「だす」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ だす[動詞]
言ひだす  舟いだす  本を抛りだす  場合を持ちだす  面白い手法を見付けだす  事を想いだす  馬鹿面なので、又思はず噴きだす  姿を思ひだす  今「文藝春秋」にだす  ようにひろがり、ざわめきだす  車が走りだす  何をやりだす  出来事を想いだす  手紙をかいてだす  はがきをだす  手紙を書いてだす  雪を観るにつけても、おもひだす  ことをおもひだす  貰ふんだす  はるんだす  上つたりだす  んのやさうだす  つたんだす  何うだす  白髮だらけだす  何んだす  事を思ひだす  かえるはこれからなきだす  三間歩きだす  学資をだす  声をだす  校長を追いだす  先生を追いだす  こぶがしくしく痛みだす  球をだす  柳はわらいだす  やうに感じだす  私を急かし出だす  鼻血が出だす  舌を出だす  旅をおもひだす  片隅に咲きだす  まじめに考へだす  云ひだす  ことをして追いだす  さをだす  から碗に入れてだす  苗代水が流れだす  酒をのみだす  野良犬を追ひだす  荷物を持ちだす  僕は嗅ぎだす  から、捜しだす  眼が見えだす  のをやめて、何とかして抜けだす  まねきくだす  笑ひだす  何事をやりだす  危く噴きだす  こどもらを追いだす  やうに啼きだす  こっちへ噴きだす  ずんずん歩きだす  怪音が聞こえだす  ときどんなに怒りだす  ことを云いだす  暗闇を見出だす  用事を切りだす  さを染めだす  渡瀬が泣きだすとも笑いだす  巧妙に刻みだす  自分で働きだす  危地から自分を救いだす  今度は切りだす  才能が融けだす  外へ出だす  私が云いだす  ギリシャ語をやりだす  家が何時もごたす  憶いだす  ニュウとだす  ことをやりだす  九度八分の熱をだす  コクリコクリやりだす  雑作に云いだす  工夫も考えだす  処では、はだす  此や、はだす  影とがつくりだす  股肱のたす  檻から抜けだす  水平に走りだす  使をだす  符号とをだす  命令をだす  機体が熱くなって、ぶすぶすと燃えだす  あべこべに燃えだす  雨が降りだす  三十ばかりころげだす  お婆さんは、ゆるゆる歩きだす  言葉が醸しだす  善の湧きだす  親が怒りだす  場で歌いだす  市場に売りだす  OSだけ売ってくれないかと言いだす  音が流れだす  太刀傷ズキズキと痛みだす  駕がゆれだす  ように軋みだす  一緒に走りだす  ことを思ひだす  外套を思ひだす  肉体を思ひだす  言葉を思ひだす  くりといたみだす  厭やだす  一挙一動が醸しだす  等と言いだす  なかを歩きだす  絵がはっきり見えだす  しめやかに語りだす  はつきり見えだす  ことを喋りだす  足許が揺れだす  空襲を唸りだす  やり口をだらだらと罵りだす  正三が云いだす  子供が泣きだす  へんから聞えだす  様にせかせか仕だす  一人だに見出だす  百とをたす  しづかに歩きだす  介などを思ひだす  瞳が輝きだす  それにつけて、想いだす  態度で語りだす  喉から転びだす  ロマンスを見出だす  遁れだす  吾を忘れて走りだす  蜘蛛手にかがりだす  それに従いて歩みだす  背なかを突いて急ぎだす  訴えに駈けだす  ッぽりだす  亀首をもたげだす  こと新しく考えだす  小用をたす  山みるにおもひだす  マノンを思ひだす  吸はれて泣きだす  わたしはおまへを思ひだす  免罪符をおもひだす  風呂から追いだす  筆が運ばれだす  肩を並べて歩きだす  苦もなく急きだす  荷をだす  サンザめきだす  身をひたして、こんこんと噴きだす  八間ほど走りだす  シッポをだす  熱狂して話しだす  憶ひだす  顔が覗きだす  なかで疼きだす  声が始まりだす  一羽が待ちかまえて啼きだす  草の根をわけて捜しまわったが、どうしても捜しだす  ほうへ駈けだす  ほうへ歩きだす  駕籠から転げだす  お話しくだす  気分をだす  馬内侍が泣きだす  手をだす  身体が震えだす  あなたが喋りだす  割符をだす  プラネタリュウムが映しだす  顔ぶれを思ひだす  陸尺がくんでだす  ここから駈けだす  闇雲に駈けだす  雑巾から血を絞りだす  大阪のだす  漁師どもも、さすがにわれと進みだす  めしが煮えだす  山谷を漕ぎだす  佐倉屋はとつぜん躍りだす  星がキラキラと瞬きだす  発見し、とりだす  手真似でやりだす  露地から駈けだす  トットと駈けだす  今すぐ駈けだす  白砂を蹴って駈けだす  二三歩泳ぎだす  ヒョロヒョロと歩きだす  腹の渋りだす  ここでも、駈けだす  そこから漕ぎだす  中へころがりだす  酒場で早くから飲みだす  糸を繰りだす  それは匂いだす  ほうへ走りだす  海面に浮かびだす  コツ、ほじくりだす  ランプレヒトを担ぎだす  会議に持ちだす  音が聞えるといひだす  増金をだす  十倍も働きだす  鶴松を思ひだす  日本から追ひだす  身を、誘いだす  話を切りだす  間から滑りだす  あれを探しだす  二手に分れて走りだす  上を歩きだす  討ね出だす  これが聞こえだす  牧野信一を思ひだす  一さんもそうだす  うたひだす  何物を掴みだす  物しか狙ひ又掴みだす  正論を掴みだす  なにをうたいだす  清流の流れるごとく語りだす  人が見て噴きだす  彼等は思わず噴きだす  ボツボツ店明が点きだす  話を持ちだす  つた話を持ちだす  肉体を創りだす  手を出だす  みずから手を出だす  金を出だす  入用を出だす  道理において出だす  了簡を出だす  聖賢を造り出だす  陶冶し出だす  淫売屋扱いだす  岩を追いだす  特売店へ持ちだす  披瀝しだす  山路なぞを遠く思ひだす  添へてだす  話をやりだす  方から別れようと云いだす  うつ向いて、さめざめと泣きだす  それかと言って、抛りだす  なんしろオレは喋りだす  自動車が走りだす  家を探しだす  女が歩きだす  しか思ひだす  つた蒲原氏が、ポツポツ語りだす  途中から切りだす  使い心持がよくてつい滑りだす  ッかけてまた歩きだす  覚えを語りだす  音が聞えだす  そうになきだす  おとうさんですから、よっぱらってだす  ように、いざといったらすぐに駈けだす  田代笛六は、怒りだす  ロシヤから探りだす  素姓が知れ、蹴りだす  汚染が滲みだす  ケースから浴衣をだす  小瓶をだす  千代さんは死にましたと言いだす  自然わかりだす  ことを、思ひだす  今はもう思ひだす  云つて泣きだす  中から引っぱりだす  ことをありありと思いだせばだす  起りから説きだす  力を奮いだす  哀れっぽく持ちだす  ひとつ想いだす  もう一度引きかえしてみたいといいだす  店を抜けだす  ぼくがしくしく泣きだす  口をだす  端で踊りだす  顔を思ひだす  さを思ひだす  独楽は澄んで廻りだす  答に怒りだす  油がどろどろ流れだす  器械が働きだす  炎に駆られだす  微風がゆるぎだす  犬射が語りだす  潜望鏡をだす  たぶらかし、聴きだす  暗黒を照らしだす  舟をだす  音で流れだす  ぶんたちもやりだす  まま、歩きだす  苦境から救いだす  客間から連れだす  月謝をかせぎだす  鉛筆をだす  ひとを呼びだす  はじめてうごきだす  頭も、狂いだす  あなた、しゃべりだす  言葉で思ひだす  取り消しをだす  結論を惹きだす  あたしを追ひだす  狂ひだす  羽振りをきかしだす  人たちは、駈けだす  善智識だから、思ひだす  港が見えだす  嬢ちやんだす  ことを想いだす  なかで眠りだす  明滅しだす  廻転が響きだす  無心を云いだす  絵馬うたす  口をむすんで、運びだす  気配を感じだす  腕について語りだす  言葉を掴みだす  数分間が醸しだす  私が追ひだす  皿からうたいだす  みんなみんなきいた、なりだす  それみてわらいだす  小鳥がうたいだす  いね末起、想いだす  真しやかに語りだす  何を云いだす  しずかに鳴りいだす  諸国へだす  山からだす  火からだす  当太郎を思ひだす  頭は思ひだす  障子を開けて歩きだす  考へだす  部屋を思ひだす  世間話を語りだす  流しへ溢れだす  肩が見えだす  双方とも苦しみだす  はいで、ちろちろと泳ぎだす  残つたす  饒舌りだす  五郎は走りだす  後を追って走りだす  煙をあげてふらふらとおちだす  まにまに漂いだす  新案コンロは如何だす  迷ひだす  ホンモノをつかみだす  首をだす  マメマメしく働きだす  本書からこれを見出だす  ときには、やはりうれしくなって笑いだす  店をだす  中に流れだす  岩からごぼごぼ噴きだす  ふくろをだきだす  拳とをおもひだす  想ひだす  心理を導きだす  一目見るだけで感じだす  国はみだれだす  用をたす  ミンカがよく話しだす  危険を感じだす  氣にして話しだす  雑用をたす  口調、たす  顔をだす  割り前をだす  離婚すると云いだす  覚悟して、そう切りだす  ころ顔をだす  記代子さんを探しだす  再々云いだす  ベロをだす  顔色から何も読みだす  まさか女給にだす  景を描き出だす  お酒飲みだす  何かを云いだす  星がちらほら瞬きだす  んだといいだす  朗かに笑いだす  一たんここの防ぎが破れだす  金を借りだす  蛙自身が喋りだす  ものか、と疑りだす  就て疑りだす  話に持ちだす  小田なら、噴きだす  人質にだす  人質をだす  横から手をだす  それから歩きだす  昔を思い出して踊りだす  自身が踊りだす  うちに歩きだす  話がこじれだす  誓文払をやりだす  たびに笑いだす  三行書きだす  フランス語使ひだす  果物でも腐ったす  別の思ひをこめて思ひだす  それからいひだす  つていひだす  本を探しだす  さばかりで、何一つ持ちだす  どちらかが泣きだす  白木の撃ちだす  街道が見えだす  薪をとりに駈けだす  彼女は笑いだす  やうに思はれだす  網を織りだす  から流れだす  名前が呼びだす  瓦斯を、はげしく噴きだす  三郎としても、いいだす  事実などを持ちだす  公式によって割りだす  文化によって掴みだす  知的に掴みだす  穴を狙いだす  急に跳ねだす  判断したらだす  云ふことだす  ドッカと坐ってのみだす  一点をパッとてらしだす  雑誌をだす  家具類をだす  結論をだす  氷が割れだす  みんなで考えだす  ヘソをだす  恒星をめぐって歩きだす  地下から首をだす  みんなゲラゲラ笑いだす  科学のだす  雪が降りだす  的に走りだす  ゲタゲタ笑いだす  働きにだす  シャニムニ駈けだす  先に起き上って駈けだす  帰郷すると云いだす  お酒はどうだす  法律にはないさうだす  恩知らずめが、どうだす  對面うれしやと、とつおいつ語り出だす  みんな締めだす  自然に走りだす  箸をだす  何でも祈りだす  それを探りだす  熔岩をだす  モロモロわきだす  ものを作り出だす  教会へだす  旅にだす  音をだす  金円をいだす  一人何か仕だす  メンタルテストをやりだす  竹内を連れだす  せっかちにだす  九太夫の起きだす  金をやって追いだす  前途が暗く見えだす  澱粉薯のとれだす  旗がつくりだす  むやみによろけだす  ゴルフが流行りだす  射撃会が流行りだす  風の音、滲みだす  もんだけど、やりだす  法律をだす  番茶を飲みだす  ほんとうに怒りだす  ことでもやりだす  なにをやりだす  自然にわかりだす  ラジオがうたいだす  岩が笑いだす  なかから滲みだす  空からでも繰りだす  フレッドさんをひっぱりだす  旋回しだす  ハルモニュウムをかつぎだす  元気よく走りだす  不協和音をだす  猛烈に怒りだす  あわを喰ってやりだす  でたらめにやりだす  今様歌をうたいだす  下に坐って食べだす  妙にすねだす  二人は歩きだす  目の玉を吸いだす  から、やがて起きだす  もんなら、めそめそ泣きだす  無限にわきだす  片手に掴んで歩きだす  伊作を庇いだす  色が浮きだす  枕を並べてしくしくやりだす  熱心にいひだす  相手に話しだす  前に差出だす  気になりだす  言葉を出だす  はじめて出だす  しまわれてあって、なかなか引っぱりだす  手に持って、そうしてよろよろと歩きだす  将棋盤を持ちだす  酒が降りだす  所にいたいと言いだす  滔々とやりだす  光で育ちだす  芽をだす  本箱を運びだす  火花がひらめきだす  彼女は泣きだす  地下鉄からおりて歩きだす  事を考えだす  藻掻きだす  骨が折れたが、一度始めだす  お玉が歩きだす  床をこつこつやりだす  微動を揺りだす  右端から流れだす  つり銭をだす  ように笑いだす  キャアーッと泣きだす  ギャアと泣きだす  持ち物を運びだす  金曜が続きだす  県へだす  消息を、なんとかして探りだす  の子が寝ぼけだす  てゐましたが、べつに起きだす  散歩に連れだす  アルバイト苦労から一応たす  つたと思ひだす  あの花が咲きだす  用にしたがっていだす  面影を探しだす  更衣打ちはたす  句を探り出だす  理想美を探り出だす  僕らの感じだす  一人が語りだす  歌ひだす  お寺さまから仏像を盗みだす  今朝が初めてだす  三町ほど向うだす  へんのだす  前から知っとってだす  申上げたいくらいだす  墜つだす  あと三十分ほどだす  あれがそうだす  蠅男を探しだす  ンさんにはよう分ってだす  お客さんからだす  新世界のわきだす  ように走りだす  娘を求めだす  精をだす  自然によろめきだす  リヤカーをひっぱりだす  停車場をめざして歩きだす  落語を語りだす  観察しだす  理論を生みいだす  人形が、或いは廻りだす  痙攣しだす  腰をすえて飲みだす  一座がどっと笑いだす  急におかしくなって、もうすこしで笑いだす  キャラコさんが、笑いだす  みな、どっと笑いだす  元気を出してやりだす  キャラコさんが、あわてだす  口をあいて、笑いだす  声で、笑いだす  声を、だす  色がさし、さながら輝きだす  無言で働きだす  急にはっきりと聞えだす  クスクス笑いだす  声を合わせて笑いだす  顔でやりだす  から、ゆっくりと、笑いだす  手紙を盗みだす  声で笑いだす  四人で泳ぎだす  チチと鳴きだす  あたしが読みだす  地形を刻みだす  萱草芽をだす  口を結んで、せっせと歩きだす  急に見えだす  キャラコさんが、そろそろと切りだす  肉が覗きだす  ようなにじみだす  ケロケロと唄いだす  お盆でだす  新聞紙を刷りだす  味をだす  誰もかれもが唄い、踊りだす  異風行列で練りだす  風呂にはいりたいといいだす  ものを漁りだす  丘を思ひだす  のを思ひだす  パンフレツトをだす  ぶんありがたい、いや、ありがたす  乞食根性をだす  ハガキをだす  鶏が鳴きだす  真面目に考へだす  米塩をかせぎだす  彼をおもひだす  歌とをおもひだす  手紙をだす  みじめさをおもひだす  彼及彼女を思ひだす  まんまるい虫のたす  みじめさを想いだす  口端にのぼりだす  ままに続きだす  生活に困りだす  陽が輝きだす  慄へだす  梱包を運びだす  湖心へ漕ぎだす  身体がふるえだす  一枚借りだす  煙突から炎をだす  のだとみえ、しゃべりだす  煙突から煙をだす  岬が尖りだす  下に見出だす  ひとりで駈けだす  主人オトー・ポントスを探しだす  景色が見えだす  急に、泣きだす  所在をたす  崖をのぼりだす  盗人ではないと言いだす  何かささやきだす  冗費が立ちだす  時に、しくしく泣きだす  大雪の降りだす  見幕で怒りだす  母を思ひだす  酒を飲みだす  麻布を織りだす  聴衆がざわつきだす  ちょっとすわったかと思うと、また歩きだしてはすぐにすわる、また歩きだす  一緒にやりだす  揃つてから、やりだす  音を立てながら走りだす  格好をして踊りだす  不安を覚えだす  華やかに照らしだす  咆哮をあげだす  りあるきだす  てゐるまたあるきだす  ぼんやり燐光をだす  二度おもひだす  粟を束ねだす  あいつが要ると考へだす  足をだす  サービスにだす  手がブルブルふるへだす  二本目を飲みだす  角をだす  量感を思ひだす  用もたす  検事たちを追いだす  元気をだす  ことを切りだす  金談を切りだす  手近かな、年中思ひだす  嗚呼顔をだす  いくつ小石をいれても、とりだす  メーソフが怒りだす  真剣になって尋ねだす  一ト目に見えだす  現じだす  灸を持ちだす  兵を狩りだす  これを出だす  両手で、手繰りだす  器が低くうなりだす  方法を考えだす  せいもあったろうが、いったん考えだす  東京を抜けだす  丸札をだす  水を猛然と噴きだす  胸が痛みだす  ドッと笑いだす  ガンガン叩いて駈けだす  火災をだす  遽てて駈けだす  死体を引張りだす  願望に苛まれだす  なほ一字も書きだす  小さな田舎町を思ひだす  こともなく、思ひだす  話などやりだす  十二月八日を思ひだす  彼方に見出だす  世が腐りだす  質問を持ちだす  行列をやりだす  鬼影を映しだす  だれかが歌いだす  みんなが笑いだす  一をたす  二をたす  中に、くっきりとうかびだす  赤に光りだす  本をだす  私は思ひだす  顔いだす  影を織りいだす  子供は泣きだす  妙におじけだす  短銃を担ぎだす  ところからやりだす  初めからやりだす  ように唸りだす  宿で、起きてまた歩きだす  身振りをやりだす  日稼ぎだす  魂から流れだす  声を出して泣きだす  投企的視覚を導きだす  電話で呼びだす  今日中に探しだす  間諜をだす  我から間諜をだす  者を見出だす  そうに食べだす  囈語を並べだす  細かに喋りだす  燈が見えだす  涙が流れだす  つて駈けだす  やうに思ひだす  ゆるやかに流れだす  運転しだす  殆どオートマチックに流れだす  殆どオートマチツクに流れだす  子供のことをおもひだす  一人が喚きだす  ここへ誘ひだす  使いはたす  切片掘りだす  それを探しだす  遠くへ運びだす  おもしろおかしく語りだす  先にたつて歩きだす  ぱつて、走りだす  意地悪をやりだす  救ひだす  奔走しだす  楽しみにふたたび馴れだす  ソルボンヌ大学が見えだす  音が聞こえだす  所で聞こえだす  声が聞こえだす  あちこち歩きだす  花引き出だす  侍従も堪えきれずなって泣きだす  いるかと考えだす  ことだから抜けだす  何時逢つたす  体重はふえだす  音色がをどりだす  新宿から歩きだす  あちこちへ滑りだす  ナリをして、はあさうだす  日本風俗を創りだす  ように話しだす  情熱を創りだす  下にぐらつきだす  泉はふたたび流れだす  皆さんアハハと笑いだす  撲滅をさえ唱えだす  泣声をだす  酒手をだす  悪道から救いだす  コックリやりだす  泣き声をだす  渇望しだす  固執しだす  東助がそういいだす  気持わるがって、もう帰ろうといいだす  世界がだす  音、聞えてはとぎれ、とぎれてはまた弱く聞えだす  敵国がいばりだす  みんな註文をだす  スピードをだす  光をだす  お酒好きで、飲みだす  実験から証拠をハッキリつかみだす  部屋に誘いだす  先生嫌ひ、わたしだす  言や、さうだす  かんのだす  蒐集品を救いだす  風靡しだす  何物を思ひだす  大好きで飲みだす  性格が創りだす  小説集をだす  存在にでも見えだす  いふ訳も無えだす  三里には遠いだす  事は無いだす  無理は無いだす  幾度もある相だす  はじめて泣きだす  事で笑いだす  ソリに乗って滑りだす  玉がころがりだす  そこから撃ちだす  問題を論じだす  恐怖しだす  海が見えだす  牛でもふざけて走りだす  女ばかりがつくりだす  云ひくだす  影響を示しだす  診断書を求められると、怒りだす  私は怒りだす  外に見えだす  それを填たす  セラーズが売れだす  些休息しようとしだす  熱中しだす  腹が痛みだす  難題をこれ程に詠みいだす  これほどに詠みいだす  問題は、実際に論じだす  子供をおもひだす  人造人間を引張りだす  脣から止めどもなく流れだす  死体を持ちだす  一行読みだす  彼はそう思いだす  新しい時代をつくりだす  そのまま歩きだす  細やかになよなよと踊りだす  松屋惣七の変わったす  弁当を食べだす  浜子が弾きだす  彼はふりむいて歩きだす  相続人なんだす  和武を嫌っているらしいのだす  馴染になったらしいのだす  雛さま見たいやったそうだす  二度の勤めだす  それまでだす  のだそうだす  それから高山へ出たらしいのだす  終いだす  小屋に飛び込んで来たそうだす  ンだそうだす  たちゅう訳やったそうだす  一つだけだす  ンのだす  んのだす  せいちゅうんだす  フトンをひっぱりだす  ちよつと思ひだす  気持のひろがりを感じだす  床にしゃがみこんだと思うと、起きあがってまたのろのろと歩きだす  舷窓からあふれだす  涙声で怒りだす  金吾歩きだす  船子等がとりいだす  樂しくとりいだす  出来あんばいから語りだす  無産党であるから印絆纒などだす  風を思ひだす  狸となって走りだす  のりがこうきこえだす  すりで切ってだす  きょうにやりだす  声をあげて泣きだす  富士山が出だす  結果として醸しだす  それを切りだす  夜がもうそろそろ白みだす  巻煙草を引張りだす  割れ目から流れだす  洋杖をひっぱりだす  武夫少年を救いだす  印象を述べだす  地面をだす  そこだけ湿つたす  型をやりだす  私が説きだす  穴から曳きだす  のだとすれば、救いだす  大東亜共栄圏から、叩きだす  日本民族を叩きだす  サチ子がほほほほと笑いだす  鞄をひっぱりだす  ここから逐いだす  だれを逐いだす  笑ひを浮かべて喋りだす  情景を思ひだす  彼の呟きを思ひだす  由子に就いて思ひだす  均斉をつくりだす  いのちを探しだす  野良猫を追ひだす  昔を思ひだす  野々宮は時々思ひだす  古川澄江をもはや思ひだす  やつぱり澄江を思ひだす  言葉すら思ひだす  現実を照らしだす  つてから走りだす  うちに走りだす  縁談を切りだす  苦笑を思ひだす  羂を嗅ぎだす  這ひだす  気配も思ひだす  くるりとうしろを振向いて歩きだす  愛情を思ひだす  投りだす  何事を思ひだす  木村重吉を呼びだす  由子は思ひだす  素振りも思ひだす  音色をだす  今更数学を学びだす  癇癪が走りだす  梶子を思ひだす  主婦は喋りだす  木やりくずしか何か歌いだす  烏賊の吹きいだす  適当に掴みだす  ゲラゲラゲラゲラ笑いだす  女房子供を叩きだす  お茶をだす  ほうがなだめだす  圓朝は感じだす  物心ついてきだす  弟子だがやっぱり売りだす  のを見出だす  いくらでもうたす  小銭を、どうにかこうにか稼ぎだす  私が歩きだす  何かやりだす  つて笑ひだす  手は、ようやくうごきだす  ばたばたとはげしく煽ぎだす  誰がだす  どこか抜けだす  寝室を抜けだす  目されていて、だす  ドストエフスキーの掴みだす  平和湖へこぎだす  善後策を考えだす  出入りしだす  気にしだす  私が想いだす  ことから話しだす  女房を思いだして泣きだす  ものを創りだす  女房を思ひだして泣きだす  棺桶をねぎりだす  まりに唄いだす  唄ひだす  ボロをだす  分業が行われだす  草の根から湧きだす  漁場を見出だす  棹を持ちだす  堰をきって溢れだす  堰をきって流れだす  声を絞りだす  回転しだす  中流まで漕ぎだす  こちらから云いだす  高倉祐吉を見つめだす  顔がほの白く見えだす  年々産みだす  最後に持ちだす  大股に駈けだす  あと二分たてばいよいよ唄いだす  ことを話しだす  一時に笑いだす  奥さんは叱りつけながら笑いだす  童謠詩人を思ひだす  めったと想いだす  女から別れ話を持ち出されて泣きだす  ものがふるへだす  発作をおもひだす  方に瞬きだす  顫へだす  食物をあまり受付けず、ともすると軽く痛みだす  村から叩きだす  気持が焦りだす  つた将棋を考へだす  上手から流れだす  日になってやりだす  身辺から秘密を探しだす  のを堪え難く感じだす  アゴをだす  事を云いだす  死の恐怖を感じだす  きり顔をだす  答案をだす  ら笑つてやりだす  ようにぐるぐる廻りだす  瓦斯体だったが、ああして廻りだす  死体を探しだす  中から山形警部を引っぱりだす  谷博士を救いだす  うえ何を考えだす  声が流れだす  歩るきだす  臍をだす  外国人はいやだす  ように駈けだす  小径へ誘ひだす  僕はもつとはつきりおもひだす  向側を眺めようとしだす  僕は歩きだす  神経に滲みだす  僕はおもひだす  鳴りひびきだす  なかから湧きだす  問題も論じだす  中から救いだす  肩をふくれだす  十五分間も眠ればまた起きて歩みだす  気持がたす  一歩二歩歩みだす  徐かに呟きだす  下りたって歩きだす  存知のごとくたす  羊皮紙は廃れだす  牛馬なみに売りにだす  ひとつ店をだす  刀をかつぎだす  策の出だす  あと泣き出だす  二人が並んで歩きだす  流しへ抛りだす  養女にだす  亀の甲から首をだす  金をだす  ものは、続きだす  子と歌いだす  なかを駈けだす  燕がもう帰ろうと言いだす  歩き廻りだす  中で踊りだす  ぐるりを歩きだす  耄碌爺さんが踊りだす  四方八方から足を踏みならしながら、がなりだす  頬ばりだす  つたつてたらたらと流れだす  キラキラ輝やきだす  ぱかしも絞りだす  戸外へ追ひだす  自然に踊りだす  電車とともに走りだす  三カ月を要しますが、書きだす  旧態をやぶったす  男の云いだす  昔風を持ちだす  声をそろえて笑いだす  カゴに拾い入れて、又歩きだす  精神が織りだす  からわざわざ喋りだす  顔色からそれが怒りだす  着衣を捜しだす  ゃしゃ張りだす  恋が冷めだす  通用門がみえだす  門へむかって歩きだす  三吉のまえにだす  シクシク泣きだす  三吉はあわてだす  志貴子ぐらい釣りだす  精妙になってきだす  二丁ほどだす  えことだす  駒鳥のなきだす  男を迎えにだす  いつ何をやりだす  杉作が、なきだす  クックッとわらいだす  意気地なく泣きだす  掛つてごつたす  つて兼が出だす  下駄を穿いて出だす  街をてらしだす  土を遠く持ちだす  エンジンがまわりだす  動きを思ひだす  間隙なく射ちだす  いがあったら、たす  日はおもひだす  ことなど思ひだす  廊下へ出た、歩きだす  大軍人を出だす  聖人を出だす  船は、たす  やうにおもへだす  おのおのが違ったす  二人を助けだす  しかし、たべだす  うごきだす  カワカミを選りだす  奴だ、選りだす  川上を釣りだす  お礼電報をだす  無電班長を呼びだす  班長を呼びだす  時分どきだす  旦那がお越しだす  そんならもう去んでだす  はつたさうだす  加減はどうだす  代へたらどうだす  坊んだす  場でずたす  かたまりからはなれて、歩きだす  性格から説きだす  肉体は思ひだす  遊びを思ひだす  蓄音機から絞りだす  夜稽古に通いたいといいだす  釀しいだす  タラップを登りながら、切りだす  顔が笑いだす  車輪をつけるといいだす  紙を差し出だす  なかでわらいだす  手をあてて泣きだす  端くれを探しだす  相談など持ちだす  東光院て、あれだす  んやさうだす  素人はんだす  南を呼びだす  焼べたす  ことばを、どうしてもつくりだす  家からだす  梢で鳴きだす  痛罵を思ひだす  議を出だす  信号旗をだす  船をだす  いつでも思ひだす  水道を烈しくだす  あいだは追いだす  内地に運びだす  郵便をだす  甲板からあふれだす  くだから外へ流れだす  ことは躊躇いたす  顔が見えだす  焦点にふれだす  気もして、いったん話しだす  朝倉先生が歩きだす  あたり前に歩きだす  誰だって笑いだす  羽根も、廻りだす  竜造寺兵曹長を救いだす  音響はだす  何処へか連れだす  スチームが通りだす  完全に働きだす  馬の歩みだす  色が舞いだす  必要に応じて引つ張りだす  へんだわいといいだす  相手怖れず乗だす  オフレをだす  ヤス子を誘いだす  鉛色に光りだす  力をだす  最大速度をだす  酸素をだす  ドリアンを見だす  なかには泣きだす  いつか抜けだす  手を延ばして引っぱりだす  ガスをだす  木を認めだす  建物が見えだす  木立に縁どられだす  なに事を切りだす  ゲラゲラっと笑いだす  幻嶽をだす  緑玉色をだす  監視者をだす  実質から割りだす  地表に噴きだす  なかでゆらぎだす  一たい何をやりだす  鼻唄をうたいだす  寝間から抜けだす  大声で笑いだす  鎖がふるえだす  近くなりだす  散文が聞えだす  夜の白みだす  かぎりをつくしだす  同類から締めだす  ように語りだす  雰囲気と、醸しいだす  味方の撃ちだす  声が勇ましく聞こえだす  瞬間には暗く見えだす  西に舂きだす  突角がいかつく大きく見えだす  家が見えだす  肩をそびやかして歩きだす  海へ漕ぎだす  得意まわりにだす  報告をだす  一様にグラグラゆれだす  ゆりながら唄いだす  車をひいて走りだす  これを持ちだす  誰からも訊きだす  これを訊きだす  塩を入れてだす  酒をだす  船がうごきだす  仕掛を与えておいて下さると見えて、苦しみだす  芸者にだす  みんな一まとめに追いだす  源なんぞ追いだす  お見舞いをだす  ことを訊きだす  召使いから訊きだす  岩がゆれだす  酒肴をだす  真実に踊りだす  ほのかに漂いだす  袋で運びだす  千手観音を担ぎだす  自発的協力を導きだす  兄上を救いだす  証明をだす  ロッテナム美人館へ誘いだす  米を搗きだす  汝をたす  歎聲をいだす  葬式をだす  お小遣いを持ちだす  三文持ちだす  五万十万持ちだす  人を助けだす  喜兵衛さんを救いだす  家財道具を運びだす  肩をもませておいて抜けだす  アンマにまかせて抜けだす  大声に泣きだす  ここから何かを運びだす  燭台をもって歩きだす  仏像を盗みだす  踊り子がうごきだす  現じ出だす  ものも見出だす  物の入りたるを出だす  ブラブラ歩きだす  オクテだったが、ぐれだす  一冊を読みだす  カヨさんから訊きだす  足を出だす  ものをもつくりだす  従来卯の花をくたす  腕利きを見出だす  役名などを見出だす  片端より抜き出だす  一しょにいだす  ものは続きだす  者があわてだす  使いに追いだす  創立委員を出だす  救ひ出だす  内閣を造り出だす  公平に割りだす  ほうでもあわてだす  空気がかもされだす  くすりと笑いだす  目より注ぎいだす  その道に踏みいだす  齒までひきいだす  靈をたす  木見学士を救いだす  幽霊をかつぎだす  中へだす  幽霊を釣りだす  実況中継放送をしますなどといいだす  一せいにおどりだす  とき晴れだす  屋形がぶくぶくとやりだす  これを追い出だす  守り札を出だす  盆がおどりだす  合し相加わりて、おどりだす  繁盛しだす  玉ころがしで、あわてだす  カンカラ笑いだす  うそうそと笑いだす  名人はとつぜんかんからと笑いだす  かんからと笑いだす  一人を探しだす  君を救いだす  くるくると廻りだす  からだが震えだす  日に当たると震いだす  つて走りだす  女がさぞかしあわてだす  きれいに洗いだす  全国へ売りだす  ウフフとばかり笑いだす  ものまでがはやりだす  あっしがしゃべりだす  顔を想いだす  窓へ連れて来て、見せると、泣きだす  うちだけだす  私自身想いだす  失策をやりだす  判然と想いだす  手、想いだす  穴から顔をだす  時計を盗みだす  我れに帰って歩きだす  二人でふいと笑いだす  中から患者を担ぎだす  ように踊りだす  から言ひだす  青春を思ひだす  何者だつたらうと、未だに時どき思ひだす  サツをつかみだす  フンといつて歩きだす  それを持ちだす  夢中になって歩きだす  氷河の溶けて流れだす  彼はまた駈けだす  顔を見せぬと叩きだす  立派に探しだす  窓から乘りだす  蔵を掘り出だす  見出し創りだす  手助けをせよと切りだす  蛍見物へ連れだす  上を追い求めだす  店へだす  親類交いをしてくれといいだす  返金を切りだす  夜に入るを待って盗みだす  按摩が揉みだす  駕籠を担ぎだす  ものを嗅ぎだす  蚊帳巻きかへて又打ち出だす  街頭ラジオが溢れだす  メグは笑いだす  メグは泣きだす  ライムがはやりだす  そうだが、書きだす  世にだす  鵞鳥が鳴きだす  んぢやないか、といひだす  空を飛んでゐた、といひだす  やうだ、といひだす  疵がいたみだす  フラフラとさまよいだす  ヒキアイにだす  声で語りだす  鼻をだす  眼を思ひだす  言わず歩きだす  吉が走りだす  奮発してまた潜りだす  思惑に反して、一向に潜りだす  朝までだす  皆あれだす  両親は、どうだす  しまよか、さあどうだす  強迫観念が起こりだす  宮崎が、泣きだす  英雄から抜けだす  自分を感じだす  ツマラヌことをやりだす  半分に駈けだす  上を考えだす  顔色をかえて慌てだす  煙をだす  うまいことを考えだす  名を持ちだす  嘘から誠をだす  椿事を判じだす  匐いだす  筒を持ちだす  自然にたす  別に法廷へ持ちだす  時間がなくて書きだす  水をつけてまた弾きだす  舌をだす  補助金をだす  いっしょに笑いだす  ほうが話しだす  命ありて思ひいだす  師を出だす  俺を誘いだす  世の中が眠ると聞こえだす  一〇五いよりだたす  怪異など起きだす  外へ抜けだす  笑声をだす  用事をたす  心がはずみだす  ひとに、充ち足るほど食いぬけさせ、輝きだす  ジックリと滲みだす  オーヴァを引張って、また歩きだす  尖端から噴きだす  広告をだす  一散に駈けだす  疲れきつたす  今がたす  こと云いだす  ユーレイをだす  新興宗教を求めて歩きだす  雷鳴もはげしく呟きだす  パフをだす  出刃庖丁をだす  たんぼ道へ繰りだす  乱暴者を追ひだす  糸をたぐれば踊りだす  牧場に追ひだす  から、さうめそめそ泣きだす  やうに流れだす  社会的表面に浮かびだす  絵がつくりだす  歯を剥きだす  まり労働力をだす  ものはだす  クルクル廻りだす  いるかも判らない、そう思いだす  ヒントにだす  犯人をも探しだす  眼をさましてグズグズ泣きだす  二人とも歩きだす  トリツクをだす  やすやすと選りだす  於て見出だす  体からしみだす  薪木が燃えだす  名刺をだす  僕が泣きだす  食料品のみせをだす  顏をだす  帆前船を操ったす  頃を思ひだす  こころ何時もちらちら泣きいだす  香ひだす  人格を創りだす  目を封じ去り締めだす  庄吉を抱きだす  才能を疑りだす  いふ時に思ひだす  ものを見出だす  繪のたす  氣にしだす  人物を探りだす  答をだす  顔は、笑いだす  シャッシャッと漕ぎだす  故国日本を想いだす  なにから話そうかと切りだす  矢庭に崩れて乱れだす  文字を時に応じて示しだす  端緒にして喋りだす  バッグから祝儀袋をだす  窓をあけてガスをだす  ことによって創りいだす  ラジオがしゃべりだす  ひじょうなスピードをだす  本人を探しだす  宇宙採取艇をだす  電波をだす  星雲ビールなんかをだす  ガン人はきっと怒りだす  動力をだす  もとへ入れて、まただす  一つ顔をだす  号を呼びだす  攻撃から抜けだす  アドロ星の撃ちだす  



前後の言葉をピックアップ
駄洒落  太上天皇  タス  堕す  出す  打数  タスケ  ダスタエフスキイ  堕する  だする


動詞をランダムでピックアップ
おもいつか点っでんぐり返っかなしもたぐえるぼけとんがりえどんふきならす責め付けきれあがっ入りまじ茶化しあやまっ取り上げれきこしめさ保てよ越えよ捌い荒らす
形容詞をランダムでピックアップ
久し遠けれしげかっ面映ゆくっとてつもなき血なまぐさあぶなききまずく仲良いばかばかし薄暗くっあたたかうかなし気まずいはらだたし罪ぶかく酷し長からさわがしく多く