「悦ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 悦ん[動詞]
のですつかり悦ん  大変に悦ん  外に悦ん  芝居を見て悦ん  気分を悦ん  廷珸は悦ん  延珸は悦ん  僕が悦ん  君とならば最も悦ん  心から悦ん  手紙を受け取って悦ん  私達はどんなに悦ん  ゆえ、悦ん  女たちが、悦ん  羅夫婦はひどく悦ん  孟はひどく悦ん  着さえすれば悦ん  ことを悦ん  愛を受けて悦ん  ものとして、悦ん  ほうですから悦ん  話を実に悦ん  あなたに悦ん  恵みのごとく悦ん  正夫さんと会えるかもしれないので、たいへん悦ん  妹もたいへん悦ん  時には悦ん  通知をして悦ん  気ですから悦ん  話を悦ん  から、悦ん  達者ですから悦ん  正直に悦ん  ホモイは、悦ん  ホモイが悦ん  狐が悦ん  ホモイはすっかり悦ん  仔馬も悦ん  陳は悦ん  買手がついて悦ん  かいで悦ん  帰来を悦ん  龍巻村へ行き着けるであろうと悦ん  ように悦ん  独りぼつちを悦ん  のかと悦ん  様に悦ん  時は悦ん  跳ね上りながら悦ん  演説をして大いに悦ん  合もなく悦ん  のを悦ん  棲家はないと思って悦ん  オイ北川、悦ん  一同喝采して悦ん  ように思って悦ん  のを、結句悦ん  連中は悦ん  余輩は悦ん  飾りものを悦ん  子供らしく悦ん  鬨の声を挙げて悦ん  熱海に行けると悦ん  内心妙に悦ん  氏は、実に悦ん  繰返し味って悦ん  勢も増し、ただいたけなく悦ん  彼は悦ん  色をつけては悦ん  わたしばかりが悦ん  豊漁祭を悦ん  廉かったと頻りに悦ん  同情し、ともに笑い、悦ん  私は悦ん  自分は悦ん  老人は悦ん  平手打ちして悦ん  子も悦ん  幸福を悦ん  ことを、余り悦ん  のを眺めて悦ん  心より悦ん  曾はひどく悦ん  撫軍は大いに悦ん  助に辛く当って悦ん  川上は悦ん  断りをいったり書いたり、謝ったり、悦ん  のも、悦ん  ことなら悦ん  私共は悦ん  云はずに、悦ん  開明説を悦ん  ところは真にせまっていたが、なんとなく悦ん  それを悦ん  あれほど悦ん  女を見て悦ん  祝儀頂戴と内々悦ん  婆アも悦ん  繼は悉く悦ん  あたしは、驚いたり、悦ん  婆やにも話して悦ん  げんを見に来て悦ん  姿を見ると悦ん  子供はどんなに悦ん  カンカンに結びつけて悦ん  女史はたいへん悦ん  非常に悦ん  音を悦ん  神として悦ん  食物を悦ん  家臣連の悦ん  大に悦ん  僕は悦ん  事いうて悦ん  自分の子供とともに悦ん  上り躍り上って悦ん  噂を聞いては悦ん  から蔭ながら悦ん  和平も大きに悦ん  家も建てられるといふので、大いに悦ん  由をきいて大いに悦ん  不審ながらも悦ん  僧は悦ん  娘も悦ん  伸子はむしろ悦ん  私は、悦ん  ばっかりにすぐ悦ん  私が悦ん  素破ぬいて、悦ん  亭主が悦ん  謙信が死んで悦ん  ネリは悦ん  妻は悦ん  それとも知らずに悦ん  ところがあると悦ん  若者を悦ん  所以を悦ん  大川は悦ん  お陰であると思って悦ん  将軍政治を悦ん  私は飛び上らんばかりに悦ん  蝋燭も沢山つけて下さる、と悦ん  非常にまた悦ん  手から買いとったと悦ん  私はそんなに悦ん  あたしまで悦ん  宇頂天なほど悦ん  具合で悦ん  さのを買ってもらって悦ん  親切を悦ん  金が出来たからと悦ん  下へと、悦ん  子供も悦ん  非常に感じ、かつ悦ん  非常に感じ、且つ悦ん  人も、悦ん  孔生は大いに悦ん  母はひどく悦ん  結婚を悦ん  方でも悦ん  大江山捜査課長は飛びあがるほど悦ん  大江山君、悦ん  方で悦ん  もの、悦ん  返事を悦ん  一人で悦ん  大へん悦ん  天気続きを悦ん  方を悦ん  いた事を悦ん  のも知らねえで悦ん  児はないし、帰ってあげたら、かえって悦ん  物を悦ん  御馳走したらさぞ悦ん  プデンを拵えて食べさせたら大層悦ん  三倍も高く取って儲かる儲かると悦ん  品物を売付けて儲かる儲かると悦ん  食品屋は大きに悦ん  親切者を悦ん  資本家を困らせて悦ん  ことを聞いて悦ん  真似が出来ると思うて悦ん  華族たちの最も悦ん  失敗を悦ん  賀川市長は悦ん  涙を流して悦ん  うちこそ、悦ん  皆なは悦ん  法外に悦ん  ために悦ん  母はん、悦ん  噂に聞いて陰ながら悦ん  あなたにも悦ん  三木本が悦ん  話をしても悦ん  者が見つかったと悦ん  みんなとても悦ん  やうに悦ん  馬はひどく悦ん  私は、くたびれを忘れて、躍り上って悦ん  王はひどく悦ん  ことを心から悦ん  伯父はともかく悦ん  めぐり来たかと悦ん  猿猴大王を見付けて悦ん  独りぎめをして悦ん  夫が悦ん  葬式に従えと諭せば悦ん  星様たちは悦ん  ポウセ童子が悦ん  ように思っていました、と悦ん  有頂天になって悦ん  科学小説をたいへん悦ん  小説を悦ん  愛で、悦ん  目をして、悦ん  役員もそう言って悦ん  彼もそう言って悦ん  愛想にも多少は悦ん  云ふことだけを聞いて、悦ん  武夫は悦ん  先生、悦ん  美代も、たいへん悦ん  夢ではないかと悦ん  家のもの達が悦ん  わしは悦ん  王夫人は悦ん  暗室があるなどと悦ん  暇を悦ん  伝右衛門は悦ん  二言返事で悦ん  あれが悦ん  そうであるのにどんなに悦ん  紀久子さんに悦ん  声をあげて悦ん  安心して悦ん  ものを観て悦ん  百に達したといって悦ん  咲子は悦ん  時、広いので悦ん  オヤヂが悦ん  神様すっかり悦ん  私も何故ともなしに悦ん  威勢を悦ん  二僧は、すっかり悦ん  王は悦ん  いままでにないといつて褒め、かつ、悦ん  彼女は悦ん  噂して悦ん  それは悦ん  当人以上に悦ん  偶然をひどく悦ん  房一が悦ん  色々に染めて悦ん  我々は悦ん  安置して悦ん  出世を悦ん  ように躍り上って、悦ん  だらしなく悦ん  わたしはどんなに悦ん  兎が悦ん  ことわりとを悦ん  其を悦ん  のを見て悦ん  言葉を悦ん  明らかにひどく悦ん  変換を悦ん  手をこすり合わせて悦ん  樽野は、悦ん  女は悦ん  ことを聞くと、とても悦ん  俺は悦ん  鬼婆が悦ん  窃かに悦ん  暮しには悦ん  職業を悦ん  時親が悦ん  礼にしたら悦ん  一つ投げてくれると悦ん  山男が悦ん  みの塩を悦ん  踊子達は悦ん  うちひどく悦ん  なつて悦ん  無理矢理に食べさせながら、きききと悦ん  ことを幾らかは悦ん  帆村は躍りあがって悦ん  どんなにか悦ん  南は悦ん  必死になって目ざして打取って辛くも悦ん  臙脂屋の悦ん  此上もなく悦ん  二人は悦ん  生徒は悦ん  学校生徒はもうあんまり悦ん  兒は悦ん  一しょに嘆いたり悦ん  上もなく悦ん  切りに悦ん  得意さうに悦ん  許由は悦ん  二三本でも悦ん  料理方は、悦ん  名前をつけて悦ん  夢とを載せて悦ん  床間にある、悦ん  讚められて悦ん  心づくしを悦ん  泪を流して悦ん  処置を悦ん  和国太夫も悦ん  愚にもつかず悦ん  ものなら、悦ん  衷心、悦ん  聴くもの必ず悦ん  これ人民が悦ん  着手を悦ん  大概照子は悦ん  行を悦ん  アイルランド総督一人に悦ん  そうなので悦ん  臟なら、心から悦ん  質問なりは悦ん  へんと悦ん  人があったと思って悦ん  これも悦ん  自尊心を悦ん  枕を高うして睡られると悦ん  話ができると思ったので悦ん  光栄に悦ん  われわれは悦ん  烏啼をいくぶん焦らせて悦ん  ようにと悦ん  品を買って悦ん  母は大いに悦ん  男は大いに悦ん  識別して悦ん  運転手を悦ん  はずですから、悦ん  款待をして、悦ん  余を悦ん  屹度どんなに悦ん  子は悦ん  予は、悦ん  上つて悦ん  ことをいつて悦ん  



前後の言葉をピックアップ
よろこぼ  悦ぼ  喜ん  よろこん  歓ん  ヨロコンデ  ヨロシ  よろし  宜し  宜しから


動詞をランダムでピックアップ
あてこす閲すれ吐かせ漉き選び生き抜くことわる申し上げれめくれめぐっ覚え込ま取乱さ掴みかから殺が議さきらめく受持つ絡みつく跳ねかしでくわさ
形容詞をランダムでピックアップ
並びなき初々しきおさなく弱くっはなはだしけれしげけがらわしいわるいよわよわしくくさかっ聞きづら善かっあら心安悔しく繁し騒々しくわびしゅう辛けれ