「ふき」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふき[動詞]
らっぱをふき  汗をふき  風がふき  息をふき  洞穴にふき  煙をふき  風にふき  子供が甘いだろうと信じて、フーフーふき  自分でふき  にわかにふき  空想はふき  泡をふき  煙がふき  へそをめがけてふき  茅をふき  うちおほひをふき  ものは、どつとふき  顏をふき  からだをふき  涙をふき  顔をふき  信号音をふき  衿をふき  輪にふき  燕もふき  風景はふき  水盤にふき  粉はふき  袂をふき  火をふき  はたをふき  汗をふきふき  息気のつまるほどふき  なみだをふき  足をふき  油をふき  血をふき  そこから焔をふき  間からむくむくとふき  汚れをふき  新芽をふき  エミルがふき  佐助はふき  爭つて新芽をふき  芽をふき  嵐にふき  屋根をふき  毎日毎日汗をふき  汗を、ふいてもふいてもふき  溶鉱炉から火玉をふき  河合とはふき  額をゴシゴシふき  一同もふき  手をふき  小僧ゴーリキイは、思わずふき  希望をふき  鼻をふき  きれいな水がふき  蒸気がふき  影響によって、ふき  ふき矢をこめてはふき、こめてはふき  拭布でふき  手を拭きふき  らあ、拭きな、ふき  頬にふき  陽気にふき  体を折りまげてふき  霧をふき  台所をぐんぐんふき  くるみもふき  観衆がふき  息気をふき  滑稽に思わずふき  真顔でそう言ってしまうと、ふき  丁寧にふき  眼鏡をふき  湯気をふき  口をふき  コーヒーをふき  うえをふき  なかにふき  姿思ひてふき  馭者はふき  両手をふき  ところから血がふき  濡手をふき  奥でふき  おできがふき  話、つい釣り込まれてふき  ワルツをふき  だれもふき  マーチをふき  てっぺんからまっ黒なけむりをふき  目をふき  えんとつにふき  それをふき  とき口笛をふき  皆がふき  あたりをふき  濡手拭にふき  体をふき  ほこりをふきふき  舷側から火をふき  手拭でふき  ろうそくをふき  口ぶえをふき  宮川君がふき  皆んながふき  滾々としてふき  羮をふき  口から泡をふき  私は思わずふき  民族主義をふき  ふちをふき  額をふき  西風にふき  より子がふき  ハーモニカをふき  ものがあるが、とたんに、ふき  太腹を破ってふき  うまい水がふき  顔一面にふき  私はふき  たんび年枝さんをふき  口笛をふき  それを見て思わずふき  方向へふき  日本にふき  全国にふき  喪神をふき  穴から蒸気がふき  きゅうにふき  葦笛をふき  笛をふき  ちょっと眼をふき  濡れ手をふき  縁側をふき  行燈をふき  清水をふき  眼をふき  おかしさにふき  音をふき  飯はやっとふき  私どもはふき  靴をふき  首筋をふき  汗もふき  馬琴はとうとうふき  田山白雲がふき  口笛でふき  粉をふき  蝋燭をふき  目配せをしながら、ふき  首をふき  ハンカチでふき  大臣はふき  目もふき  烟をふき  頭をふき  ひたいのあせをふき  焔がふき  目から火をふき  上へふき  情熱をふき  むき出し口から沫をふき  文化的価値をふき  身体をふき  寒い風がふき  芽がふき  靜かにふき  トタン屑をふき  小僧から一時にふき  スウーッとふき  茶をふき  わたしがふき  章子が、ふっとふき  呼子をふき  火焔をふき  眼鏡を拭きふき  さかんにふき  おれならばまっ先にふき  世界にふき  絵、または一目見ても思わずふき  一時にふき  きらいで、だが思うとふき  尾をふき  のかとふき  手をふきふき  涙をふきふき  三人共どっとふき  さにふき  ごみをふき  口からフウフウあわをふきふき  冷汗をふき  火がふき  枝葉をふき  間にふき  者までがふき  木村名人手をふき  ふき手をふき  悔恨がふき  笙をふき  貝をふき  野分にふき  千鶴子もとうとうふき  ツバをふき  何だか一緒にふき  のがふき  真赤になってふき  ゆっくり烟をふき  きれいにふき  汗がどっとふき  ぎごげ、ふき  感情をふき  拾つて埃をふき  酒臭い息をふき  燈明をふき  鼻から鮮血をふき  雨がふき  シュッシュッとふき  顔にふき  ぴぴいと口笛をふき  列もふき  法螺をふき  相手は、ふき  号笛をふき  わたくしが、ふき  人が読んだら、ふき  泉がふき  虻をふき  手拭でゆるゆるとふき  みんなをふき  一度にふき  俊亮はふき  追風がふき  鱗を、ふき  脚でふき  ところをふき  あたりまで、ふき  下腹にふき  風も手つだって、ふき  黒煙がふき  的矢丸は、ようやくふき  血をふきふき  汚物をふき  ロウソクをふき  天にふき  寿平次がふき  おれはふき  ことかも知れませんけど、ふき  ホヤをふき  言葉にふき  ぷッとふき  反古でふき  一統がふき  仲居はふき  こと、ふき  妙見堂から汗をふきふき  私もおもわずふき  ローリイがふき  あまり、ふき  愉快さうに口笛をふき  たけのこ、ふき  そこにまでふき  しまッて、まだふき  渋をふき  姉娘たちはふき  ふしなしでふき  風もふき  きのう汗をふきふき  ようにふき  庭にふき  明りをふき  苔がふき  烟草輪にふき  ぼくはまたかとおもってふき  逆襲すると、かれもまたふき  先にふき  上がり体をふき  嵐がふき  両手で掴み、ふうふう、ふき  ものは思わずふき  半分ばかりがふき  信吉は思わずふき  涙を拭きふき  手拭いでふき  ぼくはふき  

名詞

ふき[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ふきのあたりにたたずんで聞いて居ると  ふきのとうひらいてゐる  ふきのとうをみつけた  ふきのとうを見つけた  ふきつのる風を聴いてゐる  ふきのとうをやく  ふきのとう  ふぎりの米五升ことしもをはりの虫がまつくろ  ふき出す黒煙のなかにいのらずにはいられなかった  ふきもしないで  ふき出している  ふき込められしが  ふき出ている  ふきながしに被った  ふきめぐる風の音だけが聞えた  ふきのつゆを呉れませんか  ふきあへず  ふきあへずたける  フキの葉を乾かして  ふき終ると黙って  ふきはみはろば  ふきかへす  ふきかうして庭の隅つこの小さな畑ででも其の芽がだんだん莖となり  ふき戻ってきた  ふきかへした  ふぎて見る  フキを取って食べている  ふきのとうが好きになる  ふき始める秋まで待つ  ふき遊ばせ  ふぎ見するに  ふきあへずの  フキやイタドリの深草を潜りながら  ふきやって来て私と同様黙って  ふき荒んでいる  ふぎにがき草根をうち噛みてなどて  ふきを二ツ叩く  ふきを重ねて  ふきつづいている  ふき残したところもあって  ブキな真似はしねえから  ふぎけり滝殿に人ある  ふきの花でいつ  ふきからすむぎも農舎の屋根も馬もなにもかも光りすぎて  ふきやつて來たがその顏はむつと怒つてゐる  フキだしたいのを噛み殺して  ふきのインチキだと言ってますよ  ふき来る縫子の腕をつかみしめた  ふきはの日のおびえ  フキの根からぽっかり青いフキノトウが出る  ふき出すようなことが書かれている  ふぎながら口笛をふいて  ふきなどの笑い声も起こった  ふきが隣家まで行って帰って見た  ふきはその里芋の子の白くあらわれた  ふきが炉で焼く  ふきのような婆さんもある  ふきは半蔵を見に来た  ふきはだれよりも先に半蔵の門出を見送りに来て  ふきになった  ふきとおす感じに打たれた  ふき消すだけの役目をすると  ふぎの危かりけり  ふき消す世が新たになるあれ  ふきつのる夜明け方の嵐に自分は涙を感じる  ふきつのる嵐よ大うねりする  ふき立って行った  ふきが返事をしたが  ふきの表情がぴったり自分にも乗移る  ふきあつまりめいた  ふきになるし  ふきのとうが伸びて咲いて  ふきのとうも咲いて  ふぎ見飽かぬ  ふきもたくさん持っていきなさい  ふきふいてみて  ふきになりました  ふきでものが少しある  ふきにここへ来た  ふきだまりが土蔵の横に出来ている  ふき上げられる  ふきつかけで喧嘩をする  ふぎながら給仕してゐた  ふぎながら蟲けらのやうにあこがれて  ふきに渋団扇がささっている  ふきまはしでこちらへやつて来たの  ふきになりませんか  ふきはよろこびを  ふきの煮つけがこげついて  ふき込まれる  ふきはすり切れてゐたが  ふきになりたい  ふぎて岩のまはりをながめゐたるに  フキ出してしまった  フキだしてしまった  ふき歩いて行った  ふき出す熔岩流の光景を連想させる  

~ ふき[名詞]1
局のやふきの  やつとふきの  そこにふきの  日向のふきの  らからはいればふきの  ふるさとにしてふきの  ひとりで事足るふきの  ふるさとでふきの  のをふきも  芽のふき  火のふき  湯気のふき  風をふき  手拭をふき  つけなどいふきも  枯野をふき  うちにためてあるふきの  煙に交ってふき  イタドリやフキの  お湯でふき  身体をふき  息をふきか  芽をふきか  汗をふきふき  老人たちはフキを  さまよふきは  道子ガ痛ミノ為ニ息ヲフキ  三ハ息ヲフキ  烟をふき  拙者のふきか  命がうがやふき  貝をふき  顔をふきふき  雨はふき  ぷッとふき  風のふき  底からふき  西風のふき  猛烈にふき  一週間もふき  砂からふき  汗のふき  ようなブキ  息はふき  らはふきの  芽をふき  手をふきふきや  底ではフキ  笛をふき  手をふきふき  日光をしたってフキの  お前さんのためてあるふきの  雪のふき  あらしがふき  みんな雪のふき  胸をふき  提灯をふき  闇をふき  のであるふき  星よふき  秋風がふき  小幡とふきだけ  手伝に来て居たふきが  屑のふき  さっき涙をふきに  葉のふき  水のふき  岩塊のふき  アチャコのかけあひはふき  湿疹のふき  息をふきかへ  いふ風のふき  大事なふきの  袖口やふきは  ことしもけふぎ  妾はフキ  火山からふき  

~ ふき[名詞]2
くさいふき  高くふき  厚いふき  ずっとふき  はげしくふき  あやふき  こまかいふき  ますますふき  ういふき  このふき  力いっぱいふき  ふっとふき  

複合名詞
笑ふきもち  風ふき来  風ふき仕事  緑平居ふき  つばふき  風ふき誰  ふきさかん  ふきチビ公  風ふき  ふきげん  汐ふき  汐ふき顔  ふき方  フキ上  笛ふきカルム・ダル  一ふき  ふきかた  言ふき  南風ふき  ふきめ  袖ふき  笛ふき  フキぢ  ふき台所  ふき矢  ふき矢問答  あやふき  玉簾ふき  風ふき鳥  潮ふき  粉ふき藷  ふき外出  ふろふき大根  ハーハーふき  櫛田フキさん  フキさん  歯ふき仏  汗ふき手拭  ふき掃除  サラフキ  笛ふき男  ふき子供たち  櫛田ふきさん  編輯長櫛田ふき  笛ふきとわ  ふき喰  ふきぬき亭  雲ふき  ふきげんそう  春風ふき霞  ふき銀座  ふき路  矢倉ふき代さん  ブギ郡  フキン  ふき等  法螺ふき  ふき仆  香水ふき  ふき宿屋  ふき首  ふぎ人  ことふき  ふき損  青田ふき  藁ブキ  フキゲン千万  油汗ふき  あやふき命  ふき現  ふきうり  ふきこれ  窓ふき  窓ふき作業ぶり  石盤ふき  ふき出  ふき下し  ふきまめー  云ふきかん気  法螺ふきめ  声三声ふき  フキツボ  ふき誰彼  ふき山  ふきふき  マイネふき  ふろふき  ふき米屋  一ふき風  ふきところところ道  森ごとふき  云ふきまり  草木茂み風ふき  ふき婆さん  ふき宮邸  危ふきもの  危ふき宇治橋  関ふき  霰ふり吹雪ふきちり氷山流れ埋葬  ふき井戸  風ふき花  ぼくふきげん  灰ふき  ふき手  ハリフキ  顔ふき  笛ふき日  山風ふき  足ふき  危くふき  晩餐ふき  ふき仕事  ふき通し  眼ふきふき一通  変りふろふき  大根ふろふき  下風ふき  五ふき  たち笛ふき猿  息ふき  ふき豆  汗ふきよう  ふき水口  ふき出し  ふぎ始め  一ふき毎  ふき時  ふきげ  火ふき竹  ふき工合  休養一ふき  ふき言  ふき切り  ふき萱筑波嶺  ふきょう  



前後の言葉をピックアップ
ふき取り  ふき子  ふき清め  付議  不義  フギャーフギャー  俯仰  不行儀  不行跡  不義理


動詞をランダムでピックアップ
募り言い消さ行き当り絡ます休らっみうけ含め問い掛ける肥る綴合せ住まえしょう突っ切る起これすりへっ煩え建て打ち続け思し召せ有り
形容詞をランダムでピックアップ
長けれ危なっかしいうら若けれしげき目映い清かれしぶといかび臭いしつこから寝苦しい重かっボロにがき厭わしい醜いいとけなくしらじらしく下らないせつなくっ難き