「死語」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

死語[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
死語となる  死語の摂取せられてゐる  死語の摂取せられている  死語を並べて  死語を相手にしない  死語やひねくれた  死語となして  死語となったが  死語になつた感がある  死語となつてい  死語の利用範囲も限りがあらうし  死語が持つてゐるにしても  死語を使ひ  死語や古語を復活させて来る  死語や古語も蘇らさないではゐられない  死語を用ゐる  死語を蘇らして  死語には緻密に表現せられてゐるに係らず  死語の復活に努めてゐる  死語をば復活せしめようと努める  死語たらしめたい  死語として神聖感を持たれた  

~ 死語[名詞]1
用語の死語と  多く固定した死語として  千幾百年前の死語の  生命の感じられない死語の  日本の死語を  それは死語と  言葉を死語と  人々の死語を通して  古語は死語と  言葉が死語と  らに死語や  永久に死語  一種の死語として  

~ 死語[名詞]2
既に死語  更に死語  

複合名詞
死語化  すべて死語  死語復活  古語死語  



前後の言葉をピックアップ
紫紺  士魂商才  私語  詩語  死後  シゴイ  しごい  諡号  扱か  しごか


動詞をランダムでピックアップ
干上がっ住み馴れる退ける溶き泣かせる破れれ恋すれみつくろっ擦る静まり返る堪り兼ねくたばれぶら下がら討ち果すいつこ借りん見落す強がりあたろ
形容詞をランダムでピックアップ
人なつこいあしけれ心無き忘れっぽかわいらしくっ心安かれ目覚しき神神しいきやすい偉けれ高けりゃうら若けれ疑い深く青っぽう均しけれ小憎らしかっ根ぶかい疎からきざっぽ気軽