「戸」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
戸を叩く  戸は二重に締め切った  戸を明けると  戸を明けながら  戸をそろりと上へ押し上げた  戸ははたりと自然に落ちた  戸を閉てて火鉢へ炭をついだ  戸を開いて  戸をしめる  戸を叩いたけれども  戸をあけて  戸をたたいたか  戸が五分程開いて居る  戸をあけられる  戸を尋ねて  戸はあけとく  戸が開いていると  戸の側へ行って  戸が明け放してあって  戸の隙間から脇腹を狙って  戸を明けねえ  戸の間から手を入れて  戸を引き開けながら  戸を明けやすよ  戸が毀れ  戸を明けたのに  戸を明けさせ  戸を開く  戸は早閉ぢて軒下に置いた  戸をあけると  戸を固め  戸が前後して  戸をおしあけて  戸が繰りあけられるに  戸じまりの音がする  戸をはげしく敲く  戸をあけるとともに  戸をあけたかと思うと  戸のあいだからあらわれた  戸をあける  戸をはいってきた  戸があけられた  戸をたたかねば  戸に寂しくもあるか  戸には鍵がかかっていなくて  戸を締めている  戸が閉まっている  戸を開けて入れた  戸を叩いた  戸を細目に開けて  戸をがらりといっぱいに開けて  戸をいっぱいに開いて  戸を押し開けて出て来る  戸を開けて  戸をあけて這入らうとしたが  戸の開く  戸を続けて打つ  戸を開ける  戸を開けるに  戸へ近寄ると  戸などをかたくとじて  戸にわがためぬれた  戸の閉つた薔麦屋の前へ来てゐた  戸の閉った  戸を検べても外から入った  戸をはめさせた  戸は開け放しで  戸の前に立った  戸ざした施米小屋の蔭に立っている  戸をあけた  戸が音もなく開いた  戸に直ぐ接して  戸が開くと  戸を開けて見た  戸が音もなくあいた  戸にすぐ接して  戸があくと  戸をぴしゃりと閉じて  戸をたたきました  戸を開けた  戸をしめるぞ  戸の下だけあけて  戸をあけて出てきました  戸があいて  戸をあけるなり  戸の下は二寸程空いてゐたが  戸をはげしく引っかく  戸をあけてやった  戸を開けて行く  戸の下は二寸ほど空いていたが  戸がそのままになっているので  戸を開け放って  戸がたてられて  戸をたてた  戸をたててあったが  戸を開いた  戸をたてると  戸も締めないで  戸を締めた  戸を叩いて  戸を指先で叩く  戸を閉めに行った  戸が開かれて  戸を叩いても  戸が風にあふられる  戸をとざして  戸の外に閑却して  戸をあけて引きずり出せ  戸を身體であけて  戸を少し細目にあけると  戸をしめて  戸の外へよろ  戸のきしる  戸のむかうから  戸を釘付けにした  戸の閉つてゐる  戸をばったり締めた  戸が開いて  戸を締めようとして  戸の握りを握って  戸を締め切ろうとした  戸の外に立っている  戸を締めようと思いましたの  戸を締めようとすると  戸をピタッと締めてしまったので  戸から逃げ出しました  戸というものがなくて壁の崩れた  戸を引き開けて見ると  戸にあけくれかかる  戸に出迎えて  戸の鍵は沢が預って居て  戸をひき開くれば  戸の破れる  戸が一枚づゝ卸してあるので  戸を鎖ざして  戸を閉めている  戸をあけるまえに  戸を開放しの  戸を閉めて  戸があいているので  戸をいくら叩いても  戸を軽く叩く  戸のこっち側で聞いていてさえ  戸に何物かちょと障った  戸を半ば引く  戸の近くしばらくとまる  戸のすきまから目だけ出して  戸をコツコツとやりながら  戸の間から外の様子を眺めまわした  戸がピッタリ閉まらない  戸もそのまま開いている  戸を閉める  戸のさるがカタンといった  戸をギーと開けて  戸へ抜足さしてゆくと  戸に近づき  戸を叩くと  戸じまりをしていた  戸を敲いて  戸ばかりをあつかい慣れている  戸を開けっぱなしにしくさって  戸の外で泣き立てた  戸を開けると  戸は重い音を立て  戸をとんとんたたいて  戸をあけてください  戸をあけますと  戸をしめるなり  戸をとんとんたたく  戸をあけました  戸まどひしながら  戸は開いてゐた  戸をひらいた  戸を鎖して  戸を鎖した  戸を閉めたの  戸がしんとしていて  戸を立てて飛び上がった  戸も釘付けにした  戸をコッソリ開けて  戸閉していたら  戸が閉めき  戸のようにはめこんであった  戸をピンと閉めてしまった  戸をコジ開ける  戸が開いた  戸の隙間から見送っていた  戸の音に立ち上がってみると  戸が開けて  戸まで送り出す  戸じまりをして  戸を閉めた  戸の外に彼の言葉を聞きながら  戸を開けて這入  戸をこじあけて入ってくる  戸をぐわらッとあけて  戸が細目に開いているので  戸がガタンと動いた  戸へ手をかけて  戸をあけて乗るが  戸の明く  戸の引手を動しながら  戸を明けてくれた  戸を叩いてくれた  戸を蹴飛ばして這入って来た  戸をけやぶって入って来た  戸にたたずめる  戸を細目に開く  戸のやうに脚を合せる  戸を叩きました  戸を押さうとはしない  戸の向側にぶら下っていた  戸をたたくと  戸でもあるかと思って  戸が発見された  戸が押しあけられて  戸の掛け金に手をかけながら  戸を開けようとすると  戸があく  戸を打ち開いて来た  戸をぼりぼりと噛みはじめましたわ  戸を開けに行く  戸を静に叩いた  戸を叩いたが  戸に手をかけてみた  戸の隙から窺いた  戸のところへ出て行った  戸になつて居る  戸をい  戸をあけたばかりの  戸を片端からノックしてまわったが  戸をたたいた  戸を開けてくれというと  戸に鍵をかけてくれた  戸の外には幽霊が私の出て来る  戸を一枚あける  戸は意外に堅くなつて居る  戸を動かしてみたが  戸がまたあいて  戸があいたら  戸がまたいっぱいにあいて  戸をしめた  戸をしめ  戸は僕がけさしめた  戸をしめようとしましたが  戸を両手でおさえていたが  戸のあく  戸はあいて  戸を開けて出ると  戸を開けてやった  戸を打った  戸が鳴ったので  戸を引ッぱずして外へ首を出してみたが  戸を寒中でも付けない  戸をあけたが  戸擦れに土間へ向けて  戸を繰り開ける  戸をあけて下さい  戸をあけたので  戸の外で呼ぶ  戸を閉めてしまった  戸などを開けた  戸を開けなおした  戸を締めにかかっていた  戸が勢よく開いて  戸まどひでもしたらしく思はれるので  戸をあけて呉れ  戸に身を寄せて立ち止まった  戸が内の方から開けられて  戸が閉まる  戸にさびしくもあるか  戸を寄せ掛けた  戸を押開いて見ましたれば  戸が開いてゐた  戸はもう下ろされていたが  戸を蹴  戸が外から開き  戸の入口に骸骨をぶら下げて  戸がガタコトと鳴った  戸の隙間からぬっと首を差し入れた  戸開けて今鳴るは  戸の向うの部屋へ帰って行った  戸が今西の後にしまった  戸の向うへ隠れてしまった  戸には寝る  戸へ当てた  戸はしまっている  戸に倚りかかりながら  戸のノッブを探り当てた  戸に錠の下りている  戸へ押しつけていた  戸の前に立ちすくんだ  戸も早くから女中が閉めた  戸を締めるだらう  戸の向うへ隠れる  戸が半分あいて  戸のところへいつて見ると  戸のついた  戸を閉め  戸がひとりでにがたりと締って出られなかった  戸をとんとんと叩く  戸の外でがあがあと叫ぶ  戸をしめてファゼーロとミーロのあとに立ちました  戸があけられなかった  戸を敲き  戸を開けて入ると  戸を一二枚開けては  戸の外に突き出さなければ  戸を閉めてしまふにも係らず  戸を明けさせずにいた  戸をちょっとお明けしなかった  戸を明けてくれる  戸を押しあけて眺めやっていたが  戸を押しあけた  戸を叩いたかと思うくらい  戸をあけたる  戸のしまった  戸をひどく音高くあけてはいって来る  戸のすき間より出る  戸の外をながむれば  戸なり壁なりに撞き当てる  戸に当る  戸を釘で打ち付けさせて  戸だなと壁のすきまへかくした  戸のきしむ  戸だなのうしろをのぞいてみた  戸はとざされて  戸に影うすくよって聞く  戸は占められて  戸のそとに走り出てしまわれた  戸を細目にあけて  戸だなの中じゅうが火になっているので  戸だなの火をたたいていた  戸だなの中の火の方ばかり見て答えようともしない  戸の外で気ちがいのように鳴いている  戸を開けません  戸が締つてゐて  戸の方を見る  戸を少し開けて  戸を締め  戸の近くに立ち留りいる  戸を立てたりして  戸を立て切った  戸をたたいたり  戸をあけたり  戸のあいてる  戸が漸と開いた  戸が少し開て居て  戸の間から出した  戸を開けてはいると  戸を引いて  戸が押し開けられて  戸の外へ出て行った  戸の外を見つめていた  戸を突き破って  戸の隙間から中を覗いた  戸の外に立たせ始めた  戸の前まで来ると立ち  戸の開いた  戸じまりをしてから  戸の内さんも一緒だしするから  戸が閉ってるか  戸を玄關への戸と書けと  戸を鎖し  戸の外に出  戸を開きて  戸に隠れわと啼く  戸へ信天翁を荷ひ入る  戸にかくれけり  戸を開けば  戸にめりめりと音がして  戸は閂を外され  戸を押し開けてはいって行った  戸の外で鳴いてゐる  戸の前に立ってみると  戸のかぎ穴からぬいて  戸があいたとおもうと  戸を閉めて寝ようとした  戸を押開け含んだ  戸をまたそっと開けて  戸に鍵をかけ  戸がしめこみ  戸が閉った  戸に手をかけたなり怒った  戸の外の気配をきき  戸からのぞいた  戸へ近づいた  戸が開いている  戸がある  戸を明け  戸の鍵をしめた  戸が開いていた  戸をばたんと閉めて  戸のあいている  戸を叩かなくてはならない  戸を堅く閉めてしまいました  戸を閉めて寝てしまいました  戸をたたく  戸を細めにあけて  戸を閉じて  戸をとざし  戸があいた  戸を開けたら  戸もしめずにのぞきこんだ  戸をあけろあけろと怒鳴るが  戸がなるほど  戸を入って行って  戸も彼女を拒まなかつた  戸も這入つて行く  戸も閉められない眠り  戸を払つて簾をおろした  戸を鎖ざし  戸を荒々しく開けて  戸がたがた言わしたはりましたな  戸ががらりとあいた  戸を締めて  戸の外に人の声あり  戸はひらけ  戸を締めたり  戸明け放しありて  戸を敲く  戸を明けしに  戸のうちを窺い  戸を抜け  戸を閉ざして休んでいる  戸を開けて出る  戸のこっち側に立った  戸のむこうの  戸を貫いて  戸の表側を見上げている  戸を締め切りながら  戸が開け放しになっていて  戸を背に刀を避けた  戸の硝子は赤い木綿糸でロシア式刺繍をした  戸が少し開かれました  戸の前にとまりました  戸の敷居のところにかがんで  戸から中へはいりました  戸を揺って笑うと  戸を力一ぱい叩き出しました  戸は直ぐに開きました  戸を無理無体に明けようとしました  戸は容易に破れません  戸へぶつかりました  戸はとうとう破れました  戸をすつかり閉ざした  戸をしめているよ  戸をあけろ  戸を叩きこわして  戸をにらんだ  戸はめりめりと鳴った  戸にぶっつかる  戸をおしたおしてしまったからである  戸のようなまるい形の扉をあけて  戸じまりをしている  戸を開いてくれた  戸をあけて還る  戸をばたつかせた  戸から外へ首を突きだし  戸があいていて  戸がばたっと倒れ  戸を寄せると  戸をしめてしまって  戸をしめてしまう  戸の中へはいったと思うと  戸じまりをあけている  戸を立て並べるが如き  戸が激しく叩かれ  戸を開いてみた  戸を開けてやる  戸を静かに開けた  戸を開け  戸じまりする  戸をおろしている  戸という戸を勢よくあけ  戸をあけ  戸を卸した  戸をたたいて  戸を卸し  戸をしずかに開けた  戸は鎖されたが  戸をひらいて  戸の小窓をあけて  戸が開いたので  戸にはさまれて  戸に躍りかかって  戸をしめてしまった  戸を叩いていた  戸に手を当てて  戸が閉っている  戸のあわせ  戸があった  戸が開く  戸につきあたり  戸は明けて  戸を敲いている  戸を閉じた  戸が静かにあいた  戸を睨んで  戸を打ち破って踏み込むだけの  戸の隙間の白む  戸をたてる  戸を繰ると  戸も見えぬ  戸の中から寝ぼけ声が聞える  戸は厳重に釘づけにされ  戸を厳重に密閉して  戸を入りました  戸を閉じる  戸も締められて  戸を開けてくれた  戸の外に待っている  戸がまだ締っていた  戸を敲いたが  戸と柱の間へ挟んだ  戸を閉めてし  戸を打ち破りました  戸や障子の隙間には雪の粉がしらじらと板の間や畳の上に吹き込んでいますが  戸のすき間から身をひこうとしました  戸を開けて這入ると  戸に手を掛けて  戸が開いて居たから  戸はがら開きになっていたので  戸がいきなり開いて  戸か何んかある  戸もよく締つてゐるから  戸を締めたでせう  戸を締める  戸の隙間から出たとか  戸は確かに閉つてゐた  戸を開けようとしても  戸を鑿でコジ開けた  戸の外へ消えてなくなる  戸を開けたり  戸をひとわたり  戸を厳しく開けて  戸のすきまからはいって来た  戸を開けねえ  戸が横へ引かれる  戸を叩いたりして  戸はもう鎖されていた  戸の梁に手をかけると  戸があいたので  戸の産室に籠って  戸をガタガタ音をさして  戸を半分あけた  戸をあたってみたら  戸があって  戸があけ放してある  戸の前まで来て  戸をあけてはいってきて  戸を半分ほどあけた  戸の影から半分部屋の中に差し出した  戸のうしろへ回って  戸を一枚あけると  戸があいている  戸を閉ざしている  戸を開けましたかい  戸へあたる  戸が内から開き  戸を厳重にとざし  戸は厳重に下ろされ  戸を立てる  戸が開いてる  戸を開けてくれて  戸をノックしても  戸を立てた  戸をコツコツと叩いた  戸に掛金をかけて入っている  戸にくっついて立ち  戸の下に切ってある  戸は木の縦棧が徳川時代の牢のようにはまっているだけで  戸の方を先にあけた  戸についている  戸にぶつかり  戸の工合をなおし  戸をひらき  戸を破り  戸を破れ  戸へ躍りかかった  戸は容易に開かなかった  戸を破りだした  戸を破って  戸を破る  戸をこわしている  戸をぶちこわして  戸がし  戸をあけて見たら  戸を開けんか  戸を一枚一枚戸袋に繰り入れている  戸は開け放して  戸を締め切っている  戸を出るや  戸をすこしあげさせますと  戸をあけてやりました  戸をガタガタやって  戸の節穴からそっと覗くと  戸を締めても  戸を締め切つて  戸や障子を締めて下さい  戸と障子をしめてから  戸にうち当てて  戸の外に棄てると  戸を開けて見ると  戸が叩かれた  戸を巧みにあけたてして  戸にぶつ  戸に参りて  戸に出られ  戸にお出になる  戸は閉っておらず  戸も開けず  戸をがらりと開けた  戸をしめてしまいました  戸があいたと思うと  戸をしめてしまひました  戸があいたと思ふと  戸が半開になっていたので  戸を一枚上へ押し上げて  戸も立ててあるし  戸がすっかり閉め切ってあった  戸の面には羽子突く  戸の枠からゴロロボフの声がした  戸がこん度は広く開け放してある  戸も広く開いてゐる  戸は立てられてあった  戸が強く開く  戸に反響して  戸の音ひびき  戸は鍵がかかっていた  戸の開いてる  戸の掛金を卸してしまいました  戸に編せられ  戸に編せられて  戸を剥ね開けて  戸の鏡板でマッチを擦り  戸を開けてくれ  戸を開けただけで  戸には錠が下りていた  戸を震い動かすだけであった  戸をあけて入って行った  戸のところに誰か立ち番していて  戸に鍵をかけて寝てるだらう  戸をしっかりと閉め切って  戸のみならず  戸や窓があけ放されるので  戸はあけた  戸はごくソーッとあけなければいけない  戸は開かない  戸を内側からおさえて  戸の節穴から写る  戸のお札をさえ見掛けての  戸を開けてはひると  戸を開け放して  戸を閉めるまで  戸を明けに出た  戸を佐代子にあけてもらって  戸をまともに受けて  戸の方にノラを押しやり  戸を明けて  戸の前に半ば體を沈める  戸をすっかり開け放ちます  戸を締め切って  戸に手をかけようとすると  戸をがらりとあけて飛び込んだ  戸をひどく締めても  戸が半分開きかかっている  戸の象形であらう  戸を持ち  戸がどれも開いてゐる  戸を立ち  戸を開いてみると  戸をあけて見なさい  戸も開けずに  戸を開けて見ましたが  戸には錠を下ろしてしまった  戸はもうすっかり閉め切ってあった  戸の隙間から洩れてる  戸が開いたかと思うと  戸は夜中でも錠の必要がないほどやかましくがたつくので  戸とともにその倍以上も鳴り響くので  戸を開けながら言った  戸を明けますと  戸を明けて来た  戸を立掛けて置きやんす  戸を締めてしまいます  戸を明けると這入って来た  戸を明けない  戸には錠が下ろしてなく  戸じまりなど充分気をつけるが  戸をしつかり締めて  戸じまりをよくして  戸の引手についてる  戸が内側から細目に引開けられ  戸は私の方を向いていて  戸は開いた  戸をするほど  戸を閉めてる  戸を閉めに出る  戸を閉ぢ窓を閉ぢることを忘れない  戸を閉めると  戸には炎の影が暮れせまる  戸を明けた  戸を引いたが  戸に手をかけ  戸を音訪れられた  戸を閉めるから  戸といふものを持たなかつた  戸をあけてくれた  戸の輪金を誰かががちゃりと鳴らした  戸を荒あらしく開け  戸を開けて下さらない  戸を押し開いたが  戸を閉めにもはいられません  戸は開かれて  戸を開かせて  戸を閉めて行った  戸を敲くは  戸を開けて見ますと  戸じまりまでひとりで終った  戸もしめずに  戸が閉されて  戸に張るべき  戸の前に行って立った  戸を洩れる  戸を指さした  戸の撮みに手を掛けて  戸まで連れて行った  戸を開けて這入った  戸をバサバサ鳴らし  戸を締め忘れた  戸をかたこといわせたりする  戸を鎖して寝ているかと思う  戸の間から流れ込んだ  戸を閉めきっています  戸のすきまから中のようすをのぞいたりしました  戸が鳴る  戸のすきまからのぞいてみました  戸をうまく通りぬけて  戸は見る見る  戸の中へどかどかと入って行くと  戸が閉まってしまいました  戸はすう  戸が開きました  戸はやっぱり閉まって  戸のところまで引きずり出して来ました  戸は閉まった  戸は開きませんでした  戸は一寸も開きませんでした  戸をあけていました  戸に白い目じるしをつけました  戸に白い目じるしのついている  戸にも同じ目じるしがついているので  戸がすう  戸を爪で掻き破って  戸が閉まっていました  戸がそろそろと開きかかっている  戸のところまで行きました  戸をはげしくたたいて  戸からして  戸は五寸釘で打付け  戸の音にばかり聯想が偏倚した  戸におとづれて帰るもあり  戸を押ぶる  戸を開けて出して遣つた  戸が外から開けられた  戸の外へ出て  戸を締めてしまひました  戸をあけて見ると  戸を閉めてしまって  戸の環を嵌めておられます  戸を突き開けて入って  戸とともに転げ込みし  戸を鎖しとく  戸を飛越えて  戸はどうした  戸をやうやくに建て合はせ  戸がかたりとしまると  戸を開けて出たと思うと  戸を一枚そっと開けて  戸を締めたといふほど  戸の外に身体を隠した  戸を内から開いて  戸の中へ首を突っ込んで  戸をこつこつ叩く  戸をとんと叩いた  戸をとんとん叩いた  戸やらに蔦が一面に絡んでいる  戸を開けに掛ると  戸の隙から中を窺いてみた  戸となしたるが  戸を開けてくれましたが  戸を一つ開くだけだ  戸などを見て  戸は閉められる  戸のあいだに押し入れた  戸の出口にあらわれた  戸を叩いたり  戸をしめて寝る  戸を開けてはならぬ  戸の棧に飾り  戸に打ちつけ  戸には錠が下ろされてある  戸をかたく外から錠をかけられた  戸を卸す  戸を卸して  戸を明て出る  戸を引いた  戸をあけてくれ  戸を蹴破る  戸をくり開けて  戸に如何にお嘆き遊ばすも  戸の夕間ぐれあ  戸の雲にこぼるる  戸がゆすれる  戸は今にもたおれ  戸の鳴る  戸の所に突っ立って  戸の前に立ち止まって  戸の陰にたたずみながら  戸をノックすると  戸もたたかなかった  戸をさっとあけたらしく  戸をあけようとすると  戸のすきから縦に細長く葉子を襲った  戸も明けてくれずに  戸の前に来て  戸は音も立てずに  戸もあけてくれずに  戸に鍵をかけようとしている  戸から頭だけつき出して  戸をしめきると  戸の後ろから顔だけ出した  戸に鍵をおかけになって  戸をあけて出て行ってしまった  戸が乱暴に開かれる  戸にどたりと突きあたった  戸をたたいている  戸に仁王立ちによりかかって  戸をたたいたと思うと  戸をあけてはいって来た  戸の外まで来て  戸の閉め  戸にぶつかって  戸をぴったり閉ざしている  戸を推して這入る  戸を立て切つた  戸を閉しながら  戸を叩いてゆするなぞとは  戸をしめたので  戸をたたいてゆすっていた  戸を叩いての  戸がしまったから分りましたが  戸のしまる  戸のあく音はきかなかったと思うね  戸のあく音はきこえる  戸はたぶんお前さんが別館をでる  戸がしまれば立ち去る  戸があり  戸を降している  戸の芽刈り刈れば刈るほど  戸の芽刈り刈らにやのびない  戸のかけがねが  戸は本館の医務室へ通じる  戸を裏から閉めてしまった  戸がばたんといきなり開けられた  戸ががらりと開いて  戸を下さうとする  戸をしめさせたのに  戸を下そうとする  戸をさして  戸をたたいていた  戸を叩きましたが  戸が自然に開きました  戸が雑作なくあいた  戸を開きました  戸を明けようとしていた  戸が半分締めてある  戸を明けるので  戸には必ず節穴がある  戸と障子と硝子の打ち合う  戸を明けて見ると  戸を開けてやりつつ  戸を開け得ない  戸を揺った  戸にあたる  戸は引き剥がされ  戸は締りがしてなくて開きました  戸が半ば開くと  戸がズラリとならんで  戸のしめられる  戸を押して出て来た  戸が閉めて  戸の外に出た  戸に倚り君がうたふ  戸に倚りて菖蒲売る  戸に立つ  戸に倚る子やよわき梅暮れそめぬ  戸が閉まり  戸までも忍びよると申しまする  戸で哭き喚いて  戸を動した  戸をほと  戸が開けられる  戸をあけ放ち  戸のあけたてなどに  戸のある  戸のあけたて  戸か何かはずれた  戸という戸ががたぴしと鳴りはためいていた  戸を繰る  戸を締めきってから  戸に鍵もかけずに飛び出した  戸の中までは感じなかった  戸のあく音が聞こえた  戸がしめやかに開かれた  戸は寝入ったら引いておくれ  戸をたてにそーっとその部屋にはいった  戸のハンドルを回して  戸も閉っていた  戸を閉めて寝る  戸を埋めた  戸の外を通り過ぎる  戸の外もひっそりとして来た  戸を割れる  戸を細目に明けますと  戸の隙間から洩れてきこえて来た  戸が勢いよく開いて  戸を鎖してしまっている  戸の間から金盥を持って  戸を開きだしたら  戸はしばし開けて  戸も締めずに逃げ出して行く  戸だけを引寄せておいた  戸の外でお待ちしておりました  戸を閉めてしまいました  戸が静かに閉められて  戸のすきまからのぞいてみますと  戸が少し開いてゐたので  戸を排して  戸の隙間から入れて行く  戸を開けてある  戸が閉って貸家となった  戸を押し開いた  戸の閉めてない隣りの  戸は開けてあったと見えて  戸の方に飛んだ  戸がさっと開いて  戸は何でもなく開いた  戸が現われた  戸が二三寸閉め残してある  戸を引あけて  戸が閉ってる  戸の外に佇んだなり  戸をコトコトと叩く  戸を明けようともせずにじつとしてゐた  戸を明けてやればよ  戸もおそくあくるに苦しかりけり  戸に光殘さず洩れて  戸を壞してまで  戸して小林城三と名乗っていたから  戸してからも多くは淡島屋に起臥して  戸していた  戸を鎖さでありければ  戸はおのずから内に啓きて  戸を犇かして  戸をさっと排きて  戸は再び啓きて  戸を隔てて  戸が半分開いていて  戸をあけて見た  戸は難なく内側に開いた  戸が開かれた  戸に腰掛が一つ片寄せてあった  戸をしめてしまうので  戸はしまっていて  戸を出  戸じまり厳重な屋内へはいる  戸は始めから開かなかつた  戸に触れて  戸がしまつて  戸を圧迫した  戸に触  戸を内から検べて見た  戸は段々に冷え掛けて来た  戸の熱さが漸く手を着けられるほどに冷めて  戸が外側に折り重っている  戸が外側に折り重ったという  戸の隙間の白むを待つて繰りあけて見た  戸を開くに  戸を締めるから  戸がしまっていましたが  戸のガラスを差押えの品目に加え  戸のガラスまで外して持って行く  戸のガラスを外した  戸のガラスを外しはじめれば  戸を突き飛ばす  戸を開けようとする  戸に手をかけた  戸をあけて出た  戸の蝶番が一つなくなっていて  戸がきっちり閉っていません  戸の隙間から毎日入る  戸の間から出て  戸を立て切って  戸の鍵をおろし  戸を釘づけにし  戸の外までは転げ出さないで  戸をぐらぐらと揺すって  戸を閉めようとする  戸じまりしてもどる  戸をしめて寝ているが  戸を閉めるのに  戸の内ではくつろぐ  戸もたて切った  戸をお開けなす  戸の鉤を撥ね上げようとする  戸を少し開けると  戸で女の体を衝いた  戸の側の壁に釘が二三本打つ  戸の奥はひつそりしてゐる  戸に鑰が掛かつてゐる  戸の前のベンチに腰を掛けて待ち受けてゐた  戸の外へ出た  戸を叩いたら  戸を開けるなりしますよ  戸を開けてみると  戸がごとりごとり叩かれる  戸を左右にあけて  戸をぴったりしめこんで  戸の内側の鍵をたやすくあけて  戸閉されてあった  戸の内側で物音がした  戸をしめると  戸をこじあけて  戸をあけて入ってくる  戸の外には人の跫音らしい気配がした  戸の隙間からのぞき見して惑っている  戸の鳴った  戸の隙間から外をのぞいた  戸を蹴とばして  戸も閉まっているので  戸を開けてみた  戸へすがると  戸が仆れた  戸が少し開いている  戸をノックしてみた  戸が静かに開いた  戸が二枚ある  戸がばたんとあいて  戸を烈しく揺すぶった  戸を開けて拝んでは  戸を閉てた  戸を烈しく揺すぶつた  戸をほとほとたたいて  戸を閉めて置いて  戸の透間が明るく成った  戸の間隙からでも入って来て  戸が明いていた  戸の透間も明るく成った  戸を開けて入った  戸の内までも侵入して来た  戸に喜びみちぬ  戸に年玉を持ちはひり  戸の錠をあけたが  戸を閉めて置け  戸を開けようとしたが  戸をコツコツと軽く叩いて  戸をこじ開けると  戸が開かなくなった  戸の板越しに突き透してやろうと思った  戸を引きあけると  戸も第二の戸も仔細なしにするりと開いた  戸をたたき  戸も煽つ  戸が閉つてゐて  戸が二尺ぐらい開いている  戸はあったけれど  戸が下りる  戸の下りる  戸の端がゴトリと内側へ外れた  戸もない草原つづきである  戸の吹き  戸に光っていた  戸の下りていた  戸を下ろす  戸を開けて入って行った  戸をしめてしまふ  戸の外にもの云ふ  戸の側に身を寄せて  戸を閉めて入った  戸に倚凭っていた  戸も閉めて  戸を開けて入って来る  戸迷ったようなようすをし  戸おそぶる  戸を閉めかけている  戸に凭る頃を窺ひて  戸と噤みつれ  戸はガラガラとくり開かれ  戸にかけてありながら  戸が閉まるらしく  戸の下のところを嗅いでいる  戸に白い李の花の匂うも  戸も早く閉めました  戸の開捨てた  戸を復た開けて  戸を開けながら  戸の外に雀の寝  戸をきいきい言わせながらはいって来て  戸が開け放された  戸をおし開けて  戸を立てきった  戸の前のこしかけにこしをかけて  戸を開けている  戸を押えていた  戸をはたいて  戸の上から鍋だけさしだした  戸を閉めないで寝た  戸の前に万年草の植木鉢が出してある  戸を一枚ひくと  戸をはいってゆくと  戸や柱は黒光りの光沢があった  戸を閉めに上がったの  戸を突っ切って  戸も引き開けてみました  戸になっていたし  戸を一枚はずして  戸との馬鹿に大きな音を聞いた  戸に手をかけると  戸の鍵穴から出て行った  戸を調べてみたり  戸閉まりをしっかりしていた  戸の外で聞く  戸を閉め寄せて  戸に当つて気味の悪い音を立て  戸を空しく打つて  戸をくり掃除をし  戸をあけてくれました  戸をがらりとあく  戸が明かぬと聞き  戸が締まっている  戸閉めをして  戸を閉め出すやら  戸に咲ける  戸の隙間から吹き込む  戸の間から庭を覗いて  戸が開けられないので  戸が開けられない  戸を握りしめて  戸をしめるなどとは  戸をはねとばして  戸はかたくさしこめられ  戸があいていたので  戸のふし穴や障子の破れからそつと覗く  戸を破れる  戸をなぐりつける  戸を開けないで  戸に敷いた  戸に突き当った  戸を排き  戸をゆする  戸を開き  戸を叩けば  戸を遽だしく  戸を開けしに  戸を跳開きて  戸をあけてやると  戸を細目にあけながら  戸を閉めてしまったから  戸の桟を足場にして攀じ上る  戸を叩いてやって来ました  戸の鉄車を仕掛けて  戸を繰  戸をかたくとざして  戸を皆んな繰り出した  戸をくる  戸を閉ざす  戸の外で御前の俺を呼ぶ  戸を明ければ  戸を細めている  戸が開かれると  戸を締め切っておいて  戸はピタリと立て切って  戸ががらりとあいて  戸が締まっていました  戸から外の闇へ転げ出してしまいました  戸が締まって  戸を表から押破って乱入致し  戸をうちやぶり  戸などを海に投げこむと  戸を閉して眠っている  戸を打つ  戸をあけてはいる  戸の外に翼の音の聞える  戸を押してはいろうとした  戸の中へはいらずに引き返した  戸の前に佇み  戸をガタと開いて  戸をトントンと叩いて  戸を立て切り  戸を締めてしまいました  戸の外の闇へ飛び下ります  戸をあけてはひる  戸を押してはひらうとした  戸の中へはひらずに引き返した  戸をがたりとあけて  戸のあくともろともに器械のごとく刎ね上りて  戸を推ッつけてる  戸を開けられちゃあ  戸をガタッとあけて走って入って来ました  戸は残りなく鎖されている  戸にあけてある  戸を押してはいって行くと  戸を締め切ってしまいました  戸を立て切ってしまいました  戸を開けるや  戸の外では人の声が噪がしい  戸をガタガタと閉てはじめていた  戸がガラリとあいて  戸をバタリと締めてしまって  戸を細目にあけて待ち構えています  戸を細目にあけると  戸が閉っていました  戸をすっかり閉めちまうわよ  戸がギイとあいた  戸の外までやって来て  戸の方へ歩いていった  戸を後ろ手にしめながら  戸を押し破ろうとしている  戸が一度あいて  戸に取りついた  戸のなかでは疲れた  戸のそとへ掻き消えてしまった  戸をしめるのよ  戸をあけてから  戸から外に出た  戸を烈しくたたく  戸の隙間から信長の通過を待っていた  戸がすいているから  戸に内側のカケガネがかかっていたという  戸には内側からカギがかかっているし  戸を押し破ってはいってみると  戸が内側からカギがかかっていた  戸が開かなかった  戸のアチラ側ですから別にカケガネがかかっている  戸はカケガネをかけると開きません  戸があかなければ  戸をたたいたりして  戸の隙間から自由自在にかけも外しもできますよ  戸の前でののしり騒いでおります  戸にカケガネがおりているとみえて  戸の外においてありました  戸の節穴からそっと覗いていると  戸の節穴や壁の隙間を覘っていました  戸でもあいていたなら  戸はよく締めてあり  戸を押し開きました  戸を締めておかなかった  戸をガラリと開いて  戸は鍵をかける  戸の鍵をしめるだけで  戸をしめてい  戸を蹴る  戸の前に彼は高倉祐吉の白い顔を見た  戸を順々にたたいた  戸が閉め切つ  戸を閉めきった  戸がひらいて  戸の裏には鍵をしてありません  戸を開きますと  戸を締めきらない  戸をあけて戻った  戸がガタガタと音をして開きました  戸を締めようとしました  戸を締めました  戸が開かれ  戸から人の半身が見えました  戸を叩きましたけれど起きませんでした  戸をドンドンと叩いて  戸を急がしく打ちたたく  戸を明けずにいる  戸や窓があいて  戸を閉てない  戸を引き開けた  戸が軋って  戸は父の側からは錠をかける  戸でしきられ  戸は由利子が寝る  戸の錠をはずした  戸にさえぎられて  戸が半開きになっていたという  戸も窓の戸もない土間に置かれた  戸をあけてみた  戸を閉じてから  戸の一点をさした  戸に突き刺して戻ってきた  戸をあけるを待ち兼ねて  戸の外を叩く  戸をあけにかかりました  戸が一枚あけてあった  戸のあいた  戸の蔭に隠れる  戸がゆつくりと  戸をがたつかせ  戸を開け放つ  戸にカンヌキをかけて  戸が倒れ  戸が吹き倒れ  戸を倒し  戸を倒して  戸を蹴倒して這入つてきて  戸を蹴倒して  戸が立ててあり  戸の閂をはずす  戸の方へ行く  戸を外から叩きにかかる  戸を押えた  戸をドンドン叩きはじめる  戸を無理に押開け  戸の方へ出て行きかける  戸を見詰めて立つ  戸のところへ行き  戸を開けて飛出して行こうと構えるが  戸を内から引開けて  戸の方へ行き消える  戸を開けて出たと思われる  戸に外からドシンと物が当って  戸から誰か躍り出して来るかと  戸の方へ行き  戸を外へ出て行く  戸から外へ走り出て行く  戸から走り戻って来る  戸から兵藤が戻って来る  戸の方を睨んでいたが  戸をパッと開ける  戸に寄りかかってでもいた  戸から真一文字に飛込んでくる  戸の方へ逃げ走る  戸の外へ消える  戸の外にとまり  戸の隙間から入って来て  戸を開くと  戸を難なくあけて見ると  戸がガラリと開いた  戸がガラリと開いたので  戸を叩き出した  戸を閉めておりました  戸を開けさせてみると  戸を開けに立つた  戸の外で立聞をしてゐる  戸を開けて這入つた  戸を繰りをれば  戸を閉めていた  戸の桟へ手をかけながらも  戸に突き当る  戸を二つ三つ叩いた  戸を閉じて引込むかと思うと  戸の間から面だけを出した  戸がガタピシとあいて  戸の前に置き据えられた  戸をあけて微笑んでいる  戸はすっかり締めきってあるのに  戸をハタハタと叩きました  戸がガラリとあくと  戸だけは締めておきましたが  戸は開け放されて  戸の隙をコジにかかります  戸を押開いて  戸を締めきってしまいました  戸も叩けず  戸を立てきって  戸のあく音がします  戸をあけて迎える  戸の桟へ手をかけて  戸をたたくというが  戸をたたくは  戸のすきより台所の方へ投げだす  戸を開け放ち  戸をドンドン叩くと  戸の開け  戸のあく音がして  戸を開けようとしても開かぬ  戸を開けかねて困つてゐる  戸を締め切ってもらおうと思いましたが  戸を締めきり  戸を割れるばかりにたたく  戸を押し破ったなら  戸を守っている  戸をおどろかす  戸をホトホトと叩きました  戸を叩き  戸の傍へ立って  戸をあけようとするから  戸をガラリとあけましたが  戸を押し開いて  戸がしまりました  戸をあけはじめ  戸を隙見してみると  戸をこじ開けて  戸に手をかけている  戸を隔てた  戸がポンと閉じ  戸が向こうへ開いた  戸がまたも内側へ開き  戸を締めな  戸を閉じようともしない  戸にさわると  戸をこつ  戸の奥に隠れた  戸を開けて這入って来た  戸を開けに出て行きました  戸を揺り  戸の腰に雑巾をかけていた  戸はノックされた  戸と覚しき  戸を押したが  戸を押しても  戸がふいに  戸を静に静に開けたが  戸の周章した  戸をガタピシとあけて  戸を大切そうに開いた  戸の内で囁く  戸の傍へ歩み寄った  戸をしずかに開けて  戸の際に立っている  戸の傍に歩み寄って  戸を開けずに  戸の傍までおいでなさいました  戸に見えで沼にて蓮の浮葉かきわけて棹さしめぐる  戸に櫻ゑがいて山翠は籠にかふべく  戸の跡無き浪も追はなくに洲本松原中絶えて  戸に背向に臥して  戸に尾呂の鏡を手にすれば  戸を開け放すと  戸がいつも半開きのままに打ち捨てられてあった  戸のすき間から覗かれた  戸をとざしてある  戸を開けに行った  戸や柱にはってあるくだけで  戸は無造作にあいたが  戸も明けずに置く  戸を締めると出るからな  戸を叩いたので  戸が細目にあいて  戸をとざすの  戸を細目にあけたり  戸を締めてしまいますよ  戸をお締めになれば  戸を閉めてしまおうかと思いました  戸の外へ出る  戸をあけている  戸を押しあけて  戸を閉じてしまった  戸を開けたり締めたりする  戸を荒々しく締めて出て  戸の外に西風寒く吹く  戸じまりに廻る  戸も結び  戸をノックする  戸をピッタリと閉め切って  戸が外から長い鍵で開けられた  戸を開けられて  戸は閉められて  戸にも廊下の端の戸にも氣を配つて居た  戸を下ろし  戸を開けたので  戸叩く秋の暮七夕を寝てしまひけり  戸が閉っていて  戸を一枚ガラリとあけると  戸をかりかりと掻いた  戸や障子の仆れる  戸を開けるが  戸が開けていた  戸を動かせている  戸を開けるなり  戸を閉め切って  戸を閉めてしまへ  戸のあけ  戸をあけ払って  戸もたたいてみたし  戸を押してみたが  戸を押開き  戸が締切られてあった  戸じまりの前に立って  戸のすきまから風のひ  戸をガラガラと乱暴にあけて  戸をトントンとたたいて  戸を引きあけて  戸を閉してしまった  戸があいたには  戸を押開けて  戸の外まで聞える  戸の外に不思議な物を見る  戸を壓して  戸開けてはひると  戸の前にたてかけておきますと  戸は押せば開くから  戸をあけにかかった  戸を釘づけにして  戸の外を見なかった  戸の隙間からそうっと忍び込んで来たわいな  戸を押しひらき  戸まどひをしてゐる  戸があるが  戸を叩いてみたけれど  戸を開いて見たが  戸には三越の文具部にある  戸のハンドルをそーっとあけた  戸をあけたら  戸が廊下に向って並んでいる  戸は内部に入れこになっている  戸が少しあいて  戸を放して  戸がまたとんとん鳴った  戸の音はまた聞えて来た  戸を叩きます  戸の外でいいました  戸のそばにいきました  戸を細めに開きますと  戸だなの中にしまって  戸だなを開けて  戸を締めて寝ていると  戸を打ち破る  戸の前に止まった  戸の内に案内した  戸をコジあける  戸は閉め  戸をしっかりしめて  戸をあけてはいけません  戸をとんとんとたたいて  戸のすきまから手を出しましたから  戸のすきまから手を出しました  戸があきません  戸をギーと開けた  戸の隙間から見えぬ  戸を一杯開け放った  戸を開け放った  戸の外に出て来た  戸が立ててあった  戸には錠が卸してなかったので  戸には錠をおろして行ったので  戸から外へ出て来た  戸は開けてあった  戸をそっと閉めて  戸をひらくと  戸をさらりとあけて  戸を押し倒す  戸をそっとたたいて  戸にしっかりと錠をおろしてゆくので  戸をあけ放した  戸は相変らず  戸をひそと閉じて  戸を軽くたたく  戸を一枚あけて置いたので  戸を一枚閉めながら云った  戸を閉めにゆく  戸には錠がおろしてないとみえて  戸は半分おろしてあった  戸をひき立てて  戸は明かなかった  戸は閉め切ってあって  戸は閉てられねえ  戸を閉めてしまうので  戸も明けてあり  戸を堅く締め切って  戸をあけなかった  戸をたてておく  戸をおろしてある  戸をしめて出たので  戸をそっと叩く  戸を閉め切ってはいった  戸に栓をおろした  戸をおろして  戸の隙間から覗いていた  戸をたたいて行った  戸は締まっていたな  戸は立てられぬの  戸を押すと  戸から腕だけ差出す  戸は立てられぬという  戸を繰り忘れた  戸をすこし明けてうかがうと  戸を叩いて転げ込んで  戸に彳み  戸は月見る  戸のしまっている  戸の前へ行ったが  戸のまえへ進んで  戸はもとのようにしまった  戸をにらみつけた  戸をあけても  戸のところへ行って  戸のすき間から廊下へ抜け出した  戸じまりはしねえで置いてくれ  戸を閉ぢて睡て  戸を明けないので  戸を閉めましたが  戸がついていて  戸は立てられません  戸を煽り  戸のやうにした  戸もしめられてしまうと  戸を明けかかった  戸の隙間から覗くと  戸をどんどんたたく  戸をたたいていきます  戸を気兼さうにあけた  戸を一つ一つ叩いてまわりましたが  戸を叩いてまわりました  戸を叩け  戸を叩いては  戸を外から開ける  戸を鎖したが  戸を閉めているので  戸はもう卸してあったが  戸をハタハタと叩く  戸をあけてくれよとの  戸をあけてやる  戸をあけはなした  戸が閉ててある  戸を締めに立った  戸を閉てるとかして  戸を閉てる  戸を開けてはいつた  戸あけて入りしは  戸を開け放ちたる  戸を激しく打ち叩く  戸をしめずにはおられますまい  戸を鎖さない  戸の工合が気に入りました  戸になる  戸をあけようとした  戸に手を掛ける  戸を動かした  戸を外から押開いて見ると  戸をドンドンと叩く  戸をあけてやるよりは  戸をあけてあげてくださいませ  戸をガラリとあけると  戸もしめてあるよ  戸を開いて見たら  戸を軽く叩くと  戸の隙間を赤くしていた  戸に照りかへす  戸を押せど  戸を瞰下して  戸少し明りて火は路へひとすぢ射しぬ  戸にのこる  戸をしめてねていました  戸が死にかけた  戸を閉じて眠った  戸を鎖していたが  戸がガタリとあいて  戸をとざす  戸をめざして  戸を押してみると  戸があかない  戸の一枚だけがあけられて  戸もあけていないという  戸がポカンと口をあいている  戸も表の方だけは一帯にあけ放してあるし  戸に凄いものが漂うとすれば  戸をしきりにガタつかせていた  戸の外に立って  戸の外を立去ってしまいました  戸の隙間からのぞき込もうとした  戸をトントン叩いた  戸を締めようとする  戸がたっている  戸へ足をかけて  戸が内からあいて  戸のあく音が聞えて  戸が内からひらかれた  戸を半分開放しにしておいた  戸の下に鍵をおき  戸にさわる  戸を打ったが  戸をお開けなすって  戸を引き引き  戸を叩こうとすると  戸じまりを厳重にした  戸を開けさせたが  戸がほとほと鳴って  戸を開けろと云った  戸を開けるぜ  戸の軋る  戸が閉ざされたからで  戸の隙間から吹き込むと見えて  戸を開けて飛び出した  戸の外から嘆願する  戸をしっかりと閉じ  戸をムズと両手でひっ掴んだ  戸はとざされていた  戸に触れてみた  戸は閉ざされていた  戸をグイと引っ張って見た  戸を抑えた  戸は鎖ざされていたが  戸を偸むようにほとほとと叩く  戸をがたぴし開ける  戸のなかへはいり込んだ  戸のどっちかを通らなければならない  戸からはいって来る  戸の隙間から高座を覗くと  戸のほうを向いて  戸にかかって  戸を叩いている  戸にしがみついて  戸が開くまでに  戸へ走って覗いたが  戸を洩る  戸の隙間に仄白い薄明りさえ感じられた  戸に錠前をおろし  戸のすきから漏れる  戸の桟との間に立てかけ  戸が細目に開いて  戸を細目に開いた  戸をあけての  戸は開けなかった  戸がひとりでにすうっとあいて  戸をあけてはならないよ  戸をけ破ってやる  戸に手をかけて  戸はよく閉まっていなかった  戸の下に鍵を置き  戸を締めるやいなや  戸をあけてくれと言う  戸の外で胸をドキドキさせながら聞いた  戸が開かれるが  戸を内から開けると  戸がさらりと開いた  戸がいくつもあく  戸と窓があいているだけで  戸もぴしゃりとしまった  戸を閉ざしていた  戸の隙間なんぞを見つけては  戸を叩いたと思う  戸を開けろ  戸がピシャリとしまって  戸をしめランプを点ける  戸からかけて  戸を開けておいてから  戸から出て来た  戸や壁に倚りかかって  戸を閉めると挑みかかる  戸を開けては  戸がそっと開いて  戸の閉る音が聞えた  戸を少し開いて  戸の前にすわっていたが  戸を閉ざした  戸をがっかりしながらながめていた  戸をきしらしていた  戸がまた開かれた  戸のそばを通りかかると  戸をあけて入ると  戸の外へかけ出して  戸のすきまから燈火がさしていました  戸の隙に朝日きらめきて  戸がしまった  戸へ附着いたが  戸をあけて覗いたが  戸はしまっているではないか  戸をあけようとあせった  戸は動こうともしない  戸の上部のガラスまどをやぶろうと考えた  戸じまりをした  戸の脇に私をおろして  戸を開いて見るに  戸の隙間から洩れる  戸がしまると  戸をとじて  戸をあけてみると  戸をなんとかすれば  戸を閉めたり  戸を開けるって  戸へ耳をつける  戸の内へ飛びこんで  戸などをも自ら繰り  戸をはたとしめた  戸を明け放つた  戸をしめに来た  戸を繰りあけて  戸が閉つて居ました  戸を閉めて置かないと  戸に手をかけようとした  戸の外に溢れ出るかと思うほど  戸と云ふ  戸を破れるほどにたたきながら  戸をたたきながら呼びたてました  戸の錠がおりていたといったな  戸を疑わしげにひっぱったとみえましたが  戸はいつもあいている  戸はあいておりましょうと  戸がおろされていた  戸を並べて出ていった  戸の鋲のように死に果てていた  戸の鋲に関して特に死に果てた  戸の鋲の様に死に果てていたと繰り返す  戸の上にそのままになっていた  戸の錠前に鍵を押し込んでから  戸の背後を用心深く見廻わした  戸をぴっしゃり閉めてしまった  戸はぶんと唸りを立てて開いた  戸を通り抜けて  戸を検めた  戸の蔭から出て来た  戸を閉めるまでよ  戸を引掻いていた  戸を敲くだけの  戸を周って顔だけ斜にして入れた  戸を開け放した  戸を押開いた  戸を表の方に押向けると  戸を引き上げにかかった  戸を充分にあけ払ってやると  戸をがらりとあけて見ました  戸が見えました  戸をあけて出ていった  戸を閉めてから  戸を開けてのぞきながら  戸をひらくべし  戸が締って火光も洩れていない  戸をあけかけている  戸を激しくたたいて  戸の前の腰掛にすわった  戸も締まった  戸でもあけろい  戸で仕切って  戸を締めきりました  戸だなの戸の合わせ  戸だなの戸にかかりました  戸だないっぱいに押し込めてあった  戸をおあけになりました  戸をあけてはいけないよ  戸をしめて出て行きました  戸をあけておくれな  戸があきました  戸を細目にあけて見ました  戸を捲くかを知らぬ  戸も数年前に外した  戸を推したが  戸は下の屋根へ落ち  戸が脱れましたよ  戸の外で考える  戸を開けて置いたので有ろう  戸へ錠を卸した  戸を推して見ると  戸を推排こうとして  戸へ外から錠を卸し  戸の引き手を廻さずに  戸をしめたに  戸を締めて了った  戸を占めた  戸の錠を卸して去る  戸の閉めてある  戸を悉く閉め切って  戸に或いは錠を卸し  戸を開けて下さい  戸を開けて出て行った  戸を推し開いて  戸が締って居る  戸には錠までも卸してある  戸が閉って居るが  戸を叩き破る  戸を持ち上げて  戸を持ち上げた  戸を閉め切り  戸の錠前の穴へ差し込んだ  戸の色と壁の色と一様に燻って閉じてあれば  戸だか一寸と見分け  戸が猶だ開いた  戸の鍵穴からは燈光も射して居る  戸を開けて窺いて見たい  戸まで甚蔵が例の通り閉めて行ったから  戸の外で誰も聞いて居る  戸を捻じ開けて見ようと云う  戸がなくては成らぬ  戸の引き手を旋して見ると  戸が閉って幸に鍵穴に鍵が填って居る  戸が新しく目立って居る  戸に耳を当てて居たが  戸の鍵穴に鍵が填った  戸に閂木を差し  戸の外には未だ医学士と婆とが居るらしいから  戸をお締めなさる  戸を開けますか開けませんか  戸に突き当ったが  戸が破れますから精出して  戸の締った  戸の透から朗かな旭日の影が射して居る  戸などを外して来て  戸の隙から洩れて来る  戸の隙の最も大きい所から窺いて見ると  戸の所へ行き立って居ると  戸が有って  戸の前へは横手からも廊下が来て居て  戸が有るのに  戸から試そうと  戸の先に人の声がする  戸は先ほど婆さんが瞰きに行った  戸がなくなったので  戸の開いて居る  戸を閉じなさい  戸に附いた  戸は何うして錠を卸した  戸の引き手を廻して居る  戸も開け放して有る  戸も殆ど人の出入りする  戸に不似合なほど小さい鍵を取り出して  戸を閉じ  戸に一々貼紙をして  戸を見い出した  戸をお開き成さい  戸の中に何が入って居る  戸を開き掛けた  戸の音に連れ  戸の間から差す  戸に手を掛け引き開けて  戸の外で立ち聴きして  戸に堅く錠を卸し  戸を守って居る  戸を守る  戸が明け放されて居る  戸を開いたが  戸の外まで転がって来て居る  戸を推し  戸に錠が卸りて居る  戸を叩き破っても  戸の中が確かに彼の顔の隠れた  戸の中へ入ると  戸の所から這入って来ました  戸や秘密の道などが有る  戸を押し  戸をあけてはいって来る  戸があき  戸を内から開けてくれた  戸の音と足音と一致していない  戸が開けられた  戸のすきから女の手が出る  戸をぴしゃりと閉めて  戸にあたる雪のたえない  戸は無理押しに開かれていた  戸を吹きとばした  戸を引きあけて見ますと  戸を閉めたが  戸をあけて出て  戸が閉めてあっても  戸がこわれます  戸がこわれるという  戸を強くゆする  戸の揺れた  戸を吹き破られるかと思う  戸にさらさらと物の触れる  戸の外へ忍んで来て  戸のそばへ忍んで行った  戸の外に何かいるらしい  戸をあけてみろ  戸は左右へ開く  戸は開いているが  戸の外に消えてゆく  戸の向側に足音がしないから  戸が自然と開いた  戸に真鍮の敲子がぶら下がっているだけである  戸をとんとんたたきました  戸の外はひっそりとして  戸へもののぶつかった  戸にかぎをかけました  戸はしまっていましたが  戸を開けて見ると驚いた  戸をわれる  戸を開くをみるに  戸をがたりと開けて  戸を閉め得ず  戸をジムがノックしました  戸を開けて下さいました  戸を開けながら呼んで見たが  戸の鍵をはずそうとしている  戸をグッと開けてやる  戸の鍵をかった  戸は固く鎖されて  戸を力まかせに閉めて  戸から先刻プラットホームで見受けた  戸の隙間から暁のひかりが薄白く洩れていた  戸の間から汽罐室の中を見た  戸を締めていた  戸を開けて出た  戸を出る  戸を膝行って出た  戸の前にすわっている  戸が開かれる  戸を開けて見たが  戸をがたがた揺すぶっていたが  戸を揺すぶる  戸を欲しがったという  戸を欲しがるとは  戸を見る  戸をあけてはいって行く  戸の隙きまからうかがうと  戸を少し明け  戸をがらりと明けてはいると  戸を内から明けようとすると  戸が閉じてあって出られずに  戸を閉じている  戸は閉ざされた  戸が閉ざされた  戸の前でお生まれになったというので  戸に附いている錆付いた  戸が切ってあって  戸を閉め切っている  戸をしめて去った  戸のことをドアーと発音した  戸をこつこつと叩く  戸を開け放しておく  戸じまり一重次になった  戸を押破って猛然と飛び込んで来た  戸がそっと細目にあけられたので  戸にハサまれて  戸の外からしきりに声をかける  戸を押して入ってくれ給え  戸の外から聞えて来ました  戸の外でどっと笑いました  戸の外へ走り出しました  戸を押したか開いたか  戸の外へ一寸だって出られやしません  戸を叩いてみると  戸を内からあけにかかりながら言う  戸へすがりついた  戸へ近く来て  戸の透間から幻となって  戸を深く鎖し  戸を閉めよう  戸と閂を有してゐる  戸に安全に閉ぢ込める  戸や障子を突き破るとかで  戸を閉ざして  戸を閉ざしてる  戸が閉まっており  戸は半ば開いていた  戸はしまつてゐて  戸のなかに一心に聴き  戸を閉して隠れてしまう  戸を叩けり  戸を開きぬ  戸の外に筆記して居る  戸も閉込んで居たから  戸たたく者あり  戸にはうちの見える  戸をこじっている  戸を両手や体でガタガタと揺ったり  戸や窓を見まわした  戸を開いてくれずに  戸をたたいたら  戸を開いてくれ  戸を閉ざしてしまいます  戸のすき間から洩れていた  戸を閉しきって  戸のわれ目に細長いうすよごれた  戸に麗々しく貼つてある  戸の錠を外し  戸の外を寒い風が吹いていました  戸の外に立っていた  戸を通って  戸の外に立たせながら  戸を閉して  戸の外でニャウと啼く  戸を細目に開き  戸を開けて見てやったが  戸の外まではたしかに忍んで来た  戸まで開けて  戸をどやしつけてみましょうか  戸をあけねえか  戸閉めをくれた  戸を蹴破り  戸を破りて  戸を鎖しあるを以て  戸を破壊したり  戸を開きし  戸は鎖しありたれども  戸は鎖して  戸は大きく開きありたり  戸をこじ開けし  戸を下から押し上げて開けようとした  戸も下から押し上げようとした  戸を押し上げる  戸を押し上げては見なかつた  戸を締めたとすると  戸は撥条が利いて  戸は半分開いてゐた  戸をぴつたり壁まで開くと  戸が締まる  戸の桟に掴かまつて  戸を背後へ撥ねたので  戸は又開いた  戸を撥ね返した  戸に錠がさされてあったり  戸も窓も閉め切ってある  戸を開いてくれなかった  戸を開けよ  戸じまりがされていますし  戸を上げさせて  戸を開けても逃げない  戸も蔀風になっていて上げられてある  戸がおろしてあった  戸からすいて見えた  戸ぼそを稀に開けて  戸ざしに障りしもせじ  戸もあいていて  戸の外には半蔵の好きな松の樹もあった  戸をあけて見せた  戸を明けて見た  戸の外へ来た  戸から外へ出ないまでも  戸の方へ立って行った  戸に見えた  戸の外にした  戸の外に正香を隠した  戸に近づく  戸を初めから細目にあけてあった  戸はまたあけられない  戸を押して  戸を引開け  戸に御簾が青やかに懸け渡され  戸があいていたでしょう  戸を一番先に開けて  戸を開いて迎えた  戸を通りまして  戸を幽に叩きて  戸にも大きな錠がはずしてある  戸をたたきに来た  戸を明け放てと  戸が閉まっていない  戸をもあけて見たが  戸をたたきましたよ  戸を閉したる  戸をガシャリと閉めてしまった  戸がまだ昨夜はいった  戸を皆しめてしまった  戸は皆おろされてあって  戸に錠をかけて  戸をおあけください  戸から大将を入れた  戸が漸くあいた  戸は左右に開かれぬ  戸のあけられるまでを待つ  戸は閉めてきたがの  戸を開けて乗るべし  戸の外までやって来る  戸を叩いて起した  戸を押す  戸を下ろしている  戸を薫があけてみると  戸を破りて入りきたり  戸を破りたるは  戸や窓を開けていると  戸をあけさせ  戸をしめきってこもっておられる  戸を皆おろさせる  戸が皆おろしてあって  戸から出這入りしていた  戸も上げた  戸が閉っていた  戸を蹴ると  戸をガタピシ開けて  戸をガタピシ開ける  戸開かせ  戸開かせと  戸開かせなんて  戸開かせだ  戸を開けて起きていた  戸は穴を開けて  戸が白い粉を噴きながら  戸が蹴りつけられて脱された  戸へあてた  戸がぱったりと落ちると  戸をくぐると  戸の隙間に並んでいた  戸の外にすわる  戸が左右から引かれて  戸は悉く明け放ってある  戸に穴の隙などもあった  戸に姿の隠れる  戸の明いて居る  戸は忽地外れて  戸がしまってでてこられなくなった  戸にかけ  戸の格子の目も疎に映って  戸は閉っている  戸にぬぎも揃わぬ  戸ぼそにぬぎもそろわぬ  戸は錠がおりていないから  戸をあけてはいろうとすると  戸が開かない  戸の内側でひどい物音がして  戸の格子とに妙な糸がくっついており  戸とを糸でむすびつけ  戸をあけられたので  戸がすらりと開きました  戸へ一つ一つ鍵をかけて廻りました  戸がみんなしまっていますから  戸をがらがらあけたら  戸から出た  戸を開けさせて見た  戸を開けてくれる  戸に肩をもたせ  戸の向うからお多賀さんの囁く  戸を軽く叩いた  戸の外に何か積ませていた  戸に立掛けてある  戸の外へしゃがみました  戸が堅く閉されて居た  戸の外へ呼び出した  戸を固く鎖した  戸をならし  戸を開けて周章てて  戸を阿  戸が突然細目に開いて  戸を開けて入って来た  戸を排してみると  戸の隙から洩るるを見て  戸は別に塞いでも  戸の中に戻った  戸を引き寄せただけで  戸がしめられていて  戸には早や灯がきらめいてくる  戸を蹴破  戸が音もなく締った  戸にかかり  戸を閉めつづけている  戸にあたらない  戸迷って了わざるを得まい  戸を立てるにも立てられぬ  戸の上端に攀じ登って始めて達し得  戸の返り  戸に懸け埋めて  戸を外したので  戸ぶくろから雨戸を繰り出し  戸を卸してしまった  戸を軽く叩いていた  戸を閉めていました  戸を開けて躍り込みますと  戸を破って入る  戸をたたいています  戸をひらく  戸などをしめはじめた  戸をぶっ壊せ  戸に閂をさしていやがった  戸を敲いてくれと言ったので  戸に手を懸けた  戸の隙間から覗いてみようとした  戸をあけたかと思ふと  戸の上また寝床の上に鶏足を置いて  戸の裏いっぱいに貼られ  戸を泣きながら  戸をたて  戸もみなひとりでに開いて  戸を蹴返して  戸のはずれている  戸は鎖ざされたから  戸に手を掛けて開けた  戸から手を放して  戸の隙から明かりのさしてゐる  戸を締めろと  戸の破れた  戸より引き出す  戸の御主人に成りて  戸の開閉に暗示せられて  戸をしめて嵐の中へ飛び出した  戸を押してみたら  戸を開けるから  戸の内側に舞ひ込んでゐた  戸を締めて戻つてきた  戸を開けて見せよ  戸が一枚開いておって  戸を開けようとした  戸は開きませぬ  戸だなを開けると  戸だなにかくれる  戸だなをかきまわし  戸だなをちょっとのぞいてみて  戸だなへはいってすすり泣き  戸にぶつかって倒れた  戸によりてうらみ泣く  戸にまちて  戸を叩いてゐる  戸の隙から月光が蒼く射した  戸に反響したが  戸を引き開けて  戸へ手を掛けた  戸がなかば開いていた  戸がにわかに閉じ  戸も外から閉ざされ  戸を破るより  戸がまだ閉まっている  戸をこじあけて忍び入ったらしく  戸をこじ開けて忍び入った  戸を出でて  戸をいでてよな  戸をしめて休みますが  戸は二寸ばかり細目に開けてある  戸を閉めたと思うと  戸をしめると見えて  戸をあけてはいりました  戸を一寸開いて  戸をお開けになりました  戸を明けて見たりした  戸をさしてしまった  戸を閉めてしまうなれ  戸を閉めきって  戸を締めないで置く  戸をしめきつた  戸の外にすさぶ  戸を開きあり  戸を開けさせ  戸をノックしたと思うと  戸を引き寄せて置きな  戸を啓けて逃げだした  戸をしめて電燈をつけて  戸は閉め切った  戸がしまって居りました  戸を閉てて古本を仕入れに出かける  戸をたてて出かけた  戸を一枚開けた  戸が締まつていた  戸をコジあけさせて  戸や障子のすき間から中の様子をのぞきましたが  戸の蔭に身を擦り寄せて立つてゐたが  戸を一分又た一分に開け  戸を叩きながら知らぬ  戸を開けひろげると  戸を蹴つたりして  戸のかげに立つて  戸の鍵穴からのぞいて見ますと  戸の方を見ました  戸が閉されてしまった  戸や木の葉の茂みにうち附けて  戸を開けにきた  戸の前にたちました  戸をガタンと開ける  戸を続け様に敲く  戸がからからと開いて  戸じまりも充分に出  戸をさし  戸を閉しかねつ  戸をあけてやるとだまって  戸をあけてゐるといふ  戸をしめてましたよ  戸を這入つて  戸の外へ押し出した  戸の外で言ひ  戸を締めてし  戸をあけい  戸を破れるばかりに  戸をたたいて嚇した  戸をあらく叩いた  戸を力まかせに続けて叩いた  戸をあけぬ  戸をあけようとしたが  戸を叩きながら  戸の用心棒をはずして  戸を叩いてすら  戸をあけようとして  戸を閉ぢ地下室の中に隠れて  戸をあけましても  戸のすきまから新聞を差入れる  戸を荒々しく開けひろげると  戸がひどい音をさせた  戸の方を見て  戸は返事をしない  戸の所へ歩いて  戸に夢たゆたげの  戸に倚ればかつ散る  戸から外へ出た  戸の錠口へ鍵を入れて  戸はやっと啓いた  戸を啓ける  戸を啓けにかかった  戸の外に出てから  戸をしめている  戸のとってを持って開けようとしても  戸へ鍵をかけた  戸を下ろしていれば  戸を押しあけると  戸ももう締め切ってあった  戸があけはなされていた  戸の裏についている  戸惑わされた  戸が内側へあいて  戸じまりをして去る  戸が開き  戸を叩いて呼びました  戸をことりことり叩く  戸を叩いています  戸を開いてみました  戸をことりことりと叩く  戸を開いてやりますと  戸じまりを見おわった  戸をこわしたぞ  戸が開いているから  戸じまりをしてしまったから  戸や障子は自分で開く  戸に鍵を下して出かけます  戸を閉したり  戸をあけるわ  戸のすぐ外にする  戸を閉めて去りました  戸を睨んでおりました  戸を開けて入って来ました  戸に寄りかかって  戸の間に泣き濡れた  戸の一つを開けると  戸を叩きますと  戸がしまって  戸の外に頭を出して  戸を押しあけました  戸を開けてみますと  戸をうごかす  戸を閉しゐたり  戸を排いて  戸を開けに来る  戸を閉じられてゐる  戸を開け放っている  戸もぴたりと閉った  戸を叩き押しあいへし合い  戸を開けておくれよ  戸を開けに  戸へ三人ながら身を寄せた  戸が内から音もなく開けられた  戸の隙間から射し込んで来て  戸まどひをしない  戸まどひしてゐる  戸の鍵を手渡しながら  戸をあけて入れてやったらしい  戸をあけてやっただけの  戸だなの隅から発見された  戸をがたがた云わせながら  戸をたたいていると  戸が明く  戸がかたりと開いた  戸に足をむけて  戸にくっついていて  戸はしめる  戸がぎいと鳴ると  戸をこつこつやる  戸はひもでくくりつけてありました  戸に寄せかけました  戸がしまっておりますが  戸じまりを置かないから  戸を細く開けました  戸をあけてのぞきました  戸をあけちやいけないと  戸につかまって  戸の外にものの気勢がしてきた  戸に近いたなと思った  戸の外のものの気勢は動揺を造るがごとく  戸もあけられず  戸が開いていたので  戸を内から開けて  戸の桟を登って行けた  戸が完全に出ていて  戸から入って来た  戸につかまつて  戸をどんどん叩き初める  戸を叩き初める  戸を叩いていく  戸をがらりと引開け  戸や裏口を開けはなち  戸は鎖してゐて  戸は鎖されてゐた  戸を閉めようとした  戸へ吹きつけてきた  戸を閉め切った  戸を開くより  戸の隙からでもまぎれ込んだ  戸を閉じて居た  戸をあけて見ましたら  戸を閉めてゐた  戸をしめて円陣を作つた  戸の隙間から悪魔風な法式でふいと  戸を踏み破  戸を立て  戸の外に渦まきぬ  戸の外にたゆたいしが  戸をばはたと閉したり  戸を明けますべ  戸はことごとくしめて  戸を開閉する  戸を全部閉ぢた様にした  戸の上の方についている  戸の内側を広く外側を細く削った  戸を爪で開けて見た  戸ならばゆすつてあげろ  戸は閉めきってあったが  戸若市松を巡査部長室に連れ込んで  戸若運転手は何故か返事を躊躇した  戸若運転手は眼をしばたたいた  戸若運転手は机の端にヒレ伏した  戸若運転手はチョッと魘えたらしい  戸若という若造を見付けたら  戸若運転手が告白を終って  戸をほとほとと軽く叩くと  戸はもとより閉ざしても  戸も鳴れば  戸のかわりに唐紙を押つけ  戸の閉らなくなった  戸を開けても  戸を開くまで  戸の下へ身体をもぐらせた  戸を静かに閉めた  戸をてぎてぎてぎてぎと打つ  戸に頭を打ちつけて  戸はあいたが  戸を閉めてしまいます  戸疾くさしてよ  戸をピシャリと閉めた  戸へ行つてそれを試みました  戸に閂をおろした  戸の幾つも並んでいる  戸がひらき  戸を締めない  戸を開けたが  戸の外で己は握手して  戸に切穴をつくった  戸が鎖されてある  戸の木肌はあらわに外面に向かって曝されていた  戸が開いたと思ふと  戸を時どきに揺する  戸には堅牢なかんぬきがはめられて  戸のわきには窓があけられ  戸がわをかためた  戸をなかば開かない  戸の外をにらみ  戸の外になにか異状がある  戸をひっかき  戸がガタガタと鳴った  戸をあけしめする  戸のほうを見た  戸をまもる  戸をひらいてくれた  戸を内からひらいて  戸をおしひらくやいなや  戸だなに入れた  戸だなのなかに禁錮された  戸は急に偵察隊が洞内にひきあげる  戸に手を掛けて見ると  戸をガンガンと叩きながら  戸が青いペンキで塗り代へられ  戸じまりがしてあった  戸はビツシリ締切つてある  戸が内からガラツと開けられる  戸がパタンといって  戸をあけて出て来た  戸のすき間から入れて行った  戸ありて寝間に通じ  戸を鎖さんとす  戸はまあ開けて置け  戸は疾くに閉めてある  戸の中にはいって  戸より出で去り  戸の内側に足を踏み入れるか入れない  戸を軽く打ち  戸を蹴破って飛び出した  戸が一つずつ開く  戸がしまる  戸は厳しく閉め切ってありまして  戸がすうっと独りでに開きました  戸をしめろ  戸がガラッと開く  戸の隙間から細いあかりがもれているだけでした  戸に立っていた  戸から戸へ伝へられると  戸からすぐ庭へ出ると  戸がしまつてゐて  戸の開いてゐる  戸を早く鎖し  戸は細目に開いた  戸を拭いていた  戸を拭いてゐた  戸によりかかって  戸を少し開きました  戸をぱっとあけ  戸を内へ閉めました  戸のかげにねました  戸をたてきる  戸の口に立し  戸に最も深く心を留めたり  戸を叩きしは  戸を開きて出迎える  戸を叩くに  戸をしめ切  戸の明いた  戸を開いたばかりでは  戸に小さな窓が開いておりまして  戸を閉し  戸は夜通し開いてる  戸の鍵が下つてゐた  戸をあけるや  戸を排すると  戸をひく  戸じまりして  戸へ面した  戸をあけるとしよう  戸を押して這入ってきた  戸を細目にひらいている  戸へ消える  戸を排した  戸のあく音を聞くと  戸を開けて引き出しにかかった  戸のところまで寄ってきたが  戸を明けてやった  戸を叩き合って迫った  戸をすこし開けた  戸になっていて  戸が開けっぱなしになって  戸は引いて  戸を打ち毀して踏み込むと  戸は夜じゅう鍵をかけずにおく  戸を明けようとすると  戸をこじ明けてはいってみると  戸をあけて窺うと  戸をコツコツ叩きながら  戸を外された  戸をあけて下さるな  戸をあけて見る  戸を壊してはいってみると  戸の外に貼って置くと  戸もあけないので  戸を推してはいって来た  戸は堅く閉じて  戸は閉されて  戸をあけてしまいました  戸をあけてはいけないと  戸をトントンとたたきますと  戸を蹴破って  戸を二重ながら手早くさした  戸をお叩き遊ばした  戸を叩いたけれど  戸がありました  戸の前には金ピカの香水の瓶が置いてありました  戸を押そうとしましたが  戸はもう一分も動きませんでした  戸はがたりとひらき  戸を押さうとしましたが  戸を覗け  戸いでてい  戸を出でぬ  戸はあかず  戸を覗く  戸を閉めておけ  戸に上って来ました  戸の外へきて  戸の外に走り出て  戸をおして  戸をおした  戸は苦もなく開いた  戸は開いているし  戸や抜け道があるかも知れないよ  戸をしめてください  戸のすき間からもれて来る  戸をいまいましそうに見ながら  戸を打つて  戸の傍に掛って居る  戸の外で椶櫚の葉がかさかさと鳴っている  戸が二枚づゝ嵌めてある  戸があふられて  戸を閉めに行く  戸がぎいと鳴ったので  戸を叩きに参る  戸の方へ行った  戸を閉めてしまう  戸を開けようとしていると  戸の懸  戸の破れ目から隻手を差しだした  戸の破れから手をだして見た  戸がまだ閉つてゐる  戸を開けてやると  戸の隙間も薄白くなった  戸じまりをするなどといふ  戸ざしす  戸ざし埋  戸のがたがたと開けられる  戸をあけて見ました  戸によりかかる  戸によせかけた  戸をがたぴしいわせたりして  戸の外へおいでになったかと思えば  戸を開けねばならないなんて  戸の端が少し開いていて  戸を開けようとしたが開かない  戸をこつこつと軽く叩いて  戸は閉まっている  戸に錠をかって  戸が激しく叩かれた  戸を叩きませんでしたか  戸をわざわざ開けさせ  戸の様なものをさげて来る  戸が音を立てて  戸はみるみる左の方へ往ってしまった  戸はまたたく間に右の方へ往ってしまった  戸が来た  戸の往ってしまった  戸の後から直ぐ走って  戸が締って来た  戸の内側の女を見る  戸をあけてんかいな  戸から都合よく階下の庭へころげ落ちた  戸をたたきますので  戸を乱打致してがなり立てたと  戸をおろしてしまった  戸はさらりとあいた  戸があいてますね  戸でもあける  戸をあけてのぞくと  戸へ心張りをくれると  戸を敲いた  戸もとじ  戸から四十九日前に出た  戸をしずかに叩く  戸のそばまで来たが  戸が敲けるほどの  戸も立てられる  戸ががらりとあくと  戸をあけて見せ  戸をびしゃりと閉めてしまった  戸がひらく  戸は容易にひらかなかった  戸に一枚の半紙が貼りつけてあって  戸は開けっ放しになっていたが  戸じまりを命じた  戸を笹尾が早う閉じたので  戸をしめずにいたが  戸を鎖している  戸からこっちへ入る  戸を入った  戸の外へとび出した  戸をトントンとたたく  戸ってボンヤリしている  戸の外へ追ひ出して  戸を叩いてゐるわ  戸をぴつたりと閉めき  戸をあけに駈けだした  戸をドンドン叩く  戸を叩いとる  戸の外へ逃げ出してし  戸が開いていなかった  戸は開けられても  戸がぴつたり閉されて  戸をどんどん叩いた  戸をあげて  戸が開け放たれた  戸の隙間に口をあてて  戸を開けてやらう  戸の外からどんどんたたく  戸をまえへ開いた  戸をノックして  戸には古板が打付けてあるばかりなので  戸へ頭がひょっくり擡ったりする  戸の羽目がくさって  戸の下のくさっている  戸をしめてゐる  戸の節穴からさして来る  戸が開いており  戸をノックした  戸がひらかれて  戸は開け放しになっていて  戸を開け放しにした  戸を外して  戸がしまつてしまひました  戸はしめきつ  戸のむかうは  戸がしめきつてあります  戸のしめきつてある  戸がおろされてゐます  戸の外に出して  戸が開いたと思うと  戸はあるが  戸を入ると  戸をあけるからね  戸が一寸ほどゴロリとあいて  戸を閉じなくとも  戸へ立つ  戸もまた二ツある  戸が一ツずつある  戸はその内側が鏡になっていて  戸を締切って  戸の外にばかり茂りたれば  戸に倚りて夕暮の空を見た  戸に向いて  戸の開いたるは  戸に立寄りぬ  戸に耳を附けて聞くに  戸颯と開きぬ  戸に出  戸とをこれにて兼ね  戸が半分しめられて  戸から出て行った  戸の隙間からでもはいり込んできて  戸に鍵をかけて出られない  戸が締ってひっそりとなっていた  戸の開いたらしい  戸へ錠を下ろした  戸も閉じていた  戸に無象の天を思ふ  戸に何とかなれの叫ぶ  戸のすき間から風が吹きこんで来て  戸の隙からさしこんで  戸をおろして居ります  戸は一文字に開いた  戸を閉め切つて  戸の中で拍手が三つ鳴つた  戸の隙間から若い女將の細い寢息が聞かれるかと思はれた  戸を敲こうとしたが  戸の音が妙に冴えている  戸を離れた  戸の閉っている  戸をドンドン叩いて  戸に佇める  戸に釘打つ  戸がぎいぎいと開く  戸じまりよく二階の寝る  戸に繍のある  戸をおろしてくださいよ  戸をあけながら  戸の合わせ  戸を引いてみた  戸という文字を暗示した  戸を閉ざし  戸の外からお千代の声がはっきりしてきた  戸じまりに粗漏な  戸じまりを見て廻った  戸開かれきといふ  戸を開け放しておきたがってるかの  戸はあけられ  戸じまりをしてまわった  戸もあいてた  戸がこわれるじゃないか  戸をあけねえでくだせえ  戸や窓にカギをかけておく  戸のカギを調べさせた  戸が閉まって  戸をたたき離して飛び込んで来た  戸おそふる  戸の音にばかり聯想が偏倚して  戸を堅く鎖して打ち潜みたれども  戸の三寸ばかり明きたる  戸の隙に手を差し入れて  戸のさんにも触りたり  戸を明けるなと  戸を叩きて  戸を明けたれば入り  戸があいて出て来た  戸を前に引いて  戸が軋らずに開く  戸を軋らさせず  戸ががらりと引開けられた  戸の節穴を探しあてて  戸の節穴から身を引いて  戸の二三寸の隙間へ振向けた  戸をがらりと引開けた  戸からぬけ出した  戸をがらりと引開けて  戸に隠れたり  戸を叩きぬ  戸は開かれたれど  戸に身を忍ばせ居たる  戸の締っている  戸を内から締めた  戸から出て  戸からお出かけになる  戸の二度開かれし  戸より出で來りて我を迎ふる  戸賣沙本毘古の王沙本毘賣の命さやぎさやぐさやげるさやさや狹山の池障るさ  戸をあけてはいると  戸を締めてしまう  戸を摩る  戸はやぶれ  戸がひらいた  戸が引かれる  戸を神の押ぶる  戸の音にのみ聯想が偏倚したからの  戸におとづれる音ばかりを模して  戸を叩いて廻る  戸を引き退くれば  戸の外へも早や深い雪が来た  戸は風漏りて  戸まで何ほどの里程かと問いしに  戸まで何ほどあるやと問うに  戸に行く  戸をガタッと開けて  戸ががらり勢いよくあく音がして  戸をあけられてしまっても  戸が細目にあいてるから  戸の間から白い女の顔がすっと出た  戸の内へはいる  戸の内へ消えてしまった  戸に当てました  戸の音にばかり偏倚したからの  戸は半分しまり  戸を引き開け  戸が軽く叩かれた  戸じまりは大事と立って  戸をしめて念いりに  戸に錠をおろして  戸を担架として佐藤継信負傷のままこの寺にかつぎ込みしという  戸がことこと震う  戸の隙間から風が吹き込む  戸をあけたらしい  戸はたたかず  戸の透間からさす  戸のすき間からのぞいて見ると  戸をあけて出て来ました  戸を閉めぬ  戸を閉じようとした  戸より出で迎えます  戸にさわった  戸が内側へ音もなく開き  戸がそろそろと口を開けた  戸の閉じる  戸の向こう側で立ち止まった  戸が鎖ざされている  戸を指で叩いた  戸を叩くが  戸が音もなく閉ざされた  戸の隙から射していた  戸がひらかれた  戸をコツコツと打つ  戸が閉てられない  戸がもう閉つてゐた  戸の障子に筆太に誌してある  戸を造り  戸がモウ閉つてゐた  戸になってゐました  戸はぴったり閉じられていたが  戸のように厳めしく静まりかえり  戸を開けたり閉めたりする  戸を開けようとしましたが  戸を明けに来ました  戸の隙間から外へ出られるから  戸のまへで手招きをすると  戸のそとへつきとばされた  戸にある  戸は叩か  戸も柱もくひやぶれど  戸は鎖したれど  戸をガチンと締めてしまひました  戸はあけ  戸をお開け  戸を開けて入ってきた  戸の隙間から見た  戸の隙間からチラチラした  戸は合図に応じて  戸に鍵をかけた  戸をこじあけて入ってきたので  戸をあければ  戸を閉してゐた  戸を割れよとばかりに  戸は庭に向いた  戸をこじ開ける  戸を閉めながら  戸を調べて見た  戸も閉めき  戸は昼もおろして  戸を開けてしまった  戸を推せば  戸おして大空を打見あ  戸や障子が絶間なくがたりがたりと悲しげに動き出した  戸を閉めていて  戸を先ずうんと叩いて  戸があいていた  戸から首をつっこんで  戸へよっかかっている  戸を簡単にこじあけ  戸は開いているよ  戸を開けない  戸の隙間から暗い表をのぞきながら答えた  戸をこじ開けてころげ出してから  戸をしずかに開けたかと思う  戸をしめて火をかけたとかいう  戸をそっと開くと  戸ぼそにおとずれた  

~ 戸[名詞]1
それまでは戸を  籠の戸を  籠の戸はは  自分は戸を  裏藪に戸を  室の戸を  森木は戸を  一〇三号室の戸を  門の戸を  ひとりの戸は  庭口の戸が  家の戸の  なぞと云いながら戸を  地袋の戸が  方を見ると戸が  戸棚の戸を  惚眼をこすりながら戸を  私が戸を  表の戸を  金物問屋の戸は  裏口の戸を  工成りて戸を  教室の戸が  われは戸を  家の戸が  家で戸  勝手口の戸を  姿が戸の  がらがらと戸を  動作で戸が  三十ぺんも戸を  柴の戸に  これも戸が  婢が来て戸を  細めに開けてあった戸を  天の戸を  風呂の戸を  続けざまに戸を  店員が戸を  雨の戸に  哲郎は戸の  窓や戸を  葭簾の戸を  事務室と書いてある戸を  ばかだナと云って笑いながら戸を  木戸の戸を  入口の戸を  おかみさんが戸を  鉄の戸を  やの戸を  物置きの戸を  一枚繰った戸が  部屋は戸を  部屋の戸が  前から戸を  ように戸を  玄関の戸を  幾度も戸を  ことことと戸を  二階の戸を  硝子の戸が  誰か戸の  寝間の戸を  神殿の戸を  方々で戸の  駕籠の戸を  ガタピシする戸を  教室の戸を  やうやく戸を  納屋の戸を  今も戸を  厠の戸が  外から戸を  戸口の戸を  娘は戸を  娘が戸の  わたしが戸を  土蔵の戸の  先刻にから戸の  間にはおろし戸が  谿の戸  六つ下りに戸を  足音の戸の  二疋が戸の  うしろの戸を  及び腰で戸を  一緒に戸が  厠の戸の  厠の戸を  綱倉の戸へ  奥牢の戸に  家の戸を  がたぴしする戸ばかりを  そうに戸の  小屋の戸を  門の戸は  ろうかの戸を  押入の戸を  吹雪に戸を  門の戸が  窓の戸が  水口の戸も  門も戸も  裏門の戸を  陽ざしを戸  すべての戸が  書院の戸を  戸と戸との  あとの戸を  これじゃあ戸を  廊下の戸を  側の戸が  湯の戸を  一方の戸が  家でも戸を  門の戸まで  奥さんは戸  さんが戸を  中ノ湯の戸を  板囲いの戸が  湯小屋の戸が  試みに戸へ  駕の戸を  すみ子は戸の  店口の戸を  物置の戸を  劇場の戸を  もくろみの戸に  象牙の戸の  丁寧に戸を  家にゆき着いて戸を  そこに隠し戸でも  上げの戸が  入り口の戸が  玄関の戸が  墓の戸を  部屋の戸を  つもりで戸に  往って戸の  ために戸の  一枚の戸に  左手の戸を  メネルーの戸を  中から戸を  フローアの戸を  部屋に行って戸を  デュー夫人が戸を  彼女がしきりと戸を  メネルーは戸を  衣裳箪笥の戸を  サルを外して戸を  濕りで戸は  窓の戸を  船室の戸へ  窓の戸は  窓の戸の  細目に戸を  仲間部屋の戸を  後ろの戸を  達磨部屋の戸の  きりの戸を  ために戸を  一寸ずつ戸  入口の戸が  寝所の戸の  千絵は戸を  うかつに戸などを  帯を結んで戸を  ペンキ塗りの戸が  通行人が戸  ペンキ塗りの戸の  媼は戸を  忽然潜戸の戸が  潜戸の戸が  一斉に戸を  つた室の戸が  社務所の戸が  門口の戸が  裏の戸が  未練窓の戸  誰かの戸を  心もち明けた戸の  裏門の戸の  裏門の戸は  寝室の戸へ  陳は戸の  玄関の戸も  寺院の戸を  プラツトフオオムの戸の  おれが戸を  右側にある戸が  襖の戸を  森の戸を  日の暮れると共に戸を  いつまでも戸を  それかと云って戸を  お前が戸を  わが家の戸を  山の戸を  店の戸を  身の戸の  其家の戸なり  礫の戸に  表の戸が  客間の戸  ときの戸の  様にあけても暮れても戸は  夢中になって戸  ポチが戸の  かけがねをはずして戸を  家ににげこんで戸を  僅かばかりしか戸を  離れの戸を  がらがらと戸が  家には戸が  風にて戸の  ように戸の  後の戸を  気に戸の  小屋には戸も  硝子を閉めたり戸を  向う側の戸を  猛烈に戸を  声で戸を  曲んだ戸が  新聞に包んで戸の  卑弥呼の去った戸の  贄殿の戸を  髪を飾らせて戸の  足は戸の  書斎の戸を  縁側の戸を  房への戸を  #關への戸と  玄關の戸は  玄關への戸は  交番の戸に  旅装整へて戸を  故郷を見ぬ戸に  帆織る戸へ  うしろを見せて戸に  旅裝整へて戸を  朝に戸を  平太郎が寝ようと思って戸  雪隠の戸に  一つの戸を  飾りを眺めていたが戸を  家家の戸の  小べやの戸の  小べやの戸を  室へ帰って戸を  バタンと閉めた戸を  隣室の戸を  台所の戸が  リザ・セミョンノヴナの戸が  人に戸を  台所の戸から  ナースチャが戸を  境に戸が  リザ・セミョンノヴナの戸へ  物干場の戸が  ことかかって戸の  台所の戸をば  徐と戸を  そつと戸を  つて出口の戸の  隣の戸が  誰か戸を  だれか戸を  店舗は戸を  陣屋陣屋の戸を  ヤツと見つけて戸を  小便に行くから戸を  右側に戸が  二つめの戸を  夏が来たので戸を  湯殿の戸を  脱衣場の戸が  黄昏より戸を  うちに戸は  一たび消えて戸を  裏の戸  ソッと戸を  ひそかに戸の  裏の戸を  嵐の戸を  表の戸より  商店は戸を  台所の戸を  台所の戸の  玄関の戸の  勝手を区切る戸の  しずかに戸が  鉄の戸の  鉄の戸から  入口の戸へ  家へ帰ると戸を  家も戸を  薬屋の戸に  薬屋の戸を  犬のくぐり戸の  がたぴしと戸  人突あたる戸を  柴の戸を  時銀行員は戸を  何か戸がば  何かの戸がば  格子の戸  手をもって戸を  今度は戸が  枝は戸を  ただ先に立って戸という  入口の戸は  物靜かに戸を  物静かに戸を  茶室の戸を  本箱の戸を  アンチャンが戸の  危く閉じる戸に  アンチャンが戸に  記代子は戸を  夢中で戸を  次の戸が  一の戸が  二の戸が  三の戸に  三の戸が  装甲車の戸が  押入の戸は  表で戸を  本堂は戸を  本堂の戸が  しずかに戸を  本堂の戸を  儘呻き呻き戸の  日に戸を  壁も戸も  宵から戸を  裏口の戸の  ぴしゃんと閉てつけた戸と  離屋へ飛んで戸を  離室の戸を  往ったかして戸が  土間口の戸に  縁側の戸が  玄関の戸は  裏口の戸が  隱し戸か  お勝手の戸も  誰が戸を  死骸が戸を  内から戸を  朝寝坊の戸を  家中の戸を  それ夜が明けた戸を  トントントンと戸を  方の戸が  ぎいと風呂場の戸を  方に戸が  三四郎は戸の  西洋人が戸を  三四郎は思い切って戸を  顔を戸の  椽側へ置いて戸を  ことで戸を  下女がたてたと思った戸が  会堂の戸が  家などは戸を  片耳が戸へ  二尺余り開いた戸の  駕籠の戸が  点火前には戸を  蔵の戸が  いくら室の戸を  看守が戸を  別室の戸を  家内へはいって戸を  硝子の戸を  中川は開けた戸の  警官が戸に  監房の戸に  留置場の戸が  監房の戸の  二房の戸の  留置場入口の戸に  監房の戸を  入口の戸の  館の戸を  館の戸へ  馬之進たちが戸を  この間も戸を  館の戸が  トントンと戸を  取調室の戸が  外から呼ぶので戸を  驢を曳いていって戸を  教會の戸を  ねずみおとしの戸を  顔を洗ってたら戸を  在郷と違って戸を  家々の戸を  多可子は急いで戸と  ことが出来ぬから戸の  厨子の戸を  堂の戸の  ガラス灯の戸を  お家の戸に  前の戸に  後の戸に  ここの戸は  勝手の戸も  門口を見れば戸の  勝手の戸を  吉き戸と  長方形の戸の  背後で戸を  部屋の戸も  寂寞の戸に  玄関へ引きずり出して戸の  年新たに戸に  新たに戸に  そりと入り込んで戸の  アッタスン氏は立ち止って戸を  召使が戸を  やり方で戸を  獄舎の戸を  クラブの戸を  なんでも戸に  四方の戸を  窓の戸のみ  家の戸や  向いの戸は  朝起きて戸を  堤籠とを戸を  左手の戸の  画室の戸を  座敷の戸を  徳右衛門は戸を  金網の戸を  便所の戸が  便所の戸を  一番目の戸を  岩屋の戸  押し入れの戸を  家の戸には  勝手許の戸が  宿の戸は  土蔵の戸を  ガラリッと戸を  四ツ時になれば戸を  小僧が戸を  夜は戸を  表の戸には  村じゅうへ戸  勝手口の戸の  磨硝子の戸は  それが返り戸を  力委せに戸を  夜と共に戸を  二枚の戸を  上框の戸に  花郷が戸を  閨の戸を  雨になると戸を  開け閉ての出来る戸といふ  時入口の戸の  わたしの戸を  閑居の戸を  仏壇の戸は  鉄板ばかりの戸を  錠前の戸を  音をさせて戸を  車庫の戸  彼処も戸が  入口の戸に  御不浄の戸を  入り口の押し戸の  廊下の行き留まりの戸まで  小川は戸を  浴室の戸を  音がすると思って行って見ると戸を  皆窓の戸を  病室の戸を  一枚明けた戸の  いくつもの戸を  そうな戸が  さっきの戸が  ふしぎな戸が  家の戸に  家の戸にも  んの戸が  んの戸の  手さぐりで戸を  表の戸から  一枚の戸が  まれびとなる神が叩く戸の  言ふ戸を  明らかに戸を  己は戸を  ろしい戸が  客は戸の  部屋へ引つ込んで戸を  母さまが迎えなされて戸の  王は戸を  音して戸とともに  ヤツコラマカセと戸を  向うでも戸を  勝手の戸が  上框の戸を  晝間も戸を  大股に歩んで戸の  樫の戸を  右手の戸を  二番目の戸を  左側にある戸を  門やら戸やらに  薄暗がりにある戸が  樹皮を組みて戸と  一人が戸を  不気味なくぐり戸などを  家の戸は  二つのくぐり戸の  後にまわって戸を  形をこしらえて戸の  門の戸に  大急ぎで戸を  役者が戸を  ガラスの戸を  閨の戸に  閨の戸の  草の戸の  それにつれて戸の  八分がたしまりかかった戸の  書斎の戸の  入り口の戸の  医務室の戸を  懇意ずくらしく戸も  中にいて戸も  事務室の戸の  ぱたんと音をさせて戸を  部屋の戸に  ボーイが戸の  部屋の戸にどたりと  さまに戸を  がちがちやりながら戸を  手をかけて戸を  心の戸を  室の戸の  不要慎な戸の  居間の戸を  三人で戸に  誰かが戸を  珠数屋が戸を  やうに戸を  矢庭に遣り戸を  私は遣り戸に  夜中に戸を  お前さんは戸の  道中してくれば戸の  朝になって戸を  便所への戸を  私はあわてて戸を  宿直室の戸を  門の戸がば  二等室の戸が  通り窓の戸を  そこの戸を  隙洩る戸を  へやの戸を  門の戸の  客間の戸を  小間使が戸を  彼等の戸には  助は戸の  湯殿の戸は  三は戸を  宮子はくぐり戸を  引手のついた戸が  隔ての戸の  後ろに戸の  湯屋の戸の  童ゆふぐれの戸に  夕ぐれの戸に  宿の戸に  店の戸が  閨の戸までも  墓の戸で  足音や戸の  葉子は戸を  たんと戸か  戸という戸が  心の戸の  病室の戸が  つやが戸を  がたぴしと戸を  つやが戸の  室の戸も  庭口へ下りて戸を  秋雨の戸の  彼は戸を  診療室に戸を  私が驚いて戸を  私の戸を  音が戸の  家々の戸が  舗道に出して戸を  待合の戸を  天の戸は  閉る戸の  格子と戸だけを  前で戸を  はずみか戸が  錠の下りてゐる戸を  蓮は戸の  何処かの戸が  うちに戸の  境の戸の  レイモンドは戸の  境になっている戸が  陰に入って戸を  深夜になると戸を  妙子は戸の  方に戸を  槇の戸も  槇の戸に  靠るるとともに戸は  正面の戸を  正面の戸は  廊下への戸を  部屋へ行って戸を  特別室の戸を  手は戸に  つて裏口の戸を  何も戸を  中に戸は  倉の戸が  内側の戸が  勢いで戸を  反対側の戸を  入口も戸を  ッちにしても戸の  留守宅へきて戸の  仲仕が戸を  三階も戸を  寝室の戸を  ために戸が  そよ風が戸の  窓も戸も  房に出る戸を  手に握つてゐる戸の  セルギウスは戸の  霰まじりに戸を  庖厨の戸を  庖厨口の戸を  塀の戸を  女はよろこび戸を  金網の戸の  口は戸  者は戸を  がたを戸の  機舎の戸を  元より戸  流し元の戸が  ような戸が  とき出しぬけに戸がば  小門の戸を  金網張の戸の  横手には煤けた戸が  二等室の戸を  さが戸の  夕まぐれ雪の戸に  雪の戸に  家でも起きて戸を  だまが飛んで来るから戸を  うちからは戸を  一人が待ちかねて戸を  一の戸を  二の戸を  片手で戸を  一の戸も  #二の戸も  狸かな戸を  眼鏡は戸を  母が戸を  其でも戸の  中敷の戸が  板で作った戸は  内側から戸が  店先の戸を  垣も戸も  長屋の戸に  片側町は戸の  先に戸を  土間の戸を  間に戸の  乍らも戸の  彼は戸の  延は戸を  一枚ばかり開けた戸に  農家では戸を  窓の戸も  四人ながら戸  額風呂の戸が  小屋の戸が  此家の戸  曙の戸を  龕の戸と  ように捨てて戸を  行灯の戸を  台所の戸に  晩は戸も  誰か来て戸を  私は戸を  どこでも戸を  うまやの戸の  村で戸を  内から戸が  木の戸が  離家の明けてある戸を  夜明から戸を  各戸ともに戸を  紫折り戸の  柴折り戸を  そこの戸も  縁の戸を  門の戸との  婿さんが戸の  そこへ行って戸を  家は戸  車の戸を  寺男が戸を  風が戸に  玻璃の戸を  鉄の戸が  押入の戸が  申合わせて戸を  一つ隠れ座敷があって戸が  のを恐れて慌てて戸を  ひとりで戸が  児が戸の  室も戸が  内側から戸を  押入へ這入って戸を  家々の戸は  其処の戸の  雨ながら戸に  玄関の戸に  旦那が戸を  目を覚せしか戸を  ように戸が  中へ入って戸を  雷門も戸を  塗師屋が戸を  引き窓の戸の  明月の戸を  夜の戸を  教へられた戸を  相に戸を  母さんが戸を  勝手口の戸が  夜分になると戸を  どちらも戸が  中も戸の  山岡屋は戸が  大槌を以て戸を  船長室の戸を  部屋の戸などを  雪の戸を  僕は戸を  三枚合せて綴った戸を  豊が立って戸を  前に戸を  監督が戸を  穴を戸に  与兵衛は戸を  尊敬が戸を  編輯局の戸を  女中部屋の戸を  住居へ駈けつけて見ると戸が  部屋の戸の  舅さんが戸を  合鍵で戸が  ピシャリッと戸を  急に戸を  都合で戸の  都合で戸が  お握りが戸の  米友は戸の  座敷を引きずり出して戸を  方の戸を  一生懸命で戸を  用心して戸を  小屋の戸は  奥で戸を  方向の戸の  船室の戸が  貨車の戸が  縁先へ忍び寄って戸の  いま立てきったばかりの戸の  中を見込んで笑いながら戸を  ところの戸が  患者が戸を  戸外で戸を  炭小屋の戸を  廊下の戸は  廊下は戸で  七時ごろ廊下の戸の  入口の戸も  小屋をでて戸を  一部分の戸が  甚三郎は立って戸を  ゆつくり戸を  寢室の戸を  立上つて逃げだすと戸が  づ入口の戸が  炉端の戸を  奥へ通じる戸を  三畳の戸を  段は戸が  段六がくぐり戸を  三人ギックリして戸を  長五郎ツカツカと戸の  左手のくぐり戸が  外のくぐり戸を  内側のくぐり戸に  ままのくぐり戸から  小走りにくぐり戸の  縁側を飛降りてくぐり戸から  タタッとくぐり戸から  外からくぐり戸に  ままになっているくぐり戸から  スタスタくぐり戸の  スタスタくぐり戸を  足音が戸の  水は戸も  二階は戸が  小屋の戸に  土間へおりて戸を  窃と戸を  折柄表の戸が  三尺の戸が  輿の戸を  夫人は戸の  夫人は戸を  軒を並べて戸を  表の戸に  表口の戸を  手で戸を  土蔵の戸が  表の戸は  中から戸が  室の戸は  石突で戸の  ハタと戸を  ところに戸  雨垂れほどに戸も  門番の戸を  吉が驚いて戸を  火を吐き戸を  人家の戸を  なつた戸を  言つて古賀さんが戸を  お家も戸を  初音サンは戸の  ギイと戸の  ホトホトと戸を  三度目の戸を  ように戸へ  雪が戸を  庭の戸を  バツタリと戸が  上の戸が  長屋の戸を  外部から戸を  がたがたと戸に  小門の戸が  二つばかり戸を  ままに戸を  戸にさわると戸が  どこにも隠れ戸も  教へられた戸の  跡について這入って戸を  露地口の戸の  ときに戸は  最初の戸と  次の戸を  左の戸を  手探りに戸を  あたりの戸を  口の戸を  わたくしは戸を  #つもりで戸の  わたくしは開けようと思った戸を  時あなたは起ち上がって戸の  眉は戸に  浪の戸に  由良の戸の  小屋類の戸を  彼は押入れの戸を  堂宮の戸や  平生は戸も  事と戸を  魂しく戸を  家毎に戸を  あとで戸を  不意に戸が  一寸も戸の  人が戸を  がたがたと戸を  自動車の戸を  所を戸  午になっても戸を  水を流して戸を  四角な戸の  裏表の戸を  部屋の戸にも  端の戸にも  籠の戸が  夜に向って戸を  皆銅の戸を  いずれも戸は  留守の戸  一方の戸を  構ひませんし戸を  天の戸が  臆病に戸を  料理場へ通う戸が  後ろの戸の  案内知った戸を  一人窃に戸を  私は戸の  静に戸を  静かに戸を  夜ふけに隣りの戸を  下の戸が  家の戸  居間の戸の  そこの戸は  荒らかに戸を  障子の戸を  中心が戸  四方には戸が  うしろの戸が  冠木門の戸を  平凡な戸が  一つの戸は  一等はずれの戸が  窓枠に向っている戸を  其処の戸を  裏門の戸が  こたつから出て戸の  それを戸  拳骨で戸を  霽波が戸を  二人を戸の  とんとんと戸を  山姥が戸の  子供たちは戸を  それが戸の  うしろ手に戸を  空家の戸を  水口の戸を  自分で起って戸を  山荘の戸を  方々の戸を  水口の戸には  店の戸は  形ばかりに戸を  猪番小屋の戸は  口に戸は  表の戸も  丸井では戸を  川春の店さきへ忍んで行って戸の  平七が戸を  鋳掛屋の戸を  屋の戸を  最後に戸を  一番さきに戸を  お客がきて戸を  奥へのりこんで戸を  女は戸が  夜ふけの戸を  窓や戸の  柴の戸は  陳列棚に戸の  つぎなる戸の  あと骸骨の戸は  ハンドルをまわして戸を  乱打されている戸を  金をはずして戸を  店では戸を  七の戸を  一つすべり戸が  それ等の戸を  所に落し戸の  二人は立ち寄って戸の  一けん戸を  穀倉の戸を  善八が戸を  めに戸を  ヤケにがっと戸を  荒物屋の戸を  厩の戸を  時向うの戸が  下女部屋の戸を  摺硝子の戸が  宗助は戸を  六畳の戸を  夜に入っても戸を  人達は戸にあたる  山小舍の戸を  竈の戸を  乗物の戸を  門の戸  これじゃ戸を  こいつが戸に  水屋の戸を  上つて男子入口の戸を  玄關の戸を  道場の戸を  どなたか戸を  窓には戸も  窓の戸との  朝日が戸の  庫裡の戸を  零落の戸を  づれなる老舗の戸  玻璃の戸に  雨の戸を  灯がついて戸は  浴室の戸が  与八は戸を  日中あけられない戸に  部屋様の戸の  カラリと戸を  外から刺しておいて戸へ  風呂場のくぐり戸を  力一ぱいに戸を  表の戸の  誰かが戸に  中でいいながら戸を  近江屋の戸を  七が戸を  宿の戸を  窓や戸  彦兵衛に戸を  それに戸を  それじゃ戸を  ギーという戸の  時表の戸が  立ち上がり窓の戸を  神殿の戸が  檻の戸を  出入り口の戸は  石段を上って戸に  意外にも戸が  家では戸を  ものが戸を  女が戸を  鉄ごうしの戸を  背手に戸を  何者か戸を  横の戸が  ふたつの戸が  二つの戸の  客席の戸から  蝋燭の立っている戸の  藤吉は戸へ  せいか戸の  入り口の戸に  土間と戸の  乗物の戸が  間に戸  馬吉はかまわず戸を  外の戸を  方々の戸は  だれかが戸に  時客間の戸の  乱暴に戸が  家へ行って戸を  風呂場の戸を  風呂場の戸が  横腹の戸が  車の戸と  車室の戸も  どちらも戸を  二十回も戸を  うしろで戸が  勝手口の戸から  僧は戸を  前へ戸を  込の戸を  引手茶屋のくぐり戸から  出入口の戸や  店の戸の  庭の戸の  彼女は戸を  彼がはいって行った戸を  彼女を訪れて戸を  薪部屋の戸が  奏楽コーヒー店の戸の  古本屋の戸へ  店頭の戸を  ひまに戸を  とっさに戸の  刀を執って戸を  ランプがついて戸が  土蔵部屋の戸を  後ろの戸が  間に戸を  婢が戸を  夜が戸の  門のくぐり戸に  寺院の戸が  闇は戸の  今しめた戸を  倉の戸は  主従ふたりが戸を  マアレイは戸の  倉庫の戸の  あなぐらの戸は  幽霊の這入って来た戸を  のに押入れの戸の  待ち焦れていた戸を  彼は近づいて戸を  合の戸を  一間間だけの戸が  江の戸  土の戸が  方の戸の  町では戸を  乗り物の戸を  昼も仕切り戸で  下段いっぱいにこしらえた戸  手は戸  東の戸を  南の戸を  西の戸を  北の戸を  跡は戸を  何して戸を  力を込めて戸を  蝶番が毀れて戸は  此の戸を  此の戸の  銃器室の戸へ  銃器室の戸を  合鍵を取って来て戸を  室の戸へ  朝倉男爵が戸の  外から戸の  出口出口の戸を  総ての戸に  之を以て戸を  鍵で戸を  様に成って居て戸が  者はあるまいに戸には  茲も戸が  硝子窓の戸を  早や戸を  壁だか戸  逆に戸の  一つ出這入りの戸が  左右に戸を  遽てて戸を  行き止りに戸が  之を取って戸を  一つ幸いなは戸の  牢獄の戸かとも  余は戸を  力を込めて戸に  通常の戸の  抽斗の戸などを  様な戸が  突き当りに戸が  此の戸から  寝室の戸の  全体此の戸は  門の戸も  先生は戸に  記号の合った戸を  様な戸を  様な戸の  躾に戸に  外から叩く戸の  彼も戸の  自分で戸を  身は戸を  中へ投げ込んで戸を  次の間の戸を  所の戸を  界の戸に  界の戸を  鍵を投げ遣って置いて戸の  一方の戸の  秘密の戸を  秘密の戸や  一人静かに戸を  細めにあいた戸の  巳之吉は戸を  風や戸にあたる  風が戸を  風にゆられる戸の  音がして戸が  何者かが戸の  自分は戸の  書斎の戸が  音がして戸へ  中から戸に  寝ぼけ眼をこすりこすり戸を  峠に戸を  ヘーイさんのこえがすると起きて戸を  内より戸を  二声ばかり戸を  腕をさし伸べて戸の  自分で戸の  坪の戸から  千代子の戸を  三等室の戸が  凡てが戸を  朝の戸を  夜何者かがやって来て戸を  ばたりと戸を  晩で戸が  茶店は戸を  農家の戸が  セーターを取り返すべく戸を  厩の戸の  床の嵌戸に  格子形の嵌戸が  厳重に戸を  物置の戸が  娘はあわてて戸を  娘が戸を  最初に戸を  説明者は戸の  声を聞いて戸を  戸棚に入れて戸を  しとやかに戸を  背後から戸を  七兵衛の叩いた戸を  必死に戸へ  堅固な戸と  彼を戸に  來て戸や  世界に戸を  人家は戸が  天井や戸や  私に戸を  影が戸を  日光が戸の  家じゅうの戸  ラレイを戸の  両側の戸や  耕書堂の戸を  夜中に戸の  障子を開けて戸を  鼠入らずの戸まで  藤作は戸を  ヤイこれでも戸を  林蔵に戸  騒ぎに驚いて戸を  棒を以て戸を  界の戸は  づる口の戸は  角内の戸は  外側の戸は  観音開の戸と  外の戸は  外の戸が  猶予せずに戸の  外の戸の  跡の戸を  廊下の戸に  人家の戸も  家は戸を  汝の戸を  ほのかに戸から  松の戸  ぎうくば草の戸  奥にあるくるる戸も  味噌納屋の戸を  店座敷の戸を  雪が戸の  松雲は戸から  顔に戸の  音も戸の  店座敷の戸に  入り口の戸を  正香は戸に  塗籠の戸を  棚の戸を  ほうを戸を  水鶏が戸を  喜字格子の戸を  渡殿の戸を  廊の戸に  ガラス戸あけよと指さしして戸に  出入口の戸を  近くで戸を  何處の戸を  ジョルジュ自身が戸を  何処の戸を  中の戸を  窓の戸をも  がたごとと戸を  南の戸が  建物の戸は  北の戸から  市中は戸が  舞踏室の戸は  廊の戸の  間に戸が  礼拝堂の戸は  実験室の戸は  そちらに向いて揚げ戸を  お座敷の戸を  表の戸や  間の戸を  室は戸が  四枚の戸が  まま揚げ戸も  湯殿の戸の  吾が寝むこの戸  此の戸  む此の戸  豆腐屋が戸を  宝石台の戸を  街並の戸の  家々の戸の  かしこも閉めてしまっている戸の  家を見つけると戸を  幾つも戸の  板の戸の  街路は戸が  格子戸の戸が  台所口の戸を  者は押しあけられてある戸に  侘住居も戸を  田舎家の戸は  籠の戸  前後を見て戸を  癖門の戸は  花の戸に  花の戸  寝台と戸の  寝台と戸とを  御身が戸を  間毎の戸を  多賀さんが戸を  私は戸に  オレは戸を  オレが戸を  侍女に命じて戸の  カンヌキを外して戸を  土間の戸に  夫人を戸の  ガタガタと戸を  ガラガラと戸を  ギシギシする戸が  三枚目の戸  区劃の戸を  三枚目の戸に  声が戸の  不意に戸を  横手の戸が  窓や戸には  吹っち切れて戸に  方丈の戸が  左側の戸を  見当がつかずに戸  籠の戸の  乱痴気を戸  此家の戸を  巨男が起きていって戸を  じょうぶな戸を  肘掛け窓の戸などを  時に戸に  私に跳び下りて戸を  女中が戸を  家のくぐり戸に  小平太はくぐり戸を  諸の戸を  土藏の戸を  どこの戸も  箱の戸を  便所の戸に  大井は戸から  百姓家の戸の  岡野等は戸を  だんまりで戸より  乍らパチンと戸を  今宵は戸を  陽気なぞめきが戸の  先づ鳥籠の戸を  縁側に行きて戸を  一寸ばかり戸を  二人なり戸に  衾ぬけて戸を  隱居の戸を  檻の戸が  細目に開けられた戸の  袋戸棚の戸を  家々の戸に  二階の戸が  俄かに戸が  同家台所の戸を  賊は戸を  南へ戸の  篠宅の戸を  磨硝子の戸を  カフェーが戸を  眠りもせず戸を  我室内に向けて戸を  磯貝が割れるほど戸を  銀子に戸を  店は戸を  それは戸を  翼の戸を  ままの戸が  玄關の戸の  ヨハンネスが戸を  廊下には戸が  不審に思って戸を  為に戸を  岩屋にとじ籠って戸を  部分は戸が  窓には戸が  旅亭に還り戸を  地団太踏んで怒つたり戸を  うちの戸の  そつと戸の  軒や戸や  頃表の戸が  小舎の戸が  鶏飼人が戸を  否や門の戸を  聽きつつ戸を  目をこすりこすり戸を  陶器師の戸を  看病人が戸を  看病人の締めた戸が  鼻目金越しに戸の  けりよれば戸に  朝の戸に  広栄にわたして戸を  春嬌が待っていて戸を  戸のとってを持って開けようとしても戸は  体が入るだけ戸を  前の戸を  車庫の戸が  温室の戸を  洋服箪笥の戸の  理解が戸  最後の戸  伸子たちが戸  一つの戸が  ことりことりと戸を  半信半疑で戸を  会食室の戸が  厳重に戸  妓家酒亭灯を消し戸を  アメリア嬢が戸を  屋根裏の戸を  二つ並んでいる戸の  セエラは戸を  馭者が戸を  屋根裏部屋の戸の  アアミンガアドは戸の  セエラが戸を  くりとのみこみながら戸を  脚で戸を  窗の戸を  吠るを聞き戸を  化けものは戸を  誰も戸を  丸太棒で戸を  怪物が戸の  梅の戸へ  時駕籠の戸が  光が戸の  靴を脱いで戸を  島さんが戸を  座敷の戸  締っている戸を  翠は戸を  切符口の戸が  そこへ戸を  風除けの戸を  かごの戸は  半分あいた戸が  旅かばんをならべて戸に  柱と戸の  すつかり戸を  あなたが戸を  だれが来ても戸を  鬢をおさえて戸に  正面の戸に  炊事場の戸が  南側の戸を  庭つづきの戸から  往って戸を  我が家の戸へ  そこらの戸を  表の戸へ  塗り骨のまいら戸の  いま来て戸を  酒倉の戸の  酒倉の戸を  ちよいと戸を  便所には戸が  女中は戸を  声は戸の  書斎の戸をば  客車の戸を  錠をはずして戸を  三寸板の戸の  爪で戸を  便所の戸と  好男子の戸  警官に取巻かれた戸  のが戸  竹の戸を  竹の戸は  牛が来て戸や  為に戸の  下り口の戸を  庵室の戸をて  此狢も戸に  勝手もとの戸を  窓の戸  皆な戸が  中に閉める戸へ  乱暴に戸の  夜も戸を  早や戸  洞内の戸には  目をいからして戸の  悲鳴が戸の  身をひるがえして戸を  イバンスが戸の  すきをうかがって戸を  うえに戸が  ホーベスを戸  洞の戸は  厩舎の戸を  風呂屋の戸を  女の子がせきこんで戸を  そこにも戸  渡り廊下の戸が  音のする戸を  あっちこっちに戸を  横手の戸を  配達が戸の  バルコンの戸を  処の戸を  庭の戸は  中央の戸より  わたしは戸を  とき家の戸が  潜りの戸を  御殿の戸が  鉄の戸は  象小屋の戸を  町家の戸から  づして表の戸を  頭上で戸を  犬は戸の  身は戸の  我室の戸を  旅館の戸は  圭子が戸を  アパートの戸を  準拠して戸を  SAKURAの戸を  向側の戸へ  私達が戸を  うしろの戸をば  ノックで戸が  今度は戸を  代りに戸を  お互いの戸を  篠は戸を  浴室との戸に  一つは戸が  頃まで戸を  此方から戸を  殿堂の戸を  崔は戸を  それを戸の  朝になっても戸も  そっとうしろの戸を  一室の戸は  役人らが戸を  日が落ちかかると戸を  徒弟も戸を  玄關のくぐり戸  これを遣り戸の  貴下が戸を  二人は戸を  飾硝子の戸を  大路へ戸を  日より戸は  兒欲しやと戸を  丸が飛んで来るから戸を  階段の戸を  蛙が戸に  内儀さんが戸の  実験室の戸を  カタリとも云わせずに戸を  縁側へ出て戸を  処に通ずる戸を  風に戸が  誰も起きて戸を  さっき自分の這入って来た戸が  旅人は這入って戸を  廊下の戸の  茶の間の戸を  総領女は急いで戸を  庭の戸が  小屋の戸をは  言つて玄関の戸を  うして戸が  目をさまして戸を  新に戸に  うちでいいながら戸を  加減に戸に  背中を戸に  辰さんは戸を  後へ廻って戸の  表からは見えない戸の  縁の戸から  玄関に出ておりますとわれんばかりに戸を  乱打に応じて戸を  そこの戸へ  文次が戸を  とき表のくぐり戸を  堀のくぐり戸の  入口には戸も  教員室の戸を  あいだの戸が  僕に戸  出入口の戸が  商店は残らず戸を  半時間ばかりたてば戸を  灯を消し戸を  五時になると戸を  あそこのくぐり戸から  まん中のくぐり戸の  つもりになってくぐり戸へ  ようにくぐり戸の  復た戸って  シャベルで戸の  誰だか戸を  鍛冶屋は戸を  ソローハは急いで戸を  間の戸が  前に戸が  助役は戸の  果実店の戸を  出入口の戸には  家の戸へ  一声をききつけて戸を  水口の戸の  風呂場の戸の  塾長室の戸を  一つだけが戸が  大便所の戸を  五室に行って戸を  塾長室の戸が  厩舎の戸は  楽に戸を  窓にはよろひ戸が  ろひ戸が  弟を戸の  一軒の戸が  谷の戸では  加藤牛肉店のくぐり戸を  矢の戸へ  出入の戸も  窓と戸が  みな表の戸を  窓の戸に  時格子の戸  たそがれに戸に  悵然として戸に  隔ての戸とを  かごの戸を  庭の戸に  家は戸が  建物の戸へ  裏口の戸も  時をり戸の  六時ごろ目をさまし戸を  潛り戸を  水茶屋の戸は  仙太は戸を  中の口の戸を  牛檻の戸が  裏口の戸に  下なる戸に  倉庫の戸が  ここの戸を  ここは戸  色の戸に  わたしに戸を  指先で戸を  何処か戸  家中の戸  泥棒が戸を  藏の戸  隔ての戸も  ゆらの戸の  車庫の戸を  外で戸を  床から起き上って戸を  剣で戸を  誰がきても戸を  真昼間に戸を  出で行くとて戸を  半ば開き残されてる戸の  久七は戸の  唾をして戸を  酒問屋の戸の  御殿の組んである戸から  悦びの戸を  天の戸の  歸らん時わが家の戸より  親しみ臥するに戸を  闇見戸  何処も戸を  前に戸  うちから戸を  金属製の戸が  声を聞きて戸を  エメラルドの戸の  三の戸まで  一ノ戸まで  一の戸に  細目にあいてる戸の  身をかわして戸の  身をひるがえして戸の  鍵を戸に  二度ほど戸が  それにつけても戸  方々の戸が  どこかの戸の  セントルイスの戸は  目覚めに戸の  日鳥右さんが戸を  宝蔵の戸を  殿騰戸より  城主が戸に  時部屋の戸が  口にや戸が  玄關の戸が  風に対しては戸を  さへた戸に  とりと戸を  蔵の戸を  七番蔵の戸の  あげくは戸の  事務所の戸を  昇降口の戸を  方丈の戸に  隣の戸を  鼠は戸も  仕事場の戸は  昨夜隣りの戸の  隣家の戸を  彼は戸に  床几を立って戸を  席の戸を  微かに戸を  彼は走って行って戸を  何人が戸を  閨の戸  晝間から戸を  大方は戸を  ロシアの戸  室の戸が  劉の住んでる戸を  開けっぱなしにした戸から  樺の戸へ  端の掃き出しの戸を  そんなら戸を  迂闊に戸を  平助は戸の  井田さんが戸を  四畳半の戸を  男が戸の  押込んで戸を  柴の戸  

~ 戸[名詞]2
再び戸  低き戸  すでに戸  すぐ戸  どうも戸  黒い戸  あまりに戸  ドンドン戸  この戸  そっと戸  おもたい戸  荒々しく戸  ばったり戸  ぼんやり戸  その戸  急ぎ戸  早くから戸  もう戸  たんと戸  つと戸  重い戸  忽ち戸  定めし戸  わざわざ戸  はたと戸  其の戸  とうとう戸  軽く戸  ぴったり戸  夜もすがら戸  しばらく戸  漸く戸  心細く戸  時々戸  すっかり戸  間もなく戸  よく戸  にわかに戸  おそるおそる戸  ふたたび戸  きっと戸  ときどき戸  後で戸  ようやく戸  早く戸  悪い戸  いきなり戸  初めて戸  やがて戸  けたたまし戸  まだ戸  慌しく戸  大抵戸  ちょうど戸  パタパタ戸  なく戸  やっぱり戸  大きな戸  こんな戸  厚い戸  突然戸  速戸  あの戸  暗い戸  年中戸  あたらしき戸  次第に戸  なぜ戸  小さな戸  ついに戸  淋しい戸  ぴしゃっと戸  細い戸  なにしろ戸  なんだか戸  頻りに戸  多分戸  なにか戸  思わず戸  薄暗く戸  暗く戸  程なく戸  丁度戸  高く戸  いよいよ戸  ぱっと戸  荒く戸  ふと戸  ひどく戸  同時に戸  おそく戸  そのまま戸  あわや戸  こっそり戸  幾重にも戸  むしろ戸  カタカタ戸  荒々しい戸  大方戸  久しく戸  白い戸  けっして戸  はじめて戸  もそっと戸  又もや戸  小さい戸  一度戸  既に戸  激しく戸  またも戸  大きく戸  なき戸  いつの間にか戸  固く戸  よし戸  しっかり戸  ぴしりと戸  少し戸  暫く戸  今に戸  当て戸  又戸  よく戸  どんどん戸  同じく戸  もし戸  ことごとく戸  きつく戸  なかなか戸  かたく戸  もちろん戸  たしかに戸  サッと戸  大きい戸  とんとん戸  ひしと戸  何やら戸  そんな戸  むなしく戸  さっと戸  亦戸  たちまち戸  厚く戸  何故戸  しばし戸  呆気なく戸  低い戸  はげしく戸  同じ戸  すばやく戸  ところどころ戸  何気なく戸  遠慮なく戸  やにわに戸  いつも戸  どんと戸  慌ただしく戸  力いっぱい戸  かくし戸  もはや戸  古い戸  ぴたり戸  直ちに戸  勿論戸  ない戸  軽い戸  ガラリ戸  高き戸  折しも戸  悉く戸  しきりに戸  決して戸  苦しき戸  唯戸  ちゃんと戸  とにかく戸  深く戸  遠けりゃ戸  狭い戸  

複合名詞
ガラス戸  硝子戸  時硝子戸  戸惑  偶然戸  戸毎  つま戸  あみ戸  戸浪  戸間口  裏戸  皆戸  三尺戸  毎朝戸  一戸  かもガラス戸  三室戸伯爵  三室戸伯  此木戸  戸惑つた私  劉万戸  万戸  一度万戸  つて戸  葭戸  時表戸  戸數六七十  小笹裏戸  凡そ幾百戸  戸閉  戸迷  其數數百戸  数数百戸  落し戸  はしほり戸  しをり戸  四戸  戸締  四千何百戸  八〇〇戸同  戸毎々  四百戸  戸押  ガラス戸越し  戸泉さん  五百戸  戸漢  白河戸将監  万戸衣  十戸  家戸  六十五戸  破れ戸  よう戸締  一戸宛  一二戸  一戸当りいくら宛  二ツ井戸  殆ど一戸一戸  戸内  戸帳  萩戸  後江戸  戸ヶ崎夕雲  楊花飄蕩落二南家一含レ情出レ戸脚  房戸  六八八戸  六三四戸  一戸あたり八百円  えい戸  檜戸  戸まどい  仕切戸  みずから戸  五十戸  障子戸  見ゆ戸むしろ  一つ戸  開戸  南風鵜戸  ぐらす戸  三百戸  十一戸  戸数十一戸  五戸  硝子戸つき  寒戸  石井戸  簾戸  戸一枚  一枚戸  桐戸二枚  硝子戸越し  数戸  表戸  時戸  筵戸  藁戸  ぴつたり戸  戸數七千  左右戸毎  襖戸  雑戸  葎戸  戸尻  二枚戸  百戸  二万戸  もの千何百戸  戸ごと  一戸一人  密閉戸  万戸侯  二三万戸  洛陽千万戸  数百戸  蒲戸比嘉  ぴつたりと戸  福渡戸  戸叶武君  万戸洪水  万戸寂然  ほととぎす戸  戸簿  戸一つ  トントン戸  翌朝戸  つて硝子戸  商戸  千門万戸  留メ窓戸ハ玲瓏トシテ紫烟  二つ戸  五六戸  戸立  春戸  くら戸  ゑのふしをかしきを戸  みな戸  朱戸  終日戸  ツト戸  戸一  一そう戸  戸ひとつ  一人戸  硝子戸一枚  ぺらな硝子戸  二重戸  二十戸  伊佐戸  舞良戸  二人硝子戸  何百戸  領戸二十八万  玻璃戸  二百戸  戸數  百二三十戸  六十九戸  三重戸  大同元年祭祀料十六戸  一戸当り六千円  半ば戸  切り戸  二戸  上総戸  先づ戸  人硝子戸  六十戸  隠し戸  戸蔭  戸台さん  同志戸台  戸台  戸一重  十年戸  半分戸  虎戸  農戸  土蔵二戸前  岩屋戸  三戸  うしろ戸  那良戸  紀戸  夕戸  蘆戸  厩戸  陵戸  官戸  官戸以下  守戸  それぞれ陵戸守戸  陵戸守戸  四十万戸  一戸平均五人  使用人一戸平均二人半  もと二戸  大抵数十戸  頃百八十八戸  千百六十九戸  二千戸  みんな戸  戸たちどころ  一農戸  思切つて硝子戸  桜戸玉緒  二三枚戸  全農戸  六万七千戸  一戸当り毎年百本  皇后宮太夫三室戸伯爵  丁度三室戸伯爵  三室戸様  去年三月龜戸玉の井燒亡後  龜戸  硝子戸引きあけざま  陶戸  幾十戸前  戸迷い  一棟二戸  面喰つて戸惑  商店百三十余戸  戸惑つて  盛岡六千戸  狐森一番戸  品部雑戸  九戸乱  ため戸  そっち此方戸締  焼失家屋五百八十余戸  戸際  廻し戸  ガラス戸一ぱい  幾戸前  毎日硝子戸  一千戸  大概戸  北山十八間戸  封戸料米等  守烟何戸  三戸五戸  もと二十戸  古来五戸  現今三戸  二人戸  二三戸  戸隱山  斎戸  幾戸  何百万戸  土戸  七十戸  二つ三つ戸  三度戸  長谷戸検事一行  長谷戸検事  長谷戸さん  長谷戸  長谷戸検事以下  長谷戸検事たち  三戸橋  かいな速戸  速戸  一時戸まどい  二三十戸  近頃一戸  戸越し  閨戸  蔀戸近く  蔀戸  うつとり蔀戸  戸栗川  あま戸そ  毎夜戸  いつ戸  村八十三戸中八十二戸  中三十六戸  町二千百戸  清水谷庭戸浜  庭戸浜  硝子戸ぎわ  加賀野川原町四番戸  戸指川  一戸一戸  夜通し表戸  ガラス戸二枚破損  住民七八十戸  酒戸  雜工戸  鷹戸  限り戸  七時戸  八十戸焼失  仲見世八十戸  數十戸  十戸二十戸  一九三三・一二・六戸坂潤技術  ガラス戸四枚  戸側  ホテル四十余戸  戸ごと大抵馬  戸鎌  一寸戸  戸町  角戸  摩つて戸  丸潰れ千八十戸  二千二百二十五戸  二百戸以上  三十二戸  民戸喪亡  上つて戸  戸婚律  戸律  戸婚  戸婚律一  唐律戸婚律  養老令戸令  戸婚律中  戸令  三十戸  手すがる戸  お前戸  衣装戸  一月一日表戸  幾百戸  一戸前  駕戸  まま戸  ガラス戸一杯  戸立蜘蛛  戸かた  忍び戸  一戸当り毎年二十銭  一戸当り  二戸前  一軒硝子戸  鵜戸  鵜戸神宮  二三十戸集つて  皆んな戸  庭戸  雪戸  いま戸  一つ硝子戸  外戸  ソト戸  臥戸  たる戸  二万数千戸  七十一戸二十九棟  一戸構え  戸惑ッ  十戸足らず  一ぺん戸  簀戸  何十戸  ヒキ戸  家来ども七百戸三千七百余人  九戸  年二百十一戸  一戸当り一町三反三畝余  九十六戸  二十二戸  盛岡県人四十三戸百八十五人  四十二戸  二十四戸  三十九戸  二十九戸  旧臣百五十七戸  四十何戸  百十八戸  二百四十五戸  百六十九戸六百二十六人  六百何十戸  四十四戸  四十三戸  八十七戸  うち戸  クグリ戸  通い戸  戸付き  勝手出入戸  ピッシャリ戸  立上つて戸  硝子戸框  軒並戸  一ノ木戸  一ノ木戸仁王門  一ノ木戸二  キット戸  ふだん百戸  二戸分  数千戸  一戸当りだいたい一リットル  一万二千戸  戸幡  掛戸  現在四十一戸  戸鈴  戸ヶ崎熊太郎  其時戸  水屋戸  民家二十数戸  戸さん  豪戸  それぞれ戸  七戸  数十戸  洛内万戸  寄つて戸  如く一戸  愛媛県松山市大字二番町百十四番戸  傍戸  磨硝子戸入り  二ツ井戸天牛書店  五六十戸  萱戸  戸町番所  万戸砧  邦君毎ニレ戸賜ウテレ金  戸引  鏡戸  町村千何百戸  仕切り戸  戸隱  一軒戸  旅宿ハ戸  三戸谷  卸戸  三四戸アリ  首トシテ浴楼箆頭肆ニ造ルマデ幾ド一千余戸ニ及ベリ  五戸前  廻つて戸  昼間戸  廓内百六十戸  風の音一裏戸覗き  二戸縁  戸叶  戸叶方  戸下  ょうな戸  ぴしやぴしやと硝子戸  總戸數  半分ガラス戸  五十戸あまり  地震戸  くも厩戸  杜戸浦  戸さ  ソヴェト同盟全農戸  魚戸氏  魚戸  とき魚戸  過日魚戸  彼魚戸  おい魚戸  戸毎家毎  三戸分  一戸當  ぐらすの戸  亡友一戸  一戸君  栗戸探偵  栗戸利休  栗戸さん  戸足  四千戸  半分戸ぐち  一人葭戸  戸あく音  戸滑り  栞戸  蓆戸  龜戸天神  五百戸許  一村五十戸位  三方硝子戸  枢戸  車戸  奥州七戸辺  阪戸  二方硝子戸  締め戸  ぎなしであけられるはずがないといったその戸  奥宮戸  戸敲き  戸だい  図戸敲き  スリガラス戸  それっきり戸  盲戸  一度盲戸  秘密戸  戸扉  まま戸表  アノ戸  戸数二百戸  百五十戸分  六戸  民戸  戸ぐち  ぎのむすめは戸  深夜戸締  戸蔀  ,戸  11.戸  非人七千五百二十八戸  余戸  謂つて余戸  もと陵戸  古代雑戸時代  一戸平均一分間位  いつか硝子戸  ょっこりとそこいらの戸  戸幡姫兒千  戸幡姫兒  九十七戸  一戸建  晩戸  目下一戸当り千円  阪戸宿  山毛戸  其硝子戸  揚げ戸  翌日戸  つて二百戸  九十戸  開港当時百一戸  皆科戸  ガラス戸あけ  十数戸  現在戸数六十戸余  戸数三十戸内外  戸数三十戸余  戸数二十戸内外  封戸  支那文学者一戸務君  戸隙  女郎屋ガ三日戸  葭戸際  先刻内々戸  さうに戸  百戸位  百戸足らず  戸数万戸  自作農五戸  柴戸  戸団  残民十幾戸  硝子戸一枚きり  硝子戸きり  名門豪戸  八千戸  二十八戸  平均一戸五百円以上  本朝厩戸王子甲斐黒駒  戸表  後ろ戸  戸守り符  暴風至り戸  閉づれど戸  此瀬戸  戸漢土手  戸辺  一万二千五百七十八戸  千七百戸  六十八九戸  家一戸  枝づたひ病むうぐひすの戸  戸母屋  障子見え戸見え伯母見え  誰か表戸  戸數及人口  一村二十余戸八十歳以上  市内上小路三百二十番戸  一戸街道  七戸丸  それ以上戸  戸針康雄  素人探偵戸針康雄  戸針  戸針さん  先程戸針さん  文学士戸針康雄  一戸当り数百円  平均一戸当り一万円  三八八戸家屋半焼半壊  九二八戸罹災者  戸穏  一寸戸惑  市内十四万戸  一戸当り三十二銭  売上一戸当り四円  六七戸  一寸表戸  角表戸  逢つて戸惑  雄弁会幹事戸叶武君  かな一戸  戸數五十戸  戸數六十戸  戸數道程  戸數道里  戸數及官名  戸幡姫  三戸前  劉万戸夫婦  貧民幾百万戸一様  商戸金色燦爛  泥履声中掩二戸  裲襠硝子戸  百七八十戸  ガラス戸いっぱい  百二十戸  戸南瀬  ソヴェト全農戸  人戸  封二百戸  海村戸  キャンプ一戸分  展望硝子戸  戸浪三四郎  探偵小説家戸浪三四郎  戸浪三四郎さん  戸浪さん  戸浪自身  真犯人戸浪三四郎  戸浪君  ぱり戸  渋戸材木倉庫  運転手戸  戸若  戸若君  焼失家屋二万四千戸  立ち上がり戸  戸数十四五戸  七八十戸  戸台俊一  スツカリ戸まどい  戸ぎわ  ガラガラ戸  簀戸越し  自ら戸  戸ろ  一戸二戸  一戸当り幾人  南部三戸  七戸上野村  たくさん戸  戸透かし  常々戸  何戸  黄瀬戸みたい  欅戸  陸軍大将一戸兵衛閣下  戸池さん達  十万戸  六百余戸  床下三万余戸  ガラス戸ガタガタ  戸數一萬  簾戸一重  店戸  豫め戸  ちの戸  四十戸  硝子戸ごと  ガタガタ戸  戸ダイさん  六千戸  戸台さん盲腸サワギ  ょろついて戸  蔵戸  営業者五百戸  尾戸焼  戸端口  淺草區今戸一二六番地自宅前  戸一枚ソト  狭間戸  十何戸  いつか戸台さん  しき硝子戸  先生戸ヶ崎熊太郎  戸穏神楽舞  五百十一戸  おとづれる戸  太詔戸  天津詔戸太詔戸  太詔戸命神櫛真智命神  楽戸  ほか七戸  十四戸  十七戸  廿戸  六条村百六十三戸  蓮台野村九十六戸  北小路村二百五十三戸  川崎村三百六十四戸  天部村四十三戸  小島村八十三戸  龍ヶ口村五十八戸  三十三戸  西代村二十戸  合計二千二百八十二戸  二千九百戸  四十戸二百人  十六戸  一千百六十九戸五千三百六十六人  一千三百戸六千人以上  二千二百八十二戸一万二千四百五十二人  つまり官戸  薬戸  雑工戸  所謂雑戸  所謂余戸  雑戸仲間  王あな玉穴戸  闇戸  建國勝戸  枯松雁苅杙刈薦獵庭苅幡戸辨苅羽田刀辨輕孃子輕島  廬戸  神事戸事  黄泉戸  戸後  詛戸常世常世  神鳥取部戸無し八尋殿舍人殿戸殿  滑那良那良戸那良山鳴鏑  戸前  由碁理湯津石村湯津桂湯津爪櫛ゆつま椿夕戸夕日  坂黄泉軍黄泉津大神黄泉神黄泉醜女黄泉比良坂黄泉戸喫  戸吾家吾妹若子  中央公論社版・戸野原  戸弘柯三氏  フト硝子戸越し  杜戸村  座が杜戸村  富豪十二萬戸  我戸  四百五十戸  戸駅  戸びら  大字民七十余戸  十八戸  戸数三十戸あまり  黄泉戸喫  兩側百戸足らず  科戸  両側百戸足らず  儘硝子戸  づる雀ガラス戸  梁戸  龜戸方面  何十万戸  二十戸三十戸  今日全国一千万戸以上  一重ガラス戸  一枚ガラス戸  一番戸  ガラス戸つき  戸伯爵  最近三戸  



前後の言葉をピックアップ
          トアス  トアソビ  トアパイロン  とあみ  トアリ


動詞をランダムでピックアップ
掠れこおり通り掛かっ握りつぶさかんがえこん売り捌く轟い振り当て融かす鳴りだそ申し出ろ触れ合お乗せれ読み出す進み出ろ嗅ぎ付ける入乱れる讃える行け
形容詞をランダムでピックアップ
ものぐるおしき手強きまぶしとぼし由々しく憎い見にくくわかり易から心安けれ毒々し物物し甲斐甲斐しいがたけれしるく手酷きいぶかしすごなみだぐましおしき甚だしゅう