「煩」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 煩[形容詞]
ちと煩  少々煩  ことさら煩  種々煩  すこし煩  いかにも煩  久しく煩  時には煩  別に煩  

~ 煩[形容詞]
女は煩  周子は煩  国内ニ群集シテ我州民ヲ煩  島は煩  小夜子の煩  雪は煩  平生の煩  外記はさも煩  綾衣も煩  九兵衛は煩  豊は煩  親父は煩  頬髯が煩  小坂部は煩  父は煩  熱病でも煩  何か煩  

[形容詞]
煩さ  煩はず  煩そう  煩ハシメ  煩がっているよう  煩がるの  煩せい  煩羅  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
煩をさけるとか申す  煩はさないですむので  煩はす  煩をさけるが  煩はされない  煩はさなかつた  煩はされる  煩ひになるので  煩はした  煩に堪へないので書く  煩はして居た  煩ふなよび  煩を厭ひて記さず  煩を厭いて  煩を避けるが  煩はして  煩せしてからもう三年に近くなります  煩ひになる  煩はさなければなりますまい  煩はしく  煩はしい  煩はされたりする  煩はされずしてすんだ  煩に堪へざる  煩を避け  煩はしい  煩しいけれども次にその実例を抽出する  煩をいとわず  煩ひになるぞ  煩はしたい  煩と呼んだら  煩に耐えないというので  煩はせられた  煩はしかりけむ  煩らうたことはござりませぬ  煩はされたりして  煩に堪へぬので  煩されずして  煩しい  煩はされざる  煩ひから脱却する  煩ひは又彼を或新しい覺悟と要求との前に連れて  煩しさと自分自身の神經質から逃れたいと思ひながら  煩はしくする  煩はし  煩をかけて先だつ  煩を避けて  煩はされてゐるが  煩ひ出した  煩をしたので  煩はさざるを得ず  煩しい回想を許してやりたいと思ふ  煩はされて  煩ひせられて居る  煩はせ  煩を避ける  煩を厭わず  煩ひ出して  煩つてる  煩されない  煩はす必要のない生活をしよう  煩が及んで来  煩がつてゐた  煩しい程  煩なきの故を以てしか称呼したるのみ  煩はされないで  煩はさず  煩を払って  煩はすにも当らぬと思ひ返したらしく  煩はさなければならない  煩はしけれど  煩で時々酷い御苦痛をなさいました  煩しさを断って  煩を避けた  煩ひ惱んでゐたが  煩はしたく  煩と迂とに堪えない  煩はすべし  煩に堪え無くなって  煩される  煩はれ居り  煩はしく思ひはじめた  煩慮に熱せられた  煩しさや薄汚さを気にもかけずにゐられる  煩はすべきぞ  煩したいと思ふ  煩に堪えない  煩はせて恐縮を繰り反してゐる  煩多きを避けんとして  煩はされずに  煩を避け得たと共に  煩ひのすべてを忘れて  煩を無からしめようと計り  煩を止められ  煩ひて入滅す  煩にはならぬ  煩ひをすつかり  煩ふことありて死にけりとか  煩ひを絶つてから  煩はさずとも  煩を避けて記さぬ  煩はしきに堪へざる  煩ひ付き廿日の曉に死す  煩のある  煩を持込んで  煩にたえない  煩はしく思ふ  煩しい修辞を容れる  煩に堪え得る  煩はさなければ  煩をつたうを拭わんとはせず  煩しければ一々述べず  煩を厭われなかったなら  煩はされつつ  煩に堪えないので  煩かしい顏をする  煩はしきに堪へない  煩となる  煩に堪えざるほどなり  煩と簡との中を得居るから  煩ふ朝夕の樣唯ならず  煩ふ樣も見えず  煩ひて顏の色徒ならず  煩され過ぎて  煩ひをなした  煩とわかれしむ  煩はすに及ばない  煩されて居ない  煩はされた  煩はしたので  煩しければ暇をやり  煩はさないでくれよ  煩しさを振り棄て  煩すのかと思ったり  煩はしい程ある  煩はしいといふ  煩はすには及ばなかつた  煩を将って塵塚のただ中へ投げ捨てたる  煩ひを避ける  煩はされないとすれば  煩はされてを  煩はすのみの身となりぬれど  煩されぬ  煩はすこと  煩ひことは区ぎりがついたんだから今日こそは一図に星の話をしよう  煩としなかつた  煩はされず  煩ふ勿れといふことにして  煩はしいと  煩はしくして  煩を厭うて  煩ひてからくして  煩を加えるだけだから  

~ 煩[名詞]1
二重生活の煩を  手数を煩は  類別する煩を  意識に煩は  心を煩は  後の煩  鉱毒問題を煩は  物思ひ煩  此他種々有れど煩を  人間について思ひ煩  君を煩は  手を煩は  社交そのものが煩は  家庭上の煩  忌はしく煩は  偏見に煩は  中川一政氏を煩は  教ふるの煩に  俗界の煩を  その後一度も煩は  智者は煩は  旅の煩  一考を煩は  悪病を煩  彼女を煩は  一つ一つ書いている煩に  佐世を煩は  肺を煩  一度も煩  駄弁に煩は  饒舌が煩に  他人に煩  苦で煩  衣食の煩  他人に煩は  心持の煩  世間の煩  彼を煩は  長の煩  思いもよらぬ煩を  神秘主義に煩は  叙述するの煩を  当主が煩  妻が煩  以上が煩を  爾を煩は  小説家の煩  人手を煩は  些事に対して煩は  和製武后伝に煩  正月から煩  おらア一人で煩  其に煩  男手を煩は  痰を煩  ここには煩を  兎さま角さま思ひ煩  主婦を煩が  考慮を煩は  差別に煩は  上に煩  誰にも煩は  人をも煩は  拘泥の煩を  補ふ煩は  それらの煩は  ステファーノヴィチ氏を煩は  肩を煩は  靜聽を煩  鼾ばかりに煩は  むは煩は  地上すべての煩  のが煩は  ことを依煩  ことの煩を  引例の煩までも  明かに煩  惠投を煩は  世間的交渉に煩は  同宿の煩は  度々幸雄さんを煩は  表現としては煩と  自分は煩は  さまざまに思ひ煩  小穴隆一氏を煩は  小穴君を煩は  老骨を煩は  心理に煩は  鼻に煩  歯を煩  存在を煩は  ひだの煩  色々の煩  御身を煩は  精査を煩  待遇すも煩は  帯を締め直す煩に  手数を煩  のに煩は  ためにも煩は  世渡は煩  社会の煩を  世の煩  訴の煩を  参訴の煩を  一族郎党を煩を  腫物を煩  思索の煩には  危険や煩  方様を煩は  性慾の煩  習癖に煩は  あなたを煩は  數ふるの煩は  瞞に煩は  正月十八日主膳厠中より煩  教を煩は  目の煩を  類に煩は  手続を煩は  下等さに煩は  毀誉に煩は  文章に煩  涙流れて煩を  通読の煩を  汗を拭っていては煩に  諸人の煩と  己を煩は  感興を殺ぐ煩は  何者にも煩は  葬式の煩  例証するの煩に  鉄鎖が煩は  一章あって煩と  憂はしげに思ひ煩  終夜思ひ煩  伯父が煩  何の煩は  案内を煩は  同道を煩は  目的に煩  事の煩は  携ふの煩と  掃除の煩を  いざこざの煩は  ここで繰り返す煩を  文学態度に煩  さびに煩は  起来りて煩  僕を煩は  私事に煩は  配慮を煩は  上での煩  悚毛の立つほど煩は  自分を煩  怎麼にせんと案じ煩  事を思ひ煩  頭脳を煩は  世故の煩を  森氏を煩は  手法に煩は  窮屈さに煩は  幕府政策に煩は  人を煩は  字に煩  駿足鯉三郎氏を煩は  さに煩は  卒読の煩に  あいつが煩  それらの煩  ことも煩と  接客の煩も  伊上凡骨氏を煩は  子供にばかり煩は  何物にも煩は  徹底が煩  主婦としての煩は  のは煩は  非常に煩は  永山氏を煩  もとに思ひ煩  さんを煩は  

~ 煩[名詞]2
多々煩  その煩  そんな煩  この煩  むしろ煩  わざわざ煩  少く煩  とうとう煩  ひどく煩  せんなき煩  とりわけ煩  最も煩  

複合名詞
煩ひつ  煩ら  煩改字  煩惱界  煩惱  煩さく  心煩  煩らわし  煩鎖  煩ずり  煩ひも  間煩ら  煩らい  煩つて死  煩つて  煩憂  煩しき物  煩事用  煩す事  煩さい  煩エ  男の子煩惱  恋煩  煩襟  煩はし  煩ひとなす事  回答煩度及照会候也  煩さい話  煩ひと  悩み煩  煩務  煩忙  煩らひも洗  飼蚕煩  煩擾ヲハブキ  煩聒  一煩  煩ひで  心持煩  煩耨  煩冗  むしつて煩  煩無し  煩はさずし  煩ひも跡  煩ハス死ハ一切  煩す  煩雜  煩つた末  久シク煩ッテイタ  煩つて左  中風相煩歩行  レ煩二百姓一  煩脳底  あまり煩  煩雜しき御用  徴收煩雜  無明煩惱シゲクシテ  喋々スルハ甚ダ煩ハシケレバ  相当煩ひと  煩ろう  案じ煩  む煩  年々煩  煩つて若死  みな煩ら  煩つて歿  こと煩  以下煩  神野蒜能煩野喉  煩勞  煩しき  あな煩  煩ハシタシ  



前後の言葉をピックアップ
刃渡り  ハワード  ハヱゾ      半太郎        はん


動詞をランダムでピックアップ
引き合わ建て直せ旅立つ呆れかえる流し入れる化けんつり合い反り返るこづけ立ち寄り踏みとどまろ思いあたっでき借り出そだけんたりゃ鍛え秋めい助けりゃよびさまさ
形容詞をランダムでピックアップ
眠う素晴らし大きく毛深くはかなけれ乳臭ういとおしく貧しくつらかっむなしく磯臭旨しうらわか意地汚ったらしかっ水臭い呪わしくおとなしくっ薄かろいさましい