「なる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ なる[動詞]
十二時になる  秋になる  夏になる  詩人になる  木立は次第に濃くなる  結果になる  ための養いとなる  そうになる  戦争となる  戦争になる  スポーツとなる  動因になる  境地になる  ことになる  物分りが良くなる  世辞をいはなければなる  馬弱くまだらなる  玻璃のあえかなる  だんだん強くなる  法学士になる  相手にもなる  解題となる  誰にもなる  ものになる  者もなる  ようになる  人をしてなる  なにになる  ことをきかなくなる  午後になる  四月になる  空気になる  証拠になる  別れ別れになる  血だらけになる  剛くなる  夜になる  二三杯でもう飲めなくなる  足掛六七年になる  余り暑くなる  事になる  夫婦になる  忠やかなる  情合を写せばなる  終りになる  ことができなくなる  やうになる  好きになる  意味のものになる  批判を受けねばなる  心持にさえなる  きっかけとなる  シグナルとなる  碁が打てなくなる  喧嘩腰になる  試合となる  他流試合ともなる  噴水になる  名作になる  元来競争となる  競争が烈しくなる  穏かになる  勝になる  半々になる  気持ちになる  ことかどうかをさへ疑ひたくなる  代議士になる  四囲が暗くなる  一銭にもならないとなる  深夜になる  厭になる  水だって掬ってみると青くないけど、どっさりだと青くなる  芯が痛くなる  踏台になる  ものはなくなる  気の遠くなる  后になる  時間になる  誰もいないとなる  出来になる  時、いつもなる  軍人になる  一緒になる  人になる  のになる  世話をしなければならなくなる  小説はしだいに忙しくなる  気になる  十六になる  八つになる  冬になる  習慣になる  病気は、美しくなる  仏さまになる  心からなる  遍歴をしなければそうなる  何にももたなくなる  あてにしていませんけれども、そうなる  自然にそうなる  頂点になる  問題になる  問題となる  一つになる  信仰になる  それもなる  向こうが強くなる  関係になる  位置が高くなる  犠牲になる  犠牲となる  位置が低くなる  だんだんそのものが悪くなる  結果はどうなる  ことも感じられなくなる  自分がそうなる  こともできなくなる  ふうになる  頼みになる  かぎり頼みになる  つまり顔が赤くなる  ものはどうなる  一生懸命になる  胸が痛くなる  精神病者になる  いつそうなる  ゆかなければならなくなる  だめになる  善となる  人間になる  大学以上になる  いとへんになる  言葉になる  これはどうしてもうまくいかなくなる  うえではなる  宗教的になる  満足できなくなる  ものはなる  心になる  清らかになる  救いになる  ほうではなる  からだが悪くなる  仏になる  身がなる  状態になる  幸福になる  本心で、苦しくなる  満員になる  えさになる  値うちとなる  非常にらくになる  いっしょになる  空恐しくなる  教訓となる  何だかさみしくなる  句作だぞといひたくなる  綱をつないでもまたつないでも短かくなる  空つてくると飲みたくなる  横になる  咳ばかりになる  摂取しなければなる  何となく人恋しくなる  やつぱり底が焦げついて香しくなる  もう一度間引しなければなる  一ヶ月になる  持主となる  秋日和となる  風邪はどうなる  秋ふかうなる  身にはなる  貧乏くさくなる  憂欝になる  一本になる  身持がよくなる  自殺しなければなる  雨となる  申上げなければなる  気持になる  礎となる  ものとなる  生きることとなる  種となる  ことにもなる  大都会などになる  迷惑になる  力となる  外からうるほひになる  要素となる  つて寂しくなる  ところこそ見られて行かなければなる  もので、なければなる  潜在力となる  だんだん一人になる  十七年ぶりにもなる  五十いくつになる  子供らが大きくなればなる  社会から遠くなる  虚栄から遠くなる  結婚させるとなる  手紙となる  点になる  防碍にもなる  閑になる  名物になる  八時になる  驚きになる  のだとは思へなくなる  どなたでもお思ひになる  霧が深くなる  震へさうになる  神女になる  らうとすると、眠くなる  女神になる  病根になる  基礎になる  職域となる  大君は貴なる  主とすればなる  請負所の如くなる  場合女の云うなりになる  そりゃあね、おそくなる  饗応になる  先どうなる  何のよすがもないとなる  没交渉になる  望みになる  手許に残っていなくなる  姿は段々高くなる  足になる  概念をすっかり変えなくてはならなくなる  狐にもなる  契機になる  物を持つてゆかれてどうなる  回教徒になる  やつぱりさういふもので、どうしても書かずにゐられなくなる  日毎新しくなる  まじめになる  考えになる  はなしになる  じゃまになる  腹のかるくなる  ように澄み渡って明るくなる  厄介になる  メにもなる  目にかけてもおわかりになる  三十六歳になる  当時四十二歳になる  わけになる  後にそうでなくなる  死ぬ気になる  今死刑になる  死刑になる  人間となる  危険になる  ところで、どうなる  五十歳になる  帰りが遅くなる  あなたはおかくしになる  夫人はなくなる  おいでになる  もととなる  歯は脆くなる  性交不能になる  思いになる  奴になる  覚悟が無うてはなる  こともなる  概要を得ておきたくなる  異常に烈しくなる  そうで、こうなる  猛烈になる  夕方になる  殊に気になる  女優になる  とき/″\貧乏になる  これは長くなる  此場所が気に入つてくる、うれしくなる  から身が正しくなる  肯定勝になる  妥協的になる  意気地なくなる  雪となる  葉のゆれてなる  から近道となる  何となく好きになる  心持を捨てなければなる  供給あり、何とかなる  三八九全部発送済となる  ひきになる  御覧になる  様などお変えになる  御供申し上げにどんなにもなる  泣になる  おかえりになる  二年にもなる  三十になる  入りになる  おしずみになる  都に出でになる  様なうきめを御みせになる  らんになる  出になる  渡しになる  どこへおやりになる  次郎に御見せになる  方におやりになる  しずかになる  渡になる  僧さんを御たずねになる  不幸になる  様をおかえになる  心よわくなる  遊びものとなる  命をおとりになる  共まさか命をおとりになる  おねがいになる  様になる  三月廿三日身心すこし軽くなる  米代になる  すべてが、よりよくなる  実にはなる  春蝉をきいた、だるくてねむくなる  気分になる  十一月二十日小さなる  そひたる小さなる  からどうなる  世話になる  あれのよすがとなる  こと、なる  源になる  私の考へるはたなる  坊主になる  満会になる  食ひたくなる  楽になる  身上が出来ると強くなる  中風で動けなくなる  暮しは苦しくなる  借金になる  ざまになる  厭ァになる  頃看護婦になる  風になる  長者になる  志津はなる  鉄道が通ったりするとなる  夏蚕になる  収入になる  ためになる  盆になる  それ自体になる  近眼として悪くなる  感謝として強くなる  渾然一如となる  内容となる  しづかなる  街のいそがしくなる  そく酒になる  生きることになる  ハムを持つてきたといふ、一杯やらずはなる  さとなる  とろとろとなる  御馳走になる  友情こまやかなる  厭生的になる  将来何になる  愚図にはなる  何かにならなければなる  話材になる  センチメンタルになる  頃になる  大学教授にでもなる  空腹に堪へ切れなくなる  芝居をしなければなる  妙に情けなくなる  真夏になる  お婆さんが、来なくなる  糸が多くなる  納豆は美味くなる  夏景色になる  宣伝にはなる  もう少し暗くなる  井戸になる  皺になる  身になる  横付けになる  水墨画になる  つて夢中になる  二尺以上のものになる  傾向になる  容易でないが、引かける、慣らす、釣りあげるとなる  年なしとなる  伴侶になる  鯰釣りが面白くなる  オボコとなる  それ以上になる  海も深くなる  流行魚になる  山の芋になる  ラフになる  カイヅとなる  文学でなくてはなる  役人になる  東京になる  其御用となる  客となる  邪魔になる  夕となる  水になる  感傷的になる  夏となる  酔となる  竹となる  十年二十年となる  市となる  何となくうれしくなる  ひとりひつびり竹の子竹になる  七月五日晴、とても暑くなる  嫌になる  糧となる  奴隷となる  自殺したくなる  秋がふかうなる  伸きのびてゐて唐辛赤うなる  祝福しなければなる  まり沈欝になる  とうがらし赤うなる  冬となる  山ばかりなる  酒ともなる  熟柿となる  ものが食べたくなる  法衣おもうなる  方法手段が卑しくなる  誕生日だ、一杯やらなければなる  三年四年となるともうよろしくない、うまくなるだけいけなくなる  頼りになる  印象がよりいっそう強くなる  奥さんになる  二十歳になる  ひと月になる  看護婦になる  から三十四年まえになる  大工さんになる  大工になる  中学から本格的に始めて、泣きたくなる  駄目になる  記念になる  誰もいなくなる  ふたりになる  今日も暑くなる  中心となる  休みになる  Tシャツを着たらどうなる  下から浮き彫りになる  四歳になる  アップになる  お昼頃になる  三日めになる  ままになる  十七歳になる  十八歳となる  さになる  身動きがとれなくなる  不安にすらなる  恋人どうしになる  それがどうなる  不可能になる  病気になる  お手本になる  一七〇センチになる  新幹線に乗ると、つまんなくなる  オレンジ色になる  めちゃめちゃになる  寝相が悪くなる  プールに届かなくなる  手助けになる  資料にもなる  思案深くなる  何にもなる  深刻にもなる  それっきり他人になる  クビになる  中が、どんなに淋しくなる  妻になる  政治家になる  動機にはなる  しどろもどろになる  いやになる  気持が、いやになる  卑屈になる  映画俳優になる  涙で見えなくなる  何になる  ちょっと気になる  十八になる  無意味に暗くなる  異様で、つい噴き出したくなる  キャプテンともなる  不良にもなる  挨拶をしなければならんとなる  無理にくだらなくなる  弟は、ひどく苦しくなる  瀬戸際になる  話になる  津田さんくらいになる  感情が高ぶって、わくわくしてしまって、坐って居られなくなる  役者になる  脚本家になる  自分が、ばかばかしくなる  顔面蒼白になる  家にいなくなる  家も、いっそう淋しくなる  試験だとなる  経済にもなる  大学は、つづけておやりになる  日記になる  化粧料三十円になる  樹になる  団員になる  六十円にはなる  今年三十九になる  気がして、泣きたくなる  面になる  達者になる  言葉が荒くなる  温順しくなる  何となく気になる  旦那様になる  者ばかりになる  心が深く、厚く、濃かになる  寂然となる  音になる  稍遠くなる  真暗になる  自由になる  怕ろしく寒くなる  夜も啼かなくなる  犬でなくなる  人間でなくなる  一如となる  儘になる  段取になる  其時分になる  歩調になる  散々になる  紛々となる  濛と暗くなる  一杯になる  頽然となる  時間とかなる  整数分数となる  開平開立求積となる  複雑のになる  段になる  清々したくなる  試験となる  世話にはなる  苦学生になる  直ぐ後になる、見えなくなる  声になる  屹度真紅になる  通り倒さになる  日になる  全潰になる  取次に出て、倒さになる  面倒臭いから、構わず倒さになる  面白い話になる  徐々昼飯が恋しくなる  これ何になる  闃寂となる  児だったが、大きくなる  莞爾となる  機会、逸してなる  夢中になる  恥かしいとも思わなくなる  心持になる  のでは面白くなくなる  趣を添えたくなる  宝となる  人となる  大家になる  上に浮いて見えるけれど、こうなる  境になる  必死になる  下女になる  国訛が取れないのになる  長方形になる  二番さん三番さんと順になる  卒となる  物が言えなくなる  いつか十分二十分になる  お金で如何にでもなる  相手になる  命懸けになる  儘になるなら直にも発ちたかったが、こうなる  空疎になる  背中が暖かくなる  足が進まなくなる  今年十五歳になる  来年になったら大きくなる  学者になる  正午になる  から喧嘩になる  鼻をつきあてた、こうなる  犬が強くなる  三人死ぬことになる  親友になる  翌日になる  お世話になる  朱のごとく赤くなる  中止になる  者となる  諭旨免官となる  世の中全体が悪くなる  一団となる  潰裂になる  頭がよくなる  本を読むと眠くなる  福となる  ぼくはえらくなる  四年五年になる  理論からいうと、そうなる  一ぱいになる  町はよくなる  博士になる  胸一ぱいになる  詩人などになる  先生はいかなる  間近になる  お礼をださねばなる  無駄になる  通りになる  紙幣になる  逆上して浮きたつ、だから弱くなる  全身的になる  明智になる  物笑いになる  チップになる  血眼になればなる  珠になる  手段を講じなければなる  ご馳走になる  彰義隊に知らしたら大さわぎになる  体が固くなる  下劣になる  劣等になる  洋食を食えば食いたくなる  りっぱになる  おしまいになる  十七になる  場内が明るくなる  盛んになる  慰安になる  ますます悪くなる  罪が次第に深くなる  身動きができなくなる  役になる  機嫌が悪くなる  機嫌になる  道づれになる  時刻になる  人間の偉なる  耻辱になる  お家のわるくなる  者になる  却って親切になる  気晴しになる  幾歳になる  暇になる  今年十八になる  出世になる  心配になる  様子は、美しくもあり又物凄くもなる  結納の取交せになる  養子になる  結納取交せになる  帰りになる  翌朝になる  三十五にもなる  気丈夫になる  八ツになる  知らないから今に掛り合いになる  怨みッこになる  手打になる  気が強くなる  裸になる  湯灌となる  詮議になる  手打にでもなる  為になる  事済になる  前後も知らずお寝みになる、又召上がらねば少しもお寝みになる  改易となる  鬼となる  助けになる  帰宅になる  唯心配になる  金言宜なる  何うにもなる  三十一歳になる  お出でになる  出立になる  二つにもなる  お勤めになる  縁組になる  十三になる  時四つになる  良人になる  別に邪魔になる  メーデーになる  半分つまらなくなる  からをかしくなる  治安維持法はなる  モメントとなる  今日になる  泉になる  湿気が失せて固くなる  胸の痛くなる  基調となる  奧になる  気分が濃くなる  策戦をなすよし、たしかなる  道徳でなくてはなる  策に出でねばなる  道徳となる  助ともなる  飛行機のゆくへの見えなくなる  代となる  三合飲むと飲みすぎて苦しくなる  さそのものとなる  据ゑぬればげにや笑止の極なる  影ばかりなる  靜かなる  目標になる  感染しさうになる  昼頃になる  煩悶がおありになる  文学が恋しくなる  経験から革命的にもなる  民主的政治家になる  委員になる  共産党員になる  黴だらけになる  片意地になる  私がなる  とき/″\不安になる  ヤケクソになる  うちにやりきれなくなる  つた、はだか、はだか、はだかなる  何だか泣きたくなる  馬鹿になる  火つけ人となる  滑稽となる  歯が寒くなる  根固めとなる  清澄鏡のごとくなる  濁流となる  貧弱となる  みじめである、卑しくなる  今年はだいぶなる  やみとなる  生死となる  うちに涙ぐましくなり遣りきれなくなる  一杯となる  こと、になる  つて堪へがたくなる  ウソになる  酒がうまくなくなる  無理をしなくなる  倹約になる  気味になる  つて年の瀬らしくなる  遙かなる  限界となる  防者となる  走者となる  除外となる  村はどうなる  集団農場になる  公主のお持ちになる  泊りになる  喘息らしくなる  食意地だけになる  真剣になる  ぢいさんになる  日本はどうなる  いつしよにまた飲む、かうなる  曉方になる  夜更けになる  氣が遠くなる  つたつてことになる  置物になる  声が次第に高くなる  さへなる  火ぶくれになる  交際つて別に毒になる  季節になる  休暇になる  のも、なる  十五年になる  夜が長くなる  ちよつと淋しくなる  なり悲しくなる  自然に動かなくなる  のが、動かそうとなる  夜分になる  断片的になる  方から見ればどうなる  無頓着が著しくなる  雪になる  寄つて御馳走になる  非常手段ともなる  不眠になる  身も心も軽くなる  まじめに考へだすと眠れなくなる  大文豪になろうがなる  医薬となる  靜かになる  靜かさが少しく長くなる  二つになる  後此の子がどうなる  此兒はどうなる  心持もどうなる  輕くなる  バスの見えなくなる  雨になる  曇、時々明るくなる  気分が軽くなる  なごやかな気持になる  沈欝になる  アル中になる  体がよくなる  新郎となる  僮僕などがいなくなる  ここをおひきあげになる  ときは、どうなる  十五になる  静かになる  静かさが少しく長くなる  子がどうなる  子はどうなる  心持ちもどうなる  痛みが少しも軽くなる  こころもちになる  こととなる  支部図書館となる  プランとなる  動力となる  都市だとなる  首都になる  家僕となる  発生分子はいかなる  から、当然そうなる  比較になる  護衛兵となる  結果となる  一年になる  ころになる  金目になる  外に見えなくなる  窮屈になる  皆黄色となる  骨董好きになる  訳になる  骨董的になる  反身になる  油になる  終つた段になる  人々からなる  嫌いになる  聴講生となる  ますますわるくなる  種になる  お受け取りにはなる  たくさんお与えになる  ほか仕方がないならそうなる  囚になる  微笑となる  ユウゴオ一人のみなる  車輪となる  げんげが足りなくなる  ことで柔かくなる  苗代になる  守つてほしいとお思ひになる  夫に投げかけたくなる  思つた着替へが、かうなる  三十年にもなる  規則もないし、いざ欲しいとなる  終いうとうとと睡くなる  アメンダ、心からなる  だめにはなる  一つとなる  だんだん悪くなる  胃が強くなる  重荷になる  五度目のを受けなければなる  私はどうなる  なべ料理となる  次第になる  参考になる  障害になる  キリスト教的実体となる  キチガイになる  画家になる  聾になる  事は、そうなる  土台石となる  敬虔になる  不着になる  出世人となる  栄光となる  一人となる  愉快になる  ぐしょぐしょになる  怠惰屋になる  書役にでもなる  是非怠惰屋になる  のだ、是非なる  軽快になる  苦しみになる  竜宮行となる  四つになる  それはどうなる  立ち腐れになる  時、どうなる  総崩れになる  お前、又長くなる  交替になる  六時になる  何の足しになる  のははなはだ珍しいといわなければなる  光になる  外はなくなる  から数十年にもなる  妻となる  王となる  君となる  的になる  いくらかになる  のだから、薄気味悪くなる  やる気になる  差別もなく、怒りたくなる  落目になる  これ以上落目になる  言葉で説いてどうなる  三十万円になる  ここになる  値段が高くなる  家内一同夜になる  武家屋敷となる  覚醒となる  からからになる  種とはなる  特殊性となる  ものでなければなる  一人がゐなくなる  事態になる  子になる  不良少年を威したり賺したり、死にたくなる  新秋になる  勝ちになる  彼是五十年になる  しまひには苦しくなる  見ものになる  方へ引込んでばかりいたくなる  却って逃げだしたくなる  顔が紅くなる  程度自由になる  結婚してしまえば、何もかもよくなる  それは忽ち甘くなる  感傷になる  幹線となる  お正月になる  黒字になる  ドレイになる  僕の屡々なる  倍になる  あてになる  虫がゐなくなる  ときはこうもなる  屍となる  二直角になる  科学探偵になる  探偵になる  筆跡になる  私は初めてなる  何だか心配になる  手掛かりになる  朝になる  気が遠くなる  程になる  花かもかよわなる  親切になる  顔が赤くなる  吾身が恨めしくなる  主人になる  習慣となる  犬になる  馬になる  事となる  肺炎になる  斑になる  事が聞いて見たくなる  馬鹿に出来なくなる  一刻も早く帰りたくなる  自然と細くなる  呼吸を合せたくなる  雨はようやく濃かになる  ずぶ濡になる  だんだん密になる  ように重くなる  窮窟になる  仰向けになる  朗かになる  刈りになる  二十になる  総長にでもなる  豫算のごとくなる  海となる  層をなる  生命はなくなる  友愛生活になる  資料となる  佐藤となる  斷たねばならなくなる  まらなく、いやになる  戰がどうなる  新聞記者になる  必要とするかと思へば情なくなる  煩ひになる  慕しくなる  日本語になる  微笑にもなる  群になる  魅力となる  言葉となる  調子ともなる  参考にはなる  耳障りになる  小説となる  主になる  模範となる  朝も遅くなる  七歳になる  内にはどうかなる  交通は激しくなる  ことし七十六歳になる  永預けになる  機械になる  あとでよくなる  室女中にしてくれるかもしれないって云ってたが、どうなる  じき休暇になる  十八歳になる  黒のになる  鋲となる  衰弱しなくなる  ベルがなる  メリー号行方不明となる  こなみじんとなる  横づけになる  はにわかに頭が痛くなる  年になる  そうにブルブルとうなる  十二機からなる  覚悟しなければなる  運命はどうなる  三名は、これからどうなる  ますます苦しくなる  事務長クーパーは、そうなる  敬意をささげずばなる  尼さんになる  波子は必ず嫉ましくなる  父がいとしくなる  したり顔になる  厭でなくなる  釘づけになる  所へ行きたくなる  叫びたくなる  びかゝる身構へになる  きらめきれなくなる  大人になる  つて十歳になる  方になる  遲くなる  かたになる  まりおそくなる  水泳もできなくなる  値になる  どんどん高くなる  生活費も足りなくなる  顔付になる  昼になる  頭が良くなる  ことを口走りたくなる  目をおそらしになる  巴利語はなる  原書がお読めになる  眠りになる  始末になる  七つ八つお洩らしになる  伝授をおつづけになる  仙人になる  聖人になる  中の人物になる  日が暮れたら、どうなる  音は、しばらく遠くなる  詩はどうなる  六歳になる  九つになる  ざんげしなければなる  なかにいてほほえましくなる  目撃者となる  今年四つになる  親切者となる  手となる  大金持になる  独立国になる  中から歩み立って来なければなる  暗鬱になる  恋愛沙汰となる  一切俺が引きうけたつて何とかなる  氣になる  資料になる  落款はなる  具合になる  満足になる  二歳になる  親しみの深くなる  づるいや横綱にばかりなる  横綱になる  一寸面白いものになる  悪いことになる  近況を報ずるとなる  事件をああ考えねばならなくなる  労働者になる  ところとなる  返上したくなる  馬乗りになる  柿の葉人形とかの、うまくできたらなる  代りになる  まり長くなる  日が暮れて寒くなる  所得になる  遊戯になる  三歳にもなる  それが来なくなる  当り前だから、してもよろしいとなる  まじないになる  一人前になる  冷淡になる  御礼を言わなければなる  おしゃべりになる  説明をしだすとまた長たらしくなる  洗濯だけはいうが、こうなる  それから鬼ごとになる  懐旧味ばかりが多くなる  稀にはあるが、こうなる  お払い箱になる  迷惑にもなる  こっちは薄気味悪くなって来て、今にどうなる  負担になる  真個にお飼いになる  牡丹雪となる  雪片は大きくなる  牡丹雪になる  風雪となる  場合になる  問題とならなくなる  零度以上になる  一番小さくなる  集積となる  風成雪殻となる  スキーには適しなくなる  科学的に取り扱うとなる  無病息災になる  名人になる  存在となる  ちびは大きくなる  まりうるさくなる  可能になる  存在になる  悲哀を感じなければなる  勉強おさせになる  ことを忘れてはなる  それを考えて見なければなる  ものでなくなる  面倒になる  七時十五分になる  かお帰りになる  地位はきっとぎりぎりまであぶなくなる  まり身体がかっと熱くなる  あとになる  我慢できなくなる  ドアを開けてやりさえすればすぐに消えていなくなる  気分になれなくなる  彼らだけになる  姿が見えなくなる  助けとなる  星宿となる  士となる  要求す、となる  爲めになる  慇懃になる  夜陰になる  火となる  十年になる  販売が、うるさくなる  おれたち、これからどうなる  ごとになる  木の下にごろりとなる  お祝い日になる  面白いけれど長くなる  音楽になる  改革するとなる  体が軽くなる  筈であるものの、何故なる  六ヶ敷くなる  インキはなくなる  毎朝六時頃になる  唖になる  場面になる  お作りになる  怪像となる  尾のなる  なかにもう見えなくなる  真赤になる  男になる  目にあわなければなる  やっかいになる  ところへ行かなくてはなる  何にも見えなくなる  鳥肌になる  棚になる  同感になる  消化力が強くなる  顔があつくなる  罪人になる  研究材料になる  材料になる  ばらばらになる  変になる  肌色がわるくなる  苦痛じゃなくなる  工場そっくりになる  壁になる  誘拐されるとなる  立泳ぎが、一層苦しくなる  いくら注射をうっても生きかえらなくなる  これからどうなる  それなりけりとなる  それを認めたとなる  冷静を失うと、もう分らなくなる  生命があやうくなる  下から土をもちあげたらこうもなる  だんだんはげしくなる  変になんかなる  とおり生き埋めになる  ぼんやりとなる  訳を話すと長くなる  影なんかどうにでもなる  もみくちゃになる  死屍るいるいとなる  海底開拓ができなくなる  同罪になる  指導者になる  年齢になる  停電になる  気にはなる  集めになる  五円にはなる  花となる  今年三十になる  千もなる  不安定になる  放漫と思われながら、いざとなる  斑らに紅くなる  たけがいなくなる  つもりでいればどうにかなる  間違いになる  何んの足しになる  能弁になる  狂癲にでもなる  ようにでもなる  十四になる  評判になる  Studentになる  薬にはなる  毒にはなる  ほんものにはなる  工夫になる  方はこうなる  数字がたんなる  予想はとてもつかなくなる  高価になる  不安になる  酒はまずくなる  結局何になる  留守になる  一人になる  比べものなんぞになる  気がすまなくなる  からおそくなる  きゅうに怖くなる  四十一だなんてことになる  五十二になる  無性に悲しくなる  夜中になる  あてながら、遠くなる  障りとなる  さら気になる  三四年になる  所になる  栄養になる  一度にどっとひどくなる  末になる  そのままになる  孤囚となる  ただ百首になる  上からは、どうなる  一こくなる  亂雜になる  同心一體となる  みちのくのそとなる  十三歳になる  木の葉に包め、と申すなる  のはんと申すなる  愛護空しくなる  苧になる  紋で、若なる  頭人となる  石芋民譚となる  実のなる  関係は一層深くなる  女房になる  花は咲くとも、実はなる  傍証となる  友達になる  味方となる  敵となる  舞妓になる  見得になる  カリカチユアとなる  歌ひたくなる  つて、また出にくくなる  二人組にでもなる  毒になる  肉となる  悲劇になる  じき夏になる  はしごになる  書記になる  禁止をしなければなる  それを取って飲んだが、すこしすくなくなる  富貴になる  将来九等官になる  七十にもなる  一言しておかずばなる  やっこさんずっとおとなしくなる  半額ぐらいならどうにかなる  上はなる  貂皮はなる  祝杯をあげなければなる  そのまま暗くなる  通り上機嫌になる  彼も居なくなる  露はなる  千切れなければなる  巨いなる  壮んなる  餌食とならばなる  青年になる  気が向いたとなる  迷惑んなる  処となる  別のものになる  ますます確からしくなる  暖くなる  熱が増されるなら従ってまたいっそう大きくなる  それはただ或るおのずからなる  明白になる  明瞭になる  明かになる  場となる  可能となる  問題にすぎなくなる  外部から手段化せざるを得なくなる  連絡して見ればどうなる  拍車となる  用具となる  薄弱になる  マルクス主義的文学作品になる  負になる  マルクス主義的文學作品になる  中枢になる  置き去りになる  策励になる  覚束なくなる  相手に残っていてもやらなければなる  念仏代りになる  没交渉となる  伴れになる  気がかりになる  繋縛となる  夕暮から夜になる  銭を受取ってどうなる  春になる  妨げになる  原因になる  笑になる  解しになる  狂気になる  狩猟期になる  登り坂になる  ものでない、こうなる  供はどうなる  決心したもののなる  手比になる  心もちになる  当てになる  事を御聞きになる  哂いになる  逆落しになる  手下になる  恩になる  勉強してみればみるほどかえってわからなくなる  ようにもなる  規模が大きくなる  基礎となる  はじめて可能となる  明らかになる  必然かつ当然なる  指針となる  じきとまた暗くなる  夢ばかりなる  姿が遠く小さくなる  ますますいとしくなる  呈せざるを得なくなる  萌芽となる  これじつに遠深なる  手段と見ねばなる  本質的関係を考えずには生きられなくなる  具体的実在となる  対象となる  石となる  客観的になればなる  上に帰せねばなる  自由をも認めなければなる  一となる  ただちに神となる  Egoismになる  抱擁よりなる  独立自全なる  こぼるるほどなる  否定したくなる  興行になる  つて、お這入になる  なにもならなくなる  相手にもしなくなる  老人になる  晩になる  粉みじんになる  予言に、すがりつきたくなる  退屈してしまって、死んでしまいたくなる  教訓を思えば、如何なる  為めになる  発火点になる  何代になる  んになる  道化役者に、なる  場所となる  お客さんとなる  熊になる  鼻音であるから、てごおになる  昏くなる  四音になる  問題は少しばかり難しくなる  答へねばなる  ことはできなくなる  やうに御聞取になる  貫徹しなくなる  隠しになる  症になる  二十五六にもなる  私立探偵となる  から一週間になる  ほんとうに情けなくなる  だんだん小さくなる  四十路ばかりなる  のはなる  訴訟沙汰になる  小家となる  畠となる  やうかはりて、いうなる  情あると、すぐなる  薬になる  それをかけるとどうかなる  先はどうなる  から余程になる  つてから餘程になる  緩めになる  猫はどうなる  それさえしなくなる  侍になる  はりになる  観念になる  ポーズとなる  風貌になる  差込み、いささかなる  妨害になる  辺から下流になる  橋ごとに烈しくなる  結論になる  予言はどうなる  教員になる  彼から多くを学ばねばなる  証拠にはなる  だんだんさびしくなる  真っ暗になる  いくら金もうけになる  幾百両にもなる  尺度になる  実用になる  物になる  医科学生になる  道をあけてやらねばなる  方になればなるほど面白くなる  福永のはうがうまくなる  足手纏いになる  氣味になる  耳觸になる  語調となる  怜悧になる  クロムウエルにもなる  時分になる  ところになる  ここから雪になる  半年あまりにもなる  十日余りになる  ものが、如何なる  がらかなる  眉をおひそめになる  機関車になる  3昼食時になる  犬どうなる  嫌だつてどうなる  いふ事になる  人がゐなくなる  冬近くなる  何んになる  冬ま近になる  女だか分らなくなる  氣がひどくなる  なんになる  イヤになる  なんもよくなる  キーンとなる  狹くなる  源吉は、どうなる  呼吸がはげしくなる  ヘリウム原子になる  〇・〇三二だけ軽くなる  使いになる  端緒となる  信拠すればそうなる  無限大となる  零となる  事にもなる  微小となる  ものと云わなければなる  凝集力を考えたくなる  事を忘れてはなる  時だっていつのまにやらバラバラになる  時代の寵児となる  女房となる  方が面倒くさくなる  なのは病気になる  ハマになる  から解除になる  自然に何とかなる  自然にどうにかなる  おろそかになる  旅行になる  不満になる  本場所になる  ちょっと不利になる  足が軽くなる  本場所が怖くなる  エッちゃんが堅くなる  傷物になる  女にでもなる  水揚料になる  それから芸者になる  女になる  ように嬉しくなる  一廻り散歩にでかけずにいられなくなる  可哀そうになる  目をひらくと分らなくなる  年配になる  ふきだしそうになる  悪魔になる  安心してねむくなる  独りになる  咎めになる  形になる  天部名になる  行事となる  昔になる  魂祭りとなる  しるしになる  混乱が激しくなる  山城京になる  娼妓になる  世話にでもなる  存在し得なくなる  表沙汰にでもなる  威丈高になる  家を出たら、どうなる  苦学的生活が、苦しくなれば苦しくなる  話題となる  もっと暑くなる  通りとなる  五年になる  邸となる  艶っぽくもなれば野暮ったくもなる  溜息を吐かざるを得なくなる  無口になる  機嫌となる  小姓となる  付けなら聞かなければなる  松平碩寿翁は見付けられなければなる  姿となる  地上へ下ろさねばなる  ことが、お解りになる  いずれはなる  郷へ行かなければなる  価値になる  大金になる  医者様になる  ひとは、いざとなる  慾望となる  筋が解らなくなる  味はひたくなる  これだけ降りたとなる  横倒しになる  発端になる  時分が懐かしくなる  境涯に依つて如何にでもなる  夜が深くなればなる  午後三時すぎになる  障子にあたらなくなる  だんだんに深くなる  室にゐたらどうなる  正月になる  一體おれはどうなる  つて稼がなければならなくなる  粉微塵になる  それなりで、ずるずるになる  諦らめなければならなくなる  から幾日になる  明日どうなる  今おもひ出されると苦しくなる  いとこなんぞへ入らつしやらなくなる  だんだん都合のよくなる  氣もちになる  方はどうなる  気にもなる  役割となる  息も苦しくなる  教材となる  おわびとなる  孤児となる  おやつになる  母となる  来年どうなる  姉さんになる  姉となる  目ざわりになる  実行せずにはおられなくなる  報いになる  忘れになる  無茶苦茶になる  返事をせざるを得なくなる  住民となる  ときはどうなる  せんぶりを飲ませたらどうなる  人生となる  気にふっとなる  から七十余年になる  特別におはからいになる  もとになる  なんじらさいわいなる  使用人となる  麻となる  一束となる  利益になる  ことは軽々しく見逃してはなる  将来はどんなに明るくなる  岐路になる  団体となる  中心体となる  有名になる  ろうそくが短くなる  一流になる  不自由になる  鐘がなる  お許しになる  科学者になる  音楽家になる  修道女になる  乱れがちになる  組になる  陽が高くなる  人一倍苦労せにゃなる  一方にはまた、会えば悲しくなる  虚栄になる  人気者になる  石油は乏しくなる  概念を変えなければなる  腹を満たしてやらなければなる  人間は貧しくなくなる  豊かになる  貧乏になる  必要になる  世の中が美しくなる  元気になる  蛙になる  ほうがなる  大学者になる  金持ちになる  とき問題になる  上になる  善業となる  花を咲かしたとて実になる  一年以上になる  年上になる  気分がわるくなる  夜おそくなる  病氣になる  ときになる  後れ勝ちになる  工合になる  部分になる  ちの眼附次第で、どうにでもなる  仕事がし易くなる  仲間となる  立てになる  絵かきになる  誰かがやらにやなる  憎まれ役になる  人間がこすつからくばかりなる  姿になる  料理にもなる  料理になる  戒師となる  五間ばかりなる  名誉が高くなる  声が少し低くなる  明かなる  罪になる  師弟となる  功徳ともなる  両方になる  強者になる  刻になる  お尋ねになる  御用になる  旅立ちになる  年七十余りになる  縁となる  義を謗るは大きなる  庵室へ訪ねて来て、それとなく尋ねて見ると、なる  首になる  数年になる  財産になる  のかと思いになる  二十五六になる  花嫁となる  却って罪になる  精神異常は日に日に重くなる  午後十時過ぎになる  この世はどうなる  出でになる  困難になる  半月になる  号となりしなる  人権蹂躙問題となる  雑色男となる  君は観るとすぐ画きたくなる  山となる  方法になる  其対象となる  語になる  意になる  活用すると、ほがふとなる  ちかひになる  新羅王風のになる  呪咀となる  表象となる  しりになる  一體どうなる  十日からになる  百姓仕事が忙しくなる  ものも良くなる  なにもなる  身體になる  歸りになる  場所ではなくなる  氣持は暗くなる  参考となる  七十四になる  勢力範圍となる  境遇をはなる  村長になる  うから村がよくなる  会場になる  六円になる  問題でなければなる  こぶがいなくなる  板場になる  尼になる  席がおひらきになる  腹痛になる  火をいれねばなる  弁護士になる  まばらになる  客引きになる  朝九時になる  小やみになる  場になる  気持が悪くなる  生活が苦しくなる  弧が深くなる  そのまま自分たちのものになる  チャンピオンになる  二十七歳になる  きみが笑いたくなる  色が淡くなる  砂浜は終わりになる  無言になる  廃村になる  自信が持てなくなる  チューブ状になる  取り壊しになる  口実になる  さまになる  確実になる  ずぶ濡れになる  波がもっとも高くなる  壁は薄くなる  特に薄くなる  透明になり、うっすらと明るくなる  波になる  自分が軽くなる  岸は見えなくなる  平らになる  まっ白になる  ジャイロコンパスになる  空間は楽しめなくなる  十数年になる  あたりになる  存在しなくなる  十年以上になる  ルームになる  ポイントになる  チューブ波となる  峰は次第に低くなる  行きどまりになる  57番になる  禁止となる  気持のさまたげになる  二か所になる  禁止になる  面白い記事になる  画面から一転してこうなる  つきっきりになる  マーシア、おわかりになる  いつになる  重役にでもなる  三か月になる  気持は、おわかりになる  16ミリをお撮りになる  変更になる  サーフになる  尻すぼみにせまくなる  文庫になる  単行本になる  漢字から片仮名へとなる  本になる  あすこが、淋しくなる  青空となる  却って目障りになる  三分の一ほど低くなる  黄金いろに明るくなる  一歳になる  なかったから九十になる  だんだん機嫌がよくなる  九十になる  月並になる  三十にはなる  顔をあわせれば、なんとか言いたくなる  何がなんだか判らなくなる  楽しみになる  典拠になる  主流になる  娘だらうと険しくなる  誰方もさうお思ひになる  六つになる  ぶんになる  裸體になる  氣持になる  セツナそうなる  九時にもなる  行末何となる  舞台薄暗くなる  学者となる  武人となる  読みになる  殊に夜道になる  虚無となる  かぐや姫になる  思想感情の訪れなくなる  神のみ心でないならばいかになる  生活内容のおもなる  フィステルになる  運命になる  病気はどうなる  別れになる  神様はさながらあわれなる  自ら卑しくなる  二人きりになる  彼女は感じやすく、じきに親しくなる  色の重く濃くなる  ことの深くなる  心は深くなる  いつかクリスチァンになる  むるがごときものの仲間となる  機となる  十字架になる  コスモスとなる  たよりとはなる  私たちは親しくなる  急に淋しくなる  隣人となる  感じをお持ちになる  われに非なる  ニヒリズムになる  のですけれど、そうなる  一心になる  憧憬のおもなる  ために、求めなくなる  がいとはなる  書きになる  作の深くなる  不愉快になる  お国から見えになる  怠惰になる  動機となる  のであろうかと、弱くなる  事情ではたしていかになる  後を追いたくなる  父になる  人に、なぐさめとなる  ことも考えなくてはならなくなる  民のものになる  文壇的になる  貪欲になる  中心になる  大分後になる  江馬さんと親しくなる  もっとよくなる  意識から自由になる  急にかわゆくなる  私もそうなる  リフレッシュメントになる  出しになる  不幸と較べて淋しくなる  私がそうなる  書物になる  年となる  まり薄くなる  仕事を休まねばなる  話をせねばなる  ごろになる  丁度真正面になる  耳がきこえなくなる  怪力の強くなる  あいだとなる  下向きになる  ぶんぶんとびまわり、どうなる  六日目になる  三度目になる  怪塔をとられたりしてなる  怪塔王は、そうなる  こなごなになる  ようにわるくなる  精神力でもって、そうなる  今になれると楽になる  お陀仏になる  生命は一体どうなる  火達磨になる  スピードはたいへんはげしくなる  ますます暗くなる  みな役にたたなくなる  ごちそうになる  不時着したとなる  俘虜になる  足掛りになる  貴様はもうすこしおとなしくなる  背中がぞっとさむくなる  占領してしまうとなる  命を握っていて、生かそうと、殺そうと、どうでもなる  こっちのものになる  一しょになる  怪塔王、こうなる  たしかにそうなる  運命がどうなる  イタリア行きはどうなる  椅子から総立ちとなる  のだ、逃げ出したくなる  気持ちは暗くなる  グワッシュもやりたくなる  程あざやかになる  面白い結果になる  ちょっとこれをやってみたくなる  盲目になる  モティフとなる  的となる  形ともなる  のかと思っておかしくなる  種類になる  仕事となる  主人公になる  それも試みて見ましたがなる  乾が多くなる  何んとしても取れなくなる  反対になる  二十五号以上にもなる  胸が悪くなる  からしたがって汚なくなる  それは感じなくなる  ルノアールの如くあのよぼよぼになる  金毛九尾となる  達人になる  パット世界が明るくなる  自分のものとなる  んだと威張って見たくなる  大写しになる  むしがすかぬとなる  山へ隠れてしまいたくなる  10となる  不安で堪らなくなる  旅行だと思うと、もうはや多少重くなる  処から夏になる  万物陰となる  天上陰となる  冷くなる  冬において熱くなる  君はなる  毎日昼になる  指ともなる  汽車でも乗れなくなる  以外一句も出なくなる  五年にもなる  ツイ言葉でも懸けて見たくなる  效になる  これはどうなる  みんな四つ這ひになる  一人高くなる  だんだん高くなる  声はいよいよ高くなる  人をたのんで楽になる  僕たちはこれからさきどうなる  つぶになる  腹が痛くなる  土になる  足あとはなる  空も赤くはなくなる  一つたよりになる  身動きもできなくなる  麗艶となる  毎年春になる  氏はなる  インチキになる  金高はなる  骨身になる  ように美しくなる  トンと明るくなる  二ツになる  中がジンと熱くなる  万引でもしたくなる  女馬賊にでもなりたくなる  インバイにでもなりたくなる  灯がふっと切れて暗くなる  頬かぶりして歩きたくなる  ようにうれしくなる  真暗闇になる  泥棒にでもはいりたくなる  腹がいたくなる  町も、寒くなる  だんだん少くなる  肌は寒くなる  ように恋しくなる  七年にもなる  ハツラツとなる  三時になる  十九になる  じき食えなくなる  私は悲しくなる  裏がかゆくなる  忙がしくなる  歌がうたいたくなる  口に出して唱いたくなる  君が恋いしくなる  つくりになる  そうに嬉しくなる  目頭が熱くなる  何年昔になる  頭が痛くなる  私はおそくなる  ナリキンになる  瞼を見ると、たまらなくいじらしくなる  肌が痛くなる  目が円くふくれ上がって、見えなくなる  一寸不快になる  ものたりなくなる  ギコウにまけてなる  私おそくなる  佗しくなる  常体になる  私が、どうにかなる  山なんかに負けてなる  五時になる  プロフィルを見ていると、ジンと悲しくなる  程可愛くなる  味気なくなる  かえる時間となる  いくらになる  暖かになる  だらけになる  急がしくなる  一週間になる  七十になる  大変貧しくなる  落書したくなる  狂人になる  うたならと唄い出したくなる  事を思うと、切なくなる  私は暗くなる  さでは、涼しくなる  強権者になる  気が小さくなる  埃っぽく悲しくなる  位になる  馬鹿のように悲しくなる  みんな火になる  胸がさわがしくなる  腹が大きくなる  動物的になる  事を思うとたまらなくなる  刺戟になる  田舎が馬鹿臭くなる  東京市長になる  相手にしなくなればなる  維新後になる  気の毒になる  顔をそむけたくなる  身体のこやしになる  江戸ッ子になる  風紀取締になる  憎まれ口になる  性格となる  センチメンタルとなる  極端なのになる  美しい国になる  連中はイザとなる  自身赤ゲットになる  から無性に嬉しくなる  二三円にもなる  非道いのになる  無力になる  天下になる  頭が上らぬとなる  力もこうなる  派手一方になる  気も遠くなる  町はどんなになる  東京は広くなる  どれ位神経過敏になる  怒り易くなる  大都会になる  気もちになる  標準となる  四円五十銭になる  綴じになる  面白い材料になる  以下となる  安危になる  賀筵になる  不景気となる  学生ばかりとなる  一パイ一パイになる  男となる  同棲したとなる  式になる  けがわからなくなる  買いになる  意味が一層わからなくなる  下宿以上になる  落第ばかりとなる  知らないでどうなる  飯が不味くなる  頭がわるくなる  のが面倒臭いだけになる  辺になる  人気がわるくなる  時候がよくなる  十円になる  双方よろしいとなる  順序になる  落ち着きが悪くなる  本書を読み落とすとなる  おいおい明らかとなる  時代になる  自暴自棄となる  いやんなる  心境になる  パーソナルコンピューターも安くなる  本編となる  プラスとなる  アクセス手段になる  上限となる  技術になる  言い方になる  ポケットに入るくらいになる  インテルもすなる  ポイントとなる  絵が動くとなる  ニュートンになる  デザインするかとなる  錯乱状態で噛みつき合いとなる  のが怖くなる  運びとなる  余談になる  手掛かりとなる  手順を追わざるを得なくなる  八十パーセント以下となる  必要となる  自殺行為となる  後釜となる  仕掛けとなる  一つも唱えたくなる  原型となる  子では、もはやいられなくなる  親戚になる  誰だって持って歩きたくもなる  コミュニケーターとでもなる  ますます重くなる  繰り返しになる  皆賢くなる  けが分からなくなる  おしゃかになる  設計図となる  コミュニケータもでやすくなる  中核となる  強力となり、またより安くなる  東大でなくなる  日本人となる  入り口となる  器となる  感覚が強くなる  ハードウエアはグングン軽くなる  メリットとは、要するに軽くなる  羽目になる  ムードも、むべなる  橋となる  切り札となる  火の玉となる  ドイツ製になる  フリーライターにでもなる  大笑いしたくなる  ライバルとなる  手になる  最低条件になる  阻害要因となる  柱となる  説法にはなる  休刊になる  核となる  貿易障壁となる  値段となる  会社に来なくなる  いるかといいたくなる  源流となる  パーソナルコンピューターに比べれば多少は高くなる  口が悪くなる  古代史になる  大事になる  これは当然そうなる  話題になる  386に安くなる  競争によって安くなる  暖房器代わりになる  ばらばらとなる  谷間になる  幕となる  おっさんとなる  ますます強くなる  目玉となる  のでは、どうなる  勝負になる  先行きが見えないとなる  きっかけになる  側に立つとなる  お次へどうぞとなる  コストはぐんと安くなる  カラオケになる  不寛容になる  可能性が見えなくなる  試みにはなる  もう少し大人になる  出世のさまたげになる  首席にでもなる  試験前になる  眼付になる  二番になる  休憩時間になる  クラス全体が悪くなる  もっと完全になる  御馳走したくなる  勘定になる  のかと思うと、しみじみとなつかしくなる  代になる  儲けになる  金になる  四年生になる  顔になる  店員になる  首席になる  反撥したくなる  幇間になる  五十円になる  一時になる  月末になる  血眼になる  媚態になる  興奮をおそれなくなる  恥になる  夜業でおそくなる  炭をうかうかと使うてなる  一月いくらになる  たしかに泣きたくなる  不採用になる  むきになる  部長になる  意味になる  恋人になる  真顔になる  ためだと、お片づけになる  ごらんになる  男に負けてなる  閉店になる  わやくちゃになる  あいつの自由になる  藪蛇になる  馘首になる  失礼になる  目になる  稼業人になる  市がどうなる  ネタになる  たけなわになる  生涯を送らなければなる  気配りになる  姿も見られなくなる  手違いになる  ズタ斬りとなる  人が、こうも忘れられなくなる  かいになる  かけひき、どうなる  一人が危うくなる  嗚咽となる  万吉は、ばからしくもなる  雨にでもなる  利となる  いつか一人も見えなくなる  平坦になる  白骨となる  大分考え方が明るくなる  身を亡ぼしてやりたくなる  女房になど、決してなる  はめとなる  対手になる  張役となる  阿波守もきっとなる  ツイ御座所近くになる  すべてこうなる  功を奪われてなる  失策になる  人々のいなくなる  目印となる  いくつになる  あとからあとから大きくなる  妻に向って浴せかけたくなる  ところでどうにもなる  これでどうなる  盟主になる  成分となる  葉櫻時分になる  ためによろこびとなる  表現しきれなくなる  教養となる  娯楽となる  低俗となる  文学になる  友となる  文学らしくなる  家へ帰れなくなる  落着き払つてゐて、帰れなくなる  喧嘩になる  肉体になる  玩具になる  だんだん激しくなる  絶望的になる  億劫になる  気違ひになる  すっからかんになる  おれはきまって腹立たしくなる  めしがくいたくなる  髪がとつぜん恋しくなる  勝手のわからなくなる  そうなので、なんとかなる  そのまま動かなくなる  おれになる  っきり、いったいどうなる  彼女は巻き切れなくなる  パイオニアワークになる  利用者数も多くなる  ファイル数になる  アクセス数になる  主力となる  翌年一月一日からになる  決め手になる  多彩になる  五万九九〇〇冊になる  一番飯のたしになる  そつちはなる  使ひになる  どちらからお出でになる  蔭になる  坊守になる  何時物になる  串にでもなる  顏になる  長篇になる  狂暴になる  工場を休むとなる  中にほとんど仰向きになる  病人になる  人戀しくなる  三十八になる  何處かに出掛けてゐなくなる  ほりになる  色が濃くなる  たよりになる  豆腐にわずかなる  私はなる  サヨナラとなる  いつ訣れなければならなくなる  自分が選ぶとなる  仕事も一層よくなる  富豪になる  純粋になる  自ら明らかになる  小説的になる  詩的になる  のを待たなくなる  傾向が著しくなる  信奉者になる  春から夏になる  長閑になる  泣きになる  我慢がなる  表情になる  神経的になる  泥濘になる  一緒に吠えだしたくなる  穴へでもはいりたくなる  愛読者なんかになる  出会いになる  ものを御信じになる  事に臨んでも少しも御困りになる  暮しになる  処刑になる  裁きに疑をお懐きになる  道具になる  定めになる  ものだ、と力みかえってみたくなる  帳消しになる  真実立派になる  幽霊になる  喧嘩がしたくなる  臭味が分らなくなる  擲りたくなる  恋人はどうなる  何時、如何なる  妥協したくなる  筆になる  白刃を怖れなくなる  揚足をとったとなる  棒になる  齢になる  奇蹟を行わずにはいられなくなる  真紅になる  何歳になる  目が光って来た、となる  花が咲いてなかなか好くなる  まり真向になる  間夏になる  八月末になる  気休めになる  見えになる  冬なんぞになる  夜なかになる  所有者となる  書となる  其末頃になる  婿となる  子方となる  養子分となる  勝山に迄なる  ホームズになる  何となくおそろしくなる  後になる  つんぼになる  立派になる  だんだん大きくなる  目はきっとまたよくなる  重刻になる  説になる  仮説になる  議論になる  例となる  理由にもなる  心もちは涙ぐましくなる  ひとつのせつなる  調律となる  作家となる  夕がたになる  何も讀めなくなる  すきになる  あとは、いよいよ、こくなる  ひとりになる  今さらどうなる  葉ばかりなる  艶かなる  この間お出かけになる  家土産にしたるなる  お上げになる  保昌殿にお嫁ぎになる  エロチックになる  兇暴になる  人間がどうなる  ヤッカイになる  つまり痴呆状態となる  卓一君のものになる  信造になる  卓一のものになる  亜魁になる  求めになる  入口になる  酒さえのまねば、そうもなる  禁厭になる  夢ちょう里に住みながら、住めば住むなる  柳で暗くなる  酒となる  分が、白くなる  ものは、いざとなる  煙が出なくなる  用ゐられしなる  裸体となる  右に述べしが如くなる  横線は透かしなる  方今日よりは深かりしなる  事實のみなる  下の人となる  好き地を撰びしなる  扣き切りしなる  塲所とせしなる  窓有りしなる  辨じたるなる  入れ物を要せしなる  事挿圖中に示すが如くなる  道路有りしなる  道路存在せしなる  存在せしなる  冬はまた貧しくなる  ごと大きなる  云ひたくもなる  眼となる  只必然にそうなる  孤独になる  作為が多くなる  半身不随になる  十二時頃になる  目が痒くなる  六つぐらいになる  何日になる  十日になる  二十日になる  日本語が分らなくなる  これ一年になる  ワシがなる  瞑想家になる  乞食になる  自己批判となる  さうもなくなる  隨になる  耳朶が痛くなる  午前四時になる  つきになる  著者一代限り、如何なる  興行複製となる  ものにはなる  身にもなる  力と看なければなる  就ては一応見せて貰わなければならない、そうして如何なる  将来歴史的になる  理窟にはなる  売り物になる  定本となる  結果にはなる  覚悟して居らねばなる  交渉になる  自動車道にでもなる  職業組合員になる  組合員になる  女中になる  ナースチャはねむたくなる  映画がやすくなる  病気になって働けなくなったらどうなる  犬に嗅がせなけりゃなる  夕暮れになる  ツ、今更どうなる  らるるばかりなる  越になる  清造はさびしくなる  健康になる  四時ごろになる  午後二時になる  教授になる  ひとつになる  お前が青じろくなって冷たくなる  はじめからふしぎに思って、どうなる  材となる  立往生となる  感得しなければなる  飯になる  目標となる  外米はつめたくなる  ことなので、まずいとなる  あらわれとなる  ものは、苦しめば苦しむほど正しくなる  十ばかりになる  学位論文になる  闇になる  事件になる  至難事件となる  心当りとなる  気の弱くなる  手ぬかりになる  年齢三十ばかりなる  五両にもなる  日本のものになる  妾になる  帳消しにはなる  長やかなる  丈夫になる  陰欝でなくなる  晴々となる  頼りとなる  運命を弄ばさしてなる  うちに、またどうなる  凡てよくなる  条件を拒んだらどうなる  依子も、なる  万事がよくなる  依子がいけなくなる  だんだんいけなくなる  しか考へられなくなる  /″\痛い、暗くなる  後でさうだとなる  目がどうなる  了ひでもしたら、どうなる  一寸ゐなくなる  まひに淋しくなる  六日になる  母がゐなくなる  變化になる  目は遂にどうなる  自分になる  通りにもどかしくなる  こちらは失はねばなる  食はしてなる  山猿めこいつ逃がしてなる  ゆるやかとなる  おだやかになる  朝食にはなる  プロジェクトとなる  フリーウエイが終わりになる  から十年になる  笑顔になる  三津子だけになる  なかには、見ていて心地よくなる  風下となる  州になる  それっきりとなる  不自然になる  一九五〇年代になる  とおりになる  名前になる  昼寝をしたくなる  一冊の本になる  十人も来れば、いっぱいとなる  引退してずいぶんになる  フロオベルになる  川蒸氣があるばかりになる  考へになる  民権論はこうしてなる  夕暮になる  気持にもなる  海原のひたすらなる  音が、聞こえなくなる  一ヶ月以上になる  戦争の見とほしになる  警報解除になる  被服支廠から真先に浮足立つたりしてどうなる  乱雑になる  解除になる  がらくた、どうなる  自分のものになる  昼時になる  三時頃になる  牙城になる  明日から己はどうなる  夕刻になる  怪しげになる  警戒警報になる  足どりも少し緩くなる  牙城となる  楯になる  つたとなる  結婚となる  顔附になる  辛抱が出来なくなる  健全になる  汗の冷めたくなる  生存が出来なくなる  仕方が無いことになる  七つになる  乾干になる  だんだん寒くなる  幸になる  宗師となる  露骨になる  力でどうなる  前からOとそうなる  もっと理知的になる  子供は、大きくなる  蝋燭がほしくなる  手の痛くなる  火をつけて捧げ、その燃えて短くなる  こちらが可笑しくなる  人相が悪くなる  突泉となる  美人になる  無念無想になる  芸術となる  外的となる  外的になる  すべて無益となる  陰気になる  オーソドックスになる  概念的になる  無用となる  顏附になる  來なくなる  ろうそくがほしくなる  火をつけてささげ、その燃えて短くなる  まちまちになる  赤の他人となる  列席するとなる  二十四にもなる  云はなくなる  良人となる  眞赤になる  二十六にもなる  奧さまになる  時分どきになる  兵十がいなくなる  部分的ではなくなる  献納するとなる  鐘がなしになる  爆弾になる  すれすれになる  廊下となる  稍失望しなければなる  一カ月以上になる  おしになる  被服支廠から真先に浮足立ったりしてどうなる  家が見つかったとなる  古手になる  特に婦人におつかわしになる  積り、どうなる  あとはどうにでもなる  おしまひになる  心持が一層深くなる  於て、如何なる  生活様態になる  餌食になる  日記ではなくなる  明瞭となる  彈きになる  何曜日になる  七年前になる  関心事となる  日本人ではないかといいたくなる  外国語をそのまま用いればなる  罰せずばなる  船をやらずばなる  心持ちとなる  禍ともなる  ことは一層卑しくなる  道具となる  薄っぺらになる  人情が薄くなる  英雄豪傑となる  気圧が高くなる  圧が高くなる  点より低くなる  いろいろになる  因子になる  海岸から遠くなるほどなぎが長くなる  骨になる  微塵になる  山水となる  修業をしなければなる  主となる  日一日とひどくなる  食糧事情がよくなる  場合たのみになる  頭になる  機嫌はよくなる  十時過ぎになる  証拠ともなる  お前に行かれてなる  娘とあるからはなる  一になる  何うにでもなる  あいつの嚊になる  だって、ちょいとみただけで、かわいくなる  おばあさん、きっとおよろこびになる  んじゃないか、みてやらずばなる  空家になる  姿勢になる  衝動が少くなる  三角になる  偽悪者になる  ことにさへなる  さに堪へられなくなる  投りだしたくなる  ことが多くなればなる  梅時分になる  何か苦しくなる  戸主はどうなる  戸主になる  戸主ではなくなる  女房だとなる  われながらなる  絵描きになる  場合となる  拡めなけれやなる  女給になる  留守などになる  浮浪人になる  坊主になんてなる  社会に入って行くとなる  邪魔となる  十八九位になる  娘から妻になる  責任が強くなる  類型的でなくなる  二つ重なってたいへん永くなる  顔の見えなくなる  判断を持たなければなる  力ともなる  習性となる  一生奴隷になる  一致したとなる  ことわりになる  人足でもよこさせなきゃなる  烏耶無耶になる  後姿が見えなくなる  戸がなる  体が熱くなる  大木となる  相手となる  大木になる  私は強くなる  芽が大きくなる  白鳥になる  土となる  暮れ方になる  だんだん暗くなる  夜鷹になる  六十になる  苦痛でなくなる  やうに神々しく美しくなる  泥濘を恐れなくなる  泥だらけになる  陰から見守つてやりたくなる  自由思想家になる  それを踏みにくくなる  流人となる  母になる  つて信心深くなる  昼間になる  活字になる  云つて、明るくなる  時節になる  学期試験になる  彼奴が怪しいとなる  何となく胸が涼しくなる  体も軽くなる  三月位になる  神経衰弱がひどくなる  真似がしたくなる  尺ばかりなる  調と思えばなる  穏かなる  麗かなる  われを思う如くなる  二筋となる  病気が軽くなる  一人ずつで丁度よくなる  度数が多くなる  病気でもひどくなる  疫痢にでもなる  屹度よくなる  身体なんか案外どうにでもなる  一年十ヶ月になる  急に熱くなる  けらいになる  みんな死刑になる  一つかみ五百本にもなる  戯曲家になる  女流作家になる  熊もだじだじとなる  風情次第に淋しくなる  孤つなる  たよりとなる  希望となる  筆にするとなる  土産話になる  岸壁が見えなくなる  つて白くなる  素人はなる  こになる  へとへとになる  お話をお聴きになる  面白いとお思ひになる  くつついてゐればどうにかなる  金にでもなる  あとはどうなる  そこはなる  ますます笑ひたくなる  機会を逃すとどうなる  記事になる  泥まみれになる  飛行機はどうなる  私は、この眠くなる  からで、いよいよとなる  告白せねばなる  いふ点になる  云はねばなる  つて乞食になる  仕事も、ですから、ずつと楽になる  隙になる  これや、まあ、どうなる  北京はどうなる  僕が住めなくなる  違つた見方をしなければなる  今ベルがなる  書生代わりにもなる  笑いもしなくなる  のと同じになる  町まで往かなくてはなる  わたしあなたと中が悪くなる  腰を卸して、苦しくなる  二人になる  寐入つて、明るくなる  いゆといふなる  人にてありしなる  歌となる  嫌ひたるがためなる  下手になる  左千夫は大きなる  活溌になる  訳となる  歌になる  與謝野夫人になる  色となる  急に明るくなる  錦織るなる  白樺林木高くもなる  三つになる  音となる  伊豆寒くなる  背が高くなる  北守将軍仙人となる  雲にまで毒づいてみたくなる  三百六十五回になる  雷がなる  やつぱり名牛になる  憂鬱になる  景色も見られなくなる  鳥くだかけも能くすなる  しんぞ高くなる  へ達に殺されねばなる  彼らは眠くなる  から縁者になる  荷が軽るくなる  媒介になる  夫婦きりになる  畑はそうなる  雪が少し硬くなる  根雪になる  十二ほどになる  まま瞬きもしなくなる  余りおそくなる  収穫時になる  病人はわるくなる  アに、なんとかなる  午前九時ごろになる  耳がやたらに熱くなる  午後五時ごろになる  彼女が来なくなる  午後三時ごろになる  自由に柔らかくなる  一しょに美しくなる  癒りになる  情愛になる  信じていれば快くなる  苦しみはどうなる  まり晩くなる  流行となる  どこがどうなる  程にもなる  自分が居なくなる  ますます高くなる  煙草が飲みたくてならなくなる  時間にやなる  寮になる  瞬時も離れ難くなる  私は時々ばかばかしくなる  惨めになる  横向きになる  磊落になる  意味にもなる  饒舌になる  必狭くなる  さまがかなしくなる  起しになる  伝統的温床となる  〇三三円一〇銭となる  二千四百円ベースになる  軍事的官報でなくなる  進歩的学識専門家十数名からなる  深刻になる  特権者だけになる  大臣になる  人々ではなくなる  母体となる  支出となる  だんだんペネタ形になる  血色がよくなる  通俗文学はなる  分明となる  帳付にでもなる  姿の見えなくなる  呻吟になってしまいに聞えなくなる  舞台が暗くなる  物語となる  添景になる  報酬はどうなる  外が暗くなる  のにつれて暗くなる  から、いやになる  吹き出しになる  連れになる  おなりになる  お預けになる  其位にはなる  急になる  四辺が一しきりぽうと赤くなる  近く立木が疎になる  上りとなる  笹は短くなって歩きよくなる  闇は濃くなる  ものだと空恐ろしくもなる  笹が思い切って深くなる  犬ほどになる  いやで、つい堅くなる  場合大変むつかしくなる  説明をするとなる  線画が多くなる  科学振興になる  一匁一銭也位になる  遠方になる  電波になる  短波になる  特許になる  死刑囚が先ずどうかなる  科学でなくなる  同等になる  障害となる  頭脳をもっていなければなる  事実はそうでなければなる  作用がなければなる  簡単になる  夜店でお売りになる  楽しい思ひ出となる  欲求には、如何なる  がたとなる  名詞になる  人とも思はなくなる  運転が利かなくなる  標準になる  時、如何なる  別なく、如何なる  日本的性格は、如何なる  罪が軽くなる  虜となる  調子のものとなる  青年のものとなる  範囲が狭くなる  事でなくなる  今後ますます少数になる  温泉に行くとなる  話が聞きたくなる  手よりになる  うちにはどうなる  罪だと考えなければなる  範囲以外になる  極端になる  職人になる  だんだんけわしくなる  のは、送つて足しになる  徴用解除になる  浮き腰になる  終戦になる  二年になる  特種となる  順序となる  日暮れになる  対面となる  医者になる  題材となる  容易になる  名探偵となる  俄にまた暑くなる  烟がほの白くあがっているなど、おのずからなる  泣声になる  文章となる  科学的研究になる  今問題になる  ものに見出したくなる  認識が喧しくなればなる  解釈学となる  フラーゼオロギーとなる  一つともなる  支柱ともなる  神祕主義になる  者を知れるなる  隆んなる  観念となる  動力になる  くらゐで、かうなる  強大となる  結婚はなる  意義となる  部分が、如何なる  囚となる  障碍となる  必要と認めますが、かうなる  刺し違へる雄々しい憤りとなる  それはもう、如何なる  穂を打つて見たくなる  原動力となる  培養土になる  義務となる  活動のみとなる  主人となる  其那気になる  通俗でなくなる  重役になる  面から考察が進められなければなる  著になる  讚美となる  十分認識されなければなる  刑になる  なかが涼しくなる  化身となる  うぶをたたき切つてみたくなる  夕方から晩になる  露わになる  罪にはなる  づ世話になる  花も大きくなる  今年四十二才になる  荷が軽くなる  仕度がすんでしまって間にあわなくなる  何もおっぽりだしたくなる  自分でやるとなる  慕ひになる  人達になる  幅の狭くなる  道楽がしたくなる  連子になる  喧騒には堪えられなくなる  脚下の暗くなる  毎晩十二時になる  様子になる  女がどうなる  結婚なんか全く馬鹿らしくなる  暑中になる  夕方少し涼しくなる  毎年夏になる  明になる  がちになる  ぞんざいになる  往復になる  ハスになる  三月になる  懇意になる  年二十四になる  其年五十一になる  ますます蒸暑くなる  婦となる  悲しみを見なければなる  十月になる  洋装はどうなる  洋装ははやらなくなる  二度好くなる  夜おそくなればなる  半分よりも安くなる  石くずぐらいにはなる  記録となる  予言となる  多種多様になる  意味を持たなくなる  可能性が多くなる  わけにはゆかなくなる  創作でなくなる  有利になる  利口になる  却って参考になる  アイヌ居られなくなる  病気が少しよくなる  裸体になる  時間の少なくなる  ウラ悲しくなる  時人間はどうなる  実感しなければなる  中を歩きたくなる  のさへ苦しくなる  抱えになる  こと面倒になる  私だって、今にどうなる  後じゃもったいなくなる  物別れとなる  判断がつかなくなる  泰平になる  背中の熱くなる  騒ぎはいよいよ大きくなる  一散になる  首も危なくなる  玉なしになる  真似して仰むけになる  何年ぶりになる  相談相手になる  共鳴してしまったが、そうなる  蝶番いがクタクタになる  按配では、さだめし斬合いになる  急ぎ足になる  ためには、こうももろくなる  純情であるがゆえに、こうなる  合図となる  何程になる  手がかりになる  おきになる  同行がなる  口火となる  沙汰となる  段取りとなる  のさえ苦しくなる  眼が悪くなる  近眼になる  損失になる  火焙りにでもなる  災ひなる  帽子がふらふらとなる  倒りそうになる  紙になる  左にもなる  時になる  二十分位ゐは続けなければなる  十一時になる  気嫌になる  さへ可笑しくなる  翌年になる  ぬかるみになる  土曜日になる  暮になる  お笑いになる  眼をおさましになる  五杯飯になる  東京となる  五人前ぐらいになる  様子などになる  だんだん不快になる  曖昧になる  たまがいとうなる  四年にもなる  背筋が熱くなる  これ以上に食えなくなる  足も出なくなる  廻り道になる  浪費してしまって、食えなくなる  アトリエともなる  ところだ、赤くなりたくもなる  日当弐円五拾銭だちって、こうなる  切断するとなる  灰色になる  九日になる  班にいて、淋しくなる  文豪になる  弟子になる  何も言えなくなる  一そう消耗せざるを得なくなる  何もわからなくなる  征服者となる  助けを乞わねばならなくなる  相互的になる  調理になる  ものなぞになる  なに烏頂天になる  進呈せずには居られなくなる  早口になる  魂胆となる  暴露記事となる  窓口となる  眼醒しになる  三つにもなる  ことにでもなる  一時間になる  忌服あけに延すなる  簡単になればなる  理窟となる  文章を書くとなる  面白いものになる  卒業すれば、働かねばなりません、働くとなる  親父になる  害悪となる  勤め人になる  つて二人になる  反証になる  処へ入れてお置きになる  三十歳になる  是れ大なる  源因となる  征夷大将軍となる  ものぞ、かくなる  こととは露知らざりしも、かくなる  まれ商売でね、いやになる  ふから十五ばかりになる  六斗になる  月六石になる  用ひないかと尋ねたくなる  有くはないかと尋ねたくなる  使つた方が、もつとよく剃れはしなかつたらうかと尋ねたくなる  分量にもなる  印象も薄れて書けなくなる  理窟をいつて見たくもなる  裝飾になる  タバコも、うまくなる  折を、おはずしになる  心地誘ふなる  なほも幽なる  退去になる  小やかなる  日うららかなる  足代となる  皮肉も見えなくなる  真実になる  普遍的になる  尊貴なる  向つたならば、相当なる  勝ち越しとなる  不可解になる  見当がつかなくなる  出発点となる  二時間になる  世界になる  煩累となる  のであるか、と問わなければならなくなる  基調でもなくてはなる  雖も、なる  自然科学になる  失業者となる  手柄になる  職業作者になる  ことに甘んじなければなる  眼もまた偉なる  矢音となる  夢となる  折好き機会にもなる  モデルになる  気軽になる  荷になって投げ棄ててしまいたくなる  手もとが狂いはじめたとなる  それこそ、生きてはゐられなくなる  信用できなくなる  学費を送つて来なくなる  注目してくれなくなる  書くことになる  事実になる  象徴ともなる  初めになる  程、つかまつたとなる  顔色も青くなる  捉へたとなる  神人となる  ほど、つかまったとなる  嫁を捉えたとなる  口がふさがらず只なる  ば白くなる  明かるくなる  手によってなされなければなる  今年十六年目になる  十四歳になる  云つて八歳になる  あしたおしおきになる  殆どかうなる  んではなる  聞屆けになる  キゲンになる  菊が大きくなる  金持になる  ことし十六年目になる  八歳になる  いちはほとんどこうなる  身代わりをお聞き届けになる  あやふやになる  将来秀才となる  打ち合いになる  終いになる  ズボンを隔てていたので、ふらふらになる  八月になる  上十一になる  革命党になる  責任になる  終りとなる  妨になる  一員となる  九月半ばになる  今年七歳になる  心が暗くなる  私は一体どうなる  五つ位になる  手離してなる  茶菓子になる  川上になる  身分なんて、どうにでもなる  事はどうにでもなる  宗匠呑込んだとなる  お宝になる  申分けが無いとなる  金儲けになる  愛妻となる  妾をつくらずにゐられなくなる  悪妻となる  はりも大きく又深くなる  から三十日ばかりになる  今後見えなくなる  それから一週間目ぐらいになる  お出ましになる  あけになる  昇りになる  原因となる  ややかなる  賭けになる  賭けをやめて、どうなる  冷静になる  頼み甲斐になる  勝負をほうっておいたらどうなる  たけなわとなる  体が悪くなる  お召抱えにはなる  荒療治になる  五更になる  そうにでもなる  蚤よけになる  所でくたびれてしまってどうなる  型はとるが、いざとなる  爪先のぼりとなる  夕ぐれとなる  一さい来なくなる  そこだけ脆くなる  空気よりも冷たくなる  穴の広いほど高くなる  一直線になる  これからだんだん夜長になる  核になる  周囲が熱くて触れなくなる  灰汁になる  台になる  供給が乏しくなる  気違いになる  拵へて置かうとしてゐるので、どうしたら、なる  丈沢山饒舌つて、同時になる  記憶が折々怪しくなる  典型となる  ことがあるかとお訊ねになる  僧侶になる  僧侶となる  掩いになる  永遠にできなくなる  誇りになる  免職になる  刻限になる  陰気に聞えて、寂しくなる  安らかになる  水が狭うなる  血や通う、と次第に烈しくなる  気ままになる  靄となる  人たちにも、なる  記念にもなる  山寺へお葬りになる  受けになる  却って面白い小説になる  鐘のなる  一本調子になる  一しよになる  男性的で力強く、太く、短くなる  絶対的でなくなる  持久戦争となる  戦いになる  勝利となる  持久戦争になる  横隊になる  兵となる  個人になる  国民となる  連合体になる  代表的勢力となる  共倒れになる  空想が大きくなる  半分になる  複雑になる  戦争を考えなくなる  手段となる  指導者となる  最大原因となる  主義となる  動力資源になる  不老不死になる  世界となる  決戦軍隊となる  決戦いずれになる  困難となる  飛行機となる  ますます大となる  ますます困難となる  個人となる  戦闘指導精神はどうなる  社会状態となる  わたくしにお聞きになる  教訓になる  亀鑑となる  三十八年になる  喜びになる  小説がお書けになる  考えに悩まされ始めたとなる  あなたと夫婦になる  からつぽになる  数十年を暮さねばなる  元になる  目が悪くなる  先生といまだ近づきになる  困難なればなる  氣狂になる  鼻が短くなる  氣にさへなる  不快になる  百倍にも増して烈しくなる  訣になる  信者になる  精細に論じなければならなくなる  鳥になる  何か食べに行こうとなる  壱岐殿坂時代となる  批評なりを書かねばならなくなる  われわれも認めてやらなければなる  学生になる  ご覧になる  ひとりとなる  気分が悪くなる  言葉をお用いになる  無害になる  余地はなくなる  ますます孤独となる  所へも、帰れなくなる  風速以上になる  確率が多くなる  わけには行かなくなる  不思議ではなくなる  胸が軽くなる  気晴らしになる  現実になる  オプチミストとなる  お客となる  通り憎くなる  陶器になる  近況も書き添えてやらなければなる  艸木となる  囮になる  本をお探しになる  話相手になる  伝授になる  フラフラとお遣りになる  灰となる  痛みになる  訴えになる  身分は一体どうなる  上り坂になる  いふ所になる  手切れになる  忌になる  威嚇するかと思うと、さらに悲しくなる  思い出となる  連鎖となる  戦争がひどくなる  人間にお与へになる  神様と同じになる  王様になる  世の中になる  やうに息苦しくなる  燈明がぼうっと明るくなる  だんだん速くなる  山の頂きになる  喜びを知らなくなる  知己になる  行方不明になる  十五六歳になる  商社などのいと大きなる  ものといふなる  外になる  諸君もなる  三十六銭になる  犠牲者になる  お湯がほしくなる  夜中十二時になる  文学的凜気爽かなる  お気づきになる  まわり鋭くなる  わたしどうなる  話が別になる  方は、多くなる  五十万になる  百万になる  金となる  架空のものでなくなる  お伽噺でなくなる  一ツも投げたくなる  五六拾円にはなる  落葉で判らなくなる  十日あまりにもなる  上手になる  私アーメンと云いたくなる  血潮が熱くなる  部屋になる  顔が広くなる  二十年ごろになる  気候はしばしば蒸し暑くなる  半殺しにすると、どうしても踏み潰してしまいたくなる  慰藉になる  前かがみになる  目が薄くなる  金が大きくなる  行く先どうなる  怒りになる  轉車は速くなる  林信助さん、その次に偉くなる  何もかもつまらなくなる  年を取っていったらどうなる  若い生命はどうなる  から、力一杯にぶつかってゆきたくなる  跣足になる  罪悪となる  罪悪になる  贅沢から世の中は面倒くさくなる  どれくらいになる  見境ひが付かなくなる  一辺接吻がしたくなる  苦痛になる  別れ端になる  成るべくしたくないわ、いよいよとなる  感謝し切れなくなる  からかひたくなる  問題ではなくなる  終ひになる  云つたつて二人だけになる  方が遅くなる  ずりつこけさうになる  子が偉くなる  前屈みになる  慰めになる  巴里から引上げなくちゃならなくなる  男に訣れねばならなくなる  感じに堪えられなくなる  ほどになる  楽しい気持になる  ますます赫くなる  そうになったのに、どうなる  百通以上にもなる  身慄いが出るほど嬉しくなる  あれはお売りになる  間ぎわになる  ことが出来なくなる  たじたじとなる  彼れなる  影も未だなる  我れ計なる  願ひなる  光村医学博士夫人となる  眼が熱くなる  敗血症になる  毒薬が塗ってあったとなる  婦人から参考になる  博士夫人になる  動揺でも見のがしてなる  うすのろになる  まま、どうなる  離れ離れになる  空虚となる  足音がまったく聞こえなくなる  石になる  こまめやかなる  かたへなる  四になる  書中乾胡蝶からになる  あなたがおはいりになる  説明になる  身内が熱くなる  一策ともなる  エロティシズムをも描きだしてみたくなる  もっとずっと書きにくくなり、まとまりにくくなる  一本立ちになる  コムソモールとなる  激励となる  それは長くなる  二十八にもなる  僧になる  眼をおつぶりになる  話をお聴きになる  ままよ、どうなる  災になる  悪人となる  駄作になる  ここまではなる  便宜になる  暴風ともなる  一切のめずらかなる  身装になる  端緒になる  謂れがおありになる  桜かそかなる  のだが、時々やはり書きたくなる  保護も受けなくなる  コスモポリタンになる  嘉永三年になる  手をつくせばつくすほどいよいよいけなくなる  チリ毛が寒くなる  俺がなる  僕はいったいどうなる  からお困りになる  弁明を試みておかなければなる  粗暴になる  調子外れになる  間になる  競売になる  んだから、またお思い出しになる  七分通りはおわかりになる  建築者となる  世界的世界となる  各自自身となる  国家となる  根源となる  右の如くなる  國家となる  禍となる  母胎となる  から、もう、久しくなる  詮議がきびしくなる  ちょっとましになる  日本で織るとなる  ひとが斬ったとなる  季題になる  着物になる  却つて面白くなる  五火となる  罪なくなる  利益が段々大きくなる  米が高くなる  仏語しかわからぬとなる  表へ飛びだしたくなる  話もなる  忠助のものになる  痴呆面にもなる  三週間目になる  太郎は殊更なる  ようだが、やったとなる  からざっと十年になる  がりになる  嶮くなる  鮮明になる  火になる  坂は暗くなる  径に幽なる  掴えられなくなる  横坐りになる  寸断になる  口を利かれても、とろりとなる  対向いになる  ように白くなる  しろ、いかにも堪らなくなる  柔かになる  十年前になる  身体になる  護摩となる  欲くなくなる  血に交って、洗っても、拭っても、濃くなる  直ちに犠牲になる  一そう気違いになる  盲滅法たまらなくなる  白骨になる  だんだん冷めたくなる  瓢箪になる  アコーデオン弾きになる  先生は情けなくなる  ごまかしてしまいたくなる  十年にもなる  云ひたくなる  くりになる  十歳になる  ほうはどうなる  凧を重くしておかなくてはなる  のぞみになる  子たちが大きくなる  明け方になる  墓にもおまいりができなくなる  年末頃になる  逐電しなければならなくなる  滝となる  光景から魔呵なる  無感覚になる  非常になつかしむ思ひになる  期節になる  罪業が軽くなる  題名になる  氷がおあがりになる  形なしになる  氷をおあがりになる  ことし十歳になる  湯殿も入混みになる  熱が高くなる  どこかがどうかなる  氷となる  用に立たなくなる  用ひられなくなる  廃物となる  無用のものとなる  不能になる  時から夏になる  浪が高くなる  上の空だけになる  吸物になる  吟味問答をお聞きになる  丸つぶれとなる  嘘になる  嘴などをおあわせになる  ように薄く疎にはなる  脚が極め込みになる  遥かに快くなる  九月上旬になる  餌になる  餌にもなる  餌となる  否宋代となる  圓になる  上向になる  翌年発行が出来なくなる  四百円近くになる  空虚になる  一月以上にもなる  中心要素となる  親となる  恋は濃くなる  日暮方になる  フイになる  お家騒動となる  まっぷたつになる  ますます嶮しくなる  三舎を避けねばなる  高山となる  置物などにもなる  屋根にもかこいにもなる  止めになる  大仏が出来るとなる  責任が重くなる  真中になる  荒仕事となる  ことなど思い出して、独りでに笑いたくなる  螺髪になる  ばつかり考えるから、そうなる  家じや立ち行かなくなる  ために、なんでなる  しの大きくなる  ポーズになる  酒になる  破産となる  解説者はなる  お抱えになる  ちょっと物知りになる  例証にはなる  くすぐったいところになる  宿調べもきびしくなる  灯が見えなくなる  悦にもなる  ことし十九になる  三日になる  もんだが、なる  損害になる  ちゃんと文句になる  月夜になる  畑がなる  鳩になる  虫夜になる  シャツ一枚になる  奇麗になる  生徒がいなくなる  芸術論になる  人物となる  錆鉄となる  歓喜の歌となる  小半刻になる  三崎丸ほどになる  間違いがないとなる  証拠がないとなる  脊柱となる  から、さて建てるとなる  見当になる  庭にしないじゃなる  私から親類になる  親類になる  理解してゆくたすけとなる  武士達が見えなくなる  弱気になる  腹なりが悪くなる  ところへ帰って、また動かなくなる  相剋はなくなる  自然別様になる  敵をもたねばなる  明らかとなる  薄情是の如くなる  傍近くなる  本格小説となる  ひとつ話になる  あとに、みじくなる  巧みになる  根本となる  顔は赤くなる  頭の痛くなる  結果にさえなる  背景となる  人々とを掘りきわめるとなる  摂取して行かなければなる  傑作が、如何なる  飛石づたいにどんどんお進みになる  そこから中庭になる  眺めになる  光景になる  辰刻になる  こっちのもの、たぶんなんとかなる  女となる  濫費になる  これが全くこだわらなくなる  花が見られなくなる  日々黒くなる  辻褄の合わなくなる  随筆にはなる  稀薄になる  現象になる  蛇になる  売り切れになる  角店になる  無性に腹が立って、なる  今日もまた暑くなる  用ゐられて美しく、美しくなる  自然の子となる  便りになる  いふ経験はおありになる  名折れになる  鯨が浮かびあがり、小さなる  騒ぎになる  存在理由ともなる  設計になる  家にもゐないとなる  三時半になる  犯人になる  哲人になる  三十七八にはなる  十五六になる  宰相にでもなる  話はすこし古くなる  六ツごろになる  簪をお見せになる  替玉になる  ひとつ腰をすえなくちゃなる  仕事がやりにくくなる  息を引きとられたとなる  一所になる  何となくぼんやりし直ぐ眠たくなる  午後四時頃になる  印にもなる  アコ長となる  半年近くになる  手前は酔うとくどくなる  使いすてになる  奴がいなくなる  下手人になる  ヴァッヘルの力強く、戦はどうなる  五十八歳になる  廿歳になる  迷児になる  二十六歳になる  二十二歳になる  都々逸でも唄いたくなる  身体が溶けやすくなる  何となく利かなくなる  声を出したくなる  ほんとうに、お死にになる  それを誓うと、どうなる  娘は遠くなる  お発ちになる  いまおいでになる  二人だといわなければなる  法がつかなくなる  蕎麦が不味くなる  お嬢さんが見えなくなる  曰くになる  わたくしをお褒めになる  鮨屋になる  から震いつきたくなる  不完全になる  年恰好になる  私は云いなりになる  あたりが暗くなる  行動も出来なくなる  齢ごろになる  ほのぼのと白くなる  おまえさんのものになる  中が明るくなる  四ん這ひにでもなる  丁度十二になる  迷子になる  出入口になる  手伝ひになる  梁になる  円柱になる  蝶が、ねむくなる  むき出しになる  蟻になる  球になる  木虱になる  パンになる  頭は、また低くなる  蜻蛉になる  目に見えて少くなる  十二以上にもなる  一万匹になる  千億万にもなる  木はそんなに古くなる  さへもなる  盤になる  滋養分になる  刃がなる  私達が暖かくなる  靴下になる  皮になる  品物になる  織物になる  柔くなる  レースになる  円莢になる  五月になる  床になる  木になる  帽子にでもなる  毛が少くなる  蒸気になる  布地になる  なつて役に立たなくなる  フエルトになる  艶々した紙になる  物となる  値打は大きくなる  字になる  力になる  虫になる  蠅になる  蝶になる  あとではもう大きくなる  それから更に大きくなる  虎になる  肢、になる  粉になる  かみきりになる  台なしになる  食物になる  支へになる  糸になる  つて糸になる  さと同じになる  大綱になる  中央になる  螫されて赤くなる  やうに、赤くなる  痛みは直ぐにはげしくなる  まひになる  誰でも一層悪くなる  結果は悪くなる  観ものになる  処になる  火焙りになる  それが別になる  原因にもなる  道が分らなくなる  平原は見えなくなる  雨にもなる  とりとなる  水がかうなる  了つて、何もかもやり直さなけれやならなくなる  最後にどうなる  水はもつと多くなる  滴となる  儘で居られなくなる  雲かになる  雨は大きくなる  積つて邪魔になる  仲好しになる  雲になる  力のものになる  二千頭必要になる  源となる  から一万里になる  手をつながなければなる  キログラムになる  訳の分らなくなる  五六里も厚くなると青くなる  ものでも美味しくなる  ものだが、あんまり遠くなる  ものとすると、どうなる  運動になる  陰になる  逆さになる  丁度一年になる  三十一日になる  夜が短くなる  見境がつかなくなる  食べものになる  害になる  叢になる  動悸を打たなくなる  嘔きたくなる  匂ひで気持が悪くなる  集つて花冠になる  花冠になる  種子になる  実となる  杏になる  小麦になる  種子を持つた実になる  終つた事になる  吸ひたくなる  きのこの大きくなる  昆虫になる  種にはなる  動きが、もつとひどくなる  人間はどうなる  何度になる  暑い事になる  川になる  かたつむりになる  かたつむりは、其の大きくなる  従つて大きくなる  歯になる  貝殻になる  角になる  杖になる  盲になる  神様が知らせずにお置きになる  値うちのものになる  山かになる  層になる  色になる  十二メートル位まで高くなる  塩になる  蒸発してなくなる  営養物になる  河になる  通つて雲になる  大河となる  町位にはなる  育児室になる  競争者になる  蜂蜜になる  女王蜂になる  働蜂になる  女王になる  /″\になる  君主になる  一匹になる  蜜蝋蜂になる  ひとごとながら、こうなる  夜ふけになる  哲学が種々なる  課題となる  顛末も分かりにくくなる  朝稲村さんがお訪ねになる  材料となる  仕事が出来なくなる  立場となる  癌になる  まちがいになる  ものといわなければなる  ほかは聞こえなくなる  品はツンと強くなる  浪人がいたので、出るには出られず、どうなる  根こそぎから闕所になる  ことはなる  はるかになる  向うへ、泊りたくなる  そこになる  熾烈となる  不為になる  以上は、言いのがれはなる  句会へ遅くなる  ことにはなる  ほうになる  涎が出るほど羨ましくなる  寝床とまでなる  妖婦にでもなる  死にものぐるいになる  一大事になる  狂炎となる  さっきお出かけになる  万吉は残して行かねばなる  酒びたりに倦み果てて、やがてけだるくなる  女が、邪魔くさくなる  妾なんぞは、なる  船へ乗るとなる  破滅になる  食りすぎる、食べるから眠くもなる  大分になる  五になる  横倒れになる  正体も怪しまざるを得なくなる  一瞬になる  逃げ腰になる  北海道となる  自慢にはなる  歳十一になる  霍乱にでもなる  のを見えなくなる  ひとが恋しくもなる  のではなかろうか、どうなる  お酒お飲みになる  ものが小さくなる  キチガヒになる  ききになる  左光線になる  のきいてると苦しくなる  みんな先生になる  優等生になる  凉しくなる  くるくる面白い急いで廻せば早くなるのろのろ廻せばおそくなる  手本となる  童謡になる  芸術になる  資格となる  思想で割るとどうなる  答はどうなる  事にでもなる  最後のものとなる  一点にすぎなくなる  苦労となる  絶望になる  高度が高くなればなる  短距離となる  吐露せしなる  竹田になる  きまり悪くなる  めになる  事を書くとなる  文体が存外古くなる  早晩古くなる  養生になる  何かがしたくなる  底の知れなくなる  批判にも、粗なる  英雄となる  十三四になる  ベルを忘れてはなる  往ったが、暗くはなる  問題にしなければなる  くろうとになる  これを認めなければなる  二倍になる  行つて、暗くなる  三年許りになる  者が見ると、もどかしくなる  夜更になる  聲も時々高くなる  声も時々高くなる  お世話さんになる  殊に札幌となる  何んとかなる  旧跡はなる  人間の少なくなる  アレナとなる  降霜に近づくほど次第に冴えて美しくなる  義となる  所となる  三十六となる  だんだん騒がしくなる  ぐにゃぐにゃになる  かけ橋となる  完全独立国家になる  必要はなくなる  失業者が出たら、いったいどうなる  三千億になる  かけ声にくらべて小さくなる  二十六万有余円になる  孤児になる  総理大臣になる  六ツになる  石版五度刷りからなる  一方から靜かになる  相になる  巣鴨となる  当日になる  近くなればなる  飛行公園になる  戦争がうんとひどくなる  もと通りになる  殊に非道くなる  締切りになる  今時分になると見られなくなる  原住民が見えなくなる  うちに見えなくなる  そうに熱くなる  他には決して心からなる  女と男とを見ると撲りたくなる  益激しくなる  頭巾にもなる  大の字なりになる  代赭色になる  腹の痛くなる  こと、激しくなる  効果になる  日本國どうなる  町になる  三日にもなる  支柱になる  三ヶ月になる  魔除けになる  手掛りになる  相当に書き直さねばならなくなる  手懸りにもなる  手懸りとなる  白になる  西になる  効果も生じなくなる  筈になる  歴史となる  置換は、種々なる  面接しなければならなくなる  辞によらねばならなくなる  価値概念となる  形態となる  学問的となる  条件となる  学問性とは見分け難くなる  限り、なる  内容になる  概念となる  規定は、なる  体系、なる  生活であることになる  ものでなければならなくなる  方法となる  生活法となる  否定しなければならなくなる  無意味となる  必然となる  隆盛となる  百科全書的となる  自然科学となる  形而上学となる  学となる  事実から純粋となる  考察となる  手段になる  目的となる  原理となる  適応しなくなる  分類となる  方法論となる  ことが当然となる  形式はなる  学問はなる  場合問題となる  知識となる  地盤となる  形式となる  ことは出来なくなる  精神概念はなる  価値となる  解決はこうなる  しかあり得ないこととなる  否定せねばならなくなる  話相手にはなる  用語等についても、なる  尨大になる  君、どうなる  恩顧になる  使者になる  遠廻りになる  東西手切れとなる  味方になる  元和元年になる  敵軍十町ばかりになる  二町ばかりになる  体温が恋しくなる  遊びしか残らなくなる  如何に酔っ払ったとは言え、いざとなる  ん、悲しくなる  逆になる  買物になる  背中が冷たくなる  夜更けまで持ちこしになる  懐古的になる  結局こんなになる  行つてしまつたとなる  私はいつたいどうなる  当分どうにかなる  から十数年になる  岩層からなる  寝床となる  修羅場になる  一段落になる  末ごろになる  それだって、どうなる  八時頃になる  夕方近くになる  末はどうなる  棲息場になる  血みどろ騒ぎになる  壊血病になる  もので、こうなる  却って暑くなる  千曲川が赤くなる  状態が、どうなる  世の中ア、どうなる  一体、どうなる  顔向けがなる  士格になる  臆病になる  病気ばかり怖くなる  かたがた油断はなる  お越しになる  乗り気になる  まりにもなる  クサビになる  御輿をすえると、眠くなる  公然になる  連累となる  泣きを見せなくちゃなる  者といって手荒くもなる  麓へ小さくなる  趁い廻されなければなる  希望になる  木乃伊とりの木乃伊になる  血が出なくなる  まま木乃伊となる  のを知ったとなる  お祈りが要らなくなる  綱が、こうなる  予約配本になる  ものだったと云わざるを得なくなる  一部分となる  関係となる  採用せざるを得なくなる  始めともなる  先駆となる  唯物論になる  結論となる  模写説理論となる  左前になる  知識になる  説明出来なくなる  ことだと云わねばなる  科学となる  客観的存在となる  組織的となる  のでなければ、如何なる  自然科学も、又如何なる  世界観となる  素材となる  妨害となる  根本概念となる  どちらかになる  特色となる  歴史でなくてはなる  処へ持って行かなければならなくなる  特色になる  対立になる  場合になればなる  不可能となる  議論をしなければならなくなる  理解されなくなる  性質を帯びざるを得なくなる  類となる  一例となる  皺の深くなる  補助になる  貰ひたくなる  二月ぐらいになる  別に画家になる  五級になる  一級になる  人物画になる  楽修行になる  日増に悪くなる  発売禁止となる  謝絶せしなる  ら辱友となる  すがにもなる  稽古となる  廻つて河庄茶屋場となる  辱知となる  広告機関ともなる  筋向なる  眞顏になる  買ひになる  さきさきどうなる  時でどうにかなる  涙の熱くなる  中にすつかり見えなくなる  御飯になる  女形になる  実業家になる  清がなるなる  苦になる  お貰いになる  損になる  教師になる  百姓になる  癖になる  素通りが出来なくなる  減らず口が利きたくなる  校長なんかになる  一人でおはいりになる  朴念仁がなる  米のなる  軽薄だと云うがなる  落度になる  人はわるくなる  ためにもなる  豆腐になる  相談ずくでどうでもなる  自慢になる  から役者になる  騒動が大きくなる  夜るになる  二つの影法師が、次第に大きくなる  事も多少はどうにかなる  発表になる  誰がなる  料理屋になる  好逑となる  真似をしなければならなく、なる  返報をしなくてはならなくなる  黄色になる  取締上害になる  退屈にさえなる  験が見えないと、いやになる  熱心になる  田圃になる  ますます明らかになればなる  ますます楽になる  航海のおもなる  たんかを切ってうれしがるだけではすまなくなる  つても、大きくなる  ものなどになる  一時停止になる  機関となる  確立されるとなる  ソロソロ考えて見なければならなくなる  官僚的になる  母胎になる  直接心配になる  名前のものになる  七月二日になる  条約違反になる  困難だと云わねばなる  国民になる  ことにさえなる  愚民であるか、になる  ことではなくなる  府となる  北支問題になる  地面は益々固くなる  なのは経済的消耗品となる  却って益々強くなる  不安によってグズグズになる  サッパリ判らなくなる  朗らかになる  得意先となる  我慢しなければなる  ポーズを取らざるを得なくなる  武器となる  認識にもなる  強化となる  一側面になる  模範とさえなる  一つにさえなる  計算になる  準備ともなる  日本社会を見ると、どうなる  結果におのずからなる  本部隊になる  主体となる  自覚されざるを得なくなる  バックとなる  範疇に這入らざるを得なくなる  帰朝談となる  程参考になる  類になる  注意してかからねばなる  批判になる  一くさりやっつけて見たくなる  社会的勢力となる  政治勢力となる  注意しなければなる  排撃ともなる  ヴァンダリズムとなる  処がこうなる  擬似商標を貼らねばならなくなる  のだが、そうなる  真理が判らなくなる  ブルジョア社会になる  想定しなければなる  占有物となる  民間療法に走らざるを得なくなる  神聖でなくては済まなくなる  併しいざとなる  趣味だといって済ませなくなる  医学になる  もっと複雑になる  技術家になる  自然と縁遠くなる  今年になる  無罪になる  保護されるとなる  文化崇拝論になる  人民戦線となる  見当つけねばなる  無意味になる  表面現象となる  明朗主義になる  代表者として選ばなければならなくなる  文章になる  要点となる  ことをわざわざ云いたくなる  強調したくなる  四年先輩になる  有力となる  システムになる  マンネリズムとなる  特に時評になる  新聞記者となる  帝大教授になる  ことを知らねばなる  妙になる  現象ともなる  教授となる  現在問題になる  常識となる  抵抗力となる  思想原理となる  低下者にしか過ぎなくなる  ヒューマニズムとなる  問題にもなる  文化的スローガンとなる  合言葉となる  スローガンとなる  ものではなくなる  哲学的基礎であるとか、考えたくなる  イズムとなる  之では成り立たなくなる  的ジャーナリズムとなる  ジャーナリズム現象に数えられなければなる  本質をつかみ得なくなる  点となる  政治以上のものとなる  生活問題になる  気がなくてはなる  本は借りて見たくなる  学問になる  社会的意義は極めて乏しいといわねばなる  悲喜劇に数えられねばなる  名誉となる  一九三五年になる  六月になる  専属スターとなる  信用価値さえが怪しくなる  区別が判らなくなる  デコレーションに過ぎなくなる  物を云ったり書いたり出来なくなる  私語私筆となる  合理的には判らなくなる  道徳的となる  タブーとなる  場合と見ねばなる  否定になる  要素になる  計画的となる  処罰されねばならなくなる  奨励しなければならなくなる  牧畜的統制にさえなる  覚悟しなくてはなる  ことはあまり云わなくなる  講義がしにくくなる  大衆化が、愈々当然になる  授業様式になる  要求者となる  点は、見落されてはなる  ラジオになる  広告になる  面目薄弱となる  恥辱となる  矢張り苦になる  肌抜ぎだけは辛棒したが、暑くなる  やうに小さくなる  余猶はなくなる  先き一体どうなる  ツちのこと、何とでもなる  考案しなければなる  タキノ風にはなる  暮しが出来なくなる  母に棄てられて、どうなる  気狂ひになる  お父さんに頼みなさいよ、何とかなる  どこもが丸くなる  社会問題となる  基本になる  休戦になる  世界的問題となる  具体的になる  芸術はどうなる  根本的となる  料理になればなる  料理となる  七年になる  窺はれなくなる  はつきり意識しなくなる  をかしくなる  四時半になる  先々どうなる  これでいざとなる  そっちはどうなる  ことはどうでもなる  辺がつめたくなる  爪が白くなる  みんなの問題になる  二十度ぐらい生れかわって来なくちゃなる  みんなそうなる  無視して働かしといて、いざ倒れたとなる  以上一旦なおってもまたすぐわるくなる  五遍目になる  体になる  切符とると、やすくなる  内には何とかなる  もの利益になる  銃器製造所となる  何年にもなる  交際範囲が広くなる  旅程が遠くなればなる  悪口はひどくなる  キルヒネツゲル伯爵夫人になる  引手あまたになる  金がいるとなる  伯爵夫人にするとなる  酒盛になる  焼餅話をするとなる  関白になる  人を殺したくなる  涙もろくなる  子供になる  千僧供養万僧供養になる  照手姫車引きになる  憑くと立てなくなる  はしになる  立場になる  丁字形になる  登りになる  双方傷だらけになる  帰参のなる  昔から撲りたくなる  乱闘になる  江戸へ差立てになる  方が良くなる  単調になる  表現しようとなる  名画を描くとなる  組合せになる  名画になる  絵になる  もっとむつかしくなる  蟹はなる  たか解らなくなる  さら判らなくなる  痔の悪くなる  月もやれば、いやになる  簡単に失ってなる  疑いを残してみたくなる  相談しなければなる  身の上は一体まあどうなる  降りになる  事をお聞きになる  認めになる  お気がつきになる  こちらから絶やすも同様になる  私をお避けになる  おかけになる  いま頃になる  ぐりになる  訣がお分かりになる  ほととぎすと共にどうなる  はじめてこうなる  入口を打ち砕かんとするなる  進行の緩かとなる  死期の遅くなる  ものは、如何なる  期日になる  別に問題になる  やうに、心がけねばなる  空気が、明くなる  一つからになる  内によくなる  手前のものになる  お前気ちがひにでもなる  放免になる  仏家の出なる  後廻しになる  平らべつたくなる  いふ段になる  つっぱりになる  腸が熱くなる  のが遅くなる  娘さんとはもう会えなくなる  眼が見えなくなる  外へ行ってしまったとなる  事態となる  分りになる  ハハハハハハと笑いたくなる  早晩明らかになる  作家になる  赤外線を遮ると、どうなる  様子を見るとなる  ロケーションにゆかねばならなくなる  軽蔑したくなる  身ぶるいが走って抱きつきたくなる  ボオーッとなると、そんなになる  成功となる  僕はこれから優しくなる  うかうかするとなる  死ぬる、死んでどうなる  愛想にもなる  唱ひたくなる  十四ばかりになる  交へて泳ぎ、寒くなる  社宝ともなる  一年にもなる  楠公夫人を描いて納めるとなる  先で描き出すとなる  からって、どうなる  気ちげえみてえになる  ことでどうなる  朝敵となる  川と、はなる  出でたるなる  世の中はどうなる  経験するとなる  市長になる  巣になる  二時となる  皇帝になる  王侯になる  王侯となる  料理が食えなくなる  老人はなる  街は次第に寂しくなる  湖となる  刻煙草になる  だんだん深くなる  日光が次第に薄くなる  白髪となる  血気盛りなる  勢いとなる  世界観人生観がどうなる  零になる  二になる  祖母になる  説は到底信じられなくなる  今年十二になる  いつのまにか出なくなる  切実になる  力学を考えながら、どうなる  肩の軽くなる  幻覚を起こして、恐ろしくなる  自分でもこう言いたくなる  耳をえぐり取ってしまいたくなる  海になる  十二になる  六十六になる  んも行ったけれども、わからなくなる  いちばん大きくえらくなる  副会長になる  おれも大きくなる  新古今集になる  鹿の鳴くなる  用例になる  模型的になる  私家集になる  老となる  伊藤左千夫等のものになる  劇しくなる  呼び声の高くなる  はいられなくなる  専門的分化は次第に甚だしくなる  さそうに思われるが、そうなる  人が多くなる  免状になる  審査員になる  コントリビューションにはなる  学術奨励のたしになる  ことに多少でもなる  一さう高くなる  夕暮かたになる  婿になる  年頃になる  早晩取払われなければなる  運命もどうなる  水にあってはつめたくなる  却ってあとではすずしくなる  ようにさえなる  ため病気にさえもなる  若葉時になる  末から冬になる  勝負どころになる  四十年となる  六十七十となる  十年頃になる  領分内に沢山なる  訴うるが如くなる  反射の醜なる  眠食をともにするが如くなる  却して忘れたるが如くなる  媒となる  工業の拙なる  民の如くなる  十一年になる  夏休になる  つた奴は、一度さとられたとなる  物語になる  形にもなる  道順をたどれなくなる  上りになる  ホイスラアになる  言ふなる  斯の如くなる  心も亦た斯くの如くなる  是れなる  弟子となる  黄昏となる  祭りとなる  花傘となる  暮から初春になる  処女になる  平安朝になる  終りの如くなる  熱が冷めたら消したくなる  つてなまめかしくなる  姐御なる  由来因縁になる  倫理学者になる  霊感とさえもなる  認識はいかなる  条件にしたがい、如何なる  形式によらざるを得なくなる  ものは保てなくなる  不可解のものになる  方となる  目障りになる  露出になる  急足になる  取組合った、となる  丁稚になる  二岐に颯となる  無性に淋しくなる  まり饒舌れなくなる  あなた方がおかへりになる  女がなる  からも久しくなる  下僕になる  千五百五年になる  青年が夢見なくなる  偏執となる  昔から種々なる  誇張していえば、跪きたくなる  喜びを感じられなくなる  憧憬が感じられなくなる  雑音を混じえずにはおかなくなる  幸福を惜しめとすすめたくなる  童貞をなる  現実主義になる  仕方をむしろしりぞけたくなる  相手が欲しくてたまらなくなる  ことは夢にも考えられなくなる  仲になる  力の浅くなる  将来学士となる  雰囲気のものになる  チャンスの広くなる  負荷となる  それが又細くなる  満期になる  温度の等しくなる  恋愛の等しくなる  禍いなる  年一年甚しくなる  急に険しくなる  まさか汗漬にもなる  我慢もなる  中へ落ちて見えなくなる  挨拶を申さずばなる  肩先が痛くなる  記念となる  埋没して見えなくなる  道が遠くなる  シャツ一枚となる  救助隊を出さねばなる  捕虜になる  柔弱になる  一部かと思うと心細くなる  色の黒くなる  糞虫となる  さにもなる  眼が再び心からなる  提灯持をしてもなんにもなる  的刺激となる  批評もしたくなる  あらわるべきものの、おもなる  養子となる  狄シャモとなる  日本人になる  時日本人になる  義務が多くなる  用をなさなくなる  所謂浮浪民になる  ますます有力になる  厄介者になる  宣し、闘いつつ生きねばならなくなる  旺んなる  直ちに闘争となる  依拠となる  亡国となる  からばいかなる  自ら仏使と称するも宜なる  方違へなる  満足せしめなくなる  指導書となる  啓示となる  改革云々となる  一時通用しなくなる  馬鹿となる  一群だとなる  共産主義聯邦になる  点数も薄くなる  そのままピクリとも動かなくなる  偽善的にさえなる  自己犠牲になる  人々から無感覚になる  わりにもなる  中毒患者にもなる  ひとりぼっちになる  半月ばかりになる  っぱなしになる  文化が低くなる  筈で、かうなる  党派人となる  客になる  真夜中になる  十一になる  一番になる  りりといいねになる  りりりとなる  皇帝のおでましになる  守護者になる  代弁者となる  敵になる  理屈に合わなくなる  肉がむず痒くなる  晩方になる  茲十九になる  家が淋しくなる  職業となる  養蚕期になる  終いにはおそろしくなる  茲十三になる  若いものは遅くなる  正体なくなる  叔母がいなくなる  鍵がないとなる  陽気が暖かくなる  それが堪えられなくなる  口淋しくなる  芳村さんがどうなる  二十二になる  いつどうなる  夜具などは後でどうでもなる  論議するとなる  震災以来四五年になる  彼是真夜中になる  獣になる  つて意地が悪くなる  慰みになる  放免するかになる  楽みになる  年が新しくなる  わたしは寂しくなる  われわれはなる  軸となる  逮捕に行くとなる  背となる  むる種となる  供御となる  長文になる  首相になる  口述になる  いま思うと噴き出したくなる  恥かしくいまいましく、いたたまらなくなる  別れとなる  希れなる  賑やかになる  杉田玄白になる  問題がややこしくなる  外国通になる  露西亜に傾いて行ったら、どうなる  スパイになる  sentimentalになる  対象になる  陳謝しなければならなくなる  津田氏もそうなる  選手になる  いまはいよいよ判らなくなる  だんだん冷たくなる  頼山陽になる  今思えば噴き出したくなる  軍事探偵になる  指定するとなる  明日になる  自己主張になる  ものに過ぎなくなる  全然存在しないとしたならば、どうなる  表現になる  ひなになる  眼頭の熱くなる  雲となる  無理強いに行くもなる  勘定となる  一ヵ月先になる  やり方一つで、どうにでもなる  だんだん騒ぎが烈しくなる  一月先になる  ぱり分らなくなる  ダメになる  座付作者になる  真人間となる  おもちゃになる  支配者になる  たびに、なんとも知れず眠たくなる  実がなる  勝手になる  理科教育になる  妙に熱うなる  顔が青くなる  高低あるのみなる  事一時ばかりなる  名のみなる  楽とするのみなる  肩は軽くなる  此間廿町ばかりなる  異様なりしなる  引き上げになる  棄置きになる  村へお住みになる  食りになる  ことをお厭いになる  廻りになる  から病みついて、段々にわるくなる  童子はきっと快くなる  機嫌がよくなる  長ともなる  ものと見なければなる  沼になる  荒廢もかうまでなる  行き止まりとなる  末には、白くなる  雪田も大きくなる  本流になる  小島になる  水屑となる  手繰りにはなる  真面目になる  小止みになる  国はどうなる  北野になる  だんだん山路が険しくなる  明日にでもなる  ままお寝になる  民弥はなる  成程なる  商売になる  平野となる  三十五になんかなる  胸を調べるとなる  殺人審問をしなければ居られなくなる  ように親しくなる  石女になる  大変参考になる  犠牲者となる  風の極醜なる  えい、見苦しゅうなる  一つも無かったのみか、徒然なる  なりになる  天晴れなる  山賊となる  腹の足しになる  木ッ葉微塵になる  雨でも越さずばなる  のは、いよいよとなる  幸せになる  洒落にもなる  高等になる  だんだん劣等になる  呶鳴つて歩くとなる  毎日午近くなる  猖獗になる  つて歩くとなる  五十銭しか小遣が残らなくなる  声がしだいに大きくなる  日に非なる  明後日ごろになる  ことができて、まずまあ、お寝みになる  直接フィルム会社に掛け合えば、なんとかなる  ことになっていても、いよいよとなる  正直になる  まま押し進んで行けば、どうなる  くすぐることになる  スーツになる  実現するとなる  話にはなる  使い物にはなる  ヘンになる  ヘドが出たくなる  パンパンにでもなる  私は倒れて動けなくなる  者はどうなる  十日にもなる  君とも心安くなる  道理がお解りになる  年齢四十五六になる  活発になる  間抜けづらになる  慈悲深くなる  文豪として名高くなる  まり考えすごすと、また書けなくなる  サラリイマンになる  これはどうしたって書き直さねばなる  間抜け顔になる  英雄になる  受難者になる  私、こんなになる  間拔けづらになる  まり考へすごすと、また書けなくなる  つて書き直さねばなる  話にもなる  綺麗になる  リーグ戦になる  影が見えないとなる  騎手になる  のものになる  合宿所になる  私は苦しくなる  貧人となり下人となる  寛やかなる  心得となる  性となる  標的となる  むるは策の拙なる  悲しみとなる  具となる  便利となる  なにほどなる  糞でかたきなる  理の当然なる  饒かなる  官員となる  工業拙なる  徳ともなる  時代に沢山なる  巧なるにあらず、当たらざるも拙なる  言のごとくなる  ときにはたいそうなる  議論となる  一斗三合に計り出し、その拙なる  二倍三倍にも計り出し、拙なる  喪にいるがごとくなる  一月近くになる  有頂天になる  物音もしなくなる  堅気となる  ますます険悪になる  鼻薬が薄くなる  備えが薄くなる  里子が恋しくなる  従順になる  禁慾生活をお続けになる  政治となる  ものあるは無論なる  意見の如くなる  旧の如くなる  かくの如くなる  飯はどうなる  領事になる  月給前になる  長男を亡くしたとなる  芸者になる  男のほしくなる  発売禁止になる  から五年になる  傑作になる  住込仲居になる  九歳になる  三年になる  細君になる  すがになる  自慢にもなる  あなた方にはおわかりになる  問題につき、如何なる  何年程になる  功徳になる  何んぞの足しになる  観察されなければなる  二年生になる  お菜になる  釣り目になる  気嫌が悪くなる  参詣のさまたげになる  雇女になる  花魁になる  確認されなければならなくなる  天領となる  先方からまる見えになる  ことも考えなければなる  どちらになる  感じになる  得意になる  言はれると泣きたくなる  真面目にやるとなる  中途半端になる  母は教えるとなる  ことでもおありになる  鵬となる  皮どうなる  横へそらせてかくなる  催促客となる  暖もりが恋しくなる  稼ぎが低くなる  些中になる  逆か吊りになる  事になってしまうけれども、そうなる  四日目になる  閉場になる  閉場時になる  道理がお解けになる  周囲が暗くなる  かさ吊りになる  まま気違になる  比較にもなる  樹蔭に立ち寄りたくなる  二人きりとなる  五歳になる  取返しがつかなくなる  秋まで見えなくなる  頃今時分になると情けなくなる  病におなやみになる  古典論となる  香ひなら墓場まで持つてゆかねばなる  何れをもとりあつめて深くなる  たら軽くなる  慄となる  ようにパッと明るくなる  ように眩ゆくなる  二人切りになる  帰途になる  以上はどうでもなる  しまはなくてはならなくなる  未来はどうなる  間に、すっかり蒼くなる  ちがいになる  試験台になる  身体が軽くなる  脊筋が寒くなる  左大臣にでもなる  罪してなる  洗いになる  ように心がけなければなる  三角定木も、こうなる  平和になる  眼障りになる  彼女はいよいよ重くなる  名付親になる  だんだん明るくなる  毎年三月になる  特徴となる  腕がなくてどうなる  十一時頃になる  態度になる  謳歌したくなる  掌で撫でてみたくなる  大物になる  条件になる  今年五歳になる  岸辺にねばりついて低くなる  水が少くなる  大降りになる  闇く、疎なる  妙に淋しくなる  のを見ると、もう堪らなくなる  子供のこととなる  今夜こそは書かねばなる  前に浮べながら書くとなる  ところで、勿論どうなる  ゾーッと冷たくなる  當になる  本の虫になる  ようでどうにでもなる  感覚に上って来なくなる  寿司となる  粗末になる  中で挙げるとなる  跡を絶たねばならなくなる  叱責せねばなる  なに一つ材料になる  無条件降伏せねばなる  一刻も早く改めねばなる  酢加減となる  肴になる  まぐろとなる  寿司になる  たねになる  酒が欲しくなる  産業戦士になる  ーっとなる  陽気になる  何里になる  今時分からもっと暗くなる  雪下ろしをせねばなる  吹雪になる  身代りになる  言はれたら、なる  耳の痛くなる  夫婦となる  総元締めになる  艶やかなる  わたくしどうなる  耳に入ったとなる  世渡りゃア嫌になる  お出かけになる  これで随分になる  区別がつかなくなる  乱戦なので、こうなる  ますます激しくなる  ずんずん大きくなる  咳がしたくなる  一人あて高くなる  色の濃くなる  ひき息になる  非難になる  不安が、どうなる  家も失わなければならなくなる  一服おもりになる  気が軽くなる  気持も親しくなる  あがきがとれなくなる  いつでも、どうにでもなる  これきりになる  時、ふっと、死にたくなる  ボッとなる  沿ふて下るなる  中に大きなる  如何になる  題目になる  干潮になる  倍にもなる  丁度反対になる  容易に出られなくなる  汽車を待つなる  ようにはなる  東京に帰らなければなる  聲が高くなる  御立寄りになる  眞つ暗になる  高田御殿を吹き飛ばすとなる  タジタジと退りましたが、次第に激しくなる  二十歳位になる  二番鶏時分から風になる  顔のあかくなる  眼眦の熱くなる  笑ひになる  二タ月あまりにもなる  から三日にもなる  一寸と改まるとなる  辟易して白々しくなる  七夜も過さなければなる  一度はなくなる  渋はなくなる  塀いっぱいに大きくなる  顔馴染になる  全貌は見えなくなる  何もなる  ものと、あきらめなければなる  音がとても息苦しくなる  脚の速くなる  こと、速くなる  かたで、見ていると、おかしくなり、ばかばかしくなる  愛国者になる  客が居なくなる  うちに許されましたが、さてかうなる  銀になる  人通りが少し疎になる  帽子をおぬぎになる  づむちでもつて半死になる  己は堪らなくなる  日が多くなる  はまづいが、何とかなる  瑕瑾にもなる  なにかになる  嫁になる  ジャングルとなる  普通だが、大きくなる  アウトになる  一助になる  ようで、いざとなる  モウケにもなる  草になる  戦争理由となる  肴となる  男が見ると泣きたくなる  タネになる  訓練次第でそうなる  三十分のオツキアイも辛くなる  四日間門外不出カンヅメになる  カンヅメになる  呉清源がどうなる  オジャンになる  度が次第にひどくなる  形勢が悪くなる  周期になる  日暮れちかくなる  死ねば白骨となる  大騒ぎになる  娘さんぐらいになる  世となる  ユーレイになる  方をし、見ていると、おかしくなる  見物人もバカバカしくなる  感傷に耽ればなつかしくさえなる  道路になる  月末すぎるとピタリと来なくなる  ヒマになる  段どりとなる  対局になる  土曜日曜になる  食事同様つい使いたくなる  用品にもなる  アイマイになる  性格になる  一パイになる  十パイになる  タシになる  千鳥足になる  オシャベリになる  今年五十六になる  行方知れずになる  引上げになる  何うでもなる  ら寄せ鍋茶碗むし位はなる  申てなる  素通りもなる  氣違ひになる  九にもなる  ば渡らずばなる  重やかなる  事もなる  乞食にもなる  淺ましくなる  言譯になる  處刑になる  根原となる  太陽の光によりて始めて輝くが如くなる  觀察となる  疑義となる  三部よりなる  編輯の如くなる  日記となる  しろ何とかなる  十九にもなる  比目魚となる  何千兩になる  ひと身上になる  水潰りになる  従つて次第に低くなる  崖になる  咽が黒くなる  これに恐れたとなる  とあるから、殺されたとなる  馬乘りになる  貰ひましたが、それでどうなる  運動すると暑くなる  汗になる  不用になる  道連になる  十一時半頃になる  合方となる  居所がわりになる  中腰で細くなる  骨の硬くなる  人脚の繁くなる  家族はどうなる  その後はどうなる  果はどうなる  女はどうなる  稲さんは、これからどうなる  んです、どうなる  死骸になる  かしくなるまいなる  癩病になる  ばやと思ひつつ、徒然なる  多く侍ふなる  恰好になる  いのちになる  今年五十五になる  取り潰しになる  朝敵になる  沙汰止みになる  記憶が、まだ生々しいので、いざとなる  新一郎は、呼び返したくなる  所有となる  おなじになる  モウロウとなる  百歳にもなる  ちよいちよい着にもなる  土地で、なる  おつきになる  うつとりとなる  花お咲かせになる  ひとが現れても、もうどうなる  やつぱり習ひこんでおありになる  カンザシになる  手放しになる  あたしだけのおちどですまなくなる  ようになればなる  のをお避けになる  離れになればなる  退出になる  お住いになる  道綱がどうなる  今年はどうなる  夕ぐれになる  お気になる  学者風格もあつてほしくなる  運が悪くなる  今年七十五になる  三月頃になる  今夜は遅くなる  それは泣きたくなる  景色になる  くらになる  それたり、見えなくなる  厭伏をしていただくと、きっと良くなる  小吏になる  画題になる  お笑い種になる  茫漠となる  思つて憂鬱になる  翌日延になる  機関手になる  なつて次々なる  正面になる  広場になる  賑やかにはなる  缶ちやんがどうなる  楽天地になる  姉樣になる  皆んなフイになる  大概丸坊主になる  それが、その、少しもわからないから、いやになる  比べものになる  洒落になる  峻烈になる  顏色になる  好きになればなる  もう一度着て見たくなる  派手作りになる  張り合つて客扱ひがよくなる  逃げもなる  ツイ一生懸命になる  一寸でも早く逃げ伸びたくなる  後先きになる  證據にはなる  サツと紅くなる  證據になる  形が小さくなる  却って有難くもなる  水域が広くなる  沼となる  がら空きとなる  武士のあわれなる  五日位ゐになる  丁度五日目になる  酔つた場合になる  つて気持が好くなる  其儘お流れになる  スポーツマンになる  一例とはなる  気にかけていたら、それでどうなる  台となる  語尾になる  肌脱ぎになる  教養にもなる  手びきになる  代わりになる  はめになる  議員などになる  衆議院議員になる  参議院議員になる  中がくらくなる  どれかになる  だれがなる  これをお命じになる  各省大臣になる  様で、気恥しくもなる  自覚から出てゐるかになる  至純になる  しかとれなくなる  何かしら中心となる  午過ぎ頃になる  其処に見えなくなる  頃夏になる  怪奇にもなる  真面目に考えなければなる  から三年近くになる  一番先に心安くなる  下旬になる  八月三日になる  後者になる  熟練工となる  婦人労働者になる  本業になる  賃銀となる  近松になる  古語になる  面目はどうなる  すぎになる  相談してどうにでもなる  ほんとうに大奥様に申し上げてもよろしいでございましょう、そうすればどうにでもなる  むねが悪くなる  そんは御有りになる  恥にもなる  まれになる  運びのおそくなる  貴方の御悶えになる  あさっておいでになる  魂の遠くなる  歎きになる  じき五月雨にもなる  首をもたげる、又うとうととなる  邸内自然不用心にもなる  手落ちになる  浅薄になる  歴史を顧みなければならなくなる  会場芸術となる  ゆっくり横になる  呑気になる  テスト氏を育てつづけていなければなる  てゐなければなる  へん助けになる  以上、ともかくもなる  丸一年にもなる  くまずく民衆芸術を説くとなる  芸術が産まれなければなる  生の新しくなるに従って、絶えず新しくなる  善になる  快楽にさえなる  観物になる  芸術なぞは要らなくなる  空まで暗くなる  中におゐでになる  口惜さに泣きたくなる  四十二歳になる  御用文学となる  ことだったが、ひっかかりになる  つまりになる  六十二になる  二人っきりになる  頭がぼうっとなる  補いになる  立身になる  から二十日にもなる  眠るつもりになる  屹度不良になる  桜時分になる  見収めになる  夕暮近くになる  窮屈気になる  つたやうに赤くなる  香ひも厭になる  道になる  喧嘩にもなる  横領罪になる  踊り相手になる  胸一杯になる  日暮になる  天狗様になる  平気になる  創作になる  誕生となる  証もとおらなくなる  公判となる  毎日夕方になる  カラになる  一、ねむくなる  ちの気持まで重苦しくなる  卑怯になる  十七ばかりになる  都となる  死ぬことになる  のがおそらく見おさめとなる  宏いなる  顔もよくなる  別に手がかりとなる  力こころゆくばかりなる  息吹きに触れてみたくなる  さらさらいわせて見たくなる  暮らしがよくなる  伸びになる  五つになる  さきが暗くなる  焦土となる  文人に限らず、如何なる  其道に専らなる  巡り合せになる  三十一になる  うちには、おのずからなる  わたしひとりでもどうにかなる  姉になる  心にもなる  のであったが、こうなる  往き来が繁くなる  それから先きはどうなる  笑い草になる  物で、又どうにかなる  相談ではあるが、こうなる  幾らになる  心にもおのずからなる  内へあがると長くなる  意識不明になる  数年あとになる  心にかへりみて悲しくなる  二十三日になる  ファシストになる  想像するとたまらなくなる  土台石になる  僅少となる  逆数となる  8=4.5となる  R=9となる  R=5.1となる  R=10.5となる  N=14となる  同値となる  167=9.0強となる  47=7.5となる  アソ型となる  アソ型になる  要素を加えてめまぐるしくなればなる  虹になる  推進力となる  國自慢にもなる  火を噴くとなる  熱湯となる  爆發力となる  鎔岩となる  間際になる  斷器となる  安全瓣となる  材料を仰がざるを得なくなる  現象と言わなければなる  火事になる  荒鷲になる  空に見えなくなる  つて、おりられなくなる  空気が暗くなればなる  あたりがすっかく暗くなる  宝石屋になる  ひとりきりになる  ぇっ、どうなる  嚢中では購えなくなる  支那大陸の偉なる  みな天罰でそうなる  賊となる  黄巾党のものになる  帝王になる  部下になる  評議になる  ところで、何となる  不孝となる  良師がおよろこびになる  拾いものになる  落花で紅くなる  手伝いになる  出先で、遅くなる  木蔭にひそんで、どうなる  それまでになる  体を備えるかとなる  果たして主君となる  順になる  武力となる  お下げになる  戦争がそう早くなくなる  みなごろしになる  西瓜時分になる  継母を想いだして、なつかしくなる  わい夜店は眠うなる  筋になる  燃料になる  勘当されたとなる  のもうるさくなる  唇が動かなくなる  人間もこうまであさましくなる  八十銭にもなる  二円になる  時などつい飲みたくなる  美談らしくなる  ちの顔が赤くなる  結納を、おとどけしなければなる  自慢話になる  胃腑まで赤くなる  ものが欲しくなる  心気爽然となる  ネトネトになる  世界一になる  批評となる  それが余りにも当然なる  十二時ごろになる  じゃまになってぬぎすてたくなる  聖賢になる  何だか気の毒にもなる  手筈になる  面白いことになる  明け方には眠くなる  ナーニこいつアこうなる  恥にはなる  ア狂人になる  交響楽となる  大火になる  為にもなる  野根村になる  五六年になる  犧牲になる  あっし達はどうなる  頭が白くなる  疑問になる  因になる  政治意識になる  一部となる  検討していては長くなる  一部になる  次官になる  不可ぬことになる  事ではないかとお思ひになる  敷居を跨いで置かねばなる  ものがおありになる  三進も出来なくなる  燒きたくなる  絵は一体どうなる  新年になる  その他色々の小さなる  髪は柔かく、小さなる  帰が遅くなる  今度おかきになる  古典となる  十五銭になる  ことが分らなくなる  合図になる  七時すぎになる  から脚気になる  午後二時ごろになる  襲ふときなる  目を向けなければなる  自分が怪しくなる  作品一つでどうなる  逼るほど低くもなる  肉上げましょうか、食べたくなる  天地が暗くなる  午後四時にとっぷり暗くなる  空、眠くはなる  朝飯になる  独身となる  二十六になる  執拗くお聞きになる  啖付いてみたくなる  気がしなくなる  もう少し待ってどうなる  から行商人なんかになる  娘のものになる  ヤマになる  タマラナイ気持になる  事になって、何もかもわからなくなる  エキストラなんかになる  映画へお這入りになる  芝居が見られなくなる  犯人にも会わなくちゃなる  五分前になる  代り明日になる  椅子に長くなる  二場となる  電光イヨイヨ烈しくなる  大勢おいでになる  罪名が、すこしでも軽くなる  一番参考になる  交渉が薄くなる  言はねばなる  流行しなくなる  承知でいよいよよいとなる  夕方暗くなる  自分体ギンとなる  その男代議士となる  足袋などすぐ黒くなる  デリカになる  じき試験になる  候となる  いくつに、なる  マア、左様なる  ものに、なる  心臓が、弱くなる  クリスになる  研究が深くなる  暑中休暇にもなる  下でなる  地震になる  通知になる  助平根性をのぞけば、侘しくなる  私達が突然親しくなる  同格になる  ことをせざるを得なくなる  水雷駆逐艇よりなる  食事になる  それから数日陰鬱になる  自由なればなる  自分もくすぐったくなる  鼻が赤くなる  むらになる  苅田さんロシア語おやりになる  文学をおやりになる  線があってなる  同伴者となる  空をお飛びになる  この世からなる  からだはつかれてとろりとなる  修羅となる  燃えるようなる  父兄達に、なる  中学となる  出来が悪くなる  幸福となる  訓練となる  理論鬪爭になる  今度は長くなる  鈴のなる  やうが、どうにもなる  二人がゐなくなる  工合惡くなる  退屈になる  樂になる  飯食えなくなる  畜生、落ちてはなる  天野屋氣取りをして、後で青くなる  耳のなる  有望になる  天窓は重くなる  声の遠くなる  解放ともなる  私たちが求めるおのずからなる  二回目になる  課題としてかえりみられなければなる  モクアミになる  一そう笑いものになる  ヤケ酒が飲みたくなる  記事にはなる  タノシミになる  十日にはなる  いまに偉くなる  兄さんたちを置いてるとなる  顔の赤くなる  住家になる  から十何年にもなる  んだが、いざとなる  無産になる  焦点となる  五百年以上にもなる  手に入らなくなる  割高になる  数が少なくなればなる  体制もできていないとなる  手助けとなる  主流となる  社内文書となる  ライターになる  効率が悪くなる  元となる  名物回答者となる  妨げとなる  際はどうすれば読みやすくなる  書き手として強くなる  手書きになる  もっと簡単になる  書くことが多くなる  マルチメディアにこりたいとなる  複製となる  印刷本になる  土台になる  五年先になる  簡単に作れるとなる  創刊二号目となる  敷居の高くなる  からここに出してみろとも言いたくなる  誰にとっても初めてとなる  三度目となる  豊饒とでも評したくなる  引き金になる  ノンフィクション作家となる  器になる  財政難で打ちきりになる  配本に間に合わなくなる  走りとなる  色合いには戻らなくなる  タイトル作りとなる  柱になる  動画となる  腰が重くなる  発信者となる  大変だけれど楽しくなる  原点となる  電子本となる  星もほとんど瞬かなくなる  はまっている時間はとても長くなる  発信できるとなる  ホームページが持てるとなる  圧倒されて、笑い出したくなる  本を持たなくなる  先駆けとなる  書籍もそうなる  ルーツとなる  足腰が抜けなくなる  サンプルとなる  のではないかと思いたくなる  その後現実のものとなる  かすみ、覚えも悪くなる  身を置かねばなる  新興階級者になる  たっぷり二時間になる  今年九歳になる  交代になる  気持がわるくなる  万々歳を祝さねばなる  夏休みになる  標本になる  ちょっとうれしくなる  解散になる  寝床一つ持てなくなる  急になんだか、喋りたくなる  将来はこうなる  身上がこれからどうなる  僕たちはどうなる  下敷になる  うすっぺらになる  一同はどうなる  突進むことになる  ますます空は暗くなる  みんな軽くなる  一番熱心になる  墓場ももたなくなる  地球に遠くなる  質問したくなる  操縦はむずかしくなる  運命は、どうなる  幸いになる  危険となる  先、いったいどうなる  えことになる  仲よしになる  呼吸ができなくなる  ぼくたちは一体どうなる  俳優になる  目出度大団円になる  盟ここになる  前になる  機会といわねばなる  都をお遷しになる  後はどうなる  資などおたのみになる  おからかいになる  乱軍となる  鼠となる  一つを選ばねばならなくなる  時刻となる  色醒めて、どうなる  花を見ても、泣きたくなる  名誉にもなる  おゆるしになる  あいだはどうなる  姿を、まざまざと見せつけられるとなる  ただ形だけが大きくなる  形が大きくなる  それを見て蒼くなる  やっこしくなる  御代になる  氏人が多くなる  取り立てになる  股肱爪牙となる  検非違使になる  不和となる  干渉露骨となる  宮方となる  練兵場になる  饑饉になる  間に、より一層大なる  足手まとひになる  微罪になる  廃滅となる  制定になる  開戦となる  愚連隊になる  暴君となる  料飲再開になる  見当がつかなければ、どうなる  場合にどうなる  非常にすべりやすくなる  多量になる  影があらねばならなくなる  八住衡吉となる  死線となる  三十米近くになる  楽劇になる  殺人事件となる  漂浪せねばならなくなる  ブルンヒルトとなる  今様ニーベルンゲン譚詩になる  夢が、だんだんと濃くなる  行になる  Lie()嘘になる  今となる  飴状になる  ために軟らかくなる  毎夜払暁になる  距離が遠くなる  研究者になる  研究者となる  火球となる  値となる  お笑い草になる  850°Cくらいになる  もっと激しくなる  戸外の薄暗くなる  雑居生活でこうなる  神がかりになる  率もよほど少くなる  ラジオとなる  一ぐらいになる  徒らにむつかしくなる  はつきりさせて、なる  歌を唄いたくなる  から問題になる  有力になる  標率とするの非なる  あなたをひっぱたいたって、どうなる  三時間以上になる  乗りになる  転勤になる  おばさま、おやせになる  目的が、おありになる  ことに、なる  やりとりになる  点景になる  場面は、死にたくなる  ご用がおありになる  お金になる  日陰になる  何年になる  ひとりになりたくなる  注意してやりたかったが、そうしてみたって、どうなる  気宇が大きくなる  ことも言ってみたくなる  満潮になる  あたし、どうなる  夢心地になる  オールドミスになる  二ヵ月になる  あたしは、どうなる  上塗りになる  神月は、こうなる  位置になる  ドタン場になる  なかがわからなくなる  訴訟になる  あたし、笑いたくなる  サト子さんを殺して、どうなる  あんたも、忙しくなる  かわりにもなる  ほうは、どうなる  巻添えになる  モトになる  財産が、どうにかなる  あいになる  幕になる  気が重くなる  サト子さんになる  昼すぎから暴風雨になる  ママになる  愛一郎さんには、ときどき、お会いになる  お金持になる  おやすみになる  さまりになる  これ以上わずらわしくなる  運動をしなくてはなる  係合いになる  にわかに春めかしくなる  通いになる  争いになる  番人になる  問題にせられなくなる  神髄になる  人神信仰が強くなる  方に重くなる  文献には見られなくなる  下になる  根柢になる  敬意が深くなる  此語などになる  残存かどうかが疑はしくなる  ことし三十になる  ことになれば、そうなる  行止りになる  気を附け、そろそろ寒くなる  先生になる  嫂さんになる  嫂さんに、なる  縁者となる  賞めになる  軍はなる  手切れとなる  中にも、最もあわれなる  反対したが、いざ戦うとなる  消化が悪くなる  宇宙一パイになる  タヨリになる  研究になる  凍傷になる  廃墟となる  動作が、やってみたくてたまらなくなる  ア、なる  兩漢三國六朝頃になる  六朝頃のものになる  參考になる  尠くなる  何のたしにもなる  馘になる  算術になる  二十キロになる  やめになる  みんな馘になる  紹介状をお持ちになる  死刑にでもなる  男は知れたとなる  弘さんが怒ったとなる  弘さんになる  額も多くなる  さよりも憎らしくなる  間が拙くなる  詐欺になる  話を聞かないと、助けたいと思っても助けられなくなる  それを見ていると憎くなる  日曜になる  確になる  指導的方針はいかなる  何も見えなくなる  これになる  四十七八になる  成り行きが、そうなる  毎日少しずつなくなる  一時まっ暗になる  やうとお思ひになる  四辺が明るくなる  それが愈々絶えたとなる  労働にもなる  栄養不良になる  中は暗くなる  三人からなる  弓材となる  行く手が明るくなる  後が明るくなる  行く手が暗くなる  いっぱいになる  人間界へ帰れなくなる  この世からいなくなる  大体円形になる  女で、よくよく汚くなる  んだと思うといじらしくなる  足音が聞こえなくなる  方だって気まずくなる  移動したくなる  自分で可笑しくなる  今年六つになる  身ぶるいしたくなる  一遍、どうも熱っぽくなる  玉だけで見えなくなる  四十度位になる  恰度あたしその高くなる  のご覧になる  皮膚が赤くなる  主婦になる  神を仰ぎたくなる  方が多くなる  人の子はいかなる  地獄にもなる  地獄になる  うたがはれる、と思ふと馬鹿らしくなる  ん/\/\/\内容充実となる  のかと泣きたくなる  おん身はなる  たいようにまでなる  事はしなければなる  午後大変嵐になる  雷さえなる  目をつぶりたくなる  出来心でなる  日を送らなければなる  思い出になる  どんづまりに近くなればなる  位に太く短くどんなにでもなる  斯うでも考えなければならないとなる  時はたまらなくかなしくなる  敵翼包囲不可能となる  職業者よりなる  体となる  全面的軍事行動となる  第一歩となる  見境いがつかなくなる  通常短期戦争となる  通常長期戦争となる  決戦戦争となる  六月三十日四千輛よりなる  稀となる  土地となる  横広なる  結局持久戦争になる  運動戦となる  人はなんとかなる  戦争ジャーナリズムを含まざるを得なくなる  読物にはなる  戦争ジャーナリストとなる  領分となる  壇場となる  結論にもなる  読物になる  ニュースを頼って大きくなる  目にかけなければならぬとなる  利用になる  別に認められなければなる  明日になればそれももうどうなる  顧問となる  営業がむずかしくなる  奴隷にでもなる  焼け野になる  頼みでもきいてやらねばなる  世の中はつまらなくなる  実質を作って行くかと思うと情なくなる  入学試験になる  榎本さんへ行かずばなる  のかと思うとたまらなくなる  のを見るとよけいにくらしくなる  一生懸命に書けばよくなる  二月になる  ものを書いてどうなる  文典をもしらべなければならないかと思うと、たまらなくなる  気でなくなる  尊むべき数多なる  世もこうなる  今日から官軍になる  歩きになる  ぶっこわしになる  羽振りをきかしだすと、どうなる  容易となる  一名を残して行かねばなる  のは、そうなる  一体となる  境遇に耐えられなくなる  晦くなる  黒面に、太くして偉なる  のではないが、かくなる  楯となる  三日目になる  大義が立たなくなる  前衛にはなる  天子になる  天子となる  向けになる  嘘としか聞かなくなる  遷都となる  鼾声は高くなる  つもりになる  ことすらもう考へられなくなる  必要だとなる  対抗試合とでもなる  苦痛と感じなくなる  鈍感になる  ことは大いに考へなければなる  なり希望ともなる  専門となる  のか分らなくなる  三年兵になる  平安にあざむかれやすくなる  軍夫になる  ゆたかさになる  此恋に代えられなくなる  経験となる  研究して見たくなる  基ともなる  月謝がおそくなる  来年になる  じきわるくなる  ニキタになる  自分になったろう、又なる  羽音を立てて飛び出したくなる  ほんとうに心持が悪くなる  三部作になる  月が大きくなる  たしかであり、又そうなる  それ丈養いにはなる  一寸反駁論をかきたくなる  被害以上となる  収穫となる  社会になる  賢人聖者となる  片隅へもぐりこまざるを得なくなる  世界的となる  バカになる  所有しなくなる  世の中が住みにくくなる  熾烈になる  評判が悪くなる  金を包めるなる  云ふなる  これはなる  漁叟となる  謝さなければなる  まま夜になる  ことがむずかしくなる  フィアスになる  そうにさえなる  穂は黄色くなる  自分もいつそうなる  者等がいつそうなる  冷淡を装っていられなくなる  悲劇となる  廻するばかりとなる  三歳ともなる  別に絵は拙くなる  天性ともなる  大人となる  肥料ともなる  木炭はのらなくなる  如く米のなる  面白い絵が描けなくなる  キリコ等のものになる  日本でも通じなくなる  何枚でも描いてみたくなる  中から絵になる  現代ものになる  この世に止め得るに過ぎなくなる  生活がよくなる  一枚も描けなくなる  代り日記は面白くなる  稿料ともなる  神経が多少うとくなる  二〇〇円になる  初期絵画になる  透明となる  誰でも一応は申してみたくなる  明くる日になる  目出度になる  一割方よくなる  世家となる  日本想の純全なる  七日になる  フルハタは、なる  空っぽになる  宣教師になる  百歳になる  タンガニイカ湖となる  十二月になる  周航となる  二つばんがやかましく長くなる  不自然なのはいやになる  一寸小説になる  あべこべとなる  十枚になる  何かになる  林町とは遠くなる  反逆になる  此那葉書一枚でどうなる  から可哀そうになる  一味になる  芸術家になる  日も暗くなる  泥沼になる  上で、いざ、どうかとなる  空論家になる  から当分、どうなる  懐疑的になる  アメリカへやってさぞ大きくなる  別々になる  芸術的教養は、どんなになる  吐露となる  除隊にさえなる  それ自体芸術となる  増し重くなる  東光院へ往かずばなる  邪魔にもなる  今から野ら犬になる  反対したくなる  加増になる  兄弟わかれわかれになる  今年二十一歳になる  タメになる  語り草となる  吉さんとあゝなる  恋をすればあゝなる  催欲手段となる  八年になる  日本がなつかしくなる  廃人となる  鸚鵡になる  貧乏人をもらったとなる  ように、よく働けなくなる  しかもなる  三種となる  二つとなる  良民となる  ハシタとなる  距離が甚だしくなる  新賤民となる  生活としては、けだしこうなる  身分になる  河原者となる  踊念仏となる  臨時助手となる  店売商人となる  街上芸術家となる  遊女となる  相手にされなくなる  公民となる  称呼となる  ますます盛んになる  素人になる  数人で分たねばならなくなる  事ともなる  寄生物となる  ますます甚だしくなる  行商人となる  落伍者となる  世襲的となる  大人物は、実にそのもっともなる  身分となる  蒔付けはどうなる  心身すがすがしくなる  ことにさへもなる  飯代にはなる  其体が小さくなる  動揺はいよいよはげしくなる  常識を疑いたくなる  私たちには、ただなるほどなる  背伸びしたくなる  扇形になる  憂いはなくなる  種だけでは済まされなくなる  細心精到なる  盛になる  鉄になる  血をしぼれる如くなる  便となる  女人佛になる  たか、又如何なる  ためかくなる  證據となる  時代錯誤となる  手懸となる  其數四十四となる  輪即ちワなる  名前となる  尊となる  門跡様がお着きになる  男爵になる  奴さん頭がかっとなる  警視総監になる  あく様になる  おかしうもなる  あほらしうもなる  鈍になる  過敏となる  浮き足になる  目となる  ヒヤヒヤしなくなる  緒口を辿るよすがともなる  口論が次第に激しくなる  他はなくなる  部屋を片づけながら、段々暗くなる  ペンのかげとなる  紅葉になる  光明となる  此那になる  マナとなる  自分迄苦しくなる  潤い敏活になる  本がちっとも見られなくなる  何処かへ逃げたくなる  小説書きになる  自棄になる  宝庫が貧しくなる  さから自由になる  心は重くなる  心は一層暗くなる  峻厳になる  力で、そうなる  辛棒して居られなくなる  実行になる  別れ道となる  手につかなくなる  その道となる  胸がわるくなる  悲観したくなる  病気なのだ、どうにでもなる  半年位になる  ゆき青くなる  デ調になる  やつと本になる  芸術的欲求のおのずからなる  人生が暗くなる  批評はできなくなる  年来盆栽になる  十間内外となる  平かなる  墻壁となる  二流となる  傾斜緩なる  戸村牛岳となる  夜を明かすなる  緯になる  猿股を着けおれるなる  いつかナワ飛びもしなくなる  緑になる  そのまま信じていれば、なるほどそうなる  赭くなる  何時でも泣き出したくなる  赧くなる  中心地にさえなる  後向きになる  情熱的になる  一塊になる  誘惑となる  将来、どうなる  先づ女になる  西洋人になる  個性が生かされないとなる  から先生のお寝みになる  説明的になる  理智的説明的になる  二重になる  手に持てなくなる  何うかなる  しまふと、つまらなくなる  真面目に取り組むとじれつたくなる  勉強になる  先づ不可能と諦めなければなる  中がいっぱいになる  書籍などになる  ラクになる  運転資金となる  誰を踊らしてやらなければなる  道にはなる  人でなければなる  景気になる  通りが悪くなる  二以上になる  一時二時頃になる  ほどにわかに男らしくなくなる  カンバンになる  七一パーセント増になる  二〇〇万ヘクターになる  解決となる  前提条件となる  かい支持者となる  うたつて、あさになる  三倍になる  身軽くなる  六十二キログラムになる  二百十八キログラムから三百三十九キログラムになる  労働時間が少なくなる  金持ちになればなる  阿堵物になる  から足掛け五年になる  日となる  一般的になる  天使は、これからどうなる  ものもありますが、また、どうなる  お送りになる  夜が明けて、あかるくなる  ために青くなる  先生から注意されて見ると、なる  帰つた雨になる  雨日午後になる  空は見えなくなる  派閥になる  段取りになる  たびに、其の白い光りは見えなくなる  個性がどうなる  うちになる  出会いハッピーエンドになる  式に臨んでも、悲しくなる  夜にでもなる  めくらになる  誇りとなる  けふの非なる  法律家になる  破竹の如くなる  んには、微なる  一月ばかりなるに、かく厳しきは故あればなる  母に微なる  小雨が、暗くなる  赤丹ぬるなる  浦いさな寄るなる  花のうへなる  家主と隣り住むなる  戸出でて大きなる  打撃となる  六十余日になる  運命にはなる  害となる  還御となる  土と化さねばなる  禍いとなる  戻りになる  何もかも儚くなる  合併されるとなる  国はなくなる  潔かなる  人もなげなる  都へお遣しになる  都へ行けばこうなる  んとすれば、またこうなる  詩となる  倶楽部員になる  大尽になる  お力になる  鳥渡考え直したくなる  斷ずる法律家になる  一月ばかりなる  嚴しきは故あればなる  交通となる  曖昧至極になる  これ一年近くになる  小説になる  事になればなる  おなじみになる  賛否はどうなる  大統領になる  修正しなければなる  どこでも買わないとなる  十二三歳になる  伯父になる  夜半比になる  休みよってどうなる  設計を受けなければならなくなる  悪罵になる  神経衰弱になる  芝居すらしなければならなくなる  ヒステリイになる  彼は書けなくなる  不純になる  ものが無いとなる  立廻り劇となる  穏かでなくなる  ものを観なくなる  二十四歳になる  実も得られなくなる  仲間になる  荘厳になる  証拠物件となる  静養にもなる  昼前には起きなければなる  上にあらわしたくなる  複雑になればなる  現在もそうしなければならないとなる  仕事をしなければならなくなる  付合になる  模傚になる  歴史になる  ざっと明暸になる  分類になる  我とになる  どこから現在になる  のですから、必ずそうなる  明暸になる  八十ばかりになる  哲学者になる  属性になる  叙述となる  三段になる  大分広く深くなる  通用しにくくなる  例になる  態度にもなる  かいと御尋ねになる  一篇一章一巻となる  法律が細かくなる  恥辱になる  劇も面白くなる  幽霊談になる  下落が烈しくなる  偽だとなる  所はなくなる  差し向いになる  けが事実に叶わなくなる  一方が強くなると、一方が弱くなる  扇を翳したくなる  真を究めさえすればよろしいとなる  分明になる  読者ばかりになる  偽善になる  簡単になる、すなわち覚えやすくなる  得なかった女丈夫になる  因果になる  二十世紀はどうなる  模範になる  名前をなる  からツイ遠慮したくなる  ようになるので、そうなる  絶対に受付けられなくなる  筋から書き直さなければならなくなる  といふところになる  道具が欲しくなる  変人になる  心当りになる  半間になる  おしまいがけになる  鼓打ちになる  こちらにおありになる  いつかは利かなくなる  君のものになる  秘密もおわかりになる  根となる  宝になる  荘子を信じて居る遜はなる  空々漠々となる  皮肉にもなる  世間話になる  二時半になる  ますます大きくなる  今朝になる  ようだから、実はなる  たくさん実のなる  酒でも出さなくちゃなる  ほんとうに怖しく、どうなる  笑ひだしたくなる  中身ですが、よめばお解りになる  十時にもなる  七時になる  据ゑるのだが、いざとなる  恥かしがりになる  暑中休暇になる  掛合になる  話はこれからが面白くなる  アそうなる  んではないか、いや、又そうなる  登場になる  閉廷になる  事件はどうなる  払箱になる  胸のわるくなる  始ったとなる  女房から本が借りられなくなる  船が通わなくなる  一撃をくらわしてやりたくなる  困難になればなる  小学校教師になる  疲労で鈍くなる  君の友達になる  いかほどになる  のは勿論なる  書籍を賣らねばならなくなる  集散が激しくなる  同一種類だとはいえなくなる  死因となる  呼息時には少くなる  病気は段々悪くなる  あゆこそはなる  のかと疑はしくなる  下品になる  五寸にもなる  もちになる  三日も経つと、必ずもう不味くなる  見かけ倒しとなる  行為が恐ろしくなる  耳が遠くなる  魚になる  釣となる  三日となる  工合もよく解ってくるとなる  誰しもなる  黒だいとなる  ものなぞとなる  パン焼工場で働かねばならなくなる  俺はこれからどうなる  帰朝となる  俺たち抜きでも何とかなる  どころとなる  見え陰になる  これが一体どうなる  名優になる  俳優にならうとお思ひになる  戯曲が、如何なる  如何に演じられ、如何なる  戯曲は、如何なる  仕事になる  茶は薄くなる  四十歳以後になる  まぐろといっても、こうなる  筋となる  髷となる  関西になる  花嫁になる  お盆になる  故郷へ帰ってみたくなる  ことも出来なくなる  一番気になる  年五つになる  階梯となる  うどんなに不思議で美しくて、おかしくて、ばかばかしくて、おもしろくて、なさけなくて、おこりたくて、わらいたくて、うたいたくなる  お坊さんになる  詩になる  自然とそうなる  日には出来なくなる  慄っと冷たくなる  自叙伝ともなる  善人になる  氏子となる  おくびやうになる  氣持ちになる  建築になる  だんだん早くなる  金貨になる  のですから、こうなる  自然楽屋落ちになる  ものが少なくなる  これも長くなる  んですがこうなる  優遇するとなる  皆駄目になる  四十銭になる  馬鹿はなる  交通遮断になる  死ぬかも知れないとなる  九月になる  邪になる  宴会で少し遅くなる  目覚めになる  あとは何とかなる  完全になる  反対のおもなる  噂になる  それっきりになる  サアこうなる  豆腐をならべたくなる  月見だとさわぎたくなる  死ねよとなる  せきを癒そうとおもうだけになる  夜夜になる  果物秋になる  不思議こころが美しくなる  くせときどきちらっとうつくしくなる  日をゆびさしたくなる  にこにこしたりしておどりたくなる  香にもなる  眼光水戸黄門の如くなる  ものとはなる  最後骨がらみになる  気まりがわるくなる  知らせを恨むほどなる  実録となる  唱歌となる  岸近くなる  根が痒くなる  訳にもなる  ちょッと考えて見たくなる  ことを祈りたくなる  枯淡になる  もっと若くなる  損にもなる  磔になる  もうことになる  断罪となる  つて目触りになる  新学期になる  つて野球選手になる  行つて運動家になる  誘導ともなる  屍體ともなる  創造になる  都合のよくなる  おれが間違えをやらかすとなる  から十五年になる  身の上になる  生れになる  生長になる  慰安とに復さしておあげになる  骰子をお投げになる  中にも、いよいよ追い詰められるとなる  自分たちだけになる  靴を見ればすぐおわかりになる  品格はそれだけ低くなる  老年になる  走使いになる  十二歳になる  九時近くになる  陣所となる  幽霊屋敷となる  囚人がまもなくどうなる  引揚げなければならなくなる  屍衣になる  人はやがてよくなる  君はどうなる  関係がおありになる  入れになる  一人だけになる  仕事が多くなればなる  ちょっとでも触れるとなる  工合が悪くなる  正気にお返りになる  いつかはそうなる  関心になる  挿絵ともなる  二人だけになる  主張するとなる  明日そうなる  今から二十年後にそうなる  いつか私のものになる  小説家となる  根拠となる  政治家となる  げんがよくなる  一因ともなる  積雪となる  呼吸もできなくなる  凡そみすぼらしくなる  これくらゐ荒々しくなる  下で堅くなる  毎朝四時頃になる  豆腐屋がえらくなる  豆腐屋になる  公平になる  年中思っていりゃ、どうにかなる  虎列拉になるなる  営養不良になる  あしたになる  饂飩屋になる  剛健党になる  天祐派になる  着物がどす黒くなる  宿へつけば、どうでもなる  路が分らなくなる  轟となる  顔が見えなくなる  たださえ薄暗くなる  いつ痛くなる  のって、いざとなる  夜となる  もっと兵馬を引き具して来ねばなる  死骸となる  距てとなる  総帥となる  示しになる  頃となる  鬼神になる  朝廟はどうなる  長期となる  七花八裂となる  準備がなる  こと三年になる  わけにゆかなくなる  四十七歳となる  歓びになる  余り頼りになる  ことが、実際になる  私刑の話しになる  モップが押し寄せたとなる  緒となる  長老ホテリングとなる  特徴ともなる  春先になる  とらは働くとなる  不可くなる  大分手間がとれたが、帰るとなる  家へまわっていると遅くなる  のが煩わしくなる  七月になる  差向いになる  立枯になる  交になる  話がぐずぐずになる  暁になる  小野田と親しくなる  掛額などがほしくなる  資本になる  早晩独立になる  うちにはどうにかなる  子供の大きくなる  植木はどうなる  ですよ。子供が大きくなる  子供の励ましになる  農家はいそがしくなる  八十歳あまりになる  画がかけなくなる  さんになる  十七年にもなる  乞食の子供は、どうなる  これを聞いて、なる  柚味噌となる  ふところ加減をも読みかねなくなる  終いには甘くなる  ますますするどくなる  重みに圧されると、唯もう醜くなる  持病の憂鬱がとみに軽くなる  通りに白くなる  先達になる  度を過ごすと少しあくどくなる  分ならば遠からずきっと快くなる  芝居になるかしら、なる  神経質になる  こん度お誂えになる  喫みたくなる  参府が出来なくなる  感謝しなければなる  ところで、さしあたりお用いになる  ひとりひつそり竹の子竹になる  光となる  葉になる  落葉ふかうなる  秋もいよいよふかうなる  竹の子竹になる  天龍となる  資本家になる  六十五以上になる  事実に遠くなる  宅守相聞になる  めどになる  対照になる  之より古くなる  決定したくなる  盛ることになる  トリヨル・ユキヨルとなる  不眠症となる  一度になる  用心しなければならなくなる  礼節正しくなる  者は全くゐなくなる  人材となる  赤子といへどもふるひつきたくなる  総理大臣が読んでくれればなんとかなる  一人産れればどうなる  三時過ぎになる  商人になる  時は、どうなる  妊娠でもしたとなる  のであるが、こうなる  今度マアどうなる  二十五になる  持病なので、寒くなる  人を傭うとなる  まさか日干しになる  お国がいなくなる  どこへどう流れてどうなる  鉢になる  私アそうなる  神のなる  半分が白くなる  いまになる  無駄となる  微力であるとしなければなる  基盤となる  文化的武器となる  物識りになる  規準となる  河鹿鳴くなる  此世が情なく心細くなる  氷になる  晶ともなる  もう少ししたら、どうにかなる  女とも別れなければならなくなる  勝者になる  伝令兵になる  いつまでかうなる  肩身の狭くなる  おむこさんになる  お召しになる  お姫さまがお住みになる  王さまは悲しくておねむりになる  たまにはなる  から居候になる  もっと面白くなる  宰相になる  千把になる  これまでになる  だっておできになる  赤になる  仕合せにおくらしになる  共学から出直さなければなる  暗示となる  惡くなる  一戦士になる  四十余りになる  名誉になる  もっと馬鹿になる  東京監獄から放免になる  涕くなる  蝶がみえなくなる  足場となる  自分がどうかなる  らねばなる  今年十三歳になる  影になる  息たえだえになる  暦がいらなくなる  こまりになる  それを聞いて、なる  ことなどになる  大事件になる  地球はどうなる  急にたいへんによくなる  カレーくさくなる  自動車がこれからどうなる  博士はどうなる  死滅してなる  佐々は、なる  いそがせになる  理窟では、そうなる  ますますわからなくなる  一切だめになる  話が長くなる  たまのよくなる  にこにこ顔になる  背中がぞくぞくと寒くなる  課長は、なる  足音が遠くなる  僕たちは、どうなる  しんぱいになる  防寒具を持って行けば、何とかなる  休になる  心はかえって、暗くなる  体が痛くなる  むだになる  受話機になる  ますますむずかしくなる  負となる  物が軽くなる  何のたしになる  ものだとは言いきれなくなる  答えになる  奴隷になる  ほのかに暗くなる  月よりも大きくなる  月も見えなくなる  いやだと思っても、どうなる  圧力が低くなる  さのものになる  わしも、うれしくなる  光が強くなればなる  者はないと言っていいほどであり、おかしくなる  夏時分になる  灰になる  課長も動かなくなる  そうに痛くなる  二十倍でも早くなる  ようすが、どうなる  ことは、どうなる  気もちがわるくなる  非常にうすくなる  粉々になる  くすりになる  これは、どうなる  もっと早くなる  千二となる  二十億年になる  八十万年になる  者がいなくなる  地球が見られなくなる  それも、もう間もなく見られなくなる  息が苦しくなる  どんどん早く大きくなる  急に見えなくなる  ものを着て、どうなる  よけいに、そうなる  僕もそうなる  どんどん小さくなる  博士は、なる  子ならどうにかなる  それから蟻田博士なども、きっと、おとなしくなる  全滅になる  ペペ山がこれからどうなる  知己となる  敵国になる  表示になる  機を逸してはなる  すみになる  容喙して、どうなる  心理となる  諫言になる  好餌となる  それをつぶさに語るとなる  道をおとりになる  評議は長くなる  太守となる  空論になる  将となる  計になる  正臣となる  至宝、そうさせてはなる  大策を議さねばなる  招きになる  不利益になる  開店時になる  想像になる  音高くなる  縁談のさまたげになる  目茶苦茶になる  交換条件になる  一生浮び上れなくなる  時鼻が高くなる  無一文になる  ために失ってなる  贅沢になる  白金使用分量が少くなる  からざる事迄いいたくなる  成はなる  がらかになる  男達になる  私は遊ばずにゐられなくなる  掩ふほどになる  無理にたしかめたくなる  あばたになる  紙キレになる  身となる  国になる  バクダンになる  思ひ出になる  穴場で味わいたくなる  太陽が照らなくなる  雑踏が激しくなる  住宅地になる  ますますいけなくなる  十年近くにもなる  国際人となる  対立は激しくなる  マジナイになる  世界人になる  落下をくいとめずにいられなくなる  言勢となる  ハ幕府目下のうれいとなる  顔して言わなければならなくなる  砂丘に立ってみたくなる  旅行がしたくなって、たまらなくなる  叔父さんをお叱りになる  落ち目になる  金にならぬとなる  金になろうがなる  今年二十歳になる  三代目となる  失態になる  近江之介がいなくなる  薄気味の悪くなる  用事となる  喧嘩物言いと限らず、すこしむずかしいとなる  立廻りになる  笑いをつづけて、こうなる  笑い話になる  振舞い酒となる  のだが、こうなる  ものは、どうなる  容易に抜けなくなる  のだから、こうなる  ッ赤になる  専任になる  気を揉まなくてはなる  家でも定めるとなる  手を入れればよくなる  風呂場となる  上天気になる  散歩も出来なくなる  もっともっと好きになる  いつ良くなる  二年前にもなる  見分けがつかなくなる  ために思わず大きくなる  半年以上にもなる  ことをお訊きになる  余計になる  きりになる  いま時分になる  上り道になる  冬も深くなる  代用教員になる  五年生ぐらいになる  下宿料が上らなくなる  少年から大人になる  縁続きになる  妄想に耽りながらも、どうなるかなる  明日一杯明後日までには何とかなる  それから、片付かないとすれば一体どうなる  絶望が濃くなる  それから晩になる  三歳になる  空気に堪えられなくなる  それが馬鹿馬鹿しくなる  時節ともなる  央ば過ぎにもなる  食用になる  下駄になる  もみになる  健康がよくなる  信用しなくなる  面影になる  わたしはなる  我執とみなければなる  栄冠はさずけなければなる  十幾年になる  芸妓になる  おかみさんになる  おかみさんになぞなる  三つ鼎になる  夫妻となる  反対にあって非なる  貞奴となる  掛川近くになる  味わねばなる  學校を出たら丁度あんなになる  賤しくなる  仏となる  今別郷となる  永禄年間在家となる  中尾と解せんはなる  縁談となる  承認せざるをえなくなる  三十人となる  人夫にもなる  書き物机にもなる  食卓にもなる  元通りそれが白くなる  手が出せなくなる  若楓茶色になる  火は見る見る黒くなる  六十八になる  ころよりも凌ぎよくなる  御簾になる  何だか今時分になる  臆して来て、出せなくなる  背筋の寒くなる  事を、いやになる  いちどはじめから全部やり直さなければなる  気がして、このとしになる  四十ちかくになる  ものは幸いなる  電報を打たなければなる  小説を書けなくなる  ルウズになる  身のうへになる  お鳴らしになる  自分らはどうなる  本官連中になる  つてしまつた人間になる  幾つになる  飯時になる  切りになる  五六年にはなる  死期が近づくと心細くなる  野辺送りとなる  春太郎も悲しくなる  大音楽家になる  ジャッキイになる  発生せしめ、如何なる  大人物になる  ことが言えなくなる  反問しなければならなくなる  理論となる  反映になる  日本主義哲学となる  日本主義のものになる  碇となる  哲学的となる  所謂フェノメノロギーになる  戯画化されて現われざるを得なくなる  素地とさえなる  哲学的意義になる  的解決になる  精細になればなる  算出しなければならなくなる  二重に大きくなる  論拠にはなる  限り、すぐに古くなる  創作となる  古典的範疇はなる  規定が相応しくなくなる  簡潔になる  今特に問題になる  ことが、なる  因果的連鎖をさえ疑わなければならなくなる  所謂常識となる  無理だと云わねばなる  非常識になる  増加になる  あり得ないこととなる  根拠ともなる  歴史的になる  通念となる  意味しなければなる  抽象的に考えれば、なる  屁一つとなる  ヘーゲルになる  活動機能になる  規定となる  ヘーゲルになって著しくなる  論理となる  哲学的観念論になる  一部分に属さなくてはならなくなる  内部的説明になる  義務にもなる  無我愛となる  シーンになる  権藤成卿氏のものになる  マチマチになる  これ等アジア的叛乱様式に限って、なる  関係はどうなる  時どうなる  証明になる  反対せざるを得なくなる  ロジックになる  学に、なる  倫理学になる  トンチンカンになる  類概念となる  日本主義哲学になる  論となる  充分ではなくなる  一つ一つ破壊されて行かざるを得なくなる  意義が薄くなる  最高指導機関となる  所謂農本主義となる  政治観念となる  意志表示となる  一部分になる  本末顛倒になる  事実とさえなる  哲学になるので、そうなる  ボロを出そうとはしなくなる  から文学至上主義になる  悪質になる  内から探し出さなくてはならなくなる  点が特に見易くなる  体系となる  一くぎりとなる  場所はなる  論理としてならば、なる  精神的供物でなければなる  代表者となる  静止はどうなる  1になる  観念論になる  結果どうなる  始元になる  外に求めなくてはならなくなる  ことでなければなる  弁解になる  批評家になる  昔に倣わねばなる  カリケチュアでなくてはなる  根拠などになる  進歩になる  政治イデオロギーともなる  立脚点になる  判定になる  オッポチュニスト自由主義者になる  自負となる  公式主義になる  インテリジェンスから問題になる  稀薄にしがちとなる  ナンセンスになる  読者層となる  考えが働かなくなる  仮定したくなる  基準になる  知能分子となる  消極性とになる  定義したに過ぎなくなる  のかが判らなくなる  結果必要になる  是非必要になる  体系などを考えざるを得なくなる  ブチこわしになる  裏づけにしなければならなくなる  論拠になる  形態でなければならなくなる  非難されねばならなくなる  社会的成長になる  ドクトリンとなる  哲学的理論となる  展望になる  唯物論もこうなる  自然科学者数学者になる  稀になる  厳重になる  西田哲学はなる  文学的になる  日本人間学になる  方針も立てなくてはなる  変動期になる  反省をし始めなければならなくなる  合言葉になる  復古主義にもなる  進歩性となる  科学的概念になる  概念になる  風俗とさえなる  見えない力となる  有効でなくなる  責を取らねばならなくなる  一大方針となる  大衆となる  支配者となる  イデオロギーとなる  利害となる  ファシズムになる  下火になる  しまひさうになる  仏蘭西を恐れなくなる  文化的価値はなる  階級、如何なる  職業、如何なる  役となる  毎歳夏になる  愛着が段々強くなる  人形使ひになる  七日目になる  本を読んだり書いたりしてはいけないとなる  発展となる  片目になる  友だちになる  三時間目になる  ジャンシェンとなる  同列に並べてみたくなる  慘憺となる  お前さんはなる  アいまさらいつたつてどうなる  薄墨に、なる  いくら力になる  感心してなる  名には聞かねば、知るよしなきぞ憾みなる  信西入道藏書目録などになる  卒業式なりしなる  不孝になる  丸裸になる  先がどうなる  太平洋戰爭となる  早晩可能となる  前進なしにはつよくなる  しんになる  わけはなくなる  基本となる  でこぼこはひどくなる  山脈になる  飛騨山脈となる  のがわかるほどだのに、いざとなる  家より高くなる  廻つて七時になる  給料日になる  ゼネストになる  塩つぽくなる  二十人になる  今朝少し明るくなる  風のかげになる  うまい工合かまいたちになる  サイクルホールになる  梅雨になる  胸もすっとなる  三四日たてばきっと又そうなる  みんな丈夫になる  だんだんひるになって暑くなる  雲の赤くなる  へんみじかくなる  通りボックシングをやりましょうとなる  腹の中になる  番になる  足利時代になる  參考となる  一読しなければなる  食卓給仕人となる  云ふと、話しは大きくなる  理由として挙げねばなる  起草になる  東洋史となる  後漢紀になる  洗ひたくなる  街角は鋭くなる  ぼんぼん時計も睡くなる  わたしはたまらなくなる  子どもになる  夕燒で赤くなる  すべて微塵となる  千人萬人になる  んとなけもつとなけなけなくなる  子どもはいい泣けば泣くほどかはゆくなる  ひつそりしづかになる  嵐がひどくなればなる  しづかになる  人間は大きくなる  それだからとてどうなる  盜賊となる  ものがどうなる  さつた日がどうなる  月樣はまんまるくなる  都會がうつくしくなる  人間はつよくなる  つて力となる  意志的になる  だんだん雨が強くなる  自分はいよいよくるしくなる  聲からだんだん世界は明るくなる  此のとしになる  そこでどうなる  一ツ塊りになる  君等はもつとどんなに強くなる  爽かになる  靄が濃くなり暖かくなる  一人犠牲になる  テロリストになる  証拠となる  ように転がれば転がるほどしだいに大きくなる  丞相、どうして、そんなにお哭きになる  人々みな慄然とすくみ立って、どうなる  取りになる  消極的になる  擒人となる  軍接戦となる  者はなくなる  宴となる  建安十五年となる  同盟するとなる  脅威になる  記念せずばなる  場でなくなる  骨折りと申さねばなる  選びになる  毎日会えなくなる  俺はどうなる  天になる  知らない二十四になる  ストンと倒れて、動かなくなる  戦争反対をしたとなる  方でも又始めるとなる  工作となる  ジャマになる  意味はすこし違うかもしれんが、とにかく、信じこんだとなる  イキリ立って見たって、どうなる  ヨロヨロとなる  中腰になる  かわいそうになる  これ、どうなる  こともできにくくなる  しかし、そうなる  そのままじゃすまんことになる  判決をくだされたとなる  戦争反対になる  一人でも現れたとなる  キリスト教ぜんたいが、あぶなくなる  半年以上にも、なる  押し問答になる  返事ができなくなる  国民はどうなる  あと、どうなる  人間が、どうして、あんなふうになる  傾斜をのぼって行き、見えなくなる  ウーッ、とうなる  ヤソ教になる  から一年にもなる  なにかね、信じこんだとなると、そんなになる  ぜんたい、どうなる  節になる  事が出来なくなる  立場があぶなくなる  ウマイ汁が吸えなくなる  一同シーンとなる  ストライキになる  会社のいうなりになる  明日からダンサーになる  日から百円ぐらいにはなる  ツンボになる  蕎麦屋泣かせにもなる  栄養となる  風味の悪くなる  軟らかになる  塗りは従って悪くなる  一般にとは申されませんが、よいとなる  旅人が、どんなになる  部屋は段々と高くなる  巴里にも居られなくなる  師匠になる  胸が苦しくなる  形式がどうにでもなる  人なので、寒くもなる  八十四歳にもなる  音声となる  夜おそくなどなる  なにがなんだかわからなくなる  顔を出してゐると見なければなる  ぐひのことから挙げていかねばなる  数がふえればふえるほど大きくなる  イメージが浮ばなくなる  強調しなければなる  疑問としなければなる  先決問題となる  事実を見逃してはなる  づまづ誰でもなる  告白ともなる  対象にはなる  相違ともなる  ことが、かうなる  理由となる  表情態度となる  それがわからなくなる  不快とも感じなくなる  眼が届かなくなる  孤独となる  つて半分になる  十六倍になる  事面倒になる  流れとなる  何某は、如何なる  話ばかりになる  メッセンヂャアとなる  ほど愚劣になる  集団となる  卒業生になる  当時はなる  マイナスになる  畸形に求めなければならなくなる  づ眼を向けなければなる  だんだん成り立たなくなる  いつかどうかなる  醇風美俗ばかりになる  後姿には刻々多くなる  心構えになる  連鎖となり橋梁となる  結果にもなる  ためでなければなる  季題となる  経験を重ねなければなる  世界はやはりそれだけさびしくなる  麦は長くなる  活動になる  緑色になる  紫色になる  自然自然に眠くなる  子供はどうなる  根本になる  日常生活をなる  十分になる  道楽になる  しかありえなくなる  絶後になる  さ三丈ばかりなる  腸を断つばかりなる  藻屑となる  何時お発ちになる  んですから、なる  まわりに集めかけて、なる  皆殺しになる  橇が軽くなる  今年十三になる  三週間になる  みんな蠅になる  馬がじゆうにはなる  こと、情けなくなる  上級になる  ぢや、どうにもなる  留守番にもなる  畑が忙しくなる  自筆になる  戦争は激しくなる  つて、あゝもしたい、かうもしたいとお思ひになる  つて病気になる  わからんやうになる  ぼうとなる  分には、まあ、なんとかなる  お力となる  採りになる  進退を問わねばなる  者こそ危ないといわねばなる  連絡は断たれ、退くも進むもできなくなる  埋め草となる  離ればなれになる  らになる  危機となる  旺になればなる  調べになる  ことは難しくなる  紅になる  だしになる  天下はどうなる  胡麻化そうとなる  ただちょっと行衛不明になる  馬車を走らしているとなる  ますます荒くなる  ミディネットになる  自分等だけ残ったとなる  からだも、どうなる  金はなくなる  春にはなる  朝八時頃になる  四時頃になる  僕はどうなる  パルチザンとなる  一尺あまりになる  兵隊どもになる  安南人となる  春の如くなる  土鼠の如くなる  鉄石の如くなる  熱心して相争うが如くなる  眼に映じて醜なる  言行一切西洋流なる  陰醜なる  その男子の如くなる  一島となる  強味ともなる  科学的になる  私はそんなにまでして強くなる  意味は、考えてみると、かえって分らなくなる  世の中では、如何なる  初段になる  帝后像を見ても知るを得るなる  鎌倉初期となる  時代の如きは、種々なる  入物となる  刺激となる  近世國家となる  やうにお思ひになる  民になる  貨幣經濟になる  集つて顏になる  枸橘となる  憚つてお取上げになる  子供が多くなる  自由貿易になる  爲になる  先になる  発明になる  思想となる  財団法人になる  帰りがおそくなる  病気でも悪くなる  気まぐれ者になる  気まぐれでもしなければ生きて行けなくなる  会話さえはずまなくなる  性格が、こうさもしくなる  財産となればなる  おできになる  お通しになる  ところがどうなる  おつけになる  妹さん方のしめしにもなる  心持ちになる  日本にいなくなる  中景になる  おさんどんになる  ためにそうなる  御用がおありになる  なり放題になる  邪魔者になる  思いに漂うばかりなる  らが騒々しくなればなる  目が回るほど忙しくなる  始末におえなくなる  だんだん痛みが激しくなる  急にぼーっと遠くなる  時から新聞記者になる  向かいになる  物もいえなくなる  唾でも吐きかけたくなる  毎晩夜になる  しわざとお笑いになる  寛大になる  あなたお持ちになる  先が暗くなる  流行おくれとなる  損失ともなる  棒引きになる  帰しになる  禍いになる  河となる  所でどうなる  飲食もできなくなる  ゆかなかったら、どうなる  責めになる  気が短くなる  承諾になる  日々重くなる  手がつけられなくなる  権力をもつと、ああしてやたらに威張ってみたくなる  三日も待っていたら、一体どうなる  野山の狭くなる  名になる  淵になる  さしになる  水を汲んで洗えば必ずよくなる  だんだんに重くなる  後々叔母になる  後までも、なお新なる  眼二つになる  話は多くなる  病になる  害虫がいなくなる  からなんにでもなる  のですが、あまり長くなる  夫が来て見ると大きなる  年七十になる  お立ちになる  分が狭くなる  おでかけになる  まり越後が狭くなる  争いは出来なくなる  間に大きくなる  通り、大きくなる  小石が大きくなる  年々大きくなる  方法で、大きくなる  のが、少しずつ大きくなる  地方で、大きくなる  巌となる  山が高くなる  声でいったので、高くなる  お山の高くなる  つまり低くなる  後世になる  もっと早くなくなる  だんだんにむつかしくなる  地蔵様になる  者がかえって多くなる  地蔵に振り掛けると、さっそくよくなる  日没後すっかり暗くなる  認識用具となる  のでなければなる  民衆的信念となる  文をおつかはしになる  と金になる  らが冷たくなる  奴等もゐなくなる  電車になる  夜にさえなる  題目からはやや遠くなる  ほこりだらけになる  繁華になる  ひとつのシーンになる  先駆者になる  花をお活けになる  お供へになる  十五夜になる  近代になる  ことがお思ひ浮びになる  関心をお持ちになる  語根ともなる  名詞となる  体言となる  毎号発禁になる  興味をお持ちになる  疑いもするし、怒りたくもなる  懇願的になる  長平は疑りたくなる  ハメになる  仙人でもそうなる  当てがありゃ、又、なんとかなる  妄者になる  支離メツレツになる  記念日になる  気も強くなる  立場はどうなる  種切れになる  明りだけになる  再会になる  足も動かなくなる  支えになる  積極的になる  部屋も暑くなる  理由になる  気持が激しくなる  風になりたくなる  だって、悲しくなる  ッて、どうなる  今に、なんとかなる  もっと前になる  さら寝つかれなくなる  胸をかきむしりたくなる  柔和になる  中から鉛筆かなんかとりだして、並べたくなる  行き違いになる  顔付で再び現れてくると、笑いたくなる  女なら、口惜しまぎれに何とか言いたくなる  うちに、なんとかなる  自分自身に当てはめると、どうなる  金次第で、どうにでもなる  真剣ではなくなる  明日はそうでなくなる  心棒になる  それから、なる  病気はなる  鼻についたとなる  食事もまずくなる  大実業家になる  泣きに行きたくなる  迷いが深くなる  一週間にもなる  支えとなる  意味合いになる  家庭婦人となる  目をそむけたくなる  カンシャクを起したくもなる  ツジツマが合わなくなる  記代子は笑いたくなる  今夜は、ねむくなる  ヤエちゃんを殺したくなる  兄さんがおなくなりになる  名をおよびになる  ケツをまくりたくなる  ときには、死んでこうなる  煌々と明るくなる  狂ふなる  大都会に対して、その偉なる  こと屡々なる  神となる  中世になる  目に触れ易くなる  機会が多くなる  なだらかにお治めになる  冒涜になる  のりとになる  天つのりとなる  饒しくなる  其高きなる  十二時すぎになる  声がよくなる  お母さんと思わなければなる  野猪のむこうみずになる  建物はどうなる  松井須磨子となる  飛鳥朝になる  其伴造になる  伝へなる  其主体となる  様にもなる  部分となる  真言となる  坦かなる  冷かなる  公園地となる  暢かなる  むとするは一種朗かなる  偉観はすなはち大なる  運命はいかなる  こころひろやかなる  朗かなる  ば恵まれたるながめなる  これら凡て濃かなる  とくになる  の始めなる  踪跡すべからざる者となる  文学となる  方々がおありになる  云つた形になる  呪術から導かれたふるやなる  人々になる  神になる  姫神となる  其結び玉になる  胃弱になる  見栄えがしなくなる  交りが深くなる  終夜運転だから、帰れなくなる  傍證になる  智識となる  只文化になる  豊富になる  文学はなる  楽しい思い出になる  結婚式をお挙げになる  均衡が取れなくなる  のだったが、そうなる  病気となる  彼女をおいて出て行ったとなる  から何年になる  私はそうなる  痛みが堪えがたくなる  それでいけなくなる  建てになる  縁辺になる  ゴシップ種子になる  顔さえ忌々しくなる  ように思えて、腹立たしくもなる  懐ろがさびしくなる  手紙を出すとなる  短篇となる  旅館にもいないとなる  安めにもなる  サルンとなる  結婚問題がどうなる  ゲイテとなる  談敵になる  本式になる  葉子が離れて行ったとなる  気が差したが、いざとなる  建築はなる  煖炉が懐かしくなる  番頭を寄越したとなる  それはそうなる  いいとも思って、なる  私こうなる  精進も挫けたとなる  次第となる  伝統となる  一段階となる  基礎ともなる  基準となる  味がわからなくなる  あとはどうにかなる  胸が熱くなる  献身となる  人間が大きくなる  俳句一筆となる  讃美となる  都合が、どうなる  混乱とも呼びたくなる  主義主張となる  思想になる  後宇多天皇になる  花園天皇になる  徳川時代になる  比較となる  単純から複雑になる  奈良になる  万葉になる  古今になる  身請となる  兄さまになる  身請になる  一寸面顔赤になる  間が善くなる  ものが美しくなる  十九にはなる  蘇川峡となる  浣華渓となる  河幅は狭くなる  急流となる  向うになる  瀬となる  つて蒸し暑く蒸し暑くなる  満足するとか、美味くなる  大観になる  名医となる  名料理人になる  一貫目以上になる  場合、まあなんとかなる  出汁になる  味のよくなる  楽しいものになる  面白い程自由になる  じき厭になる  後から薬になる  世の中へ出なくっちゃなる  信用も厚くなる  上になればなる  一人身になる  論理になる  保証になる  自任したくなる  為にとやかく云うとなる  失敗になる  因縁になる  殆ど堪らなくなる  たびに死に易くなる  引移りになる  助はなる  助から説明を聞いて始めてなる  気狂になる  是非好くならなくっちゃならなくなる  からどうかなる  うちにはどうかなる  平岡は酔うとしつこくなる  から、そうなる  働らく気になる  これが烈しくなる  から承認しなければならなくなる  今夜も遅くなる  程馬鹿になる  挨拶振になる  不可思議になる  無能力になる  身体が悪くなる  程厭になる  何がどうなる  索引になる  茶摘歌を聞いていると眠くなる  質問になる  理窟になる  通りを話して、なる  反射にさえ堪え難くなる  目覚になる  目的になる  堕落になる  事に、そうなる  兄はなる  理窟臭く、しつこくなる  点だけでもまずどうかしなければなる  経済も旨く行かなくなる  家庭が面白くなくなる  法則通りになる  出掛になる  三年以上になる  間がどうなる  同様になる  時間が遅くなる  話を伺ってみると、こうなる  更必要になる  衣類を売り払ってもどうかなる  差し当り御困りになる  却って毒になる  職業もなる  償にはなる  食い上げになる  こととしなくてはなる  ことはなくなる  ことも、そうなる  秋風が吹いて来た、さあ、こうなる  兎に角気になる  気持となる  関西となる  酷寒となる  町らしくなる  ことは、お分かりになる  丁度九年になる  九ツになる  思い出話以上のものになる  時となる  四十歳ばかりになる  毎年暮れになる  新聞屋になる  勅任官になる  営業になる  こちらからきり出しにくくなる  夫となる  行雄が大きくなる  言葉じゃこうなる  脳タリンスをひやかしてみたくなる  はじまる頃になる  給仕女になる  方々ともなる  登場となる  おもらしになる  女優になりたくなる  私、さびしくなる  方はどうかとなる  話となる  九年になる  今とても嬉しくなる  不潔になる  歩いてるのか分らなくなる  歌合せなる  文学らしくなればなる  発生点になる  つて行つた此頃になる  左右講師になる  瀬になる  平安中期になる  形式になる  無口でいて、一度酔ったとなる  知合になる  何かしなくてはなる  仰せになる  加担者になる  あやめとなる  闕所になる  配下になる  手段としても、そうしなければなる  和歌になる  平凡浅薄となる  元祖としなければなる  理窟にもなる  方が勝ったらばどうなる  計からさきに立てなければなる  空家も同じなる  日数を経れば経るほど落ち難くなる  暁近くなる  いずれが正しいかになる  わかれ目となる  それを急がねばなる  第一義になる  口のすっぱくなる  成人していたかと思っていたが、案外なる  私をお斬りになる  士をお斬りになる  兵糧は途絶えて、退かざるを得なくなる  土産となる  酷烈になる  優位になる  陳倉となる  迷いになる  からには、討ちもらしてなる  戦場となる  必定、支えきれなくもなる  途が危うくなる  楊曁がいなくなる  勝ちとなる  佞官のみだりなる  戦争をしていなければなる  力は出せなくなる  面白い読物にでもなる  もっとみになる  姿そのままのものになる  ことを書きたくなる  お気附きになる  十五年にもなる  著弾距離になる  中暗くなる  御新造になる  自然に可笑しくなる  間違になる  仕立になる  居間になる  盃盤には結構なる  難儀になる  手当になる  水の泡になる  馳走になる  見立になる  ます時分になる  土産になる  納になる  六年にもなる  身の上となる  大黒様になる  手込になる  目をそむけずにゐられなくなる  正視しがたくなる  顔色がいくらかむつかしくなる  つてあさましくもなる  就て疑りだすと苦しくなる  お婆さんになる  餌食にすらなる  真実となる  死後となる  稀薄となる  三更になる  奇異を語るに過ぎなくなる  百余歳になる  結果論となる  ことは、くれぐれもおたがいに慎まなければなる  国家も亡ぶとなる  三日四日となる  いつお帰りになる  時分ですよ。いつお帰りになる  暑いから裸かになる  つもりで、多少甘えたくもなる  今年二十三になる  やつぱり邪魔になる  姉妹二人厄介になる  ダンサーになる  女を呼ばなくなる  姉さんがいなくなる  ヤトナになる  クラスになる  ことをお聞きになる  家庭教師になる  あんたが教えてやって下されば、何とかなる  真青になる  旦那になる  大袈裟になる  妾となる  鈴子はん今晩どないなる  似顔絵になる  通俗小説になる  嘘つきになる  それでいながら、くるしくなる  おばけになる  十二才になる  欠乏を嘆いたが、と言って何ともなる  覚悟をせねばなる  偽証罪となる  証人になる  偽証罪をまぬがれたくなる  志願囚となる  眞直になる  水が暗うなる  斜めになる  いつしよになる  埋草になる  モティーヴとなる  論法になる  てんまつはどうなる  神様に近よれなくなる  大病になる  不思議でなくなる  尊王攘夷となる  一事をのぞいては、少しもよくなる  手腕になる  英藩となる  エージェントでもなく、ひたすらなる  ちょっと呆気にとられましたが、そうなる  手抜かりになる  甲刑事がいなくなる  立上られなくなる  家が新らしくなる  三番目となる  汁は濃くなる  味噌汁になる  二段になる  ぞんざいなのになる  年月が経てば軽くなる  人事不省になる  酒がほしくなる  勝者にもなる  大名になる  十五代将軍となる  命はなくなる  苦戦悲報、かうなる  こと、如何なる  からかつてみたくなる  喉につかへて出なくなる  数年間秋深くなる  休暇をおとりになる  ことをお知りになる  眼でお見になる  そうな、しかしそうなる  私に思わせず、そうなる  三十あまりになる  どんどん大きくなる  研究によって、さらによくなる  球だけとなる  へんになって死にたくなる  化けものになる  どっちになる  じわじわ暗くなる  ことはなく、いきなり暗くなる  探検隊全体が弱くなる  全員みな殺しになる  境界になる  がまんがならなくなる  宇宙塵に吸いとられてしまって、達しにくくなる  姿をあらわして、図々しくなる  おみやげになる  水棲魚人も、早くかしこくなる  話だから、そうなる  碁をお打ちになる  知事になる  記憶になる  率ざ実現しようとなる  耳触りになる  幸福にもなる  声は小さくなる  色が黒くなる  十五六日になる  まし大きくなる  親鳥も、大きくなるに連れて構わなくなる  それを信じきらずにはいられなくなる  ところへ、とんで行きたくなる  金剛石となる  二十年になる  コチコチに固くなる  非常にやわらかくなる  死所となる  一人きりになる  水圧で浮き上れなくなる  逆立ちになる  その後どうなる  彼れが如くなる  色どりになる  人形がおとなしくなる  古典的になる  これは既にいってあるので、深く話すとくり返しになる  玩具となる  結局雛と同じになる  家になる  形代から人形になる  室町になる  脊丈になる  あたり七軒巻添えになる  相図になる  逢いたいなら、大きゅうなる  後ろ影を小さくなる  分娩を計らねばなる  今年幾歳になる  山村となる  んじゃないかと思うと、もう居ても立ってもいられず、そうなる  のであるが、そうなる  逢痴であるとは云えなくなる  所在が分らなくなる  陶酔ができなくなる  好きかってにいかれるとなる  二どと青くなる  日さまもみられなくなる  ひと夜をおすごしになる  尾になる  あわになる  日さまがおあがりになる  痴けた奴だ、左様なる  月見時分には赤くなる  節季になる  仕舞になる  ア遠島になる  気晴しのなる  処刑を受けんではなる  二十三年になる  お話になる  中になる  中へ来てと考えると心細くなる  年六十六歳になる  者が居なくなる  暮れ翌年になる  それ親が恋しくなる  數枚飛ばして讀みたくなる  願ひ出たくなる  成しないではゐられなくなる  早熟になる  もう少しでよくなる  頭がどうかなる  人をおよびになる  からが、ぐしやりとなる  くろの中がどうなる  六十九になる  警衛したくなる  同志になる  臣民になる  臣民となる  過激運動なども起こらなくなる  同一になる  のだろうか、恐ろしくなる  結局どうなる  Lessになる  十時半になる  大騒ぎとなる  グチャリとなる  僕を苦しめてどうなる  ひけ目になる  十一月となる  中まで軽くなる  日がかなり高くなる  やり繰りでは間に合わなくなる  おつきにはなる  取り返しがつかなくなる  下り坂になる  ほうがおそくなる  いつ首になる  導火線にもなる  わたしをお捨てになる  世話女房になる  事がおありになる  覚えになる  もう少しお待ちになる  方便になる  疑いになる  のだったけれども、こうなる  恋の花を散ってしまわせてなる  お似合いになる  つなぎがよくなる  もう少し心も強くなる  事が悪くなる  お客様が来たとなる  空き具合になる  胸が切なくなる  相談にもなる  夜なぞになる  取りにがしてなる  めんどうになる  真裸になる  僕にもそうでなくなる  中が熱くなる  から一週間ぐらいになる  あらわになる  事をさせてなる  元通りになる  車屋をおやりになる  下俯きになる  それがいくら待っても来ないとなる  わきに付き添って、睡くなる  心が安くそして軽くなる  倉地がいなくなる  間に死んでなる  病状は悪くなる  病気はなおるどころか悪くなる  事ができなくなる  今さらおあきれになる  場合でこうなる  状態がまるきり解らなくなる  ミュッセになる  規模になる  恋せるなる  ソシアリストになる  解釈されなければなる  魂となる  私はいまさらに新なる  つた事になる  有様になる  一要素となる  魅力になる  致命的弱点となる  声となる  返事となる  前期王朝になる  律動的になる  死語となる  更悲しくなる  意味が分らなくなる  私は笑い出したくなる  半狂人になる  夫はいよいよ怒るとなる  上機嫌になる  アテになる  彫上げて行って、も少しで仕上になる  何となる  しようも無い、全く出来損じになる  徳川期にはなる  六十幾つかになる  八時となる  ほんとうなら羨しくなる  頃合になる  判別し難くなる  来月になる  人は思いたくなる  言葉をかけたくなる  それがこれからどうなる  一寸悪戯がしてやって見たくなる  結果を招くとなる  都べて非なる  所以となる  何かなる  初歩ともなる  君が憎くなる  から何十年になる  育てになる  帽子も見えなくなる  相談となる  余計に悪くなる  三十五六ばかりになる  子持になる  頭脳の痛くなる  小山さんがお亡くなりになる  心も、死にたくなる  時期になる  それくらいになる  部屋が暗くなる  そこからはなる  手足となる  何あてになる  一団になる  借越にのみなる  質で、泣かないが蒼くなる  隙にはなる  融通は利かず、寒くはなる、また暑くはなる  涙になる  ところだと見ねばなる  源委がたずねて見たくなる  薪となる  卑湿となる  野川になる  白鷺の忽ち見えなくなる  泥海になる  五日になる  人はどうなる  翌晩になる  神主になる  e''sくらいになる  リードにはさしつかえなくなる  話が多少ややこしくなる  血行がよくなる  探偵物となる  数十巻連続物などになる  から遊離してきたとなる  映画界から消えてなくならなくてはならなくなる  時は黒くもなり、青くもなる  焔が暗くなる  離縁になる  娘が、大きくなる  方が烈しくなる  眼をそむけたくなる  感じのものになる  命取りになる  何も欲しくなくなる  原因ともなる  絵画きになる  治癒するどころか、いよいよ深くなる  自分とわかれなければならなくなる  義絶になる  起訴になる  漫画家になる  脊筋の寒くなる  からっぽになる  何かしてあげたくて、たまらなくなる  不具者などになる  恐怖で、坐っておられなくなる  具合いになる  自らどんどん不幸になる  能弁家になる  強烈になる  政治的になる  足掛五年になる  手持無沙汰になる  蔭となる  ずんずん深くなる  日暮れがたになる  お産をするとなる  市民になる  偶像になる  生活がどうなる  義眼なるを知らざるなる  百十五六にはなる  乱暴になる  御存知になる  三十五歳にもなる  考えようでどうにでもなる  モダーンになる  別嬪になる  日本語でせえ通じなくなる  ヘンテコになる  スッカリ売約済みになる  自殺方法を考えるとなる  一時どうなる  スプリングボールドとなる  胸はいくらか軽くなる  他人になる  父親になる  夫になる  中は湿っぽくなる  虜になる  結婚を望まなくなる  冷汗も掻かなくなる  つて深くなる  彼是百十五六にはなる  一杯御馳走になる  失策を怨んで来なくなる  行はれたくわしやなる  力はなくなる  考へなる  標となる  笠になる  鬼になる  齢同じばかりなる  真珠を散らすが如くなる  気持がよくなる  九郎となる  十四人になる  十五人になる  十四人にもなる  自分はどうなる  方を見えなくなる  子供ばかり拵えていて、それでどうなる  正邪を論ず、何ぞ迂なる  ことに堪えられなくなる  年を取ると、悪くなる  うそになる  父母となる  充分にあらずとも、なる  そもそも何故なる  教えとなる  人間レコードに度々なる  奴は、なればなる  作用がハッキリなる  アノ爺みたいになる  借金は多くなる  放送になる  書物となる  役人となる  縛つて真綿にでもくるんで置かなければなる  丁度になる  特に母となる  外に大きくはなる  一時はどうなる  私どもはそうなる  もっと大きくなる  私は時おり寂しくなる  堕落が恐ろしくなる  ように、よくなる  さかなを見ると恐くなる  家からいなくなる  定刻になる  キスをして上げたくなる  腹をさらけ出して話したくなる  御輿入になる  一にお加えになる  伸び伸びになる  二度三度となる  六月七月となる  普遍妥當的となる  對象となる  精密になる  顯はになる  魔術から自由になる  文学者となる  認識方法となる  言葉はなる  直接するとなる  規準になる  科学的カテゴリーとなる  帰つて病気がよくなる  行つて職工になる  日給になる  らんにやなる  さへすればどうかなる  二十銭になる  まん中になる  人間に早くなる  納屋住人夫になる  職工になる  何職工になる  鉄工になる  職工にでもなる  感じをなる  散漫になる  母親はどうなる  今恐れている、然し恐れなくなる  お流れになる  皆だんだん早起きになる  心配事でもおありになる  毎年正月になる  退出時刻になる  もの悲しくなる  客が込むが、遅くなる  やきいも屋になる  ますます惨めになる  証言になる  四日目あたりになる  時間となる  心となる  頃から西に低くなる  醫者になる  おとなになる  日常生活に用いようとなる  観念感情がハッキリして来て、なる  ように、なる  注目しなければなる  虚偽となる  風俗描写になる  不正直になる  源泉ともなる  肯定となる  ピュロニズムとは凡そ縁遠いと見ねばなる  模倣ともなる  段になればなる  認識となる  真理となる  仮定されざるを得なくなる  ことに、おのずからなる  限り動きの取れなくなる  プロセスになる  一環ともなる  契機となる  用語になる  言葉通りには疑わしくなる  像になる  等々になる  認識論となる  文化となる  文化形象になる  ため廃土肥料となる  生産技術から疎遠になる  価値材となる  記憶すべきは、如何なる  反対しなくなる  カリケチュアとなる  信仰となる  思想の科学となる  中に見えなくなる  今二十位になる  言はなければならなくなる  貰ひになる  二十八九になる  和尚になる  明朝にきっとなる  黎明比になる  母親になる  夜中すぎになる  声をお聞きになる  毎晩おそくなる  うち夜中近くなる  三足四足引きずったが、引ききれなくなる  自分を制しきれなくなる  胸糞の悪くなる  何がなんでもそれをどうかしなければならなくなる  数の少くなる  自分を抓つてやりたくなる  佗びしい気持になる  人が豪くならうと、なる  何かに当り散らしたくなる  寸法になる  から代議士になる  ろくでなしになる  病身になる  理由を知っていたので、どうなる  わたし生きておれなくなる  楽しみにもなる  ポーッとなる  よけいおそくなる  感情になる  何一つとしてかたみともなる  だんだん馬鹿になる  氣がかりにもなる  國語になる  から完全になる  假名になる  「ゑ」になる  あとは、どうなる  面目は、まるつぶれになる  顔を出されなくなる  ぺたが赤くなる  権力はなくなる  彼がやっきとなる  二人三人となる  女の子供は、少し大きくなる  ことについては、なる  調子になる  ことに対してはなる  それから先がまたどうなる  人助けになる  親孝行にもなる  引け頃になる  真白になる  ズンズンとよくなる  午後四時過になる  結末がどうなる  上り下りがわからなくなる  中毒にかかって、いくらでもいくらでも飲みたくなる  気をおつかひになる  外へ出て見たくなる  違ひになる  ことがおありになる  まり易くなる  主体になる  脚本となる  前提となる  自己表出となる  たまにつけば、なる  源泉となる  一方法になる  苦心になる  黙阿弥になる  紋切型になる  裏打ちとなる  不成立になる  二石二斗になる  四百五十円になる  それでこんなになる  電球はいくらになる  色が次第に白くなる  物価は高くなる  引き倒しになる  急に暗くなる  活動が鈍くなる  三四郎はなる  四十時間ほどになる  講義となる  下女一人になる  秋は高くなる  大久保へ出かけてみたくなる  三四郎もなる  奥が、次第に黒くなる  毎年冬になる  一つでは足りなくなる  ほうがぜひこびたくなる  移転になる  地がすいて見えるほどに薄くなる  下女だけになる  方へゆくと、見えなくなる  はずれになる  急に卑しくなる  お移りになる  情愛が薄くなる  不親切になる  往来は暗くなる  恰好となる  ように次第に薄くなる  心が重くなる  気は軽くなる  前が広くなる  六人続けて、明るくなる  かたちにもなる  好都合にもなる  のん気になる  悠揚になる  露悪になる  だんだん流行らなくなる  ぜん陽気になる  前へ出ると堅くなる  自由にいかなくなる  そばにいて、なる  あいいや、どうかなる  二週間ほどになる  文芸時評社から、どうかなる  事がまとまらなくなる  精養軒になる  言いなり次第になる  東京にいるとあんなになる  金を借りたとなる  のもなる  中途はんぱになる  人間などになる  真向かいになる  物が小さくなればなる  圧力が強くなる  三十円がたいへん重くなる  たびにすくみたくなる  大小合わせるとよほどになる  女が偉くなる  圧迫するほど強くなる  どっちかになる  活気でいっぱいになる  漫になる  きょうはおそくなる  信仰を置かなくなる  眼鏡をふき直して、なるほどなる  影に隠れて見えなくなる  気がうとくなる  だんだん短くなる  もう少したたないと、どうなる  だんだん大人になる  愁しくなる  二十年近くにもなる  嫁さんになる  あなたが大きくなる  入口一杯になる  菱形にも円くもなる  夢枕に立った、とまでになる  陰気でうんざりとなる  耳許で響くかとするとまた幽になる  路が繋ったらしくなる  対向になる  霧になる  五日ばかり降続いて、めっきり寂しくなる  身節がなえて、嬉しくなる  なぞえに低くなる  それに段々暗くはなる  廻りにはなる  水に響いて、心細くなる  恍惚となる  のであるが、いざ、となる  水よ、偉なる  珠ともなる  ままよ、なる  朧になる  あとを、明るくなる  廓中支配役になる  肴せずばなる  森然となる  此方はどうともなる  如何かなる  晩食になる  平常着になる  裏になる  から、いよいよ堪らなくなる  手にしたとなる  笑ひさうになる  時間が少なくなる  ア、わからないわ、どんなになる  肌ぬぎになる  父親へかへしてやらうかともおもひましたけれども、いざとなる  しまつたとなる  勉強にもなる  夢になる  舞踊劇になる  標になる  真似がして見たくなる  高田群兵衛などになる  一つ気になる  銀太が居てはかかり合いになる  暁となる  式場になる  滋味はもう味わわれなくなる  頭も、赤くなる  たかになる  吉雄は、なる  じき二年になる  所で、どうにもなる  十人になる  爽かなる  證しにはなる  快速となる  經驗となる  生活となる  包容となる  天使となる  慈母となる  樣になる  者でなくなる  慰藉となる  柔かなる  哲學的となる  無に等しくなる  三太郎になる  實在となる  租税となる  無沙汰がちになる  面倒をみてやらなけれやなる  今年十五になる  子守唄になる  からだになる  こと、今更、お訊きになる  弱味なんかお見せになる  憫む結果にもなる  気ちがひになる  月ぎめぢや、どうなる  禍根となる  控へたくなる  あたしはどうなる  それきりになる  婆ちやんになる  程度真実があるとお思ひになる  込みがつかなくなる  奥さまにお見せになる  没薬となる  内地へ帰れなくなる  夜業となる  金持だんだん大きくなる  貧乏人になる  腰が立たなくなる  手元が見えなくなる  煙にまつわって見えなくなる  一大富豪になる  九時になる  相撲になる  関心のない、云いなりになる  ちゃんと大暴風になる  ヘナヘナになる  仕事が、出来なくなる  小頭になる  貴様も、そうなる  湯がきたのうなる  無になる  そうだとなる  混雑になる  ところで、どうして怨んでなる  顔が熱くなる  心が強くなればなる  大変になる  風にさえなる  穀物はなくなる  何んもはあねえくなる  もんまで欲しくなる  つまりはなる  人形になる  彼は全く堪らなくなる  ことさえ知らなくなる  気怠るくなる  時分春になる  微かになる  我慢ができなくなる  きちがいになる  それからどうなる  蛇でもあきらめて、しまいには来なくなる  蛇にまき付かれて、どうなる  三ツになる  來てたまらなくなる  かけがえになる  あれを見なければなる  苦笑ひがしたくなる  意見を述べれば長くなる  生後十年余りになる  ヒステリー的になる  黄金崇拝となる  勲章崇拝となる  肉体渇仰となる  唯物主義になる  毎晩夜中になる  それから決闘にでもなる  尊敬されなくなる  つてフエータルとなる  凡てがよくなる  空となる  籠絡家となる  鞏くなる  Entweder-oderとなる  つて自らよりよくなる  一瞥すれば、更に明かとなる  ことがしたくなる  人格となる  無恥になる  僞善者でなくなる  僞善者となる  判定しようとなる  だらしなくなる  生命までいけなくなる  一歩も進めなくなる  十万円以上となる  組み換えになる  うしろ姿が見えなくなる  今一度ここで繰返させるとこうなる  跫音が聞えなくなる  貞烈無比になる  極悪無道になる  国際問題になる  原文よりは少々長くなる  殉教者となる  生命が危なくなる  差引零になる  利用して逃げたとなる  貸し倒れとなる  心臓となる  唯一事までもお拒みになる  眼鼻がつかなくなる  生物になる  生物になればなる  殊に文明人となる  矢張り何だか気になる  難事件になればなる  いた事になる  逃げになる  嬢次様をお捕えになる  赤黄色くなる  色の白くなる  眼にお会いになる  夕方から横浜からお出でになる  七時頃になる  廻しになる  事が、おわかりになる  言葉が烈しくなればなる  指が白くなる  運がよければお助かりになる  方とお会いになる  家にお着きになる  引きになる  うちにお捕えになる  狭山様に見逃しておもらいになる  逃れになる  眼は代る代るに大きくなり、又小さくなる  報告されてなる  付きになる  面白い取組になる  報告しておかずばなる  功名にもなる  身の上はどうなる  いっさい帳消しになる  難儀にもなる  今真剣になる  關係になる  人口を糊するに足りなくなる  手がかりとなる  力が大きくなればなる  分布ともなる  句になる  空隙が厚くなる  物成りのよくなる  日の長くなる  峭壁となる  生活に入らなければ居られなくなる  あたし噴き出したくなる  お伴になる  村長家へ行かなければならなくなる  速力も次第に速くなる  ドリアンを飛ばしてゐるとなる  裸かになる  のっけから二手損になる  純粋になればなる  模範的美人になる  存在していたと、言わねばなる  皮膚の弱くなる  小説が書けなくなる  一たび神様となる  課題になる  裏方になる  らんようになる  足手纒ひになる  猫捨坂は多少とも明るくなる  相談対手にもなる  呼び物となる  ように固くなる  たくさん用いれば用いるほど固くなる  創案になる  赤色を好み、段々と大きくなる  見舞品となる  猫になる  杓子になる  溝掃除となる  笑いになる  だんだん見えなくなる  三毛のいなくなる  足がしびれて歩けなくなる  世界が明るくなる  事務長になる  おかけになればなる  領分になる  めいわくになる  歿くなる  つた時刻になる  士官になる  みそのがゐなくなる  から彼是一年になる  却って悪くなる  フトウフクツですよ。然し、おかしくなる  奥さんもなる  始てなる  無政府主義者になる  牧師になる  必要をも認めなくなる  微かに残っているとでも思わなくてはなる  桜ん坊のなる  それが大きくなる  綾小路は画かきになる  ものを立てなくてはならなくなる  シィはどうなる  全部無意味になる  僕は画かきになる  歴史家になる  八方塞がりになる  鮮かなる  頭の大きなる  鸚鵡かたへなる  子にばかりなる  日頃ならばかうなる  集合所となる  つたとしたらどうなる  教へになる  丁度十年になる  ところでなる  これこれになる  膽不敵さを思ふと空恐ろしくなる  一體何になる  なに、なる  結構、なる  今年十になる  眼つきになる  向き合つたとなる  半年になる  來てもうだいぶになる  駄菓子屋になる  燒芋屋になる  今みたいになる  ところを見るとなる  おかきになる  から手にとらずにいられなくなる  文句になる  却って切なくなる  空襲警報がなる  一緒でなくては、分らなくなる  ひとになる  のだが斯くなる  曲線的になる  螺線となる  心理学になる  アア螺旋法なるかななる  水薬だと騒がなければなる  知り合いになる  口笛を吹いたりしたくなる  老嬢になる  当たりになる  於いて問題となる  行とならなければなる  實行生活に移らなければなる  前途遼かなる  空にはなる  野卑になる  滿五十歳になる  五十になる  君は偉なる  歡喜となる  此年になる  心竊かなる  淺ましくてとても堪へきれなくなる  同類となる  から可なりになる  藝術はなくなる  體となる  藝術となる  Themaとなる  機縁となる  受身になる  鍵となる  重大事項になる  □□□2となる  5952となる  5992となる  あり得ないことになる  8となる  数字になる  N74Pとなる  7となる  3720となる  2247となる  638897となる  668857となる  かぼちゃになる  ねずみになる  とかげになる  ぼろになる  だんだん暖かくなる  毛皮も売れなくなる  坂になる  其場になる  弟子たちも荒々しくなる  紙がべたべたになる  ものと言わねばなる  後半になる  百字となる  七十五字となる  二十五字となる  百字になる  頭をつけたとなる  静になりやなる  泥坊になる  小道になる  丸一年になる  なす事になる  峭くなる  汗にはなる  細工になる  むし歯になる  田舎道遥になる  奥の幽なる  顔の蒼くなる  木理滑かなる  からことし九年ぶりになる  作になる  維新となる  ねずみがいなくなる  説によるといかなる  ぐあいが悪くなる  不平を言いたくなる  劇烈になる  ぼう猫になる  愛着は日増しに強くなる  ように細長くなる  猫がいなくなる  急にさびしくなる  のら猫になる  不良少年になる  女を知って下されば、お解りになる  婀娜だなどと云ってはなる  式にお臨みになる  縁着きになる  切りなさるか、お裂きになる  道徳になる  制裁がはげしくなる  われは少なくなる  馬鹿にでもなる  葉掘り聞くとなる  イギリス政府は、こうなる  何だか眠くなる  腹匐いになる  ワーリカはたまらなく眠くなる  目にみえて薄くなる  床にごろりとして眠りたくなる  やつてゐると眠くなる  体が疲れてきて眠くなる  用意は無くてはなる  一夜一夜に多少は太くなる  苦痛となる  光も段々に強くなる  今夜はどうなる  火事となる  境となる  親になる  いのちをおなくしになる  おつきたてになる  ために、おかくれになる  目をおさましになる  げんを思い出しながら、やはりこうなる  のでは、どうしていいか、わからなくて、さぞお困りになる  地に大きくなる  見世物になる  まま生き返らなかったらどうなる  滅茶滅茶になる  手から墜としたら、ああもなる  始めになる  公が居なくなる  三人になる  眞實であらうと思はずにゐられなくなる  つて見えなくなる  一寸不愉快になる  大事となる  相手をすると、酔っ払って、ねむくなる  一本カラになる  アドルムは、のむと、すぐ、ねむくなる  一思いに死にたくなる  自由意志によって、そうなる  悪化し、死にたくなる  シマツにおえなくなる  常習的年中行事となる  根拠になる  代用になる  地球儀になる  勝手がちがって、働きにくくなる  故障になる  本艇は、これから、どうなる  三郎たちは、なる  もっとらくになる  きれぎれになる  のだが、長くなる  ことばかりはどうにもなる  荷が重くなる  一時間にもなる  戦闘になる  斷りになる  始末に負えなくなる  媒介となる  不健全になる  天皇になる  手おくれとなる  日本は、かえって良くなる  一つのものになる  一番さきになる  台にはなる  ところが一層深くなる  予想は当らなくなる  レース開始直前になる  顔を立てるとなる  黙許されざるを得なくなる  確率は多くなる  一分十五秒になる  性格が少くなる  了解になる  その他参考になる  変装なすって、そっとお出懸けになる  方は一体どうなる  化け猫になる  お預けとしなければなる  解決は一層早くなる  最大となる  一家心中したくなる  意想外のものになる  メッカになる  原料になる  智能犯になる  共産主義社会になる  ボリたくなる  気に病まなくなる  意に介しなくなる  方が強くなる  上に厚くなる  貨幣を哀しく思ひ、出来るだけ早く振り捨てたくなる  倍加的に立ち直りにくくなる  からになる  更るとなる  病気がもつといけなくなる  二百石になる  何んとなる  往来一杯になる  押問答になる  天気になる  殿様になる  呂律が廻らなくなる  脳となる  イクラカになる  から無事であったが、さもないと、どうなる  交番へ引ったてたくなる  ッたてたくなる  現金になる  生活が成り立たなくなる  いつかはなくなる  色がつく、そうなる  気分にもなる  国もとへおいてるから、こうなる  ときッとこうなる  それがこうなる  熱海となる  ヒルネができなくなる  一足毎に烈しくなる  團圓になる  閉づれば世界が暗くなる  禿頭になる  働きがわるくなる  金属材料もたいへん折れやすくなる  飛行機博士になる  戰役になる  因果物となる  因果物になる  気が悪くなる  和服からハダカになる  タシにはなる  自然親しくなる  画学生になる  自慢となる  信念を強め、どうしたらよくなる  洪水になる  者は、どうしても、そうなる  者は幸いなる  パンパンとなる  全然荷物になる  礼儀正しくなる  すべてめちゃくちゃになる  ますます信ぜられなくなる  総監は、なる  毎日夕がたになる  修道士になる  一着になる  やる気がしなくなる  最高記録になる  事件となる  結構勝負になる  年々悠長になる  丸太ン棒となる  ピカソあたりになる  これ見のがしてなる  裁判せざるを得なくなる  眞珠となる  兄は哀しくなる  如くにして傷みもつとも烈しくなる  錐のごとくなる  日ぐれになる  化粧をすりあ、ちつとは可愛くなる  三月にもなる  五年、また欲しくなる  男一人でゐるとなる  名文になる  手に負えなくなる  童話にはなる  サワリになる  実行せん構え十分になる  スレッカラシになる  兇悪人物になる  もっと低能ではなくなる  化け物になる  キッカケとなる  淑かにもなる  それ相当の女らしくなる  三転、そうでなくなる  素質があっても、必ずそうなる  悧口になる  値段にはなる  近道になる  じゃまになんかなる  火夫になる  必要じゃなくなる  自己紹介するとなる  十分弁解になる  かわりになる  支障となる  慰藉料になる  気が大きくなる  キャッチになる  ギャバジンを着やがると、いけなくなる  モラルになる  なごやかになる  單位拾圓となる  中央公論社顧問囑託となる  命もいざとなれば惜しくなる  彼岸の入なる  目にあふなる  金百圓となる  稻既に蒔かれしなる  三合となる  音讀するに至りしなる  雛形となる  これに譲らなければなる  若い弟子はどうなる  粗野になる  一番厭やになる  殊に世話物などになる  ショックでなる  胃病になる  どこがどうしてどうなる  みんなキチガイになる  心理を解いてみたって、どうなる  天皇にわびて、どうなる  ようで、寒くなる  始末はどうなる  人形だとなる  不吉になる  物を食いたくなる  ものを食べたくなる  ガーゼを当てるとか、寒くなる  世の中となる  カギになる  ムリ心中したくなる  派出婦になる  メチャクチャになる  参考にもなる  事務員になる  俸給より多くなる  万事うまくおやりになる  あなたもお分かりになる  事情がいよいよ判らなくなる  今になる  眼をくぐり抜けるには、暗くなる  新聞からダマサレ放題になる  ところをお叱りになる  真理はどうなる  ヤマとなる  請願人になる  騒動になる  乱闘となる  一ツ覚えに覚えこんだとなる  公は非なる  不名誉になる  現実のものになる  タヨリとなる  思ひ出となる  資産となる  瞭然となる  論証になる  らへになる  美味となる  思いやりは切なくなる  二十本ちかくにもなる  ここまでになる  土台となる  病人となる  公約数をさがして行くと、そうなる  のは、そう思えば、そうなる  内にわるくなる  半天赤くなる  十六歳になる  必要は少くなる  必要が多くなる  婆さんになる  三十五六歳にもなる  一端近くなる  故里となる  条になる  ここから小説になる  消化がよくなる  肉がよくなる  さかりを過ぎて散りがてなる  陽炎となる  飜訳するとこうなる  ッ暗になる  時にパッと暗くなる  急ぎになる  自然そうなる  肩を怒らして堅くなる  証明にもなる  其跡甚急に薄くなる  天気の好くなる  体がひやりと冷たくなる  先手になる  勝ち後手になる  ネドコになる  王者となる  持分となる  目を瞑るがごとくなる  一倍肩身が狭くなる  毎日世話になる  星になる  台辞になる  私あどうなる  哄となる  そのまま店から下りそうなる  たしかに面白くまたわかりやすくなる  不確かになる  七月七日はなる  話を聴いて、うれしくなる  近畿関東になる  山の神になる  偶然にちょうどそうなる  ちょっと代りになる  ように大きくなる  これならばなる  話がくどくなる  数が多くなる  証になる  此の如くなる  健やかになる  局限して、主として睡たくなる  自由にはなる  者が多くなる  方は見えなくなる  木の下へ来るとぴたりと啼かなくなる  四人になる  意味を考えなくなる  名ともなる  里近くになる  害が忍び難くなる  それ迄述べていると余り長くなる  割拠主義は棄てなければなる  じまいになる  栞となる  話がどうしても面白くなる  みんな説明がつかなくなる  身上がよくなる  ものが多く、そうでなくともなる  不明になる  宿になる  五十回目とかになる  中に、如何なる  安全になる  大官となる  丹波市となる  貫禄になる  沙漠になる  ッこんだって邪魔になる  タメトモになる  側女になる  遠島になる  とき十四になる  真黒になる  咳になる  角に見えなくなる  屹度道が分からなくなる  暮方になる  三回忌になる  心持にもなる  不平等が一入激しくなる  未練になる  気持よくなる  動悸の激しくなる  別人のものになる  脚が違っていたら、全くわからなくなる  丸坊主になる  女婿になる  寄り道になる  無限のうめきが聞えなくなる  不思議となる  もっと美しくなる  出來になる  血で黒くなる  オモムキになる  まわり小さくなる  誰でもなる  ものは、かうなる  つてきたなくなる  身も寒くなる  四十三歳になる  完然なる  だれでも眠くなる  の、黒くなる  夕語りするなる  怎かなる  校正係、どうかなる  ため札幌に来るといふなる  想像するだけでも眠くなる  骨となる  三十にもなる  身の丈三尺ばかりなる  夏の雨、おのがじしなる  から、充分、考えて考えて書かなければなる  安福軒がたのもしくなる  ように熱くなる  スーと軽くなる  ジーッと熱くなる  生き神様はこうなる  大そうスーッとして軽くなる  笑ともなる  面ともなる  詩人となる  クセ地謡になる  歎美者となる  処が何とも言えず面白くなる  誰にでも謡って聞かせたくなる  処構わず舞って見せたくなる  能を見に行きたくなる  廉くなる  間はなる  推量せざるを得なくなる  四ン這いになる  一ツになる  両面になる  先生方がおやりになる  白髪は黒くなる  ことを語らなくなる  世を怖れなくなる  植物園となる  何物になる  日本の悲劇になる  慶事になる  もっと長引かしてやったかも知れないが、こうなる  会社になる  池部が居なくなる  碌に利けなくなる  手前では、まだどうにかなる  全部になる  ことなら何とかなる  身にしみて情なくなる  仲良しになる  安心して仲良くなる  何犬ですか、とお訊きになる  ニンシン率が全然低くなる  手がないとなる  秋田になる  所有になる  顔色は青黒くなる  学士さまになる  水をかけたって、どうなる  尻切れ蜻蛉になる  落雷が多くなる  普通であるし、また好まなくなる  一変して鋭くなる  プロになる  蚊帳でもお吊りになる  ハシャギたくなる  ものなしに、のんびりと、大きくなる  とくに明るくなる  口がきけなくなる  ヒネクリたくなる  法律によって、如何なる  もの慰めになる  賑かになる  かばになる  偉大になる  春先きになる  昔がたりになる  趣味になる  憤慨して見たくなる  云はなければなる  詳かなる  對峙となる  教となる  巷となる  社會人となる  勉むること、とかうなる  こちや畜生になる  カラカラになる  びれになる  別格官幣大社になる  日の出るから暗くなる  袷時分になる  ほんとうにいやになる  間が不味くなる  除隊になる  鶏だけと云うほどになる  十一月十二月となる  冬景色になる  ものでも見つめて居ると恐ろしくなるか又は嬉しくなる  散り散りになる  ためにしなければならなくなる  何事もなかりしなる  ネタともなる  欲求となる  それを試してみたくなる  二十七になる  宅へ来られなくなる  念入りになる  出となる  百字以上となる  水までが日に日に少なくなる  水が少なくなる  息抜きになる  帰りは遅くなる  旅行がしてみたくなる  旅行がしたくなる  学徒に帰せなければなる  案内者などになる  みんな黄金になる  案内者になる  手段ともなる  いふ風になる  ものを収めたくなる  のを見てなる  盲人になる  別に手掛かりになる  藥になる  來させれば、どうにかなる  ためにやがては死なせねばなる  仕方一つで、どうにでもなる  毎年三月頃になる  囘顧的になる  われ石となる  ものともなる  度くなる  乾物になる  役人と近づきになる  小舎でおそくなる  ほやかなる  蒼になる  鼻つまみになる  だって仲が悪くなる  十時になる  自分一人になる  中で冷たくなる  すべてを知り尽したなら、死んでしまいたくなる  こともいらなくなる  私までも泣きたくなる  財産贈与証書となる  破損させなければなる  住民からなる  性格になってしまって、とりかえしがつかなくなる  死罪になる  ハイドになる  ところが何ともいえず面白くなる  立場が一層ハッキリとなる  舞台面になる  芝居好きになればなる  芝居好きになる  生命になる  メーキアップしなければならぬので、そうなる  ウツラなくなる  リード役になる  監督唯一人となる  手を入れられてよくなる  能狂になる  家元のものになる  収入となる  結局一人一代限りとなる  結局一人呑込みになる  型になる  形となる  動きとなる  診察をおつづけになる  肥料になる  何か、となる  容貌となる  逮捕になる  エキスパートになる  一証左になる  動揺を起さねばなる  行はれなくなる  生物となる  詩歌となる  舞踊となる  彫刻となる  労働競技体操となる  天となる  労働となる  とき苦痛となる  ん/″\日が短くなる、寒くなる  毎日陰気になる  人々はどうなる  奥様方なぞになる  美的模範となる  画家となる  其郷土がどんなに住み心地よくなる  旺盛になる  ブルジョア文学になる  絵となる  姻戚になる  周子となる  返事を書かなければなる  さうにもなる  胡蝶となる  周となる  真似になる  酔漢になる  ヘンリーが死んだとなる  程憂鬱になる  やうに心細くなる  コマになる  灯りを点けなければなる  いふ話になる  法界節にでもなる  小さな財産などはどうなる  自分達が居なくなる  あたし悲しくなる  厭味にもなる  つて気持が悪くなる  國が大きくなる  がちでいけなくなる  種にもなる  記者を送ってよこしたが、こうなる  立証できなくなる  先きどうなる  ディクティテッド・ピースになる  ようですから、すこしおひかえになる  日本よりよくなる  お話しになる  反り身になる  戦犯になる  最後になる  ばいになる  役をしなくなる  あたしはもう来なくなる  視野が狭くなる  ふきだしたくなる  目にかかれなくなる  ポツダム条約違反になる  みなしあわせになる  ように暗くなる  空いっぱいになる  面白いストーリーになる  哲学的なよろこびになる  ハラキリがあり、いったいどうなる  ジョセフィン・ベエカアみたいになる  合作になる  記念物になる  感じが深くなる  主権はなくなる  快活にさえなる  詩人にもなる  土曜日の夜になる  あたしなんかにいってどうなる  戦争なんてことになる  シゴイさんも、どうでもよくなる  明日はどうなる  むやみにいそがしくなる  バランスがとれなくなる  お世辞になる  モーメントになる  側になる  七十歳になる  根だやしになる  話がむずかしくなる  かわりぐらいにはなる  裏切りになる  誰がやってもこうなる  營むことになる  麥は育たなくなる  特別醸造になる  しか見えなくなる  味い得なくなる  方便となる  一粒にも等しくなる  偉大となる  話がある、なる  所謂胡語とは、如何なる  宋時代になる  官憲から種々煩細なる  戦闘となる  児童の獲となる  愚劣になる  博奕場になる  敵対行為になる  武田信玄になる  尻拭いを仕て遣り遣りして、終におのずからなる  大将になる  寿命が怪しくなる  逃腰になる  朋友になる  鼻が低くなる  冬十二になる  手討になる  軽薄者表裏者になる  藩屏となる  政宗殿にはだてなる  晩くなる  言は云えなくなる  極りが悪くなる  もの、ほんとに情なくなる  極りわるくなる  学校へお持ちになる  奉公人とまでなる  跡でどうなる  気分がよくなる  民子がいけなくなる  市川へ置いたではどうなる  供養になる  めんばかりなる  身は健かなる  生涯大事にかけねばなる  霧ア雲となる  アメリカになる  臨御になる  武官になる  前にそうなる  全部終演になる  んだよ、こうなる  白状しなければならなくなる  小説らしくなる  ものが言えなくなる  かたちになる  キリキリ舞いになる  二十五にもなる  文士になる  ことばかりお訊きになる  便法となる  上演となる  人間が化けたとなる  住まひになる  丁度三十歳になる  七十八歳になる  住まいになる  時候がそろそろ暑くなる  みじんになる  憧憬者となる  憧憬となり尊敬となる  字通り損になる  あきに、なる  事を考えなければなる  木片となる  捨て石になる  意見はなる  相談になる  つてことになる  利廻りになる  究明されなければなる  相剋をとりあげるとなる  社会はどうなる  一原因となる  大衆文芸が如何なる  盛んとなる  ように広がり、大きくなる  人々に解りにくくなる  専門的になる  ことといわねばなる  泉となる  一揆なぞになる  時代物になる  雲泥の差ありと云わねばなる  話といわねばなる  小説は書けなくなる  長となる  ことにあるといわねばなる  社会生活は一体どうなる  一任務といわねばなる  五里霧中になる  ものといわねばなる  罪つくるよすがにとはなる  気勢いとなる  近時になる  こと学ぶなる  性根をそのままなる  御仁にはお解りになる  釣り好きになる  十になる  いずれも新しくなる  夕べになる  灯影の小さくなる  張りも強くなる  有難味も薄うなる  人影のいよいよ疎なる  唸りも高くなる  天下これより快なる  風俗になる  沈み込みがちになる  旅に出たくなる  中はどうなる  方面、なんてことになる  二時三時にはなる  急に大きくなる  毎日毎日高くなる  名物となる  良一は思ったが、こうなる  担保になる  誤解かも知れないし、も少し調べてみなければなる  気持が分らなくなる  秋を指さすなる  太やかなる  む白地博多に太やかなる  派出やかなる  気を置かるるもあるべきに、なる  世を経るなる  底から瞼の熱くなる  とんちんかんになる  頭のよくなる  悧巧になる  卒業になる  且強くなる  游離し易くなる  天子様はえらくなる  一年間活動すると、もう疲れて役に立たなくなる  天子様となる  国造となる  神子となる  つて、決してお寝になる  生活を考へるよすがともなる  高御座となる  同一となる  天上になる  春となる  何でも新しくなる  お湯へお這入りになる  為に、お籠りになる  浄めになる  十五歳になる  子どもとなる  男女になる  お方となる  后となる  平安朝頃になる  巫女となる  罪となる  神格になる  湯へお這入りになる  事実はどうなる  妙に寂しくなると掛けてみたくなる  手を触れていたくなる  頃になってはげしくなる  しか眼にうつらなくなる  足袋裸足となる  身の上を思いあわれになる  行為としなければなる  背から除夜の鐘がなる  句となる  余り長くなる  於いてはなる  見物がおそくなる  中に飛び込んで見えなくなる  恰度梃代りになる  十時ごろになる  最初三つになる  いもざしになる  紐をはなしてやらなければなる  乱闘になるぞ、そうなる  合計して、どのくらいになる  これをきいて、くろくなる  雇船となる  数十万フランにはなる  どおりになる  夜明けになる  余計にくるしくなる  特別賞をやらにゃなる  君に逢いたくなる  君のことが憎らしくなる  三年ばかりになる  後にはどうなる  ちょっとからかってやりたくなる  塩昆布になる  新巻などになる  くらゐおわかりになる  遠慮がおありになる  疲れになる  ことは、よくおわかりになる  功利的になる  害にもなる  一体エライ人物になる  はなしに悲しくなる  ますます深くなる  人間は、こうなる  過去になる  事は、どうなる  金だかになる  子は、どうなる  音がしなくなる  お隣に住んでゐて、来にくくなる  天気のよくなる  芸術品となる  芸術家となる  既成大家になる  村が淋しくなる  唄はしてやらなかつたら、どうもなる  まり自慢になる  三月近くになる  さき日本がどうなる  秋山微笑居士になる  水圧の高くなる  世界はいったいどうなる  無効になる  火の海になる  消火にかかったらどうなる  発達するほどいっそうそうなる  世界は一体どうなる  発達するほど一層そうなる  ばかになる  だって見分けがつかなくなる  いつかすべっこくなる  ごらんになればおわかりになる  お祭になる  情緒的になる  九時半になる  六十一になる  母親なんかいらなくなる  挺にもおえなくなる  花を見たくなる  びっくりしてどうなる  主役となる  顔の紅くなる  今にどうなる  身体でなくなる  生涯がどうなる  方がどうなる  口の酸くなる  眠るようになる  十歳ばかりになる  眼につかなくなる  御書きになる  嵩になる  二週間になる  三十年近くにもなる  一筋道などになる  十二時くらいにはなる  事か知らんと疑いたくなる  故障なので、いざとなる  のではないかしらと疑いたくなる  微笑したくなる  から何年ぶりになる  自然柔道も旨くなる  赤裸になる  思慮を廻らさなければ役に立たなくなる  判断したくなる  中入になる  顔ばかりになる  おまえと別れなければなる  こんどしばらくおまへと別れなければなる  感情をも起さなくなる  事で逆上せてなる  い事にまで怒りたくなる  配給になる  繁忙になる  から、それだけ忙しくなる  風潮になる  眼を洗えばなる  終局となる  人間は一旦暗くなる  連続となる  個所をよく見るに、なる  名人巨匠となる  正一位のぬしとなる  それはなる  邪魔にばかりなる  五百円とかになる  男連れが多くなる  毎晩夜半になる  乾杯を試みたが、さあとなる  法主となる  漫談となる  神経病になる  だんだんすきになる  ズッと涼しくなる  もの淋しくなる  日本が恋しくなる  すになる  小便が少くなる  為めに少くなる、出なくなる  巴里を去るとなる  胃がよくなる  二次的のものになる  中尉になる  大尉になる  金高になる  變更しなければならなくなる  戰爭になる  歸れなくなる  私自身はまだどうなる  不通になる  戰線があまりにも遠く離れてゐるので、さう思ふともどかしくなる  街上は暗くなる  音を聞くと全く落ちつかなくなる  舌が段々見えなくなる  盗賊になる  航海するとなる  ロシアでどうなる  土地でどうなる  ボツクになる  用意もしなくてはなる  格別相談相手にはなる  成功になる  道を逃げなくてはなる  手筈をしなくてはなる  夜中に寒くなる  己達はどうなる  流浪人になる  胸が明るくなる  ばらになる  ダルジンを知らんでなる  懲役になる  合ふ大なる  世話にもなる  はしと、こしかけになる  靴屋になる  お父さんがお聞きになる  至味となる  五月頃になる  産卵期になる  百尋以上になる  底近くを好み、温かくなる  海で行なわれ、深くなる  空合わせになる  微妙になる  寒鯛となる  瞳も深うなる  山松風も高うなる  歌人となる  ッと遠くなる  間に深くなる  そを洩れて吹きいづるなる  犠牲に吹きいづるなる  黍畑こほろぎぞ闇に鳴くなる  窓が明るくなる  私に新なる  ます位になる  二日ぐらい遅くなる  秋口になる  三歳五ヶ月になる  百石取りぐらいになる  己ア四十二歳になる  年齢四十一二になる  廿一二になる  良人マアこんなに遅くなる  良人マア幾歳になる  七歳ぐらいになる  位便利になる  降りも有るまいが、ひどくなる  見納めになる  三俵となる  魂が悪くなる  雷になる  悪になる  何にでもなる  乞食になればなる  受人になる  死ぬ気にもなる  廃りになる  気性だから、お会いになる  時はお会いになる  横仆しになる  丁度六十文になる  百五十足になる  千八百足になる  五百六十文になる  身体を利かなくなる  身代になる  出家になる  から、遅くなる  丁度三百両になる  年三十九歳になる  能くなる  のも悪くなる  皆為になる  再縁になる  厭やになる  七歳ばかりになる  其時六十九になる  颱風となる  二十四時間後に強くなるか弱くなる  一体に明るくなる  大笑いになる  道の向ふがはなる  気持がだるくなる  山も見えなくなる  屈折力は大きくなる  刺客となる  老舗となる  樽屋になる  逆になっているくらいはどうでもなる  問題にはなる  習作であったがなる  半分以下になる  うちによくなる  気を配り始めるとそろそろむつかしくなる  ふうにやらなければならないとなる  生活が恋しくなる  のが恐ろしくなる  けんかになる  アルコオルがうんと入っていて、古くなる  人はそんなに汚なくなる  入浴しなくなる  午前一時カンバンになる  これ取られてなる  へべれけになる  蛇足になる  實證となる  棺の分らなくなる  自分は畢竟どうなる  間となる  一緒にどうなる  姉は遅くなる  これゃ一つ参らねばなる  場所、如何なる  通り仲よしになる  四つも欲しくなる  こと一等なればなる  唯官能上に快きばかりなる  叙事詩となる  据りたるなる  奴となる  皆非なる  對のみなる  裁判にはなる  批評にはなる  ことの頻なる  目的ありてなる  ところの新なる  是の如くなる  徴塵ばかりなる  もの多きなる  殊なるがためなる  意義あるが如くなる  左の如くなる  ばかれ望まざるなる  言の非なる  これ恐らくは誤り説けるなる  さまいかなる  模倣なりとぞいふなる  講述せざるがためなる  近世のおもなる  由なきが如くなる  私がおとなしくなる  大ごとになる  飢饉になる  丈になる  出迎えになる  正午頃になる  寝室になる  水が古くなる  数日間、お過しになる  問題をお解きになる  訴えごとを、お聞きになる  日が射さなくなる  酋長になる  二十五歳になる  それから四十五歳になる  八十歳になる  九十歳になる  びっこになる  相手が弱すぎてなる  汗だくになる  死ぬ二三週間前になる  夜あけになる  日本海流一名黒潮となる  艇内では、どうなる  海中へ捨てられてなる  太刀川時夫は、そうなる  何時になる  顔をおしつけあって、どうなる  一たいどうなる  報告になる  水びたしになる  神さまになる  あたりがくらくなる  十二時ちかくになる  重大使命はどうなる  さっきからずいぶんになる  司令にはなる  えじきになる  息づかいが、またもやあらくなる  四百隻からなる  酒をのみたくなる  衝突となる  さっきから、こうなる  靴音がきこえなくなる  神様になる  がたがたとなる  石油は、どうなる  詔勅が下ったとなる  ように強くなる  五隻からなる  是非とも見に行かずばなる  首ががっくりとなる  三本となる  是非とも打たねばなる  皇子を捧げずばなる  益になる  事情等は別段大なる  ちょっとはがしてみたくなる  寒い風も吹かなくなる  無人境になる  だんだん軽くなる  直ちに小説家になる  皆無になる  十七字になる  文学者になる  行末がどうなる  晴れやかになる  二人一緒になる  慰藉ともなる  親分となる  師匠となり親分となる  修行になる  それを買うてやりたくなる  一瞬ボーッと赤くなる  一点になる  馬鹿にはなる  だんだんひどくなる  乱行はなくなる  私かなる  愛想となる  夏から秋に移ると直ぐに寒くなる  肖像もお描きになる  同情したくなる  精分になる  番人にならなければなる  自分もそうなる  救い手になる  当分厄介になる  老人の話しなる  腹が減ると、立すくみになる  伯爵夫人となる  無罪にでもなる  全然否認していたらどうなる  僕にすらなる  肺炎から結核になろうと、なる  軍人党になる  自分もなる  妻子はどうなる  鷹になる  どこまでも歩いて行きたくなる  通信員になる  躍起となる  障りになる  十一二になる  奥様にもおわかりになる  十二三になる  吹き出したくなる  人も通るだろう、そうなる  仕儀になる  月の出たほど明るくなる  彼は、かうなる  息が洩れなくなる  静になる  無愛想にして、なる  推敲の屡なる  少年時代軍人になる  勇敢になる  彼がいなくなる  ますます堅くなる  体刑になる  だってよくなる  ゆえ、そうもなる  僕もこのとしになる  ふたりきりになる  七時半になる  心がかるくなる  心がかりになる  気が荒くなる  往来も少なくなる  返り討ちになる  手後れになる  赤るみはようやく大きくなる  七十ばかりになる  疵になる  人が恋しくなる  今年二十二になる  何人からでも如何なる  病気がよくなる  向うへ、たらたらと高くなる  ッとなる  姿があらわれたとなる  砂利になる  あとにして、疾く困ってくれないと、暗くなる、寒くなる  白やかなる  廊下が暗くなる  独言となる  雲の上へ舞い昇られてはなる  自分は居なくなる  お待ち、見えなくなる  不景気にはなる  看板は暗くなる  酒は酸くなる  座蒲団は冷たくなる  声は出なくなる  襖は破れる、寒くはなる  茶番になる  ちぐはぐになる  時もわきまえずなる  暗示を得まして、なる  健康者にも読みにくくなる  かなりあってもわからなくなる  かたわにはなる  おなかがいっぱいになる  孤児院へやらなければなる  お昼ごろになる  金にもなる  四つ角を曲がるともう見えなくなる  耳の遠くなる  もっと気になる  ジョリクールはなる  あべこべになる  見物がなる  とおりに泣きたくなる  こともあるし、笑いたくなる  歌をお歌いになる  相応になる  結末はどうなる  けんかがどうなる  お金がなければなる  かいにもなる  さるはどうなる  十スーになる  あしたどうなる  わたしたちみんなどうなる  わたしがどうなる  あとではどうなる  息がつけなくなる  だんだんばかになる  景色がつまらなくなる  だんだんツールーズから遠くなる  きらうようになる  お断りになる  紳士になる  ほど大きくなる  空の中に見えなくなる  夜はよけい寒くなる  だんだん美しくなくなる  だれかにたよりたくなる  おまえも大きくなる  心得になる  空腹になる  慣れっこになる  なんの足しになる  二スーになる  だんだんおもしろくなる  はじになる  打首になる  筆をお執りになる  だんだん複雑になる  気持ちを一度見定めてやらなければならなくなる  十艘ずつになる  一月半以上にもなる  江戸川となる  東京生れで、いざとなる  新嘉坡となる  方を見ると、つい喋りたくなる  だんだん投書も少くなる  胸が苦しいくらいになる  果ものになる  誰に対しても遂にそうなる  世界観のおのずからなる  妹に会うたからとて、どうなる  風となる  気が忙しくなる  からが、まず何となしにばかばかしくなる  七兵衛も悲しくなる  お松も悲しくなる  傾城になる  村は、もう暗くなる  から、どうなる  口が重くなる  事情を話せば長くなる  三年忌になる  太夫にでもなる  姉分になる  身が固くなる  行燈が薄暗くなる  副将となる  お客になる  午になる  ことだとなる  のやらつくづく分からなくなる  成功したが、間もなく役に立たなくなる  胸の悪くなる  自分もつい悲しくなる  体を食べても大きくなる  工場町になる  散文的になる  雨にはなる  月明かなる  見物したるなる  所置しなければなる  同高になる  有効になる  仕合せになる  病気は悪くなる  護符になる  日が丁度同じになる  でこぼこになる  領主となる  貰い手がないとなる  四年になる  七ツになる  四ツになる  子守唄を歌って慰めてやりたくなる  七才になる  のかどうかも、時々には疑はしくなる  音も立てなくなる  争闘がどうなる  ぢやらうない、どうなる  町はかうなる  前をなる  手を引かれて、なる  町はどうなる  道理になる  後戻りになる  百八煩悩を払うというなる  神妙になる  馬鹿息子の指さしもなる  保養になる  干物になる  明日はあんなになる  はいくつになる  相討ちになる  息つぎになる  心待ちにもなる  撫斬りになる  何だか気になる  浮浪者になる  人の少しでも足しになる  のが、さてとなる  あなたがお訳しになる  軽微になる  乾きになる  生存とはいざとなる  緊めつけが強くなる  行き倒れになる  病気になんぞなる  最後となる  重荷となる  染めになる  食事時になる  九時頃になる  人だね、好いとなる  一緒に悪くなるならなる  講師にでもなる  つもりでも、いざとなる  ひけ頃になる  もんじゃありません、ね、今によくなる  当なしよ、帰りたくなる  十日ほどになる  おんぶしてやらにゃなる  核心になる  お前がよくなる  得にでもなる  遁辞となる  今に何とかなる  とき堂々云っておやりになる  心持から自由になる  子供を持ったら、どうなる  薄暗がりの濃くなる  じき七十になる  土産話にもなる  電話一つでどうにもなる  面白くも楽しくもあるけれど、訳さなくちゃあならないとなる  共犯者になる  間がきっとよくなる  意味では、よくなる  赤坂へ帰るとおそくなる  足の痛くなる  向いになる  産額になる  別人になる  伸子はこうやって歩きまわらずにいられなくなる  引きかえになる  日本へ帰ったら、きっとどうかなる  二時間あまりになる  万已むを得なくなる  まむしになる  二時間もかかったらどうなる  畸形になる  お立ちんなる  佃はそうなる  ようになったけれど、こうなる  前が暗くなる  主婦がいなくなる  我知らず急ぎ足になる  胸いっぱいになる  多分八時頃になる  頭がぼっとなる  切株となる  無用にはなる  肉体的にできなくなる  手はより重くなる  自ら頭を打ち砕きたくなる  事件も片づけなくちゃなる  者でさえあおくなる  観物となる  一部分にすぎなくなる  食欲を起こしてはいけなくなる  幌馬車ほどになる  今晩は考えなくなる  胸がいっぱいになる  彼女はどうなる  普通事となる  監獄はずっとよくなる  火の鳥となる  群集となる  広場にいっぱいになる  企図となる  じゃまとなる  灰燼になる  からないほどになる  かわりとなる  要求ばかりになる  動ぎなき大地を感じたくなる  夏分になる  成虫になる  ものを起してあるくので、益々眠れなくなる  一たび戦争になる  蚤が出なくなる  性が悪くなる  博愛心となる  餌食となる  生き恥が大きくなる  苦痛ともなる  鐘楼へあがってれば、さびしくなくなる  ようになって歩けなくなる  風向きが悪いとなる  交渉となる  お返しになる  通路は行き停りとなる  頭がふらふらになる  砲弾になる  蜂の巣になる  水にも遠くなる  嫌疑が深くなる  ドッと多くなる  ために泣きたくなる  糸はなくなる  蛇にもなる  それが現われると、どうなる  拙者にはこうなる  無頼漢になる  頸の痛くなる  ものであろうが、そうなる  手製になる  警告してやらねばなる  十五年満期となる  棺に入れねばなる  死骸許りを捨てるとなる  ミイラになる  関心であるばかりでなく、うっかり申し出るとかかり合いになる  鐶となる  紙を悉く焼き捨てて居りましたが、こうなる  感じが強くなる  事はなくなる  六十幾つとかになる  から久しくなる  うちに古くなる  それから夕方になる  隔たりの大きくなる  うちには、どうなる  格子戸にお這入になる  入用になる  何がなんだか分からなくなる  継子になる  詞を、なる  行末はどうなる  声が一際喧しくなる  一日一日と美しくなる  横着になる  じだらくになる  あさってになる  そりゃあ政治家になる  三十分立つと暗くなる  情人になる  偈になる  けりやならんとなる  受け売りになる  ことし四つになる  顔つきになる  やうにおとなしくなる  それから夜食になる  変つて正月になる  主戦場になる  控間になる  議論口調になる  夫人になる  宵の口になる  彼に信じたくなる  手懸りになる  ケーブルが怪しいとなる  前後がわからなくなる  話ネ、かゆくなる  光は仰げなくなる  興奮にどうにもしきれなくなる  全身がかゆくなる  箱詰め屍体になる  箱詰めになる  のだから、ともすれば荒っぽくなる  ことによるとがいざとなる  切込みに似ておおいに非なる  旗本に対しても、出ずばなる  まり無理はできないが、行かなければなる  勢いは強くなる  おまえもいくらか温かくなる  だんだん気が遠くなる  独りぼっちではなくなる  わたしのものになる  兄弟になる  妹になる  子ではなくなる  じょうぶになる  足が働かなくなる  友だちにもなる  生活にとびこまなければならなくなる  けんめいになる  五月ごろになる  花でいっぱいになる  証文どおりにいかなくなる  おまえたちはどうなる  こじきになる  こと、なぐさめになる  旅芸人になる  家来にもなる  百五十フランになる  だんだんに大きくなる  わたしはどんなにさびしくなる  とき耳の遠くなる  後ろ向きになる  だんだん遠くなる  百四十六フランになる  音楽となる  今度こそなる  わたしたちだけになる  不意ではなくなる  わたしたち二人だけになる  なまけ者になる  金もうけになる  だんだんよくなる  さんがよくなる  回り合わせになる  持ち出しになる  予言がなる  自分がやるとなる  のであるが、かうなる  野心鬼となる  声もでなくなる  領袖にはなる  わたし淋しくなる  鉦を入れたくなる  間から、かがやくばかりなる  気勢が荒くなる  人はなくなる  方と死にたくなる  町へ近くなる  ブラ提灯のなる  お仕置になる  兵馬などはどうでもなる  跛足になる  社交にお割きになる  夜食になる  ピアノをお弾きになる  何百かになる  仕舞いになる  それがひどくなる  一端ともなる  習慣的になる  契機ともなる  読書家になる  専門家になる  一般的教養になる  古典は決して旧くなる  趣味的になる  現実的になる  対話になる  あなたがお叱りになる  お話しができなくなる  手を貸してやらずばなる  屋根が、どうなる  これは、大きくなる  タジタジとなる  敗残者となる  隠し場所などを喋ったとなる  カーッと熱くなる  純潔ぞやといいたくなる  それ以上伸びなくなる  震災になる  離れになる  事象を思い出して、なる  平均一囘よりは少し多くなる  のも同じになる  問題はなくなる  ことまで望みたくなる  顔を見てると、なんだか怒れなくなる  偏袒となる  工夫ありしよしなる  幸四郎はいつもわつと受けさせしよしなる  言葉通りになる  真黒闇になる  其言葉通りになる  復真黒闇になる  たくさんお吸いになる  家庭生活になる  家に住むとなる  奥さまはなる  始末がわるくなる  興味ふかくなる  看板は汚れて、よくわからなくなる  しるしとなる  自由となる  声が小さくなる  宿六はちっとやそっとへし曲って居ても構わ無えと思う様になる  最低音になる  栄がしなくなる  Yとなる  屍体はどうなる  満水になる  場合大変な足しになる  音響になる  弟子にでもなる  名所になる  鞠になる  胸の熱くなる  此方が聞き返したくなる  名人となる  二十一になる  十何年かになる  つておいでになる  いふ外来客が多くなる  手柄にはなる  ところが住みよくなる  寝息が低くなって、そして聞えなくなる  から別に言葉もかけず、そうかと言ってこうなる  物が入ってる、そうしてみると、いよいよわからなくなる  上人様にはどうしておわかりになる  騒ぎが大きくなる  筋違いになる  空の明るくなる  仕事は、こうすればこうなる  ツイいたずらがしてみたくなる  からっきり張合いにもなんにもなる  凌ぎになる  溝は深くなる  検べになる  直しになる  御主人がお起きになる  話だけれど、どうなる  殺害事件として扱わねばならなくなる  真実が分らなくなる  鶴彌が死んだとなる  外から締め合わせたとなる  ひとりぼっちとなる  死体損壊罪になる  顔はいよいよ青白くなる  瓦斯体となる  事をしてどうなる  景気がわるくなる  内ならどうにもなる  帰りに見つかったらどうなる  棟になる  決心が固くなる  一緒に強くなる  取り上げになる  既決におさがりになる  心を苦しめなくなる  ジタバタしたって何様なる  ッちになる  一縮になる  満足しなくなる  犯罪者となる  林となる  星雲説になる  固体になる  もっと必要になる  訓練になる  芯が弱くなる  カヌーも行けなくなる  カヌーがもう行けなくなる  白紙となる  らとなる  からみいらとなる  先覚者にもなる  つもりもないがね、まあ、そのうち、どうかなる  内どうかなる  一人できめて御しまいになる  だって毎年年始状を御寄こしになる  御馳走にばかりなる  心配があって、いやになる  茶かしちゃ、いよいよつまらなくなる  から三年になる  お仕事がしたくなる  たたきとなる  生涯それぎりになる  妙に御聞きになる  のかと御聞きになる  高柳君はなる  一人坊っちとなる  眼にどう写るであろうかと思うと、早く帰りたくなる  割合になる  煩いになる  雑誌へでも御載せになる  何かおやりになる  文学書になる  一人坊っちになる  仲違になる  編輯になる  張りになる  ますます変になる  公けなる  芋ばかりなる  だんだん濃くなる  穴だらけになる  散歩になる  心丈夫になる  白銅ほどになる  影となる  絶交となる  そのままにして御置きになる  好きでおやりになる  毎年暮になる  錆になる  もう少し顔らしくなる  四十年になる  先例になる  自信通りになる  商買人になる  降参しなければなる  病気になると、なおやりたくなる  身体がわるくなる  売渡しになる  病氣にでもなる  動きのとれなくなる  彼是一週間になる  間柄となる  誕生になる  想ひを御懸けになる  覽になる  畫筆を取るとなる  かな女だけに、かうなる  これを御聞きになる  地獄を見なければなる  日を延ばさなくてはなる  つてうるさくなる  往つて爲めになる  旅立ちの日を延ばさなくてはなる  目にかぶさってうるさくなる  病勢がこんなになる  ほんとうにできなくなる  義務を感じたりして苦しくなる  借金があって、死んだとなる  物分かれになる  釣になる  鮒は、大きくなる  二人がお寝みになる  あとで、お断わりになるなり、お用いになる  火をお焚きになる  手頼になる  脛にかみついてやりたくなる  道を講じなくてはなる  分岐点になる  ヒステリックになる  蛙に於けるが如くなる  画筆を取るとなる  放棄になる  原因にでもなる  ずれがひどくなる  電話、また少し遅くなる  あな気持になる  前後重複になる  連続になる  三つ共倒れになる  川留めになる  綱となる  姿を見せなくなる  落合になる  後ろあたりになる  何百万両になる  何をして来たともわからぬ、これからどうなる  どちらかそうなる  時ごらんになる  ことを時々おやりになる  山崎譲と申せばおわかりになる  お下げ渡しになる  希ふなる  建物などは、どうでもなる  分量になる  山路になる  もの高知へ日に日に近うなる  ますますうつくしくなる  運動にもなる  あたりまへになる  松王丸となる  滑稽になる  といやみで見ていられなくなる  負担に堪えられなくなる  ごとくに四ん這いになる  箍太やかなる  技師になる  穴はどうなる  緋鯉をお放しになる  強みになる  努力になる  二月にもなる  今年八歳になる  住宅となる  つて横隊になる  懷疑的になる  コン吉は、なる  友になる  から今になる  やうに明るくなる  下口になる  肺病になる  初冬になる  午後七時になる  寒い季節になる  凱旋門よりも高くなる  闊きも太だ疎なる  周亜父細柳の如くなる  大海を忘れるよりも、かうなる  引分けってことになる  滞留になる  夜中真近くなる  定刻となる  向うに見えなくなる  資本にもなる  さにたまらなくなる  ことはおわかりになる  シインとなる  面目にもなる  一人ポッチになる  時期となる  照り焼きになる  小話になる  角力にはなる  所も深くなる  普通となる  三巻になる  明方になる  聲になる  年がたてば新しくなる  漫談になる  中華民国となる  矮小になる  要求になる  人命は、必ずお取りあげになる  品になる  口開けになる  風呂敷になる  心地になる  頭だってよくなる  身体も涼しくなる  事件があれば、きっと涼しくなる  因縁といわねばなる  だんだん物覚えが悪くなる  毎年春先きになる  早晩、そうなる  黄昏どきになる  昼過ぎになる  それさへわからなくなる  却て好くなる  調子が好くなる  から無感覚になる  鎌になる  剃刀にもなる  色があんなに黒くなる  やつらは照りつけられて、あんなに黒くなる  どこが黒くなる  心が黒くなる  心配なんだ、黒くなる  何がなる  面をしているにきまってる、そうなる  邪魔にはなる  わたしたちはどうなる  冥利にもなる  罪ほろぼしにもなる  人質になる  兵馬はなる  二度ずつ黄色くなる  侍従武官になる  それから還御になる  只一つの方針になる  のが嬉しくなる  心が清くなる  勤行をするとなる  只明るくなる  評判は次第に高くなる  やうに赤くなる  滋養になる  事が善くなる  人の力になる  やうになればなる  誓ひしなる  われながら噴きだしたくなる  値にはなる  閣僚になる  新聞広告が出来なくなる  ちがいないと思うと、聴けばかえって辛くなる  中途から戯曲を書かなくなる  平板になる  現代ものとなる  最年長者となる  暗号的になる  作品批評になる  点が甘くなる  左翼となる  波がもっとも大きくなる  陳腐になる  ディヴァイデッド・ハイウエイとなる  面白い本になる  長編になる  ヒントになる  もっと有利になる  六千六百七十七ドルになる  行為となる  島へ来て、どのくらいになる  そこから、どうなる  ちょっと気味が悪くなる  分裂せざるを得なくなる  都合ふたりになる  存在しないとなる  愛になる  ものが、そうなる  一年遅れになる  ことをしたくなる  ように愛してみたくなる  そうに見えて、じつはやがてうまくいかなくなる  まっ暗になる  日本語にするとこんなに長くなる  ことが多くなる  三角関係になる  場所になっているが、そうなる  ストーリーになる  もう少しどうにかなる  まねではなくなる  一倍苦になる  一群にぶつかってなる  本質となる  ますます貧乏になる  かかわり合いになる  支配人になる  存分に仕入れておかねばなる  巻となる  御飯もたべさせない、となる  医学博士にはなる  さに、たまらなくなる  堅気になる  ことになるかも知れぬ、そうなる  甲府詰になる  本気になってなる  簡単であるがたぶんそうでないとなる  始めから問題はなくなる  結核になる  こともあるなる  結構ねむけ覚ましになる  日ましに烈しくなる  笑ひごゑをお立てになる  夜九時になる  五時にはなる  刻一刻とはげしくなる  役ずみになる  押しつけになる  透明になる  狂ひさうになる  飮んでなる  飮ませてなる  ことがなる  酒なんど飮まれてなる  神輿渡御になる  目もはるなる  口の余りに大なる  無力となる  さまよふなる  生みたる最も尊貴なる  肖像画になる  そのまま職工となる  世界形像はなる  ことは云えなくなる  生物学的合目的性はなる  みな締めくくりがつかなくなる  両手一ぱいになる  なかったから、出来ないとなる  素質がおありになる  ギイーッとなる  一匹みえなくなる  放課後になる  の、死んだらどうなる  お化けになる  笛がなる  戦争が激しくなる  夏すぎになる  肩越しに暗くなる  だんだん透明になる  嘔吐したくなる  苦しみが軽くなる  近くになる  言葉とが、堪えられなくなる  自分がどうなる  何婚式になる  金は出さなければなる  日は暮れるし寒くはなる  執行猶予になる  復讐になる  運転手になる  冬が深くなる  八十万円ほどになる  地上にあり得なくなる  一時、聞えなくなる  会話は聞えなくなる  気持は暗くなる  腹をきめておかねばなる  根城となる  悪党になる  お松になる  手が長くなる  トテモ坊主になる  うちにはなる  名折れにもなる  面白い見立にはなる  御老中になる  挨拶はつとめねばなる  力添えをしたとてどうにもなる  しまひ込んであるとなる  買ひ集めるとなる  だんだんにおかしくなる  様子が悪くなる  出世にもなる  気ちげえになる  幕をあけてみなければどうなる  江戸中を引きまわしになる  無言で再びごろりとなる  それから磔刑になる  舞台が再び明るくなる  十吉はなる  三時ちかくなる  デーになる  ユールマン氏などになる  云つてどうにもなる  退け時になる  舵がとりにくくなる  飢饉はなる  めんだうになる  一晩厄介になる  荷になる  對になる  物をいつてゐるので、気がついて見ると可笑しくなる  途中でどうにもやりきれなくなる  事が既に苦しくなる  陰鬱にはなる  五十年昔になる  止めどなくなる  ことにも、なる  おいおい境内になる  年月になる  此頃になる  二十幾年にもなる  今頃になる  からは、直にお還りになる  つて、如何なる  お作りをしたら、どのくらいよくなる  笑い物になる  者がなる  ところはなる  娘になる  江戸通になる  七兵衛もまた明るくなる  滅多にお会いになる  お呼びになる  オリムピックを忘れてはなる  喰ひで過さねばなる  何ものにも替へがたくなる  料簡になる  据ゑて稼がずになる  転た寝をしさうになる  根つこまで赤くなる  話振りを聞いてゐてもなる  哀感と共にふと涙ぐましくなる  嫁を貰うても苦しまんにやなる  意地になる  俳句をおやりになる  何かのたしになる  フイフイ教でも同じになる  のぞく窓となる  説に従えばなる  連句になる  自由がきかなくなる  今日お出でになる  別物になる  命題になる  歌仙百韻となる  俳諧はどうなる  使命でなければなる  成功談が多くなる  浪費になる  奴さんたしかに階段を登って来るらしいぞ、さあこうなる  詮議立てなんかしているより面白くなる  手遅れになる  思い違いになる  明治四年になる  裏づけとなる  文献となる  境内になる  顏つきになる  空想したくなる  汽車に間に合わなくなる  心が寒くなる  罪亡しになる  余計見たくなる  男爵夫人となる  動きがとれなくなる  手を拱いてゐたら、一層悪くなる  日本国民になる  ものまでできなくなる  合はなくなる  どこで見たかとなる  必死になればなる  縁になる  あなたにおわかりになる  ことおありになる  看護婦にでもなる  王さまになる  御事情がおありになる  身分をお疑ひになる  玄海へかかったとなる  病気が悪くなる  日影が薄くなる  森になる  旦那様始め、御諦めになる  切断されたとなる  類同幾何学はなる  であることになる  根柢となる  能力となる  証明としては役立たなくなる  百姓達になる  時はどうなる  わし等親子四人が干ぼしになる  年々悪くなる  めし時になる  今年十七になる  漁となる  十日ばかりになる  病気がしっかりよくなる  話が堅苦しくなる  事考えると、死んじまいたくなる  ジッと動かなくなる  ゆえんになる  闇屋になる  袋になる  一、そうなる  身体がそんなに弱っていちゃ、どうにもなる  権力でどうにでもなる  栄養とあれば、取って来ずばなる  ひぼしになる  くれないで、これからどうなる  信チンがうらやましくなる  信姉さん憎らしくなる  あなた自身はどうなる  憐れになればなる  いつの事になる  あたりが明るくなる  風景になる  どこへ行くか、どうなる  よう次第で早くもなりおそくもなる  クチくなる  腹がくちくなる  ガアガア言いたくなる  理屈を言い合ったって、どうなる  本質的に良くなる  本質的に良くなった、良くなる  太平洋戦争になる  ぼくらの周囲は、遂に、どうなる  からって、なんとかなる  病的になる  まる見えになる  僕ぁひねり殺してやりたくなる  将来がどうなる  これらになる  ハイカイはなる  定数にはやはりそうなる  説明にはなる  基礎条件になる  歴史的にそうなる  象徴となる  場合のおもなる  優越感にもなる  五十年になる  当りになる  光明になる  屍から化してなる  内侍所にお仕へになる  外聞になる  それは面白くなる  耳ざわりになる  火はおのずと明るくなる  室内が明るくなる  闇がいよいよ黒くなる  まり泰平過ぎると気味が悪くなる  声が、ややもすれば高くなる  寵愛になる  遽かに熱くなる  身分が重くなる  時は、なる  音のしなくなる  警察に知らせるとかえって騒がしくなる  力が弱くなる  疾となる  匂ひやかなる  具体的となる  活動的となる  必要になればなる  独断的となる  あいまいになる  自ら明かになる  直ちに切字となる  たいがい切字となる  機会も多くなる  職掌柄としておのずからそうなる  十数種になる  摘草をするとなる  太閤様になる  結果がどうなる  ことは、如何なる  舞台でも見て歩くと、すぐに書いてみたくなる  夏目漱石などになる  ママンになる  却っておかしくなる  稼ぎに出るとなる  仕事をしなくなる  ものは、恐らく、更に大なる  蔽ひたくなる  作品を見ないとなる  鉛筆を入れてその高く低くなる  恥かしくはなくなる  うちのなるだけ白い、なる  婿さんになる  言葉が烈しくなる  一文になる  翻訳するとなる  翻訳になる  舌足らずになる  新撰字鏡になる  かわり享楽的になる  私は書けばどうなる  んですけれど、いざ書こうとなる  地の文になる  立体的になればなる  レーゼ・ドラマ、なる  大実業家となる  ように、赤くなる  寂寞となる  文事ばかりになる  臣となる  器械となる  ますます必要になる  制裁となる  需要者となる  兄さんに逢えないとなる  言葉さえわからなくなる  哲学になる  補強工事になる  小説はどうなる  僕もどうなる  疑いを抱きたくなる  毎年秋になる  薬用になる  事にはなる  研究を待たなければなる  解釈次第でどうでもなる  竪固なる  病となる  余意を永くしたるなる  詩想を認めしとは異なりしなる  のも寒くなる  沢山になる  お召になる  順々に見えなくなる  幾分だらしなくなる  感じもすつかりなくなる  彼等がどうなる  からモウ彼是半年になる  モウ堅くなる  翌月になる  身長よりも深いとなる  怎でもなる  云つた気になる  遊廓種となる  真面目になればなる  パイプを吹かしたくなる  作品になる  当分満足しなければなる  仲介となる  自分には面白いとなる  批評になる  プラスになる  貫禄にもなる  外国人になる  あすからどうなる  菊池寛氏のものになる  戯曲になる  工夫しなければなる  研究資料となる  地震はいかなる  斷念しなければなる  益遠くなる  有つようになる  振動緩なる  三十里以上にもなる  五・三秒程になる  大地震になる  變られなければなる  二三倍若しくはそれ以上にもなる  大地震となる  動作と考へなければなる  淺くなる  十一歳になる  四倍になる  必要條件となる  大火災となる  先づ暫時無能力となる  ものと諦めねばなる  蒸燒になる  云つた氣になる  告白となる  其重もなる  丸潰れになる  研究資料になる  享楽感に励まされて踊り出したくなる  酒宴になる  一田舎諸侯に過ぎなくなる  総大将になる  味方手詰りになる  追撃があるとなる  たまたま論争的になる  放棄せざるを得なくなる  凝りになる  紋下を望んだとしたら、どうなる  紋下に坐って語ったとしたら、どうなる  俺は食えなくなる  風におやれになる  どこかへ吹き飛んで行き、楽しくなる  一素困になる  腐葉土になる  争闘が激しくなる  貪婪になればなる  争闘が激しくなればなる  尨大になればなる  頃三十二三になる  悲みもない、惨なる  設備の安固なる  此上生きれば更に生恥じが大きくなる  午前一時二時となる  登場時間になる  優勢になる  から有頂天になる  ことによって、より良くなる  たいがい良くなる  獄門島ぐらいになる  さにキャッと叫んで、逃げて走りたくなる  目触りとなる  凡て醜悪となる  風趣となる  醜悪となる  味は、如何なる  円か球になる  一定になる  週期的になる  紡錘形となる  波形となる  詳細に立ち入って考えるとなる  全部無効になる  説明となる  適用されるとなる  円形になる  形等になる  放射像となる  範囲は如何なる  時は、如何なる  ものならば如何なる  範囲に比してあまりに大なる  伴侶となる  鍔広なる  安心がなる  暑いときはわあわあ騒いで、涼しくなる  こと千の新なる  報恩になる  姿の輝くばかりなる  おまえさん何歳になる  盗というなる  渠はかく言いしなる  ほかにあるとなる  雅文になる  繭となる  程度が深くなる  頭があがらなくなる  信者となる  夢想者となる  耳を傾けなくなる  攻勢議会となる  夫がなる  文化統制となる  国民はなる  今年二つになる  俺ア、なる  俺アもなる  七八歳になる  俳優となる  仲介者になる  分業になる  証拠にもなる  俳優はなる  ところがあってはいけない、如何なる  所謂受身になる  芝居は面白くなる  又一つのテストになる  テストにもなる  持ち腐れとなる  時から大人になる  年寄りになる  それからちゃんと栄養になる  民衆の憧れとなる  趣味が、けばけばしく悪くなればなる  バロメーターになる  先生ではなくなる  手引になる  加へなければなる  あなたをお護りになる  私有になる  邸宅になる  ように丸くなる  先程に比べてなる  上向きになる  技術福音説となる  技術的精神になる  四十三になる  様問題になる  機械の如きになる  見当がつきやすくなる  反省面となる  声が掛けたくなる  ことはどうにでもなる  さわりにもなる  わたしがいないので、いなくなる  大雪になる  人と言いたくなる  うち相談相手になる  武者振りついたとて、それでどうにもなる  ことは、大きなる  米友はなる  面悪くなる  情が薄くなる  人気になる  目に見えなくなる  後年名将となる  立ち消えになる  怠慢でなければなる  結合点に、見出されなければなる  政治的ともなる  なり一結果ともなる  提唱せざるを得なくなる  提唱になる  政治的活動として考え直さなければなる  実験体系となる  減少すると考えなくてはなる  規定になる  技術となる  形式主義的範疇ともなる  技術的となる  神学となる  政治的支配者となる  分化などになる  4になる  理論になる  ことではあり得なくなる  管理になる  所以になる  職業人に較べて最も大きくなる  傾向はなる  安定となる  説明にもなる  まり問題になる  ドイツなどになる  於てなる  対比されねばならなくなる  地位はどうなる  運用者となる  割合が少なくなる  無意味でなくてはなる  方法もあり得なくなる  考案になる  ことは、蓋し当然だと云わねばなる  報酬となる  限り永久にとって置きになる  学生になればなる  発展を止めなければならなくなる  知能的となる  先鋒となる  大勢となる  結局やめになる  御沙汰を受けるとなる  そがまうへなる  三五ばかりなる  中に隠在すればなる  ょッこり居なくなる  真砂町になる  時はつんとなる  媚を呈しなければならなくなる  要求されてそうなる  政治ではなくなる  ただお邪魔になる  スツカリよくなる  あんまさんになる  所にゐないでもよくなる  内にや何とかなる  気楽になる  私、苦しくなる  から病気なんかになる  俺達はどうなる  極道になる  私達になる  今度は段々遠くなる  性に基づきたるなる  左視右視暫らく打護り居けるが、やがて大きなる  考ふるなる  望みを絶ちたるなる  ば何人も起すべき思ひなる  樹木は更に深くなる  程寒くなる  曲り目になる  自信がもてなくなる  連発になる  一体警察沙汰になる  法律上無罪になる  劣味となる  候になる  第一人者となる  日を彩りつつそこらなる  春のこんなにもすがすがしくはれやかなる  つたへては見えなくなる  村村のひそやかなる  靜かさにみたされはれやかなる  身に焚いてそのひそやかなる  きよらかなる  色やかなる  繪模樣となる  坊主たちにとられるとなる  金鉱夫になる  から十ヶ月になる  それとなる  五〇年以前のもっぱらなる  六九年になる  一九一〇年になる  天が明るくなる  路とも分らなくなる  中に没して見えなくなる  のが次第に高くなる  びしょ濡れになる  林がとぎれて少し明るくなる  温泉なぞに出られるだろうか、と疑いたくなる  悪女になる  罪にもなる  面倒を見なければなる  我自ら情けなくなる  一生がどうなる  無限に悲しくなる  人が一層恋しくなる  切腹になる  散会になる  ことにまでなる  米友は、なる  特にそうなる  踏台となる  亡者となる  骨を折らずばなる  尼となる  幾人創物になる  江戸へ連れ出しさえすればどうにかなる  大罪になる  関所破りになる  磔刑になる  みんな、なる  帰り際になる  事は、感じ取らねばなる  人間的誤謬になる  合理的核心になる  概念でなければなる  義理になる  科学的概念となる  法則となる  参照になる  合理的となる  文学的表象となる  ことにさえもなる  必要も感じなくなる  断片的となる  のものも含まなければなる  限定して考えたくなる  ものに限ると考えたくなる  冒涜となる  犬にでも食われなければなる  嘆きや腹立ちになる  ナンセンスとなる  裏へはまわれなくなる  形式論理になる  両者は同じでなくてはなる  文芸であろうが、なる  帰着点にもなる  客観的になる  組織的にもなる  批評態度になる  科学的批評となる  歴史などは書けなくなる  成り立ちもしなくなる  幾何学的結論でなくてはなる  文芸的批評として成り立たなくなる  人間だとさえ云わねばならなくなる  批評標識を持ち出さざるを得なくなる  科学的となる  ものでなくてはなる  イメージとなる  デモンとなる  一身上の近づきとなる  筆先になる  限定されねばならなくなる  文学だとは云い切れなくなる  文学修業になる  程、無論著しくなる  ことがそれだけ早くなる  習俗になる  一歩踏み出さねばならなくなる  大分縁遠くなる  主観的側面だ、とでも云わざるを得なくなる  片言でなくてはなる  集中だなどとは云えなくなる  哲学史上そうなる  他ならない、とでもいいたくなる  擽りになる  ことだといわねばなる  テーマになる  之が忘れられがちとなる  それに親しくなればなる  それから疎くなればなる  結果として持たねばならなくなる  笑いとなる  小さなものになる  喜劇となる  批判されねばなる  おかしさとなる  禁物でなくてはなる  ニヒリズムともなる  急所になる  飛び込みたくなる  迷惑かも知らないが、どうしてもそうなる  それは当っていると云わねばなる  反動的になる  モダーニズムになる  際認識不足になる  モラルがないとは云えなくなる  制限をハッキリさせておかなくてはなる  今にして見れば云わねばなる  同人作家となる  考察になる  天文学主義者でなければなる  素材になる  スポーツになる  階級対立がどうなる  つきものとなる  必然事だと云わねばなる  小林式パラドックスとなる  小林秀雄はなくなる  リアリズムになる  政治的判断になる  行間は、なる  興奮したりしなければならなくなる  工夫しなければならなくもなる  代物となる  機械論が行なわれ得なくなる  今日問題になる  合理主義でなくてはなる  俗物的だとは云えなくなる  標識になる  自己疎外に気づかなければならなくなる  悪趣味になる  無条件にそうなる  ことは、なる  現実とは似て甚だ非なる  あるかないかが標識になる  信念になる  余技になる  顔を出したとなる  結末になる  急に寒くなる  令旨のみなる  処女の如くなる  払ふが如くなる  餌を攫むが如くなる  号叫するが如くなる  背骨となる  六年になる  緊迫が次第に激しくなる  人々を挙げるとなる  持主になる  声で、さもねむくなる  私はたまらなくなる  中で思っているとなおひどくなる  流行になる  なんでも食べたくなる  伴となる  あさひの高くなる  蝶よひとりなる  何を笑むなる  嬰兒何を笑むなる  部屋中一杯になる  深入りしなくなる  ように、長くなる  急にハッとなる  われわれ私立探偵となる  仕舞いとなる  フラフラとなる  糸子に心からなる  手際が悪いとなる  勘定からはどうしてもそうなる  妖怪変化となる  頬笑ましくなる  物事が拙くなる  承知したとなる  誰を見ても疑いたくなる  ちょっと困難になる  帆村はそうさせてはなる  機関銃になる  近く試験台になる  実験台となる  それをいうと、またくどくなる  二十三歳になる  結婚後になる  埋れ木になる  日暮れ方になる  重大問題となる  年輩になる  恁又ものも汚うなる  疎遠になる  から幽霊に出たくなる  心核にはなる  容積にしたらどのくらいになる  静粛になる  開きになる  伝統が古くなる  のんびりとして暮しよくなる  狐になる  年十三になる  音がしないのにいなくなる  奴が来るとおもったので、なる  旦那様さえ早く帰ってくださるなら、どうかなる  あれで来なくなる  病気が好くなる  気嫌がよくなる  からいやになる  ように長くなる  ことを、よく尋ねてみるとなる  子分になる  物が高くなって食えなくなる  ものが食えなくなる  四間になる  仇になる  仕事はどうなる  芝居にもなる  験し物になる  説もなる  人であるというのも、なる  説も、なる  一通り聞けば、なる  楯も堪らぬほどに腹立たしくなる  五ツばかりになる  執拗くなる  暮れから三月になる  心持ちが広くなる  気が新しくなる  今夜はおそくなる  根柢ともなる  協力を致さざるを得なくなる  種子にでもなる  換言すればかうなる  外面には大きくかかわりながら、語るとなる  あらわれかたになる  薪木になる  怨敵となる  他人同志になる  冠詞をつけて呼ばねばならなくなる  ことし十五になる  中が掻きむしりたくなる  それきり元のもくあみになる  だんだん贅沢になる  だんだん上手になる  大雪となる  試験官になる  寄りになる  荷物運搬用にもなる  三十六年にもなる  茫っとして、こうしていても躍り出したくなる  わたしもなる  二十幾つになる  水が恋しくなる  三になる  先生にはおわかりになる  熊笹がいよいよ多くなる  一つ我知らず熱心になる  感謝したくなる  莫迦臭くなる  ものを書くとなる  了へば、もう来なくなる  大共和國になる  一日になる  氣味がわるくなる  氣味わるくなる  運びこまれてさへ新聞種になる  苦労も、なる  障りとはなる  これがどうなる  物和らかなる  ここに兆せしなる  音も、いつしか遠くなる  人が、どうなる  外へ走りしなる  身をいとど怨みしなる  紛れになる  合ひてはなる  耻を見せてはなる  性男子がさうではなる  三百にはなる  点には必ず御心づきになる  訳合になる  10042Xとなる  不連続になる  眼頭が熱くなる  僕は呼びかけてさえみたくなる  降りではどうなる  口くらいはお利きになる  何が間違えになる  学問をおやりになる  化物屋敷になる  足許が危なくなる  合わせになる  いやになる、いやになる  酒乱になる  伊八がなる  友兄いなる  憤慨となる  功名になる  神奈川へ近くなる  道庵先生健在なりやと言いたくなる  島になる  睫毛の重くなる  島のなる  空想豐かなる  動悸が激しくなる  震動に堪えられなくなる  黄昏時になる  つて貰はなければなる  ば一対になる  いまいくつになる  坂道になる  象徴になる  収拾がつかなくなる  謎になる  ことが、多くなる  私が着ると、いやらしくなる  ショットになる  まわり五時となる  体温はもっとも高くなる  全開になる  四十歳になる  記録になる  画面いっぱいになる  顔でも、そうなる  充分に明るくなる  夏休みとなる  スタートになる  格安になる  なににでもなる  小説家になる  トゥティになる  まさかこうなる  月になる  数となると、どのくらいになる  日々になる  ときとなる  側に居なければなる  話が這入ったとなる  朝鮮に逃げ込むと捕まらなくなる  岸に寄付かなくなる  おなじ意味になる  根拠地になる  大白を挙げたくなる  指導になる  詭弁まじりに押付けたが、そうなる  責任問題になる  法律眼から御覧になる  不利になる  舎利になる  芸妓となる  もの便りになる  事を聞かなくなる  まんま泣き寝入りになる  打切りになる  コレ切りになる  差向ひになる  二十五日頃になる  番頭になる  貧乏がみえになる  二十日頃になる  毎日午後三時頃になる  牛乳屋、おのずからなる  名付け親になる  負けになる  首の痛くなる  だんだんに薄くなる  毎日泥だらけになる  日盛りになる  爪先あがりになる  日が暮れると寂しくなる  あいだにもおのずからなる  範囲がよほど狭くなる  上が暗くなる  から天気がよくなる  勿れと云いたくもなる  二十日過ぎになる  夜更けにもなる  はいよいよ論じていられなくなる  薄ら眠くなる  の踊りになる  気のおかしくなる  片月見になる  二年以上になる  絶滅させなければなる  俄かにまた暑くなる  家々から湯の烟りがほの白くあがっているなど、おのずからなる  一度に明るくなる  靄がながれて薄暗くなる  おぼろになる  旅館はひとしきり忙しくなる  正午前後には一旦明るくなる  そうにどんよりと暗くなる  歇みになる  斯うはなる  無遠慮になる  笑くなる  午後十二時頃になる  如くになる  整備されなければなる  二百円ばかりならどうにかなる  結婚話になる  フォーム倒れになる  曲線になる  Fig.5になる  興奮は一体どうなる  眼薬になる  これをお聞きになる  ものであったが、どうにでもなる  戦争はいったいどうなる  卑小さを顧みていつも泣きたくなる  苦悶になる  ことが尚更なさけなくなる  警報がなる  毎日警戒警報がなる  空襲警報もなる  精神状態になる  いま完全にとまってゐるとまってゐると苦しくなる  お客様もやがてゐなくなる  Oもやがてゐなくなる  私に対しては冷たくなる  智者學者となる  薄となる  妨となる  留吉はどうなる  ことし四十五歳になる  座蒲団になる  一挙両得ともなる  ざかつた怪物となる  八十からになる  事はしなくなる  見物がどうなる  奥が暗くなる  明かに、しかも幽なる  薄明となる  孔雀になる  人々自身のものになる  資料ともなる  おまえがおとなしくして、大きくなる  星となる  円らかなる  誰彼となる  青銅色になる  番匠鹿子になる  疑問はいよいよ深くなる  妖怪現象になる  室になる  精神の養いになる  更に深くなる  あれが、ほんとになる  はじめになる  船頭さん、いったいどうなる  暴風雨になる  人身御供になる  帯だけはこうなる  角も、なんだか赤くなる  物音でなる  下で、うーんとうなる  角がなる  坊さんになる  めぐり合せになる  四天王となる  十歳ぐらいになる  軍用金になる  払い下げになる  帰っておいでになる  花ながら嫉ましくなる  福村さんになる  順番になる  二十二三になる  悪者をお探しになる  足場になる  落しといてやれ、どうなる  冥加になる  工合が良くなる  脱走したくなる  あなたと道連れになる  さんまで泣きとなる  きょうだいになる  靴磨きにでもなる  ホボとなる  だって気になる  丹精になる  白茸になる  言い訳もしたくなる  寒い部屋になる  驕りになる  坂を下りて、一度ぐっと低くなる  口上らしくなる  起居は忙しくなる  卑下高慢になる  人間もこうなる  故郷になる  実家になる  人間界に居なくなる  お銭になる  意味をなさないで、ぱくりとなる  赫となる  一部分とかになる  気もちにもなる  秋深くなる  美しい村でおくらしになる  じきまっ暗になる  こはしになる  ぷつつり来なくなる  何か人恋しくなる  刺戟となる  脅威となる  教師となる  家庭教師となる  根本特色となる  ものとさえなる  同一哲学となる  之になる  観念であると呼ばれなくてはならなくなる  実在論となる  先験的統覚となる  行為意識となる  物質的根柢となる  証明ともなる  区別はなくなる  明となる  意味するかが判らなくなる  変革されざるを得なくなる  一対象となる  化学となる  地理学となる  生物学になる  重大となる  科学的理論となる  的尺度となる  一環となる  一種となる  区別となる  農本主義となる  論理法則となる  成立しなくなる  客観的論理学となる  問題とはなる  適用されなくなる  形而上学的観念となる  認識手段となる  テーマとなり主題となり主体となる  打ち切りになる  誤謬となる  弁証法だけになる  社会階級と如何なる  半年にもなる  身動きも出来なくなる  の厭になる  行つてみたくなる  熱情的になる  隆吉にも、もてあまされてゐるとなる  つて、どうなる  づつ無頼漢になる  二人が残されるとなる  文學者になる  希望通り醫者になる  希望は益々強くなる  神經衰弱になる  ごろつき書生になる  傷を付ければ、どうなる  仕事も段々多くなる  弘前あたりで止まりになる  沒交渉になる  毒にもなる  ところには居なくなる  一段になる  時派出やかなる  不要になる  三つの言葉になる  意味が分って、なる  午後四時三十分になる  ことは分るが、なぜ、そうなる  日にひとりでに新しくなる  ところにさえいられなくなる  みんな乳になる  真四角になる  気紛れを起したりすると、もう歩かなくなる  広告絵みたいになる  姿は見えなくなる  もっと胸糞の悪くなる  彼をつかまえていられなくなる  十六年になる  陰暦何日ごろになる  陰暦何日頃になる  頃になると幾分多くなる  声は全く立たなくなる  身体は利かなくなる  十四となる  彫刻師になる  潤一郎になる  燈火が明るくなればなる  眼が暗くなる  一等賞になる  ものだと考へてみられねばなる  要求されなくなる  人にはなる  詩が欲しくなる  貧弱になる  それから仏師となる  丁寧になる  交わりとなる  件となる  吉原土手となる  一つ先になる  辺から田原町になる  詩を投げ出して逃げ出したくもなる  こころは、かゆければ掻きたくなり、いたければさすりたくなる  問いとなる  菊屋橋通りとなる  町となる  田原町になる  芝居町となる  地形となる  森下となる  火の海となる  地主になる  今になってどうなる  払になる  堂守になる  夜景となる  此所で、どうなる  自分一人となる  學堂になればなる  働きになる  豪家になる  大火となる  家庭となる  非道いことは出来なくなる  あいにでもなる  情実で何とかなる  女がいなくなったとなる  高値となる  世の中も騒がしくなる  伴れて高くなる  取り沙汰が喧しくなる  處から支那研究となる  利益となる  近頃になる  出版になる  報告せて上げなくちゃなる  興になる  頭が固くなる  若者故、いざ行くとなる  研究となる  一人前となる  體裁が全く新しくなる  繁雜になる  雅でなくなる  新五代史になる  つまり君主專制時代になる  宋になる  史料となる  家内を持つとなる  上四人五人になる  二十四となる  手元の見えなくなる  手広になる  無意義となる  自然に多くなる  洋燈台になる  病気は段々と悪くなる  神仏かけて祈りましたが、どうも重くなる  病気の少しにてもよろしくなる  手落ちがなくてはこうなる  場合などになる  ことでもあると、隠れていなくなる  斷ぜねばなる  飢饉となる  加へねばなる  段となる  供養ともなる  支那人観なる  面に触れたくなる  有様となる  運命も段々心細くなる  ものでも、いざ、売り払うとなる  程度になる  灰にされてしまったらどうなる  大変丁寧になる  頻繁になる  方がなかなか多忙しくなる  助けとはなる  官吏となる  師表となる  二分ではどうなる  青葉になる  名声もまた高くなる  差別目標となる  何んでも彫るとなる  手本になる  詩文となる  から軍人となる  軍人となる  糧は乏しくなる  末學になる  證據にもなる  熊手になる  日も近づくと、めっきり多忙しくなる  騒ぎとなる  商売人になる  もの仕舞い際になる  品ふっていになる  二代目になる  三代目東雲となる  高麗王となる  中世以後となる  会員となる  会員になる  霊に対し、心からなる  名がなる  不賛成を唱えるとなる  郊外へ退いて行かねばならないとなる  組合へ這入るとなる  会を起すとなる  廢止となる  種切れとなる  小間使となる  苑丁となる  掃除夫となる  四五百円にはなる  お前たちは苦しくなる  のが心細くなる  午後十時になる  横浜を離れるとなる  一つ運が好くなる  機嫌かいで、好いとなる  嫌となる  気随者で、いい張ったとなる  これを手掛けるとなる  装飾となる  彫りになる  造営になる  お納めになる  集まりになる  見本となる  原型になる  金賞になる  題になる  対比にもなる  モデルとするとなる  只犠牲になる  腰が下して見たくなる  つて見たくなる  露ともなる  つて犠牲者となる  虞懈怠となる  思つても、いざとなる  鉄案となる  無罪となる  悲観しなければならなくなる  仕上げとなる  返事をするとなる  仕上げになる  損害となる  裏門となる  置き物などにもなる  囲にもなる  真ん中になる  ことなど思い出して独りでに笑いたくなる  五百人になる  臨終ちかくなる  承知されないとなる  突き当りになる  買い上げになる  呼び出しになる  幸福ともなる  行爲は、如何なる  不孝者は、如何なる  明時代になる  來死罪となる  積となる  是認せなければなる  雖ども、如何なる  彫刻製作されるとなる  一つ問題となる  彫刻製作となる  誰のものになる  下問になる  不調法となる  粉微塵となる  張りもしなくなる  家持ちになる  私はこうなる  持ち家となる  ことなど、好いとなる  行処が分らなくなる  棟梁になる  将来彫刻家となる  焼けになる  日ましにひどくなる  ままで、どうなる  おもちゃにもなる  お酒があったら、お飲みになる  今年十七歳になる  んだろうとおもって、うらやましくなる  今年十九になる  毎年クリスマスになる  今年三十三になる  愛嬌になる  秋作氏はほほえましくなる  ことだけはおわかりになる  ランドリイへ出せばそんなにひどくなる  望みなら、お亡くなりになる  午過ぎになる  ことばかりだったが、そうとなる  ものでなければ、恐らくおわかりになる  けが放浪的になる  さへすればどうにかなる  十一時近くになる  修業になる  辺でなければなる  駒井甚三郎が、なる  三度となる  差料になる  供養にもなる  染井あたりへ、うろついてどうなる  芸人になる  心恃みになる  弱味になる  気狂いになる  骨を削りたくなる  おいでになるだろう、なる  六篇になる  宿無しになる  強固になる  身首離ればなれになる  左になる  惡逆になる  お召上りになる  から不孝になる  年寄になる  合計三千となる  十八九になる  續人になる  其相手になる  壻となる  從犯となる  從となる  口實になる  當然罪になる  づ気になる  私たちには望ましくなる  五十歳にもなる  四五倍もの勘定になる  子供っぽくなる  田舎に行きたくなる  經籍志になる  新唐書になる  貴公などと喋っていれば遅くなる  唐時代などになる  六百ほどになる  はじめごろになる  三時五分になる  いね、温たかくなる  ように見向きもしなくなる  なりもふりもかまわなくなる  白髪になる  ことをおたずねになる  あなたにはよくおわかりになる  今年十九歳になる  三時ごろになる  道がわからなくなる  それがおわかりになる  ママにでもなる  佐伯氏に逢えなくなる  あしたおいでになる  お詫びになる  あんたを殺したくてたまらなくなる  二人かがやって見たくなる  恥晒しになる  音が聞えなくなる  主もなる  學問の、如何なる  批評にもなる  子部になる  著述となる  量が多くなる  崇文總目になる  學問になる  學問となる  著述になる  確からしくなる  世界的になる  ふうにしてお炊きになる  方法がないとなる  しんが痛くなる  声で、おうい、と叫びたくなる  介抱を受けられなくなる  餘程面白いことになる  感謝となる  対抗的でなくなる  こと盛となる  相対的となる  記録慾となる  分裂となる  いつまでも現在になる  利子が払えなくなる  やりくりがつかなくなる  心配にはなる  ことに面倒くさくなる  気持で、うっとりとなる  ところまでひきあげて、のびのびと長くなる  うつらうつらとなる  あなた、おやりになる  キャラコさんは、すこし息ぐるしくなる  だんだん陽気になる  一座がしんとなる  廿年以上にもなる  スウッと暗くなる  それから、どうなる  あたしたちは、いったいどうなる  キャラコさんは、すこし情けなくなる  児になる  ほうから涼しい風がたえず吹きこんで来て、思わずウトウトとなる  手紙のことなどは、もうどうでもよくなる  ドキドキが一層ひどくなる  競泳になる  吹きつけ、思わずうっとりとなる  だんだん頻繁になる  みな元気になる  半月にもなる  渡り人足になる  物は高くなる  先行きはどうなる  りや、なる  つた者が、どうなる  連中はどうなる  人間が、そいでどうなる  坑夫女房にや、なる  歩き廻り、やりきれなくなる  なじみになる  六時十分前になる  ボク、淋しくなる  投影になる  茫となる  キャラコさんは、思わず、うっとりとなる  上はうずたかくなる  何ひとつ慰みになる  老人にちかづきになる  気もそぞろになる  しかし、いずれこうなる  半になる  声が、とつぜん、聞きとれないほど低くなる  十一時過ぎになる  眠つたとなる  嵐といふなる  船尾を遠去かるに従って高くなる  体重も、お知りになる  チョンになる  日本商船をお退きになる  宅でお雇いになる  鷲になる  戀といふなる  海にあえかなる  波しづかなる  星まだらなる  づまあえかなる  睨みが利かなくなる  罪も重くなる  から、どうでもなる  取扱いでどうにかなる  南条はなる  仕事は面白くなる  看板書きにもなる  これはいったい、どうなる  弁信さん、どうなる  流れが太くなる  耳を傾けて聞いておりますると、なる  琵琶をお弾きになる  躍起になる  水が飲みたくなる  蛇滝となる  百日にもなる  まり気になる  もので、黒くして大きなる  隔壁が次第に厚くなる  目をつけていたにかかわらず、いざ買うとなる  小説をお考え直しになる  大家となる  仁になる  問題にしてもよきなる  陰気がちになる  それから三十いくつになる  のでは、おそくなる  もんですから、つい、こうなる  私をおしらべになる  十四年になる  塗料となる  城南方面にえらび、どうなる  わしは、こうなる  午後八時ごろになる  形見になる  いやしないぞといいたくなる  当分一段落となる  いつまでも厄介になる  かえるとなる  奥様次第でどうにでもなる  横倒になる  農事が多忙しくなる  風でしたが、さて話そうとなる  みやこもちかくなる  物語も深くなる  手までこんなに紅くなる  宛になる  声は幽になる  女は蒼くなる  今まで赤くなる  破れはさてどうなる  そうにもなる  機嫌が見る見る悪くなる  球形になる  ロシヤみたいになる  だんだん憂鬱になる  幾らかになる  箸が一層すばしこくなる  頃から大人になる  米久なども数えなくてはなる  時代となる  天下となる  だんだん憂欝になる  隠者になる  以て、そうなる  不可思議でなくなる  減禄したるがごとくなる  先頭になる  頼母しくなくなる  力なげなる  学士になる  気分も好くなる  体でなくなる  墨をなすりたるごとくなる  嘲笑となる  りやでなくなる  ツ嫌になる  一杯水になる  のか、段々強くなる  福とか、むずかしくなる  短かくなる  香になる  割合楽になる  沈み話がとぎれるとしいんとなる  俄に気味が悪くなる  下りになる  午近くなる  ガランとなる  午飯時になる  夕暮ぢかくなる  カンテンや、暑くなる  村も少しくなる  中の惨なる  追羽根になる  羽根つき場になる  昼から夕方になる  午後六時前となる  入交ぜとなる  傑作と言わなければなる  むしろますます深刻になる  ばかに強くなる  手に入れたかとなる  際物師となる  談などはしなくなる  グレコになる  レムブラントになる  痴呆状態になる  暗示通りになる  火事は大きくなる  私が見廻すので、来なくなる  茶席になる  道を求めたが、益々解らなくなる  頻度が多くなる  頂角が小さくなる  軽減してもなる  手薄になる  夕方ちかくなる  ヒョウソになる  なんでもなく、なる  ように見えなくなる  ほろよいになる  一例にはなる  宣伝になる  手許の暗くなる  髪結いさんが帰ったとなる  何時からでもよいとなる  中にでもありさうな幽暗なる  八月末頃になる  位地が高くなる  初になる  転任になる  息ができなくなる  不幸が大きくなればなる  愛情が深くなればなる  あなたに近づきにくくなる  氣の遠くなる  一月にもなる  つて悧巧になる  涙声になる  ホヤになる  嫁さんにしなければなる  会話が分らなくなる  金がほしくなる  洋食は大きくなる  八十になる  居場所になる  から一番さきにしまいになる  熱狂奔走ぶりに悲しくなる  みんなそうしていたが、すこし大きくなる  記録ともなる  似合になる  顔がさっと明るく微笑んだが、暗くなる  取付けになる  斬罪になる  絞首になる  場内が暗くなる  立になる  高等二年生になる  だんだん薄くなる  フン、黒うても白うなる  白粉をつけだしたりしてどうなる  主観主義者になる  客観主義者になる  単調のものになる  矛盾になる  和が大きくなる  指導によって善くなる  考を進めねばならなくなる  それ自ら定形詩になる  仲間に這入れなくなる  けが社会主義になる  実有相なる  正流となる  叙事詩になる  造型物となる  叙事詩人となる  俳人となる  突進せねばならなくなる  誤解を避けがたくなる  病弱になる  おしっこが出たくなる  親殺しになる  物惜みにもなる  四十度になる  疑問は更に大きくなる  彼は赤黒くなる  土着になる  印判になる  初夏になる  ますます山道らしくなる  浪花町となる  かめさんとなる  歩調が合わなくなる  皮膚が美しくなる  命が惜しくなる  恩人となる  誤解はなくなる  見物人にもなる  世捨人になる  花ぞ咲くなる  くらゐになる  むるばかり鮮かなる  処なるも、宜なる  原料となる  順送りになる  道具類の清ぶきになる  油煙で真っ黒くなる  生徒になる  教授をおうけになる  ひけになる  父に見られたら、どうにかなる  病をやしない、すこし快くなる  自分だけになる  作曲になる  真盛りになる  きゅうりはすっぱくなる  あれが大きくなる  ここで、疲れ切って動けなくなる  彼岸になる  それから霜時になる  金が出来なくなる  ここで切れようと思えばお互にどうにでもなる  どれくらいあったら、すっかりよくなる  仕事も、次第に面白くなる  もっと親密になる  富豪となる  小学生になる  肺結核になる  頭に入れてやりたくなる  受け身にばかりなる  中学校になる  鍛練になる  身体が良くなる  十日廿日となる  練磨になる  善人となる  痩身型になる  事がわからなくなる  便利になる  ゆるやかになる  動機が薄くなる  それは全く新なる  傾向となる  もっともなる  伝説となる  皆人間の性欲関係からきり放して、考へねばなる  家長になる  沖縄になる  島となる  筈のおもなる  先決問題になる  数に入らなくなる  生け贄になる  暗示にはなる  世になる  子孫になる  晦渋になる  方を押すべきか、分らなくなる  権威にもなる  こと帰るが如くなる  ものが言わなくなる  それがよくなる  利殖になる  一弗五十仙にもなる  三十歳近くになる  教育になる  それになる  車夫になる  循環が悪くなる  ためだと聞くとなる  別にどうなる  目で見て甚だ面白くなる  議論でも起るとなる  衣服も相当なる  から明瞭になる  意味がお判りになる  裝飾となる  栽培法に就いて、如何なる  素麺をこそ食めるなる  一年ちかくなる  それ以上なんとも言えなくなる  来襲がいよいよひどくなる  徹夜になる  さに呆然となる  何ものであり、如何なる  運びになる  われわれは、如何なる  もう少し金になる  しかも、如何なる  すねが利かなくなる  濃密になる  ます大きくなる  先づ當然と認めねばなる  発憤剤になる  よけい罪つくりになる  面を見てやりたくなる  手傷をお負いになる  詰所になる  草となる  影が見えなくなる  ほんとうに山崎先生をお斬りになる  心全部を奪われてしまったとなる  人を殺さなくなる  十四五になる  都合で、もし遅くなる  おちゃっぴいになる  夢からお醒めになる  ところでどうなる  叩きのめしたくなる  友造どんに奢らせなければなる  念がいよいよ強くなる  嶮しくなる  俄かに暑くなる  だんだんに暑くなる  目当てはとてもないので、どうなる  日々にさびれて、涼しくなる  知識的要求が強くなる  父となる  視界が暗くなる  マキシマムになる  ミニマムになる  我慢出來なくなる  ぱつと明るくなる  下に投げ出したくなる  係り合いになる  出役になる  姿が悪うなる  下手人がわからぬとなる  首となる  姿がよくなる  手を入れるとなる  蔵元屋に限って御尽しになる  猪口兵衛猪口兵衛ごひゐきになる  業の偉いなる  心持がかもされたが、それで気まずくなる  所詮こうなる  のは、お亡くなりになる  雑書を知らぬとなる  一つも聞えなくなる  殘つて一つも聞えなくなる  顏が見えなくなる  落着いてゐられ無くなる  誰も通ら無くなる  勢ひも増して行く、羨しくなる  地上となる  悔やしくなる  時を見て居ると恐くなる  意地張ろうとも、どうにもなる  三味線をお弾きになる  持病が、おありになる  声をおひそめになる  自分勝手におかえになる  勝手にお変えになる  女の子は、せわしくなる  われに優しく言い聞かせ、なるほど、なる  思い出話になる  楽しみとなる  アルコールとなりニコチンとなる  恋ひしくなる  海近くなる  四方が明るくなる  道となる  米価の安くなる  相客二人増しとなる  ものが親しくなる  愚になる  汽車の見えなくなる  パツと明るうなる  発菩提心となる  土くれとなる  のか、どうでもよろしい、なる  つて歩けなくなる  よう売れてさみしくなる  欝になる  さびしさとなる  やつぱり逢ひたくなる  センチになる  成金になる  北海となる  銭になる  づれは墓地となる  波音何だか物哀しくなる  手もまじるなる  法衣の重うなる  ヒステリツクとなる  同様、さみしくなる  あちらこちらがいけなくなる  仕合になる  私はきたなくなる  酒を飲まないのでなくて飲めなくなる  山ふところのはだかとなる  ひつかけたくなる  真面目に考へだすと、いつも眠れなくなる、眠れなくなる  朝蝉が晴れて暑くなる  何となく憂欝になる  何となく寂しく悲しくなる  意義について考へた、今更どうなる  山口行乞をしなければなる  峠になる  峠路となる  こともできないし、どうなる  身心なごやかになる  影のまつすぐなる  お彼岸花をあげなければなる  風鈴のなる  から下りとなる  水がうまくなる  ものがうらやましくなる  紀行文集を読んでゐると一杯やりたくなる  声も鋭くなる  一度ルンペンになる  実在となる  非常によくなる  みち骨になる  後方に高くなる  窓となる  火にはなる  風が強くなる  関所破りにはなる  里へ遠くなる  青竹の大きなる  音、ようやく遠くなる  酣わなる  から相手になる  位も高くなる  日数になる  中に見えずなる  女郎になる  わたしが出て来るとなる  収入が多くなる  焼討ちになる  形勢となる  心理状態に疑を挾んで見たくなる  意味が深くなる  遺著になる  水が熱くなる  ホームシックは尚一入烈しくなる  円になる  不憫になる  インフレになる  心千々に何ぞ遥かなる  行衛かなまだ長うなる  お話しするとなる  皆倫理的になる  重大問題であるのに、如何なる  指を染めてはなる  當官ぐらゐにはなつて見せるぞ、あはよくばもつと偉くなる  默つておいでになる  靴下をお穿きになる  おみ足をおのせになる  雲がくれになる  王樣になる  坊主になんかなる  犯罪になる  下手人となる  不利となる  相続人となる  裁判長となる  肝が太くなる  盾になる  気の毒にもなる  席となる  印象となる  男に濡れさせてみたくなる  二十年以上になる  本性になる  若い肉塊は、なにか、疼きにたまらなくなる  クセになる  末、どうなる  因づくもつれなる  者だけには洩らしたくなる  奇声になる  そうだが、こうなる  憐れになる  聟君となる  年暮になる  八月ともなる  守札こそ、思えば、こうなる  自分の厭わしくなる  前にお亡くなりになる  生みになる  トテモたまらなくなる  心理状態になる  新茶が全く採れなくなったとなる  正月過ぎになる  藁になる  四日間照りつけたからと言って、こう黒くなる  今に面白くなる  午ごろになる  ままよ、もうなる  教祖となる  通路しか通れなくなる  死ねばなくなる  支へとなる  師になる  心がおちつかなくなる  傍にいなくなる  宦は大きくなる  兵隊にとられたとなる  のだか、かうなる  芸者があぶなくなる  踊になる  内職になる  価値とを忘れてはなる  ことが詳しくなればなる  迅かなる  夢のごとく柔かなる  新聞屋となる  遐かなる  居ついたとなる  嘘をつけ、と言いたくなる  色が薄くなる  ゆえんを、なる  慰安娯楽となる  格闘者となる  性質となる  お祭頃になる  身も軽うなる  もっともっと惨めになる  ″\嫌になる  状況など一応取調べて見ねばなる  電燈が段々暗くなる  口となる  目印になる  足かけ三年になる  充分参考になる  濃厚になる  所がそうなる  春らしくなる  矢張り罪になる  無下にお退けになる  動きが取れなくなる  年を取ればあゝなる  障りにはなる  今日逃がしてなる  罪の軽くなる  心理と云うとむずかしくなる  病気が早くよくなる  自白となる  罪も軽くなる  程度まで受けねばなる  十年前となる  不平は洩らせなくなる  ペシャンコになる  事でも通らなくなる  金だから、何とかして取返さねばなる  都合になる  反証にはなる  毛繻子地よりなる  友禅モスリン地よりなる  終結となる  唖子になる  魔となる  許可になる  意見のおありになる  身体が日増しに悪くなる  一時明りの強くなる  もっと紅くなる  わたしはどうなる  手軽になる  牧場からいなくなる  心臓の熱くなる  口の利けなくなる  てめえらに威かされてどうなる  正当防衛になる  本署へ着けなくなる  いまに分からずにはいられなくなる  ことは考えられなくなる  下男として働かなくちゃならなくなる  気持ち一つでどうにでもなる  いまよりはきっとよくなる  ほうもすぐよくなる  考えは起こさなくなる  奥さまになる  いまになんとかなる  百五十両からとなる  捨て鉢になる  同僚が恐ろしくなる  顔を見られなくなる  ざまで、情けなくて泣きたくなる  不意だとお困りになる  ここへお着きになる  んだが、そうでないとなる  眼になる  滓になる  あたし、これからどうなる  節約にもなる  殺人容疑になる  水でいっぱいになる  みじめになればなる  興奮して、見ていても恐しくなる  気持、おわかりになる  国内は明るくなる  ここを去るとなる  出張して来たとなる  旗岡巡査は、分らなくなる  労働でもしてみたくなる  百五十日ほどになる  二年余になる  世話が行届かなくなる  あいいや、そのうち何もかもよくなる  籠から脱け出したくなる  何かしら探し求めずにはいられなくなる  方が、若々しくなる  執拗になる  仮面みたいになる  君は堪らなくなる  やつたくなる  最上層の大きなる  時雲間より、大きなる  焔となる  四方八方が明るくなる  新月、大きなる  向になる  洲小笠原にて大きなる  金の輪となる  時には、そうなる  苛酷になる  会話はこうなる  語り手でなくなる  俗となる  力がより強くなる  十万ともなる  堤防ともなる  勢力ともなる  手が熱くなる  手があまり熱くなる  自分でもぎ落さなければならなくなる  十七八になる  荘厳にしてお置きになる  気持は苦々しくなる  渡りになる  ごらんになってお置きになる  登竜門になる  審査してみたくなる  師となる  声を出してみたくなる  愚拙なる  おまじないになる  あとでなる  要塞になる  からそうなる  御覧あそばせばおわかりになる  頼みはどうなる  いやでも心安くなる  密になる  出様ひとつでどうにでもなる  祖道になる  高尚になる  のが、なる  通りにかけばこうなる  運命となる  征夷大将軍になる  従になる  適切になる  進歩するほど小さくなる  大砲は、いよいよ大きくなる  力にはなる  心残りになる  製作場となる  時は逃げても追っかけてくるが、出来ないとなる  ひとり腹立たしくなる  巷になる  骨にきざむほど憎らしくなる  念がいっぱいになる  碇を卸せなくなる  冒険になる  無条件でつっぱなしきれなくなる  俳諧師ですから、どう間違っても掴み合いになる  さかんになる  鳥肉が食いたくなる  配膳となる  習性にもなる  妻ほど、あわれなる  夜半ともなる  晩餐になる  論議となる  約束があっては、お引止めもなる  妹聟となる  妹君を、お娶いになる  嫂となる  恋しくてならなくなる  一生となる  自然声も大きくなる  これや、どうもなる  傀儡にも甘んじてなる  道誉一存になる  一ときは、どうなる  姿態になる  気分にでもなる  誰かとなる  ところにもなる  遊び女などは、見られなくなる  話が出来なくなる  道連れになる  こっちから礼をいわずばなる  年代となる  二十年余りにもなる  すべてサイミン術になる  ジンになる  手から叩きおとしてやりたくなる  六十歳ぐらいになる  ものは、成り立たなくなる  武者小路を見て、ふきださなければならなくなる  メガネで眺めてそうなる  共産主義者になる  人格になる  他にも有るが、あまり長くなる  たしかに、そうなる  シバイとなる  バイドクになる  新劇をやって行こうとなる  ホコリにまみれなければなる  二度三度とは見に行かなくなる  研究生になる  ギセイを払わなければならなくなる  ケンソンになる  座談会出席者になる  消火活動をしなければならなくなる  マルクシストになる  世界はどうなる  インチキさんと呼びたくなる  キッカケになる  一派にとっては、そうなる  一言に言えば、より強くなる  腹のたしになる  真人間になる  私たちは、なんにも出来なくなる  ズットやりやすくなる  戦争でもまた起きたら、なんとかなる  団体はどうなる  ますます混乱して悪くなる  アイスキャンデイ屋になる  低級になる  上等になる  アテズッポになる  失語症みたいになる  体操にはなる  食料になる  廃品になる  チミツになればなる  文学を生み出そうとなる  小説を書いて見せてくれなくてはなる  六になる  ッと恐ろしくなる  ようにゾッと冷たくなる  メチャメチャになる  陰にはなる  素足になる  西一郎だけになる  七十歳ぐらいになる  踊りとなる  彼女がそうなる  眼を閉じ、どうにでもなる  ますますはげしくなる  好みになる  先生なら、決してお逃がしになる  大統領はどんなにおよろこびになる  三十倍となる  権力者となる  サムライになる  用人となる  必要で、たのみになる  十年ちかくなる  東洋人になる  番をしていないからとて、めったに、いなくなる  容易に逃げていなくなる  俥屋でお訊きになる  外が見えなくなる  急に沈ませたりする、するとどうなる  報道されて大さわぎになる  かいものになる  六隻よりなる  われになる  行つてしまいたくなる  人間は、どうにかなる  役がもらえなくなる  肩身がせまくなる  シンコクになる  やつておいでんなる  思つて有頂天になる  歸りたくなる  皮膚になる  變になる  色氣ちがいになる  商賣にもなる  言つた閉塞症みたいになる  露出症にもなる  肌はどうなる  東京空襲がはげしくなる  猿でなくなる  特に女性となる  何がどうなればどうなる  もつとになる  童貞でなくなる  いつそう深くなる  んそうなる  事も多くなる  實際、泣きたくなる  シンミリとなる  行つて見たくなる  ツグナイになる  手がりになる  婆さんヅラになる  手がかりにはなる  口論になる  地盤になる  性交になる  のか、なぜに踏みつぶしたくなる  自分たちは生きて行かれなくなる  坊はどうなる  小づら憎くなる  一時は叩き合いになる  芝居がやりたくなる  御馳走をしてくれ、おそくなる  變に息苦しくなる  つて來て、逃げ出したくなる  そばへ行きたくなる  戀しくなる  お腹が大きくなる  ムカムカと吐きたくなる  サケ無く、やりきれなくなる  瞬間に、あんなふうになる  袖口が余りバラバラおそろしくなる  感じにもなる  上っぱりともなる  健康をそこねやすくなる  一人分だけですませなくなる  壁を崩さなければなる  気にさへなる  木曾路、なる  どこかにあらうとなる  ようになれではいけないが、なる  一句を書き添えなければなる  歌ひめとなる  かもじとなる  簪となる  はちまきになる  病みになる  ちょっとやそっとでは別れられなくなる  清浄潔白になる  夜間になる  もの時間になる  すっぽんになる  陽の高くなる  ひとりでおかしくなる  困難にされ、実になる  啀みあいとなる  何歳に相なる  端となる  内儀がよくなる  妙達だけに、こうなる  顔にもなる  入相の鐘のなる  女に会いとうなる  人相はけわしくなる  養育のいたらざりしを、詫びねばなる  教義となる  のかと、問いたくなる  背になる  策をも立てておかねばなる  当惑顔になる  世間はどうなる  半月程にもなる  いつか一年近くになる  仕事が取り止めになる  合戦になる  自身となる  みかどのお座所ぢかくなる  奏聞に達したてまつらねばなる  系譜になる  二日酔いをしてはなる  あてにはなる  城内となる  生まれつきなんだろうと、ときどき情なくなる  ときはこうもまぬけなことになる  口の酸っぱくなる  バスが通れなくなる  羞しくて赤くなる  首スジまで赤くなる  用意となる  道を失って戻れなくなる  仲になっていたとなる  纏まりが附かなくなる  九輯となる  伏姫霊験記になる  戦記となる  兵数になる  偏痴気論になる  怨首讎となる  資となる  何となく心細くなる  悄然として次第に遠くなる  それがおわりになる  のども、いやになる  なかったことになる  前途がどうなる  その後になる  運命はいったいどうなる  十六ミリ天然色映画をとるので、そうなる  へんになる  救援力が小さくなる  足手まといになる  百万長者になる  おれはどうなる  船大工になる  それが本当になる  前と同じになる  読者にはおわかりになる  寝台にもなる  仕掛けになる  危く落ちそうになる  安全だとわかるとすぐ眠くなる  ロングショウになる  頃には薄暗くなる  足手まといにはなる  爆音は次第に大きくなる  種にでもなる  作者になる  ッきり触らなかったとなる  損にゃなる  仕事がしまいになる  十時頃になる  少女になる  一銭ももらえなくなる  辻占になる  時は短くなる  のを見舞って上げずばなる  不具にはなる  すべてが、なる  万ともなる  うちにわからなくなる  がんりきは、噛んで吐き出したくなる  精到なる  独力になる  以上になる  日が高くなる  疑問にはなる  何も担ぎ込んでは来なかったが、これからどうなる  息づかいの荒くなる  ものは、得てこうなる  一番見ずばなる  時代が悪くなる  抵当になる  そばへ置いとくと、いよいよ可愛くなる  蔵えの、いやになる  神尾主膳は、つっつきたくなる  日中になる  骨を劈いてやりたいほどに憎らしくなる  ますばかりなる  まり真剣になる  頭が軽くなる  ようにまでなる  人間は、青くもなれば、赤くもなる  死ぬ気になんぞなる  武者修行となる  通りがよくなる  印象を強くしてなる  助けにもなる  方もおやりになる  ほんものになる  役者でもエラくなる  海老蔵になる  ものを出さなけりゃなる  字にはなる  客がなる  馬力がいよいよ強くなる  富士川となる  二束三文にもなる  持去りになる  いくらにもなる  玩具にもなる  同年になる  自在になる  僕も何とかなる  根になる  おしるこたべていると泣きたくなる  だんだんあたたかくなる  朝になれば、だせなくなる  痛がゆくなる  命名になる  心境が広くなる  勉強のできなくなる  二つ行わずばなる  電気技師になる  意味せざるを得なくなる  戒厳状態となる  挿入されねばならなくなる  熱誠は、こうして、如何なる  卒直に認めなければなる  進展と共にどうなる  連署になる  理由はなくなる  廃棄になる  穴へ帰りたくなる  ここにいるべきではないとなる  何んだか泣きたくなる  図書館となる  知合いになる  おなかがくちくなる  一つじゃなくなる  ちょっと一休み横になる  表情にもなる  結句になる  訳がわからなくなる  ですよ。昼間はまあ、なんとかなる  表沙汰になる  我慢はなる  ころ四十ばかりになる  七十周年になる  一人ぐらゐ物になる  二十余年になる  それから永くなる  気安めになる  しのぎがつかなくなる  一度金を借りたとなる  友人でなくなる  眼もくらむばかりに苦しくなる  癩病患者になる  当事者になる  水がこんなにまでしろくなる  盛りになる  発電量は多くなる  スポイトよりなる  催促などして居られなくなる  敵軍にぶっつかると、どうなる  直ちに氷となる  苦にならなくなる  芋屋へ走りたくなる  暮れがたになる  植木屋になる  三位になる  三年位になる  夜明かしとなる  虻蜂とらずになる  水はいちめんに暗くなる  五月雨になる  真っ裸になる  左官屋になる  脈の通わなくなる  通はなくなる  絵が描けなくなる  自信の篤くなる  背景とするが故に、如何なる  付届をせずばなる  覚えもめでたくなくなる  一評判が悪くなる  一カ月余りになる  薄黒くなる  真暗くなる  脅迫されたとなる  私たちはどうなる  自分は心細くなくなる  鼻の短くなる  鼻を入れるとなる  気にさえなる  不覚になる  心掛にもなる  黒田藩となる  器量人に逐われるとなる  利益にもなる  ケーキみたいにつるつるになる  学問もおありになる  花もまだきなる  兒の、小く太りたるが、大きなる  粗かなる  ものは、ばったりといつ無くなる  癈人同様になる  身動きが出来なくなる  披きになる  最初のおつまずきになる  余談となる  食品となる  戦になる  学問もできなくなる  わたくしは、こうなる  武者床となる  嶮も、こうなる  野に生きるまでも逃げ出したくなる  火の手となる  計をもって臨まねばなる  邪げになる  一敗北者になる  笞にも耐えなければなる  七十余日になる  油断はなる  お答えになる  空想するだに苦しくなる  鬢の白くなる  景物になる  一きりになる  鳥となる  物を合せれば必ずしも白くなる  金属を用いては高くなる  充血して紅くなる  だんだん良くなる  欠乏から体格が悪くなる  直立歩行が出来なくなる  ようにせねばなる  一体に暗くなる  二億六千六百三十四万〇五十八ドルになる  さ九尺くらいになる  二百五十億円ほどになる  産を用いねばなる  有難味がわからなくなる  声高になる  五ツ六ツになる  立木そのものになる  証拠品となる  盗賊がやってみたくなる  世の中が、どうなる  盗人をやめて、これからどうなる  出入りになる  身二つになる  年々少なくなる  興味になる  疑惑は強く、高くなる  ように深くなる  歌よみになる  歌がうたえなくなる  上に分けてみたくなる  王になる  果報のほどに恐ろしくもなる  駒井甚三郎さえも、もうそのくらいで許してやれ、と言いたくなる  白雲がなる  海が赤くなる  それからお互いに、多少実になる  仇となる  本人がなる  疑惑になる  今日から百姓になる  それがことごとく失われたとなる  陽が没すれば暗くなる  だんだんお前も良くなる  直き苦しくなくなる  ひとりぼっちに、なる  評論となる  結局出来なくなる  盗人にはもうけっしてなる  ことお世話になる  春早々死刑になる  比になる  不幸とさえなる  医師になる  其中心になる  其後になる  前兆になる  自分も偉くなる  ヒョロヒョロとなる  全体末はどうなる  狼になる  五十ぐらいになる  差し、次第に強くなる  後手になる  体勢になる  日はまたどうなる  顔に赤く映るぐらいになる  物が見えなくなる  泣声が高くなる  私も泣きたくなる  田畑あ作ってもどうなる  一所懸命になる  泣きんなる  挨拶も出来なくなる  小砲になる  その男が時々おかしくなる  二人三人になる  これがこうなればこうなる  しかし、なる  斜上段になる  あたしゃ、どうなる  世間がどうこうとなる  命が惜しくなったかといって怒らせさえすりゃいうなりになる  ままジッとして動かなくなる  全部フイになる  仙太郎、これからどうなる  三人四人と見えなくなる  経験がおありになる  一寸気になる  一度位はおありになる  数種になる  鼻が高くなる  どれ位幸福になる  引込思案になる  全然失敗となる  一膝進めたくなる  根拠地となる  向上発展は望まれなくなる  下り坂となる  肯定するに吝なる  哲学、如何なる  気もちにでもなる  名優となる  フン詰まらず、如何なる  二通りになる  本気になる  今一度念を押したくなる  苦手となる  益反感を買うばかりとなる  もっとヒステリーなのになる  たよりなくなる  のが物悲しく心苦しくなる  益甚だしくなる  研究材料となる  四十になる  口も利けなくなる  相手にしなくなる  罪悪をも映し出すので、こうなる  天狗になる  一人ぼっちになる  花輪となる  独占されたとなる  自分をすっかり忘れたくなる  みじめになる  感覚を疑いたくなる  南原杉子はどうなる  手が届かないだけ、いずれそうなる  二週間以上になる  夫婦をみてると羨しくなる  良忠以下、おもなる  おれならどうにでもなる  力にもなる  歌をお詠みになる  気散じになる  渡海はなる  長時間になる  御油断は相なる  おもしろい懸合いになる  百人からになる  草創になる  陣になる  田子六郎左衛門などの、おもなる  合計三つになる  開拓者になる  杉浦から離れられなくなる  険悪になる  かたをしたとなる  性格が悲しくなる  酒も飲めなくなる  構へになる  地獄へ落ちても、如何なる  つたものとなる  しまつて、帰るとなる  灯も消えて寂しくなる  雑事が多くなる  すべて沙汰やみとなる  仕事が残っておれば、なんとかなる  材料ともなる  小鉢を打っつけてやりたくなる  ここは明るくなる  世の中は明るくなる  全快はしないまでも、いくらかよくなる  物ずきなる  音慕はしく、遠くなる  宵の口で、おそくなる  調べが忙しくなる  頭が熱くなる  眼もあやなる  防備にもなる  一月になる  金光燦らかなる  子となる  あらはなる  浪靜かなる  存在理由となる  貴方が可愛くて可愛くてたまらなくなる  無表情になる  痙攣を起こして動かなくなる  今だに、どうかすると信じられなくなる  口をきくとなる  妾はどうなる  舞台稽古となる  風にしか考えられなくなる  味ってみる迄もなく、なる  暴風になる  余計さびしくなる  雪の下もそうなる  年々思わしくなくなる  かわいそうでならなくなる  稼ぎになる  くれないことになる  旅がいっそう面白くなる  そうかなあ、いやになる  出窓にいなくなる  閑かなる  人間は強くなる  時間にひき合せて見れば、なる  とこよなる  孤兒になる  合ひになる  忍耐しても次第に眠くなる  アノ坊が大きくなる  四十八九になる  ア勘定は幾許になる  盆過になる  耻になる  六十七になる  ア何うにでもなる  五体粉微塵となる  から、来たくなる  処分につかなければなる  ことは、書くと長くなる  日が経つにつれて、いよいよ悪くなる  貧乏になればなる  中まで、おしらべになる  戸をあけて、おはいりになる  お金を使いたくなる  顔をして、お聞きになる  四時になる  九月中頃になる  から生きていても鳴かなくなる  生息できなくなる  胃をこわしやすくなる  秋もおそくなる  体が好くなる  合戦はなる  傾城もかくてはなる  断食などはなる  姿を見ると、如何なる  犯人らしくないとなる  断定し得なくなる  シカメッ面をしたくなる  周圍を見廻したくなる  といつた風になる  王者になる  動機になる  私のものになる  心理になる  一人ぼつちになる  晩年になる  日から食えなくなる  お前さん方になる  死ぬ時になる  誰もいわなくなる  いつまでも酔えなくなる  井桁ほどなる  容貌になる  七十歳にもなる  飛行家になる  女流軍事飛行家になる  オモムキがあって笑いたくなる  会場となる  仕事ができなくなる  サンマになる  十二年になる  毎日のおもなる  馬鹿騒ぎになる  金にはなる  金廻りが悪くなる  虫となる  やうに絡みついて離れられなくなる  心は暗くなる  考へと、なる  痛みともなる  まり以前になる  敗残者になる  ときだけ青くなる  ほんとうに幸になる  わたくしたちとお会いになる  軍勢になる  ゴマ化しも相なる  気散じにはなる  一年ちかくにはなる  我慢せずばなる  木乃伊になる  待ちかねた夕になる  盲目的になる  夜半になる  遠くになる  よう身を休めておかねばなる  顔向けもならなくなる  黒表にのぼっていたおもなる  在職十年からになる  死にしたおもなる  余談にはなる  捨身になる  山ふところでは分らなくなる  侍によってなる  自分で見るさえも恐ろしくなる  助にはわからなくなる  虚無僧になる  ものだ、なる  ここはかくまってやらねばなる  音そのものまで寒くなる  土地が狭くなる  食物が乏しくなる  小当りに当ってみたくなる  それにはそれで、なる  一年増しに強くなる  風聞も頻りなる  安心になる  十両からこうなる  十両からになると、どっちみち、こうなる  頭が見えなくなる  七兵衛もこうなる  おかみさんが欲しくなる  暮しの足しになる  ことし十七になる  わけ合いになる  二両ぐらいはどうにでもなる  わけじゃあるまい、だから、こうなる  丸太ん棒を持って来たってどうなる  行違いになる  諸式は高くなる  ふところが寂しくなる  それをなる  領ではないか、どうなる  興は満なる  ようでしたが、そうなる  十歳にはなる  うに幸ひになる  會ひになる  百六歳ほどになる  言葉がちっとでも古くさくなる  だんだん足りなくなる  合同して祷るならば、助けてやらずばなる  氏子になる  非常時になる  古来十三歳になる  氏子が多くなる  補充になる  志を集めるならば何とかなる  なにも考えずに大きくなる  六十歳になる  一度、大きくなる  練習になる  川下になる  台木になる  感動は少しうすくなる  力がずっと弱くなる  五十年にもなる  口にいっぱいになる  寸尺は足りなくなる  布になる  皮の痛くなる  夜長になる  糸でなる  板屋根となる  湿気をもって、やわらかくなり、また早くくさって、葺きかえをしなければならなくなる  かぎりは、なる  屋根葺きには、なる  祖父母になる  ことがむつかしくなる  代りには、さあ葺くべしとなる  ものは、広くなる  住心地の恋しくなる  谷になる  市街になる  皆さんがなる  ようだが、如何なる  泥になる  土がだんだんとやわらかくなる  なかに多くなる  入れ物がほしくなる  腰へと、なる  伯母聟になる  真っ黒になる  歳になる  お話がどうなる  ちゃんとおわかりになる  彼女が大きくなる  女だとなる  十六七歳になる  何かむずかしくなる  生活になる  お出でどうにかなる  エケレジヤとなる  清浄となる  蜜資料になる  急にかゆくなる  国々も騒がしくなる  先には役に立たなくなる  ふつうになる  知らない女とでも死にたくなる  都会が冷たくなる  九時二十分になる  障子が赤くなる  僕もこんなに遅くなる  国が嬉しくて堪らなくなる  何んでも面白くなる  一町民となる  いつか東京話になる  結構やわらかくなる  職務となる  証拠物件が見当らないとなる  革命になる  以後から神社はどうなる  餘程明らかになる  繁昌しなくなる  血も黒くなる  から小一時間にもなる  何んぼになる  四十四にもなる  劇になる  てゐたら、おひおひ快くなる  中で動かなくなる  否味になる  御返事になる  美快なる  から病気になる  点心になる  シラホネになる  火が入って、待ってましたといわぬばかり、ぽっかりと明るくなる  のではなく、どうでもなる  四方がパッと明るくなる  一人と見なければなる  形勢にならねばよい、どうも、そうなる  人が、こうなる  けが、人間らしくなる  人間がなければなる  二三目は弱くなる  そうだが、弱くなる  用意をしてみたが、こうなる  つて見てゐられなくなる  裏通りとなる  所有者になる  あいつはなる  小使になる  づ虜となる  ものみたいにお叱りになる  喙をお容れになる  心当りおありになる  教育者になる  欠点をなほしたくなる  数え年九十四になる  働きが忙しくなる  人間が荒っぽくなる  早朝になる  どころにもなる  動作をして、だが、逃げ出すとなる  金魚屋さんになる  ことを勧めたくなる  引籠り勝ちになる  結婚するとなる  人にも勧めたくなる  雨声が激しくなる  十二月にもなる  フぬけとなる  暁には、如何なる  眼の痛なる  分限者になる  町が恋しくなる  閑寂を味わいたくなる  手足を伸ばしたくなる  考慮に入れなければなる  保養にはなる  大量殺人機械になる  一時はだいぶ暗くなる  コーヒー茶わんでも慣れればおもしろくなる  それがおもしろくなる  砂漠になる  半分以上はなくなる  仕舞ひになる  芝居を打ったとしたならどうなる  名前はいったいどうなる  時、ハッとなる  丁度ひと掴みになる  物におどろき易くなる  ことし十六になる  知つてゐるから、止められなくなる  へん下手になる  序だ、どうなる  方ではどうなる  ことを云ったら、実際どうなる  ことを思い出して、ははあ、なる  環がしまって、もうとれなくなる  ことだが、見せないとなると一層見たくなる  価値が大きくなる  洗濯婦になる  面白い浦島になる  煽動でどうでもなる  趣になる  補助機関が欲しくなる  の結果になる  日本は、どうなる  物事に熱くなる  アルバトロスと呼んでみたくなる  光栄としなければなる  足は、遅いもののたとえになる  留守なんぞになる  有頂天にはなる  踵を回さずには居られなくなる  五十戸からなる  心ともなる  夕暮時になる  所得となる  学識を認めて心からなる  悶絶したくなる  主人公にしなければなる  奴隷根性になる  急に美しくなる  無神論者となる  虚無思想家となる  誰とも逢わずに死ななければなる  別嬪がなる  兇行となる  殻になる  阿呆になる  残りになる  四にもなる  マダムのなんか見ると、まったく悲しくなる  無抵抗状態になる  あなたに譲らなくなる  けさになる  殊さらひそかになる  よけいにおとなしく人なつこくなる  唄になる  急峻となる  舞台になる  議員となる  輿論となる  英国風ならざるをもってなる  仏国風ならざるをもってなる  継承したるがごとくなる  代名詞となる  六年目になる  のが腹立たしくなる  仁術となる  氣分にもなる  乘りになる  二十三になる  通はなる  国道へ引かえし、暗くなる  俺のものになる  殘らずになる  一図になる  不気味になる  格好そつくりになる  彼は眠れなくなる  まま一団となる  共同生活が厭わしくなる  光が強くなる  明らさまに云われると、おもわずかっとなる  どよめきになる  通俗になる  毎日午後になる  内心からか、高くなり低くなる  寝室に居なければなる  京子はこうなる  後年気違いになる  數年前になる  のを考えると、おかしくなる  桎梏となる  台にでもなる  機会になる  お土産になる  ここはかえッて強くなる  ぐるりには、おもなる  一切しなくなる  証にもなる  天気がよくなる  しかたがない、申さずばなる  いつお還りになる  迷い子になる  一つにかたまると、こうも強く美しくなる  手をかしてやりたくなる  実現となる  世つぎにもなる  袴が遠くなる  刻にちかくなる  階になる  本年十一と相なる  おことばで、なる  むねを、すぐおもなる  こと、お取上げにもなる  一難一難、押し切らいでなる  対決できめねばなる  むざんな犠牲となる  大酔がしたくなる  炎になる  師直もそうなる  貴族になる  毎夕六時になる  俟たなければなる  大冊十六巻からなる  放棄しなければならなくなる  特に慎重にとりあげられなければなる  散文家となる  狢になる  其段になる  十倍になる  血液が喰いついてぬけなくなる  合計四十六本となる  雪たよりになる  やうな実にもなる  滅くなる  ずんずん遠くなる  ぼつとひくくなる  スヰツツルになる  だんだん平らになる  はじが潰れてすこし円くなる  仕合わせになる  使い手がないとなる  世間の役に立たなくなる  就職出来ないとなる  男じゃったが、イザとなる  イツモ飯となる  励みになる  世話にでもなりとうなる  玄洋社となる  ヘタバッてなる  甚しくなる  途中で、面倒臭くなる  倖になる  影が無うなる  一挙両得になる  四十位になる  腹藥になる  竜になる  針になる  あなたがお吐きになる  砒素鏡になる  羊歯ははがねになる  曼陀羅になる  いままた明るくなる  息もつけなくなる  きれいな天気になる  振子になる  一そうかなしくなる  ころとなる  皆さん死にたくなる  ここにゐると淋しくなるので、つい見に行きたくなる  寢るとなる  此もどうなる  名手になる  ころともなる  靴のやはらかなる  木の小さき細なる  赤土のやはらかなる  八つ手のやはらかなる  花穂はこの小さなる  目標となる軟かなる  省作だって婿になる  分別になる  思いはかえって深くなる  ばかになればなる  仕合せにもなる  おとよはこれからつらくなる  淫奔になる  万方都合よくなる  日を追うて忙しくなる  娘作りになる  違いあんめいから、そりゃそのうちどうにかなる  水が、僅かなる  省作好きになる  風が烈しくなる  ちょっとぬぐともう凍ってかたくなる  方がはづかしくて赤くなる  陰鬱になる  皮肉屋になる  意地悪になる  メラメラ燃え立つて激しくなる  言ひたくなる  二号になる  勝手専門になる  のが知れてゐるからかうなる  コレ式になる  から四月にもなる  カタにはなる  話で、これからどうなる  一パイ注文したくなる  見せしめになる  意志がなくて、かうなる  演出ゼロになる  懇ろになる  ケンカとなる  客が来なくなる  商談になる  ひねもす不快になる  らアル・カポネになる  顔を拝ませてくれなくなる  日々値段が高くなる  シンから楽しくなる  金持となる  買物となる  手酌となる  遠島ぐらいにはなる  しろ向きになる  不安で、淋しくなる  歌をうたいたくなる  舞台すこし暗くなる  なのだから、いやになる  愛嬌にもなる  ぱっぱっと使って見せなければならなくなる  のがおそくなる  舞台また少し暗くなる  愚痴になる  ようにいなくなる  唄ふなる  きり忙しくなる  霊たちとひとしくなる  淵となる  告白しなければ、なる  それに気がつき、涙ぐましくさえなる  骨の固くなる  酒を飲みたくなる  手紙を書きたくなる  大バルザックになる  八時すぎになる  のが、いやになる  於いて、少し怪しくなる  うちに眠くなる  白痴となる  房やかになる  ことがしてみたくなる  急に硬くなる  何でも言うなりになる  眞面になる  處處聞きとれなくなる  にぎやかになる  気温の高くなる  一胃が悪くなる  頭が重くなる  精神病になる  同形同色の実になる  空が明るくなる  ツ白になる  鍛冶屋になる  娘が居なくなる  しまはなければなる  呼吸も黒くなる  心やすめにはなる  此時代になる  兵隊さんになる  女でも殺したとなる  ぼろぼろになる  出入りしたとなる  縁の遠くなる  ちょっと考えてみなければなる  たまるものかとも考えたくなる  からだが痛くなる  かぎとなる  全身がかっとあつくなる  かんかんになればなる  ことし十四歳になる  ますます反抗したくなる  あきらかになる  跡になる  立場はあやうくなる  んでは、また大さわぎになる  夏戦になる  六波羅が落ちたら、どうなる  そとなる  自分らのおもなる  おん名を以ていたさねばなる  備えをしておかねばなる  家臣のおもなる  領土になる  旗上げなる  おん大将であらねばなる  影も見えなくなる  言いなりになる  さも、こうなる  謡拍子にして謡いとうなる  坊主にでもなる  配置がなる  優勢とて、さてどうなる  戦法を変えずばなる  何刻ごろに相なる  ごろにもなる  小勢になる  ところで、どうにもなる  兵火となる  殺しになる  期となる  別当房では、どうにもなる  場所になる  生命となる  研究にもなる  貴族時代には戻らなくなる  條件ではなくなる  その後明朝時代になる  これは疑ひたくなる  自殺がしたくなる  だんだん体が悪くなる  千両になる  みかんのなる  点がおわかりになる  ますます暗くより深くなる  事がおわかりになる  気違になる  どれ一つとしてなる  森のおくふかくなる  部屋いっぱいほどになる  島ながしになる  手品使いになる  晩がたになる  晩から夜になる  貯蓄は残り少なになる  意地っ張りになる  同情から愛が深くなる  重心となる  偶然でなくなる  棒立ちになって動けなくなる  努力となる  底が熱くなる  底が痛くなる  生活はどうにでもなる  日本文になおすとなる  個人として小資本家になる  大資本家になる  組合になる  あなたは飲むとなお黒くなる  井上さんはすぐに赤くなる  青鬼になる  結末近くになる  華かなる  彼女の苛立ちとなる  一体幾歳になる  人通りが少くなる  ことが、いざとなる  生活位はどうにでもなる  松村がどうなる  方もきめた、いざとなる  白川は疎々しくなる  げしくなる  振出人となる  違つた話になる  嵩にかかつて来るとなる  云つて見たくなる  顔向けが出来なくなる  めちやめちやになる  病気にでもなる  二十四になる  一人ぽちになる  あや子になる  殆ど押へかかへも出来なくなる  今年二十一になる  まりを付けなければなる  ことし二十一になる  町内預けになる  金さんはどうなる  同罪ともなる  近いうちに表向き嫁になる  暇にもなる  午ともなる  策に乗ってはなる  頭を抑えておかねばなる  瘤ともなる  ほかとなる  みな弱くなる  往来もしげくなる  明日発表になる  おれどもはどうなる  番犬になる  ように、おもなる  のかとお訊ねになる  無用になる  人だかりをみせていたが、こうなる  くせになる  吐ざきましたゆえ、懲らしめずばなる  気が荒うなる  意地張りになる  怨嗟になる  円滑に相なる  宗旨がたんなる  怨嗟となる  滅失を感じだしたとなる  宵になる  みなどうにでもなる  勤めに罷らねばなる  ためにも相なる  思案せねばなる  世つぎとなる  乱になる  岩松経家など、おもなる  牽制になる  解釈にもなる  身軽となる  方へ遠くなる  毎年夏場になる  講釈に名高くなる  それをよく聞いてみれば、必ずや、なる  浪士づれに睨まれたとて、どうなる  面目になる  中気になる  懐ろも温かくはなる  骨が白くなる  上では、どうにでもなる  ところのいずれなる  奴だとお叱りになる  退屈しのぎになる  方がお吹きになる  あれだけにお吹きになる  元気がおありになる  さわりになる  良人のあだかたきなる  身のなる  のだが、さていたかと言われてみると、考え直してみたくなる  程があぶなくなる  仕方がない、なる  方にも、かかり合いになる  女が恋しくなる  風情で煽られると、居ても立ってもいられなくなる  寵愛せられ、その醜なる  勢力となる  名取となる  事は大きくなる  善根になる  原因を究めさせたくなる  ろしくなる  ように出来ているから、そうなる  脳力とを費さずばなる  幸福者といわずばなる  技の拙なる  ことも考えさせられて、泣きたくなる  静かになればなる  人のてほんになる  強気になる  結果は、いよいよ悪くなる  後日がどうなる  恥辱にもなる  材になる  人生のはかないなげき、いかになる  明媚をうたわないで、いかになる  飾りになる  お礼を述べずばなる  人が受持たねばならなくなる  海を見ると悲しくなる  知行二千石となる  名物とまでなる  末に至って、どうなる  割が悪いと思っても、直ぐにまた、よくなる  買い手が多くなる  遊び場所になる  母あになる  お呼び寄せになる  から気がかりになる  職工のおもなる  仕事をお進めになればなる  色のいよいよ濃くなる  膝を打ってなる  虚にして無なる  くだりになる  のを見られると、じつにやりにくくなる  角をまがって見えなくなる  三度四度となる  健康にさえなる  余にもなる  なにをおたずねになる  ほうも幸いなる  猿股ひとつになる  青島か、なる  あとはなんとかなる  そこまで行けばどうにかなる  係りあいになる  十ぺん位い泣きたくなる  陽気がすこし涼しくなる  手間賃になる  ことをしなくなる  離筵となる  ぱつと部屋があかるくなる  聞き手になる  居どこが判ったらどうなる  ゆくえが知れなくなる  お荷物になる  食い物になる  玉無しになる  今年三歳になる  止めれば芝居がかりになる  見当違いになる  提重になる  そうに大きくなる  午過ぎからは明るくなる  二十六七になる  今年二十九になる  足かけ八年になる  吟味されなければなる  暴露されなければなる  彼は、もうこうなる  自分のかかり合いになる  堰から上になる  味になる  黒色になる  スープになる  まり遅くなる  カラリとなる  家庭料理になる  四十円をお費しになる  味の佳なる  から糞になる  嬢方がお買わせになる  色も悪くなる  経済になる  羊羹になる  ストーブで試したくなる  五十分位手の痛くなる  処が直ぐ平になる  のは暑くなる  働きが強くなる  フライになる  清潔になる  サラダになる  拵えになる  運転が悪くなる  殊に夏になる  土用中になる  それから暑い時分になる  順々に運んでいては長くなる  筋道なのだが、どうだろう、何とかなる  役付きになる  味淡なる  ホントに泣きたくなる  就寝になる  柔になる  毎度御馳走になる  料理法次第でそんなに美味くなる  牛肉より美味くなる  遥に高くなる  ハムになる  上等ハムになる  処は煮るほど美味くなる  湯がドロドロになる  刺身にもなる  奥さんをお持ちになる  脳の鈍くなる  僕は泣きたくなる  汁となる  菓子となる  薩摩芋がこんなに美味しくなる  流れになる  水があんなに白くなる  久助さんはどうなる  岩魚となる  郡代になる  七ツ時になる  寄合いが掴み合いになる  親政となる  どっちへどうにでもなる  眼をかすめたくなる  んでいいけれども、そうなる  皮はどうなる  一つ必要になる、そうなる  たくさんになる  家財道具のおもなる  道庵はいよいよ固くなる  方で持ち切れなくなる  酣わになる  繁昌になる  んだが、そうなる  坊主となる  店もどうなる  今年三十五になる  冬らしくなる  詮索になる  世の中が悪くなる  葬式を済ませなければなる  小降りになる  あやつり人形になる  身の上で、こうなる  からだが竦んで動かれなくなる  評判がいよいよ高くなる  収入も多くなる  神様もはやるとなる  足かけ十二年になる  人間ふたりを殺してどうなる  可哀そうにもなる  獄門になる  お天気になる  咎めをうけなければなる  大原君のいうにはなる  それはどうにでもなる  それはどうでもなる  悦びになる  得になる  食物を知らなければなる  汁になる  興奮剤にはなる  味がいよいよ好くなる  薬りになる  身体の養いになる  野菜も美味しくなる  モット柔くなって美味しくなる  味もなお良くなる  空炒になる  鰤になる  メリケン粉を黒くなる  メリケン粉を真黒くなる  心持が悪くなる  波も荒くなる  事も段々好くなる  当になる  大層美味しくなる  事を聞いたらなる  沸騰点が低くなる  拵え足して行って段々古くなる  会社で如何なる  味が良くなる  殊に雉なんぞは古くなる  羽が抜けやすくなる  毒消しになる  二番粉三番粉になる  水で捏ねられますけれども極く寒くなる  誰でもむずかしくはありませんがこれからが段々むずかしくなる  私どもでは寒くなる  これも少しお慣れになる  美文だといっているがなる  ものにもなる  つき合いは生れなくなる  組合のつよくなる  者を奪われたらどうなる  総立ちとなる  今年十四になる  違いなら何とかなる  事件もこうなる  手をひろげたら随分大きくなる  詮議しなければなる  ことし二十歳になる  論理的となる  友人となる  である、なる  構成的概念になる  検証され得なくなる  抽象的となる  分析となる  専門的となる  常識的概念になる  問題として、種々なる  問題ともなる  専門的概念ともなる  専門的概念となる  物理的空間となる  常識的概念であることになる  空間表象となる  地盤となり基礎となる  分となる  次元となる  bとなる  基体となる  性格に過ぎなくなる  今問題となる  立場はなる  内在的となる  始めから問題となる  一人がフワフワになる  二本になる  チェッこれはどうなる  街が涼しくなる  使をやらねばなる  節季師走にはなる  表向きになる  フラフラになる  さ二十五キロになる  辺のものになる  袂から証拠となる  噂はとかく大きくなる  だんだんに快くなる  詮議もなる  評判が高くなる  遠島にもなる  数にはなる  何はおいても、罷らねば相なる  尊氏にもままかっとなる  いまさらどうなる  直義とおもなる  上卿のおもなる  まま世捨て人となる  軍になる  仔細がなくてはなる  出門となる  味方と申さずばなる  一章を割いておかねばなる  水の泡となる  督戦となる  都へ立たねばなる  正因にもなる  是認しなければならなくなる  香も浅くなる  忠顕と気まずくなる  戦慄にもなる  みかどの寵幸が厚うなればなる  陰謀になる  可能性はすくなくなる  これもなる  今になんとかなる  明治になる  大戦争になる  午後九時になる  これでやっと歩きよくなる  国がどうなる  警戒管制になる  毒瓦斯を防ぐとなる  戦時にはこうなる  仕事が忙しくなる  溝板のなる  重爆撃機九機よりなる  活動となる  自ら明かとなる  措置に出なければなる  博奕打になる  旅商人になる  碁打ちになる  俳諧師になる  夜風にちらちらとゆれて、時々にうす暗くなる  うず高くなる  六十幾つになる  のですが、こうなる  無駄骨折りになる  初日前にどっと悪くなる  暇ともなる  根絶やしになる  偽首となる  柳はなくなる  だんだん影がうすくなる  却っておそろしくなる  罪が重くなる  覚悟はしていたが、さてこうなる  六十ぐらいになる  家はなる  雑司ヶ谷へ通わなくなる  だんだんに強くなる  講釈していては長くなる  だんだんに繁くなる  夜留守になる  誘惑されて挑みかかってみたくなる  おなじ相になる  野晒となる  いつおもどりになる  邪魔者も出て来たとなる  のがおもなる  大軍となる  九州を踏み荒させてなる  当惑にも相なる  ことをしていたら、どうなる  棲家になる  事ではどうなる  商売も暑くなる  もう少し気が利いていりゃあ何とかなる  日が暮れて暗くなる  茶屋女に熱くなる  ふところも次第にさびしくなる  二十四五になる  不和になる  通りですよ。長助は係り合いになる  お前たちは大きくなる  宴会みたいになる  ましになる  十名よりなる  輪をかけて甚だしくなる  けが、もうそうなる  損傷が多くなる  結局要領を得にくくなる  封鎖すれば、どんなに強くなる  戦闘機十二台合計四十八機よりなる  紐は、大きくなる  ところで、死んでなる  十数機よりなる  師団よりなる  僕は、どうなる  連絡が、つかなくなる  西に向けたとなる  戦争をするとなる  帆村へ知らせてやらなくてはなる  今年五十九歳になる  悲運に陥らなければなる  生き物になる  稲虫になる  ら様になる  日吉丸になる  石川五右衛門になる  五六本、おのずからなる  人生を悲しみたくなる  娘は蒼くなる  報告はないにきまっている、そうなる  形勢になる  位附けになる  日本一になる  輪者になる  最後まで見詰めてやりたくなる  餌食にはなる  燃料となる  指呼してみたくなる  足が重くなる  不幸をめぐらすと共に、大きなる  立体的になる  行きがかり上、送ってやらねばなる  傍えなる  数え年四歳になる  身についたとなる  癖がおありになる  買上げになる  こと、お聞きになる  前に、必ず一度眠くなる  今眠くなる  外気が寒くなる  それから後毎日夕方になる  赤膚になる  んですと訊きたくなる  暮れ、いつの間にか暗くなる  紫丁香花色になる  色合になる  時代の風潮となる  壺形になる  一人立ちで歩いてみればすぐになる  長生きになる  棒ちぎりになる  酒が飲めなくなる  碁も打てなくなる  駅伝競争となる  糞になる  助平になる  お昼になる  線路になる  壺になる  菖蒲になる  魂入れずになる  ことし四十一になる  道順になる  だんだんに高くなる  相違ないが、こうなる  末頃になる  小座敷もあったが、坐り込むと又長くなる  噂も、こうなる  誰だって相手になる  仕事が仕難くなる  ことが出来ないので、暗くなる  何処にか隠れていて、暗くなる  説明すると長くなる  自然に来なくなる  殊に証拠となる  それを云っていると長くなる  火の手はいよいよ強くなる  みんな夢中になる  因縁を付けたくなる  わたしもどうなる  行商になる  気病になる  半病人になる  牛になる  無期延期になる  場から縄付きになる  時代ですから、こうなる  取り払いになる  腐れになる  大勢が追っかけて来るので、どうなる  六筋になる  別に手がかりになる  懐中は乏しくなる  だんだん明白になる  高飛びをされると困るので、まあどうにかなる  暇となる  のか判らなくなる  返事のなる  手で討つとなる  芝居気を出したくなる  始末がどうなる  煤煙で黒くなる  仕方がないよ、なる  盗み聞きしているだけでも賢くなる  二万人になる  のだと思うと悲しくなる  何が幸いとなる  私も悲しくなる  呆気にとられてどうなる  石炭が売れなくなる  主権はどうなる  首はどうなる  脈も悪くなる  どれほど大きくなる  都市になる  毎日大きくなる  要求したくなる  永遠に魚になる  暴力肯定論者になる  一日置くと臭くなる  声が大きくなる  市参事会員にもなる  結局はどうなる  まり悲観的になる  生存競争が激しくなる  煙となる  火葬になる  屋敷者となる  時刻がたつに従って、大きくなる  五日にはなる  眼が痛くなる  落ち度になる  土地になる  ことを吹っかけるかも知れねえ、そうなる  万事露顕になる  大戦となる  徴するにはおよばなくなる  未来を培ってやらねばなる  尊氏をお用いになる  物笑いとなる  はなし合いになる  今日一日になる  形にはなる  大になる  面もちになる  日常のおもなる  政務軍事、おもなる  沙汰になる  還幸とさえなる  ばはなくなる  洛中へお還りになる  めしになる  朝敵となり賊軍視されてはなる  私への、かずかずなる  中道でお変えになる  お腹になる  邪げとなる  新帝光明院へ、お譲り渡しになる  娑婆へ出ると遊びたくなる  土地ならば早速に何とかなる  面がとれなくなる  新聞記事になる  心さえ暗くなる  相好のわからなくなる  飛脚を立てずばなる  一時さし止めなければなる  呪いになる  仔細が無ければなる  野郎逃がしてなる  濡鼠になる  旦那に代ってお斬りになる  艶が名高くなる  音が大きくなる  信用は次第に薄くなる  日の高くなる  から坤となる  義になる  借銭ばかり、こうなる  すべて落日になる  繰り出しとなる  御大老になる  だんだん振り向きもしなくなる  らと明るくなる  活動を示さなければならなくなる  勘次はなる  感心すると、貶したくなる  こまかに話すとなる  影が大きくなる  影が薄くなる  瓦職になる  笑いばなしになる  若い女が、どうなる  神あるが如くなる  guになる  曾富騰なる  タニグクとなる  前にしながら、なる  芥川賞候補になる  しかもそうなる  小父さんに話して来なければなる  人間はそんなにも弱くなる  だんだんに遠くなる  報告して来なければなる  二人は一体どうなる  疑いがいよいよ色濃くなる  覚悟をしなければなる  家はどうなる  工夫をしなければなる  花どきになる  だんだんに弱って来て、果ては堪えられなくなる  予備知識を持っているので、まあ何とかなる  黄昏になる  誘惑がひどくなる  病気にはなる  枝豆がおいしくなる  瘠土になる  花が咲いて、直ぐ実になる  さまざまになる  誰だって泣きたくなる  酒にも酔い痴れたくなる  世の中には、こうすればこうなる  一緒に行ってもらわねばなる  介添として行かにゃなる  ところはどうなる  闌わなる  用心にはなる  相撲にもなる  生字引になる  ものを見て歩いてどうなる  はじまることとなる  眼がまるくなる  ひとつ叱ってやらなければなる  人並みになる  ことはしなくなる  東になる  乗組になる  風つきの険しくなる  一帯がうすら明るくなる  それを、なる  人助けにもなる  雪の、いささかなる  諸色が高くなる  商売がなる  所払いとなる  欠所となる  引きつぎ所ともなる  もの気休めとなる  さ一丈ばかりになる  のがよくなる  薬喰いにしたくなる  のかなんかと、可愛がったり、可愛がられたりしてみたくなる  一番兜を脱がにゃなる  事済みになる  おばさんかぶれになる  遠慮せしめるという、しおらしい次第になる  思いやりもまた暗くなる  凡夫でなくても疑ってみたくなる  縄となる  能薫となる  所薫となる  所薫ともなる  能薫とはなる  心意気になる  万人の羨みとなり、嫉みとなる  難に強くなる  盛儀になる  師泰となる  自分らもやってみたくなる  よけい揶揄ってみたくなる  体がおつづきになる  ひとみにもなる  後醍醐生前のおもなる  日、おもなる  本来、こうなる  どこへお立寄りになる  諸人はどうなる  一ト束にもなる  我慢も忍ばねばなる  落ちになる  始まりになる  事、こうなる  お迎えせねばなる  五十日にもなる  みずから菊池征伐にあたらねばなる  ごろとなる  瓦礫となる  粛となる  位話上手になる  四邊がしんとなる  やうに豪くなる  肅然となる  谷となる  代理になる  脈搏が悪くなる  だんだん日本人でなくなる  だんだん得意であり得なくなる  所へ引き越したくなる  春は眠くなる  見様でどうでもなる  俗になる  訳に行かなくなる  詩にもなる  画にもなる  身体が重くなる  画になる  題目となる  否やうれしくなる  うち、いつしか、うとうと眠くなる  濃やかになる  摩耶島となる  平屋になる  手を出して撫でて見たくなる  顔中鼻になる  詩にはなる  こっちが怪しくなる  手が少し重くなる  今度は廻し切れなくなる  無理にも呼び返したくなる  われわれは呼び返したくなる  何だか口が聴けなくなる  観察するとだいぶ美しくなる  湯気の、濃かなる  玉露に至っては濃かなる  漢人の拙なる  線となる  だんだん旗色がわるくなる  周囲となる  是非勘定したくなる  何だか凄くなる  水が赤くなる  工夫がして見たくなる  詩が作りたくなる  花ばかりなる  警察じゃて、どうもなる  智識になる  爪上りになる  崖となる  景色も、いざとなる  阿弥陀となる  木瓜になる  裏あたりになる  ますます遠くなる  風に、図々しくなる  図書館行になる  丁稚代りであったが、そろそろ大きくなる  五十銭になる  洋服が、すぐ小さくなる  図書館はおもしろくなる  学校はおもしろくなくなる  土曜になる  小遣になる  二十七にもなる  大衆作家になる  盗講になる  明日から家族は食えなくなる  月収二千円になる  何うにかなる  話が出さうになる  割引して読まなければなる  切支丹になる  十一二歳ぐらいゐになる  法治国になる  つじつまが合わなくなる  と金が足らなくなる  伊織十四歳になる  生き神様になる  話は面白くなる  いつか単行本になる  ためにも多少はなる  うちは、なる  これをこう直せばこうなる  意見になるほどなる  サーベルになる  反対はしなくなる  軍備賛成者になる  大衆はどうなる  婦人数学者になる  なかにも培われなければなる  十一時半になる  見合わせになる  情況になる  荷物さえなけりゃ何とかなる  とき御飯たべなくなる  迅く濃くなる  海岸となる  午後から暗くなる  六年生になる  空屋になる  救いとなる  雨が降り次第に暗くなる  道しるべになる  荷厄介になる  家が間近くなる  感じが段々強くなる  俺になる  初老になる  時代には、そうなる  滑らかになる  微塵模様となる  芯があり、ところどころに、なにか汚ないながらも触りたくなる  五と順になる  わしはなる  酔興ってことになる  人道主義になる  表現派になる  枚数が長くなる  大病みも暖かくなる  ばあさま繭掻きとなる  存在であることになる  実在内容となる  物とは異ると考えられなければなる  三のものになる  空間となる  対象そのものとなる  限りそうなる  数はなる  連鎖になる  採用しなければならなくなる  無理強ひにもなる  必要はない、いやになる  涙おさえ難くなる  のは、どうなる  支離滅裂になる  弾劾となる  あいばったりとなる  相違ない、偉なる  問答になる  わけだが、そうなる  昔から色男になる  算盤になる  嗜好物になる  たしかに商売になる  悩みとなる  国境になる  曲り角を廻って見えなくなる  さと憤りとがかっとなる  七十余りにもなる  人ぐるみ焦土となる  いつまでも母親ががみがみがなる  頭がかっとなる  気持になりかけながら、そうなる  十二時近くになる  一時はどないなる  一昨年になる  男に深くなる  ことを思うにつけても、なる  庭になる  霜柱になる  実験室内で作るとなる  一番邪魔になる  揚足を取りたくなる  面白いから好きになる  心配だけはなくなる  価値はなくなる  ニュースでなくなる  うそ比べになる  私人経営になる  暮しもなる  召仕わなければなる  召仕になる  ごとをせねばなる  磔刑にもなる  なぶるようにもなる  無理圧しつけもなる  割れば手討になる  手討ともなる  生捕りになる  のは作り替えもなる  容易に作り替えはなる  これだけでも眩くばかりなる  ほんとうに石にでもなる  ように、残らず居なくなる  ここよりぞ暗くなる  奥になる  裏返しになる  真丸になる  親方となる  積りになる  仕方がないから、なる  急に居なくなる  丑時になる  前途へ高くなる  三人となる  世の暗くなる  魂遠くなる  恋となる  家中が明くなる  雫ともなる  確だと思わなければなる  ひいきになる  ものばかりになる  時侯が暑くなる  日ごとに烈しくなる  芝居がかりになる  熟となる  それきりまるで見えなくなる  大漁となる  演説がしたくなる  背後向きになる  此以上呶々すると面白くなくなる  原野になる  夢見心になる  人を好くして見返してお遣りになる  事云へば、なる  此處だけなる  連枝へ、御縁づきになる  武子さんを、となる  だんだん寡黙になる  のか、となる  お手伝いにはなる  何もつかなくなる  道場全体が、しんとなる  全身になる  時には、なおさら目立って、きたならしくなる  から一ばん人間らしくなる  ものでも、買うとなる  マア坊に対して固くなる  もっと住みよくなる  勉強のさまたげになる  自分で作るとなる  魔かと疑ってみたくなる  光までが暗くなる  何時でもかうなる  平凡になる  是非共受けさせねばなる  たか分らなくなる  母樣が、なる  貸費生とかになる  皆學者になる  媾和になる  とき、なる  方角違になる  座をはずしたくなる  歩みは踏み破ったとみなければなる  十数年にもなる  七七忌になる  だんだん億劫になる  前のめりになる  話し合いになる  五年余りからになる  役目ご苦労と言いたくなる  十一時ごろになる  開業になる  ことはすまいと思いになる  大和尚になる  石油こやしになる  いくつもきれになる  旱魃だってちっともこわくなくなる  午後にはなくなる  石油がこやしになる  ひまになる  炭酸ガスがふえて来れば暖かくなる  もくふうがつかなくなる  上にやは注ぐなる  なほあきたらぬほどなる  妨げともなる  母様宛に、いと重やかなる  聟となる  合はせになる  通ひたまふなる  答のなる  食となる  病人が、かえって助からなくなる  途中で歩けなくなる  平癒になる  だんだん細くなる  名探偵になる  別に手懸りになる  固体となる  其処になる  叫びがあがる、かうなる  アクサンとなる  瓦となる  父を偲ぶよすがとなる  金らしくなる  貴重になる  枳殻となる  如何によって大きくもなり小さくもなる  赤色になる  村も淋しくなる  稀れなる  不渡りになる  港へお着きになる  休みましょうよ、まだ明るくなる  食いものになる  土木建築となる  絵画彫刻となる  ことはしてやらずばなる  裏宿七兵衛との取組みとなる  おやじがどうなる  仕事をやめて立ち上らなければなる  わたしなら、なる  三日月になる  江戸から船のお着きになる  叢となる  これではたまらなくなる  生命問題になる  気懸りになる  人気はよくなる  足かけ四年前になる  全然動かなくなる  大安吾になる  勝ち目になる  楽事亦多なる  不具になる  パッタリ駄目になる  設備がいるとなる  だんだん掴みにくくなる  権柄ずくになる  すべて毒になる  情感は実になる  肉体に移さずなる  研究するとなる  支えともなる  汽船になる  智慧ともなる  二法となる  二となる  問題でも、こうなる  非常にむずかしくなる  説明、となる  説明するとなる  穂となる  川柳がありますが、こうなる  貧乏人となる  合計三六十八となる  のだ、といっておりますが、こうなる  苦しみはなくなる  仏陀になる  自然いらなくなる  小利口ものになる  つまり馬鹿になる  三角にもなる  はじめてたよりになる  化粧は、すればするほど美しくなる  如来になる  素寒貧になる  から二十年にもなる  一人ぽっちになる  まま廃人になる  星が食べたくなる  みんな悪者だから、そうなる  じき楽になる  いいわけになる  葉みじんになる  ひとり天下になる  初手からやり直しになる  干潟になる  農業がどうなる  文筆労働もやらなければなる  資本主義になる  そばヘクッついて放れなくなる  貿易商になる  バカらしくなる  自然人となる  文化国となる  於て醜にして且つ拙なる  外極めて醜なる  内極めて醜なる  田島は、いよいよ、にがにがしくなる  人生がはかなくなる  キザになる  其処へ、となる  松葉燻となる  銀河になる  母さんはよくお出掛けになる  午後四時になる  ほかタイイクなどが、ハッハッハ、たいへんそのどうもわるくなる  ゴラクが悪くなる  時候になる  しらが熱くなる  女史に対する心からなる  それが見えなくなる  追憶になる  つてどなり泣き喚いてみたくすらなる  のもやめてしまひたくなる  さへが苦しくなる  小説など勿論書けなくなる  黒山になる  なにがなる  四百フランも御座いましたら、どうかなる  月の終わりになる  から八年にもなる  声もしなくなる  景色とも別れなければなる  常楽院天忠となる  喰べなくてはなる  脚が速くなる  速度が大きくなる  それ以上速くなる  人工衛星になる  芯になる  粒になる  修飾にはなる  五十二歳にもなる  後をお追いになる  夕食になる  山嶽となる  引け目になる  眼眸になる  あんたに捧げなけりゃなる  二時になる  最後そのまま動かなくなる  哀れになる  土工になる  人夫になる  車力になる  申し訳にもいくぶんはなる  断定されなくなる  事はできなくなる  どころがわからなくなる  均一になる  四つよりなる  アラビアなどとなる  やり方をするとどうなる  ものを採るとなる  結局どうでもなる  妥当性がよくなる  批評を受けなければなる  ここは広く拵えなければならぬとなる  考証家先生になる  力持になる  ッこになる  二度になる  正直にやれば長くなる  それ以来三十五年ばかりになる  膚浅なる  わけに行かなくなる  銃口が傷ついて使えなくなる  提灯が見えなくなる  姿の小さくなる  六貫五百文ほどになる  毒草になる  いつか薬草になる  牢屋になる  死にたいとなる  遠くもなる  延長になる  まりますが、大きくなる  出陣となる  ために、こうなる  空ッぽになる  庄公となる  同類になる  身動きもできないくらいになる  大漁になる  だめだとなる  四つんばいになる  競争は出来なくなる  眺望は次第に淋しくなる  から一年になる  なかった私はそうなる  近付になる  薩張り訳が分らなくなる  重荷もすっかり軽くなる  倫敦が悪くなる  併し、そうなる  札幌へ引き上げるとなる  十三年になる  つてからもうよほどになる  考が空恐ろしくもなる  病氣にかかり易くなる  社會主義になる  昔ならばなる  行き方知れずなる  唯念仏になる  その後は、をどりになる  踊りになる  利用繁くなる  旁証にはなる  生きがひになる  詩が書けなくなればなる  いま眞二つになる  林檎になる  から三ヵ月になる  均衡になればなる  十円で売れるとなる  ことを聞いてなる  新聞になる  チト気を付けなければなる  古跡荒しになる  ことだって思想問題になる  たる所以でなければなる  お互い様に薄気味悪くなる  二対一ともなる  理解出来なくなる  理由にはなる  引き込みが益々付かなくなる  七項からなる  八項からなる  責任編集になる  考慮し始めなければならなくなる  これは一体どうなる  非難したくなる  何となく忘れ難くなる  阻止されるとなる  手頼りになる  いるかになる  波長となる  問題解決にもなる  もっと軽くなる  曲庇したりしたくなる  減刑請願になる  これはよく考えて見るとなる  治療主義になる  奇怪に思われてなる  監置主義になる  高等学校程度になる  ものは、なる  大学はどうなる  のんだくれになる  問題にしなければならなくなる  自然入学もして見たくなる  尤もらしくなる  合法的になる  飼い犬になる  代り飼い犬となって雇われたとなる  教化問題が結び付かなければならなくなる  のか、よく考えて見ると判らなくなる  一針になる  校長になる  賄賂問題になる  賄賂問題ではなくなる  地方長官から代議士になる  将官になる  校長となる  行為になる  もっと尤もらしくなる  意味するらしいので、こうなる  のかは判らなくなる  鍵になる  登場して来なければならなくなる  有力になどなる  病院におあずけになる  集会になる  強みなので、なる  板挾みにもなる  覚悟がなくてはなる  文部省になる  つるようになる  陸海軍になる  記憶しなければなる  代りにこんなに偉くなる  根拠を教えて下さい、なる  デマだと云わねばなる  責任者になる  法主になる  所長となる  所長になる  物を云わざるを得なくなる  おしをしなければなる  権威に乏しくなる  不祥事件だったと云わなければなる  人種だなどとは云えなくなる  計算違いになる  ことを考えて見なくてはなる  純日本式設計になる  気持などになる  実習になる  精神的になればなる  問題になればなる  寄付行為などになる  論拠となる  所謂三位一体制になる  改廃されねばならなくなる  満州国大使も要らなくなる  総督などを置きたくなる  手におえなくなる  無用有害にさえなる  モデルとなる  勝ちなのは遺憾至極と云わねばなる  大分前になる  通り注文通りになる  条件が悪るくなる  競争して集まらなくなる  高等学校専門学校になる  整理となる  合計九百万円程になる  不為めになる  一人五千円近くにさえなる  増給にさえなる  疑問でなくてはなる  税をかけねばなる  たよりにならないとなる  事実上問題はどうなる  楽観的にもなる  方がそう行かないとなる  責任を取らなければならなくなる  こと、などになる  結果階級対立観念はなくなる  経済問題になる  矢張中小商工業だけとなる  ズット消極的になる  廃止になる  盛大になる  成功したと云わねばなる  子供のことになる  職業紹介所長等からなる  女中奉公になる  説教一つきりになる  不漁になる  限り、そうなる  番頭も食えなくなる  理の当然となる  学校商売としても成り立たなくなる  程度まで益々悪くなる  原則になる  学校となる  女学校になる  幹部となる  可能性が、段々著しくなる  平社員になる  発禁になる  夫はつまり馘になる  米田先生がなる  出版法違反にはなる  山県有朋になる  わけだが、なる  一等心配になる  害悪になる  利益になろうがなる  難解になる  暴力行為になる  幅が利かなくなる  警察から安全になる  有つようにさえなる  八ツ当りがしたくなる  みずから墓穴を掘るものでなければなる  兼摂しなければならなくなる  話は段々細かくなり心細くなる  ようにすべきであり又なる  留置場増設を引き受けたくなる  近代化されねばなる  安定になる  ことかも知れぬ、なる  一体になる  更生になる  涵養になる  いつでも悪くなる  ことが悪くなる  発展して善くなる  顕著になる  自ら解答になる  所謂高等になる  緊密になる  有能者となる  鞏固になる  返事になる  利己主義になる  ますますたよりになる  もっともっとよくなる  子供の遊び道具となる  歸つてしまひたくなる  義賊になる  夜明け交代になる  日から馘になる  名奉行になる  八刻になる  破談になる  ヘマになる  ちょうが、見えなくなる  中日になる  十一時過になる  相談役になる  夕暮など多く見ゆるなる  云ひたるまでなる  やう浅まなる  これもいつはらざるなる  尊むべきものと思へるなる  やすらかなる  其形鉄砧にも似たればなる  顔をみせなくなる  議題となる  唯一中心となる  継続になる  群雄割拠になる  乱脈になる  下地になる  予期どおりになる  庶流になる  東山時代になる  手もと不如意になる  連中になる  文亀二年になる  ために浅くなる  三栖庄になる  永七年ごろになる  地方から秋になる  進献になる  知行となる  公事も納まらなくなる  ことが深くなる  花を飾って引きたくなる  公卿補任中の人となる  昵みの深くなる  それよりも遠くなる  あれが嵩じたら、しまいにはどうなる  年を取ってこうなる  気違いにでもなる  隠れになる  批判を御漏らしになる  御召しになる  足が茂くなる  もてなしになる  仕合せと云わずばなる  始めから私を、御捨てになる  盃を御挙げになる  闇が濃くなる  から、なる  三ヶ月にもなる  一分たりとも早くなる  何日もの如く三歳になる  校歌になる  矢張五十九になる  聲を揚げて泣きたくなる  穴が一層暗くなる  出勤時間の、遅くなる  基礎に置かれし如くなる  読み手になる  足まで重くなる  私とちかづきになる  只冷かなる  唖とぞなる  夜とやなる  盲目小さなる  のぼりゆく大きなる  蟻おほらかに、いとおほらかに、大きなる  盲ひなる  やみに新なる  羅曼底時代のあえかなる  順礼はつとにめざめてあえかなる  ひとのあえかなる  是非おとりになる  十八九にもなる  ジャズ・シンガーになる  まり聞こえなくなる  首が痛くなる  身輕るになる  ゆがみかたはだんだんひどくなる  神樣になる  ちょっと騷がしくなる  色調になる  繪になる  障碍になる  から独りになる  かいてみたくなる  これがどうしてそうなる  静物でもやり始めなければなる  わしもとつて六十六になる  国王になる  帰つて独りになる  構はなくなる  彼女を見守りながら、如何なる  封印でもせねばなる  塵になる  惜みになる  四つ位になる  舞踏となる  者たちはいよいよ別れるとなる  大富豪になる  両家におありになる  跡をおとりになる  賤ともなる  不肖ともなる  邪ともなる  男と女ともなる  富ともなる  幼ともなる  仕儀となる  作となる  気合になる  主張と相容れなくなる  ことを、忘れてはなる  断念しなければならなくなる  様民族主義になる  原則を忘れてはなる  必要としなくなる  年年ものが足りなくなる  かねになる  大にこにこになる  いつおしまいになる  全快になる  気持にさえなる  病気はひどくなる  通りのものになる  望み通りのものになる  君と僕とは別れなくちゃなる  彼もそうして見たくなる  私をお苦しめになる  頭だけになる  腓がどうなる  記念品になる  私もなる  先祖になる  悪漢になる  悪漢なんかになる  直角になる  おこぼしになる  一番おいしくなる  世の中が変っても、こんな、死にたくなる  叫びになる  生活が、とてもたまらなくなる  家中をお見廻りになる  十日ちかくなる  事を口走って、いよいよ、いけなくなる  羽織袴でせにゃなる  胸も苦しくなる  ママを思うと、泣きたくなる  薬品中毒はいよいよひどくなる  別荘を、お売りになる  六十ちかくなる  妾にだけはなる  からなあ、いやになる  革命家になる  の寒くなる  父上のお亡くなりになる  イエスさまはお叱りになる  お母さまのお亡くなりになる  の深くなる  満足して、あきらめなければなる  聖母子になる  おれみたいになる  スコラ用語となる  時盛んになる  隆盛になる  予言とさえもなる  調和的に埋めたくなる  比較ともなる  鏡として見較べざるを得なくなる  一くさりともなる  文明批評となる  ここから不可避となる  重大な躓きになる  旗印となる  祝い日になる  第二義的のものにすぎなくなる  双翼となる  序曲となる  そから高清水まで歩くとなる  それが欲しくなる  売り切りになる  稼ぎ手がいなくなる  聟にしたとなる  言葉までが苦しくなる  つて、苦しくなる  幅が狭くなる  五十三歳になる  三十三歳になる  なほざりになる  大胆となる  ならいに、えらくなる  世間に容れられなくなる  拝跪したくなる  満足出来なくなる  泣き顔になる  甲になる  まり仰山になる  折にふれてなる  太夫になる  子供たちはどうなる  話柄になる  例証になる  実感となる  敵と考えなくてはならなくなる  皆さんもこんなになる  仲さんはどうなる  宗教家になる  ものはさいわいなる  ものを呪いたくなる  おもちゃなんかになる  転地療養にもなる  あんた何になる  彼女を思い見るだけで、もううっとりとなる  顔が蒼くなる  きれいになる  頭が痛うなる  巫女になる  閨秀歌人になる  出発になる  櫛を挿しておあげになる  方がきっとよくなる  耳たぼが赤くなる  ことなしにはえらくなる  彼一人がそうなる  花形となる  感覚的苦痛になる  追憶となる  四年頃になる  殊に女性から年輩らしく取り扱われて、なる  志をあきらめてしまわねばなる  それから先きは又どうにかなる  無性に堪らなくなる  厭き気味になる  てんぷら種になる  えびは白くなる  手足纏いになる  声は止んでひっそりとなる  妙齡になる  禁呪になる  直ちに金銭になる  最後にはどうなる  今によくなる  狂人になるには、なる  くらゐならどうにでもなる  一泊するとなる  二十円はどうにでもなる  奥様をお持ちになる  廊下伝ひに行きながらも、なる  貰ふが好いな、かうなる  アメリカならどうにかなる  やる気はなくなる  模様をながめて、どうなる  夜になったらどうなる  記憶されねばなる  要求を満たして行かなければなる  それから間になる  傍觀者に過ぎなくなる  詩集になる  有名となる  朧ろになる  一人大きくなる  時から足かけ五年になる  云へず切なくなる  土台にもなる  三年二月になる  友人と会えなくなる  獰猛なのになる  から二十日ばかりになる  面持になる  余り楽しい食事ではなくなる  ゆっくり書いていられなくなる  音が強くなる  刻一刻と烈しくなる  懐柔せんとなる  議論しか出来なくなる  以後ツシタラと親しみ、如何なる  兎に角十五六歳頃になる  政治問題が少々うるさくなる  私は、如何なる  方まで快くなる  おしゃべりがしたくなる  彼等は、賢いといわねばなる  目の敵にやっきとなる  一市井人となる  形で、やらねばなる  心は温かくなる  ほかはなくなる  愚かになる  何事も益々分らなくなる  欠陥になる  廃棄しなければならなくなる  崖道になればなる  歩みがのろくなる  舞姫になる  ぃしみぢも平らになる  渋面になる  居酒屋に立ち寄って遅くなる  人はきっと遅くなる  苦悩は力強く平然と、大きくなる  階段を降りて見に行きたくなる  だれからも見られなくなる  調子でしゃべるので、まったく聞き分けられなくなる  手柄話になる  あたりがしいんとなる  雄弁家になる  行末どうなる  クリストフにもうできなくなる  拘束となる  御者かになる  願いどおりになる  復讐者と、なっておりあるいはなる  眠る時になる  映像はしだいにはっきりとなる  ほど大きく開かれて、苦しくなる  劇的場面になる  そばで聞いていると恥ずかしくなる  こちらがどんなにやさしく持ちかけてもいつも疑り深くなる  卑屈になるまい、なる  春雄になる  喉元が熱くなる  横着けになる  舞踊家になる  山になる  兵馬は苛立って、もう、こうなる  あなた、そんなにお急きになる  胸が重くなる  けが、だんだんと苦しくなる  儒者となる  いつのまにか引入れられて湿っぽくなる  笑いも、こうなる  一シラブルになる  台無しになる  ところにはあるが、ねえとなる  けが気になる  どこへお寝みになる  勝手にしやがれと、噛んで吐き出したくなる  のも、こうなる  かいでなる  すべて控え目になる  思案がいよいよ重くなる  抜本的になる  こと遊魂の如くなる  鉢合せまでにもなる  ことを恥づるとしも見えないけれど、さて、その突然なる  日本一頼みになる  領地になる  木立さえ物々しくなる  穴熊とか言ってみたくなる  たちがけばけばしくなる  外聞にもなる  気位になる  身にしみて嬉しくなる  人間が冷えてつめたくなる  手とが別になる  効能になる  心胆が寒くなる  通り実際となる  根が太くなる  根元へ来るほど太くなる  不言実行となる  やつになる  ことになるだろう、そうなる  法度が厳しくなる  なかった、こうなる  新月になる  順当であるけれども、そうかといって、かけるほど、細くなる  新月となる  新となる  たそがれで黄色くなる  穴にはなる  死ねば帳消しになる  ものはなし、そうなる  狂言もうまくなる  ものは、これからどうなる  ほかには、いよいよとなる  中が涼しくなる  鴫焼なんぞは食えなくなる  買い手が無ければどうにもなる  売捌きになる  相手とするとなる  夏場になる  笠を振りながら、やはり見えなくなる  隠居してさてどうなる  何千何万になる  度胸もおありになる  近ごろ気の悪くなる  ことし八歳になる  陪臣にはなる  邸などはどうなる  お待ちになる  帆影が見えなくなる  二つちがいになる  わけにもなる  最前線基地ともなる  間数は少なくなる  瞼の熱くなる  爽やかになる  勤めにもなる  懐紙へお忍ばせになる  持久的になる  秀吉のゆくても暗うなる  わしは堪らなくなる  順つて深くなる  胆の白くなる  奏楽席で眠くなる  皆どうなる  ますます涙もろくなる  ことと、日に日に怒りっぽくなる  蟋蟀の眠くなる  ことを言ったりしたりしたくてたまらなくなる  心にもなく笑いだしたくなる  太陽となる  楽匠らと等しくなる  ことには決してなる  声も出なくなる  一人一人になる  ぼくを愛しなくなる  曲り角に見えなくなる  動きがつかなくなる  足首に至るに従って細くなる  いつのまにか穴になる  息を吹き返したとなる  ッちゃいたくなる  日暮れ頃になる  加減は、よくなる  何から何までとなる  算盤が合わなくなる  生肉供給所となる  一人二人では済まなくなる  インドになる  小屋があると教えられたけれども、今更どうなる  瀑布となる  藪がひどくなる  先へも出られなくなる  岩が大きくなる  蔭に見えなくなる  まま果して動けなくなる  宿となる  山稜がガックリ低くなる  気もおのずと荒くなる  溶して用いなければなる  ものと思わなければなる  ことは諦めなければなる  急にえらくなる  足も自ずと早くなる  目を疑いたくもなる  稍や緩かになる  空翠濃かなる  崖頭が行けなくなる  七月下旬になる  横が搦めなくなる  水声が聞えなくなる  尾根は余程低くなる  岩魚がいるだろうかとおかしくなる  霧は濃くなる  から下りになる  殆ど空身にも等しくなる  近廻りとなる  参考ともなる  距離になる  雨が疎になる  温泉になる  淵が続いて通れなくなる  綱がなければ如何にもなる  五十七になる  終戦まではどうなる  それがひがみになる  二十八になる  今年三十七になる  薄気味がわるくなる  毎日どうしてこんなに遅くなる  当りもやわらかになる  絶無とは言わんが、いくらか少くなる  結論はなる  おれは忙しくなる  帰りはすこし遅くなる  元気をつけても、すぐ心細くなる  いずれは、せにやなる  ペンをおとりになる  つて遅くなる  ようによくなる  真似をしたくなる  ばかりある現金を、なる  今なら、どうかなる  から、もしお会いになる  いつかなんとかなる  金儲けとなる  開きが大きくなる  調子が激しくなればなる  いく時頃になる  別に無愛想になる  抵抗となる  自分から頼めば、きつとなんとかなる  気障になる  勇気がおありになる  んだか、しまいにわからなくなる  こだまとなる  僕にはわからなくなる  明日から、めきめきとよくなる  みんな言つてしまいたくなる  本気におとりになる  口に出すと、あゝなる  ますます散文的になる  つておゆるしになる  あしたはもう、起きられなくなる  かたちになり、そうなる  のが、ひたすらなる  制度になる  気持は重くなる  言つていられなくなる  乙に対して、如何なる  結局こうなる  あたしなお情けなくなる  承知しなけれや、どうにもなる  下手つてことになる  それも見られなくなる  非常に重苦しくなる  加減が悪くなる  ます気むずかしくなる  反映にすぎなくなる  迷惑となる  局外者となる  偽善者となる  いずれにもなる  別に害になる  ほんとうに牧師になる  ますます醜くなる  魂がほとんど見出さなくなる  ますます要求深くなる  出来事がしまいにどうなる  存し得なくなる  中いっぱいになる  ますますむなしくなる  確かになる  喜びを見出さなくなる  私が変ったら、どうなる  始末が悪くなる  片恋になる  恋になる  多産的になる  人中に交って見えなくなる  銀となる  形勢日に非なる  思が可恐しくなる  から欲くなくなる  鯉となる  皆輪が喰い込んで、がたりとなる  一つ重くなる  床几を離れて立ったが、いざとなる  只でお遣わしになる  後生になる  から、占めたと、豪くなる  路とともに尽きて見えなくなる  馬ばかりなる  鉛をおつぎ込みになる  もっとにもなる  気持ちが悪くなる  だんだんに暗くなる  繭になる  ちよいと飛込みたくなる  場合善良な市民となる  乗物で見えなくなる  持物になる  鮎に非なる  上にぶったおれてあえなくなる  誰が見てもなる  鋲は見えなくなる  小説家商売になる  ソーセージになる  品数が揃わなくなる  二十一匹となる  題材になる  行つたらどうなる  ぢやどうなる  跡もどりになる  出來なくなる  麻痺させなければ、惜しくて堪らなくなる  形がつかなくなる  類型的な、如何なる  親密になる  ゾンザイになる  真情に即さなくなる  本書のなる  宿屋ですから、お困りになる  幼時から大人になる  氣分になる  君が固くなる  折返しになる  つて幕末期になる  繁昌となる  近くなり、また遠くなる  弘化三年になる  朝鮮となる  中期になる  お祖父さんにしたくなる  夕刻ちかくになる  廣くなる  浦製鐵所御用係となる  安政二年頃になる  同然となる  種書となる  運動となる  時代に、また如何なる  胡坐が組んでみたくなる  愛好者となる  源氏屋口調になる  人生苦がやりきれなくなる  芝居でなくなる  平凡にはなる  すねがきかなくなる  和やかになる  生活が狭くなる  だんだんこまやかになる  生まれる原動力になる  皆ゲエテになる  麓が懐しくなる  肉をいじると苦くなる  溝渠は段々狭くなる  絵画になる  のをみるとたまらなく可笑しくなる  体質になる  様子がものものしくなる  事情かくのごとくなる  京阪地方になる  頭も下げたくなる  エンタシスは見られなくなる  江戸時代になる  人はとかくに理屈っぽくなる  那辺にありやはおいて問わなくなる  両立し得ぬともいいたくなる  重要事となる  媒材となる  影からなる  的事物存在Existenziell-Vorhanden-Seinとなる  意の如くなる  宝石ともなる  業といへど、拙なる  財産差押えになる  血となる  憚からなけりゃなる  穴になる  割前勘定になる  乳癌になる  敬遠したくなる  顔見知りになる  理性にとめていなければなる  自己反省のくりかえしになる  いつか禍根となる  遊びではなくなる  却つてうれしくなる  特色にはなる  満足しなければなる  席に遅うなる  競馬となる  狂乱になる  頭に入れて考へねばなる  眼には、なる  供物となる  依代となる  飾り物になる  山車になる  intimeになる  類集に待たねばなる  ヰツスラア情調中の人となる  替え玉になる  生まれになる  おむこさんをおむかえになる  乱戦模様になる  かったいになる  啓蒙活動となる  系列となる  一ファクターとなる  様式となる  とことはなる  言つた例になる  二類になる  ceになる  此になる  寓りなる  呼気が少し臭くなる  ベロベロになる  お稽古となる  此処は取壊しになる  喧嘩面になる  私達は、そいで、どうなる  上どうなる  監督になる  泣寝入りになる  金はどうなる  女優さんになる  世界一にでもなる  身体は益々固くなる  地下室一杯になる  相手の云いなりになる  受話器が外してあったらどうなる  ために、飲んだとなる  だんだん不愉快になる  聞けば聞くほど、いやになる  クソになる  漫画になる  否定されたならば、どうなる  標語ともなる  テュプス的となる  顕はになる  毒となる  安寧となる  僅か十一節よりなる  から、もうよほどになる  四年以上になる  寸隙とてもなかりしなる  背向になる  ことを、なる  やうであるがなる  二十八九にもなる  劇作家になる  からだに毒になる  等比級数的に多くなる  だんだん不足になる  苦痛を考えるならば到底美味しくはなくなる  目方でお測りになる  あいそうになる  だんだん意識が薄くなる  気取りとしか思へなくなる  調子よく、もつと楽しくなる  喜劇作家となる  数が多くなればなる  範囲が広くなればなる  前途果して如何なる  特宜なる  書き手が少くなる  主的形式となる  二千法になる  風邪はしだいに重くなる  日本に帰ると、どうしても出なくなる  西洋式になる  根本要素となる  計画を棄てたくなる  ことを気づかなくなる  三通りになる  訳があり、やらなくなる  問題でなくなる  部類になる  奉仕者となる  世の中が続いて行ったら、遂にはどうなる  ままで進んでいったらどうなる  胸糞が悪くなる  響きも聞えなくなる  底まで温くなる  芝居にはなる  君がなる  金曜日になる  劇が面白くなる  あくびをかみ殺したりしなくなる  わけにはいかなくなる  即興劇となる  劇は、いったいどうなる  やり方しだいで、いやらしくも、あさましくもなる  二十五年になる  独断になる  うちから探すとなる  山路けはしくなる  屈曲角になる  夕霧の深くなる  瀑布は見えなくなる  本尊樣になる  緑蔭鮮かなる  三十七八年前になる  水が清くなる  空氣が好くなる  味を出さなくなる  二十一歳になる  疑いなどどうでも良くなる  嘘となる  口実となる  迅くなる  ことなどどうでも良くなる  機縁になる  耐へられなくなる  ひとりで笑い出したくなる  私がいなくなる  世故に迂なる  人生の尊貴なる  拯ふに吝なる  殆んど獲れなくなる  芯みたいになる  美味問題になる  殺伐になる  それに耐えられなくなる  四編はどうでも書かずばなる  遊女屋から入婿になる  隙となる  合討ちになる  方でなくては到底お解りになる  児が見たくなる  名誉はどうなる  今日ばかりは明くなる  仲人になる  土地柄、おそくなる  紙が黒くなる  筈なのに、いざとなる  一人でお越えになる  姙娠となる  立姿にでもなる  口答は出来なかつたけれど、ちつともなる  思出になる  いふ心になる  御馳走をして、暗くなる  一杯固くなる  其姿の見えなくなる  劃になる  出向きになる  品は、そうなる  仕事場で、さあ、こうなる  お前が憎まれでもしちゃなる  口答は出来なかったけれど、ちっともなる  磔にもなる  内密で御遣わしになる  主眼になる  意見になる  濟まなくなる  來なくてはならなくなる  十勝になる  空も暗くなる  そうで、いよいよ心細くなる  国宝になる  頭が悪くなる  北風にあふられて聞えなくなる  二ヶ月になる  虫の息になる  月あまりになる  わたしまで、泣きたくなる  私はさう思ふと、いやになる  今日はもう悪くなる  骨子ともなる  ボロボロになる  二千二百立方尺になる  一%以下となる  発見によって、そうなる  妻に対して日に日によそよそしくなる  基になる  末期になる  蕪雑になる  獄吏になる  年ごろになる  幸ひなる  じきおしまいになる  畜生、逃がしてなる  それ逃がしてなる  二十四時間以上にもなる  電話がなる  二人をつかまえて、話し合えば、なんとかなる  ことは、案外どうにかなる  もので、どうにでもなる  如何ともなる  貧少なる  交際のいよいよ厚くなる  先あたりが、ムズムズして痒くてたまらなくなる  足音が聞えなくなる  カッカと熱くなる  くり返ったなりに動かなくなる  夜中に明るくなる  腹一パイになる  あやになる  資本主義のゆきづまりはひどくなる  運が悪いとなる  がれになる  十九歳になる  先生に差上げまして、どうなる  手紙下さらなくなる  ローソクにとらわれ、どうなる  作品がよくなるか、わるくなる  羊になる  場合にはどうなる  害はなくなる  価値ははたしてどうなる  頭脳の足しになる  養成でどうでもなる  研究材料ぐらいにはなる  先達となる  ためには、なる  ものとしなければなる  ポルトレにはなる  から鈴がなる  一つ二つしてしなくなる  転換してかからねばなる  大股になる  だんだん外が暗くなる  自分も踊り出したくなる  帰りになるならなる  これへお着きになる  物のおわかりになる  関守氏はなる  手を空しうして帰って来たが、こうなる  わたしはいったい、どうなる  四月ばかりになる  花さん程度になる  分界を知らなければなる  ように荒くなる  夜歩きはできなくなる  からどうにでもなる  挨拶がなければなる  草鞋なんぞが、そんなに有難く、勿体なくなる  金次郎様がなる  何百回となる  どこがどうか、入って見ていよいよわからなくなる  与八がなる  十両になる  吟味を受ける、そうなる  分が悪くなる  日には、しつこくからみつかれてどうにもなる  語気になる  路用も尽きて、どうなる  十年先になる  前途が心細くなればなる  心が強くなる  唄が荒くなる  櫓拍子もまた荒くなる  混線となる  無差別となる  演説口調になる  ばっかりごらんになる  んではなんにもなる  旅行用にもなる  宵は深くなる  百パーセントになる  まじないにはなる  儀はどうなる  二十四五ばかりなる  鬼といふなる  御陵守になる  一ぺんおいでになる  一ぺんお出ましになる  敬称になる  それで隠れたがる、そうなる  うえけんかをしてどうなる  みな買いたくなる  時代おくれになる  銀ブラとなる  家ばかりになる  色が白くなる  ニコニコお笑いになる  殊に老年になる  伸びをして、少し肌寒くなる  身体は軽くなる  けが罪になる  人伝に聞いてみますと、なる  早業になる  三鳥にもなる  ちょうはんとなる  事こわしになる  角としても、いよいよなる  わたしで、どうなる  天領だとなる  代官だとなる  きっかけを求めねばなる  要路となる  領主がやりきれなくなる  写真に写ると実際よりも美しくなる  気持が深くなる  祖先がなる  ヌシになる  制なるが故なる  言葉づかひなる  霜置けば赤くなる  白菊は赤くなる  ことしばしばなる  理窟ばかりなる  除外例は多くなる  疑問となる  標準ありしなる  そめの思ひつきなる  歌にはなる  三百七十五首となる  調の高くなる  者とのみ思ふなる  者ありしなる  絵具がほしくてならなくなる  ように冷たくなる  人と有しなる  三人説となる  給へるなる  四石見娘子となる  二人説となる  お話ともなる  さであるから、一応は逃げたくもなる  耳を塞ぎたくなる  自己弁解にもなる  ぼくらの関係はどうなる  ことの償いにもなる  ものと思ったが故になる  木小屋なども見えなくなる  霧に包まれてしまったら、どうなる  わたし胸が痛くなる  足がつめたくなる  種本になる  アダ名となる  自称となる  ものだと思うが、なる  公式フォビヤとなる  何にかけても美味くなる  馬が少し早くなる  お八つになる  相手にされなければされないだけ、強くなる  ぶんじゃ逃げ出さなきゃなる  煙突掃除になる  から昼飯になる  駱駝をかけて見たらどうなる  横腹の痛くなる  時にゃ、まったく可愛くなる  接吻せにゃなる  仕事がやりよくなる  あなたと一緒に出掛けるとなる  探険から帰ったとなる  誰かに借りなきゃなる  大罪人には印しをお附けになる  暮らしになる  お医者さんを呼ばなきゃなる  ことがわからなくなる  一つ小さな嘘を吐かなければなる  詭計を用いなければなる  俘になる  ことも、考えねばなる  たくさんあるとなる  退化となる  ボイコがなる  眼があいていられなくなる  雷雨になる  サモイレンコの噴き出したくなる  決闘になる  仲がよくなる  仲悪くなる  年長二十六になる  祖国のために死ぬことができなくなる  イケニヘになる  往復がはげしくなる  ぐあいの悪いことになる  肉体が憎くなる  聟養子になる  半殺しになる  クニへおかへりになる  らじうむとなる  十二時半頃になる  終いにはどうなる  記憶があやしくなる  記憶が怪しくなる  むる助けとなる  不快となる  波が忽ち大きくなる  いつでもすぐに逃げだしたくなる  方向が分らなくなる  夢に過ぎなくなる  近世になる  人間が正しくなる  物が美しくなる  だんだん好きになる  更止められなくなる  身体が堅くなる  百五十歳になる  朧となる  殆どこれからさき、どうなる  厭はしくなる  幸ものになる  味がよくなる  ときにはこんなにあっけなくかかるのに、釣れないとなる  オカズ代りになる  腹ばいになる  全身が黒くなる  上にのせられると動かなくなる  身をかがめて、見えなくなる  網は重くなる  ちょっと手に取りたくなる  皆代わる交わるながめてみたくなる  一条件となる  胸悪くなる  結局奴隷となる  地方では生き得られなくなる  ますますクリストフが好ましくなる  凡庸となる  隷属契約となる  オフェリアになる  ますますいたたまらなくなる  友だちとなる  それに、どうせそうなる  自分自身が少し恥ずかしくなる  みずからまっ先に笑い出したくなる  証明となる  報道記者となる  定日になる  同様に楽しくなる  二人がしゃべり出したとなる  趣味となる  言葉を言いたくなる  から従って言いたくなる  感激があまりひどくなる  一週間不在になる  世間的確認となる  箇所になる  旅になる  ことでそんなになる  人々から支持となる  自分のなる  帰りは少し遅くなる  うち夕方になる  腕力沙汰になる  自認となる  自分がいなかったら、どうなる  母はどうなる  入口に残って、見えなくなる  陽炎が立って、眠くなる  輪になる  荷物にもなる  人数になる  其物になる  自分は、如何なる  そのもの案じがおなる  さのあまりなる  めぐりて見えずなる  慣いなる  夢なるか現なる  境にふさわしくなる  叫びとなる  妾宅通いも出来なくなる  みんな画かきになる  場合はどうなる  傷けたことになる  友達が欲しくなる  物などになる  冬場になる  一圓十錢になる  うつらうつら眠たくなる  半額位にはなる  二千圓近くにはなる  二千圓近くになる  水滴になる  感情的になる  ことからはじめなければならん、なんて言いなすつたけれども、そうなる  記者になる  はずみにそうなる  陰口になる  変にはなる  小きざみになる  ことについてまず語らねばなる  失つておしまいになる  命令になる  一週間後になる  返事はできなかつたけれども、とにかくなんとかなる  ものがなくてはなる  みんなお持ちになる  すべて係り合いになる  来月から忙しくなる  奥さまはおおどろきになる  からないけど、いつたい、どうなる  しまつたんだから、そうなる  んでしようけど、いつたいどうなる  つて無罪になる  ことがおわかりになる  気持がわいて来て、なにか、うめあわせになる  ことしてたら、なお遅くなる  やつかいになる  面白い女になる  自信、おありになる  ふたり切りになる  闘ひつづけて行かなければなる  解禁になる  煙草ほしくなる  虚傲になる  あいつは、もつと、か弱く、美しくなる  張りあひになる  つて薬になる  結果が、どうなる  世の中は、きつと住みよくなる  さが憎くなる  組織せずばなる  草にはなる  身代二十倍になる  さへ切れなくなる  頬が、細くなる  人は、偉くなる  めかけになる  後家になる  介添となる  小町庵となる  むる結果となる  唐本仕立てなる  ことがあれば、どうなる  さわりとやらになる  吉田御殿におすまいになる  胴巻を見ると長くなる  女を見るとまた長くなる  収穫ともなる  学生となる  徒歩立ちになる  記録は偉なる  使節となる  祈祷などになる  今晩になる  これを手放すとなる  紊れない、おのずからなる  懐中が少しずつ寒くなる  懐ろが寒くなると同時に心細くなる  人物の見えなくなる  語法文法になる  役附いたとなる  御用党となる  爪牙となる  正面衝突になる  勤王となる  山崎が聞いてなる  政治はどうなる  結果と見なけりゃなる  真剣に考えたくなる  弟になる  罪悪感と闘いつづけて行かなければなる  もっと、か弱く、美しくなる  張りあいになる  世の中は、きっと住みよくなる  背筋が、寒くなる  笑い草にはなる  センチメントおさえて、おさえて、おさえ切れなくなる  命取りとなる  まことに心無きわざとなる  問題が別になる  弱点ともなる  魅力ともなる  度量ともなる  天平盛期となる  四天王像になる  神品となる  クリストフにとっては、もうたまらなくなる  生活しなければなる  身体つきがよくなる  意志もかならずや卑しくなる  ことに明るくなる  首を切らざるを得なくなる  鼻にも似なくなる  鼻だとは見えなくなる  瞬間になる  満員となる  六十歳にもなる  官学風になる  彼らを信じ得られなくなる  自分自身を信じられなくなる  ナポレオンとなる  高尚となる  一人っきりになる  じきによくなる  むちゃくちゃになる  ますますひどくなる  友だちでなくなる  熱狂的になる  大立物となる  差し向かいになる  富者となる  楽節になる  話ができるほどになる  女教員になる  抑制となる  涼しげにぞひらめくなる  柔順やかなる  ヒドくなる  減くなる  痛罵したくなる  まさか十月になる  亡になる  晩餐を終りしならん、大きなる  彼様になる  モウ廿四になる  菱川は大きなる  酸つぱくなる  半歳にもなる  行衛知れずになる  自然立ち消えになる  緑滴らんばかりなる  お世話様になる  其日になる  行でになる  光を放つのみなる  妙へなる  隠居役になる  輿入れになる  嫁でになる  来会になる  定になる  便宜にもなる  訣別にでもなる  博物舘前を、大きなる  キツとなる  毀けてなる  朱唇白くなる  税は多くなる  誉になる  黒影見えずなる  一つのみなる  五歳六歳になる  皆んな善くなる  顔などは見えなくなる  わけにやなる  其様歳になる  お前が恋しくなる  上げになる  十二時にはなる  此の些かなる  手助となる  十二三年になる  居でになる  天晴れと褒めたくなる  足手まといとはなる  舅父となる  ア物になる  うちだんだん人物になる  賭になる  正面衝突しなければなる  マクラになる  こいつになる  守勢になる  挨拶せずばなる  妾てかけになる  お方になる  出入りとなる  怨みになる  活動力となる  勢力源となる  三世紀になる  関係が更に深くなる  強大になる  社会的状態に一層大なる  権威はいかなる  障礙となる  共有財産となる  有機的体系となる  事実でなければなる  省略などになる  脱落句となる  好材料となる  冒険に出かけて見たくなる  人達の少なくなる  一分子になる  筆をお持ちになる  季節となる  3となる  眞空中におけるが如くなる  帶電状況になる  複雜になる  つて邪魔になる  申譯にはなる  揚子江から南になる  から水上となる  これらもひどく高くなる  考えがちになる  騒ぎではなくなる  毎年出すとなる  笑話になる  心をお引かれになる  覚醒になる  帝がお言いになる  悲しみの深くなる  天子にでもなる  怠りになる  昼間おいでになる  拝見すると、そうなる  帝がおとりなしになる  元服をおさせになる  昔をお思い出しになる  ことによって堪えがたくなる  方がお弾きになる  未練をお憎みになる  官吏になる  ことをお言いになる  道を取ろうとお言いになる  一婦主義になる  きらいになる  嫌味になる  人生はだれがどうなる  取り扱いになる  自分はそうなる  ことを思うと呆然となる  煙になる  悲しみになる  ものだと恥ずかしくなる  頃激しくなる  ことが、こわくなる  結果は、なる  人間にもなる  咲も、良くなる  心が善くなる  向うに廻して勝つだけ、悪くも強くもなる  四這いになる  工合がよくなる  だるいようになる  弁護となる  改良者となる  先からは、集めたら、どのくらいになる  適者となる  まま、なる  あまり自分まで物狂おしくなる  無性に飲みたくなる  人足となる  一家はどうなる  自由は利かず、どうせなる  何にも判らなくなる  目が堅くなる  却つて夢中になる  アントアネットは大きくなる  晩となる  富裕になる  それを見なければならなくなる  自分たちがどうなる  名折れとなる  ここで死んだらどうなる  食堂となる  音楽教師となる  休息となる  絶えだえになる  ますます弱くなる  顔色がいくらかよくなる  自分はこれからどうなる  期待しなくなる  おりになる  恩知らずとなる  當分寂しくなる  お腹立になる  ことすら出来なくなる  美しい人になる  あなたはどうなる  興がおさめになる  お嬢さんがおありになる  返歌のおそくなる  今は悪くおとりになる  奥様にお擬しになる  私がどれほどそうなる  あなたはよそよそしくなる  案じになる  寄せになる  以前よりもおつかわしになる  宮にとっては空恐ろしくお思われになる  扱いになる  一言お言いになる  つれになる  何でもおわかりになる  者にお扱われになる  宮がお言いになる  おからだがどうなる  責任だと言っておしかりになる  一月ばっかしになる  警戒しなければならなくなる  話題にはなる  勘で、なんとかなる  あなたについて歩いたらお困りになる  十分にお愛しになる  お話をしておあげになる  刹那から好きになる  きまりの悪くなる  着料になる  恩人と気まずくなる  笑いものになる  皮膚病なんかになる  からだのだるくなる  女御にお見せになる  興味がよほど薄くなる  のもおうるさがりになる  命婦をお憎みになる  口をお動かしになる  私だって一日あなたを見ないでいるともう苦しくなる  綴じつけになる  強味になる  二十幾年になる  御所へおはいりになる  だれにもお見せになる  承知になる  碑を建てたくなる  認識も深くなる  政略となる  優勢となる  一つであるとも言いたくなる  心核となる  割合が大きくなる  丁寧なのになる  十余人になる  過去帳中の人になる  死物になる  言葉をなる  山気となる  日が暮れてずっと暗くなる  生活へおはいりになる  おかしい顔になる  容体がよくなる  命の続かなくなる  袖が濡れるとお言いになる  踏み出しになる  宮へおはいりになる  思いをおさせになる  幾日かになる  宮へいよいよおはいりになる  禍いにもなる  世界が暗くなる  命がどうなる  お立ち寄りになる  日がたつにしたがって堪えられなく恋しくなる  わりになる  悲しみはゆるくなる  心配をおさせになる  落としになる  所なきが如くなる  訛れるなる  當てたるなる  音近くなる  計算の如くなる  言へる如くなる  句を作りしなる  所の如くなる  六時頃になる  心持がおわかりになる  気狂いにでもなる  仲をかたく結び付けるよすがとなる  あたし次第で、どうにでもなる  御息所は心細くなる  年少でおありになる  髪に挿してお与えになる  院のお言いになる  行啓になる  はずであったがたいそうになる  ぶりでお逢いになる  教訓をお残しになる  のではないかと心細くなる  お忍びになる  参内になる  継ぎになる  勤めになる  身に沁んでお思われになる  自分はなる  中宮がお言いになる  私はお逢いしたくてならなくなる  笑みをお見せになる  ますますよくなる  感情を隠して告げておよこしになる  理智だけをお見せになる  平生は早くお寝みになる  ためにお捨てになる  教えになる  採用になる  恋がおもしろくなる  源氏をお憎みになる  太子でおありになる  こともぐんぐん悪くお言いになる  ことも、また悲しくなる  十分ほど遅くなる  まりお考えになる  オブリアンさんをお憎みになる  朝十時頃になる  八年前になる  豆腐はなる  血肉になる  想像されて心細くなる  一人たよりになる  悲しみに暗くなる  一時的に暗くなる  そばへつけておありになる  遠くへ行ってしまったら、どんなに苦しくなる  心にはつい恨めしくなる  あなたがお置かれになる  種ともなる  語りになる  眼中にお置きになる  源氏が恋しくなる  天気が悪くなる  音がやんで、暗くなる  世の中がまた恋しくなる  十八年になる  責任も少なくなる  譲りになる  いずれはそうなる  源氏にお逢いになる  二人が来なくなる  女房はそれほどまでになる  一人はどうなる  しりはどうなる  幾月になる  雨ではどうにもなる  話し合いからそうなる  指先を切るほどに冷たくなる  嘆を放ちたくなる  そこから毎年初秋になる  卵子が大きくなればなる  鎮西八郎ぐらいにはなる  住ひになる  行つておいでになる  風に、もうかうなる  短命でお終わりになる  進言をお聞きになる  孤独になってどうなる  尚侍をお愛しになる  十二でおありになる  りっぱでおありになる  人がなる  産期になる  性質になる  から私としては悲しくなる  私はもう死にたくなる  営みになる  傅ずきになる  前斎宮でおありになる  お勧められになる  心もまだどうなる  後宮へなどおはいりになる  ことになさいましてもお腹だちになる  おとどまりになる  先づ百姓様になる  標準にはなる  農学博士が多くなる  無知になる  大根も作れなくなる  腸も善くなる  親切をお見せになる  世の中が悲しくなる  台にもなる  十一月になる  量が高くなる  こともたいそうになる  月日になる  つたとて、どうなる  花にふちどられてまつすぐにつづき、遠くなる  百姓は、こうなる  彼は、どうなる  牛が売られていったら、どうなる  もっとしあわせになる  心の痛くなる  世の中が恨めしくなる  遊びになる  美貌をお持ちになる  せいかお描きになる  絵をお描きになる  特にお愛しになる  業平朝臣を負けさせてなる  肩をお持ちになる  趣味をお持ちになる  決めになる  自信がおありになる  琴をお弾きになる  傑作をお見せになる  年月を思うと、どうなる  ように思われて、悲しくなる  欠点もあるが住みついたならきっとよくなる  復旧させたり、よく直させたりすればずいぶんおもしろくなる  主人がほなる  川の遠なる  所へ来てずいぶん長くなる  自分はどうなるもこうなる  おいでにならなくなる  お嬢さんのいなくなる  責任の重くなる  三十七歳でおありになる  際になる  源氏へお取り次がせになる  言葉をお聞きになる  奉公になる  現在国務をお預かりになる  親王になる  政治家がいなくなる  悟りになる  行きになる  貴女はそんなにしてお見せになる  前生をお持ちになる  秋がよいとお言いになる  あなたの寂しくなる  今もお持ちになる  ものごしでおありになる  栄えになる  おのがれになる  どこまでもお続けになる  親切もお尽くしになる  大門をおあけさせになる  源氏は眠くなる  今と遠くて心細くなる  風の音もはげしくなる  さはおありになって、お言いになる  女王とお逢いになる  皆そうなる  孫以下になりましたなら、どうなる  だれもどうなる  宮にお弾きになる  学問ばかりをおさせになる  あなたをまたそうおしつけになる  お召しかえになる  ましくお思われになる  あなたがそうお言いになる  ほうをお愛しになる  お迎えになる  顔をあそばしておよろこびになる  宮のお愛しになる  ことになって、お寂しくなる  のだけれど、行ってしまっては寂しくなる  人におくれをおとりになる  ことをお言い出しになる  娘がなる  女官になる  人をお愛しになる  相手をお捨てになる  明石の入道になる  容貌の醜なる  註文をお持ちになる  院もお困りになる  進士になる  住居になる  仰山らしくなる  中宮のおはいりになる  紫夫人へお贈りになる  二十ぐらいになる  父君が打っちゃってお置きになる  皆捨てて来た、どうなる  政治をお預かりになる  こともお言いになる  こちらがかえって恥ずかしくなる  歌のよくなる  姫君にも見せておあげになる  時にもなる  責めらるるが当然です、けれども、責められたからとて、叱られたからとて、今更どうにもなる  つぎになる  けが特に気がかりになる  犬もこうなる  関係がどうなる  長期戦になる  難となる  役目にもなる  景気はよくなる  何年ぐらいになる  一座を見廻したけれども、こうなる  処分をしてやらずばなる  ぼうと明るくなる  通り、酔って紅くなる  ます蒼くなる  交番でお聞きになる  何者だとお聞きになる  国主になる  虎徹となる  不良でなければなる  不祥と言わなければなる  挨拶は返さなければなる  無性に気分が面白くなる  親火が大きくなる  間柄とは言いながら、こうなる  形勢はどうなる  藩知事となる  月光酣わなる  ことにならなけりゃいいと思いましたが、果してこうなる  口がいよいよ固くなる  福井へ出なければなる  宇津木兵馬になる  分別までお持ちになる  株で何となる  自前になる  ところまで読んで来たので、これからがその読みつぎになる  三ツ眼が少々まぶしくなる  面が広くなる  筋を覚えたとなる  贔屓になる  代官になる  千五百石となる  これが有難くなくてなる  三十七にもなる  昨今になる  んではないが、いなくなる  戦となる  頭が上らなくなる  台所となる  意地となる  細君となる  教化ともなる  偶像となる  人間がよくなる、悪くなる  出直しをしなければなる  囈語と云わなければなる  戦争が長びけばどうなる  三カ月目になる  三十貫にはなる  一家経済の足しにはなる  物価が高くなったとか高くなる  農村炭化となる  多く無駄になる  年々高くなる  虎となる  麦となる  不足はいよいよはげしくなる  十五円になる  いつ徴集されるか知れない、そうなる  標準として軽く浅くなる  泣き寝入りになる  社員となる  利用となる  上から見ると大きなる  事業になる  道がなければなる  料理店となる  文学はいかなる  春をおけなしになる  私をお憎みになる  から長くなる  病気ででもおありになる  のぞきになる  それだけになる  からもうだいぶ久しくなる  所作だと云わなくてはなる  豪遊をするとなる  から、もうだいぶ久しくなる  犠牲のいよいよ大きくなる  西日になる  失恋男になる  基調になる  感情をお害しになる  助講にもなる  息が出来なくなる  生甲斐になる  所以ともなる  平静でありえなくなる  若い子になる  今朝はもうお起きになる  京官となる  地方官となる  文芸思潮となる  今日ばかりなる  初めから終わりまで泣いてお言いになる  毎日おいでになる  解しになって、こうお言いになる  こととして許しておやりになる  ほうがよくおわかりになる  待遇にお困りになる  私も行くべきだがかえってたいそうになる  のちになる  ご存じになる  趣味がおありになる  尚侍になる  別においでになる  組織が弱くなる  姉ではないかと恋しくなる  お勤めさせになる  着になる  こともおわかりになる  寵姫もおありになる  いつまでも愛人でお置きになる  しかし、どうなる  目の見えなくなる  目が見えなくなる  後姿見えずなる  弁証法をも、学びたるなる  嘘つきでなくなる  偉大なればなる  深刻なればなる  非凡なればなる  怪物的となる  見方になる  注意しなくなる  足をふみしめて、あくまでも大きくなり深くなる  あなたをつれて帰ろうとお言いになる  ことをお混ぜになる  親子でおありになる  結局はこうなる  落ち着きになる  姫君はどうなる  それがなる  ふうをお見せになる  かげはなる  何だかどうなる  であるから、はなばなしくなる  お告げになる  主張あそばしたくなる  大臣が始終逢えない逢えないと恨んでばかしおよこしになる  何だか内容の知りたくなる  宮はおほめになる  長居のしたくなる  いつまでも目をお放しになる  どこまでもおほめになる  過程になる  大臣へお授けになる  有付けぬとなる  米町になる  五時ごろになる  急に柔らかく快くなる  忘恩者となる  何にも言えなくなる  勇武となる  全身光のみなる  面白い楽節になる  大文学者になる  三十五歳になる  生き埋めになる  民主的になればなる  ますます貴族的になる  幸福よりもとなる  犠牲にして顧みなくなる  偉大でなくなる  気の毒にも、そうなる  見世物となる  足音ばかりとなる  獰猛さを見ると恐ろしくなる  純化的主張があるだけに、さらに大なる  過激になる  無我夢中になる  許容、などとなる  われわれは、いったいどうなる  出血となる  慎み深くなる  興味をもたなくなる  強力となる  それはあまりに大なる  少数になる  ますます圧迫的になる  確実になればなる  中流者となる  から三日になる  逸話になる  思いどおりにいっていないとなる  あなたがたは歩き出さざるを得なくなる  進展力となる  ドイツ人となる  経験場となる  力でどうにでもなる  身を投じたくてたまらなくなる  これがゐなくなる  から無駄になる  栞になる  ちの利益になる  幾らと切り出さなくてはなる  帝王とおなりになる  将来どうなる  絆になる  りおりお煩いになる  大仰になる  院におありになる  用意についていろいろお命じになる  可能性がおありになる  好奇心をお持ちになる  方をお持ちになる  場合にお洩らしになる  結果も良くなる  侮蔑したくなる  院はおとりになる  手本にもなる  託しになる  柱石となる  遠慮になる  美人ではおありになる  儀式になる  結婚をおさせになる  ことになればいよいよ深くなる  院がおはいりになる  動揺を受けないで、ただなる  破りになる  六条院へおはいりになる  養父でおありになる  気分からお辞みになる  心が深くなる  方が出ていらっしってはどうなる  たかぶらせになる  ことさらに暗くなる  返辞なども習っておありになる  今になってよくおわかりになる  心にお置きになる  熱情をお洩らしになる  邸がお思われになる  私はたまらなく苦しくなる  嫉妬をお持ちになる  寵愛にあっていられなくなる  院がお愛しになる  派手になる  絶妙のものとしてお聞きになる  気持ちもしながらまたうれしくお思われにもなる  遠慮したいとお言いになる  人をお見つけになる  皆神仏のお容れになる  今から蓮華をお持ちになる  月日もお知りになる  もの、知らぬまにおかくれになる  命も長くお恵まれになる  愛をあなたにお持ちになる  養育おされになる  院がこうお言いになる  思い合わせになる  お飾りになる  遁世になる  たち日暮れになる  お勧めになる  欠点がおありになる  衛門督へお言いになる  冗談をお言いになる  親しみがおありになる  立脚してお言いになる  胸が痛く苦しくなる  大西は、丸くなる  切断しなければなる  うにまんまるくなる  厳重になればなる  患者がいなくなる  それがいなくなる  二年兵になる  家まで去んでみにゃ、どんなになる  器械は、役に立たなくなる  芸術的表現となる  喜びはどうなる  お前自身はどうなる  今俺が死んだらどうなる  俺が死んだらどうなる  ためにずっと豪くなる  世の中が暗くなる  感じはなる  二人がそうなる  よけいに悪くなる  目次になる  眼球の痛くなる  一ト月にもなる  だんだん劇しくなる  ものも全く鳴かなくなる  気の毒で堪らなくなる  場合は尚更に多くなる  歴史を見てもどうしてもそうなる  のは善いが、そうなる  不注意になる  梅毒患者位には思ひしなる  画の拙なる  その他に疎なる  近来頭のわるくなる  殊に玄人になる  比較せねばなる  風景画になる  想像したるなる  蝙蝠傘になる  嘘らしくなる  喧嘩したらば、如何なる  上野に居るけれども鳴かなくなる  のは何故であるかとなる  批評するとなる  文句がいひたくなる  備はつてゐなければなる  シェイクスピアになる  心が弱くなる  顔をしてをりしなる  旧式教育の祟りなる  不眠症の癒えざるも当然なる  かわいそうで堪えられがたくなる  帝のお飼いになる  心をお動かしになる  ことにお背きになる  申し入れになる  位をお去りになる  所へ来てお弾きになる  研究おさせになる  秘曲もお弾きになる  院がお言いになる  二でおありになる  大将に頼まなければなる  扇を鳴らしてお加えになる  院はおながめになる  音楽を味わわせなくなる  功にしてお言いになる  末世にはなる  院がお弾きになる  声をお添えになる  律になる  服を脱いでお与えになる  お受け取りになる  道をおはばみになる  おつとめになる  院はこうお言いになる  お見舞いになる  あなたはお拒みになる  惑いになる  あなたが恨めしくなる  一人お寝みになる  良人にお持ちになる  それとともに深くなる  男からお言われになる  そうにお言いになる  生き残りになる  よけいにして情けなくお思われになる  ことをお思い出しになる  愛欲世界がうるさくお考えられになる  衰弱ははげしくなる  恐れになる  わせになる  涙を浮かべてお言いになる  ものをお言いになる  院がお聞きになる  三日おいでになる  間にお言いになる  宮へお言いになる  宮がこうお言いになる  目をお配りになる  発見すればどうなる  反感のお起こりになる  憐みになる  煩悶がお起こりになる  微笑をしてお言い紛らわしになる  宮でおありになる  ことすらも恐ろしくばかりお思われになる  親しみになる  恨みになる  ものですよ。夫婦になる  御覧になっては、どうなる  祈祷をおさせになる  おいでになって、お訪ねになる  世の中が寂しくなる  訓しておありになる  顔をおそむけになる  おいでになって、こんなにもお言いになる  動きになる  軽蔑したくもなる  慎みになる  女御だってどうなる  のであるが、しみじみとお説きになる  伺いになる  身体も見苦しくなる  心がありえなくなる  酒を持たせておつかわしになり、おしいになる  海風に散つて見えなくなる  急に高くなる  足掛三年にもなる  氣にもなる  今でも泣きたくなる  二人ツ限りになる  謂ひたくなる  ツて見えなくなる  二人ツ限になる  祇園祭になる  屏風になる  勉強のかてともなる  憎しみになる  自重心がおありになる  様子をお見せになる  身もありがたくなる  実在のものでなくなる  咎は少し軽くなる  院はどんなにお愛しになる  ます薄くなる  顔をお見せになる  私には快くなる  悪いことにばかりなる  病気に託してそうおさせしようかとお思われになる  上そうまで悪くなる  お伝えさせになる  忘れになって、なんとなる  尼になどなる  おとめになる  六条院をお去りになる  法皇がお言いになる  成り行きになる  自身から早くなる  おすわりになる  方ですね、おわかりになる  院はなる  のであろうとお思われになる  悲しみでお亡くなりになる  いただきになる  憐れみになる  宮へお贈りになる  院はお言いになる  ことをお言いかけになる  才はおありになる  ほのかにお掻き鳴らしになる  熱心にお弾きになる  執着になる  方らしくお言いになる  訓しになる  大人でも恥ずかしくなる  大将は打ち出しにくくなる  夕風が少し涼しくなる  誦をお唱えになる  ますます濃くなる  厭世的になる  妄執を晴らさせておあげになる  儀式をお用いになる  二人にお持ちになる  ようにもお思われになる  こちらはお追い立てになる  そのままおいでになる  ほかへお言いになる  大将をお促しになる  今後お見せになる  自分をまかせなければならなくなる  私をおあわせになる  あきらめになる  軽快らしくなる  敬意をお失いになる  ことはしなければなる  ことが聞きたいとお言いになる  何もお言いになる  お触れになる  ことがひどくなる  積みにならねばなる  惜しみになる  態度をお続けになる  脱しになる  お改めになる  ことでうれしくなる  紫夫人にお言いになる  それであればこうになる  宮がお言われになる  院はおあやぶみになる  自身をお護りになる  ことなどをお思い出しになる  黒塗りのをまだお作らせになる  それにしておありになる  一条へお着きになる  ようにお言いになる  引きになればなる  恋愛事件をお起こしになる  利己的になる  ほかへお見せになる  自分をお愛しになる  宮はお思い出しになる  態度をおとり続けになる  のですから、お困りになる  容体になる  院はおさせになる  死ぬようになる  対にお住みになる  対へおはいりになる  遊びにおいでになる  中も涼しくなる  院はお思われになる  出家も遂げたいとしきりにお思われになる  非常に悲しくなる  みずからおあやぶまれになる  使いをおつかわしになる  言葉などもお書き加えになる  人へお命じになる  今日が終わりになる  のであろうとお考えられになる  執心がおありになる  一度ずつはどうなる  中がお見渡されになる  仏がお計らいになる  目をおおさえになる  女房であったとお思われになる  面会になる  中をお去りになる  院は涙ぐんでお言いになる  好感をお持ちになる  行為もお見せになる  院のお歌いになる  空をおながめになる  信仰におはいりになる  押しあけになる  呆然ともおなりになる  のもうらやましくお見守られになる  はなやかに明るくなる  哀れにお思われになる  詩歌を歌わせてお聞きになる  走り歩きになる  夕方から雨になる  むやみと嬉しくなる  心持となる  道しるべとなる  有無をも考えねばなる  水の上の全く暗くなる  繁華となる  小間物屋袋物屋煎餅屋など種々なる  用心となる  孤客となる  眺望の佳なる  自ら絵になる  踵を没せんばかりとなる  鈴に見立てたくなる  顔ぶれは長くなる  香の放つなる  明石近くになる  身分でおありになる  御殿も持たせておありになる  嫁りになる  心でおありになる  人通りも少なく、寂しくなる  推薦権をお持ちになる  上へお進ませになる  生活をおさせになる  宮をお愛しになる  信念がおありになる  競争心をお燃やしになる  お召し物へお焚きしめになる  ころまでもお愛し続けになる  隔てになる  子供をお持ちになる  守でおありになる  いもなかったことになる  御所などでお見つけになる  お隠れになる  熱心におやりになる  宮はお言いになる  つわりになる  憧憬をお持ちになる  おじらしになる  慎しみ深くお見せになる  敬意を表したくなる  人笑われになる  総立ちになる  伝兵衛、なる  朝鮮人になる  譬え話になる  品位が高くなる  気がして、悲しくばかりなる  後宮がおありになる  院によくお似ましになる  尚侍を恋しく思われになる  仰せがたびたびになる  ことばかりお言いになる  ことができましたら、すぐにも死にたくなる  ところがおありにでもなる  御殿でおさせになる  深更になる  追想になる  果てはどうなる  のち尼になる  厚薄をお見せになる  引き起こしになる  差が生じるだけでも恨めしくなる  私をおたしなめにばかりなる  かすかになる  ッくりとなる  歩みものろくなる  四十日近くにもなる  気の重くなる  外れになる  からもう余程になる  逃去申候、たいへんなる  唖然となる  ンが、かくなる  子をお持ちになる  宮は時々お言いになる  姫君をお捨てになる  ゆきになる  心は戯れにもお持ちになる  巣守りになる  ほかにお住みになる  十分にお持ちになる  ためしになる  人生を捨てやすくなる  宮の、お言いになる  感化をお与えになる  なじみの深くなる  七日間おこもりになる  宇治へ近くなる  それまでにどうなる  違いないとお信じになる  女王たちにお持ちになる  ふうまでもお見せになる  ことなどにもうとくなる  違いになる  納凉場になる  方は、どうなる  見込み違いだったとなる  方がばったりいけなくなる  前頃になる  ことを言われたとなる  出発となる  農繁期となる  から自身で出懸けるといい出した、こうなる  火山岩となる  流域となる  から養蚕期になる  国益になる  ものらしくなる  地となる  出合となる  神作の拙なる  今頃御知りなされしなる  心をおひかれになる  宮もすぐれてお愛しになる  夜といえども長くばかりお思われになる  ほかのものに合わせてだけお弾きになる  相手にはなる  景色の美しくなる  抽象論としてお言いになる  仏間へおはいりになる  最終になる  ことなどをお言いになる  寿命の終わりになる  情をお捨てになる  自身からお出ましになる  はばかりがおありになる  慰みにもなる  会見になる  どこでもはげしくなる  人影は少なくなる  手紙をおやりになる  自意識が薄くてなる  態度をおとりになる  足が痛くなる  空も見えぬまでに高くなる  贈答がお思い出されになる  不安でならなくなる  子たちさえおありになる  涙でいっぱいになる  存在者となる  状態となる  因素となる  適評となる  老婆になる  旅宿となる  村になる  餘にもなる  申譯なくなる  權作ア此老年になる  休み勝になる  二人限になる  日課となる  穴あらば入りたくなる  三人限になる  好奇心をお働かせになる  冷淡にお扱われになる  点がおありになる  心を突然お起こしになる  信仰生活へおはいりになる  おいでになれば、何となる  女王様をお娶りになる  道へおはいりになる  ことはそうなる  中納言様をなぜお避けになる  おしまいになれば、お愛しになる  心はわかねども移らふかたや深きなる  実現難になる  おかわしになる  ちょっと暗くなる  腹をたててもお見せになる  今夜もどうなる  ものもわからなくなる  帰りはことに遠くお思われになる  独身女であってはなる  のでおありになる  欠点をお見いだしになる  良人をお持ちになる  速度になる  真心からお言いになる  今からお言いになる  女王も誘って出ておながめになる  契りをおささやきになる  思召すまで恋しくお思われになる  のではおありになる  愛着をお持ちになる  私はしまいにどうなる  夫人としてお迎えになる  自由にお計らいになる  ことにしておありになる  直接苦痛になる  特に宮のお愛しになる  例にもなる  山荘へおはいりになる  ものらしいと心細くなる  ことをお思い立ちになる  人がおありになる  通じになる  上にもよくおかしずきになる  あなたがたにとっては、恨めしくばかりお思われになる  夜になるときまって苦しくなる  病室からお遠ざけになる  得なかったわけになる  ことを書いておよこしになる  おいでにはなる  人生になる  日の遠くなればなる  一月以上になる  煩悶が絶えなくなる  たたきになる  人と思われ、続いてどうかなる  女へお言いになる  人をお憎みになる  人を置いて、常にお逢いになる  ことでまた心細くなる  申訳なくなる  権作ア此老年になる  此家忘れてはなる  いるかと恨んでおよこしになる  胸が痛くさえなる  今度おいでになる  中有に長くいなければならなくなる  姫君付きになる  気の毒にお思われになる  四年数ヶ月になる  原子力戦になる  考察せずにはいられなくなる  概念論としてより響かなくなる  裏通りになる  反覆句になる  石段となる  夏前になる  忍耐心の強くなる  僵れんずばかりなる  一端をもらせるなる  琵琶ぞと思いしなる  理想家となる  奴僕になしたくなる  ますます外出しなくなる  言い訳になる  支持となる  番となる  狂気沙汰になる  彼女はいかなる  作品はなる  それがなくては済まされなくなる  禍になる  狂言を演じ得なくなる  以前は愛し合ったのに、もう愛し合わなくなる  心悲しくなる  ますます丈夫になる  狭小となる  勝利者とはなる  今でもまだなる  強みとなる  人間嫌いになる  主催になる  ことも少なくなる  禽獣に等しくなる  醜悪になる  それらがしだいに大きくなる  のをもう感じなくなる  一身が新しくなる  別人となる  ますます助けてやらなくなる  彼女はそうなる  八十二になる  ことを考えてみても、どうなる  気保養にもなる  断念しなければなる  ステテコ姿になる  今より出なくなる  かなり苦しくなる  慄然となる  飛行になる  ひとりぼつちになる  夜着を造らねばなる  やつは、大きくなる  ぼうになる  競馬なみにはなる  翼賛議員になる  歳費三千円になる  一万二千円になる  一部一万円位になる  夏向になる  好きで、やらずにゐられなくなる  酔へばどうなる  収入もはいらなくなる  途中に吐いて、飲めなくなる  親しみをお持ちになる  愛情はお持ちになる  お話し出しになる  りおりおほのめかしになる  手紙をよくおよこしになる  労をおとりになる  それをしいてお拒みになる  ようにお思われになる  愛をお約しになる  はじめておいでになる  隔て心をお持ちになる  のではないが、お言いだしになる  君の恨めしくなる  夫人にお守らせになる  心苦しくお思われになる  疑いをお持ちになる  十六夜の月がだいぶ高くなる  であるから将来もどうなる  のをお聞きになる  夫人をお愛しになる  興味を次々お持ちになる  妻であったならいやになる  愛をお持ちになる  ところのおありになる  涙をおぬぐいになる  昼間御覧になる  さがお思われになる  ため、こうなる  点で気安く、なつかしくお思われになる  中をそれとなくお捜しになる  仲にもなる  うちにもそうも言っておやりになる  胸はおさえるとなお苦しくなる  さに堪えられなくなる  昔と遠くなる  気がして心細くなる  今度限りになる  絶対にお近づきになる  宮はお思われになる  経験はなかったので、どうなる  から足かけ三年になる  男がなる  移しになる  子をお愛しになる  援助になる  宮からお願いになる  五十日になる  方角塞がりになる  希望がおありになる  心がおありになる  腰の痛くなる  昨日お着きになる  問題はことにまたお避けになる  宮様をお慕いになる  内儀にいいつけられたるなる  字口の少し大なる  助をなせるなる  気が弱くなる  もんなしとなる  川岸女郎になる  アどうなる  ことをしてなる  今年八十二歳になる  十七年になる  餓死状態までになる  二個所がおもなる  学問となる  の妨げとなる  からだが大きくなればなる  二種類となる  都会になる  私だって金持ちになる  体格が次第に悪くなる  世間体までも悪くなる  生活がしたくなる  何か所もおありになる  ふうでおありになる  座が狭くなる  人からもお侮られになる  あなたにだけはおわかりになる  仏様が書いておありになる  心がお惹かれになる  所から御覧になる  一面を出してお見せになる  悪癖がおありになる  のがお遅くなる  方にお愛されになる  ふうでお終わりになる  幸福と言わねばなる  気もお失いになる  ことだとおわかりになる  方をお愛しになる  亡れになる  美貌でおありになる  匠が恨めしくなる  まいったことをお聞きになる  町人になる  断じてものになる  なごやかなる  開帳になる  半方となる  銭になろうとなる  本陣が据えてお有りになる  から物を言いな、なる  乱戦になると、こうなる  用心しなければなる  合理的になる  結果ともなる  耕地となる  単独の行過ぎになる  功徳にもなる  のでは遅くなる  小手調べが、どうなる  ここでやきもき思ったからとて、どうなる  やつは、なる  怠りがちになる  飽きになる  先々、どうなる  モノになる  本地となる  公卿となる  暁方になる  誰も来ないとなる  しらえにもなる  ことにも思い、また、なる  女王となる  人あってなきが如くなる  切実となる  行動のさまたげとなる  国が大きくなる  頭が大きくなる  粟になる  筋合いになる  ひっぱくになる  米も出廻らなくなる  麦も来なくなる  恥を知らなければなる  鎮静したらば百万石には請合いなる  御家門何はさて置き出でずばなる  奮撃突戦矢玉を冒して進まにゃなる  処置をせねばなる  口はすくなる  道中がなる  ものか、なる  薬用にもなる  すべて食料になる  一つも結ばないのでなる  間はいいが、長くなる  器量が小さくなる  墓参りもしてやらずばなる  姿だから、なんとかせねばなる  わけにもいかねえ、そうなる  ビタちゃんの言うなりにはなる  日本はこれからどうなる  東西が争うとなる  山田長政となる  請賣するとなる  にとりとめがつかなくなる  みんなパンパンになる  みんなアイノコになる  物欲しくなる  叫びそうになる  誰しもそうなる  張り手がなる  今日邪魔になる  先づ弁当と金とに腹一杯なる  赤裸々になる  活世界となる  電光の速かなる  現状に就いて記さねばなる  二体同一となる  復活すべきや、かつ如何なる  気早やなる  同志は、心からなる  怨みをお洩らしになる  多情さがおありになる  事件をお起こしになる  夫人をお思わせになる  だれよりもお愛しになる  お気をお晴らしになる  愛人を隠しておいておありになる  宮はこうお言いになる  十時ごろにはお着きになる  路をおとりになる  無気味で、恐ろしくさえおありになる  帰りになりましたら、早くおもどりになる  のだったとお思い出しになる  者が恥ずかしくなる  こちらもお劣りになる  以上あとへお退きになる  九時にはなる  宮はこうこうお言いになる  お供へお命じになる  わずお見せになる  きれいでおありになる  のだろう、かえって苦しくなる  どこでお逢いになる  中にとどめてお置きになる  ことであったとお恨めしくお思われになる  まじめにお言いになる  ことができたとお思われになる  まじめでおありになる  癒しになる  ふうにお憎みになる  感銘をお与えになる  持参になる  山路に深くおはいりになる  異議をお言わせになる  船からお上がりになる  宮はお用いになる  人目をお避けになる  心を得ようとしていろいろとお言いになる  情は深くなる  ことを誓えとお言いになる  船から姫君をお伴いになる  院へおはいりになる  顔色が青んでゆき、お痩せになる  宇治へおやりになる  体裁もよくなる  女性になる  恋をお持ちになる  大将に愛されなくなる  おしまいになれば、心細くなる  病気でおありになる  泊まりになる  彼女を失ってしまっては恋しくなる  どこかへ呼び寄せてお置きになる  愛のお感じられになる  心のお惹かれになる  人にはお見せになる  罪が深くなる  親友でおありになる  將來のよくなる  人生は至極らくになる  くせ夜になる  新たになる  晝になる  焔になる  誰にも見えなくなる  全然見えなくなる  戦慄しながらも、なぜそうなる  眼に見えなくなる  徒弟になる  のだが、なる  実験となる  争になる  ますます濃やかになる  重複にはなる  軟いが、なるほどすぐに脆くなる  医用になる  名声も高くなる  有益になる  上が明るうなる  あたりが全く暗くなる  名声が高くなる  四十九年になる  六六年と段々にひどくなる  電気磁気以外のおもなる  面倒とは思わなくなる  別に、どうなる  固体ともなる  液体になる  七生唖にでもなる  鉄則となる  概念的となる  貪慾なききたがりやになる  噂だけが高くなる  非常に恋しくなり、悲しくなる  仏はお見せになる  浮舟が恋しくばかりお思い出されになる  志にもなる  人たちとはお逢いになる  ちょっと袖で押すほどに拭うてお済ませになる  持たれになる  秘密にしておありになる  お慰みになる  様子は、見ていても堪えられなくなる  娘もまたどうなる  目も暗くなる  仕官をおさせになる  涙で暗くなる  それをお愛しになる  試みになる  幼女でおありになる  手紙をおあげになる  間柄でおありになる  あとでお捨てになる  中へおはいりになる  嫁がせになる  ままに恋しい悲しいとお言いになる  陰で勤めよくなる  好奇心もお起こしになる  ことだとお聞きになる  芝居になる  見本になる  土壌になる  手助けにはなる  みたいになる  悪戯になる  小説に打込んですればもつと苦しくもなるだらうし、もつと楽しくもなる  つきが、いよいよとなる  救ひにはなる  劇作家はどうなる  障害にすらなる  人形となる  ものを書きたくなる  展開して、そしてどうなる  方向にゆけばもつと面白くなる  何処が面白いか、といふと、なる  つて、どうにでもなる  芸がうまくなる  やつぱり役者になる  現代劇になる  河流となる  節穴だらけのぎしぎしとなる  ここから出られなくなる  愛人などをお持ちになる  うち健康体になる  絶対になる  山寺へでもはいってしまいたくなる  遠路をしましてまた悪くなる  ほど不安になる  いつまでおいでになる  善行として最もおほめになる  疲れがひどくなる  家にお住みになる  声を出して泣きたくなる  宿が借りたくなる  自然噂にはなる  ことはいろいろ恋しくお思い出しになる  めんどうをお起こしになる  ほかへお洩らしになる  奥遠なる  大高深なる  事実であるとすれば、そうなる  差し上げになる  紀伊守とお言いになる  そればかりは始終思われて恋しくも悲しくもなる  態度をお見せになる  閉鎖になる  日かげになる  大変為になる  柔順になればなる  理解から孤獨となる  標識ともなる  三十歳ばかりになる  勘定が足りなくなる  科学者となる  将来科学者になる  不完全者に過ぎなくなる  科学になる  文化人的ポーズに過ぎなくなる  言葉づかひになる  浪費して見たくなる  逢ふと、奢りたくなる  実子が出来た、となる  了ひさうになる  職業につけないとなる  昼飯時になる  知人に、奢つてやりたくなる  状勢がよくなる  自分なぞは一体どうなる  顔つきで、なるほど、なる  病気がいよいよいけなくなる  大統領となる  天然林となる  小松林となる  高燥となる  下り道になる  登攀となる  やう弁護士になる  お呼びとりになる  奥様を、お探しになる  三人口位は、楽々とお過ぎになる  為になんぞなる  胆玉でどうなる  門に急ぐなる  色々になる  行屎走尿すら便じなくなる  眼に這入らなくなる  一本筋になる  平面になる  から小説になる  短篇ものになる  意味さえ分らなくなる  説明したいが、長くなる  絶体絶命にっちもさっちも行かなくなる  有くなくなる  恥とは思わなくなる  場合が多くなる  高座となる  雑多になる  木とも異なる、というまでになる  記述に過ぎなくなる  死屍に過ぎなくなる  熱となる  冷灰枯木に等しくなる  ヨタにすぎなくなる  開拓となる  公式となる  作文にすぎなくなる  逃避所となる  ハツキリ聞えなくなる  ハツキリしなくなる  口ん中が黄色くなる  ヒヨイと居なくなる  なんでもやるとなる  神経が強くなる  羽織りが良くなれば忙しくなる  画は描けなくなる  有様をみてゐれば、おかしくなる  所でお飲みになる  仕事もまづくなる  行つて金になる  組織変へになる  持駒なんかになる  荷車引きにでも何でもなる  程損になる  事言ふてもあんたらにや本当になる  あんとかなる  一家族を見てゐると時々泣きたくなる  当人が居なくなる  ぢや、どうなる  一、いけなくなる  貰つて邪魔になる  情も強くなる  無邪気になる  ヘドが出さうになる  もう一度外出できるらしいけど、さてどうなる  行つた後は、どうなる  病気にまでなる  赤井が行くとなる  程度以上飲むと、近頃、青くなる  素直になる  サナトリウムに入れて必ず良くなる  病人が多くなる  過渡期でなくなる  生皮を叩きつけたりしたくなる  なんにでもなる  油絵具だらけになる  全部真暗になる  キツトよくなる  明治維新になる  それクルツプ砲となる  考察せねばなる  理解も正しくなる  理屈になる  貴人になる  すみませんが、日に日によくなる  嫁様にもなる  首筋が痛くなる  私一人になる  剪りたくなる  炭団となる  意味をなさなくなる  何百何十になる  勘当になる  街頭的となる  不明瞭となる  直ちに思惟そのものとなる  用意してやらなければなる  ものであるか、つまり、如何なる  滑りがちになる  風俗時評となる  ことが甚だ乏しくなる  がまづ問題になる  ものを定めて、お互になんとかなる  帽子もやがてかぶらなくなる  素気ないのになる  急にどうなる  歩きつきになる  烈婦には決してなる  話をゆっくりしていられなくなる  今度こそどうなる  年末になる  おなかが重くなる  もっと合理的になる  ギャップはうめられなくなる  代々落ち目になる  匿れになる  知つてゐるとなる  眼を覆ひたくなる  分り憎くなる  事の屡なる  此子、如何なる  安かなる  慌惚となる  五里六里行き、段々遠くなる  なす様になる  虫採りとなる  部落である広瀬附近から上流になる  ネトリ川淵となり滝となる  船乗りになる  話が面白くなる  将来キット参考になる  世の中がなる  石炭を積むとなる  物が云えなくなる  ドエライ金になる  ん/″\佳くなる  事情になる  笑い事になる  背中が痛くなる  足がきかなくなる  圧迫者となる  全然そうでなくなる  大臣にもなる  革命家となる  彼はいくらそうなる  今晩にも信じなくなる  当時六歳になる  太陽の光線にすぎなくなる  逮捕しなければならなくなる  戦いとなる  ますます美しくなる  野は幸いなる  別れぎわになる  ために歩きつづけ、もう考えなくなる  友がいなくなる  意識は暗くなる  オリヴィエがいなくなる  それを滅ぼしてしまいたくなる  自分でなくなる  獣使いがもはやいなくなる  魂を満たさなくなる  破滅となる  ことも、どうなる  有害となる  勝利者となる  セメントとなる  部分もあるし、又そうなる  説となる  共軛関係に立たねばならなくなる  事柄ではなくなる  神学的哲学体系となる  対立せねばならなくなる  社会科学的認識になる  結果に終らざるを得なくなる  モメントからなる  素人に過ぎなくなる  危機に瀕するとも考えざるを得なくなる  以ての外でなければなる  有名無実となる  大道となる  内からでは、なる  止揚されなければならなくなる  以ては計られなくなる  課題はこうなる  研究対象となる  ものであらざるを得なくなる  精密となる  弁証法的になる  正確になる  唯物論となる  必然的になる  自然科学から無縁になる  血になる  しか見出さなくなる  外ではあり得なくなる  所産となる  端初となる  転倒されなければならなくなる  自然哲学でなければならなくなる  自然哲学となる  ものでなくてはならなくなる  性格的となる  スコラ的となる  演繹されなければならなくなる  ものになればなる  一定部分となる  そのまま科学方法となる  統計的方法はなる  哲学的になる  根本存在ともなる  エージェントとなる  事実となる  しかあり得ないことになる  実践となる  矛盾を含まざるを得なくなる  本質でなければなる  砂糖菓子となる  制約を受けなくなる  理論的となる  歴史が老いれば老いる程、多くなる  対立しなければならなくなる  必然的となる  論理学となる  付属品に過ぎなくなる  のではなくなる  本質ではなくなる  偶然的となる  無関係となる  時間でなくなる  回帰となる  週期となる  今日となる  労いとなる  内に片づけられなくてはならなくなる  縮図になる  不倫でなくなる  ことを覚らざるを得なくなる  切実に感ぜずにはいられなくなる  実現出来なくなる  一般社会的であり得なくなる  移行しなければならなくなる  報道物となる  世論と同じになる  トリヴィアリズムとなる  新聞には限られなくなる  編集者等々となる  社会学的となる  大新聞になればなる  広告となる  典雅となる  演説などお聴きになる  気味で、お聴きになる  定義を作るとなる  自ら明暸になる  哲学にもなる  飛行器にも化けなければならなくなる  電話になる  増し細かくなる  年々広くなる  競争が激しくなる  曲線で示さなければならなくなる  説明するとかえって込み入ってむずかしくなる  それを御聞きになる  外発的のものになる  習慣に従わなければならなくなる  明かになるにはなる  羽目でこうなる  他人行儀になる  尿毒性となる  手も動かずなる  だんだん灰になる  弟分にでもなる  爺穢くなる  もっとになる  自分は遂に帰らねばなる  川を渡って見たくなる  後から先になる  原因結果になる  眼を据えなければなる  有様は、いやになる  つたのですが、いざとなる  十月末になる  世の中が面白くなくなる  支點となる  蛇となる  五回目になる  妹が憎くなる  此処になる  下宿屋がなる  水がのみたくなる  金を取りたくなる  可感になる  のか、分らなくなる  欲せずにはゐられなくなる  灯が白くなる  浅葱になる  河豚が恋しくなる  十万人分くらいにはなる  三さいになる  かいてあるおふだをふんだら、どうなる  おいなりさんをありがたがらなくなる  むねがわるくなる  ぼうさんになる  兄さんからいわれて、なる  六さいごろになる  大阪へいくとなる  いるかがわかり、どうなる  外国人をおいはらえといいだしたなら、どうなる  九さいになる  八さいになる  前型となる  謂つた形になる  そこでなる  梯になる  こちらとは、果してどうなる  手打ちとなる  点を忘れてはなる  不純となる  円滑になる  機関ともなる  今後益々著しくなる  社会的刺激になる  官設団体となる  文化人運動団体となる  どころだといわねばなる  我慢が出来なくなる  改革一般も受けがよくなる  ものだと云わねばなる  官衙そのものでなければなる  挙国一致問答になる  切札になる  誤りだったとでもいわねばなる  綱になる  蔓だとなる  ところにでもなる  発見になる  司法処分になる  力を借りねばなる  匡救となる  役目となる  一等問題になる  利害になる  匡救になる  階級になる  混淆となる  名案となる  わなくなる  株主になる  普通より多くなる  前に、空恐ろしくなる  五十万円になる  間違いなくなる  さし当り問題になる  政治的手腕一つによって、どうにでもなる  要求以外のものになる  の結果となる  点になると一向ハッキリしなくなる  失業凶作救済になる  原動力ともなる  部分割引きされねばなる  統制になる  溜りとなる  ファシストに、なる  心配はなくなる  社会は良くなる  是正になる  槓杆となる  フリードマン編集になる  一例になる  提案になる  理由がおありになる  興奮すると、すぐに睡れなくなる  見当が附かなくなる  却って功徳になる  在でになる  つて之に相当なる  からざるものとなる  浮き身となる  名誉よりも軽くなる  毎に、いやになる  それから涼しくなる  新調するとなる  色彩になる  ふぐを食わずにはいられなくなる  自分が眠くなる  ここへ来なくなる  酒精中毒を起すとなる  船室給仕になる  司令官になる  誉たる者になる  航海をおやりになる  交れば赤くなる  奴らをやっつけねばなる  だんだん弱くなる  一合戦やらなければなる  ガンとなる  どんないいことになる  うちにまた食べたくなる  殴り合いになる  平行になる  別に飾りにもなる  仲直りしなけりゃなる  垂直になる  答になる  組を起すとなる  船はなくなる  ぶらんこになる  拷問するとなる  私たち二人だけになる  船長になる  却って仇になる  命を許しておやりになる  たねとなる  二十二年になる  四十一年になる  裏話になる  思いつきだといわなければなる  ものから始めて行かなければなる  三十年になる  三十くらいになる  人間がいなくなる  擴げるといっぱいになる  しまえとして渡さなければなる  事で、どうにかなる  心が軽くなる  相手がいなくなる  袖垣隙あらはなる  其樣は、如何なる  心動かんばかりなる  運命日に非なる  響き幽なる  尤もらしく、ふと、可笑しくなる  平凡で遅くなる  遅れがちになる  だんだん年頃になる  自分が殺されてなる  蔵になる  實物より小さくなる  何にかなる  此物を振廻してなる  日かげの暑くなる  我慢のなる  恩も蒙るなる  其嫌やなる  穩かなる  二十ばかりなる  此門をはなる  お前跣足になる  澗となる  間少なる  違ひないと思し召してお近寄りになる  袖をおとりになる  六十七八になる  二十九になる  二時過ぎになる  から足掛三年にもなる  時などで、そう思うと情なくなる  午時前になる  炭はなる  慄えそうになる  徳はこう睨みつけられたとなる  各自、種々なる  自分の非なる  辨をする、こうなる  鋭利になる  時には畏しく悲しくなる  サア議論となる  益深くなる  四十四歳になる  綾之助となる  真打となる  九になる  ボスとなる  大名貴族となる  声がひときわ高くなる  信心となる  意地ずくで何とかなる  耳もきこえなくなる  逃げおくれてなる  一日が面白くなくなる  理解できなくなる  二尺上となる  才蔵いくつになる  一夜に探れなかったら、どうなる  あやまりになる  正宗菊松神様となる  から、かくなる  爽快になる  ツルちゃんを張りこませたって、どうなる  白首になる  地主となる  頼りなくなる  入地させながら、いざとなる  処女会はどうなる  事ばかし仕ていられなくなる  グウだらを繰り返えしたって、どうなる  兵隊になる  ものでも買わなければならなくなる  居眠りでもしたくなる  方がおかしくなる  五日目になる  頭痛くなる  小作料納めたら、どうなる  何時になったって、どうにもなる  具体的にどうなる  工合で一体どうなる  小作人全体がきかなくなる  場合には、どうなる  オトクイとなる  中世となる  結局うれなくなる  うち代議士ぐらいになる  トノサマがなる  ファッショとなる  東条英機となる  小役人になる  哲学博士になる  ヤミ屋はなくなる  ヤミ屋となる  欺瞞がひどくなる  二人がなる  先ぶれともなる  世紀となる  大企業機構となる  転換となる  屍体解剖postmortemとなる  握手をさせるとなる  自国にたいしてはいっそう気むずかしくなる  不快になり恐ろしくなる  あなたのものになる  未来にもあるいはふたたびそうなる  沙漠にすぎなくなる  批判したくなる  獅子となる  関心ではなくなる  面と向かってあざけってやりたくなる  抱擁してやりたくなる  何かしたくなる  君がなんとかなる  現実となる  二人いっしょになる  水先案内者となる  思いどおりになる  容態はよくなる  ほんとうにきらうようになる  怪物を殺したくなる  あれから六年になる  ありのままのものとなる  ように弱くなる  刺激者となる  地平線とは見えなくなる  象徴とも多少なる  あふれるほどになる  地面が空しくなる  色彩に乏しくなる  影は明るくなる  明確になる  すべて新たになる  ますます自由になる  遅鈍にもなる  二人はしだいに読みにくくなる  方向に進んでゆくかとなる  火とをもたなければなる  可能はどうなる  主長となる  三部になる  荊となる  達成するには、先ず、如何なる  峯巒となる  却って面白からぬことになる  山よ、出来得べくはなる  程良くなる  歳からいま娘になる  六七月になる  没くなる  嗜みになる  誰だって評判はよくなる  だんだん若くなる  一途にあえかなる  死ねばどうなる  から丁度二週間にもなる  物にもなる  人はゐなくなる  こと泥まみれとなる  先、どうなる  仲が良くなる  家を立ち去らねばなる  それから駄夫は、つれづれなる  から商売になる  やうな、負けてはなる  結構煙草銭くらいにはなる  結局袋小路になる  為なければなる  居場所さへ分らなくなる  滑稽で可笑しくなる  街になる  揃ひになる  物を見極めにくくなる  手を出したくなる  腕ともなる  方で熱くなる  初午になる  今度関脇になる  迷信的になる  息ぬきになる  方をなさなくなる  反射的に気恥しくもなる  ひとから御馳走になる  ものなら、やがてからだも小さくなる  場合よりずっと見えにくくなる  形が見えにくくなる  完全に見えなくなる  戦争を始めるとなる  人工重力装置がきかなくなる  人工装置がきかなくなる  重力がなくなったら、どうなる  重力はなくなる  しけになる  小石となる  引力はずっと小さくなる  四分の一になる  反比例するとしたら、どうなる  距離三メートルになる  天地もくらくなる  実物になる  圧力がうんと高くなる  自転車はどうなる  あれがゐないとなる  嫁となる  だんだん渋ったくなる  文学談になる  裏表になる  錦子が湿っぽくなる  潔白雪の如くなる  鉋をお持ちになる  人に怪しまれなくなる  ことで、こうなる  時間的に考えられなくなる  夕方五時になる  日は暑くなる  只心外で堪らなくなる  夕立になる  わたくしはどうなる  岡目八目になる  善悪はどうなる  野菜になる  五万日になる  次はこうなる  乃公はおかしくなって笑い出したくなる  精神状態がひどくなる  夢の中で死刑になる  音楽室にもなる  仕掛けがどうにかなる  希薄になる  斜面緩かなる  俗吏となる  一だ、と言いたくなる  予想せざるを得なくなる  デモクリトスになる  概念自身となる  順序にもほぼなる  観点になる  形相ともなる  所謂有となる  有となる  物質的基礎となる  結果から云えばなる  ものには、なる  空間になる  中心問題となる  問題になり得なければなる  方針となる  なり小ともなる  無色となる  根源性は成り立たなくなる  形式的直観となる  K=0となる  直観空間ではなくなる  直観空間自身から来るとは限らなくなる  幾何学的空間となる  純粋直観になる  マルクス主義的認識内容に就いて、如何なる  検討でなくてはなる  もの問題となる  理想主義ともなる  交互作用にはなる  相関関係となる  主観と客観となる  同格となる  所謂実験となる  けが実験になる  操作だけになる  理由を考えて見ねばなる  理解されねばならなくなる  尤もだと云わねばなる  ことを見逃してはなる  態度は許されなくなる  根本問題となる  理想郷となる  天才者と考えたくなる  要領となる  鍵にもなる  做さねばなる  絶対でなければなる  一モメントとなる  ものではあり得なくなる  性質のものになる  面目さえも、見出せなくなる  変革的になる  説明されねばなる  媒介しなければなる  処でこうなる  問題になり得なくなる  形而上学化でなければなる  実体となる  絶対的全体性も認められなくなる  独立物であらざるを得なくなる  意識になる  虚偽ともなる  真理意識となる  決定されざるを得なくなる  階級イデオロギーとなる  精髄ともなる  下部構造はなる  認識論のものとなる  尤もになる  相応わしくなくなる  他になる  交替せざるを得なくなる  世界観になる  社会観が新しくなる  夫で、なる  図式になる  実験になる  タウトロギーに過ぎなくなる  検証場面となる  適用になる  範疇になれば、なる  統計的でなければなる  ものだとは云えなくなる  方向に、向けざるを得なくなる  系列を辿らねばならなくなる  例外を設けなければならなくなる  有機的となる  ちょっとセンチになる  毎年梅雨になる  五十五になる  命日になる  もん見ると欲しなる  竹になる  實際問題になる  びんばふになる  ことし二十五歳になる  後ろからだかまえて殺したとなる  植ゑてお置きになる  不具者になる  空洞がいよいよ深くなる  ものを言えなくなる  バイロンになる  あなたと仲間になる  ポンチになる  建物が高くなる  時代のおのずからなる  枯木をからんで、涼しくなる  四合目となる  石室となる  扉開きになる  秋が深くなる  いふ順序になる  何年ばかりになる  私意でどうなる  結びになる  いつまでも気になる  娼婦となる  経済がどうなる  悪人はなる  益親密になる  五千円位になる  辺から段々むずかしくなる  アメリカ流になる  説明者となる  四樂章からなる  金がかたきになる  さめになる  そんなうきめをお見になる  中で、どうなる  気持は、腹立たしくなる  紺碧色になる  本役となる  丹念に磨かずばなる  から、まあ、どうにかなる  焼酎十六度よりなる  天奏衆がお着きになる  天地が明るくなる  鬆になる  から問題にはなる  自白したらどうなる  問題が少しでもよくなる  僕のものになる  あなた、ちっともお困りになる  うちなら、どうにでもなる  代り目になる  長年になる  埓になる  味噌が熱くなる  ことし廿三歳になる  内証は苦しくなるばかり、そうなる  人間は悪くなる  急にそうぞうしくなる  巣窟たりしなる  賤隷となる  ことの速かなる  一服御馳走になる  ものを脱いで、はだかになる  茶をたてて、飲むばかりなる  奨励者擁護者となる  女工ともなる  実行者となる  社会となる  基礎条件ともなる  飼ひになる  これも、大きくなる  前に其の偉なる  眼を転じなければならなくなる  わけとなる  自分に向うとなる  真似などもいたしたくなる  クリミヤ半島になる  ところで、かうなる  自然扱ひも粗略になる  五時頃になる  カーンとなる  止になる  年毎に気むずかしくなる  範囲から自由になる  ためにかえっていとおしくなる  素描ともなる  女もあわれでなくなる  経済基礎となる  のであるが、いざとなる  立場以外にどうなる  づつ灰になる  安心できなくなる  白妙を仰ぐなる  鐫れるなる  五千円以上になる  暮しが辛くなる  フン詰まりになる  葉巻が短かくなる  表口になる  同行ともなる  警戒しますが、少し快くなる  うにお召しになる  径をお辿りになる  脚どりでお進みになる  景気がよくなる  婦人となる  美くしくなる  重要になる  窮迫を救いたくなる  四五年になる  負担が軽くなる  大変心が軽くなる  思いんなる  此小事件から足踏み出来ないとなる  土曜日んなる  別ものになる  仲間脱れになる  番頭さんになる  瞭かなる  運がよくなる  ヒステリーになる  不幸せになる  神経衰弱なんかになる  から、こうなる  回向になる  キライになる  ごたごたになる  知りあいになる  位盛大になる  工夫を取らなければ、如何なる  ば善くなる  水に堪へなくなる  田地になる  俄になる  肥料となる  十一萬人ばかりになる  水泡になる  あとはおとなしくなる  議論を御信じになる  奴隸になる  土臺となる  願いでは、どうなる  足もとがふらふらとして起っていられなくなる  しあわせになる  鼓動が高くなる  行つても固くなる  人だが、こうなる  丈以上になる  描寫になる  死ぬほど苦しくなる  だんだんに眠くなる  あたしだって死にたくなる  んだと思うと、おかしくなる  風儀が悪くなる  為替仲買人になる  銀行がどうなる  あなたがいなくなる  明日から乞食になる  日はなる  生活が明るくなる  顔が黙々として暗くなる  呼吸が苦しくなる  弾丸除けになる  首を切られてお附きになる  参木君ならずともやられたくなる  顔はなる  罷業は大きくなる  闘争になる  中国をお愛しになる  プロレタリアもお愛しになる  廻転しなくなる  解釈に向って鋭くなる  ッと冷たくなる  本国政府を励ましてやりたくなる  盛んになればなる  黄色人になる  ますます不快になる  ことの出来なくなる  いつまでも黙っちゃいられなくなる  鞍がえするとなる  共産化してどうなる  ジャイランダスはどうなる  ますます膨脹しながら猛々しくなる  あたしだっておかしくなる  分水嶺となる  感動になる  姿が少くなる  だんだん生気になる  これ以上馬鹿になる  外交だけでも強くなる  じき愛国主義者になる  君たちだとなる  支那人に出さぬとなる  捨石になる  背中は一層低くなる  死人になる  狂人みたいになる  昂然となる  あたし、恐くなる  そこにもいられなくなる  襯衣一枚になる  ことさえ出来なくなる  そのまま明日から事実になる  平音無事になる  間がむずかしくなる  気になるならなる  音が近づくにつけて大きくなる  ア、そうよそろそろ暑くなる  懐が寒くなる  国籍も解らなくなる  号外を読むとたまらなくうれしくなる  千代婆さんが寂しくなる  茲四つになる  女は解らなくなる  年とったらやっぱりあんなになる  顔ばかり突き合わしてもいられなくなる  先まで考えたって、どうなる  家がどうなる  ほかになる  ことをちょいと話したいが長くなる  退院後一年にもなる  悔むような気にもなったが、馴れたらどうにかなる  霜柱が深くなる  如何様になる  神経は、如何なる  労力となる  ものにしてやらなければなる  いらっしゃい、今に何とかなる  行き方であり、また如何なる  それは、そうなる  承知して、そうなる  贅沢となる  ところへついてきてくれるとなる  結果息苦しくなる  生活に比べて、羨ましくなる  共同経営となる  基となる  何んだか息苦しくなる  束脩謝金の高くなる  謝禮はなる  通りには所詮なる  無宿になる  八十二歳になる  五十五歳になる  十四代定五郎となる  從兄弟になる  商家となる  時越後守となる  雷のひどくなる  鉄砲打になる  所謂悪友になる  足は軽くなる  意識しながら、思わず固くなる  化石になる  ぢれつたくなる  政治家にはなる  兼好法師となる  ウルカとなる  本焼きとなる  一両日籠に入れて吊るしておくと焼き枯らしとなる  水に入れ、ひたひたになる  蒸焼きになる  声、いよいよ冴えて、次第に暗くなる  舞台明くなる  帯になる  骨がやわらかになる  食味となる  語り草にはなる  頃から水温が高くなる  清淡なる  遠く深くなる  ただ汚らしくなる  絶望し、やりきれなくなる  毒にあてられて、又しても、やりきれなくなる  ため、大きなる  片まけぬあたらしくなる  譲つた前後になる  秀入門となる  宅はなる  二首目になる  しらふことになる  活溌にははたらかなくなる  曙覧自身の愈深まり、ひそまつて来た幽なる  伝へになる  作物になる  三等尊親などなる  二句以下になる  場内となる  至つて手がかりとなる  領主になる  もっともっと注意を向けなければなる  肝腎な新しい古いはどうなる  かなはなくなる  頽廢的になる  空頼みになる  今年十八歳になる  倉庫はどうなる  物貨はどうなる  彼も白々しくてつまらなくなる  恋愛になる  黒味の強くなる  亡者にお逢いになる  亡者になる  またまた図書館通いを始めなければなる  苦労をしなければなる  ゲシュタルトも、なんにもなる  展開させなければなる  提示しなければなる  文化人は、いそがしくなる  御殿へおでましになる  手前味噌にもなり、長くもなる  蛾になる  日々濃くなる  麓になる  雪は古くなる  粒形になる  純白ではなくなる  ように黒くなる  氷河になる  中央が高くなる  墳墓になる  事などを思ふと、種々なる  原因で、大きくなる  沢山となる  湯田中に遣らずばなる  拳の痛くなる  信用せられぬとなる  事も出来なくなる  手助になる  大方一時間にもなる  登つて、種々なる  卑怯者になる  子供が大きくなる  い形容詞でも使いたくなる  時にお弾きになる  何年くらいになる  休職満期となる  工藤は、長くなる  手紙をよこさなくなる  若い女がぽつと明るくなる  女がおしやれをしなくなる  腹這ひになる  英文タイプも打てるとなる  ひと達が荒々しくなる  自由に、たななる  少女となる  成年となる  者の多くなる  頭がしいんとなる  帰りに暗くなる  薬食いにもなる  むすこさんのおよめになる  長者のむこになる  てゐられなくなる  養はねばなる  唄をきくと悲しくなる  毎日夜になる  留守にでもなる  始末がつかなくなる  自在に書けなくなる  通俗科学はいかなる  朝となる  八十余歳でなくなる  気持ちでいっぱいになる  アイテムとなる  一割高くなる  一週期となる  一週期になる  確定になる  研究問題になる  つばを吐きたくなる  密でなくなる  脱落しやすくなる  痛みを感じなくなる  尺度にはなる  歯が悪くなる  動詞になる  言葉はもういらなくなる  下敷きになる  消化不良になる  不可視になる  新天地が求めたくなる  条件にはなる  そうにはなる  自分も笑いたくなる  敏感になり、つまり泣きやすくもなる  一長篇となる  用紙節約から廃刊になる  板の間をあげると流しになる  入浴となる  一室になる  教育者となる  啓蒙主義的通俗哲学者になる  弁証法となる  定説となる  というごときことになる  濃厚となる  ちょっと問題になる  事ではなくなる  三十篇になる  頑固になる  道をもってしなければ諂いとなる  子の迂なる  核心となる  泰伯篇になる  顕著となる  日覆いになる  ように、うす曇りになる  峠が高くなる  足許が暗くなる  峰伝いは、どうなる  鮮やかに白くなる  六月頃になる  ころはもうまずくなる  ビッショリになる  丈より高くなる  斑らに明るくなる  下り気味になる  ちょっと反り身になる  急流になる  濶くなる  川面が明るくなる  腹這いになる  ようにザラザラとなる  むる者また非なる  楽みなる  経歴したればなる  皆帰思頻りなる  菎蒻のみなる  事なりしなる  思惟したるなる  川口となる  空手形にすぎなくなる  袋となる  晩秋になる  際なんとかなる  代用食になる  私も、一応なる  食いものにはなる  言ふ順になる  つて秋になる  急に、暗くなる  百四十万人になる  メランコリイになる  ところがおありになる  世辞をいはれて、帰れなくなる  男は、少し固くなる  文禄年間になる  のなら、またどうにかなる  電燈をつけて、眠くなる  形身になる  考えはなる  割切っていれば、どうなる  此処に居れなくなる  強制処分になる  六ヶ月になる  診療所に話せば、なんとかなる  事を言ってたってどうなる  シーンとなる  んとなる  私が居なくなったら、どうなる  名取りになる  オベッカ芸当になる  なんのたしにもなる  内、なんとかなる  組打ちとなる  口がすっぱくなる  これが落とせないとなる  机に附かんばかりになる  向方となる  非難はなくなる  から仕方なしにお起きになる  更そうなる  もう少し明るくなる  支度をしないと遅くなる  悪意となる  学校が遅くなる  後姿を見えなくなる  放火をしたくなる  理想となる  ようにしておやりになる  精がよくなる  土方殿などになる  矢張り気になる  総司さんを討たれてなる  相棒になる  手足まといになる  人間は、如何なる  覺悟もせずばなる  風は荒くなる  今年二十四歳になる  スキーとなる  休みにはなる  もとどおりになる  つばさぐらいになる  ほんとうにむちでもくらわしたら、ちっとはよくなる  ヨハンネスは、いったいどうなる  途中でとべなくなる  魔法もつかえなくなる  城が大さわぎになる  全貌をなる  風景はなる  逆説をもちだしたくなる  米はなんとかなる  かさへわからなくなる  声が次第に遠くなる  一方はなる  云はれますけれども、かうなる  前進前進となる  準備をしなければなる  塊になる  つて早くもなり遅くもなる  上等兵となる  心持ちにもなる  首をひねりたくもなる  ちよつとひやかしたくなる  民族となる  殊によろしくなる  何となくものかなしくなる  軽井沢になる  ぱりする、あかるくなる  だんだん里近くなる  評判なんかになる  はたちになる  田舎臭く野暮ったくなる  私と遠くなる  のか、どうなる  参観してゐると涙ぐましくなる  惡戲とまがへてなる  辛棒がなる  嫌やとなる  松風となる  花ぐもり明るうなる  龍となる  べりすぎる、かへりみて情なくなる  貪慾、あゝ、やりきれなくなる  信州らしくなる  木曽になる  独法師になる  相場師みたいになる  しか存在しなくなる  工場となる  工場になる  月いくらになる  鼻息がおとなしくなる  ストライキ除けになる  始めッからそうなる  倒壊してしまわなければならなくなる  問題は面白くなる  ことがあってなる  集合場になる  つて何になる  一人でも多くなればなる  三千年になる  轉げてみたくなる  カツ子姉さんみたいにもりもり大きくなる  習癖にもなる  もう一度考え直されなければなる  だんだんわからなくなる  通り好きものになる  逢ひになる  兎に角仕合になる  おれのものになる  耶蘇信者になる  それから朝になる  はい、かかり合いになる  空気を吸いたくなる  提灯持ちみたいになる  ブルジヨア的になる  可哀想になる  足袋屋は、なる  心地ぞすなる  ものなりとて大きなる  攻勢的になる  つて街道が高くなる  人に聞いて見たくなる  からお話をしてあげずばなる  私が大きくなればなる  私が強くなればなる  月がこわれて見えなくなる  小石のみなる  情景が繁くなる  一助となる  愚痴も言いとうなる  から、くよくよ案じるな、と力づけてはくれますが日増しに重くなる  これを思うといよいよ寂しくなる  逡巡したくなる  藍色になる  朦朧となる  さまとなる  配給制度になる  ますます物が足りなくなる  四十四銭八厘となる  狂者となる  ゾラ等の奉ずるといふなる  道標となる  目醒めて動くなる  精神集注とはなる  大正二年頃になる  耽美的傾向が、真にその養いとなる  急速に大きくなる  いつか夫婦になる  表紙になる  方はまたそのうちどうにかなる  不自然でなくなる  評価はどうなる  哀れでなくなる  搾取しながら、いざとなる  たっぷりつよくなる  違ひにもなる  機械となる  一時間より長くなる  マーどうかなる  心持ちはなる  ドウにもなる  職業になる  ことができず、またなる  壮士になる  遺物が大きくなる  頃から戦争犯罪人になる  ソプラノになる  アルトにもなる  才能、或はよくなる  労働条件がよくなる  隠居となる  好都合なりしなる  はしであるからには、かようなる  そはかようなる  飯炊当番になる  不完全なるがゆえに、かようなる  帰するなる  つたつて涙の出たくなる  実質となる  嫌ひになる  毎晩暗くなる  少年になる  それがすぐどうなる  パンとなる  主婦となる  背骨が痛くなる  世の中がこうなる  慰めとはなる  喜劇になる  ちょっと行ってみたくなる  悪戯もこうなる  仏身になる  言つたつてどうなる  おたすけになる  水準だってどうにでもなる  機会を捉えたものの、いざとなる  ほど憂鬱になる  旅費しか出ていないのに、こう長引くとなる  堀割になる  わさず、如何なる  逆な順になる  不用心になる  癇癪を起したくなる  自己表現になる  室を眺めていると、なんだか淋しくなる  形式打破になる  暗闇になる  プロモーターになる  ゲームになる  外戚になる  皮肉になる  孤独者でなくなる  ことが次第に少くなる  無籍者となる  ようで、淋しく悲しくなる  胸にしまっておけなくなる  警告ともなる  一切のものになる  君は陥らざるを得なくなる  洪水となる  無尽蔵ではなくなる  怒りっぽくなる  抑制しきれなくなる  そのままそっとしておきますと、淋しくなる  すべてだめになる  泥坊よけになる  菅原君がいなくなる  話が通じなくなる  漢字で綴ればこそむつかしくなる  祟にもなる  バランソとなる  物象を察するの快なる  障りにもなる  喞つべきと思ふなる  共有物となる  だんだんそうなる  見方によってどうにでもなる  青となる  後球が悪くなる  非常に多くなる  聲が途切れると、またしんとなる  自分が制し切れなくなる  世話を焼きたくなる  姑ともなる  大にして褒めたくなる  事はなる  二十丈ばかりなる  節近なる  島のごとくなる  将軍になる  時一尺ばかりなる  竜となる  蛇といふばかりなる  ウワバミ譚をも生じたなる  根柢はあるなる  山立ひめなる  五指ことごとくそうなる  国王となる  蛇盲となる  邪視が利かなくなる  蛙が飽き足りて食わぬとなる  便りとなる  所においてするもしばしばなる  緑色となる  蛇はかようになる  尾が、短くなる  予もなる  水浸りとなる  辺一面栗鼠だらけになる  虚構だと断ずるの非なる  ここを去って久しくなる  今一つ国益になる  娘年頃になる  七島よりなる  八島となる  家馬となる  達人となる  三里ほどなる  今甚だ少なくなる  青馬と呼ぶに至りしなる  温かになる  巫となる  事がなる  表裏したるなる  さ山ほどなる  からけつとなる  猴やがて快くなる  石板色となる  閹人となる  神のごとくなる  夜を守りしなる  発銃くらいはするなる  智となる  猴になる  占領したらどうなる  売行きがよくなる  土匪になる  酔っぱらいはどうなる  死刑となる  五十三になる  若い娘がよくなる  金にさえなる  快楽となる  土は深くなれば深くなる  帰休になる  身体、すぐ悪くなる  程、なる  む、暗くなる  ように軟らかい、ふるいつきたくなる  母もいなくなる  負けとなる  皺くちゃになる  激流でも渡ってしまわなければなる  がかりとなる  苦るしくなる  けが部分的によくなる  露西亜語もやりたくなる  言葉も覚えたくなる  鮮やかになる  方もおありになる  子供衆のお持ちになる  お方にお会いになる  おかえりにならねばなる  国音相近きを以てなる  二重三重取りになる  道伴れとなる  夢にそのごとくなる  英国バス市丸潰れとなる  丸潰れとなる  二十三となる  雉となる  他人に見えなくなる  牛大となる  南洋となる  威強くなる  事鶏のごとくなる  犬となる  羅漢となる  者ばかりとなる  利慾はなくなる  ますます切になる  乞食となる  因となる  自ら王となる  おれは白くなる  両親が恋しくなる  何だか腹の中まで涼しくなる  テンカン引きになる  海鼠にでもなる  今日からひとでになる  幾日になる  露も深くなる  うしろ姿が遠くなる  だんだん寒うなる  女夫になる  冠にもなる  父御はなんとなる  仕合わせにもなる  五十六十になる  舌がやわらかなる  二の舞いになる  機嫌がむずかしくなればなる  罪を詫びなければなる  彼を救わねばなる  烏帽子折りになる  四年目になる  あきないが遅うなる  日の高うなる  四辺が暗くなる  三年生になる  意識しなくなる  暮しが立たなくなる  四邊が暗くなる  四倍も重くなる  特に記憶しておかなければなる  認識論的批判となる  社会批判は許されなくなる  復古ともなる  技術教育になる  拠典となる  批判対象となる  闇屋となる  事務的になる  空襲警報になる  天皇を担ぎださずにはいられなくなる  二元論となる  便秘をしなくなる  ポンプを押さねばなる  胃腸の良くなる  降嫁になる  精力強くなる  こと羊のごとくなる  鷲となる  牛のごとくなる  独棲苦行神を驚かすばかりなる  力の偉なる  間柄になる  自認したごとくなる  下に、終始しなければならなくなる  余り寒くなる  一時に、どうなる  旅行でも仕なければなる  私は、寒くなる  ことが繁くなる  迷宮に入らざるを得なくなる  踏み込むことになる  価値批評となる  指摘せねばなる  すべて明らかになる  穢なげなる  桑門となる  用ゆるなる  蛮民になる  世事かくのごとくなる  ビショ塗れになる  ラジオ界はどうなる  ことが許されなくなる  ラジオ漬けになる  すべて自らが償わねばならなくなる  国となる  一落着きになる  筆が伸びなくなる  鞅掌になる  信用になる  承認になる  プチブルジョアが多くなる  試練になる  結果がよくなる  自分のものにはなる  暮し易くはなる  為めに、落ちつけなくなる  大層良くなる  騒動となる  黄金世界になる  社会はずツと良くなる  家来になる  憲政本党となる  矩となる  聖人君子となる  先覚者になる  かくすればかくなる  不忠になる  成立は出来なくなる  手もち無沙汰になる  倍額になる  何割か安くなる  注文をつけたくなる  自分が美しいと思ふだけ、それだけ美しくなる  紀念になる  おなかおこはしになる  いふ容態になる  ちょっとでも親しくなる  女学校三年になる  使ひたくなる  時計を進めねばなる  お日様の傾くに連れてさすがに凌ぎよくなる  愛想にはなる  十五六年になる  歌のわれとかぼそうなる  面影やはづかしげなる  此日を忌む頻なる  ものめづらしき怖れなる  うちに、いなくなる  下におりていって、見えなくなる  勇敢をもってなる  男性になる  建造などは、これからどうなる  倦怠時間になる  五十名でもなにかの足しになる  不在証明にさえなる  反古になる  科学小説的色盲となる  もの嗤いになる  ペンがうごかなくなる  西行あたりになる  補充を求めるとなる  雀が可愛くなる  あゆくなる  先祖となる  もの幸いであるといわなければなる  狐堂とかいわなければなる  いまごろになる  毎年きまって、いけなくなる  ことし三歳になる  農となる  姫様となる  面の醜なる  便所が臭くなる  皆其不仁なるを知らざるなる  む御呼寄せあひなる  明らかでなくなる  優美歌になる  東歌になる  民謡になる  言ひ替へねばなる  ものが多くなる  拾遺集になる  此歌などになる  浪にはなる  弁ちがつかなくなる  定家になる  中心人物となる  先棒となる  石一つになる  うちも寒くなる  分り遊ばしてなる  ゆえ、ひょいと見るとなる  通り暑中休暇になる  生活向きが立たなくなる  江戸末期になる  天正時代となる  三十二石八斗五升となる  出陣せずばなる  朝鮮になる  ウ列音になる  こがねになる  屈折韻になる  場合に何故かになる  推測になる  起源と結びつけて見ると、どうなる  はつきり名詞になる  形容詞になる  第二義になる  単純になる  音を刈り込んでなる  古着、古かもじ、焚きつけになる  むりのひとつも言いたくなる  そこまで埋めるとなる  奉行様がお会いになる  おらんとなる  ナンテことになる  届けいでずばなる  宣伝にもなる  ぐれはまになる  イかいお世話になる  ほんとうに、もうもうどうなる  身はどうなる  いかがになる  百いくつになる  江戸へさえ出れば、なんとかなる  下問にもなる  日光へも近うなる  ツウとおすすみになる  百二十歳以上になる  百兩にはなる  確めたので初めてなる  からで、こうなる  放棄しなくてはなる  自分がわからなくなる  説明されて、なる  流行妓になる  ウガチに過ぎなくはなる  保子さんにもおのばしになる  目に懸からなければなる  友達となる  知人になる  愛人となる  難関となる  一群になる  子供中心に過さなければならなくなる  滅茶苦茶になる  ならず者になる  毎日へとへとになる  犯罪者となり狂人となる  外部条件によって、そうなる  フミキリとなる  チンバになる  電池が悪いかと思って取り換えてもすぐいけなくなる  それをみがいて継ぎ直したらいくらかよくなったが、またすぐにいけなくなる  電気を通さなくなる  所がやけてもういけなくなる  じきにいけなくなる  われわれは心細くなる  事にでもなるといよいよ心細くなる  一つ井戸を掘らなければなる  孤独を覚えて、居ても立つてもゐられなくなる  人間が恋しくなる  電燈の光りだけになる  凡て好きになる  接吻してみたくなる  自分だけとなる  ことも出来さうになる  人工肺臓をおとりかえになる  二十四五歳になる  価値ではなくなる  病ひになる  気分がひどく険しくなる  自信を持てず、いざとなる  十時過ぎともなる  もので、古くなる  子も、そうがつがつしなくなる  扁桃腺でそんなに酷くなる  金が続かなくなる  聴く気にもなる  八ツ時分になる  厳粛になる  小菊がいないとなる  係争になる  まり親密になる  のも困るけれど、深くなる  腕が凄くなる  十二時にもなる  渾身の熱くなる  画お金になる  陣痛が来たとなる  ように鬱陶しくなる  店にもなる  否定したとなる  否定するとなる  必要上おのずからなる  ちょっと遠くなる  私行きさえすればどうにかなる  鼻薬が利かなくなる  疎かになる  銀子も寂しくなる  自然足が繁くなる  五月ともなる  勉強もしてもらわなきゃなる  一時にもなる  手紙を書いたが、そうなる  子供だとなる  胸先の痛くなる  下積みになる  百円になる  移り替えになる  入れ替わりになる  張り呼吸をしてみたくもなる  開帳となる  姉が倒れたとなる  不機嫌そうに、あんなになる  線もそれだけうまくなる  夜はおそくなる  生真面目になる  亡霊となる  成人記念碑となる  四角ばった口調になる  六月ほどになる  機嫌のわるくなる  尼にでもなる  あとからどうでもなる  わしも、ついよく帰ったといいたくなる  いっぽうで、こうなる  磯屋五兵衛となる  磯五のものになる  まり元気では、お困りになる  寮が見えなくなる  問題もどうにかなる  ときからおれがきれえになる  めえが憎くなる  さき、どうなる  口調になる  人は、このもしくなる  何年つづけても、どうなる  お針頭になる  口ひとつでどうともなる  いっしょになるなる  近いうちにいっしょになる  遠慮せずに早く帰ってお寝みになる  口になる  はじめから夫婦になる  細工がまずくなる  商売が忙しくなる  したたか者になる  せい様にばれたら、どうなる  めえがそうやっきになる  それが快くなる  奥様も、およろこびになる  田んぼ路でも歩いてみたくなる  話し相手になる  ののしるようになる  なぶるころになる  ちょっと頭でも冷やせばすぐよくなる  当分世話になる  ききになれは、すっかりおわかりになる  せい様と深くなる  女分限者になる  金持ちになぞなる  受け太刀になる  げんになる  ことには、いざとなる  こんどこそは、行かずばなる  夜眠られなくなる  思い出話にもなる  だんだん大きく明るくなる  四十六歳になる  道づれにはなる  可哀そうになればなる  掛人になる  正月二日以後毎夜となる  模様となる  侵畧主義の非なる  芸術が面白くなくなる  野沢屋が大きくなる  うちに行きたくなる  それだけでも長くなる  中心地となる  のがそう行かなくなる  王妃となる  金持ちでなくなる  人は好くなる  まま踊になる  二十五歳にもなる  から五十年になる  なにもどうでもよくなる  感冒に染みしなる  暖気となる  水不足となる  選挙たけなわとなる  雑誌社が載せないとなる  世間がわからなくなる  引付いて落ちてすぐ見えなくなる  雨雪となる  両国川開中止となる  順調となる  水道水切となる  水切れとなる  ピストルを向けられたら青くなる  一分間舞台空虚になる  泣き声になる  神秘的に明るくなる  権化になる  ハイド君になる  それをかく御取戻しになる  奴は、こうすればどうなる  意味はどうなる  いつ廃刊になる  発行されるとなる  音としてきこえなくなる  積は正になる  そのまま小説になる  職業化すると書けなくなる  勢い怪奇小説になる  職業作家となる  船山に登る、という怖れになる  邪魔にさえなる  つた瞼を抑へながら、かうなる  勵みになる  私は口惜しくなる  すつかりよくなる  一ト月になる  機關となる  自分はああはなる  機會が少くなる  私のぽつとなる  方に多くなる  割になる  中に又どうにかなる  顏の赤くなる  神輕衰弱になんぞなる  穴にでも入りたくなる  威張りになる  昨夜からかうなる  歸つたら、又どうにかなる  探偵小説が如何なる  非常に強くなる  いまはるとなる  諺になる  へん忙わしくなる  ようにかたくなる  つまみになる  訴へたくなる  祖父母達を呼び起したくなる  さに近づいてゐればゐる程強められ深くなる  0となる  本格推理小説となる  ヴァン・ダインとなる  超人的明察となる  オロソカになる  帰らないとなる  芝居もどきになる  急所となる  鴨になる  監視もつけなくなる  車中の人になる  二川家を継がしてなる  年が釣合わないが、そうなる  力を借りなければならなくなる  可能性が大きくなる  裁判にでもなる  あたりは醜くなる  ゅう五つになる  一辺に寄りつかなくなる  鳥渡頂上へ行って見たくなる  所へも、ふっつり寄りつかなくなる  気違いみたいになる  父様はどうなる  かさになる  よみになる  賑わいになる  こっちになる  二コマとんでいいっていうならこうなる  感情から彼が来なくなったとなる  ことをいわずにいられなくなる  苦しまぎれになる  わたし一人ぐらいはどうにかなる  ことになったら、どうなる  港となる  頃おかえりになる  底をわらずにはいられなくなる  ことをいっておきながら、いざとなる  畳廊下のしきものになる  たしかなことはわからないけれど、だいたいなんとかなる  古典になる  伸子自身はどうなる  四五日うちには立たなくちゃなる  わたしが伺って、どうかなる  そちらは、まあどうにでもなる  いきさつとなる  母親となる  それはなんだか、そしてどうなる  ものおわかりになる  結局、こうなる  から気になる  海外特派員となる  月がけで何とかなる  事態は悪くなる  じきうちから単行本になる  用心ぶかくなる  上で何とかなる  何遍聞いてもすぐ分らなくなる  盲目とになる  鋭敏になる  皆へとへとになる  手柄にもなる  秋風が寒くなる  客が来たとなる  腹の中にゐなくなると、どうなる  一章一節、と言いたくなる  必定お怒鳴になる  罵倒されて蒼くなって小さくなる  厄介にはなる  考案は出ないで、こうなる  盗賊にはなる  者が羨ましくもなり、又実に憎々しくもなる  情話でも為てみたくなる  祖父となる  子はよくなるか、わるくなる  後継ぎになる  私は恥ずかしいけれど、こうなる  眼をおほひたくなる  三十三になる  みな心得てゐなくてはなる  ふところにも、まだまだ、どうにかなる  調子となる  まっさおになる  刷毛を捨てねばなる  容態が少しよくなる  容態が悪くなる  面白い所になる  生涯を想うと、力強くもなればまた淋しくもなる  木下が居なくなる  モデルなんかになる  顔を見合せているというだけで、しみじみと力強くなる  病人一人になる  岡部君が少しよくなる  余り遅くなる  人が居なくなる  位にはすぐになる  声が少し高くなる  満足せねばならなくなる  人でなくなる  ヘダになる  ア、もう、おそくなる  落付かなくなる  断髪洋装ともなる  主人を考えると悲しくなる  頭で、どうなる  島流しになる  文学に限らず、如何なる  頬辺が紅くなる  裏地になる  伯母さんが居なくなる  あまえる人が居なくなる  余になる  旅がしたくなる  君が全く見えなくなる  イライラして、もう、どうなってもいい、なる  受動的抵抗者となる  いふ人間になる  受動的抵抗者になる  承知しなくなる  ことにするから、眠くなる  昼めしは、どうなる  授業が済んで帰るとなる  さにはなる  気でどうにもなる  数になる  ボスウェルとなる  大名となる  乞丐となる  軍人志望が空しくなる  マダ二十歳になる  興行師となる  専門文人となる  二編となる  筆が動かなくなる  者であるといわねばなる  功労者であるといわねばなる  価値が乏しくなる  十分承認しなければなる  ゆゑ周旋していよいよとなる  下心あればなる  日に益々高くなる  中には案外なる  顔色が蒼くなる  取返しが付かなくなる  海気療法ともなる  功績の偉なる  実行家となる  ユーゴーとなる  安住していられなくなる  辛抱出来なくなる  哲学でなくなる  二葉亭でなくなる  なりランプ台ともなる  から御覧になる  文体となる  商売となる  かしく面倒臭くなる  乙種農学校出身の、どうにでもなる  最近外地勤めになる  島々からなる  解散となる  娘たちになる  役者だと聞けば、なる  口が酸くなる  これ以上相手になる  六とかになる  つたお母さまつて、お聴きになる  お母さまになる  責任でもあるが、これから、なんとかしなけれや、どうにもなる  相手に応じて、なる  保健婦になる  薪になる  田丸は、なる  出来んなる  指端の痛くなる  大方、いよいよとなる  三角形になる  休息になる  十年あまりになる  花時になる  裾よけとかになる  中学に上るとえらくなる  はるるしづかなる  所謂親馬鹿ちやんりんとなる  水が多くなる  慰安となる  榎木の実の紅くなる  日に乾いて堅くなる  數年になる  ひそかに禁じえなくなる  陽気になればなる  髪を剃られてなる  調子も太くなる  罪状がいくらか軽くなる  集配人になる  幾分腹癒せになる  気掛になる  姿にもなる  十分参考になる  云つて寒い時節になる  空に帰したとなる  三年にもなる  産になる  轟沈及至撃沈となる  給仕に来て、ながくなる  むかしがなつかしくなる  いろいろ船できいてみると、なる  梃でもいけなくなる  畑になる  来年あたり、とてもそんな遊んでなんかおれなくなる  来春になる  一口も食えなくなる  それきり春先になる  方でもなんとなくうれしくなる  こともあるけど、うれしくなる  私、すぐおかしくなる  女なんかになる  七八年になる  社長になる  通り、出したとなる  あなたが憎らしくなる  いるかわからなくなる  だんだんかしこくなる  ソバになる  のがいけないかね、へっへへ、なる  うりになる  鮭釣りとなる  資源となる  しまつたら好いだらうとお思ひになる  博物学者になる  ものは黒くなる  ものはなお黒くなる  咄喊となる  状況から宣告を下されるとなお見てやりたくなる  から滑稽にもなる  愚痴っぽくなる  生活が羨しくなる  王羲之にしたくなる  一つ半でも蒼くなる  惰性になる  未来もまた怖なる  含蓄もようやく深くなる  嘘がつきたくなる  通用しなくなる  大抵行き倒れになる  貢献的事業になる  風邪が引かしてやりたくなる  国詰になる  荒川となる  影からだんだんに遠くなる  児はこれからどうなる  だんだん冷淡になる  あとはよほど凌ぎよくなる  後日にお判りになる  ように見えますけれど、もうそんなになる  話が判らなくなる  素人探偵になる  から足かけ四年になる  好都合であり、又そうなる  疑惑をかけたくなる  時季になる  かなりに重くなる  最中にどうもなる  後日証拠ともなる  今度東京に出るとなる  ゆ太陽のしたなる  それから見離されたとなる  燈臺守になる  沼津となる  喧嘩どころか、もうさうなる  當で探すとなる  專ら靜かなる  愛することになる  來ればまたどうとでもなる  夜にもなる  五合をすごすとなる  七合八合となる  ざかつてゆかねばならぬ事になる  マツチ擦るとて大きなる  眞盛りとなる  貧窮談になる  丈の高くなる  一時二時となる  喫ひたくなる  たい氣持となる  嫌ひで、大きくなる  なだれのなだらなる  前景となる  松の大きなる  汽船が出ないとなる  十二三日になる  三日續くとなる  葉となる  傾向は深くなる  森となる  のでも、おわかりになる  子供たちと、御戯れになる  御文を御置きになる  浄土になる  ために曇ったと云え、消えはしなかったと云わねばなる  熱病になる  帰雁二となる  浄海入道になる  お多福でも、一層可愛くなる  二時間にもなる  以上は、そうしてやりたくなる  話はどうなる  聴えなくなる  手はじめになる  三割になる  田舎行きとなる  僕はなる  ますます思いきれなくなる  芸者にでもなる  敷居が高くなる  何事もなる  妻はこうなる  方もまた出来なくなる  用意になる  自分自身までが情なくなる  生存が苦しくなればなる  人間はいかなる  腹癒せにもなる  鰻でいっぱいになる  少女がいとしくなる  顔色が悪くなる  成績がグングン良くなる  収穫後になる  無罪放免になる  道徳他律説になる  斷念しなければならなくなる  選挙がどうなる  自分が危なくなる  会場がどうなる  いま遙かなる  私たち素人にもなる  活動を見に行きたくなる  とき、思わず驚くほどになる  美味になる  二人となり三人となる  培養素になる  人格者になる  磨き料になる  黛になる  餌入れになる  アク取りになる  印になる  石鹸玉吹きになる  歯削りになる  傘袋になる  鰊になる  積極的誤解となる  我儘者になる  嘆じ、慎ましくなる  砦となる  老齢になる  配偶者となる  家庭生活となる  ぐることが出来なくなる  そのまま悟りとなる  腐れが大きくなる  却って邪魔になる  仏教もなる  ちょっと私たちに見えなくなる  それはなくなる  自分と、一体なる  自分自身に対してさえ、当然なる  一家は立ち行かなくなる  抽象的になる  音楽家よりなる  永遠に新なる  一つと考えなければなる  エネルギーとなる  前途なお遠しと云わなければなる  波長が短くなる  平均値三五・五になる  何となく抗議を申込みたくなる  行き詰まりになる  花形になる  形成となる  自然に面するとなる  有害になる  解決に勉めなければなる  材料にはなる  経験になる  趣がちがわなければなる  可能であるとすればそうなる  改革を受けなければなる  事も考えねばなる  軟水となる  側面となる  公理となる  矛盾せねばならなくなる  積極的となる  ことは愈々著しくなる  今後どうなる  声もやさしくなる  長屋となる  つた、微なる  一つ探さなければなる  伝七がなる  伴れて往かれているとなる  足が利かなくなる  按摩さんになる  兄貴でも死んだら、どうなる  鵜になる  からね、ついすると遅くなる  奥さんのつごうで、どうなる  あたりにはいられなくなる  酒が拙くなる  亀鑑になる  なんぼでもなる  家が狭くなる  電燈が明るくなる  スッと暗くなる  雨ごとに涼しくなる  地主にでもなる  借金をかえさなければならなくなる  六十九円となる  沿線となる  敷地となる  しかし、如何なる  舞台を通して見せるとなる  変化をなる  先が面白くなる  タブローとなる  白痴みたいになる  日蔭から呼びたくなる  身体が見えなくなる  明後日になる  坑夫になる  四角になったりしなくっちゃならなくなる  日々烈しくなる  気にしたって、どうなる  千遍一律で、要するに分らないとなる  時分には、また生き返りたくなる  もう少し烈しくなる  屹となる  ありがた味が薄くなる  事だが、なぜ云いたくなる  二人を引き擦り込みたくなる  挽回したと云うしだいになる  骨折損になる  だんだん登りになる  川はいつしか遠くなる  ますます烈しくなる  笑い話にもなる  ちゃんと五六間以上になる  からおかしくなる  魂もなる  当にならなくなる  浅間しくなる  影さえ見せなくなる  いっこう見当がつかなくなる  了簡しだいでどうでもなる  言葉を掛けたのに、いざとなる  説明して見たって今更どうなる  時から坑夫になる  見込がほとんど切れたとなる  行倒になる  人がそうなる  大胆になる  行倒れになる  急に恨めしくなる  から坑夫になる  奴がなる  坑夫となる  子にでもなる  型で行かなくっちゃなる  尻を嗅がなければならないとなる  損となる  野暮になる  二昼夜になる  逆にまた怖くなる  せいで早く暗くなる  事を忘れるほどにうっとりとなる  まり寄りつかなくなる  シキ臭くなる  無神経になる  のは馬鹿馬鹿しくなる  カップになる  方はなお遅くなる  倍静かになる  鉱脈があるとなる  なかった訳になる  方が悪くなる  一尺だけ遅くなる  器械だと思ったが、こうなる  灯火だが、こうなる  そのままで立っていたくなる  倍悪くなる  八時間になる  所作になる  神が助けてくれたともなる  んだともなる  焦心たくなる  度が烈しくなる  腰掛になる  睫が重くなる  瞼が熱くなる  坊っちゃんは始めてなる  山でなくなる  土でなくなる  空が、青いだけでは済まなくなる  不思議になる  ジャンボーになる  没書になる  九九八十一にでもなる  おかしな話になる  教授候補者となる  比に等しくなる  生産的用役から成る生産費に等しくなる  力学となる  不充分となる  技術にもならねばなる  稀少となる  経済学はいかなる  二六フランとなる  [2]vb=24フランとなる  Oa=Dbpb, Ob=Dapaとなる  Dbとなる  考え方によるもとなる  Opbに等しくなる  Opaに等しくなる  面積に等しくなる  曲線K'L'M'となる  大となる  現状であるが、それでは一層ややこしくなる  感傷となる  通俗小説となる  努力をしなければならぬとなる  何人も認めねばなる  起点となる  役には立たなくなる  結果は良くなる  料となる  光明かなる  心配せん方が好い、どうかなる  殊に心配になる  一時静かになる  演説調になる  形式的になる  帰国になる  ことを忘れてなる  電気となる  からだがはたらかなくなる  人だかりになる  いちばん気になる  気ちがいになる  おしまいは、いったいどうなる  ぼくになる  気持が落ちつく、だが、ずっととおくではなければなる  ミナゴロシになる  姑さんになる  ちょっと心配になる  鷲羽連峰等飛んで行けそうなる  二里くらいなる  気起り気遠くなる  谷つき森林となる  それに登りたくなる  心配したが、明るくなる  クラストになる  自分でも情なくなる  誰だってちょっと不愉快になる  一人で帰れなくなる  雲っていましたので、悪くなる  朝焼けがしているので悪くなる  霧が晴れてゆくのでよくなる  終りにもなる  から冬期は随分大きくなる  頂上近くなる  ため風陰になる  ことはないと思うが、なる  快晴になる  スキー等邪魔になる  ザラメ雪となる  欠勤になる  ものならほんとに動けなくなる  尾根が細くなる  木が少なくなる  真冬になる  晴天になる  荒天になる  汗には且つなる  屋根から霜になる  ように、取り成しをしなければならなくなる  深刻となる  価値にしかすぎなくなる  奥羽地方となる  期間になる  理由を、なる  上り口となる  からくりではないかとさへ、疑ひたくなる  からくりではないかとさえ、疑いたくなる  二時頃になる  気んなる  毛になる  何だか肩が重くなる  可哀相になる  買はうとなる  天井裏から飯時ちかくなる  明け方ちかくなる  生長して早くなる  廃木となる  うちへ来なくなる  方、どうお思ひになる  云つてたかつてお訊きになる  病気はよくなる  生き別れになる  問題はどうなる  方は、よくくらべればおわかりになる  人とお聴きになる  皆さんよくおわかりになる  売笑婦になる  おいおい弱くなる  ものをも恐れなくなる  野宿しなくてはなる  相生橋でつかえて動けなくなる  旋風となる  火の小さくなる  大火とはなる  自分たちもああして逃げなくてはなる  つて一つになる  紙芝居みたいになる  名人なんかになる  顔が大きくなる  馬鹿笑いしたくなる  馬鹿話などはじめたくなる  顔があかくなる  苦心をしなければなる  努力もしなければなる  心持をもつとあたらしくしなければなる  幸福でなければなる  一日五円にはなる  分ならなんとかなる  それ位になる  そばかすは濃くなる  何時とはなく覚えて呼びよくなる  つて横になる  田畠が小さくなり遠くなる  対手にゃなる  基で死にたくなる  対句通りになる  些と考えねばならなくなる  船になる  筏になる  附りそうになる  冷汗がびっしょりになる  なだれとなる  余り帰りが遅くなる  戦争苛烈となる  神戸へ行きたくなる  もう少し語らなくてはなる  玄関になる  から変だけれども、段々よくなる  チュクチュク、騒ぎまわって、薄暗くなる  代りとなる  夕御飯となる  幹となる  傾きになる  重もなる  便になる  規則になる  其代りになる  巌殿になる  昼過きになる  二つとになる  十一時前後になる  宿つて露となる  露となる  いつか自分のものになる  頭の見えなくなる  急に柔らかくなる  発現となる  寄贈になる  鳥一羽、寄りつかなくなる  それから数日後になる  島にいなくなる  内攻に堪へ難くなる  慟哭になる  限りなく憎みたくなる  四這ひになる  健康が良くなる  却つて判らなくなる  いふ自分になる  充分理由にはなる  雑嚢などになる  最初から二十六回となる  一体にやわらかくなる  欠乏などになる  一たん乗り出したとなる  台詞にもなる  六人になる  音も響くなり大きなる  金粉ぞただよふなる  僕に古くなればなる  だんだんきれいになる  いつのまにか智恵子が居なくなる  時人はわづかに卑しくなくなる  ともがらとなる  潜力となる  為のものともなる  板ばさみとなる  事が多くなる  夜の更けるにつれて眠くはなる  どこになる  目の出なくなる  見習生になる  ことになる、そうなる  んだなァと思っても、いざとなる  さきどうなる  それっきりになんぞなる  いつかかれは飲むとすぐ眠くなる  文字通り前後不覚になる  らの熱くなる  ようにみせて、いざとなる  から行かなくっちゃァなる  誰も、いざとなる  窓が暗くなる  そのまま向うへ下りて見えなくなる  冷汗になる  蛭になる  誼にもなる  寐息も聞えなくなる  治療となる  内は可いけれど、居なくなる  ですよ。晩方になって寒くなる  果は怨めしくもなる  社会的要因がなければなる  ことし四十六になる  発見しなければなる  ことも考へたくなる  一般からおのずからなる  三十三年になる  大阪がなつかしくなる  山田はもう眠れなくなる  夕餐とはなる  春から尋常一年生になる  たびに焦れったくなる  度に焦れつたくなる  千にやなる  折子が大きなる  喜劇大に出でよと叫びたくなる  便にもなる  手助けにもなる  帳合法のたしかなる  風俗は次第に悪しくなる  沖合いのうすぐらくなる  出版元なる  極度に安くなる  程までになる  頭が赤くなる  人々もなる  祈祷となる  時刻にもなる  いつかヘベレケになる  二合七勺配給になる  しようがないわよ、どうせなる  寝息も聞えなくなる  啼声になる  療治となる  途中で足りなくなる  自殺となる  勝となる  ちょっと邪魔になる  恋仲になる  結婚してしまったとなる  秋たけなはなる  出不精になる  ハッタリになる  慢心すると、そうなる  悪手になる  君より弱くなる  ア、ねむれなくなる  自然にもれる呟き、こうなる  うちに何となしけったるくなる  群りかさなる  地位が高くなる  どちらにもなる  白襷隊になる  戦場になる  顧なくなる  音が、次第に濃くなる  王様然と構えこんでいなくちゃなる  眠気を催させるだけで、ばかばかしくなる  はん、これからいよいよ暮し難うなる  ことなのだらう、いつたい、これからどうなる  メカニズムはバラバラになる  別に損になる  前跼みになる  こっちから御覧になる  違いないとなる  脂くさくなる  みんな只でおかねばならなくなる  ただやかましくなる  期待になる  変つて主格となる  丸山などになる  モニュメントともなる  心は、悲しくなる  仄かとなる  ように清々しくなる  急に頼もしく明るくなる  過剰になる  過少になる  汐の渡るなる  境幽なる  田甫になる  主人公にしたればなる  猟師の獲となる  事のみなる  手に太やかなる  車の次第に軽くなる  尾を見せじと思へばなる  中心地点になる  ことばかりお聞きになる  背丈になる  午前十一時となる  自殺的結論を建てなければならなくなる  抵抗しなくなる  おれはこれからどうなる  せんでお出掛けになる  都合七軒になる  ことも許されなくなる  四つン匍いになる  彼は逃がしてはなる  新聞となる  百ルーブリになる  権力者になる  即時休戦状態となる  一等になる  僕一人の力だけでは到底どうなる  大学生になる  図に描いて見るとなる  相当するとなる  馬鹿には出来なくなる  相対値となる  単位になる  彼らではなくなる  重点となる  投書となる  こいつぁ本物になる  失業はなくなる  ツァーの追っ払いをやり、目出度し目出度しとなる  小雪になる  人けも多くなる  話を聞いて居ると、ひどく恐しくなる  午後などになる  此処等になる  傷心を医すべきよすがとなる  詫を述べ、如何なる  感動しやすくなる  泌むやうに酒が恋しくなる  夏近くなる  ガサガサとなる  うねり強くなる  不運となる  降り坂になる  鱒となる  ように気まずくなる  園子の大きくなる  私たちは、どうなる  私たち、どうなる  者は、さいわいなる  位まで高くなる  足しまえになる  絵屏風となる  それをほめそやさねばなる  夏深くなる  聞手になる  煩さく物悲しくなる  朝夕手入れをするとなる  性慾的になる  ふうに濃くなる  貴族の子になる  裕福になる  おさげになる  のかと思うと、どうしてもおかしくなる  中に飛びこんで行きたくなる  いつでも戦いたくなる  ことは忘れられないにしても、いくらか耐えやすくなる  気質がよくなる  から変物になる  間泣きやんでいましたが、すぐまた泣きはじめなければなる  私も打ちかえしてやりたくなる  泣虫になる  セエラと親しくなる  何となく気はずかしくなる  もう少し大きくなる  飾りとなる  責任をお持ちになろうと、お持ちになる  眼の赤くなる  気がして、口惜しくなる  宮様以外のものにはなる  眼付で黙って見ていられると、たまらなくなる  所でもよくなる  つもりにもなる  ますます好きになる  狼狽になる  感じにはなる  貴方はなぜか、和んで温くなる  病気のよくなる  務は辛くなる  何だか温かになる  セエラが見えなくなる  皇帝にもお会いになる  二人が見えなくなる  誰だって、きっとおよろこびになる  の子は、時々ひもじくてたまらなくなる  ちょっと明くなる  セエラが怖くなる  お伽噺がほんとになる  じきお着きになる  プリンセスになる  部屋はどうなる  お嬢様のお附きになる  設計するとなる  百余国となる  木乃伊となる  併す所となる  はじめてから百回ぐらいになる  対照するとどうなる  八十七音となる  濁音になる  一音となる  タモテとなる  アンベイカナとなる  院政時代から鎌倉時代になる  行音となる  マ行音となる  行拗音となる  パ行音となる  バ行音になる  もっと多様複雑になる  やり方だとなる  だんだん綺麗に女らしくなる  態度となる  斜になる  飯などもなる  三十一にもなる  来年六つになる  ひとりで大きくなる  私は偉くなる  三十分になる  怪事件が起こったらどうなる  貿易ができなくなる  理屈は、如何なる  テキになる  腹ぺこになる  地球上においてはなる  嘔きそうになる  独りで怒ってみて、どうでもなる  楯もたまらなくなる  抑圧となる  唇が白くなる  濡れ手拭がすぐあつくなる  とことんになる  体全体から嘔きたくなる  心証がわるくなる  留置場生活が永くなる  顔まで赤くなる  改稱となる  ことの非なる  我々になる  牽強附会になる  瘧になる  行つてしまふとふるはなくなる  御名告りになる  称へになる  それから前になる  鎌倉室町あたりになる  つた鎌倉になる  月経になる  非常に疑はしくなる  乾期となる  軍事基地となる  得策となる  実行せざるを得なくなる  分類されなくなる  短命になる  六年近くになる  窓下になる  翌日放免になる  五年目になる  満期近くなる  飯頃になる  既決になる  赤むけになる  それは馴れさえすれば何とでもなる  故障で食えなくなる  さもしい話になる  だんだんと、おわかりになる  ことが、どうなる  三隻よりなる  弱みになる  海へ墜ちてわからなくなる  栄転になる  宝庫となる  生活に耐えねばならなくなる  ことを、知られてしまってなる  捕虜にはなる  大使、これから、どうなる  から随分になる  何だか、わからなくなる  人造人間だから、どうなる  告白しなければなる  目標にはなる  生存そのものが危うくなる  のなどになる  かわり音が弱くなる  範囲内でどうにもなる  ちょっとポチが見えなくなる  女は、こうなる  云ふときになる  流俗の思はくがどうなる  愛子はどうなる  思いをしなければなる  特待になる  ように短かくなる  だんだん暑くもなる  ますます売れなくなる  退屈で堪らなくなる  一時は大ぶひどかったが、暖かくなる  中に求めねばなる  何だか事がむずかしくなる  ことだが、もしそうなる  全力を尽さなければなる  例のごとく動けなくなる  ますます吃りの激しくなる  許になる  辛棒せねばなる  徴兵適齢にもなる  処分をせねばなる  山田から借りねばなる  一人は置かねばなる  ような次第になる  報告せねばなる  のだるくなる  夜業がなくて、暗くなる  何だか話はよく分らなかったけれど、遅くなる  日が来れば出なければなる  弁当となる  読み方になる  編集になる  昼飯になる  いねむりやらで夕方になる  気ばらしになる  七時半ぐらいになる  布団は掛けなければならなくなる  ことをいろいろ考えていたのに、いざ書くとなる  心持はおわかりになる  チブスになる  位おわかりになる  プロムナード国道になる  二通おかけになる  夜更かしになる  六時間ばかりするとお起きになる  工合よくなる  ボーとなる  改姓に御いりになる  鼻にはなる  致命傷となる  掛けになる  放逐されなければならなくなる  友喰いになる  今日会えなかったら一体どうなる  三日頃になる  めぐりになる  手をかけたくなる  アホイワンセになる  玩弄となる  態度をお執りになる  交際になる  失望おさせになる  仕向けになる  面白いネタになる  八になる  からモウ六年になる  女車掌になる  底まで淋しくて、悲しくて、つまらなくなる  ショウコになる  ままおしまいになる  出しようがないので、お困りになる  名前をお聞きになる  だんだんとおわかりになる  消しになる  川村さんにお打ち明けになる  打毀しになる  銅像を建てるとなる  修養になる  私はもう、何もかもわからなくなる  限り、如何なる  ホントウにおわかりになる  三人におわかりになる  お気付になる  差しつかえとなる  体も少しはよくなる  随筆になる  心持がよいだろうと思いますが、書くとついこまかくなる  そのまま昏睡してしまいになる  のんきになる  手紙をおうけとりになる  のを遠くなる  まわりに合わせると、そうなる  身代わりになる  シーズンになる  距離が大きくなればなる  トモになる  もうひとりの私になる  片方だけだと、どうなる  夢を見なくなる  ほうがどうなる  ハツキが死んだら、どうなる  人は死んでいなくなる  先に死んだら、どうなる  睡眠時間が短くなる  最後はそうなる  絵にすると、そうなる  ぜんぶ逆になる  玉になる  時間が逆まわしになる  ことがそんなふうになる  どんどん赤ちゃんに戻って、いなくなる  猿さんになる  言葉はどうなる  みんな逆になる  最後はどうなる  ここではいつもこうなる  どこにもいなくなる  午後から夕方になる  予定どおりにいかなくなる  五人になる  時間がたって、どうなる  共同になる  被写体になる  私はこうしていなくなる  ままに、必ずなる  自分は必ずいなくなる  東とその極なる  家庭が知りたくなる  十時ころになる  細君はなる  髪の毛をむしりたくなる  気がゆったりとなる  玩弄品となる  激烈になる  咒になる  噴飯したくなる  三年目となる  障子が明るくなる  のだから、赤くなる  相手に薄暗くなる  襟の白くなる  色も次第に濃くなる  ほんとうに自分等が新しくなる  簡朴になる  今年三才になる  類型となる  範囲内でもって、如何様なる  話を書き綴らねばなる  豊庫になる  上におのせになる  いびつになる  板挾みになる  外へ踏み出したとなる  それも毒々しくなる  眞面目になる  破壊したくなる  一生のものになる  僕を訪ねずにゐられなくなる  欠伸がしたくなる  慟哭したくなる  嘆きになる  ために、心細くなる  一員になる  窓も、開けてみたくなる  ぐる思ひにもなる  笑ひたくなる  なつて流れたくなる  空腹の足しにはなる  それから自慰の足しになる  ゆえ、憐れむ思ひにもなる  僕がやせるほどやりきれなくなる  僕はいつたいどうなる  動作になる  満足を覚える思ひになる  報ひたい皮肉な思ひにもなる  左門は泣きたくなる  やうな思ひになる  野々宮は再び可笑しくなる  言はれてみると、分らなくなる  心が冷めたくなる  彼は泣きたくなる  遥かに激しくなる  咎めを受けねばなる  規定したらどうなる  やうに信じたくなる  冷酷さに、薄気味悪くなる  づ四つ這ひになる  心がいくらか温たかくなる  奇妙になつかしくなる  屍体になる  狙つてやらねばなる  左門はいぢらしくなる  ぱいになる  報道で忙しくなる  金魚になる  毎日会つてゐればなんとかなる  ひとりではゐられなくなる  六月五日になる  苦痛はなくなる  病気も治りがおそくなる  つたものになる  なんのたしになる  叫びだしたくなる  山師になる  問ひになる  心の冷めたくなる  勝手にどうにとなる  凱歌をあげたくなる  酒を呷りたくなる  闇が深くなる  自動車が走れなくなる  夕方がちかくなる  さへすれば、どうにでもなる  無性に憎くなる  絢はなくなる  心でなければなる  それもきかなくなる  だんだん阿呆らしくなる  それゆえ世間が憎くなる  文子はどうなる  墓石となる  気もしないでないが、なる  やうに思ひたくなる  はいへ如何なる  言はなかつたら、どうなる  由子は泣きたくなる  特に問題となる  いふ事情になる  男に睨み伏せられてなる  気分のたしにはなる  情慾について行けなくなる  それでなければなる  足掻きぐらゐが、どうなる  きり変つた相になる  母に伝えたくなる  自分と遊ぶだけでイザとなる  ムルデ河に近づきたるなる  こころに許したまふなる  馬のみるみる黒くなる  備れりとぞいふなる  色まだ褪せぬに、まばゆきほどなる  おぼろけになる  のし玉へば、いづれも嬉しとおもふなる  これにおもなる  服のおもげなる  蜀錦のいろなる  かしら熱くなる  こころに許したもうなる  日本人にものいいたげなる  にゆかんとするを待たで、かたえなる  類おおかた備われりとぞいうなる  色まだあせぬに、まばゆきほどなる  かたえなる  いずれも嬉しとおもうなる  勇気は持てなくなる  勢一杯になる  肉刺をでかして、歩けなくなる  僕はなくなる  孤立的になる  私はずっとよくなる  都合にはゆかなくなる  心痛になる  あなたがおやりになる  十四五年になる  自分でおわかりになる  嫁に来させても、となる  空気おわかりになる  引合せになる  心持、おわかりになる  五月蠅がりになる  体をつかって、かえれば食べて眠くなる  何信になる  私にみになる  何だか妙だが、おわかりになる  体をお動かしになる  信吉名儀となる  一区切りになる  抽象的に云っているがお判りになる  平気だが、吹かせて上げたいとなる  労りになる  感情もおあらわしになる  念頭にお置きになる  御用でお起きになる  輸入禁止になる  価になる  効果は出ないし、弱くなる  かね合いがどうなる  どんなだか本当に、本当におわかりになる  給費生となる  腎臓をぶりかえしになる  天職にして暮らさなければならなくなる  小説にしてもながくなる  恋愛も一向ふるわなくなる  スグト食えなくなる  ミサントロープになる  害にはなる  オシャレになる  のだが、どうも会うとなる  マルクス主義は、なる  何となく彼には堪えがたくなる  紫丁香色になる  うちに羨しくなる  辺は早く暗くなる  お上さんになる  富士川になる  裸春になる  食物となる  実を見つめてゐるだけでも、悲しくなる  枇杷になる  ふうに動かなくなる  私自身になる  かわりくらいにはなる  のらくらして居れば、きっとそうなる  乱暴を働きたくなる  自分は来なくなる  十二時頃にもなる  それあ降りたくなる  要求が烈しくなればなる  聖代になる  除外せねばなる  対策を講ぜねばなる  こいつが離れるとなる  尊奉するが如くなる  正味五年にはなる  おっつけ壁になる  手籠めにでもなる  手足も動かなくなる  型がつかなくなる  あれこれと書きたくなる  勇姿となる  走り書きになる  労咳になる  下司になる  可哀想にもなる  前座になる  しまえなくなる  んだ、偉くなる  二つ目となる  愚痴はこぼしたくなる  水を上げると、心からなる  台詞となる  雲とはなる  逆戻りしてしまわなければならなくなる  廻り合わせはいつどうなる  騒ぎがまた大きくなる  舟べりでどうなる  何かにつけて心からなる  落語家稼業が立ちゆかなくなる  三四ヵ月もかかり、いざ書くとなる  肉体感覚となる  芸術創作となる  戒となる  何が故なる  喰物となる  遑あらざるほどなる  もの活字になる  感激次第に乏しくなる  手ほどきされるがためなる  効ある程度も存外少なる  肉付けとなる  動者になる  将来はどうなる  一転機となる  清元となる  期待通りになる  差くらいはどうにでもなる  ことはよもなる  頭目になる  敗訴になる  ぬたになる  小説から小説にもなる  覺的ではなくなる  主人公となる  文章など、むずむず直したくなる  酒ツボになる  論拠をいうと長くなる  生意気になる  前半以後になる  現代にとって書いたらどうなる  誤謬が益々多くなる  批評文となる  芸術的になればなる  暗示的内容が多くなる  背景的母胎となる  和歌子をただ黙して、なる  ように寒く鋭くなる  しとねとなる  白壁に沿って薄暗くなる  対坐になる  米ちゃんがなる  たいもなる  のは、なる  川村一人に任せなくてはなる  思案と言わなければなる  がいつどうなる  道はなくなる  容貌はなる  兄となる  ときだけはおとなしくなる  君のこととなる  俊太郎に嫁がねばならなくなる  妙に女らしくなる  夕方頃見えなくなる  めおとになる  僕は偉くなる  ようにきっとなる  将来芸術家になる  少年となる  地が高くなる  事実と認めなくてはなる  石塊になる  草木になる  動物になる  神とやらになる  一緒になるならなる  一緒になれるなりどうとかなる  自力を捨ててなる  下積みとなる  臭気に時々堪えられなくなる  人間のものとなる  子持ちになる  幾分軽くなる  今日は少し遅くなる  片腕になる  大政治家になる  今夜は少し遅くなる  重要となる  助手になる  私はいざといふ段になる  転廻となる  瓦解となる  永別になる  信心家になる  プロレタリア的要素からなる  部屋が薄暗くなる  三十分にもなる  絶世の美女となる  こっちがうてなくなる  人次第でどうにもなる  包み紙になる  消耗しなければなる  骨格となる  雑作となる  四階になる  三十九歳になる  こともあって忙しくなる  先生がおかくれになる  力がお有りになる  お変りになる  明日はそうなる  声段々に高くなる  小作米になる  のか気味が悪くなる  役目も大きくなる  宿直やけに、遅うなる  二十年にもなる  から二十年になる  増長したくなる  栄耀栄華をしたくなる  クルクル坊主になる  今年六十七になる  天性になる  四十年前にもなる  急に痒くなる  客からは、なる  気持わるうなる  晝飯になる  後見になる  高になる  豊饒になる  勉強したり、考えたり、書いたりしたくなる  嫁に行くので、そうなる  女主人公になる  度がつよくなる  タクシーの少なくなる  思いつきになる  結果はどんなになる  サラリーマンになる  明日ゆけなくなる  五万になる  空気はなくなる  教育映画となる  急に暑くなる  風入れになる  不可欠になる  BetterHalfになる  膨大になる  伏せになる  時勢になる  水腫れになる  一間出来るから住みよくなる  言葉にすぐ置きかえては、やはり自惚れになる  現象的でなくなる  記憶力はなくなる  根気はなくなる  殆ど不可能になる  いやで、きっとたまらなくなる  興味がおわかりになる  略六円になる  週日も同じになる  心も忙しくなる  全部無駄になる  絶望から虚無的になる  社会的標準となる  興味がおありになる  パタパタものを書かなくなる  十六貫五百おありになる  勉強帳になる  用も多くなる  ふえになる  フランス訳になる  謙遜になる  必要でおそくなる  ことは出来にくく、たまにおそくなる  思いになったろうし、なる  ポーと熱くなる  ように遠くなる  正当化となる  意味でそうなる  媚態となる  辛辣になる  手おくれになる  歓びを感じているのに、うれしかったとも云わずいなくなる  其先はどうなる  周囲から急に消えたらどうなる  やうにえらくなる  やうに偉くなる  ぺしゃんこになる  ですよ。僕はなる  ものが現われたとなる  朝になって明るくなる  交換したくなる  空気に当らなくなる  柔和さに輝いて、ぱっと明るくなる  僕となる  ことが、すぐおわりになる  手引きになる  悲しみが深まって苦しくなる  何ひとつ支えになる  同級生になる  研究してきたおもなる  自分の新しい住みかのおもなる  光で見えなくなる  ことをお確かめになる  怠け者になる  伯母さまがお亡くなりになる  ことし五つになる  山々が見えにくくなる  無罪放免となる  ものを知らなくなる  説明すれば、おわかりになる  ために、死ななければならなくなる  適合しなくなる  二箇月になる  夜になって眠くなる  わたしさえ嬉しくなる  快活になる  日が長くなる  健康にはよかったし、足りなくなる  発音器官はなる  子どもが生れて大きくなる  もっと賢くなる  ものがなくなったとなる  実行に移すとなる  あるかないか、おわかりになる  これほどさびしくはなくなる  卑劣になる  誰も知らない存在となる  岸には、まだ比べになる  動物となる  水浸しになる  墓場になる  屍になる  腿毛になる  遊び友だちだったし、大きくなる  破滅はなる  不運にみまわれたが、こうなる  余生が少くなる  目じるしになる  夢にあやされて、うっとりとなる  岩山で見えなくなる  一年ほどになる  綺麗にして出るとなる  気がして怖くなる  晩飯にかかったが、いよいよとなる  整理をつけるとなる  それより長くなる  西条さんが、近々お訳しになる  女優などになる  奴もこうなる  百版になる  秋は寂しくなる  草のやわらかなる  荷物になる  上、すみなる  中将はにっこりと笑みて、その重やかなる  僕ア海軍になる  僕ア中将になる  間は、その大きなる  体と大きなる  夫婦は永くなる  姑そのままとなる  爺姥になる  わがままになる  みんなちりぢりになって、どうなる  おかあさま、おそくなる  慈悲になる  だんだん暖かくはなる  一時よかってもまたわるくなる  興に入れるなる  さらんじゃなる  人が来て見るとやはりかわゆくなる  思い出でたるなる  仕打ちの非なる  永別となる  床ずれあらざれと願うなる  和らかなる  口もとにおのずからなる  此地に来たれるなる  うちに、と思えるなる  それから家禄はなくなる  顔を見ていますと、本当にこうなる  軍夫は、分捕りなる  短銃響き、細長なる  出で行くなる  月出でんとするなる  寂かなる  幹部になる  一流女優などになる  閉幕と同時に、如何なる  役者も、かうなる  思いやりをふかめずにいられなくなる  妻にはなる  猟夫になる  ように、スーッと薄暗くなる  係合になる  から、射ちたくなる  マスコミになる  嫌ひなる  歴史哲学が如何なる  全身汗水漬になる  四五年にもなる  悄然となる  そやけど、かうなる  相俟って、如何なる  神経が思いがけなくクラクラとなる  キット証拠不充分になる  ヘトヘトになる  目がいたくなる  僕きっとえらくなる  僕はえらくなる  可愛いネルロはどうなる  聟になる  誇張にはなる  芝居的になる  一週間近くにもなる  東京へ行くとなる  鳥膚になる  親同志、なる  落付き払つた態度をした、だが、なる  者は、いざとなる  本流となる  一に見ねばなる  これで引きこみになる  だんだん腹が重くなる  あとまわりになる  からだがすっかり白くなる  後代になる  開國以後になる  三國時代になる  行つた時證據となる  からコンナ事になる  東京より行かんにははなはだしく迂なる  碑のいと大きなる  日をば用いるなる  使いなりとすればなる  ていと大きなる  厭勝というなる  それと心得てなる  ものの現るる習いなる  秩父を経たまいしなる  此理あればなる  ところあればなる  巻煙草の煙となる  円はなる  工兵になる  だって俘になる  小僧になる  嘘をついたとなる  小僧にでもなる  全然一人になる  仕事を命じたとなる  行方不明となる  土なら、さあどうなる  ことも、おかしくなくなる  決死隊長になる  耳はきこえなくなる  お父さんみたいじゃなくなる  ゼイタクになる  交りが浅くなる  田中英光となる  ドストエフスキーとなる  腕ッ節になる  キリストになる  お祖父さんになる  薄ら甘く熱くなる  これはもつと長くなる  面積は次第に小さくなる  主張のみなる  咎めが重くなる  今ごろになる  今夜は、遅くなる  白玉楼中の人となる  憎しみならば、まだどうとでもなる  余り苦しくなる  人煙また極めて疎なる  急に重くなる  記憶となる  かなりあとになる  裁物鋏が見えなくなる  ますますもつれて、のろくなる  日曜日になる  耳たぶが、ひとりでに熱くなる  づ水雷ごつこになる  石合戦になる  から晩方になる  ことだけはお解りになる  !≫と言いたくなる  ヴォローヂャは行けなくなる  からだをふるわせて、これからどうなる  その男が見えなくなる  子供がどうなる  面白い芝居になる  劇界多事になる  多事になる  元気なくなる  相当面白いものになる  笑はなくなる  先づ面白くなる  部屋へ入る、せまくなり寝転べなくなる  往生だが、又可笑しくなる  休みたくなる  中継となる  部になる  声しか出なくなる  中継になる  貰はなくてはなる  午前八時集合となる  中止となる  吹雪で動かなくなる  やうになればすぐよくなる  フヌケ状態となる  十二時半じゃ怒りたくなる  七八十枚のものにはなる  ″\いやになる  十時になると起きたくなる  宛よくなる  一円やりたくなる  浅草へ来たくなる  天勝になる  わけがわからなくなる  コーヒーでもわかしてのみたくなる  面白い冒険談となる  食事はどうなる  パイ軍曹は、こうなる  十九名からなる  貴様が立っていられなくなる  識となる  無知者愚者となる  菊田は段々よくなる  能勢がゐなくなる  午後からになる  急しくなる  一時半となる  五時となる  莫大で、足りなくなる  ことはりなる  ように懐しくなる  伏し目になる  色がみるみる黒くなる  うちに薄暗くなる  鼾になる  あなたでも同じですけれど、こんなになる  瞼が重くなる  外へ出てみたくなる  月からになる  おいおいに聞えなくなる  半分跣足になる  未練にもまた拾って行きたくなる  まま、暗くなる  今日あたりになる  此の方が当ったとあっては、全く分らなくなる  空みたいになる  カンが立って居られなくなる  七時過ぎとなる  今夜もおそくなる  けが分らなくなる  朝何時になる  夕食となる  嫌んなる  漫才が兎角長くなる  玉となる  私は、どんなに美しくなる  果たしてどうなる  蕩然となる  幻影になる  及腰になる  湯ざめで冷くなる  背筋が寒くなる  根底となる  ばくばくになる  のどをならしていたくなる  景色見えしに、実際なる  七十五歳までなる  んとするなる  のも易くなる  大に柔かくなる  癖を生じたる如くなる  女にも好かれ相なる  四月一日となる  今年四十二になる  苗字かとお訊きになる  島がみつかれば、どうなる  生命をお捨てになる  危く気が遠くなる  緊張となる  いつ快くなる  はつきりしてゐたが、大きくなる  終点から引返しになる  自分たちが会えなくなる  わるようになる  一人よこさなくなる  俳句になる  げんが悪くなる  舌を動かして喋らせたくなる  のはいいが、そうなる  ことまでうちあけてしまいたくなる  ますます工合が悪くなる  真剣になればなる  部屋のおさまりは、いったいどうなる  目かくしがゆるくなる  一番高くなる  まりくだくだしくなる  花瓶になる  寄宿舎からいなくなる  南東風になる  しまつた心持になる  今年四歳になる  當てにならなくなる  事をするに過ぎなくなる  以來十七八年になる  年齡になる  何ものも見えなくなる  一日毎にくらくなる  十歳にもなる  泥棒になる  小母さんなんかどうにでもなる  聴衆はなくなる  青年層となる  一階程となる  自信のうへに立つてでなければなる  亜流となる  盛となる  さが一層強くなる  夜靜かになる  お前になる  飛び込みたい氣になる  本當になる  から何になる  曲馬師になる  ことをもう止めなければなる  具りさえすれば、如何なる  歪曲にすぎなくなる  者どもとなる  躄者になる  宿を乞いましたので、早速お泊めいたしましたが、お寝みになる  今度三が出たらどうなる  六百二十五両になる  妾アどうなる  絶望的となる  脇構えになる  布団を見れば敷いてみたくなる  農事がそろそろ忙しくなる  懺悔にもなる  俺は、これから、どうなる  解散するとなる  支那服は返さねばなる  これでなる  今更となる  改作になる  ろうと悔しくなる  二時三時になる  飯が食えなくなる  無意義になる  ことがうれしくてならなくなる  口笛でも吹きたくなる  眼尻が細くなる  酒にはすぐに赤くなる  話が堅くなる  対い合になる  差合になる  本ぶりになる  漢法医になる  禅でなければなる  内省して見ないかと歯痒くなる  何かしら心強くもなる  あおりはいよいよ激しくなる  縁を割られ、くるりとなる  ぱらりとなる  これ命これに従わねばならなくなる  ピシャンコになる  却って茶目にもなる  心がひもじくなる  紫となる  一つかじって、淋しいなとなる  相撲甚句にもなる  蟀谷になる  こっちはどうなる  卑猥になる  いこそは繁くなる  声が悲しくなる  傷ける、とこうなる  アとなる  口は甘ったるくなる  一票フイとなる  感情を抑えて、ともかく生きてゆかねばどうにもなる  麦酒となる  坊やも踊りたくなる  碌に附けもしないで、いざとなる  だんだん日は遠くなる  なにしろこうなる  結氷期にでもなる  一光景となる  せいか、いざとなる  偶発事件になる  取引になる  子供だが、こうなる  都合で少し遅くなる  つて質屋へ持込むとなる  買ふとなる  立合となる  配達になる  二十日にもなる  迷惑が大きくなる  下りないとなる  十二時一寸過ぎになる  出放題になる  食にされたとか、それなら余程食べずばなる  気を付けてやらねばなる  切りわるく引止めたくもなる  毛などが白くなる  明白となる  やうに高くなる  翌朝やつと明るくなる  一番基本となる  印象を書きたくなる  次になる  ブルヂヨア文学ともなる  清子は出難くなる  腹コ痛くなる  監督となる  俺が居なくなる  責任者となる  苦痛にはなる  負担にはなる  音楽家となる  夜が明けたらなんとかなる  雲のすきますきまが明るくなる  海をはなる  ドノバンはいかなる  年長者はいかなる  正午すぎになる  冬になるとひじょうに寒くなる  以後になる  仲が悪くなる  ぼくらはいかなる  少年だからいかなる  ぼくはどうなる  生徒となる  雪が深くなる  名馬になる  末から九月になる  名馬になるなる  需要がはげしくなる  モコウはたまらなく心細くなる  から同点になる  争いがあまりにはげしくなる  ますます過敏症になる  理由のおもなる  頭をさげなければならないとなる  日ましにこくなる  ぼくがなる  伸縮自在になる  水夫からなる  だんだん近くになる  あいずになる  時間にくらべて、おろすとなる  だるまとなる  滄海となる  影響するとだいじになる  先輩となる  我慢しやすいかとなる  白狐となる  常習となる  五六寸になる  狡猾になる  境内に消えてしまった、となる  名手相見だったとなる  福運が見舞ってきたとなる  ものは、旧なる  みな飼いたくなる  文学はなくなる  演劇になる  訳文になる  試みともなる  肉体を、なる  本来ならなる  切符をやりたくなる  不思議はなくなる  面白い研究になる  於いて標準になる  十七世紀になる  フランス語はなる  国際語になる  卑猥となる  代わり実業家になる  工学士になる  様式のものであらねばなる  ものであらねばなる  平民になる  すべて貴族になる  みな貧者になる  みな富者になる  ますます面白くなる  數年後になる  議論をはじめたとなる  ものを買いに来なくなる  一文なしになる  二三日したらどうにかなる  學期末になる  腕をこまねいてとつおいつなる  烈つたくなる  客を送るなる  舟夫になる  学期末になる  局面になる  ひとりには告げておきたくなる  猿が出て行ってしまったら、どんなに淋しくなる  目をかけてくれたのに、出るとなる  金ヶ崎城からお退がりになる  私事になる  三十日以上にもなる  二夜三夜は、甘えていとうなる  反撥を覚えずにゐられなくなる  たましい思ひをよせられ、やりきれない思ひになる  却つて切支丹になる  きっかけにもなる  把握しなければなる  ものであってはなる  心が明るくなる  文學的になる  文學になる  一時でもなる  方は青くなる  ちやア、いけなくなる  終盤近くなる  昼休みとなる  もので、ねむくなる  将棋になる  遊び駒になる  から害になる  小星となる  団長もしかたなく、わかれわかれになる  なかった証左ともなる  立証ともなる  行為をなし、如何なる  架空のものとなる  人々のつとめなる  縷々多弁になる  階級的裏切りとなる  名は偉なる  何だかわからなくなる  勘定高になる  風邪ッぴきになる  四月三十日になる  アルコール飲料は売らなくなる  世智辛くなる  現代古典となる  ところまで来て、さていざとなる  はじめて二年ほどになる  分離しなければなる  先駆者であり得なくなる  商品になる  らへたくなる  使用人ともなる  壁面へずっと低く掲げればちょうどよくなる  陰欝になる  私は笑いながら、どうしても可笑しくなる  笑ひながら、どうしても可笑しくなる  始まり後飲料となる  ようにお命じになる  三巻十章よりなる  から罪人となる  彼はおもなる  彼等はなる  その他如何なる  正当でなくなる  正当となる  空論となる  進化ともなる  それぞれ身分相当なる  過敏になる  夜などになる  独逸人となる  露西亜人となる  問題は、如何なる  社会主義的となる  目的意識的となる  社会主義者となる  心血となる  存分とはとなる  心づくしになる  必須的条件となる  先生となる  嘘にもなる  感想とはなる  ブルジヨア社会になる  上の如くなる  三つの文学が、如何なる  古典文学は、如何なる  社会的地位が安固となる  法則科学となる  測定をすればかえって分らなくなる  結果露骨になる  是非払はねばなる  滴になる  むらがどうなる  これがあまりにはげしくなる  矜りとなる  ことが一向目立たなくなる  現象が少し大きくなる  竜巻になる  仕掛になる  水蒸気になる  何かの足しになる  奇怪と云わなければなる  意図がとりあげられなければなる  恢復させなければなる  相互関係で甦らせなければなる  からシャツ一つになる  何かしら噛んでいたくなる  意志が強くなる  特攻隊になる  改札になる  前が、暗くなる  様子がおそろしくなる  中から、うう、うう、とうなる  問題、如何なる  農民になる  まり要らなくなる  頻繁となる  頃にもなる  動作となる  練磨となる  ことともなる  すべて等しくなる  方程式になる  関係ではなくなる  中心でなくなる  武士が多くいなくなる  本場となる  学科になる  定理になる  久留島義太などになる  会田安明などになる  和算家になる  文化文政となる  一般となる  話をお聴きくだされば、大抵お判りになる  勘弁がなる  ことし十三になる  いつでも乏しくなる  吉宅となる  先づいかなる  心のたしになる  方で恥しくなる  ことだけはなくなる  殺風景となる  常態となる  いふ結論になる  日蔭になる  政治になる  支柱となる  手にはいり易くなる  たくさんだとさえ思いたくなる  在り方がかなしくなる  実行問題になる  不安心にもなる  天才以上になる  範囲が広くなる  言ふと、勿論深くなり広くなる  三点になる  時代遅れになる  打ち切るとなる  やつぱり一番問題になる  共同作業になる  推進力になる  ゼロになる  普通になる  壤土となる  むやみに食うと、還られなくなる  はじめて血肉となる  代表百名からなる  貯水池となる  地方へお持ちになる  我田引水論となる  重油は早くなくなる  完成したらどうなる  海流に乗ったらどうなる  あたし達、どうなる  甲板に立ち上り、しだいに遠くなる  だんだん入江は狭くなったが、狭くなる  時にたのみになる  日本軍になる  ラノン海賊隊は、どうなる  あたし邪魔になる  恥さらしになる  流罪になる  彼を出してやったが、どうなる  水となる  刺激になる  悪徳となる  トピックとなる  基準をもってのぞまねばなる  ますます困難になる  影に見えなくなる  慰みものになる  ところで、今更どうなる  私たち母子はどうなる  わたしがいなくなる  六十四五歳にもなる  天を仰がずには居られなる  百日になる  海棠となる  アカデミアンになる  一作家になる  祖先になる  僕自身になる  ロマン主義者になる  遺産になる  さまにもなる  純一無雑になる  紹巴になる  光秀になる  芸術的になる  マルスの子になる  自尊心はいつたいどうなる  二つの表現になる  払つておいでになる  とりことなる  芸術教育になる  語草になる  マルクス主義作家になる  要具となる  何も残らなくなる  什麼ことになる  筋が面白くなくなる  忠臣となる  がたは見えなくなってしまったので、どうなる  神仙となる  状貌すこぶる怪偉なる  聴になる  接触すらできなくなる  だんだん微弱になる  グタグタになる  批判にもなる  浪漫派でありながら、いざとなる  眸には映りにくくなる  両立しがたくなる  画策遂行するに過ぎなくなる  存在できなくなる  一たん破損したとなる  整理調節になる  ことは考へられなくなる  さ等になる  すべて穏かなる  明日から又暑くなる  ほんとか、どうか疑はしくなる  はじまりどうなる  値上になる  卅日頃となる  煙草はまた高くなる  つたのではどうなる  短篇になる  彼も暗くなる  物が久しくなる  偏執的になる  水掛論になる  私たちの時代になる  偏見になる  色合を持たなくてはなる  杭州西湖ともなる  燦爛かなる  石を削りなして、おのずからなる  さらに見過ごしがてなる  波に漂わさるるこのあわれなる  だんだん偏屈になる  よそへすべらしてなる  光代は案外なる  銘酒屋女になる  瀬なく恋しくなる  自然におもしろくなる  なかったが、そうなる  だんだんに面白くなる  彼はこれから面白くなる  最期となる  代り責任が大きくなる  婦人記者となる  都合が悪くなる  安価に購われ、余りに又小さなる  食を得て眠くなる  から、苦しくなる  蕎麥が食べたくなる  講義になる  それから散会となる  立ちになる  たしかにおいでになる  命が欲しくなる  頃に信じなくなる  非礼にはなる  かく割って御話しをしなければなる  人もなる  それからもっと皮肉なのになる  道具も尊くなる  のはただ含んでおらんと云うまでで、打ち壊すとなる  例を引けば長くなる  者は深くなると狭くなる  ところが狭く深くなる  それができなくなる  面白い小説になる  徳義的感覚が鈍くなる  同伴になる  拍ちたくなる  かきになる  画工になる  聖人となる  若干期間下積みになっていなければなる  如斯ものであると定めてかからねばなる  如く面倒くさくなる  訳はなくなる  一番偉くなる  職業ともなる  五つばかりになる  店はどうなる  田舎へでも引込むか、ちいさくなる  ふちが紅くなる  区別になる  ことも取り消さなくてはならなくなる  主張ともなる  それをいざ書くとなる  方でついて行けなくなる  文運頓に熾んとなる  陸稲一反歩となる  軸になる  美麗になる  瓶の大きなる  五尺ばかりなる  直衣の少しなよらかなる  常住となる  徒となる  ことのあるなる  国守になる  月ゆゑ惜しくなる  考えを、随分改めなければならなくなる  翌年摂政になる  僧形になる  波にはなる  里内裏になる  譲位になる  撰者になる  はじめてフジになる  杖となる  頭ほどになる  意外に大きくなる  嫁サンになる  年頃となる  目標ともなる  発汗剤になる  のだが、この大きくなる  きょうの物語りになる  薬用となる  きよらかになる  染料になる  クルミになる  一朝ツバキとなる  梢に疎なる  まり細くなる  方角になる  火を焚かずばなる  はじまることになる  覚悟いたさずばなる  だんだん低くなる  灌木となる  いつどこでどうなる  開かば一大国府となる  何年目になる  まりになる  防衛しなければなる  おん大将ともなる  何ぼになる  抑えとなる  土民になる  憐おしくなる  千五百石は貯えねばなる  清爽になる  土民となる  かい、どうにでもなる  官員になる  傲然となる  土人はどうなる  占領されたとしたらどうなる  急激に軽くなる  内海一ぱいになる  骨おってやらねばなる  先刻修理せしばかりなる  運用は出来なくなる  政府であるならば、なる  直ちに施設となる  ゎッと熱くなる  それから毒舌になる  俯伏せになる  却って行き過ぎになる  口調で聞かせたくなる  眺望になる  丸つぶれになる  都府となる  ように人懐こくなる  間にずしんと落ちて小さくなる  ことでは無い、こうなる  兵士となる  暮し向きによってどうにでもなる  羅卒になる  ことを思い出さねばなる  あるじになる  さには乗りこえねばなる  心は何故か重くなる  ちょっと思いを鎮めたくなる  頭をさげたくなる  貴殿に会わずばなる  憶いだしたと云うだけでも腹立たしくなる  一人もいなくなる  自分らもそうなる  やり直しになる  ことで涙ぐましくなる  幸いと言わねばなる  難物になる  こめかみの疼くなる  やけになる  そのものの云いなりになる  十日目になる  男ありと考えるだけで熱くなる  耳まで赤くなる  四ン匐いになる  自分でなければなる  のはなお心細くなる  反問したくなる  事態はなる  えとはどうなる  当所を引きあげずばなる  薫酒となる  日ごとにまぶしくなる  日取りにはなる  風情になる  加十恍惚となる  忘れにはなる  八時真近かになる  研究してみるてえといずれそうなる  事やらお判りになる  午前三時半頃になる  猪首を赤くなる  最後の人間になる  貴石になる  時間はなる  蒼白になる  九時過ぎになる  二時半にもなる  五時間になる  夕景ともなる  一座黙然となる  ことやらお判りになる  検事局送りになる  演劇的場面になる  殿下におかれてさようなる  事実だとなる  治まりはどうなる  あなたと二人ッ切りになる  んなら、お訊きになる  さしのならなくなる  満願になる  電鈴が鳴らなくなる  疑いが深くなる  職権をもっておたずねになる  ことやら一向お判りになる  懐疑を感ぜずにはいられなくなる  真名古ぐらいになる  次第といわねばなる  日本堤になる  朗誦になる  忘却になる  一座また騒然となる  から粉々になる  詠嘆していたってどうなる  足手纒いになる  だんだん近くだんだん明瞭になる  塊りになる  成行は一体どうなる  余地がおありになる  用件がおありになる  速力が早くなる  だんだん間遠になる  廃屋となる  日興コンツェルンの一味なる  だんだん果敢なくなる  肉もみじんになる  それから毎日夕方になる  姿で現すとなる  所でなければならぬか、判らなくなる  百字以上になる  ましにはなる  三ヵ月になる  ねずみだらけになる  五月下旬になる  きょうになる  小谷さんが来なくなる  むづかしい話になる  喰べたくなる  單衣になる  夏から秋になる  今年五十一になる  糠喜びになる  足手纏ひになる  藥にもなる  紫だとかになる  夜だちをしたとなる  意識対象となる  過去となる  資になる  延長七六六・七五メートルになる  内にやあ少しはどうにかなる  廿歳にも、なる  ぐり度くなる  それが出かけられないとなる  破壊となる  点を確かめなければならなくなる  嘲笑を投げたくなる  私もうどうなる  口を出さなければならなくなる  矢張り一大問題になる  後楯てになる  肌心地がよくなる  退院したらどうなる  退院となる  其傍証となる  普足になる  クシャクシャに小さくなる  酒飲みで、そうなる  これで、時々やりきれなくなる  グシャリとなる  ショウブとなる  染料となる  種子となる  果実となる  球根を大きくなる  マンジュシャゲとなる  花が済んで実になる  花後に大きくなる  食用となる  子房が日増しに大きくなる  嚢となる  雅びな人となる  本性が良くなる  美的にもなる  こと熱心になる  用心棒となる  手先となる  件になる  七時間になる  弾丸よけになる  頬が熱くなる  ことが多かったし、忙しくなる  判断するから、こうなる  六十三年になる  餅が冷めたくなる  特別そうなる  植物となる  反応をしなくなる  伯父さんはなる  五十両ぐらいならどうかなる  米になる  イタリヤに行きたくなる  毎年初夏になる  気恥ずかしくてできなくなる  主を否み、速かなる  頃夏休みになる  薄茶色になる  却つて遅くなる  花よめとなる  一段落となる  運動不足になる  目が痛むほど、明るくなる  未になる  自分を憎まなくなる  親じゃと思わねばなる  藪中へ埋めずばなる  遊びに出かけたくなる  度数もいよいよしげくなる  文学は、はたと読まれなくなる  私、なる  四角形になる  文に巧みなる  春から秋になる  ふくらかなる  ことなど出来なくなる  ものはイザとなる  境遇になる  めちやくちやになる  野原になる  誰だって張り倒してやりたくなる  夕方、薄暗くなる  時刻は刻々に堪へ難くなる  つたのか、ふとわからなくなる  家なき子となる  平目になる  脇の下がこそばゆくなる  一突きで、カッとなる  糺の森がぼーっと霞んで見えなくなる  のかとなる  孝行となる  志となる  チュウゲン法師となる  百姓となる  奈良朝になる  実生のどうなる  二尺になる  男臭くなる  大丈夫だよ、恐いと思えば恐くなる  痛快になる  シルレルを讀まなければなる  雲に響く、幽なる  概論ともなる  ぎ言ともなる  家持等になる  赤人になる  春の歌四首になる  一挺だけ多くなる  路地の突当りになる  水着ひとつになる  安心して、明るくなる  貴族とちかづきになる  うちには猛々しくなる  柔かい感じとなる  真直になる  九編からなる  憲法とを御読みになる  用ゐにはなる  それがいざ役に立つとなる  いふが如き、幽微なる  霙となる  丈余にもなる  いそしみをもて青くしつかなる  むるこころ蛇になる  魚しづかなる  ぎん鋏波を越えくるかげなる  額が痛くなる  王八になる  から夏休みになる  張となる  関係があるらしくなる  冬物なんかお穿けになる  正妻となる  敗因になる  態度も、亦斯くの如くなる  迫害しなければなる  産婆にもかからなきゃなる  子供となる  それが少しひどくなる  お父さんになる  明朝になる  自分自身も、どうとでもなる  私がよくなる  勝手にさせてなる  ゼロームを推さねばなる  西洋人を推さなければなる  数百人からなる  昭和時代になる  もっともっと緊密になる  調査系統となる  心も、たいへんやさしくなる  刺繍見えなくなる  ちゃう気持になる  カラッポになる  絵が画きたくなる  重厚になる  言葉につき当ると、泣いてみたくなる  お父さんと呼びたくなる  キャラメル御馳走になる  ままで死にたくなる  ボーボーが憎らしくなる  だんだん俗っぽくなる  身悶えしたくなる  一ばんお父さんが懐かしく悲しくなる  人格までが、疑わしくなる  気がして来て、くるしくなる  急にふわっと軽くなる  背中がほどよくひんやりして、ついうっとりなる  巨大になる  流行語となる  量以上になる  ことを正しく考えてみれば、肌寒くなる  クララはどうなる  中に捲き込まれて見えなくなる  滑かなる  うちに大きくなる  豁かになる  液となる  補ひにもなる  つて天津処女になる  理会し易くなる  解答者となる  仕事ではつねに、いざとなる  いつ時、騒然となる  仲善しになる  だんだん意気地なしになる  邪魔だとお思ひになる  云ふとなる  女に親しめなくなる  将来人助けにもなる  みな仏になる  中性になる  私は見ていて涙ぐましくさえなる  根本的運動に乗り出さずにはいられなくなる  聖となる  骨が硬くなる  温度が低くなる  骨がやわらかとなる  四月上旬になる  濃度が高くなる  雪解け頃になる  自堕落になる  化粧すればなお美しくなる  いくらか醜くなる  くさりが、ぎしぎしなる  わけだから、そうなる  中へもぐれなくなる  場のおさまりは、どうなる  都合がいいとなる  母艦になる  皆さんがおよろこびになる  欺瞞となる  愛想がよくなる  私たちは忘れてはなる  友達同士になる  さともなる  唱へたくなる  小形になる  本装になる  二種になる  技術でないとすぐにふらふらになる  角形になる  外容となる  商社マンになる  華やかになる  月分にはなる  半年以上になる  一生の仕事になる  四十五歳になる  遅い夏休みとなる  自信にもなる  急に少なくなる  会社には居づらくなる  全部、立ち退きになる  構図となる  相合い傘となる  状況になる  絵描きさんになる  明確となる  じき一億人になる  もっと遅くなる  一途になる  おかめになる  家も買うとなる  工面をすると、なんとかなる  二ページになる  自宅になる  踊り子になる  実現しなくなる  発生源には、なる  自分たちにあてはめると、どうなる  何度目になる  いま絵に描いたらどうなる  面白い絵になる  四十代ともなる  彼はどうなる  世話をしてやりたくなる  それや、若くなる  うつ伏せになる  ときのおのずからなる  ものわかりよくならねばなる  力士となる  結局預りとなる  一関門となる  傍からご覧になる  それによって美味くなる  自分から陶器を手がけるとなる  清代になる  ことをしてゐるが、いざとなる  知らないが、こうなる  都合はなる  ーと暗くなる  蝋燭が、またぽうと明くなる  案山子になる  画師さんは、こうなる  嫁御はなる  懐紙をおのけになる  眉となる  国籍をさえ疑いたくなる  青眉になる  眉になる  文学博士になる  雛ッ子になる  泥棒犬になる  慣れっこになればなる  チョット悪戯をしてみたくなる  人生貴婦人となる  ちょっと忍び込んでみたくなる  近いうちに博士になる  のとは、如何なる  仕事には直ぐになる  金属製咽喉笛とでもなる  物事がそうなる  相談相手が欲しくなる  酌をおさせになる  客を、お捕まえになる  今度は踊りたくなる  ところこうなる  キット若様をお探しになる  市会議員となる  益大きくなる  インデペンデントになる  イミテーションとなる  病気がわるくなる  マリアが立てなくなる  ことさえできなくなる  不利益となる  何にものこらなくなる  ことを考えると腹立たしくなる  自分自身となる  一個人となる  倒になる  かいから奥方になる  意気となる  日本となる  歓楽になる  んだ、大きくなる  それからはどうなる  警察へ告げてかかり合いになる  バーンスとなる  のであって、こうなる  二もなく受け容れねばならなくなる  のではあるまいかと疑って見たくなる  病気は、日に日に、重くなる  だんだん重くなる  山は暗くなる  ひとつどうなる  空無なる  何億何万何千何番目になる  からどれほどになる  書物が読みたくなる  責任を負わなければなる  粗略になる  商品のおもなる  気持ちがわるくなる  面つきになる  方に小さく認めがたくなる  身体が熱くなる  様子もいろいろお解りになる  真向ひになる  直線的になる  医者となる  下流になる  吉賀川となる  代物になる  わけでもあるまいのに、と呟きたくなる  家に荒ばれこみたくなる  腹ばひになる  から三ヶ月近くになる  突出し一層強くなる  前例にもなる  沈み石や、時々ひらめきもつれては又見えなくなる  ことから仲よくなる  道平を診るとなる  から一年あまりになる  身体が生まに、なる  盛子に紅くなる  神主さんになる  酒がまづくなる  緩和剤になる  責任者を出さなくてはならなくなる  納りがつかなくなる  設備でどうにでもなる  歩行に堪えられなくなる  これがいっそう多くなる  歓迎をしなければならなくなる  つて聖らかなる  調和ともなる  銅像になる  聖らかなる  区切りになる  夜毎に激しくなる  五十ばかりになる  言ひなりになる  英蘭人となる  惑はされなくなる  顏となる  ぺらになる  づつ大きくなる  彼等がこれからなる  年よりにならなければなる  年よりになる  のだらうと冷やかしたくなる  私はいつも淋しくなり、侘しくなり、そして、なさけなくなる  とんでもなく偉くなる  ものをふと考へずにゐられなくなる  半歳になる  満足で、こうなる  非番になる  ものであった、としたなら、一体どうなる  だんだん苦しくなる  心は軟かになる  ドンがなる  食堂になる  油断をするとすぐきたなくなる  娯楽機関となる  ことでなくなる  一番問題になる  見極めがつかなくなる  党になる  自然現象にはうとうとしくなる  一日二日居ってもう居なくなる  無造作には行かなくなる  ビルデング街となる  ラツシユ・アワーになる  食事頃になる  一ぱいになつてしみ/″\人と親しくなる  先生にだけはなる  丘は、その低くなる  丘の低くなる  法律上犯罪となる  ろしいので、どうなる  ことが比較的少くなる  冗長になる  他人に打ち明けてはなる  皆明白となる  人々が少くなる  心がよくなる  一相手になる  結局利益になる  から縮み上って大人しくなる  統の話しになる  斯う願わねばなる  若い女はなる  阻害となる  まり特ダネ記事になる  セメント詰めになる  飯も恋しくなる  だんだんに広くなる  神に疎くなる  対象材料となる  香が高くなる  絵を見ていれば可笑しいよりは泣きたくなる  体験になる  表になる  一片にはなる  貞節を守らずには生きてゐられなくなる  笑ひださずにゐられなくなる  落伍者になる  一時頃酒が飲みたくなる  暴力的になる  遠慮がちになる  年齢を考へてほろ苦くなる  多く馬鹿になる  わけが分らなくなる  餘も待たなければなる  効を奏したとなる  目前に甘く且つ柔かなる  閉口して働けなくなる  方へ行くほど少なくなる  要求せねばならなくなる  不用となる  物別れになる  膳をすえ並べて、なる  礼讃したくなる  三度食うべしとなる  世の中が善くなる  まり手細になる  長持ちせず、直ぐに古くなる  女たちになる  我々はなる  土ほじりも遣らせようとなる  役をさせようとなる  ことが望めなくなる  もっと少なくなる  定例となる  焼餅となる  庫男になる  蒸米は冷えるとすぐに固くなる  家の明るくなる  無視になる  日が来たとなる  一座になる  親類として近づきになる  日にも、飲みたくなる  武骨者ばかり多くなる  期日が早くなる  のがをしくなる  肌になる  雷鳴は、いよいよはげしくなる  あいつがどうなる  ように動かなくなる  から十三日めになる  十三日になる  休みとなる  もっとはっきりお分かりになる  だんだん化けもの村になる  全部活動をはじめたとなる  のぼり坂になる  手柄をされてなる  それは吹きだしたくなる  断面図となる  断片となる  直ちに普遍となる  多く特殊的となる  長篇となる  長篇的になりにくくなる  応召によつて、めでたしとなる  良人が死んで暫く立てば、またどうなる  乘手はたれなる  君はきやしやなる  鋼鐵となる  明け近くなる  谷底になる  向もしたくないほどになる  会でおそくなる  主人でそう云ってましたけどいそがしくもなる  っきりになる  規則はずれになる  のを見ると悲しくなる  別に赤くなる  急によくなる  伏線になる  勘定にもなる  見覚えになる  気持の悪くなる  急に恐ろしくなる  余はなるほどなる  から余も依然としてなるほどなる  名札はなる  本社になる  ますます得意になる  ようだから、ただなる  脚気になる  妙に考えたくなる  収容できるかと思うと、実に恐ろしくなる  身体中創だらけになる  大病人になる  器械水雷なぞになる  河原になる  ようで歯痒くなる  眼が平になる  からどっちかで待ち合せなければなる  証明したってなる  足が竦んで動けなくなる  三匹生捕るとなる  千山行を諦めたとなる  のが、いまいましくなる  店の立込んで来ると共に狭くなる  ところは、振え付きたくなる  肋骨君が振え付きたくなる  ざあっと一月又会わなくなる  茶色っぽくなる  奇麗だとなる  両親はなる  監督者にはなる  小説屋さんになる  心も清々しくなる  胃が悪くなる  慰さめにはなる  二三を吐くなる  時を想い出して堪らなくなる  うちだんだん眼が悪くなる  片手落になる  それが心苦しくなる  ことは言えなくなる  行止りはどうなる  知識そのものを呪いたくなる  造り物になる  後になればなる  想ひ見ねばなる  夜の防ぎとなる  づれはどうしやうもない身分となる  六十六年目にもなる  味が重くなる  陰影となる  働きとなる  天保年度となる  嚏となる  半年となる  大慈大悲のこれ程なる  今にきっとお困りになる  ばかなんだろう、こんなでどうなる  文學專心となる  制作が恋しくなる  うたげとなる  うたげになる  所以にもなる  此巻などになる  国々のまななる  此方面になる  此人になる  家持になる  此初期になる  みこともちなる  紀になる  教養が浅くなる  肉身とまななる  後、をとことなり、をとめとなる  とことなる  呪法となる  稽古になる  言へば、なる  二人となる  お母さんになる  合わせはどうなる  原料ともなる  味さえにがくなる  塵となる  喜びも悲しみも皆塵となる  今も鳴くとぞいふなる  肌に落ちついたとなる  文学史になる  細かになる  頂上になる  踏歌となる  上一晩泊ったら、愈別れにくくなる  余り大きくなる  合になる  今夜も亦、遅くなる  きり百年になる  作つて居なくなる  ものとせなければなる  殊に老年にでもなる  字がうまくなる  献之になる  五七調にそろひ居らねばなる  草をむすぶといふなる  神代よりかくなる  ば雨となる  胡坐になる  窓がぽつと明くなる  深切になる  常陸のになる  敵国となる  休憩となる  棋士、まつたく喋らなくなる  千日手になる  てゐないので、なる  つてから、随分になる  敏感になる  頸が痛くなる  愛情的に結ばれたとなる  年をしてそうだとなる  金が足りなくなる  酒がまずくなる  雪が抱えきれなくなる  場処でないとなる  部屋さまになる  のは、こうなる  パイのパイのパイ時代になる  二十九歳になる  我儘だから、そうなる  無代となる  古本屋に払うとなる  高崎へお着きになる  選び方はなる  君がゐなくなる  干乾しになる  一番誰が懲りたとお思ひになる  顔が見たくなる  表向きどうなる  研究がどうなる  時間をおとられになる  ところがあるとお思ひになる  どさくさがなくなれば、どんなにおよろこびになる  目標がおありになる  蔭にかくれて見えなくなる  何頭になる  これぢや寒くてどうもなる  伯爵が来られるとなる  切り口上になる  風にしておわかりになる  ぴて積つたとなる  自動車が通らないとなる  積らんことになる  強腰になる  貸しになる  月給が高すぎるとお思ひになる  やうにおとりになる  正面から相手になる  田沢社長はなる  ことは、種々なる  もっと読んで見たくなる  所謂敬して遠ざけたくなる  心の養いになる  故障にはなる  手紙までが読めなくなる  ナトウラリストとかになる  間までは、少し遅くなる  反撥的になる  張つて踏台になる  返答になる  結婚のあいてを選ぶとなる  垣ま見たくもなる  ところへ来にくくなる  価値は、古くなればなる  それを叫びたくなる  悲惨になる  僕はたまらなくなる  僕は突抜けてゆきたくなる  怕くなる  足どりは軽くなる  僕が懐しくなる  僕は軽くなる  わたしは逃げだしたくなる  わたしはまた歩きたくなる  うちに泣きたくなる  話対手にはなる  心持を悪くしてなる  女中が、見えなくなる  手を拱けば、たちどころに消えて見えなくなる  金星だって大空から消えて見えなくなる  調査は暗くなる  窓だけになる  嫌疑がかかりやすくなる  たしかに罪になる  救ひともなる  つて悲しくなる  當てになんぞなる  身體の動けなくなる  一とつになる  ワキ役になる  藝妓にもなる  發端になる  歇になる  おばあちゃんになる  終いにどんなに強く投げつけられてもびくともしなくなる  喧嘩だとなる  手込めになる  もっともっと怕くなる  一家が立ち行かなくなる  娘ニノチユカは段々大きくなる  イイスタア祭になる  皺が段々繁くなる  プラトンは聞いてゐて、なる  声が次第に大きくなる  音が次第に高くなる  記事をお出させになる  時分などになる  相貌が新しくなる  夕空見れば大きなる  日にあふ大きなる  手にあまる大きなる  るいほりに住みて大きなる  供へよ大きなる  恋ひつのる分厚なる  時にあわててもどうにもなる  眼このごろ気になる  われをなつかしくなる  ことごと新しくなる  種にまたなる  変死したかの如く装わした、としか考えられなくなる  生活がどんなになる  南か、うっかり判らなくなる  中へいっぱいになる  甥になる  特三等船客となる  薬にもなる  丸損になる  払額になる  掃蕩せずばなる  八銭になる  豆袋屋が買わなくなる  情が疎くなる  枝振りが悪くなる  揺れが激しくなる  うちに暗くなる  から、直ぐになる  金剛石ほどになる  修練となる  偉大なりと云わねばなる  前には、如何なる  積荷となる  三つ目になる  暮れになる  海軍将校になる  手紙になる  今年五つになる  機動演習になる  未來がどうなる  見込みがついたとなる  こななことになる  なじみがうすくなる  家元となる  菰をかぶって丸くなる  ぎざきをせねば桃下の人となる  チャンコロになる  只邪魔になる  いら立ちが激しくなる  死ぬなんて一体どうなる  気がボーッとなる  無色になる  庄屋になる  殆ど五年ばかりになる  余り御無沙汰になる  装ふことになる  これはお互に考へなくてはなる  ことをやりたくなる  半ば自暴自棄となる  考へがあるが、長くなる  宣告になる  から、きっと早く大きくなる  人間までがそうなる  みな要らなくなる  根はなくなる  じき冬になる  頭は、まあ少し寒くなる  事も、すっかりおわかりになる  笛となる  自分独りになる  妃になる  素性がおわかりになる  事までもはっきりとおわかりになる  事もやがておわかりになる  のが大きくなる  一時に暗くなる  御撰みになる  勢が烈しくなればなる  選みになる  撰みになる  不思議に恐ろしくなる  理屈が合わなくなる  泣きながらどうなる  差し当り先ずこれから探り出さねばなる  目にお会いになる  静かに御歌いになる  それから女王になる  一所になってわからなくなる  ものをお持ちになる  俺は一体どうなる  型なしになる  ことを考へると、なかなかに心細くなる  齒がゆくなる  森らしくなる  尻まで深くなる  谷が、ぱっとなる  上へと高くなる  白檜も段々小さくなる  俄にひろくなる  成長して大きくなる  谷に下って、見えなくなる  北岳登りになる  傷だらけになる  草原になる  小普請となる  兎かく説明が多くなる  道中が遅くなる  さきの見えなくなる  例の置いてけえも聞えなくなる  昨日おいでになる  扨そうなる  遠慮勝になる  敬意を払って、なる  のも、又おのずからなる  四千石となる  却って頭が重くなる  方では焦ったくなる  もの越度にもなるので、もう何とかしなければなる  出入りが止まるとなる  霜除けほどなる  人減しとなる  ものですが、こうなる  旗本衆になる  手習子でも寄せるとなる  行儀がよくなる  組討になる  刺青になる  練習次第でどうにでもなる  哥になる  江戸っ子になる  着物も泥まぶれになる  右左から清吉を抱き縮めてしまったが、こうなる  相手も飽きて、来なくなる  照之助がどうなる  陰惨になる  コバルト色になる  箸になる  銘々横になる  のだろうと情なくもなる  先が固くなる  デカくなる  バンバになる  林になる  おじいさんになる  接触が多くなる  口火とさえなる  心配もしなければなる  方が大きくなる  からどうしても掻きたくなる  体中万遍なく掻きたくなる  白雪姫は、大きくなる  がたになる  だれでもかじりつきたくなる  かい女王になる  孫ぐらゐの時代になる  今時分になる  毒見度いになる  休みになどなる  夢を貪りに赴かずには居られなくなる  きょうから宿無し犬になる  臆病ものになる  首席となる  弟は大きくなる  流れが鈍くなる  世のもの笑ひになる  行つてお聞きになる  たよりにならず、心細くなる  出張ではあるまいかと疑ひたくなる  証明するたづきになる  立場は、いけなくなる  これは、行かなくてはなる  頃は、もう、どうなる  握手でもしたくなる  給ひしなる  竜飛へお持ちになる  行つたら、また、何とかなる  諸家等となる  騒乱となる  名所案内記ふうに書けば、さうもなる  姿勢を執らざるを得なくなる  六つ七つになる  きり少くなる  親孝行をしたくなる  発音になる  折つて坊主にもなる  花吹雪となる  今少しすれば、大きやかなる  働き手になる  稍熱心になればなる  いふ場合になる  彼も解らなくなる  何しろ商売となる  水蒸気となる  出放題は吹かなくなる  傍らに丸くなる  暖気になる  ぐり出すと分らなくなる  八つぐらいになる  方はいったいどうなる  心配しないでも、どうかなる  四五日目になる  尻に、まあそのうちどうかなる  霍乱になる  倍にはなる  足が遠くなる  時候の挨拶を済ますと、すぐ帰りたくなる  叔父さんさえ生きていれば、またどうともなる  配当だって、まだどうなる  裁判沙汰になる  学資になる  一時引き上げなければならなくなる  上修業をさせるとなる  あなたのを直して上げたら、どうかなる  霜になる  十円にはなる  東へ出すと暗くなる  屏風を見せると、なる  気の毒なくらい淋しくなる  音もしないとなる  説明を聞いて、始めてなる  値段になる  むやみに高くなる  青にもなる  頭が淋しくって、いたたまれなくなる  直生温くなる  異見でもしなければなる  確証となる  互が御互に飽きるの、物足りなくなる  社会教育になる  主人はなるほどなる  実質が太くなる  外へ回って遅くなる  それもはたして好くなる  相見になる  聞けば聞くほど、実際にそうなる  勘定し切れないほど多くなる  幹部女優となる  どこがどう変ったかとなる  ツキアッてくれなくなる  類型になる  地位になる  のではあるが、また、如何なる  ところなどになる  濾過せざるを得なくなる  鷲が醜くなる  美はなくなる  程度のものになる  諸公の如くなるを信ずるなる  生殖器を尊ぶが如くなる  其上珍らかなる  懺悔の刃となる  真珠になる  金剛石になる  自然と涙ぐましくなる  延び延びになる  修業期間とせねばなる  御用商になる  非常時的努力を試みたくもなる  それも出来なくなる  採集量はかえって少なくなる  日頃世話になる  いわれになる  六千円近くになる  利益はかえって少なくなる  説明せねばなる  株式組織となる  それから十五年になる  ことを語らねばなる  のでは、考えなくてはなる  十銭高くなる  同情を失えばどうなる  高価となる  不行届き不親切となる  同額になる  維持出来なくなる  覚悟せねばなる  構えになる  三円となる  これを見てなる  お持ち帰りになる  社員になる  欠点とせねばなる  三十円以上となる  不公平となる  恥と言わねばなる  親柱と頼み、すがってさえいれば何とかなる  月給取りになる  基督教になる  反省となる  機会にもなる  まり目先のものに惑わされなくなる  自然威勢よくひびかなくなる  註文が後れて間に合わなくなる  上餅は早く固くなる  始末となる  鶏となる  菌になる  センチメントになる  魂はいかにとなる  光も清くなる  僕になる  丸三日になる  直ちに横になる  先づ横になる  それから医者になる  総てが吹き出したくなる  連中も通らなくなる  野路ばかりになる  史的標本となる  釉となる  つた青磁となる  黄瀬戸になる  逆さまになる  知つてから非常に良くなる  藏什となる  關係から高くなる  丹波になる  つた周圍は丸くなる  青磁になる  方が速くなる  酒が飲みたくなる  私はやりきれなくなる  相続させたくなる  血脈相承となる  牛蒡種になる  徒ともなる  接触が多くなればなる  物持筋となる  物持筋になる  五月程になる  ことが少くなる  郵便配達夫になる  宝物になる  地上近くになる  威勢よくなる  球が見えなくなる  遠縁になる  私はぎくりとなる  同級になる  後嗣になる  私は恥しく、情なく、苦苦しいが、どうなる  皮まで赤くなる  私は気味悪くなる  四つ這いになる  いつか積乱雲は見えなくなる  尻も痛くなる  中谷がいなくなる  ものは、こうまで図図しくなる  不条理に呆然となる  力ではどうなる  妊娠できないとなる  気楽にもなる  機嫌よくなる  新婦となる  好色的になる  却って擽ってみたくなる  妻がそんなになる  青になる  みんな蕎麦畑になる  価うちとなる  戯曲家は、如何なる  事務を執っていられないので来なくなる  作品十数篇からなる  これを上げるから読んで呉れとなる  だんだん穴が深くなる  先へも動かなくなる  試合になる  赤門になる  いつになく硬くなる  自然口が重くなる  死物となる  緒になる  愛に、お酬いせねばなる  馬鹿にしたくなる  心致さねばなる  物知りになる  加減次第で美味くも不味くもなる  放送せねばならなくなる  集団すれば強くなる  人間が多くなる  まごころ料理になる  子供のもてあそびになる  礫岩等からなる  のもうべなる  管轄になる  買つて十日ばかりになる  余り逗留が長くなる  団十郎になる  舞台となる  中村魁車になる  雀右衛門あたり以上に古くなる  端敵になる  実生活上でそんなになる  正義になる  花車がやりてになる  本格でないと言われねばなる  爪先上りになる  夕暮の持ちになる  トンネルになる  中道となる  上つてゆかうとなる  私たちも、もう帰らう、急がうとなる  上と下とになる  計画になる  群が遠くなる  時間が少くなる  永遠のわかれになる  正成になる  技巧一点張主義を廃し新なる  首を出したくなる  魅力はなくなる  肉が少くなる  勝負などはどうでもよくなる  草木もかうなる  気持ちの和みにもなる  入江になる  黄いろになる  紫になる  病気の快くなる  名もなる  ごろんとながくなる  畷になる  から少し遅くなる  ば蒼白くなる  因縁話になる  気になればなる  方が偉くなる  女より偉くなる  娘より偉くなる  在宅勤務となる  今年三十歳になる  誰も言わなくなる  触媒となる  存続してゆかなくなる  盛夏になる  じき縄が足りなくなる  噺はなくなる  私有しなくなる  溜池にも棲んで大きくなる  渇水期になる  こと数十日に及ぶと随分厚くなる  縄が足りなくなる  はいって起こさねばなる  単調になり淋しくなる  乗換へになる  市日になる  彼の子さへどうかなる  痰になる  腹這になる  八十以上になる  此儘仏になる  味が深くなる  さなぎになり成虫になる  自然に任せておけばどうなる  私は少し心細くなる  窟はしなくなる  自身が寂しくなる  夜とともに濃くなる  これ以上美しくなる  衛生部長になる  行政的職工になる  わたしの忽ちなる  要吉は、そういわれると、ただ、もじもじと赤くなる  仕事がつまらなくってたまらなくなる  増額となる  役人がいなくなる  のごとくになればなる  法律をふりまわしたくなる  こと以外なにものにも接しなくなる  結局泣き寝入りになる  三晩になる  裏が白くなる  記載となる  実行はせられぬが、多分そうなる  現代語となる  八月二十五日になる  夜十時過ぎになる  二岐となる  こと幾許なる  大正十四年になる  五十七歳になる  範囲も狭くなる  それも飲むと眠たくなる  もっとベロベロになる  時から一層、ひどくなる  なにがなんだか分らなくなる  三時間にもなる  七十三になる  心はいかなる  露わなる  耳に入れじとなる  剛胆になる  さら恋しゅうなる  気の悪くなる  爪先上りにたかくなる  碧くなる  悪意的になる  水温が高くなる  水温は高くなる  非常に高くなる  三十度近くにもなる  水が冷たくなればなる  柔らかになる  息づかいが、はげしくなる  我々はどうなる  代りにはなる  源泉が出なくなる  どころになる  けが戦場になる  日本中がそうなる  心があたたかくなる  船脚の重くなる  其若い様に、若くなる  結論の導きになる  元にもなる  祓へなる  神賀詞となる  稍明るくなる  若水となる  ゆとなる  処女となる  天気がなおるとよくなる  感謝せねばなる  樂しみなる  人のみなる  ように、若くなる  理由も、やや明るくなる  岩床となる  岩場になる  附かないではゐられなくなる  涼風に快なる  地なりしを以てなる  此辺をさしていへるなる  吾妻橋に至るなる  一大瀦水地となる  船舷相摩するばかりなる  の地となる  一水を指したるなる  南へ通ずるなる  おしげは赤くなる  面当てになる  四円ばかりになる  老年となる  生活がむずかしく、ややこしくなる  氣晴らしにもなる  つて何時いけなくなる  具になる  艶なる居ずまいとなる  三つの煙となる  蘭麝でも焚き込めばなる  舞台回しになる  模様になる  筆も悲しくなる  ものは早く大きくなる  すべすべになる  銀杏がなる  ものわらひなる  星さまになる  僕もなる  から遠くてまるで見えなくなる  毎日十時になる  ただ十時になる  仇にもなる  掏摸になる  おれ掏摸になる  兄ちゃん、どないなる  お前ら掏摸になる  ことで、一体どうなる  一斉検挙になる  クリニングになる  ぼくもなる  ここから遠くてまるで見えなくなる  日さまがおでましになる  ごこちぞ頻なる  殿妻となる  夕なりしあえかなる  ときいろなる  霞たなびきたるが如くなる  喫んでるとまた直ぐ食いたくなる  おっくうになる  三年からになる  何も書けなくなる  何処にあると言いたくなる  黒ん坊になる  立直つて悠然となる  ツと思ふと少し蒼くなる  北八と共に寒くなる  人心地になる  雨もなければなる  大分楽になる  所をかき取らんとしたるなる  五章からなる  ピオニイルになる  段どりになる  観察報告を書くとなる  プロレタリア文学作品となる  合唱となる  発展されなければなる  お爺さんになる  帰途だから歩けなくなる  動悸が高くなる  さきの暗くなる  から六年になる  真っ白になる  たくさんお活けになる  六十五になる  病人なりしなる  在所うまれなる  血路になる  場合、どうなる  一枚何千円にもなる  東京はどうなる  何箇所にもなる  耐震耐火構造になる  亢進症になる  嗤いになる  精進日となる  それと同じになる  ほかが分らなくなる  奔馬常に狭少なる  だんだん仲がよくなる  痛痒相感ぜざるがごとくなる  あなたはお信じになる  今日おいでになる  あなたがおかへりになる  刈になる  事をお讀みになる  肉體がなる  からひと月近くにもなる  から五日にもなる  病氣になぞなる  すつかり快くなる  僕寂しくはなる  僕ほんとに寂しくなる  結果はいかなる  書生仲間には随分かようなる  寵姫となる  火鉢だってなんだって、拵えておあげになる  お母さん次第になる  姐さんになる  むやみに果敢なくなる  浮となる  冷嘲なる  年十七になる  時には、どうなる  メリイ・ゴオ・ラウンドを出たとなる  まし涼しくなる  五時ちかくなる  高揚となる  やすらかになる  厨房からつぽとなる  そく御馳走になる  てゐない、忘れてなる  たかと思うと、スーッと微になる  首がかったるくなる  うちには何とかなる  辛抱せずばなる  にわかに蒸暑くなる  仔細に聞けばなる  違いないが、さらに大なる  ガクリとなる  彼はムキになればなる  笹原になる  機縁ともなる  豆盆栽にでも、したくなる  草へ、入れたくなる  竹を煮ると柔かくなる  御坊となる  名をなる  特に目標となる  杉菜はなる  大体といい僅かなる  根こそげなくなる  時を得ないが、なる  さましになる  股が白くなる  区々になる  葉に触れると痒くなる  誰が聴いても笑いたくなる  色が著しく赤くなる  一刻も早く出しませんと、その、役に立たなくなる  はり紙がこう古くなる  とき老骨でさえ浮かれ出しとうなる  新太郎も怪しくなる  うちに小さくなる  俺にまかしとけ、早く行かねえと見えなくなる  道へのさまたげとはなる  原動力になる  海がどうしてあんなになる  論客を有せしなる  じきに暗くなる  だんだん雪が深くなる  将来彼のものになる  ジャアナリストになる  それはどうにもなる  独りんなる  朝子はそうなる  子供を動かすとなる  お力でどうにかなる  汚れになる  馬一匹になる  遠くに見えなくなる  本当か分らなくなる  保証人になる  そのまま杞憂になる  んだぞと叫びたくなる  廃さねばならなくなる  ごらんになるとおしかりになる  王さまとなる  秋がきてしだいに寒くなる  マアほんとうに夜になる  知らない人になる  溜息をつきたくなる  よになる  麹漬になる  夕闇のやや深くなる  これで止めて置くが、きっとまた書いて見たくなる  天気が好くなる  生活が淋しくなる  復興にもなる  梟となる  染紋様の如くなる  これを散じて見たくなる  雛になる  家鳩になる  肥分ともなる  村ともなる  よそ実のなる  恰好はなる  横日になる  雲雀は段々に狭くなる  から半月以上にもなる  速断が出来なくなる  今一度考えて見たくなる  祖父母となる  思想が弱くなる  気持が鎮まるどころか、かえって烈しくなる  都合一万三千になる  方面になる  もの生活問題になる  彼等にとってどうでも好くなる  学でなければなる  術語となる  戸まどいせざるを得なくなる  社会的意識でなければならなくなる  指摘しなくてはなる  存在でなければなる  虚偽意識となる  価値物となる  ものならば、なる  ものに就いて語らねばならなくなる  限り対象となる  文化形態ともなる  資格を持っていなければなる  一遍規定し直されなければならなくなる  制動機ともなる  それだけではなく、そうなる  了わねばならなくなる  不充分であらざるを得なくなる  イデオロギー論でなければなる  歴史的事実としてはなる  実践的となる  哲学となる  観念論的存在論となる  党派性ともなる  12になる  連帯関係になくてはなる  哲学のものとなる  承認出来なくなる  破棄されねばならなくなる  主張する、なる  無関係になる  しか問題になる  本質形式となる  社会学主義となる  点である、なる  歴史理論となる  規範となる  文化社会学はどうなる  歴史的内容になる  可能的になる  互角ともなる  イデオロギー論となる  導線となる  追放しなければならなくなる  具体的になればなる  当てんなる  つて働いても、どうせどうにもなる  いや味になる  希望を述べたくなる  つて呼吸が忙しくなる  たる苦笑を起すのみなる  讀來つて纖細妙微なる  悲哀懊惱の幽暗なる  事が可笑しくなる  声が出さうになる  瞬間にふいとなる  つて気狂ひになる  個別者となる  本質はなる  性格的概念ともなる  日常的となる  性格的理解となる  原理上不可能となる  主張となる  糸口となる  絶対的となる  実践的ではあり得なくなる  要求となる  勝手となる  抽象となる  把握通路となる  甲形態ともなる  没論理的となる  論理的内容となる  もっと実になる  解答となる  敢て犯さなければならなくなる  保証人となり弁護者となる  擒となる  公算は相当大きくなる  自然的となる  要約すればこうなる  性格的でなくなる  複雑となる  難解となる  把捉し難くなる  報道化となる  利得となる  却って科学的でなくなる  合法主義となる  古巣が恋しくなる  武士となる  談論がいよいようまくなる  要部となる  新たに織らせるとなる  独りぼっち遺してお亡くなりになる  椅子にお掛けさせになる  一人前の働きてになる  よう、いい働きてとなる  土でざらざらになる  ものだが、一旦、無いとなる  落想が鈍くなる  なんでもお分かりになる  下しになる  要求は次第に大きくなる  三十九年になる  あなたがお分かりになる  実行いたすとなる  から何年目になる  腹もかえって重くなる  身体は弱くなる  時間が多くなればなる  七年位になる  から幾年目になる  名前はなる  自然何かいいたくなる  述懐になる  道伴になる  其所になる  みんな夏になる  潔癖の償いにでもなる  落付を与えて遣りたくなる  金持になるか、偉くなる  今から金持になる  日本へ帰ったらどうにかなる  金が来なくなる  筋道を辿らなければならなくなる  敵同志でもどうにかこうにかなる  毎年時候が寒くなる  怙になる  位牌になる  必竟どうなる  一段劇しくなる  上でふと動かなくなる  しかし細君の動かなくなる  何だか知らないけれども段々痛くなる  今にどんなになる  子が可愛くなる  七十五銭になる  年を取って段々御肥りになる  もっと明瞭になる  反が合わなくなる  守護しなければなる  貴夫が御遣りになる  みんな駄目になる  利子になる  金を借りるとなる  己が借りて遣らなくってもどうにかなる  ちの味方になる  女房などになる  尾張町へ近くなる  わたしなら破いてしまいたくなる  君江は噴き出したくなる  中途で止めようと思いながら、そうなるとかえって止められなくなる  芸者から女給になる  カッフェーから芸者になる  それから正午になる  内心未練が強くなる  ようだと言わなければなる  ものだと笑いたくなる  お前のいなくなる  牛天神になる  六十になっても、いやになる  癖になるとつい止められなくなる  手並みはなる  旧家になる  から王様になる  のが面倒くさくなる  結局半分より安くなる  今年十二歳になる  土方にでもなる  六年ほどになる  何を云ったって、どうなる  癖がひどくなる  老人に負けてなる  ものなら、取り残されて分らなくなる  僕ぐらいになる  利巧になる  ちょッと明るくなる  野辺山原となる  巨嶺となる  つてやまべとなる  腹が赤くなる  魚籠は重くなる  蛹になる  一処になる  これを恐れなくなる  其方へ行かなければなる  争ひになる  つて話になる  士は、その怒を漏らしたくなる  誇りとはならなくなる  四〇年代になる  おなかのくちくなる  俺は悲しくなる  着物を奪われてしまったかと思うと泣きたくなる  俳諧となる  右銘になる  猫又になる  川釣りになる  信条になる  車輪の下じきとなる  排他的になる  諸君のおやりになる  初歩から出直さなければならなくなる  女帝のおはきになる  てつきり朝までは放つて置かれなきやなる  女帝がほんとにお穿きになる  身を任せなければならなくなる  これはかうなる  介になる  仲が疎うなる  三日來ないとなる  師走になる  殉情的になる  來たすよすがとなる  女も忽ちにして忙しくなる  姿はあさましくなる  籠められてゐても、いざとなる  まり御門でなければどうにでもなる  何うせ、なる  こちらからおあげになる  つてえらうなる  武士になる  今年七十五とかになる  時代から白髮になる  別に怖うも思はなくなる  口があいてよくなる  母親がゐなくなる  驗が見えないとなる  下刻になる  ために大きくなる  ひと月にもなる  ほりになんぞなる  立腹になる  おからかひになる  煩瑣になる  常々お話になる  世から一緒になる  弁疏はしておかずばなる  そいつもゆっくりとなる  そいつも早くなる  病気は少しもよくなる  いつまでも引っかかってたらどうなる  だんだん面白い話になる  草が繁くなる  のが、いざとなる  ちの得になる  かがやきとなる  ヴァイオリン弾きになる  箱になる  真似をさせてなる  むら焼けになる  病人あらずなる  これとはうらうえなる  町へ帰って来てもどうなる  料理人となる  体よくちりちりとなる  一杯機嫌になる  一心不乱になる  しばへなる  動機を御話しするとなる  直接証拠となる  真正面になる  二三局目になる  言ひなりにはなる  夜もおちおち眠られなくなる  五日めになる  ときは高くなる  うつすら暗くなる  祓ひをせにやなる  罪の子となる  實際に施すとなる  急激になる  後繼者となる  だんだん稀薄になればなる  一同大笑いになる  銀一枚になる  見分けのつかなくなる  阮東夫人になる  あと百人ばかり現われれば、あるいはこうでなくなる  われわれはどうしてよいか、わからなくなる  賛成して、では、じっさいに、どうすればよいかと考えると、さっぱりわからなくなる  ヒョッと死んでしまいたくなる  紙芝居屋になる  状態にまでなる  そのまますぐ駈け出したくなる  もう一度飛び出したくなる  気丈夫にもなる  国を治めて、随分長くなる  毒害だけはお見破りになる  毒害におあひになる  から二年めになる  眠ることになる  つて顔をそむけたくなる  ことを覚らなければなる  こひしきなる  現実家になる  日本的になる  日本的にしようとせずともなる  槍騎兵二十七連隊付少尉となる  やおやとお思ひになる  方、なるほどとお思ひになる  ハイスクールへおはいりになる  怨みとなる  晩はなる  騒動にはなる  不面目となる  帰館になる  部屋が明るくなる  これは充分考えずばなる  それに連れて速くなる  無礼ともなる  うち自然自然明瞭になる  狂暴となる  肉をくれると、より一層美しくなる  自ら明瞭になる  だんだん火事は大きくなる  町が大きくなる  二日餘分になる  歩行も、ひどくなる  家十ばかりなる  眞裸體になる  胸の苦しくなる  飮代になる  ところだからなる  三月となる  悪霊から保護して育てて、大きくなる  相手になんかなる  印度教になる  トピックになる  橋が落ちるとどうなる  揚合にはどうなる  文献になる  かすかに、まったく聞こえなくなる  ものは入らなくなる  あな気持ちになる  机上はうずたかくなる  方ですが、どうなる  廿五日ごろになる  ときバクレンとなる  窓にさす小さなる  一周忌になる  青あおとなる  ものですから、淋しくなる  感染せしなる  夕暮近くなる  がちとはなる  楽の新なる  紫檀の大きなる  身とはなる  繁忙を防がんがためなる  洗つて素人となる  後生の障となる  妓となる  写真を撮るとなる  熱が時々高くなる  自分が呪わしく、汚らしく、そして淋しくなって、もういてもたってもいられなくなる  惨めになればなる  だんだん波が高くなる  五日目となる  穩になる  掬つて飮んで見たくなる  當大きくなる  刄が見えなくなる  つて眞白になる  水が尊くなる  夜明かしになる  ツイねむくなる  おのおの十五ばかりなる  様もおなくなりになる  無学文盲になる  うるみごえになる  内地雑居になる  美術家になる  画かきになる  あたしはきっときっと画かきになる  奥様になる  西洋好きになる  万端ひいきになる  われしらず鼻じろむなる  ほかのものになる  それはまずいというとなる  女給にまでなる  目標が大きくなればなる  主人はなる  かたにどうしておわかりになる  だってじゃまになる  監督はなる  道に迷ったとなる  両手に握ったとなる  ももち運んでいると、そんなふうになる  救い主になる  命令で泊めなければならなくなる  ここにとどまるなら、そうなる  ときどき、笑わないでいられなくなる  明けがたになる  ほんとうに気が軽くなる  ときに、目立って大きくなる  勢いが強くなってしまって、そうなる  犠牲者かになる  所有物となる  身近かにいらっしゃって、そんなに落ちついておたずねになる  ときにはいったいどうなる  一種のなぐさめになる  合せになる  城で悪くなればなる  何も知ろうなんて思わなくなる  ご存じないとなる  ものとは思えなくなる  今度は、これからどうなる  ことを話さなければならなくなる  万事を知ってはいるけれど、なる  道がはやるとなる  使者はなる  なかったものになる  あいだに入りこんでくるとなる  そこを通るとなる  ずっと前からこうなる  場合にそうなる  確信がもてないとなる  埋め合せとなる  事情聴取はなる  こととさえなる  のですが、そうなる  係となる  あとがどうなる  陳情人はなる  動きはやまないで、むしろ強くなる  談判に入るとなる  返事がもらえないとなる  だんだんとおとなしくなる  不規則になる  はいよいよひどくなる  亡霊だって朝になる  我慢できなくなるほど苦しくなる  仲介によるとなる  枕になる  ことだけになる  背負い籠一つでいっぱいになる  勤めにつくとなる  秘密が一度しゃべりつくされたとなる  とおりにすぐなる  魅惑的になる  愛となる  首ったけになる  永久にやらなくなる  途づれになる  唯胸が冷たくなる  気分はいよいよ悪くなる  女がこわくなる  三七五トンとなる  疎らになる  胸が冷たくなる  機会が来ればどうなる  生徒でいっぱいになる  山々のくらくなる  同僚になる  じき親しくなる  毎日お歌いになる  住職になる  わけではない、ぶつかってみて、どうなる  教師などになる  正午近くになる  計画がしてみたくなる  みごとに赤くなる  人はえらくなる  退校となる  道行きになる  時はそうなる  それやなんなる  俗物となる  毎日四時過ぎになる  畠になる  久喜駅などがその集まるおもなる  受け身になる  金を守るにもっぱらなる  私はいま少し遅くなる  十一二日目になる  父さんが帰って来れば、どうにかなる  病人が日増しに悪くなる  没後ただちに暗黒となる  快晴となる  故郷はいつくなる  割合となる  女子百三十九人となる  未婚六十七人となる  劇甚となる  月もいさましけなる  面を隠したくなる  米つき虫になる  小坊子になる  屹度色でも黒くなる  黙り勝ちになる  鴉になる  眼眦が熱くなる  人物になる  支度しなければ、遅くなる  メンバーになる  百何円にもなる  研究したって、どうにもなる  お母さん達どうなる  今年小学校五年になる  上遅くなる  だんだん家中干ぼしになる  引っ込みがつかなくなる  から一年以上になる  天分がおありになる  東京は暑くなる  愛慕になる  ムーッと熱くなる  三十九度もおありになる  場が色っぽくなる  平熱になる  ことになっていたが、いざとなる  母に話せばどうにかなる  非常に遅くなる  日焼けなさると、お困りになる  愛人がおありになる  愛人だって、お在りになる  女優なんかになる  方を、おやりになる  半月以上にもなる  財産家となる  素直でないとなる  新子が居なくなる  小太郎が、何かとうるさくなる  貴女が、いらっしゃらなくなる  棲処になる  其文の拙なれば拙なる  んからだも小さくなる  まもる様になる  様になり、そうなる  姿が全く見えなくなる  場所は狭くなる  徳川喜久子姫さまがお持ちになる  対になる  はいつてゐて、大きくなる  リーダーになる  何か云いたくなる  一日だけ重うなる  立膝になる  先きどんなこつになる  やつて大きくなる  山陰道になる  紅葉が美しくなる  若葉になる  分明しなくなる  一日往復いくらになる  間遠になる  重大に考え直されねばなる  心やりになる  能では喰えなくなる  冬もわからなくなる  人が斬りたくなる  自然ニヒリストになる  南無阿弥陀仏と言いたくなる  云ひなりになる  六神丸になる  丸薬だけ呑んだらどうなる  もうろうとして暗くなる  交易をしてどうなる  理であるが、行けないとなる  口説く手掛りがつかめなくなる  何を書かうとしたかを引き出して行けば行くほど面白くなる  親たちへ知らせなければなる  梅毒になる  不景気になる  実地経験にもなる  それを引渡せばどうなる  収穫期になる  お祭り気分になる  夜中過ぎになる  總選擧などになる  楮むきだとなる  うちにむかぬと剥けにくくなる  から、かえりは少々おそくなる  中堅ともなる  ままいったらどうなる  大切に磨かずばなる  おれあたまげたぞ全く、どうなる  御飯時分になる  なかった原因になる  かってになる  血色はしだいにあおくなる  責任としても、しまいには放っておかれなくなる  餓鬼大将になる  どころが分らなくなる  何か奢らなければなる  副業となる  話を聞かなければなる  その後明暦三年になる  激昂して蒼白くなる  深谷あたりになる  望み薄くなる  神経が鋭くなる  それから下肢になる  妙に汚いながらも触りたくなる  結局結論となる  物狂わしくなる  人であり、さらに、そうなる  駭きになる  眼を覆いたくなる  抱きしめて、揉み砕いてしまいたくなる  懸念があって、明るくなる  現実に引き入れたくなる  脇役になる  化尼になる  此日東の大きなる  オトナになる  橋になる  生体なくなる  安心して居られなくなる  姿は直ぐ見えなくなる  何となく暖かい家が慕わしくなる  胸が慕わしくなる  埃塵に白くなる  欠点となる  から奥さんになる  夜明しになる  そばにいなくなる  不安はなくなる  迷信深くなる  気はいよいよ荒くなる  餘程強みになる  數にはなる  一つもつつきたくなる  アラを探して、やっつけて見たくなる  京訛りも、そう云えば疑がいなくなる  刀を抜いてお斬りになる  からだが少しだるくなる  お召出しとなる  ほんとうに、どうなる  泣き声が高くなる  ひと月余りにもなる  聴くようになる  十四五年にもなる  慰めとなる  なつになる  くもさん、ちつともお困りになる  聽いてゐて息苦しくなる  いふ事にもなる  選挙期になる  立候補しなければならなくなる  今迄より多くなる  決心をしたとなる  世話してやらなければなる  瑕にもなる  樹木の絡みが濃くなる  日常のものとなる  じき来年になる  十二年目になる  いたずらをしなくなる  児がどんなによくなるか悪くなる  人は撫でたくなる  ぢつて見たくなる  軍用犬になる  うちにどうにかなる  ますます綺麗になる  発見し、うれしくてたまらなくなる  風が目立って冷めたくなる  まっ黒になる  代へられないとなる  かお出掛けになる  縁附きになる  つて奴隷となる  御用学者になる  それから一ト月余になる  娘がいなくなる  間抜けになる  呼吸になる  腹一杯になる  めしが利かなくなる  幾等になる  夕闇が濃くなる  お金が、ほしくなる  薬となる  手を入れると、入れれば入れるほど悪くなる  ごまかさなければならなくなる  仮面は脱ぎ捨てたくなる  基線になる  協力によってどうにもなる  耳長さんは、なる  それから五歳になる  日が暮れたら泊ってくるが、なる  病気もよくなる  それから亜米利加へおわたりになる  此の度二年になる  口語体になる  ペン書になる  研究の少しの足しにでもなる  から一時はどうなる  二時間ほどたって薄暗くなる  眼が大きくなる  頃二人になる  軒より高くなる  昼二時頃になる  なほって少し涼しくなる  泣声をきくとかっとなって死にたくなる  六十あまりになる  経文を書いて行かなければなる  わい事はなくなる  声が聞こえなくなる  私年四十歳になる  厭でならず、そうなる  尊敬しなくなる  クラブが恋しくなる  のが待ち遠しくなる  紅が暗くなる  病きもなく、はなはだたしやなる  かんしんなる  いくさになる  気持ちがあってなる  もっと生活がよくなる  版をかさねて出るとなる  文学でなくなる  鏡にはなる  飛脚艦のよふなる  行よふなる  さだかでなくなる  津田もいなくなる  二円にはなる  反ぱつしたくなる  立場がどうなる  ひきにはなる  まわりになる  の養子ハ如何様なる  かよふなる  使いとなる  私は美味いとなる  そうだなと感じ出したら、どうしても食ってみたくなる  肉はなる  面目はなくなる  玉子を生まなくなる  やつて見たくてたまらなくなる  手引となる  のかしらと考へると、分らなくなる  後悔になる  織部といった、しぶ好みなる  三となる  妥協になる  絵付けとなる  信念からなる  個となればなる  学問的問題となる  過程となる  一立脚地となる  実在的なればなる  自己自身に返って新なる  フィヒテにおいて新なる  そこから新なる  自己表現となる  スピノザ哲学に新なる  有無になる  ちょっとそれを撫でてみたくなる  日々を夢みていたくなる  万葉風となる  何処かへ出かけてみたくなる  誰れもいなくなる  だんだん急になる  何んとなくなつかしくなる  玄人となる  刃がまっすぐになる  見当をつけて、こうすればこうなる  激流となる  背景になる  沢はなる  空の中へ遠くなる  動作がきはめて鈍くなる  七月中旬になる  さかんなおふるまいになる  出来そこないとなる  九月末になる  九月末にもう紅くなる  極彩色となる  その他食用になる  一株になる  飼料になる  のどかになる  つた地方になる  縄を受けて始めて直くなる  宰となる  絶大になる  こと、あわれなる  警察沙汰になる  コキ使うから、こうなる  ヨメになる  敬服せざるを得なくなる  有様で、噴きだしたくなる  監視が厳しくなる  六十五歳になる  夕方などになる  団塊になる  だんだん身動きもできなくなる  貌になる  近いうちに見えなくなる  僕は書けなくなる  条件が多くなる  癒つたら、どうなる  君が死んだら、どうなる  どんどんそうなる  倍以上になる  句を味わってみるとなる  参考ぐらいにはなる  肺病となる  ざる良薬になる  感懐を述べたくなる  當然erとなる  基本態度となる  毎日正午になる  巧妙になればなる  玩弄物となる  十から十三になる  写実となる  装飾美術になる  原因にはなる  通俗作家になる  仕事は捨てなくてはなる  のだといいたくなる  あんなまねは出来なくなる  何だか悲アしくなる  ほど厭になる  草履が忙しくなる  ことなら何とでもなる  色がおかしくなる  懐愛しくなる  一年ぐらいになる  さ、どうなる  十五日からになる  香奠になる  ッぱし気になる  皆無となる  神とぞいふなる  淵には、沈むなる  千々に砕くるなる  世には繋がるなる  帯側にもなる  習ひなる  段で、がつくりとなる  折になる  知つたそなたとしては、あまりなる  栄誉は更に大なる  先づ秘かにと思へるなる  からに汚なげなる  警察行にもなる  女子になる  馬鹿めこれがどうなる  全快にもなる  後に、遂げずなる  値のよくなる  了わねばなる  侍たちになる  指貫になる  狐が、走れなくなる  芋粥になる  軍だ、こうなる  四歳にしかなる  畑仕事はできなくなる  のだえっ、こんな暗くなる  苦悩がかるくなる  悪病よけになる  びの痛くなる  麦も踏む、暗くなる  得心がなる  機嫌もとらずばなる  天職に関するな、慎んで聞かずばなる  何だか、なる  笛は、吹けば吹くほど、良くこそなる  こと、どうなる  村の祟りになる  武蔵さんは一体どうなる  おまえが、どうもなる  背に聞えなくなる  勘弁のなる  いつか櫟林に見えなくなる  手足がついたとなる  捌きになる  先の青くなる  噂が高くなる  表向から駈落となる  六ケ敷ことばかりもいはれなくなる  夜のふけるにつれていよいよ強くなる  奇抜を認めずにゐられなくなる  案内書となる  参考書となる  面白い地図となる  粗悪になる  品物を持たなくなる  特色を持たなくなる  音も聞えなくなる  陳列となる  もっと素直に作ったらさぞよくなる  需用は大きくなる  注意したら一段とよくなる  萩焼とても、ずっとよくなる  洗いに堪え、古くなればなる  字引となる  この世が醜くなる  伝統がとかく顧みられなくなる  産物になる  絣には、どうあっても美しくなる  絣になる  品があり得なくなる  血は黒くなる  温みはなくなる  美しい国となる  暮しをしなければならなくなる  看板になる  から手品師になる  小さな毛布はもういらなくなる  破れ靴はもういらなくなる  身体はもういらなくなる  余り沢山見ると下らなくなる  ぢやなる  波の大きなる  浜へおりて、なる  足が一層痛くなる  密接になる  知識で重くなる  一番金めになる  白長鬚になる  かまぼこに入れると素晴らしくおいしくなる  其処も防ぎきれなくなる  雪がどうなる  芸妓じんみちになる  価格となる  いろはになる  アブラつぽくなる  頬の熱くなる  男性となる  九十幾歳にもなる  妖精となる  懐のものになる  嚴かなる  ものは、うるさくなる  すべて言葉となる  衣服は寒くなる  何をしているかも知れなくなる  大蛇になる  たけばかりなる  けが、時々新しくなる  子供のいなくなる  六つとかになる  中には、あまりなる  手証となる  永遠にいなくなる  手足を加えたもののごとくなる  侍童となる  不時に睡くなる  娘年二十ばかりなる  山姥はなる  今日三日になる  心直ぐなる  山童となる  間ばかり化してなる  眼鏡のごとくなる  山丈とは異なるなる  妙に近づいて見たくなる  のを見ると、嫉ましくさえなる  人の如くなる  現代になる  大木二三本四五本も茂り覆ひたる如くなる  介抱するなる  後には死にたるなる  最近になる  観察し直さねばならなくなる  参考資料になる  抽象力となる  兄になる  充満になる  町っ子となる  それも見えなくなる  まま顧みられなくなる  別荘町も淋しくなる  芸者の子になる  ようにほそくなる  根もとを焼かないと堅くなる  満開になる  まりあつくなる  人にあいたくなる  ものにあいたくなる  返事がしたくなる  夕方うすぐらくなる  方角がわからなくなる  二三間さきも見えなくなる  息もできなくなる  直射は来なくなる  円かになる  桎梏にさえなる  身体から自由になる  顕わになる  独立になる  自律的になる  論理的になる  自然的になる  惰性的になる  受動的になる  無意識になる  理論的になる  制度的になる  現在的になる  主体的になる  認識根拠となる  自己となる  真理になる  万能となる  客観となる  環境となる  中概念となる  懐疑論になる  真となる  表現的になる  反省的自覚的になる  民族的になる  具体的現実的になる  存在するに過ぎなくなる  量化して考えねばならなくなる  豚になる  ソクラテスになる  唯ひとり幸福になる  顕現的になる  肥満になる  ものごとに買いたくなる  腕でやらなくちゃなる  ますますゆかいになる  誰一人兵隊になる  落ちにもなる  文学になどなる  総括となる  自然科学もいざとなる  訳が判らなくなる  注意を怠ってはなる  末がつかなくなる  ランナーになる  ことが益々解らなくなる  瞞しになる  像にでもなる  決つたラオコーンにでもなる  つて始末がつかなくなる  あなたと一緒になる  哲學になる  科學者になる  廣さともなる  辯證法になる  ひとりよがりになる  おのれ竜にもなる  飜譯しようとするから、むつかしくなり、わからなくなる  つてわかり易くなる  哲學のわかり易くなる  つんばいにでもなる  鴨ぞ鳴くなる  鴨ぞ啼くなる  いやがらせとなる  恥さらしとなる  實がなる  時十九になる  逆上を覚えずにゐられなくなる  王様となる  全てになる  のか、いずれとも分らなかったが、そうなる  夕頃になる  雑種になる  田宮はじっと眺めていたが、次第に小さくなり見えなくなる  自ら明瞭となる  四時間になる  話なじみになる  育ちになる  心の軽くなる  我ものになる  心をすっぽかしていてはなる  現実のものとなる  オヤメになる  単一国家となる  現実が伴わなければ、どうなる  最小限になる  日本がどうなる  構想がなくて、どうなる  不合格となる  本科生となる  講師となる  編輯主任となる  方をしたらどうなる  流行を追はなくなる  自殺したとなる  思い通りになる  我儘がいえなくなる  我儘を許さなくなる  発露せずにはいられなくなる  何だか怖くなる  倉田屋へ着かなければなる  なに黒くなる  役目になる  近来邦人が、いたづらなる  山岳の如くなる  蚊の如きは寒くなる  氣候が暖かくなる  同一體になる  變つて未來となる  家長となる  手前味噌になる  夫が死んだら、どうなる  其人恋しくなる  何事も思はじ思ひてなる  自身は尚なる  胸をもこがすなる  癒くなる  日頃片時はなる  まり度々になる  それがほんとになる  人がいなくなる  人が通っていたかもわからなくなる  どこまでも聴きたくなる  邪魔者がいなくなる  オモチャになる  杳かになる  声を聞いて、それでどうなる  働が出来なくなる  死になる  卵も食えなくなる  差引欠損になる  シャーロック・ホームズ気取りになる  十もなる  歯なしになる  二年ぐらいになる  工合わるいですね、かえりがおそくなる  効果的になる  民はいよいよきっとなる  一生逢えなくなる  今に偉くなる  ために、一層速くなる  しらの熱くなる  彼は苦しくなる  俊三よりも偉くなる  おいおいよくなる  涼みになる  何かの足しにはなる  手籠になる  頭はかっとなる  次郎は、しかし、そうなる  次郎は、なる  先方からもなる  次郎ちゃんにお言いつけになる  彼はなる  刻一刻烈しくなる  中が塩っぱくなる  金も出さなきゃなる  色をつけなきゃなる  それから次郎にもわかったとしたら、いったいどうなる  これまでよりも、ぐっと力強くなる  文明人になる  自然人になる  多忙になればなる  戒めにもなる  いつも二人で並んで歩かなければならなくなる  歩が悪くなる  お代りもしなくなる  てい平気になる  比例して熱くなる  休み時間になる  小使さんだけになる  当分何とかなる  ところ何とかなる  家だけはそうもなる  商売をやるとなる  家がこんなになる  これっきり、逢えなくなる  家なんかどうにでもなる  神経は、そうなる  気持がのびのびとなる  感じにさえなる  延は、そうなる  ことになったが、そうなる  のを、なる  中学生になる  ことを言い出そうとしていると思って、いよいよ固くなる  学校から帰ると、なる  危険だからと言って、なる  病気が重くなる  民は、いよいよいけなくなる  交渉はどうなる  わが家へ、となる  小便をおやりになる  ヤミ天をおあがりになる  信徒になる  武器になる  牢屋へ投げこんでも、どうなる  ジュズツナギになる  わずダンサーなどにならざるを得なくなる  畸型になる  それに囚われてなる  心になりたくなる  何んとでもなる  罪亡ぼしになる  廻り合せになる  熊笹が疎になる  皺嗄れ声を振り立てて上って来る、近づくほど早くなる  三つ四つつみ重ねたらあのくらいになる  學術上參考になる  私たちの子になる  ナマズだって、こうなる  三学期になる  勉強家になる  汽車が走れなくなる  割合元気になる  夕暮れ、ややほの暗くなる  緑となる  新聞に、多分なる  後からどうにでもなる  誤算となる  思い出だが、そうなる  歌人になる  比較して見たくなる  教養とかにもなる  商売にならなくなる  離れ島に涼しくなる  尻つぼまりとなる  認識だけになる  芸術的思想になる  際感傷的になる  お勧めしたくなる  所得百円となる  實的になる  強力になる  以外、如何なる  態度は恰もそれだけ種々なる  髄から泣きたくなる  武蔵はおかしくなる  先になると、いよいよわからなくなる  みな感興になる  大乱となる  引っ張りだこになる  欠点になる  四人分になる  所謂名人となる  疵物になる  影の、いつしか見えなくなる  参考書になる  帰になる  anachronismになる  僕は、なる  のだと云いたくなる  随筆読になる  そりゃあ、なる  四時頃から外があかるくなる  十五分前になる  古賀と次第に心安くなる  児島とも心安くなる  召使になる  目が次第に鋭くなる  夕かたになる  女はなくなる  跡はどうでもなる  二十四五年になる  養分となる  非常に少なくなる  脚氣になる  結晶になる  節約になる  霊を取り下げなくてはならなくなる  今後どんなになる  気になるとなる  頂点がなければなる  神秘的幻想になる  候てなるほどなる  友人に逢いたくなる  地球が古くなる  撃退しなければならなくなる  無風状態になる  べた凪になる  商売をつづけてまいりまして、また、そうなる  女が、くわっとなる  商売をつづけてやって行かれなくなる  人がいいと言えば、よくなるし、悪いと言えば、悪くなる  篠ばかりなる  譚に泣きしなる  筋むかいなる  後合せなる  冴かなる  ここに来かかりしは、むかいなる  膝を蔽うまでなる  装束を脱替えたるあり、まだなる  血留になる  もの空を駈けて、むかいなる  女あらずなりて、むくつけなる  ものとなれるなる  粛やかなる  心配をすればどうにかなる  婦人いかなる  価をぞ払いしなる  磔にでもなる  いずれか非なる  終りごろになる  事がらになる  風にしたくなる  折檻したくなる  方をしてみたくなる  板壁からなる  顔つきが重苦しくなる  怒りがこみ上げて来さうになる  急に泣きだしたくなる  頂近くなる  没分暁漢になれなくなる  親切なのになる  さを感じなくなる  田舎が恋しくなる  渡御になる  議論をするとわからなくなる  その子になる  三代目になる  日一日深くなる  カンニング崩れとなる  彼女にあったとなる  揺れはだんだんと大きくなる  護身用になる  三週間近くになる  そちらへお出掛けになる  床をお取らせになって、お睡みになる  男も、なる  二千三百両になる  執筆になる  剣士になる  湯になる  つて日頃いたづらなる  柳のかげなる  一端となる  カトリックになる  それについて行くだけになる  誘導とはなる  実感しなくなる  いさおにかなる  春になると、どうなる  一面に明るくなる  一ところだけが、赤く、明るくなる  これはこうなる  動きが分らなくなる  長者はなる  傷をつけないで、懲らしめになる  一つ向うになる  内にはなる  氾濫となる  ことをいくら考えたってどうなる  人数でいくら頑張ったってどうなる  何もかも呪わしく、馬鹿らしく、焦立たしくなる  底から冷たくなる  のかと言いたくなる  従業員といわず、なんとかなる  格別材料になる  小用にでもいったんじゃないかしら、だけどこうなる  脅迫材料になる  ごとごとときかいのなる  んがあたってはなる  電気が強くなる  印刷になる  燒棄になる  ぎよろりとさせて滞在してゐるとなる  から客となる  称ばねばなる  泡となる  かい血色となる  鮮明となる  夕方薄暗くなる  爺さんはなる  つぶやく心持ちにはなる  身を賣らねばならなくなる  空つぽになる  一人もいらなくなる  石炭となり食糧となる  きみから直接取れなくなる  借金となる  家にゐられなくなる  今年二十になる  画家はひとりぽっちになる  お裾分けをしてやりたくなる  手かせ足かせとなる  アア五年働いていたらどうなる  禄取りになる  必然、こうなる  露とが深くなる  四十だいとなる  足枷となる  手枕になる  拳が痛くなる  罪悪にはなる  さがしになる  さかなになる  乗り気にはなる  気短かになる  自分が脆くなる  評判もようなる  口を開き出すとなる  何でも忘れっぽくなる  身から夢の中へ、駈け出してしまいたくなる  がたも見えなくなる  関り合いになる  衆はこうなる  眼いろになる  不具を感じて忌々しくなる  激痛に耐えなくなる  だいなしになる  ために、寝ぐるしくなる  空身になる  私たちも、大きくなる  初春ともなる  運動エネルギーとなる  高等動物になる  常識的になる  廃人になる  ショパンになる  併し悪くなる  僕が大きくなる  気位が高くなる  悪者になる  うちの人になる  あとでよけい言いにくくなる  無理をしてもお止しになる  のろまも、こうなる  俊亮は、しかし、まだちっとも、なる  稽古がしてみたくなる  のは、もう暗くなる  それっきり、けろりとなる  話にさえなる  次郎は、そうなる  態度に出たりしたくなる  から、もうどのくらいになる  あれから二年半になる  次郎もやんがべつになる  うち一人はべつになる  母さんになる  芳になる  べつべつになる  さっき、なる  鐘が鳴る五六分前になる  午飯二人分ぐらいどうにでもなる  ことに落ちついたが、さてそうなる  ものにさえなる  のか、そうなる  わがまま言うと、よけい可愛ゆくなる  正直でなくなる  まわり道になる  ちょっと学科がむずかしくなる  三時きっかりになる  蘭になる  用心ぶかくなればなる  僕正直になる  十人がかりになる  君があばれてみたくなる  もっと無邪気になる  いまさら赤ん坊になる  ほんとうに偉くなる  人影の見えなくなる  観念的になる  大げさになるし、そうなる  声が出せなくなる  ちょっとおそくなる  僕、なる  貴様はなる  決死的になればなる  始末がつけにくくなる  もっと真面目になる  あと善くなる  人もあるが、かえって悪くなる  君は多分よくなる  たびに偉くなる  仲悪しくなる  夕飯ごろになる  おかげだった、と言わなければなる  一年三ヵ月になる  今晩遅くなる  不足くらいどうにでもなる  今年十六歳になる  これを読んでなる  歌を唱いたくなる  浴場で歌いたくなる  中で歌いたくなる  三のになる  空車になる  Tとなる  距離が大きくなるほど大きくなる  考慮に加えると、どうなる  懸隔はさらに著しくなる  三度ぐらいになる  東側となる  戦時となる  堀になる  お茶でも出さずばなる  ナーニ、すぐに可くなる  事がむずかしくなる  何うともなる  万事が物憂くなる  海老反りになる  舞台暗くなる  丈の低くなる  真っ青になる  六にもなる  警察から裸体になる  頁數になる  櫻春靜かなる  梢はなる  實となる  流靜かなる  下界はなる  天童になる  つて老い朽ちて行かなければならなくなる  時は悲しくなる  彼等が、愈となる  場所に上りたくなる  眼界から人間を眺めたくなる  首肯しがたくなる  質問が起したくなる  一人間となる  総理大臣にもなる  もっと深遠幽玄になる  アベコベとなる  ゃえらい者が多いせにどうなる  旦那さんにでもなる  どんだけ為めになる  二億五千万円となる  ものはいらなくなる  お昼すぎになる  自分でいいたくなる  ことをおやりになる  何十分にもなる  性能をうたがいたくなる  とき明らかとなる  活動が出来なくなる  苦笑だけではすまなくなる  試運転はどうなる  延期になる  六隻からなる  五体ばらばらになる  光を遮られ、しばらく見えなくなる  杉田二等水兵は、どうなる  坊になる  所まで出て見ねばなる  ことと云わねばなる  ようになったが、そうなればなる  足が動けなくなる  目が負けてはなる  インテリにして書かねばなる  妙光寺になる  水煙りにけぶって見えなくなる  沃土となる  持ち主となる  二年余にもなる  好き事になる  奉公ともなる  勢力扶植にもなる  恥辱にはなる  古物になる  井戸掘りになる  ざっと倍額にもなる  消え消えになる  体が、くわっと熱くなる  体みたいにくわっと熱くなる  絶家となる  師範となる  大金となる  まもる気になる  人間までが忌わしくなる  善鬼になる  さが淋しくなる  乱賊となる  三年余りになる  不思議ともしなくなる  大岳を登らねばなる  以前になる  直轄であるから、かうなる  脣の白くなる  死ぬとはこんなになる  大けなる  腎張になる  自分も若うなる  セットとなる  ぐらゐの窮屈は、忍ばずばなる  白壁が明るくなる  用となる  青年期になる  息づかいが荒くなる  全身が熱くなる  手巾が見えなくなる  瞑想的になる  不正に対しても怒らなくなる  日じゅう怒りっぽくなる  打開が出来なくなる  人生観も、そうなる  しかし、こうなる  気持がそうなる  無理強いになる  新賀は、そうなる  ようでも、いざとなる  妥協してしまったりしたくなる  前よりはよくなる  のも、そうなる  あぐらになる  発車時刻になる  これまでに、強くなる  いくらかでもよくなる  あれから半月以上にもなる  今日は、ほんとにどうなる  急にどうにもなる  お前は、なる  手をおつかいになる  きっかけだと思ったが、いざとなる  道にもなる  百人になる  鑿になる  世の中がよくなる  悔みたくもなる  ことは、何とかなる  四日になる  飯時にさえなる  村長さんになる  尊敬せずにはいられなくなる  みんなが明るく、生き生きとなる  影がうすくなる  何かひとつ、実になる  世界はどんなになる  話は、いったい実になる  私は実になる  謙譲になる  喧ましくなる  程きたなくなる  何敗けてなる  実行して呉れねえとなる  将来親戚としてつき合っていけるかどうか心細くなる  肩身が狭くなる  殊に夜になる  だんだん息苦しくなる  一枚画を描いてみようとなる  遊女になる  行手が小暗くなる  辺から伊勢造りになる  魂をすっかり投げ出して、どうでもして下さいと言いたくなる  内の熱くなる  すほどなる  だんだん年寄になる  場面となる  それきり無効になる  身許を知るよすがともなる  文武天皇となる  天皇となる  たびに笑ましくなる  天皇から皇后になる  賛成したくなる  行つてハイボール一杯も飲めなくなる  訪れなんて有りがたくなくなる  のちまめは小さなる  静かにして小さなる  蜜蜂の大きなる  嫋やかなる  これによってなる  一人なりしなる  料理なりしなる  残少なになる  四辺はほの暗くなる  楽をさせずばなる  怪物となる  大笑いとなる  幾程免職になる  御免になる  思廻らせば廻らすほど、悔しくも又口惜しくなる  気に喰わなくなる  素ともなる  事には、親しくなる  御意に叶わぬとなる  欠口になる  の府となる  夫ともなる  君一人位どうでもなる  栄誉になる  侮辱になる  布告なんぞになる  耳が痛くなる  忍びもなる  喰たくなる  ょッと縁遠くでもなる  書物を買うにしても、そうで、買いたいとなる  燈冷かなる  憶出すと可笑しくなる  勢が悪たれた一段となる  勢も益々親しくなる  顔さえ見れば、可笑しくなる  安座していられなくなる  うちの人となる  頭にはどうしたらなる  面白い屋敷になる  満堂が明るくなる  喧嘩らしくなる  日一日に深くなる  相続人でなくなる  疑いは大いに弱くなる  二昼二夜になる  探偵が仕易くなる  標準にもなる  物事が益々暗く、暗くなる  誰しも眠くなる  商売にはなる  から、間近くなる  後は一層暗くなる  から夜に入って寒くなる  身構えを直したくなる  成るとお思いなさい、長くなる  叔父は日増しに快くなる  不公平になる  秘密写真ときくと、見るだけでも見たくなる  良心が鈍くなる  文化程度が高くなればなる  暗黒になる  話がすこし固くなる  話が理窟っぽくなる  殊に非道いのになる  あるかないかは、如何なる  東京風になる  益勝手気儘になる  価値はどうなる  物狂いになる  直接原因となる  保護者となる  大分通になる  どれがどうなる  程度が高くなる  奨励になる  格好になる  実験にはなる  評判が悪くなって、ちっとも売れなくなる  上にもやわらかくなる  ものであるが、やわらかになればなる  不足も述べたくなる  大都會となればなる  地帶となる  オアシスとなる  植ゑるに由るなる  穢れになる  間に沈んで見えなくなる  腕を組んで居酒屋へ行きたくなる  紙片が厚くなる  懐中時計になる  対策を講じなければなる  その道は悪くなる  日々に濃くなる  衾になる  後ろが振向きたくなる  竹箒を持って、こんな暗くなる  門から立つとなる  そめにも虚無観があってはなる  家と聞けば、なる  運がどうなる  一切を捨てて、こうなる  気がかりにもなる  華厳行になる  す事になる  行衛が知れなくなる  それから先が判らなくなる  見込みの悪くなる  理窟がそうなる  裏附けとなる  よみものとなる  こちや小田原相談熱くなる  藤川の、流れなる  明治も相当深くなる  昭和になる  高値になる  ヒル過ぎになる  半分以上吹き飛ばされて読めなくなる  文献ものとなる  曲二寸一分になる  うちにそんなに大きくなる  神経過敏になる  心が、いっそう強くなる  強盗となる  エタになる  ますます賤しくなる  距離は次第に遠くなる  筋肉労働者となる  感じを持たなくなる  ときまつたとなる  どっちが若いか判らなくなる  小説が少しも書けなくなる  お巡りになる  ことはなかなかできなくなる  みんなメチャメチャになる  勇気がわき起らなくなる  母親が恋しくなる  半ばごろになる  心あたりになる  処へお出掛けになる  往来止めになる  糞詰りになる  十二文字になる  両面が、まっくろになる  字のうまくなる  地下戦車長になる  国防力が、うんと強くなる  雪が固くなる  地下戦車となる  倉庫になる  恰好のものになる  これが、どうなる  真空になる  音が一段と高くなる  議論ではなる  不愉快を感じなくなる  自然に低くなる  農奴となる  強盗になる  遊女などになる  普通民となる  非人がなる  殊に事実談になる  ヨタになる  身分保証となる  二問になる  単衣となる  形ちとなる  画材となる  肖像となる  つて絵になる  土左衛門になる  一人足りなくなる  七個からなる  帝国に心からなる  一日七円にもなる  それから先どうなる  たちが悪くなる  一般になる  晩秋から初冬になる  二三十本になる  窓夜になる  幾年になる  気味をわるがって、大きくなる  しまうから、なんとかしてやらねばなる  大阪船衆に出てもらわなくてはなる  放逐したくなる  上を這う、忽ち又明るくなる  冷笑したくなる  自由に使っていいとなる  首をもたれて、泣きたくなる  鏡となる  動的となる  あれをきくと暑くなる  人々であってはなる  健全となる  二つの面よりなる  民藝が何故美しくなる  民藝はいかなる  のでは、死にたくもなる  ベツドにもなる  パトロンになる  豫になる  風采になる  笑となる  理会の深くなる  活字となる  耳ざわりとなる  今日より一層深くなる  顔色が黒くなる  Funeyhighkirserampannighrosokooとなる  会話篇となると、いよいよ怪しくなる  たかむることを望むなる  笑草になる  得意さを思い出すと、ひとりでにおかしくなる  から幾年になる  重大になる  女を愛せられなくなる  男ですが、いざとなる  口が苦くなる  七十八にもなる  から十四年にもなる  千駄木町になる  一大工業中心地になる  秋ぐらいになる  下りを待つとなる  笑ふなる  彼は、パタパタとなる  手触りになる  医師が流行らなくなる  から栄三郎またどうなる  傾斜の緩なる  印象鮮明に思ひ浮べさせるよすがとなる  米の足しになる  綿紡ぎになる  弁舌の快なる  云へるなる  ことを考えねばなる  二回よりも更に多くなる  春先に必ず降るとか、如何なる  極小になる  われわれに迫らなくなる  老中首座となる  気体になる  気体から直接固体になる  芯となる  細塵が、如何なる  成因ともなる  成因となる  霧となる  陰イオンになる  陽イオンになる  陽イオンが多くなる  漸次に低くなる  結晶となる  問題にならなくなる  科学的に取扱うとなる  結晶はなる  ように見えて来る、そうなる  針状になる  樹枝状になる  幅が広くなる  性質が多くなる  供給度が少くなる  もっと少くなる  六角板になる  角板になる  六花となる  六角形になる  正六角形になる  五類になる  立体樹枝型となる  過冷却水滴よりなる  厚板になる  塊状霰になる  六花霰になる  どんどん蒸発して小さくなる  球が小さくなる  落下速度も大きくなる  霰になる  大形になる  速度となる  結晶が大きくなる  落下速度が大きくなる  資料は少いが、長くなる  特殊になる  以下が小さくなる  樹枝角板中間型となる  組合せからなる  発達し、小さくなる  角錐になる  間、なる  供給が少くなる  丈けが低くなる  厚板になり、更に低くなる  模様入り角板となる  装飾になる  張つたやうになる  メードになる  東西を知らずなる  初期になる  必要条件となる  東洋種になる  文芸はどうなる  西洋的になる  東洋的になる  それはどつちになる  病み付きとなって、止められなくなる  落付いていられなくなる  眩惑されて重苦しくなる  あなたが来るとなる  人はなる  その後毎年冬になる  使用になる  一尺五寸位になる  きくとなる  エゴイストになる  姿がはっきりとなる  蒲田川となる  切通あたりになる  家並になる  鬼女になる  玉子酒となる  主張したのに、ほぐして入れると直ぐに実になる  一礼すると、もう居なくなる  人壮んなる  煙草入を意気込んで持直した、いざとなる  真剣となる  蘭となる  裏手になる  枕にごろんとなる  客に、そうはなる  口おしや、かくなる  万事ブチコワシになる  乳母になる  犬なぞお置きになる  子供ができるとなる  ちゃんと時間になる  赤児はすぐ悪くなる  八年にもなる  緑が深くなる  青みが深くなる  悒としい気分になる  からわるくなる  肩がかるくなる  時間大約十五分間ばかりなる  あなたにもお分かりになる  丁度三年目になる  処分になる  結果を聞いて、なる  亡父はなる  初日になる  挑発者となる  侶伴になる  噂が、かまびすしくなる  客足が薄くなる  薄赤くなる  物狂わしゅうなる  てんごうを云うてなる  だって、どうなる  生命がどうなる  時は何様なる  さだけ高くなる  何様にもなる  了休となる  世間が良くなる  眷属となる  存じ寄り通りになる  利になる  声の、蒼く黄色く肥ったる大きなる  如くに大きなる  坐りになる  三人がかりなら、なんとかなる  声が聞きたくなる  つの世誰にか語るべきと、思うにつけても、物狂おしゅうなる  顔色になる  てんごうをいうてなる  梶必死になる  今でも可笑しくなる  かば茶色になる  電灯が明るくなる  吾等のみなる  声後になる  隆起せるなる  七八年前になる  だって帰りがおそくなる  しかし、いまにまた、すずしくあまくなる  ひとつの人形になる  それがうるさくて、はらだたしくなる  まり有頂天になる  姿見えずなる  戦慄けるのみなる  四年兵になる  あとでなんとかなる  本名となる  俺ア葉ちゃんと夫婦になる  それが激しくなる  出番になる  何時かは、そうなる  痛みがつよくなる  道徳的になる  事実行われなくなる  思想が行われなくなる  a''b''c''などとなる  きり長くなる  目安となる  収獲なる  祭文節の元なる  誰かにしゃべったとしたらどうなる  あとでうるさくなる  足音がきこえなくなる  かっこうになる  誰も知らなかったとしたら、どうなる  主謀者みたいになる  がたが見えなくなる  結局ストライキになる  これではならんと思っても、そうなる  留任運動をおこしたくなる  ひとりでも多くなる  会議はどうなる  自分ではなる  存在をなる  それこそぶちこわしになる  一切自分がひきうけるから、と、なる  ことになっては、何もかもぶちこわしになる  しらのあつくなる  舌打ちしたくなる  用心棒になる  用心棒みたいになる  競合いになる  責任がかるくなる  幹部候補生になる  不安の種になる  責任は取らせなければなる  それもいけないとなる  主張はどうなる  精神はどうなる  血書は、こうなる  十二三年にもなる  興奮したくもなる  野獣になる  低能だと罵りたくなる  面をとられると、ぼうっとなる  何だか心もとなくなる  わけでもないが、なる  けちくさくなる  口は、いよいよ固くなる  土地をお去りになる  五年さきになる  十年さきになる  面目はまるつぶれになる  あれはなる  小父さんにもなる  みなさんとおちかづきになる  まねをしてみたくなる  高校がそうなる  指導層がそうなる  たまりの集団になる  めちゃくちゃになる  良心どおりに動けなくなる  混雑が大きくなる  気持よくはやれなくなる  方はなる  退学処分になる  退学になる  大げさになる  今年八つになる  鼠になる  素っ裸かになる  それ一枚きりになる  一晩位はどうにかなる  戀人になる  霜が下りて寒くなる  頃には黒く軟かくなる  ものでなくては許せないとなる  はし、なる  役者がえらくなる  脚本作家なんかは要らなくなる  シエクスピアになる  野立所になる  牛馬に飲ませるとなる  おいでなる  さいようになる  きもちになる  馬車がいよいよ見えなくなる  だんだんさむくなる  にんげんになる  赤裸々となる  のと同じく、当然と思っている、しかしながら偉なる  自分はもう堪らなくなる  人のいうなる  汽車はあれどもおそくなる  京にいなくなる  保平が十八になる  吊しになる  阿闍梨になる  爪先は白うなる  年紀今年二十になる  誕生日になる  零下十度位になる  ことが多く、つい遅くまでもひきずられがちとなる  十勝へ通わねばなる  民となる  針の山になる  出前持になる  門附になる  咽喉を聞きに来たとなる  お座敷が寂しくなる  女が恋しゅうなる  毛がはらりとなる  灯も暗くなる  電報お打ちになる  なにごともなる  たいになる  公園となる  遜色なきが如くなる  雪がふり出し、帰らうにも帰られなくなる  暮方ちかくなる  雪がふり出し、帰ろうにも帰られなくなる  時二歳になる  心はまださほど弱うはなる  相談したくなる  手違いとなる  方と云わなければなる  サクラになる  七カ年になればなる  ぐッしょりになる  階級的裏切となる  から半年にもなる  俺ら首になる  白粉ッ気が多くなる  一気が、一気になる  二気になる  昼休みになる  蹴出しになる  これを忘れてなる  傘をさすなる  八尺ばかりなる  うちに消え、間近くなる  水上が突然薄暗くなる  桜の木蔭にでも坐っていないだろうかと見廻わしたくなる  草木ばかりになる  四谷上水となる  神田上水となる  九時十時となる  だんだん暑くなる  通ふなる  しかはと思ふばかりなる  そのまま据置きとなりゐるなる  得意なればイヤごもつともなるほどなる  事とは思ひながら徒然なる  日一日と濃くなる  髪の毛、如何なる  レコックになる  もの三十になる  言ひ棄てになる  四十ちかくなる  論語を読んでどうなる  気休めにはなる  そいつを教えてなる  人間いよいよ食えなくなる  暮らしよくなる  妾狂人になる  甲乙をつけるとなる  会場となるとむずかしくなる  残り少くなる  三十階選士となる  急に解けやすくなる  二十会場以後となる  2となる  12となる  からこうなる  17となる  14となる  18となる  とおり0となる  9となる  二桁ものとなる  86となる  一桁となる  ファンとして離れられなくなる  11となる  四桁以上になる  四桁になる  124となる  頭も痛くなる  一会場からくりかえしてみられると、また新なる  ひねりになる  三十いくつになる  十六階選士にもなる  なめになる  問いになる  由で如何なる  許へ忍んだ、なる  友だちがほしくなる  皆そう考え、そうなる  いつものように憂鬱になる  ことにさんざん苦しくなる  正月十三日になる  會場となるとむつかしくなる  殘り少くなる  二十會場以後となる  加へてないからかうなる  ほり0となる  つて一桁となる  つて四桁になる  一會場からくりかへしてみられると、また新なる  影法師が怖くなる  雨が多くなる  聲は多くなる  中日と同じになる  懷しくいとしく思はなければなる  目的しか考えられなくなる  平気でやってのけねばなる  灯の暗くなる  明光はまのあたりなる  武者小路氏でなくなる  事件だと言わなくてはなる  苦心をしなくてはなる  訓練されて来たとなる  ことは、認めなくてはなる  ちょっとやりにくくなる  身の固くなる  化け物はどうなる  跡は、いったいどうなる  小道具になる  断片といはなければなる  旅人となる  今月はどうかなる  温気に息苦しくなる  一時過ぎになる  不幸にもなる  はじめて子持ちになる  ようにしてやらずばなる  夫婦二人きりで暮らさねばなる  前に浮び出し、居ても立ってもいられなくなる  事例となる  ものわかりよくなる  女房大蛇になる  草鞋をおぬぎになる  十五六年いや二十年もっとになる  酣になる  道筋はこうなる  妹ご、とお聞きになる  情を知る、となる  人間こうなる  唄をお聞きになる  女房過分な、こうなる  化物になる  艾も青々となる  畜生になる  お笑いにはなる  狐紺三郎はなる  潜行的になればなる  充分になる  ウーム、なる  差になる  上で、どうにかなる  貸元になる  会長になる  気温が高くなる  まり堪へ切れなくなる  哀さうで堪らなくなる  独断にならざるを得なくなる  社会主義者にならざるを得なくなる  女を抱かなくなる  水溜りを越したとなる  そさいかばかりなる  眞實のなる  ものなり、僅かなる  心狂ふばかりなる  六時半頃になる  園内ではほとんど聞こえなくなる  絶対安全になる  十二時過ぎになる  林のかげに見えなくなる  足を投げ出してじっとしてると、うとうとと眠くなる  性慾が強くなる  人間もそうなる  名取川になる  顔が美しくなる  事こそあれ、醜くなる  身心の潔くなる  齢五十ばかりなる  訴へなどをお聞きになる  溜息をお吐きになる  一閃、おわかりになる  合戦となる  笑つておわかれになる  眠りからお覚めになる  つけになる  ものかとお思ひになる  てゐながら、それでも、時たま、ふいと何とも知れず心細くなる  書きあらはしになる  将軍家がおなくなりになる  言はれて、なる  数層倍大規模のものになる  熱燗で一杯遣らずばなる  給仕となる  燈火が、明くなり暗くなる  魔に取られてなる  不便さもかばかりなる  道中荷が重くなる  銑吉となる  夏帽になる  白鷺になる  一覧になる  だんだんに悪くなる  差控えなければなる  学生がいなくなる  彼奴らもやっぱり淋しくなる  ちょっと可笑しくなる  物がきたなくなる  引き潮になる  まぢかになる  人声の聞えなくなる  仲間がいなくなる  証拠はなくなる  パンが食えなくなる  ところどうなる  十一時半ごろになる  船長がいなくなる  其処から動かれなくなる  戯曲となる  だんだんそこから動かれなくなる  だんだんに速くなる  もう少しこれが速くなる  ちやになる  何うにも凝つとしてゐられなくなる  むる時刻となる  サイレントになる  工面などはどうにでもなる  對のものになる  平等になる  夢を委ねなければならなくなる  動物愛護主義者になる  上等も欲しくなる  六七月頃になる  それで少しでもよくなる  一面から言うとどうなる  生と見ゆるなる  習となりたるなる  座客のなめなる  男客のみなる  あくを待てるなる  ら衒ふさまなる  四十ばかりなる  照つてどうやらすこしねむくなる  無念になる  非常に口惜しくなる  めちゃめちゃに砕いてしまいたくなる  水に浸って見えなくなる  毎日三つになる  木立になる  急に鳴かなくなる  非常に早くなる  ますが、いざとなる  五十一文字になる  無性に死んでしまいたくなる  話をお聞きになる  気運の促しになる  中入りになる  日本語となる  役目はよほど軽くなる  事になりますが、さてそうなる  字管になる  膨脹とを与えたとしたらどうなる  支倉君、当然そうなる  暗示にもなる  長者となる  しか解せられなくなる  古着でも売って貰わなければなる  百万長者となる  月となる  もの寂しくなる  戸になる  外気になる  故障にでもなる  終結になる  なかのおのずからなる  声ももうしなくなる  酒を、つい付合って重ねてしまったが、さて飲んだとなる  白菊が見えなくなる  数へられもせぬほどなる  体じゅう熱くなる  ひとが、買えなくなる  質は、わるくなる  へやがうす暗くなる  あすになる  背すじが冷たくなる  ょっくら、言ってきかせなくてはなる  ものにならなくなる  昼ちかくになる  姿をみられなくなる  さわやかになる  気分もよくなる  グリッフィン透明になる  透明人間になる  腹をたててみても、どうにもなる  階段からけり落とされて動けなくなる  夏にもなればどうなる  けが強味になる  もとにもなる  八時ごろになる  午後四時ごろとなる  親孝行になる  鯨もいなくなる  それ以上深くなる  錨鎖にひき止められて、流れなくなる  しろ、おびになる  大波となる  ものが、いざとなる  島につけば、うんといそがしくなる  松材はへこんで、こげくさくなる  ことを思って、たまらなくなる  魚がいなくなる  魚がとれなくなる  日ごとに少なくなる  水平線も黒くなる  地はだが見えなくなる  底板が、ひどくざらざらになって、すべらなくなる  速力が出なくなる  ように、走れなくなる  船が重くなる  だんだん大きく長くなる  もっと長くなる  わきになる  がいとうになる  愉快にもなり、また心細くもなる  よわい人があったら、どうなる  心さびしくなる  まき物になる  一人まえになる  者にとっては、まったく、なさけなくなる  進歩し、少しでもよくなる  三分の一にも、へらさなくてはなる  大もうけになる  人間がかげがうすくなる  灰皿などとなる  プロトンとになる  なりアルミニュームともなる  御世となる  結果は、種々なる  嵩ばかりで、実になる  だんだん碕形になる  北宋時代になる  西暦十二世紀になる  十四五世紀になる  東西をしらずなる  つて西暦十四世紀になる  氣運になる  今除けたばかりに責められて載せるとなる  持腐れになる  ことだらけになる  当人もどうかなる  過去に溯ったらどうなる  一歩専門的になる  働きになればなる  作りになる  芸妓とか何とかなる  大変割れて細かくなる  勘違になる  もっと評判が好くなる  裁判官になる  發賣禁止になる  いまに、きっと、お偉くなる  下半期になる  お母さまにおわかりになる  どれだけになる  みんな真白になる  山肌がみえなくなる  一番さきに白くなる  小俗物になる  作家が育って行かなければなる  商売にもなる  職業が悲しくなる  彼女の云いなりになる  膝かぶらが痛くなる  暫らく横になる  必伊太利亜語を以て為されなければなる  反古となる  四辺がしんとなる  しんかんとなる  三年半になる  塾生になる  お開きになる  半年後になる  物置きになる  言葉つきが次第にあらっぽくなる  着席となる  摩擦はなる  言葉だけでもかわしてみたくなる  信念もどうにもなる  たいせつになる  塾生を迎えるとなる  悲壮感はなくなる  二時近くになる  急に生き生きとなる  何とでもなる  ちょっとむきになる  友愛塾だか、わからなくなる  伴奏がもっとも激しくなる  毎日だと、おかよいになる  五六分、なる  とおり懇談会をおやりになる  ちょっとこわくなる  合意によってどうにでも使えるし、なる  風当たりが強くなる  起床はなる  んですが、実際は、やはり、なる  室長なんかになる  団長なんかやってると、あんなふうになる  心得にもなる  名前も出さなければならなくなる  四年近くになる  四五名も、そうなる  愉快になればなる  二の句がつげなくなる  ぼくは実際たまらなくなる  慰めにもなる  軽率だったと言わなければなる  正門を出て見えなくなる  二週間近くにもなる  手紙が書きたくなる  見当ちがいになる  こともあったが、いざとなる  手紙を書くと、くどくなる  電話なんか通じなくなる  名目にはなる  裁判がややこしくなる  すべては、どうなる  今日はなる  ふうに話してもらうと、なる  根こそぎになる  圧迫もいっそうひどくなる  塾はどうなる  小細工になる  ちゃんとお守りになる  比例して大きくなる  ふうで終わりになる  恭一さんにおたずねになる  やけくそになる  何くそ、負けてなる  一時ちょっと前になる  ここでは、なる  君にはなる  今から手をうてば、どうにかなる  原因にさえなる  方法でやらなくてはなる  底力にはなる  捉へなければなる  毎年五月になる  体温が上って温くなる  おつきあいしなければならなくなる  のが苦しくなる  分隊士、そうなる  自然猫のようにおとなしくなる  高度二万七千メートルになる  いやにすごくなる  鼓動の高くなる  目には見えなくなる  指は見えなくなる  決行するとなる  脱出のさまたげになる  一ばん気になる  脱出計画はうまくいかなくなる  塊となる  参考資料となる  ミミ族はおとなしくなる  物を見つめて細くなる  薄明るくなる  中の軟かなる  椀自ら流れて来たりしなる  名となる  湿地より出しなる  二十六七ぐらいなる  四五間ばかりなる  下り麓近くなる  まり夜になる  遁れ出でて大きなる  もの、大きくなる  これは無くてはなる  塀になる  正午となる  働きに過ぎなくなる  三歳以上になる  繰返しに過ぎなくなる  ことで、要するに殺せばそうなる  ギセイになる  意志となる  トラックだって、今にどうなる  ハイヤーが用心深くなる  なかった証拠になる  宇宙はなる  余り自慢になる  岐路となる  今後ますます重要になる  自ら宇宙塵となる  中止しなければならなくなる  発言が出来なくなる  絶対値が等しくなる  化物屋敷だねえ、そうなる  うごきがとれなくなる  文字どおり宙ぶらりんになる  生活が出来なくなる  科学に対し新なる  行動が鈍くなる  むだにはなる  一つだけなくなる  あいつぐらいになる  罪もいく分軽くなる  二時三時頃になる  事もあったが、そう言われればなる  不幸のおもなる  よけいに馬鹿らしくもなる  早合点がおかしくなる  婆になる  証跡になる  殊に梅は咲き揃うと面白くなくなる  関東大震災から二十年以上にもなる  殆ど判別が出来なくなる  生真面目にもなる  我ながら情なくなる  背後になる  禁煙するまでになる  同義になる  草木となる  すべてがうらうえになる  直ちに明らかになる  日除にもなる  土用時分になる  譲歩はしなければなる  あとがほんのりと明るくなる  生誕後幾年になる  ざっと一千三百余年になる  ちの特徴にはなる  子供心にもなる  考になる  日ごとに深くなる  欠席がちになる  はじめて問題になる  夢ともなる  羅列に過ぎなくなる  ライオンになる  破傷風になる  答へし憎くさげなる  前にしたる大きやかなる  中に大きやかなる  立像の如くなる  風情ともなる  見知り給ひしなる  者が必ずしたくなる  午頃になる  二三年になる  考へのてがかりになる  海もまつくろになる  齡になる  六百円あればどうにでもなる  微塵ほどになる  なにがじゃあないじゃないかね、といいたくなる  遊興は、うわになる  凡夫になる  何だか胸が熱くなる  揮毫となる  お腹が冷たくなる  足も固くなる  嫌疑が薄くなる  逮捕されたとなる  雪まだらなる  空が暗くなる  未來となる  却つてむしろ自滅的存在となる  顯はなる  實的自己となる  聯關となる  もの顯はなる  顯はとなる  ますます明かとなる  つて可能となる  客體となる  有意味となる  觀念的内容となる  供給者となる  表現となる  所のものとなる  歸結となる  つてはじめて可能となる  基本的規定となる  現在のみとなる  本質的特徴となる  現在となる  引伸ばしともなる  徹底的となる  事柄となる  際問題となる  ますます緊密になる  色どり豐かなる  永遠的神的となる  慰め豐かなる  場合象徴となる  神の言葉となる  汝となる  實現となる  事實となる  將來はいかになる  他ではなくなる  反抗となる  悔いとなる  都市名となる  代用となる  力学は役に立たなくなる  無能となる  危きが如くなる  色なきはなにゆえなる  ウィスキーになる  任務をまかせて置けなくなる  証者たるなる  つて理想となる  嚮導者となる  其慷慨凛凄なる  注意するなる  偏固なる  余裕はなくなる  留守となる  あまり、いざとなる  行つたつて相手になんてなる  傍にゐなくなる  舞台がもてなくなる  筒抜けになる  扱いものになる  キュークツになる  私はまったくこうなる  我が家同然、こうなる  ジロリ、つれなくなる  ところで、こうなる  直ちに生活ができなくなる  生涯破滅、浮ばれなくなる  要領になる  結末となる  慰安にもなる  女を口説きたくなる  下僕となる  梨になる  気持には、どうしても、なる  鎖となる  じゃりじゃりになる  次第にもなる  割合が多くなる  あまり大きくなればもう感じられなくなる  水蒸気を持ち切れなくなる  説明してくれて、始めてなる  敬語になる  名称となる  名称ともなる  ますます細民部落となる  これを近づけなくなる  鑑定を行って見たくなる  増加するを見て、踊りたくなる  二千八百万となる  増加となる  ますます低くなる  ますます安くなる  居家法の最も拙なる  耳障なる  其情如何に濃なる  如何ばかりなる  未来は更に一層より善くなる  生物の住みかとなる  生命の住みかとなる  没落期となる  目的物となる  出没並びに最も高くなる  キロメートルになる  わずかに一日となる  星がこうなる  雷電風雨となる  黒点が消えると明るくなる  遊星となる  衝突でもすればそうなる  銀河その他になる  偶然にこうなる  必然そうなる  将来太陽となる  一団塊となる  衛星群となる  遊星になる  人には小さくなる  際背景となる  5となる  溝は広くなる  余り利かなくなる  中心物体となる  難点となる  星団になる  結果から見ればもはや当てはまらなくなる  一〇度高くなる  四二一キロメートルとなる  三五〇キロメートルとなる  減少がほとんど分らなくなる  七〇キロメートルとなる  値よりもむしろ低くなる  〇・二〇気圧となる  六倍以上になる  光輝が弱くなる  二五〇万度になる  一〇〇倍となる  一〇倍になる  一三億七五〇〇万度となる  白光星となる  星雲状態となる  質塊となる  平均温度がそうであったとしたら、かくなる  これらの住みかとなる  始末は一体どうなる  零度になる  三〇〇〇度となる  三〇倍になる  不思議とは思われなくなる  小さな数値となる  零に等しくなる  緩徐になる  はん、なる  あたい以上になる  四千分の一ぐらいとなる  ちりはなくなる  油だらけになる  九ぐらいになる  首すじがぞっと寒くなる  エンジンが動かなくなる  吹き出しそうになる  もっとやんちゃになる  一ツ目橋となる  常照寺になる  鶯谷となる  浪人ぐらしも久しくなる  所へ届けずばなる  態となる  ことといわなければなる  一度落ち目になる  俺といえどもこうなる  心持ちも笑いたくなる  愉快そうに笑いたくなる  代官町となる  舟蔵となる  華やかさといわなければなる  両国橋となる  吉川町となり柳橋となる  屋敷となる  真摯至極なる  建築家になる  拵えものになる  じき問題になる  贔負になる  personalでなくなる  capitalistになる  蒼白となる  原子になる  こと酒となる  ジープが見えなくなる  勢い所謂密集部落ともなる  身分が高くなる  物に付いておっては、いつの間にか汚なくなる  工夫しますが、いつの間にかやはり汚なくなる  ますます不潔になる  穢多になる  奴婢になる  家人になる  良民になる  人民が数多くなる  生活が保ち切れないとなる  座ともなる  永久的のものになる  掃除人足にもなる  誅伐になる  人種になる  大名にもなる  距離が多くなる  者までが近づきにくくなる  賤となる  一つの憧れになる  叫び度くなる  養ふて来なければなる  つてしまひ、悲しくなる  会話などになる  考え方になる  新居となる  凸凹がちになる  消費になる  量になる  肌を寒うせずにいられなくなる  のだと言いたくなる  紫いろになる  思いを与えなければなる  六項目になる  面白い諷刺物になる  せんぎをすると長くなる  云へばなる  から大分になる  苦悶が募って来て堪えられなくなる  ように思われて、しみじみそら恐しくさえなる  八つ当りしたくなる  親密さにはそう言いたくなる  誰でも平常でなくなる  そこらにはなる  三万にはなる  ドドとなる  夜営地になる  もびくっとなる  野性が強くなる  日暮れちかくになる  判別がつかなくなる  噎っとなる  不寝番になる  好色をそそるだけになる  門前のごとくなる  気付け薬になる  大根が食いたくなる  何かしらそうなる  それにはやはりそうなる  飼料となる  もっともこうなる  いっさい不用になる  直訳して考えてみるとなる  新版になる  上が赤くなる  夕方になると悲しくなる  貴方と遊べなくなる  それから夕方近くになる  アア、おそくなる  銀色になる  一書に専らなる  旅中侶伴となる  豪となる  反復的となる  巣はどうなる  二十斤となる  放蕩家となる  今日の勉強家となる  狂気となる  狂気となり自殺となる  尸行肉となる  愛が深くなればなる  作家としてむずかしくなる  色も、遠くなる  ものとして現われなければなる  感受しなければなる  奥がつうんと痛くなる  生物がいるとなる  孔雀王経ではないかとなる  瀞になる  泡アふっくらって可笑しくなる  氷質が軟かくなる  方法は分らぬが、そうなる  本が来なくなる  大学時代になる  全盛になる  一人お払い箱になる  奴だと、一度打ち込めば飲ませたくなる  肢だけでなくなる  ルーレットをおやりになる  切り株となる  三本勝負となる  カムポスと、喰らわしたくなる  間何も見えなくなる  呟やきながら嘆いてばかりいなきゃなる  領地となる  慄っとなる  一風雲必ずやなくてはなる  大サーカスになる  ミュンツァとなる  骨子となる  拠点となる  場合、そうなる  から何にもなる  岸に招かれたくなる  囁きとなる  旗じるしとなる  踏切台となる  主唱になる  ひじょうな痛手になる  参加になる  墓になる  貴方がゆけば、どうなる  本物になる  感傷が先走って、悲しくなる  黒焦げになる  黒焼になる  限度となる  界となる  烈風となる  物にはなる  演説になる  其起因となる  樣矢張不可思議的神秘的超自然的超越的のものになる  化となる  此意味になる  六となる  謬見になる  進化的哲學になる  哲學者になる  爭となる  根本的活力になる  根本活力となる  誘因となる  意思になる  意思となる  箇樣になる  欲動となる  有機體以上のものになる  哲理となる  丈夫にはなる  養生にはなる  妻になろうがなる  模範市となる  五十一歳になる  因数分解すると、さあどうなる  カナヅカイになる  イビツになる  づつ良くなる  読み易くなる  節約にはなる  簡単になる、良くなる  節約となる  ざるを得なくなる  妥当性を与えなければならないとなる  論究して行かねばならなくなる  誕生報告となる  区別しなくてはならなくなる  感覚についての新なる  ことと等しくなる  佳人となる  蔑視したるなる  壮偉なる  なかが軽くなる  馬車を走らせるとなる  一たん目ざめたとなる  片っ端からおたずねになる  心配なのは、そうなる  話がのぼらなくなる  工業都市になる  ソネートカになる  カテリーナ・リヴォーヴナは薄暗くなる  一生けんめい縋りつかなければなる  講釈となる  叫び声を立てたくなる  ーっと叫びたくなる  まり魅力を感じなくなる  朝にも飲みたくなる  ほろ痛くなる  自ら犠牲となる  自ら謀叛人となる  墓となる  んなら、なる  四年前一緒になる  あなたがお惚れになる  東京でどうかなる  不便はなくなる  毎日註文するとなる  十日以上にもなる  ことを考えると嫌になる  創作家になる  山野となる  競争的になる  むる頃になる  同人になる  今度創刊になる  一刻も早く読みたくなる  俺は情なくなる  三カ月以上になる  二カ年半になる  だってわらわれなくなる  前おきが余りに長くなる  推量になる  昆虫がいなくなる  うなぎになる  今ぐらいになる  行儀が悪くなる  匕首にもなる  お金たりなくなる  交渉を御認めになる  哲学者となる  農繁期になる  農事が忙しくなる  それが償いとなる  あなたは、どうなる  隔壁となる  ことも考えておかねばなる  迂路になる  気をおちつけになる  半ば頃になる  根雪となる  鎌戦さになる  遇ひさうになる  作物も出来なくなる  屹度好きになる  わけにも行かなくなる  神聖を汚したとなる  晩飯を出すとなる  つてみい、どうなる  模範にでもなる  選訳になる  六七年前になる  八十一章からなる  監修になる  演習教程になる  農村工業となる  から訳を直して見たらばキッと良くなる  立脚しなくてはなる  一資料となる  フィッシャー氏の如きになる  もっと陰険なのになる  わが国になる  英雄ではあり得なくなる  文学ジャンルとなる  テーマとなる  不充分だと云わねばなる  折柄相当参考になる  のだとなる  共同研究になる  ことになれば、どうなる  七篇からなる  準備となる  具象的になる  表となる  高賃金となる  コストになる  コストは安くなる  大体明らかになる  工業都市となる  農村らしくなる  太刀打ち出来なくなる  コストとなる  道徳ともなる  改革しなければならなくなる  資本対科学と考えたくなる  体系的理論となる  ベーコンになる  やり直しを試みなければならなくなる  三部からなる  総決算になる  混えて見たくなる  ものと見ねばなる  抒したりしたくなる  文学などとなる  個展となる  ことに、儚なくなる  セットになる  新刊書を買いたくなる  新刊書だというだけで、買って見たくなる  型式となる  論文となる  見せかけに過ぎなくなる  ように行かなくなる  翻訳検察官になる  簡単には決まらなくなる  此などになる  寿詞になる  いつか雪になる  調子を破って高くなる  今年四十になる  至言といはねばなる  小児となる  模様を書き落してはなる  痛みは愈甚だしくなる  語気が烈しくなる  做すよすがになる  行末が、どうなる  若い人が恋しゅうなる  納戸の遣繰が付かなくなる  順押しに行くと随分長くなる  アパアトになる  ブベツ弾になる  声が遠くなり、聞えなくなる  本部になる  夜明けの明るくなる  ほうしなどがそろそろ鳴き出してくる、まだ熱くなる  今六十五になる  ニュース映画になる  一ぺん洪水になる  五代目尾上菊五郎となる  座主となる  評判となる  捕虜となる  口演になる  勝訴となる  狂言作者となる  八代目市川高麗蔵となる  十五代目市村羽左衛門となる  波を切り、だんだんと早くなる  天候の悪くなる  穏やかになる  平野になる  ように黒く横たわって動かなくなる  初夜になる  争いはなくなる  三百円黒字になる  ハダカになる  御一新になる  推理はそうなる  精神になる  舟は重くなる  膃肭臍になる  獸になる  せいになる  信仰でなくなる  おばあさんは、なる  景色が見えなくなる  金次ぐらいになる  オゴリになる  女はそうなる  私たちの居なくなる  律儀者だけに、イザとなる  一日ちがいでこうなる  要所になる  二の舞を演じなければならなくなる  無一物になる  人たちになる  敬服、ああ偉なる  被り物にもなる  ネンゴロとなる  ここへお這入りになる  緊張せざるを得なくなる  ことし七十八になる  ことを知らなくなる  餌にでもなる  自分の大きくなる  歌ひ出さないではゐられなくなる  音ひとしきり繁くなる  私はいまだに心からなる  当り年になる  引明になる  交際法となる  家よりなる  親愛をもってなる  今年二十七になる  我身もそうなる  考えにもなる  思い、あらためて、たのもしくも、いとしくもなる  買物がいそがしくなる  方もいそがしくなる  外部からのぞいただけでは、とてもどうなる  一行四人だけになる  逗留して、徒然なる  深海作業になる  作業するとなる  カモになる  底につくと、明るくなる  四万円にはなる  心がすすまなくなる  外へ出てこられなくなる  幽霊がまっすぐに立っているとなる  手が痛くなる  八木君がそうなる  七十余りになる  勉強をして大きくなる  指が痛くなる  げになる  雲助にでもなる  ことでも語り聞かせるとなる  おれも一肌脱がずばなる  昔の恋しくなる  戦争にはなる  四か月にもなる  中三宿となる  関所にかかるとなる  谷間からだんだん空の明るくなる  異人はどうにでもなる  手慰みにもなる  一生のつまずきになる  大功と言わねばなる  足掛け三年になる  帰りにおそくなる  生活は苦しくなる  銭で差し出すとなる  白紙に改めよとなる  今にどうかなる  何か言って見たくなる  宿場も暗くなる  家を背負って立とうとなる  おれはふき出したくなる  足掛け五年にもなる  八代にもなる  五穀をお断ちになる  横にでもなる  筆記になる  国ははたしてどうなる  近ごろ西の極なる  元よりさかしらなる  方へ帰らにゃなる  まらうどとなる  貧窮之本になる  神の住みかなる  餅になる  成女となる  悪霊が居なくなる  浪の立つなる  年九つばかりなる  病をすればよめるなる  言へるなる  さらかなる  しりへなる  宅地となる  急変になる  ために、もがかねばならなくなる  迫ッつけ戦場になる  それが古くなる  神殿となる  インネンもつけにくくなる  トクになる  庭石になる  翌日未明になる  俯伏せとなり動かなくなる  ことも、強くなる  星明かりが思ったよりも明るくなる  クーロアールはなる  ガイドも、こうなる  おれがいなくなる  杜子春はどうなる  おれがゐなくなる  説明が付かなくなる  鳥追ムグラ打、なる  数室からなる  ころ三十ばかりになる  先入主となる  行く末はどうなる  所領となる  人間、なる  カカリアイになる  ッそ芸者になる  五人も生れているといえば、今さら名乗りでて、どうなる  自分は、どうなる  自分はいッたい、どうなる  自分だけは、いったい、どうなる  イコジになる  相続者になる  見込みがないが、そうなる  はイクラカになる  搾取的となる  安全が脅かされるとなる  粗暴にさへなる  市民に微笑みかけたくなる  異母兄弟となる  文無しになる  立上りになる  芳賀になる  色白くなる  あん通りになる  容姿がよくなる  晴々と、あかるくなる  人間ではないとなる  職人がそうなる  ハナオにもなる  ヒモにもなる  仲がわるくなる  ようにヒソヒソと歩いて送らなければならなくなる  うつようになる  一そうワケが分らなくなる  名乗りになる  秘密は無論お洩らしになる  さらしものになる  番号があわなくなる  機構となる  小宇宙となる  ミクロコスモスとなる  サービス機関とさえなる  文化国家となる  法となる  組織となる  合理的協同体となる  火ともなる  大樹となる  喜びとなる  移転するとなる  安息所となる  雷のなる  不安となる  ワケになる  大雷雨になって益々ひどくなる  不在になる  古井戸などは埋めたくなる  カミナリが更に荒々しくなる  マックラになる  君が殺したとなる  何ヶ月かになる  そのまま水田になる  塚が次第に大きくなる  極道者になる  盡しになる  申上げないとなる  忠告、種々なる  河が荒れなくなる  コケの宜くなる  水害も少なくなる  八百四十三萬六千圓となる  支出になる  人民を移すとどうなる  から道具を早く賣らなければ安くなる  云ふ、種々なる  麥になる  費用になる  麥が取りたくなる  大概低くなる  直が安くなる  割付になる  人民であるから自由自在になる  他日国宝になる  ギョッとして、これから、どうなる  小屋をつくって、忙しくなる  大切なものとなる  私の堪らなくなる  葉が赤くなる  風に大きくなればなる  家全体が焼いてしまいたくなる  筆記帳を捨ててしまいたくなる  足かけ四年になる  ミイリになる  オヒラキになる  此地生れなる  美なればなる  今春以来かく大きなる  五十を超えたるなる  むかしかたぎの残れるなる  幅三尺ばかりなる  銭はなくなる  往時ながらの阿蒙なる  示衆となる  観客になる  心情を尤もなる  二百万円になる  妾が居なくなる  喧嘩越になる  勝利にもなる  結縁にもなる  落葉樹林になる  巌壁からなる  抒情詩になる  風通しが好くなる  克子を思いだして時々フッと会いたくなる  まり力のこもらない呟きになる  大伴家はどうなる  お前が見えなくなる  談笑について行けなくなる  家主になる  大伴夫人はさらに益々美しくなる  愛好者になる  笑味を、なる  ぢたばたしなくなる  傘を持つて行かなくなる  世の中がつまらなくなる  てるとお思ひになる  奥さまに対して思ひやりがおありになる  のきかなくなる  痛みはなくなる  朝っぱらからぶらぶらしていてどうなる  来年はだれにも負けなくなる  刈り上げになる  なにがいなくなる  仲間んなる  婿養子になる  男女となる  燦かなる  誰なるや、微なる  定によりてなる  禍ひなる  いつにいたるも我とはなる  望みを絶たれしのみなる  歎息を洩すのみなる  膝にて立てるなる  心をむけたるが故なる  掠奪となる  獨りなる  彼思へるなる  累となる  木となる  空しかりしなる  こといかばかりなる  者を見たりしなる  これを許せるなる  爲め翼腰をはなる  意をえたりしなる  都奴婢となる  力盡くるにいたれるなる  壽衣となる  下れるなる  頑ななる  ものぞあるなる  ものいはずしてゆけるなる  處のごとくなる  名をいはれしを怨めるなる  加はらばいかなる  死なりしなる  曲際腰の太やかなる  殘して走り上れるなる  粲かなる  加へおしなべてかくいへるなる  殉教者を指せるなる  女にあらず、かくたへなる  法官となる  光輝となる  一般をおしはかりてかくいへるなる  ベアトリーチェを指せるなる  首領となる  自ら味ひ知るなる  風情ありしなる  雪とを混ずるにいたれるなる  導者なれどもかくいへるなる  處となる  ジェーリオネを呼べるなる  蜘蛛となる  ポデスタとなる  法王となる  七時となる  腕となる  後足となる  ざるをいへるなる  型の如くなる  池となる  トスカーナ州にしれわたれるなる  音を指せるなる  意をあらはせるなる  釀すにいたりたればなる  刑罰に思ひいたれるなる  本となる  空虚あるにいたれるなる  ア死んだとなる  盛宴となる  行列となる  汽車賃があぶなくなる  私がよほど大きくなる  友釣りを好まなかったけれど、大きくなる  七月中旬から八月はじめになる  張令のお着きになる  せいではないかと疑いたくなる  後を託して居なくなる  期待に添わねばなる  備え場も置かねばなる  一ぱいごちそうになる  向こう付けになる  実行となる  城まで明け渡せとなる  就職運動が激しくなる  神殿に隠れて、うす暗くなる  用意しながら、いざとなる  四ばかりになる  道に似て、非なる  意匠よりなる  自今僧尼となる  肩をすくめたくなる  俘虜となる  英語でなければ通じなくなる  如くにぞなる  卯女子が忙しくなる  承知してくれないとなる  一面には親しくなる  損が次第に大きくなる  問題が起るとかうなる  それも出来ないとなる  伏見一円火中となる  むしろ邪魔になる  茶屋酒は激しくなる  地点になる  十二本になる  口数が少くなる  四十にもなる  瀧となる  自暴自棄になる  僕は、行く行くはそうなる  のどまで詰め込みたくなる  心得がちになる  から貧乏にもなる  労働階級がどうなる  鎖が軽くでもなる  問題が由々しく大きくなる  中の最なる  おやじはおそくなる  沖がかりになる  それも何とかなる  だれもいなくなる  傷が悪くなる  だれも見えなくなる  四となる  口火にはなる  頭の熱くなる  人なつっこくなる  方もどうなる  蛆が大きくなる  指でこすると、黒くなる  願望となる  船のりになる  下船させられたなんてことになる  前よりもきたなくなる  一部にはなる  それは、隠されるとなお見たくなる  社会建築はどうなる  大分寄り道になる  そのまま正月になる  ヨーグルト見たいになる  形ではそうなる  同時でなければなる  人間があまり多くなる  ことを、えらくなる  出帆時刻は、どんどんとおそくなる  大変おそくなる  重しになる  下にどうなる  ボーイ長はどうなる  がきを試みねばなる  銀耳となる  なかばすぎになる  何がどうよくなる  みな同じになる  めしが済むと、すぐ眠くなる  弾き手になる  それから六七年になる  十六七になる  あしたはきっと何とかなる  鉛色にでもなる  お前自身が分らなくなる  輪が大きくなる  んだろうと可笑しくもなる  強くなれば強くなる  ボスは少なくなる  逆に言ったら、どうなる  倍額となる  勘定が合わなくなる  仕事がやれなくなる  脚のふとくなる  ふくら脛の痒くなる  生死がわからなくなる  お金モウケになる  ため功徳となる  相違ないと思うけれども、さて実際に死んだとなる  声が優しくなる  から十年にもなる  匂いが強くなる  オルゴールがなる  オトメに盗まれたとなる  コレクションはどうなる  臭気がひどくなる  時報になる  お知らせになる  小僧なんかになる  何かしら気になる  急にあかるくなる  塩けになる  場末になる  足音の聞こえなくなる  癖のない、すらりとした、すなおなる  機嫌が可くなる  自暴にはなる  一冊にはなる  俺たちが本当に当たっていたら、いったいどうなる  のだとしたら、どうなる  長めにしなければなる  停車場じゅうを駈け廻らなければなる  厭でも出て行きたくなる  ミソになる  吉岡はハッとなる  ヨミになる  主食になる  言つて主食の足しになる  僕も全くうなりたくなるねえ、死にたくなる  ここには寄りつかなくなる  お金にはなる  日下開山となる  花嵐オソメとなる  一様に口惜しくなる  問題となり、こうなる  まとめに渡すとなる  大変な見落しになる  物の役に立たなくなる  二種となる  数種となる  身心二元説となる  三条となる  分類によるべきは当然なる  ところのごとくなる  主因となる  病根となる  左にそのおもなる  駒ぞはなる  払いとなる  音、死に通ずるがためなる  連想のあしきによるなる  ことも知りたるなる  避くるがためなる  頭となる  重ぬれば炎となる  死体となる  世間を益する、また必ず大なる  乙に向かうは当然なる  研究しなければなる  自然気分が悪くなる  曇天にて暗くなる  仕合わせよくなる  分類して見るとどうなる  五となる  ゴシツク時代になる  バラバラになる  ヒジから手クビまでとなる  特に特徴となる  稼ぎ場も日増しに少くなる  秘書になる  寄人にすぎなくなる  何歳なるや御分かりになりますか、御分かりになる  識覚作用となる  不覚作用となる  不覚となる  卜するがごときは、その良なる  霊はなくなる  研究材料にもなる  とき夢みざるは、なにゆえなる  薄弱となる  これほど大きなる  吾人もし硬き疎なる  誤り知るなる  かくのごとくなる  ときは、大きくなりて聞こゆるなる  商賣はできなくなる  方角もわからなくなる  超弩級大天狗になる  用言となる  接頭語となる  なかるとなり、なかすとなる  連用言はいさちなる  すとなる  終止法からしをうけておそろしとなる  形容詞となる  名詞ともなる  語根となる  名詞法から動詞となる  よそるとなる  からるに接してまさるとなる  比較をするとなる  気紛れに暗くなる  足許もふらふらとなる  方へ見えなくなる  扶となる  大勢になる  寛容になる  好きなら考へなければなる  時勢の非なる  ノメリそうになる  一と縮みになる  序になる  あくる日になる  謡になる  消え消えとなる  根本精神である事が、大きくなる  後退りしとうなる  雷除けになる  二三月前になる  電気や、時々出なくなる  あちらこちらと躍りながら飛びまわりたくなる  三人だけなる  麥畑となる  杉林となる  呼吸が少し疾くなる  泣寝入となる  火力が強くなればなる  入場料の高くなる  ままじゃあ、どうなる  わたしも実はこうなる  午後三時になる  それを聞かされて、なる  容易になればなる  番頭となる  概括したら、どうなる  説明したくなる  不動様が安っぽくなる  泣過ぎねばならぬ様になる  上なぶり殺になる  位なれば、いくら出したくても出せなくなる  無法になる  只交際が卑しくなる  点を見なおさなくてはなる  作家として認められなくてはなる  重要だと言わなくてはなる  熊野権現になる  権現となる  絶頂となる  習性になる  ますますばかになる  口が出せなくなる  何事についてもよわ見なる  四つ這ひになる  返答に困るなる  平和になったとなる  苦労してみたくなる  白兵戦になると、随分ひどい撲り合いになる  胸の酸くなる  から必然先生にでもなる  僕なにになる  お寺のものになる  和尚さんの子になる  秋も深くなる  私はからだが冷たくなる  げを抜いては探り、探ってはまた抜いてばかりいましたので、こうなる  すべてが好くなる  私はただもう泣き出したくなる  だんだん詩なんぞは書かなくなる  音がするだけになる  たいようになる  のか分からなくなる  鉛筆は、よくまあこんなに短かくなる  ぎわになる  姿をかくし、見えなくなる  あるかないかを当たって見るので、ないとなる  ものもいえなくなる  かんかんになる  ねたになる  んですから、こうなる  残り香とやらもなる  後見者になる  停留場が遠くなる  目に御遇いになる  占も出来なくなる  仕事にとりかかるとなる  婆に見つかったとなる  画餅になる  難関さえ切り抜けられりゃ、どうにでもなる  神を下すとなる  自分が情なくなる  一本葉巻を吸わなくてはなる  から、どのくらいになる  火で、はすっぱに吸いはじめたが、いきなり仰のけになる  服装になる  リーベだって、ふっと憎みたくなる  難になる  体が稼げなくなる  留置場にいれば人恋しくなる  眼元がぱっちりとして、薄汚れているが思わず見とれたくなる  終戦となる  資格になる  家族が撮りたくなる  手が見えなくなる  ひとにやらせてなる  さが安くなる  銀ちゃんが忘れられなくなる  言い過ぎになる  われながら噴き出したくなる  なかへ吸込まれていって、ひっそりとなる  早間になる  出席時間になる  ことを認めなければなる  後ますます若くなる  呂昇となる  首が廻らなくなる  からあたい一番になる  江戸時代となる  陽気はそろそろ暑くなる  もみ声となる  七日にもなる  なすびがなる  女の子だって熱くなる  そいつをのがしてなる  ますます気味がわるくなる  捕物となる  英国風の大きなる  上に更に大きなる  手代に見まがふ故なる  新聞売子なぞなる  浜口氏になる  こと遠くなればなる  一方となる  それから宋となる  ぺいとはできが違いますので、こうなる  薬にでもなる  三日お頼みしなくちゃなる  所たるは無論なる  たるほどなる  党人の自観なる  責任を感ずるが故なる  理想は斯くの如くなる  共力となる  総理となる  絶つの意なきや無論なる  こと蛇蝎の如くなる  計画の迂なる  囘避滑脱に巧みなる  冀望にも非ざりしは無論なる  遺憾ありしは無論なる  不信任案となる  空文字となる  手合でもイザとなる  地位に居ても、如何なる  此先どうなる  道は次第にひどくなる  方式、どうにでもなる  キリスト教徒になる  坊主としては、なる  本を出して見たくなる  がらとなる  おじゃまさせていただきましてござりまするが、さていざとなる  中心ともなる  腰帯一つになる  雅量がなくてなんとなる  ことも、あかるみに出さねばならなくなる  深憂大患となる  語学部になる  それから下巻になる  不可、となる  人生はどうなる  だんだんむつかしくなる  一体職業となる  僕は時々恐ろしくなる  罪人となる  何十年になる  一人ぽつちになる  其行方さへ知れなくなる  結果、如何なる  帰りが少し遅くなる  あちら向きになる  口数が多くなる  収入にもなる  一升以上になる  煙草が吸いたくなる  これを食べると、なかなか眠られなくなる  底知れず深くなる  面持ちになる  ために分らなくなる  ますます乱雑になる  げをまさぐっていなければなる  時機はよし、もうこうなる  めえがちっとこれから忙しくなる  そうもなる  模範ともなる  今年六歳になる  ことし六歳になる  かわいいせがれとも、死に別れいたさねばなる  思考が出来なくなる  一つずつ食べてみたくなる  種類をつまんでみたくなる  一通り具えてみたくなる  口も重くのろくなる  棒は益々太く重くなる  平衡になる  みな扉に吸いこまれていってひっそりとなる  からだがピンとなる  夕ぐれてほの痒くなる  いふものになる  鳥右ヱ門がなる  堂守になどなる  心のなぐさめになる  廓へおはいりになる  伝六のうるさくなる  敵娼となる  から、もうこうなる  急所をついたが、こうなる  なじみとなる  責任が軽くなる  カタログになる  法律でも出さなければなる  絵ばかり描いていて、そうなる  味もわからなくなる  十二時五十九分になる  黄葉も多くなる  先の赤くなる  味はあくどくなる  安心して食べていられなくなる  一年半になる  今年七十になる  冷酷になる  我身が高くでもなる  解剖者となる  から罪となる  はじめて平民になる  管轄外となる  別家させなければなる  總理となる  畫の迂なる  孤兒となる  其處になる  十年後にはどうなる  研究所にはなる  一従業員となる  平等となる  攘夷の非なる  迷児となる  微弱となる  進化論となる  倫理教となる  三百十一個となる  小判一枚となる  百五十ドル余りになる  日とはなる  催しになる  名人はいかなる  さきざき大物になる  独擅場となる  あらしとなる  風に戦われたか、如何なる  作家に対して如何なる  文学的努力になる  日露戦争になる  前方も成長くなる  一人といわなければなる  乱髪になる  特筆しなければなる  三軒知らねえでどうなる  火ばちが、いかにもうれしくなる  お出ましになったとなる  名声のお高くなる  囲い者になる  ねずみにまでもこきおろしていながら、いざとなる  伝六はにわかに強くなる  ことのみなる  実用のものとなる  供すべきのみなる  詳論を要するなる  時は、種々なる  主義、如何なる  批評眼、如何なる  からざる事実となる  言ひしは当然なる  堅硬なる  答式を見るが如くなる  田口の如くなる  の最もなる  国立公園になる  山が見えたとなる  にわかに強くなる  ぇッ、ていいたくなる  娘っ子となる  気つけ薬になる  虫干しになる  踏切になる  開戰になる  嚥みになる  一文にもなる  札も守り切れず、イザとなる  朦々となる  皆言つて了ひたくなる  五分長くなる  腹立しくなる  矢張り三日頃になる  人ツ子一人來ないとなる  ゴロリ横になる  畫をお描きになる  貴方の御出懸けになる  我知らず顏が紅くなる  つて堪らなくなる  赤痢になる  吉野が憎くなる  二十日過になる  午前九時頃になる  頃、如何なる  故郷へ帰らずばなる  顔を見ずばなる  上りたくなる  介抱しとうなる  葉を出しまたは硬くなる  戲の如くなる  色に染まれるなる  思慮なくその何故なる  たもとにありしなる  さきに坐せざるをえざるなる  今もありしなる  ものぞしるなる  ふさまなる  傳はれるなる  路よりなる  汝等を見るを悦ぶなる  相似たりしなる  憶ひ起すなる  神に通ずるごとくなる  生れ出たるなる  ら見られずして行くの非なる  幸なきによりてなる  彼等をはなる  垂線をはなる  悦樂となる  づ小やかなる  晝となる  女主となる  牧者となる  證左となる  我に短しと見ゆるなる  基督教徒となる  山の上に聞けるなる  身の上をあかせしなる  我然するをえざるなる  路をはなる  證となる  味へるなる  豐かなる  者ぞ知るなる  女がその定まらずみだりなる  一走なる  日を待てるなる  橙黄色となる  頃をいへるなる  ことをえたりしなる  頃委しく知りえたるなる  マルチェルルスを指せるなる  大敵となる  榮華をあらはせるなる  敍せるなる  愛燃ゆるばかりなる  午前九時過なる  こと天使のごとくなる  希へるなる  門外に止まれるなる  腐心するの非なる  女婿となる  善人なければなる  黄金となる  絲となる  價値もなかりしなる  キリスト教徒となる  者なるを知れるなる  情液となる  救ひをあらはせるなる  気がふれてなる  説明は一層つかなくなる  あれはすぐ消えて見えなくなる  日毎に高くなる  四次元世界となる  生物は大きくなる  今年七ツになる  小僧が見えなくなる  品川となる  短気一徹、こうなる  お手本ともなる  あっしまでが悲しくなる  一苦労してみたくなる  しばいとなる  連が、見たとてどうにもなる  しりからげになる  右門党のうれしくなる  物的証拠となる  あっしも涼しくなる  へびでも白うなる  妖怪となる  狐狸談となる  毎夜深更になる  不可見なる  讐敵となる  死ぬればさほどまでに鈍くなる  不正当なる  記憶の強くなる  一参考となる  信仰が薄くなる  灰土となる  爪相術等となる  日本のあだとなる  逆となる  三百六十五日みな凶日となる  四十四となる  合し相加わりて、おどりだすほどになる  理にてかくなる  濶と明るくなる  かわり、じっと沈んで暗くなる  蓮葉になる  灯となる  処で見えなくなる  そこまでになる  抜差しが出来なくなる  からは消え憎くなる  年中行事となる  艶笑物語とはなる  はず恍惚となる  心を落ちつけてくれるたしにでもなる  取りたてになる  謀殺となる  ことも、こうなる  まことに難しとしなければなる  藪になる  つまりはこうなる  評判がたったとなる  刻近くにもなる  まい子になる  聞こえるから、むずむずしてきて、いたたまらなくなる  鼻も高くなる  お守り札が、なんともかとも、うれしくなる  物はいちおう疑ってみなくちゃなる  疑いが濃くなる  仲たげえもしたくなる  日を送らずばなる  寄席はどうなる  舟泊まりとなる  対面になる  真打株となる  もので、寒くなる  江戸のこがらしとなる  江戸の火事となる  だしがあったとなる  腰元となる  取りつぶしになる  御前のあのなる  君がたへなる  グタリとなる  星は薄くなる  胸悪くも思はなくなる  此姿になる  こっちが悲しくなる  顔見るときつく当りたくなる  ころりとなる  いつになったらりこうになる  進上したので、なおさらうれしくなる  これまでもみすみす渡してなる  ぇッといいたくなる  尾行となる  何となく、死にたくなる  病院となる  夕方近くなると恐ろしくなる  追放になる  路頭に迷わなくてはならない、そうなる  開戦になる  何日でも悪くなる  つてからモウ九年になる  矢張三日頃になる  人ツ子一人来ないとなる  画をお描きになる  貴方の御出懸になる  我知らず顔が紅くなる  スツと暗くなる  全廃するとなる  ごころになる  バタバタしてゐましたが、つかれてうごけなくなる  制限がないとなる  公務となる  名品とすれば、ほしくなる  がらをたてたとなる  得にもなる  兄自身のものでなければなる  たてになる  誉れになる  顔を見せたとなる  江戸五郎にかけたくなる  出しにしなくちゃなる  んだとは、またいかにもうれしくなる  草香流は暑くなる  ちょっと戻らなければなる  三つはどうにかなる  マジナイぐらいにはなる  とき、どうなる  から御持ちになる  のかとお聞きになる  バーナード・ショウになる  成人になる  競争になる  関与するとなる  天地蕭条として死にたくなる  敬なんぞに追い抜けられてなる  入り用になる  眠りについたとなる  後光がにぶくなる  ここらがいよいようれしくなる  苦労したくなる  奥が熱くなる  まことに涙ぐみたくなる  きっぷをしているから、うれしくなる  ふためになる  伝六も強くなる  西国順礼にでも出たくなる  むっつりしだしたとなる  障子をそっとのぞいてみると、なる  知恵がさえだしたとなる  眼下に見下して、おのずからなる  裏のむず痒くなる  身の冷たくなる  最初から丁稚になる  其時刻になる  煙草が高うなる  ことはどうなる  ものもなければなる  定義から聞かなければなる  である如く、如何なる  ひつかけなくなる  読み方もしなくなる  毒薬になる  これが済んだとなる  煙止めとなる  火気いっさいをお禁じになる  ねこにでもなる  途中すれ違ったとなる  男をたてずばなる  伝六がうれしくなったとなる  それが消えてなくなったとなる  いたずらに濃くなる  こないだから口がすっぱくなる  ものをいわなくなる  だんなになる  手討ちになる  妙や、あらゆる拙なる  輕くして且つ醜なる  座談になる  新にして、そして新なる  眞直にはなる  交れば直になる  碁が強くなる  福國となる  懇切精到になる  吉慶幸福となる  むる事になる  甘美清快なる  源頭となる  何程幸福となる  伍して居なければなる  林を分ちて相棲まねばなる  生活を同じうせねばなる  作すこと甚だ疎なる  味も佳なる  廢物となる  米もまた然りで、其の粗なる  淺薄となる  正なるを努めて、深なる  心を存する須らく温なる  下等になる  知識の乏少なる  光の如くなる  譯になる  暫時耳聾になる  血行は疾くなる  血壓は低くなる  烏となる  二氣になる  づゝ明るくなる  對し居るが如くなる  功は少くなる  功は多くなる  俄に太くもなり細くもなる  氣で有るが、又やがて暗くなる  二氣となる  情状になる  褻畫淫曲は、拙なる  むる原因となる  ことが強くなる  何千年になる  弛緩遲鈍となる  つて興奮的發揚的になる  氣は多くなる  菴摩羅菓を視るが如くなる  理想のごとくなる  至つて太過なる  表示式が長くなる  身猶生けるが如くなる  而して其の微なる  急に騒がしくなる  こいつを食わなければなる  食はなければなる  砥石になる  社会にでると、どんなになる  価値をみとめなくなる  まんなかになる  道を曲ってみえなくなる  浴槽にいっぱいになる  六時半になる  しだいに遠くなる  もっともおそくなる  観音びらきになる  秩序はもはや保たれなくなる  植物に譲らなければならなくなる  植物に出会ったりするので、少し気味が悪くなる  氷河期となる  すべて自由販売となる  平民のみなる  生物学的にそうなる  ご用済みになる  引き出しをあけ替えなくちゃなる  背中が寒くなる  ひとりでも減るほど分けまえは多くなる  花としか見えなくなる  姿しか見られなくなる  鳴き声は、なる  棒立ちになる  熊野川となる  可愛い十歳ばかりになる  から五年目になる  大阪天王寺から一路車中の人となる  幅も広くなる  描写になる  本線になる  彼是暗くなる  あたりは暗くなる  合はず七荷になる  つゆになったとなる  畳を新しく替えたくなる  ほう当年八歳になる  しみったれになる  ネタ調べになる  ょうけんめいに替え玉になる  藥位買つてやらねばなる  夜は次第に寒くなる  術はもう出来なくなる  えいツ、なる  切角刻苦しなければなる  所ともなる  先陣あらそいとなる  敵役となる  まりとなる  人にとられると同時に、大きくなる  玉の大きくなる  岡となる  何年前になる  病人も少しずつよくなる  手のひらにいっぱいになる  妹婿になる  胸をとどろかす偉なる  山猫はなる  所であるから夜になる  寒気を増すばかりなる  変事になる  かかわりができたとなる  手入れとなる  ひとりひとり吟味するとなる  勘がよくなる  目が光ったとなる  坂にかかったとなる  野蛮人がゐなくなる  小姓になる  長襦袢一つになる  変つたものになる  違つたものになる  鐘がならうがなる  枇杷のなる  一つのこしてみたれども死んでなくなる  今死んでなる  様で悲しくなる  顔の熱くなる  よけい恥ずかしくなる  今さらくよくよ心配したとてどうなる  一刻近くになる  晩湯になる  五十両になる  こっちまでが悲しくなる  おまんまがまずくなる  燃料原料となる  五ミクロンとなる  味が結構となる  秋田産になる  湾内へ入ったとなる  損にはなる  ものを見てゐると悲しくなる  礼法を設け、種々なる  こと彼等の如くなる  ますます嫌疑が濃くなる  おまえはうれしくなる  子どもがべちゃべちゃ騒ぎだしたとなる  そいつに遅れちゃなる  ことかもしれぬが、参らずばなる  手代となる  めしの食いあげになる  駕籠もうなる  見物もなる  牢払いにもなる  ことであろうが、おあがりになる  玉なしにしちゃなる  手づるとなる  女にやさしくなる  ひとり者になる  お前が羨ましくもなる  そいつがどうなる  地口になる  こいつ仕事を急がずばなる  血が煮え返り狂わしくなる  名器になる  本気にならずばなる  化物屋敷でなくなる  主人が来るとなる  ソリャコソ喧嘩だとなる  職人などになる  騒ぎは大きくなる  大分気になる  邪魔物とさえなる  娘はうって変わって、寒くなる  事ひとたび伝六が勇み立ったとなる  巣を見のがしてなる  毎晩夜ふけになる  がまんができなくてどうなる  気味のわるいほど考えこんでしまったんで、どうなる  だれだってぽうっとなる  月にもなる  雲が深くなる  たくわえはなくなる  牢払いになる  元華族になる  マチガイになる  客がよりつかなくなる  筒ぬけになる  時でないとこうはなる  セラダのものになる  無理心中なんて、考えても感じ良くは思いませんが、なんとかなる  時があるが、明るくなる  トランク運びで逞しくなる  昔話になる  療治をしなければなる  気をつけなければなる  がたがみえなくなる  目を外らせずにはいられなくなる  足早になる  彼女はもう眠れなくなる  前からそうなる  姿が遂に見えなくなる  日の短くなる  確めずにはいられなくなる  癖に、いざとなる  時の立つにつれていよいよ深くなる  二叉になる  暮がたになる  方が、おありになる  蓮池になる  腹も、甘くなる  坂に低くなる  手もとが見えなくなる  一の新なる  火における如くなる  渇われらを運び、その速なる  意一となる  一樣に降らざるのみなる  路に再び還らしめしなる  寶犧牲となり、かつかくなる  咎となる  羽のごとくなる  苦しみいかばかりなる  僞やなる  なす、いづれか最も非なる  汝よく思ひを凝らさばさとるなる  今も望み待ちしなる  背をむくる如くなる  適ふなる  饑るほどなる  導者となる  ため爽かなる  草木の元なる  めづべき物となる  歎くにいたるも宜なる  今における如く、いと異しとせられしなる  小かなる  殘れるなる  先となる  力いづるなる  瞳となる  我眉となる  萬物皆そのあるごとくなる  小枝の如くなる  頒つなる  誓ふなる  最大いなる  天かく暗くなりしなる  量となる  燦やかなる  帝となる  さはなる  書册となる  月球となる  謝し、かつ新なる  うち徳最も大いなればなる  ときはいかなる  獻物となる  一三〇九年ナポリ王となる  衰頽を指していへるなる  暈となる  一位にあらざればなる  コンスルとなる  動搖するなり、疎なる  光明燦かなる  惡意となる  善意となる  一門を指せるなる  頽廢したるによりてなる  語となる  百合となる  ダンテの疑ひを解かずして疑ひを起すの非なる  裕かなる  皆そのある如くなる  給ふ如くなる  院主となる  僧となる  白髮となる  一日となる  者かくの如くなる  宿星となる  分岐線となる  しき冠となる  日光を受けて美しくなる  物を見る如くなる  打ち水となる  大痘痕になる  凧になる  具合は好くなる  ことは後で考へればどうにかなる  見物者になる  運をお授けになる  その男が、こうなる  利発者でも、こうなると、さすがに心細くなる  それに、こうなる  存在するとしても働かなくなる  魅力と如何なる  場合だとどうなる  翻案になる  イメエジとなる  やうに、如何なる  ものをなる  半職業人となる  社会的存在となる  部屋の明るくなる  スタンダアドとなる  高速度機もこうなる  妹にもなる  美男になる  仲が悪うなる  気持ちの良くなる  毎朝九時ごろになる  ノートをとって置きたくなる  眠るとなる  共産主義になる  盗人になる  五百匁が足りなくなる  家が多くなる  夜中から暴風になる  問題が色濃くなる  配給となる  語り草になる  今年も貸してやるとなる  線からなる  米にはなる  六十八にもなる  定義そのものだと云わねばなる  必要に迫られるとなる  物はなくなる  月給となる  足は重くなる  一ぷく喫ってみたくて堪らなくなる  妻をからかいたくなる  真ん中以下のものは、また喰えなくなる  下から運ばねばなる  牧場になる  もう一度若くなる  私は淋しくなる  旺んになる  砂糖になる  一俵だけだと、何とかなる  問題でむずかしくなる  のも見られなくなる  身の上も、そろそろ考えてやらねばなる  荷主になる  暇もなし、何とかなる  集りとなる  夜路は見えなくなる  面白うてのう、行かずにいると淋しゅうなる  法則は、如何なる  上演するとなる  僥倖と考へねばなる  俳優がうまくなる  不具者となる  俳優がゐないとなる  ますます複雑多様になる  芝居が面白くなる  最後の言葉になる  気持ちにもなる  起原になる  危篤になる  補給しなければならなくなる  簡単となる  逆立ち顔が蒼くなる  ことを言っては悲しくなる  事実はなる  駝鳥になる  例外となる  それ以上拡張し得なくなる  計算し得なくなる  窮乏になる  比例以上になる  比例となる  必要は余りにも明かとなってもはや抗し得なくなる  余りあるものとさえ、考えたくなる  余りあるものと考えたくなる  足かせになる  成年になる  侵略行為となる  人口稠密になる  家族が多くなる  争闘目標となる  奨励となる  方法に頼れなくなる  植物性食物からなる  対照となる  下に隠されてしまって見えなくなる  踏段になる  気がして、悲しくなる  前にひれ伏したくなる  私気になる  愛が薄くなる  心掛次第行為次第で善くもなり悪くもなる  其ころ十六七になる  紳士となる  唯々何時もの通り夜になる  花の匂いが、ぽかぽかした、眠くなる  お方のお持ちになる  文句となる  一年近くにもなる  死亡率が小さくなる  多くはなる  価値がどうなる  七分の五となる  すべて自由市民となる  ますます完全となる  比率を、種々なる  真実でなくなる  三五分の一となる  結婚対総人口一対九四となる  七〇年からなる  二六分の一となる  七一二となる  六二六となる  二〇歳になる  晩婚となる  小となる  空席となる  不十分となる  増加と等しくなる  二千六百万となる  〇〇〇となる  数と等しくなる  知るべからざるものとなる  過大となる  推論したくなる  部分が余りに長くなる  端緒ともなる  主題となる  ステュジオが役に立たなくなる  平板に見えやすくなる  進行させて行かなければなる  もっと遠くなる  甘受しなければなる  媒介ともなる  夕方なら涼しくなる  それを見て逃げ出したくなる  あたし逃げ出したくなる  映画になる  デカダンスになる  誰が言っても、そうなる  不作法になる  足が速くなる  ジュリアンとなる  区切になる  つぐないになる  ますます重荷になる  余波となる  それも聞こえなくなる  手にかかると、こうも美しくなる  背景ともなる  二分の一になる  あちらを見たくなる  こちらを向きたくなる  成効と言わなければなる  穴につかえて抜けなくなる  のは全く珍しいと言わなければなる  くるくる回る、そうなる  監督次第でどうにでもなる  不明瞭になる  気絶して起きられなくなる  肩息になる  スチューピッドになる  乾干しになる  部分のおもなる  全然別のものになる  ちょっとおかしくなる  多様になる  観客のおもなる  死ぬ事になる  耳を押さえたくなる  戦争はどうなる  級長、どうなる  雲が生まれ、ぐいぐいと大きくなる  炎は次第に大きくなる  弾巣になる  黒焦げとなる  エネルギーに変わるとすると、一体どのくらいになる  終末となる  結締繊維も弱くなる  友らこそ幸いなる  白血病になる  乳房も小さくなる  飲食不能となる  安静になる  森閑となる  破裂すればどうなる  電気もいらなくなる  鐘となる  結局つかみ合いになる  手がらになる  から見ていて恐ろしくなりすごくなる  僕がなる  五二頁になる  一〇三頁になる  一一六頁になる  一二一頁になる  五四九頁になる  五六五頁になる  五八二頁になる  五八六頁になる  五九五頁になる  六一一頁になる  六一三頁になる  頭が柔らかくなる  開催前になる  コーヒーが飲みたくなる  暗示ぐらいにはなる  ろまみれになる  芸術的感興は、常にあるがままなる  舞台臭ともなる  必要を感じなくなる  映画となる  白痴になる  加速度となる  感じはなくなる  逆行となる  決定になる  確定的になる  一段高くなる  生活がずつと楽しくなる  一丸となる  會員ともなる  立場から研究しなければなる  役割しか演じなくなる  恋愛一点張りになる  水牛となる  もの別れになる  云はなければならないとなる  様に白くなる  樣に白くなる  からわし等のよくなる  中川となる  明日からはなる  若い女になる  それが大きく、はげしくなる  左になびきあひてまたはなる  ばや大きなる  瓜のなる  木ぬれになる  寸涎のこりてなる  鼠、いへるなる  てつらになる  ちがいがひどくなる  いつの時代だって、そうなる  何ヶ月になる  名はなる  これではなる  沢田君が居なくなる  道途に心からなる  排他的特権となる  いずれかとなる  不死になる  それが長くなる  不定限に長くなる  改良が行われなくなる  独身生活をさせなければならなくなる  これ以上生産しなくなる  光景はどうなる  ためには流れてこなくなる  病弱となる  報酬は悪くなる  依存しなくなる  馬は疲れやすくなる  精神はなる  いつか一般法則となる  いつか普遍的事実となる  出版以来数年になる  浪費によって貧しくなる  比較的軽くなる  物はなる  作り話と同じになる  困難はなる  十一億となる  二倍以上となる  国民は貧しくなる  前より少くなる  教区補助が多くなる  生活必要品購買力は少くなる  支出をしなければならなくなる  従前よりも安く働かざるを得なくなる  救済を求めざるを得なくなる  困窮がいささか軽くなる  九千六百万となる  労働者となる  一般的となる  利得と全く同じくなる  分け前が多くなる  需要以上になる  はいかにといへば、大きなる  花稻ぐきのもとなどに小さなる  一つにやはらかなる  眞木のうへなる  空爽かなる  蝉の小さなる  いつのまにか大きなる  といねつたるみたれども小さなる  媒酌人となる  養分になる  思い出があるが、長くなる  骨董となる  度にあまりになさけなくなる  多分十余年になる  過言にはなる  引け時頃になる  石版となる  ことを思いあわせねばなる  内からなる  老人の気むずかしくなる  燦然として光るなる  ものを放り出したくなる  雨脚はしだいに黒くなる  板敷になる  小悪らしくなる  盲腸炎になる  険相になる  そこだけ冷たくなる  赤でも全く役に立たないほど暗くなる  暖かい時分になる  二千俵ですが、いざ買い占めるとなる  饒かになる  ものがいつの間にか甘くなる  食物にもなる  宿屋にもなる  悪人にもなる  どんどん引き換えになる  内が薄暗くなる  所が少し痛くなる  時くらいにむずかしくなる  続き物になる  門外漢になる  無頓着でいにくくなる  間に合せたくなる  一纏めになる  かく二様になる  ふり返って見て、なる  時飛べるかどうかとなる  構造されるとなる  どろどろになる  時間が早くなる  間はまだしも助かるが、怠けて動かなくなる  法皇になる  書入れ時になる  廿三歳になる  ほか進めなくなる  これまた通れなくなる  先行きがむずかしくなる  清時代になる  國となる  孟子になる  澆季になる  具體的消極的となる  一特色になる  歎声になる  人に問わねばならなくなる  から都合がなる  何日目になる  つんなったらよくなる  お礼、養いになる  栄蔵が行くとなる  旅費位、どうでもなる  どっちかが死ねば少しはよくなる  来月は、どうなる  幸にして、いずれ返さずばなる  てれ気味なので、余計ずるずるになる  没くなって、もう久しくなる  邸はお召し上げとなる  争いが烈しくなる  後へ退けなくなる  お家はどうなる  自分が分らなくなる  盟者になる  散会となる  邸へお成りになる  自然延期せずばなる  後へは退かれなくなる  ために死にたくなる  林立となる  ため敵となる  琵琶湖産のひうおなる  四寸となる  今二十五になる  パアトナアになる  明日あたり診ておもらひになる  いつお出になる  魔よけになる  手にかけないと、悪くなる  おれも睡くなる  万事明白になる  科学的調査をおやりになる  外向性になる  そふなる  塩となる  易から切離して見るとなる  周易になる  フランス語でよんでみたくなる  改造者となる  雛さまがおむずかりになる  一緒につきだされると、まずくなる  顔が汚なくなる  軍港時代は知らぬがなる  気焔を愉しむことになる  理解しなければなる  美ともなる  不自由しなくなる  一里十六町になる  隧道になる  名手となる  だんだん年ごろとなる  とぎれとぎれになる  三月末ころにはなる  官営になる  盲目力でなくなる  さに堪へ得なくなる  闇屋はなくなる  しかをおもい返すよすがともなる  くだりとなる  段取りにはなる  苦労人といわねばなる  仲となる  私たち夫婦は食べていかれなくなる  御用弁になる  脱帽せずにいられなくなる  末安楽となる  手だてとはなる  信頼したくなる  人を頼んでみたくなる  痛みはいよいよ烈しくなる  かえることになる  一山に敗れたりといわねばなる  努力されなければなる  サラリーマンとなる  人間のよろこびとなる  対手となる  結婚してわるくなる  困難にであわなければなる  息子がなる  獲得者になる  コンナ事になる  荷物船になればなる  難航路になる  攻めになる  軍はどうなる  一兵となる  顔が見分け難くなる  十八年からになる  のかと、お思ひになる  向うを見ずにはゐられなくなる  から話が面白くなる  重複になる  必須科目になる  外国語になる  今年二十四になる  正午過ぎになる  今夜はかなり遅くなる  ようにお取乱しになる  研究書になる  泣き止みになる  お引越しになる  二ヵ月にもなる  病気は重くなる  差となる  尊ともなる  卑ともなる  平民となる  三十枚になる  一箇年になる  善行者は名乗りにくくなる  末のたしになる  あたりが薄暗くなる  畑のこやしになる  男めかけにでもなる  けちになる  金銀を取寄せ、こうなる  女はこうなる  勘定はどうなる  大晦日になる  赤子をかかえて、どうなる  両人まじめになる  お前たちのいましめになる  野菜も買うとなる  ことし八十八歳になる  娼妓となる  ます圧迫はひどくなる  ほいととなる  好個焚付けになる  闘いになる  午後十一時四十七分になる  六尺位になる  顫えそうになる  不況になる  莫迦さんになる  殆ど貴女には逢えなくなる  エゴイズムになる  目出たく踊って終になる  竹では撓まって保てなくなる  凧が流行らなくなる  字だけはとらねばなる  芸人風にすらなる  所業となる  唾を吐きたくなる  アタマになる  古神社神領はどうでもなる  迷信厚きに過ぎしのみなる  誰かの分捕りとなる  得となる  妓になる  太平となる  証拠なくなる  顕花植物の最微なる  僕は思い出しても可笑しくなる  心持近くなる  死刑にするとなる  太刀打になる  子供のものになる  障子骨になる  中旬になる  事をして、おもなる  彼らは少し暖かくなる  古参になる  門限に全く遅れたとなる  火除けになる  節句になる  江戸住いになる  間に脅かされたおもなる  旅行となる  川止となる  雨が多いとなる  箱根となる  財政上のおもなる  臨時費になる  豪商のおもなる  苦痛は無いが長くなる  持船になる  頭取になる  私達は顧みもしなくなる  七歳以上になる  残念がって、長くなる  不首尾になる  宴会となる  講釈をするとなる  若衆姿となる  七十以上になる  駕賃も従って高くなる  商船となる  寄宿生となる  雇になる  小姓位にはなる  誰れも知る如く、種々なる  心地が悪くなる  モウ胸が悪くなる  上下動になる  婦人方となる  それが聞届けになる  末席となる  申訳させねばなる  家来なども多くなる  私も親しくなる  十二両となる  今に痛くなる  闇となる  農家となる  新顔も多くなる  図面が赤くなる  選者となる  ちょっと手に入らない、ないというといよいよ見たくなる  子規氏はそうなる  直轄となる  廃刊にでもなる  口合的になる  人柱になる  名の高くなる  増し気短くなる  雑誌となる  早晩そうなる  後には随分賑々しくなる  他方面になる  能楽となる  美人もすなる  紙みたいに薄くなる  最後、如何なる  アト二週間しかないとなる  カタナシになる  血圧が低くなる  パンクしなくなる  魔術をもってイザとなる  メーデーを、どうおすごしになる  程度がひどくなればなる  輪となる  高潮となり落潮となる  想像力がすぐなる  轟きの弱くなる  自由にならなくなる  辛抱できなくなる  のか、そしてどうなる  底へ跳びこんで見えなくなる  危険がなくなったとなる  便宜となる  色調と、その極めて狭少なる  船頭二人大きなる  忽然大きなる  根調となる  漂ふ大なる  画帖となる  近代的写生的となる  ものたるは勿論なる  ことを得たりしなる  甚粗雑となる  襖の遠くなる  照しつついづれも大きなる  参考となるがためなる  の弊に陥りしなる  垂るるに吝なる  ものなどなる  覇気ありしなる  膳に向ひ大きなる  ″\になる  ニュー・ヨークとなる  わけもなくうれしくなる  武士などになる  役御免になる  アプト式になる  それを見てゐると何故か悲しくなる  私たちからすうつと見えなくなる  窓際へ行けばきつとよくなる  廻になる  度が強いだけに飽きたとなる  吹聴するとなる  会ふことになる  日増に快くなる  のが堪えられなくなる  彼処に寄らないとなる  つて眠くなる  何かの病気にでもなる  胃病にでもなる  此処には来られなくなる  終へて眠くなる  みんな暮しがつらくなる  屋さんになる  みたいにかたくなる  薪までおやりになる  屋になる  それが励ましになる  宮殿になる  日、怒りたくなる  なにお召しになる  じょうずになる  日よけになる  食事がすむと、すずしくなる  じまんになる  身体がしゃんとなる  たちになる  流行ではないといって、なる  音楽がいつもなぐさめになる  じき十三になる  バンクス先生が来て、よくなるか、わるくなる  宝石はどうなる  善良になる  ほこりになる  あたし気になる  ねこになる  ふうだと、どうなる  ジョンが、こうなる  あいだに、どうなる  ぼくたちがどうなる  限度以上には飲めなくなる  社会の醜汚なる  前借になる  聟養子を迎えると聴いたくらいでやけになる  風が肌寒くなる  貧相になる  馴染みになる  生理学になる  情的生活がどうなる  情いずれ疎なる  眼蓋の熱くなる  称をもってなる  久活形容詞となる  大河内となる  から足かけ六年になる  残念であるといわなければなる  根性で、どうしても、そうなる  全部払い落したくなる  ヤッカイにもなる  失心状態となる  私一人だけになる  安心感から逆にそうなる  オックウになる  ときに楽しくもなる  ますますロマンチックにもなる  だんだん根気もよくなる  根気がよくなる  自分が可愛くなる  共産党になる  いっぺん、つくってみたくなる  夜なかすぎになる  百姓もなる  村に出てきたとなる  発病し易くなる  発病しやすくなる  人に会いたくなる  風船状態になる  もう少し度がひどくなる  好色になる  六年ほどにもなる  代償となる  それらを知りたくなる  ドシャ降りになる  嫁入りになる  華族などになる  一件は、どうなる  団扇を揚げたかは、お分かりになる  右へお曲がりになる  痛みは激しくなる  新聞小説が書けなくなる  リアリス的になる  だんだんリアリストになる  コンリンザイ厭世的になる  理性的になればなる  結論に当然なる  兇器になる  目がとどかなくなる  芥川賞になる  小説を書いてみたくなる  自然となる  上下逆さまになる  左右逆さまになる  身につまされて、やりきれなくなる  クリスチャンでなくなる  棄却になる  教育家になる  半年前になる  転科をするとなる  引き合いになる  検挙になる  むしになる  足が挙らなくなる  さのみ熱くはなく、熱くなる  ここをやると眠くなる  没頭し、眠くなる  当分ねむれなくなる  目が明かなくなる  眼があかなくなる  働きにもなる  ちやうど夕方暗くなる  一生を辿らなければなる  背中が熱くなる  モルガンお雪みたいになる  草原から紅くなる  十月下旬になる  ところがあるけれど、語りだせば余りに長くなる  さけとなる  かくばかりなる  たまはぬぞ恨みなる  宅となる  春しづかなる  迷となる  あゆめ春たえなる  妹なみしづかなる  二つの耳をたとふればいと幽なる  軛さへ噛み砕けとぞ祈るなる  卷あたりになる  位置を定めねばなる  これはしばらくになる  羅曼主義を学びたるなる  一、なるべく大なる  本命を避け、たしかなる  配当金いずれにありやと訊いて見たくなる  ことあり、またなる  梅雨季になる  ドロドロになる  紙が、赤くなる  一滴になる  伴はなくなる  ひとへなる  感覚的仮象となる  大抵長くなる  百間となる  雨期になる  結構商売になる  物干し場にもなる  孫がどうなる  儘育ってどうなる  祖父はどうなる  から夜になる  発見にもなる  柳田国男先生は、まななる  厳さかきなどになる  霊代になる  語原で、若々しくなる  賀正事になる  神主格になる  其にかぶれてめでたくなる  羽ぶりがよくなる  初め其時になる  声がいよいよ多くなる  性の迂拙なる  目録となる  ことが出来たなら、もつともつと良くなる  紙雛一対、見にくく大きなる  いもうとのすなる  蔓溜壺にとりつきて大きなる  中へ握られるほどにまた小さくもなる  父に肖らずばなる  力を養わずばなる  青眼に付けてじっとなる  鮮かになる  槍になる  名所だと云いたくなる  だんだん声が弱々しくなる  藤原氏となる  足利氏となる  俺も行かずばなる  湾は次第に狭くなる  お前を殺したくなる  十二日になる  漸次大きくなる  成長し、可愛くなれば可愛くなる  限りなく弱くなる  こいつを思うと可笑しくなる  宿まらずばなる  穢わしくなる  大方はこうなる  人間も少しは強くなる  とき二志以下となる  販売絶無となる  記憶に新なる  娘さんを、まず捜してかからなくちゃなる  ことなんかになる  娘さんでなくなる  嫁さんになれなくなる  以上、そうなる  だって妨げになる  だんだん大粒になる  婦人れんになる  私は全く情けなくなる  われわれは青くなる  時、なる  空家臭くなる  手を見てなる  憂鬱となる  平気となる  苦労がして見たくなる  画面が黒く堅くなる  裸女が多くなる  故郷となる  ものには乗って見たくなる  もっと一杯になる  東洋回顧をして見たくなる  ちょっと一服がして見たくなる  何となく悩み多くなる  何か売り払ってみたくなる  関係から、なる  避暑となる  文章が書けなくなる  気にかかって捨てておけなくなる  新鮮になる  猫の丸くなる  一つも詠じてみたくなる  事面倒となる  耳隠しともなる  絵かきさんと心安くなる  蓋をするとまた間もなく開けて見たくなる  躁狂性となる  何かにつままれたくなる  お守を売っているがなる  取り合わせとなる  心を汲みはじめばなる  のにはなる  何かしら絵がうまくなる  のであるが長くなる  点景となる  遠方はなる  はじめて、なる  私だって、偉くなる  ますます心細くなる  酔いとなる  灯が点くとさびしくなり、さびしくなる  人間目がでなくなる  毎日となる  前借の利かなくなる  数年前になる  一時気が遠くなる  つて早くなる  緑が美しくなる  心の深きがゆえなる  末は幽なる  耳そばたつるなる  死ぬばかりなる  かくも映るなる  ごと閑かなる  雫のみこまかなる  眼目となる  旗振りになる  ために死にたくもなる  供から大人になる  私がはずかしくなる  おだやかなボーッとなる  今夜は寝られなくなる  親なんかになる  すきんなる  私の帰りたくなる  さ、なる  様にはなる  ゾーッと寒くなる  しわクチャになる  芸者がなつかしくなる  あとの黒くなる  天馬になる  スヒンクスになる  時鉛筆がふとくなる  涙がこぼれそうになる  人のなる  もの事のしたくなる  ブロンズになる  制作となる  はなしとなる  涙が滾れておかしくなる  ざあっと来て、またわかれわかれになる  永遠にわかれわかれになる  物理学者になる  あなたが良くなるだろう、今に良くなる  女性も欲しくなる  此歳になる  何が良くなる  儀になる  今二十九になる  世話にも随分なる  私本当に恐ろしくなる  不足になる  これ限りお宮を見なくなる  女は、もういなくなる  斯う遅くなる  丁度半歳になる  から、本当にいなくなる  矢張りいるにしても、いなくなる  例のは、もう居なくなる  そうに聞いていたが、居なくなる  お客がいなくなる  ニコヨンになる  から一万円ぐらいになる  一万円になる  気味わるくなる  巣へ戻れなくなる  家庭へ再び戻れなくなる  巣が見るに堪えず居るに堪えなくなる  金がはいらなくなる  私はいつも微笑ましくなる  畏敬するなる  写実主義ほどになる  の非なる  世界を狭少なる  揮つて、狭少なる  彼は狭少なる  甚五郎になる  測定上邪魔になる  どこかへ見えなくなる  何かしら刺戟がほしくなる  話をするとなる  方が若々しくなる  洋髪になる  事柄になる  みな独身者になる  破綻となる  匙を投げたくなる  行為ではなくなる  却って結果は悪くなる  相撲をとりたくなる  もっと綺麗になる  ことができないで別れねばならなくなる  分岐点に立たねばならなくなる  人間以上のものを求めたくなる  性質にもなる  問題にしてみると実にわからなくなる  トルソーになる  肢体を得たとなる  表情となる  種々になる  学派の、如何なる  新にもされてゆかねばなる  逢はれなくなる  小説の上手くなる  運命がそうなる  可能性はなくなる  必要ではなくなる  居候になる  二等国にもなる  一しょに吹きとばされてバラバラになる  暗然となる  教室にもなる  んと思ふなる  こと甚深なればなる  囚牢にあらずなる  覚ゆるなる  意地わるになる  一滴ものめなくなる  ふだんは、酔えば酔うほど青くなる  私が赤くなる  私がこうなる  酒をうけつけられなくなる  酒がのめなくなる  から陰鬱になる  事項となる  応仁乱後になる  発達しなければなる  ツバメとやらになる  光陰の速なる  平凡となる  人員となる  だんだん心やすくなる  僕は斯くの如き貪濁なる  妖婆の笑えなくなる  怪談になる  うしのこくにも、なる  おしが与えられなければなる  ことが公然と云えなくなる  のがもどかしくなる  やうにもなる  其痛みを忍ばなくてはなる  煩悶になる  うしろ姿の遠くなる  一途に思いつめていましたが、こうなる  しるしともなる  加算するなら更に多くなる  示唆となる  厚みのものになる  紙が温くなる  ブナッケになる  旧跡と聞いていたがなる  途中で往々凝としてゐられなくなる  数も多くなる  狂ひになる  癖にして、いざとなる  女が一度あきらめたとなる  睾丸炎にでもなる  ものが次第に多くなる  それ自身進化主義になる  獨斷となる  信奉者を作るが、やがて全く顧みられなくなる  虚榮から懷疑的になる  獨斷的になる  敗北主義から獨斷家になる  絶望から獨斷家になる  いちど懷疑的になる  技術的になる  日常茶飯事となる  悲劇もまた少くなる  常習的になる  支配的になる  つて術策的になる  個性になる  空想かになる  思想家になる  噂となる  ものを認めなければならなくなる  虚無主義と同じになる  つて感傷的になる  僞善的になる  つて教養となる  觀主義となる  旅に出るとなる  浪漫的になる  觀想的になる  ますます愚かになる  粹になる  孤獨になる  犯罪人になる  親類もうるさい、そうなる  僕がもうしばらくお連れ戻しになる  発駕になる  現象と見なければなる  ことであるが、かくなる  天仙になる  籠めると、必ず覚えがよくなる  門人となる  神楽坂になる  縁日になる  年数を経なければなる  友達はなる  慰楽所となる  散歩街ともなる  一里ちかくになる  晝すぎになる  つてバカになる  古賀は苦しくなる  歸つた女となる  十ヶ月になる  つて吹き出したくなる  理学者になる  夫がおありになる  籍はどうなる  方だってお困りになる  ものに打たれて悩ましくなる  翻訳をするとなる  耳を蔽いたくなる  近所になる  声が一しきり高くなる  高級小説になる  一たん短歌になる  千樫さんになる  巧妙になる  ピーとなる  片腕ともなる  高地になる  いつ帰りたくなる  中に、いよいよ残して行かれるとなる  採掘量が多くなる  妊娠三カ月になる  藤原末期になる  資本主義国家となる  能力者になる  戸主となる  昭和十七年頃になる  体の足しになる  引上になる  字に、ぶっちがえになる  しかなければならなくなる  普通としなければなる  物価はどうなる  生活は、どうなる  何人家内になる  二十五銭になる  都市内が騒がしくでもなる  土臺になる  つて七年になる  ますます淋しくなる  船員たちは、にがしてはなる  九機からなる  探偵長になる  二人は、どうなる  方が、はげしくなる  器械をぬらしてしまって、動かなくなる  三人だけになる  検事総長になる  感情を差し向けたくなる  激情となる  遠征になる  いっさいを失わなければなる  援助を申し出でざるをえなくなる  名を書かざるをえなくなる  合流にせきたてられて、おのずからなる  積極的にしなければなる  資格がおありになる  永遠に笑えなくなる  マウントジョイに、わが心からなる  席を譲らざるをえなくなる  上り物があれば、お治りになる  丸見えになる  一人舞台となる  快速艇になる  あなたさまがお庇いになる  自身にお克ちになる  だんだん心は熱くなる  ほうで、償いになる  勲功をお収めになる  反対に出あえばかっとなる  数百人になる  無力にしてお置きになればなる  期限満了となる  取り返しになる  争乱となる  呶鳴ろうがわめこうが、なんにもなる  女王のものとなる  彼女はなる  見せしめとなる  かもが苦くなる  ことを思わずにいられなくなる  失業者はどうなる  課目になる  最新発明になる  戦車となる  車輪になる  鋼鈑となる  なつたか判定がつかなくなる  脚色になる  映画を見ているが、そのおもなる  普及されてゆかねばなる  抹殺したりしてはなる  住居なしになる  五円になる  自省しなければなる  読物となる  実践力となる  成績は次第に悪くなる  休みなどになる  十八枚からなる  スピーカーによって大きくもなれば小さくもなる  兵士になる  生埋めになる  ますます需要が多くなる  間違いとなる  破壊力も、断然強くなる  脳貧血になる  ためのものとなる  詩でも低誦したくなる  四五日延期となる  朝から雨となる  雑誌記者になる  意味が段々強くなる  三人共別々になる  声が続かなくなる  返事をしたくなる  南瓜になる  二十日鼠になる  実用語となる  後期王朝になる  中国になる  帳消しとなる  新になる  祝詞一つで、どうにでもなる  何日ごろになる  結局不幸になる  点大変リアリスティックですが、いざとなる  頃お母さんになる  当年二つになる  とき通り唸りたくなる  ようなのは一目でやはりおわかりになる  前で笑わなくなる  不便になる  涼やかになる  直接だから、きっとおわかりになる  マア何かの足しになる  島田なんかでおやりになる  分になる  のですが、おわかりになる  七丁目となる  コンクリートになる  さ、おわかりになる  流動ゆたかになる  自分から離さなくなる  展望で思いかえされてよみかえしたくなる  特に文学的になる  ことがわかりやすくなる  薬がおありになる  東京へかえって来ると眠れなくなる  好きでなる  四月十日頃になる  たばこ一服になる  中が苦くなる  ちゃんと雨になる  切迫するとむずかしくなる  工合ではなくなる  興味のおありになる  上等です、長くお使えなる  単純でなくなる  正門になる  二階ね、おわかりになる  都会風になる  のにならないとか、なる  いくらか、かたくなる  上京になる  から年々ひどくなる  素養がおありになる  片っぱしから流行作家になる  お母さん一日ぐらいおのばしになる  体をお養いになる  茶道となり華道となる  口元になる  連載になる  婦人作家たちとおちかづきになる  とんまになる  話でどうなる  人にお会いになる  寝汗だけでも出なくなる  近く近くとなる  ひとにお会いになる  人手たりなくなる  留守いをしてやらなければならなくなる  原となる  申告品となる  スフになる  灯かげとなる  冬夜具をお置きになる  成果だから、決して決しておいそぎになる  人間がわるくなる  九時以後になる  国ちゃんおそくなる  リアリストになる  てれになる  しのぎになる  手紙お思い出しになる  話、お思い出しになる  そちらも涼しくなる  土はどうなる  原稿になる  そのまま文章になる  ひと小説かきたくなる  ユリにかかせたいと思いになる  オールライトとなる  貴方からお知らせになる  滋養をおとりになる  いつでも痛くなる  桜色になる  龍になる  八十八歳になる  方がもしかしたらおそくなる  内容おわかりになる  フニャフニャになる  ことは出来にくくなる  皆うすくなる、うすくなる  生存難になる  員信博士になる  のが、おわかりになる  想いになる  眼玉が痛くなる  スティームなしになる  寒帯劇場になる  ゆっくりお持ちになる  夕飯になる  勢たかくなる  年齢以上になる  今晩はすこしおそくなる  頃三十になる  ジャンクションとなる  二十日前後から眼玉グリグリですからそうなる  のを見て、なる  配給なしになる  国男テクシーになる  出版一般がどうなる  例外をのぞいて、そうなる  苦労はなくなる  興味がおありになるでしょうか、もしおありになる  りある顔になる  十四円になる  から切ってとると、どうしてもひきつれになる  米もどうにかなる  リアルになる  日常のたすけになる  万事簡単になる  ひとはそうなる  一寸参考になる  今夜はすこしおそくなる  もの同様になる  崇拝したくなる  四辺一面真赤になる  無意識的快感これを思ふと恐ろしくなる  世間通になる  僕は一体どうなる  今夜はなる  代弁者ともなる  此年十七になる  眞に心からなる  所謂資本主義時代になる  階級となる  人物からなる  菓子になる  そんなら、せめて、これから、どうなる  要因となる  兵が強くなる  国家は偉くなる  実体は怪しくなる  契機でそうなる  大変面白い物語になる  お腹は決してお解りになる  参考材料になる  ローズになる  欧州になる  売れ行きが悪くなる  日頃お世話になる  腕前になる  船長となる  ようだとなる  成績はよろしくなる  成功者の子孫がそうなる  二代目三代目となる  ものを見ると、やはりなる  販売主任となる  職長となる  これを聞いてなる  八合目になる  朋輩よりおそくなる  成功者となる  注意せねばなる  失敗となる  銭足らずになる  一時をしのがねばなる  識卑屈になる  金をためてどうなる  遊惰になる  一生を送らねばなる  店で買わなくなる  五十人になる  負け戦となる  二三にせざるを得なくなる  模範的商人となる  のだから、小さくなる  持ち前だなどとなる  何も小さくなる  恩恵的になる  それ以上高くなる  物より高くなる  卒業間際になる  御用聞き戦がはげしくなればなる  ブウルヴァアル俳優たるに甘んじなければなる  寥しくなる  病気をするとおもいやりの細かくなる  ペン代用となる  大抵そのままになる  お気付きになる  私が、暑くなる  じき一杯になる  七回ほどでだいぶ良くなる  動悸が早くなる  発音しにくくなる  様子ではどうなる  今度はどうなる  ところをやめれば何とかなる  乗物に乗ったら必ずひどくなる  包みが間に合えば、いくらか心ゆかせになる  その間にどうかなる  ように云いますと、つまりこうなる  講演をお聴きになる  先自分はどうなる  事を考えなければならなくなる  一つになるかも知れないと思うと黙っていられなくなる  附与しなくてはなる  かご参考になる  草土社となる  範囲外となる  窓へ逃げ帰り、どうなる  何となく、どうしても、見にだけでも、行かずには居られなくなる  意味でももつと図々しくなる  積りで、おやりになる  発展は、たとへ如何なる  書籍目録となる  放逐になる  和服となる  筆を投げたくなる  地団太を踏みたくなる  面白い参考になる  十四五となる  三年四年となる  人がなつかしくなる  人が死ぬので、長くなる  疵だらけになる  激甚となる  ことも遅くなる  御馳走にもなる  約束を守らなくなる  社会生活は出来なくなる  みな自己弁護になる  理性とか言いたくなる  胸のあつくなる  本を読めなくなる  必然といわねばなる  東大に負けてなる  私たちは負けてなる  朝方になる  菓子を食わなくなる  無一文だが、どうにかなる  であるが、うれしくなる  いかん、なんとかなる  出資者となる  日本でもそうなる  手が冷たくなる  音も出なくなる  特別自嘲的になる  何物かと遊ばずにはゐられなくなる  肉慾的になればなる  劒になる  有意味になる  原因が無くばなる  偖てどうなる  可愛いとなる  依頼されなくなる  肩にはなる  荒くれ男が青くなる  中島となる  モミクチャになる  君が、いなくなる  どんどん大人になる  だんだん仲良くなる  乞食にでもなる  それもむずかしくなる  論客でも、ぐにゃぐにゃになる  自然と高くなる  高大になる  あれにとって生きて行く張り合いになる  このごろ、なんだか、ふっと、とても心細くなる  お父さんは、ふっと心細くなる  お父さんが、ふっと心細くなる  上品になる  馬鹿らしいと笑っても居られなくなる  幽霊は、どうなる  父が見えなくなる  愛ゆえに、疑い深くなる  一ばん問題になる  気分が、わるくなる  オフィリヤになる  レヤチーズをおほめになる  ほうで泣きたくなる  パパになる  みんな、悪くなる  一そう可哀想になる  盲目にもなる  詐欺なのだから、いやになる  のだから、悲しくなる  笑い草にもなる  あたしは時々、噴き出したくなる  また明日は、ひどくお褒めになる  おかあさんが見えなくなる  人間からお世話になる  一瞬間明るくなる  であるから行違いになる  意味でも、なる  俗悪になる  献身的になる  懸命になる  思想を持つてゐるとどうなる  顔を出したくなる  経験のおありになる  帰つて来ないとなる  見舞つてお遣りになる  秩序がないとなる  未来がどうなる  埼に由りしなる  一萬七百餘里となる  當つるの非なる  日の誤なる  二十六里となる  ものをいふなる  領國すでに定まれるなる  計上したるは何故なる  明記せるは何故なる  標準里よりも短少なる  二里半となる  資格を要すべきは勿論なる  此類似を認めたるが故なる  四国も見たくなる  場合にきっと笑いたくなる  週期的aperiodicになる  縁が遠くなる  充分に考えてみなければどうなる  虚脱になる  夜寐られなくなる  為合せになる  徳になる  それは往々にしてあら探しになる  つまりおかしくなる  腰構えになる  娘は大きくなる  金でどうにかなる  藤井をば呼べるなる  新来を訝しうも思えるなる  紹介せんとぞいうなる  萌に防がずばなる  重要事件の打ち合せなる  時思い知りたりしなる  不束ながらも大きなる  窒息せんばかりなる  六歳ばかりなる  の一例ともなる  研究し居たりしなる  面目をも損ずるなる  五十三駅詩にもなる  因となれるなる  別れを敢えてしたるなる  饒多となる  尖鋭になる  眺望もさびしくなる  震えとなる  靜寂のおもてなる  演出論になる  演技論になる  誘因になる  自然になる  ためにこうなる  二人の力ではどうにもなる  巨人になる  云ひましたが、かうなる  物嗤になる  會議などになる  飮んでも赤くなる  唾を引つ掛けたくなる  限つて能辯になる  都合がよくなる  やつてみたくなる  奴は二度とやらなくなる  人はよく、少し親しくなる  六七年になる  組織になる  から足掛四年になる  駑馬となる  思つて明るくなる  段々目が暗くなる  いが、少し長くなる  維持員になる  決定されないとなる  演つたらどうなる  これは、如何なる  本質から云つて、如何なる  根本主義となる  心理的要素となる  名前をつけなければならなくなる  基礎知識となる  見物にわからないとなる  姿がどうであるとか、甚だしくなる  主眼点になる  文学にはなる  大劇場主義とになる  ら明かになる  づ考へなければなる  近代古典となる  何か、書きたくなる  変へなくてはなる  演劇だけがどうなる  侮辱となる  現実に、如何なる  欧洲演劇観なる  例をとれば、なる  観衆に、なる  還元しなくてはならなくなる  こじつけにはなる  演劇でなくなる  分が大いにわるくなる  文学性のあまりなる  作品程度では、如何なる  新劇になる  台詞になる  のではなく、如何なる  ものが生れなければ、如何なる  制約となる  から弟子になる  従つて収入も少くなる  最初噺家になる  真打になる  それ迄になる  から自然苦しくなる  替りとなる  一巻となる  テンポも緩くなる  テンポも最も早くなる  特殊演出となる  批評的演出ともなる  二三人見返つて見えなくなる  リレーになる  上演禁止となる  半身となる  我れなる  三両になる  あたしだってなんとかなる  俺だってどうにかなる  なんにも言わなくなる  十ぐらいになる  名を遺すにいたったも宜なる  ロマンチストになる  新自然主義になる  二十日ぢかくにもなる  永久に、役に立たなくなる  夏にもなる  深林になる  稍高くなる  背中になる  あたりがふっくりとなる  程十七八計なる  暮方にはなる  君はさっと蒼くなる  あやめもたへなる  皆人となる  周囲が、次第にうす明くなる  かわり、暗くなる  食料となる  ようとも併せて考えられなければなる  逃避ともなる  戒心されなければなる  自然であるとされなければなる  のか、なる  気流がよくなる  のが面倒臭くなる  何処にいても悪くなる  気流が良くなる  ガラス戸がなる  一冊の本にでもなる  気をおつかいになる  皮がくすぐったくなる  自分で書かなければならないとなる  眼もいくらかよくなる  終点になる  あちらへ行かなければならなくなる  足が向きたくなる  ます、忙しくもなる  予約になる  旦那さんになる  便宜主義になる  お年よりはお思い立ちになる  もっと円くなる  それから先になる  二の足となる  厄介にはあんまりなる  八月中旬になる  八時にもなる  楽天的で、何となし何とかなる  ところ御覧になる  愚鈍になる  バタはなくなる  万事よくなる  シーツになる  分が間遠くなる  ことも珍しくなくなる  家宝拝見料で食わなくなる  幸、今に涼しくなる  ことです、眠れなくなる  みんな漢文調になる  漢文調になる  憚りになる  お笑い出しになる  専門出版店となる  文化系統はなくなる  二百軒になる  刺衝となる  念仏っぽくなる  何か食べて貰いたくてしきりに考えて居りますがどうなる  日常性のうるおいになる  ためにどうなる  小学教員になる  広大となる  誰がために鐘はなる  有用になる  底ぬけになる  大仕事になる  ケロリになる  よけいにむずかしくなる  調子が高くなる  若者になる  石像になる  望み通り足が軽くなる  小春日になる  中年時代になる  気持が悪いというくらいになる  お金が欲しくなる  値打になる  だんだん利口になる  ように、ぱっと明るくなる  一体、どうして困るなんてことになる  望み通りになる  だんだん悲しくなる  退屈で、面白くなくなる  楽しいものとなる  相談相手にもなる  きれいな物がはいっているらしいとなる  パンドーラだけであってなる  世間を見て来たら、も少しかしこくなる  林檎のなる  匂いも更に強くなる  そこへはいってしまったとなる  十倍も強くなる  ためには一層たしになる  六七百年にもなる  からは、もう随分久しくなる  だんだん親しくなる  不思議をおあらわしになる  伝説ほど古くなる  何だか悲しくなる  月様ほどにしか見えなくなる  地上が見えなくなる  犬はどうなる  人間三十にもなる  ようですし、こうなる  半時間にもなる  ことに、どうしてもなる  犯罪をおやりになる  さらそうなる  集りになる  どちらかにしなければなる  学生さんで、これから偉くなる  関係をお続けになる  ことで、どうなる  もっともっと勉強しなくちゃなる  気の軽くなる  今ではもう、どうせそうなる  ことをやろうとはしなくなる  感じにならなくなる  部屋に限ってわるくなる  話をしなければならなくなる  十分理由になる  十分邪魔になる  諺をほとんど信じたくなる  態度で危なくなる  からもうだいぶになる  訴訟となる  男から助言をもらうとなる  一度告訴したとなる  無罪宣告となる  引延ばしなる  面談するとなる  あなたはおたずねになる  ものが起らなくなる  誤解されるとなる  いま譲るとなる  弁護をお続けになる  いつでもなる  わしは話しにくくなる  聴衆となる  知合いとなる  立場はいよいよむずかしくなる  だんだん力が大きくなる  仕事をやらずばなる  権利があると思いながら、もし行かなかったらどうなる  意に反してそうなる  ことが疑わしくなる  夜も遅くなる  あいだでついに失わねばならぬとしたら、いったいどうなる  お願いしなければならなくなる  続きになる  土地を離れたらどうなる  間から春になる  縁つづきになる  今年などはどうなる  表紙を附けてお置きになる  出勤前にお飲みになる  殊に豌豆をお食べになる  患者溜などを取ると狭くなる  厭がって、ちっとも売れなくなる  浸剤などになる  ぺりして立派になる  葉巻をお附けになる  ところもおありになる  猿になる  学校へも遠くなる  つなぎになる  揃になる  自然収入も多くなる  牛乳をお飲みになる  六十余年前になる  湯豆腐位でお済ませになる  暇にお詠みになる  方もお詠みになる  翻訳材料となる  母上によくお尽しになる  一声お懸けになる  教養をお附けになる  切口上になる  主務教頭となる  全然没交渉であり、如何なる  魂のそぞろになる  祝つてやらずばなる  御馳走せねばなる  涼み場になる  様にせずばなる  自分の強くなる  一銭があになる  悔みになる  おひろいになる  のだから、よく考えてなる  煩となる  自然とおわかりになる  手帖を出さざるを得なくなる  襟を正したくなる  気持がややこしくなる  其點になる  ゆへなる  今さらお捨てになる  単一化になる  正見となる  開明国となる  媒介場となる  住職となる  宗教となる  言葉通りに写せば長くなる  声を立てたくなる  ことし二十になる  事情がなくてはなる  大友はどうなる  つて疑ひたくなる  ざめを味はふことになる  ことし十八になる  ことし二十三になる  全景になる  靨が深くなる  行衛不明になる  これが悪いとなる  あなたもよくおくりかえしになる  ーんとなる  ものと迄なる  からとどなる  ひとは人なつこくなる  お祝いになる  一緒と考えていますが、実際になるとどうなる  通過出来なくなる  ここがどうなる  二三十人先遣隊となる  来年まで待たず、そうなる  賭博者になる  隣組配給になる  これでやろうと思います、暑くなる  味わいになる  ところとなって、おそくなる  あれは大きくなる  過労にもなる  仕事したくなる  五つ蒔いたがどうなる  のびやかになる  しかめ面になる  仔犬と近づきになる  療法になる  国がいなくなる  二つでもなる  から夜風呂に入ってさえ、眠れなくなる  おすましになる  おまかせしなければならないとなる  級がいなくなる  軍納品となる  飛行場が出来るので、やがてはとりこわしとなる  のですが、どうなる  孝子夫人にお会いになる  見出しになる  夏の終りになる  怯懦となる  ダラ幹となる  面白い人になっているって、そうなる  言葉に出せなくなる  みつきたいようになる  ブランカになる  ブランクになる  体が痒くなる  あすこもどうなる  饒舌にもなる  野菜が来なくなる  フコフコになる  変化して来ていて、どうなる  大丈夫となる  酔いになる  ところはありませんし、どうなる  十年ぶりに起きておすごしになる  薬は、早くなくなる  怪腕になる  あなたに毒気を吹きかけたくなる  火が近い、となる  着たきり雀になる  もっとひどくなる  生活が何とかなる  善良におどろかなくなるし、感じなくなる  発見しなくなる  善良でなくなる  お母さんはお住みになる  卑屈さとなる  眺めとなる  月はどうなる  其をやらなければなる  都合でどうなる  一人先になる  しろ物語りになる  ゆたかでなる  敢てしなくなる  故ばかりでない、どうにでもなる  却って地道になる  ことを、どうにかなる  矢になる  矢となる  人におさせになる  どれ丈たよりになる  ままあちらへ行ってしまって、どうなる  税は払い切れなくなる  見識が高くなる  自然子供が大きくなる  ビンとなる  時候は段々しのぎよくなる  ところ一番気になる  しろ忙しくなる  丈お力になる  落付きがいくらかできる迄はいてあげなくてはなる  アンポンになる  昼寝におあがりになる  一人だから、何とかなる  いつか為めになる  清は次第に醜くなる  知らいでなる  流浪してゆくとなる  此等になる  標識となる  新室になる  田の神となる  對してなる  おとづれする事になる  在所となる  今年から人となる  併し、如何なる  數少くなる  意となる  加へて考へねばなる  狂言の元なる  讃美したくなる  必、どうなる  条件をつけねばなる  乞食者となる  註釈になる  関係せなくなる  神のよりましなる  手ともなる  詞霊信仰の元なる  こと我を視るごとくなる  兆象となる  意義分化が起らないではすまなくなる  発足点になる  陰陽師となる  修験となる  猿楽師になる  旅行具となる  播磨のになる  平安朝末から鎌倉になる  鎌倉以後になる  あほだら経となる  階級の出なる  風流などになる  福因になる  説経になる  率も多くなる  国民学校になる  高等二年修了と同じになる  それは過ぎたるは及ばずにもなる  八年制になる  補給は、どうなる  授業時間となる  運命之を抱きて幽暗なる  一夫一妻となる  一夫多妻となる  天稟の存するあればなる  所謂国民的なる狭少なる  今年十一になる  おかんは、そうなる  傍観者となる  調査しつづけていなければならなくなる  コペイカ銅貨になる  云ひになる  掛り勝ちになる  廻り縁になる  芝居をしたくなる  私にお訊ねになる  提灯を吊すとなる  誰も居なくなる  それはもう間もなく、おわかりになる  キットお前一人のものになる  さし向いになる  何か落してみたくなる  汗ビッショリになる  其に新なる  昼食時になる  扇子が売れなくなる  程心配になる  容易じゃない、だが何とかなる  裏が痒ゆくなる  のか、さあこれから忙しくなる  君が恋しくなる  丁度二週間になる  誰かにすがりつきたくなる  四カ月あまりになる  引きあげたい気持ちでいっぱいになる  何か侘しくなる  異状体になる  私がどうにかなる  邪ケンになる  珠算を入れるとなる  嘲笑してやりたくなる  差しむかいになる  のですけれど、重苦しくなる  ホウ絵をお描きになる  心が燃えながら、行ってみるとどかんと淋しくなる  風景も、暑くなる  黒点が見えなくなる  五日あまりになる  目をおおいたくなる  空おそろしくなる  いつまでこうしてたって、寒くなる  私は消えてなくなりたくなる  綿菓子になる  事が苦しくなる  春秋になる  あれから十六七年にはなる  経験が深くなればなる  気持ちにやりきれなくなる  事がめんどうくさくなる  いくら位になる  あと熱くなる  何となくやりきれなくなる  新聞社のかえり、悲しくなる  呆んやりと哀しくなる  俳句でもつくってみたくなる  俳句がつくりたくなる  おなかになる  空想的になる  首をくくりたくなる  一升位ざぶざぶと酒が飲みたくなる  女だって酒を飲みたくなる  声をたてて泣きたくなる  万も唄いたくなる  馬鹿に勇ましくなる  墓石になる  所でどうにもなる  真似はしてみたくなる  八人になる  心の重たくなる  月々五六十円位にはなる  大切なものを探し出して燃やしてやりたくなる  行末はどんなになる  芯がじいんと痛くなる  みじめったらしくてやりきれなくなる  涙でくもってぼおっと見えなくなる  たつきとなる  のかとおかしくなる  あいてになる  小銭をかせいでいてはどうにもなる  大変景気がよくなる  ように淋しくなる  何となく気が軽くなる  際限もなく吐き出してみたくなる  外国へ行ってみたくなる  ょうきに乗ってみたくなる  呶鳴りたくなる  明日から幸福になる  詩を書きたくなる  出勤になる  女中にでもなる  いじめになる  帰りは何とかなる  事に腹立たしくなる  小説を書きたくなる  通過になる  尾道の物語りを書いてみたくなる  激しい恋をしてみたくなる  ように青くなる  もっと、どうにかなる  くせに時には泣きたくなる  爆発したくなる  落書きをしたくなる  人生を考えなければなる  石を投げたくなる  おからが食べたくなる  結びあげたい気にもなる  浅野内匠頭になる  蚊をいぶしたり、たたいたりは、どうなる  所払いになる  油煎りになる  寒い宵ともなる  倖せになる  人妻となる  連帯行為となる  変に応じて弱くもなる  切腹とでもなる  ものを廻しさえすれやあ、どんなにでもなる  いんぎんになる  月前にもなる  口に出せば、たちまち憤りとなる  恋がどうなる  泣き悶えともなる  どろんこになる  とき邪魔ものになる  世の中が明るくなる  二百両近くになる  数が、多くなる  女三分の一ぐらいになる  ぐちになる  夜半近くにもなる  伝に、救われたら、どうなる  それに反して、いざとなる  夕闇の濃くなる  吟味もなる  純理にばかり走ってしまったらどうなる  ことを、お訊きになる  御新造様になる  時を、待たねばなる  裏街道じゃ暮せなくなる  足となる  あれがいなくなる  男ぎらいだなんていうからつい訊きたくなる  公吏になどなる  運命を考えあわせても、こうなる  巨男が、大きくなる  ーとなる  そりゃどこでなる  腹でなる  叔母さんになる  往って遅くなる  水蒸気と、しだいに暗くなる  十四許になる  皆怪物になる  怪物になる  怪物だとは一寸云い難くなる  徳川軽くなる  才人になる  手軽なりしなる  観察もあるに依るなる  種をば引き戻すに至りしなる  回向にはなる  松にもなる  威令嚴かなる  低廉になる  使用せられなくなる  淀君質となる  会話になる  負け公事になる  みせしめになる  普通名詞になる  大大阪になる  學主となる  新らたなる  軽薄になる  人の子の当然なる  万人の当然なる  ダンデイになる  値上りになる  糧になる  先どないなる  大阪へ戻ってきたなら、きっとそうなる  小売商になる  から気の荒くなる  百回にもなる  五尺八寸以上になる  長崎料理になる  ノートらしくなる  がらがらになる  収支つぐなわなくなる  芝居しか、見られなくなる  何万石になる  今年四十五歳になる  朝五つ近くなる  五つ頃になる  出馬になる  かい世話になる  合計四百二十六人になる  千三十四人になる  九つ時になる  遅れ勝になる  つて書くことになる  町奉行組与力となる  此頃番方見習となる  徒弟となる  十一月高井山城守実徳東町奉行となる  七月跡部良弼東町奉行となる  道筋になる  付三斗二升となる  医師となる  皆伝になる  詭計を用いずばなる  だんだん胸が苦しくなる  一口に云えばこうなる  雄蝶をお探しになる  類稀れなる  旅だと云わなければなる  徒になる  階段になる  身ともなる  三尺になる  四尺になる  五尺六尺となる  一緒にならなければなる  同僚となる  好意になる  三夜になる  手紙ゆかぢやなる  てゐなければならないとなる  中まで冷たくなる  小説でも書きたくなる  八十歳とかになる  大変愉快になる  会へお出掛けになる  先生はどうなる  後でどうなる  己惚になる  所が聞きたくなる  責任だけはなくなる  真相になる  呼吸の苦しくなる  父もそんなになる  悪人になる  前に物語らなくてはならないとなる  九月頃になる  健康体になる  彼らが来るとなる  母はこうなる  天子様もとうとうおかくれになる  世話になんぞなる  宅はまた淋しくなる  今度もあるいはそうなる  だんだん鈍くなる  から胃も悪くなる  どっちかで引き取らなくっちゃなる  父はきっとどうかなる  行先がどうなる  容易には売れませんし、いざとなる  しかも叱られると全く出なくなる  ように重苦しくなる  自分が美しくなる  急に苦しくって堪らなくなる  我々は実際偉くなる  至当になる  中頃になる  偏屈になる  抵抗力が強くなる  気にかからなくなる  彼はこうなる  二人はただ堅いなりに親しくなる  主意が立たなくなる  口を破って出るとなる  二人は遅くなる  私は遅くなる  萎縮して小さくなる  通り歩かなければならなくなる  さが深くなる  戦もなる  垂井へお着きになる  本年三十八歳になる  三十八歳になる  これがすぐ悪うなる  働きはなる  戦もせずばなる  大坂城はどうなる  此中にて何となる  延期にはなる  なんぼになる  厭ひてなる  年若なる  資産饒かなる  七ツばかりなる  影のしばしなる  年月が永くなる  魚は、大きなる  先きなる  草津方面へ、となる  長野街道となる  一等品となる  大本となる  当年五十五歳になる  当年四十五歳になる  重々世話になる  逢になる  待になる  晩には遅くなる  それが小降になる  命が驚いて逃げてお還りになる  闕いてお投げになる  枯山になる  内から仰せになる  戸からお出かけになる  神話になる  つて仰せになる  いるか問題になる  三二そのたかきなる  自然の醜なる  普通な傾斜になる  意義になる  スキーが遅くなる  上を滑って行きながら曲らねばならぬが、速くなる  大変速くなる  むやみと多くなる  ついで蓄音器となる  タイプライターとなる  得意でおやりになる  廊下を、なる  だんだん歩調が早くなる  若い才能に遭うと、いたたまらなくなる  不名誉にはなる  ごはんを食べていると、時々むしょうに侘しくなる  さら、いやになる  無力弱小を、いやになる  窮迫がはげしくなる  とし子の骨折りになる  綱渡りとなる  悪党は、なる  御身はどうなる  千両箱となる  大切な光りとなる  公衆となる  ことはあっても、如何なる  差支にもなる  埴輪が現われ出たとなる  人物に着せたとなる  写実的に形作られていたならば、少し遠のけばはっきりとは見えなくなる  自分さへしつかりしてゐれば、どうにでもなる  温泉場となる  客様の御出ましになる  肅やかなる  暁近くなりにけるなる  拍子が速くなる  かいなかったとなる  顔をふせて、サッと居なくなる  とき居なくなる  スイッチを押せば明るくなる  事思い出して泣きたくなる  スッカリ暗くなる  そっちい向いたとなる  君がよしたとなる  相手になったりならなかったり、眠くなる  スイッチを入れ、明るくなる  カムバックができたとなる  金がほしいかと思うと、イザとなる  全体どうなる  すべてがそうなる  足がかりになる  所まで来ると、ギクリとなる  マムシになる  そうさしてなる  空気が溶けて、やわらかになる  下手をすると、おかしくなる  へんがボーッと明るくなる  室は暗くなる  所が明るくなる  室だけになる  はじめ夫婦になる  権利になる  発言権は薄くなる  言葉が出なくなる  婆さんが死んだとなる  警察にそう言ってやらなくちゃなる  元へ戻らなくなる  今そうなる  フォビヤになる  ように、全く動かなくなる  とこが、こんなに明るくなる  あたし、くすぐったくなる  お母様も只お叱りになる  わたしまで、どうしていいか分らなくなる  銅像をつくるとなる  十月四日になる  つまみ物にもなる  大抵一時過ぎになる  俳句などになる  途を振り向きたくなる  傾向にさえなる  阿諛からではなくて、如何なる  寓意となる  ここはかうすればよくなる  気位ゐが高くなる  途端になる  細川家には結構なる  形ばかりなる  慶安元年になる  鶴も鳴くなる  其根本になる  芸尽しになる  此中心になる  ないの神となる  義にもなる  祝福にもなる  妻ともなる  英雄神となる  人形身になる  東歌から証拠になる  起りになる  桑老らしくなる  なかで書かねばなる  劇となる  心盡しになる  樹木となる  なかった位で、如何なる  根本原因となる  帽子はなる  五十ばかりなる  七つ八つになる  二十八年目になる  そのまま写生したくなる  点まで認めなくてはなる  変遷を注意深く調べて見なくてはなる  水田にもなる  金具をなる  嘆声をつい洩らしたくなる  だるい気持ちになる  変化を認めずばなる  技巧の拙なる  謎となる  ことも認めなくてはなる  芸術品になる  心持ちのものになる  そこから解せられなくてはなる  僧尼となる  もののみとなる  需要も多くなる  表が明るくなる  堂内が暗くなる  ように鋭くなる  ことは、きわめて解しやすくなる  力であったと見なければなる  一幅でいいとなる  手荒らになる  背景がなくてはなる  浄土変となる  変形して行かなくてはなる  ことをも認めなくてはなる  潮流となる  観音となる  からんことになる  たてまえはどうなる  副になる  七つ下りになる  稍や激しくなる  道が少し平になる  甲斐もなく、すぐ又暗くなる  是非紹介して置かなければなる  形はなくなる  形は次第に怪しくなる  一人旅のつれづれなる  中に行けるだろうか、暗くなる  人よりも高くなる  叢立ちが深くなる  赤土が多くなる  妙に心強くなる  末にいけなくなる  情調になる  渡り用人になる  ものが乏しくなる  しずまりになる  自分でも恐ろしくなる  人に見られたとなる  身体が痒くなる  検事になる  判事になる  素振りになる  人から圧迫を感ずると、直ぐに耐え切れなくなる  見かけはなる  指針が遅くなる  運動が遅くなる  何時間になる  結局午後七時五十一分三十秒となる  そいつは困った、そうなる  何であるかといいたくなる  魂はそぞろにとおくなる  速水輪太郎はどうなる  ますます縁どおくなる  腹匍いになる  世話好きになる  夜明け前には居なくなる  司法官になる  風当たりの強くなる  心配が多くなる  名がいよいよ高くなる  私たち三人になる  浦島次郎となる  自ら明々白々となる  さくれつとなる  吹雪となる  肥大となる  窓懸けになる  馘首となる  母親ががなる  から、落ついたみなりとなる  中に、すぐ隠れて見えなくなる  景色となる  感情となる  酔いが出て来て、苦しくなる  桶一ぱいになる  戸外を這いまわらなければならなくなる  馬子でも、ぶん殴りたくなる  面白いクラス会になる  領土となる  鼈甲縁の大きなる  らるるなる  花咲かん頼みも永くなくなる  無理に弱くなる  ようにすればなる  十兵衛厭でござりまするとはあまりなる  ことのなる  傾きもあるなる  寄生木となる  助力せん心の、世に美しくも湧きたるなる  出し組ばかりなる  ことはあっても当然なる  さでおくべきか、酸くなる  欝憤を洩らさず知らさず居らるるなる  ほど時候生暖かくなる  ずぶ濡れにはなる  目に逢うたるなる  ものと同じになる  生死をはなる  戒定慧は存しなくなる  十六首からなる  自覚的になる  すべて意義を有しなくなる  解微なる  往生をはなる  普遍性になる  普遍となる  絶対的真理となる  霊となる  ことを強いて尋ねようとしなくなる  手をつけるとなる  靈媒となる  物理化學的説明となる  くたくたとなる  二囘目になる  守護靈さんになる  大守護靈となる  心次第で、どうにもなる  数が次第に少くなる  客が少くなる  上もっと深くなる  こと空があかるくなる  一ぱいはいつてをりますから、おいりになる  それに、歩くとなる  幾ら五圓になる  なぞと疑りたくなる  物ではなくなる  もっと塩をきかせると、おいしくなる  日本は、これからよくなる  どんどんよくなる  ここでおあがりになる  のですが、お持ちになる  アンリ・マチスとなる  異例になる  ふところも同じになる  春陽会になる  記念文字となる  立法だけでなく、おのずからなる  茶漬けが食べたくなる  から品ぎれになる  六年頃になる  城壁が固くなる  ひとつとなる  舞台は次第に薄暗くなる  ひかり明るくなる  月はいよいよ暗くなる  月また薄暗くなる  兄が、かうなる  法師田楽になる  過程は、つなる  印象が薄くなる  山姥となる  事が、直に情なくなる  足繁くなる  上等のになる  貴婦人となる  三抱ほどなる  それまで、どうなる  蜘蛛になる  批判となる  少数となる  譬喩であると言わなければなる  アイヌ人などになる  英語になる  仮名になる  中頃から終頃になる  それから更に古くなればどうなる  将来何者になる  毎年十二月になる  こと落花の如くなる  境に至っておめおめ帰りたくなる  廿七八日ごろになる  日が暮れるとずっと凌ぎよくなる  平安朝末になる  親祭になる  若い衆となる  神聖味が薄くなる  帝王となる  一度にえらくなる  みやとなる  産みになる  気持ちがよくなる  総てが新しくなる  其頃になる  高天原となる  天つ神となる  形式も、お在りになる  色彩が濃くなる  慘の極なる  五ツになる  感じは深くなる  其儘になる  疲勞して坐に堪へなくなる  儚い事になる  子供から青年になる  杖代となる  の極なる  意識からそうなる  行動であったと嘆ぜざるを得なくなる  座に堪えなくなる  伊平屋群島をこめて、なる  一瞬後になる  のが待遠しくなる  一纏めに書くとなる  明方近くになる  大分変つたものになる  副詞句になる  一つ前になる  中をお治めになる  神のおあがりになる  災ひになる  律文になる  了ふことになる  猫撫で声になる  スタイリストになる  主人公がゐなくなる  喰つて見たくなる  ヒレも動かなくなる  中の人物となる  俳優滝沢となる  悪達者になる  やうに持たねばなる  行儀正しくなる  市野が恋しくなる  質だから、なる  ぐられてはほんとに否になる  家督となる  只損になる  ツたらさぞなさけなくなる  さ、おそくなる  妹背となる  五大堂、なる  から家の遠くなる  頃にさへなる  季節にさへなる  眞ツ暗になる  泣出したくなる  謂つて夜になる  八心思兼でなければならなくなる  云はねば収まらなくなる  其時期になる  用法になる  ・えんにとなる  内容しか持たなくなる  此方になる  目あてになる  斎みのしるしとなる  好奇心から八時十分前になる  何もできなくなる  ますます生活が苦しくなる  何も出来なくなる  哀れは日に日に深くなる  世界の王となる  わしもわからないが、かなしくなる  歌ひだしたくなる  だってどうなる  御幣が担ぎたくなる  手を貸せば、どうにでもなる  我輩も立会わずばなる  骨を折ってもらいたくなる  転換させずばなる  アレキシス・ドーブレク夫人となる  これも、やがて、全く聞えなくなる  間も無く、なんにも聞えなくなる  お菓子になる  無作法になる  限界になる  儀など、おもなる  断絶になる  裏ヅケとなる  三十回ほどになる  議員雀となる  島流しとなる  前にはなる  一考になる  自衛隊がするだろう、どうかなる  苦笑し合うばかりになる  湊川決戦となる  医者がいなくなる  上杉領となる  祖となる  太平記となる  上できとほめてやらねばなる  三つよりなる  灯が暗くなる  眼頭がしだいに熱くなる  彼是十歳にはなる  もので、如何なる  俳優は少なくなる  人情に脆くなる  成功作だといはなければなる  懸命になればなる  ヱゴイストになる  気掛りになる  気掛りとなる  写実主義者になる  手懸りともなる  鍵ともなる  研究的対象となる  我々は認めなければなる  これは幽微なる  憎まれ口をいひたくなる  一番問題となる  場合問題になる  良心的になる  心境的になる  ことが沢山あるが長くなる  立場を置かざるを得なくなる  つて参考になる  一時的に遅くなる  製作となる  仮定したらどうなる  批評をしたくなる  存続問題にまでも触れなければなる  顔をみたくなる  日本画家にはずいぶん可笑しくなる  所詮彼は新しくなる  商品は、少くなる  温和しくなる  出版良心をもつまでになる  後代文献にはなる  振りになる  省してみますと、じつに、そうなる  源平時代となる  事情となる  史観におかれると、そうなる  しんがりになる  ひとつの主題になる  先駆を勤めなければならなくなる  描になる  同一でなくなる  行方も知れなくなる  論になる  稀覯本になる  惧れずにいられなくなる  一の谷の合戦描写になる  運賃となる  経済組織となる  小説にはなる  まり文句になる  壇ノ浦描写となる  立証になる  永遠性が信じたくなる  庭などが、かえってよくなる  七月にもなる  九十年目になる  書直しがやりたくなる  単行本となる  時間が欲しくなる  夕になる  鞭撻にはなる  何倍にも明るくなる  説明しては、おもしろくなくなる  腑に落ちないとなる  いつまでも思い出になる  十巻完了になる  歌舞伎十八番物になる  着手するとなる  一課題になる  ぼくも少し怪しくなる  必需品となる  濡れガラスになる  一行四名となる  実定がなる  買食いがしたくなる  ドアから車体全体、直さなければなる  みな黙りっ子になる  需要していたとなる  声をかけてやりたくなる  説明が聞けなくなる  御飯となる  息ヌキにもなる  一方になる  車二台となる  うららかそうに楽しんでもいられなくなる  文化財地蹟となる  わけが分からなくなる  魚臭くなる  社会栄養となる  朝飯となる  いとぐちにはなる  創作の力づけになる  用語となる  大切になる  書物にまとめるとなる  ぢやまになる  天文学者になる  六〇封度になる  基本にはなる  例証となる  十何年前になる  札元になる  末尾となる  疑問に措かねばなる  東寔敬題となる  戦国初期になる  一集になる  参考書を並べてみるとなる  補足する足しになる  これとムキになって闘ったとなる  北条早雲となる  空文になる  お久美さんは、あんまり遅くなる  工合の悪くなる  気にならなくなる  相談相手にはなる  成るまで黙って見て居て、いざとなる  気温の最も低くなる  あたり一面に並んだとなる  それから一年目になる  身うちの涼しくなる  野悟となる  ざらしとなる  から四十三歳になる  簑笠になる  贄をおあがりになる  輸入とばかりはきめられなくなる  根元となる  中流地となる  蛇身になる  後に、ひらみとなる  せがれともなる  巫女祭文の色濃くなる  福助になる  落になる  名だけになる  幾年月になる  七十幾つになる  人々は、なる  国主となる  のを見逃してはなる  騒は益々大きくなる  行末何になる  三娘であるから声が出なくなる  頓狂で、騒々しくなる  ように低くなる  だんだん活字が大きくなる  これをおあがりになる  風は次第に強くなる  スッキリ読み易くなる  カタワになる  殆ど分らなくなる  天才になる  高等数学となる  連絡が怪しくなる  もっともそうなる  足もとの明るくなる  訳がなる  自分らは暗くなる  用になる  菜となる  会議でおそくなる  臆面なくえらくなる  徑八寸ばかりなる  有無が明かでなくなる  逆効果になる  のにつれて、益々強くなる  茫然と立ち止ったなり、次第に遠くなる  剛力ではなくなる  砂金になる  待ちになる  川幅が狭くなる  犠になる  それなりになる  鮨までなつかしくなる  婆さまがうらやましくなる  暮しがちっとは良くでもなる  事も云いたくなる  お前みてえになる  づ御馳走になる  駄佛となる  來ないとなる  人間がどうでもなる  うちから青年になる  爲めでなくてはなる  カタワとなる  言葉が言えなくなる  股を抓ってみたくなる  課長になる  物が猶ほ欲しくなる  硯箱になる  五十七年になる  人たちが、もつと仲よくなる  一年から二年になる  何となく薄気味が悪くなる  ガクガクになる  判別し得なくなる  二百匁位になる  から共産黨になる  母親にあいたくなる  増し大きくなる  呼び鈴などのすぐ悪くなる  ために情けなくなる  いっしょに遊びたくなる  の、なりたいわ、泣きたくなる  大学になる  通り、つれづれなる  ように忽ちおとなしくなる  間にもなる  息ついたが、さてこのおさまりはどうなる  立ち話もなる  働きがなる  燥っても狂っても、どうなる  構えをせねばなる  長居もなる  小坂部はそうはなる  ここへ送られて来てなんとなる  乱れとなる  常闇となる  身の光りを拝まねばなる  むかしになる  もの棲家ともなる  つてひもじくなる  商賣になる  橋でなくてはなる  殘しておかないと、もう間もなく見られなくなる  押つめて行かねばなる  はじめころになる  上向けになる  文字になる  たか見定めがつかなくなる  日常実用するとなる  混乱がはげしくなる  世の中が淋しくなる  五人六人となる  五六年にもなる  此頃午後になる  つて変にもなる  もう少し年を取ったらどうなる  歪になる  判断構造となる  裸わなる  オールとになる  政治小説みたいになる  コムミュニスト作家がなる  芸術家でなくなる  政治が入ると面白くなくなる  感じがよくなる  のだと思ふと更に面白くなる  気がせわしくなる  取払いになる  黄昏から夜になる  芸者なんぞになる  夜ごとおそくなる  急に憎くなる  両方から板ばさみになる  勤め人などになる  計画のなる  手品使になる  聖者になる  五日六日となる  そばで、うーむとうなる  大福長者となる  だんだん栄花がほしくなる  満足が出来なくなる  山に分け入りたくなる  長者ともなる  ぱい液體になる  醋酸曹達となる  中が忙しくなる  肌が寒くなる  自分が、悲しくなる  目かもしれないが、しかしそうなる  お出かけんなる  将来学者にもなる  文化部員となる  衛生部員となる  劇場を、いつもつようになる  邪魔んなる  安置して、心からなる  天才になればなる  飯時分になる  解氷期になる  髭は白くなる  ことんなる  ソヴェトはよくなる  仕合せとなる  五倍も多くなる  くたくたになる  列は長くなる  六十二カペイキ半になる  消費組合はどうなる  堤になる  突撃隊になる  ものは書けなくなる  社会のなやみになる  悪いことはみないいたくなる  みずから生きる力が弱くなる  丈夫に生まれても弱くなる  要求がわからなくなる  ことはよくおわかりになる  研究題目にもなる  交りて、大きなる  さをなる  家も見ゆるなる  仕合せ者であったと言いたくなる  私までたのしくなる  子供は甘くなる  負担をかけるとなる  たちについて少々述べなければなる  心が大きくなる  彼のものになる  らりや世間も狭くなる  チヤンとナどうせなる  のは、如何なる  隅っこへ小さくなる  暑い盛りになる  事務員にでもなる  木がよくなる  木が、こんなによくなる  交流になる  お母さんがおしかりになる  正雄も、なる  數となる  ことが明かとなる  雪の安賣に限りしなる  夜寒となる  國なればなる  ランプ屋になる  ランプはいらんようになる  判断が正しくつかなくなる  多感になる  味となる  クスリになる  秋となる  まれとなる  七八十歳になる  世の中は暮らしにくくなる  表はいよいよ明るくなる  月様はおあがりになる  俄にこんなに軽くなる  だんだんに薄暗くなる  光、いよいよ暗くなる  家内は暗くなる  月も再び明るくなる  幾らほどになる  四千両と引換えになる  舞台は暗くなる  室内は明るくなる  ひかり薄暗くなる  一緒におわかりになる  事を、お思い出しになる  おすすめになる  通りにお寝みになる  お母様がお寝みになる  聞になる  産所へお這入りになる  ようになって、お叱りになる  鳥目になる  お金をお貯めになる  働らきになる  手足をお温めになる  地獄に落ちておいでになる  眼鼻口をお描きになる  人形にお取りかかりになる  心からお笑いになる  処にお架けになる  上物になればなる  お湯が冷たくなる  父様からお斬られになる  方に見えなくなる  お子さんがおありになる  熱つくなる  唇が痛くなる  難からざる事となる  法廷の如くなる  心は物狂おしくなる  じき二十三になる  行為が空恐ろしくなる  疑いはいよいよ薄くなる  事情であるから死刑にはなる  釜をお取りあげになる  美徳でなくなる  偽善者になる  媒になる  後悔せねばならなくなる  疚ましくなる  誇りかなる  必然を見なくなる  専門家となる  緩慢となる  ところ貧しくはなる  幸福にはなる  手もて触れ得なくなる  個性はいかなる  骨肉となる  愛が深く善くなる  完成となる  却って有害になる  一程となる  金縛りにしてはなる  仲だちとなる  川から現れたでしょうに、そうなる  わたくしは悲しくなる  モチーフとなる  七十二になる  俺は切なくてやり切れなくなる  それが縁付くとなる  大の字になる  口がおありになる  城へお着きになる  オシャベリ姫はどうなる  そこへ行ってお聞きになる  命の短かくなる  気のボーッとなる  三四百年にもなる  ラ行音となる  理窟が聞こえなくなる  父が居なくなる  肥つた十二になる  気分の荒くなる  何時病気になる  だんだんに騒がしくなる  何しろ此女がいなくなる  中ごろになる  払いになる  自分ひとりになる  生計を考えておかなければなる  おれ一人ならばどうにでもなる  医者さまになる  身上は大きくなる  年の暮れになる  ますます熾になる  コレラになる  ほんとうにコレラになる  自分から病気になる  道楽となる  のりになる  乗りかえになる  ヘッドライトが強くなる  線路のそとになる  決論になる  ふちだってぺちゃんこになる  伝熱砂盤がわりになる  君は可愛くなる  棲家となる  草花時季となる  掲示でもしてあれば採りたくなる  二月余りになる  私これでよくなる  私いつよくなる  凡てはよくなる  それが消えてしまうとなる  スレスレになる  女を与えてなる  幸福を与えてなる  清浄になる  手料理になる  明かとなる  目をさましても、すぐに、どうなる  一端がなる  法水君、そうなる  式日になる  謎はどうなる  十分反対側に届かなくなる  中から導体になる  一度顔を潰されたとなる  五代になる  味方とでもなる  体中が熱くなる  水蜜桃のなる  還元されなければならなくなる  論理的でなければならなくなる  徴表となる  写真機になる  必然にそうなる  循環論になる  ごまかしが利かないとなる  はじめてご馳走になる  輸血をしたらよくなる  来年から年一つ若くなる  金城鉄壁だけれど、何とかなる  三万円にはなる  喘息がひどくなる  それが小さくなる  好になる  落葉がとみに繁くなる  椅子なので、寒くなる  自分で泣きたくなる  ように明るくなる  躯工合でも悪くなる  ことと云わなければなる  私的情誼的におやりになる  一人では足りなくなる  精力が逞しくなる  三人も囲いたくなる  十倍百倍になる  大金持ちになる  田舎へ来るとそういかなくなる  手に入れるとなる  濃茶となる  目醒めになる  眼醒めになる  洋上になる  草木が大きくなる  世間が狭くなる  いのししになる  健坊が大きくなる  おとまりになる  農林技師になる  今日はねむくなる  先生がおたずねになる  いまよりらくになる  つばきがあつくなる  から哀れになる  ことをお訊ねになる  異変も、しばしばあると思はなければなる  大騒ぎにはなる  山にはなる  ひとりおやすみになる  おれはもう、死にたくなる  三十何年かになる  三十七になる  十年以上にもなる  十何年になる  品評をしたくなる  變も、しばしばあると思はなければなる  浦靜かなる  樣となる  胸わるくなる  息がくさく穢くなる  賑ひもまた一層激しくなる  俄にがらりとなる  払ふことさへ次第に惜しくなる  子供にもやさしくなる  根が浮くくらいになる  どっちかが力強くなる  九つばかりなる  自殺を謀りしなる  時は思いしなる  写真掛けなる  のがかうなる  旅費にもなる  から声が聞きたくなる  観察するに止めんとせしなる  関係なく暗くなる  昂奮して赤くなる  財政的困窮がうなずけなくなる  これがじっさいになる  刺激にはなる  ちょっと親しくなる  子供らしくなくて、憎らしくなる  福音であると言わなければなる  浜べになる  んだが、さて、いざとなる  構成派的に並べてみてもこうなる  いま亜弗利加旅行からおかえりになる  ひとつ嫌になる  真空ぽけっとなる  近代的デザインになる  ますます太くなる  から二年になる  妙に可愛く微笑みたくなる  悲観したもうな、と慰めたくなる  突出してきて、こうなる  戦死者となる  特大闘牛になる  話だが、こうなる  大立物になる  道義感を疑いたくなる  国内電報になる  六十七歳になる  迂回になる  スキイとなる  ウィンタア・スポウツになる  サン・モリッツとなる  自然だったと言わなければなる  今夜おやすみになる  身動きが取れなくなる  額縁になる  僕は心からなる  挨拶しなければなる  娘をこんなにいじけさしてしまったと思うと泣きたくなる  受持になる  ためには、当然そうなる  遽雨となる  それは辛くなる  戦がなる  夕方も暗くなる  向う側になる  百本になる  小切手になる  封鎖になる  五百円になる  病気はおもくなる  阿呆もあのくらいになる  おれたちより弱いとなる  つて練道となる  今夜から将来幸福になる  うわさになる  つてはいれなくなる  まことに美しくなる  重量に堪へなくなる  だんだんお寒くなる  四年五ヶ月になる  四年一ヶ月になる  側をも書き添えて置かねばなる  化物ともなる  大入道となる  罪が恐しくなる  から完結になる  おれ達はどうなる  たけ高くなる  一人ぐらいはどうにでもなる  男一人ぐらいはどうにでもなる  チンドン屋にでもなる  帰りはやけになる  程かなしくなる  マネキンになる  街が小さくなる  幕切れ近くなる  謎でなくなる  それ以外に、お訊ねになる  十数秒前になる  傷害沙汰が繁くなる  づつ気になる  あたしのものになる  から三日目になる  人間だったと見えて、こうなる  外來のみなる  二週間以上にもなる  権化となる  問題はいつたいどうなる  足掛十年になる  彼此六七年にはなる  見通しは利かなくなる  十六七日目になる  から幾日目になる  上頭が使えたらなおありがたいと云わなければなる  社会学そのものになる  力学的がはなはだ心細くなる  牡蠣になる  ただ寒くなる  月に生きつつあるとまで言いたくなる  露に洗われつつしだいに高くなる  そのままとろとろとなる  好意となる  所作がどれほど尊とくなる  生き法と云わなければなる  夜は長くなる  記述になる  屋敷町になる  葉巻になる  眼がボーッとなる  竿先が重くなる  五六歳になる  勉強するとなる  自分を今にきつとえらくなる  女のいけなくなる  日のちかくなる  そめのなやみなる  さはひとり求めわぶるなる  霜柔かなる  液出す小さなる  凧、その大きなる  夜には小さなる  實になる  虻を伏せやすくなる  西洋風となる  面白い、美しいとなる  嫌いとなる  ポーッポーッと明るくなる  面白いとなる  話が面白いとなる  意気込みになる  行きちがいになる  つて嫌ひだつて、なる  秋ぐちなんぞには着てみたくなる  ときどきいけなくなる  めちゃめちゃにたたき壊してやりたくなる  ところへそろそろ行かずばなる  名人上手となる  勘定、となる  貧乏でなくなる  払はなきや、どうなる  淫売婦にもなる  メカケになる  売春婦になる  木が大きくなる  どれほどになる  のだったが、よく聞いていると、なる  坪敷になる  中学生のものになる  ことはできにくくなる  新一、遅くなる  俺はどうしても起られなくなる  程、眠くなる  中学校女学校時代の子供になる  子供を愛していると、おいいになる  朝から苦になる  日が暮れるくらくなる  用事が多くなる  酒代になる  あとで、どうにかなる  時にはまた、どうにかなる  横手から爪先上りになる  科學的になればなる  不作にもなる  重大時局になればなる  ぼつて、明るくなる  花粉をこぼしたくなる  撒布したくなる  外へ捨てたくなる  慷慨でどうなる  拂ひになる  旗下にささげたとなる  途になる  對照となる  法になる  頼りにはなる  十數年になる  時代には話せば話すほど分らなくなる  一助にはなる  驅にもなる  圈内となる  緻密に美しくはなる  一ころ日本中が赤くなる  天文學的數字になる  行つた譯になる  無敵になる  區別がつかなくなる  却つて邪魔になる  文章は讀まれなくなる  對照になる  つたのになる  今日檢討して見ると、多分なる  對して聞えなくなる  芭蕉となる  知識だか分らなくなる  隅田川だけを書いて居れなくなる  末梢になればなる  一茶となる  みな竹になる  強ひられても猶、固くなる  畫のうまくなる  素心になる  三百年忌になる  悶着になる  大量生産にすれば、かうなる  餓鬼を作るし、御座います、となる  とつて、どうなる  樂しみも少くなる  接吻雜誌、かうなる  程度か、どうも疑ひたくなる  二十年餘にもなる  沈み顏になる  迎へになる  旅は費やさねばなる  文化交流にもなる  新風になる  洋酒にもなる  とこで、どうにもなる  男から相手にされなくなる  飮料にもなる  それが見えないとなる  から大人になる  反目してみたくなる  大減收になる  瞼があつくなる  材木になる  わが身が、うら悲しくなる  語り場となる  風刺畫みたいに思はずにゐられなくなる  文藝視野から、もどかしく、疑はしく、立入りたくなる  批評家にもなる  人間一休となる  道樂者になる  戰國期となる  人間ができて居て偉いとなる  山岡鐵舟となる  間違ひになる  これは古いとなる  から嬉しくなる  罪滅ぼしになる  數になる  ちかが敗けたとなる  自分を作つてきたかとなる  日本になればなる  ちよつと立つてみると、なる  ことし九歳になる  味のものになる  互が、かうなる  所から仰向けになる  県道になる  足腰あ利かなくなる  三時に起きてるの、どうなる  無人になる  めぐり合せが来てそうなる  事あ、なる  門口から見ていてやるからと言って、小さくなる  粘りになる  一緒に、噴き出したくなる  オリムピック行は、どうなる  から大きくなる  のではないかと固くなる  引揚げてしまいましたが、そうなる  二重瞼になる  手も動かなくなる  ポカンとしていましたが、堪え切れなくなる  スカアルの小さくなる  あなたが見えなくなる  あなたが欲しくてたまらなくなる  心も痺れ、なる  女が慕わしくなる  ぼくが堅くなる  舞踏會になる  夜になれば暗くなる  差引勘定零となる  其零となる  俳句にはなる  から四年になる  一本立では遂になる  自治となる  ピエロオになる  危険が大きくなる  無駄書したくなる  特権を与えなくなる  こともいつどうなる  二度目になる  凡てが、よくなる  何となく力強くなる  量にはなる  特にひどくなる  時間の遅れより早くなる  気は起らなくなる  作つておいでになる  殺風景でなくなる  端金が、どうなる  当年三歳になる  三年目になる  なり美しくなる  んだけれど、悪くなる  昼の光りが次第に移って淡くなる  比較が可笑しくなる  温泉となる  時から二三年後になる  平ったくなる  非常召集になる  絶縁を迫りたくもなる  人間もずるくなる  直ぐ金になる  屹度お金になる  いになる  煙は細くなる  九人になる  厭で死にたくなる  夕酒になる  ブチ壊してみたくなる  世界に返してみたくなる  みんなインポテントになる  みんな主義者になる  キット死にたくなる  マン丸く、真白くなる  呪咀いになる  女と親しくなる  男はなる  気にかかって、云い出し難くなる  束縛になる  凉しくていいけれど、寒くなる  一度は逢わねばなる  それも出来にくくなる  関係も多少は打ち明けなければなる  こと金石の如くなる  情の濃なる  許りなる  花の如くなる  人を殴ったとなる  肉体が益々美しくなる  のがしみじみ嬉しくなる  遠慮しなければなる  今後臆病になる  夢中にもなる  最善を尽して、こうなる  結果より、こうなる  独りぽっちになる  路伴れになる  除名になる  事情がおありになる  何かおありになる  のであるが、ちっとも固くなる  ちゃんとお判りになる  あとが読みたくなる  あいそになる  理窟を言えばそうなる  女性同士で抱きあって泣きたくなる  お互い、このとしになる  ことがあってはなる  女の子がたけだけしくなる  細心にとりのぞいて行かなければなる  うねりが尊ばれなければなる  みんな自分のものになる  興味ふかくもなる  意思表示となる  品評が、おのずからなる  不眠症になる  あなた身重になる  妾それをかんがえるとなさけなくなる  幕間になる  千秋らくになる  思いをしなくなる  市町村会議員となる  人格者でなくなる  紡績工となる  最高標準となる  啓発となる  老嬢となる  価値標準となる  女は女らしくなる  女は、女らしくなくなる  方だが、それでも、なる  却って別嬪になる  二回目となる  笑い度くなる  だんだん、ねむくなる  仮睡状態になる  帯も緩くなる  問屋となる  乱舞となる  正月五日になる  仕手になる  通りだ、なる  村夫子はなる  顔を見てなる  計画の非なる  星明かなる  つて口が聞けなくなる  お腹が悪くなる  向うも、ふわふわと疾くなる  一倍高うなる  後姿になる  間違いにでもなる  火を消さずばなる  七三郎も、こうなる  俺が敗けたとなる  魚が釣れなくなる  ジャーンと聞こえやすくなる  一つ参考になる  試金石となる  樺太から帰つて一ヶ月にもなる  更欲しくなる  信頼になる  天子宰相になる  貴族となる  代表となる  一匹夫となる  一兩となる  其後宋代になる  かも新しくなる  ビックリしなくなる  愛の新なる  保險業者になる  つて文學者になる  限り問題となる  廢嫡になる  寒い心に堪へ難くなる  癪に障ると思はないではゐられなくなる  時、やけになる  氣まぐれともなる  多く面白い證明のよすがとなる  處を寫さう偉なる  ものでなけらねばなる  さになさけなくなる  たん惚れたとなる  から一週間にもなる  一體新聞小説家になる  自分自身がかかりあひになる  滿になる  泪ぐましいやうな心もちになる  寫實になる  大人にはなる  意氣になる  靈氣に打たれて新なる  形式一遍になる  主義でも、如何なる  者であれば見えなくなる  ヅボン下だけになる  市中を錬りあるきになる  木葉微塵になる  島が溶けたら、どうなる  仲好くなる  楔となる  小便が出たくなる  十時となる  知らないから五時になる  上目使ひになる  實が黒くなる  將來どうなる  玻璃の如くあえかなる  船は遠くなる  むる契點となる  人々は驚いて新なる  鐵砲がなる  船唄も明かになる  む許りに悲しくなる  グラウンドになる  骸骨になる  鬼火らしくなる  悲鳴をあげたくなる  浸水区域になる  春頃になる  わからんようになる  守護符になる  追想談になる  殊に三年になる  前後になる  からざる事実と言わねばなる  事故が多くなる  衷情を語るなる  落度となる  病床にあれりしなる  の料ともなる  時五十二になる  神様はお在りになる  神様がお叱りになる  港になる  喜びにこそなれ、お叱りになる  明日此処へお成りになる  検分にお成りになる  夫役になる  数五個になる  高原が恋しくなる  乗員裸となる  もっと先になる  爆発となる  いくつしのぎになる  五十ぴきにもなる  もうけになる  ゴロツキみたいに悪くなる  やくもしなくなる  完全に動かなくなる  運命は、これからどうなる  ことばがむずかしくなる  これはぜひおぼえておかなくてはなる  構造がおかしくなる  われわれはどうなる  よけいに見たくなる  ますます安全となる  極刑になる  力も、こうなる  面よごしになる  ますます聞きたくなる  ことをいうと心細くなる  書生丸出しになる  人びとはまもなく信じなくなる  神話的人間像とはなる  これがこれからどうなる  ことを振り返って思わなければならなくなる  時代にさかのぼって話されなければなる  中に最も偉なる  丈三尺ばかりなる  腰は立たなくなる  歳末になる  家賃になる  多くお手本となる  此を仕上げたらどうなる  けが俺のになる  特別のものになる  それから豊周になる  ものがあるが、なる  程易しくなる  浮彫になる  そのまま薄肉になる  谷が丸くなる  天平になる  薬師になる  自由自在になる  脚がすくんであるけなくなる  行先はどうなる  

形容詞

~ なる[形容詞]
まりなる  偉なる  若葉なる  

~ なる[形容詞]
華かなる  

なる[形容詞]
なる犯  なる電  なる長  なるさ  なるら  なる業  



前後の言葉をピックアップ
鳴る  成る  生る  為る  ナル  なる  奈留  成井  なるい  鳴岩川


動詞をランダムでピックアップ
見顕さ立入ら醸せそらす費やし囀っ