「たずねる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たずねる[動詞]
内容について詳しくたずねる  大原さんをたずねる  そうに申して出たのにたずねる  松風か、もしやたずねる  僕に向ってたずねる  僕にたずねる  ところをたずねる  ぼくに向かってたずねる  様子をたずねる  ザムザ夫人はいって、たずねる  僕がたずねる  先祖をたずねる  今それをたずねる  容体をたずねる  道をたずねる  ことをたずねる  のかとたずねる  表をたずねる  店をたずねる  義理でたずねる  丞をたずねる  氏をたずねる  これ以上にたずねる  人はあるまいかとたずねる  心配してたずねる  名人にたずねる  眼差で鋭くたずねる  腰元が、そっとたずねる  香木を聴いて行ったが、たずねる  もとをたずねる  夜更にとたずねる  声でたずねる  ぼくはたずねる  私のたずねる  女中がたずねる  ますそうで、とたずねる  黒土をたずねる  二人をたずねる  跡をたずねる  病院をたずねる  張はたずねる  のだとたずねる  いちど秋川をたずねる  サト子が、たずねる  孫策にたずねる  者にたずねる  私にたずねる  泣きながらババはたずねる  王子服がたずねる  曹操がたずねる  巡邏がたずねる  課長にたずねる  先生がたずねる  名をたずねる  将がたずねる  実をたずねる  重要点をたずねる  玄徳がたずねる  周瑜がたずねる  意味についてたずねる  正吉が、たずねる  私たちはたずねる  わけをたずねる  医師をたずねる  丁坊がたずねる  国をたずねる  香をたずねる  それをおしてたずねる  のかと言ってたずねる  親方にたずねる  家主をたずねる  わたしがかれのたずねる  父親にたずねる  リーズをたずねる  わたしたちのたずねる  ふうにたずねる  君がたずねる  タヌがたずねる  震え声でたずねる  口々にたずねる  のか、といってたずねる  方向をたずねる  父が見返ってたずねる  牛はたずねる  動機などをたずねる  新造にたずねる  夜涼をたずねる  親類をたずねる  故郷をたずねる  後兄弟をたずねる  念を押してたずねる  ピロちゃんにたずねる  ユキ坊やにたずねる  眼つきをし、なにかたずねる  しずかにたずねる  のか、などとたずねる  キャラコさんが、そうたずねる  意見をたずねる  声でようすをたずねる  のかと、たずねる  キャラコさんが、たずねる  住所姓名をたずねる  深入りしてたずねる  五十嵐がたずねる  御大をたずねる  冬さんをたずねる  誰かをたずねる  仏頂寺弥助にたずねる  父母をたずねる  私がたずねる  人相風態をたずねる  人にたずねる  言つて道筋をたずねる  張がたずねる  アパートにたずねる  白雲がたずねる  時由紀子がたずねる  母をたずねる  少年はたずねる  ひとつ、たずねる  親をたずねる  親御さんたちをたずねる  息子がたずねる  何、たずねる  行方をたずねる  それは、たずねる  占い者にたずねる  家臣へたずねる  華厳をたずねる  主膳がたずねる  漁師に向ってたずねる  陣屋をたずねる  手紙か、とたずねる  家をたずねる  下屋敷をたずねる  酒屋をたずねる  用人をたずねる  行状をたずねる  何病によろしいかとたずねる  七老人をたずねる  相模屋をたずねる  何物かをたずねる  上州屋をたずねる  出所をたずねる  河内屋をたずねる  古道具屋をたずねる  裏長屋をたずねる  久し振りでたずねる  二人のたずねる  裏をたずねる  から甲州屋をたずねる  赤坂をたずねる  家にたずねる  更にたずねる  直義がたずねる  女中にそっとたずねる  横柄にたずねる  ドコです、とたずねる  ようにも、たずねる  わたくしをたずねる  湯屋熊をたずねる  質屋をたずねる  奴をたずねる  下総屋をたずねる  場所をたずねる  五カ所をたずねる  縁者をたずねる  盲人にたずねる  中にたずねる  ことではなく、たずねる  誰です、そのたずねる  ままにたずねる  高橋玉蕉女史をたずねる  そこをたずねる  女史にたずねる  ほうでたずねる  親族かとたずねる  仕業かと、たずねる  妻君はとたずねる  拙者にたずねる  君をたずねる  美人が押返してたずねる  先輩にたずねる  お前がたずねる  塾をたずねる  母がたずねる  百瀬秀人とたずねる  ように、たずねる  条件はとたずねる  方を見上げながら、たずねる  間にはさんで、たずねる  法医学教室をたずねる  渡頭に立って見ると、たずねる  人は、たずねる  お婆さんがたずねる  のか、とたずねる  夜は夜もすがら、ついにたずねる  知善院をたずねる  ラエーフスキイはたずねる  あとをたずねる  北原ミユキがたずねる  せがれにたずねる  彼女がそうたずねる  一徳はたずねる  それこそ、にこりともせずに、たずねる  娘をたずねる  斎藤にたずねる  人をたずねる  宿もとをたずねる  村人にたずねる  それから暫らく行って、またたずねる  小学校をたずねる  醍醐をたずねる  鈴木安芸守をたずねる  異人氏がたずねる  親戚をたずねる  下宿をたずねる  大平家をたずねなさったかをたずねる  紺野老人をたずねる  隠れ場所をたずねる  屋敷をたずねる  無心にたずねる  出府して参って、たずねる  商会をたずねる  四谷をたずねる  歴史をたずねる  花をたずねる  父にたずねる  有無をたずねる  子細をたずねる  何者だとたずねる  方角をたずねる  寺をたずねる  舟びとを呼んでたずねる  どこの子かとたずねる  住職をたずねる  民家をたずねる  男をたずねる  とき友達をたずねる  学名をたずねる  彼がどうしましょうとたずねる  所在はたずねる  家庭についてたずねる  ようにたずねる  王様、どうして突然に、とたずねる  ひとにたずねる  ロッス夫人にたずねる  ことはないかとたずねる  手あたり次第にひっくりかえしてみたが、たずねる  弟をたずねる  三浦老人をたずねる  道心をたずねる  大久保をたずねる  家を、たずねる  水橋郷土資料館をたずねる  城をたずねる  交番でたずねる  消息をたずねる  半分、たずねる  少年がたずねる  自分にたずねる  ビュルゲルは、たずねる  悩みについてたずねる  地をたずねる  ポーセをたずねる  輝政がたずねる  へんでしょうと、たずねる  一がたずねる  動機をたずねる  徹太郎がたずねる  早口でたずねる  後をたずねる  眼をやりながら、たずねる  奥さんは、うなずくとも、たずねる  どちらにたずねる  部屋をたずねる  朝倉先生をたずねる  鏡をたずねる  円乗寺をたずねる  君にたずねる  ょになるつもりでいたんだろうね、とたずねる  蔵書家をたずねる  良人がたずねる  十郎がたずねる  これをたずねる  沿革をたずねる  これ以上にさかのぼってたずねる  会だとたずねる  頻繁にたずねる  宿屋をたずねる  宿所をたずねる  柳町をたずねる  その間にはさんでおいたら、たずねる  んだとたずねる  婦人はたずねる  事をたずねる  西蔵一切経はとたずねる  邸かとたずねる  紙はとたずねる  クリーム入れましょうかとたずねる  のかなどとたずねる  菊本をたずねる  近所をたずねる  しかし、いってたずねる  自分でたずねる  墓にゆきますと、めったにたずねる  ひとをたずねる  鳥に向かって、たずねる  長屋をたずねる  船頭を呼んでたずねる  題をたずねる  砕花老のたずねる  親友をたずねる  蛇吉にたずねる  ソーンダイクがたずねる  相手にたずねる  



前後の言葉をピックアップ
タズネマシタノサエ  尋ねもの  尋ね物  たずねよ  尋ねよ  尋ねる  訪ねる  訊ねる  たずねれ  訪ねろ


動詞をランダムでピックアップ
いよらっせみせよはきかえ見交わし持ち切っ依り思い残さくべ取りつくろう見付かるねらお灼い夾ん巻き込ま恥ぢ煮えたつかたどっいかし借り切る
形容詞をランダムでピックアップ
ふるし手強かっ寂し快くもろきしろい狡く厚かましゅうやすいにぎわしく赤き面はゆかっあかるくっうらがなし真白う面憎い見やすきありがたくっ熱し