「ちる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ちる[動詞]
葉がちる  花のひらいてはちる  花のちる  花がちる  たんぽぽのちる  穂のちる  さくらがちる  葉のちる  うららかにちる  木の葉ちるちる  花はちる  木の葉がちる  しろがねちる  來ておつこちる  囲みに陥ちる  霜夜を且つちる  梅花のちる  火の粉がちる  夕にはちる  木の葉のちる  宇宙に飛びちる  木の葉はちる  花の吹きちる  穽穴へ陥ちる  底に陥ちる  境涯に陥ちる  桜がちる  秋風にちる  塀外へちる  のにちる  木銀杏ちるちる  綺語に陥ちる  ひそかにちる  思想がちる  空氣に吹かれちる  花くだけちる  蜘蛛の子と逃げちる  火花がちる  岩に当って砕けちる  楊花の飛びちる  はんぶんけむりに陥ちる  鎌倉が陥ちる  術中に陥ちる  爆音とともに裂けちる  自然陥ちる  さくら花散りちる  さくら花散りにちる  引取ろうと懸合うけれども、ちる  からおつこちる  風にちる  桐はちる  ワルシャワは陥ちる  上をまたむすびたるちる  なげし鏡のすてられぬかなちる  君にちる  さくらのいそがしくもちる  花がちるちる  山吹のちる  残つたのがちる  鳥のおつこちる  壁にちる  粉のちる  赤とがちる  光にちる  ッと吹きちる  涙ながれちる  もの山辺にちる  湯気とともにちる  山査子のちる  池へおつこちる  吐息のちる  細かにちる  芥子がちらふとちる  さんさんと砕けちる  衣はさけ、飛びちる  のをもつてもわかるし、いさちる  袖にちる  梅のちる  驢馬がおつこちる  火焔もちる  国は治らさず、何もかも泣きいさちる  國は治らさず、何もかも泣きいさちる  巌にちる  づるる様にちる  桜のちる  同罪に陥ちる  命いさちいさちる  聲でちる  試験でおつこちる  眠りに陥ちる  地獄へをちる  ジレンマにも陥ちる  ガッタンガッタンと、登ったかとおもえば、また陥ちる  



前後の言葉をピックアップ
チリン・カリン  チリー  チリ硝石  ちり紙  ちり鍋  散る  チルソノ  チルタアーングランジ  チルターン・グランジ  チルチェ


動詞をランダムでピックアップ
寄り添わ語り甘ったれるすすむだきおこしほのめかし萎れ踏まえよひんし塞げるそもおちいるへこまさ使う読取るちぢま買いこん当り散らしとじこみ引き締まっ
形容詞をランダムでピックアップ
弱かろほそながくあだっぽい切なかっこのもしく熱苦しきねつくおびただしきこすい生々しき無くこわかっひとしゅうおおう篤きいぎたないいぶせ痛々しかっはしたなし思わしく