「渡し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 渡し[動詞]
叔父へ渡し  橋と渡し  橋を渡し  人手に渡し  支那に渡し  女中に渡し  朝井刑事に渡し  谷村に渡し  調子で云って渡し  一掴みずつ渡し  吉公に渡し  穴から彼に渡し  受話器を渡し  紐を渡し  嬢様に渡し  新三郎に渡し  伴藏に渡し  はいられない、渡し  あしを渡し  手に渡し  仏元に渡し  真剣を渡し  木盃を渡し  面目にかけてもきつと渡し  佐渡守に渡し  母に渡し  依田君に渡し  死体を渡し  引き出しからサックを出して渡し  私に渡し  俊夫君に渡し  青木に渡し  手紙を渡し  住所氏名を書いて渡し  名前を書いて渡し  金を渡し  手さぐりで渡し  われわれに渡し  徳二郎の渡し  グラスを渡し  一枚ずつ渡し  十文字に渡し  儂が渡し  彼に渡し  から渡瀬君に渡し  一本だけ渡し  おっかあに渡し  慧鶴に渡し  赤ン坊を渡し  眼鏡は渡し  開封もせずに渡し  十錢一枚出して渡し  棍棒を出して渡し  警察に、渡し  五円札を渡し  これを渡し  包物はお渡し  主人へ渡し  簪を渡し  名刺まで渡し  手切金を渡し  看護婦に渡し  船板を渡し  鍵を渡し  枝に渡し  の子を渡し  納得して渡し  僕に渡し  神に渡し  鳩を渡し  博士を渡し  のを渡し  官軍に渡し  販売権を渡し  仕事を渡し  サードパーティには渡し  端金を渡し  盞を渡し  ままに渡し  運転手に渡し  多鶴子に渡し  俸給袋を渡し  眼でじっと渡し  由造へ渡し  女中へ渡し  手へ渡し  金、まだ渡し  切符を渡し  結納を渡し  日曜日に渡し  引導を渡し  小刀を渡し  ホモイに渡し  玉を渡し  若いもの同士にあけ渡し  信造に渡し  ナースチャに渡し  金棒を渡し  腕に渡し  永井へ渡し  瀬戸さんから永井へ渡し  ぼくに渡し  家で渡し  ヘレンに渡し  鰻仲買に渡し  ことにしたと云い渡し  ぺに渡し  あんぺに渡し  夫に渡し  名札を渡し  板橋が渡し  赤ん坊はもう渡し  入口に渡し  彼女に渡し  板を渡し  つて荷物を渡し  板が渡し  旗を渡し  から三平に渡し  どんどん商人に渡し  上に懸け渡し  家人に渡し  順々に渡し  懐から帳面を出して渡し  ほうが必ずお渡し  俺に渡し  それを渡し  綱さんへ渡し  お前に渡し  才へ渡し  罎を渡し  李に渡し  三十金を渡し  虚無へ渡し  継母に渡し  本を渡し  他人手に渡し  言ひ渡し  村役人に渡し  女房に渡し  時に渡し  小田さんに渡し  伯爵夫人に渡し  シェカリンスキイに渡し  手帳をそっと渡し  わたしに渡し  服を渡し  一度に渡し  毎月に割って渡し  原稿を渡し  近く架け渡し  世界を渡し  今日中に渡し  残金を渡し  通過券を渡し  小切手を書いて渡し  ナポレオン帽を渡し  電車線路を眺め渡し  君に渡し  ように渡し  書状をお渡し  無造作に渡し  硯から盗みだして渡し  一所に渡し  巡査に渡し  あなたから車夫に渡し  指輪とを渡し  上は渡し  雛形を渡し  ょろ松に渡し  渡守に、渡し  助に渡し  斜めに渡し  三枚交ぜて切って渡し  真上に渡し  市街を眺め渡し  指を渡し  三位卿に渡し  吉に渡し  重吉に渡し  言葉で、渡し  誰か手を引いて渡し  間に渡し  つて婆さんに渡し  北条へ渡し  風呂敷包を渡し  こいつを渡し  縄までかけて渡し  縄つきを渡し  千絵に渡し  お前にいい渡し  彭に渡し  草稿を渡し  清に渡し  辞令を渡し  綱から綱へ渡し  拳銃を渡し  父に渡し  瀧子に渡し  思つて交番に渡し  周馬へ渡し  何か渡し  首級にそえて、お渡し  鴻山に渡し  一つ鍵を渡し  あたしに渡し  婦人警官に渡し  上さんに渡し  解雇を云い渡し  明日解雇を云い渡し  厳然と云い渡し  甚五郎に渡し  ファゼーロと渡し  ファゼーロに渡し  紙切れを渡し  水を渡し  子供に渡し  義妹に渡し  庄に渡し  あらまし取り出して渡し  一匹一匹たんねんに眺め渡し  番頭さんに渡し  役人へ渡し  猪右衛門へ渡し  お前へ渡し  鍵を渡して、あけ渡し  意地悪るをしないで渡し  兄さんに渡し  お父さんに渡し  安次に渡し  背中へ渡し  手へそっくり渡し  さっき質屋へ渡し  全部母に渡し  みな母へ渡し  帽子を渡し  影繪を渡し  大次郎に渡し  妻に渡し  繩を解いて渡し  臧に渡し  高に渡し  左右へ渡し  木戸口に渡し  紳士諸君に渡し  蝋燭を渡し  周子に渡し  女に渡し  投夷書を渡し  一人に渡し  夫人に渡し  名刺を渡し  ドイツへ渡し  迂闊に渡し  こっちへ渡し  治六に渡し  患者に渡し  剣を渡し  わしに渡し  酒杯を渡し  細竹を渡し  閉鎖するといい渡し  品物は渡し  大学方へ渡し  ことを云い渡し  札を渡し  一人一人に渡し  桜間さんに渡し  親分に渡し  手帳を渡し  十二円ボーイに渡し  橋に渡し  それを出して渡し  齋藤に渡し  編集部に渡し  点をまとめて渡し  お兄さんに渡し  河合に渡し  郎党たちへ云い渡し  屍は渡し  サト子に渡し  息子に、そっと渡し  委任状を渡し  愛一郎さんに渡し  高粱稈を渡し  瓶を渡し  衣類を渡し  ホーゼを渡し  二つ保吉へ渡し  小僧の渡し  渓谷に渡し  糸を渡し  のだがねと云って渡し  金は渡し  内野さんの渡し  古田に少しずつ渡し  竿を渡し  老人に渡し  勘定しながら、渡し  それがしに渡し  沙汰と云い渡し  おれに渡し  まま僕たちへ渡し  山間を眺め渡し  小笹氏に渡し  詩稿を渡し  夜番人に渡し  ロリーさんに渡し  気の毒そうに云い渡し  主君に渡し  横に渡し  半分ほども渡し  これをお渡し  ちよいと渡し  猪口を干して渡し  道太に渡し  京兆尹に渡し  ひょうたんを渡し  袋を渡し  矢を渡し  ンを渡し  避難民を渡し  対岸へ渡し  魯粛へ渡し  令を云い渡し  姉へ渡し  バアトン・マッキンネルの渡し  利なりとも渡し  ポンと投げて渡し  奥に渡し  うちに、渡し  首を渡し  一書を渡し  節子に渡し  台詞を渡し  土曜日に直して渡し  頂に架け渡し  老女に渡し  周瑜へ渡し  紹介状を渡し  置時計を渡し  友吉に渡し  男に渡し  花を渡し  沙里子に渡し  さつき代りを渡し  将士に渡し  冀城を渡し  簡雍に渡し  瑾へ渡し  何にも渡し  手数料と引換えに渡し  人間に渡し  葉子に渡し  所せまくかけ渡し  大金を渡し  木村に渡し  相手に渡し  呉へ渡し  将台に立って、こう云い渡し  樋をかけ渡し  ため樋を渡し  カギを渡し  エンゼルに渡し  人たちに渡し  島村家へ渡し  札十枚だけを数えて渡し  兒に渡し  楚水さんに渡し  私が書いて渡し  三千代に渡し  顫えたが、渡し  親爺に渡し  妾から其方へ渡し  手へ、投げて素早く渡し  手にまで渡し  女め強情に渡し  猿へ渡し  独楽を渡し  矢を取って渡し  面で云い渡し  待機せよといい渡し  嚢を渡し  珠数を渡し  娘に渡し  おかあさんに渡し  鏡を渡し  二筋ばかり渡し  叔父に渡し  宮子に渡し  岸へ渡し  岸から板を渡し  船から陸へ渡し  城を開け渡し  島村に渡し  木に渡し  荒川にかけ渡し  道具を渡し  あいつに渡し  んに渡し  運河にかけ渡し  紙幣を渡し  束を包んで渡し  のに渡し  つやに渡し  あれに渡し  こっちから棹を渡し  紐にかけ渡し  女を渡し  財布を渡し  子供を取上げようとしてるので、渡し  上に渡し  鎖をかけ渡し  主人が渡し  米を渡し  半分値で払い渡し  デュパンに渡し  でたらめを書いて渡し  造作なく渡し  者に渡し  給仕に渡し  三四郎に渡し  うちに、もう渡し  切符だけ渡し  心配になるくらい渡し  手下に渡し  丸太が渡し  記入して渡し  ロープを渡し  頭をふって、次ぎに渡し  江木に渡し  金はどうして渡し  割り符を渡し  支配人に渡し  石持氏に渡し  想像を逞しくすれば、よく調べずに渡し  ブローニングを渡し  合鍵を渡し  人に渡し  暗号を渡し  人足に渡し  貴方に渡し  サヤマに渡し  新聞を渡し  紳士に渡し  遺言書を渡し  嫁に渡し  番号札を渡し  受話機を渡し  一枚買って渡し  云ひ渡し  馬子半天に渡し  検察官に渡し  少年に渡し  敵に渡し  乗物を渡し  課長に渡し  秋草に渡し  多助に渡し  五枚だけ渡し  太郎右衛門に渡し  判は渡し  手を渡し  良人に渡し  遺言状すらも渡し  言葉を渡し  制定して渡し  横木を渡し  無意識に渡し  塊を渡し  カメレオンを渡し  その男に渡し  ものを渡し  釣銭を渡し  現金を渡し  紙片を渡し  絹を曳き渡し  から見てくれと云って渡し  包を渡し  上衣を渡し  ハラゴンなんかに渡し  万作に渡し  二部でも、出して渡し  雪に渡し  細引を渡し  弟夫婦へ渡し  家のものに渡し  小川に渡し  一遍君に渡し  添へて渡し  前で渡し  行つて、渡し  云つても、渡し  娘を渡し  離縁状を書いて渡し  八十両忰に渡し  三行半を渡し  中央公論へ渡し  助へ渡し  まま小田さんに渡し  田中から要求されてもとやかく言って渡し  下婢に渡し  家へ渡し  革袋も渡し  懐中時計を渡し  横棒が渡し  酒を注いで渡し  ぱしを渡し  枝を渡し  こっちへお渡し  水兵に渡し  宝を渡し  久保君に渡し  一篇を渡し  書物を余らに渡し  令妹律子さんに渡し  お前様に渡し  素直に渡し  鵲の渡し  歩び板を渡し  給料を渡し  トランクを渡し  為造に渡し  旅籠屋へ売渡し  久兵衛に渡し  色本とを渡し  保に渡し  伸子に渡し  スープ皿を渡し  フロックを渡し  木を渡し  シャボンまで買って渡し  繁夫に渡し  天井に渡し  身代を渡し  お玉に渡し  お玉にそっと渡し  米友に渡し  丸太を組み渡し  弓なりに渡し  二本ずっと渡し  内侍六代を渡し  やうに渡し  棒を渡し  書記へ渡し  共謀者に渡し  下女を呼んで渡し  青年に渡し  光景を眺め渡し  間へ掛け渡し  別宮川を渡し  詩語として承け渡し  コン吉に渡し  斧を渡し  婆さんに渡し  キーを渡し  まま五百円を渡し  人を渡し  お松に渡し  若旦那に渡し  方へ渡し  噂をしてはならないと、かたく云い渡し  折つて十吉に渡し  手へと渡し  次へ渡し  手から手に渡し  魂がかけ渡し  七月に渡し  吉田に渡し  双葉が取次いで渡し  ボートルレに渡し  女王に渡し  女王マリー・アントワネットにお渡し  指環を抜いて渡し  市子に渡し  先に渡し  包みを渡し  茶碗を渡し  丸木を渡し  うちに、早く渡したり、渡し  橋銭を取って渡し  家内を渡し  令夫人を渡し  そっちへ渡し  貫一へ渡し  機械を渡し  帆村さんに渡し  彼に云い渡し  鋏を渡し  イムバネスに渡し  画を描かして渡し  兵士に渡し  甲田の渡し  内にと、取つて渡し  駭いて、一旦渡し  一眼レフを渡し  八蔵爺さんに渡し  二十銭紙幣を渡し  姉に渡し  警察から案内者に云い渡し  鉛筆を渡し  枝をうまく渡し  輪を渡し  二人掛りで渡し  残つた金を渡し  縄を渡し  青竹二本に渡し  やつてくれと渡し  こっちに渡し  監督官に渡し  生垣に渡し  仏師へ渡し  拝殿へ掛け渡し  師匠へ渡し  中から一つを抜き出して渡し  五十円私に渡し  肉屋に賣り渡し  總代に渡し  飛脚に渡し  丸太を渡し  前日までに渡し  彫工会へ渡し  そつくり叔父に渡し  二階番頭に渡し  三度笠を渡し  小田原提灯を渡し  上は、おいそれとは渡し  手にも渡し  ピンセットを渡し  今日にも渡し  ぢかに渡し  妾、どうしても渡し  東屋氏に渡し  下駄を拾って渡し  曾呂利に渡し  こっちへ早く渡し  トラ十に渡し  客様が笑いながら渡し  郵便物を渡し  鉄道院へ渡し  小僧に渡し  薬をもって来て渡し  金に代えて渡し  空っぽで渡し  白米で渡し  貝殻に入れて渡し  籠を渡し  小袋に入れて渡し  鴨居へ渡し  街道を眺め渡し  即座に払い渡し  女をお渡し  母者へ渡し  直接彼に渡し  お茶屋に渡し  余に渡し  板橋を渡し  警察へ渡し  金百円を渡し  一百円を渡し  庄司に渡し  敬二郎に渡し  正勝に渡し  電報を渡し  鉄砲を渡し  爺に渡し  彼らに渡し  盃を渡し  久美子に渡し  赤酒を注いで渡し  検札を渡し  一郎に渡し  薫へ渡し  默つて僕に渡し  釘抜と金槌とを取って来て渡し  わたしを渡し  兄に渡し  適当にお渡し  八重に渡し  人夫に渡し  乗車券を渡し  そこへ持って来て渡し  オランダに渡し  一同に渡し  吉良へ渡し  杉山に渡し  餞別を渡し  揚屋から出して渡し  代だけ渡し  母親に渡し  長五に渡し  妙に渡し  せん子に渡し  床几へ触れ渡し  判官に渡し  男へ渡し  川村に渡し  親父が渡し  茂之助に渡し  うっかり脇差を渡し  金も五十円兄様に渡し  身を渡し  向へ渡し  一時僕に渡し  岩延方へ渡し  二十円とか渡し  一つジョバンニに渡し  から何でも構わない、やっちまえと思って渡し  ジョバンニに渡し  女性を渡し  代金まで渡し  一つジヨバンニに渡し  ジヨバンニに渡し  からなんでもかまわない、やっちまえと思って渡し  信吉に渡し  遠慮気味で渡し  鳥目を渡し  つりを渡し  女へ渡し  そのまま女へ渡し  さんに渡し  遠眼鏡を渡し  花束を渡し  何かを渡し  身は、なんとあろうと、渡し  ルーレット係に渡し  小橋を渡し  二三十匹引導を渡し  ヤミ屋さんに渡し  つてお金を渡し  奥さんに渡し  針金に渡し  証拠にと渡し  そつと渡し  七にそっと渡し  引に渡し  それすらも解き渡し  獄門台も渡し  先にひきあげて、くつろいでいいぞと、いい渡し  一通りながめ渡し  警部に渡し  ハンカチを渡し  親分さんに渡し  手から寅松に渡し  六に渡し  三人に渡し  猫を渡し  辰蔵に云い渡し  客に渡し  めえにうっかり渡し  資本を渡し  鞘に入れて渡し  河内屋へ渡し  番頭に渡し  決意を告げ渡し  七に渡し  軍曹に渡し  代金八両二分をとどこおりなく渡し  先方へ渡し  請取をかいて渡し  しらを渡し  品をうっかり渡し  戸波博士を渡し  海山とをながめ渡し  久助さんに渡し  こちらとにかけ渡し  与八に渡し  高級船員へでも渡し  二百両を渡し  二千両を渡し  そのまま丸多へ渡し  から、渡し  由に渡し  手紙をかいて渡し  相棒に渡し  お金を渡し  用人に云い渡し  刀屋に渡し  合い鍵を渡し  直々に渡し  真弓子は渡し  物を渡し  白粉代を渡し  証文を渡し  紙を渡し  葦を渡し  高座を渡し  二十回分を渡し  姉を渡し  厳重に云い渡し  義詮に渡し  岩波に渡し  幻影を渡し  硯を渡し  車掌に渡し  路用を渡し  竹を渡し  十太夫に渡し  酒代を渡し  麓へ架け渡し  物好に、長く渡し  青竹一本で渡し  野草を摘んで渡し  奴に渡し  端を渡し  玉ちやんに渡し  會計を渡し  から進んで渡し  ブドリに渡し  まりを渡し  一山ブドリに渡し  これをと渡し  保名に渡し  前へ持っていって渡し  ブラシュをかけて渡し  舟を渡し  遠目に眺め渡し  世界へ渡し  ねずみに渡し  婦人に渡し  人に払い渡し  持主に渡し  角さんが渡し  状袋を渡し  角封筒を渡し  荷物を渡し  解傭を云い渡し  主婦さんの渡し  月桂樹を渡し  白娘子に渡し  許宣に渡し  城を渡し  梶原平十郎景尚に渡し  釣銭を出して渡し  川に長く渡し  それも渡し  マターファに渡し  池に渡し  どこがりんこの渡し  請求額だけを、どしどし払い渡し  んと渡し  一将に渡し  厳かにいい渡し  先にいい渡し  それをそっと渡し  息子に渡し  メルキオルに渡し  時計でも渡し  封筒を渡し  飛橋を渡し  南日君の渡し  岩から岩へ渡し  封書を渡し  ロンパンを渡し  私の渡し  小田刑事に渡し  操縦士に渡し  セーターをぬいで渡し  十銭銀貨を渡し  手切れを渡し  そちらに渡し  そちらでは渡し  コツプを渡し  一枚づゝ観客に渡し  向うを渡し  悪人に渡し  コップを、だまって渡し  父へ渡し  小太郎に渡し  調を渡し  川に、渡し  後事を托せよと云うがごとく聞えて、頷いて渡し  一人前いくらかずつ取って渡し  博士に渡し  三百万円を渡し  てんがすんなりと渡し  いま代金を渡し  竹生島まで渡し  ひとつ舟を漕いで渡し  舟を漕いで渡し  木村章一に渡し  亜米利加人へ渡し  従卒に渡し  流れに渡し  彼に書き抜きを渡し  私にお渡し  ロールヘンに渡し  肩掛も渡し  者を説いて、渡し  島まで渡し  不自由しないだけは渡し  手拭を渡し  楽譜を渡し  心付を渡し  拙者にお渡し  女子、お渡し  妹を渡し  文句無く渡し  政府から食料を渡し  消息を渡し  手から源氏へ渡し  返事を渡し  手にそっくり渡し  今新聞を渡し  書物を渡し  ものを描いて渡し  所へ渡し  源氏は渡し  信頼してお渡し  姫君を渡し  子を渡し  若君へ渡し  父君へ渡し  川を渡し  女を負うて渡し  あれを渡し  右馬助は渡し  地保に渡し  大輔に渡し  すべてクリストフに渡し  一つを渡し  御息所が書いて渡し  野原一面に置き渡し  左近将監である人に渡し  薫に渡し  女房へ渡し  人へ渡し  十内に渡し  子供を渡し  風呂敷包みを渡し  柳田医師に渡し  素子に渡し  石油を量って渡し  銭を渡し  場でおいそれと渡し  文句を言わずに渡し  所有者に渡し  大業人手に渡し  妻戸から女房に渡し  戸口から出して渡し  手から将門に渡し  斯う云い渡し  小さな柴橋が渡し  一封を渡し  チヤンと渡し  おかみさんに渡し  辰を渡し  針金などが渡し  ザーミに渡し  弾を渡し  乗換切符を渡し  僕の手紙を渡し  槇に渡し  制限を加えるぞといい渡し  一通私に渡し  しらに渡し  一挺私に渡し  河を渡し  交換条件で渡し  陽子に渡し  指輪を渡し  慥かに渡し  ダイヤを渡し  お婆さんに渡し  翁に渡し  勅使に渡し  源に渡し  こッちへ渡し  友に渡し  虹をかけ渡し  美妙が書いて渡し  望遠鏡を渡し  リイに渡し  縁へ渡し  パンツを見つけて渡し  書状を渡し  次第書を渡し  次男に渡し  男優に渡し  お前にそっと渡し  敏子へそっと渡し  敏子さんに渡し  里見君に渡し  田に、打ち渡し  子どもひとりずつ抱きかかえて渡し  時田に渡し  増に渡し  養育費とを渡し  人にお渡し  これを、渡し  家政婦に渡し  八に渡し  妓夫に渡し  女給へ渡し  板をかけ渡し  言ひつつしぶしぶ渡し  真白に積み渡し  綱を渡し  これに渡し  一枚だけ渡し  ことさえ、黙って居て下されば御渡し  許可証を渡し  三千子に渡し  内緒で渡し  遺産を渡し  小売に渡し  比丘を渡し  外国へ渡し  国外へ渡し  王に渡し  半分だけでも渡し  前金でも渡し  筆を携えて渡し  みんなに渡し  象を渡し  妃に渡し  月娥に渡し  返事を書いて渡し  大庭常子に渡し  地図を渡し  ようにと渡し  洗濯屋に渡し  妹に渡し  百円だけ渡し  銀子に渡し  離縁状さえ渡し  松屋惣七さまに渡し  はじめから主人同様といい渡し  のを投げ渡し  財産を渡し  封書をとり出して渡し  芦田に渡し  こちらへ渡し  指環とをはずしてお渡し  お出でになったら渡し  ガーゼを渡し  手術道具を渡し  人が拾って渡し  三円だけ渡し  事わけを話したら渡し  から開けて渡し  何だって私の居ないのに渡し  岸まで渡し  神さんに渡し  中からちぎって渡し  千鶴子に渡し  貴殿に渡し  沈軍艦を渡し  ドレスを渡し  ズーッと渡し  品物を渡し  から主人に渡し  山岳を眺め渡し  これはまた打ち渡し  教書を渡し  猪口を渡し  千代が渡し  球をうけ渡し  島へ渡し  首にして渡し  体でも、渡し  蟇口ごと長蔵さんに渡し  ものを白く渡し  カンテラを渡し  自分に渡し  親方に渡し  婢を呼んで渡し  時雄に渡し  芳子に渡し  加藤文太郎と書いてどうかよろしくと言って渡し  小屋料を渡し  妻君に渡し  下女に渡し  指移しに渡し  うえをみ渡し  証拠品を渡し  なかに隠して渡し  窓から品物を渡し  ダスに渡し  貴公を渡し  会社側が渡し  熊谷に渡し  田宮特高課長に渡し  小包を渡し  ハチミに渡し  留針を渡し  彌生へ投げ渡し  掌に渡し  記者が渡し  われに渡し  半金などを渡し  堯に渡し  和歌子に渡し  和歌子さんに渡し  時さんに渡し  それを眺め渡し  交番へ渡し  風邪だったので、渡し  婢に渡し  確かに渡し  姑に渡し  翰を渡し  画札を渡し  大辻さんに渡し  小さな短刀を取出して渡し  使に渡し  配役を渡し  ぶつて渡し  古書を眺め渡し  春部に渡し  黄金メダルを渡し  春木に渡し  食器を渡し  小竹さんに渡し  春木君に渡し  みんなそのまま小母さんに渡し  上へ懸け渡し  歌を作って渡し  宿屋に渡し  袴を渡し  宿に渡し  訓示を云い渡し  佐渡守の云い渡し  巡検らをひき渡し  南へ渡し  おまえを渡し  わたくしに渡し  手綱を渡し  それ、お渡し  桁を渡し  伊達藩にひき渡し  書類を渡し  妾に渡し  金剛石を渡し  板も渡し  食券を渡し  馬で渡し  昼間あなたに手紙を渡し  守札を出して渡し  小夜子に渡し  美樹子さんに渡し  杉浦に渡し  僕がかならず渡し  飯茶碗を渡し  燈火を渡し  先生に投げて渡し  広島から取りに来たら渡し  近代文学へ渡し  佐々木君に渡し  大久保君に渡し  それはそのうち渡し  厳かにこういい渡し  着物をとって渡し  社長に売渡し  坂に渡し  橋が渡し  書店に売渡し  手紙を、だまって渡し  封筒を沢山渡し  大皿を渡し  彼女へお渡し  木蓮を渡し  間を空け渡し  認可と書いて渡し  小切手を渡し  品物が出来て渡し  こっち岸へ渡し  藍丸王に渡し  十二三粒取り出して渡し  一両だけを渡し  稽古にゆくなと云い渡し  アンガスに渡し  どこかに隠してゐて、どうしても渡し  女中さんに渡し  細君に渡し  文庫を渡し  上を渡し  小遣を渡し  宗助に渡し  姉さんに御見せなさいと云って渡し  海豹に渡し  小使部屋へ渡し  本人に渡し  月々全部を渡し  附添婦に渡し  ステッキを恭しく渡し  静に渡し  オジさんに渡し  あなたに開け渡し  河岸へ渡し  煙草を渡し  針助に渡し  爺さまへ渡し  多吉に渡し  兵を渡し  償金を払い渡し  後に渡し  三人の子につけて渡し  誰に渡し  屋敷へ渡し  花瓶を渡し  気軽に渡し  侍に渡し  鉄鎖を渡し  帯を渡し  ために渡し  主人に渡し  紺屋に渡し  健三に渡し  自分にこういい渡し  島田に渡し  美智子に渡し  歯を渡し  二重廻を渡し  切符などを渡し  丸木橋も渡し  貴様なぞに渡し  手紙を投げ渡し  製紙會社に賣り渡し  あっしに渡し  ゼーマンに渡し  手袋を渡し  下へと渡し  おかみに渡し  値に賣り渡し  僧に渡し  三円出して渡し  関君に渡し  新子に渡し  傘を渡し  一本抜いて渡し  山男に渡し  二本縦に渡し  花魁を渡し  耳香水を渡し  上陸券を渡し  留吉に渡し  母へ渡し  密かにいい渡し  意地を曲げて渡し  私等どうせ遊んでゐるで、渡し  結構だ、渡し  筆を渡し  イワンに渡し  刑事に渡し  小遣まで渡し  彼が渡し  先程私の渡し  二つ帽子屋さんに渡し  民に渡し  次郎に渡し  何枚か渡し  一わたり三つの実験を眺め渡し  権叔父へ渡し  老爺に渡し  おじさんに渡し  慥と渡し  書状二通をも渡し  品目を書き出して渡し  背を貸して渡し  醫者が渡し  窓へ掛け渡し  遺産をそっくり渡し  当人から一札取って渡し  林児を渡し  下男に渡し  お祖母さんに渡し  羽子板を渡し  杉田に渡し  耳をそろえて渡し  機会に、いい渡し  破門をいい渡し  竹丸に渡し  町から町へ架け渡し  箱を渡し  千枝ちやんに渡し  絵本を渡し  浦に渡し  誰にも渡し  之を渡し  秀子に渡し  者を渡し  三千ポンドを出して渡し  暗々秀子を渡し  虎井夫人に渡し  岩から岩へ架け渡し  身を屈め、架け渡し  残り十八円を渡し  木組みをぶつちがひに渡し  人々が渡し  爺さんは渡し  それぞれ云い渡し  河野に渡し  五枚書いて渡し  六枚分拵へてまた渡し  屋根から荷物を投げ渡し  田上に渡し  校長に渡し  我れに渡し  七八円も渡し  足袋を渡し  おばさんに渡し  日給を渡し  養母に渡し  金を、こっそりと、渡し  座前を渡し  眼前を渡し  京都より渡し  物は渡し  荷物は渡し  籠を取って渡し  法華経を出して渡し  吉ちやんに渡し  大屋に渡し  ンと抜いて渡し  印刷物を渡し  先生に渡し  塾生たちに渡し  ロープをかけ渡し  警察官を呼びて渡し  とつて渡し  ホームズに渡し  いつまでも振分を渡し  家へ行って渡し  癩者を渡し  ようにかけ渡し  鴨川へ渡し  万年筆を拾いあげて渡し  手へ、すでに渡し  たか、渡し  折竹に渡し  伊八に渡し  軒から軒にかけ渡し  一束夫へ渡し  利助に渡し  祝儀を渡し  笛を渡し  一枚取って渡し  石屋に渡し  彼らに貸し渡し  英国へ渡し  外国へ相渡し  ゼニを渡し  印鑑を渡し  志道軒に渡し  證文を渡し  證明を渡し  こなたに渡し  幽霊に売渡し  紙をとりだして渡し  朝煙薄青く、遠くまでたなびき渡し  長谷部さんなどに渡し  道士に渡し  切れを渡し  小倉に渡し  三上に渡し  診断書を書いて渡し  船長に渡し  船長へ渡し  所書きも渡し  それじゃ、いい渡し  者があったら、渡し  周さんに渡し  使者大伍氏に渡し  間へ渡し  とき一通ずつ渡し  棚の隅から木札を持って来て渡し  気が変って渡し  つて居處をかいて渡し  短冊を渡し  奧さんに渡し  愛想よく渡し  強面に云い渡し  泰さんに渡し  飴玉を渡し  スリを渡し  手付を渡し  一粒紙にひねって渡し  良人チャアルス・オリヴァ・ジェイムスに渡し  神戸で渡し  語つて清子に渡し  五十両を渡し  塀とに渡し  衣服を渡し  廓内からそれを渡し  蝋色鞘を抜いて渡し  蝙蝠傘を渡し  これまでもみすみす渡し  バツトを渡し  三的を渡し  侍女に渡し  方向に渡し  横瀬に渡し  絹のなわじりを渡し  二本に渡し  皆伯父に渡し  直訴状を渡し  警視庁をおとずれて渡し  妹にこっそり渡し  伝六に渡し  手になわじりを渡し  苦情があるかもしれねえが、こんりんざい渡し  取り次ぎへ渡し  皆、渡し  洋傘を渡し  伝信、渡し  受付へ渡し  伝言を渡し  冴子に渡し  旦那に渡し  状箱を渡し  料紙を取って渡し  勝田新左衛門に渡し  一つ出して渡し  離縁状だけは渡し  小銭を渡し  瓦版を取りだして渡し  看守が渡し  ことを書きつけては渡し  いねきっと渡し  ように置き渡し  兼に渡し  召使を呼んで渡し  アランに渡し  家を渡し  神体を渡し  肩クマで渡し  人足が渡し  制法で渡し  藩吏へ渡し  特別に渡し  金銀をも渡し  支那人に売渡し  まま金を渡し  二人を渡し  気前よく渡し  現金で渡し  蝶子に渡し  紙包みを持って来て渡し  丸木橋が渡し  運送屋に渡し  雑誌社へ渡し  新潮社へ渡し  僕は出して渡し  治子に渡し  春に渡し  ものを書いて渡し  お宮に渡し  厳重に触れ渡し  小判一両を出して渡し  ヨーギに渡し  明治文学を眺め渡し  小人物たちを眺め渡し  明細書を渡し  エセックスに渡し  ものなりといい渡し  密使に渡し  ものをこねあげて渡し  医師に渡し  冗談に、よろしくがあるかしらなどと云って渡し  お客に渡し  母上から隆治さんに渡し  隆治さんにお渡し  母が渡し  一枚抜き出して渡し  ヲロス新聞を渡し  フランス語で云いながら渡し  俥屋に渡し  清子に渡し  何か書いて渡し  三分の二を渡し  受領證を渡し  皿を渡し  女君に渡し  海を眺め渡し  おれたちに渡し  画家に渡し  鍵も渡し  ランプを渡し  下足札を渡し  お手本を書いて渡し  水を少し入れて渡し  幾包かを渡し  コップに移して渡し  から、すぐ出して渡し  王成に渡し  久四郎に渡し  サックに入れて渡し  徳市に渡し  サックを渡し  威霊を護り渡し  切つて男に渡し  そこに渡し  船に渡し  届書を渡し  お母さんへ渡し  兄上から一札書いてお渡し  味噌久へ渡し  市十郎にも渡し  分け前を渡し  紙片を出して渡し  覚悟をこめて、いい渡し  調剤を渡し  後、こういい渡し  伜に渡し  次のを渡し  金五両を渡し  余人へならば渡し  蝶さえ渡し  一本ヌッと掛け渡し  手配りを云い渡し  昆虫館主人に渡し  一団へ渡し  お嬢さんを渡し  三之助に渡し  式紙一面に敷き渡し  書附にして渡し  短刀を渡し  須永に渡し  金は、それで、渡し  提灯にひをいれて渡し  云つて牡丹刷毛を渡し  幸衛門に渡し  梅干を渡し  速水へ渡し  貴女に渡し  たしかに速水輪太郎氏に渡し  たしかに速水輪太郎に渡し  しかと云い渡し  肉を渡し  全部積んで渡し  警視総監プラスビイユ宛に届けろと渡し  水晶の栓を渡し  梯子を渡し  ドーブレクは渡し  金一封を渡し  頼朝へ渡し  編集へ渡し  杖を渡し  頭ごしに渡し  木から木へ干し渡し  説明なく渡し  非もなく云い渡し  婢を渡し  真中に打渡し  彼は渡し  勾玉を渡し  玉は渡し  鞄を渡し  采女に渡し  手から手へ渡し  二つ取出して渡し  伯爵に渡し  巳之助に渡し  直ぐにお渡し  柳に渡し  将軍が一々あらためて渡し  渡し賃を取らず渡し  革袋を出して渡し  通りに渡し  さきに触れ渡し  支那人にでも売渡し  スライドをとって渡し  つて男に渡し  甲板へ渡し  あいだへ円く巻いて渡し  絶交を云い渡し  雪の下を渡し  黄撫子を渡し  蝗豆草を渡し  男に、渡し  紅おだまきを渡し  無事女房に渡し  ひと手に渡し  時計を渡し  方も渡し  銀行に渡し  慎太郎へ渡し  写真を渡し  コダックを渡し  中村嬢に渡し  ことなので、早く渡し  ノオトを渡し  先刻女中に渡し  薬の渡し  弾丸を込めて渡し  泥溝に渡し  小女に渡し  警備軍へ渡し  警備軍へひき渡し  

名詞

渡し[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
渡ししてくれと云う  渡しになる  渡しを渡り  渡しになるとは  渡し申すこともできるが  渡しあそばした十振の  渡しはしない  渡ししておきます  渡しが六郷へつくと  渡しの下にみやこ湯と申す  渡しも今は枕橋の渡と共に廃せられて  渡しもせず  渡しの法則どおり一札を渡されたが  渡しに同船したる  渡しで向島から向う岸に渡ろうとする  渡しするといったので  渡しする前にチョット盗み読みしていたでしょう  渡しの品を以て弁ずべし  渡しに手間取つたため横浜に着いた  渡しになり  渡し申してえと思って  渡しというところに焼け残った  渡しを越える  渡しが開いて  渡しは開きやアしません  渡しを越え  渡しを越えて  渡しへ知らせろ  渡しを渡って  渡しを出さんか  渡しをいそぎ  渡しを願います  渡しを向うへ渡って  渡ししたいと思っている  渡しの棧橋に立つて  渡しも御座います  渡しを越すと越さぬとでは  渡しの綱に遣うという  渡しのある  渡しがあるから  渡しになりました  渡しの方を見ていた  渡しを待つ  渡しの行きかうを見る  渡しもこれに譲らず  渡し最もよかろうと思う  渡しを綾瀬の流れに入って  渡しと呼ばれた  渡しと共に廃止された  渡しを他処のものより最も興味深く思返さねばならない  渡しが出来た  渡しがあり  渡しがある  渡し損ねた切符が随分袂のなかに溜っている  渡しを受けると  渡しになって横たわっていた  渡しにいた  渡し下されたく  渡しになりますかな  渡しするものだから持って帰る  渡しがそれだとのちにをしへられた  渡しへ乗つて来たら  渡しに乗るには  渡しを乗っ切って  渡しできるように骨を折ってくれる  渡しのところと味方が原だという  渡し渡って買ってらっしゃい  渡しを越えて向う  渡し申して出直す  渡ししなければならない  渡しに住んでいた  渡しをまもらない  渡しに乗って  渡しで向島へ渡り  渡しの方へ逃げようと思っていた  渡しであらんと  渡ししてくれ  渡しで軍功をあげた  渡しはいけないといふ  渡ししてくれとたのまれました  渡しがあった  渡しになったので  渡し遊ばされ  渡しへかかっている  渡しを渡らずに  渡しを待ちかねて  渡しをわたれば  渡しをいつも夕方に渡って行く  渡しを渡って帰ろうかとも思ってみた  渡しをわたって  渡しを渡る  渡しをかれは  渡しを止める  渡しをして  渡しも風雨の時は止まる  渡しが止まったら  渡しがあるが  渡しになったりして  渡しをこえ  渡ししなければならなくなった  渡しを受けました  渡しする小切手に間違いがあろう  渡しでおげんを救った  渡しから十六文の渡し船に乗って  渡しを渡った  渡しを待っていた  渡しなら六蔵であり  渡しを越えてしまえば  渡しへむかった  渡しが出る  渡ししてしまったと云うじゃないか  渡ししようとしましたが  渡しの渡頭まで行って  渡しなされた  渡しというものがある  渡しにかかったが  渡しに乗る  渡しに船と言います  渡しの下に小屋を作って  渡しまで行った  渡しの渡頭へ出てしまった  渡しに来て  渡しを右手に見て  渡しと思う  渡しへ彦兵衛をやって  渡しをうけたに過ぎなかった  渡しのすぐと向こうだっていう  渡しと称ふ  渡しと申します  渡しというのがございましょうか  渡しから竹生島へ参詣を致したいと思って参った  渡しする段ではござりませぬ  渡しへかかった  渡しまで急がせた  渡し成さい  渡しで死んだ  渡しを間違へる  渡しを願えますれば  渡しはもうありませんが  渡しをたずねて来た  渡しというのをたずねてまいりました  渡しの事に及んで来た  渡しすることではござりませぬ  渡し終りて暇乞し  渡しの方を望んで見た  渡しの付近に達する  渡しまでお歩きになれば  渡し放しにはしないであろう  渡しへと取り  渡しをも渡って  渡しでその源兵衛と同じ舟に乗り合わせながら  渡しする結果になりました  渡しまで來ると干潮で水が非常に淺くな  渡しは舟の必要もなくなつたので漁でもしようといふのであらう  渡しは此れ  渡しになると  渡しになった  渡しに来る  渡しさせてください  渡しを越して来る  渡しを向うへ越す  渡しを渡つた事がある  渡し下され  渡しをかけた  渡しへ乗せた  渡しの方へ歩き  渡しの料は忘れ  渡しに相成し  渡ししておくと云って  渡ししたに違いありません  渡しを鮎川の港までもどつた  渡しはしたものの  渡しをあがった  渡しのまえをあるいていた  渡しの中の若い女の赤い帯とをさびしくうつしていた  渡しもなくなれば  渡しを呼ぶ  渡しにはブランコのような吊橋がかかっています  渡しにはちょっと参った  渡しへボートをこぎ  渡しのほとりなる  渡しのほとりに持ち  渡ししてくる  渡しの頓兵衛見たいで  渡しは今でも温州の瑞安にある  渡しという所をすぎて  渡しといふ所をすぎて  渡しすることになっています  渡し来る数十人の捕吏の面々を血刀にてさし招きつ  渡しを横に見て  渡したる織物に緯を入れ終りし  渡ししたら好いと云って  渡しをこえて  渡しを通った  渡しと呼んでいた  渡しは明け六つに始まって  渡しの止まる  渡しが止まって  渡し申すことは相成らぬと  

~ 渡し[名詞]1
江戸城開け渡しといふ  出島の渡しの  竹屋の渡しの  竹屋の渡しも  ことがあるが渡しの  易々とは渡しも  先年宮の渡しに  ラツキーは渡し  竹屋の渡しで  佐野の渡しの  船中持ち渡しの  六郷橋の渡しに  矢口の渡しという  川上の渡しを  手当を遣って渡しを  落合の渡しを  沓の渡しを  落合の渡しへ  太田の渡しを  それが立退いて空け渡し  一同竹屋の渡しを  ここの渡しを  享け渡しを  十三の渡しに  歸るにも渡しの  利根の渡しも  此所の渡しという  人助けの渡しの  此近くに渡しは  他の渡しの  さっきの云い渡しが  上まで出て渡しの  言問の渡しを  隅田の渡しで  汐入りの渡しなぞ  竹屋の渡し  待乳の渡しといった  白髭の渡しも  汐入りの渡し  汐入の渡しを  竹屋の渡しと  今戸へ通う渡しと共に  今戸の渡しを  曳船の渡しが  竹屋の渡しが  橋場の渡しが  死刑の云い渡しを  矢口の渡しの  室にさし渡しに  矢口の渡しに  なんの渡しと  富士見の渡しが  ものだが渡しの  山雉の渡しを  鎧の渡しの  親父橋が渡しで  切れの渡しの  はじめさせた渡し  利根川の渡しが  白鬚の渡し  綾瀬口の渡しを  満足して渡しを  七里の渡しを  人足どもに困らせられたという渡しは  犯人は云い渡しを  言問から渡しに  タケヤの渡しで  井出下の渡しは  七里の渡しから  日野の渡しの  峻厳に云い渡しが  竹屋の渡しでは  利根の渡しへ  利根の渡しを  利根川の渡しを  大高島の渡しを  渡良瀬川の渡しを  七里の渡しを  七里の渡しの  七里の渡しも  七里の渡しが  矢走の渡しが  水木の渡しを  竹屋の渡しを  厩橋の渡しを  房川の渡しで  房川の渡しを  宮の渡しから  十人ほどが渡しを  矢口の渡し  六郷の渡しを  宮の渡しを  竹屋の渡しへ  七里の渡しの  言ひ渡し  籠の渡しという  籠の渡しより  籠の渡しに  籠の渡しよ  それが渡しに  駕籠の渡しの  駕籠の渡しで  判決云い渡しが  小台の渡しまで  七里の渡しという  七里の渡しに  鎧の渡しを  右手鎧の渡しと  鎧の渡しは  鎧の渡しへ  燕から渡しを  蔵前の渡しの  舟の渡しと  お客を乗せる渡しじゃ  石亀川の渡しを  石亀川の渡しまで  河部の渡しへ  河部の渡しで  言葉のうけ渡しを  臨湖の渡しを  臨湖の渡しという  佃の渡し  江戸城ゆずり渡しの  常磐の渡しの  常磐の渡しまで  自分へ渡し  常磐の渡しへと  今戸の渡しで  一錢の渡しまで  此日の渡しは  我に渡し  船の渡しなどが  泉河の渡しも  女房へ渡しに  のは渡しを  角田川の渡しを  どこの渡し  臨湖の渡し  鉄棒の渡しを  鉄棒の渡しへ  厩の渡しの  五つの渡しが  #安宅の渡しの  須賀町へ渡る渡しとの  前から渡しに  二子の渡しを  おしほどいて渡しは  家のあけ渡しを  云ひ渡しが  中の渡しの  一つ目へ行く渡しも  種崎の渡しの  黒部川の渡しには  籠の渡しには  矢口の渡しへ  橋場の渡しの  芥の渡しという  芥の渡しと  住吉の渡しでの  白紅淡紅でさし渡しは  江戸開け渡しの  長塚の渡しまで  榎の渡しを  甚七は渡しを  中洲の渡しに  山鳥の渡しを  房川の渡しと  ここの渡しは  

~ 渡し[名詞]2
いい渡し  今にも渡し  まだ渡し  寒い渡し  この渡し  同じ渡し  その渡し  いっそ渡し  難なく渡し  わが渡し  

複合名詞
渡し口  渡ししな  さし渡し一尺位  お下げ渡し  渡しやう  渡しよう  渡し可レ  渡し白衣  籠渡し  長崎沖渡し  渡し番庄作  渡し小屋  さし渡し  売渡し  申渡し  虎の子渡し  口渡し  天気渡し  手繰り渡し  江戸城あけ渡し  渡し一つ隅田川  渡し鎧  渡し玉  材木売渡し  渡し先  大丸渡し  渡し守り  宝物渡し  渡し申  渡し近辺  譲り渡し  米渡し  おん渡し候  おん渡し候はず  おん渡し  舟渡し  受取渡し  お下渡し  渡しあたり  払渡し  蔵前渡し  お下げ渡しくだ  松崎渡し  梯渡し  渡しそのもの  川渡し  渡し金  鹿渡し  下げ渡し  うち渡し世  三文渡し  渡し升  渡し界隈  労働力売渡し人  さし渡し三寸  城明渡し  渡し給  渡し有レ  渡し切手  渡し手形  何月渡し  明渡し  渡しンとこ  江戸城明渡し  花渡し  火渡し  鎖渡し  今朝鎖渡し  渡し可レ申ハ  原稿渡し  渡し子  店払渡し  渡しっ放し  首渡し  民衆売渡しページェント  宅渡し  触れ渡し  



前後の言葉をピックアップ
綿毛  渡さ  わたさ  渡し  わたし  わたし  私し    ワタシガ  渡し銭


動詞をランダムでピックアップ
ねり合せ思い知らさうちぬく慣れ引き去る調子づく見回れ倒し融かそ凹みうけいれ蹴飛ばせまるめこま見限ろ諒せ荒立ち立てこもり骨ばっさかだてる滑り降り
形容詞をランダムでピックアップ
ていたしあつけりゃたのもしき甘かろ暑苦しくっ臭う塩辛くもろ古きひさしいおほけなく四角乏しく穢らしく黒かっ酷かっはしたなわるし鋭かったかし