「子」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
子のありかを知らず  子が生れた  子を一人生ませていた  子にしては  子をあずけに来て  子を始末して下さい  子は薄目を開けて眠るので  子だったら孤児院にでもやったら  子なンか捨てっちまうよ  子が立って読んだ  子がありました  子が泣くと  子だから泣くでない  子をつれていってください  子を抱きあげると  子を花にしてやれ  子は一人胸のうちで想い煩っていましたが  子がたたずんで  子は人形の顔をのぞきました  子には思われました  子は喜んで  子の影が見えませんでした  子が人形を抱いて  子をうらめしく思いました  子がぼろにくるまって  子も怒り  子を自分の手もとに置いて  子に甘いと言われる  子にはある  子に馬を一匹あてがった  子を待っていた  子の村の友だちと二人の共同経営とした  子のためにも同じように用意して置いた  子にも言って置きたいと思って  子というのは革命のほうにはいっていって  子の姿を見ていると  子の母なれば  子を編む  子を盗んだ  子とも知らず  子が恵まれなかった  子は今どんな風に暮している  子が何かというといじめるというので  子かも知れない  子と云う  子の斎藤瀧口時頼と云って  子がいきなり裾をからげて  子も寝かされて育って来た  子だかも知れも  子として育て上げた  子が生れて  子を産んだが  子がうまれたから  子がうまれ  子のうまれた  子のやうにち  子の自慢してい  子は三年前に縁を切つたこの子の父に酷く似てゐる  子まで生した  子がぢつとしてゐる  子を持つて乗つた  子が持つてきてくれた  子の事を考へるとも  子を連れてきて  子もあり  子のかげも  子がうまく飛べない  子もまねをして  子との間は山が山にかさなつてゐる  子との間は水がにじむ  子を負うて  子は陽にやかれ  子は出来ます  子を以て家督と致し  子が出来ましてから  子がある  子に逢いました  子の結婚について相談する  子が泣いてゐる  子とうへしたでよ  子を片手に仰向いて  子が泣けば泣く  子をおもふ  子も親も食べ  子になりたがるからいけない  子を棄てて置いて  子を生ませていたら  子を生ませると  子のようにく  子を散らす  子で阪井巌というのがかれを見るとぶんなぐる  子が鹿毛のポインターをしっかりとおさえていた  子でなかなか勢力があり  子だから豆腐屋らしくしろよ  子の手塚もいた  子で小学校を卒業するまでに  子がかわいいからって助役さんをなぐるなんて  子がになってくる  子のぼくは豆腐を売って  子がどんな悪いことをしても罰する  子をけがさせるよりも  子のごとく愛してくれる  子の視線が合った  子はたがいに  子をかえしたからあげようね  子でも大学までいける  子は学校へもいけない  子は撃剣の鉄面でマスクを作った  子からわいろをもらってるから  子を背負う  子を見くらべる  子たるものは父母に対して秘密を作ってはならぬ  子の名誉にもかかわる  子はもっとひどい目にあいますよ  子があとでひどい目にあいやしないかしら  子は近頃どうしてゐる  子と呼ぶ  子に与へる  子らしい子に与へる  子をもつ  子はと思ふ  子を素肌に押し  子の寢顏につく  子の死顏を眺め  子がどうなるかと思うて  子を見守  子はと思う  子の番をしたい  子が呼吸してる  子の呼吸の音がどうかすると  子は容易に素足にならなかったから  子はどうなるかと  子泣くらむ其彼母も吾をまつら  子を託すれば  子か何かを棄てる  子を二人までも持っていた  子の身の上を夜も昼も心配していた  子が旅から帰ってくれて  子に羅生という名をつけた  子も乾上っちまう  子を抱いて寝る  子を考へる  子を叱る  子を叱つてゐる  子を叱らない  子を連れて  子に洗礼を与えてくれた  子はどんな宝も及ばない  子の無い宿因がある  子の関係は奇蹟と云っても  子を胸の下に持っています  子は男の子でないように祈る  子に約束して  子を抱いてるぐらいの  子ではありませんから  子が盲目に唖に聾にうまれる  子は生れた  子は死んでいた  子によって造られ  子を持っている  子にしましょうか  子だと思えば  子のように愛せるわ  子にしようかと云ったら  子なら心配して  子でもなんでもありゃしない  子はどんな他人が見ても愛せずには居られない  子を失った  子をなさぬ  子と守りてぞ行かな  子を養女にして  子の愛にひかされ  子にたべさせると  子を思えば  子になる  子の刻も過ぎた  子が次々に生れてゆく  子の生存を守る  子のようにゴソゴソはいよっていった  子をつれて  子の顔を見て  子で文学志望者の若い男のした  子で文学志望者の壮い  子は只一人なるぞ  子の可愛きに引かれては  子がゐるのよ  子の性格にも病的な明るさが見えるの  子のことを二度も言ひ出した  子の両手にこそふさはしい  子が遠方から帰ってきた  子を無事にかえして  子について何の心配がいろう  子を産んで  子を社会の成員として受けとめる  子に何時渡して  子とは福田氏に引き取られました  子の母と結婚すれば  子の父親になっている  子が大将になり  子が或るとき作文を書いた  子は三界の首っ  子は何と云いましたかしら  子に泥棒だと云ふ  子としてその私生児を倒すであろう  子を失うた  子だったらありゃしない  子にはもう気ばらしな  子はとても頑固者でしてねえ  子はずっと部屋の家具に慣れ親しんできた  子のよくなる  子のことをかまわずにほったらかしにしているという  子が目隠しをして立っていると  子に当てさせる  子がそれに馬乗りになって  子にいい  子が答える  子の頭を叩きまわって  子には与えた  子のないのを歎く  子の指図を受けて  子取ろといっていた  子買お子買お  子買おの文句は国々で実によく発達している  子売ろという  子を取るぞ  子の小さい手をおさえながら  子の帯を捉えて  子にむかってわめきたてました  子はさけび  子だったのを思い出した  子だの鶏だの白菜だのの多い四川料理の晩飯をはじめていた  子のために何がなしに胸の柔らぐような満足の感じを禁じる  子のちびと自分の産んだ  子も引き合いに出て  子だけで生きてゆけるという  子にかけちゃ  子になつてしまふ  子は先刻からしよつちう泣いてゐた  子はおしごとを習ひにきてゐる  子が來出した  子を生んだと  子もあったが  子を振り切って  子とも知れぬ  子が産まれるや  子と密通して  子を残して  子は知っている  子は墓から帰ってきて  子がモンペつりのボタンをひとりではめる  子の母と結婚する  子の声がする  子を抱き上げたり  子を抱きしめたくなった  子はうれしさに息もつまり  子がほんのひと時でも私から父の愛を受けて悦んでくれたら  子の孤児となる  子のさみしがる  子も父をあきらめて  子の小さな胸におしこめられていた  子をかかえて  子がぴったりくっついて  子を仲よくする  子にのこす  子は孤児となったら  子が入れられたら  子ともわからぬ  子を天国に送った  子の同じ病気に向かっては落ち着いて  子を残して別れねばならぬ  子を失い  子を看護婦にまかせた  子は親に対する操をもっている  子が逃げる  子かもわからないのに  子が海を泳いで渡る  子をかえりみる  子の宿無しを思ったであろうか  子に家のあった  子もあった  子は浪の上に力尽きつつ  子の幸福とは違う  子に親のある  子ではなくなってくる  子の髪の毛の数さえ神は知っている  子は知らず  子をいちばん愛している  子を抱いている  子に絶対に頼まれている  子を養い育てていると思っていた  子の苦しみを癒してくださる  子を荒波から救い上げてくださる  子いとしさの情がたぎり湧いた  子として送る  子のつねに忘れてならぬ  子がたどる  子が進む  子の心になって慰めてくれる  子がいない  子を生むべき  子とは違う  子とまったく同じ教材ではうまくゆくまい  子が多いという事実を考えようとせず  子が正しく自分の立場を知り  子の親を思う  子に向かってもらした  子の母はながく教員を務めていたので  子をすっかり神にまかせている  子を守っていなさる  子をはぐくみなさる  子の五体にまつわって  子は育とうが  子を包みはぐくみたい  子の母は女学校で裁縫手芸を教えていたので  子は仲よく口げんかしながら  子はこんな冷たい風に吹きさらされる  子をゆすぶりながら  子と教授の子との間に人間としてなんの差があろう  子に子守を頼んだ  子も坊ちゃんと言われる  子の前におかれた  子はそんなことにこだわらず  子がなんの罪もないのにこんな苦労をして  子は一昨年五島へ行った  子が心配した  子をわが身でかばって伏せた  子はかすり  子を助けたいばかりに  子を腹の下にかばって  子がこれで死ねば  子も辛く苦しい人生を送らなくてすむし  子はついに父の顔も母の顔も知らずに  子がこもに包まれて  子の親がいなかったから  子の死ぬ  子のことがいよいよ思い出される  子を一瞬に奪った  子のもっていた  子も中学校へ入る  子はいなかったけれども  子を亡くして  子もなくなって  子としていかに親に仕えたか  子を焼け跡に残して亡くなった  子がそうやって  子の可愛いと云ふ  子が十一娘に結婚を申しこむ  子のかなしみにはたけき  子を持たない  子を狙う  子や孫を殺されますから  子や孫も殺されない  子もきみのような保護者ができれば  子に擬えて  子に氣をつける  子だなんて思う  子んしな  子と惡魔のやうな煙が太ぶとしく  子のように散り散りに走った  子であるということから余り気にかけない  子に照らず  子の生み殖える  子の良真の女として小町が記入されてゐる  子のように首をすくめて  子をおくれよ  子をおくれつたら  子と遊ぶ  子を置いて  子の嫁をきめてやる  子の縁談は決めなかつた  子の生活変化の必然性を理解しないばかりか  子の例でもわかる  子を取り返したい  子を無理に引っ張って  子を手許におかなかったかと申す  子を取り戻せなかっただけの  子を取り戻す  子の母親だと人々に信じられなかったのみか  子を引っ張るより  子を放したが  子は自分の手に戻っては来ない  子を引っ張らねばならぬと思った  子が痛みに堪え  子は未来永劫私の許には参らない  子として生れたかった  子を其の親に会わしてやる  子を打ちに  子が一匹迷いこんで来ても  子の無いことを歎いて  子としてその後を嗣がせる  子が智恵の優れた  子の器量が同輩に過ぎたる  子の教育の任に堪えぬ  子を引連れて  子であるがこの時その撰択集の第三章を筆写せしめられた  子であって三論の奥旨を極め  子に死なれて  子は黴毒のために恐しい  子なきを患ひて  子を産まぬ  子を産む  子の無いものがある  子の出来ない  子の無いのを苦にして  子が出来るかも知れぬと冷かされた  子が出来ぬから  子の出来ぬ  子が出来ない  子を生みません  子として堕落させて  子を育てていたが  子のやうだと思はせたほど  子は乱暴でいけない  子とは遊ばせない  子が本当に家へ来たら  子が家へ来る  子とのように結ばれていった  子が出来ても  子を自分の子として育てたい  子が遊んでいました  子だということは初め一目見た  子で暮すよりは  子を実の子のように愛してさえくれたら  子を愛せられないかも分らないけれど  子を愛すると云う  子を愛してくれる  子を育てたい  子を倍も愛してあげる  子に違いありませんわ  子に育てたいと思っていますの  子でないという焦燥を彼女の心に起させる  子を可愛がる  子だとほめていた  子を抱こうとなさらないの  子が本当に自分の子だかどうだか分らない  子かと思うと  子は胡坐をかいて坐っていますよ  子を愛さないとでも思っていらっしゃるの  子は深い愛撫には堪えない  子との間の愛の讚美として創ろうとなさる  子と信ぜしめた  子にして  子は美しい女性の生長に大切な宗教と音楽との教養が足りないと  子に甘い親はありません  子になりたいと思います  子の悲哀を痛切に感じます  子の属性ではありませんね  子を神に渡した  子になりたい  子をおぶった  子を守る  子で私を信じてすがります  子であることを自覚せる  子を私の子にして愛してやろうと思いました  子としてあがめる  子も普通の結婚のできかねる  子のために泊りました  子は大きな大きな眼にいっぱい涙をためて  子の誕生を迎えて  子を思ふ  子の顔を見ますと  子を岸の柔らかな草の上に投げあげて  子は草の上に倒れて  子にかぶせてやりました  子はもうあおむけになって  子までなしたる  子よりましだんがナと云った  子と違う  子だといいならして  子を渡した  子やと否応はいわせず  子もなんぼう幸せや分らへん  子まで出来たが  子を呼ぶに  子をくわえて  子よりましだんがナと言った  子もなんぼう倖せや分らへん  子は澄みて  子とが観てたに  子は父のおもざし  子と謂ツてゐる  子の物語についても私たちに考えさせずにはいない  子も逝きて  子に伝え  子の刻を過ぎ  子だと説き出して  子は亡くした  子を助けようと思ったら  子が馬に乗って出て来た  子の中で一番大きな大切な子であると確かめて知らせる  子の事を今迄念頭に置かなかつた  子の傍へ帰つて来る  子を見る  子は限りもない喜びを顔に見せて  子の上で見た  子の千枝子が庭口から入つて来た  子は近寄つた  子に就いての  子の口の触れない  子を立たせた  子の方を遥に遥に可愛く思ふ  子がをかしくて鏡子は笑ひ出したく  子に見せながら  子をもう一人かうして出れば  子は私の悪いところをことごとく模倣している  子に対していささかすまぬ  子のためになら随分と面倒くさいヴィタミン補給の方法もとるであろうと思う  子にトマトをたべさせようと思って  子にヴィタミンがいるという  子への執着からよりひろやかな  子の母の心情へまで移って行き得る  子は豹一と名付けられた  子だと太鼓判を押された  子を養子に貰った  子にさわるでねえぞ  子を思う  子が親を憐んで詠んでいる  子があると  子が何でもない顔をしているんで  子たる特権に与  子と為る  子として神の前に立つ  子に恤んでやった  子がやっと成長したが  子に贈った  子之助と云った  子之助は少年の時経を北静廬に学び  子之助は纔に字を識るに及んで  子之助が生れてから  子之助は天保九年に十七歳になった  子之助とその姉とを生んだ  子之助の姉は外桜田堀通の上杉弾正大弼斉憲の奥に仕えていた  子之助はこの年十二月下旬に継母の里方鳥羽屋に預けられた  子之助は丁稚兼吉を連れて  子之助の遊蕩がいよいよ募って  子之助が品川の湊屋にいると  子之助に急用があるから来いと言って遣った  子之助は父を畏れて  子之助を拉して帰り  子之助は山城河岸に帰り  子を篏制しようとはしなかった  子之助を侍せしめて  子之助の態度は此に一変した  子之助の二十一歳になった  子之助の姉婿摂津国屋伊三郎を迎えて  子之助の姉は上杉家の奥を下って  子之助は遂に山城河岸の本家を嗣いだ  子之助時代に鯉角と号し  子を抱いてたたずんで  子を抱いた  子を佐平と云った  子の時代を考へると  子は父の手に残り  子から見れば  子のことのように喜びました  子の時代を考えると  子のようにうすぎたなく見えた  子はこの世の人たちの中で夢みる  子にきかしてやれ  子に答えてやれ  子がこんなに蒼い顔をしてゐる  子だか泥亀だか分らねえ  子も思わなければ  子をいじめているので  子だから聞きわけて  子じゃアありません  子がうごめいている  子であっても山の手の士族町に育って  子を集団させている  子を育てる  子がその十字架から落ちて倒れ  子のきりしと  子である事に変りはありませんからね  子の死より甦るまでは  子は枕する  子に参らせん  子を採って  子の佳味が次第に人々の理解をうけて  子の缶詰会社ができた  子が止ま  子をいびり殺さうとしてゐる  子の足に踏まれたい  子がいるから  子がはいっていました  子を一ぴき飼ってくれない  子を飼ってやってくださいませんか  子が喜びますから  子に持つてゐて  子の様に可哀がつて遣る  子が産声を立てる  子が啼く  子を己の子でないと云ふ  子が息を吸いこんで  子も侍らざりき  子の身の上成るべし  子より參らす  子のように眼のところまで両手を上げて  子から取って来たのに  子の家から持って来て  子の父を思ふ  子だからねと云われると  子を生む  子よ汝が母がきちがひの  子が踊る  子が死出の旅路をふだ  子が帰ってきた  子に一切のものが引き継がれるといふ  子を叱らないから  子に丁度い  子に従ふといふ  子も歌わるる  子と言い争うて居る  子でも落す  子の美しさが残っていました  子でも隠しているかの  子の顔を一眼見た  子之介にむかひ  子之介に渡す  子之介忍び出でて  子之介といふ若者あり  子之介あわて  子之介と申すは  子之介が高綱を恨まぬは  子之介は居らぬか  子も珍重した  子の佃煮が入っていた  子を食べるのに  子は寝ていて  子の頭をなでて言いました  子は九月によくなりました  子に逢はず子ゆゑ吾妻の鶯は角豆畑に啼いてゐる  子に逢はず風のふく  子もガリレヤ海の海人の習と悲節を守りつぐ  子を産み初める  子を尋ねて  子は何処へ行く  子を知つてゐたら  子を助けて  子でゐる  子のある  子のないときには理解ができても  子だからこの山の土をくずしてくれ  子は軽くうなずきました  子となる  子として親を選択する  子は生まない  子を悲しんで  子なき気楽なる二人は今年の避暑地の相談をした  子だと思ってる  子として生れて来た  子の前に出して  子を膝へ抱いて休んで居た  子は無花果が欲しいといつてせがみ出した  子も失くすことになる  子とは思わぬ  子から三四種の新聞を買つて汽車の中で見ますと  子として一度は帰ってくるが  子の成長を見る  子の大助を加えて  子のことを連想して  子にかかわる  子も引き上げさしてしまうという  子に送る  子が偉くなるに越した  子に偉くなって貰いたい  子はその道具になるには及ばない  子をあてはめる  子を巴里へ留学させて置く  子も親もあの都会に取り  子と離れて来た  子と離れている  子が入っていた  子の中学時代を彷彿させる  子を学校卒業まで日本へ残して置く  子にいい聞かせた  子もその気でいた  子の落着いた  子を残す  子は若いいのちの遣  子にその思い遣りが持てる  子を置いて行く  子と同じく巴里に憑かれた  子がどれ程深く喰い入り  子に予言する  子も持たなかった  子と離れて暮さねばならなかった  子と一緒に巴里で暮していた  子を知っています  子に貢いで  子を想像すると  子に対する愛情の方途が間違っているとは思えなかった  子を叱咤したり  子はかの女の陰で或人に云った  子が青年期に達した  子を通して世の中を眺めて来た  子に指して見せた  子を慰め兼ねて  子とマロニエの花を眺めた  子の声が代って言う  子は巴里に残された  子のいる  子を巴里に残した  子を手離し  子のこけた  子は青年にしては  子の学歴の説明を聴いて  子を巴里に置く  子を一人置いて  子と相談して  子が親と訣れてから住む  子が住むべき  子の棲む  子に案内して貰って  子とを思い較べながら  子の顔をみると  子は歯牙にかけず  子が親に訣れた  子に室内の家具の配置を定めさせた  子の姿を想い出すのに  子が日々の暮しをする  子の室内姿を鮮明に想い出せる  子を頼んで置く  子があとから連れて来た  子より丈が三倍もあり  子の友達だなんて信じて  子を片手で掴んで  子は美男子に見惚れて居る  子のどこかにひそむ  子に足らぬ  子の赤児の時のみじめさを想い出した  子の生命力の強さに驚かれる  子の成長後かの女の愛慾との応酬にあまり迫って  子の細い鋭い眼が飛び込んで来て  子に聞いた  子が親の金でモンパルナスに出掛けて行ってる  子から封じて  子の願い  子にして置けるだろうか  子と別れて  子が行く  子のことを思い詰めて  子に会え  子の俤を探さなければ  子と行った  子の肩の肉を押した  子の肩からネオンの陰を覗き込んだ  子はそれに答えないで吃った  子を彼等から保護する  子の顔をつくづく瞠入った  子のこんなことすら頼母しがる  子はふだんいじらしいとは思いながら  子はかの女の自分に感心する  子は母親の眼の前に現実を突きつける  子の悲壮な覚悟が伝わって来て  子の腕を組みかけながらいった  子に目礼する  子に低声で何か真面目な打合せをすると  子がふだんこういう人と交際うなら  子が貰う  子に向って  子は優しく云ってやれば  子と一緒と思えば  子と向い合った  子の顔を見た  子が眼をやっている  子に案内されて  子が素性のいい恋人と逢う  子に戻り  子の育った  子に手をかけ  子の上ポケットの鳶色のハンケチにかの女の眼が注がれる  子もいつか絵を見ていた  子は唇をちょっと噛んで  子は言葉尻を独り言のようにいってのけた  子が面と向って  子はかの女の喰べ方を監督しながら  子は静かに食事を進まして行った  子に言葉を慣らす  子の慰めになるかも知れないと  子に残していった  子はそのカナリヤの餌を貰うのに  子から度々聞いた  子はそこでフランスの学生と同等に地理や歴史を学んだ  子は落着いて語った  子には可哀そうな気がした  子はいった  子へ萌した  子の鋭い小さい眼も眩しく瞬いて  子がのそっと立ち上って  子に訊いた  子は簡単に答えて  子は母親に日本語で話した  子は笑いながら  子の母に興味を感じて来た  子の左右に坐った  子の相手になって呉れる  子がかの女の言付けを取次ぐと  子との間に対蹠し  子に案外嘗められている  子に対して伏目になり  子に注ぎ入れた  子の白々しさに多くの女が無力になって  子にひそんでいるからではあるまいか  子はエレンが内懐から取出して弄び始めようとした  子は可笑しさを前歯でぐっと噛んで  子はフランス語で女たちを窘めて置いて  子は女たちの方を向いて  子は日本語がみんなに判らぬ  子は遠い過去の実感に突き当って  子がプライヴェートな会話に落ちこんでいると見たらしく  子と仲好くしてやって下さいね  子は手早く取替えて  子を遊ばせ兼ねた  子が二十になって  子とその友達のために毬唄をうたう  子のために毬をつかれる  子は軽く角笛に唇を宛て  子の名を呼びかけて呉れる  子を監視する  子の一郎によく似た  子の気配が移った  子の後姿が向うに見えた  子は表通りの人中で家の者に会うと  子を見入っていると  子は眼を外らし  子はかの女と連れ立って歩く  子を追いかけて行く  子を追う  子が熱心に覗くであろう  子とは全然面影の型の違った  子に似た  子に対する憧れが  子と思いなつかしんで行く  子に向ける  子が恨めて  子を思い出し  子の存在を見出して  子の面影をどうしてこの青年の上に肖せて看て取った  子のことを訊きたがった  子のことをこの青年に話す  子に対する気持を冒涜する  子の好みと女性の上では実によく似てると思っていたのよ  子に女性が出来てるか  子の好きそうな女性を道ででも何処ででも見つけると  子ばかりにこだわってる  子を持ちます  子の規矩男にも夫の与えた  子を持つ  子の許嫁にした  子を仲介にして始まった  子への済まなさが中心になった  子を涜したくなかった  子の存在の仲介によって発展した  子の画業は着々進んでいるらしく  子の名前が報じられて来る  子は舵を正しく執りつつある  子に実現さしている  子は真摯な爪を磨いて  子の本能と見るよりしか  子を持つまでに  子の上に烽火を揚げている  子にあって  子の運命の最大責務者とならなければならない  子に仕合せと一言でも感謝されるまでには  子に送られた  子に責任感を十分感じる  子からかの女に宛てて寄越した  子がこの稚純晩成質の母である自分を強くし  子と連れ立って  子の態度を思い出した  子としてのつとめだと思っているからです  子のいう  子であるが為に無条件に自分という女性の前に提供された  子程の無条件で厳粛清澄な領土であり得ようか  子からの紹介状を差し出した  子に親しくして呉れている  子が交際っている  子に与えられている  子に対する思惑にも影響しまい  子のことを話した  子に何か黙  子の仕方を想像して  子は到る  子が一緒だったらどんなに楽しかろうと思って見る  子の幼時に負うた  子を自分のむす  子のアトリエのある  子が勉強の仕事を仕舞って  子はなぜこう大きくなってまで  子に語る  子は来る  子は暴れるという  子は自分の幼時の話を聞く  子の名も混っているし  子の厳格な詩的な瑞々しい画に就いては  子は相変らず  子に踏み込めば  子のデッサンの小品が並べられてある  子の絵はもう飽きられた  子もあればある  子の描いた  子を十分な成育へ送り届け  子突然わが袖をひき隣れる  子を介して  子は半蔵門外に居を構へおのれは一番町なる父の家に住みければ  子はその頃頻に  子はかつて文学博士島田篁村翁の家塾にあり  子か知らない  子が抱きあったり  子はこよ  子が目をさました  子が寝たらつれていく  子に泣かれては  子はお乳がないとこまるから  子をかわいがりましたが  子はつかつかと縁側へ立って行った  子を教えておりました  子もありましたし  子も居ました  子がすきでした  子が何か答える  子のタルラが少し顔を赤くして  子はすばやくきちんとなって答えました  子のタルラはいちばんさきに立って  子が一本の高いなつめの木を見つけて叫びました  子は未だ鳥目の勘定だも知らずなどと  子に対する愛が差別のないのを考えても  子を生まなかったけれども  子の伊助がお人よしのぼんやりなのを倖い  子をうまぬ  子を生んだが  子のお眼唄ではやせば  子のお手おもちや持たせ  子のお眼見れば  子のお手あきりやおもちやをみんな投げる  子眠れ眠れ  子に締させる  子の足刺した  子と思えないほど  子と見え  子とを養わざるべからず  子にせめられ  子ではなくして  子を憂うる  子に与えて  子をもった  子の千松丸にゆずり  子を産み  子は不怜弥可おもひて  子を殺す  子を思ふと  子の教育に関しては深甚なる抱負を持つ  子で踞ってる  子も救ふ  子に於ける  子であつても日曜の午前らしいすがすがしい気分をあたへられます  子でもありました  子に去られて  子の頭からだんだん東京が離れて行く  子の眼を見るに堪へない  子は腸に病を得て亡くな  子がパッパッと飛んで来て  子の父御の供養して  子を捜して来やれ  子を捜して  子が母親の乳を含んでゐる  子がにが帰って来ました  子がにはびっくりして  子がには泣いていますと  子がには猿が親がにを殺したから  子がにがまだ泣いていますと  子がにはこれですっかり泣きやみました  子がにを連れて  子がにがちょろちょろはい出してきて  子の学問に出精するを見て  子と地頭には叶わず  子をばよく生めども  子のごとくして愛し  子を散らすがごとく  子に従うべし  子を叱りて  子を生まざればとて  子の不幸と言うべからず  子に良縁ありて  子を生きながら  子を生まざるをさえ  子を穴に埋めて  子を生みて  子に衣食を与うるの  子を生めども  子に向かいて  子の財を貪らんとし  子を生むが  子をうむが  子がいましてね  子もフロクに添えて  子にそのチョッカイを出したという  子を引受けてるの  子が同級生にあったが  子には枕する  子に乗りて来り給う  子の住む  子が大勢の生徒を誘つて來てガラス窓に顏を押當てて  子のために当分後妻をもたない  子の注目を惹く  子でせう  子に違ひない  子を見て来た  子を引き取って育ててやらないか  子の少いのを歎いていた  子を貰って参った  子が参りましたけれど  子には手習や歌なんぞよく仕込んでやってくれ  子とを残して  子と出来ない  子をうんとい  子を学校がひけてから残して  子はかうして  子がたつた  子がそれをした  子を揺り上げた  子の様に手の甲で目をこすりこすり  子が安らかな眠りに落ちて居ます  子を育るに牛の乳を用れば乳母を雇ふに及ばず  子も夫と父や兄の列伍に加って行動する  子をお側に置かれて  子の御面倒を見て下さって  子だけは自分のものだと思っていたのに  子をどんなに苦しめている  子も帰ってくるだろうと思っていた  子も障子の向うでくすくす笑い出していた  子は初めから寿命がないような気がして  子の刻の鐘がひ  子も口元をひきしめ  子の親がもしこの新聞を田舎で見たら  子んなって  子を一人持つた  子の中老人に憫れみの  子をだく  子をいたわる  子なぞはお乳をはなれない  子を養子にした  子の本性が現はれるので  子があろがさ  子は逢ひに  子は定めし爪はじきするであらう  子の行末をも思ふて  子には襤褸を下げさせ  子の事も忘れ  子を使ひに  子に向つて父親の讒訴をいふ  子が餘り分らぬと  子をも餓へ死させるかも知れぬ  子も何も入らぬ  子は長者の暮しといひまする  子の可愛さも分りはすまい  子もとんだ  子には結構な旦那がついた  子も引かず  子は退く  子の殖える  子のする  子は売っている  子は売つてゐる  子になんとか言はれたい  子をつかまへて  子を助けてやる  子になつてみたいよ  子とかいふ言葉に囚はれてはいかん  子が生れると  子でも出来たら  子が一番念入りに作ってあげた  子のかおを見ながら  子を生んだ  子のようにね入って居る  子が空の方に高く上がって行った  子が答えました  子はすこしもじもじしました  子にたずねました  子が申しました  子が首をまげて  子が目をパチパチさせて  子の手をぐいぐいひっぱりながら  子は決心した  子は小さな樺の木の下を通る  子はそっちを見ました  子もしきりにあたりを見ましたが  子は途方に暮れた  子はぼんやり答えました  子が無くて夫に別れてから  子に逢わせてくれと言い  子の悶えなり  子の迦具土の息の火に焦し  子の勝利はあれと喝破す  子が気発油をのんで死んだ  子になるだろうと  子ではないけれ  子の気持を想うと  子が私の大切な弟だからと云う  子の前にしゃがんで  子の様に子供達とゾックリ背中を並べてねて居た  子の心配ばかりしている  子の心配などしている  子となってしまった  子の機嫌をとって  子を呼んでいた  子の孝心に感動の余り涙にくれていた  子の将来を見とどけねば  子の育て  子が求めてきた  子を打っていた  子を生みなすったな  子の武勇に依って  子が大業をなす  子をお考えになると  子であるという意味を含めた  子はまだ六つになるならず  子は勢も増し  子まさに溺死せんとの  子のお家来になりに沈んでゆきます  子のように無心に見えて  子の無心の答えに打たれ  子のない弟夫婦が手許に置きたがった  子まで産まされている  子は子供にしか見えなかった  子の手をひいてゆく  子があった  子がいかにお嘆きになろうとも  子を呼んでおくれ  子の如く俊敏な気早な若武者でもあったから  子のように散る  子ではありません  子のように可愛がって下された  子に恥ぢない  子の如く愛していた  子となれるだろうか  子のように愛している  子がうけるとは  子でもない限りアンプやドラムを手に入れる  子や孫を評した  子に囲まれて生まれた  子として生まれた  子と言ふ  子を産めば  子を胎んだ冬の狐のように太っている  子の訶和郎が彼の方へ進んで来た  子のように八方へ飛び散ると  子の為に身を捧げる  子とならん  子はいかなるものなれば  子にわけて  子は親不幸をしてもい  子の為に心配する  子ほど可愛いものだといふ  子が肺病になったといふ  子におん身はなるであらう  子なもんでこやって  子だと云った  子に見える  子の香合があった  子としてのみ私が存在する  子の棺の寸法をとり  子とであると思う  子を庇って  子に別れる  子に愛される  子として孝ならず  子のごとく愛され  子は生めず  子にやん  子は声を揃へて泣き出した  子だつて幸せぢやありませんか  子に相当な身装もさせ  子かなんぞのように扱って  子に対する母の権威が非常に強いことにある  子は糟粕ばかり食ふ  子をうしろに従え  子の武勇を眼のあたり見て  子の死んだ  子の生れむをりの事をも頼みおきぬ  子の夢われと燃え  子の薄道心に淡色の牡丹今日ちる  子とつれだち  子おもふ  子の凡慮知らじと盗みに来しや  子をかぞへけるかな  子のおもひ寝の来しと  子が乱舞するなり  子を殯におくる  子に善きことを言へ牛つれて  子と別れて帰るうつら病む  子の何をののかむみづか  子の羅の裾ぞ杜鵑まつなる  子かな紅蟹をさはな怖ぢそねかくれたる  子にものいひにけり  子がほと  子を出し遣る  子から見た  子に対して負うべき  子の関係が人間生活に於ける  子としても避け  子の関係だのも破壊されて  子のように活動して  子の面倒を見てやってくれと頼んだ  子は盗みなんかしないさ  子としてばつが悪い位珍重しながら  子として存在している  子として珍重しつつ  子を収容した  子がまたうたいました  子がつつましく賢こそうな  子がどんなになった  子にも所見がないわけでもありませんが  子に国を継がせたく思い  子の申生や重耳を悪くいっていた  子を邪推する  子が親を慕う  子を求め  子のように逃げ出した  子の運命は将軍の手にある  子をかかえながら  子として恥かしい  子ではありませんか  子のようにこの日を待ち受けていた  子はあまりの下品な文体といい加減な構成に目を回して  子は再度の増ページ要求に耳をかそうとはしない  子の呑み  子のためになる  子は悪魔どもの助けで狩をしている  子は大きな雄熊に出会った  子は熊のうしろからとてつもなく大きな声をしてわめき立てる  子はすばやく逃げ出した  子になん  子をよろこばせる  子のよろこぶ  子の罪のない美しいお夢をまだまだかわいいきれいな深みのある  子もはやがわり  子がお嫁とりにでていった  子に伝ふべき  子よ恐れるな  子がありませんでしたから  子を下さいませんか  子の姿を見て  子を孕める  子があり  子が平生我儘をする  子のやうに大切にしてやられなかつたからだ  子のやうに思つてゐる  子も生木をかぢつてねこやなぎ  子になるに  子となりました  子の顔を見る  子を産ませ  子の延は軍に加えて  子に過ぎません  子をみると  子にずきんをこしらえてやりました  子によく似あうので  子をよんでいいました  子の父として省み  子の不思議には思ひ及べなかつた  子の母として考へれば  子を二人ともここで育てて貰った  子のやうに首を縮めた  子の大路を走れるは  子が居て呉れたらと云う  子もA子も来た  子が時間がおそいからと云って  子と云はん顔して  子とでもいふ  子の心地こそすれ  子よなど人の世にうまれ来し  子え堪へんや  子葬り終んぬ  子の指にふれて立つ  子を預けて置く  子を見に帰れば  子のやうにうづく  子のように空中で首を振っている  子は可愛いものであったろうと推量ると  子とが住んでいた  子もまたそれを他人事のやうに聞ける  子のやうにひらひらさせて  子の対話を眺めて  子を思ふといふは  子を思ふといふ  子を顧みて  子をよく訓えてくれとな  子は悲しむ  子をすかした  子も黙る  子をみる  子を意見するほどなりき  子ありて子に後れ  子のハシる阿  子まで産ましているという  子を誤魔化して  子が断え孫が断えてしまったら  子は末おそろしき子だぐらいに考える  子もこの頃では大分鳴きつかれていた  子は死んで  子が語り伝えている  子を育て  子のやうな顔をしてゐた  子がさる立派な学校へ入らっしゃる  子よ何をおもへる  子のゆく  子をとがめた  子の泣く  子の基督を信じ  子か貰ひ  子が出来た  子は悪い死様をする  子に会ふとすぐ食ひ付いてしまひ  子になるなんて  子ならどうにかなるが  子になってしまっては  子になり  子を生むまでは死にますまい  子を生むという  子を生ませてはならない  子を闇へ葬ってしまわなければならない  子や温い家庭があり  子の怠惰にてもあらば  子のうま煮を白い白い御飯と食べた  子のあり  子を想いては  子を悼み時を歎くの  子を思うも恋い思うとばかり詠む  子のように逃げ分かれてくる  子の便りも知っていよう  子に届けて給われ  子を呼び  子を生み  子があるが  子にならんと  子と思えば  子を正視しなかった  子を見て  子をお沢に賜わった  子をふところに押し隠し  子がどうして札つきだと言われる  子の姉は実の父と夫婦の関係を結んでいるという  子の性格の上にも陰鬱な影となって落ちており  子からは肉体が感じられなかった  子か悪い子かを問題とする  子を殺して  子という事になって  子には旅をさせろである  子のかわいさにひかされて  子がどてをまわって  子もわあと泣いてしまいました  子がすまして  子を指さしました  子が言いました  子の机の上にはきたない石かけが乗っていた  子がどういうふうにしている  子はちゃんと前へならえでもなんでも知ってるらしく  子も嘉助のあとへついて  子もときどきふりかえって見  子もすまし込んで  子も勢いよく手をあげましたので  子はこっちをふりむいて  子のことを話しながら  子はまだ来ていませんでした  子の硯に水をついでやったりしていましたし  子だということを証拠だてる  子のほうへ寄って行き  子のそぶりを凄い目つきで睨めつけている  子を指しました  子に向いていました  子はもう見えませんでした  子のことばかり考えていた  子が草に足を投げ出して  子のマントの上にもかかっている  子は大きな目をして  子の前まで来ました  子が口を曲げて  子は落ちついて  子は空を向いて  子は空が紫色がかった  子はもう本当に大声で泣いたねえ  子はやっぱり笑う  子はわからないよ  子が顔を赤くして叫びました  子と相談し  子を毆ち  子に遺言して  子は遺言通り石を墓中に收めて葬つた  子は手掛がないので追ふことも出  子は許可を得て  子がふりけ  子はこんな腕でだき緊められろ  子にでもする  子を立派に育てる  子のひそひそばなしを聞かせられてゐる  子のようにバタバタ動かした  子の愛に惹かされる  子をかばう  子返してと追うて来る  子を返して賜わらぬならば  子でも洗う  子が梁の上をチョロチョロチョロチョロと動きまわっている  子が梁のおもて  子をたづねますお舟に積んでる  子のお好きなものばかり燕と柳柳の下から燕が水汲む  子の泣き声がした  子を亡ってしまった  子を四人も討った  子を四人も討たれたというか  子の群書を読むを聞き  子たるものの道にそむきます  子だといわなければならない  子が訪ねきたか  子諸葛恪を太子左輔とし  子のように愛していた  子で早くから魏に仕え  子の痛ましい心の爭鬪に對して働いてゐる  子の心と心とが歔欷の中にぴつたり抱き  子がひとり世に生れている  子だと言って  子を見  子の方に振り向いて叫んだ  子は白くかがやく  子もある  子から言えば  子は之を奪う  子を埋めざる  子が郭巨の妻に抱かれて  子を束縛する  子も死んだ  子の爲めに生きるといふ  子を生めば  子の叱られてゐる  子の泣いてゐる  子もいますが  子もいる  子がいるの  子の目の前で行われた  子は世帯じみていた  子のために三人の男が死んでるという  子がいるのよ  子ほど気違いじみた  子を宿して  子をだいて  子は目をふせて答えなかったが  子と同棲する  子を世話しちゃったのよ  子をおろす  子が生みたい  子の十九という年齢について考えると  子の屍体が行路病人みたいに扱われない  子の自殺が発見されて  子や孫もできるし  子だからお土産うんと持って来てくんなよ  子を顧みる  子も親を顧みる  子に胎を裂かるる  子は母を噛むなり  子の爪が幾つもお腹に引掛つて居る  子のように思われて  子のような心持がして  子を負いまして  子に手を引かれて居ります  子を連れて来て  子を持とうとしている  子のやうに掴み上げると  子を揺り揺り  子を負い出すと  子になっておくれな  子は手放したくなかった  子を負いかけては  子を早く手放して  子の年とを繰って見たりなどした  子の年など数えはじめた  子があるので  子とが起きている  子が育ってでもいれば  子を膝に抱いて  子に心づけてくれた  子の間芳太郎に刃物で追っかけられた  子よりは役に立つだらう  子に馬鹿にされたよと  子じゃ聞き分けて休んで  子を養っている  子は身体の内部が焦げて塞がっている  子は息苦しそうで小鼻が動いていますが  子を持って  子を見た  子のような眼付で私の方に窺いよってくる  子のような顔をした  子に分けて  子を助けただけで  子と名乘れなかつたかも知れないが  子と地頭には勝てぬ  子がはいってきました  子はぼんやりした  子は俄に勢がついた  子はせ  子がどうする  子は棒をもって  子はしばらく首をまげて考えました  子はさっきのようにとんとん叩きながら  子は大へんあわてて  子ばかりお助けをいただけないとは  子はゆうべ来て  子に伝へられる  子を一人負つてゐるといふ  子が先きへ乗った  子がもう二人もできていて  子も戦争中兵隊にとられて  子は殺される  子という言葉はわかった  子と小さく書いたばかりである  子の何者かをすぐ悟った  子を二匹書いて  子がいるとする  子が結婚に信仰を置かなくなる  子を生ましめ  子を生じ  子が立って  子が親のかたきを討った  子の筆なりと言はる  子とが自然の愛によつて結合されたるは  子を嚇すに  子で通さうと  子になりたいと  子の運命に對する  子はだれの子かわからない  子を抱いて居ると  子をあやした  子は降りないよ  子もらって育てたが  子を持った  子のことを思いあわれになり  子を愛す  子と地頭にかてない  子が腹にゐた  子か猫の子を處置する  子を遠い旅に送つた  子の朝夕を案じてはゐる  子の苦痛を見まいとする  子を抱きて  子は何も知らず  子のことを思ふ  子が俺に似てゐると  子としての生活によつて提供されたる  子とを持つてゐても  子とを社會の前に隱さうとする  子に一生の安定のために分けられる  子も孫も皆若死して  子や孀では暮していけない  子とし  子の刻近くなっても  子の刻が近づくと  子にくれてやるぞ  子をまい子にしてしまっては  子を迎えに来たが  子の甘つたれをとがめもせずに  子に渡すと  子を観察して呉れ  子に添乳して  子なら必ず立派だと考えていたでしょう  子に芽生えた  子をほんとうに五歳たらしめよ  子をほんとうに十歳の子供たらしめよ  子に命じた  子なる耶蘇を焦して  子でも馬鹿な子でもないと思はずにはゐられないので  子の離反としてだけに止っていない  子が酒罎をぶらさげて  子になって下さい  子のために自分の悲喜を殺し  子はだいぶ退屈している  子があっても  子の可愛い事は知ります  子が出来て  子の胸を聞きますからさ  子じゃ有るまいが  子でも可愛いと思って  子も本当の親の様にするから  子と異って私は少さい時からお父様とばかり一緒に寝ましたわ  子じゃア有るけれども  子を探して啼いて居るから  子を打たれ  子にも逢えず  子も口惜しいと見えます  子を殺すと云う  子を生落して  子の如くにお繼を愛します  子にした  子を連れて逃げちゃった  子は頭髪に赤いリボンをつけていた  子は女に違いないと思うわ  子のまだ知らぬ  子の父親のことを教えて下さいな  子であることを証明する  子の運勢をきめる  子を抱いて  子の咳が治ったばかりか  子を水の中に落して  子があって  子であった故に不思議な力がありました  子を祀っていたからの  子を連れた  子を育てるという  子のあだなのようになった  子を生んで  子がそれぞれ大きな山の主になっているといい  子をとり巻いて  子が地蔵様になります  子が小石を持って来て  子へと代々よそへ逸れずに伝わったという  子のないお神さんが大変喜んでくれたので  子がほんとうに自分の生んだ  子は何んていい顔してる  子は訳あって  子が悪者の手にかかって  子を拾い上げた  子ありが外に遊んでいて  子ありがいいました  子ありがとまっていた  子に成りたがるからいけない  子と感じるに  子だと信じております  子に乳をやっていた  子は青ばなを二筋垂らして  子は芸人にしまんねんと喜んでいたが  子の母親は安井さんのすぐ傍で生みながら  子の継子の身の上を思いつめながら  子がいて  子らしく学校でも大きな藤の模様のついた  子の姿も見られなくなるという  子のやうな反感を抱いて居る  子あぢすきたかひこねの  子にうそをつかなかつたか  子になりたがる  子は多少気兼ねでもしているとみえ  子は多少気兼でもしてゐると見え  子は多く武事に從ひ  子なりという説がある  子と生れながらも  子なることを吹聴し  子たることを明らかにし  子なりと言っている  子なりと云ってみたり  子なりと言われた  子を小姓に召し抱えたとか  子なりと云い  子なりとしてこれを畜身糞嚢に比したる  子にて候ひしかば  子が糞嚢に金を包むに比したと  子たることを認めている  子なりと強く言った  子なるが如く解せし  子と呼号した  子までも生んだが  子を下す  子を預  子と和みくらさん  子とは言はせねえ  子の父母となるに  子を家庭に教育するの  子の名とがつけてある  子が遊び  子に肖ない  子はどうしているだろうか  子をこし  子をいつくしむ  子を見つつ  子を坐らせて  子をほめてみる  子なる我はかく育てり  子に先立たれた  子と称して居られますが  子だねを与えようといった  子も飼つてゐた  子といつしよに  子を庭の草なかに放してなくなしてし  子は独逸語習ふ  子としての心痛にいたく心を動かされました  子って云うのよ  子が口を小さくしながら  子だったら只もう不愉快な感ばかりになって仕舞う  子だった事を云って  子の悲しみははじまる  子にしろ  子はよう寝とる  子を一目見た  子の弓削浄人がこれを孝養するについて  子の大太夫を小姓に使ったが  子であると呼号して  子を小姓として寵愛し  子だかよくは分らない  子だと云ひました  子を一人抱へました  子で名は矢ツ張り支那流の六ツか敷い  子の泣き声が聞えた  子が泣き出した  子の棲めるを見て  子が生れるかというと  子のようにヒヨヒヨな赤坊が生れ  子をなす  子に守をさせる  子との権利を守られていても  子に甘い父親がやるだろうと思う  子が四つになると  子を呼びました  子はぼんやりしていますので  子をぶん殴りたく思いました  子のような赤子の写真が入っていたりした  子は蛙とはよく云った  子というものが無いのをかなしんで  子を取られて泣く  子ちらすように逃げ出す  子ではありませんが  子が相続人になっている  子を絞め殺した  子の四郎の五歳になれるが  子に乗り  子を負うた  子はやっぱり大人で童心を持ってる  子を巴里へ置いときませんって  子だから今日はもう行って  子ったらありゃしないのよ  子の室を出た  子は殺されていました  子だからお金はどこに仕舞ってあるか教えておくれ  子から組み立てられていると云う  子の死亡屆を書かせける  子の姉を尋ねて  子の手をひいた  子をつれた  子があったのに  子も無くなる  子だから対面したい  子を養子にすれば  子の名誉のために守り  子の胸にもひしとこたえた  子も小さい子も思ひ思ひに  子によく納得できる  子は姉に預けて育ててもらう  子もしくは孫時代までは変らない  子があると云う  子になろうと云う  子を生涯日蔭ものにする  子や女房や夫をこんなものだと考えていたら  子の言葉のはしばしから察しますと  子は郷里にいる  子の心に深い極印をおしていたに  子の室を仔細に調べてみました  子が持っていた  子の後ろについて廻ってた  子があのような死に  子だったと申しましたが  子を男の児ときめて  子がどうしたという  子が宙に浮いて  子が宙を飛べる  子が宙を飛ぶ  子が宙を飛び  子も悦んで  子を買って来た  子をひろひ  子の眼玉へ接吻したりなどする  子は何かの因縁とか因果の種とか云うべき  子は出し抜けに立ちどまって  子に接吻をしてやりました  子は死ぬほど  子は私に云い寄りました  子が摘んだ  子は部屋へあがって行く  子を気狂のように逆せあがらせてしまいました  子が満足するだけ  子は火のような手紙を書いて  子はもう一人前の男のつもりでいたので  子はすぐにそれを覚って  子の小さな学帽が泥だらけになって  子の金色の頭髪のながい束を一つ貰った  子の両親とその一族とについて率直な言葉を語る  子を二どみただけだった  子をみつける  子の生まれた  子の源左衛門とが流浪した  子が二代の五助となって  子じゃというて  子に生まれた  子で近習を勤めていた  子を消していた  子が生れたとしても  子と思い込ませた  子は斯うして永久世を去った  子は黒人の子を生落したりと  子に命名したりしてゐて  子をまふけたり  子が死んで  子の方から手をくだした  子は豹一と名づけられた  子を掴まえて  子を掴まえる  子がなかなか掴まらぬので  子を探す  子を抱いてゐて  子を産むな  子なんか産んでくれるな  子を産みやが  子を半時間も経たぬ  子を探る  子を養子にくれて  子は余り人に好かれないだろうと思った  子の感情を限りなく魅する  子を入口の幅が狭いため食えない  子が三人並ぶ  子をおこしてし  子になっていた  子は背負切れぬ  子にはレッテルの洋字が読めないので  子のうまれる  子の美は不思議となるでしょう  子の眼は地におちた  子の声は海の不思議な声となり  子の眼は海のなかの不思議な光となりましょう  子はやがては私のための小さい篝火ともなりましょう  子が愛を以て殺す  子がダフウトと名づけられた  子を持つという  子を夢にみている  子を胸のなかに描いている  子が生まれるでしょうから  子が十三になった  子はただものでないと思いました  子がなければおかめを勤め奉公に売っても  子もありまして  子が出来るよ  子を鹽原が貰う  子を貰って往けば  子のためには叔父さんに当ると云うだから  子のつもりで往きやすべ  子に怪我をさせては  子を勾引した  子を連れて来て下さいましたか  子に聞いても  子ですから私の気に入らなければ叩き出しても  子と思わず  子が残っている  子を己が勘当する  子を棄て  子のように思って居る  子に臥し  子と云えば  子の多助でがんすよ  子でも其の位の事は弁えて居るだろう  子と思わせべ  子だか嘘の子だか知ってるが  子を設けると云うは  子が出来たから  子ではねえと縁切って  子の代には屹度消える  子が最う些と訳が分る  子をお前は得心の上で目を掛けて育て  子も感心ではありませんか  子だからお前さんが育てるが  子の後姿を見送り  子になってるじゃないか  子を生せ  子をふんだくろうとしてる  子として入籍する  子を産んだ  子が方々に泳いでいた  子のように口を並べて  子だけあって  子にまで落ちぶれた  子に附いて来てはとも  子をさして母をこまらせ  子をなかせたる  子をのこして  子を産ませるとは  子をしっかり握った  子は非常によく両親のいずれにも似ていた  子だと思ったの  子の代りにわたしの命をとってくれと  子の血液を一滴ずつ取って  子の真偽を鑑別するには  子は同一種類に属する  子が親と同一種類だとはいえなくなる  子を生んでは  子に焼印を捺す  子を持ってからは  子としての愛との恐るべき  子が好いて食べた  子のように頭をすくめるより  子はいつも沢山で群をなしてゐる  子いつも一人で赤とんぼ旅の法衣がかわくまで  子のことを百舌鳥が啼く  子にをとこべしを  子がたずねます  子をひざに抱き上げました  子の口からキスを一つもらいました  子の目で見やられると  子だからこらえられるだけこらえて  子の口をすうてやりますと  子は毒とはなんのことだか知りませんでしたから  子の命だけはお助けください  子とがほとんど本能的に憎み合うという  子でも可愛がる  子を四十八で亡くし  子とは続かなくな  子はもはや明日も家はないでせう  子で背負った  子を授けられ  子も亦我を立て  子の氏政に至っては  子の弥一右衛門は奥州の葛西大崎に封ぜられた  子とも家来とも思って  子たる伯耆まで冷遇さるるに至った  子は不忠者になって  子は後に黒沢六蔵と云って  子の踊りを見た  子はいなかった  子まであった  子がいる  子を二人も抱えなければ  子は誰にでも可愛がられる  子の寢姿をみて  子がなくなってしまいました  子のために再び鎌倉へ召し出される  子であるということを知った  子に随いて  子であるかも知れないが  子との枕頭にいつまでも  子とははっきり眼を覚した  子を孕みまでしたが  子を腹に宿してる  子を憎んでいらっしゃる  子をどうにかしてしまいたがっていらっしゃる  子をどうにかするとかしないとか  子にことさらのお恵みと幸せとを与えたまえ  子だつた昔を懐がつてゐたかも知れない  子を養育して  子の絵が幾枚もかさねてかけてある  子が死んだ  子の人形を与えてやる  子の珍味がある  子が生まれる  子を釣る  子の肌には青銀色の鱗に微かに小判形の斑点がうかびでて  子の姿を見ない  子の方が姿が優れ  子を取って喰ったという  子にしようと思えばこそ  子が産れると思います  子と思ってる  子だと思うと  子が親に似る  子を貰う  子か分らぬ  子に対する怒りが燃えあがった  子は十二までの数を知つてゐる  子は偉い人になつて帰つて来るから  子にひとつ残す  子へ子から孫へ伝えられる  子の前に自己の威嚴を保たうとする  子の父になつてゐた  子だと氣附かれる  子かも知れません  子の頭はもう一寸四分ぐらいで鴨居にまで届き  子をたしなめようと思ったばかりでなく  子を憤らせた  子はまだ物足りないような顔ばかりを見せた  子は十八の歳に中学を辞して  子の早熟が気にかかった  子の通う  子を強くしたいと考えたからで  子の上を案じ暮らして  子のために永住の家を建てようとする  子の心を見つけた  子のように新しいものを求めて  子に来た  子を郷里へ送る  子は時々末子のそばを離れて  子の家に帰った  子を送り出すまでは  子を送る  子のために建てた  子を目の敵にして  子はスープにでもしちまいましょうよ  子は何処へ行ったの  子は田舎へ行きましたの  子の六歳になる  子は少なくもこの点で幸福であるかもしれない  子を産んでいるという  子を育てていた  子はやはりどろぼう猫になる  子でもやっぱり兄弟の間でいろんな個性の相違がある  子に比べて  子の三毛は今でも時々隣の庇に姿を見せる  子はずんずん大きくなって  子をおよこし  子をおよこしったら  子飼っておく  子が出来ると思うと  子を飼っておく  子が不憫でならぬと言って泣き出した  子が可哀そうだと怨んだ  子を愛する  子と絶縁してしまう  子を暖き懐に抱きよせようとしておる  子は夙くに堕落し切ってしまう  子を抱きしめる  子で何国の産という事を知らない  子に小遣銭をおやりなさい  子のことをどうしたら  子の着る  子が来て  子の栄三郎や宗十郎の子の高助や田之助が一人前の役者になっている  子を連れて居たとあるから  子のぷつぷついふのが聞える  子を噴き出すと  子とを眺めてゐるのであらう  子が出て  子は女までも法師にした  子多須那が出家して  子は叔父に連れられて来た  子が来ると  子のやうに接近してゐて  子はあなたに似てゐやしない  子は彼等と一しよに  子を抱き  子にのばし  子は前掛けの衣嚢から干した  子に相違ないと思う  子の眼はこの頃から既に光りを失ひ始めてゐた  子の可愛さは忘れねど  子を置いてか  子の呼声聞こえぬ  子を一人も生んで  子をおき放してかえってしまった  子の大事がる  子が病気で入院した  子の秀夫は何事にも無頓着で一人で騒ぎ廻っていたが  子を真面目に愛した  子のよくやります  子のやうに思ふ  子ほどある  子は全く可愛いい顔をしてゐた  子だのが通訳してくれる  子を言つてゐる  子を産みたいといふ  子がなかなか信じません  子の信仰は生れた  子と云ふ  子といふことにも解釈出来る  子としての立場にある  子と様々の物語しつ  子は空知川沿岸に於ける  子が立つて居る  子だと感違いしてる  子をあやす  子をつかまえた  子を一匹捕えて  子へ口で伝える  子をうんとふやす  子の教育ができない  子なのそれが私お母さんは小さい時に亡くなって  子はあなたの眞似が  子と握手をしてはいけないといはれてゐるからです  子はよろよろよろめいて  子と称して  子の晩を忘れ  子という名は一般には知られていない  子の関係は説明し  子搗きというような遊戯がだんだんと盛んになって来たので  子が生まれるから  子と呼んでいる  子が天から降りて  子は驚いて飛んで  子だけは後に残したといっている  子を挾んで飛び去ってしまった  子には別に餅などをねだらなかった  子を産めなどともいったから  子にしてもらったりする  子を抱きかかえている  子を連れたりなんかして歩いてゐる  子だからだなぞと祖母の云ふ  子を生むと  子が出て来て遊ぶといふ  子などもゐた  子を神聖な社殿などへ隠匿う  子を捕らえた  子を神の拝殿の前で焼き殺そうと致しました  子はいったいどこへ行った  子のジョンだと知った  子でも旧大名のお姫様のお供をして歩かれる  子を返した  子まである  子まで産まされてし  子にまで愛想よく振舞ふ  子よそれは去年の春の事花は霞にこめられて  子は籠に飼れし  子のたはぶれて  子のげに横着者よ鵙の子よ花壇の春土やはら  子よ慰藉に唄ふ  子がかたまって  子はまだきかない  子が二人もあって  子の前がはだけて  子の眼に見つめられる  子は何か誤解した  子さえめんげえもんだっち  子がその息子に娘からの手紙を持って来たが  子も間が悪いと見えて  子とも弟ともつかぬ  子を分娩したが  子だと告白した  子を成し  子がだらしなく泣き続ける  子もやがては自分が通って来た  子を膝の上に乗せながら  子だというふうにながめられている  子を小婢に背負わして  子にかしずく  子は今あの池の端のさびしい小家で何をしている  子を思い切り仮借せずに  子はありましたが  子として親の首を打つという  子と町家の子とのあいだには自然に隔てがある  子と喧嘩をして  子が二三人通って来るだけで  子だけは一緒に連れて行きたいという  子に相続させないで  子鳴いて戻  子という言葉に代えて仕舞っていた  子が五つになった  子を捨てて  子のことが気にかかり  子のために死に切れず  子にして仕舞いたかった  子を付け覗っている  子が歩く  子は早く睡りしに  子が為の収入を多くせんと仰せられしなりき  子といふ可愛きもあり  子の顔を見ると  子は三人あって  子もない眼に会わされるかも知れないよ  子の義信も負傷している  子を売った  子の綿入を袷に脱ぎかえて  子を躓づかせる  子もなりは  子の立ちあがる  子の癖や扱ひ  子は手すりに両手をかけた  子はやがてそろそろと用心しいしい  子はおしつこを漏らす  子の前をはだけて  子が生まれたら  子が寝ぼけだす  子のベットのそばへ寄つて行きました  子は父親似な  子にめぐり  子とはいへ  子なんでせう  子であったといわれる  子を匿った  子の養育にかまけ  子を世に残したいとは思わぬと言う  子はあわせない  子はたずねて来  子の心もちになると  子はこうしている  子はもう帰って  子があまりによく肖ているという  子がわたしの方へは来なくて  子の手をひいて  子がいるじゃありませんか  子がぼんやりとしか見えません  子の姿がぼやけて見える  子が亡くなってから  子の訪ねて来た  子へのっかって  子をひとに押しつけ  子だから行ってらっしゃい  子は肥るが  子は痩せると  子は子供と一しよに  子は子供のもてあそびになるからです  子が生きたから  子にしても  子かわかる  子を抱きとった  子も奪られちまった  子かと思っていたら  子を負ぶって  子にしたがえじゃ  子を儲け  子の身持に対してひどく気を使っていた  子は親に従がった  子だか分った  子の始末をどうしてくれるか  子だって勿論誰の子だか判った  子をいちいち自分の子だと信じる  子のために何とかしてくれなければ困る  子について語ったとしても  子さえ儲けられて  子が帰つて来る  子は顔を見合はせる  子に続いて  子のひたいにのって  子の胸の上にのって  子にわるい性根がうつって  子だと思っていたに  子を見ても  子が寝返りをして  子だと云って  子は近頃ベースボールに熱中している  子が徴兵検査で急に国へ帰らなければならなくなったが  子は期日までに国へ帰って  子は痛くとも泣く  子は次の日みんなに撲らせました  子に弓引く  子を生んでくれ  子というほどの  子の父となつてゐるだけの  子はわなわなふるえる  子ちっとも出来ないのよ  子をおろしてしもたらど  子として生れ  子はおれが一本にする  子と生れて  子の生れた  子のように怯えた  子はいち早く荷物の疎開をはじめた  子は大きな坊主頭を母親の背におつつけて  子は猶も父親を呼びながら  子を産むと  子のお母さんは何か悪い病気を持つてゐた  子はまだ口がきけない  子にしてやらうと思ふ  子には僕たちの知らない  子の出現の始めに禊ぎの水を灌ぐ役を奉仕してゐたらしい  子の出現の始めに禊ぎの水を灌ぐ役を奉仕していたらしい  子が居酒屋の飼犬に噛まれて  子を呼んでゐる  子の額に消えぬ  子うらなへ悔います  子を誰と知る  子よ肩おちて  子が昨夜の泊の唄ねたましき泣かで急げやは  子の夕を待た  子ならずよき墨なきを梅にかこつなある  子がひたひ  子にかせしは  子行くは旅の君まどひなくて経ずする  子を木かげに立たせ  子とききし  子のあまりによわし袂あげて  子と友のゆふべをゆびさしますな  子この子にならふなの  子と神よ見ますな  子うらわかき僧よびさます  子ぞわかき子が乳の香まじる  子に君こころなき春をおなじ急瀬さばしる  子のすがた絹に成らず  子ありなば我れ道きかむさそひ入れて  子が狂ひの  子の血ぞあまり若き夏やせの我やねたみの  子の歌をきく  子が胸の小琴の音を知るや  子の悔ゆる  子の恋をもとむる  子の恋われあやぶみぬ病む  子ほのほの  子におちぬ  子やよわき梅暮れそめぬ  子のこがれよりしは  子の髪のやはら  子と歌いだす  子のように愛した  子は絵本に電車を見つけると  子を呼んでいる  子といふものが思はれ  子を背負った  子を頼みますよ  子になって  子とはこの東京にちゃんと住んでいる  子を失くしたらさびしくってならんから  子が呪わしくなくってどうしよう  子に下される  子の生活を天国に結び付ける  子が子らしく育つ  子でわたし  子ももうずいぶん大きくなったろう  子も思ったほど  子の事を思うと  子の顔を見てやってくださいまし  子を試み  子を育てるという悲しむべき  子もありました  子の産衣料となったという  子を大事に思えばこそ  子ほども年の違った  子のようなものを好んで食ったばかりでなく  子などに関ってはおられなかった  子の父となったと聞いた  子によって旦那の不品行を忘れよう忘れようとつとめる  子も捨て  子のことを思えば濡れない  子はおげんが三番目の弟の熊吉から預った  子の愛に溺れ浸っている  子もなく夫にも死に別れた  子を生まん  子と書いてある  子が男女取り交ぜて  子を立てるとしたら  子なりを強盗にでも殺されて見れば  子の母となりながら  子のように口をそろえて  子と三人で食卓を囲んでいました  子の事までもむらむらと思い起さざるにはあらねども  子という名前がきっと判るよ  子のようにやはり善良な微笑につつまれた  子に握らせると  子に何のつみがある  子だと思いながら  子のように美しい透明な瞳をしている  子のすきなものを買ってやってくれる  子は死に  子の最も幸福な瞬間であったような気がした  子が死んだら  子のために祈ってやりたいね  子を祝福してやりたいと思った  子の刻も過ぎつる  子としたであらう  子の権八を続け  子に同情して  子を打たんでも  子も及ばねえだ  子にしたいと  子になっているからと云っても  子を抱いて死んだ  子のように湯壺の中にこみ合って  子が捨てられたか迷って来たかであるに  子であるかもしれないと思われた  子であればあるほど  子はほんとうにいい子だったのにかあい  子もほんとうにかあいらしいいい子だったのにかあい  子は全くいい子だったのにかあい  子は全くかあいらしい女の子だったのにかあい  子なんだけれどかあい  子も居た  子だねえつて言つたのを覚えてますわ  子の名前を聞いた  子の顔も眼に浮ぶ  子を後援していたが  子を贔屓にする  子はとても物にゃならない  子を胎内に宿していた  子の父になった  子が生れなかったので  子はすぐ死んでしまった  子の名前で健三に賀状の返しをした  子に子が出来た  子だけが器量好く育とうとは  子が可愛くなるばかりであった  子としての待遇を彼に与えなかった  子だって生れたては  子は何といふ我が儘な子でせう  子は他所へ行くと  子も段々笑い出した  子の声が次第に怪しく鼻にかかり  子は此娘をお前と呼ぶべきな  子は娘の境遇を忽ち推察した  子はメリケン粉をこねながら  子は傍に見ている  子の頬の赤い丸顔に投げ  子の胸にはびこった  子が圧迫を感じる  子は神経質になった  子の心に湧いた  子は瞹昧極る微笑を洩した  子は合点をした  子の顔は見えず  子はやっと沈黙を破った  子は重大事件があると云う  子の方を見た  子は終に決心した  子は良人には行かれ  子を見上げ  子の或る苦しみに参つてゐた  子ではなくて何かの菩薩のような気がする  子を祝する  子が軽い大腸カタルを起したらしい  子のやうに首をちぢめてみせた  子の生命の為には惜しみなく心を労する  子が何かの序に仄めかした  子の刻を過ぎてゐて  子が私に似て  子がお生れあそばしたのに  子の刻を過ぎても  子の愛にひかされて  子を持てば  子の愛に執着して  子を手放す  子を抱きしめた  子だか何だかわからないといふ  子に對する  子の病に對する  子が言ふ  子もあつたんださうですから  子の道綱の口からもさういふ  子を守育て  子の十一歳となったを  子が相続して  子が喜ぶ  子になっての  子をみわが生んでゐた  子の夢こそは胸を閉すに  子にばかりなる  子の親の胸を劈く  子をかえせ  子の玩具を二つ買った  子を迎えた  子よまさきくて  子を一人捨てた  子ができなかろ  子を産むじゃないか  子が倍になったぞ  子と思われないで  子か四五歳の男の子供まで出て来て  子の傍に寢てたがな  子は皆一張羅の晴着を着せてもらい  子が皆遊んでいるのに  子を殺してしまう  子は運よく死ななかっただけです  子を玩弄物にするにも  子と称へられた  子の処置に窮して  子なき女は去るべし  子を養うべし  子あらば妻に子なくとも去に及ばず  子なき女は去るべしという  子を持てなければ去るべし  子とをそのように暮させたいと  子をあやして楽しんでるらしい  子に課された  子は父から独立している  子にも恥しい思いをしたし  子のやうにも思はれます  子の河津三郎を殺させ  子の五郎十郎が祐経を殺したという  子と地頭に勝てないという  子を散す  子を負つて何か賣  子が案内係りもやるという  子はいない  子で私を知らぬ  子をつれていって下さい  子が気に入ったなど  子を招きよせて  子が君と寝室に於てビールをのみたいと云っている  子を殺し  子がゐる  子はとても怒りんぼ  子かわからないのよ  子でも無えものをおつつけられてたまるか  子だと考へる  子も制約出来ない  子の和解の道は得られない  子を持ったからである  子を育てるに至ると  子にきまってるな  子は七番目にころんだほどであるから  子にきまってる  子のために存在するか  子のために存在した  子のために生きる  子としての一生を終って  子長ずれば別に船を設けて  子を見つめていましたが  子なら生れない  子を出す  子を出したり出来るかい  子が突然大声を出しました  子に学問はいりません  子の処置についてはまだ考えてはおりません  子が順番でかわるがわる取る  子ばかし写っとった  子もなくなる  子の家へ立寄った  子は今桑摘みに行っていないが  子が四人に姑もゐると聞いた  子の陰性とその正反對なものの間に相通じる  子を疑  子を目の前で見てゐて  子を利發だとするらしい  子のようにも思っている  子に言い聞かしていた  子の発言はきく  子の入鹿が殺されただけの  子もあらずや  子をお化けにした  子の様に大きなオーバーの中へ首や手足をすくめる  子と思う  子がちょろちょろかごから歩き出して  子か何かのように思っている  子と一しよに遊ばなくてはならなかつた  子が二人出来た  子は反り返  子の娘をさしてさ  子だか知らんが  子は別の子のそばにいって  子はまた別の子にささやきました  子たる大友皇子殺害事件が偽装すべき  子のことを考えるには及ばないとか  子とも視て  子を皇太子に立てる  子を褒める  子から親が生れると考へる  子の母の見し  子の片頬に大いなる赤き痣ありしに  子を見せし  子になってしまった  子だと自然目もくれない  子になった  子がそう云った  子の奴が縁側から這いずり落ちて  子のように可愛がって教えてくださった  子をつかって  子を余り好かなかった  子に牙をつけてやった  子など孕まずに  子が上がって来て  子とがそのめぐり合わせに挫かれず  子を釣り  子の生まれ侍るには困じぬれど  子も随分苦労をしてゐるらしい  子はさっそく兵隊をつく  子の顔ぜんたいぐらいある  子もやはり片足ないのだろうとおもっていました  子に来てもらっても  子という生きた  子として恥かしくない気品も実際あった  子は泣いている  子を相手に油を売ってないで  子だと思う  子を推挙して  子らしゅう扱って  子ともう一人の上の子の六人口をまかなっている  子にしたい  子は多勢あっても  子と子の結婚を考える  子の為めにも好からずと思って  子に対する達雄の心配も一層深く引出された  子が自分の自由に成らない  子が自分の自由にも成らない  子を抜く  子はこうして置いて  子の煎付けた  子も置き  子は一緒に成って泣いた  子の無い自分の嫁のことを思出した  子でも造りに来た  子がそれを壊さずに  子から受けつつある  子が関係した  子のことを考えて行かれる  子にして育てようかしら  子の泣声が聞こえているという  子のまあ背の高いことと驚いた  子や禰宜叱る  子を禰宜が出て来て叱る  子はかくかくの不都合を働いた  子に限っていたので  子は兵児帯をしめていたが  子は大抵角帯をしめていた  子などを売っていれば  子を細かに刻んだ  子が揃わないので  子の代に一旦亡びたので  子をうしなった  子の亀千代を保護した  子を捨て  子は可愛いものであったろうと推し量ると  子の墓前に立って  子のうれしさよ枕蚊帳五月雨大井越えたる  子は仏閑古鳥かい  子の寺なつかしむ  子に交っていたすでの  子の病気がなおりましてからはねえ  子の年を数えるより  子と間違え  子であるからにはよほどの年齢が相違するだろうにもかかわらず  子と間違へさうだが  子であるからには余程の年齢が相違するだらうにも  子は無事に迎えてくれるだろうかと  子になるか  子の母親になる  子のきょうだいになる  子は死んでいる  子が火のつく  子を取って  子の血を吸う  子を易へて食に充てた  子を烹て羮を作り  子を食した  子を肉屋に賣り渡し  子として育つて来た  子や弟いふ  子から母へ差出す  子の忠烈王は早く蒙  子を孵して  子が逃げこんだ  子でもお腹へ入った  子ありとは知るやしらずや  子まで他国へ流浪させてしまった  子にも会わせる  子に会わす  子を足蹴にしやったな  子の肩に抱きついて  子を持ったが  子なら持っていても  子はかわい起きて  子を生もうとしない  子のように帰って行った  子よりは承  子の辮髮を掴み  子之能仕  子としてその父の重罪を誣證するが如きは  子としてその父の罪を僞證したといふ  子の罪を證し  子の親を訴へる  子に對して  子の四郎兵衞と共謀して  子を生埋にせんとした  子の親に對する  子に何等の義務を果さぬ  子の親に對すると  子を教へざりし罪を責めた  子として國民を支配する  子たる資格を失はねばならぬ  子たる義務を怠り  子が親に言う  子が幾人も死んで  子が自分の自由に成らないに  子の胸に復活った  子の遠い旅立を送るかの  子のことを考えて行く  子を失うまでは  子が親を縛るという  子の無い豊世がめずらしそうに言った  子のことも考えんけりゃ成りませんからネ  子の方のことを考えてますよ  子とには前にもいった  子の別居するを許さないといふ  子に當る赤子が死する  子として自分の養つてゐる  子として當然從ふべき  子たるものは常に心得て居らなければならぬと  子が親に對して  子や孫と云ふも  子に聞く  子の爲めに惡い  子は父の爲めに惡い  子が證人にされる  子は罪にならぬ  子や弟を呼出して  子として親を訴へ出る  子たる訴人から訴へ出た  子を虐待する  子が親のことを訴へる  子が親を法廷に出して  子は父が死んだ  子の三年の心喪が經つてからでなければ取らぬと  子が親に對する  子は斬  子は父に遠慮して  子としては區別すべき  子が親を詈る時は絞ですから  子が親に對すると  子無ければ去るといふ  子の無い時は妻を離縁して  子無きものは去るとして  子が無ければ去る  子が無いと云ふ  子が生れるとすると  子が無いからと云うて出すと  子無きものは去ると  子を得ると  子とが喧嘩した  子を叱り付ける  子に對して出て行けと云うた  子の方は非常に腹を立てて  子が七輪を投付けた  子のように小さくなってしまったの  子のように元気いっぱいに暴れまくる  子と云ふ出立ちである  子を小鐘の会社へでも入れて  子が陣に立てるに似たりけりとありて  子の面影をえがいて  子をひき取って育てた  子を払い払いして居る  子にすがりつかれたばかりに  子をやき殺しちゃあ寝  子だって云うじゃあありませんか  子が海岸橋を渡り切って  子のない作者にとってささやかな喜と感興をそそらずにはおかない  子とを断ちきれず  子の一周忌をいたむ  子や眉にのび来し  子をかぶる  子がふりかぶさって来るという  子がとんでもえついたりするので  子をかぶって  子が来るともぐりこみ  子はだんだんにそこへふって来ます  子のいとし可愛はある  子がものすさび  子か見入りて  子の足占のあとにたたへつる  子の足音に響く  子を誰し  子の氷雨もよひの  子の陣に立てるに似たりけり  子目敏きふる  子が日黒みの廣き肩して  子のように縮めた  子の匂いを嗅ぎたいばっかりに  子を安全に返  子のような肌合をしていたが  子を送ってくれた  子が学校から帰ってくる  子が持って  子を持つた  子の様に可愛がつて呉れるけどさ  子を抱かされた  子がした  子が調理場から水を汲んで来て  子を育てるのに  子も無くしてしまふ  子を寝せて来るからね  子を押しのける  子のようなものになってしまった  子との猿を一しょに入れてある  子との間に悲しい争奪が始まる  子だからそれを言おうとしない  子を捨てる  子が加減が悪くなったので  子を孤児院に送れば  子でもないがきを養う  子ではないと言う  子はわたしたちのために働いてくれますよ  子のふた親が引き取りに来たら  子がレースのへり  子をぬすんで捨てた  子だなんという  子を養いますといって引き受けた  子を養いたくない  子のためにだれか金を出さない  子が要らないという  子を引き受けると言う  子をほうり出したい  子をやる  子をいやな子だとは言いやしない  子はほかの子どもと同じようにできている  子をうちに置けば  子が働けると思うなら  子をうちに置く  子はおまえさんには預けない  子のふた親が出てくるかもしれない  子のふた親がもう出て来ないだろうとあきらめたからこそ  子をほうり出そうと言う  子の使い道はそこい  子をなんに使おうという  子をいったいどうしようという  子はヴィタリス親方の一座の役者になる  子にばかの役を務めてもらって  子がばかを務める  子なら少ししこめばやってのけよう  子がわからない  子に三十フラン出す  子は母親に別れる  子に聞けば  子を打った  子があなたがたにいっしょにいてくだされば  子は生まれて  子がかどわかされた  子を生かした  子をわたしは好きません  子ではあっても  子を引き包んでいる  子の親方が手放すだろうか  子の親方の承諾を受ける  子を愛している  子もわたしを愛している  子にはなれません  子の両親が親方さんにお金で貸した  子はうわごとを言っている  子もむちゅうでカピにかっさいしていた  子にして育てようという  子のきみょうな様子におどろいた  子がどんなふうにして  子のほうへおやりよ  子とは行かない  子だからねとかなんでもなにかしたい  子を与えよ  子あらば子を鬼に与えます  子にもなりたくありません  子に死れたりしても  子を散らした  子が小役人と為れば  子を生み孫を生むに  子になってしまいたかった  子も大きな眼をして痩せていた  子は家へかえる  子におしおきが待っているからである  子も多くあった  子をとろ  子をとろうとする  子がこんどは先頭になる  子が隠されている  子をつれてくぐりぬけるのに  子がまたそれを濃く摺り直す  子やその他の玩具の箱の蓋を集めて  子だが出  子がかぶっていた  子の華を眺めていた  子に撥をもってやって教えているし  子を養って  子の卵をあんまりたべたので  子が揃って出て来て  子と友達になっても  子のたまわくなんてやって  子とも馴染になって  子をもつなんて  子は神経的な清潔さを持った  子は私の顔を見つめている  子の目が醒めた  子から幾通かの手紙が束になって来た  子は私を抱いていう  子の家の方もほぼ片づき  子はどうしたかと  子の声が強く耳にのこって消えない  子はその場で粉砕された  子がいたら  子と最後に憩うた  子をほしがった  子はお爺さんのような皺だらけな頸をのばし  子だという  子という感を深くする  子は笑ったよ  子に似あわず  子のような勢いで兵庫へ対って来たが  子を案じる  子にやって下さらぬか  子の孫を見  子が来るかしらね  子がたくさんに出入りするから  子に過ぎない  子をさし  子の眼を読む  子でもないつもりでもはたからそうして呉れるんで  子と云われても  子と云われる  子さえうんでおけば  子を産んだらば  子によって真面目に研究してくれる  子はいけない  子がいるね  子を救つて下さいとか  子だとあとできいた  子だといわれたときいた  子の心は察しがつくと見えて  子をふやしてゆく  子が降りてきた  子がすーっと降りて来た  子に真の母国の言葉ポーランド語を教えてやったりしていた  子に対する理想はあるが  子を教うる  子を教うるが  子の性質を察して  子を教育するの  子をして  子の上達を好まざる  子を愛して  子を取扱う  子生まれて家にあり  子に学問を教えんと  子を今の学校に入るるべからず  子を学校に入れたる  子を養教する  子を教うるの  子を学校に託するは  子を育して  子を学校に入るる  子の何を学ぶを知らず  子の不身持などの様子を聞けば  子を教えし  子を学校に入るるにもせよ  子を育するの  子を育するに  子に窘しめらるるの  子を教育する  子は父さんを探している  子も聞く  子が答えた  子はなにも言わずに  子のためには一日でもひいていてやりたかったが  子にはよくわかった  子ではなくなるであろう  子の返事がわかった  子を引き取ろうと思います  子をガロフォリというやつの所へ連れて行くより  子の言う  子といっしょに行って  子はわたしのうちの門口でたおれた  子はでもお父さんの行っていらっしゃる  子が知ってるって  子をいっしょに連れて行きたがっている  子のことをわたしが忘れてしまえば  子でいる  子はなんだか見覚えがある  子はおまえさんを待っていたよ  子に長ぐつを貸して  子が救われたのに  子におくる  子を尋問する  子を預かっていてもらいたい  子をうでにだき上げようとしたが  子もうちにとまって  子の父親のためにしてやる  子にそれのできなくなった  子を拘引するって  子がここを出た  子は知っているよ  子はイギリスのおくさんと船に乗って行きましたよ  子を医者にみせたら  子にはお会いくださいました  子をぬすんだ  子にお会いになって  子だということはわかっていたけれど  子へ身代を渡し  子を冷酷に追ひだしたり  子という字を逆にした  子が美味の肉を喰おうと思い  子が転倒している  子を養ふ  子が生れるといふ  子の声をききて出  子が美味の肉を喰はうと思ひ  子が親を慕ふ  子の感情を持ち  子の間に介在する  子のやうに首を縮めて  子が訊ねた  子は周子と幾つ齢が違つたか知ら  子の顔を見ながら  子が訊ねたりした  子の笑ひの  子の笑ひの止まる  子が座に戻つた  子の笑ひは  子も外へ出ると  子と周子にそんな歌留多会のことを訊ねた  子であらうか  子もぬかづきぬ  子こそ地には立ちたれ  子を売ろよ  子を売ろ  子はつまづいては  子を丈夫に育てたいという  子はまたも暗涙せ  子に報いるとは  子との健康のために助力します  子に励まされた  子だけは無事に生長した  子の抱き  子を抱いたり  子を殺された  子の小猿の無念を思いながら  子と遊んでくれる  子を恋ひて  子を下すをいふ  子を見届けないで走り出した  子の麦稈帽を軽くたたいた  子の麦稈帽を二つたたいた  子の母はよく言つてきかした  子はどんなに貪り  子の瞳はどんなに黒く生々と燃えてゐた  子とを少からず喜ばせた  子がちやうどこの対ひの  子の母に長距離の電話をかけてゐた  子を託した  子の父親がフレデリツクであることを臆面もなく兩親に打ち明けた  子をひりだす  子に後をつがせて貰えれば  子の一清にいいました  子を探しに来た  子を御手許に預けておきますれば  子も弁護士試験を断念して帰る  子たる山岸を苦しめる  子を産ませた  子まで産んで居ると  子が産れて  子だと言ふ  子が出来たので  子は成人して  子を廃嫡して  子はお前に宿つて居るから  子を問題にせぬ  子との神になつた話に似て居るばかりか  子を二人までなさせた  子に別れて還る  子を生ませてもらっても  子を奪う  子はつらいものだなあと思った  子は決して役者にはすまいと思った  子が有れば  子と云い  子は矢ッ張り合の子で珍竹林と云う  子の愛らしさに引されしなり  子のようにおとなしくなって  子を育てていたと伝えられている  子が言う  子はその痺れがなおるまで待っていない  子の中島富五郎になって  子の上に加えしならんという  子の上に及ぶと  子の傍へ来る  子も親の側へ寄って行く  子に譲らるべき  子の父となる  子を背負うて  子叱つてる  子が泣きわめく  子を慕うて鳴く  子がないせいでもあらうけれど  子に嘘を教へる  子を負つた若い奥さんが下つて来られる  子のない夫婦で住んでゐる  子は土をい  子に現を抜かしてゐる  子のために画いてゐる  子の父はゐない  子にでも逢った  子があるだらう  子を愛した  子をうんと喜ばしてやると  子のやうに彼方此方を星がとぶ  子も親も兄弟も友人も無數の知人も打ち連れて  子とはどこかへ歸つてゆく  子を大事にして下さる  子と覚しき  子のようにして  子の単衣を縫っている  子を抱いたなり  子のために何とかして下さいな  子にもこんな苦労をさせずに済もう  子にもこんな苦労はさせず  子を転がす  子を背負い  子に報い  子の傍にばかりついていてやろう  子を背負って逃げるより  子のかよっている  子を教室に置いて  子のおもちゃにもなる  子の眼がよくならなければ  子の面を見つめて  子の面を見ていたが  子は育つというからな  子は誰の子でござんしょう  子は死んでしまいますのに  子というはありやしない  子の行方を私がすっかり喋ってしまいますよ  子を育て上げて  子を歩かせる  子を叱  子をさがす  子につんば  子もどつてゐる  子は兄弟妹姉そろうて  子が青紫蘇や茗荷の子を摘んでくれた  子に食べさせてやる  子を食べる  子といふものを愛するかを  子には遍路をさせろ  子も田を植ゑる孫も泥をふむ  子がおよいでゐる  子にせがまれて  子のことは忘れられない  子の夢を見た  子に鉄鉢をいた  子に餌をもつてきて  子のことも考へないでは  子泣かしておく  子を待つてをられる  子をつかまえて  子を飼った  子の癖のしきりにもどかしそうに両手で脇腹を掻く  子に案外弱気なところがある  子から感じたかった  子ではあるが  子は白痴のやうになりました  子を發達せしめる  子は生えはじめた  子を生みました  子を生んでから  子というものを持たぬ  子に持って  子も自暴になっている  子が好いたらしいというからこそ  子が焦れ出して  子が活玉依  子は育つというから  子を産みまする  子は産みませぬ  子が顏をだした  子はおれを狂人だと思つたに違ひない  子を殺害した  子を殺したら  子に答えた  子を殺してみたいという  子の両親が私に面会に来た  子を易へて而して  子の駈け行く  子は字も下手で何も知りません  子に替らず  子で榮養も好いのであらうが  子なりという  子ある者も子なき者も一様に出ださし  子もみな寄って来て揃うと  子の唄う  子の面影が浮かんでくると  子を亡くして見て  子を亡くした  子の浪の枕に袖しほれて  子が一匹いなくなったよりも  子の降ってこない  子に抱く  子又太郎にしては  子が父を訪い  子なれば憎からじ見捨て  子の門出にくれた  子の無事をよろこんだ  子のした  子に会える  子の罪に代わらせて給えと  子の前に坐った  子を見すます  子の高氏は恐い眉をして  子を信じては下さいませぬか  子の姿にして  子に嘱す  子といえば  子の面影を瞼にしつつ  子になりおった  子にさせ  子が石地蔵に似た  子を育てておるとか  子を生した  子でないとはいわぬ  子を産んでから  子を蘇らし  子を捕えてきて  子の成人するばかりが  子はぜひ世間に出してやりたいと申しておりました  子がまた孫を産む  子が聞き出して来たか  子の賢いのに感心して  子の持っていた  子が勘定して  子はこの家の上を撩乱と飛んでいます  子さえできている  子としての私を愛してはおります  子は万事が似ている  子に伝えてやる  子の帰った  子の文と思おうか  子がいつまで森に居ても  子をわたしが預かりましょうよ  子を危ないところから助け出した  子を預けてはおけません  子を渡す  子を授かれる  子は生きてるかい  子はわたしの甥のフョードル・リャーミンでござんす  子のために資本も子もなくしちまわなくちゃならない  子のおかげで自分はひどい迷惑を蒙っている  子がいなかったら  子は病気で薬をのんでる  子だからもうお寝なさい  子をベッドの上に組み伏せて  子は今やイズマイロフ家の全財産を相続すべき  子の留守にお部屋を調べてみた  子のようにがんりきの身体を吊下げて  子がすねる  子だとおもふ  子のうれしさを顔中にあふれさせてゐました  子が云ふべき  子には見えません  子はそれを申し聞かされている  子の上でも想っている  子にする  子は育つとか  子に返っている  子の姿を見まもった  子の覚一へ約束した  子のせがみには  子が一人あるといっていた  子や尼御前を害めるような腕は持たぬ  子の天性だったとうなずかれた  子とも違った  子を持ち  子が彼に傾倒して  子ほど可愛がっていた  子もちょっと屋形へいとります  子を養子にしていたが  子へ沙汰をして  子に違えねえ  子を投げ出して  子はどう始末をした  子のない若年増の媚びをたたえて  子のおどおどした  子を思わぬ  子も無くしてしまった  子が待っているばかりではない  子が生れる  子もなくなってしまう  子は殘らず行つてしまつて  子は庫裡へ片足でも踏み込む  子は和尚さんに問うた  子は腑に落ちぬといふ  子や思うて  子を生み落して  子ではあるまいと疑っていた  子がいるよ  子が寝ているぞ  子のようにふらふらとまわりました  子のように手足を動かす  子を揺金樹にしようと云う  子はノンビリとしたい  子を後嗣にしようという  子あわれ  子ではありませんでした  子であったと申します  子があとを追っかけて来る  子を抱き上げました  子は抱き上げられて  子を固く抱いて  子は威勢よく遊んでいました  子が泣いている  子を尋ねに  子が三人おありな  子ではない方が幸せにきまっているから  子のような気は毛頭しないばかりでなく  子と知っている  子とは思わないのに  子もだまるほど  子もなくしちゃ  子の五忘てえガマガエルの妹がお紺てえホンモノのツンボで島田の女中にやとわれている  子はそろそろ生れ  子もない大伴家はどうなるだろう  子の苦悩に就いては  子があったとしたなら  子なのかも知れぬ  子には悲しみを與へるばかりだ  子はやっぱり海へとひかれてゆく  子を加えると  子にもしものことがあってはとの  子の波三郎だけはコマ五郎同様板の間まで上って  子を剥ぎ取っておくならば  子のし  子を育てない  子多くして  子は小さい子の世話をする  子だきれいな子だといわれてる  子を振り返り見て  子に荷わして帰った  子に荷はして  子と共に絵本を開いてゐた  子の左兵衛が枕元へ来ていった  子の神大根王だという古伝が残っていた  子に日子坐  子の字がついてるから  子を慰め  子を連れて行って  子で平作が自分の秘書番頭を目当てに学資をだして  子がよその鬼から借りてる  子の能文に学資を与えて  子は鬼でフシギはありませんし  子を抱き上げ  子として育てられた  子の涙の出さうに  子の背中にぴよんぴよん動く  子を引取らねばならないと  子だのいふ者を診る  子と逃げちる  子に生れます  子の骨を納めた  子の骨つぼもないと聞いて  子をみごもった  子まで亡くすに至った  子といい  子を抱え  子や侍長屋の子らも交じって  子のすこやかを見る  子ほど生きがいを教えてくれる  子を持ってすら  子を亡くしています  子の代につないでも  子は覚一といわれたか  子などとはなお思われない  子を芥か紙屑のように心得て  子を社会へ送り出す  子の関係もよく知らない  子の悲しみの翳をもたない  子に対しては全然不用心に開け放して  子が留守を頼んで出て行ったが  子が現はれる  子よりも二つ三つ年上かと思はれる  子は下に降りる  子がゆつくり  子が上つて来る  子だつたのであらう  子は此処に置いて行きます  子の烏がいう  子ば引取ってしまう  子はそちらで育てて下せえ  子のために仇をと思っている  子はどうなさいますの  子に生まれ合せた  子は私がお預りしましょう  子のお父さんは私ども一同のために命を落された  子をあなたのカセにはいたしません  子のことあ命にかけてお頼ん申したぜ  子を抱いて立っている  子ば貰う  子もなくなれば  子が十人からいる  子の死を知らされた  子を死なせたのよ  子がわたくしの住まいを訪ねてきて  子が妻を訪ねて  子も妻を訪ねてきた  子はだまってきいていた  子は真剣な顔になって  子が用意していた  子と対座しながら  子というわかい教師がかなしくなり  子はにっこりしながら  子はさびしく学校のなかの先生方の孤立していて  子はとても喜んで  子は夕方元気をとりもどして  子の死をムダにしまいとちかっている  子を守るとも思はれた  子なきものは子を授け  子をなくした  子の健かならん  子を授けてくれる  子をやっと腰かけさせてかばっていた  子の名を呼んで  子とを気の毒と思う  子をひきつれて  子とのために現実性のある  子曰わく  子曰わくは  子曰わくではやりきれません  子がやっぱり生れない  子としては育てません  子として育てて参ります  子と一緒に死んでしまえば  子の宿命の哀れを感じた  子から敷物を二枚借り受けて  子が山を逃げると  子で東京へ奉公に出たがる  子まで有る  子は無い昔と諦めて居りますなれども  子の顔を見て暮そうと云う  子でござりまする  子のお父さんお母さんまで非業に殺しましたと  子に意見している  子の道が済まぬと云う  子に敵の討てる  子の望も叶わねえ  子ぐれえ感心な者はありませんよ  子がありまして  子が七歳の時汝が前橋の藤本に抱えられて  子たア知らねえ  子の可愛いことはよく分るが  子であると観る  子を思うの  子の首実検する  子をつれてきた  子もいるし  子よりひとあしさきに死んでいた  子を大蔵大臣の器に非ずと為し  子に与ふ  子は憤  子が心機一転の喜劇を演じたる  子を外にして  子を狂人視せる  子の位置を動かす  子は遠からずして  子のような慕情が先立っていたといっても  子を産みつくし  子の背をなでた  子を持ってからも  子としての死に水を取っただけで  子など五十余人を語らって  子も生していたかもしれず  子は連れておりませな  子とはなればなれの  子もありし  子なりし二日前に山の絵見しが  子を挙げぬ  子の盗癖かな大形の被布の模様の赤き花今も目に見  子などもかなしかり  子のふるさとに来て眠るがに  子ありき大雪の夜に神のごと遠く姿をあらはせる  子の山を思ふがごとくにも  子を負ひてかの  子に恥じながら  子に先立たれてゆく  子によく聞いて  子がよく知っていますから聞いて  子が帰ったら  子と言った  子を人に取られてしまう  子の方が気にかかる  子が帰ってから  子が帰っていないと  子に逢ってみたくなったかも知れない  子に報うべき  子を引取りに参りましたと言って  子とから少し離れて  子を生め  子をうめ  子か知んねえだ  子でもよかんべ  子が喚く  子ができた  子も女房も捨て  子のような鳥打帽をかぶった  子を見ると  子の後生追善を営みたいと思いまして  子の蔵太郎であることも疑いはありません  子はあるのに  子の宗良はここにおります  子には生れたるかと  子なんか差し上げた  子が言い負かされるにきまっていた  子をつかまえていう  子さえもうけている  子の許へ帰してやろう  子まで生している  子が待っておりまする  子を貰って来たかして  子を生ませた  子も出来る  子を大藏大臣の器に非ずと爲し  子に與ふ  子が心機一轉の喜劇を演じたる  子を捨ててまで  子を生んでも衰えぬ  子まであるに  子だというが  子なりとせし  子を失われてから  子が出た  子のように鍾愛し  子を生まなくて  子を連れて参りました  子は私が大菩薩峠の上で拾って来た  子の後立てになっている  子の面倒を見てやっていただきたい  子はいちばんかわいそうなものになってしまいます  子はこっちへ来ていた  子をひきつれた  子を呼びて  子あれば大不吉にして  子をす  子に代つてもらつて  子を生ませる  子の育ちのセイもあります  子を生んだと言う  子として恥かしくないような人間になつて行く  子も居るけど  子に取つ  子が二人いるが  子と馴染んだ  子と兄弟が十年前二十年前のなつかしい家庭の空気をとりもどす  子とともに八月の草に寝て  子をよめる  子の高時の盲愛に迷う  子を諭す  子がたくさんあった  子として見た  子にて候ひし  子の助友は度々顔を出してる  子は不器用でいけません  子を持ってきて  子を叱ってやって下さいな  子のように四散し  子をてばなす  子をだきかかえて  子がもつて参りましたでせう  子の声を聞きました  子が首を出してゐました  子を二十銭で売つて下さい  子はありません  子を苛めると  子はたはれに  子の父親とも暫く一緒に暮した  子だと言ふので  子とボロ靴下を乾した  子も持てずに働きつづけ  子が白い親犬に戯れている  子に噛ませて  子を産んだからな  子までよく生みたる  子に一寸法師と名前をつけました  子に母とよばれなければならぬ  子にしていた  子として育って来た  子になさった  子は幼少いうちから手塩にかけたので  子の母に連合があって  子の義父だというので  子も先方へ持っていった  子につけて渡した  子の守役など引きうけて  子になれよ  子が仆れても  子への盲愛に晦んだ親は意中の悩みをおく  子は千早の内にあり  子のかんは時によりびっくりするほど  子の不知哉丸さまを連れて  子の覚一にはおくびにも話しては  子はもうここにおりません  子を忘れている  子の数は三名なりとみとめられる  子をおいて  子の父とはおもっても  子だとおもった  子だなという感じがわく  子を質子に連れてくる  子まで生ませた  子は可愛がる  子を捨てても  子は四室の者の子に比べて  子も孫も屋号を付けなかった  子を縛して  子は出生後一時間ないし十四時間生存していた  子の様な女になりました  子に物言う  子が一人あって  子もありません  子の可愛さなぞいう  子の佇つてゐる  子をとっつかめえた  子をとっつかめえて  子を取って食べる  子におなりなさい  子を取って食べるの  子を取って食う  子もなくして  子の声といったら  子の面が茂太郎によく似ているでしょう  子の出身だといっています  子を行く  子を求めんとする  子を得る  子無き婦人に子を授ける  子を求める  子というものが出来ませんので  子をほしがるほどの  子を求むる  子もわからない  子だと思いはじめました  子はわからない  子が従うという  子を探して来て下さい  子がいやがる  子は右より見つ  子を從へ立ち出で給ひぬ  子は少女を誘ひつ  子と生まれて  子もだまる  子をすっかり引離してしまった  子に笑われたりした  子の間でだけ通用する  子を死なせた  子が幸福になる  子だって生まれたからには  子が耳朶に懸けし  子を小笹に貫きてさげかへるも  子の淺瀬の水にをどれども潛龍沙魚追うて遡れば  子を失ひし  子の車に花は投ぐるとも小坪に吊す  子前髮黒くして  子の慰藉失せし  子の哀れに鼻を鳴して  子の父親としての若い姿が泛ぶ  子はいらない  子を産んでいる  子を助けた  子が生れるという  子や父兄まで招かれて  子を鎌倉の質子として去る  子を出した  子には業がある  子の物語と似  子は子供の頃の俺によく似てゐて  子を憎まうとして  子ではあり得なかつたと  子であり得た  子の嫁いでゐる  子と秀子を近づけ  子に当る  子が自立すると  子のやうな動物になりたがる  子と呼ばれているけれども  子や孫に語りついだ  子の背に負われ  子の背に負われていて  子の燃えつく  子の頭に置いてやって  子とこの連雀とのちがいははっきりとしている  子のほうはただ長い荷繩をもって  子も恥辱の裡に持つ  子と十一歳になる  子は母を慕って  子は父親にだきついて  子も今ではだんだん働いて  子がメレリさんの使をした  子が国から遠く来たからって泣く  子のマルコは今ここにいます  子のマルコはどうしているでしょう  子にあう  子が数尾同じ槽にいる  子もあって  子を作り  子が一番福造に似てよるな  子の小劍の本名は延貴といふ  子だつて見てゐられなくなる  子と同額の八百なにがし  子にしやがったな  子には旅をさせろというが  子は踊っているよ  子は払わなければならぬ  子がまるで息をはあはあして入って来ました  子は席に戻り  子がし  子に読ませてみたり  子の境遇とを考えずにはいられなかった  子が中でも一番眼に残っている  子は町はずれの町から来た  子が釣銭と蕎麦湯と楊枝とを持って来た  子を恋人にする  子の一人さびしの夜の秋木犀の香りしめり  子というのがあって  子などもあった  子たらんといたし居り  子の拗ね  子の千寿王の礼をも申すべきではないか  子ではあるの  子を配所で育てた  子の影も宵から絶えていた  子まで目をうばうばかり  子にひがませている  子の自分へかかる  子には代えられん  子を殺した  子が時時片言交りに一つより知らぬ  子を遊ばしている  子はおいたさ  子のお母さん巴里へ帰って来るってさ  子でも連れて帰る  子を乗せた  子よと言い  子のおまえに依って  子もやる  子をみんな売りこかして  子があっては  子も烈しく咳をする  子があなたそうっとのぞいて来て  子の知った  子のように可愛がってくれた  子の揚げた  子であり藩地へ来て  子にも着用せし  子たる君公の側付となれば  子たる君公の側付が父たる君公の側付となれば  子は瀬兵衛頼有といって  子の与左衛門頼綱というが  子の交野国雄にも逢った  子寒き二月かな永き日や花の初瀬の堂めぐり伐り出す  子も孫もある  子を歸す  子もどの子も手を出して摩る  子の方を若い父親が抱いて寝る  子がいったら  子をお守してやったり  子には何か非道い  子はしる広告隊が笛ふきとほる  子のない夫婦らしい偏愛を示すかと  子が王の柩を船底に隠し  子に甘いところを見せた  子も捨てて  子たる真価を発揮する  子の対面もすんだ  子をいのちかけて  子が打って居る  子が猫を抱きあげた  子のおッかさんが出て来て  子は少し泣き声になって  子も間が悪うて黙って居るか  子の手を逃れたりと  子を育てるの  子を生んだという  子というものが生れる  子を抱いて帰っても  子の運命を以て世に生れた  子は気ままにどこへでも行きますから  子はどこの空へ飛んでしまうかわかりません  子に歌の学問をさせたら  子を誘い  子がみんなのうしろの板の間で座って  子を産んだとては  子ねこのような顔をして  子と孫にあざけられ死にの  子は大学に入れなかった  子のようになって  子を育てても  子の望みとあればできる  子を一人捨ててください  子の体まで親の料簡次第にしようというは  子だから捨てるというなら  子の我儘をとおす  子や妻とも一つにいられぬほどな  子を乱軍中から救い出す  子として親の目にも映っていた  子や妻や愛する  子に似ていた  子を遠くへは出すなと  子は一人の母親の顔を記憶する  子は必ず上等であるとはきまっていない  子は何かの因縁とか因果の種とかいうべき  子を私の家の前へ連れて来て  子を見て見なはれ  子の常のままの姿をどんなに羨んだか知れない  子を捨てに行くには  子に炬燵あけた  子を持たぬ  子に限って  子はまた人にさらわれて  子の本性を呼び起して  子だっていやとは言うまい  子であってくれればねえ  子はどこにいます  子が世話を焼いておりますよ  子を捨てた  子を捨てるくらいの  子の運命を見届けようではないか  子は度胸があるから  子を捨てるほどの  子は育つ  子と地頭には勝たれねえって  子の伝説を懐古してあこがれたりする  子をながめて  子はなかるべき  子にそむきます  子のために摘み取ってやる  子を思い出した  子を羸ち得た  子は隨分粗末な扱ひである  子が其父に對する  子ほどかわいいというが  子であることが判った  子も東京で御厄介になる  子のためにはずいぶん骨を折ってみましたが  子の事等が身ぶるいの出るほど  子の心のそこにまでふき込んでやりたいと云う  子の笑いながら  子がその救主を見上げる  子で自分の十五六なのを忘れて  子はまっかなかおしてやめる  子の母のところへ遊びに行った  子のよろこびと  子の喜びのほうが母の喜びよりも純粋で深いもののように思われた  子とに等分に属するなどは  子の仲間になろう  子の生命の連鎖をつかもうとして  子と聖霊が神の三つのペルソナだと言われる  子は出征し  子が投げつける  子に云いました  子ながら呆れ返る  子は一体何処へ行っている  子は列んで泣きだした  子の仙吉を逐ふ  子の半面には陽気がうせて  子はほがら  子までを不仕合わせにする  子になって来た  子も死に  子は嘘をついた  子の愚なる  子を立派にそだてる  子は非常に不幸であるにも拘わらず  子を無事に産み落したいと思って  子に影響しはしないかと  子を無事に生ませて下さい  子が無事に生れさえすれば  子を殺さぬ  子をたすけて頂かねばならぬので  子の無事を祈ってやまない  子までが自分の仇敵のように思われてなりません  子を無事に生み落して  子を無事に生み落したいと思った  子が可愛いからではありません  子が生れるだろうと思うので御座います  子を生みましたならば  子がだんだん生長して行く  子が死んでしまっては  子を生むかもしれない  子を産ませて下さい  子には夫人の予期した  子には叛かれ  子を主題にした  子はまたこう云いました  子を産んだとか  子が屋根を破つて飛んで  子であるといふことになつて居ります  子の飲むべき  子が来ても  子でも大切にして育てるけれど  子は餓え死んでしまう  子を愛さない  子をよこせ  子は離れ離れになった  子を捨てて逃げる  子を返せ  子だけには芸能なと仕込んで  子なりの手にそれが届けられたら  子の頼尚へあててよこした  子の頼尚へあてて  子の城の跡に拠って  子の義満が当社に納めた  子の頼尚に妙恵の職をつがせよう  子を一人持った  子が仇をうった  子や孫が仇うちをするという  子にでも逐いかけられる  子を唆かして  子も失くしてしまう  子もたがいに骨折って  子に育ちたい  子になろう  子がいた  子が僕の通る  子を見て通る  子が見えなかった  子はどうしたかと思いながら  子を得ようと謀る  子が沢山踊りに行く  子と遊ばない  子と遊んで  子ってありゃしません  子だか知らないが  子として扱っているらしい  子として扱われれば扱われるだけ  子の穴填をして  子を一人で生んだ  子の心に現われる  子が父のようになったら  子を持ちしまでゆえ  子のそのような想念をうつらうつらまとめてみている  子とも呼ぶに  子を銭湯に連れて行きはだかにして抱き上げて  子だと自ら称する  子を生んでやらう  子に向つては威張  子と聖霊のおん名に依って命ずる  子があってたまる  子を事情あって  子を憎む  子を許したい  子のことを何とも思ってはいない  子であるということがぴたりと来なかった  子が素直に快活になった  子だから無駄なことをしてる  子が居る  子というのに照し合しても  子を産ませてしまい  子はどうしたといふ  子までもある  子のかたきと一途に思いつめているらしかった  子になっているからと云って  子もおとなしく稼ぐ  子のないのを悲しんで  子か孫に当る  子も代表しておらない  子がかけてきて  子はそうさけびながら  子も生し  子の代へかけてまでの  子の根になって  子にとって何かむずかしいものに見え  子に見ずにいられなかった  子ではある  子を追いやるには  子を諭し  子はまたすぐ涙を催しかけた  子のあいだをみる  子のような乱離をみせだしていた  子にも妻にも祝福されていたろう  子に生れたいが  子の愛を忘れてしまって  子だか知らねえか  子をすすめて出してやるほどであったが  子のようにその熊を可愛がっていたが  子か又は弟に家督相続を仰せ付けられる  子も阿  子を引き取るという  子を先方へ渡したくない  子のことが思い切れないで  子をひどい目に逢わせるので  子だとつくづくと見惚れている  子も同じ年頃だということを思い出すと  子が留守の間に頓死同様に死んだ  子の命を不意に奪われて  子を一度にうしなった  子は急病で死んだ  子はその日におなじく急病で死んだ  子をさずけて下さったに  子だというので  子に桃太郎という名をつけました  子ほど可愛さも不憫さも弥増して  子ほど可愛いとかいって  子を思ひ  子に教はれ  子にいひ  子が可哀さうだわよ  子の心がさだまる  子にや芸がある  子のギセイがある  子に飲まして下さいな  子をほんとに美人と思はないの  子は本気にするからね  子を本気にさせてやらなきや  子をオメカケにして  子はすでに失恋に日頃の覚悟もある  子と私がちよッと懇になつたりする  子が恥をさらして  子に報いて  子でないこともすぐに覚られた  子でどんな教育を享けどんな境界を渡ッて来た  子を持ッたかと思うと  子を励ます  子を持ッてみなければ  子も睨める  子の上に何か変った  子が遽しく羽を飜して飛び廻った  子が受けた  子の了見にもわからない  子の身の上を見守っている  子のように可愛がっていたと云う  子の味をよく噛みしめる  子に宛てた  子よりも反つてさうした次男三男の方に一段の不便も増さう  子に呼びかけ  子に殘さうと思ひ立つた  子に酒の一番火入でもさせ  子のために用意して置いて  子に言つて見せてゐる  子には折節は相集まつて  子に教へてゐる  子に行へと求める  子に殘した  子は商業と漁業との祖神となつたと言はれる  子であつたといふ人達の率直な印象も語つてある  子に解脱への道を教へたものであらうと考へるが  子なぞをも教へたと見える  子は帰る  子の略語に難有メの字と申すが  子の声を懸け  子の顕家の死があった  子を鑑ともつねに言っているほどな  子との比較になって出た  子に託しえたかとして  子を戦野に捕えねばならない破  子は猛って  子は親の敵をあつめて  子に譲るべく  子に代って  子を語る  子も流産したので  子が育つか  子を作る  子をつくりた  子のように可愛がって居りました  子が居ないので  子であるから仇討ちをした  子の伊織十四歳になる  子にあり  子とも考へられるが  子のコルマックから逃げる  子のすべての夢は吹き  子は今にえらい勇士になりますよ  子の亡くなりました  子に一円のお金を貸してやった  子は非常に喜んでね  子を操っている  子の人相が私自身にすらはっきりと見とめられてはいなかった  子だってどうせ銀座辺にそうしていた  子を生んでみると  子の要求をきかずに  子にするが如く  子を散らすが如く  子にしてしまいたがるといって  子にもめぐり逢いたくって  子はどこへ行っても  子の声が聞えます  子が海岸を馳せめぐって  子に逢いたければ  子に逢えた  子ならこの鳩を呼び寄せてしまいます  子にほだされて捨てかねし  子のことが気になって  子を木のまたにくくりつけて置いて  子も無くなって  子は上りつめて  子は部屋を二つ持っている  子は歯噛みをして  子を引き立てて  子にお言伝を頼んで  子の姿の見えない  子の室を見舞ってみました  子と茂太郎との嬉々とした  子と茂太郎とが聞きながら  子は飢えに泣くとも  子は弁信さんについて来るにきまっているでしょうが  子に会ってやってみて下さいまし  子と地頭には勝たれないといった  子というものがわからないから  子がわかる  子を産ませない  子を産みたがる  子を産んだぞ  子じゃいけねえからって  子は産まねえ  子が産れないよ  子が出来たというじゃねえか  子とは面を見合わせて  子を連れて行ってみようとも思いましたが  子はそのことばかり申しております  子はどうした  子にはその気になれない  子がもう白骨谷にはいない  子が現在あそこにいないにしても  子の最近の便りを知るには  子がいないとすれば  子やないのやそうにおす  子の広袖を着ている  子に注意する  子にむかって  子の顔をみて  子をいたわって  子を取抑えて抱き上げると共に  子をもぎ取ろうとして  子でござんして  子をどこへ連れて行く  子を香具師に売る  子を檻に押し込む  子が親の遺  子かも知れねえ  子を払わねばならぬ  子をのせた  子によって蹂躙されてしまっています  子之はじき  子之さん  子のように首をふりながら  子の安之助が大学を卒業して  子がいっしょに馳けて来て  子を育てるべき  子が普通の親の訓戒を聞く  子を庇う  子に愚かなるこの父の許にいて  子を生み孫を生んで  子を生むからです  子とあにしていただ  子と狂い廻っていた  子と狂っているだ  子と二人の命を預かってもらう  子ということになっているが  子らしい気がしてならぬ  子は一枚の枯葉のように何処ともなく吹き去られてしまった  子は様子で知れる  子も矢張りそれを案じて居るわいね  子の皮をむいているかと思うと  子に細引をかけた  子のねている  子その孫の代にいたり  子がございましたが  子の御態度の中にちらりと見えて  子として父の敵を迎へ撃つたまでの  子はそれだから困る  子として生れた  子は蛙になる  子を厳責したりし  子立てりと覚えたり  子だだつ子こねただだこねた  子が鳴らす  子はぼくを好いてゐて  子をよぶ  子はす  子起すようにならない  子を頼んだぜ  子を連れて来たっけ  子に甦生する  子の可愛さ一般で肯定し得ないであろうと  子の可愛くないものはないという一般常識にまで柵を破られて来ている  子を幼年労働に追い立てなければならない  子なのかも知れない  子を思ふかな  子や思ふ  子が死にでもしたら  子にかかると  子になりに  子と為りて  子には恐怖の対象ではなくして  子の怖れる  子を手にして  子に山楽の出でた  子といっても  子が生き返りでもした  子のやつが寒がっておますやでな  子がついた  子の声でも聞いてみたくなった  子を負うているから  子を産ませる  子を吹きだそうと  子の落ちた  子を名付親にしていた  子さえある  子すぎなのかかあのおとむすこという童詞があって  子はないかたった一人の娘の子なこどに取られて泣きなさる  子がないか親もあるが  子という歌をよく唱えてあるいた  子だのという言葉は他にもあるが  子が持つ  子をもって  子の恩をも知る  子ほどかわいいものがないということを知らしてくれた  子やおもう  子や思う  子の父となった  子を持って知る  子を教える  子には旅させよ  子であるという自覚をもって敬愛する  子をもって知る  子にありだけの  子の親になってみれば  子をもって悲しむ  子の六年の時の詩だったと思いますが  子といふ美人がゐる  子は一週間で古巣へ戻つてきた  子はみんな結婚したがつてるよ  子の本心は結婚などは考へておらず  子といふ一見令嬢としか思はれない  子はなにしてる  子の清の足つきを見ていると  子のことも妻のことも考えなかった  子のない自分の友人たちの顔が浮んで来た  子のないのに日々を忍耐していく  子を持てり  子は死んだと  子と名づけて  子が山へ探しに出て  子を尋ねている  子の姿が見えなくなり  子を探しに  子を攫んで飛んで行ってしまった  子をクラッコと喚んであるく  子が成長したという  子を懐わしめる  子が死んでいた  子はほどなく麻疹をわずらって死んだと言う  子を嚇した  子なしで暮らしてしまう  子などを飼っている  子を養う  子がだまって  子を生け捕る  子ならばまず大抵の親は虐待などはしたくない  子に思想も何も問題になるかと云うかも知れないが  子の心親知らずとでも云うべきだろう  子は平社員になる  子ひたと膝つけ  子はひとり頬をふくらませ  子は戯れに  子はひたに聴き入る  子なゆめ近より  子であるが普段はこれに切りと乗り廻してゐる  子なる公条がこの年十六歳でその春には右中将に転じたほどであるから  子としてはこのほかに女子一人あったが  子に盛豊というものがあった  子の尚経の方に責を帰し  子を釈門に入れたからとて  子に跡目をつがす  子となって下さい  子となれるでしょうから  子もなくしてしまうなんて  子をどうしましょう  子がゐなければ  子のツォイスに貶された  子として礼拝した  子の将来必ず虚弱であることを予想して  子を孕ませたりなどして  子をつれて行きますよ  子の出世したものの  子はみな蛙の子の成り  子はえらい悪くなったという  子は大きな頭を振りながら尋ねた  子は眉をひそめて尋ねた  子にはわからないと見えますな  子は若いものだからなかなかハキハキした  子は見る見る  子の言うてくれた  子からは進化趨異の理法を学んで来ました  子がここを飛んだでしょう  子の名前を呼んだ  子はしかし私の方を振り向こうともしなかった  子はうす汚れた  子がその実を少しばかり私のために持って来てくれた  子が低声で私に答えた  子の身代りに死んだ  子の運命を案じておりましたが  子の運命が窮まるという  子の門出を心配しておりましたにかかわらず  子もやっぱり物を疑うという  子はやはり突き当って  子の悲痛を思いやってはおりましても  子を長く迷惑の谷に沈めて置くという  子は苦しんでいるに  子のために尽して下さる  子を訪ねて  子が山一重あなたにおりましても  子がここへ戻って来ると言いましたら  子に戻る  子のためにしかるべく取計らってやっていただきたい  子をとっつかまえて  子はあんまり正直過ぎて  子をどう思召しますね  子はまさに孕んでるんで  子は人様のものなんぞに手をかける  子が取った  子に着せた  子に着せておいてやります  子を立派な男たらしにしてみせてやるから  子を口説いてみようなんて  子を渡したくない  子に連れの兄さんが一人いるとか聞きましたが  子のそぶりを異様に感じながら  子がとらえてしまいました  子と地頭にゃ勝たれんわな  子と地頭には勝たれん  子を掘り出してからという  子が逃げ込んで来て  子は全く生き返った  子と地頭にゃ勝たれねえ  子なんぞも取りあげてしまうから  子は眠っています  子は大分疲れているから  子がこの池へ落ちて  子のやうに成りて  子だと言って下さいました  子は来るべし  子でない子を生んでも  子を得たという  子のように盥の中をかきまわす  子たらんとする  子たる孤独を味わいつつも  子の一人ある  子にいろんな物をやってくれたでしょう  子などを大事そうに抱えてくる  子になろうと  子になろうとしている  子との幸ひを祈つた  子が見たかつた  子を産みます  子を産んだり育てたりした  子として実の父親を殺す  子としての道を歩もうとすれば  子の罪を償う  子として鏡家へ養子に来たについては  子を養い  子とあっては  子によって命を断たれる  子の母が唄う  子の枕辺におく  子の母鳥呼ぶ  子の父ともなった  子とをながめやる  子を飛ばす  子はスケートに夢中になって  子が阿呆にしろ  子の頭上に爆弾が落ちたら  子でもあるし  子の帰る  子であるとお知りなさると  子なんぞは朝はいつでも十一時か十二時まではおきないと  子が帰って来ると  子が下読みをしてもらうくらいになったとネ  子と後妻の子とに蟠りがある  子はそれを食べようとしないで  子に藤原家をそっくり嗣いでもらいたい  子を米友はじっと眺めて  子もないと思い込んでいた  子の窓を屡々斯んな風に訪れた  子を見かける  子ば妙な所へ連れてって  子は軒に立つと云いますけんね  子と地頭と云う  子が他の者に多く食べさせる  子にすぎないと思い込んでいたが  子だと言い  子の東吉に委せ  子は親を金槌でたたいたぞ  子と時々その家に遊びに行った  子との融け合いを  子に私の着ふるしの綿入のちゃんちゃんをやった  子に話してくれた  子の父親はいつも店先きに  子を新民の子だと言って  子を私はいつもかばった  子の家は川向こうの川手という部落にあり  子の家に遊びに行き  子は学校がよく出来  子とよく遊んで下さいます  子の味方とならずにはいられなかった  子をいじめる  子は街の中で凧をあげるから持っていてくれと言って  子は手の中に炭火を持っていて  子は女の級長をしていた  子売ろう子売ろう  子買おう子買おう  子買いやるか  子は向かい側に羽ばたきの  子に姉はからかって  子だと愛されているのに  子の母親が帰って来たので  子は一里半はなれた  子は私より気象鋭くしっかりとしていた  子をひいきした  子をいじめだした  子の方を決してほめず  子と席が並んでいた  子の有様をありのままに知られたら  子に石筆をやった  子はあまり菓子を食べるので  子がいたが  子は商人にはなりませんぜ  子だとからかわれる  子になったかとおどろかれるから  子は有望だから哲学をやらせる  子とが最もやさしい愛情をたがいにもってる  子がどうにかやってくれる  子が非常に骨折って得た  子もしきりに親いものまわりに数を増し  子を捨てたがる  子の不二男にやさしい言葉をかけてやった  子もいるという  子はいないか  子の上に船長の威令が行われた  子はあの子として出鱈目を歌った  子を思い  子の即興心をまで呼び  子もぐっすり寝込んでいるだろう  子の身の上を考えると  子は何れの処ぞ相思ふ  子でもありませんでした  子を大勢もったが  子の家がある  子は要らんが  子だねを進ぜるで  子もあれば  子が列の中に居ましたが  子はよろよろして  子は声もなく倒れてもだえました  子はしばらくもだえてゐましたが  子にたづねました  子はぐらぐら頭をふって泣き出しました  子が云ひました  子は云ひました  子が又そっくり同じ様子をして  子は妾の子ではありません  子は私の部屋で泊って行った  子は若かりし  子は若かりしかな  子が目に見えてくる  子までなさせて  子がまた最も愛せられる  子養いから手がけて  子として寿女を扱った  子として劬わったり憫れんだりした  子だと母親は笑いすごしていたが  子を嬰児のままで喪うて  子をいれて  子の駱駝になって  子の守りをしながら  子に家をとらせて  子をとっつかまえましたよ  子を見つけ出したという  子は育ちません  子を手飼いにしようとは  子のようにこぼれ出した  子のように散乱した  子を取戻したい  子を捕られたから  子を捕った  子を取戻したいが  子を返してやらないのみか  子を捕られて  子を手にかけて殺したという  子が仮住居にしている  子を育てて  子というのではありません  子はいわば夫婦に子福を与えた  子がみな若かったから財産はいったん夫人に譲る  子は御飯を食べますか  子は打てば泣きますか  子のように哀れな形をした  子は思った  子のように首を縮めていた  子まで子守奉公に出してある  子にすっかりこどもの百姓のようなかたちをさせて  子が悪いことでもして出されてきた  子は育て  子を誉められて  子を持ちし  子ならぬ心地もして  子が手離されうと  子に醒まされ  子の事を思ふ  子にあらぬ  子を先祖に負けない  子が十になるまででも  子のそばにいたい  子の心を理解しない  子がこれをついで半ば完成し  子の親たちは顔色をかえる  子に麒麟児が生い立ち  子も喜ぼう  子は今ごろあり  子は一人もないのでこの上さんは大きな三毛猫を一匹飼うて  子の為に親同志が喧嘩をして死んだ  子が出て来て  子を殺したから  子取尼などともいって  子取の名人のごとく伝えられるが  子が一人でいる  子に聴かせる  子の里にも産まれし  子と謂ひて殺しぬ  子を儲けると  子のことであろうが単に殺す  子だが殺さぬなら出て遣る  子の生まれる  子ではないかと思って  子を粗末にした  子を欲しがった  子を生んだと伝えている  子を産むという  子とともにある  子の名を小市ともまた市太郎とも伝えていた  子と名づくる  子に弁当を盗まれる  子見ゆるや  子犯すといい  子と生まれた  子は珍物好きの心から烈しい異国趣味に陥って  子の白いエプロンを掛けた  子の一人が私を見つけてくれたが  子が意外な場所に佇む  子と友達になった  子が馴れ馴れしく呼んだ  子は荒々しい町っ子に混って負を取らないで遊ぶ  子が嘴を揃えて  子のお尻を捲って  子と遊ぶと  子と遊びたいなら  子にしてしまいます  子となった  子になってしまう  子になると  子は明日にもお鶴が売られて行く  子の悲哀を抱いて  子のように吊り提げられながら  子ともいい別種ともいう  子と嫌はれ  子をさずけられる  子をさがしに分け入った  子ではないかと言って騒いでいた  子であることを知った  子を鷲にさらわれた  子を鷲にとられた  子の禅僧が書き残した  子のような眼くばせをした  子をなんとかしてください  子のような笑いをふくんで  子が始末にいけない  子をおんぶした  子は社会に生れ  子への無限の愛を抱いて生きているならば  子に対した  子として見るべきであり  子を育てようとして  子に対して従来の生活を防衛しようとする  子ばかりとりかえそうとする  子ばかりを庇おうとして  子にばかり頼る  子はどうしても十歳より上に生延る事がごわせん  子のむずかる  子を生ませていれや  子はそだつ  子はもう泣きもしない  子の父だと思った  子を負って  子を預けると  子は助けてやる  子を取り上げた  子が邪魔になって来た  子を大事になさいよ  子を育てたいといいますが  子に救われ  子に救われている  子の功徳を説き  子を亡くしたという  子はまったくなんにも知らない  子を入れている  子の顔見せてたべ  子にとりついていて  子にとりつく  子の方を見る  子とは誰れが思おう  子を育ててやるという  子になりました  子に乳房啣せ  子の首筋と手のなま傷がみえなかったか  子の愛ゆえに今はまた死体の替え玉すらも思い決し行なった  子のかわいさゆえに人も切ったと申したではないか  子になるだろう  子に帯を買ってやる  子やこの子が自分の知らな  子の羨ましきにそが  子のようにかわいがって  子でおじゃります  子よりも雛のほうがたいせつじゃといわぬばかりの  子がまだそこに残っているよ  子を知っていると云った  子がたった一人ここに置いてけぼりにされていた  子は云った  子ははしゃぎ切って云った  子は死ぬだろうね  子は助かると云って下さい  子をここに見出さないだろうよ  子にしたよ  子の傍へくっ附ける  子の冷たい顔に接吻した  子と話しをする  子のようにしまわれている  子は生きているよ  子がころがっていた  子は育つというな  子ときちゃ  子ばかりが敷き  子のしゃぶっている  子ばかりがし  子もりらしいのをいっしょに引き従えて  子をとられた  子ぬすっとのにせ  子を捨てろと教えたので  子のような赤子がある  子がきのうの朝とつぜんてまえをたずねてきたので  子を捨ててみろと  子を見つけさせ  子を盛った  子がかい  子なんぞを飼いだした  子のはばたきは  子のまたしても  子のはばたきのした  子のなお一層はげしいはばたきの  子を取戻しに来た  子を思うという  子が荒れ出しました  子の猛然たるはばたきのする  子を預かっている  子を拉し得て  子のはばたきもありません  子を放してやった  子を索め得て  子を解放して  子を奪われた  子は合点をして  子は道中差にしては  子との間に割り込むというよりは  子の面目が照らし出され  子は虎之助と申しまして  子の父と申します  子がそう申しては  子が一刀に斬って捨ててしまいました  子が育て切れますかな  子を引廻し  子もすんなりと立身出世を致させたい  子を今日まで育て上げました  子の成れの果てはお話になりません  子を母があやなす  子のことかと思いました  子が聞き  子を産んだという  子を上手に産もうとするには  子は産み落されて  子を産まなければならない  子というものの立場になってみてでございますね  子として生れない  子を卸してしまうか  子を産みたくないという  子を産みたくって産みたくって  子を産みたくなくって  子を卸す  子に持つくらいの  子をおろすとか  子もわからねえ  子を堕す  子もないようにされてしまう  子はもう木にも上れば  子の傍で洗濯をしていたが  子と思うな  子だぬきにち  子にこない  子がそういうていました  子を見せ  子にとうとうこんなところへ出てもらわんな  子に対するように学生らに愛着して  子へ代々伝えきたった  子の知り  子はいたって  子にこのたびの縁談がありました  子とお湯を使っておりましたら  子を人手に取られる  子のない家にそのすずりを置けば  子のはじまり  子のわたくしをかえってしかりつける  子をわがままいっぱいに育てて  子をそでにする  子をかばって  子に跡をつがせたい  子に跡を継がせとう  子の生命計り  子は遠鄙に在之候を板刻の諸用を調度仕  子無息清貧にて御座候得ば  子なり孫なりの云ひ  子を嗣となし  子にできるかできないか  子の襟がみでも取ってこづきまわすだろう  子であるために劣等感ばかり味って育った  子までできてしまったから  子と自分とが半分ずつわけて食べようと思っていた  子にやったという  子だからというので  子にならじと  子とさう  子に花をもたしておけば  子がスヤスヤ眠っている  子は竹を割つた  子の様な唸  子ででも有ろうかと思い  子に遣り口留めを仕  子を家に置く  子が出て来た  子の来る  子とそこで黙  子は持っていても  子や嫁などは眼の隅にも入れてはならない  子が父親に接する  子であることはいうまでも  子のそそっかしさったら  子をおもひ出しては  子を近くに置いて  子が殺された  子しか育てなかったが  子の嫁に娶ろうという  子をおろしたり  子は争い  子だと数々小言を言い  子の如く見ようとして居る  子は出来ない  子として届けた  子があまり可哀さうだとはおもひませんか  子をどこかに埋めてくれない  子を殺して仕舞う  子をつれて行く  子は又青ぞらを見上げて  子が来てるよ  子と生れられた  子が生れるでありましょう  子でおわしたから  子は殺さない  子との間の問題に変っていた  子を殺さないで置け  子とは思われない  子もみんな熱砂の波のかなたにかくれて  子が食われたので  子であってもそう一々わかる  子になってもうけている  子の運五郎とが鋳た  子だから腹巻を緊めている  子のギドーが木片の燃えさしで鋪道の石の上に図形を描いて  子が取りて嘆か  子を降らしてゐる  子の前にだけ示す  子のようにのろのろ動き廻っていたが  子によく似ている  子は殆ど見分けがつかない  子を釣って  子は山女魚に比べると  子の鱗は剥げ  子ではほんとうによく似ているが  子に旦那が出来かかって  子にはよく逢う  子はさんざんぐれだしたが  子とのことにあるとすれば  子を生んで居た  子は親を悩ませ  子を何処までも可愛く思う  子を喜いちゃ  子は一昨日も一日泣いていた  子は幸いに寝たらしい  子も同じ店で働いているが  子とおらとを置いた  子の縁にうすいと出て居る  子も何も出来んの  子と同じや云うてな  子はお城の門をはいって  子がすきになったという  子の話をしてくれない  子があたいに話していた  子だからといふ一番らくな道を通つて卑怯にも帰つて来ました  子がお前より強ければ強いやうに打てば  子でありますけれども創りは  子我が物と思はない  子であったことを祝し  子を遺して行く  子だといったら  子に生れた  子にくれないかともいいました  子は部屋で見る  子とが欠けていた  子が飛びついてきた  子が生れ  子は生れる  子の男兒を牲にした  子を築き込んだ  子が泣いた  子を賣つた  子を買つて生埋にした  子は英仏独の学者が為し得ざりし  子の如き西人崇拝にあらず  子にも標準あるべし  子の歌は子の歌にてやるが  子の作る  子も一所にして  子が馬鹿にする  子が前に出て  子ではない訥弁という役者の子だという噂が高く一時は口の悪い新聞にまでも謳われたほどであったが  子を引き取った  子を負った  子たるものの宿命の根柢から考察せられる  子への献身などは親が妄想的に確信してゐるだけ  子をいましめてゐる  子への献身や愛情を確信してゐるだけ  子だと言われるまでも  子ではないかと疑った  子は大事な花壇を荒してしまつて  子を相手に土をやはらかにして  子をよんで  子はそばに茫然立って云った  子が云った  子にそう云って居る  子は迷ひ  子を庇つてゐる  子がその後どうなつたか知らない  子に生れまして  子に取られ  子を着せ掛けられる  子を孕んだ  子が出て来ました  子も頭を二つ三つ振って  子の紺三郎がいかにもばかにした  子が立って居て云いました  子が尤もらしくからだを曲げて  子が大きな子供の狐の肩車に乗って  子が立って居て  子ほどの音もたてず  子の身のふりかたを考え  子の難處を越して  子は何處やらをとなしく見ゆる  子たる身のおぬひが  子と叱かられる  子凍りて息は無きも天部の火を借り焼くとせずや  子は長命を保つという  子が一匹うろうろしている  子が僅かの間にずんずん大きくなって行った  子を見つけても  子はつねに注意深く観察して  子と地頭の命には勝つ  子を教うるにおいてをや  子がそれがためにこの通りの苦労をしている  子の出世の道もそろ  子のような気もします  子をあんなのに乘せてやりたいわ  子が急に石地蔵のように重くなった  子を摺りおろす  子にひいひい泣かれると  子がおいでになる  子がさ  子を嫁づける  子も在る  子が女優になるといふし  子に話がある  子に腹が立つた  子を国へかへし  子を少しでも偉くしてあげたい  子を偉くしてあげたい  子を生むにも  子が女優になるというし  子に腹が立った  子を国へかえしちゃいけない  子の乞食がありました  子であるところのお嬢様というのをそそのかして連れ出した  子は何をする  子を一人持って来て  子を捨てるのに  子を捨てなければならない  子の笑う  子を棄てる  子はほほ笑みをつづけておりました  子であると見るべき  子はゲラゲラと笑い出した  子のように愛されておりました  子を払う  子を払うと共に  子を横へ振払って  子がいやこの坂ばかりにて一ぢやといふ  子だなどといっては  子だといい張る  子と麩など売りしが  子は福をさづけ  子を選ぶ  子が二十五人あり  子無きは去る  子のない妻たちをさいなもうとする  子のない妻への言葉を書いている  子をどう扱って来ているかという  子を産み出してゆく  子では話し  子のつかふ  子が遊んでゐた  子でないことがわかると  子を任せてくださいませんか  子をみてやりましょう  子なんぞという筆名で多少知られている  子がないのを苦にして  子が或る日或る所に生れる  子が凡俗であればあるほど  子が生れて来たばかりに  子のために祝ってやれば  子の父親はわざと産室に顔を出さずにいる  子や貧民の子らと共に天下取りをやった  子を何に仕立てていって  子は夢を見た  子はその夢の中の顔をどうかして  子の造った  子は下駄屋にされて  子の母になります  子を抱いて泣いてると  子の為めに可哀さうでならぬ  子にでも生れ変  子の意思に関渉する  子を逐ふ  子を伴へる  子のために行末よしやと思いはかりけん  子をいや増してあわれがりぬ  子と変わらざりき  子はこの童とともに育ちぬ  子を家に入れしは  子なりその少女ふたたび見たき  子はありながら  子が来かかって  子として現わるべき  子は翼を痛めたので  子を乳母車に乗せて  子が私を殺した  子は育つといふ  子になりかけて来ましたから  子が盛んに蕃殖をいたしつつありますな  子に布波能母遲久奴須奴神あり  子を産まない  子がなければ新教徒をもって  子が自分自身をかわいがらないで  子にもいった  子が神さまをあがめ  子として生まれ  子が十疋も出た  子にかぶり付いてうなりながら  子を産ませると  子と二人で水の蚊帳ささやれ  子を見知って居る  子のむれを  子が討つ  子とあってみれば  子が梨地のように飛んだ  子は帶電せるを  子はどの元素より出るも  子の代わりとして面倒を見てやってくれる  子をなくしました  子をだれも憎む  子のように思わせて  子を置きたくない  子に設けて置いてやらねばならぬ  子の母とは似ている  子の目つき顔つきがまたよく母に似ていますから  子とあなたとを母と子と見ても  子の前に幾世紀間も平伏した  子を喜ばせる  子のうちに生き返らせてやるべきだった  子なんかもあった  子だったからそばで使おうと思う  子の姉に相談してみましょう  子らしいところがあった  子は年相当の成長はしなかった  子の帰来を待つ  子を一人行方不明にしたと言って  子はどこにいるの  子をくれないか  子である点からいっても  子だからといって  子を愛せざるの  子を教ふるの  子を教ふるを見るに  子を害はんとす  子を褒むる者あり  子に対してはその子を褒め  子なのであろうと源氏は思った  子を犬君が逃がしてしまいましたの  子は下へすわった  子に引き寄せられる  子であるに違いないと源氏は悟った  子であるがためにその人に似ている  子が生まれてくるという  子に残る  子の情合いのできる  子が四人来た  子として育てる  子のように思って愛する  子に酒の一番火入れなどをさせながら  子に誨えた  子のように考えている  子で造る  子に対する心持ちをも引き出されて見ると  子の前には神聖なものとして置きたいとも考えた  子の白くあらわれた  子にあてがう  子が杖でもついて  子の亡くなった  子の泣き声を聞きつけたからで  子に教えた  子がないことなどを言って見せる  子を賞美し  子が生前に寛斎の世話になった  子は賢くても父に超える  子が自分で持って行くと言って  子の前に置いた  子としての半蔵から見ると  子には正己という名がついて  子の受け取るべき  子の前途を心配し出した  子にくれたいと言った  子のように思ってる  子が生まれた  子が生まれて  子を思って泣く  子だになかりせば  子は声を立てて泣く  子に捨てられました  子だったかと思うと  子の餠を食べる  子でない明晩の子の子餠はどれほど作ってまいった  子の親しい態をせよ  子と思って愛する  子で今年から御所の侍童に出る  子を源氏はかわいがっていた  子をすわらせながらも  子と別れている  子のように私は考えている  子の筑前守が使いに行った  子によい配偶者を与えた  子はまたこれに準じたほどの  子の足立たざりし  子も元服させて  子が心にかかって  子が生まれるなどとは  子の母について語った  子が恋しくてならない  子を愛してくれている  子も兄弟でいながら見る  子のために念じていた  子の一人と思って  子の中からどんな芸も出抜けてできる  子として取り扱われない  子の美貌を世人はたたえるが  子に育ちました  子として成長していく  子にしてもらえば  子を自分がもらって  子を自分が抱いて  子の運命に予期している  子にしていただきましても  子は結局夫人の世話になる  子を放すまいと  子が出ましては  子が間に生まれた  子をこれから育てていく  子の世話をして  子さえ取れば  子のことばかり考えているであろう  子などを平気で見ている  子も案ぜ  子は自然に任せておきましてはでき  子に生まれまして  子を見ていた  子に対しては正当な判断もできなくなっているなどと  子が大人になっただけ  子にも劣らない  子だけでも私は思う  子を知るは  子ながらも晴れがましくお思われになる  子をお迎えになると  子を選んだ  子は浪速で祓いをさせたいと願って  子に手紙を渡した  子は家へ持って帰った  子を呼んで  子らしくしていただけます  子になっている  子などが身動きもならぬ  子を家へ迎えた  子のことが耳にはいった  子が選ばれた  子は育ての  子ぞ類ひなき  子であったから兄妹を源氏は大事にしていた  子になっていらっしゃる  子も同じ兄妹から生まれた  子ということが知られているほどの  子ながらも畏敬の心の湧く  子のように恐ろしがっていられますから  子になるという  子の手を握り  子に否とこたへ  子として出て行く  子にとる  子と次第に人間の価値は落ちていきまして  子でなくてあの方のだということがわかった  子の居所が知れなくなりました  子の顔のわかる  子と認めようとする  子として引き取る  子は皆悲しがって泣く  子らしいところがあって  子はもう父母の争いに関心が持てるほどになっていた  子をいづ  子の兵衛尉が掘って持って来た  子の頭中将や弁の少将なども伺候の挨拶だけをしに来て帰ろうとした  子には残してやりたくない  子になりながら  子のようにも見えなかった  子が今のように引き分けられている  子として持ちたかったという  子が非常におもしろく舞った  子をかわいがろうとつとめた  子の権利を主張した  子に対する愛は限度のある  子のために最も私は苦悶しています  子としても席上の用にいろいろと立ち働いていた  子が万人にすぐれた  子ながらももったいなく思われる  子を今まで見せない  子としては忘れ  子に現われてくる  子そのやまおく  子で三十近くまで東京から外へ出た  子とする  子かと想像するが  子に伝えても  子にこそ父の俤の伝わり  子を控えた  子に着せる  子に遅れている  子に言って聞かせる  子を思った  子の留守居する  子や縁者の間に蒔いて  子の一番きらう  子不語ばかり別になった  子を抱きながら  子でりこうなこの孫君を院もおかわいがりになった  子が四人ついて行った  子が笙の役をして  子に酒杯をお差しになり  子には紫夫人のほうから厚織物の細長に袴などを添えて  子の愛というものを以前ほど深くは感じない  子の少ないことが寂しく思われもした  子は自然に辞めて行きますが  子に逢ってやらずに死なせましたら  子として保護してくれる  子のように衛門督は思っていたが  子でもう声を出して笑ったりする  子だけを形見に残して  子を惜しんだ  子らしくも見られる  子はすでに美しい貴公子の相がある  子を自分が得る  子が長く泣いて  子に乳などをくくめていた  子は病気になったらしい  子の上へ目を落とすと  子はああいう  子の気に入り  子はたいそうたのもしく思っている  子として罪であるように思召され  子としてのかいのないことを悲しんで  子が人形を作って遊んだり  子が後ろから這いかかって来てつかまり  子にこのかたがたのような片時離れぬ  子も一緒に入れて建てたいという  子として一緒にいた  子のように箱を守って  子だけを夫人はつれて行った  子を促して慌て  子は早く死なずに  子は少なくしか持てない  子のように頼みにして  子であることを悟ったというが  子として世間が軽蔑して見る  子に吹かせた  子である方を好都合であるように思う  子の産せざる  子の下る  子どめのマジナイなれば  子あるべき理にして  子をぽかぽか撲ったりしました  子をぽかぽか撲つたりしました  子の一人として尚侍を見て  子の侍従を使いにして  子にして持っているほどの  子のために気をもむらしい  子を挙げた  子の代までも続き  子は誇りをもって  子が親を見つが  子を思いきれないで  子が親に会う  子が誰の子だか知りません  子がいたら出せと頼んだが  子に仕立てようと  子の集まる  子を教育しなければならない  子を父にしてはならない  子をお持ちになる  子だけを形見だとお思いになって愛してやってください  子をかわいく思い  子という絆に引かれて  子の案ぜられる  子の生れなかつた  子のなかつた家庭を賑はす  子が生れたら  子は子の分があって  子なども持たない  子の服喪を姉のためにしたい  子のように熱心にする  子は考える  子が沢山に集まっていた  子はおばあさんに連れられてくると  子と遊んでやって  子にいって  子に対してはもう半分馬鹿にした  子を無花果の木の下に残した  子の真似をして  子の真似をしあって遊んでいる  子とはよくこんな会話をし合った  子をお持ちになり  子ができる  子と認めて  子として宮がお数えにならなかったとしても  子をお愛しになる  子であったならと思い  子があれば  子の石川も弓をよく引いた  子に見せないで  子は早く死ぬと  子もあるし  子が自分の頭だけで考へた  子で補習科を出た  子は先生知らないでせうけど  子も立停  子の中で少女二がいきなりワーツと泣き出す  子は君の裏と表をすっかりひっくり返してしまっているじゃないか  子は私に呼びかけた  子して待っとれ  子で年十四に成る  子を喜ばせ  子は死んだ  子につきましては  子だろうと信じてしまった  子だけは命に代えたいほどに愛されます  子と認められて  子のほうへ取ろうと  子のほうにと言って  子とあそばさなかった  子としてお認めくださらなかった  子にしてくださいませんでした  子などといっしょに扱われようと考えられる  子でない私でさえ始終恋しく思い出される  子は生まれないかもしれぬと  子が使いから受け取った  子はあさはかに出過ぎる  子には見込みがございますけれど  子で蔵人から五位になった  子であるかを私の知らない  子の世話をする  子を負つて門に立つてゐる  子を賺してゐる  子を賺しつ  子を負つて門に立つてゐた  子であらう  子が二人共蒔繪をした  子かと推せられる  子は夭し  子とも認められなかった  子としてはりっぱ過ぎた  子ののこした  子でございますからと申して  子と小さい枕をぶつけ合って遊んだ  子が駆け寄つて  子に示してゐた  子を信仰に導く  子の代わりに仏様が私の所へ導いて来て  子にまさった  子で仕官していた  子を手もとへ使おうと思っていた  子を大将は近くへ呼んで  子を僧都は愛らしいとほめた  子を帰途にすぐ小野の家へやろうと思った  子を薫はそばへ呼んで  子はこう言った  子であると思い出してさえ  子も姉君は生きている  子だってぶつから  子は岩蔭に咽ぶ  子を育てずに  子なければ年老る丈け愈恋しく信州にのみ三人も家従をやって捜させ  子とらしい二人の間に取かはされた  子が一人居やして  子に吩附けて  子が喞筒の稽古を見て居たと  子の高く騰る  子は昔から変つて居ると  子が何うしても承知しねえ  子を幾人も変へて見たが  子の間に少なからざる活闘が演じられたが  子をつくる  子に下渡された  子はあの死骸を何うしたであらう  子の手に其死骸のある  子もなくなるからね  子の顔を見ている  子のようにちぢめていたが  子は初め漢文を修め  子のやうに言はれて来た  子を写して遣ってくれ  子が傍にいて  子を寝かして  子が指す  子を育つるなど  子を育つる  子に逸人様という御養子をなすって  子が声を立てて笑って  子は盤を離れると  子の順吉というのが夙慧として聞えていましたので  子だったと見えるね  子が心配になる  子の呼ぶ  子の年頃だといって  子をかわいがってくれましたが  子が或時女中部屋で長く遊んでいると思ったら  子をいつもこうしましたから  子は男だから堪えるでしょう  子や花のかげ  子の生殺与奪の権を握っている  子は助からない  子をそろえている  子を抱いてうつ向いている  子を哀れみ  子が道でころんで  子の名附親になってくれる  子の清衡は幼時よりその家に養われ  子を固く抱きしめる  子を背負って  子の世話を見なければならぬ  子をも持たなかった  子のようにひらめいて  子のまもるべき  子が金かんじょうなどならう  子がお金のことをいって  子より上の役目につくという  子に漢文をおしえる  子であることはまちがいありません  子だからにめぐまれました  子にまされる  子は南洋へいつて  子の行末までも思ひふけつた  子を持上げて見たが  子がすてて  子にい  子を愛撫し  子をとらへて様々な運動を施すといふ  子の交際も亦礼譲の間隔がなければならない  子に虎吉とか竜五郎とかいえる  子はだれにもやる  子のようにあわて切っている  子でひとりでわきの下に挟んでいた  子をなくすとは  子の十五六のを召使っていたけれども  子の寮外に送り迎えされていた  子を奪い去って  子をもほんろうし  子を取られて  子にたずねて  子が能登の浅次郎や言ははる  子は小さい時から病気ばかりしては  子を産んだので  子は徐州の薬学校に通つてゐて  子とろこをとろ  子とろ畑の中に菜種の花はならんで咲いた  子は門で泣く  子は背戸で泣く  子があるからよ  子は帰れ  子を抱えて  子より孫と代々相伝えて  子のように首だけを苦しくのばしていた  子のように口をならべて  子だって云う  子なりの顏の見たいは  子を寐かして  子が出  子に甘きならひ  子も御座んせぬ  子は育つと  子の爲にも成ませう  子の愛の斷ち  子も兩親の手で育てられまするに  子の身を守る  子をつけて  子を持戒堅固の清僧に仕上げたならば  子を犠牲にする  子を脊に負ひ  子になつてしまつているが  子が親に似ている  子は百姓になり  子は大工になり  子は町人になる  子が跛足であり得る  子が駒井の殿様のものになろうとは思わなかった  子の手柄を親としての自慢と誇りに堪えない  子だけが絶叫する  子まで産ませて  子は青い草の中で寝しましたよ  子がものを言ひ出す  子であると言つた時吾が心は言ひ知れぬ  子だ冬が來ても決してい  子の一人よ人間は皆墮落して  子だ自然兒だまた文明兒だ自然が血をわけて育てたいとし  子である今口火をつけられてゐる  子である燃える  子である躍り出した  子であるどぢなる自分は斯くして  子である太陽の子である斯くして  子なのだしかし今自分のする  子だ人が死んでも泣いた  子だ追ひ廻してやまない  子だつまづけば  子だかくも強い頭と出  子を遥なる  子に冥通の懸橋をさし懸けられぬ  子の慕わしさにかき立てられ  子が無いことを託っていた  子であることがわかった  子になつてゐるが  子に塩をつけられて  子に重盛があり  子としても良人としても確かなかつ周到な思慮を欠いて  子さえ出来たので  子にふびんを掛ける  子が乳離れする  子と離れぬ  子を食いおわり  子を姙みし  子は世界終る  子が喰ひに行くに  子のやうな恰好で今も体操の列にゐた  子のやうに佐藤はもぢゃもぢゃに頬鬚を伸し  子は誰に似た  子が主人の帰りを待ちわびてる  子は親に孝あり  子に対しては絶対服従をも厭わぬ  子を教育している  子は飢に泣く  子を孕ます  子とも裔ともいう  子に牛馬を曳かしてはならぬ  子の前へ清江はかじかんだ  子と結婚する  子と結ばるべき  子の幻影が泛ぶ  子が一人増し  子になろうとしていた  子になろうとしていたとも言えるが  子にもなれる  子になっても  子に見せようとは  子のことで嫉妬を感じた  子も盲となり  子なしと説く  子を取り出したが  子を取ると言った  子生んだ例あるやは  子は詰まらぬ  子など呼び  子を愛し  子を懐く  子を育つるが  子また眷族なる件の諸魚が半竜半馬の相を具うるので  子でほに  子が押してくれるけれども  子を生めば持ち廻って  子を愛撫するを見て  子を抱き過ぎて  子を苦しむる  子の顔を洗うを  子を喪う  子に対するごとく叫んだが  子を生まずに死ぬとせがむ  子を乳せんとてちょっと立ち止まり  子を寝かせて  子を産むと信ずる  子を生むべしという  子を持ったごとく見せかけた  子を拵える  子を祈る  子を乞う  子を拾い  子を拾いに坐したる  子を求めて  子がハヌマンだったという  子欲しき者は丹でその像を壁に画き  子を生むと信ずると  子に喰わせる  子のお燕をあいてに  子になったのに  子になろうったって  子の顔へ顔を伏せて  子を抱かせて  子だと知ると  子の悲鳴もつんざき  子にある  子も路傍の捨て  子のおもちゃに抛って  子に奢っておこう  子のよろこびを見る  子を連れては  子に抱きすがられるであろう  子になぞ生れやがったか  子に添え乳しては  子の泣き悶えともなる  子を見れば  子を抱きしめ  子を探しつつ  子の罪みな父にあり  子の眼を見ると  子の本能があるだけだった  子に服ませました  子に服ませたなど  子になりゃ  子の私も救われませぬ  子の愛がありますから  子の行く末を意識に映す  子があったじゃないか  子の名前まで来て  子をひっぱりだしてやりました  子や孫の時代になっていた  子を結ばで  子を挙げし  子として之れを養ひ  子思ひの作左が心底も動かずやと  子がとても気に入った  子のものであるお金は損したくない  子を君の後に乗せてあげ給え  子には気を許していますし  子を見られるか  子はこの小屋ん中にいる  子に手をかける  子はお前の首を救ってくれるだろうよ  子をこっち側までつれてゆきましょう  子があんたに話しますでしょうが  子の命を救ってやりましたし  子の命にもかかわってるって  子の命を繋いでるだけな  子のひどく好きな連中との話し  子に綱をつけてつれて行くとしよう  子を黄金みて  子と地頭に勝たれぬ  子をかすかな燈に照して見れば  子が自分にときどき梟をやろうとか  子に惹かれて  子さえ宿ったという  子を育てて行ってくれ  子を繊弱い  子の当然なる  子が申せし  子を持たれし  子と火鉢の間に対坐してゐた  子に預けた  子と長男の芳夫をつれて  子が自身私のパアトナアになる  子の仕立物を頼んだりしてゐたので  子と書斎にゐた  子は読みかけた  子に言つてゐる  子が漸とのことで捜し当てた  子いきまきて立ちぬ  子舞い立ちぬ  子の生れる  子を守り育て  子も持っている  子の上におよぼすとはいい切れない  子の男女いずれと卜者に問うに  子の冤刑に逢い  子が息災で生きいた  子の成り行きを知らず  子が父を呼び留め  子に向い  子は夜食せずに済ませた  子を捉え  子を縦さば望む  子を塔上より投下すべしと言い張った  子を投げ  子生まるれば必ずその母の父アクリシウスを殺さんと  子が邪魔になるから  子を取り下ろす  子を乾の隅に置くと  子を産まず  子の婚姻を承諾しない  子が婚姻をする  子であり妻であるとはいかなる意味で現れているかという  子である自分を門の外に待たした  子に生まれるから  子に生まると告げ  子に生まれたが  子に生まれて  子も友もない女が一犬を子のごとく愛したが  子は行く行く王を殺して代り立つと  子に魚を持たせ  子が死人中より起き出でて走るを見  子は走って  子起き上り辺を見廻し立ち去る  子は遁れて  子は逆さま靴の謀で一旦逃げ延びたが  子の成り行きを尋ねしめた  子の来るを見  子素早く木に上り狗ども下にあって守る  子が自分の衣を脱いで擲ち  子は脱れ走った  子を冊立して  子を害したもののごとしと  子の頭が少し早く禿げる  子もあるべし  子でなくばと鳶人足が女房の蔭口に聞えぬ  子が見えねば  子ながら美く  子は横町の三五郎なり  子を種なしにしたと誹るもあり  子として與へてくれた  子を手の上に載せて持ち  子の大そう美しいのを喜んで  子にも伝えようとしないのにも  子を刺し殺そうとされました  子を抱きしめて  子の上を追い求めだす  子にしてやってくれ  子にふさわしい成長を挫かれ  子という血の近さではうずめられない  子は猪とあり  子を猪といい  子をイノコと心得るに至った  子だが世俗のままにこれも家猪に適用して置く  子を孕んで困るを  子を伴れて  子を啖わんと望むと  子を洗い  子で宮中の栄華に飽き  子を平八郎敬高と云ふ  子の衣物をこさえなけりゃいけないわ  子で生まれて  子で天使が人と生まれた  子は北方でその獣は鼠とし  子たる人間を護り  子の方位の獣と立つる  子の神だったから鼠害を受くる  子の神なり  子の権現といえりしを  子ず権現と称えしより  子の聖権現といえり  子の聖権現は馬鹿に鼠を嫌う  子を成長後自分亡妻の子として引き取る  子を塩して供え  子を卸して食う  子というトテシャンがあったとする  子は正気づく  子の姿は無線遠視に撮られて  子の姿を放送する  子の姿が何故娑婆から見えるの  子としていた  子のおありの  子とをお残しでした  子は母君のあとを慕って  子は三界の首械といへど  子に持つ  子でもおれと遊びに飛んで来な  子でもおれと遊びにはねて来な  子でも出来たか  子をつまみあげて  子に空俵を結びつけてあったり  子を死なせてはならない  子だってことも知っています  子のしろい眼窩が俺たちの心魂をたち割って込めたね  子を添えた  子や年よりのおどろき  子は亀丸と云って  子ながらもてあまして居た  子のかわりのこんなつらい事にあう  子は鬼っ子だとある  子とも云われ  子を持つと  子になります  子になりましょう  子で遊びにきたいらしいけど  子に尋ねたら  子を元気づける  子の考えた  子にはあげるし  子もたちまち好意をよせて  子はそう聞きたがらない  子になれたら  子をよろこばしてあげましょう  子になるわ  子になろうとつとめ  子に一走りいってもらうと  子を助けて下さいといったの  子が目をさましたら  子をかあいがっているが  子をつれて来て下され  子の版画をながめながらいいました  子を失う  子も棄て  子の面影を書き残した  子を失われた  子のためには親をさなくなりぬべしなど  子を思うより  子の死を悲しむという如きやる  子の死を悲む余も遠からず同じ運命に服従せねばならぬ  子にすすめられて  子か科学的に証明する  子の無限の悲哀がこもっている  子に秋問ひますな  子に狂へる  子よわき子は天さす  子を三月画にすと  子が秋を詩に問ふや  子とは生れざり  子と知りぬか  子たれと願ふのみうらみじ泣かじ  子が思ひ  子か鮪釣りか沖の舟見て見てたそがれぬ  子の母誰れが  子とこもりゐぬ  子かな春の池楼ある  子がかざしあらはに歌ひはばからぬ  子の生れけるに  子かちし競馬のり梅にいこふを  子を唖とつくりぬ  子だから早く帰んな  子と二人で荷上げ機械をよち  子が親の身代を讓り受けたとか  子の身代もあれへん  子となったら  子にもその苦しみを訴えず  子をもてば  子は睦じく一本の酒で陶然とした  子の眼があいたので  子の眼がふさがってしまって  子の眼がなかなか開かなかったので  子のきょう一日の食料が出来たとはいうものの  子がいまに眼をさまして  子はヒッパタかれた  子さえ儲け  子かどうかを疑わねばならぬ  子かもしれない  子でないことが判ったからとて  子だということが判ったからとて  子ならすぐ答える  子でないと判れば  子を作れる  子はできない  子と生れ  子よ声調ひく  子がより  子だともわからず  子は父の隠した  子に呼び立てられ  子がなければ妻のやつは心細がって  子のない人は子のないを幸福とする  子がなくてしあわせだと思ってます  子がないとて平気でいられましょうけれど  子を飛ばせるといった  子の世話を焼くと  子も浮山も馴れている  子の言葉が割って入っている  子の言葉は続く  子の手を不愉快そうに振り切って立ちあがる  子へ眼を移して  子も入って来る  子が急いで  子の姿を見ていたが  子の前を遠まわりをする  子も走って  子の柳子さんをめあわして  子に抱きつく  子も死に絶えていない  子を養子にと請われた  子は皆しっかりしているのに  子はこの儘育ってどうなるかと  子にならねばならぬ  子だと虐められた  子はやっぱり違うと喜び  子の婿さがしの  子はどうするか  子をもたせる  子を孕む  子をも育てて来ている  子はあまたあり  子と名のつく  子といふ娘が現れた  子に秘かな恋を感じてゐた  子の悪趣味におもね  子が自分の心に喰ひ  子に恋してゐるかの  子を信じてゐなかつた  子に対して結婚を予想する  子の傍に直立してる  子の済してゐる  子の顔と見くらべた  子の家に寄食して  子と机を並べてゐた  子の父は毛織物の輸入商を営んでゐる  子は決して机の前に現れなかつた  子に感ずる  子から聞いて  子の態度を彼は見た  子もありながら  子が叫んだ  子のやうな女がそんな理想を抱き続けてゐた  子の好みの着物などいふ  子の家に寄宿する  子を秘せずには居られなかつた  子は相変らずしめつ  子は斯んなことをうそぶいた  子に接して見ると  子が云ひ出すと  子の真実の心だと知つてゐればゐるだけ  子も結婚して呉れないと困る  子の如く相手の配偶者を度外視する  子の家では殆ど酒盃を執らなかつた  子は彼が飲酒家になつてゐる  子にゆすられて  子は力まかせに板の間をドンと蹴つた  子の仕度が出来る  子は手荒く彼を引き寄せた  子がはさんで呉れた  子が隣の伯母さんに見せんと  子を産みたくありません  子であつても介意ふまい  子に對するよりも  子も乞食の子も学齢に達すれば  子の鶉は二の句がつげません  子の鶉はさう  子の鶉が見えません  子の鶉はしばらく考へてをりましたが  子の鶉は余り気にかけないでをりました  子まで産んだ  子になろうたって  子を黒焼きにして飲むと  子をつれて戻った  子だと思っていれば  子だと思っているらしい  子の母親が見たければ  子に傷をつける  子だという少年が来ていたりして  子の列につらなべ  子もなかつたことになる  子を悲しんだ  子だからいけない  子になつてゐるではありませんか  子を犠牲とする  子は世界の罪を贖う  子のために隠し  子にして欲するなくんば  子とせず  子の迂なる  子如し言わずんば  子もいない  子だって東京へ帰って  子をくださった  子をおわんに入れて  子が日向ぼっこしていました  子が口をきく  子がずんずんそういって  子は長者のむこになる  子だね此樣な遲くに何を言ひに  子があらうか  子ならお前は今までのやうに可愛がつては呉れないだらうか  子で何んな身か夫れは知らないが  子だと町内に怕がられる  子だねとお京の諭せば  子のわれの身のうへおぼるる  子の不断着を畳んだりする  子がと思う  子は二人の小さい仕込みと同じ市川に家があるので  子が好い機会を見つけて言った  子のように育てられて来た  子の目だけは何だか雲がかかった  子には世間から後ろ指を差される  子も愛情が出  子のやうにも泣き入りぬ  子とかまたは朋友知己そのほか自分の世話になった  子とも分らない  子に百円の小遣いをもたせて  子とに言葉を交わし  子にはさせまじき  子はあるべし  子のお人よしなのを大わらいにわらった  子をとばしている  子も放つといて  子が三人ある  子だけは成功させなければならぬ  子は大抵の親にちゃんとこの格言を実行している  子を愛すれば  子をもっている  子とが重荷を負うて行く  子は盗賊に死せず  子に住居なしになるかと案ぜられる  子と孫のために働いて  子は大抵の親にちやんとこの格言を実行してゐる  子の心がちがえば  子の心がちがへば親の愛も違うて  子が出来る  子とも思わんからと言っておくれ  子であるように言われてみると  子の抽斗から盗み出したので  子の情として訴たえる  子とも思って下さいますな  子はよくなるか  子が家をつぐ  子の我ままを認容すれば  子が針仕事をして居るので  子は旅人を観察する  子の体をして居るが  子の話をきく  子をつかまえての叱り  子まであり  子の礼儀もわきまえず  子が宿っているらしく  子も生れる  子は長ちやんと同じ学校へ通ふ  子をながめている  子の背に手紙が結いつけられてある  子の仮りの父となって暮す  子は手当をされ  子まで殺さんでも  子は帰さなければならない  子が郷愁をおぼえる  子は助かった  子である私に巻かしてくれ  子とを殘して  子になるでせう  子を藥王寺町まで送  子は行方不明になる  子だと親類中の褒め  子を罪に陥す  子が不良で盗癖がある  子の活力が旺盛にみえていても  子や孫の代にはいつのまにやら天をも摩する  子で創業の時代に生れているとはいうものの  子は何処へでもよく歩るき廻る  子は爪を切りたがりませんから  子の口笛がする  子が産れた  子は馴れているから  子に俺の後を取らせて  子が行倒れていてね  子まで連れててね  子をちょっと見てるだ  子を見ててやるだよ  子はホントに元気になった  子を取った  子は皆それに向った  子なき女は去る  子が仕た  子に引き摺られて行く  子のごとく蠢めいている  子が己れの家庭にのさばっている  子に娶を迎えて置かなかった  子と地頭には勝たれぬ  子が貢五郎と云うて  子を伊豆七島に流すと  子のひたひがほどの  子のとぶ  子の七円がはいっている  子であったのかもしれない  子とは気がつかなかった  子の機械を据えた  子を生んでいる  子には和助という名をつけて  子にしました  子のことを考える  子はもう髪を結うほどになっている  子にもったという  子か知らぬが  子が進み  子をつかっていた  子をつかうより  子である事を信じていた  子は大新河にして  子を生んでゐる  子を岐都禰といふ名にし  子の権十郎が見て  子は明か  子を室中をひ  子は笑わないだろう  子の身の上について心配しました  子のつもりでいた  子をよみがへらするさぼ  子なりきたまたまに問へば趣もなき天王寺姉とひろひし落つばきかな  子に日は照り  子が駈けて来た  子は親に孝行するし  子を可愛がり  子を養て教へざるは父の過なり訓導の厳ならざるは  子の罪なりといひけんも  子と可愛がられ  子といわれし如く  子よと惻隠の心禁めがたくて  子を挙ぐる頃となりても  子の乳母と都合八人いずれも打ち興じつつ  子にまで無限の苦痛を嘗めし  子は身体が弱いから遠くへやりたくない  子は育てねばならず  子の幼い眼ざしをじ  子の女親とする  子のように姉にそういいながらも  子だか分らない  子や孫にきせ  子であるという意識の方がさきに映っている  子の母親となる  子が学問して  子は今日家内の一人にして  子を教育の門に入らしめ  子を教育するが  子によつて著述は出版せられ  子の為に乳を出す  子の思う  子でなければ年が釣合わないが  子が夭折したので  子を可愛いとは思うが  子である事は疑わなかった  子と信じていたに  子のように入籍して  子として届ける  子がそばによって来て  子に完全な扶養を与える  子の為と云うより  子にほだされる  子は子の信念で生活すべき  子の為に生活する  子にはすぐ分る  子の頤にある  子がいました  子だったエピミーシウスは言いました  子は気に入ったかい  子もあたしほど世間を見て来たら  子は一体どうなってしまった  子が尋ねました  子はいつも叫ぶ  子を一匹もらって来て  子は兄さんのごはんで育てる  子に与えて養うべきだという  子を弟に抱かせてやりますと  子を弟から奪い取って  子が外でクンクン泣いている  子を持って来て  子を家の中にいれさせました  子といえども  子という自覚から生れてきた  子がもずの巣を捜すには  子は捕まえてきても育てる  子にたのみて  子に逢ひ  子と飲む  子と清水に飲む  子と日本橋に飲む  子は金鍔指すか  子の立身出世に繋いでるから  子の出世に希望を繋ぐ  子として拱手して知らぬ  子を恐れて縮こまって  子では決してありませんでした  子は鼻の先を本の中に埋める  子を生きている  子の所へ行きましょう  子だってきっと私を知っててよ  子はいいお母様を持っていると思う  子は感じ  子のトランクには大変なものが入っていますのね  子の世話をした  子は何だか勉強したくな  子はフランス語を覚えたの  子がひどく可哀そうになり  子は困っている  子なら声をあげて泣き出す  子に生れたのね  子は特別可愛がらなければならないといっている  子なら鎮めて  子の世話も出来るでしょう  子についていろいろのことを話してくれました  子が掛けている  子なんてありません  子は一年ごとに面白くなってくる  子の所へ飛んで行ける  子の腕が私の首にまきついてくるとしたら  子は馬車も持っているし  子を養っておいて  子からうんとしぼれますぞ  子が小さい時着ていた  子にそういっておくれ  子のために何千円ってお金を使ってしまった  子の用をしてやる  子はずいぶん変ってる  子はただ黙って  子の眼は見る見る  子はまるで生きている  子が何にもいってくれないので  子らしくなって来ますと  子になるべく会わない  子を見付け  子の一生が救える  子だということが今にわかっても  子がえらくなったら  子をもらい受けたという  子がどこへ伴れて行かれたかは  子がどこかの学校に入っているという  子が見付かりさえすれば  子のように逐い使われました  子が餓えている  子は誰にでも道をゆずりつけていた  子の姿を見ているだけで  子はパンを買って  子に十二も上げておけば  子は振り返って  子の着物は誰か大変お金持の人からもらった  子にやったのね  子が怖がらないなんて  子を慰めに来ます  子に会いに来る  子をまるで非人扱いにしていますが  子は王族の血でもひいてる  子もうれしいと見え  子がだしぬけに戻って来る  子はたまげてしまうだろう  子のいない  子はふとその事を思いついた  子の空想を実現させてやろう  子の寝ている  子に寝返り  子はあとで眼を覚して  子は自分は贈物やお菓子の籠をたくさん持っているのに  子の様子を見守っていたりする  子に財産を残したのね  子には何かしら起ると思ってたわ  子がいい気になるから  子がいい着物を着てるって  子と会って話して来ました  子が自分でやってまいりました  子に会ってみたいから  子の話をしてくれた  子を助ける  子に訊いてくれた  子を怯えさせちゃ  子だと仰し  子を手放したくない  子は永いこと接吻などされた  子だとはお気づきにならなかったのね  子は逐い出されたの  子の部屋に捕えに行った  子に心を惹かれる  子の様子が召使になどされる  子らしくないということなども話して聞かせました  子の生活の惨めな事実を見付けて来る  子の部屋に入れるという  子が使に出た  子の部屋に火をおこしておいてやる  子は濡れ凍えて帰って来て  子に会った  子を見たら  子のぼろぼろな膝にパンを置きながら  子に会ったの  子はよく店に来る  子は何でもいやがらずにしてくれますので  子が好きになってまいりましたの  子は私の手伝いをしてくれる  子と三十間堀富貴亭に飯して  子と共に牛込の旗亭桃川に飲む  子来り余が旧作上演の謝礼三拾円三越切手を贈らる  子と生れた  子を拾って育て上げた  子を甘やかす  子を愛すると  子を俟ちしが来らず  子病めりといふ  子と春日に飲む  子と烏森の待合嶺月に飲む  子と新冨座裏の酒亭に飲む  子の来るを待ち  子と銀座を歩み  子を誘ひ  子を観る  子がもし君の父はと問はれて  子の犠牲になるとか  子は人間だといふ理屈にあてはめられてゐて  子とはいつたい  子にならなくてはいけない  子は誠に齊人なり管仲晏子を知るのみと  子の伯禽が徐淮の夷を征伐した  子の黒きをば伴ひて  子のやうに生えてゐるであらう  子がまだ生きて居る  子は鎌倉に住んでいて  子の一番親しい友達の悪戯に過ぎない  子を驚かした  子の遺した  子をひつかけたから見せてあげるとか  子になれると呆れ返  子にさへ  子の顔や手や出臍のおなかにまで口をつけて  子の愛に溺れて  子といふ言葉がある  子というものを一人も持ちません  子のようにしようとしなさるから  子にとってあまりに大きく意識のなかに畳み入るべく  子をおもう  子よお茶喫むか  子もほろびてしまう  子の速さを観察する  子は富士山の貼紙細工でもして贈りましょう  子について語る  子は救われた  子を可愛がっていた  子の連れの男であることは直ぐに想像されたので  子を連れて行こうとすると  子を引き摺る  子が真っ蒼な顔をして坐っていた  子に言い聞かせた  子に引っ掻かれた  子の上に何か変わった  子は容易にこの世に出て来ない  子があればわかれて  子を措いて  子をおもちゃにしていた  子までおッつけられた  子ほど可愛いものだと言うけれど  子からも聴きましたが  子の名をあげる  子の代りを約束しに来た  子のからだが抜けませんから  子が役者になる  子がおッ師匠さんのところへ通う  子を承知させ  子をいだいて  子を見ていたなら  子を子役または花役者に仕上げてやりたいなどいう  子は渋々坐り直した  子をも女優にならせるという  子はどうする  子は日当で年が年中三十五銭で辛抱しなければならない  子にでもなる  子が抛  子が勤まるかい  子が重そうに俵を抱えて立っている  子の手を離れた  子はもとの所へ突っ立っている  子もみんな笑い出した  子になるにしたって  子は右へ折れた  子が来た  子が来て担いで行くばかりだ  子がカンテラの灯で筒服の掃除をしていた  子は顔を上げて  子だから向うへ行って  子に奪われ  子に従うという  子も帰らない  子はきつと  子を犯そうとする  子が山で遭難する  子がその前に座って  子のように育てた  子を背負ってあがって行く  子がどこにいるかを  子や孫のすすり泣く  子にのみ終始して仕舞う  子にばかり縋って  子をあつかう  子とがその刹那に忽如として現われ出た  子は母上を苦しめ過ぎるだろうという  子を生むか死ぬか  子の口や齒はおまへに似てるよ  子の頭のとこで氷が後光のやうになってますわ  子にいろんな事を云って警めたりおどしたりした  子がお店のお銭へ手をかけたっていう  子は決してうちのお宝を泥棒をした  子も本物になったよ  子は鬼っ子だって世にも腹立たしそうにいったっけ  子には旅をさせろ  子の船小溝を飛ぶ  子を飼っていたとみえる  子であるわたくしをここに置く  子を投じて  子は一生懸命スターリンの論文をひっぱって  子は絵でスケッチをやる  子の鼻汁は鼻から眼を越えて  子の名は何といひましたかね  子なのに違ひない  子がそんな弱音を吐いて  子を生み育てている  子がないから兄百年の後は卿がその後を嗣ぐ  子の様に丸まっ  子が男で有った  子をせっせと産んで行くばかりで  子の重三の事を種々近頃になって思い出して  子のないのを好い口実にして  子の事を種々な不安と憧憬を以て折々考える  子に対する様な気持を持たせるに  子に会いに行った  子が授かる  子だの滅多に持つ  子をねたむという  子を泣かすが  子に伝わ  子のいまだ帰らざるに乗じて  子の後ろ影をにらみつつ叫びぬ  子を侵せし  子の遠征を見送らんと  子は親に怒り親は子を憤りて  子にやりぬ  子を失くしてまたおおぜいの子を持った  子の九郎二郎を鳴海に居らせた  子の氏真に弔合戦をすすめたけれども応ずる  子の氏真に至っては  子と思うなら  子もあるかも知れぬ  子として楽しんで育て上げて行こうじゃないか  子がつけた  子の川島は悠々と検閲を終った  子の松本を大将にしているらしい  子に尽さう  子を捕りに出かける  子捕りの時にしても  子をあぶる  子の席画の見物をさせられた  子の絵が下手だと思ふ  子は録ちゃんといってね  子も先生にひどく叱られて  子になったので  子の正行がいる  子を叱れば  子に知恵をつけた  子に食ってかかった  子を勘当するとも言った  子を口穢く追い退けた  子を憎み  子の秀頼の代にほろびた  子と遊んで居る  子とケンカして泣く  子とが互に長い槌を振上げて  子はうろうろと田の中を探し歩いた  子も有るんで  子が暗い空にまいあがる  子が立っていました  子のうしろに乗って  子がきた  子を攫って行く  子として山村蘇門に仕えた  子にならうとしてゐるだけだといふ  子にならうとしてゐる  子にならうといふ  子のやうに眠つてしまふ  子にならうと目論んでゐる  子もゐるけど  子に接吻した  子が何うとかこうとかって  子なんか生む  子をからかつてはいけないよ  子を背負つて岸に立つてゐる  子に波を切る  子に生れたりとて  子にそこで逢った  子か孫のやうに私を思つて呉れました  子を母屋の方へ運んで行きますと  子に笑はれた  子のあいだにおいて明らかにそれを経験する  子の欠点があるかという  子の接触があります  子は皆おいでわが涙砂の数ほどかぞへて見たがかぞへきれない  子が憎や子蜂アな子蜂ア飛んで来て  子を寝せて  子と小学校へ行ってる  子とも野枝君ともいわないで  子をほしいと言っている  子のように先へハシゴをかけ登って  子が遊んでいる  子を生まず  子が生まれぬ  子でないことをハッキリとたしかめるまでは  子を宿せし  子まで連れてって  子が再生したとばかり  子をその父から反かせた  子は私生児として生涯隣保の擯斥を受けねばならぬ  子をおんぶして  子としてただ老獪の一手だけを処世の金科玉条として資産を増殖さしている  子はいじらしいところが退かぬ  子の実父というのが少しは名の知れた  子のうしろへ呶鳴りつけた  子に守り  子も眼をさまして  子になつて居た  子が何を云ふだか  子の刻過でもありましょうか  子がその夫君と四五日間気拙い日を送った  子の字が下に書けなくなってしまって  子の力にならなければ  子のように首をちぢめる  子の如く彼等はむなしき空に足をおどらす  子である女の子の新しい着物を持っていらっしゃいました  子を生み下す  子を授かりたいと思えば授かれる  子をどうか授けて下さいと祈る  子として出生し  子が親を殺したり  子に恵まれた  子であるかを考えて狂い  子だか分る  子でも出来て  子のように可愛いい気のしない  子をお里さんにあげましょうか  子は授からなかった  子を生んでも  子の劣悪を非難できない  子が坐って向いあった  子がないので暫くして  子の運命が普通な円満なものでないことの証拠といっても  子を生むなんて  子なら孕んでも  子の道に干渉する  子の気象にも好いと思ってはおりますが  子でもその貧乏や悪い境遇に克ち得る  子のようにも思いましょう  子がいるという  子が恵まれない  子であるのかと見上げた  子は早老している  子で青年時代を定まった  子は枕するに  子の側より考へて  子に未来を知るの  子の謂ふ  子を遣りたる  子がここで頭を打って  子が夜遊に出て帰らぬ  子の足音がし  子は知らな  子を産むかもしれないといふ  子にこうして押し売りを強いていた  子ともつかず  子に向けた  子を殺さんとす  子は育たぬ  子は遊びをやめて  子の顔を見下す  子の洟を拭いてやる  子の手を引き  子のようになってしまうが  子わかれの場まで演じて  子わかれの場を演じ  子は血統が違う  子の話をして聞かせた  子が生れたばかりの  子がずっと今まで養父母のもとにいた  子を自分のところに引き取った  子の居る  子をとどめておく  子と見なし  子の感謝を求める  子を離してやる  子をかかえた  子にたいへんお惚れになって  子が自分で告白した  子の口から聞いた  子を殺すなんて  子は安らかになっている  子の苦しみは永久に終ってしまった  子はもう憐れみの  子は僕らのとっておき  子が嫌疑を受けた  子の両親に教育され  子に暖かな愛情をもち  子のようにしてかわいがっていたらしい  子の勢よく跳びまわるのに  子がやってきた  子はいかにも幼い者らしく喜々として戯れながら  子を自分のほうに引き寄せた  子にわたしの姿を見ると  子を妹と考えていて  子さえ賛成するなら  子はお父様に大変似ている  子は妾を棄てて  子に殺されるかの  子として年老いた  子には知らせずに  子と母とがまだ御飯を食べてゐる  子はまだ遊興を知らなかつたし  子は真面目な顔をして  子は御飯を済ますと  子は父のさう  子はそれに答へずに直ぐ二階へ昇らうとして  子はさう云つて二階へ来ると  子は思ふと  子は又聞いた  子の顔を一目も見ずに  子は腹を立てた  子の着物と帯とを出した  子は母の出して呉れた  子の顔を見てゐたが  子はソツと着物を弄つてみた  子は強ひて落ちつく  子は父を思ふと  子は父の前では拗ねる  子は父が莨を口に銜へたのを見ると  子の間へ二人より少し退き  子の肩を叩くと  子は舞台の反対の桟敷に居る  子はまだ故意に後を向いてゐた  子の方へ顔を寄せて  子お見  子は母が胸の上で指差してゐる  子はその顔から何処か良い所を捜さうとつとめてみた  子は言つて見付けておいた  子は父を有り  子は下駄を引摺る  子の方を振り向いて  子は万年筆を手にとつてゐる  子は神の生まれ変わりではないかと思われる  子に懺悔する  子は育つというが  子の胸までもある  子が気の毒でたまりません  子ではありませんわ  子に辛く当って来た  子の親切を受ける  子に償いをせねばならぬ  子がいないと  子の頭においた  子がえらばるべきだったのに  子になって下さいね  子と学習院のところで会った  子の着ている  子は顔をあかくしていました  子はむしパンを食べはじめました  子は桶をつくる  子といっしょに出かけて行かれました  子に持たせました  子は何度もおじぎをして行きました  子について行って下さった  子と電車にのって  子をとてもかわいがっていた  子のうまれ  子をかわいがるので  子も気が弱くなって  子はきたないかっこうはしていたけれど  子のかっこうをなつかしくおもいました  子がビロードみたいなむくむくした  子がいたり  子だなといいました  子だっていってるよ  子のやうな形をして  子はどうしたといふの  子であることに間違ひは  子とも呼べなかつた堪へに堪へて来た溢れる  子の無智を軽蔑したがる  子は今日その遊び仲間を振り切  子でなくなつて乞食になる  子にとつての父よりも或場合遥かに怖ろし  子を父ははるばると訪ねてきてくれた  子と喧嘩して  子も腰越までいつし  子に賣  子が腰越の時計屋までついて  子はそこで待つてるから  子も七里ヶ濱から長谷へ引返した  子であるやうな感じがされた  子が育つ  子に分つ  子だといふ  子お産みやした  子までなして居るのに  子までなしたい  子でもないからさう思へ  子を失えるか  子の眼に映つた  子を自分の方に押し向けて  子と知れたら  子を見ずに死に  子は永久にその父を知らない  子の母を見に  子の祖父に仕へて  子を抱いてみた  子もゐるので  子として此の部屋へ入る  子の手踊り  子に甘い母の称讃を得ようといふ  子が早く出て  子のあとを追ひ廻すなんて  子は屹度悧口な子供に違ひない  子なんだかもしれないなんて  子が剣劇をやる  子を立てようとする  子に甘い母の稱讚を得ようといふ  子を生むは  子を生まなければ  子を生まない  子から子へと絶えない  子をこう借りた  子を遺せり  子を散らしながら  子がもし物ごころがつく  子の婚期に入ったほどの  子を遺している  子をもつた  子が目につくと  子の生立や環境について一ト通りの予備知識をもつてゐたが  子の癖で目をばしばしやりながら  子をつれて歩くかい  子で育てれば  子が一人あるのに  子だつたら余り何かに世話を焼かせる  子の姉さんが十五で余所へ仕込みに住みこんでる  子の行先を考へると  子に絶望もしてゐたので  子の貯金がいくらか溜つたら買つてあげる  子も余り可愛気がなさすぎるから  子が傍へ来て  子は面倒見切れませんよ  子をすこしたすけてやって  子の性質が出ている  子は肺門淋巴腺をやりましたから  子や孫までえらい目を見る  子は悧溌だから商人にしよう  子を生まねばなりません  子にも人間生活の正しさをわからせられる  子に男の子を考えると  子を売っている  子や兵隊さんがありますが  子はよく言ふ  子がその託児所へ来なくなった  子に云う  子たる天菩比命であると云はれてゐるが  子であるといふ風に神話が形作られてある  子は健磐龍命と云ひ  子と賞めそやされた  子を抱きあげて  子を背負つた儘腰かけてゐた  子と地頭には勝たれないで  子に泣きながら慕われている  子は吠え  子を供え  子に遺伝し  子を産みたい  子を生まなければ去る  子のないのを女のせいばかりにする  子の刻になった  子が大人の帽子でもかぶった  子に恵まれなかった  子は車を降り去った  子を運んでいる  子を造るまいと  子が流れ去った  子の肉をぶちやぶり  子がもう卵を食べても  子を妊んで呉れない  子は私を馬鹿扱いにし  子に教えてやって下さい  子に唱わして下さい  子になって居りました  子の事が幻にうかんで  子へ投げつけた  子に罪を押しつけようとする  子のむくんだ  子が神から授けられた  子にもはなした  子の義龍が討って殺すとは  子もなくしてしまった  子は眉をひそめて  子とも弟ともおどれる  子へ書く  子の禎介氏の記念図書館の館長をしていられ  子の名誉を己れの円光として生きている  子のように蹲踞み込んで動かない  子に通信を認めると  子を抱かせて帰す  子を育てないと  子はなんという  子は行くゆく兵器で死ぬ  子にはいっさいの刃物を持たせない  子の頭に落ちて来て  子であるといって  子を生み落した  子を叱った  子の桓玄は謀叛を企てて  子がもう成長していますから  子のお父さんと云う  子のあのお清に物をうらせて  子たるあなたへ絶交する  子の救いを求めたが  子の将来をあやぶんで  子や親を鞭で打って来たが  子の士真をつかわして  子の士真に対しても出来るだけの  子は生まれてから  子を殺すな  子を儲けた  子を儲けました  子が召されて来て  子のうちで末子は姿も心もすぐれていて  子が生まれてからは  子には福がある  子のことで月夜の晩に川べりの茶屋で格闘を演じた  子は川べりの小さな町で踊りと歌を売つてゐる  子の額にあたつて  子が卒倒してし  子がウワ言のやうに叫んで  子の手を執り  子を担いで  子が取り縋らうとした  子のそれのやうに震へて切りと虚空に悶へてゐた  子のいなの  子に生まれ  子かとたずねると  子をどこから拾って来た  子てございます  子や孫らはみな彼をおそれた  子や孫らの顔を見ると  子を水田に放せば  子のない代りに老犬と老女の面倒も見ようといふ  子を生みまして  子はひと月ばかりで死にました  子もつつがなく暮らしているという  子が出来なかった  子でない男の子が一人いて  子を人質に残してまいります  子を生んで亡くなった  子と呼んで  子の寄って来る  子を儲けたが  子を連れて帰った  子に譲り渡さなければならないので  子に資産を譲る  子の血とを一つ器にそそぎ入れて  子は相對する  子は相対する  子に由つて強められた  子の絵はたいてい人間の丸い顔からはじまる  子とがそうやっていたら  子が自家の店棚から清酒の四合壜を一本盗んで来た  子の世をあさましう下りて  子を殺さねばならなかった  子を生むと云う  子の死の悲しみを忘れ  子を助けて下さいました  子に与えられた  子の数は百万疋とか聞く  子か烏の子のような心持がした  子をころして  子の定家の歌は一層拍車をかけた  子は早く後鳥羽の女御となり  子の教科書は払底している  子が泳いで  子の子良が来て  子が卓子をならべて  子にして綴る  子は名をあげますぞ  子じゃと思わねばならぬなら  子と思えとは  子をはらんだて  子の沙金を見れば  子を慰めようと  子の親を問いつめても  子の親さえ知らない  子を産みおったわ  子を見せてくれ  子を見せましたら  子の頬っ  子のようにして可愛がられて育った  子を生んでやるわ  子が危なげに足にあはせて  子なればはやも眠りぬ  子の生れました  子の行先を見てやる  子を盗む  子だつたナザレの基督に祈つてゐる  子は非常に可愛がって  子の無能さをさらけ出した  子を持ってみると  子と教師のための本なども出て来ましたし  子もふえました  子との間に議論もされてゆくという  子のやうに床の中にもぐ  子は悦んでゐます  子の孝心をさとらないとは  子の名を呼びつづけながら  子にめぐり会えるという  子と思ったので  子だったので学校にあげた  子を立派な人になる  子が双方から多くの努力をしなければ  子の幼いときは親は子のために働き  子が親のために働くので  子はまたその父母にしたがい  子に着せてはおりません  子よりも自己を思う  子も敏感になっています  子を膝へ抱き上げた  子に対する母の愛という色に塗られて  子ができません  子も無くなるわよ  子を負かす  子がだかれていた  子はたくさんもっていますよ  子だと云われながら  子の惣右衞門が一黨の大願と祕事を打明けてゐた  子を旅立たせて  子にならう  子のひとりであつたことに間違ひはない  子が通知簿出して見せくるる  子を押しつける  子の死に対する無邪気さは私の心からあらかた持ち去られて仕舞った  子がわざとなんだか落着かないような様子をして  子の宿命に身を以て嘆く  子たる自らの真実の魂を見究めようとする  子は気が変になっている  子がそんなことをした  子はあなたに誘惑されていた  子とも一度だって話した  子をたしかに呼んだ  子はもうきっとあの人の部屋へ入る  子の立場がここで不安定だなんていう権利はありませんよ  子が与えられていた  子があなたを救って  子がいわば鷲を離れて  子にきいてみた  子はあまりに夢想しすぎるし  子にはまだそれがすっかりはわかっていない  子を説得した  子がいると  子を呼んだのに  子はそれに従わなかった  子を待っているという  子とフリーダとのあいだにあるのに  子のことを思い出してみようという  子は私たちの手伝いをしたい  子に対して前より親しげな態度になった  子の態度のうちには何か命令的なものもあった  子がまだほんの子供なのだということがわかった  子がしゃべってしまった  子と話している  子の信用を得てしまいました  子があなたのような人になりたい  子の母親を手に入れようとして  子としての義務のことを思い出させられる  子の勝利の前に頭を下げた  子の前には頭を下げないではいられないだろう  子がふだんとはちがって見えた  子のきれいな服にくるまって  子に何かいおうとする  子のところへ走っていき  子は黙っていました  子はすっかりソルティーニに惚れてしまった  子は窓のところに立って  子がこんなふうに疲れきった  子をかわいいと思った  子のそばにひざまずいて  子が使いの者をどんなふうに扱ったか  子がいかなかったという  子が紳士荘へいったとしても  子が正しかったのだとみとめた  子はあまりに深く感情を害し  子は直接罰せられた  子もわたしたち一家全体も罰せられました  子と血でつながっていなければ  子はあの人を愛していませんでした  子が思う  子にたずねたりしてはいけない  子はソルティーニとの関係をたち切ってしまった  子にはわからない  子を知りました  子に開けてもらう  子がわたしを軽蔑する  子の好意をたよりにしている  子とどんなふうに話すか  子が自分の太い脚だけにたよっていた  子にそんなところがあるとは  子のませ  子が皮肉でいっている  子はあの例の朝に家族の指導権を自分の手に奪ってからは  子の耳に入った  子はわたしたちのだれよりもたくさんの重荷を担っていた  子がそれに耐えた  子は原因まで見抜いていました  子はすべてがもう決定されてしまっている  子はただ沈黙していなければなりませんでした  子の無言の命令から離れていきました  子はほんとうのことを話している  子はとても悲しがっていました  子はすでにずっと前からこうなるだろうという  子のところにいき  子にとって分別ある  子があなたに払おうとした  子は私を待っています  子はおそらくすべてを忘れようとして  子にくれました  子をひっかけた  子は気のいい  子に親切にしてやっていけない  子の頼みを完全にかなえてやる  子は私にとってもおそらく君にとってと  子から離れていられる  子の人柄からいって  子ぐらいひかえ  子のことなんか何一つ知りたくないよ  子のことをそんなふうにいった  子のことを気軽に無視できるし  子の名前だけ知っています  子はすぐまた酒場にもどらなければなりません  子をまた追い出す  子はもどらなくてはなりません  子といっしょに暮らしている  子がもどる  子から聞いた  子しか給仕していないなら  子が私の妻になるという  子にあきあきしてしまったとか  子をつぎの日に早くも追い出してしまった  子が私をだましたとかいう  子のことをほっておいた  子をほっておいた  子が私のところへもどってきたら  子のことをほうり  子が私のところにいたので  子がいなくなった  子がほかの点ではどうあろうとも  子は自分の地位を尊重する  子のまなざしをよく見た  子はなんでも見ていたし  子がちょっとばかりやせていて  子よりもきれいな髪を想像する  子がほんとうにもっていた  子の観測の能力や決断力や人びとに対する影響力というものに気づいている  子がそんな矢をもっていた  子がもっている  子が期待しても  子を失望させてしまい  子にまたここへもどってこざるをえない  子は生れながらに  子に影響する  子の中で働いている  子が刈り取ってくれる  子の身体は闇の中に浮き上がりますし  子が父を乗せた  子が声なく呼び合わしている  子になっちゃって  子は泣きだした  子はばけつの  子の通信箋を一瞥すると  子の冷たそうな唇を見つめて  子の智能を直接的に規定しているという  子のように首をすくめ  子が造作なく調子に乗ってきた  子を盗んだじゃねえか  子が欠席した  子も親の恩知らずだと高尚な理窟をこねた  子のうちは何をしとる  子はふいに  子が痛々しそうに呟いた  子にとって持つ  子の頭を撫でながら云った  子がでけとる  子の親に久し振で  子も下層世間にはなほあるかもしれない  子は母親を生理的分身とみるだけで  子の胸に住む  子のすつ  子をかぞへたら  子に會ひにゆく  子にひかれてだが  子の狩野五郎頼光などをつれて  子じゃあるし  子を門口から見ていてやるからと言って  子を連れて来るなんて  子が或る土曜日に青森から七里の道をバスにも乗らず  子の肩を抱いて  子は疲れて  子をつかまへたからには  子に縋つて  子にこのやうな甘い放心の憩ひを与へて  子のやうにぐるぐると逼ひ  子の名前を平気で仇名で呼んでゐる  子や姫かきのせて  子でも生めば  子で野原の学校に上っている  子と家事向の子とわけて  子には旅させろ  子は抱擁的に見て行かなければ  子でお兄ちゃんになれ  子が来たらまかして  子は鎹という思想を支持していて  子を生まないと  子がいますが  子の生きる  子の家庭をもそれを生きている  子は押しのけて  子が手をあげて  子も頼まないから  子を預る  子は八月十五夜の丁度月の出に生まれた  子になってしまったわ  子の将来を考えますと  子を家に呼ぶ  子を一通り見較べた  子はもう就寝みましたよ  子の前でこんなことを言いあう  子を一人で使いに出したりする  子にも困った  子さえいなかったら  子の乱暴にも困りますわ  子を人の罪まで被る  子だと思ってらっしゃるの  子はしつっこいから  子になってね  子にすまない  子を愛するという  子として自然の感情からというよりは  子にいやな思いばかりさせて  子に心の中であやまっているのよ  子もどうやらあたしの気持がわかってくれている  子に生れたのに  子で身分が低いので斥けられた  子だと云ふ  子大茂さんは四谷区北伊賀町十九番地に住んでゐる  子らしい声音を装つて返事しながら  子がお茶汲んで出す  子に対する愛にしかずといふ  子という女給もいれば  子はぼくの頸にぶら下がった  子をおぶい  子が有るから  子のことを恰も恋人でもあるかの  子の処へ遣る  子と地頭にはかたれないという  子と地頭にはかたれないといふ  子の始末も出来ず  子と言う  子が生れるとすれば  子の父は誰に似てゐる  子とを隔てている  子には小父さんが御褒美をやるよ  子が床に入りましてから  子が鶏を見て  子を下へ置いて  子が泣いて居る  子に話かけたりもする  子は泣き出した  子は泣きながら  子もやはり中学校に出す  子も苦労をした  子を捉えて  子も大きくなったでしょう  子に対して親の教を忽にす可らずとは尤至極の沙汰にして  子を教訓するは  子に教を授けて  子となり  子の方より言えば  子なき婦人が偶然に再縁して  子なしと断定するは  子なきが故に離縁と言えば  子なき男は去る可しとて  子なくとも去るに及ばずと記したるは  子あらば妻に子なくとも去るに及ばずとは  子なき女は去ると  子あれば去るに及ばずと  子を愛し子を親しむは  子を育てたる  子を育れども  子を養育し  子を育つるの  子を教ふる  子はあれでい  子を起す  子で私を大事に思っていてくれます  子かは知れないが  子もり歌に変わって  子の守人が父の仇敵をねらって  子までなした  子が寒むそうに立っているだろう  子が入ってきた  子をにくまない  子は手をひっこめた  子が銀貨を拾ったと思いこんで  子をにくんだ  子を誘い出した  子は村の人々の相談を知っていたから  子は銭をもらって  子を載せて  子は車を飛びおりて  子が森の中で目をさますと  子は目を円くして聞いていたが  子は森の中で考え暮らした  子がどこへか姿を隠した  子に対する愛が進化しているかは  子を産んじゃ  子の不甲斐なさにはらは立ち  子って馬鹿にされるにきまってた  子のたのもしい様子を見て  子がまどろんでいます  子は揺籃をもちませんでした  子が橋から落ちた  子が目を醒して泣きますから  子を背からおろす  子を膝に置いて  子の事を思ひ出したのであらう  子だがどう云ふもんか  子もなくなってしまうからね  子も大変後悔していまして  子がつい間違った  子もせっかくあやまりたいと言っている  子に人間の道だけはふませたいと思って  子をつれて来るには及ばなかった  子は帰す  子により以上夜目を利かして見たいという  子なきの故を以て満村家を去る  子だつた生ひ  子の惡行を矯めんとて  子の關係も亦わが空想の構へし  子の逃げ遲れて  子の身の上の氣づかはれて  子のつつがなくかへされて  子になりすまし  子に似ず  子は東京帝國大學の哲學科を出て  子を促して  子だと思ふ  子は江戸つ子に違ひないが  子の中の淺草つ子だといふ  子の年でいらっしゃいますな  子の時分ないない私娼窟に出没して  子の進が人妻と密通して  子のなした  子は飛蝶と名乗り寄席の高座に上って  子は今年六月のはじめ突然病に伏して  子は既に形容枯槁して  子を訪おうと  子は即座に口をきく  子は初めて安心したらしく  子は高等学校に入ってから  子は答えた  子とわたしとを新橋の一旗亭に招き  子は二子と共に同行を約したが  子と島田とがつづいて  子はこの夜この事を敢てするに至るまでの  子の袖を引いた  子は暫く黙考していたが  子をその場に待たせて  子のなす  子は既にこの世にいない  子は別に不願醒客と号した  子の遺稿を再読して  子もバカバカしいことを言ったり書いたり困った  子だらうと思ふ  子だから當分顏も見る  子から子へ永く生きる  子として説明すべきだ  子で鹿児島で育った  子の群れの後を追ふ  子が橇で運んでくれる  子の顔も見ずにくたばりくさるが  子の父親は漁師である日鮪漁に出た  子にされてしまふ  子を温めて呉れませう  子になろうとしているに  子にしたいって  子もありますので  子があそび戯れ  子をば招かれもせぬのに  子の住んでゐる  子を口説きやあがるでねえか  子の尻を追ひまはしたり  子は親に隠して食い  子の備蓄を盗み  子は親に隠れて食い  子の備蓄を盗む  子と見  子が卒業して  子の真の父親を知っている  子のようにぶらさげてあらわれ  子だったと家の人達は言っている  子は女のくせに三味線がいじれない  子は金喰い  子もいた  子のやうにふるへてゐた  子が髪剃を持ってあたる  子を描写して在る  子を背おひ  子の見つかる迄  子の対手の女や男まで思い  子のおっかさんはどこかで働いている  子とよく遊んでやっています  子が来る  子の小父さんという左官やさんが引とって  子をもう一人当って見るという  子をもったり  子が芸者になりました  子として通っていたし  子のような小さいものを一々かきとめる  子と睦しい  子の御飯のべん  子に見物させるというので  子は頭に早いところがあるから  子が六人いて  子も人間を描く  子は一種のかんをもっていてね  子を相手に大さはぎをして居られますから  子を持ってゐる  子を見なほすと  子はたびに出せとは  子になったさ  子が持つで  子ができたなど  子はガラスの保温器に入れて育てなければならなかった  子のように落葉をかけて寝てみたい  子もよく見てきてくれました  子だから根が切れて  子の迂なるや  子その親を棄てて葬ら  子をそんなふうに言う  子が幾人か生れました  子が首をくつたりと俛れて  子になったの  子の泣声だと気がつくまで  子がいるので聞いてみると  子だからと言って  子も手を出す  子は起きあがって  子にならないからでもあった  子と同じような顔をしているが  子の胸毛で織った  子の罪の切なさを知りました  子なるゆえにとて自宅に居ても  子が粗食大食勝手次第にして  子に告ぐる  子に咎められながら  子を持ちながら  子を産むを  子を養育する  子を弄ぶ  子を教うるに若かず  子に従うと言うが如き  子に従うと言う  子まで出来た  子の近く来りて啄む  子の三つになる  子を嚼ひ  子が生き返る  子を手もとからはなす  子に手習教えていた  子は訳を話してきかせました  子は地面に頭をすりつけて頼みました  子は言いました  子はきっと飢え死にか凍え死にかするに  子は大層喜びました  子が言った  子が馬の腹の中でますます大きくなって  子はどこへともなく飛び去ってしまいました  子を生むべきだ  子のやうに手脚を縮めた  子の賣  子の父親になつてゐる  子の心に智慧の願あり  子よ恨はあはれなれのみかまぼろし消て力なく今こそ咽べ  子が去りて  子もなく全くの一人ぼつちでした  子か孫のやうにして  子でも肺炎をすると  子の喜んでいる  子が下へ降りて  子を泳がせてみたいと思います  子がしなやかにきめ  子の体を軽くしめつける  子はそうして休むと  子は見かけない  子がおかえんなさいと  子にも話しても分らず  子はいいあんばいに小さくて車体の下へころがりこんで  子をおいて死に  子について話し  子の首ねっこつかまえて  子はよく出来るという  子に臨みました  子がやどる  子に病人を番してて  子も失くしてしまわ  子が無いまま実家の後を嗣いだ  子とはその求め  子であることに気付いてゐた  子を知る  子の奈良麿は父に加へた押勝の讒言を憎んでゐた  子の乙縄も陰謀に加担してゐた  子もない醜男の何時も吝嗇い  子があらせいとうのたねを取る  子の額にさかづき  子はかうや  子と云ふのよ  子の恃の搖籃となし  子の如く我をその胸に載せ  子とを互に背くにいたらしめしなり  子となす者に我を燒かしめしは  子もよわれりとみえ  子をうく  子の奪ふところなるべしとの  子にて父と同じく法理を修め  子にてテバイの基を起せる  子の母なりし  子となす  子なりき嘗て水を呑まんとて澄める  子まで生むに  子として死にたいと努めた  子の肩に片手をかけつつ  子は退屈がまして来るらしく  子を銜へて逃げて  子のやうに思はれるいふてはります  子は世にはびこる  子の世に立ちて  子に従ふ  子は近年病気一つした  子ができてから  子が腹にきた  子に与っている  子はいったいどうした  子は神経が立っていて  子は珍らしいって言いましたよ  子があったが  子は死ぬ  子のくろぐろした  子を妻はわたそうとした  子さえみれば  子をみても  子でおれの子じゃないと思うと  子の喜ぶ  子が死ぬ  子は病気してから  子も親にだかれて  子が二人いて  子のいきさつは人情の常道を辿って  子をさらわれて殺された  子に言う  子は今迄他の子供がやる  子のやうにして  子とのほ  子があるとは  子の人工哺乳がはじまった  子が産まれてからという  子は決して心を変える  子をお友達に見つけたの  子の顔におしろいを塗ってやっていた  子を来させると  子は夜明に生れたから  子の父に負ふ  子を生むに及ばざりしなるべし  子よ何をか仰  子の身全からず  子とともに終りまで勞苦を忍ばざりし  子を啄みし  子に嚴しとみゆる如く  子に傳へらる  子に比して  子となせるに似たり  子なるを知りて  子の喜びを再びかの詩人にあへる  子の習ひに背きて  子で大奮戦をして  子がいれば  子が来ていて  子は昨日茨城の実家へ行き  子に見られない  子や動けない  子であったこの老人はどうしたでしょう  子が越して来ています  子をちらす  子は弘法大師の弟子となり  子はあんな風にして  子にわかり  子のことなぞ言い出す  子は頭にあるだけの  子はうそを吐く  子はふしぎにそれを知っている  子は眼がつぶれている  子を知っているの  子が電車に乗ると  子はよく癖づいて泣いた  子の批評を聴く  子が来訪して  子は毎夕新聞社の校正係長になっていた  子はわたしに導かれて  子は時々長い頤をしゃくりながら  子は常に杯を放なさない  子の戯るるが如く  子もまたかつて万年筆を手にした  子ほどに見  子ほどのお犬あり  子もあまた生みたれど  子を孕みたる  子は斬り刻みて  子は手に水掻あり  子を産みし  子を産みたる  子は外へ遊びに行きし  子にもいささかたりとも知らしめず  子はもう死んで居るぞという  子は死してありき  子とを失い  子とともに元の屋敷の地に小屋を掛けて  子になりたるなりといえり  子が田螺を拾つて喰つてゐると  子は一生懸命飛んで見たが  子は泣き泣き小舎の前に帰つて来た  子と雉の子と住んでる  子は飛んで逃げた  子が飛んで  子を設ける  子だとしたなら  子と伝へるが  子の数とを見くらべると  子と行けない  子は待つても帰らない  子はゆふべも帰らない  子も見るのであらうか  子は丈夫で居る  子を養うて  子を文人の家に養えば  子を学校に入れて  子にしたがると  子を眺める  子だと言っておられる  子を産ませるとかの  子を産んだに  子を育て上げたとしたならば  子として遺憾の至りであるというような感傷的な文句さえ使った  子を育てた  子に食わせてもらったのに  子に食われるだけだ  子として親の死ぬ  子としての我々はそれを言葉の上に表わす  子に対して恋愛の度を増して行った  子のお駒といひて  子を思ひくるる  子がばらばら落ちて来る  子をお生みになつたためにイザナミの命は御陰が燒かれて  子はトヨウケ姫の神といいます  子の中に入れません  子に代えた  子を生みまし  子のオモヒガネの神という神に考えさせて  子に仰せられるには  子を木の俣にさし挾んで  子の名を木の俣の神と申します  子のオホクニミタマの神からオホツチの神まで合わせて  子の天若日子を遣りまし  子は死ななかつた  子のタケミカヅチの神を遣すべきでしよう  子のタケミカヅチの神を遣しまし  子のコトシロヌシの神が御返事申し  子のコトシロヌシの神はかように申しました  子がありますか  子にタケミナカタの神があります  子が生まれました  子を降したいと思います  子かつてディドの膝の上に坐しきと  子たりし  子に對ひて  子の事にて慰めし  子の姿に堪へき  子との間にてジョーヴェの和ぐるを望み  子のあとより昇れる  子がわれらの荷を負はんと思ひ  子に命じ置きし  子に及ば  子なるを思ふべし  子とより出  子を通じて宇宙を造り  子より出  子を生みたる  子の作用わかれて  子の作用上なる  子を主とし  子の請ふ  子の爲に復讎を約し  子としてマリアに事ふる  子よりいづ  子として父にさとらる  子をさとるなり  子の象徴なる  子の神大戸或女の神大伴の金村大伴の王大伴の連大鞆和氣の命大名方の王大中津日子の命大中津比賣の  子を見つめながら  子を頭から足のさきまでシャボンで洗つたりしない  子はなんてぶ  子の目のおちる  子とお話をしてはいけない  子が何にも食べないといふ  子がさう  子をまもつてやる  子のことばかりかんがへてゐました  子のまへでおあけになりました  子の食べる  子のことばかりかんがへつ  子が三日月パンを見つけ出しにいく  子がうらやましくなりました  子がやつて来ました  子は自分の生活を省みる  子の将来の悲惨なことを予見して  子より旨いというので  子のない女が子を生む  子に行はれる  子の為めに駄菓子を二つ三つ買ったばかりであった  子を食う  子をほんとうに食べてしまう  子なる語のある  子とすめみ  子の童なる密にいふ  子を戀ふる思ひにまさる思ひ  子生める者どもありあへる  子を抱きつ  子の母かなしきに堪へずして  子をありしも  子は絶えず生活をフラフラさせて  子が罪を犯せば  子も同罪になる  子になって生れるから  子をおれだと思えと  子で一人の細君をもっている  子は産れ落ちるとから  子であることに泣き  子の電文を打黙  子を殺したか  子だったかどうかは判りません  子であっても私の子ではないと信じた  子をさらしながら  子が罹る  子はもう二ヶ月半も前に骨になっている  子をほんとに殺した  子の貴人の前に出でし  子に事寄せて  子をあしらえど  子ほど飲まする  子が幾つも泳いでいた  子を捕えて食った  子をすきだと思ふと  子のだいた  子の目を誘う  子の顔がこちらを向いたので  子の首を俯向かせてしまいました  子のやうに私を見て居るし  子の吸物いとうまし  子の保育に行を共にしてきた  子ながら天っ  子を死へ馳りたてる  子の至高の苦悩と情熱が花咲きうるという  子のやうに四肢をかじかめて  子でもいるかと思ったが  子を思うかと  子のために私が牛乳を温めに起きたりする  子が百姓しねいで  子が見たら  子であると言ふ  子と云ふも  子と呼び  子の母親になつてゐる  子をあなたがいつまでも面倒見てやって下さい  子を産んだと  子はそれを見て  子の物心地のつく迄は  子への愛から発奮して  子の乳母の家に追い遣り  子を加えたく無かった  子を無下にしりぞける  子とは思っていないらしく  子を邪険に扱う  子へ遺伝する  子の勝太郎を先に立て  子の勝太郎も仔細なく岸に上って  子ながらも大事に目をかけ  子らしく荒々しく山坂を駈け廻って遊び  子こそ思いつめた  子も出来れば  子らしく落ちついて  子の顔にも喜びの色が輝いている  子を外した  子をうんだ  子と行く  子もわりと揃えてたのよ  子だと言ってる  子だとは突っ放せまい  子を孕んだといって泣いたり  子うむのうれしいわとやに下ったり  子のことがあるから  子を仕込んで見たい  子も無くしてしまうよ  子はどこか寂しくどこか偏した  子と云われるなよ  子が大宝寺町の庄蔵親方の世話になっている  子の顔を見ましたれば  子に連坐の咎めが掛かろうかと思うと  子と罵られ  子と睨まれる  子に対する世間の憎悪と迫害とが案外に力強いのに親方も驚かされた  子と指さされては  子と指さされて  子は恋の亡骸を晒した  子と思つて育てたいと  子は現にあなたも仰し  子を怖気づかせなさる  子がたくさんいます  子の揺る  子が好きになりというような月並なのからはじまり  子のマゴコロを知り忘れ  子も之れを説けり  子を有たぬ為でもあらう  子をよこして  子もできるだろう  子が既に若竹になってからである  子の死を敍した  子はわあわあ泣いた  子はまたそれを大人くさい顔をして押しとどめ  子の兄だと云ふ  子から観ると  子が縁側にひつくり  子はそれを見ると  子の血みどろの跨の  子をたたき殺さうと迄は  子として育てようという  子だかどうか判らないとも  子に対する愛情を集めて  子のやうに可愛がられるし  子の親をもこめて思う  子の心が語られていて  子も不安がる  子の顔を一目見たら  子の雑煮に対する概念を裏切る  子の方は相変らず  子に始まる  子はどんな悪事をしても罰せられる  子を幾人か生んだというので  子を産んでゐたといふ  子に繰り返させたくない  子が笑った  子がおどる  子が路をわすれてなかう  子でござい因果はめぐる  子の住所が気になって  子はきらいだ泣く  子を恥ずかしく思います  子は思ってもみない  子の考えている  子に優しくしすぎる  子は立派になりません  子をお打ちになったでしょう  子と思えない  子と呼んで抱きしめる  子であった事を忘れてはいけない  子に知ってもらいたかった  子が可哀そうにもなります  子となったからには  子の美点ではありません  子の欠点を特に挙げて褒めるには及びません  子らしくも無いじゃありませんか  子としてとやかくそれを下劣に批判申し上げる  子にも伝わっている  子の事に就いては  子の此の頃の様子を見たって  子の母として御真情を承り  子なのだからお前だけでも僕を捨てないでおくれ  子を育てます  子だけでも仕合せになれる  子の平和な暮しを安全に守っている  子の寿命は長いものだといって聞かせました  子に長い名をつけて  子がございます  子など小物釣りにはいささか飽いてきた  子を大工や左官に仕立てて  子とふざけて居る  子が連立って来かかった  子らしい反感を持った  子を離しては  子でありながら偶像を信じ  子に離れて  子をうみ  子をあげたるをよろこびてよめる  子が蠶室をたて  子や沖榜ぐ蜑が妹にしあるらし  子はおほに思ふな  子が心盡して  子の走る  子もなくて只管に夫を手依りし  子の舷叩き餌をやれば  子の孝ならざるをとがめて  子は孝行をつくし  子生れてすでに成人に及ぶ  子に忠告すべくして  子は父母の言語を教とせずして  子の人たるを望むべき  子を愛するを知れども  子を愛するを  子の病身なるを  子は教えてくれた  子だけが画家の伸ばした  子の後を追い  子がほとんど飛ぶ  子がそこの机のところに立ち  子がお守りをしなきゃならない  子が馬に乗って  子と一緒に間借りでもしようかとも思うのよ  子を産みませんよ  子は産みません  子というものとは違いますなあ  子が縁の下を匍いまわっていたのよ  子はお陽さまが当っているから  子は知っているので  子を太陽の光から背かせる  子に対する情け厚い心遣いがそうさせた  子になろうとして  子を挾む  子が成人が出  子と称する  子もなくなるのでしてな  子だとお思いなさい  子をお守り遊ばす  子がいなかったなら  子とは呼べども  子を堕落させようとした企みの  子がゐるね  子を孕まない  子にかこまれ  子が東京へ徒弟にでも出ると  子を飼え  子もいなかへは帰らなかった  子が父を写した  子の悪源太義平や頼朝や数騎の幕僚のみをつれて  子を擁して  子の義高を鎌倉へ質子にやる  子の遊びなのかもしれない  子を産ませたい  子にも別れ  子の母であったことにはちっとも触れていない  子への思いを積み重ねてきた  子という説しか分かっていない  子の助命のためではあったが  子は死なず  子は宿業の限りを尽してみるしかあるまい  子は生まれていなかった  子の伸びてゆく  子を抱いて働ける  子にミルクを与えよという  子らしい侘しさにとらわれてくる  子のカゼを重らすな  子の心細さいわん  子が唄う  子をつれて歩いていたが  子を見かけると  子だといわれている  子は悟りもなくていた  子の宗矩をひいて  子に対して特異な性情の人でない限りは考えられない  子までを討ち斬るには及ぶまいと  子が野心的に参加してゆくとなれば  子の政朝が江戸から入部して  子の入道丸の分地も預かる  子のイリアに話したという  子は母の胎内にいる  子の一ばん性に合う  子を何も考えず  子を父親が台なしにして仕舞ったと怒る  子からハガキが舞い込んだ  子が有る  子が賢かりける  子ならば賣れるから  子を抱いて来ると  子とめぐり遇った  子がまた店をしまう  子でもない私を養う  子に遅れた  子でないと云う  子でない事を知ったと云う  子でない事を知った  子と喋ったり笑ったりしながら  子にこほろぎの鳴く  子の血をも流れてゐる  子を持つて知る  子ができるという  子ができると  子の武衡は一時平姓を唱えていた  子が一匹殘りに居なくな  子が命令の意味を理解せず  子を射った  子が十八歳になるまで  子に綺麗な姉がいたり  子をエクタが十字架のしるしの水を灌ぐために引きとってしまった  子になれ  子は高田さんばかり恋しがっている  子はむつまじく飲んでいると  子もなくして仕舞う  子によって相続された  子のない夫婦の子供好きということも半分はまじっていたので  子とは見られない  子は名をあげるぜ  

~ 子[名詞]1
社司の子の  三月十二日に子が  彼女に子を  乞食の子に  時ばかり子を  厭な子  母と子の  邪魔な子  呆けた子  中原という子が  乞食の子は  乞食の子が  乞食の子より  乞食の子には  乞食の子の  乞食の子を  腹の子も  亀の子  私は子に  人の子の  手のこんだ背い子を  茗荷の子を  茗荷の子  彼等には子が  金持の子が  入道信西の子  三十になるまでは子と  斎藤左衛門大夫茂頼の子の  一人の子が  誰の子  とこがあるで子  父と子と  四番目の子が  様に子を  開土の子も  君の子の  亀の子の  養子の子に  蝉の子が  豚の子の  兎の子を  ふるさとから子が  夫もあり子も  土に描いて遊ぶ子の  雀の子が  はだしになりたい子が  父と子との  母と子との  彼は子を  いもりの子は  なかの子は  ナニサお前の子  只一度でも子は  此の子が  武家の子  実の子に  実の子も  ものは子  家が建ち子が  父と子  乳のみ子を  麦田うつ背の子が  雪つまんでは子も  迂闊な子  都会の子  神の子の  芸者の子か  犬の子の  妻や子を  猫の子の  蜘蛛の子を  助役の子で  医者の子が  医者の子で  豆腐屋の子  医者の子の  八百屋の子で  助役の子  阪井の子  豆腐屋の子がに  女房も子も  先方の子を  自分の子の  父と子の  父と子は  五人の子と  カナリアが子を  家に生まれれば出来ない子でも  貧乏人の子は  商人の子じゃ  貧乏人の子  古道具屋の子は  馬夫の子で  左官の子  駄菓子屋の子  医者の子から  三度警察へあげられた子じゃ  ふたりの子を  人の子  都府の子  父が子  俺らサヴェートの子  此の子はと  後此の子が  彼の子の  はまからむ子  俺の子  犬の子か  先夫の子を  弁慶蟹の子が  おふくろも子も  なほに子を  妻を子を  小母さんが子を  津守國夏の子  對する子の  二条蔵人には子が  自分の子とも  公家の子  小松姫といふ子が  熊の子の  弱気な子  ヒッポの子  神の子  ロオマの子  あなたの子を  お前のうむ子は  モルの子に  アルトの子では  王の子  コルマックの子が  チュレンの子によって  コルマックの子を  赤ン坊宅の子に  他所の子  夫の子  私自分の子の  宅の子に  自分の子  夫の子でも  正当な子  自分の子を  父の子  なかのめぐし子と  姉の子を  龍の子の  牛の子に  武将の子  姉の子で  人の子が  三人の子を  俳人の子で  旧派俳人の子で  世紀の子  線を描く子が  さうな子  手もとにある子について  ターニャ一人の子では  脱落しようとする子を  ソヴェトの子と  母と子とは  二人の子の  淡窓の子は  此の子に  利巧な子でも  無性な子  正しからぬ子として  最愛の子を  トンマな子  目隠しの子に  方の子が  下の子に  上の子が  周囲の子の  自慢する子が  娘の子の  私などが子  子買お子  端では子  後の子を  膝の子の  大事にして持っておる子が  前の子の  妹の子に  金持の子  木の子だの  私は子を  親を失った子の  自分の産んだ子との  のら猫の子も  妻だけで子だけで  町の子の  ものは子に  素直な子  來た子  質の子  しづさんが子を  金があって子が  妻もあり子も  腹の子の  娘に子が  二人の子を  継母と子を  二人の子に  だれの子とも  母と子に  他人の子の  #母と子の  病気にかかっている子を  純情な子  親孝行な子  どこの子かも  魚屋の子  収容所から逃げた子が  人間の子を  人間の子の  親のある子の  愛によって生まれた子  二人の子は  親のある子として  ほんとうに子の  マリア園から逃げ出す子が  神の子を  犬の子とは  親のある子と  片親を失った子を  これだけの子が  親はなくとも子は  原子野の子の  身なりをととのえた子は  背の子を  農婦の子  農民の子と  私の子に  妨げになる子  二人の子が  中学へゆく子は  元も子も  だれの子  縉紳の子が  腹に子を  私達の子や  ちゃんなどという子が  浦島の子に  腹の子に  三人の子の  兄ちゃんがいけない子  腹の子ん  火の子と  蟻の子の  一律に子  日月不孝の子に  遣唐使篁朝臣の子の  七人もの子を  三人の子と  親が子の  一存で子の  中の子を  此の子を  此の子は  噛りついても子を  人の子として  人の子を  真面目にしている子  一人の子を  猫の子が  自分の子として  盛行の子が  重俊の子が  国弘の子が  智恵の優れた子  者の子  少納言通憲の子  入道加賀権守親季朝臣の子  つて徳川廣忠は子  地で子を  彼等の子を  友人で子の  医者に見せても子の  自分自身も子の  上を飛び越しても子が  潔癖だから子が  罪の子として  芸者の子の  よその子とは  女との子  あなたの子  憎悪とを投げかけた子  兼子に子が  お河童さんの子が  実の子の  屹度あなたに似てる子に  自分の子かと  寝坊な子  神の子と  孝行な子では  神の子に  わがままな子  両親ほど子に  光の子  親に対する子の  親と子の  メッシヤとして子を  勇者光の子に  活溌な子  悧溌な子で  罪の子  和枝という子  神の子として  ひばりの子を  ひばりの子は  ひばりの子に  二人の子まで  猫の子より  実の子と  順平の子  産れたての子を  表具屋の子やと  お腹の子も  皇后ジョセヒンに子が  鮎の子は  父と子とが  どこの子も  罪惡の子と  親も逝き子も  小作は子  わしも子は  旦那さんの子に  黒人の子が  大切な子  弟の子の  二人で子の  思つて居た子を  鏡子が子の  清の子の  末の子は  六年程子の  手を放して子を  声を飲んだ子がを  やうに子の  自分の子は  私の子は  私は子に対して  自分の子に  うちの子に  十二の子を  物言わずの子  出さんいう子が  親として子を  百姓の子  学校へ入ってきた子  乱暴する子が  光の子として  大工の子に  時周の子が  成の子に  小字を子之  香以の子之  静廬は子之  五分月題の子之  竜池は子之  偽善を以て子を  遊には子之  これが子之  書肆を開いている子之  義理ある子之  二世藤次郎となった子之  藤次郎は子之  女が子を  儔の生んだ子  養ひ子の  何人か子を  母だけの養い子の  當の子  ほんとうの子  獅子の子  角兵衛獅子の子を  油断のならない子  お父さんの子じゃ  間にできた子  蛙の子が  蛙の子に  蛙の子の  平民の子  二人のやしない子を  人の子は  妻の子  嬬の子  今度は阿子に  蜂の子を  蜂の子の  近年蜂の子の  蜂の子で  祖父の子では  腹に出来た子  ねこの子が  ねこの子を  大男を子に  血を分けた子の  自分の生んだ子が  羊の子が  リイケの生んだ子を  末の子が  つまも侍らざりき子も  野邊にすて子の  一句田中のみの子より  さるにても持つまじきは子ぞ  親は子  河童の子の  森本ちぬ子から  着物をちぬ子の  君を思ひ子の  妃たちの子を  春ねむれねむれ子よ  親と子が  七つの子  親から子に  ことを聴かぬ子を  侍の子は  夫死しては子に  妾さんに出来た子  声高らかに歌う子も  母と子と  雀の子でも  猫の子でも  駄々つ子の  馬かひ子之  厩のかげより子之  里に子之  彼の子之  蜂の子も  角豆畑山で別れた子に  山でわかれた子に  鯨とる子も  性質を持つた子  一等下の子は  ものと子の  人々も子の  父さんの子  自然の子と  今年は子の  十三歳になる子を  ここの子  母様の子  私たちは子として  後に生まれた子  私の子を  児髷の子の  五つばかりの子を  つて居た子は  資本も子も  者は子とは  強情な子  位の子から  貴君は子として  うちの子は  幸村の子の  タマに出る子は  金持の子も  親身のむす子を  一人むす子と  女のむす子が  そうにむす子に  それでむす子も  女やむす子と  世間人達がむす子に  親もむす子も  女はむす子と  手に触る子の  女がむす子と  ピサロの子を  自分がむす子に  ピサロのむす子を  二にもむす子を通して  女もむす子も  声を泣き嗄らしたむす子を  今はむす子の  血の繋がっているむす子を  今後何年でもむす子の  女とむす子との  一番むす子を  ようになったむす子の  自分のむす子の  逸作からむす子の  危険なむす子  巴里へむす子を  女はむす子の  雑貨食料品店などをむす子に  後のむす子とを  位置を定めて暮しているむす子の  自分のむす子が  親に持ったむす子の  いつか成人して仕舞ったむす子の  乍らむす子に  一人置いて行く子の  ところをむす子から  キャフェへさえ行かれない子に  女自身のむす子と  筈のむす子が  銀座へでも行ったらむす子に  銀座へ踏み出してむす子の  厚味のあるむす子の  そうにむす子の  異国に残るむす子の  中でむす子が  距てたむす子の  後のむす子は  女はむす子に  眼が引返してむす子に  無精にむす子に  巧者な子  眼とむす子の  女とむす子は  鳥籠をもむす子に  女がむす子から  のはむす子には  ようにしてむす子は  一たんむす子へ  流石にむす子の  娘はむす子に  人々とむす子との  一人のむす子に  いつかむす子に  魔力がむす子に  それがむす子の  女とむす子が  今むす子と  かこの子の  それから游ぐ子を  帰りにむす子は  小走りになってむす子を  速度がむす子を  不思議にむす子を  それはむす子とは  自分のむす子に  愛憐至苦のむす子が  顔を洗っているであろうむす子が  夜に見たむす子  私のむす子に対する  影響を持つ子の  銀座でむす子の  女のむす子の  頃むす子に対する  女はむす子が  好みとむす子の  私むす子の  女はむす子ばかりに  手に負えない子  人のむす子や  自分にも子の  互のむす子を  娘をむす子の  問題はむす子を  奥底から子を  一人にむす子の  女のむす子は  君の子  これをむす子の  君のむす子  芸術餓鬼の子  意志が子に  この世に於ける子の  哀憐が子に  巴里のむす子から  ときのむす子の  僕の愛された子としての  母に与えられたむす子程の  巴里のむす子からの  程に寛いでむす子が  自分がむす子の  今後むす子に対する  脳裡に与えているむす子の  あなた方はむす子の  父はむす子の  自分のむす子として  約束のむす子が  アデノイドがある子は  ことをむす子の  中にむす子の  頁と並んで載っているむす子の  通りむす子に  そこにむす子の  幸福なむす子も  女のむす子を  由を聞き子を  牛が子を  どこの子か  あなたの子の  外には子が  二番目の子が  女の生んだ子は  年十一人の子を  裁判官の子も  大臣の子も  セララバアドという子が  大臣の子の  ブランダと呼ばれた子は  間に子に対する  先妻の子の  あての子  五十吉の子を  出し眠り亀の子  今朝も泣く子の  者の子と  ときの子と  彼女の子とを  獣の子に  本来合理的平民の子では  悩みを子に  悪人の子を  家督を子の  教へ子  夫の子は  共謀で子を  ソンは子という  余は子の  寝ン寝子で  誰の子ぞ  瞳を持つた子がを  よその子で  中中泣かない子でも  此の子の  つて此の子の  火の子が  其方が子を  行て子を  人間の子が  遊びに行っていた子がにが  隅から子がにが  たる者の子  妻をののしり子を  人類の子  無理に子を  子を生みて子を  子を生めども子を  父は子の  アバタの子を  アバタ面の子を  金壺眼の子が  金壺眼の子って  民さんと云う子が  人の子には  驢馬の子に  ダビデの子に  妻と子と  夫と子が  親類の子が  剽軽な子で  間から生れた子に  父と子を  ことを言う子  いたいけな子だけを  御方に棄てられました子を  哀らしい子じゃ  哀らしい子が  内気な子  妻と子とを  中で出来る子と  俺出来ない子を  七人もの子が  神の子で  五つ六つの子の  美くしい子が  妻も子も  日の子の  幼な子の  今夜の子の  娘の子を  贋迷ひ子の  下の子なぞは  兄の子を  違をが子が  買ふ子が  彼の子は  事も子の  現在の子を  二人双つて育てる子は  人は子の  彼の子も  彼の子には  父が死せばとて子も  一門引き連れて子は  親の連れて来る子の  亀の子は  娘つ子に  亀の子を  亀の子に  気のきいた子が  馬鹿な子ほど  乳のみ子の  大臣の子  大臣の子は  大臣の子が  大臣の子に  初めの子が  パキパキした子では  ポーッとした子の  不孝の子と  母は子の  卓から子を  性根の子が  手が痺れるほど子を  火の子よりは  犬の子ぐらい  太陽の子  夜かたわの子  上三人の子まで  家財を担って子の  四人の子が  ひとりの子が  呉夫人の子の  鷹の子の  蜘蛛の子の  真の子では  真の子の  あなたの子が  頼山陽の子に  百姓の子や  玄徳の子  時代の子と  孫堅将軍の子  父に代って子が  金持ちの子でも  ままに子や  アヒルの子としての  アヒルの子に  アヒルの子  アヒルの子として  武太比嘉の子の  我の子を  女は子を  宿禰の子の  火の子の  愛が子といふ  親不幸な子  神の子では  五六人の子に  奥様も子がか  不孝する子ほど  父君の子に対する  不孝な子  利発な子  涙の子に  特別仕度の子  可哀そうな子  #十の子の  汽車の子  ような子に  鶴の子の  従順なる子としてのみ  馬鹿な子を  真個に子を  ために死ななければならない子を  自分のあずかって居た子の  親と子と  自分との子  わたしの子は  豚の子かなんぞの  自分の生んだ子の  沮授の子の  ほかに子も  親もたぬ子の  駄馬ひく子と  聖母聖なり人の子の  花に似し子をかぞへ  われ恋ふる子の  天の子が  誰れが子を  逢ひにける子と  夢を見る子の  誰が子の  名をのる子かな  馬に乗る子にもの  牧の子が  ゆき獨り子を  往来の子  民衆の子  民衆の子として  生粋の子として  勤め人の子を  向う側の子が  こちらの子が  全体豆腐屋の子が  豆腐屋の子が  妹の子  四人の子を  悲嘆の子の  正室の子の  正室の子は  年々に子を  親は子を  三歳の子を  父母の子では  人の子にと  四才の子の  あとつぎの子が  妻があり子が  乞食の子  下司な子  金持の子の  親も子も  邪魔をする子は  人間の子じゃあ  人間の子  怜悧な子と  子を産ませ子を  履売りの子に  無政府主義の合いの子  末の子を  末の子と  末の子とでも  ら浦島の子の  帯を映す子  筆もつ子  人恋ひそめし子の  七人の子を  雀の子の  人の子よ  母と子とが  親が子に  一人の子  獣だに子を  人は子を  趙昂の子の  ひとりの子を  三人の子  不孝の子を  衰えみだれるを見る子は  妻丁夫人の子では  彼の子を  子ありて子に  パシパシ火の子の  女に子まで  川上の産ませた子を  屋外で遊びたがる子は  子は子で  松五郎の子で  合ひの子の  わたしの子  親の子  灯ともしてなみだする子よ  出でゆきし子の  たる風騒の子を  黒髪の子の  貰ひ子  貰ひ子か  義母にも子が  奇妙な子で  云ふ子に  上のまよい子  上でまよい子に  無事に子を  妻に子を  腹の子を  悪魔の子  妻や子や  江戸つ子の  むつの子の  親を懐い子を  女を思うも子を  わしらの子の  これを子に  もとに子を  呂蒙の子  大逆の子に  君ハ羅侯子ノ子デ  多年育てた子と  階下の子を  関羽の子を  張飛の子  犬の子  マセた子  不孝な子を  哀い子には  一年生の子が  ひとりの子も  変な子を  変な子が  二年生の子が  さっきの子も  前へ行った子も  高田とよばれた子も  一年生の子の  野伏乞食の子が  ア野伏乞食の子  非人の子の  変な子に  変な子は  変な子の  方の子は  妻を罵り子を  雲飛の子は  蝮の子の  尼つ子が  娘つ子は  娘つ子にでも  脊負ふその子を  娘つ子の  雀は子を  芋の子でも  真夜中の子の  守宮の子が  ねんねする子を  それがしの子を  そちの子を  父にまさるとも劣らぬ子  趙雲の子が  葛瑾の子  分家の子で  海族の子が  自分のうみの子を  霊を持たぬ子の  裸体の子  三歳の子から  三歳の子は  三歳の子が  子は子たりの  父は子を  利口な子  ぼくは棄て子  間借りしている子も  無邪気な子  商売熱心な子  平凡な子ほど  ために子を  五十のおいぼれの子を  変な子  お腹の子を  ぼくの子が  自然と子や  ウサギの子でも  松井の子  女だから子を  ものの子  蛇の子に  胎の子は  鬼の子の  私の子の  むつの子が  三歳に成る子を  豐という子に  因果が子に  怜悧な子  そこの子を  妻を持ち子を  妻や子に対する  背中の子を  年になるまで子が  私は子が  腹に子が  娘の子とが  庄は子を  末の子に  血を分けた子じゃ  猫の子よりは  小僧つ子に  年をして子の  三つになる子を  うちから育ったから子を  づゝ村の子に  猫の子を  水の子と  下根の子ほど  自分の子で  狸の子が  狸の子は  焼死んだ子を  自分の子が  自分の子も  大事な子は  三四郎は迷える子の  母を持った子が  臣高坂弾正が子に  ここに子  健康無事の子を  むかしから子が  友人の子を  信實の子の  ろは捨てる子の  親と子とが  抽象作用の子  都會の子を  エツセンスを攫んだ子で  他人と共に産んだ子の  だれの子か  近所の子を  妾の子を  男と通じて子が  女と通じて子が  自分の子についての  倉知の子の  これイタチの子  妻と子  社會の子としての  つて社會の子としての  五人の子に  綱条を養って子と  わたしの子では  母と子を  覺ました子に  十歳の子に  五歳の子を  十歳の子を  惡い子  馬鹿な子  惡い子でも  家を守り子を  そうな子ばかり  咳の出ない子は  子があっても子に  私の子  アから子を  あんたに子が  実の子じゃ  処の子と  お前さんの子じゃ  一人の子にも  此の子も  い感心な子  手で子を  懐妊中の子を  とこの子に  側腹の子  徳島で買った子  胎の子の  主人の子を  神様の子  夜啼きをする子の  婦人が子を  姥と子を  山姥が子を  素直でない子の  三人の子が  松若丸という子が  これは子の  者の子や  村の子の  らの子の  父から子へと  お寺の子  それらの子  五匹の子  一匹の子  二匹の子  三匹の子  迎へて子の  留守中につくった子では  父親の子  二人も子の  けったいな子  畳屋町から通っている子が  芸者の子  私はだだつ子の  大国主の子  腹の中の子は  予が子は  丈夫な子を  誰の子でも  夕焼から生れた子  悪の子  津軽の子  親房の子は  エタの子なりという  賤者の子と  エタの子  旃陀羅の子  日蓮エタの子の  旃陀羅が子  自ら旃陀羅の子  旃陀羅の子なりと  者の子なりと  エタの子なりと  自ら旃陀羅の子なりと  エタの子を  自ら旃陀羅の子なりとして  賤民が子  民の子にて  旃陀羅の子が  海人の子  漁夫の子  自ら海人の子  事実漁夫の子  自ら旃陀羅の子と  母よ子と  父の子とは  村の子が  処で泣く子と  親と子  それは子が  姉の子の  姉の子は  人も子を  背丈のびゆく子を  まくら辺に子を  うたふ子を  側に来て子の  女たちに子  亀の子も  亀の子と  牧の子は  北の子は  不運な子って  懲役人の子に  青屋四郎兵衛の子の  自ら施陀羅の子  俊頼の子の  伊達の子  支那人の子を  商売に来て居て出来た子で  年上の子の  年下の子が  訂正する子  地獄の子には  親が子に対する  上の子に  守をしている子は  山岸の子  神月の子  蚤の子よりも  蛸の子の  蛙の子は  四十を越すまで子という  お願い申して出来た子  蜘蛛の子  私の子では  犬の子を  末の子の  フランス女を子を  童心を持ってる子は  ぶとお話した子は  洋服を着た子の  姉さんの子  のは子を  秀吉にくれた子  時代の子で  太閤の子を  間に子が  自分の子や  返事をする子  今度生れる子を  猫の子  鶴の子を  鴉の子の  木の子を  甲府宰相綱重の子  事実自分の子  里虹の子には  里虹の子  祝をする子の  内膳正の子が  左兵衛の子が  右衛門佐の子が  与左衛門の子が  甥の子が  おれの子じゃと  おれの子に  庄五郎の子が  馬廻りの子で  火の子を  きりすとの子としての  #悪魔の子  其間に子が  生存するに堪へる子が  天帝の子と  時代の子は  黒人の子を  如くの子を  兄の子の  ケツネの子でも  狐の子  亀の子が  やつの子を  間男の子なんか  そいつの子を  母に似ぬ子  そうな子を  眠つてゐた子を  事を言わない子に  白兎の子  八重歯のある子  海の子  マルグヴェンの子が  海うまれの子が  母も子も  彼女の子を  アに子が  七歳になる子も  いくらも子が  鹽原の子を  本当の子では  叔父さんの子の  人見知りをしない子  見ず知らずの子を  者の子では  母様も子と  親を出して子が  ためには子じゃ  己の子を  小前といえば子の  百姓の子でも  先方の子と  実の子  嘘の子  三十九歳になって子を  汝ような子が  悪党の子が  己ア実の子じゃ  百姓角右衞門の子  自分の子ではね  丹治の子を  お前さんの子  みなお前の子に  女に子を  君が生んだ子  五人の子を  鮠の子が  燕の子の  妾腹の子  音丸久能の子の  俺の子だけ  五日後の子の  親を苦しめて子を  十五で出来た子  十五で子を  十五歳で子を  あたしの子  親と子は  獄中で子を  情夫の子を  二の子を  鷹の子が  黒鯛の子だの  黒鯛の子は  結婚したといふ子にを  犬の子でも  後の子とは  弟の子  勝元の子が  不幸にして子が  氏康の子の  木村伊勢守の子の  木村をば子とも  信長の子の  大膳の子  忠臣の子は  豊前守の子は  漁師の子が  ような子は  あいだには子まで  お金をかけて売れる子を  上の子の  眠つてゐる子の  蟇の子が  母でも子でも  客にとって生んだ子が  曾の子の  毎日乞食の子に  ような子  俺の子を  只一人の子の  腹の中の子を  汝の子に  眼の子と  眼の子は  大工の子  つまり二人の子を  鮭の子の  鮭の子が  鮭の子は  鮭の子を  感心な子  実の子が  私もかかり子に  親だか子  手前の子と  父さんの産んだ子  間男の子じゃ  間男の子でも  シャム猫の子を  馬の骨の子か  父から子へ  教へ子の  一人の子の  だめな子かも  私も子に  遠く離れている子の  覿面に子に  田舎へ帰って行く子を  末つ子の  妻と子の  江戸つ子は  のら猫が子を  二匹の子を  ろぼう猫の子は  のら猫の子に  のら猫の子の  産れる子の  血を分けた子  母が子を  母の子に対する  愛が子を  何人の子で  親の子におけるが  上の子は  下の子は  悪戯つ子の  角兵衛獅子の子  梅幸の子の  宗十郎の子の  雲の子  八人のみ子を  火の子とを  法師の子は  崇峻天皇三年司馬達等の子  光栄の子  これを子  西洋の子の  彼の子では  三人の子は  おしまいの子に  あなたの子に  娘の子  娘の産んだ子に  火の子も  おなごの子を  三つばかりの子を  両親で子の  一番上の子が  次の子の  余の子の  豚の子ほど  六つになる子は  内地に来てから生れた子  日のみ子と  雁の子と  雁の子を  日のみ子の  夫に持ちて子を  わしの子じゃ  ダイソレた子を  日のみ子は  日つぎのみ子と  日のみ子といふ  こと猫の子の  鼠の子の  自分が子としての  宿の子の  宿の子と  宿の子は  宿の子を  宿の子が  人の子より  猿の子  母親が子を  親から子へ  驢馬の子を  田舎の子と  かたをする子で  亥の子と  亥の子の  亥の子という  亥の子  数多くの子を  春亥の子という  病の子が  天降子と  天降子が  天降子は  亥の子とは  亥の子は  亥の子には  角の生えた子を  亥の子などとは  人の子に  恣に子を  ときの子  狼が住んでゐて子を  狼の子が  いふ時に生れた子  敵の子を  貧民の子でも  生まれつき失語症みたいな子まで  親類の子にまで  猫の子よ  猫の子は  鵙の子の  蛇の子の  鵙の子よ  萬象の子よ  田舎の子の  方から見て居た子は  年上の子は  乞食の子さえ  薬屋の子の  自分の子とも  木部の子を  男によって生んだ子  白痴の子が  白痴の子を  妙な子  葉子は死にかけた子に  芽を吹かない子  土の子  人に子は  屋敷の子と  町家の子は  町人の子と  屋敷の子が  自分ばかりの子に  木の子が  きれいな子  世話を焼かせる子  小っちゃな子に  兄の子  兄貫一の子は  黒鯛の子か  かしな子  ただ人の子を  眼をした子  養ひ子とは  異人の子  妻と子を  五人の子の  五人の子が  妻だけの子では  おとうさんの子  家にばかり居る子  亀の子へ  犬の子は  勝手に生ませた子を  誰の子か  手をのばして子を  浪人の子かと  稲の子を  #刀鍛冶の子  一人ずつの子を  腹の子だって  #誰の子  #自分の子  腹の子について  腹に子さえ  妻もあれば子も  正直な子  哀らしい子  親が子を  高利貸の子  誠太郎と云う子は  兄の子だけ  嫁に行って子まで  武士の子は  何かで行かなかった子は  日のみ子に  おれの子と  都會生れの子  江戸つ子  朝鮮あめを売って歩く子  はらからの子の  語り傳へる子が  おなかの子を  芸者の子として  芸者の子と  母と子は  背中の子は  親爺つ子  陸の子に  陸の子には  貴種の子の  彦坐王の子  彦湯産隅王の子  命の子  島民の子  此の子だけは  つて白痴の子を  柳による子  袖かみし子を  菖蒲売る子が  袖牛の子を  子とききし子の  星の子の  へその子  罪を泣く子と  袂だく子に  君罪の子が  今日京の子の  昔にかはらずとさけぶ子の  血の子  倚る子や  葡萄をぬすむ子の  何とかいふ子  頼りになる子も  おせんが子の  一人の子も  清治といふ子は  踏み切りに立って子を  妻と子とは  三人まで子を  子が子  幾人も子を  嬶だろうが子  わたし一人の子で  臆病がる子  白痴の子も  仕合わせな子  者の子を  生まされた子を  文字を書いて置いた子も  運命の子こそ  頼りにする子が  弟子か子の  親と子ほども  旦那の子が  自分の知らない子の  二人の子によって  方の子  父としては子を  処女妊みて子を  先妻の子が  先妻の子は  妻なり子なりを  いやな子  のろまな子  隣の子  そうな子  終れるは子の  女つ子も  彼女の子の  加納春子の子の  かみさんの子じゃあ  それを嘆いて子を  女つ子  父親の子を  芋の子の  飼猫の子が  罪の子では  ペムペルという子は  ネリという子も  ネリという子は  本当の子じゃ  三番目の子を  倚かる子は  間にも子が  子に子が  美くしい子  三番目の子だけが  新らしく生れた子が  どこの子だって  うちには子を  儘な子で  美智子といふ子は  我儘な子  我儘な子は  さほ子の  彼方側を歩いているさほ子の  武士の子  母に対する子の  何かしら人の子では  李白の子を  いたずらつ子の  中の子が  人達は子が  殿の子  浦島が子と  農家の子  三ヶ谷に残した子の  妻や子が  主人の子は  私共の子を  家鴨の子の  一昨日新たな子を  俺も子を  何して子が  うちの子が  姉つ子の  他所の子は  よその子が  数人日つぎのみ子と  皇子・日つぎのみ子の  日つぎのみ子の  #日のみ子と  二には子  同姓の子を  妾に子  妻に子  自分たち妻と子とを  娘の子にも  小僧つ子の  祐親の子の  河津三郎の子の  クモの子を  手のすいてる子が  一流の子で  あとの子は  顔のうごく子など  つて国には子が  妻や子は  お前達の子  お腹の子は  自分の子でも  僕の子  あんたの子  親を顧みない子も  腹に子の  孵化して子を  一番あとからころんだ子に  のが子の  罪人の子  われに子を  われは子の  空想の子  売国奴の子としての  ほかの子と  家鴨の子は  荒磯の子  靈の子  豚の子ばかし  陽性と子の  つてこまちやくれた子を  母や子の  一番下の子が  親はあらずや子も  木や子は  代から子の  ペンギン鳥の合いの子を  親は子と  すずめの子を  すずめの子が  熊の子か  立派な子  下町つ子の  笑い出す子も  三歩はしって見る子も  どこの子  別の子の  別の子に  いつまでも死んだ子の  孫とも子とも  乳母風情の子の  天皇の子を  三番目の子  弘仁の子  子孫多治比古王の子が  想ふことは子から  懐胎したる子  つて生れし子の  生みたる子の  小生に生れし子を  嫡出の子  小生の子は  小生の子に  陰気な子に  私をひんまがった子  郷士の子は  豹の子に  あこがれの子など  わしの子  身にとって子の  里の子が  農民の子  鯖の子を  一番末の子で  自分の子という  名家の子として  ように子は  菰の子を  菰の子じゃ  牢人の子の  かわいそうな子  侍の子じゃ  名家の子という  名家の子  ほかの子が  俺の子に  年頃に成る子は  子と子の  蜂の子は  急に子も  それを見て子の  お前達は子が  温泉地へ子でも  お前達は子でも  自分の子から  はずの子の  畦を焼く子や  畦を焼く子を  裏店の子  裏店の子に  屋敷の子は  商家の子は  亀の子などを  町内には踊る子が  十五六の子に  妻や子の  おっさんの子に  国家の子としての  不義の子の  樂羊の子を  易牙の子を  人間の子では  甲の子を  下町の子として  元宗の子の  蜘蛛の子が  馬の子でも  子の子は  孫の子は  言よせて行く子  父であり子  独りの子まで  妻にも生きている子にも  おれは子に  侍の子を  わしが子では  ような子を  ねんねしょうとてねる子は  階級の子が  服中に子を  親を引いて子の  告訴する子に  家庭内に於ける子の  親の子に  子は子  天の子  夢は子の  親と子とには  間は子の  間では子が  罪を子に  支那では子が  所の子や  併し子から  首で子は  父が死すると子は  親であるから子としては  此は子が  對するは子が  何歳までに子が  つても子が  四十九歳迄は子が  妾に子が  目的は子を  妾を置いて居つて子  海豚の子の  刺つ子と  神の子が  愚かなる子の  ひとの子を  朝鮮人の子だって  二番の子が  伝統と子とを  風邪の子や  びゅうびゅう火の子を  火の子は  生の子の  心ある子がもの  誰が子ぞ  誰が子か  蜑が子の  里の子を  誰が子  勇魚とる子が  齋ひ子の  イと子を  里芋の子の  寒竹の子を  近辺の子が  本当の子の  いつか姉さんの子を  先程より子が  その間により子が  やつぱり百姓の子  チヨイト此の子を  つてより子を  叔孫の子  ねこの子の  てめえの子じゃあ  がいの子でも  おれの子でも  さまの子でも  じょうぶな子では  うちの子を  他人の子  きれいな子を  わたしが思い切った子  町の子  子がわからない子  器用な子  手足の子  おまえの子では  病人の子では  あなたの子には  だれの子でも  きれいな子の  爾の子を  子あらば子を  神の子にも  親に死なれたり子に  小頭の子が  芋屋の子に  町の子も  子をとろ子と  大勢の子が  方の子を  こんどは隠された子を  上級の子が  花を入れる子も  亀の子や  眼の子  清元をならっている子  大門通り一ぱい火の子が  なっちゃんが出来ない子に  熊の子と  当主や子や  太夫の子か  不義の子  公卿の子で  親孝行の子を  自由の子  仲に出来た子  時代の子という  山家の子  百姓の子に  鷲の子の  そこへ立っている子  途中で拾って来た子  風来の子に  らいの子  母が子の  妙な子でも  妙な子と  頭をもたない子を  妙でない子に  子はいけない子  哀れなる悶えの子を  亭主の子じゃあ  役者の子  父母の子を  十歳前後の子を  価は子を  いその子を  不良の子に  日本国中に子を  金をだいじにする子  ような子では  わたしが子  もうこの子には  云は子という  左官の子に  子供の子が  やうな子を  身を分けて子が  生るる子は  者みな神の子の  云は子と  みつよつの子も  童うちの子は  黒髪梳くや子の  妻の生んだ子だけは  いまもって子の  父が子を  お前の子か  地主の子  從弟の子で  下は子を  父と子とは  父と子とを  鳶の子が  宿命の子  いずれは子を  立派な子を  彼の子  家に入れて子を  最上へ来て子まで  女一人の子を  先妻の子を  天女の子を  母は子を  神女と子との  結婚して子を  葛の葉の子に  産院で子を  母から子を  役者の子は  位の子が  施寧の子と  隣館の子は  一ツは子の  鷓鴣の子が  鷓鴣の子は  長兵衛の子の  富五郎の子が  一念が子の  親も子の  夫婦に子が  飯たべて子を  八番目の子が  慕ひ子を  母が子に  ボタ山の下で子の  母の子は  子守つ子に  彼位妻や子を  皆んな妻も子も  母と子  云ふ子  気丈な子  侍の子の  侍の子と  一ばん下の子は  下の子を  めくらの子の  おれの子では  自分の子とは  お前様の子では  お松という子を  お前の子じゃ  地べた歩きたがる子を  梅雨曇り子を  よう泣く子に  彼女の子で  子でなくて子  燕の子も  まひは子を  夕焼小焼牛の子  お隣の子は  東京の子は  東京の子が  女房に死なれて子を  蟷螂の子は  油虫の子には  いもりの子が  くもの子を  アザラシの子を  妾の子  貧乏士族の子では  學中私の子は  妻に抱かれた子は  永遠の子  植田丹後守には子という  われ一人を子に  祭神の子が  毎年五月には子を  一つしか子は  秋は子を  娘つ子が  富家の子で  府下髪結の子なりと  家に子  #者も子  華士族の子も  嫁して子を  何処の子も  可哀想な子  自分は子を  あまの子の  槌を子に  武門の子の  市で売られる子が  旅の子の  面を凝らして子を  後の子に  三代めの子と  大名の子の  寡婦の子を  鯰の子を  裏切り者の子  親や子は  美くしい子の  天才の子  通りの子  十六の子の  天狗の子に  娘盛りの子を  跡をとる子を  お前さんの子は  カテリーナ・リヴォーヴナの生んだ子の  幸福な子の  母と子が  前から知っていた子では  綺麗な子  野遊びから帰った子に  他愛ない子に  場で子の  世間の子とも  下の子ほど  一人他人の子を  #不肖の子ほど  オナカの子は  日はあっても子を  ひとに子が  お寺通ひの子は  それは子  手習ひ子は  手習ひ子が  ことをする子  山椒賣りの子や  自分の子では  インド人の子の  黒ん坊の子が  憲と云う子が  母ある子  父の子では  名家の子は  後妻の子を  お母さんの子  僻み根性の子では  幼な子が  幼な子を  オレの子では  月村信祐に子が  清の子  オレの子と  こッちがわが子とは  先妻の子  ヤブニラミといえば泣く子も  弟も子も  お腹をいためて生んだ子が  不仕合せの子  嘆きを懸け子には  海の子は  不孝の子をも  京都で泣く子も  ナカの子を  オナカの子に  腹の子が  妻と子とばかり  八人の子の  たくさんの子を  国家は子の  余分に子を  #きれいな子  僕の子と共に  王子の子の  人皇九代開化天皇の子に  妻は子を  鬼の子を  トビの子で  親でも子でも  鬼の子が  直の子の  鬼の子は  百姓の子として  悪魔の子の  下敷の子の  妾に産ませた子を  親だの子だの  蜘蛛の子と  倖せな子に  みな私の子  毎日供養していた子の  次の子を  二度目の子まで  初産の子と  藤井寺で死なせた子と  盲の子を  盲法師の子を  武門の子  公卿の子などとは  他人の子を  妾の子も  人の子に対しては  家政婦のそめ子が  気違ひの子  百姓の子が  百姓の子を  声を出して子を  無職の子に  仇にするっていう子  猫の子ば  ものは子を  今度の子の  上の子を  母と子とを  晩まで子  駒井能登守の子では  わたくしの子  能登守の子としては  わたくしの子として  船頭の子から  蛇に好かれる子  娘つ子で  貴方も子は  妾の子で  恨みを晴らさねえば子の  此の子  旦那さま此の子で  ア此の子の  茂之さんの子  重宝な子  子供があるから子の  夫を思い子を  息がつまって死んだ子も  まま死んだ子も  のどがつまって死んだ子も  めいめい自分のむす子や  こちらはむす子より  向て子を  而も子が  若党家ノ子など  雀の子  草心尼も子を  親と子とは  後備大尉の子も  大工の子なども  ごと騒ぐ子  む山の子の  母と子とから  俺が子  汝ちの畑にできた子  誰が子でもよ  上らにや子が  鮑取らいで子が  家も子も  役者の子の  夫の子の  おれにも子は  将監にも子は  囹圄の子  帝王の子には  雀の子なんか  無断で子を  斷じて子に  方には子が  八人の子を  人も子まで  大勢の子の  旅役者の子  天文方の子なりと  店主の子  らいの子という  大工さんの子  大工さんの子として  大工の子の  二歳の子  ほかの子に  下地つ子を  娘つ子とは  オキャンな子  お父さんの子として  キレイに稼いでいる子も  涙を落す子も  父と子とともに  浦島の子を  三人の子も  妾腹の子が  顔を子として  道灌の子の  二番目の子  十二ぐらいの子  市兵衛の子が  妊娠して子を  下馬を曳く子は  方の子に  犬の子が  犬の子に  あれでも子を  思いもかけぬ子に  清元倉太夫の子  上から貰った子を  わたしの子に  お前の子として  あたしの子に  三人の子に  左近の子  鈍な子  わしの子の  日和見主義と子への  不運不幸な子  ぶんが産ませた子を  おれの子  者の子は  ものの子は  者の子に  迷信から子も  こないだの子  変質な子が  さや子の  先にせん子の  教へ子や  星の子を  鬼子母神様の子に  通り旃陀羅の子  多くの子を  婦人に子を  女を子を  お雪ちゃんという子も  お雪ちゃんという子は  医者の子  神の子は  わいげな子  貧乏士族の子と  親と子を  真個の子  だらしない子  農民の子は  医者にかけられずに子を  煩悶の子  久米の子が  鮠の子を  花は子と  鱒の子の  歸ぐ町の子の  斯の子  海士の子よ  間には子も  間にできた子の  俺は子は  山の子の  父様の子  九人の子を  犬が子を  五郎左の子  義辰は子を  胎内の子では  近親者の子や  反逆の子を  人間の子には  小僧つ子  不幸な子では  父の子で  母の子では  母の子で  母の子  義姉の奉子の  中では奉子と  姉の子に  子供の子の  不肖の子は  のを見つめている子の  氏神の子と  娘の子には  最愛の子や  氏神社から子の  上で子の  わが身見棄てて帰る子の  ため身をかき分けて生める子の  万已を得ず生れた子を  十八歳になる子と  #一歳になる子とを  一番年上の子も  ジェノアの子が  世界にほこる子  一人で来た子  エンゼルフィッシの子が  娘つ子と  お前という子も  武巣という子が  今年生まれた子が  慈愛に対する子の  袴をはいてくる子が  娘の子が  教へ子を  意気の子の  姉にいく子という  茶碗を持って立たせられる子なども  顔をのぞきこむ子なども  母を護るの子  腹の子では  雀の子を  高時の子の  ただの子として  父のみかどが子の  ひとりの子には  尊氏の子の  無口な子が  公園で子を  砂いじりしている子は  お父さんの子でも  子守達は子を  健気なむす子よと  理想を子の  フーン誰の子  お腹の子が  勇吉は子  家主の子  神官の子  一体武士の子は  小姓が子  越中守の子は  従弟の子の  鶴の子  乞食の子も  前から子の  事をした子には  此娑婆では泣く子と  妻も居れば子も  母から生れた子  女神の子  ャんという子の  ャんという子は  ャんという子が  ャんという子も  町の子を  さうな子が  両親は子を  親不孝な子を  御両人の子についての  親不孝な子では  あなたは子に  実の子や  族結城宗広の子  理想の子として  ちりぢりにさまよわせている子や  路頭をさまよう子に  正成は子の  曹操の子  中で子は  よその子を  よその子の  学者の子は  亥の子に  きれいな子も  通りくもの子を  世話を焼かせる子じゃ  自分の子と  お松さんという子は  浦島の子の  浦島が子の  親にそむく子は  間に生れた子は  惡い子も  のは子が  カタワの子ほど  孫だか子  八百屋の子  あいだに子は  わしら処の子も  自然の子  哀れな子の  妙な子で  時の子  母のよろこびと子の  母と子とに  カムパネルラがかおる子に  親方は曳き子の  気の利いた子  ふつうの子より  賢母の子に  お腹の子に  お腹の子の  結婚後五年も子が  お腹の子までが  皮膚をした子が  形相をした子を  形をした子を  不具の子が  予期通りの子を  逆転して子には  日曜日に生れたる子などの  それに感じて子を  高産靈の子  牛の子の  子ならぬ子を  鯨は子を  鯨ほど子を  外で子を  やんちゃな子  生意気な子  侍長屋の子やら  妻なり子なりの  山沢の子  たくさんな子が  迎えに行った子の  今は子や  犬の子にでも  ような子が  外に立っている子が  意識を以て子を  娘の子も  侍の子が  目医者の子  埴生という子と  ような子と  そうな子って  何の子  不肖の子として  父親の失った子の  十何人という子を  これを読んだ子の  これを読んだ子が  虚栄の子の  受難の子とも  親戚からもらって来た子  誘惑して子を  横田さんの子でも  奥さんの子でも  親戚の子を  保子との子  鰻の子が  間に出来た子  生憎と子を  隆吉という子が  春といふ子までも  春という子までも  引の子では  父たらずといえども子は  いくら自分の子に  農夫の子  倭将の子は  大身の子と  大身の子は  いつまでも子の  弁天様から授けられた子  狗の子  人間の子と  観世丸という子も  望みは子の  頼もしからぬ子では  面で子を  多感な子は  背と子の  人間の子に  業の子  師泰の子  師直の子の  紋さんという子も  ていという子が  紙屑屋の子を  大工の子を  鶴の子という  中から生まれた子  輪の子ほど  実の子は  女房を思ひ子を  うちの子の  職人の子  不孝の子に  何者の子で  邪見な子を  親なればこそ子  茶断までして子を  者でも子  年ごろの子を  不具者の子  蜂の子や  數の子の  先づその子に  續の子よりも  自分の子には  やうに子に  教へ子で  手習ひ子なぞをも  舟大工の子の  尊氏の子  凡下の子  仏の子  自分の子との  楠木廷尉の子  正成の子では  異端な子  親を怨む子を  叛逆の子は  最愛の子に  尊氏の子でも  宿命の子に  正平十三年四月三十日の子ノ  夫婦は子に  せつ妊娠っていた子も  ここらの子じゃあ  雪には子は  十一番目の子  齢の子  親の子のというは  藤兵衛の子  馬を棄てて子の  不肖の子とも  コノール王の子の  コノールの子の  ネサの子  リムの子  ことをしている子では  君という子の  間に出来た子を  強姦されて出来たという子を  家へ帰って子を  姉やの子じゃ  亭主を持たなければ子は  登様という子は  たしかな子  お雪ちゃんという子が  後妻にも子が  和泉屋に子が  和泉屋には子が  真実の子や  泣き虫な子  熊の子  熊の子が  熊の子を  ムクの子かも  #猫の子  熊の子じゃ  熊の子によって  叔父の子の  リボンを懸けた子が  普通の子が  明治の子  但馬どのは子に  二十日も取らずにおくと子を  中で子を  鱒の子  鱒の子へ  腹の子と  宗十郎の子  私たちの子の  寒竹の子の  自分に子の  相州の子として  間に生れた子  これ平民の子は  唄ひ子と  不義の子として  我すみれうりの子にも  花うりの子  すみれ売の子は  昼間靴みがきの子を  太陽の子に  折から子を  男が子を  かたを子の  人間でも子の  継母なんかに育てられた子  親の子を  洋行させた子が  不肖の子では  今は死んだ子が  女房や子の  背に子を  魚の子の  もやいにしようとする子さえ  親はないか子は  親もあるが子も  杉の子  #ホウシの子という  私どもは子を  三千世界に子ほど  心と子や  井戸のぞく子に  人間に子の  仁吉という子の  傍にいる子の  われここに子を  不幸な子  オシラサマには取子と  方が子を  親を慕い子を  背の子が  金魚の子の  おまわりさんが来るといって泣く子を  野鴨の子などを  婆さんは子  枝に来て子を  社員の子は  ひとり盲の子  順礼の子は  街の子は  鍛冶屋の子  これは子  盛の子に  こと己の子を  己の子に  日本の子と  もとも子も  ばかな子を  何者の子として  ときに生れた子は  女中さんに子を  人間の子は  #蛙の子の  蜻蛉の子は  蜻蛉の子の  蜻蛉の子からは  先刻蜻蛉の子が  アダムの子では  真ん中の子が  お雪ちゃんという子の  ことを知らない子  お雪ちゃんという子を  手をかける子じゃ  お雪ちゃんという子に  人の子という  お松という子の  娘の子は  熊の子なんぞも  鼻へ抜けた子では  一昨日の子の  内緒に生ませた子  ばかな子  一人太陽の子  自家の子に  約言の子に  約束通り世間を忍んで子の  猫の子などを  同盟して子を  あれで子の  商人の子  群をなして住み子を  南条右近の子として  山の子  山の子と  芸妓ふな子は  われを待ちかね寝し子の  おいらの子  水上神の子の  出来たての子が  娘の子なんぞは  しかたがねえ泣く子と  人の子に対する  #他人の子とも  前妻の子と  郁太郎さんという子に  当時泣く子も  お松という子に  貰ひ子の  平和の子  時に生れた子  世良半次郎という子と  世良半次郎という子に  友ちゃんという子と  牧信七という子を  #民の子  うちの子と  京市という子は  宮本来一という子は  浅井じつ子は  子売ろう子  何という子  文という子  石畑一登という子は  才はじけた子を  吾という子が  綾野芳正という子は  #視学の子  郡視学の子  菓子屋の子に  中原という子は  西村恭一という子は  外出出来ない子が  お宮の子  太夫さんの子  垢ぬけした子に  俳優の子  結婚に設けた子  娘の子にでも  下ぶくれの子  不運な子  歯を病む子を  人妻となって子を  芋の子も  鮭の子も  今夜扁舟の子は  呑込めない子でも  狼と子を  人に子  からだにつけた子も  マントばかりはだかに着た子も  となりの子に  半兵衛の子  妾の子では  不具の子として  最初の子を  従兄には生まれたばかりの子を  鷲の子を  猛禽の子を  鷲の子は  王者の子を  蟻の子を  間に子を  お雪さんという子が  先妻の子という  結婚後十年を経ても子が  義理の子は  小作人の子としての  粉雪をまき散らしたりする子も  二人の子  慕ふ子よりも  そなたの子  誰の生んだ子  親は子の  父の子に  夫婦には子は  一匹飼うて子よりも  乱暴な子  猪の子が  夜道怪と書いて子  瞽聖堂の子かとも  太郎かやせ子か  神隠しの子の  親に似ぬ子は  歯の生えたる子を  鬼の子と  異相の子を  鬼の子  蛇の子では  のは子の  金太郎のごとき子を  十二人の子を  ろしい子を  山姥の子  山神の子を  母と子とともに  木の子と  木の子に  木の子  屋敷の子の  日崖下の子の  偶然上を見た子が  長屋の子と  昨日私を見つけた子が  燕の子が  通りすがりの見も知らぬ子の  町の子と  町の子に  憧憬れる子と  芸者の子に  沙魚の子とも  黄金が子を  衛門は子が  自分も子が  衛門の子では  鷲にさらわれた子  勘助の子の  母親と子の  間に生れた子を  允子が子への  社会の子として  地道な子を  親が子に対して  自分の子ばかり  自分の子ばかりを  時と子の  月に生れた子は  金に子を  因果な子の  前に立つと子の  他の子の  おかあさんの子じゃ  みんな病気の子の  気の毒な子を  私たちの子に  清康の子  隣の子の  とらの子の  人の子よりも  独りぼっちの子が  彼は死んだ子の  おいらは子を  丁稚と子も  うちの子  小娘が子  町中へ子を  芋の子を  鷲の子  鷲の子が  鷲の子なんぞを  粋の通る子  げい子や  たくさんに子を  苦労を味わわされようとする子という  胎内にある子の  胎内に子を  胎内から子を  意味で子を  道庵を子に  猿の子も  猿の子は  自分は子の  人さまの子の  犬の子すらも  私の子が  父が子に対する  土地の子を  ほかに子は  実の子を  親ゆえの子を  三つぐらいの子を  十二歳西氏の子を  隔てをおかれていた子に  子爵の子  交りも結んで子まで  中から生まれてきた子  不幸の子に  野辺にすて子の  何れが子と  豹の子の  乞食の子ででも  夏子の子へ  婆の子で  様な子を  下の子の  上の子と  八歳の子は  城主の子  宗円の子  十一の子の  さきに子の  彼の子に  一人の子は  乳汁をとるには子を  猿の子が  二人の子しか  以前の子の  無心の子を  とき狐の子は  牛の子が  漁師の子と  不具者にも子が  エタの子という  小間使風情の子とは  土人の子も  酋長の子が  百姓の子の  木樵の子の  放浪の子の  鱒の子に  鱒の子は  鱒の子を  鱒の子では  竜の子を  先妻に子まで  んと云う子が  先妻の子も  暮しをしていたものの子  金と子の  ほんとの子  様な子  お母さんの子じゃ  げんきな子  いちどカイちゃんって子の  親だから子  父母の子  地の子  権力者の子や  こと真実の子の  欣々の子  女中の子に  二男を子に  三歳になる子とが  六歳の子が  オレの子  獨り子の  穴を塞ぐと子が  人柱として子を  貧婦の子を  われらは子の  歌は子の  歌といひ来りたるは子の  孫も子も  正木の子では  親の子への  盲目的に子への  松本の子では  土人の子を  土人の子は  妙チャンと云う子  目のはなれた子が  迷ひ子で  迷ひ子を  迷ひ子が  料理番の子に  外妾の子  とこが出て子に  ン寝子を  一千疋の子を  狐の子が  狐の子も  狐の子の  鼠の子ほどの  びたれども母のちがふ子は  鈍な子と  粘土の子  熊の子は  一鍛工の子に  一人つ子の  背中の子が  三重の子が  軍人の子  間教えた子  めかけの子  田舎から預ってる子  無情冷酷なる子では  主人様に子の  簓者の子  ものの子に  不幸の子の  哀れな子  私の死んだ子と  私達の子  宰相の子を  側室の子が  婦人雑誌に子の  次へと子を  親と子では  豚の子が  町屋の子や  翌朝眼が醒めてから子は  地獄の子にでも  権力も子の  汝が子を  石神井川へ墜ちた子や  無情を憎み残されし子を  物忘れする子なりとも  世の常の子と  街に遊ぶ子は  彼我の子と  人の子なり  のも子の  八人も生れた子は  三白の子は  六つの子の  不幸な子として  安らかに子を  自然の子の  八島士奴美神の子に  姫の子の  夫を持って子を  エリザベス・サウスウェル女史に子を  貴族の子の  鼠の子が  鼠の子に  #光の子  父の子と  火の子  アダムの子の  良家の子  もうこの子を  右大弁の子の  かわいそうな子じゃ  姪の子を  母親の言った子も  伊予守の子も  三の子も  貴族の子  妻や子に  中将の子  帝王の子  世間父兄の子を  父母が子を  父母にして子を  教育せられたる子は  宮の間にできた子  兄君の子  姿の子が  自身の子として  花花を子の  里芋の子で  そこから子に対する  鬘を子に  籠かき姿の子が  母親を探す子の  ことを子に  地蜂の子を  庄屋の子  それを子の  一庄屋の子としての  今度生まれた子には  好きな子  経験を子に  みんな自分の子の  源氏の子が  たみの子だにな  因縁の子  明晩の子の  中将の子で  笛を吹いたりする子を  大事に扱われている子  上へ子を  平生以上に子と  地位に甘んじていましても子は  わたつみに沈みうらぶれひるの子の  高砂を歌った子も  源氏の子は  運命の子は  考えもある子  明石の子が  所に子が  女王に生まれた子  自分の生んだ子を  御社に向いて子の  場合に子の  幾人もの子が  源氏の子として  左大臣家で生まれた子の  日蔭の子として  お母様の子に  未来を持つ子は  明石は子を  前にすわっている子を  気質の子  妻を子も  親にまさった子は  貴族の子に  ふうで子を  嫡妻の子にも  美人だと言われている子を  摂津守の子は  惟光の子に  母を亡くした子という  夫人の子に  方を子に  親にそむける子ぞ  ただ二人だけの子  だれの子という  大臣の子として  氏の子を  すべて親から子と  父がめぐり合って見る子の  内大臣も子と  最初私の子として  ままで子は  非常にかわいがっている子  中には愛すべき子も  惟光宰相の子の  内大臣の子の  ような子には  迷ひ子に  宰相中将は子の  真実の子として  十歳ぐらいの子が  ような子の  者の子の  主催者の子としても  ものと子を  自身の子ながらも  幾人も持った子を  ことも子としては  すべてが子に  鶸の子  江戸つ子で  庶民を子と  きゃしゃな子かと  中にすわってはいられなかった子  父にできなければ子に  四人の子の  駄々つ子  あれは子  つて生れた子  親の子といふ  意志には従わない子  天子になる子の  #大将の子を  ほうの子が  笛を吹いた子に  横笛の子には  人になっては子の  兄の子として  自身の子の  時に比べて子を  後ろにはさみながら子を  胸を拡げて泣く子に  感じのする子  芸人の子は  ことが子として  宮は子としての  親は子に  母と子として  薄命な子  幼少な子だけを  つわりに来る子も  大将の子は  思いの残る子も  私自身が子は  ほうが子の  みずから釈迦の子  母に生まれた子として  額つきをした子  双調を子に  これにて子を  妻あれば子  多くの子の  それらの子は  関白の子は  初めと変わらず子の  人々を子に  母らしく子の  十人の子を  リーブの子の  鍛冶職の子で  人々の子は  郁太郎という子が  朝ちゃんという子  恐怖に襲われている子さえ  家柄に生れた子  年月がたっても子を  親として子の  乳母の子  何代も子の  どちらの子が  子は子の  かわりとして子の  熱心にする子は  米ちゃんという子は  和尚さんの子に  艶をもった子  年頃の子とは  ようなすぐれた子を  あなたに子が  父様が子と  帝も子を  なつたりしてゐる子も  僕の子が  お前の手がけた子で  現在あすこにゐる子が  武士の子で  親戚の子に  常陸守の子は  相手に選んでくださいました子に  守の子  父宮に子と  どおりこちらの子の  母親のある子ばかり  宮様が子として  だれよりも愛する子の  他の子などと  様子は子  はかに出過ぎる子  奉公させた子  乳母の子で  いの子の  妹の子で  妹の子では  此女の生んだ子は  妹の子が  泰了の子が  誠範の子が  泰了の子かと  素細工頭支配玉屋市左衞門の子  信升の子は  乳母の子の  父宮から子とも  母の子としては  少将の子の  運命の子  女房孝行だけして子を  様子も死んだ子に  常陸守の子で  顔の子を  常陸の子を  ようになっていた子  犬の子だって  是までに思い込まれし子を  我外に子  母は子と  娘つ子ばかり  血統を帯びた子と  姫つ子が  姫つ子を  父の子じゃ  皆な泣く子の  普通の子では  己たちの子としては  姑に仕へ子を  事へ子を  家庭の子  無愛想な子  方の子の  境涯の子  森の子も  習ふ子や  腕をもった子は  戦士の子を  信心はなくして子を  一人の子をも  ほかの子の  らいの子が  らいの子より  ひゃくしょうの子  いの子  九人の子が  何しに子に  ヱネチアの子  胎の子には  輕い子を  やうに子を  自ら生んだ子の  病気馴れた子で  経帷子をきせると死んだ子の  土人の子の  浅次郎の子  乞食の子で  囓る子が  君は子を  雲雀の子と  七つの子が  女郎泣く子は  親と子だって  モウ親も子も  太郎といふ子も  孫なり子なりの  母樣は子に  良人も子も  斷てぬ子の  あれ彼の子も  女房は子を  十八の子の  跛足であったから子が  百姓の子は  大工の子は  町人の子は  跛足の子が  大工さんの子だけが  姪を孕ませて子まで  羊の子は  唖の子が  隱し子  日の子  血をわけて育てたいとし子  つて出た子  吸收する子  光を追うてやまない子  戰ひの子  健鬪の子  むらは子の  娘が子という  思い捨てた子  良将の子  伯父国香の子には  伯父良兼の子には  叔父良広の子には  叔父良文の子には  叔父良持の子には  茂の子には  茂の子に  将門の子は  護の子の  清盛の子に  魔術師の子では  狗の子に  兇暴で子が  白猴新産の子を  同棲せしめると子が  従僕の子を  盗人の子  一門引連れて子は  他人の子に対しては  恋人や子に対しては  母として子を  病床に臥して子は  雌に接して子を  術士の子  己の子ほど  大物主神の子か  女を娶って生んだ子とも  子供も子としての  十四歳以下の子に  戦死の子と  復員の子が  新入学の子を  門に子を  人の子も  剖いて子を  騾ありて子を  間に子  現時相雑わって子  蛟の子など  尾裏に子を  嚢中に子を  雷の子で  四月初めへ掛けて子を  三人ほどの子が  紅毛碧眼の子を  水流中に子の  母が子に対する  后それが出来ずば子を  寵愛自分の子の  母猴は子を  猴にあやかって子を  太古夫婦あれど子を  役を勤めて子を  猴に子を  猴像に子を  時代の子には  袖の子の  わたしとは子を  市十郎の子  木賃から子を  母を慕う子への  父を責める子の  今村要人の子  父も子も  母を想う子の  仲に生した子の  いちばん下の子の  十六人の子を  石川数正が子の  作左衛門が子の  おのが子として  秀吉が子  伯耆守と共に子  己ぁこの子が  ホーキンズという子も  気のつく子  勘定も出来る子  昔から泣く子と  肚の子に  肚に子さえ  良人の子を  大阪つ子に  一人前に子を  細君の子で  丸顔の子  年上の子  立派にのこされた子を  片親だけで子を  台上から子が  唯一の子を  城主の子を  婦が子を  蛇状の子を  槌の子を  槌の子が  雛長じても子を  門番人の子に  長者の子に  夫も子も  一犬を子の  継母達摩后姙娠中の子は  漁師の子は  漁師の子  漁師の子の  白膠王の子を  代言の子も  頭の子  彼の子が  來たる子  大事の子  田舎の子は  親と子という  豕の子は  豕の子を  俗名ブタの子が  本は子  野猪の子を  豕の子  むやみに子を  牝は子を  自分も子を  スコットランド王の子で  体健かにして子  成余の子を  上子の子の  師範の子で  例として子の  宿直が子の  祠は子の  下略して子  鎮守を子の  自分が孕ませた子を  #後自分亡妻の子として  郷士の子と  數の子は  まこと放蕩を子に  烏の子でも  兎の子でも  いもは子でも  迷ひ子の  めかけの子だって  共そうぞくの子は  自分の子ながら  貴方は子の  橘奈良丸の子とも  何と云っても拾い子で  賊の子に  一ばん上の子が  あたし一人の子に  好きな子には  いじわるの子も  ほかの子を  んな子の  己が子を  上で子に  誰の子かって  誰の子に  扇もつ子に  狂ふ子に  寵の子  舞の子を  書よみて智慧売る子とは  歌の子  君が子の  #誰れが子か  くに虫歯病む子と  浪華の子かな  赤熱病める子が  牛の子  犬の子ばかり  あすこまでむす子と  親が死んで子が  身代も子の  半の産んだ子  伊丹屋の子と  誰人の子  夫にも子にも  やっとこの子の  下の子が  物を言う子  自分の子か  僕の子かも  米倉の子  僕には子を  僕は子を  君には子は  瓜二つの子や  秀康卿の子と  妹の子は  父の隠した子  ふたりの子に  妻に子が  あなたは子が  方は子が  快活な子  イトコの子  毛色の変った子を  その間に織子の  若宮から織子へ  省三と織子も  顔も織子の  そこへ織子が  一歩進んで織子を  ように織子の  正妻に子が  妾の子の  私に向って織子が  よその子は  腹の子は  妹に子を  女子は子を  女子が子を  祖父と子が  妻や子も  四つ五つの子が  弟石井備後守吉村が子に  乞丐の子で  貴族の子も  親と子との  城に子の  注意をしましたけれど子の  鼠の子を  腹を痛めた子  姉の子  生ましてきた子  仇ねらふ子を  痘瘡で死んだ子を  炭屋の子  サフィアスの子で  父の子を  父の子は  豪族の子  苟に子に  父得て子と  夫人の子を  猫の子も  つぶの子でも  にしの子  つぶの子でもと  にしの子を  つぶの子は  にしの子が  つぶの子  #人間の子と  にしの子は  嫌な子  來る子が  人の子で  樣な子  ひとの子の  妾さんの子  母さんの子  躯の子が  今送り出した子の  台所働きの子が  それをいやがらない子も  ほかの子は  本妻に子が  本妻の子として  半分で貰ってきた子では  親とか子とか  誰の子とも  十六の子に  妻と子とに  大方三人の子は  心の子  こと女房も子も  風に子が  幹太郎の子  大抵の子は  後悔の子かも  宿命の子かも  真面目に子を  よな子を  千金の子は  捨た子の  山の子は  生涯を子と  轅門斬子の  機屋の子  間から子が  不孝の子  おなごの子でも  ひとの子が  お前の子は  親の子に対する  十六七の子が  七八つの子の  盛りの子を  賤の子の  四人もの子が  縁あればこそ子も  船宿の子は  五歳の子まで  ベレスフォードの子じゃ  ハチロウという子は  お前の子  親を持つた子の  不具の子を  不幸な子に  嘘を云う子では  娘の生んだ子が  初代の子で  商人の子だけ  歩るき廻る子  幸福な子  樵夫の子は  それ豚の子が  実の子では  中で生れた子  辺の子は  一生女房もらわねえから子が  豊さんお前の生んだ子に  合ひの子  手習をする子は  己れの子が  三位麻積王の子を  辯慶蟹の子が  トラの子の  時代の子  老人の子とは  #近所の子が  ように子を  ぶんの子に  わしの子は  烏帽子折りの子  何者の子とも  親にも生まれまさった子を  何者の子か  親が討たれれば子が  大勢織子を  貴族の子としての  僧侶の子  中には子が  野干の生んだ子を  雀の子は  はる雀の子を  へた雀の子の  不憫の子の  高慢な子  讚へし子が  明治三十七年京の子  罪の子の  君と行く子に  八つに見える子が  勧学歌に子を  経信の子の  無邪気なる子と  活発の子と  母よ子よと  立派な子じゃあ  彼の子と  自分と子との  わしの子に  それをつくろって子や  情熱の子  俗世界の子  #朝子の子に  朝子の子では  僕の子でも  他人の子と  重行の子  重行の子と  真の子として  本当の子や  本当の子に  十五の子の  八つの子が  生命を賭して子を  位までになった子  娘ダネイの子  君達利口な子には  エピミーシウスという子が  パンドーラって子は  うち一番きれいな子が  阿呆な子に  罪の子という  私ら人間の子がも  雌の子が  窮状を子として  父様の子に  人魚の子の  いやな子を  きらいな子なんて  人なつっこい子  性質の子  身分のある子  私の捜している子  奴隷の子の  ちゃな子も  倦きもせず聞いている子も  大屋敷の子が  下層社会の子  私の見た子の  そうな子に  宿無の子を  性質の子に  作先夫の子を  人間の子とは  上品な子  對して子は  周公の子の  黒猫が子の  木の子の  末つ子まで  かみさんの子  生みたる子が  鬼つ子といふ  鬼つ子  娘ん子は  人様の生んだ子  日の子が  #他所の子は  生命の子  因果で子の  不具の子ほど  トシエは子を  清水百合絵という子の  沙さへ子が  お前が子まで  命令通り向うの子を  愛相が尽きる子  地位を有ったものの子  事で掘子が  一人の掘子が  さんも掘子も  お前が掘子に  自分は掘子の  妻あり子  妻を子に  一番上の子は  夫に従い老いては子に  四番目の子を  きつねの子は  上の子とは  一人の子とが  一番末の子は  獅子の子の  糸屋へ嫁いていて生んだ子の  根つ子を  ジャーナリズムむきの子も  小粒の子  お父さんの子  科学者の子が  マークィスには子が  和く子が  土の子の  豚は子を  体つきの子  時の子の  自分の子に対する  妻だの子だの  豊は子  武男という子も  あなたは子を  怒り親は子を  働きを聞いてからは子を  いの子を  平民の子としては  義を想って子の  志津野の子が  僕等には子が  形の子  どこかの子が  鑢屋の子の  桶屋の子の  巡査の子の  小間物屋の子の  弁護士の子の  努力を生れる子に  蜂の子  無口な子  お化けみたいな子  きれいな子に  叔父の養い子に  よその子と  十四五ばかりに成る子とが  母の子を  何か考えてばかりいる子  五才迄の子を  悲しみの子  真面目な子も  あなたの子は  腹の子に対する  おなかの子が  おなかの子は  茂助の子なんか  おとっつぁんの子  隣の子を  同級の子に  つぎの子  妻と子に  里芋の子を  芋の子が  毛筆屋の子が  毛筆屋の子に  言ふ子  己の子  蜂の子が  中学二年の子と  家鴨の子が  美人は子を  年月貴様に子が  人の子まで  三歳になる子まで  官吏の子  黒人の子  けなげな子  父母は死んだ子が  数十頭の子を  ところが退かぬ子  お洒落な子  背の子に  背の子も  声を持つた子  孫と子に  賑やかな子にな  時刻は子の  氏政の子  主の知れない呪われた子を  芸妓の子として  一人の子に  わたしに子でも  気のしない子  お里には子は  お里は子が  嫁を貰ったが子が  愛妻の子  主婦さんだけで子が  貧乏人の子でも  真実の子の  妻と子が  一生自分には子が  綾子との子  天野の子は  一大工の子  大工の子で  大工の子では  神人の子に  暮頃には子を  草苅りの子の  私たち母と子  親が有るから子は  私の子も  ひとりの子の  宗吾郎は子  最初の子  いちばん上の子が  出来そこなった子と  何人の子を  今は亡くなった子に  きれいな子が  十九になる子と  併し子は  雨だなと子は  んだなと子は  乍ら押入から子の  不意に子の  言つたと子は  不肖の子  貧乏な子  はずの子  嫁さんに行きますという子が  時さんの子  年上の子で  同年位の子の  校長の子は  校長の子  神経質な子  他所の子と  時計屋の子と  一體どこの子  來る子  云ふ子の  早婚の子  云ふ子が  云ふ子も  不吉な子  泥棒の子の  親の子では  別嬪の子  養ひ子  張り乞食の子  不幸の子  何處の子  肺病人の子と  自身の子を  妻を棄て子を  僕の抱き子として  以て子に  内証の子  二十で子が  五六歳の子が  秋元の子  淀君の子を  可哀そうな子に  老人の子  子から子へと  三十五歳といえど子も  八の子を  足の子が  活版屋の子  君の子に  何とかいふ子が  何時までも黙つてゐる子が  唐子が子を  娘の子で  自分たちの子という  旅人の子の  事と子を  わけのある子に  天照大神の子  神八井耳命の子は  矢張り綺麗な子と  自棄糞に子を  藁を敷いて子を  中心はずれの子  のんきな子  母を持った子は  自分の産む子に  蛙の子を  街頭で子を  疑念は子を  貴方の子では  小鳥屋の子に  可哀想な子は  三本指の子に  畸形の子の  私に子を  百姓弥右衛門の子という  みんなお天道様の子  旧主の子  果て木下弥右衛門の子では  妻とも子とも  象の子  象の子が  猫の子か  内儀は子の  母に子を  龍の子  三頭の子を  仇の子が  蛟の子  罪によって子  おまえ達の子や  韓の子は  千歳にして子が  不義の子に  鰡の子の  商人の子に  どこの子かと  わたくしの子て  鯉の子を  いふよりは子を  私は子の  侍女が子を  叔母には子が  叔母の産んだ子  自分の産んだ子を  二番目の子を  兄が子を  異姓の子に  仇し子を  貧農の子に  私たち親と子は  毎年生む子の  神に棄てられた子の  雀の子か  髪をした子が  源俊頼の子の  魚の子が  此天人が生んだ子は  鼠が子を  義理の子  わしの子では  沙金を子じゃと  沙金を子と  情人の子を  郎の子  玉乘の子が  マルスの子に  八人の子が  お前はじめ五人の子を  余りといへば子の  皆神の子  今度は子が  親よりも子よりも  二歳の子を  唖の子  いやな子に  孝行な子で  家老の子で  時代の孕んだ子の  迷ひ子  孫の子が  前の子を  七つの子の  つて人の子の  ことや子としての  顔をしたりできる子  フリーダという子は  ような子しか  父が生ませた子  夫の子に  父と子が  学校の子に  一なで撫でまわした子は  二三人の子は  次の子が  今の子の  錺屋の子が  いま一人の子が  ことが子にとって  妹の子を  気を取り直しては子と  二人も子が  樣な思ひに閉ざされてゐる子も  都會の子は  宅の子  都會地の子をかぞ  田園の子に  仲綱の子の  生れつき勝負の子  末の子じゃ  学校へ行く子を  事は聞く子  ところのある子で  たけの子  女中の子  人の子や  学校へゆく子と  #向の子と  学園型になる子を  粒の揃った子を  母と子とだけの  ひとの子は  猿みたいな子を  士族の子とも  腹を痛めた子じゃ  #乳を与えない子は  外の子は  何という煮え切らない子  ことはしない子  嘘をつく子は  義理ある子を  母に対する子として  道草を食わない子  奉行職の子に  里正の子に  里正の子で  一里正の子  謙一郎の子は  太柱の子  娘つ子  悪戯つ子が  物は子の  半之丞の子を  お松の生んだ子は  半之丞の子  半之丞の子と  七杯食べる子には  私は抱いた子を  笑ふ子  声で子に  何というわからない子に  ことをきく子  乳母やの子じゃ  左れば子に対して  元来人の子に  意見を以て子に  夫婦同居して子  再縁して子を  此女に子  娘が子を  初に子  ずして子を  養育し子を  甚しきは子を  十万銭を出して子を  誰の子かは  調子はずれの子  異人さんの子  母の子への  そこへ持って来て子を  棚下し女房もらえば子が  芸人の子じゃあ  芸人の子  事をきく子  #芸人の子  芸人の子って  可哀想な子が  末の子  者の子なんぞ  音頭とる子が  因果に生まれてきた子  好きで産んだ子でも  紙芝居は子を  仂く子  上に子を  寺の子の  惡戲つ子  つた父親の子に  知人の子は  淺草つ子  町つ子の  その後猫の子の  抽斎の子の  抽斎の子は  放蕩の子の  わたしは子の  親に対して子としての  真実の子を  子から子へ  笑顔の子  観念の子として  琉球人の子で  女つ子に  大巻の子に  親もあり子も  人の子をば  娘つ子を  罪の子と  すべて罪の子と  今度田口の子が  悧口な子  ような子じゃ  牛の子も  遊蕩の子を  村民達は子を  そこの子と  位の子の  別の子を  不具な子を  蠅の子の  たけの子の  三女二十一歳とも子という  友子さんという子は  細君の子が  ワルデンガーラの子  人間の子で  パンクすれば生れた子は  それ誰の子ぞ  小作人の子  間には子が  金が子を  先妻の子で  他所の子の  木樵の子  次の子も  らくだの子の  民の子が  虚弱なる子  親に叱られ子に  貴婦人が子を  知て子を  利心に生じて子を  むるは十万銭を出して子を  老して子に  夫に従い子に  おまけに子まで  農家の子では  銀と云う子が  里の子に  悪魔の子は  悪魔の子が  わしの子を  やうな子  局長の子  密通いて子を  絆人の子の  塵の子よ  鶴の子が  爺はじぶんの子か  丈夫な子でも  出入りしている子  私の名づけ子が  心持の子  親にも子にも  今年はきの子が  不具の子は  六人ほど子を  式の子の  男女七人の子を  親に肖ん子は  なんでも子  方に子が  お母さまの子  橘諸兄の子の  豊成の子の  肺病の子が  魔つ子がね  あらで子の  彼を子と  アダムの子に  アレスの子  アテナイ王アイゲウスの子  ゼウスの子に  法律學者アッコルソの子にて  王アイソンの子  侯爵マンフレディ一世の子にて  フェニキア王アゲノルの子にて  ヘカベの子  河神の子  ウゴリーノの子にて  印象の子が  金持の子という  悪業の子として  エビス鮫の子  蜂が子を  武士の子に  佐々木四郎左衛門高綱の子の  よその子に  神経の立っている子は  声を出す子は  目を閉じた子を  よその子さえ  自宅の子だけ  余所の子で  さるの子も  うちの子としては  のなんか子にとって  姿美人の子  下宿の子は  母にだけでも子としての  大納言藤原道綱の子と  家庭に子の  人柄によって子が  丈夫の子  心を変える子では  何処へも行く子では  親も子を  わが家へ帰らぬ子と  人達の子として  お父さんの子だけ  東北に子の  マリアは子を  アンキーゼの子とともに  戸の子  七八母たる者の子に  ルヅッコの子  フィリップ三世の子  父より子に  ペドロ等の子に  トロイア王トロスの子に  イスラエル王ソロモンの子  ユーグ公の子  牛商の子とな  ユーグ・カペーの子は  己が子  火の子で  東京の子に  子や動けない子が  浦島の子  頃の子は  がむしゃらな子  豊田丸の子は  ことばかりしている子  朗読して子の  馬の子ほどに  幾多馬の子ほどの  川童の子を  物の子を  馬曳の子は  二人の子とともに  山の神の子に  云つた家鴨の子は  行つて了つた家鴨の子は  あす山火事野兎の子と  先刻鳴き鳴き雉の子は  野兎の子は  野兎の子  つた雉の子が  一人ずつ子を  三歳以上の子の  社会運動から生れた子  此神の子と  たかみむすびの子と  日のみ子  卒業してゆく子の  学校へ行ける子と  蔭迷ひ子は  狐迷ひ子は  #迷ひ子は  蝦夷人の子を  商家の子を  ヘンリーと子を  自ら旃多羅の子  非業に子を  上で子を  平均三人の子を  我々も子として  我々は子として  坊さんの子  女子の子は  淡島とは子の  隨分澤山の子を  誓約を立てて子を  自然わたしの子  命の子の  わたくしの生んだ子が  結婚して生んだ子が  スセリ姫を恐れて生んだ子を  結婚して生んだ子は  わたくしの子の  今あなたの子の  わたくしの子に  姙んでいる子が  狂へる子を  状と子を  ピエートロ・ベルナルドネの子たり  父をして子に  汝の子の  己が子の  二十七曲父に子に  アプロディテの子にて  シャルルの子  イサクの子にて  づるゲラルドの子にて  父と子とより  神が子を通じて  父と子より  ダヴィデ王の子にて  五五行以下にては子を  父たる者をして子の  母によりて子を  父に愛でられ子に  父として子を  頃とし子は  鶴の子より  用ひると子の  #女が子を  アポローの子に  其処で泣く子の  らの子を  こととてはら子を  國にてぞ子  所に子を  昔の子の  鎌足の子  鳩巣の子の  父に子の  某の子に  父と子で  凡胎の子  情を斥けた子の  俺の子では  あいつの子  君の子は  里の子の  兄弟の子に  夫をあしらい子を  亀の子ほど  鮒の子が  白魚の子の  お母様の子  魚の子でも  隣村の子が  これは死んだ子が  公家に出来た子が  路傍で遊んでいる子は  森岡丹後の子を  森岡丹後の子  義理のある子  劣れる子ながらも  不器量な子  銀造の子を  気まぐれな子  野の子じゃ  亭主の子かも  亭主の子  不義の子を  又次の子を  惣蔵一人己が子を  不肖の子と  雷鳥が子を  女の産んだ子  九郎右衛門の子  引廻しの子  海賊の子  海賊の子という  海賊の子と  引廻しの子と  海賊の子に対する  科人の子と  梅といふ子が  矢張り自分の子と  つるの子  矢張自分の子と  兄の子は  彼の子から  兄の子が  弟の子が  博士の子として  貧乏士族の子の  舍利が子を  氣は子に  酋長の子は  酋長の子を  今泣いた子が  太鼓うちや子が  ぴいひよろ輪をかいてみせろ泣く子は  輪をかいて泣く子に  先王の子に  あなたひとりの子では  ポローニヤスの子じゃ  ポローニヤスの子  不仕合せな子  ところのある子  一人きりの子  私ひとりの子では  陰口を言わない子  口をきける子  名前の子は  鮭の子に  わや鮭の子など  者は子を  村の子と  弟らしい子が  田舎の子  綺麗な子で  家に育った子  芋も子  父母は阿子に  賀擧子人の子を  六芋の子の  ごとに子も  歌一首いもの子が  田刈る子や  妻の子は  妻の子が  松の子をは  鮠の子の  四とせになれど子も  海人の子の  本妻にも子  妾にも子  生たる子と  父母たる者は子に  佝僂の子だけが  佝僂の子が  異人の子が  人の子じゃ  交尾をさせて子を  絶対に子を  絶対に子は  照の子は  蓄へ子を  教へ子が  牡丹亭きな子  わたくしの如き子が  酔狂の子とは  かしな子が  尼僧が子を  足利出身の子が  他人の子よりは  天皇の子と  悪僧の子と  義仲が子の  良人にも子にも  義仲の子を  彼女が子の  母性的な子への  基盛の子という  太陽の子という  静の子の  静の子は  人間宿業の子は  女性が子を  一つ父の子と  旅情の子  彼女は子を  女八人の子が  一郷士の子という  晩年の子  教外習ひ子は  柳生石舟斎は子の  清十郎の子  一郷士の子が  出雲守忠朝の子の  男女の子が  嫡出の子として  初子は子の  犬の子よりも  苦労して育てて来た子で  末の子から  店の子が  一開拓者の子として  やつぱり平民の子は  馬の子  五百人の子と  夫や子に  あなたが子  山をゆき思はれの子は  逢ひにくる子と  露臺にしよんぼりとうつむける子に  琉璃の子が  プロレタリアートの子が  プロレタリアートの子を  生後十ヵ月までの子を  労働者農民の子は  罪に生んだ子を  親戚の子によって  写生へ行く子とは  士族の子に  

~ 子[名詞]2
この子  図々しい子  いい子  あの子  よい子  その子  我が子  どの子  其の子  可愛い子  吾が子  用心深い子  よき子  そんなに子  なるたけ子  なく子  深い子  美しい子  可愛らしい子  おさない子  賢い子  つよい子  小さい子  なし子  好い子  ない子  大きい子  多く子  幼い子  悪い子  かわいい子  薄い子  幼き子  初めて子  いとけなき子  太い子  愛しい子  稚子  決して子  そういう子  おとなしい子  小さな子  やさしい子  白き子  少ない子  強い子  然るに子  やわらかい子  いとし子  未だ子  なき子  たった子  鋭い子  あつい子  まだ子  よく子  あんな子  わるい子  おかしい子  いつも子  情深い子  やがて子  やはり子  可愛き子  かがやかしい子  どんな子  いかにも子  仮令子  あたかも子  良い子  かわいらしい子  小さき子  疳高き子  わかき子  きたない子  おそろしき子  おかしな子  亡き子  赤い子  大きな子  早速子  篤い子  短い子  愛らしい子  頻りに子  弱い子  でかい子  善い子  しばし子  かつて子  黒い子  きたならしい子  たまたま子  しつこい子  そんな子  必ず子  わかい子  いまだに子  ふと子  若い子  あどけない子  悠然と子  にぶい子  人なつこい子  やや子  こんな子  弱弱しい子  愈子  惜しい子  よわき子  全く子  面白い子  頼もしい子  こい子  もはや子  かなし子  すぐ子  細い子  うまい子  古い子  気高い子  もう子  大人しい子  低い子  だんだん子  嘆かわしい子  無論子  かしこい子  いわんや子  高い子  どしどし子  ったらしい子  畢竟子  よく子  寧ろ子  安し子  赤き子  汚い子  平然と子  とかく子  どんなに子  早くから子  とうとう子  おさな子  さすが子  多い子  無い子  ええ子  大層子  断じて子  到底子  恋し子  無き子  やっと子  容易く子  憎らしい子  とっても子  かるい子  かる子  はや子  淋しい子  かるから子  パリッ子  づら子  かわい子  かえって子  少なくとも子  寒子  それほど子  ちいさい子  あに子  はじめて子  善き子  いやらしい子  再び子  どうして子  遂に子  幽子  人懐っこい子  同じく子  わけて子  えらい子  ほしい子  きっと子  臭い子  最早子  緩い子  いとしき子  ぽん子  間もなく子  うるさい子  優しい子  あまり子  狭子  醜い子  あくまで子  白い子  もちろん子  豈子  おもい子  まもなく子  至って子  太く子  しばしば子  およそ子  えて子  悪き子  単なる子  まず子  古く子  はた子  きよき子  愛らしき子  明るい子  素晴らしい子  佳い子  青白い子  早い子  どうやら子  こういう子  大した子  っぽい子  やすい子  薄汚い子  貧しい子  ずうずうしい子  ひもじい子  偉子  概して子  本当に子  心から子  新しい子  ひどい子  きゅっと子  あくまでも子  可笑しい子  稚い子  既に子  勿論子  恐ろしい子  もし子  悪く子  良き子  情ない子  しおらしい子  偉い子  いじらしい子  速い子  もしも子  末恐ろしい子  ひよわい子  果して子  尊き子  或子  のっそり子  けぶかい子  小憎らしい子  かく子  うまし子  むごい子  まずしい子  

複合名詞
子やう  團子  子一人  泉鏡花子  七子  筆子  菅子  白ッ子みたい  狗子  閉戸子  子蜘蛛  十一月十一日星城子君  かい星城子君  星城子君  御前一人ほか子  子等  お母さん子  受付子  子振り  階子段  星城子居即事  星城子君我儘  星城子  星城子さん  星城子居  子さん  子さん来庵  ・子  親鳥子鳥  割子飯  子坂  階子  我子  一子孝太郎  白ツ子  改作追加一句子  渓厳子  美男子  漁子  女房子  子顕家  二子顕信  子知らず  正岡子規子  青城子君  子ら  角子頭  メイ子  榧子さん  ぎも子  梁子俊  親船子船  花嫁子  澤根團子  あやめ團子  子蟹  子路  朝日子  子羽ぐくめ天  すべて子  網子  床箆子  子慶曰  二三子  著述二三子  任翻天台巾子峯  寿陵余子  独り寿陵余子  唖子  二三子集り  公侯伯子男  apa子  貰子  拾子等実子  子ゆゑに子  子雀  連ツ子  百合子  それぎり百合子  偶然百合子  乳飲子  露子  角子  劉子  劉子の  娘子  子みたい  嫡出子  册子  みち子さん杉本染子さん芹沢十四子さん川瀬光子さん等の  人ッ子一人  子同然  子小  子十三人云々  子買  雛子  鳥打帽子  父ツさん子  トラ子  田辺和気子  駄々子  子同様  びごとにしないきしむ階子段  狗子窓下  狗子白毛  狗子命  独り狗子  真直階子  半分階子口  二子  杜子美  韓子蒼舎人  子たち  子パン  まま子  子牛  大切ニスル子デシタカラ  サイ子ダツタシ  大切ニスル子  烏山二子  ひとり子  逍遙子  ナカ子  俺ア百姓ツ子  水分子  釆女子  ヨチ子  ア子  子守子  ば子  子島付近  一子まっ黒  四子  一子  師子  子左京大夫信実朝臣  古城子  師子文雖二  付金銀板師子  巴里ッ子  倫敦ッ子  自然子  水ッ子  隅ッ子  いふ子  子善佐  鰯子  矢須子  團子汁  裏階子  娘ッ子  円卓子  列子  数珠子釣り  梔子  徳山須賀子  駄々ッ子  色子  色子たち  銭子  十子  十子遊び  十子食パン  襖子  わな子  ぴしやりと子  妙子  読書子  子己  墨子  墨子五行記  抱朴子  晉以來墨子  今日墨子  田襄子  淮南子  墨子儒者  墨子所染篇  ら子墨子  現存墨子  全部墨子  墨子自撰  子隨巣子等  墨子一家  子婦某氏  檀那子  子福太郎  ん子等  八洲子  妻大葉子  後藤新平子  實子  子アルト  近頃檳榔子  風流子  娘子関方面  娘子関  師子王全集  街子  みんな街子  ク小田原ッ子  植ゑたるには田平子  五子  三子  我妹子あはれ弥兵衛  子通  摺子木棒  荘子  子ねこ  みの子  とみの子  つま子  子ぢ  悪戯ッ子  范獺子  小僧ツ子  如二急変一子  翌朝百合子  前日百合子  ビジ子ス  元来ビジ子ス  月々子  胤子  親豚子豚ひともと  丙子十月三十日脱稿作後贅言  昭和十一年丙子十一月脱稿EOS  漱石子  北山城子  挺子  卓子  子曰詩云  娘薄衣佐々木小太郎定重馬飼子  子島七つ子島  子島  子別  乳呑子  比叡子  空子  細君空子  横浜ツ子  江戸子  一子大助  みどり子  性来子  子特有  子一郎  子型  子さんの  あはれ子  醒雪子以下同誌編輯  与謝野鉄幹子  岡本綺堂子  俳人谷活東子  井上唖々子  執事榎本破笠子  破笠子  瀧子  六人子  一名馬藺子等  燕子  一漢子  ヨナ子  懐子  洽子さん  洽子さん柿  絹二子  柳縹子  師子國舶  妹子  づねても子  庚子  乃ち鄭子  娘百合子  一子正行  讀二史子一  灘子街  金雀子街  名古屋市東区千種町高見三番地大村しん子  端金子  巫子  よわい子  末ッ子  子馬  子猿  小僧ッ子  ちの子  春狐子  下谷團子坂  莫斯科ッ子  マント羽織つた莫斯科ツ子  たか百合子  張つて百合子  先百合子  子神谷則武  レン子ちやん  生れ子  猿子橋  碧梧桐子  盆子  盆子桑  階子口  核子  八子  愛國婦人會設立者奧村五百子  家ツ子  江戸ツ子  傀儡子  雪子  枹木子  チル子  チル子さん  先づチル子  蛮カラ画伯小杉未醒子  日曜画報写真技師木川専介子  木川子  津川子  杉田子  川又子  彼子  子心  親不孝子不孝  牡丹もち團子  子秀衡  子梶喜一君  長日子  背むしッ子  モッテ子タラザルベカラズ  浦島子  褥子  魔術師ニヤンプウ子  ニヤンプウ子先生  師子間者  あれ泣菫子  泣菫子  泣菫子独特  子民  呉子孫子  黒七子紋付き  子一ぴき  黒七子  趙雲子龍  子達  十五年小野妹子  子蝦夷  中臣鎌子  子頼通  子貞時  子正行  子義詮  二子顕家  帶びたるをとめ子  子衡  子烈  鎌子  何子  子何  橋子  犬子  孤子  七子中山靖王  将軍呉子蘭  昭信将軍呉子蘭  い子  以似蜂娘子  黄子久  型通り瓜子  子敬  劉子揚  子軍  シテ袁二子  耳子  産れん子  子もち  牌子  質子  我ニ質子  孫子呉子  子建  子ちゃん  二たび我子  煙千子  子龍将軍  子魚  呉子  櫨子原  歪子山  トリ子  牽牛子  日置長枝娘子  子初  子馬超  子らみな  虎子  姐子  姐子今日  川柳子  川柳子曰く  褌子  邯鄲子  杜子春  三歳子  寵愛子  肉袋子  子関平  養父子  君ハ羅侯子  羅侯子  一人ッ子  十河参謀子  骸子  出格子窓  三册子  子っ子  子刻ごろ  まま人ッ子ひとり姿  人ッ子  ひとり子ひとり  子のち  人ッ子ひとり  弥生子  赤銅七子  産子三十人  ありまきの子  一子李豊  父趙雲子龍  葛子瑜  葛子瑜之驢  初め子  なか子  づなか子  子たま  子神  子二頭  花子  子四ツ  坊子  ツ子  三ツ子  猿階子  子柄  芳川鎌子  ダダッ子  かも子夫  鴨子嬢  卒子從廿餘人  彼等子  小野妹子  金鈍子  團子屋  串團子  餌子の  燒團子  芝伊皿子  廊下段階子  鼓子花さ  晩子刻  子刻半  子刻過ぎ  單四嫂子  子秀綱  松田解子  趙州狗子  燒場團子  藝子  子一  子ねずみ  明朝蟹子  字ト一緒ニ並ンデイルトコロハアタカモ親ト子ガ並ンデイルクライヨク調和スル  一核子  ぐあいによし子  首根ッ子  段階子  九年庚子四月八日  茶杓子  子独楽  子独楽一つ  子独楽用  子信實  レン子格子  圖幸子  以つて我子  貝谷八百子  泣き虫子  江戸ツ子気質  突ぴよう子  つれ子  深川元町猿子橋際  多可子  姥子橋  姥子様  姥子  神様蜂子  蜂子王子  子石  子好き地蔵  子代部  子代  子部・名部  子部名部  朱弦舍濱子  祕藏ツ子  替り番子  皮核子  書名牌子  区別及牌子目録  牌子目録一  いたずら子  丸邇臣口子  参つた口子  口子  口子臣  子どこ  鯔子  寛政子年  伊皿子  箕子  此箕子  箕子以來  程子朱子  程子  者子  皇子椀子皇子  皇子椀子王  巣林子  巣林子以後  所謂楔子  子大  読書子側  盆子汁  惟神我子応治  子しらさむとことよさしき  江戸ツ子ぢ  日常子  校正子  眺むる子  子嬰  友丸伊奈子  伊奈子  頃伊奈子  妻伊奈子  伊奈子さん  家ッ子  傀儡子記  阿弥陀子  亭子院歌合せ  尼巫子  人間勿レ為二読書子一  母ひとり子ひとり  祖父ちゃん子  読書子たる  一葉絵子  葉絵子  二葉絵子  三葉絵子  一たび子  変挺子  楔子  マダム丘子  歯刷子  丘子  広沢丘子  一そ丘子  子がい  子明成  室リキ子  ジャガ子  ポン子  バク子  ナポ子  福田メリ子  上り荘子  結局荘子  学者荘子  三重子  偶然三重子  人形子  千杖子  子綱吉  妻ト子トワレ  ヘエゲルノ子デアッタ  東山桜荘子  子以外  子内膳正  ママ子  子胡ん  子試み  午後凌霜子來  其樣子  凌霜子來書  空庵子麹町平安堂製細筆  午後凌霜子來話  凌霜子來  明和五年丙子  凌霜子來話  日暮凌霜子來話  外出中凌霜子來  凌霜子  凌霜子所藏  午下海神町凌霜子  午後海神凌霜子別宅  午前凌霜子來話  正午凌霜子來話  在中凌霜子來  陳子  階子段一つ  子規子  子規子近来  子規子病気  子一匹  子酉川  子一匹掴  子太鼓  キタネエ首根ッ子  嫁ッ子  娘子さん  おい娘子  江戸子同志  己ア子  転子  子無し  島子  落とし子  俺ぁ娘ッ子  子一匹いや  幾子  子夏問  體七十子以後孟子以前  七十子  ○子  蜆子和尚  蜘蛛子蜘蛛しんじつ  卓子一杯  浦島子伝  寵子  茅上娘子  蓋逍遙子  逍遙子立て  頃逍遙子  記者逍遙子  逍遙子答  逍遙子沒理想  われ逍遙子  逍遙子後  逍遙子われ記實  逍遙子自己  唯逍遙子  逍遙子がい  逍遙子言はず  他日逍遙子  これ逍遙子  われ縱令逍遙子  逍遙子一切世間  星川子  逍遙子何人  逍遙子自家  逍遙子理想  先づ逍遙子  逍遙子汝  ひとり逍遙子  蕨村子  逍遙子自ら言  逍遙子無二  逍遙子人間  火の見階子  漢子  浜辺づたひに百合子  図百合子  夫花巻篠子  篠子  鞭子さん  花巻篠子  亭子窓高  二匹子  子殺し  最近児子政江  児子家  児子権右衛門  児子一家  春美こと児子賀来子  賀来子  賀来子さん  児子権右衛門預金元利決算報告書  際児子兄弟合資会社  児子はん  児子兄弟合資会社  児子千満子  キンジヨノミケ子トトラ三ガ  ミケ子トトラ三ガ  階子下  ネラ子  哲人荘子  酢子  甥ッ子  子獅子  遊蕩子  いくら子  鯖子丸  歯刷子くら  摺子木  身子声聞  二止乞場一子細事  為二五人衆方一子  子光栄  碁子  福ッ子  山河内定子  子爵山河内定子  水沢耶奈子  子澤山  薬子  水江浦島子  娘子等  三娘子  魔ッ子  子曰夫孝天  四才ぐらゐの子  録子  うつ子  銘苅子  子伜め  子はん  同道子  夜道子  ソノ間道子ハ  故郷花の里百舌子手  子鼠  思水子  子山羊  独子  伊戸子  イト子さん  イト子  庶子伊戸子  ママ子扱い  檳榔子  間我子  子さ  子雉子  従つて女房子  年長女竹子  蘇子  子幾  白七子  時むづかりだした子  大根研子  松田解子氏  たくさん子  時小夜子  子野見丸地くみ美奈子  櫨子  子守ツ子たち  子掘り  袖子  袖子さん  袖子たち  下地子  以来子  ねんね子半纏  女ッ子  子さま  子様  粟津子  麻呂子山  おん子  まろ子  其第一嬢子  嬢子  一嬢子  家長老額田部子  額田部子古  刷子  太鹿島ゑ津子  時鹿島ゑ津子さん  麦太郎繭子海老子夫人女事務員葱沢院長袖原さん其他無言  海老子夫人  海老子  子古  船階子  親不孝子不孝女房  根ッ子オ引ン  且虚子  子慶喜  其仙子集  明治二十七八年頃江見水蔭子  子髪五尺とき  子二十櫛  子われ  子朝見  子人  子太古  子五つの  子いま  階子段下  預り子  梵論子  一男七子  独り湖処子  菟芽子  子三法師丸  ツカイマスオ母アサマガダレヨリモスキナオ母アサマノ子ロベエル  海原真帆子  機械子  比露子  申子  子の  二歳子  甘えツ子  境笛子  笛子さん  笛子  親無し子  真帆子  ルナ子  内海真帆子  真帆子殿  妻真帆子  真帆子さん  内海真帆子様  子眉目  時季子  人形操傀儡子  窕子  違つた窕子  ろぎもせずに窕子  實際窕子  言つて窕子  時窕子  却つて窕子  從つて窕子  日窕子  言つた窕子  圖窕子  窕子さん  窕子さま  此頃窕子  行つて窕子  騷ぐことだらうなどと窕子  やつぱり窕子  一つ窕子  ば窕子  窕子以上  窕子はつ  疱瘡ッ子  毎朝虎子  交睫む漢子  鉄階子  黒上着鳥打帽子  子家鴨  娘ツ子  女ツ子  刀子  与瀬二三子  一子工藤祐経  子共  児玉榕子  榕子  女主人公榕子  兵子帯  雑子ヶ谷  憂世子  雛ッ子  亭子脚  イタズラッ子  脊負子  親ひとり子ひとり  づれるやうな子  子寶  團子坂下  柴田杜代子さん  田舎合子  とき末ッ子  湖処子  トネ子  宇多天皇中宮藤原胤子陵  中宮藤原胤子  生母藤原胤子  愚娘氷子  根ッ子  木の根ッ子  ササラッ子  寛城子  鑑子さん  藤なお子  広岡子  踊ッ子  出格子  出雲巫子  紅毛子  子類  葉ッ子嚥  蘆子  鼓子花  老婆子薪  これ子  晋子三十三回忌辰  子もと  つて呂子春秋  呂子春秋  管子  子游  子張  子貢  子在  子絶レ四  子罕篇  視レ謖猶レ子  階子壇  立盤子  階子段一杯  介子推至忠也  敝邑易レ子而食  民易レ子而食レ  人肉把來做二饅頭餡子一  レ子以奉レ母者上  易レ子而食  父食レ子  一子時丸  土地ツ子  び團子  貝子  傅介子  一囘辮子  子蠅  久磨子さん  三千子  顔子狗  おい顔子狗  市民顔子狗  先日顔子狗たち  有喜子  有喜子殺害事件  有喜子一人  合子  子等之館  つまり子等之館  告子  レ子  居二父母喪一生レ子  二父母喪一生レ子者  雖下於二服内一而生レ子者上  禁令服内勿レ生レ子  子たる者  父爲レ子隱  子爲レ父隱  其父母匿レ子  有下考レ子  子證二其父一  レ子也  知レ爲二人子一  レ子而求二其孝一  つゆ子  キャラ子さん  キャラ子  槇子  麻耶子  槇子たち  槇子姉妹  槇子たち同様  槇子どこ  マヤ子  いくら槇子  沼間槇子  槇子さん  あまり子  ッ子  つて子  居二父母喪一生レ子云々  子路篇  此孔子  子何年何月  夫死從レ子  御霊図子  子目  葛子  造酒子  十二子  簿録部子兵録内篇  子兵録  子部  子兵  抱朴子遐覽篇  子略  族子錢曾  伊皿子坂  伊皿子坂月  孟子告子章句下  雛ゆづる子  編集子  鼠子  む子  子今何處  鑑識子  帳場子  子聡明さ  子ら遊園地  二子孟丙  准南子ニ曰ク  火鍋子  子はとこ  日本橋ッ子  ろ子  下地ッ子  下町ッ子  土地ッ子  菜穗子  子猪  手習い子  いたずらッ子  深川ッ子  神田ッ子  婆子焼庵  ころ東巖子  東巖子  日東巖子  弱き子  子鴉  末ツ子  駄々ツ子  菜園子張青  村子  子鯖  四十一年六月我子  盆子紅  デザイナー諏訪子  鉛筆子  漫画子  愚子  太叔文子  朝霞子  みち子  十子堂  男女二子  差し子  茶目子  星城子氏  ぎらうとするメイ子  別子銅山  子三把  つばめ子つばめ  大師遍照金剛子  星城子君来訪  天声子  室子  選手室子  室子一人  日室子  バラ雄バラ子  子樣もつ人  児女子  壇階子  襲ぐ子  子時秋  メイ子等  木節皆子  嘉靖七子  吹テ暮秋歎ズルハ誰ガ子ゾ  廉子  為子  阿野廉子  妃為子  子高氏  泥子土  幸なお子  トン子さん  トン子  姪子  姪子甥子  間ニ生レタル一子  女為子  一人廉子  子ゆえ  丙子  溥倫貝子殿下  壬子  一子良介  翌年一子  スギ子未亡人  何子チャン  挺子棒  大葉子  六子宗泰  善海子ツ  子三人  カル子  つてカル子  カル子さん  子幸  アノ子  子波三郎  先年長男子  翌月牝子牛  子松之助  子頭  寵妃為子  一子豊麻呂  盲子  落し子  床子  局廉子  末松謙澄子  子芋  戸川そめ子  由良子  万千子  ヘヽヽ子  堀越團洲子  子刻  さい子  角石子  確貞子  子羽  此後私ア唖子  金屋子神  サン子  従兄子  渡辺国武子  渡辺子  渡辺子自ら  独り渡辺子  一子一男  首領品川子  野村子  青木子  正人君子  冷泉為子  おん母為子  廉子はじめ後宮  友子  商人子  手摺子  お松ッ子  那珂子  踊りッ子みたい  読書子幸福  一般読書子  竹亭子  華代子  廉子たち三名  割子  内侍廉子  典侍廉子  才女廉子  局阿野廉子  寵妃廉子  伍子胥  藤原為子  藤さん子  渡邊子  渡邊子自ら  兒玉子  式部官戸田子爵夫人極子  桜子夫人  透谷子  勧誘子  雀子  帝子  二つ子  染子  染子さん  言つて染子  笑つた染子  子熊さん  星城子兄  巾子  鯱子  廉子さま  子三郎頼隆  於菟子  五十子  性質上近松巣林子  犬子仇讐  わがままッ子め  わがまま子  わがままッ子  楓子油  経帳子  子桜  子風  子周作  船板子  行つた階子段  子隆  祕藏子  着のみ着のまま子  子づれ  駄々ッ子声  子二人  わ子様  質子不知哉丸  ニヤン子  比露子夫人  夕食後比露子夫人  茂都子  ビー子  シー子  シー子さん  子罰  せん子  なかばせん子  旃陀羅ガ子ナリ  ラキ子さん  ラキ子  ラキ子ちゃん  ラキ子嬢  花曇子  子通治  子権  子石川豊麻呂  子佐渡  子君  烏帽子子  子忠頼  姥子たち  盆子等  藝子はん  一貫子近江守  子傅  子もと罪  子児  楡樹林子  阿野廉子あたり  二条為子  准后廉子  世話子達  守ッ子  黍子  稗子  きみッ子  別子  江戸子気性  田毎哉子雲雀  犬山クロ子  本名須婆田ウノ子  アダ子  雲月斎玉兎嬢ことウノ子さん  子だい  段子  志貴子  津子  恬然子  而モ敝衣襤褸ナラバ西子モ  子七二八  養レ子望二聰明一  救仁郷君三子  クヲ二佛國ニ一序三子者將ニレ行カント  子其レ維二持シテ  縫物子  親知らず子  もの子  廉子以下  子顕家  一子不知哉丸  廉子さまはじめ二十人もの妃嬪  かめ子  布袋子  寒子  寒子もつ  茶目ツ子  子育地藏  子育  澤田子  澤田子二錢  子以上  シズエ子ちゃん  シズエ子  かおる子  一子新太郎殿  況ンヤ吾ト子ト江渚ノホトリニ漁樵シ  管子纂話  子義信  嘉久子  狗子仏性  小野妹子時代  手子  子鯨  一子貞載  子蛙  醜男子  子鮒  子鳩  びろめしたみな子  子子  軽薄子  先頃子  一子顕信  青年子  高場乱子  博多ッ子  掛け階子  美男子好み  秘蔵ッ子  子舎  我子舎  勢ッ子  盤子  杜子美玉露凋傷楓樹林巫山巫峽氣蕭森江間波浪兼レ天涌塞上風雲接レ地陰叢菊兩開他日涙孤舟一繋  暮秋歎ズルハ誰ガ子ゾ  瓜子姫子  瓜子姫子間  眼子菜蛙  眼子菜  花盛り蛙ア眼子菜  春蠶毛子  ゆゑに子  團子坂  待賢門院廉子  准后阿野廉子  一子如意丸  立版子  子甲斐守輝綱  近く島子志柿辺  子主水佐  子作左衛門  子勝俊  児子  骨董子  瓜子  牛馬書子令文状  子コルマック・コンリナス  おん子コルマック・コンリナス  九子義直  親芋子芋  一子登  我子ゆえ  子熊  子熊め  古田子  子之  将来子  レビュウ子  子並み  ぎてありぬ子等  隻眼子一  折子  妹子さん  つや子  今夜子剋  こと李子  建保四年丙子  活東子  巣林子著作  ふところ子  子あたし  子ともども互  鳴沢イト子  鳴沢イト子さん  三分五厘子  舞台子  歯刷子はじめ二三  舎利子みよ空即是色花ざかり  舎利子  末ッ子達  姥子一等兵  鍋子鳥  普通子  二番子三番子  傀儡子同種説  箒子  子ら羽  のち子  寄子  二子公条は相続人  子一人惜  白娘子  道教学者列子  廬子  子アブダラー・アル・マムン  油屋染子さん  箱階子  子鉄  兇賊子鉄  しみづ子  子尼  子あたり  昨夜子  子僧  子河岸  子橋  一子徳松  舵子  包子ら  あかり子  湯婆子  倉子  所謂傀儡子  傀儡子そのもの  入婿子  四子忠吉  馬鹿噺子  小坊子  ゃおとなしか子  つた娘ツ子  子引き熊  子猿達  柏樹子  藤村子  子ロバァト  餡子  子産石  新造子  何テヘンナオ子サンダラウ  タコトガアル子ダト思ヒマシタ  ドコノオ子サンダツタカシラン  階子上り  覆面子  さ三歳子  わり子  此割子  眷属子  せこ子  悪戯子  町ッ子  姉イト子  前田子  落し子恩恵  その後子  つて子鳥  子せがれ  天知子  千子院村正  千子院  同様千子院作  子ら歓呼  子雀蝉  美男子ぶり  落とし子みたい  日本子  釦子  浜ッ子  八王子ッ子  後家ッ子  本来一卓子  夜子  千回骸子  鯱子張り方  まま子根性  度事小子終身  子元  子市郎  子市郎助  子二代仁太夫  我黨小子  漢子首巾  駄駄ッ子  代わり瓜子姫子  美少年馬場孤蝶子  孤蝶子  儘秀子  子官兵衛  一子松千代  一子信忠  質子一  質子授受  逆さ子  其一子  マダムもろ子  もろ子  子運八  ロンドン子  美男子たち  殿子  南子  南子夫人  ぴん子  二つ三つ階子段  空谷子  九州子負  影坊子  わたしたち子ば  フガハカラ三郎ト四郎トンネルトンネルトンネルホリノ見物人ハ一子  二三子ポチモスワツテミテオイデトンネルトンネルトンネルアケロ苦心  子猿みたい  子デューマ  人ツ子ひとり通り  人ッ子ひとり通り  汝子  千葉稲城子  稲城子  春園子  子自ら感動  子位  湯殿子調姫  羽易娘子  二羽易娘子  羅娘子  石見娘子  ため石見娘子  羅娘子人麿  羅娘子観  羅娘子同人説  羅娘子者已為二後家一  羅娘子歟  羅娘子とい  此娘子  此娘子他  土方娘子  羽易娘子等  羅娘子作歌二首  しゅん子  明日子  日一日中明日子  時明日子  以上明日子  昨夜明日子  明日子追伸  それっきり人ッ子ひとり  女流探偵作家梅ヶ枝十四子  お伽稗子  經史子集  關尹子  子嘉言編  図子  小野妹子大臣  傀儡子部落  傀儡子時代  藝子舞子  子やゆゑ兩方  祇園册子  先だって小野妹子  級子  静ツ子  引き子  豹子頭林冲  とき子  南渓子  養軒子  大阪ッ子  清倍子  長嘯子  子豚  あれ子ら云  新式江戸ツ子  酌子定規  独子幸  妻ゆり独子幸助  更子  弟子天城更子  天城更子  更子電話口  微分子  階子段登り  歯朶子  とき歯朶子  保志子  緑葉成レ陰子  院子  酒顛童子  亭子院  襖子越し  我妹子  茂枝子早朝  茂枝子ちよ  叙子規子近状  子どうし  結局子  割子弁当  八年頃江見水蔭子  晋子  伊皿子台  芝伊皿子台上  産子町百六十余町  檳榔子塗  海松子  子山  木内錠子  保持研子  巣子  八重ツ子  八重ツ子がら  八重ツ子ア今夜  芳ツ子  ツ子ア遙  芳ツ子許  二子建親一  香川完子  完子  完子さん  兵子帶  垂柳子  求子  子年  水心子天秀トイウ刀鍛冶  孫聟ニ水心子秀世ト云ウ男  水心子秀世ガ云イ人  襖子一重  木綿フラン子ル  競子  子可哀想  対子  競子さん  舵子長  讀荀子  レ出二於老子一  乃老子説話  庚子歳余東征  秀鶴册子  曾能子刀自  子婦  子長  子婦島  覺しき一册子  子一鐵  寛政四年壬子八月九日  枕團子  芳川鎌子事件  鎌子夫人事件  鎌子夫人  夫人鎌子  姦婦鎌子ここ  甥子  危く子酉川  芋子村  子め  姫ツ子  子焼  処子  もん子さん  木見雪子  夜烏子  初め夜烏子  五年壬子  九年丙子  五味子  光明子  藤色七子  夫人多代子  多代子  多代子さん  三好多代子  深見夫人多代子  子烏  金州城内子規子  レ及二二子一  子談  子基衡  子泰衡家  子泰衡  皮子  若林坩蔵子  政教子  政教子ここ  政教子曰く  政教子モルモン  子自然  男女子  宅子  我子等  いつか子  通訳子  梔子色  鶏子鶏親鶏  子負  ルンペン子  寛永通宝子  朝日映画子  ら子  子六郎重保  茶卓子  五子将文  六子  七子将為  大井子  一人大井子  メソ子ちゃん  我子夫婦  乱子  楚熊渠子夜  子三歳  子七歳  金椎子  椎子  伍子胥越軍  兵子帯連  子百合  川越ッ子  子故  子清衡  蚊子木葉  子衡父  ほか松田解子  竹本員子  子ぶり  色子野郎  子同士  子大夫試み  優陀摩子  猿子眠り  子顔貌殊特  子長摩納  動物皆子  父ダサラダ子  妊むところの子  マタ子ヲ産ムナシ  一子亀次郎  二章雛鳥ッ子たち  雛鳥ッ子たち  雛鳥ッ子  色子ずれ  有楽治長質子  子義直  現在我子  チタ子  佐田チタ子  雷子  子珍  子珍事由  子一手  子鶏  子池  使い一狗子  狗子独り  子これ  犬はり子  生木子  嫁子さん  皮子一つ口  子神さん毎年  豕数子  子起  十三年丙子  上子  北方子  子聖  雑果子等  鎌子事件  此放蕩子  伊皿子あたり  忘筌子  遼子  列子糸  子淑  巌本嘉志子  錦子  曾恵子  子顔  今度我子  大河内子  むわかき子  子ゆゑ  ソノ子  三十万ソノ子  子吾吉  子四郎  子銅山  狹野茅上娘子  儘照子  子声  ゅうのは子たち  子オ  む子夫人  声楽家関鑑子  作者高山麦子  子弥五太夫  子四郎右衛門  子宇平太  黒朱子  子鶉  哀さうに子鶉  いが子鶉  山づと此高巾子  木下八百子  巴家寅子  寅子  寄席噺子  子茂憲  子田中翁  子罕  子曰く  子路風  子路慍  子張二三  人子貢  子路以  子貢曰く  子禽  夏・子張  子夏  子路之  子游曰く  子疾病  子路曰く  子路説  子疾む  子路対  門人子路  それ子  エマ子さん  ころ吉川鎌子  子お父さん  芸者子  おばア子節  子誠齊人也  子路曰  召忽子レ  子曰  子貢曰  扶貴子  美男子型  机子  床篦子  庚子賠款  妻ヤ子  銅子児  兎子居  兎子君  青城子  子袋  帰城子居  釈子  ヒョロ子  ヒョロ子夫婦  日ヒョロ子  ヒョロ子さん  ルツ子  百姓子  今度百合子  其團子  子ウイリー  独子イエス  緒子  夜中我子  村田嘉久子等  放庵子  別子銅山等  蛙子  二道河子  七子具平親王六世皇孫  五泉男爵夫人李子  李子  物子  遠祖子致彦  ソノ子致  祖子致  チ子致彦歟  子致又越智  臍斎主人飯袋子  我ら一子一学  登徒子等  子義家  散策子  東京ッ子  何子さん  壯子  壮子  其容子  子ッ  虎子石  三方子川尻  女房ッ子  望玄二子  ゅう子  子等自身  子馬みたい  夜庭後子風雨  夜梔子  夜九穂子来訪  九穂子来談  子米刃堂解雇  井阪梅雪子  唖唖子復び  読書子間  子自身  莫迦げた子  子好き  臨風子  雨中池田大伍子  岡村柿紅子  帰途清潭子  清潭子  午後九穂子  晩間九穂子  九穂子  日暮九穂子  夜九穂子  午後百合子訪  早朝百合子  午後百合子  終日湯婆子  雨中百合子  此夜百合子鶴見  九穂子二十年来  夜百合子  づつ子  ソノダチエ子  鹿野子色  子さん御機嫌  鬼ッ子  つた何子さん  前記虎間トラ子教諭  虎間トラ子  虎間トラ子先生  虎間デブ子先生  駄々ツ子サシャ・ギイトリイ  楔子はか  子作  編輯子  後藤宙外子  天外子  島崎藤村子  はやりッ子  商売子  御廟子  絹子  策子  子槍  さん子さん  小僧子  江戸ツ子的浮薄  江戸ツ子的神経  一親一子  桃太郎子  鶏子  ぢ子  門番子  シジ子  ニャン子  ニャン子たち  星野ニャン子  蛇子型  其蛇子  先天子  乳子  公侯伯子男爵  菅野須賀子  蚊子  巾子おと  巾子落  時妹子  一片子  野枝子  戸坂嵐子殿  老人3嵐子2イク子1  菅支那子夫人  戸坂嵐子殿外  嵐子  嵐子氏東京女子大入学  嵐子二  戸坂嵐子氏  眠りブー子  解子さん  南枝子  音楽家関鑑子  只今鑑子さん  知與子  其稚子法師  やあ子  實際子  子蜂梨  あさの子  三年間位百合子  思い子  産子  裸子  子稼ぎ  寄子部屋  豚子豚  ちどり子  冬子  今冬子  人夫引き子  子イサク  子一人きり  腰抜ざむらひの子  寒月子  寒月子くず湯  寒月子ともども本社  奥野何子嬢  随子  一名鼓子花  鼓子  赤ク子黒キモノハ尋常  紅赤色子  ニ飛蓬子ト号ス  竹屋春光子  鮒子  清川虹子  クス子姐さん  クス子  腹子  黍團子  其妻倉子  倉子自ら真実  匆々倉子  うち倉子  共謀者藻西倉子  藻西倉子  通り倉子  美人倉子  柔げ倉子  八犬子  田鶴子  田津子  雛子たち  子姓  雛子姐さん学校何年  雛子姐さん  雛子さん矢  雛子姐さん矢張り  関鑑子さん  婆ちゃん子  電影子園  踏静子  遠藤たけの子さん  河野槇子さん  ぐりついてやっとひろ子  一つ卓子  鉾子先  子丈  ルウレット卓子  自動車用鳥打帽子  列子EOS  玉川子  子紹安  風狂子  篁子  子形  篁子ちゃん  品川伊佐羅子  拡がり子  杜子恭  妻女ソメ子  ソメ子  あげくソメ子  段師子  板橋三娘子  晩百合子  云つて百合子  時百合子  天然達磨天下文人飯袋子  天祐丙子  つて子等  挙子  雑炊子  格子子  子才  玄耳子  所謂我妹子  子ららやから  近松巣林子  小森ヤツ子  ヤツ子  ヤツ子さん  小森ヤツ子嬢  小森ヤツ子さん  小森ヤツ子サン  所謂江戸子  子夫人  筆子の  子宇治関白頼通  子長家  子清輔  子久我通具  ペチ子  子良  明暮子良  巾子峰  ノーリ子  子ごころ  文藝册子  子尹  漢子ら  子口  何子氏  讀書子  奧村五百子  ヅケ子  ヅケ子達  子高星  未亡人花巻篠子  カン子  百合子一人  真咲子  あか子  人ツ子一人  子たち口  いちばん末ッ子  一子実  伊予子  子次郎  我夫我子  なり階子段  水心子  子兎  娘子行進  いやしな子  一人ツ子  子かいな  衿子たち  今道子  一歩道子  子大助  二子結城宰相秀康  偶明子  かし子  一子優善  子優善  殊子  しん子  佐和山佐渡子  子いつぴき  アカ子  いづみ子  侠者子路  子路自身  愚直者子羔  子貢子張輩  夫人南子  南子風情  子若  子正  明敏子貢  先頃南子  子路再拝  子羔  先代孔叔文子  勇者子路  子ぐまは  餡子入  階子段思出  衣子  側置卓子  子狐  人ッ子一人通ろう  青子さん  青子  子村大貫  ぴやう子  子以下  子珂瑠皇子  義しき子  六〇子  九三子  子ポリドロ  子等勝利  子死  子等十二人相  二子二孫  日向きむ子  日本橋ツ子  京橋ツ子  魑魅子  骨牌子  ふた子  核子東  子ら喉  子船  なになに漣子  志子三つ  志子  青城子居  子馬鹿  子ヴェンチェスラーオ  子七人  子等神宮  子シヤルル二世  子エドワード一世  子アルクマイオン  子イエス  惡しき子  ぐとてはからずもわが子  二子トアス  表階子  当時百合子  四月十三日百合子  スワネジ子たち  百合子宛  伯子男爵  椀子  祖麻呂子  蹈靜子  鎭むる子  しづめ子  づめ子  其浦島子  子産  必亡友井上唖々子  梔子一株  梔子燃  鏡石子  子三匹  姥子淵  子十四五人  夕方子蛙  二娘子  活塞子  美少女エラ子  少女エラ子  エラ子  子一代  巣林子戯曲  巣林子以下  本来傀儡子  貰ッ子  丁度子  一〇八子  子牛線  壜子  五一子  母字子字  汝爾子  三子ロベルト  子ロベルト  子キリスト  聖靈子  子ルイこれ  二子カストル  子石木  臣蒲子  老媼小熊子  枯松雁苅杙刈薦獵庭苅幡戸辨苅羽田刀辨輕孃子輕島  國口子  國主子  波陀孃子金波鎭漢紀武子産海蓴  活目子  石小子部  糠子  子三重  王め牝馬目子  子百八十神喪屋喪山  臣口子丸邇  浪花ッ子  古屋為子  所謂読書子  准南子  春秋子  吸血子  行つて階子段  子イ無  子山口  子顏  皆子  菩提子三斗  玳瑁畳子八面  杜子春の家  三度杜子春  鉄冠子  通り杜子春  馬銭子  傅介子・段會宗  貉子  高柳こう子  人足軽子  鳶子合羽  狐子  子美太白  四嫂子  とら子  妻雛子  夕刻雛子  其晩子  継母子  椴子  一子勝太郎  侯伯子男  彼等二三子  チマ子  子今日  子おれ  昨夜チマ子  カラ子  娘チマ子  佐竹子  子虎  鋒子先  懐ろ子  儘靜子  人ツ子一人來  圖靜子  ら子さん  ぐにりら子  うりら子  ずりら子  私はりら子  岡はりら子  天下文人飯袋子  晴々とりら子  くりら子さん  いそぎでりら子  妻君とりら子  はりら子  儘静子  ウララ子  柿丘呉子  呉子さん  柿丘夫人呉子さん  呉子夫人  婦人下枝子  ブチ子さん今日  ブチ子さん  無し子  子ひとり  莱穂子  子釣り  ことこと階子  子信康  八ツ子  栗子柿子  錦襖子  子等四人  濱鼓子花  渡し子  はり子  十子一人  一竿子忠綱  匡王班四年壬子  子いわく  破帽子  玻璃子  玻璃子ちゃん  学芸子  香屋子  一子高秀  子すべて  子義朝  母まま子  六条為義父子  為義父子  蓬子  子陵  一子平太清盛  子なか  ソノ子志水冠者義高  一子景季  もち子  換え子  一子知章  子六代  女房子づれ  捨テ子  悟空子  別冊編集子  高山編集子たち  出様子  率子  子武蔵  巣林子以前  子綱宗  子東市  春鴻子來  子馬買い  彼自身子以上  金屋子さん  子鳥  嫁子  美男子烏啼  薛蛙子  子むじなの首  むじなの子  子線  



前後の言葉をピックアップ
              個国  個年  


動詞をランダムでピックアップ
押しかけろ倍す塗りつぶし関われ焼払おしだく引き落とせるとらわれ言ひ現さ向けろわめかしごきまき垂れるあふれる押し開かふりおとさ拗ねん滑りひっつき
形容詞をランダムでピックアップ
大層らしくこうばしいまる心強かろけうといまるから烏滸がましい著しかっ夥しき古めかしいくさい厚ぼったかっあたたかうがたけれボロ易かろ聞き苦し気味が悪いうすらさむき