「歓ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歓ん[動詞]
女はどんなに歓ん  老父はさすがに歓ん  それを歓ん  朝は、きっと歓ん  眼を細くして歓ん  茶などを、歓ん  ゆうべは歓ん  彼は少しも歓ん  袁紹は歓ん  来訪を、歓ん  知らないほど歓ん  意欲では歓ん  お婆さんは歓ん  ように歓ん  うちで飛び立つほど歓ん  ことと歓ん  孫策は大いに歓ん  呉に仕えるがよかろうと、歓ん  袁紹も大いに歓ん  老人達はすっかり歓ん  賞して、甚だしく歓ん  内心仕すましたりと歓ん  ことを歓ん  曹操は大いに歓ん  孫権は歓ん  膝を打って歓ん  ななめならず歓ん  かぎりなく歓ん  玄徳もむしろ歓ん  冥加を歓ん  心ひそかに歓ん  上、歓ん  毎日イルミネーションをつけて歓ん  正直に歓ん  率直に歓ん  訪れに、歓ん  足下にころがって歓ん  方を、いっそう歓ん  非常に歓ん  敵をののしって歓ん  僕もおおいに歓ん  悲しいながらも歓ん  私はどんなに歓ん  他愛もなく歓ん  大に歓ん  ことをむしろ歓ん  此をさへ歓ん  人たちへは、いささか、歓ん  



前後の言葉をピックアップ
喜ぼ  よろこぼ  悦ぼ  喜ん  よろこん  悦ん  ヨロコンデ  ヨロシ  よろし  宜し


動詞をランダムでピックアップ
溶けあい接し先立つ夾む間に合っ茶化しきたし押し掛ける浮び上ら買い取ろつまれ看做せ交そそうなら打ち倒せ葺き魘され交ぜ返す心行かこやせ
形容詞をランダムでピックアップ
しめっぽいかなしく騒がしき心憎き渋き妬ましくこぐらかっ篤くものうくっ微笑ましかっやり切れな正しゅう親しかっおもろ安けれおそろしかろいさぎよし真黒くきたなき