「余」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 余[動詞]
一本道を更に余  毎日現に余  手を拱いて空しく余  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
余はこう注意したい  余はそういう人々に向って  余は広く浅く読むよりも  余の方々はなんとされた  余初めて小菅刑務所に収容さる  余になってゐる  余もある  余ぽど惚れている  余を幾籃ひろいしかを覚えぬか  余の事なぞは考えられん  余の部屋は二階の一間で兩方から汚い唐紙で隔てられてある  余は例の如くランプを持つて  余に對する  余のいふ  余は直ぐに夜具を片付けさせた  余は突然なのに驚いた  余は其好意に從ふ  余が奈良の地方へ行く  余の都合を聞きに  余は屹度眠から醒めた  余はぼんやりした  余は此の二階の汚い一間に案内された  余は變な厭な心持がした  余の部屋へは再び出なく  余とは別に噺もなくて幾分かたつた  余は河井さんの後から立つた  余の風呂敷包と蝙蝠傘とを春さんが出してくれる  余は烏丸五條の佗びしかつた商人宿を立つた  余再び航西の途に上らんとし  余が行を送るありて  余を送りて  余がシャンハイに上陸する  余に送るに  余よっておもうに  余は領事館および三井物産会社支店を訪い  余もここに上陸し  余が一層愉快とする  余を紹介し  余の前に捧げり  余に贈る  余がダージリンに着して  余に贈れり  余はその返礼としてヒマラヤより楓葉を持ち帰り  余がインドにあるは  余の一見深く感じたるは  余が喋々を要せざるなり  余が大いに愉快とする  余を奮起せしめてやまざるなり  余はこれを英語に直訳して  余が大いに感じたる  余が遺憾とする  余が当地バルレー村に来たりしは  余のために労をとられ  余をして  余が深く感謝する  余のこの校に至るや  余が失策談の一つなりと思い  余はこれを西倫と名づく  余はダブリン湾頭といえり  余に応接せしむ  余はわが邦人のアイルランド人に倣わずして  余はアイルランドの村落貧民の状況を見て  余よりもよく知っている  余はプロシャを撃ち破った  余は恐ろしい夢を見た  余はモローの奴が生き返った  余は胸が痛む  余は暫くお前と一緒に眠れば  余は西班牙とプロシャとオーストリアを征服した  余はイギリスと東洋を蹂躙する  余と眠れ  余は高貴と若さを誇る  余怒なお色にあるばかりで  余怒猶ほ  余之れを見て始めて  余を引いて  余が嗜好の事専ら奇書にあり  余を拉して  余が実を知らず  余が本意にあらず  余が多病を給するに堪へず  余をどうしようという  余を侮辱したい  余がこの上がまんするとしても  余つ程夢中になつてゐた  余つ程何うかしてゐたに  余ははち切れて  余は茶碗を畳の上へ置いて  余の説に賛成だけはしてくれる  余はわざと落ちつき払って  余を驚かすほどな  余は覚えず相馬焼の茶碗を取り上げて  余はまた法眼元信の馬を見る  余はきっと飛び上ったに  余のごとき頭脳不透明なるものは理窟を承  余が通り抜ける  余の方へ進んでくる  余の右側を掠めるごとく過ぎ去った  余の傍を掠めて見る  余は胸の中で繰り返して見た  余でも承知しておったに  余も死ぬ  余と云う  余が家へ帰られる  余ははっと露子の事を思い出した  余は夢中であるく  余の頬に押し当てて  余は息を切らして  余も大きな声を出す  余から何か聞く  余は婆さんから何か聞く  余の疑を  余は例のごとく蒲団の中へもぐり込んだが  余は夜着の中に耳の根まで隠した  余と婆さんは同時に表口へ出て  余と婆さんは云い合した  余の方を見て  余は化石のごとく茫然と立っている  余はようやくほっと息をつく  余は夜が明け次第四谷に行く  余は何となく落ちついて来る  余は何事によらず  余の顋をつまんで  余の揉み上げを米噛みの  余の耳に髪剃を入れて  余も吹き出し  余を迎える  余の銅のような笑い声が調和して  余を愛する  余は編輯余話を執筆せん  余の足は強くテーブルの底を蹴る  余は横の壁をめがけて  余の大力に引よせられて  余のことがらを信ぜしめ  余の智能の士並びに博学の士が諸賢の判断に同意いたす  余のすべての者はかくも多くの証拠に容易に信をおくでありましょう  余のすべてを排除する  余の物体と異なる  余のすべてのものが不確実であると信ずるよりか  余のことが何もできねば  余のことを否定し  余のすべてのものに適用する  余のすべての完全性に達する  余の部分にまったく依  余のものの認識にまで達せられる  余のものから分離するならば  余のすべてのものが神に懸っている  余のものについていえば  余のすべての活動と記憶によって結び附けられないという  余の手許に殘れる  余もこの病ひの  余を名奉行だと申して居るか  余の人には見えなかったという  余の行をさしおきて  余の事を云わず  余は北海道以外に生存せし  余が殊にコロボックルなる名稱を撰びたるは  余は此人民の家は何地に於ても蕗の葉にて葺かれたりと信ずるにはあらす  余は先づ我が日本の地に存在する  余は是等の中には唇飾も有るなら  余はコロボツクルは衣服を有すれど  余は有力なる反證を發見する迄は  余は少くともコロボツクルの衣服の或る物は織り物を以て作りたりと  余は前回に述べし如く  余は是等を總稱して  余は前項の覆面が充分遮光器の用を爲せしなら  余は既に頭巾と覆面との事に付きて  余は既に土器の中に湯水を飮むに適したる  余は先づ此事を述べて  余はコロボツクルは一片の木切れに細き棒の先を押し  余は人類をも食物中に加へしが  余が知れる  余は之を以て極めて大なる足跡の如きもの即ち竪穴に類したる  余は釧路貝塚の近傍に於て實に大人の歩きたる跡とも形容すべき  余は全國の石器時代人民が悉皆竪穴に住居せしや  余が今日迄に知るを得たるは  余は茲に想像を述べて  余は室内には大小種々の棚の有りし  余は此絃には好く撚りを掛け有りしなら  余は只粗製石棒中の或る者はメキシコに於ける  余の手近には唯一個有るのみなり  余は曾てコロボックルは人肉を食ひしなら  余はコロボックルは温和なる生活を爲せし  余は彼等はエスキモーが爲す如く  余はコロボックルの遺物たる是等の角噐は實に浮き袋の口として用ゐられしならんと信ずるなり  余が西ヶ原に於て發見せし  余は固よりコロボックル中に斯く斯くの職業有り  余は不足の品と余分の品との直接交換のみならず  余は未だ確證を得ざれども  余は本篇の諸所に於て現存のエスキモが好く  余は以上の風俗考を以て自ら滿足する  余が東京市を愛する  余は常に双手を擧けて之を賛成す  余の大に悦ふ  余に徴するあり  余深く其發刊を喜び  余の母まで續いて居る  余の母は知つて居る  余が其柿の木を知つた頃は鹿を吊るしたといふ  余の家に會合でもあるといふと  余は不意に掻き起された  余を背負つた儘門の外へ駈け出した  余は只ぶる  余はかく思ふ  余と自稱する  余つ程深い瞑想に沈んでゐるといふ  余の者をはげまして  余の物はござりませぬか  余が血祭りを見物せい  余は昨秋外相に就任した  余は他の機会に譲る  余の国民記者に話した  余はこれに反対すると云わんよりは  余は日高君よりは一歩極端に走って  余の見る  余の希望から云うと  余はこれを主客顛倒と評した  余のコンラッドを非難した  余の説と日高君の説の矛盾だけを見て  余の説く  余の眼からは淡く見ゆるぞ  余はちっとも自分では老いたりという  余の蔵書遺物等はすべて大菩薩峠紀念館に永久に保存して貰う  余の親族のもので縁の順序によって分つが  余が書きのこして置いた  余には親類身寄りだからと云って  余は寧ろそういう方々に処分方の権を依頼したい  余は死亡した  余が演劇に本式に関係を持ち出した  余は都新聞にいて  余は実にそれまでこんな強い感銘を受けた  余の家族のものは余に代って  余は実は斯ういう  余の生れた  余は知人原氏の紹介をもって板垣伯に面会し  余は一度も見た  余は目のあたり見た  余は認めて  余の父が日本一の富豪にあやからせようと思って  余は星が殺された  余は幼少より少しもそんな感化も影響も受けず  余が生れる  余の処へ持ち込んで見せる  余の受けた  余が幼少時代から存していた  余は別に考うる  余は全く辞退して  余もおくれじと  余は館に行きて  余に示す  余は始めて  余は幾多の歌集を見  余はむしろ不思議の感を起したるなり  余も注意して  余はこの雑誌の健在を喜ぶと  余は皆喰ひて  余は漢字を知る  余の言ふ  余は依然として立春立夏立秋立冬を以て四季の限界とする  余の問ふ  余の邪推を明にいはば  余は秋竹の腐敗せざるかを疑ふなり  余は個人として秋竹を攻撃せんとには  余は極めて手近なる必要に応ぜん  余は興に乗  余の身より奪ひ去られて  余は某の好意に対して深く感謝の意を表する  余は初めて子規先生の写真を見て  余は深き感に撃たれたり  余がつとに研究蒐集中の奇怪なる動物を公開するに当りまして  余は敗れたり  余は実に彼の女房の女ジャコビン党員に毒殺された  余が著しく感銘したが  余ゆうもないようにあわてた  余はこれを不快に思う  余の位地を高めんがためにこの篇を草した  余は今日までに多少の創作をした  余の作物は余の予期以上に歓迎されておる  余によくわかっておる  余の云う  余はただ吾邦未来の文運のために云う  余も見ていたが  余は更にそれでは此の女房が三味線を彈く  余を導いて  余は此の女に白地の浴衣を着せて  余が今日の行く先を尋ねるので  余は思はず  余を見た  余は視線を逸らして  余は此の如き場合の經驗を有して居らぬので  余は自ら凌霄にからまれた  余は其白い横顏をし  余も二階へ還  余は此時もしみ  余は是非共行つて見たい  余は芒が再び閉ぢないうちと博勞の後へくつついて行く  余の指からは血が少しにじんで居た  余は合點が行かなかつたが  余の耳に幽かな笛の音が聞えた  余の荷物をとつて自分の草鞋と余の草鞋とを一つに括  余の耳もとで聞えたので  余の側に立つて居た  余は此を聞いて  余の耳もとで響いた  余は閾際まで進んだ  余を見ると  余を紹介した  余は此の博勞に話すと  余は辨慶に聞えはせぬかと  余は先程婆さんの箱の中に椿の葉へ乘せた  余は實際能を見た  余と共に泊つてし  余は博勞の平内さんと宿の裏へ出る  余は櫓へ乘つて檣のすぐ下で横になる  余がために日覆の如く此日光を遮る  余の近くで舵へ手を掛けて  余は日のある  余は荷物を枕にしてうと  余はむつくり起きて見ると  余も櫓から覗いて見ると  余と枕合になつて居た  余は狹い  余と相對して  余も手拭へ括つ  余の手もとを見つめる  余の手許を見る  余はまだ午にならぬ  余の起きた  余は一つ取  余は手拭の外に包む  余が三つ四つ買うて  余は新潟は恐ろしく梨の安い所だといつたら  余は甲板の上をぶら  余はかねて  余は道すがら被害地の概况を看つ  余は所謂被害地區域に入りて  余のやまと新聞社に入りし  余も遂に譲歩して  余は書肆を恐れ憎む  余が文学年表なる  余は当時紅葉眉山露伴諸家の雅俗文よりも遥に柳浪先生が対話体の小説を好みしなり  余のおそるおそる格子戸明けて  余の始めて  余もまた久しく浅草代地なる竹翁の家また神田美土代町なる福城可童のもとに通ひたる  余は言はずとも種々面白き事あり  余も対坐した  余にはこれほどまでに愚図が揃って  余といえども  余の提供にかかる  余の手先に踊らされていた  余は急がねばならぬ  余は今敬愛なる  余はエスパニアの旅行家ラゴンと云う  余はいかにして  余の好奇心はにわかに動きて  余は船の最も底の倉庫のごとき処に毛布を敷き  余は航海中の多くを風清き甲板上に暮す  余は何となく心細き感に打たれたり  余は甲板上の前檣にもたれて  余はとりつく  余も思わず釣りこまれて  余はいかにもして  余は一時間とたたぬ  余は夢に恐ろしく高き塔に昇り  余の眠れる  余はただちに叫べり  余はいかなる暗礁に衝突せしかを見んと  余は甲板上に起る  余の驚きしは  余はあまりの恐ろしさに思わず  余は気が気にあらず  余は船長の倒れると  余の声を聴き  余の姿を見出すやいなや  余はただちに昇降口の下に首をすくめ  余は両手を伸ばし  余のためにはサーモピレーの険要とも云うべく  余の生命続かん  余は必死なり  余は遂にたええず  余を目懸けて飛び込まんとす  余は思わず呀と叫んで  余は梯子の中段より真逆様に船底に落ち込み  余はなお生きてあるなり  余はある時間の間気絶せる  余の頭を打ちしにあらず  余の全身は濡鼠のごとくなりいたり  余の身辺の燈火は消えて  余は気絶せる  余は静かに立ちあがって  余は滑り落ちんとす  余は耳を澄ます  余はただちに殺されん  余はついに意を決し  余は生れて  余はあまりの事に驚き  余はただ一面の帆にて何故に船がかくまで速く走るやを知らず  余は思わず逃げ出したり  余を追わんともせず  余も足を停めて  余はハハアと頷きたり  余が気絶せし  余を殺すより  余はこの惨憺たる光景を見て  余は先刻死せる  余は二三分間黙考せしが  余の乗れる  余を乗せて  余が気絶以前に見たりし  余はほとんど狂せ  余は絶望のあまり甲板に尻餅つきしが  余の全身は板のごとくなりいたり  余はむしろこのままに凍え死なん  余を呑み去らんとす  余を吹飛ばさんとす  余は何よりも寒さに堪えねば  余のトランクを開くに  余はトランク中のすべての衣服を着尽したれど  余はただちにそこに走り  余の手に提げたる  余はあわて  余は実に暗中に煩悶して  余に希望の光微見えしにあらず  余の最期の場所ならん  余はまた寒気にたえずなれり  余はその上にさらに数枚の毛布を重ねたり  余は恐くはあれど再び甲板に出でて見れば  余は吹き来る  余の死期の遅くなる  余は仰いで  余はもはや絶望の声も出でず  余はついにたえずふたたび船底に逃げこみしが  余は恐怖のために一時気絶せんとせしが  余は思わず甲板上に身を投げて  余はふたたび甲板上に立ちあがりしに  余は寂寥のためにまず気死せんとせしが  余は忽然として  余が帆船の右舷とほとんど触れんばかりに  余はついに凍え死ぬべし  余は血走る  余は甲板上に飛出したり  余は寒さにたえずして  余はあわてて  余はただちに凍えて死なん  余の生存期間なり  余の胸のうちは苦悶のために焦げる  余は夢中に船尾より船首に向って走る  余の後を追う  余の眼に入りしは  余は疑えり  余の帆船は今や全部一団の火とならんとす  余は前後を考うる  余は彼の船上に飛び乗り  余はそれらの物を眺めおる  余の帆船はすでにことごとく一団の火焔となり  余は呆然として船首より船尾へと走りしが  余は絶叫せり  余は数千年以前の巨船がいかなる理由によりて  余は学者にあらざる  余は今にもこの世を去るべき  余の乗り来りし  余の魂は飛び  余はおぼつかなくも鉛筆を取り出し  余の文は拙なり  余の脚は爪先よりすでに凍り始めたり  余のポケットには今なお残れる  余はそのビールを末期の水として飲み  余映が金朱色にそれを染めあげる  余と共にして  余が家にやどりぬ  余は二度と故山の土を踏まざる  余は到底この寂寞に堪へざるべし  余の言をとりあげざりし  余の罪なれば  余を罰せられよと  余の態度が余りに堅苦しく滑稽なりしならん  余は下宿に戻り  余も亦得意となりて  余は口にしたる  余は子の教育に関しては深甚なる抱負を持つ  余は彼を伴ひて  余は口にせず  余に下宿を引きあげて  余は一疋の猿の巣に籠りて  余は同時に二疋の猿を殺す  余はこれを取り逃さん  余の者は悉皆何も知らざる  余が眼をもって  余が喋々の議論をもやめ  余かつて言える  余常に言える  余は見るに足らざるなり  余の凉しき瞳を汚される  余の汚れなき  余が鳥人の術を教えんとの  余と言ってみたり  余が教訓を忘れしか  余まされている  余をこの地から放逐せんと  余の妹であるといふ事実は知らぬ  余も飛んじ  余ほど寛いで来たから  余ほど低く出来ていますから  余ほど不思議に見えた  余の刀はみんな手放してしまって  余ほど内証が詰まって来て  余の死するや  余映を受けて  余と同じ服装をして  余の名を騙るとは  余も再三停めた  余も過しております  余の主なる人々はみな逃げ落ちた  余を超えていた  余の儀でもありませんが  余を呼び醒まし  余に送るべく取り  余の手に落ちた  余は始めてこの書に対する出版順序に関しての余の誤解を覚った  余から見ると  余はわれらの過去に対する先生の著書を紹介するの  余は幼き比より厳しき庭の訓を受けし  余が鈴索を引き鳴らして  余を見し  余は父の遺言を守り  余は我身の今の世に雄飛すべき  余は私に思ふ  余を活きたる  余を猜疑し  余を讒誣するに至りぬ  余が倶に麦酒の杯をも挙げず  余を知らねばなり  余が幼き頃より長者の教を守りて  余を嫉むのみならで  余を猜疑する  余が冤罪を身に負ひて  余は獣苑を漫歩して  余は彼の燈火の海を渡り来て  余に詩人の筆なければこれを写すべくもあらず  余は時計をはづして机の上に置きぬ  余が辞別のために出したる  余が彼を愛づる心の俄に強くなりて  余がエリスを愛する  余が悲痛感慨の刺激によりて常ならずなりたる  余が免官の官報に出でしを見て  余を社の通信員となし  余は彼等親子の家に寄寓する  余は通信員となりし  余にわたしつ  余が為めに手づか  余に示したる  余は守る  余が意見を問ひ  余を驚かしつ  余はおのれが信じて頼む  余は旅装整へて戸を鎖し  余を拉し去りて  余が大臣の一行に随ひて  余を囲繞せしは  余が立ちし  余は此書を見て始めて  余は我身一つの進退につきても  余が大臣の一行と倶にベルリンに帰りしは  余は手を取りて引く  余は驚きぬ  余は道の東西をも分かず  余は答へんとすれど  余がかれに隠したる  余が相沢に与へし  余が病牀をば離れねど  余が病は全く癒えぬ  余へぬ春のかぜ加茂川こえて  余は幼き比より嚴しき庭の訓を受けし  余が倶に麥酒の杯をも擧げず  余が寃罪を身に負ひて  余は獸苑を漫歩して  余は彼の燈火の海を渡り  余に詩人の筆なければこれを寫すべくもあらず  余は覺えず  余が辭別のために出したる  余が爲めに手づか  余は旅裝整へて戸を鎖し  余が大臣の一行に隨ひて  余を圍繞せしは  余はこの書を見て始めて  余がかれに  余が相澤に與へし  余は幼なきころより厳重なる家庭の教へを受け  余もうしろに捨てられている  余に聲を掛けた  余も話し込んでいるが  余つ程小説が捗取つたらう  余は更に鬼怒川本流を遡りて  余は先づ筑波登山を提出せ  余の標準に従ふて判ずれば  余の軍勢すべてをひきい  余の残兵にこれを守らせておき  余になった  余の壮年のごとく夜遊びもせず  余にかかる  余の仁は寛容あっても  余の生命を質ぬる  余が奔走して  余は更に進んで  余は理想界においてこれを見る  余が歌集によりて  余は断定を下していわん  余は曙覧を論ずるに  余って処置に窮するほどの  余の憎むべき  余の生活の全てに於て彼は又余の憎むべき  余はここに敢て彼の無学を公開せんとする  余の研究は完成し  余の甚だ不本意とする  余の殺害を企てた  余は臀部及び肩胛骨に軽微なる打撲傷を受けし  余の告訴に対し世人は挙げて  余の悲しみを計りうるであらう  余の妻を寝取  余の妻は麗はしき  余は奮然蹶起した  余は日夜その方策を錬  余は深く決意をかため  余は空気の如く彼の寝室に侵入する  余は何のたわいもなくかの憎むべき  余の掌中に収めた  余は実に万感胸にせまり  余は躍る  余は敗北した  余は負けたり  余の力を以つてして  余の偉大なる業績に異論を説えた  余の悲しみを計りうるであろう  余の妻を寝取った  余の妻は麗わしきこと  余の妻を奪った  余は奮然蹴起した  余は日夜その方策を練った  余の力を以てして  余ほどよく似ている  余はかかる  余を過した  余はその下に綿入を重ねた  余はどうして一番上に着た  余が毎日の日課として筆を執りつつある  余は池辺君に対して何らの顧慮も心配も払う  余が修善寺で生死の間に迷うほどの  余の枕辺に坐った  余を騙す  余に与えられなかった  余はただその晩の夜半に彼の死顔を一目見ただけである  余を驚かすべく  余はすぐに白い毛布の中から出て  余の耳を掠めた  余が池辺邸に着くまで  余は口の利けない  余が枕辺近く寄って  余の胸に刻んだだけである  余が最後に生きた  余と池辺君とは端なく目礼を取り換わした  余は生きた  余は汝を見すてて逃げ去るであろうが  余はナレをスパイと見たり  余も日数をへて  余あることでござりまする  余あるをおぼ  余が此の北奥の洞庭西湖に軽鞋を踏入れし  余は松島を冥想するの  余の前にひろがれる  余が読む  余が松洲に泊せし  余にもなった  余にもなっていた  余は当時大阪衛生試験所長兼造幣局技師たりし  余は其の頃殆ど純正化学と応用化学との別を弁へず化学上の事柄は其の理論的たると応用的たるとに論なく均しき興味を以て之を学びたり  余が常に憂慮したる  余は機会あらば自から応用方面に於て成績を挙げ  余が妻は一束の好良なる昆布を求め来れり  余も亦元来我国民の栄養不良なるを憂慮せる  余の痛切に体験したる  余は単に最も有利なる製造の諸条件及び使用上最も便利なる製品を決定するに止まり  余の発明は頗る簡単なる事柄なりし  余は唯当初の目的の過半達成せられ  余もしほれないでゐる  余少しの衰へをも見せないで  余の事は知らんが  余は其辻占を一つあけて見たら  余もあって  余も睡  余も閉じ  余もあすこにいた  余のことはそれからで出来る  余の所見を以てすれば  余は日本に人心の動搖と共に個性活動し始めて  余は友を持ち  余は余として人生の大道を行く  余が獨自の思想を組織する  余は獨自の思想を詐りて苟くも安きを求むるの  余は獨自の思想を有する  余は憚らず人生の大道を行く  余は余が思想人格の全部を白日の下に晒して  余は現代と矛盾する  余の知慧は二重の組織より成る  余には堪へ  余は朦ろなる事物を余自身に價値ある  余は他人に煩されずして  余が生活の一面に過ぎない  余が要求の一面に過ぎない  余が感情の一面に過ぎない  余が心は羞恥と憧憬とに躍る  余の生に何の執着に價する  余にとつては存在してゐない  余より奪はむと脅す  余の前に置かれたる  余は淺薄なる愛情によつて親朋に繋がれてゐる  余の死を慟哭す  余に眞正の生を教へるの  余にとつて眞正に存在の價値がある  余は常に死に  余を奪ひ去れ  余の問題は此苦痛と戰ひ  余が生存する  余の事實に適用するのみである  余が生の蓋然性と可能性とを悉く破  余は眞に生きたりと信ずる  余は生きず  余は死を恐る  余を襲ふ  余は死の刹那に於ける  余を死に導く  余は汝を諦視し  余の一身を汝に托せ  余には死に  余は暴漢の手に捕へられたる  余が急遽に死の手に奪ひ去られたとする  余が唯死に  余は死に  余の精神を靈化するに  余を包圍する  余は汝を神と呼ぶ  余は一切のセンチメンタルなる哀泣と嘆願とを避けて  余は我持たずと  余は困惑し  余は麓に迷ひて  余は前へ進ま  余は霧の如きものの常に身邊を圍繞して晴れざる  余は悲觀する  余は否定に傾く  余の生活と運命とを支配する  余は自覺せりと自信する  余の如き懷疑者の眼から見て  余は無内容なる自覺者の外剛内柔なる態度を見る  余は聲を揚げて  余は他人と區別する  余は先人及び今人と一致する  余は此詰問に對して  余もさいてしまった  余も一時に二十発点火いたそう  余は寧後説を信ぜんと欲する  余は竊かに其公書類たるを怪しむ  余は益余の推測の至當なる  余は寧ろ實朝の此言を發せしといふ  余は之を以て幕府の公書類となすよりは道春の考證に從ひて  余はこれを以て單に散佚の結果ありと信ずる  余は是等過度の簡略に關して  余の幸福感を助けた  余は汝の單純なる確信を羨望す  余の修業三昧を許せ  余には死を恐る  余は悪書を作り  余が心にかなわざる  余の命数尽きたりといえども  余の死に依って  余の潔しとせざる  余の死に依りて  余は此点に於て余の論旨を明かにする  余も成程と思ひて  余は明白に斯く言ふ  余とて正可に山陽が一代の文豪なりしを知らざる  余の処分を受けよ  余の家を建てよ  余の道を来て  余はふとした機会で思は  余がこれまで寝食せし  余は幸ひ  余に附纏ふ  余つ程四時が怖いと見えて  余の信ずる  余は当初そのあるいは少しく誇張に失せざるやを疑いしが  余が貴下に五百万マルクの支出を承諾するならば  余の考へる  余が見る  余を驚破  余の確信する  余は向後先づ此一點より漸次陳套を脱せんとするの  余が新聞屋として成功するかせぬかは  余にとって是程難有い  余が閲覧室へ這入ると  余の学力が足らん  余の居宅の近所にも犬は大分居る  余は心を空にして  余を変り物に適する  余の仏菩薩を謗ってはならぬ  余は見物しつつ行き  余の常に説く  余の言の人を誤らざるを知れり  余は大雪山に登りて  余は六尺褌を解く  余の褌は新しくして  余はその二倍の日数を費したりしかば  余を訪いたる  余の郷里の新聞に転載し  余に同腹の兄妹四人あり  余の平生の登山ぶりを知り  余を歓迎するの  余を遇する  余を慕ひて  余が自らに就いて  余は緑雨が社界の諸共に認めて  余が脳中に浮び出たる  余はまったく度肝を抜かれた  余に向って  余の瞳に映じた  余は暗闇の海中に絞  余に語るべき  余も持ち堪えているとは  余の生活は株の配當金にて安全なりしが  余は曾て雜誌文明を編輯せし  余の常に軌範となす  余は幸にして  余が手許には新生社また時事新報社より貰ひし  余の初て玉川堂の名を聞きしは  余は荒木竹翁につきて  余が先考の墓誌搨本を見出したりとて示さる  余が避難先を知らざりし  余は物陰にかくれて  余が先考の詩集西遊記を得たりとて  余の水田に白鷺の歩むを見  余老來好んで  余が先考の來青閣集を贈らる  余の生れし  余の知る  余も続いた  余は悉く忘却す  余も軽くなった  余は気象上の通報を認むるの自由を有せずと  余ではありませんか  余は嘗て之を二つの方面から考へた  余は嘗て主に東北塞外種族の言語即ち大體ウラルアルタイ語系に屬する  余は久しき以前より興味をもつてゐたが  余は其の方法に依  余は前に尚書の編成を考へて  余も少しこの水を貰い受けたい  余も鋏を入れないらしい  余つ程どうかしてゐるぜ  余は三本松の時代放れした  余は龜井院の横にある  余を知つてゐて  余の意見を問ふ  余も外廻りをしている  余も床についていた  余も病院へ通っていた  余はそのボールを拾って  余からその球を受取った  余は中学を卒業する  余も同君を介して  余とは争って  余は一本の傘を思います  余が子規居士の家を訪問して忘れて帰った  余も坐って居る  余と碧梧桐君とは連句というものがどんなものかそれさえ知らなかった  余の面会する  余の逢った  余とであったかと思う  余は二階の六畳に寝転んで  余が文学上の書籍に親しんだ  余の頭には実に文芸憧憬の情と衣食問題とが常に争闘を続けていた  余は考えずにはいられなかった  余の煩悶を碧梧桐君が居士に通告して遣った  余を激励して来た  余に送ってくれた  余は居士自身の煩悶を体読せずにはおかなかった  余は堪えずに  余は中学を三月に卒業して  余の心をまたさわ立たしめずにはおかなかった  余が居士に送った  余よりも一年遅れ  余は聖護院の化物屋敷という仇名のある  余の名を指して来た  余は立ちどまって聞くと  余はぼんやりとその光景を見ていた  余の眼の前にはたちまち太秦あたりの光景が画の如くに浮ぶ  余がまだ松山にいる  余の下宿に送ってくれた  余は京都に在る  余を迎え  余の四人の会合であったかと思う  余は黙って  余はその前年の冬休みにもその年の夏休みにも帰省した  余に一年間の静養を勧めた  余は思い切って  余と碧梧桐君と同宿していた  余は遂に退学を決行して  余は大海に泳ぎ出た  余を眺め  余を憫殺するものの如く見えるので  余は何とも答える  余の自負心を傷ける  余に持って帰ってくれて  余はこの時初めて汽車の二等に乗って  余は遂に何ものをも書かなかった  余はまた広漠な東京市中を訳もなく彷徨き廻る  余の役目になって  余は睡魔を抑えつつ  余は一方ならず此の筆記に悩まされた  余は座敷に火鉢を隔てて  余はこの時つくづく露月を変な男だと思った  余の質問の事を書いて  余はいつまで経っても  余は空しくまた京都に逆戻りと決し  余のクラスの受持であった服部宇之吉先生の家を訪問した  余は失望した  余はギャフンと参った  余に取っては  余は手荷物を預けてしまって  余の服装が紺飛白の単衣と白地の単衣との重ね着であった事をどういうものだか今だに記憶して居る  余はこの学校では講堂と教室と下駄箱と器械体操の棚だけを記憶して居る  余の気に入らなかった  余の頭に下駄箱の厭な印象が深く染み込んでいる  余に読ませた  余は両三度手ひどく痛罵された  余は殊に器械体操に反感を持っていた  余と碧梧桐君とは言合わした  余はその頃国語の先生が兼好法師の厭世思想を攻撃した  余のデスクの傍に来て  余も東京に放浪中は酒でも飲むと  余が京都で無声会という会を組織して  余が京都着早々行李を下ろした  余が去った  余もだんだん学校へは足を向けなくなった  余は答辞を陳べねばならぬ  余は小石川武島町に新世帯を持っている  余が碧梧桐君を訪わねば  余を訪うて  余の不勉強の主因を非風君の家に同居している  余も遂にその気になって  余は書物に親しんで居った  余に忠告したが  余は服さなかった  余の甘受し  余とを携えて  余はどういうものだかその新橋出発当時の光景を記憶して居らぬ  余は桜花満開の日青木森々君と連れ立って  余はその知覚を失いながら  余は京都に行った  余は暫く其処に同居していた  余に介抱に行けという  余は進んで  余を見たが  余も暫く黙っていたが  余を手招きした  余はその意をさとって  余の鼻を打った  余は憮然として立ちすくんだ  余の室に這入った  余が初めて医局に同氏を尋ねて  余に言った  余は病床日誌と金銭出納簿とを拵えて  余を頭から馬鹿にしてかかった  余や附添婦がかたみ  余に話した  余とが毎朝代り合って  余はその車に跟いて行きながら  余に与えた  余の及ぶ  余はこの日かく改まった  余に取って  余にそれに背かぬ  余は寧ろ此の話を聴きながら  余はただぼんやりとそれを聴きながら  余は蚊帳に入ると  余は此の句に送られて  余は帰東早々これを碧梧桐君に話し  余の興味を牽かなかった  余はそれらの人の名前を一人も記憶しておらぬ  余には賤しむべき  余のこれを新橋に迎えた  余に来てくれという  余は出掛けて行くと  余はそのあとに跟いて行った  余は大方の意味を了解していたので  余に勧めて  余はどういうものだか極めて冷かに落着いて来た  余に問質す  余は遂に断言した  余は居士に別れた  余に別れて  余も心をひきしめ  余は満腹の敬意を以て居士に接しながらも  余に在っても  余と居士との交遊は決して長かったとはいえぬ  余とは遂に支吾を来さねばならぬ  余はそう言って泣かれた  余は此の碧梧桐君の言も母堂の言も決して否認しようとは思わぬ  余を愛していてくれた  余もまた何人よりも一番深く居士を信頼していた  余の脳裏に烙印せられていて  余は驚きたり  余は俳句の上に於てのみ多少野心を漏らしたり  余の大望の殆ど無窮大なるに比して  余の如く大望を抱きて  余は殆どこれを知らず  余は遂に未遂の大望を他に漏らす能わざるなり  余のそれに載せた  余に対するある  余は殆ど余の感情の赴く  余を以て居士の後継者と目するか  余に試みて  余の作物に接して  余との間には終始変らぬ  余に対して居士はなおその事は忘れた  余を唯一の後継者とする  余はいつもその事を思い出す  余の知っている  余は居士の周囲に在る  余の手で出す  余を社会に推挙した  余に送って来た  余を支配している  余が居士の周囲の一人として影の薄い時代に種々の俳人が居士の周囲を彩った  余の下宿にも書生の目には珍らしい大きな菓子折を持って  余の知らぬ  余を先生先生と敬称する  余には不思議に思われた  余を訪問して  余を縄暖簾に伴れて行って  余は一時季兄を助けて  余は最早放浪の児ではなくなった  余の手に渡って  余の手に渡ってから  余との関係はまた一変した  余との関係は非常に密接になった  余の注意が行届かなかった  余は居士とは熟議を経たけれども  余と居士との関係をして  余と他の人々との間に立って  余に訴える  余の影は再び濃くなったと書いたが  余が居士の周囲に影の濃かった時代に比べると  余がその際に処する  余の三人が落合って  余は代って  余は喫驚した  余は答えた  余の手が微動をしても  余が居士の足を支えたという  余に文章を筆記させた  余はしばしば種々の苦痛を経験した  余は病気になって  余の家の南側は小路にはなって居るが  余は奨励のためにそれを買うてやりたくなる  余もそれを食いたいという  余は口で綴る  余はいつも須磨を話題に選んだ  余が筆記した  余は他の人と交代して  余も座敷の床の中に這入った  余が蹶起して  余はとにかく近処にいる  余の真黒な影法師は大地の上に在った  余は居士の霊を見上げる  余は言うべき  余は何と答えて  余はうつらうつらと夢に入った  余と碧梧桐君とは居士の意を酌んで  余の生涯は要するに居士の好意に辜負した  余はその中から子規が余に宛てて寄こした  余はもう東京にはいなかった  余は微笑を禁じ得ない  余はいまだかつて彼の拙を笑い得るの  余のために描いた  余にとっては多大の興味がある  余は未だ曾て彼の拙を笑ひ得るの  余の爲に描いた  余に取  余ある力量に駆られて  余を入れた  余を一合戴きたいが  余もともに一獻酌まう  余は面前で其の人間を譽めるのを好まんが  余の子のやうに思ふ  余に向って繰返す  余が旧友中村是公を代表する  余には美しい二十一二の青年としか思われなかった  余はその後ついにこの犬に逢う  余の著書なども読んでいる  余の船の頭が営口丸の尻より先へ出た  余の船は全く営口丸を乗り切る  余の眼を掠めて過ぎ去りつつ  余と並んで立っていた  余も知らなかった  余は甲板の上に立って  余は欄干に頬杖を突きながら  余の乗っている  余をその奇麗な馬車の傍まで連れて行った  余の顔を見ながら  余をその一方に導いて  余の坐っている  余は大連滞在中何度となくこの部屋を横切って  余をホテルまで案内してくれた  余に尋ねた  余はなるほどなるほどと聞いていた  余も依然としてなるほどなるほどを繰り返した  余はそうだと正直なところを答えた  余は日本人なりの答を得るや  余の姓名を書き込ました  余は石段の上に立って  余は遠くからこの三つの建築の位地と関係と恰好とを眺めて  余はポッケットからゼムを出して呑んだ  余と前後して  余の想像に過ぎなかった  余を紹介して  余は調査課へ来る  余はまだ営業報告を開けない  余に寄せて  余も気の毒に思ったが  余はとうとう三平の方を肥前唐津の住人に改めてしまった  余は股野がまだ撫順にいる  余は大連で見物すべき  余は硝子越にこの大きな色を覗いて  余の傍に立っていた  余はここで橋本といっしょに予備門へ這入る  余もすぐ盲腸炎に罹った  余はこの汁粉屋の爺のために盲腸炎にされたと  余より二三月前に満鉄の依頼に応じて  余はこの鼻のためによく凹まされた  余のごときは毎々一時間ぶっ通しに立往生をした  余を視察家扱にする  余は手に持った  余を連れて  余は股野と相乗りで立派な馬車を走らして  余は高い日がまともに水の中に差し込んで  余はこの屋敷の長い廊下を一階二階三階と幾返か  余はちょっと立ちどまって  余はなおさら保証しない  余は田中君と是公がこんな話をする  余は静かに豆と壁の間をぐるぐる廻って歩いた  余はふと漢楚軍談を思い出した  余はどうしても落ち  余はポッケットから注文の薬を出して  余は是公に叱られた  余はそこで村井君に逢って  余はこの紺服の人に紹介された  余は谷村君の後へ追いて  余の著書も二三冊あった  余も予備門に這入る  余のごとく東京に生れたものの  余に読んで聞かせてしまった  余は開廊の手摺を掌で抑えながら  余の方をふりむいて  余はこう云う  余は余の立っている  余は遮る  余の承諾を得て  余の大連でしゃべらせられた  余も好かろうと答えた  余はただ朗かな空の下に立って  余は大和ホテルの二階からもこの晴やかな色を眺めた  余はしようがないから畳の上に仰  余の頭の傍へ持って来た  余と同様の真似をして  余の胃の中に這入った  余が近寄った  余はすべてのプログラムを橋本に委任して  余の駄目は汽車にとどまらない  余は結構な御供を雇った  余は銭問題を離れて  余を小さい部屋へ案内してくれた  余は痛い腹を忘れて  余はこのトロに運搬された  余は鳥打の前廂を深く下げて  余のいる  余は汽車の中で鮎のフライを食って  余は容赦なく湯の穴へ飛び込んだ  余と同じ平面に立った  余に近づいた  余の肩を擦って行き過ぎた  余はただつくねんとして  余と尻合せに同じ車に乗る  余の傍を摺り抜けた  余は独り構内を徘徊した  余は軌道の上に立って  余は痛い腹を抑えて  余はすぐ賛成して  余も同勢に交って  余も面白半分少し探して見たが  余の沃野千里は全く色から割り出した  余を二つ接ぎ合せた  余はまた世間話をしながら  余はこの時化粧台から紙包を取りおろして  余は切ない思いをして  余の頭に映った  余は橋本に聞き返した  余は高いこの影を眺めて  余は橋本の意見を問う  余はただ案内者の後に跟いて  余が驚きながら  余が立っている  余はこの体裁を一見するや  余は二歩ばかり洋卓を遠退いて  余の耳にはこの音楽が一種異様に凄じい響を伝えた  余は案内の袖を引いて  余を信じている  余は青林館の主人が恨めしくなった  余の方を向いて  余は橋本をもって固より農学博士と信じていた  余に至っては  余もできるだけは  余もやむをえず  余にも覚がある  余もいったんは彼の博士を撤回した  余の革鞄にぴたぴた結いつけてしまった  余の奇麗な革鞄を橋本のものだと思い込んで  余は冗談じゃないぜと云った  余は幾度か虫の音の中に苦しい尻を落ちつけようかと思った  余が歩いている  余はいきなり畳の上に倒れた  余はこの時立ちながら  余の名誉を完うする  余はむしろ怪しい趣をもって  余は一人長椅子の上に坐った  余は突然立って  余は八の字を寄せて  余も分らないながら  余は車に揺られながら  余も橋本に続こうとして  余は鳥打帽の廂に高い角度を与えて  余は久しぶりに漢詩というものが作りたくなった  余の車屋はこの暗い門の下を潜って  余を橋本の随行と間違えて  余はこの汚水が結局どう片づけられるかの  余の知らない  余の頭を照らした  余は壁の外を見下して  余も英語はいっさい口にしなかった  余もこの時まで英語はいっさい使わなかった  余のすぐ前にいる  余もとまった  余も続いて下りた  余の所見と全く異なる  余は眞淵を以て萬葉を解せざる  余も亦之を是認す  余は所謂萬葉崇拜者が能く萬葉の趣味を解したりや  余は試に世人に向つて萬葉第十六卷の歌を紹介し  余は賞翫するなり  余は初三句を現在の實景とし  余が札幌に滞在した  余は此間に北海道を愛するの  余にありては  余が此時の衣装は冬着の洋服なりしを思は  余は空知太を指して  余が鬱屈も大にくつろぎを得たらうけれど  余は殆ど堪ゆべからざる  余の外に二人あるのみ  余に声をかけた  余を北海道庁の小役人と見た  余も札幌の諸友から聞いては居たが  余も下りると  余も先の同車の男と共に其一に乗つた  余の馬車は殿に居たので  余を顧みた  余は空知川の岸に沿ふて進まば  余は主人の注意に従ひ  余は端なく東京の父母や弟や親しき友を想ひ起して  余は悶々として二時間を過した  余は此馬車に乗込んで  余は宿るべき  余も思はず  余の室に来てくれたので  余の語る  余は実に謝する  余にして  余にまで惜気もなく投げ出す  余は主人の口より其略伝を聞くに及んで  余は此男の為す  余が思ふ  余の胸は大に開けて  余は通り過ぎて  余は宿の子と様々の物語しつ  余は道庁の出張員が居る  余は此老人を見て  余は此道路を見て  余が相談相手とならしめた  余の名を聞いて  余を知つて居た  余の目的を聞き終りて  余は覚悟を見せた  余は外に出て見ると  余は宿の子を残して  余は時雨の音の淋しさを知つて居る  余は両側の林を覗きつ  余は暫くジツとして林の奥の暗くなつて居る  余は遂に再び北海道の地を踏まないで  余の開墾の目的を中止せしめたにせよ  余を引つける  余は知りたくない  余の如き長病人は死という事を考えだす  余が故郷などにてはこのつめ物におが屑を用いる  余は猿楽町の下宿にいた  余は自分を棺につめられる  余は一種の物凄い感じを起したと  余も死なねばならぬならば  余の土人は仆れた  余も競争した  余も寝続けてしまいましたわ  余の人々の中にはわざわざ葉子の部屋を訪れて来た  余ほど強くしみ込んでいたらしく  余になるが  余は麹町の宿へ赴いて  余与に志を語る  余嘗て謂ふ  余には毛頭謀犯慾望のあって存するなく  余なるは住吉神社の祭礼に神輿の海中渡御がある  余には深い意味も何もあった  余の人々は如何あろうか  余は浅草の広小路にも上野の山下にも折々に見聞きした  余に人々のゆくとしてゆく  余は小銭で五六十銭あるばかり  余の分は何れ二三日中に持て来ます  余のことは書かずとも  余も若い人たちに追いぬかれ  余の謡が大崩になったという  余の謡はもっと上手になってる  余も亦余所行の色気を抜いて  余はひっくるめて  余も離れた  余も歩くと  余も同じ山中の単級学校を守つて来た  余を船に乗り続けていたので  余も遠のいていた  余も顔を見合わさずに過ごして来た  余の事柄から切り放した  余は青山を望んで帰る  余は青山を望みて帰る  余は去りて  余は此の筆にするだに戦きに堪へざる  余は余の謬れるを知る  余の心の中には嘗て彼女に対して経験せざりし  余の心を躍らしむ  余に美しく見  余は今に至るまで  余の心は不満を感ずるなり  余は彼女を恋せるなるか  余に与へ  余はこの紙に対して余の感情をいつ  余を捕へ  余の祭壇には多くの捧物なせる  余がlauraを捧げたる  余は神の供物を再び余のものたらしめんとするなり  余の心に彼女を忘れしめ  余を忘れしめ  余を其道より引き戻し  余は彼女を恋せず  余は彼女に遭ひぬ  余は彼女に遭はざらん事を希ふ  余も幾度か涙に破れんと  余はよく彼女の性質素行の如何なるものかを知り  余の極めて堪へる  余の行為にして  余は甘んじて  余は彼が何処までも彼の面目を失ふ  余は主の摂理願くば  余も深く埋もれた  余は胃や腸や心臓を見て  余の見た  余が不敏を顧みず  余のここに云為すべき  余の都門に入りて  余既に之を丁酉倫理會雜誌に公表したれば  余つ程やきもきしてゐるでせうよ  余は父や妻の不徳に苛まれたれど  余の休校を案じて  余は到底この寂莫に堪へざるべし  余の発案なれば  余の赴く  余は思はずも  余になる  余は八王子に一泊するを好まざりしと  余は那珂川を下りて  余ももたついた  余の請求はこれを棄却する  余は金持のムコたらんことを一生の念願とす  余は諸君がこの先例のない社会に生れた  余の眼窓に映じたる  余は元来無器用にして  余も二回欧米各国を周遊したれば  余もいまだ足跡をしるしたる  余の自ら遺憾とする  余が断言するをはばからざる  余も案内を雇い  余が所見を賦したる  余もその席に連なり  余の滞在当時は南風黄葉を吹き散じ  余はこれを海王鳥と名づけんとす  余ほど凌ぎ  余は衷心より留学生諸君の目的達成を祈ると共に  余が交を透谷君に訂せしは  余が爲に得  余はこの書簡集を公にした  余の陽物を以て大なりと為す  余あるやう存ぜられ  余は煤烟全部を読み直す  余に取つて  余の賛成する  余の云ふ  余は要吉の言動を読んで  余が煤煙の前篇を読み直して得た  余の解する  余は聊か人生の不幸を救はんと欲して  余もこの経を拝見せしに  余の心は次第に幹枝に惹かれ行き  余には一つの計画あり  余には既に幹枝の必要なきことなれば  余の触手をまたず  余は幹枝に天女の一生を描かせ  余も休んだ  余は徐ろに眼を放って  余が監督官は巡査の小言に胆を冷した  余の車を前へ突き出す  余を連れだした  余が顔を見る  余が咽喉を扼しつつある  余を目して  余は下の結論に到着した  余に先導たるべしとの厳命を伝えた  余と同じ方角へ向けて  余はさような月並主義を採らない  余にとっては万やむをえざるに出た  余のあとにくっついて来た  余を罵った  余は苟且にも豪傑など云う  余はこの四尺の間をすり抜けるべく  余が車の前輪が馬車馬の前足と並んだ  余の身体が鉄道馬車と荷車との間に這入りかけた  余が方を顧みて  余が廿貫目の婆さんに降参して  余が黄色な面を打守りていかなる変化が余の眉目の間に現るるかを検査する  余が猜疑心はますます深くなり  余が黄色の深浅を測って  余ほどむずかしい芸だとか聞いていた  余ほど割引きをしなければならない  余ほどの親しみを持っていたらしいが  余ほど侵入しているらしく見えた  余ほど変って来ました  余は大いに驚き  余より見れば  余はここにおいて卑見を述べ  余は文法論につきて  余は同志の人々とさう  余つ程要心しねえと  余つ程人を馬鹿にしてやがる  余の事はどうでもよいと言う  余ほど警戒しているらしく見えるので  余が依存いたす  余は安堵しました  余の腹心の部下からの報告があったから  余と老師とにも作用した  余は大いに期待している  余はあのように多額の報酬金を老師に支払った  余も一度見た  余の面目にかかわる  余素よりその人を異とす  余の多数者に対する裁判とを別々に処理する  余は此意味に於て彼を敬す  余は口を着けようともしなかった  余にも成るのに  余までも生き延びた  余の脇差の刻み鞘の数を云い当てて見い  余は聊余が読来り  余は二作を読み  余は両作家の位地全然転倒したりと  余は佐太夫を以て紅葉の理想なりとは断ぜず  余をしてかねて  余は佐太夫を得て  余は明治の大家なる紅葉が不自然なる女豪を写し出して  余映を残していた  余はすべて胃病芸術なのであらう  余の白米や金銭をこの女に施して  余を助けよ  余が目撃と記憶に存する  余もごぜえましょうか  余も過ぎた  余もあり  余を誰ぢやと心得る  余が博士に推薦されたという  余を知る  余の栄選を祝した  余は故旧新知もしくは未知の或ものからわざわざ賛成同情の意義に富んだ  余が学位を授与されたという  余が辞退した  余を厭がらせる  余は西洋の礼式というものを殆んど心得なかったから  余を別室に導く  余を自分の食卓の前に坐らして  余はひたすら食事の進行を眺めていた  余などに解る  余はそれを通読する  余の問に応じて  余に与えられた  余の袂に落ちてから  余の方でも可笑しい気がする  余はマードックさんはどうしたと尋ねない  余の手元に届いた  余のために認めてくれた  余の学位辞退を喜こぶ  余の行為がこの有用な新熟語に価するか  余が博士を辞する  余が脳裏に閃めかなかったからである  余が決断を促がす動機の一部分をも形づくらなかったからである  余に紹介されたまでで  余に比較する  余はまだこの標準的述作を読んでいない  余に語った  余は人間に能う  余の著書は一部人士の不満を招くかも知れない  余の心を深くかつ真面目に動かす  余は先生の人となりと先生の目的とを信じて  余とは何らの交渉もなく打過ぎた  余は図らずも  余の意見を当局に伝えたる  余はまた福原専門学務局長の来訪を受けた  余に文部省の意志を告げ  余の所見を繰返して  余に左の書翰を送った  余が局長に差出した  余もまた余の所見を公けにする  余は辞退を取り消さぬというだけである  余の思い通に認むるの自由を有している  余が進んで  余に意志の屈従を強いざる  余は博士制度を破壊しなければならんとまでは考えない  余は切に憂うる  余はこの意味において仏蘭西にアカデミーのある  余の博士を辞退した  余はこの一句だけを最後に付け加えて置く  余が榮譽を記念せしめよ  余は親しく御前に於いて  余は元暦萬葉がかつて靈元上皇の御覽に入りたる  余の佩いている  余の人々を待っている  余は宗教の天然説を度外視する  余の言をなさん  余の商品の値段を一言にして  余は汝の良識を讃美せん  余つ程頬げたのあたりへ素早い平手打でも喰はせてやりたかつたが  余もこうして場所を換えては飲み  余は短銃高く一発す  余が役目柄を以て相尋ねる  余は平凡を最も憎む  余の事とは違って  余は敢て知らず知らざる  余ほど闘った  余が君を副司令の職から去ってもらおうとした  余はそのうち二百五十五隻をひきいて  余は略します  余は略す  余の連中が一寸二寸と後ろへさがる  余の儀とは違うぞ  余の文学は五十年後に理解せられるであらう  余の作品は五十年後に理解せられるであらう  余が踵の堅き叩きに薄寒く響いた  余は中の車に乗って  余はしゅっと云う  余の車は長き轅を長く連ねて  余とぜんざいと京都とは有史以前から深い因縁で互に結びつけられている  余の目に映った  余は何故かこれが京都だなと感じたぎり  余が当時に受けた  余は寒い首を縮めて  余の膝掛と洋傘とは余が汽車から振り落された  余はフランネルの制服を着て  余に渡した  余は夏蜜柑を食いながら  余を見たら  余は車を降りながら  余は尻を端折って  余が顫えている  余は幾重ともなく寒いものに取り囲まれていた  余の耳に入っていたが  余の桟敷へ罷れ  余の腹立ちもゆるしてやる  余は殆んど落ちむとして馬の首を抱く  余は長谷川君と話す  余は長谷川さんと声をかけた  余が身体を拭いて  余を見つけ出して  余とはこの引越のためますます縁が遠くなってしまった  余のいわゆるある意味を説明する  余を呼んで  余に聞いた  余の家へ足を入れた  余が答礼に行った  余はその端書を見て  余を了解せず  余は如何なる日にも死にたいとは思はん  余を踏み付けに致したも  余の儀でも御座らぬ  余に一言の会釈もせいで  余の許しも受けいで  余が家来を余が処置するに  余が手討にばしすると思うか  余に刃向う  余が絵を描いて取らする  余にお譲りねがいたい  余も経過した  余映は今を限りと栄えていた  余もあろうという老貝がギッシリしきつらねてある  余もユックリ滞在して  余もすぎていた  余の誰人に来た  余もじらした  余もとんでいる  余のことは扨置き  余もあるが  余ももませやがったと  余も盗人に掘られる  余になってるが  余も通ったろうか  余は右向きになり  余は右向きに臥し  余の後にありて  余は知らず  余は強ひて  余は痛くその無礼を怒りたる  余は起き直らんとして  余は田舎の貧乏村の小学校の先生になりて見たしと思ひ居りし  余も何か書かんと思ひ居し  余が家この外に蔵幅なければ三年経ても  余は抹茶を飲まねど  余は固よりこれを知る  余が今春病床にありて  余のために特に剥製にして贈られし  余は横目にてちよつと見る  余に関せる  余が受けたる  余はいふ  余は前議を取り消して  余は笑ふ  余はかつて人に見するには  余が中学や高等中学に通ふ  余は字引を繰つて  余は勇気を鼓して  余は再び病室の方に這ひ戻りて  余が枕元に背の低き角行燈をともし置き  余の分と家人の分と別々に取り  余は手も触れねば  余の気分の善かりしを証するに足る  余もブラブラしている  余の人間は全部死んでも  余は偉大なる落伍者となつていつの日か歴史の中によみがへるであらうと  余の如き大鹿がどうして打とめ得られようぞ  余は汝に金十万円を与えよう  余の取  余は敢て之が解釈を今日に試み  余豈其の醇駁を判じ  余は此の点に於て深く侯の志を諒とし  余は不幸にして  余は侯が政友会を発起したるを以て  余を以て其の心事を推すに  余は伊藤侯が主として此の趣意を実行せむことを望まざるを得ず  余の政友会に期する  余の疑ふ  余は総べて  余を以て之れを観れば  余はマツカーシーの鋭利なる観察に依て  余の聞ける  余は伊藤侯が彼れを入閣せしめたるを以て  余は此点に於て新内閣の成立を祝するに  余は現時の党派が使用しつ  余も亦爾かく信ぜり  余は尚ほ  余は伊藤侯が憲政有終の美を為すの  余は茲に大隈伯を紹介する  余は此の語を移して  余は寧ろ伯が断然本党を棄つるの挙に出でたるを歓迎す  余は無限の興味と大なる敬意とを以て二個の盛典を見たり  余の夢にも覚えざる  余が風俗改良に着手したる  余を顧問としたる  余は曾て侯は出処に巧みなる人なりと評したる  余は政治上如何なる困難に遭遇するも  余は来る  余は未だ曾て彼れが  余つぽど用心しないと  余は公の知を辱うする  余に与へて  余も亦実に公の自ら起たむことを  余に語りて  余は公の著眼の高明なると  余の見たる  余に語りたる  余は伊藤侯の薫陶に負ふ  余は敢て之が解釋を今日に試み  余は此の點に於て深く侯の志を諒とし  余は侯が政友會を發起したるを以て  余は伊藤侯が主として此の趣意を實行せむことを望まざるを得ず  余の政友會に期する  余はマツカーシーの鋭利なる觀察に依て  余は此點に於て新内閣の成立を祝するに  余は現時の黨派が使用しつ  余は伊藤侯が憲政有終の美を爲すの志を諒とし  余は寧ろ伯が斷然本黨を棄つるの擧に出でたるを歡迎す  余の夢にも覺えざる  余は曾て侯は出  余は來る第十五期及第十六期の議會までも此の内閣を持續して  余も亦實に公の自ら起たむことを  余は国民道徳を主張し  余に一個の弟あり  余の輩にいたってはいうまでも  余は彼の評論に就きて  余や短才浅学にして  余が曩に愛山生の文章を評論したる  余が日本文学史骨を著はすに当りて  余は之れより日本文学史の一学生たらんを期する  余は元来余が為したる  余が所論以外の事に向て攻撃の位地に立たれ  余は自ら受けたる  余は右の二件を難じたるものにあらず  余は愛山君の反駁に答ふる  余が所論を難ぜんとしてか  余は至幸至栄なるを  余は是等の文章に対して返報するの  余も是を信ずるなり  余が文章の踈雑なりしが  余は不肖を顧みず  余が信ずる  余は先づ明治文学の性質を以て始めんとす  余は存生中の人を評論するに  余も之を疑  余は既に逆路より余の研究を始めたり  余は山路弥吉と称す  余は此事に就きて  余が君を以て天文方の子なりとせし  余が静岡に在りし  余亦素人也何ぞ解せん  余は多年このことを研究したりし  余は左の項目を設けて  余はこれを誤  余はシナのではなく日本の狐狸談を述ぶる  余が述べようと思う  余のいわゆる虚怪が加わりておる  余がいう  余のいわゆる偽怪と申す  余は他国を略し  余が聞きたる  余はこれを名づけて  余がかつてその鬮を入れたる  余がかつて聞きたる  余は人の真怪の有無を問わるるに対し  余がひとり申す  余になります  余の造作を仕直す  余れるものは指の間から筋を引いて  余れる勢いでこの孤城に殺到して来るべき  余は一行の生命を保し  余は江戸浅草に道場をひらく  余もひきつけて  余も山中にいられた  余に達し  余が代理として遣わした  余が秘密に授けた  余の声を聞いている  余の道具たしなまず  余の初對面の挨拶が濟むと一寸來て見ないかといふので  余は恋をするであらうと  余の人が持ちましたとて  余も卿等の余のラヴのために力を貸せしを謝す  余ほど寒いと見える  余は記憶に捜って話しつつ  余が七十六歳までの経歴の要項を叙し得たと信ずる  余の四分を藩主へ収める  余の三人は人にたかって置きながら  余の寵愛を受けい  余映は森にまで達して  余の方面はさておき  余は代りて  余が心を惱したる  余が憂愁を掃ひ去り  余が家を去る  余に七福を與ふと告げたりと  余が現状を顧みれば  余は悉く灌水の徳に歸する  余の實驗に由れば  余は此攝養法の廣く  余も泣き合っていた  余が匹夫より起りて  余の儀でもござりませぬ  余を併せて  余の遊行するは  余を誘ふ  余の體に落ち重なり  余は一合飮み  余は芋を好まず  余は本日自習時間に居眠りをなしたり  余が学校を訪われ  余も離れているが  余も多くの春と夏と秋と冬とを見て来た  余は汝を愛す  余は汝と別れる  余の意想を啓発する  余ほど更けているらしいと思う  余になりますけれども  余ほどすぐれていた  余ほど酔っているらしく  余ほど薄らいだとの  余ほど巧妙な手段をめぐらそうとした  余ほど軽くなった  余ほどの時間が経った  余を斬らない  余には分からぬ  余はなりません  余ほど大づかみに出来ていますから  余の儀でござらぬが  余ほど割引きをして聞かなければならないが  余ほど更けているらしい  余ほど毛色の変った  余ほど丁寧になったが  余ほど仕事に馴れた  余の品とも違って  余ほど忌々しく思っていたとみえて  余のことは嘉兵衛も詳しく知らなかった  余が飲む  余にしたがへ  余の十一人は不思議に助かった  余だから宜い  余ほど強く撃たれたと見えて  余にやった  余もたっている  余の顔を見ないであろう  余は何等かの形にて汝のまわりにたぶん居るであろう  余は汝が見る  余ほどの仔細がなけりゃあならねえが  余れる毛を器用に取結んで  余にもなる  余もムリなお談義を聞かせ  余に問ふに  余は基督の兵卒なり  余は高壇に立つ  余の今日の生涯なり  余は曾て如此き事を試みし  余は知る  余を辞して去る  余はすべてなる  余の事にしくしく泣き出すと  余は常に後者を執りて  余が小説の新味を喜ぶ  余の胸を和やかにさせる  余は訊ね返した  余の母もゐた  余も怪しき脚どりで  余も亦彼等の如く一切の生命を酒と竪琴楽に托して  余も毎日牛肉屋から売付けられた  余豈巣林子を評すと  余は此篇を以て巣林子が恋愛に対する理想の極高なる  余の竊かに自から信ずる  余は極衰論者に其極衰のいはれを聞かん  余ほど綺麗になった  余の儀とも違いまして  余の攻撃点もまた此処に外ならず  余の攻撃點も亦此處に外ならず  余すなわちその事実に拠り  余を雇入れ彼の若年寄の屋敷のごとき邸宅に居るを得せしめなば  余は感泣措く  余に取りて  余も亡びる  余は遺憾なく割愛したり  余は内部の世界を熟視めて居る  余は一心に熟視めて居る  余は前文において京都は鎌倉に打ち勝った  余は群雄の崛起をもって  余はこの近江征伐を論じてみたいと思う  余のもっとも要点だと考えるにも  余を視る  余が隣りの  余は最初より大人と小児の譬喩を用いて  余の本旨に背く  余の人々から期待される  余れる縄でもって  余は屡種々の苦痛を經験した  余は病氣になつて以來今朝程安らかな頭を持て  余の家の南側は小路にはなつて居るが  余は奬勵の爲にそれを買ふてやり  余も其を食ひ  余知っている  余の側へ寄つて丁寧な辭儀をして  余は構はずにぶら  余は呆然として此周圍に見とれてし  余の傍に居つたので  余が彌彦山を知つたのは斯くして  余の事はきれいに忘れてしまう  余の遺産は残らず  余の考がここまで漂流して来た  余の右足は突然坐りのわるい角石の端を踏み  余が心を楽ませつつあるから  余も三十年の間それを仕通して  余が欲する  余は固より詩人を職業にしておらんから  余もこれから逢う  余を狐か狗のように考えているらしい  余の席からは婆さんの顔がほとんど真むきに見えたから  余は懐から写生帖を取り出して  余はまず天狗巌を眺めて  余が頭のなかに存在する  余が写生帖を取り上げて  余は鶏の写生をやめて  余の冥想を破る  余はまた写生帖をあける  余はこう答えた  余はまさかと思ったが  余はこんな山里へ来て  余は心のうちに是非見て行こうと  余がとめるかと聞いた  余の肩から頭を撫でたので  余はとうとう夜の明けるまで  余は竿をかついで  余はたまらなくなって  余が今見た  余は入らざる  余が寤寐の境にかく逍遥していると  余は驚きもせぬ  余が閉じている  余が眠りはしだいに濃やかになる  余の背中へ柔かい着物をかけた  余はいずれとも判断に迷った  余の双眼に飛び込んだ  余は思わず首を傾けた  余は三層楼上に起臥する  余が欄干に添うて  余をのぞく  余はまたごろりと寝ころんだ  余があの銀杏返しに懸想して  余は必ずこんな意味をこんな詩に作るだろう  余と銀杏返しの間柄にこんな切ない思はないとしても  余が起き返ろうとする  余は全くだと考えたから  余は別段の返事もせず  余の言葉を洒落と解した  余の顔を見たから  余に教えた  余は鏡に向わなければならん  余はさっきからこの権利を放棄したく考えている  余を侮辱している  余の上にも存する  余の首が肩の上に釘付けにされているにしても  余が鼻柱へ吹き掛ける  余に推察のできよう  余が頭蓋骨の上に並べて  余が頭に何十万本の髪の毛が生えているか知らんが  余の頭を掻き  余が住む  余は明かに何事をも考えておらぬ  余が嬉しいと感ずる  余が眼を転じて  余が見ぬ  余は詩をすてて  余は覚えず鉛筆を落して  余が座敷から六間の中庭を隔てて  余には解らぬ  余は今度女の姿が入口にあらわれたなら  余は湯槽のふちに仰  余が平生から苦にしていた  余と同じところに存するか  余がこの楽器における智識はすこぶる怪しいもので二が上がろうが  余は庭へ出る  余はこの灯籠を見詰める  余の眼前に展開するにつけ  余が眼に入る  余の瞳にはまだ何物も映らぬ  余はがぶりと湯を呑んだ  余が室の廊下を右へ突き当って  余とならんで  余の膝の傍を通り越して  余に話しかけた  余は若い男に念のため尋ねて置く  余の方を見ている  余はあまり感服は出来んから  余に賛成した  余は隣りの  余に返した  余はちょっと聞いて見た  余の前に坐った  余は女の眼の中を見詰めた  余は一本道で押し合う  余は女の乞に応じて  余の机に靠りかかる  余は窓の外を見て云う  余の顔と女の顔が触れぬばかりに近づく  余の髭にさわった  余の方へ向き直ったが  余はふと顔を上げた  余の足はとまった  余は往生と云うより  余は立ち上がって  余は心のうちで繰り返す  余は深山椿を見る  余の絵の具箱は開けてあった  余は寸燐を借してやる  余は煙草の吸殻から細い煙の立つ  余は水面から眸を転じて  余の双眼が今危巌の頂きに達したる  余は蛇に睨まれた  余を驚かし  余を驚ろかし  余を驚かしたる  余は覚えず飛び上った  余は別に和尚に逢う  余が散歩もまたこの流儀を汲んだ  余はついにこれを泥溝の中に棄てた  余は上る  余はただ境内を拝見にと答えて  余は少しく先を越された  余はその時に心からうれしく感じた  余は石甃の上に立って  余は下駄を脱いで上がる  余は自分の下駄を丁寧に揃える  余はちょっとおかしくなった  余は了念と入れ代る  余の顔を見て  余は二人に別れる  余が今見上げた  余が挨拶をしようと思う  余は朝っぱらから歌舞伎座を覗いた  余とあの女の間に纏綿した  余の苦痛は恐らく言語に絶するだろう  余の視る  余は主張する  余が顔はちょうどその一つの前に落ちた  余も木瓜になりたい  余が視界に点出された  余が視界はだんだん縮まって  余は那美さんの姿を見た  余の眼に入らぬ  余の真正面まで来て  余は木瓜の上へ顔を出す  余は唯々として木瓜の中から出て行く  余は全く不意撃を喰った  余も無遠慮につかつか行く  余は不思議に思った  余は少しも知らなかった  余も笑いながら尋ねる  余は写生帖を出して  余もそとに立っている  余の前を通る  余は那美さんの肩を叩きながら  余が胸中の画面はこの咄嗟の際に成就した  余の儀でもござらぬが  余は独逸政府の前に自らを投出す  余を遇するであろう  余の犯した  余は公然独逸帝国に対する敵となり終れるものの如し  余が妻と思われたらしい  余の言葉を先方に伝える  余の貧弱なるサモア語の許す  余を紹介する  余の存在は島内の治安に害ありとや  余も亦偉大なる政治的人物にあらずや  余を少しく欺した  余を相当に欺した  余を余りにも酷く欺した  余は帰国する  余には苦しい事いうまでも  余は驚いた  余の位地は非常に下って来た  余は少し当惑したが  余は神戸病院に入院して居った  余は非常な衰弱で一杯の牛乳も一杯のソップも飲む  余は病牀でそれを待ちながら  余の病牀に置かれる  余は東京の寓居に帰って来て  余はそれを食い始めた  余はそれを食い出してから  余はほしくて堪らなくなった  余の方を不思議そうに見ておるなども  余はそこの大きな茶店に休んだ  余は女主人に向いて  余はこれと談判して  余は嬉しくって堪  余に向いて  余は蕨餅は食わぬが  余は再び手真似を交ぜて  余は台所のような処を通り抜けて  余が取りつつある  余はきりあげて  余は馬の背に跨った  余を見送った  余はハンケチの中から茱萸を出しながら  余は馬上にあって  余は面白く見る  余はこの新たらしい配合を見つけ出して  余は国を出てから  余も驚いた  余のために庖丁を取て  余は柿も食いたい  余は梅の精霊でもあるまいかと思うた  余はそれを食うていると  余はうっとりとしていると  余が不思議そうにしていたので  余の母は真宗の信者であるに拘らず  余は如何にして  余は一人尖つた  余が立つて居る  余は窓から首を出して  余はポツケツトに懷中電燈を入れ  余の頭を痛くした  余はまだ嘗て見た  余つたらロールツヒ先生と相談して  余の言ふところの意はこれに異なり  余ほど涼しくなった  余死せば朝日新聞社より多少の涙金渡るべし  余の意見を左に記す  余は南院の堤より立谷川を隔てて  余は望む  余は暇つぶしにさえなれば  余が領国武州忍に育ちし  余のかたのご推挙ならばもちっと吟味せねばならぬが  余になんぞ力を貸せと申すか  余に何をせよという  余つ程川のかたちが変つてゐる  余の祖父玄澤は長崎に遊學し  余が本望なるべしなどと書いた  余を呼び附けて  余は単身で其の家の下検査に出掛けた  余が下検査の為此の土地へ着いた  余は若しや川から反射する  余の眼が欺されて居る  余は是しきの事には恐れぬ  余は此の屋敷に就いての  余は此の忌わしい話を思い出し  余は窓の方へ寄り  余の傍へ寄って来るが  余は猶も力を込めて  余は荒々しく問い詰める  余は自分の女房にと叔父や当人から推し附けられ  余に靡く  余の心は余り軽率過ぎたなれど  余の様子を頓狂に思ったか  余は初めに其の顔の美しさに感心し  余の怪訝な顔を見て  余を揶揄う様に云った  余は問い度くて成らぬが  余は我にもあらで躊躇して  余の叔父に取っては  余に背を向けて  余は急いで  余は首を差し延べ  余は此の様な手袋は見た  余は益々異様に思い  余ほど深く心を動かす  余は美人の拝み終るを待ち兼ねて  余は最そっと深く此の美人の事が知り  余は未だ此の美人に姓名を告げな  余が茲へ来る  余も今夜其所に泊る  余は取り附く  余ほど秘密の目的が有って  余の顔を照らすかと思ったが  余は其の少しの間に馬車の中の人を見て  余の叔父が乗って居る  余の顔を見たと  余を呼ぶ  余と一緒に育てられた  余ほど美人の積りでは居るけれど  余の妻と云う  余が学校へ這入って居る  余の未来の妻と云う  余は大恩ある  余の定める  余は余り進まぬから  余を圧制しようと試みる  余ほど蒼蝿い  余は呼ばるる  余が一言も掛けぬに  余の叔父を呼び寄せた  余は電信局で篤と聞いて見たけれど分らぬ  余の鑑定では自分の筆蹟を変えて書く  余は此の地の田舎新聞社に行き  余の住居へ寄越して呉れと頼んで置いた  余は彼の怪美人を捜す  余は喜んで  余に云った  余は決して応ずる  余は兎も角も其の言葉に従って怪美人の密旨をまで見究めようと思ったから  余の知人で松谷秀子と云う  余に会釈し  余は直ぐ様叔父に向い  余の叔父が男の癖に気絶するとは  余は抱き起しつつ  余に向い  余を自分の手の中の物で有ると  余ほど立腹するかと  余ほど酷く肖て居るに  余は何故か深く此の事が気に掛った  余ほど怪美人に心を奪われた  余も益々不審に思う  余は両女の氏と育ちとに確かに雲泥の相違が有る  余がお浦に成り代って  余はお浦に向い  余の呼吸はお浦の顔を焼くほどに  余は呆れて  余や叔父に附き  余や叔父の方がアノ女に附き  余はお浦の怪美人を殺すと云う  余とお浦との間は是ぎりで絶えて仕舞った  余は兎も角も怪美人と虎井夫人とに逢い  余は一段も二段も怪美人を見上げたよ  余には真逆に飛び込んで行く  余は自分の室へ帰った  余の傍へ来て  余は何故かアノ怪美人を仲働きなどの末とは思わぬ  余を遣り込める  余は相手にせず  余は一番先に此の宿の店先まで出掛けた  余の居る  余を先へ出したらしい  余は待ちながら  余の直ぐ前へ記いて居る  余は若しや此の客帳の字と昨夜の贋電報の字と同じ事では有るまいかと思い  余ほど綺麗な筆蹟で珍しい達筆と云っても  余は猶帳場の者に少し鼻薬を遣り  余の疑いの当り外れが分っただろうに  余よりも先にお浦が之を看て  余の思う  余に知らせる  余は親切の印ともいう  余に取られて  余ほど不細工に出来た  余へ注意する  余は此の鍵をも取り上げようと  余と叔父とが上の時計室を検めて居る  余が此の本を取り出して見ると  余に暗誦せよと告げた  余は漸く読み下した  余は益々怪美人の言葉を思い合せ  余に此の咒語を解かせ  余は何うも爾は思わぬ  余の手に這入る  余にのみ聞える  余に示したが  余に示して  余は受け取って  余は此の様に思ったが  余とお浦とは附き  余と叔父とが行くと云えば  余ほど後れ  余も叔父も驚けば  余も叔父も逢い  余の叔父は嬉し相に立って行き  余の叔父を懐かしく思う  余は秀子の身に何か秘密の有る  余は斯う思うと  余は此の言葉を聞き  余は此の有様を見て  余も捨て置き  余は松谷秀子にも済まぬが  余は直ぐに元の客間へ帰って行くも  余ほど興を覚し  余の叔父で有る  余の居ぬ  余はチラと其の文字を見て  余は自分で送ろうと思い続いて  余は足を早めて  余は益々お浦の所行を怪しみ  余は詮方なく階段を上り  余の地位に成り代わって考えれば分るだろう  余が心は四方八方に駈け廻った  余はお浦を斯くまでも邪慳な女とは思わな  余は秀子の様を見て  余は必死と考えて  余自から虎と秀子との間へ飛び降り  余の今瞰いて居る  余を取って押えて噛み殺すが  余の身体を踏み越して行かねばならぬ  余を害せずに  余は唯自分が殺されるのみでない  余の助け度く思う  余は起き上って見廻したが  余の傍へ寄って来る  余は怪美人を助ける  余が命の親は此の美人で有ったかと思えば  余は何にも云わず  余と秀子が此の室へ這入った  余と秀子とが虎の心まで知って居る  余と秀子とが見附け忍び寄って射留めた  余は益々深く其の心栄の美しいに感心したが  余と怪美人とを此の室へ閉じ  余よりも早く起きたと  余に振り向いて  余は直ぐに叔父へ其の旨を復命した  余が窓から天降った  余はグウの音も出ぬ  余の便を待たずに  余は気が揉めて成らぬけれど  余を一室へ呼び  余は悸とした  余は全く声が出ぬ  余は怪訝に思い  余と一緒に棲む  余はお浦が根西夫人と共に外国へ行った  余とお浦との間の許婚も取り消しに成った  余は襟元がゾクゾクした  余に面会を求めて居ると伝えた  余は叔父の前を退いて  余ほど自分の名を厭う  余が電信局で見た  余は約束の金を与え  余の心中は何と無く穏かならぬ  余の叔父を誘き寄せる  余は成る  余は秀子を命の親と思い  余の命は長く続かぬ  余が一身の危険をも構わずに  余にさえ縋って居れば  余は実に有難くて耐えられぬ  余も其の防いで遣る  余から縁談を言い込めば  余は未だ聞かぬ  余の注意を引いた  余も離れて居れど  余が此の土地へ来る  余は其の家の窓を見たが  余の様子を見て居たらしい  余から認められるが  余の目へチラと見えた  余は其のまま去って  余は内よりも先に外の有様を検め  余は非常に怪しんだが  余の足音を聞き  余は引き留める  余と顔を合わせたが  余は好まぬ  余と顔を合わせて  余が余り怪しむ  余は何うも見届けねば  余が来た  余は其の間に走って  余は猶も尾けて行ったが  余を瞰いて居た  余は何うも鳥巣庵の事が気に掛かる  余を瞰いた  余を選ぶ  余は斯う思って  余は聊か嫉ましい  余は今までに此の女に許嫁の所天などが有ろうとは  余に打ち明けて  余の思いが日一日に深くなる  余は殆ど恨めしく思うたが  余は我知らず笑顔と為って  余には少しも分らぬが  余は全体何者を斯う恐れる  余に認められた  余は初めて知ったが  余は何となく心配で寧そ叔父が何時迄もお浦の帰参を許さねば  余に反し  余に向い説き  余は之にも聊か呆れた  余は止むを得ず  余は兎に角も秀子の様子を見届けねば成らぬと思い  余が秀子を尋ねて  余の叔父に向って  余も強いて  余ほど心を爽かにして置かねば成らぬ  余の所からは見えぬ  余を見る  余は人の密話を偸み聴くは好まぬから  余と一間とは離れぬ  余は全身の血が頭へ突き上る  余に告げた  余は最早ぬすみ聴かぬ  余は久しく彼の声を聞かぬけれど  余は茲に潜んで居た  余の保護を請う  余の蔭へ立ち寄った  余の顔を見て居たが  余と知るが  余に立ち  余は何う考えても  余には想像さえも及ばぬ  余の蔭に寄り添うたを  余ほど打ち萎れて居る  余を振り捨てた  余は猶も後に随って行ったが  余の叔父も附き添って居る  余は心配に堪えられぬ  余は此の様にまで思って  余は此の笑い声を聞いて  余は動悸の音が自分の耳へ聞こえる  余は全く自分の事の様に思い  余は始めて秀子に逢った  余とても必ずしも疑ったと云う  余は此の時高輪田の顔をも見た  余の叔父も何だか対面の様子が変だから少し怪しみ掛けた  余は全くホッと息した  余の心には非常に恐ろしく感じた  余とても余り秀子に対して無礼すぎた  余ほど夏子を大事にして居た  余の知って居る  余も頓て寝床に就く  余の室にし  余は此の夜虚心平気でないと見え熟くは眠られぬ  余は幽霊などを信じ得ぬ  余に判断が付かぬ  余は蝋燭を手に持ち  余もゾッとする  余が起きてから  余は又も自分の目を疑ったが  余も経ったであろうか  余も知らぬ顔で居るが  余は飛び出して  余は飛んで行って  余は彼が足を踏み直すを待ち  余は益々堅く彼の手を握り  余の力に敵し得る  余は秀子の手を取って  余でなくて叔父だったら秀子は必ず昨夜の様に取り縋って泣き  余の胸へ隠すだろう  余に縋り附く  余より離れ  余は権田が秀子に言うた  余は最う助けずには居られない  余は少しも疑わぬ  余の目には深く浸  余は深く信じて居る  余は何うも  余は誰かの話に聞いた  余は猶も秀子に向い  余は日頃見知らぬ一紳士が此の家へ這入って来る  余は其の傍に行き  余は一礼して  余の寝床へ血を落した  余は必ず養蟲園へ行き  余の疑いは大いに弱くなる  余が此の室へ入ろうとする  余も敢えて争わずに止めた  余ほど打ち萎れた  余を一方の隅へ連れ行きて  余の両手を握り  余が驚いて  余の顔を差し窺いたが  余に走り出させて留めさせ  余は邪魔者を追っ払った  余の傍腹を斜めに背後の方から衝刺した  余は咄嗟の間にそうまでも思い得な  余の刺された  余は耳も聞こえる  余の察する  余はお浦の憎さに堪えぬ  余は実に怪しさの想いに堪えぬ  余の身体が自由でさえあればと  余の呻き  余の口から発した  余の身体を穏やかな位置に直し  余の居直った  余は秀子が何うするかと見て居ると  余は其の後で何もお浦に来て  余の傍へ跼ずいた  余の身に手を着けるより  余の怪我と聞いて  余を一番近い寝間へ寝かせようと云ったけれど  余の寝間へ連れて行って  余は兼ねて  余は塔の四階へ舁ぎ上げられたが  余の背後で微かな物音が聞こえたかとも思うけれど  余を刺した  余の傷は剃刀よりも薄い非常に鋭利な両刃の兇器で刺した  余の怪我も大事にすれば  余の考えと同じく印度に産する  余の刺客を調べると  余の寝室へ上って来た  余は何と問わるるも有りの  余の傍へ馳け附けて来た  余はお浦と秀子との争いを何の様に言い立てて  余の枕許へ遣って来た  余は有りの  余は寝床の中から目を剥いて  余は残念に堪えぬけれど  余はアノ左の手を何うしたろうと思い  余は其の様な事には気も附かぬ  余は聊か安心した  余の叔父も上って来た  余の室が万事の中心点になって居る  余の嫌いな高輪田長三も遣って来た  余を慰問して居る  余にも高輪田に縁談を言い込まれた  余と高輪田とへ両天秤を掛けて  余ほど高輪田を憎んで居ると見える  余は窃に眉を顰めた  余ほどお浦に執心で居た  余の病気見舞などに来る  余の叔父は聊か賛成しかけて居るけれど  余の意見では何しろお浦の紛失は締め切った  余の前でも秀子を詮議せぬと  余の心を引く  余は併し  余は医者の云うた通り寝床を離れて  余は又余だけの仕事が有る  余が之を取り調べる  余は彼の虎井夫人の室に行ったが  余は秀子が恐ろしげに身震いする  余は必ず行って見よう  余が不審に思う  余は秀子と虎井夫人と意見の衝突する  余は猶充分の不審を帯びて  余に約束の回復を迫った  余は知って居るけれど  余は堀の底を探ると聞いて  余は異存など云う  余は行って見たく思うけれど  余の身体が悪く成る  余は今まで秀子の忠告は受けたけれど  余は之に手を入れようとしたが  余の様な武骨な手は到底這入らぬ  余は光明の洩れる  余は大変な事を発明した  余ほど詳しく書いて有ったに  余は独り黙  余は遽てて下の居室へ降り  余の双眼鏡で見た  余は双眼鏡の玉を拭いて見直したが  余ほど驚いた  余の叔父は見るに忍びぬと云う  余の叔父に振り向いた  余の叔父が事に由りては  余は双眼鏡を衣嚢に納めて  余は第一に其の風呂敷包みを見て驚いた  余は病床に居る  余に聞かれた  余には見覚えがある  余は見兼ねて  余さえも此の上見て居る  余ほどの事が有るに  余も顔を見上げてたが  余ほど鋭い刃物で切ったに  余の叔父は最早此の有様を見ては能う居ぬと思ったか  余も生涯此の手袋を忘れる  余も今は殆ど此の所に居かねて  余は探偵から呼ばれたに就いて  余は何うしても心に安んずる  余は秀子の一挙一動を監視して居る  余の耳に投げ倒した  余は秀子が其の様な事をする  余は此の様に色々と翌朝まで思い廻して  余には分らぬ  余は其の真の理由を知りたい  余は益々分らぬけれど  余は読者に対し茲で死骸検査の事柄を簡単に説明して置きたい  余は何うか秀子を助けて遣り  余が知って居るだけの  余は此の様に思って  余は呼び入れられたが  余は実に此の暗澹たる事件をして  余が検査官に答える  余は思う  余が再び検査官に向って  余は確かにお浦でない証拠を見出した  余は明細に説明した  余とお浦とを連れて  余と共に土地の谷川へ這入って居て  余とお浦と幼い頃の昔話をして居て  余は自分の懇意な水夫に繍身の術を習い  余が此の二カ条を言い立てると  余が此の死骸を斯うまで検める  余が何故に死骸の首がないだろうと尋ねた  余を褒めたが  余ほどの見込みを附け  余の陳述を打ち消す  余は何となく此の事が気に喰わぬ  余は直ちに此の事を秀子に知らせて喜ばせたいと思い  余を引き留めて  余は聊か不憫に思うた  余は其の足で直ぐに秀子の室へ行ったが  余の姿を見ても立ち上る  余は其の背を撫でる  余よりも彼の権田弁護士を真逆の時の頼みにするかと思えば  余は斯様な事を言う  余の胸に前額を隠した  余は実に肝腎の話を妨げられた  余は必ず秀子を説き伏せて  余は茲に居て聞き取り  余と秀子との間に何か親密な話でも有った  余の顔を見る  余は詮方なく此の室を退いて  余に打ち明ければ  余ほど切迫して居る  余は骨身を粉にしても助けて遣るのに  余には隠して居る  余の妻になると云う  余ほど湿や  余が這入る  余は安心もしたが  余ほど深く合点し合って居る  余に出て行って呉れと云わん  余の今までの忠実と親切とは充分腹に浸みて居るに  余の親切は多少嘉納するに足ると思って居るらしい  余の言葉に耳を貸す  余の妻にならずして  余の叔父が許すまい  余と婚礼すると云う  余は雀躍して  余とを半々に此の家の相続人として早速遺言状を書き替えると云った  余の思ったより  余の力で払い除ける  余は秀子に向って  余の目には暗に分った  余は折さえ有れば  余の目には忍び出る  余も引き続いて出て見たが  余は庭へ出たが  余が居るを疑っての  余は其の榎木の蔭へ馳せ附けて  余は事新しい様に感じた  余は四辺を見廻したが  余は息を殺して居ながらも  余は直ぐに彼の後を尾けて行こうかと思ったが  余は臭いを便りに徐々と終に停車場まで行った  余ほど用心して掛らねば  余の耳に此の頃聞いた  余は彼の悪人の後に就いて歩み入る  余も橋を渡り  余は初めて能く  余は余り彼の様子を見るも  余も乗り合わして居る  余が眠そうに背後へ寄り掛って居る  余の耳には誠に蒼蝿く感じたが  余よりも先に起き直って  余は茲ぞ彼と話を始める  余に問い掛けた  余は夫よりも異様に感じたは  余は確かに思い詰めて居るのに  余が神経の落ち着いて居ぬ  余の身として甚だ聞き捨て  余を近所の者と思う  余の口から村中へ好い加減に広まって  余を道具に使う  余は疑うた  余と同車して居る  余は遠くもあらぬ  余ほど大怪我だから早速家へ送り届け  余も流石に胸を騒がせた  余が虎井夫人の為に手紙の宛名として認めて遣った  余は彼を馬車に乗せ  余の紛失を前のお浦の紛失と同様に思い  余は看護人の如く其の頭の辺に控え  余の察する  余は外へ出て  余は様々に聞き糺したが  余が充分の賃銭を約束したから行く  余の目では鑑定する  余は門を推してもあかぬから  余を呼び  余はその秘密を看て取る迄は  余っぽど慈悲深く見ゆる  余の目に慣れた  余は窓の硝子を叩きつつ  余は憤  余に飛び掛る  余は叩き倒さんと見  余には振りも向かず  余はその後で窓を乗り越え  余の目に映じたは  余は此の様な有様を見た  余は自分が眩暈でもする  余は頭から足の先までもゾッとした  余は兎に角も能く  余の求める  余に深い目的がないのなら此の家へは再び這入らぬ  余が其の前を過ぎようとすると  余は大いに用心して居る  余は其の前を通って  余の頭をしたたか擲った  余は遽てて  余が寝台を引きずり  余は婆や犬やに対するには却って権柄を示すが  余の膝へ頭を擦り附けて居る  余は其の事の余程以前か将た此の頃かを確かめ  余の手の中に握ったも  余を攻撃する  余は無言と為って  余が此方から登る  余は咄嗟の間に一種の考えが浮んだから  余は後々の為に此奴の素性や挙動までも一応は探って置き  余は口から出任せの名を名乗り  余は直ぐに彼の後を見え隠れに尾けて帰ろうかと思ったが  余は随分盗賊にも探偵にも成れる  余は斯う引き返す  余の想像した  余も事に由ると埋められる  余は何の様な目に逢うも知れぬ  余は何処までも此の脈を手繰って  余を尋常の若者とは思いは仕まい  余の身体は石の様になり  余は凝り固まって  余は実に失敗ったと思った  余は暗がりへ隠れる  余は此の際疾い  余は真に助かった  余は胸がドキドキする  余は迚も盗  余は三階へ上った  余は遽てて戸を締め  余が何よりの失念は蝋燭を買い調えて来  余は直ぐに其の戸を明けて  余は狭い所から身体を半分出して  余の前を掠めて  余の燐燧は消されて  余の手に触れた  余は肝腎の燐燧の入物を何所へか叩き落された  余の手の届く  余の挙動を伺って居る  余の頬に触  余は漸くに燐燧の箱を探り当てたが  余を恐れての  余は聊か気丈夫に成った  余を恐れるなら  余が先を恐れるには及ばぬ  余を跳ね返した  余の目に映ずるは  余を殺す  余の姿を見て驚いた  余は彼の驚き怪しむ  余の姿を眺めた  余の身体に少し恐れを催したか  余が独りで忍び込んで居る  余が彼を恐れるよりも  余を恐れたと見える  余の背後へ小さく隠れた  余に向って云った  余は全く此の住者を連れて立ち去る  余は医学士に一ぱい陥  余はハット驚いた  余の立ち去る  余は彼の心に一物ある  余は戸を叩いて  余は怒髪冠を衝くと云う  余を飢えさせて弱らせて  余は悔しさに地団太を踏んだ  余は我が身が微塵と成っても  余は此の時までも気附かずに居たが  余の如きの手に終える  余は只管に呆れつつも  余は実に痛い目に遭った  余を閉じ  余に此の家の秘密を探られ  余を窃めたり威したりする  余の一命を取る  余が此の家に居る  余が数日帰らねば  余が此の通りの目に遭ったとて  余が不在と為った  余が消滅した  余は探り探り元の室へ来  余の神経へ最と妙なる影響を及ぼした  余が精神の爽かになる  余は唯是だけの事に大いに心を打ち寛ぎ  余の心を惹く  余を瞰下して居る  余が未だ寝  余は何うしても合点が行かぬ  余は色々と声を掛けたが  余が茲を脱け出る  余は今までに覚えぬほど  余は俄かに空腹を感じたが  余が此の室に居る  余の眠って居た  余の眠ったを知って居たとすれば  余の挙動を窺いて居ると見える  余にも亦余だけの工風がある  余は胸の中に工風をたたみ  余に差し出した  余は涙の出るほど  余は何か返礼をと思い  余が生まれて  余は次の室に行き  余の想像の通り秀子が此の室に入った  余には別に手掛りと云う  余は実に気分が悪くなった  余は手を出したけれど  余が此の室を逃げ出し得ずして死んで  余は空腹が益々空腹と為る  余が眠らぬ  余の顔を眺める  余は傷わって  余の今まで居た  余は又立って  余さえも此の通りだから彼の白痴は猶更耐え難いだろうと思い  余の寝た  余は寧っ  余ほど身体が疲れたと見え  余を埋める  余が空腹の為疲れる  余が既に疲れて  余ほど前から掘って居た  余を殺しに来る  余は彼の小刀を手に持って  余は少し怪しんだが  余が寝て居ると思った  余は其の穴へ近づいて  余の身代りと為り  余を殺し  余は全く死物狂いになった  余は蘇生の心地をして  余が彼処へ目を附けた  余が甚蔵の室へ這入ると  余を狙い  余は落ち着いた  余の顔を打ちながめて  余は此の忙しい間にも大場と云う  余は全く此の家を立ち去る  余が喫べて居る  余の閉じ  余は穴川に大談判をせねば成らぬが  余は胸の中に充分の勝利を畳んで  余が愈々立ち去ろうとするを見て  余は合点し兼ねるけれど  余が猶充分に信ぜぬ  余は問い返さぬ  余が穴川に欺されたと分れば  余を馬鹿にする  余が心に思案する  余は直ぐにも巴里へ行き  余の留守に何か又忌わしい事件でも起こった  余は毎になく胸騒ぎを覚え  余の来た  余は恐ろしい夢を見て居る  余を便りにして  余は何にしても  余が戸口まで行くと  余は此の人の顔に確かに見覚えがある  余の顔を見たけれど  余は彼の目の底に一種の慧敏な光が有るので看て取った  余は何事も腹蔵なく打ち明け呉れと頼んで置いて  余が彼の穴川甚蔵を追跡して  余の叔父は兼ねて言って居た  余と秀子とを丸部家の相続人に定め  余は是まで聞き  余が刺された  余に知らせて来て  余も弁解する  余は必死となり  余はドギマギと考えつつ  余の顔を見た  余が思ったより  余の言葉に動かされた  余は此の言葉に聊か力を得て  余も森も知らぬから言い争う  余の言い  余は唯驚くばかりだ  余は腹の中は煮え返るほど  余は立派に言い切ったけれど  余から繩を掛けて出さねばならぬが  余の力で其の潔白を証明して遣らねばならぬ  余が唯一つの頼みとするは  余は堅く決心して  余は早速巴里を指し  余の口が腐っても  余が引き受けたから  余の親切に感ずる  余は秀子に向い  余を引き留め  余の胸へ剣を刺した  余の盡力も全く時機を失する  余は甚く  余は聊か力を得て  余の顔を見  余ほど余の不在を心細く思うと見える  余は其の心中を確かめる  余は秀子の為に警察の疑いを解くのみならず  余が秀子を保護するを好まぬか  余と秀子とを早く夫婦にも仕たい  余が秀子を思い始めた  余の身の利害にも関係するから  余は聊かながら直接に余の父から伝えられた  余は去るに忍びぬ  余は夫さえも知らぬ  余よりも工夫に富んで居る  余が勝って居る  余は此の様な疑いを起したけれど  余ほど年を取って居る  余は初めて危ぶむ  余の相恰を見た  余の差し出す  余は客待室へ通された  余が茲にウロウロ鏡を眺めて  余の姿が見えれば  余は身構えを正して  余が目に見覚えのある  余は実に驚いた  余は英国を立つ  余さえも唯非常な事情を経て  余よりも深く秀子の素性を知って居るは  余の位置は空に立つ  余を連れて行き  余は人相を観る  余を見て  余は此の様に思いつつ  余を油断のならぬ  余は大事の場合と言葉を改めた  余の目的を知って居る  余は聊か気を奪われ  余の顔を眺め  余は自分の肉が縮み込む  余の腑に落ちぬ  余は秀子を助けて貰う  余よりも先に権田時介が来た  余の参考にも成るのにと  余は隙さず  余は聊か赤面して  余は承諾しながらも  余は其の様な大金を持っては居ぬ  余は僅かながら親譲りの財産が有る  余に使われる  余と同席したのみならず  余を疑い若しや探偵ではないかと思う  余の挙動を見届けさせる  余は来たり  余は勝てりという  余の挙動を聞き取る  余の前へ来た  余が感心する  余を呼んだ  余は少しも合点が行かぬ  余は先に立って  余は彼の三千ポンドを出して渡した  余は手燭を消そうとしたが  余と共に又中へ降り入ったが  余には何の意味だか分らぬ  余に渡し  余は全く夢を見る  余は物に臆した  余は開ける  余の手に在る  余は恐々に其の中を窺いて見た  余は一目見て  余が既に話した  余は叫んだ  余は更に其の顔形を見たが  余の眼前へ持ち出されたであろう  余の未来の妻として活きて居る  余は遽しく先生に問うた  余は只恐ろしさに襲われて  余の口から洩れた  余には振り向きもせずに  余は随いて行かぬ  余は電気の光に依り  余は胸に何とも譬え様のない感が迫って来て  余も此の様に思い始めた  余が心の斯く聊か動かんとするを見て取った  余は唯我が心の中は旋風の吹き捲る  余を欺き  余は顔形を見詰めた  余は迫き立てる  余が言葉は殆ど何の根拠とする  余は幽霊塔に入って  余が確かに聞いた  余の許へ来てさえも  余が唯一点の望みも何うやら消えて  余が直々に見た  余を此の先生の許へ差し向けた  余に劫かされ  余を茲へ寄越した  余が猶も秀子を愛し  余に巴里へ行けなど  余は恋と云う  余は絶望とも何とも形容の出来ぬ  余は全く先生の言葉を聞き損じたから  余も無言の儘で之を見たが  余は殆どグーの音も出ぬ  余は奮然として云い直し  余と叔父とを誑かした  余ほどの危険な所があるなどといい  余は何と返事して  余の気持は真に察して  余は一生の燈明が忽ち消えて  余の叔父の養女と為った  余の愚かさも愛想が盡きる  余の肩を推し  余は身を悶えて  余は少しの間だけれど真に発狂して居たかも知れぬ  余は此の語を聞くよりも  余の手を遮り  余は猶も飽き足らず先生の手を振り払って  余を捕え  余の顔と砕けた  余に指し示した  余をおびやかして  余は深く考える  余ほど時間の経った  余の叔父を毒害せんと試みた  余との間は夫婦約束の成り立って居る  余と叔父との丸部一家に拭う  余の心中には猶一点の未練が有る  余が妻にする  余は倫敦へ着いた  余に先んじて  余に取られた  余との間に於いて  余の近づく  余の無遠慮な振舞いに権田時介は少し立腹の様子で目に角立てて  余は先ず来意を述べ  余は言葉短かに養蟲園の事柄から巴里へ行って来た  余は今以て秀子を気遣う  余の叔父に毒害を試みた  余はグッと詰った  余は身を震わせて  余と権田との争いの様を眺めて居る  余の言葉を聞いて居たとは  余が此の室の入口へ来た  余が来たとは知らぬから  余だと分った  余は最っと物柔かに云う  余の顔に注いで居るか  余は手巾を取り出し  余は此の様に思いながら  余は何れほど安心したかも知れぬが  余に示した  余は見ぬ  余は二目と見る  余の顰む顔を見て  余はゾッと身の震うを制し得ぬ  余は殆ど死刑の宣告を聞く  余の一言を秀子が此の様に怒るだろうか  余は茲ぞと思い  余の顔を見詰めて  余の言葉を気に障  余とは交わらぬ  余は憐れむ  余は秀子が明日にも探偵森主水の為に捕縛されるだろうとの  余の言葉の未だ終らぬに  余は充分秀子を逃す  余は唯呆気に取られ  余に目配せした  余と権田とは再び眼を見交わせた  余も其の呼吸に少しも後れず  余の大力が最も適して居る  余に及ぶ  余に振り分けたは  余の手の内で悶くけれども宛も悪戯児供の手に掛かった  余には余だけの考えがある  余は実に気の毒に堪えぬ  余の心には充分の慈悲があるけれど  余の前に立ち  余は自分で自分が非常な悪人に成った  余は其の人を何と云うであろう  余の了見とても詰り  余に向かい  余の力には叶わぬと  余の顔を睨み詰めた  余は此の時睨み殺されたに  余の手が少しも弛まぬから  余と権田とに舁ぎ上げられ  余は彼を次の室へ運びつつも  余を引き止め  余は縦しや秀子を我が妻には為し得ぬ迄も  余は直ぐにパヂントンの停車場へ馳せ附けたが  余は後れた  余の帰るまで  余から停車場での事柄を聞き取り終わって  余は当り前よと云う  余は思わず知らず  余は一も二も無く嘲り笑って斥ける  余が初めて秀子の犯罪をポール・レペル先生から聞いた  余は顔形の証拠に圧倒せられ  余は清き水が油を受けた  余が第一に発した  余は目の球を露き出して問い返した  余は殆ど目の覚めた  余は何も彼も打ち忘れて喜んだ  余は殆ど赤面はしたけれど  余は迫き込んで  余ほどの決心が要る  余は暫し呆れて  余の言葉を聞く迄はと云う  余の心とても権田の心と大した違いはないか知らん  余の心も権田の鬼心に近づくか知らん  余は太い溜息を吐いて  余は此の時介を敵としては到底秀子の生涯に何の幸福もないを知った  余と秀子とを不幸の底へ落とさねば止まぬであろう  余の愛は毒々しい愛と為る  余は全く降参した  余は涙を呑んで  余は何とやら不安心の想いに堪えぬ  余を慰める  余には更に分らぬけれど  余は彼に拘って居る  余の背影を見送りつつ  余の耳へ警鐘の様に響いて居た  余は権田時介の声を聞き流して  余の発したのに  余の顔を見ての  余が養蟲園へ行き  余は疑う  余は秀子の室へも行き  余は又馬のまま引き返して  余が手綱を引きしめる  余の馬の足音に驚き  余の姿を見て  余は自分にも信じられぬほど  余の眼は見損じなどする  余は昨夜探偵森主水を縛った  余を叱る  余は何も彼も説明される  余の手を払い退け  余の顔を見詰めて居たが  余は勿論推量して居た  余は思わず嘆息して  余は聞かねば成らぬ  余は此の様な悪人に手を触れるさえ  余の手に獅噛み附き  余の腕に打ち掛けた  余が知り過ぎるほどに知って居る  余が為と云われては  余は之を聞き  余は明らかに斯う云い切って  余の手だけを差し延べて遣った  余の手を取った  余は早く合点の行かぬ  余は今が今まで確かに彼とは思い得ず  余もかかって  余もそうして同じ部屋に居て振り返る  余の審美感を満足させない  余はこれを好まない  余の最も感心してゐる  余はレオナルドの足の素描を思ひ出す  余はこれを異端の味と呼ばう  余も実に安心したので  余の儀は知らず  余にも述作上にあらはれたる  余は此の連續不斷の意見を逐一に讀みながら  余は如是閑君の篇中の人物の取り  余も批評もやるが  余に向ては余が美しと思惟し  余が官能に媚び  余は之れが  余は信ず  余の考の中に入るべき  余は毫もこの歌に感動せられざるのみならず  余もかつてこの歌に感じたる  余の愚鈍をして  余はむしろ大喝采的の作といふ一事を以てその卑俗を証せ  余の大降に  余はこれは一人の妻の死を傷める  余は寧ろ君の酔態に好感を持つ  余の者は思ひ思ひの  余かつていえる  余は之を讀書人に推薦して  余は三十六年頃より三角点測量に従事して居ますが  余は新規の実験を思い出し  余が屡赤布を側の壁際へ寄せたるに  余は安倍君に云った  余は坐った  余が先生の美学の講義を聴きに出た  余が大学院に這入った  余の眼を射る  余は埃及煙草を吹かしながら  余はついに先生の書斎にどんな書物がどんなに並んでいたかを知らずに過ぎた  余の眼を刺激しなかったばかりではない  余の眼には触れずに済んだ  余の家に預かっていた  余は白い襯衣と白い襟と紺の着物を着ていた  余は蝙蝠の翼が好だと云った  余は先生に尋ねた  余は舞蹈に就いて  余かつて仏国より帰来りし  余はまたこの数年来市区改正と称する  余は甚しく憤りき  余は初めて現代の我が社会は現代人のものにして  余は日々時代の茶番に打興ずる  余に対しては実に宗教の如き精神的慰藉を感ぜし  余また茲に多くいふの要あるを見ず  余は現代の社会に接触して  余は何が故か近来主張を有する  余は既に幾度か木にて造り  余は今なほ畳の上に両脚を折曲げ  余はこれに依つて  余は今自己の何たるかを反省すれば  余は浮世絵を愛す  余は徒に唯多くの疑問を有するのみ  余はしばしば同一の画家の制作につきて  余は決して邦人の制作する  余の感覚に向つて日本の婦女と日本風景の含有する  余はその以上の新しき天才の制作に接するまで  余は鈴木春信の板画によりて最も深き印象を与へられたり  余の最も愛玩措く  余の記憶を去らざる  余は殊に鈴木春信の板画によりて最もよくこれを聴き得べしと信ずるなり  余の感想を記したるに過ぎず  余は広重の山水と光琳の花卉とを以て日本風土の特色を知解せし  余はホイッスラアの最有名なる銅板画よりもむしろ本図を好む  余が北寿を以て浮世絵専業の人にはあらざるべしとの疑ひを抱きしは  余の知れる  余は一々これを論別して  余は北斎の筆力を以て同時代の文学者中三馬一九の社会観察の甚辛辣なるに比較せんと欲す  余は本論文の原著者がその巻末に挙げたる  余の一見して  余は眺むる中に図中自ら出  余は奥村政信が堺町の町木戸より片側には中村座片側には人形芝居辰松座の櫓を見せ  余の好む  余は独仏の好事家が写楽を珍重するは  余は日本人の皮膚の色とその朦朧たる顔面並にやや遅鈍なる輪廓は写楽の手法を以てするの  余は直に劇場の楽屋において目のあたり男子の女子に扮したる  余の友人板倉氏の説に国貞の風俗画の佳良なる  余は国貞の板画においては必ず粉本の臭味を感ずるに反し  余はそれよりも英泉の作中にては名所絵と美人画とを採らんと欲す  余は宛ら夜半の落月を見るが如き  余はこれを除外し  余は浮世絵師が実地の観察の及ばざる  余は今日の新聞紙雑誌等に見る  余は猩々狂斎の背景に二代目国貞が新柳二橋の美人を描きたる  余は劇壇における団十郎と浮世絵における芳年とを以て好一対の芸術家となさんとす  余は芳年の錦絵にては歴史の人物よりも浮世絵固有の美人風俗画を取る  余は今明治年間残存の江戸浮世絵師が歿年を掲げて  余は滑稽諧謔を以て俳諧狂歌両者の本領なりと信ずる  余いまだその書を見る  余は爰に西洋審美学の学理に照して  余は今日となりては  余の江戸演劇に対して感ずる  余はしばしば浮世絵の特徴につきて  余は江戸演劇を以て仏蘭西のオペラコミックの如き物に比較せんと欲するなり  余は床と囃子の連弾掛合の如き合方を最も好む  余は江戸演劇を鑑賞するに当り  余の困却したるは  余の思ふ  余は新旧両様の芸術のためにその境界を区別する  余は旧劇と称する  余は今日の状態にして  余は常に歌舞伎座帝国劇場の俳優によりて演ぜ  余は旧劇なる  余は江戸演劇を以ていはゆる  余ほど若く見える  余ほど知覚神経の麻痺は回復する  余ほど酔が覚めているだろうから  余ほどの馬鹿でない以上は拒まないであらう  余は時々サムライがイヤになる  余はこの年の三月小田原を攻め  余は義をもって  余は持たない  余の領内に内乱を策し  余の胸中はおさまらない  余の将兵は百余日にわたる関東遠征に疲労コンパイしている  余は彼らを再び戦野に駈り立てるに  余はサムライがイヤになった  余はその紙片を破ってすてた  余の胸に童心がよみがえった  余が旅館の裏口から裸で出ようとすると  余が砂丘を半分降りた  余は荒れ  余を眺めて笑っている  余が一泳ぎして休んでいると  余の鼻先へ突きだした  余の領内の女傑もしくは女の顔役とも呼ぶべき  余が謙信であることを知る  余が感じた  余は戦場の兵隊にもかかる  余の頭はいささか混乱した  余が二階へ戻ると  余は破かずに  余はバイを一つつまみ  余は皿のバイをみな平らげて  余がバイを食する  余は彼の皿のバイもみな平らげて  余を見返して  余がいくつも食さぬ  余もまた強烈な心境に憑かれていた  余もまたよく己がツトメを果して死せざれば  余がかくの如くにカツゼン大悟して  余はそれを見すてて  余の率いし  余が春日山に二万の留守兵を残した  余の選定せる  余が一万三千の兵力をもって  余はこの小塁を抜く  余は途中一万三千の兵力を二手に分け  余は小荷駄と八千の兵を率いて  余もまた若干その傾きがあった  余は過ぎし  余の今日の出陣もまた日本の悲劇的な象徴でなければよいがと考えた  余は敵に勝つあるのみである  余は信玄が地蔵峠を越えて  余の背面に迫る  余の本営八千人と善光寺の五千人と相対し  余の軍勢は大荷駄を善光寺に残した  余が本営の将兵に動揺が起った  余はそれに答えて  余の背面をつかず  余に秘策あるを  余の策をはかりかねているからだ  余は将兵にかく諭して  余の策をはかりかねた  余は依然として歌舞音曲にふけっているから  余は彼らに諭して  余が将兵の動揺はこれを防ぐ  余が術策に負けた  余は幕僚を呼び集め  余の背後をつくか  余は善光寺の五千の兵に連絡しなかった  余の当夜の陣形を車がかりの陣と云うが  余の背後から突き落す  余の目算よりもかなり控えめに陣を立てた  余は突如一騎駈けだした  余の太刀をふせいだ  余の太刀筋に狂いがあり  余の馬が躍り立って駈けだした  余の馬は敵陣のただ中を駈けぬけて  余は残兵をまとめて  余は之に従ふこと  余が記名して  余を束縛する  余に取ては  余の意俄に動きて  余は平民社を辞して去れり  余が去れる  余は判決の宣告を受けぬ  余は罰金に処せられたり  余となりき  余遂に其の選に当りて  余の肩を叩いて  余が弁護士の職務を抛つてより  余が不快に堪へざりし  余に出版を慫慂し  余が突嗟之を承諾したる  余と運命を同ふする  余は今ま露西亜に於ける  余つてる  余にはこの翁ただ何者をか秘めいて  余がいつもの怪しき意の作用なるべきか  余を作りし  余も此事につきて  余が録せる  余は之を美濃國とす  余が見たる  余は伊吹山の邊にある  余は之を近江國高島郡角野郷とす  余は姑らく之を和名鈔の近江國伊香郡遂佐郷に擬すべし  余は二の擬定地あり  余は之を三河國額田郡位賀郷即ち  余は之を伊勢國桑名郡桑名郷に當てんとす  余は之を尾張國若くは播磨國に當てんとす  余は之を備後國安那郡に當てんとす  余は之を肥後國菊池郡城野郷に當てんとす  余は之を以て倭姫命に擬定す  余が邪馬臺の旁國の地名を擬定せるは  余は之を上につけて  余は魏使の投馬以東に於ける  余は之を四種に解析せんとす  余が考定せる  余も一考すべき  余が前説は周防の佐波が古代より要津として知れわたりたる  余は信ぜ  余をあまりにも打ちたまいし  余が御遠慮申し  余はアイルランドに赴くべく  余に帰すべく  余の喜んで  余にとりては  余が片身とも頼む  余を暗殺せんと企む  余になずいてしまって  余が立てば  余の膝に這い上ったり  余はこれに食物と肴の屑とを与えて  余つ程手つとり早くしないと  余猶なんてある  余には広過ぎる  余はこの話を聞いて  余は不愉快で堪らなかつた  余は西洋の真似をした  余の脈を見る  余は戯れに  余のために夜を短くしてくれるなり  余は幼き時より画を好みしかど  余は応挙の真面目なるを愛す  余の性簡単を好み  余はこれを聞きて思はず  余いまだ芳野を見ず  余は南岳の絵はこれよりほかに見た  余にとつては一の大苦痛である事を察してくれ  余の心頭に留まつて  余と異なる  余第二と思ひしは  余の経験によると  余が根岸に来て  余は何時もコルレツヂのクリスタベルを連想する  余の考へにては世間一般の人が責める  余の臆測にては著者も文部省の審査官等も恐らくは四ツ目屋の何たるを解せずして  余は何処までもいはゆる  余の考へにては能楽は宮内省の保護を仰ぐか  余が知る  余も隔たった  余は駄賃として牛方どもに下されたき  余を駄賃として残らず  余は御刎ねなく下されたき  余に売れたという  余であったという  余の卑見を以てすれば  余は出所も知れざる  余は人間に向って  余れる焔とぞ見し  余を喜ばし  余は日沈みて  余が生活上の必要物と相成り  余は本能性に加へて又知識的にこの燈火の色彩を愛し  余は昨夜も例の如く街に灯の見ゆるや  余は常に劇場を出でたる  余は劇場を出で  余はかの夜の悪女と相並びて  余は覚えず身を顫はし  余は導かる  余が襟元を撫で  余の目の前には忽如として破れたる  余が傍なる椅子に腰掛け  余は深く腕を組みて  余が愚をお笑ひ下され  余の尤も服する  余は別に説あり  余は嘗て蛤位の大きさより外は知らなかつたので  余の砂だらけの手拭を洗つて其玉蜀黍を括つてくれた  余の後からおりて  余と向き合ひにな  余も急いでおりて  余は猿の樹に居る  余は鹿の土産がまだあつたので投げて  余は一朝暴風が此平靜な海を吹き  余は素より舞踏なんど洒落た  余に露も深く候えば  余がこれより試みんと欲する  余が研究の目的とす  余がさきに示すごとく  余がさきに妖怪の分類に二種ありと述べたる  余がさきに普通の道理をもって  余の考うる  余が研究の目的とする  余は世に全く妖怪なしと論定するもののごとし  余が妖怪となす  余が妖怪の研究はなおその途次にありて  余と三人相会して  余が手に得たる  余が実験せる  余の取らざる  余はその原因を左の三種に定めて  余が第三の原因を設くる  余のいわゆる予期意向より不覚筋動を生ずる  余がここに説明すべき  余が考うる  余は断じて同一種なりという  余が昨年哲学会にて演説したる  余はこれをもって  余が以上述べきたりし  余が意見を添えて  余を訪いて  余の傍らにある  余の頭にあたれり  余の傍らに臥したる  余の頭に触れたるなり  余は初めてこれを試むるに当たり  余の生活はこれを概算するに  余はこの説明を与うるにさきだち  余はこれみな必然なりという  余がいわゆる偶合なるも  余が弁解をまたざるなり  余が数年来従事せる  余は妖怪の種類を分かちて  余は多少不平ではあったが  余に英語を話せない  余の同意しない  余のなすべき  余がなす  余がそれをする  余がなすべき  余にさせない  余を圧服せんとするので  余と争になる  余はいくぶんか不快でなくなった  余がファラデーの伝を書くに際して  余はこれを用に立つ  余は禁囚の身の悲しみをも忘れ  余は電気感応に関する新しい事実と関係とを発見する  余が聞く  余がこのごろ各地方に流行する  余がこのことをあつめて  余が諸方より得たる  余が昨年伊豆国に遊び  余と数名相会して  余の手もとに達したる  余が捜索せし  余がコックリは東海諸国に起源せりというゆえんにして  余が実験する  余がとらざる  余はこの原因を左の三種に定めて  余がここに論ぜんと欲する  余がさきに略図をあげて示すごとく  余がいわゆる予期意向より不覚筋動を生ずる  余がかつて経験する  余が案ずる  余が経験する  余があえてとらざる  余が参りました  余がボストンへ参りました  余もこれを実見してみたいと思いましたが  余にはどうしてもこのことは信ぜられませぬ  余が実験いたしました  余の室へ入りました  余の遺憾とする  余が筆にあり  余が手に入りたる  余が手もとに達したるは  余が一身は一魔物のために掠め去られ  余を愛したる  余にもまた翅翼あり  余を掠めんとせば  余はことに不瞭解なれども  余のちょっと書物あるいは人に見聞したる  余の活躍かく  余が眼目をさへ眩ませし  余に利き過ぎる  余に欠け過ぎてゐると  余に自己を制肘するが  余に智に束縛されてゐるから  余ほど若くみえるといわれるほどの  余ほど役にたつて居るといふ  余は新聞記者を待つに  余はその参考に資せ  余は昨年四月十日近衛師団司令部と共に海城丸に乗り込み  余は第六班に入りぬ  余の隣に起臥する  余に向ひて  余は無念に堪えざりき  余もまたあながちに騎兵を憎しとは思はず  余ほどの便利をあたえていたらしい  余はとくに余の見地から見て  余は其時丸善からペリカンと称する  余は印気がなくなると  余は如何にペリカンを取り扱うべきかを解しなかった  余は未だかつて彼を洗濯した  余の方でも半ばペリカンを見限って  余の原稿が夫程の手数が省けたとて  余の如く機械的の便利には夫程重きを置く  余は其姉妹に当る  余は如上の教訓を認め得たと云うなれば  余の三歳になる  余に伝へた  余の如く顔を反けたりはしない  余に与  余にはあの言葉に拘泥する  余はさう思つて一寸好奇心を起した  余はテレ臭さ気な笑ひを浮べたが  余は軽々しく雷同して  余などは恥ぢ入る  余に遠慮して  余の気の為だつたかも知らないが  余の前へ頭を差し出して  余が最近或る雑誌を繰り拡げてゐると  余に微笑を与  余に話してゐる  余も亦意とする  余などに真似の出来ぬ  余のそれは体育になつてし  余にせがんで  余に同乗をすゝめるのだが乗れる  余に後おしを強制する  余が迷惑がると  余があの気合を伝授して  余に出来さうも  余はこれよりもっぱら力をこのことに用いて  余が実際哲学すなわち政教学を講ずる  余が内にありて  余をもって  余がひとり惑う  余はこれを競争の結果という  余はなはだ恐る  余が欧州政教の実際上の関係を視察せん  余が今度遠遊を計画したる  余が洋行の挙ある  余はあくまで従来なれたる  余は日本人に一種卓絶の元気あるは  余がみる  余は日本の仏教もインドの仏教も同一種なりというなり  余はベンカイしない  余の仕事ぶりを偵察にきて  余の通訳子をして  余はもともと戦争を欲せざりき  余も続いて居た  余猶などが有る  余ほど当時の人心に響を与へてゐたに疑無い  余と雖之を知らぬにあらねど  余が他界に対する観念を論じて  余を以て是を見れば  余の好まぬ  余は不図こんな考えが浮んだ  余は世間の人の用いる  余はとくに触れない  余の所存が貫徹しまいと思う  余は此点に関する自己の意見を述べたいと思うが  余が頭に残って居る  余は小説を区別して  余も亦此点に於て此種の作物に敬服する  余は此賞讃の辞に対して是非を争う  余は禅というものを知らない  余の解釈に間違はなかろうと思う  余は虚子の小説を評して  余のはじめ本書を見るや  余がいまだ世間に公表せざる  余はここにこの新進の同論者を得たるを喜ぶといえども  余の学説と関係を有する  余は今なおこれをもって  余の好奇心をそそ  余が寝静ま  余の退屈をそそつたからである  余の枕辺で読書する  余は好奇心を助長せしめられたので  余の如き不道徳を行つたことのある  余の胸を怪しく震はせた  余の異様に熱心な問ひをごまかした  余の眼底に髣髴とする  余の姓名のそれと通じた  余が寝沈まつた  余は幾度も見た  余が写実し置いた  余の儀ではありませんが  余が負わねばならぬか  余の小説は五十年後に理解せられるであらうと  余が大英博物館で読んだ  余は隋帝の故智に倣い  余は忘れしまった  余は満足して死すべしと言いおわらざるに  余は昨今のごとき騒々しい世にありて  余も一つ持ち居る  余は万事に就いて  余は此処に立つてゐる  余按ずるに舳羅島と云ものは筑紫の沖に有る  余も此呈書を見  余は聞ままをしるし  余のこととは違う  余も何かスバラしい  余が識ったばかりではなく  余は前年旅順において戦死せる  余は漸く六つばかりになりたる  余に示された  余にも何か書き添えてくれよという  余と相遇うて  余も我子を亡くした  余の心を知ってくれる  余は別れに臨んで  余の心は君の心の如くに動いた  余はその時生来始めて  余は亡姉を思うの  余が姉に代りて死に得る  余はこの度生来未だかつて知らなかった  余はこの心より推して  余もあるかと思う  余も高くなり  余が言葉に従わぬと申しおった  余も亦筆を執らねばらぬ  余が倫敦に居る  余の書翰を見て  余は此手紙を見る  余の返事には少々の遁辞が這入って居る  余が通信を待ち暮らしつつ  余は子規に対して此気の毒を晴らさない  余を有名にした  余を激励した  余が十余年前子規と共に俳句を作った  余は未だに尻を持って居る  余の事を心配するといけないから  余ほど自由に解かれた  余れる力に上河内岳をグイと引き起して  余の為す  余を囲むには  余を繋ぐには  余にもなります  余も大陸の風に吹かれていましたから  余もこの社会の女の髪を手がけ  余に委任する  余に開拓したる  余驚いて振向くと  余にもたれ  余の親友京都便利堂主人がしいて  余はその多少世道人心を裨益する  余に喚いたので  余が表の障子をあけて  余は草鞋を解きながら  余は座敷へ案内されてからもうる  余は鉛筆と手帳とをい  余は娘の仕事をして居た  余がさつきの座敷の襖の蔭に横になつて居る  余が眼の前にこちらを向いて居る  余は此は病身な娘で仕事でも何でも只氣任せにして置く  余の座敷の近くにある  余は一つは好奇心から宿へ其團子を請求した  余は一つも殘さなかつた  余は身体が惡い  余は更に此の土地にも盆には踊があるかと聞いたらありませんといつた  余は此の街道を行く  余が後から追ひ  余の後へ跟いて  余は好ましい道連でないと思つたからうつ  余はつと草を苅つた趾のある  余は其草原で辨當を開いた  余は毎日辨當が濟めば屹度そこに横臥する  余はたまらず  余が歩き掛けた  余を見ては  余は店先から聲をかけた  余は穢い一室へ案内された  余は此滑稽な程小さな結び目と白いリボンとを見ながら  余は此の楷段はどの位あるかと  余はすぐに衣物をとつて浴槽へ一寸飛び込んだ  余は溪流にひた  余は冷たくなつたから復た浴槽へ飛び込んだ  余は起きた  余は即座にそれでもい  余は此の朝の空氣に包まれて  余は小石をとつて朴の木へ投げて見た  余が腕の力では容易に小石が屆かぬのに驚いた  余は足をやすめながら  余は老婆の身支度を見る  余の經驗から明かなので  余は數日來出會うた少女が孰れも皆狹い  余のものは皆な送  余の妃に差出す  余の詩想を洞見しはしまいが  余のように図書館以外の空気をあまり吸った  余の左右に並んだ  余の前を通り過ぎた  余の万歳は余の支配権以外に超然として止まったと云わねばならぬ  余のごときは黄巻青帙の間に起臥して  余が将軍を見て流した  余の左右前後の人々はようやくに列を乱して  余と同感と見える  余の性分としていつでも損をする  余の鼓膜に響き渡った  余はこの時どう云う  余は一目でも邸内を見なければ誓って  余が飛び上がる  余はなお一歩を進める  余が足はまた停車場の床の上に着いた  余は茫然として地に下りた  余が脳中にある  余は浩さんの事を思い出して  余を困らせた  余の手際では切り抜ける  余は必ず王羲之にしたくなる  余のつけた  余は馴れた  余は覚えず口の中で叫んだ  余の眼には何物も映らなかった  余がこの年になるまでに見た  余は浩さんの事も忘れ  余の姿が眼に入った  余の眼と上から見下す  余の袖の傍を擦りぬける  余のような無風流漢には残念ながら記述出来んが  余が詣る  余は女の後姿を見送って  余が頭に与えた  余が寂光院の門を潜って得た  余の眼が注がれた  余の神経に伝えた  余に頭を下げる  余に告げるとは限っておらん  余に隠す  余は河上家の内情は相続人たる浩さんに劣らんくらい  余に告げるに  余が探究する  余はいつでも言句に窮する  余にしては  余は正直に生れた  余も知らぬ  余が見れば  余は手帳を内懐に入れて  余が冥想の眼をふとあげて  余は覚えず  余は日記をぴしゃりと敲いて  余の眼識の足らなかった  余は日夜に両軍の砲撃を聞きて  余の運命もいよいよ明日に逼った  余はぞっとして  余の好奇心を挑撥する  余の仮定が中るとすると  余の考によると  余は学問はするが  余を見詰めていたが  余は思わず大きな声を出した  余の標榜する  余を送り出して  余が門を出て振り返るまで見送っていた  余は前にも断わった  余は学問読書を専一にする  余の推量に違わず  余と未婚のこの妹と対座して話す  余は好んで  余も茲に至って  余は色の黒い将軍を見た  余はこの両人の睦まじき様を目撃する  余もまた病褥にある  余の文学は五十年後に理解せられるであろう  余の公家ばらは彼の鼻息を窺うばかりで  余の人びとは手の裏をかえした  余が天地にして  余が唯一の詩料となりぬ  余は此時新たに生命を与へられたる  余が小楽地の創造に力ありし  余が喋々説弁する  余が始めて  余に会いたい  余に会いたいと申すか  余に向かって  余も存じておる  余も貼り重なっている  余の恩人であるのみならず  余に江戸へ出てまいれと  余の求めておる  余がじきじきにきく  余にチト考えがあって  余は望玄二子を從へて行つて見ると  余と玄子とは松林に待ち  余は愛する  余とは先づ林に入りて  余と玄子とは發掘し始めた  余の一家は悉く涙含んだ  余は幼女を背負ひて  余は先づ發掘場を一ト巡りして見ると  余は茲に言ふ  余は折角着込んで  余は午前十時頃に瓢箪山へ到着して見ると  余の足は入口のく  余は生きながら  余は死せるにあらぬかといふ  余は氣を取直して  余が一方に其端を持ち  余は知らぬが  余として  余の愛玩して措かざる  余も招がれしかど病に托して辞したり  余の最も好む  余も選評者中の一人なれば  余の最も愛読して措かざる  余何ぞ声名の四方に揚る  余は元治元年二月二十八日を以て江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸に生れたり  余の叔父なる人にも就きて  余またこれに入りて  余は常に学校に行くを  余のすめる  余の朋友中年たけたる  余は到つて  余は甚だしき疳性にて毎朝衣服を母なる人に着せてもらひしが  余の心状は卑劣なりし  余も頼まれて  余は今日に到るまで  余の作に比ぶれば  余既に余命いくばくもなきを知り  余は元来家に電話ある  余が拙句を木板摺にして  余が面を見知りて  余は近巷に来り住むと  余は何が故に徒に憂悶するや  余が寓居をよき遊び場所となし  余の睡を  余が寓居をば遊藝師匠の住居と思ひゐるとの  余が築地移居の事文藝風聞録に記載せられたりとて  余の好まざる  余の久しく聴か  余は大に感動したり  余は日本現代の文化に対して常に激烈なる嫌悪を感ずる  余その頃には病未甚しからず  余が家小石川に在りし  余は其の請ふ  余が最期を見届け  余なる一個の逸民と時代一般との対照もおのづか  余は櫓下の妓千代菊等と車にて木挽町の小玉亭に徃く  余は此夜の混乱せる  余は何とはなく柳浪先生が傑作の小説骨ぬすみ  余が旧作上演の謝礼三拾円三越切手を贈らる  余が所蔵の人情本春画の類を見に来られし  余が書斎の縁側に上り来りて  余の病を看護す  余は不思議にもありてかひなき  余は唯当惑するのみなり  余が先人の始めて  余が茗渓の中学を卒業せし  余は今年四十二歳なるに  余の恐る  余は別れて  余が旧作の脚本をあつめて  余は屡文筆の生涯を一変し  余をも見知りたりと  余を招ぎて胥議す  余は唯後難を慮りて  余と百合子と各室を異にして  余の家に宿す  余も亦二葉を出す  余とを八丁堀の偕楽園に招飲す  余の計画を看破し  余に一早く事情を報告したる  余に対して示されたる  余もこれから検分のために出掛けよう  余は隻語だに容喙すべき  余は之を以て今回の活劇に於ける  余は勢ひ  余は勿論其活劇の場所に立会へる  余は被害人民の多くより警官の中抜剣したる  余は此の間に立ちて  余が親しく聞き得たる  余は余りに彼等が言ふ  余が多くの口より同音に聞取し  余は之を語れる  余は彼等野人の口より此の真率沈痛の語を聴きて  余は今ま鉱業停止問題の是非を論ずるに  余は鉱毒地人民に就て多く其の談話を聞きたり  余は彼等の哀訴に向て一言半語の満足をだに与ふる  余は其の必ず彼等の冷淡なる口気に驚くべきを信ずるなり  余の知らざる  余の思ひは  余ほど面倒があったらしかったが  余は近時林氏の注意によりて之を知れるなり  余の事に思つて振返ると  余の顔は猿に似ている  余は俳優のやうに思はず  余が出向く  余の儀ではござらぬ  余の獣類を濫りに虐げ  余の事ならず  余の獣們は腹を満たして  余の未来を現わしていて  余は酒樽の冠を被り  余は断じて酒をやめるぞよ  余は理性を鉾とし  余の頸をも理性もてく  余は断じて酒を止めるぞよ  余は緑なす  余の如きは理性の掟に厳として従ふが  余は亦理性と共に人間の偉大なる想像能力を信ずるが  余は断じて酒を止めたぞよ  余は断じて尊公の尻を好まんよ  余もハンモックに揺られて  余のさすがに気は乱れ  余はそれぞれ方面の務めに就き  余せる人ありと思えば  余もと期せられつる  余はその巨大なる外力の数値を何とかして得たいと思って  余は用意がある  余のこの提案に承諾される  余は貴君に十分信用せらるるの  余は貴君が余の如くあけすけになり得ない  余が謂ふ  余は彼の純潔が情熱の洗礼を受けたる  余が今日の業にあらず  余は腰をかけた  余は彼等を海の中になげこむばかりだ  余にその四次元世界への跳躍術をコーチしてくださるまいか  余はアメリカに有する  余はその約束をまもるであろう  余は博士に祝意を表する  余よりの新しき命令を待て  余と同じ顔をしていた  余は生命の危険を感じる  余ほどの路のりはある  余の儀でもござりませぬが  余の者は皆まことの病気だと信じていた  余の儀ではござりませぬ  余ほどはっきりした  余に渡る  余は眼に見る  余は汝の行き過ぎを遺憾に思う  余も過ぎてゐようか  余にもなるが  余は斯の如き児を吾が家の後嗣として披露する能わず  余の責罰の如何に寛大なるかを思い知れ  余は断乎として主張し得る  余は引き裂きて  余の凡てを彼自身で処理して行くだろう  余はこれより松川浦に浮ば  余は多年之を夢寐に見しが  余に贈り  余の一言を求め  余初めて君また文壇の人たるを知る  余に詢るに刊行のことをもってす  余いずくんぞ一言なきを得んや  余初めて書を刊して  余は余の芸術の発展を希ふべく  余は君と別れてから  余の脳裏より容易に之を供するを得べし  余は滅亡を知る  余は白色人の侵入を徒らに眺めいる  余は咳払ひをなす  余の二万石を件の郷士の領とすべし  余は素敵に勉強した  余のホッペタにのせかえてくれたり  余に一個くれたり  余は汝坂口先生の人格を信用している  余に要求する  余は都合があって立たぬぞ  余が懇望だと申して連れて来い  余とは宮本宮本と呼び立てつつ  余は二郎とともに倶楽部を出でぬ  余は家のこと母のこと心にかかれば  余がこの手紙認むべき  余は此言葉を聞き  余が医学を修めて  余が借れる  余は何時とも無く不審を起し  余は益々訝しさに堪えず  余の口より離れ切るや切らぬ  余を遣込めたれば  余は目科の振舞に最と怪しく且恐ろしげなる  余は殆ど震い  余が室に入来り再び礼を繰返したる  余に晩餐の饗応せんと  余は少し不気味ながらも唯彼れが  余の疑いを晴す如き  余と目科の間柄は一入近くなり  余に交りを求めんとする如く  余を招きて  余は思切ッて同行せざるの  余が心に関せず  余の心に留り  余が心は全く彼の死骸に縛附られ  余の眼に映じ尽せり  余の眼は宛も写真の目鏡の如くなりし  余の心に写りたる  余は今も猶お其時の如く覚え居れば  余は真に此時まで斯く仔細に看て  余は老人の死骸に近き度き望みを起し  余は警官及び判事を初め書記や目科の此室に在るをも忘れし  余が事には心を留めざりしならん  余は咎められもせず  余は開剖室などにて同じ類を実見せし  余が大に怪しと思いたるは  余は実に爾う思いたり  余は猶お老人の傍を去る能わず  余の驚きは更に強きを加え来れり  余は最早や我が心を抑る能わず  余は其外の事を思う能わず  余の驚き叫びし  余が自ら我が声を怪みて  余は猶お一語をも発し得ず  余の意を暁りしにや  余は実に驚きたれど  余と同じ想いの如く余よりも先に口を開き  余と目科両人は同じ疑いに心迷い顔見合せて立つのみなりしが  余は忽ち目を見開き  余と目科との間柄は早や君僕と云う  余は又目科が斯く詮鑿する  余はゾッと身震いしつ  余は何故是が大変の手掛りなるや  余の考えにては此点こそ最も大切の所なれば  余が目配するも  余は一方に気の揉める  余の見立通り老人は唯一突にて痛を感ずる  余が言葉は斯る医官の証言に向いては  余は二人の医官を見  余は意外にも二人の医官が二人ながら余の意見と同一の報告を為せしを見  余は此言葉に何の批評をも加えねど  余に向い出し  余を背後に従え  余が目科の背後に在るを見  余と一緒なるを見て  余は殆ど感心し  余は是に対し熱心に藻西太郎が無罪なる  余に其暇を与えず  余も感心せざるにあらねど  余も殆ど怯まんとす  余が怯まんとする  余が返事の出ぬを見  余の疑いも亦再び芽を吹き  余は猶お何とやら腑に落ぬ所あれば  余が方に向来りて  余は如何にしても  余は此事件の真実の転末を知んが  余が無罪の証拠と見  余の疑いは実に粉々に打砕かれ  余は殆ど返す  余は竟に此詮索を廃す  余の過ちを自認す  余を従え  余も何をか躊躇う  余は初めより目科の背後に立てる  余が斯く問うを  余が顔に上げ来り  余は目科の顔を見るに  余と顔を見交せたり  余は爾と思い得ず  余は益々倉子の口と其心と同からぬを疑い  余は益々疑いて  余は目科が何の目的にて屋捜せんと  余を背に従えて  余は初て合点行けり  余が最先に立ち  余を目掛け  余は其剣幕に驚きて  余は漸く安心して進みながら  余は此言葉に依り  余は疑いも無く他れの備えの最も弱き所を衝きたり  余は益々切込みて  余は実に合点行かず  余を遮らんとす  余を叱り  余を引摺らぬばかりにして  余に向い発したる  余は彼を佶と見  余は猶お我腕前の遙に目科より下なるを  余も目科も藻西太郎を真実の罪人に非ずと云うだけ  余も目科も大に疑いあり  余は及ぶだけ  余が言葉に返事もせず  余は又も無言の儘従い行く  余を引きて  余は思えど  余と共に狂気の如く裁判所を走り出  余は薄々と其目的を察したれば  余に示してに  余は其命に従わんとするに  余の間にはさまりて  余が自ら大発見大手柄と心の中にて誇りたる  余と目科の手落も浅しと云う  余と目科の考えにして  余は一番あとに取  余は露西亜人を愛す  余の空間を辷って巻き附く  余を続航して  余の人々は次の曲を待っているけれど吹く  余ほど大きくなった  余も住まっていて  余の六碗を西の座に据えて  余の事に再び目をあけると  余の本について云えば  余の本を如何に使うべきかを学ぶ  余ほどの老人になって居りまして  余がクラコウ大学に於て教鞭を執りし  余ほどの時間が過ぎているので  余に出でた  余も暮し  余も来たろう  余は医師の勧めに従って転地する  余は早く釣台の上に横えられていた  余は坑の底に寝かされた  余はこの釣台に乗った  余の病室のある  余は看護婦から二通の電報を受取った  余は平凡ながらこの暗合を面白く眺めつつ  余は二ツの電報を折り重ねて  余は当分またこの病院を第二の家とする  余はどうぞ御逢いの  余はこの時始めて  余に告げなかった  余の病気の由を聞いて  余の便宜を計らってくれた  余の目には無論触れなかった  余の耳に残っている  余の危篤に陥った  余が鮮血を多量に吐いて  余に好意を表して  余は不思議にも命の幅の縮まって  余はまたその一カ月余の間に盛返し得るほどの  余の病気の経過を東京にいて  余が無事に東京まで帰れた  余が多量の血を一度に失って  余は恐ろしく衰弱していた  余はあながちに弁証法を嫌う  余の頭に取って  余が教授の文章にいたく推服した  余の病気について治療上いろいろ好意を表してくれた  余はただ一人生き残っている  余は無論手が利かなかった  余の頭を掠めて去る  余は薄ぼけて  余が原稿を書いたと聞くや  余は弁解した  余はようやく助かった  余が窓から寺を望む  余は親しく経験している  余は病に因って  余は早く思い出して  余は年来俳句に疎くなりまさった  余が病中に作り得た  余のごときもののために時と心を使われた  余の立場を見て貰う  余はかくのごとき情調に支配されて生きていたという  余は西洋の語にほとんど見当らぬ  余のごとき平仄もよく弁えず  余は平生事に追われて  余は寝ながら  余は今の青年のうちに列仙伝を一枚でも読む  余も実を云うと  余の注意を惹いた  余にはそれが面白かったと見えて  余も当時はある  余は列仙伝を読むべく生き延びた  余を悦んだ  余もこの力学的という言葉には少からぬ注意を払った  余は覚えず昔し学校で先生から教わった  余のように生き延びた  余ははなはだ心細くなった  余はすでに病んでいた  余は金盥の中を指して  余の眼にはこの黒いものが血とは思えなかった  余は胸を抑えながら  余はほとんど人間らしい複雑な命を有して生きてはいなかった  余の意識の内容はただ一色の悶に塗抹されて  余の一生涯にあって  余は下のような詩を作った  余は劇しく  余は不用になった  余は駅長に向って  余は英語に通ずる  余は少からず驚いた  余の苦痛が咽喉から胃に移る  余に関する何の消息も知らずに  余にわざわざ一通の手紙を書いた  余の病気の事を御忘れにならなかった  余に知らせた  余の病気は帰るには  余はほとんど崖と共に崩れる  余は妻に宛てて  余の病気はしだいに悪い方へ傾いて行った  余は夜の十二時頃長距離電話をかけられて  余の眼に始めて  余はその手紙を見て  余の病気の報知を受けた  余に安心させる  余の心を動かすべき  余はこの書面の中に見出した  余はそこまで読んで来て  余はそれを読んで  余と関係の深い二人は身をもって免れた  余は毫も二人の災難を知らずに  余の病がしだいしだいに危険の方へ進んで行った  余の視線を惹いた  余はすぐ裸連の何人なるかを覚り得た  余の隣座敷にいる  余は風呂場の貼紙に注意してある  余は隣の室に呻吟しながら  余は邪魔になる  余は修善寺に二月と五日ほど滞在しながら  余はやむなく細長く反り返った  余は杉本さんの診察を受けた  余は妻は枕辺に呼んで  余の記憶に上らない  余はその時さっと迸しる  余に寄り添おうとした  余は何より先にまあよかったと思った  余は右の胸の上部に大きな針を刺されて  余は生れてから  余の右の手頸をしかと握っていた  余の左右の手頸は二人の医師に絶えず握られていた  余を中に挟んで  余はこの時急に心細くなった  余は死にたくなかったからである  余を昏睡の状態にある  余はしばしば当夜の反抗心を思い出しては微笑んでいる  余は今まで閉じていた  余は何と云って  余は眠から醒めたという  余の頭の上にしかく卒然と閃めいた  余に一個の柿を与えて  余は喰い出してから  余はまた常のごとく枕辺に寄る  余を詐わり終せた  余の血管に潜り込んで  余が夜明まで生きようとは  余は今でも白い金盥の底に吐き出された  余はこれほど無理な工面をして生き延びた  余の様子を聞いていた  余の記憶にはただそれだけしかとまらなかった  余の出先へ送る  余の生命に疑いを挟さんでいた  余の血の中には先祖の迷信が今でも多量に流れている  余は常に幽霊を信じた  余は今日までこれと云う  余は一度死んだ  余は余の個性を失った  余はおろす  余の皮は血液のほかに大きな長い骨をたくさんに包んでいた  余の世界と接触する  余のために観じてくれたろう  余のそれと余りかけ  余は一寸のほかにさえ出る  余を看護する  余の視線の届かぬ  余はこの安らかながら痛み多き小世界にじっと仰  余はこの心持をどう形容すべきかに迷う  余は土俵の上に仆れた  余はただ仰向けに寝て  余は寝ていた  余の意志を働かさない  余の病気を知って来たと云った  余は病に謝した  余のためにこれほどの手間と時間と親切とを惜しまざる  余の精神状態は尋常を飛び越えていたからである  余の連想に上った  余は当時十分と続けて  余の心に映じた  余は余の周囲に何事が起りつつあるかを  余の心は己の宿る  余にはドストイェフスキーの受けた  余は朝からしばしばこの状態に入った  余の場合におけるがごとき  余のごとき神経質ではこの三象面の一つにすら堪え得まいと思う  余はただこの咄嗟の表情が見たいばかりに  余は自然の手に罹って死のうとした  余は連想上常にドストイェフスキーを思い出した  余はけっして正気ではいられなかったろう  余はしばしばドストイェフスキーを想像してやまなかった  余はうとうとしながら  余が寝ている  余は絶えずこの音で眼を覚ました  余は犬の眠りのために夜ごと悩まされた  余は眼を覚ました  余は紗で金箔を巻いた  余は声も出さなかった  余の寝ている  余は必ず強い痛さと重たさとを忍んで  余には白い着物を着ている  余の心を善く悟った  余はこの気味の悪い心持を抱いて  余に近づいて来た  余は好意の干乾びた  余は常に好意の干乾びた  余は雀の子か烏の子のような心持がした  余のために食事の献立表を作った  余は当時そう解釈して  余はそのまま長く余の心臓の真中に保存したいと願っている  余は交る交るそれを見た  余の嗜好に上った  余は漢詩の内容を三分して  余はその色合の長い間に自と寂びたくすみ  余は小宮君を捕えて  余は自然を懐かしく思っていた  余はその射  余を支配していた  余は元の姿勢のままただ視線だけをその方に移すと  余の足の方にあった  余は左右に開かれた  余の子供を見た  余の眸に映った  余はこの一瞥よりほかにまた子供の影を見なかった  余はこの一瞥の短きうちにすべてを見た  余はただ一瞥の努力に彼らを見ただけであった  余はもう少ししみじみ彼らの姿を見守ったかも知れなかった  余は医師や傍のものが余に対して抱いていた  余の病の上に自ら感じていなかった  余の宿に届けた  余は日記の一頁を寝ながら割いて  余が東京へ帰ってからも  余は五十グラムの葛湯を恭やしく飲んだ  余に今日はどっちの腕にするかと聞いた  余は医師に全体その鳶色の液は何だと聞いた  余の腕を痛がらせた  余は医師に氷を請求した  余は天井を眺めながら  余は夜半にしばしば看護婦から平野水を洋盃に注いで貰って  余には大いな期待があった  余はすべてをありがたく食った  余の病床に近づく  余のごときものの注意を呼び起して  余の顔をじっと眺めた  余は仕方がないから黙っていた  余はそうですかと答えた  余はまたそうですかと答えた  余は地面を買って  余は余の顔の雑作に向って加えられた  余の未来の運命を支配するかのごとく  余は松山に行った  余の母は余の十三四の時に死んだ  余も半分その気になって  余の頭を埋め尽くそうとする  余は必ず去年の病気を憶い出す  余の耳の底に卒然と鳴り渡る  余の耳朶を叩いて去る  余はつくづくと夜を長いものに観じた  余はじりじりと昼に食い入る  余を待ち遠しがらせるごとく  余から云うと  余ほど精密に研究した  余は今でも時々どんと云う  余の鼓膜の上に錯覚のごとく受ける  余は有るまじき  余が想像に描いた  余の室から廊下伝いにすぐ上る  余は余のために山に上る  余の視線のほかに没してしまう  余はその話を聞いて  余は一人の兄の太く逞しい髯の色をいまだに記憶している  余のそれらにはいつの間にか銀の筋が疎らに交っていた  余は若い人々を遠くに見た  余の揉上を眺めて  余にはこう聞かれるだけの  余は雨かと聞いたら  余を運搬する  余は抱かれて  余には受け取れなかった  余だけはどうしても二返  余は始めてこの珍らしい経験を目前に控えた  余は白い寝床の上に寝ては  余はそれほど長く病院にいて  余は小さい松を二本買って  余はことさらに彼の本名を呼んで  余を慰めた  余はこの一椀の雑煮に自家頭上を照らす  余は医師の許を得て  余と運命の一角を同じくしながら  余はただ文壇のために一言して  余はその効果の比較的少きに反して  余はそういう人に向って  余が某氏の言に疑を挟む  余には全然見込が立たない  余は毎月刊行の雑誌に掲載される  余は以上の如く根本において文芸院の設置に反対を唱うる  余の叔父が村長のころは用あれば  余を訪れ  余が何もしなくとも  余も大笑して  余は同じ軍人のことで他人とは思われない  余に会って話したい  余は学校へ行ってみる  余が小使にみちびかれて  余は彼女に悪感情を覚えなかった  余が懐中よりたばこをとりだして与えると  余は暇を告げたが  余を見るより  余はそれには答えずに  余を待ちかまえていて  余には理由がのみこめないから  余を侮辱するに  余は戦争にも行けなかった  余は予備役に編入された  余の最も怖るる言葉を放ったので  余の机上にはたちまち堆い書類の山ができた  余は羽生助役をなだめ  余は知らざりしを恥じた  余が重ねて  余は村長とよばれると  余が立って  余の痛感した  余はいさぎよく退席した  余も学校にでかけたが  余が呟くと  余は羽生に向って  余に提示して  余はマリ子の姿をさがした  余とは陸海軍の相違があるから  余の家の一室を提供しても  余がそこを訪ねると  余を睨んだ  余は犬に返答する  余をじっと見つめているから  余の差出した  余は墓地から山径をとって  余はマリ子ならびにその家族を無理にもわが家へ案内すべきでは  余の心は変った  余は不覚にも泣きぬれてしまった  余は特に次のような発言を行った  余の臓腑をえぐる  余は茫然立ちつくして  余の心底から発した  余も思わず襟元に冷水を浴びた  余の村長辞職の件はうや  余を役場へみちびく  余が聞き耳をたてる  余はむしろ彼自身がそのような放火犯人にふさわしいと考えたが  余が報に接して  余は笑いながら  余はやむを得ずそこを去った  余の胸はつぶれる  余は羽生のもとへ引返して  余は彼に大工道具を借りうけ  余に挨拶も返す  余の作業を眺めていたが  余につかみかかって  余はマリ子の感謝をうける  余は言葉を失った  余は跫音を忍ばせて去った  余の去るを見て  余にささやいた  余は思わずかっとして叫んだ  余に近づいてきた  余は全身に滅多打ちの襲撃をうけ  余の噂を笑い楽しむ如くである  余は余の墓碑銘を次の如くに記しておいた  余の手にある煽  余は近時潜航艇中に死せる  余は漸く立川までの切符を買ふ  余のもとに送付された  余が特に余が社のために新に起草したる  余が入社の辞に次いで  余の立脚地と抱負とを明かにするは  余が承知しなかった  余といへども  余に任せよと  余が乗艦した  余は艦長にインタビューする  余が小胆のあまり自ら進んで  余も亦こうして生きている  余の乗った  余は三たび艦船をかえ  余を親切に扱ってくれる  余の姿を求めて  余に約束せられたる  余が妻は嬰児を抱きて  余と児と自らを縛しつつあり  余思ふにウテツ辺に限らず  余が遊びし  余とは香峰を介して  余は貧なる  余とを呼ぶ  余とを相逢はせ  余の好める  余を此の酒樓に誘ひ出したるなり  余の時間はその人としての勉強なりあって  余はなんといふ  余はそれは火山の跡であるといふやうなことを平易に話して聞かせた  余は先づ口を開いて  余はダイトクモツコのことを能く呑み込みたいと  余もずりこけて居た  余は鬼怒川の沿岸であるといふと  余はもう皈らうと思つたから右手に見える  余は計らず  余は囘向院の相撲で嘗て見た  余はよき程に挨拶をして居る  余は其日が過ぎると  余は其時自分の小説を毎日一回ずつ書いていたので  余はすぐ承知した  余に書ける  余の誰も及ばないという  余は誰も及ばないという  余は彼の独特なのに敬服しながら  余の所謂読み  余もそう云う  余はとくに歓楽に憧憬する  余の娘が年頃になって  余は其時娘に向って  余は固く信じて居るからである  余のもとに寄せて  余の浮薄を憤った  余の手になった  余は出版の時機に後れないで  余に報知して来た  余の器を出しておけ  余は晩餐前に公園を散歩する  余が桜の杖に頤を支えて  余は桜の杖をついて  余はある朝ついに橋を渡って  余は今この四角な家の石階の上に立って  余は倫敦滞留中四たびこの家に入り  余が名を記録した  余が始めてだなと下らぬ  余は東側の窓から首を出して  余が婆さんの顔を見てなるほど  余は再び窓から首を出した  余は茂る  余は首を縮めて  余は三度び首を出した  余と堂宇との間に立ちつつある  余はまた首を引き込めた  余の背後に佇立している  余はすでに倫敦の塵と音を遥かの下界に残して  余を顧りみた  余は無言のままうなずく  余が最後に汝を見るの  余はついにそを見るを得  余は婆さんの労に酬ゆる  余の事に熟と視て  余は多言するを好まず  余は不知庵がこの書を我文界に紹介したる  余が今日までに見たるは  余は平生學海居士が儒家らしき文氣と馬琴を承けたる  余は學海居士の批評に對して  余が前號の批評にも云ひし如く  余はこの書を讀者に推薦するを  余の永井荷風先生に見えざる  余の先生に見えざる  余が藝術家としての態度の不眞面目なるを攻撃したりと聞く  余の事なりと聞く  余は曾て永井先生の藝術家としての態度を不眞面目なりと思ひたる  余の堪へ得ざる  余が永井先生の御作を愛讀する  余は自左迄に藝術批判の眼識低き者とは思はず  余の最も好まざる  余が餘りに君とは近親であるから平常君が文學書など繙いて居る  余の君の文才を知る  余の君に對する  余の期待の餘りに大き過ぎた  余の文學に對する  余の期待は君の作品を漁り行くに  余は斯うした場合の價値は其作品即ち小説なり隨筆なりが一般讀者の感興を惹く  余は彼れを讀んで  余ばかりでなくああいふ書きなぐり  余は姓迄も改めて居る  余は今此書を匿名でもつて  余の頗る幸甚とする  余の作品中最も厭ふべく忌むべき  余は斯く呟きながら  余は思はなければならない  余は屡々人に話した  余も煖炉から下りて来ない  余も入り  余が範をたれると称して  余のことは早く捨ててしまえ  余ほど思案してゐる  余にまかせておけと  余は中佐の敢てせる  余が望む  余の儀でもござんせん  余は進化學も哲學も十分に知て居る  余の意見を述べる  余の批評を加へる  余は決して進化論を否定せぬのみならず  余は考へる  余の考ふる  余は疑ふ  余は甚だ惑ふ  余は甚だ服せぬ  余が宇宙本體と認める  余が何故左樣に言ふ  余は此マテリーとエネルギーとの合一體を以て宇宙の本體とする  余も亦此派を是認したいと考へる  余は信ずる  余は茲に一の疑問がある  余は大なる疑がある  余は以前ショッペンハウエル氏の著UeberdemWilleninderNaturを讀んだ  余のそれを首肯する  余は宇宙を以て絶對自然的絶對因果的と認めて  余は余の自ら宇宙本體と認める  余は宇宙本體を以て最も未進化未發展の状態より漸次に進化發展する  余は博士が意思を生存競爭上甚だ必要のものとする  余は意思なる  余は甚だ其理由を解する  余の前に述べた  余の論では宇宙本體たるマテリーとエネルギーとの合一體の最初の活動は猶小なる  余の所見では小活動が次第に大活動に進化して  余は譯字を知らねども  余の榮譽とする  余との生存中にわれらはユトランドの曠野を化して  余は常に地圖をひろげて  余は終生透谷に感謝せざるを得ざる  余は未だ嘗て透谷の如く親切に余の議論を批判したる  余の陣営に迫りし  余の好んで  余と透谷とが日々論戦を為しつ  余も共に麻布の霞町に住し  余と透谷とが其頃数ば散歩したる  余の脳中に往来す  余は今猶記す  余が余りに熱心になりて  余が彼れに遊歩や外出を促したる  余は透谷が友人に対して深厚なる同情を傾くるを  余と透谷に一個の友人ありき  余は親しく之を其友人に聴きて  余は透谷の文を読んで  余も亦感を同ふす  余の依然として呉下蒙  余は依然として呉下蒙たるなり  余が任にあらず  余は名古屋にて一泊すれども  余が如き力量もなく妖術も弁へぬ小法師に従うてゐる  余の物は大概集るとしても  余の生れぬ  余の仕事の幾分かを既に余の生れた  余に密接の関係ある  余には到底そんな己惚は起せない  余が現在の頭を支配し  余の書斎に坐って  余にこういう料簡の起った  余も残念ながらそう考える  余の人々はこの声に睡を覚し  余が直々筆をふるって書いておいた  余に早く見せてくれ  余に廃れ  余が所謂一種の平民的虚無思想の聚成したる  余は無量の悦喜をもつて  余に存する  余を受けて  余の物は大概集りましたが  余が自作自筆の一軸を見つけて  余は翌日再び二日醉をしてはならずと思ふを以て  余も笑ふ  余は英国紳士の誉をもつて  余の尊敬する  余の臆測によれば  余の幼時は汝の如く不勉強にはあらざりしよと  余も先になっていた  余ほど気丈夫になったらしく見えた  余は当分失踪する  余の予期せざりし  余にどうしろという  余は何とも申した  余には分らんよ  余はどこへ連れていかれる  余は遠く来た  余にはよく呑みこめないが  余だけが計画内容を知っているという  余に向っていったな  余の右足をもって  余は取り捨てたよ  余はイギリス人とは違うよ  余は貴官と約束した  余は平日と何も変った  余の人たちが何を云わ  余は今日二時間ばかりにて十五里歩みぬ  余の方をふりかえった  余がオーバーをぬぐ  余は大いに好意を沸かした  余は始めて悟った  余が納得した  余に押しつけて  余の恐怖心に属する  余はついに目的を達して  余の顔を見るより  余は事務所の表に錠をかけ  余が尋ねると  余が入っていくと  余は心から讃辞を呈した  余の前に開いてみせた  余与予餘誉預  余が驚嘆して措かなかった  余は病牀にあって  余もしばしばやった  余は行脚的旅行は多少の経験があるが  余にはわからぬが  余の賛成を表する  余も通っていてよ  余が汝に求めんとしつつあった  余れる米国などで初めて行なわれるべき  余が浅学に該当する  余は批評を好む  余は讒謗罵詈の始まりたる  余が敬愛する  余が評論したる  余もバタリと音沙汰がないのを内々心配してゐたので  余は前後を忘れて  余の呼吸は奪われたり  余は夢より目覚めぬ  余のヴァイオリンを取り出でて  余が夢中聞きたる  余の呼吸は奪はれたり  余のノートを読んでいる  余と美代を困らせる  余の顔色を読もうとする  余の顔を見つめていたが  余も一つ二つ拾って  余のハンケチにも何合かのどんぐりを満たして  余のそばへ飛んで来て  余はその罪のない横顔をじっと見入って  余の家に伝わる  余の手のひらに書いた  余が今日の題目にあらず  余になって  余も病院で初枝を徹底的に診て貰っていたが  余は其態度を床しく思った  余が新しい作家を紹介する  余が感じたりし  余をもてなし  余のもろもろの天神に帰依せざれ  余も辛抱をします  余にで  余には口真似も出来ないが  余に関する観察を述べないかなど  余だけが滝に向つてあれこれと口出しをする  余が癇癪を起さない  余の知つてゐる  余とは何時も裏腹な変に歪んだ  余の顔をぼんやり眺めてゐる  余がこの窓から顔を出してゐる  余が暫くたつて  余が勝手に近づけしめてゐるかの  余の無理解を余自身が勝手に掘り下げて行く  余を作家として扱ふかのやうな同情を寄せた  余が斯うした展望を行つてゐる  余の部屋に入つて来る  余が斯う訊ねると  余も滝と同じやうに何らの空々しさも感じなくな  余が先に耳にする  余の視野中に在る  余はさうも  余などは顔も知らなかつた見るからに  余だけしか知らない  余に見つかると  余の眼を避ける  余の知らなかつた  余の部屋に来た  余は彼の行動は細大洩さず  余にもはつきりと描かれた  余はその空々しさに肚立ちを覚えた  余が六七歳の頃初めて見た  余が日録の筆を執り初めた  余に死刑を宣告するであらう  余は死ぬるにしろ  余はただ一つの考を以て死にゆく  余は粋と侠とを我が文学史より抽き去らん  余の期せざりし  余は此書の価直を論ずるよりも  余が此篇に向つて感ずる  余は此著の価直を論ぜんと試みしにあらず  余が念頭に浮びたる  余にあてて  余が郷里阿波国などにも家具の窟と云って  余も同意して  余ほど違っていて  余ほど減って来た  余が毎に諸氏に勧告する  余が身に経歴したる  余は旧中津藩の士族にして  余が如きは  余は日本の士族の子にして  余が洋学は一時の偶然に出でて  余が如きも  余は著述に従事し  余が著書中に切論したる  余が衣食住に苦しまずして  余が志し  余はとくにこれを諸氏に警めざるをえず  余が実子等へ警し  余が三十余年前に異なり  余が本塾の学生諸氏に向い  

~ 余[名詞]1
貴下であらうとも余の  ここは余ほど  二十の余も  四十軒の余に  十坪の余も  眠つた方が余  好奇心は余を  宿の余に  奈良から戻つて見ると余の  河井さんと余とは  本書は余が  学生の余が  住職に余を  合掌して余の  君は余が  賛を作りて余に  葉を余に  生徒一名を呼び出だして余に  彼は余の  世人は余が  質微弱にして余が  僕は余  ワッとでも叫んだら余は  間に余の  呑気な余でも  中に余と  日向台町の余が  露子は余が  火は余を  火を焼くまでに余の  火だと余は  婆さんも余から  口調で余の  巡査は余の  顔をして余を  のは余の  それは余の  容易に余の  本性に属すると言われ得るであろう余の  かしこで余の  外に横たわっている余の  神の余の  部分も余の  うちにある余の  把捉する余の  私は余の  ところの余の  生涯の余の  醉夢と余と  受取書の余の  世間は余を  行業には余の  づる事有るとは余を  別あれど余は  住居として余が  物は余の  物は余が  風俗考を著さんとは余の  序を余に  それが余の  へた人なので余の  下女は余を  火事は余が  やうな余と  風な余  あれだけで余の  女どもも余が  時間が余  ように持て余  擱筆して余は  願くば余も  半額を余の  配分方法に就いて余が  人々よりも余は  時は余は  ものは余に  大物としては余は  のは余が  一つには余の  カールマルクスは余が  原本ではないかと余の  為に余の  胚芽は余が  併し余は  のは余と  ヒントを得た余の  それより余は  文をも併せて余に  是において余は  歌を得たるを以て余は  事を証して余  事なれば余の  序文を書きしかは余の  内に余は  態は余を  づるかを疑ふまでに余は  放棄に余が  意味も考える余  評家としての余の  作物は余の  立場は余に  目に余  経営惨憺の余にな  半時間の余も  後女は余を  女は余が  行く先を尋ねるので余は  面ぶせに感じたので余は  氣があるかと聞くので余は  時には余の  時に余の  草鞋と余の  聲が余の  振りかへると余の  噺をして居たが余を  其男に余を  夜も余と共に  一人は余の  白帆は余が  船頭は余の  此時まで余と  男が余と  博勞が余の  みんなが余の  女は余の  短篇小説に余も  基として余が  作は余の  ものにして余は  ほど察するに余  やう見受けられ余は  一時間の余も  寡聞なる余の  きょうまで余の  船なりと云うに余の  ここぞ余の  蓋を握れる余の  眼を怒らして余を  たかに余の  他人が余の  ために余の  油断をすれば余は  中段に立ち止まって余は  人間は余を  臆病なる余も  シテ見れば余が  全身海水に濡れたる余の  巨浪は余を  風さえ余を  衣服を着替えんと余の  寒気を防ぐあたわず余は  氷山こそが余の  二三十分して余は  人間とては余の  怪物は余が  幸いに余の  最後の余  桃色の余  んか余は  氏は余の  すゝめしは余の  彼等を許し余を  時の余の  部屋に泊り余は  友は余の  手を叩きたれば余も  飲用するが余は  他に余の  両親が余に  俗顔に余の  下宿で持て余  千里の余も  電燈の余  原文は余ほど  胸も余ほど  窓より余ほど  挙動が余ほど  時にも余の  これは余ほど  次郎左衛門は余ほど  空の余  ために余と  里の余も  一月の余も  半日の余にわたる  一ヵ月の余も  年九十の余  一万の余を  暁に余を  後日ならずして余の  出版順序に関しての余の  彼等は始めて余を  我母は余を  我官長は余を  危きは余が  一群と余との  彼人々は余を  彼人々は余が  どこは余を  エリスと余とは  書状を持て来て余に  さへ余が  相沢が余に  ことなどを挙げて余が  不意に余を  忽地に余を  間に余を  多くは余  一瞥して余は  三とせの余へ  彼らは始めて余を  來て余に  相澤が余に  ことなどを擧げて余が  処女に似たり余が  二里の余も  男が余に  対陣一ヵ月の余に  絶望の余に  黄金に余  そこは余が  曙覧は余は  お金があり余って  不遜千万にも余の  列挙するは余の  撒布し余の  愉快にも余は  世人は挙げて余を  事実を余の  鬘を余の  事件も余ほど  一ヵ月の余は  まま半月の余を  余地すら余に  感じを余の  十日の余も  不思議と申すも余  感慨を表すに余  蕉翁が余の  一ト月の余にも  二週間の余にも  ことは余が  所にして余は  競進会より余が  学術上より見れば余の  一箇月の余  身の上だから余の  百里の余も  スリ半日の余も  半年の余も  獨自なればこそ余は  余は余として  ことが余には  嫌惡するは余が  隔離するは余が  嘲笑するは余が  今死が余より  併し余に  來りて余を  併し余が  現在の余の  握手して余の  經驗が起つて余の  汝が余の  弱小なる余を  樂觀し余は  肯定し余は  むる者は余の  半分の余も  熟讀し余は  シヨーペンハワーが余には  於て余の  時には余も  光栄として余の  如何に余が  執拗に余に  五十に余  試に余を  情死に就きて余が  妙趣ありて余を  事件なるは余の  生命とする余にとって  変り物の余を  限りを尽すは余の  家族は余の  数時間に余が  一年の余も  今日まで余の  中より余が  今日まで余が  正午新生社青山氏來り余が  ものは余の  記憶するのみにて余は  土足に掛けるとは余では  研究に就いては余は  此方法に就いては余は  ついでがあったら余も  二月の余も  俺達は余  日本新聞時分から余を  半日の余も  二年の余も  返書は余を  河東君と余とは  子規居士も余も  碧梧桐君と余と  三君と余と  中途退学するまで余の  手紙を受取ってから余は  大に余を  裡に余は  中には余が  卒業は余よりも  稀であったにかかわらず余と  回想する余の  写真を余の  子規居士は驚いて余を  開業医は余に  うちに余は  東京に上った余は  眼をして余を  ように余を  これも余の  居士は余に  口授を余は  当時の余の  碧梧桐君と連れ立って余の  鹿児島と聞いて余は  のかと余は  今の余に  読を怠っていた余は  下手な余は  今でも余の  ただ後になって余が  家に余が  碧梧桐君も余も  家に止まり余は  碧梧桐君が余を  時子規居士は余の  心持で余は  それには余は  ことは余の  一夕碧梧桐君と余とを  留守中碧梧桐君と余との  下宿にいたので余は  電報が余の  入院しているから余に  瞠いて余を  居士は余を  顔をして余に  初心であった余を  心持を余に  碧梧桐君と余とが  印象を余に  シャツを来て余を  事を余に  委嘱は余に  事が余を  当時の余には  疼痛を覚えると言って余の  それを余に  ようであったが余は  方面から余に  坂下で余は  居士が余に  今日の余に  居士と余とは  一に余の  折節帰省中であった余に  望を遂げたりともそは余の  居士の余に対する  今日でも余は  居士が余を以て  当時の余は  忠告を余に  人間として余を  居士と余との  間柄の余に対して  道灌山に至るまでの余は  碧梧桐君らと共に余を  半紙に書いて余に  高弟として余を  此の余が  舌を出したりひっこめたりしながら余の  二十二歳の余を  敬語に慣れぬ余には  間は余は  十月から余の  方は余も  事は余の  時も余は  事が余と  それも余の  居士は余と  不平を余に  周囲に於ける余の  妻子を控えていた余は  それも余が  注意を払って余の  時に余は  現じていたのに余は  ように余に  前に陳べた余が  夜は余が  三日は余の  文章に書いて見たくなって余は  序に余が  今外から戻って来た余を  のを聞きながら余は  子規が余に  結果が余を  其結果が余を  領事かも知れないが余には  舳は余の  いつ着くとも知らせなかった余の  鉄嶺丸に余の  沼田さんは余を  自分で余を  旅順を見たかと余に  先だから余も  のは余より  是公が余を  書面を余に  訳で余と  橋本は余よりも  入学をした余も  不思議にも余より  佐藤も余も  後にいる余の  橋本と余は  余は余の  膝を余の  橋本と余を  橋本と余と  女も余と  ように進んで余に  それが余と  橋本も余も  神さんは余を  玉蜀黍を離れて余の  ようだねと余は  節も分らない余の  一人が余を  ものと余を  厭になっちまうと云って余の  札を余の  馬術家としての余の  ようだが余は  鉄公所で余の  一度に余の  橋本氏も余も  事は余  事は余も  此一事によりて余は  歌として余は  者として余は  五日間ではあるが余は  光景を見慣れたる余に  乗換へたので残るは余の  彼は余を  運転を止めたので余も  叫けんで余を  其処で余は  主人は余の  見ず知らずの余にまで  人物の余の  親切に余が  彼等が余の  二人は余の  音がして来たので余は  事情は余の  二時間の余も  あなた二時間の余も  考えが余ほど  一月の余に  半分の余  奸猾なれば余  一枚と余は  中学なんかより余  十の余も  お前も余  彼此一里の余も  二十年の余も  往復一か月の余を  一か月の余も  一瞥一語は余の  すべては余に  それにては余の  爾が余に  紙に対して余の  一なりし余が  而して余は  願くば余の  心に余を  願くば余を  兄と余とは  妄動せんは余の  三月の余も  ことだから余  夕刻ブラツデイ氏が余の  事終りたればとて余の  演半ばにして余は  二時間の余に  朝夕は余ほど  平家蟹一個を余が  世相を見て余は  ことを証するに余  以上は余が  ものなら余の  さるへからす余は  是れ余か  自然は余の  荷える余に  監督官は余が  横手馬乗場へと余を  上に控えたる余は  地を相し得て余を  一斉に余が  これでもかと余が  思索とによって余は  刹那に余と  #方角へ向けて余に  奇想を好む余は  のも余にとっては  チンチンチャイナマンと余を  正直なる余は  今しも余の  ざまに余が  瞬きもせず余が  変化が余の  彼二婆さんは余が  鳶とは余ほどの  寺内まで余ほど  欧洲大陸へ渡ってから余ほど  以来又四郎は余ほど  始末していただこうと余は  それは余も  一年の余にも  七十の余までも  唯だ余は  仄かな余  八町の余も  二十日の余も  一丈の余も  二丈の余も  二丈の余も  一年の余に  書を寄せて余の  一旧友は余が  頃の余は  先生は余を  高等学校生徒の余などに  書目を認めて余に  後に余は  重きを置いた余の  度に余は  真率に余の  実証を余に  人を余に  自白すれば余は  進歩は余の  事が出来得るならば余の  当局者と余とは  二博士が余の  局長は余に  局長に余の  世間が余の  余自身を余の  文部省が余に  事を余は  咫尺し奉りし余が  家族の余の  小説を作るや余は  死る迄に余ほど  やうな余  アンリベイル先生の余の  顫えている余の  ぜんざいであるとは余が  洋傘とは余が  一つ食えと云って余に  今の余を  居士は余が  なかなる余は  イブラヒム君は余が  イブラヒム君うしろより余の  席上で余は  平生を知らない余には  長谷川君と余とは  ここに余の  長谷川君と余を  長谷川君が余の  長谷川君は余を  辛苦も償われて余  一円の余  薩藩から余に  塙代奴が余の  家来を余が  ものを余に  わたし一尺の余も  一ヶ月の余も  三ヶ月の余も  一番遠く十間の余も  一間の余も  六尺の余も  三時間の余も  往復五十里の余も  千年の余も  千円の余に  十年の余も  妹は余の  者か余は  蔵沢といふ余と  小鳥と共に載せあるは余が  時鳥を余の  此の如きは余に  蛇口仏心と題して余に  前号に余が  先ほどより余は  今は知らねど余が  母は余が  食器抔は余の  取扱に任して余は  平日よりは余の  半月の余も  うちに余の  腕にて余の  精力を余  是れ余が  而も余は  尾崎君も余  一論文を余に  心事を余に  後年公自らも余に  境遇を余に  一昼夜の余は  之れ余が  愛山君は余が  其他にも余が  此事にして余が  ことは余も  之を以て余は  路より余の  二事は余が  下手にや余  十中七八分は余の  これは余が  一時間の余に  すみかというも余  百日の余も  三倍の余に  ために余が  調子で余は  思案に余  馬よりも余ほど  卿等の余の  辺は余ほど  大概は余が  百姓が取って余の  兵馬は余の  此間にありて余が  斗滿川は余が  來りて余に  七福を余は  半月の余は  一ト月の余  一つは余が  客は余を  一町の余も  十日の余に  六よりも余ほど  痛みは余ほど  彼等としては余ほど  家に取っては余ほど  頭も余ほど  さっきから余ほどの  のが余ほど  刑法などに比べると余ほど  それは余ほど  なかでは余ほど  詞づかいは余ほど  手がかりが余ほど  えりを余ほど  ひと月の余に  お金は余が  道だから余に  ゆうべは余ほど  酔興の余に  一年の余  北原賢次がもて余  三ヵ月の余にも  客あり余に  勉むるが如きは余の  是れ余の  一時間の余  つても余の  人を動かすに余  内も余ほど  掛合にあるべけれど余の  人より聞き余に  日本政府にて余を  著作は余に  祖国と共に余も  旧作七十篇の余は  魔睡余は  うちで余の  法律家が余を  のが余の  解釈されては余の  説を有しているかいないかは余と  浅薄なる余の  此二三日は余の  十年の余  若者が余の  三里の余も  画家として余が  らんと共に余の  平生から余の  これはと余の  女が余に  最前から余を  幾分かは余の  瓦斯を余が  顔を貸した余に  親方は余の  顎を支えたる余の  姿は余が  精神は余と  余は余  パノラマを余の  斜めに余が  男は余と  尻尾が余の  眼は余の  画工として余は  運命を余に  女が余の  膝を崩して余の  呼吸が余の  言下に余は  途端に余の  花下に余を  振袖に余を  風呂場に余を  神を持たぬ余は  了念は余の  ときの余の  ものと余は  非人情の余も  顔は余の  ままに余を  マターファが余を  肉体的に堪えられなくなった余の  呼吸病にかかっている余には  牛が群れて居るので余は  事を知らぬ余  末から余は  いちごは余の  いつまでも忘れられぬので余は  茱萸を食いながら余の  主人は余に  茶代を置いて余は  丁寧に余を  柿好きの余も  下女は余の  者だというので余は  能楽師を余は  のが余  あとは余ほど  仍て余の  こは余が  欧州大陸へ渡ってから余ほど  貴人は余に  作用で余の  美人は余の  調べ倦んで居た余の  早や余に  田舎ホテルとは余が  何にしても余ほど  中に余の  中から余の  幼名を以て余を  家で余と  当人も余ほど  留守中に余の  何時でも余の  通りに余を  後は余ほど  浦は余が  電報など作って余の  倫敦の余の  ろうが余の  先刻も余に  言葉なら余は  一に余に  怪美人は余ほど  斯うまで云うからには余ほど  斯うなると余も  事に余は  アノ女が余や  纒って居るとすれば余や  併し余と  許りの余には  明朝にしようと思い直し余は  のを止めて余の  何方まで余を  叔父は余に  故と余を  名が余の  客帳のは余ほど  贋電報に関する余の  花を余に  今時のよりは余ほど  今度は余が  美人が余に  聖書を余の  本を買って来て余に  之を余に  時間より余ほど  うちにも余の  所を見ると余は  一同は余ほど  年にも恥じぬ余の  叔父は余の  身の上が気遣われるから余は  早や余の  間では有るけれど余が  背後に落ちた余の  面持で余の  扨は余が  宛も余と  のを余と  夫は余の  逆に余と  叔父は余よりも  逆に余が  扨は余の  直ぐに余を  且は余と  子供が余に  先も余ほど  充分だから余は  たかと思えば余の  贋電報まで作って余の  一条から余は  顔を見せて呉れねば余の  折を得て余から  素性を聞いたでは有ろうが余は  刻限より余ほど  二丁の余も  今まで余が  事ながら余は  首を出し余の  反対に余から  着物が余の  訳に行かぬから余は  のを見て余は  三間ほど隔てて余と  美男子だが余は  人は余と  気遣いもなかろうと余は  窓から余を  相手に余を  秀子は余の  今までに余に  事やら余には  辺にたたずんで居て余に  逆にとは思うけれど余は  浦は余に  浦が余の  爾ならば余も  様に余ほど  物に隔てられて余の  先からも余を  早や余と  明らかに余に  宛も余の  様に余の  無言で余の  頓て余と  様子は余ほど  斯う云って余を  心配した余  婆は余ほど  是だけが余の  室を余の  内かは余に  流石の余も  血は余が  うち凡そ一時間の余も  様子だから余は  そうに余の  長三も余に  是が余  顔を余の  逆に余に  恟りして余より  孰れにしても余は  顔が余の  のを余は  シタが余ほどの  虎井夫人に対する余の  事でないから余も  様で余を  狂言に載せられた余  孰れにしても余の  併し余の  枕として余の  下部に余の  四階に在る余の  紛失よりも余の  前に余の  説は余の  彼が余の  事は余が  所へ余の  全で余の  根西夫妻が余を  アノ時も余に  シテ見ると余と  夫人も余ほど  不幸が来るかも知れぬと余は  高輪田長三は余ほど  のでは有るまいかと云うので余の  是は余の  斯うなると余は  一に余は  様になれば余は  之よりも差し当り余が  浦が余に  のは余は  位で余の  組織だから余は  了ったけれど余は  アノ手帳には余ほど  哩と余は  巡査も余ほど  可けぬと言い張ったけれど余の  是も余には  様に聞くから余は  何事だろうと余も  日も暮れたが余は  貴方は余ほど  眼目か余には  者では有りませんと余の  最後が余と  秀子が退くと引き違えて余は  上で余は  是からして余が  叔父が余と  浦は余と共に  以前に余と  彼は余が  様に余を  事件に就いて余ほどの  気になるかと思えば余は  頼みにするかと思えば余は  彼も余と  シテ見ると余ほど  唯一度余に打ち明けて呉れさえすれば余は  権田には打ち明けて余には  様では余ほど  間は余ほど  時が来れば余と  秀子と余とを  災難は余の  時は余が  他人には分るまいが余の  夫だから余は  当り前に出たけれど余の  言葉に余ほど  手帳を盗んで送って遣ったなどで分っては居るけれど余は  臭気が余の  シレ者を附けるには余ほど  不都合なは余の  内に余と  光に余は  扨置いて余が  早や余よりも  令嬢であろうと余は  気に掛ける余が  同様な余の  粉々に為ったかと余は  一人は余と  一人は余  有体に云えば余は  力自慢の余の  者は余ほど  曾て余が  中から余に  馬車は余が  前だろうと余の  初めは余に  犬は余には  出し抜けに余の  後には余が  運命を余の  事に寄ると余は  以て知って居たなら余は  者だから余は  医学士が立って来れば余は  何であろうと余は  是を思うと余は  事は分らぬと余は  温かに余の  先が余を  ナニも余が  明かりと共に余の  厳重な余の  室へ余が  畏縮して余の  是だけは余に  音を聞きて余は  今思うと余は  徒らに余を  時に余が  斯う思って余は  微弱では有るけれど余の  度に余が  話では有るが余には  イヤ夫とも余の  併し待てよ余の  ひそかに余の  斯うと分れば余にも  見得で余に  多分は余が  間に余は  頓て余の  丈夫な余さえも  言葉では余が  夫とも余が  白痴は余の  短銃を取って余を  穴川は余の  様子では余の  のが余が  是だけ云いて余が  多分は余を  殆んど余の  中にも余を  怪しげに余の  言葉に依ると余が  曩に余が  件を余に  密告で有ったか余も  巴里行の余の  彼も余が  げに余を  度い余の  張り開いて余の  様に云うは余ほど  何うか余は  叔父は余が  今まで余と  夫を書き替えれば余の  直接に余の  秀子に対する余の  競争に余が  衣服も余ほど  室から余の  確かに余が  彼が余よりも  熱心に余の  併し余よりも  確かに余に  命までも捧げても厭わぬが余の  叔父に招かれ余と  幾分か余を  者に余の  御者から余の  暗室へ入って余を  鉄扉を開き余と共に  のを余に  蛇が出るか余は  顔で余の  先生は余が  余を欺き余の  時秀子は余の  是だけで余が  外に余が  穴川甚蔵が余を  甚蔵は余に  心臓に余ほどの  奔走した余の  先生は余の  戸を開き余に  秀子と余との  捕縛せらるれば余と  幾度も思い定めるけれど余の  秀子を余が  為に余に  秀子を余に  彼と余との  腰を卸した余の  目に角立てて余の  秀子が余の  室で聞いて居ると余  爾と知ったら余は  露出にして余に  権田時介は余の  是だけ云って余の  最後に余の  時まで余は  権田時介も余と  様に余に  事には余の  評判の有る余に  勤め荒仕事を余に  探偵は余の  余には余だけの  慈悲があるけれど余の  言い分では有るけれど余は  目に逢わせたならば余は  時介は余に  者なら余は  顎をしめ附けて居る余の  言葉に応じて余は  背後から余を  一語を残して余は  事で余は  安心だから余の  意外では有るけれど余は  話を聞けば余は  時には余は  之を救うには余ほどの  ときと余ほどの  彼も余の  残念と思うだけ余の  愛は余の  権田は余の  絶望した余の  是から余は  次第だから余は  違いないと余は  重みを余の  嫉妬が余が  問題であるから余は  事をするは余に  浅薄で余は  時は余も  つもりの余にも  夫れから余も  向ては余が  官能に媚び余が  発揮して余  金を余  煙草を呑んでいるなと余は  椅子に余は  部屋は余の  背表紙が余の  この間まで余の  連想があるでしょうと余は  六十に余  浮世絵は余を  試に余の  散漫なる余の  想像するに余  著述にして余の  夥多なる余は  きが中に余の  肖像を見れば余は  手腕は余の  構成につきて余の  正反対なるを以て余は  年より余ほど  云ふことは余ほどの  落着く余  望みも余は  縁側から余を  彼女らは余の  いずれも余と  一句したためて余に  連盟は余の  妻女山なる余の  信玄が余の  信玄は余の  信玄は余が  山伝いに余の  日没と共に余の  軍兵は余の  夜明けを待つには余の  隙を見て余は  軍配をかかげて余の  学に荒める余に  四月一日を以て余は  安部兄と余と  而して余  兄が余に  而して余が  兄と余と  ひとり責は余に  猫は余にな  心の余  病床が余には  人であるけれど余は  ついでに余の  のは余にと  なぞにては余の  無事庵と余と  事をいふと余は  のであるから余は  八十三里の余も  百日の余にも  二両の余に  百四十日の余に  半年の余に  二時間の余  百円の余にも  井戸で余の  頭からかぶつて余と  婦人と余と  夢中にて余の  妖怪研究は余が  人は余に  それゆえ初めから余の  事は余に  羅して余が  報知の余が  魔物来たりて余を  察するに余  氏は余に  冴えが余に  働きが余に  智が余に  其処に出すべく余に  年よりも余ほど  一銭銅貨が余ほど  海鼠の如く伏し居るほどに余の  彼は余に  ことが余ほどの  自白すると余は  不幸にして余の  ペリカンは余の  無精な余は  経験な余は  幸にして余の  ペンにすれば余の  ペリカンを追い出した余は  近頃の余と  主人公である余の  印象だつたか知らないが余は  彼から余に  張つた眼は余の  稍ともすれば余の  偶然にも余に  常々善蔵氏は余に  つぎに余が  渉漁する余  死とは余ほど  説明しないと余の  於ては余も  機会を見て余は  ものであったなら余の  ために余も  間接に余の  次は余の  徒らに余の  やうに余の  一番先に余の  左様に余の  人には見せぬとあるが余は  六図は余が  責任をも余が  苦心の余に  真似をやっていたが余は  これは余の  二間の余も  戦死せる余の  君と余とは  終焉記なればとて余に  君と余と  君は余よりも  四五米の余も  千貫の余も  一米の余も  子規は余の  子規は余が  遠くから余の  感覚も余ほど  一月の余にも  四十年の余も  全権を余に  粒粒辛苦の余に  切りと余に  酒間に余を  切りに余にも  六夏期学校において述べし余の  ここにおいて余は  何が余  足をはやめて余の  所で余は  掛つたと余に  つたから余は  思つた朴の木は余が  人々が余の  尻尾を埋めて余の  礼を施しながら余の  万歳は余の  勢で余の  話だが余は  滑稽を脱せぬと云うなら余は  ように余は  字を見ると余は  字は余の  瞬間に余の  佇ずんでいる余の  下から眺めた余の  ように余の  こんどは余は  品物などは余の  斜めに振り返って余が  念を余が  感動を余の  人間は余に  必らず余に  人に隠したからと云って余に  皆浩さんが余に  ものを余が  不調法なる余に  日における余は  二三ヶ月間に余が  ところが余の  以上は余の  これが余の  貢献しようと云う余に対しては  十まで余が  独身の余と  得意がった余も  稱へられ余も  今小園は余が  草花は余が  寒気とに悩まされて弱り尽したる余は  めしが余は  桔梗などをうちくれて余が  八年前より余が  百年の余も  初として余は  玄子と余とは  其所で余は  變だと余は  其内部に余は  余は余と  實に余  今日は余  図は余の  広間にて余の  雑誌には余も  春陽堂主人来り余が  雛妓等先頃より余が  曳子は余が  邦字新聞に余が  戯曲は余の  平生丈夫なれば余が  子来り余が  泊りがけにて来り余の  出入するは余の  ころの余をも  小山内氏と余とを  看板を持て余  向て余は  沈黙を守らんと欲する余は  只だ余は  最後に余に  観察は余の  前後についても余ほど  つて居るのであらうと余の  遇ひたるといふ余の  終列車で余が  そは余の  境遇が余の  冷然として余の  代物を余は  連敗の余の  誠を余  一月の余もと  以上述べた余の  貴君は余に  これは余  貴君が余の  奇怪にも余と  京までは余ほどの  采女も余ほど  五ヵ月の余に  一片にして余は  十年の余にも  而して余の  これを余に  八万石ほど奉りて余の  五分間おきに余の  君が余に  岡村と余とは  いずれにもせよ余が  居たるが余が  苦情を鳴さぬと思えば余は  名前が余の  余を遣込めたれば余が  静かに余が  意外にも余に  事と思い余は  露ほども余の  是よりして余と  目科は余に  露ほども余が  殆ど一目にて余の  此時の余の  可き余の  心に分らぬほど余は  望みに推され推されて余は  唯だ余が  幾分か余の  目科も余と  読者よ余の  死骸を検め居たれば余は  一方が余の  青書生の余が  斯思いて余は  二人ながら余の  言流して余に  言掛けて余が  たるに余と  所に当れば余は  事なれば余は  細君は余に  感心せざるにあらねど余は  却ッて余の  言開きには余も  癖を生じたる如くなるも余には  者なれば余は  目科は余を  宛も余が  其眼を余が  為なるか余は  あらで余は  ざるやと余は  前に立たせ余を  検むる様子なれば余は  彼れ余に  露出して余を  無理に余を  眼にて余を  目科が余に  感心して余は  考合せば余も  目科は余が  所を余に  目科と余の  引立られしが余は  左すれば余が  個は余と  一間の余の  二時間の余を  前よりも余ほど  年頃を測ると余ほどの  先刻から余ほどの  これ困窮の余に  緞帳の余  時の余は  夜から余は  文句は寝ている余の  記憶として余の  当初から余に  上に絡みついていてくれた余の  院長は余の  通いもせぬ余の  空漠なる余の  ジェームス教授も余の  謝すべき余は  病院にいる余が  詩人俳人としての余の  年を取った余も  本文よりも余の  病中の余には  列仙伝を読むべく生き延びた余を  ために生き延びた余を  今の余の  前から余は  ときから余は  耳にした余は  東洋城は余に関する  三島から余に  病中の余に  方から余の  前に余は  東洋城から余の  裸連とは余の  趣向は寝ている余とは  二時間ほどして余は  驚ろいて余に  杉本さんは余の  眼を閉じている余を  今まで落ちついていた余は  医師が余を  人が余に  無知な余を  一言森成さんに余の  審らかにした余に  生は余に  余と余の  劃された余の  中で余の  何事も弁えぬ余にさえ  苦痛を逃れるべく余は  血を吐いた余は  皆新聞で余の  世界も余の  半に薄めた余の  着物が動いて余に  事に余の  機会をもたなかった余の  前後して余の  病中の余は  敷居越しに余の  下に余の  ものが余に対して  危険を余の  子供は余が  医師は余に  重湯を生れて始めて啜る余には  文芸を忌んでいる余の  眼を据えて余の  一年ならずして余は  母は余の  垢で余の  ただ今でも余が  いつでも余の  太鼓を余ほど  結果として余は  響を余の  山は余の  かく刈った余の  時の余には  #病中の余を  人は余を  葬われるとしか余には  嘱に応ずるかは余の  助役が余を  何もしなくとも余の  例ではなかろうと余も  登校したので余は  男教員は余を  助役は余を  羽生が余の  報に接して余も  青筋をたてて余を  先日羽生が余に  決算書類を余に  大佐と余とは  憎悪をこめて余を  マリ子は余の  いずれも余の  遺族かと思えば余の  マリ子は余に  羽生は余に  金槌をぶらさげて余に  世評は余に  村あげて余の  雨にて余の  速記を余の  講演者たる余が  読者に見えんとする余が  女を貰おうとしたから余が  一切は余に  西空の余  これより余は  そこへ余の  之を認め居る余の  瑞村と余とは  瑞村と余とを  端村と余とを  言を余の  身に浸みてきたので余は  擴げてきたので余はも  其責任者は余  多忙な余は  不親切な余は  人に対して余は  のだと余は  書を余の  一回を見て余の  チェルシーを眺めた余は  名簿に余が  物音は余と  黙然として余の  ここまで述べて余を  事ありて余が  旅に出しより余の  痛切に余の  甚しく余が  ものとは余の  默してあらんは余の  多くは余の  なりし余の  發表したる余の  鞭たん事は余を  ランプは余の  夢に余は  左側より余ほど  三合の余も  五年の余も  樽の余も  継子さんは余ほど  部分にても余が  否かは余の  讀で見ると余の  對であるから余は  後に余の  節に余の  乎と余は  ことであるけれども余の  就ては余は  就て論ずると余が  ことと余は  それゆへ余は  而して余も  そこに余は  のであるけれども余の  のであるけれども余は  説て居るけれども余は  譯であるけれども余は  年紀六十に余  君らと余との  親切に余の  而も余が  透谷と余の  透谷も余も  田舎道は余と  透谷は余が  応さに余の  切の余を  灯の余  祖先が余の  支配し余が  一日余は余の  悲観した余は  収入の余  盛栄の余に  思想境は余が  思想として余に  隔離の余を  壁間に掲げたる余が  一週間の余も  らは余ほど  ことを余に  ようにして余に  今度は余の  動物図鑑を余の  旅行は余も  者であるか余には  色こそは余が  金銭あり余  著者は余が  二十日も余  モウ一月の余も  百人を居きて余  TrillodelDiavoloは余が  焼き栗を出して余の  それにもかかわらず余は  事を言っては余と  息をはずませて余の  是とするは余が  滝以外は余には  何か余に関する  滝に余が  ものの余の  昔から余とは  顔だけが余の  シーンとして余の  時は余の  のかしらと思ひながら余が  滝は余の  囁きを余が  彼に対する余の  ことに就いて余に  今迄は余  鼾声を余が  動作は余の  他では余だけしか  ことで余に  遇つても余の  姿までが余にも  何時か余に  それは余が  夕日の余  汝等は余に  場所で余は  此問題に進まんとは余の  間に余が  それは余  のとは余ほど  ふだんよりも余ほど  のが余ほどの  

~ 余[名詞]2
その余  必ず余  時に余  もう余  ともに余  ことに余  大いに余  特に余  たとえ余  とにかく余  突然余  なく余  また余  実際余  たしかに余  一層余  更に余  いかにも余  けだし余  より余  もし余  尽く余  同時に余  又余  次に余  初めて余  あたかも余  さては余  やがて余  それだけ余  すなわち余  たちまち余  今や余  終に余  寧ろ余  はや余  もちろん余  即ち余  快く余  遂に余  これぞ余  よく余  折々余  果して余  亦余  其の余  最早余  要するに余  猶余  なき余  暫く余  恐らく余  少々余  若し余  ますます余  然るに余  ふと余  しだいに余  乏しい余  この余  ちょっと余  ひどく余  悪く余  早速余  少し余  深く余  なお余  しばしば余  やはり余  たしか余  わざわざ余  とうとう余  残らず余  全く余  悪い余  よしや余  既に余  易き余  再び余  依然として余  嘗て余  さらに余  とくに余  毫も余  もしも余  直に余  とうに余  甚だ余  愈々余  これから余  しかるに余  乏しき余  なぜ余  殊に余  決して余  まだ余  まるで余  すぐ余  共に余  直ぐに余  容易く余  何しろ余  単に余  後に余  勿論余  く余  直ちに余  実に余  とても余  聊か余  猶も余  素より余  忽ち余  取り敢えず余  間もなく余  後で余  時々余  畢竟するに余  到底余  遽しく余  何だか余  軈て余  却って余  強く余  真に余  何でも余  どうしても余  早く余  奥深く余  先ず余  思わず余  ついに余  一々余  げに余  痛く余  遽しい余  暫し余  どうも余  転た余  しかして余  概ね余  もとより余  おのずから余  常に余  如何に余  果たして余  たまたま余  まず余  ない余  往々余  屡々余  未だに余  どんなに余  何やら余  何故余  現に余  暗に余  とうてい余  いささか余  頗る余  改めて余  厳しく余  無く余  別に余  なし余  ちらりと余  できるだけ余  おそらく余  弱い余  ようやく余  いつの間にか余  絶えず余  ことごとく余  長く余  遠慮なく余  しまいに余  優に余  薄い余  同じ余  難き余  しばし余  そっと余  悉く余  ひっきょう余  必ずしも余  

複合名詞
余吾  余輩  余輩出  余沫  四十余歳  十日余  二十余年ぎり  野翁憐稚孫余  六月二十七日三間屋余出獄之後  家人余  十余年前  余ツ  余まり  余つて  酒余  余処  余意  くも十余句  二十人余  余ッ  十余年前大阪  こと三百余年  千四百余坪  枢要地六百余坪  四十余日ぶり  十余日ぶり  五百余名  八〇〇一万余  二十余名  晩余  余これ  三千里余  海路八百海里余  千八百海里余  余ここ  余一句  ただ余  海路一千六百五十海里余  海路一千四百マイル余  一千五百マイル余  山勢屹然千仞余  こと二週余  余輩ここ  二尺余  十余年目  余盃  十余年前十銭買つた鋏  余年二十以後  六百件余  百余冊  こと二十余日  寿陵余子  独り寿陵余子  余幼年  余幼少  家君余  翌年余十五歳  春余家母  余五六歳  余従つて花鳥  余十一歳  片山余  余十八九歳  余従つて句読  余頤養  余微力  余甫め  一千余  余家君  余資  余弱冠  池部竜右衛門以下手負死人二百余  者二十余万衆寡敵  余世  余ハ世界人類  いま余  左ニ折レテ十余町スレバ浜辺  想起シ六十余年後  二十余年  たる余  百七十余通  二十余年間  余殃  余殃かく  余論  存余堂詩話  余年十七八  結果百余  百余名  四尺余  五十余名鉱毒問題  八十余年前  七十余年  競爭余等  余等二人  これ前日余等三人  その後十余年  余残  寸余  是余  余流  文櫃十余合  二十余巻  余行  二百余箇度  十余年来念仏  こと十余反  調理法余  余自ら  後志國余市川村  結論余  当時余輩  一屋無余  天智天皇九年一屋無余  その後余輩  くも余輩  余輩同人  当初余輩  寺一屋無余  七十日余  余先生  二百五十人余  一町余  三十余年  余勇  余悠綽々  大小六十余度  百二十余年前  十二畳余  その後三十余年  八尺余  門弟百余名  三尺余寸  こと六十余度  吉岡一門百余名  一ヶ月余  十万余  梅余香以居士  余瓶  四百頁余  余つて自殺  偶然余  余り余輩  丁度余輩  当時余  時分余輩  天文十八年以来百余年  九十余歳  八十余歳  七十余歳  はじめ六十余州  十里余  後余  短歌二百余首長歌十余首  頃余  余ら  余問  一日余  奈何せん余  神先づ余  蕪村忌写真中余  余等  余つて前  三十万余  余煙  余外  壱万金余  申壱万余金  其壱万余金ハ品物ニ  合テ三両二朱余払フ  術数有レ余而至誠  四十余年  年五十余歳  十余年前銀座  さ凡そ十余丈  十余年以上  拮据十余年  六百余枚  余みずから  八百枚余  三十分の余  三千四百トン余  二三町余  まつたら余  余薬  一万五千余  二千余騎  三百余騎  二万余騎  十余年後  過去十余年間  余文壇  がため余  これ余  仕草六十余  余倉皇  一ヵ年余  子供達三十余名  千余年  九百余年前  余族  十余代二百幾年  三千余方  余輩これ  二千余年  方二間余  三貫目余  三丁余  一百余米突  さ一間余  丁余  一丁余  里余  こと十余年  四十余ニハ  つて三十余日也  二十余里  二十余町  余党  余自ら頭  オオ余  今日余  余時  余江戸  余爲め  四百余  十間余  小荷駄馬二百余疋  二ヶ年余  千余  らば余  級友余  女学生余  ども余  今余輩  たび余輩  九十九万余  余輩もと  余輩学問  六十余州  百余頁  余つて滝  三百二十余頁  余融  是ハ余等  余モ  持余  十余年  二百余年  四十余片つなぎ  開基五百余年  その後十余年嵯峨天皇  六百余年  六百余年間  五十余年  二十余年前  二十余疋  七百余首  同志張飛その他二百余  軍五百余騎  五百余騎  こと一万余  五千余騎  五百余  数一万余  烈戦二十余合  余茲  十余名  兵三万余騎  二百余里  幕営二百余里  兵千余騎  五十余里  渺茫三百余里  一万余騎  一万余  一万余兵  射手千余騎  旗下一千余騎  歩兵八百余  旗下三百余騎  五百余艘  軍船五百余艘  こと三十余合  三十余騎  百余里  沿道百余里  余モグラ一等下士  一年九箇月余  こと五十余年  所領三千余箇所  三十余国  読史余論  一箇年余  勢一千余騎  ほか十余将  五十余合  三万余騎  十万余騎  百余騎  兵四千余  こと五十余合  百余合  千余騎  余杭  三十余名  軍馬二百余頭  こと二百余合  晩二百余頭  一千余首  神日本磐余彦火  神日本磐余  万余  三千余騎  こと百余里  六十余日  許田二百余里  漢室四百余年  精兵百余万  八十余里  余戯  余算  父たる余  余四十一  過去七十余年  余自身  余恩  百十余  部下五百余騎  軍勢七十余万  三十余里  二万余  五万余騎  四十余声  余一人  つる余  唯余  此時余  間余  以下六十余行  十二年間余  九百余年  百余艘  呉郡余杭  兵糧車七十余輛  八十余万  おのおの千余騎  七千余艘  会稽郡余姚  東呉十余万  兵船五百余艘  五十里余  三百余里  以後二十余年  幾何学十余題  さ二間余  二十余金  十余金  五十余名  三百余艘  手勢五百余騎  小艇十余艘  兵千余  こと三百余頭  交戟三十余合  部下五十余騎  烈戦八十余合  四百余年  二十余艘  十余丈  従者五百余  関東勢二十余万人  七百余騎  兵七百余騎志  前後四十余年間  二万余首  余音  なほ嫋々たる余音  むや十余年添  十余  余つた卵  途中三十余ヵ城  こと五十余日  兵一万余騎  一時間余  一里余  半月余  とき百余  三時間余  余まりトンチキ  六十余  百余畳  さ余つて  建国二千六百余年  八十余艘  十余里  さ十余丈  五万余  軍隊三十余万  南蛮兵五万余  七十余万  こと三十余年  蜀軍七十余万  七十余里  七十余齢  四十余ヵ所  八百余里  二千余万人  余醺  とき七十余ヵ国  むしろ余  頃日余  ば余  大臣六十余名  延べ百三十余名  二十六万有余円  こと四十余合  軍勢三万余騎  十余条  五千余  自身二千余騎  半歳余  千余輛  一ヵ月余  三十余日  擒人ども六十余名  槍隊千余騎  こと二十余里  余閑  ラ余饒アリ  ニ余帛アリ  百余歳  余物これ  工匠三万余  ごとくに余  余味  原野三百万坪余  馬匹五十二頭牛七頭蒔付一町余ソバ  十時間余ドライブ  七十余両  七里余  一万円余  一間余  暫らく余焔  嗣一万余騎  一巻余  貝塚ハ石器時代人民ガ食余  余まりおいで  あなた余まり  余戯みたい  直径一寸余  余之  千石余  意余つて言葉足らず  三十分余  余材  さ二尺余  こと三十余年前  余今試験  一カ月余  六万六千六百余坪  余楽  二万三千余  あたり人七百余  神社仏閣三百余  牛馬二千余頭  二町余  余一己  唯余自身  さ一メートル余  幅一尺余  三百余年  つまり二十四尺余  益余  つて余  否余  とき余  三百余種  三十余万  十余万  今百余  六里半余  丁度八里余  十二里余  余今年  為め余  歳暮余日  一丈三尺余  王余魚  王余魚明神  余照  最近二十余年来  さ二百八十間余  八十三州中六十余州  六十余年  磐余  余今  二千六百余年  二千六百余年前  陳余  四十余  百九石余  実験五十余種  切先きが余つて創  余巌峰  余一行  余心  余無事  かつ余  二百四十余万石  兵五千余  六十余万石  兵二千余  決戦三十余合  三十余合  越前勢一万余騎  総勢五千余騎  初め百余人  4米余  身長三尺余  十余年前村  二ヵ月余  小田原包囲百余日  日本六十余州  六十余州平定  年歯二十余  筑前五十余万石  総勢九千余  六十余歳  人口一万余  余業  寺境六百余町歩  当時十日余  その後余  千百石余  二十一億余  余生田氏  余覺  その頃余  尾上菊五郎余  猪場毅余  明治年間四十余年  板三木愛花著東都仙洞余譚  増長天王二尺余  余言  余つた揚句  是レ余輩  人ヲシテ奔走ニ疲レ余議ナク其法ニ従ハシメント欲スルナリ  余輩天道  余まり分別  六里余  三尺余  二週間余  七十余間  道幅五間余  商店百三十余戸  病余  四十余年来自分  當時余  貴様余ツ  都合其勢六千余騎  余瀝  首数六百八十余  余曰く  焼失家屋五百八十余戸  九十余種  丁度余  殆ど余  翌々日余  この頃余  すべて余  多年余  道灌山以来余  ば余今ここ  誰か余  余音嫋々  当事者たる余  由来余  際余  余一人座敷  余烈  三十余年前  先百二十余年前  俗法師考余編  百三十八石余  こと十余  当時余等  日余  さき一里余  毎週十時間余  五十余歳  余我  当時三十余歳  三百日余  余吾湖  余スナワチ金博士  余ガ数十年以前ニ研究ニ着手シ  王余魚七枚  一余  五億円余  千余名  前後二十余回  余リ乱暴  ドウ考エテモ余リニ  道子ガ人妻トシテ余リニヒドイ乱行ヲシテ居ルノ  なら余  余俗  藤崎余一郎  米九合余  こと十余日  評論集十余万部  六十余町歩  山林七十余町歩  十余尾  業余  余まり能  余風  つて一里余  二千冊余  七千余円  二千余円  百余日  一尺余  三三万余  八〇〇余万  七千余万  余水  下一町余  町余  六十余名  余燻  方宅十余畝  十余間  結廬十余間  余望青山歸  詩余  帰後余  余敢  激戦三十余合  十三余士  余アマネクこれ  供侍三百余  軍三万五千余騎  余吾床  氷点下二十余度  余岐  沿道三百六十余哩  二百枚余  二十日余  白髪蒼顔万死余云々  余まり眼  僅二行余  尺余  衒つて余外  百余円  女学生三名余  十日余滞在  九十余枚  五十余篇  五三万人余  四二万人余  二千九百米余  周囲一尺余  熱海検事以下十余名  身長五尺六寸余  百余哩  団員廿余名命令  二十余名一斉  彼等二十余名  南半球五万哩余  焼余  只余熱帯樹陰山  ホテル四十余戸  市日本人三十余名  悪道二マイル余  一日十余時間  余後  余輩天  百余  さ二十尺余  太平百余年  三百余万人  四百余頭  駿河以東十余ヶ国  梟首三十余級  もの三千余級  八百余騎  震災余譚  一秒余  其夏余  総員四万余名  四万余名  二米余  一万余名  三千余名  信徒一万余名  全員三千余名  三万余  余齢  三十余年後  三千余メートル  総勢七百余名  余影  其上余  二時間余  其後四十余年間  代表者五十名余  余以爲  最中余  十人余  六十余通  さ二丁余  もろくも余  万一余  初学者たる余  余心中ひそか  四十余年前  二十余章  登り二十余町  余紅  もの十余句  十余句  邦千余年間  余肉  余贅  大分余つて  余自身近藤  宮部鼎蔵等総勢二十余名  戦闘一時余  南保余一兵衛  余席  一週間余  余輩明治文学  もの十余  二百三十余頁  余五郎景政  余五郎  余五郎  さ九尺余  余五郎どの  千余年前  余天休  道具二十余点  十月余  余衆  独り余輩  百余級  五万石余  二万石余  さ一万坪余  二百五十余年  五十余基  所余  二十余年来  四十余年間  筑前七十余万石  徳川政府二百五十余年  一尺三寸余三百匁前後  一尺五寸余四百匁前後  七年目一尺七寸余六百三十匁  一尺九寸余八百五十匁  二尺三寸余一貫四百匁  二尺五寸余一貫八百匁  三尺二貫七百余匁  一世紀余  兀兀三十余年  百十四万余  本日余  十余例  余つたの  二十円余  有力者六十余名  司法当局四十余名  有力者二十余名  臨時傍聴者三百余名  一行五十余名  五十余年間  余頁  七十余城  三ヶ年余  四時間余  三十余たび日暮れ  さ二寸余  余温  艇内百余  九十余年  四千余万  六百余騎  二寸余  二千九十一万余票  星霜二十余年  百六十余円  十余軒  五十余円  三十余組  一銭余つて  大小七十余藩  団員二十余名  三百余名  過去四十余年来  四十余里  方四百余歩  もと余輩上京  三百人余  児女百三十人余  四十余年後  数年来金沢市内三百余町  西秒速十余メートル  十余メートル  附近二十余軒  百合子凡そ千余通  百二十余日  一千余句  その他十余名  主従二十余騎  一刻余  北条氏百余年  余等三人  一人余  秋余  社員たる余  みんな余  十両余  重立たる余  二百余名  八千余騎  生後二十余年間未開  余処目  三十余時間  ほか百名余  満座百余  十七銭六厘余  八十余日間  顕官紳士一千余名  その後十余年間  八十余種  力余  五十尺余  一万余坪  家臣七百六十余名  一戸当り一町三反三畝余  一万七千余円  五尺七寸余  一枚二円余  三十余頭  頃二十余万坪  警固五十余騎  いつか七十余日  七十余日  まま七十余日  余習  余同意  全体余  一時余  文壇生活四十余年  現金八十余円入  意余  四十通余  鉄穴二百余ヶ所  余累  余殆ど喪心  百余年  二十余年間一日  其他既往三十余年間  二十余年間国民的運動  十余年間  総て既往十余年間  二億五千四百万余円  四十余万円  一百余  二千余  十余日  一族百名余  一座七十余名  二里余  部下五十余  ここ半月余  百日余  ここ百余日  作一千余首中  損害賠償金三万余円  二万円余  十七間余  警衛軍一千余  兵六百余  四里余  二百余騎  八十余名  四百余名  篝屋武士千余騎  七十余騎  米金貨二百三十ドル二六余  邦貨換算四百七十八万余円  百四十六万余円  百九十八万余円  金貨五千三十三万八千余円  一円銀貨四百八十六万三千余円  十銭銀貨一千一百二万一千余円  弟余  百余万円  元来余  十余年日本文学史  九千余両  千余円  四ヶ月余  九千余円  一日平均五百余円  さ十七間余  余ハ  これみな余  の余銭  余曲折  東二里余  家の子郎党三百余騎  首七十余級  二十余丈  楮余  坂崎余党  六十度余  二万七千余騎  七百余艘  二万数千余  二百余艘  合計三十余名  新手一千余騎  西方二里余  四千余騎  七百十万余  六百万余  さ一マイル余  十一万八千余ポンド  六十フィート余  紀元前一千二百余年前  長者モ三尺余ニ  五十余帖  大小二十余  七千余騎  精鋭二万余騎  本軍七千余騎  兵二万余騎  願文四百余字  関東二万余騎  二里余  六波羅武士四百余名  大将二万余騎  総勢二万余騎  敵二万余騎  遠征二万余  鎌倉軍二万余騎  白兵戦六十余たび  大小百余艘  八百七十余体  六百台余  百余年以前  其長九尺余  余九麿  十余人  余手  三十余歳  二十余年めぐみ  籠城半年余  百七十余日  一千余騎  余一  日本六十余州限り  供人四十余名  供四十余名  六十余年後  十頭余  三里余  余義  二十種余  最初余義  大小百余篇  十四万人余  余物  一族臣下百余名  人々四百余名  教師信徒四百余名天川  五十余年切支丹屋敷  ポルトガル公使一行六十余名  七十余年前和蘭  かた千三百八十余年寸土尺地  一余明治三十五年春四月  四余  余水吐  いつか三千余騎  こと八百余里  数六万七千余騎前陣  二十余家  精兵一万余  三井寺大衆一千余  半日余  百余年来  うち二百余そう  兵船二百余そう  船三百余艘  十余畳  十町余  一里十余町  余嘗テ山東洋ニ問フテ曰ク  爾後十余年  三百六十余日  千円余  七百余頭  百里余  標高六千余尺  凡二十余年  以後五十余年間  一つ余外  勢余つて  七十余名  二十余歳  こと七十余回  十七里十町余  千七百五十八町余  探題十余年  八百余  多々羅ヶ浜一里余  大小四百余そう  大小五百余艘  軍船千百余艘  八万余騎  公称六万余騎錦旗  人口二百二十一万八千余  十余年間苦心惨憺  饒歌余譚  南北険ド三丁余  首トシテ浴楼箆頭肆ニ造ルマデ幾ド一千余戸ニ及ベリ  余ハ推シテ量ル可キナリ矣  千余里  二百余  千余艘  五百騎余  ら二十余名  六十余機  温度百余個所  余ほど後  二十余軒  さ三尺余  女人連千円余  五十余通  右五十余通  三百八十余年前  千六百十余年前  余知十  兵一万余  首級二百余コ  余賊  幕兵千余騎  六十余間俄  余党検挙  足利勢万余  二箇月余  盲人四十余名  四十余面  信者二百余名  人数一万二千余  四千余  数十万余  こと三百人余  以来五十余戦  黒田勢三百余  軍十二万五千余  こと二百余年  十余年ぶり  余汁  相撲連三十余名  余まり近頃  余まり爺  後十余日  十余台  知らず余  百円余  十余年そこ  余気  の余  廿余町  人六十余輩  亭以下四十余宇焼亡  こと二尺余  一つ十五銭位一斤余  五百余篇  余唾  過去二千余年  こと二十余年  敗余江戸  一千二百八十余年以前  二百六十余字  千三百余年前  二千五百余年  五千七百余巻  余はさ  云ふから余  三万六千余名  百八十余名  百余年前  いつか余  千余枚  さ一寸余  十余日淹留  三十余年召仕  一か月余  二丈一尺七寸余  三百六十余巻これ  神余  雑掌神余  三倍余  三十五万九千九百九十九円九十九銭余  千三百三十三億三千三百三十三万余円  始め十余名  十余枚  余雲  八里余  此際余  五尺余  以来三十余年  三百余首  三十余州  三ぴんの余党  別段余外  二万六千余  光秀旗本五千余騎  二十余年以前  それなり余  今余  両側二町余  二百余枚  三百余年前  七十余  二百十余年前  五十余年前  十余町奥  さ尺余  さ四十余歩  二十余歩  余放吟  十余頭  二十余年前大野徳太郎氏  春秋二十余年  事余  選定セシメ其残余ハ於菟  遺言余ハ少年  スト信ス余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス宮内省陸軍  余死  美徳余つて  六十余州三百諸侯  余烟  さ余  六十余州ひと  十余日滞在  十余年前粉河  百余坊  振舞ゆえ余  尤も余  角余  更余  ワ余  昨夕余  余自ら怪美人  翌朝余  者ゆえ余  イヤ余  自ら余  オヤオヤ余  トサ余  スルト余  多分余  余自ら好み  一同余  昔余  一つ余  唯一度余  はた余  真実余  余たる者  サア余  為余  幸い余  余自らペイトン市  ナニ余  生憎余  大変ゆえ余  凡そ三十分の余  昨夜余  幾等余  まま余  代り余  程余  余一言  彼余  余り余  たび余  エエ余自ら  余自ら此  先頃余  以後五十余年  糧船二百余艘  解放以来五十余年  千二百八十余年前  五千六百余頭  千十余年  人民七十余名警官数名  もの六十余名  隊員四十余名  三百余侯  百余年昔  余脈  さ寸余  儘三十分余  六時間余  余一郎  余一郎殿  三寸余  二十余年後  根颪一万尺余  三十余  千万フラン余  是余一人  七百余合  三万五千余巻  三万余宇  なほ余  三間余  むるに余  余五将軍  髑髏総べて五千五百余頭  廻り九寸余  余戸  謂つて余戸  百余年以来  二百余貫  八十余年  の余義  二尺八寸余  南方二十余キロ  もの十余万人  東西南北二十余町  あらば余  余僅  年三十余歳  文政六年年六十余  余輩甚これ  二十余種  絵画凡そ二千余種  なほ七十余種  事十余年  百余枚  事余別  江戸二百余年  中余  余一度び西洋  如く余  とも余一個  シャニムニ余  つまり余  あと十余日  かく余  余ら八千  一千三百余年  上宮太子降誕一千三百余年  事一里余  余曰く時  余曰く余  忽然八十余名  余まりフザけた口  少年少女二十余名  余まり馬鹿  三十余年以前  男女三十余名  八十余  周囲七十余里  以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ  九十余度  附記余  余みずから物  余焔  余恵  十余町  五千八百余石  五百八十余万人  二○余  節いふ余  九○余  余斎  二十一○余  二十二里余  久留米二十余万石  百六十余町  産子町百六十余町  十一万余  袤一円十町余  檜榑二十六万八千余挺  土居四千三百余駄  日本紀元二千五百余年来  八十六里余  二百余年前  二十余階  少時余  現在戸数六十戸余  戸数三十戸余  五貫余  七十余円  余吾将軍維茂  その後十余日  七十余日間  壮士四十余名  ク二十余ニナッテ  せがれ余一郎  余一郎  余一郎ら  三十余万殺戮  歌余  一弗余  庚子歳余東征  去年夏余復東征  余韵  下流里余  余つた露  病余失意  公余  二百余坪  六十余年前  横五寸余  三十余枚  書余譲後信  三十余年ぶり  ば余ら  在世三十余年  余従二成隆  余申云  奥羽両国一万余  二十余日  五十余端  十余両  二火三千余町一焼失  持主たる余  半ば余  其時余  近頃余  とも余  つた余  云つて余  二千五百余年来  上等船客四百余名  海上二十里余  廿余名  九十五万五千余名  小作人十余名  チャカポコ二百余年  高名二百余年  かたふんぱつ勉強二十余万  十万余石  中流呉起が立策七十余城  余一里  余綾  地上七十余尺  一ペエジ余  事五十余町  余流赤堀家  余蓄  四百余歳  ども余輩  余輩不敏  余五将軍平維茂  余輩今  余食  五百余里  千十余年前  三尺余周り二  ただ余けい  その他二十余年  幸徳秋水以下三十余名  初め三千余名  総額二億九百六十余万円  十億二千万円余  十余戦  こと一間余  痴漢五十余歳  以来余  幼時余  長尾猴万余  時民丁五百余口  親交十余年  犬仲間百余名  年々十余年間  男女十余名  北二里余  一時百二十余名  百二十余名  十余石  余未見  余未刊  余つた  余兼而三航蝦夷日誌  七十余年前  六尺余  九貫三百三十五匁余  百人余  身の丈六尺余  政之丞成余  成余  祖父成余四十二歳  成余四十三歳  成余四十四歳  成余四十五歳  成余四十六歳  成余四十七歳  成余四十八歳  成余四十九歳  成余五十歳  成余五十一歳  成余五十二歳  成余五十三歳  成余五十四歳  成余五十五歳  成余五十六歳  成余五十七歳  成余五十八歳  成余五十九歳  成余六十歳  成余六十一歳  成余六十二歳  成余六十三歳  成余六十四歳  成余六十五歳  成余六十六歳  六月二日成余六十七歳  頼余一  七十余大名  十余万とも号  刊本写本五十余種  たぐい三十余冊  七十余年間  一千余年前  二百円余  三千余里  悲む余  三尺八寸余  三千余キロ  はたち余  著作者たる余  十余年前子規  一村二十余戸八十歳以上  猫族余  四十余日  八百三十余万人  藁筵三千八百枚余  今余ガ思フマヽヲ書キ綴リテ  ソハ余ガ一家言トシテ宥シ給ヒネ  ルハ余モ同意ナレド  余輩ハ  余ガ曾テ  余其家  其蔵品目録ハ余ガ家ニモ有レド  以来二十余年  二千円余  二十七年来求二余文一  余素  詩三千余篇  余処々  三十余花  四十分余  一里半余  はじめ一千余名  二十余年前私  三百円余  凡そ二千余  余軍  うち二千余  七万五千余円  二千余万  六年間余  八十余編  六十編余  夕暮余音  余いふ四円  半年余  二千余年前  こと一里余杉樅  手余  三百余年繁栄  五百人余  かに余  早晩余  大抵余  大衆運動三十余年間  尤も余輩  伊余  余科  のみ余  三百余万  三十余名検挙  木村二時間余  早々余  それ切り余  余等五人  十余年来  余モコノトホリ元気ダ  余ハ今年  全国六十余州  余起  余以前  余両三年来折  余烟断膓亭  余今日  余落人  余風労  余妓  余居邸  外余  皆余  人中余  余はか  七十余日間病牀  四十余万平方キロ  余此際  余鳥辺山  明治二十八九年頃余  余帰朝以来十年  故余  もの余  母上余  三子余  其家余  堀口君余  帝国劇塲支配人山本氏余  余甚光栄  余徃年今村君  余銀座  松莚子余  余東京  余一睡  百合子余  余政治  晴天半月余  余腹痛  屍体陳列所紛失屍体たる余  七十余種  アヽ余  共余  銅像建設費五千余円  六十余種  先日来二百余名  朝夕起臥三十余年  周囲五里余  こと一升余  一〇〇〇メートル余  一人十日余  こと五十余時間  余徹宵枕辺  余七年間大学部教授並  一ヵ月余入院  四十三万五千人余  二尺四寸余  百三十万人余  四十余名  六百頁余  二千余里  こと百余年  百余国  所謂百余国  道法凡そ三百余里  凡そ二百十余  敗余  余州  万ン余騎  五千円余  高城二十余町  季忠以下五十余名  二千五百余  余説  貯金二千余円  余社会  四百ページ余  十余来年  百五十余名  二十余年以来  海抜四千メートル余  余鬼塚元帥  いつ余  今さら余  さ二十余尺  四十余尺  七十余畳  元弘建武以来六十余年  徳川時代二百六十余年  四十余枚  三百余頭  四千人余  余つたあげく  余つた顔  小泉丹等十余名  五十余頭  以下十余行内務省  余翳  余不文  当時余ひそか  八百四十余町歩風致保護林  余譚  羞みやの余  レリ筑波山ニアリシ樹ハ直径壱尺余ニシテ  一千余年  つまり一千余年以前  ナリ一寸余ニシテ皺  変化物ナラント云ヘリ当時余モ葉  さ凡一里半余  僅二十余年  余先頃  かね余  いか余  ろう余  先刻余  せり余  今朝余  のさ余  此後余  身長五尺五寸余  三府一道三十余県  一ヵ月余国府津  二十丁余  二百二十余万人  身長六尺二寸余  十里余  金子八百余枚  余馨  開演期間二十余日  三十余年間  五十日余  直径七十吋余  直径一尺五寸余  余姚  三十回余  十余歳  村落百十余ヵ村  百十余ヵ村  荻十余束  さ百余尺  百余反  さ五尺余  たけ六尺余  白鉄余  百余万銭  十余歩  南二百余里  こと二十里余  三十余丈  二千四百余種  こと二十余歩  一年前余  十余年前翰墨間  十余年前翰墨  百三十余年間  五十余巻  十余個  三百余家  月給百五十円余  三千六百余枚  四千余円  こと十余丁  迷信強き余  修善寺以来余  間始終余  退院後一カ月余  百余年間  二百余年間  三〇〇余名  焼死者十余名  四六判二百九十余頁  正味八時間余ブッ  村長たる余  翌日余  目下百余万円  む余一時衰弱日  もっとも余  一万六千余噸  大小二十余隻  三百余年間  余映え  つて耕地八千三百余町歩  外ヶ浜通り九十里余  南北百余里  藤原氏三代百余年間  きのう二時間余  落雷二十余ヵ所  六百余戸  床下三万余戸  四十枚余  二十枚余  十一万三千三百余  三たび地上尺余  二百余間  余言ついで  ば余処  余曾  著述以後二百余年  四十余篇  讀者余  先生余  乍併余  瀧太郎君足下余  就中余  乍末余  三束余  一万三千余種八万巻  ところどころ余煙  二十余年前笈  周囲三十里余  十分の余  労作二百余枚  壱里余  二十余畳  二百万反余  乗員百余名  七千余  余輩自然論者  余輩進化學者  余輩不自由意思論者  丈三尺余  二十余大名六百三十九万石  一万七千九百余両  余將  本書收むる所余  一ヵ月余音沙汰  余自ら之  貧者余閑無  余程度ぎつい色彩  三百余頁  間二十余町  凡そ二百三十七万人余  余つて机掛  余自ら案内  此戦国余習未レ改  余輩一学究  ば余輩  近時余輩  これ余輩  過去四十余年間  百五十余年  人口四十万余  千二百余年前  所謂余戸  道別余  八百余万円  余黙然  命奧津余曾奧津宮息長帶比  香余理比  池余曾多  さっき余  向い余  多分十余年  中ごろ六十余州  五百余歳  一言余言  十余篇  余ひとり  八ヶ月余  彼ら二十余名  五時間余  年内余日  二千余町歩  大字民七十余戸  七町余歩  もの二万二千余  五百余円  酒二百八十余本  十余里界隈  二百七十貫余  百三十余年  皇族二千余方  此石板ハ余ガ外祖父杉本樗園君ガ  是レ余ガ伊太利米蘭  此草紙ハ余ガ青年  柱五十余木  二反余  二百人余  神倭磐余彦  神倭磐余彦命  九百余艘  神倭磐余彦天皇  七万余騎  むるは余  余一個  余つた様  二百余年来  麾下百万余名  余悠  三百余歳  一つ二つ余つて  四百六十余頁  八百余年  三十余年間とも  十余万人  当時五千余  院主余  ため余  最初余  年齢十歳余  余道  尺余床  矢張り余  余以外  余以上  此間余  世紀余  国三十余ヶ国  大軍七万余騎  八百余年前  四万二千三百余  標高二千五百余メートル  二百三十余回  那須余一  色紙二十余枚  四十余日間  六十余年横浜  平家全盛期十余年間  余稿  船千余艘ヲモツテ  納経三十余巻  兵二万余  船五百余艘  物故捕物作家十余名  余欄  六十余度  九十余年前  千余通  先年余  こと二十余町  方々十余名一行  十間余  硝子板四百余枚  二百本余  茶余客話  



前後の言葉をピックアップ
ょんぼりとたたずんでいた  ょんわからんじゃったたい  ョーボ        余さ      


動詞をランダムでピックアップ
立ち塞がっこんとよむやるこぼしはびこる差入れ申し出で差招い飲込めこむみてとれるいきりたつ太っ賣れ注いとけこめひっ込ん恨ん鳴り出し
形容詞をランダムでピックアップ
丸きおぞましきむごう思いがけな冷たかっ蒼白し生臭く重おもしく素ばやかっありがたやすいかわいらしくっ凛々しくっかがやかしく気づかわしく早かろ固く憂き意地汚