「鳴る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 鳴る[動詞]
峡に鳴る  扉の鳴る  風葱嶺に鳴る  中は鳴る  奥が鳴る  サイレンが鳴る  葉が鳴る  腹が鳴る  二月十七日サイレンが鳴る  ベルが鳴る  鐘の鳴る  山が鳴る  葉の鳴る  汽笛が鳴る  落葉ふめば鳴る  大砲が鳴る  風鈴が鳴る  つやまづ風鈴の鳴る  風鈴のしきりに鳴る  風鈴の鳴る  枯葉の鳴る  手が鳴る  チリリリリリンと鳴る  さらさらと鳴る  胸が鳴る  をちこちで鳴る  澗水の鳴る  中で鳴る  六時が鳴る  階段にコトコトと鳴る  からからと鳴る  さんさんと鳴る  若い人たちがくるではないか、しやりしやりと鳴る  鈴が鳴る  銀の鈴が鳴る  いまぞ鳴る  雷鳴が鳴る  雷の鳴る  遠くで鳴る  一人旅風が鳴る  やうに鳴る  風の鳴る  度にぎしぎしと鳴る  林に鳴る  樹木の鳴る  一列涛が鳴る  涛がぼとぼと鳴る  一列濤が鳴る  濤がぼとぼと鳴る  日風が鳴る  鳩時計が鳴る  辛気に鳴る  雷が鳴る  ブンカブンカと鳴る  風に鳴る  底に鳴る  底に、鳴るわ鳴る  あたりがぽきぽきと鳴る  どんどんつくつくと鳴る  呼鈴が鳴る  呼吸に鳴る  辛辣で鳴る  隙間から鳴る  脉は鳴る  曠野の、鳴る  一聲が鳴る  底の鳴る  早鐘ほら鳴る  足エツサツサほら鳴る  目覚まし時計の鳴る  目覚ましの鳴る  呼鈴が烈しく鳴る  それから、かつかと鳴る  んごろごろと鳴る  谷も鳴る  村も、鳴る  村も鳴る  それから、かっかと鳴る  ンと鳴る  板の間に鳴る  蹄が鳴る  海遠く鳴る  鐘多く鳴る  梢に鳴る  水が鳴る  月夜に鳴る  カンと鳴る  韻の鳴る  私は、鳴る  水こぼこぼと鳴る  ごろごろと鳴る  雪はチリンチリンと鳴る  紙が、はらはらと鳴る  舍密が鳴る  市で鳴る  鐘は鳴る  春ここにちりりんと鳴る  ラッパが鳴る  胡弓が鳴る  中に鳴る  ベルの鳴る  霰が鳴る  稀にカラカラと鳴る  屋根に鳴る  草が鳴る  そこらの鳴る  陶器が鳴る  私にすこしその鳴る  ジャンと鳴る  十二時半が鳴る  から雷が鳴る  盛んに鳴る  から雷の鳴る  蝶番いの鳴る  帆車が鳴る  板の鳴る  時計の鳴る  ちんから鈴が鳴る  鈴の鳴る  寂寞をゆすって鳴る  ヒューと鳴る  喇叭が鳴る  太鼓が鳴る  微かに鳴る  閂が鳴る  聡明をもって鳴る  電鈴の鳴る  靴の鳴る  海の鳴る  何うしたら鳴る  関節の鳴る  神楽いみじくも鳴る  胃の腑の必ず鳴る  汽笛の鳴る  たましい非常汽笛が鳴る  空をふるわせて鳴る  ぐわうーと鳴る  障子の鳴る  ーと鳴る  口笛が鳴る  チヤリンと鳴る  号砲が鳴る  髪が、がさがさと鳴る  ろと鳴る  開枕板の鳴る  近くさやさやと鳴る  ベタベタと鳴る  それは鳴る  ルルルルルルと鳴る  カンカンカンと鳴る  窓枠のがたがた鳴る  虚空に鳴る  ピリピリピリと鳴る  山の鳴る  底からともに鳴る  百雷の鳴る  非常によく鳴る  時によく鳴る  たびに鳴る  ガチャリガチャリと鳴る  軍刀が鳴る  蘆荻に鳴る  音を立てて鳴る  リーンと鳴る  かすかに鳴る  二発目が鳴る  水の鳴る  ざま呼笛が鳴る  レールは鳴る  ヒューッと鳴る  雨の鳴る  鐘おほく鳴る  蕭々と鳴る  りゅうりゅうと鳴る  かみなりも鳴る  腕が鳴る  胴とがあるとすれば、鳴る  特別によく鳴る  ポウツと鳴る  滑り木が鳴る  優遇するとなると、ただ鳴る  風が鳴る  たびにちりんちりんと鳴る  鉦が鳴る  奥で冴えて鳴る  あんと鳴る  いやに鳴る  御山は割れるばかりにごううと鳴る  すてきによく鳴る  涼しい風風鈴の鳴る  徳望縣下に鳴る  水、鳴る  徳望県下に鳴る  線条に鳴る  ブラ下つた琵琶は鳴る  砲が鳴る  空で鳴る  今も鳴る  時計が鳴る  一時間おきに鳴る  四時は鳴る  ギシと鳴る  ガタガタと鳴る  笹が鳴る  清廉をもって鳴る  刃に触って鳴る  炭の鳴る  うごう鳴る  ぃんと鳴る  のかまたしてもごうと鳴る  枯草が鳴る  地に伏して鳴る  ざまに鳴る  雨戸に鳴る  船櫓の鳴る  不遇を以て鳴る  才で鳴る  天才で鳴る  葉子はやむを得ず、かつかつと鳴る  糸が鳴る  精鋭をもって鳴る  セコンドが鳴る  鼓が鳴る  朝から狼火が鳴る  バチバチと鳴る  今頃警鈴が鳴る  溜で鳴る  ドンドンドウドウと鳴る  中にて鳴る  樹の鳴る  ちりんちりんと鳴る  午砲が鳴る  耳が鳴る  から轟と鳴る  ぐうと鳴る  奥で鳴る  上で鳴る  鐘もやがて鳴る  毎日、早く鳴る  時刻に鳴る  つて雷が鳴る  警笛が鳴る  空襲警報が鳴る  ポーと鳴る  一つにして鳴る  鱗が鳴る  カサコソと鳴る  上に鳴る  武器の鳴る  ピイと鳴る  ぴいと鳴る  自然に鳴る  トウトウと鳴る  終りに鳴る  三十回以上雷の鳴る  大変屡々に鳴る  かなり烈しく鳴る  ヒュウと鳴る  強大に鳴る  天地も破れんばかりに鳴る  メルボーンでも鳴る  シドニイも鳴る  戸の鳴る  ステッキが鳴る  歯が鳴る  鎖の鳴る  顔に鳴る  いまによく鳴る  上部に喧しく鳴る  翼がばさばさ鳴る  箪笥が鳴る  冬へかけて、カンカンと鳴る  声で、断えず鳴る  葉に鳴る  何か鳴る  チリリンと鳴る  下に鳴る  笛が鳴る  パチッと鳴る  奥から鈴が鳴る  つど鈴はカラカラと鳴る  グラノフォンの鳴る  暮六ツが鳴る  汽笛は鳴る  音がごうと鳴る  気が立ってしまってパチパチパチパチ鳴る  むちの鳴る  がたがたと鳴る  サラサラと鳴る  瓦に擦れて鳴る  サワサワと鳴る  深更夜色沈々只鳴る  ハタハタと烈しく鳴る  シイツが鳴る  骨の鳴る  ところで鳴る  鞭の鳴る  ように鳴る  鞭が鳴る  ゴーンと鳴る  ようにグッと鳴る  枯芭蕉を吹き倒すほど鳴る  風の音がごうと鳴る  ざわざわと鳴る  コトコトと鳴る  ようなカラカラと鳴る  ポキリと鳴る  技を以て時に鳴る  頭のうへに来て鳴る  葉が直ぐ鳴る  鐸が鳴る  シャンと鳴る  ほら貝が鳴る  間が鳴る  ブウが鳴る  海にぽうぽうと鳴る  鉄瓶の鳴る  咽喉の鳴る  空氣の鳴る  呼鈴の鳴る  勇敢をもって鳴る  勇猛をもって鳴る  梢には物すごく鳴る  腹鼓の鳴る  ぱちと、鳴る  真似して鳴る  そよと鳴る  変者をもって鳴る  円通寺より鳴る  一音ハープが鳴る  颯、颯と鳴る  腕もまた、鳴る  尺八が鳴ろうと鳴る  キュッキュッと鳴る  ブウと鳴る  顫へて鳴る  海の遠く鳴る  カタンカタンと鳴る  お題目をど鳴る  何でも鳴る  それがカラカラと鳴る  尾萱の鳴る  ホトホトと鳴る  /″\に鳴る  こちらも鳴る  風鈴がやけに鳴る  ろぎこうろぎ風鈴が鳴る  五大州に鳴る  除夜の鐘もそろそろ鳴る  体が軋み鳴る  太鼓がしきりに鳴る  ボーンと鳴る  音や、ひっきりなしに鳴る  馬が、鳴る  環が鳴る  電話となって、ジリジリと喧しく鳴る  そこで鳴る  時銃忽ち鳴る  どんどこどんどこと鳴る  そばには、あのさわさわと鳴る  噴水のさわさわ鳴る  二時が鳴る  風鐸の鳴る  ジャジャジャンとやかましく鳴る  大砲小筒、鳴る  カタカタカタと鳴る  枯芦の鳴る  ポーンと鳴る  ポーが鳴る  さまに鳴る  そこら中きいんと鳴る  太鼓の鳴る  そこらじゅうきいんと鳴る  根が鳴る  音が、とうとうと鳴る  ざーっと鳴る  掌が鳴る  さますようにえんえんと鳴る  盾に鳴る  ときぎちぎちと鳴る  さうに胸の鳴る  云ふかういふぜいぜい鳴る  峡流も鳴る  柏が鳴る  電線も鳴る  こぼこぼ鳴る  どこで鳴る  人の睡りをゆすりつつ鳴る  ぼうんと鳴る  胸が激しく鳴る  ブウブウと鳴る  ネコにはちりちりと鳴る  輪の鳴る  かちかちと鳴る  半鐘はやっぱり鳴る  ミシリと鳴る  警笛がピリピリと鳴る  ドカーンと鳴る  ミシと鳴る  豪胆をもって鳴る  ものが鳴る  ようにとどろき鳴る  咽喉が鳴る  金物がからりからりと鳴る  端高く消ぬがにも鳴る  木枯に鳴る  小石を散らしてかちりと鳴る  雨戸が鳴る  ざざあ、と鳴る  湯が鳴る  音がさあさあと鳴る  樹がことごとく鳴る  鉄瓶が鳴る  号鈴が鳴る  号鈴がしきりに鳴る  限りは、とんとと鳴る  ことと鳴る  砂をはね上げてヒタヒタと鳴る  輪が鳴る  萌が鳴る  カチャカチャと鳴る  つてたたけば鳴る  音で鳴る  オヤ初夜が鳴る  一これでも鳴る  ゴーッと鳴る  拍子木が鳴る  血管の鳴る  遠方で鳴る  自分の鳴る  機械の鳴る  ひそかににほひぞ鳴る  雫ぞ鳴る  床板の鳴る  足はどうしてさうがたがた鳴る  足はさうがたがた鳴る  カチッと鳴る  八時が鳴る  十一時が鳴る  時間が鳴る  ジジーンと鳴る  馬のぽかぽかと鳴る  汽笛も鳴る  石に鳴る  さやさやと鳴る  腹の鳴る  号砲の鳴る  ちょっと物に触れて鳴る  がらがらと鳴る  ポタン、と鳴る  喉の鳴る  川が鳴る  ガラスがびりびり鳴る  ーっと鳴る  脊に鳴る  竹法螺がボーッと鳴る  そばで鳴る  それに鳴る  舗石に鳴る  三十分が鳴る  脇息に触れて鳴る  木の葉の鳴る  鐘が、じゃんじゃんと鳴る  鐘がじゃんじゃんと鳴る  振鈴が鳴る  ガチャンガチャンと鳴る  劍柄の低く鳴る  梢で鳴る  家では時々鳴る  ゴトゴトと鳴る  祭りを告げて鳴る  トタン廂の鳴る  喉が鳴る  空耳に鳴る  ぶりと鳴る  やうにひゆうと鳴る  入相の鐘の鳴る  カラカラ鈴の鳴る  角に鳴る  皮張りで、叩いてみると、まだ新しいだけよく鳴る  毎日よく鳴る  毒をもって鳴る  砲の鳴る  葦の鳴る  四時が鳴る  がさがさと鳴る  カチ当てて鳴る  ラッパの鳴る  浪も鳴る  土圭が鳴る  出づるに高く鳴る  あちらで鳴る  ピッコロに合せて踏み鳴る  底が鳴る  ガアガアコーコーど鳴る  しぃんと鳴る  三味線が鳴る  ボーが鳴る  ペラペラと鳴る  義ならば鳴る  中世騎士勇を以て鳴る  室内ただ喉の鳴る  喇叭の鳴る  留まり著いて大きに鳴る  天下に鳴る  カサカサと鳴る  鍔が鳴る  踊りに伴って鳴る  ゴリゴリすり合わせるとうまく鳴る  呼び鈴が今にも鳴る  晩風に鳴る  モータアが鳴る  口唇の鳴る  胃袋が、ぐつぐつと鳴る  胃袋が鳴る  房がパタパタと鳴る  ワーと鳴る  心臓が高く鳴る  かたと鳴る  陣太鼓の鳴る  咽喉が、ぐいぐいと鳴る  冷飯草履がぴちゃぴちゃ鳴る  尻の鳴る  じいと鳴る  側へ当って鳴る  潮の鳴る  ぎいと鳴る  玉の鳴る  トトンと鳴る  カチカチと鳴る  今鳴るか、もう鳴る  さらさらさらさらと鳴る  ラッパがしきりに鳴る  たすきに鳴る  木々に鳴る  びゅうびゅうと鳴る  電話の鳴る  リンは鳴る  カラカラ、カラカラと鳴る  そうに鳴る  警鈴の鳴る  鬱血に凝っていて、ぎちぎちと鳴る  安坐鈴が鳴る  就寝鈴が鳴る  ガクガクと鳴る  電笛の鳴る  障子も鳴る  北風に鳴る  歯の鳴る  刀槍斉く鳴る  刀槍ひとしく鳴る  種が鳴る  風まじえ、暴れ、哮り乱れ鳴る  触感、高く鳴る  外気に鳴る  能く鳴る  戸障子の鳴る  それが恰もどーどー鳴る  ガリガリッと鳴る  非常警笛の鳴る  ぢやらと鳴る  木も鳴る  号笛が鳴る  がさと鳴る  幽かに鳴る  轟々と鳴る  七時が鳴る  銅鑼が鳴る  ポンと鳴る  鐶が鳴る  林の鳴る  一番貝が鳴る  二番貝が鳴る  音をたてて鳴る  ドンが鳴る  肉の鳴る  ぎゅッぎゅッと鳴る  ブザーが鳴る  女はよく鳴る  財布に鳴る  電線の鳴る  調子で鳴る  耳に鳴る  笛の鳴る  板が鳴る  彼方に鳴る  琵琶の鳴る  端に鳴る  午砲の鳴る  コツンコツンと鳴る  火花が鳴る  毛の次第にやみて、鳴る  二つか鳴る  電燈を消して、ギシギシと鳴る  戸が鳴る  空の鳴る  窓硝子は鳴る  ひとりで鳴る  警笛がしきりに鳴る  日だかうかうと鳴る  象牙がぱちぱち触れて鳴る  方で鳴る  ヒユウと鳴る  腕の鳴る  はたはたと鳴る  パチリと鳴る  ちゃりと鳴る  波に鳴る  事にはその轟々と鳴る  間断なく鳴る  一時が鳴る  ときゆつと鳴る  代々勤王をもって鳴る  んと鳴る  続けざまに鳴る  門の鳴る  木もがりがり鳴る  鋏が鳴る  山で鳴る  梢が鳴る  三つ番でも鳴る  腰掛の鳴る  剣に当たってカタカタと鳴る  それを直してみたが、どうしても鳴る、カタカタと鳴る  劍鞘の鳴る  風に吹かれて幽かに鳴る  ゅうひゅうと樹木の鳴る  瀬の鳴る  から鎖の鳴る  弦がひとりでに鳴る  胃袋の鳴る  十時が鳴る  電話が鳴る  ギイと鳴る  機関砲のすさまじく鳴る  儀さうにバサバサと鳴る  それを追っかけて鳴る  銃声が鳴る  代々馬霊教をもって鳴る  明け六つが鳴る  サイレンの鳴る  何しろ銃が鳴る  後で鳴る  オルガンの鳴る  うずを巻き、はげしく鳴る  油が鳴る  体じゅうが、がくがくと鳴る  かねも鳴る  歯がガツガツと鳴る  具合に鳴る  車輪が鳴る  袖口で鳴る  今でも鳴る  品評やする、ごうごうと鳴る  隆々と鳴る  喉で鳴る  ゴウゴウと鳴る  号笛がぴいぴいと鳴る  花鐘は鳴る  ピアノが鳴る  疲れた三味が鳴る  三味が鳴る  ピアノの鳴る  槌が鳴る  磯が鳴る  笛がよく鳴る  鞘が鳴る  ハーモニカの鳴る  大抵十一時半に鳴る  小さな靴の鳴る  早瀬亂れて鳴る  繻子が鳴る  二階中みしみしと鳴る  十二時の鳴る  一時の鳴る  ボーン悩と鳴る  風のそよぐ、鳴る  林は鳴る  雷にあわせて鳴る  夕闇に光ってごうごうと鳴る  邊かつ鳴る  蕭々として鳴る  うた時計が鳴る  蘆の鳴る  火がぱちぱちと鳴る  宙で鳴る  寄せ太皷が鳴る  さっき板木が鳴る  板木が鳴る  板木鳴る、鳴る  声が叱鳴る  目ざまし時計の鳴る  縁が鳴る  鍋へ入ると、じわじわと鳴る  拍子木の鳴る  煙が鳴る  暗黒街に鳴る  タッ・タララッ・タッと鳴る  蹄の鳴る  花火の鳴る  ラツパが鳴る  なかった海の鳴る  下がぎしぎし鳴る  海海海が鳴る  海が鳴る  枝に鳴る  夜風に鳴る  声で鳴る  光默し、その鳴る  銅羅が鳴る  銅羅の鳴る  キイと鳴る  オルゴールの鳴る  オルゴールが鳴る  箸の鳴る  綯ふ、鳴る  国中に鳴る  木鋏の鳴る  朝夕に鳴る  寒い風が轟々と鳴る  どらが鳴る  玻璃に鳴る  橋板が鳴る  礼作法をもって鳴る  バタバタと鳴る  事件とあっては、鳴る  丑満が鳴る  んだから、がんがん鳴る  ことも鳴る  だんだん靴の鳴る  伝六が鳴る  響きを発して鳴る  ポンポンと鳴る  帆の鳴る  おおっぴらに鳴る  その後は、鳴る  武蔵坊が鳴る  草摺も鳴る  帯の鳴る  氷雨のかさかさ鳴る  足でこね、ひたひたと鳴る  中でひっそりと鳴る  隙間が鳴る  パリパリと鳴る  火炎の鳴る  靴にふまれて鳴る  切炭のぱちぱち鳴る  手の鳴る  若い木霊ははげしく鳴る  愚かを以て鳴る  キシキシキシキシと鳴る  風にあおられて鳴る  鐘太鼓が鳴る  今夜はきっと鳴る  暮れ嵐山夕べ淋しく鳴る  五時に鳴る  文章を以て鳴る  チリンと鳴る  ハタハタと鳴る  ボツンボツンと鳴る  雷も鳴る  ゴンと鳴る  ガラガラと鳴る  婦人子供はしやんしやんと鳴る  かんかんと鳴る  喉がビクビクと鳴る  繼いで鳴る  ハンマーがガーンと鳴る  からからんと鳴る  一方が鳴る  たいこが鳴る  咽は頻りに鳴る  粒々と鳴る  たて自分も鳴る  せせらぎの鳴る  イーヴに鳴る  ちんちんと鳴る  さへすればようく鳴る  オーケストラは鳴る  何と鳴る  風にさえ鳴る  こころをつたえて鳴る  荷物はどんなに鳴る  肌にそって長く鳴る  こころに鳴る  籐椅子の鳴る  血が鳴る  血の鳴る  ところから拍子木が鳴る  中がしんしんと鳴る  咳が鳴る  サアベルが鳴る  風鈴が時々ものうく鳴る  から風に鳴る  滝の鳴る  シャンシャンと鳴る  鈴がカラカラと鳴る  頭脳が、時々、じいんと、痛んで鳴る  暮六つが鳴る  足には鳴る  ヒューヒューと鳴る  風日に鳴る  方がよく鳴る  敏腕もて鳴る  ガラガラの鳴る  束の鳴る  かんと鳴る  樽太鼓の鳴る  人生は鳴る  オギャと鳴る  京訛りで鳴る  弦の鳴る  鈴がちょっと鳴る  ベルがジリジリと鳴る  トボトボと鳴る  地面に鳴る  チヤンと鳴る  クチ笛が鳴る  胸の鳴る  ジイーンと鳴る  締め上げると、きゅっと鳴る  かたんかたん車輪の鳴る  ぐぐぐぐと物の鳴る  時刻はずれには決して鳴る  それで鳴る  鳴子が鳴る  今朝はよく鳴る  腹の虫がグーグー鳴る  霧笛が鳴る  鈴の音が鳴る  一つどんと素気なく鳴る  時にどんと鳴る  シンと鳴る  しんみりと鳴る  チンと鳴る  かみなりが鳴る  穏かに鳴る  帆綱に鳴る  ものものしげに鳴る  がらんがらんと鳴る  骨が鳴る  三根夫は、どきどき鳴る  牙の鳴る  



前後の言葉をピックアップ
ナリヲ  なり変わっ  なり子  なり形  なり手  成る  生る  為る  ナル  なる


動詞をランダムでピックアップ
言いだしうまら乱れ飛びいらう糺し落て思いあたら翔ける黙し叶い奪い見繕い考え込ん賜び暖まらえんすほのめく切れる取り繕わ取り巻か
形容詞をランダムでピックアップ
高いとげとげしき由無き欲しい女々しから烏滸がましいそぐわなく縁遠き堅い俗っぽねばうひらべったく疚しきのろくさくくらく痛から冷たにくにくしく恥しかっ