「こめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こめ[動詞]
力をこめ  夜をこめ  心がこめ  恩をこめ  歌心をこめ  中に取こめ  かすみにこめ  一語一語熱をこめ  特に靄のこめ  声にこめ  日本をこめ  気持ちをこめ  熱意をこめ  意味をこめ  全力をこめ  才能をもこめ  中にこめ  穴倉に追いこめ  白雲を、降りこめ  泣き声をこめ  感慨をこめ  恨みをこめ  貨幣が塗りこめ  熱情をこめ  思いがこめ  欲求をこめ  意をこめ  波子には、呑みこめ  憎しみをこめ  煙をこめ  心持までは呑みこめ  あべこべに遣りこめ  精魂をこめ  うちにこめ  いくら力をこめ  敵意をこめ  さをこめ  同情をこめ  愛情とをこめ  こころをこめ  さまざまのおもひをこめ  花をぬりこめ  香をこめ  手を引きこめ  心をこめ  まちをこめ  祈願をこめ  頭をもこめ  数字にこめ  親しみをこめ  言葉にこめ  今宵心をこめ  匂をこめ  窓からすつこめ  愛をこめ  職人がこめ  ハートのこめ  端に、降りこめ  いちめんに塗りこめ  ぜんたいに塗りこめ  灰色に塗りこめ  ありったけをこめ  情感をこめ  感じにこめ  あなたから心をこめ  中にぬりこめ  ことが、やっと呑みこめ  どこかで降りこめ  力もこめ  柄にこめ  鋤簾にこめ  皮肉をこめ  憎悪をこめ  うそ寒い憎悪をこめ  魂をこめ  激怒をこめ  ーっとこめ  長雨に降りこめ  愛情をこめ  一心をこめ  決意がこめ  思いやりをこめ  情をこめ  真心をこめ  緑りをこめ  そいつを代る代るこめ  野とをこめ  気品をこめ  生活をこめ  動きをもこめ  ものをこめ  店に炊きこめ  肯定がこめ  陰湿にこめ  懸命をこめ  怒りをこめ  そこを立てこめ  怨みをこめ  必死をこめ  腕にこめ  前での嘲りをこめ  タマをこめ  拇指にこめ  玉薬をこめ  たましいをこめ  敬意をこめ  からだに全力をこめ  量見の呑みこめ  弾丸をこめ  筆にこめ  気魄をこめ  哀願をこめ  衿に縫いこめ  軽蔑をこめ  両方をこめ  肉体とをこめ  真情をこめ  手を引つこめ  角を引つこめ  全部引つこめ  尊敬をこめ  手前まで追いこめ  糸切歯にこめ  わけも呑みこめ  ことが、どうもよく呑みこめ  威をこめ  感激をこめ  翌朝港内をこめ  意味がこめ  感動をこめ  もう少し腰を入れこめ  火をこめ  若いひとたちがこめ  男女をこめ  嫌悪をこめ  少年までをこめ  いのちをこめ  熱をこめ  目にこめ  船底に逃げこめ  きり力をこめ  ぱぬきさへが好意をこめ  櫂にこめ  ものが呑みこめ  影をこめ  情熱をこめ  さがこめ  知識階級をもこめ  秘密をたきこめ  殺気をこめ  感情がこめ  翳がこめ  爺さんには呑みこめ  池をこめ  新緑をこめ  拳にこめ  牢にこめ  侮蔑をこめ  気風は呑みこめ  ごろっこめ  感情をこめ  男をこめ  漸次呑みこめ  自分をこめ  朝鮮をこめ  光をこめ  不思議なほどよく呑みこめ  抗議をこめ  婦人作家をこめ  気合のこめ  憎しみが、こめ  恥辱を与へたくない思ひやりが常にこめ  實感をこめ  人々をこめ  なかにこめ  書くことにこめ  願いをこめ  気をこめ  美がこめ  思いをこめ  上手に塗りこめ  意力をこめ  誠をこめ  文学作品をこめ  一杯にこめ  玉をこめ  肥脂をこめ  サークルをこめ  朝露のこめ  実弾がこめ  却つて僕には呑みこめ  北から家屋が建てこめ  何ごとであるか少しも飲みこめ  傷心がこめ  実感をこめ  感謝とをこめ  筒にこめ  関係をこめ  事情も、ほぼ呑みこめ  砲弾にこめ  ふき矢をこめてはふき、こめ  ほろろ寒い靄影がこめ  一字一字ちからをこめ  あきらめをこめ  眞實をこめ  気概をこめ  念願をこめ  愛嬌をこめ  将校が云いこめ  鋸屑を塗りこめ  限りをこめ  力がこめ  悪意がこめ  さとをこめ  唾も飲みこめ  好意をこめ  信頼とをこめ  息をこめ  さがそれとなくこめ  イタワリをこめ  憐れみをこめ  ちょッと呑みこめ  そこにこめ  ものをもこめ  ごと要素をもこめ  御子代までをもこめ  囚へこめ  其すべてをこめ  ことも呑みこめ  気性も呑みこめ  雷鳴をこめ  職場生活をこめ  土牢にこめ  れんをこめ  遺恨をこめ  彼はおどろきをこめ  庭をこめ  決意をこめ  底意をこめ  悪意をこめ  かすかにたきこめ  狭霧をこめ  祈りとをこめ  香をたきこめ  倉地をこめ  思いきり力をこめ  愛着をこめ  評論家をこめ  数行にこめ  弾をこめ  批評をこめ  都會をかなしく降りこめ  都会をかなしく降りこめ  濛々とこめ  弾がこめ  ものがまだよく呑みこめ  松をこめ  香が焚きこめ  ようにこめ  ように濃くこめ  別の思ひをこめ  なかった生徒に、遣りこめ  雪などに降りこめ  慰さめをこめ  そこにはこめ  感慨がこめ  念をこめ  女性もこめ  せいか、どうしても呑みこめ  部屋に焚きこめ  それを積みこめ  常人は踏みこめ  ぱいの力をこめ  不信をこめ  人間にようやく呑みこめ  イノチをこめ  善意をこめ  神秘をこめ  祈誓をこめ  身にこめ  話がすらすら呑みこめ  赤土で塗りこめ  空包がこめ  母をこめ  筆をこめ  木をこめ  疑念をこめ  もっと石炭を放りこめ  年期をこめ  万事のみこめ  東京湾へつきこめ  魚雷がこめ  命をこめ  全身にこめ  霞にこめ  山をこめ  霧がふかくふかくこめ  胸いっぱいのおもいをこめ  趣意は飲みこめ  雪に降りこめ  部屋をこめ  霧が深くこめ  大雨に暗く降りこめ  勇気をこめ  雨に降りこめ  自嘲をこめ  氣のせゐか、立てこめ  こまかい縞目が織りこめ  千恵にもよくよく呑みこめ  鎖じこめ  真意をこめ  挽つこめ  哲学的感慨をこめ  言葉が呑みこめ  木陰にこめ  姿にぬりこめ  シナ人までこめ  手にこめ  霧がこめ  気が立てこめ  判然と呑みこめ  唸りをこめ  ことが呑みこめ  努力をこめ  余音をこめ  町をこめ  拾ひきて、息吹きこめ  土間をこめ  眼にこめ  回想がこめ  時、立てこめ  水蒸気が立てこめ  四方を見廻すと、やはりボーッと立てこめ  煙の蒸しこめ  俄雨に降りこめ  まり節をこめ  いっぱいに立てこめ  夜靄をこめ  反動をこめ  枕に焚きこめ  訓練をこめ  高氏は、怪しみを、唸きにこめ  悲願をこめ  敬意とをこめ  スット笑顏を引つこめ  輕蔑がこめ  氣持をこめ  聲にこめ  畏敬をこめ  輕蔑をこめ  日本の歴史をこめ  注意をこめ  自身を追いこめ  中に降りこめ  信頼をこめ  みをこめ  獄臭がこめ  充分には呑みこめ  霧またこめ  いちめんほのかにこめ  温かみをこめ  名にこめ  日夜心をこめ  来意が呑みこめ  書状にこめ  方へ塗りこめ  夢を焚きこめ  いちばい哀訴をこめ  薄暮がこめ  母までをこめ  思とにこめ  うえだけでは、さっぱり呑みこめ  祈念をこめ  一つ云ひこめ  姿にこめ  嘲笑をこめ  祈りをこめ  篠村八幡へこめ  食料品とを積みこめ  そのまま速力をこめ  亀吉も降りこめ  精をこめ  語気をこめ  黒煙をこめ  情にこめ  人気が立てこめ  一字一句にこめ  湊川にこめ  矢をこめ  靄がこめ  ゆきかいがこめ  好感をこめ  ひろ子は、心からのはげましをこめ  ものがこめ  兵士たちが降りこめ  一句一句力をこめ  ハンドルをとりながら、もううす青いもやのこめ  葡萄もこめ  興味をこめ  マゴコロをこめ  期待がこめ  湖を立てこめ  賞讃をこめ  祝意をこめ  僧侶をさえこめ  薫りがこめ  ひとつにこめ  朝霧のこめ  足を踏みこめ  誠意をこめ  眸にもこめ  疑念がこめ  なかへ塗りこめ  次第が呑みこめ  突嗟には呑みこめ  雨いたく降りこめ  心持ちをこめ  不安とをこめ  職分にこめ  手先にこめ  霧よりも深くこめ  非難をこめ  歴史をこめ  自暴でこめ  弾力をこめ  情愛をこめ  限り力をこめ  勢いをこめ  ところ/″\力をこめ  想いをこめ  霧にこめ  万感をこめ  もっと心をこめ  魂とをこめ  影がこめ  誠実さをこめ  叙述語句をこめ  法のこめ  思いもこめ  愛着をもこめ  情のこめ  一心にこめ  御簾を下ろしこめ  情けをこめ  知識人をこめ  努力のこめ  誠心をこめ  熱誠をこめ  つの籬をこめ  香の焚きこめ  実弾をこめ  契りを結びこめ  特別力をこめ  われら自分たちをこめ  心配をこめ  全部をこめ  気持ちもこめ  情味をこめ  下に降りこめ  生命を吹きこめ  負けがこめ  火口を覗きこめ  真実をこめ  それからこめては打ち、こめ  顏を引つこめ  面をこめ  希望をこめ  おかしみをこめ  滴もころがり落ちてしみこめ  かおりをこめ  場合をこめ  自分自身をもこめ  沈黙がこめ  狂躁のみをこめ  樣は薄くとも、こめ  訝しげに見送れば、焚きこめ  三五郎を取こめ  結ひこめ  感謝をこめ  かぎりをこめ  信念をこめ  秘密をこめ  残雪が、べっとりと塗りこめ  宿泊料にこめ  私には呑みこめ  二人をこめ  憎しみがこめ  情炎をこめ  精気をこめ  事態が呑みこめ  表を塗りこめ  歎きをこめ  自分等をこめ  まごころをこめ  糸で縫いこめ  夕靄がこめ  心づくしがこめ  宿で降りこめ  室一杯煙草の煙がこめ  襖が立てこめ  近にこめ  調べにこめ  歌にこめ  彼をこめ  性的葛藤をこめ  変化をもこめ  力をもこめ  自身をこめ  なかった意義をこめ  婦人をこめ  欲望をこめ  国際情勢をこめ  全部弾薬をこめ  絹に焚きこめ  情趣をこめ  ひと色に塗りこめ  腕へこめ  なかに貼りこめ  下に、貼りこめ  邪けんに引つこめ  自ら力をこめ  悲しみがこめ  実弾のこめ  痛苦とをこめ  午後のいきれがこめ  塗料でぬりこめ  十分のみこめ  感想をもこめ  二三日雨に降りこめ  疊部屋をこめ  思つて力をこめ  感情をもこめ  春霞が深くこめ  甘美さがこめ  慰めをこめ  温みをこめ  野山をこめ  雰囲気がこめ  意図が呑みこめ  文化生産をこめ  文化的活動をこめ  作品活動をこめ  中にもこめ  文学をこめ  野末をこめ  婦人作家をもこめ  気持がこめ  力をかっきりこめ  嘆きをこめ  瞳にこめ  呻吟をこめ  憎しみのこめ  すべてをこめ  それは企みをこめ  四年間の思ひをこめ  校長は呑みこめ  中へ塗りこめ  天地をこめ  小舎をこめ  一行にこめ  女子学生もこめ  きょうは、降りこめ  ここにこめ  実力をこめ  仕事をもこめ  雪も入りこめ  両手にこめ  それぞれ心をこめ  房子を云いこめ  意味が飲みこめ  夜霧にこめ  心持をこめ  けいべつをこめ  くらゐ降りこめ  間にこめ  佐々木をこめ  平和湖をこめ  川霧のこめ  意味までをこめ  つて殺気をこめ  盤を指して、すぐ引つこめ  気合をこめ  批判をこめ  言外にこめ  身振りに打ちこめ  筆者をこめ  自分をもこめ  歎願書にこめ  靄が立てこめ  雪はくろずむほど降りこめ  前に立てこめ  ものが立てこめ  説得がはっきり飲みこめ  煙が立てこめ  濛々と立てこめ  事情が呑みこめ  思慮をこめ  斎ひこめ  親切をこめ  黄昏がこめ  霧が深く立てこめ  霧をこめ  気稟をこめ  努力とがこめ  さうに怒りをこめ  四囲がぬりこめ  毒ガスを注ぎこめ  のに降りこめ  微力をこめ  一つにこめ  展開とをこめ  闘ひをこめ  人だけをこめ  慚愧とをこめ  日々に生きこめ  経緯までをこめ  枕屏風を立てこめ  それ一つにこめ  霧のこめ  祝福とをこめ  昏さで降りこめ  裏に計らずこめ  真面目さをこめ  憂をこめ  哀愁をこめ  愛情をすらこめ  あたりをこめ  静かに上がりこめ  意外さとをこめ  暖炉を焚きこめ  訴えをこめ  力はこめ  婦人代議士までをこめ  威厳をこめ  足にこめ  一面にこめ  欲情をこめ  期待をこめ  畏敬の念をこめ  たかまだはっきり呑みこめ  襲つて自分たちをこめ  泥土にぬりこめ  幾重もの意味を同時にこめ  足先にこめ  確信がこめ  三方を立てこめ  有様にこめ  臭ひをこめ  銃にこめ  一たいに立てこめ  単純には思いこめ  圧力をこめ  滿山をこめ  爪先にこめ  次郎にはよく呑みこめ  心をひかれながら、思いきって飛びこめ  場の空気が呑みこめ  武蔵には、どうもまだよく呑みこめ  しか事情は呑みこめ  張りをこめ  閉てこめ  遺憾の意味やがこめ  思をこめ  人間には踏みこめ  指先にこめ  船頭二人の力をこめ  調子をこめ  強烈沈静な思ひをこめ  正義をこめ  戦勝祈願をこめ  名木を焚きこめ  霧雨が降りこめ  あたりを立てこめ  アスファルトを流しこめ  掌にこめ  尾鰭にこめ  風習をこめ  実感でまざまざと描きこめ  両方から力をこめ  夕闇がこめ  てふてふかすみのこめ  黄身をこめ  喜びをこめ  それから力をこめ  呪いをこめ  秘密真言をこめ  枯笹原をこめ  笹原をこめ  笑みをこめ  情慾をこめ  鬼気にこめ  まわりをこめ  部屋にこめ  笑いをこめ  癖が呑みこめ  余にはよく呑みこめ  ソレ、駈けこめ、駈けこめ  匂にこめ  不安が、いろいろと書きこめ  人の踏みこめ  牢舎にこめ  四方が塗りこめ  話では、ぬりこめ  簡単に降りこめ  湖水をこめ  谷をこめ  情とをこめ  言にこめ  身にたきこめ  精神現象までこめ  散弾をこめ  かく心をこめ  事情がはっきり呑みこめ  思いのたけをこめ  神経怪談こころをこめ  ことにこめ  咒いをこめ  牡丹雪にぬりこめ  内側から塗りこめ  口説をこめ  願をこめ  からがこめ  何ものかに希願をこめ  何ものにこめ  しっとり夜をこめ  袋にこめ  佐保神夜をこめ  気持にこめ  煙が低くこめ  われをこめ  靄が淡くこめ  角にこめ  裏表夜をこめ  実行とを織りこめ  祝福をこめ  誓つた通り力をこめ  みんな手を引つこめ  奥に低く塗りこめ  私をこめ  鹿をこめ  此うちにこめ  此部類にこめ  神をこめ  ころ夕煙巷をこめ  月の輪にこめ  平野を立てこめ  一部をもこめ  希望とをこめ  卑下とをこめ  おまじないがこめ  挨拶をこめ  やきもちもこめ  親をもこめ  一隅に推しこめ  気品を盛りこめ  恵みがこめ  些事にこめ  気持をこめ  それを引つこめ  体にこめ  情がこめ  手洗場とをこめ  含蓄をこめ  色をこめ  克服のよろこびがこめ  供ずる所作をこめ  連中もこめ  仰望をこめ  蟹のをこめ  のりとにこめ  伽羅を焚きこめ  どこへでも潜りこめ  黒衣を着こめ  覚悟をこめ  気息をこめ  茫漾と、煙りこめ  気持を引つこめ  老松樹ちこめ  皮肉がこめ  佐多などをこめ  伊平屋群島をこめ  縫ひこめ  とつて進ぜよう引つこめ  作中人物を出したり引つこめ  まにまに夜をこめ  一語に、こめ  二字にこめ  美的精進をこめ  勢ひこめ  庫から出したり引つこめ  鬼魂をこめ  そのまま、呑みこめ  感傷をこめ  僕には呑みこめ  暗示をこめ  どこまでもこめ  剣にこめ  一夜をこめ  やうにこめ  緊張をこめ  お薄にこめ  夕闇をこめ  愛惜をこめ  潮霧が深くこめ  ほとほと好意をこめ  以上丹念をこめ  建築にこめ  血涙をこめ  真実がこめ  真実性をこめ  情誼をこめ  民主的作家をこめ  

名詞

こめ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ゴメはやって来た  ゴメは鴎亦今年不漁だったら大へんだ余市のアイヌ居られなくなる  ゴメと一緒に飛んで行きたや  ゴメも共に可愛やカッコウと鳴く  こめに行く  こめなどをたべてゐる  コメとは言えませんでしょう  コメデイイの精神を解しない  こめ鋭いそして巨大な力で食いこんでくる  ゴメにされて身ごもった  こめで見てゐましたが  こめしへ回り  こめが横から人形に飛びついて  こめでこっちを見ながら立ってゐる  こめでこっちを見ながら  こめに来る  こめに来た  こめがみに生え  こめでしばらく恭一を見てから  こめの原形であらうし  こめなんかはつかふも  こめをくひに  

~ こめ[名詞]1
タバコもコメも  大漁を告げようとゴメは  様にゴメと  子も歌わるるゴメも  祈願でもこめに  念をこめていう  真実をこめ  ごころをこめていう  一寸よこめで  名物たけのこめ  黒ねこめが  方ではゴメ  祈願をこめに  毛がこめが  中にこめを  

~ こめ[名詞]2

複合名詞
霞こめ浦路  大根ひつこめ  ひつこめ  皆コメ  縮こめ  割りこめ  こめら  手ゴメ  こめかた  結びこめつや  オートコメ  コメデー  サイコメトリー的  コメツガ  コメススキ  こめ大根役者文学  短編コメデー  松こめ  ぢこめ  おしこめ  こめつきばった  こめ墓場  こめ栂  踏こめ先  



前後の言葉をピックアップ
小室  コム・シィ  込め  こめ  込めよ  込めん  篭め  呼名  米神  コメカミ


動詞をランダムでピックアップ
たのしまであうあけくれおもねり射すかたまりあっ宛てれおさえろ切り倒し張り切り踏みしめるにくむとらえよ嫁ぐうちけすいづる長引く滅びよいにともさ
形容詞をランダムでピックアップ
怨めしかっ少なくっ鋭し荒々しい口汚いはがゆし強くっあらあらしく聡いかびくさちいさけれ堆い拙かっやわき太しくわしくっ醜い騒々しゅう未練がましい思わしく