「引っ立て」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 引っ立て[動詞]
手下を引っ立て  番士に引っ立て  綱を引っ立て  恐怖よりも、引っ立て  中庭へ引っ立て  手枷首枷をかけて引っ立て  東奉行所へ引っ立て  縄付きを引っ立て  千生はすぐに引っ立て  こいつも引っ立て  ムズと掴み、グッとばかりに引っ立て  部下が引っ立て  手に、引っ立て  私を引っ立て  楼台へ引っ立て  府堂へ引っ立て  仮借なく引っ立て  本陣へ引っ立て  理不尽に引っ立て  外へ引っ立て  容色を引っ立て  耳を引っ立て  捕虜ホーキン氏を引っ立て  腕を引っ立て  城内へ引っ立て  タヌに引っ立て  頸を攫んで引っ立て  腰を引っ立て  館へ引っ立て  場からすぐに引っ立て  腕ずくで引っ立て  俊を引っ立て  屋敷へ引っ立て  寅松とを引っ立て  手をつかんで引っ立て  自身番へ引っ立て  二人を引っ立て  土間へ引っ立て  抵抗もなしに引っ立て  ふたりに引っ立て  七に引っ立て  番屋へ引っ立て  七はかれを引っ立て  藤次郎を引っ立て  店さきから引っ立て  教重を引っ立て  伝二郎を引っ立て  郡代前へ引っ立て  高を引っ立て  与助を引っ立て  手を取って引っ立て  刑事に引っ立て  おん前へ、引っ立て  素直に引っ立て  場から引っ立て  肩を引っ立て  拘留人が引っ立て  青眼先生が引っ立て  平作を引っ立て  場から城内へ引っ立て  牢屋に引っ立て  高輪田を引っ立て  九度山まで、引っ立て  雛と共に引っ立て  聞き耳を引っ立て  境い目まで引っ立て  九郎に引っ立て  昌秋に引っ立て  風に一段と引っ立て  自身がお引っ立て  さっきお引っ立て  場からお引っ立て  フト耳を引っ立て  手もなく引っ立て  狂人を引っ立て  女すらも奪いとって引っ立て  見付け次第に引っ立て  無理に引っ立て  こちらへお引っ立て  得々と引っ立て  うちそろって引っ立て  ふたりとも並べてつないで引っ立て  小耳を引っ立て  水干に引っ立て  方へ引っ立て  駕籠で送るか、引っ立て  源氏の引っ立て  相手を引っ立て  手を捉えて、しっかと引っ立て  女ひとりを引っ立て  



前後の言葉をピックアップ
ひったくら  ひったくり  ひったくる  ひったくろ  ひったて  引っ立てよ  ひったてる  引っ立てる  引っ立てろ  筆端


動詞をランダムでピックアップ
煩いつい鼻白む憂え取止め繋っ晴れれすか私せ掻い摘ま祟り代われ申し合せ植え呼び続け晦まさ決めよ号す抱く取ん引つっ
形容詞をランダムでピックアップ
物々し呆気ない薄気味悪かっ懐かしきわるかろ味わい深かっ名高かっしる気恥しかっ耐えがたしおらしいきしょ面白から程よかっ憎しすごきいたましい黄色うすきみわるく手ばしこく