「うい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うい[動詞]
私はさうい  炭代がうい  泡がうい  椿おちてはうい  雨をたたへてあふるるにうい  水鳥がうい  魚はうい  ようにうい  笑くぼがうい  面影がうい  ばなにはあぶらがうい  ことで、さうい  涙がうい  かおがうい  衣がう、うい  藻のなびきにうい  お茶づけでもうい  脂汗がうい  なかにうい  上にうい  宙にうい  刈株にうい  稲は少しうい  艶がうい  きれいな、うい  縫目であてがわれてあり、ところどころがうい  空たかくべんたうい  夕日にうい  塵がうい  亀がうい  これくらいでもうい  これでもうい  ぴよつこりおふねがうい  かくれんぼひよつこりうい  社会的などうい  けが動きだしはしまいかと思うほどうい  潮にうい  皮などのうい  作品がさうい  んだから、さうい  海にうい  人らしいうい  場合は、さうい  間にうい  赤みがうい  ほうで、ふわふわうい  ナニもうい  たばこがうい  海面にうい  ものがうい  中にうい  前にうい  桃色がうい  花だけが白くうい  から、得て、さうい  笑がおがうい  雲がうい  

形容詞

~ うい[形容詞]
さうい  はさうい  ものうい  心うい  白うい  斯うい  もさうい  はかうい  はいうい  然うい  かのこうい  がさうい  のどうい  いすうい  円うい  恁うい  三色うい  懶うい  くそうい  たかうい  何うい  ここにこうい  ももうい  どうかうい  糸瓜うい  のものうい  誠にうい  おおううい  物うい  ひとつうい  遠うい  しゃこうい  来うい  とおうい  すうい  しかうい  爾うい  えこうい  暑うい  古うい  細うい  こううい  ういういうい  

~ うい[形容詞]
お父さんはもうい  先生はもうい  評もかうい  のかもうい  つけがもうい  澁紙はうい  老人はもうい  小稲花鳥はもうい  女はもうい  父さんはかうい  坊さんはもうい  母はもうい  のはもうい  ねえさんもうい  はりがかうい  傳はかうい  倉地はもうい  時にはもうい  大分もうい  あたしもうい  皆さんはもうい  一人向けばもうい  佃はもうい  馭者はもうい  そかうい  人物のかうい  事はもうい  支那人のかうい  八月にはもうい  武蔵はもうい  何でもさうい  芸当はようい  そこにもうい  これはもうい  話はもうい  勢かうい  成つてかうい  自然とかうい  馬車はもうい  簡單にかうい  むつとしてかうい  のはようい  パンのようい  彼はかうい  ことはようい  のかうい  美佐はもうい  医者がもうい  松はうい  やれやれようい  書にもかうい  戯曲作家としてかうい  つてもうい  僕にかうい  人並のうい  ままさうい  それはかうい  これこれかうい  答案はもうい  つてかうい  狐はもうい  亀さんようい  声はかうい  一面にかうい  私もかうい  ダリ自身かうい  張り番はもうい  ことはもうい  僕はもうい  私はかうい  余はもうい  誰しもさうい  バスはもうい  元木武夫はもうい  やうにかうい  眼はかうい  男はもうい  

うい[形容詞]
ういつて  ういつたの  ういへば  ういまま  うい事  ういの  ういなかった  ういつた  ういふところ  ういふか  うい風  ういところ  うい小浜  ういひな  うい奴  ういふし  ういん  ういうつ  ういら  うい沼  ういふう  ういやつ  ういへるの  うい夏  ういよう  うい昼  ういつづら  ういふよ  ういろ  うい径  ういおい  うい音  うい目  ういッ  うい哉  ういこと  うい此家  ういって嘘  ういかな仰向  うい憂鬱  うい上  ういふぐ  ういはれて見ると成  ういふこゑ  うい気分  うい機械人形  ういざよふ  ういと竜  ういはず  ういふさ  ういふん  ういふく  うい心持ち  ういな仕事  ういふ頭  ういふいく  ういに足腰  ういとこ  うい瀬戸際  うい梭  ういふき  ういはれるとわし  うい瞳  ういとき  ういもの  うい表情  ういビイル  ういビエル  うい様  ういじゃあね  うい町  ういへば現在  ういてゐる藁  うい雲  ういという呼び声  うい東洋  ういと歩み去っていく名人  うい微笑  うい霧  うい雫  うい衝動  ういな声  ういふつ  うい気  ういひま  ういと呼ぶ声  ういと大声  うい倦怠  ういへば自分  うい初夏  うい青春  ういという事態  うい夢  うい眼  ういはれれば曼舟  ういって信綱  うい足  ういわん  ういはれるあなた  うい時分  ういわなかった  ういと日蔭  ういなこと  ういきれいな  うい三  ういやう  うい画室  ういふち  ういへると僕  ういへる作品  うい路  ういと燕麦  ういと走る水  ういと手  ういふおきみ  ういちまい  うい橋  うい憊  ういと鳴き声  うい唄  ういふすべてのもの  ういふすべてを殆ど  



前後の言葉をピックアップ
ウィーナー・ワルト  ウィーハウケン  うい  憂い  憂い  憂い  宇井  浮い  有為  有為男


動詞をランダムでピックアップ
おわっ賞する匿う乗り出しへずる取り極めるふるいおこさこみあげつきやぶるながれおちる改む勝ん削ぎ落し撲らゆわい背くにじるつきのけよもてあつかう保す
形容詞をランダムでピックアップ
苦しきいとわしく美々しき根づよくほの暗い世知辛い夥しき土臭好いたらしいつよき忌々しくちやかましいおぼつかなけれまっしろう痒かっ善くっ偉かっ睦まじくさく耐えがたく