「多喜」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

多喜[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
多喜の阿  多喜がそっちへ廻って  多喜はそう声をかけたが  多喜はすっかり安心して  多喜は解せぬ  多喜の前にすっくと起ち上って  多喜のまえに  多喜はゆっくり話しかけてみたが  多喜は呆気に取られながら  多喜の前へ出ると  多喜を振り返った  多喜の説明を聞きながらと見  多喜が富ヶ岡八幡から拾って来た  多喜は愕きの眉を上げて  多喜が不審に思う  多喜にも何ひとつ明かしてない  多喜の眼に触れて  多喜が両方からかわるがわるいろいろ尋ねても  多喜はほっと深い溜息を洩らして  多喜の差し出した  多喜へくれた  多喜がいま帰って来ると  多喜は呑気に笑って  多喜と一緒になって  多喜の二人が狂女小信を中に挾んで  

~ 多喜[名詞]1

~ 多喜[名詞]2
とお多喜  

複合名詞
平河多喜  



前後の言葉をピックアップ
だき  滝太郎  焚き    滝戸山  炊き  たきあがる  滝井  滝尾  焚き落し


動詞をランダムでピックアップ
老け込んふみならす巻上げる載せん駆けつけあやまろおろしゃ見限っめあわす染み渡っそこないふけりぬわ立ちどまる見計らい蒸し返す焼払い言寄る出で立ち
形容詞をランダムでピックアップ
よろしゅうたやすし恋しかっ穢らわしかっ面映ゆくっ佳き悪しき馬鹿らしきほしく近うけむ可愛らし小憎らしく清清し近い可愛かっめざましい香ばしきまわりくどく