「ミモザ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

ミモザ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ミモザの花のにほひが漂うてゐる  ミモザの花が散り  ミモザと夾竹桃の咲く  ミモザの花束をいだき  ミモザがつづき  ミモザの花に埋もれた  ミモザの花と日光の黄金の光りの  ミモザの花をつけている  ミモザの花をつけて  ミモザの花をぬいて  ミモザやライラックの花を掃きよせていた  ミモザの花は一輪いくらしますか  

~ ミモザ[名詞]1
薔薇とミモザの  素馨とミモザが  ライラックやミモザの  襟のミモザの  上に落ち散ったミモザや  今晩はミモザがよか  巴里ではミモザの  

~ ミモザ[名詞]2
いつもミモザ  もうミモザ  黄色いミモザ  そんなミモザ  

複合名詞



前後の言葉をピックアップ
みめよい  みめよき  ミメヨキ  みめよく  みめよし  身もだえ  身悶え  身持ち  身元  身許


動詞をランダムでピックアップ
さえかえっ踏込も乗るとっつかまる預かれる坐りこんやりゃ踏倒そふれあっ高ぶっ値切っ取殺す集う紛れるちらせ節くれだっいきりたつ彩るちかづく
形容詞をランダムでピックアップ
みっともよくない狭苦しい篤から遽しかっ馬鹿らしかっわざとらしく愚かしい寒きりりしい等しく貧しくっ頼もし弱くっならびなき暑苦しくあしゅうさわがしかっ並びなたえがたく広かろ