「望ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 望ん[動詞]
ことを望ん  変化を望ん  鞭を望ん  のを望ん  これ以上を望ん  自分が望ん  東京行きを望ん  なにを望ん  日頃から私の望ん  上で鍛えようと望ん  幸福でありたいと望ん  愛を望ん  歓喜を歌おうと望ん  冠にしようと望ん  成就したいと望ん  拝領しようと望ん  彼の望ん  死を望ん  間私の望ん  遠方を望ん  それを望ん  幸福を望ん  光を望ん  灯を望ん  お手前は望ん  評判されたいと、日ごろから望ん  山を望ん  導師を望ん  天外を望ん  陰からこれを望ん  ものを望ん  ことを切に望ん  恍惚境を望ん  何も望ん  救を示すべしとは望ん  階段を望ん  兼子自身で望ん  皇子は望ん  生活を望ん  頂から谷底を望ん  夫れを望ん  魚を望ん  救はれようなんぞとは夢にも望ん  冗談にも望ん  彼地ではまつたく望ん  へ達の望ん  平野を望ん  いふ生活を望ん  ように望ん  何物をも望ん  ほかには、なんにも望ん  近く頭に望ん  奇蹟を望ん  帰国したいと、しきりに望ん  わたしが望ん  執拗に望ん  飲みものを望ん  それでいいと望ん  コスモが望ん  解決してしまいたいと望ん  麓を望ん  峠を望ん  完璧を望ん  そればかりを望ん  爆けていき、はみ出して行きたいと望ん  僕も望ん  藤枝はかねて望ん  復帰を望ん  きのう山支度をして、かねて望ん  上空から西南を望ん  珊が望ん  僕の望ん  以前から手に入れようと望ん  試合に望ん  国を望ん  幸を望ん  楽を望ん  もの、望ん  さに望ん  日本海を望ん  登つて海を望ん  日和山で望ん  位置からも望ん  山の上から望ん  花火を望ん  都會を望ん  ころは、遠く望ん  船上山を望ん  そこで望ん  方を望ん  旗を望ん  船から日沒を望ん  位置から望ん  最後に望ん  方で望ん  芸当は望ん  谷を望ん  彼が望ん  身にて望ん  何を望ん  方を、より多く望ん  死ぬ命ならと望ん  処から望ん  いるか、どんなに望ん  武家奉公をと望ん  兵隊になろうと望ん  結婚を望ん  心で望ん  生きることを望ん  本を作ろうと望ん  未来を遠く望ん  要塞を望ん  私は望ん  協力態勢は望ん  相手にしたいと望ん  サト子が望ん  両親も、望ん  それは、望ん  ことで、強く望ん  一番陣を望ん  人自身さえも望ん  一方を望ん  しかも、それほど望ん  還幸を望ん  風を望ん  味方に加えたいと望ん  遠くから望ん  前を望ん  黎明を望ん  敵に当らんと望ん  戦争を望ん  他の用いを望ん  知識を望ん  君は望ん  海上を望ん  家から望ん  屋根を望ん  上にも望ん  はし度いとばかり望ん  守りへ望ん  ほうを望ん  糜竺がすすんで望ん  ものにして残したいと望ん  人に望ん  川上の望ん  ママ、望ん  質的向上は望ん  併呑せんと望ん  正直、まだ望ん  使いにやって、切に望ん  城から望ん  事を望ん  目出たしとのみ望ん  窮りなきを望ん  内地からそれを望ん  確保したいと、切に望ん  曹操がこの次に望ん  親としては望ん  充足したいと望ん  父が望ん  別居を望ん  何しろこんなにまで望ん  布陣を望ん  陣容を望ん  火光を望ん  晴天を望ん  望みが、しょせん望ん  改悛を望ん  心に望ん  それはしかし望ん  空を望ん  ッて望ん  ぜいたくを望ん  良人に対してすら望ん  自由を望ん  出現を望ん  のがあるじゃないか、望ん  小松原が望ん  自己の望ん  安静を望ん  孤立を望ん  長袖を望ん  子猫を飼っておきたいと望ん  頂を望ん  海上から望ん  実地に望ん  人は無いかと望ん  蒼空を望ん  解決を望ん  一見したいと望ん  混乱を望ん  モースーメさんを知ろうと望ん  アメリカ人を知りたいと望ん  風雲を望ん  仕官を望ん  ところなぞ望ん  事は望ん  窓を望ん  地を望ん  水底を望ん  夏雲を望ん  地位につきたいと望ん  おまえさんが望ん  心は頻りに望ん  部屋を望ん  これを望ん  川中島を望ん  芸をすこしして見せろと望ん  ことを教えてくれと望ん  自分の望ん  前途を望ん  六日ここに過ごしたいと望ん  しゅんかんをどんなに望ん  ことであると信じようとしたが、いくらそう望ん  そればかり望ん  つて天下を望ん  面を望ん  あれほどに夢み、悩み、望ん  窗から望ん  ことを思ふと、つい、望ん  はるかに望ん  竿頭を望ん  お礼なぞは決して望ん  燈を望ん  嶋に望ん  状態を望ん  解放を望ん  中から陸上を望ん  中から江を望ん  青山を望ん  白雪を望ん  立身を望ん  世界に解されていこうなどとは、てんで望ん  集合的独立を望ん  ピンクのカーテンをしたいと望ん  谷底を望ん  何かを望ん  私が望ん  海岸に望ん  結婚したいと望ん  強烈に得たいと望ん  紋下を望ん  溪流を望ん  歸國を望ん  形でとげようと望ん  ものが望ん  便宜を望ん  焚火の煙りを望ん  富貴を望ん  あなたが望ん  裕美子にとっては、かならずしも望ん  日頃から望ん  刀を望ん  こころを洗い、いつも、そうありたいと望ん  方から望ん  自分で望ん  面上を望ん  火を望ん  大将を望ん  三級選出区会議員を望ん  輝きを望ん  留守番を望ん  平和を望ん  ピエールが望ん  殆んど望ん  楽みを望ん  廻飛を望ん  何人も望ん  密かに、望ん  私の望ん  大番上洛を望ん  出世を望ん  ひそかに望ん  今日まで望ん  変動を望ん  そなたが望ん  ひと目拝みたいと望ん  下を望ん  今でも望ん  ジュリアの望ん  間自分の望ん  勉強をしたいと望ん  僕自身が望ん  開拓地を望ん  途中から上を望ん  湖を望ん  東を望ん  出来事を望ん  現在わたしたちが望ん  花子に聞いて、望ん  中立などは望ん  火を遠く望ん  正成も望ん  幸いを望ん  遠くを望ん  数十名、望ん  生活方針を望ん  心をひたしたいと強く望ん  君の知りたいと望ん  ようにって、望ん  仕事を見付けたいと望ん  生活がしたいと望ん  私たちは望ん  東海道筋を望ん  魚に望ん  復一の望ん  上を望ん  千早を望ん  意見を伺いたいと、切に望ん  遠くに望ん  それ以上のものを望ん  己の望ん  炬火を望ん  谷合いに望ん  田園を望ん  先月らい、望ん  上流を望ん  やらせようとは、望ん  鷹が飼ってみたいと望ん  ひとつには、望ん  望みは望ん  頼朝にならんと、望ん  庄を望ん  若党奉公でもしたいと望ん  光景を望ん  右手に望ん  大屋根を望ん  固体を望ん  京都回復を望ん  菜の花を遠く望ん  温泉岳を望ん  庭に望ん  療養生活など望ん  塔を望ん  一曲女史に弾いてもらいたいと望ん  向うに望ん  方角を望ん  同志に望ん  興福寺を望ん  ことを長らく望ん  それを善くしようと望ん  生活したいと望ん  ものと考えてもいたし、望ん  地帯にのみ望ん  めぐり合せで、望ん  成功を望ん  自重を望ん  お前も望ん  どんなにか望ん  非常に望ん  ことばかり望ん  ために書きたいと望ん  神は望ん  メルキオルは望ん  実現を望ん  町家住居で送りたいと望ん  先鋒を望ん  いっしょに結びつけようと望ん  南から望ん  木の間越しに望ん  日があろうなど、望ん  彼を害しようと望ん  僕は望ん  ことは、ねえ、望ん  私を望ん  容貌を望ん  世の中を望ん  中双六を用いて欲しいと望ん  成立を望ん  遠くより望ん  生埋せうと望ん  のかと望ん  しろ余技的気分でなど、望ん  人々はやはり望ん  自分自身をも愛させようと望ん  休息をのみ望ん  むしろ死を望ん  射殺を、いかに望ん  人々が望ん  ものをあまり知らず、また知ろうともあまり望ん  君臨を望ん  さからというよりも、いくら望ん  車にしいて望ん  父親が望ん  自分が望んで望ん  彼は望ん  ほんとうに自分が考え、望ん  若い源氏には恥ずかしくて、望ん  源氏の望ん  典侍の望ん  両親はもとより望ん  ように愛されようと望ん  こちらも望ん  我もと随行を望ん  院が望ん  何だっても、こうなれと望ん  思いになって、望ん  執筆を望ん  光に照らされると共に、長く望ん  ユダヤ国たらしめようと望ん  馬鹿者どもが望ん  ことさえ望ん  彼女はどんなに望ん  結婚をしたいと望ん  夫人が望ん  俺は望ん  崔嵬たるを望ん  女王に認めてもらうだけを望ん  それがなかなか望ん  もっとほかに望ん  契りを望ん  正面を望ん  力にしたいと望ん  父母は望ん  境遇に置いてみたいと常に望ん  父の望ん  姫君たちは望ん  以前から望ん  こちらの望ん  参邸を望ん  私もそう望ん  精神が望ん  大使夫人が、長く望ん  姫君の望ん  中納言は望ん  熱心に望ん  熱心になって望ん  誰ぞがぜひにとか望ん  初めから望ん  から、望ん  出家を望ん  作風を望ん  一眼見て行きたいと望ん  君が望ん  オリヴィエは望ん  何よりも望ん  ようにしておきたい、と望ん  報酬に与ろうと望ん  それ以上何を望ん  僕は生きようと望ん  一時ひそかに望ん  此頃、望ん  われわれが望ん  つても、望ん  国学者の等しく望ん  むる乗鞍嶽を望ん  青雲を望ん  ストライキなど、望ん  於て望ん  諸君の望ん  人類は望ん  米子さんだけ望ん  有害である道徳習慣から解放されようと望ん  新月を望ん  鳶が望ん  祠を望ん  味をみたいと望ん  配分をと望ん  后何卒一目逢わせてほしいと望ん  ことしか望ん  事を、望ん  銀子に望ん  前に望ん  松屋惣七が望ん  機を望ん  憧憬れ望ん  わたし個人としては、心から望ん  私自身が望ん  山地を望ん  遙かに望ん  間に望ん  創作としては、よしんば望ん  お嬢さまが是非行きたいと望ん  必死に望ん  理想を望ん  ことは望ん  島を望ん  地平線を望ん  しんから望ん  わたしたちが望ん  中を望ん  池に望ん  平和的解決を望ん  からんことを望ん  今切に望ん  足下もかねて望ん  彼女が望ん  ナナエが望ん  風景を望ん  山々を望ん  牧場を遠く望ん  林なぞを望ん  影をも望ん  そこから河原を望ん  注意して望ん  空に望ん  予想し望ん  以上のものを望ん  奥様を望ん  のをばかり望ん  花園を望ん  本人が望ん  はいない、むしろ望ん  のまでは望ん  野面を望ん  河原を望ん  栄誉を望ん  予知しようと望ん  ジュネーヴに帰らず、やろうと望ん  ことだけを望ん  わたしは、心から望ん  熱烈に望ん  交際を望ん  結婚したら得られるだろうと望ん  格闘しようと望ん  わたしも、望ん  岬を望ん  妻にと望ん  それはどんなに望ん  敵討でも望ん  事を常に望ん  戀ひ望ん  原家一同それを望ん  勇者にもならうと望ん  学風を望ん  散財などはたとえどう望ん  船から望ん  葉のみを望ん  土手を望ん  公表を望ん  遙に望ん  革命をと望ん  なによりも望ん  絵を望ん  私は久しく望ん  事を切に望ん  ことは少しも望ん  私に望ん  行為とを望ん  平静を望ん  洞を望ん  前から望ん  窓から望ん  アレクセエヰツチユに望ん  奥に望ん  痛切に望ん  滝夜叉を彫って貰いたいと望ん  平均しようと望ん  大仏殿を望ん  門を望ん  相手に望ん  一生を望ん  海を望ん  お台場を望ん  妾にと望ん  彼がむすびつけばと望ん  母の望ん  ことを、望ん  豊さんをと望ん  栄達を望ん  何物をか望ん  音曲家に望ん  こっちを望ん  銀二郎を望ん  行手を望ん  未来ばかり望ん  学者を望ん  あなたは望ん  皆な望ん  身とてさう望ん  女子に望ん  上に立つて望ん  奧山を望ん  二人につれていってもらいたい、とひどく望ん  彼に望ん  クラムと話したいと望ん  ものなどを望ん  クラムに望ん  それをきっと望ん  軽蔑を望ん  話をしようと望ん  ことはちっとも望ん  少年を黙らせようと望ん  手段を望ん  ことだけをじれるほど望ん  ほうも、望ん  雲を望ん  ようだし、くれさえすりゃ望ん  それはいくら望ん  先陣を望ん  旗じるしを望ん  窃に望ん  結果を望ん  貿易を望ん  ものを、常に深く強く望ん  それを一度みせてくれと望ん  日を望ん  籤引を望ん  通勤を望ん  見学を望ん  初めからそう望ん  方をどのくらい望ん  ことを、心から望ん  森を望ん  立身も望ん  どこがようて、望ん  心ひそかに望ん  天位を望ん  試合を望ん  飛入りを望ん  神の望ん  泰山を望ん  妻へと望ん  本心から祝詞なんかを望ん  南は望ん  柵際と、相望ん  貰ひ受けたいと望ん  かしと望ん  屋敷なりともと望ん  窓に望ん  僻境を望ん  おまえたちが望ん  写真を撮らして欲しいと望ん  帆村の望ん  骨を休めたいと切に望ん  医学を望ん  鳥で望ん  美作が望ん  僧が望ん  間持ち望ん  故郷の空を望ん  のをどれほど望ん  いっしんに望ん  江戸湾を望ん  宿を望ん  親征をすら望ん  友達でありたいとのみ望ん  程に望ん  翁自身に進み望ん  もう一度行ってみたいと望ん  飛風に望ん  無理に望ん  密かに望ん  僕が望ん  群衆を望ん  徑を望ん  軍氣を望ん  彼方を望ん  乱を望ん  凧を望ん  われわれの望ん  津浪を望ん  世界において望ん  獲得を望ん  靜かな所と望ん  正誤するなどは、望ん  死後に望ん  結婚は望ん  ところを望ん  ために望ん  差別なく望ん  ことを信じ、また望ん  神官を望ん  煙を望ん  奥山を望ん  露骨に、遠く離れて望ん  なつてしまふかも知れないなどとさへ望ん  高台を望ん  兵站総監たろうと望ん  職を継ごうと望ん  失敗を望ん  いくら理解しようと望ん  悪を利かして望ん  博士の望ん  僕たちの望ん  ことなんか望ん  宮守りを望ん  利益を望ん  度いと望ん  あんた達の望ん  就職を望ん  われわれは望ん  何物かを望ん  腕を見せようと望ん  天守閣を望ん  背を望ん  自分達の望ん  家を望ん  政治を望ん  容色を望ん  地上の楽園を望ん  中門を望ん  成程折角望ん  深奥という、遠く望ん  肢体を望ん  駅を望ん  のか、なるほどせっかく望ん  様にと望ん  女が望ん  ものである私の望ん  世を望ん  あちらでも望ん  関の望ん  所領を望ん  塩煎餅ぐらいを望ん  舟を望ん  私かにかくありたいと望ん  武家奉公を望ん  大火を望ん  こころひそかに望ん  神を望ん  転化を計ろうと望ん  人間味を探り出そうなどと望ん  ぼくも棄てたいと望ん  一緒に望ん  國を望ん  実地に使ってみたいと望ん  なつて望ん  



前後の言葉をピックアップ
望め  のぞめる  臨める  望める  のぞも  のぞん  臨ん  のたうた  のたうち  ノタウチ


動詞をランダムでピックアップ
やっつけれ直れ縫上げ滑らし慈しま探し当てよ落延び痩せよ罹り誑さあさろめとっ抜出す詛わ聞き落し探り当てれ抱きつき逃げ回らたちむかいおくりこむ
形容詞をランダムでピックアップ
なるけれじょさいないねたけれよろしかっ白かっ甘い女々しくまだるっこしかびくさく恐ろし目ざましき長しつつがない凛々しくいちじるしかっ恨めしゅうなさけぶかく呪わしかっ遠き薄汚かっ