「湯」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
湯がわいたらさ  湯にはいつてくる  湯はわいた  湯にひたしてたべる  湯を沸かして  湯がたぎる  湯がわいてくる  湯にいり  湯ばかり飲んでゐる  湯にはいる  湯にはいりたくなり  湯の湧く  湯にはいつて  湯のあつくてあふれる  湯のあふる  湯があふれる  湯にひたり  湯をさしに行った  湯を沸かしましたから  湯を入れて来い  湯に入れて  湯にでもはいらうか  湯がわいてあふれて  湯があふれます  湯を沸かし  湯に浸された  湯へ入ったと見えて  湯を吐きながら  湯だけ沸かして  湯のあた  湯があり  湯にもはいれない  湯にはいれないとは  湯にはいれた  湯に入り  湯に浸  湯に行けば  湯にはいれない  湯が沸いた  湯を呑む  湯の中に強壮薬を一壜すっかり注ぎ込んで  湯を足して  湯をさして客に進めました  湯にも碌々這入らないくらいだ  湯を沸かしたり  湯に入って  湯に入ってこよう  湯をすすめに来た  湯にはいり  湯にひたりながら書き  湯づけにでもしていた  湯ばかり飲んでいた  湯もある  湯のようになった  湯にでも行つたらしく思はれる  湯に入った  湯に入れ  湯を煮立てて  湯に入って暖まろうなどと  湯に行きやしないだらうから  湯煮をした  湯の入口になめ  湯に這入れぬと云って  湯に入らぬ  湯の湧き出る  湯が沸せる  湯でくつくつと煮る  湯をたびたびさし  湯を沸かせ  湯が耳にはいった  湯のなかで大声で歌っている  湯がやっとたぎり出して来て  湯にはいると  湯をつかって  湯を楽しむ  湯につかっていると  湯から上ってしまうまで  湯をつかっている  湯もたぎって  湯を沸かさせませう  湯がいて  湯に入り過ぎた  湯から出ると  湯に入っては  湯を掛け  湯をわかしていた  湯にほてった  湯にだけ浸って帰りかける  湯を少しずつ飲んでいた  湯をさして  湯の戸を開けた  湯を汲んで持つて来てくれる  湯を一杯飲む  湯の傍の簾藤という下宿屋に転じた  湯のたぎる  湯に入る  湯に入ると  湯に行く  湯に酔ふて  湯の中へ飛び込んで  湯が歌を歌ひ出した  湯にひたる  湯へ行った  湯から上がって  湯の飛沫が立った  湯とを絶した  湯の加減を見るばかり  湯の中に浸れる  湯となり  湯の川とはまるで比べ物にならない  湯の噴き出す  湯が非常な早さで跳び出して来て  湯が噴き  湯に包まれて  湯の雨に打たれない  湯によって残る  湯を本にして  湯にすると  湯とちがって  湯に溶ける  湯にはひりながら  湯にはひる  湯に溶かした  湯はある  湯を掛けて  湯を落す  湯どうふ屋というんで  湯どうふ屋へ入って行った  湯どうふ屋の外へ出た  湯に入ってほ  湯をうちかけられた  湯をわかし  湯は煮えたち  湯につけてたべ  湯を出すべし  湯で洗って飲んで  湯を注しかけた  湯をその老媼の口に注ぎ込んだ  湯の中に浸って  湯にしめした  湯に入つて夕飯は喫はずに日の暮れる  湯でふいても  湯にひかせ  湯のように中国はにわかに騒ぎ  湯は一人ずつ紅を流し  湯を浴びると  湯に浸かりながら  湯に浸かっている  湯から出ている  湯へはいって  湯の中へ頬冠りしたままではいるなんて  湯の中へ沈んでしまった  湯の面に見入っていた  湯にもはいれた  湯というのがある  湯や御食事をすませて  湯に入れと云うから  湯に染った  湯の中を泳ぐ  湯の中で泳ぐべからずとかいて貼りつけてある  湯の中で泳ぐべからずと書いてあるには  湯の中では赤シャツに逢わなかった  湯にはいって  湯の中に身體を入れた  湯を飲んだ  湯の中につけていた  湯を湛へて居る  湯とか御所の湯とかいつた  湯かむり歌といふものを聽かせてもらつた  湯を頭に浴びながら  湯をうつ  湯などに入って  湯の事を急がせて  湯なぞのひとかたまりの温泉地帯がある  湯でもと薄淋しく笑つて居るに  湯を汲出し  湯もつかはねば  湯も滿足には呑まれぬ  湯煙りのゆくえを見つめていた  湯にもはいって来た  湯をわかして  湯を注いで  湯を沸かしてあげるから  湯の泉のようになっていた  湯をたたえた  湯のなかに伸びて  湯の香が立ち迷い  湯つぼへ下りて来る  湯に嬲らせて  湯のにおいがする  湯を使う  湯という  湯へ飛びこんで  湯にはいりに来る  湯に浸かりあげれば  湯をとりまいて  湯まで下りる  湯に千浪の裸体をさんざん眺めあきたかれ  湯のうえに見せて  湯なのだが手に掬い上げて見ると  湯をすくってはこぼしいつまでも  湯がうごくと  湯と呼び  湯へ下りて行きましたが  湯などという温泉のある  湯の宿があるから  湯へ分け入って来た  湯から帰ってきた  湯へ湯治に来ている  湯へ行ってまいる  湯へ行くにも  湯へはいれば  湯から上って来るまでに  湯へはいりに行く  湯へ人の来る  湯へはいりに来おったから  湯に引き返し  湯にいる  湯をすこし相模のほうへ下りた  湯の猿を殺して  湯に逗留している  湯の猿を斬って  湯へ湯治に行った  湯の藤屋にいた  湯へ行っておった  湯へ行っていた  湯に這入る  湯に入れると  湯に這入って  湯に這入ったという  湯の宿の物思ひから  湯の中へ寒暖計を投げ込んだ  湯にもはいらず  湯を半分くらい入れる  湯の温度によって湯げの立ち上がる  湯に入って生き返った  湯をくみに来ながら  湯に子供を入れた  湯に這入りに来たが  湯に這入りに来た  湯に這入りに来ても  湯から出て  湯は何に利く  湯に漬かって  湯の中で首を捩じ向ける  湯は一度に面喰って  湯の中へ這入る  湯を鍵孔に注ぎこむ  湯を注ぎこむだけで  湯から上ると  湯の湧口に掘  湯があふれた  湯が吹きこぼれてゐた  湯に出かけ  湯に行き  湯を湯槽の外へドカドカ流すという  湯にも入らずに  湯を書生さんにぶっかけました  湯をわかす  湯の中に仰向けの儘煙草を銜えて  湯に浸つてゐる  湯に入つてゐる  湯に入つて来ないか  湯で拭いた  湯の思はるる  湯に遊んだ  湯の宿特有の名でその広大な構へと相俟つてこの温泉の古い歴史と伝統とを誇示してゐる  湯から法師温泉を廻られた  湯に通ふ  湯が湧いてゐて  湯の興味が多数詠まれてゐるので  湯を葦垣へだて秋風ぞ吹く  湯の涌き  湯に月仰ぐ  湯が草の葉色を湛へしに浸る  湯が島に行かれたが  湯が島の落合の橋勢子の橋見ても越えても  湯のけむりが  湯が幾杯か飯盒で沸かされた  湯は二本の樋で導かれ  湯もあやめの名を呼ばれる  湯の熱いのに少しおどろいた  湯の烟がほの  湯を買切りにした  湯に浸しながら  湯の匂いのする  湯の少量より食べる  湯を出てしまった  湯のなかでふわりふわりからだを浮かせていると  湯のあたたか味でポウッと桜いろに染まり  湯の音を立てている  湯へ落しながら  湯でさッと煮て  湯づけの音がきこえてくる  湯づけをすする  湯をきり上げて来た  湯から上って  湯だりながら新鮮な裸体を板の上へ投げ出していた  湯で温めようと思って  湯につかって行きなせ  湯につかっておられる  湯にでもはいると  湯の旅館紀伊の国屋でそうして味わわせてくれた  湯を出る  湯できいたばかり  湯で話をきいた  湯へ出かけて行く  湯が滾  湯が黄色い繊毛と共に纏わり  湯が出ますかい  湯の出る  湯が出るか出ないかだ  湯はさめきっていた  湯でて水に一二日浸す  湯を呑み  湯をわかすには  湯を飲みたるも  湯つぼの  湯つぼのへりにたどりついた  湯つぼは  湯へ出してやった  湯をもらうと申して  湯をもらって帰る  湯へ入れて  湯から上ってみると  湯に入ってから  湯に入っていると  湯を沸かす  湯を沸かしにかかった  湯に浸けていながら  湯が沸く  湯に行っている  湯から帰って来た  湯に行った  湯にでも入ろうとする  湯を汲んで  湯へはいる  湯が沸いており  湯の嫌ひな奴もあるといふ  湯を沸す  湯の宿で作ってくれた  湯に浸った  湯から出るまで待っていれば  湯につかって  湯を入れて持ってきた  湯を茶碗についで  湯に行かないかと言いだした  湯でも勝手に使えた  湯との二つの栓がついている  湯かがジャジャジャアと出て来る  湯が一ぱいはいっていて  湯へへいってやがるナ  湯う貰いに行ったから  湯に這入ってから  湯の傍に行くと  湯という人もありました  湯が湧いたといいます  湯が湧くといい  湯が湧き上るといっておりました  湯は流れないが  湯がないので困っていると  湯であるといい伝えております  湯が湧けば  湯とも呼んでおりましたが  湯に沸かして  湯の中の隅へ入って  湯を沸して  湯をつかわせてやる  湯の前まで来ると  湯にしろ  湯の騒ぎをつい見棄てかねて取合って  湯を浸した  湯を入れます  湯へ入れねえ  湯をだぶり  湯からサッと通した  湯の温度を見る  湯の湯気の上り  湯をのめば  湯がかへられたりした  湯に出かける  湯には数へるほどしかはいらないで  湯といふのは流行らなく  湯や水で顔を洗つてゐる  湯の中に体をし  湯の中にフンワリと身体を浮かして  湯から出たり這入ったりしていたが  湯の中へ落ち込んだが  湯が這入った  湯の中から引っぱり出した  湯の中へ飛び込んだ  湯をつかわせるか  湯が沸いたと云うから  湯に入って来た  湯がきたのうなる  湯に入って帰りかけた  湯を使って  湯のような汗があった  湯のわかれ  湯の匂ひ  湯は透通ります  湯の湖のことだなと良一は思いながら  湯と水を同一視しろと云う  湯が取ってあるか  湯を取った  湯で顔を洗う  湯をバケツに棄てる  湯を使わなかった  湯は顔の皮膚を害する  湯か酒で色づいた  湯で茹でて  湯煙りを立てた  湯で溶きましたから  湯はすみとほ  湯のたぎつてる  湯は並んで  湯のお兼と云ふ  湯の大きな宿屋がたッた三軒だけある  湯だけ沸く  湯も水も受けつけねえ  湯に浸りながら  湯からよい月へ出た  湯うれしいこともかなしいことも草しげる  湯がこんこんと涌いてゐる  湯を沸らして居る  湯を沸らし居る  湯をあがつた彼女が身装ひを  湯のような代もある  湯のような時もある  湯の中でフイと気が立って  湯に浸りながら言った  湯を沸らせておいた  湯から上がると  湯を呑ませる  湯をつかった  湯の中にゆらゆらとしていた  湯が沸いていて  湯にはいっていると  湯も咽喉を通さなかった  湯へ往復する  湯を監房の中に注ぎこむ  湯にとびこむ  湯が夜寝る  湯に浴びる  湯でもたくさん飲んで  湯はいけないと云われたし  湯の音がしたかと思うと  湯に入れという  湯へおいり  湯から上って来ると  湯から上がって来ると  湯に入ったりして  湯をもらいに行って  湯に行ってみたり  湯に浸っていた  湯をぬく  湯は流れおちていった  湯からあがった  湯へ出してやってから  湯にも入った  湯の香が通う  湯のあいた  湯が動いた  湯が動く  湯どのできいた  湯を見棄てなければならなかつた  湯と床屋にやった  湯の沸る音ばかりが耳に立って  湯を取って  湯に行くと言って出かけた  湯に行ったり  湯をつぎ  湯の中で唄も謡わず  湯が冷めるから  湯から帰ると  湯のことなどが浮んできた  湯の中につけておけば  湯を立ててもらって  湯の迸ばしる  湯に這入りかけているからね  湯に這入っていますから  湯の穴へ飛び込んだ  湯が湧いて来る  湯も出ない  湯か水かと聞くと  湯だと答えた  湯から帰りがけに入口の大広間を通り抜けて  湯を立てて貰って這入って見ると  湯に浸っていると  湯わかせ  湯に入らせた  湯も汲んできなければならない  湯のお加減はいかがといったり  湯冷しというに  湯が威勢よく湧いてながれてゐる  湯に出かけた  湯が冷っこくなっても  湯に入りに来た  湯をわかして呉れる  湯のたて廻しと云う  湯をたてると  湯をたてる  湯をもらいに来る  湯へ入れると云う  湯のたて廻しなどが平常気の置けない  湯に最初入っても  湯をあびて帰って来る  湯のカランのまえにしゃがんで  湯を出して  湯をわかさせて  湯を熱めにして  湯でほんのりと赤らんだ  湯をスチームがわりにする  湯を飲み終えると  湯を出ると  湯をつかわせる  湯にたのむ  湯の気たちのぼる  湯の気の中に顔をうずめて  湯の口にいた  湯を注ぐ  湯の音まで聞える  湯の沸く  湯の音をきいた  湯にはいれ  湯に這入りに行くにも  湯に往く  湯を涌かして使わせるのに  湯を紅茶茶碗の中へ注した  湯から帰った  湯から出  湯を毎日沸かしてくれた  湯の廓は皆柳の中を広袖で出  湯の動く  湯の前に近づいて  湯へ入って  湯なんて引いて  湯坐に定めてと  湯や水の中で解きさける  湯を奉る  湯に絡んだ  湯を取らせ  湯と言えば  湯に氣持よく入りたい  湯の中で蟲の音が聞かれたり  湯が沸いてゐないと  湯のお禮に大袈裟なことは出  湯に入れる  湯を使へる  湯に入りに  湯におり  湯の香梅が香山の宿の板戸によりて人まちし  湯の香は下のきぬにかりそめながら  湯を土びんに移して  湯で顔を洗って  湯にはいった  湯のある  湯はいつでも沸いていた  湯を通して置くと云う  湯はすぐにさめるし  湯に全身を浸している  湯ならあるよ  湯を小桶に分けて  湯でも水でも一杯持って来てくれ  湯も水もいまだに持って来てくれねえ  湯はぬるみ  湯を汲んだ  湯も水も呑まずに  湯の川の音が睡  湯につかり  湯をあけているだろう  湯がはねかったとか  湯をいれてやったら  湯ば飲まねえで  湯へ行つて来て  湯は飮まねえで何考えてるだかな  湯を出したりして  湯すら十分に取る  湯ぐらいのことでせかつく  湯は沸いたと  湯は勿論なま沸きで  湯のように自分を囲む  湯をふくませ  湯をかけながら  湯を使わせているらしく  湯の香があたりに漂っていた  湯の筧が通っていた  湯の香がいつもより強くただよった  湯を貰って帰る  湯につかつた  湯とも称してゐる  湯にとりあげた  湯は斎川水と云ふ  湯と称する  湯に行かせ  湯からとびだし  湯に入りながら  湯に驚いた  湯を揉んでゐる  湯揉みの唄を唄ふ  湯の泡に見入りながら  湯の中へ全身を浸す  湯から出る  湯を揉み  湯の中に浸つて  湯揉みの音が起り  湯を湯を揉む  湯に浸つてゐるといふ  湯が湛へてゐた  湯が湧いてゐるので  湯の豐かなのとに驚いた  湯が湛へてゐる  湯の宿を立ち出でた  湯の宿温泉まで來ると私はひどく身體の疲勞を感じた  湯の中に永い間浸  湯に行くと  湯を汲み出して  湯は確に湯ではあるけれども  湯を呑ましたなあ  湯へ着いた  湯を入れてやる  湯には五日前に這入った  湯へ近くなった  湯へ飛び込む  湯では四里と聞かされた  湯のものなどには比べものにはならない  湯の香もする  湯煙りが上り  湯に這入りに行く  湯をぶっかけて  湯を飲んでいた  湯でも早くたのむぜ  湯を持って入って来た  湯へ旅をした  湯に着いた  湯にはいって落ちつくと  湯なと水なと掛けたが  湯にはいったり  湯でも浴みて  湯に浸っていたが  湯の音がして  湯の音に交じって  湯がある  湯に濡れて  湯のわく  湯に入ってこい  湯をわかしながら  湯はクラクラ沸立っていた  湯の香のする  湯から上って来て見ると  湯の流れる  湯に溶かして  湯にだけは密と行っても  湯に行くにも  湯を復活した  湯は風呂いっぱいに漲って  湯に顔をしかめながら訊いた  湯にゆくので  湯を沸かした  湯の烟りがほの  湯を買い切りにした  湯にひたしながら  湯の烟りも  湯の町を一ぱいに掩っている  湯にゆく  湯あみせし  湯あみして  湯にもい  湯に浴かっている  湯に入っている  湯に焦  湯だらいに浸している  湯にでも入って  湯をお使ひなされる  湯といつた  湯に行かれたり  湯に這入つたら  湯へ這入る  湯へお這入りになる  湯をあけた  湯を浴み  湯にのぼせた  湯がドンドン湧いてきた  湯を呑ましたり  湯をたのんだり  湯の帰りに吉原へ女郎買いにいったりした  湯をたぎらせ  湯の底に沈んでいる  湯に入って寝た  湯をのんだりしているだけである  湯を貰いに起った  湯を貰いに行った  湯を提げて戻って来た  湯をかけてやる  湯がえりの下駄の歯がカラカラ鳴って  湯へ出かける  湯にでも入つて来ようと  湯にでも入ツてゐる  湯の流れに湯の花がつく  湯が生温るくて  湯の町の夜の雰圍氣を通して響いて  湯は黄色く濁  湯の客も散ずる  湯たりとも人の発掘した  湯の川といふところにトラピストの修女院があります  湯から帰って来ると  湯は釜に飛沫くわつくわと  湯もじの裾をまくってみたり  湯につれてってやるけん  湯をわかした  湯はくませはしない  湯であると聞いている  湯が煮え  湯に映っている  湯が湧き出で  湯といつしよにこぼれる  湯に入れなかつた  湯で思ふ  湯に入つて髯を剃  湯の味は何だか甘酸つぱくて  湯と酒と水とが私をぐつすり寝させてくれた  湯へゆく  湯が私ひとりをあた  湯が湧いてゐる  湯で水車のまはつてゐる  湯はあふれてゐるし  湯に伸ばす  湯へつかれた  湯にとかさう  湯も沸いてゐるのに  湯を貰つて来てくれます  湯に入つて来て  湯に這入り  湯がふつと出なく  湯にでもはいる  湯にとける  湯がこぼれる  湯にはいつた  湯を掘つてゐる  湯にいつたり  湯が待つてゐた  湯は私を最もよく落ちつかせてくれる  湯が流れて溢れてゐた  湯の空色が気に入つた  湯を土瓶に移し  湯をじゃあじゃあ出しはじめた  湯に入っているな  湯の音がする  湯に入れてもらい  湯の客が少なくなっても  湯の沸返りて  湯をばささんとして  湯をさしたり  湯に御這入り  湯から出たら  湯がわいた  湯の湖の上に輕舟を操りながら  湯から双子山の麓を巡  湯は箱根七湯の中でも最も高い位地にある  湯に足を逗めてゐなければならぬ  湯から一里ばかり下の中腹にある  湯の笛塚山に登つて觀測する  湯の空を渡り  湯の方の西北から仰いだ  湯より鷹巣山の方に向つて降つてゆく  湯にゐる  湯から舊道の辨天山の下を通つて池尻に降り  湯の宿にも客はめつ  湯に達するには  湯や小涌谷邊りの旅館に奉公してゐる  湯に浴つて散歩の輕い  湯の香のそこはかとなく立ち上る  湯の香がする  湯の上にうかんだ  湯のような重い熱を伴って弾みだした  湯を湯柄杓で汲みながら  湯もたぎらせ  湯の中ではそれぎりしか口を利かなかった  湯から上った  湯に入って来たか  湯に入れてくれる  湯から上ろう  湯から出ようとする  湯に濡れない  湯へお泊りなされた  湯とは机竜之助が泊っている  湯へ泊ったと聞いて  湯のなかで自分は愛撫した  湯をのました  湯で淹れた  湯は呑みたくない  湯にでも浸ってみるも  湯に濡れずに済んだ  湯はあたたかそうに鉄瓶にたぎっていた  湯を申しつけなさい  湯なと進ぜようか  湯を茶碗に注いで  湯がわいていた  湯をうつし  湯を一杯のむと  湯はよそうと言いました  湯も旦那方が御直々にサガミ女をさがして歩いていた  湯の隣に質屋があるでしょう  湯もその倅の世話で女を買う  湯をのぞいて困るというので  湯を訪ねて  湯でも同じことを内儀にきいた  湯の終業の札を裏がえしにして  湯のフダを裏がえしにする  湯の札を裏がえしにして  湯の中で聞きながら  湯の匂ひや  湯につかる  湯を入れしむ  湯を焚いては  湯に這入ると  湯ぶくれ  湯の使い方が激しい上に自分の知り  湯を二杯も三杯も汲んで遣る  湯はわかして置きましたから  湯があります  湯の河原になっています  湯をこぼしに行きました  湯に入るよりも  湯に入りに行く  湯が島へ着いた  湯が島泊りの方に傾いた  湯が島に見られる  湯が島に泊る  湯が野まで乘ることに定めた  湯が野へ着いた  湯が野ではすこしユツクリした  湯が島の鳥の骨で齒を痛めて居たから  湯が島で出して  湯を入れて出した  湯は熱過ぎたし  湯を入れて来た  湯はたぎつてゐる  湯が諸病に利くと云う  湯を沸しながら  湯を汲んで来たから  湯にも這入るだろうが  湯へも這入らねえ  湯へ這入りに往きました  湯に這入って来まして  湯のはねない  湯に浸けて置くと  湯へ這入って寝ようと云う  湯を貰い  湯を取り  湯を立ってくれました  湯から上って来て  湯は沸っているが  湯の湯槽のふちにうなじ載せ  湯はそっちのけにして話し込んでしまう  湯から上って来た  湯と言うと  湯を入れたりする  湯を沸して貰って  湯は沸き返  湯で主婦から澁茶を注いで  湯の中で腕を組んで  湯に全身を包まれてゐるので  湯から帰って来て  湯を掻きまわす  湯を沸かしている  湯で鼻を茹でて  湯の中へ入れる  湯の中へ浸しても  湯を貰ひに  湯を持つて  湯のはねる  湯の面にぴしゃりと何かを叩きつけたらしい  湯の音をさせませんでした  湯のほうが捻られて  湯に湯治している  湯など沸かして  湯のしぼりで  湯がたぎつて居る  湯を湧かしたり  湯に泊り  湯から上って帰ると  湯の中をくぐらなかったので  湯の宿を出て  湯では本当の修行になりませんな  湯につけています  湯につかりながら  湯の水も白いように見えるが  湯だかを漱石にひっかけたので  湯を桶にくんで  湯にはいろうとしない  湯にはちょっとつかった  湯をくんでやって  湯までわかしているので  湯を入れた  湯で絞る  湯だった笹の香を嗅ぐ  湯から上っちまわ  湯へ預けておいて  湯の二階の障子を押し開くと  湯へ繰込んだという  湯というのへ泊る  湯に泊る  湯へ行かなければならぬといって  湯へも案内しようという  湯へ泊って  湯へ泊りましたが  湯から飛び出してしまいました  湯を汲んで来てくれた  湯をのみながら言った  湯がたぎって  湯という湯屋があって  湯に参りました  湯を飲む  湯に出かけたが  湯に行ってる  湯は新しく普請をして見違える  湯にそういう催しがある  湯の小さきに親しみて  湯を立てた  湯にはいったとては  湯をやすみ  湯の中で騒ぎまわったりする  湯の中に突込んだ  湯へ跼んで  湯から出て来て  湯もじをお臍の上までマクリ上げると  湯を飲ませて落ちつかせながら  湯に這入ったが  湯を吸い込んで噎せ返っている  湯に這入って帰る  湯をあびせられるやら  湯が沸くと  湯が無くなっていた  湯を器用に流しかけて  湯に這入らなかった  湯の沸つた時を見計らつて  湯へ行くと  湯をガブガブと飲む  湯も水も飲まなかつた  湯の中に入れながら  湯を見ると  湯の中で彼は眼を閉じ  湯煮にも飽きましたなあ  湯へ向つていつた  湯が沸いてるなら  湯なり水なり欠け  湯の洗濯にかこつけ  湯がさめてしまった  湯の湧いてゐる  湯にはいらないので  湯に入って寝てしまった  湯に肩をたたかせようとする  湯の不潔さを感じて  湯に明かし  湯のさめない  湯にさらされて  湯を急須に注ぎました  湯で冬籠りをし  湯の如し未だ十人を過ぎずして  湯につけて  湯につかっている  湯を急須に注ぎながら  湯を急須に注いでしまってから  湯の元へ行って  湯を浸ませて  湯の烟が白く迷っているばかりである  湯を急須にさして上り框へ持つて  湯が沸つたのでお袋は二つの茶碗へ箱篩から附木で蕎麥粉をしや  湯へ旅行を志した  湯へからだを浸した  湯は音をたてた  湯のなかに脚を伸ばしていた  湯から出て流し  湯に濡れた  湯にでも入ったら  湯の雫の音がした  湯のにおいも可懐いまで  湯に染まって  湯のぬくもりがまだ残る  湯をつかわせて  湯もじにでもい  湯を一杯も飲んだなら  湯の湯呑を受取ると  湯の中に打込みました  湯ではいけませんぞ  湯の中でこすりながら  湯の中でまたゴシゴシとこすりました  湯に行くと言いました  湯に行かれた  湯の中に没入して  湯の音も一つ立てないでいると  湯の天然風呂へ参りましょうか  湯に脚をひたして  湯のなかをでもながめ入っているらしい  湯の描き  湯は色の好みのために温かさを無視せられている  湯に温まったという  湯を汚した  湯のおもてには  湯がしみる  湯をひたした  湯をブツ掛けた  湯をといいつける  湯を寒暖計で計りつつ注ぎ出す  湯を使わせてもらっても  湯に浸って  湯が沸いて  湯はすつかり沸き切つて  湯を覗いて  湯になる  湯を一口飲んで  湯という感じを持っていた  湯から歸つてゐた  湯から帰っていた  湯にして  湯と誤り湯の微熱なる  湯や茶の世話をしていた  湯にへえっている  湯から揚がったら  湯から今帰った  湯をさしながら  湯へ飛び込んで  湯も粥も薬もなんにも通らなくなりまして  湯から伝わった  湯は真っ紅に染まっていて  湯へ来たそうだな  湯へやってくると  湯も水も咽喉に通らなくなって  湯からでも帰って来たとみえて  湯のなかで生きている  湯を入れて持ち出した  湯のなかで生きる  湯に入れて煮て引き上げて食った  湯をひと息に三杯ほども続けて飲んだ  湯へ行きました  湯は混雑していた  湯をたずねた  湯は女房が商売をしていて  湯たりとも人の發掘した  湯に行ったとか云うので  湯にも行かず引き籠っていると云う  湯が鳴る  湯に入るにも困りましたよ  湯などを飲ませてくれる  湯に行って  湯に行きたいな  湯につけて上げたら  湯というのに  湯まで行くという  湯の温泉へちょっと立寄ってみる  湯につかっていたいというほど  湯の滝はあったけれど  湯を引いて  湯として現わされている  湯に飛び込んでしまいました  湯にひたっていると  湯につかりに来る  湯に浸っている  湯から安房峠を越えて  湯につからない  湯の音がするだけの  湯を出てから  湯といって  湯が煮立っている  湯へ遣り  湯を立ち出でる  湯か水をざあと流しへ空ける  湯の色を眺めた  湯に首だけ浸ってみようと  湯になんぞ這入って  湯を浴びて  湯に溶いて貰って  湯を注ぎ注ぎ  湯にでも行って  湯に行くとか云って  湯の戻りに髪結の所へ回って  湯の温のまだ抜けない  湯を一杯貰おう  湯は生温るく冷めてしまった  湯の沸る音が聞えた  湯が漏る  湯煮て裏漉に掛け  湯煮たる馬鈴薯に人参を肉とともに煮て  湯煮て一旦水を切り  湯煮て水気を切って揚げても  湯煮てまた十五分間冷水の中へ漬けておいて  湯煮て身を細かくむしり取って  湯煮たのとを加えてあります  湯で手速くしなければならん  湯煮て裏漉になし  湯煮こぼして  湯煮こぼすと  湯をグラグラ沸立たせておいて  湯の中へ置くと  湯の中で煮て  湯煮て裏漉しにして  湯煮たのを裏漉して混ぜると  湯煮て細かにむしり  湯煮たる魚を裏漉しにし  湯や茶を飲むと  湯煮たりした  湯煮たのを裏漉しにして交ぜて  湯煮るかして  湯煮て直ぐ使わなければ  湯煮てそれからスープで煮込んで  湯煮たのを胡麻酢で和えても  湯煮た玉子を黄身も白身も一緒に裏漉しにして  湯煮ずに食べますが  湯煮玉子を細かく截って  湯煮て皮を剥いて  湯煮玉子の黄身二つを裏漉しにして  湯煮た青隠元とジャガ芋と人参なんぞを極く  湯煮たのを加えても  湯へ西洋酢を落して  湯煮た汁を掛け  湯煮て身ばかりを細かにほごし  湯煮玉子一個を竪に六ツに切り  湯煮て漏して  湯に漬けて  湯煮おき別に赤味噌を擂り  湯煮て油で炒りつけて  湯煮たり煮たりしたら  湯煮てみて  湯がドロドロになる  湯煮て後そのまま煮汁の中へ一昼夜漬けおき  湯煮た肉を直ぐに漬けておく  湯煮て薩摩汁の如く種々の野菜と共に煮るが  湯煮た豚を小さく切り  湯煮たる汁にて煮るが  湯煮る時下へ竹の皮かあるいは煮  湯煮て豚と共に味をつけて煮るべし  湯煮て冷めるまで  湯煮ますから湯煮る  湯煮たるを裏漉しにしてかけるも  湯煮ると章魚が極く  湯煮る事もありますが  湯煮る時お湯の中へ上等の葛を少しお入れなさい  湯を少しく入れておく  湯へ肉を入れ  湯煮た人参なぞを加え  湯煮った  湯の中にでも浸っている  湯煮たスープを注して  湯煮たお魚の身をむしって  湯煮なければならない  湯煮ると溶けてなくなってしまう  湯を沢山沸かして  湯煮たるを裏漉にかけバター大匙一杯と塩胡椒を加え  湯を注ぎ  湯煮たる栗を小さく砕きて  湯煮てソースをかける  湯煮ておきます  湯の中へ潜らせて  湯煮て細かく切り固き白ソースへ混ぜ  湯煮上った  湯煮て薄く小さく切って  湯煮たるものを薄く切り  湯煮て湯松茸にして  湯煮加減や蒸加減が少し工合もので足りなくてもならず過ぎてもならず  湯煮たお芋を輪切にして  湯煮て裏漉にした  湯煮て裏漉しにした  湯煮た薩摩芋の大きいのを一本裏漉にして混ぜます  湯煮るか蒸す  湯煮たのを少さく切って  湯へ行こうと  湯の立つ  湯の尾峠を越そうとも思います  湯を沸かして置いたから  湯が沸きました  湯に這入らうと持つて  湯の事を云ふので這入りに  湯に這入りましたか  湯の世話をする  湯を取る  湯を金盥に取つて  湯をバケツに棄てて  湯もチンチンと沸いて  湯を注ぎて  湯は冷くなっていた  湯がきていなかったので  湯もじを島田に結わせ  湯を少しさして  湯にとけて  湯になって溶ける  湯のように溶き崩してやる  湯に向わねばならない  湯の中で身体をこすっています  湯がばかに長いのを思い出して  湯の中にもぐり込み  湯までずっと通したい  湯をすゝる事もあり  湯を被って  湯は切創  湯がちんちん沸いて  湯が煮えこぼれる  湯の外は何物も食ふべからず  湯に行きましたろう  湯で雜巾を絞つて  湯か石鹸をつけとくれ  湯はどこから湧いて出るか知らぬが  湯のなかに浮いた  湯を呑んだ  湯へ行こうといってきた  湯の賽の河原が見えるが  湯へこの先の深い沢を越せば  湯の宿のあかりが見えた  湯の宿に別れを告げて  湯を案内する  湯さ入るもな  湯に這入  湯を緩っ  湯でもかかった  湯を出したりしていました  湯をさした  湯をかけて  湯をわかしている  湯へ入る  湯の中でぶくぶくと泳ぐと聞いた  湯の煽った  湯へ行ったり  湯に招かれて  湯に浮かせ  湯に一晩つけて  湯のわく音がかすかにきこえてくる  湯へ行きたい  湯に力を入れて  湯を娯しむと言うより  湯でのものだったと思うが  湯の量も相当にあるだろうのに  湯の一棟を数室にしきった  湯まで来ると  湯とは別な湯元がある  湯から歩いて登るのに  湯の町があろうとは思わなかった  湯が流れて  湯まで辿りつく  湯に浸り  湯につかった  湯という温泉へ泊って  湯の知らせをうけたので  湯につかると  湯のことを話し  湯を注げば  湯の上へ落ちた  湯がぶつぶつ泡を浮べて  湯の上に流れています  湯がぽこん  湯は四圍へ散って  湯がこぼれた  湯はすっかり土の肌に浸みてしまって  湯おけのふたを上から押えつけると  湯おけを見た  湯おけをふたごとくくらしました  湯づけを一匹おみやげに持ってまいりましたから  湯づけの道中をしてきた  湯づけのほうは揚がり  湯をうつして  湯でも浴びさせようと  湯を汲んで来て  湯を上がったばかりの  湯もちっと熱すぎる  湯の中に沈んでいる  湯を沸かすやら  湯をつこうては参らぬか  湯を楽しむほどな  湯にひたると  湯に入つて居ると  湯を運ぶ  湯のぬくもりを心地よげに出て来る  湯のまわりにのたっていて  湯とんがけにした  湯にも他の人間と一緒にはいり  湯を開いた  湯の湖の鱒釣りも渓流魚釣りの項に加えて  湯の湖を右に見て  湯にもはいらないでいた  湯を水車仕掛のポンプで汲み上げて  湯は水楢などの大木が茂っている  湯が滲み出して  湯が湧き出している  湯の沈澱物でセメントを填た  湯の噴出の多い事が察せられる  湯に河の水を堰き入れると  湯に入れた  湯から上ったら  湯を舷に汲み出して  湯ノ本温泉の沖にある  湯をそそぎます  湯であらって  湯も立たぬ  湯を煮たて  湯にでもお入りなすったの  湯がいたり  湯から戻って来た  湯を沸かして飲ませてくれた  湯を啜る  湯はどうした  湯へ入ったりなんかして  湯を浴ることもできなければ  湯は風呂いっぱいにみなぎって  湯どうふで  湯どうふを召がりながら  湯どうふで腹はくちく成らぬ  湯どうふにも可哀なのがある  湯でもと云うた  湯でもと唄う  湯にいつたら  湯を使つてゐる  湯は沸いとるかね  湯の湖より落つる  湯を使ふ  湯も浴びずに  湯を浴びてゐた  湯を肩から浴びた  湯が爪の先にしみこむ  湯を浴びていた  湯の辞儀は水とやら十段目でいって居りやす  湯さえ自分たちでわかさなければならなかった  湯ではありませんでした  湯であるとはいえ  湯を飲ませられて  湯の溢れる  湯から飛出したという  湯の方へ行つたかと思ふ  湯の帰途と見える  湯で磨く  湯につかりたまえ  湯がなみなみと湛えられて  湯が湧き出ていた  湯にでも行って来ようや  湯に行かない  湯を背中へかける  湯をしませて  湯でこねて  湯が好きなので宿の内湯等は二の次にして  湯は昔とは違って  湯も取っては呉れなかった  湯の中は爪の先まで蒼み透った  湯の波に燦めかせる  湯の中の五六人の人影の後からその娘の瞳がこっちを見詰めている  湯を掻き分けて来て  湯に一夜の泊りをする  湯が出る  湯が不断に流出している  湯を足場としてスキーとスケートを楽しむ  湯の沸り出す  湯の郡の温泉話も聞きたい  湯に浸した  湯をついだ  湯を持たせて  湯でも飲んで  湯へまゐれば  湯を盥へ注ぎ入れる  湯も沸らせ  湯をお飲みになったり  湯と盥を持って来た  湯をとれ  湯も沸いてるから  湯を入れたる  湯に溶解して  湯と思った  湯に入るべき  湯なども薫は勧める  湯へ行くと云って  湯の暖簾をあげて  湯へ戻って来た  湯を沸した  湯が沸き出した  湯を売る  湯を沸かしては  湯をゆらゆらついで長いこと乳のように吸った  湯を沸して居る  湯ができたと報せて来た  湯が洩って  湯の栓を出し  湯が滴り落ちて  湯を撥ね返す  湯の中から釣り上げる  湯の上へ突き出して  湯の中に長く漬かっていたりする  湯を張った  湯の底を潜って  湯を飲ませなどもして試みてみよう  湯を持って来させて  湯を飲ませたりした  湯さえ飲もうとしない  湯の中に浮び  湯につかつてゐると  湯を使ひながら  湯へ入り  湯で時間をつぶして  湯へ出かけると  湯へ行くべ  湯を注したが  湯を張ってある  湯に這入りつけていましたし  湯を汲んで出します  湯が出ないし  湯を注げば足りる  湯を注しに来合わせて  湯にたてて  湯を請へば薬缶一個も残らずと  湯を汲みて与へたり  湯といふは居  湯は始終わいてる  湯のように沸っている  湯の中に跡方もなく死んでしまった  湯にはいってから  湯の様になる  湯が満々として居た  湯にでもゆつくり這入つて  湯こぼしに捨て  湯でも呑む  湯が沸騰をはじめた  湯がちいんと鳴り出した  湯を使えば  湯をかけた  湯の音を立てていた  湯がしきりに揺れ動く  湯に浸りつつ  湯の中の美しさはなかったであろうと感慨も豊かになり  湯のように文明になっている  湯のどろどろした  湯の音にまぎらして  湯から上がった  湯から上がったばかりなのに  湯でものんでゐ  湯を仕掛けて  湯で洗っては  湯に行くといふ  湯は冷めていないので  湯の沸騰るを待つ  湯につかつてゐられる  湯煙りが川にたちこめてゐて  湯も大利根川の末にや流れの水となる  湯の平温泉がある  湯揉みやはじまる  湯の沸るに似た  湯にさっと通した  湯でもさしあげましょう  湯まゐる  湯の宿今日のむかし前髪あげぬ  湯や懸想びとめく髪ながの夜姿をわかき師にかしこみぬ  湯を沸かしておき  湯をさます  湯のやうに沸き立つ  湯にでも入って来ると  湯を焚きつけたり  湯のなかに体を涵して  湯からあがって  湯からあがる  湯の熱の体にさめない  湯を沸かしたりする  湯を済まして  湯に入れと云うので  湯に入っても  湯やタオルを盆に載せて持って行くと  湯を沸らせたりして  湯からあがると  湯に馴染め  湯を控えめにしていても  湯をおくれ  湯の中で話した  湯の烟がほうほうと立って  湯がぬるんで来た  湯であおり  湯であほりこれにマヨネーズと酢をかけ  湯のやうになった  湯に行つてゐた  湯はあるが  湯に浮いた  湯をチャバチャバいわす  湯ばかりのむ  湯が湧く  湯の町通りぬける  湯を自分で加減して  湯と酒とが無何有郷に連れていつてくれた  湯にはいれる  湯があふれて  湯といふのへゆく  湯は効く  湯に浸つて  湯にずん  湯からあがつてうまい酒をよばれる  湯といふ湯宿に泊る  湯に入れて貰い  湯が煮立つにつれて  湯あみすれば  湯の上へ出てしまうという  湯を注せ  湯を呑みに  湯のやうに湧いてゐる  湯で顔を洗ひ  湯を割つた  湯の中に融けてしまう  湯を汲んでくれる  湯より澤渡の湯に越ゆる  湯がよそならぬ  湯が二個所に湧き  湯の中に動いてゐる  湯は同じくほがら  湯の中に浸つてゐる  湯は持つてゐます  湯が島温泉へ出かけてゐます  湯が眞白に濁つてゐる  湯に浸りながら考へました  湯にはいりにくる  湯にいひ  湯ばかりは清く澄み  湯を廻つて見  湯をもらってきて与えた  湯も米も喉へは通らない  湯も喉へは通らなかった  湯の水が減ってしまっていても  湯沸かせ  湯を沸かせろ  湯が噴き出して来る  湯だとか明礬の湯だとか半里か一里ごとに色々な温泉が噴出してゐる  湯を汲んだので  湯を覗きに行つてみると  湯のいつぱいな円筒の中で食器は洗はれて飛び出す  湯を樋に依つて  湯をとりに立ちました  湯へいってしまった  湯を呑んでいた  湯を暫く口へ溜めて黙っていた  湯をごくりと咽喉へ落し込んだ  湯と水とを呑めり  湯をつかいながら  湯に行くから  湯のたまる  湯を落とした  湯にぬれた  湯にへえる  湯にへえった  湯もじ一つの下女と相撲をとり始める  湯にはいりに出かけた  湯から戻ってくるまで  湯を沸さした  湯も少しも入れずに  湯を浴び  湯の中に柚浮びたり  湯の音がするだけで  湯のゆたりゆたりと揺曳する  湯に入つた気分にさへ  湯の揺曳を線をもつて  湯の中の揺曳で効果をあげたと  湯に入れて遣ったり  湯の川橋の袂で自動車を止めて貰いました  湯を汲みに起つと  湯をあがってからも  湯の番人の坐っている  湯から帰って  湯から帰らない  湯を甕に入れて  湯に第一番に入る  湯の中に眸を漬けてる  湯に入りましたのよ  湯がまわる  湯が沸いておらぬという  湯にお入りなさいます  湯ともいわず  湯へ行く  湯を沸しながら話してくれたので  湯で半時間ほど温泉気分を味い  湯を入れてもらって  湯を一杯貰う  湯を沸かして呑んだ  湯の宿へたどりつくと  湯が沸いて居らぬといふ  湯をやろう  湯を心掛けたる  湯がシンシンと音を立てた  湯は血のような色に変った  湯へせかせかと飛び込んでみたり  湯につかりたい  湯を飲ませた  湯を飲まされて  湯といふへ着いた  湯のぬるいのに入つてゐると  湯へ新らしい一杯の杓の清水を入れ  湯の中をしづかに廻して  湯を移した  湯ものまぬ  湯につけて置いてもらおうか  湯に入って来ようか  湯をかうるとて  湯に入りて  湯の時に一緒になって  湯もみなよりは長くはいった  湯の中で脳貧血を起して  湯の匂に満ちた  湯は蒸気で湧かす  湯に比べると  湯に先に入れる  湯などにはめったにゆく  湯の方へ行ったかと思う  湯ではあるが  湯から上っても  湯ですすがねばならぬ  湯の宿の一夜の情景に就いて  湯の宿の一夜の情景に就いて思ふ  湯に浮かべて  湯に浮んだ  湯の表面に黒子の毛を浮かべて  湯を溢れさせている  湯に入ろうかという  湯が煮えたって  湯はのめず  湯に這入りまして  湯をわかすと  湯にも行かず  湯に行こうと  湯に長いこと浸っていると  湯が妙によごれて  湯づけをたべ  湯を沸して持って来ました  湯は温まる  湯の中に温まっていると  湯がわかされ  湯にでもはいって来るが  湯から出た  湯が入った  湯がくまれ  湯をと乞うに  湯の沸えた  湯に浸ってい  湯の名もそれから起った  湯も沸いていようと  湯へ箱形の波を打って  湯も体に合います  湯に浸る  湯と同じボイラーで沸し  湯の川温泉に着いた  湯の川の宿へと急ぎ  湯でうがいをしたり  湯へ行っている  湯の玉が一つ一つ爆ぜ割れる  湯など貰って来てやると  湯も口にして  湯に浸して飲む  湯の音を除いては  湯の遊技を閑却して居るは  湯が冷める  湯がいっぱいはいっております  湯の面からは白い湯げが立っています  湯とこうした雷雨とはよほどよく似た  湯に比べる  湯のほうを見る  湯の表面の茶わんの周囲から熱が逃げる  湯は冷えて  湯の中に浮かんでいる  湯をふたもしないで置いた  湯は表面からも冷えます  湯の表面には水の降りている  湯の表面を日光にすかして見ると  湯が冷える  湯のはいった  湯の面からは白い湯気が立っています  湯の湯気を作っている  湯を入れてもらう  湯の中を覗きこむと  湯を茶碗に入れて  湯の表面から蒸発の起る  湯の表面上で一様には起らない  湯を覗きに行くと  湯のなかへ落した  湯を赤く染めている  湯の支度がすっかり出来ている  湯から帰る  湯の廃止された  湯に通っていた  湯と日の出湯というのに通って  湯に浮んでいる  湯にほんのりと匂う  湯をなみなみと湛えさせて  湯があまりに沸き過ぎた  湯に入れるやら  湯に浸し  湯をくれ  湯に入て宿をかるに  湯は温微でも風邪にはかからぬと  湯に入ると治りますという  湯の中にいる  湯に漬りながら雪の山を見るという  湯の客が毎晩来ては動かして遊んだとかいうので  湯の中に雨が降り込む  湯も飲まずに  湯の沸いた  湯の宿へ帰る  湯をあけてくれた  湯とも水とも捌けない  湯もじ一つに茶呑茶碗を持つて  湯を掌で掬つてはこぼし  湯へ入っちゃあ  湯を打ちまけて  湯を打ちまけると  湯は沢山にはなかったと思われ  湯を取りに来た  湯を用意して待っている  湯をとり  湯をかきまぜて  湯をかきまぜるが  湯の音をジャンジャン立てている  湯もじ一貫の丸裸体で髪をオドロに振乱している  湯がわきましてす  湯の湖畔を一周して  湯にはひり  湯に飛び込んで  湯が噴きこぼれても  湯を注ぐと  湯にひたりながら  湯にひたったり  湯を盛って待っていた  湯で顔を洗い  湯に二人の男が入浴していた  湯に入り過ぎて  湯でもわかしてやろうかな  湯はわかねえ  湯に来て  湯からあがってくると  湯にはいるだけの  湯をつかっていたら  湯もうっかりわかせない  湯があるかね  湯へ下りてゆく  湯に何かが来ている  湯にはいっている  湯の方に男女のぽそぽそ話しをする  湯へやって来る  湯を覗いて見て  湯の方へはいっている  湯の方がどうも気になる  湯へ漬かりに来る  湯を覗いた  湯へ溪から何かがはいって来る  湯が広く何十人もはいれる  湯にはまた溪ぎわへ出る  湯に漬って眺めていると  湯に這入つた  湯の色は熊岳城に比して  湯をつぎながら  湯の中に頭と顔を突っ込んで  湯などわかしてあり  湯にはいるには  湯にはいりに行った  湯を一浴びしてから  湯となって  湯に長くつかっている  湯の温度に同化して  湯の中へ頭をもぐしこんで  湯の温度に同化してしまう  湯の煙を慕って  湯に来ている  湯から帰つて来る  湯でほて  湯にさえ入らぬ  湯へ行って  湯へはいろう  湯が沸いたが  湯が流れて来ている  湯にはいって出ると  湯の滝さんの絵図面を思出して  湯のしして  湯を最後までうけていた  湯にひたっていたが  湯の音をたてる  湯を代えて  湯にばかりつかっていた  湯至るの観がある  湯をはねて飛出した  湯に行きし  湯を呑むにさえ  湯の煙むらむらとたなびく  湯の中に転倒してしまった  湯の波に抗って  湯ん中へ沈んじまった  湯の中を探って廻った  湯の方へ雪崩れ込んで来た  湯から活動を撮るなども  湯の扉口へ行こうとした  湯が無けりゃァ茶は呑めねえ  湯とか小町湯とか書いた  湯で体をおふきになりたい  湯の煮えるにつれて  湯もじを精一杯見せた  湯をとりに  湯で顔をなでられる  湯の石鹸のにほひ  湯に逃げた  湯がツーンとしみてしかめ  湯も浴びて  湯で洗い油でも塗ってもらったら  湯あみしてあがりたる  湯を召さするに  湯の滴の飛びて  湯のように見える  湯のようだと彼女はいおうとした  湯を頂戴した  湯づかれ  湯を浴びては  湯をがぶ  湯に任せ  湯をじゃぶじゃぶやった  湯をあけました  湯をとって  湯恋いをお察し下さいませ  湯のたぎれるを見たり  湯をあけ  湯に入つてゐた  湯は煮立っていた  湯を薬鑵に移した  湯うぶっかけて  湯で洗うだよ  湯を湯呑に注で一杯呑みました  湯坐の連糠代比賣の  湯が出ている  湯の中へずっとはいると  湯の中に浮いていた  湯から飛び出して  湯の中にふわふわと浮いていて  湯のなかで女の首を見たという  湯のなかに女の首なんぞが浮き出して堪  湯のなかに二人の若い女の首が浮いていた  湯の底に沈んだらしい  湯の底へ沈んでしまった  湯を差しに来て  湯を享楽する  湯に肌をひたしている  湯のしみ込んだ  湯が一杯張れる  湯の趣味を持たないとしか思えない  湯のように温んだ  湯の宿の方へ帰って行った  湯は温泉でそのうえ電気浴という仕掛がしてあります  湯を出た  湯をあがりました  湯の尾峠にかかる  湯のような浅沼の蘆を折取って  湯の川温泉というに到り  湯の川に帰り  湯を取りましたよ  湯があきましたよ  湯に呼ばれていった  湯は竈屋の庇の下で背戸の出口に据えてある  湯は明いてますからとお袋がいう  湯に沈めている  湯がぬるか  湯を出て  湯ぼてりの  湯につけさせた  湯のように煮え立っていた  湯をわかしておいて  湯あみしつつ  湯を満したり  湯につけ  湯にジッとつかっていれば  湯を搬んできた  湯を貰ってきて  湯に一泊し  湯と称せられ  湯もない食事をしていると  湯もわいていて  湯がえりの階下のおばさんに逢った  湯をかけている  湯にといて飲む  湯がしゅんしゅんとわく  湯を母へ飲ませる  湯をさして飲ませる  湯でといて食べた  湯の煮える  湯あみした  湯を注いで貰って呑んでいた  湯を呑んで  湯をついで弥三郎にすすめる  湯を掘っていた  湯は我慢しますという  湯まで歩く  湯の町は別府湾の海岸線を探さなければ見つからないほど  湯がにじみ出ているという  湯にひたっている  湯の脱衣場の大鏡に自分のゲッソリした  湯にもはいらなかった  湯の豊富で綺麗なのには全く驚いた  湯でも水でも栓をひねれば  湯をじゃぶじゃぶいわせながら  湯を打つ  湯がわく  湯を湧かして  湯を急須に注いだ  湯の町エレジーがのんびりと流れてくる  湯にほてったからだを  湯の街の綺麗どころの三味線がなりましても  湯をさしたら  湯に入つて居るらしい  湯ぶっかけて逃げようとしたって  湯のわきたるをふれ知らす  湯も飲ませてやる  湯と茶と砂糖とを持って来てくれた  湯が沸き始める  

~ 湯[名詞]1
茶を入れるほどの湯は  水か湯に  古木を焚いて湯を  友染の湯も  梅の沸かした湯が  ぢりながら湯ばかり  街の湯の  ぶりと湯の  #ぞんぶんに湧いてあふれる湯を  湯田の湯は  茶へ湯を  今日は湯を  手桶へホレ湯を  みんないつしよに湧いてあふれる湯の  汽鑵車が湯を  湯町にゐて湯に  けさは湯に  いつしよに湯に  湯田にゐて湯に  いつしよに湯には  入浴ごとに湯の  それに湯を  勉強どころか湯にも  薬缶で湯を  一週間ほど湯に  綺麗な湯で  手洗いの湯を  彼等は湯に  味淋も湯も  水も湯も  彼は湯に  鍋に入れて湯  鉛の湯の  ただの湯では  普通の湯をば  三年も湯に  火をたいて湯が  銅壺の湯を  大釜に湯を  風呂の湯が  暢気そうに湯の  話声をききながら湯が  仕事をしまって湯には  いつまでも湯を  皆が湯から  熱湯で湯が  体に湯を  台所を借りて湯を  人々が湯に  沸った湯を  金盥に湯を  湯呑みの湯を  草津の湯の  時から湯に  すんでから湯に  やうに湯に  自分が湯に  上で湯が  時刻を好んで湯に  上ノ湯へ  中に湯の  まま薬鑵に湯を  火と湯とを  火や湯の  さを慰め合って湯の  水が湯と  オーヴエルニスの湯の  島にある湯の  底から湯が  中に湯が  湯気の湯に  夜の湯は  保久呂湯は湯によって  草津の湯と  お前の湯は  砂糖が湯に  この間も湯には  上から湯を  風呂の湯を  看板は湯ど  境内の湯ど  草履を買うといって湯ど  一緒に話したり慰め合ったりしながら湯に  土間で湯を  鐵瓶の湯は  熊野本宮の湯に  たより薬の湯を  きれいに湯で  鉄瓶の湯を  肩まで湯の  帰つて来ると湯に  常陸の湯に  釜で煮られる湯の  金は湯や  蘭は湯に  男は湯の  おかげで湯にも  鶴の湯という  手拭が湯に  通り黒板に湯の  手紙で湯に  君も湯  冠って湯を  一寸手さきを湯の  碧玉の湯を  一の湯とか  土地での湯  拍子は湯を  熊の湯なぞの  高台に湯の  草津の湯でもと  釜の湯を  身にしみて湯も  帰りに湯にも  煉炭で湯を  それに冷ました湯を  眼が湯の  満々と湯を  ような湯の  ほのかな湯の  一軒の湯の  身体を湯に  眼下の湯の  あいだに湯を  猿の湯と  猿の湯に  猿の湯を  猿の湯まで  上を湯の  ような湯  両手に湯を  ばしゃと湯の  波をつくって湯が  大騒ぎして湯へ  猿の湯などという  深山の湯へ  さっき猿の湯から  猿の湯へ  猿の湯  猿の湯で  猿の湯の  猿の湯は  先に起きて湯に  ヤット起して湯に  奴から湯に  服み過ぎたらしいと云い云い湯に  昼の湯の  洗面盤に湯を  女中が湯を  夕飯を食べてから湯に  家まで湯に  家へ湯に  一人で湯に  彼が湯から  息子を連れて湯に  首だけ湯に  碌さんは湯の  七時半に湯から  槽の湯は  つても湯が  河床から湯が  一日に湯に  何時まで湯に  さと湯に  土雨はぬる湯で  笹の湯の  笹の湯に  人を憎む湯の  有馬の湯の  笹の湯から  今日ここへ来て湯に  嵯峨沢の湯に  明りにして湯に  間に湯が  島の湯を  足附の湯に  山の湯が  行それから湯が  水際からは湯の  飯盒に受けて湯を  雨水の湯が  首まで湯に  家々から湯の  菖蒲の湯を  全身を湯に  なかに湯の  忍びやかに湯を  ズブリと湯へ  冷飯を湯  向うから湯  沼垂には湯  人魚が湯だりながら  うちの湯に  鉄びんの湯を  飯を食い湯にでもは  秋箱根芦の湯の  有馬の湯を  有馬の湯で  伊勢崎町の湯へ  だんまりで湯に  何時にても湯  火をたき湯を  彼女は湯  紫いろの湯に  彼を湯へ  瓶子に湯を  なにを湯  一緒に湯に  鉄瓶にも湯を  行水の湯を  丼で湯に  庄が湯から  石鹸を持ち出して湯に  是から湯にでも  釜から湯を  道後の湯へ  燗の湯が  火を焚いて湯を  熱海の湯の  蓮台寺村の湯の  三日ばかり湯に  背中を流してもらいながら湯に  いっしょに湯を  三四郎は湯に  水でも湯でも  水と湯との  水か湯かが  色の湯が  病院からくれる湯を  此處に湯の  ような湯へへ  宿に泊って湯に  化粧をして湯の  それを妬みの湯という  一ぱいになって湯は  足を洗う湯が  ここからも湯が  一名願いの湯とも  それを湯に  羽後の湯の  釜に湯を  赤児に湯を  蘆の湯の  葦の湯の  松の湯の  打まけられる湯の  タオルから湯を  グラグラッと湯の  こぶを湯から  一方からこぶを湯に  風呂の湯の  盥に入れた湯の  湯たんぽの湯がか  つて街の湯に  家の湯には  清潔な湯や  ゆつくりと湯の  青ずんだ湯の  何度も湯から  ブリと湯の  穴から湯が  ようにして湯の  ダブダブと光り漂う湯の  大理石槽の湯の  風にして湯を  ところに湯が  そこで湯に  額には湯の  雪が取って置いた湯を  菊は手折らじ湯の  菊は手折らぬ湯の  漱茶碗と湯を  顔には湯を  此字は湯の  釜の湯で  頭から湯  鶴の湯と  薬を湯で  火鉢の湯の  鹽の湯よりも  鹽の湯は  鹽の湯が  鹽の湯の  そこの湯には  そも湧いてあふれる湯  儘に湯を  沸りきった湯の  ナマヌルの湯の  道太は湯に  鉄瓶に湯を  中で湯を  鉄瓶の湯が  一滴の湯も  ポンプを持って来て煮湯を  一番のたのしみは湯  夕飯前の湯が  露を湯に  手を洗うにも湯を  資金のいらない湯でも  縫に湯に  二も湯から  浜屋へ湯を  山間の湯に  体を湯に  島たちが湯に  島は湯を  浜屋が湯から  人が居て湯を  端に湯が  微かに湯が  湯殿の湯の  隱れ湯を  代り番こに湯と  室には湯の  新吉は湯に  沸り切っていた湯が  午過ぎに湯から  山の湯の  それを湯の  容赦なく湯の  中を潜って出る湯が  池は湯か  仏頂面をして湯  さし鍋に湯  前に湯に  女にも湯に  顔を洗う湯も  遠くに坐っていて湯の  鉄が呉れた湯  巌から湯が  戸を卸して湯に  茶にさす湯が  家で湯を  自家の湯へ  新らしい湯に  様にして湯に  桃の湯という  カランから湯を  いつでも湯を  火を燃やし湯を  温室の湯を  香煎の湯を  この間も湯に  鉄瓶の湯は  中の湯の  故に立ちのぼる湯の  手拭を使う湯の  気持になって湯の  坂下の湯に  お玉は湯に  桶に湯を  昨夕一所に湯に  門野が湯を  銀瓶の湯を  山代の湯ぐらいでは  時に湯に  粟津の湯へ  ここの湯の  だぶだぶと湯の  皆で湯へ  ぢや湯なんて  ここの湯は  銅盥に湯を  清潔な湯に  今後は湯に  高が湯の  簡單に湯に  袖に湯の  いいかげんの湯で  確かに湯に  これが湯の  中に湯を通して  電熱器の湯は  僕に湯か  薬罐の湯を  はずの湯も  君は湯には  手拭をかりて湯に  耳盥に湯を  滝の湯の  幾度も湯に  九時過に湯へ  葛を溶いた湯を  羽織をかえて湯へ  温情が湯の  スポンジに湯を  温泉場らしく湯の  水をもつて湯とも  正確に湯に  温湯を湯と  両氏泡をくらって湯から  草津の湯に  來る湯  例の湯  先の湯の  三十分間揉みに揉んで湯を  つて頭に湯を  一齊に湯から  それにつれて湯  湯を湯を  根に湯が  峠に湯が  彼を湯に  彼處の湯に  のと湯の  溪間の湯の  處へ湯が  砂の敷いてある湯の  滑らかな湯で  原始的な湯で  今朝未明に起きて湯に  つてをる湯の  横にして湯が  中の湯は  君に煮湯を  鹽原の湯へ  濁川の湯へ  濁川の湯  衣服をぬぎ捨てて急いで湯へ  前の湯では  濁川の湯の  旅人が湯を  飯に湯を  茶でも湯でも  薬缶に湯を  八重が湯を  天狗の湯へ  頃天狗の湯に  自然に湧き出る湯が  人が湯には  それからも湯の  薬罐にさめた湯が  ハンカチは湯に  せい子が湯を  為に湯に  豊世が湯から  分だけ湯に  町の湯から  葉を沸かした湯には  近所の湯に  一日二度ずつ湯に  十一時頃に湯に  うちに湯に  高粱を焚いて湯を  家々の湯の  芸妓が湯に  有馬に湯  夜は湯にも  盥の湯に  一緒に湯へ  雪が湯から  終には湯にまでな  天子様が湯へ  手桶の湯を  あとから湯が  人に煮湯を  裸で湯の  鑵子の湯を  粉末が湯の  ニースの湯は  土瓶の湯を  言ひながら湯へ  湯元から湧き出す湯の  位の湯が  山腹の湯の  男が湯の  山の湯たり  ような湯も  山の湯に  沢山の湯を  鉄瓶の湯の  調合し湯に  他人には湯は  鉄瓶には湯が  影が湯に  沸る湯の  私のよろこびは湯と  ひとりきりの湯で  三日振に湯に  昨夜の湯の  あかつきの湯が  行乞して湯ノ  此地方は驚くほど湯が  タダの湯へ  憂欝を湯に  ヤカンをさげて湯を  そく豆田炭坑の湯に  桶風呂でも湯も  のをきいて湯には  真夜中の湯にでもは  眼がさめたので湯へ  すべてが湯に  ひとりの湯が  脚を湯が  川棚の湯は  いつでも湯  焼酎を飲み湯に  誰か湯に  湯殿で湯の  ために湯の  ぶつぶつと湯の  吸子に湯をば  あまり苦かりしにや湯を  程度に湯が  つていつた湯の  蘆の湯から  蘆の湯は  蘆の湯に  蘆の湯より  去年蘆の湯に  蘆の湯や  私は湯に  懷しい湯の  かすかだが湯の  つけの湯も  どこで湯に  ここまでつれて来て湯に  裾が湯に  殺生な煮湯は  塩山の湯にでも  髪は湯に  使丁に湯を  湯気を上らせながら湯が  缶に湯を  ラウダは湯を  花房の湯も  花房の湯の  花房の湯を  花房の湯でも  花房の湯は  宿の湯に  百姓が湯の  溝を流れる湯の  湯婆に湯を  妹は湯の  朝から湯を  沸した湯に  女客は湯の  世辞に揚り湯を  チャンと湯は  谷は湯の  説は湯が  吾儕は湯が  君には湯が  道具へ湯を  修善寺の湯は  薬缶の湯は  火を取って湯を  由兵衞は湯へ  岡村由兵衞は湯に  此処の湯は  往って湯の  玉子を湯に  者ゆえ其家を起して湯を  頃合の湯を  気を利かして湯を  私達は湯を  釜の湯は  沢山に飛んで来ると湯の  朝の湯の  西の湯という  山の湯  尾の湯の  噂通りに湯も  鑵子の湯は  茶碗へ湯を  鑵子の湯で  外の湯から  日毎に湯を  鼻を湯の  釜の湯の  自分は湯を  今は湯の  川場の湯に  大蔵は湯など  一週間ぶりの湯  浅間の湯に  雪は湯から  疝気の湯が  綿の湯という  綿の湯に  水だか湯  浴槽の湯を  燗をする湯まで  耳盥のぬる湯で  釜の湯が  味に湯  おいらは湯から  鷹の湯へ  鷹の湯の  浅間の湯を  浅間の湯へ  浅間の湯という  浅間の湯へも  よは湯を  大釜には湯が  柳の湯という  清三は湯に  北川は湯に  北川は湯から  松の湯は  鶴の湯に  鶴の湯は  Wifeとともに湯の  風呂を据えて湯を  時は湯を  右足を湯の  ノッソリと湯から  一所に湯に  鼻から湯を  奴が湯に  薪で沸かした湯が  薬鑵の湯を  鐵瓶の湯の  番町の湯へ  外には湯も  片手を湯の  キャベヂの湯  山の湯へ  玉と磨くべき湯の  新たに湯を  風呂もたててしまいの湯の  近くに湯の  道後の湯は  湯口から落ちてくる湯に  私は湯の  仕舞風呂の湯の  毎日の湯を  白槽の湯に  白骨の湯に  白骨の湯で  特別室の湯に  手拭に湯を  彼女が湯へ  お袋はたぎつた湯を  卵屋は湯から  鐵瓶の湯が  鐵瓶の湯を  職人の湯は  熊の湯へ  静かに湯へ  静かに湯の  遠くで湯の  湯上りの湯の  夜中に湯を  ゆつくりと湯に  太股の窪みへ湯を  水とか湯とかいう  一口の湯が  全身を湯の  そうな湯  修行は湯では  身体を湯の  一人を湯の  岳の湯の  清らかに澄んだ湯に  ため横線を並べた湯の  それに湯に  体には湯に  湯ぶねの湯を  まつた湯の  ぢーんと湯が  顏まで湯を  耳盥に湯をと  幾度か湯の  内で湯を  人に湯を  湯鑵の湯は  呻吟してゐる湯を  水が湯に  山の湯という  ものを見て湯と  長次郎は湯や  なんでも湯にへ  近所の湯へ  老人は湯から  七は湯には  行水の湯は  おまえの湯へ  お前の湯へ  近所の湯からでも  それは湯の  寒中でも湯の  小僧たちは湯に  是を湯に  昼間から湯には  日が暮れてから湯に  夜の湯へ  藪の湯を  藪の湯は  電熱器で湯を  白骨の湯という  白骨の湯と  白骨の湯も  中の湯まで  間の湯に  白骨にも湯の  あれは湯を  自然の湯として  滝壺の湯に  気分の湯に  中の湯から  平湯の湯と  一人で湯へ  楢本の湯という  平湯の湯を  光に透かして湯の  奇麗な湯に  いっしょに湯になんぞ  それから湯を  米が湯を  清を連れて湯に  上清は湯の  鉄瓶に湯の  口から湯が  馬鈴薯を湯  能く湯  一時間ばかり湯  白瓜を湯  中で湯  それから湯  身の湯  アスペラなれば湯  孔を明けて湯  鍋へ湯を  砂糖を混ぜて湯の  薩摩芋を湯  栗の湯  素麺の湯  ものを湯  料理するにしても煮たり湯  ジャガ芋の湯  冬瓜の湯  サンドウィッチで湯  ハムを湯  バターを落して湯  のと湯  野菜の湯  沸立っている湯へ  魚を湯  今の湯  骨ともに湯  蕪などを湯  柔く湯  塩湯で湯  肉を湯  処は溶けて湯が  本文の如く湯  二時間も湯  大根も湯  鍋にて湯  湯煮汁にて湯  先へ湯  オヤモーそちらのが湯だり  黄身の湯  一所に湯  白水で湯  沸立ちたる湯に  豆腐を湯  皿には湯を  沸立ちたる湯へ  一合注して湯  気長に湯  柔になるまで湯  通りテンパン皿へ湯を  一時間ほど湯  布巾をかけて湯  匙一杯加え湯  通りに湯  短冊に切って湯  沸立っている湯の  四時間ばかり湯  ベーコンを湯  代りに湯  牛乳一合と湯  栗を湯  メリケン粉一斤を入れて湯  直ぐに截って湯  玉子の湯  爲めに湯を  井田は湯に  來て湯の  一體臺所で湯の  毎朝自ら起きて湯の  今朝も湯の  次の間に湯を  桶の湯を  鉄瓶の湯も  水差の湯は  洗面の湯が  ことは湯の  どろどろの湯に  骨身を湯の  恐怖をもって湯に  形に離れて湯に  三人の湯が  先に湯の  下呂の湯まで  粥の湯を  左は湯の  者を返して湯を  アノさっき私しが湯に  透き徹る湯の  そうな湯の  手拭を出して湯に  谷の湯の  宿の湯は  ぁいっつも一人して湯  湯ざましの湯を  足へ煮えたぎった湯でも  中に湯を  一軒だけ湯を  町の湯へ  私も湯へ  家に湯に  藥罐の湯が  絵を切って湯に  やかんの湯の  峡間の湯  信夫の湯に  最上の湯での  鷹の湯に  間から湯が  天狗の湯まで  天狗の湯の  独鈷の湯からは  透明な湯に  小声で湯の  之に湯を  何かが湯の  二人で湯を  飯茶碗を湯の  背にも湯が  土間にこぼれた湯は  人間の湯  ままで湯  そっちの湯  しゅんに湯でも  釜で湯を  チンチン煮えている湯を  一浴び湯を  タイル張りの湯に  珍らしい湯の  風呂敷包を湯  彼れは湯にも  仙人の湯を  湯川と湯の  黎明爽昧の湯の  岩間から湧き出す湯を  裂目からも湯が  処に湯が  此附近に湯の  豊富な湯に  赤ん坊を湯に  旦那は湯に  浸しものに湯が  町の湯に  機関の湯を  湯わかしから湯を  湯わかしの湯で  帰途に湯にでも  玉を湯が  明日子が湯に  明日子が湯から  実を食って湯を  暑中に湯を  僕は湯ど  ビールで湯  有馬の湯でもと  小川の湯でもと  盥で湯を  湯瀧は湯の  一に湯を  止め桶の湯も  側で湯を  滑な湯の  滑らかな湯の  弁当の湯さえ  ための湯  浅間の湯の  思案に余って湯に  ザッと湯の  爲に湯を  横町の湯の  膚身を湯で  毎日人類の湯に  鶴見は湯に  綺麗な湯に  裏に在る湯の  僕は湯にでも  栓ねじると湯の  芥子粉を湯で  河原の湯は  何所の湯よりも  女は湯も  仕事をしに来て湯に  紋様を湯の  いつでも湯が  伊香保の湯を  中の湯に  ネブ茶に湯を  宮様が飲み湯を  横町の湯へ  石油コンロで湯を  鉄瓶に湯も  沸した湯と  顔洗ふ湯を  粉を湯に  成たけ熱からざる湯に  敏が湯に  壁にかけると湯を  杉は湯の  彼女は湯を  一人柴を焚いて湯を  クロスレイ夫人が湯が  天井から湯が  ブラドン夫人が湯の  浴室から湯が  裸体を湯の  臀部を湯の  無心に湯に  手当をして湯を  病人に湯を  腕をひろげて湯の  無造作に湯を  やうな湯へ  朝から湯で  ガスで湯を  何かで湯へ  酒を飲んで湯へ  くせ俺は湯が  うちに湯へ  急須に湯を  為さんが湯から  室の湯を  三輪が湯を  樟脳を湯に  炊事場に行きて湯を  草津の湯には  透きとほつた湯が  すを湯  中の湯が  やかんの湯が  脱皮で湯を  火を焚きつけて湯を  ただ一人で湯の  あたりで湯が  透明な湯の  足だけ見える湯の  二人で湯に  ローマの湯の  服を脱ぎにかかって湯へ  沸し湯の  竹に湯を  お祖母さんが湯に  手を触ってみたが湯は  呆んやり湯に  草津温泉の湯が  四万でわく湯も  川上に湯の  ゴトゴトとして湯の  こぶを湯に  家ですから湯でも  人をにくむ湯の  ひまさば山の湯や  鼎の湯の  手拭をさげて湯に  顔をして湯から  増が湯から  火を起したり湯を  恵みあふるる湯  九時前には湯を  婢が来て湯に  往って湯に  待合の湯に  真ン中へ持ち出して湯を  手洗いの湯や  父が湯を  それよりも湯から  ここは湯が  非常に湯が  何でも湯の  あとで湯には  二人で湯には  弟は湯に  中から湯を  ところ花が咲いて湯が  大地から湧きあがる湯は  若葉する湯け  つてくる湯の  街も湯も  きれいななぎの湯といふ  谷底から湯の  水があふれて湯が  草津の湯は  残雪をふんできてあふれる湯の  多賀の湯といふ  鳩の湯といふ  尻が湯の  土瓶に湯を  生徒方が湯を  そこだけは湯の  チャンと湯に  鉄瓶の湯で  ビール呑みで湯を  洋酒でも湯の  娘が湯を  十丈も煮え騰る湯  草津の湯より  #渡の湯に  吹きさらしの湯に  清らかな湯が  宿には湯が  前の湯の  縁から溢れ出る湯は  此處の湯は  北麓にある湯が  賑ふ湯  自然の湯に  山の湯を  灌ける湯が  漂ふ湯の  なべに湯  鍋で湯を  下から湯が  かんなわの湯  明礬の湯  あれほど湯の  昼は湯に  是から湯に  平気で湯を  沸騰した湯の  薬缶の湯を  湯銭等を取り来らしめて湯へ  顔を洗う湯を  吉は湯を  吉は飲みかけた湯を  吉は黙って湯を  西巻が湯に  赤ん坊に湯を  洗面器へ湯の  いっしょに湯にへ  看護婦は湯に  看護婦が湯から  湯たんぽの湯を  藥鑵に湯を  風呂に入るに湯の  風呂は湯の  真個うの湯との  妻とで湯に  女房が湯を  ボウルに湯を  ふたりは湯を  毎日自家の湯に  方から湯が  餌食を平らげて湯とも  案内人が湯を  魔法瓶に湯を  コッヘルで湯を  盥の湯は  萬朝はじめ弟子たちが湯へ  お前に煮湯を  私が煮湯を  湯沢の湯と  釜の湯へ  杓で湯の  運動や湯の  室は湯へ  イスキーを作るべく湯を  前に湯の  角筈あたりの湯に  為に湯を  沸し湯では  菱野の湯までは  茶碗に湯を  漬物まで湯で  底の湯の  彌生が湯から  洗湯の湯に  洗湯の湯の  鉄びんの湯が  終い湯に  なべをかけて湯を  三函の湯と  あとの湯が  あすこの湯は  彼女は湯の  火で湯が  鉢に湯が  伊豆の湯が  風呂の湯に  緑の湯の  狢の湯っていう  町の湯の  薬鑵の湯も  豆府の湯へ  塩類の湯も  台所で使う湯と  函館市外の湯の  妹の待つ湯の  姑は湯に  蛇口の湯  姑が湯へ  小粒の湯の  食物や湯など  調製品を湯に  碗に入れて湯に  茶釜にたぎる湯の  此茶の湯の  此茶の湯という  運行が停まって湯が  反対に湯が  茶わんの湯と  みんな茶わんの湯に  今度は湯の  ところでは湯は  これは湯の  茶わんの湯を  ふうにして湯の  茶わんの湯の  一に湯の  茶碗の湯の  中にある湯の  風にして湯の  沸し湯  これも湯の  血で湯を  飯や湯の  平時の湯から  職人が湯から  越の湯と  盥に湯を  鍋の湯に  児は湯を  温泉あれば湯に  扶けられて湯に  鍋を吊して湯を  ときも湯に  いつまでもいつまでも湯の  六万平を思い捨てて湯の  体も拭かずに湯を  目前に湯を  洗足の湯を  銀ずくめの湯の  秋雨けぶる湯の  一つまみほど入れて湯を  浴室の湯に  瓶に湯を  湯気を立てている湯に  水道の湯が  夜更けて湯へ  方の湯に  方の湯には  客の湯の  夜更けて湯へ  一度隣の湯を  村の湯の  溪から湯へ  隣の湯を  隣の湯へ  人達の湯が  人達の湯には  高温な湯の  バラツク造りの湯に  無心に湯を  本館の湯に  本館へ湯に  温泉の湯に  ヌルい湯に  貰ひ湯に  通つて貰ひ湯から  何なら湯へ  渋の湯から  川に流るる湯の  銭湯で落す湯が  男は湯に  火鉢で湯の  らいの湯を  渠なって湯  ビーカーで湯を  釜かけたる湯の  辺まで湯に  ザアッと湯の  先で湯の  松の湯とか  裾端折つて緋縮緬の湯も  釜の湯に  銀瓶の湯の  桶で湯を  素顔して湯に  うしろのながし湯の  額ではずんで湯に  水や湯が  気をつけて湯も  暖い湯で  言葉に湯も  こは湯の  陰を顕して湯に  下帯をきかえて湯に  水さえ湯の  酔ひざめの湯を  タライに湯を  わたしの湯  それより湯を  一処に湯に  後の湯で  額田部の湯  命額田部の湯  今まで湯の  首が湯の  田宮が湯の  女ふたりが湯の  はずみで湯の  私がある湯の  具合や湯の  滑らかな湯に  湯槽に湯が  西洋人は湯の  水が湯の  火鉢に湯を  気持で湯を  大手の湯などで  三里ほど隔たれる湯の  兄夫婦は湯に  今夜は湯に  手を湯の  さんに貸してからだを湯に  省作の湯  手を湯に  釜で煮え立つ湯の  滝壺は湯の  彼らは湯  後頭部を湯に  私はぬる湯が  ガーゼを湯に  クレゾールを湯に  ゆげは湯の  越の湯に  木場六枚板の湯と  茶も湯も  仕事を終ってから湯には  るいおなかに湯を  味噌を湯に  やかんをかけて湯を  富の湯へ  何日ぶりで湯に  糠を湯で  シンと湯の  夜気を湯  あとに湯を  職員室で湯を  一杯の湯を  産ぶ湯の  越の湯まで  沢にも湯が  鉄泥色の湯に  髪もくしけずらず湯にも  案内されて湯に  老人は湯を  大急ぎで湯を  彼女達が湯に  有馬の湯に  二度目の湯を  皆奥で湯に  ただで湯を  聲に呼びあるきて湯の  ここで湯を  

~ 湯[名詞]2
熱い湯  よい湯  あつい湯  青い湯  のんびり湯  すぐ湯  クラクラ湯  美しい湯  温い湯  直ぐ湯  熱き湯  やがて湯  まだ湯  その湯  温かい湯  うまく湯  この湯  おも湯  深く湯  青く湯  いい湯  わざわざ湯  珍しい湯  久しく湯  ない湯  今ごろ湯  おとなしく湯  ぬるい湯  新しく湯  もう湯  漸く湯  ちょうど湯  共に湯  つよい湯  高く湯  共々湯  こんな湯  まるっきり湯  長く湯  忙しく湯  あの湯  早く湯  酸っぱい湯  好い湯  段々湯  ますます湯  要は湯  一心に湯  初めて湯  そんな湯  本当に湯  さ湯  新しい湯  遅く湯  早々湯  くさい湯  長い湯  古く湯  一寸湯  生温い湯  おそく湯  多い湯  到頭湯  これから湯  よく湯  ときには湯  とりあえず湯  深い湯  じっと湯  はげしい湯  なかなか湯  赤い湯  白い湯  いつも湯  生ぬるい湯  ぽっと湯  ただいま湯  どうも湯  再び湯  もし湯  あさ湯  最早湯  しゃんしゃん湯  ちょっと湯  一旦湯  一度湯  先ず湯  沢山湯  そんなに湯  よく湯  まるで湯  暫く湯  いったん湯  そろそろ湯  もう少し湯  ふと湯  いっぱい湯  しっかり湯  いっそ湯  とうとう湯  稚湯  さっぱり湯  なまぬる湯  絶えず湯  どんな湯  次第に湯  そのまま湯  たった湯  かたみに湯  早湯  よしや湯  大きな湯  程よい湯  主として湯  其の湯  勿論湯  度々湯  まず湯  臭い湯  こんなに湯  とにかく湯  しばらく湯  永い湯  せせこましい湯  どうか湯  

複合名詞
湯帰り  砂糖湯さ  砂糖湯  湯札四枚一  かい湯  塩昆布湯  橙湯  湯タンポ  素湯  湯札  翌日湯  湯灌  山山もみづりそのなかよい湯  千人湯  ぶと湯  湯好き  湯あみ  香湯  肉湯  湯沸所  湯壺  湯氣  湯武  湯宿一軒  湯宿  湯瀧  湯津  湯津石村  暢気さうに湯  女湯  ピチャピチャ湯音  温泉湯  男湯  湯道具  湯泉  人参湯  女湯覗き  湯加減  湯番小屋  下ノ湯  湯番  上ノ湯  中ノ湯  湯小屋  みやこ湯  中島湯  湯沸  くず湯  保久呂湯  共同湯  ワカシ湯  一番湯  湯渋  カシ湯  去年保久呂湯  オトトシ保久呂湯  浴湯  上り湯  つて女湯  湯俣  湯面  湯漬け  清婦湯他  骨湯  湯まき  常盤湯  常磐湯  湯底  湯鑵  湯げ  半歳近く湯  塩湯  湯附近  素湯め  一日沸ぎっている湯  川湯  きり川湯  湯崗子温泉  湯崗子行き  湯廊  法師湯  湯海気  岩湯  湯海  唯二人岩湯通  相州湯ヶ  葛根湯  湯宿佐野家  伊豆湯ヶ島  湯沢山  十一時五十分八丁湯附近  三箇所湯  先刻湯  湯棺  悠くり湯  湯沸器  麻肺湯  湯灌場あたり  桃葉湯  湯灌道具  枇杷葉湯  湯つてもの  湯飲茶碗  成湯  湯嶋  形式的課目女禮式茶湯生花  湯生花ガ  湯風呂  玉の井湯  毒湯  仕舞湯  茶湯  湯霧  大挙湯山行  うち湯  湯たんぷ  アツ湯好き  ヌル湯好き  行つて湯  蘭湯  後妻湯  平左衛門湯  清左衛門湯  一名法斎湯  玖倍利湯  土湯  うわなり湯加古郡加古川町  湯佐波郡殖蓮村上植木  女北秋田郡阿仁合町湯  中将湯  元来葛根湯  相州湯ヶ原  相模國足柄下郡土肥村大字湯ヶ原  湯ヶ  湯瀧三千丈  湯さめ  街湯  びながら湯  茶湯台  湯ヶ島  闇湯  湯嶋天神境内  湯あたり  湯場  ナニ湯布  なに湯布  今一度湯  さくら湯  湯かげん昼寝  湯皮  毎日湯  ザアザア湯  急度湯  湯どの  一ぱい湯  湯沸場  湯灌場  午過ぎ湯  湯崗子  釜湯  湯尻  湯婆  ざぶり湯  さし湯  湯檜曾温泉  湯檜曾  湯檜曾川  味噌湯  飴湯  最上高湯  二たび女湯  湯入り  湯どこ  鴨川湯  湯母  益湯  湯具  湯沐みの時  湯棚  湯浴  二度湯  三四日湯  殷湯  間湯壺  大勢湯壺  うぶ湯  何時湯  いま時分湯  湯ヶ原  湯傷  時間湯  湯揉  違つて湯  みな湯  つて先づ湯  つて湯檜曾  湯檜曾の  湯温泉  つて湯  湯下駄  黒砂糖湯  外湯  櫻湯  サフラン湯本舗  サフラン湯主人  サフラン湯  ハンニャ湯  お多福湯  馬湯  柚湯  桃湯  桃湯同様  ゆず湯一  本日ゆず湯  ゆず湯  さっき湯  湯引き  湯引  湯武以來  湯豆府  陳湯  湯王  湯作新  湯氏  湯月  一三湯  此大湯  湯柄杓  湯交  湯雑炊  お茶湯  小川湯  あめ湯  毎晩湯  ざぶざぶと湯  町湯  湯巻き  伊豆湯ヶ島温泉  湯歸  つて湯宿  丁字湯  冷湯  湯くみ  蛇骨湯  ところ湯  げ湯  普通湯  湯せんべい  湯札弐枚  さ湯  梅湯  びしうなりあつい湯  いま湯  箱根七湯  湯はちよ  一日湯  湯方面  湯五十日  午後湯  昨日湯加減  干葉湯  留め湯  世辞湯  湯濫用  世辞湯お断り  湯中  旦那湯  湯櫃  湯場働  婆さん湯沸  あなた湯  湯場稼ぎ  夕湯  湯衣  湯の  硫黄湯  明礬湯  ア湯  湯かのう  男湯孤  湯様  湯加僧正  湯口  それぞれ湯加減  ヤット湯  茅根湯  湯加減その他風呂場  岡湯  湯がち  乳湯  一人湯  とつぷりとその湯  烏丸枇杷葉湯  不断女湯  とき湯  みずから湯  湯候  一本湯鑵  曰ク伊豆七湯  ヲ湯中ニ和スト云フ  湯ナリ  誤り湯  仕舞い湯  おい君湯  梅香湯  梅酢湯  湯灌場買  金時湯  白山三湯  しゅうと湯  残り湯  四十分間湯  こと塩湯同様  ザット湯  一時間半湯  六時間湯  湯煮汁  大概一度湯  二時間位湯  ため湯  ゴトゴト湯  サット湯  湯鰡  ザット塩湯  四時間湯  まま四時間湯  湯松茸  歸つて湯  湯壺大理石  紅葉湯  ふたり湯  自身湯  湯差し  首きり湯  湯カゲン  湯カゲン  一杯湯  葛根湯妙  湯ざめ  湯婆子  卵湯  湯桑折  ごと湯さ入れ  湯かげん  白布高湯  此高湯  外湯一棟  新高湯  湯みたい  昨夜湯  曙湯  昼湯  ココア湯  人参実母散薬湯稲川楼  晩湯  湯具蹴出し  湯鳴り  つて湯ヶ  半分湯ヶ原  小黒部谷及仙人湯  八丁湯  湯桧曾川  湯ヶ島温泉付近  湯ヶ島あたり  経湯  湯ざめをなさると不可い  湯一杯たま  蕎麥湯  湯泉宿  湯等  本家枇杷葉湯  能登湯  湯無精  はつ湯  湯ざめがするといけませんよ  甘酒大福餅稲荷鮓飴湯  せん湯  米湯  万年湯  今しがた湯  評定所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ  万病根治桃葉湯  湯巻き一つ  すゝぎ湯  身花嫁湯  豆腐湯波  玉子湯  片栗湯  風鈴湯  湯灌場大久保  毎日浴湯  一回浴湯  先づ湯  湯起請  汚れ湯  湯仕掛け  中湯  湯ヶ野  湯音  湯長さん  づまにや湯  湯ヲアタフ  小町湯  湯君  銭湯日の丸湯  日の丸湯  湯長谷藩  杏仁湯  苦湯  びのからでたく湯  湯ヶ島温泉  湯ヶ島湯本館  ソバ湯  石川湯  清津湯  処湯  湯加減並  ぱちゃぱちゃと湯  ゆッくり柚湯  終日湯婆子  いつかうに湯げ  誓湯誓  中ノ湯附近  青木湯  無事青木湯  中ノ湯一一・三〇  中ノ湯等  湯一二・〇〇  湯午後〇・〇〇  茶湯者  湯氣出  湯御所  湯泉屋敷  塩辛湯  浴湯蘇生  斎水湯  たる湯  湯嫌い  ヌルイ湯  湯ざめがして  麥湯  多摩川湯  千鳥湯  喜撰湯  湯ブネ  茶湯臺  寒月子くず湯  湯ヶ島ロケーション  湯ヶ島落合楼  湯ざめで冷  川鮑魚湯  茶湯懐石  湯廃止  御園湯  都湯  生姜湯  湯管  湯ケ原  湯共同浴場  まま湯  ウブ湯  湯アガリ  湯アガリ氏  一度湯  客湯  湯灌場買い津賀閑山  それぞれ湯灌場買い  湯灌場買い  湯灌場物  湯灌場者  ヌル湯  びしやびしやと湯  一つ湯  それ湯  湯通  肥前国北高来郡湯江村  湯津磐村  向井湯  ため女湯  先刻男湯  風呂向井湯  姨捨てん湯婆  一湯  裾湯  湯雑巾  ゆゑ湯具  湯たんぷをかかえて二階  湯タンプ  渋湯  湯たんぷはないし  ょった湯  久し振り湯  タラタン湯  ゃぼじゃぼお湯  湯伊豫  山守部山百合草病猪ゆ雄略天皇湯  由碁理湯津石村湯津桂湯津爪櫛ゆつま椿夕戸夕日  浪花湯  湯籠  リトシテ湯  湯端  えい湯  みんな湯  湯衣地  湯津々間櫛  湯津爪櫛  湯津眞椿  湯泉場  湯漕  走り湯権現  山湯  湯垢離  湯家  明治湯  湯洗い  湯客  ちょんびり湯  



前後の言葉をピックアップ
湯上り  湯西川  湯谷口    湯田川    湯あか  湯垢  湯上がり  湯あがり


動詞をランダムでピックアップ
ねむれ秋めか用いるすりあげ結べる伝えろ競べん食らいつく捌くのたうちまわり食べれみじろぐ勝りござれ焼けれすぼまり呼出せふりつもっ伏し拝み
形容詞をランダムでピックアップ
このもしい悪うおもはゆくいたましくすさまじかっ重苦しかっくすぐったく脆き怨めしきしちくどく人臭き継しいかぐわしき黒く明るくっ面倒臭くのろわしき羨ましからあぢきな木深い