「瀧」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
瀧を観る  瀧の巖頭に一感想文を記して  瀧とは聞いてゐたが  瀧と溢れ出る  瀧ややお君はもうなってくれたの  瀧をそそぎかけた  瀧の多いのも無論その峽谷の色彩を複雜にしてゐるが  瀧の尾の裏から八風を越えて  瀧のように零した  瀧に捲かれた  瀧に三人ならぶは  瀧となり  瀧のやうな海水を頭からかぶるので  瀧のやうなスコールにずぶ濡れになる  瀧の上の巖の頂には矮小なひねびた  瀧であるわれわれはこの力と清きつめたさのためにわれわれの惱みと切ない腐りを  瀧の花火を見つめる  瀧の花火雲はめぐり  瀧をあびてゐる  瀧のように降って来る  瀧のように水が落ちて来る  瀧のように降って来た  瀧へ行つて見る  瀧が杖を鳴らして  瀧が掛つて橋の下は淵になつた所がある  瀧はまつし  瀧と云う  瀧も此の茂之助を金の有る  瀧に入上て仕舞いますので  瀧を身請いたしました  瀧を連れて来ましたが  瀧と二人で暮して居りましたが  瀧の爪弾を聞いて楽しんで居ります  瀧が東京の猿若町で芸者を為て居た  瀧と差向いで飲んで  瀧を寝かして  瀧が中央に居るから  瀧の方へ足でも突込めば  瀧に盃を差し  瀧の方へ見当を附けると  瀧が彼方へ往くに  瀧が竈の下を焚き附けて居て  瀧は茂之助の方を向いて寝て居ります  瀧は竈の下を焚付けて居ますが  瀧を呼び  瀧が爪弾で何か弾いて居ります  瀧が出  瀧は情夫に逢う  瀧は慌て  瀧は一生懸命だから四巾布団を取って  瀧に押えられたが  瀧の方へ遣る  瀧は茂之助へ面当ヶ間しく  瀧を離縁しましたが  瀧も小包を提げて  瀧の髻を取って  瀧を組み伏せ  瀧の畜生に騙されて  瀧の二人を殺し  瀧に知らせようか  瀧と松五郎を殺して  瀧が一人留守をして居りますと  瀧が彼処に居ると心得  瀧を殺そうと思って  瀧は雨も止みましたから帰って来て見ると  瀧も別に処分もありませんで  瀧は此の辺の村の者に憎まれて居られませんから  瀧と密通して  瀧は何処までも縋って  瀧を五十円にて身請を致し  瀧の為に彼様な非業の死様を致しました  瀧から起った  瀧も矢張りお尋ねものの悪党だから殺されたって  瀧と申す  瀧を奉公人にでもして  瀧という女を正直者だと思召して  瀧の行方を探して居る  瀧と云って  瀧も松五郎も見て  瀧も松五郎も面体土気色に成り  瀧と云ってる  瀧を殺すべ  瀧の二人を捜し出し  瀧の両人は多勢に云い捲られ  瀧は悪事を倶にしただけでございますが  瀧つ瀬の流に似て  瀧の面にわが影の紫金の色と映るなり  瀧は水であってなおかつ光を兼ねている  瀧にたらして  瀧をとどめず  瀧をあしらつたりして  瀧を出  瀧を設けて  瀧が望まれた  瀧の方へおいでになつた方々にも固く御約束をしておいた  瀧を見たからとて  瀧を見てゐたら  瀧のツイ下まで行くといふ  瀧としか聯想しなかつたが  瀧の姿は見えないが  瀧まで御案内致します  瀧が見えて  瀧の下に出るには  瀧のために奪はれてゐた  瀧を眞下から正面に見る  瀧は夥しく増水してゐる  瀧の一部分を成してゐるかの如く  瀧がよく見えます  瀧は正面に眺められた  瀧は見える  瀧をも斷崖をも宿の下の杉木立をも深々と包んでしまつた  瀧は見えては  瀧ぞとどろく  瀧をあふ  瀧かかれどもこころうつけて  瀧かかる夕闇の宿屋の欄干いつしかに雨に濡れをり瀧見  瀧の眞白さ朝凪の五百重の山の靜けきにかかりて響く  瀧へ行つて見たの  瀧はいつもの倍の倍位大きくなつてゐるのよ  瀧に校舍が建てられ  瀧に源を發してをり  瀧と一軒家と自分の馬に瀧の水を飮ましたとのなつかしい記念にした  瀧の轟きが聞える  瀧を見るのみで  瀧を見るべき  瀧の音が不斷の響きを立て  瀧の流れる  瀧の上へ出て  瀧見臺に立つて見ると  瀧は明らかに見え  瀧を望む  瀧見臺の眞下へ下りる  瀧が見える  瀧といふので  瀧を見るに  瀧の名も宜い  瀧の水に流してしまつて  瀧に飛び込んだ  瀧の中へ飛込んだなら  瀧といふのが何處かに有つたら知らぬ  瀧を落下する  瀧まで懸る  瀧を渡る  瀧のやうに流れる  瀧や沼があり  瀧の如く溢れた  瀧となる  瀧は切れ  瀧を眼近く眺めたりしました  瀧とながるるごとし  瀧の見えた  瀧なして降る  瀧となつて流れ落ちてゐました  瀧のひ  瀧に聽き恍けてゐる  瀧のおとを獨り聽きつつ戸を閉しかねつ  瀧の最もい  瀧のような大雨は天の河を切って落とした  瀧のように水をかけたが  瀧じま明石に絽の帯をしめた  瀧が荒れましたと申しまして  瀧のある  瀧になつて落つる  瀧の水を見るにつけても  瀧になつて哄と落ちて  瀧の中へ飛込んで  瀧を覆す  瀧の音も静まるばかり  瀧でもさうだらうか  瀧といふ瀧を浴びに  瀧のやうになつて居る  瀧を忘れない  瀧がしろく落ちてゐた  瀧に臨んで  瀧の川の坂をのぼる  瀧の落ちる  瀧のあたりに一城市を築きて  瀧と名のつく  瀧と思ひて  瀧の條に注意すべし  瀧と音止の瀧といふのを見て  瀧ながれしたたる  瀧のやうな音を立て  瀧の下つせの  瀧のをのへに飽かずみむこよひの  瀧はよらで過ぎゆく  瀧の邊の槭の青葉ぬれ  瀧はおち  

~ 瀧[名詞]1
鼓の瀧を  華嚴の瀧の  云ふ瀧の  見ごとな瀧とは  幾条の瀧を  のは瀧の  花弁を瀧の  雪なす瀧を  十二怒りの瀧の  音羽の瀧に  名は鳴瀧と  溪が流れて瀧と  吹割の瀧といふ  吹割の瀧を  今申す瀧の  生の瀧  落下する瀧の  清らかな瀧の  光線の瀧を  水けむりを立てて瀧の  上の山からは瀧の  雨が瀧の  七重の瀧へ  一筋水晶の瀧が  崖には瀧が  まともに瀧は  私が瀧  本性は瀧  虹立てば瀧の  噴泉を瀧に  いまうれひは瀧を  下に瀧を  状態で瀧を  中の瀧を  奈智の瀧の  唯だ瀧としか  多くは瀧が  其處等一帶が瀧の  寢てゐても瀧は  うちそひて瀧ぞ  來る瀧を  濡れをり瀧  雨降りゐて瀧の  雲を見てゐき瀧のうへの  玉簾の瀧へ  郊外鳴瀧に  道場とした鳴瀧に  それを瀧と  馬に瀧の  華嚴の瀧を  復び華嚴の瀧へと  大平の瀧  無理に瀧の  臺から瀧を  立派な瀧が  白雲の瀧と  白雲の瀧を  立派な瀧  上に立つてゐると瀧が  さり瀧の  華嚴の瀧に  涅槃の瀧といふ  華嚴の瀧は  龍頭の瀧へと  龍頭の瀧も  渡つて霧降の瀧へと  霧降の瀧の  鹽原にも瀧は  日の瀧  數寄を凝して瀧まで  色鳥群れて瀧を  サアッと瀧の  冷く瀧の  渓谷や瀧や  涙が瀧の  ふち瀬に瀧と  胸の瀧は  背にくりいむは瀧と  もとに瀧  奧なる瀧に  庭の瀧の  さな瀧の  溪や瀧の  大柄の瀧  源が瀧  凡そ四丈ばかりの瀧にな  逆に瀧の  華嚴やなんかの瀧で  不動の瀧といふ  下の瀧の  廣い瀧が  女優が瀧に  處に瀧と  白糸の瀧と  #止の瀧といふ  二つの瀧の  もの那智山の瀧の  秣が瀧は  紅葉散るかも瀧の  音羽の瀧を  

~ 瀧[名詞]2
唯瀧  珍しい瀧  あの瀧  大きな瀧  どうも瀧  その瀧  間もなく瀧  恐ろしい瀧  丁度瀧  好い瀧  この瀧  愛らしい瀧  其の瀧  もし瀧  高い瀧  ほそき瀧  つと瀧  

複合名詞
小説家水上瀧太郎  みやま瀧  瀧野川  白瀧幾之助  瀧壺  湯瀧  鮎瀧  天瀧河畔  瀧浪  瀧浪家  瀧さん  瀧子  瀧山水  水上瀧太郎君  水上瀧太郎  水上瀧太郎さん  瀧一家族  七瀧  瀧縞  千ヶ瀧  瀧昇りぢ  湯瀧三千丈  瀧穆氏來話  瀧氏來話  瀧氏來  午後外出中小瀧氏來訪  瀧氏日かげ  燈刻小瀧氏日かげ  みな瀧  瀧橋  瀧井孝作氏  ざざつと瀧  不動瀧  つて瀧  瀧空氣  百間瀧  瀧夜叉  娘瀧夜叉姫  瀧君  水上瀧太郎附記  瀧井さん  登つて瀧  瀧夜叉姫  瀧どの  瀧松五郎  瀧松五郎ゆえ  瀧め  木曾王瀧村松原氏  溪流瀧  一先づ瀧  東郊鳴瀧  次ぎのおほ瀧  白瀧  瀧徑  瀧飛沫  瀧の  瀧壺道  瀧温泉  瀧等  瀧登り  細瀧  ひとり瀧水  瀧有  瀧津瀬  瀧廉太郎  瀧精一氏  人水上瀧太郎氏  岡田画伯水上瀧氏  瀧ぢ  女夫瀧  男瀧  女瀧  瀧縞御召  瀧井孝作  瀧町  水上瀧太郎氏等  青年文士水上瀧太郎氏歸  所謂水上瀧太郎廢嫡問題  瀧太郎君足下余  瀧太郎足下  瀧太郎君足下  瀧次郎  息子瀧三天狗党  秀才瀧廉太郎君春高樓  結局瀧  瀧なす雨  瀧うち  白瀧こ  庭ゆ瀧  瀧白栲  瀧浴衣  



前後の言葉をピックアップ
滝の前  多岐  だき  滝太郎  焚き  滝戸山  多喜  炊き  たきあがる  滝井


動詞をランダムでピックアップ
うちよせる射し込む睨みつけ打ち勝と受け出せ獲ん蝕み歌わさひきあげろあつかいにじろ食い潰し貰えれ懸け離れ返せるたのしめる呼び掛けるめしぐすずらからむし
形容詞をランダムでピックアップ
賢しく辛かれすいしおらしくめばやものがなしきくちおしい気味が悪あったかい薄い易くっまわりくどい酷かろ紅しきわどくおそ冷たうるさ