「よ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よ[動詞]
因で死によ  掩うた手をはなし、ふらふらと歩みよ  方はとてもの変わりよ  枕もとへすりよ  枕もとへ進みよ  二人は歩みよ  送り狼だか送りよ  後ろからついて来ている送りよ  若い時船へ乗りよ  こと一生懸命になりよ  夜這ひに行きよ  大阪へ行きよ  方へ歩みよ  ようなあやまりよ  つて勝手に行きよ  方へつかつかと進みよ  彼女はさうつづけながら、更に間近く進みよ  女を眺めながら、間近く擦りよ  念仏に凝り固まりよ  つて、死によ  現在のありよ  そばに進みよ  笠松ア住みよ  彼はすりよ  

形容詞

~ よ[形容詞]
却ってよ  こころよ  こゝろよ  ケルンよ  なかなかよ  大抵よ  ちょっとよ  女よ  品よ  夜よ  のよ  案外よ  気持よ  たしかによ  住み込みよ  物わかりよ  薔薇よ  まりよ  だってよ  心持よ  根気よ  ままよ  まとまりよ  さよ  工合よ  行儀よ  氣よ  心よ  実によ  多少よ  やはりよ  後によ  機嫌よ  一番よ  仲よ  つてよ  手際よ  至極よ  ものよ  元気よ  愛想よ  あんまりよ  一よ  気もちよ  もうよ  ないよ  まだしもよ  いふよ  気味よ  ところよ  島守よ  要領よ  畜生よ  弟よ  ひとよ  戦いよ  あまりによ  心持ちよ  おとよ  はおとよ  ずっとよ  嫌よ  心もちよ  いちばんよ  愛子よ  景気よ  感じよ  体裁よ  余りによ  ごこちよ  人よ  大変よ  渋いよ  女らしいよ  愛嬌よ  一層よ  けがよ  随分よ  昂進よ  きもちよ  さぞよ  君よ  大体よ  言葉づかいよ  聖人よ  よりよ  ときよ  もちよ  いかにもよ  おのずからよ  同時によ  すべてよ  三よ  そらおとよ  神よ  丁度よ  

~ よ[形容詞]
虫のよ  もののよ  勢のよ  花のよ  山のよ  月夜のよ  月のよ  原始的のよ  私にはよ  量りのよ  筍によ  鈴岡さんのよ  庵のよ  周二君のよ  つてはよ  肉縁のよ  朝月のよ  日本固有のよ  蔓草のよ  方がよ  顔のよ  勘のよ  払つた気持のよ  独酌のよ  ひとのよ  ッてよ  旧家のよ  人間のよ  雑草のよ  仲のよ  それ/″\のよ  日本陶器のよ  ほうがよ  頭のよ  から心配せんでもよ  虫がよ  品のよ  潮干によ  バランスのよ  のがよ  人のよ  午後をよ  いちばん都合がよ  氣のよ  口調のよ  人柄のよ  運のよ  順序がよ  設備のよ  縹緻のよ  調子がよ  心地のよ  気のよ  様子のよ  品質のよ  まり調子がよ  資質のよ  巡りのよ  察しがよ  元気のよ  察しのよ  始末がよ  仲がよ  度胸のよ  物分りのよ  参つて何者ぞよ  歯切れのよ  景色のよ  機嫌のよ  筋がよ  愛嬌のよ  人当りのよ  本のよ  味のよ  人がよ  まり気がよ  元気がよ  都合のよ  行儀がよ  要領のよ  もの分りのよ  心のよ  丈居心地はよ  一部のよ  自己にはよ  記憶のよ  工合のよ  へん気分もよ  さ形のよ  磯釣りのよ  格調のよ  考へのよ  家そのもののよ  寝間によ  景気のよ  はりのよ  彼によ  落着きのよ  音のよ  呑込みがよ  二番目のはよ  風通しのよ  小さな世界のよ  のりとがよ  のりととよ  行儀のよ  度胸がよ  若い老人のよ  昨日がよ  今更虫のよ  評判がよ  気持のよ  腕がよ  地質もよ  風味のよ  みんな景気がよ  愛想のよ  気がよ  威勢がよ  あんまり虫がよ  育ちのよ  程のよ  気分もよ  もちのよ  女性のよ  心がよ  気持がよ  男のよ  動物のよ  ニュアンスのよ  ひとがよ  着眼点のよ  草紅葉のよ  港街はよ  一室一人一燈のよ  色のよ  気前のよ  あきらめがよ  身だしなみのよ  切味がよ  消化がよ  親方はよ  収入のよ  気持ちのよ  共通のよ  下町娘のよ  肌のよ  性質はよ  人間としてのよ  本当のよ  バランスもよ  手廻しがよ  はじめて作品のよ  子供臭い威勢のよ  平服のよ  郎党のよ  性質のよ  ところによ  手順のよ  手ぶりのよ  真のよ  白糸がよ  切れ味のよ  ドウでもよ  俳句のよ  天気がよ  草鞋のよ  秋のよ  凡夫のよ  香春岳のよ  泥炭山のよ  葉ぼたんのよ  さ景気のよ  早乙女のよ  都合がよ  海のよ  君のよ  国道のよ  頭脳のよ  人間性のよ  右田岳のよ  さ人のよ  頭がよ  質のよ  昔のよ  さはよ  素性のよ  手作りのよ  朝のよ  キツプのよ  氣負のよ  誰でもよ  アメリカ人のよ  存外性質のよ  気前がよ  工合がよ  感覚のよ  天運のよ  平曲のよ  真個のよ  小気味のよ  根気のよ  工面のよ  怠惰のよ  無類のよ  仕事のよ  イキがよ  物わかりのよ  心持ちがよ  気質のよ  活がよ  眼性のよ  人品のよ  マア坊のよ  形のよ  釉のよ  染付のよ  語呂のよ  調子のよ  素顔のよ  栄養のよ  食べ物のよ  気味のよ  何人かによ  口がよ  氣がよ  色のほどのよ  精進料理のほどのよ  姿のほどのよ  住心地のよ  春のよ  切れ味もよ  金回りがよ  毛艶のよ  景気がよ  呼吸のよ  たまのよ  足掛りのよ  根氣のよ  見晴らしがよ  品がよ  人柄もよ  劇のよ  結果がよ  押し出しのよ  話がよ  生まれのよ  心地がよ  人好きのよ  曙覧としてのよ  作品のよ  様々のよ  あきらめのよ  感じのよ  芸のよ  女のよ  位のよ  趣味のよ  万座のよ  同君のよ  澄太居のよ  昨日のよ  具合のよ  夕顔のよ  おのがよ  継母のよ  薫香のよ  点だけのよ  風采によ  容体がよ  風格のよ  気品のよ  見てくれのよ  気分のよ  空のよ  文学のよ  いさきがよ  若葉のよ  聲のよ  道のよ  のにはよ  受けのよ  器量のよ  日当りのよ  スキーにはよ  谷がよ  一番気持のよ  居心地のよ  風景のよ  別のよ  遠見のよ  女性のしつけのよ  着心地のよ  よけい人のよ  舞踊のよ  まとまりのよ  分別のよ  伝統のよ  構成のよ  一姿のよ  うし悪党振りがよ  圓朝のよ  往生がよ  世界のよ  お客のよ  浪花節のよ  何となく切れあじのよ  春非常によ  ようすのよ  独特のよ  人接のよ  気味たいのよ  眺望のよ  男振りがよ  眼鏡のよ  気はよ  用心はよ  素質のよ  お天気がよ  夫婦のよ  便利のよ  著者がよ  春はよ  ほんとうのよ  寂巖のよ  体力のよ  人情のよ  日本人のよ  弁士のよ  山本嘉次郎のよ  前半がよ  暮しのよ  何でもよ  気だてのよ  編纂者のよ  さのよ  影響のよ  生きることのよ  ユリのよ  指揮者のよ  金具のよ  製品のよ  ほか機嫌がよ  地紋のよ  校のよ  生活のよ  本がよ  手紙のよ  すべて頭のよ  素人のよ  僕にはよ  隆ちゃんのよ  江戸ッ児のよ  さをよ  陽気のよ  此はよ  詞がよ  伝統的によ  為によ  姿のよ  庶民的なよ  性のよ  自分自身のよ  それぞれのよ  これでよ  つてもよ  歯並びのよ  日本趣味のよ  襟脚のよ  古典のよ  ほんとうに高原のよ  しじまのよ  一番匂いのよ  

[形容詞]
よさ  よすぎる食慾  よなか  よすぎるほどの品  よきり  よら  よとんとして腰  よつて  よすぎるよう  よかりそう  よげ  よーオ  よすぎる縹  よらん  よ君  よごと  よあけ  よすぎるとは思  よ人  よつた  よすぎるの  よすぎる程  よ卷紙  よウ  よこ  よ後  よすぎる解釈  よツ  よ一方  よん  よ気  よすぎる姉  よふニ  よすぎる要求  よすぎるやう  よオ  よすぎる話  よすぎる胸算用  よすぎるということ  よひ一つ  よ閨  よ大鵬  よゥ  よそう  よゆく水  よびかへす  よ西海  よはされるやう  よすぎる男  よの  よ美  よすぎてポン  よすぎる弁舌  よ墓  よすぎる独り  よすぎるほどの食慾  よすぎる五  ようかるかやことし  よすぎるというもん  よちや  よがる風潮  よおき  よすぎるというもの  よッ  よ空  よろば  よ此  よ正季  よすぎること  よすぎてはい  よぎつた  よ方  よさん  よすぎるため  よすぎる事  よ日  よすぎて嘘  よ二  よすぎる国民性  よ下  よすぎる宿  よよ  よすぎて私  よ花  よすぎる結果  よ泥まみれ  よぢ  よ嬢  よ病  よすぎると彼  よたび  よト  よの道  よすぎる夫  よすぎるん  よそ  よ云々  よびき  よふ一部  よすぎる理由  よ白露  よみたい  よぎつたのは  よろ  よみて曰く  よも敵  よすぎる注文  よこれ  よ彼  よこなた  よかなた  よ夜  よかしこ  よひの那智山  よする秋風  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
よまでも忘れないほど  よな木の芽ゆれつつ暮れる  よな枇杷の葉のおちるだけ  よながる  よな春がやつてきた  よはひの  ヨとひとりで泣いた  ヨと散る  ヨかどうせ一度は別れねばならぬ  よですんでしまう  よな気するじゃ  よな小蟹は澤にかくれたが  よは出たり引いたり  よにすね  よにやるせないよに往来する  よな顔してる  よの人のすくひ  ょに到達して  ょ暮らして行かはる  よなきどりという  よな横紙を破った  よほどの寵児だったのではなかろうかと思った  よにおくる  よながたくさんに降って参りますたい  よなを受くる  よなが容赦なく降ってくる  よな気分で見上げる  よに髪が散る  よに苦いかをりを立てる  よだ六がおりて行った  よだ六が不浄へおりた  よだ六というのが飛んで来て  よだ六がおりて来た  よな日のあてものにはもってこいと云う  よにだまってござる  よなニューッと此方へ出て居る  よだど思ったへば  よつて来る  よな歌を二つ三つ年賀の文に書いてよこす  ヨと同知する  よでなきゃ常識も智慧もないのよ生身の喜びを禁じたり  よな枇杷の葉のおちるだけけふは  よの常の意義とはいたく殊なるがためなるべし  よの截り替への  よなこと言ふて  よに眼がくもる  よだ砧の音が暗い墻根のあの外を田に居る  よする渚にしても曇り  ヨの字を冒頭にした  よに聞かすまいと  ょにして行くか困った  ょに考える  よがいけない  よぼけた老人が躍り込もうという  よのつねの母らしいそぶりをみせる  よなもんが溜っとるわ  よほどたった  よだといった  よの日は女中も番頭も丁稚もめかしこんで  よたりと立つた  よたりと立った  よはひ傾くより  よだてるほどの  よだてると  よやさのせ  よは六十を越しても  よは我が身の不幸に引きくらべて  よは湯を汲んで来てくれた  よは海馬の話をはじめた  よは眼をうるませた  よはいよいよ声を陰らせた  よは少しく恨み  よは気がついた  よは急に声をかけた  よが改めて紹介するまでも  よはまた言った  よは咎める  よは俄かに悸える  よに発見された  よの呼ぶ  ょにしようと思ってね  よに行かうとする  よな考え方をしようとしていたよ  よな屁をたれた  よが念を押すと  よは遂に不縁になったらしいという  よは離縁になった  よは亭主に未練があると見えて  よか人間な少なかて云うとつた  よに腕の時計の紐のよにちやんときれいにむくんだよ  よなビフテキをかじらねばならず  よた者と鉢合せをする  よた者は寝業で一本取ったという  ょの月が浮く  よのうきと  よに出したる  よの人のごと一たび読みされば  よに恋の成就とやいふなら  よたとんを変な奴だと思いながら  よの友ならねども  よにや生ひ  よはひに引かれてや  よの夢語りする  よなツンボーの赤ん坊なんど知らん  よはひ  よだかの顔を見ただけでも  よだかにあうと  よだかをこわがる  よだかのはねが  よだかの顔さえ見ると  よだかのうちへやって参りました  よだかは口を大きくひらいて  よだかはひらりとまたそらへはねあがりました  よだかはすぐそれを呑みこみましたが  よだかはむねがつかえた  よだかの咽喉をひっかいて  よだかはそれを無理にのみこんでしまいましたが  よだかの降りて来た  よだかは泣きながら  よだかは高くきしきしきしと鳴きました  よだかは眼をひらきました  よだかはそらへ飛びあがりました  よだかなどはてんで相手にしませんでした  よだかはがっかりして  よだかはもうすっかり力を落してしまって  よだかは俄かにのろしのようにそらへとびあがりました  よだかはまるで鷲が熊を襲う  よだかはのぼってのぼって行きました  よだかを刺しました  よだかの星は燃えつづけました  よに似たる  よにしべ  ょ下されて  よな腐った  よにうつたへました  よにわけを話して  よの胸に走つてくる  よなことがある  よほど遅くまではひもじい思いをする  よたをもって名が通り  よのあるか  よのさちは  よなこと云う  よはひかりはかり  よはほしもかくれて  よのやみをおそる  よになにさはるらむと詠んでいる  よにも伝へつべきを  よのさまなどうたへるをば  よの詞をもて  よにくわれながら  よにうまれてきた  よな子を抱いて  よな合歓の花さいてわかれて  よの蝉に劣らじと  ヨをピと同じ大きさで発音している  ヨをちぢめて飛ぶ  ょの本体を突き止めようと思って  ょの中身を発見しようと思って  よに代はる用法のをがあるから  よだめだつたら  よたよとあがって  よのつねの強盗ばらの仕業とも覚えぬ  よのつねの事のやうに覚えて  よのつねのことのように覚えて  ょからすが頭に止まったかんざしの  よな猫欲しや染めて  よな気がします  ょ立った大論文も書けないので  よする汀に身をはふらかし  よな針のわな千々に顫えて蟲を捕る  よはひかな  ょに欠伸などしながら帰ってしまった  よになる  よな葉のうらにチョロンととまる  よにとんで居る  よゆうができた  よふくらしても一トとふり  よたもんかと思いましたよ  よはおぼろのつきをたよりにてしのびき  よはのうめがかをあゝそのよはのつき  よの夢を呼び返す  よはの月變らぬ光たがためぞ垣に殘るはただか  よのつねのものには似ず  ョそんなことを云ってたよ  よたりの淑女にまさりて  よにひやいから  よなる語の性欲的な意義を持つた  よに酢ばかり飲んでを  よにやるせないよにゆきもどり  よに寺まゐり  よひの清き月夜に鴫とりかへる  よはひも過ぎて  よは縁先の雨戸をあけて  よは庭口から裏手へまわった  よはその井戸のそばへ忍び寄って  よの同じ行動は四日も五日も続いて繰返された  よは心願がある  よはそのゆくえを見定めようとして  よはぞっとして飛びのいた  よは再びその美しい男の顔が見たくなった  よは言い知れない  よはその蝶のゆくえを追う  よはいつまでも飽かずに  よは一日のうちに幾たびかその古井戸をのぞきに行った  よがこのごろ夜ふけに寝床を抜け出してゆく  よを呼出して  

~ よ[名詞]1
いつのよまでも  花のよ  ・人がきたよ  人がきたよ  宗門のよは  十七麻幹畑なじよにしましヨと  別れしましヨと  可哀想ではないでしヨか  ア借りとくよ  の嫌んたよ  うつせみのよに  未練が残るといつたよに  徐じょに  ここにさよ  神のよほどの  横からよ  上にはよ  乳のよに  待ち人のあるよ  合図に吹くよ  灰のよに  風のよに  葉のよ  木戸番のよ  後でよ  今日のよ  大山見たよ  んつ見申したよ  其分類のよ  虹のよ  雲雀なくなりいつのよの  んのよ  ぞんざいに縫っても構わないよ  なり人が来たよ  いふ語のよの  星も降るよ  鬼でも棲むよ  思て打つよ  波のよ  新聞のよ  あちらへ立って行ったきよに  何じょに  お前何じょに  夜のよはの  脂みたよ  時刻のよほど  お多福さんが出たよ  今夜はよのよ  五十年六十年のよは  身の毛をよ  言葉のよ  同席者のよ  胸がすくよ  おれあなじょに  どこまでもいつしよに  今夜もよ  危くキャピタリスト見たよ  縄で縛るよ  運のよか  帶のよに  紐のよに  王さまが召しあがるよ  糞のよ  #らっきょの  照降りをしりつつしんじょの  竹のよの  筏のよ  大方のよの  大方のよに  今夜のよ  浪のよ  例のよ  馬小屋見たよ  小松原末のよは  今ぞ見しよの  お前みたよ  景色のよか  輝女月のよの  一つはよ  鷹がよ  お前はよ  歌をつづけながらよ  ようによ  これがよ  之候御すいりょ  屁のよ  幸福な思ひがりよの  日のよほど  文壇のよ  げんのよの  文体のよ  いつかみたよ  香はるのよは  はるのよは  はるのよの  今のよの  雛のよに  夢のよ  孫のよ  何もかも夢のよ  海路のよか  濱田のよ  猿はらっきょの  胆のよ  こっちが酔うよ  行はれたよに  シュレンカみたよ  なかのよほどの  熱心にならなければいけないよ  みんな燃えるよ  たかねほんとうですよ  元気のよか  そうなよ  膕のよ  山蔭でなじよ  綿帽子かぶりょから  習慣のよ  鼠捕るよ  行動のよ  何かが来るよ  しらなみのよ  アドルムのみてえよ  火のよ  血のよ  賭博うつよ  黄金のよに  テントームシ手をひろげたよ  前のよに  謎のとぶよに  中のよほどの  質問をかけるほどのよ  どこのよ  いま荒城のよはの  ハゲッちョ  劣れるよたりの  さきのよたりの  左を去れるよたりの  世の中はヨ  ソーダ水のよに  絵のよ  菜のはをなぶるよに  父母のよは  我れと泣くよ  

~ よ[名詞]2
やるせないよ  ないよ  おもよ  このよ  かのよ  そうよ  そのよ  くわしょ  まったくヨ  あのよ  おそよ  宜ヨ  いまだよ  どのよ  よよ  わがよ  にわかによ  まるでよ  もうよ  長きよ  がたよ  可愛いよ  くよ  こいしよ  同じヨ  よいよ  さようよ  

複合名詞
ヨイカ  よさんさん  眼ヨ君ハ  充血スル顔ヨナントイフ極度  ヨ煌メク狂妄  飛行ヨ自在ナレ星ハ  ヨアア  季節ヨ千年ニ  空転ヨ雲  羊歯ヨ耐エガタイコノ沸キタツ風物カラ  無意味ナル警笛ヨ  人ヨブザマニ棉花  人ヨスルドク氷層  フリ撒カフココニアレ友ヨ黒ト緑金  サツヨ姉ちゃんとこ  よちゃん  いただきまひょ  人ごとよ  ょウ  スイッチヨスイッチ  スイッチヨ  スイッチヨ姉  スイッチヨ鶫今日  まひょ  ょッ  ヨロケ  月よ  ょ景  くりょ  千二ヨ  キタヨコンドハ  爲ニセヨ干渉スベカラザル別事ナレバナリ  ヨオシ  ヨ吾ガ双生児  よごと  アンヨ  ょッくり  よごと部  よら  よこ  ところよ  ょッちゃん  ょ年  ヨすすきア姿  ぢよ  匂あなぢよ  一杯いただきまひょ  話ヨ為  親愛ナル新吉ヨ  新吉ヨ  さいしよ  嚮導艇ヨカゼ号  神さまよ  そよ  足利よ  よつて來  ョめ  ぎョろぎョろ  ヨワン榎  ヨ摘ムレ薇  ヨ世上人心  おとよ  こんじょ  よさん  ょッとこ面  梅ヨ春ヲワスルナ  ヨシツ  靴みがきまひょ  みがきまひょ  ょ冗談  ょー  ヨウニ  ぢょ  ネウヨルク  著者よ  ママヨ  なにょ  朧月よ  宮城タマヨ夫人  ヨスガ  ヨメガ君  あまみきょ  りきょ  よげ  寢よ  ょ穿  徳利ヨ  あざみヨ習ふんぢ  よ後  ヨケイ  二よ  ヨ石ア  ムカシノオ話ヨ瘤取りムカシ  ムカシノオ話ヨミギノ  ぎョ  よらむとするごとし  ょッくりあなた  おこよ  よけた方  ょウきん  ヨスエ  ヨ恋  ヨシェア  事蹟ヨシェア記  六六よ  二七よ  夜甲類ヨ  ときさいしよ  淡海節ヨ  おいよ  ょ節  ヨクシ  べっちょ  



前後の言葉をピックアップ
      余さ        夜明かし  夜明し  ヨアキム


動詞をランダムでピックアップ
組みたてよ魅入らせんす垂れ下がろ持ち回っいっ行き合わ打切っへずのぼっ引きずる憾も飛びこも被さふりほどくよびもどせ対する染み入っ盛るくたばら
形容詞をランダムでピックアップ
磯臭よしなしつこく手早くうとく心づよく片腹痛いねばう渋くっ注意深かっあたたかいおぼつかなく浅黒かっ情深かっ良かろ汚らわしき柔らかくやむを得ない