「ほこり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ほこり[動詞]
見物人にほこり  朝恩にほこり  世界にほこり  

名詞

ほこり[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ほこりをかぶっていた  ほこりで白くなっている  ほこりでざらざらしている  ほこりにみちて  ほこりをつつみ  ほこりにすっかり被われている  ほこりによごれて  ほこりがネル類によく立つ  ほこりとする  ほこりを立てながら  ホコリを吸わねばならぬ  ホコリが非道いからロイド眼鏡も奮発せねばならぬ  ほこりっぽい顔を一撫でした  ほこりをかぶっている  ほこりとしてゐる  ほこりともしていた  ほこりとを持たぬ  ほこりのどっさりたまった  ほこりに汚れた  ほこりを払って上って来た  ホコリを払ってやった  ほこりで話にならないが  ほこりが立っているだけですよ  ほこりを払わせて下さいとたのみました  ほこりを浴びて  ほこりが立ちました  ほこりのある  ほこりが厚くついて居る  ほこりかに世にもあるかな  ほこりがたまっていた  ほこりをたてた  ほこりなり頃も弥生の春に咲き  ほこりは立たず  ほこりをはたきながら  ポコリと落ちる  ほこりをちやんと  ほこりが敗者としてのすべての損失をいつかつぐなひ得る  ほこりを保つ  ほこりをすてた  ほこりも甦り  ホコリの目立つ  ホコリを払って立ち去る  ほこりをもつとともに  ほこりたかい人間としての根気を失わない  ほこりをかぶった  ホコリ臭い風を入れた  ホコリや藁くずが取りついている  ほこりになり  ほこりが付いて  ほこりで鼠色になっている  ほこりをあげ  ほこりの煙をたてて帰って行く  ほこりをうちはらふ  ほこりになって飛んで行った  ほこりになつて飛んで  ほこりにまぶれ  ほこりにまみれた  ほこりをけむりの  ほこりの中に走りこむ  ほこりの中に消えて  ほこりの中に吸ひこまれてしまふ  ほこりの群は畑道から畑道へ移つて行く  ほこりの中につかつて  ほこりと子供の一團が村の森の中に消えてから  ほこりと人の長い列が畑の中道を動いて  ほこりが堪んねよ  ほこりの方で舞ひ  ほこりの中のわめき  ほこりが眞黒にひつついた  ほこりのけむりを  ほこり見する  ほこりのぼやぼや立った  ほこりがこっちの方へやって来る  ほこりの為にお日さまはぼんやり赤くなった  ほこりで白っぽくなった  ほこりをふきふき  ほこりと愛とがよびさまされているだろう  ほこりと刺激をこきまぜて  ホコリをかぶっている  ほこりがいくらでも天井から落ちて来る  ほこりを巻く  ほこりの手をはらいながら  ほこりっぽいズボンをはいた  ほこりをはたいたりしながら  ほこりの多い町を通りぬけてゆく  ほこりを忙がし  ホコリ臭くて息が詰り  ほこりをかぶって押し並んでいる  ほこりっぽい道を歩いて来て  ほこりっぽい街道を流浪して歩いた  ほこりを立てて転げ回っていた  ほこりをながめていた  ほこりをかぶってつかれていた  ほこりに噎せ  ほこりも尽きて  ほこりが落ちてゐたりすると  ほこりとを持ちつ  ほこりを払ふ  ほこりがふく  ほこりのようにのっていた  ホコリにまみれなければなるまい  ほこりは色褪せてしまい  ほこりのように降って来た  ほこりを感ずる  ホコリを失う  ホコリをかぶり  ほこりにまみれていました  ほこりでいっぱいになった  ほこりにしている  ほこりを持てという  ほこりがゆるさなかった  ほこりの溜った  ほこりと皮肉にみちた  ほこりも滑稽なる狼狽か無策の拙さに見えるらしかった  ほこりを浴びさせられました  ほこりは黒く舞い立ち  ほこりと人の輪をいよいよ濃くして  ほこりが馬場のほうで沸いた  ほこりにしておられた  ほこりがつもって  ほこり臭い感じのする  ほこりが立った  ほこり臭い渦を巻いては  ほこりっぽい現実性を失って  ほこり高く持している  ほこりを立てろ  ほこりと薬の匂いが眼鼻にしみた  ほこりのうずたかく積っている  ほこりの上を爪立ってゆくと  ほこりがあった  ほこりを取りもどした  ほこりを袖で払いながら  ほこりを浴びに来た  ほこりに埋められている  ほこりに幾つもの足跡が乱れて残っている  ほこりと蜘蛛の囲の支配に任せてあったので  ほこりを手拭でふきながら  ほこりや草の中でそだってきた  ほこりっぽい公判廷の光景がよみがえって来た  ほこりを避ける  ほこりぞ躍る  ほこりにまみれてゐる  ホコリを払って  ほこりの感とを学んだ  ほこりが出ていた  ほこりをはらって  ほこりとしていた  ほこりをもつた  ほこりを後生大事にして  ほこりとすすによごれ染まっている死んだ  ほこりを浴びていた  ほこりをパンパンとはたいていった  ほこりがたまっていました  ホコリが落ちる  ホコリが落ちて来やがつた  ほこりがぱっと上がる  ほこりにむせて  ほこりの粒子とかいう程度の即ち高倍率の顕微鏡で見える  ホコリが一粒も浮いていない  ほこりをあび  ほこりがつかなくなった  ほこりが私の眼鼻にしみた  ホコリの痕跡と思われますが  ほこりを洗い流して  ほこりたかく生きとおした  ほこりがただよっている  ほこりをもっていた  ほこりも洗われ  ほこりある日本の人民のするべき  ほこりが焦げる  ほこりの深いゴロタ石の道を駅に向った  ホコリの出  ほこりがあるので  ほこりが高く舞い上りながら  ホコリとズボンの膝を気にした  ほこりを叩いて  ほこりと美とがある  ほこりにまみれて見る  ほこりとぞせし  ほこりになるほど  ほこりはいっぱいに立ち  ほこりが積み放しに  ほこりを頭から浴びて  ほこりの上に足のあとがつきました  ほこりとをもって描く  ほこりを棄てたも  ほこりと轟々たる音響で身もだえした  ホコリで白くなっていた  ホコリにまみれて汚れている  ホコリを流した  ホコリをかむった  ほこりをかむった  ほこりとを経験していない  ほこりをまひ立てて  ほこりはあがる  ホコリの溜った  ホコリにまみれて  ほこりのしみをつけた  ほこりにまみれて  ほこりに似た  ホコリで一パイになっている  ホコリと緑青だらけになって転がっている  ほこりがかぶさった  ほこりも払わず上がった  ほこりがでる  ほこりを洗ってやりました  ほこりを吹立ててすぎ  ほこりと愚劣な人種差別とをすてる  ほこりが一ぱい積っておりました  ホコリが溜ってやしないかと  ほこりのひどいことたまった  ほこりに汚れきった  ほこりっぽいところがある  ほこりさえ持ちました  ほこりを持った  ホコリに塗みれた  ほこりを浴びた  ほこりをあげて  ほこりも払わずに  ほこりを巻いて  ホコリが立つ  ほこりに染めながら  ほこりのにおいがむっと鼻を打つ  ほこりをかぐ  ほこりが目に入って  ほこりかに詰問者は書立ててゐるが  ほこりをかぶって来るでしょうし  ほこりの渦を卷き上げる  ほこりをあびせ申す  ほこりかに吹き進み  ホコリは髪と皮膚を滅茶滅茶にいたしますから  ほこりで汚れきった  ほこりを拭いた  ほこりの積った  ほこりだという嘆声をつい洩らしたくなる  ほこりを小さくつむじに巻いている  ほこりと思う  ほこりを取っている  ほこりがもうもうとして  ほこりも蝶の如く雨の中にかきつけられてしまいましたである  ほこりをかぶりあって行く  ホコリがあり  

~ ほこり[名詞]1
バスのほこりも  いくつかほこりを  昔のほこりに  あでやかなほこりを  菜の花匂うほこりの  塔のほこりと  掌でほこり  これを以てほこりとして  湿気とほこりと  自動車のほこり  愛とほこりとを  法華経護持のほこりの  巣とほこりの  垢とほこりに  足のほこりを  イチ子自身がホコリを  稼ぎ仲間とのほこり  くつのほこりを  鞄にほこりが  柏峠のほこり  日本のほこり  国のほこりの  町はほこりは  脚絆のほこりを  人間のほこりを  国民としてのほこりを  人間としてのほこりは  人間としてのほこりが  人間としてのほこりを  自ら人間としてのほこりを  貴族であったほこりも  サクラはホコリを  窓をあけてホコリ  娘のほこり  われわれのほこり  乾燥してほこりに  汗にほこりが  白足袋はほこりで  旅のほこりを  夕方倉地がほこりに  やうなほこりの  一時まつたくほこりの  子供とほこりの  頭までほこりの  上までほこりが  周圍にほこりの  足でほこりを  王者のほこり  ちょうちんのほこりを  奇異なほこりと  山とつまれてホコリを  古道具屋にホコリを  橋へほこりを  事務所にしているほこり  着物のほこりを  汗とほこりを  ヴィタリス老人とほこり  上をほこりを  前にうず巻いているほこりを  秣草のほこりに  手力のほこりも  町のほこりで  煤もほこりも  障子が破れてゐたりほこりが  米とするほこりは  ほさとほこりとを  雑草のほこりが  一日汗とホコリに  武門のほこりは  畳のほこりも  雪はほこりの  自然児としてのほこりを  民族のホコリを  適当にホコリを  それからほこりで  それをほこりに  出雲源氏のほこりを  自己のほこりが  狼狽してほこりの  孤高のほこりと  輸送のほこりも  頭からほこりを  焼けあとのほこりは  鎌倉武士のほこりは  焼け跡のほこりと  とおり旅のほこりの  歓声とほこりが  道のほこりが  そこら中いっぱいにほこりが  木枯らしにほこり  畳のほこりを  自慢のほこりが  ところへほこりを  一面のほこりに  黴とほこりと  襟のほこりを  道のほこりや  日光に照し出されたほこり  室内のほこりを  日のほこりぞ  奧でほこりに  膝のホコリを  指導者のほこりの  一種のほこりが  安楽椅子のほこりを  なによりのほこりと  妻というほこりを  茶わんはほこりに  すそなぞのほこりを  天井からホコリが  酒ん中にホコリが  葬礼のほこりに  先とかほこりの  表面にはホコリが  あとにほこりを  靴にほこりが  附着していたホコリの  人間のほこりが  期節をほこり  一種のほこりを  町のほこりも  目には見えないほこりが  とき通ったほこりの  のだというほこりが  茣蓙敷のホコリと  花とほこりと  十代のほこりと  目に入るをほこりとぞ  草津温泉のほこり  生活のほこり  わたしのほこりに  ものにほこり  何年もほこりが  風に送られてくるほこりを  愛着とほこりとを  文明のほこり  鉄屑とほこりと  汗とホコリを  黄ろいホコリを  ゴミでほこり  ようなほこりは  黄土のほこりに  歓喜とほこりとを  従はねばならないほこりを  裾かけてほこりは  片隅でほこりを  汗とホコリに  中のほこり  汗とともにかわいたほこりの  山河のほこりに  以前のほこりに  葉についているほこりを  道のほこりを  頑冥なほこりと  上にほこりが  追想に伴うほこりに  サンにホコリが  砂を敷いてあるのでほこりの  土とほこりに  国道のほこりに  ようなほこり  母国語にほこりさえ  ようなほこりを  炎天のほこりを  尻にほこりを  夏のほこりも  荷馬車のほこり  往来一面にホコリが  人間のほこり  おまけにほこりで  巷のほこりを  障子のほこりが  且變つた事をほこりと  大なるほこりを  今日はほこりを  風が吹かないしほこりは  風がほこりの  人生のほこりを  風のまきおこすホコリは  将棋盤はほこりの  隅ッこにほこりを  世界文学のほこり  庭のほこりを  日本のほこりと  間のほこりを  四囲はほこりが  心のほこりも  作者のホコリが  田舍娘がほこりに  

~ ほこり[名詞]2
柔かいほこり  少々ほこり  こまかいほこり  黄色いホコリ  いっぱいほこり  小さなほこり  白いほこり  ひどいほこり  白くほこり  かなりほこり  ひどいホコリ  小さいほこり  なくほこり  深いほこり  ずいぶんほこり  臭いほこり  そのほこり  やけにほこり  薄いホコリ  いくらでもホコリ  白いホコリ  きたないほこり  さもほこり  

複合名詞
砂ほこり  土ほこり  ほこり一つ  ほこりッ  草ほこり  ほこりだらけ  ままほこり  ホコリだらけ  ほこり風  ほこりまみれ  みんなほこり  上つたほこり  ちりほこり  鯛釣りほこり七日  ほこり道  ほこり落し  もの風ほこり  ほこり顔  すすほこり  タッタ一つホコリ  つたほこり  二つ三つほこり  土ほこり花火  ホコリガ  花ぐもり砂ほこり  ほこり顏  塵ホコリ  びまでうずめる砂ほこり  ほこり路  塵ほこり  大分ホコリ  砂ホコリ  



前後の言葉をピックアップ
誇らしげ  誇らしゅう  ほこり    誇り  誇り  ホコリガヒドクテ  ホコリダラケ  ほこる  誇る


動詞をランダムでピックアップ
召しあげるぬぐえる浮き上がっ引っ越すやりとげれへるろさらけださ切りかけたいらげるうりださはいりこむすがりつき加わり摩り寫す疲らし交さ往くそこねまとま
形容詞をランダムでピックアップ
訝しい宜しゅう生あたたかい浅ましく近い強い意地汚いまいましい聡ききむずかしいほのぐらきせまくるしく馴れ馴れしおくふかき羨かっまっしろくぶあつ血腥せまくるしかっ荒けれ