「しわ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

しわ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
しわの寄った  しわじわが波のようにふるえると  しわのある  しわをよせ  しわがうかびあがってきた  しわをたくさんつくってひっかぶった  しわが無数に寄り  しわを見た  しわがかさなりあっている  しわがブランコ乗りのすべすべした  しわが説に従わずんば  シワを特色とする  ジワをよせてからでなければ  ジワに興味をもっていた  ジワを寄せなければ  ジワも板について読書と冥想と観察の虫のように殺気横溢している  ジワのよる  しわの深いかおに笑をあふれるほどたたえて  しわをこしらえ  しわに技術とそれを支えた  しわが盛り  しわの寄つた餡餅を並べて売つていた  しわをよせて  しわが年を語り  しわの数を増しながら  しわがすぐ枯らして仕舞うワ  しわが数多く寄ろうとも  しわであるところの山水を描き  しわをよせた  しわは消えて  シワまでハッキリと見える  シワをよせたり  しわがより  しわがはだにふるるは  しわが夢の朝顔の花咲ける  しわを延ばしながら  しわがかたわらに媚めける声ありて  シワがあるだけで  しわの多くなった  しわが世のなれる  しわがある  しわが集まって来て  しわを深くよせて  しわを波立たせた  シワを去り  シワがとれるどころか  シワをとる  シワがいつ  シワやブクブク太りを  シワを深めて  しわが魂もやさしき花を地に見て  しわがよる  しわがよっていて  しわを作った  しわをよせて考えました  しわがあった  しわになって  しわを寄せている  しわがふえる  しわが寄っている  しわをのばして  しわから顔がのぞいている  しわのきざんだ  しわがみぞのように走り  しわをのばしてきてやんな  しわにうずまりましょうとも  ジワの現れた  しわを梓に当てているが  しわに梓字を当てて  しわかとも思われる  しわは上野公園入口の左側の土堤の前に列植してある  しわをよせる  しわを寄せながら言った  しわを寄せて笑う  しわの寄ったての  シワその志を感じ  しわが深く寄せている  しわを露出してにらんでいたりする  しわがす  しわが離室にひとり籠れば  しわを寄せながら生きてきた  しわを寄せる  しわが寄った  しわをのばしました  しわが志を酌み給わずば  しわにまでたたえながら  しわをきざんだ  しわができる  しわが場合によっては上記の樹枝状とかなり  しわを寄せつ  しわを眉の間に寄せながら  しわが兵士ばらばらと走せきたり  しわをのばした  シワを刻んだ  しわが顔にあざけりの  しわが顔に卑下の色の動きたりせば  しわが憎み  しわがよった  しわをよせながら聞いて居た  しわになった  シワをよせ  しわがたくさん刻まれてはいるが  しわをのばし  しわをよせたが  しわがよっている  しわをよせてみせる  しわが多いように見えたが  しわが寄り  しわなどもなおしてあげて  しわのよった指さきで  しわくちゃでつっぱいものをたべた時みたいにキューッとして居る  しわをのばしはじめた  しわさえ見える  しわが主の信に背ける  しわが善き願ひは  しわが誰なるを知るをねがふ  しわが師にはおよばじ  しわが兒等の夢の中に泣き  しわがそれなり消えずに  しわが量るごとく  しわが説く  しわが願ひの求むる  しわが願ひの  しわが愛を惹ける  しわができていた  しわが智に默せと命じき  しわが兄弟達あり  しわがこれらの輪に見るごとき  しわが言をさとりたら  しわのごとく凸凹を見せて  しわをよせながら  しわが身の急に絞  しわが声を聞きて  しわ嗄れた声を絞りながら叫んだ  しわがあらはれてゐる  しわたる月人をとこ常陸國下妻に古刹あり  しわをのばしている  しわをのばし始めた  

~ しわ[名詞]1
がらかにかなでられしわが  顔のしわ  つたひたひにしわの  まゆにしわを  深刻なしわが  顔立ちにしわが  ボードにはしわが  最初のしわが  額さされしわが  變りしわが  政府もしわが  間にしわを  大脳皮質のしわに  余分に求めしわが  眼尻のしわが  かおのしわが  額にしわが  地球のしわとしての  地球のしわ  額にしわを  ヒステリックなしわは  頬のシワまで  左手のシワの  額にシワを  出でしわがはだに  出でしはつひに覚めゐしわが  洋服のしわを  思い寄らざりしわが  前額のしわは  ヒダやシワが  気持でだまってしわの  声はシワ  脳細胞のシワの  眼尻にしわが  額のしわを  眼尻のしわを  顔のシワを  わに不愉快なシワが  わきのシワが  顏中のシワを  中空にあこがれたりしわが  やうにしわが  ようにしわが  背にしわが  けいちゃんはしわを  顔にしわを  横にしわが  ようにしわに  眉にしわを  額のしわが  丹念にしわを  顔のしわを  顔がしわに  普通あかめがしわを  辞書にはあかめがしわに  梓はあかめがしわかとも  当時あかめがしわでは  先へしわを  上へしわを  否とこたへしわが  端的に見たりと感じたりしわが  顔にはしわが  地層のしわを  肱をちぢめしわが  北南あけはなたれしわが  紙にしわを  ボール紙にしわを  敷布のしわを  嬢にしてもしわが  まぶたのしわにまで  老人のしわ  陽焼けしたしわの  小鼻にしわを  ざるほどのしわを  音に驚かされしわが  時もしわが  一切を蔑みせんとせしわが  君にそむきしわが  眼尻にしわを  先にしわを  折をわたしたりしわに  眉にシワを  老いのしわが  手でしわを  数のしわ  鼻にしわを  今ではしわに  着物のしわなども  鉄の如くなりしわが  頭にしわを  ため萎えしわが  ふさはしかりしわが  我に求めしめしわが  六六もしわが  縁を越えしわが  顏にあらはれしわが  ため汝を導きしわが  迷はしわが  問を起しゐたりしわが  道心堅固なりしわが  宇宙もしわが  六六汝もしわが  地球のしわの  驚きもしわが  外に立ちて叩くもしわが  笑ひのしわが  チリメンの光りかがやくシワ  それを拾ってしわを  

~ しわ[名詞]2
多いしわ  深いしわ  長いシワ  醜いしわ  このしわ  すこししわ  だんだんしわ  険しいしわ  長いしわ  著しいしわ  そのしわ  ふかいしわ  深いシワ  かなりしわ  もっとしわ  あんまりしわ  細かいしわ  

複合名詞
顔じゅうしわだらけ  コトシワ  しわだらけ  横しわ  ばしわ  しわざだなぞと  しわ屋  顔中しわだらけ  併しわ  しわざにいそしんでゐた  時しわ  しわざなるぞ  しわ一つ  しわざにちがいありません  シワン  シワだらけ  しわクチャ  つみしわかな  怒りしわ  しわざなりや否や  しわざででもあるかのように  しわざだなとにらんだだけさ  しわざじゃねえなとにらみましたからね  しわざとめぼしがついたゆえ  しわざのようなもんじゃねえか  しわざかもしれませんぜ  しわざにちげえねえと  しわざとわかるのじゃ  しわざにちげえねえんですよ  しわざにござります  しわざとにらんだものか  しわざとようやく眼  しわざとにらんでおったが  しわ入り  しわざだということだけはわかったが  顔じゅうしわ  しわざだつたとしたら  しわざが  光林藪しわ  シワ神  シワ大神  君得しわ  さしわ  しわ目  肩過ぎしわ  伏しわ  臥しわ  しわざにちがいない  大変しわわせ  しわざなんだ  しわざにちがいないが  



前後の言葉をピックアップ
詩論  史論  シローテ      私話  紫波  詩話  志和  


動詞をランダムでピックアップ
めざし打ち付け申せ行き過ぎる射抜く遣う折り曲げる措くかせぐおいたち打ち立てろ持直そ托しかくまううけとろ役すれより分けかりとっ差し立て踏み躙
形容詞をランダムでピックアップ
にがにがし本意無く理屈っぽく美しから心苦しく聞苦しい悲しくっふさわしゅうなかよく生暖かく果敢なき真っ黒く深かろばからしかっ腹だたしく熱っぽいいさましながいこの上なく