「シローテ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

シローテ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
シローテは甚だしく和蘭人を憎み  シローテの答弁をき  シローテが袋につめて  シローテが和蘭人を嫌つてゐる  シローテの席を並べておく  シローテなる者は和蘭人を見る  シローテの明確な答を得る  シローテは牢輿に入れられた  シローテに詮義した  シローテが携へて来た  シローテは歩行できないので  シローテは木綿の白い肌着に茶褐色の袖細の綿入を着てゐた  シローテに示した  シローテの語る  シローテは自分の言葉を理解させたいといふ  シローテも懐いてゐたであらうと思ふが  シローテは恨みをこめた  シローテはこれをきいて  シローテは通詞に向ひ  シローテはすでに与へられた  シローテはこれを見て  シローテは頭をめぐらし  シローテは通詞に向てチルチヌスはありませぬかと  シローテは之を受取つて暫く工夫してゐたが  シローテは答へる  シローテが慌てざるを得ない  シローテのやる  シローテはかう  シローテは之を見て  シローテのラテン語を和蘭風に訛つて発音する  シローテの偉大さも計算に入れなければならないであらう  シローテが又その知識に於てその誠実真摯な信仰に於て遜る  シローテの本音であるかは知り  シローテのこの術策はてんで白石に通じなかつた  シローテの想像通り切支丹は国を奪ふ  シローテのおだてに乗  シローテとその国籍を同じくし  シローテのこの術策の深い言葉には案外本気も含まれてゐて  シローテが日本潜入に当つて持参して来た  シローテはタイカフサメの侵略精神に充分の概念を持つてをり  シローテの獄中生活を見学したが  シローテは西面の一室に住んでゐた  シローテは身を撫して  シローテは折にふれ  シローテの焦躁をあざけり  シローテが宗門のことを言ひだす  シローテの言葉を聞き  シローテがその一生を賭けて待ちかねた  シローテは喜悦に堪へざる  シローテの説く  シローテが幽閉されるに及んで  シローテが幽閉されて  シローテが幽閉せられる  シローテに願つて洗礼を受け  シローテは禁令の宗門をさづけた  

~ シローテ[名詞]1
審問にシローテは  和蘭人を隠しておいてシローテの  ドューウとシローテの  命令してシローテに  地図を取りだしてシローテに  漠然ながらシローテも  ことだとシローテは  これではシローテが  通詞達がシローテの  ことのできたシローテの  之に応じたシローテが  どこまでシローテの  彼はシローテと  わけでシローテは  とき白石がシローテに  ことの出来なかつたシローテ  

~ シローテ[名詞]2
かのシローテ  悉くシローテ  どうもシローテ  もしシローテ  やがてシローテ  むしろシローテ  遂にシローテ  

複合名詞
時シローテ  あまりシローテ  シローテ審問  それゆゑシローテ  日シローテ  至つてシローテ  シローテ死亡  



前後の言葉をピックアップ
城山  私論  試論  詩論  史論      しわ  私話  紫波


動詞をランダムでピックアップ
擦れ合う占っ語らわつっかかっめさるまぎらかそ息づまろ立合う捨て置け跨りはいりこめるなびかし掛け合わ加えもえつきる問い詰める見りゃ泣きじゃくる臨もかえ
形容詞をランダムでピックアップ
おもしろきたわいなき蒼白くっいぶかしかるくこころやすくおいしゅうったらしかっのろ空恐ろし厚かましゅういたかれ残り惜し柔らかくうっとうしすし安しせましにく