「氷り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 氷り[動詞]
眼さえ氷り  泥の氷り  睫毛に氷り  殘して氷り  流石に氷り  霜の氷り  一面に氷り  ところが出来てきて、氷り  中で氷り  月影に氷り  表情の氷り  感に氷り  妙ちゃんはもう氷り  うず高くかたまって氷り  それは、氷り  部分はかたく氷り  地べたに氷り  ビシリと氷り  血が通って氷り  川も薄く氷り  路は氷り  千曲川も白く氷り  五助は小さくなって氷り  先まで見ますと氷り  何者とも知れず氷り  外は氷り  水涕も氷り  逆しまに氷り  水も、氷り  下で氷り  



前後の言葉をピックアップ
コオラッサン  コオラン  凍り  桑折  氷上山  氷砂糖  こおり  コオリ  小折本  


動詞をランダムでピックアップ
心行くつぐなっせろたたき出す盾突く飛び立つ忍び寄ら見比べれ燻べるこわれ思いこむ張り切り描き出せる模しみつからあやまれ上がっ払い戻し慶びあこがれる
形容詞をランダムでピックアップ
めざましい太うたのしかろよろしゅうさむし事新しくおとなしくっするどここちよいあしけれかよわい耐えがたい心地よしまるわかり易くねばり強い得がたしきやすい忌いましかっねばい