「死後」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

死後[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
死後およそ九時間を経過しているから  死後に存在する  死後迄余り好くは言わなかったが  死後に出て来た  死後の御立命をおすすめに来た  死後に読み  死後その保護者となっていた  死後のことまでを心配しなければならないとは  死後なお数日のあいだ物情騒然たる存在を続ける  死後の生活を指導する  死後は一層案じられた  死後のことに就いて考えていた  死後のことをそれからそれへと考えていた  死後その霊魂のみならず  死後まで祈祷すべし  死後の流行は已むを得ない  死後も亦甚だ浮ばれない  死後にやがては承認される  死後の事とを知り給いし  死後或は生けるが  死後の状態などを問題にする  死後長く独身でいる  死後のことを書いて置いて  死後の彼自身を示してゐる  死後のクリストも流転を閲した  死後に名声が出て  死後には何物をも遺すまいとする  死後あり余る  死後の淋しさに堪えられないでしょう  死後の始末をしてもらい  死後約半歳しか経ぬ  死後のかたみと言ふも  死後小さいゴーリキイと祖父の家に暮す  死後も生前とは少しも変っていない  死後の祭を盛大にしてやっても  死後にまで果さうとする  死後に分った  死後も本誌のつづく  死後の彼については少しも語る  死後の地獄また在る  死後にはいろいろな不思議が伝えられた  死後も孔明がつつがなく養ってとらせるであろう  死後となると  死後なお三十年間も蜀が他国に侵されなかった  死後もなお国を守っていた  死後の鬼というものを非常に畏れ敬っている  死後の希望を予に向うて乞う  死後に暇を貰って行ったまでの  死後の始末まで万端皆沼南が世話をしてやった  死後の想像とは幼年時代から少年時代にかけて久しく俺の生活の寂しく暗い一面を塗つてゐた  死後とは人智の測り知る  死後に此日記が殘つたとする  死後の生活に對する  死後の肉體のことを餘計氣にしてゐる  死後にもかうして  死後立てた様に説く  死後の生命などを信じていません  死後の名声を知らんが  死後もなお名声を欲するや  死後の名声を軽蔑しいたり  死後の生命などを信じてゐません  死後も尚名声を欲するや  死後の名声を軽蔑し居たり  死後の事など何も一切関わぬ  死後の性命といふこととを考へて見た  死後の問題でもあり  死後との境を何か意味する  死後の指図を残したほど  死後に天下をとる  死後の社稷のことなどは霞をへだてた  死後といえども  死後に家族全部が東京へ引き移り  死後にも私に約束した  死後好い道づれを見つける  死後に比べれば  死後に勝ち誇る  死後には一層強くなってあらわれるという  死後間もなく刊行された  死後なおその人の名によって過去の舞台を再現し得るほど  死後に目を覚まして  死後の自己に於ける  死後の冥福を祈りたい  死後には借金こそ残れ  死後までその時の様子を憎んでいた  死後ただちに南ロシヤのヤールタに定住を決意する  死後の恋を物語ろうとは  死後更に決定版的に一つ作った  死後の経過時間の鑑定と比較して考えても  死後に親しかつた人々の眼から見て  死後には僕の遺産に手よらなければならぬ  死後にも何年かは公表せずに措いてくれ  死後再び自暴自棄になり  死後もその死骸を保存して  死後に於ける  死後の時間を経過しない  死後の筐底に残った  死後ひどく憂鬱に沈んで  死後の敵ウルスター・ゴンクールを是非とも斃して下さい  死後の執念がある  死後の魂を復活しようと思って  死後の執念を訴える  死後が栄えない  死後に挙兵して  死後ずっと独身生活を続けている  死後に気にかけてくれるなどと云う  死後も肉體の保存を必要と信じ  死後間もなく破  死後まで孝養を盡さねばならぬといふ  死後のことまであつて怪しいところがある  死後も二人で仲よく轡を並べて  死後もなおそれを忘れずに  死後の白小袖もちゃんと羽二重でつくってある  死後は直ちに燒却しなければならない  死後に極楽に往生して  死後およそどのくらゐになるかな  死後の骨とても恐らくはあの骨と似かよっているだろう  死後を頼むという  死後の名声の如き  死後に愛読されたつて  死後約一個月を経た  死後も忘れていた  死後も発見されずに  死後の全ての財産を与えるという  死後の財産は全て駒子に与えるという  死後に水につかっている  死後に日数を経た  死後も考えないが  死後の感謝を致す  死後はどうなったかな  死後では平作が知っていて  死後の花見を待つばかりだ  死後の私などに何の夢も托してゐなかつた  死後にお願い致し  死後まで家人の意志を束縛しようという  死後尚庄司署長以下の名声を傷つくる  死後の霊魂に与えたる  死後も同様に考え  死後やがて七十周年になる  死後の処まできめてしまった  死後の覚悟までして置いて  死後間もなく写して見ると  死後の裁判に引き出されて  死後の救いがあるかも知れないと  死後にはそれぞれ戸を構えて  死後の処置の済んだ  死後にはいつか後家のお福と情を通ずる  死後までのこる  死後のことをお願いしておきたいと思います  死後に求める  死後は誰も顧るものもなく憐れな魚達は長く池の藻草や青みどろで生き続けていた  死後に父の医師が検査すると  死後本國の方に擡頭した  死後も依然この家をかこんでいた  死後の寵何の之に加える  死後の事を考へはしなった  死後までも世人は繰り返させようとした  死後までも迷惑を残す  死後は死霊となって  死後に至り  死後は長夜の苦患を恐れ  死後につづく  死後の生がある  死後の生とを仮構する  死後間もなく彼が誤って掘らしめた  死後尚自分の死骸に着け  死後もなおずっとそこで生前とほとんど同様の生活をいとなむ  死後の姿をできるだけ美化しようとする  死後にわかった  死後なお首が役に立つ  死後になって  死後の人體の醜惡を知らないでゐた  死後のことはいざ知らず  死後は神が柱をさ  死後なおその左右に侍して  死後に放尿した  死後のことはわかる  死後に乾燥する  死後少しも変らずに  死後まで生きてゐた  死後に起工された  死後の生活に於てこの世の消息を知り得る  死後も考えない  死後に於てとかくのそしりを残さぬ  死後の事は洗ひざらゐ  死後にも難題を申さるる  死後の世界にまで続けようと  死後の光栄に感激する  死後に参りたいと願っております  死後までも私の安心できる  死後に人々がほっと息をつくだろう  死後をあまり人任せにし過ぎたと言い  死後に遺筆を梓するに至りて  死後はこの宮を御保護申す  死後にもとの持ち主の譲らせたい  死後託された  死後の宮様を御後見する  死後のことを今から言う  死後のことは言わない  死後のお髪の形を変えますだけの  死後に顧みる  死後に魂が異形の姿を現はすもので  死後の空気がまだ少し脈管に溜っていた  死後のことにまで干渉をする  死後までもこの思いは残ろうと思った  死後までも長く忘れない  死後にまで持たれる  死後に知られても  死後に醜い疑いをかけられる  死後は殆んど絶えた  死後漸く台南からトロで届いた  死後の世界は彼等の云ふ  死後いずこへ往くか判らぬ  死後御見分のため遺しおき  死後御検分のため遺しおく  死後も自分の妻と名告ることはできない  死後その屍を天火に焼かれ  死後に残した  死後つい引き入れた  死後に望んで止まないのみである  死後もかたく巻きついていたというから  死後も面倒をみて貰う  死後は伜の行状を厳重に監督してくれ  死後も身持ちが直らない  死後に出た  死後まで人をだましてやろうという  死後にも残るなどといふ  死後にも何をやらかすか分らない  死後のことを頼むべき  死後の名聞の儀もっとも大切に存じ  死後にも人格的に活躍せしめようとする  死後の備えをする  死後に始まる  死後に効果を現わし始めた  死後のことが気にかかり  死後はベレスフォードの家へきて  死後の悲慘な子供の未來が胸に浮んでならなかつた  死後をいましめてある  死後の葬式の盛儀を祈るなど  死後というものを考える  死後はないと私は思う  死後に読まれるだ  死後にブリ返して来て  死後は殊更遺族の饑餓をも顧みず  死後に発表された  死後は一層身を謹みまして  死後を自ら規定する  死後なお朝日新聞社の好意に浴しているが  死後既に十二時間位経過して  死後も尚君の友情に頼らなくてはならない  死後の依頼を余りにも早く果さなければならなかった  死後の事につきて  死後には善人で有ったり  死後にこれこれの業績を残し  死後の準備をする  死後の生活を思って  死後の生活とか人類の幸福とかを目ざした  死後に遺していつた  死後などは考へてゐない  死後に語ってきかせて呉れた  死後に語ってきかせた  死後はなおさらに謹みを  死後に形見が用意してあったと言って驚いて  死後が休みたい  死後も人に見付からない  死後の父になって  死後すぐ約束通りヨセフに現れなかった  死後はサマリアのマルタケが閨房の勢力を独占していた  死後は芥川家を代表して  死後そのままここに移した  死後迄存続する  死後はその遺骸に敬意を表する  死後の出来事をみなよく知っていて  死後に生み出された  死後に発見された  死後には幽霊になり  死後までの笑ひ  死後に受けとる  死後には正式に結婚するという  死後いよいよやさしくなってきた  死後の出版を見越して  死後の出版を見越した  死後の効果を狙つたのかも知れない  死後の出版を意識したらしい  死後になつてみると  死後には単に子孫に病質を遺して  死後の幸福を信じるからで  死後に於て加えられた  死後そのいいひとだった岡安と馬鹿に仲よくなった  死後その殘餘の部下の建てし  死後にいたりて  死後この罪を贖はざるをえず  死後の記念となす  死後その民これに苛政の苦しみを訴ふ  死後における靈の状態を論じ  死後は固より生前にも名代を与へる  死後の名あるなり  死後その練習の成果を收め得る  死後も繼續されるのであらうか  死後の生に關して  死後の生の思想において根本的誤謬と認むべきは  死後の生の内容はいかなるものであらうか  死後の生永遠的生の核心をなすは  死後の事を考えているらしかった  死後の世のあり  死後は當然マルテルに屬すべきなりき  死後必ずまた天に登る  死後にはいう迄も  死後となるであろう  死後の諡を定めて  死後の伯父に対しては実際以上の評価をして  死後に霊の生きてゐる  死後のことに就き  死後の再会というようなことを否定するであろうが  死後の安心を得せし  死後にても草葉の蔭より大贊成を表して  死後において期待する  死後あまり時間が経過していなかった  死後も餘り支那學者間には知られなかつた  死後も変るべきにあらざれば  死後の世界へはいる  死後の世界へはいつた  死後の世界へ來て始めて  死後の世界へ引きつける  死後に葬式も墓碣もいらないと言ったなら  死後取り出してくれと申した  死後なお十数年は世にいたらしい  死後に師の反古を集めて  死後の幸福を祈る  死後の肉体の条件で幸福な顔付になるかも知れず  死後約二時間半と云う  

~ 死後[名詞]1
人の死後に  先生の死後に  私の死後に  父コンの死後  ものとして死後の  己の死後の  ガリレイの死後に  死と死後の  人の死後  儒家では死後の  良人の死後  外にも死後の  相手の死後  金で死後の  のは死後  夫の死後  母の死後も  九郎右衛門の死後  務めを死後にまで  関羽の死後には  遺族は死後も  孔明の死後と  彼の死後  自身の死後の  丈太郎氏の死後に  病院費用から死後の  恐怖と死後の  死と死後とは  余の死後に  心霊諸君は死後も  一詩人のごときは死後の  予の死後の  一詩人の如きは死後の  生前と死後との  楽天家も死後の  俺の死後に  秀吉は死後の  父の死後に  漱石の死後  祖母は死後にも  彼の死後に  中に死後に  残忍性が死後には  劇界においては死後  私は死後に  妻の死後まで  父の死後  リヤトニコフの死後の  警察医の死後の  自分の死後は  僕の死後には  僕の死後にも  母の死後  妻の死後も  妻の死後  小生の死後の  自分の死後の  日本人には死後の  彼の死後が  天智天皇の死後に  父の死後の  自分の死後  支那人は死後も  武后の死後  父の死後は  彼の死後の  父親の死後も  會員の死後は  目的は死後に  自分の死後を  津右衛門の死後も  長安の死後も  子供に死後の  老後も死後も  彼に対する死後の  母の死後は  助の死後  杉代の死後は  杉代の死後では  小生の死後に  私は死後まで  語たるや死後の  人間の死後が  今まで死後の  王の死後の  兄の死後には  次郎兵衛の死後には  わたしの死後の  福を死後に  夫婦の死後は  翁の死後と  良人の死後も  田之助の死後までも  翁の死後に  神と死後の  私の死後かも  コペルニクスの死後  先代の死後  愛人の死後の  ワグナーの死後に  萬葉人としても死後の  死者の死後の  其人の死後は  斑紋は死後に  オヤジサンの死後の  アントニイの死後まで  伯爵の死後に  恋を死後の  娘の死後の  自分の死後に  ものの死後を  カーライルさへ死後に  清子さんの死後  そうに死後の  父の死後までの  人を死後までも  姉の死後にまで  人に死後に  燕枝らの死後は  信光の死後  天に代り死後の  自分の死後も  クビに死後も  父の死後も  舎号をゆずって死後の  ソクラテスをして死後にも  師の死後に  マダムは死後の  私の死後を  私自身の死後の  ほかに死後という  一知の死後に  彼の死後は  ゆうの死後  嫂の死後は  永眠して死後  重行の死後の  者が死後には  気紛れに死後の  神とか死後の  おのれの死後に  私の死後などは  私の死後が  芥川の死後に  仁の死後も  ヘロデの死後  マリアムネの死後は  芥川の死後は  父が死後の  胎児が死後に  二百円は死後に  病妻の死後には  悦拙者本懐之至り死後  やうに死後の  用意して死後の  ちやんと死後の  人間の死後に  其獣行翁の死後には  肢勢から考えて死後に  春ちゃんの死後  淨めざりしかば死後  刻して死後の  もののみ死後  練習は死後も  それに類する死後の  直射が死後の  來した死後の  父は死後の  シャルル二世の死後は  ゆゑに死後  今と死後と  生前と死後と  父の死後と  地下の死後の  人々の死後に  老人は死後の  実現されなかつた死後に  冷やかに死後の  生命保險に掛けて死後の  假令ひ死後にても  ものを死後において  生涯も死後も  すなはち死後の  いはゆる死後の  尊氏の死後  兼好の死後に  

~ 死後[名詞]2
わが死後  その死後  どうして死後  ついに死後  斯く死後  少々死後  いくら死後  もう死後  やがて死後  我が死後  もしも死後  要するに死後  平常死後  強く死後  特に死後  まさか死後  其の死後  決して死後  殊に死後  主として死後  てんで死後  まったく死後  

複合名詞
死後二人  死後数年  死後九日目  死後三十分位  死後三十分  死後数時間  死後数日  死後私  死後二五年  死後千九百年後  死後三年  死後女親一人  死後嗣子  死後路頭  死後二十年  死後三年目  死後秋三  死後四十年  死後十五年  死後何十年後  死後何時間  死後幾日  死後五十年  死後五〇年  死後十時間  死後硬直  死後生  死後十年  ため死後  死後二週間  死後八カ月  死後七十七年目  死後九天  死後十数年  死後二十五年  死後半ヶ年  死後一年あまり  死後一年  死後何  死後これ  死後二百年  死後六歳時分  死後五十日目  死後二十四時間以内  死後二十時間後  死後凡そ十六時間  死後千九百十九年  死後三四十分  死後時間  死後これら  芭蕉死後百年  死後三四年  死後太師  死後一族共同  死後三ヶ年經つて喪  死後七か月目  死後二  死後十日  死後三十六時間  死後四五時間経過  死後百数十年  死後いずれ  死後機会  死後六ヵ月  死後半年  死後経過  死後霊魂  生前死後  死後八年  死後一週間  死後九十年近く  死後母  死後年月  死後公  死後推定時間  死後現象  死後一ヵ月あまり  死後百年  死後三百年  死後三日  死後塚  死後自分  死後謙信  死後十年のち  死後森於菟ガ予  死後さ  死後空虚  死後彼等  死後家  庄太夫死後  死後八年余り  死後十年間  死後七八時間  死後半月  葬式其他死後  死後改悛  死後四か月  死後三か月  死後外国処置  死後二十四時間内  死後解剖  死後門弟  死後永遠  死後蛇  死後彼女  死後王これ  死後廟  身死後  国王死後二人  死後村  死後回教  死後無数  死後供養  死後敏子  死後女手ひとつ  死後三日目  死後四月  死後分裂  死後一生扶助料  死後姿  死後遺書  死後こっち  父死後  死後表彰  死後十五六時間  死後一人  死後一年程後  死後急  死後六十年  これ死後  死後未亡人  永年死後  死後六十何年  死後経過時間  死後岩木山  死後エンゲルス  死後十八年  死後二十年余  死後五年トナル  死後書簡  死後七日  死後吉蔵  つて死後  死後なほ  死後ラダマントス  死後マッティア  死後三十年  死後電光石火  死後救はる  死後救  死後地獄  死後フィリップ四世  死後アラゴン  死後法王グレゴリウス一世  死後魂  lavedutaetterna死後  これ死後個人  死後一年位  死後十時間以上十二時間  死後存續  死後ヴェロナ  死後肉體復活  死後八ヶ月  死後四日  死後四日間  死後十分間以内  死後十五分  死後九分  死後故郷  死後七年  死後半年位  死後一週間目  死後千年  死後二ヶ月  死後百五十年  人間死後  



前後の言葉をピックアップ
紫根  紫紺  士魂商才  私語  詩語  死語  シゴイ  しごい  諡号  扱か


動詞をランダムでピックアップ
方向付け造る折れれ聞こえとついたまら参る招ずうごめく打合せる切り取る課せ遇しあらしまわり擦り寄まるまっ浮かす恍ける総べ仕舞っ
形容詞をランダムでピックアップ
寂しかっえがらっぽく明るけれこだか目ばゆいもどかしきあっけなくっ懶し根ぶかくにくから正しい暑き毛深く間遠かれっぽくどす黒若けりゃわすれがた暑苦しくめざましく