「云」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
云ふのをお嗤ひ下さい  云はれて見れば  云ひ終る  云ひ出した  云つたかと思ふと  云ふような意味のことが附け  云ひかけて  云えると思う  云はなければならない  云へぬ喜に浸りながら  云ひ張ります  云ひ出す  云へない懷しい  云はなくつちやなるまいが  云ひながら美智子は自分の室の方へ駆けて行きました  云へば悪かつたといふ気がしましたので  云ひ乍ら美智子の室へ行きました  云ひ出したので  云ふ通り二人ともちやんと  云ふ通りに種々と想ひに耽る  云へばそれでよささうなものではないかとどなたでもお思ひになるでせう  云ひつくす  云はれて居りますが  云はれて居ります  云ふ言葉を用ひましたが  云ふと止めてしまふよ  云へばさうね  云へば今迄の話の筋が大体お解りに  云ふものは未ださう  云はれても書けない  云ふ樣な境遇に居らないからで  云ふ事が分らぬ程  云ふのがある  云ふものは詔勅誥令其他の詩文を作る  云ふ書物が有る  云ふことを知る  云ふのが其の中間に在るので  云ふ書がある  云ふ新時代の人気ある  云ふのが失礼に思はれる  云ふ作者側の云ひ  云ふ味に富んだ  云ふ気がします  云ふあたりへ来ると  云ふ気持ちで帰途につきました  云ふ見物もゐるなら  云ひ合つてゐるからで  云ふべきのを此頃は字音のさへに称へしなるか  云へれど耳老いてせせら  云へ為す  云ふ語から見ても知れる  云ひ乍ら土足の儘で炉端へ上り込んだ  云ひ乍ら立ち上った  云はっとこね  云ふので移転をして  云ふ事もはじめは一寸したは  云ふ事は昨日を今日に直す  云ふ腹がある  云ひ方をした  云はれたやうな口惜しさの湧く  云ふその職人の事をみんなは金毘羅の符号で呼んだ  云ふものは割合寛大に置かれてゐる  云ふものは云ったり  云はなくなった  云はれてゐて  云へば餅が搗かれた  云ふ確な事実をどうする  云ふ話しが  云ふ諺があるが  云ふ者があった  云ふ名前が命名された  云ふ者もあった  云ふ噂が聞える  云ひ渡された  云ひ乍ら手を出した  云ひ出せなかった  云ひ出さぬ  云はねば云ふ  云ひ出せずに  云ふ事を話した  云ふ気持が切なく湧いた  云はれん  云はれた事があった  云ふとおときはフンと笑って云った  云ふことは余裕があつたら後で述べるかも知れない  云ひあてられたに  云ひそびれて  云ひ忘れたが  云ふことに自信のない気はしない  云ひ過ぎた  云ひたいくらゐである  云はすと  云へば云へるし  云へば云へる  云附け置きました  云やアがったろう  云やアがった  云付けるのを聞いていたら  云えないから何も云いません  云出して取逃がしてはいかぬと思い直し  云触すと  云ふのも事実上の問題に及んだだけである  云ふのはなかなか容易に望める  云ひ切らせた  云ふ名誉を与  云ひ知れぬ  云へず美しいレムブラント光線をもつた  云ひ捨て  云はれる  云ひ過ぎたかと  云ふ者にあらず  云ふ処に一々首肯する  云ひましたと返  云ひだす  云ひさへすれば  云ふ考がある  云ひおくれたが  云ひ寄る  云ひ渋つたので私は別段諾きもしなかつた  云ひ残して出て  云はれても出来なければ  云つて下さい  云へと云はれましたので  云ふに及ばず  云ふことを聞かなくな  云ふ合図をしておいて  云ひなさる  云つとりますがな  云ひ出して困るがな  云ふことになつてゐる  云へば骨董は死人の手垢の附いた  云へぬ面白い味が出て  云ひ張る  云ふ早苗之助の女房になる  云ひたいくらゐだのに  云ふ云ひ  云つてくれ  云ひきかせた  云ふものあり  云ひ差出  云ひさせしに  云へる人あり  云ひながら降りて来た  云へば多すぎる  云ふものを食つた事あるかね  云ふよりも寧ろ恵まれる  云ふ事情の下にありながら  云へば斎藤茂吉は僕の心の一角にいつか根を下してゐるからである  云ふ茂吉を冷静に見る  云ふ紅毛の詩人の詩を手あたり次第読んだ  云ひ放せば  云ふ意味は必ずしも答の見つからぬと  云ふ特色は多少にもせよ  云ふ一人の女人を現してゐるからに  云ふ言葉は日本国民に冠らせる  云はなければならぬ  云ふのは何も署名だけは独歩であると云ふ  云ふ画を描いた  云ふ豪傑は後に薄田隼人の正兼相と名乗つたさうである  云ふ広告を見ても  云ふを待たない  云ふ意味は伝説的人物を指すばかりではない  云ふ円光の製造業者も少からぬことは云ふを待たない  云ふ強勇はそれ自身我々末世の衆生の心に大歓喜を与へる  云ふ我々の愛を唯所謂強者に対する愛とばかり解釈するならば  云ふよりも寧ろ病的なる欲望に支配される  云ふ偶像の法律をも蹂躙したと  云ふ変化位を進歩と呼ぶ  云ふ懐かしさを感じるのであらう  云ふ南画は大抵僕の神経を苛いらさせる  云ふ彩色の絵本を上木す  云ふ人あり  云ふ幸福なる境遇のもとに徐ろに自己を完成した  云ふ感慨を催したであらうか  云ふ夢を夢みたであらうか  云ふことは疑ひを容れない  云ふ蒹葭堂主人の多識に声誉を酬いた  云ふ名声のうちに悠々と六十年の生涯を了した  云ふ恩恵の前に感謝の意を表する  云ふディレツタントの態度を微温底とか何とか嘲るであらう  云ひかねて  云ふ一部の評もかういふところから起るのであらうが  云はねばならない  云ふ方が当つてゐる  云ふ事も随分あり  云つたさうである  云ふ華魁に馴染んでゐた  云ふ拵へで人には医者だと号してゐる  云ふ事を除いたら  云ふ口吻を洩らして見たが  云ふ句があるから  云ふ語を介して  云ふ花は咲けども  云ふ花は咲かない  云ひ得べくば  云ひあてる  云ひ残して  云ひ回しをゆるして  云ひ出して  云つてるのでせう  云はれても容易に忘れる  云ふ友達は在る  云ひ得る  云ふべきものであらう  云ひ表はし得た  云ふことがなにより先きに感じられる  云つたらもうそれ以上のことは云はないでもい  云ふやうなことは私の頭には映じて来ない  云ふのですきまぐれ娘はいつも飛行機を見てゐますよ  云はれた事はお姫様と言われた  云ひます矢でも鉄砲でも飛んで  云はないで只万歳と叫びませう  云ふのを出して見せてくれた  云へるでせうが  云ひながら郵便で以てソロリソロリと送つてよこす  云へば秩序壞亂で又やられた  云つてくれました  云ふことにも變りが見える  云はれるとなにより先に全く變な氣になる  云つたもののこれと云つて書く  云ひ合ふ  云ふやうな具合になるであらう  云はれてゐる  云ふ望みに満ちた  云ふ事はどれ程私の心を鼓舞した  云ふ事を考へないで  云ふ事を明らかにした  云ふ文字を書いた  云ふ烙印を押したりする  云ふ烙印を押されて  云ふやうな事は許す  云ふ事を知つてゐた  云つてい  云はうとしてゐる  云はれなければならぬ  云へば私達は毎日これを繰り反しては  云ふやうですが私にその事に就いて  云ふ怖ろしい  云ひわけは止めて  云ふことに微妙な甘味を持つてゐるね  云ひ放つた  云ふことを承知して呉れる  云ひ放ちました  云ふやうに様々に文明がニール河畔を中心に発達した  云つたところで聞手の方ぢや何とも思ひはしなからうが  云ひ現す  云ひ掛けました  云はうと思ひましたが  云ひ始めぬのに  云ふ王の声を後方に置いた  云ふことの出来ない  云ふ前提を承知してゐる  云ふ心もわかるでせう  云えないことと心得る  云ひ代へる  云ひ掛けた  云ひながら臀を叩いて駈けてゐた  云ふ受け  云ふ音もしない  云ふと例の變な音をさせた  云へばわかるかも知れませぬが  云はれない激しい憤怒がさかさまに足の方から逆上してくる  云ふ顏をした  云ふ表題を附した  云ふのを聞いて  云ひ出して見たりした  云ふやうな理窟からだと聞きました  云ふのが一人で皆の矢面に立つて  云ふでせう  云ふものをして呉れませんでしたから  云ふ苦艱から離れて  云へば舞臺は東京になる  云はずして釀されてゐた  云はないが云ふ  云ふ自己中心の観点が何時までも続けば  云ふものはかくも青年を盲目にする  云ふ事あらずと  云ふあり  云ふものを叫んだ  云ふ決議書を決定した  云ふ篤い自覚を持つて居た  云ふものの重大な責任を深く知つて居た  云ふことが始めて  云ふ未来の時代を孕んで居た  云ふことがある  云ふ事実と比較が出来る  云ふ夢を見たとせよ  云ふ一語を吐いた  云ふことにした  云ふ原案につきましては  云ふが如き  云ふものは金が少ないから資格を保つに足りないと  云ふ迄車を走せ  云ふをこし  云ふがあり  云ふがありましたが  云ふものが皇帝陛下の御覧にならない  云ふ方から見ようが  云ふ国の肩書を軽んじて来る  云ふ老女が食物衣服など車に輓かせて  云ふ被害の劇甚地を廻つた  云ふ婦人記者が一々委しく書きとめた  云ふ心配をしてゐる  云ふ噂を聞いたので  云ふ程洗礼を受けぬ  云ふことを知つてゐたからである  云ひ放つて  云へば則ち  云ふはどうした  云ふことを知つて居るではないか  云ふことが判らなければならぬ  云ふ知事が忽ち島根縣へ放逐された  云ふ者が放り出されると  云ふことは願書に書いてはならない  云ふ事は言つてはならないと  云ふものが極く  云ふ擧動に出でたる  云ふに至りましては  云ふ掛聲で撲つた  云ふ掛聲は何處から出る  云ふ掛聲を以て酷どい  云ふ申渡までした  云ふことを知らない  云ふ名で召捕  云ふやうな大きな事なれば  云ふものが皇帝陛下の御覽にならない  云ふ方から見  云ふ時代になつて來て居りますから  云やアがったね  云ひ損つてし  云ふ非難もあると書かれてゐるが  云つたやうな文句が走り書きに書かれて  云ふ母のふところに温ためられた  云ふものの仕業か知らん  云ふ擴大鏡を透しての  云ふものか知らん  云ふ觀音樣の境内の石の玉垣にもたれ  云ふものがなかつたとしたら  云はれてのめ  云ふ切迫した  云ふ話を耳にしても  云ふ思ひ  云ふものに興味を失ひかけた  云はれぬ心細さを感じてゐます  云ふのか浮腫むと  云ふ峠を越せずに  云つたつて  云ふ僞電を打ち  云はれてゐた  云つてる  云ふことが出  云はれていた  云はないでゐた  云ふのが聞えた  云ひながら歩いた  云ひ出すと  云つたことを又繰りかへして  云ふのを源吉はきいた  云ふことを認め  云ふ罵  云はせる父親の氣持も感じてゐた  云ふやうになつた俺を笑ふだらう  云つてきた  云はれたりした  云つたらなんも云はなえで  云はれないやうな叫び聲がきこえてゐた  云つている  云えるものではありませんでしたし  云えるようになりました  云ふ撞球屋の隣りに  云つたやうな人達が主となつてゐたので  云ふ雑誌の上で知つてゐたし  云ふあだ名を附けて  云はれなかつた  云ふことになつて山を下り  云ふ雑誌に連載してゐた  云ふ冒険小説を書いたりしてゐた  云ふ豪傑なのにも関はらず  云ふ乱暴な文句が読まれたりする  云ふ是れ  云ふ気にもなれず  云ひ出したよ  云つたものの医者の顔をジツクリと思ひ浮べてみるので  云つてみれば  云ひ聴かせる  云ひながら私は私の寝床のある  云ふ少女の失望の表情が君助まで苦しめて  云ふのか不思議になつて来ましたので  云ふ羽ばたき  云ながらぶたい  云ひ告けたのだらふ  云ふ方がいらつしやるの  云ふ女は前の女に斯尋て居る  云ふとお嬢様は蓮葉らしく点頭いた  云ふ声が其処此処から起つた  云ふのに魚屋は毎日勝手口からやって来て  云へる事をかり  云ふことをあみだ  云ふ事を阿弥陀仏と十声唱へてまどろまん  云ふ三つの言葉より成れる  云ふ名行はれ  云ふ名傳はれり  云ひ傳へたるコロボックルの昔話しのみに  云ひし所なるが  云へば男子には髯無かりしならん  云ひ傳ふ  云へば先づ股引に付いて  云ひ股引と云ひ  云ふ如き或る嗜好飮料も有りしが如し  云ふ事を記したるに  云ふ可からす  云ふ譯にはあらず  云ひ或る地方のアイヌは之をトイチセクルと云ふ  云ふ文に由つて考ふるも  云ふものも亦一の竪穴ならん  云ふならん  云ふ事を考ふるには  云ひ傳へ居る  云ふに日向和田に於ては實際石皿と伴ふて  云へば舟の類の存せし  云ひ形と云ひ  云ひ諸種の裝飾品と云ひ  云ふが如き  云ふを得べし  云ふを得れど  云ひて指示するを得る  云ふに如何にして  云ふにアイノが蝦夷或は蝦夷の一部で有たとは明な事で有るのに  云へますし狹い  云ふ方へ力を入れれば  云ふ可きですが  云ふ事を繰り返へされたまでにて  云はるる通りでせう  云た所以です既に石器が有れば  云はるるかも知れませんが  云ふことを証しますが  云ふ例を擧げられしまでにて  云た通りコロボックルと日本人と交通した  云ふを信ずる  云ふばかりです夫故に此事を明にするは  云ふ義と記されましたが  云ふ意でござります報告第十一號に載せた  云はせてやる  云ふやつもよく睡ってゐる  云ひながらばたりとはね起きて見たら  云ひ合ってる  云ふ工合に泣いてゐる  云ひながらすばやく旅費の袋をさらひ  云ひて泣く  云ひて渡りし  云ふ短篇を讀みながら  云ふ味の作品こそ到底外國文學には見られない  云つたことがある  云ふものを好まない  云ふ怪談にエロチックな要素が這入つてくると  云ふ萩原さんの説は獨特なものかも知れぬ  云ひなりにな  云つたやうな顏附になる  云はにやならん  云ふ意味が一寸わからなかつた  云はせ  云ふことをちやんと  云ふ覺悟を忘れては  云ふことは出  云ふことにきまつたが  云ふてある  云ふ詩體で人生の大禮の一たる婚姻のときに立合ふ  云ふやうなはたらきはないが川柳のやうに寸鐵骨をさす  云ふて居る  云ふ息に降嫁せられたが  云ふ必要が出  云ひ現はした  云はなくなるだらうし  云ふやうな余と自稱する  云ふことにこだ  云ふことにまで到つて  云ふまはり  云はなくなり  云ふ手紙をよこしたけれども  云ふものをみく  云ふ資格はないかも知れないけれど  云ひ出しかけたや  云つて下さいね  云いやがったと思う  云ふ話は聞かないな  云ひでないよ  云ふめえ  云ひ足しておくが  云つたらうなづかれないかも知れないが  云つたりしないで  云へば万象に対してその程度の親密さを抱いてゐる  云ふ名前がついてゐた  云ふことであらう  云つてしまふには  云ふロマンチツクな物語に耳を傾けながら  云ふとほりに彼女と差し  云へず無氣味な光景がはつきりと見えた  云へば小供芝居の域を脱せず  云える事柄ではないと思う  云ひだすと  云つてくれた  云ひ出したら  云はれた南方の長崎に択んだ  云へぬ快感を覚え  云ひ新興と云ふが如き  云ふ海岸に赴いた  云ふ忘れられた  云ふ病気に罹つた  云ふ間違からか絹針を一本お腹の中へ呑込んでしまつた  云ふ話を聞いた  云ふ危難に遭遇したら  云へぬ不思議な慰安を覚えた  云つてくれたが  云ふ望に心を引かれた  云ふやうに鏡子が目を閉て居る  云ひ誤ひをして  云ふ以外に会話らしい会話もせず  云ふのであらうと  云ふのは喜びに伴ふ  云ふものと楽々目前に近づいて居る  云ふ鏡子の知合が来て居た  云ふことなどが皆の口から出た  云ふ低い声も聞える  云ふ寂しみを感じぬでもなかつた  云つてしまはなければ  云ひたくてならなかつたと  云ふものは嬉しい処であるとこんな気分に鏡子はなつた  云ふ評判をする  云ふ風に顔が変つて来た  云ふ事をどんなに滑稽に鏡子は思つて居るか知れない  云ふ鏡子の望む  云ふので靜の恩家への遠慮で実行する  云ふ女中はお照の事を奥様と云つて居る  云ふ疑ひを抱いて  云ふのでせう  云ふ気になつたりして居た  云ふのが好いのでせう  云ふ気も起らないので  云ふやうな事もある  云つてるの  云ふ話を晨の聞き覚えた  云ふのに続いて  云へばさうですね  云ふ横着と云ふ  云ふ言葉を遣ふ  云ふ事は思つて見たくなかつた  云ふと叔母は満足らしい笑を見せて  云ひ様もない寂寞を昨日からあの人は味つて居る  云ふ瑞木の言葉の奥には行つちやあ厭と云ふ  云ふと二人は何でも黙  云ふ鏡子はお照の居ない  云はれて二人は泣きながら  云ふ英也にも口が利かれなくて  云ふものの影ではないかなどと鏡子は一寸思ふ  云ふだけが最善の事をして居ると  云ふ表情を見せた  云ふ事も鏡子は云ひ出すのに  云ひ争ひながら  云ふ雨の音をきくと  云へばあの時あのちっぽけな赤い虫が何かそんなこと云ってゐた  云ひ訣をしながら  云へない切なげな眼差で相手を見つめながら  云へば云へよう  云つてしまひたい  云ふに云はれない  云ふ男がゐた  云へない魅力を持つてゐたし  云ふ考へも浮び  云ふわけにはゆかない  云はれてみると  云ふのは何處の誰のところであらうか  云ふものがなりたつまい  云ふとほりになるの  云ふ男だけに非常に落ちついて  云つてきたの  云えるような種類のものなのだと思う  云える性質をもっている  云ひ得た  云いまわしさえ現われている  云ふ芝居を見る  云へば同じ桝に彼自身の芝居を見てゐる  云ふドオミヱの一枚じみた  云ふと偉らさうに聞えるかも知れない  云ふ能役者か覚えてゐない  云ふ情熱を理解しない  云ふ気はしない  云はせれば  云ふ地謡の声のをさ  云ふ時にもわざわざ子役を使つたのは何かの機会に美少年を一人登場させる  云ふ氣がしてならなかつた  云ふ赤染衞門はもう盛りの過ぎた  云ふやうにしか考へられません  云ふ宿業に生れ合せた  云ふやうに自分の心に聞き  云ふ式部の心は誠に優美の極をいつた  云ふ人知れず物思ふ  云ひさうな事を語つてゆくので  云へよう  云ひやうによつては前世の業縁を果すべく結ばれてゆく  云ひさわがれる  云ふ心の跡を辿つてゆく  云ふ事を聞きました  云えるような笑みを浮べた  云へばいいと云った  云ふ題名で譯されてゐる  云ふ氣にもなれない  云ふことを悟るが  云はれてゐるが  云はれて居り  云ひ聞かされたばかりである  云へないやうな気がする  云ふ弊害に陥つて居るかも知れませぬから  云ふ様な贅沢論もあるが  云ふ事を議会で決議した  云ふ社会の変動があると  云ふ様な者に会つて話して見ましても  云ふ聯想が浮ぶ  云ふのは戦争中に一時に工場を拡張したので  云ふ状況にあります  云ふ風に各国共に非常に困  云ふ様な所を皆占領して  云ふ事になると  云ふ事を思つて居る  云ふ事を虞れる  云ふ事を考へると  云ふ事になれば  云ふ事が考へられる  云ふ事を申しますが  云ふ事になる  云ふ事を思ひ  云ふ事が必要と考へる  云ふ風に考へて  云ふ事を聞いて  云ふ感じが西洋人に強く響いた  云ふ大事件が起つたのに  云ふ事が私の外国を旅する  云ふ事があつてはならぬ  云ふ記念日に当りまして  云へると思ふ  云ひきれる  云はなかつたとすると  云へないつて云ふんでせう  云つてみた  云つてみたら  云ひ出さなかつたわ  云つたり為たりする  云はれて書いた  云へば浅いに違ひない  云へるものが三つ手際よく引抜かれてゐる  云ふ十二歳の男子がある  云ふのはかうである  云ふ男を乘せて  云ふ事をささやいた  云ふだけの事ではあるが  云ふのがその年上の娘であらうが  云ひ争ひをしてゐる  云ふ未亡人の邸へ食事に行く  云ふ夫を持つて  云ふ口吻で囁いだ  云ふ会食のある  云ふ研究に汲々としてゐる  云ふものを立てて置いて  云ふ資格以上の自信を有してゐる  云はれたと云ふ  云ふ態度をしてゐた  云ふ前には老僕が大ぶ  云ふ詞にしようか  云はせてみたい  云ふも愚かといふ気がする  云へば向ふは  云ふ命令を受けた  云つてよいのであらうが  云ふ希望を述べると  云ふ言葉が実によく当てはまる  云ひたいやうな壮漢を伴つてはひつて来た  云はれてみれば  云はねばならぬ  云へばあの音か知ら  云つて下さればわかりますが  云ひながら出て来た  云ひ得るかを考へた  云ひおいて  云ひ直した  云ひたてる  云はねばなるまい  云ひ換へれば  云ひすぎるよ  云ふまでもありません  云ひ現すべきかを知らない  云はねばならぬとすると  云ふのは可笑しいぐらゐに思つてゐる  云へるとしたら  云へますまい  云いきることは出来ませんよ  云ふ諸侯の肝を冷やす  云ふ意味が罪その物を肯定する  云ふ事がやがて死の讃美に思はれ  云ふ南蛮鋳物師がゐた  云ひ乍ら羞ぢらひ  云ひ捨てて敷けば  云ひ乍らその絵をサラリと敷居の上へなげ  云ふ丈けにすぎぬ  云ふ感じが顕著に出てゐる  云ひ度くなる  云ふ気がどうもしてな  云ふと誰も呶鳴りもしないのに  云ふやうな言葉をつかふ  云ふと彼は長い立て膝を抱へ乍らその冷却した  云ふ顔附きで  云ひながら蒼い頤をなでた  云はぬ許りに押へつける  云へぬ淋しさが重い黒雲の様に上から彼の頭を抑へつけてゐた  云ふ夕の肌寒い風が障子の穴から忍び込むが  云はれれば平気で踏む  云はれれば平気で偽の誓ひも立てますしね  云ふ奴があんまり滅茶な虐め  云ふお馬鹿さんだつたのでせう  云ひ乍ら女は障子をピシンとしめて這入  云ひ乍ら眉を寄せ  云ふと罰が当るわ  云ひ乍ら女はそつと男に近寄り  云ふ光栄でせう  云ふそつくりな似  云ふ見下げた  云ふ場合にすぐそれと気取られる  云ふ意味に使はれて居た  云ふ厭なものが舞ひ込んだ  云ふこの青年も自分も共に町へ売り物に行き  云ふものは何でも物を人格的にしか考へられない  云つたやうな無形の核心を貴方が感じられないなんて  云ふ風に云ふなら  云ふ放任した  云ふ事を僕は知つてゐます  云ふ沢山の明りでせう  云ふもののいかにも点け  云はれると裕佐は泣き  云ふ事は彼には此上ない恥辱に思はれて来た  云ふものの力を眼のあたり見た  云ふ事を彼は小さい時から聞かされ  云ふ事の為めにはそれほどの肉体の犠牲がどうしても必要なのであらうか  云ふ事を諷する  云ふ仁が行きやせ  云ふ鋳物師があるとは知らな  云ふ大喜び  云ふ狂歌の讃がしてある  云ふ反抗的な気持ちで此男に逢ふが  云ふ狡るい人は嫌ひ  云ふ気にならなくつ  云つたやうなものがそこに現はれて  云ひ乍ら煙草に火をつけた  云へば今貴方方の前を二人の婦人が歩いて行きましたね  云ひ乍ら納屋のやうに見える  云はないかと促す  云ひ現はし得ぬ  云ふにしては  云ふのともちがふ  云ふ怪訝も同時に誰にも起る  云ふ迄もなく殉教のみが尊まれてはならない  云ふ事は素より放縦な狡猾をさして云ふ  云ひ終るか  云ふ語を聞くと  云ふ声が聞こえた  云ふことを聞きなさい  云ふ一夜であつたのであらう  云ひに上らうと  云ひ度く  云ふ天狗ならいつでも来て  云ふ普通の人の心でも打つ  云ふ程には捗取らなかつたが  云ふのは余程感心した  云ふ自分の満足を買へる  云ふ気違ひ  云ふ事が彼の若い浪漫的な興味を燃やしてゐた  云ふ事になつたのであらう  云ふものの意味はどこにある  云ふと国法に背く  云ふ事になるからだ  云ひ渋り  云ふ声が後ろにして  云ふ諷刺画を描いてゐた  云ふ転び伴天連が踏絵を発明した  云ふばてれんが殺された  云ふわたしは北原白秋氏や木下杢太郎氏の播いた  云ふ人を愛し出した  云ふ事実にもとづいてゐる  云ふ幼な児を佐世保や横須賀に転任する  云ふ境遇にも潜んでゐたかも知れない  云ふ孤独の中に仕合せにも彼の前に生まれた  云ふ註釈を施す  云ふ悪魔の理想主義者的忠告を斥けた  云ふ弁証法を用意してゐた  云ふ決闘だつたであらう  云ふ女人の子供であることは忘れなかつた  云ふことは出来ない  云ふ前人も彼に若かない  云ふ一面にも露はれてゐる  云ふ彼の気もちを言ひ放す  云ふ唯物主義者グウルモンの言葉は我々の心を喜ばせるであらう  云ふ事実の為であらう  云ふ下界の人生に懐しさを感じずにはゐなかつたであらう  云ふ言葉のクリストを支配してゐた  云ふ彼の為に彼の額へ香油を注いだりした  云ふユダに対するクリストの言葉は軽蔑と憐憫とに溢れてゐる  云ふ色彩に欺かれなかつた  云へる者来れり  云ふ意味の深い一節を残した  云ふ言葉と全然趣を異にしてゐる  云ふ人生の上に何か美しいものを残して  云ひ付けた  云ふこともなく度々陰気な物案じに陥いる  云ふ知らせの目食はせである  云ふことが知れた  云はせて焼く  云ふやうにしてよ  云ひながら焔をゆらめかす  云ふ時も通らんではならぬ  云ふ叫声が聞える  云ひ棄てて  云ふことの出来る  云つているから  云ふべき感情の戦ひ  云ひ続け  云ふことを一寸説明したかつたが  云はないでも私にはよく解つて居ります  云へば自惚れで  云はれて始めて  云ふ家へ電話で掛け  云ふ心にも反つてほんとの同情が出来る  云はうとしたが  云はれて突然純造は酷く吃驚りして  云ふべからざる戯談が滑り  云はれると弱るよ  云はれる場合は当人達は大概の場合テレて了ふ  云ひながら一処に乗つた  云ひながら出された  云はれると純造は鳥渡あかい顔をした  云ふと屹度始めは断る  云はれて見ると  云ひながら立ち上つた  云へば誰が何と云つても動かない  云ひ出せば  云ひながらだんだんに速度を増して居た  云ふのは揚肥よりも趙痩を指した  云つてる事つてすが日本人は公共思想が乏しくて商売をしても  云ふものなら昔しの  云えるのは己ばかりかも知れない  云ひし人間や笑ひし  云ふ俗物になつてはいけない  云ふ自惚れを  云ふことを考へずに  云ふものがあるかも知れない  云つてみませう  云へば身なりを整へる  云ふべき希望と光明に満ちた  云ふことを聴かぬ  云はれすぎる  云ふべき時機ではありますまい  云へると思ひます  云ふわけではありませんが  云はせないだけの  云ふのではありません  云はなければなりません  云はざるを得ません  云ひ実と云ひ  云ひ聴かせながら立ち去る  云へないのみならず  云ふに云はれぬ  云ひたいのだと思ひます  云ふものもあります  云へなくなる  云ふべき大戦争によつて完全な試煉を受けつ  云はれてゐます  云ひ得ませう  云ひきれぬ  云はねばなりません  云ふ方が当つてゐるでせう  云ひきる  云ふ諸家に少しも遜色のある  云ふ作家たちの中にいつか誰も真似手のない一人となつて出る  云ふことが唱へられて  云ふ本を書き  云ふものが殆ど何の意味もなさぬ  云ふべきものに過ぎない  云ふに過ぎない  云ふものは隋から初唐に至つて工妙の極に達した  云ひふくめた  云ひ出したとも  云ふ人は死にはしないと  云ひ暮してゐた  云ふまでもなくこの服装で凡ゆる  云ひ放つやいなや  云はさず  云ひやうのない不思議な音をたて  云へば事足りる  云はれて私は振り返つて見ると  云ひながらとみ子はちらと道助の方を見た  云ひつつとみ子が彼の背中をどんと叩いて  云ふ風に時々彼女の方へ点頭いて見せながら  云ふのは女の胸の方に忍びこんでゐる  云ふ話がある  云ふやうに音の裏に浮き上つてしまふと  云ふことが起つて来ても  云ふやうだと夙くに結婚してゐて  云つたやうな不自然な感じを起させた  云ひながら道助は餌壺の手当をした  云ひ返した  云ふ様に自分の態度を執るか  云ふ畳の目なりに置けば  云ふ具合に置くと  云はれて仕方なく学校を貸した  云ひたいことを云ひました  云ふと顔いろを  云ふふうにやるならば  云ひましたが誰も気持ち悪くする  云ふ工合でシラトリキキチ氏の云った  云ひつけました  云はせました  云ふやうにしてしらべました  云ふことを一晩寝ないで聞いて居りました  云ふものでございますがどうかお取次をねがひます  云はないでもぢもぢしてゐた  云ひましたらさうですか  云ひやがる  云ひましたら仕方なく戻って行きました  云へばどうもおれにもつらに見おぼえがある  云ふが  云ひ切れる  云ふ画を描く  云へばかう  云ふ画が此処に出来  云ふ画を見ると  云ふものであるとすれば  云ふ御手柄に感服するだけである  云つたやうなわけには行かない  云ふことになる  云はれて年月をすごして来たに  云ふ事が分れば  云ふ事もよく知つてゐて  云ふ事も話さねばならなかつた  云へば無理はありません  云つておきますが  云ふ事はすぐ分る  云ふやうな草叢の中を探険して  云ふ訳にはゆかない  云ふ事まで委しく話して聞かせました  云ふ人がある  云ふ事をお話ししなければならないね  云ふやうにいろ  云ひ草におどろいて  云ふ事がわかる  云ふのには一寸おどろきましたよ  云つてやりました  云ふ事も知らない  云ふ小さい蜻蛉になる  云ふのは古代イスラエル人が荒野を旅行する  云ひ出しました  云ふ数で三人を途方にくれさせる  云ひながら指で伐り倒した  云はれてゐるかと  云ふよりも寧ろ城の塔と云つた方がい  云はない方がい  云ふ事が長く生きる  云ふ事がお前に分るか  云ふやうな錆の出来る  云ふのは若し其の時鉄が純なものだつたとしても土の中に埋  云ふ通りだと思ひますわ  云ふ事が分らない  云ふ事を読みましたよ  云ふ事が始めて分りましたよ  云ふのは毛皮を背中へ投げかけた  云ふと私達は家畜の生命で生きてゐる  云ふ草がそんな品物になる  云ふ種子を取る  云ふ道具の歯の間でそれを押し潰して  云ふ大きな櫛のやうな鋼鉄の歯の間を通す  云ふものになる  云ふ植物から採る  云ふ事を考へて  云ふ二つの大きな力がはいつて来る  云へば毛房が布地になるまでに受ける  云はれない汚い所からも集められる  云ふ事が分つただらう  云ふ事が分るだらう  云つちや可哀さうだが  云ふものが文法以上に言葉の法則を教へてくれた  云ふ事を知りました  云ふ事を知り  云ふ事も知りました  云ふ事は好く分つた  云ふ活字は皆以前は逆さに字が刻んで  云ふ工合になつてゐる  云ふやうなあまり使はない文字の区切りはもつと離れた  云ふものが出来上るまで  云ふ心配のない紙に書かれなければならない  云はれてはゐるけれども  云ふ総称で呼ばれてゐる  云ふ小さなレース翅をした  云ふのは食べる  云ふ事を直接に知つてゐる  云ふ諺を御存じでせう  云ひわけになる勝れた  云ふ事は知つてゐます  云ふほめ  云ふ金切り声を聞いた  云ふ訳は今直ぐに分るが  云ふ驚くべき  云ふ事を知らなかつたら  云ひますでせう  云ふ事が見出される  云ひながら土をひつかいては  云ひながらほじくります  云へない程おなじやうに出てゐなければならない  云ふだらう程正確な間隔をおいた  云ふ立派な蝶になる  云ひはしませんけれど  云ふ事を明かにする  云ふ事がお前に分れば  云ふ事は私も認める  云ふ立派な蝶でせう  云ふ名前は其処から出た  云ふ風にして  云ふ事が出来るだらう  云ふ事は疑ひの  云ふ音がしました  云ふことを知つてゐました  云ふ事が大変楽にわかると思ひますわ  云ふものについてどんな事を知つてゐるか話して  云つたものとはずつとかけ離れてゐました  云はしておきました  云ふ事をきき  云ふ音とはもつと  云ふ機械のその硝子の柄を持つてゐて  云ふ事を信じて  云ふ事が分るね  云ふ唸りが続け  云ふやうにはね返  云ふ事を示す  云ふ事を証拠立てた  云ふものに屈しなければならない程  云ふことを忘れない  云ふまで音を立て  云ふものを使ふ  云ふ時にやつと聞える  云ふ事を教へて呉れました  云ふ風に出来てゐる  云ふ事は話しませんでした  云へない程清々して  云へば凡ゆる  云ふ人さへある  云ふ事を知つてゐたら  云ふ国の人達が餓死した  云ふ事を話す  云ふものは人を助ける  云ふ事を知つて噴火山へ急いで  云はして下さい  云ふ一機関車のぢき後ろにある  云ふやうにその梢を振  云ふ事が分りました  云ふ事を考へなかつたら  云ふ事が分る  云ふ事が分らなくな  云ふとする  云ふ事に同意すると思ふかね  云ひかけました  云ふ事があらう  云ひながら輝いてゐた  云ふもの其の旅行は続いて  云ふ区切りのある  云ひ募ります  云ふ事は出来ないからね  云ふ事をさせない  云ふよりも寧ろい  云ふ事の出来ない  云ふ事を証明する  云ふ非常な野心を持つた  云ふ事を教へて上げただらう  云ふ事は地面に跳び下りると  云ふ海が来て  云ふのはかうです  云つてくれる  云はせてゐるだけです  云ふ特性を持つてゐる  云ふ事は云ふ  云ふ事を知らない  云つたやうな驢馬の耳のやうな花を見た  云ふのは花冠の台になつてゐる  云ふ事が分り  云ふ違ひがあるだけで  云ふ事が分つた  云ひつけられて  云ふ大事な仕事がある  云ふべき力をつけられる  云ふ事を話して上げ  云ふのだと云ふ  云ふ設備をしておかないと  云ふ甘い汁が入つてゐる  云ふ事を信用なさる  云ふしるしが附いてゐませんから  云ふ事を聞く  云ふ別な名をつけられてゐる  云ふ恐ろしい言葉が伝はつて来ました  云ふやうな恐ろしい事は殆んど考へられない  云ふのはそんなに酷い事もある  云ふ所まで降りて  云ふ所まで昇る  云ふ風に又支那や印度や日本から来た  云ふ美しい色を取  云ふ事にして  云ふ事を聞きつけました  云ふものがどんなに必要なものかと云ふ  云ひかへれば  云ふ事を知る  云ふので面喰つてしまひましたよ  云ふ事が分りかけて来ましたから  云ふ事がよく分つて来たらう  云ふ事と海のためにい  云ふのもゐるし  云ふ事を想像して  云ふ事が分りましたよ  云ふことをよく知つてゐる  云ふ耳にこびりつく  云ふ翅の音がしてゐます  云ふ事になつてゐる  云ふ問ひがある  云ふので虐待して  云ふ風に幾つもの切れ切れがひつつき合つて出来てゐる  云へば幾何学の奉仕者とその美しいものの附属物の言葉の紹介に驚いてはいけない  云つておく  云ふ条件には当てはまる  云ふ事は我慢がならない  云ふ事はお前達も知つてゐるね  云ふ事を知つてゐて  云ふ音が王房の中から聞える  云ふ声で一杯になり  云ふ事を覚るまでには  云ふ音が巣箱の中で聞こえる  云いまわしというようなところで読者をとらえてゆく  云えるのだと思う  云ふものがあつて支那の東南の海岸を荒す  云ふ旗じるしを差上げた  云ふ打電の便利があると  云ふ事は今迄ずい分馴らされて来て居る  云ふ電報之丈を打電して  云ふ事なら何日でも居てくれ  云ふことが出来る  云ひ得るであらう  云ひ得よう  云ひ得ないであらうか  云ふだけは云つとくよ  云つたさうだ  云えるし大いにあるとも  云ふのが僕の家は可成りの  云ふ仕事もしないで遊んで居る  云ふ一地名を挙げた  云ふ老人の声が何となく神秘的に聞こえる  云ふ評判を専らにして居た  云ふ意味だかよくわからなかつたが  云ふ噂と共に彼の消息は絶えてし  云ふ満足が彼の現在の位置に関する疑問をも僕の心に起させなかつた  云ふのは実は僕の常に慕つて居た  云ふ物僕が殆んど毎夜同じ夢を見る  云ふ事は自分によくわかつて居る  云ふ事の外何を考へる  云ふ通りにならうと  云ふ印にもなる  云ふ事をしらせた  云へ現在この自分の手からそれ等の人々の黒血はわが良心に向つて絶えざる  云へる詩を作りしは  云ふ事にまさる  云ふ書を見たら  云へぬ心もちにさせる  云へば下の如き所あり  云ふ位な感心に過ぎず  云ふ気味があるかも知れず  云ふ看板もあれば  云ふ気がしたり  云ふ乞食あり  云ふ噂ありしが  云ふ意味に使つてゐる  云ふ意味ははひつて居らぬ  云ふ意味には使つて居らぬ  云ふ時は小説なぞ書いてゐる  云ふ仙人にはすぐになれ  云ふ好小品がある  云ふ感じを出さうとする  云ふ事は世間が考へる程  云ふ気がした  云ふ手紙をよこした  云ふ佐藤の厚意に感謝した  云えるかも知れず  云ひ合した  云ふものを免れない  云ふものが構成せられるには  云ふことでなければならない  云ふのは各國家民族の獨自性を否定する  云ふことは各國家民族が何處までもそれぞれの歴史的生命に生きる  云ふに外ならない  云ふ所の世界的世界形成主義と云ふ  云ふものが中心とならなければならない  云ふものが成立する  云ふものに陷らざるを得ないであらう  云えるのではないかと思ったりした  云ふ工合にして  云ふ人はカトリツクにおきましては聖人と稱せられた  云ふ有名な詩篇があります  云ふ不思議な力も苦行によつて得られる  云ふ工合に寄せ  云ふことをやつて夫で以て宗教上大切な務をなす  云ふものが一定して居らない  云ふ行者も生きて居る  云ふ評判が立つと  云ふ時は動もすると  云ふ苦行をやつて居る  云へば印度人は畢竟光明の世界を去  云ふ部分にのみ其の精力を傾注したが  云ふことをお話しやうと思ひます  云ふものがある  云ふものになつて法を説いたかと  云ふことを任した  云ふ人が自分の侍醫からして  云ふことを聞き  云ふには夫れはあるが  云ふ五卷の書物に山犬の話がある  云ふ有名な作者の書いた  云ふ脚本から脱化し  云ふ作がある  云ひたくなる  云ひあつてゐると  云ふ十二になる  云ふ洽子さんを見てゐると  云ふ橋が薄らと見えてゐた  云ふて別段あとへ退かうといふほどの  云ひつくしてゐる  云つたらまつたく  云ふやうな事もありませんが  云ふ程の考へもなく過ぎました  云ふまでもなくこの図は美人が蚊帳を吊りかけて居る  云ふと聞くからに  云ふのが元になつて居ります  云ひ合つたりした  云はれて新三郎も気が浮き  云ふに忍びず  云ふ確信に自ら安んじてゐたので  云ふ祈祷を捧げた  云ふ相図をした  云ふ記憶はないにしても  云ひ始めた  云ふ意味の身ぶりをした  云ふ金額を示してゐる  云つたやうに思つてゐるらし  云ふ意気ごみを示す  云ふ事がわかつた  云ふ話を得意らしく話したさうだ  云ふ無頼な混血児を耶蘇基督だと思つてゐる  云ふこととする  云ふに至つてから後のことであるやうにおもはれる  云ひ終るやいなや  云ふの必要を認めない  云ふ語に音近きを以て斯く言ひし  云ふと同じ義とし  云ふ短詩を発句と呼ぶならば  云ふ形式にありとすれば  云ふ詩語の外は大抵僕等の家常茶飯に使つてゐる  云ふ言葉などは僕等の祖先から伝へ来  云ふ語感を軽蔑する  云ふ意味を十七音か否かに限る  云ふ調べの上の妙は大正びとは畢に元禄びとに若かない  云ふ点から言へば所謂新傾向の作家たちは十七音によらないだけに  云ひ分がある  云はぬことにする  云ひたいことを云つてゐる  云へなくなるが  云ふものは元から溜まらない程  云ふ永遠なる獄卒は眠らずに  云ふ声が聞く  云ふ諷刺的の名作を出して  云ふことを悟  云ふのは平気でゐた  云ふことは最初から分かつてゐた  云ふことが分かつた  云ふ号令が掛かると  云ふ暗黒な秘密を感じたかも知れない  云ひ交はしました  云ふ騒ぎでせう  云ふ恐しい  云ふ事になりました  云ふ廉がある  云ふ不安があるでせうが  云ふ事もある  云ひ足りません  云はば半吹き折られた  云ひきれます  云つたやうに聞えたとでも  云ふ事をやらせる  云えない玄関へ立ち  云ふ柄の正札を睨んだ  云ふ声のする  云ふ問題が始めて浮んだ  云ふ詞を口の内で繰り返した  云いるけれ  云ひ続けるので  云ひながら庭から入つて来た  云ひ争ふ  云ひ方をする  云ひ残すと  云ひ寄つたりすれば  云ふのか七郎は知らなかつたが  云ひ寄つてゐた  云はうとしてゐたが  云ひ切らぬ  云ひかけ  云へさうも  云へるのは面白いと妾思つてゐるのよ  云ふ類ひの  云はぬ稀大の嘘吐きである  云ひ張つてゐる  云ひ争つてゐる  云ふ野蛮な事件が起るの  云ひ出し  云ひかけた  云ひなさい  云ひあてるが  云ひにくさうにして  云ひながら追つかけて  云うたてはっきりした  云ふに舟に乗りたる  云えるのがいかにも満足そうに云いながら  云ふものを読んだ  云ふと彼がそのノート・ブツクに書いてある  云つたことがありましたが  云つたことがあるわよ  云ひ放つばかりで  云ひ残したが  云つておいて  云はないで部屋を出て  云ふ通りにならう  云はれると康雄は急に偉くなった  云はうとするらしい  云はば純實驗物理學的の仕事をした  云へるかも知れない  云ひながらめくらのかげろふが  云ひながらいきなりかげろふの  云ひながらかたつ  云ひながらかたつむりはも少しのみました  云ひながら立ちあがりました  云はうと思ってゐた  云ひたかったのでせう  云ひながら一目散に帰って行った  云ひながら兎の耳をかじりました  云ひながら兎のあとあしをむにゃむにゃ食べました  云ひながら狼の持って来た  云ひながら大きなあくびをしました  云えない細かなざらざらした  云えるぐらいなら苦労はしない  云へぬ澁味のある  云ふ停留場で下りて  云ふ事もあるでせうけど  云ふやつが付纏つて来ますからね  云ふわけには行くまいさ  云ひ消したが  云ふ者がある  云はなかつたのを見ると  云つてください  云ひつけて  云ふに過ぎなかつた  云ひ知れない  云つたさうです  云はないのであらうと  云ひかけたので  云ふ話を聞かされてゐた  云ふ人を一人連れて来て  云ふ話もある  云ひ知らぬ  云ふ奴は縦横に跳梁して  云ふ言葉を挾んでゐる  云ふ商人の売つてゐる  云ふのも恐らくはこの往来の裏あたりであらう  云ふ町裏を徘徊する  云ふものを売りつけてゐた  云ふ時に投げる  云ふ梅の名所だつた為に南画らしい趣を具へてゐた  云ふのは僕の先生たちや友だちの悪口を言つてゐる  云ふうちには勿論僕のこともはひつてゐる  云ふ僕の友だちと一しよに  云ふことを知ると  云ふ返事をした  云ふ法を行ひ  云ふ友だちと一しよに  云ふ友だちが溝の中へ落ちて  云ふ僕等の話の中に寿座の前を通り過ぎた  云ふ話を聞かされる  云ふのは四つ目あたりへ通ふ  云ふ天才たちの一人だつたであらう  云ふものを見  云ふ外に仕  云ふものの立つてゐた  云ふよりも卵塔場と云ふ  云ふ洗湯はありますよ  云ふ度に思ひ出す  云ふことを十五回だけ書かなければならない  云ふ人の書いた  云へぬほどのハニカミ見たいな  云ひそびれる  云ふことを近所の人から聞きました  云はれたことが思ひ出されて  云ふ話を聞きました  云ふことができる  云ひながら画かきは  云ひながらそれをはね越えました  云ふとドツと一時に動搖めいて  云ふ隨筆がある  云ふ題がついてゐた  云ふドストエフスキイの小説はどうも一度讀んで見たい  云ふ横文字がある  云つたやうな何の意味やら分らない  云ふ奇妙な單語だつたりしたのでがつかりした  云やしなかつたかしら  云ふのを隨分變な小説の題だぐらゐにしか思つてゐなかつたけれど  云ふやうな名稱のついてゐる  云ふのなどはそれらの能面の名稱から僕がひとりでに聯想した  云ふ名稱のある  云ふ名稱を見てゐないとは限らない  云ふ自分の犯してゐる  云ふ気がする  云ふ事が夢の中に何時か織りこまれてゐたと見える  云ふ程には非るも何時重大に変ずるや知る  云ふにあり  云た様な仕  云ふ任命をうけてゐる避けるだけ避けねばならぬ  云ふ仕  云へ降参抔とは男子として忍ぶべからざる  云ふに忍びぬ  云ふことをききませんでした  云はうとした  云ふのを聴いてゐましたが  云ひ合ひました  云ふのだから吃驚した  云ふことを発見して  云ふ御座敷芸のない為に看破し  云ふ偽者の毒手にかからない  云ふ大役を命じ給うて居られる  云ふ名をその後外国の総称に使ひ  云ふべき平家物語に於ける  云ふ捨身の奇襲戦法に依つて  云はれる自らの性行の反省修養のためであつたとも考へられる  云はねばならないと思ふ  云ふ名手が出た  云ふ力強い史論を持ち  云はれて憎まれてゐた  云ひがたいであらう  云ふお話もきいた  云ふ事が出来た  云ふ人に会った  云はれて学校へ行った  云ふ事のみでなく人を愛する  云はれず  云ふおはなしをきいた  云うけれ共私はこの頃特別にそう思う  云ふ音が彼方でも此方でもして  云ふ世話がなからうなどと考へて居た  云はれながら笑顔をして居た  云はないで居て  云ふ字のある  云ひやうのない重くるしい仕事に思はれてならなかつた  云ふのを初めにいろいろの質問を私の小い  云はないで居るは  云ふ娘が居た  云ふのはいい年でございますねと付け加へて居た  云ひながらまた其処に倒れて  云つてやれよ  云やあがる  云ふことをきかぬと憤つて  云ふものが出てゐる  云ふものもあるが  云つたやうに器械で拵へるよりも  云ふと解らない  云ふことを書いた  云ひしが聞えず  云ひぬ寝てのみあればかざしたる  云ふや初夏の玉の洞出しほととぎす啼きぬ  云ひしならねど  云ひぬ日は暮れぬ  云ふやちぬの  云へどやはらかにぬる  云ひし朝露の路冬川は千鳥ぞ来啼く  云ふなると  云ひがたき曲線の美を示す  云ひ抗抵と云ひ  云ふんで戯曲を書いて  云ふ組織にしなく  云ふ仰せは確に拝誦しました  云えるかもしれません  云ふ古い驛に降りた  云ふことを聞かなければならない  云ふのがい  云ふ旅人宿に泊つて御覽なさい  云へば私の生れた  云ふのに宿を取る  云ふ啄木の唄に出て  云ふ釧路新聞社の前をとほつた  云ふ所にも行つてみた  云ふので此釧路の海も賑ふだらうと  云ふ若い婦人記者のひとが私と旅を共にすると  云ふひとの建築になるとかで  云ふ摩周の山々を見た  云ふ黒子のやうな島があり  云ふのであらうが  云ふ人の出迎へを受けた  云ふのに這入る  云ふのを三拾錢でもとめた  云ふ位ゐなら  云ひ放つ  云ひながら寝てし  云ひたいのだが云ふ  云はうともしなかつたので  云はせぬ  云はないで呉れよ  云ひ争はう  云へばわたしの意気地なさなのであるから愚痴にもならなかつたが  云ふ通りと思つてゐるので  云ふ人生の何処にもなくつてい  云へば云ふ程  云ひながら円陣を滑り出て  云ひ方をしてし  云ひながら快い剃刀の音をたて  云ひ合ひながら  云ふ男の顔に似てゐた  云ふ声が遠くの方でする  云ひながら庭の方に眼を向けた  云ふやうになつた京子の体を介抱しながら  云ふ共通の話題が出来てからは  云ひふらした  云はれずにい  云ふ人中に交つてゐると  云ふ気も起さなかつた  云ふ事を報じて来た  云ひ合せた  云ふ感じを強くさせた  云ひ続けた  云ふやうな意味がかいて  云へば万葉を一掃せよといふ  云ふものの私にも晶子歌の全体などとても分らない  云ひ直せば  云ふほどの姫君となり  云へば至極迷惑のことでく  云ふに足らざる  云ふものありや  云ふに近き恋それにも我は死なんとぞ思ふ  云はぬ朝あけ大ひえの山すそ紫なり岡崎の里霜のあしたゆきし  云ひてもい  云ひしかこの女闇にほ  云ひやはる  云ふ何を云ふぞよ  云ふにあらねども  云ふ駅か知らず  云ひながら箱の蓋を取  云へば云へるが  云へば敢て満点をつけてもい  云つたやうなことばかりだといふ  云ふべきこの峻烈にして  云ひ淀みました  云ひ交したか  云ひ遅れましたが  云はうとしなかった  云ふことが出来なかった  云ふまでもなく瞑想や感傷で空を見あげてゐる  云ひ続けようとしたが  云ふ毎に歯ぐきが全部露はれて  云ひ放つので  云ふ質問を発した  云へはそのやうな名前の野球チームがある  云はせて母親などを感心させたりする  云ひながらフラフラと立ちあがると  云ふ形式に限られてゐる  云ふ問題になつて来ると  云ふ意味に解釈すれば  云附け下せえまし  云ふ心持になる  云はなくてはならない  云ふものが出来た  云ふべきものがあり  云へばさうも  云ふだけ野暮であらう  云へぬ僕なりしを思へば  云ひやうもなく感動した  云ふ度合によつて測られる  云ふ世人を大いに輕蔑してゐた  云ふ悲劇の一つは此處にあると  云はば活力に滿ちた  云ふ事を感じてゐる  云ふ事は出  云はばヒユマンな閃きを  云ふためしはとんとげえせん  云ふ傾向の小説を書く  云ふ質問も青年の君としては如何にも發し  云ふのはその以前は誰しも動搖を持つ  云ふ批評を聞いて  云ふ結論に達した  云ふ森先生に恐怖に近い敬意を感じてゐる  云ふ良心も持つてゐない  云ふ點のみから見れば  云ふことに存してゐる  云ひながら植物の始末をした  云ふ通りなカーテンを買つて来て  云ひ出すかを  云ふ事を信じてゐたらしい  云ふそれであらう  云ふ心もちもして来ます  云ふ憂き目に遇ふ  云ふ私を憐んで下さい  云ふ声がする  云ふと彼は再び坐した  云ふ数字は何を意味するのであらう  云ふ恐ろしい形をした  云ふ物を発見してやらう  云ふ物はすこしも眠れなく  云ふ子に会ふとすぐ食ひ付いてしまひ  云ふのは恐らく詩人の幻想に過ぎまい  云えるかも知れませんが  云えるかも知れませんね  云ふわけか急におれの着物を笑ひ出した  云ひながらそっちへ行った  云ふ時節ともなると  云ふを要せず  云ひ歐羅巴と云ふ  云ふ勿れ  云えるかも知れない  云えるに他ならぬ  云へばその中には斯んな個所があります  云ひおくれましたが  云ふと富士やサクラやゲイシヤを見せびらかす  云ふものを先づ知つて戴かなければならない  云ふものはどういふ  云ふ所も日本かと想ふと又全くそれと一見反対の様な或は矛盾した  云ふ事が先づはつきり掴めないと思ふ  云ふものを皆さんの頭に誤つた  云ふものを通じてどういふ  云ふものを育て  云ふことが日本の現在の芝居の特質と数へても宜いと思ひます  云ふことには理由がある  云ふのは大体に於てダンスと音楽に依つて組立てられた  云ふものが今日矢張り大切に保存されて居ります  云ふものを加へると  云ふものが作り上げられる  云ふことを申しますと  云ふものが一貫した  云ふ一つの特殊な文化現象が日本にあるといふ  云ふ点で非常に例外的な文化の発達をして来て居ると考へます  云ふものを飽迄支持し  云ふ事に気がついて  云ふものを求めた  云ふものはもう無くなるといふ  云ふことを絶えず主張して居ります  云ふ事はそんなことぢやないと思ひます  云ふのは何かと申しますと  云ふものはどう云ふも  云ふものを枉げて  云ふものが生れて来る  云ふことを今日迄繰返し  云ふものが完成された  云ふ境地に這入り得る  云ふと最初のものは神または神に準ずる  云ふ一つの心理をクライマックスとする  云ふのはどういふ風に造られてゐるかと  云ふものは造らない  云ふものには何時でも静動の両面がある  云ふ風な方法に依  云ふものは非常に単純を極めた  云ふ場所であるかと云ふ  云へば神社のお祭りに踊りを踊つたり歌を唄つたりする  云ふことをした  云ふことが言ひ伝へられて居ります  云ふのは勿論体裁の整はない雑駁なものであつたに違ひないが  云ふ一つの完成された  云ふことを其の次に申します  云ふのは源平時代のもので之は王朝ものとも言ひます  云ふ名前が付て居ります  云ふ風に大体三つに分けますが  云ふのは踊を主とした  云ふのは台詞と仕草に依  云ふ風な所に重点を置いてゐるか  云ふのは只今申上げました  云ふ部分だけ見ると  云ふのは人を責めて  云ふのは以前には可なり極端な人殺しの場面を細かく演じて  云ふ事を無視して  云ふものが演じられると  云ふ話が残つて居ります  云ふのもありますし  云ふ場合の歌舞伎の台詞を真似て  云ふやうな言葉を普通冗談に使ひます  云ふのは黙  云ふことは主としておほ  云ふ人物を舞台の上に出して  云ふ人間業では到底出来ない  云ふものがあります  云ふ盲人の音楽家が或る場面に出て来ます  云ふことで警邏の者が調べに来たといふ  云ふので俳優が人形の真似をする  云ふ場面を軽業化し  云ふのをやりますが  云ふことが主になつて居ります  云ふのは渡台詞或は厄払と云ふ  云ふと主に名乗りに使ふ  云ふ素性でどう云ふ  云ふ名称であると云ふ  云ふことをやつたのは歌舞伎だけだと思ひます  云ふ風な歌舞伎の形式は欧羅巴の新らしい芝居の中にも模倣或は影響が見られる  云ふものも注目すべきであります  云ふのは人物の容貌と表情とを誇張した  云ふことがひと目でわかる  云ふ方法が非常に発達して居ります  云ふ風になつて来たかと  云ふ純粋な其の古典劇を持つて居る  云ふことに気が付きました  云ふ要求が起つた  云ふものを十分に立て得なかつた  云ふだけのものでありますからして  云ふものが日本の新らしい芝居を代表する  云ふと新派劇は歌舞伎と一緒になつて居る  云ふ文化の部門でも繰返へされる  云ふものを作り出さうと  云ふものを排斥し  云ふ目的を似て起つた  云ふ劇壇を拵へました  云ふ俳優と一緒に拵へました  云ふ点に皆さんが気を付けて見て下されば  云ふ事が解り  云ふ世界こそ日本の若いゼネレーシヨンが諸君に見て戴く  云ふ小劇場に拠つて仕事をして居ります  云ふ一つのイデオロギーを以て仕事をしてゐた  云ふ思想運動が禁ぜられてゐる  云ふ思想的な傾向は全く持たない  云ふものに於て非常に優れて居ります  云ふ一つの強味を通して全く活溌に一般の社会に働き掛けて行く  云ふ大作を上演して  云ふのは主として其の目的とする  云ふものを必要とする  云ふものを作り出して始めて  云ふ大資本の統轄下にある  云ふ大資本の下で統轄されてゐると  云ふ所で働いてゐると  云ふ独自な立場を持つた  云ふ種類の団体では見られない  云ふものを見学にお出でになると  云ふとまだ沢山ありますが  云ふ場合に能狂言と歌舞伎と云ふ  云ふ印象を先づ持たれます  云ふ事を特に諸君に申上げたい  云ひ云ひした  云ふ御守を出す  云ふものがあるが  云つてくれません  云つてるじやないか  云ふまでもなく解り  云ふ人には解つてゐない  云ふのはテレ臭い気もする  云へぬ類ひの  云ふべき不得意さに恵まれて来た  云ふことはよくわかるが  云ひなさるが  云はば不純なさうした憂鬱にいつも捕はれてゐる  云つたやうな感じがする  云ひ云ひするけれども  云ふのだからよく覚えておく  云ふ買物になると  云ふと云ふ  云はせたいだけ  云はせないで  云ふものか活気がなくなつてゐた  云つちやいけない  云ふこともなくす  云ふものに手を出して見たりした  云ひやうのない落莫とした  云はぬばかりの口ぶりで嘉吉はなか子へ風呂敷包を渡した  云ふ商人宿の看板が眼に止まると  云ふことを考へる  云ふことが解らない  云やアがる  云ふ拵にして  云ふ結構なお下物でせう  云ふ忠告を受けたの  云ふ事を聞きましたが  云ふものは無ければならぬ  云ふ所にお心を附けて  云ふやうな物を手あたりしだいに讀んでゐた  云ふにあらず  云ふ事を證明するからである  云ふ風な事を申上げる  云ふ問題の最初の講演を試みて見  云ふ題目に致しました  云ふ事を考へるに  云ふ事をいふ者が多くある  云ふやうな考へになり得る  云ふことを詮索するには  云ふことは斷言し  云ふ證明にはなりません  云ふ暗黒時代は折角支那から輸入した  云ふ樣な學者がありますが  云ふ人達は戰亂の爲めに古來相傳の文化を失つたと云ふ  云ふ樣に人から借着をして居た  云ふことを見  云ふのがありまして  云ふことになつて居ります  云ふ家臣に殺されてから  云ふことを謝せられた  云ふので手離さない  云ふものをどうしても離さずに持つて居られたかと  云ふものが出  云ふものがあり  云ふことにはならなかつた  云ふものは奈良朝時代からありまして  云ふ人達から考へれば  云ふことは不思議な樣に思はれますけれども  云ふことがありますが  云ふ人達が支那の學問に反對して  云ふものを鼓吹する  云ふ事から流れを引いて居ると思ふ  云ふ事が大變尊いと云ふ  云ふ事は鎌倉時代から足利時代の暗黒時代にかけて發見した  云ふものをどうしても失つてはならないと  云へば吠陀の中にある  云ふことがありますから  云ふ所から多少は殘つた點もあります  云ふのが出  云ふのが世の中に現れて  云ふ語を武術の意味に用ゐる  云ふ事は申す迄も  云ふ證據にならうと考へられる  云ふことが強く頭にあると見えて  云ふ人がどこの世界にありますか  云ふ義太夫語りが好きで毎晩聴きに出かけてゐる  云ふ気違ひにな  云ふ風には見えない  云ふのも当つてゐない  云ふものはこんなに脆いかと云ふ  云ふ安心からであらう  云ふ考へが突然彼を苦しめる  云ふものに欠けてゐる  云ひかける  云ふやうな気持は失ひ  云ふ気持に駆られてゐた  云ふ言葉をきいてゐた  云ふことに決着して  云ふ人のいい男はまた誰かに好意を示されると  云ふ声が支配的になつてきた  云ひたさうにしてゐる  云ふ約束も危くなつてくる  云ふまでもなく争議は惨敗に終つてゐる  云つたりした  云ふのかも判らない  云ふものに対する愛好心が刺激された  云ふ掩ひ  云ふ事は大抵想像が附く  云ふ貼紙が幾所にもしてある  云ひ人生と云ふも  云へば畢竟線と色と音との複雑な集りから成立つて居る  云ふ意志の強い看護婦さんが側に居られる  云ふのは何よりも繋累の無いと云ふ  云ふ事を従来経験しませな  云ふ事は経済さへ許せば  云ふものも斯う云ふ  云ふ事を鉢や茶椀が落ちて欠けた  云ふ事は出来る  云はせた  云ふことに依  云ふのが筑前の志賀島にて發見された  云ふことが推測され  云出すか知れませんよ  云やア解るから呼んでくれ  云やア分る  云附けて遣り  云やア何にも云わず  云ふ外に何の希望も持つて居ない  云ふ意味なさうで  云ふ女が偶と振  云へなんぞ人人のなかより来り  云つて続け  云はないで下さい  云へば此時代に關係のある  云ふ事が出  云ふ藤原時代の歌人と大に其趣を異にして  云へるだらうと思ふ  云ふ問が起らうが  云はむよりは寧ろ其光によつて周圍の淋びしさを掲焉に反映する  云ふ方が適當であると思ふ  云いなされた  云ひ尽された  云置く事もなく私の身の上も安心して  云やアしねえ  云やア多勢で奉って  云ひあらはす  云ふと私には興味がある  云ふべき人間の影像を探し求めて  云ひふるされた  云ふ方も聞く  云ふだけ云ひ  云ふべきだと信じる  云はば精神機能の厳密な意味での障礙を指す  云へない所以を述べる  云はば同じ精神の状態から生れる  云はせようとすると  云ひがたいところはあるが  云はうとしない  云ふ呼吸がまことに板につき  云ひたいことを云はせ  云ひたいものもあらう  云ふべき人間の影像を探し求め  云へば役人だと思つてゐる  云へば国民有識階級からとかく揶揄され  云へるやうな精神の生命力をなんと呼んだ  云ひそびれたりしてゐる  云はれてしまへば  云ふ始末にもなり  云ひ得るならば  云ふべき形式的な掟の上にたち  云はれる悲しさを私は想ひ出す  云ひつけよう  云はざるを得ない  云はば後天的な習性ともいふべき  云つてしまへば  云ひ切る  云ふにしても  云はば相手と自分とを引きくらべ  云ひかへた  云へば既に手おくれに  云へぬ特別な雰囲気を作りだす  云はば小学校の教育と世間的な経験との結びつきから生じる  云ふべきものができあが  云ふべきものが大きな問題だと思ふ  云ひすぎではないと私は思ふ  云ひ分があらうけれども  云はば空まはりをする  云へばほしくもない粉ミルクが黙  云へるものもあらうけれど  云はばグロテスクな風俗がわれわれを地球上で最も品位を欠く  云へるかもしれぬ  云へば必ずしもさうでない  云へぬまでも実体を具へてゐない  云はば鬱憤をうつたへる  云ふのであらう  云ひながら暫らく凝  云ひながら仰山に顔を顰めて  云ふことを一寸真面目になつて聞いて呉れ  云ひ残せし  云へ驕る  云へども帰らざることなれば  云ふのに未だ帰る  云はして  云はなくなつたといふことが考へられます  云つたりする  云ふ通になれ  云つてるだらう  云ふ商売の息子であるせゐか  云ひ草が疳に触る  云ふもの彼は往来などで出  云ふことを問題にさすに  云ふやうになる  云はぬがちつと強すぎて  云ふ信實の子の筆なりと言はる  云ふ跪拜に價する  云ふ精神の必ず脱る可からざる状態であらう  云ふ事がある  云ふ意味の言葉を書いた  云ふものを知らない  云へば眞面目と巫山戲との中が割れて  云ひ具象と云ふ  云ふ抽象とは知覺の世界に就いて  云ふ一元的信念に基く  云ふ意味で尊敬に價するのみである  云ふ意味に於いて  云ふ幸な日の下に生れた  云へば眞正に自覺せぬ  云ふ仕合者であらう  云ふ歌の思ひは  云ふ處が古人の云ふ  云ふよりも遙かに對手との親しみを深くする  云ひ樣が巫山戲てゐると  云ふ希望を起した  云つたり身を處したりする  云つたりしたりする  云ひ直してみても  云ふ人も出て来ました  云へないこともありません  云ふことに付てお話を申上げたい  云ふことだと申して居ります  云ふことは能く分らない  云ふやうな鏡を持つて居る  云ふことを研究して見たいと思ふ  云ふことのある  云ふが是は皆西洋人から借りた  云ふ譯であらうか  云ふことは進化の法則に於て分らない  云ふ問題を出した  云ふならばそれを一つ君の立場から書いたら  云ふことに疑を抱いて居る  云ふことを氣が附かない  云ふと日本にさう  云ふ帝室のお藏があります  云ふ風に總て奴隷を基礎として經濟を立て  云ふと奈良朝の終り迄奴隷がありました  云ふ法律にも載  云ふやうに非常に制限的な法律がある  云ふ法律即ち大化革新の後を全くする  云ふ風に奴隷にも田を呉れる  云ふやうなことが段々續いて  云ふのは大寶年間に出  云ふやうなことで立派に奴隷制度が成立つて居りました  云ふことを決めますから  云ふことであるから土地を澤山持ちたいと  云ふことになりましたが  云ふことを考へないで  云ふことが三年に一度になり  云ふことになり  云ふことを朝廷に希望する  云ふものは其莊園のマネージヤーに過ぎなかつた  云ふ收入を得るかと  云ふ位の收入を得て  云ふと其莊園を管理して居る  云ふ譯であるから莊園と云ふも  云ふものは今まで公田即ち地方官の勢力のある  云ふ土地を耕して居る  云ふのは一面から見れば  云ふのは一つの好い效果だと思ふ  云ふ風に莊園が出  云ふやうなものが自然莊園に出  云ふ譯で一種の町が出  云ふ必要が出て  云ふことを知らないで  云ふものが出て  云ふので地方へ分れて  云ふ人がありますが  云ふのは其邊の莊園を司つて居る  云ふなら是は何か方法を考へなければならぬ  云ふのが東北を征伐して  云ふことにしたら  云ふことを考へ出した  云ふことになるから  云ふ莊園を持つて居る  云ふやうなことになり  云ふ言葉があります  云ふやうな譯で始終小戰爭が絶えない  云ふやうな一種の道徳が其處から守り立てられて  云ふのがあります  云ふと貴族に仕へて  云ふことがシヴアーリーの役目であると云ふ  云ふものがありまして  云ふと良き馬を買ふ  云ふと正宗の刀を買つたと云ふ  云ふものは立派な武士でなければ付けなかつた  云ふものは全く無くなつて  云ふ者に賜物を下さつた  云ふことが歴史に載つて居る  云ふことは如何に其ときの生産力があつたかと云ふ  云ふと十世紀頃まだ木の鍬を使つて居つた  云ふことは鐵を採る  云ふ綾織があります  云ふものは西洋の法典の中最高峯と言はれて居ります  云ふ立派な法律を作り得る  云ふやうなことをするから  云ふことにして  云ふ聲を出して  云ふ聲を代表した  云ふやうなことだけ傳はつて居るが  云ふ號令を出した  云ふことを考へられた  云ふことを考へて  云ふことを考へた  云ふのは税を取らない  云ふ名前が殘つて居る  云ふので自由にした  云ふことを信じて居ります  云ふ船乘がある  云ふ訓令があります  云ふ訓令を授けて居る  云ふ名前を付けて  云ふやうなことをしたが  云ふものを取る  云ふやうなことを書いて  云ふ大變革をして居る  云ふ歌を作つて居る  云ふものは璞を切るべく  云ふ歌を歌つて居る  云ふやうなことを言ひますが  云ふときの軍用金として積んだ  云ふのが出て  云ふやうな譯で日本は西洋列國と同じ過程を經て來て同じ結論に達して  云ふ理屈は立たない  云はれもした  云はない程になつてゐた  云ふのが聞えない  云ふやうに動いたや  云ふほどの大した異ひはなかつた  云ひ殘して行きたいと  云はうとしてゐるらしく  云ひ爭ふ  云つてみろ  云はなければならなかつた  云ふものがゐる  云ふ奴があるか  云はふとする  云へばそれだけ輕くなる  云つてきてゐる  云ひはしなかつた  云はせず  云ふのは死んだ  云ふにあらざるなり  云はれたれ  云へるに同ぜんと欲す  云ふのが自分の書いた  云ふ製作の心理に基いてゐる  云ふことは幾分か當つてゐる  云ふやうなことは或はあるかも知れないけれども  云ふ心持で書いて  云ふ差別はあるけれども  云ふ言葉に出  云ふ合目的觀の信仰を云ふ  云ふ美的世界觀に就いて  云へば世界は猶勞苦に充ちたる  云へば問題は唯眼を開くと開かざるとの  云へば正智の眼を開かざる  云ふ悟者は一切の悟者を指して  云ふ人が尋ねて  云ふ心持で話をきいてゐたが  云ふ人の眞面目なのに感心して  云ひ難い親しみを感ずる  云ふ話を思ひ出した  云はれては五月蠅くて  云ふ意味は三十前に何か大きい事をして見せなければ  云ふのなら僕はその前例を屹度破つて見せる  云ふものがあるならば  云ひはしないだらうと思ふ  云ふ意識が俺にやつて來ないことは疑ふ  云ふ言葉をこんな意味で經驗しようとは  云ふ樂しい  云ふ點に於いて  云ふ意識を前にして  云ふ返事を書いた  云ふ考へ  云ふ大切な信念をつかんでゐない  云へば此の如く自明なる友人の誤謬を社會の前に指摘する  云ひ振りを認める  云ふ特殊な問題に於いて  云つたりのみと云つたりする  云ふ大切な信條をつかんでゐない  云ふ意味だとする  云ひたかつたのだと云ふ  云ひたかつたのだと信じてゐる  云ふ大切な自覺をとりおとした  云ひ難き愛を感ずる  云ふよりも寧ろ全然自己を捨て  云はないであらう  云ふ資格のないものであることを感じてゐる  云ふ外衣を剥ぎ去  云ふ良心の負荷を輕減する  云ふ事實を否定する  云ふ意味に於いても  云はなければならないであらう  云ふ場所かも知れないと  云はなければ不首尾になり  云ひ憎い感情でも思ひの  云ひ乍ら母は酒の燗をした  云ふ言葉を用ひる  云ふのだつたら未だしも彼は好かつたが  云つたやうな下品なものばかしが一杯蔵つてありますのよ  云ひながら胡坐に返ると  云ひながら毛布を掛けてゐた  云はれたので彼は窓から首を出して見ると  云ひ棄て  云ふ回想的な言葉を出した  云ひ聞かせた  云ふ父の声が微かに彼に聞えた  云ふ意味のことを彼は云はうとしてゐる  云ひながら元気よく立ちあがつた  云へさうだ  云ふことを考へ得られるであらう  云ひ得ないであらう  云ふ意味とすれば  云ふ言葉は再び改鑄する  云ふ事はその人格の潛在性の大きさを證しする  云ふ否定とは存在を絶滅する  云ふ者が此世に存在する  云ふ言葉を用ゐる  云ふ考へが本當にわからなかつた  云ふ感じを會得した  云ふ人間に在る  云へば怜悧過ぎる  云ふ時代もどうにか通り越してし  云ふ大野心を持つてゐる  云ふよりも寧ろ本能的な羞恥と他人に煩はされざる  云ふ宣言を聞かされた  云ふ自己檢察を許してゐるから  云ふ事は極めて注目す  云へば浮動のものである事を免れない  云ふ主の聲を聽いて  云はうやうのない企であるやうな氣がする  云ふ疑ひを抱いた  云ふ主觀的事實だけは爭はれない  云ふは要するに自分の參加し得ぬ  云ひ難い事を感じてゐる  云ふ意味の口吻を洩した  云へば俺の中の羊飼ひ  云ふ要求を刺傷した  云ふ問題をデイレンマとして採用してゐる  云ふ觀念との間に内容上の連續があるか  云ふ最後屁を放つて  云ふ大ざつぱな總稱の下に之を經驗して  云ふ論文を讀んだら  云ふ意識によつて苦しめられた  云はうとは思はない  云ふ事でなければならない  云ふともう一つの聲がさう  云ふ證據にはならないと思ふ  云ふ證據にはならない  云ふ世評を君の批評と併せて考へた  云ふ點に至つては君も世間も共に間違つてゐる  云ふ事は他人の缺點としては恕す  云はれた事を口惜しいと思ふ  云へば疲勞を恢復する  云ふ一團の人の問題となるべき  云ふ意味を自分自身の自覺に照して  云ふほどの自信がなければ批評と云ふことは出  云ふ慾望を感じた  云ふものは煩さい  云ふ一つの現象をも根本的に理解する  云ひ得ない  云ふ嘘吐きで  云ふ野心を持つてゐた  云ふ特殊な一群に對して  云ふ響のみを聽くやうな氣がした  云ふ希望を持つてゐるので  云ふ意味のことを云つてゐる  云へば極めて枝葉の缺點にすぎなかつた  云ふ言葉が新しい輝きを帶びて自分の前に復活して  云ふ言葉の意味を悟つた  云ふ云ふ  云ふ調子にのった  云ふので眼をあいて見ると  云ふ気持も少しした  云つけるからお父さんは本当と思って  云やアがるし  云やア私を見棄てないという  云つたやうに訊ねた  云つたやうなものが存在してゐる  云えるかもしれないが  云ふと救ひの  云ひつけるよ  云ふと悲しさうに黙つてしまふ  云つたらしく竹下が光子の壜を奪はうとすると  云ふと周囲の者は如何にも私が自身に自信を持つ  云はれたつて黙  云ふのは止めて  云ひ終へると  云はうとする  云ふものがあれば  云ふに止めよう  云へば感覚的魅力を主とする  云へずにゐると  云はねばならぬだらう  云ふ風な体製を見る  云ふ立場を挿入して  云ふ両様の構造がある  云ふ名に接しても  云ふ表現を持つた  云ひながら風呂敷を解く  云ふものは実在し  云ふをかしな考へが生じて  云ふものを彼女は意識的に愛好した  云ふ矛盾した  云ふ語によつて知れる  云ふ立場から解決してゐた  云ふ風になつて来る  云ふ意義をもつてゐなかつた  云ふ音韵の分化した  云ふ様な種類のものを生じた  云ふ語を盛んに用ゐてゐる  云ふ事は述べたが  云ふ反省を交へて来る  云ふ語で表されて来る  云ふ古伝の語と云つた意味を第二義としてゐる  云ふ事が出来る  云ふ意義に於いて  云ふ事は出来ない  云ふ語を用ゐる  云ふことを主張したならば  云ふ名目は勿論支那より輸入した  云ふ事實は元來日本國民が十分に具へてゐて  云ふことに解釋しようと欲する傾がある  云ふ如き語を使用するが  云ふものを有つてゐる  云ふ言葉を表す  云ふ言葉と同一の語を有つてゐた  云ふ義に訓する  云ふ疑ひを  云ふものは大體に於て支那の鐘から變化して  云ふ多數の小部落が形づくられた  云ふことが認め得られる  云ふやうに考へる  云へば決して民族自發の文化とは云ひ  云ひ得ると思ふ  云えるというようなもののちからで消されたとあれば  云ひたいことは少しも変つてゐません  云へない点が多々あります  云ふといふ  云ひ直す  云ふべき軍国最高の倫理に外ならぬと察せられます  云はれる息づまる  云へないと思ひます  云へるかも知れません  云へば云ひすぎるほどの  云へないくらゐです  云へばきつと  云つてみるといふ  云へるほどの厳粛さがそこにあります  云へる気分が先に立つて  云へますまいか  云へば云へるかも知れませんが  云へば人聞きが悪いやうでもあり  云へば紋切型をいでず  云へば月並に堕し  云ふ彼の話を可なり正確に写した  云ふものを見た  云ふ危機一髪の際にも途方もないことを考へる  云ふ橋がある  云ふ手真似をし  云ふ漁師も尋ねて来ました  云ふのは当らないまでも  云ふ特権の為に働かずに  云ふ硝子会社の社長などもやはりこの部屋へ顔を出した  云ふバツグを睨みつけました  云ふものを説明して置かなければなりません  云ふ民俗学上の記録を思ひ出しました  云ふものを知らずにゐる  云ふ観念は我々の滑稽と云ふ  云ふ返事をする  云ふ意味になる  云ふ河童の学生が大声に読み上げてくれる  云ふ義勇隊に比べれば  云ふ河童にバツグにも劣らぬ  云ふ河童に紹介された  云ふものは持たない  云ふのは悉く互に苦しめ  云ふものは莫迦げてゐる  云ふ意味を現す  云ふトツクは芸術の上にも独特な考へを持つてゐます  云ふ家庭の容子を見ると  云ふ雄の河童を見つけるが  云ふマツグと河童の恋愛を論じ  云ふ声の湧き  云ふものだけはどんなに風俗を壊乱する  云ふ間にも大騒ぎは愈盛んになるばかりです  云ふものかと尋ねて見ました  云ふ工業上の奇蹟は書籍製造会社にばかり起つてゐる  云ふ字に出会ひません  云ふのは何のことだかわかりません  云ふ問答を聞いてゐた  云ふことを標榜してゐた  云ふゲエルを見ると  云ふものは誰の味かたをするよりも  云ふのはどちらも同じやうに相手を恐怖してゐたからです  云ふのは亭主を殺す  云ふ顔を見ると  云ふのは資本家のゲエルのやうに暮らしてゐると  云ふのはクラバツクと度たび比べられる  云ふ手真似をした  云ふことを何も彼も承知してゐる  云ふ本を見  云ふよりも投げつけました  云ふこともなしに黙  云ふ循環論法を脱する  云ふ光景を見ると  云ふものをこぼした  云ふ我儘な河童と一しよに  云ふものを思ひ出させた  云ふ訳語は当つてゐないかも知れません  云ふ意味に当るでせう  云ふ説明のうちにもう退屈を感じ出しました  云ふものの作つてゐる  云ふ説明を加へ出しました  云ふよりも信じる  云ふ本を読んで  云ふ気もちを感じたと見え  云ふ祝福を与へました  云ふのはあのトツクの家に幽霊の出ると  云ふものも物質的存在と見えますね  云ふ記事を読んだ  云ふものは妙に恐しい  云ふ詩をおほ  云ふ立派な見識を持つて居つたが  云ふなるべし  云ふべきをラウソウといふ  云ふは屠  云へる山口生の豪語を信じない  云ふ一族が住まつてゐる  云ふ名が附いた  云ふのに惚れた  云ふことさへ忘れて  云ふ事をしなす  云ふ水の音がした  云へば守田と同じく何事にか關連し  云ふ處を厭味に出して  云へば女がもう少しエラクなる  云ふ事もあるが  云ふタメになる  云はうと意に介しないといふ行き  云ひ添へておきたい  云はなくつても宜い  云つちやアなりませんよ  云ふことを聞け  云はれないやうに瑾を見出して  云はせなければなりませんよ  云ふ事は存じて居りましたが  云ふ事に思ひ到りますれば  云ふ気持がして来る  云ふ処から出て居る  云つたやうな処に這入つて行くと  云ふ満足が胸の底に常にあるからであらうと思ひます  云ふ風に普通話して居ります  云ふ人が間断なくおまゐりに来る  云ふのをやりました  云ひ交しながら  云ふ虫の名は古くから知つて居ますが  云ふ事は決して間違ひありません  云ふ啼き  云ふこともある  云ふものがありませんでした  云ふ決心でとび込んだ  云ひ現はされるのであらうか  云ふ事をつく  云ひ交はした  云ふことに気が附いた  云へば人間に親んでゐる  云ふ問題を考へてゐた  云ひやうのない憂欝な溜息を感じた  云ふことを思はしめる  云ふ短い生涯から彼自身の健康状態から考へて  云はさないやうにして下さい  云ふまでになつたかを信じられない  云ふことの際限もないと云ふこと  云ひやうのない憂鬱な溜息を感じた  云ひかけようとすると  云ひしれない  云はねばならないか  云ひし霊をぞ守りて  云ふ定まりも区別もなき空気の中に果て知れぬ  云ふ文字を用うればこそ  云ふ文字の代りに三十二字の和歌三十三字の和歌十八字の俳句十九字の俳句と云ふが如き  云ふ事あらんや  云ふは調子善きものなれば  云ふ気が出なかつたなら  云えるし気の抜けた  云ふものはどんなものだと私は思つて居るか  云ふことに就て少し申したい  云ふ問題に就いては  云ふのは誠に無謀であつて甚だ烏許がましい  云ふのが御論の土臺になつて居ります  云ふ風に觀察すると  云ふ者が出て  云ふ樣な想像を有つて居る  云ふ側から之れを排斥しますれば  云ふものは少數のものであつたかも知れぬ  云ふやうな議論が隨分反對の側からは立ち得ると  云ふ論には同意しませぬ  云ふことはないと仰し  云ふことを説きまするは  云ひましたことにdasMoralischeverstehtsichvonselbstと云ふ  云ふ豪傑でありますから何か深い考があつたかも知れませぬ  云ふことがあるけれども  云ふやうなこともありました  云ふことに對して  云ひませぬ  云ふ變遷の如く此の假名遣の  云ふやうに言はれました  云ふ譬を引いて居ります  云ふことを認めて  云ふ風に言語のことを觀察するが  云ふことを防ぐには  云ふやうに楫を取  云ふやうな傾向がございますが  云ひますと云ふとどうでせう  云ふ風に排斥せられると  云ふのを本にすべきではあるまいかと思ひます  云ふ字は假名遣を  云ふものも餘り正確なものではないかと思ふ  云ふことが絶對的に假名遣にあるとは申しませぬけれども  云ふことがあるだらうと思ひます  云ふ詞を用ゐる  云ふことに連係しまして  云ふものが頻りに本會に於て行はれて居る  云ふ便利な新しい道が出  云ふ詞を見ましても  云ふ新道を開きますと  云ふ關係は獨り此の假名遣のみではありませぬ  云ふ弖爾乎波がある  云ふ詞になつて居る  云ふ詞が生じて  云ふ詞を知らない  云ふ詞を書いた  云ふ間違をひやかした  云ふ譯で一時流行して  云ふ語はどの新聞を見ても  云ふやうな比喩を出されました  云ふことを一の條件にして  云ふ側から行きますと  云ふことを論ぜられます  云ふ權能がありや  云ふことが初めて文語になつてから完全になる  云ふことは正當なる權利と思ふ  云ふ方法があります  云ふ手段を執る  云ふことに就いては  云ふ御論は尤もに聽きました  云ふ程度を研究する  云ふ類の之に準ずべき  云ふ一方には理由が立ちます  云ふ日本化して居る  云ふことになりますると  云ふ新國語と認めます  云ふ疑を  云ふことこそ國語調査會と云ふ  云ふものだけを保存する  云ふ語は假名遣を  云ふ假名になると阿  云ふ假名遣が  云ふことがあつて見ると  云ふものの意見と云ふ  云ふものには宜しいところがあるかと思ひます  云ふことを爲し得る  云ふことを顧慮して  云ふことは學者の團體にでも命じて  云ふ方法を研究せられたいと  云ふものは發音的でない所がある  云ふことを言はれましたが  云ふ發音的に國語を完全に書く  云ふときの基礎にならうと思ふ  云ふ元帳を作つて置いて  云ふことは是れは混雜の原因となる  云ふと或は發音的に書くかも知れぬ  云つたやうな發音的の書き方の調査が出  云ふ詞は正當に用ゐられて居る  云ふ形をとる  云ふ宿屋にお国と云ふ  云ひますから私は龍馬に何者ですかと聞くと  云ふ男が来て  云ふ処へ移らせ  云ふのが有りました  云ふ宿屋へ手伝方々預けられて居りました  云ふ長州宿へ往つて居ましたら  云ふ仁だと紹介してくれましたから  云ひますからコイツ変な奴だと思ひまして  云ふ事が起るかも知れず  云ふ音が聞えるので  云つてみよと  云ふ斗り進んでは来ない  云ひますから私はヘイと云つて龍馬の側へ蹲んで見て居りました  云ふとイヤまだ来ないが  云ふ綽名があつて元気な人でしたが私には親切にしてくれました  云ふ字かと問ひますから  云ふのは龍馬が与  云ふ名をやりました  云ふと橋本がソラ見よ皆来て誤れ  云つたきり太息をついて居りますから  云ふものでせう  云ふのは帰して  云ふと橋本も其気になり帰す  云ふ也と云ふから韻字なんか要らぬと  云ふ看板を出せと  云ふ処にあります  云ふ歌を謡はせた  云ひかけると  云ひ張つてし  云ひたいことがある  云ひかけたが  云ふまい  云ふ懸念もある  云ふ事をつけ加へて置く  云ふ話をした  云ふ札が貼つ  云ふ時になると  云ふ小説を考へてゐた  云へばやはり戯曲的に力強い表現を得た  云へるにや違ひない  云へば先生の感想を述べた  云へば出たら  云ふものだつたと思ふ  云ふやうな野心は持つて居りません  云ふ話などを聞いた  云ふやうな顔つきをして飛び込んで来た  云ふ意味に違ひなかつた  云ふゲエテの言葉を引用して  云つといてやるが  云つてあげようと思ふ  云ふのは煙草に添へる  云ふことは親切づくな  云ふ店の光景はいつ見ても  云ふ音を伝へるだけである  云ふ為に後ろの勘定台をふり返つた  云ふ外には挨拶さへ交した  云ふのを待つて  云ふやうに頭を掻いてみせると  云ふなりに奥の室へ行きたいと  云ふ人が隱居所を拵へる  云ふ詞が偶然傳へられた  云ふ病があるだけである  云ふ好い古刀を見出した  云ふことを聞いてゐた  云ふ程の容體もなく死んだ  云ふ噂が聞えた  云ひ張つて諾きません  云ふやうな事になる  云ふ事がわかつたと  云ふ罪を甘受して  云ふ話を創作した  云ふ事をしたからと  云ふものの観  云ふ嬉しい日だつたでせう  云ふと隨分笑ふ  云ふものだと思ひ諦めて  云えるのではないかと考えた  云つたやうな話を聞き  云ふと随分笑ふ  云えるかと聞かれると  云ふ四阿も残つてゐた  云ふと親も子も悦んで  云ふ者さへ次第に数を増した  云つてしまへばそれつ  云なされたがな  云はれるかも知れないが  云ひ合つてもゐたさうです  云つたことなどを思ひ浮べると  云ふやうなことを信ぜられもしませんが  云はれると私は斯んな娯楽にばかり耽  云ふ自分がなさけなくなつて私は慌て  云へば阿呆沁みた  云ふ彼の言葉つきも全く憤  云ひそびれてゐた  云はれると私は止胸を突かれて  云って造らせたりしますが  云ひ放つても  云つたことは改めてとり消す  云ふ筆名のある  云ふ危険などは考へてゐまい  云ふ量見か  云ふ返答をしただけである  云ふものは草花に属する  云ふのはフアレエルの想像の生んだ  云ふ聯想を伴ひ  云ふのが眞蒼に上から可愛い花をはら  云ふのでせうから  云ふ意味でなしに  云ふ享樂に向く  云ふ事が念頭に置かれてゐるらしい  云ふ處にあつたのか覺えてゐないが  云ふ風な玄人特有の髮に結ひ上げて  云ふやうな婆さんが茶を持つて  云ふ事を手振  云ふほどに劇しく  云へない特種の強い匂ひは持つてゐるが  云ふことはありません  云ふ訳でもありますまい  云ふ一番明瞭な証拠ではあるまいかと云ふ  云ふ試験を実行するには  云ふ声でせう  云ふ風に見た  云ふ欲望でも起つたとすると  云ふ小さい横笛を吹き始めました  云ふ事も知つてゐました  云ふらしい  云へばあるし  云ふことは少数の新派俳優にも適用する  云はれるかも知れない  云ふ斷案が伴ふ  云ふ事實に歸着する  云ふならば天津教知識の錯迷狂的變態性は證明されたと見るべきであらう  云ふものかと思ふと  云ふことに想達する  云ふと解すべきである  云はば朝飯前にも出  云ふことを暗示したが  云つたやうな名家が跡を次いでゐる  云はば洒落のわかつた  云ふ時がある  云ふ事まで何時でも冗談だとは限りやしない  云ふ華魁に惚れてゐた  云やしねえ  云はなくつたつて  云ふ西洋の糊でつける  云ひながらも分けてやり  云ふ因果なことであらう  云ふ人が住み  云ふ生活がなされてゐるかと  云ふ気弱な男であらう  云うとくなはれ  云ふわけであらうと考へ  云ふと強情に身を引かんばかりにして  云ふことは前後取りちがへてゐ  云へます  云ふはなしを俺にするからには  云ふ日があるならば  云ふことが分らんか  云ふなと止めた  云ひ張り  云ふやうな顔をした  云ふなり  云ふ広告を読みながら  云ふ風な返事をした  云ふ旨を彼女に伝へると  云ふのを参考に読みはじめた  云ふ小文字なども大変古い物から抜いた  云ふ物を入れたいと思ふ  云へば多くは淨土門の諸宗派を斥すので  云ふものは必しも他の文明の諸要素の變遷に先ちて起る  云ふ譯ではないのみならず  云ふ者もあるが  云ふことになつて居るけれども  云ふ順序に海道筋を押し  云ふ順序になる  云ふことも出  云ふものが見えるが  云ふに足らぬ  云ふ者が入つて布教したが  云ふ文明の中心を陷れなければならぬと  云ふことが分かり  云へば播磨には臨濟も曹洞も混入して居るけれど  云ふ者もある  云つたやうに止んで  云つてみるとありふれた  云へば一人の若い男が海岸へ遊びに行つてゐて  云ふ音をさしてゐた  云ふやうな見出しを置いた  云ふのに来てゐる  云ふことでしたから此方へまゐりました  云ふ女の声が聞えて来た  云ひはじめると  云ふことを聞いてくださいよ  云ふことを聞く  云ふ笑ひ  云ふ若い女と先つきの小間使いのやうな女中とが立つてゐた  云ひなさいよ  云ふことは別つてゐるだらうから  云ひ出したが  云ふもんぢやありませんよ  云ふと主婦の返事が聞えた  云ひ云ひ  云ふやうに笑ひながら  云ひながら寝台の縁へまた腰をかけた  云ふと年増は女の首に両手をかけて  云えることと云えば  云える時代だと思う  云ふよりは聞いてゐた  云ひ方が何方かしんみりして  云ひ当てられたので  云ふとお菊さんが怒  云ふ意味でもある  云ふ風に思つて空想して居ると  云ふ風な意味かと思はれる  云ふ意味であるとすれば  云ふ解釋かと云ふ  云ふ心持からドストイェフスキイの現はして居る  云ふものが果して何の點まで堪へ忍ぶ  云ふ方面の限りなく深い人生を現して居る  云ふものを單に一方の立場からのみ見た  云ふ傾向を持つて居る  云ふ美しいものを持つて居る  云ふことは彼れの實際の經驗を書いた  云ふ探偵の話となつて現はれて居る  云ふ獸は一寸見れば  云へない凄い怪談がある  云はれて此人も多助のいふ  云ふことを云ひ聞かして帰されたから  云ふことをする  云ふ五歳の女の子をもつれてた  云ふお方が暫らく御滯在のことがございました  云はれても氣が付かないで  云ふ大きな石が山にべッたりと廣がつて屹立して  云ふ人はただ栃木縣に生まれたと  云ふ豫想にうち勝たれた  云はれて縣下のひらけない  云ふ婆アさんが自分一個で切りひらいた  云ふ立て札がし  云ふ父の声が遠くでぼんやり聞えた  云ふ平坦な記述が他の人人にも興味があるか  云ひ難き憂愁に襲はれて  云ふ言葉を聞いた  云ふ光景に出  云ふ粗い対照なら東京の市街にいくらでも転つてゐる  云はれるんでせう  云はれたらどうする  云えないことはないかも知れない  云ふやうなことに就いて  云ふ同人雑誌の仲間に這入り  云ふ十五六枚のものを書いた  云ふ傾向を辿らなければいけないとか  云ふ傾向を辿つて来てゐたとか  云ふ風に進んで行かなければならないと  云ふ批評をされたか  云ふことは私にはすぐ理解されなかつた  云ふことも或る程度までは考へ得られるので  云はれるかも知らんけど  云へば困る  云ふ話をしたか  云へない嫌やな気持に圧し伏せられる  云はれないでも済む  云はれなくてもい  云ふやうに谷は黙  云ふ愚痴を持たさない  云へない辛らさを感じながらも  云ふ事も出来ない  云ふ気でゐる  云ふ事もよく解つてゐた  云へば俺は尺八でも吹いて  云はれると逸子は取りつき  云ふ漠然とした  云ふ事実に対しても彼女の力強い自信を打ち  云ふ事に耐えきれなかつた  云ふ自信を頼みにしてゐた  云ふ理屈をも考へてゐた  云ふのも何となく不人情なしうちに思はれる  云ふことは苦しい事だつたのでとても思ひ切  云ふ事には気がつかなかつた  云ふ事は明らかに逸子には解つてゐた  云ふ事になつて来ると  云ふ事が殆んど無条件で考へられた  云ふ六ヶしい  云ふ事を考へてゐる  云ひやうのない不快な感じに胸がせまつて来るので  云ふこと丈けを気づかつて  云ひやうのない口惜しい腹立たしい気持ちで一杯になるので  云つた限り子供を抱いて  云ふやうな笑ひ  云はないでゐるだけ  云ひ分の前に立つて  云ふ経験を幾つも持つてゐる  云ふ事さへ考へた  云ふ冷淡な態度を見せた  云ふ問題では母親と話をする  云ふよりは寧ろ憎悪を感じてゐる  云ふ重荷を背負はされた  云ふものに対する憎悪は忘れなかつた  云ふ此度は極めなければならないと  云ふ確信は持つ  云ふ仕事に過ぎない  云ふ風に彼女が苦しむ  云ふ家庭内の些事に対して煩はされて  云ふ悪い概念を持つた  云ひやうのない口惜しさと不愉快な重くるしさが押しよせて来た  云ふことは意識してゐた  云はれて居た  云ふことも助けて  云ひ出された  云ふのが可笑しくて何時も鼻の先で笑つたり怒  云ふやうな呑気な気持にはなれなかつた  云ふ町子の級の人とそれから前年卒業した  云ふ人が来まして  云ふので強ひてとも  云ふ様子が目に見えてゐた  云ひながらやつぱりケチな根性に負けてゐた  云ふその間際になつて不意に示した  云ふ念がつよく町子の頭に来た  云ふことが思ひ出され  云ふ毎に左右にゆらゆらと肩を揺り動かせながら  云ふことには何うしても反対が出来ないのよ  云ひ寄るので  云ふづツしりした  云ふ一粒選の處を出して  云ふのへ通る  云ふ運命が何時かは君の身の上にも実現するぞと脅しつける  云ひ度いこと  云ふかくてしも  云はぬが内々準備してゐた  云ひやうのない憂悶が籠つてゐる  云つてくれなかつた  云ふ時は敵手が逃げてくれるに限る  云へばあ餘り感心しないが  云はれぬ懷かし  云ふ觀念を忘れて  云へばつらくもあるか  云つたら可いでせう  云ふのが生燒の鹽引の鮭は弱る  云へば余り感心しないが  云はれぬ懐かしさと尊さに胸を一杯にし  云ひ出さうとした見るからに  云ひながら白い素足を音田にならべて  云ふことを聞いて  云はれた彼は床板をあげて  云ひ現はす  云立てて屈しなかった  云付けたところに居なかった  云つたら真に耳を聾せ  云はうか地獄の銅鑼と云はうか形容の言葉も見つからぬが  云ふ顰め  云ふ見  云ふ早稻田の法科に通つてゐる  云ふやうな仕事に飽きる  云ふことはとても出  云ふのでせうかしら  云ふことなく新しい元氣が湧いて  云ふ燈火をつけて下さつた  云はれるやうな意味があるとすれば  云へずにゐた  云はねば気がすまぬ  云える路を首尾よく三十日間守り終せたるは  云ふのが本式なのださうである  云ふ意味は万人のクリストに傚へと云ふ  云ふクリストに憐みに  云ふ安らかな晩年を与へてくれなかつた  云ふクリストの収入は恐らくはジヤアナリズムによつてゐたのであらう  云ふのも恐らくは事実に近かつたであらう  云ふフロオベルの気もちは幼いクリストの中にも漲つてゐる  云ふ確信も時々は動かずにゐなかつたであらう  云ふ言葉に対して超阿呆と云ふ  云ふ謙遜を示した  云ふ所業をしたのであらう  云ふことを承知してゐた  云ふことを教へてゐる  云ふ詭弁を用ひなければならなかつた  云ふ詭弁の古い貨幣になつた後はあらゆる哲学や自然科学の力を借りなければならなかつた  云ふ事実を発見するであらう  云ふ心もちをフアウスト自身に語らせてゐる  云ふ必死の声を挙げた  云ふシヨツクを与  云ふ事実にもおのづか  云ふことも考へられるでせうけれども  云ふのを聴き取らうとして  云ふとなると  云つてしまはせない  云つてる  云ふ一種のあらたまつた  云ふと輕蔑する  云ふと激昂された  云ふと軍服を着けて  云ふ小話が載  云つたやうな強い詞を出す  云ひながら縁側に籐椅子を並べて  云ふ文章は或は正硬であるかも知れない  云ふ成語は漢語から奪つて来た  云ふ成語を用ひた  云ふ句を作る  云ふ一国の芸術的空気も封建時代には彼を生ずるのに  云ふ一人だつたかも知れない  云ふクロオデルの言葉が思ひ  云ふ缺點がキリコの古代のやうに靜かな繪の前だけに一層目立つて見えた  云ふキリコの悲痛な繪を自分の二十代が終らうとしてゐる  云ふことは何か意味があり  云ふことだけが書かれてゐた  云ふ奴は云ふが  云ふガボリイをプルウストの方へ導いた  云ふ人のことは少しも知らないが  云ひやうのない悦びを感ずる  云ふ經驗を繰り返してゐる  云ふ彼の中に有史以来の僕等を見出してゐる  云ふ意味に変り  云ふ言葉を使ひ  云ふコクトオの言葉は中つてゐる  云ふ事実だけを指摘したい  云ふ映画によれば  云ふ言葉の怪しいことを考へずにはゐられなかつた  云ふピカソを去  云ひだすとも  云ふことで  云ふほどは飲めません  云ふことを自分から云ひ出す  云ふときこれは失敗たと思ひまして周章て  云ふことを知つてゐるだらうね  云ふが事実であらうな  云ふ者がゐる  云ふこととお前の云ふ  云ふことは彼の陳述に不純な気持ちと作り事とが交つてゐたと  云ふことがいけない  云ふことだがそんな覚えはあるかな  云ふ意味のことだかお前は知つてゐる  云ふ種類の夢を一番よく見るか  云ふ気も起りません  云ふのはどうした  云はれてゐないとは  云ふやうなことなぞに気をかけないでゐる  云ふことを知つてゐたらうね  云ふ書物に書いてある  云はれましたので這入  云ひたさうに口を動かしたが黙  云はれたときの根深い怒りとも思はれなく  云ふ轢死人のないためにと置かれた  云ひ張つたにしろ  云ふと赤くなつた眼で判事を見た  云ふことを眺めてゐた  云ふよりは寧ろ凄味のある  云ふ名を用ひてゐた  云ふ前置きを聞かせてから  云ふ道づれのある  云はれて見  云ふ酒は飲めませんや  云ふにも江戸を立つて  云ふ名が出る  云ふのを聞きや  云ふ事を知ん無  云ふおれの口を干し  云や酒も飲ますが  云や張り倒す  云ふ野郎ださうだの  云ふ話を聞かされた  云ふのはこれつきりよ  云ひ争ひたい気色を見せたが  云つたぎり  云つたやうな詩的な気分は軽い調子で割合に好く出てゐたよ  云ひはじめたが  云ふ幼稚な物語りを創作した  云はない妙なことを云つて置いたが  云ふ傍からもう眼蓋が大変に重くなつて来た  云ひながら彼の傍へ来て訊ねた  云ふがいなや彼の胸ぐらへ飛びついた  云ひながら彼が弟を抱へて座敷へ行くと  云ふ程畳に脊中を打ちつけて  云ふことを努めてゐる  云ふ母の声で喫驚りした  云はないで置いて好かつた  云ふのをすつかり忘れて  云はれても驚きもしなかつたが  云はせるとアノ宗教的観念が物足りません  云ひ初めた  云はないで呉れよ  云ふ程音楽などに理解を持つてゐない  云ふ氣が起つた  云ふ事に初心な彼は當時繪畫に於ける  云つたことを一つ一つ數へあげる  云ふのを聞きながら  云ひながらかの女は音を立てて  云つたんでせう  云ひ逃れの代弁はして呉れるだらうが  云ひたいことを堪えるといふ  云つたら素晴しい  云はれて気づいて見れば  云ひ終らない  云ふプロロオグがついてゐたね  云ふことは何でも双手をあげて  云ひながら樽野は懐中から酷く古ぼけた  云ふ言葉を入れて  云ひ残した  云へば今斯んな素晴しい  云ふものの実現の出来ない  云ひながら姿を消して  云はれては困るから  云ひながら舅は装ひを凝した  云ひやうのない努力をしてゐた  云ふものすら出てきた  云はれてゐるけれど  云ふのでせうか  云つておけば  云ふ事に先づ話の糸口を見出さねばならない  云ふ事を私は屡ば聞いて  云ふ名で呼ばれ  云ふ疑問に対して深い興味を持たずにはゐられなく  云ふ望みにかられて  云ふ迄もなく彼の女はその深いまなざしと長い睫毛が語つてゐる  云ふ欲望にかられ  云ふ話を聞かぬからである  云ふやうな事を云つてゐる  云ひ付けたさうです  云はなくてはなりますまいよ  云つたら好からうと思はれる  云ひし八幡の儒医此しよもじの  云へるものあり  云はば紋服を着た  云へば阿蘭陀の花瓶に似た  云へばサムラヒ商会の輸出品に似た  云ふのは勿論両氏の作品に非難を加へようと云ふ  云ふ長靴をはいた  云ふものは気違ひの  云ふものを持つた  云ふ気持に余り快哉を感ぜぬ  云ふ連中は知らず  云ふ連中も頭に火でもついた  云ふ芝居気の表はれた  云ふ時にもあり得ると  云ふよりも寧ろ人生は芸術の芽に満ちた  云ふも妨げざる  云はば則ち  云ふ可くんば  云ふ小説を書いた  云ふ乞食が出て来る  云ふ奇傑がゐたが  云ふのは珍らしい暗合に違ひない  云ふのを見  云ふ僕の皮を剥ぎ  云ふ彼等を見渡してゐた  云ふよりも跳ね  云ふ光景を眺めてゐた  云ふものを了解した  云ふ昼にも月の光りの  云ふ彼に人工の翼を供給した  云ふ人工の翼を太陽の光りに焼かれた  云ふ発見は彼を憂欝にするだけだつた  云ふ時にも月の光の中にゐる  云ふ昼にも月の光の中にゐる  云ふ言葉を繰り返してゐた  云ふ言葉も感覚的に決して誇張でないことを発見した  云ふ言葉なども思ひ出した  云ふ傾向詩を書いたりした  云ふことを考へたりした  云ふ心もちを或短篇の中に盛りこんでゐた  云ふことはわからなかつた  云ふこともあるでせう  云ふ彼女を絞め殺したい  云ふ話の中に急に矛盾を感じ出した  云ふ言葉を思ひ出しながら  云ふ空の下に彼の妻と二度目の結婚をした  云ふことを許す  云ふ問答から一しよに死ぬ  云ふ彼自身を軽蔑せずにはゐられなかつた  云ふ本の名前は彼にはあらゆる自叙伝の名前のやうにも考へられ  云ふ気も彼には働いてゐた  云つちや困りますね  云ふや声肝にあり  云いまわしなどでも源一とはちがう  云えない涙が目頭に滲んだ  云ふと聞きしにまさる  云ひ方をし  云ふ若い女歌人の集りの幹事をも務めてゐた  云つたりしてゐた  云つてくれますよ  云ふ文字がはつきり印刷されてある  云ふ形容だつて決して過ぎてはゐなかつた  云ふ訳には行かない  云ふ言葉を使はないやうにしてゐた  云ふ話を聞かないから  云ふもんでがすかなあ  云ふことも出来る  云ふ風な美徳を帯びて  云ふ熱意に燃えて  云ふ事を発見する  云ふことを私は知り抜いてゐたが  云ふ言葉にも嵌り切らない  云ふものを考へた  云ひ合はした  云ひはしなかつたが  云ふ二首を叙景詩と思ふが  云ふ人もある  云ふべきであらうが  云ふ言葉が出来る  云ふ語は芸術と芸術家に関する新しい珍聞を意味して居る  云ふことを話した  云ふ軽捷な愛に件ふ  云ふでせうねえ  云ふ名前の人に出  云つてき  云ふがこれこれのことは他人には云つてくれるなと  云へ銭湯と床屋では決して釣銭を取  云ひながら茶の間に現れる  云ふことをなんでも聴いてたら  云つてくれてゐる  云つてるだけだ  云はなくつたつてわかつてるよ  云ふ當てもなく仕事を探しに出た  云ふ樣な捨て  云ひ合ひながら歩いてゐた  云ふ事にも腹が立つた  云ひ續けてずん  云ふ意味を示す  云ふ長い間を自分の脆弱な腕の先きに  云ふと奧の座敷へ自分で寐床をこし  云ふ取りつめた  云ふものを見付け出す  云ふ樣な身體付きをして  云ふ陽氣さがいつ  云はうとして義男の方を見た  云ふ事を考へながら  云ふ考へがみのるの頭の中を行つたり來たりしてゐた  云ひ交はすと  云ふ證徴を持つた  云ひながらその摺り切れた  云ひながら入湯に出て  云ふ事を誰の手によつて證明をして  云ひ詰めた  云なら電話の交換局へでも出ませうよ  云ふ樣な思ひを  云ふと一旦取り上げた  云ふ時には例も手強い抵抗をみのるに  云ふ氣勢をはつきりと見せ得る  云ふ貸席をたづねると  云ふ時その口尻に唾を溜める  云ふ人の助力のもとに極く  云ふ事を長く述べ立てた  云ふ女だと云ふ  云ふ事にいたしませう  云ふのなら宜いけれ  云ふ始末を思ふと  云ふ事であなたが私を支へる  云ひきると  云ふ樣な顏付をしてゐた  云ふのは顏は痩せてゐたけれども  云ふのがゐた  云ふ事をよく聞いて  云ふものも馬鹿に出  云ふ事を今度の興行によつて世間へ見せて頂きたい  云ふ事がすつかり  云ふものを壓し付けられる  云ふ樣に世間を渡り歩いてきた  云ふ事を行田に話した  云ふ事にも從ふ  云ふ決心でみのるは  云ふ突支棒が現はれてゐた  云ふ批判を一層強くして  云ふことも明らかに思はせた  云ふ言葉を繰り返さずにはゐられなかつた  云ふことを感じ初めた  云つたらまだ一面から誹  云ふ事を考へた  云ふと童らの居る  云ふのを聞いた  云えるだけの理由があるからさ  云ふ意味や其他私の遣  云ふ確信があるならば  云ふ突飛なことをして  云ふことに就ては衷心忸怩たるものがないではないが私は自分の正しい文芸的労働の結果に其の生活の根柢を有して居る  云ふのではないが併し  云ふことはよく判らぬ  云ふなと制する  云はなければなりませんでした  云たがその時は別に奇しいとも思わず  云れ当人が二階へ上って行く  云ふまでもなく大方の読者が既に認めてゐる  云ふまでもなく増産にありとは  云へなかつたかも知れない  云つてしまふと  云つたところで始まらぬと諦めてゐるか  云ふ緊張した  云ひやうのない不快を感じた  云ふ道徳感に顧慮すべく  云はれた事がある  云ふ厭世的な感慨に沈みながら  云ふ事を耳にすると  云ふ予感めいた  云はれると嬉しがつてよく私達の云ふ  云ふ芸者がひよつ  云ふ中で私も負けぬ  云はうか興味がさめたと  云ふ風をして  云ふ趣意のものを書いて  云つちやいけないよ  云つたやうなこなしをして  云ふ者を知つてるかとおつしやいますから  云ふ種類の女に対しても常にある  云ふ話をして居つた  云へばちとずぼらのすぎる  云ふので三人揃つて出かけた  云ふものを大いに普及する  云ふ誤れる  云ふこと丈けは云ひ得ると思ひます  云ふ方法を採る  云ふものもつまり其時に於て始めて  云ふことは当を得ざる  云ふ群盲の象を撫でる  云はば天下と共に樂しむとでも申し  云ふ諢名までつけた  云ふ名を御つけになりました  云ひつけで描いた  云ふものに申させますと  云ふ諢名をつけて  云ひつけで  云ふ難有い  云ひつけなさいました  云ふ段になりますと  云ふ夢中になり  云ふ事を申す  云ひつけた  云はば命にも關り兼ねない  云ふ事は弟子たちにも知らせた  云ふ事が起りになつてゐた  云ひやうのない恐ろしさに脅かされて  云つたかわからない  云ふ大騷ぎが始ま  云ふ評判が立ち始めて  云ひつけになりました  云ふ取沙汰を致す  云ふ景色に見えました  云ふ考へに味方をなす  云はば天下と共に楽しむとでも申し  云ひつける  云ふ大騒ぎが始ま  云ふ事と価値との関係が絶えてない  云ふ物に一番よく木版を生かせる  云ふ言葉が出来た  云ふ言葉から出た  云ふのは四人だか五人だかはっきりしない  云ふことになると  云ひながら二人は四つ角に来て  云ふやうな文章を雑誌に掲げた  云ふ情熱を持った肥った  云ふのも矢張りもやもやっとした  云へば立派に聞ゆれど  云ひ過ぎて  云ふやうなことに出  云ふわけか平太が行くと  云ふ訳か横に歩く  云ふ訳か上下に交通する  云ひ船頭もしきりにそのトランクを見ながら  云ふ風にきいてゐる  云ふやうなことを空想しながら  云ひ云ひ泣いてゐた  云ふことが考へられた  云ふ母の言葉を耳にした  云ひつけるわよ  云へずさばさばした  云へる或る毒気のやうなものが千恵のおなかの中に渦巻いてゐる  云えるほど上品な趣味で化粧品類が並べてある  云ふやうな顔つきをして  云ふ元気さへ起らなかつた  云ひ罵る  云つてやりやい  云つてく  云ふのにちよいちよい行くんでしてね  云ふ元氣さへ起らなかつた  云ひ現はせると思ふが  云ひさうなこんだ  云はせねえで  云ふべき若い男が教へて呉れる  云やしません  云えるかも知れないと考えた  云ふと狼の糞ときいて  云ふ小さな流水がある  云ひ過ぎでもするといけないと  云ふだけぐらゐ云はせとけよ  云ふでもありません  云ひながら顔を拭いた  云ふことは却つて余計な失礼の事のやうに思へたので  云はれたのが甚く  云ひ方を笑つたりしたが  云ふであらう  云ひながら自分は下らない玩具になりさがりたがってゐる  云ふはよいがそれでおれがおもちやで遊ぶ  云ひめさるなよおれ程おまへもおもちやが見えたら  云ふなよそれどころかおまへはおもちやを知つてないからおもちやでないことも分りはしない  云へるがものはないぞおもちやが面白くもないくせにおもちやを商ふことしか出来ない  云つたやうにして来い  云ふ手続きをしてゐた  云ふよりは親しみをさへ持つてゐる  云ふ経験をする  云ふ連れのある  云ふ腹は明らかに龍子に見せつけられた  云ふ際にすべき  云ふ温かさを持つた  云ふやうな長い刑期を受けねばならなかつた  云ふ腹とも思はれる  云ふ言葉を聞くと  云ふ場合に初めて出  云ふ事に就いては知りつくしてゐる  云ふ決心が固くなる  云はし  云ふ事をよくさう云つておいて下さいませんか  云つときませう  云ふ文字が新聞の三面記事より他の場所では先づ見た  云ふ番号札を受取つて控所に戻つた  云ふやうなひからびた  云ふやうな恰好をした  云ふやうな顔をして  云ふ荷物を積む  云ふやうにギロリと白い眼を光らせて通りすぎた  云ふことは忘れた  云ふ顔をして  云ふ工合には行きませんね  云ふやうな表情をして  云ふ事は殆んど当然の事としか考へられてゐなかつた  云ふのは分り切つた  云ふ事は皆んなの態度で龍子にはハツキリ感じられた  云ふやうな様子で最初に口をきいた  云つたやうな表情で見  云ふやうな緊張した  云つたまま黙  云ふと日和下駄の歯をタヽキにきしませながら  云ふ風に誰かと腹を合せてした  云ひたげに  云ふ耳ざわりな言葉が龍子を怒らせた  云ふ指図通りにその扉の前に立つた  云ふ顔をしながら  云ふ許しが出て  云ふやうなポカンとした  云ふ名前のはいる  云ふ手紙を書かうと  云ふ語此から言ふ  云ふもののやつと出  云ふ官吏がゐたさうである  云ふものに對しては  云ふこともなく尊敬の念を持つてゐる  云ふ治療ならさせる  云ふ治療ならさせぬと  云ふのも善く人選をした  云ふ因縁があるので  云ふものに對する  云ふものを顧みない  云ふ人が深く這入り込むと  云ふ川の左岸を迂  云ふ僧が出  云ふ僧がをられましたか  云ふ事をしてをられましたか  云ふやうな事が書いて  云ふのがわからぬと  云ふことに興味がなささうだと思ひ  云ひ現はせば  云ふやうな口を利くから  云はれるか分りませんから  云へば必ず雨潦の氾濫に災害を被る  云ひし夜の神の御裾さはりて  云ふ人あらばあらば  云ひてかかへてにげぬ  云ひし秋よ三人よ人そぞろなりし  云ふ酒のかをりのなつかしき春みどりなるは  云はじそのまぼろしのあまき夢詩人もありき  云ふものの私は小説家であつて自分の思つたことを最も平凡に披瀝するに過ぎない  云はれなかつたので  云へなれは  云つたやうなものが知らず  云ひやうのない寂しさを歌つてゐる  云ふのを忘れてゐたが  云ふことを振返って  云ひつけられた  云ふことにならない  云ふやうな悪調子を避け  云ふ風に苦心する  云ふのがあり  云ふ人もあらうが  云ふ要求が起らざるを得ない  云ふことに意義が見出される  云ふ可からざる感慨に入らんとするなり  云ふものちつとも私と一緒にゐられない  云ふ事を書く  云ふ興味だけで聞いた  云ふ種類のものでもありませんでした  云ふものに興味を感じた  云ふ風に聴き  云ふ点に多く興味を見出したかと  云ふプロゼイツクな消し  云つたら手紙にたよる  云ふ札が掲げられてゐました  云ふ不安に襲はれました  云ふ人達の一番の徳とされてゐる  云ふ処がありました  云ふ事をきはめようとする  云ふ処から聞きました  云ふのは一番初めに来た  云ふやうな調子で腰掛けさせると  云つてるし  云ふ事も矢張り事実にちがひない  云ふ事実を被告に認めさせようとしてゐるし  云ふ事をハツキリ認める  云ふ解釈をして  云ふ事を極力主張したい  云ふ気持すらも自分ではハツキリしてゐなかつた  云ふ事実を認めさして  云ふ事も出来る  云へる事ではなからうかと私は思ひます  云ふ事は承認してゐる  云ふのを恐が  云ふ事を先づ裁判官に認めて  云ふ事は傍聴者の誰にも分る  云つたやうな調子に出られたら  云ふ風に観た  云ふ型の中に出来るだけ  云ふ事などは一ぺんも考へて見た  云ふ地位を天賦のものか何かのやうに考へてた  云へない気がする  云ふ事を真面目に考へました  云ふ事は結局裁判官には認めて  云ふ事を云はないのを興味深く観てゐました  云ふ申請がありましたが  云ふやうな顔をしながら  云ふ求刑を気のない調子でしてドカリと腰を下ろして  云ふやうにまたヂロヂロ傍聴者の顔をながめはじめました  云ふ無慈悲な求刑でせう  云ふ事になつて四ヶ月の求刑に五十円と云ふ  云ふ男に対して充分抵抗が出来る  云ふ予想をしない  云ふ事も有り得る  云ふ犯罪行為にまで彼女を逐うて  云ふ犯罪を犯す  云ふ事は私の下手な弁護にまたずとも  云ふ事になりましても  云ふ事も一寸ないのでせうからねえ  云ふのだらうかと思つてその横顔を見てゐました  云ふのだらうと云ふ  云へば普通の意味での紳士らしい品位からは遠い男のやうに見受けられました  云ふ事を思はせました  云ふやうな事を云つてはひつて来ます  云へば何を仕出かすか  云ふ事は出来ません  云やしませんから送り返す  云ふ訳にはゆかないと  云ふとほり  云ふ僕の言葉に或可笑しさを感じるであらう  云ふのは見す見すより悲惨に死ななければならぬ  云ふ友だちを持つてゐない  云ふ便宜もあつたのに違ひない  云ふものは実は動物力の異名に過ぎない  云含ませた  云棄てて直に賤ヶ岳に上った  云ひながら坂部は意外なほどに落ちついてゐた  云ひたくもない独言を放つて  云ふのがはじまり  云ふ訣に行かう  云ふ物質的材料を巧に真似た  云ふ事に帰着してしまふ  云ひがたき思を載せたる  云ふ秘蔵の蓄音機を取り出して  云ふ淡緑の衣着けたる  云ふ赭髯緑眼の男来つて  云ひて笑ひぬ  云ふ過去の語を用ゐざるべから  云ひ第二と云ふ  云ふ迄もなくその極度にありき  云ふ人もあるが  云へない心細い気持に駆られ始めて  云ふのは何と云ふいんねんだらう  云ふ先妻の長男を家庭内で冷遇する  云ひ聞かされる  云ふ誇りを抱いてゐた  云ふものが今の飛行機ほどに世人の感動と讃嘆の中心でさへあつたことを思へば  云ふ機械のある  云ふものや日清戦争で分捕りした  云ふ感じを直ぐ私は感じた  云ふ所に着きます  云ふ人に出  云ふことなら早うお父さんに手紙で知らさにや  云ふと少年達は一斉に鼻汁をすゝりあげる  云ふ誇りを覚えながら  云はせて仕事を励んだ  云ひあて得る  云ひたいことを浴びせた  云はれると一言も返せなかつた  云ふことには一々尤もだと云つてそれに味方した  云ひさま善作さんはかみさんをも続け  云ふ手紙が来た  云ふ場合には構内以外の俥夫を呼ぶ  云ふ所へ入れたとでも  云ふ通りになつてゐれば  云ふと私は大工は好かなかつた  云ふ職業はあまりに平凡に思へた  云ふて聞かせるだよ  云ふなら頼むだ  云ふと爺さんは目を丸くして  云ふだけでもちよつと悪い気はしなかつた  云ふいやな感じをなるだけ  云ふ空虚な誇りとの矛盾を感じなければならなかつたからである  云ふことは自分の家出以来の苦労を無意義にする  云ふ気にはなれ  云つたことがまた聞えて来や  云ひ違ひです  云ふ音波なるもの  云ひ得るので  云えることは少しもありません  云ふのが相当ゐる  云ひ切れない  云へば小乗的な要求が多過ぎると思ふ  云ひかけるといふ  云ふことがそれ程わからなかつたり通じない  云ひ方で表現する  云ひ方を変へれば  云ひ方でおし通さなければ  云ふ機会もあるし  云ひ損ひ  云ふことを語つてゐる  云ふに過ぎなかつたが  云ふ経験はあるだらう  云ふ望みが湧いて来た  云ふ空洞な汽笛の音が響いて  云ふお爺らしく思はれて来た  云はれはしまいか  云ふやうなうら悲しさが心に迫つて来る  云ふ途方もない思はせ  云ひながら龍二の肩を叩いたりした  云ふことを信じて  云はれて説伏させられない  云ふ風に書いてやらうかな  云ひながら照子は袂からハンカチを取り出して  云ひ出すので  云ふ材料が有つてゐる  云ふのは筆者に迷惑であるかも知れぬが  云ひうる  云へるかもしれない  云へないことを気づいてゐるし  云ふ希望を抱いて  云ひ出すかもわからない  云ひ得るだらう  云ひたいことを云ひ  云ふ型を脱し  云ふ人達の方へ向けるといふまでの  云ふ程の樣子は見せず  云ふやうに若しも思ひ  云ふやうな氣がして  云はぬ事を知つて居た  云へぬけれど  云ふ西山社長の声がしたので  云ふ気もしない  云はれて居る  云ふ統率者がある  云ふ様な事を口の中で云つて見て  云ふ気持を唆る様な話が出る  云ふ具合にした  云はれたのを思出してるかと  云ふ旅館に泊つて居て  云ふ事の無い不満足の情が起つて来るので  云ふ様な事を云はせる  云ふ風になつてゐる  云ふ特種な保温具まで出  云ふ制度を設けて  云ふ取りきめである  云ふことになつてゐると  云ふ氣持は一種拔き  云ふことは否定されない  云へば上村源之丞の操は方法論的にも形態論的にも文樂の操と全然同じ範疇に屬する  云ふことが吉田傳次郎氏の談片にあつたが之れは信じられると思ふ  云ふことを考へれば  云ふ經路に依  云ふことも到底適確には知る  云ふものを持つてゐる  云ふことは大體信じて  云ふものが上村源之丞の座元にある  云ふことも信じられる  云ふ結論に達せざるを得ない  云ふのは淡路假屋の人であると云ふ  云ふことも充分信じ得べき  云ふ名の下に單純にこの二つを混淆したに過ぎない  云ふ傳説は廣く  云ふ歌舞が宇佐八幡と密接な關係がある  云ふことは傳説が教へる  云ふことは本論の根本であるけれども之れは容易に決し  云ふのは前述のやうに先住民族のうち大和民族に同化し切れずに取  云ふおしら神なぞに依  云ふ風な信仰を集める  云ふ疑問を私はここでもう一度取りあげよう  云ふ特殊な部族に屬してゐた  云ふのは彼等が矢張り同家に隷屬してゐる  云ふ部族に屬してゐるが  云へば遙に他の種族を凌駕してゐるにも拘らず  云ふのは即ち農耕の民に限られてゐる  云ふのは古老の談に依ると  云ふ人が現れて  云ふが確かでないとある  云へなくなつた洋服の釦が二つ迄取れて居て  云ふ西山社長の聲がしたので  云ふ樣な事を口の中で云つて見て  云ふ氣持を唆る樣な話が出る  云ふ事の無い不滿足の情が起つて  云ふ樣の事を云はせる  云ふものは其栽培法を調べて見ると  云ふならば名望のある  云はれない一種の力を感ずる  云ひ古された  云ひ換へられるであらう  云ひ伝へられる  云ひ伝へは遠い昔ギリシヤ文明の発生期に起る  云ひつけは守らうともせずに  云ふことを簡単に告げて  云ふ期待は裏切られて  云へば云ふほど  云ひなだめてゐた  云はうと思つたが面倒なので口には出さずに黙  云ふでもなし云はぬでもなしと云ふ  云ふ事に気がついた  云ふ言葉ででも現はすべき  云ひやうで妻を強ひた  云ひ渡した  云ふものでないと云ひ聞かせた  云ふ事などは耳にも入れないで  云えるかどうか分りません  云えるほど落着いて  云えるように思われる  云はんでくれ  云つてるが  云つてみる  云はない少年達は蟻のやうにのぼつていつた  云ひ得  云ひかけてみる  云つてくれない  云ふ気もして  云ふ気もしてゐたので  云ふ時候であつたが晴代の前では話せない  云ふことが女に知れてから  云ふ語から来た  云ふ垣根もありません  云ふのが分つて  云ふ例の本領を發揮した  云えると想定するなら  云ふのみで妻にしたいと  云ふ老人が市場に居りましたが  云ふのを次の室で聞いてゐた  云ふ様な境遇になりました  云はうとしました  云つたやうな聲を出して  云ふのであらうか  云ひたきをなど考ふる  云へば武骨過ぎる  云ひながら夜遲くまで飮み更かした  云はうとしてゐた  云はせたりした  云ふやうに私をみ上げた  云へばあふれ出し  云ひながら境内に入る  云ふ所は究竟の城廓なり  云ふ戯曲が出てゐて  云ふ気になつてゐる  云ふ現象の生じると  云ふことはこちらが確にいけない  云ふものはとても書けない  云ふのを頂戴したい  云はないで置けば  云ふのす  云ふ赤い縞はできます  云ふ岩のすき間のごと何て云ふ  云ふわけにはいかない  云ふ及びもつかない  云ふことに生活圏内からいよいよ離れて  云ひ聞かせたりする  云ふ瞬間が来る  云ひたがつてゐるからだ  云ふことだすがな  云ひかへした  云ふ意味か理解出来ない  云ひ給ふな  云ふ事はニコラウス第一世の時代には陸軍の将校として最も名誉ある  云ふ時巌丈な歩き付きをして  云ふ事のある  云へぬ感奮の情を発した  云ふものを飽くまで研究しようと  云ふものを人格にして見せたら  云ふ紳士は自分のゐる  云ふ観念には数多の誤謬と顛倒とを含んでゐる  云ふ天使扱をせられると  云ふ道徳的観念を持つてゐた  云ふ事は出来  云ふものが分つた  云ふものを手に入れる  云ひ掛けたが  云ふ事が女の意識を掠めて過ぎた  云ふ時にステパンは何事にも服従しなくてはならぬと  云ふことがなかつたら  云ふものは生来知らない  云ふ人の事を思ふ  云ふに自分の意志の下にも立たず  云ふ日にはどうしようかと  云ふ感じが時の立つに連れて  云ふことはめつたになかつた  云ふ場合にはセルギウスは一種の内生活の争闘を閲してゐる  云ふにさう  云ふ院僧が歩み寄つた  云ふ事を悟つた  云ふので呼んだ  云ふ問が現はれてゐた  云ふのは山の半腹を横に掘り込んだ  云ふ坊さんのゐる  云ふ所で休んで  云ふ男の辯護をした  云ふので喧嘩が始まつた  云ふ人は皆自己に対する満足を感じてゐる  云ふものに一人としてそれの分らない  云ふわけでもないでせう  云ふものを無くしてゐます  云ふものも考へて見れば分らなくなります  云ふのは本当か知らん  云ふことが分る  云ふ疑は晴れた  云ふ打ち明けた  云ふ事を見抜いた  云ふことが分つてゐる  云ふ不可抗力のやうな慾望が起つた  云ふ僧の監督を受けて  云ふ疑惑を生じた  云ふ記念品になつて残つてゐるだけである  云ふものはかうする  云ふ人の諫も聴かずに  云ふ事を持つて来て  云ふ事には疑を挾まない  云ふものが無くなつてゐる  云ふものがあるだらうか  云ふものであらうか  云ふ目をして  云ふのを宥めなくてはならなかつたからである  云ふことを認める  云ふことを誰にも話して下さいますな  云ふ所に気が付かなかつた  云ふのださうでございます  云ひながら立つて  云ふ事は存じてゐながら  云ふ事も出来ないので  云ふやうな言葉の場合の発音でやつて頂きたい  云ふやうな発音で紹介される  云ふ発音でおぼえ込んでしまひ  云付けられた  云ふ人はありません  云ひながら権兵衛さんの手から一本づつ傘を受けとりました  云ふ宿屋に腰を下ろした  云ふ文句のある  云ふことに氣付いて見たら  云ふ書物の著者が企てたと  云はなければなるまい  云へば一切の事物は相對して  云ふものは安藤の食物と同じことで一人の私有すべき  云へばこれ以上正確な知識は望まれない  云ふことがあるから  云ふことが思付くであらう  云ふことを示して  云ふ語をかくも多く用ひてゐる  云ふ事が安藤にとつては如何に大事のものであつたかと云ふことは認めざるを得ない  云ふ人もあらう  云ふもののあらう  云ふ途端に既に彼もある  云はなかつたであらうと思ふ  云ふことが潛んでゐる  云ふことは文字だけの空想に過ぎない  云ふ意味で自然眞營道とも稱する  云ふ理由の基に一夫一婦制を主張する  云ふ迄もなく罪惡を未然に防ぐ  云ふことが推測出來ると思ふ  云ふ折衷説も出  云ふ語は陳腐ではあるが  云へる有徳なる百姓ありけるが  云はせもはてず  云はれてある  云へなくてすまない  云えないというような表情で私の顔を凝視していた  云ふものは思ひの  云ふ気がしますねえ  云へ彼等の生活は何処でも何時でも重苦しいものではあった  云ふ感慨で以て泡盛をひっかけた  云つたものが感じられる  云ふ点から見れば  云ふ自覚が起ると  云ふ性格は要吉の特色を指す  云ふ境遇の下に置いたら  云ひやうのない心強さと讃美の気持でいつ  云はれて大きい眼を丸田の方に向けた  云ひたげにあたりの  云ひやうぢやらう  云はせて噛んでゐる  云ひやうのない表情は僅かに見えてゐる  云ふと客も直ぐそれに同意した  云ひやうのない幸福を感じながら  云ひ捨てて  云ふだけで役に立つか  云ひさま砕ける  云ひながら彼女は膳ごしらへをする  云ひ訳をした  云はれるやうにしたうごわすてなあ  云ふのかどうか人の心が分る  云ふことには反対ばかりするが  云ふと直ぐ意地になる  云ふまいて  云ひ切つた  云ふやうなことまで思ひながら  云ふ位なら今日來やしません  云ふに相違ないから約束通り信用して呉れない  云つたこともある  云ふのは一体君は何処へ行く  云つてくれないか  云ふことを聞いてゐて  云はれるとさうですな  云ふ画が二三点既に売約済になつてゐた  云ふ問題には公明正大な事をよく承知してゐるから  云ひ度いくらゐ  云えるものを活溌にしはじめた  云つてくると  云ふ場所へ足を向けた  云ふ小説の原稿を何処の雑誌社で買つて呉れると  云ふのであると美奈子は思つて居る  云ふ事を心苦しく思つて居る  云ふ青年文学者の出る  云ふ保雄の美点は二三の先輩と妻の美奈子と五六の門下生との外に知る  云ふ人が来ました  云ふ身分に成れば  云ふ事が新聞に出た  云ふ小児の紅木綿の着物や襁褓が幾枚か出て来た  云ふだめでせうとまりませんな  云へないがひどいですあなたの方からみたらずゐ  云へかなたすこやけき  云へまことかの文に三たびぞ記し置かれける  云ひ森と野原をこもごも載せた  云ふわれ死して  云はせない  云ひ出さないが  云ふやうに勧めた  云ふなり而して  云ふに非す又小事小利に意を奪はれ  云ふへからす  云ふときには眞に忘れたるを  云ふのみ其故は一たひ忘れたる  云ふに外ならす  云ふに非すして唯意力を以て自ら要する  云ふ之を外に轉するは  云ふなり故に意向を轉すると  云ふにあらすとするも  云ふ換言すれは  云ふ酒を呑みて  云はさるべからす  云ひながら人々はお互に行先のことを訊ね  云はうと思つて隣室へ行くと  云ひ度い  云ひ出されて  云つてやりましたが  云ひ附けでもする  云ひ出さずに  云ふ本を好奇心から読み出した  云ふ学校で独逸語を学んでゐた  云ふ句がひどく気に入つて  云ふ向きの句は一つも出来た  云ふ歌をよんだ  云ふことを人に勧められてしたが  云ふことであつたさうだ  云ふものを持ち損ねた  云ふ學校にも入らず  云ふ志願を親父に打ち明けて  云ふ決心も出  云ふ希望は益々強くなるばかりで  云ふものを讀んだ  云ふ決心を定めた  云ふことを繰り返して  云ふ長い月日を滅茶苦茶の中に送  云ふと殆んど三度の食事も食ひ兼ねた  云ふものを書いて  云へない場合にも期待がある  云へない現状に於いて  云へば中折も鳥打もあるのに  云ふ人があるかも知れぬが  云ふと云はないと感じられてはゐる  云ふ談は史乘に見えて居るが  云はれて御覧なさい  云ふ患もないでせう  云ふぢやありませんか  云はれれば一寸困るかもしれない  云ふ点に尽きてはゐない  云へばシェイクスピイヤのある  云ふ題でお話を致さうと思ひます  云ふ考へから起つた  云ふ所から支那研究が唱導せらる  云ふ議論を抱く  云ふ立場から考へる  云ふ方面の方に行はれると思ひます  云ふ樣な事に注意して  云ふのは決して西洋文化に劣るべきでは  云ふもそは先づ支那が代表的なものであると云ふ  云ふ聲の聞ゆる  云ふものは我國では御承知の通り中學校高等學校專門學校現に本校に於ても漢文がある  云ふ意味であるかといへば  云ふ支那通と云ふ  云ふ風にすれば  云ふ事を露西亞の軍隊よりも心得て居つたから  云ふ具合に日本人は西洋人よりも支那を知る  云ふ事になつたなれば  云ふ事はあるが  云ふ内亂が起つて居るか  云ふ事が新聞に出てゐる  云ふ事は支那の歴史を見ると  云ふ例は支那二千餘年の歴史を見れば  云ふものは一時中止する  云ふ樣な平和の事業が妨げられる  云ふ事が解る  云ふ風に猫の眼を返へす如く  云ふ歴史を以つて居るから  云ふ事は西洋人にも理解が出  云ふ事は西洋人の書いた  云ふ者であると斷定する  云ふ人が我國に來たので私も京都大學で遇ひました  云ふは間違ひない  云ふ事になるが  云ふ個人的關係を能く知り  云ふやうな事には非常に興味を有し  云ふ事は申すまでも  云ふ議論を新聞で承る  云ふ具合に研究して居るか  云ふ具合に行れて居るかと  云ふ目的があつて其目的を以てやる  云ふ學問の發達文明の進歩は只實用實用と考へて進む  云ふ考へからやらなければならん  云ふ立場でやつて居る  云ふ事もありません  云ふ譯で佛國に支那の學問が純粹の學問となつてゐるかと  云ふ事は明の萬暦年間天主教が支那に這入  云ふので彼等佛教僧侶の着物を着  云ふものがあると  云ふ事を聞いた  云ふので支那學を勉強した  云ふ問題が起つた  云ふ名を支那では何んと云つたらよからうと云ふ  云ふ事から支那の本を讀んで  云ふ事は父母の生存して居る  云ふ宗派の宣教師が支那の孔子崇拜祖先崇拜は一つの宗教である之をゼシュイットが許す  云ふ事をいひ  云ふ事から其支那の事情が學者に注意せらる  云ふ學者の間にも支那の學問を學問的に研究する  云ふ人が支那に學術探  云ふ處で宋の初めに兵火の難を免れる  云ふ名を附した  云ふ風に支那日本の事を研究して居る  云ふやうな事を本に書いてある  云ふ所は第一外國を非常に輕蔑する  云ふ自惚れを持つて居るから  云ふ人がありました  云ふ事を申された  云ふものは元來宗旨として日本にはないので假令そんな大部なものを出版しても  云ふのに今支那に關する  云ふものに關する  云ふ所に楊と云ふ  云ふのがあつて支那部に參つて見ると  云ふ問題で山東を中心として講義をやつて居ました  云つたか文學と云つたか名を忘れたが  云ふ本を集めてゐるかと  云ふ事は之は何人も云はない人はありません  云ふ風では共存共榮もないと思はれます  云ふ事は商賣の  云ふ迷信を持つて居る  云ふのですから私も一寸其返事に困つたが  云ふ者は凡て外國に逃亡してしまふ  云はれた場合の感じより一層ヒドイ感じを生ずる  云ふ上より非常に惡い  云ふものは一朝一夕で出  云ふものは四千有余年以來續いて居るので  云ふものがどう云ふ  云ふ事を考へるには  云ふ事之は非常に六ヶ敷い  云ふ意氣込でなければならんと思ふ  云ふ樣な事をやらうと  云ふ者を十分に研究して見なければならぬ  云ふ者が起り  云ふ立場から研究した  云ふ規矩は殊に古代史の研究に一方ならぬ  云ふ傾向を持つた  云ふ考によりて出  云ふ者を始めから確かな者と信じて  云ふ者を順次に晩出の書からして  云ふことを一應判斷し  云ふ樣な本によりて  云ふ古蹟の存在する  云ふことが解つて居るから  云ふ方法にして始めて  云ふ方向に進んで行きたいと思ふ  云ふことがいちいち私達の癇にさわつた  云ふことなどを信じられやしない  云ふことを好く聞いて  云ふことは何うもうか  云ふことなんて気にする  云ふことも聞かないで  云はれてみても  云ふべくして  云ひなれ  云ふ席に出て  云ふことに就て暫くの間御清聽を願ふ  云ふものは御承知の通り幾度もありまして  云ふことは同時に復古と云ふ  云ふやうな事もありませうけれども  云ふものは隨分固く守つて居りましたが  云ふやうなものも革命以來非常に崩れて  云ふ人に一寸會ひました  云ふものは何う云ふ  云ふやうな話もありました  云ふことを唱へる  云ふよりも寧ろ儒教の精神を發揮して  云ふ人も隨分ある  云ふ問題が起る  云ふ論者も隨分ある  云ふ工合に人心動搖を始めました  云ふ問題に歸する  云ふことを説いて居ります  云ふものは大變重んぜられて居る  云ふものを理想として居られた  云ふ立場からして  云ふことを憲法の中に明記したいと  云ふことを唱道して居る  云ふものは一體何う云ふ  云ふ説を持つて居るかと  云ふのは夫では何う云ふ  云ふことを少しく申します  云ふ風に觀て居る  云ふものは漢の時分には大變盛んでありましたが此の公羊學者は此の緯書に依つて  云ふことが詳しく載  云ふ請願をした  云ふ工合に儒教を宗教と見ますると  云ふやうなことになりますると  云ふ五種族を併せて出  云ふものが附いて居りますから  云ふやうなことを新聞で見ましたが  云ふ運動をすると  云ふやうなものを矢鱈に褒貶黜陟して居る  云ふ孔子の居られた  云ふやうな工合に仕向けて居る  云ふものは大變違つて居る  云ふことを春秋に書いてありますが  云ふやうに公羊學者は論ずる  云ふものを憎んで  云ふことは宜しくないと云ふ  云ふことを言つて居る  云ふ思想ありと  云ふ風に分けて居ります  云ふと魯を大事にして居る  云ふものに分つた  云ふものを拵へて外敵を防ぎ  云ふこともないと云ふ  云ふと必ずしも己れの爲めにすると  云ふことは人間の義務であるから富でも何でも共通のものに仕なければならぬ  云ふもの或は又鰥寡孤獨と云ふ  云ふのは即ち孔子の大同時代に一歩を進めた  云ふやうな事になると  云ふやうなものは一番都合が好いかも知れません  云ふものは非常に支那では流行して居る  云ふことになりますと  云ふものは果して今日の儒教復興論者の言ふ  云ふことを前提と致しまして  云ふものが一番差障りがないか知らぬと思ふ  云ふものは一時珍らしいからツヒ人が耳を傾ける  云ふ説と云ふも  云ふことは直ぐに分る  云ふ思想がある  云ふやうな時代が出て  云ふ時世になつて公羊學を主張して  云ふ新しい傾向を持つて  云ふことを一寸お話した  云ふ洒落  云えるのだと私は思います  云はれたつて  云ふ程の諦めも  云ふものが含まれてなかつたのでせう  云ふものを持たないので  云ふやうにも思はれるし  云へば二十と何年も一緒に暮してゐながら  云ふ気持もする  云ふことをして  云ふ通知を受取った  云ふ例なら彼の身辺に随分あった  云ふ字にせられたら  云ふことの證據であると思ふ  云ふことが推測せらる  云ふときの南越に對する  云つたことが明白であつて見ると  云へない人間味がある  云つたやうに思ふが  云ふやうな讃辞が捧げられてゐる  云ふので酒を飲みながら  云ふ歌を詠んで  云ふ話があるが  云やしないよ  云ふ荒筋が出来  云ふ感じ  云ふのではないが此被告の審理は夜を通して続いた  云ふばつかりでひよつとした  云ふ詞の意味を示した  云ふ疑もか  云ふ噂もある  云ふことを知らなかつた  云ふ許しも出たかの  云ふものは何処へか追払はれたらしい  云ふ様子が見える  云ふ処によると  云ふ宛もなくうろつき  云ふ邪みが  云ふ風にしたが  云ふ予定が出来得ようか  云ふことなしに  云ふ高い濁音までがして来た  云ふ宛などある  云ふ悲惨な物語を聞いてるとは思はれない程  云ふ風に考ふべきであらうか  云ふそのことが彼には堪へ  云得るかもしれないが  云ふ方に解したら  云ふことから全く離れて  云ふ苦悶をも考へずに  云ふ形容詞はここに用ゐる  云ひ様足許近くに置いて  云ふ兇暴な決心をする  云ふ法則でもあるのであらうか  云ふものは斯程迄に国民の信頼を受けつ  云ふ考を起さなかつた  云ふやうなことになりましたら  云ふことを採上げて  云ふ肺結核患者の特徴が現れて居た  云ひさま彼は笠で顔を蔽うた  云ふ疑問が出る  云ふ懸念が君にも潜在して居る  云ふ事が行はれる  云ふ氣分が見えて  云ふやうなものも出  云ふ國はさう外國の眞似ばかりもして居れぬ  云ふことに觸れて  云ふ迄もなく日本の過去が支那の文化とは離るべからざる密接な關係をもつて居つたからであります  云ふ所から出  云ふものをよく研究しなければならぬと  云ふものに關係がある  云ふものの形式を眞似て  云へませぬが  云ふのは大體次の十二篇に分たれて居ります  云ふものは大體に於いて  云ふ點に於いても  云ふものは一貫した  云ふことを眼目として居ります  云ふものは道徳の補助であるといふ主義を發揮した  云ふものは一つの道具として必要ではあるが  云ふ意味のことを主張して居ります  云ふのが即ち支那法に於ける  云はれて居りまして  云ふやうな主義を執  云ふ風に非常に差別がある  云ふことに歸着する  云ふことに歸屬しなければならぬ  云ふものは殊に強固に發達して居る  云ふことが一番大切なことになつて居る  云ふことは非常に意味のある  云ふことに非常に反對しました  云ふ譯にはゆかないと  云ふ風に家族制度を重じて居ります  云ふ人達の行爲を皆書いて居ります  云ふことになつて居ます  云ふ言葉がこれから出て  云ふことになります  云ふことが見えませぬ  云ふものがありませぬ  云ふ考が行はれて居るからであります  云ふ書物を見ますと  云ふことには違ひない  云ふものが日本ほど發達する  云ふべき忠と云ふも  云ふものがありますが  云ふことを必ず書いてありますから  云ふ數にせんが  云ふことが決ま  云ふやうに叩く  云ふ譯にいかない  云ふのは絞殺するの  云ふ考がありまして  云ふ一篇があります  云ふことを行ひ  云ふことを行ふと云ふ  云ふことが書かれてあります  云ふことが述べてあります  云ふ指令が出る  云ふことを述べます  云ふものを立てます  云ふ字に代ゆるに國家を危くすると書いてあります  云ふものはこの罪に入る  云ふのは日本で申します  云ふのは皆他家へ嫁いで  云ふのは申す迄も  云ふのがありますが  云ふのは現實に同居してゐる  云ふのは南支那に行はれた  云ふのは蟲を皿に入れる  云ふ術を使ふと云ふ  云ふのは大膳職に關した  云ふのは天子に惡口する  云ふことをしたなどと  云ふのは喪服を釋いて  云ふのは直接血縁の血はかかつて居らぬ  云ふやうに規定されて居ました  云ふのは妻が夫の喪を聞いても  云ふことは珍らしいことではありませんから  云ふ聖人の教に基いて居る  云ふことは非常にやかましく禁止されてゐる  云ふものは日本の古代法律の中にも規定されて居りました  云ふのは一族間に於いて  云ふ條項の中に附加へて居ります  云ふのは一家三人を殺すとか  云ふのを第七の不孝の中に附け  云ふやうな道理に背いた  云ふことを要求して居る  云はねばなりませぬ  云ふ文句はその儘採用しては居りますが  云ふことを餘程廣く見て居ます  云ふ以上は同一にし  云ふ國は世界中でも尤も師道を重んずる  云ふものは同樣に尊敬しなければならぬと  云ふ風に支那では師匠を大變尊ぶ  云ふ論を書いて置きましたから  云ふと卑幼尊長と云ひ  云ふ主義になつて居ますから  云ふやうなことをやる  云ふのは道路を流して歩く  云ふものは徒刑三年に處せられます  云ふのは正妻の外に認められて居る  云ふ許可があれば  云ふと徒刑一年とあります  云ふことははつきり罪を決めて居りませぬ  云ふことであつたのでないかと思ひます  云ふこと丈けで斬罪に處する  云ふ者がその母を鞭つたと云ふ  云ふ命を下し  云ふ處分に處せられました  云ふのでその讀書人の尊族及び嫁の方の父母は或ひは絞  云ふので流罪に處せられた  云ふので免職された  云ふ殘酷を極めた  云ふことの反省力が全くありませぬ  云ふ七十九歳の老人がありました  云ふ娘があるのみで  云ふので裁判に訴へました  云ふ場合は相續權を廢除する  云ふことを聞かない  云ふ判決を下しました  云ふ性質が將來果して直らぬか  云ふことは分らない  云ふ時に壻養子を取らした  云ふ事になつて居て  云ふやうな批評を下しました  云ふ思想が支配して居たので  云へば滿十五年には足らぬかは知れぬが  云ふことであると云はれて居ります  云ふやうなことは到底豫め考へられない  云ふやうな不都合な者が稀には出て居らぬ  云ふ處刑を親殺しに當嵌めた  云ふ精神があります  云ふことをしたならば  云ふ風になつて居ます  云ふ場合には虐待を受けて  云ふ樣なことをやつて居る  云ふことは誠に不人情至極であると思ひます  云ふやうなものは改められて居ります  云ふものは無くなつて終ひましたが  云ふ風に扱つて居るかと  云ふものも徹底的に理解出來ませぬと思ひます  云ふのは二軒の祖先を異にし  云ふ目的の爲めに昏禮をする  云ふものを甚だ重しとして鄭重に行ひます  云ふ嫁になるべき  云ふのは階段が三つありますから  云ふものは此の一句に盡きて居る  云ふ考は主なる目的の中には加はつて居らぬ  云ふのは原則として祖先を異にする  云ふことに必ず限られて居ります  云ふものは正式に結納を取り交して  云ふならば買はぬと云ふ  云ふ主義を存續して居る  云ふのは簪を插す  云ふことは學者に依  云ふことは明かでありますが  云ふ所では男は三十の時に嫁を取る  云ふことに多く解釋して居る  云ふ年が結婚すべき  云ふのは昔は支那では子が生れて  云ふならば政府の方で相手の世話してやるので  云ふ官があると  云ふことになりました  云ふのは前に述べた  云ふ風に呼んで居つて  云ふ所に祖先を中心にした  云へば種々に解釋されるでありませう  云ふものを取  云ふ約束して  云ふ約束したから  云ふやうな時には法律違反の責は男女を主となし主婚は從となる  云ふ規定が唐律には存在する  云ふことになつて居る  云ふ人は夫としても先妻が亡くなつたら  云ふのは嫁いでから  云ふ爲めに褒美をもらつた  云ふのは既に一旦嫁いで  云ふ者を云ふ  云ふことで一生頭が上らない  云ふのはやや違ひます  云ふものは夫と體を同じくする  云ふ主義が徹底して  云ふことを避けねばならぬと  云ふので均しく斬  云ふのは血の出た  云ふのは律の方にはありませぬが  云ふものの同意をも得なければならぬ  云ふ理由があります  云ふことであれば離縁して  云ふことを豫め稽古はするが  云ふことは學ばない  云ふことになれば  云ふ風になつて居る  云ふことがあれば  云ふのは已むを得ないとされて居ります  云ふ古詩がありますが  云ふので自殺する  云ふやうなことを詠じた  云ふ例は幾らもあります  云ふことで此の先祖をながく祀るといふ  云ふことは事實上行はれて居りませぬ  云ふことに在りとして決めた  云ふ迄もなく此を犯すと  云ふことと此淫佚と云ふことは  云ふことが新聞にありました  云ふものは殆ど一定の時を決めて起ります  云ふことがうまく行きませぬ  云ふことと水源を涵養するといふ  云ふ恐れもありますし  云ふ恐れもありますから  云ふことは唐律には書いてありますが  云ふ條項を加へて居る  云ふ權利を認めて居るだけでありますから  云ふことは遠慮しなければならぬので  云ふことが一つ殘つて居ります  云ふ時には致し方がないから離別しなければならぬ  云ふ風に元々義を以て合する  云はば一利一害であると思ひます  云ふものは古來から主として東洋の諸國に行はれた  云ふ必要はないと思ひます  云ふ大きな家族の家長であらせられる  云ふ國柄であることを考へると  云ふ通りどうも孝道と云ふも  云ふやうな者は少からず出ますが  云ふと必ず子を叱り付ける  云はばもう心を改めて居る  云ふので裁判をやり  云ふやうな理由で許さるべきでは  云ふものを重く考へるべきで  云ふのは少しく私の予想に反するが  云ひ囃やされながら  云ふほどのものは何も持たない  云はれて居るが  云へば両著書が小極致とする  云ふことならば白状しても  云ふのは真面目に書いた  云ふ貼り紙に洒脱の気を示した  云ふやうに大抵手足を縮めてゐる  云ふ人人は酔興に泳いでゐる  云ふ景色を見ながら  云ふ雑誌一つならず  云ふ出立ちである  云ふ断り書がある  云ふ気のした  云ふ訣ぢやありません  云はば麦稈帽はかぶつてゐても  云へぬこともある  云へば五十音順のカードによつて整理するといふ  云ひ切れぬから  云ふ方がよいかも知れません  云ふ縁なりと書いてあります  云く尚ほ困  云ふ樣なことを正確またはそれに近い程度に洞察し得る  云ふことだから今日では一層豐富な智識が集められて居るであらう  云ふ風がある  云ふ點から見れば  云ふを組織し  云ふことは彼等の日常生活にとつて必須の常識であらねばならぬ  云ふことを無反省に自惚れて居る  云ふ無思慮な優越感を恥づ  云ふ惡戯氣分になり  云ふ三段論法を案出した  云ふこと及び支那は儒教の國であると云ふことの  云ふのは耶蘇教徒の獨斷に過ぎない  云ふことだけは充分に主張し得られる  云ふ意味のことを述べて居る  云ふ問題を考察するに  云ふ事では何時迄經つても支那人を理解し  云ふ功利的感情に存する  云ふ事實をお前迄が裏書きするではないか  云ふ横鎗が入るであらう  云ふ斷言を許し得るかも知れない  云ふ人々を相手と豫想して  云ふ明確な事實からして  云つたり懐疑を口にするとしても  云やはりましたやろ  云つたやうな非常に不健全なものしか得られない  云ひ方に聞えるかも知れませぬが  云ふ議員は非常に野暮な議員だといふ風に考へられる  云ふ人の手に渡り  云ふ中間演劇なる  云ふ風な点を生かし  云ふ港町へぬける  云ふ意識がある  云ふ様なものがある  云ふ風なことがテーマになつてゐる  云ふのかあんまり云ふ  云つたんぢや面白くないから書いて見せる  云ふものだと作例を示す  云ふ先例がある  云つてくれては困る  云ふ最初の考へもなくなるし  云ふ事に申し合せた  云ふのださうな  云へることだと思ふ  云へない好奇と歡喜とに滿腹して飽かず眺めつくした  云ふ順序に坐  云ふ女弟子も連れないで  云は子という字を逆にした  云ふものが主人と小僧さんの顔に満ちて居るので  云つたらエンチヤンテレスはないと笑はれた  云ふので五枚書いて渡した  云ふのを留める  云ふ良人の原稿はまだ新聞に出て居なかつた  云ふ話をするので  云ふよりは妙にもの侘しく切ない気持がした  云ふことを知り  云ふ傾向になつて居るであらうが  云ふ地位に達し無ければ  云ふ地位を得たい  云ふやうに成るであらう  云は子と云ふ  云ふ字は肉と云ふ  云ふ意味に取る  云ふと職業を授けて行くに  云ふのでもソレはいかぬ  云ふ野心の起る  云ふことを示さねばならぬ  云ふことは一寸議論が立ち  云ふことを能く  云へばオダテの利く  云ふと直ぐに廢めてしまふ  云ふことなら大概な事は聽く  云ふ字を頗る難有がる  云ふ高尚な書物を著はして居る  云ふ御道樂があるか  云ふやうな書物は出て居るけれど  云ふ本は未だ出てゐない  云ふものが出ねばいかぬ  云ふものを書くだらう  云ふ日の來らんことを希望する  云ふ人があるかもしれぬが  云ふ人は道樂に學問する  云ふ教になつてゐるからである  云ふ風に教育して居るかと  云ふ養育法をやり  云ふ觀念が注入されて居る  云ふ一言で以つて双方の間がズツト和ぐ  云つたさうであるが  云ふやうな金を出して  云ふものは國の飾とでも言ふべき  云ふことを研究する  云ふ者になつてしまふ  云ふ議論が立つならば  云ふことになるが  云ふことを考へたならば  云ふがある  云ふ人間でなければならぬ  云ふ語があるが  云ふ字を見ても  云ふ意味であらう  云ふ婦人の著はした  云ふ小説にある  云ふ隨分ゾツトする  云ふ教育法を施すと  云ふ一個の小さい人間を造つた話がある  云ふた三種の内の孰れかを取らねばならぬ  云ふことも自から明瞭になるであらうと思ふ  云へば或いはペルシャにある  云ひ得ようもない神秘的な無色の山向ふで  云ひでない  云へば先づ足利の末世を指す  云ふ種類の親方なる  云ふ類が盛んに出て来た  云へば武藏野の秋を十二分に觀賞する  云ふ七重の瀧へ行つて見る  云はぬから聞いて見る  云つたやうな話をして居る  云ひ寄つた  云へば文字にしかよらない  云つたさうですよ  云へず青白くさっぱりしてゐました  云ふ遠い所へ行きたいと  云ふ溝は水の出る  云ふものもありました  云ひながらすなほに私たちに貸し  云ふことが詩を蔑むとも考へられない  云ふ雅びた語の面白味を感じない  云ふ新しい学語で表はさなければ  云ふものは前代の文明の中から今日にも役に立つ  云ふ怖しい  云ふのが乘つて居た  云ふ艱難に罹りし  云ふのみを知りたるとも  云ふに在り  云はせながら  云ひつけられはしないか  云ひ付けるよ  云ふなら云ふで  云ひ聞かせたら  云ひ合つてゐる  云はれて彼が池の方を見ると  云ふことも訊かないで  云ふのを聞くと  云ふ可きのみ  云はれたのと同じ事を云はれながら  云ふよりは私達を率ゐる  云ふような顔をして  云ひながらそろ  云ひながら老婆を小屋の中に送り込みました  云ひながら針のめどをすかして見る  云はれながら歯もろくに役立たず  云ふ噂が拡がりました  云ひやうのない苦しそうな圧される  云ひ張つてゐました  云ふ事が続いた  云ひ合つてゐました  云ふ光景だけは見えますが  云ふ奴がある  云ふともこの飯の煮たたぬ  云えるような朗らかさを示していたが  云ひ現はせたらうと思ひますが  云える悪人多からずば其職繁昌せず  云て生真面目の町人でも無い何うしても博奕など打つ  云える素性不明の者こそ手掛りなれと説き終りて  云て自分でも聞き  云に先外妾ならば其密夫と何所で逢います  云えるは初め妾が長崎の廓にて勤めせし  云ひあひながら  云ふものをいまだ持てなかつた  云ふ女とあみだを引いた  云ふ名前で芸者に出てゐるから  云つたら軽蔑され  云ふ事聞い  云ふものであらうかと  云はれた志茂代と云ふ  云はれて前金で払はさせられた  云つてるでせう  云つてるのね  云ふ音信が来た  云へないなつかしささへ感じてゐる  云ふ思ひは  云ひながら金をやる  云はなくてもお前さんの心持ちは分つてゐると  云ふ気持ちがある  云ふ二重の淋しさになり  云ふのであらうかと  云ふ事はいつ出来るか解らない  云ふ日本最初の背景装置はなるほど  云ふ気にならぬ  云ふ優しい言葉がきこえたが  云はうとはしなかつた  云ふ晩から再び鳴きはじめて  云ふ文章を書く  云ふ話も聞いた  云ふ一節の書始めに次のやうな文章がある  云ふ著者の態度は飽くまで其の時代一般の傾向を示した  云ふ通り言葉は如何なる強い力を以て国民を支配したであらう  云伝へられた  云へば必ず現はれて来る  云ふ脚本中の毒婦は色仕掛で欺した  云ふ詩なぞを掲げてゐるが  云ひ兼ねない  云ふものが昔の妖怪話の妖怪畫などに現はれてゐる  云ふ事を聞かされでもした  云ふ事實があつたにしても  云ふ恐怖觀念の實例に違ひない  云ふ事には殆ど興奮さへ覺へて骨身を惜しまない  云ふのも潔癖症と云ふ  云へぬ底力の富んだ  云ふ声もあたりの田から聞えて来る  云ふ氣がする  云ふ俺も負けないで賣  云ふ氣性を失はないで育つてくれると  云ふ晴天風があるので  云ふので親類に預け  云ふ札がついて居る賣れ  云ふ札のついた  云ふ母の叫ぶ  云ふ夜の子守唄を聞き  云ふ言葉をす  云ふニュースがはいりました  云つてくれますが  云はれて少しは落ちつきが出来ました  云つてくれるのでせう  云ふ真似をして見せました  云ふ事が判りました  云ふのではありませんよ  云へば豚のやうになつてゐる  云ひながら飲む  云ふ日本の安い眉墨を持つてゐた  云ふ映画を御覧になりましたか  云ふよりも事實いけないと思ふ  云ふ風なことを云ひ出した  云ふよりも本當の私の姿だと思へる  云ふことも知り始めた  云つたまま死んでしまつた  云ふと鍋を下げた  云ふことに興味を持つてゐた  云ふことは余程親密な相関性を持つてゐる  云ふことも出来なかつたが  云ふ全く無用な人間が叔母達の間になくてならない  云ひたがる  云ふと涙ばかり流す  云はむばかりの元気が返  云ふ名を与へる  云ふ紙札が何枚も貼つ  云ふ紙札に東海道線に近い田舎を感じた  云ふ女生徒の群れを眺めてゐた  云ふ感じを与  云ふ問題に通じてゐた  云ふやつは税を出したがらない  云ふのは絶えずまはつてゐる  云ふ経験を前にも何度か持ち合せてゐた  云ふ歯車は僕の煙草に親まない二十前にも見えない  云ふ英語を呼び起した  云ふ僕の記憶に忽ちはつきり浮かび出した  云ふことなしに歩いて  云ふ言葉を了解しながら  云ふ祈祷もこの瞬間にはおのづか  云ふ言葉を発表してゐた  云ふ彼を見おろした  云ふ際だしするから  云ふ一冊の本へ目を通す  云ふ札を掲げた  云ふ言葉を並べてゐた  云ふ言葉を見るが  云ふ言葉を思ひ出した  云ふ言葉を考へつづけた  云ふことを考へようとした  云ふ家に暮らしてゐた  云ふ大学生や年をとつた女も佇んでゐた  云ふ気になり  云ふ言葉を正確に発音出来なかつた  云ふのは読んだけれども  云ふ気になつてゐた  云ふ言葉だけは妙に気になつてならなかつた  云ふものは今でも度たび起つてゐる  云ふ言葉に感動し  云ふ僕の夢を嘲笑はない訣には行かなかつた  云ふ僕には恐しい  云ふ小論文を書けと  云ふ小論文を書かせるのであらう  云ふ一行にBlackandWhiteと云ふ  云ふ言葉は僕を苛立たせずには措かなかつた  云ふ名は勿論僕の知らない  云ふ僕を救ふも  云ふ言葉を囁いた  云ふ病気を知つてゐる  云ふ代りに頭を振つた  云ふ飛行機に乗つてゐる  云ふ気もちの中に生きてゐる  云ふ踊になると  云ふとなく大きな声でさう言ってゐた  云ふ難渋な処にぶっつかっては  云ふ場所だがら思ひ切って  云ふものもありましたが  云ひながら働いた  云ふべくもあらざれば  云ふことを肯かないと  云ふことが云ふ  云ふ処があるかも知れないね  云はれなけれや  云ひながら人さし指で鼻の頭を撫で  云つたことをすつかり  云ふことはわかるだらう  云つときや間違ひは  云ひながら町端れの松並木の堤で休息してゐた  云ひ出さない  云ひながら堤に添つて歩いてゐると  云はないで元気を出し  云ひながら背中の袋を取り降ろしてゐると  云ひ譯をした  云ふ風に振り向いて見る  云ふ娘の思ひ  云へず美しくさへ思はれ出した  云ふことを知らするまで  云ふのは何か名聞嫌ひの  云ふ心もちの潜んでゐた  云ふ言葉を洩らしてゐる  云ふ芭蕉も他の門人にはのべつに自釈を試みてゐる  云ふこそ心の骨折人の知らぬ  云ふ情熱を世捨人に見る  云ふ芭蕉の逸話を見ると  云ふのはつまり五六年も経れば  云ふ難所に少しも渋滞を感じてゐない  云ふを待たぬ  云ふ画趣を表現する  云ふ説は畢竟小説と云ふ  云ふ所によれば  云ふことは西洋の詩にもある  云ふ逸話も残つてゐる  云ふ詩集などの表現法を換骨奪胎する  云ひ下せば  云ひ及んでゐる  云ふのは如何にも同感と云はなければならぬ  云ふ評語を下した  云ふのも嘘ではないかと思はれる  云ふ怪談小説は寛政頃まで流行してゐた  云ふ可らざる鬼気を帯びてゐる  云ふ山腹の村の近くにいたり  云ふ支那人に支那語を習つたさうである  云つてよいであらう  云へば足りる  云ふが僕は今迄だつて他所の場所だと思ふ  云ひ出すまでも  云はさずひ  云ふべき舌を持たない  云つてしまふ  云ふ羨望の思ひのみが  云ひ得ぬ  云へなくなつてしまふというふ  云ふまいと云つてゐながら  云ふ大王は現存の人かとも思つてゐた  云ひ続けようとして  云はせも果てず  云ふのが分らぬか  云えないことを呪った  云えるしまた相当に長いとも云える  云いきることは出来ない  云ひ得るが  云ひ得べくんば  云ひつけて来た  云ふ癖がある  云ふ題で詩を書いて見ようかな  云ひながらカル子が自分の部屋に入つて来た  云へば何も書く  云やアがったよ  云やアしねえや  云ふことを断つてやると  云ふまでもないであらう  云はれてゐるし  云ふ条件がついてゐた  云ひ聞かされた  云ふと極端に内気な独身の四十男のやうな様子をしてゐた  云ふなり又思ひ出した  云はれた通りに腰を下さうとして  云ふ疳高い大きな声があたりに響きわた  云ひすてて  云ひ胴体と云ひ  云ひながら一寸横目で自分の膝のわきに据ゑたずつしりと厚味のある  云ふことがありますよ  云ふやうな様子で房一を眺めてゐた  云ふ色が庄谷の眼に現はれた  云はば机の抽出に蔵ひこんである  云はば正坐しながら  云つたものか判らなく  云へば醜いむくれ  云ひ慣れない  云はれてゐるかはつ  云つたところで疑はしく思ふ  云へばこの近所では誰も知らぬ  云ふよりは冷たさを感じさせる  云ひ方になつたのも気づかないで  云ふ名の夫人は一度房一にお酌をすると  云ふよりは身体の揺れる  云へ突然現れた  云ひたげにしてゐる  云へばこ  云はうとしてまだ云ひ出せずにゐる  云ふ見知らぬ人から声をかけられた  云つたものを感じてゐた  云ひながら座に入つて来た  云ふ声が聞えた  云ふと娘をひつかけて  云ふことにもなり  云へば苦手だつたかもしれない  云ふ風に名を呼びはじめた  云ひ終ると  云ひ出すか判らないのに  云ひたげで  云ひ立てる  云はうか云ふまいかと  云ひやうのない親しさの感覚に捕へられた  云はせなかつた  云ふことは聞いてもい  云ふと廃嫡といふ言葉を口にする  云つたつて聞かない  云ひ分はいつでも何かある  云ひわけにもなり  云ひ分に耳を傾け  云へども加つてはゐないといふ  云ひふくめられてゐた  云ふたびにうなづいて見せる  云ひがかりをつけられるかもしれぬ  云はなきあならん  云ふ頃に一寸色目をつかつた  云ふよりは何か素晴しく  云つたやうな姿勢とぼんやりした  云はれでもした  云はれるまではすつかり  云ひたげに盛子の顔を見  云はうとして口をあく  云ひこれも云ひする  云ひたがつてゐる  云へ日に照りつけられ  云ひながら行列につきまとつてゐた  云ひ出さうとした  云ひ合はせた  云ひのこして去つた  云ひ残しが  云ひたげにしてゐた  云ひながら徳次の肩をつかんで押しもどした  云ふことは固より惡いことはない  云ふことがありました  云ふことは甚だ宜しい事であるから遣るが  云ふことを思はない  云ふ大義が生じて  云ふことが起つて  云はなくてはならぬと  云へば隣りの  云ふ理屈になる  云て乃公が尊いと云ふことは  云ふのは如何云ふ  云ふことになつたのであらうと思はれるけれども  云ふものは皆こりや  云はなくてはならぬ  云ふものは善を勸め惡を誡めると云ふ  云へば神儒佛のお蔭と云はなければならぬ  云ふのは誠にどうも困  云ふ支那の有樣を見たらば  云はれた朝鮮を見ろ  云ふものは此支那朝鮮の右に出  云ふ性質がある  云ふものが生じて  云ふ其働きを云ふ  云ふものが今日の事實の上に如何やうなる働きをなして居るか  云ふ事があるが  云へば思ふ  云ふものは云ふに  云ふものはどんな奴だか知らないが  云ふに過ぎぬ  云ふ勝算があるか  云ふものは一人として其憂を催さなかつた  云ふ感じは必ずあるだらう  云ふ噂を度々私などは聞く  云ふ考を外に現はすと  云ふことも自分銘々の腹の底には考へなければならぬ  云ふやうなそんな馬鹿げた  云ふ言を發して  云ふ日があらう  云ふ日を造り出す  云ひ出して来てる  云つときませうね  云つとけば  云ふよりも寧ろ言ひ得なかつた  云ふのはよさう  云ふことを全で知りません  云はれてもす  云ふことが出来ません  云ふものを把持してゐる  云へない気持になります  云ふものが存在してゐたと  云ふものが何時まで伝はるでせう  云ふものを信じて見ました  云ふことを感じました  云ふ変化された  云ふことを考へます  云ふものを考へないでてん  云ふのもみんな人間の勝手につけた  云ふことは何にもならない  云ふことを忘れないで下さい  云へ三人が三人同じ気分に浸れる  云ふと意味がある  云はれたとほりを云ひ  云ひだし  云ひ分も聞いてだ  云ひすぎたといふ  云ふのになんといふ  云ふ素子の落ちつかぬ  云はうとだ  云へんとわしらは思ふだ  云ふものが一人でもふえる  云ひ分ばかり通させる  云はうと思ふ  云ふに違ひない  云へない弱つたやうな顔をして  云はばあそこに家を持つてゐる  云ひに来た  云ふんださうだよ  云ふべきものであつたことを想ひだし  云へばどろどろしてゐると  云ふことを徹頭徹尾馬鹿にしてか  云へんけんど  云へないやうに思ふ  云ふならさう  云つといたから  云つておくが  云ひ出さずにゐるが  云ひ方がまづかつた  云はれてもい  云ふとほりにして  云つちやいかんよ  云ひながら出て行かうとした  云つてみませうか  云へばあり  云ふ彼女の眼は不機嫌に彼を監視してゐた  云ひやうのない深い溜息をひとつすると  云ふとほりにするといふ  云ふ資格ないかも知れないな  云つもい  云ひつけるといふ  云つときますがね  云やアしないけれども  云やア何うにでもなるに  云って茂之助さんが脇差イ持って往くと  云ふ問題が出た  云ふ意味や必要と云ふ  云ふ事がどう云ふ  云ふよりも寧それは出来ない  云ふイズムなる  云ふイズムの貼  云ふ意味をひつくり返して  云ふ意味を加へれば  云はれるかも知れません  云ふ便宜を明にしてゐませんから  云やしない  云ひ悪く云ふ  云ふ言葉がおぢやると思へば  云ふことになつてゐます  云へるでせう  云ふ資格はありません  云ふを得ざるべし  云ふのを聞いて涙ぐんだので  云ふことは知つてゐる  云ふ権利を有してゐる  云ふには驚きましたよ  云ふ厭な新聞でせう  云ふ立場に到着する  云ふ想像が伝播せられてゐる  云ふと同時に突然両眼に涙を浮べた  云ふやうな風になる  云ふ事をお書きになるですな  云ふものを掴まへて  云ふ風に見えるですな  云ふ詞があるかも知れませんが  云ふ字の丸で書いてない  云ふやうな文句があるです  云つたか知らないが  云ふやうに思はれる  云へば顔を出した  云ふ境遇から此う云ふ  云ふ文字の多く見られる  云ふ小言を聞くと  云はれぬ精神の安息を得ました  云つたりするより  云ひ得るだけでも  云へばすむ  云ひ表す  云ふことの無益なりとする  云ふ事ださうでございます  云ふ方が入ら  云にはあらねど  云ふも不可なかるべし  云はるべき詩文の人起るなり  云はざるを得ず  云ふべきものに至りては  云へる奇妙なる結論を為し  云ふ二事は余が静岡に在りし  云ひたりとか云ふ  云へるが如き冒頭を以て誰れにも読まる  云ひながら書いてゐるので  云ふ様な事だつたと記憶してゐます  云ふ事にして下さい  云ふ答をします  云ふ点でせう  云ふ事はほんたうだと思つてゐます  云ふ形容詞を冠らせられる  云ふ二階に来て住まつてゐる  云ふ時に我等の気を引き立たせ  云ふ好い凪でせう  云ふ電話を取次いで  云ふ醉興をして  云ふ通稱を持つた  云ふよりも家族的と云ふべき  云ふ禪宗のお寺を覗き  云ふ或家の手斧普請を觀せて  云ふ精神で出世が出来るか  云ふ静かな場所へ睡り  云ふデーモンの声のためかも知れない  云はれてるのよ  云へば昔風の長めの顔をかしげて  云ふお客はみんな自分の器量にひかされて来ると自惚れてる  云ふ気がしないではなかつた  云ふ名が屡々男たちの唇に乗  云ふ名前だけで通ふ  云ひ出せず  云ふ通りまちがひねえだらう  云ふ気持も解るだらう  云ふことだけはおしげによく解つてゐた  云ふ公園で何をしてゐるか  云ふのが当つてゐた  云ひ寄つたなぞと思はれる  云ふ言葉にその胸をつかれた  云ひわけになる  云ひ切り  云へるを通りたる  云ひながらつめたいガラスのマントをひらめかして  云ふ気も起らなかつた  云ふことにしておきました  云えると思ったからである  云ふ風に友を見詰めて居る  云へばいかなる者をも排斥し尽さんと計る  云ふ可からず  云ふ寸法に成る  云ふわけに行かないので  云ふものの娘にお秋と云ふ  云ふ博奕仲間に頼んで  云ふ所の入江の闇に身を沈めて  云ふわけには行かず  云へるくらゐであるのに  云へないにしても  云ひわけではありませんが  云ふ人こそ却つて厳粛ごつこのあそびをして居る  云ふことでせう  云ふ程突き上げられた  云ふ事をしたか  云ふ者が居つて  云ふ副詞がある  云ふ如く心の色何となく此処に映る  云ひ方はよくありませんわ  云ひ切  云ふ貴重な水なれば  云つたやうな訓戒が記されてゐて  云ふことを君も聞いとるだらう  云ふ唄聞いた  云ふ人達が大抵寄席藝人だの茶屋奉公だのをしてゐた  云ふものを今でも殆ど知つてゐないと  云いまわしは典雅荘重をきわめていた  云ふのがゐる  云へば実家へ不満を書き送る  云ひ残して駈け去  云へば声もどっしりしてますし  云ひ出すか  云ふのに調子をとってゐた  云つておくがね  云ふことには誇張がある  云はれた印象が深く脳裡にあつたからかもしれぬ  云ふ間もなく真つさかさまに水中目がけて  云やあがれえ  云ひようのない不思議な陶酔を覚へてゐた  云ふ厭な聯想を抹殺する  云へば思ひ出すが  云ふ事なしに一ヶ月程を送  云ふと反對に何だか心細い樣な不安な感が終始附いて廻る  云ふ望で張詰めた  云ふのを歌ふ  云ふ特別な心持で居ながら  云ふ色紙の細かく切つた物を投げ  云はれて居るだけ  云ふ事が想像される  云ふものは希臘や伊太利の古美術に現はれた  云ふ物を一度も見た  云ふ人があるかも知れないが  云はれた道が何處迄も果ての無い樣に續いて居る  云ひ樣もない清い面貌をして  云ひながらその人は又自分達を中門の中まで案内して置いて  云ふのださうである  云ふ大連の平野萬里さんから寄越した  云ふ場所に立つて  云ふ響も耳についた  云ふものの落着きを今更不思議さうに眺めて  云ふことの出来ぬ  云ひやうがありませんでした  云ふ子供たちと遊ばなくつたつてい  云ふ印がある  云ふ料理店がある  云ふのを上げるに連れて  云ふと大層らしいが三年経つと  云はせるやうに出来たら  云つてるから  云ふ内何が一番腐敗してゐるだらうと  云ふ獣を見て  云ふ事を話してくれた  云ふ事を首にかけてもうけ合ふ  云ひ給はむ  云ふ事に耳を傾けた  云ふ喜の声が上りました  云ふことをきかない  云つたところでそんなにすてきなわけではないいままでたつて  云はれたときどうあなたは弁解をする  云ふ事に従ふ  云ふとき脇腹を突かれたが  云ふことを訊きたかつたが  云ふかういふぜいぜい鳴る  云ひながら俄かに何を考へた  云ひあたり前にしばらく行動すれば  云ふ封介は一昨日からくらい廐で熱くむっとする  云ふことはないぢやありませんか  云へば御承知かも知れませんが  云ふ必要はないでせう  云へば御承知でせう  云ふことを信用しなかつた  云ふなれば  云はれて見た  云ふ風に暫く黙  云ひ訳しようとでもする  云はうとしてゐると  云ふやうな様子は少しもありはしなかつた  云ひ置いて  云ふことはないと承知してゐながら  云ふ風な形式で書いた  云ふ風なことになつてくれ  云ふ訳の解らない  云ひつけであらうと  云ふ風な気がして  云ひ出せないといふ  云ひ方を生きてる  云へそれは再考すれば  云ふべくばこれら総じて真空のその顕現を超えませぬ  云ふのである水はいつでも水であって一気圧下に零度で凍り  云はばあらゆる年代の光の目録を送ってくる  云ひながら行きすぎる  云はれるといよいよぼくはどうしてい  云ふ十三もある  云ふのだらうかさうでなければどこかで買った  云ふ氣がすつかりなくな  云ひつけても  云ふ上役たちが頭から彼を相手にしない  云ふ事を書けば  云ふ声を聞いてからは  云ふ例外を除けば  云はば侍所の別当が用の通じない  云ふ感じをさせる  云ふ目に會つてゐないとは  云ふ望みもありません  云ふ心の底から絞り出した  云ふんであの年寄と話さうとしたが  云ふ事を知つてゐたからで  云ふことを尋ねた  云ふこと聽かなけりやぶち出すだけだ  云ふことはもう聞き飽きた  云はせべ  云ふ所あり  云ふよりもこの部厚な手記を前觸れもなく突然私の手から受け取つた  云ひたいやうな表情を浮べて  云ふ或る輕い  云へない或る恐怖の中に投げ込んだ  云ふ結果にならうと  云ふ事柄に對して  云へない強い力で私の心を脅かすので  云つたやうな表情を浮べて  云はせてゐる  云ふ歡びをすべてが感じてゐる  云ひながら一人の男は砂地から身を起して  云ひながら松の葉をどつさり  云ひながら飛び  云ふものはかう  云ふものに遠ざか  云ふものでなくつては読ませなかつた  云ふものを読ませない  云ふ所まで書いてないから分らないと  云ふ考へがするでせう  云ひ重ねた  云ふ堪らない  云ふその想像が瞬間に閃き過ぎた  云へまだ殘つてゐる  云ふ零落した  云ふ不安に捉はれたらしい  云ひためらつてし  云ふものを強ひて  云ふものがあつてい  云へるやうな芝居が書きたい  云へるやうな芝居も書きたい  云ふ感動を生命とする  云へば鉄砲などもさうの  云ふ女の年齢が胸の中で牙をむいてゐるけれども  云ふことが心やすめにはなる  云ふ二人の美しい女がゐて  云ふ後味のなごりを忘れさせてはならない  云ふことはあまりしなかつた  云ふ事で芸者になり得た  云ふ思ひが  云ふ男が出入りする  云ふ家から芸者になつて出た  云ふ事が新聞種になり  云ふ名前で芸者に出たが  云ふ義妹にあつさり継がれて  云ふ事をしなかつた  云ふ事を長年の修業で心得てゐた  云ふ事もきんは知つてゐた  云ふ事を信用してゐて  云ふものを不安に思はないでも  云ふ黄いろい薔薇がざくりと床の間の花瓶に差されてゐる  云ふ人になつたんでせう  云ひ出したの  云ふ閲歴をして来ても  云ふ境地に身を置く  云ふのは無理だと云ふ  云はれない筈だと云ふ  云ふ雑誌は学校や図書館で買ふもので  云ふものを説いてゐる  云ふことも閲して来たが  云ふ境地に立つたら  云ふ心持が附き  云ふ年月は貧乏人のところでは色んな事件を起させるに  云ひわけをしてゐる  云ふ要求まで出された  云ふ程の進歩も認める  云ふ利益がある  云ふ事があるであらう  云ひ出すだらうと  云ふ挨拶に慣れた  云ふ幸福な回想に耽  云はれたりしてゐた  云ひながら暗い戸口を出ました  云つてしまはない  云ふ人もありませんでした  云ひながらカムパネルラが出て  云はうとしましたが  云つてしまふかしまはない  云つてやりましたがね  云つたこともないと思ひました  云つたら眼がさめ  云へずきれいな音いろが  云へずかなしい氣がして  云ひやうのない深いつつましいためいきの音ばかりきこえました  云へずさわやかなラツパの聲をききました  云つたやうに思はれませんでした  云へずさびしい氣がして  云ひながらふりかへつて見ましたら  云へずかなしいやうな親しいやうな氣がする  云ひながら鉛筆を倒にして  云ひ方をしたら  云ふ風に照子はすましてゐた  云やアしないわよ  云ふことなんてありや  云ひたげな  云へばいつか山村が自作の小説を見せた  云はれ方が堪らない  云ふのは止めて呉れ  云ふ通り半ばそらつか  云ふことは好く聞いて呉れるわ  云ふことを素直に受け入れた  云ふ風に出来るだけ  云ひ方をすると  云はないでもい  云ひつけるが  云ひ付けられては堪らないと  云ひ付けるなんて  云ふやうに更に仰山な渋ツ面を作つた  云ふことを軽蔑しようとしてゐる  云ひながら追ひ縋つた  云ふことばかし聞く  云ひながら照子は先へ立つて  云ふのは止して  云ひかけられる  云はねエこつ  云つたことが真実だとすれば  云つてよいこの家の生活も住み馴れて見ると  云ふと年寄染みます  云ふ歌の本においで遊ばす  云ふ點から見ると  云ふやうな方面に於ては左程結構なものも無いやうに考へられる  云ふ國は昔は開けた  云ふやうな種類の土間の小さな建物の中に這入つて  云ふやうな種類のもの僅ばかりを有するのみである  云ふこともしない  云ふものの教育する  云ふやうな譯で印度人は總ての方面に於て非常に昔を貴ぶ  云ふことも唯それが宗教的方面に顯はれ出たに過ぎない  云ふことは非常に大切な事と成つて居る  云ふ印度人が居りました  云ふと惡樣に言ひ  云ふことを極める  云ふ人間は一番長く此の定に入る  云ふやうなものかも知れぬが  云ふことをやつて居る  云ふやうな工合に遣つて居ると  云ふ事をする  云ふ事に就ては色々議論がある  云ふのが第一違つて居る  云ふ行をやつて居るので  云ふ所に萬國博覽會が開かれました  云ふことを言ひ  云ふことは神と我とを冥合せし  云ふことも知らるる  云ふ學者は夫れと  云ふことが判り  云ふことを申しまして  云ふものであつたかと云ふことも  云ふことを前以て知る  云ふことの意味を判ずる  云ふ人も雀の聲を聞分けると  云ふ不思議なことが出  云ふことにある  云ふ行を爲す  云ふ種類階級の人であるかと云ふ  云ふ時代以後にやるので  云ふのであるから皆がやり始める  云ふ論文を昭和二三年頃に發表し  云ふ義になります  云へませぬから  云ふ語の發音を後に控へて居りますから  云ふ疑念でせう  云ふ音がありませぬ  云ふ語が存在して  云ふ種族があります  云ふとそれが伊勢の皇太神宮に關係がある  云ふと關係がなくて火明命に關係がある  云ふ字を使ふ  云ふやうな型を作りつつある  云はれたことがある  云ふ通り健全に育つ  云つたさうだが  云ふ無言の抗議が聞こえてくる  云つたりしたさうだ  云ひたいものを持つてゐて  云つたところがある  云ふことをきかなくなる  云えないのなら強いて尋ねはしない  云えないほどのうとうととした  云えない風をなして  云ふ成行から引出し得べき  云ひ切りもしないが  云ふ気が注した  云ふのもをかしいが  云ふ希望がある  云ひ出しやが  云出す詞の端を手繰  云ふ風に少しく紙片を押し  云ふことを考へざるを得なかつた  云ふ人もあるがね  云ふ条件ならと云ふので  云ふに極つてゐる  云ふことを聞いて居た  云ふ風を示してかう  云ふ気になつて来た  云へばまあかうだがね  云ふ卑屈な心にもなり  云ふ高慢な心にもなる  云ふ事のすべてを撤回してしまふか  云ふ相談をかけられた  云ふのはかう  云ふ気になつて居るらしい  云ふのでまた疲れたからだを  云つてくる  云ふときに屹度きれる  云はば普通の女の普通の取  云ふことが少しも彼の心を動かさなかつたと  云ひ得られる  云ひ散らされた  云ふ情ないことであらう  云へば俺はまだこの間題を真面目に考へた  云ひかねて黙ってしまふと  云ふやうに云った  云ふ女の名も次第に煙のやうに消えてし  云はしてみせる  云へば皿屋敷のお菊を何うかした  云ふ氣遣ひは  云はなくつても先方は脛に疵で顫へあがる  云って連れの武士のことを訊いてみろ  云やあがると  云ひたさうにする  云つたりしたりした  云ひ出すかも知れないわ  云ひ置いて行かなかつた  云はないでゐて  云ふことをきかないの  云ふよりもステラに扮した  云えないまま苦々しい顔になった  云えないと思いながら  云へばカと云ふ  云はせてやりたいと考へた  云ふのをきいて  云て取留めた  云やア課長の談話に些し  云て勧めたら  云いなすッたとは云わないけれども  云って一文も出しません  云ふ特種部落がある  云ふ職業に従事して居る  云ふ生活を繰り返して居る  云ふ事は単なる歓びと云ふよりも  云ふ事が知れ渡ると  云ふ機会の来る  云ふ種類の事を漠然と想像して居た  云ふ事を何よりも重んずる  云ふ意味の事を云った  云ふ乱暴な遊び方をする  云ふ昼と夜とが続いて  云ふ感じを感ずるとも  云ふ此の市の廓へ行った  云ふ女の声が聞えて  云ふ事を可成り  云ふ態度を見せるに  云ふ事が解ったばかりであった  云ふ事を白状した  云ふので不合格になった  云ふ意味の事を田舎訛りの琉球語で話して居る  云ふのだらうこの老いぼれ  云ふ譯にも行かず  云ふほどの考へでもなささうだし  云ふ氣がされて  云ふのに打明けたか打明けなかつたか  云ふことを頭に入れた  云ふ恐ろしい難物なんだつたと氣がついて見ると  云ふやうな氣にはなれなかつた  云ひやうのない氣持で突立つてゐた  云ふわけにも行かない  云へやしない  云ひ出しては  云ひやうのない貴方は冥加至極のお身の上でげすな  云ふ麗はしい  云ふ問が出た  云ふ題下に最初讀賣新聞へ寄せた  云ふ風にのみ考へてゐる  云ふ風に考へなくも  云へば文政九年から明治三年までおよそ四十餘年間に亙る  云ひながらどんどん二階に上る  云ふが聞えない  云ふべきが脱して  云ふならわしや泣きませうに  云って埓が明かない  云ふのに少し似てゐた  云ふ私の同級生が他から轉室してきた  云ひ終らずにおいて  云ひ知らず淋しく見ゆる  云ひよらずとも掬んで呉れがしの  云ふのではないと思つて頂きたい  云ひたいことがあるが  云ひ漏してはならぬ  云ふことが出来なかつた  云ふことがあるが  云ふ事にしてある  云ひ尽せ  云ふのが却ってこちらには乗  云はれる迄もなく老婆自身行末の事を考へれば  云ふ人は偏屈人で気むづかしい顔をしている  云へる立場に立ってゐた  云へば五十にも六十にもなってゐる  云はれたりして見なければ  云へないやうな事を云って見たりした  云はれて有難迷惑にされる  云ふやうに睦び合って  云はれても母屋では落付いて食べる  云へぬ忌々しい気持になった  云ふつもりで声が震へさうで  云ひ抜けた  云ひたいことはもつと  云へるかどうか知りませんが  云へないかはり  云ふことをきくとか  云つちやア側から忘れち  云ひなさるまい  云へば嘲る嘲る  云ふ凄じき黄昏捲き起る  云ひたいことは時代を知らなければならぬ  云ひながら書く  云ふ一言に尽きる  云ひかけながら  云ふあなたの言葉に偽りのあらう  云ふよりも自分が手づか  云ふものが本当にある  云えるのだろうかと怪しまれる  云えるだろうかと思った  云ひながらどつかりと坐りましたが  云ふ言葉を真似た  云ふ懸  云へる花壇に咲きたる  云てしまって  云ふ空合の時には雷鳴がある  云やあがるな  云はれぬ悲しみも苦しみもある  云へない質で憂鬱を覚へるが  云へばそれ位ひの  云ひ開く  云ひ出される  云はうとすると  云ひながら子守はやけに脊ゆする  云ふ事がならぬか  云ひ出るに至りては  云ふ字を金紗で縫はせ  云ふ事を書いて  云ふ四種類の随筆にレエゾン・デエトルを持たないと  云ふ以上は興味のある  云ふ随筆は多少の清閑も得なかつた  云はないにしろ  云はば白高麗も画唐津も室生犀星を語つてゐる  云ふ代りに何何しなさいと  云ふ忠告さへせずには  云ふ記憶は今になつて見ると  云ふ色彩を煙らせた  云ひながら相島は軟い  云ひながら式臺に腰を下して  云ひながら井田は一寸ゐず  云ふ時代と別れる  云ふ樣な話を低い聲で續けて居る  云はば心の中にある  云ひながら挨拶すると  云ふので這入りに  云ふ男は何んだつて教會へなんぞ行く  云ふ事なしに考へた  云ふ意味の歌が離れ  云ふ樣な冷刻な考へが深い淵の中に石が沈んで行く  云ふものにも鋭敏な感覺を有つた人であるのに自ら好んで  云ふ馬鹿は出  云ふ風に安住の地を求めて  云ふ樣な煩悶の句がちぎれ  云ふ事に考へが向くと  云ふ日本特有の風習から出てゐる  云はれるか知れないから預り  云つたことを思ひ出す  云つといたんだけれど  云ふこた六ヶ敷く  云ふ合図をする  云ふ気を起さないとも限るまい  云合したように手ずれがして  云ふべき根本中堂といふ大きな御堂の扉もあいて居らず  云ひながら茶店の老爺は立ち上  云はれてゐますけれど  云えることになるかも知れない  云ふなればいなや思はじ思ふか  云つたやうなものを感じた  云ひ當てる  云はれると成程何となく小石川らしくも思はれない  云ふ数に上つてゐる  云へないといふ妙な世間のならはしのやうなものがあり  云へばなるほど  云憎さうに黙  云ふことをきかん  云ふとは一寸分らぬが  云ふ詞に解釋しよう  云ふ物を埋めてある  云ふのも無理はありますまい  云ひに行きました  云へば好いかわかりません  云ふ景色を眺めてゐた  云へぬ程の水蒸氣がぼうつと下つて居る  云ふて居るから  云ふので雨宿りにと大木の下にも休まなかつた  云ふ氣分を殆んど始めて  云ふ迷信が深く彼等の脳裡に先祖代々から伝はつてゐる  云はれて僕は人数をしらべて見ると  云ひなりになるか  云ふ言葉を使ふべきである  云ふことを聞いて見ると  云ふ友達があるから  云はれたのだなと考へました  云はうとしてゐましたら  云ふ声がしました  云ひながら山男につかみかかりました  云ふも至順にあらず  云ふも至逆にあらず  云ふ連中の言葉を聞いてゐると  云ふ連中を教えてゐると  云ふ言葉が使へる  云ふ心持がする  云ふ小説集がはひつてゐる  云ふのは相手の打ち融けない  云ふ事が一二度続いた  云ふ話に這入らない  云ひながら弟の楢夫の方に向き直りました  云ひながら楢夫の頭をぐらぐらゆすぶりました  云ひながらそのぬれた  云はれたのでとまりました  云ひながら進んで行きました  云ひながら来た  云ひながら又あるきました  云ひながらあたりを見ました  云ふわけか鞭の音も叫び声もやみました  云ふわけかみんなはほっとした  云ふわけともなく一度に手を合わせました  云ひたさうにかすかにわらって  云ふ事は一言も聞えなかつた  云へどわす  云ふものの残せる  云へば地味なつくりをした  云はなくつても悪く思はないで下さいね  云ひかけます  云ひ伝ふ  云ひやうもなく口にはいらぬ  云ひやうもなく興奮して来て  云ふことありて  云ふ鷹匠あり  云ふ処へ越ゆる  云ふものありて  云ふ者あり  云ふ所の山にては炭竈に宿する  云ふ世の例も思ひ出でられてか  云ふ響をこだまにかへして  云ふ此邊の名勝があると  云ふことが傳へられて居るので  云へぬ鮮麗な色彩をした  云へば私は唯だ瀧としか聯想しなかつたが  云ふ意識を確かにさせる  云はれても黙々として酒ばかりを売つてゐる  云ひながら行き過ぎた  云ふことが益々解らなくなるばかりだつた  云ひ放つと  云ふ案が研究されてゐる  云ふべき言葉は見つからない  云つたことがあるが  云ひながら一間位ゐの  云ふと彼は酷く苦々し気に口を歪めて  云へば君達はもう去年学校は卒業してゐた  云ふと飛んでも  云ひ罵り得ん  云ひたまへるのみなり  云ひしを聞きたるのみなりしに  云ひたるまでなるに  云ひ得ざるにや  云ひ得たりといふべし  云ふ事二人が中には葉末におく  云れる人がそんな御注文をなさらう  云ふぢやないかサア多舌て居る  云ふも一ト筋道横町の方に植木は多しこちへと招けば  云ひし昨日の心は浅かりける  云ひけんから衣胸のあたりの燃ゆべく覚えて  云はで垣根の若草おもひにもえぬ  云ひて打ちまもる  云へどむづかしかるべしとは十指のさす  云ふ声の細さよ答へは胸にせまりて  云ふ町の宿屋へ着いた  云ふべき寂しさを運んで来た  云ふ文語体の感想を必心に繰返した  云へば自由が過ぎる  云ふ認可が下りると  云ひ爭うて居るらしい  云ふを得べくんば  云はうとして口を開いたが  云ふことを以て孔子が所謂身を殺して  云ひ争ふて居るらしい  云ふ乞食が来てますだ  云ふ點に於ては其目的を同うす故に此決議案に賛成すと述べて  云へ兎も角も政府黨の勝利に歸して  云へる者蓋し又此大勢を視て  云ふも一億二億の公債は何時にも募集し  云ふも此の如き不確實なる  云ひ得るであらう  云ふ者もあら  云ふものもあら  云ふ沙門だと思ふかもしれない  云ふ者があると  云ふ事を知らせる  云ふ血は彼女の愛らしい顔を去つて  云ふ事をなす  云ふ事を考へるだけ  云ふ神聖な職務に就きながら  云ふあらゆる徴が現れてゐる  云ふ可らざる満足の容子を示して  云ふ隅を探して見たが  云ふ事もなく想ひはじめた  云ふ何んな証拠があるだらうか  云ふ事も忘れてし  云ふ可らざる妖艶な容子を与へてゐる  云ふ事が信じられなくな  云ふ事を告げたので  云へばわしに対する愛情ある  云ふ方針で此教会区を管轄するか  云ふよりも寧ろ美しい古の浴みする  云ふ苦しい目に遭つたでせう  云ふ苦労をしなければならなかつたでせう  云ふ事さへ聞かなかつた  云ふ事を覚えてゐる  云ふ可からざる苦痛に苛まれたが  云ひ難い愉快を感じる  云ふ嫌はあるが  云ふものよりも却つて邪鬼の形相を与へてゐた  云ふ気になるかの  云ふものを持つてゐたと  云ふ變つた呼び名で呼びかけてゐた  云ふこと爲すこと  云へるほど百藝に長じた人と映  云ふ彼の眞面目な試みも挫かれてし  云ふ醫師鷹取長松庵に容態を尋ねた  云ふ書面を書いた  云ふものに入れ  云ふものの娘に年恰好の櫛橋氏に似た  云ふ怜悧な若者がゐた  云ふ廉立つた  云ふ部類に入れて  云ふことはすぐにわかつて  云ふ大船を造らせた  云ふ爭がかうじて  云ふ陳述をした  云ふ御所存か承りたい  云ふ二百石取が  云ふわけか一つも仕事がありませんでした  云ひ子供はいよいよ一生けん命にしがみ附いてゐました  云ふやうな眼付をして  云ふ金貸をしてゐる  云ふ言葉の意味が好く  云つてやる  云ふ家がある  云はふ  云ふやうに借りて  云ふやうにして  云ふやうにして困  云ふことがあるか  云ふ言葉がはつきりと聞えた  云はしてゐたが  云へないと云ふ  云ふとも判らない  云ふことを聞かないと  云へない色を湛へてゐた  云ひ義直の傍の椅子に腰をかけた  云はないたつて  云ふものぢやありませんよ  云つてくれないです  云ふやうに見えてゐた  云ふ脚本を演じる  云ふ要求を満たして行かなければなるまい  云ふやうなことを云つてゐた  云ふ頂をきはめた  云ふ好戰的な詩はこの詩人にとつて或はこの集をもつて  云へず切なくなる  云はれないでゐると  云へば理想にちが  云ひ傳へであらう  云ふことを通譯しないで  云つたときの顏色はもはや切腹を覺悟してゐたにちがひない  云ひ傳へをそのまま記録した  云ふ原書が黒田侯の手に這入たと  云はうと  云ひ落してはならない  云ふ漢子が黒き双の脚大コムパスのさまなして草地の黄金をみだるれば  云えないのだと自分に云いきかせもしてみる  云えないような甚だ心細い気分に襲われて弱りました  云ふものさへある  云ふ間に何十尺もの高さに釣りあげられた  云ふことが違つてゐるので  云つたかと思へば  云はれても怒つた  云はないで呉れ  云はなければならないのよ  云つたことなどは忘れて  云はないでゐる  云はねばならなかつた  云へば新聞も持つてゐれば  云ひながら裏に逃げ出す  云ひかけてゐる  云える事の性質も分るだろう  云ふことも私には分つてゐた  云ふ事で追つ払ふ  云ふことに気がつかなかつた  云ふ現象が起る  云ふよりも生への執着を抛棄して  云ふ風な考へ事に没頭してゐれば  云ふ途方もない結論に到達する  云ふ風な結論に私は絶対に入りたくなかつた  云ふ風な考へ  云ふものは保つ  云ふ風なことを考へてゐる  云ふことは出来なかつた  云はれた一英雄はわざと孔明の所為を学びました  云ひたくつてし  云ひ方一つで善くも悪くも取れる  云ふ事は論をまたないが  云ふ美術に於ける  云ふ事を云ふ  云へないのは前述の理由で明かである  云ふ事が分るが  云ふ説もある  云ふたびに思ひ出す  云はれる様な或る感じがある  云ふ伝説がある  云ひに来るの  云はれた通りまづ前肢を折って生え出したばかりの  云ふを得ず  云ふ變り方を選んだ  云ふ事が主眼になる  云ふことを聴け  云ふ夫の方へ軽く笑ひかけた  云ひながらボニ侯爵は軽騎兵の服を型取つた  云はなければならないとなると  云へない物凄い顔をした  云ふ事は分りました  云ふなり一人の老人は腰をぬかしてしまひました  云ふ処に生れた  云ふ間行衛不明になつてゐた  云ふ長い月日が経つてから  云ふ気持がます  云ふ処で二三人の若い男が向ふから来て  云ふものは斯んな犬猫のやうな扱ひをする  云ふ事をば知つてゐますので  云ふ事は部落中のものが始終気にして話し  云ふ本当の真意を知つてゐる  云ひ分に楯をつく  云はれなくつてもわかつてるがね  云ふ事があるなら  云ひ放した  云つたか知ら  云ふ段になると  云ふともなしに呟きながら立ち上ると  云ひ遺して  云ひ不善と云ふもの  云廻して指をついて  云廻されては  云ふ倅の死んだ  云ふよりは訴へる  云ふ子供もあるだ  云ふなり次第に年の変る  云つたことはそつくり他人にも聞かせてくんなよ  云ふ問答は二人の間に何度出た  云ふ間にも煙の出る  云ふ男まさりの  云ふよりも寧ろ畏怖を感じてゐた  云ひはじめた  云つちやゐられな  云つたことを忘れやし  云はなえからの  云はばはやり切  云ふ些細の変化は格別人目を引かなかつた  云ふ風に大抵平和に話し  云ふ言葉は小言と一しよに  云つてるがな  云ひ草を聞いてく  云つてるぞ  云ふ言葉に頭を下げるより  云ふ彼女自身を情ない人間に感じ出した  云つたやうなことを仰  云ふ兩者の状態を考慮に入れて  云ふ情景を冒頭に置いて  云ふべきものを載せたいと  云へば云へるだけである  云ひたきは人の口ぞかし  云はれている  云えないほど薄すらとした  云ふのは小馬のことと知れたが  云く清正妻の屍を容れてあり  云ふ姫路の城中にオサカベと云ふ  云ひ消失す  云ふ物をみしか  云し物の制ともみえず  云し者などの住たる處なるべしとかや  云ふ意味を解し得ざるが如き  云ふことを聴かない  云ひながら池の岸に駈け寄る  云ふことを聴いておくれ  云ふをかしな真似をしでかしては  云ふ名を與へる  云ふ字が書いてある  云ふと誇張の樣に聞えるかも知れないが  云ふ事に氣がついた  云ふ聲が聞こえた  云ふ渾名をつけた  云ひ足りない  云ふ薬の金看板だけは薬箪笥の上に並んで居りました  云ふ押し問答を聞きながら  云ふのは大袈裟にしろ  云ふ物を飾つて見たい  云ふ母の姿を見ると  云ひ出さずにしまひました  云ひ渋りました  云ひ返しました  云ふ兄がこの時だけは啜り泣きを始めた  云ふのは手附けを  云ひ放つたなり  云ふものの美しさに満ちた  云ふ時が来る  云ふなと申しました  云ふ事を聞いて居たが  云つ男にたのんで  云ふともう見  云ふのか知らないが  云ふ氣にならなかつたね  云つたまま笑はうとしなかつた  云ひかけられた  云ふのであるかを会得して居た  云ひ足して  云へば云ふ  云ふ経済上の関係丈けは保たれて  云ひ来つて亨一はやさしく詞を和らげた  云はうと思つて詞が出て来ぬので  云つたときは訳もなくただ悲しくなつてし  云ふことの真意義を知らない  云ふ徹底的見地からする  云ふ利己的立場からする  云ふ間違つた見方をした  云ふことが私には堪へられない  云つたらいいでせう  云ひ尽すのに  云ふものを考へて見ませんでしたか  云ふ方法で略解決がつくと思はれたから  云ふ心が萌すので  云ふ決心が出来れば  云ふことを彼は自覚して居つた  云ふことを誤解して居ます  云ふ間柄になつた初めのことを考へますと  云ふものが傍に居るから  云ひ出すには  云ふであらうとも  云ふ事が沢山ありすぎて  云ふのであるかを會得して居た  云ふ經濟上の関係丈けは保たれて  云はうと思つて詞が出て  云つたときは譯もなくただ悲しくなつてし  云ひ盡すのに  云ふ決心が出  云ふことを彼は自覺して居つた  云ふ事が澤山ありすぎて  云ひきかされた  云ふ時の樣に一度目を横へそらせて  云ふ時に奎吉がいつも顏面に感じた  云ひ難くさを切り  云ひながら踊る  云ひながら顏を思ひ切  云若し俗書は不レ爾甚だ野鄙なり本と文なき邦なるが  云故に一奇特の文體をなす  云ふことがあります  云はなければならぬが  云ふ役者が出て来たかと思はれる  云へば決してさうではない  云ふ役の為めに八重子嬢が豊かな素質を持つて居る  云ふだけのことを云つてしまつたら  云ふことを馬耳東風と聞き流し  云ふ説が流行してゐる  云ふ呪は二重に利き  云ふ言葉を悪い意味に使つてゐるか  云ふこつをいやが上にも呑みこむべき  云ふ器用さだけの作品も交つてゐる  云ふは何かなる  云ふ遣り  云ふ寄席の主任をやつて居つて  云ふ事を感じた  云ふ心を出して  云ふ馬が出た  云ふ塩梅にして  云ふ噂が立つと  云ふ規則が出来て  云ふ巧いことはない  云ふものは決して儲かる  云ふ気になつてしまふ  云ふてやりました  云ふので進めに来て呉れた  云ふて乗りました  云ふので八十円貰うて  云ふ暇があれば  云ふて豪がつて居りますけどもね  云ふて居るでせう  云ふものは皆が気違になる  云ふ所を研究して来る  云ふ通り何とも譬へやうがない愉快な所があるから  云ふのだと申す  云ふ風をして居る  云ふのが競馬のある  云ふ場合があります  云はれるから雨の降つた  云はしますと  云ひながらそれを飲む  云ふものは横暴でせうね  云ふのを鼻に掛けて威張つて居るのでせう  云ふ声が出ますけれども  云ふのが間違つて居る  云ふ馬を持つて居る  云へば宜いのですね  云ふのを探し出す  云ふ工合にし  云ふ人が来る  云ふのは図々しいと云ふ  云ふ馬が十頭も二十頭も飛出してやる  云ふても目黒が矢張一番宜いでせう  云ひながら自分の胸に飾らうとした  云ひ放つたりした  云へば先程私が隣室で聞いてゐた  云ふと煩いから競馬へ行くと  云ふ通りだとすると  云ふものはある  云ふものから全く離れた  云ふ様な考へをもつてゐた  云ふのとは反対に今まであつた木も松でないものはなるべく之を取のぞく  云ふ程の事も無くてこの冬は過ぎた  云ふ考からは遠く離れてゐた  云へば立派な浮世繪史さへまだ碌々に出  云ふと餘り誇張に流れるが  云ふやうなものを覗いてみた  云ふ事を知ると  云ひながら輕く  云ふやうな事があれば  云ふ氣は全く無くなつて  云ふやうな氣がするといふ  云ふ事を賞讚した  云ふ事にかけての團體力は支那人のやうに強いからどうにもならないと  云ふ所へもああやつて家から瓶に入れて  云ふ事をかくと  云えるのには他に理由がある  云つとる  云ふ説があります  云ふやうな經驗は月の中に二三度もあります  云ふ場合に夢と現實との間に境目と云ふも  云ふ氣持は私にも想像する  云ふやうなことを云ひました  云ふやうな習慣までが生ずるに到りました  云ふ痛罵が必要になります  云えるほどに澄み返り  云ふまでもなく批評として破壊の方面を含まざるを得ない  云はれ得る  云はれずして  云ふない女に負けた  云ふ音があんまりい  云つたこともあるが  云へないといふ主張が裏づけられてゐると見て  云へるではありませんか  云ふ注意を守りたいと思ふ  云ふと戯曲を味はひ  云ひ出して見る  云へば分業が発達してゐる  云つたことと重複する  云ひ出したかといへば  云はれても腹は立てまい  云ふ元気ありや  云へないやうになつてゐる  云ふ社会的主張が勝を制したと  云ふ規定であるとすれば  云ふのが同劇場の目的であるとすれば  云ふ人達に取  云ふやうな劇場も可なりあるにはある  云ふ劇場をあまり悦ばない  云ひ分があり  云へば計算に入れなくても  云ふにすぎなくはないか  云はれぬにしても  云ふ氣も起さずに過して  云ひ方をすれば  云ふ種々雑多な人間がいづれも濡れた  云ふ程の垢も出て来ない  云ふものにかけると  云ふ自信がある  云ふ軽蔑が潜んでゐた  云ふ意味が通じなかつた  云ふ自省を動かした  云ひぐさが癪にさはりながら  云ふ欲望がある  云ふ位置へ己を置いた  云ふのだから驚きます  云ふ話をする  云ふ己惚れがひそんでゐる  云ふ所がある  云ふ名を耳にすると  云ふ文句ではじまつて  云ふ文句を入れた  云ひやうのない寂しさに導いた  云ふ所でせう  云ふ心配はありますまい  云ふ所もありませう  云ふ語を聞いた  云ふやうなことを主張したくない  云ふのが既に全然誤つてゐる  云ふ奇蹟的現象を聞く  云ふことが発見せられるだらう  云ふにとどまつてゐる  云ふことは余ほどの馬鹿でない以上は拒まないであらう  云ふ型にはまつたフイリスチン流の議論も左の事実を説明する  云ふやうに彼女が自分の責任に倦怠を来たし  云ふことを自覚したからだ  云ふ神学的の神話以上に進んではゐない  云ふことに就ては女が作られた  云ふ争先的範囲に於ける  云ふ最も自然な健康な本能によつて限りなくおびやかされ  云ふのは空ツぽな頭と金が沢山にあると  云ふこと以上に一層残酷なことがあるだらうか  云ふ思想そのものが既に嫌忌すべきである  云はないがいいかも知れません  云るかも知れませんわ  云ふ蟲が湧くで  云ひながら赤塗りの自転車から唇を震はせてゐる  云へば未だ見た  云ひ憎ひ  云ふを止めよう  云はば偶然の機を見出した  云はれなければならない  云へるかも知れないが  云えない音がする  云ふバチルスを入れて置かれては  云ふよりも寧ろ一個の罪悪であることを思ふよ  云ひげに眉を顰めしが  云ふ怨めしいことでせう  云ふ貴い月給を頂いて居らつしやいました  云ふものは悪魔かも知れませぬのねエ  云ふ所を見込んでネ  云ふ大金儲を目の前に控へてる  云ひさま跳ね起きたる  云ふ恐ろしき刑罰でせうか  云ふ我々の実験ではありませぬか  云ふことが言はれない  云ふ花形俳優が有る  云ふことに頼んだ  云ふ次第で御わすかな  云ふ奴を二三度見た  云ふ次第でも無つた様で御わすから  云ふ怪物が居るだらう  云ふ法も無わけでげすな  云ふのほ  云ふ感覚を有つことは  云ふ婦人に金の迷惑を掛け  云ふ男は決して其様な性格の者ではありませぬ  云ふ様な脅迫に及ぶ  云ふのは多分此の如きものであらうと感じた  云ふ二号題目の二版がある  云ふものが何と見える  云ふ堕落でせうか  云ふ破  云ふ通信が載  云ふ遁辞を作りなさる  云ふ侮辱を与へた  云ふもの考へ通しましたけれど  云ふのが済んだなら  云ふ日に特別の関係ある  云ふことは左まで耻かしい  云ふ時に肺結核で御亡なり  云へば只た一人の伯母がある  云ふ失礼な新聞でせうねエ  云ふ程のものでも御座りませぬが  云ふ二三人の書生を遣  云ふ唯一の糧道を絶つ  云ふも何かの因縁ぢやらうから  云ふ弟ださうですよ  云ふ人見ましたがネ  云ふ真の女丈夫が在りますよと誇つて居る  云ふことが沢山書いてある  云ふことの存在を実験した  云ふ迄のことお話する  云ふ厭な月日を送つて  云ふことは事情の許るさないものと思ひ諦め  云ふ問題は打ち忘れて  云ふものは我々婦人に取  云ふものはほんとに厭なものだと思ひましてネ  云ふ様なことは無いでせう  云ふ不幸な私の鼓膜でせう  云ふ一語の耳語をさへ反響さする  云ふ僕が最初は如何しても出来なかつたですから  云ふのと密会した  云ふのなどは常に篠田の家へ出入して居るでは  云ふことを発表しようとする  云ふ書生論に捲き込まれる  云ふことが知れ  云ふ一言の御言葉を得たいと思ふ  云ふことになつたので御座りましたよ  云ふことは薄々聞いて居ましたが  云ふ取り沙汰で御座りまする  云ふわけにもなるまいが  云ふやうに思へましたよ  云ふ御親切な方でせう  云ふ別段のことあるでも  云ふ様な御話で御座んしたよ  云ふので鉄砲に撃たれた  云ふことを感付かれ  云ふものを発見する  云ふ男の所へ出掛けて行くと  云ふ好人物を毀けねばならぬかと思ふと  云ふことを白状して  云ふ恩恵深くて居らつしやるでせう  云ふ情ない世の中でせう  云ふ様な必要は無いと思ひます  云ふ例もある  云ふ婦人が在る  云ひ返さうとする  云ひ終るが  云はれてもできないだらう  云ふ話をきいた  云ふ事を信じてゐる  云ふ事も信じてゐる  云ひ鏡花と云ふ  云ふ事が娘によくわかつた  云ふ事があるか  云はなくたつてい  云つとくれよ  云つたやうな口真似でも出来る  云ふ常次の清書が張りつけてある  云ふ炙をす  云ふ事もおぼえてゐなかつたし  云ふことだけ母に聞いて  云ふ婦人の声を空二はかすかに聞いた  云ひ悪いこともあるだらうけれど  云ひたくないつていふなら  云つてくれるなら  云ひかへると  云やアしません  云やがる  云ふ主筆初め二三の者を追出して  云ひ出されるかと  云つたら可い  云ふ考へが又浮ぶ  云ふ疑ひが  云ふ気持を抱いた  云ふ語は熱して居る  云ひ乍ら一本取つた  云ふ有名な術者に二ヶ月もついて  云ふものを人間に与へた  云ふ看板を出した  云ふ地鳴に似て  云ふ様に溜息を一つ吐いて  云ふ気がして  云ふ暖炉が熾んに燃えて居た  云ふ話も出なかつたが  云ふ程電信柱に額を打付けた  云ふ事も全く脳裡から消えて  云ふ事も思出せなかつた  云ひ捨てた  云ふものが軽蔑される  云ふ句を亜いで  云ふ考へを起す  云ふ事だけが頭脳にも胸にも一杯になつて居て  云はれて居るほどである  云はでもの事と思はれるであらうが  云ふ欲望など全く姿をかくしてしまつて居る  云ふ主筆初め二三人の者を追出して  云ふ氣持を抱いた  云ひ乍ら直ぐ墨を磨り出した  云ふ有名な術者に二ケ月もついて  云ふ樣に溜息を一つ吐いて  云ふ氣がして  云ふ洋服屋がありますねす  云ふ程電信柱に額を打附けた  云ふものが輕蔑される  云ふ句に亞いで  云ふ女の聲が聞えて  云ふ事だけが頭腦にも胸にも一杯になつて居てて  云ふ氣がした  云ふ講談を讀んで聞かせて  云ふ詞を思ひ出して  云ふ望みから重體のまま歸朝して  云つたやうな安堵が私の胸に湧いた  云はれる美しい景色などを眺めてゐるよりも  云ふ明るい氣持もすつかり  云へばアメリカ發見即ち新大陸發見も決して偶然に起つた  云へばもう二三日延ばすと  云ふ王樣の命令に依て蒙  云ふことに就きては  云ふ圖がありますが  云へば拔都の如きは自分の所有として三千の牝馬を飼つて居る  云へば日本は海陸共に蒙  云ふ位に蒙  云ふ男と交際する  云ふ黒い神様はいつもゐてはくれぬので  云ふ場合にドユパンは不思議な分析的技能を発揮して  云ふ様子を見る  云ふのが分かつた  云ふことを中てた  云ふ法がある  云はれて己は思ひ出した  云ふ雑誌に俳優シヤンチリイを嘲  云ふ事は大体この一例で分かるだらう  云ふ事などが出てゐる  云ふ事が書き  云ふ推定を下す  云ふに過ぎないね  云ふ方針の数が極まつてゐて  云ふ室に這入つた  云ふ男が妙な癖のある  云ふ詞の調子が己には妙に聞えて  云ふ動機がどうしても見付からないからだ  云ふ事柄が却て真理の街を教へる  云ふ場合に捜索をするには  云ふ事が行はれたか  云ふことにはなつてゐない  云ふ通りどの証人も所謂そつけない  云ふのも当らないかも知れないと  云ふ手段とが先に立たなくてはならないね  云ふやうな浅薄な反対を受けても  云ふことを証明しなくてばならぬ  云ふに彼の不可能らしい事を可能にするには  云ふに外観が同じだと云ふ  云ふ構造になつてゐるのに  云ふことに気が付いた  云ふ軽業が不可能でないと云ふ  云ふことがあるからだ  云ふ考方をするが  云ふ点に到着した  云ふ石に躓き  云ふものを知らないからだ  云ふ場合には殺人犯の動機を金に求めても  云ふ動機が全然欠けてゐると  云ふ髪の毛を一掴にして  云ふだけを見て  云ふ事とを考へ合せて見れば  云ふ考が君には浮んで来る  云ふにその紙は平な卓の上に拡げてある  云ふ通りにして  云ふフランス人がゐるとして  云ふ広告がしてある  云ふのはどうして分かつた  云ふにそれだけの事が分かつてゐると思ふと  云ふことを証明する  云ふ証明は十分出来るでせうね  云ふ代物を君に返す  云ふことだけは分かつてゐる  云ふ想像は君にも付くだらう  云ふものに就いて  云ふ人があるかも知れない  云ひながら大股にそして恭しく向ふへ行きました  云ひたいことが言葉にならぬ  云ひぶんで申しわけありませんが  云ふことに耳を傾けたりする  云へぬ自分の意久地なさのみが省みられて  云へぬのは何うしたといふことであらう  云はないで下さいよ  云へばかこたれぬ  云はぬをも云ふに勝ると知りながら押しこめたるは  云ひがひぞ  云ふ心の余裕があった  云ふものを始めて  云ふ樣な事を考へてゐたが  云ふわたしも行きません  云ふことは出来ません  云ふ訳にはいかないでせうが  云ひはしましたが  云ふ議論が生れた  云ひ方が無いと思はれてゐた  云ふものを社会学的に観て  云ふ役とを同時に併用する  云へないでせうか  云ふやうな概念的な批判から生れる  云へば如何に立場を異にした  云ふ外はありません  云ふことが出来ませう  云へるものは二三に過ぎない  云へない理由がある  云ひ得れば  云ふ様な事を考へてゐたが  云ひ切つてゐる  云はれるといふ  云ふ人がゐる  云ふほどにはどこにも感心出来なかつたが  云つたらそれこそ可笑しなことになるが  云ひきつたこともある  云ふに留まりません  云ひ足りぬ  云難き甘味を含む  云ふのも奮発心を起させる  云ふ樹の名前を覚えた  云ふ一中節の浄瑠璃を聞いた  云ふべきものを感じない  云ひ終つたら  云ふ場面がある  云ひたいこともあるが  云ふが女の生れ損ひ  云ふて遣したが  云ふが失敬ながら猶だ社会を知つておらん  云はれて度々新聞雑誌に投書をして  云ひ掛けて  云ひかねもしませんが  云ふのかと見える  云つてきてくれた  云ふ一節あり  云ふ武士もありしを  云ふ様な冷瞥を頭から浴せられ  云はむは偽なるべし  云ふ名を与  云ふ誓ひを立てた  云ふ法があらうか  云ひつけに背いた  云ひつけは背くまいな  云ひ渡す  云ふ気にはなれなかつた  云ふ景色を見守  云ひやうのない寂しさがかすかに湧いて来る  云ふものか出来なかつた  云ふ彼の言葉を聞き流しながら  云ひながら走  云ひながらそれをあけて見ますと  云ふことはてんであてにならん  云ふ事にして来た  云ふのがチヤンと解るね  云ふ恐怖に駆られもした  云ふ和蘭流の治療法を施したので  云いなはる  云ふにや及ぶ  云ふお頼みがあつたと思へ  云ふ意識を温めた  云ひ方をしないで下さいよ  云ふのを怒る  云へまいが  云えるように思う  云はねば国民が自ら覚る  云ふほどの緊張を見せてを  云てゐる  云ひ合つて居た  云ひ切つて  云ふ筈があるか  云ひきかさうとした  云つたとき此人は仏のやうな心になつて居た  云ふ気組で居たので  云ふ毒々しい気性がしんねりむつつりした  云ふにした  云ふ手続でどう云ふ  云ふことだけを考へて居るので  云ふことも出来ない  云ふことにのみあこがれて来た  云ふ悪心の起つた  云ふものが自分と龕との間をしつかり  云ひしれず  云ふ戦が繰り返されてからも  云ふ様に情の交通を感じた  云ふ様な殊勝な気は彼には決して起らない  云ふ成行きまでを語巧みに語り  云ふことを分解するには  云ひきかせて  云ふて手紙が来たので  云ふ男の子が一人御座いましたので  云ふ薄命な女であらうと  云ふて置いて出て参た  云ふ薄命な女であるかと我は思はず  云ひながら其処を通り過ぎました  云ふ訳かその日はいつまで経っても  云ひながら青いどんぐりを一粒ぽたっと落して行きました  云へずすがすがしい気分になりました  云ひ畢つて壽阿  云ふ推測は出て  云ふ意味だとしたい  云ふに丸燒故の下で切ると  云ふものを收刻した  云ふことを聞いた  云ふのみを以て解釋し  云つたものださうである  云ひながら公儀の務をしてゐて  云ふ意で屋號を附けたと聞いてゐます  云ふ女は必ずしも壽阿  云ふ噂があつたさうですが  云ふお尋がございました  云ふことになつて下げられたさうでございます  云ふ屋號は其後始て附けた  云ふ意であつたとか申す  云ふ後裔の名をだに知らぬので  云ふことになりまして  云ふことに改められた  云ふ人がわたくしに音信を通じた  云ふ難破船が最後に漕ぎ寄せた  云ふものが壽序を作つて贈つた  云ふものが長崎奉行を勤めてゐたが  云ひながら太だ意を用ゐずして寫した  云ふ句もある  云ふ眞志屋の祖先に較ぶれば  云へない晴々しい  云ひ返して  云へないものとされてゐる  云ふ工夫を演技の第一目標とし出してから  云ひたさうにしてついて来る  云ふやうになつてらしやる  云ふことがい  云つてみたの  云ひたくなるの  云つたか覚えてらつしやる  云つちまつ  云つたり云はれたりしてみませうよ  云ふのは無理かも知れないけれど  云へなくなるわ  云ひ得るか  云ひ方をし過ぎた  云れてカッと赤面し  云ひつけられると  云ひつけようとはしませんでした  云ひましたので虔十のお母さんも安心した  云ひたさうにしましたが  云ひながら又のっそりと向ふへ行ってしまひました  云ふわけでせう  云ひながら危な気に梯子段を降りて来た  云へばたちまちに階を来る  云ふ風な大望を眞額にふりかざして  云ふ事に氣がつくと  云ふやうな事が卑劣極つた事に思はれた  云ふ大きな波にゆられながら  云ふ事を忘れてゐた  云ふ力に誘はれて  云ふ事を更らに思つて見た  云ふ制札が立て  云ふべきものなりと云ふ  云ふ意味の事を述べてゐた  云ふ気のしない  云ひたくないと云ひつつも  云はなくていいことを自分は嘯いた  云ふことなぞ本気に信じてゐる  云へば乾く  云ふのに救はれて  云ふ店でけちな放蕩心を満足させてゐる  云ひ出しはすまいかと  云へぬいやな  云ふたびに想ひ起して  云ふ風になるし  云ふものはちやんと支払ひたい  云ふ時間をめがけて来る  云ひたくもなる  云ふものは誰が作る  云ひたくてならなかつた  云ふ顔をしてゐた  云はぬばかりの絶望の叫喚が凄じく聞えた  云ふが好いだ  云ひ懸くるにも  云ひ合さねど  云やあしなかったかい  云やがって  云えないという算盤を取った  云ひ分はある  云ふことが本當だと云ふ  云ふ女の躯をみんなよく知つてゐる  云ふ煙草を出して  云ふ米倉と知りあひに  云ふやうな空想も湧いた  云ふ土地のさせる  云ふ女だけが間違つた生き  云ふひとと結婚をした  云ふ世の中になつてし  云ふ河口へ流れて  云つていられない  云ふことは猫や犬のやうであつてはいけない  云ひながらあじとお祖母さんとをかはるがはるに見てゐる  云つてよいのか分らなかつた  云ひ継ぎ行かん  云ふこともあるが  云ふやうな傾きを持つてゐて  云ふ推測をさせる  云ふことを明言する  云ふことが出来るだらう  云ふ所へ往く  云ふ詞はその感じを的確に言ひ表した  云ふ一輪の花を添へてゐる  云ふ柱形の墓の倒れてゐるのに  云ふ事を言つてゐる  云ふ印象を持つて帰らなくてはならない  云ふ室に来た  云つてしまひたくない  云つたものが彼の作品にある  云ふ画家の集合展覧会がありました  云ふやうな小さな呻き  云はぬは云ふにいやまさる  云へない快く物倦く哀しい全身全霊の痺れと疼きとは  云ふお居間ができました  云ふ位の幕末の直参にはあり  云ふ言葉を輕蔑する  云ひながら両手で耳を塞いだりあけたりして遊びました  云にして  云ひながら又豆を抜きました  云つたやうな隙間がだんだん広くなつて行き  云ひ方で通るかなと  云ふと揚足を取る  云ふ莫迦者は女と見ると  云へば此処へ来た  云ひすてに走  云ふ交際を好まぬ  云ふ噂をする  云ふ催しのある  云ふ心持で己は或る岩窟の前に来た  云ふことを証する  云ふ事丈が気に懸かる  云ふ機会に聞く  云ふことは知つてゐると  云ふ事は向くまい  云ふに己は突然かう  云ふことを先づ以て教へられた  云ふ女を情人にしてゐた  云ふ大檀那が段々不遠慮に此女に近づいて来て  云ふにあの時御身の顔を見たら  云ふことを知つてゐる  云ふ事態の変りやうであらう  云ふ合意が成立してゐた  云ふものの驚歎に値する  云ふものは幾多の労作の形づくつてゐる  云ふ来歴を聞いた  云ふ土地ではさうせずにはゐられぬ  云ふ程の衝突をもした  云ふ不安の念に悩まされて  云えるように思ったが  云ふ港から船を出して  云ひ出しはしない  云ひつければ  云ふ羞恥を感じながら  云ふ声を聞いた  云ふ事から考へて見ても  云ふものがあるとすれば  云ふとお江戸を見せるぞ  云つたつて離しませんぞ  云へば何でする  云ふことさへきけ  云ひ返してやらうか  云つたところで始まらない  云ふ点のみを強調したら  云ふのに過ぎないから  云ふ例を使つては女性に失礼かも知れないけれども  云ふ事は全然之あるまじき  云れるだけある  云ふ冒頭を置いてある  云ひながらフロラが鳥籠の扉を開けると  云ひ合つて別れた  云ひたいところであらう  云ふので出掛けて来た  云はぬばかりの馴れ  云ひ直すといふ  云ひながら雑嚢を探  云ひふくめておきます  云へばすこし無理なやうでもあるが  云はぬばかりの軽薄さが全紙に漲り  云ふ当人がわりに朴訥な印象を与  云ひ忘れてはならぬ  云ひきかせながら  云ふことになるのであらう  云ひにくいことはもちろん控へたに違ひない  云ふものがいくらか解りかけた  云へばさうなる  云ひ分に耳を藉す  云ふやうな目的が果してこの事変の結果によつて得られるか  云ふことがもう古代からのことのやうに思へた  云ふおほわた  云ふべくもない暗鬱な情実におさへられてゐる  云へば私の方が遠まはしに老馬の気嫌を窺ふ  云ふ字名を持つた  云はなくてはならなく  云ふ責任を己が負ふ  云ふことを確言する  云ふ本を見るが  云ふ堅固な土着的観念が何に本づいてゐるかと  云ふ白砂糖の包紙のやうな円錐形の大帽子を被つてゐる  云ふ毛織で拵へてある  云ふことは直ぐに説明するから  云ふ事を言つてゐた  云ふものを構はないのを見たばかりでも察せられる  云ふ重大な事件があるから  云ふ歌の譜を弾いてゐる  云えない癖があった  云ふので法類仲間で幅の利く  云ふ大蛇が祟らねば  云ふ若い美くしい  云ふ碩学で本山でも幅の利いた  云ふ貢さんの阿  云ふ罪障の深い自分だらうと考へ出した  云ふものを建てる  云ふものを為さる  云ふばかりに血迷つて見えると  云ひ来れば  云はれるに該当する  云去れもしまい  云はさぬ  云はれて大将と答へる如く  云ふことには小学校に通つてゐた  云ふものは薬にしたくも  云ふものを示してゐる  云ふ僕には恵まれてゐない  云つてくれないでも  云ひきれない  云ふのは僕は本當は東京がきらひに  云ふのも今日かぎりだと思ふと  云ふのは君一人とでも云ふ  云ふものに憧憬してゐる  云ふ意味かわからんけれど  云ふ娘に愛慕の氣持を持つてゐた  云へばこれくらゐ  云ふ顔もせずに入り込んで  云ふのが翁が毎々残念がつて語られる  云ふ風が全国の志士を吹き靡かした  云ふ窮屈な小箱に納まつて居る  云ふて避けて  云ふて喜んだ  云ふ意味を出して招かれたので  云ふ運動場裡を退出した  云ふ恩人の為めに苦められて居る  云ふ空想に走らない  云ふ現象が起るとは  云はないからきめて  云は無ければ理屈の立たぬ  云つたものだと想像して始めて  云ふ事も見えるから  云ひこしらへさせては  云ひながらぶるぶるふるえた  云へない非計画性だと思ふ  云はなければ芝居ができない  云はばおぼしめしである  云はば市場価値とでもいへる  云ふと俗情だけに訴へる  云つたやうなことが実現しても  云はば中断されてゐて  云つたやうな理想がピカデリーに或る程度実現されて  云ふとその新劇運動に期待をかけます  云ひたいことはちよつと違ふ  云ふことも聴かなければならない  云ふことによつて  云えると思っている  云ふ名稱で盛に行はれた  云へるを見ると  云ふ事にもいまでは慣れて来てゐた  云ふ歌が流行してゐると  云ふ名前だと云ふ  云ふ実感が浮いて来ない  云ひわけをしてゐた  云つたやうな気がした  云つたやうな好奇の念も湧かずにはゐなかつた  云ふ感情を拒否してしまはなければならない  云ふ全き  云ふ貴い犧牲の心の陰がふと私の頭の中を掠めて  云ふのが定めです  云ふ處を開墾して  云ふことを知り得ない  云ふ一文が載  云ふ舊式な觀念に囚はれて  云ふ時代を早く引寄せる  云ふことを念頭に置いて  云ふ割合で對せねば  云ふのも女の先天性ではなくて社會の習慣が女を教育しなかつたからです  云ふ事實があつても姑根性として寛假されます  云ふ不法な姑に對して  云ふものが日本の何處にある  云ふ意見を誰に同意して頂く  云ふものは女でありながら男の横暴を其同性の若い人間に加へる  云ふ永い期間の體刑を其姑に宣告せられるでせうか  云ふ割合で裁斷される  云ふ不滿を感じる  云ふ無智な姑根性から脱する  云ふことだけを聞いてゐた  云ふものが全く缺けてゐる  云ふ疑懼が潜んでゐて  云ふことをいたす  云ふ音がいたすだけでございます  云ふ思案も附かずに  云ふだけの用心はいたしましたが  云ふ疑が  云ふ念が生じた  云ふことをしてゐたが  云ふ情は必ず起る  云ふ疑が生ずる  云ふ話を書いた  云ふ枕詞とも言ふべき  云ひ固むる習慣が出来た  云ひふるして来た  云ふ時には云ふが  云はんので困る  云ふものもある  云ふやうな云ひ  云ふ事を感じる  云ふ事はなくなるだらう  云やしないわ  云ふのでなければならない  云ふと反つて女子を孤立せしめ  云つたやうなものを書く  云ふことに興味を持つてはゐない  云ふことをこれ等の論文に於て一層ハツキリ覚り得た  云ふことを心懸け  云ふのは髪の結ひ  云ふことはわかり  云ふ何物をも持たない  云ふよりもより多く彼女を知つた人が沢山にあるから  云ふやうな事柄がハツキリと解つて来る  云えるものだと思うほどで  云える時代になりましたから  云はれてゐたが  云ふべき言葉を知らなかつた  云ふ貼り  云ふ名のある  云ふ一行にも見える  云ふ書生は確かに孔雀や猿を脱した  云ふ疑惑を抱きながら  云ふ讃辞に懐疑的な微笑を浮べるであらう  云ふものの等閑に附せられてゐる  云ふ湖州を薄命と呼ぶ  云ふ一首に託したさうである  云ふ順序に是等の論文を書いた  云ふ人物を立たせ  云ふ用意の足りぬ  云ふよりも寧ろ英雄の中に黙々と生を営んでゐる  云ふ観照を加へたのであらうか  云ふ観照を加へろと云ふ  云ふものは勿論書生だつたのに違ひない  云ふ英雄の中に人間全体を発見する  云ひ難いであらう  云はば僕は孤墳の所在を出来るだけ  云ふ僕の友だちの一人はコツプに水を入れて  云ふものはこんな松にもなる  云ふ広島浪人跡より来り  云へないといふ理由も私の場合には成り立つ  云ふほどのことではないかも知れぬ  云ひさうでもある  云ひそびれ  云へないかも知れませぬ  云つたか分りませぬ  云つたかはつきり分りませぬが  云ふ武士ありけり  云ふことばかりを追求してゐる  云よし見えたれども  云へる此島の事を書し  云もの石州濱田の漁夫長兵衞といへる  云にもあらざる  云は冨國強兵の二ツに出ざるは  云ふものの密訴の事を聞せられた  云ふ詞が堀の耳を打つた  云ふことにせられては  云ふ手段を取らうと  云ふ問題が起ると  云ふものの訴で繰り返されたと  云ふ中へ駆け込んで来た  云ふ詞がはつきり聞えた  云ひながら宇津木はゆつくり起きて  云はれたと云ふが  云ふことが夢のやうに往来する  云ふ達しをした  云ふ事との二つを志した  云ふ考が念頭を去らぬので  云ふ手拭地の為入屋がある  云ふ城代の注文を告げた  云ふ訓示をした  云ふものを連れて  云ふ人足が先づ格之助らしい死骸を引き出した  云ふ人物が占領してゐた  云ふ一日の間の出来事を書いた  云ふことは証明せられぬまでも  云ふ場合を書く  云ふ記載がある  云ふ方法を以てして  云ふ名を許すに  云ふ風なかたちで淡く残るのみである  云ふものを始めて見た  云ふ事を何かの本でみましたが  云ふ終點に着いた  云ふ宿屋があります  云へばをかしゆう  云ふのださうです  云ふ女中が波浮へ電話でも掛けてくれた  云ふハッピを着た  云ふよりも町と云つた感じ  云ふ宿がすぐ眼に這入ります  云ふものは出  云ふお母さんを連れた  云ふものにも始めて  云ふのが美しい娘だから見てゐ  云ふ家も見ましたが  云ふ宿で休みました  云ふ岬の岩穴も海の上から見ました  云ふ松陰の言葉をおもひ出します  云ふのに泊りました  云ふ信念が破滅した  云ふことをも忘れ  云ふに貧富の間に一大戦争が起る  云ふ考を起すは  云ふ大旗幟を飜へして  云ふ小冊子を発売した  云ふものを書いた  云ふ立札をさへする  云ふ日本の玄関に条約励行論者が居ると  云ふことなれば  云ふ明瞭なる理由から互に説を尽すは  云ふ人の性格が見える  云ふものを中心にして  云ふ期が近づいた  云ふ政治運動が起り  云ふものに一つ精気を吹き込んで  云ふ婦人は仕事の出来た  云ふ一文が毎日新聞に出た  云えることではあっても  云えることではないと人々が云うなら  云ふ六ヶ敷い  云ふ考へから出た  云ふ感がある  云ふ具體的の實際問題になると  云ふのが最も簡單で要領を得た  云へないつていふ  云はば余技的な作品が今日もなほ悠々たる舞台的生命を保つてゐる  云ふ考を有つて居る  云ふべき者を書く  云ふのが在りました  云ふのに転学しました  云ふ物を書いたから  云ふ話を聞きましたが  云つてくれるから  云ふのは遥か後に改めた  云ふ説が我々三名の間に起つた  云ふのに掛合ひました  云ふのに柳を咏じた七言絶句を出した  云ふよりは柔術を取り  云ふと大いに味ふ  云ふ怪むべき  云ふのを書いたが  云ふ小冊子を発行した  云ふ数は硯友社に取  云ふのを出した  云ふ計画も有る  云ふ考も有るので  云ふ歎きを知つたのは爾来何年の後であらう  云ふらしいが  云へその涙のごひやら  云はでねむの花君みむ道に歌むすび  云ふや君よ人よ蝶のむく  云ひぬ紅しぼり  云ふもいつ  云ふにむしろふさはぬ髪も落ちめやすきほどとなりにけるかな  云ひたまへあらずと  云へど神に似たれば  云ひぬ廊ちかく皷と寝ねし  云ふ樣な名目を擔ぎ出すと  云ふ樣な色々の點があります  云ふに就いては  云ふ言葉を聞いて  云ふ所に到達して  云ふことを惹起した  云ふ樣な疑もあり  云ふ點があります  云ふ樣な決着は時々出  云つたかよくは覚えてゐないが  云ひ得べくも  云えるなら云ってみろ  云ふに至りては  云えると思っているのよ  云はれてやって参りました  云ふわけかみんなもどっと笑った  云はれぬ優しい空想を惹起す  云ふに云はれず  云はれぬ詩情が胸の底から湧起つて来て  云ふ歌を唄ふので  云ふ文句ばかりで其の後を忘れて  云ひ現した  云ふ事のみが僅な関係を持つて居るだけで  云はうよりは楽器を用ゐる  云ふ身許の知れぬ  云ふ者が人民を虐めたり欺いたり  云ふ所の鑛毒の害が甚しいので  云ふ決議を内務大臣に建議致しました  云ふものを非常に大きくして  云ふ事になつて居る  云ふ所が鑛毒の爲に殆ど紊亂して居ると  云ふ事は譯の分らない  云ふことは分かつて居る  云ふ働をして居るか  云ふ樣なことを言ふて居るが  云ふことをして置いて  云ふものが人民の方に在る  云ふことを問はずして  云ふ御話を少こし致します  云ふ位の事は分り切つて居るのに  云ふものまでも綺麗に之を枯してしまふ  云ふ川の埋り  云ふことが一度はあると  云ふ命令を下してある  云ふて評議して居りますと  云ふだけが違つて居る  云ふ辯護説もある  云ふのとは違つて居る  云ふことも極つて居る  云ふことを知らぬ  云ふものが荒地になつてし  云ふものが這入りますれば  云ふものは地味が肥えて居て  云ふものを押流しました  云ふ人は本家新宅の家の周りに十五町餘の田地を持つて居て  云ふ事を知らずして  云ふ灰が出  云ふ色になる  云ふ事を申上げなければならない  云ふ侮辱を受け  云ふ山師の仕事には得て  云ふものは自分で警戒を加へなければなりますまい  云ふことを明言しなければならぬ  云ふ道を經なければ海に落ちない  云ふ樣なやり方では迷惑するから  云ふ計算をする  云ふことを知らざるに  云ふものだそうだと云ふ  云ふものを知らずに居る  云ふもの知らずに居つた  云ふて大騷ぎをする  云ふものに至ては知らざる  云ふことを言つてはならぬと  云ふことがどうも行はれて居る  云ふ問題はジミなものであるからして  云ふものすら政府は是を處置するでございませう  云ふことは決まつて居る  云ふ名を付けたら  云ふものが害されて  云ふ答辯が出  云ふ御話を致して止む  云ふものを据付け  云ふものを金圓を以て扱ひをする  云ふ機械を据付けて  云ふ事をやると  云ふことを二度まで答辯して  云ふやうな曖昧した  云ふ答辯を致した  云ふものは效力の無さそうなものであるからして  云ふ書付に判を捺せ  云ふものは最早鑛脈が絶へて一年位しか持たない  云ふ樣な事を言ふ  云ふ判を捺した  云ふことに就きましては許されない  云ふことを訴へて居る  云ふ肩書を持つて居る  云ふことをして居ると  云ふ次第で外へ出る  云ふ處に金山と云ふがある  云ふ譯には行かない  云ふやうな頭を持つて居る  云ふ人あれど  云えないほどの湿りがあって  云へ何とも知れた  云ひくだす  云はせばや  云へども人われを信ぜじ  云えるであろうと思う  云えるような悲運におかれている  云える作品であると思う  云ふ寺があり  云ふ雑誌をやつて居た  云ふ本の表紙か内容を見せてくれとの  云ふ事が起つて  云ふ事には行かなかつた  云ふ隙間を狙ふ  云はるべきものを聖なるものと信じてゐた  云つたことを彼は覚えてゐるが  云ふやうなことを好んで  云つたので彼が母に訊ねたら  云ひながら神妙に首を傾げたりするので  云ふと本気にしてゐるわ  云ひつけてやらうか知ら  云ふことをほんとうにしないから  云へば斯う云ふといふ  云はす  云ふことを信じないといふ  云ふ思ひに  云ふことは何時も思ひの  云ひ現すならば  云はないと自分の男らしい価値が忽ち吹き飛んで  云ふ字を持つ  云はなかつたが勿論出かける  云つたやうな話の心覺えのやうなものまでが見つけられた  云ふ一面の最もよく現はれた  云ひしれぬ  云ふ氣がしてゐる  云ひたまひけるは  云ふ名のつく  云えないほどのぼんやりした  云ふのは本當だと思はれた  云ふ間違つた考へを起してゐた  云ふ英人の宿所護國寺に立てられてゐた  云ふ徑路で朝鮮から此處へ來たのかは分らないが  云ふ男を殺さうとしたが  云ふ傳説のある  云ふ處は沖繩でも人種が違ひ  云ふ外人の名から起つた  云ふ意味かと聞くと  云ふことだけ聞くと  云ふ事は或は時代の大勢に風馬牛だと云ふ  云ふよりは呉織  云へば私の知つてゐる  云ひながらそろそろと私を崖のはじにつき出しました  云ふ事実を認めなかつた  云ふにはあらねど  云ひ出したひには  云ひ当てる  云ふので私は岸の方へ眼を向けると  云ふと同時に彼女の不気嫌を期待した  云つたらありません  云ひ切りました  云へないであらうか  云へば必然に吉田璋也君のことが想ひ出される  云ふ使ひ  云ふ意を込めた  云ふ気持が溢れてゐるからである  云ふ言葉がある  云ふ方がもつと  云ふことを忘れてはならない  云ふお考へを持つてゐ  云ふことは更に思ひ掛けませんでした  云ふことは少しも知りませんでした  云つたらありませんでした  云ふ宿屋へとまつたら  云へぬ苦痛を覚  云つたかとおもふ  云ひながら達二は鳥を見ましたら  云ふ落首が出来た程  云ふ太平な風物の中にゐた  云ふ気にもならないと  云ふ気にもならずにしまふ  云へないものを指して  云ひやうのない屈辱の半歳を過した  云ふことのできぬ  云ふ事を傾聽してゐたが  云ふ姪の在る  云ふことがすぐ解つた  云ふ裝ひを凝らした  云ふ露骨な自負を見ると  云ひ切りながら  云ふ飛んでも  云ひながら私の方をちらりと見た  云ふ問題を聞いたがね  云ふだらうと多寡を括  云ふ位置からのみ生ずる  云ひ譯した  云ふのも恥かしい程  云ふ囁の方が勝つた  云ひ返す  云ふ解法が浮んだ  云ふ受驗生も困るよ  云ふ事だから眞僞は分らぬにしても  云ふのが何だか初め聞き取れなかつた  云ふ氣を起した  云はなくても解りませう  云ふやうな妙な笑ひ  云はなくちやならないと  云ひ盡した  云へぬ興奮に燃え立ちながら  云ふ區劃を慌て  云ひながら涙を浮べて  云ふ苦しみを兄と共にするであらう  云へないものも混つてゐる  云ひ下す  云えないようにする  云えないところを見ると  云ふことも分る  云ふとすると  云ふ顔をした  云ふ杉の木に化ける  云ふ甲所を知らないから  云ふ訳もなさ  云ふおれの胸算用も見透かしてしまふかも知れないな  云ふ言葉があるかしら  云ふ迷惑をかける  云ひはしない  云ふ美しさを見ようとしてゐる  云ふ蜃気楼は壊れてしまふ  云いたくないと思いながら  云へば理窟つぽい爺さんにせず  云ふ必要がある  云ふ感じを受けた  云ふのかといふことを覚えたり  云ふ通り  云ふ其の娘は繼母のために手酷き折檻を受けて  云ふ所作で居た  云ふ形で蹲んだが  云ふもの請人で齊く  云ふのを遣ります  云ふのがあると  云ひながら母は出て  云ふ事を想像する  云ふ事がないであらうか  云ふことを考へると  云ふものは滅多に実相を見る  云ふ例に洩れず  云ふ自己欺瞞は民心を知りたがる  云はば不可能を可能にする  云ふ夢を見てゐる  云ふ意味は創世記を信じてゐたと  云ふ意味はダアウインの著書を信じてゐると  云ふ信念に安んじてゐる  云ふことさへ  云ふ話は未に時々伝へられる  云ふ今人の論法は勿論所謂循環論法に過ぎない  云ふ意味も失はれるから  云へば我我は我我に負はされた  云ふ態度をとるべきである  云ふ名は砲弾のやうに投げかはされた  云ふ武器を見ながら  云ふ逸話の残つてゐる程  云はば鑑賞家は一つの作品を課題に彼自身の創作を試みる  云ふ解釈を加へるも  云ふ莫迦げた命令を負はされてゐる  云ふことを知らないであらう  云ふ二足の獣は何と云ふ  云ふ意味は悔恨や憂慮の苦痛をも嘗めなければならぬ  云へばあの蟻を見  云ふことを苦痛の少ないことのみとすれば  云ふ詩人の地上楽園に住みたいと  云ふ光景を夢みなかつた  云ふ光景は夢みるにさへ  云ふのはモオパスサンの小説にもある  云ふ無法則の世界に順応する  云ふ艱難辛苦をしても  云ふことは唯奴隷たる自意識を廃止すると  云ふ結論に到達せしめた  云ふ事を尋ねたさうである  云ふ逸事を学んだ  云ふ意味は一人称を用ひた  云ふ夢をペンにした  云ふので略其人物が察せられる  云ひ募るが  云はれずとも  云ひ募つて  云ふ感じを起させる  云ふ所にある  云つたらよささうな  云ふ語の興味に動かされたからで  云ふ会話を繰返した  云ふ事は知つてゐる  云つたら出掛けるが  云ふ言葉は知らないだらう  云るのをきくと  云ひ合つたり憾みごとを云ひ  云ふといふほどの  云ふべきものが潜んでゐるからである  云ふべき幅が加はつて来た  云ふのは如何と思ふが  云はなければ芸術がわからないと  云ひさうな気がします  云へる役者がゐないからでせう  云ふことではあるが  云へるものがないと云つて置きながら  云ひ出すかも知れません  云はれてゐましたが  云ひかかると  云ひわけをした  云ひわけする  云ひきかせてゐる  云はうとしてる  云ふ位な診  云ふ文面が書いて  云ふこともなく自然に手をとり  云ふ實業家の家へ急に嫁入つてゆくと  云ふことをきき  云ふ言葉に妙に力を入れて  云ふのから買つて帰つた事がある  云やあ一時の撮み喰いにすぎない  云ふ肉を探して  云つたやうな初期の傑作を描いてゐました  云ふ機会を外しては  云ふ世界を頭から拒絶して  云ふものに敗ける  云ふ気持にはならない  云ふ感じを起す  云ふよりは自分の芸道が到らぬ  云ふ一事で証明が付く  云ふ女性は到底この世の中にゐないからに  云ふ風の歌を作つてゐるので  云ひ傳へられてゐる  云つたら朝の燈臺の掃除と夕方の點火と二三行の日記を書く  云ひ乙女峠からと云ひ  云へぬ寂しい景色を作つてゐる  云へぬ寂びを含んだな  云ひたいこの廣大な溪谷にももく  云ひつけられたでなく  云つたあの淀み富士からと天城からとの二つの川の出合つた大きな淀みにたうとう出かけて  云へぬ赤い色ですそれが水にも映つてる  云ふことをば古い本でも見  云へばよく聞えるが  云ふ事もありませんが  云ひますから齡もたいへん違つてゐた  云ふ男がゐる  云ふ事を言ひ出した  云ふものは兎角こんな遣  云ふ事が間もなく証明せられた  云ふ証拠になり  云ふ事はかうなれば  云ふ筋道だけは立て  云ふ慾張根性の強い事でせう  云ふのなんぞはなんの事だか知りませんが  云ふ事件が生じたに付いて  云ふ男は役をしてゐる  云ふ事を言ふ  云ふ証拠にする  云ふ事は余り高等な教育を受けた  云ふ手続にいたしたら  云ふ事はどんな嫌疑を受けまい  云ふお見込でせうか  云ふではありませんか  云ふ事になつたらどうでせう  云ふやうになりますが  云ふ事は認めてゐます  云ふ例があると  云ふやうなわけには行きますまいか  云ふ事を云はれたが  云ふ事がありますか  云ふ事も出来るかも知れませんが  云ふ風に勤める  云ふ事が一目この男の態度を見れば  云ふものを尊重する  云ふやうに聞えた  云ふ事だけは察する  云ふ事だけは認めても  云ふ場合に進級させない  云ふものは自由を得て始めて  云ふ奴が滑稽の方へ僕を引き付けるかも知れない  云ふ立場にゐて働く  云ふ事を考へて見ましたか  云ふのは行はれない  云ふ事が己に分かつ  云ふが実に適当な評だと云はなくてはならない  云ふ男がある  云ふ名を付けてゐる  云ふ場合には離婚の理由が十分成り立つ  云ふ時期の来た  云ふ事を忘れて  云ふ計画は細君の耳にも頗る快く聞き取られた  云つて下さいな  云ふやうな事を考へてゐる  云ふものがあるか知らと  云ふわけで同僚はいつも馬鹿にしてゐるが  云ふ意味を知らせた  云ふ評判を聞くだけである  云はなかつたといふ  云へないところもある  云ふ英吉利の文人がその友人フランシス・ベエコンに宛てて  云ふやうな言葉を口にする  云ひ知れず  云ひつけて置いた  云ひ現はせない  云ひ切つてしまふ  云ふ感じがする  云ひて之を排斥し  云ふ趣に解せ  云ふ意に取るべから  云ふは甚だ多きに過ぎたり  云ふ先輩の意見に贊同す  云はるるが如く  云へるなるべく  云ふものが現はれない  云ふ言葉をもつて  云ひ足した  云うたて聞こえんけに  云へない悲しい色にみちてゐる  云ひわけになりませう  云ふこともありました  云ひつけを守りました  云ふべきものを見出してゐる  云ひ出さうとする  云へないことはないと思ふわ  云へば云へます  云はれ喜びし  云やがった  云やしないも  云やしないじゃないか  云やしないじゃないの  云や界隈で知らない  云ひはじめる  云わるべき優れた  云える議論の出る  云ひ附けて  云えるならばそれはいくらかうけた  云ふ破天荒な機械が輸入されたので  云ふ意味で出来るだけ  云ふ素志を持つて居られたと  云つてよいものであると言つてゐる  云ふ老人がゐた  云ふ手を知らないで  云つたやうな二枚落の定跡のABCを知らずに  云ふことを悟つて  云ふやうなことを初心の中は絶えずやつてゐるが  云へば果肉こそ最も値を高くつける  云ふほどのきまりがつかぬ  云えると思います  云えるのではありませんでしょうか  云えるとすれば  云へば未だ彼女は小学読本三の巻を辛うじて朗読する  云ひながら彼女の肩に腕をかけた  云ふ金色の横文字さへある  云ふ噂もあり  云ふ無敵の進軍を続けて来た  云ふ信念となつて相対してゐた  云ふものか刺戟され  云ふ永い苦しい燃え立つた  云へば男妾的な性格をあまり好いてはゐなかつた  云ふ意識から身動きもならない  云ふことは向ふに通じない  云ふことは一向きな  云ふこと自身が自己主張を真理ならしめてゐる  云ふ信念を堅めるに過ぎない  云ふ憾みがたえずある  云へばあくまで自分一人の力をもつて  云ひたくて云へないことを独り黙想してゐた  云ひようのない慟哭と身もだえの境地から苦しみに鍛錬されながら  云ふやうな表情を浮べて  云ふ歌を胸のうちで暗誦して泣いてゐたのよ  云ふことに決まりかけた  云ふギズキイの警句集を教へられた  云ふ題をつけた  云ひましたら慶次郎は少し怒って  云はないでだまって  云ひながらあとからしなびた  云ひましたら紺服の役人があわてて  云ひながら萱の穂を一寸ばかりにちぎって  云ふ中年の刑事が私にこんな事を話し聞かせた  云ふ仕事はちよつと考へると  云ふ事はあんまり好い氣持のする  云ふ仕事であらうか  云ふ事には本能的に興味や好奇心を持ち  云ふ事にぶつかると  云ふ仕事を自らの職業とする  云ふ事を作る  云ふ無駄やいきさつをはぶくと  云ふ處の犯罪や祕密や不思議が犯人の科學知識の深さの中に複雜にされると  云ふべき頑迷な固疾から追はれてはゐない思ひが  云ひつるなり  云ふ間に一変した  云ふ社会は限られてゐる  云はせる腕前はまことに見上げた  云ひながら遅れて  云へば理由だとぶちまけた  云はゆる  云へぬがと断つて  云はば兄の厄介になつて好きなことばかりしてゐる  云ひつけられる  云はば体よく学校を追ひ出された  云ひ出してみる  云ふと鬼が笑ふと云ふ  云ひ放つたが  云はば不必要な言葉のやりとりをしなければならなかつたか  云ひ方をしよう  云へば目立たない  云ふべきことはないといふ気が一方ではする  云ひたいことを云ふ  云へぬ不満がこみあげて来る  云ひ添へる  云ふことはちやんと筋が通つてゐる  云ふとわからない  云ひ方をするとね  云つたやうな好い熟語の我が國語に無いのが惜まれる  云ふので控訴した  云ふ被告の弁解も一喝の下に之を却けてしまつて聞入れない  云ふのだと誤解して  云ふことは聖代の歴史の一大汚辱なりとして恐懼自戒措く  云ふ考へがあると  云ひたくもなるであらうし  云ふことを裁判長が聞取つてくれないで  云ふことを云ひたくない  云ふにひとしいとも云ひ得る  云ふ種類の人で満ちて居る  云ふものは馬鹿馬鹿しいものであると考へたにすぎなかつた  云ふ訳ではありません  云ふ人に云ひたい  云ふものの精神を聊か知得した  云ふことを云つては家内に笑はれてゐた  云ふことが殊更不安を感じさせるので  云ふものはすべての動作の基礎を作る  云ふときにじたばたしない  云へばさうも思へるが  云ふと画面の単純化された  云はしむれば  云ふことを聴いてると  云つとくけど  云ふ所で幕になる  云ふものもあるでありませう  云つたかといへば  云ひエルヴィユウと云ひ  云ひ尽してゐる  云はれぬ神祕感に打たれた  云ふのは階段の丁度中程まで来か  云ふ感歎の言葉を発明した  云ふ思出を聞く  云ふ質問をした  云ひ放つて駈け出しました  云ひ放ちます  云ふまでもなくこれは社会党の主領もよく心得てゐる  云ひながら泣いてゐた  云ふ事には最も理解がある  云ふ名が出来ると  云ふ事は考へた  云ふ事を書くだけです  云わるべきこの御薩を快よく賞翫する  云ふものを見るならば  云ふ位の心持だつたのかも知れません  云はれると船長もたぢろいて  云ふ値段の四分の一だけお負けしませうか  云ふことに何となく心をさそはれて  云ふ新聞記事を見ると  云ふやうなあだ名がついたりしてきた  云ふ言葉があるが  云つておいた  云はないかも知れないとは思はないでもなかつた  云ふ信一の佗しい  云ふ苦労をしてゐます  云ふ事が書いて  云はないだけに信一の淋しさが自分の胸に響いて来たし  云ふことはありませぬ  云ふやうなことになる  云ふ本があります  云ふ事を申上げようかと困つた  云ふことを御斷りになつて居ります  云ふことははつきり分りませぬが  云ふ本を書いて居られます  云ふことが分ります  云ふ書籍を重もに參考されたかと  云ふ事を參考されたか  云ふ價値があるかと  云ふ本を參考したかと  云ふことを言つて居られます  云ふ有名な學者がありました  云ふのは下げる  云ふのは呑む  云ふ四つに聲を分けて  云ふのは前に申しました  云ふのは唐の時の坊さんで皎然と云ふ  云ふ人だらうと思ひます  云ふのは元兢と云ふ  云ふやうにしては  云ふ規則があります  云ふやうにしてはいかぬとか  云ふ調子にしなければならぬと云うて  云ふ本があるので  云ふことを茲に御斷りになつて居る  云ふことは明かに分つて居ります  云ふことに就いて  云ふ所に價値があるかと  云ふものが其の後も盛に行はれて居るが  云ふやうに出  云ふ本がある  云ふ風に珍重して  云ふことを知らなければなりませぬ  云ふ原本の價値を調べると  云ふものがあるかと  云ふ事を知らぬと  云ふ例が實際ある  云ふことを注意した  云ふ人があります  云ふものに書いてあります  云ふことを知つて居るに拘はらず  云ふ字を餘り入れてはいけないとか  云ふ字を入れ  云ふことを言つてありますが  云ふ規則と云ふも  云ふことを十分に知りませぬから  云ふやうに言つて居りますけれども  云ふ事になりますと  云ふ歴史に載つて居る  云ふものには矢張り隋書と同樣に經籍志と云ふも  云ふことが明かに分ります  云ふものを大切なものと致して  云ふことを檢査する  云ふ事があります  云ふ歴史を作る  云ふ事を調べるに  云ふ本が實際行はれて居つ  云ふことを知るには  云ふことは明かな  云ふ名は出て居りませぬが  云ふ人の四聲指歸と云ふ  云ふことが載  云ふことは御斷りも何もありませぬが  云ふことは明かに分ります  云ふことを知つて居られたと見えて  云ふものであつたと云ふ  云ふことの研究が出  云ふものには一卷としてある  云ひ二卷と云ふ  云ふことが分りますので  云ふ事から目録を大切に致します  云ふ本にも載  云ふものは何處にも引いてありませぬ  云ふことが明かで  云ふことが分るのみならず  云ふ聲はどう云ふ  云ふやうな細かいことは一つも殘つて居らずして  云ふ人だらうと思ふ  云ふ著述があります  云ふ體でもつて  云ふ規則を著述した  云ふものを引いて居られます  云ふことは殘つて居りませぬ  云ふ人が作つたと云ふことは  云ふことが書いてあるので  云ふ人の詩髓腦を書いたと  云ふことを書いて置かれたので  云ふものは音樂に掛けても  云ふ人の古今詩人秀句と云ふも  云ふ非常に長いものが載  云ふものが悉く文鏡祕府論に依つて  云ふ形容の言辭は支那では大切なことにして居ります  云ふ語類を集めた  云ふことも拜見した  云ふことを思ふ  云ふことを知られる  云ふことを申す  云ふ例を一つ申しませう  云ふことが書いてあります  云ふことが斷はつてあります  云ふことまで丁寧に斷はつてありますから  云ふ斷はりを附けましたか  云ふ丁寧な校語を附けましたか  云ふことを斷はつて置いたといふ  云ふ字にしてあります  云ふことを誤  云ふ字の訛りであると云ふことも  云ふことを希望する  云ふことを申せば  云ふ本が出  云ふものは能く  云ふことが行はれて  云ふ程あります  云ふものは一つも加はつて居らぬ  云ふものを見ると  云ふ人は澤山あります  云ふやうに世の中に傳はつて居らぬ  云ふことを喜んで居る  云ふ貴重な本は全部出版される  云ふ間の代表になつて居る  云ふことを言はれて居る  云ふ説もあり  云ふ事があるから  云ふ議論がある  云ふ議論の仲間入りをして  云ふことを申上げる  云ふ間違があるか  云ふものを一通り見るに  云ふ本がありまして  云ふ人がどう云ふ  云ふ字を使つて居る  云ふものを用ひる  云ふのは燈心を掻立てる  云ふものを書く  云ふのは詰り  云ふのは弩の機の外れる  云ふことを説明する  云ふので使つて居る  云ふ三つの韓方明が使つた術語を大師が使つて居られるか  云ふ字は其代りになる  云ふ字を明かに使つては居らぬが  云ふことは明かで  云ふ本を再版でもするならば  云ふ人の筆法を傳へられたと  云ふことだけを申上げて  云ふ事に注意をされる  云ふ批評を載せてあります  云ふ有名なものに就いても  云ふことを書いて居られる  云ふ事は他日私がさう  云ふ一部分の事しかありませぬから  云ひにお涌の家へ来た  云へない不思議な機械を考案しながら  云ふ奴はどうももともと頼  云出すかも知れない  云ふことだけを聞いて  云つといて  云ふ時はあとから又見えやうも知れません  云つて下さいといふ  云ふ変化を想はせる  云えるほど生きたい  云はれた暗い納戸のやうな部屋へ這入りますと  云ふ港町から船に乗  云ふ窓がみんな海の方へむいてゐましたので  云ふのを掛けて  云はれても云はれてゐた  云ふとほりラムネを飲む  云はせて飲みました  云ひかへす  云ふ男達が正座で築港の問題について声高く論じあ  云ふともなしに発した  云ふお寺の和尚さんから聞いた  云ふ著作権侵害に関する明文の存在しない  云ふのは明らかに不合理の行止まりである  云ふ著作権侵害に関する法律上の不備を論じてゐる  云ふことは予め菊池の考へる  云ふのは久米を嘲る  云はれたとすれば  云ふ論者には微苦笑の一拶を与へる  云ふ信念から書くにせよ  云ふ考へが一應は起る  云ふ唯一の辯解があり  云はば一種のレムブラント光線のやうなものを投げようと試みた  云ふ答案が浮ぶ  云ふ点にあると  云へば感銘の深さとでも云ふ  云ひなり  云はせなければ  云ふまいが  云ふのを禁じてある  云はなければならないぞ  云ふ女が出て  云ふ小説がある  云ふのがあるが  云ふ小説を読むと  云ひながら半二の顏を見る  云ふことを肯いて  云はうとも筆を持ちながら倒れ  云ふ様なき荘厳味を醸し出して呉れた  云ふもの何処へあつらへたつて出来る  云はうと思つてゐた  云へずに口籠つてしまふ  云ふ論文を書いた  云ふ概念を保存するにしても  云ふ論文を寄せてゐました  云ふのが人々の切実な要求であるのでせう  云ふ意味ではありません  云ふことがあつたと思ひます  云ふことも肝要なことであると思はれます  云ふのは不可能なことではないかと私は思つてゐます  云ふ意味をもつてゐます  云ふ嫌ひがあるにしても  云ふ要求の現はれであるともみられるでせう  云つたものに気が附く  云ふ言葉は私の眼の前に現はれてゐる  云ふことにも深い意味があると思ひます  云ふ友達に出  云ふ立派な自動車に乗って走れたら  云ふ自動車には乗ってゐて  云はれた時にはギョクッとした  云ふことまで主人にはわかる  云ふ問ひに  云ふ丈けではまだ生命も人格も感じ得ません  云ふ事を知らなかつたか  云ふ相違丈けはあります  云ふ事は自分の外用ひられない  云はうと思ひましてね  云ふ法官の声を聞きました  云ふ事は知つて居ました  云ふ様ですけど私の事をお考へになつたらお仕事丈けをして  云はないで俺の歩むが  云ふときになると  云ひ合つてる  云ふ様な投書をいくらもつきつけた  云ふ誇りがすぐ湧いて来た  云ふ意見を発表して居た  云ふ秋草の庭が気に入つた  云ふ技巧に浮身をやつして居る  云ふ考へが先に立つ  云ふことが出来ない  云つて頂きたかつた  云ひながら決して相手の顏を見なかつた  云ふので隱岐は決して自分からは動かなかつた  云ふ平和の俯瞰景を眺めたら  云ふよりも一動物の運動といふ感じがする  云ふのは今日朝から始終その少年の行動を注視した  云ふことに氣が付く  云ふ風に段々安心して  云ふ會話をしながらも  云ふことに對しては  云ふ青年の動作をまんじりともせず見て居た  云ふ風な話題ばかりを求めて話したが  云ふ方向でこれを薫陶してくれ  云つてしまふぜ  云ふ風に自己に第三者の眼を與へて觀察すると  云ふのは同じ土地へ東京の人が建てた  云ふ懊惱が富之助を痩せさせる  云ふ出來事を全く豫感せずにゐた  云る思いつきの心持がよく分りました  云るようになりました  云ることはよく分る  云るように生活をきちんとして  云る通り完成をしきった  云えるかもしれない  云ひ添えたが  云合せた様に其処を去ろうとしますと  云って呉れるが  云ひ残し  云つたか分らない  云ひふらしてゐる  云ふ言葉を云ひ  云ふのが時宜にかなつた事のやうに思ひなされて居た  云ひ慣はして居た  云ふ風に坐つて居ると  云ひふらして歩いた  云ふ東京相撲の画びらの眼ざまし  云ふ役目は煙のやうに消えて無くなつた  云ふ新しい仕事が加へられる  云つたりすると  云ふやうな事を毒々しく云ひつのつて居る  云へば妙にひがんで出る  云ふ時どもる  云ふ恐ろしい病気の事を薄々気味悪くは思ひながら  云ふ時のお末の眼つきは鶴床の隅から隅までを春のやうにした  云ふ不安にも襲はれながら  云ひ出すかも知れないと  云ふ知らせが来た  云へばどなられるし  云ふ犬を皮屋にやつてしまはうときめた  云ふ気がつきまとつて居た  云ふ声がうるさい程聞こえ出した  云ひふらしたが  云ひながら洗面台の掃除をして居た  云つてると  云ふ気で聞いて居たが  云ひ過ぎのやうに思はれて  云ひながら手真似で大小をやつて見せた  云ふやうな風は露ほども見えなかつた  云ひながら母はそこい  云消して了う訳には往かぬ  云ふことにして置くさ  云えると思われる  云ふのが眞ならば物皆すべて續くとするも  云ふ自然主義に對する  云ふのでさすがに驚いて  云へない怖ろしいうなりの  云ふことを信じなくなり  云ふ質問を発すると  云ひながらスヰッチを入れると  云ふやうな平凡な変質者だなどとは思ひもしなかつたし  云ふので速達を出すといふ  云はれてゐますが  云ふので早目にひきあげ  云ふ気持にされました  云ふので早く上京しようと思ひます  云ひますが末田のところに夜具がある  云はれてゐませんが  云ふ程な表情を感じなかつた  云ひながら手伝つて呉れた  云ふことはさつ  云ふ人が現今の規模に改修したからな  云ふに一生働き抜いて  云はれて父は急に片腹を痛さうに抑へてみて  云はれた時の通りなことを云ひました  云へとおつしやるの  云はれたりする  云はれたらどうするの  云ふがそれは乾いた  云ふ事で私を脅した  云ふ神に祈ると  云ふ必要がなくなる  云ひ乍ら兄が入つて来た  云ふだけの気がした  云ふ言葉が解らなかつた  云ふ事だけは感知された  云ふ声が起つた  云ふ音もさせなかつた  云ふ母の眼の中にある  云ひ附けに  云ひ合つてゐた  云ふ妙な幸福を父の死が齎らした事であらう  云ふのでつれ出した  云ふのも嘘かも知れない  云はした  云つたやうな話をしてゐなかつたかと  云はれても仕方がないほどの惡才に長けた  云ふのもみんな嘘だと思はれた  云ふ子供さんは昨日見えるには見えましたけど  云ふことがわかつ  云つたりして  云ふ見えない  云ふ見出しで書いてゐたが  云ふことをよく教へて置きたいと思ひますから  云はないかも知れませんから  云ふ奴はどうしたらう  云ふのはどう云ふ  云つたんぢやないでせうか  云ふことだつてどうして十四としてはしつかりした  云ふ子に賣  云ふ子が腰越の時計屋までついて  云つち  云つたものに魅せられた  云ふ名の中學生がゐないでせうか  云はれたんだと云ひますし  云ふ奴等に捲き込まれた  云ふ時計屋ださうで  云ふつもりだつたかも知れない  云ふことに多少の根據でもあらうかと  云ふ譯であらう  云はなくちやいけないよ  云ふ方は瘠せて  云ふ方が肥えて  云ふ腹だつた  云つたことに間違ひない  云ふのはいつも妙本寺の方から來ると云ふので  云ふ姓を訊ねたり  云つたらば買つて呉れない  云ひ遁れよう  云ふものを浮べて呑ませると  云ひ紛らした  云ふことがちやんと出  云ふご商賣をしてゐると  云ひ出さなかつた  云ふんださうですが  云ふのはどの邊でせうか  云ふ安心と明るい氣分が樣子に見えなければならない  云ふ樣子が見られない  云ふことも聞いた  云ひ兼ね  云ふ職務に對して  云ふ若い男が訪ねて  云はれて手前どもでも初めて氣がついた  云ふことになつて居るので  云ふことをして呉れるな  云いきることも出来なかった  云ひつけられたの  云ふ御親切があるなら  云ふやうな機会もありませんでしたが  云へるいい  云ふ公開の展覧会と云ふも  云ふやうなお話をしきりにせられてゐました  云ふ想像の下に項を屈してゐた  云ふ思想は四五世紀の間に出た  云やしないし  云はしめ得た  云ふことを知れば  云ふやうな意味が記されて  云ひにその部屋へ這入る  云ひやうのなく汚れた  云ふことにまで説き及ぼしてゐる  云はば泡沫にも似た  云ひながら彼の腕を確りとおさへて離さなかつた  云つたところで何の自分にそんな身柄のないことを知り抜いてゐる  云ひながら尤もらしい顔付をして  云ひさうな文句を叫んで  云はれても怒らない  云つたつもりの力を込めた  云ふのか好く解らなかつた  云はれたこともある  云ふセリフがある  云ひ合つてゐたが  云ひ終つてもあんぐりと口を開けた  云ひあてられたので  云へばさうだ  云ふべき言葉の腹案と態度のことを今から夢想してゐる  云ふ物なるべし  云ひにけるにや  云ひし物は穀の木の皮にてそを布に織たりし  云或云是れ大に誤れり  云べし古跡と云はあるべからず  云えないと全く同じことだと思う  云ふものを設け  云へば何に限らず  云ふ方法を取り  云へないかもしれませんが  云終りて其コロップを衣嚢に入るに  云れた方ですから言えば  云て遣ました  云た様に私しは  云て急に死相な様子も無くあゝも達者では死だ所が自分等の最う歯の抜ける  云たのでしょう夫や是や考えて見ると  云えるは是れ客室と居室と寝室とを兼たる者にして  云が否や其衣嚢を掻探りて  云て今既に二時を打たぜ  云た所で迚も採用はせられ舞い  云つてしまひた  云ひつけに反かないだらう  云ふやつは三年の恩も忘れると  云ふ彼女の変化に注意深い目を配りながら  云ふ人々も交つてゐた  云えるほどの軽蔑の色が溢れていました  云るとおりにしてやってゆきます  云るとおり今日の生活の態度気分の上で少なからぬ意味をもっている  云るのを覚えていて云った  云るわけがある  云るとおり勘弁するもしないも  云るけれども私は八月中は毎日行こうかと思って居ります  云ることはすぐやる  云えるかもしれないけれども  云えるところがある  云るのが明日あさってと思う  云えるようなものがついて来ていた  云る通り気をせかずに  云えないような事情にある  云ふ女に反省させる  云ひ寄つて来るので  云ふ古の狂王が一炬に聖殿を燼きて  云ふ百枚ばかりの處女作をここで書き上げようと  云ふ野薔薇に似た  云ひ終つて苦しげに兄は溜息をつきました  云ふことを聞いて呉れ  云へば浮動面ともみるべき  云へないと思ふ  云ふべきものが拾ひ出せるけれども  云ひて寄る  云はれて愕く  云ふ町内の悪たれ子供が大ぜいいかけやを取巻いて弄り  云ふ笑福亭松鶴が五十号近く発行した  云ふものは渋い色彩の表現を持つ  云ふので明るい可笑しさが先立つて  云へば妾心得て  云ふは忌み  云ふのは有り  云へば聞えた  云えるまでに到達していない  云ふ十七八の娘が酒の用意をした  云ふ風に頬髯を生やすと  云ふやうなことが考へられる  云ふだけで大して懇意と云ふ  云つたやうな文句も見えた  云ふ気がされた  云ふ気持で素直に書いて行け  云ふことにして呉れ  云ふ以外に私のやうな職業に対する反感も手伝つてゐる  云ふ羽織だけ持つて来た  云ふことでもすぐ反抗して来ると  云ふのはまつたくもう  云ふことで男は出て  云ふ気もされた  云ひ出せなくて  云ふ事情になつて居る  云ふことにはよう慣れません  云ふ銅で出来た  云ふことがわからない  云はれて私は宿に帰つてゐると  云ふ証書を書けとか  云ふ当もない気がした  云ふ有名な作家が別荘生活をしてゐる  云ひ出すだらう  云ひつけられて来た  云ふ気もされたが  云ふ宿屋の落付いた  云ふものを食べても  云ふ工合に直せるかを  云ふ批評家によると  云ふものをてんで持ち  云ふものとして人間を見てゐる  云ふことを知らせるには  云ふ決心が附かぬからである  云ふ人に一番似てゐるらしい  云ふ嫌疑で掴まりました  云ふやうな声を出して  云ふまでなくイデオロギー上甚しき相違がある  云つたか覚えてるかい  云ふあの二人よりも僕の方が怪しからん男かも知れない  云ふのでモデルになる  云つたら到底あたり前の男には真似の出来ない  云つてしまふけれど  云ひ憎いわけがあるの  云ふことも出来ないので  云ふ噂が立つたがな  云ふ慰めの声援に担がれた  云ふ彼の顏色を私はチラと窺ふばかりだつた  云ひたくなるほど  云ふ現象が起ると思ふ  云ひ現はせなく  云ふものを殊更それを俗な言ひ  云へますまいが  云ふ田舎の言葉で語る  云ふものが考へられます  云ふものを十分自分のものにしてゐないと  云ふものを生みつ  云ふものが既に生れつ  云ふ言ひ  云ふことが見られる  云ふと多少専門的な言葉と云ふ  云ふ言葉を文壇ヂヤーナリズムの上では小説と云ふ  云ふと小説と解する  云ふ現象の中で仕事をしてゐる  云ふ風なことについて口巾つたい  云ふものについて申上げて見たいと思ひます  云ふことは非常に面白い研究になると思ふ  云ふことだけ気がついてゐる  云ふことを言ひたい  云ふものが非常に多過ると  云ふことになると思ふ  云ふやうな傾向が生れて来る  云ふものの基準が今日までまだはつきり立てられてゐない  云ふものが完全に出来あが  云ふやうな因襲に一方で縛られてゐる  云ふことが心理的に一般日本人を支配してゐると思ひます  云ふものの機能とそれからその言葉の機能の限界とについて一般の認識が足りない  云ふことをいつた  云ふことの違ひが  云へば大変だと考へてゐる  云へないやうに思つてゐる  云ふものが生れて来ますが  云ふものの価値が過重に評価され  云ふ弊が生れて来ます  云ふものがまだ無選択に使はれてゐる  云ふことを知らないでゐる  云ふことがすぐにわかる  云ふことがほ  云ふことを民衆は本能としてこれを承知してゐると思ふ  云ふのかと云ふ  云ふ方面で造詣の深い方がおいでになるでせうが  云ふ命令は当然色々な反対を外部から受けてゐる  云ふ言葉の制限はフランス語を言葉として非常に貧しいものにしはしないか  云ふ一見甚だ穏当と考へられる  云ふ時代の風潮が言葉の統制純化と云ふ  云ふ議論は強ち  云ふことを述べてをります  云ふのとは少し意味が違ふかも知れませぬが  云ふ辞書に対してアカデミーでは標準になる  云ふものを規定してゐる  云ふことをその当時から認めてをつた  云ふ要求が既に無意識にでも存在した  云ふことを国語史の著者は指摘してをります  云ふ一致が其処に見られる  云ふことに傾いて行きましたし  云ふものが漸時卑しめられて  云ふことが特に強調された  云ふ言廻しがあります  云ひ方は相手の思惑を斟酌した  云ふやうな廻りくどい表現が十七世紀にはなくなつてゐると  云ふことが我々には面白く考へられる  云ふものは元来知的な努力を好まない  云ふ運動は先程申しました  云ふ風に自他共に許してゐた  云ふ人達を相手として言葉の純化を試みた  云ふものを生み出しましたが  云ふ三つの点に帰します  云ふ風に改良すべきかといふ  云ふことを直接声明し  云ふ意見を述べてゐる  云ふ意味に私は解釈する  云ひ廻しと云ふも  云ふことをはつきり言つてゐる  云ふものを考へます  云ふことに較べて  云ふことを惧れる  云ふ非常に自信に満ちた  云えないようになりました  云いまわしや象徴的な比喩で書きあらわした  云ふものは全體を通讀して見た  云ふ二三の暗示があつてからアルベルティヌは遂にその第二部に入つて初めて登場する  云ふ人物を精細に描いて置く  云ふ熱烈な愛好が彼をして  云はれたりするが  云はれたが文學的野心は抱いた  云はれたが文学的野心は抱いた  云へば註釈も下巻から初めねばならぬ  云へば自身だけの謙遜になる  云ふに等しき願ひなるかな  云ふものも最も適切なものであつたことが強い効果を挙げ得た  云ふものが解つたやうな心境を得て居る  云ふものを考へさせられた  云ふ手法を用ひた  云ふ所に誇張がある  云ふ言葉がよく利いて居る  云はれて初めて成程と気附く  云ふ光の魚は捉へかねるかも知れぬが  云ふ覚悟を語つて居る  云ふものが自分の感情の中で目を上げる  云ふ物の本質は銀の冷たさを常に変へないものであるがと作者は微笑を含んで  云ふのに適した  云ひて君を憎まん  云ふものがどれほど身に痛くても甘んじて受けようと  云ふ大力のその男は逞ましい  云ふ方が解り  云ふものの中の代表者である彼の人と云ふ  云ひ尽くされてゐる  云ふやうなものを創作して見た  云ふのにふさはしい  云ふやうな予言を聞く  云ふのもなければならぬ  云ふ物は美くしい  云ふ言の葉も君より聞けば  云はせる理由は何かと急速度に反省がされると  云ふ饒舌な蝉であらう  云ふ劇の演ぜられる  云ふ約束をしておいたが  云はなかつたであらう  云へよかしはかなき中に自らを立つ  云はうと努める  云ふ意が含められてある  云ふ必要のある  云ふやうな思ひがした  云ふやうな気がされると  云ふべきでないと云つてある  云ふのに近い気持ちで嗅いで居る  云ふのは世の人間のと云ふ  云ふのと同時に作者は溜息を洩した  云ふ言葉も逢ひた  云ひ遣  云ふのであるが大して其れを強くは云つて居ない  云ふのにこの冴えた  云ふ波はこの世のどの人間をも寂しい死の沙に埋め  云ふ言葉なども簡単に使つてある  云ふ言葉は男が洋服の胸へさした  云ふものが外にまで溢れた  云ふ聯想が起つたのであらう  云ふ古今集の歌の意を受けて  云ふやうなものを胸に畳んでゐる  云つたものと解釈して置く  云ふ友情とでしめやかな春を伝へてゐる  云ふ所まで読んで  云ふ歌かと思ふと  云ふ満足がある  云ふものを目に見ない  云ふ約束をたやす  云ふ端書きがある  云える訳ですが僕は今始めて  云えるほどの張りのある  云へさうに思はれるだけで  云切れないような段階にある  云はなければならないかといふと  云えるのかもしれない  云へば頭ごなしにこき下し  云はなくつても少し静かに考へたら  云はせると何人も心掛けてゐる  云つてのけようといふ  云ふまいし  云ふ感じが先に立つが  云ふ中老のつむじ曲りで  云ふものはよくした  云ひ分によると  云ふ私には父親の愛と云ふも  云ふので行つてゐられたらしく  云ふ事をして居られると  云ふやうな意味のことを書きました  云ふ珈琲を飮むことも  云へば少くとも進歩した  云つたことがありますが  云ふには当りませんが  云ひ尽し  云ふべきものを発見する  云ひ艶と云ひ  云ふ例の多いことは誰でも知つてゐる  云ふ文豪なる  云ふ訓練を受けた  云ふ役に立つかと  云ふ傾向を頗る遺憾に思つてゐますから  云ふ風に鑑賞すれば  云ふやうなこともあるからに  云ふ映  云ふのは映  云へば寧ろ面白くないものと云ふ  云へば原作と違つた點もあるし  云ふことがずつと以前からはやつてゐる  云ふまでもなく繪畫の持つ  云ふことになつてくるが  云ふ場合のチエエホフの筆のそれよりも勝つてゐる  云ふ氣持もする  云はれてゐますし  云ふと女は怒るといふ  云つたんだといふので  云へないほどすべてのことがキチンとしてゐて  云ふべき臺辭も忘れ  云ふ点では同じかも知れぬ  云ふ言葉を做す人がある  云ふ一節を発見した  云ふ心もちを与へる  云ふ形式にも換へられるであらう  云ふ生活を営むであらうか  云ふ事を妨げない  云ふのは蛞蝓の歩みに似てゐるらしい  云ふことに苦労する  云ふ告白を種に必要以上の金と名とを着服する  云ふ活計を始めるかも知れぬ  云ふことを話す  云ふやうに解釈する  云ふやうに必ず否定を伴つてゐる  云ふ感情は我我の中にもとうの昔に死んでしまつた  云ふ歌もあつたさうである  云ふ私の想像が如何に私の信ずる  云ふ註文が来た  云ひ換れば僕の作品の中で昔がどんな役割を勤めてゐるか  云ふ語が示してゐる  云ふ点で区別を立てる  云ふ次第だから僕は昔の事を小説に書いても  云ふ生涯に住しながら  云ふとすれば  云ふことは評価の埒外にある  云ふ小説も存在し得ると思ふ  云ふ画に近い小説に興味を持つてゐる  云ふ小説はあるか  云ふ小説に手をつけてゐる  云ふ小説の作家としては何びともジユウル・ルナアルに若かない  云ふ小説は紅毛人以外には書かなかつたか  云ふ興味を与へる  云ふ興味よりも高い興味のある  云ふ言葉をどう解釈するかと  云ふ小説を指してゐるか  云ふ小説に興味を持つてゐるか  云ふ小説を作る  云ふものにいつも疑惑の目を注いでゐる  云ふ一点に帰してしまふ  云ふ横道に反れてしまふか  云ふよりは寧ろ無精の為にそれ等の議論を読まずにゐる  云ふ意味は石鹸ばかり使つてゐる  云ふ意味も教訓的であると云ふ  云ふ作品にも満足するであらう  云ふ特色の上に全生命を託した  云ふ意味は発句をも例外にする  云ふ問題は作家以外の人々には余り興味のないことかも知れない  云ふ問題を含んでゐる  云ふ事実を振り返つて見ると  云ふ第一行を見ても  云ふ仕事をした  云ふ便宜上の貼り  云ふ点でも当然正宗氏の上に与へらるべきであらう  云ふ点を力説すれば  云ふ人物を持ち合せてゐる  云ふ歎を感じてゐる  云ふシリイズの広告を発見した  云ふシリイズに名を連ねる  云ふのは格別謙遜した  云ふ質問を受けた  云ふものならば何にでもある  云ふ思想も文芸上の作品の中に盛られる  云ふウエルズの言葉を発見した  云ふのは先生の戯曲や小説を必しも無価値であると云ふ  云ふ文集を読み  云ふ小論文は少くとも僕には現世に多いコントよりも遙に尊敬に価する  云ふ俳人たちの仕事も次第に顕れて来る  云ふ先生の情熱の生んだ  云ふ話はそれ自身小説になつてゐないかも知れない  云ふ点ではジヤアナリストであると思つてゐる  云ふものは畢竟歴史に外ならない  云ふものとはつきりした  云ふ人々の中に二三の詩人たちを数へてゐる  云ふ点を除外すれば  云ふ手法に煩はされないとすれば  云ふ事実は近松の世話ものに如実と云ふ  云ふ感じを与へ  云ふフランス小説の梗概を読み  云ふものを用ひてゐる  云ふことは可笑しいと云ふ  云ふ悲劇を感じない  云ふ箱船に乗つた  云ふサミユエル・バツトラアの言葉は一面には真実を語つてゐる  云ふ伝統を持つた  云ふ名前の余りに江戸趣味を帯びてゐる  云ふよりも他のものに見られる  云ふ川柳の発句に近いことは誰でも認めずにゐられないであらう  云ふ道に歩みを運んでゐるかも知れない  云ふ点でも烈しい過渡時代に生を享けてゐる  云ふ条件を示してゐるとすれば  云ふ生活者を待たなければならぬ  云ふ生活者にずつと同伴してゐなければならぬ  云ふ芸術家も完成を目ざして進まなければならぬ  云ふ言葉は当つてゐない  云ふ意味は必しも詩を書いてゐたと  云ふ考へは僕のペンを鈍らせる  云ふ力の欠けてゐる  云ふ力の現れる  云ふ力を持ち合せてゐる  云ふのは全然僕には賛成出来ない  云ふ老外交家の言葉を引用した  云ふ言葉を下品に感じてゐるのであらう  云ふ言葉を与  云ふ言葉と同意味にしても  云ふことは古来の詩人を評価する  云ふ言葉を残した  云ふ感慨を洩らす  云ふ矛盾に似た  云ふ点ではゴオガンよりも古典的作家に近いのかも知れない  云ふ人々に多少の羨望を感じてゐる  云ふ名称の存在する  云ふ名称を生んだ  云ふ非難を下した  云ふパフヌシユに近い歎息を感じてゐる  云ふ美しさに邂逅した  云ふ種々の西洋を西洋ではないと言ふ  云ふ点では僕に東西を切り離した  云ふ文芸上の或形式に完成する  云ふメシア的欲望を感じてゐる  云ふ室生犀星氏の断案は中つてゐるのに  云ふ言葉を引き  云ふ飛躍は僕にも亦全然わからない  云ふ議論は勿論この問題の埒外にある  云ふ事実は日本以外にも勿論未だに多いことであらう  云ふ小説の価値も認めて  云ふ名をつけられてゐる  云ふものかも容易に理解しては  云ふヒステリイは往々一時代を風靡してゐる  云ふ名を与へられてゐる  云ふ想像をする  云ふことを仄聞した  云ふ言葉をはつきり知つてゐない  云ふ嘲笑を放つてゐる  云ふ言葉は少しも皮肉な意味を持つてゐなかつた  云ふのは天才の属性に背徳性を数へてゐる  云ふ信仰を持つてゐる  云ふ掘  云ふ点では理智よりも知慧に導かれ  云ふ事実に依つた  云ふ現世も亦後代には古典を残してゐるであらう  云ふ人々にも容易に読み通し  云ふ事実そのものの逆説的に出来てゐる  云ふ意味は必しも幻怪の気のあると  云ふことの困難であるかと云ふ  云ふことの手軽に出来ない  云ふ問題には何とも言はれない  云ふことの容易に出来ないかを感じずにはゐられなかつた  云ふ芸術も根柢には多少僕等を去勢する  云ふ寂光土を得られなかつた  云ふ芸術の去勢力を忘れずに  云ふことも一笑に附してしまふであらう  云ふ文字は仙台平の袴と唐桟の前掛の様に懸け離れた  云ふ事実とは違ふべき  云ふ理由でヒロイツクを描かない  云ふ言辞のもとにヒロイツクを軽蔑する  云ふ自殺的態度を取らぬ  云ふ一篇が書きたく  云はなければならぬと  云ふまでもなく民族と民族との人間的理解を要求する  云はねばなりませんが  云つたらこの待合の支払ひを  云はないで早くお起きよ  云はなくツても今起きますよ  云ひ居る  云はれし  云ふことになつてたうとう其所から電車に乗  云ふ男が酒を飲んでゐる  云ふ話がもとになつていろいろと神秘的な話に入つてそれから夜の旅行と云ふ  云ふ調子で出発した  云ふ者がありましたが  云つたんですが近くなると  云ふ淋しい場合に提灯の火を見ると  云ふやうな好奇心を起して  云ふと西森は微笑して  云ふ噂が頭に蘇つて来た  云ひつけようかな  云はうとして急に口を噤む  云ふ來年の澤庵の仕度も出  云つたものにまでも注意して呉れ  云ふ氣もされたが  云つたやうな心がまへを怠らないでゐても  云ひ中てた  云ふことを自誡として胸に思ひ出す  云ふ古歌を思ひ出して  云ひ洩らしてある  云つたものを持ち得ない  云はぬばかりに構へてゐる  云ひ誇る  云はれたら無一文の僕は自殺するより  云ふなりけふの  云ふなり思いきや  云はないでゐて呉れと  云ふことなんか間抜けだと思ふ  云つてあげた  云ひ出さずにゐる  云ひすぎかもしれないが  云ひにごさない  云ひ聞かせてゐるかもしれない  云ひはやされるが  云へさうではあるまいか  云ひ放したら  云ひ分けられてゐる  云ひ放してしまふなら  云ひ方をするなら  云へてくる  云ひ放すならば  云ふ母の言に降りて  云ふことを終りまで聞かず  云ふんだからひとまづ仮面をかむ  云へばそれには反対で後は何うならうとも  云ひ方に走ると  云ふことを自分で後回しにしてゆく  云ふとぐでりんは言葉が通じないらしくに  云ふやうでありますが一向要領を得ない  云ひたいことや訊ねたい  云ふ意味のことを呟いてゐました  云つたか知らと考へて見ると  云ふことを呟きながら  云ふならば弱少の身のうつ  云ふ疑問が起る  云ふ種類の外国劇を現今のやうな蕪雑な日本語で演じる  云ふやうな乱暴なことは誰も云ふことはできない  云ふが実は武蔵野劇団と云ふ  云ふ陰気な小屋で演じたら  云ふ芸題か知らぬが  云ふ主人公の活躍する  云ふやうなあてこすりが  云へない善い感じがする  云るのはよくわかります  云るのは判る  云るのは分るが  云いまわしにはないと思われますし  云えないと思います  云るようにして見ましょう  云えることを深く感じます  云えるでしょうかと思った  云えると思って  云える年だったと思いますけれど  云ふ意味で太田と附けたと  云ふ人の親の家へ通ひ  云ふやうな告口がされて居ました  云ふことは母親に済まないことのやうにお幸は思はれる  云ふやうな光景が見えて来ました  云へば三里も隔つて居ない  云へば海の仕事をする  云ふ街をこの村の人は異端視して居る  云ふことがあるよ  云ふやうな済まない気のする  云つてくれましたよ  云ふ貼紙を見ましたから  云ふやうなことも考へて来た  云ふものが主人の家に大勢居る  云ふことが世の中の為めだと思つて居るよ  云ふこの暮しやうが私には先づ一番間違ひの  云ふ声がするから  云はせて走って来ましたので  云ふことをきく  云はれて新兵が電燈をふつふつと吹いて消さうとしてゐる  云ひながらまるで兎のやうにせ  云ふことは下に見えてゐる  云つてくれるだらう  云ふ蘭法医に治療を託した  云ふ娘と盃をした  云ふものを編成した  云ふやうに見える  云ふ廉で御採用にならなかつた  云はれなかつたからである  云ふ旅人宿を出してゐた  云ふ傾向を示した  云ふ身分の女であつたかわからない  云ふ取  云ふことが出来ると信ずる  云ふことをも認めずにはゐられない  云ふ伝言をした  云ふ一篇の文章が志士の間に伝へられた  云ふを聞くに  云つたやうなきつかけで却つて老婢の心にあの少女が絡み  云ふものにあまり注意を向けてゐないからではないか  云ふ青年がオルジェル家に出入しはじめた  云へば狐の方がすきでした  云へばさうだが  云ひ居った  云ひながら少し動いた  云へずさびしくてそれにむしゃくしゃして仕方ないのでふらっと自分の祠を出ました  云ふのは暫く差控へて置かう  云はぬと云ふ  云ふ仲間もある  云ふと有る  云ふ処に行く  云ふ言葉を取  云ひながら歩いて行く  云ふ声が続いて出た  云ふ句が有るが  云ふ間に定まると  云ふ処に居た  云ふ呼吸から出て来た  云ふ処に居つた  云ふ処で以て社会あり  云ふ事位は知つて居るだらう  云ふのは醜人があるからな  云ふ推定に到着する  云ふ名ださうな  云ふ裏には帰ると  云ふのは下ると  云ふのださうだが  云ふ物を見る  云えないような感慨が心のうちに乱れた  云ふものは恐しく  云ふ茶色の表紙をした  云ふ人とやはりこの応接室で話をして居た  云ふやうな話に来ていらつし  云ふ顔をしました  云ふものですから階下へ降りました  云ふことを云つて子供をからかひながら  云ふ風に人の開けた  云ふ字を多く女のことを云ふ  云ふ人でせう  云ふその西国の芸者と差向ひで話をする  云へないやうな心細さを覚えました  云ふこともありますけれど  云ひませんよと云つて帰つて来た  云ふやうな気にはなれない  云ふ言葉をよく使ふのでせうが  云ふことは教へられないと  云ふ処にはいろんな人が居ますからね  云ふ私なども敗惨の憂目を覚  云ふのに何うしても動かない  云ふ空想に耽  云やがると思った  云いきるとふたたび建物の影にそって歩きだした  云ひ分があれば  云ふ言葉が神秘めくとすれば  云やしないかしら  云ふ事を云ひましたが  云ふ小肥りのした  云ふ面長な眼の晴れやかな背のすんなりした  云ひながら入口へ出て  云ひながら眼を客の手にした  云ふお屋敷の黒板塀が続いてゐた  云ふづんぐり太つた眼鏡をかけた  云つてやり  云ふ事有ら  云ふ六平太を憎さげにチロチロ睨んで  云ふ理窟になるか  云ふコンタンか知らねえが  云ひ通して  云ふ訳でがせうね  云はれて不意に湧いた  云ふ日ぢやけれ  云ふてくれるな  云ふケチの付いた  云ひ逃れをしばしば聞いたけれども  云ふことができた  云ひつけたりしてゐる  云へば云へるであらう  云ひ得ぬであらう  云ひたかつたことはよくわかる  云ひて田舍娘を驚かし  云ふを得べきや  云ひし如く罪と罰とは最暗黒の露國を寫したる  云ふやうな態度を示さずに  云つたやうな事を信じて居る  云つたらよいものかと考へ込んだ  云へないと大事をとればとる  云ふ事には何かしら原因がある  云ふ怖れが  云ふにあらずや  云ふ町にある  云ふものを見ました  云ふ芝居へ出る  云ふものは由来かう  云ふ女と馴染み出した  云ふ男に馴染み出した  云ふことを考へ  云へば他の諸氏の文章の多くは余の最も好まざる  云ふ方が適當かもしれない  云ひ盡されて居る  云ふに止めて置き  云ふのを見ると  云はれても爲方が無いと覺悟してゐるが  云ふお伽噺が如何に深く子供の純美なる心に觸れるか  云ふのを拒んだといふ  云へる如くすべてに寛容なる我が父はわが文學を好む  云へば前半に描きし  云ふのは近頃の文壇の流行語ださうで  云へばヂヤアナリズム信奉者程盲目的の西洋崇拜者は無いやうに思はれる  云ふ人間を嫌ふ  云ひ得て  云ふ時は他人を罵倒すると  云へばさうだね  云はせたうでには  云ふべき者はありますけれども  云ふべきものがあると思ふ  云ふ映画に出た  云ふ旧噴火口の湿原の周囲をとりまく  云ふのは透明な卵の一部に黒く幼体が現れた  云ひ張つて下さいとくれ  云はれて居たので  云ふのは茅野駅から東方四五里の蓼科高原から出る  云はれて魚どめの滝から引き返して来た  云ふ名があるから  云ふ種類の質問に対して如何いふ  云ひながら鴎の数をかぞへたりした  云ひながら病院などでも書いてゐる  云ふと鞭うたれた  云ふことを誤解してくれては困る  云ふ樣な傾向にならなかつたとした  云ふ事は全く考へられない  云ふまでに鰹船の畫がかいてある  云ふものの概念を現はさうと欲したらし  云ふ致を寫した  云ふ土地に生れて  云ふやうな風もしないで踊る  云ふ事を發見するに至る  云ふ事はめづらしい  云ふ氣もなかつたから其儘にした  云ふので目的が神秘に化せられる  云ふ者を求めると  云ふ世界が段々と崩された  云ふ風な事を思ひ出しながら  云えたかも知れないが  云ふ論斷がしてある  云ふ一面とがある  云ひ兼ねる  云ふ人を待つて  云ふ通りにする  云ふ問題に眞面目な反省を取るに到つた  云ふ無法な道徳を排斥して  云ふことは飽迄も自由に生きようとする  云ふ意味は假にも放  云ふやうなことがありはしませんか  云ふやうな矛盾のある  云ふ區別もまだ鮮明になつて居ません  云ふ意味に於ての貞操道徳を破らない  云ふ内心の機微までを制裁する  云へば少しも貞操道徳に背いた  云ふ譯でせう  云ふやうな美くしい  云ふやうな矛盾した  云ふ道徳が現在の社會制度のままで實現されるでせうか  云ふものは戀愛結婚以外には遂げられない  云ふ結婚から成立つた  云ふ風に解釋されて居る  云ふ意味の貞婦たることを社會から強要されて居ります  云ふ女が貞婦として稱讃され  云ふやうな事實が無數にあります  云ふやうなことも聞きます  云ふことは貞操が人間共通のものであるべき道徳としての資質を最初から備へて居ない  云ふやうな關係から却つて處女として寡婦としての貞操を守らない  云ふ瞹眛なものを安心して  云ふやうな形式關係に重きを置かれる  云ふ夫婦關係の人達がどの階級にも多數になつて行く  云ふ夫婦關係に於ては結婚と云ふ  云ふ社會事實と貞操道徳とは何うして一致されるでせうか  云ふ理想が動搖して居るのに  云ふものが何に由つて保證されるでせうか  云ふ意味のことを述べました  云ふ名の下に實踐しようとするには  云はれて初めてわかつた  云つてしまへばよ  云えない呪文にかけられている  云ふ瀬戸物の問屋さんがあります  云ふやうな気がする  云へば中佐の詩は拙悪と云はんより寧ろ陳套を極めた  云はねば済まぬ  云ふ結論に帰着する  云ふ証拠さへ立つ  云ふが如く  云へば望みと云へる  云ひ出せなかつたので  云ふ気がしてゐた  云ふ風な心持の上に変な癖が出来てし  云ひ落したが  云はれる素晴らしい酷暑が訪れてゐる  云ひ廻して  云るのおもい出した  云えるかもしれないのに  云えるところ迄はこぎつけようと思う  云えるところもある  云れる若いひとが出来てやっと  云るとおりよく出て居りますね  云えないいろんな気持がある  云えないような見当ちがいの悪口も云われるけれど  云ふ方と私と二人で勤めて居るので御座います  云へない感じに打たれました  云ふコックのばあさんのお部屋でお宿を借りる  云ふ教頭の先生が函館の師範へ転任なすったさうでしたが  云ふ高等師範出の女教師中の上位の方が退職なすって  云はれないと仰る  云はれますからお送りして  云ふ燈台のある  云ふ汽船が出たでせう  云はれたのでなかをのぞいて見たら  云ひ方も面白いと思ひました  云ふ所を夜さしかかった  云はれた時は涙が出る  云ふ金田一先生の弟さんの次郎さんといふ方にも紹介されました  云ふ坊ちゃんもいらっしゃいます  云ふ教会がある  云ふ事をよろこんで下さいませ  云ひますが十六七にしか見えない  云ふので見ずに帰りましたが  云ふことを自覚せしめた  云ふ心の変りかたを御両親様に申上げます  云ふ方の子供さんが此の程脳膜炎でなくなられて  云ふのにひどく文字を知つてゐて  云る通り二枚以内に致しましょう  云ふ事を聞き  云はで止み  云ひ付けをのみ喜び  云ひ付けし  云ふのは何といふ悲惨なことであらう  云ふ手品師が一人ゐる  云ふ芸人に共通な自慢さを以て云ひ放つた  云ふ流行語を思ひ出して  云ふよりは額の骨の固さをお目にかけませう  云ふ懸け  云ふと私のおふくろが怒ります  云ふ事にしませうか  云えないことも云っても  云はれ得るであらう  云ふ題にて講演されたとの  云ふ題で聊か批評を試みたいと考へた  云へば即ちお化となる  云ひ大心靈と云ふ  云ふべき終極點を指されたのであらう  云ひ方がたまに耳にはいりはしたが  云えるものの怒を買い  云ひ寄られても  云へば云ふだけ  云ふやうにできてる  云はぬかも知れぬ  云ふ彼を救ふ  云ふ小品を読んだ  云ふと僕にしても  云ふ言葉使ひが耳立たないだけに  云ひ尽すには  云ふ鬼趣を得た  云ふ注意を受けても  云ふ事を教へられた  云ふのかも知れない  云えないほどの大気のうごきです  云ひ得べき  云へば平衡を得た  云ひ得まい  云ふ所によると  云えるのだと信じ切っている  云ひ盡くせと云はれたとして  云ひおほせた  云ふお話をうか  云ふことを聞き過ぎやせんか  云ひ渋る  云やんしたから  云ふと彼が廊下へ出るか出ないのに  云ふ宛転たる嬌声を捕へる  云ふことまれに聲うるは  云へる如くダンテは當時の傳説若しくは記録に據りて一種の由來説を得たればこ  云へることでもあるが  云張るに至らねばならぬ  云ひても可なるべし  云えるほどに拡大されて映った  云ひしより起れり  云ひしは決して具躰的に表はるべき  云ふべきものなりと始めより信じたるが  云へる趣意の論文を書きたり  云ふに在りき  云ふ名目を作りたるも  云ふ趣意を書きありき  云はでも有ら  云ひ取れるなり  云へるなるが  云はば鎚をも添へて与ふる  云へる諺は余り好ましからず  云へる語なりし  云ふ訓が付いてゐるので  云ひ伝へられてゐる  云ふものは不思議な力を持つてゐる  云ふ東洋種と云ふ  云ふ特色のある  云ふのは日本人には新しい感じを与へても  云へないから小説でも書かうと思ふ  云える自由を得たし  云ふ事が解かつたので  云ふ事が余りに矛盾してゐるから  云はれても悟空には少しも解らなかつた  云ふ八戒の声がしたので  云ふと何か俺には腹にたくらみでもある  云ひはしたが  云つたら悟空が喜んで  云へば俺の眼附も丸々としてゐて  云ふと総身をゾクゾクと震はせた  云ひ終るや  云ふがいなや後をも振り向かずに  云つたら皇后は喜びの余り俺に噛り付くであらう  云ふ度に醜い大王の鼻と唇がだらしもなく動く  云ふものの貴様が焦つてゐる  云ふ気が起つて  云へない自分は自分だけで愛さう  云ふ感慨も彼を奮ひ立たせはしなかった  云へば彼にしつこく附纒った  云る原型のままをさせようと思いなさる  云ふお話があつたさうで  云ふ結論になる  云ふ推定は出  云ふ事が訣らねばよいと言ふ  云ふ田舎にはない新言葉西洋の煙草の名でもあるか  云はれてゐました  云ふ修飾語を省いた迄である  云へるものがある  云って居る  云ひ夜明けごろ西空に落ちゆく  云ひ掛りをつけて  云ふ吐息を女はした  云つたまま男はまた書物の上に目を落した  云ふ後悔を教へる  云ひになると  云ふ表情を顔から頸つきにまで現はさうとした  云ひ争ってゐる  云ひながら紳士は左の眼の下を指しました  云へないでせう  云ふ通りに傍の者までに迷惑を及ぼしてしまふので  云ふことを可笑しさを含めて話した  云へば何処からも声が聞えない  云ひながら腹を伸して  云ひがらもぐり込むので  云ひ含めてゐた  云へば俺もさうだな  云ひ方が甘味を欠き  云ふこと位ひ  云へば叱られる  云ふことだつて好く解らなかつた  云ふことを無下に稚戯にして  云ふことを話しながら  云ふべき番になると  云ふ風な癖がある  云ふ言葉が見出せなかつた  云ふべき言葉の浮んで来るまで  云ひし人さへあり  云ふまでもなく旅中には多くの書籍を携へ得ない  云へといふ  云つたものの非常に多くを伴つて來ることからでも起り得る  云ふよりも相棒が要る  云へば同志が要る  云はなくてもわかつてゐる  云ひ方が足りない  云へばいいのでせう  云へぬといふやうな固苦しさが必要だとされたら  云ひ尽さなかつた  云ふと脚本難を訴へてゐる  云ふべきことを云ひ尽した  云はないこととし  云へる如き大盤石の根底を有せざるべからず  云へぬからね  云はれても作家自身はそのまま点頭いたが  云ふ重荷を負はねばならなかつた  云ふ事は忠実な自己捧持者にとつては一つの罪悪だと不断主張してゐる  云ふ最高意志にまかせるより  云ふやうな事はしないと  云へない無限な愛が湧き  云ふ感激が不断に繰り返されるので  云ひ訳けに役立つ  云ふ事には素知らぬ顔をしつ  云ふまいと云ふ  云ふ気が頻りにするので  云へない情なさ腑甲斐なさを感ずるので  云ふ決心を話されて  云ふ魂胆もひそんでゐた  云ふ人達が親切に大抵毎日来ては  云ふことにまで働いてくれた  云ふ激しい反感が切りに起された  云ふ処まで押して  云ふ事だけは不断よりも一層強く感じられた  云へない憎悪を感ずるので  云ふ言葉を冒頭においた  云ふので悉ゆる  云ふ時が見舞つてくれる  云ふ大きな背景が厳然と控えてゐた  云ふものがどうならう  云えるものがあったら会って見たい  云えるのではないかと思う  云ひ出すかもわからないではないか  云ふ工合に途中で円い波を一つうねらしてね  云えるような期限はなくなり  云ふことにしてゐる  云ひ得るといふ  云はれてみると思ひ当る  云ふ風態の何となく腑には落ちねど  云ひさまに突と這入れば  云ふ我の親切を無にしても  云ふではありませぬが  云へばお吉も笑ひを含むで  云や黒煙の煽りを食っても飛び込むぐらいの  云やしねえよ  云やしねえったら  云ふことを加藤安世君より御注意もございましたから出ましてございます  云ふことは素より爲せぬでございますけれども  云ふやうなことを申しますが  云ふ所の問題を申すまするので  云ふことは今日世に殆ど響がないやうになつて居つて  云ふ方をソツチ除けにして  云ふことにしましたけれども  云ふ風になつて居ると  云ふ官林を拂下げまして  云ふ山林を拂下げました  云ふのは安生と云ふものに  云ふことを御記憶を願ふ  云ふことに付いても  云ふことは定まつて居る  云ふ借金をして  云ふことを始めた  云ふと百年經てば河が荒れなくなる  云ふことは惡い  云ふことが去る  云ふと七千六百町の中百町も植はらない  云ふので抛棄して置いたが  云ふ代價の原案が出て  云ふ斯う云ふ  云ふので驚いて  云ふので六百五十萬圓と云ふ  云ふ東北線を渡る  云ふ名でも付けて  云ふことは此外になりますから  云ふ金を投じた  云ふものを加へましたならば  云ふ字を出さないで  云ふことは政府が漸く山を荒し  云ふことを顧みて  云ふ所から皆出て  云ふものを頼まぬでも出  云ふ一方で往けば  云ふので今度は村を取る  云ふ二ヶ村を買收する  云ふので跳付けて仕舞いましたが  云ふことにまで仕事が進んで  云ふ者は豪い經濟家が居りますから  云ふ亂暴はしないでも出  云ふ風に亂れて居る  云ふ借金を仕  云ふことをしても  云ふものが左樣なことをすると  云ふことも四百名の人民を何と云ふ  云ふ金を掛けた  云ふ金を掛けて  云ふ金を以て谷中村を栃木縣廳が取上げるなど  云ふ金は幾らか田畑に渡すが  云ふものはどうしても現在ある  云ふ品は何百年の間に拵へたものかと云ひますと  云ふと大變經濟上のことを知らぬ  云つたら迚も前の谷中村丈のものが出  云ふと不公平極つた使ひ  云ふ風に人民が云ふ  云ふやうな意味の決議をした  云ふ値を付けた  云ふ値を付けて  云ふことをしたかと申しますと  云ふ惡黨を入れて  云ふ亂暴なことを書いた  云ふ所へ僅の錢を與へるに過ぎぬ  云ふ人々が此の江戸城を逃出す  云ふ者が逃出すに皆家屋敷を持つて居るから  云ふ金で立派な證文を渡して  云ふことは現在行れて居る  云ふ所があるに  云ふ村を潰します  云ふ者は何處にも書いてない  云ふ金の中を活用して  云ふ之も建築の一であると云ふ  云ふ明な言葉を出す  云ふことにする  云ふことは何等の書付に書いて出さない  云ふ亂暴狼籍を云はれて  云ふことは何の法律があるか  云ふ村は決して今迄水が這入  云ふ餘計な世話をして居る  云ふ人に對する  云ふことを怒鳴り散して歩くと  云ふ麥になつて居る  云へば馬を上げます  云ふことを書いて寄越しました  云ふ沼がある  云ふことがございます  云ふ評判を私共聞いて  云ふと工事の出來が惡いから拵へ直すと  云ふ風に見せました  云ふので内務省から役人も往き  云ふことを調査しました  云ふ調査を拵へてさうして之を内務大臣に見せた  云ふ御決心に内務省はなつたと  云ふので調べたら  云ふものが出た  云ふので東京へ要求したが  云ふので二十二萬圓と云ふ  云ふ話をしました  云ふことに調査が出  云ふので僅に二十二萬圓の金を災害補助費として出した  云ふので十萬圓掛けて  云ふ御奬勵があり  云ふものが合せて  云ふ名が付く  云ふ惡口を云ふが  云ふ御尋がございますれば  云へば二十萬圓の上に出る  云へば前の政府が四百年の間丹精を込めて積み立つた  云ふものは復舊の工事をするにある  云ふので細い堤防を築いてなりとも  云ふに至つては殘酷も亦甚しい  云ふことを口で云つて居る  云ふに拘らず  云ふ附近にでもある  云ふ御話しも  云ふ譯にはいきませぬが  云ふ所を昇降して取れた  云ふと中へ鑛毒水が這入りますから  云ふ考を起させる  云ふ結果が生じた  云ふ場合か知りませぬ  云ふ戰爭と違ひますから  云ふものを取つて  云ふことが眞面目であるならば  云ふ者には何も無理に買ふに及ばぬ  云ふ證明を渡して  云ふには土地に必要がある  云ふのは恐入りますけれども  云ふ金をソツクリ取  云ふものを遊金にして居る  云ふ遊金がある  云ふ掛聲で居るです  云ふやうなことがございますからして  云はぬで補償と云ふ  云ふならば何故に帝國議會に於て之を議さなかつたか  云ふことがございますから  云ふことはありはしない  云ふことを世の中に明に示して  云ふことは之は非常なる惡い  云ふものが何と名を付けて  云ふことを明言すると  云ふのへ以て往つて造るとも賣るともしろと  云ふと實際の原價からしますと  云ふ所で皆釣込まれて  云へば富を爲すかと思ふが  云ふものが多く其中に掛つて居ります  云ふことを申上げると  云ふものは餘程惡い  云ふ酷い目に會ふので  云ふ説を以て頻りに人民の方の攻撃がございますけれども  云ふことの乏しい人民であるから自由自在になる  云ふ惡黨奴等の擧動が詐僞に當つて居るぞ  云ふと土地を兼併する  云ふ所に多い割になつて居りますけれども  云ふと田地の價が一反歩八百圓九百圓と云ふ  云ふものは先づ二ツとなからうと私は信ずる  云ふ結構な所が東京を去る  云ふことを諸君に斷言する  云ひながら過した  云えない素直な男で彼の云う  云える舗にて購うて帰りぬ  云える標杭にあいぬ  云はれてゐるらし  云ふと直ぐに喧嘩越になるか  云ふ事を真面目に聞いて呉れないのね  云ふ発疹物のやうにじくじくと気持悪るく  云ふことがいい感じを与へないであらう  云ふ訳ぢやありませんが  云つてるとお思ひになるんでせう  云ふ厚硝子張りの一等車ばかりがつながつてる  云ふ判断を早くしたくて  云ふ人の噂が好きで居る  云ふことがよく耳に入りませんでした  云ふ気で居る  云ふのはかうした  云ふやうな悲しい気がしましたわ  云ふ風を見せる  云ふ都に目を向けた  云へましたの  云ふ番地のしるしが出て居ましたよ  云ふものの心地よい酔と云ふも  云ふやうな気がわたしにして来ましたよ  云ふ人もないので母の所に来てみた  云ふ言葉を常々口にする  云ふ気がしてゐたので  云ふことを誰から聞いた  云ひながらも憎めない  云ふ気もした  云ふ感情が無暗に突き上げて来た  云ふよりは頭からきめてか  云ふものがあつてもい  云ふ口吻を洩された  云へない感謝の念が湧いた  云ふ条件で漸く承諾した  云ふ風な物の見方を知らなかつた  云ふ風に仕事の分け  云ふ事も重なると  云ふやうなものを感じてゐた  云ふものを全然持ち  云ふ立場になれる  云ふことで理由のない喜ばしさを感じるほどにはなつてゐた  云へば卯女子が他家へ嫁ぐ  云ふ話になると  云ふ軍治を鳥羽は決して叱つた  云ふ風に幾に示すので  云ふ点では随分多くの敵を作つてゐた  云ふ点もあり  云ふことで済み  云ふ風に一人一人の子供の片をつけて置く  云ふので行つて見たが  云ふこともないのに軍治の頭にも焼きつけられた  云ふ噂を聞いた  云ふ話も耳にしたが  云ふ意味のことを手を振り  云ふ新しい養父に連れられて  云ひ張つてゐた  云ふ字が真新しく浮いてゐた  云ひ乍ら昔風の大きな家を改造し  云ひ出してきかなかつたりした  云ふやうな食事を見る  云ふ際立つた  云ふ意味の事は遠縁の老婦も言つてゐたし  云ふ考へも湧き  云ふことが未だに頭にあり  云ふやうなことを口に出す  云ふ意味のことを途切れ途切れに叫び  云ふやうに眉をしかめた  云ふ種類の商売は娘の時分から慣れて来た  云ふことは頭で解つても事実の感じが身に迫ると  云ふ風に底冷い  云ふことが頭を掠めた  云ふ弱味があり  云ふので自動車会社の人には他所へ移つて貰ひ  云ふ感じが起きなかつた  云えるものがあり  云えるものにぶっつかった  云ふものは未だ現れない  云ふものは思ひも寄らぬ  云ふ點を拔山博士が或る理由に基き  云ふのが靜子の一歳下の弟の志郎と共に士官候補生になつてゐる  云ふ鳥でせうね  云ひながら私の顔を視詰めて  云ふと彼女は私の方を向いて  云ひながら塞いでゐた  云やあがれ  云ひながら近づいて来る  云ひ残して出かけた  云へば近頃また今は再び正しくも専門の夜盗としてのみの働きにだけしか動いてゐない  云つたので私は辛うじて吾に返つた如く  云ふ部分上の個所に特別の留意を施す  云ふ見るからに  云ひながら電話を切り  云ひふらして  云ふことなんてほんとうにしたら  云ひたる池をめぐりてよもすがらせる如き  云ふとも不可なき程なればなり  云ふものには毛頭の関係も無かりし  云へば唯心的は悪るから  云へば又は其志とも云ふ  云ふ實利益に遠きものを擇んで其理を究め  云へば學者を飼放し  云つてやれ  云ふ事を信ずる  云ふ事がわかつて来た  云ふ彼等の考への破壊的な事が何よりも先づ証拠立てられた  云ふ事に賛成してゐる  云ふと云つて叱られた  云ふ型にはまつた答を受け取つた  云ふ事を確かめた  云ふ事を彼女に話した  云ふ事を納得させた  云ふ屡々繰返された  云ふやうな事をしたくなかつた  云ひ表した  云へるかもしれぬが  云ふのは気耻づかしく感ずるであらう  云ふのを忘れて  云ふ名で総称せられるべき  云ふのに亭主は家へ寄りつかず  云ひ開きが出来た  云ふお菓子になる  云ふ順序で東海道の各都会を通過しては来たものの  云ふよりも寧ろ旧都会と新市街との不可思議な対照がある  云ふ素人下宿に辿りついた  云ふのは宜く無い  云ふやうな理論家に酷肖して居る  云ふ言葉が有する  云ふは精ならざるを指して  云ひ換ふれば  云ふやうに段階を區別する  云ふことに到達し  云ふで有らうが  云はぬばかりに刺笑し  云ふ事に就て多少の考量思慮を費す  云へば至當の思慮考量の費し  云ふよりは亂るといふべきで  云へば可笑しく聞えるが  云ふのが有るが  云ひ兼ねるので  云ふ意念も餘り動かす  云ひ得るかも知れない  云ふを正當とする  云ふ理を談ぜねば  云えないほど好い味がする  云ふ作曲家がTrillodelDiavoloと云ふ  云へず物凄いやうな色で一樣に塗り潰されてゐるばかりである  云ふ感じだけがして  云ふやうな顏をしてゐるしかし  云ひやうのないほど好い匂がする  云へないほど好い味がする  云つたやうな夢をもつべきではないのでせうか  云ふ怒鳴り  云はれるかと内心気がかりでならなかつた  云ふ事が一時にわかつた  云はれても泣き立てるより  云ふを可とす  云えるようになった  云ふものではありません  云はば兄弟のやうなものではありませんか  云はれても泣寝入するしか  云ひ出してみても  云ふ仲の悪い二人の姉妹がありました  云ふ意味の唄だと知りました  云はれたやうに歩いて行きました  云へぬにしても  云やしないわよ  云ふの喚諾に迷ふて  云はれなくても肝に銘じてゐる  云ひかへよう  云ふ時の準備を命じた  云ひ合うた  云へないのであらうか  云へない切なさを感ずる  云ふ幸福を許してくれないかも知れない  云はれてゐるかの  云へば写真家のアトリエ風のもので構造に就いては  云ふ光線の屈折などには何の注意も施されてゐない  云ひ様のない共鳴を感じてゐる  云ひそびれてゐる  云ふことは話を聴いてゐる  云つたら喜んで  云ふほどの情を君は持つや持たずや  云ふ題名の下に構想した  云ひながら何の気なしに女の顔を見ると  云ふ祈祷に似た  云ふてから白い赤味を帯びた  云ひながら彼は女の顔から体の恰好を注意した  云ふ短歌を書いた  云ふやうなありふれた  云ふと女は喜んだ  云ふ家の前を彼方此方してみたが  云ふ意味を鉛筆で走り書きした  云ふ慚愧と悔恨とに閉されてゐたが  云ふ嘆願の手紙が来たが  云ふものかすこしも判らなかつた  云ふ所にゐ  云ふならひと思ひに  云ふやうな鼻呼吸とも唸り声とも分らない  云ふことをしてくれた  云へばすぐ来てくれる  云ふ通りに乗らうと  云ひながら続いて乗  云ふことが二三の新聞に書かれた  云ひ囃されて居る  云ふ事が何となく私に遙かな寂しい思ひを  云へぬ靜かな心地になつて酒をふくむ  云ふやうな意味のことを説明された  云ふやうな言葉もある  云ふのが普通の名稱として認められてゐる  云ふのはここに云ふす  云ふ草の有る  云ふ言葉が必然に思ひ出されるので  云ふ花をも此川の縁で覺えた  云ふ述懷を作つた  云ふ老人に鑑定して  云ふほどの事の有る  云ふに止る  云ふ話が出てゐる  云ふことを思つて見ると  云ふポツシビリテエが生ずる  云ふ書に本づいてゐる  云ふ女がゐなかつたと  云ふ女がゐない  云ふ俗説を反駁する  云ふ印を用ゐた  云ふ人物の綱宗に仕へて  云ふ日蓮宗の僧の女であつたと云ふ  云ふ人の女石を養女にして  云ふ人に嫁がせて置いたので  云ふ絶頂まで到達した  云ふ拘束を豪邁な性を有してゐる  云ふ近臣が試食した  云ふものを浜屋敷に遣つて  云ふ危い  云ふやうな感じがする  云つてくれば  云つたら御免と云ふてきました  云ふ風にかいた  云へば段落と順序が整然として居らん  云ふ所一理あり  云ふに重きを置いて  云ふ男は文章に熱心だからこんな事を云ふので  云はれるかも知れん  云ふて居られぬ進んで  云ふとオイラン憂ひ  云ふ素睛しく  云ひながらどつかりと坐りました  云ひながら私は手持ぶさたを紛らす  云へない恥しさを覚えました  云はれても私は全く仕方がありません  云ひながら道子は三つ四つ続けて  云はれると私は直ぐに歌のことを考へ始めました  云ひ草に依ると  云ふ風に此方ばかりの手前勝手な自尊心を目安にした  云つたことを直ぐに思ひだして  云ふと変に君を煽てる  云ふことなんて諾きはしない  云へば友達に借りるよ  云ふことをヘイヘイと諾いてゐや  云つたので弟の方は一寸厭な顔をした  云はれたつて頭はあがる  云やはりましたで  云て居る  云ふものを讀めば  云ふは五厘なり  云ふ後言なるべし  

~ 云[名詞]1
ことを云  とつて云  久保に云  違ひなからうからと云  吉は云  もろともにあらんと云  博士が云へば  兆を云へ  音律と云  會話のみを云  文章とは云へ  矢張趣が出ないと云  ことが云  ことも云  あなたがたの云  日記を書けと云  明瞭に云  清ちやんが云  やうに云  のだと云  つてゐると云  確かアダルベルト・シュティフテルとか云  仕合はせと云  禮は云は  母に云  一口に云へば  美智子が云  私が云  僕の云  私の云  口では云  孔雀はかう云  つて止まらなければならないと云  さへて云  嫌だとも云へ  孔雀が云  限つて流れを止めたとも云  誇り気に云  孔雀に云  孔雀の云  落付はらつて云  熱心に云  事を云  顕微鏡学者とも云  心と云  ことは云  総力の戦ひだと云  不安と云へば  俊士生と云  如何と云  文化と云  學問と云  漢文を書けと云  學問をすると云  來たと云  氏族制度と云  作と云  文鏡祕府論と云  類書と云  文選集註と云  つたかと云  日本國現在書目と云  必要があると云  文館詞林と云  文化能力にあると云  通りを云  勘当をゆるせと云  一緒にゆけと云  つて上演されると云  芝居を見に行かないかと云  菊池とか云  文体ばかりにあるとは云  低級だと云  #作者側の云  芝居と云  帰つて来ると云  かまはないと云  貰ひたいと云  俳優にばかりあるとは云へ  芝居を見ると云  わらはと云  人は云へ  ぎねと人は云へ  のだとも云  地名譚のしでと云  楽になったと云  上手に廻り直すと云  やうな云  自分が云  生れだと云  穿鑿と云  蔭口と云  #のは云ったり云  幾軒在ると云  金が溜らぬと云  畑が在るばかりだと云  長者になると云  蔭では云  血縁が絶えると云  喜八郎と云  風に云  ひびが入ったと云  以前で云や  矢先にさう云  やうで云  処を見込んで云  様子だと云  薬と云  蚕に食べさせてやりたいと云  悪口も云  いつか医者に云  志津がさう云  たかと云  声を低めて云  今まで云  さと云  通りに云  彼は云  自分の云  自分は云  ことは云へ  あいつが云  本気で云  彼に云  言葉では云  あんばいと云  人は居りませんと云  彼が云  來させまいと云  精と云  方から云は  文化的と云へば  遊技だと云へば  盗人根性があると云や  殿様に云  彼処にいられないなぞと云  のと云  凡そ芸術と云  ことは出来ないかと云  同感であると云  平等に認めると云  尊敬するなどと云  必しもさうばかりは云  同感と云  随筆と云  使はぬと云  使つたと云  宇野氏にのみかう云  一ぱいにしてゐる云  モオリアックは云  押つかぶせて云  一見して云  行為だけを云は  牧瀬と云  牧瀬は云  眉を開いて云  これに則れと云  下駄を借りたいと云  母が云  經過して居ると云  からにしてと云  皆は云  茲に浮いて居たと云  口に云  事をすると云  僕に云は  女に云  時は云  メイ子が云  つて露骨に云  出来事なんて云  儘を云  正直に云  正直に云へと  威厳を示して云  僕は云  天日は云  良三が云  番頭と云  坂の下まで来てゐると云  正体を現して逃げ失せると云  初めから云  直しをしなければならぬと云  倅は云  二人に云  愛國云々とは云は  物一切を云  悪口を云へば  延珸は云  夜と云  それを云  裏を云  文句を云は  マリネツトに云  率直に云  自分でかう云  平気で云  口調を以て云  彼女はかうも云  寡陋を恥ぢたりと云  軽薄唾棄するに堪へたりと云  オシツプ・デイモフと云  lamaisonverteと云  日記に云  山と云  嶽と云  峯と云  巒と云  大松と云  左兵衛次と云  心交を結びたりと云  笑迂と云  燻仙と云  照燐火と云  知慧豊富と云  鬼理死端と云  日本と云  呉門雑詩に云  詩に云  士はと云  俗ありしと云  寺壁に題して云  フランソア・コツペエを顧みて云  コツペエ辞して云  ユウゴオ一人のみなるを云  事無しと云  外ならずと云  蔵に堪へたりと云  ウイリヤム・セキスピヤと云  病気ですと云  声で云  代用粉と云  一貫目八拾円と云  リムセと云  嘘の云  耳をとも云  茂吉を好んだかと云  答の見つからぬと云  小春と云  大袈裟に云は  理解には勝ると云は  為と云  独歩であると云  独自性をにじませてゐると云  三色版と云は  一人もゐなかつたと云は  岩見重太郎と云  のは云  人物と云  天下無敵と云は  我々はかう云  具へてゐると云は  狒と云  神と云  蹂躙したと云は  フランスの云  談とばかりも云  僕はかう云  角南画と云  筆墨縦横などと云  世粛と云  僧鶴亭と云  息子はかう云  づ世人を驚かしたと云  過分と云  コレクシヨンと云  精通してゐたかと云  時代のかう云  巽斎はかう云  聲で云  前に云  譯しすぎると云  異色と云は  呆気にとられて眺めたと云  名前だと云  禅超と云  錦木と云  紋付と云  偶然と云  どちらかと云へば  坊主頭と云  声でかう云  どちらかと云  守と云  五百踰繕那乃有地獄と云  地獄と云  孤独地獄と云  光つてゐると云  人は云は  櫻とも云  名所へと云  荒野荒野花と云  妻と云  妻と云は  鳥を云  腰を降しながら云  僕に云  勿体振つた云  田市が云  倉市が云  何を云  息がはずんで云  友は云  友達から云  ものだと云  俗に云  心持で云  技巧とも云  六ヶ敷い云  詩人でないと云  ことは云は  女性だと云  努力と云  尺度と云  どこに咲かせると云  少女カチユーシヤと云  豚だと云  何も云は  燕石襍志と云  貴族と云  昨日と云へば  一度見たいと云  三五郎と云  親切に云  点を云  軍人の云  露骨に云  知つたと云は  よしとは云  ものと云へ  厭やとは云へ  仲間同志では云  活動と云  生活に就いて云  バフオド号と云  一歩だと云  ことが出来ないと云  淑女は云  泥棒だと云  泥棒と云  絵が汚れると云  人だと云  彼女は云  学校と云  口をとがらせて云  言葉は云は  ことばかり云  物を云  世辞を云  ことの云  友達なんて云  なつたなど云  夢に見ましたと云  許し下さいませと云  写真を呉れと云  物を呉れと云  ものを差上げますと云  つきらぼうに云  冷やかに云  事は云へ  調子で云  何事も云  兄君に云  安らかさとでも云  夢だと云  私は云  先が云へ  無理に云へ  何とでも云  光子さんは云  敬子さんも云  ことを云は  生活経験によらなければ云  善行為と云  祖母が云  私にさう云  父親が云  終日かたりと云  さうですと云  十六貫だと云  さんと云  續けて云  何遍も繰り返したと云  ものをもっていると云  名前を云へば  のかしらと云  人中へ出られると云  健康體に復したと云  母さんの云  丸切り思ひ遣りと云  注意を向けたいと云  ところはないと云  不思議だと云  なぞと云  はなしと云  成つたと云  兄さんと云  結婚させたと云  圓錐型とでも云  補助と云  日と云  子を生んだと云  上京したと云  日彼に云  追憶と云へ  氣持が云  誰も云は  のだとか云  恋愛と云  目的と云  それはかう云  ツ二汀洲ニ一と云  汀洲と云  六月と云  牙牌報班斉と云  成都曲に云  少年詩あり云  一聯ありて云  用ひて云  絶句に云  句あり云  シに擬して云  再編すと云  跋に云  詩あり云  長短句に云  欧詩に云  雑識に云  小桃と云  足利郡吾妻村と云  田中正造など云  従つて議員と云  燕尾服と云  式場へ出掛けると云  代表者と云へば  選挙と云  解釈と云  弾劾と云  明示すと云  答弁が出来なければ出来ないと云  政府と云  居留地と云  営業と云  つたと云  津田仙と云  共和政治と云  地租軽減と云  放擲すると云  増加すると云  左右すると云  品位と云  歳費と云  淵江村と云  庭田源八と云  ブツハキと云  縞蛇と云  地もぐりと云  青大将と云  かなめと云  速記録と云  卑劣と云  腰抜と云  利慾を私すると云  蹂躙されると云  元気と云  日本国と云  所有権と云  潮田千勢子と云  船津川高山など云  廻はると云  松本英子と云  苦痛を忘れると云  料と云  大入と云  往つたら這入られまいかと云  偽札が出たと云  いやと云  大入だと云  相手の云  駄目だとは云へ  不親切だと云  物を云へ  危険だと云  大事だとも云  楽しみ身に余ると云  足を踏んだと云  年配と云  信心と云  孕つたと云  姿が見えぬと云  ぢやと云  身とは云  亂して亡びないと云  惡人と云  此政府と云  開墾すると云  頭に浮かばなければならぬと云  持地とか云  那須郡と云へば  目に入らぬと云  加へて拓くと云  災難と云へば  國務大臣と云  地面と云  者と云へば  藤川爲親と云  鑛毒と云  言つてはならないと云  家庭教育と云  政府が打ち殺すと云  眞面目であると云  なつたと云  訴へても感じないと云  目に見えないからと云  土百姓と云  旨とせよと云  何だと云  手に掛けて殺すと云  警察官が殺すと云  のであると云  兇徒嘯集と云  慾張と云  腰拔と云  やうと云  谷と云  雙璧と云  彼と云  無遠慮無作法だと云  日光湯本温泉誌と云  理由を考へ出したと云  船長夫妻と云  黒川と云  搜し出されたと云  屍と云  あい子と云  二十だと云  女中と云  代を送つて呉れなかつたかと云  せいとが待つてゐると云  人生と云  妄想と云  皆己れと云  日光在だと云  横になれとも云は  外山と云  吉さんと云  四十八間とかあると云  利益のあると云  幸福だと云  なかちやんと云  來年はわからないと云  家庭生活と云  彼女等から離れて暮してゐると云  姙娠したと云  妻子と云  歸れと云  友だちは云  座敷へは出ないと云  作家生活と云  愚痴など云  遊び出したと云  戀と云  女だと云  默つて聽いてゐると云  家庭と云  姿と云  遁れたいと云  ナカちやんが云  行衞は分らないと云  硬直すると云  #のか浮腫むと云  四十と云  一ヶ月も居れと云  急病來て呉れと云  ヂミ過ぎると云  ものと云  君の云  やうにして云  巾數丈と云  証拠と云  付け目とも云  次を云は  文がさう云  食へたえなんて云  方を見て云  獨りで云  名を云  父なんか云は  文に云  勝は云  煙草を出しながら云  身體を下すとさう云  勝に云  何か云  子供達がさう云  やうにと云  坊さんの云  一生にあてはめて云  眼を外さずに云  ツて云  ものを云  子供が云  源吉も云  息聲で云  自分でもみながら云  いふ事を云  何度も云  源吉に云  びつくりして云  四度も云  由が云  母がさう云  母親が云  何んとかしなければと云  話が出てゐると云  石山に云  石山の云  口々に云  一言も云は  何んとも云  一人が云  何んとか云は  さうと云へ  背後で云  勞だと云  家に入れないと云  ブツキラ棒に云  何んとも云は  半分泣聲を出して云  母親の云  中で云  後からさう云  巡査が云  棒に云  嫂に云  かねツて云  なんも云は  聲でさう云  ようかと云  誰にも云  ものが云  日勝亭と云  カフエと云  プランタンと云  云つたカフエなどと云  臨川と云  新潟へ往かうと云  廻つてゐたと云  度胸骨と云  衣食住などと云  敢て云  私に云  方を向いて云  ダミ声は云  弟は云  母の云  所で云  どれから云は  何か云は  患者に云  冷然と云  ほんたうを云  小松三香と云  飯塚力造と云  微笑を浮べて云  ブーンと云  レオナさんに云  誰かに云  田鶴子姫とか云  女にかう云  山崎と云  寄つてかう云  女は云  山崎が云  男が点頭きながら云  女が云  つた山崎が云  張つてかう云  指でむしりながら云  男の云  口早に云  男が云  門主と云  私小説だけをよしと云  マヂメだと云  現れであると云  土台に立っていると云  判断にかかっていたと云  日本について云  ことのみを云  実を云  買はないと云  患者と云  收められてありますと云  逢二仏法一捨二身命一と云  唱べしと云  人と云  與へたりと云  トイチセクルと云  トイチクルと云  石器時代と云  其大要を云へ  アイヌの云  一樣に云  一尺計りと云  八寸計りと云  事實と云  口を覆ひたりと云  順序より云へ  明かに云  筒袖と云  #股引と云  種類有りしかと云  汁とか云  なりと云  魚類を贈れりと云へ  前にも云  空想なりとは云  樣と云  バトイチセコッコロカモイと云  類を指すと云  用ゐたるを云  用ゐしやと云  口碑として云  此點のみに就いて云  如何にして造られしやと云  事實如何と云  押紋と云  畫紋と云  利益功力を失ふと云  巧みなりと云へば  色と云  #形と云  價値充分なりと云  此他土版と云  裝飾品と云  得と云  得意とすと云  魚類なりと云  土器なりと云  方道理有りと云  移住と云へば  部落散在と云  移住行はれたりと云  なり抔と云  此所と云  物も有りと云へ  何を指すかと云  物と云  爲したりしと云  事なりと云  决して云へ  來蝦夷と云  内と云へ  東夷と云へ  蝦夷で有ると云  製造と云  祖先が造りたりと云  是等をも信じなければならないと云  MS君の云は  一部分は信ずると云  穴に住んだと云  穴居したと云  所に云  コロボックルが住んだと云  實らしく思はるると云  小と云  弟に云  ヒームカって云  四子に云  学士と云  お前が云  顔中口にしてよろこんで云  もとと云  んと云  支配人は云  為よと云  類かと云へ  心など云  松高院と云  つたのだと云  不平だとも云  模範都市と云  江戸ッ子とも云  堕落したとも云  証拠とも云  照り降りはないと云  婦人であると云  証拠と云えば云  影響しているとも云  海底軍艦と云  事だと云  幾分か習い始めたと云  惡くてならなかつたと云  嘗つて僕にかう云  怪談と云  貴方の云  苦笑しながら云  苦笑を浮べて云  自分に云  露西亞文學通が云  禮を云はにや  口調で云  ものだらうかと云  先方の云  調子を強めて云  ことばかし云  職掌から云  正を踏んで倒れると云  乾干になると云  諺に云  成り立ち普通首廬迦と云  鬼神を泣かすと云  家とはなれないと云  姑になれないと云  宗皇帝の云  瞹と云  やつたと云  天子であると云  嫁入らすべきかと云  帝釋杵と云  闡明したいと云  斷簡零楮について見ると云  姑と云  婦人を云  罸金を定めて置くと云  絶無とは云へ  十種あると云  自分がゆきたいと云  話だと云  氣がすすまなかつたとも云  此町一番だと云  登美子に云  兄弟と云へ  夜を待ちませうと云  冗談まじりに云  なつてくれればと云  事は云は  のですと云  何も云  づなを云  あなたから云  うに近所迷惑とはこつちで云  食はせるとも云  雰囲気を滲ませたとでも云  文句を云  大袈裟に云へば  手を握りながら云  質素であると云  古びと云  感じと云  彼女の云  ことを思ひ出しながら云  何とも云へ  のだと云へ  理解していると云  位と云  人らしい云  切りはなして云  正三が云  昂然として云  冗談を云  順一も云  三に云  びした口調で云  康子を顧みて云  工業的見地から云は  徳用だとか云  みつともないと云  形とに云  進取と云  #新興と云  小浜と云  小説的と云  まつたとか云  万が一さう云  温泉へ行かれてはと云  愉快だか知れないと云  抽象的な云  正面から出なさいって云  音信が来て居るかも知れぬと云  荒木英也と云  小首を傾げて云  心配さうに云  滿は云  待草臥れたと云  清がさう云  鏡子が云  続けざまに云  押へて居ると云  喜びと云  清が云  前後を見廻してから云  夏子は云  照に云  記者に云  小声で云  外山文学士などと云  平井は微笑みながら云  間違へて云  榮子と云  永久と云  母のかう云  帰つて来たと云  先刻から云  襟を合せながら云  やつぱり我家と云  安心が出来たと云  兄さんがさう云  滿が云  我足を見詰めながら云  花木が云  我を忘れて云  一番美人と云  美人と云  さうに鏡子は云  乳母と云  費りが入ると云  信田と云  末と云  鏡子は云  健が云  ねんねなさいと云  口を曲げてかう云  笑ひながら云  胡散らしく云  花木がかう云  照が云  岸勇と云  大変だと云  事をしたと云  照は云  顔を見て云  自棄気味で云  心配がされると云  処へ来たと云  健も云  花木も云  瑞木も云  云つたと云  母さんと云  健は云  反撥的に云  叔母に云は  意味で云  #横着と云  嘘と云  過去と云  身を起してかう云  端木が云  瑞木が云  一緒に云  帰つたので云  事は云  厭と云  保姆に云  思つた家と云  盛りと云  横顔を眺めながら云  叔母と云  畑尾を見て云  気の毒に思ふと云  照に似て居ると云  物も云  誰が云  為にあると云  口をあいて云  ざアと云  ベン蛙が云  ブン蛙が云  みんなにさう云  うしろで云  驚きやうと云  自分自身に云  影響してゐると云  商売女と云へば  云ふに云  ものが云へ  河邊亮太郎と云  毒婦と云  女房と云  五年と云  酒のみにあらずと云  寢ると云  宮内はなと云  好意を持つてゐると云  縫賃も取らないと云  ところがあると云  雜作に云  ところと云  經濟と云  子供もあると云  小説はいらないと云  作品と云  ように云  ことであったと云  狂人と云  不幸にもかう云  一部と云  難を云は  不足は云  のに限ると云  姿を見たと云  はつきり指しては云へ  匂と云は  光と云は  縁と云  恥かしめると云  ことだと云  行方と云は  つたと云へ  人が云  つていらつしやると云  動機でと云  無心なとも云  田から流れて来たと云へば  応用すべからずと云  TendresStocksと云  Stockと呼んでゐると云  特異性を棄てろと云  主張したと云  術を説いてあると云  聖王と云  助役さんに云  宣伝だとばかりは云へ  私もさう云  国を富まさせなければならぬと云  解決して行くと云  養つて行くと云  現状から云  #北海道は云  何うとか云  違つて居るかと云  晩迄踊り続けると云  養つて居ると云  政治家と云  #巴里と云  金を貸して居つたと云  工場は動いて居らぬと云  支払はぬと云  ケルンと云  勝手にさせぬと云  其片附かぬと云  片附いたと云  不景気に陥ると云  日本独り衰へると云  立場を失ひはせぬかと云  日本が附いて行けるかと云  ことが出来なくなりはしないかと云  人に云  日本は立遅れをすると云  一体整理緊縮と云  整理と云  #のであるかと云  損したと云  信用しか得られないと云  地震と云  点から云  疲弊すると云  日本を立て直すと云  何度繰り返すか分らぬと云  三度も変ると云  何うなるか分らぬと云  惧して来たと云  修業を積んだからだとも云  救つたと云  用意ができてゐると云  八洲子の云  ことしか云は  換へて云へば  ことはあると云  すつかり云  すつかりは云へ  誰にも云へ  名前は云は  ちからも云  玩具にしてゐたとも云  なつてゐたとも云  名が云へ  いかんだらうと云  知らを云  代表作とも云  事も云  奇縁と云わば云  題であるとも云  船乘業桂屋太郎兵衞と云  長太郎と云  厄難と云  七と云  ようぢやないかと云  聲でかう云  願書と云  まつが云  いちは云  腰を屈めて云  いちが云  ものがあると云  いちと云  のではあるまいかと云  與力にはかう云  歸つて町年寄に出せと云へと  歸らなかつたと云  情僞があらうかと云  尤もだと云  實を吐かせようと云  佐佐を顧みて云  目とでも云は  獻身と云  のではないかと云  嘗會と云  スタニスラウス・フオン・ヰツクと云  イレエネ・ホルンと云  ホルンと云  溜息を衝いて云  物をこらへてゐると云  丈沢山食べられるだらうかと云  談話と云  娘だと云  助け合つてくれと云  出になると云  咳をしながら云  腰を掛けて死んだと云  云はれたと云  恩給を戴いてゐるとか云  はると云  思つた事があると云  決心をしたかと云  首を屈めて云  少佐夫人が云  履歴を附けて遣らうと云  ろとだしぬけに云  一流と云  時と云  場所と云  保定に行きたいと云  艶と云  前線と云へ  そんならと云  声高に云  名前を云  局長さんにかう云  姿を見せないと云  日本で云へば  気骨稜々と云  お礼を云  巡察以外は入れないと云  断りを云は  単調そのものだとは云  暴発と云  隊長にもさう云  クライマツクスとも云  立派とは云へ  岸田と云  買つてなほすと云  部分と云  教育綱領とでも云  機関士に云  国だと云は  観に行かうと云  ことだと云へば  形式から云へば  底知れずと云  名優と云  主だと云  接近を示してゐると云は  づ例外と云  註文をしてもらはうと云  民衆娯楽場とも云  幽邃とは云へ  誰かが云  お礼を云は  口に出して云  北京を観たとは云へ  神童と云は  のかと云  死苦を甘んじると云  切支丹が容れられなかつたと云  萩原裕佐と云  細君はかう云  邪慳にかう云  そこがかう云  裕佐は云  文句は云へ  のでないかと云  徹底すると云  裕佐はかう云  調子でかう云  方から云  やつたらと云  孫四郎はかう云  裕佐がかう云  乍らかう云  つてかう云  自分にかう云  奴等の云  何でも踏めと云  誓へと云  角お上と云  しめやかに云  手を突いて云  眼を見つめて云  男は云  不実だと云へば  嫌味を云  男に云  覗つた後で云  溜息を吐いて云  中に云  妓楼と云  後ろに消えて行くと云  頸を傾げて云  表情を隠し得ずにかう云  何方へと云  羞かし相に云  吉三郎と云  吉三郎に云  青年は云  断言的に云  人間と云  狂ひ出すと云  貴方は云  苦笑して云  相に云  貴方丈けと云  真面目にかう云  明りをつけると云  裕佐もかう云  伯父はかう云  他を励ましてかう云  精神と云  救はれると云  青年は云は  丸山へ出ると云  丸山へ行くと云  今夜沢野と云  紹介と云  日本にさう云  事はないと云  有象無象に踏んづけさせてくれようと云  真剣に云  安心したらしく云  ユダと云  つてはと云  乍らも落ちついて云  自分がかう云  裕佐は急いで云  笑みを見せて云  横から云  フェレラは云  水気と云  妾かう云  女は思はず云  可憐相だと云  やうにかう云  威厳と云  フェレラが云  後でかう云  与力が云  跟けて来ないと云  吉三郎はかう云  愛想を云は  半分も云  柔和なと云  吉三郎は云  無法と云  長老がかう云  厳かに云  わたしの云  厳かにかう云  為めに勇んで云  方へ云  様子を見に来させてくれと云  伯母に云  つもりで云  聖像であると云  役人は云  晩来て云  つて見比べながらかう云  事でも云  仕事をしたと云  一日と云  一息と云  一斉に云  一人は云  切支丹と云  張り切支丹にちがひないと云  後で云  夜逃げをすると云  つた時彼女は云  何と云  乍ら与力は云  踏絵と云  与力は云  国賊と云  代官は云  奉行は云  柔らげて云  万全を期して云  斬罪に処せられたと云  役人に云  中でかう云  沢野忠庵と云  ルビノと云  クリストと云  のはかう云  ナザレと云  前にかう云  彼はかう云  恃めと云  マリアと云  事件と云  性格はかう云  らつたのはかう云  大胆にもかう云  つたのはかう云  女人はかう云  フランスだけはかう云  ヨセフと云  中にかう云  誰か云  みんなに云  誰かにかう云  ていねいに云  ソン将軍はみんに云  俄かにかう云  しづかに云  弟子にしたくを云  知つてゐないとも云  東京へ出て来いと云  ここを出てくれと云  顔とも云へ  これだけ云  空気について云へば  畳とも云へ  松とも云  グルデンフイツシユと云  渡つて買ひに往かなくてはならぬかと云  笑談だと云  掌を打つて云  脇を押さへながら云  母は云  ドルフは云  ドルフが云  時かう云  爺いさんが云  トビアスは云  あなたの云  誰でもかう云  トビアスが云  若者がかう云  今一つかう云  さんは云  元気を附けて上げると云  のを聞くと云  さんはかう云  傍で云  リイケは繰り返して云  積で云  子でないと云  握手して云  一人は見て死ぬと云  者から云  ぢいさんは云  諸君は云  みんなが云  かつたと云  照子と云  虚栄心とも云  延子が云  度々延子に云  延子は云  古屋と云  位ひしか云へ  光子は云  外国語を云は  子供に云  うちで云  時政子が云  出鱈目を云  政子が云  徹夜をすると云  西岡にさう云  造が云  西岡は云  云々と云  酒を飲まうと云  厭だと云へば  代り自分から云  初めそれを云  いつ逃げるなんて云  重役に云程  泉米津右下直右衛門と云もの  昔から云  奈何かと云  実習とか云  桜花や云  方だと云  動物について云  親しみを感じ得るとは云へ  それがわからないと云  ものでないと云  前者に取るべきだとは云へ  帝国ホテル演芸場と云  失敗しないと云  成功したと云  失敗したと云  自負と云  自尊と云  矜りと云  矜持と云  年齢から云  準備期とも云  特権と云  具体的に云  不可能とは云へ  青年がさうだとは云へ  これは云  知識と云  長所と云  泉源とも云  人間生活と云  突慳貪な云  方面で云  くらゐ云  仮りにも云は  ことだけは云へ  服装だけについて云  軌を一にしてゐると云は  ものと云は  豪放と云  磊落と云  洒脱と云  時代とでも云  我武者羅になれと云  つてゐるとは云へ  自己抑圧とでも云  反動と云へば  花と云  #実と云  これと云は  ものとは云へ  誰でもが云  全体から云  ことが云は  大事を成し遂げ得ないではないかと云  業を継がさねばならぬとまで云  極端だとは云へ  時期とも云  それと云  夢想家とか云は  一概には云へ  実践と云  職域奉公と云は  事実は云  典型とは云へ  商業青年についても云  交錯とも云  克服すべきだと云  効果的であると云  さとでも云  悲憤慷慨と云  憂国慨世と云  存在と云  暗色ならずと云  現実と云  理想と云  ものと云へば  誰も云  病であると云は  面持ちとでも云  機嫌と云  僭越ながら云  今更めて云  文芸などと云  小説などと云  堀君はかう云  堀君もかう云  Konchiwaasと云  南北兩派と云  北碑南帖論と云  藝舟雙楫と云  一變と云  正書行書と云  南北書派論などと云  北派と云  書と云  南派を退けると云  主張すると云  ものではなかつたと云  郡内随一と云  太郎に云  ジャッキーは云  ギンブラとかと云  モダン何とかとでも云  僕を指して云  声色をつかつて云  彼女が云  馬鹿を云  有無を云は  これほど云  身の毛もよだつと云  念に堪へぬと云  態度で云  一咳と共に云  さへ云へば  夢と云  妻に云  角君も落ちついたと云  招待しろと云  道助に云  道助が云  自分独り取り残されたと云  ことと云  カブリを振りながら云  城を築くと云  藏つておいたと云  やつてくれと云  ハツキリとつかないと云  曲線とでも云  浮き上つてしまふと云  遠野が云  互助とか云  創造と云  遠野に云  制作と云  時が来ると云  彼にも云  二つ重ねたと云  約束と云  構はずに云  彼女も云  見返りもしないで云  事に処すると云  目方が増すと云  パンと云  役場から云  かいと云  勘定しようと云  正直を云  次を云  礼を云  あごで云  椅子をかたっと云は  人たちの云  僕からと云  商売がすたれると云  何て云  こっちぢゃない帰れ帰れって云  日本風を好むと云  自然がかう云  逆に云へ  素人はかう云  西洋画風にと云  日本画風にと云  つて見せたと云  種類だと云  文士など云  実業家など云  つてはいつて来ると云  原稿料など云  斃れると云  原稿と云  差押へをしてくれと云  紙をよこしたと云  一つ差押へて行きませうと云  働きと云  何んと云  ものかと云  クレエルと云  年から云へば  うちに云  さんに云  ばつたが云  太陽が云  風が云  エミルが云  ジユウルが云  叔父さんが云  つて一緒に休むなどと云  事と云  門と云  おしまひかと云  材料と云  森とも云  叔父さんに云  ジユウルに云  一杯にはならないと云  ジヤツクが云  確かにさうだとは云へ  利己主義者と云  ポオル叔父さんが云  戦争をしようと云  方をふり向いて云  不思議な云  学者は云  ものになると云  大臣にしたと云  獅子と云  事が近づいて来ると云  草蜻蛉と云  マンナと云  クレエルが云  一億とか云  クレエルも云  年輪と云  ポオル叔父さんは云  手短かに云へば  エトナと云  #ジエンと云  幹と云  シヤイエと云  何にも云は  幾百年と云  幾年と云  誰でも云  金属と云  金属光と云  錆と云  脂肪とか云  ジユウルの云  金属が含まつてゐると云  交換したと云  着物と云  一ことで云  木乃伊と云  実と云  ブレーキと云  刷梳と云  経糸と云  木と云  智恵と云  助けと云  一口に云へば  十分感謝しなければならないと云  困難に打ち克たなければならないと云  事を云は  言葉と云  手に入れるかと云  毛房だと云  布を造ると云  紙になると云  植字工と云  区切りにと云  植字台と云  印刷床と云  それから圧すと云  印刷すると云  無知でゐると云  ところから無くなると云  叔父さんは云  眼と云  骨が折れると云  幼虫と云  何んになるかと云  変態と云  仕事と云  昆虫と云  さんが云  何にも云  他にはないと云  仕事を仕遂げるかと云  こはありませんと云  何んにも云  短かすぎると云  クツクツと云  放射線と云  満足して云  スフインクス・アトロポスと云  つて附加へて云  僕何にも云  螫毛と云  為めだと云  毒を導くと云  人達と云  何にも云へ  身震ひをしながら云  血を出すと云  焼灼と云  習慣をつけると云  螫すと云は  蝮と云  蕁麻と云  突つ込んだと云  ヴアネスサ・イオと云  ヴエノマスと云  行列虫と云  兵隊と云  一匹が続くと云  注意して云  クレエルは云  雷と云  円天井と云  直ぐに云  空気と云  叔父さんの云  電気と云  さんの云  勝手に云は  子供達に云  猫が云  ネラと云  ド・ロマと云  計画と云  雷を引いて来ようと云  励磁機と云  確かだと云  雷だと云  事が出来ると云  電気だと云  間違つた輿論と云  原因だと云  中和電気と云  人が打たれて死ぬと云  雨よけしませうと云  つてはいけないと云  扉をしめると云  避雷針と云  クレエルがさう云  加へて云  言葉には云へ  層雲と云  十二と云  声を上げて云  霧だと云  水蒸気と云  蒸発すると云  何んとも云へ  凝縮すると云  花粉と云  何んにも知らないと云  のを見たと云  アルジエリアと云  火山灰と云  幾週間幾月と云  カタニアと云  プリニイと云  危険と云  移つたのだと云  先づ蒸気と云  力と云  弾力と云  火夫と云  炭水車と云  力は云  レエルと云  宝とも云  地位と云  我々は動いてゐると云  自分の動いてゐると云  人の云  間違つた考へと云  お前はかう云  事では分らないと云  何処へ行けないと云  二時間と云  果てだと云  何処までも云  地球と云  上へ飛んで行くと云  空へ落ちると云  台まで見せて行くと云  科学と云  数と云  苦痛と云  欲望を満たすと云  必要だと云  必要だかと云  前にもさう云  曙と云  太陽と云  世界一週をしようと云  ジユウルも云  一番と云  今も云  夜だと云  お前の云  地面に跳び下りると云  大西洋と云  んだと云  太陽が見えると云  行つてはいけないと云  ジヨセフに云  ルイは吐き出しながら云  涙を流しながら云  それを避けると云  てぶくろと云  ジヤンが云  指袋だとか云  毒があると云  シモンが云  番をすると云  それを止めると云  動悸を打たなくなるかと云  #事は云  今あなたが云  マテイユが云  毒だとか云  犬さふらんと云  花冠と云  萼と云  花弁と云  複弁花冠と云  ジユウルが附け足して云  花弁だと云  なつてゐると云  萼片と云  複状萼と云  単状萼と云  花は云  知つてゐるとは云へ  着物を着てゐると云  蕋と云  葯と云  子房と云  柱頭を繰返して云  生命とも云  柱頭に落ちると云  植物と云  #のだと云  一つ家に住んでゐると云  オアシスと云  蜜と云  知つてゐるとは云  これは食べられないと云  気をつけると云  ジユウルは云  種子を作ると云  胞子と云  笠と云  外皮と云  紅茸と云  エミルも云  約束して云  火打ちいぐちと云  地面が動くと云  寒暖計と云  零と云  百と云  一度と云  ストーヴと云  分布と云  アイスランドと云  熱があると云  薄皮だと云  十二里と云  ぶと貝と云  悪鬼貝と云  紫と云  軟体動物と云  海産貝と云  淡水貝と云  それはたにしと云  陸生貝と云  かたつむりと云  角だと云  ようとしてゐると云  野兎は云  返事をして云  触角と云  エミルの云  真珠貝と云  メレアグリナ・マガリテイフエラと云  アラビアと云  底へ潜らうと云  キロメートルなんて云  水があるかと云  静かにしてゐると云  つた軟体動物と云  みんな死に絶えてしまふだらうと云  沢山にあるとは云へ  営養を取らねばならぬと云  海藻と云  海に注ぐと云  アマゾンと云  川はないと云  塩水でないかと云  それを受けきれないと云  帰つて行くと云  水蒸気と結びつけるかと云  ポンと云  群れと云  嵐が近づいたと云  穀つぶしだと云  働蜂と云  蜜蝋をつくると仰云  ひつつき合つて出来てゐると云  室をつくると云  利用してゐると云  王房と云  困難を蒙らすと云  何でも残らないと云  不用だと云  人々も入ったと云  どこにもないと云  ものの云  それが云  疑問だとも云  一時期であると云  云へば云  万能と云  和寇と云  便利があると云  時の云  予定と云  北朗と云  放哉と云  行動と云  地に着いたと云  地に行くと云  安心してると云  夜中と云  只五日間と云  オツ母さんと云  印度洋上と云  中と云  皿に就いても云  声だと云  手だと云  香りを知らないと云  物心一如であると云  自然が産むとこそ云  稀だと云は  故だと云  見処があると云  満足とばかりは云へ  お前さんの云  云ふだけは云  ろと云  あたしを呉れつて云  ことがあると云  なんだと云  おしみを云  戸田元吉と云  是と云  行つて見たいと云  其れを借りようと云  山へ行かうと云  賊を見たと云  美少年だと云  相対し得たと云  首領と云  それからと云  状態にあると云  野宮の云  仲間だと云  大騒ぎをして居ると云  何十人と云  つて行はれたとは云へ  男感歎してやみしと云  苦心談などと云は  凡兆と云へ  回顧して書いたと云  機軸を出したと云  通りに書いたと云  候と云  偸安と云  楽欲主義と云  弱点には気づいてゐたと云  神だと思はないかと云  井月と云  一体百日紅と云  緋鯉がゐると云  業顕ると云  事は出来ぬと云  これを云  なりとは云  昨日校正を済まさせたと云  己を知れりと云  説に云  台本を読み聞かせたと云  詩を読み聴かせたと云  仙人と云  話なぞと云  殆不可能と云  話からだと云  故にさう云  且又さう云  写真画と云  時ばかりでないと云  事だとは云  僕にかう云  風にもの云へ  かななどと云  莫迦だと云は  誤解と云は  常談も云  先にと云  若者も云  名所と云  浅草田圃とも云  反歩とも云  つた浄閑寺を云  因に云  對立と云  支配したとも云  階級鬪爭と云  共産主義と云  時代と云  構成すると云  特殊的世界と云  決定したと云  形成すると云  建築者となると云  中心と云  原理と云  世界的世界形成と云  一となると云  世界と云  所を得せしめると云  國家にと云  輕視するとかと云  抽象的世界と云  世界的世界と云  的であると云  從つてと云  具體的世界と云  世界的世界形成主義と云  民族と云  榮圈と云  帝國主義とか云  帝國主義と云  民族主義とか云  家族と云  指導民族と云  未來へと云  直線的と云  終であると云  莫謂往昔とも云  超越的と云  此方にもありしと云  気の毒で云  綜合主義とも云  アーランニヤ叢林と云  生活をしなければならぬと云  テレザーと云  來ると云  マハーブハラタと云  ものであると云  やつたかと云  住所と云  食物を得るかと云  水邊に居るとか云  苦行が終ると云  惡く云へば  哲學と云  爲して居ると云  爲したかと云  經と云  つて法を説いたかと云  教へて呉れと云  教へたと云  ことを得ると云  之を聞いて云  ダムナグと云  物語と云  アラビヤンナイトと云  まつたと云  パンチヤダントラと云  カーリダーサと云  婆羅門智と云  ロツクと云  音樂と云  ドと云  アリストテレースと云  登山すべしと云  のとも云  口に出しては云は  二つ三つあるなど云  禿と云  淵子ちやんと云  あと二週間もしたら眺められると云  ポオちやんと云  きい澄子さんと云  ちやんと云  たらいらつしやいなと云  お家ですねと云  頂戴と云  大泉黒石と云  好きだと云  お話よと云  使者屋橋と云  救世軍とか云  歩き振りと云  至つた動機と云  画にして見たいと云  主にしたので云  凡て此涼しげと云  之を云  昔人は云  熱心にかう云  支那語はわからないと云  何時何処と云  冗談などを云  同国人は云  覚えのあると云  二弗と云  否と云  体を任せないと云  男だと云  帰つたかも知れないと云  病を癒したと云  そつと逃げて来たと云  Maistreと云  支払つて呉れないかと云  Salzburg製だと云  ことをも云  手金を置けなどと云  部屋は貸したくないと云  余り乱暴をいふから引越したと云  終身月照と死せざりしを憾みたりと云  議論でもさう云  簡単に云  信仰を云  国籍から云  充分に成しとげられたとは云へ  充分でなかつたと云  余が云  何事も云へ  たるを云  涅槃界に入れるを云  甘受するを云  最上と云  惡魔と云  隱藏するを云  受くるを云  美色を失ふを云  己を亡ぼすを云  集合體を云  處と云  良馬を産すと云  母と云  父と云  了解するを云  樂ぶを云  五順下分結と云  財法二施を怠らざるを云  阿羅漢と云  觀察とを云  理を悟るを云  阿羅漢性を云  認むるを云  涅槃を云  湯呑みと云  茶碗と云  発句と云  夜長などと云  行春と云  調べと云  工夫を凝らしたと云  是非来いと云は  世辞を云は  悪口も云へ  嘘ではあらないと云  ひととも云  猿と云  リツトル・ジヤツクと云  物を忘れると云  時ロツクロアが云  畜生だなあと云  無造作にかう云  二人殺しと云  艦長が云  此分からずにゐたと云  刑罰に処せられるかと云  誰やらがかう云  身の上だと云  弾薬が込めてあるかも知れぬと云  事をかう云  年期も終らうと云  副長がかう云  紛失したと云  金をとられたと云  サツクが出ると云  検べてくれと云  牧田と云  奈良島と云  給仕がなくなしたと云  つてゐたと云  前に疑はれたと云  犯人の出ないと云  命だけはとりとめたと云  奈良島が見えないと云  何のと云  抵抗するかも知れないと云  区別と云  んでゐたと云  石炭庫へはいらうと云  つた事は云  機械的にかう云  バケツへあけると云  女からだと云  玄関とも云  口から離して云  背に廻して抱いて云  頭を挙げて云  つて息張つてゐると云  声を出して云  事が云  関係するから云  名前が云  急速に云  何うしたつて云  滝本は云  母さん達と云  変な云  時あたしが云  変に云  不服だなんて云  楯に云  寄せなんて云  関連させて云  脚どりと云  具合と云  話振りと云  百合子が云  其処で待つてゐて呉れと云  妹とは云  加はりたいと云  日本語ぢや云へ  馭者台に乗れと云  俺の云  等と云  百合子が云  口に出して云は  堀口は云  八重が云  ことを進んで云  傲然として云  此方の云  面倒な云  百合子さんと云  ローラと云  竹下が云  ことしやかに云  日本語でさう云  レジオン・ドヌウルを云  使ひたいと云  月々そつちへ廻さうかと云  風だとか云  理性が云  挨拶しろと云  塩が足らんだら云  母屋や云  株内や云  此話言づて給へなど云  ゆつくり歩いて呉れと云  処女作とか云  雑誌に出したと云  あたしに云  父さんは云  口吻で云  つたとは云  やうに見やりながら云  何んにも云は  負け惜しみと云  矢口が云  姉さんの云  孤児だと云  のに盗んだとも云へ  ポケットから落ちたと云  吉田が云  山野が云  二月と云  高が云  樣に云  見解とは云へ  一方法であると云  一面から云  傾きがなかつたとも云へ  發見したと云  量子論から云へば  蜘蛛が云  蜘蛛は云  ぢが云  私とは云はば  かたつむりが云  とかげが云  ぢは笑って云  あなたとは云はば  ぢは云  とかげは云  とかげはおどろいて云  心配して云  ヘンと笑って云  ぢを見てから云  自分が云は  ふくろを出して云  おじぎをして云  さよならと云  えりを掻き合せて云  ボロボロ涙をこぼして云  狸は怒って云  説教をねがひますと云  狸は云  狸が云  わしの云  ことをしたと云  二人を見ながら云  誰かが云  それを巻きながら云  山猫の云  砂とも云  気軽に云  乗つて相川ツて云  次第ツて云  つて勝負事ツて云  ことを聞いてくれないと云  土足で踏みにじられると云  声をふるはせながら云  不平らしく云  下に云  支那でも云  内に死ぬなどと云  人たちも云  医者は云  伯母は云  次郎に云  由は云  気鬱病であらうかなどと云  狐使ひだと云  考へがあると云  次郎は云  一面に云  判つてゐても云は  兄は云  俄に云  草が云  吉なりとぞ云  悪口を云  負惜しみを云  矢は立たじと云  名人と云  兄若い衆と云  念想と云  小学時代からかう云  据ゑて置くと云  楽だと云  目薬と云  亀井戸はかう云  僕等人間と云  剣道部と云  吐剤と云  自若としてかう云  円タクはかう云  中に立つたと云  口からかう云  一しよにかう云  大島と云  バラツクと云  膃肭獣供養塔と云  墓地と云  卵塔場と云  常磐湯と云  鉄道馬車と云  長明と云  慎しみとも云へ  馬右エ門と云  馬右エ門は云  父に云  父は云  中から云  出世すると云  んが云  病気で寝てゐると云  行つたと云  んの云  亡られたと云  日暮れだぞと云  声で画かきに云  すつかり浮かれて云  顔をしかめて云  手帳に書いて云  ふんと云  にせものと云  眉をひそめて云  北人の云  汽船と云  卑怯者と云  人や云  御免下さいましと云  本と云  ことを書いたと云  tryanddothreeと云  obacと云  能面にさう云  僕もさう云  永井徹と云  景清と云  天路歴程と云  荷風堂先生と云  人物が書いたと云  本だと云  為なりとも云  重大と云  港外に出でたりと云  防圧せよと云  戦争熱を生ぜりと云  帰航と云  甲板もうちぬかれると云  さは云へ  原名ヨークオツコルと云  こっちを見ながら云  兄弟は云  声をひそめて云  お父さんに云  みんなの云  時しづかに云  梟たちは云  そこで云  其晩女中が云  山崎操と云  告訴すると云  金を取り寄せたと云  借金を返せ返せと云は  小説を作るなどと云  東征と云  発展とも云  土を取ると云  日本武と云  カラと云  連など云は  橘諸兄と云  大伴家持と云  非望を懐いたと云  平安時代と云  なつたとも云  帰つたと云  叙事詩とも云  百四十余人に及ぶと云は  五分の一だと云  二十年間も続いたと云  三房と云  倭寇と云  八幡船と云  八千人居ると云  新興兵士とも云  開祖とも云  天幸と云は  粗暴と云  所有者と云は  天主教と云  使節を出すと云  年寄とも云  提供したと云  傾注したと云は  日本史と云  総本山とも云  薩奸会賊と云  つたとも云へ  絶無とは云  情勢から云へば  人気があると云  起因するとも云  芸術と云  一等を得たと云  信者とは云  安心しようと云  我世に勝てりと云  河野さんと云  独学者だと云  小説を読んでゐると云  勇さんを連れてゆけと云  御覧なすったと云  お前を愛すると云  嘘なと云  賞讃を受けられたと云  人を造ったと云  勤めと云  母様が云  だれでもが云  傾向を帯びて居ると云  自信とも云  確に云  芸術家は出ないとさえ云  何を知ったと云  人に云へ  十一月十三日きゆうきゆうと云  ちやを云  旭梅とか云  わたしが云  修さんは云  さうに良人は云  西洋へ行かないかと云  友染と云  前へ出て見て居てくれと云  わたしは云  八峯が云  大丈夫だと云  女の子を見て云  それで居て云は  二十一だとも云  十九と云  有無も云は  父様は好かないから止めて呉れとも云へ  甲虫類と云は  んかなんて云  武爺いに云  ことを云や  映画はつまらぬから止めようとでも云は  見本とも云  世界叢書と云  夫にかう云  彼にかう云  意に反するなんて云  初めに云  私に云は  翻訳と云  気分訳とか云  意にありと云  何か書いてくれと云  柱と云  昔使屋と云  房と云  ものにして書けと云  翻案的部分とも云  作業とは云へ  一身の上より云  適当に作れつて云  休憩中に巻き直しとけつて云  あとで云  内にて云  乱菊と申すと云  怨女と云  むともとよう人の云  人を撓まず寝ねず思ふと云  琴を弾けよと云へどや  花ひきてやらじと云  こほろぎを待つと云  腰に云  此果断と云  抵と云  云へば云へ  作用をも営まなかったと云  何んとか云  閉鎖しろと云  団とか云  国語だと云  ことを書けと云  何でも書けと云  大塚先生にかう云  価値もないと云  瀧川と云  三浦華園と云  三浦屋と云  明治三十八年と云へば  來て云  山形屋と云  情と云  吉田仁磨と云  野尻と云  藤井と云  啄木が勤めてゐたと云  知人岬と云  演習があると云  田上義也と云  ライト式だと云  明日登ると云  ハイヤが通ると云  カムイシユと云  ザリガニを放つてあると云  摩周湖小唄とでも云  隱してゐると云  方ですねと云  奧原と云  北海館と云  森と云  途が絶えると云  自慢さうに云  困難と云  二人で行くと云  古風な云  のだが云  寝言だと云  後に生れると云  パトスを云  花を云  惡口なんか云は  旦那と云  ライフに入らうと云  好きと云  わたしも云は  ことまでは云は  係はるかと云  ことで云  わたし自身は云  彼とも云  愚痴を云  妹達が云  洋服をつくらなければならないからとか云  甲は云  君に云  中にもあると云  君たちの云  文学だと云  のではないと云  なつて云へば  云ふには云  宮部が云  風な云  負け惜みを云は  誇張して云  祖母にも云は  木村も云  科白でも云  音とでも云  トルストイと云  冷笑を浮べて云  五町にも足りないと云  京子が云  塊とも云  我儘を云  俊吉と云  文学と云  はりがしたとも云  厭味を云  皮肉さへ云  同人雑誌を始めたとか云  事を知りたいと云  結納が済んだと云  信子はかう云  二人とも云  其処には待つとは云へ  事まで云  皆まで云は  のだらうと云  見えになりませんと云  歌に就いて云へ  唯一人よりゐなかつたとも云  くしげ殿と云  一と云は  牛から云へば  頃とは云  臙脂虎と云  男をば謀ると云  人もの云は  詞に云  住と云  声何を云  俊と云  大と云  善と云  悪と云  幸と云  心唯ひとたびなりきと云  #何を云  おのれをば殺せと云  誰に云は  吸へと云  買へと云  気色を示して云  嘘なんて云  何かを云  ついでに云  これくらゐに云  極端に云へば  世間で云  揚足を取るとか云  胸が痛むと云  曖昧に云  指導者とでも云  素晴しいとも云  精神を云  国民性とも云  対象とせざるを得なかつたと云  国と云  先に云  赤ん坊を生んだなどと云  人達とも云へ  本邸は云  お母さんは云  涙を流されたと云  格好と云  無造作に云  良介が云  彼がさう云  私は云は  周子は云  はつきりと云  正直には云は  何処と云  十七バンチまで云  他に云へ  誤りだらうと云  一口には云へ  警察官は云  三十一文字と云  ことは出来ぬと云  文芸からとり残されると云  筆と云は  親爺は云  観念的と云へ  世辭にも云へ  批評と云  人生はわからぬと云  人生觀から云  深刻と云  程飮んで見たいと云  歴史小説と云  師匠でも云  世の中を見るかと云  罰を受けたと云  花を描いたと云  神經質に生れついてゐなかつたと云  從つてかう云  體だと云  善惡と云  獨創的に見たと云  生活しろと云  ものではないと云  先きに云  皮肉を云  形が見えたと云  誰でもさう云  あぐらをかいてゐたと云  諫めたのであらうと云  両手と云  頭と云  悪魔に魅入られてゐると云  堕落させたいと云  三〇一と云  金子と云  三寸五分もあらうと云  食物と云  存在して居たと云  顔と云  白雲飛ぶと云  緑色ながら云  干与していたとも云  限度まで云  亞細亞と云  其人種相似たりと云  亞細亞文明なりと云  アリヤン文明と云  文明と云  ヘブルウ文明と云  アリヤンと云  古と云  ヘブルウと云  #歐羅巴と云  おかげだとさえ云  拡張して行ったに過ぎないとも云  企てだったとも云  現象主義的だとさえ云  問題だとも云  社会階級とも云  根拠にして云  風と云へ  階級であるとも云へ  われわれになんかと云  演劇と云  演劇と云へ  今日迄続いて来て居るかと云  先づ能狂言と云  能狂言と云  歌舞伎と云  舞楽と云  ラヂオドラマと云  形式と云  日本文化と云  邪魔されて滅ぼされると云  消滅させなければおかないと云  形式であると云  知識階級がさう云  歌舞伎劇と云  主流にならなければならぬと云  豊富だと云  特質と云  特色と云  作者と云  なつてゐるかと云  云ふかと云  自然と云  粋とか云  独創と云  道徳とか云  役を演ずると云  能と云  謡曲と云  其謡曲と云  型と云  能芸術だけがさう云  一口に話して呉れと云  裡に引込まれて行くと云  喜多と云  男と云  武張つたものと云  思想と云  嫉妬と云  決心覚悟と云  面と云  いふ風に造られてゐるかと云  凸凹と云  筋肉だけが彫られて居ると云  表情と云  地位を占めて居ると云  道具を飾ると云  所謂舞台装置と云  補ふかと云  場所であるかと云  髣髴と浮んで居ると云  阿国と云  巫女と云へば  改築すると云  金を集めると云  起りだと云  花道をつけると云  種類と云  時代ものと云  お家ものと云  言葉で云  風俗劇と云  ザン切りものと云  所作事と云  地狂言と云  ドラマを云  見当が付くと云  理屈を云  見せ場と云  部分だけ見ると云  先づ濡場と云  濡場と云  責場と云  場と云  シエークスピヤがさう云  上でさう云  気絶したと云  所謂理屈詰めで責めると云  まりと云  つて演ると云  俳優の出ると云  勇気があると云  溜飲を下げさせると云  俳優と云  座頭と云  使つてゐはしないかと云  皆斬り倒すと云  顛覆へして殺すと云  技術を尽すと云  結局殺されるとか殺すと云  六法と云  一人に集めると云  階級かと云  厄払と云  六法を踏みながら云  人間だと云  名称であると云  迫出しと云  舞台でさう云  ぐつと持上げると云  鬘と云  此隈取りと云  人間かと云  特徴を現すと云  つて来たかと云  歴史劇を試みたと云  ことを与へて呉れないと云  新派劇と云  目標と云  上で見せると云  此新派劇と云  何方らかと云  新劇と云  劇場と云  商業主義と云  見物に呼掛けようと云  自由劇場と云  市川左団次と云  芝居を作り出したいと云  現在にあると云  築地小劇場と云  部門でさう云  団体的訓練と云  夜明け前と云  綴方教室と云  文学座と云  技術と云  演劇技術と云  訓練と云  職業劇団と云  今殆ど松竹と云  松竹と云  統轄されてゐると云  所で働いてゐると云  従つて仕事をすると云  日本のさう云  研究所と云  学校劇と云  ものを挙げますと云  一方から云  両方に比べますと云  媼は云  ドクトルは云  天が泣いたなどと云  独逸語で云  笑談なども云  邊から出ると云  千葉幸喜次とか云  舟形石と云  事は知らぬと云  弓箭と云  難解だと云  轉回だと云  風邪は云  矢張り唯物論者と云  心は云  姿を眺めて云  厳然と云  ものをやりたいと云  二人ともかう云  変つたと云へば  共通的とも云  自負とも云  あんたの云  山で云へば  文句だけ云  口から云  満足とは云へ  僕は云はば  宣傳してゐると云  ゆきなりとは云  まつたつて云  云ひ云  つると云  儲うけて云は  符牒だと云  壱円八拾九銭なぞと云  お化けを感じて云  云はせたいだけ云  ものだとは云は  無理には云は  相場と云  一緒にならなきやよかたつて云  温泉にでも行くかと云  温泉へ行くと云  印象されてゐると云  旅をすると云  歩ゆんで行くと云  らうと云は  稲田屋旅館と云  やつてみると云  あなたと云  つてあんたが云  品物を借してくれると云  嘉吉の云  厭とは云へ  私が死ぬなんて云  死なんて云  どれだけ増さねばならぬかと云  風姿をして歩かなければならないと云  カンタンに云  青年と云  薄墨附立書と云  小言を云  皆がさう云  白足袋麻裏草履と云  親方がさう云  世辞と云  いふ発明をなさると云  聊齋志異などと云  所謂際物でないと云  者と云  詩文のみに就きて云  つてはならぬと云  點を云  正義と云  傳つて居たと云  國民だと云  否やと云  理解したと云  素質があるかと云  國民と云  一條禪閤兼良と云  失つたと云  皆脱いでしまふと云  本朝書籍目録と云  清原業忠と云  赤松滿祐と云  目録だと云  仕方を見ると云  つてから見出したと云  一枚脱いだら凍えて死ぬからと云  伊勢物語とか云  衞家煕と云  權威と云  加茂家とか云  間違つて居ると云  承認されなかつたと云  間違つてゐたと云  つて解釋すると云  神道と云  日本紀とか云  居宣長と云  歌にならないと云  冷泉家と云  尊崇したと云  人情を書いてあると云  性質と云  皇室を戴いて居ると云  燒いたと云  失つてはならないと云  角脱がなかつたと云  傳授と云  陰陽と云  印度で云へば  兵法を知らないと云  稽古したと云  聽くと云  北條流と云  流と云  兵法と云  アルバジンと云  上手だと云  備へて居ると云  融通できないと云  人でないと貸出さないと云  半ば丸出しと云  仲間にはひると云  行はれ得るかと云  婿入りしたと云  竹本駒若と云  一本だけ飲んで帰ると云  婆さんは云  情夫に対して云  婆さんは泣きながら云  ゆつくり聴き楽しむと云  細君に云  女と云  獲得できると云  盛んに云  所謂性的魅力と云  呶鳴り込んで来ると云  料理すると云  特別に好くと云  何でもしてやりたいと云  達磨茶屋に売られて行くと云  それを出してやりたいと云  貞操とか云  お礼しようと云  骨折つて貰ひたいと云  職をくれると云  新聞記者は云  引越だと云  締切は云  へた事は云  基だと云  嫡流とでも云へば  珍らしからずとは云  づ要領を得て居ると云は  動機と云  映画と云  生活を続けて行くかと云  其最も忌むと云は  宇宙と云  #人生と云  #客観的に云へば  音と云  立派であると云  苦痛をすると云  厄介になると云  病院ですると云  兆候だと云  愛情と云  児の死んで生れたと云  自ら何を云  口から云は  時代であると云  國と云  用ゐて居つたと云  遲れてをるとは云  印と云  下女に云  者だと云や  強飯を云  若衆と云や  三體授けられたと云  今日と云  誰一人微傷だもしなかつたと云  壮大とも云  神威古潭駅と云  人は云  川と云  お山と云  云つてやると云  はてなれやとは云へなんぞ  娘さんはかう云  史家の云  數から云へば  歴史は繰り返へすと云  其繰り返へすと云  清談を試みたと云  密接だとは云  代表であるとも云  連歌と云  歌枕をさぐりに出たと云  文物に似たとも云  デカダンと云へば  光澤かと云  爲めと云  用ゐられて居ると云  ロココにも似ると云  點があると云  中世的と云  此平民と云  運動であると云  了つたと云て  近世と云  部分とさえも云  存在しないとは云へ  口が腐っても云や  事を云や  物が云  一口で云  ひと口に云  施策ばかりを云  動力とも云  面について云  誰もが云  たびか云  云ふだけ云  今こそ云  医学的に云  なほ例外的存在と云  例外とは云へ  彼等は云  強ひて云  気はないと云  これくらゐとは云は  是非出ろと云  動物的とでも云へ  かなつてゐるとも云  情事にすぎぬと云は  なにを云  いつでも云  ところで云  いちばん議論好きと云は  素直に云へ  違ひないとは云  これほどまでに云は  いかんと云  現象の云  両方だと云  役所と云へば  公言してもらつては困ると云  機能障礙を起してゐるからとも云  文部省と云へば  ビュルレスクと云  問題だと云  異例はないと云  原因だとか云  健康と云  制度についても云  原動力とは云へ  はたらきをなしたと云  場合にも云  精神的にも云  簡単には云へ  都合で云  身構へで云  はたらきとも云  趣味と云  連続と云  社会的風潮であると云へ  非情とも云  社会感覚とか云は  想ひ出したと云  大人らしく云  威光と云  威勢と云  威厳とか云は  風景と云は  心事とは云  なにも云  さを云  無礼講と云  傍若無人と云  言語道断であると云は  不注意とさへ云へ  封建的道徳と云は  所以だと云  発見を云  眼つきで云  感覚喪失であると云は  支配すると云  文明国と云は  医者で云へば  関心と云  負ふべきだとは云は  適確に云  老人の云  整形外科的処置と云  珈琲を飲ますと云へ  目障りだと云  原因があると云  モンテスキュウが云  強みと云  青年の云  ぴつたり合ふかと云へば  架空とは云へ  敢へて云  無用とは云へ  理想主義を云  心でさう云  法律書生でも云  音とか云  周子が云  一朝秘書官に擬せられたとは云へ  回つたと云  思索もないと云  ホーンとか云  僕が云  標準語とは云へ  指導者が生れるだらうかと云  方と云は  ものであると云へ  大名屋敷へ忍ぶと云や  親分と云  愛想を云  結婚すると云  見舞を云  zweimilliardendreimalhundertmillionenMarkと云  検熱器と云  打診器と云  医者の云  向うでもさう云  子供の云  欠点とも云  一言にして云へば  湖水とも云  彼とか云  立ちおくれがあると云  いふ風に云は  日本を愛するとは云  弱点とは云へ  無理とは云は  低下を示していると云  專阿彌陀佛と云  Konzentrationと云  何もわからないと云  相談と云  方面から云へ  獨得であると云  聲は云  帳にかう云  インスピレーシヨンと云  嗜好から云へ  #具象と云  茲に云  到達すると云  同感すると云  ものを持つてゐると云  新聞雜誌閲讀法と云  つて讀まないと云  嚴密に云へ  目的から云へば  問題と云は  憐めと云は  我持てりと云  我持たずと云  唯余の云  古人の云  哲學的に云へば  當然と云は  青田三太郎と云  瀬川菊之丞と云  趣があるとも云へ  巫山戲てゐると云  子で通さうと云  子になりたいと云  論理的氣分と云  氣で云  異国的情調とも云  なつたと云へ  己を知ると云  つて居るかと云  山鳥と云  硝子へ寫すと云  近世文明と云  間違ふかと云  オーギスト・ルボンと云  群衆心理と云  近世國家となると云  運命ではないかと思ふと云  間歩一歩踏締めたと云  立場を書くと云  それを書かぬかと云  歴史であると云  奴隷と云  倉院と云  續いたかと云  寶令と云  奴隷とすると云  其何分の一と云  換算すると云  譯かと云  領分であると云  土地を持つと云  貢物が出ると云  澤山持ちたいと云  税を取ると云  澤山取ると云  經濟を立てると云  莊園と云  平均一人二反歩づゝ呉れると云  大宗と云  やうにすると云  事情と云  制限すると云  變へると云  分割すると云  之を持ちたいと云  土地を持ちたいと云  ことはならぬと云  つて富を増すと云  眞似をしようと云  取扱をして戴きたいと云  直ぐ判を捺して許すと云  衞家と云  大隅と云  島津と云  收入を得るかと云  何匹と云  誰が持つかと云  莊園を持つと云  なつたかと云  公田と云  のであるからと云  奴隷制度が消えたと云  先づ郡役所と云  誰でも取れると云  勢力があると云  枸橘となると云  解釋出來ぬと云  關係と云  誰が持つて居るかと云  生活したいと云  後三條天皇と云  租税が減ると云  沒却してしまふと云  ものは取上げると云  畠山莊司重忠と云  莊司と云  莊園を取上げると云  頼家と云  行つて土着すると云  誰と云  戰爭から生れると云  那須與一も居ると云  叛かぬと云  立派に殺さなければならぬと云  立派に勝たなければならぬと云  シヴアーリーと云  騎士と云  保護すると云  役目であると云  フードと云  非常に褒められると云  ラスキンと云  買ふかと云  何にしたかと云  買つたと云  盡したと云  紋所と云  盡すと云  違つてゐたと云  大化改新と云  鍬と云  主人と云  金鍬一萬挺下さると云  金鍬を下さると云  鍬を造ると云  技術があると云  金物を造ると云  透織と云  其金銅佛を作ると云  法律と云  法典と云  近年自由貿易と云  自由貿易と云  禁止をすると云  其自由貿易と云  荷物を通すと云  ことをしたとか云  禁止してしまへと云  爲になると云  繁昌すると云  樂津と云  自由港と云  税を出せとか云  樂市と云  自由でなければならぬと云  元和二年と云  七郎と云  此事を心得ろと云  自由主義と云  參加したいと云  林羅山と云  起しはしないかと云  來ると賣ると云  商賣と云  竈銀と云  利益を分けてやると云  配當すると云  風聞書と云  將になり得ると云  手を伸すと云  製鐵所であると云  宋と云  歐陽修と云  日本刀と云  機械を學んだと云  天鵞絨と云  此天鵞絨と云  中心にして織るなと云  西洋から學んだと云  金を借りると云  雨龍と云  終ひには強請ると云  者は威張ると云  議會と云  自由投票普通選擧などと云  發言權を持ちたいと云  四十三萬兩と云  幕府が倒れたと云  何かして見たいと云  萬機公論と云  ぢやないかと云  權力を取ると云  自力であると云  何を云や  龍吉に云  夫に云  夫にさう云  ものも云は  一言も云  理由を云  ものを云へ  惠に云  お母さんの云  一生懸命ものを云  何も云へ  片隅からさう云  口には出して云は  一言も云へ  眼をやりながら云  鬪士でないなんて云  齋藤に云  一口でさう云  反射的に云  何か云へ  是非さう云は  あたりをさすりながら云  フト文字通り戰鬪的だと云  斷然何も云は  輕蔑して云  口上を云  事を云へ  斷案を下すと云  先中頃とも云  追記なりと云  ナシと云  歟と云  者飽帶官職欲擧家名云々と云へ  んじて云  見張りをしてゐると云  一つはかう云  幸福でないとは云へ  損つたと云  惡く云  之を見てゐると云  此處に云  美的世界觀に就いて云  見方から云へば  嚴密に云へば  悟者を指して云  世界に云  俺に似てゐると云  有望だよと云  駄目だと云  名は云  發生すると云  附加されると云  全的でないと云  頭だけに限ると云  禁止すると云  救はれたと云  救はれてゐると云  器と云  救ひ得ると云  貴女がいけないと思ふと云  贊成しないと云  嘘吐きだと云  僞善者だと云  Stimmungを欺かないと云  救はれないと云  病人は云  時病人は云  看護婦に云  突掛つて行かうと云  自分と云  自分から云へば  物の云  具體的に云へば  點を求めると云  云つたりのみと云  正にさう云  場合を云  實社會と云  點であると云  米で焚くと云  上求菩提下化衆生と云  隣人だと云  自律と云  生活に赴けと云  合理と云  不合理だと云  論者の云  對して云  藝術と云  理由を持つてゐると云は  以上に置くと云  鏡ではないと云  それはさうだとは云は  何事をも云  内面的一致であると云  一致をも求めたと云  要求と云  誤謬であると云へ  對手に云へ  惡心とがあると云  善に就かねばならぬと云  混淆であると云  輕信しないと云  無慈悲に責めないと云  停止すると云は  概括的に云  何か知ら落ちついては居られないと云  野中のかう云  推断し得ぬと云  薄笑ひを洩して云  智的所産とも云  事業を以て云  上を走るとは云  相手に云  嫌ひだとでも云は  醜悪と云  日本語では云  ワタクシとかと云は  周子の云  浪花節とか云  周子に云  父が云  儘で云  彼も云  父がさう云  厭だと云へ  ヌヒ文樣から出たと云  愛であると云  生活とは云  價値だと云  理想に堪へると云  簡單に云へば  發見すべきかと云  適當に云へば  到達してゐると云  三太郎と云  ちかと云へば  眞價以上に見積られると云  さへならないと云  あれを云  點から云へば  青春と云  つて死にたいと云  模範を示してやらうと云  ブランデスが云  マチルデから愛してゐないと云  駄洒落を云  改宗するかと云  答へて云は  苦悶であると云  哲學的に云へ  俺自身に云  ピエトロ・ディ・ベルナルドーネと云は  膽とも云  悲痛そのものとも云  事と云は  否定したとは云  魂を待設けてゐないとは云  經驗があるとは云へ  メレジコフスキーも云  努力だと云  一つになりたいと云  心を挾んでゐないと云へ  同一だと云  思想だと云  ペダンチツクと云  牢獄だと云  經驗だと云  覺えられないと云  共鳴を起さずと云  蹂躙したと云  一人言を云  不足を云は  人格とは云は  ことを恐れると云  聲がさうだと云  ぢやあるまいと云  聲の云  人交ぜをしてゐたと云  人交ぜをしてゐると云  しんみりしてゐないと云  ペダンテイツクだと云  不平を云  概括して云へば  味が出てゐないと云  批評家と云  批評家の云  痛快にこき卸してやりたいと云  結局批評家と云  作家と云  無意味とは云  彼に就いて云  感心だと云  孤獨だと云  以つて充したいと云  馬鹿な云  砥礪して行きたいと云  故郷が在ると云  僞りだと云  憤怒と云  人から云へば  おれたちも行きたいなと云  云ふ云  まめしくてと云は  どこへ行ったかわからなかったと云  実験して見たいと云  素晴しいと云  提出していると云  所得と云  有様だと云  嘘をついて云  否とも云  嫉妬を云や  気になると云  理法と云  感情を害したと云  つて雪子が云  大変事務的に云  ことを云へ  大袈裟に云  気に云  姉さんに云  変つてゐるとは云  光ちやんの云  妻達は云  伴れに云  妻が云  光子が云  首をかしげて云  樫田は云  知つてゐると云  ここで云は  女性だからだと云  声と云  調子と云  仏蘭西語で云へば  間違つてゐるとも云へ  風景のみを指して云  白を云  人々に云  先が見えてゐると云は  ここにあるとも云  体裁をもってあらわれたと云  作品とも云  色艶と云  母さんは云  肚がたつたので云  思想だと云へ  語尾と云  場合今一つ語幹と云  ものとは云  語をくるめて云  後に云  物語があつめられていると云  黙阿弥とか云  詞章と云  画家はかうも云  御馳走しようと云  病気に罹ると云  日常生活と云  絹江と云  方が行って待つと云  尖端とか云  恋と云  先を云  戦争は止めろと云  あるじであると云  形だと云は  もちと云  みことと云  降臨せられると云  まつりごとと云  食国政と云  歴史と云  曲節など云  語だと云  側から云  符合したと云  要点を云  感情を抱かせると云  叙事詩と云  口遊と云  手と云  儀式だと云  事実だと云  おとなと云  処を云  めと云  為に云  宮廷に戻ると云  成つてゐると云  伝承すると云  原始と云  言と云  發的であると云  來したと云  日本文化起原論とも云  具へてゐたと云  忠孝と云  四と云  一つ二つ三つ四つと云  南北と云  前後と云  善行正義と云  銅鐸と云  變化を遂げたと云  七十餘國と云  續いたと云  つて栽培せられたと云  單于と云  却つて感化を及ぼすと云  絶無と云  文化とは云  ものあるとも云  いふ風に云  言葉で云へ  歴史を讀んだと云  なつて居ると云  何でも云  十分とは云へ  結果とは云へ  精神活動と云  流儀を云  状態を云  在り方を云  うに日本的とは云へ  口で云  明確には云へ  純真そのものを語るとまで云  歪みと云  芸術についても云  風流人とか云は  希望を云  挙つたとは云へ  何か云へば  青年諸君に云  底で繰り返し云  職場教育とも云  影響と云  模倣と云  必要がなかつたからとも云  学者と云は  宗教味を帯びたとも云  形と云  色彩と云  一般に受けつがれてゐるとは云へ  嘘を云は  捨鉢とも云  強みだとは云へ  日本的と云は  普通に云  本能的と云へば  奉仕とでも云  外国人は云  危機とも云  言葉と云へば  挨拶と云へば  穏かとは云  同化作用にあると云  技術を生んだとも云  そこからだと云へ  造りは云  河童と云  心はかう云  チヤツクと云  バツグと云  捕獲と云  人間であると云  ゲエルと云  人道とか云  滑稽と云  二月目には死んでしまつたと云  大体かう云  ラツプと云  トツクと云  細君と云  親子夫婦兄弟などと云  家族制度と云  超人でなければならぬと云  唯マツグと云  クラバツクと云  音楽と云  罷業と云  クオラツクスと云  支配を受けてゐると云  我々河童と云  仮設敵にしてゐると云  具へてゐると云  獺のゐるなどと云  毛皮と云  虫取り菫が咲いたと云  河童を掴まへると云  やうに暮らしてゐると云  マツグはかう云  生活はかう云  人非人と云  自殺と云  何か書いてゐたと云  クラバツクはかう云  涙と云  僕等はかう云  生活と云  宗教と云  ismと云  半身像にかう云  容子にかう云  樹と云  幽霊の出ると云  後ろに映つてゐるとか云  霊魂と云  為なりと云  静かに暮らしてゐると云  鼻と云  乱暴になるとか云  病気だとか云  機械屋のゐると云  早発性痴呆症と云  精神病院にゐると云  特徴と云  餌取と云  餌と云  餌を云  ヱタと云へ  ランソウと云  旃陀羅と云  河内守通行末葉遠江貫名五郎重実と云までは  與へると云  遠くからと云  Senzamaniと云  漁師が云  大勢出来たと云  カルロネと云  ユリアと云  アリスチドが云  のだからと云  女房に持つと云  アリスチドの云  カルロネはかう云  此世界に生きてゐたと云  重ありと云  押收したりと云へば  窓でないと云へ  天正十九年だと云  襟と云  大切にすると云  鰌が湧かうと云  演技についても云  ことだとも云  言つたと云  読書国民とは云  買へるだらうと云  言を云  女に対して云  口に云へば  就て云  文明人とは云  誰に云  心子知らずと云  願ひますと云  軸でございますと云  つて人の云  買つてくれと云  先方に云は  在つしやると云  所と云  奥の院と云  遠方だなと云  深山幽谷と云  前に坐らされて居ると云  お寺を選んで歩いて居りましたと云  変色して見せてくれると云  雲と云  中年増と云  五万十万と云  御詠歌踊と云  草花とでも云  鉦叩きと云  賞揚して居られたと云  チーンと云  ぎやかなのですけれどもさうさうは贅沢も云へ  お寺と云  出来上つたと云  勇気と云  樹下石上と心得よと云  感じが云  何事も云は  ソロドフニコフが云  官吏だからと云  見習士官が云  なんのと云  意外だと云  ゴロロボフが云  ゴロロボフは云  べつに考へてゐなくてはならないと云  肩を聳やかして云  お出でにならないと云  ソロドフニコフは云  時ゴロロボフが云  項を反らして云  それからかう云  誰でもさうだと云  はつきりとかう云  做すと云  用ゐると云  永遠だと云  力を入れて云  微笑をして云  パシユカが云  警部は云  警部プリスタフは云  巡査に云  愉快らしく云  愉快気に云  矜りに生きて居るかと云  三十幾年と云  占はれると云  氣がかりだと云  やうにせねばならぬと云  いやだと云  人達に並べて見せたと云  云つて持ち歩くと云  執着と云  際限もないと云  子供と云  気がかりだと云  一人ごとを云  なにかを云は  産婆さんはいけないって云  産婆が云  我子と云は  栄と云  夫婦と云  字餘りと云  俳句と云  例外と云  新体詩と云へ  結果と云  創作で押して行かうと云  幸福とも云  假名遣と云  歴史があるかと云  此處で述べると云  それを述べて置かぬと云  ものでなければならぬと云  何事でもさう云  觀察すると云  Aristokratieと云  考へますると云  數人民と云  者だと云  側に立ちますると云  一體古來假名遣と云  精華であるとも云  限つて承認すると云  邪とか云  斯うであると云  斷ずと云  論とでも云  一體正邪と云  TheodorVischerが云  dasMoralischeverstehtsichvonselbstと云  腹切とか云  Authorityをも認めないとなりますると云  邪があるとは云  變遷と云  訂して行くと云  事も考へねばならぬと云  文語として固めてしまふと云  それが腐つてしまふと云  行水と云  遊友達があると云  正則と云  輕視すると云  ことは詰らぬと云  論と云  邪だとか云  側と云  正と云  Orthographieと云  詞などと云  譬と云  ことはないと云  新道を開きますと云  來たかと云  模糊などと云  立場から見ると云  道にすると云  ものではないかと云  淨めようと云  淨めると云  #側から行きますと云  必要と云  必要はないと云  文部大臣にさう云  方になりますと云  表はすと云  教へられると云  Marcellusと云  批難して云  Capitoと云  Marcellusの云  ことをすると云  教へて行くと云  自然に分ると云  覺えられぬと云  位日本化して居るかと云  教へると云  #ことになりますると云  國語調査會と云  教育團とか云  意見と云  用ゐられたいと云  發音的に改めると云  諮詢案と云  書き方と云  發音的に書くと云  假名と云  發音的で書くと云  英語で云  十分研究して置かれると云  つて假名遣に入れると云  段になると云  許容と云  初恋とも云えば云  内侍宣など云  秋篠月清集と云  不信者など云  師範家と云  阪本龍馬と云  龍と云  伊達千広と云  沢屋と云  手紙を持て来たと云  子だと云  大藤太郎と云  上町と云  一人見て居つたと云  往来し居たりと云  大事にして下さいと云  筋を見てやると云  大仏騒動と云  女を雇いたいと云  扇岩と云  万事気を付けよと云  長門屋と云  登勢と云  三吉慎蔵と云  つて匿して置けと云  申訳は立つと云  貰つて大阪へ下ると云  誰れだと云  油断はなりませぬと云  つて見て居れと云  つて斬り捲くらうかと云  時だと云  行つて御覧なさいと云  何うしに行くと云  龍馬等は来ませんかと云  私一人来ましたと云  早や来て居るかと云  マア我慢していきなさいと云  登つて見たいと云  龍馬が云  度う御座いますと云  露を知りけりと云  むとはと云  貰つて来たと云  御召しなさいと云  仁王と云  脱走せねば与ると云  奇麗なぞと云  高次と云  春木和助と云  棚橋とか云  柔と云  運命と云  方を取れと云  十四五両なら貸してやると云  彼でも叩き斬ると云  ぢやありませんかと云  平生から心得て居るだらうと云  志を云  云ふから韻字なんか要らぬと云  定宿と云  壬生浪人と云  厨子西林寺と云  方面でも云  貰へまいかと云  仁科と云  それ丈けしか云は  んで云  人から云  前で云  猪作が云や  集約されていると云  通り終れりと云  跡なりと云  禁煙と云  Scene2と云  以前はかう云  短篇にして書いてゐると云  見当がつかなくて困るとも云  話を書きかけてゐると云  上で云へば  以後のかう云  真面目であれと云  舞台を見てゐると云  純文学科などと云  劣つてゐると云  高等師範と云  ペツツオルド夫人と云  ベエトオフエンなどと云  シモンズと云  人を見たかと云  松岡を訪ねて見ようと云  顔をして云  舞台に上せると云  苦心をしたかと云  加へたと云  いやだと云へ  性格と云  何でもかう云  女は云はば  ものについても云  無心を云  一緒にやると云  桜と云  女の云  ものごしで云  取材と云  構想と云  領主松平左七郎乘羨と云  宮重久右衞門と云  壁が乾き切らぬと云  來まいなどと云  兄妹だらうと云  やうだと云  ものに話したと云  男盛と云  松泉寺と云  美濃部伊織と云  山中藤右衞門と云  家來有竹某と云  殘つてゐたかと云  内木四郎右衞門と云  世話をしようと云  手を明けて居ると云  癪持と云  此大番と云  代人差立と云  質流れだと云  代金百五十兩と云  下島甚右衞門と云  顏を擧げて云  間柄と云  勘辨出來ぬと云へば  病氣と云  氏養と云  小説をかけと云  創作だと云  材料ではないと云  小説家と云  モデルだと云  私行を発いたと云  嘘ではないと云  わけでもないと云  交際をしてゐると云  医者と云  提供すると云  技師と云  碑であると云  弾三郎と云  厳粛だとさえ云  屋と云  自己小説家だから云  おつき合ひくださらんかと云  中村と云  文室と云  肺病とか云  習つたと云  独り語しか云は  行つたとか云  十遍も云  知ンねえよと云  悠揚として死にたいと云  不当と云えば云  清浄と云  靜かに云  興味と云へ  野田は云  野田の云  思つて誰にも云は  千枝子に云  つて何を云  おとはやと云  今日まで云  喧かましく云って  鞭声粛々時代と云えば云  不自然なりと云  期待し過ぎてゐたとでも云  悦びを云は  ぢと云  先日酒池肉林云々と云  不平などを込めて云  眼で云  発展とは云  心理的畸形とでも云  絃琴と云  綿抜瓢一郎と云  為に悩まされたと云  罌粟と云  鴉片が得られると云  死などと云  控へて云  酒と云  羽状複葉と云  婦と云は  懸念と云へ  花を包むと云  水と云  一個居て住むと云  五時前と云  一日がけと云  神棚と云  輪郭と云  越中褌と云  長生きをすると云  享樂と云  珍味佳肴と云は  ためと云  事だと云へ  歸ると云  潰し島田とか云  つたとでも云  友が云  吸つてみろと云  スウツスウツと云  返しながら云  の二人切で行くと云  生存するだらうかと云  祖先を有すると云  証拠ではあるまいかと云  ものとは認められないと云  褻涜と云  実行すると云  貯へて行くと云  暗示を与へると云  其唇と云  自殺したいと云  ピツコロと云  二人がきつと来ると云  キスをすると云  シユウ・クリイムを持つて来いと云  立場から云  結果であるとも云  來るべしと云  老翁が出て来て云  歌舞伎劇は滅びないと云  ここで云  因襲的制度について云  理窟を云は  守護保存してゐると云  合祀すると云  ものに限られてゐると云  同一であると云  惜みを云  シと云  唯五年とのみ云  今上天皇に上げ奉ると云  所謂神代文字と云  イザナミであらうと云  白山と云  結果を云へ  植附と云  桂舟と云  ひとも云  チヨツキと云  あいつに云は  雲太夫と云  奈良茂と云  雲太夫に惚れてゐると云  笑つたと云  贔屓にしてゐると云  めばかりは云や  羽織つてゐたと云  太兵衞と云  アラビヤゴムと云  とこでも云  客に臨んでゐると云  荒木と云  心持からと云  納得して云  女でないと云  二十歳であると云  場所であるとは云へ  説明して云  了つたのだと云  一つも読まうかと云  女装は云  小説家は云  旦那の云  張つた紙ぎれを読んで云  あしたと云  わいの云  店を開いてゐたと云  店と云  コーモリ傘だけを売れと云  如何かと云  少年は云  面会させてくれと云  行路病者にしたてたと云  家と云へば  私語とでも云  物にしたいと云  好みとか云  普通に云へば  出來ぬと云  向つたかと云  弟子實成房と云  禪宗と云  一體禪僧と云  現象と云は  爲と云へば  相模と云  誰かと云  歸依者改宗者を作ると云  寺としたとは云  善鸞法善など云  寺と云  日成と云  京都と云  陷れなければならぬと云  重きを措いたと云  宗派から云へば  禪宗と云へ  日頼と云  嘘を云  つて家を逃げ出したと云  例から云  一口に云へ  しまつたと云  巡査かとでも云  はりに云  女学生かと云  軍備縮限とかさう云  世界へと云  鶏鳴館と云  三島譲と云  女を得たと云  三島と云  譲が云  年寄の云  老婆のひいひいと云  妹と云  私達の云  老婆を見て云  年増が云  女中が云  年増はかう云  主婦が云  死方をして死んでゐたと云  孫娘にくりかえして云  口にやりながら云  北村さんと云  さりと云  菊さんは云  親爺なんて云  客であると云  北村と云  失踪したとも云へ  老人が云  眼を開けて云  制服であると云  センティメンタリズムであると云  思つて空想して居ると云  想像して書いて居ると云  解釋かと云  人生だと云  心持を傷付けられないと云  嚴密に云  感じ傷んだりしないで見ると云  冷靜に見得ると云  微かながらもさう云  ポルフヰーリーと云  人好きのしないと云  猫と云  買出したと云  資本を貸してくれと云  百両二百両と云  違ひないと云  ものを預からないと云  云つて帰つて来ると云  覚えはないと云  土左衛門突出してしまへと云  こつてはいけないと云  家としなければならぬと云  #ことを云  行つて聞いたら分るだらうと云  名前は云へ  案内して下さいと云  在だと云  つて旅をすると云  福渡りと云  どこへとまると云  當てて行くと云  歸るからと云  孫だと云  暫らく盛りだと云  らひだとか云  大町さんと云  天狗岩と云  内田信也と云  栃木縣に生まれたと云  寄附したと云  鹽釜と云  車夫に云  さうだと云  壓制家と云  兼と云  茗荷屋と云  玉屋と云  梅ヶ岡と云  菊子が云  隣室からかう云  作品とは云  問題はなんて云  附合はうつて云  何んて云  ほんとを云  皆んな揃つて書くと云  風に進んで行かなければならないと云  ものであるかと云  行つてはと云  之は云  連中と云  屹度出来ると云  是非にと云  俺はかう云  奴の云  奴に云  何を云やが  相手にはならないと云  代へると云  無駄だと云  本当を云へば  都合してくれと云  金でないと云  自由と云  何処にあやまりがあるかと云  仕舞ふであらうと云  努力で遂げられたかと云  結婚と云  一生をすごさねばならないと云  失職したとは云  自分ひとり別になると云  傍をはなれて暮らすと云  変化も来てはゐないと云  事の出来ないと云  場合には止むを得ないと云  一生懸命にさう云  仕舞ひはしないかと云  気味だと云  頁を返しながら云  用と云  口からは云へ  云ひたい事を云  人達の云  勝手に云  逸子のさう云  自分でしろと云  反抗的にさう云  煩さいからと云  反抗心と云  知つてゐるからだと云  習俗と云  教育者と云  仕事かと云  今度と云  #此度は極めなければならないと云  事だか解らないと云  克てると云  結局一家内のおさまりをつけると云  些事とは云  姑小姑と云  嫉妬だと云  見当違ひなことを云  同窓生の云  帰つた処だと云  従姉に云  きがるに云  癪に障ると云  道を知らないと云  町子が帰ると云  のだなと云  代りを勤めて呉れと云  先生の云  年々に沈んで行くと云  買はうと云  芳野など云  分別隨一と云  見晴と云  天川屋と云  二百十日と云  街中へなど持出したかと云  散歩しようと云  ダァリヤが云  ダァリヤに云  女王さまだとは云は  ぢしながら云  めらに云  仕事だと云  それぞれ先づ適役と云  職業で云  哲学者志望だと云  説諭は云  誰にも云は  ことを思ひ出して云  娘さんとは云へ  死體と云  言葉で云へば  曉と云  實と云  波志と云  爾を省きて云  ハシと云  んあると云  一宮村と云  何処にありやと云  固有と云  折衷と云  答へて云  われ答へて云  やうに頷いて云  姨捨山と云  月見堂と云  肴と云  贅澤は云  凭掛つたと云  隙間と云  紋縮緬と云  ころは云  目を光らして云  小僧と云  本陣と云  変化と云  不所存と云は  勿れとは云  暁と云  さつき何か云  関はらず似てゐると云は  妾が云  百合子に云  真面目な思ひを云  此処に居よと云  じい音響と云  んばかりと云は  銅鑼と云は  朝御飯しか出せないと云  んでやるぞと云  ひなんと云へ  間と云  成功が得られると云  家でも得られると云  家と云  おいでと云  木山と云  有力とでも云  行つてゐると云  海風館と云  家庭を持つと云  潔癖とでも云  會ひたいと云  會はないと云  何百燭光と云  恐れとでも云  匂いとも云  音とも云  何かしらを云  時評家諸君が云  謙遜とも取れる云  芹沢君も云  為政者などの云  ことばかりを云  ラ・ベル・ジャルダンと云  症状と云へ  傚へと云  らかう云  超人と云  阿呆と云  クリストのかう云  三度クリストを知らないと云  畢にかう云  中にもかう云  ゲエテはかう云  人々にかう云  ことだらうと云  潔白と云  ドクトルの云  ことしか云へ  愛想は云へ  詞林千載萬葉不凋と云  泣石と云  何になるかと云  事務長が云  ぜいたく猫に云  いつしよに云  決闘をしろと云  間に云  白猫が云  虎猫が云  開校式があるとか云  三毛猫が云  事務長になるとか云  口を尖せて云  黒猫が云  一ことも云  お正月だと云  目前に見ると云  國語學と云  重要だと云  影を踏まずと云  何の云  口籠りながら云  態度でかう云  時首藤が云  松川が云  谷が云  首藤が云  氣持で云  排斥と云  意地惡さがなかつたとは云へ  みんなを見下しながら云  顏を上げて云  鉢にかう云  二人はかう云  得能はかう云  方を振り向いて云  登つた時にもかう云  趣味とか云  私が見たと云  子供らしいと云  #奴は云  ベケットと云  一年許りと云  構成と云  統一と云  読後感とでも云  しまへと云  逆説的にも潜んでゐると云  正確を云  ものがなかつたと云  四十一だと云  十九年と云  被告がさう云  自分から云  失策と云  ごとをするといけないと云  ごとと云  泥酔してゐたと云  つて来て通せと云  答へ得られたと云  者の云  へたと云  交つてゐたと云  なほ鎖でとめると云  お前に云は  つて来たと云  面白味を知り始めたと云  路をとめると云  領分だと云  被告は云  俯向いて云  会つたのかと云  見張りをすると云  都合と云  ことをしてみたいと云  他人の云  あたりに見てゐないと云  誰からかさう云  連名してゐたと云  服部勘次と云  乙種と云  甲種と云  遮断すると云  何もないと云  正当だと云  酔漢を見たと云  鼻声で云  所を云  変つてゆくかと云  被告の云  影響を与へてゐたかと云  関係してゐたと云  教へ続けてゐなければならないと云  意気と云  日暮とは云  年よりの云  鼠小僧と云  御手許金と云  外しんみりとかう云  越後屋重吉と云  つけ日野宿へかからうと云  山甚と云  見世だとか云  何事が起つたと云  詑びを云  さうに何か云  風が吹くと云  上つてゐようと云  手捕りにしたとか云  お前さんと云  勘太と云  悪党とは云  鼠小僧と云や  蠅と云や  鼠小僧とか云  冗談は云は  鼠小僧だなどと云  物も云へ  話と云  おれが云  死亡せりと云  戦慄とでも云  つて軽蔑的に云  他人には云は  徒らとも云へ  弟が云  イヤと云  張つて彼は云  母親も云  此方へ来て戴いたらと云  一言で云へば  鶴村は云  前会つた時さう云  繁代が云  鶴村が云  畫と云  人々の云  友人は云  方かう云  人に云は  ものを云は  言葉を云  驚きをもつて云  理由を云は  力を込めて云  樽野が云  行つて来ると云  船と云へば  夢想家とは云  手振り厳めしく云  大山街ありと云  即座に云  鴎丸は云  自ら死を持つてゐると云  聲と云  夢を見たと云  単独会見をやれと云  奥さんに云  文句が云へ  安心させてあげようと云  行つて見ると云  正門とでも云  時を云  会ひなつたと云  礼をして云  泪をながして云  混亂であるとも云  生活をいとなんでゐたと云  づさはつてゐる小商人だと云  一商人であると云  湯殿と云  帷りだなぞとは云  所有したいと云  ものとも云  様相を見きはめたと云  念入りに眺めて云  客は微笑みながら云  ワシリが云  功と云は  前へ来て云  声をして云  前兆があるとか云  どろんとさせて云  普請に行けと云  方に向いて云  者にかう云  わたくし共はかう云  みんなにかう云  側へ呼んでかう云  世渡と云は  主人の云  ヲロヂカがふいとかう云  笑つてかう云  それがかう云  わたくしが云  己は云  ワシリを指さして云  石川沙弥と云  声聞と云  川原者と云  辻子と云の  業を継ぎたりと云  豊淵陶庵と云  業とすればと云  綸旨と云  死せずと云  梅花粧と云  眉と云  島田と云  潰と云  藝子と云  #投と云  惱むを云  肉飛仙と云  洛陽伽藍記に云  王鎧と云  冢たるを知らずと云  因て吟じて云  何をか云  配せりと云  千里を行くと云  嗟歎して云  些とも知らずと云  王積薪と云  お母さんと云  小説にはと云  ようと云  厄介にならうと云  提燈におしなさいと云  芸術家と云  長靴をはいたと云  会話と云  蒐集癖と云  角集まつたと云は  同情と云  どちらかと云へ  以前かう云  画家とか云  時にもあり得ると云  物種と云  莫迦を云  反対だと云  賛成だと云  不可能と云  すと云はば  村上新三郎と云  村上新五郎と云  人物に似てゐると云  都会人と云  上からかう云  画と云  顔はかう云  ヴオルテエルはかう云  下にかう云  つて胎教と云  底にはかう云  肉体的エネルギイはかう云  彼等はかう云  悪鬼と云  食つてゐたと云  生涯については云  客が云  千代て云  涙とも云  はしくれと云えば云  反対だとも云  パパの云  顏を出してゐないと云  孝助と云  たかね會と云  末弟だと云  徹男と云  ひとだと云  さよならを云  佐々徹男と云  年をしてと云  惡口を云  來いつて云  勉強したいと云  きりだとも云  ウインチで捲き上げようと云  橋と云  四時間だとか云  着弾距離外と云  パーンと云  太田に云  万福と云  感謝されると云  気持になると云  社会主義と云  域にまで移したいと云  法がつかないと云  気の毒だとか云  憐愍と云  臨終を見ると云  生命と云  太田が云  つた集と云  好評をもってみられていると云  原始人とも云  子と云  消息と云  女に向いて云  PASSYに住んで居ると云  問はないで居て下さいと云  他人には云  いくら書生だとは云へ  さとも云  旅と云へ  周一さんにさう云  親の云  無理にとは云  世話にならんと云  何時でも来いと云  嫌ひだとか云  何所と云  何十年と云  何かしなければならないと云  さま身振りをして見せると云  貧乏と云  春と云  のだらうかと云  自分が借りると云  #ものではないと云  實際に生きなければならないと云  目覺めたと云  小石川から借りたとは云は  貰つたのだと云  前に負けてゐると云  何でも働けつて云  生活を愛さないと云  藝術を愛さないと云は  外を歩くと云  筆を付けると云  家を離れゆくと云  小山と云  行田と云  組織すると云  選むつもりだと云  #女だと云  御返事を差上げると云  端書を差上げると云  みのるは云  仕事とでも云  向き變つて行くか分らないと云  前で云へ  あなたがいけないと云  加入ると云  蓄へてると云  早子と云  艶子と云  舞臺監督の云  役をやると云  女優と云  群れに染まないと云  藝妓にもなると云  其役を捨てると云  誰の云  稽古に出ないと云  義男と云  簡單にかう云  惡るく云  顏をしてゐなければならないと云  惡るいと云  稼ぎに行くか分らないと云  女形をしてゐると云  昨晩血を吐いたと云  義男は云  義男の云  事を知らないと云  缺點だと云  權威から云  形を表しかけたと云  向う岸と云  祖母の云  さうだなどと云  茂吉なんぼでも食べろと云  行動をしたと云は  調和が出来ると云  地主に与へると云  言葉とも云  そちこち見廻しながら云  無遠慮に云  僕だちに云  貴公達の云  靜にしろと云  ことでも云は  狼がかう云  花だと云  敷と云  事を云て  危篤ゆえ知せると云  のだろうとも云  十分責任があったと云  国土全体についても云  全部とは云へ  みなまで云は  工場鉱山についても云  筈だと云  別をつげると云  重病だと云  恩を着せようと云  没頭したと云  予想されてゐなかつたとは云へ  自分ではあるまいかと云  死と云  自分かも知れないと云  画家は云  コンナ事も云  もちやと云  糸さんは云  耳打すると云  追分と云  甘味のあると云  金太郎と云  つたと云は  興味がさめたと云は  羽衣と云  養子と云  ろ泣いて居たと云  私を見るなり云  宮川君が云  串戯を云  種田君が云  判を押すと云  処分願ひますと云  何月何日出頭せよと云  ことがあるから出て来いと云  蓮葉に云  目まひがしてあるけぬと云  どこにか休んで行かうと云  私も云  愛嬌を云  さへてくれと云  私はかう云  態をして居りますと云は  遇つたと云  者が云  羽田に居ると云  支度をして待つてをれと云  離縁したと云  憾みとすると云  巳年と云  藤浪君が云  独り身だと云  そこまで送らうと云  所謂今日文化と云  農民文化と云  何等交渉をもたないと云  私有と云  普及と云  解放せらるべきかと云  囘復と云  滅さねばならぬと云  丈けは云  添へてやると云  云々すると云  猿秀と云  良秀と云  方ではないと云  方に伺ひましてもさう云  惡く云は  整へてやると云  繪を描くと云  ためらひながら云  師匠が云  羽毛と云  來良秀と云  確かにさう云  耳木兎と云  惡さと云  襲はれると云  實際師匠に殺されると云  樣を寫さうと云  屏風を描けと云  獨りで泣いてゐたと云  死骸さへ寫したと云  御所と云  廊下を歩むなどと云  あたりと云  震へと云  今は云  畫を描きたいと云  姿が見うけられたとも云  絵を描くと云  己に来いと云  弟子はかう云  確にさう云  師匠に殺されると云  はる有様を写さうと云  独りで泣いてゐたと云  屍骸さへ写したと云  火の車と云  画を描きたいと云  他人に彫らせると云  自撰集と云  近作を集めたいと云  四五ニズムと云  四五人会と云  例をあげるとかう云  ものであるわいと云  大切だと云  それが漲ってゐると云  真面目で語るに足らないと云  壁によりかかると云  消滅したかと云  デビュウと云は  幹部と云へば  黒衣宰相と云  序でに云  日は云  半夜とは云  子供らの云  引致しようと云  彼等の云  母は云は  息を吐いて云  祖母は云  負け惜みを云  屈辱とでも云  湖水と云えば云  清楚とも云  獅子頭を祭ると云  ものだとも云  子は痩せると云  お腹がいたいと云  医者さんは云  中には云  夕刊を出して見ようと云  存在を忘れたいと云  泣きごとを云  カフエー・ドン・フアンと云  翻訳劇などを云  研究からのみ生れると云  ひつて居りますと云  そばでございませうと云  ただと云  ハモニカと云  爺さんの云  物も云は  信濃名所集と云  避暑客とでも云  旅行と云  可憐とも云  六十銭はするよと云  品川堀と云  ト蔵海が云  苗字を云  藤村の云  藤村は云  議員は云  入梅だと云  アナタと云  贅沢なぞとは云  文句なぞを云  トツトといつて云  不断から云  生活には馴れ切つてゐると云  あてにならないと云  為めに尽すと云  為めに云  彼もさう云  間は続けなければならないと云  前まで行かうと云  彼んとか云  ようにしたいと云  龍子がさう云  なつたんだと云  ちやつておくなんて云  幾度かうなづきながら云  龍子にさう云  往つたり来たりしながら云  妻だなんて云  つてさう云  顔をみつめながら云  酌婦と云  親方と云  高声に云  費と云  無駄と云へば  方へのり出しながら云  自動車でのり込むと云や  待ち疲れたと云  欠伸をしながら云  つて一寸と云  口を尖らして云  つて不平を云  辛抱はして見たがと云  急にさう云  投り込まれると云  抑圧すると云  空気を和らげてゐると云  一人もゐないと云  声でさう云  手をかけながら云  方を覗きながら云  口調でさう云  わざとさう云  十年と云や  顔を見ながら云  のを待つて云  母親に通じさせようとして云  公務執行妨害とか云  何を話さうかと云  龍子に云  団九郎と云  弁兆と云  呑火和尚と云  ドストエフスキイとか云  年號と云  閭丘胤と云  人はゐなかつたらしいと云  太守とか云  刺史と云  太守と云  國清寺へ往くかと云  道士と云  尊敬とでも云は  逢ひたいと云  僧は云  治療ならさせぬと云  醫者と云  寒巖と云  宗教とか云  道と云  頓著だと云  始豐溪と云  禮すると云  煬帝が立てたと云  參詣だと云  道翹と云  豐干と云  拾得と云  買つて貰ひたいと云  書だと云  寒山と云  普賢だと云  拾得だと云  #のがわからぬと云  はつきり分らないと云  聞えよがしに云  妻は云  老人は云  狂犬らしいと云  方からは云へ  お前さんが云  奧さんにさう云  隅田川は云  折と云へば  これも云  十郎が云  惡だと云  ギボンと云  さらばと云  まり知らずと云  むものか恋と云  つて居たと云  批評とは云  全般について云  是非本を讀めと云  當時上田敏氏が云  君は云へ  覺ましたばかりと云  野曠しと云  用ひられて居ると云  つては於いてと云  錦衣すと云  期あらずと云  故人と云  客愁新たなりと云  真似事と云  唐詩を作らねばならぬと云  用ひねばならぬと云  漢詩を作ると云  賛成できぬと云  詩吟など云  今更に云  十日ばかりと云  私を寝かさないかと云  女だつたからと云  興味を見出したかと云  一回と云  方法と云  傍聴者満員と云  罪を糺すとか裁くとか云  寛大と云  のを感じさせると云  林谷蔵と云  これを預かつてくれつて云  一つことばかりを繰り返して云  病気で寝たと云  お前が断つたと云  子供にでも云  都度断つたと云  説明したいと云  態度だと云  人間に対してのみ云  進行が出来ないと云  外にあるかと云  裁判長が気づかれないと云  裁判官と云  審判をすると云  事であるかと云  私がさう云  前にさらすと云  退屈なだけだと云  辛抱だと云  五十円と云  迫まつて来ると云  訳にはゆかないと云  林と云  罪を犯したかと云  構成されたと云  刑を受けると云  事になるかと云  糊口に困ると云  これ以上に云  #のだらうと云  重要な云  事に就いて云  弁護士と云  持主であるかと云  弁護人の云  点については云  男を指して云  女には云へ  事を云へば  住居なんか云や  つては云へ  絶対に云へ  不心得だと云  同情などはかう云  君はかう云  場合と云  ことの出来ると云  所謂生活力と云  自然はかう云  密命を云  山路将監を討ったと云  被疑者と云  新説とも云  判然と読みとられると云  独言を云  口調でかう云  ために云  落着きと云は  無神経と云は  得意だと云  消化によるとも云  ところだとも云  引傾りと云  女房がと云  事が出来るかと云  全智全能と云  定規を当てると云  紙墨などと云  作つたと云  ものであったとさえ云  詩人と云  土産とか云  流行とか云  中にありと云  究理と云  機関長とか云  夢幻と云  空華と云  却つて不思議なりと云  一と云  二と云  仏と云  根本意識と云  謝したりと云  貧困は云  風情の云  能はずやと云  私と云  老人から云  高尚であると云  汽車と云  グレンと云  ドックと云  早岐と云  善作と云  権八の云  伍長が云  権八は云  彼の云  三等下士と云  動めかして云  つた目つきで云  生意気だと云  仲間が云  口に出して云へ  しなに云  雇ひたいと云  わしがさう云  善作さんは云  親方は云  挨拶を云  さへすれば分ると云  大工と云  伍長に云  真実に云  感心して云  継母は云  継母だと云  母のあると云  一瞬間胸に云  心も知らずに云  警察で云  平気で受けると云  父のさう云  苦労させてゐると云  ものがあるなら云  前まで来るとさう云  球を突いて見ようと云  別れ際に云  おれの云  物理的に云  西洋から学んだと云  演技者を借りてゐると云  希望はないと云  迷惑だと云  体制と云  消費面とは云へ  やうに努めてゐないと云  なつたとも云へ  ためとは云  個人的に云  勝手にしてはいかんと云  ひだも云  文化人と云  僕等の云  勉強なさいと云  自分たちの云  われわれが云は  文化性といふ云  文化性などといふ云  いろいろな云  文学者の云  人でなければ云へ  愚衆とか云は  理窟では云  水兵は云  久里浜とは云は  彼にもつてゐるかと云  恋をしたと云  失策だと云  分明見定めたいと云  千葉在だと云  大人とは云  美智子に云  医者に云  哀愁とでも云  高飛車に云  ことさへ云は  照子は云  なつて云  漂はせながら云  噪いで云  山村は云  龍二は云  海で泳ぐと云  藤田は云  女に悩まされてゐると云  照子を顧みて云  照子が云  照子に云  スキーに行かうなんて云  一番好きだと云  サヴイツキイ夫人は云  悲壮とも云  病癒えたりと云  酒巻さんが負けずにかう云  前でも云  向上してゐるとは云へ  ものでなければならないと云  芸術的価値ありとは云へ  意外とも云  大にして云  私の云は  ここに云  ものがあると云へ  脚本を演じて見ようと云  神経が尖つてゐると云  作者の云は  みんなどれでもさうだと云へば  自分で云  語つてゐると云  意義があると云は  加はつてゐると云  警察で許さぬと云  せいだと云  眼をさう云  嫌ひではないと云  買物方々出歩かうと云  來てゐると云  敢てすると云  のにと云  竜脳菊で足りるだらうと云  人口と云へば  翌月になるとか云  月例会と云  午後四時からと云  菊池ツて云  主筆が云  何色とも云へ  声では云へ  心持だと云  既茶を入れて飲まうと云  様に云  兵事係とか云  アノ白沢屋とか云  芳が云  さうだとか云  関係があると云  これと云  帰つたさうだとか云  フフンと云  怨言でも云  愁と云は  一周すると云  戯談でも云  菊池兼治と云  深野と云  資金を集めるなんて云  アノ金村ツて云  小松君が云  以前社に居たとか云  餓ゑたる女と云  撰りすぐつて來たと云  巧者と云  通り相場だと云  百太夫であると云  操を演じたと云  つてはゐないと云  座が出來て居ると云  地盤と云  伊豫だけであると云  芝居炬燵と云  定紋を許されてゐたと云  抱太夫と云  最高十三圓と云  心持次第と云  部落であると云  合つたであらうと云  保存されてゐるだらうと云  意味から云へば  變化してゐると云  變化を受けるであらうと云  演技を含むと云  創設であらうと云  改名したと云  淡路と云  菊太夫と云  つて發達したかと云  免許状と云  人足帳と云  つて來たかと云  文樂翁と云  人であると云  變へたと云  土師部がゐたと云  結合したと云  人形と云  關係があると云  獻じたと云  海上で演ずると云  荒魂であると云  體とも云  記述は云  不明と云  ことを跡づけ得ると云  産所と云  複合と云  力を持つと云  市を立てると云  旅に出たと云  特殊部落扱ひをされたかと云  古老の云  上から云へば  良民と云  天明とも云  今で云へ  月例會と云  聲では云へ  アノ白澤屋とか云  歸つたさうだとか云  資金を集るなんて云  一体菊と云  人にたとへて云  原作もさう云  言葉が生れたと云  年を召したと云  祖父から云  病室に行かねばならぬと云  妻がなだめたならばと云  やうにと云へば  我慢がし切れないと云  気を取られてゐると云  迚も云へ  乱暴な云  頑固を云  #のでないと云  友達と云  冷静と云  行き方だとさえ云  率直に云っても云  峻厳だとさえ云  法則だと云  衡平とも云  夜道をしたと云  誰がおいて行くかわからんと云  校長がさう云  ことを話したと云  ムリに云  それを云へば  材木商と云  のもさう云  袷羽織と云  ものを盛り返さうなどと云  滅茶苦茶を引いてやらうと云  花が散り込むと云  ぶとも云  語で云  とりこと云  宿禰と云  奏上すると云  斎川水と云  顏と云  亭と云  雙方同音に云  此と云  四五十里だと云  何生と云  紅と云  嬌瞋火に似たりと云  張氏美而妬なりと云  何うだと云  媚と云  嫌だと云  精神病全般について云  乞食は云  陛下と云  娘に云  妻にしたいと云  ギラルリイと云  処へ来て云  秘密は残らず分ると云  自ら食を求めると云  ハアヂと云  御覧になると云  誰れかが云  誰れも云は  おれがさう云  日比野に近づいて云  活動写真式とでも云  雲かと云  面白かるべしと云  在所と云  妙とも云  象徴とも云  傾向に進みつつあると云  蔦屋と云  舊宿まで見送らうと云  小雨村と云  時間から云へば  瀧と云  奧に分け入らうと云  源とも云  今夜寢させて呉れと云  菅沼と云  給ひしやと云  ましく云  家にて云  潮にと云  贅沢を云や  学者来りて云  立派であったと云  早口で云は  小母さんが云  荷物をのせてゐるから帰してくれと云  お母様にさう云  我身をかえりみて云  比較しても云  王安石は云  将に云  将を出すと云  木曾冠者と云  木曾と云  地勢を有したりと云  此無法なる云  生命ありと云  鼓判官と云  行つて来てはと云  やつて来いと云  街を飾るかと云  現象の生じると云  訪問をすると云  私は成るべく来て下さいとは云は  手紙と云  徐ろに云  道具商をいたすと云  御膳汁粉と云  紅餡と云  塩餡と云  ソノ塩餡と云  ダイクと云は  石何て云  みんなそこまで行かうと云  ごと何て云  節理と云  つて五十歩百歩ではないかと云  努力してゐると云  同化したいと云  了つたとは云  栄燿贅沢をしたと云  ラプソディと云  ここまで落ちて来たと云  高等乞食と云  酒場とか云  備つた徳人と云  しびれを切らして云  狐さまと云  凶と云  因縁と云えば云  何人が云  千八百四十何年と云  侍従武官にすると云  ステパンと云  勤務と云  上流社会と云  社会に属してゐると云  手が付いたと云  初恋と云  男子と云  恥かしげに微笑みながら云  お前なんぞと云  自己と云  云つた礼だと云  利己主義ではなかつたとは云  お前と云  ステパンはかう云  陛下を愛すると云  慕ひ申したと云  ポクロフと云  服従と云  服従しなくてはならぬと云  懶惰と云  只マリイと云  セルギウスと云  脱離したと云  辞退してはならぬと云  誘惑を受けると云  争闘と云  云ふにさう云  ニコデムスと云  赫いてゐると云  将官が見たいと云  あなたを見たいと云  お前だと云  草庵と云  遊びに行かうと云  先まで往かうかと云  タムビノと云  マキンと云  先頭に立つかと云  先まで乗つて往けと云  信仰と云  誘惑と云  つて出て来ると云  美人だと云  悪魔ではないかと云  迷つたのだと云  足を踏み込んだと云  女を通らせながら云  女は微笑みながらかう云  活路だと云  ちの方を見なくてはゐられないと云  押へたと云  どれだけ痛むとか云  アルセニイと云  祈祷で直ると云  名に掛けて頼むと云  病気を直すと云  セルギウスは云  病気を直したと云  宿を借るかと云  事があると云  セラビオンと云  ソフイア・イワノフナと云  聖者と云  買はうとか云  貰はうと云  どこへ押して来ようと云  病気でも直すと云  大声でかう云  医者の云は  安心立命をしてゐると云  僧が来て云  娘を連れて来いと云は  愛と云  一体神と云  娘に泳げるか泳いで見せろと云  天使が現れて云  苦情を云  ステパンだと云  セルギウスはかう云  パシエンカがかう云  誰だと云  帰つたのを見て云  笑談を云  病気だと云  夫に打たれてゐたと云  神経衰弱と云  パシエンカはかう云  パシエンカが云  神に仕へると云  足を留めてゐると云  猥談と云  就ると云  上にも云  渡しと云  昔願人坊主が住んでゐたと云は  工場だと云  甲高声で云  試験と云  行進と云  九州と云  羽子板は云  おばあさんが云  おばあさんは云  宝塚についても云  高善と云  ことであると云は  世相だと云  誂草と云  親と云  ものであると云は  不平も云へ  中に見出したと云  原因をなしてゐると云  觀るかと云  注文と云は  平易に云へば  成立すると云  知つてゐたと云  時から分つてゐたと云  知つて居なかつたと云  原則とか云  物理學と云へば  事實かう云  濟むかと云  拔擢して見せると云  行列をしてゐると云  經緯をなしてゐると云  救世主とでも云  我ありと云  ことを認めてゐると云は  我有りと云  來るなどとは云  彼我相對と云  親から生れたと知ると云  無我など云  とつたと云  互性活眞なりと云  作用であると云  即であると云  勸善懲惡と云  惡莫作と云  片手落と云は  心も起らずと云  青蠅と云  聖人と呼ばるるを恥づと云  衣食足つて禮節を知ると云  案は云  功ありと云  のを云  救生であると云へ  宛然哲學など云  救世と云  徹底的であるとは云  入口で分らせると云  現世に在ると云  兵右衛門と云  悪辣を極めたりと云  転身と云  頃からだと云  ことを云へば  さを要すとも云  舞台的完成時代であると云  巨匠に限られてゐないと云  斬新奇抜と云  今夜男になったと云  葛藤と云  梅雨曇とも云  安全と云  充実と云  布衍して云  如くに出てくると云  苦心したなと云  余の云  其割から云  景気で云  嘉吉は云  得意さうに艪をあやつりながら云  空嘯吹いて云  顔で云  変へてかう云  何ちふ云  母親にかう云  げに云  亭主は云  父親は云  裏に云  姿勢で云  隊長は云  輜重輸卒と云  ものは云へ  そればかり云  工場と云  隠居も云  ことをこぼして云  現在を語りたげに云  丸田も云  客は云  老母も云は  丸田は云  嘉吉に云  丸田を見て云  ことを思うて云  身を思へばこそ云  われにや云  指井とは云は  名前を云は  安心あれと云  眉を顰めて云  密會所に貸して呉れないかと云  變へて云  私が出して置きませうと云  七福廻と云  大黒様と云  体格と云  容貌と云  弁天と云  どちらから云  遊びに来いと云  異口同音に云  恰好をして云  金井源蔵と云  俳画と云  平生あなたがかう云  所以なりと云  帯と云  市街に住まうと云  己から云  確乎と云  良人の書くと云  買つて呉れると云  学生に出さすと云  山田と云  土地を買占めたと云  不自由だらうと云  来月生れると云  つた声で云  眼にて云  それを云へ  婚すると云  時妻に云  理由は云は  自分では云  無理にも云は  本当を云  訴へて云  ランプを消して下さいと云  笑つて何も云は  私はさうだともさうでないとも云  不平を云は  驚愕とも云  思想力に富めるを云  さるを云  塲合を云  會注するを云  むるを云  忘却を云  方法を取るを云  むるを得るか如きを云  むるか如きを云  消散するか如きを云  妙と云は  の類を云  先生は云  驚愕とも云へ  悔みを云  私にばかり云  真顔で云  主人は思ひ出してかう云  主人が気付いて云  交際が許されたと云  事をどもりながら云  進文学社と云  去来と云  綱浄と云  点取と云  廃めたと云  手にと云  承知しなかつたと云  首を傾けて云  息子は云  同一哲学であったと云  就てだけ云  親父の入れると云  つて二三年間と云  小説家になりたいと云  醫者になれと云  氣とか云  望みはないと云  希望通り醫者になると云  文學者になりたいと云  力で遣れと云  九月と云  讀すると云  文學者にならうと云  修養すると云  #ことを繰り返して云  月々正式に送ると云  雄飛して呉れいと云  一年と云  ごろつき書生になると云  某と云  府下を歩かうと云  托鉢に出ると云  佐久間秀雄と云  なつたから入らぬかと云  余り豊富だと云  多くは云  口に云へ  期待があると云  人々が云  造型的だと云  ものはないと云  ハツキリしてゐると云へ  恰度帽子と云へば  程にはなつてゐないと云  吃り吃り左に云  違ふかと云  萠芽を見てゐると云  明確に云  手短かに云  大小を云  學したと云  声名の下ると云  わたしに書かせたいと云  人生意気に感ずと云  真似をしたと云  暗示を受けてゐないとは云へ  われが説くには及ばなかつただらうと云  芝居をやりたいと云  自信があるとは云へ  肉体的にと云  西洋劇で云へば  就てと云  必要であると云  先づ支那を知らなければならんと云  我日本と云  實業家と云  東洋文化と云  來東洋文化と云  東洋文明と云  支那研究と云  此研究と云  口には云  爲し遂げると云  漢文と云  支那を知ると云  徳性涵養人格養成と云  所謂日本で云  #支那通と云  安堵するかと云  支那と云  同一と云は  成功するか分らぬと云  一統すると云  商業とか云  やうにならないと云  陳と云  保守的だと云  辜鴻銘と云  つて居つたと云  解らんと云  地理と云  優つてゐるかと云  恥辱であると云  其智識を得るかと云  從してはいかんと云  行れて居るかと云  何であるかと云  石油を採りたいと云  意味より云  概括して云へ  其關係と云  儒教と云  #のがあると云  儒者であると云  自ら漢文を知らなければならんと云  上天と云  之を祭ると云  ドミニカンと云  ペリオと云  千佛洞と云  極東學院と云  學校とは云  美術と云  本家であると云  攻究すると云  何處かと云  一體英國と云  デホロートと云  私にかう云  招聘したと云  支那宗教大系と云  樣にしないかと云  道教と云  ホ氏が云  併しさう云  館長が云  蒐集中であると云  書籍を集めて居るかと云  地理歴史工業と云  聊城と云  楊と云  あなた知らんだらうと云  東洋語學校と云  山東商業山東礦業工業と云  支那に行くと云  東洋語學と云  文學と云  本を集めてゐるかと云  イワノフと云  參つたと云  共存共榮と云  何人も云は  二に置くと云  理解すると云  粗末にするといけないと云  ものは賣れないと云  輕んずると云  事ですかと云  他人よりさう云  二十一ヶ條と云  只二十一ヶ條と云  侮辱したと云  名義と云  此國民性と云  風俗習慣と云  文章を讀むと云  傳へると云  貿易と云  事をやらうと云  學術的研究と云  事業と云  漢學派と云  改竄しないと云  經文を疑はぬと云  文辭を疑はぬと云  謹愼と云へば  經書を疑はぬと云  存置すると云  支那古典學と云  尚書左傳など云  否定すると云  經書と云  論衡と云  竄亂があるかと云  賈誼新書とか云  荀子と云  墨子と云  國策と云  何處かにさう云  地方と云  山海經と云  人々とさう云  五分五分だと云  うつかり云  折角人の云  松の云  碌々人の云  かしはが云  ベゴ石を見て云  班昭に就いて聞いたと云  傑作と云は  一面より云へば  通史を作らせたと云  五代史志と云  西洋と云  いふ風だと云  紋切型で云  総てとは云は  成立致しましたと云  秦漢以來革命と云  主となると云  革命と云  復古と云  踏襲したかと云  離婚と云  自由結婚と云  野合と云  信義道徳と云  聽かぬと云  道徳教育と云  道徳を保つて行くかと云  矢張り儒教と云  復興と云  老儒とか云  保存して行かなければならぬと云  保存と云  盛んにしなければならぬと云  何うであるかと云  盛んにしようと云  調和如何と云  換へて見ると云  來るかと云  通り五倫と云  君臣と云  發揮したと云  君主政體と云  公羊學と云  國教とすると云  明記したいと云  儒教復興と云  説を持つて居るかと云  制度を改めたと云  教祖であると云  命であると云  緯書と云  中に入れたいと云  除外すると云  囘藏と云  喇嘛教と云  宣教師と云  却下されたと云  運動をすると云  王とすと云  大夫と云  魯と云  法を立てると云  公羊學者と云  王と云  正月であると云  ことであると云  法を立てたと云  變公羊學と云  公羊學を入れると云  議論があると云  大同小康と云  夷狄と云  溝と云  爲めであるかと云  爲めにすると云  勞力をすると云  鰥寡孤獨と云  區別と云  大同時代と云  憧憬れて居つたと云  説明すると云  儒教を立てなければならぬと云  説と云  物を求めると云  今日かう云  佐渡と云  雪見と云  宗教的なとも云  立派に演じていると云  能力と云  利益であると云  鎭制しようと云  話を持込まうと云  ことになるだらうと云  觀物と云  つて一生を送らうと云  沒交渉になると云  問題も含まれてゐると云  眞物と云  侮蔑とを感じて居ると云  爲めであると云  奇観と云  問はないと云  真を写すと云  同一と云  鬼趣図とか云  時計と云  慇懃に云  鍵屋と云  天機を洩らすと云  顔して云  前途を示して云  先日死んだと云  空と云  味ひ得たと云  精髓を得たと云  譯したと云  胡越一家など云  胡馬嘶北風など云  今日から云  傳へねばならぬと云  東國と云  京都に移ると云  咽喉にからんで云  坊ちやんと云  盛に云  時何か云  母胎とも云  徴組と云  旗本位にはなれると云  五月になると云  下村継次と云  壮士なりと云は  近藤勇と云  智勇兼備と云  攘夷すべしと云  損つた志士と云  一年遅れたと云  升屋喜右衛門と云  喜右衛門と云  高俊太郎と云  外出すと云  天才的と云  乃美に示したと云  屠腹して果てたとも云  池田屋斬込みだと云  幸と云は  切つたと云  識別させたと云  刀を遠ざけたと云  大衆と云  君だと云や  亘つて話合したと云  具へて居ると云  何事でも聞いてやらうと云  多くを云  犯罪事件が起つたと云  共犯者だと云  如しと云は  拘引されたと云  維がると云  かしこまつて居ると云  目付かもしれないなどと云  自殺らしいと云  材料となるのであらうかと云  図つたと云  控へて居ろと云  雑念と云  最後にかう云  どこと云  心を引留めると云  謝さなければならないと云  何を企てたと云  成行くまいと云  外にもの云  身をぬけ出したいと云  どこへ行かうと云  鼾も出ようと云  活動をだに許されないと云  覚悟をしたと云  宮部と云  やつてしまはうと云  のでもないと云  き死と云  天才であると云は  文字が示したと云  如しと云  如しとでも云  人間は死ぬと云  様暴れてやらうと云  死刑に処したと云  忍びざるを忍んだと云  退場と云  主文にしてしまはなければならないと云  裁判制度と云  真相と云  証拠力を附すと云  気休めを云  理解があると云  持病であると云  記者は云  執行するだらうかと云  判決であらうかと云  判決だと云  理由なりやと云  囘顧と云  日本などにもさう云  國史囘顧會と云  それは云  アジアと云  研究しなければならぬと云  古代法律と云  六篇と云  具法と云  一般に通ずると云  處すると云  唐律と云  ものを指して云  價値と云  明律と云  内容と云  清律と云  補助であると云  俟たなければならぬと云  道徳主義に則るべしと云  レ上二大夫一と云  矢張り家族主義と云  家族主義は云  道徳主義と云  家族主義と云  家族主義であると云  のであるかと云  支那は云  宗法と云  祖先の祀をすると云  祖先崇拜と云  マルチンと云  迷信と云  親を慰めなければならぬと云  別家をしようと云  孝友と云  胙一年と云  胙と云  族と云  發覺すると云  譯であるかと云  政治組織と云  天下と云  國家と云  赤子と云  忠孝一本と云  門にすべしとも云  備はると云  原と云  忠と云  孝とも云  例律と云  十惡と云  五刑と云  算へるかと云  先づ笞刑と云  杖と云  五と云  何分と云  殘つて居ると云  引移つて行くと云  人情と云  切れぎれに分つと云  歸れないと云  月令と云  外は受付けないと云  我邦で云へば  通りにせよと云  毆つたと云  贖罪をも許さないと云  社稷と云  危くすと云  王朝を倒さうと云  王朝を倒すと云  今日で云へば  變更を企てると云  右街とも云  唐が亡ぶと云  山陵を毀つたと云  惡逆と云  伯叔父母と云  伯と云  伯母と云  外祖父母と云  行爲を云  二死罪一三人上と云  十人殺しと云  一家と云  蠱毒と云  蠱と云  若造二御膳一誤犯二食禁一と云  指斥すると云  及對二捍制使一と云  對捍と云  辭令を渡すと云  告言すると云  詛と云  了へなど云  レ闕と云  忌中と云  作レ樂と云  惡いからと云  不義と云  屬府主と云  何人と云  吏卒と云  卒と云  姦通すると云  異姓から娶らなければならぬと云  從つて内亂と云  睦と云  亂と云  姦二父祖妾一と云  八虐と云  泥棒をせよと云  御馳走せよと云  貳にすると云  レ珍などと云  受業師と云  受レ業師と云  學と云  先生を傷付けると云  先生と云  尊敬しなければならぬと云  罪にならぬと云  #卑幼尊長と云  ものは云  屬と云  二百あると云  碁を打つと云  遇レ樂而聽と云  處すと云  妾と云  離レ之と云  五等を減ずると云  云ふことかと云  結婚せよと云  子を生むと云  居二父母喪一生レ子云々と云  處されると云  三等と云  毆くと云  打擲すると云  鞭つたと云  母を鞭打つたと云  處分せよと云  親を打つたと云  至りであると云  處分せられたと云  剥皮と云  不都合極まると云  つたのであると云  不都合であると云  行屆であると云  皆斬と云  右衞門と云  ツネと云  東京に出して呉れと云  廢嫡されないと云  ツネのさう云  同棲するに堪えぬと云  人情判事と云  被告其者を殺す生かすと云  裁判であると云  滿十四年何ヶ月と云  滿十五年と云  右衞門にあると云  丁度二十三十と云  法律から云へ  やうにしようと云  大事と云  後を絶やすと云  #ことであると云  親を殺すと云  親を殺したと云  凌遲處死と云  孫と云  義があると云  證人に立てると云  虐待したと云  案内せいと云  新聞に書立てられると云  國粹とでも云  來ぬと云  扱つて居るかと云  婚姻と云  行はれるかと云  それを云は  處分と云  婚姻でないと云  昏禮と云  二姓と云  揖讓と云  升すと云  婚禮と云  要件と云  異姓と云  異にすると云  吉と云  買はぬと云  年齡と云  二十迄と云  弱冠と云  室と云  笄すと云  否かと云  結婚しなければならぬと云  經學者の云  嫁入りすると云  女二十と云  成名と云  子何年何月に生れたと云  媒氏と云  #官があると云  聽二婚嫁一と云  結婚し得ると云  采を納めると云  納采と云  名を聞くと云  孃さんと云  社會學的に云へば  婚書と云  婚者と云  嫁くと云  つて呉れと云  八ヶ月經つたと云  在世して居ると云  後妻でも取ると云  經つてからでなければ取らぬと云  爲めかと云  如と云  婦と云  貞婦と云  孝女と云  毒だと云  孝婦と云  世話をすると云  #者を云  如なりと云  服なりと云  夫妻胖合と云  取扱はれなければならぬと云  盡して悲しむと云  #ことを避けねばならぬと云  ぐると云  問はず齊衰三年と云  譯でないと云  期と云  傷と云  斬罪と云  嫁と云  手續と云  兄と云  義絶と云  合と云  事情あるに拘らず出すと云  無理だと云  七出と云  事ふべきかと云  務むべきかと云  事へずと云  犧牲にしなければならぬと云  離縁すると云  爲二焦仲卿妻一作と云  仲卿と云  譯に行かぬと云  自殺すると云  子無しと云  後を絶やさないと云  立場から云へば  拵へると云  實際状態に就いて云  ものは去ると云  子を得ると云  實行しようと云  レ事二舅姑一と云  此淫佚と云  近頃北京附近にも起るだらうと云  饑饉と云  分配と云  Donovanと云  惡疾と云  時に穢れると云  此惡疾と云  口舌と云  多言とも云  同居して居つたと云  答へたと云  習慣と云  之に依つて出すと云  經二持舅姑之喪一と云  經持と云  事へると云  それを出すと云  時賤後貴と云  其妻を出すと云  事は見逃がさなければならぬと云  レ所レ受無レ所レ歸と云  叔母もないと云  其時に云  個人主義に改めなければならぬと云  大和民族と云  孝道と云  近頃親殺しと云  社會評論家と云  酒を呑むと云  當るまいと云  餘程親殺しなどと云  悔悟して居るからと云  孝行と云  恋愛小説であるとも云  転換期にあると云  文章であると云  一因をなしていると云  ためであると云  白桜と云  これ以來變りはないと云  是れと云  贋物と云  嘗と云  祝詞と云は  伴造と云  何もさう云  市民と云  化せりと云  獣心なりと云  中になどと云  東京を去つてゐると云  言下にかう云  東京を惜しんだと云  東京とは云  僞作と云  本とは云  云つたのであると云  それができぬからであると云  缺點であると云  目録學にあるとは云へ  書き方を云  當らずとは云  皆編年と云  本とも云へ  出來とは云へ  滿を云  今で云へば  間違ひが生ずると云  感謝は云  發達と云  易へたと云  尚書召誥篇に云  尚書多士篇に云  毛詩魯頌に云  雜識に云  學紀聞卷六に云  卷に云  朱子語類卷八十三に云  シユウクリイムを呉れと云  不可解だという云  斷言し得られるかと云  豫言と云  日蝕があると云  週期性と云  終熄するかと云  安賣りをすると云  處女地であると云  研究を怠らぬと云  會とは云へ  當用的研究に傾きたがると云  業績を擧げると云  國心理學會と云  先進者であると云  一體何と云  多くを持ち合せて居ると云  國であると云  迷信だと云  一つであると云  國教と云  缺げて居ると云  作用するかと云  面子を保つて行かねばならぬと云  道徳無しと云  嚴格に守られて居ると云  合はせと云  ことを拒むと云  無味だと云  ところに置いてくるだけや云  帆村はんが云や  ことかと云  倉川と云  井上演劇道場と云  芝居だと云  貰つたのに気づかずに通り過ぎたと云  場合にもさう云  唐津と云  ものが燃えてゐるからと云  地熱と云  熱と云  系統を云  買ひに行かうと云  大八車で運びこんだと云  承知しないと云  七駄半なんて云  不思議とは云は  金を取らうと云  恐れがあると云  葉書を出さうと云  ソウ云ふならと云  議員なんて云  一番似てゐると云  對する云  なかで云  年譜とは云  口実に云  内証歩行と云  玉江と云  指を屈すると云  滝と云  根底と云  味いがあるからだと云  浄土と云  特権であるとさえ云  上の云は  紫紺にしてくれと云  思つて四十五銭と云  熱誠と云  平出さんは云  役所で云  七瀬が云  平野さんだと云  買物に行くと云  朝飯を食べて見ようかと云  決闘を書いたと云  印を押してくれと云  狹く云  實業教育と云  盛んにして居るかと云  公益と云  爲だと云  養成したいと云  教育を施すかと云  月給取にしたいと云  月給に有り付くと云  職業を求むると云  生産を興さねばならぬと云  農學をやるかと云  盡されたかと云  職業教育をするなと云  從つて進むかと云  八十仙と云  甲と云  收入を得ると云  幾百圓と云  氣張つてやれと云  月と云  肉と云  のであるとか云  大工に成らうと云  東郷に成らうと云  エライぞと云  エライと云  道だと云  壞すと云  政府の云  車夫と云  喧嘩でもしたと云  目を付けると云  教育して居るかと云  ときからさう云  エライ學者だとか云  幾千と云  六千圓と云  目的とでも云  教育家とか云  教育は云  專門學者に云  構はぬと云  器ならずと云  知つて居ると云  何でもやれると云  學者だと云  エライ學者だと云  學者風と云  從を云  者とは云は  學者と云  聖人と云  やうにしなかつたかと云  人間と云へ  靈長と云  道路を造ると云  用ゐぬと云  自ら樂しんだと云  シエレーと云  情愛と云  憑り付くと云  つて小言を云  何所まで進ませねばならぬかと云  品種をもの云へば  木兎とも云  柚太は云  世と云へ  博奕であるからと云  梟盧一擲と云  何水滸伝と云  慾を云へ  兩側と云  近所だと云  物を云は  白紙を眺めながら云  子が云  滝も云  大げさに云  世俗に云  誰も知らないと云  歌留多会とは云  懸命さと云  滝は云  博士の云  んですねと云  氏は云  世辭も云は  調子をゆるめて云  内侍六代を渡したと云  上手に云  画布をかけるとも云  差があると云  上に現われて来ると云  表現するとも云  人が居なかったと云  方から云へば  環と云  自分も行かうと云  さへ云  ことではないかと云  食つたと云  台風と云  慣用語で云へば  野分と云  戦争と云  蒋生と云  海岱門と云  素敵と云  奴凧と云  扱帶と云  艱難と云  迚も企て及ばぬと云  審かにして動くと云  愼獨とは云  君子と云  我胸中人に向うて云  英雄と云  父さんの云  強制されると云  頭から云  云ふなら云  妹は云  子供は云  樣子に見えたと云  一風呂入らうと云  伝説と云  空室があるからと云  教へて来たと云  芳公と云  声では云  手が届くと云  祖母に云  年でも云  やうにさう云  狐につかれたと云  のだとさへ云  のだらうなどと云  体をしつかり抱き止めながら云  笑談などを云  絶望的とも云  ことが云へ  牢破りなど云  紺と云  金起と云  イヽエ口には云  何だらうと云  食事をすると云  里子は云  ものなら出来ると云  里子の云  泊つて行くと云  舞田と云  二階へ上れと云  波江と云  雀と云  寄つてみてくれと云  外で待つてゐてくれと云  酒匂さんに云  客の云  ひとの云  ぼんのうと云  志茂代と云  里子に云  一億玉砕と云  自殺したと云  世の中ねと云  終つたとは云へ  二三日うちに参りますと云  気を兼ねての云  ぐやうな事を云  芸者ではありませんよと云  なほつて皮肉を云  見本があると云  電話を掛けに行くと云  ひともさう云  ぞくぞくすると云  厭だと云  独りだと云  飼つてくれませんかと云  キヤバレーと云  やつてみたいと云  味つたと云  動機から出てゐると云  先づかう云  ちかと云へ  食ひながら読まうと云  痛痒を感じさせなかつたと云  劇場を持つと云  クツペル・ホリゾントとやら云  劇評をしろと云  何になると云  作家が云  シェパードと云  こともできないと云  來たと云は  一薄倖児と云  今日近代的文章と云  事があるとか云  妾宅と云  伊藤橋塘と云  時代とに云  世話物と云へば  あとはわかつたらうと云  長があると云  妖怪と云  抱月さんが死んだと云  二三日前に死んだと云  共愛病院と云  黒子と云  變態心理學で云  錯覺とか云  事とか云  潔癖とか云  潔癖症と云  始めから云へ  五郎達が云  狼がゐると云  行つてやると云  禮も云  #のか云は  十三年と云へ  人々と云  大丈夫と云  哀れだと云  嫌ひだと云  十三錢と云  三枚一錢と云  チップを喜ぶと云  ショウジさんと云  全部引上げて来たと云  溝口と云  静けさとでも云  弟が居ると云  鉛筆を持つて来て描けと云  私此ピエルミで降りると云  カピタリカーパと云  チブチブと云  オムスクと云  リャと云  三日月と云  ロシヤ人と云  トロイカと云  食事費を取られてゐたと云  恋ひしいかと云  ボロボロだと云  頭を撲られたと云  ポンチ繪と云  頼りなささうで撲つたとは云へ  意味だと云  アツと云  地貌と云  炭をつぎながら云  叔母の云  隆造と云  隆造は云  中年者が云  何にと云  隆造が云  戯談など云  カンとも云  カツフエと云  僕などよりもかう云  元来仏蘭西人と云  フエニツクスと云  漢学者はかう云  Wormと云  蛆はかう云  寒中だと云  Allrightと云  同人雑誌にかう云  冷やかにかう云  幽霊を見たとか云  残つてゐたとか云  罪などと云  帰郷したと云  竜と云  彼是十年前にもかう云  朱舜水と云  リウイサイトと云  誇大妄想はかう云  命だけあると云  モオルと云  娘と云  奇蹟などと云  悪魔などと云  論文を書けと云  BlackandWhiteと云  ミセス・タウンズヘツドなどと云  耳にかう云  早発性痴呆と云  善悪と云  飛行機病と云  相と云  へんかと云  近所どすがなと云  合つてゐると云  何か書けと云  縄飛びなら覚えてゐると云  遺憾ながらかう云  後だとも云  窯場と云  化物だって云  工夫に云  ゴーッと云  めあてって云  私は急いで云  苦痛は云  唖者が来てゐると云  おまけに云  #ことが云  畫家と云  意地悪を云  愚痴を云は  躑躅なんて云  旅愁と云  それが出ないと云  乘合馬車が通ると云  來はすまいかと云  集作ると云  我風体と云  其俳諧にはことなりと云  それを好まなかつたと云  ざまにはかう云  中に寂びを尊んだと云  人に云が  松魚と云  こと速に云  十句しか得られぬと云  矛盾と云へ  Daemonに憑かれてゐると云  一変化すると云  ことと云は  珍らしいとは云  物寂びたとは云  芭蕉はかう云  衆道を好んだと云  昔と云  小説と云  隠士素堂と云  尋常に云  心酔してゐたと云は  文学であるとも云  反映してゐたと云  同感と云は  為と云は  茶漬を愛したなどと云  豊富にしたと云  跡なるべしと云  桑畑ありと云  片影を見得べしと云  昔より云  シレーと云  ドタンと云  樹木ありしと云  此小ヘルモンなるべしと云  Lingと云  鏡とも云  輕かれと云  最初に云  洋行すると云  い死どころだと云  飜譯のみではなかつたと云へば  たちだと云  身がさすと云  讖悔だと云  調子に魅せられたと云へば  元来講演と云  瞬間的断面だと云  気分とも云  ようだとさえも云  美妙斎とも云は  今だから云  何んにも云へ  無理は云は  横に倒れながら云  細工物は云はば  名人気質だと云  癩病になって狂って死んだと云  倨傲であったと云  直接にはおびやかしていたとも云  種族もちがっていると云  長官であったと云  かいとも云  想念であったとも云  これだけは云  風景であるとも云  現在と云  全て過去と云  過去であると云  現在以前を云  過去現在未来とも云  寝言を云  一つ寝言と云  自分は落ちついて云  皮肉に云  さうに力を込めて云  今日の云  暗黒だと云  實を云へば  自己を語ると云  穴をほれと云や  ウンと云や  物を云や  穴を掘れと云や  最初帰らうと云  俄かに止めると云  主人に云  行つてくれと云  忌だと云  主とでも云  吉次郎は云  小声でかれに云  当分帰らないと云  病症はわからないと云  学校が始まるねと云  父であると云  知つたとも云  縁を持つとも云  俗称河場と云  こともあると云  馬がゐないと云  誰から云  有様と云  人間で云  玄関を眺めて云  大声で云  道平は云  十分だと云  一二と云  物持ちだらうと云  腕と云  #胴体と云  両脚と云  まつ昼間だと云  寄つて行けとも云は  変化だと云  口早やに云  面喰つて何を云  病源を云  塔の山と云  相沢と云へ  房一が云  微笑と云  あいと云  川をつまらぬとでも云  徳次は生れ落ちるとからと云  どこへと云  今泉に云  反対ともとれる云  眼つきにかへりながら云  白旗を掲げてゐるとは云へ  水神淵と云へば  徳次はさつきから云  ひとり言を云  つて考へたとは云へ  つた当惑と云  君にさう云  それだけで云  近くで云  訴訟を起したと云  日を待つてゐたと云  側から云へば  それ以下とも云へ  鮎を眺めながら云  事もなげに云  不服を云  云はうか云  手拭をとりのけながら云  男はうむを云は  ちやいかんと云  らへて置けと云  練吉の云  不身持の云  一つと云へども  房一がさう云  練吉は急いで云  さまかと云  滑稽な云  つて叮重に云  高間さんと云  がまんがならないと云  風と云  つくりと云  風に示してゐるとも云へ  今日盛子に云  結核性脳膜炎とか云  息をついて云  やつと云  祝ひを云  あれも云  #これも云  十一月とは云へ  目をつけて云  小谷が云  慰労宴をやらうと云  マネスターと云  目を輝かせて云  曖昧な云  音で云  冷静に云  加藤巡査に云  自尊自大と云  教へて居ると云  隨分自尊自大と云  同等であると云  大義と云  自利利他と云  ものだと云へ  是れは云  理窟が分らないと云  譯だと云  學主義と云  空威張りと云  其旨意と云  誡めると云  文明に進めたと云  點より云へ  お蔭と云は  爲やうと云  合はぬと云  頓着しないと云  つた話であると云  本家本元と云  屬國と云  其毒と云  鯛と云  唱ふると云  其働きを云  其自尊自大と云  得々として居ると云  しめ自身を侮ると云  苦みと云  茶を呑みたかつたと云  一ト口に云へば  辱かしめられたと云  心持と云  #のは云  侍と云  戰つて斯うと云  辱かしめたと云  損であると云  六人と云  赤髯とか云  下だすと云  他と云は  現はすと云  腕力沙汰に及ぶと云  法と云  爲ると云  利害と云  苟くも自尊自大と云  塾を汚すと云  發はすと云  眞似をすると云  サア今日と云  其今日と云  愛などと云へば  一週間で直すと云  ちかと云  茂七君にもさう云  くらゐに云  はつきり物が云  顔をすると云  そこを云  さつきも云  反抗と云  生命をくれと云  私は怒ると云  自分に負けないで下さいと云  孤独であると云  存在してゐたと云  言行など云  思つて基督教と云  教へと云  のかもしれないと云  悪とか云  愚痴は云は  屈従と云  讃められると云  ことでないと云  撲滅さすに限ると云  精神分析的に云  本能的とも云  ことにしようと云  夫人が云  幾島がさう云  当分帰らうつて云は  戯談を云  二十六とか云  女中に云  ほりを云  素子を顧みて云  慾を云  車もさう云  埓が明くまいと云  全身これ闘志と云  方の云  徐ろにかう云  位置にあると云  前も云  喧嘩にならんと云  利得とは云へ  共存共栄と云  目的を達したと云へ  こちらの云  司神は云  境遇と云  これは云はば  会はせてくれと云  道ばたで見送りながら云  研究と云  茶の間をのぞきながら云  液体で云へ  #どろどろしてゐると云  今日はからだがあかんと云  わしどもの云  爺さんがさう云  水を与へよつて云  わしは云  なつとれと云  口からは云へん  明朗だとは云へ  喬にさう云  自分にさう云  云ふならさう云  露骨に云へ  ために捧げよと云  信用すると云  僕はなんて云  それが云へ  迷つたと云へば  鳩時計を見ながら云  はるやうに云  幾島暁太郎は云  声楽家は云  大皿を渡しながら云  郊外だからと云  素子はだしぬけに云  一字一句違へずに云  彼女はすまして云  そばから云  女性的と云へ  朗かに云  炭をつぎ足しながら云  完全とは云  条件を容れると云  素子は云  買はんかと云は  用事を云  それからかうも云  部長をつかまへてかう云  電話で頼んでみろつて云  恩は忘れないと云や  条で云や  イズムと云  イズムを持つと云  必要があるかと云  批評家にさう云  必要とは云  一つイズムと云  自他共便宜と云  違つた事が云  所から起ったとも云  愚図とも云  出世したと云わば云  はじめだと云は  九州風に云へ  姿をかくしたと云  悪魔と云  今宵と云  人間界に過つて伝へられたと云  賦香すると云  上から浴びせたりしたと云  ヘリオガバルスと云  丹念に見せてくれたと云  死だと云  手を停めてかう云  子供のかう云  医者だと云  言つたりすると云  夫人がかう云  ゆつきゆと云  腰が立たないと云  届先へ遣られようと云  ポシエホンスキイ・ヘロルドと云  長官はかう云  希望すると云  敵だと云  結末にかう云  遑あらずと云  編輯長が云  蹙めてかう云  言へと云  健忘とでも云  精神錯乱と云  電話口でかう云  張つて来たいと云  フランス革命と云  プラトンがかう云  限つて使はせようと云  横に向いて云  強情らしく云  日編輯長が云  侮辱だと云  侮辱なんぞにはなつてゐないと云  ーと云  夫人にかう云  学士がかう云  横暴と云えば云  親類だとか云  宴会だと云へ  程小言を云  一ツも云  家庭だとか云  後と云  方がまづいとか云  落付いたと云  香料と云  冷酷とも云  びっくりして云  田舎とか云  市川桃林案内と云  記事にならないと云へば  すべてさうだと云  いふニユースを出せと云  やり方だと云は  精神とは云  弊を云  世の常だから止むを得ぬと云  はつきり口で云  反対とは云は  まつたくと云  公に云  堕ると云  何処へ行くかと云  昔青山にさう云  十萬億土だと云  三途川と云  岩崎弥太郎さんと云  蓋の開くと云  苟且にすべしと云には  公園とも云  国躰なりと云は  四なりと云  詩と云  従順なるべしと云  榎本氏に行ことを否みたりと云  閉口すると云  平さんと云  こと数等也と云  それ自身になり切らないと云  表現だと云  人道的と云  せいだと云えば云  植木屋が云  危害を与へて遣りたいと云  鬱憤を漏らさうと云  雇つて出掛けると云  突發的にかう云  船頭が云  旅人と云  家族的と云  霜が降らないと云  五六度降るだけだと云  建物だと云  換へられないと云  妨げになると云  本心が云  叔父に云へ  おしげはぶつきら棒に云  母ちやんに云  顔をかしげて云  お客と云  評判娘と云  客と云  二十五だと云  眼をとめて云  ふしもやらうと云  そこまでは云  ぢに云  不機嫌に云  そこまで云  篠原新吉と云  穏かな云  東京劇場へ連れて行くと云  二枚用意してあると云  げはづけづけと云  旦那が云  静かに云  笠に云  意地があると云  意地と云  目撃したと云  雨が云  丸山新町と云  烏もさう云  実が云  男の子が云  二人が云  妻にさう云  子供だと云  何うしようと云  自分も云  MademoiselleHanakoを連れて来たと云  ロダンは云  久保田にかう云  花子にかう云  相談があると云  加減と云  言ふだらうかと云  ところありと云  必要を見ずと云  源五右衞と云  助と云  所謂フテ寢と云  誰かついて居らねばと云  樂をさせようと云  斷ると云  九兵衞と云  秋と云  増ると云  男が立つか立たないかと云  合はせると云  境と云  平吉と云  國浦崎と云  女郎屋と云  目とさへ云  厳格に云  一言にして云  場所とは云  さうにずり上げながら云  厭やと云  ノーミソッて云  キタナイことを云  職業と云  うどと云  俗にも云  前へ押しつけて云  師匠に云  ときまつて仰云  つたとは云へ  門外漢だから云  家庭とも云  意識されると云  貴女はって仰云  水などと云  借家人が云  ものを食べたと云  武士と云  花が散ると云  先生にさう云  寫眞だよと云  弟とか云  藝者と云  刎橋と云  世辞も云  姿で住んでゐたと云  何とかと云  よせと云  肩が泣いてゐたとでも云  ルシヘルと云  磊落とも云  くりかへし云  言葉だと云  三毛と云  口に出しては云  梟は云  ひとりで切り廻せと云  権威あらしめると云  編輯者に云  主人が云  笑ひながらかう云  ボヂルはかう云  主人は云  技手の云  在所を云や  格構と云  雪五郎達は云  郵便と云へ  季節と云  御免だと云  氣樂かと云  殘して行くと云  モンマルトルと云  良人が云  良人に云  ペピユブリツクだと云  お祭だと云  コンフエツチと云  さが得られるか知れないと云  祭と云  四倍ぐらゐの價を云  濟ませて居ると云  物で無いと云  突當つてと云  家があると云  弟子は云  美觀村と云  尊敬して居るかと云  狙撃されたと云  女優かと聞いたと云  佛貨を交ぜたら有るかも知れぬと云  席はあると云  変と云や  ゴーと云  むべなど云  者は云  昼間は云  吉田屋と云  影も見えないと云  奇聲と云  功者と云  耻ぢずと云  府と云は  顔に云  博士と云  コロリと云  何にも知らないと云  一番腐敗してゐるだらうと云  ジヤツカルと云  セムボビチスが云  メンケラが云  バルキスが云  何をしなければならないと云  女王がかう云  事が出来ないと云  女王が云  吐息を洩しながら云  連れにかう云  首をしめさせようと云  事とを云  女王はかう云  王は泣きながらかう云  幸福と云  バルタザアルはかう云  事を考へながらかう云  バルタザアルが云  ものだと云は  陰だと云  真だと云  宰相に云  星がかう云  汝に云  星の云  礼をしてかう云  ガスパアと云  メルキオルと云  メルキオルが云  ガスパアが云  ベヒーベンとか云  ワツと云  鳥何て云  部下の云  意を表したと云  手に委せ奉ると云  太夫とも云  誉順帰禅定門と云  司教トマス・トウルノンと云  さうだがと云  種類を云  しづかにうらんで云  君の云は  名を云へば  ことは止せと云  作者様方一連を云  大家と云  十分私に与へてやると云  自分を云  風邪をひいて寝てゐると云  重態と云  是非買つて来いと云  云つてゐると云  やつてゐると云  さんがさう云  風には云は  買ひに行くと云  表現を恥ぢると云  兄に云  外に云  手記と云  佐治にかう云  悲しみを思ひやると云  用があると云  虫だなんて云  幾ら母の云  やうにふり向いて云  了つてゐると云  芸者と云  母にも云  番頭に云  わたくしみたいな云  積雲ですとは云へ  空輪を云  稲を吹いては鳴らすと云  呼吸したり云はば  方で云  誰かが泣いて云  ことなど云  妹に云  その道を行けと云  大蔵とでも云  speisenとし云  水をくれと云  悠然として云  川を眺め降ろして云  平安朝と云  著者などと云  司とか云  尿を入れて置いたと云  希望も持つてゐないかと云  芋粥と云  芋粥を飽きる程飲んで見たいと云  始終を書かうと云  それが云は  容子と云  冬とは云  敦賀に住んでゐると云  為に殺されたと云  利仁の云  声を出してかう云  得意らしく云  夜の明けると云  時になると云  芋粥にありつきたくないと云  これにありつけると云  童児たちに云  芋粥に飽きたいと云  上芋粥を飲まずにすむと云  みつちやんしのびなきと云  手を置いてかう云  ロロと云  お腹が空くと云  天国と云  つてしまつてゐると云  つきら棒に云  #荒川土手とも云  給仕女に云  何かを云は  自ら厚顏に驚きながら云  續いて云  唇を開いて云  家族がさう云  何處へ行かうと云  ロシヤ人だと云  眼はかう云  老年の来ると云  何時であるかと云  たんで云  棄老傳説があると云  人落しと云  限り此所へ棄てしと云  此事が止んだと云  斷りを云  やうなどと云  詞では云  兄はかうでも云  やうにしかならないと云  兄を見上げて云  急に感じて云  人がさう云  顏で頷きながらかう云  囈言を云  水島は云  顏附で云  手術と云  助手が云  お前に云  濟んだと云  素直に云  神とも云  垢と云  時間と云  #のはかう云  孟子とか云  活版と云  叔母に泣きつくと云  為だと云  洗ひに行きますと云  辻と云  所まで書いてないから分らないと云  息子とでも云  常連だと云  水島君は云  不意に云  氣作つた聲で云  肘つきながら云  日本語で云  夕方大連へ立つと云  詞で云  日本人を呼び止めると云  欲情と云  聲に云  氣遣はしさうに云  顫はせながら云  驚きに打たれると云  らひながら云  文中に云  かしはと云  ぼくから云  つたとか云は  雇つたと云  芝居を書くと云  憤慨して云  無愛想に云  前をおろしながら云  若者は云  若者は云は  橋は云  病的と云  考え方と云  考え方とも云  五十六歳と云  張つたと云  爪を染めると云  歌つたと云  昔男ありけりと云  食事を出すと云  万龍に似てゐると云  さを保つと云  財産を溜め込んでゐるだらうと云  芝居を見たいと云  みを考へてはと云は  老後なぞと云  相沢久次郎と云  辰井と云  町子と云  ものもあると云  鳥越と云  鈴本と云  墜落したと云  欣也と云  すみ子と云  告白して云  金にあわてると云  金銭と云  つた家と云  板谷清次と云  カスタニアンと云  心が燃えてゆかないと云  出逢ひをしてゐると云  行つたの云  Schopenhauerは云  抽象的にかう云  底から知り抜いたと云  食はせたいと云  肯定しろと云  二つ丈だと云  Jahresberichteとか云  元来かう云  英雄が云  Modificationと云  形而上学と云  流行などと云  作品を生み出すとか云  それでかう云  アホコケと云  十五年と云  仕事をやめて出て行けと云  袴をはいて来なかつたと云  不忠者や云  アラビヤ糊と云  仙吉に云  ムツカシイ理窟を云  ウメ子は云  幾度も繰りかへして云  何んで云  ドラマトウルギイを読んでゐると云  愛読すると云  インテンシヨンズとか云  好みと云  容易にすると云  促進されると云  梅幸と云  無聊に苦しんでゐると云  向うで云  静にかう云  語つてゐるらしくないと云  関係と云  ものを見たと云  籠つた声でかう云  ストリントベルクは云  二つに裂くと云  西山篤子と云  川だと云  あとだと云  水にあたるかと云  靴をぬぎながら云  ジヨバンニを見おろして云  ジヨバンニが云  カムパネルラに云へ  叮ねいに云  銀河ステーシヨンと云  ジヨバンニは云  方を見ながら云  カムパネルラが云  外を指さして云  胸を躍らせて云  急きこんで云  腕時計とをくらべながら云  鳥捕りが云  地圖とを見較べて云  こと今まで云  女の子に云  青年に云  ぱつちり眼をあいて云  青年が云  顏をして云は  外で云  ジヨバンニに云  手を入れて立ちながら云  聲が云  女の子が云  話につり込まれて云  つて先生が云  威張で云  男の子を見おろしながら云  先生が云  つて二人に云  息をしながら云  鹽でできてゐると云  硫黄でできてゐると云  角治ると云  露骨な云  ことなんて云や  つて別に云  照子の云  つてする云  独り言を云  妾の云  斯んな云  前では云へ  誰れにでも云  昨夜お前に云  照ちやんの云  禁物だと云  形で云  違ふんだと云  廃墟とも云  片足食切られたと云  先祖と云  哥太寛と云  真前に云  事を見ないと云  百人一首と云  孫一と云  伊勢丸と云  才浦と云  長八と云  其を埋めると云  首と云  開放しないと云  祕密國と云  祕密國であると云  東洋學者マツクフエラーと云  印度と云  民とも云  小屋掛と云  學校へ出すなんぞと云  製造すると云  禪定に入ると云  入定と云  定に入ると云  ハリダースと云  先づ自ら幾日間定に入ると云  呼吸を止めると云  循環と云  音が聞えると云  ラホールと云  シンと云  貧者と云  行者と云  脈搏と云  綿が飛出ると云  證據であると云  ギーと云  己れを信ずるを得るであらうと云  假死と云  時勝手にやれると云  印度でなければならぬと云  昔からかう云  宣教師スミノーと云  都ブタペストと云  觀覽に供すると云  毎晩飮食に出掛けたと云  行と云  ライブニッツと云  變つて行くべきかと云  來輪廻と云  自分が死ぬと云  何と云うて鳴いて居るかと云  公冶長と云  聲を聞分けると云  所謂雲隱と云  人であるかと云  梵志と云  斷絶せしめないと云  隱者と云  三出家と云  神以上となり得ると云  冷淡だったと云  音譯であるかと云  秣賀と云  絶無とも云へ  都市と云  都城と云  准那と云  プサと云  軍卒と云  蛮風だと云  理窟ばかり云  文句の云  大分前にさう云  陰鬱さを増しているとさえ云  事を起したとさえ云  この世に生きているとも云  意味を云  アイクマンの云  輕快に赴いたと云  特效藥だとは云  效くと云  效いたとは云は  效力はなかつたと云  粹とは云は  細君から云  幸福と云は  つて壁越しに云  興が醒めたとは云  命令的に云  草津とし云へば  連中に云  つてからと云  一體何か云  カトリック的だと云へば  カトリック的だと云  完全に立ち入らせてしまふなんて云  作家の云  ことだか云  病死とも云  午睡とも云  風とも云  一人奥田と云  取引をすると云  白川にかう云  方で出来たと云  合つたと云  手付をして云  人を見つけようと云  片手業と云  松村に云  君がさう云  刈つた口髭を撫でながら云  白川に見てくれと云  他に求められたいと云  どこにあるのであらうかと云  債務者にならなけりやならんと云  んだなんて云  誰でと云  #条件ならと云  それはきつとさう云  つて二人の云  思切つて云つてのけると云  #風を示してかう云  一つ云ひこめてやらなければならないと云  理窟を云へば  交換にもかけないと云  仕打とも云  桑野がかう云  上に見ると云  藉ると云  しげにかう云  一昨日かう云  あや子と云  そさうもしたらばと云  隔てがあると云  電話だと云  定はまぜつかへしを云  ものを思ひだしたと云  床をさう云  女には惚れたと云  堪忍して下さいと云  びろめしたみな子と云  明日と云  心を動かさなかつたと云  心配でならないから云  口をすうすう云は  少壮実業家と云  才人であるとも云  ぴらに云  恥を感じたと云  俺はかう云は  思出して下さいと云  ふみと云  ぢさんが云  今夜は泊めて呉れなんて云  彼も云は  用向を云  話は云  小幡は云  問ひ糺してみようと云  たことはないと云  萬事を頼むと云  腕利きと云  七が云  附合へと云  禍を着せると云  巧く云って  なにを云や  くつて云  いやだなんて云は  足が云  自作について云へ  グウとも云  ツと云へば  必要に応じてと云  ギャフンと云  兄弟分だと云  誰と云て  痩我慢と云わんばかりに云や  通りに云て  五の云って  屋敷と云  巡査と云  官吏になると云  歓びと云  志願してると云  試験を受けに行くと云  貰はなければならないと云  立派に果すと云  向上しようと云  部落を離れると云  慵くてやり切れないと云  境涯に落ちたと云  女がさう云  結局如何にもならないと云  男を逃すまいと云  逮捕して来たと云  伝染病があると云  養生に努めたりするとか云  散歩と云  二十五と云  三十八と云  三月上旬だと云  私が坐るなり云  無理に追出すと云  そばに居りたいと云  歸らうとは云は  つて神經と云  ところへ預けると云  んぢやないかと云  叔父さんと云  顏付を見せて云  方をしようと云  叔父に云  玉子と云  念を押して云  勇氣はないと云  叔父にも云  調法と云  管を繰返してゐようと云  玉子一つ喰はせられないと云  叔父と云  何も云へや  出世出來ると云  奉公口でも見つかるまで置いて呉れと云  ところにゐたいと云  桃と云  時に生れて出ると云  事件とも云  津和野と云  ミュウゼアムと云  考案によると云  會長も勤まると云  仕事などを喜んで助けると云  ことにあると云  世に送り出すと云  雜作に組み入れられると云  極端だと云  年代から云へば  こぎやにや云  日本に戻るて云  ただで写さうて云  逢ひませうに泣けと云  荒野花と云  車に乗ると云  部屋とは云  魚住と云  三枝と云  嘘らしい云  赧らめながら云  歸らうではないかと云  あとを云は  肩がしよんぼりとして云  表はには云  街道と云  千代に云  判然と云  俯伏しながら云  邪魔するなどとも云  ひとりが云  のだとは云  行つた人間の云  正宗氏だけに云  男だとも云  次太夫とも云  シェイクスピヤについて云  序に云  皮肉と云は  芸術的本質とは云  男がかう云  男はかう云  方向について云  せいとも云  互ひだからと云  世間を渡って云  幾人亭主を持ったと云  隠居と云  事実年齢から云へ  事を残らず云ったり云  人達には云へ  苦情許り云  縁故と云へば  かめよにさう云  総て理屈が云  流言とも云  みち子は云  少年の云  文化問題と云  青年だとも云へ  小坊主とも云  お前何を云  物を云へば  つて何かを云  林學博士が云  一二冊訳して見ないかと云  心臓があるとは云は  心臓だと云  情熱だと云  あなただとは云は  批評家が云  ことであらうと云  それが熟したら食べうと云  怪火など云  商品と云  愛があると云  愁へ申して云  者なりと云  今日仰下されて云  招請して仰せられて云  広元朝臣答申して云  大膳大夫入道参進して申して云  仲章朝臣申して云  先づ自分がさう云  出放題を云  女学雑誌社と云  折に云  悪あがきをすると云  忌ぢやと云  念を入れよと云  つて云ふに云  易々とは云へ  窺つたと云  不足と云へば  ほんとうを云  歌で云  言葉が云  それすら云  気に見ゆると云  家來を呼んで云  あれは取れぬと云  本領とは云  Anschauungsformであると云  無理も云  絶景とは云  随筆を書いたと云  今人と云  レエゾン・デエトルを持たないと云  異聞と云  癒らんと云  給へと云  何何しなさいと云  室生はかう云  角欣懐と云  快活に云  事實に踏み込まうと云  世話になると云  相島と云  實生活と云  ものには云  つぶつた儘で云  執着するなんて云  子にかかると云  人としか云は  母さまと云は  一しよに往きたいと云  奧さんが云  珍らしいと云  燒餅やきには困ると云  博士にかう云  玉ちやんを連れてと云  己の云  奧さんはかう云  つてさせないとは云は  やうでないと云  夫の云  母樣の云  孃さんにも負けないと云  人だなんぞと云  席を起つと云  道破したと云  拔いてゐて云  一歩を進めてかう云  それをぼかして過さうと云  歌を聴かせて下さいと云  あれだけおちかに云  程と云  懺悔をすると云  ものを造らうなんて云  今も変らず云  本堂とも云  贄とは云  活動とも云へ  試驗田であると云  大声では云  東山北山西山と云  合理性にあるとさえ云  一結果だとも云  干与しているとも云えるしいないとも云  もとを云へ  張と云  ときめきと云  産地を云  何百冊と云  千種草雲と云  人物ばかりと云  ジャムだと云  公に云へ  行為そのものだけを取り立てて云へば  子どもと云  故郷の云  偉大だと云  ものに帰したとも云へ  柳橋とは云  序でだから云  年を云へ  なんでも云  新聞はいらんから断われと云  それだから役に立たんと云  クヾツと云  信仰と云は  度に云  せいになると云  存在すると云  信仰を持つてゐると云  人達は云  地力を尽すと云  參らうと云  襄丸と云  慾と云  來てくれと云  太刀打ちをしろと云  盜人にかう云  行つたのでせうと云  宅へあがりましたとは云へ  霧とも云へ  遊山と云  先に云は  あたしの云  男達の云  銀に云  ジヨンニーなんて云  うそだよと云  順と云  逆と云  貰ひに行くとも云は  折つて来るとも云  食ひ欠きに行くと云  接吻させないと云  風とは云へ  彼等に云  トウルゲネフはかう云  ギイ・ド・モオパスサンと云  LaMaisonTellierと云  新進作家と云へば  ガルシンと云  さを感じてゐると云  山鴫を射落したと云  別れだからと云  べつたい頭にのせながら云  せみと云  蟹も云  頸をすくめて云  ひとりごとを云  一郎は云  一郎が云  お父さんが云  まっかにして云  呉ろって云へや  顔をのぞき込んで云  下に立って云  楢夫が泣いて云  頭をなでてやりながら云  のをこらへて云  一語も云  子は云  頭をなでながら云  一郎に云  公爵の云  それを聞いて云  花見とは云  探梅とも云  間も忘れずと云へど  弘蔵と云  ぢいは云  皆が云  久授呂宮と云  習慣とでも云  カゲマと云  火災を見たりと云  右衛門と云  山丈と云  西村某と云  山父と云  山男と云  水無銀山阿仁と云  常陸内と云  又蔵と云  あいつと云  敢て驚かさずと云  高助と云  此人の云  天狗礫と云  鬼新左衛門と云  三年ばかりにして死したりと云  大人と云  大工又兵衛と云  オホヒトと云  洪荒と云  姥明神社とも云  址と云  囂と云  夫婦岩と云  名勝があると云  上つて來たと云  往つて茶路に住むと云  一切分からぬと云  ドウセ夜に入ると云  案内者が云  迎へて居ると云  滿洲に居るとか云  八百からあると云  排斥したと云  若山と云  奈智と云へば  何丈あるとか云  四十八丈だとか云  ためだと云  地上からせり出しつつあると云  此処まで云  冗談を云は  道でも開いてやると云  一つも云  のが云  がましく云  踊子の云  校長に云  モーゼが云  空に伸して云  つてしまつたアリストフアーネスとか云  わたくしは云  呉ると云  友達が云  便利だなどと云  意地悪るを云  川とも云へ  つて物を云  村まで送つて行くと云  ツル子が云  側まで送ると云  湖水と云  つたなどと云  当り前に云  二時間あまりだと云  性急に云  風に散ると云  対ひて云  雲を云  兆なりと云  よのうきと云  機関が見たいと云  令嬢千代子君とも云  夫だからあやまつたと云  めるも云  陽はに云  恋かあらぬか云  花とも云は  口には云へ  指輪はめて下さいましたかと云  島々と云  一風呂浴びて来てくれと云  馬陸と云  一人頼んでくれと云  常談を云  旅愁とも云  私を顧みて云  猪と云  千本銀杏と申しますと云  女教師が云  職員と云へば  末席なは云  適切に云  餘りと云へば  現にさう云  小原銀太郎と云  何日も云  これ先生さアに見せて呉れ云  當れりとは云  其儘俊吉をひき留めようと云  口では云へ  財産と云  校長の云  ソノ運命と云  傾向と云  自然に還ると云  職員と云  余りと云へば  内閣不信任と云  差なりしとは云へ  其時機にあらずと云  不能なるを云  目的増加ありと云  世界を持つと云  認識主觀と云  フォイエルバッハは云  ベルグソンは云  仇名などで云  他にあるかと云  兒戯的なりと云  美を談ずべからずと云  冠絶すると云  景とは云  のみも云  一つの現われと云  霊長だと云  一歩近づいたと云  それに及ばぬとも云へ  事があるかと云  神に仕へて暮さうと云  者があると云  光を受けてゐると云  わしにかう云  血と云  それを隠せと云  何処にあるかと云  独身でゐると云  恋をしないと云  セラピオンが云  加へると云  失つてしまふと云  手紙を書くと云  手紙を託けると云  僧侶と云  望見してゐたと云  老年に達したと云  隅と云  代りと云  彼女だと云  勤めに来たと云  苦痛との云  三日間寝てゐたと云  彼から云へば  一番好きかと云  急にかう云  夜叉だと云  驚異をも感じなかつたと云  法王の云  戸と云  牝馬が生んだと云  わしはと云  げに叫んで云  策だと云  劇薬を要すると云  使徒とか云  逢つた時にさう云  牧師の云  栗毛虫でも叩き落してやらうと云  殘念だと云  #のを持つてゐたと云  匂がすると云  ユール・クロッグと云  マースター・サイモンと云  奇蹟とも云  踊つたのだと云  優美に踊らうと云  神技に達してゐると云  公平だとも云  一の現われであると云  企をしてゐると云  全快次第出勤せいと云は  療治をしてゐると云  貰ひたいと云は  面會すると云は  一同用意せいと云  利章がかう云  叛逆をしようと云  利章だと云  切腹を命ずるだらうと云  蔑にすると云  叛逆を企てたと云  經て送ると云  不調法として咎められはすまいかと云  自殺してくれと云  かごと云  軍兵が寄せると云  兩夫人を見せてくれと云  是非物蔭から見せてくれと云  物蔭から見させようと云  小笠原内藏助と云  船頭梶原太郎左衞門と云  願ひたいと云  舟を改めるには及ばぬと云  菊と云  十太夫と云  やうになると云  只心附かなかつたと云  賞罰明ならずと云  利章が書いたと云  寶玉丸と云  家來前田五郎八と云  正勝はかう云  黒田を通せと云  本邸で果てたいと云  つて一先東海寺へ立ち寄られたいと云  入府いたされたと云  澁谷長谷寺に入れようと云  部下に云  用意をせいと云  討死すると云  大略かう云  つて詮議を遂げるであらうと云  憚があると云  訴をしたか分からぬと云  我々が知らぬと云  沙汰はせぬと云  承知であらうと云  筑前國拜領を仰附けられると云  明白に申せと云  一端かと存ずると云  預けなされると云  儀有之間敷候と云  中へ差し出されいと云  井上は云  利章は云  これを見切と云  内山善吉と云  威張りで云  こどもが云  空を見ながら云  路を見付けて云  どぎまぎして云  上に座りながら云  彼をしようと云  かんと云  娘の云  つて待つてゐるだらうと云  物を見付けたと云  人があると云  藤村と云  乳母の云  血統だと云  警察なんて云  お前にだけ云  朝行つて来ると云は  貰ふにしても云  十円二十円と云  ことも出来ないと云  十八と云  三時過ぎと云  俺に出せと云  寄つたと云  眠つてゐると云  蝶と云  場合冗談も云へ  娘などに云  感じがあると云  曲つたからだと云  女はかう云  私が云は  のに云  無理を云  自分が死んでゐたと云へば  塩湖と云  發明とは云へ  君が云  君へ云  首を傾げながら云  氏が云  幼名佐藏と云  簡單に云  黄金時代と云  孫なりの云  余に云へ  ホンの云  天下に示せと云  俗に申すぶらかすと云  六十斤砲を撫して云  ロシヤ側から云は  禮の云  本を贈ると云  帶びてきて一概に云  長崎での云  手に這入たと云て  ワンダーベルトと云  序だから云  子までできてしまったから云  廻つたのであるなどとも云  アワヤと云  何時でも云  方は云  これで云は  冬子の云  コロムブスの見かけたと云  矛盾であると云は  間に見出すと云  人だと云は  精進と云  一人もないと云  思つて呉れと云  迷惑するからと云  白木と云  白木軍八郎と云へば  小店十一軒と云  彦一と云  びかかつて来ようと云  共和党と云  昔からと云  仲間と云  空だなどと云  嫌悪感と云  骨を折ると云  熱意を欠いたとでも云  命と云  比喩とは云  人でも云  麒麟児と云  世辞が云  それは云へ  於て云  心持とか云  男性美などと云  #事を云  優美とか云  表はせると云  男性美と云は  ものにしたいと云  肉感的であると云  肉感的と云  肉感でないとは云へ  す様にしたと云  いま人にや云へ  彼を顧みて云  お嬢さんは云  口にして云  姉は云  仔牛は云  うに建物を見ながら云  扉をしめながら云  室をあけようとしてふり向いて云  やうにしながら云  肉を吐き出して云  肉を吐き出しながら云  段をあがって来て云  手をつっこんで云  リボンを出しながら云  悪事を為すかと云  一部だと云  谷山覚右衛門と云  所に存すとは云  刺激だと云は  尻を打つなと云  七曲りと云  ポニイと云  二スプーネー號と云  人々のならないと云  形式から云  映画についても云へ  批評家は云  肩書で云  笑ひとも云  今日限りやめろと云  わたしを振り向いて云  わたしは云は  所を云へ  二重生活と云  生活化するとか云  外はないと云  放火だと云  事になるかしれないと云  放火犯人だと云  彦七と云  三十年と云  奉公人を置きたいと云  使はないと云  中にはいらうと云  穢多と云  手を出すと云  のを見かけて云  けがらはしいと云  変人だと云  位金を溜めたらうと云  ものを着せると云  心配はないと云  彦七の云  三円と云  さげに云  習ひであると云  年寄は云  天渓君問ふて云  忠義と云  孝貞と云  #不善と云  美的生活と云  僞學と云  腐儒と云  方便主義と云  時弊と云  利口に云  弁舌に云  迂闊に云  大男が云  それきり何も云  以後と云は  住は詰ると云  角嫁の云  民はかう云  住はかう云  敬意と云  手を拡げると云  手取りに出来るとか云  自分でも云  時世時節と云  楽は出来ないと云  それは云は  老婆はかう云  時間にさう云  食つたとか云  けりや死ねつて云  小言を云は  遺稿とでも云  ものを載せたいと云  日記があると云へば  ものをと云  パキパキ物の云  驚殺せりと云  霧とも云  バンタムと云  乘りたいと云  人柱に立てたと云  世に云  オサカベと云  老婆也と云  盡たりと云  會津山水記に云  ムロと云  九州などには有ると云  彼土蜘蛛と云  ヤグラと云  意匠即調と云  何かの誤だらうと云  一に云  つてろと云  姿を云  酒場で云  美濃へ立たなければならぬと云  言葉つきと云  門さきまで辿りついたとでも云  実を云へば  関白争ひなどと云  温床であると云  一因だと云  美談だと云  ものとされて居ると云  銅鑼と云  粉だと云  來也と云  丸佐と云  中にさう云  兄はもうさう云  ちよいと云  わたしも負けずに云  徳蔵もさう云  憎体に云  偶然であったかと云  まち子の云  楽屋下でまってるって云  姿形から云  頭を掻きながら云  戀物語と云  白面で云へ  離縁と云  角狐につままれたと云  つてまで云  僕に遣らうとまで云  出來ると云  部分になると云  戀物語と云へば  經驗と云  言はずにはゐられないと云  太陽と読めと云  ガイドが居ると云  彼を見下ろして云  男は重ねて云  自分の云は  声をふるはして云  戸籍と云  生活費と云  お側に居ると云  維がせて下さると云  最後に云  譲歩と云  途であると云  利益だと云  温泉地へでも行けと云  罪悪であると云は  運命だと云  自分はかう云  道程を示すと云  無視しなければならないと云  者がかう云  此上貴方を苦しめると云  男の云は  労役に行くと云  従はうと云  労役に服すると云  全部を捧げてしまひたいと云  左肺を冒して居ると云  盗汗がすると云  次の如く云  使用されると云  貴方とかう云  私から別れると云  何かが鳴つて居ると云  これ丈を云  何れ手紙で云  聲をふるはして云  維がさせて下さると云  誰か罪惡であると云は  勞役に行くと云  從はうと云  勞役に服すると云  盜汗がすると云  小遣をやらないと云  傍白を云  他人に云  おしまひに云  一つひねって云  四郎が笑って云  狐紺三郎が笑って云  四郎が云  紺三郎が云  狐紺三郎が云  げをひねって云  肩をすくめて云  二郎が云  子が立って居て云  お辞儀をして云  かん子に云  決心して云  佛書を云  甚深を云  口にさへ出して云  傾向であると云  完成されて居ると云は  問題が生じると云  文体と云  上演と云  使へと云  日本にもかう云  駄目かと云へば  石川治氏についても云  衆生だと云  停滞と云  白墨と云  僕もやり兼ねないと云  メフイストフエレスが云  技巧と云  単純さと云  ラウソウと云  濫僧供と云  エタと云  次第と云  新富亭と云  徳と云  大山と云  馬券と云  商品券と云  復活すると云  馬券一枚二十円と云  競馬と云  役者と云  事務員に云  手だつだよと云  君十円乗らぬかと云  馬鹿だと云  払戻と云  一番広告が行届かぬと云  かねと云  人ねと云  ひましたと云  漬すと云  一番競馬クラブと云  矢張社団法人と云  八百長八百長と云  八百長だと云  買ふから八百長と云  いよと云  余計買はうと云  松緑と云  方がでせうと云  奴が出るかも知れぬぞと云  興行と云  何万円と云  其中から儲けて帰らうと云  あいつ等に云  ユキ子が云  秘密を云  百合が云  百合に云  あいつ達に云  妻の云  証拠であると云  夢などと云  責任などと云  松林にしたいと云  植木屋の云  ようなどと云  明証と云へ  フロツクコオトと云  化つてしまふと云  必要を持つて居るかと云  大阪を見ようと云  興行物と云  惹起すると云  搜し出すと云  作だと云  定かに云  對して抱かせたと云  隱居しようと云  惡戲だと云  日本一だらうと云  粗服だと云  而もさう云  廉價であると云  都踊と云  十二時四十分前後だと云  論拠になるとも云  出現と云  顔をあげずに云  意外に捗ると云  境目と云  夢を愛したと云  良人にしたと云  惡運を招くと云  亡霊告げて云  庭とも云  空っぽとも云  批評は云  点にあると云  ゲーテは云  近く立つてゐたと云  抗議して云  味方でないと云  ダイモーンと云は  づ皆無と云  劇作家とは云へ  術であるとも云  眼でなければならないと云  中に持ち出せと云  さり云  創造だと云  上手に云は  日本にゐないと云  ここでも云は  払はなければならないと云  一体作者なんて云  苦情は云へ  金は出せないと云  利害問題に関すると云  五十年と云  勝を制したと云  一〇パーセントと云  劇作家と云  不公平だとは云へ  世に出すと云  雑誌社に売込むと云  ものでなければやらないと云  先輩だと云  西洋式になるとは云は  仕事だとは云へ  花を開いたとも云  効果から云へ  北村氏も云  日本だからと云  加へなかつたかと云  成功とは云  研究して見ようと云  大袈裟な云  神秘的に云へば  平凡に云  事情はあると云へば  観客に云は  厳密に云  台詞の云  台詞が云  誰にでも云  変化するなどと云  影響すると云  羅貫中と云  力を入れてかう云  儘語通り受取られたと云  咄嗟にかう云  話様と云  づそれを読んだと云  表白してやりたいと云  悪評を聞くと云  沮喪すると云  加はると云  惧があると云  悪評を読んで見たいと云  愚論だと云  悪意を持つてゐると云  悪意を持たれると云  神経作用から来てゐると云  位置に置かれたと云  昔からさう云  眇だと云  和泉屋市兵衛と云  すつかり忘れたと云  窮民へ施したと云  義賊と云  三千百八十三両二分だと云  市兵衛がかう云  材料を与へてやると云  理窟を云  種彦でなくては書けないと云  種彦と云  春水が称してゐると云  比較されると云  長島政兵衛と云  天下に知られたいと云  依頼通りになり兼ねると云  八犬伝と云  島記と云  手紙はかう云  所だと云  恥辱だと云  行踏二空林一落葉声と云  満足さうにかう云  中ではと云  後生恐るべしと云  咎めを受けるなどと云  改名主など云  馬琴自身もかう云  事ばかり云  馬琴がかう云  観音様がさう云  蓋ふてゐると云  ことが出来るからだと云  結果だと云  恋に落ち入ると云  調停妥協だと云  恋愛美など云  精確だと云  失敗だと云  子供を生んだと云  顔付きをしてゐると云  劣等だと云  同化し得ると云  野卑だと云  性と云  善良と云  沢山にあると云  連れに来るまで待つと云  愛人かと云  つてのみだと云  保護と云  扉だと云  知合と云  あこがれとでも云  事を仰云  徐羣夫と云  突伏して云  瀧登りがと云  陰影と云  彼も止めないと云  作品とは云へ  のだと云へば  機会に云  お母さんには云は  杉田が云  母も云  樽野は云  直接あなたには云は  村へ帰らうかなどと云  舌がもつれて云  断りを云  さとでも云は  小説とは云へ  一人前とは云へ  恋がしてみたいと云  一任しようと云  落人勝秀と云  管内なりとも云  あて大ころと云へば  文芸調とは云  やうにでも云  彼此れ云  恩典と云  稀なりと云  梅子と云  令嬢の生まれると云  吉野とか云  演説すると云  注意人物を容れ置くと云  耶蘇教信者だと云  人間扱ひにせよと云  手本が出ますると云  合ふからだと云  寧そ俺と云  村井と云  拾つたと云  五月蝿と云  失恋したとか云  矢部と云  除名すると云  ことならぬと云  囲つてあると云  容姿と云  気質と云  何百ツて云  四十何度とか云  鰥と云  ことと云へ  出席をも得たと云  梅子さんのあると云  今日来ないと云  蔽はれて居ると云  後妻と云  中将にもならうと云  嫌と云  子を抱いて泣いてると云  安泰だと云  独逸と云  一人殖えたと云  色男と云  剛一と云  菊三郎と云  媒酌人と云  同胞新聞とか云  闇と云  篠田と云  耶蘇だと云  掛け放しと云  代理と云  兼吉と云  救はねばならぬと云  小米と云  手に倒れたと云  数々小米と云  鍛冶工など云へば  耻辱であると云  安楽が出来ないと云  ことを疑はないと云  量見かと云  我妻と呼んで呉れよと云  芸妓殺と云  題無しにしたと云  女性と云  奥様になれつて云  依頼と云  何したと云  花吉と云  兼さんとか云  重役だと云  狼狽してると云  独身主義と云  独身主義などと云  教会放逐と云  歓楽と云  くして居たと云  寧そ松島と云  二日二晩と云  お世話様になると云  ことになると云  クリスマスとか云  十二月廿五日と云  耶蘇基督と云  基督と云  学校卒業と云  義務を果たすと云  米さんと云  秩父暴動と云  血縁を云へば  梅干婆と云  新聞と云  同胞新聞と云  祝言するなど云  恋婿と云  何だとか云  石炭と云  貫徹を図ると云  行らせると云  話を聞くと云  熱中しをると云  見頃と云  十幾つと云  働なさらうと云  心配と云  山木梅子と云  独身主義を遣り徹さうと云  貴女に打ち明けないと云  教へて見たいと云  失望と云  痛苦を感じたと云  インスピレーションと云  其れからと云  良人にすると云  幸福など云  献げましたと云  伊藤侯と云  不品行を遊ばすと云  境遇に打ち克つと云  誤解と云  耶蘇教と云  もんだと云  探偵だと云  探偵と云  節漢と云  虚言者と云  非戦論なんて云  脱線したと云  審判すると云  今日死に行くと云  極楽世界と云  松島と云  痴態を演ずると云  承諾を得たいと云  拒絶されたと云  支配し得ると云  翌日と云  関はるからと云  座りも得せざりしと云  月月の経つと云  直訴と云  五歳六歳になるまでと云  中だと云  帰りと云  下げにやならぬと云  鏡と云  花嫁と云  おかみさんと云  急に思ひ立つて来ると云  ことでも出来したと云  伯母一人姪一人と云  百姓を助けると云  接近すると云  罪悪と云  虚事だと云  虚報と云  真実と云  工夫してると云  妾にして居ると云  虚報と云でも  已むを得ないと云  失敗に終らしめてはならぬと云  教唆したと云  社会党撲滅と云  無能と云  秘密と云  渡部と云  火ありとも云  面会をと云  災厄と云  謝罪して頂くと云  災難が降り懸かると云  身を逃れると云  何時と云  視察に出掛けると云  い死方をすると云  富貴になると云  能力があると云  声が聞えると云  ぢつて聞えはじめたと云  一群とが見えると云  #鏡花と云  女王の云  人間をつれてゆくと云  霊魂を置いてゆくと云  冒険上陸とも云  どなたなんて云は  名誉と云  大変と云  悪口を云は  舞踏と云  イプセンの云  軍需工場へ勤めてみたいと云  軍需工場なんかへ働いてみたいと云  出征してしまつてわからないと云  近くだと云  小説を書いてゐますぞなと云  雜煮を食べたいと云  買つて來てあげますからと云  貰つてあげると云  來てゐないと云  何區と云  大切にしてくれと云  大切にしてくれぬかと云  二千圓近くにはなると云  火野葦平と云  釣りなんか行かないでくれと云  心から云  われわれの云  劇場人に云は  一般について云  小林氏の云  排斥するとは云は  訓練を受けたと云  來ようと云  倭姫命世記考に云  あたしに云へ  それやあげないとは云は  それも云へ  ことさへ云  お前からは云へ  二十五円と云  ドキドキすると云  生活記録とも云  不祥と云  一段と云  王座を占めて居ると云  於ても云  原因してゐると云  読者がゐないとは云  地盤に立つたと云へ  冒頭に云  何にも云や  土地に居附いていたと云  帰つて来ないと云  竹山と云  拡張すると云  長野と云  何方かと云へば  六百円近く着服したと云  二十三だと云  此事を云  上島と云  瞭り云  雖ども安心と云  竹山が云  鷹揚に云  施けたと云  支那語を修めたと云  小説を書いて見ようと思ふと云  谷に住むと云  竹さんと云  住所を云は  ゴウと云  モウ安心と云  据附けたと云  竹山に云  梅沢屋と云  モツト金を取るべきかと云  至極感に打たれたと云  つて渠は云  勢力範囲にしようと云  足で釣れと云  腰部は云  三昧境と云  三昧と云  運命とも云  擴張すると云  六百近く着服したと云  默つて居ると云  禮を云  小説を書いてみようと思ふと云  小宮と云  つて來たと云  梅澤屋と云  勢力範圍にしようと云  續けながら云  國で死にたいと云  顏を曇らせながら云  名所などと云  退院と云  例へて云へば  希望を云へば  サンルイと云  風であるかと云  外套にするかと云  襲來など云  二つ開いてあると云  其點から云へば  率ゐたとか云  來なかつたと云  オオギユスト・ドユパンと云  友達のさう云  ドユパンが云  真面目に云  思つてゐたと云  シヤンチリイと云  詞ではかう云  友達は云  適当だと云  逆に考へて見ると云  友達はかう云  事を考へてゐると云  証明せられたと云  ミユゼエと云  Perdiditantiquumliteraprimasonumと云  小男だと云  貯へたりと云  イジドオル・ミユゼエと云  声なりとも云  声とは思はれずと云へ  言ひしか分からざりきと云へ  事は疑を容れずと云へ  覚ゆと云へ  形容は当らざるやも知れずと云へ  記憶すと云へ  居宅に送り届けたりと云  只畜生と云  外道と云  女子なりしやも知れずと云へ  内より鎖しありきと云  三分間位なりきと云  五分間なりきと云へ  こと確実なりと云へ  判断したりと云  有せずと云へ  有せずと云  所がなかつたと云  逮捕せられたと云  ルボンが縛られたと云  上で云  狡猾だと云  衣を出させて着て見ると云  真理が得られると云  何から起るかと云  ルボンと云  ドユパンと云  殺し態をしなくてはならなかつたかと云  誰もゐなかつたと云  人の聞いたと云  横道に引き入れられたと云  尋常でないと云  人達が聞いたと云  声でないと云  自殺しただらうと云  変つた判断をしてゐると云  何物だと云  フランス人だとか云  フランス人の云  フランス人だらうと云  ドイツ語だらうと云  イギリス人だらうと云  ロシア語だらうと云  イタリア語だらうと云  窓から逃げようと云  さうもないと云  可能だと云  フエルラアドと云  奴でなくてはならぬと云  不可能でないと云  軽捷でなくてはならぬと云  残つてゐたと云  法則と云  ぢ込むと云  頭から引き抜かうと云  何千本と云  ドユマアと云  エチアンヌと云  創だと云  插してあると云  先は考へずに置くと云  軽捷だと云  力があると云  やうをすると云  痕だと云  斑点だと云  友達の云  時己は云  フランス人がゐたと云  モンタニと云  マルタ航海会社と云  ボア・ド・ブウロニユだと云  ドユパンがかう云  持主だと云  ドユパンはかう云  ドユパンは云  関係してゐると云  手段を持つてゐると云  安心したかと云  構はずにゐたと云  分析的精神作用と云  原作者に済まぬと云  さつきモロツコ狐だとか云  外を見ながら云  らい紳士を指さして云  三番目のが云  船乗りが云  肉体的とも云  わけと云  失礼な云  故郷とは云  遇つたとは云  怕れが感ぜられると云  ことの云へ  心だなどと云は  相談しなければいけぬと云  ことさへ云へ  野と云へば  らん物な云  云はぬをも云  ジキタミンと云  窃盜と云  横向いて云  矢張黒文字ツて云  怎したと云  時黒文字ツて云  窃盗と云  確かに云  縁起などと云  判断出来ないと云  縁起と云  馬鹿だとは云  二件だと云へ  提供してゐないと云  訪問したと云  水を汲むだらうと云  罪業感であったと云  どこにあると云  強味であると云は  病根であると云  帰結と云  職分から云へば  冒涜であるとさへ云へ  台詞を云  生命を見出したと云へ  動機とも云  慾望であると云へ  思想だと云は  一部門であると云  通りしか云  運動であると云へ  一大革命と云  何から生れるかと云へ  点から云へば  却つて弊害があると云は  御覧なさいと云  舞台芸術家とは云へ  仏蘭西で云  精神とも云  備へてゐるとは云へ  当を得てゐるとは云へ  劇団であると云  新たなと云  一つも生んでゐないと云  一口に云へ  つたものであるとは云へ  逆説めいた云  運命に置かれてゐると云  必要があるとは云  違つてると云  演劇について云  芸術全体についても云  表現を生みだしたと云  前身とも云  やうに仕向けたとさへ云  先駆をなしたとさへ云  一様とは云  事実を云  十分認識してゐないとも云  うに勝つたとは云へ  明らさまに云は  芝居がやれぬと云  勿れと云  十分に満たし得たと云  大胆に云  状態と云は  一半を占めてゐると云  人々と云は  荐りに云  価値について云  別な云  世界についても云  帰つて来て云  穏健妥当などと云  岩田氏の云  文学的であると云  妙な云  僕から云は  新劇と云へ  新作時代劇と云  類型的だと云  寄せ集めに過ぎないと云  新劇とは云へ  武者小路氏が云  ものだとは云  ものであるとは云  劇場を云  現状から云へば  不都合だと云は  本質とは云へ  芸術とは云  夜来ると云へば  此処にのみ宿ると云は  割と云  端席と云  槐と云  いつか詩趣とも云  通称六軒家と云  任を越えてゐたと云  籠つた声で云  大家ぢやの云  士を養うと云  秀才と云  行らつしやらうと云  工合と云  一組總出と云  鶸茶と云  ネクタイと云  禮吉と云  一杯引掛けようと云  大家も出て行けと云は  昔木曾殿と云  木曾殿と云  何しに来たと云  事しつと云  八島士奴美と云  命令に背かないと云  須世理姫はかう云  素戔嗚のかう云  上泳がうと云  運と云  百姓が云  ふつて云  バアと云  声をそろへて云  入口に来て云  黒坂森の云  あいつの云  化物とは云へ  力となったと云  作者レツシングと云  誰が取ると云  言ひたいと云  シエークスピアハウスとか云  三十代四十代と云  事が思ひ出されると云  文学的に云  祖母には云は  海さ捨てる云  何ば云  日暮方と云  世話に云  奥へと云  傍とも云  千鳥と云  貞五郎と云  半ば歎息して云  魂と云  山伏が云  震へて云  適任と云へ  正確に云  スチームは働いてゐると云  職に就けたと云  原因だったと云  犯人と云  力作だとも云へ  戯画が描かれてゐると云  一断面を語っていると云  裏であると云  生意気が云  陋習と云は  言葉の云  巡査につかまつたと云  親様と云て  一つに云  村の云はば  ここで出してしまへと云  臓品と云  一語も云は  貴様が知らんと云  女房に云  何ものにも恐れないと云  自分等が付いて来てからと云  監獄と云  ものを羨むと云  憐れだと云  錠と云  口碑から云へ  生物であると云  #彼女にも来いと云  あとを云  一言を云  身を入れて聞くと云  中へ流れ込むと云  汗と云  様だと云  上つて行つたと云  救ひ下さると云  和かな調子で云  今朝立つと云  信太郎と云  噫何と云  そこまでと云  信太郎とやら云  早口に云  みんな直りますとかう云  ことまで云  まん中に立って云  手を叩いて云  聽雲樓と云  銀馬と云  敬服してゐると云  疎遠に過したと云  二階と云  劇界珍話と云  刀自は云  永井えいはく方へ往くと云  それに就いてかう云  歿したと云  用達と呼ばれてゐたかと云  用達を勤めてゐたと云  云々したなどと云  官とは云  落胤ださうだと云  増屋だと云  眞志屋と云  角眞志屋と云  奉公してゐたと云  角一たび往つて見ようと云  人達だと云  山崎某と云  石は云  落胤だと云  落胤と云  町人になりたいかと云  先と云  關口と云  淺井平八郎さんと云  三人と云  河内屋と云  代々半兵衞と云  島と云  參詣すと云  改稱したいと云  五郎兵衞一鐵と云  深川靈岸寺開山堂に葬られたと云  日金澤蒼夫と云  蒼夫さんは云  實甫と云  金澤瀬兵衞と云  自筆とは云  供をしたと云  名をさくと云  終つたと云  健ちやんが云  負け惜しみを云  健ちやんは云  得意気にさう云  周一は云  加減が云  ものであらうかと云  正直に云へ  映画的とばかりは云へ  否定し得るかと云  者はかうも云  女中の云  円をつけて見ろつて云  冷静になれつて云  三Sだと云  満足だと云  野暮を云  おっかさんに云  虔十に云  前に走って来て云  兄さんが云  それを見て云  冗談に云  人が笑って云  校長さんに云  四五日住んでゐたらしいと云  一興とでも云  乗物と云へ  他は云  八百といらへて云へば  毎日が営まれていると云  理解するしないと云  期待すると云  大望と云  通行すべからずと云  不動岩と云  奇観なりと云  院とも云  ものなりと云  神職は来り得と云  批判と云  云はずに置きたいと云  体現だと云  叡智と云  才智と云へば  逸品とも云  直接人生に触れてゐると云  人生に触れると云  逸品と云  頓服と云  老母の云は  肺病らしいと云  兄貴の云  本心を云  私がづけづけ云  女房にならうと云  兄を差置いてと云  知識階級失業救済事業と云  食ひに行かうと云  岸田のきも云は  ことなら葬ひを見届けて置いてと云  互ひに生きてゐると云  旨を云  役所と云  親切さうに彼女は云  貰ひに行くと云  んだぞと云  説を云  ところを見せると云  彼女が云は  誘惑したとも云へ  自分なぞはと云  何かにてれて云  終りと云は  窟を云  カンとか云や  ものでないと云へば  表現派だと云  一度も云  當だと云  花を見ようと云  留守ですと云  ルビークインと云  社員だと云  ドアマンをしてゐたと云  來てくれるだらうと云  上海と云  百姓仕事をしてゐると云  町に住んでゐたと云  結婚をしたいと云  米倉さんと云  云つて別にやりたいと云  たみ子と云  東京と云  守一が云  大丈夫ですよと云  戀すると云  巫戯けて云  此世を去るかと云  コケツトリイとか云  原因があるだらうと云  自然だと認めてゐると云  影響してゐるかと云  キユウル・アネエと云  説明の出来ないと云  別物だと云  外ならぬと云  ジユリエツトが応ぜないかも知れないと云  終日ゐると云  往つて見たりしようと云  ステエルと云  事があるだらうと云  なつてくれるだらうと云  ベゼスチンと云  ヤタガンと云  此世を去らうと云  此分を記すと云  筆を執ると云  曾てかう云  林さんの云  如雲社と云  自然でなかつたとは云へ  無理はござんせんやと云  つて来ると云  ウーと云  云はぬは云  こと許りは云へ  阿波太夫は云  八つ橋楼と云  八つ橋がさう云  とき私が云  飾つて拝んでゐたと云  五両と云  槇を見つめながら云  天使と云  物が云へ  関わりがあると云  善コが云  嘉ッコが云  所に走って行って云  おばあさんはすまして云  嘉ッコも走りながら云  俄かに云  ぢいさんが云  ガアガアッと云  元服料と云  御用と云  安東と云は  出でだとか云  仏に化けると云  米と云  毒口が云  香かと云  変更しようと云  旅立をすると云  目的にすると云  つたとか云  先きにしようかと云  恋愛なぞと云  窓丈鎖してあると云  一晩泊らせようと云  美を解してゐると云  己はかう云  為めになると云  女があると云  男と見込んで頼むと云  パリイと云  ペロンワルと云  ロオド・ブロツクボオルと云  我手に委ねられてあると云  恋が褪めるだらうと云  不実を知ると云  其杯を乾すかと云  御身に及ぶと云  防遏しようとか云  只生きてゐると云  聊せしめてくれようと云  一体ヱネチアと云  宴会をしようと云  試験して置くと云  七人と云  喧嘩と云  のかも知れぬと云  用事があると云  云つて来たと云  感化とか云  女護ヶ島へ渡らうと云  始から云  人を弄んだと云  一桁狂つたと云  上つたと云  女がゐると云  人間がさう云  膝がわかつたと云  心もちでゐたと云  事になると云  お父さんの云  余は云  ゴメンと云へば  不公平と云  得をしてゐると云  違はないと云  行はれると云  復讐と云  精神より云  民を云  加ふると云  赤兄ひとりと云  本名を云や  扉越しに云  同感はないと云  好意で云  ぱら情痴作家と云  範囲に就いてだけ云  数化すとも云  クライマックスとも云  計画的とも云は  女たちに云  歩兵だから歩くと云  幾日でやると云  根をおろすと云  満身これ機械とも云  建物と云  庭園と云  行つてみたいとも云  つて行つてやらうと云  行つてみたいと云  奇縁と云は  等分に見比べながら云  マントを貸さうと云  見てくれと云  用意をしろと云  集合かと云は  老若男女とは云  誰かに云  一緒に逃げてはいかんと云  ことかわからぬと云  区別せよと云  ドイツ風に云  関係があると云へば  孫だから助けてくれと云  意見を云  微笑を含んで云  是非見てくれと云  ごらんと云  更めて云  動作と云  運動と云  従へとは云  番号を云  兵隊ではないと云  支那人と云  支那側に云  欧米依存と云  容共政策と云  支那側の云  日本の云  苦にするには当らないと云へば  日本人なら云は  ことではいかんと云  気分と云  一端とも云  妻がゐると云  お家と云  盛つたと云  東京で云  途中まで乗つて行かないかと云  悪癖とも云  土竜馬と云へば  都会だと云  話をすると云  それを果たすだらうと云  話をするだらうと云  スピイスブルクと云  オラチウンクレエ・デ・レエブス・プレテリチスと云  変つてゐなかつたと云  変つた所がありはせぬかと云  本づいてゐるかと云  何物かが有るだらうと云  カンヂスと云  ブツクスキンと云  ことがあらうかなんぞと云  正午前五分間と云  正午前三分間だと云  他所者だらうと云  曲者だと云  間拍子と云  時計が云  懐中時計が云  時計は云  神さん達は云  爺いさん達は云  腹が立つて溜まらないと云  座と云  収入と云  昔願泉寺と云  旧蹟だと云  力で封じて置かれたと云  輿入があると云  高僧に捧げると云  晃と云  芝居を見せようと云  鎮撫に出掛けたと云  盲唖院と云  博覧会と云  つた独り自分の居ると云  五十畳敷だと云  戸を開けると云  留守番を云  事情もなかつたとは云へ  ことばかりと云  禍ひしてゐるとも云  食へぬと云  時折見掛けるから云  就中蒐集と云  脈絡などと云  無茶苦茶かと云  僕と云  事実であると云は  悲しみはかう云  埼子が云  氣まぐれとは云  職を求めたと云  東京を去るなんて云  仕事をきめると云  二人きりでゐると云  ビールをつぎながら云  驛に勤めてゐると云  思想を持つてゐると云  君一人とでも云  ぱしの苦勞人だと云  ゲンマと云  生きかたと云  埼ちやんに云  やうにふとらなくてはいけないと云  アカデミツクと云へば  田中正造と云へば  演説と云  注意されて始めて読んだと云  臭いと云  言つたとか云  請願と云  提出したと云  二十年後れたと云  議会とか云  事実と云  悪人と云  三周年紀念会を開くと云  氾濫と云  昨夜出で来たと云  村へ帰らねばならぬと云  水が出ると云  豊年だと云  訣別など云  政治と云  全廃されたと云  野蛮人だと云  平気で云へ  極致に達したと云  何うなんて云  人形と云は  夢と云は  突出して云は  後であるとでも云は  校長は云  正宗さんが云は  封建的とは云へ  ウンと云は  上演料は云はば  上演作品の云はば  芸術的に勝れてゐるとは云へ  開放されたと云  日本で云  考へで云  歴史が云は  如何に云  非礼であるとさへ云は  ところでも云  可きやと云  犯人だと云  成子だと云  靈を慰め得ると云  所以になると云  オスキルムと云  バランソアールと云  バランソとなるとは云  漢武に限ると云  鞦韆が渡らなかつたと云  妥當だと云  鞦韆と云  我邦で云  寒梅零落春雪灑と云  さはりと云  丘と云  流行してゐると云  六年間と云  日本へ戻れたと云  鶴石芳雄と云  #名前だと云  行つてやらうと云  上野公園も歩いてみようと云  巨きかつたと云  宿屋はないかと云  中華そばならとれると云  そンな云  朝は戻つて来ると云  馬鹿みちまつたと云  隅田川と云  子供が出来たら困ると云  めんだうをみせてくれと云  荷をおろせと云  皮肉家と云  少年が云  Strangerであると云  觸れると云  一生を過すと云  二人は云  後から云  氏と云  前にしながら云  奉仕すると云  信仰を得ると云  厭世家と云  人に親しみたいと云  其處に云  殉教と云  頬に浮べながら云  野菜と云  時計を見ながら云  時刻と云  私は考へながら云  滿足と云  所有物と云  三分と云  其情状と云  智と云  過失と云  嫁がさう云  協力せよと云  主張せよと云  八年と云  思想をも含んで居ると云  士に富んで居ると云  譯はないと云  ざつとこんな風に云  火を放つたと云  殘つた男と云  罪人だと云  そこでかう云  鳥目二百銅を遣すと云  二百文と云  物にして持つてゐると云  吝嗇と云は  借財と云  人手に渡して亡くしてしまふと云  人をあやめたからだと云  空引と云  拔かうと云  弟殺しと云  人殺しと云  #のだらうかと云  拔いてくれと云  惡いかと云  樂に死なせると云  のりとと云  大倭根子天皇と云  資格を云  時には云  声ぢや云へ  #やうな云  懼れるとは云や  家が売られると云  映画だと云  種族だと云  死刑と云  上でなければ云  太郎と云  先祖安藤五郎と云  箭は立たじと云  パリサイ人でも云  理解すると云へば  結果はと云  解放など云  彼女に就いて云  ことを繰返し云  何んだって云  のは遣り切れないと云は  レッテルとも云  理知派と云  任を辞すると云  我儘で云  涙を流して云  道夫が云  用事と云  組長は云  村田は云  兄弟だって云や  一つにかう云  面かげはかう云  大久保湖州と云  天下にかう云  失敗したと云は  紹介したいと云  才人などと云  諸君の云  諸君であると云は  才人だと云  罪と云  罪と云は  遺憾をかう云  湖州はかう云  名文と云  立脚してゐると云  儘退きしと云  諸君に云  事業家などと云  徳川家康と云  偶然ではないと云は  残暑と云  松ぼつくりと云  妊娠したと云  伊藤武蔵と云  手法を与えるとも云  段階であると云へば  礼儀を知らんと云  角たてて云  やうな思ひで云  天才と云  苦情が云へ  傳へられたと云  神様などと云  齋藤瀧口時頼と云  恩を知ると云  此方を振り向いて云  光子が歩きながら云  こいつを云  果実は云  一つもないと云  つても云  仏蘭西人に云  舳羅島等と云  大谷兩人が呈せしと云  其漁叟と云もの  大坂浦と云に  甚以便なりと云  船澗と云にも  三ツに分れたりとも云  周十五六間と云  地をして云  創業と云は  意氣組みと云  西町奉行所と云  奉行様に差し出したいと云  一大事と云  夜東組同心平山助次郎と云  少年が来たと云  つては立ち退けと云  内山彦次郎と云  一しよに召し捕られたいと云  自殺するかも知れぬと云  牢に入れてくれるなと云  吉見英太郎と云  方略を打ち明けたと云  襲つて来ようと云  手段を取らうと云  四郎助が云  帰すると云  手遅れと云  油断をするなと云  与党だと云  平山が云  吉見と云  訴で繰り返されたと云  間に呼んで捕へようと云  うたと云  助はかう云  宇津木矩之允と云  之進と云  岡田と云  障子襖だと云  残賊を除かんではならぬと云  お供をすると云  往つて大林権之進と云  正一郎と云  青瓢箪と云  至つたと云  うちを選べと云は  猟師清五郎と云  伝達せいと云  当方から出向いて承らうと云  逢つてかう云  使はうと云  梅田源左衛門と云  談判すると云  左衛門方へ出せと云  持鑓だと云  浪人梅田だと云  退路を絶たうと云  所存と云  禍害を絶つと云  ことを頼むと云  弓太郎を残しては死なれぬと云  先刻考があるとは云  逮捕しようと云  寄つて休めと云  美吉屋と云  使だと云  七名家と云  立入与力と云  やうにしたいと云  人々に引かせたいと云  せいと云  岡村桂蔵と云  口を寄せて云  平八郎にかう云  外へ出てゐて下さいと云  遠山が云  吉兵衛と云  家来稲垣左近右衛門と云  大塩平八郎と云  何か書かうと云  此二月十九日と云  正確だと云  波右衛門と云  喜内と云  政之丞成余と云  平八郎敬高と云  洗心洞と云  順路だと云  評定と云  一石百八十七匁と云  作割と云  社会問題と云  飢饉と云  米屋こはしと云  要求とでも云  心組だと云  三原館と云  椿と云  モウコと云  方まであると云  海氣館と云  按摩をすると云へ  繁太郎と云  八重と云  港屋と云  村と云  療養所があると云  歌と云  馬と云  保養館と云  落合樓と云  風景と云  風景とは云へ  ことが出来ると云  病体と云  組織を破らうと云  井上哲次郎と云  消滅してしまふと云  井上と云  実感させねばならぬと云  阿部井と云  横浜と云  条約励行論者が居ると云  不利益と云  嘘言を吐くと云  直接国税十五円と云  候補者木村利右衛門と云  落選と云  島田三郎と云  先生はかう云  主義政見で動くと云  三題目であると云  内地雑居自由と云  公認教制定と云  鉱毒問題と云  婦人矯風会と云  矯風会と云  活力にしたいと云  鉱毒地婦人救済会と云  潮田と云  事実であると云  質料に就いて云  物質に就いて云  建築を起さうと云  適當であるかと云  柿で云  それらの云はば  沿革と云  着手もせずに居ると云  樵耕蛙船と云  二中学と云  散歩して居ると云  三田英学校と云  尋められると云  以つて立たうと云  尤めたと云  山田が云  雑誌と云  丸岡九華と云  素人芸でないと云  眉山人と云  奈何もならぬと云  為たいと云  金玉出版会社と云  誌と云  益社と云  石橋と云  紫ヅボンと云  のに驚いたと云  素志と云  文章を書くと云  審にせんと云  ヒストリイから云  計画が有ると云  寄来さんと云  是迄と云  小説雑誌を出したいと云  離鴛鴦と云  吉岡書籍店が引受けて見たいと云  刷新と云  九と云  入社せぬかと云  江戸紫と云  機関と云  十期を造りたいと云  就ても云  上に云  はしと云へ  姉にも云は  しけぶりゆゑおぼろになりし月夜と云  里ずみに老いぬと云  む妻と云  かに人見せてとれよと云へ  乱れと云  王者とも云  如來とか云  如來と云  此信ずると云  此信念と云  如來を信ずると云  效能があるからと云  效能があると云  不可解であると云  ことを信ずると云  樣になると云  不完全であると云  考究とか云  實在とか云  平く云や  絶対に云  お母さんに云  我儘も云  お伽噺とも云  敵を愛せなどと云  馬鹿者と云  抗議の云  論者動もすれば云  可とすと云  其當を得たりと云は  女房冥加だと云  働らけと云  農夫長が云  一時だと云  農夫が云  云ふに云は  何時か云  追分節と云  歌曲と云  朗読詩とも云  香港へ行くとか云  心地で云  のを視守りながら云  冬子が云  包を云  郡吏抔と云  栃木縣下足尾銅山と云  停止すべしと云  責任を持たぬと云  害と云  政府を怨むと云  偏頗愛憎であると云  位であるかと云  免租にしなければならぬと云  其他井戸を汚すと云  跋扈と云  發達をも妨げると云  紊亂せしめたと云  農商務省と云  殆ど紊亂して居ると云  彈藥製造所を建てると云  採掘を許したと云  山に許すと云  ことをさせると云  東洋一であると云  毒食をさせると云  財源と云  惡事をするかと云  取扱と云  租税と云  地面一段百五十圓二百圓と云  偏頗と云  害であると云  三宅秀と云  害があると云  何に障るかと云  農商務省が分からぬと云  烟害と云  竹草苔と云  鬼怒川北上川と云  此山の崩れると云  一度はあると云  今日いくら植へてあるかと云  遇ふやも知れぬと云  毒が這入つて居ると云  構はないと云  草ですると云  害を受けたと云  水が溢れると云  洪水と云  六千十九町と云  荒地と云  一體水害地方と云  毒と云  地價を下げなければならぬと云  田地になるかと云  渡良瀬川沿岸と云  今日肥料と云  もので無いと云  庭田と云  一尾も居ないと云  魚が死ぬるかと云  百姓と云  時毒を食べると云  拵らへると云  鑛毒で無いと云  權利に及ぶと云  結婚まで害されて居ると云  官吏などと云  事を申すと云  利益と云  我儘跋扈をさせると云  外務大臣司法大臣と云  發達を妨げると云  一體鑛業と云  鑛業を妨げると云  五十里百里と云  歸つて來ると云  腹を立てると云  斯ふ云  權利と云  腹を立つと云  此鑛毒と云  そうだと云  歡迎すると云  十年ばかりと云  何をするとか云  自治と云  流行つて來たと云  食つてはならぬと云  栃木縣令藤川爲親と云  言つてはならぬと云  構はず打捨ておくかと云  壓制を致しますると云  聲の立たないと云  是を知らぬと云  天災と云  醫すると云  聲を立てぬと云  卑屈と云  良田數十里と云  毒殺すると云  嘘を吐いたと云  答辯をしたと云  掛つて心配して居ると云  粉鑛採聚器と云  事をやると云  鑛毒を流さぬと云  仲裁したと云  仕方と云  郡吏と云  言はぬと云  足尾銅山と云  のだがと云  抔と云  郡吏中某と云  騷があると云  角郡吏と云  内務大臣と云  不十分と云  役人と云  #ことをして居ると云  判を捺さぬと云  群馬縣新田郡と云  金山と云  唐澤山と云  奴ばかり居ると云  樣にすると云  オムレツと云  つて句を書けと云  叔母は云  軽やかに云  あなたに云  識つてゐるとは云へ  ものが出来たら送ると云  露とも云  ものに云  憾と云  米子さんだけ望んだと仰云  ものであったと云  試作中と云  記念とも云  姿であったと云  牛里と云  普門院と云  竹峡と云  小池赫山と云  雲坪と云  鐸を盗むと云  痴愚と云  稍ともすれば云  一歩すゝめて云  芸妓の云  母は知らないと云  世辞でなく云  遠足などと云  喜三と云は  彼女に云  妾に云  父さんに云  田代クンの云  ツー・スチヨールと云  顔つきと云  口先で云  得も云へ  着物と云へば  冗談めかしくは云  変質的とも云  自信を持つて云  皆昔と云  三年と云  僕は知らないと云  こと仰云  吸つてゐると云  リルケのさう云  一脈の云  へぎて云  講座を作らなければならないと云  養成しようと云  考古學と云  夢想とも云  藩主とは云へ  テイチキと云  ベツテルハイムと云  拾はれたと云  澤山居ると云  殘念であると云  碇泊して居つたと云  新築と云  處であると云  美殿と云  罪惡から免れたと云  糸滿と云  イートマンと云  地名であるとかと云  舜天を生ましめたと云  廣場とでも云  判を忘れたから取つて来いと云  実用とか云  つてビラを撒いて歩けと云  大袈裟に云へ  悪しざまに云  一方の云  女帯を織つてゐると云  風馬牛だと云  至りと云は  特長があるとも云  理助が云  理助は云  慶次郎も云  云つてもさう云  笑みを含めて云  飄々と云  時間を云  仁者と云  自ら儒家と云  瞑目をして云  手に帰したとは云へ  用意であると云へ  欠点である毛羽立つと云  和紙と云へ  今考へるとさう云  楮紙であると云は  環境だと云は  おろそかにしてはすまないと云  楊修伝に出たと云  姿とも云  人が作るとは云  紙だと云  のだとも云へ  らうにと云  最後にならうなどと云  気持と云  事を書けと云  製造したいとか云  働車が出来たと云  板谷峠と云  飯能と云へば  牛を受け取って云  おっかさんが云  舶載されたかと云  渡来すると云  輸入されると云  日本へ持つて来たと云  一人に化けられたと云  善をしようと云  行はうと云  名を云へ  煙草と云  果心居士と云  悪魔だと云  生命を落さうかと云  那樣ことを恐がると云  文覺と云  滿ちて云  差を出でぬと云  曉とは云  變つたと云  實力をつけると云  遊びをすると云  原因と云  何とかだと云  四月と云へば  燈さんと云  所爲だと云  滑かに云  落膽するなと云  むる一高と云  中へ飛び込むと云  代りに云  謙遜めかして云  落膽してゐると云  二三日前にかう云  つて物が云へ  時はかう云  邪氣に云  顏を見ると云  自分ながら云  私を見るとさう云  批評めいた事を云  姉が出ようと云  ざつと見ると云  私から云は  不快なぞは忘れて云  一高で落ちたと云  駄目だなんて云  下岡と云  #同級生が云  忙中閑日月と云  同期生達が云  あと十五分と云  あれではあるまいかと云  佐藤の云  everydayと云  鳥渡千駄木へ寄らうと云  丁寧に云  反抗でさう云  日はかう云  姉は微笑みながら云  二度は云は  顏に云  眞面目で云  一氣に云  凡てを云  下岡は云  三部と云  事なんぞ云は  羞恥を感じてかう云  歸つてかう云  歸らぬとか云  あらたまつて云  祝詞とは云へ  祝詞式とも云  斎部祝詞と云  下に対して云  上に対して云  臣が云  飜訳して云  代表者が云  寿詞と云  者に云  活発だったと云  事君に云  組合などと云  犠牲になると云  八釜しく云  渾名を呼ばれたと云  範実などと云  恵眼と云  相手にされなかつたとか云  女に化けると云  三抱へもあらうと云  色好みとか云は  侍従と云  泥濘と云  今夜逢へると云  一体運なぞと云  秋雨と云  罪ばかり作ると云  為に泣かされたかと云  つて見たいと云  仕合せだと云  笑顔を云  戯曲そのものは云  アクセントをつけろと云  巨匠と云は  戯曲は待つて呉れと云  罪半分であると云  つた黒と云  尻を端折らうと云  五膳と云  傳平と云  深窓のと云  換へて出ようと云  づくしなどと云  顏色をして云  出花と云  迷ひましたと云  毛色と云  治つたとも云へ  ところを探さうと云  何ひとつ楽しみなんてありはしないと云  つてやらうと云  稍健康色をとり戻したとは云  左かと云へば  右かと云へば  一つ明日まで貸してくれまいかと云  爺さんはいらないと云  十字架を背負っていたとも云  元より云  時代が来ると云  何行かを読むと云  流転を閲すると云  恋人と云  アントニイもさう云  名士に愛されたと云  マソヒズムはかう云  創世記を信じてゐたと云  著書を信じてゐると云  悉かう云  幽霊を見たと云  懲罰と云  両端にはかう云  此処に云  仏蘭西はかう云  精神に富んでゐたと云  可能にすると云  地震にも困ると云  蝶になりたいと云  へた教訓もかう云  絶望するかと云  メランコリアに沈ましめたと云  舞つたと云  恥辱と云は  奴隷廃止と云  廃止すると云  莫迦げてゐると云  交渉に立ち入らないと云  衒学者と云は  友人にかう云  踏襲しなければならぬと云  Romanと云  交りを知らなかつたと云  道を知らなかつたと云  飽までも云  姉とは云は  姉と云は  人も云  畑と云  鈍重と云  長山と云  大成と云  盃を離したと云  坊主と云  房術も施すと云  会はうと云  信施でもしてくれと云  蛮僧が云  酒虫と云  治療を受けると云  身動きをしてはいけないと云  一人に云  つたのは云  医したと云  安心しろと云  酒虫を吐いたと云  一飲一甕を尽すなどと云  食堂と云  の仰云  熱情を持って居るとさえ云  憾みごとを云  厚意と云  仕事であるとは云へ  力だと云  革新とは云  俗衆なりとは云は  本質とも云  地方的とも云  作ありと云  バルザック的とも云  創作劇と云へば  素人劇だからと云  玄人と云  現代劇と云  所為だらうと云  何といふ云  我子に云  當に云は  おんぶと云  事はれないと云  感慨にみたされて云  顏を見ながら云  遠慮さうにさう云  ざまをみろと云  さも云  醫者に云  八田義太郎と云  つてゆくと云  兄だと云  後から泳ぎますと云  花政と云  おれは云  こちらと云  方から云や  よねと云  學校へ上りたいと云  山奥に暮してゐるかと云  今日快楽追求時代に住んでゐると云  覊とは云  偉大なりと云  ところで開かれたと云  君とに云  一二と云は  抱擁とか云  性的情緒を起すと云  却つてさう云  紳士も云  社交ダンスと云  一夕を過すと云  自発的進出と云  事実的根拠を与へよと云  吸つたと云  十分慣れてゐるとは云へ  立場を脱してゐないと云  栃本と云  川上村と云  籠つてゐたと云  島とは云  金と云  其處から見ると云  愛鷹からと云  #乙女峠からと云  野原とも云  青葉若葉と云は  屹度釣れると云  蹲踞んで云  別莊に籠ると云  名物と云  屋と云へば  誕生だと云  不自由と云へば  木の芽と云  殘つてはゐないと云  顯現とも云  イワン・マトヱエヰツチユと云  鰐を見に行きたいと云  為めと云  物を見たいと云  満足らしくかう云  鰐と云  それ見たかと云  腹が立つたと云  室へ這入つて来るかも知れないと云  杞憂でないと云  不足だと云  手術をさせようと云  不都合だと云  顫はせて云  気が利いてゐると思はれようなんぞと云  語気で云  エレナが云  イワンは落ち着いて云  持主の云  なつて歩きながら云  問題とか云  語気を緩めて云  方法だと云  得意げに云  様子で云  細君は云  様子をして云  あなたの云は  イワンと云  進歩と云  一体かう云  変つた動物を見たりしようと云  未曾有だと云  行方が分からないと云  用事でも出来たと云  人間にはなつてゐないと云  犠牲にすると云  場合だと云  一つでもさう云  派遣せられたと云  報告するとか云  分析的統計と云  統計と云  一体横に寝てゐて勤めると云  派遣すると云  厳重にすると云  つて友誼と云  やうに感じてゐると云  手短に云  無意義でないと云  以ての外だと云は  大言をすると云  借財を返したと云  意外にもかう云  周到だと云  つてどうしようと云  軍人にならうと云  侮辱せられたと云  何があるかと云  女を愛すると云  女を愛してゐると云  評だと云は  様子で微笑んで云  髭黒と云  己がさう云  あそこへ引き取るかと云  逢はずには生きてゐられないと云  印とでも云  つた客を招くと云  #のがあるか知らと云  議論をすると云  そこを読めと云  名字を云は  三年の云  フィリップ・ロオド・チャンドスと云  ロオド・チャンドスと云  ものであるとも云へ  世界的名作であると云  何物もないと云  適役だと云へ  阿久根以南を云  對してはと云  誤解したるかと云  極南にありと云  水陸三十一日を要せしと云  寫なりと云  通はし云  姫子にあらずと云  漢書に云  魏志に云  河野と云  祖子致と云  子致又越智と云  呼素と云  卑彌弓呼と云  三宅博士の云は  風習を云  槃特と云  さへ忘れると云  托鉢に出したと云  茗荷だと云  馬鹿になると云  得意さと云  藝術的であると云  同一にならなくてはならないと云  学士が云  病衣を見て云  親切げに云  機械的に云  不精不精に云  遠慮げに云  健康だとは云  詞短かに云  患者は云  学士は云  為めとでも云  同一視すと云  器械的に云  蹙めて云  斑点に囲まれてゐると云は  一割だけくれと云  借家とは云  なんの云  一緒に食べようなどと云  像とも云  気持で云  グラン・タムールなんて云へ  上手とは云へ  ひと言を云  物は云へ  眼をはなさずに云  常子に云  もんとは云へ  あれを云は  スタンダールの云  満足を云  皮をむきながら云  違ひとでも云  変化を来したと云へば  教へられたと云  色合と云  手ざわりと云  会ひたいと云は  迎へて鳴くと云  様やと云  終夜稼いだと云や  なにも云や  鮫洲大尽と云や  馬の脚って云や  能楽と云  精神たれと云  理解を示してゐるとは云へ  本質本質と云  音曲風に云へ  範とも云  つて惡く云  違ひが起るかと云  頁四度刷と云  ものを書かうと云  何十万円と云  妄作と云  将棋だと云  館花浪路と云  会所を開いたと云  三好さんと云  貰つてゐると云  六五歩と云  敵銀を進ませてやると云  暴力とも云  耳をふさげとは云は  外国旅行者にも云  発育であると云  家敷と云  単純に云  日本語と云へば  魁偉と云  度いつて云  充満して居ると云  ものありと云  盛なりと云  禁止したりと云  国家と云  下にはかう云  市中芝居は休まずと云  六十九連覇と云  ローゼンベルクは云  初学者でも云  智子と云  為に害せられしと云  夜市を見歩くべしと云  微笑して云  北は云  丘がゐると云  リヅムであると云  四階級であると云  合理的だと云  言葉をもつて云へ  準備をしなくてはいけないと云  同情を感ずると云  経歴から云へば  人類と云  丘に云  車掌に云  糞喰へなんて云  北さんと云  最初それを云  これにしようかと云  ゲラアデ・アウスと云  シユタアツ・ヘモロイダリウスと云  風で飛ばされて参りましたでしょうて云や  役人が云  慶次郎に云  風で飛ばされて参りましたでせうて云や  私どもに云  風で云  黒服に云  汗を拭きながら云  紺服は笑って云  黒服は云  むづかしい顔をして云  ナンセンスと云えば云  白日にさらし出すと云  眼を向けられると云  魅力とでも云  安心とか云  魅力と云  仕事を止めないだらうと云  廣く云へば  實際にさう云  探偵小説と云  解決とか云  巧さなどと云  騷がしたと云  科學的素養を以てすると云  理解とを持たなければならないとも云  やうには云  ためとのみは云へ  市域などと云  豪壮とは云へ  外観と云  造りと云  演説口調で云  理由と云へば  指名と云  名案とは云へ  絶対服従と云  やうな云は  名案とも云へ  ふりをしてゐるとも云  人柄から云  加寿子たちから云へば  主婦代りとは云  娘たちへさう云  恨みごとが云  祖母ちやんから云  加寿子が云  青年に撮らせたと云  桜だと云  打切りにしてはと云  僕も云  桜を伐れと云  誰からも云  桜だなんて云  双方で云はば  別の云  指導者と云は  箸を動かすと云  上を片づけながら云  戦力化と云  人ごとみたいに云  口に出しては云へ  茶菓子にと云  食事をしたくないと云  それをこつちから云  夫が云  あと二十四時間はもつまいと云  何が出て来るかと云  気がすると云  娘たちだと云  子供とは云へ  小川が云  素直とは云へ  立場からさう云  これはぶつきら棒に云  人物の云  毛利に云  ことを伺ふかと云  人格としての畏れをもつてゐたとでも云  不服だと云  竊取したと云  切手がはげて居たと云  切手ははげて居たと云  限り簡明にしたいと云  被告の云は  竊取すると云  雨に濡れたと云  被告が云  決定すると云  吩付けると云  維げと云  裁判など云  証拠書類と云  棄却せられたしと云  粗雑だと云  作者はかう云  #人に云  保護してやらなければならないと云  時刻だと云  留守だと云  規律とか云  身の上を羨むと云  根性で聞いて居たかと云  手に育てられたと云  親類と云  危篤だと云  書留にしなかつたからと云  泥棒をして盗ませると云  意思と云  文明と云は  災害と云  舞台を考へると云  欝憂を握まされると云  自由があると云  破壊すると云  優美と云へば  芸術を持つて居ると云は  難を云へば  無益でなかつたと云は  本員をして云は  お前にうんて云は  ホツクを外すと云  危険でないと云は  適当であると云  誰がさう云  議長の云は  エリザがかう云  ミルラン君が云  個所を示せと云  アンリ・ベックに汲んでゐると云へば  ロスタンと云  #エルヴィユウと云  魅力と云へば  一身に集めてゐると云へば  美が潜んでゐると云へば  詩的表現を云  アツと云は  満足に云へ  意味するとも云  得も云  物だと云  彼女にかう云  中にはかう云  海軍将校はかう云  海軍将校とは云  思つて力をこめて云  悲しみを持つて云  ワチキとか云  耕平が云  浪子饅頭と云  五十年以前に云  エマアソンは云  技巧派と云  一新技巧などと云  あなたに頼まれて書くと云  ヽヽとも云  虫が知らせたとも云  元を云  気分とでも云  鼠と云  うどんと云  金持になりたいと云  ひとと云  優良児さんと云  子供をかへしてくれと云は  教へてくれと云  吉尾さんへ云  君に云は  赤ん坊をそだててゐたと云  何十倍と云  一緒に行かうと云  事を見付け出し得ようと云  申上げようと云  御免を蒙らうと云  枝葉に亙ると云  刀某と云  注意されたと云  幾年ぐらゐ經つて之を作られたかと云  文筆眼心抄と云  來て居つたと云  參考されたかと云  詩格と云  文鏡祕府論を書かれたらうと云  價値があるかと云  參考したかと云  沈侯と云  沈約と云  上聲と云  皎と云  崔融と云  元と云  兢と云  參考にせられたと云  參考せられたと云  一部分と云  古詩と云  法則を見ると云  洪覺範と云  天廚禁臠と云  どれだけの役に立つかと云  大師がさう云  價値を調べると云  のがあるかと云  事を知らぬと云  珍本だと云  楊守敬と云  上海に居ると云  日本訪書志と云  ことではないと云  規則と云  文章博士と云  それを知らぬと云  試驗と云  澤山書いてあると云  記録したと云  目録と云  作つた唐書と云  舊唐書と云  經籍志と云  藝文志などと云  行はれなかつたかと云  唐書と云  藤原佐世と云  冷然院と云  火と云  燒けたと云  冷泉院と改めたと云  劉善經と云  四聲指歸と云  四聲論と云  四聲指歸だと云  本であると云  規則になると云  書籍と云  變流行つて居つたと云  才子傳と云  一卷と云  #二卷と云  詩式と云  儘でないと云  用ひてはならぬと云  詩議と云  唐朝新定詩體と云  詩を作らなければならぬと云  著述だと云  詩髓腦と云  詩髓腦を書いたと云  議論と云  當時詩と云  歌はれると云  歌はれるかと云  文筆式と云  古今詩人秀句と云  二卷あると云  序文だらうと云  病を擧げて居られると云  殘して置かれたと云  帝徳録と云  言辭と云  角文鏡祕府論と云  校合されたと云  不十分だと云  價値があると云  草本と云  草稿本と云  朱を以て消してあると云  處だと云  時にさう云  訛りであると云  研究を進められたいと云  篆隸萬象名義と云  字引と云  説文と云  玉篇と云  出版と云  何十種と云  玉篇を見ると云  手を入れたと云  之を見たいと云  研究とか云  何百年と云  面倒だと云  隸書と云  弘法大師全集と云  僞作であると云  彫刻もされたと云  嘘であると云  上にさう云  嘘だとか云  書史會要などと云  勒とか云  術語と云  當るかと云  李後主と云  撥鐙法と云  執筆法使筆法と云  訐すと云  機と云  意味だからと云  雙苞とか云  大師が受けて居られると云  韓方明と云  確かであると云  不確かだと云  御方と云  それであると云  他日私がさう云  貰つた礼を云  乍ら博士は云  おだやかに云  開通祝ひだと云  手足でも揉みましょうと云  恁ふ云  交遊と云  主とも云  詫びを云は  ことを恥ぢると云  流れ灌頂と云  ところだと云  尾道と云  弓張月と云  窓と云  丈長と云  云はれても云  ニッとみせて云  ひな子と云  嬌笑で云  りくさんと云  あいそを云  口癖に云  代議士とか云  点だと云  候はぬかと云  外套をぬぎながら云  楊子を出しながら云  後藤に云  声をかけて云  いま病気だと云  友人を顧みて云  誰に対して云  家を出てからと云  んだからと云  安寧寺と云  長者と云  藤右衛門と云  法律にかう云  泣寝入りになり兼ねないと云  可能性を持つてゐると云  序文にかう云  物騒さ加減と云は  戯曲にすると云  使はれぬと云  論者はかう云  お伽噺を書けと云  処置と云  大切であるかと云  國特有とも云  しかたがなかつたと云  決定するかと云へ  こととか云  歴史をもつてゐたと云  クレエル・フエルシヨオと云  労を貸しに行くと云  上から云  ウエルスが始めて書いたとか云  声だけ聞えたと云  エレメンタルスと云  土とか云  癖触覚には触れると云  幽霊と云  お出で下さいと云  醫者の云  蟲とでも云  反動とも云  明らかに云  祖父が云  立所に云  行つて了ふなんて云  邪魔と云  マリヤと云  怕ろしとも云  つもりでさう云  久良が云  今時とは云  前々から云  空虚だとも云  苦悩だとも云  翹望だとも云  ものがあったと云  風流とか云  献すと云  道法凡そ三百余里と云へ  今から云  集積とも云  齎らしたとも云  上から飛び降りると云  頭においてゐたと云  著述を企ててゐると云  方向に進むべきかと云  根拠を求めてゆくと云  普遍妥当性とか云  感得しようと云  歴史的生命であると云  つて考察すると云  論断しようと云  張つて成長してゐると云  制度が出来てゐると云  関係を保つてゐると云  自覚してはたらくと云  綜合作用と云  分類しようと云  意味をもつてゐると云  ゲノスと云  一歩踏み出さうと云  Sacheそのものに帰れと云  ホリゾントを求めようと云  机と云  範疇を導いたと云  意識であると云  意識と云  一夢云々と云  注意しなかつたと云  受胎したと云  子供が出来ると云  了つたと云  生命を持ち得ると云  丈けは云は  危険思想だと云  犯罪だと云  自首しなかつたと云  ゑらい事を云  寝台から出たと云  ぐいらつして下さいと云  九時にそろつて下さいと云  理責を云  審理がひらけたと云  辞令を出させると云  たいと云  拒絶し得たと云  人間道から云へば  生物学者が云  現象が動かないと云  日外もかう云  ふだん女権などを云は  之を罰すると云  畜生道だと云  僅四五時間で作りあげたと云  愛子がさう云  先輩とか云  現実はないと仰云  波動があるとさえ云  人道主義的だと云  尺足らずだと云は  生憎さまと云  他に在りと云  往生出来ずと云  買つて呉れつて云や  四角張つたことを云  綺麗さ加滅と云  隱岐が云  器械力と云  のを忘れたと云  答案と云  んを云  富之助がさう云  富之助にさう云  其別莊と云  所謂膽力養成と云  富さんて云  三度さう云  それを買おうと仰云  文句を仰云  可哀想と云えば云  理屈がおくれていると仰云  貴方の仰云  価値であるとでも云  づさへて旅へ出るなどと云  ワザと云  風に云は  戯談らしく云  口にこそ云は  君にだけしか云へ  左うとでも云は  声を荒らげて云  語気を強めて云  楽壇人であると云  高慢が働いていたと云  誠実はあったと云  棹三年と云  小林秀雄が訪ねると云  何べん云  力のこもつた云  真剣味のこもつた云  塚田をいましめて云  顔をあげて云  どれだけ出してゐるかと云  対談なんて云  木村に云  不景気と云  #言葉を云  小娘の云  哲と云  風に坐つて居ると云  肥つて死ぬと云  不景気を云  半ば過ぎと云  晴天五日を打つと云  ランプ掃除と云  張物と云  事をしたり云  算段ばかりして居ると云  皆んなが云  事とさへ云へば  貧民窟と云は  赤痢と云  居はしないかと云  云ひ出すかも知れないと云  下痢だと云  兄やに云へ  黒と云  償ひをしようと云  不景気不景気と云  北海道中種籾一粒取れまいと云  身内が死んだと云  毒を持つた云  日本晴とも云  何がと云  命日と云  申訳らしく云  末が云  ものは知らないと云  残つてゐるならくれろと云  毒を飲んだと云  静かにかう云  自分で降りると云  是れだけあると云  便所に立つと云  すがると云  問題とも云  髷物をよろこぶと云  せいは私に云  冗談らしく云  君と云  關係してると云  せいに云  ものだったとも云  結果であったと云  らなかつたと云  懷にすると云  交へるなと云  描寫と云  効果と云  海面を見渡しながら云  河田が云  私に打つて呉れと云  はじめに云  是非とも訪れたいと云  詩人は云  厳密に云へば  手に入れたかと云  氏に云  我慢が出来ないと云  見込などと云  電車が無くなると云  商人達の云  元気を出さうと云  つけと云  一寸上京してみよと云  明と云  文句があるなら云  証拠と云へ  危険はないと云  日本で云へ  道を歩いてゐると云  隙を見てかう云  雑作に云  ユゴオも云  苦情を云は  男をとは云は  中学生でなければ云  文句も云は  蝶に云  妙が云  やつぱしさうより他に云へ  女房は云  うちの云  明日の云  兎のよろこびと云  歓迎されると云  明ありと云  フレジエと云  沈潜すると云  コメデー・フランセーズ座を云  半分泣声で云  お母さんにかう云  調子でさう云  嘘を云へ  幸福であるとも云  仕合せだったと云  やつぱりお父さんにちがひないと云  此儘死なないかも知れぬと云  神に祈ると云  火事だと云  私を見て云  手を束ねて見てゐると云  御真影と云  ことりと云  動静を見て来ると云  変だと云  振り打振りかう云  活動寫眞を見せると云  勉強してゐると云  せいは申譯なささうに云  寢たと云  せいに云は  ひとりで歩かうと云  ところも見えないと云  頃活動でも見に云  生徒は云  懇意なと云  云つた風で云  藥屋だと云  搜さうと云  床屋と云  間違ひだらうと云  小僧に置いて呉れと云  入用だと云  樣子を見ながら云  泊つた形跡はないと云  乘つたと云  ホツとして云  角一應時計屋へ引返して調べなかつたと云  不良少年と云  話は出なかつたと云  掴つたと云  發見されなかつたと云  嘘は云  貰つたと云  秋山と云  一人慶ちやんと云  寢たとか云  んに云  秋山とか云  はつきり正直に云  みんな正直に云  嘘も云  押込まうと云  自分からさう云  警察と云  來たとか云  慶ちやんとか云  自業自得とは云  つて來いつて云  盜まれてゐないと云  此奴の云  その間にさう云  警部補は云  不良少年は居ると云  別に持たして置くと云  留守中學校を休んでゐたと云  辯解的に云  眼光を向けて云  やつぱし不良少年と云  慶ちやんと云  眞赤にして云  關心に云  顏して云  籠つた調子で云  其奴等を掴まへて見せると云  頼りにはしてゐられないと云  惡智慧でなかつたと云  不良少年を狩り出さうと云  力をこめて云  學生は云  弟も云  護摩木と云  #のを浮べて呑ませると云  時に云  鞄をさげてると云  中學生なんて云  顏を視て云  當人がさう云  云つて呉れと云  商賣をしてゐると云  相談して呉れと云  行つて呉れと云  子供を泊めたと云  眼して云  薄笑ひを浮べて云  錺屋と云  お詫びを云  事實が潜んでゐやしないかと云  半ば以上許されたと云  綺麗に云  行はれてゐると云  警察へ出かけたと云  僕が出て行かないと云  冷淡に云  やうにして呉れとも云  警察官と云  ことも云は  職人だと云  世間と云  生涯時計と云  役目を云  あなたにさう云  標準と云  ゆつくりおめにかかると云  物の云へ  私にも云へ  展覧会と云  立派ださうですねと云  全国青年絵画協進会と云  月下美人と云  行はれたと云  Hieronymusは云  Clemensは云  Basiliusは云  Chrysostomusは云  Gregorは云  Ambrosiusは云  誰にも云や  私も云や  彼をして云は  取扱つてゐるかと云  ことを書く書くと云  お早うを云  途中でさう云  蝶が云  女将にさう云  冗談でも云  文学青年でもが云  お前にこそ云は  つておくびにも云へ  彼等からさう云  厭だなんて云  母でもが云  彼にさう云  ペツシミストとでも云  清親なんて云  つて出放題を云  やうぢやないかと云  酔つたひとりがさう云  父も云  父にはさうは云は  清親に云  冗談なんか云は  影法師だと云  誘惑を感ずると云  のけ者にして云  厭がらせでも云  日に云  素直と云  子細ありと云  存したりと云  浜おもとと云  いにしへ木綿と云  一奇事と云  芦と云  中に残れるを云  浜荻と云  #古跡と云は  収穫されていないと云  ひといろで云  揃へて云  東京書林組合と云  勉強と云  古書と云へば  事ありと云  誂向きと云  今更さうとも云へ  彼是れ云  夫かと云て  馴染ぬとも云  何所とか云  生田と云  耳に入れて置かうと云  イヤとも云へ  忘れ物と云  公は残らず云は  横柄に云  跡と云  犬なりと云  人だなどとも云  崇高だとも云  作品は仰云  あなたとして仰云  条件をつかいこなしていないと云  忠言者と仰云  云々するほどでないと云  アナーキスティックと云  初冬とも云  何遍も仰云  何か仰云  それは仰云  語学は仰云  名声とでもいえば云  まともから云  形であると云  汝は云  さに堪へようと云  写真屋が云  登つてくると云  殘つてゐると云  伝へ云  心持とも云  處女作と云  ここで書き上げようと云  住居してゐると云  天菩比命であると云  健磐龍命と云  標準語と云  つけと云は  流派的存在を云  逕庭はないと云  発表したいと云  標準語で云  問題とは云へ  一時的現象とも云  範疇にはひるとは云へ  理窟のうへではわけなく云  理窟から云へ  文化運動と云へ  国歩艱難とも云  仕儀と云は  ものであるとは云へ  死なめと云  度いことも云  行動であると云  初代桂春団治であると云へ  王座を守り通したと云  面形がのこつてゐたと云  やつがあるかと云  我都と云  光つたのであると云  世の中と云  尾籠を云  初代と云  幸福人と云は  文献と云  帰へりしと云  関取に負けろと云  まま之れを与へんと云  馴染と云  本能的と云  御免なさいと云  ハリスと云へ  八枚と云  楼と云  眼して視ながら云  妹だと云  閣と云  内儀に云  らうと云  知つてると云  懇意と云  五六日延期と云  つてゐられると云  ムツとして云  つて宿で待たないと云  後二三日待つて呉れとでも云は  ご免だと云  理解と云  親切で云  反抗して来ると云  七円と云  十銭と云  ものでもないと云  激昂してると云  五円と云  後姿を見送りながら云  三円五銭と云  寄附だと云  五円貨して呉れと云  信りもないと云  さで云  落付けると云  眼をうるませて云  色を見せて云  斯うは云  冗談など云  眼付を見せて云  どこまでもついて行けと云  構やしないと云  自意識なんて云  報告などは聞きたくないと云  捜索を頼まうと云  時小刀を盗んだと云  お前チツスと云  マルヒユスと云  擁護しなければならないと云  批評とは云へ  親爺がかう云  がちやりと云  百合子の云  失敬したなどと云  百合子は云  配慮と云  用意を怠らなかつたと云  時刻と云へば  発揮し得たとは云へ  面つきと云  さうとでも云  親爺も云  月夜だと云  村の云  黒さんに云  猫さんに云  二匹を見て云  つて差上げますと云  私が行くと云  何が云  つてくると云  お出かけになると云  先に申し上げておくと繰り返し云  一週間とか云  表情で云  あれと云  お金が入ると云  ゲーゲーとでも云  ブウルジュワ的であると云  戯曲と云  築地小劇場は云  勝手な云  言語風俗と云  非常に滲み込んで居ると云へ  其処からもさう云  十分に云  廻しと云  西洋風の云  流行とまでは云へ  言葉で書いてゐると云  一面かう云  ものにしてゐないと云  特殊語と云  通用すると云  混乱と云  私自身もさう云  発展と云  日本語と云  研究題目があると云  辞礼と云  多過ると云  游離してゐると云  つて裏切られてゐると云  やうとすると云  現代語と云  身分階級を示すと云  無難でなければならぬと云  社交と云  標語と云  濫造と云  取締と云  言葉であると云  接触を保つてゐるかと云  国語と云  国語にしようと云  #のかと云  長所が失はれはしないかと云  統制整理と云  マレルブと云  王から受けると云  何処かと云  楽に出来たかと云  十七世紀と云  統制純化と云  ヒューレと云  必要とすると云  純化運動と云  讃美と云  履行と云  斟酌した云  時代精神と云  反映して来ると云  下層階級と云  純化と云  づゝ遅れてゐると云  今日古典作家と云は  フランス語と云  明晰であると云  上品ぶつた云  #廻しと云  プレシオジテと云  純粋化と云  改良と云  領土を拡げて行くと云  ものであったとも云  構成などと云  つて展開して行くと云  ボンタン夫人がかう云  スワンと云  カテドラアルとも云  一種の云  学校へは行くと云  感想を聞せて呉れと云  時代だったと云  歴史的に云へ  言葉にして云へば  作者は云は  処に留まれと云  仮りて云  くに自らを知るかく云へ  誤解を受けると云  自覚と云  ことをも云は  ものとより見えないと云  石像は泣いて居ると云  其れであると云  不思議と云  撫子であると云  稚気を云  初秋と云  波であると云  作者にかう云  理智と云  知慧と云  方に望まれると云  作者は云  流星を云  薊と云  薊であると云は  宗教家の云  静かな諦めが生じると云  事であると云  否否人と云  君とか云  一語で云  マダムと云  気持ちと云  下で見たと云  川一面と云  神を呼びかけて云  木を見直して見ようかと云  自分はなつて居ると云  能事終るとして居ると云  七つまで出るであらうと云  のであるがと云  疎らに附いて居ると云  美だけを云は  世の常に云  一大事出来と云は  反省がされると云  口からも叫ばれたと云  自分は歩くばかりであると云  エルナニと云  命を遣らうと云  命を受取ると云  屑ぞと云  塔とも云へよ  塔であると云  芸術に托して云は  自分であると云  親愛なると云  自分のと云  此頃愛して居ると云  絶頂と云  手箱にあれと云  満足感があるであらうと云  芸術であると云  気がされると云  西鶴が愛して居ると云  軽薄と云  賞美すると云  時に思ふと云  一隅を見ると云  世と云  人間のと云  薔薇ではないかと云  物よりもと云  冬と云  句点を打つたと云  気もちとも云  昨日と云  こともかう云  歎くと云  膝を並べて坐してゐるからであると云  形が見えると云  心もち横に傾いて居て溢れると云  恋を云  高原であると云  壺であると云  人を思ふなりけりと云  希望と云  我れを待つと云  少女を云  此方へ来ると云  此頃であると云  宮詞と云  附て行くと云  仄かながらも覚えると云  滑稽に見えるだけであると云  拳と云  残念であると云  川甚と云  伊太利亜にてと云  是れから得ようとして居ると云  形をして射して居ると云  人達を云  方法であるとさえ云  あらわれと云  大同小異と云  僕として云  気品を帯びてるとさえ云  権力的統制であると云  哉と云  気持で云へ  開花であると迄は云  教へて呉れとも云は  小生に云  事でも巫山戯て云  ことのみを誤魔化しと云  小児科と云へば  気取り賃を出せとは云  席で云  合はないと云  縫目にかくれてゐるなどと云  滑稽だと云  森権之進と云  同役がかう云  独語を云  井上典蔵と云  連中の云  飼ふべからずと云  今井八方堂と云  手がつけられないと云  絵を描いてゐられたと云  マツサーヂと云  頃如雲社と云  又兵衛と云  売立に出かけて行くと云  邪魔にならぬと云  時にしてくれと云  目録なぞと云  やう瘡だと云  ごとを云  勤め人と云へば  正保頃だと云  造語だとは云へ  文字通り機械文明と云  文明国と云へ  動員すべしと云  つてきまるとも云へ  文化職域とは云へ  一言にしては云  備へたと云  巨匠名人と云は  一種気品の閃きとも云  #私に云  一歩突つ込んで云へ  科学性とでも云  道徳的とも云へ  眼とでも云  不具者と云は  #艶と云  なほ広汎と云へば  いふ意味で云  感じから云  国際的とも云  富豪などにかう云  有無と云  シエクスピイアと云  元来芸術と云  日頃からかう云  出演したがると云  樂に惹きつけようと云  助演すると云  畫と云へば  畫大會と云  藝術寫眞製作と云  關係如何と云  どこにも打たれるとか動かされると云  畫だと云  問題について云  平均を云  方々で云  自尊が云  フランス人にはできませんと云  ところが違うと云えば云  顔つきを見ながら云  いそと云  逆上て云  なかより生れたりと云  一磅と云  事はあるまいと云  念を失ふなと云  千六百六十五年三月九日だと云  演説を試みたと云  過激思想取締法案とか云  窺はれると云  進歩などと云  二にさう云  文豪イバネス氏の云  実現してゐると云  アクタ川と云  東京にはかう云  態度を話せと云  社会状態と云  目的にしてゐないと云  昔を選ぶと云  ことに気づかなかつたと云  奇抜でないかと云  有無さへもかう云  作家たちはかう云  近代ではかう云  通俗的興味と云  解釈するかと云  名文家ではなかつたと云  つもりはないと云  才能はかう云  教訓的であると云  ものはかう云  殆どかう云  詩歌と云  人々がかう云  やうに書けと云  発句よりもかう云  歌人たちもかう云  思つた吉井勇氏はかう云  客観と云  名はかう云  歴史上にもかう云  諸氏にもかう云  如何に燃え立たせるかと云  価値であると云  神経質に生まれついてゐなかつたと云  唯物美学などと云  等閑に附せられると云  等はいづれもかう云  文人などと云  ジヤアナリズムと云  息子に現れたと云  黒ん坊と云  如実と云  語つてゐないと云  洋服と云  日本ではかう云  事実とは云  皆世界と云  文芸と云  全部俗悪と云  俗悪と云  俗悪と云は  産物さへかう云  ことはかう云  無器用と云  詩を書いてゐたと云  作品はかう云  文芸にかう云  ルノアルはかう云  刻薄であると云  僕を動かしてゐたかう云  さはかう云  さへかう云  立派にかう云  何でもないと云  言はせると云  従つてかう云  加へてゐると云  逆説的であると云は  僕のかう云  韻文と云  僕等東洋人はかう云  誰もかう云  売文と云  気のあると云  現代日本文学全集と云  明治大正文学全集と云  困難であるかと云  一人はかう云  ヒロイツクと云  滑稽であると云  滅多にないからと云  現実を描くと云  行為と云は  行為があると云  口では云は  あらはすと云  凝結とでも云  非常時を以てしたと云は  掲載できないなどと云  自信を持てと云  名を附けようと云  天を云  ブロージットと云  高らかに云  行つた山本と云  移つたと云  石垣と云  都合をつけてくれるだらうと云  火を見ると云  学校を休んだと云  僕達は云  短篇と云  吏と云  なかば絶対と云  あれを出したいと云  物腰と云  理論家とか云  豊富であると云  人柄とか云  伯父さんに云  ちやがちや云  アイスクリームを云  ことは出来ないと云  羊飼は云  ハイカラだと云  十分と云  星を云  變ですと云  極上品を云  女性に云は  末梢だとも云へ  不幸だと云は  きりと慰めて云  推薦文を書いてくれと云  働きとは云へ  ところにあるとも云へ  ここには云  文人がゐないとは云は  いやだと云は  謝して云  勝手は云  嫌と云へ  何を好んでぞやとも云  いふ無理を云  伯母の云  僕に飛びついても云  余に任せよと云  思浮べながら云  つて涙ぐみながら云  霊魂まで持つて往かずには置かないと云  死者に踊れと云  滅多に云は  ワザと落したとは云  気にしないで云  一つだったとも云  真実冷酷と云  いやだって仰云  親爺連中の云  母から云  支へをうけてゐたと云  センチを云や  ぼくに云  遊戯にあると云  何をか云は  いやな云  人間下落だと云へ  へんな云  ぼくが云  魚だと云  口ぐせに云  人から云は  ぼくを見て云  君は云  自慢して云  宇治中納言どのと云  なにがしと云は  小説が果せなかつた云  つてと云  斷りが云へ  把握が云  文學形式と云  本能に云  者だと云へ  人へ送らうと云  醫と云  身上相談へ云  メーターにも云  すべてに云  象徴と云へ  だれも云は  晶子女史が云  作爲が云  伴はずに云  微小分的な云  いふ事が云へて  一例のみを云  ことばで云  すじを引いていると云  国岩城山の神と云  ふしは云  口で云へ  有名であるとは云  ことでも云  幾度も云  無茶を云  機会とも云  家を建てなかつたかと云  上演しなかつたかと云  筈はないと云  室生君の云  気候から云へば  気まぐれを云  村芝居と云  武蔵野劇団と云  美化すると云  却てかう云  下廻りであると云  貰へまいと云  五郎と云  点と仰云  気持で仰云  のかと仰云  一本気とも云  げなと仰云  前後のつづきでわかると云  十分それが云  そこから出ているとさえ云  経かたにあるだけとさえ云  ハイと云  程度で云  形でだけ云  社会を考えなければ云  年と云  田と云  太田と附けたと云  打撃と云は  疎かにすると云  此処から云へ  大津と云  娘を見ながらかう云  無駄使ひをさせたと云  久吉が云  募集すると云  切つて雇はれに行かうかしらと云  久吉は云  迷惑をかけないで暮して行くと云  貰つて来ると云  近は云  ステッキをつき出して云  組みをして云  ガタガタ顫へながら云  ガアッと云  狐が云  のをやめて云  弟子にならうと云  上等兵殿に云  百石ぐらゐ油をつかふだらうかなんて云  日記と云  私は引き離しては考へられなかつたと云  福間某と云  参与と云  家とは云  津下市郎左衛門と云  丈と云  左衛門と云  づ勇戦隊と云  能呂にかう云  王師に抗すると云  義戦隊と云  武芸を試みようと云  側雇と云  施設を見ようと云  これを除かうと云  中井刀禰雄と云  三宅典膳と云  成功するとは云は  守銭奴を脅して見ようではないかと云  一座を見廻してかう云  同意が出来ないと云  目くばせして云  さぬと云  援助すると云  罪を責めると云  薫子と云  周旋したと云  明治三年十月十日に斬られたと云  墓と云  冤を雪ぐと云  理由があると云  冤を雪ぎたいと云  法律だと云  可否と云  後世に残したいと云  閲歴を有してゐると云  欲せぬと云  つて天道革命論と云  流伝したと云  御牧基賢さんの云  歿したらしいと云  のを看たと云  量長と云  餅を搗いて居るなんて云  純潔さと云  フランソアと云  魚口星雲とも云  気をとり直して云  其れを云  恥かしいので云は  理窟と云  此家へ持つて来られたと云  愉快だと云  無と云  物と云は  北寮と云  道理とか云  学者と云  二となると云  生涯忘れられないと云  上加減と云  め入ると云  美と云  真髄だなど云  此の間髪を入れずと云  ヤツと云  #間に定まると云  むづかしい事を云  東寮と云  健男子とか云  残骸を乗せて居ようと云  死ぬると云  其パンと云  人間も有ると云  四番室と云  気味と云  大頭が云  十人十色と云  通俗的に云  子が有るから云  つて居ると云  作つて有ると云  ざると云  ネーベルガイスターとも云  大頭は云  真面目で云  スマシタ顔付をして云  白頭が云  得手勝手と云  欲目と云  贔負目と云  旅順と云  ヤドカリと云  裏には帰ると云  のは下ると云  燗徳利主義と云  処と云  ストームと云  根本的に云  其利害を云  禁出入とか云  而非自治と云  トルストイが云  社会と云  時があるだらうかと云  かつたりと云  行燈体と云  市で騒ぐと云  んだりと云  ランタンと云  憤激とも云  賜であると云  んだとも云  はずみと云  卓上と云  鶏を見て云  三寸と云  刺青をしてあると云  膝を突いてかう云  良人は云  小笠原さんと云  頂戴ねつて云  国を出て来たと云  のなら逃げて見ろと云  のを待つて居ますよと云  私には出来ないよと云  明日きりだと云  気にも留めて居ないと云  医者さんが云  先を云は  外套と云は  鎧と云は  手枷足枷と云は  四五日待つて呉れと云  大森の云  厭とも云へ  寝台とがあるだけと云  なつて戴けと云  冬子は云  所謂世間で云  一口に云  つね子さんが云  つね子さんに云  好きとも云  後者だと云  ひとにも云  いくらでもゐると云へば  性的誇示とも云  伴れて行かうと云  菊さんと云  幸ちやんと云  若旦那とでも云  幸ちやんはかう云  其所らあたりを歩いてゐたと云  嗤ひを浮べて云  兄貴に云  兄貴は云  一日伸びと云  卒業したと云  甚次君と云  若旦那だて云  阿呆だと云  話が出来たと云  二段田と云  落着き先と云  賃金半額にしろと云  世間へ云  仲働きぢやと云  器用でないといふ云  沈黙とでも云  やうとは云へ  あれこれと云  反射作用とでも云  目的とは云  一般にも云  戦時だからと云  批評にも云  道子に云  密に云  カマイタチとか云  人が来はしまいかと云  芳夫の云  怪物と云  手前にも云  精力抜群を以て知られてゐたと云  企画せられんとしたりと云  苦と云  蘇色ありと云  挙行せらるべしと云  夜来発熱甚しと云  感冒に過ぎざるを云  海と云  東京人と云  由来かう云  3と云  4と云  接吻したと云  情などと云  寫眞丈撮させてくれと云  同行しようと云  權利と云は  願ひがあると云  無事だと云  語をかりて云へば  二言目には云  押切つた事を云  斷片的ながら云  惡口は云へ  興味を棄てよと云  敍すると云  氣でないと云  さきにも云  明かに云へば  派に云  明確に云へば  めを云  顏付をして云  愛讀すると云  勉強家であるなどと繰返して云  飮むかと云  安心して云  臆病とばかりは云  事などを思ひ出しながら云  お金がかかると云  言葉をかりて云へ  顏付で云  異議は云は  目をくもらせて云  吐息と共にかうも云  小娘に云は  感想とでも云  人生觀とでも云  缺くと云  日本ばなれと云  くるみと云  霧ヶ峯と云  スキー場霧ヶ峯と云  卵がむけたと云  釣つたと云  土地で云  土地であかずと云  上川と云  これ迄ですと云  七ツ釜と云  利用しようと云  細君が云  厭と云へ  身震ひをして云  二重に治したいと云  金ちやんが云  冗談も云へ  入院と云  青野は云  題を云  眼瞼を伏せて云  實行せよと云  贅澤にすると云  人に擬して云  嚮に云  土地と云  外にはかう云  田舍とは云  道樂者にならないと云  祭典のあると云  晴衣と云  殘して居ると云  それを窮めようと云  神社と云  神を祭ると云  所にさう云  #者を求めると云  丈八ッさんと云  追究してゆくとかう云  英米人風の云  癖といえば云  里へ帰ると云  此頃田口卯吉と云  アアリア人種だと云  公生涯と云  經歴と云  一面丈を説くと云  漢學をすると云  やうにならうと云  帰京すると云  訳を云  飽までも帰ると云  結局わたくしの云  貞操と云  脱れると云  寛假されると云  不幸とに泣かねばならぬと云  道徳であると云  のではないと云へば  其罪が除かれると云  所以でないと云  問はれるかと云  養育して居ると云  良人以外に許さないと云  目されて居ると云  それを許さないと云  男に守れないと云  生理的關係を云  境遇を開くと云  強要せねばならぬと云  屆出と云  永久性と云  潔癖であると云  道徳と云  クロッキーとも云  キツネだと云  一生文句の云  丸角さんて云  のだか分るまいと云  露骨に云へば  のでないと云  苦痛に堪へたと云  個性と云  他人から云  望みと云へば  さつき俺は云  田舎へ帰ると云  十何年振りと云  ことを繰り返して云  小説的とは云へ  さと云えば云  ものも生れると云  複数で云  あなたに云おうとして云  義務を感じているとも云  それを仰云  うちに対して受けないと云  友子さんをつれて送ると仰云  ものを仰云  感情とも云  彷徨して居ると云  人智一般についても云  これにも仰云  今ここで云  原因していると云  関係で云  友情一般が云  私を知っていたら云  国本と云  私からも云  丸山コリミセと云  資格もないと云  本間重と云  文明は進んだとは云  登別へゆくと云  此の度帰ると云  大黒島とか云  幸丸とか云  のって云  何処へ行くとも云  疲れでせうと云  春彦さんと云  字都野と云  私はきくやと云  先生に云  宗教心理とでも云  本郷基督教会があると云  出来事と云  姉さん使って下さいと云  岡村千秋さんと云  今年二十歳だと云  事を感ずるかと云  自覚などと云  直江と云  盛と云  江戸打と云  なんのと云へ  十七だと云  賃金を取れと云  母上様がと云  給へやと云  鬼三郎の云  得も云は  喜びは云  是をや云  さよと云  模様を聞かせよと云  相違あるまじと云  給ひしかと云  ざるべしと云  事あらじと云  先づ食つて行かなければならないと云  入神術と云  羽黒天海と云  重役は云  自慢さを以て云  重役が云  堪能して云  跳躍と云  湛へて云  つて手品師は云  さから云へ  世辞すら云  元気づいて云  米国皇族殿下台覧とでも云  大統領ルーズベルト夫人台覧と云  所謂先生に対して云  光榮であると云は  哲學があると云  要求されてゐるとも云  使ふのでわからないと云  創作活動であると云は  ためだとも云  原因であると云  ダ・モータと云  眞如實相と云  罵詈的に云へば  心靈と云  乎と云へば  體と云  意思大心靈とも云  一致したとは云へ  白の云  越後浪人服部平四郎と云  私は云へば  百両と云や  降りと云は  腫物が出来たと云  嫉妬なぞと云  話は書かなかつたらうと云  具合には出来なからうと云  特色を云  必しもかう云  此処にあると云は  日米関係を云  ワイルドとか云  再来と云  レジンスキイと云  結果自殺を遂げたと云  今昔物語にも出てゐると云  心もちを云  人間を押しつつんでいるとも云  ところとも云  各面に云  のだろうからという云  一寸した云  大分世界各国に認められたと云は  念と云  結果と云は  意味から云へ  消化れないで困ると云  誰しも云  此批評家の云  欧洲戦争が起つたとは云は  黄雀風とか云  唯十七字で云  #盡くせと云  たるみであると云  何んとも云や  それを行くなとは云  女房の云  戦争に行きたくないと云  好きですと云  覽になりませんかと云  知つて天皇あるを知らずと云  称徳天皇と云  私が唸つたりしたとは云へ  医者どんも云やん  つてゐたいと云  五つになると云  千枝ちやんと云  職業婦人と云えば云  美觀と云  人体で云へ  きのことばかり云  太郎さんは云  お母さんが云  千代子さんが云  驚き声に云  眼は云  不具的欠陥とも云  記念会とも云  為めなりと云  功績と云  純文学なりと云  卑怯なりと云  蹈派と云  救はんとすと云  感泣したりと云  君に貸さんと云  実効の尊ぶべきを云  ざることを云  ざるを云  広大無辺なるを云  天佑有るを云  攻むるものは余りあるを云  其は云は  可とするを云  ものあるを云  同伴者の尊ぶべきを云  滑稽に云  精確詳密にすべきを云  悲を得るを云  速やかにすべきを云へ  方にては云は  鑿をと云はば  掩ふべきを云  勢に乗ずるを云  可しと云  ざるものあるを云  技の優れたるを云  旧時に還るを云  あざと云  婦人と云  奇異なと云  流行と云  流行だと云  #東洋種と云  交つて居ないと云  消極的に云  東洋種になるかと云  西洋人にかぶれたと云  安全に云  言葉に就いて云は  作品全体に就いても云は  中に在るとは云へ  うちにあるとは云へ  大上段の云  あした行けないと云  場合にでも云  眼を見張っていたと云  汝の云  涙ながらに云  八戒が云  玄奘が云  決然と云  朱紫国をかう云  侍女が云  進歩的人間のたたかいを描き出したと云  事などを云  奴だと云  嘘の云へ  鼻をぶら下げて歩いてゐると云  佳麗三千人と云  子一人と云  女と云へば  自分の仰云  方便と云  發明と云  東洋歴史とか云  禁物と云  貢獻したかと云  東洋と云  極東と云  何時出來たかと云  傳はつたのであらうかと云  ポーロと云  發明者と云  蔡倫と云  何処へ行かうと云  髪と云  破れ衣と云  けしからんと云  來り臨んだらうと云  点について云  大概ものを云  サイノロジーと云  いく度も云  威霊を与へると云  野と云  原因はいづれにあるかと云  月桂冠とは云  宗兵衛の云って  三ツ星とも云  おかみさんに飲まないかと云  名につけて云  男が見ると云  マリイに云  かしくてならないと云  マリイが云  女を見て云  おかみさんは云  河合が云  恍惚状態と云  和服と着かへて出たと云  誰も云や  学費を出してやると云  指で招きながら云  叮寧に云  ことがわかったかと云  親方が云  さうでないとも云へ  教授が云  母などが云  井戸屋と云へば  臆病さを云  戒め言に云  使ひながら云  ことなんて云へ  向方の云  加けに云  子にしたがると云  声を殺して云  忠告してくれよと云  一事を云  生活を云  不平があるなら云へと  ことならずやと云  感銘が生み出せないと云  保障されていると云  生活感情と云  新劇運動とは云へ  相手と云  人にやれと云  共有とも云  理想は云  毎に云  満足せよとは云は  本道なりと云  何にもならないと云へば  づ綿密と云  今までを省みて云  自活を許さないと云  日本だけがさうだとは云へ  現象だと云は  戯談も云へ  反抗意識についても云  機会がまつたくないと云  演技についてのみ云  材料について云  抱負についても云  私をして云は  禁物とは云へ  今更めて云は  それまで云  肉親と云  つて子供と云  事はしないと云  事等の生きてゐると云  何物も惜しまないと云  余裕と云  役目は済むと云  うかうかしてはゐられないと云  勉強が出来ないから止めると云  ものを止めると云  時間から出さうと云  事ではないと云  露骨に云は  やみを云  我慢がならないと云  とつてゐるかと云  意味するかと云  日本にもさう云  道楽だと云  立派に云  ものがあるとも云  慎重だとさえ云  企てだと云  我々から見れば云  理論的連関があると云  唐招提寺にありと云  鬼に云  女などが云  詫びを云  数字を云  国民集団であると云  腹を割らぬと云  岡とも云  棄場とは云  トスカさえあると云  つてぞ云  事を分けて云  軽薄を云  遇ふだらうと云  ためと云や  大丈夫誰にも云や  目に懸れると云  盡せると云  何があると云  問題小問題と云  問題と云  政治家だと云  鑛毒問題と云  罪惡と云  兼併と云  渡良瀬川と云  利根川と云  官林拂下と云  七千六百町と云  三千七百町と云  安生と云  何程かと云  其木を伐ると云  一口に云  河が荒れると云  費用が掛ると云  つて百八萬圓と云  植へると云  植つたかと云  六十八萬圓と云  贊成して呉れと云  六百五十萬圓と云  栗橋と云  移つて來てはいけないと云  河身改良費と云  多く殖へたと云  支出になると云  八百四十三萬六千圓と云  増加と云  道路費の掛ると云  やうになるかと云  損をすると云  經濟學者と云  悔ると云  埼玉縣北埼玉郡利島村河邊村と云  奪取られると云  歸すると云  河が荒れたと云  二十億と云  やつて往くと云  人民を移すと云  村に移すと云  四十八萬圓と云  價と云  七百萬圓と云  殘るかと云  買潰すと云  使ふかと云  人民が云  買上げると云  買收すると云  二十八兩と云  買つてやると云  貰つて餘所へ往きたいと云  #ことになりますと云  道具を賣れと云  鷄も賣れと云  サア寄越せと云  永世築かないと云  忠臣と云  旗本何萬人と云  いから買つて呉れぬかと云  二十圓三十圓と云  奪取る云  我日本國中にさう云  栃木縣下都賀郡谷中村と云  買收と云  つて谷中村を潰すと云  堤防建築費と云  買收費と云  其土木補助費災害土木補助費と云  一であると云  應用して潰すと云  谷中村買收費と云  爲め買はなければならぬと云  之を賣らせると云  買はなければならぬと云  法律を見せなさいと云へば  堤防を築かぬと云  #亂暴狼籍を云  それを見たいと云  此村を取ると云  貯水池にすると云  迷惑であると云  此谷中村と云  村へ振れると云  麥を蒔けよと云  是等は賣らぬと云  作物を仕付けるなと云  #ことを怒鳴り散して歩くと云  馬を寄越せと云へ  谷中村と云  赤間沼と云  金で塞ぎ得ないと云  參つて見ますと云  爲に切り落したと云  此堤防を防げるかと云  百二十萬圓掛ると云  内務省はなつたと云  十萬二十萬ではいかぬと云  百二十萬と云  たら安全だらうと云  ことはいかぬと云  二十二萬圓と云  手段にしましたと云  それはさせないと云  百二十萬圓と云  麥を取らなければならぬと云  堤防を築けと云  堤防と云  埼玉縣と云  #惡口を云  收穫があるかと云へ  責任と云  明日村を立退けと云  つて食べたいと云  はんければ止まないと云  人夫を差向けると云  八釜敷く云  水止と云  妨害すると云  何十萬圓と云  迷惑を云  練馬板橋とか云  村殘らずと云  先づ八俵九俵十俵十一俵十二俵半と云  堤防が切れると云  村になると云  堤防を築かうと云  松樹山も取られたと云  實際此谷中村と云  村を助けると云  買つて呉れろと云  厭やだと云  本人に返してやると云  廣げると云  譬を以て云  飮めぬと云  其物を取らなければならぬと云  百八萬圓借金をしたと云  借金と云  四十一萬圓と云  一年四十一萬圓と云  準備したと云  借金を責めて賣れと云  賭博をすると云  勸めるかと云  救つてやると云  買收と云は  補償と云  用ゆると云  爲にすると云  貯水地と云  其行動と云  堤防を築かないと云  明言すると云  刑法にさう云  詐僞と云  之を云へば  家屋は呉れるからと云  其方にやるから立退けと云  位かと云  實價に比しますと云  家をやるからと云  拂つたと云へば  手に入ると云  運動費と云  陷つたのであると云  申上げると云  人民と云  爲めさう云  フンダクツてやらうと云  何をするかと云  一反歩八百圓九百圓と云  渡良瀬川思川と云  所にあると云  此土地と云  不便と云へば  現象だと云  廻はして置けと云  どれだと云  縁まで下りて見るかと云  文魁堂とやら云  戸駅と云  凸面鏡を指して云  道子が云  道子が云は  結論に達してゐるとは云へ  飛ぶ火と云  怪まれねばならないと云  我儘と云  誰であるかと云  桜井さんと云  長谷部と云  良人の云  巴里へ来たと云  国へ来たと云  口は云は  旅をして来たと云  税を取らうと云  巴里と云  二十一と云  阿片と云  酔と云  中村屋と云  誰にたしかめてみると云  気品とか云  往来と云  日常でもさう云  自分だけだと云  後妻に入れると云  反対はできないと云  遠慮と云  腹の中が解らないと云  何度もさう云  土井家からかへされるかも知れないと云  木の間を廻ると云  家婦でならと云  つて触れさせないと云  義理と云  路は開けるだらうと云  記憶と云  自分がさう云  軍治に甘えられると云  間にも立つと云  幾が見ると云  癖をつけて置かなければと云  幾と云  示談と云  次第だがかう云  人がと云  引渡しの済むまではと云  何時何処で見たと云  鉱山師だと云  中は止めると云  中村軍治と云  旅館とは云  手伝をすると云  吸物と云  不足を云  それもさうだと云  幾はかう云  後一年で済むと云  香りとでも云  情愛とでも云  助長させたとも云  此事が云  八心思兼神と云は  祖先だとも云  水で取り囲まれてゐるからだと云  一区劃をも云  端的に云  何方にでも云  不賛成であると云  造顔術元祖と云  子供だって云や  二であると云  即座にとげられるとも云  声とも云  無考えとも云  水だけが生きていると云  狷介と云  不精だと云  岡は云  妻君の云  何とでも云や  爽やかに云  頭と云へば  のだからとも云  ことなどを云  骨格を見透すと云は  ヒントと云は  岡が云  一処に行かうと云  顔を見るなり云  閑スケの云  妻君は云  肩を叩いて云  成立すと云  生命とか云  耶蘇教から云へば  アイデアリズムを取るとも云は  樂しみとも云へば  #其志とも云  其無益たるは云  俗に云へ  傑作とは云へ  鳥かごと云  チョッキと云  鳥箱先生は云  やつて行けないと云  さであったとも云  傑作とは云  つて失敗したと云  使はねばならないと云  牢獄を設けると云  此の知らないと云  淑女から妨げられるだらうと云  ウソだと云  地位から退くと云  奇蹟であると云  此は云  虎御前と云  事までも云  近代的とも云  十二月だと云  お前さんたちの云  ばかう云  都会と云  神戸大阪京都名古屋と云  調和と云  拒斥したいと云  論理的遊戲とも云  積み置くを云  福人たりと云  與ふべしなどと云  植福と云  結果といふかと云  結果を生ずると云  奮鬪と云  のであると云は  爲すと云  當ると云  嗜好と云  事業を築き上げて居ると云は  ゾンザイと云  所謂志を立つると云  與へ得ると云  寄與貢獻したと云  幸福にするとは云  心とでも云は  自ら欺くやと云は  疾病と云  自ら招いたと云  奇と云は  慘と云は  汝生き居れりと云  習を致すと云  羝羊心と云  何樣して改めようか癒さうかと云  口で云へば  皆出來るかと云  氣の張ると云  場合を指して云  ことを失はぬと云  二十人と云  千年生きるとも云  何樣したいと云  状態であると云  むるによつて來ると云  潮風と云  潮風とも云  如くであると云  何樣であるとか云  かんとも云  前口上昔タルテイーニと云  TrillodelDiavoloと云  前だと云  かんとも云へ  事能はずと云  ぐちに云  馬車別当に云  戦争なりと云  勧懲なりと云  詩人とは云  きょう打解けて云  頭痛ではないと云  女が泣いたと云  鷹揚さと云  鬼と云  自身出向いて来られたかと云  君ちやんと云  君さんと云  塔と云  たづねして行けと云  椋鳥に云  チャップリンとを見出すと云  光景と云  危険だとも云  例だと云  医者にあると云  づ大半失はれると云  即興的とまでは云へ  誰も教えないとは云や  幸運が転がってきたとも云  與せんと云  差と云  言い訳にならないと云  建設的と云えば云  禍害と云  牛と云  歸つてからでなくてはいけないと云  奮鬪と云へ  言語に云へ  若い衆は起きられないと云  嘆じて云  我々にさう云  哲學宗教にも云  哲學であると云は  口調で云は  口を開けて云  さとも云へ  彫刻家であると云  承知して呉れたと云  君だと云  燃ゆると云  私生児と云  微笑を洩らしながら云  笑ひをつくりながら云  微かに点頭いてかう云  医者さまの云  不幸であるかと云  省三はかう云  何人も云は  心得と云  文学者なんて云  女の棲んでゐると云  逢ひに来てくれまいかと云  犠牲にしたと云  都合をつけて来てくれと云  轢死したと云  水の上を見ながら云  欲と云  聴衆と云  独身であると云  野本と云  野本が云  共同墓地に埋められたと云  かなめ石と云  盡きないと云  神社の祀られてあると云  丘をのぼりながら云  一等だと云  懐を肥やすと云  皇国日本に生まれ出たと云  事物理学者として云  八文字屋以後にありと云  蓄蔵したりと云  須之であると云  すいばと云  紙に包むと云  壺をたふしたと云  今はもうさう云  じきと云  水番と云  水を汲みに下りたと云  菫と云  大沼宏平さんと云  ヰルソンなどと云  感興を得たと云  後裔がゐると云  それが誤だと云  それを読み得ると云  奥州話と云  工藤平助と云  只野伊賀と云  文子と云  椙原氏だと云  山本屋と云  薫と云  高尾でなかつたと云  高尾と云  #女がゐなかつたと云  何人かと云  妾品と云  必改と云  品と云  正室と云  妾にしようと云  椙原伊賀守賢盛と云  新左衛門守範と云  日道と云  梅之助と云  寵遇したと云  訣別をしたと云  一身を捧げようと云  中塚十兵衛茂文と云  清と云  忍びに歩かなくてはならぬと云  鳥羽と云  江戸浪人榊田六左衛門重能と云  つて鬼番衆と云  千田平蔵などと云  熊田治兵衛と云  塩沢丹三郎と云  自ら食つたと云  亀千代のかう云  墓ではないかと云  洲崎と云へば  廣告して取り消してやらうかと云  御免と云  一つ二つ取り出して云  樣になるから云は  石曰く虚子の云  出來事と云  虚子と云  滅亡すると云  抔とは云  趣味から云  拾ひながら云  道子は云  道子達の云  医者さまにさう云  酔つた紛れに云  余り誰に云  高飛車に云へ  悪口などを云  宮田が云  顔つきで云  ひとつ皮肉を云  やつと云や  群衆が云て  やつて見ようと云  願望をもつてゐると云  衣類とは云へ  經驗から云  夢想だと云  飴買錢と云  錢百と云  十食つたと云  雨ぞやと云  腰が立たぬと云  囃子と云  細木と云  

~ 云[名詞]2
何とか云  何とも云  やかましく云  ふと云  くどう云  屡々云  さっぱり云  何彼と云  ねば云  うとう云  悪く云  何と云  白々しく云  その云  すこし云  いと云  再び云  何かと云  概して云  どう云  遠慮なく云  もう云  いろいろ云  なく云  小さく云  なんと云  なんとも云  一々云  心から云  ポツリ云  互に云  既に云  精しく云  斯く云  手っ取り早く云  ぐらぐら云  なんとか云  どうしても云  かれこれ云  ない云  つい云  この云  強く云  よく云  優しく云  大きく云  絶えず云  むずむず云  残らず云  つぶさに云  それだけ云  如何にも云  がやがや云  うかと云  早く云  詳しく云  今更云  改めて云  鋭く云  後で云  低く云  さして云  ぶつぶつ云  やさしく云  けろりと云  度々云  如何云  どんどん云  又云  そう云  轟々と云  広く云  一度云  ブンブン云  一寸云  そんなに云  世に云  正しく云  或云  多く云  ぴいぴい云  さも云  我と云  どうして云  よろしく云  頻りに云  何時の間にか云  もう一度云  びく云  高く云  どうぞ云  ごうごうと云  ブツブツ云  常に云  特に云  少し云  易く云  つと云  まだ云  とやかく云  旨く云  然云  とくに云  一応云  わかり易く云  よくも云  わるく云  よく云  それほど云  図々しく云  更に云  毛頭云  わいわい云  ぽく云  こんな云  弱々しく云  暫く云  亦云  苦々しく云  やっぱり云  えて云  くさう云  全く云  宗と云  なにか云  こう云  やさう云  なんにも云  ハッキリ云  悠然と云  あさう云  爾云  すでに云  しみじみ云  うんと云  またも云  尚も云  何やら云  荒々しく云  強い云  まさかに云  冷たく云  おそるおそる云  カンカン云  いざ云  ぐいと云  余り云  決して云  善く云  そういう云  いつも云  忽ち云  何気なく云  兎角云  左様云  強いて云  篤く云  よう云  ガミガミ云  どうこう云  勿論云  夙に云  好く云  色々云  なし云  突然云  心強く云  悪う云  厳しく云  しかと云  ごそごそ云  つけつけ云  一旦云  其の云  われと云  きつく云  平たく云  別段云  なにげなく云  颯と云  あんまり云  良く云  かく云  軽々しく云  屡云  ひしと云  手早く云  キッパリ云  再三云  いきなり云  すかさず云  今にも云  ぽつんと云  かつて云  わざと云  うまく云  ぶつくさ云  むろん云  公然云  差出がましい云  しつこく云  ああ云  そんな云  ひどく云  たまたま云  やがて云  すぐ云  ぼんやり云  力強く云  毒々しく云  角々しく云  ぶうぶう云  直に云  ぐずぐず云  軽く云  時々云  別に云  しきりに云  何となく云  断じて云  やっと云  げに云  実際云  がりがり云  何故云  しめて云  無く云  だんだん云  がみがみ云  二度と云  空空しく云  空々しく云  そっと云  煩く云  美しく云  はっきり云  もっと云  若し云  むつかしく云  何故か云  心細い云  いちいち云  スイスイ云  くどくど云  沢山云  一概に云  同時に云  どきどき云  断然と云  何だか云  なんて云  ひどい云  細かく云  べつに云  何のかんの云  それとなく云  もう少し云  主として云  一般に云  おいおい云  くるしく云  くれぐれも云  きびしく云  あんなに云  どんな云  男らしく云  これ程云  なにもかも云  どんと云  随分云  多少云  寧ろ云  さらに云  委しく云  やはり云  みしみし云  憎々しく云  烈しく云  わが云  へいへい云  何等云  軽々と云  初めて云  ケチケチ云  

複合名詞
云つて  云つて手紙  云つてしまつたの  云つて笑つた  云つたの  技手云  云ふため  云つて諾  こと云  云つて見物人  云つた顏つき  云つた不安  云ふか  云つて人  云はる  云はず  云つた  云つて私  云つたつてそり  何辺云  云つた言葉  云つて相手  云つてそれ  云つて演習  云おうよう  云訳  云うま  云ふさ  云ふところ  事云  馬鹿云  云はん  云ふんぢゃない  きり云  云つて彼  はつきり云  云いなよ  云付け  云つた訣  こと云つて失礼  云つたあと  つて云  云ひつ  半分づゝだよと云  おんもと云  云つた其  云つて先  云つて甲斐  こと云つて  云つて御免  会つて云  何云つてん  さうに云  何云つて  云ふんだい  云つた時  云ひなさる  云ふん  云ふんぢ  無茶ぎり云  云はめ  云掛り  通り云つて  いふ云  むるものありと云  嗤つて云  云ふ報告  云つたぢ  つて云つて  云ふよ  云つた男  云つて境界  云つて切符  云つた通り  云ふから何  云つた今朝  云つた所  云つた私  云つた例言  云つて迎  云つておき  云つてら  云つて了つたの  云つてしまはず  云つた言葉丈  云つて出立  云つた處  云つて頁  廉宣仲云  幾先云  亡兄仲高云  茶山先生云  東坡先生乃ち云  むると云  慾張り云  明後年もと云  がちがち云  冗談云  ふつ云  云爾  云ふ頭  云はく  云うた話  時云  云つた感じ  云ふから下手  云つてペコン  云つた取合せ  云つた文句  云つた虚無的  肺病嫌ひと云  云つた走り書き  云つた調子  房云つて  いたこ婆つて云つて  云ひも  姉云つて  云ひだ  工合惡さうに云  何云  云つて通つて行  云つた事  云つて行  云つて貰ひたい  それ以上云  石さ云  弟云つて  云つた方  云つた風  云つて母  云つた方面  云つたカフエ  云つて痛罵  云つたつて  云つた弟  云つて医者  云つて上  云つて弟  云つたやうに可  つて云つたの  云つて声  云ひなさん  云つて山崎  云つて桃割れ  云つて横  云つて桃割  云つて男  云うた通り右  由云  留むと云  云つて可  むと云  勘問式云  示送云  別当談云  レ命云  答云  公任卿云  申云  云フ二加武保佐枳保佐枳  云い草  云つた三百  云つて蔭  云つた彼  云つた所謂道徳家  云つた目障り  慈くしむとか云  云つて子供  得意さうに笑つて云  云ひたい處  云つた言  云つて厭  云つて同人  云つて妻  云ひき  苦情云  云つた時代  云つて母親  ナニヲ云ッテヤガルンデイ  云いし  云つた畑尾  云つて滿  云つた母  ぎあへぎ云  云つた後  云つた鏡子  云つて喧嘩  云つて巴里  云つて健  云つて双子  云つて苦笑  云つて鏡子  云つて首  云つて寿司  云つて榮子  云つて南夫婦  云つて夏子  つて云ふたん  云つて帰  学校子供云  云つて庭口  云つて襟  云ひながら末  云つて汁椀  云つてこれ  云つて随  云つて英也  云つた人  こと云はず  ピチャピチャ云  云ひたい風貌  云つて頂戴  ざはと云ふところ  云つた佗  ぢさん云つて  云いまわし  云つて世  云つて力  先生云  云ひたい位  云ひま  つて云ふん  云つてごらん  不良つて云  欠点つて云  結婚つて云  云つて八歳  云つて妹  一声云つて  云つて箸  誰云  云つてしまつて  云つてニツ  云ひたい表情  云ひたい  委員云  シヨパン云  植ゑると云  云つて一寸突  云つてひよろ  云つて煙脂だらけ  云つて笑  云つて孫四郎  云つて細君  乍ら云つて  乍ら云  云つて手  思つて云  笑つて云  云つて弁解  云つたつけ  云つてぢやつ  云つて伯母  云つてぢ  以つて云  云つて裕佐  ぱり云  云つて吾  云つて一時息  云つてとげ  一言云  云つてステッキ  云つて伯母さん  笑み乍ら云つて茶  云つて底光り  云つて一寸外  云つて自ら上り乍ら  云つたモニカ  云つて闇  立ち乍ら云  時云つたつけ  ぱたぱた云  云つた切  云つて枯草  云ひさし  云つたつて妾  云つて寄  云つて寄さ  云つたつて二人  云つて延子  云つて寄す  何云ツ  戯談云  云事ハ  ト云  ト云旅人人馬断所々  云つてトラスト  はつきり云つて  云えり我  づ云  云つた哲人  云つて屹ツ  云つて慰撫  云つて喙  びをしながら云  云つてちよ  云つて遠野  云つてとみ子  云つて今度  云つて彼女  云つて遠野はちよ  云つて道助  云つたモデル  云ふから一度  云ひながら上  云つて蒲団  云つてクルリ  云つて頑強  子曰詩云  云つて際限  云ふから  云ふさびしさだらう娘等  云つて非常  ぱつて行つて云  坊さんつて云  云つて夕方ランプ  カチカチ云  不平さうに云  云つた処  云つた事以上  云つた物  云つた順序  云つて御覧  云つてオランダ  きんぎよさうなぞと云  云つたしるし  彼是云  云つて得意そう  云つたよう  云つてクリーム色  云つた場合  人云  云つた料理屋  アヽ云  ドウ云  云ふた  ひとりごと云  云つてン  云うめ  云つて何  云つて光子さん  ぱりとさう云  云つて言葉  一云  云ッ  云うた  嘘云  云つて大勢  しまつて云  云分  云つて娘  云つて少年  晩云  云つて滝本  云つて夫人  冗談めかしく云つて  云つて腹  云ふし  云つてやつ  愛子つて云  さつき云  誓つて云  云いや  云つて春ちやん  云つて承知  云つて三平が一目散  云つて夫  云つて退屈  云つて微か  云つておん  云爲  香ひと云つて  なあに云  紳士云  云つて笑つて  云ひつたへ  云つた途端  云つて一度  三家者位牌事三家ハ日本ニハ云フ二坂者ト一  云二皮  是諺云燕丹也  二此播磨国一云  云二伯楽一或云二連索一  云二唐土一  世云二非人一  云つて友はちよ  云はず坂  云わい  云つて一つ  云いっこ  云つて矢張り  云つておきいち  云つてお祈り  云つて奥  駄洒落云  云ツ  云つて大井広介  云つた山々  ぷるぷる云  一番構はず云つて  云つた呪詛  云つて慨嘆  云つた形式  云つて今川  云つた悪名  云つた有様  云ふから流石  物云  云つて買つた鳩  云つて何時  云つて笑つた昔  云つて茶の間  云つた時光  云つて皆  お前云  云いのこ  エリス云  云ひな  云つた話  云つて合財袋  植ゑると云つて  云つて來  大変云  云つて他人  違ひと云  云つてお前  云つて胸  ぴらにも云  嫌ひだつて云  云つた結婚云々  云つて赤ん坊  云つて海岸  云つたつてオダハラ  云はん顔  われ云  かに云  もの云はず蚊うつ団扇  事云ツ  云つて綾子  近頃云  云つて握り飯  云所  ぱりと云  云つたつて迎  先刻云  云つて口笛  云つてうつ  云つた時彼  云つて中止  云はず友達等  云つて周子  大丈夫云  語つて云  云つて流派  云つて面  云つて西洋  云ふか否  さんつて云  今云  云つた太  云つた嶮  つてせいせい云つて  云つてなか子  冗談云ッ  云つて衆人  母ニ背カシメンガ爲メニ來レリト云ヘル者アリ  云フベク我ハ改造ニ進ムベシ  自由意志ニヨル自由契約ニ成ルト云ヒシ當時  擔者ナラサルハナシト云フ納税資格  ナリト云フ意義ニ於テ選擧ハ  女子ガ覺醒ニ至ラスト云フ意味ニ  融合時代ト云フ  一括シテ云フ  以テセント云フモ  以テセント云フハ必ズシモ希望スル所ニ  喪失スベシト云フ如キ非難  ニ刑法ハ空想ナリト云フ者ナシ  人類ニ與ヘタル人權ナリト云フガ如キ愚論  存在スルコトハ神意トモ云フベク  小作人タルベシト云フハ原理トシテハ非難ナシ  シ原則ト云フ者アラバ  トモ民有トモ決定シ得ベシト云フコト是レノミ  着用セシムベシト云フト一般  一ガ私欲ニアリト云フモ其一  ルト云フモ其二  占ムル者ナリト云フモ其三  自由ニ於テ表ハレタル者ニツキテ特ニ保護助長スベキ者ナリト云フモ其四  蓄積ナリト云フコトハ社會主義  シツツアル現代支那ガ政治的ニ統一セル者ト云フ能ハザル如ク  挫折セシムベシト云フコトナリ  是ニ對シテ人類ハ公共的動物ナリト云フ共産主義者  タリト云フ私利的經濟的欲望  惡ナル政治ト云フノ外ナシ  云フ如キハ抱腹スベキ空想政治ナリ  云フ  シク勞働者ト云フモ各人  免除スト云フ事前ニ察知スベカラズシテ悉ク事後ニ認識セラルル者ナレバナリ  社會組織ト云フノ外ナシ  採用ガ特ニ當面ニ切迫セル必要アリト云フ積極的理由  決シテ日本語ヨリ劣惡ナリト云フ能ハズ  制服トシテ強制セント云フト一般ナリ  不便ナル裁方ナリト云フハ別問題ナリ  廢止セバ足レリト云フベシ  自由ナリト云フ低能者  血液ガ多量ナリト云フコトハ  ズト云フコトナリ  獨立セシメズト云フコトハ  獨立セシメズト云フコトトハ  本旨ハ人道主義ト云フガ如キ合理的命題ナリ  命題ニ代フルニ人間自決主義ト云フガ如キ笑倒  自決セシム可シト云ハバ如何  云フカ  十年ト云ヒ  二十年ト云フ年限  云爲ナリトス  總督政治ガ一因ナラズトハ云ハズ  支那ニ於テ傭兵ト云フ者英米ニ於テ義勇兵ト名付ク  家族ナリト云フ近代  單ニ自己ガ問題外ナル傭兵制ナリト云フノ理由  弱者ナリト云フ能ハズ  ラレタリト云ヒ得ベシ  スベシト云フ信仰ト  ス勿レト云フ信仰トヲ兩立セシムルニ  スベシト云フ囘教  ズト云フ信仰根本  忘却ハ可ナリト云フノ理ナシ  擔堪ヘザルヲ云ハン  飮食ニ後レテ飮食スト云フガ如ク  ヘズト云フ者アルマジ  ナス兵卒ガ戰爭スル能ハズト云フモノ  導クベキ内應者ナリト云フベシ  學バントスル野心國ナリト云フ世界  獨逸ナリト云ハレ  國ナリト云ハレ  ト云ヘリ  勢力範圍ナリト云ハルル今日  支那本部併合ニ報謝スベシト云フカ  英國ニ對シテ求ムベシト云フコト是レナリ  云フノ  社會革命論ナリト云フ者アラバ甚ダシキ不可ナシ  矢釜敷云  云つて差支  云つて口数  十分云  莫迦云  改テ知ルト云事スクナク  云つた下町情話もの  云つて其人達  云つて可い  云ふから今度  云つて良人  云つて目  云つた様  クシテ死セリト云フ  爲ニ絶ヤサレタリト云フ  以テ耕作セリト云フ  人民ニ比シテ氣質稍優等ナリシト云フ  指シテ云ヘルナリ  四英雄時代ト云フノ  石時代ト云フ  此名ハ其形ニ於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名  ヨリ何程以前ナリトハ决シテ云フ事能ハザルナリ  リトハ云フ能ハズ  後裔ナリトハ云フ能ハズ  種族ノモノナリトハ云フ能ハズ  ヲ云ヘバ  ト云フ稱ナリ  日本ト云フヲ以テ  石器時代人民ト云フヲ以テ唯野蠻  ニ分布シ居リシカト云フ事ト  地方ニテ發見サレシカト云フ事トヲ察知シ  所謂自ら云ふところ  一挺云  云つた體  苦むと云  云つてかま  云付  二ツ三ツ云  もの云  はつきり云ひたい  云ひたい露出症的  云つて近所  づどんなことを云  づれたなにものかがあると云  一種云  云ひだすか  こと云つたつてダメ  云つて席  なほ云  云ひきつて  云つて日本  うに云つた  云ふから仕方  田舎ツぺえだと云つて嘲笑  云つてポン  云つて棒  云つて滝野  むづかしいことは云  云つた所以  云つて霧  云つて了  気違ひだつて云  云つて龍吉  云つたつて情熱  云つて不愉快  ことつて云  云ひたい衝動  みんな云  云叛逆  云以下  而維久陳申云  飛脚於京都申云  云義顯云泰衡  愼むと云  云つた此等  救ひと云  云つた意味  凡そ云  カント以來云  めづると云  云つて納得  云つた飴色  イコトヲ云ハナイデ欲イヨ  云つて東京  云つて行つて  あなた何云ツ  云ひながら台  云つて父  上つて云  云つたつて差支  云つたつて世間  云つて貰  自ら云  憐むと云  一ぺん云  云つて僕  云いよ  云ッつけ  云うた事  つう云  二つ三つ云  きいきい云  云出し兼  アぱア云  ト云ッテモ  トハ云ウモノノ  稍迷惑さうに云  思つて云つて  云つて駄々  時云つた通り  煩ささうに云  云つて恭  云つて嗤  云つた樫田  女もと云つた方  ざつぱに云つて  嫌ひと云つてしま  つて云ふから  クンクン云つて  云つて欣  云つた形  云つた字  云つて唯  云つて衛生知識  云つて軽蔑  云つて注意  云つて窓  一云二  云ひよ  云ひたい事  云つて禁止  云つてかなりマアテルリンク  先刻云つた家  彼此云つて  さうに云つて  云つて臂  云ふじゃありませんか  云事  云はず畠  云詞  生意気云  云つた態度の  行つて云  云つて表  云つて龍馬  云ふから私  云つて丁寧  なぞ云つて  云ふから家来  云つて髯  云つてます  云つて溜息  云ふから餞別  云つてお転婆  云つて換  云ふから二三日世話  云つて親切  云ふから一首作つて  云ふから韻字  云つて仇討  云えんこ  ウマイ事云  云甲斐  云つた人間  云つて悪  むづかしく云  つて云つた  云つたコポオ  云ふかつて云  云つて店  云つて一口  云有レ國已三十四年  云つた氣持  云つて渡邊さん  云つた拍子  云つて錨綱  云つて電話  云つた気持  云つて渡辺さん  冗談さうに云  云はず壁板  云つた場所  云つて教  云つた工合  云つた顏  云つて兄  云此  記云文  天台云  云つて安心  云ふところ其意味明  云ふよりや  云つて後ろ  云つて歯  云つて木賃宿  なに云ひな  むづかしいと云  眞宗と云  云つて遁げ  云つて女車掌  云つて懐  云つた先輩  云つて笑つた先輩  云つた自分  云つたつて駄目  云つて喫ん  うに云  云つて腰  北村つて云  ニ権威アルト云フベシ  云やあ  云つて帰つて  云つて女の子  云つて吾妻橋  云つて番頭  云つて墓  云つて金  云つて梅廼屋  云つて五代目  云つた宿  お前云つて  云つて自分  云つて谷  云つて就職  云つて逸子  位云  云ひたい事はず  一つ云つて  云ひたい事一つ云はず  云つて大抵  こと云つたつて校長先生  気の毒さうに云  づおづしながら云  云つて留学  云つて電車  云つて話好  云つた樣  アラ云  云はず其盛裝  云はず其盛装  云つた返電  話ぐらゐつまらぬものはないと云  空想つて云  息子云  今朝云  云つて万作  云つてお父さん  云つて多勢  一遍云つて  落ち着き拂つて云  ざとなるとやつぱり云  云つた濱  云ふつ  云つて判事  云つておれ  ぽんぽん云  云ふか云  云つて了つてハツ  云つて繁代  云つたつて仕方  云つて鶴村  云つて前  云ひたい放題  云つて切り  云つて実父  云つて宿屋  云つて舅  云つて夢中  冗談云つて  ギイギイ云  キイキイ云  云つて己  云つて迫つた  云つて爺  ざわざわ云つて  云つて催促  云つてみんな  不断云  韻林云  苑師云  静申云  云心也  彼状云  陳申云  如レ云令二還著一畢  状云  弟法仏法師申云  翁云  伝云  将監保信云  消息云  中将云  云つて前後  常談云  云ひまはし  云つた強氣  女つて云  ぱたかれないでいいのだと云  云つてカラカ  云藤原北卿宅作  云つて了つて自分  云つて帰つた時  云つた怒田  なに云  云つて心配  義務つて云  ハイハイつて云つて  こと云つたつて  云つて義男  云つた義男  云つたつて實際  間云  云つて師匠  構はず云  云つて土方人足  云つてみのる  云つて新聞  云ひながら立上  云つた金  云つて騷い  云つて默  云つて一人  云つて口  云つて女優たち  云つた早子  云つて受取  云つて気焔  云つて隨分  道子ガアサッテ六時ニイツモノ所デネト云ウ声ガハッキリキコエマシタ  クナイト云ッテ居ルガ如何  何モ云ウ権利ハナイ筈ダワ  云ワレルハズハナイワ  ト云イマスト清三ハ床  ト云ッタノデス  云ッタ事ニ対シテ  彼ハアット云ッテ倒レ机  スゾト云ッテヤリマシタ  マデ死ンダヨウニナッテ居タ奥様ガ何カ云イマシタ  ト一言云ワレマシタ  云ッタヨウデハアリマセンデシタ  誰カ来テクレタ人ニ云ウヨウスデシテ  張つて云  云つて憾み  云つた由  云つた刹那  云つていい加減  云つておなか  引取つて云  云つた丈  云つて種田君  云つて気  一一云  云つて査公  云つて女中  よしと云つて  云つて独り  云つて二歩三歩  大谷光瑞云  云はず胴  物云ひも目  今更云  ぴたぴた云  皆云  云つて腕  云つた癖  云つて別  云つた捨鉢  若造つて云  云はつ  つて云はつ  云つて悸  生意気云ふか  ぐらゐ云  地云つた一声  ト云つて  云つてしまつた後  云つてシヤツ一枚  云つて上向け  云つて馬鹿気  云つた藤村  云つて仰山  云つて一番左側  そ云  云つて龍子  つて何時云  云つてあたり  云つて皆んな  何つて云つて  云ふえらい真似  云つて眉  なを云  云つて閭  云つて自ら  云つて機嫌  云つて熱心  われ先づ云  云はず後  云つた詩意  兼名苑云  文選云  村烟日云夕  云つた説  云つて亭主  云つてみたいの  云つて二本  云つて台所  云ウタメニ  云つた祖母  笑談云つてら  云つて二人  云つてやる気  今更云つて  云つて爺さん  ちかつて云  云つて紹介  ちの云  いま云  タリト云フ  云つて美智子  云つて照子  云つて巧み  云つて山村  云つて西洋人  限つて云  云つて留守  云つて息  云伝  云つて盃  云つて顔  云つた小松君  云つて床  云つて居乍ら  云つた職工長  云つた気  云つた儘  そ云つて  云つた日下部君  秉穗録云  里人云  云つた氣  云つて顏  云つた種々雑多  ぶと云  据ゑると云  ゆみづと云  云えり  云つて目禮  づないと云  我知らず云  云もの  云つてテキスト  云つて色々  云つて肩  云つた始末  云方  云つて枕もと  悪口云ふよつて  大凶云  云つた礼  云つて女  云つて一切  云つた時辞退  云つて一週間バタ  云つた士官  さつき云つたぢ  云つて指  云つてセルギウス  云つて諫め  云つて丁度皿  云つて矢張笑つて  云つていよ  云つてパシエンカ  云つたセルギウス  ざつと云  云つた句  一つ云  云ふところしづか  云つた具合  こまこま云  云つた格  云つた我  意義あらしむるものと云  せいせい云  ぱちんと云  云つてギロリ  くも云  云つてガツ  云つて了つた  云つて歸つて了つた  云つて懷中  云ふから百足  ぐらゐは云  云つて私行上  云つて長男  云つて笑顔  ぶつぶつごろごろ云  近松自身云つて  云ふ報知  云つた意氣込み  云ひたい人  云ふから大使館  云つてゴマ  云つて之  云つた音  云つた性質  ぱり云つて  云つて散々愚痴  云つて利益不利益  ぐわうと云  云ふたの  云つて大阪  云つて了つた方  云つた杜翁  みんな死刑つて云  云はん方  云レ  營むと云  云つて一族  云つて質問  云つて其罪  使つて云  云つて手足  盜むと云  宿むと云ひま  云つて外  惡口云  云つて一等位  云ふから十五  宗と云  云つて命日  云つて著述  云つて黄  ざつとああ云  云つて二百卷  云つて学校  づれるものであると云  云つて曖眛  ソウ云  云つて馬鹿七  時雨云  云つて此処  云つた番頭さん  云つて煙草  云つて阪本さん  云つておいで  云つた思想上  云はず突  云つて斷  云つて歎息  云つて微笑  なぞト云ふところ  云ふくら  云つた色  云つた仕方  古人云  孟子云はず  云つて云  それぎり云  云はず一目散  云い草一つ  そのもの云  云つて三十  言云  云つて婆さん  云つて支  先云  云つた里子  つて云ふし  つたつて云つて  云つて約束  正直云つて  云つたあんばい  今更ら云  なに無心さうに云  云つた気持ち  云つて元気  云つて嫌  何度云  云つて戸外  云つてあなた  云つて許  云つてシヤツ  云つて叔母  云つた隆造  云つた建仁寺  是非つて云  乞ヒ百銭ニ一銭モ受ケ落スト云フコトナシ  云つた端役  我云所  土芳云  許六云  云つたつて売  云つた通り樽野  不思議さうに云  云つて一寸頭  向きなほつて云つた正文  云つた態  云つた案配  云つた様子  財産譲渡つて云  何かしら云  愉快さうに云  云つてすゝめ  カワラケ云ひなさん  云つた顔  云つた者  づるものはないと云  マサカそう云  病気つて云  三度云ふところ  云つて酒  云つて直接  云つて残つて  みなさん云つてら  ぐづぐづ云  際云  ぐさういふことを云  云つて帰つて行  酔つて云  はつきり云つたぢ  云つて華やか  云つて引上げ  云つて座  威張つて云  諸君ハ別荘ト云フ言葉  別荘卜云フ言葉ガ  数オビタヾシキニノボルト云ハレル  ハ云フカモ知レヌ  我等ハ敢テ云フ  きり云はず  云つて揶揄  云つて鼻  づ云つて  云つてしまつた  云つて食  云つてたん  云つた松  云つた槙  云つて敬稱  云つておしげ  一生云  づさよならさよならって云  云つてわたくし  云つて小布施  云ハズンバ  云はず拳骨玉  云つて林檎  云つて悦び  云つて兄弟  云つて一等  云つて岡  云つて齋藤氏  云つて誰  云つて移つて行  落第坊主つて云つたの  云つて新刊書  云つて盗人  云つて黒人  ぐひすでないよと云つた  ぎて云  云つたとこ  云ひたい帽子  太平楽云  虫つて云  ぎゅっぎゅっ云  云はん否  云はず笑顏  云はず森  云はず雲  一口云  云つて追手  云つて気軽  むとするなりと云  ミヤつて云  云つた老人  云つた想像  云つた意識  拂つて云  つて云つた日  つて云ふんぢ  云つた水島  云つて連  云ひたい気持  ょうだんは云いっこ  云つた女  感激つて云  云つた五色ガラス  云つた心持ち  云つたのさ  貴方つて云  私云  云ひなさン  云つた位  引き云  一生けん命勢ひよく云  あと云  寄つて云  云つて遠慮  ざわざわ云  さびしさうに云  云つて一時間  云つた照子  迷惑さうに云  何云ツてん  云つてスタスタ  真実云  貧乏動ぎと云  云ふた通り夫  云ふ化  云つた例  植ゑられたと云  云つた江戸  ヲ湯中ニ和スト云フ  ざつぱに云  云はんこと  云合  云つて紙  ぐりをいれるつもりでかう云  云つて桑野  思切つて云  云ふきかん気  云つて意張つて  云つて白川  毎晩一時つて云  云つて妾問題  ぎなさらなけりやならんと云  云つて感心  云つて一一女  云つて空元気  云つてひそか  云つて多忙  云つて質札  ト云ッ  シカシ幾程云ッ  事云ッ  欠びまじりに云ッ  云いも  云つてうち  云つた譯合  いつ云つた  云つて來たん  はつきり云つて貰  角はつきり云つて  そぎやんこつ云  惡さうに云  作つて云つた慰藉  こゑで云  云つて笑つたさ  ざつとこんなことを云  きり云つて  云つた一言  云つた覚え  云つたつて仕様  云はず足音  云つた繪付  云うちょった  奥モ住ミウシト云ヘリ  ヲウシトヤイハン哀トヤ云ハン神トイヒ仏トイフモヨノナカノ人  云つて砂  あなた昨夜云  云つた時私  云やあ先  むづかしいことを云  云値  云一段  云つて馬  云つて齒  云ひながら立上つて隣  云つてランプ  云つて相島  云つて歸つて行  云つて仕舞  云つて井田  云つて五人  云つて立上  神秘つて云  程つて云  正直つて云  学問つて云  神様つて云  云やあ半打  云ふから余  世間びとはかう云  云つて頭  云つてマッチ  云つてフロラ  一言云つたの  云つてしまつて失敗つた  云つて浅瀬  づませながら云  一言二言云つて  云つて形附  云つて尊敬  ぢいが云  名所図会云  とも云  云つて附近  一辺云つて  云つて涙  云つた記憶  云つて眼  云つて滝  云つて促  云はんかた  云ひなら  云はず良様  云はず云  云つて村長  今一寸云  友人ニ云ヒ残スモノニシテ何人  乍ら云ふた  云つて僧院長セラピオン  云つてお日様  云つてブレイスブリッジ  云つた母里太兵衞友信  云つた井上九郎  云つた宮崎  今云ふよ  云つた心  精神的養生ト云ヘルモ  さうに云つて眼  云つて来  云つて養父  云つて四辺  幾等ぐらゐと云  云つて先生  云つた養母  云つたぐあひですな  長崎鹽田氏幸八ト云者  實ニ奇ト云フベシ  云つて溜飲  云つて俺  云つて馬上姿  云つて余り悸  云つた冬子  歌つて云  云うた通り寝床  云うた医学士  云うた通り  云つて帰り  ダルマつて云  云つて上眼  云つて過言  づゝでもいゝからつて云つて  馬鹿云つてら  三十分つて云  云つて昨夜  云つて作家  皆んな云  云つて村  云兼  云つた焦躁  儒教デモ善ト云フモ  云つて幼児  石田春律云  岡熊臣云  岡田正美氏云  樋口功氏云  飮むと云  云つたぢやあ  二言三言云  云ふんぢやあ  云つて大変  云つてセヽラ笑  云つたわけぢやあ  云つて争つて  云つて泣  云つて浴客  云つた改革  云つて其次  云つて身  却つて云  うそ云  左江久仁訛而細工人ト伝云フ  利巧さうに云  云価  云つて歎  ト云ッテ倒レマシタ  云つて色とりどり  云ふきまり  ぐと云  劇作家つて云  トリスタン・ベルナアルつて云  云つた光景  やつぱりさう云  云つて刑事  云つた理合ぢ  云つて一座  呑気さうに云  云つた通り急性睾丸炎  云つて此方  云つて買  云つたつて関  あれ子ら云  信濃地理云  彼此云  拒ぐのでないと云  キヨウサンシユギつて云  彼ア云  カウ云  云つて愁歎  斯様云  ト云つて山  彼云悪党  云ん  云つて私たち  手入れぐらゐはするものですよと云  魏志云  儀式帳云  角云  云つて玄関  愛想一つ云  マア云つて  云つて其儘  云つて竹山  云はず窓外  云つて貰つたの  宇多弖物云王子  愛相一つ云  云つて玄關  云つた表情  時云つた  云つて虱  云つて其骨  云つてドユパン  云つて直ぐ  づさう云  云証拠  云つて友達  云つて心  幾何云つたつて無駄  幾何云ツ  唇僅カ一糎短カケレバ美人ト化スト云ッタ塩梅  云つて何品  云つた浪漫主義的演劇  云つて演劇鑑賞  云つて誤り  云つてしま  更云  云はず辻  云つて鑑定証  云つた通  云つて二十円  云はず片端  ク通セト云ッタラ  タト云イオルカラ  云イオル  思イ出シタカラ逢イニ来タト云ッタラ  云ッテクレテ  ソレハ忝イガ聞カレヌト云ッタラ  ウノ云ウ通リニシタラ  ナンニモ云ワヌ  親父ガ云ウニハ  ルガイイト云ウカラウチヘ帰ッタラ  イケンヲ云ッテクレタ  親父ガ云ッテヨコシタカラ  云ッタラ  頭ガ大久保上野介ト云イシガ  出シテクレロト云ッタラ  時云ウニハ  云ワレタヨリハ事大キイ  親父ヤ兄ニ云イ立テテ  時六ツカシク云イ出シテ  キヘ云イ出シタラ  ソノ取扱ガ云ウニハ  一両年居テクレロト云ウカラ居タガ  シテミロト云ッタカラ  ハイハイト云イ居ル  六ツカシイコトバカリ云ッテ  当日参詣ヲシテクレロト云ッテヤリ  宮川鉄次郎ト云ウニ  ヤカマシク云ッタラ不法  クノ者ガツカイヲ云ッテアヤマルカラ  オレガ云ウニハ  ソウ云ッテクレロト云ウタラ  慮外致スマイト云ウ書附  ドノ様ニモサセルカラト云ウ  大頭伊兵衛ガ道マデ来テ云ウニハ  不調法ヲワビサセルカラ挨拶ヲシテヤレト云ウカラ  ヨク云イ聞カシテ置キナサルガイイトテ  平伏シテ云イオルカラ  オレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テ  此方ハ侍ダカラ中間小者ノヨウナコトハ嫌イダト云ッタラ  甥ガ手向ウカラハ云イ合ワセタニチガイナイカラ  望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ  イロイロニ云ウカラ  大竹ト和ボクシテクレト云イオルカラ  云ウニハ一パイ飲メトイウカラ  ンナガ云ウ  ソノ男ガ云ウニハ  御座リマスカト云ウカラ  天帝ニアラワレテオリマスト云イオル  者ハ男ダト云ッテ  タヨウニ云ウカラ  ソノ通リダト云ウカラ  小倉主税ト云ウ仁ノ屋敷  三州デドウニカ人間ニナッタト云ウコトダ  兼ト云ウ男ニ聞イタ  何番ト云ウ  南平ヘオレガ云ウニハ  ルコトダロウト云ッタラバ  ソノ訳ハ悉ク法ガ有ルト云イオルカラ  ニ云ウノダ  仕立屋ガ云ウニハ  神事ニハ法ト云ウ物ガアリマストテ  許スト云ワヌウチニ手前  云ッテ帰ッタガ  金五両ホドカカルト云ッタカラ  断食モ三四度シタガ出来ヌト云ウコトハナイモノダ  孫聟ニ水心子秀世ト云ウ男  阿弥三郎兵衛ト云ウノ  弟子ニ仁吉ト云ウ男ガ研ガ上手ダカラ  ヤイヤイ云イ居ッタ  出ソウト云ッタカラ  ナゼト云ウカラ  決シテ働キノナイ者ガ勤メル役デハナイト云ッタラ  ソレハ云ウコトガ違ッタラ生キテハオ目ニカカラヌ  ト云ウタラ  ト云ウカラ  成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ  ケタイモノダト云ッテ涙グンダカラ  仕事師八五郎ト云ウ者ガウチヘ上ッテ  成田ト云ウ人ガ来テイルカラ  六ツカシク云ウカラ  命ハ今晩ニモ受合ハ出来ヌト云ッタカラ  犬ニ喰ワレテ気ガ違ッタト云イオッタ位ダガ  水心子秀世ガ云イ人  世話ヲシテヤロウト云ッタラ  ミノ物ヲ買ッテ上ゲテクレロト云ウカラ  茶屋ガ願ウト云イオッテ  テ云ウニハ  ヘ話シテ隠居サセテクレロト云ウカラ  イト云ウカラ  支配カラ隠居シロト云ッテ出タカラ  孫一郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ  オレニ云ウニハ  捨テズニ世話ヲシテクレト云ウカラ  岡野ト云ウト  オマエ様ガ云ウニハ  何ニモイラヌト云ウカラ  イト云イオッタ  ト云ウ男ニモ  者ガオレヲ神様ノヨウニ云イオッタ  ナゼダロウト云ウト  此頃ハ貧乏ニナッテ弱ッテイルト云ッタラ  ソウ云ッテハ  鈴木新二郎ト云ウ井上  断ワッテクレト云ッタラ  オマエガ断ワルト出来ヌカラ加入シロト云ウ  人々ガ来ルト云ッテ帰ッタ  又兵衛ト云ウ蔵宿  殿様殿様ト云イオッテ  勝様ハ三匁五分ト云ウカラ  市デハ商人ガハイハイ云ウ  ドウイウ訳ダト云ウカラ  云ッタガ  ルト云ウモノニハ  通リ町ノチチブ屋三九郎ト云ウ者ガ  ッテイルト高田藤五郎トイウ者ガ云ウカラ  御用ガキキタイト云ウ  云ッテヤッタラ  云イオッテ  云イオッタガ  云ッテ仲直リ同様ニシテ帰ッタラ  オレニ当分林町ニ居テクレロト云ウカラ  オレト黒部篤三郎ト云ウ兄ガ三男ガ同道人ニナッテイタガ  座敷ニテ大草能登守ガ与力神上八太郎ト云ウ者ト  大草ヘモ云ワズニ帰ッタ  娘ニシテ六合忠五郎ト云ウ三百俵  断ワリヲ申シテ引クト云ウカラ  一生コノ恩ハ忘レヌト云ッタガ  正之助ト云ウヲ気  供ニ連レテ行ケト云ッタラ  彼地ヨリ帰ルト礼ヲスルト云ウカラ  ク云ッタカラ  行ッタラ兄ガ云ウニハ  致シ方ダトイロイロ云ウカラ  ツキ合イニ参リマスト云ウト  オレガ云ウコトヲ誰モ云イ  一言云ッテミロ  掛ケテ云ウカラ  云ッテオレヲツレテ  附ケロト云ウカラ  兄ガ云ウニハ  大兄ニ云ッタトテ  イトイウコトノアラマシヲ云イ聞カセテ  ソウスルトソレハドウイウ訳ダト云ウカラ  ニ勤メラレヌト云ッテナゲ出シタ  セマシタト云ッタラ  ナント是デモカレコレイウカト云ウカラ  ワシガアヤマッタト云ウカラ  申シナサレト云イ  申シ分ナイト云ウ大兄ガ返事  教エニカンシンシタト云ッテ笑ッタガ  姉ガ云ウニハ  レルト云イナサルカラ  ッテ居ルト云ッテ  ロト云ウカラ  姉ニ云ウニハ  妻ヘモアトノコトヲワザワザ云イ含メテ来マシタ  渡シマスト云ッテ渡シタラ  慎シメト云ウカラ  精一郎ガ云ウニハ  セト云ウカラ  イダカラト云ウカラ  テ居ロト云ウカラ行ッタガ  タト云ッタラ  皆ガ先生ハ人ガイイト云ッテ笑ッタヨ  一本サシテ逢イタイト云ッタラバ  云ウタノノコトヲモッテ  云ウニハ  酒ハ如何トイッタラバ呑マヌト云ウカラ  キダト云ウ  御免御免ト云ウカラ  ヤメテ居ルト云ウカラ  世間デハオマエヲ豪傑ダト云ウカラ  サヨウナラ今日ハ吸オウト云ウ  香取カシマ参詣ヲスルト云ウカラ  金十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ  貰ッテヤロウト云イオルカラ  ソレハナゼダト云ッタラ  ト云ッタ  ルト云ウカラ  南平ガ云ウニハ  ソレハヨクナスッタト云ウカラ  ダト云ッテ  トイロイロ云ウカラ  云つた時分  云いとう  云つた山伏  云二姓孔而字仲尼一  云ひきかす  云つて茶屋酒  余り云  云つた詞  暖みと云  云ふたつ  云つた推測  思つて云つたの  云つて紙牌  家説云  云つた榮伯  云つて犬  云つて健ちやん  キツパリ云  望次第云付さ  云事承知  云者  云迯  云つて不良少年  こと云ふん  云つてどうしてい  云つて讃め  云つた姉  云つてお祖母さん  戯論云  余申云  其状云  云つて家  云つて倅  云つて余  云つた通りこいつ  云つて飯  云つてハンケチ  云つて突  云つて誰かの  云つて紙ぎれ  云つて爺いさん達  云つて諸国  云換  云つて観念  云つて裸  さつき云つた  云つた若者  云つて持札  一番嫌ひだつて云つて  真面目さうに云  なに云つて  云ひながら室  云つたそれ  づおづと云  茶つて云  云つたきり声  云つた顏立  氣輕さうに云  云つた中根氏  云つた情死  云つた切戸  云つてしまつて視線  云はん時  云つたゴルドマン  とき云  言葉一つ云  云つてこの間  云つて先頭  云つて種々  云はん許  進言シテ云フ  ワント云ヘバ  云つて紙幣  云つた時刻  云つてたづ  云傳  云つて堀  云つて便所  云つて一時  云つて耳  云つて岡田  云ふかたち  やいと云  云つて上さん  云つて我輩  セト云フ  落下傘ガ三ツ落チテキタト云フ  イデ音響ガシタト云フ  夜ハ人魂ガ燃エテヰルト云フ  伏セニナレルヲ起シテ首実検ヲシタガ腕時計ヲシテヰル女ハ一人モナカツタト云フEOS  ぱりしたと云  云つた態度  云いす  云はじ春  云はじ浪  云はず白日虹  歩むにふさふと云  云つた笑顔  云つたつて区役所  云ふ節  云つて逸散  云つた斯ん  植ゑろと云  云つて室  云附  云つて顔色  云つて牡丹刷毛  云へた  云つてん  風ニ化シタルナリト云フモ  古物館ト云フモノハ一宇モ  ヒ来リシ物ナリト云フ  価ハ至テ廉ナリシト云ヘリ  社長つて云  レ減二少時一云  彼自ら云  愛づると云  二三言云  得意さうに云  云つて謎  ガサガサガサガサ云  云つて急  事云つて  云はず物置  云つて料理  云つて問題  云つて立留つた  云つて引き歸  云つた樣子  贅澤云つてら  云つて了つた後  結果つて云  云つて帽子  云ウマデモナク最近  点カラ云ッテモ  上カラ云ッテモ  チットモ云  云つて江戸川  云つて莞爾  云つて姿  据ゑてそんなことを云  云つたつて始まり  ざつとかう云  ナラザルナリ況ヤ此碑ニ於テヲヤ敢テ需ニ應ジテ碑陰ニ記スト云フ  云はず体  云つて山女魚  云つて芸術  普通云  云つて間違  アつて云  云つた女の子  云つた自信  云はず山  云はずどこ  云つて古典  云つて傍  云つた訳  嘗つて云つた通り  云つてかなり  云つた觀  俊寛云  云つた己  云つた切り  云つて聽  菅氏云  云フト云ヘリ  訛テ云  云ハ  ト云ヘルハ  姫兒ト云フ稱ハ  イヅコマデヲ云ヘルカハ詳ナラネドモ  擧ゲテ云ヘルニハ  大儀さうに云  づないと云つて  さつき云つた五つ  ものつて云ふん  邪氣つて云  づさう云つた驚き  云つて客  云ふから刮目  騷ぎと云  云つて君  云つて左右  植ゑたと云つて  むとすと云  云ふよりか布  剛情ぱりだと云  云つた實説物  云つて吐息  云ひたい細君  はつきり云つた  つて云つたお話  据ゑながら云  全身もと云つて  云つて浅草  云つて暇  最初云ひたい  云つて無理  云つたつもり  日本人つて云つたつて  ぎとつたなどと云  云つて強情  云ひたい丈  三度云  云つて裁判長  云つたあいつ  せいせい云つて  云つて取り敢  云つてさ  云つて書生  云つて平太郎  云つてご覧  籠つた云  云つた落ちつき  愚痴云  苦情云つて  云つていつ  云つた筋  云つて祖父  云つて一同  云つた叔父  云つた爲  云ふぐら  云つたウーゼネル  云ふうら  云つて卓  云つたつて其法官  云つて成行き  云ひつぱなしにするあたりはあいつの一流  云つて世人  云つて嫣然  云つて出口  云亜刺比亜産  出鱈目云つた  云つて彌生  友達つて云  友達つて云つて  云ら  云ろう  云つた雛  云つて唐紙  云つた悪口  云つて小娘  口小言一つ云はず  云つて力三  云つて姉  散々云  云つて立  云つて神  云つて妾  云つて女房  つて云ふからおれ  こと云ひつこなし  云つて二階  云つて停留所  費つたつて云  云ふえらい権式  気兼さうに云  云つた下女  云つて歸つて來  云つて寄つて  云つて彼等  云ふからこちら  云つて口籠  云つて泊つたの  云つて行つたの  ひつぱたくぞと云つた  云つて部長  云つた眼付  きり云つたの  云つた井出君  つて間違ひと云  云つた方法  云つた慘忍  云つて乘  云つて警察前  云つて時計  日本人つて云  ゆづつてくれと云  云つて取り返し  さうに笑つて云  云つたつて今晩  つて云つたぢ  云つて今  云つて半分  云つたア  ア百遍云つて  ア云  百遍云つて  百辺云  云つた父  云つたやうに  ニ其名ヲカリテ無花果ヲモイチヂクト云  日本ニモトヨリイチヂクト云物  ニ無花果ヲモイチヂクト云  変化ト云  意ニテ口舌ニ辛キヨリ云フト云フ  云茶  云人  ズト云フ  側ニウエシ事アリ報恩寺ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ  云花草  云家毎  云岡止  也又云これ  云説  変化物ナラント云ヘリ当時余モ葉  中禅寺湖畔ナル千手崎ニ産スルヨリ云ヘリ  人云難波  云片葉  云是  一名ハ玉柏本草苔類及衡嶽志ニノセタリ国俗マンネングサト云鞍馬高野山所  万年グサ一名ビロウドスギト云石松  云此枯  本草綱目云玉柏生石上如松高五六寸紫花人皆置盆中養数年不死呼為千年柏万年松即石松之小者也  五雑組云楚中有万年松長二寸許葉  人云是  云爾ため  こと云つて何時  ざあつと云  づ云つた  云る言葉  云うちょること手紙  云つて都会  云つて謳歌  云つた春団治独自  弟子ども云  利ト云フハ  あん時ゃぐうぐう云  云つたつて今度  云つて内田  こと云つて来  云つて電報為替  云つてやつたんぢ  こと云つたつて駄目  ハツキリ云つて  百云  舞踏会つて云  云つて百合子  つて云ふよ  云つて杖  ゲーゲー云  ことぐらゐ云つて  云つた美人  太陽七つ出づと云  云つて作者  云北國一  云つて関  云はず腹  二言三言云ひつ  云つて不純  サラニアシタヲ云ヒカハシ  云つて土手  云つて提灯  云つて西森  云二長吏一  記云  つて云つて頂戴  云つて他  石云はず  さつき云つた希望  云つて引き  一通り云  繰返し云  云つて伊作  君云  云つてあて  退屈さうに云  云つて胡魔化  平気さうに云  こと云つて貰  云つて歸  関はず云  ぐでりんの云  上一言云ふか  略云  云ウガ如キ何等  貞云  云つて久吉  カサカサ云  ばさんいくら云つて  云つた奴  云はんだ  云つて炬燵  云ふ化物連  云つて一度帰つて  これ云つてしまつて  云つて一疋  云つて振り  云ふち  云つた通り僕  さうに云つてまとも  云ふう  云つて稱讚  一切云  云つた顏付  云つて學校通  云ふかツ  云つて煤煙  云つて芝居  云つて例  云つたつて病  云つて親父  云つて不平  気嫌さうに云  云儀  云ハれん事  云ハ池蔵太事ニ而候  レ云  云人ハ七年  云船  云こと  云わけ  オイシャハ氷デヒヤセト云ウケレドモ  フユデナイカト云ッテ  ト云ッテ  クサイクサイト云ウノ  ト云ウノ  ト云ッテイタノ  君チャンガ云ッタワ  ソレデモトキドキ私ニコンナコト云ウノ  物云はず  云ふらん  むとのみ云  む云  世迷言云  先づ云  綜合スルト田中町小學校ニ旋風ガ發シタト云ハレ  云つたつて大丈夫  云つたテルヨ  づんで云  云つた詩人ガイベル  此中人語云  云つて冷評  ぷとか云つた家  云つて剛情  王様戯談云つて  云つて悟空  磨云  さつき一寸云つた文藝  云つた家鴨  云つたアイ  嘘云つて  云つた鋏  云うたことば  云ふたら  云つて寝台  云つてお返し  六時つて云  ぐらゐに云  云つてごろごろ  云つて稍  云つて二つ  云つて南洋  云つてハアツ  云つて蘇生  云つて良子  云つてさん  云二登許一  訓レ立云二  云つた經驗  云つた生活  云つたインテイメイト  云つた聖人  云つて挨拶  其儘云  一言我知らず云  旨云  云ふそん  云ふから現在人民  云ふから木  云つて人民  云つて毎戸  云つて何遍願つて  云つて嚴重  云つて欺  云ふか千年振り  云ふから非常  軒云  云つて点  云はず眼  云つて咳  づ物云  云つてスタート  云つて向方側  何ツ云つて  云つた通りアトリヱ  云つて鬼塚  づめてかう云  二番目つて云  横丁つて云  捨テロト云フ  云ふから何れ  云つた序  ふだん云つて  ク云イ  云つた竪川  云つてやつぱり絖  云つて裏  云つて惚れ惚れ  それきり云つて眼  云つて拵  ざとひどくぶつつかりながらまたそつと云  川辺さん云  サク山ト云  云やあ町  一寸云  あなたゆうべ云  通り云  炭蒋魴切韻云  レ山作レ炭云時一  云つて絶望  云つて静物  



前後の言葉をピックアップ
ウヱタル  ウヱールズ  ウヲ  ウヲオ  績ん  うん  膿ん  産ん  ウン  熟ん


動詞をランダムでピックアップ
萎も変わっ得し暮らせよ哭く遣えるすり寄みす誉めろ読上げよ持ち上がる放す渡せるうつむき間に合い焦らし遠ざかこづい当てはめれ
形容詞をランダムでピックアップ
目新し疑深手ぬる忝なう堆い目覚しき暑かっつたなけれくしわびしい渋くうつくしゅうたくましきえぐしせちがらいずるかっ面倒あどけなきむつかしかろ