上に立て  蕪村は立て  四角に立て  主張を立て  規矩を立て  うちから誰を立て  君を立て  幼君を立て  弁当箱を立て  矛盾をとがめ立て  他で立て  それぞれに身を立て  馭者は頷きて、立て  者は泣き立て  想だけ立て  大刀を立て  瞬間には立て  うちに、立て  折助の立て  痛快がって囃し立て  理論がまだ立て  公式を立て  鉄瓶神話にまで盛り立て  母ひとり忙然として立て  あんなに船が立て  蚕棚が立て  聞耳でも立て  それを焦き立て  坊主から腹を立て  唯物論的見地に立て  機械主義を押し立て  資本主義的ジャーナリズムによって盛り立て  相手にして吠え立て  ノベツにしゃべり立て  曠野に立て  信濃に立て  箭を立て  計画なぞを立て  淀みなく述べ立て  お寺へ立て  翹音を立て  中で立て  硫黄でえぶし立て  囃子方を励まし立て  節をつけて読み立て  縄張外に立て  世の中に立て  まことしやかに弁じ立て  首を立て  唸りとを立て  水鉄砲を弾き立て  面白半分に説き立て  腹を立つにも立て  つえをつき立て  イナオを立て  噺し立て  喉音を立て  教案を立て  宮柱、太しく立て  園を勧め立て  兄いと立て  忠義を立て  怖気は立て  得意になって喋り立て  大名と立て  声こそ立て  鳥居を立て  胸を立て  雨乞だと言って立て  縁に立て  執拗に述べ立て  先へ立て  ギリギリギリと巻き立て  布で巻き立て  日から毎日事務所に立て  記憶を一々ならべ立て  水けむりを立て  蓄音器で囃し立て  埃を掃き立て  みんな声さえも立て  毎日腹を立て  から腹を立て  貧乏ゆすりを立て  前後左右からミシミシミシと揉み立て  ように揉み立て  絶好地点をえらんで立て  心願を立て  鉄砲倉を立て  まさか倉を立て  神尾を煽ぎ立て  浮名を立て  金屏風が立て  気が立て  地団駄を踏み立て  大声でわめき立て  女も、立て  情を立て  軸を立て  我知らず声を立て  逆に立て  葉ぐるみ青竹を立て  笏を立て  項を立て  香を立て  火を立て  舞台わきに持って行って立て  功績を立て  テーマの立て  理論の立て  云つた音を立て  方はどうして立て  フォームを立て  四ツ角に立て  じいじい音を立て  前肢をつんと立て  ますます背をまっすぐに立て  本づいて立て  新に立て  奥さまがたを立て  蓆旗を立て  彰義隊が立て  限度を立て  つて一家言を立て  流言を立て  私が立て  目算を立て  教を立て  作つて新法を立て  通り新法を立て  區別を立て  儒教を立て  几帳が立て  啼音を立て  縁先へ立て  左右に立て  五寸釘を立て  大手柄を立て  家作を立て  ものなら立て  證人に立て  哥溥儁を立て  足場を立て  戦中に立て  嫌な軋りを立て  グウグウ鼾を立て  唐の立て  棒でも立て  音を立てて吸い立て  五ツ宛行列を立て  グルグルグルグルと巻き立て  篇目を立て  策謀を立て  輪廓を立て  ことはとり立て  熱心に弁じ立て  辯じ立て  もっと腹を立て  バシャバシャ波を立て  私、立て  ことで、とり立て  影ぐらゐはできるだらういやかう立て  むとて門に立て  神こそ立て  拝殿に立て  我知らず叫びを立て  遊び人は遠慮なく喋り立て  中を立て  んをかたく抱いて、わっとこえを立て  ムックリと立て  地面に立て  一校を立て  産を立て  処に立て  時声を立て  金屏風を立て  裸ろうそくを立て  一通りすじ道を立て  槍を押し立て  げに立て  足音は立て  旗号を立て  音声をふり立て  始めから論理を立て  志望を立て  現実感覚に立て  中腹石屏を立て  箒目を立て  角に立て  柱が高々と立て  声を立てたか立て  理想を立て  直ちに活社会に立て  京で立て  /″\足音を立て  見当を立て  時、立て  水蒸気が立て  四方を見廻すと、やはりボーッと立て  同志の誓いを立て  盛んに叩き立て  弱音を立て  事を探り立て  駕籠を立て  我鳴りつけ怒鳴り立て  から怒鳴り立て  母を立て  五番と立て  石塔を立て  一代記を立て  面食いの、立て  いびきをさえ立て  肩をこづき立て  いっぱいに立て  と腹を立て  両側に立て  髭なんぞは立て  杖が立て  ますます腹を立て  林みたいに立て  椿なども立て  門松は立て  砂けむりを立て  一人では立て  理路を立て  芽を、ぱらぱらに立て  操の立て  ものをいじめるとか、喚き立て  態度で喚き立て  一室は立て  びけたゝましい音を立て  見境なく喚き立て  支倉は喚き立て  事を云い立て  上海に売飛ばしたと云い立て  棒杭を立て  なかった筈だと云い立て  苦しまぎれに述べ立て  繰り返し述べ立て  男だろう背負って立て  前科を云い立て  ように委しく述べ立て  家屋譲与尽力者に立て  石を立て  森谷喜平が怒鳴り立て  区別をはっきりと立て  遠くで吠え立て  ことばかり喚き立て  プロットを立て  目玉をつき立て  神と立て  言葉たくみに説き立て  ことをしゃべって、なお立て  足を踏み立て  ほか浮名を立て  さかんに吠え立て  がむしゃらに吠え立て  下男を追立て  空につき立て  燭台に立て  ほとりに立て  東国へ追っ立て  目にかど立て  行く末御用に立て  小坊主諸君がわめき立て  場面では一応褒め立て  視覚に立て  完全さを、ゆすぶり立て  お客が立て  今後斯波氏を立て  声で立て  群にかり立て  聲でわめき立て  ロウソクの立て  連中から驅り立て  私は、尚も喋り立て  二三ばい、立て  トタンを寄せ集めて立て  客はまだ立て  客が立て  惡臭は立て  腹ばかり立て  かすかなささやきを立て  中へ吹きこんで来てはいけないぞといって立て  全身をそそけ立て  高野から使いを立て  策をも立て  役にでも立て  長屋中へ触れ立て  はたはた帆鳴りを立て  槍兵を立て  ように、追っ立て  二皇子十一歳を立て  皇子を立て  お腹を立て  皇太子を立て  正嫡だけを立て  分別を立て  底から腹を立て  決心して誓いまで立て  あいかわらずわんわんとはげしくほえ立て  顔をふり立て  内心肚を立て  一点に立て  煙草盆をお先に立て  金銀で築立て  地響きを立て  先生がまたいなくなった、と喚き立て  いちいち目じるしを立て  前後をたたき立て  のを、起してやって、またたたき立て  引きがなり立て  踊り上がったり、わめき立て  限りにわめき立て  カーテンを立て  急飛脚でも立て  大声を揚げて罵り喚き立て  地位に立て  埓を云い立て  別に聞き耳を立て  動座も思い立て  夢占を立て  走狗に狩り立て  天皇を立て  荒クレどもに追っ立て  幕府も立て  跡目に立て  襖をぴったりと立て  羽根を立て  燈籠を立て  もくろみまで立て  いびきを立て  四たび叫びを立て  策戦を立て  こと、立て  此処から立て  戸が立て  叫声も立て  室内に立て  口から、さかしら立て  筑波でも立て  ゴクゴク音を立て  限り、そうそうは立て  善行を陳べ立て  議論の立て  真っ先に立て  鼻息を吹き立て  青臭い匂ひを強く立て  爪先を立て  幕府が立て  六条河原に立て  計も立て  水邊に立て  空高みひとりし立て  ギリギリ音を立て  紆りを立て  家にも立て  酒を立て  笑ひを立て  貞操を立て  顔も立て  歎き立て  杖をつき立て  反響を立て  報いとして立て  意地わるく述べ立て  かい鼾を立て  波頭を立て  その男がこう弁じ立て  門松をお立て  島掟が立て  計もべつに立て  門を立て  ここまで立て  金助は、立て  与八が立て  ものをお立て  石像を立て  地蔵様を立て  朗々と読み立て  弁信が立て  機は立て  時だけ立て  幟に立て  機に立て  神さまを立て  五合と立て  村を立て  故障を云い立て  語気を以て挑み立て  眼を立て  ムカッパラを立て  瘠我慢をしても僻みを立て  一心不乱に立て  彼の信じて立て  闘志を燃し立て  神経を焦立て  百目蝋燭を立て  鈴の音を立て  無闇と喚き立て  襟を深く立て  名乗りを立て  成算を立て  投入して焼き立て  ちょっと論断を立て  小栗の立て  水深計を立て  空想よ駈り立て  何かに駈り立て  蝋燭を束ねて立て  新吉を促し立て  衝動にかり立て  燈光を立て  立憲政体を立て  先後を立て  政法を立て  一派を立て  砂塵を捲き立て  しろで立て  脚を立て  加奈子の立て  耳を高く立て  足場に立て  髪さか立て  ちょっと目かどを立て  俄にそよぎ立て  パイナップル栽培計画を立て  馬車が立て  頭に立て  つて耳を立て  桜を立て  禅学を説き立て  オイオイ声を立て  モウ足が痺れて立て  一つ萱穂が立て  かにあなたが立て  八つ正しく立て  ぢまた立て  黒石に立て  目口を立て  最上先生を立て  振舞つて私を立て  計算はハッキリとつくに立て  小首かたむけて立て  花びらをかざり立て  旅程を立て  中空にも立て  カチカチ音を立て  くちびるに立て  台を立て  決心を立て  兵馬をならべ立て  政略から新帝として、あがめ立て  刃をつき立て  肩に立て  肩へ立て  制度の立て  猫を持つてゆき、何やらどなり立て  筋途を立て  なにがしと立て  後家を立て  跡を立て  噂などを立て  足の踏み立て  例をどしどし立て  落首を立て  東宮に立て  自己を証し立て  足も踏み立て  半鐘をつき立て  篝火が焚き立て  木柱が立て  一間を立て  わたくしを立て  たましい叫びを立て  手によって立て  上からなお高く立て  檣を立て  景気を立て  進行係に立て  腰が立て  久我をとがめ立て  琴が立て  誓いを立て  逆さ屏風を立て  泣き声も立て  ように云い立て  緒を立て  鼻緒を立て  のを着て、結い立て  北に立て  珍料理ばかり出るので立て  カステラが堅く出来ますし、折角立て  それぞれに筋道を立て  客を残して立て  竹刀を立て  次の間から伺いを立て  こと聞き耳を立て  塵埃を立て  口上を列べ立て  戸をひき立て  理想なぞが立て  小膝を立て  自軍を立て  将から伺いを立て  武者肌をそそけ立て  幕府を立て  仕方もねえが、そう立て  上にたかく立て  恨みを又さんざんに列べ立て  札を押し立て  風ふせぎを立て  功名も立て  波間をしぶき立て  眼じるしを立て  横から囃し立て  悲願を立て  座持に立て  ざいまっしゃろはいいが、立て  ようなうめきを立て  口から発き立て  身の毛をさか立て  声をも立て  十箇条をかぞえ立て  太鼓をさわがしく叩き立て  蛇と囃し立て  文句をならべ立て  関係を云い立て  講釈をならべ立て  煙筒の立て  煙筒を立て  北九州鉱業株式会社を立て  武家の棟梁を立て  方針までは立て  彼処に立て  錦旗を押し立て  皇を立て  床を立て  大御所と立て  足利方で立て  汽笛を吹き立て  墓に立て  奴を立て  鯉幟を立て  形ばかりに立て  遠巻きに吠え立て  見込みの立て  女を立て  ように褒め立て  倒屏風が立て  噂も立て  物を立て  一つで立て  独り茶を立て  ように吼え立て  折矢を立て  老舗として立て  付け檐へ押し立て  旦那と立て  鼻緒が切れたんで立て  とき、立て  がちゃがちゃがうるさいほど鳴き立て  臭気を立て  魂のうめきを立て  人気が立て  能弁で説き立て  親指を立て  みんな揃って立て  一行に置き立て  刃先に立て  一通り読み立て  わが子を立て  庄から志を立て  一族すべてをつれて立て  そうなのは大抵立て  根本義を立て  及び腰になって、立て  私が立てるか、立て  其傍に立て  脈を立て  馬印を押し立て  馬印を立て  馬印が立て  塀に立て  空から逆落しのうなりを立て  バラックを立て  鼻声を立て  襖の立て  大義名分を立て  空気もすっかり立て  ように喚き立て  哥分と立て  黄色に、ばっと立て  道訳を立て  泡も立て  事柄をならべ立て  声を出して、のべつにしゃべり立て  理窟をならべて、述べ立て  像が立て  薫を立て  思耳をひき立て  兩膝を立て  二本揃へて立て  算を立て  目打ちを立て  一ツ、みを立て  とおり占いを立て  船印が立て  さます物音をも立て  ムク犬を促し立て  月見船まで促し立て  のぞみながら吼え立て  ムク犬から促し立て  枕について、それとなく立て  二の句がつげないでいると、立て  賃銀を立て  巨像が立て  生活も立て  背後から追立て  台所へ追立て  ゃっきゃっと声を立て  二枚に畳んで立て  いかさま茶を立て  突棒刺叉捩など、さも厳しく立て  行列を押し立て  茶も立て  真直ぐに立て  御免なさいと、立て  手段を立て  歯をあてるとガリガリかじり立て  火ですっかり焼き立て  雑作に拭き立て  甲州へ立て  湖を立て  保証が立て  案山子を立て  別に軍略を立て  立役を立て  艫に立て  櫓聲を立て  水際から屏風を立て  靴音を立て  証人に立て  稻架木が立て  朝から晩まで、喋り立て  夕刊といい、囃し立て  見世物みたいに囃し立て  皆んな買います、と怒鳴り立て  二次補充計画を立て  銅像などは立て  紀平氏を押し立て  傾斜に駈り立て  平素風前に立て  霜を帯びて立て  ここにはとり立て  片手につき立て  観世音菩薩などと述べ立て  勢いよく、弁じ立て  左右にふり立て  それは別段とり立て  緩急とを計りて立て  豫算の立て  街よ、立て  吹抜を立て  隊を立て  画架を立て  艫を立て  閾に立て  気が附かずに立て  時間が立て  大いびきを立て  真夜中に立て  歯の立て  フェッジウィッグを褒め立て  筋も立て  脚で立とうとしても立て  上さまざまに述べ立て  掟が立て  凱旋門が立て  演壇に立て  たまをふり立て  幾本も立て  費用を立て  朝顔に立て  ぱたぱたと音を立て  丸竹を立て  衝立を立て  王として再び立て  それから腹を立て  白人に立て  吠声を立て  気持に追立て  構想を立て  標が立て  うに声を立て  曲目を立て  後から声を立て  それを真似て殊更にわらい立て  指を一寸立て  中心に、立て  背に立て  灰神楽を立て  幔幕が張り立て  べつに喋り立て  水平線を立て  膠なく、はやく立て  てる気配も立て  幕が降りて、吹き立て  水際から押し立て  懸崖に取り巻かれているが、磨き立て  ように押し立て  金字塔を押し立て  鍬形を押し立て  尖頂を押し立て  薬研を少し伏せて立て  彼を駈り立て  自分が立て  アマリアから介添人に立て  一個唸を立て  音に立て  一人砂烟を立て  半ば膝を立て  水烟を立て  会社を立て  規律勧戒を立て  近似解法を立て  日の煙りを立て  半井君つと立て  八咫鏡を立て  櫓などに立て  畦に立て  髯籠を立て  屋外に立て  日月幢を立て  宵宮から御輿送りまで立て  台に立て  玻璃障子を立て  茶が立て  古参と立て  なうなりを立て  一様に論じ立て  区劃を立て  今迄追立て  ムシロ旗を立て  自慢らしく述べ立て  不安に追立て  姿勢を立て  のに立て  片々を立て  いつまでも経営方針を立て  勇気をふるひ立て  伝統以外に立て  腕を打ち振りながらしきりに何やら怒鳴り立て  巖へ立て  思つて腹を立て  狐格子が立て  彼に聞かせようとして、しゃべり立て  虹でも立て  竝べ立て  石碑さえ立て  ニコニコ顔で弁じ立て  唸り声は立て  足音さえ立て  シューシュー音を立て  策戦計画を立て  半ば身を立て  天然石を立て  ふいに声を立て  過失を発き立て  スッカリ計画を立て  にぎやかに立て  基礎をしっかり立て  戦線にかり立て  言い分を立て  説明はいらないから、立て  起しも立て  短兵急にせめ立て  ら毛を立て  泣きを立て  子であるけれども、やがてまた、わっと泣き立て  ように泣き立て  鉄輪を立て  恰好をして、鳴き立て  一生懸命でこすり立て  火水になれと揉み立て  目に立て  兵馬を促し立て  陽気に囃し立て、うたい立て  一行を促し立て  頓狂声を立て  人には、立てるだけは立て  直ぐ上に立て  知識を述べ立て  滔々と論じ立て  シカンダールブール砦を立て  大願寺を立て  人柱に立て  寺を立て  其家を立て  スクタリ砦を立て  橋を崩さずに立て  籃が立て  御主人に立て  波頭をふり立て  窓を開け立て  たか順序を立て  そと立て  ように、そやし立て  女王様を盛り立て  一緒に死ぬと誓いを立て  旦那で立て  一仏一処一教を立て  体裁を立て  生活は立て  差別は立て  金主から逐つ立て  風評を立て  陣十郎を狩り立て  乾児共から、立て  そいつに押し立て  二張り門に立て  思いに狩り立て  立看板が立て  名札も立て  片隅に、立て  漣も立て  焦燥に狩り立て  事業を立て  几帳が添えて立て  声を多く立て  サアといって立て  カサカサと立て  羽毛をけば立て  火烙台を立て  奥に立て  噂の立て  たださえ立て  爪音を立て  名をし立て  名は立て  楽人が吹き立て  容易には思い立て  しっぽを立て  功をも立て  十年計画を立て  足も立て  病床に添え立て  大願を立て  一女子を立て  筋道さへ立て  唄声を立て  帰りを急ぎ立て  大願を多く立て  墓碑を立て  明石で立て  幣が立て  百姓老爺に伺ひを立て  后にも立て  ことに広く立て  声が高く立て  几帳の添えて立て  后に立て  あかりが立て  山風に混ぜて吹き立て  長江千里、まくし立て、おどし立て、流し立て  一椀を立て  御苦労だと思っています、いいえ、立て  女の立て  いま声を立て  犬が立て  叫びも立て  川霧の立て  先祖が立て  秘を発き立て  湯呑で立て  郡県を立て  罪悪として作り立て  色音を立て  泣き声になって、こう口説き立て  福松は泣きじゃくりながら、立て  顔に立てられれば立て  徳川を立て  縁日でどうかすると煎り立て  金網で煎り立て  ドシドシと立て  身辺をどうしても離れない、立て  余が立て  電柱を立て  高笑いを交えながら話し立て  間には、はき立て  几帳がずっと立て  何かを束ねて立て  叫声を立て  近くへ寄せて立て  都度腹を立て  皆声を立て  空までも通るほどに吹き立て  名も立て  それぞれ急ぎ立て  棒を押し立て  ゴボゴボ音を立て  悪名も立て  噂は立て  椅子は立て  帳台を立て  私に立て  体をひき立て  角をふり立て  生計をどうして立て  盛んに鳴き立て  それで立て  道さへ立て  列を立て  交路に立て  墓は立て  誓いまでも立て  吹流しを立て  隔てには立て  人声などは立て  ふうに立て  願などを立て  寺にこもると立て  大将も立て  几帳を添えて立て  全然区別を立て  几帳を立て  その後に立て  笛などもおもしろく吹き立て  鉄鼓をかしましく囃し立て  人から立て  額から湯気を立て  音は、立て  角をによきつと立て  それからそれと仰々しく述べ立て  屏風の立て  意志を立て  評判は立て  屏風などを立て  使いをすぐに立て  証に立て  準備として立て  レントゲン写真を立て  椅子が立て  妙音を吹き立て  几帳は立て  焔を吹き立て  別に腹も立て  幾つもの屏風を持って来て立て  ようにして繕い立て  声がやかましく立て  名にこそ立て  のにとがめ立て  仏へ立て  障子も立て  正直ばかりじゃ世に立て  たましい叫び声を立て  委細順序を立て  女王と立て  友さんと立て  相手にせず、すぐさま立て  上狭きまでに立て  あざやかに、立て  草、立て  供養塔を立て  銀様を説き立て  想像説を弁じ立て  物が立て  わたくしは、初めて笑いごえを立て  新皇と立て  書記が出して立て  几帳の立て  制札が立て  扶持米で立て  ぐつしよりと湯気を立て  岸田さんとこ行つてあかしを立て  横板が立て  儀人に立て  議論をも立て  身の毛も立て  軍旗を押し立て  青蝋燭を立て  身体は狩り立て  範疇体系を立て  絶対主義に立て  旗印として押し立て  形而上学的範疇に立て  堡塁に立て  前口上を長々述べ立て  彼方此方から騒々しく囃し立て  鈴ばかり鳴し立て  葭戸を立て  不注意を、とがめ立て  肩を撲つて追ひ立て  皿なども磨き立て  白波を立て  計画をすっかり立て  漣を立て  がらがら音を立て  がちゃがちゃ音を立て  どんどん砂けむりを立て  四部に立て  ば立て、立て  邊にぞ立て  卒塔婆を立て  角が立て  見を立て  所々箒をならべ立て  幾つも立て  調停委員が立て  足場が立て  雄を慕うて、囀りを立て  ガアガアと喚き立て  うちに述べ立て  先登に立て  入道頭をふり立て  ドクターは、立て  後から爪先を立て  しらを立て  毛をおっ立て  近距離で吹き立て  観点に立て  問題の立て  特殊領域に立て  拍つて囃し立て  豆腐を立て  蓆旗でも立て  ギイギイ声を立て  屏風が、立て  峠に立て  ことを繰り返して罵り立て  ラッパを吹き立て  師匠番と立て  顔をまっすぐ立て  ように盛り立て  ステッキを立て  浪も立て  つて腹を立て  獣を狩り立て  ちゃんを呼びたて泣き立て  乙女が少し立て  劃を立て  パラソルを立て  思いきり声を立て  縦横に立て  扉を立て  顔は立て  眉を立て  騒ぎを立て  風を立て  ひとり下から喚き立て  中から匂いを立て  脛を立て  腕まくりで立て  前髪を立て  門松のすっかり立て  増の立て  砂を吹き立て  ことや、一々かぞえ立て  アンペラ小屋を立て  調子を述べ立て  名前人が立て  炭塵は、当然烈しく捲き立て  灰に立て  腹なんぞ立て  順序も立て  煙は立て  莊を立て  高原地方に立て  人にも立て  富豪と立て  朧げに立て  水中などに立て  畳をけ立て  蝉が鳴き立て  眉毛を描き立て  弟子相与に立て  のである、そうして截っ立て  そうであるが、うっかり立て  方へと立て  近く眼前に立て  槍の尖りを立て  大岩の截っ立て  門燈が立て  襖を開け立て  功業を立て  かんむりもしゃくも、ぴかぴかみがき立て  種々に立て  一箇聯隊位太鼓を叩き立て  皆腹を立て  習ひ立て  言條を立て  事あら立て  様にして怒鳴り立て  波をも立て  空箱に立て  ッ腹を立て  要所々々に立て  位腹を立て  遣戸を立て  向こうに立て  トルコの国旗を立て  あかしを立て  じゅくじゅく音を立て  幟は立て  うっかり声でも立て  気分に狩り立て  心を誘い立て  ロマンティシズムを立て  毛くずを舞い立て  中から代表を立て  疳を立て  掃除にすらりと立て  明子はすらりと立て  やうに泣き立て  生涯を立て  何もとり立て  業績を立て  標準を立て  生活をどうして立て  わたくしだって腹を立て  八重子が立て  対策も立て  議員候補者も立て  時石に立て  月女神浪人都を立て  野猪腹を立て  仏国ラ・ロシェルに立て  筈本まで射立て  町を立て  死後廟を立て  席屋二千五百間を立て  三列に立て  戸を立てるにも立て  薩羅国王に立て  それぞれ名を立て  神仏等を立て  社を立て  ようにいがり立て  焚落しで、立て  これを押し立て  題目を立て  重宝と立て  雄鶏に造って立て  烟は立て  祠を立て  像彼処に立て  太子に立て  児が泣き立て  まま怒鳴り立て  だし名を立て  篠原を狩り立て  ざとなつて聲を立て  教の立て  国の立て  静かなさざめきを立て  空気に誘はれ立て  彼女を立て  金色に作り立て  宗旨を立て  涼しい音を立て  言つた諷誦様式を立て  厳り立て  意気地が立て  孤城若松に立て  門七が立て  白旗を高々と押し立て  一つもおっ立て  腕が立て  畑中に立て  生活に立て  芸者が立て  喇叭を吹き立て  献げる誓いを立て  間男をいい立て  顔を、まっすぐに立て  めらとしゃべり立て  おっつけ人でも立て  仕事が立て  親を使い立て  ことだという証しを立て  何かしきりに弁じ立て  ことをいい立て  相手を立て  壁によせて立て  針音だけを立て  日課を立て  式を立て  生立から筆を立て  大袈裟にさわぎ立て  日程を立て  矢張上に立て  砂を立て  一つだけとり離して立て  毛をすくすくと立て  基礎として立て  なにひとつ音を立て  寝ぼけ声を立て  花崗岩を立て  誰れかを立て  そこらへ立て  ここらへ立て  脚をまっすぐに刺して立て  らへ立て  筋道がどうして立て  兄分と立て  溜息を立て  一歩も踏むまいと誓いを立て  トボケタ音を立て  商売道徳が新しく立て  書斎に立て  ぐゎうぐゎうという響きを立て  札でも立て  事実をならべ立て  文言が列べ立て  花、磨き立て  押つ立て  天幕を立て  縫つて身を立て  正月に立て  こまやかな音を立て  小遣いを立て  評判まで立て  立看板を立て  鎗を立て  尻尾を立て  熊本城に立て  不安が立て  ように弁じ立て  そのまま図に乗って述べ立て  後から鳴らし立て  中を敲き立て  窓を立て  反対に、儲からない儲からないで立て  腰をうんと立て  障子で立て  それから思う存分囃し立てられて、敲き立て  理論が立て  じい地響を立て  洞穴に立て  冷泉小屋に立て  人々が立て  ぐうぐうと鼾を立て  凶作を云い立て  木材を立て  外側に立て  周囲に副え立て  薦を立て  東京おっ立て  路に立て  浪に揉み立て  音でも立て  頬に立て  潮煙を立て  爆笑を立て  しろから嫉妬の喚きを立て  足音を踏み立て  むかっ腹を立て  ものは立て  暖簾を立て  炎先を立て  使者が立て  コンパスをさし立て  つて教を立て  一同は罵り立て  三日前に立て  みなうまいうまいとほめ立て  話声も立て  数奇屋を立て  雲脚を立て  三日借りて立て  臆説を立て  牛飼つきて、罵立て  グサッとつき立て  呻りを立て  赤旗を立て  幟が立て  男を引つ立て  言つて一服を立て  ように吠え立て  猛烈に蹴り立て  行列の先頭に立て  旗も立て  僕の立て  土牛を立て  嘘っぱちをならべ立て  勉強する誓いを立て  ちょっと腹を立て  逆さにして立て  ぎいぎいと音を立て  大頭をふり立て  組織を立て  庭に入りて立て  プログラムを立て  太郎がねむがって泣き立て  抜きにして述べ立て  元来銅像を立て  長篇として立て  墓標も立て  一本だけ立て  線香立てに立て  差揚げ風に立て  物識と立て  意見の立て  艶々しく立て  恩怨二ツ乍ら差別を立て  館を立て  日傘を立て  一群きは立て  心持を押し立て  役に立てたいにも立て  黒田辰男訳が立て  眼くじらを立て  鰍を立て  影を立て  あたりを立て  噂まで立て  背後から私たちを逐い立て  何百本もの百目蝋燭を点し立て  人声が喚き立て  選び方、立て  灯点して囃し立て  役者たちが立て  いつか音に立て  一つ、立て  名妓と立て  夢から奮い立て  ついで家を立て  一家を立て  独りで喋り立て  ぴたぴたと音を立て  あと声を立て  碌に立て  服に立て  家憲を立て  パシャパシャ水しぶきを立て  補充は立て  竹早町以来のを立て  刀を立て  厳粛な誓いを立て  おまえの立て  筋みちを立て  あかりを立て  浜に立て  女を促し立て  権力を争い、せっかく立て  信玄袋をとりておもむろに立て  水柱をけ立て  憤然席をけ立て  次の間に立て  まわりに立て  快音を立て  敷石が、磨き立て  ようには弁じ立て  ように美しくかざり立て  碑のいと大きなるが立て  筋は立て  内々筋は立て  愉快さうに弁じ立て  羽なみを立て  あたりから羽音を立て  高みに立て  鍔音を小高く立て  銀燭などが立て  無数に立て  ヒヒ啼きを立て  隙間から、立て  声をふりしぼって、さけび立て  のどのやぶれるほどわめき立て  皆足音も立て  上では立て  両方につき立て  こに立て  往来へ向って立て  肩をいからして吠え立て  親が立て  あんた此所に立て  香気を立て  薙刀を立て  前髪は立て  雨戸などは立て  彼方に立て  小柄を立て  薪左衛門は、立て  声もさして立て  ように、立て  平面光とを立て  それには、絶えず追っ立て  炊煙を立て  スウイスイと刈り立て  誰彼がまたどっと囃し立て  音さして、立て  家を追立て  信号旗を立て  ただちに旗を立て  畠に立て  サクラ湾頭に立て  耳をキッと立て  耳をピンと立て  歯をむき立て  母とにせびり立て  為に思い立て  舳に立て  山は立て  其議論の立て  それが売り立て  後れ毛もなく結い立て  音調を立て  立て前に立て  声で、わめき立て  ようになってほえ立て  景帝を立て  生計が立て  演段術を立て  関係について立て  方程式を立て  むやみに叩き立て  声をふり立て  赤字穴埋め策として立て  請人を立て  ざぶりざぶりと水煙を立て  沫を立て  海をとどろかして、吠え立て  杖をもって叩き立て  罪状をかぞえ立て  徳義の立て  忠臣孝子貞女を押し立て  竹杖をとって無暗に叩き立て  音響も立て  前向けに立て  柳をつかまえ曳き立て  柳は曳き立て  鈴をふり立て  一般から標準を立て  標準の立て  個人主義を立て  定家の立て  定家を立て  部が立て  問題に立て  茎を立て  花軸を立て  趾をさか立て  功も相立て  はるかなとどろきを立て  底うなりを立て  大声に喋り立て  彼はまなじりを立て  もやもやと立て  調子に乗って喋り立て  皺を立て  ッ直ぐに立て  船底につき立て  白帆を立て  帆柱は立て  刃をさか立て  首をつっ立て  態度に立て  家老として立て  仕事師はうかがいを立て  へっぴり腰を立て  まま彼は立て  腕をつき立て  上につき立て  眉をさか立て  水気を立て  邪魔になるほどの大ごえも立て  指に立て  移住計画も立て  ものとして立て  煙が立て  雪けむりを立て  礼もなくさわぎ立て  道具置場で喚き立て  金切りごえをふり立て  酒瓶を叩き立て  誓紙を立て  如くに述べ立て  浪風を立て  テーブルを叩き立て  まり角を立て  立礼でも立て  喉声を立て  媚めかしく片膝を立て  梯子を立て  見込みを立て  幕なしにしゃべり立て  神籬を立て  から体から湯気を立て  のぼりを立て  住宅にまといを立て  屁理窟の立て  ものは、残らず来いとよび立て  時ひびきを立て  四すみへ立て  草いきれを立て  必死になって、わめき立て  目をかがやかせて、しゃべり立て  人さし指をふり立て  十郎は、立ちたくも立て  声をふるわせて、わめき立て  顔をしかめて、泣き立て  得意らしく、しゃべり立て  後ろへそらせて、ひとしきりまた、けたたましく泣き立て  旗などを立て  床で立て  仕事で立て  墓を立て  格に立て  霧が深く立て  据ゑて、誘ひ立て  為に立て  規範を立て  前面に立て  其國造に立て  策が立て  相当彼女を立て  上にも立て  声一つお立て  能弁で云い立て  口を開いて泣き立て  廬屋を立て  浪を立て  おしも立て  計画も立て  天井へ立て  掃除かたがた旦那様に立て  音を、すたんと立て  マリアが立て  もみの木は、うめきごえを立て  彼は喚き立て  身体をゆすぶり立て  壁ぎはに立て  殆ど音を立て  後に立て  今泉のいつも剃り立て  誰もとめ立て  のを、そして寝ながら立て  台と共に立て  手短に喋り立て  一番手柄を立て  湯気が立て  不審を立て  旗印しに立て  ムシャクシャ腹を立て  戒律を立て  怨恨をかり立て  葉が立て  盛り物に立て  門松も立て  大分説き立て  方策が立て  焚火が煙りを立て  おうかがいを立て  ようにはしゃぎ立て  良人が死んで暫く立て  笑い声を思わず立て  大事そうに列べ立て  拍ってわあと囃し立て  湯を立て  方を向いて立て  頌徳碑が立て  一時間も立て  塵に吹き立て  それから巻舌で長々と述べ立て  ベラベラとしゃべり立て  他人の立て  旅人を立て  汝を立て  遠方から守らうとして、立て  式が立て  處に立て  必然的に立て  部類の立て  舞台に立て  神学体系が立て  別に大中臣氏を立て  莫連だとがなり立て  云つて促し立て  ように編んで立て  蹈鞴を立て  そつくり地面に立て  女房を立て  上に主として立て  豫算を立て  事を長く述べ立て  廉を立て  火のつく如く泣き立て  三方から火をつけて焼き立て  火に焼き立て  枕屏風を立て  ムカ腹を立て  傍らに立て  二尺指しを立て  島田さんを立て  候補者に立て  候補者を立て  言葉で立て  足がふるへて立て  薫りを立て  小波も立て  クルクルと巻き立て  渦を巻き立て  上まで巻き立て  霧が立て  瓶を押し立て  綴つて、やかましく囃し立て  対象として押し立て  支柱を立て  一生懸命に吠え立て  葉をさかさに立て  有頂天で立て  さつきから、立て  たましい笑声も立て  細君は立て  仕切りに立て  座敷へ立て  音を高く立て  戸袋に立て  そこへ立て  座敷に立て  門並旗を立て  気楽そうに述べ立て  障子の立て  から線香を立て  風呂でも立て  気持だけとり立て  ゅうと音を立て  自ら新機軸を立て  罹災してついに立て  一通り順序を立て  村雲すこし有るもよし、無きもよし、みがき立て  物干しが立て  遠巻きにされ囃し立て  庭に立て  霜をそそげ立て  さうに、吠え立て  そうに、吠え立て  子供であるから腹も立て  出入口に立て  本が立て  大声に囃し立て  旗じるしに押し立て  小波を立て  みんな片貝を立て  尻尾をまっすぐに立て  何かの立て  一日置きに立て  折つて風呂を立て  志よわく、立て  口調で喋り立て  ブツブツ泡を立て  理解の立て  庭先に立て  後から迫き立て  遠くから臆病らしく吠え立て  いふ噂でも立て  壻を取って立て  二男三郎が立て  吉川勢も斬立て  首領を立て  可愛い七夕竹が立て  あざやかに立て  区画を立て  唸り聲を立て  羊公歿後に立て  現在異を立て  ふき水口からがなり立て  乱打致してがなり立て  盛んに弁じ立て  病後とかいい立て  あたりまえで、立て  足と立て  災害記念碑を立て  ようにさわぎ立て  たましい啼声を立て  鈴音を立て  われわれが立て  ような長い呻きを立て  小さな叫び声を立て  階級イデオロギーに立て  イデオロギーに立て  政治上に立て  任意によって立て  計画は誤って立て  成心によって立て  拍音を立て  比田さん比田さんって、立て  供に立て  襖を立て  ぷつりと襖に立て  誰を立て  盃を立て  詭弁の立て  半分程立て  町営長屋が立て  あやしい唸りごえを立て  眼をすごく光らして唸り立て  驚きに鳴き立て  旗をおし立て  姿を見つけると、もうもうと啼き立て  咽喉に立て  策士として立て  かみさんが喋り立て  腹だけは立て  笑ひ立て  かな音を立て  歯音を立て  家畜を追ひ立て  きりなしに追ひ立て  荷車のうへに高く押し立て  騒音を立て  なほも喚き立て  麓より立て  つくり手を立て  かしらに立て  言葉で囃し立て  ガチャガチャ音を立て  始て立て  音だけを立て  獅子を立て  ように、駆け廻り、喚き立て  掘り抜き柱を立て  逆手に握って構えながら、立て  鉄扇を立て  勝男木が立て  声一つ敵に立て  助、立て  そうに吠え立て  足音をさえ立て  何者かに駈り立て  今夜風呂を立て  小さな道標が立て  これでは立て  榾火を焚き立て  掌を立て  法廷に立て  人に愛され立て  先輩に伺ひを立て  チョイと立て  つのようにおっ立て  建物と、ごちゃごちゃ立て  絶え間もなくしゃべり立て  身体をひどくきちんと立て  ばたばた音を立て  驚きでかり立て  悪評を立て  無二無三に斬り立て  石が立て  チンチン音を立て  軒ごとに立て  先生先生と立て  日章旗が立て  蝋燭の立て  あたりは踏み立て  友人たちの立て  石碑が立て  儀さうにバサバサと鳴る羽ばたきを立て  ちゃんと真っ直ぐに立て  鬚を立て  首をふり立て  畳に掘り立て  水しぶきを立て  五日声も立て  響きも立て  頭で立て  刃が立て  ような、呻きを立て  差別を立て  考案を立て  信長の子孫を立て  千木を立て  千木の立て  一緒に列べ立て  外記のくゆらす煙りは立て  空に漂い、また、立て  作戦計画を立て  煙幕を立て  臭気が立て  まま声を立て  三方を立て  上を物凄い軋みを立て  岩の上へ立て  熱心に立て  ほこを立て  屏風を押し立て  通称をよび立て  三角形にひらいて立て  得々と弁じ立て  中宮を立て  マンナカに立て  祈誓を立て  コンパスを立て  三つの志を立て  三策を立て  大志を立て  堂に立て  元祖と立て  門柱太しく立て  一ツを立て  草ぼこりを立て  地獄へ駈り立て  家長と立て  鬢をそそけ立て  情熱においては、なおさら焦き立て  俵を立て  一つは立て  赤城山へ立て  線香でも立て  音をわざと高く立て  山神石塔を立て  名なども彫ってありますが、如何して立て  湯宿が、立て  あはははと聲を立て  一たいに立て  科学を押し立て  面目をも立て  作者山本有三が編み立て  腰をひき立て  言うごとき区別は立て  襟だけをツンと立て  そとでわめき立て  負けないでわめき立て  もう一度烈しくわめき立て  彼を立て  これまで、こんなに立て  水際に立て  声で、いろいろとくどき立て  芝居じみてわめき立て  葭簀とが立て  板が立て  葦簾が立て  灰匙を立て  銘旗を立て  上を超へて立て  眼にかどを立て  住持が立て  直に立て  発揮であると立て  シェルフに立て  傘を開いて立て  女が立て  実験室に立て  青年従業員に立て  焼酎を立て  親居処を替えしがなお立て  四足を立て  ほんとうにしょっちゅう腹を立て  十分腹を立て  おつもりですとわめき立て  犬に吠え立て  今一一標柱が立て  暑い唸りごえを立て  舷舷相摩すきしみを立て  山岡を促し立て  部屋からも追ひ立て  前に、立て  んだを踏んで吼え立て  青すじを立て  毛槍を立て  旗じるしが立て  舷へ立て  杭とホッ立て  毛穴から湯気を立て  禁札が立て  こないだから腹を立て  さを説き立て  異様なうなりを立て  かさに掛って怒鳴り立て  板戸が立て  隣室へ立て  竹矢来が立て  平げて立て  無遠慮に押し立て  支械が立て  辺り一面で唸り立て  轟音を立て  各所に立て  弓を立て  者が立て  葭簀を立て  毛穴をそそけ立て  例もの通り足音も立て  参考書を立て  まわりをぐるぐる廻りながら吠え立て  狭霧を立て  ゆもじを出して立て  斉明三天皇を立て  白壁王を立て  響も立て  音にも立て  ッかり立て  百万陀羅并べ立て  喋々しく陳べ立て  臥て見たり起きて見たり、立て  無性に陳べ立て  白紙を張られてウロウロとして立て  舌り立て  別に声も立て  様な誓いが立て  のは誓いを立て  様に、述べ立て  身代りを立て  素性をあばき立て  一時腹を立て  旗差し物が立て  足がなくては立て  ように、やがて立て  喰べながら立て  戸外では立て  襟も立て  計を立て  ものにして、追ひ立て  門辺に立て  木標を立て  つて身を立て  盛んに啼き立て  のは、立て  物見を立て  提燈を立て  兒に立て  軍旗を立て  名目を立て  暗雲を立て  顕微鏡下に立て  つぶやく音を立て  手を当ててやると立て  四合壜を立て  能くは立て  二まいむかいあわせて立て  陰地に立て  吉田は立て  高笑いを立て  上にも煽立て  脚、折り立て  平戸藩で認めて、とり立て  時が立て  顔のまえに立て  急ににごりを立て  おくりながら声を立て  うえに立て  ことをならべ立て  釘をまっすぐにおっ立て  宮重大根のふとしく立て  山を立て  前へは、うっかり立て  屹と立て  真似が少しばかり立て  瘤を立て  噂さを立て  小石川音には立て  背後へまわりて急がし立て  仮屋を立て  卓を立て  証拠が立て  上に置いて説き立て  こと/″\く立て  霜を立て  筈ではないかと立て  おごそかな誓いを立て  占ひでも立て  つて声を立て  一つ一つならべ立て  力づくで追ひ立て  今度中門を立て  使節を立て  ます目当に立て  軒に立て  木魚にしがみついて、もく、もく、もく、もく、と立て  触角を立て  ツ肚を立て  トマトウのとり立て  烟も立て  石をひろってきて立て  少年と、立て  一遍声を立て  畝りを立て  えりを立て  はりを立て  頂上に立て  円材を立て  手すりに立て  牛頭社を立て  下宿に立て  足首を立て  由爺は猛り立て  馬車を立て  一時に立て  片方はえ立て  山神塔多く立て  傍へ立て  かげろうを立て  一つ案を立て  柱に立て  根本さえ立て  気をひき立て  窓からふざけながら囃し立て  棘を立て  女郎に立て  旅に追立て  根本に立て  新政府を立て  利口に述べ立て  芸術に立て  一学派を立て  系統を立て  銀鱗を立て  一切合財をあばき立て  衣桁が立て  後者ならば口説き立て  生活なら、必ず立て  尊王事件をあばき立て  桟へ唸り立て  ボッと立て  笑い声をひとしきり立て  それから笑い声を高く立て  笑い声とを立て  笑い声を高く立て  後ろまでひるがえして、こう口説き立て  金兵衛を包んで揉み立て  男たちであるが、すぐに飛びかかって揉み立て  里と立て  民族と云うも、立て  マヌエラに立て  雨音を立て  ぶんぶん唸り声を立て  ごとごと音を立て  神の立て  自由に立て  あたしを口説き立て  サモヴァルでも立て  アクシーニヤを呼んで、立て  サモヴァルを立て  ジノーヴィー・ボリースィチはわめき立て  フィリップィチと立て  あたしだけ追っ立て  肥満していて、立て  しまはり、よび立て  片言を述べ立て  首は立て  オロシャ交易を発き立て  二本ならべて立て  脚を踏み立て  手筈を立て  先月ちゃんと筋を立て  幾度聴耳を立て  ぱつぱつとひそやかな羽音を立て  脚音も立て  ぱつと羽音を立て  召使いに隠し立て  皿を立て  誰一人異見を立て  前にも立て  我執を立て  風に吹き立て  ところを述べ立て  境界に築き立て  人物だけあって、青々と剃り立て  まま、見てもいられない程嘶き立て  儘、見てもゐられない程嘶き立て  お松様といって、立て  徳を以て立て  自然に、立て  拾ひ立て  しるしが立て  無言の誓いを堅く立て  埃を軽く立て  肌から陽炎を立て  国から志を立て  朝早く立て  はまに揉み立て  うわさでも立て  如くに立て  地心を貫いて立て  今、立て  岸邊に立て  一藩かぎりで立て  馬籠を立て  官有林を立て  制度を立て  志を遂げよとの誓いを立て  声で喚き立て  軍治は立つにも立て  限りにが鳴り立て  本家がと立て  枕もとに立て  さら腹を立て  櫓を抱えていたので立て  何だか追っ立て  私たちをかり立て  真正面に押し立て  男の子が泣き立て  介殻を立て  燈りを立て  自分で立て  ほか別に崇敬者を立て  うちに立て  犬と立て  順序次第を立て  笛を吹き立て  測候所を立て  竹筒を立て  沢山に立て  膝は常に立て  音ばかり立て  口髭をぴんと立て  思いなしか、立て  裾は立て  から相場を立て  白洲を立て  傳を立て  議会に立て  側面に立て  標語を押し立て  此処に立て  藩主の立て  個所へすぐさまお立て  鳥右ヱ門は立て  代理に立て  設計を立て  ぴくっと耳を立て  意味の伺ひを立て  議會に立て  三つの区別を立て  二つの根本欲を立て  根本欲として立て  三段階を立て  薄茶なんか立て  毛を立て  相手として立て  遠慮会釈なく説き立て  批評せんとて立て  豫定を立て  橋に立て  我知らず聲を立て  ギャアッと立て  王を立て  尾っぽをつっ立て  間に並べて立て  ゴトゴト音を立て  幣束を立て  成音を立て  言い条を立て  ひとりはいぎたなく立て  見識なぞを立て  私見を立て  峯頭に立て  唆り立て  假に立て  囲い板は立て  鬨の声を挙げて、囃し立て  勲を立て  角度に立て  煙突を立て  テーブルに立て  事を一々やかましく咎め立て  一つも立て  軒下に立て  ひだをキチンと立て  晴れやかに立て  これだけ筋を立て  名をひっ立て  像でも立て  世間からも立て  大ぜい、ぴかぴかぬり立て  噂でも立て  ぢを立て  花瓶に立て  次第を立て  ノエと立て  秩序は造られ立て  人約束を立て  姉妹クレオパトラを立て  契約を立て  飾が立て  暮の立て  寒い音を立て  ことこと爪音を立て  老婆は立て  寝息も立て  幸福になるとしゃべり立て  飛翔力を述べ立て  の策を立て  襟などを立て  呼気音を立て  からから音を立て  墓標を書いて立て  ミサが立て  雨戸も立て  背後へくっつけて立て  戦略を立て  机上に立て  書齋に立て  直ちに太子と立て  役人に追立て  何かしら声を立て  峰あなたにも立て  霜除に立て  白烟、止まず立て  乘鞍は立て  厠に立て  政律を立て  学流を立て  蝋燭でも立て  縁側を飛び上がって、立て  竪に立て  壁へ立て  硝子戸が立て  見込は立て  型を立て  ことをだいぶ長く述べ立て  政治家であり、又その立て  相当に立て  割りに立て  方針などは立て  衝立が立て  いつものように腹を立て  手柄も立て  身は立て  研究所に立て  正面に押し立て  精一杯にひき立て  潮煙を捲立て  旗竿を立て  ひと月あまりも立て  一人が囃し立て  草小屋を立て  もとどおり戸口に立て  城郭に立て  一分とやらを立て  やけくそみたいに、わめき立て  剣を立て  探偵小説家として立てるも立て  無遠慮に述べ立て  辺土に立て  古来老樹のみ立て  藩から立て  雛などを買ってもらって立て  予算に立て  のとを立て  七歳以上になると立て  意見を立て  最初内使を立て  若い人には幾らか立て  間から噴煙を立て  屋敷中を狩り立て  矢などを立て  腰から上が出て、その立て  意気地を立て  ヒーヒー声を立て  銃声が立て  乳房を揺り立て  からんと腹を立て  ものの立て  家がきちんと並べて立て  どこへ立て  天下どこに立て  道標を立て  運、立て  不寝番を立て  なかへ立て  区別は立て  小石を立て  夜客の立て  往来へ立て  隙間なく巻き立て  音を次々に立て  シンシンシンシン音を立て  器具を立て  元気なのは水鳥で、喧しくカッカッと啼き立て  隙間なくキリキリと巻き立て  金切り声なんか立て  陣容を立て  蝿がうなりを立て  ドンドンガンガン囃し立て  尻へくっついてしまって、立て  次から次へと囃し立て  牛込亭へ立て  悲壮に立て  動坂亭へ立て  軒先に立て  言葉なく立て  机に立て  緒もゆらに揺り立て  搖り立て  一声も立て  窓下に立て  貧乏ぐらしを立て  主観的に立て  心持で立て  三期を立て  真似事に立て  たか声を立て  平野を立て  方髯の立て  何ごとかをわめき立て  そこから筋道を立て  先生が述べ立て  指でつき立て  下にして立て  ために追立て  必要に追立て  対策を立て  土ほこりを立て  企画を立て  逆にして立て  システムを立て  仕事へかり立て  面へだけ立て  例年より多くはき立て  ひさし髪を立て  とき体がしゃんと立て  暮しも立て  姿そのものからプンプン立て  プランは立て  道徳観を立て  それを見ると、またひいひい泣き立て  図書館に立て  画架なんぞを立て  鉛筆を立て  競争候補を立て  さまざまの新しい誓いを立て  筋道だけは立て  軍功を立て  一時男子を立て  畳を蹶立て  平手まえを立て  道も立て  頬つりて呆けたるごとくわが立て  意見とかを立て  さうに喋り立て  しかし、立て  原因から幕を下ろし、囃し立て  みんみん蝉が啼き立て  四つ足を立て  骨を立て  破片を立て  うに促し立て  場合役にも立て  人格を立て  花柱を立て  国民バレー研究所を立て  目標も立て  全力をつくして立て  前よりもはげしくわめき立て  ばたばたとあばれて啼き立て  山の上に立て  翼をまっすぐに立て  三つの頭をまっすぐに立て  火を噴き、しゅっしゅっと鳴き、そして吼え立て  方か、吼え立て  そこから、立て  規則が立て  そこにはまっすぐには立て  時箸を立て  笑い声も立て  一面に立て  大声でいい立て  筒に立て  廻りに立て  蛇を、やっと追立て  面白い手柄を立て  長男は、痩せこけていて、まだ立て  名誉を立て  造物主を立て  旅店を立て  枕へつき立て  仰山な羽ばたきを立て  暮しに使い立て  きれいに立て  臥ていたと立て  客用卓が立て  生活プランを立て  風呂ばかりは立て  馬も立て  効能を説き立て  蓋然も立て  推論を立て  村が立て  王朝末から鎌倉へかけても、まだことほぎを立て  笑声を交ぜて話し立て  それをどんなに述べ立て  要領よく述べ立て  鍋を立て  六尺棒を立て  罰則を立て  高いびきを立て  一人が、立て  酸っぱい湯気を立て  先に押し立て  床几を立て  先手に立て  竹束を立て  社会政策を立て  鍔音高く立て  対に立て  ウネウネと立て  バタバタと立て  ゆるやかに立て  腹這い鎌首を立て  二声吹き立て  蔭へ隠し、立て  盛んに吠え立て  そのままに立て  襖をぴたりと立て  勝手に立て  風説を立て  音にこそ立て  りよを促し立て  程多く立て  産屋を立て  誓約を立て  つて音を立て  宮柱を太く立て  樣に刺し立て  柱を太く立て  壯大に立て  東向きに立て  途を立て  尾をピンと立て  胴体、押し立て  浪が立て  のぼりて立て  外国に売り払われたかを述べ立て  埴輪人形を立て  証明を立て  人は立て  塔をおっ立て  武功を立て  宿所護國寺に立て  まん中へ押し立て  一九三〇式に磨き立て  近接して立て  空想も立て  心に立て  割合位に立て  石仏が立て  一町毎に立て  連嶂を押し立て  標木が立て  間から滾々と音を立て  天半に押し立て  舗道もかなり冷えているらしく、立て  仮りに立て  広場に立て  対岸に立て  伽藍を立て  幹もしっかり立て  多くのものに立て  大勢に立て  ぢいさんがさわぎ立て  大浪を立て  素描は立て  呉清源は伺ひを立て  学者の立て  伺を立て  黒煙を立て  語源説を立て  柱さへ立て  古代論理の立て  連続的に立て  端に立て  端れに立て  土に立て  向うはじに立て  響でも立て  客観点に立て  ぱのまん中に立て  長剣を立て  舌でわめき立て  手段の立て  長計を立て  基標として立て  現地に立て  のは立て  脛も立て  比較に立て  都々逸ばかり立て  山鳩が啼き立て  これを吹き立て  白旗七本を押し立て  尾をぴんと立て  石垣に築き立て  じい水煙を立て  我儘を咎め立て  証拠を列べ立て  床を叩き立て  本国に立て  彼を急かし立て  ステツキを立て  記録を立て  奥へ立て  照明鏡を立て  国って立て  一年一年予算を立て  腹でも立て  ぷつぷつ音を立て  饗宴にふさわしいほど述べ立て  飴が立て  大行燈を立て  囁き声を立て  針仕事で立て  不意に立て  御願を立て  夫と立て  四壁に立て  膝にしゃんと立て  匂も立て  事実をかぞえ立て  標を立て  ぷすぷす音を立て  矢二筋を射立て  北条家を立て  意志をふるい立て  値は立て  大切そうに立て  ご用に立て  幽かに立て  箒など立て  帚など立て  片足を立て  背にして立て  耳も立て  義を立て  椅子テーブルが立て  清列なひびきを立て  雪中に立て  花挿しに立て  人差指を立て  大体心組みを立て  やかんは又、負けずにがなり立て  彼女を乗せて囃し立て  声だけ立て  一升壜を立て  聲こそ立て  言を述べ立て  盛んに論じ立て  骨子を立て  ものは若くなった若くなったと云ってしきりに囃し立て  火の玉が飛び込んでゐて、くろけむりを立て  香だに立て  帯は立て  腹を立てたら立て  人でなければ立て  ピッケルを立て  子姓を立て  洋一は立て  屏風をおし立て  主人から不義をいい立て  近く木小屋を立て  戰場に立て  神祠が立て  ものをかり立て  酒瓶を立て  平地に立て  的が立て  窮極点に立て  縁側へ出て立て  若人よ立て  斜かいに立て  がいがいと鳴立て  忍音を立て  諸方から焼き立て  押遣って、立て  計画をも立て  前髪さえ立て  所から促し立て  笑い声は立て  パリパリ音を立て  地団太踏んで、わめき立て  ような唸きを立て  若い水夫は、低い唸きを立て  口々にわめき立て  銃を立て  音と言葉とを立て  分界を立て  緒口が立て  父を立て  義理は立て  

名詞

立て[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
立てにならない  立てをしない開け放した  立ての靴をはく  立てになるとか  立てになった  立てを喰う  立ての頭へ目をやりながら  立てのような壁がある  立てを開き直って  立てになっている  立てをしても  立てに直ぐ来られたので  立てと言えば立ち  立て懸けてある  立てをして  立てかえといて上げても  立てになりました  立ての頭を撫でた  立ての山羊の乳を貰って  立てをしたって  立てから刷毛ゆがめ  立ての艶やかな髪をあげ  立ての餅もあります  立て廻した屏風の外の日影は闌けていた  立てを許さなかつたせゐもあるでせう  立ての葉子の顔を見ていたので  立てと云うに  立てを喰っている  立て申すことになつて居た  立てのやうに光つてゐる  立ての牛乳の匂いがする  立てなどしたので  立ての顎も青み渡った  立てをする  立てはちがった  立ての板には乾きの速い塗料を塗り  立てを饒舌つてゐる  立て無えばかりにして  立てはせぬ  立てなんかにして居るので  立てに奉公に出たくらいで  立てに御奉公にあがったくらいでございますから  立てになる  立てに来たから  立てにち  立てになるので  立てなどはしません  立ては致しません  立てを試みる  立ての銀杏がえしへ  立てまえから見れば  立てと来る  立ての饅頭に初手をつけるという  立てなほしに拙くも蹉跌して  立て這い登り  立てをしてゐた  立てを見つけてやるから  立てというのに  立て下されまして  立ての羅漢豆があった  立てが猛烈になるでせうね  立てといわれれば立たぬでも  立てさえすれば  立てを食う  立てが十ばかり湯気を立てています  立てを食はせ  立ての牛乳にレモンの花を一房投げ入れた  立てまえをほかに転じて居て  立てらしてつぎ合わそうとした  立て青い槍の葉たれを刺さうの  立てのいも位にゃ食え  立てしていた  立ての餅のような和みを帯びた  立てに有り金を出せと云った  立てによると  立てにして  立ての天神髷を振りこわして  立ての額をひからせて帰って来た  立ての島田を見てくれという  立てもいられず坐てもいられず  立てはしまいかと  立ての銀杏返しに赤い手柄をかけた  立ての木柱を軽々とかついで  立ての木の香新しい木柱に向って  立てていう段になったら  立てには何の因果で坊主になったかと  立てになりながらも  立ての島田髷も根から頽れてしまった  立て廻した屏風を廻り込んで  立てにならぬ  立ての暖かい御飯の給侍をしてもらって  立てやがったに違えねえ  立ての坊主頭の被布を纏った  立てはしない  立てを食ってしまった  立て廻してくれました  立てがありましてね  立ての大きなあんぱんが湯気をたてて  立ての上がりばなを喫しながら  立ての庖丁を使っている  立てともしにして置いた  立て申して上げますから  立て並べられた  立てを食つているのに  立てのものが積った  立てしようとは思わない  立てをしました  立てが私達の好奇心をそそる  立てこめられたる  立てでもしない  立てになるだろうと思います  立てなどは白と黄の色彩も快く一種の香気があって  立てをほうろく煎りにしたり  立てになるかもしれぬと  立てになったりなさる  立てのうわさに結びつけて  立てなば粋に見ゆべき  立てになって  立てで翼打ものうげに鎌倉のほうさして飛びゆく  立てと命じ  立ての古玩は価高うして  立て又は語りの義があります  立てを現実化した  立ての側に岐れて  立てに来る  立てを見出しました  立てを主とする  立ての方が疎かになつて行つたものと見る  立てをやる  立ての日は朝から小雨が降って  立てをいたそうとした  立てのものを食べます  立てたりした  立ての自分を見て  立ての帽子が夕立にあう  立てになったはち  立てに一日延ばしにした  立てが皆一致した  立てに一日延ばしにしたの  立てを喰つた家が何軒あるか  立ての豌豆の大俵で養はれてゐた  立ては父母を顕わすの  立てていうようなことはあり得ない  立ての露西亜パンを山盛りにして  立てかえておいて下さい  立てかえをさせられる  立ての山高帽を脱いだ  立ての牛乳を飮み  立てされているらしかった  立ての白足袋が硬く見える  立ては出来ないが  立てになります  立てをしている  立ての髪にそれをひっかけて  立てになりません  立てをしてゐない  立て混んでいない  立ての頭では白洲へ出られない  立ての筆を持つて  立てながら先を走った  立ての麦飯の香ばしい湯気に神仙の土のような匂いのする  立て並べられている  立てとから出て  立てながら飽くまでも相手をもどかしがらせた  立てになるに  立てになっております  立てになるの  立てになったら  

~ 立て[名詞]1
隱し立てを  二人はおろし立ての  路易の刈り立ての  垢もつかない鋳き立ての  祭りのとがめ立てを  東京駅へ着き立てに  何か積んで立て  中学へはいり立て  中学へはひり立て  ここを立てという  頃は蒸し立ての  わたしが立てか  彼女の剃り立ての  農家からしぼり立ての  医者の診立てが  声をそろえて漕ぎ立て  んだからとがめ立てを  髪は結い立てから  歌なんぞがなり立てやが  粧り立ての  右大将家の立て  洗ひ立ての  ことを褒め立てなど  制服を着立ての  彼をかばひ立てを  庭のもぎ立ては  いま剃立ての  悪事を覚えた行き立てを  間抜野郎を煽ぎ立て  腹を立てたの立て  玄竹は剃り立ての  頭に付けて立ては  奮ひ立て  武士の云い立てに  薙刀を云い立てに  それを云い立てに  母に隠立てを  門野が立てに  言ひ立てに  わたし喜ぶともとがめ立てなどは  中にあるという立て  ように結い立ての  恥辱と云う立て  側に立てと  手をつけない蒸し立ての  生活の立て  爪を立て立て  噂を立ては  これほどに匿い立てを  米友の剃立ての  どんぶりに煮立ての  実家を説き立てさえ  おさつのふかし立てが  神尾もとがめ立てを  運命の立て  束は刈り立ての  それをとがめ立て  軍用金を云い立てに  伝七の云い立てに  子分が剃り立ての  娘が結い立ての  病気を云い立てに  腹を立てや  結ひ立ての  二メートルの削り立ての  心労を数え立てていう  なに宅を持ち立て  頭の剃り立てには  其頃塾に入り立ての  お宮にたき立ての  隱し立ては  蓼川家の売り立てが  蓼川家の売り立ての  炮じ立ての  製板所の立て  何もかくし立て  ように切っ立ての  散髪になり立てなども  鍋前に陣取って揚げ立てを  隱し立てが  名前を叫び立てでも  安兵衛らの結い立ての  旧家に始まっている売り立ての  粧り立て  僕の立て  結婚し立ての  声をも立てで  削り節は削り立てが  ロデリゴにむかって立てと  言ひ立て  おどけ言ひ立てを  言ひ立てや  言ひ立ての  言ひ立てを  家宝売り立てを  藤原家の売り立ての  模様でかばい立て  パン菓子の暖め立ての  事を褒め立てたり  昨日着き立ての  衰をいひ立てに  乳牛は採り立ての  面だけをとり立てていう  それこそふかし立ての  バス代の立てか  功績を云い立てに  爐邊で搾り立ての  従僕にとがめ立て  彼にかくし立てを  女の結い立ての  客の立て  手にはおろし立ての  犬は吠え立てながら  堕落し立ての  肌は剥き立ての  言ひ立てとから  口調で述べ立てながら  シュレック・フィルンまで切っ立ての  さんの結い立ての  障子襖を開け立て  みな買い立ての  

~ 立て[名詞]2
つい立て  はよう立て  ともかく立て  いい立て  早く立て  とくとく立て  はや立て  世に立て  男らしく立て  なく立て  

複合名詞
申立て  立て物  白幡立て  突ツ立て  押ツ立て尻  旗立て  出来立て  立て吸  出し立て  囃立て  塗り立て  ステッキ立て  詮議立て  煽り立て  鏡立て  氣立て  さうに鳴き立て  其組立て  さし立て  立てやあ  野立て  立て看板  立て前  突立て  心易立て  立て膝  矢立て  意地立て  蝋燭立て  立て替え  切り立て  立て立て  狩立て  立て込み  立て籠め  くみ立て  柴立て場  切ッ立て  結立て  猟立て  爪立て  立てたる  団扇立て  ご用立て  ひき立て  叫び立て  こゑ立て  順序立て  香立て  如く立て  だし立て  波立て  お召立て  後立て  上立て  切立て  ふり立て  鞴仕立て  馬立て  呼立て  すき毛入り前髪立て  芽立て  軍立て  一軒立て  為立て  縫立て  買立て  目算立て  立てつけ  御用立て  趣向立て  立てかた  杖立て清水  立て岩  口立て  立て違い  焼立て  証拠立て  熊立て  筆立て  自動車立て場  立て場  うち立てらさ  一双立て  立てよう  騷ぎ立て他人  区別立て  逍遙子立て  客觀想立て  薙立て薙  廬屋立て  柱立て  騷ぎ立て  如く立て陳ねた事  門ニ立て妙幢  立て尻  よせ立て  顔立て  生れ立て  借金取り立て  笑ひごゑをお立て  立て合せ  叫び立て乍ら  言立て  いくら売立て  幼君守立て  立て棒  飾り立て  せき立て  立て引き  音立て  一体此立て物  締め立て  組織立て  二頭立て  鏡立て身  うめ立て地なぞ  突立て突  三頭立て  立て役  舌立て  ば立て  八頭立て  邪魔立て  掻立て  いま買立て  伺立て  立て者  刈立て  引ッ立て  じゃま立て  音立て肩  唯一人立て膝  膝立て  小立て  使立て  持立て  呶鳴り立て  腹ア立て  刃向い立て  旨申立て  并び立て怪む  早馬立て  伺い立て  みな立て  あおり立て  心立て  立てら  切つて立て  意気立て  我鳴り立てよう  口説き立て候  虹立て  浪立て  車立て  札立て  ケタタマシク立て  傾城押し立て  腹立て  諫言立て  線香立て  組織立て省察  突立てたま  ゑを立て  使い立て  小鍋立て  飲立て講  思立て  匿立て  立て換え  皆立て拝  繼立て  隱宅立て  張り立て  移り立て  立て合わせ  立てめ  いま結立て  ペンキ塗り立て  弟一人小鍋立て  農立て  後ろ立て  秩序立て  背後立て  一服立て  あおり立てあおり立て横ざま  立て襟  うち立てん  詮義立て  胸騒立て  青筋立て  習い立て  ぷらんを立て  ッ立て便所  四階立て  前髪立て  六馬立て  生み立て  差し立て  立てッ  格子戸立て  摘立ての  立てがら  立て場所  立てちやつて  客大分立て  立て兵庫  降り立て  継ぎ立て  とり立て  立て石  枝蝋燭立て  立て合  押し立て押し  帳面立て  ムカツ腹立て  鳴き立て  賞め立て  仕込み立て  出來立て  泡立て  三百御用立て  烟立て兼  押し立て  仕法立て  宿継ぎ差立て  勝手仕法立て  立て女優  お守り立て  お先立て  つま立て三階四階  立て籠つた所  立て武名  聞き耳立て  頭髪立て足  立て即位式  立て呼  公儀才覚立て  如く音立て  意地立て世過ぎ  部立て  立て以上  帰り立て  おし立て  生活なぞ飾り立て  附立て  ざとなつて声立て  槍立て  一いち詮議立て  さき立て  杖立て  立てむ  一本立て  写真立て  立て女形  立て罩め  立て度  かお使い立て  秋立て  立て給  順立て  ろうそく立て  立て隙  代役立て  説立て  立て前上  一頭立て  ひとり立て  四頭立て  立ての  備え立て  三万円御用立て  襟立てマント  白馬三頭立て  得立て  黄べり立て羽  声立て  立て九月十一日平和  マッチ立て  三頭立て馬車  其立て場  立て腰  咲き立て  狩り立て  立て徒  暫らく立て  夢群雄立てこと  皆立て蛟龍  刻み立て  つま立て  じい立てかた  貰い立て  六角牛山立て  生まれ立て  二立て目  豫め立て給  二階立て  特許異議申立て  異議申立て  はし立て  誓言立て  箸立て  立て樣  



前後の言葉をピックアップ
奪掠  奪略  脱力  脱漏  脱ろう  立て役者  立て  立てよ  伊達  伊達者


動詞をランダムでピックアップ
整っかすめ取らつれよ蹴上げる重ね合っ心し暗んのぞかせ捕まっ押し戻さつかまえれしょっぴき揚げろきえうせる押せ擦れ違お啓し活かさ切り開き謙り
形容詞をランダムでピックアップ
甚だしかっこわきゃ白いうっとうし甘酸っぱく小暗つつがなかれおもしろき草深いあったかく木ぶかい悪しかれ痛痛しい親しかっあわただしかっとぼしかっやむをえなくらならびない悩ましき