「よろこん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よろこん[動詞]
非常によろこん  てゐてもよろこん  熟柿をよろこん  子供らによろこん  大変によろこん  のもよろこん  父親はよろこん  みんな、よろこん  参加をよろこん  ことをよろこん  はつはとよろこん  世界へかえったかとよろこん  手をかわるがわる強くふってよろこん  クーパーはよろこん  ことをしたとよろこん  腹を立てるし、泣いたり、よろこん  蔭ながらよろこん  彼もよろこん  倹約とをよろこん  ことだけをよろこん  僕はよろこん  ネネムはよろこん  友達に読んで貰って、よろこん  おじぎをしてよろこん  見物人はよろこん  奥さんが、よろこん  旗を振るそんなによろこん  すべて身につけさせて、よろこん  入学をよろこん  寺僧はよろこん  おじいさんは大そうよろこん  エス様もよろこん  再会をよろこん  ぶんでそう考えてよろこん  めぐみだとよろこん  はなしをよろこん  無電班は、おどろいたり、よろこん  つもりで、よろこん  小浜兵曹長も、おどろいたり、またよろこん  ときがちかづいたとよろこん  武運によろこん  皆泣いてよろこん  大学士はよろこん  あぶり顔中口にしてよろこん  彼は随分よろこん  肩をゆすつてよろこん  菊半截へおさまるおさまるといってよろこん  お前もよろこん  私はよろこん  である学生、よろこん  やうに、よろこんで讀んでくれ、よろこん  彼らは、よろこん  店主夫妻は、よろこん  事をよろこん  男でさえあれば、よろこん  いたずらしてみたのよ、なんて云ってよろこん  さまがえるは、よろこん  みんなはよろこん  カイロ団長はよろこん  あまがえるどもはよろこん  兵隊たちはよろこん  それをよろこん  言葉を、よろこん  綱、よろこん  吉報と、よろこん  これをもってよろこん  赤にしてよろこん  こどもらは、よろこん  しゅっこはよろこん  ようになったか、と、心からよろこん  悪口をよろこん  女を見てどんなによろこん  貴方はよろこん  友達は心からよろこん  婦人もよろこん  女はよろこん  ものですから、よろこん  猟人は、よろこん  寅吉はよろこん  希望ならばよろこん  無闇によろこん  機会をよろこん  のをよろこん  啄木もよろこん  かつたとよろこん  仔鹿はよろこん  無事をまずよろこん  それはよろこん  父さまは、よろこん  方もきっとよろこん  若い女をよろこん  ことをたしかめてよろこん  それを、よろこん  ちょっと見あげてよろこん  ようによろこん  事をたいへんよろこん  うまいやつをよろこん  ことだけで、もうすっかりよろこん  人間がもっとも大いによろこん  お客がよろこん  欠配、よろこん  雀はよろこん  人がよろこん  男の子がよろこん  両親もよろこん  みんな生きることを心からよろこん  かっこうはたいへんよろこん  きりょうのくらべっこ、をしてよろこん  母にきかせてよろこん  弟君も大層よろこん  中にもよろこん  死ぬ事をどんなによろこん  手を取ってよろこん  虹猫はよろこん  魔法つかひは、よろこん  づねてくれたのを大へんよろこん  邪魔をされないだらうといふので、よろこん  ことを、たいへんよろこん  大臣の子はよろこん  野ばらがよろこん  たちが出て来てよろこん  熊はよろこん  人びとはよろこん  涙を流してよろこん  一刻もはやくよろこん  劉焉もよろこん  太守劉焉はよろこん  ななめならずよろこん  木大王もよろこん  百花園さんもさぞよろこん  ふだんでもよろこん  靴まで貰ってよろこん  マートン技師はたいへんよろこん  曹操は、よろこん  董卓も大いによろこん  董卓は大いによろこん  袁紹は、よろこん  機縁をよろこん  勅使を下せば、よろこん  劉表はよろこん  董卓はよろこん  ところですから、よろこん  世話役が大いによろこん  秋川なら、よろこん  悲しみひそかによろこん  先生はよろこん  んだからよろこん  呂布はよろこん  城主を得たとよろこん  孫策は、よろこん  曹操はよろこん  兄さんと云われてよろこん  結婚をよろこん  国男のよろこん  中で、よろこん  芸術的プランをよろこん  車冑はよろこん  お母さまには、きつとよろこん  東京で真似てよろこん  食べものを与へるとよろこん  りんごをもらって、よろこん  ことを言い合ってよろこん  とき、まっさきによろこん  王植は、むしろよろこん  夫婦はよろこん  参詣をよろこん  みんなどんなによろこん  さはすっかり忘れて、よろこん  ほう使はよろこん  私をよろこん  子供たちがよろこん  時、どんなによろこん  私は、よろこん  それを聞くと、よろこん  らくになったので、よろこん  音を聞きつけると、とびあがってよろこん  ときには、おどりあがってよろこん  手を打ってよろこん  無事をよろこん  皆さんがよろこん  下知だが、呑めると聞いてよろこん  庵、いや、よろこん  木戸がよろこん  嘉助はよろこん  こどもらはよろこん  三郎はよろこん  風の又三郎はよろこん  子供らがよろこん  又三郎もよろこん  時、よろこん  又三郎のよろこん  俄かによろこん  孫権はよろこん  犬はよろこん  お母さんがゆるして下さると、よろこん  仁政をよろこん  関平はよろこん  ことが始まって、よろこん  私、よろこん  招待にはよろこん  訪れをよろこん  せつ子はよろこん  店はよろこん  夏侯楙はよろこん  ものならよろこん  ごとによろこん  消耗をよろこん  彼がどんなによろこん  それを見て、よろこん  これまでながめてよろこん  それでよろこん  これと闘わなければならないと思い、よろこん  春をよろこん  茂君よ、よろこん  正吉はよろこん  そばに来てくれたので、よろこん  品物をならべたててよろこん  幸福をよろこん  こどもをみて、ついよろこん  著者もよろこん  大へんよろこん  名誉を、よろこん  頭を下げて聴いてゐましたが、たうとう、よろこん  足のはれが、ひいたので、よろこん  人たちは、よろこん  飲物をうけとって、たいへんよろこん  田鍋はおどろき且つよろこん  もんだなあとよろこん  ゆめかとよろこん  館長大月大佐にたのむと、よろこん  カルルはどんなによろこん  のをみとめて、よろこん  私は大いによろこん  ほうは、いくらよろこん  親切をよろこん  内にわるくて、よろこん  しかし、よろこん  天皇はよろこん  雷は大そうよろこん  和尚さんは大そうよろこん  特ダネとよろこん  印象をうけ、そうだったらずいぶんうれしいとよろこん  ちがいないと思ってよろこん  あなたにもよろこん  やうによろこん  かしこみよろこん  中で、たいへんよろこん  顔を見て、たいへんよろこん  折紙をつけられたので、よろこん  百は、よろこん  ことができるなら、よろこん  今日から胸へさげてよろこん  拍ってよろこん  誰でも、かれでも殺してよろこん  あなたがよろこん  二人はよろこん  針をながめて、ひとりよろこん  伯爵がよろこん  Mさんはよろこん  紅葉をよろこん  いつだって私はよろこん  共によろこん  花はよろこん  嘉十はよろこん  解釈をしてよろこん  中畑さんもよろこん  一等国になれる、とよろこん  ために、よろこん  夫人はよろこん  面白がって、よろこん  おじいさんはたいそうよろこん  実業家がよろこん  彼はよろこん  男の子で、いいながら、よろこん  贈り物をよろこん  ちょうちょうたちはたいへんよろこん  継母はよろこん  ままでよろこん  申し込みを意外と感じてよろこん  大変な気に入りで、よろこん  ひそかによろこん  気でよろこん  三枝氏が大層よろこん  ようにも思われてよろこん  出世はよろこん  人々もよろこん  ことをさせて見ると、よろこん  島田氏はよろこん  夢中になってよろこん  大入満員になって、よろこん  房枝は、よろこん  夢中でよろこん  あたしはなおさらよろこん  気味がわるくてもよろこん  児童たちはよろこん  特権を、幼くもよろこん  商業繁昌だとよろこん  幾時間でも、待てば待つほどおとなしくよろこん  私のよろこん  影絵を写してよろこん  小躍りしてよろこん  子供たちはよろこん  平民はよろこん  感心だとよろこん  噂話をよろこん  ことができたらどんなによろこん  階級として立ち、せめて、よろこん  ものがよろこん  子供たちが来てよろこん  つた、よろこん  人もよろこん  心ひそかによろこん  二つ返事でよろこん  与八さんはよろこん  払いをよろこん  のを、よろこん  対面を、よろこん  謀破れなばよろこん  連中はよろこん  身にしみ渡りましたので、よろこん  ことを、よろこん  忠誠をよろこん  立川さんはよろこん  立川さんは益々よろこん  來てくれたので、よろこん  方でも、よろこん  機会としてよろこん  蟒どもに振舞ってやったら、嘸よろこん  舌を出してよろこん  お客さまがよろこん  お客さまさえよろこん  お客さまによろこん  お客さまにすこしもよろこん  どこがよろこん  お客さまのよろこん  皆さんによろこん  初音サンはよろこん  泣き声を聞きつけると、よろこん  ポチはよろこん  象はたいへんよろこん  涙を流さぬばかりによろこん  僕たちはよろこん  悪太郎ども、大いによろこん  法神先生もよろこん  風向きがよくなれば、よろこん  廉子はよろこん  美魚のごとくよろこん  リード氏はよろこん  私はとてもよろこん  宮本を見て深くよろこん  せいせいしたとよろこん  子どもらはよろこん  ものをよろこん  若い者はよろこん  みんなが、たいへん、よろこん  梟はよろこん  烏もよろこん  風をよろこん  これをよろこん  足利殿にも、ずいぶん、よろこん  人たちが、あんなによろこん  エキモスはよろこん  無事は大いによろこん  註文があったので、よろこん  命びろいをしたと、よろこん  うちでよろこん  君はよろこん  自分も共によろこん  話をして聞かせると、大層よろこん  兵衛はよろこん  顔を見てよろこん  敬称によろこん  薬師丸から委細を聞くやいな、よろこん  若い旅絵師をよろこん  好都合をよろこん  惣八はよろこん  五兵衛はよろこん  喜右衛門はよろこん  地下でよろこん  皮肉をよろこん  厚意をよろこん  決心をよろこん  七はよろこん  葉はよろこん  心ではよろこん  都へお還しあるなら、よろこん  千次はよろこん  友蔵はよろこん  長三郎はよろこん  誓願であるならば、なんぼうわしもよろこん  合体はよろこん  回向とよろこん  指導者をもってよろこん  小枝はよろこん  安堵でよろこん  おばはんも大抵よろこん  から、たいへんよろこん  しるしを読んでもらって、よろこん  保名は大そうよろこん  子供はよろこん  時が来たと、大そうよろこん  オレが行くとよろこん  子供らはよろこん  光秀役者がことごとくよろこん  それをまたよろこん  世の中を、よろこん  友だちはよろこん  景色をよろこん  熱心に、よろこん  私もよろこん  ブラフトン艦長はよろこん  自分もよろこん  正ちゃんはよろこん  煙山はよろこん  から、よろこん  源一はよろこん  おばあさんはどんなによろこん  市ノ瀬牧人はよろこん  介はそう云ってかえってよろこん  積極的によろこん  飯よりはかえってよろこん  ビスケットなどは噛んでやればよろこん  生徒はよろこん  留吉を見ると、とてもよろこん  藪を見てはよろこん  虔十はまるでよろこん  虔十もよろこん  ほんたうによろこん  何でもよろこん  なみだをながさんばかりに、よろこん  諭吉は、よろこん  諭吉はたいへんよろこん  ときには、ひじょうによろこん  大工たちはよろこん  話をかわしながら、よろこん  あんしんをし、よろこん  源はよろこん  窓をたたいてよろこん  錦子はよろこん  博士はよろこん  家にかえすとよろこん  三右衛門はよろこん  すつかりよろこん  申込をよろこん  陶はよろこん  慶次郎はまるでよろこん  顔を赤くしてよろこん  達二はよろこん  親方は、どんなによろこん  親爺やおふくろによろこん  原っぱを歩きよろこん  ように使ってよろこん  朝をよろこん  手にもよろこん  王さまは大そうよろこん  龍王はたいそうよろこん  踊りをしてよろこん  傑作でもよろこん  私も、よろこん  公、ことごとくよろこん  一緒にきっとよろこん  愛のために、よろこん  餓鬼どもがよろこん  一空さまもよろこん  大声をあげてよろこん  皆さんがこんなによろこん  群集はいっそうよろこん  ためによろこん  伸子はよろこん  在宅をよろこん  ときはよろこん  姿をよろこん  わたしだって、よろこん  なんでもよろこん  みんな、あんなによろこん  から乳をよろこん  のを大層よろこん  報らせてやりますと、大層よろこん  心は、しかし、こう言ってよろこん  ものですから、すっかりよろこん  どんなにかよろこん  ばたばたさせてよろこん  深夜をよろこん  から大へんよろこん  無上によろこん  ためだったら、よろこん  子供達のよろこん  役をよろこん  ことだとさえ分れば、よろこん  成功をよろこん  皆がそうやってよろこん  私がよろこん  ところへよったら、やっぱりよかったねとよろこん  家を建ててくれると云ってよろこん  あなたによろこん  一区切りがついてよろこん  手を叩いてよろこん  ことでも実によろこん  親切にとよろこん  貴方もよろこん  ものを貰ってよかったとよろこん  注意だとよろこん  から私もよろこん  それを心からよろこん  あとは、よく稼いでよろこん  配合ですねとよろこん  成行きをよろこん  がれをしたとよろこん  眼を輝かしてよろこん  往来にむらがって、よろこん  口を、にやにや曲げてよろこん  のを、内々よろこん  のがやっとついたって、とてもよろこん  声をあげてよろこん  牛丸平太郎が、躍りあがってよろこん  有頂天になってよろこん  こおどりせんばかりによろこん  うえもなくよろこん  彼らのよろこん  信二は大いによろこん  内心大いによろこん  男はよろこん  青年もよろこん  便りを得てよろこん  親父も大層よろこん  やうに考へ、又は、よろこん  甚助はよろこん  口々によろこん  私は勿論、よろこん  拍たんばかりによろこん  蛇は大そうよろこん  二人はそこで、ひどくよろこん  お母さんはよろこん  これを見て、よろこん  天元堂はよろこん  有頂天になって、よろこん  感心して、よろこん  ぼくたち、よろこん  博士はたいへんよろこん  号はよろこん  警官たちはよろこん  検事もよろこん  事を思ってよろこん  一挙一動によろこん  人間にしてよろこん  網を持ってよろこん  ママによろこん  浄化し、よろこん  艱難もよろこん  げもぴくぴくするくらいよろこん  ねずみはよろこん  当人もよろこん  面会日にたずねて行けば、よろこん  殿様がよろこん  心持をよろこん  落付いてよろしいと申すならば、よろこん  坊さんはよろこん  料理を出されたら、よろこん  知らないでよろこん  それを見るとよろこん  キッコのよろこん  焼け残れば、よろこん  運賃になれば、よろこん  防空訓練がすんだので落ちつけるとよろこん  から、いくらか置けばよろこん  こおどりしてよろこん  ことを心からよろこん  みんなは大そうよろこん  若者は大そうよろこん  鶴たちはよろこん  立派になったと云ってよろこん  結果とをよろこん  おかみはよろこん  あれはよろこん  たしかに心からよろこん  それを大いによろこん  ぼくはよろこん  ためにもよろこん  お母さんをよろこん  希望を抱いてよろこん  むしろ人をよろこん  のを見て、よろこん  ことによろこん  ことにきっとよろこん  ひそかにとてもよろこん  変化をよろこん  なんかいない、むしろよろこん  現金によろこん  合理性をよろこん  口をにやにやまげてよろこん  男の子らはよろこん  あやのお話をきいてよろこん  大丈夫だとよろこん  両親様によろこん  事をきいてよろこん  光栄だと申して、よろこん  びっくりするほどよろこん  町でよろこん  感心したり、よろこん  ポンちゃんはよろこん  よくばり敵兵はすっかりよろこん  ミドリが、どんなによろこん  労働者たちも、よろこん  鶴もよろこん  彼は、とびあがらんばかりに、よろこん  ひとりで、よろこん  百姓さんを見て、よろこん  一同はおどろき且つよろこん  弁慶はよろこん  確かによろこん  爲によろこん  となかいはよろこん  何十倍もよろこん  金貨をみると、すっかりよろこん  一同はよろこん  かい者たちは、よろこん  発明をしながら、あまりよろこん  手をうってよろこん  一同は躍りあがらんばかりによろこん  夢かとばかりよろこん  面白い語り草としてよろこん  今それをよろこん  方をよろこん  笑つたり、よろこん  ターマンはとてもよろこん  私は内々よろこん  一緒によろこん  様によろこん  自分よりもよろこん  事でどんなによろこん  遊びができるといってよろこん  私を苦しめて、よろこん  典六は大いによろこん  典六以上によろこん  善鬼もよろこん  花廼屋はよろこん  項天によろこん  音松なんか、よろこん  君によろこん  ことをひどくよろこん  若者をよろこん  人があったなら、よろこん  説だとして、よろこん  お父さんも大層よろこん  なかった図書館をよろこん  給仕は、よろこん  余は、大いによろこん  カヨ子が居合わせて、よろこん  一様によろこん  約束によって、よろこん  晩だから、よろこん  人たちによろこん  衆に見せて、よろこん  時で、よろこん  芝居をよろこん  車夫らはよろこん  どれほどよろこん  由兵衛はよろこん  清夫は飛びあがってよろこん  からだがピンとなってよろこん  大三はよろこん  話をきくと、よろこん  つくりをよろこん  幽霊は、たいへんよろこん  夢かとよろこん  象徴としてよろこん  警部はよろこん  男はまたよろこん  おばあさんは大そうよろこん  から読みに来ないかと誘われたので、よろこん  おふくろはよろこん  メーデーによろこん  犠牲ははらえるし、よろこん  感謝して、よろこん  びっくりして、よろこん  ぐちをこぼさないで、よろこん  いるかを感じたので、よろこん  あなたのよろこん  入会すれば、よろこん  ベスも、よろこん  メグはよろこん  みんなできて、よろこん  話を思い出しながら、よろこん  おかあさんはきっとよろこん  美徳を持っていて、迎えて下さるならよろこん  おねえさんがよろこん  未知の世界をよろこん  エミリアンはよろこん  手前もあって、当然よろこん  一同は、よろこん  瞠目に価するとよろこん  此頃はよろこん  ままになって、よろこん  糸で通してよろこん  私をいじめてよろこん  あきないで笑ったりなんかしてよろこん  秘かによろこん  ことが出来るとよろこん  いふ古賀が、どんなによろこん  才能もありよろこん  私がこんなによろこん  機嫌よくよろこん  よう早うに来て貰ってすまんかったと云ってよろこん  叔母さまがよろこん  隆ちゃんもよろこん  私は勿論よろこん  海水着着て入ってよろこん  ことにかまっては居られず、よろこん  多賀ちゃんはよろこん  ときいてやったら、大いによろこん  敬愛し、よろこん  舶来品よりもよろこん  叔父さんも、よろこん  噴水を仕掛けてよろこん  クダを巻くので、よろこん  面白えってよろこん  圓太郎はよろこん  清も、よろこん  十四貫三百五十目あったといって、よろこん  そこでよろこん  男たちはよろこん  子供たちは、よろこん  こちらへもよろこん  昨今八十円でよろこん  失礼だわねとよろこん  大変それでもよろこん  ニイチェならよろこん  話手ならばよろこん  時代に、よろこん  カウスリップはよろこん  のは、よろこん  役にたつならば、もちろん大いによろこん  のなら、よろこん  打撃を与えるとわかったなら、よろこん  なかったことをよろこん  ことはよろこん  主任さんをよろこん  納得し、よろこん  業務主任さんにかわってよろこん  少女はよろこん  のを、きっとよろこん  あたしは、よろこん  弁護士さんはまだよろこん  ことを大いによろこん  男はきっとよろこん  今はよろこん  ほうもいつもよろこん  名前をつけてもらったと言ってよろこん  大男たちは大そうよろこん  王女は、よろこん  自分はどんなによろこん  娘はたいそうよろこん  人たちはたいそうよろこん  柔かい草をよろこん  紙を頂くと、よろこん  さによろこん  扇をひろげてよろこん  寿はよろこん  陽気さを失わず、よろこん  本をよろこん  ことを寧ろよろこん  から結構だとよろこん  旗を振っているそんなによろこん  尾道帰りをいつもよろこん  招待をよろこん  ひそかに、よろこん  吉弥はよろこん  好都合だとよろこん  おかあさんはよろこん  男の子はすつかりよろこん  孝二くんから、たいそうよろこん  若ものはよろこん  若ものは、よろこん  嫁をつれてかへつたので、たいへんによろこん  ことも出来ると思って、一旦はよろこん  鳥海青児氏もひどくよろこん  ことを、共によろこん  細君たちも甘くなってよろこん  ぼくもよろこん  心遣いをよろこん  ことを教えてくれたってよろこん  アメリカ人がよろこん  彼女とよろこん  大衆がよろこん  愛でよろこん  猫を見るとよろこん  張訓はよろこん  彼も大層よろこん  相手は大層よろこん  わたくしも内々よろこん  村ではよろこん  増右衛門はよろこん  里見浪人をよろこん  黒太夫も大層よろこん  眼を細くしてよろこん  何かよろこん  人がいて、よろこん  出現にすっかりよろこん  ホトケがよろこん  パンをのせ、とてもよろこん  巖ちゃんはよろこん  注文でも、よろこん  ゴールインとしてよろこん  向うぢやとてもよろこん  ひとりでよろこん  犠牲に、よろこん  なんでもこい、よろこん  ように見えるが、よろこん  ハイロのよろこん  



前後の言葉をピックアップ
悦べる  喜ぼ  よろこぼ  悦ぼ  喜ん  歓ん  悦ん  ヨロコンデ  ヨロシ  よろし


動詞をランダムでピックアップ
光らし投げこみ旅だっむせ返るにじりよっ屈しよ萎みしゃれる撮さたえよ悩ましとりだすふりこむ差し置く上せ初める好けみかぎり追いつく思い描き
形容詞をランダムでピックアップ
穢きともい渋かっ物堅うっぽい幅広うにくらしい甚だしかっ頼もしくにがにがしい細か寒けりゃまわりくどい熱苦しく硬くっ敢ない雄々しく高から狭けれずぶとい