「憂い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 憂い[動詞]
ことあるを憂い  禍いが起こって来るかと憂い  国を憂い  此れを憂い  者なきを憂い  手がかりなきを憂い  繁盛せざるを憂い  路なきを憂い  平均なるを憂い  それを憂い  のを憂い  独りで憂い  いたずらに憂い  国事を憂い  将来を憂い  禍いを憂い  者はなきや、と憂い  私の憂い  妻これを憂い  からざるを憂い  ことを憂い  太田道灌江戸城にあって憂い  ほんとうに国家を憂い  眼疾を憂い  天下を憂い  新宿は憂い  ために憂い  東洋を憂い  水を憂い  余暇余力なきを憂い  父王子なきを憂い  父ダサラダ子なきを憂い  うち日暮れて見えぬを憂い  らるるを憂い  関節炎を憂い  脳貧血症を憂い  事を憂い  兄弟なきを憂い  父母なきを憂い  唯いたずらに憂い  人々これを憂い  誤謬多きを憂い  天下とともに憂い  憂に先んじて憂い  時局を憂い  なにを憂い  これを憂い  蔓延を憂い  形勢暗澹たるを憂い  心常に憂い  無職を憂い  行末を憂い  ことのいよいよ難きを憂い  為に憂い  重患にするだけだと憂い  

形容詞

~ 憂い[形容詞]
もの憂い  から憂い  ため憂い  常に憂い  深く憂い  恐れ憂い  むしろ憂い  なんら憂い  ただただ憂い  とき憂い  の憂い  いかに憂い  のもの憂い  驚き憂い  いくらか憂い  

~ 憂い[形容詞]
死去後には憂い  北隣の憂い  夫人も憂い  曹操は憂い  なにを憂い  彼の憂い  あなたの憂い  いまは憂い  前途にたいする憂い  杞人の憂い  女房たちは憂い  それ後顧の憂い  それを憂い  そちが憂い  後顧の憂い  一つ松まつは憂い  洪水の憂い  浮世を憂い  人が憂い  九族に憂い  他の憂い  時には憂い  

憂い[形容詞]
憂い視線  憂いの  憂い患  憂いていらっしゃい  憂いているん  憂いと畏怖  憂い影  憂い甚大  憂いやう  憂い愁  憂いこと  憂いという奴  憂い事  憂い心  憂いなから  憂いもの  憂いパステル  憂いというもの  憂い想念  憂い静か  憂い返事  憂いて号  憂い空気  憂いと嫌悪  憂いなか  憂い災難  憂い時  憂い曲  憂いもかろく原稿  

名詞

憂い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
憂いなき者にして始めて  憂いと病とを荷うことに君は力を藉してくれるだろう  憂いが十分に生じてくる  憂いから放たれ  憂いはありません  憂いをおびた  憂いがあるし  憂いがあるから  憂いに暗然としていて  憂いがあり  憂いを抱かせる  憂いに沈んでいる  憂いのあらわれた訴える  憂いなき栄養に肥えた  憂いがなくなり  憂いに沈まれました  憂いがあるというので  憂いを買う  憂いを顔にきざんでいた  憂いを語る  憂いかと思う  憂いなきよう必ず留守しておりまする  憂いをのぞき  憂いをとじて語ろうともせぬ  憂いを除き  憂いを払わんと思し召すなら  憂いを面にみなぎらし  憂いのたねは尽きない  憂いはおやめ下さい  憂いは単なる憂いにとどめていては  憂いを抱く  憂いがありますから  憂いなき由を語り聞かせぬ  憂いのないようにと考えた  憂いに曇った  憂いの冬を迎えていた  憂いを払って  憂いがあった  憂いを陣上にあらわすな  憂いとしていた  憂いを含んだ  憂いに近い感懐を抱かせたと思う  憂いに満ちた  憂いにみちた  憂いに沈む  憂いはなくなる  憂いのある  憂いがあっては  憂いの雲をかけた  憂いは決して無いという確信を持っていながら  憂いや慴えはみな夜の惑わしだった  憂いと堅忍との輝いている  憂いも忘れられ  憂いをあげて  憂いの種になろうとは思わなかった  憂いを解いて華やいだ  憂いはないということをも附け加えて慰めてくれました  憂い無きに似たり  憂いも忘れさせている  憂いは頗る減少した  憂いなきようにする  憂いに堪  憂いが悲しみとなって  憂いの心をもたらす  憂いのあるべき  憂いの色が沈んでいる  憂いがある  憂いを開く  憂いを添ふる  憂いのつらひの  憂いがないと見なければなりません  憂いを絶ち  憂いを負って  憂いをさらに研ぐ  憂いはありませぬが  憂いを解決しておいたればの  憂いが見えぬでも  憂いであろうと察して  憂いの色につつまれた  憂いを忘れようとしていたらしいから  憂いにおびえ出しており  憂いを残している  憂いはないと考えた  憂いのない素朴な日をおくる  憂いもあるが  憂いを払う  憂いがないにしても  憂いがあるからである  憂いに変った  憂いなくして  憂いのない人だとばかり信じていた  憂いは充分ある  憂いが湛えていた  憂いなく生きるという  憂いはあるが  憂い無くして  憂い誠に如何であったろうか想像に余りある  憂いはなかったにしても  憂いがあって  憂いの実証とされた  憂いと憤りとを  憂いの雲を見た  憂いを胸にかくしている  憂いの下にあって  憂いなきを期すべからず  憂いを断たなければならない  憂いを知らぬ  憂いの多い時代があったにもせよ  憂いを息め  憂いに沈んでる  憂いの気持でながめた  憂いを見ては  憂いと満足とは皆味って居る  憂いに明し恨に暮らして  憂いありといえども  憂い光り過越し方に唯だひとつ叫ぶは  憂いがないのですから活動の余裕はある  憂いを懐かんと言いしに  憂いに嵩み  憂いに沈みこんだ  憂いをたたえて  憂いに閉され  憂いがふくんでいた  憂いの顔をといて  憂いの休む  憂いも歎きも見すぎて来た  憂いを忘れ  憂いを忘れてしまう  憂いに堪え  憂いに沈んだ  憂いがありはしないかと  憂いを漲らせ  憂いに沈み  憂いを帯びた  憂いを帯びてきた  憂いを慰められしも  憂いを包む  憂いを深めて  憂いを持つ  憂いに重ぬる  憂いを吹きはらって  憂いが深いばかりか大人になりつつある  憂いの眉を持った  憂いに沈んだりして  憂いの影で深く曇っていました  憂いを額に漂わしながら  憂いのない橋を架け  憂いはあるね  憂いを分けあい  憂いを救うの  憂いが多分にあった  憂いがあるので  憂いの表情を浮べるので  憂いがないにせよ  憂いも退けて  

~ 憂い[名詞]1
中を睨んで行く憂いは  かぎり後顧の憂い  傷のできる憂いは  階級争闘がひき起こされる憂いが  一切の憂いから  ような憂いは  安寧をみだす憂いが  ものが出来る憂いが  妙に大人びた憂いが  心にある憂いを  ようにしながら憂いの  問題になる憂いの  公事訴訟の憂いが  苦戦の憂いを  国の憂いを  将来の憂いかと  後顧の憂い  北方の憂いを  後顧の憂いも  西涼の憂いが  唇は憂いを  丞相の憂いを  今の憂いを  関羽は憂いを  背後の憂いが  とも後追わるべき憂い  後顧の憂いの  将士も憂いに  寒々と憂いの  西部の憂いを  そこに憂いが  予の憂いを  ひそかなる憂いと  姉らしい憂いに  身がこわれるという憂いは  ような憂いの  後顧の憂いが  姉が帰って来る憂いは  杞人の憂い  縁に憂いの  誰にきかれる憂いも  食料欠乏の憂いは  女親の憂いと  理解されない憂いが  家の憂いを  夫の憂いの  一ぺんに憂いを  旱の憂いも  出火の憂いは  悪友の押しかける憂いも  何かの憂いに  ところに憂いの  底には言いしれぬ憂いの  身の憂いの  思いなしか憂いが  ために破れる憂いが  紊る憂いが  両極なほど違った憂い  停滞される憂いが  逆転の憂いが  後顧の憂いを  行宮の憂いは  兵糧の憂いも  近来彼の憂いを  干渉の来る憂いは  どこか憂いが  彼の憂い  憂いは憂い  煙草で憂いを  万一の憂いに  花となる憂いは  ものの迫り来る憂いは  性格が失われる憂いは  統一が乱れる憂いも  覆没の憂いが  崩壊を起こす憂いが  ひそかな憂い  急に憂いに  秀吉後顧の憂い  人気が移る憂いは  眼には澄んだ憂いが  ものが残る憂いは  当分泉の涸れる憂いは  目に憂いが  コンパスにたいする憂いの  百年前の憂いと  一瞬間に失うかもしれない憂いの  傷うの憂い  ような憂いと  元気を苦しむという憂いは  不幸に陥れる憂いは  鳴き立てて憂いを  戦乱争闘の憂いの  散乱との憂いが  八重に驚かす憂いが  現状以下に落つるの憂いの  薫の憂いを  夢と憂いと  衆説一致せざるの憂い  樹陰にもの憂い  誤り一家を破るの憂いも  生活に憂いが  茎ばかり肥る憂い  何を以て憂いを  眉間に憂いを  女の憂いも  以て憂いを  何うかして憂いに  顔に憂いを  着物が汚れたりする憂いが  此頃知り憂いを  生死の憂いを  粗布に引きかえて憂いを  沈々と憂いを  女は憂いを  自分の憂いを  発病の憂いは  水の憂いもという  流失の憂いの  人の憂いを  物質の憂いは  系統が吹き乱される憂いが  影も薄れてゆく憂いが  

~ 憂い[名詞]2
その憂い  そんな憂い  深い憂い  いたずらに憂い  単なる憂い  寧ろ憂い  この憂い  同じ憂い  せんない憂い  やや憂い  多少憂い  大いなる憂い  其の憂い  深き憂い  ない憂い  軽い憂い  そういう憂い  

複合名詞
憂い所  憂い顔  



前後の言葉をピックアップ
ウィーハウケン  うい  憂い  憂い  うい  宇井  浮い  有為  有為男  ういういし


動詞をランダムでピックアップ
たたき上げ噤む狩っ揺がごたつき振り放ち乗出せ癒えん酔いしめつけよこころみんひっこ抜くつっぱっ差入れよのこ成りたっうけあわまねみひらきにじみ
形容詞をランダムでピックアップ
分別らしい辛気臭心もとなあやしくするどいにぶかっ空恐ろしうら若き間遠かれ著かれはげしき神々し空々しバカバカしく苦しかっ甲斐甲斐しい青っぽいうるわしいむし暑く拙かろ