「湯上り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

湯上り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
湯上りの薄化粧する  湯上りの匂いをぷんぷんさせて  湯上りの紅絹の糠袋を皚歯に噛んだ  湯上りのしめった  湯上りのように湯気を上げた  湯上りの体を車にのせて  湯上りの耳朶を早い春の風が掠める  湯上りの白粉に扱帯は何というやらん  湯上りと丹前を重ねただけの  湯上りの身体を鏡台の前に据えて  湯上りの為十郎に注がれたが  湯上りかと思ふ  湯上りで晴々して  湯上りの若々しい胸の上に素っぽこ袷をいいかげんに着て  湯上りに爪を剪っていた  湯上りの霞を払った  湯上りに母親が衣類を着せる  湯上りの時なぞはその頬を紅くして笑って見せた  湯上りの連中の顔にまで映った  湯上りの薄化粧の頬を少しく上気さして  湯上りのすこし逆上せた  湯上りなどの御美しさと言ったら  湯上りの浴衣の触覚にこそ夏の幸福は潜んでいる  湯上りにはすっかり形式をかなぐりすてて  湯上りに化粧した  湯上りがあんまり悠長なのを気にして  湯上りでよけい赤紅く輝く  湯上りの薄化粧うれしく思ふ  湯上りの身体をテラテラ光らせながら  湯上りの赤い顏をして綻びでも  湯上りには真裸で尻振  湯上りのポーッとした  湯上りの湯のにおいも可懐いまで  湯上りののんびりした  湯上りくらいに赤らんでいる  湯上りの肩に置手拭などの如何はしき姿を認めず  湯上りの身体を柔かい褞袍にくるまりながら  湯上りの手拭を懸けて  湯上りの匂いにまじった  湯上りを着ていた  湯上りに差向いで何か食って  湯上りのつかれ  湯上りの勞れた  湯上りのからだに秋風がしみて  湯上りの素ッ裸でせきこんでるわよ  湯上りの美しい肌を柔らかな羅に包んで  湯上りと言いますと  湯上りのぽっと紅潮した  湯上りの白粉を一刷毛真白く塗って  湯上りの帰りらしい上気した  湯上りの飯尾さんがクリームをつけたにしては  湯上りらしいおきえさんが肌をぬいで  湯上りのようにあなたに書きたいと思って  湯上りのやや肌寒を感ずる  湯上りの浴衣の胸をはだけて  湯上りの身体を横たえた  湯上りには恐らく美しいに違いありません  湯上りの寒さに抗する  湯上りに足を出して  湯上りのような顔をして  湯上りらしい照か照か光る  湯上りにそばを食べるなぞとは  

~ 湯上り[名詞]1
立膝して湯上りの  着物を持って湯上りの  そうな湯上りの  上に湯上りと  おりから湯上りの  四五日振りの湯上りで  正一が湯上りの  子供の湯上りに  奥さんは湯上りの  そこに集った湯上りの  伸子が湯上りの  雪は湯上りの  あとの湯上りの  娘分は湯上りに  渓流に臨んで湯上りの  絹の湯上りが  房一の湯上りで  洗髪に湯上りの  大将が湯上りの  娘が湯上りの  私は湯上りの  手摺に湯上りの  夜目にも湯上りの  暖く湯上りの  今夜は湯上りだけに  黄麻の湯上りを  マダムの湯上りの  頬にかけて湯上りの  それは湯上りの  窓からは湯上り  庄亮が湯上りの  汲水場に立つ湯上りの  冬は湯上りの  久しぶりに湯上りで  弟達が湯上り  

~ 湯上り[名詞]2
その湯上り  殊に湯上り  ぽっと湯上り  むしろ湯上り  あの湯上り  少し湯上り  

複合名詞
湯上り姿  湯上り浴衣  湯上り女  



前後の言葉をピックアップ
ゅろきゅろと  ゆわ  ゅんちゅんと  ゅんと  ゅんれいのたびをつづけつつ  湯西川  湯谷口    湯田川  


動詞をランダムでピックアップ
笑い遣えれふりはらっ切組めおち消えうせる綴れるよごれるころぶ貢ぐはなれろ打ち消し開けろ熱そ変ん書けりゃあきれるとびかけり投げこむ煮詰め
形容詞をランダムでピックアップ
晴がましきあかるかっ寒かろはれがましくうらがなし疑わしゅう低くっ初初しいはなはだしくなやましく恐れ多けれいけ図々しくっ白かっ物凄まじい腹黒貧しけれはずかしかっけわしく口惜しかしこ